JP2009034199A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2009034199A
JP2009034199A JP2007199430A JP2007199430A JP2009034199A JP 2009034199 A JP2009034199 A JP 2009034199A JP 2007199430 A JP2007199430 A JP 2007199430A JP 2007199430 A JP2007199430 A JP 2007199430A JP 2009034199 A JP2009034199 A JP 2009034199A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
electric accessory
ordinary
ordinary electric
jackpot
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007199430A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5044845B2 (ja
Inventor
Katsuyuki Otake
克幸 大竹
Original Assignee
Toyomaru Industry Co Ltd
豊丸産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyomaru Industry Co Ltd, 豊丸産業株式会社 filed Critical Toyomaru Industry Co Ltd
Priority to JP2007199430A priority Critical patent/JP5044845B2/ja
Publication of JP2009034199A publication Critical patent/JP2009034199A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5044845B2 publication Critical patent/JP5044845B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】大当たり遊技中における連続した「大当たり」となる旨の予告報知を遊技者が容易に認識することができる。
【解決手段】大当たり遊技中において新たに第四始動口に遊技球が入賞し、「当たり」と判定された場合に、連続した「当たり」が発生した旨の通知を行うタイミング(T6〜T7)では、「大当たり中」の効果音を停止する。また、連続した「当たり」が確定している場合に第一始動口に遊技球が入賞し、「抽選中」となった場合(T3〜T4)、抽選中の効果音を停止する。さらに大当たり遊技終了時から新たな大当たり遊技までの期間に、第一始動口に遊技球が入賞し「抽選中」となった場合(T9〜T10)、「抽選中」の効果音を停止する。これにより、効果音が「大当たり」となる旨の予告報知と重複することを防ぐ。
【選択図】図9

