JP2009034172A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2009034172A
JP2009034172A JP2007198958A JP2007198958A JP2009034172A JP 2009034172 A JP2009034172 A JP 2009034172A JP 2007198958 A JP2007198958 A JP 2007198958A JP 2007198958 A JP2007198958 A JP 2007198958A JP 2009034172 A JP2009034172 A JP 2009034172A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
movable
stop
symbol
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007198958A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuo Okada
和生 岡田
Original Assignee
Aruze Corp
アルゼ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Aruze Corp, アルゼ株式会社 filed Critical Aruze Corp
Priority to JP2007198958A priority Critical patent/JP2009034172A/ja
Publication of JP2009034172A publication Critical patent/JP2009034172A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】遊技者が操作ボタン80を操作する前後で可動体を可動させ遊技者に対して大きなインパクトを与える。
【解決手段】スロットゲームが行われ、遊技者による操作ボタン80が押される前に、可動体600,601,602が所定の動作を行なう。そして、遊技者による操作ボタン80が押された後に、回転リールが停止すると共に、可動体600,601,602が別の動作を行なう。そして、遊技状態が確変状態であるか或いは通常状態であるかに応じると共に、操作ボタン80を押すタイミングに応じて、可動体600,601,602の可動態様を変更する。その結果、遊技者に対して、操作ボタン80を押すことによる関心を強く持たせることができる。
【選択図】 図23

Description

本発明は、遊技機に関し、特に、パチンコ遊技機に関する。
従来のパチンコ機では、始動口に遊技球が入球すると、大当たり抽選が行われ、この抽選結果に応じて、識別情報(特別図柄)の変動表示、及び停止表示が行われる。識別情報の停止表示に対しては、遊技者が関与することができないため、特定の識別情報で停止表示して大当たりとならない通常遊技が長時間継続して行われると、遊技者は徐々に遊技に対する意欲が低下していく。
遊技者の遊技に対する意欲の低下を防ぐために、変動表示されている識別情報に対して、遊技者が停止操作を行う構成とし、特定の識別情報が揃った場合に、有利な遊技状態とすることにより、遊技者による技術介入性を持たせ、遊技の単調さを解消する遊技機が提供されている(特許文献1)。
また、識別情報が表示されたタイミングと、停止操作手段(例えば、ストップボタン)が押されたタイミングとが一致したときに、リーチを発生させ、動体視力の優れた遊技者にとって、識別情報が停止表示された際の配列に対する期待をいち早く抱かせる遊技機が提供されている(特許文献2)。
このように、遊技者が変動する識別情報の動きに対して、停止操作手段を押すなどして技術的に関与させ、その結果に応じて利益を提供させることで、遊技に対する意欲を高めさせる遊技機が提案されている。
一方、従来、遊技者にインパクトを与え、娯楽性を向上させて、遊技に対する意欲を高めさせるために、可動自在に設けられた人形や模型などの可動体(可動役物)を遊技盤に配設している遊技機が提供されてきている。
例えば、リーチ演出の最終識別情報が停止表示する直前に、人形などの可動体が、識別情報が表示される図柄表示装置を叩くような動作をさせ、識別情報の表示と可動体との連動性を高め、魅力的に演出する遊技機が提供されてきている(特許文献3)。
特開2004−81556号公報 特開2004−208879号公報 特開2006−288694号公報
しかしながら、このような遊技機において、識別情報の表示と可動体との連動は、遊技機側で予め決められた内容に沿って行われるものであり、その連動に対して遊技者は関与することができない。
そこで、遊技者が変動する識別情報の表示に対して、技術的に関与させ、更に、その技術的関与に対して、遊技者に大きなインパクトを与えることで、遊技に対する意欲をより高めさせることが可能な遊技機を提供することが望まれる。
本発明は、このような従来の課題を解決するためになされたものであり、その目的とするところは、遊技者の識別情報に対する停止操作による技術的関与に対して、遊技者に大きなインパクトを与えることによって、遊技に対する意欲をより高めさせることが可能な遊技機を提供することにある。
上記目的を達成するため、本願請求項1に記載の発明は、遊技球が転動する遊技領域を有する遊技盤と、前記遊技盤に可動自在に設けられた可動体と、所定の条件を満たしたときに、識別情報の変動表示及び停止表示が行われる表示手段と、前記表示手段に変動表示された識別情報を、遊技者による停止操作によって停止表示させる停止操作手段と、遊技者による前記停止操作手段の停止操作のタイミングに応じて、前記表示手段において変動表示された識別情報を所定の態様で停止表示させるスロットゲームを実行するスロットゲーム実行制御手段と、遊技の実行に関する現在の状況である遊技状態に応じて、前記停止操作手段の停止操作の前後に前記可動体を可動させる制御を行う可動体制御手段を備えたことを特徴とする。
請求項1の発明では、現在の遊技状態に応じて、停止操作手段を操作する前と後に可動体が可動する。従って、現在の遊技状態を知ろうとする遊技者に対して、停止操作ボタンを操作することによる可動体の動作に関心を持たせることができ、この可動体の動作によって遊技者に大きなインパクトを与え、遊技に対する意欲を高めさせることができる。
請求項2に記載の発明は、前記可動体制御手段は、前記停止操作手段の停止操作の前後において、それぞれ前記可動体の可動を制御することを特徴とする。
請求項2の発明では、停止操作の前後において、それぞれ可動体の可動を制御するので、現在の遊技状態に応じて停止操作の前と後とで可動体の動作が変化するように制御すれば、多種多様の可動体の動作変化を提供することができる。これにより、現在の遊技状態を知ろうとする遊技者に対して、可動体の動作に対してより関心を持たせることができ、遊技に対する意欲を高めさせることができる。
請求項3に記載の発明は、前記可動体制御手段は、前記停止操作手段の停止操作のタイミングに応じた態様で、前記可動体の可動を制御することを特徴とする。
請求項3の発明では、停止操作手段による停止操作のタイミングに応じて、可動体の動作が変化するので、現在の遊技状態を知ろうとする遊技者に対して、最適なタイミングで停止操作手段を操作させようとする意欲を持たせることができ、遊技者に大きなインパクトを与え、遊技に対する意欲を高めさせることができる。
請求項4に記載の発明は、前記可動体制御手段は、前記停止操作手段が、予め設定された所定のタイミングで停止操作されなかった場合には、前記停止操作手段が停止操作された後の、前記可動体の可動時間が短くなるように設定することを特徴とする。
請求項4の発明では、停止操作手段による停止操作のタイミングが、所定のタイミングとならなかった場合には、可動体の可動時間が短くなるように制御される。従って、遊技者にとって、所定のタイミングで停止操作手段が操作されない場合には、現在の遊技状態を認識し難くなる。このため、現在の遊技状態を知ろうとする遊技者に対して、所定のタイミングで停止操作手段を操作させようとする意欲を持たせることができ、遊技者に大きなインパクトを与え、遊技に対する意欲を高めさせることができる。
本発明に係る遊技機では、現在の遊技状態に応じて、停止操作手段を操作する前と後に可動体が可動するので、現在の遊技状態を知ろうとする遊技者に対して、停止操作ボタンを操作することによる可動体の動作に関心を持たせることができ、この可動体に動作によって遊技者に大きなインパクトを与え、遊技に対する意欲を高めさせることができる。
以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。
[第1実施形態の遊技機の構成]
第1実施形態における遊技機の概観について図1〜図4を用いて説明する。なお、以下において説明する実施形態においては、本発明に係る遊技機に好適な実施形態として本発明を「デジパチ」とも称されるパチンコ遊技機に適用した場合を示す。
パチンコ遊技機10には、図1、図2に示すように、遊技盤14が装着される本体枠12がヒンジを介して島設備に固定される木製のベース枠18に回動可能に取り付けられている。即ち、本体枠12は、本体枠12の一方端を回動支点として支持されてそのベース枠18に開閉自在に装着される。これら本体枠12、及びベース枠18で遊技機本体が構成されている。本体枠12における開口12aの内部には各種の部品が配設され、本体枠12には前方に開閉自在に扉11が軸着されている。この扉11は、図2に示すように、本体枠12を前面から閉鎖するためのものであり、通常閉鎖した状態で遊技が行われる。また、本体枠12の前面には、上皿20、下皿22、発射ハンドル26などが配設されている。
