JP2009043914A - 配線板の製造法および配線板 - Google Patents

配線板の製造法および配線板 Download PDF

Info

Publication number
JP2009043914A
JP2009043914A JP2007206943A JP2007206943A JP2009043914A JP 2009043914 A JP2009043914 A JP 2009043914A JP 2007206943 A JP2007206943 A JP 2007206943A JP 2007206943 A JP2007206943 A JP 2007206943A JP 2009043914 A JP2009043914 A JP 2009043914A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wiring board
cured
compound
inorganic particles
substance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007206943A
Other languages
English (en)
Inventor
Koji Takeuchi
康次 竹内
Masaki Matsuda
昌己 松田
Kaoru Ono
薫 小野
Makoto Hosoda
誠 細田
Original Assignee
Ishida Yukio
石田 幸男
Koji Takeuchi
康次 竹内
Future Product Co
フューチャープロダクト株式会社
Ain:Kk
株式会社アイン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ishida Yukio, 石田 幸男, Koji Takeuchi, 康次 竹内, Future Product Co, フューチャープロダクト株式会社, Ain:Kk, 株式会社アイン filed Critical Ishida Yukio
Priority to JP2007206943A priority Critical patent/JP2009043914A/ja
Publication of JP2009043914A publication Critical patent/JP2009043914A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K1/00Printed circuits
    • H05K1/02Details
    • H05K1/03Use of materials for the substrate
    • H05K1/05Insulated conductive substrates, e.g. insulated metal substrate
    • H05K1/056Insulated conductive substrates, e.g. insulated metal substrate the metal substrate being covered by an organic insulating layer
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H01L2924/00Indexing scheme for arrangements or methods for connecting or disconnecting semiconductor or solid-state bodies as covered by H01L24/00
    • H01L2924/0001Technical content checked by a classifier
    • H01L2924/0002Not covered by any one of groups H01L24/00, H01L24/00 and H01L2224/00
    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K1/00Printed circuits
    • H05K1/02Details
    • H05K1/0274Optical details, e.g. printed circuits comprising integral optical means
    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K2201/00Indexing scheme relating to printed circuits covered by H05K1/00
    • H05K2201/01Dielectrics
    • H05K2201/0137Materials
    • H05K2201/0162Silicon containing polymer, e.g. silicone
    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K2201/00Indexing scheme relating to printed circuits covered by H05K1/00
    • H05K2201/02Fillers; Particles; Fibers; Reinforcement materials
    • H05K2201/0203Fillers and particles
    • H05K2201/0206Materials
    • H05K2201/0209Inorganic, non-metallic particles
    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K2201/00Indexing scheme relating to printed circuits covered by H05K1/00
    • H05K2201/02Fillers; Particles; Fibers; Reinforcement materials
    • H05K2201/0275Fibers and reinforcement materials
    • H05K2201/0281Conductive fibers
    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K2201/00Indexing scheme relating to printed circuits covered by H05K1/00
    • H05K2201/10Details of components or other objects attached to or integrated in a printed circuit board
    • H05K2201/10007Types of components
    • H05K2201/10106Light emitting diode [LED]
    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K2201/00Indexing scheme relating to printed circuits covered by H05K1/00
    • H05K2201/20Details of printed circuits not provided for in H05K2201/01 - H05K2201/10
    • H05K2201/2054Light-reflecting surface, e.g. conductors, substrates, coatings, dielectrics
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/24Structurally defined web or sheet [e.g., overall dimension, etc.]
    • Y10T428/24802Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.]
    • Y10T428/24917Discontinuous or differential coating, impregnation or bond [e.g., artwork, printing, retouched photograph, etc.] including metal layer
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/249921Web or sheet containing structurally defined element or component
    • Y10T428/249994Composite having a component wherein a constituent is liquid or is contained within preformed walls [e.g., impregnant-filled, previously void containing component, etc.]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/25Web or sheet containing structurally defined element or component and including a second component containing structurally defined particles
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/25Web or sheet containing structurally defined element or component and including a second component containing structurally defined particles
    • Y10T428/252Glass or ceramic [i.e., fired or glazed clay, cement, etc.] [porcelain, quartz, etc.]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/25Web or sheet containing structurally defined element or component and including a second component containing structurally defined particles
    • Y10T428/254Polymeric or resinous material
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/31504Composite [nonstructural laminate]
    • Y10T428/31652Of asbestos
    • Y10T428/31663As siloxane, silicone or silane

Abstract

【課題】長期間の使用に耐え得る放熱性の良好な配線板を提供する。
【解決手段】アルミニウムの板からなる金属基板2の面を、ポリシロキサン構造を有する物質と、絶縁性および放熱性を有する無機粒子を含む配合物3で被覆し(図1(B))、配合物3を硬化する工程を有する。そして、硬化する工程の後、銅箔4を硬化した配合物3Aと固着し(図1(C))、銅箔4を部分的に除去して配線層5を形成する(図1(D))工程を有する。
【選択図】図1