Description

本発明は遊技機に関し、詳細には、遊技機の遊技状態を音声にて外部へ出力する遊技機に関する。
従来、パチンコ遊技機等の遊技機においては、液晶表示装置等の可変表示装置上で、予め用意されていた複数種の識別情報(以下、「特別図柄」という。)の可変表示を行い、その表示結果により所定の遊技価値を付加するか否かを決定する、いわゆる可変表示ゲームによって遊技興趣を高めたものが数多く提供されている。
可変表示ゲームには、前述した可変表示装置として、主に画像表示装置を用いることにより行うもの(以降、「特図ゲーム」という。)がある。特図ゲームは、所定領域を通過する遊技球の検出に伴って特別図柄の可変表示を行い、特別図柄の表示結果が導出表示された際の導出表示態様が特定表示態様となっている場合を「大当たり」とするゲームである。特図ゲームにおいて、「大当たり」となると、入賞口と呼ばれる特別電動役物を動作させ、入賞口扉を開放状態とする。これによって、遊技者に対して遊技球の入賞がきわめて容易となる状態を一定時間継続的に提供する。(以降、特図ゲームにおいて大当たりとなり、入賞口扉が開放状態となることで、遊技者に対して遊技球の入賞がきわめて容易となる状態となることを、「特定遊技状態」という。)
ここで、可変表示中、特別図柄の導出表示中、及び特定遊技状態中等に効果音を出力し、趣向の富んだ面白みのある演出を行うことにより、遊技者の興趣を惹き、遊技性を高めるような遊技機が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
また、上述のような特図ゲームを行う遊技機においては、遊技球が前記した所定領域を通過した回数を一定回数保留記憶しておき、保留記憶された回数分だけ順次特別図柄の可変表示と表示結果の導出表示を繰り返し行うようになっている。なお、表示結果が「大当たり」となるか否かは、遊技球が所定領域を通過した際に決定されるものであるため、特定遊技状態において、保留記憶内に「大当たり」が含まれている場合には、当該特定遊技状態の終了前の段階で、連続した「大当たり」となることが既に判明している。このため、特定遊技状態終了後に連続した「大当たり」となる旨を予告報知することにより、遊技者に期待感を持たせている。
特開2002−143402号公報
しかしながら、特定遊技状態中であって効果音が出力されている状態において、連続した「大当たり」となる旨を予告報知する場合、遊技者が効果音に注意を取られ、この「大当たり」となる旨の予告報知を見逃してしまうという問題点があった。
本発明は、上記課題を解決するためになされたものであり、効果音の音量を制御することにより、特定遊技中における連続した「大当たり」となる旨の予告報知を遊技者が容易に認識することができる遊技機を提供することを目的とする。
上記課題を解決するために、請求項1に係る発明の遊技機は、遊技盤上に設けられた入賞口への遊技球の入賞を検出する遊技球検出手段と、前記遊技球検出手段により遊技球が検出されたことを契機として乱数値を取得する乱数取得手段と、前記乱数取得手段により取得された乱数値に基づいて大当たりであるか否かを判定する大当たり判定手段と、前記大当たり判定手段による大当たりの判定結果を遊技者に報知する報知手段と、前記報知手段に連動して音声を出力する音声出力手段と、前記大当たり判定手段により大当たりと判定された場合に、前記遊技盤上に設けられた所定の入賞口に前記遊技球を入賞可能な状態とする大当たり遊技を所定時間実施する大当たり遊技制御手段とを備えた遊技機において、前記音声出力手段は、前記大当たり遊技の実行中に、前記大当たり判定手段により大当たりと判断された場合に、以降の出力音量を小さくすることを特徴とする。
また、請求項2に係る発明の遊技機は、請求項1に係る発明の構成に加え、前記大当たり遊技の実行中に、前記大当たり判定手段により大当たりと判定され、前記報知手段により、実行中の当該大当たり遊技の終了後に連続して新たな大当たり遊技が開始する旨の報知がなされる場合において、前記音声出力手段は、前記報知手段により連続して新たな大当たりが発生する旨の報知がなされる期間、当該報知に連動する音声の出力音量を小さくすることを特徴とする。
また、請求項3に係る発明の遊技機は、請求項1に係る発明の構成に加え、前記大当たり遊技の実行中に、前記大当たり判定手段により大当たりと判定された場合であって、実行中の当該大当たり遊技の終了時から新たな前記大当たり遊技が開始するまでの期間に、前記遊技球検出手段により前記遊技球が検出され、前記大当たり判定手段により判定が行われる場合において、前記音声出力手段は、前記大当たり判定手段による判定結果を報知する前記報知手段に連動する音声の出力音量を小さくすることを特徴とする。
また、請求項4に係る発明の遊技機は、請求項1に係る発明の構成に加え、前記大当たり遊技の実施中に、前記遊技球検出手段により前記遊技球が検出され、前記大当たり判定手段により判定が行われる場合において、前記音声出力手段は、前記大当たり判定手段による判定結果を報知する前記報知手段に連動する音声を出力しないことを特徴とする。
請求項1に係る発明の遊技機は、遊技盤上に設けられた入賞口への遊技球の入賞を検出する遊技球検出手段と、前記遊技球検出手段により遊技球が検出されたことを契機として乱数値を取得する乱数取得手段と、前記乱数取得手段により取得された乱数値に基づいて大当たりであるか否かを判定する大当たり判定手段と、前記大当たり判定手段による大当たりの判定結果を遊技者に報知する報知手段と、前記報知手段に連動して音声を出力する音声出力手段と、前記大当たり判定手段により大当たりと判定された場合に、前記遊技盤上に設けられた所定の入賞口に前記遊技球を入賞可能な状態とする大当たり遊技を所定時間実施する大当たり遊技制御手段とを備えた遊技機において、前記音声出力手段は、前記大当たり遊技の実行中に、前記大当たり判定手段により大当たりと判断された場合に、以降の出力音量を小さくすることを特徴とする。従って遊技者は、大当たり遊技中に遊技者に対して通知される様々な遊技状態を認識し易くなり、遊技性が向上する。
また、請求項2に係る発明の遊技機は、請求項1に係る発明の効果に加え、前記大当たり遊技の実行中に、前記大当たり判定手段により大当たりと判定され、前記報知手段により、実行中の当該大当たり遊技の終了後に連続して新たな大当たり遊技が開始する旨の報知がなされる場合において、前記音声出力手段は、前記報知手段により連続して新たな大当たりが発生する旨の報知がなされる期間、当該報知に連動する音声の出力音量を小さくすることを特徴とする。従って遊技者は、大当たり遊技中に通知される新たな大当たり発生の報知を認識し易くなり、遊技機の遊技性が向上する。
また、請求項3に係る発明の遊技機は、請求項1に係る発明の効果に加え、前記大当たり遊技の実行中に、前記大当たり判定手段により大当たりと判定された場合であって、実行中の当該大当たり遊技の終了時から新たな前記大当たり遊技が開始するまでの期間に、前記遊技球検出手段により前記遊技球が検出され、前記大当たり判定手段により判定が行われる場合において、前記音声出力手段は、前記大当たり判定手段による判定結果を報知する前記報知手段に連動する音声の出力音量を小さくすることを特徴とする。従って遊技者は、大当たり遊技終了後に新たな大当たり遊技が開始されることを、音量の変化から認識でき、新たな大当たり遊技の準備を行うことができるため、遊技機の遊技性が向上する。
また、請求項4に係る発明の遊技機は、請求項1に係る発明の効果に加え、前記大当たり遊技の実施中に、前記遊技球検出手段により前記遊技球が検出され、前記大当たり判定手段により判定が行われる場合において、前記音声出力手段は、前記大当たり判定手段による判定結果を報知する前記報知手段に連動する音声を出力しないことを特徴とする。従って大当たり遊技中の効果音と可変表示中の効果音とが混同せず、遊技者は大当たり遊技中の効果音を聞き取り易くなり、遊技機の遊技性が向上する。
以下、本発明に係る遊技機の一実施の形態である、所謂一般電役機のパチンコ機1について、図面を参照して説明する。まず、図1及び図2を参照して、パチンコ機1の機械的構成について説明する。図1はパチンコ機1の正面図であり、図2は図柄表示装置8の正面図である。
図1に示すように、パチンコ機1の正面の上半分の部分には、発射ハンドル7の操作により図示外の発射機から発射された遊技媒体としての遊技球が流下する遊技盤2が設けられている。この遊技盤2は略正方形であり(図1参照)、透明なガラス板を保持したガラス枠9で保護されている。遊技盤2の下方部には、発射機に遊技球を供給し、かつ賞品球を受ける上皿5が設けられている。そして、上皿5の直下には、賞品球を受ける下皿6が設けられ、下皿6の右横には遊技球の発射を調整する発射ハンドル7が設けられている。さらに、ガラス枠9の右上角及び左上角にはスピーカ48がそれぞれ設けられている。なお、遊技盤2上には、遊技球を導く釘が多数配置されているが、図1においては省略されている。
また、図1及び図2に示すように、遊技盤2の前面にはガイドレール3で囲まれた略円形の遊技領域4が設けられている。この遊技領域4の略中央には、LCDから構成された図柄表示画面28や第一普通図柄表示部11、第二普通図柄表示部12、第三普通図柄表示部13、第四普通図柄表示部14、各種ランプ、LEDを備えた図柄表示装置8が設けられている。この図柄表示装置8の下方には第一始動口30が設けられており、図柄表示装置8の右側には第四普通電動役物35が設けられており、第四普通電動役物35の右斜め下方には第一普通電動役物32が設けられており、第一普通電動役物32の左斜め下方には第二普通電動役物33が設けられており、第二普通電動役物33の左斜め下方には第三普通電動役物34が設けられており、第三普通電動役物34の上方には第四始動口31が設けられている。
なお、第一普通電動役物32には開閉部材321,322が設けられ、遊技球が入賞することはない。開閉部材321,322は、左右方向に回動可能にそれぞれの下端において第一普通電動役物32に軸支されており、開閉部材321の上端は左へ、開閉部材322の上端は右へ回動されることにより、第一普通電動役物32が開放される。また、第二普通電動役物33にも開閉部材331,332が設けられており、第一普通電動役物32の開閉部材321,322と同様に、左右方向に回動可能にそれぞれの下端において第二普通電動役物33に軸支され、開閉部材331の上端は左へ、開閉部材332の上端は右へ回動されることにより、第二普通電動役物33が開放される。さらに、第三普通電動役物34にも開閉部材341,342が設けられており、第一普通電動役物32の開閉部材321,322、及び第二普通電動役物33の開閉部材331,332と同様に、左右方向に回動可能にそれぞれの下端において第三普通電動役物34に軸支され、開閉部材341の上端は左へ、開閉部材342の上端は右へ回動されることにより、第三普通電動役物34が開放される。さらに、第四普通電動役物35にも開閉部材351,352が設けられており、第一普通電動役物32の開閉部材321,322、第二普通電動役物33の開閉部材331,332、及び第三普通電動役物34の開閉部材341、342と同様に、左右方向に回動可能にそれぞれの下端において第四普通電動役物35に軸支され、開閉部材351の上端は左へ、開閉部材352の上端は右へ回動されることにより、第四普通電動役物35が開放される。なお、第一普通電動役物32,第二普通電動役物33,第三普通電動役物34、第四普通電動役物35のいずれも通常は閉鎖された状態となっている。
なお本構成では、第一始動口30へ入賞する遊技球の大多数が、遊技領域4における図柄表示装置8の左側を通過する遊技球である一方、第四始動口31へ入賞する遊技球のほとんどが、遊技領域4における図柄表示装置8の右側を通過する遊技球であるように、遊技球を導く釘(図示外)の配置が調整されている。また、第一普通電動役物32、第二普通電動役物33、第三普通電動役物34、及び第四普通電動役物35へ入賞する遊技球の大多数を、遊技領域4における図柄表示装置8の右側を通過する遊技球とするように、遊技球を導く釘(図示外)の配置が調整されている。従って、遊技領域4における図柄表示装置8の左側を通過する遊技球が、第四始動口31、第一普通電動役物32、第二普通電動役物33、第三普通電動役物34、及び第四普通電動役物35に入賞する確率は低く、遊技領域4における図柄表示装置8の右側を通過する遊技球が第一始動口30に入賞する確率は低い。
また、図2に示すように、図柄表示装置8の図柄表示画面28の上部左側には3個のLEDが2段に配置された第一普通図柄表示部11が設けられており、図柄表示画面28の上部右側には第一普通図柄表示部11と左右対称な位置に第二普通図柄表示部12及び第三普通図柄表示部13が設けられている。上段の3個のLEDが第三普通図柄表示部13であり、下段の3個のLEDが第二普通図柄表示部12である。さらに、図柄表示画面28の上部中央には、第四普通図柄表示部14が設けられている。
ここで、図3を参照して、本実施の形態のパチンコ機1の遊技例の一について説明する。図3は、第一始動口30に遊技球が入賞した場合における各電動役物の基本動作を示すタイミングチャートである(なお、第四始動口31に遊技球が入賞した場合における各電動役物の動作についても、第一LEDの基本動作を除き同様である。)。
第一始動口30(及び第四始動口31)へ遊技球が入賞すると第一回目の当たり(以降「第一普通当たり」という。)(第四始動口31へ遊技球が入賞した場合の一回目の当たりを、以降「第四普通当たり」という。)の判定が行われる。そして、当たりと判定されると第一普通電動役物32の開閉部材321,322が開放されて、所定時間又は所定数の遊技球が入賞するまで開放される(第四普通当たりの場合、当たりと判定されると、第四普通電動役物35の開閉部材351、352が開放されて、所定時間または所定数の遊技球が入賞するまで開放される。)。この第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)の開放中に遊技球が第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)に入賞すると、多数の遊技球が払い出される(これらのうち、第一普通当たりに伴うものを「第一普通当たり遊技」といい、第四普通当たりに伴うものを「第四普通当たり遊技」という。)。なお、本実施の形態では、第一普通当たり(及び第四普通当たり)となる確率は1/130となっている(なお、当該確率は必ずしも1/130である必要はなく、1/130以外であってもかまわない。)。
また、第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)は、遊技球を獲得するための入賞口としての機能だけでなく、第二回目の当たり(以降、「第二普通当たり」という。)の抽選の契機となる始動口としての機能も有しており、第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)に遊技球が入賞すると第二普通当たりの抽選が行われる。そして、当たりと判定されると第二普通電動役物33が所定時間又は所定数の遊技球が入賞するまで開放される。この第二普通電動役物33の開放中に遊技球が第二普通電動役物33に入賞すると、多数の遊技球が払い出される(以降、「第二普通当たり遊技」という。)。第一普通電動役物32、及び第四普通電動役物35へは最大4球まで入賞可能であり、第二普通当たりの抽選は最大4回行われることとなり、第二普通当たり遊技も最大4回行われることとなる。なお、本実施の形態では、第二普通当たりとなる確率は100%となっている(なお、当該確率は必ずしも100%である必要はなく、100%未満であってもかまわない。)。
さらに、この第二普通電動役物33も、第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)と同様に、遊技球を獲得するための入賞口としての機能だけでなく、第三回目の当たり(以降、「第三普通当たり」という。)の抽選の契機となる始動口としての機能も有しており、第二普通電動役物33に遊技球が入賞すると第三普通当たりの抽選が行われる。そして、当たりと判定されると第三普通電動役物34が所定時間又は所定数の遊技球が入賞するまで開放される。そして、この第三普通電動役物34の開放中に第三普通電動役物34に遊技球が入賞すると多数の遊技球が払い出される(以降、「第三普通当たり遊技」という。)。第二普通電動役物33へは最大4球まで入賞可能であり、第三普通当たりの抽選は最大4回行われることとなり、第三普通当たり遊技も最大4回行われることとなる。ここで本実施の形態では、第三普通当たりとなる確率は100%となっている(なお、当該確率は必ずしも100%である必要はなく、100%未満であってもかまわない。)。
第二普通電動役物33は最大4球まで入賞可能であるので、1回の第二普通当たり遊技が行われると、最大4回の第三普通当たりの抽選が行われ、第三普通当たりとなる確率は100%なので、4回の第三普通当たり遊技が行われることとなる。この第二普通電動役物33へ入賞した4球の遊技球に対して実施されるそれぞれの第三普通当たりの判定結果の報知、第三普通当たり遊技(第三普通当たりとなった場合)をまとめて「一連の第三普通当たり遊技」と呼ぶこととする。
なお、第一始動口30(及び第四始動口31)へ入賞した遊技機は合計4球まで保留することが可能である。つまり、遊技者は遊技球を獲得するために、まず、第一始動口30(及び第四始動口31)へ遊技球を入賞させる。そこで、第一普通当たり(及び第四普通当たり)と判定されれば、第一普通電動役物32が開放されるので、第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)に遊技球を入賞させることにより、多数の遊技球を獲得することができる。ここで最大数の4球が入賞したとする。
すると、さらに第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)へ遊技球が入賞したことに対して、第二普通当たりの判定(1回目)が行われる。そして、第二普通当たりと判定されれば、第二普通電動役物33が開放され、第二普通電動役物33に遊技球を入賞させることにより、多数の遊技球を獲得することができる。さらに、一連の第三普通当たり遊技が開始される。第二普通電動役物33への1球目の入賞に対して、第三普通当たりの判定が行われ(1回目)、第三普通当たりと判定されれば、第三普通電動役物34が開放され、第三普通電動役物34に遊技球を入賞させることにより、多数の遊技球を獲得することができる。次いで、第二普通電動役物33への2球目の入賞に対して、第三普通当たりの判定(2回目)、第三普通当たり遊技が行われ、多数の遊技球を獲得することができる。次いで、第二普通電動役物33への3球目の入賞に対して、第三普通当たりの判定(3回目)、第三普通当たり遊技が行われ、多数の遊技球を獲得することができる。次いで、第二普通電動役物33への4球目の入賞に対して、第三普通当たりの判定(4回目)、第三普通当たり遊技が行われ、多数の遊技球を獲得し、一連の第三普通当たり遊技が終了する。
さらに、第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)へ入賞した遊技球の保留分の遊技球に対して、第二普通当たりの判定(2回目)が行われる。そして、第二普通当たりと判定されれば、第二普通電動役物33が開放される第二普通当たり遊技が行われて、多数の遊技球を獲得することができる。さらに、第二普通電動役物33への遊技球の入賞に対して、一連の第三普通当たり遊技が行われ、多数の遊技球を獲得することができる。
さらに、第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)へ入賞した遊技球の保留分の遊技球に対して、第二普通当たりの判定(3回目)が行われる。そして、第二普通当たりと判定されれば、第二普通電動役物33が開放される第二普通当たり遊技が行われて、多数の遊技球を獲得することができる。さらに、第二普通電動役物33への遊技球の入賞に対して、一連の第三普通当たり遊技が行われ、多数の遊技球を獲得することができる。
さらに、第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)へ入賞した遊技球の保留分の遊技球に対して、第二普通当たりの判定(4回目)が行われる。そして、第二普通当たりと判定されれば、第二普通電動役物33が開放される第二普通当たり遊技が行われて、多数の遊技球を獲得することができる。さらに、第二普通電動役物33への遊技球の入賞に対して、一連の第三普通当たり遊技が行われ、多数の遊技球を獲得することができる。
なお、第一普通当たり(及び第四普通当たり)が請求項にいう「大当たり」に該当し、第一普通当たり(及び第四普通当たり)に伴う第一普通電動役物32(及び第四普通当たり)の開放、第二普通当たりの判定、第二普通電動役物33の開放、一連の第三普通当たり遊技が「大当たり遊技」に該当する。
次に、図2を参照して、第一普通当たり,第二普通当たり,第三普通当たり、第四普通当たりの判定結果の報知、判定を保留している遊技球の数である保留球数の報知について説明する。
図2に示すように、第一普通図柄表示部11には合計6個のLEDが設けられている。下段左のLED110と上段左のLED119が、第一普通当たりの判定結果を報知するLEDである(以降、これらを併せて「第一LED」という。)。判定中には点滅し、判定結果が当たりである場合には点灯し、判定結果がはずれである場合には、消灯する。そして、下段の中央のLED111,下段の右のLED112,上段の中央のLED113,上段の右のLED114は第一普通当たりの判定を保留している保留球数を示している。つまり、第一始動口30へ入賞し、第一普通当たりの判定が行われていない遊技球の数を示している。保留球が1つの場合にはLED111のみが点灯し、保留球が2つの場合にはLED111,112の2つが点灯し、保留球が3つの場合にはLED111,112,113の3つが点灯し、保留球が4つの場合にはLED111,112,113,114の全てが点灯する。
また、第二普通図柄表示部12には合計3個のLEDが設けられている。左のLED120は第二普通当たりの判定結果を報知するLED(以降、「第二LED」という。)であり、判定中には点滅し、判定結果が当たりである場合には点灯し、はずれである場合には消灯する。そして、中央のLED121、右のLED122は第二普通当たりの判定についての保留球を示している。保留球が1つの場合にはLED121のみが点灯し、保留球が2つの場合にはLED121,122ともに点灯し、保留球が3つの場合には、LED121が点滅し、LED122が点灯する。保留球が4つの場合には、LED121,122ともに点滅する。
また、第三普通図柄表示部13には合計3個のLEDが設けられている。左のLED130は第三普通当たりの判定結果を報知するLED(以降「第三LED」という。)であり、判定中には点滅し、判定結果が当たりである場合には点灯し、はずれである場合には消灯する。そして、中央のLED131、右のLED132は第三普通当たりの判定についての保留球を示している。保留球が1つの場合にはLED131のみが点灯し、保留球が3つの場合にはLED131,132ともに点灯し、保留球が3つの場合には、LED131が点滅し、LED133が点灯する。保留球が4つの場合には、LED131,132ともに点滅する。
また、第四普通図柄表示部14には、合計7個のLEDが設けられている。上段左側のLED140、上段中央のLED141、上段右側のLED142が、第四普通当たりの判定結果を報知するLED140、141、142である。これらのうちLED140、及び142は当たり判定中に点滅し(以降、これらを併せて「第四LED」という。)、LED141は判定結果が当たりである場合に、当該当たりを報知するために点灯する。また、下段のLED143、144、145、及び146は、第四普通当たりの判定を保留している保留数を示している。つまり、第四始動口31へ入賞し、第四普通当たりの判定が行われていない遊技球の数を示している。保留数が1つの場合にはLED143のみが点灯し、保留数が2の場合はLED143、144の2つが点灯し、保留数が3の場合はLED143、144、145の3つが点灯し、保留数が4の場合はLED143、144、145、146のすべてが点灯する。
なお、以下、第一普通当たりの保留球を第一保留球、第二普通当たりの保留球を第二保留球、第三普通当たりの保留球を第三保留球、第四普通当たりの保留球を第四保留球と呼ぶこととする。
さらに、図柄表示装置8の図柄表示画面28には、左から、デモ図柄表示部D1,デモ図柄表示部D3,デモ図柄表示部D2の順に、3つのデモ図柄表示部が横一列に配置されている。このデモ図柄表示部D1〜D3には、第一普通当たりの判定結果が表示される。デモ図柄表示部D1〜D3には、後述するデモ図柄が上から下方向にスクロールするように変動表示され、デモ図柄表示部D1、デモ図柄表示部D2、デモ図柄表示部D3の順に停止するようになっている。なお、このデモ図柄表示部D1〜D3の配置、停止表示させる順序、スクロールの方向などは任意に変更できる。
本実施の形態では、デモ図柄表示部D1〜D3には、「0」,「1」,「2」,「3」,「4」,「5」,「6」,「7」,「8」,「9」の10種類の図柄が表示される。このデモ図柄表示部D1〜D3は、第一LEDの点滅開始に同期して変動が開始され、10種類の図柄が原則としてこの順序で順次表示される。そして、所定の変動表示時間が経過して、第一LEDが停止する動作に伴い、デモ図柄表示部D1,D2,D3の順で図柄が停止し、最終的に3つのデモ図柄表示部D1〜D3の全ての変動が停止して第一普通当たりの判定結果を示すデモ図柄が停止する(以降「確定表示」という。)。
なお、図柄表示画面28上には、デモ図柄表示部D1〜D3の背景に画像やメッセージ等も表示されるようになっている。さらに、デモ図柄表示部D1〜D3にはデモ図柄が常に表示されているわけではなく、これらの表示に代えて画像やメッセージ等を表示できるようになっている。なお、図柄表示装置8は、その裏面に図柄表示基板44(図4参照)を備えている。
次に、図4を参照して、パチンコ機1の電気的構成について説明する。図4は、パチンコ機1の電気的回路構成を示すブロック図である。
図4に示すように、制御部40は、主基板41、電源基板42、音基板43、図柄表示基板44、払出制御基板45、電飾基板46、中継基板47及びサブ統合基板58から構成されている。この制御部40は、パチンコ機1(図1参照)の裏側(背面側)に設けられている。
パチンコ機1の主制御を司る主基板41には、プログラムにしたがって各種の処理を行うCPUユニット50が設けられている。このCPUユニット50には、各種の演算処理を行うCPU51と、フラグやカウンタ等の演算処理中に発生するデータの値等を一時的に記憶するRAM52と、制御プログラム、各種データの初期値、他の基板への指示を行うコマンド等を記憶したROM53とが設けられており、これらは一つのLSIとして一体にモールディングされている。また、CPUユニット50には割込信号発生回路57が接続され、この割込信号発生回路57は、例えば、0.002秒(以下、「2ms」と略す。)ごとにCPU51に割込信号を与えるようになっている。CPU51は、この割込信号が入力されるごとにROM53に記憶されている制御プログラムを実行し、この制御プログラムにしたがってパチンコ機1の制御を行う。
また、主基板41にはI/Oインタフェイス54が設けられており、サブ統合基板58、払出制御基板45、中継基板47等のサブ基板と接続している。さらに、音基板43、図柄表示基板44及び電飾基板46は、サブ統合基板58を介して主基板41に接続されている。払出制御基板45は賞品球払出装置49の制御を行い、中継基板47はスイッチやソレノイドの配線の中継を行っている。また、サブ統合基板58は音基板43、図柄表示基板44、電飾基板46の総合的な制御を行っており、音基板43はパチンコ機1の効果音の発生を制御し、図柄表示基板44は図柄表示画面28や普通図柄表示部11〜13に表示される図柄の制御を行い、電飾基板46はパチンコ機1の各電飾の発光態様を制御している。なお、サブ統合基板58にはCPU581、RAM582及びROM583が設けられている。そして、音基板43にはCPU43aや図示外の入力インタフェイス、RAM及びROMが内蔵されており、図柄表示基板44にはCPU44aや図示外の入力インタフェイス、RAM及びROMが内蔵されている。さらに、払出制御基板45にはCPU45aや図示外の入力インタフェイス、RAM及びROMが内蔵されており、電飾基板46にはCPU46aや図示外の入力インタフェイス、RAM及びROMが内蔵されている。