本体枠12の開口12a内部には、回転リール装置500、遊技盤14、スペーサ31などが配設されている。また、遊技盤14の前面の、遊技球が通過する領域と干渉しない前面側には3つの可動体600,601,602が設けられている。そして、これらの各可動体600,601,602は、後述する条件に応じてその一部が可動するようになっている。
また、遊技盤14の裏面側には、スペーサ31が設けられている。更に、遊技盤14の前面側には、遊技の進行に関する各種の画像を表示するための透明性を有する液晶表示装置32が設けられている。なお、図2における遊技盤14、回転リール装置500、可動体600,601,602、液晶表示装置32以外の各種の部品(図示せず)については、理解を容易にするために説明を省略する。
遊技盤14は、その全部が透過性を有する板形状の樹脂(透過性を有する部材)によって形成されている。この透過性を有する部材としては、例えば、アクリル樹脂、ポリカーボネート樹脂、メタクリル樹脂など各種の材質が該当する。また、遊技盤14は、その前面側に、発射された遊技球が転動可能な遊技領域15を有している。この遊技領域15は、ガイドレール30(具体的には後述の図4に示す外レール30a)に囲まれ、遊技球が転動可能な領域である。また、遊技盤14における遊技領域15には、複数の遊技釘13(図2参照)が打ちこまれている。このように、遊技盤14は、透過性領域を有する遊技盤の一例である。
更に、遊技盤14の略中央部の裏面側のスペーサ31には、矩形状の開口部が形成されている。そして、この開口部の裏面側に回転リール装置500が設けられている。従って、遊技者は遊技盤14の裏面側に設けられる回転リール装置500の周囲に付された識別情報を、パチンコ遊技機10の前面側から視認することができる。
液晶表示装置32は、平板状の液晶層を透明電極及び透過性を有する保護板によって挟み込んだ構造であり、非通電領域においては透過性を有するように液晶素子が向いており、通電領域においては液晶素子の向きが変更して、画像表示がなされる一枚の平板状の液晶パネルである。即ち、液晶表示装置32は、画像表示が行われている領域以外の領域は透過性を有するようになり、後方の部材が視認可能となる。
また、液晶表示装置32は、遊技に関する画像の表示を可能とする表示領域32aを有している。この表示領域32aは、遊技盤14の全部または一部に、前面側から重なるように配設される。言い換えると、この表示領域32aは、少なくとも、遊技盤14における遊技領域15の全部または一部と重なるように遊技盤14の前方に配設される。具体的には、液晶表示装置32は、その表示領域32aが遊技領域15の全部または一部と、遊技領域外域16の全部または一部とに重なるように遊技盤14の前方に配設される。この液晶表示装置32における表示領域32aには、演出用の演出画像、装飾用の装飾画像など、各種の画像が表示される。このため、遊技盤14を正面(前面)視した場合、液晶表示装置32の透過性により、遊技盤14の遊技部材が視認可能となり、しかも、遊技盤14の裏面側に設けられた回転リール装置500が視認可能となる。
スペーサ31は、遊技盤14の後方(裏面側)に配設され、遊技球の流路となる空間を構成している。
扉11には、透過性を有する保護板19が配設されており、更に、この保護板19に対面させて液晶表示装置32が配設されている。このため、保護板19及び液晶表示装置32は、扉11が閉鎖された状態で遊技盤14に対面する。
発射ハンドル26は本体枠12に対して左側下方に回動自在に設けられている。また、発射ハンドル26の裏側には、駆動装置である発射ソレノイド(図示せず)が設けられている。更に、発射ハンドル26の周縁部には、タッチセンサ(図示せず)が設けられている。このタッチセンサが遊技者により触接されたときには、遊技者により発射ハンドル26が握持されたと検知される。発射ハンドル26が遊技者の左手によって握持され、且つ、反時計回り方向へ所定角度以上回動操作されたときには、発射ソレノイド(図示せず)に電力が供給され、上皿20に貯留された遊技球が遊技盤14に順次発射され、遊技が進められる。これらの発射ハンドル26、発射ソレノイド(図示せず)、タッチセンサ(図示せず)などから構成される発射装置130(図7参照)が遊技盤14に対して左側下方に設置されている。
また、下皿22の右側には、喫煙しながら遊技を行う遊技者の便宜を図る灰皿28が設けられている。このように、第1実施形態のパチンコ遊技機10は、従来の多くのパチンコ遊技機とは異なり、発射ハンドル26が向かって左側に、灰皿28が向かって右側に、つまり左右が反対に設けられている。また、本体枠12における発射ハンドル26の近傍には、発射パワー増加ボタン82(図4参照)と、発射パワー減少ボタン84(図4参照)が設けられており、例えば、遊技者の左手人差し指による発射パワー増加ボタン82の押下によって、発射される遊技球の勢いが強くなり、発射パワー減少ボタン84の押下によって、発射される遊技球の勢いが弱くなる。即ち、発射パワー増加ボタン82(図4参照)、及び発射パワー減少ボタン84の操作により、発射される遊技球の勢いが調節される。
また、上皿20の前面には、遊技者による操作が可能な操作ボタン80が備えられている。この操作ボタン80は、左操作ボタン80a、中操作ボタン80b、及び右操作ボタン80cの3つからなり、相互に水平方向に並設されている。この操作ボタン80は、回転リール装置500による変動表示を停止させることに用いられる。このように、操作ボタン80は、表示手段に変動表示された識別情報を、遊技者の変動停止操作によって停止表示させる停止操作手段の一例である。
遊技盤14の前面側の上方には、3個の可動体600,601,602が設けられており、各可動体600,601,602は、遊技の進行に応じてその一部が可動する。詳細な可動の態様については後述する。
図3に示されるように、各可動体600,601,602は、遊技盤14の透過性領域を介して、パチンコ遊技機10の前方側から視認可能である。このように、可動体600,601,602は、遊技盤に可動自在に設けられた可動体の一例である。
また、遊技盤14の左下方には、特別図柄表示器35、普通図柄表示器33、特別図柄保留ランプ34a〜34d、普通図柄保留ランプ50a〜50d、ラウンド数表示器51a〜51dが設けられている。
特別図柄表示器35は、複数の7セグメントLEDで構成されている。この7セグメントLEDは、所定の特別図柄の変動表示開始条件の成立により、点灯・消灯を繰り返す。7セグメントLEDの点灯・消灯によって、“0”から“9”までの10個の数字図柄が、特別図柄(第1識別情報ともいう)として変動表示される。この特別図柄として、特定の数字図柄(例えば、“21”、“50”、又は“64”などの数字図柄)が停止表示された場合は、通常遊技から遊技者に有利な状態である大当たり遊技に遊技状態が移行する。この大当たり遊技となった場合には、シャッタ40が開放状態に制御され、大入賞口39に遊技球を受け入れ可能な状態となる。一方、特別図柄として、特定の数字図柄以外の数字図柄が停止表示された場合は、通常遊技状態が維持される。以上のように、特別図柄が変動表示された後、停止表示され、その結果によって遊技状態が移行又は維持されるゲームを「特別図柄ゲーム」という。
特別図柄表示器35の下方には、普通図柄表示器33が設けられている。普通図柄表示器33は、例えば、赤色LEDと緑色LEDの二つの表示用ランプで構成されており、これら表示用ランプが交互に点灯・消灯を繰り返し、普通図柄として変動表示される。
普通図柄表示器33の下方には、特別図柄保留ランプ34a〜34dが設けられている。この特別図柄保留ランプ34a〜34dは、点灯又は消灯によって保留されている特別図柄の変動表示の実行回数(いわゆる、「保留個数」、「特別図柄に関する保留個数」)を表示する。例えば、特別図柄の変動表示の実行が1回分保留されている場合には、特別図柄保留ランプ34aが点灯する。
普通図柄表示器33の下方には、普通図柄保留ランプ50a〜50dが設けられている。この普通図柄保留ランプ50a〜50dは、点灯または消灯によって保留されている普通図柄の変動表示の実行回数(いわゆる、「保留個数」、「普通図柄に関する保留個数」)を表示する。特別図柄と同様に、普通図柄の変動表示の実行が1回分保留されている場合には、普通図柄保留ランプ50aが点灯する。
特別図柄表示器35の右側には、ラウンド数表示器51a〜51dが設けられている。このラウンド数表示器51a〜51dは、大当たり遊技の実行中において最大ラウンド数を表示する。なお、このラウンド数表示器51a〜51dは、4つのドットLEDから構成されており、ドットLED毎に点灯と消灯の2つのパターンがあるので、少なくとも16パターンの表示が可能である(2の4乗パターン)。なお、ラウンド数表示器51は、複数の7セグメントLED、液晶表示部、透過性を有する液晶表示部などから構成される場合もある。
また、遊技盤14の前方(前面側)に配設されている回転リール装置500では、特別図柄表示器35において表示される特別図柄と関連する演出画像が表示される。
例えば、特別図柄表示器35で表示される特別図柄の変動表示中においては、回転リール装置500において、数字や記号などからなる識別図柄が変動表示される。また、特別図柄表示器35において変動表示されていた特別図柄が停止表示されるとともに、回転リール装置500でも演出用としての識別図柄が停止表示される。このように、回転リール装置500は、所定の条件を満たしたときに、識別情報の変動表示および停止表示が行われる表示手段の一例である。