Description

本発明は、配線板の製造法および配線板に関する。
発光ダイオード等の高発熱部品の高密度実装のためには、部品が実装される配線板に高い放熱性が要求されている。そのため、放熱性の良好な配線板を得る一手段として、基材となる金属板に電気絶縁性の水溶性セラミックを塗布し、放熱性のセラミック層を形成する配線板の製造技術が提案されている(特許文献1参照)。
特開2002−329939号公報
しかし上述の特許文献1に記載されている水溶性セラミックを塗布して得られる放熱性のセラミック層は、吸湿性に富むため、基材となる金属板から容易に剥がれてしまうという問題があることが明らかとなってきた。したがって、上述の特許文献1の技術を利用して得られる配線板は長期間の使用に耐え得るものではない。
そこで、本発明が解決しようとする課題は、長期間の使用に耐え得る放熱性の良好な配線板を提供することである。
上記課題を解決するため、本発明に係る配線板の製造法は、ポリシロキサン構造を有する物質と、絶縁性および放熱性を有する無機粒子を含む配合物で金属基材の面を被覆し、配合物を硬化する工程を有することとしている。ここで、ポリシロキサン構造を有する物質には、シロキサンのオリゴマーの構造を有する物質を含む(以下同じ)。また絶縁性を有するとは、配線板の配線部分に接触させた場合であっても配線板の配線の通りの導通をさせることができる物質の特性をいう。また放熱性を有するとは、配線板の配線部分に接触させた場合に、その配線部分の熱を吸熱して他の部分または大気へとその熱を逃がすことができる物質の性質をいう。
本発明に係る配線板の製造法によれば、被覆物質中の無機粒子は絶縁性および放熱性を有する。またポリシロキサン構造を有する物質およびその硬化物は絶縁性を有し、また金属基材から容易に剥がれることはない。よって、金属基材表面上に上述の配合物を硬化した層を介して配線層を形成すると、この配線板は、長期間の使用に耐え得る放熱性の良好な配線板となる。
他の本発明に係る配線板の製造法は、上述の発明に加え、硬化する工程の前に、金属箔または金属板と配合物とを固着し、硬化する工程の後に、金属箔または金属板を部分的に除去して配線層を形成する工程を有する。この方法を採用することによって、金属箔または金属板と硬化した配合物との密着性が良好な状態の配線層を得ることができる。
また、他の本発明に係る配線板の製造法は、上述の発明に加え、無機粒子は、酸化珪素、酸化アルミニウム、酸化亜鉛、窒化アルミニウムおよび窒化ホウ素のうち少なくとも1種以上を含むものである。この方法を採用することによって、特に熱伝導性が良好な無機粒子を用いることとなるため、放熱性の良好な配線板を製造することができる。
また、他の本発明に係る配線板の製造法は、上述の発明に加え、金属基材は、表面に微小孔を有している。この方法を採用することによって、微小孔のアンカー効果が発揮され、金属基材と硬化した配合物との密着性が良好になると共に、金属基材の表面積が増加して、放熱性がより良好になる。
また、他の本発明に係る配線板の製造法は、上述の発明に加え、金属基材は、金属糸を織ったものであることとしている。この方法を採用することによって、織り目のアンカー効果が発揮され、金属基材と硬化した配合物との密着性が良好になると共に、金属基材の表面積が増加して、放熱性がより良好になる。
また、上記課題を解決するため、本発明に係る配線板は、絶縁部材として、ポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質と、絶縁性および放熱性を有する無機粒子を含む硬化した配合物を用いている。
本発明に係る配線板によれば、絶縁部材中の無機粒子は放熱性および絶縁性を有する。またポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質は、絶縁性を有し金属基材等から容易に剥がれることはない。よって、金属基材表面上にこの絶縁部材を配置し、さらにその上に配線層を形成するようにすると、この配線板は、長期間の使用に耐え得る放熱性の良好な配線板となる。また、この硬化した配合物はソルダーレジストとして用いることができる。この場合、使用環境が厳しい場合にも、長期間に渡って安定した状態を得ることができる配線板となる。
また、他の本発明に係る配線板は、上述の発明に加え、配合物は、無機粒子を60から80質量部含む。この構成を採用することによって、金属基材との密着性を好適にできると共に、放熱性を好適にできる無機粒子の含有比率を確保できる。
また、他の本発明に係る配線板は、上述の発明に加え、無機粒子は、酸化珪素、酸化アルミニウム、酸化亜鉛、窒化アルミニウムおよび窒化ホウ素のうち少なくとも1種以上を含む。この構成を採用することによって、特に熱伝導性が良好な無機粒子を用いることとなるため、放熱性の良好な配線板となる。
また、他の本発明に係る配線板は、上述の発明に加え、硬化した配合物は、ハンター方式(後述する)による白色度が87以上である。この構成を採用することによって、硬化した配合物が被覆している配線板の部分に紫外線が照射されても、その紫外線を反射して、紫外線照射による劣化等を抑制することができる。
本発明によって、長期間の使用に耐え得る放熱性の良好な配線板を提供することができる。
本発明の実施の形態に係る配線板1の製造法について、図面を参照しながら説明する。
本発明の実施の形態に係る配線板1の製造法は、図1に示すようにアルミニウムの板からなる金属基板2の面を、ポリシロキサン構造を有する物質と絶縁性および放熱性を有する無機粒子を含む配合物3で被覆し(図1(B))、配合物3を硬化する工程を有する。そして、硬化する工程の後、銅箔4を配合物3と固着し(図1(C))、銅箔4を部分的に除去して配線層5を形成する(図1(D))工程を有する。また絶縁性を有するとは、配線板の配線部分に接触させた場合であっても配線板の配線の通りの導通をさせることができる物質の特性をいう。また放熱性を有するとは、配線板の配線部分に接触させた場合に、その配線部分の熱を吸熱して他の部分または大気へとその熱を逃がすことができる物質の性質をいう。
配合物3を得るには、まずテトラメトキシシラン(Si(OCH))を20質量部と、メチルトリメトキシシラン(CHSi(OCH))を80質量部とをエチルアルコール100質量部に混合し、塩酸を触媒として反応させ、酸性の溶液を得る。次に、その酸性溶液をジエチルアミン(CHCHNHCHCH)によって中和し、中和溶液を得る。そして、中和溶液をジエチレングリコールブチルエーテルで溶剤置換し、樹脂不揮発分濃度60%、粘度400cpの樹脂溶液を得る。そしてこの樹脂溶液と、平均粒径2.3μmの酸化珪素粒子(電気化学工業株式会社製 商品名:FS−3DC)と、酸化チタン(古河ケミカルズ株式会社製 商品名:FR−22)の粉末の混合物を3本ロールで練ってペーストを得る。このペーストが配合物3となる。この配合物3は、ポリシロキサン構造を有する物質と無機粒子を有する。そして、配合物3は絶縁性と放熱性を有する酸化珪素粒子および酸化チタン粒子を含む。酸化珪素粒子は、配合物3全体の40質量部を占める量とする。酸化チタン粒子は、配合物3全体の30質量部を占める量とする。よって、この配合物3は、無機粒子を70質量部含んでいる。