また、主基板41のI/Oインタフェイス54には、遊技場管理用のホールコンピュータ100(図示外)にパチンコ機1の状態(大当たり遊技中であるか否か)を示す情報を出力する大当たり情報出力ポート81が接続されている。この大当たり情報出力ポートは、後述する情報中継装置(図示外)の大当たり情報入力ポート91にケーブル89を介して接続している。そして、主基板41のCPU51では、パチンコ機1において大当たり遊技が行われている間に大当たり情報出力ポート81に大当たり情報が出力されていない状態とする。なお、図示しないが、パチンコ機1には、ホールコンピュータへその他の情報を出力する出力ポートが設けられている。
電飾基板46には、第一普通図柄表示部11、第二普通図柄表示部12、第三普通図柄表示部13、第四普通図柄表示部14、電飾用のLED62、及び電飾ランプ63が接続されている。また、図柄表示基板44には図柄表示画面28が接続され、払出制御基板45には賞品球払出装置49が接続されている。また、音基板43には、遊技機全体の遊技状態を報知するための効果音を出力するメインスピーカ65と、第一LEDに連動した効果音を出力する第一スピーカ66と、第四LEDに連動した効果音を出力する第四スピーカ67が接続されている。
さらに、中継基板47には、第一普通電動役物32の開閉部材を開放・閉鎖する第一普通電動役物開放ソレノイド70、第二普通電動役物33の開閉部材を開放・閉鎖する第二普通電動役物開放ソレノイド71、第三普通電動役物34の開閉部材を開放・閉鎖する第三普通電動役物開放ソレノイド72、第四普通電動役物35の開閉部材を開放・閉鎖する第四普通電動役物開放ソレノイド78、第一始動口30へ入賞した遊技球を検出する第一始動口スイッチ73、第四始動口31へ入賞した遊技球を検出する第四始動口スイッチ74、第一普通電動役物32へ入賞した遊技球を検出する第一普通電動役物スイッチ75、第二普通電動役物33へ入賞した遊技球を検出する第二普通電動役物スイッチ76、第三普通電動役物34へ入賞した遊技球を検出する第三普通電動役物スイッチ77、第四普通電動役物35へ入賞した遊技球を検出する第四普通電動役物スイッチ79が接続されている。
また、電源基板42は、主基板41、音基板43、図柄表示基板44、払出制御基板45、電飾基板46及びサブ統合基板58に各々接続し、直流の安定化した電力を供給している。なお、電源基板42には交流24Vが供給されている。電源基板42には、図示外のシリコンダイオードブリッジからなる整流器、電解コンデンサからなる平滑回路、レギュレータICからなる安定化回路等が設けられており、安定化された直流の12V及び5V等を各基板へ供給できるようになっている。なお、図4では、特に図示しないが、主基板41、電源基板42、音基板43、図柄表示基板44、払出制御基板45、電飾基板46、中継基板47及びサブ統合基板58は、全てアースラインで接続されている。
次に、図5を参照して、ROM53の記憶エリアについて説明する。図5は、ROM53の記憶エリアを示す概念図である。
図5に示すように、ROM53には、パチンコ機1のリセットが行われる際に各記憶エリアに記憶される初期値等を記憶する初期設定記憶エリア5301、CPU51がパチンコ機1を制御するための各種制御プログラムを記憶する制御プログラム記憶エリア5302、主基板41からサブ統合基板58に出力される制御コマンドのテーブルを記憶する制御コマンドテーブル記憶エリア5303、判定の結果を報知する際の変動パターンに関する情報が記憶されている変動パターン記憶エリア5304等が設けられている。さらに、ROM53には、図示外の各種の記憶エリアが設けられている。
次に、図6を参照して、RAM52の記憶エリアについて説明する。図6は、RAM52の記憶エリアを示す概念図である。
図6に示すように、RAM52には、各種のカウンタを記憶するカウンタ記憶エリア5201が設けられ、各ゲートや各入賞口に遊技球が入賞したか否かを示すフラグを記憶する入賞球フラグ記憶エリア5202が設けられ、第一普通当たり,第二普通当たり,第三普通当たり、及び第四普通当たりに関する乱数を記憶する当たり関係情報記憶エリア5203が設けられている。そして、第一始動口30へ入賞し、判定の行われていない遊技球である第一保留球の数を記憶する第一保留球数記憶エリア5204、第一普通電動役物32へ入賞した遊技球の数を計数するための第一入賞球数記憶エリア5205、第四始動口31へ入賞し、判定の行われていない遊技球である第四保留球の数を記憶する第四保留球数記憶エリア5212、第四普通電動役物35へ入賞した遊技球の数を計数するための第四入賞球数記憶エリア5213が設けられ、第一普通電動役物32、及び第四普通電動役物35へ入賞し、判定の行われていない遊技球である第二保留球の数を記憶する第二保留球数記憶エリア5206が設けられ、第二普通電動役物33へ入賞した遊技球の数を計数するための第二入賞球数記憶エリア5207が設けられ、第二普通電動役物33へ入賞し、判定の行われていない遊技球である第三保留球の数を記憶する第三保留球数記憶エリア5208が設けられ、第三普通電動役物34へ入賞した遊技球の数を計数するための第三入賞球数記憶エリア5209が設けられている。
そして、主基板41からサブ統合基板58に出力される制御コマンドを記憶するコマンド関係記憶エリア5210が設けられ、大当たり遊技状態であるか否かを示す大当たり遊技フラグ、第一LEDの表示状態を示す第一変動フラグ、第二LEDの表示状態を示す第二変動フラグ、第三LEDの表示状態を示す第三変動フラグ、第四LEDの表示状態を示す第四LED変動フラグ、LED141の変動要求を行うLED141変動要求フラグ、LED141の表示状態を示すLED141変動フラグ、第一普通電動役物32の開閉状態を示す第一開放フラグ、第二普通電動役物33の開閉状態を示す第二開放フラグ、第三普通電動役物34の開閉状態を示す第三開放フラグ、第四普通電動役物35の開閉状態を示す第四開放フラグ等のフラグを記憶するフラグ関係記憶エリア5211等が設けられている。なお、RAM52には、パチンコ機1の電源切断時にも記憶内容が保持されるように、バックアップ用のバッテリ(図示外)が接続されている。さらに、RAM52には、図示外の各種の記憶エリアが設けられている。
次に、カウンタ記憶エリア5201に記憶される各種カウンタについて説明する。カウンタ記憶エリア5201には第一普通当たり判定カウンタ、第二普通当たり判定カウンタ、第三普通当たり判定カウンタ、第四普通当たり判定カウンタ、変動パターン決定カウンタ、第一変動時間カウンタ、第二変動時間カウンタ、第三変動時間カウンタ、第一開放時間カウンタ、第二開放時間カウンタ、第三開放時間カウンタ、大当たり累積回数カウンタ等が各々記憶されている。これらの値は、後述する第一普通図柄処理、第二普通図柄処理、第三普通図柄処理、第四普通図柄処理などにおいて、当たり関係情報記憶エリア5203に各々取り込まれて格納されたり、タイマカウンタとして使用されたりする。
なお、第一普通当たり判定カウンタ、第二普通当たり判定カウンタ、第三普通当たり判定カウンタ、第四普通当たり判定カウンタ、変動パターン決定カウンタの値は、割込信号発生回路57(図4参照)からの割込信号に基づいて実行されるパチンコ機1の制御プログラムのメイン処理のカウンタ更新処理(図11参照)において、一定間隔の時間(例えば、割込信号発生の間隔である2ms)ごとに所定量(例えば、「1」)ずつ加算される。そして、各カウンタには最小値(下限値)及び最大値(上限値)が設けられており、最小値から最大値まで範囲の数値内を循環するように構成されている。つまり、更新の結果、カウンタの値が最大値と同じ値になると、次の更新でカウンタの値は最小値を取ることとなる。
変動パターン決定カウンタの値は変動パターンを決定するために使用される。変動パターンは、第一普通当たり判定の結果を報知する際の演出様態の種類であり、変動パターン決定カウンタの値や第一普通当たり判定、第四普通当たり判定の結果に基づいて選択される。選択された変動パターンは、変動パターン指定コマンドとしてサブ統合基板58へ送信され、サブ統合基板58からさらに音基板43、図柄表示基板44及び電飾基板46へ送信される。なお、第一LEDの点滅開始から全図柄停止までの時間はこの変動パターンごとに決定されており、ROM53の変動パターン記憶エリア5304に記憶されている。また、本実施の形態では変動パターンは62種類設けられている。そして、この変動パターン決定カウンタの最大値は「65535」、最小値は「0」であり、1割込ごと(2msごと)に「1」加算され「65535」より大きくなった際に「0」へ戻る。そして、当たりである場合、はずれである場合の2つの変動パターン決定テーブル(図示外)が設けられており、それぞれ「0」〜「65535」の値に対して、変動パターンのいずれかが割り振られている。
また、第一変動時間カウンタ、第二変動時間カウンタ、第三変動時間カウンタ、第四変動時間カウンタ、第一開放時間カウンタ、第二開放時間カウンタ、第三開放時間カウンタ、第四開放時間カウンタは、それぞれ、第一普通図柄表示部11の変動表示時間,第二普通図柄表示部12の変動表示時間,第三普通図柄表示部13の変動表示時間,第四普通図柄表示部14の変動表示時間,第一普通電動役物32の開放時間,第二普通電動役物33の開放時間,第三普通電動役物34,第四普通電動役物35の開放時間を計測するためのものである。これらの時間カウンタは整数値を取り、「1」以上である場合に、後述するメイン処理のカウンタ更新処理(図10参照)において、「1」ずつ減算される。
次に、図7を参照して、当たり関係情報記憶エリア5203について説明する。図7は、RAM52の当たり関係情報記憶エリア5203を示す概念図である。
図7に示すように、当たり関係情報記憶エリア5203には、判定エリア及び第一記憶エリア〜第四記憶エリアが設けられており、各記憶エリアに変動パターン乱数欄、第一普通当たり乱数欄、第二普通当たり乱数欄、第三普通当たり乱数欄、第四普通当たり乱数欄が設けられている。この当たり関係情報記憶エリア5203は、後述するメイン処理(図10参照)において使用される。
変動パターン乱数欄及び第一普通当たり乱数欄には、第一始動口30へ遊技球が入賞した際に、変動パターン決定カウンタの値及び第一普通当たり判定カウンタの値がそれぞれ記憶される。この際、第一保留球数記憶エリア5204の値(保留球数)に対応した記憶エリアに記憶される。例えば、保留球数が「3」であれば第三記憶エリアに記憶される。
同様に、変動パターン乱数欄及び第四普通当たり乱数欄には、第四始動口31へ遊技球が入賞した際に、変動パターン決定カウンタの値及び第四普通当たり判定カウンタの値がそれぞれ記憶される。この際、第四保留球数記憶エリア5212の値(保留球数)に対応した記憶エリアに記憶される。例えば、保留球数が「4」であれば第四記憶エリアに記憶される。
そして、第一普通当たり及び第四普通当たりの判定が行われる際には、第一記憶エリアの変動パターン乱数欄及び第一普通当たり乱数欄及び第四普通当たり乱数欄に記憶されている値が判定エリアにシフトされ、判定エリアに記憶されている値に基づいて第一普通当たり及び第四普通当たりの判定結果の報知が実行される。また、第一記憶エリアが判定エリアにシフトされたことに伴い、第二記憶エリアの値が第一記憶エリアへ、第三記憶エリアの値が第二記憶エリアへ、第四記憶エリアの値が第三記憶エリアへと順にシフトされ、第四記憶エリアの値がクリアされる。以下、このように各記憶エリアの値をシフトさせる処理を「シフト処理」と呼ぶこととする。
なお、本実施の形態では、第一始動口30及び第四始動口31へ入賞した遊技球に対して、乱数を記憶して作動を保留しておくことができる数は「4」であり、第一普通電動役物32及び第四普通電動役物35へ入賞した遊技球に対して、乱数を記憶して作動を保留しておくことができる数は「4」であり、第二普通電動役物33へ入賞した遊技球に対して乱数を記憶して作動を保留しておくことができる数は「4」である。従って、記憶エリアの数は4つ設けられている。
そして、第二普通当たり乱数欄には、第一普通電動役物32(及び第四普通電動役物35)に遊技球が入賞した際に、第二普通当たり判定カウンタの値が記憶される。この際にも、第二保留球数記憶エリア5206の値(保留球数)に対応した記憶エリアに記憶される。そして、第二普通当たりの判定が行われる際には、第二普通当たり乱数欄の値についてシフト処理が行われる。また、第三普通当たり乱数欄には、第二普通電動役物33に遊技球が入賞した際に第三普通当たり判定カウンタの値が記憶される。この際にも、第三保留球数記憶エリア5208の値(保留球数)に対応した記憶エリアに記憶される。第三普通当たりの判定が行われる際には、第三普通当たり乱数欄の値についてシフト処理が行われる。
次に、図8に示すタイミングチャートを参照して、本発明が想定する第一LED、第四LED、及びLED141の変動タイミング例について説明する。図8は、第一始動口30に遊技球が入賞し「当たり」となることにより開始する第一大当たり遊技が行われている最中に、第四始動口31に遊技球が入賞し「当たり」となることにより第四大当たり遊技が開始された場合のタイミングチャートである。
なお、本実施例においては、第四始動口31に遊技球が入賞することにより「当たり」が確定し第四大当たり遊技が実施される場合において、第四始動口31に遊技球が入賞してから実際に大当たり遊技が開始されるまでの時間は、第一大当たり遊技及び第四大当たり遊技の実施時間(第一大当たり遊技の実施時間と第四大当たり遊技の実施時間は同一である。)と比較して十分長く設定されている状態を想定している。従って、第一大当たり遊技中及び第四大当たり遊技中に第四始動口31に遊技球が入賞した場合でも、第一大当たり遊技及び第四大当たり遊技の実施中に第四大当たり遊技が開始することはない。
図8に示すように、はじめに、第一始動口30へ入賞した遊技球に対する抽選結果を報知するために、第一LEDの変動が開始されている。そして、第一LEDの変動が停止し、第一普通当たりの判定結果が「当たり」であることが報知されると、この後第一普通電動役物が開放され第一大当たり遊技が開始される。
ここで、遊技者は第一普通電動役物へ遊技球を入賞させるために、遊技球が遊技領域4における図柄表示装置8の右側を通過するように発射ハンドル7を調整するため、第四始動口31へ遊技球が入賞する確率が高くなる。これに対し、第一始動口30へ遊技球が入賞する確率は低くなる。
しかしながら、この状態で第一始動口に遊技球が入賞した場合、当該入賞球(抽選結果:「はずれ」)に対する抽選結果を報知するために第一LEDの変動が開始され(以降、この状態を「抽選中」という。)、所定時間変動した後に停止する。
次に、この状態で第四始動口に遊技球が入賞した場合、当該入賞球(抽選結果:「当たり」)に対する抽選結果を報知するために第四LEDの変動が開始される。次に、大当たり遊技(第一大当たり遊技)中に「当たり」が発生したことを遊技者に報知するために、LED141を点灯させる(以降、このLED141の点灯による報知を「告知」という。)。なお、この「告知」は、第四始動口に入賞した遊技球に対する抽選の結果「当たり」と判断された後、初めの第三普通電動役物の開放期間において、LED141を点灯することにより実施される。このことにより遊技者は、大当たり中に新たに大当たりが発生し、大当たり遊技の終了後に新たな大当たり遊技が開始することを知ることができる。
次に、第四LEDの変動状態が所定時間経過した後に停止された後、新たに大当たり遊技(第四大当たり遊技)が開始される。この状態で、第第四始動口に遊技球が入賞し、当該入賞球(抽選結果:「当たり」)に対する抽選結果を報知するために第四LEDの変動が開始され、その後、LED141により「告知」が行われ、第四LEDの変動状態が所定時間経過した後、新たに大当たり遊技(第四大当たり遊技)開始される。
次に、図9に示すタイミングチャートを参照して、本発明の要部である大当たり発生時における音声出力による大当たり報知の例について説明する。図9は、第一始動口30に遊技球が入賞し第一大当たり遊技が実施されている場合において第一始動口30及び第四始動口31に遊技球が入賞したことにより第四大当たり遊技が開始する場合のタイミングチャートである。
まず、第一始動口に遊技球が入賞し、第一LEDの変動が開始する。ここで、入賞した当該遊技球に対する抽選の結果「当たり」であると判断され、第一LEDは変動を開始し(T1)、所定期間の経過後変動を停止する(T2)。そして、第一普通電動役物が開放され、第一普通当たり遊技が開始される(T2)。ここで、第一スピーカ66は、第一LEDが変動されている期間中、最大音量にて、第一LEDの変動に連動して「変動中」である旨の効果音を出力する(T1〜T2)。
次に、第一大当たり遊技が開始されると、メインスピーカは、第一大当たり遊技が実施されている期間中、最大音量にて「大当たり中」である旨の効果音を出力する(T2〜)。
次に、第一普通当たり遊技の実施中に、第一始動口に遊技球が入賞し、第一LEDの変動が開始される(T3〜)。ここでは、入賞した当該遊技球に対する抽選の結果「はずれ」であると判断され、所定期間の経過後、第一LEDの変動は停止される(T4)。ここで、第一LEDの変動期間中(T3〜T4)は、通常は第一スピーカ66から「変動中」である旨の効果音が出力されるが、第一大当たり遊技中であるため、第一スピーカ66からの効果音の出力はなされない。このことにより、遊技者は大当たり遊技に集中することができる。
次に、第一普通当たり遊技の実施中に、第四始動口に遊技球が入賞し、第四LEDの変動が開始される(T5〜)。ここで、第四スピーカ67は、第四LEDが変動されている期間、最大音量にて、第四LEDの変動に連動して「変動中」である旨の効果音を出力する。次に、入賞した当該遊技球に対する抽選の結果「当たり」であると判断され、第四LEDの変動が開始した後最初に第三普通電動役物が開放する期間中、LED141を点灯することにより、連続して大当たりが発生する旨の報知である「告知」が実行される(T6〜T7)。ここで、メインスピーカは、第一大当たり遊技の期間中、最大音量にて「大当たり遊技」である旨の効果音を出力しているが、「告知」が実行されている期間中(T6〜T7)だけは、音量を最大音量の半分とし、「大当たり中」である旨の効果音を出力する。また、第四スピーカ67は、第四LEDが変動されている期間中、通常は最大音量にて、第四LEDの変動に合わせて変動効果音を出力するが、「告知」が実行されている期間中(T6〜T7)だけは、変動効果音を出力しない。このことにより、遊技者は、「告知」による連続した大当たりの発生を聴覚的にも認識することができるため、「告知」を見落としてしまうことが少なくなる。
次に、一連の第一大当たり遊技の終了時点(T8)から、第四大当たり遊技の開始(T11)までの期間中において、第一始動口に遊技球が入賞し、第一LEDの変動が開始する(T9〜T10)。ここで、入賞した当該遊技球に対する抽選の結果「はずれ」であると判断され、所定期間の経過後、第一LEDの変動は停止される。ここで、この第一LEDの変動期間中(T9〜T10)は、通常は最大音量にて第一スピーカ66から「変動中」である旨の効果音が出力されるが、新たな連続した大当たり遊技が確定しているため、第一最大音量の半分の音量で出力される。このことにより、遊技者は、始動口に遊技球が入賞し、判定の結果「はずれ」であった場合においても、効果音が小さいことから、次の大当たり遊技が確定していることを認識でき、新たに開始される大当たり遊技の準備を行うことができる。
次に、第四大当たり遊技が開始されると(T11〜)、第四大当たり遊技の実施中においては、メインスピーカからは、最大音量にて「大当たり中」である旨の効果音が出力される。また、第四LEDの変動が停止されるため、第四スピーカ67からは効果音は出力されない。
次に、第四大当たり遊技の実施中において、第四始動口に遊技球が入賞し、第四LEDの変動が開始される(T12〜)。ここで、第四スピーカ67は、第四LEDが変動されている期間、最大音量にて、第四LEDの変動に連動して「変動中」である旨の効果音を出力する。次に、入賞した当該遊技球に対する抽選の結果「当たり」であると判断され、第四LEDの変動が開始した後最初に第三普通電動役物が開放する期間中、LED141を点灯することにより、連続して大当たりが発生する旨の報知である「告知」が実行される(T13〜T14)。ここで、メインスピーカは、第一大当たり遊技の期間中、最大音量にて「大当たり遊技」である旨の効果音を出力しているが、「告知」が実行されている期間中(T13〜T14)だけは、音量を最大音量の半分とし、「大当たり中」である旨の効果音を出力する。また、第四スピーカ67は、第四LEDが変動されている期間中、通常は最大音量にて、第四LEDの変動に合わせて変動効果音を出力するが、「告知」が実行されている期間中(T13〜T14)だけは、変動効果音を出力しない。このことにより、遊技者は、「告知」による連続した大当たりの発生を聴覚的にも認識することができるため、「告知」を見落としてしまうことが少なくなる。
次に、本実施の形態のパチンコ機1の動作の詳細について、図10乃至図22に示すフローチャートを参照して説明する。その後、これらのフローチャートを参照して、図9に示したタイミングチャートの例を具体的に説明する。図10は、メイン処理のフローチャートである。図11は、メイン処理において実施される第一普通電動役物処理のフローチャートであり、図12は、メイン処理において実施される第一普通図柄処理のフローチャートであり、図13は、メイン処理において実施される第四普通電動役物処理のフローチャートであり、図14は、メイン処理において実施される第四普通図柄処理のフローチャートであり、図15は、メイン処理において実施されるLED141制御処理のフローチャートであり、図16は、メイン処理において実施されるメインスピーカ制御処理のフローチャートであり、図17は、メイン処理において実施される第一スピーカ制御処理のフローチャートであり、図18は、メイン処理において実施される第四スピーカ制御処理のフローチャートであり、図19は、メイン処理において実施される第二普通電動役物処理のフローチャートであり、図20は、メイン処理において実施される第二普通図柄処理のフローチャートであり、図21は、メイン処理において実施される第三普通電動役物処理のフローチャートであり、図22は、メイン処理において実施される第三普通図柄処理のフローチャートである。
パチンコ機1の制御は、ROM53の制御プログラム記憶エリア5302(図5参照)に記憶されている制御プログラムにより行われる。制御プログラムのメイン処理は、割込信号発生回路57(図4参照)が発生する割込信号をCPU51が感知した際に、CPU51において実行される。割込み信号は一定の間隔(本実施の形態では2ms)ごとに発生されるので、メイン処理は2msごとに繰り返し実行されることになる。なお、パチンコ機1の電源切断時には、RAM52のチェックサムの計算や、例えばハッシュ関数を利用したパスワードの生成が行われる。そして、次回電源投入時には、同様の処理を行って計算されたRAM52のチェックサムや生成されたパスワードとの同一性チェックが行われる。前回電源終了時との同一性が認められない場合、パチンコ機1のCPU51はROM53の初期設定記憶エリア5301に記憶された値を使用して、例えば、各カウンタの値や各フラグのクリアを行うなど、パチンコ機1のリセットを行う。また、図示外のリセットボタンを押しながらパチンコ機1の電源が投入された場合にも、パチンコ機1のリセットが行われる。パチンコ機1のリセットが行われない場合には、RAM52の各記憶エリアの値の状態が前回電源切断時と同じ状態に戻される、いわゆる復帰処理が行われる。
ここで、メイン処理において使用されるフラグについて説明する。メイン処理では、大当たり遊技フラグ、第一変動フラグ、第二変動フラグ、第三変動フラグ、第四変動フラグ、LED141変動要求フラグ、LED141変動フラグ、第一開放フラグ、第二開放フラグ、第三開放フラグ、第四開放フラグ、第一終了フラグ、第三終了フラグ、第三終了フラグ、次当たりフラグが使用される。これらのフラグは「0」又は「1」の値を取り、「0」の場合には「OFF」を示し、「1」の場合には「ON」を示している。そして、これらのフラグはRAM52のフラグ関係記憶エリア5211に記憶されている。
各フラグがONである場合に何を示しているかを述べる。大当たり遊技フラグは、大当たり遊技中であることを示している。第一変動フラグは、第一LEDが変動表示中であることを示している。第二変動フラグは、第二LEDが変動表示中であることを示している。第三変動フラグは、第三LEDが変動表示中であることを示している。第四変動フラグは、第四LEDが変動表示中であることを示している。LED141変動要求フラグは、LED141変動可能な状態であることを示している。LED141変動フラグは、LED141が変動表示中であることを示している。第一開放フラグは、第一普通電動役物32が開放中であることを示している。第二開放フラグは、第二普通電動役物33が開放中であることを示している。第三開放フラグは、第三普通電動役物34が開放中であることを示している。第四開放フラグは、第四普通電動役物35が開放中であることを示している。第一終了フラグは、第一普通当たりによる第一普通電動役物32の開放(第一普通当たり遊技)が終了したことを示している。そして、第三終了フラグは、一連の第三普通当たり遊技中であることを示している。そして、第四終了フラグは、第四普通当たりによる第四普通電動役物35の開放(第四普通当たり遊技)が終了したことを示している。そして、次当たりフラグは、大当たり遊技中に次の第一普通当たり又は第四普通当たりが発生して、次の大当たり遊技が開始されたことを示している。
さらに、RAM52の入賞球フラグ記憶エリア5202には、各種入賞口に設けられたスイッチに対応したフラグが記憶されている。各種入賞口に設けられたスイッチとは、例えば、第一始動口30に設けられた第一始動口スイッチ73、第四始動口31に設けられた第四始動口スイッチ74、第一普通電動役物32に設けられた第一普通電動役物スイッチ75、第二普通電動役物33に設けられた第二普通電動役物スイッチ76、第三普通電動役物34に設けられた第三普通電動役物スイッチ77、第四普通電動役物35に設けられた第四普通電動役物スイッチ79である。これらのスイッチに対応した各入賞フラグにおいても、「0」又は「1」の値を取り、「0」の場合には「OFF」を示し、「1」の場合には「ON」を示しており、各入賞口に遊技球が入賞し、各スイッチが動作した場合に「ON」とされる。
はじめに、メイン処理(図10参照)について説明する。割込信号の感知によってメイン処理が開始されると、図10に示すように、まずコマンド出力処理が行われる(S10)。このコマンド出力処理では、制御コマンドが、I/Oインタフェイス54を介してサブ統合基板58に出力される。制御コマンドとは、例えば、第一保留球数を示す第一保留コマンド、第二保留球数を示す第二保留コマンド、第三保留球数を示す第三保留コマンド、第四保留球数を示す第四保留コマンド、第一当たりの判定結果を報知する際に使用される変動パターン指定コマンド,第一当たりの判定結果を指定する第一判定結果指定コマンド、第二当たりの判定結果を指定する第二判定結果指定コマンド、第三当たりの判定結果を指定する第三判定結果指定コマンド、第四当たりの判定結果を指定する第四判定結果指定コマンド、第一LEDの変動を停止させる第一停止コマンド、第二LEDの変動を停止させる第二停止コマンド、第三LEDの変動を停止させる第三停止コマンド、第四LEDの変動を停止させる第四停止コマンド、LED141の変動を停止させるLED141停止コマンド、メインスピーカからの出力音種別を示すメイン出力音コマンド、メインスピーカからの出力音量を示すメイン出力音量コマンド、第一スピーカ66からの出力音種別を示す第一出力音コマンド、第一スピーカ66からの出力音量を示す第一出力音量コマンド、第四スピーカ67からの出力音種別を示す第二出力音コマンド、第四スピーカ67からの出力音量を示す第二出力音量コマンド、第一普通電動役物32の開放を開始させる第一開放開始コマンド、第一普通電動役物32の開放を終了させる第一開放終了コマンド、第二普通電動役物33の開放を開始させる第二開放開始コマンド、第二普通電動役物33の開放を終了させる第二開放終了コマンド、第三普通電動役物34の開放を開始させる第三開放開始コマンド、第三普通電動役物34の開放を終了させる第三開放終了コマンド、第四普通電動役物35の開放を開始させる第四開放開始コマンド、第四普通電動役物35の開放を終了させる第四開放終了コマンド、等である。ここで出力される制御コマンドは、前回実施されたメイン処理においてコマンド関係記憶エリア5210に出力コマンドとして記憶された制御コマンドである。