また、特別図柄表示器35において特別図柄として特定の数字図柄が停止表示された場合には、大当たりであることを遊技者に把握させる演出画像が液晶表示装置32の表示領域32aにおいて表示される。具体的には、特別図柄表示器35において特別図柄として特定の数字図柄が停止表示された場合には、回転リール装置500において表示される演出用の識別情報の組み合せが特定の表示態様(例えば、複数の図柄列において全て同じ図柄が揃った状態で停止表示される態様)となり、更に、液晶表示装置32の表示領域32aにおいて、「大当たり!!」などの文字画像とともに、喜んでいるキャラクタ画像が表示される。
図3に示すように、二つのガイドレール30(30a及び30b)、通過ゲート54、障害物57、始動口25、シャッタ40、大入賞口39、普通電動役物48、一般入賞口56a、56b、56c、56dなどの遊技部材が遊技盤14の遊技領域上に設けられている。
遊技盤14の上部には障害物57が設けられている。遊技盤14の左側に設けられているガイドレール30は、遊技領域15を区画(画定)する外レール30aと、その外レール30aの内側に配設された内レール30bとから構成される。発射された遊技球は、遊技盤14上に設けられたガイドレール30に案内されて、遊技盤14の上部に移動し、前述した複数の遊技釘13、遊技盤14上に設けられた障害物57などとの衝突により、その進行方向を変えながら遊技盤14の下方に向かって流下する。
遊技盤14の略中央の左側には、始動口25があり、始動口25には、普通電動役物(略して、普通電役と称する場合もある)が設けられている。この普通電動役物48は、一対の対向する羽根部材と、この羽根部材を開閉させる普通電動役物ソレノイド118(図7参照)とを備えている。羽根部材が閉鎖状態の場合には、羽根部材の上方からのみ始動口25への入球が可能となり、開放状態の場合には、羽根部材の上方および左右から始動口25への入球が可能となり、始動口25に遊技球が入りやすくなるようになる。普通電動役物ソレノイド118(図7参照)は、詳細は後述するが、メインCPU66によって駆動制御される。
前述した始動口25内には入賞領域が設けられている。この入賞領域には始動入賞球センサ116(図7参照)を備える。遊技球などの遊技媒体が、始動入賞球センサ116で検出された場合、遊技球が入賞したと判定される。遊技球が入賞した場合には、特別図柄表示器35による特別図柄の変動表示が開始される。また、特別図柄の変動表示中に遊技球が入賞した場合には、変動表示中の特別図柄が停止表示されるまで、始動口25への遊技球の入賞に基づく特別図柄の変動表示の実行(開始)が保留される。その後、変動表示していた特別図柄が停止表示された場合には、保留されていた特別図柄の変動表示が開始される。なお、特別図柄の変動表示の実行が保留される回数には上限が設定されており、例えば、4回を上限として特別図柄の変動表示が保留される。
また、その他の(所定の特別図柄の変動表示開始)条件としては、特別図柄が停止表示されていることである。つまり、所定の特別図柄の変動表示開始条件が成立する毎に特別図柄の変動表示が開始される。
遊技盤14の略中央の左側の始動口25の上方には通過ゲート54が設けられている。この通過ゲート54には、通過球センサ114(図7参照)が設けられている。通過球センサ114は、遊技球が通過ゲート54を通過したことを検出する。そして、通過球センサ114によって遊技球の通過が検出されたときには、普通図柄表示器33において普通図柄の変動表示が開始され、所定の時間が経過した後、普通図柄の変動表示が停止する。前述したように、この普通図柄は、赤色LEDや緑色LEDの発光表示である。
この普通図柄が所定の発光表示、例えば赤色LEDとして停止表示されたときには、始動口25に設けられている普通電動役物48の羽根部材が閉鎖状態から開放状態となり、始動口25に遊技球が入りやすくなるようになる。また、羽根部材を開放状態とした後、所定の時間が経過したときには、羽根部材を閉鎖状態として、始動口25に遊技球が入りにくくなるようにする。以上のように、普通図柄が変動表示された後、停止表示され、その結果によって羽根部材の開放・閉鎖状態が異なってくるゲームを「普通図柄ゲーム」という。
また、特別図柄の変動表示と同じように、普通図柄の変動表示中において通過ゲート54を遊技球が通過した場合には、変動表示中の普通図柄が停止表示されるまで、当該通過ゲート54への遊技球の通過に基づく普通図柄の変動表示の実行(開始)が保留される。その後、変動表示していた普通図柄が停止表示された場合には、保留されていた普通図柄の変動表示が開始される。
大入賞口39には、その前面側(前方)に開閉自在なシャッタ40が設けられている。このシャッタ40は、特別図柄表示器35において特別図柄として特定の数字図柄が停止表示され、遊技状態が大当たり遊技状態に移行された場合は、遊技球を受け入れやすい開放状態となるように駆動される。その結果、大入賞口39は、遊技球を受け入れやすい開放状態となる。
一方、シャッタ40の背面側(後方)に設けられた大入賞口39には、カウントセンサ104(図7参照)を有する一般領域(図示せず)があり、一般領域を遊技球が所定個数(例えば10個)通過するか、或いは、所定時間(例えば30秒)が経過するまでシャッタ40が開放状態に駆動される。そして、開放状態において大入賞口39への所定数の遊技球の入賞または所定時間の経過のいずれかの条件が成立すると、シャッタ40は、遊技球を受け入れ難い閉鎖状態になるように駆動される。その結果、大入賞口39は、遊技球を受け入れ難い閉鎖状態となる。なお、大入賞口39が遊技球を受け入れやすい状態となっている開放状態から大入賞口39が遊技球を受け入れ難い状態となっている閉鎖状態までの遊技をラウンドゲームという。従って、シャッタ40は、ラウンドゲーム時に開放し、各ラウンドゲーム間では閉鎖することになる。また、ラウンドゲームは、“1”ラウンド、“2”ラウンドなどのラウンド数として計数される。例えば、ラウンドゲームの1回目を第1ラウンド、2回目を第2ラウンドと呼称する場合がある。
続いて、開放状態から閉鎖状態に駆動されたシャッタ40は、所定のインターバル時間の経過後、再度開放状態に駆動される。つまり、ラウンドゲームの終了後、所定のインターバル時間が経過すると、次のラウンドゲームへ継続して進むことができる。なお、第1ラウンドのラウンドゲームから、次のラウンドゲームに継続して進むことができない(最終の)ラウンドゲームが終了するまでの遊技を大当たり遊技という。
大当たり遊技の実行中において、最初のラウンド数から最後のラウンドゲームまでのラウンド数(最大継続ラウンド数)は、停止表示された特別図柄によって異なる。例えば、第1実施形態において、特別図柄表示器35に停止表示される数字図柄が64の場合は、最大継続ラウンド数は15ラウンドであり、特別図柄表示器35に停止表示される数字図柄が21の場合は、最大継続ラウンド数は15ラウンドであり、特別図柄表示器35に停止表示される数字図柄が50の場合は、最大継続ラウンド数は2ラウンドとなる。なお、最大継続ラウンド数は2ラウンド又は15ラウンドに限定されない。例えば、最大継続ラウンド数は、ラウンド数抽選手段(メインCPU66を含む主制御回路60(図7参照))による抽選により、“1”ラウンドから“15”ラウンドまでの間から選択されるようにしてもよい。
また、前述した一般入賞口56a〜56d、大入賞口39における一般領域に遊技球が入賞又は通過したときには、予め設定されている数の遊技球が上皿20又は下皿22(図2参照)に払い出される。
また、前述した始動口25において入賞と判定されたときには、予め設定されている数の遊技球が上皿20又は下皿22(図2参照)に払い出される。このように、遊技盤14は、遊技球が転動する遊技領域を有する遊技盤の一例である。
なお、遊技盤14が透明である第1実施形態では、該遊技盤14の前面側に設けられる液晶表示装置32の表示領域32aが遊技盤14を通して視認可能に配置されている。また、液晶表示装置32に代えて、例えばプラズマティスプレイなどを用いることもできる。
[回転リール装置の構成および配置]
図5は回転リール装置の概略構成を示す説明図であり、図5(a)は斜視図、図5(b)は側面図である。回転リール装置500は、複数種類の識別図柄からなる識別情報が配列された3個の回転リール510a、510b、510cと、各回転リール510a、510b、510cを回転可能に並列させて軸支する回転軸520と、各回転リール510a,510b,510cを回転駆動させるステッピングモータからなる駆動モータ540a,540b,540cとを備えている。
駆動モータ540a、540b、540cには、筒状の中心軸と、この中心軸に対して周方向に回転する回転子が備えられており、筒状の中心軸を介して駆動モータ540a、540b、540cが回転軸520に固定される。また、回転子が回転リール510a、510b、510cに連結される。このため、駆動モータ540a、540b、540cに電力が供給されることにより、回転子が回転駆動され、回転リール510a、510b、510cが回転するようになる。
回転リール510a、510b、510cの円筒体の側面には、識別情報として複数の識別図柄が記載されている。識別情報は、7、BAR、スイカ、ベル、チェリー、プラム等の複数の識別図柄から構成されている。
図6は回転リール装置の配置を示す説明図であり、回転リール装置500の表示態様の一部が、遊技盤14の略中央部に形成された表示部14aに対向している。従って、この表示部14aを介して、回転リール装置500の表示態様が視認可能になる。