金属基板2の面を配合物3で被覆するには(図1(B))、配合物3となるペーストを金属基板2の面にステンレス製の250メッシュの印刷製版を用いてスクリーン印刷する。
そして、その印刷した配合物3を80℃で30分間乾燥する。この段階では配合物3は硬化していない。その後、配合物3の表面に銅箔4を貼り付け、200℃で60分間加熱炉で加熱処理することで、配合物3を硬化させ、硬化した配合物3Aが得られる。その際に、銅箔4が硬化した配合物3Aと圧接し、銅箔4と硬化した配合物3Aとが固着される(図1(C))。硬化した配合物3Aは、ハンター方式による白色度が90から92の間である。なお、硬化した状態とは、硬化前に溶解していた溶剤等に溶解しなくなった状態をいう。別言すると、硬化した状態とは、配合物3が脱水、脱アルコール等で縮合してSiOに近似した状態をいう。
その後、銅箔4の一部を除去する。すなわち、いわゆるサブストラクト法によって銅箔4から配線層5を形成する。配線層5の形成は、まず銅箔4の表面に配線パターンに対応する形状のレジストを配置し、エッチングを行う。そして、その後、そのレジストを除去して、残った銅箔4が配線パターン形状として残り、図1(D)に示すように配線層5が形成される。これで本実施の形態に係る配線板1が製造される。
このように製造された本実施の形態に係る配線板1は、絶縁部材として、ポリシロキサン構造を有する物質と無機粒子である酸化珪素粒子および酸化チタン粒子を含む硬化した配合物3Aを用いている。
本実施の形態に係る配線板1は、硬化した配合物3Aが絶縁性を有し金属基板2から容易に剥がれることはない。よって、金属基板2の表面上に硬化した配合物3Aの層を介して配線層5を形成した場合、この配線層5は長期間に渡って剥がれることはない。この結果、この配線板1は、長期間の使用に耐え得る放熱性の良好な配線板1となる。
上述の樹脂溶液は、硬化後に非晶質のガラス構造を有する物質となる。この物質は、シロキサン結合(Si−O)を有している。このシロキサン結合は、多くの有機化合物を形成するC-C,C=O等の結合力よりも非常に強く結合され、その結合状態は安定している。シロキサン結合を主骨格とし側鎖に有機基を有するオルガノポリシロキサン(一般にはシリコーンと称せられる)は、耐熱性、耐寒性、耐候性、電気特性、撥水性、離型性等の点で優れた性能を有している。
(他の形態およびその形態を採用した場合の効果等)
上述した配線板1の製造法および配線板1は、本発明の好適な形態の一例ではあるが、これに限定されるものではなく本発明の要旨を変更しない範囲において種々変形実施が可能である。
上述した実施の形態では、金属基材としての金属基板2にアルミニウム板を用いているが、他の金属、たとえばステンレス板、アルミニウム基合金板等を用いても良い。また金属基材は、表面に微小孔を有しているものを用いても良い。この金属基材を用いることによって、微小孔のアンカー効果が発揮され、金属基材と硬化した配合物3Aとの密着性が良好になると共に、金属基材の表面積が増加して、放熱性がより良好になる。さらに、金属基材は、金属糸を織ったものとしても良い。この金属基材を用いることによって、織り目のアンカー効果が発揮され、金属基材と硬化した配合物3Aとの密着性が良好になると共に、金属基材の表面積が増加して、放熱性がより良好になる。
上述した実施の形態では、配合物3を構成するポリシロキサン構造を有する物質として、テトラメトキシシラン(Si(OCH))20質量部と、メチルトリメトキシシラン(CHSi(OCH))80質量部から誘導されるものを用いている。しかし、これら以外の1種または2種以上のアルコキシシラン化合物、またはクロルシラン等から誘導されるポリシロキサン構造を有する物質を用いても良い。
これらのポリシロキサン構造を有する物質を用いた、ポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質は、通常珪酸を主成分とした非晶質のガラス構造を有している。したがってこれらポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質は、通常の樹脂とは異なって吸湿性に乏しく、電気的・熱的な特性としての経時変化を殆どせず、各種のガス・有機溶剤によっては初期の特性が変化し難い、セラミックスのような性質を有する。そのため、これらのポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質を配線板の絶縁部材として用いた場合に、配線板は、配線板として必要な電気的、熱的な安定性を確保することができる。たとえば配線板の内部絶縁層としてこれらのポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質を用いる場合には、吸湿による内部抵抗値の変化等を生じさせることは殆ど無い。また、これらのポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質の耐熱温度(変性しない温度)は、500〜600℃である。さらに、これらのポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質は、金属基材となり得る銅・鉄、または石英、ジルコニア等の素材の熱膨張・熱収縮にも追随できるため、温度変化によるクラック等が発生し難い。特に、ポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質に無機粒子を40%以上混合した硬化した配合物3Aは、熱膨張・熱収縮に追随し易い。さらに、これらのポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質は、ガラスと同等の硬度を有するため、引っ掻き等の衝撃に対して傷が付き難い。
上述のアルコキシシランは一般的には次式で示される。
(R’O) SiR4−n
R:CH、C、C、C、C
R’:CH、C、C、C
n: 1〜4
例えば、アルコキシ基が3つあるトリメトキシメチルシラン(アルコキシシランの一種)は加水分解してシラノール基を生じ、ついで縮合を繰り返すことにより網目構造を有するオリゴマー、ポリマーへと変化する。この時、アルコキシシランのn数の違うものを併用することにより、鎖状に近いものから網目構造までポリシロキサンの構造を変化させることができる。また、加熱により、さらには適当な触媒(酸類またはZn,Pb,Co,Snなどの金属石鹸、アミン、ジブチルスズラウレート等)を添加することにより、硬化を促進させることができる。