次に、スイッチ読込処理が行われる(S11)。このスイッチ読込処理は、第一始動口30,第四始動口31、第一普通電動役物32,第二普通電動役物33,第三普通電動役物34、第四普通電動役物35への遊技球の入賞を検出するものである。具体的には、第一始動口30に設けられた第一始動口スイッチ73、第四始動口31に設けられた第四始動口スイッチ74、第一普通電動役物32に設けられた第一普通電動役物スイッチ75、第二普通電動役物33に設けられた第二普通電動役物スイッチ76、第三普通電動役物34に設けられた第三普通電動役物スイッチ77、第四普通電動役物35に設けられた第四普通電動役物スイッチ79が用いられる。入賞と判断された場合には、RAM52の入賞球フラグ記憶エリア5202に記憶された各スイッチに対応したフラグに「1」が記憶されてONとされる。
なお、スイッチ読込処理を行っているメイン処理はCPU51が割込信号を受信する間隔、すなわち2msごとに実行されている。そこで、遊技球がスイッチを通過する速度と遊技球の大きさを考慮すると、1球の遊技球がスイッチを通過する間にスイッチ読込処理は複数回実施される。よって、1球の遊技球の入賞が連続した複数回のスイッチ読込処理で検出されることになる。そこで、例えばスイッチ読込処理の連続した3回の実行において「非検出」・「検出」・「検出」の状態となった場合に初めて遊技球が入賞したと判断する。なお、スイッチ読込処理の開始時には、入賞球フラグ記憶エリア5202の全てのフラグがリセットされる。
スイッチ読込処理が終了すると、次いで、カウンタ更新処理が行われる(S12)。このカウンタ更新処理では、RAM52のカウンタ記憶エリア5201に各々記憶されている第一普通当たり判定カウンタ、第二普通当たり判定カウンタ、第三普通当たり判定カウンタ、第四普通当たり判定カウンタ、変動パターン決定カウンタの各値が上記の所定量だけ加算され、第一変動時間カウンタ、第二変動時間カウンタ、第三変動時間カウンタ、四変動時間カウンタ、第一開放時間カウンタ、第二開放時間カウンタ、第三開放時間カウンタ、第四開放時間カウンタの各値が上記の所定量だけ減算される。
カウンタ更新処理が終了すると第一普通電動役物処理が行われる(S13、図11参照)。この第一普通電動役物処理では、第一普通当たりとなり、その結果が第一LEDに報知された後に、遊技球が第一普通電動役物32へ入賞可能となるように、第一普通電動役物32に設けられた一対の開閉部材321,322の開閉の制御が行われる。つまり、第一普通当たり遊技のための制御が行われる。この第一普通電動役物処理については、図11のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、第一普通図柄処理が行われる(S14、図12参照)。この第一普通図柄処理では、第一始動口30に遊技球が入賞した際に、第一保留球に加算され、第一普通当たりのための乱数の取得、第一普通当たりの判定、第一LEDにおける第一普通当たりの判定結果の報知に関する制御が行われる。この第一普通図柄処理については、図12のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、第四普通電動役物処理が行われる(S22、図13参照)。この第四普通電動役物処理では、第四普通当たりとなり、その結果が第四LEDに報知された後に、遊技球が第四普通電動役物35へ入賞可能となるように、第四普通電動役物35に設けられた一対の開閉部材351,352の開閉の制御が行われる。つまり、第四普通当たり遊技のための制御が行われる。この第四普通電動役物処理については、図13のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、第四普通図柄処理が行われる(S23、図14参照)。この第四普通図柄処理では、第四始動口31に遊技球が入賞した際に、第四保留球に加算され、第四普通当たりのための乱数の取得、第四普通当たりの判定、第四LEDにおける第四普通当たりの判定結果の報知に関する制御が行われる。この第四普通図柄処理については、図14のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、LED141制御処理が行われる(S24、図15参照)。このLED141制御処理では、一連の大当たり遊技中に第四始動口31に遊技球が入賞した場合において、第四LEDの変動開始後にLED141を制御し、後に第四大当たり遊技が開始する旨を遊技者に対して報知する処理(告知)が行われる。このLED141制御処理については、図15のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、メインスピーカ制御処理が行われる(S25、図16参照)。このメインスピーカ制御処理では、遊技機の遊技中におけるメインスピーカからの音声出力の制御が行われる。このメインスピーカ制御処理については、図16のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、第一スピーカ制御処理が行われる(S26、図17参照)。この第一スピーカ制御処理では、第一LED及び第一普通電動役物に連動して第一スピーカ66から出力される音声の制御が行われる。この第一スピーカ制御処理については、図17のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、第四スピーカ制御処理が行われる(S27、図18参照)。この第四スピーカ制御処理では、第四LED及び第四普通電動役物に連動して第四スピーカ67から出力される音声の制御が行われる。この第四スピーカ制御処理については、図18のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、第二普通電動役物処理が行われる(S15、図19参照)。この第二普通電動役物処理では、第二普通当たりとなり、その結果が第二LEDに報知された後に、遊技球が第二普通電動役物33へ入賞可能となるように、第二普通電動役物33に設けられた一対の開閉部材331,332の開閉の制御が行われる。つまり、第二普通当たり遊技のための制御が行われる。この第二普通電動役物処理については、図19のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、第二普通図柄処理が行われる(S16、図20参照)。この第二普通図柄処理では、第二普通当たりの抽選の契機となる第一普通電動役物32又は第四普通電動役物35に遊技球が入賞した際に、第二保留球に加算され、第二普通当たりのための乱数の取得、第二普通当たりの判定、第二LEDにおける第二普通当たりの判定結果の報知に関する制御が行われる。この第二普通図柄処理については、図20のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、第三普通電動役物処理が行われる(S17、図21)。この第三普通電動役物処理では、第三普通当たりとなり、その結果が第三LEDに報知された後に、遊技球が第三普通電動役物34へ入賞可能となるように、第三普通電動役物34の開閉部材341の開閉の制御が行われる。この第三普通電動役物処理については、図21のフローチャートを参照して、後に詳述する。
次いで、第三普通図柄処理が行われる(S18、図22参照)。この第三普通図柄処理では、第三普通当たりとなり、その結果が第三LEDに報知された後に、遊技球が第三普通電動役物34へ入賞可能となるように、第三普通電動役物34の開閉部材341の開閉の制御が行われる。この第三普通図柄処理については、図22のフローチャートを参照して、後に詳述する。
そして、賞品球の払い出しを行う払出制御が行われ(S19)、次いでエラーチェックが行われる(S20)。パチンコ機1にエラーが発生している場合には、図柄表示装置8にエラー表示を行わせたり、LED62や電飾ランプ63を点灯・点滅させたり、スピーカ48からエラー音を発音させたりする。そこで、S10のコマンド出力処理にてサブ統合基板58へ送信するためのエラーコマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶される。
ここで、図10乃至図22のフローチャートを参照して、第一普通電動役物処理、第一普通図柄処理、第四普通電動役物処理、第四普通図柄処理、LED141制御処理、メインスピーカ制御処理、第一スピーカ制御処理、第四スピーカ制御処理、第二普通電動役物処理、第二普通図柄処理、第三普通電動役物処理、第三普通図柄処理について順に説明する。
まず、図11のフローチャートを参照して、第一普通電動役物処理について説明する。ここでは、第一普通電動役物32の開閉の制御が行われる。まず、大当たり遊技中であるか否かの判断が行われる(S31)。この判断は大当たり遊技フラグがONであるか否かにより行われ、大当たり遊技フラグがONでなければ、大当たり遊技中でないとして(S31:NO)、そのままメイン処理へ戻る。すなわち、本第一普通電動役物処理については大当たり遊技中でない場合には特段の処理は行われない。
一方、大当たり遊技フラグがONであり、大当たり遊技中であれば(S31:YES)、まず、第一普通当たり遊技が終了したか否かの判断が行われる(S32)。この判断は第一終了フラグがONであるか否かにより行われ、第一終了フラグがONであれば、第一普通当たり遊技が終了したとして(S32:YES)、そのままメイン処理へ戻る。すなわち、本第一普通電動役物処理については、大当たり遊技中であっても第一普通当たり遊技が終了していれば、特段の処理は行われない。
そして、大当たり遊技中であり(S31:YES)、第一終了フラグがONでなく、第一普通当たり遊技が終了していなければ(S32:NO)、第一普通当たり遊技に関する制御を行う必要がある。そこで、まず、第一普通電動役物32が開放中であるか否かの判断が行われる(S33)。この判断は第一開放フラグがONであるか否かにより行われ、第一開放フラグがONでなければ、開放中でないので(S33:NO)、第一普通電動役物32を開放する必要がある。そこで、第一開放開始コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S34)、第一開放時間カウンタに第一普通電動役物32の開放時間(例えば、10秒を示す「5000」)が記憶され(S35)、第一開放フラグがONとされる(S36)。そして、次当たりフラグがONされ(S38)、メイン処理へ戻る。
そして、大当たり遊技中であり(S31:YES)、第一終了フラグがONでなく、第一普通当たり遊技が終了しておらず(S32:NO)、第一開放フラグがONであり、開放中であれば(S33:YES)、第一普通電動役物32へ入賞した遊技球の処理、第一普通電動役物32を閉鎖するための処理を行う必要がある。そこで、第一普通電動役物32を開放する第一開放時間が経過したか否かの判断が行われる(S41)。この判断は第一開放時間カウンタの値が「0」であるか否かにより行われる。第一開放時間カウンタの値が「0」であり、第一開放時間が経過していれば(S41:YES)、第一普通電動役物32を閉鎖する必要があるので、S45へ進む。
また、第一開放時間カウンタの値が「0」でなく、第一開放時間が経過していなければ(S41:NO)、入賞球フラグ記憶エリア5202の第一普通電動役物32に設けられた第一普通電動役物スイッチ75に対応するフラグがONとなっており、第一普通電動役物32へ遊技球が入賞したか否かの判断が行われる(S42)。そして、フラグがONとなっており、遊技球が入賞していれば(S42:YES)、第一入賞球数記憶エリア5205に「1」が加算される(S43)。そして、第一入賞球数が第一普通電動役物32の最大入賞球数である「4」以上となったか否かの判断が行われる(S44)。「4」以上となっていれば(S44:YES)、第一普通電動役物32を閉鎖する必要があるので、S45へ進む。「4」以上となっていなければ(S44:NO)、継続して第一普通電動役物32を開放しているので、そのままメイン処理へ戻る。
また、第一普通電動役物32を閉鎖する場合には、第一開放終了コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S45)、第一開放フラグがOFFとされ(S46)、第一終了フラグがONとされる(S47)。そして、メイン処理へ戻る。
次に、図12のフローチャートを参照して、第一普通図柄処理について説明する。ここでは、第一始動口30へ遊技球が入賞すると、第一保留球に加算され、第一普通当たりの抽選、結果報知の制御が行われる。まず、入賞球フラグ記憶エリア5202の第一始動口30に対応する各フラグがONとなっており、第一始動口30へ遊技球が入賞したか否かの判断が行われる(S51)。各フラグがOFFであり入賞していなければ(S51:NO)、S55へ進む。
各フラグはONであり入賞していれば(S51:YES)、第一保留球数記憶エリア5204に記憶されている第一保留球数が最大数の「4」以上であるか否かの判断が行われる(S52)。第一保留球数が「4」以上であれば(S52:YES)、入賞した遊技球を保留することはできないので、そのままS55へ進む。一方、第一保留球数が「4」以上でなければ(S52:NO)、第一保留球数に「1」が加算され(S53)、乱数取得処理が行われる(S54)。具体的には、カウンタ記憶エリア5201の変動パターン決定カウンタ及び第一普通当たり判定カウンタの値が読み出され、当たり関係情報記憶エリア5203の第一記憶エリア〜第四記憶エリアのうち、第一保留球数記憶エリア5204の値に対応する番号の変動パターン乱数欄及び第一普通当たり乱数欄に記憶エリアにそれぞれ記憶される。そして、S55へ進む。
S55では、第二普通電動役物、又は第三普通電動役物のいずれかが開放中であるか否かが判断される。具体的には、第二開放フラグ及び第三開放フラグの少なくとも一方がONであれば、いずれかが開放中であるとして(S55:YES)、第一普通図柄処理を終了してメイン処理へ戻る。例えば、第一普通当たりとなり、その後、第二普通当たりや第三普通当たりとなった場合には、第二普通電動役物33や第三普通電動役物34が開放されることとなるが、その間に次の第一保留球についての判定が行われ、第一LEDの変動が開始されることがある。この様な場合に、第一LEDの変動時間は終了しても、第一LEDの変動を終了させて、判定結果を停止表示させず、さらには、第一普通当たりであった場合に第一普通電動役物32を開放させないようにすることができる。
第二開放フラグ及び第三開放フラグのいずれもOFFである場合には、いずれも開放中でないとして(S55:NO)、次に、第一LEDが変動表示中であるか否かの判断が行われる(S56)。この判断は、第一変動フラグがONであるか否かにより行われ、第一変動フラグがONでなく変動表示中でなければ(S56:NO)、第一普通当たりの抽選についての処理が行われ(S57〜S62)、第一変動フラグがONであり変動表示中であれば(S56:YES)、第一LEDの停止についての処理(S71〜S74)、第一普通当たりであれば大当たり遊技開始の処理が行われる(S75〜S78)。
第一変動フラグがONでなく変動表示中でなければ(S56:NO)、まず、第一保留球数記憶エリア5204に記憶されている第一保留球数が「1」以上であるか否かの判断が行われる(S57)。「1」以上でなければ(S57:NO)、保留球がない、すなわち、判定すべき対象の入賞球がないということなので、本第一普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
第一保留球数が「1」以上であれば(S57:YES)、判定すべき対象の入賞球があるということである。そこで、まず、第一保留球数記憶エリア5204の値が「1」減算され(S58)、当たり関係情報記憶エリア5203の変動パターン乱数欄及び第一普通当たり乱数欄の値のシフト処理が行われる(S59)。具体的には、それぞれの乱数欄の第一記憶エリアに記憶されている値が判定エリアへ記憶され、第二記憶エリアに記憶されている値が第一記憶エリアへ記憶され、第三記憶エリアに記憶されている値が第二記憶エリアへ記憶され、第四記憶エリアに記憶されている値が第三記憶エリアへ記憶され、第四記憶エリアの値がクリアされる。
そして、判定エリアの第一普通当たり乱数欄の値に基づいて、第一判定結果指定コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶される(S60)。具体的には、第一普通当たり乱数欄の値が予め第一普通当たりと定められている値(例えば、「77」)である場合には当たりを示すコマンドが記憶され、予め第一普通当たりと定められている値でない場合にははずれを示すコマンドが記憶される。そして、判定エリアの変動パターン乱数ランの値に基づいて、その値が示す変動パターンの第一LEDの変動時間が第一変動時間カウンタに記憶される(S61)。そして、第一変動フラグがONとされる(S62)。そして、第一普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
一方、第一変動フラグがONであり変動表示中であれば(S56:YES)、まず、大当たり遊技中で、新たに第一普通当たりが発生したか否かが判断される(S79)。ここで、大当たり遊技フラグがONであり、かつ、第一普通当たり乱数欄の値が予め第一普通当たりと定められている値である場合は(S79:YES)、大当たり遊技中に新たな大当たり遊技が確定したと判断して、次当たりフラグがONされる(S81)。
次に、第一LEDの変動時間が経過したか否かの判断が行われる(S71)。ここで、第一普通図柄変動時間カウンタの値が「0」でなければ、まだ経過していないとして(S71:NO)、そのまま第一普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。メイン処理が繰り返し実施される中で、第一普通図柄変動時間カウンタの値が「0」となり、変動時間が経過したら(S71:YES)、第一停止コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S73)、第一変動フラグがOFFとされる(S74)。そして、第一普通当たり乱数欄の値が予め第一普通当たりと定められている値であるか否かにより、第一普通当たりであるか否かの判断が行われ(S75)、第一普通当たり乱数欄の値が予め第一普通当たりと定められている値でなく、第一普通当たりでない(はずれ)場合には(S75:NO)、第一普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。一方、第一普通当たり乱数欄の値が予め第一普通当たりと定められている値であり、第一普通当たりであった場合には(S75:YES)、大当たり遊技フラグがONとされ(S76)、第一終了フラグがOFFとされ(S77)、当たり関係情報記憶エリア5203の第二普通当たり乱数欄の値及び第二保留球数記憶エリア5206が「0」にクリアされる(S78)。そして、第一普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
次に、図13のフローチャートを参照して、第四普通電動役物処理について説明する。ここでは、第四普通電動役物の開閉の制御が行われる。まず、大当たり遊技中であるか否かの判断が行われる(S201)。この判断は大当たり遊技フラグがONであるか否かにより行われ、大当たり遊技フラグがONでなければ、大当たり遊技中でないとして(S201:NO)、そのままメイン処理へ戻る。すなわち、本第四普通電動役物処理については大当たり遊技中でない場合には特段の処理は行われない。
一方、大当たり遊技フラグがONであり、大当たり遊技中であれば(S201:YES)、まず、第四普通当たり遊技が終了したか否かの判断が行われる(S203)。この判断は第四終了フラグがONであるか否かにより行われ、第四終了フラグがONであれば、第四普通当たり遊技が終了したとして(S203:YES)、そのままメイン処理へ戻る。すなわち、第四普通電動役物処理については、大当たり遊技中であっても第四普通当たり遊技が終了していれば、特段の処理は行われない。
そして、大当たり遊技中であり(S201:YES)、第四終了フラグがONでなく、第四普通当たり遊技が終了していなければ(S203:NO)、第四普通当たり遊技に関する制御を行う必要がある。そこで、まず、第四普通電動役物35が開放中であるか否かの判断が行われる(S205)。この判断は第四開放フラグがONであるか否かにより行われ、第四開放フラグがONでなければ、開放中でないので(S205:NO)、第四普通電動役物35を開放する必要がある。そこで、第四開放開始コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S221)、第四開放時間カウンタに第四普通電動役物の開放時間(例えば、10秒を示す「5000」)が記憶され(S223)、第四開放フラグがONとされる(S225)。そして、次当たりフラグがON(S224)とされ、メイン処理へ戻る。
一方、大当たり遊技中であり(S201:YES)、第四終了フラグがONでなく、第四普通当たり遊技が終了しておらず(S203:NO)、第四開放フラグがONであり、開放中であれば(S205:YES)、第四普通電動役物へ入賞した遊技球の処理、第四普通電動役物を閉鎖するための処理を行う必要がある。そこで、第四普通電動役物を開放する第四開放時間が経過したか否かの判断が行われる(S207)。この判断は第四開放時間カウンタの値が「0」であるか否かにより行われる。第四開放時間カウンタの値が「0」であり、第四開放時間が経過していれば(S207:YES)、第四普通電動役物を閉鎖する必要があるので、S215へ進む。
また、第四開放時間カウンタの値が「0」でなく、第四開放時間が経過していなければ(S207:NO)、入賞球フラグ記憶エリア5202の第四普通電動役物に設けられた第四普通電動役物スイッチ79に対応するフラグがONとなっており、第四普通電動役物へ遊技球が入賞したか否かの判断が行われる(S209)。そして、フラグがONとなっており、遊技球が入賞していれば(S209:YES)、第四入賞球数記憶エリア5213に「1」が加算される(S211)。そして、第四入賞球数が第四普通電動役物の最大入賞球数である「4」以上となったか否かの判断が行われる(S213)。「4」以上となっていれば(S213:YES)、第四普通電動役物35を閉鎖する必要があるので、S215へ進む。「4」以上となっていなければ(S213:NO)、継続して第四普通電動役物35を開放しているので、そのままメイン処理へ戻る。
また、第四普通電動役物を閉鎖する場合には、第四開放終了コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S215)、第四開放フラグがOFFとされ(S217)、第四終了フラグがONとされる(S219)。そして、メイン処理へ戻る。
次に、図14のフローチャートを参照して、第四普通図柄処理について説明する。第四始動口31へ遊技球が入賞すると、第四保留球に加算され、第四普通当たりの抽選、結果報知の制御が行われる。まず、入賞球フラグ記憶エリア5202の第四始動口31に対応する各フラグがONとなっており、第四始動口31へ遊技球が入賞したか否かの判断が行われる(S241)。各フラグがOFFであり入賞していなければ(S241:NO)、S248へ進む。
各フラグはONであり入賞していれば(S241:YES)、第四保留球数記憶エリア5212に記憶されている第四保留球数が最大数の「4」以上であるか否かの判断が行われる(S243)。第四保留球数が「4」以上であれば(S243:YES)、入賞した遊技球を保留することはできないので、そのままS248へ進む。一方、第四保留球数が「4」以上でなければ(S243:NO)、第四保留球数に「1」が加算され(S245)、乱数取得処理が行われる(S247)。具体的には、カウンタ記憶エリア5201の変動パターン決定カウンタ及び第四普通当たり判定カウンタの値が読み出され、当たり関係情報記憶エリア5203の第一記憶エリア〜第四記憶エリアのうち、第四保留球数記憶エリア5212の値に対応する番号の変動パターン乱数欄及び第四普通当たり乱数欄に記憶エリアにそれぞれ記憶される。そして、S248へ進む。
S248では、第二普通電動役物、又は第三普通電動役物のいずれかが開放中であるか否かが判断される。この判断は、第二開放フラグ及び第三開放フラグにより行われ、いずれかのフラグがONであり、いずれかの普通電動役物が開放されていれば(S248:YES)、以降の処理を行わずメイン処理に戻る。一方、いずれの普通電動役物も開放していない場合は(S248:NO)、次に、第四LEDが変動表示中であるか否かの判断が行われる(S249)。この判断は、第四変動フラグがONであるか否かにより行われ、第四変動フラグがONでなく変動表示中でなければ(S249:NO)、第四普通当たりの抽選についての処理が行われ(S251〜S265)、第四変動フラグがONであり変動表示中であれば(S249:YES)、LED141制御についての処理(S293、S297、S298)、第四LEDの停止についての処理(S277〜S282)が行われ、第四普通当たりであれば、大当たり遊技開始の処理が行われる(S283〜S291)。
第四変動フラグがONでなく変動表示中でなければ(S249:NO)、まず、第四保留球数記憶エリア5212に記憶されている第四保留球数が「1」以上であるか否かの判断が行われる(S251)。「1」以上でなければ(S253:NO)、保留球がない、すなわち、判定すべき対象の入賞球がないということなので、本第四普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
第一保留球数が「1」以上であれば(S251:YES)、判定すべき対象の入賞球があるということである。そこで、まず、第四保留球数記憶エリア5213の値が「1」減算され(S253)、当たり関係情報記憶エリア5203の変動パターン乱数欄及び第四普通当たり乱数欄の値のシフト処理が行われる(S255)。具体的には、それぞれの乱数欄の第一記憶エリアに記憶されている値が判定エリアへ記憶され、第二記憶エリアに記憶されている値が第一記憶エリアへ記憶され、第三記憶エリアに記憶されている値が第二記憶エリアへ記憶され、第四記憶エリアに記憶されている値が第三記憶エリアへ記憶され、第四記憶エリアの値がクリアされる。
そして、判定エリアの第四普通当たり乱数欄の値に基づいて、第四判定結果指定コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶される(S257)。具体的には、第四普通当たり乱数欄の値が予め第四普通当たりと定められている値(例えば、「77」)である場合には当たりを示すコマンドが記憶され、予め第四普通当たりと定められている値でない場合にははずれを示すコマンドが記憶される。そして、判定エリアの変動パターン乱数ランの値に基づいて、その値が示す変動パターンの第四LEDの変動時間が第四変動時間カウンタに記憶される(S259)。そして、第四変動フラグがONとされる(S263)。次に、LED141を点灯させ、「告知」を行うことによって遊技者に新たな大当たり遊技が開始する旨を通知するため、LED141変動要求フラグがONされる(S265)。そして、第四普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
一方、第四変動フラグがONであり変動表示中であれば(S249:YES)、まず、大当たり遊技中であり且つ第四普通当たりであるかが判断される(S293)。ここで、大当たり遊技フラグがONであり、第四普通当たり乱数欄の値が予め第四普通当たりと定められている値である場合は(S293:YES)、大当たり遊技中に新たな大当たりが発生したため、次当たりフラグをONする(S297)。
次に、第四LEDの変動時間が経過したか否かの判断が行われる(S277)。第四普通図柄変動時間カウンタの値が「0」でなければ、まだ経過していないとして(S277:NO)、そのまま第四普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。メイン処理が繰り返し実施される中で、第四普通図柄変動時間カウンタの値が「0」となり、変動時間が経過したら(S277:YES)、第四停止コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S281)、第四変動フラグがOFFとされる(S282)。そして、第四普通当たり乱数欄の値が予め第四普通当たりと定められている値であるか否かにより、第四普通当たりであるか否かの判断が行われる(S283)。第四普通当たり乱数欄の値が予め第四普通当たりと定められている値でなく、第四普通当たりでない(はずれ)場合には(S283:NO)、第四普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