表示部14a領域には、1つの回転リールにつき、連続した3つの識別図柄が対向するように配置されているため、遊技者には3×3のマトリクス状に識別図柄が配置されるように視認される。また、駆動モータ540a、540b、540cをそれぞれ独立して回転制御することにより、回転リール510a、510b、510cが上から下に向かって回転する。更に駆動モータ540a、540b、540cを停止制御することにより、回転リール510a、510b、510の識別図柄の組み合せが表示される。即ち、識別図柄は横方向に並ぶように配置された左図柄、中図柄、右図柄の3列の図柄からなり、それぞれ上から下に向かって回転するように変動表示され、3×3のマトリクス状に識別図柄が配置されるように停止表示される。なお、説明の便宜上、回転リール510aの識別図柄を左図柄、左図柄の図柄列を左列、回転リール510bの識別図柄を中図柄、中図柄の図柄列を中列、回転リール510cの識別図柄の配列を右図柄、右図柄の図柄列を右列と称する。
操作ボタン80における左操作ボタン80a(図4参照)が左図柄(左列)、中操作ボタン80bが中図柄(中列)、右操作ボタン80cが右図柄(右列)にそれぞれ対応し、後述するスロットゲームが実行されている際に、例えば、左図柄が変動中に左操作ボタン80a(図4参照)が押下されると駆動モータ540aが停止して左図柄が停止表示される。他の図柄についても同様である。
これら左操作ボタン80a、中操作ボタン80b及び右操作ボタン80cは、後述するサブCPU206に電気的に接続されている。そして、左操作ボタン80aが押下されると左図柄停止信号が、中操作ボタン80bが押下されると中図柄停止信号が、右操作ボタン80cが押下されると右図柄停止信号がそれぞれサブCPU206に入力されるようになっている。
なお、左図柄停止信号とは、回転リール装置500にて可変表示中の識別図柄の図柄列のうち、左図柄を停止表示させるための信号である。本実施形態において、この信号を受信したサブCPU206(図7参照)により、回転リール装置500にて変動表示中の図柄列のうち、左図柄を停止表示させるための制御が行われる。つまり、左操作ボタン80aは左図柄と対応しており、左操作ボタン80aか押下されると左図柄が停止表示されるようになっている。
また、中図柄停止信号とは、回転リール装置500にて可変表示中の識別図柄の図柄列のうち、中図柄を停止表示させるための信号である。本実施形態において、この信号を受信したサブCPU206(図7参照)により、回転リール装置500にて変動表示中の図柄列のうち、中図柄を停止表示させるための制御が行われる。つまり、中操作ボタン80bは中図柄と対応しており、中操作ボタン80bが押下されると中図柄が停止表示されるようになっている。
また、右図柄停止信号とは、回転リール装置500にて可変表示中の識別図柄の図柄列のうち、右図柄を停止表示させるための信号である。本実施形態において、この信号を受信したサブCPU206(図7参照)により、回転リール装置500にて変動表示中の図柄列のうち、右図柄を停止表示させるための制御が行われる。つまり、右操作ボタン80cは右図柄と対応しており、右操作ボタン80cが押下されると右図柄が停止表示されるようになっている。
即ち、左操作ボタン80a、中操作ボタン80b及び右操作ボタン80cは、変動表示される識別図柄(つまり、左図柄、中図柄及び右図柄)をそれぞれ停止させる機能を有している。このように、操作ボタン80は、表示手段(回転リール装置500)に変動表示された識別情報(7、BAR、スイカ、ベル、チェリー等)を、遊技者の変動停止操作によって停止表示させる停止操作手段の一例である。
前述のように、発射ハンドル26が向かって左側に設けられていることから、本実施形態のパチンコ遊技機10では、左手で発射ハンドル26の操作を行いながら、右手は上皿20の手前の縁に載置しておき、所望のタイミングで左操作ボタン80a、中操作ボタン80b及び右操作ボタン80cを押下することにより変動中の識別図柄の停止操作を行う。
[遊技機の電気的構成]
第1実施形態におけるパチンコ遊技機10の制御回路について図7を用いて説明する。図7は、第1実施形態におけるパチンコ遊技機10の制御回路を示すブロック図である。
図7に示すように、主制御回路60は、メインCPU66と、メインROM(読み出し専用メモリ)68と、メインRAM(読み書き可能メモリ)70と、を備えている。この主制御回路60は、遊技の進行を制御する。
メインCPU66には、メインROM68、メインRAM70などが接続されており、このメインROM68に記憶されたプログラムに従って、各種の処理を実行する機能を有する。
メインROM68には、メインCPU66によりパチンコ遊技機10の動作を制御するためのプログラムが記憶されており、その他には、乱数抽選によって大当たり判定をする際に参照される各種のテーブルも記憶されている。
メインRAM70は、メインCPU66の一時記憶領域として種々のフラグや変数の値を記憶する機能を有する。メインRAM70に記憶されるデータの具体例としては、以下のようなものがある。
メインRAM70には、制御状態フラグ、大当たり判定用乱数カウンタ、大当たり図柄決定用乱数カウンタ、はずれ図柄決定用乱数カウンタ、リーチパターン選択用乱数カウンタ、演出条件選択用乱数カウンタ、大入賞口開放回数カウンタ、大入賞口入賞カウンタ、待ち時間タイマ、大入賞口開放時間タイマ、特別図柄に関する保留個数を示すデータ、普通図柄に関する保留個数を示すデータ、後述する副制御回路200にコマンドを供給するためのデータ、変数などが位置付けられている。
制御状態フラグは、特別図柄ゲームや普通図柄ゲームの制御状態を示すものである。なお、以下の説明において、単に制御状態フラグと称する場合には特別図柄ゲームの制御状態を示すものとし、普通制御状態フラグと称する場合には普通図柄ゲームの制御状態を示すものとする。
大当たり判定用乱数カウンタは、特別図柄の大当たりを判定するためのものである。大当たり図柄決定用乱数カウンタは、特別図柄の大当たりを判定した場合に、停止表示される特別図柄を決定するためのものである。はずれ図柄決定用乱数カウンタは、大当たりではない場合に停止表示する特別図柄を決定するためのものである。リーチパターン選択用乱数カウンタは、リーチを行うか否かを決定するためのものである。演出条件選択用乱数カウンタは、演出用の変動パターンを決定するためのものである。これらのカウンタは、メインCPU66により順次“1”増加するように記憶更新されており、所定のタイミングで各カウンタから乱数値を抽出することにより、メインCPU66の各種の機能を実行することとなる。なお、第1実施形態においては、このような乱数カウンタを備え、プログラムに従って、メインCPU66が、乱数カウンタを“1”増加させるように記憶更新する構成としたが、これに限らず、別個に、乱数発生器のような装置を備えるように構成してもよい。
待ち時間タイマは、主制御回路60と副制御回路200とにおいて実行される処理の同期をとるためのものである。また、大入賞口開放時間タイマは、シャッタ40を駆動させ、大入賞口39を開放する時間を計測するためのものである。なお、第1実施形態におけるタイマは、メインRAM70において、所定の周期で、その所定の周期だけ減算されるように記憶更新されるが、これに限らず、CPUなど自体がタイマを備えていてもよい。
大入賞口開放回数カウンタは、大当たり遊技状態における大入賞口の開放回数(いわゆるラウンド数)を示すものである。また、大入賞口入賞カウンタは、1ラウンド中に大入賞口に入賞し、カウントセンサ104を通過した遊技球の数を示すものである。更に、特別図柄に関する保留個数を示すデータは、始動口25へ遊技球が入賞したが、特別図柄の変動表示が実行できないときに、特別図柄ゲームの開始を保留するが、その保留されている特別図柄ゲームの保留回数を示すものである。更に、普通図柄に関する保留個数を示すデータは、遊技球が通過ゲート54を通過したが、普通図柄の変動表示が実行できないときに、普通図柄ゲームの開始を保留するが、その保留されている普通図柄ゲームの保留回数を示すものである。
また、この主制御回路60は、所定の周波数のクロックパルスを生成するリセット用クロックパルス発生回路62、電源投入時においてシステムリセット信号を生成する初期リセット回路64、後述する副制御回路200に対してコマンドを供給するためのシリアル通信用IC72を備えている。また、これらのリセット用クロックパルス発生回路62、初期リセット回路64、シリアル通信用IC72は、メインCPU66に接続されている。なお、このリセット用クロックパルス発生回路62は、後述するシステムタイマ割込処理を実行するために、所定の周期(例えば2ミリ秒)毎にクロックパルスを発生する。
また、主制御回路60には、各種の装置が接続されており、例えば、図7に示すように、カウントセンサ104、一般入賞球センサ106、108、110、112、通過球センサ114、始動入賞球センサ116、普通電動役物ソレノイド118、大入賞口ソレノイド120、バックアップクリアスイッチ124が接続されている。
カウントセンサ104は、大入賞口39における一般領域に設けられている。このカウントセンサ104は、大入賞口39における一般領域を遊技球が通過した場合に、所定の検知信号を主制御回路60に供給する。
一般入賞球センサ106、108、110、112は、一般入賞口56a〜56dにそれぞれ設けられている。この一般入賞球センサ106、108、110、112は、各一般入賞口56a〜56dを遊技球が通過した場合に、所定の検知信号を主制御回路60に供給する。