なお、オルガノポリシロキサンはクロルシランもしくはアルコキシシラン等を用いて合成される。ここでクロルシランを用いるとオルガノポリシロキサンの末端基は(−OH)を有する。またアルコキシシランを用いるとオルガノポリシロキサンの末端基には(−OH)と(−OR)の両方を混在させることができる。
アルコキシシラン構造の例を以下の化学式1、化学式2に示す。これらの構造を有する物質の1種または2種以上の反応物を、ポリシロキサン構造を有する物質として用いることができる。
なお、上述のポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質は、珪酸に近い構造をしている。珪酸は、振動または熱エネルギーを与えた場合に分子振動が発生し遠赤外線を放射する特性を有している。この特性は、珪酸が蓄えた熱エネルギーを遠赤外線という電磁波を放射することで熱を減少させる作用をする。よって、配線板上に実装される電子部品が発する熱を効率良く放熱できる。
上述の実施の形態では、配合物3中の70質量部含む無機粒子は、平均粒径2.3μmの酸化珪素粒子を40質量部、および酸化チタン粒子を30質量部としている。しかし、酸化珪素粒子以外の物質でも良い。無機粒子としては、たとえば、酸化アルミニウム粒子、酸化亜鉛粒子および窒化アルミニウム粒子のうち少なくとも1種以上としても良い。また、酸化アルミニウム粒子、酸化亜鉛粒子、窒化アルミニウム粒子および窒化ホウ素粒子のうち少なくとも2種以上としても良い。さらに、配合物3が含む無機粒子の質量部は特に限定されない。しかし、金属基板2との密着性を好適にできる配合物3の量的な比率を確保すると共に、放熱性を好適にする観点からは、無機粒子の質量部は60から80質量部とすることが好ましい。特に好ましい配合物3は、濃度60%の反応樹脂溶液の不揮発分を20〜40質量部と、酸化珪素粒子を30〜50質量部と、酸化チタン粒子を10〜40質量部としたものである。さらに、無機粒子の平均粒径は特に限定されない。
上述の実施の形態では、配線層5を形成するのに銅箔4を用いている。しかし、銅板を用いても良いし、銅以外の金属箔または金属板を用いても良い。また、銅の無電解めっき層を銅箔4に代えて形成しても良い。銅の無電解めっき層は、緻密で複雑な配線パターンを上述のサブストラクト法によって形成でき易い利点がある。
上述の実施の形態では、配合物3を硬化する前の段階で銅箔4を配合物3の表面に圧接している。しかし、この圧接以外の固着方法を採用しても良い。たとえば配合物3を硬化した後に、硬化した配合物3Aに銅箔4を貼付する等しても良い。
上述の実施の形態では、配線層5を形成するためにサブストラクト法を採用している。しかし、配線パターンのめっき、導電ペーストなどの印刷、配線パターンに対応する部分への金属の蒸着、予め形成した配線パターンの基板への接着等のアディティブ法を採用しても良い。
上述した実施の形態では、硬化した配合物3Aは、金属基板2を被覆する部材として用いられている。しかし硬化した配合物3Aは、ソルダーレジストとして配線層5を部分的に被覆する部材として用いても良い。ソルダーレジストは、配線板の最外層に配置させるものであるため、外気の湿度が高い場合、各種のガスに曝されるおそれがある場合等、使用環境が厳しい場合には、硬化した配合物3Aの各種特性の安定性の優位性が発揮され易い。
上述した実施の形態では、硬化した配合物3Aのハンター方式による白色度が90から92の間である。しかし、配合物3に顔料などを加えて種々の色のものとし、硬化した配合物3Aのハンター方式による白色度を86以下にすることができる。また、配線板にLEDを実装する場合、LEDが発する紫外線を反射するためには、ハンター方式による白色度が87以上の硬化した配合物3Aを用いることが好ましい。特に、樹脂を基材の主成分とする配線板のソルダーレジストとして硬化した配合物3Aを用いる際には、その樹脂が紫外線の照射によって劣化するのを、白色度の高い硬化した配合物3Aを用いることによって抑制できるため好ましい。また、上述した実施の形態のように硬化した配合物3Aを配線板1の全面に配置し、その配線板1にLEDを実装する場合には、光の反射板として配線板1を機能させることができ、光の照射方向を集中させることができるため好ましい。また、硬化した配合物3Aの光反射率をさらに向上させるためには、硬化した配合物3Aにガラスビーズを含有させるのも一手段である。そのガラスビーズの含有比は、硬化した配合物3A全体に対して5から10質量部とすることが好ましい。また、ハンター方式による白色度を87以上とするためには、無機粒子として酸化チタン粒子を含ませることが好ましい。
上述の配合物3について、無機粒子である酸化珪素粒子および酸化チタン粒子と、ポリシロキサン構造を有する物質との配合比(質量比)を変化させた場合の硬化した配合物3Aの膜の状態を表1に示した。なお、無機粒子である酸化珪素粒子と酸化チタン粒子との配合比は全て同じにした。膜の状態は、JIS K 5600−5−4に準拠した鉛筆硬度試験を行い、どの程度の鉛筆硬度を有するかについて評価した。表中の「◎」は鉛筆硬度が6H以上、表中の「○」は鉛筆硬度がH以上5H以下、表中の「△」は鉛筆硬度がHBであることを意味する。この結果から、硬化した配合物3Aは、どの配合比でも大きな鉛筆硬度を有しており、特に無機粒子が配合物3のうち60から80質量部含む場合により好ましい硬度を有することがわかった。
また上述の配合物3のペーストの粘度、硬化後に加熱した後の残分、硬化した配合物3Aの色調を表2に示した。粘度の測定については、東機産業株式会社製のB型回転粘度計(機種名:TV−10)を用い、ローターNo.23(M4)、液温:24.8℃、溶液量:183g(150ml)、使用容器:150gディスポカップとした条件で測定した。
また上述の配合物3の印刷性、および硬化した配合物3Aの各種特性について、試験項目別に表3に示した。ここで印刷条件は、配合物3のペーストをステンレス250メッシュのスクリーン印刷製版を用いてガラス板上等に30mm角に印刷する条件である。そして印刷後の硬化条件は、80℃で30分乾燥して厚み23μm等の膜を得て、その後、高温加熱炉に入れ60分間加熱する条件である。なお、硬化した配合物3Aの「耐電圧」試験を実施する際には、印刷後の硬化した配合物3Aの膜厚を20μm、30μm、および70μmのものを別途作製した。
上述の表3の「放熱性」試験に用いた比較対象物は、配合物3に代えて太陽インキ製造株式会社製 PSR 4000(30mm角、厚み23μmmの印刷物)を硬化させたものである。