一方、第四普通当たり乱数欄の値が予め第四普通当たりと定められている値であり、第四普通当たりであった場合には(S283:YES)、大当たり遊技フラグがONとされ(S287)、第一終了フラグがOFFとされ(S289)、当たり関係情報記憶エリア5203の第二普通当たり乱数欄の値及び第二保留球数記憶エリア5206が「0」にクリアされる(S291)。そして、第四普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
次に、図15を参照し、LED141制御処理について説明する。LED141は、一連の大当たり遊技中において始動口31に遊技球が入賞し、「当たり」となった場合において、連続した「当たり」が発生する旨を遊技者に通知するための「告知」を行う。はじめに、LED141が変動中であるか否かが判断される(S301)。この判断は、LED141変動フラグがONされているか否かが判断され、OFFされている場合(S301:NO)、次に、LED141の変動開始が要求されているかが判断される。この判断は、LED141変動要求フラグがONされているか否かが判断され、ONされている場合(S303:YES)、次に、第三普通電動役物が開放しているか否かが判断される(S305)。この判断は、第三普通電動役物スイッチ77の状態により判断され、開放状態となっている場合(S305:YES)、LED141変動フラグをONし(S307)、後に実行されるコマンド処理においてLED141を点灯する。そしてメイン処理に戻る。一方、LED141変動要求フラグがOFFされておりLED141変動要求がなされておらず(S303:NO)、又は第三普通電動役物が閉鎖している場合(S305:NO)、以降の処理を行わずメイン処理に戻る。
また、LED141が点灯中である場合は(S301:YES)、第三普通電動役物が閉鎖されるタイミングが監視される(S309)。ここで、第三普通電動役物が閉鎖した場合(S309:YES)、LED141変動フラグがOFFされて消灯され(S311)、LED141変動要求フラグがOFFされ(S313)、LED141停止コマンドが記憶され(S315)、処理を終了してメイン処理に戻る。また、第三普通電動役物が開放状態である場合(S309)、閉鎖されるまでLED141の点灯状態を現状のまま保持するため、処理を終了してメイン処理に戻る。
次に、図16を参照し、メインスピーカ制御処理について説明する。メインスピーカは、効果音を出力することにより、遊技機の遊技状態遊技者に対して通知するものである。はじめに、大当たり遊技中であるか否かの判断が行われる(S321)。この判断は、大当たり遊技フラグにより行われ、大当たり遊技フラグがONであり、大当たり遊技中である場合は(S321:YES)、「大当たり中」である旨を通知するための効果音にて出力する必要があるため、「大当たり中」のメイン出力音コマンドが記憶される(S323)。次に、LED141により「告知」が行われているか否かが判断される(S325)。この判断は、LED141変動フラグがONされているかどうかにより行われ、LED141変動フラグがONされ、「告知」が行われている場合は(S325:YES)、LED141による「告知」の報知を遊技者が認識し易いように、出力音量を最大音量の半分とするために、「中」のメイン出力音量コマンドが記憶される(S327)。一方LED141変動フラグがOFFされ、「告知」が行われていない場合は(S325:NO)、出力音量を最大音量とするために、「大」のメイン出力音量コマンドが設定される。そして処理を終了し、メイン処理に戻る。
次に、図17を参照し、第一スピーカ制御処理について説明する。第一スピーカ66は、第一LEDと連動して音声を出力し、第一普通当たり遊技の状態を遊技者に通知するためのものである。はじめに、大当たり遊技中であるか否かの判断が行われ(S341)、大当たり遊技中である場合、すなわち、大当たり遊技フラグがONである場合は(S341:YES)、大当たり遊技の邪魔とならないように、第一スピーカ66からの音声出力を停止するために、「出力なし」の第一出力音量コマンドが記憶される(S353)。一方、大当たり遊技フラグがOFFされており、大当たり遊技中でない場合は、次に第一LEDが変動中であるかどうかが判断される(S343)。第一LEDが変動中である場合は(S343:YES)、第一LEDと連動した「変動音」を出力する必要があるため、「変動音」の第一出力音コマンドが記憶される(S345)。次に、大当たり中であり、次の大当たりが確定しているか否かが判断される。ここでは、次当たりフラグがONされているかが判断され、ONされていれば(S347:YES)、遊技者に対して次の当たりが確定している旨を通知する必要がある。そこで、出力音量を最大音量の半分にするために、「中」の第一出力音量コマンドが記憶される(S351)。また、次当たりフラグがONされていない場合は(S347:NO)、通常通り、出力音量を最大音量とするために、「大」の第一出力音量コマンドが記憶される(S349)。そして処理を終了し、メイン処理に戻る。
次に、図18を参照し、第四スピーカ制御処理について説明する。第四スピーカ67は、第四LEDと連動して音声を出力し、第四普通当たり遊技の状態を遊技者に通知するためのものである。はじめに、第四LEDが変動中であるか否かが判断される(S361)。この判断は第四変動フラグがONされているか否かにより判断され、第四変動フラグがONされてなければ(S361:NO)、第四スピーカ67からの音声出力はなされないため、「出力なし」の第四出力音コマンドが記憶され(S373)、処理を終了してメイン処理に戻る。一方、第四変動フラグがONされており、第四LEDが変動中である場合は(S361:YES)、第四LEDと連動した変動音を出力する必要があるため、「変動音」の第四出力音コマンドが記憶される(S363)。次に、大当たり遊技中であるかが判断される(S365)。ここで、判断は大当たり遊技フラグがONされているかどうかにより判断され、大当たり遊技フラグがOFFされており、大当たり遊技中でない場合(S365:NO)は、出力音量を最大音量の半分とするために、「中」の第四出力音量コマンドが記憶される(S371)。一方大当たり遊技フラグがONされており、大当たり遊技中である場合(S365:YES)、次にLED141が点灯中であり、連続した大当たりが確定している旨を報知するための「告知」がなされているか否かが判断される。この判断は、LED141変動フラグがONされているかどうかにより判断され、LED141変動フラグがONされており、「告知」がなされている場合(S367:YES)は、「告知」の報知をより遊技者に認識させる必要がある。そこで第四スピーカ67からの出力を停止するために出力音量を最大とするために、「出力なし」の第四出力音量コマンドが記憶される(S368)。一方、LED141変動フラグがOFFされており、「告知」報知中でない場合(S367:NO)は、出力音量を最大音量とするために、「大」の第四出力音量コマンドが記憶される(S369)。
次に、図19のフローチャートを参照して、第二普通電動役物処理について説明する。ここでは、第二普通電動役物33の開閉の制御が行われる。まず、第二普通電動役物33が開放中であるか否かの判断が行われる(S91)。この判断は第二開放フラグがONであるか否かにより行われ、第二開放フラグがONでなければ、開放中でないので(S91:NO)、本第二普通電動役物処理は終了され、メイン処理へ戻る。
一方、第二開放フラグがONであり、開放中であれば(S91:YES)、第二普通電動役物33へ入賞した遊技球の処理、第二普通電動役物33を閉鎖するための処理を行う必要がある。そこで、第二普通電動役物33を開放する第二開放時間が経過したか否かの判断が行われる(S92)。この判断は第二開放時間カウンタの値が「0」であるか否かにより行われる。第二開放時間カウンタの値が「0」であり、第二開放時間が経過していれば(S92:YES)、第二普通電動役物33を閉鎖する必要があるので、S96へ進む。
また、第二開放時間カウンタの値が「0」でなく、第二開放時間が経過していなければ(S92:NO)、入賞球フラグ記憶エリア5202の第二普通電動役物33に設けられた第二普通電動役物スイッチ76に対応するフラグがONとなっており、第二普通電動役物33へ遊技球が入賞したか否かの判断が行われる(S93)。そして、フラグがONとなっており、遊技球が入賞していれば(S93:YES)、第二入賞球数記憶エリア5207に「1」が加算される(S94)。そして、第二入賞球数が第二普通電動役物33の最大入賞球数である「4」以上となったか否かの判断が行われる(S95)。「4」以上となっていれば(S95:YES)、第二普通電動役物33を閉鎖する必要があるので、S96へ進む。「4」以上となっていなければ(S95:NO)、継続して第二普通電動役物33を開放するので、そのままメイン処理へ戻る。
また、第二普通電動役物33を閉鎖する場合には、第二開放終了コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S96)、第二開放フラグがOFFとされる(S97)。そして、メイン処理へ戻る。
次に、図20のフローチャートを参照して、第二普通図柄処理について説明する。ここでは、第一普通電動役物32(第二普通当たりの作動口)へ遊技球が入賞すると、第二保留球に加算され、第二普通当たりの抽選、結果報知の制御が行われる。まず、入賞球フラグ記憶エリア5202の第一普通電動役物32、又は第四普通電動役物35に対応する各フラグがONとなっており、第一普通電動役物32、又は第四普通電動役物35へ遊技球が入賞したか否かの判断が行われる(S101)。各フラグがOFFであり入賞していなければ(S101:NO)、S105へ進む。
各フラグはONであり入賞していれば(S101:YES)、第二保留球数記憶エリア5206に記憶されている第二保留球数が最大数の「4」以上であるか否かの判断が行われる(S102)。第二保留球数が「4」以上であれば(S102:YES)、入賞した遊技球を保留することはできないので、そのままS105へ進む。一方、第二保留球数が「4」以上でなければ(S102:NO)、第二保留球数に「1」が加算され(S103)、乱数取得処理が行われる(S104)。具体的には、カウンタ記憶エリア5201の第二普通当たり判定カウンタの値が読み出され、当たり関係情報記憶エリア5203の第一記憶エリア〜第四記憶エリアのうち、第二保留球数記憶エリア5206の値に対応する番号の第二普通当たり乱数欄に記憶エリアにそれぞれ記憶される。そして、S105へ進む。
S105では、第二LED120が変動表示中であるか否かの判断が行われる(S105)。この判断は、第二変動フラグがONであるか否かにより行われ、第二変動フラグがONでなく変動表示中でなければ(S105:NO)、第二普通当たりの抽選についての処理が行われ(S106〜S112)、第二変動フラグがONであり変動表示中であれば(S105:YES)、第二LED120の停止についての処理(S121〜S124)、第二普通当たりであれば第二普通当たり遊技開始の処理が行われる(S125〜S130)。
第二変動フラグがONでなく変動表示中でなければ(S105:NO)、まず、第二普通電動役物33が開放中であるか否かの判断が行われる(S106)。第二開放フラグがONであり、第二普通電動役物33が開放中である場合には(S106:YES)、前回の第二普通当たり遊技がまだ行われているので、そのまま第二普通図柄処理は終了され、メイン処理へ戻る。一方、第二開放フラグがONでなく、第二普通電動役物33が開放中でなければ(S106:NO)、第二保留球数記憶エリア5206に記憶されている第二保留球数が「1」以上であるか否かの判断が行われる(S107)。「1」以上でなければ(S107:NO)、保留球がない、すなわち、判定すべき対象の入賞球がないということなので、本第二普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
第二保留球数が「1」以上であれば(S107:YES)、判定すべき対象の入賞球があるということである。そこで、まず、第二保留球数記憶エリア5206の値が「1」減算され(S108)、当たり関係情報記憶エリア5203の第二普通当たり乱数欄の値のシフト処理が行われる(S109)。
そして、判定エリアの第二普通当たり乱数欄の値に基づいて、第二判定結果指定コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶される(S110)。具体的には、第二普通当たり乱数欄の値が予め第二普通当たりと定められている値(例えば、「77」)である場合には当たりを示すコマンドが記憶され、予め第二普通当たりと定められている値でない場合にははずれを示すコマンドが記憶される。そして、予め定められている第二LED120の変動時間が第二変動時間カウンタに記憶される(S111)。そして、第二変動フラグがONとされる(S112)。そして、第二普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
一方、第二変動フラグがONであり変動表示中であれば(S105:YES)、まず、第二LED120の変動時間が経過したか否かの判断が行われる(S121)。第二普通図柄変動時間カウンタの値が「0」でなければ、まだ経過していないとして(S121:NO)、そのまま第二普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
メイン処理が繰り返し実施される中で、第二普通図柄変動時間カウンタの値が「0」となり、変動時間が経過したら(S121:YES)、一連の第三普通当たり遊技の実施中であるか否かの判断が行われる(S122)。この判断は第三終了フラグがONであるか否かにより行われる。第三終了フラグがOFFでありONでなければ、前回の第二普通当たりにより第二普通電動役物33が開放された際の、第二普通電動役物33に入賞した遊技球に対する一連の第三普通当たり遊技中(図3参照)であることとなる。そこで、第三終了フラグがONでなく、一連の第三普通当たり遊技中である場合には(S122:YES)、本第二普通図柄処理は終了し、メイン処理へ戻る。
第三終了フラグがONであり、一連の第三普通当たり遊技中でなければ(S122:NO)、第二停止コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S123)、第二変動フラグがOFFとされる(S124)。そして、第二普通当たり乱数欄の値が予め第二普通当たりと定められている値であるか否かにより、第二普通当たりであるか否かの判断が行われる(S125)。第二普通当たり乱数欄の値が予め第二普通当たりと定められている値でなく、第二普通当たりでない(はずれ)場合には(S125:NO)、第二普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
一方、第二普通当たり乱数欄の値が予め第二普通当たりと定められている値であり、第二普通当たりであった場合には(S125:YES)、第二普通電動役物33を開放する必要がある。そこで、第二開放開始コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S126)、第二開放時間カウンタに第二普通電動役物33の開放時間(例えば、10秒を示す「5000」)が記憶され(S127)、第二開放フラグがONとされる(S128)。そして、RAM52の当たり関係情報記憶エリア5203の第三普通当たり乱数欄の値が「0」にクリアされ(S129)、第三終了フラグがOFFとされる(S130)。そして、第二普通図柄処理は終了し、メイン処理へ戻る。
次に、図21のフローチャートを参照して、第三普通電動役物処理について説明する。ここでは、第三普通電動役物34の開閉の制御が行われる。まず、第三普通電動役物34が開放中であるか否かの判断が行われる(S141)。この判断は第三開放フラグがONであるか否かにより行われ、第三開放フラグがONでなければ、開放中でないので(S141:NO)、本第三普通電動役物処理は終了され、メイン処理へ戻る。
一方、第三開放フラグがONであり、開放中であれば(S141:YES)、第三普通電動役物34へ入賞した遊技球の処理、第三普通電動役物34を閉鎖するための処理を行う必要がある。そこで、第三普通電動役物34を開放する第三開放時間が経過したか否かの判断が行われる(S142)。この判断は第三開放時間カウンタの値が「0」であるか否かにより行われる。第三開放時間カウンタの値が「0」であり、第三開放時間が経過していれば(S142:YES)、第三普通電動役物34を閉鎖する必要があるので、S146へ進む。
また、第三開放時間カウンタの値が「0」でなく、第三開放時間が経過していなければ(S142:NO)、入賞球フラグ記憶エリア5202の第三普通電動役物34に設けられた第三普通電動役物スイッチ77に対応するフラグがONとなっており、第三普通電動役物34へ遊技球が入賞したか否かの判断が行われる(S143)。そして、フラグがONとなっており、遊技球が入賞していれば(S143:YES)、第三入賞球数記憶エリア5209に「1」が加算される(S144)。そして、第三入賞球数が第三普通電動役物34の最大入賞球数である「4」以上となったか否かの判断が行われる(S145)。「4」以上となっていれば(S145:YES)、第三普通電動役物34を閉鎖する必要があるので、S146へ進む。「4」以上となっていなければ(S145:NO)、継続して第三普通電動役物34を開放するので、そのままメイン処理へ戻る。
また、第三普通電動役物34を閉鎖する場合には、第三開放終了コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S146)、第三開放フラグがOFFとされる(S17)。そして、メイン処理へ戻る。
次に、図22のフローチャートを参照して、第三普通図柄処理について説明する。ここでは、第二普通電動役物33(第三普通当たりの作動口)へ遊技球が入賞すると、第三保留球に加算され、第三普通当たりの抽選、結果報知の制御が行われる。まず、入賞球フラグ記憶エリア5202の第二普通電動役物33に対応する各フラグがONとなっており、第二普通電動役物33へ遊技球が入賞したか否かの判断が行われる(S151)。各フラグがOFFであり入賞していなければ(S151:NO)、S155へ進む。
各フラグはONであり入賞していれば(S151:YES)、第三保留球数記憶エリア5208に記憶されている第三保留球数が最大数の「4」以上であるか否かの判断が行われる(S152)。第三保留球数が「4」以上であれば(S152:YES)、入賞した遊技球を保留することはできないので、そのままS155へ進む。一方、第三保留球数が「4」以上でなければ(S152:NO)、第三保留球数に「1」が加算され(S153)、乱数取得処理が行われる(S154)。具体的には、カウンタ記憶エリア5201の第三普通当たり判定カウンタの値が読み出され、当たり関係情報記憶エリア5203の第一記憶エリア〜第四記憶エリアのうち、第三保留球数記憶エリア5208の値に対応する番号の第三普通当たり乱数欄の記憶エリアにそれぞれ記憶される。そして、S155へ進む。
S155では、第三LED130が変動表示中であるか否かの判断が行われる(S155)。この判断は、第三変動フラグがONであるか否かにより行われ、第三変動フラグがONでなく変動表示中でなければ(S155:NO)、第三普通当たりの抽選についての処理が行われ(S157〜S162)、第三変動フラグがONであり変動表示中であれば(S155:YES)、第三LED130の停止についての処理(S171〜S173)、第三普通当たりであれば第三普通当たり遊技開始の処理が行われる(S174〜S177)。
第三変動フラグがONでなく変動表示中でなければ(S155:NO)、まず、第三普通電動役物34が開放中であるか否かの判断が行われる(S156)。第三開放フラグがONであり、第三普通電動役物34が開放中である場合には(S156:YES)、前回の第三普通当たり遊技がまだ行われているので、そのまま第三普通図柄処理は終了され、メイン処理へ戻る。一方、第三開放フラグがONでなく、第三普通電動役物34が開放中でなければ(S156:NO)、まず、第三保留球数記憶エリア5208に記憶されている第三保留球数が「1」以上であるか否かの判断が行われる(S157)。第三保留球数が「1」以上であれば(S157:YES)、判定すべき対象の入賞球があるということである。そこで、まず、第三保留球数記憶エリア5208の値が「1」減算され(S158)、当たり関係情報記憶エリア5203の第三普通当たり乱数欄の値のシフト処理が行われる(S159)。そして、判定エリアの第三普通当たり乱数欄の値に基づいて、第三判定結果指定コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶される(S160)。具体的には、第三普通当たり乱数欄の値が予め第三普通当たりと定められている値(例えば、「77」)である場合には当たりを示すコマンドが記憶され、予め第三普通当たりと定められている値でない場合にははずれを示すコマンドが記憶される。そして、予め定められている第三LED130の変動時間が第三変動時間カウンタに記憶される(S161)。そして、第三変動フラグがONとされる(S162)。そして、第三普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
「1」以上でなければ(S157:NO)、保留球がない、すなわち、判定すべき対象の入賞球がなく一連の第三普通当たり遊技が終了されるということである。この場合、第三普通当たり遊技が終了される際に、大当たり遊技も終了される場合がある。そこで、大当たり遊技も終了させる第三普通当たり遊技の終了である場合には、大当たり遊技終了の処理を行う必要がある。そこで、まず大当たり遊技中であるか否かの判断が行われる(S163)。大当たり遊技フラグがOFFであり、大当たり遊技中でなければ(S163:NO)、特段の処理は必要なく、本第三普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
また、大当たり遊技フラグがONであり、大当たり遊技中であれば(S163:YES)、第一普通当たり遊技は終了したか否かの判断が行われる(S164)。この判断は、第一終了フラグがONであるか否かにより行われる。第一終了フラグがOFFであり、第一普通当たり遊技が終了していなければ(S164:NO)、大当たり遊技状態とされているが、まだ第一普通電動役物32の開放が行われていないタイミングであり、大当たり遊技を終了させてはならないので、そのまま本第三普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
また、第一終了フラグがONであり、第一普通当たり遊技が終了している場合には(S164:YES)、まだ判定が行われていない第二保留球が存在するか否かの判断が行われる(S165)。第二保留球数記憶エリア5206に記憶されている値が「1」以上であれば、第二保留球が存在する(S165:YES)。つまり、ここでは、一連の第三普通当たり遊技が終了するのみで、大当たり遊技は終了しない。そこで、第二保留球数記憶エリア5206に記憶されている値が「1」以上であれば(S165:YES)、一連の第三普通当たり遊技が終わったことを示すために第三終了フラグがONとされ(S169)、本第三普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
また、第二保留球数記憶エリア5206に記憶されている値が「1」以上でなければ(S165:NO)、判定の行われていない第二保留球も存在しないので、大当たり遊技を終了させる。しかしながら、本大当たり遊技中に第一普通当たりが発生しており、その次の当たりに対する大当たり遊技が開始されている場合には、大当たり遊技終了の処理を行う必要がない。そこで、次当たりフラグがONであるか否かにより、次の大当たり遊技が開始されているか否かの判断が行われる。次当たりフラグがONであり、次の大当たり遊技が開始されている場合には(S166:YES)、そのまま本第三普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
そして、次当たりフラグがOFFであり、次の大当たり遊技が開始されていない場合には(S166:NO)、大当たり遊技を終了させてよいので、大当たり遊技フラグがOFFとされ(S167)、出力フラグがOFFとされ(S168)、本第三普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
一方、S155において、第三変動フラグがONであり変動表示中であれば(S155:YES)、まず、第三LED130の変動時間が経過したか否かの判断が行われる(S171)。第三普通図柄変動時間カウンタの値が「0」でなければ、まだ経過していないとして(S171:NO)、そのまま第三普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
メイン処理が繰り返し実施される中で、第三普通図柄変動時間カウンタの値が「0」となり、変動時間が経過したら(S171:YES)、第三停止コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S172)、第三変動フラグがOFFとされる(S173)。そして、第三普通当たり乱数欄の値が予め第三普通当たりと定められている値であるか否かにより、第三普通当たりであるか否かの判断が行われる(S174)。第三普通当たり乱数欄の値が予め第三普通当たりと定められている値でなく、第三普通当たりでない(はずれ)場合には(S174:NO)、第三普通図柄処理は終了して、メイン処理へ戻る。
一方、第三普通当たり乱数欄の値が予め第三普通当たりと定められている値であり、第三普通当たりであった場合には(S174:YES)、第三普通電動役物34を開放する必要がある。そこで、第三開放開始コマンドがコマンド関係記憶エリア5210に記憶され(S175)、第三開放時間カウンタに第三普通電動役物34の開放時間(例えば、10秒を示す「5000」)が記憶され(S176)、第三開放フラグがONとされる(S177)。そして、本第三普通図柄処理は終了し、メイン処理へ戻る。
次に、図9に示すタイミングチャートについて、図9〜図18に示すフローチャートを参照し説明する。
なお、大当たり遊技フラグ、第一変動フラグ、第二変動フラグ、第三変動フラグ、第四変動フラグ、第一開放フラグ、第二開放フラグ、第三開放フラグ、第四開放フラグ、第一終了フラグ、第二終了フラグ、第三終了フラグ、第四終了フラグ、次当たりフラグ、LED141変動要求フラグ、LED141変動フラグ、ともに初期値はOFFである。また、第一保留球数記憶エリア5204,第一入賞球数記憶エリア5205,第二保留球数記憶エリア5206,第二入賞球数記憶エリア5207,第三保留球数記憶エリア5208,第三入賞球数記憶エリア5209、第四保留球数記憶エリア5212,第四入賞球数記憶エリア5213には初期値として「0」が記憶されている。
メイン処理(図10参照)は、割込信号発生回路57からの割込タイミングにより実行される。はじめに、コマンド出力処理が行われる(S10)。しかし、コマンド関係記憶エリア5210にコマンドは記憶されていないので出力されない。次いで、スイッチ読込処理が行われる(S11)。ここでは、第一始動口30に遊技球が入賞しているので、第一始動口スイッチ73からONの情報が読み取られ、入賞球フラグ記憶エリア5202の対応するフラグがONとされる。そして、カウンタ更新処理が行われる(S12)。
そして、第一普通電動役物処理が行われる(S13、図11参照)。大当たり遊技フラグはOFFであり、大当たり遊技中でないので(S31:NO)、メイン処理へ戻り、第一普通図柄処理が行われる(S14、図12参照)。ここで、第一始動口30に入賞しており(S51:YES)、第一保留球数は「0」であり「4」以上でないので(S52:NO)、第一保留球数に「1」が加算されて「1」とされる(S53)。そして、カウンタ記憶エリア5201の変動パターン決定カウンタ及び第一普通当たり判定カウンタの値が読み出され、当たり関係情報記憶エリア5203の第一記憶エリアの変動パターン乱数欄及び第一普通当たり乱数欄に記憶エリアにそれぞれ記憶される(S54)。