通過球センサ114は、通過ゲート54にそれぞれ設けられている。この通過球センサ114は、通過ゲート54をそれぞれ遊技球が通過した場合に、所定の検知信号を主制御回路60に供給する。
普通電動役物ソレノイド118は、リンク部材(図示せず)を介して始動口25に設けられる普通電動役物48の羽根部材に接続されており、メインCPU66から供給される駆動信号に応じて、羽根部材を開放状態又は閉鎖状態とする。
大入賞口ソレノイド120は、図4に示すシャッタ40に接続されており、メインCPU66から供給される駆動信号に応じて、シャッタ40を駆動させ、大入賞口39を開放状態又は閉鎖状態とする。
バックアップクリアスイッチ124は、パチンコ遊技機10に内蔵されており、電断時などにおけるバックアップデータを遊技場の管理者の操作に応じてクリアする機能を有する。
また、主制御回路60には、払出・発射制御回路126が接続されている。この払出・発射制御回路126には、遊技球の払出を行う払出装置128、遊技球の発射を行う発射装置130、カードに記憶された情報を読み取るカードユニット150が接続されている。
この払出・発射制御回路126は、主制御回路60から供給される賞球制御コマンド、カードユニット150から供給される貸し球制御信号を受け取り、払出装置128に対して所定の信号を送信することにより、払出装置128に遊技球を払い出させる。また、払出・発射制御回路126は、発射装置130に対して発射信号を供給することにより、遊技球を発射させる制御を行う。
また、発射装置130には、前述した発射ハンドル26、発射パワー増加ボタン82、発射パワー減少ボタン84、発射ソレノイド(図示せず)、タッチセンサ(図示せず)などの遊技球を発射させるための装置が備えられている。発射ハンドル26が遊技者によって握持され、かつ、反時計回り方向へ回動操作されたときには、発射パワー増加ボタン82および発射パワー減少ボタン84によって調整した発射強度に基づいて発射ソレノイド(図示せず)に電力が供給され、上皿20に貯留された遊技球が発射ソレノイド(図示せず)により遊技盤14に順次発射される。
更に、主制御回路60には、ランプ74が接続されている。主制御回路60は、ランプ74に対してランプ(LED)制御信号を供給する。なお、ランプ74には、白熱電球、LEDなど、具体的には、特別図柄保留ランプ34a〜34d(図3参照)、普通図柄保留ランプ50a〜50d(図3参照)、特別図柄表示器35(7セグメントLED、図3参照)、普通図柄表示器33(表示用ランプ、図3参照)などが含まれる。
一方、シリアル通信用IC72には、副制御回路200が接続されている。この副制御回路200は、主制御回路60から供給される各種のコマンドに応じて、回転リール装置500における駆動制御、液晶表示装置32における表示制御、スピーカ46から発生させる音声に関する制御、ランプ132の制御などを行う。なお、ランプ132には、白熱電球、LEDなど、具体的には、遊技盤14上を明暗表示する装飾ランプ(図示せず)などが含まれる。
なお、第1実施形態においては、主制御回路60から副制御回路200に対してコマンドを供給するとともに、副制御回路200から主制御回路60に対して信号を供給できないように構成したが、これに限らず、副制御回路200から主制御回路60に対して信号を送信できるように構成しても問題ない。
副制御回路200は、サブCPU206、プログラムROM208、ワークRAM210、液晶表示装置32における表示制御を行うための表示制御手段としての表示制御回路250、スピーカ46から発生させる音声に関する制御を行う音声制御回路230、回転リール装置500、可動体600,601,602の制御、ランプ132や演出用の可動役物に関する制御を行う駆動回路240を備える。副制御回路200は、主制御回路60からの指令に応じて遊技の進行に応じた演出を実行する。
サブCPU206には、プログラムROM208、ワークRAM210などが接続されている。サブCPU206は、このプログラムROM208に記憶されたプログラムに従って、各種の処理を実行する機能を有する。特に、サブCPU206は、主制御回路60から供給される各種のコマンドに従って、副制御回路200の制御を行う。サブCPU206は、後述する各種の手段として機能することとなる。
具体的には、サブCPU206は、遊技者により各操作ボタン80a、80b、80cが操作された際に、回転リールの各識別情報を停止させるスロットゲームを実行するスロットゲーム実行手段としての機能を備える。更に、サブCPU206は、操作ボタン80a、80b、80cの操作の前後に、可動体600,601,602を可動さえる制御を行う可動体制御手段としての機能を備える。
プログラムROM208には、サブCPU206によりパチンコ遊技機10の遊技演出を制御するためのプログラムが記憶されている。
また、プログラムROM208には、複数種類の演出パターンが記憶されている。この演出パターンは、特別図柄の変動表示に関連して実行される演出表示の進行に関するものである。その他にも、プログラムROM208には、複数種類の大当たり遊技の実行中の演出パターンが記憶されている。この大当たり遊技の実行中の演出パターンは、大当たり遊技におけるラウンドゲームに関連して実行される演出表示の進行に関するものである。
なお、第1実施形態においては、プログラム、テーブルなどを記憶する記憶手段として、主制御回路60ではメインROM68を、副制御回路200ではプログラムROM208を用いるように構成したが、これに限らず、制御手段を備えたコンピュータにより読み取り可能な記憶媒体であれば別態様であってもよく、例えば、ハードディスク装置、CD−ROMおよびDVD−ROM、ROMカートリッジなどの記憶媒体に、プログラム、テーブルなどが記録されていてもよい。もちろん、プログラムROM208の代替としてメインROM68を用いてもよい。また、これらのプログラムは、予め記録されているものでなくとも、電源投入後にこれらのプログラムをダウンロードし、主制御回路60ではメインRAM70、副制御回路200ではワークRAM210などに記録されるものでもよい。更にまた、プログラムの各々が別々の記憶媒体に記録されていてもよい。
ワークRAM210は、サブCPU206の一時記憶領域として種々のフラグや変数の値を記憶する機能を有する。例えば、識別情報の停止表示態様を決定するための停止表示態様決定用乱数カウンタ、リーチ演出時間を制御するためのタイマ変数、停止ボタンの操作タイミングに応じた値を記憶する操作タイミング変数、演出パターンを選択するための演出表示選択用乱数カウンタなど、各種の変数などが位置付けられている。
なお、第1実施形態においては、メインCPU66の一時記憶領域としてメインRAM70を、サブCPU206の一時記憶領域としてワークRAM210を用いているが、これに限らず、読み書き可能な記憶媒体であればよい。
駆動回路240は、ドライブ回路242と、装飾データROM244とを備え、サブCPU206に接続されている。ドライブ回路242を介して、回転リール装置500の駆動モータ540a、540b、540cを駆動制御し、各可動体600,601,602、を可動制御し、ランプ132の発光を制御する。
表示制御回路250は、画像データプロセッサ(以下、VDPと称する)212、各種の画像データを記憶する画像データROM216、画像データを画像信号として変換するD/Aコンバータ218、電源投入時においてリセット信号を生成する初期リセット回路220から構成されている。
上述したVDP212は、サブCPU206、画像データROM216、D/Aコンバータ218、初期リセット回路220と接続されている。
このVDP212は、いわゆるスプライト回路、スクリーン回路、およびパレット回路などの回路を含み、液晶表示装置32に画像を表示させるための種々の処理を行うことができる装置である。つまり、VDP212は、液晶表示装置32に対する表示制御を行う。また、VDP212には、液晶表示装置32の表示領域32aに画像を表示するためのバッファとしての記憶媒体(例えば、ビデオRAM)を備えている。この記憶媒体の所定の記憶領域に画像データを記憶することによって、所定のタイミングで液晶表示装置32の表示領域32aに画像が表示されることとなる。
画像データROM216には、特別画像データ、背景画像データ、演出画像データなどの各種の画像データが別個に記憶されている。もちろん、関連画像を示す関連画像データも記憶されている。
VDP212は、サブCPU206から供給される画像表示命令に応じて、画像データROM216から、背景画像データ、演出画像データなど、各種の画像データを読み出し、液晶表示装置32に表示させる画像データを生成する。VDP212は、生成した画像データを、後方に位置する画像データから順に重ね合わせてバッファに記憶し、所定のタイミングでD/Aコンバータ218に供給する。このD/Aコンバータ218は、画像データを画像信号として変換し、この画像信号を液晶表示装置32に供給することにより、液晶表示装置32に画像を表示させる。
また、音声制御回路230は、音声に関する制御を行う音源IC232、BGMをはじめとする各種の演出効果音の音声データを記憶する音声データROM234、音声信号を増幅するための増幅器236(以下、AMPと称する)などから構成されている。
この音源IC232は、サブCPU206、初期リセット回路220、音声データROM234、AMP236と接続されている。この音源IC232は、スピーカ46から発生させる音声の制御を行う。
[特別図柄決定テーブル]