上述の表3の結果から配合物3は、印刷性に優れ、また、硬化した配合物3Aの印刷物と被印刷物との密着性に優れていることがわかる。また印刷後の硬化した配合物3Aは、良好な硬度、耐熱性、耐酸・アルカリ性、耐温水性、耐溶剤性、絶縁性、耐電圧性、放熱性を有していることがわかった。
上述の硬化した配合物3Aと同じ役目を果たす別の硬化した配合物3B〜3Fを製造した。硬化した配合物3B〜3Fを得るには、まずテトラエトキシシラン(Si(CO))を20質量部と、フェニルトリエトキシシラン(CSi(OC))を80質量部とをエチルアルコール100質量部に混合し、蟻酸を触媒として反応させ、酸性の溶液を得た。次に、その酸性溶液をトリエチルアミン((CN)によって中和し、中和溶液を得た。そして、中和溶液をジエチレングリコールブチルエーテルアセテートで溶剤置換し、樹脂不揮発分濃度60%、粘度400cpの樹脂溶液を得た。そしてこの樹脂溶液と酸化チタン粒子、酸化珪素粒子(電気化学工業株式会社製 商品名:FS−3DC)、酸化アルミニウム粒子(電気化学工業株式会社製 商品名:DAM−05)、酸化亜鉛粒子、窒化アルミニウム粒子および窒化ホウ素粒子のうち少なくとも1種以上の所定の粉末との混合物を3本ロールで練って、表4に示す3B〜3Fの5種類のペーストを得た。これらのペーストを硬化させることによって、硬化した配合物3B〜3Fとなる。硬化した配合物3B〜3Fに付された符号(3B〜3F)は、表4に示すペーストに付された符号(3B〜3F)に対応し、たとえば3Bのペーストを硬化させると硬化した配合物3Bとなる。またこれらの硬化した配合物3B〜3Fは、ポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質と、絶縁性および放熱性を有する無機粒子とを含む。
表4に示す3B〜3Fのペーストおよび上述の表3に示す「放熱性」試験に用いた比較対象物のペーストを「比較対象物」とし、それぞれの印刷物を200℃の熱板に載せ、所定時間経過後の表面温度を測定したところ、表5の結果を得た。なお、この加熱後、2分経過する前、すなわち最初の測定前に、各ペーストは硬化して硬化した配合物3B〜3Fおよび比較対象物となった。
表5の結果から、各硬化した配合物3B〜3Fは、比較対象物に比べて表面温度の上昇が抑えられていることがわかる。この表面温度上昇抑制効果は、硬化した配合物3B〜3Fの高い放熱性を裏付けている。特に無機粒子として窒化アルミニウム粒子または窒化ホウ素粒子を含む硬化した配合物3E,3Fは、より高い放熱性を有していることがわかった。
次に硬化した配合物3Aの耐絶縁性および基材への密着性について検討した。
まず、配合物3のペーストを厚さ3mmのアルミニウム板に150メッシュのステンレス製のスクリーン印刷版を用いて印刷した。そして、その印刷物を80℃で30分間乾燥した後に200℃で40分加熱硬化してアルミニウム板上に無機粒子を主成分とする厚さ35μmの絶縁層Aを得た。
次に、この絶縁層Aの上に配合物3を製造する過程で得られた反応樹脂溶液を325メッシュのステンレス製のスクリーン印刷版を用いて印刷した。そして、その印刷物を80℃で30分間乾燥してシロキサン化合物の皮膜10μmを得た。このシロキサン化合物の皮膜に銅箔(35μm)を載せ真空プレスを用いて真空下において160℃で、20分間圧接し、更に200℃で40分間加熱処理して、アルミニウム板と皮膜と銅箔とを接着し、固着物Aを得た。
配合物3のペーストを厚さ50μmの銅箔上に150メッシュのステンレス製のスクリーン印刷版を用いて印刷した。そして、その印刷物を80℃で30分間乾燥して無機粒子を主成分とする厚さ35μmの絶縁層Bを得た。さらに絶縁層Bの上に同じペーストを250メッシュのステンレス製のスクリーン印刷版を用いて印刷した。そして、その印刷物の上にステンレス糸を織った150メッシュ相当の微小孔を有するシートを圧接し、その後180℃で60分間加熱処理して、そのシートと印刷物と銅箔とを接着した固着物Bを得た。
固着物Bを得る際に用いたステンレス糸を織ったシートに代えて、100μm厚のステンレス箔をエッチングして得られた200メッシュ相当の微小孔を有する多孔性ステンレス箔を用いた。そして、そのステンレス箔を上述の印刷物に圧接し、180℃で60分間加熱処理して、多孔性ステンレス箔と印刷物と銅箔とを接着した固着物Cを得た。
固着物A,B,Cの銅箔に対してエッチングを施し、所定形状に銅配線のパターンを形成した。その後、各固着物A,B,Cの印刷物と基材(アルミニウム板、ステンレス糸を織ったシート、多孔性ステンレス箔)との絶縁性および密着性の試験を行った。絶縁性試験は、JIS C 5012の表面層耐電圧試験に準拠して行った。密着性試験は、JIS K 5600−5−7に準拠して行った。それぞれの試験結果を表6に示す。
表6の結果から、固着物A,B,Cのいずれも耐電圧特性、密着性に優れていることがわかった。特に固着物B,Cは、基材にステンレス糸を織ったシート、または多孔性ステンレス箔を用いているため、印刷物との密着性に優れていた。
次いで、硬化した配合物3Aの白色度および光反射率について検討した。
白色度および光反射率を測定する測定機器は、日本電色工業株式会社製商品名ND−300A(色差計−CN−2)である。そして白色度は、ハンター方式によって測定した(JIS K 5981に準拠)。ハンター方式とは、白色度をW、明度をL、aを+側でより赤味、−側でより緑味を表す色調値、bを+側でより黄味、−側でより青味を表す色調値とした場合、以下の式(1)によって白色度(W)を求める方式である。なお、L値が高いことは光反射率が高いということとなる。
W=100−〔(100−L)+a+b1/2・・・(1)
測定方法は、硬化した配合物3A(n=2)の各々5箇所にて測定し、その平均値を求めるものである。比較対象物として、ソルダーレジストとして用いられる山栄化学株式会社製のLE−6000F(30mm角、厚み23μmm)を硬化したものを用いた。測定結果を表7に示す。
表7から、硬化した配合物3Aの白色度および光反射率は比較対象物よりも高いことがわかった。
表7に示す白色度および光反射率の測定後、測定に用いた硬化した配合物3Aおよび比較対象物を200℃で24時間加熱処理し、冷却後に同様の測定をおこない、退色の程度を評価した。その評価結果を表8に示す。
表8から、何れのサンプルも白色度・光反射率の低下がみられたが、硬化した配合物3Aの方が比較対象物よりもその低下率が小さいことがわかった。すなわち、硬化した配合物3Aの方が比較対象物よりも耐熱性が高いことがわかった。
本発明の実施の形態に係る配線板の製造法を示す図で、配線板の仕掛品および配線板の縦断面図として各工程を示す図で、(A)から(D)に進むに従って、配線板の製造が進行する状況を示す図である。
符号の説明
1 配線板
2 金属基板(金属基材)
3 配合物
3A 硬化した配合物
4 銅箔(金属箔)
5 配線層