そして、第二普通電動役物、第三普通電動役物いずれも開放中でなく(S55:NO)、第一LEDは変動中でないので(S56:NO)、次に、第一保留球数が判断される(S57)。ここで、第一保留球数は「1」であるので(S57:YES)、第一保留球数から「1」が減算されて(S58)、当たり関係情報記憶エリア5203の第一記憶エリアの変動パターン乱数欄及び第一普通当たり乱数欄の値のシフト処理が行われる(S59)。そして、第一判定結果指定コマンドが記憶され(S60)、第一変動時間カウンタに変動時間が記憶され(S61)、第一変動フラグがONとされる(S62)。そして処理を終了し、メイン処理へ戻る。
そして次に、第四普通電動役物処理が行われる(S22、図12参照)。ここで、大当たり遊技フラグはOFFであり、大当たり遊技中でないので(S201:NO)、メイン処理へ戻り、第四普通図柄処理(S23、図13参照)が行われる。ここで、第四始動口31への入賞球は存在しないため(S241:NO)、次に、第二普通電動役物又は第三普通電動役物が開放中であるかが判断され(S248)、開放中でなく(S249:NO)、第四保留球数は「0」であるため(S251:NO)、第四普通図柄処理を終了し、メイン処理に戻る。
次に、LED141制御処理が行われる(S24、図15参照)。ここで、LED141は点灯中でなく(S301:NO)、LED141変動要求フラグがONしていないので(S303:NO)、処理を終了しメイン処理に戻る。次に、メインスピーカ制御処理が行われる(S25、図16参照)。ここで、大当たり遊技中でないので(S321:NO)、「出力なし」のメイン出力音コマンドが記憶され(S331)、処理を終了してメイン処理に戻る。次に、第一スピーカ制御処理が行われる(S26、図17参照)。ここで、大当たり遊技中でなく(S341:NO)、第一変動フラグがONされておりLEDは変動中なため(S343:YES)、「変動音」の第一出力音コマンドが記憶される(S345)。そして、次の大当たりは確定していないので(S347:NO)、「大」の第一出力音量コマンドが記憶され(S349)、処理を終了してメイン処理に戻る。次に、第四スピーカ制御処理が行われる(S27、図18参照)。ここで、第四LEDは変動中でないので(S361:NO)、「出力なし」の第四出力音コマンドが記憶され(S373)、処理を終了してメイン処理に戻る。
次に、第二普通電動役物処理が行われ(S15、図19参照)、第二普通電動役物は開放していないため(S91:NO)、処理を終了し、メイン処理に戻る。次に、第二普通図柄処理が行われ(S16、図20参照)、第一普通電動役物、第四普通電動役物いずれも入賞しておらず(S101:NO)、第二LEDは変動中でなく(S105:NO)、第二普通電動役物は開放していないので(S106:NO、107:NO)処理を終了し、メイン処理に戻る。
次に、第三普通電動役物処理が行われ(S17、図21参照)、第三普通電動役物は開放していないため(S141:NO)、処理を終了し、メイン処理に戻る。次に、第三普通図柄処理が行われ(S18、図22参照)、第二普通電動役物には入賞しておらず(S151:NO)、第三LEDは変動中でなく(S155:NO)、第二普通電動役物は開放しておらず(S156:NO、157:NO)、大当たり遊技中でないので(S163:NO)、処理を終了し、メイン処理に戻る。
そして、払出処理が行われる(第一始動口30への入賞に対する払出)。そして、エラーチェックが行われる(S20)。このようにして、第一始動口30への入賞により、第一LEDの変動が開始されて、1巡目のメイン処理は終了する。
そして、次の割込信号を受けると、2巡目のメイン処理が行われることとなる。まず、コマンド出力処理において(S10)、1巡目のメイン処理でコマンド関係記憶エリア5210に記憶されたコマンドが出力される。ここでは、第一LEDの変動が開始され、第一スピーカ66より最大音量にて「変動音」が出力される(T1)。
そして、スイッチ読込処理(S11)、カウンタ更新処理が行われて第一変動時間カウンタの値が「1」減算される(S12)。
そして、第一普通電動役物処理が行われ(S31:NO)、次に第一普通図柄処理が行われ(S51:NO、S55:NO)、第一LEDが変動中であるため(S56:YES)、第一LEDの変動時間が監視される(S71:NO)。そして、第四普通電動役物処理が行われ(S201:NO)、次に、第四普通図柄処理が行われる(S241:NO、S248:NO、S249:NO、S251:NO)。次に、LED141制御処理が行われ(S301:NO、S303:NO)、次にメインスピーカ制御処理が行われ(S321:NO、S331)、次に第一スピーカ制御処理が行われ(S341:NO、S343:YES、S345、S347:NO、S349)、次に、第四スピーカ制御処理が行われる(S361:NO、S373)。そして、第二普通電動役物処理が行われ(S91:NO)、次に、第二普通図柄処理が行われる(S101:NO、S105:NO、S106:NO、S107:NO)。そして、第三普通電動役物処理が行われ(S141:NO)、次に、第三普通図柄処理が行われる(S151:NO、S155:NO、S156:NO、S157:NO、S163:NO)。
そして、払出処理が行われる(S19)。ここでは、いずれの入賞口へも入賞していないので払い出しは行われない。そして、エラーチェックが行われる(S20)。このようにして、2巡目のメイン処理は終了する。
このように繰り返しメイン処理が実行される中、第一普通図柄処理(S14、図12参照)において、第一LEDの変動時間が経過すると(S51:NO、S55:NO、S56:YES、S79:NO、S71:YES)、第一停止コマンドが記憶され(S73)、第一LEDをOFFさせるために第一変動フラグがOFFされ(S74)、抽選のために獲得された乱数の判定が行われ(S75)「当たり」と判定される(S75:YES)。次に、大当たり遊技フラグがONされ(S76)、第一終了フラグがOFFされ(S77)、第二普通当たり乱数欄が「0」にクリアされる(S78)。そして処理を終了してメイン処理に戻る。このようにして、第一LEDの変動時間が経過したら、第一LEDの変動が終了され、第一大当たり遊技状態が開始される(T2)。
次に、メインスピーカ制御処理(S25、図16参照)において、大当たり遊技は開始しているため(S321:YES)、「大当たり中」のメイン出力音コマンドが記憶される(S323)。そして、LED141変動フラグはOFFされているため(S325:NO)、「大」のメイン出力音量コマンドが記憶され、処理を終了してメイン処理に戻る。
次に、第一スピーカ制御処理(S26、図17参照)において、大当たり遊技は開始しているため(S341:YES)、「出力なし」の第一出力音コマンドが記憶され、処理を終了してメイン処理に戻る。
そしてつぎのコマンド処理(S10)において、メインスピーカより、最大音量にて「大当たり中」である旨を通知するための効果音が出力される。また、第一スピーカ66からの出力がOFFされる(T2)。
さらに、繰り返してメイン処理が実施される中、第一始動口30に遊技球が入賞すると、スイッチ読込処理において(S11)、入賞球フラグ記憶エリア5202の対応するフラグがONとされる。そして、第一普通電動役物処理(S13、図10参照)において、大当たり遊技中であり(S31:YES)、第一普通当たり遊技は終了しておらず(S32:NO)、第一普通電動役物32は開放状態でない(S33:NO)ので、第一開放開始コマンドが記憶され(S34)、第一開放時間カウンタが記憶され(S35)、第一開放フラグがONされ(S36)、次当たりフラグがOFFされ(S38)、メイン処理に戻る。
次に第一普通図柄処理(S14、図12参照)においては、第一始動口3に遊技球が入賞されており(S51:YES)、第一保留球が4以下なので(S52:NO)第四保留球数が「1」加算される(S53)。そして次に乱数取得処理が行われ、第一普通当たり乱数欄の第一記憶エリアに記憶される(S54)。次に、第二普通電動役物、及び第三普通電動役物のいずれも開放中でない場合(S55:NO)、第一LEDは変動中でなく(S56:NO)、第一保留球は1であるので(S57:YES)、第一保留球数が「1」減算され(S58)、第四普通当たり欄の値のシフト処理が行われる(S59)。そして、判定エリアの第一普通当たり欄の値に基づいて、第一判定結果指定コマンドが記憶される(S60)。そして、第一LEDの変動カウンタが記憶され(S61、S62)、処理を終了し、メイン処理に戻る。このようにして、第一LEDの変動が開始する(T3)。
次に、第一スピーカ制御処理(S26、図17参照)において、大当たり遊技中であるため(S341:YES)、「出力なし」の第一出力音コマンドが記憶される(S353)。従って、第一LEDの変動中であっても、第一スピーカ66からの変動音は出力されない(T3〜T4)。
次に、繰り返しメイン処理が実施される中、第四普通図柄処理(S23、図14)において、第四始動口31に遊技球が入賞され(S241:YES)、第四保留球が4以下なので(S243:NO)第四保留球数が「1」加算される(S245)。そして次に乱数取得処理が行われ、第四普通当たり乱数欄の第一記憶エリアに記憶される(S247)。次に、第二普通電動役物、及び第三普通電動役物のいずれも開放中でない場合(S248:NO)、第四LEDは変動中でなく(S249:NO)、第四保留球は1であるので(S251:YES)、第四保留球数が「1」減算され(S253)、第四普通当たり欄の値のシフト処理が行われる(S255)。そして、判定エリアの第四普通当たり欄の値に基づいて、第一判定結果指定コマンドが記憶される(S257)。そして、第四LEDの変動カウンタが記憶され(S259、S263)、「告知」を行うためのLED141の変動要求フラグをONして(S265)処理を終了し、メイン処理に戻る。このようにして、第四LEDの変動が開始する(T5)。
次に、繰り返してメイン処理が実施される中、第四普通図柄処理(S23、図14参照)において、第二普通電動役物、及び第三普通電動役物のいずれも開放中でない状態において(S241:NO、S248:NO)、第四LEDは変動中であり(S249:YES)、大当たり遊技中で且つ新たに第四普通当たりであるので、(S293:YES)、次当たりフラグがONされ(S297)、第四LEDの変動時間は経過していないため(S277:NO)、処理を終了してメイン処理に戻る。
次に、メイン処理が実行される中、LED141制御処理(S24、図15参照)が実行される。ここでLED141は点灯中ではないが(S301:NO)、LED141変動要求フラグがONされているので(S303:YES)、第三普通電動役物の開放タイミングに合わせて(S305:YES)、LED141変動フラグがONされる(S307)。そして次のコマンド処理(S10、図9参照)において、LED141がONされ、「告知」が開始される(T6)。
次に、メインスピーカ制御処理(S25、図16参照)において、大当たり遊技中であるので(S321:YES)、「大当たり中」のメイン出力音コマンドが記憶される(S323)。次に、LED141は点灯中であるため(S325:YES)、「中」のメイン出力音量コマンドが記憶される(S327)。次に、第四スピーカ制御処理(S27、図18参照)において、第四LEDは変動中であるので(S361:YES)、「変動音」の第四出力コマンドが記憶される(S363)。次に、大当たり遊技中であり(S365:YES)、LED141が点灯中であるため(S367:YES)、「出力なし」の第四出力音量コマンドが記憶される(S368)。このことにより、LED141による「告知」の期間中(T6〜T7)は、メインスピーカから出力される「大当たり中」の効果音の出力音量は最大音量の半分となり、第四スピーカ67からの効果音の出力は停止される。
また、繰り返しメイン処理が実施される中、LED141制御処理(S24、図15参照)において、LED141の変動中に第三普通電動役物が閉鎖した場合(S301:YES、S309:YES)、LED141変動フラグをOFFし(S311)、LED141変動要求フラグをOFFし(S313)、LED141停止コマンドを記憶して(S315)処理を終了しメイン処理に戻る。
また、メインスピーカ処理(S25、図16参照)において、大当たり遊技中であるので(S321:YES)、「大当たり中」のメイン出力音コマンドが記憶される(S323)。次に、LED141は点灯を停止したため(S325:NO)、「大」のメイン出力音量コマンドが記憶される(S329)。次に、第四スピーカ制御処理(S27、図18参照)において、第四LEDは変動中であるので(S361:YES)、「変動音」の第四出力音コマンドが記憶される(S363)。次に、大当たり遊技中であり(S365:YES)、LED141が点灯を停止しているため(S367:NO)、「大」の第四出力音量コマンドが記憶される(S369)。このことにより、LED141による「告知」の期間が終了すると、メインスピーカからの「大当たり中」の出力音量は最大に戻され、第四スピーカ67からの「変動中」出力音量は最大に戻される(T7)。
次に、繰り返しメイン処理が実施され、第一大当たり遊技が終了すると(T8)、メインスピーカ処理(S25、図16参照)において、大当たり遊技フラグがOFFされている(S321:NO)ため、「出力なし」メイン出力音コマンドが記憶される(S331)。このことにより、一連の大当たり遊技が終了すると、メインスピーカからの音声出力を停止する(T8)。
次に、繰り返してメイン処理が実施される中、第一大当たり遊技が終了してから、連続した新たな第四大当たり遊技までの期間に、第一始動口30に遊技球が入賞すると(T9)、スイッチ読込処理において(S11)、入賞球フラグ記憶エリア5202の対応するフラグがONとされる。そして、第一普通電動役物処理(S13、図11参照)において、大当たり遊技中は終了しており(S31:NO)、メイン処理に戻る。
次に第一普通図柄処理(S14、図12参照)においては、第一始動口30に遊技球が入賞されており(S51:YES)、第一保留球が4以下なので(S52:NO)第四保留球数が「1」加算される(S53)。そして次に乱数取得処理が行われ、第一普通当たり乱数欄の第一記憶エリアに記憶される(S54)。次に、第二普通電動役物、及び第三普通電動役物のいずれも開放中でない場合(S55:NO)、第一LEDは変動中でなく(S56:NO)、第一保留球は1であるので(S57:YES)、第一保留球数が「1」減算され(S58)、第四普通当たり欄の値のシフト処理が行われる(S59)。そして、判定エリアの第一普通当たり欄の値に基づいて、第一判定結果指定コマンドが記憶される(S60)。そして、第一LEDの変動カウンタが記憶され(S61、S62)、処理を終了し、メイン処理に戻る。このようにして、第一LEDの変動が開始する(T9)。
次に、第一スピーカ制御処理(S26、図17参照)において、大当たり遊技フラグはOFFされており(S341:NO)、第一LEDは変動中であるので(S343:YES)、出力音「変動音」コマンドが記憶される(S347)。次に、次当たりフラグはONされており、連続した当たりが確定しているため(S347:YES)、「中」の第一出力音量コマンドが記憶され(S351)、処理を終了してメイン処理に戻る。このことにより、一連の大当たり遊技の終了後であって、連続した「当たり」が確定している状態において、第一始動口30に遊技球が入賞した場合は、第一スピーカ66より出力される「変動中」の効果音は、その音量を最大音量の半分として出力される(T9〜)。
そして、繰り返しメイン処理が実施される中、第一普通図柄処理(S14、図12参照)において、第一LEDの変動時間が経過すると(S51:NO、S55:YES、S79:NO、S71:YES)、第一停止コマンドが記憶され(S73)、第一変動フラグがOFFされた後(S74)、第一普通当たりであるので(S75:YES)、大当たり遊技フラグがONされ、第一終了フラグがOFFされ(S77)、第二普通当たり乱数欄がクリアされ(S78)、処理を終了してメイン処理に戻る。次に、第一スピーカ66制御処理(S26、図17参照)において、大当たり遊技フラグはOFFであり(S341:NO)、第一LEDは変動を停止しているため(S343:NO)、「出力なし」の第一出力音コマンドが記憶され(S353)、処理を終了してメイン処理に戻る。このようにして、第一スピーカ66からの変動音の出力が停止される。このことにより、連続した「当たり」が確定している状態において、一連の大当たり遊技の終了後から次の大当たり遊技までの期間中(T9〜T10)において、「変動中」の効果音が通常より小さいことを遊技者が認識することにより、連続した大当たりが開始されることを確認することができる。
次に、繰り返してメイン処理が実施される中、第四始動口31に遊技球が入賞すると、スイッチ読込処理において(S11)、入賞球フラグ記憶エリア5202の対応するフラグがONとされる。そして、第四普通電動役物処理(S22、図13参照)において、大当たり遊技中であり(S201:YES)、第四普通当たり遊技は終了しておらず(S203:NO)、第四普通電動役物35は開放状態でない(S205:NO)ので、第四開放開始コマンドが記憶され(S221)、第四開放時間カウンタが記憶され(S223)、第四開放フラグがONされ(S225)、次当たりフラグがOFFされ(S224)、メイン処理に戻る。
次に、繰り返しメイン処理が実施される中、第四普通図柄処理(S23、図14参照)において、第四LEDの変動時間が経過すると(S241:NO、S248:NO、S249:YES、S293:NO、S277:YES)、第四LEDの変動が停止され(S281,S282)、第四普通当たりであるので(S283:YES)、大当たり遊技フラグがONされ(S287)、第四大当たり遊技が開始される(S289,S291)。そして処理を終了しメイン処理に戻る。
次にメインスピーカ制御処理(S25、図16参照)において、大当たり遊技中であるので(S321:YES)、「大当たり中」のメイン出力音コマンドが記憶される(S323)。そして、LED141は点灯中でないので(S325:NO)、「大」のメイン出力音量コマンドが記憶され(S329)、処理を終了してメイン処理に戻る。
次に、第四スピーカ制御処理(S27、図18参照)において、第四LEDは変動停止しているため(S361:NO)、「出力なし」の第四出力音コマンドが記憶され(S373)、処理を終了してメイン処理に戻る。このようにして、メインスピーカから「大当たり中」である旨の効果音を出力音量最大の状態にて出力し、第四スピーカ67の音声出力が停止する(T11)。
次に、繰り返しメイン処理が実施される中、第四普通図柄処理(S23、図14参照)においては、第四始動口31に遊技球が入賞され(S241:YES)、第四保留球が4以下なので(S243:NO)第四保留球数が「1」加算される(S245)。そして次に乱数取得処理が行われ、第四普通当たり乱数欄の第一記憶エリアに記憶される(S247)。次に、第二普通電動役物、及び第三普通電動役物のいずれも開放中でない場合(S248:NO)、第四LEDは変動中でなく(S249:NO)、第四保留球は1であるので(S251:YES)、第四保留球数が「1」減算され(S253)、第四普通当たり欄の値のシフト処理が行われる(S255)。そして、判定エリアの第四普通当たり欄の値に基づいて、第一判定結果指定コマンドが記憶される(S257)。そして、第四LEDの変動カウンタが記憶され(S259、S263)、LED141変動要求フラグがONされ(S265)、処理を終了し、メイン処理に戻る。このようにして、第四LEDの変動が開始する(T12)。
次に、メイン処理が実行される中、LED141制御処理(S24、図15参照)が実行される。ここでLED141は点灯中ではないが(S301:NO)、LED141変動要求フラグがONされているので(S303:YES)、第三普通電動役物の開放タイミングに合わせて(S305:YES)、LED141変動フラグがONされる。そして次のコマンド処理において(S10、図9参照)、LED141がONされ、「告知」が開始される(T13)。
次に、メインスピーカ制御処理(S25、図16参照)において、大当たり遊技中であるので(S321:YES)、「大当たり中」のメイン出力音コマンドが記憶される(S323)。次に、LED141は点灯中であるため(S325:YES)、「中」のメイン出力音量コマンドが記憶される(S327)。次に、第四スピーカ制御処理(S27、図18参照)において、第四LEDは変動中であるので(S361:YES)、「変動音」の第四出力音コマンドが記憶される(S363)。次に、大当たり遊技中であり(S365:YES)、LED141が点灯中であるため(S367:YES)、「出力なし」の第四出力音量コマンドが記憶される(S368)。このことにより、LED141による「告知」の期間中は、メインスピーカからの「大当たり中」の出力音量は最大音量の半分となり、第四スピーカ67からの出力は停止される(T13〜T14)。
また、繰り返しメイン処理が実施される中、LED141制御処理(S24、図15参照)において、LED141の点灯中に第三普通電動役物が閉鎖した場合(S301:YES、S309:YES)、LED141変動フラグをOFFし(S311)、LED141変動要求フラグをOFFし(S313)、LED141停止コマンドを記憶し(S315)処理を終了しメイン処理に戻る。
また、メインスピーカ処理(S25、図16参照)において、大当たり遊技中であるので(S321:YES)、「大当たり中」のメイン出力音コマンドが記憶される(S323)。次に、LED141は点灯を停止したため(S325:NO)、「大」のメイン出力音量コマンドが記憶される(S329)。次に、第四スピーカ制御処理(S27、図18参照)において、第四LEDは変動中であるので(S361:YES)、「変動音」の出力音コマンドが記憶される(S363)。次に、大当たり遊技中であり(S365:YES)、LED141が点灯を停止しているため(S367:NO)、「大」の第四出力音量コマンドが記憶される(S369)。このことにより、LED141による「告知」の期間が終了すると、メインスピーカからの「大当たり中」の出力音量は最大に戻され、第四スピーカ67からの「変動中」出力音量は最大に戻される(T14)。
以上のような処理を実行することにより、一連の大当たり遊技の実施中に第一始動口30に遊技球が入賞した場合であって、LED141による「告知」が実行された場合において、効果音の音量を小さくすることにより、遊技者は、新たに開始される大当たり遊技を認識し易くなる。また、大当たり遊技中において始動口に遊技球が入賞した場合に、抽選中の効果音を出力しないことにより、遊技者が大当たり遊技に集中できる。さらに、大当たり遊技の終了時点から、新たに連続して発生する大当たり遊技の間において、始動口に遊技球が入賞した場合、抽選中の効果音を最大音量の半分にすることにより、遊技者は、新たに発生する連続した大当たり遊技があることを認識することができる。これらのことから、遊技機の遊技性が向上する。
なお、上記実施の形態の第一始動口スイッチ73、第四始動口スイッチ74、第一普通電動役物スイッチ75、第四普通電動役物スイッチ79が「遊技球検出手段」に該当し、LED141が「報知手段」に該当し、メインスピーカ65、第一スピーカ66、及び第四スピーカ67が「音声出力手段」に該当する。また、図12の第一普通図柄処理に示すS54の処理を実行するCPU51、図14の第四普通図柄処理に示すS247の処理を実行するCPU51が「乱数取得手段」に該当し、図12の第一普通図柄処理に示すS75及びS79の処理を実行するCPU51、図14の第四普通図柄処理に示すS283及びS293の処理を実行するCPU51が「大当たり判定手段」に該当し、図10におけるメイン処理に示すS13〜18、S22、S23の処理を実行するCPU51が「大当たり遊技制御手段」に該当する。
なお、本発明は、以上詳述した実施の形態に限定されるものではなく、種々の変更が可能である。本発明の遊技機は一般電役機のパチンコ機に限らず、パチコン機、パチスロ機等、遊技媒体を使用する各種の遊技機のうち、大当たり遊技が行われている最中に、次の大当たり遊技が開始されるような遊技機であってもよいことは言うまでもない。
また、上記の実施形態においては、第一普通当たり〜第四普通当たりとなる確率を限定しているが、これらに限られるものではなく、上記の実施形態よりも高確率であってもかまわないし、低確率であってもかまわない。
また、上記の実施形態においては、始動口の数量を合計2とし、電動役物の数量を合計4と定めているが、これらに限定されるものではなく、これらの数量より多くてもかまわないし、少なくてもかまわない。
また、上記の実施形態においては、LED141点灯による「告知」のタイミングで効果音の音量制御を行っているが、これに限られるものではなく、例えば、大当たり遊技中における最終の第三普通電動役物開放時に次回の「当たり」が確定している旨及び連続大当たりの回数等の報知を行う場合においては、このタイミングで効果音の音量制御を行ってもよい。さらに、当該「告知」のタイミングと、当該「当たり」が確定している旨及び連続大当たりの回数等の報知のタイミングとを区別できるように、音量を制御してもよい。そうすることで、「告知」がわかりやすくなることに加え、当該「当たり」が確定している旨及び連続大当たりの回数等の報知のタイミングを遊技者に適確に伝えることができる。
また、上記実施形態の保留球は4個となっているが、この個数に限られるものではなく、その他の個数に変更してもよい。
また、上記の実施形態においては、それぞれの普通図柄(普通図柄表示部)に対応するLEDの個数も3、4、及び7個等となっているが、この個数に限られるものではなく、その他の個数であってもよい。
本発明の遊技機用制御装置及び遊技機は、パチンコ機に限られず、パチコン機、パチスロ機等の各種遊技機に適用可能である。
パチンコ機1の正面図である。 図柄表示装置8の正面図である。 第一始動口30に遊技球が入賞した場合における各電動役物の基本動作を示すタイミングチャートである。 パチンコ機1の電気的回路構成を示すブロック図である。 ROM53の記憶エリアを示す概念図である。 RAM52の記憶エリアを示す概念図である。 RAM52の当たり関係情報記憶エリア5203を示す概念図である。 第一大当たり遊技が行われている最中に、第四始動口31に遊技球が入賞し第四大当たり遊技が開始された場合のタイミングチャートである。 第一大当たり遊技が実施されている場合において第一始動口30及び第四始動口31に遊技球が入賞したことにより第四大当たり遊技が開始する場合のタイミングチャートである。 メイン処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第一普通電動役物処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第一普通図柄処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第四普通電動役物処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第四普通図柄処理のフローチャートである。 メイン処理において実施されるLED141制御処理のフローチャートである。 メイン処理において実施されるメインスピーカ制御処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第一スピーカ制御処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第四スピーカ制御処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第二普通電動役物処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第二普通図柄処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第三普通電動役物処理のフローチャートである。 メイン処理において実施される第三普通図柄処理のフローチャートである。
符号の説明
1 パチンコ機
8 図柄表示画面
28 図柄表示装置
11 第一普通図柄表示部
12 第二普通図柄表示部
13 第三普通図柄表示部
14 第四普通図柄表示部
30 第一始動口
31 第四始動口
32 第一普通電動役物
33 第二普通電動役物
34 第三普通電動役物
35 第四普通電動役物
65 メインスピーカ
66 第一スピーカ
67 第四スピーカ
70 第一普通電動役物開放ソレノイド
71 第二普通電動役物開放ソレノイド
72 第三普通電動役物開放ソレノイド
73 第一始動口スイッチ
74 第二始動口スイッチ
75 第一普通電動役物スイッチ
76 第二普通電動役物スイッチ
77 第三普通電動役物スイッチ
78 第四普通電動役物開放ソレノイド
79 第四普通電動役物スイッチ