図8は、メインROM68に記憶される特別図柄決定テーブルを示す。なお、特別図柄ゲームの大当たり抽選を特図抽選と以下略称する。また、普通図柄ゲームの大当たり抽選を普図抽選と以下略称する。低確率状態の場合、大当たり乱数値が7で、大当たり図柄乱数値が0〜4のとき、大当たり図柄の左図柄が6、右図柄が4、図柄指定コマンドZ0が選択され、内容は大当たり、特図抽選が高確率状態、普図抽選が高確率状態、ラウンドごとに30秒間、大入賞口39が開放され、最大ラウンド数が15Rであることを示している(いわゆる確変15R大当たり)。
低確率状態の場合、大当たり乱数値が7で、大当たり図柄乱数値が5のとき、大当たり図柄の左図柄が5、右図柄が0、図柄指定コマンドZ1が選択され、内容は大当たり、特図抽選が高確率状態、普図抽選が高確率状態、ラウンドごとに0.5秒間大入賞口39が開放され、最大ラウンド数が2Rであることを示している(いわゆる突然確変、略して突確)。低確率状態の場合、大当たり乱数値が7で、大当たり図柄乱数値が6〜8のとき、大当たり図柄の左図柄が2、右図柄が1、図柄指定コマンドZ2が選択され、内容は大当たり、特図抽選が低確率状態、普図抽選が高確率状態、ラウンドごとに0.5秒間大入賞口39が開放され、最大ラウンド数が2Rであることを示している(いわゆる突然時短、略して突時)。
低確率状態の場合、大当たり乱数値が7で、大当たり図柄乱数値が9のとき、大当たり図柄の左図柄が1、右図柄が1、図柄指定コマンドZ4が選択され、内容は大当たり、低確率状態(いわゆる通常大当たり、確変状態の場合は、転落など)、ラウンドごとに30秒間大入賞口39が開放され、最大ラウンド数が15Rであることを示している。低確率状態の場合、大当たり乱数値が上記以外の場合、図柄指定コマンドZ3が選択され、内容ははずれを示している。
高確率状態の場合、大当たり乱数値が3,5,7,11,13で、大当たり図柄乱数値が0〜4のとき、大当たり図柄の左図柄が6、右図柄が4、図柄指定コマンドZ0が選択され、内容は大当たり、特図抽選が高確率状態、普通図抽選が高確率状態、ラウンドごとに30秒間大入賞口39が開放され、最大ラウンド数が15Rであることを示している(いわゆる確変15R大当たり)。高確率状態の場合、大当たり乱数値が3,5,7,11,13で、大当たり図柄乱数値が5のとき、大当たり図柄の左図柄が5、右図柄が0、図柄指定コマンドZ1が選択され、内容は大当たり、特図抽選が高確率状態、普通図抽選が高確率状態、ラウンドごとに0.5秒間大入賞口39が開放され、最大ラウンド数が2Rであることを示している(いわゆる突然確変、略して突確)。
高確率状態の場合、大当たり乱数値が3,5,7,11,13で、大当たり図柄乱数値が6〜8のとき、大当たり図柄の左図柄が2、右図柄が1、図柄指定コマンドZ2が選択され、内容は大当たり、特図抽選が低確率状態、普通図抽選が高確率状態、ラウンドごとに0.5秒間大入賞口39が開放され、最大ラウンド数が2Rであることを示している(いわゆる突然確変、略して突時)。高確率状態の場合、大当たり乱数値が3,5,7,11,13で、大当たり図柄乱数値が9のとき、大当たり図柄の左図柄が1、右図柄が1、図柄指定コマンドZ4が選択され、内容は大当たり、低確率状態(いわゆる通常大当たり、確変状態の場合は、転落など)、ラウンドごとに30秒間大入賞口39が開放され、最大ラウンド数が15Rであることを示している。
高確率状態の場合、大当たり乱数値が上記以外の場合、図柄指定コマンドZ3が選択され、内容ははずれを示している。なお、本実施形態における特別図柄決定テーブルの一例を示してきたが、特別図柄決定テーブルは他の態様であってもよい。例えば、大当たり図柄の左図柄や、右図柄において指定される図柄の組み合わせは他の組み合せであってもよい。
[主制御メイン処理]
図9を用いて、主制御メイン処理を説明する。まず、ステップS9においては、初期化設定処理を行う。この処理において、メインCPU66は、電源投入に応じて、メインROM68から起動プログラムを読み込むとともに、メインRAM70に記憶されるフラグなどを初期化し、又は電源遮断前の状態に復帰する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS10に処理を移行する。
ステップS10においては、初期値乱数更新処理を行う。この処理において、メインCPU66は、初期値乱数カウンタを更新する処理を行う。この処理が終了した場合、ステップS11に処理を移行する。
ステップS11において、メインCPU66は、システムタイマ監視タイマ値が3であるか否かを判断する。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70に記憶されるシステムタイマ監視タイマ値を参照し、システムタイマ監視タイマ値が3である場合には、ステップS12に処理を移し、システムタイマ監視タイマ値が3でない場合には、ステップS10に処理を移行する。
ステップS12においては、システムタイマ監視タイマリセット処理を行う。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70に記憶されるシステムタイマ監視タイマをリセットする処理を行う。この処理が終了した場合、ステップS13に処理を移行する。
ステップS13においては、タイマ更新処理を行う。この処理において、メインCPU66は、主制御回路60と副制御回路200との同期をとるための待ち時間タイマ、大当たりが発生した際に開放する大入賞口39の開放時間を計測するための大入賞口開放時間タイマなど、各種のタイマを更新する処理を実行する。この処理が終了した場合には、ステップS14に処理を移行する。
ステップS14においては、特別図柄制御処理を行う。この処理において、メインCPU66は、特別図柄制御処理を行う。特別図柄制御処理については、後述する。この処理が終了した場合には、ステップS15に処理を移行する。
ステップS15においては、普通図柄制御処理を行う。この処理において、メインCPU66は、通過球センサ114からの検知信号に応じて、乱数値を抽出し、メインROM68に記憶される普通図柄当選テーブルを参照し、普通図柄抽選が当選したか否かを判定し、判定の結果をメインRAM70に記憶する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS16に処理を移行する。
ステップS16においては、図柄表示装置制御処理を行う。この処理において、メインCPU66は、ステップS14、ステップS15でメインRAM70に記憶された特別図柄制御処理の結果と、普通図柄制御処理の結果に応じて、特別図柄表示器35と、普通図柄表示器33と、ラウンド数表示器51とを駆動するための制御信号をメインRAM70に記憶する処理を行う。メインCPU66は、後述するステップS19にて制御信号を特別図柄表示器35に制御信号を送信する。特別図柄表示器35は受信した制御信号に基づき特別図柄を変動表示および停止表示する。普通図柄表示器33は受信した制御信号に基づき普通図柄を変動表示および停止表示する。この処理が終了した場合には、ステップS17に処理を移行する。
ステップS17においては、遊技情報データ生成処理を行う。この処理において、メインCPU66は、台コンピュータ又はホールコンピュータ(図示せず)に送信するための遊技情報データに関する遊技状態コマンドを生成し、メインRAM70に記憶する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS18に処理を移行する。
ステップS18においては、図柄保留個数データ生成処理を行う。この処理において、メインCPU66は、後述するシステムタイマ割込処理におけるスイッチ入力検出処理(図10、ステップS46)にて検出される始動入賞球センサ116および通過球センサ114からの検知信号や、特別図柄および普通図柄の変動表示の実行に応じて更新されるメインRAM70に記憶された保留個数データの更新結果に基づいて、特別図柄保留ランプ34a〜34dおよび普通図柄保留ランプ50a〜50dを駆動するための制御信号をメインRAM70に記憶する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS19に処理を移行する。
ステップS19においては、ポート出力処理を行う。この処理において、メインCPU66は、上記の各ステップなどでメインRAM70に記憶される制御信号を各ポートに出力する処理を行う。具体的には、特別図柄保留ランプ34a〜34d(図5参照)、特別図柄表示器35(7セグメントLED、図3参照)、普通図柄表示器33(表示LED、図3参照)にLED点灯のためのLED電源(コモン信号)やソレノイド駆動のためのソレノイド電源を供給する。この処理が終了した場合には、ステップS20に処理を移行する。
ステップS20においては、記憶・遊技状態コマンド制御処理を行う。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70の所定領域に確変フラグもしくは時短状態フラグがセットされているか判定し、確変フラグもしくは時短状態フラグがセットされていると判定した場合、確変状態コマンド、時短状態コマンドを生成し、副制御回路200に送信する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS21に処理を移行する。
ステップS21においては、演出制御コマンド出力制御処理を行う。この処理において、メインCPU66は、演出制御コマンドや大当たり後の抽選回数のデータを副制御回路200への出力制御処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS22に処理を移行する。