Claims (9)

  1. ポリシロキサン構造を有する物質と、絶縁性および放熱性を有する無機粒子を含む配合物で金属基材の面を被覆し、上記配合物を硬化する工程を有することを特徴とする配線板の製造法。
  2. 前記硬化する工程の前に、金属箔または金属板と前記配合物とを固着し、前記硬化する工程の後に、上記金属箔または上記金属板を部分的に除去して配線層を形成する工程を有することを特徴とする請求項1記載の配線板の製造法。
  3. 前記無機粒子は、酸化珪素、酸化アルミニウム、酸化亜鉛、窒化アルミニウムおよび窒化ホウ素のうち少なくとも1種以上を含むものであることを特徴とする請求項1または2記載の配線板の製造法。
  4. 前記金属基材は、表面に微小孔を有することを特徴とする請求項1、2または3記載の配線板の製造法。
  5. 前記金属基材は、金属糸を織ったものであることを特徴とする請求項1、2または3記載の配線板の製造法。
  6. 絶縁部材として、ポリシロキサン構造を有する物質を硬化した物質と、絶縁性および放熱性を有する無機粒子を含む硬化した配合物を用いたことを特徴とする配線板。
  7. 前記配合物は、前記無機粒子を60から80質量部含むことを特徴とする請求項6記載の配線板。
  8. 前記無機粒子は、酸化珪素、酸化アルミニウム、酸化亜鉛、窒化アルミニウムおよび窒化ホウ素のうち少なくとも1種以上を含むものであることを特徴とする請求項6または7記載の配線板。
  9. 前記硬化した配合物は、ハンター方式による白色度が87以上であることを特徴とする請求項6、7または8記載の配線板。
JP2007206943A 2007-08-08 2007-08-08 配線板の製造法および配線板 Pending JP2009043914A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007206943A JP2009043914A (ja) 2007-08-08 2007-08-08 配線板の製造法および配線板

Applications Claiming Priority (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007206943A JP2009043914A (ja) 2007-08-08 2007-08-08 配線板の製造法および配線板
US12/672,599 US8512856B2 (en) 2007-08-08 2008-08-07 Method for producing wiring board and wiring board
EP08792292.8A EP2230889B1 (en) 2007-08-08 2008-08-07 Method for producing wiring board and wiring board
KR1020147033293A KR20140142379A (ko) 2007-08-08 2008-08-07 배선판의 제조법 및 배선판
CN2008801067213A CN101919320B (zh) 2007-08-08 2008-08-07 布线板的制造方法和布线板
KR1020107005008A KR101503446B1 (ko) 2007-08-08 2008-08-07 배선판의 제조법 및 배선판
PCT/JP2008/064185 WO2009020169A1 (ja) 2007-08-08 2008-08-07 配線板の製造法および配線板

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012099355A Division JP5468104B2 (ja) 2012-04-25 2012-04-25 配線板の製造法および配線板

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009043914A true JP2009043914A (ja) 2009-02-26

Family

ID=40341401

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007206943A Pending JP2009043914A (ja) 2007-08-08 2007-08-08 配線板の製造法および配線板

Country Status (6)