Claims (4)

  1. 遊技盤上に設けられた入賞口への遊技球の入賞を検出する遊技球検出手段と、
    前記遊技球検出手段により遊技球が検出されたことを契機として乱数値を取得する乱数取得手段と、
    前記乱数取得手段により取得された乱数値に基づいて大当たりであるか否かを判定する大当たり判定手段と、
    前記大当たり判定手段による大当たりの判定結果を遊技者に報知する報知手段と、
    前記報知手段に連動して音声を出力する音声出力手段と、
    前記大当たり判定手段により大当たりと判定された場合に、前記遊技盤上に設けられた所定の入賞口に前記遊技球を入賞可能な状態とする大当たり遊技を所定時間実施する大当たり遊技制御手段とを備えた遊技機であって、
    前記音声出力手段は、
    前記大当たり遊技の実行中に、前記大当たり判定手段により大当たりと判断された場合に、以降の出力音量を小さくすることを特徴とする遊技機。
  2. 前記大当たり遊技の実行中に、前記大当たり判定手段により大当たりと判定され、前記報知手段により、実行中の当該大当たり遊技の終了後に連続して新たな大当たり遊技が開始する旨の報知がなされる場合において、
    前記音声出力手段は、
    前記報知手段により連続して新たな大当たりが発生する旨の報知がなされる期間、当該報知に連動する音声の出力音量を小さくすることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  3. 前記大当たり遊技の実行中に、前記大当たり判定手段により大当たりと判定された場合であって、実行中の当該大当たり遊技の終了時から新たな前記大当たり遊技が開始するまでの期間に、前記遊技球検出手段により前記遊技球が検出され、前記大当たり判定手段により判定が行われる場合において、
    前記音声出力手段は、
    前記大当たり判定手段による判定結果を報知する前記報知手段に連動する音声の出力音量を小さくすることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  4. 前記大当たり遊技の実施中に、前記遊技球検出手段により前記遊技球が検出され、前記大当たり判定手段により判定が行われる場合において、
    前記音声出力手段は、
    前記大当たり判定手段による判定結果を報知する前記報知手段に連動する音声を出力しないことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
JP2007199430A 2007-07-31 2007-07-31 遊技機 Active JP5044845B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007199430A JP5044845B2 (ja) 2007-07-31 2007-07-31 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007199430A JP5044845B2 (ja) 2007-07-31 2007-07-31 遊技機