ステップS22においては、払出処理を行う。この処理において、メインCPU66は、大入賞口39、始動口25、一般入賞口56a〜56dに遊技球が入賞したか否かのチェックを行い、入賞があった場合、それぞれに対応する払出要求コマンドを払出・発射制御回路126に送信する。第1実施形態においては、大入賞口39に入賞した場合には賞球として15個の遊技球、始動口25に入賞した場合には賞球として5個の遊技球、一般入賞口56a〜56dに入賞した場合には賞球として10個の遊技球が、遊技者に払い出される。この処理が終了した場合には、ステップS10に処理を移行する。
[システムタイマ割込処理]
また、メインCPU66は、メイン処理を実行している状態であっても、メイン処理を中断させ、システムタイマ割込処理を実行する場合がある。メインCPU66は、所定の周期(例えば2ミリ秒)毎にクロックパルスを発生させ、これに応じて、以下のシステムタイマ割込処理を実行する。図10を用いて、システムタイマ割込処理を説明する。
ステップS41においては、各レジスタを退避させる処理を行う。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70の各レジスタ(記憶領域)に記憶される実行中のプログラムにおいて使用されていた値を退避させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS42に処理を移行する。
ステップS42においては、システムタイマ監視タイマの値に1を加算する処理を行う。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70に記憶されるシステムタイマ監視タイマの値に1を加算する処理を行う。なお、システムタイマ監視タイマは、所定の処理(特別図柄制御処理など)をタイマ割込処理の所定回数(3回)の起動を条件として実行させるための監視タイマである。この処理が終了した場合、ステップS43に処理を移行する。
ステップS43においては、乱数更新処理を行う。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70に記憶される大当たり判定用乱数カウンタなどの乱数値を更新する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS44に処理を移行する。
ステップS44においては、入力ポート読込処理を行う。この処理において、メインCPU66は、各ポートからの検知信号を読み込む処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS46に処理を移行する。
ステップS46においては、スイッチ入力検出処理を行う。この処理において、メインCPU66は、始動入賞球センサ116など各スイッチからの検知信号を検出する処理を行う。スイッチ入力検出処理については、後述する。この処理が終了した場合には、ステップS47に処理を移行する。
ステップS47においては、各レジスタを復帰させる処理を行う。この処理において、メインCPU66は、ステップS42で退避した値を各レジスタに復帰させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS49に処理を移行する。
ステップS49においては、割込み許可処理を行う。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了し、割込発生前のアドレスへ復帰させる。
[スイッチ入力検出処理]
図11を用いて、図10のステップS46に示したスイッチ入力検出処理を以下に説明する。
ステップS50において、賞球関連スイッチチェック処理を行う。この処理において、メインCPU66は、カウントセンサ104、一般入賞球センサ106、108、110、112、始動入賞球センサ116からの検知信号を受信したか否かをチェックし、検知信号を受信した場合に、カウントセンサ104、一般入賞球センサ106、108、110、112、始動入賞球センサ116に対応する賞球カウンタに1加算する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS52に処理を移行する。
ステップS52において、特別図柄関連スイッチチェック処理を行う。この処理において、メインCPU66は、始動入賞球センサ116からの検知信号を受信したか否かをチェックする処理を行う。始動入賞球センサ116からの検知信号を受信した場合に、保留個数が上限(例えば、4個)である否かを判定し、特別図柄ゲームの大当たり判定用乱数値と、大当たり図柄決定用乱数値とを抽出し、メインRAM70の特別図柄記憶領域に格納する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS54に処理を移行する。
ステップS54において、普通図柄関連スイッチチェック処理を行う。この処理において、メインCPU66は、通過球センサ114からの検知信号を受信したか否かをチェックする処理を行う。更に、通過球センサ114からの検知信号を受信した場合に、保留個数が上限(例えば、4個)である否かを判定し、普通図柄ゲームの当たり判定用乱数値を抽出し、メインRAM70の普通図柄記憶領域に格納する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS56に処理を移行する。
ステップS56において、発射操作チェック処理を行う。この処理の詳細については後述する。この処理が終了した場合には、ステップS58に処理を移行する。
ステップS58において、その他のスイッチチェック処理を行う。この処理において、メインCPU66は、その他のスイッチ(例えば、下皿22が遊技球で満たされた場合にオンとなる満タンスイッチ、エラー検出用のスイッチなど)をチェックする処理を行う。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。
[発射操作チェック処理]
図12を用いて、図11のステップS56に示した発射操作チェック処理を説明する。
ステップS61において、メインCPU66は、払出・発射制御回路126から送信される検知信号に基づいて発射ハンドル26がオンであるか否かを判定し、発射ハンドル26がオンであると判定した場合にはステップS62に処理を移行する。オンであると判定しない(オフである)場合には本サブルーチンを終了する。
ステップS62において、発射操作開始コマンド記憶処理を行う。この処理において、メインCPU66は、発射操作開始コマンドをメインRAM70の所定領域に記憶する。なお、この処理において、記憶された発射操作開始コマンドは、図9のステップS20の処理において、副制御回路200に送信される。この処理が終了した場合には、ステップS63に処理を移行する。
ステップS63において、発射操作強度検出処理を行う。この処理において、メインCPU66は、払出・発射制御回路126を介して送信される発射パワー増加ボタン82、発射パワー減少ボタン84からの操作信号に基づいて、遊技者の操作に基づく発射強度の値である発射強度値をメインRAM70の所定領域に記憶する。この処理が終了した場合には、ステップS64に処理を移行する。このように、発射パワー増加ボタン82、発射パワー減少ボタン84を有する発射装置130は、および遊技者の発射操作量に応じて遊技球の発射強度を調整する発射操作手段を有する発射手段の一例である。
ステップS64において、発射強度設定処理を行う。この処理において、メインCPU66は、ステップS63において記憶された発射強度値に基づく制御信号をメインRAM70の所定領域に記憶する。なお、この処理において、記憶された制御信号は、図9のステップS19の処理において、払出・発射制御回路126に送信され、払出・発射制御回路126は、受信した制御信号に基づいて、発射装置130を制御し、遊技球を遊技盤14上に発射する。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。
[特別図柄制御処理]
図9のステップS14において実行される特別図柄制御処理のサブルーチンについて図13を用いて説明する。なお、図13において、ステップS72からステップS81の側方に描いた数値は、それらのステップに対応する制御状態フラグを示し、その制御状態フラグの数値に応じて、その数値に対応する1つのステップが実行され、特別図柄ゲームが進行することになる。
最初に、図13に示すように、制御状態フラグをロードする処理を実行する(ステップS71)。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグを読み出す。この処理が終了した場合には、ステップS72に処理を移行する。
なお、後述するステップS72からステップS81において、メインCPU66は、後述するように、制御状態フラグの値に基づいて、各ステップにおける各種の処理を実行するか否かを判断する。この制御状態フラグは、特別図柄ゲームの遊技の状態を示すものであり、ステップS72からステップS81における処理のいずれかを実行可能にするものである。また、それに加えて、メインCPU66は、各ステップに対して設定された待ち時間タイマなどに応じて決定される所定のタイミングで各ステップにおける処理を実行する。なお、この所定のタイミングに至る前においては、各ステップにおける処理を実行することなく終了することになり、他のサブルーチンを実行することになる。もちろん、所定の周期でシステムタイマ割込処理も実行する。