Country Link
US (1) US8512856B2 (ja)
EP (1) EP2230889B1 (ja)
JP (1) JP2009043914A (ja)
KR (2) KR20140142379A (ja)
CN (1) CN101919320B (ja)
WO (1) WO2009020169A1 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010205955A (ja) * 2009-03-04 2010-09-16 Micro Coatec Kk 熱伝導性電子回路基板およびそれを用いた電子機器ならびにその製造方法
JP2013225697A (ja) * 2013-07-12 2013-10-31 Micro Coatec Kk 熱伝導性電子回路基板およびそれを用いた電子機器ならびにその製造方法
WO2016043331A1 (ja) * 2014-09-19 2016-03-24 国立大学法人三重大学 電着液、メタルコア基板およびメタルコア基板の製造方法
JP2018523592A (ja) * 2015-08-19 2018-08-23 ▲広▼▲東▼生益科技股▲ふん▼有限公司Shengyi Technology Co., Ltd. オルガノシリコーン樹脂アルミベース銅張積層板及びその調製方法

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9231239B2 (en) 2007-05-30 2016-01-05 Prologium Holding Inc. Electricity supply element and ceramic separator thereof
KR101286331B1 (ko) 2010-06-09 2013-07-15 삼성메디슨 주식회사 탄성 영상을 제공하는 초음파 시스템 및 방법
JP5684511B2 (ja) * 2010-08-11 2015-03-11 三菱樹脂株式会社 金属箔積層体、led搭載用基板及び光源装置
JP2012064928A (ja) * 2010-08-18 2012-03-29 Mitsubishi Chemicals Corp 半導体発光装置用樹脂成形体用材料及び樹脂成形体
CN102458051B (zh) * 2010-10-19 2013-08-14 台光电子材料股份有限公司 基板的制造方法及用于简化制备工艺的结构
EP2741341A4 (en) * 2011-08-01 2015-03-11 SEMICONDUCTOR COMPONENT AND METHOD FOR THE PRODUCTION THEREOF
CN102290519A (zh) * 2011-09-09 2011-12-21 福建省万邦光电科技有限公司 高白度led封装用基板
TWI437931B (zh) * 2011-12-16 2014-05-11 Prologium Technology Co Ltd 電路板結構
US11089693B2 (en) 2011-12-16 2021-08-10 Prologium Technology Co., Ltd. PCB structure with a silicone layer as adhesive
CN102970827B (zh) * 2012-11-19 2015-04-22 胜宏科技(惠州)股份有限公司 一种混合材料印刷线路板制作方法
WO2014091417A1 (en) * 2012-12-12 2014-06-19 Koninklijke Philips N.V. Carrier structure and method of manufacturing the same
CN103313509B (zh) * 2013-04-24 2016-08-17 上舜电子科技(中国)有限公司 一种金属基导电线路板及其制作方法
CN105163479A (zh) * 2015-08-12 2015-12-16 深圳亚信昌科技有限公司 一种高导热印制电路板及其制备方法
CN107660064B (zh) * 2017-09-29 2020-06-05 中国科学院化学研究所 导热绝缘板及其制备方法和电子元器件
WO2020234074A1 (en) * 2019-05-23 2020-11-26 Signify Holding B.V. Stable pcb for solid state light source application

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6396990A (en) * 1986-10-13 1988-04-27 Kobe Steel Ltd High radiation printed board
JPH06104542A (ja) * 1992-09-17 1994-04-15 Shin Etsu Chem Co Ltd 金属ベース配線基板
JP2005281509A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Denki Kagaku Kogyo Kk 硬化性樹脂組成物及びそれを用いた金属ベース回路基板
JP2006110999A (ja) * 2004-08-23 2006-04-27 Mitsubishi Gas Chem Co Inc 金属張り白色積層体

Family Cites Families (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61185994A (en) * 1985-02-13 1986-08-19 Shinetsu Chemical Co Substrate for heatproof flexible printed interconnection andmanufacture thereof
US4670351A (en) * 1986-02-12 1987-06-02 General Electric Company Flexible printed circuits, prepared by augmentation replacement process
JPH0617458B2 (ja) * 1987-03-16 1994-03-09 信越化学工業株式会社 エポキシ樹脂組成物
US4910077A (en) * 1988-08-04 1990-03-20 B.F. Goodrich Company Polynorbornene laminates and method of making the same
US4994903A (en) * 1989-12-18 1991-02-19 Texas Instruments Incorporated Circuit substrate and circuit using the substrate
US5038132A (en) * 1989-12-22 1991-08-06 Texas Instruments Incorporated Dual function circuit board, a resistor element therefor, and a circuit embodying the element
JPH04233258A (en) * 1990-07-23 1992-08-21 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Very small-sized electronic circuit package
US5450286A (en) * 1992-12-04 1995-09-12 Parlex Corporation Printed circuit having a dielectric covercoat
US5622782A (en) * 1993-04-27 1997-04-22 Gould Inc. Foil with adhesion promoting layer derived from silane mixture
US5879794A (en) * 1994-08-25 1999-03-09 W. L. Gore & Associates, Inc. Adhesive-filler film composite
EP0837090B1 (en) * 1995-06-27 2001-08-29 Hitachi Chemical Co., Ltd. Prepreg for printed wiring boards, resin varnish, resin composition, and laminate for printed wiring boards produced by using these substances
US6054651A (en) * 1996-06-21 2000-04-25 International Business Machines Corporation Foamed elastomers for wafer probing applications and interposer connectors
JP3948642B2 (ja) * 1998-08-21 2007-07-25 信越化学工業株式会社 熱伝導性グリース組成物及びそれを使用した半導体装置
AT449123T (de) 2000-03-31 2009-12-15 Hitachi Chemical Co Ltd Hitzehärtbare silikonzusammensetzung, harzfilm, metallfolie, isolationsfilm, metall-leiterplatte- laminat, multischicht-leiterplatte, die zusammensetzung enthaltend und verwendung der zusammensetzung
JP2002329939A (ja) 2001-05-01 2002-11-15 Daisho Denshi:Kk 配線基板
US7001662B2 (en) * 2003-03-28 2006-02-21 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Transfer sheet and wiring board using the same, and method of manufacturing the same
JP2005060501A (ja) 2003-08-11 2005-03-10 Wacker Asahikasei Silicone Co Ltd コーティング用シリコーン組成物
JP2005251562A (ja) 2004-03-04 2005-09-15 Nissan Motor Co Ltd 固体酸化物形燃料電池用セル、セル板及び固体酸化物形燃料電池
JP4288671B2 (ja) 2004-03-31 2009-07-01 荒川化学工業株式会社 ポリアミドイミド樹脂、メトキシシリル基含有シラン変性ポリアミドイミド樹脂、ポリアミドイミド樹脂組成物、硬化膜および金属箔積層体
KR20070040826A (ko) * 2004-08-05 2007-04-17 가부시키가이샤 가네카 용액, 도금용 재료, 절연 시트, 적층체 및 인쇄 배선판
WO2006022207A1 (ja) 2004-08-23 2006-03-02 Mitsubishi Gas Chemical Company, Inc. 金属張り白色積層体
JP2006269966A (ja) * 2005-03-25 2006-10-05 Toyota Industries Corp 配線基板およびその製造方法
US20070148467A1 (en) * 2005-12-23 2007-06-28 World Properties, Inc. Thermal management circuit materials, method of manufacture thereof, and articles formed therefrom