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012129927A Division JP5435674B2 (ja) 2012-06-07 2012-06-07 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009034199A true JP2009034199A (ja) 2009-02-19
JP5044845B2 JP5044845B2 (ja) 2012-10-10

Family

ID=40436701

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007199430A Active JP5044845B2 (ja) 2007-07-31 2007-07-31 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5044845B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013146398A (ja) * 2012-01-19 2013-08-01 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2016064059A (ja) * 2014-09-25 2016-04-28 株式会社三共 遊技機
JP2018015127A (ja) * 2016-07-26 2018-02-01 株式会社三共 遊技機
JP2018042870A (ja) * 2016-09-16 2018-03-22 株式会社三共 遊技機
JP2019063627A (ja) * 2019-02-01 2019-04-25 株式会社三共 遊技機

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6821185B2 (ja) * 2017-03-13 2021-01-27 豊丸産業株式会社 遊技機

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06182051A (ja) * 1992-12-16 1994-07-05 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2002000878A (ja) * 2000-06-21 2002-01-08 Daiman:Kk 遊技機
JP2002200272A (ja) * 2000-12-28 2002-07-16 Sankyo Kk 遊技機
JP2002355359A (ja) * 2001-03-30 2002-12-10 Olympia:Kk 遊技機
JP2006296887A (ja) * 2005-04-22 2006-11-02 Samii Kk 弾球遊技機
JP2007130189A (ja) * 2005-11-09 2007-05-31 Sankyo Kk 遊技機

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06182051A (ja) * 1992-12-16 1994-07-05 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2002000878A (ja) * 2000-06-21 2002-01-08 Daiman:Kk 遊技機
JP2002200272A (ja) * 2000-12-28 2002-07-16 Sankyo Kk 遊技機
JP2002355359A (ja) * 2001-03-30 2002-12-10 Olympia:Kk 遊技機
JP2006296887A (ja) * 2005-04-22 2006-11-02 Samii Kk 弾球遊技機
JP2007130189A (ja) * 2005-11-09 2007-05-31 Sankyo Kk 遊技機

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013146398A (ja) * 2012-01-19 2013-08-01 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2016064059A (ja) * 2014-09-25 2016-04-28 株式会社三共 遊技機
JP2018015127A (ja) * 2016-07-26 2018-02-01 株式会社三共 遊技機
JP2018042870A (ja) * 2016-09-16 2018-03-22 株式会社三共 遊技機
JP2019063627A (ja) * 2019-02-01 2019-04-25 株式会社三共 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP5044845B2 (ja) 2012-10-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2008036292A (ja) 遊技機
JP5044845B2 (ja) 遊技機
JP2017148297A (ja) 遊技機
JP2009219594A (ja) 遊技機
JP2017148296A (ja) 遊技機
JP2004242722A (ja) 遊技機
JP5152963B2 (ja) 遊技機
JP2007000440A (ja) 遊技機
JP5435674B2 (ja) 遊技機
JP2004243045A (ja) 遊技機
JP2010148572A (ja) 遊技機
JP2008055053A (ja) 遊技機
JP2009034198A (ja) 遊技機
JP2008055054A (ja) 遊技機
JP2008104736A (ja) 遊技機
JP5137060B2 (ja) 遊技機
JP5234565B2 (ja) 遊技機
JP5198926B2 (ja) 遊技機
JP2010051463A (ja) 遊技機
JP2009034205A (ja) 遊技機
JP2009106544A (ja) 遊技機
JP2009112392A (ja) 遊技機
JP2009285262A (ja) 遊技機
JP5046268B2 (ja) 遊技機
JP5475275B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100714

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120525

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120605

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120628

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150727

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250