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6396990A (en) * 1986-10-13 1988-04-27 Kobe Steel Ltd High radiation printed board
JPH06104542A (ja) * 1992-09-17 1994-04-15 Shin Etsu Chem Co Ltd 金属ベース配線基板
JP2005281509A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Denki Kagaku Kogyo Kk 硬化性樹脂組成物及びそれを用いた金属ベース回路基板
JP2006110999A (ja) * 2004-08-23 2006-04-27 Mitsubishi Gas Chem Co Inc 金属張り白色積層体

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010205955A (ja) * 2009-03-04 2010-09-16 Micro Coatec Kk 熱伝導性電子回路基板およびそれを用いた電子機器ならびにその製造方法
JP2013225697A (ja) * 2013-07-12 2013-10-31 Micro Coatec Kk 熱伝導性電子回路基板およびそれを用いた電子機器ならびにその製造方法
WO2016043331A1 (ja) * 2014-09-19 2016-03-24 国立大学法人三重大学 電着液、メタルコア基板およびメタルコア基板の製造方法
JP2016065234A (ja) * 2014-09-19 2016-04-28 国立大学法人三重大学 電着液、メタルコア基板およびメタルコア基板の製造方法
JP2018523592A (ja) * 2015-08-19 2018-08-23 ▲広▼▲東▼生益科技股▲ふん▼有限公司Shengyi Technology Co., Ltd. オルガノシリコーン樹脂アルミベース銅張積層板及びその調製方法

Also Published As

Publication number Publication date
WO2009020169A1 (ja) 2009-02-12
KR20140142379A (ko) 2014-12-11
KR20100054143A (ko) 2010-05-24
CN101919320B (zh) 2012-11-28
CN101919320A (zh) 2010-12-15
KR101503446B1 (ko) 2015-03-18
EP2230889B1 (en) 2020-04-22
US8512856B2 (en) 2013-08-20
EP2230889A1 (en) 2010-09-22
US20110290543A1 (en) 2011-12-01
EP2230889A4 (en) 2013-06-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2009043914A (ja) 配線板の製造法および配線板
JP2009152536A (ja) 高効率放熱電子機器基板およびそれを含んだ電子制御機器、コンピュータシステム、家庭電化製品および産業機器製品
KR101152263B1 (ko) 광학 장치용 금속 기재 회로 기판 및 이의 제조방법
KR101260492B1 (ko) 방열 도료 조성물 및 이를 이용한 방열시트
JP2009067998A (ja) 放熱膜用塗料および放熱膜の形成方法
TW200906975A (en) Heat-conductive cured material and method for producing the same
TWI527845B (zh) Polysiloxane condensation reactants
JP5650092B2 (ja) シリコーンプリプレグ、それを用いたシリコーン樹脂板、シリコーン金属張積層板、シリコーン金属ベース基板及びled実装基板
JP6519794B2 (ja) 電着液、およびメタルコア基板の製造方法
TW200523115A (en) Method for making a flat-top pad
KR100865771B1 (ko) 방열용 코팅제 조성물
WO2018173945A1 (ja) 回路基板用樹脂組成物とそれを用いた金属ベース回路基板
KR20100124872A (ko) 열전도성 절연무기도료 조성물과 그 제조방법 및 이를 이용한 인쇄회로기판
JP5468104B2 (ja) 配線板の製造法および配線板
JP2013055156A (ja) 放熱基板
KR101084687B1 (ko) 유·무기 하이브리드형 액상 방열 코팅 조성물 및 상기 조성물을 이용한 도막층이 형성된 전자부품
JP2005281509A (ja) 硬化性樹脂組成物及びそれを用いた金属ベース回路基板
KR20180126458A (ko) 동장 적층판 및 그 제조 방법
JP5430136B2 (ja) 部材表面の改質方法。
JP2003165906A (ja) シリコーンゲル組成物およびシリコーンゲル
JP2008031405A (ja) 熱伝導性樹脂組成物の製造方法
JP5314874B2 (ja) 保護膜層用封止剤
KR101479484B1 (ko) 방열절연 소재 및 이의 제조 방법
JP2013225697A (ja) 熱伝導性電子回路基板およびそれを用いた電子機器ならびにその製造方法
JP6645911B2 (ja) シリコーン樹脂基板及びその製造方法、並びに光半導体装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100616

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120228

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120425

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120717