ステップS72においては、特別図柄記憶チェック処理を実行する。詳しくは後述する。この処理が終了した場合には、ステップS73に処理を移行する。
ステップS73においては、特別図柄変動時間管理処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが特別図柄変動時間管理を示す値(01)であり、変動時間が経過した場合に、特別図柄表示時間管理を示す値(02)を制御状態フラグにセットし、確定後待ち時間(例えば1秒)を待ち時間タイマにセットする。つまり、確定後待ち時間が経過した後、ステップS74の処理を実行するように設定する。この処理が終了した場合には、ステップS74に処理を移行する。
ステップS74においては、特別図柄表示時間管理処理を実行する。この処理においては、メインCPU66は、制御状態フラグが特別図柄表示時間管理を示す値(02)であり、確定後待ち時間が経過した場合に、特別遊技状態へ移行する抽選に当選したか否かを判断する。メインCPU66は、当選である場合に、大当たり遊技開始インターバル管理を示す値(03)を制御状態フラグにセットし、特別遊技開始インターバルに対応する時間(例えば10秒)を待ち時間タイマにセットする。つまり、特別遊技開始インターバルに対応する時間が経過した後、ステップS75の処理を実行するように設定するのである。一方、メインCPU66は、当選ではない場合に、特別図柄ゲーム終了を示す値(08)をセットする。つまり、ステップS81の処理を実行するように設定するのである。この処理が終了した場合には、ステップS75に処理を移行する。
ステップS75においては、大当たり遊技開始インターバル管理処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが大当たり遊技開始インターバル管理を示す値(03)であり、その大当たり遊技開始インターバルに対応する時間が経過した場合に、メインROM68から読み出された大入賞口39を開放させるためのデータをメインRAM70に記憶する。そして、メインCPU66は、図9のステップS19の処理において、メインRAM70に記憶された大入賞口39を開放させるためのデータを読み出し、大入賞口39を開放させる旨の信号を、大入賞口ソレノイド120に供給する。
このように、メインCPU66などは、大入賞口39の開閉制御を行う。つまり、所定の有利な遊技状態(大入賞口39が遊技球を受け入れやすい開放状態から大入賞口39が遊技球を受け入れ難い閉鎖状態までの遊技状態)が提供される一のラウンドゲームを複数回繰り返し行う可能性がある大当たり遊技(特別遊技)が実行されることになる。
更に、メインCPU66は、大入賞口開放中を示す値(04)を制御状態フラグにセットするとともに、開放上限時間(例えば30秒)を大入賞口開放時間タイマにセットする。つまり、ステップS78の処理を実行するように設定するのである。更に、メインCPU66は、メインRAM70内のラウンド数表示カウンタに、所定の数字(例えば、“15”)を代入する。更に、メインCPU66は、メインRAM70内の特別遊技実行時間タイマを使用して特別遊技の実行時間の計測を開始する。この処理が終了した場合には、ステップS77に処理を移行する。
ステップS77においては、大入賞口再開放前待ち時間管理処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが大入賞口再開放前待ち時間管理を示す値(06)であり、ラウンド間インターバルに対応する時間が経過した場合に、大入賞口開放回数カウンタを“1”増加するように記憶更新する。メインCPU66は、大入賞口開放中を示す値(04)を制御状態フラグにセットする。メインCPU66は、開放上限時間(例えば30秒)を大入賞口開放時間タイマにセットする。つまり、ステップS78の処理を実行するように設定するのである。この処理が終了した場合には、ステップS78に処理を移行する。
ステップS78においては、大入賞口開放中処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが大入賞口開放中を示す値(04)である場合に、大入賞口入賞カウンタが“10”以上であるという条件、開放上限時間を経過した(大入賞口開放時間タイマが“0”である)という条件のいずれかを満たすか否かを判断する。メインCPU66は、いずれかの条件を満たした場合に、大入賞口39を閉鎖させるために、メインRAM70に位置付けられた変数を更新する。
メインCPU66は、大入賞口内残留球監視を示す値(05)を制御状態フラグにセットする。メインCPU66は、大入賞口内残留球監視時間(例えば1秒)を待ち時間タイマにセットする。つまり、大入賞口内残留球監視時間が経過した後、ステップS79の処理を実行するように設定するのである。なお、メインCPU66は、いずれの条件も満たさない場合には、上述した処理を実行しない。この処理が終了した場合には、ステップS79に処理を移行する。
ステップS79においては、大入賞口内残留球監視処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが大入賞口内残留球監視を示す値(05)であり、大入賞口内残留球監視時間が経過した場合に、大入賞口39に対応するカウントセンサ104を遊技球が通過しなかったという条件、大入賞口開放回数カウンタが所定数以上である(最終ラウンドである)という条件のいずれかを満たすか否かを判断する。メインCPU66は、いずれかの条件を満たした場合に、大当たり遊技終了インターバルを示す値(07)を制御状態フラグにセットし、大当たり遊技終了インターバルに対応する時間を待ち時間タイマにセットする。つまり、大当たり遊技終了インターバルに対応する時間が経過した後、ステップS80の処理を実行するように設定するのである。
一方、メインCPU66は、いずれの条件も満たさない場合に、大入賞口再開放前待ち時間管理を示す値(06)を制御状態フラグにセットする。更に、メインCPU66は、メインRAM70内部に記憶されているラウンド数表示カウンタに“1”を減算するように記憶更新する。また、メインCPU66は、ラウンド間インターバルに対応する時間を待ち時間タイマにセットする。つまり、ラウンド間インターバルに対応する時間が経過した後、ステップS78の処理を実行するように設定するのである。この処理が終了した場合には、ステップS80に処理を移行する。
ステップS80においては、大当たり遊技終了インターバル処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが大当たり遊技終了インターバルを示す値(07)であり、大当たり遊技終了インターバルに対応する時間が経過した場合に、特別図柄ゲーム終了を示す値(08)を制御状態フラグにセットする。つまり、ステップS81の処理を実行するように設定するのである。
ステップS81においては、特別図柄ゲーム終了処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、制御状態フラグが特別図柄ゲーム終了を示す値(08)である場合に、今回の特別図柄ゲームに関連した特別図柄に関する保留個数を示すデータを“1”減少するように記憶更新する。また、メインCPU66は、始動記憶情報が“1”減少する旨の始動記憶数指定コマンドを示すデータを、メインRAM70における所定の記憶領域にセットする。そして、メインCPU66は、次回の変動表示を行うために、特別図柄記憶領域の更新を行う。メインCPU66は、特別図柄記憶チェックを示す値(00)をセットする。つまり、ステップS72の処理を実行するように設定するのである。
前述したように、制御状態フラグをセットすることにより、特別図柄ゲームが実行されることとなる。具体的には、メインCPU66は、図13に示すように、特別遊技状態ではない場合において、大当たり判定の結果がはずれであるときには、制御状態フラグを“00”、“01”、“02”、“08”と順にセットすることにより、図13に示すステップS72、ステップS73、ステップS74、ステップS81の処理を所定のタイミングで実行することとなる。
また、メインCPU66は、特別遊技状態ではない場合において、大当たり判定の結果が大当たりであるときには、制御状態フラグを“00”、“01”、“02”、“03”と順にセットすることにより、図13に示すステップS72、ステップS73、ステップS74、ステップS75の処理を所定のタイミングで実行し、特別遊技状態への制御を実行することになる。
更には、メインCPU66は、特別遊技状態への制御が実行された場合には、制御状態フラグを“04”、“05”、“06”と順にセットすることにより、図13に示すステップS78、ステップS79、ステップS77の処理を所定のタイミングで実行し、特別遊技を実行することとなる。なお、大当たり遊技の終了条件が成立した場合には、“04”、“05”、“07”、“08”と順にセットすることにより、図13に示すステップS78からステップS81の処理を所定のタイミングで実行し、特別遊技を終了することになる。
また、第1実施形態においては、所定の時間が経過するまでに特定領域への遊技球の通過がなかったこと(パンク、第1実施形態においては、特別遊技中に大入賞口39へ1球も遊技球が入らなかったこと)、最大継続ラウンド数(第1実施形態においては、大当たり“15”ラウンド、又は“2”ラウンド)のラウンドゲームが終了することも大当たり遊技終了条件である。
[特別図柄記憶チェック処理]
図13のステップS72に示した特別図柄記憶チェック処理のサブルーチンについて、図14を用いて説明する。
最初に、図14に示すように、ステップS101にて、メインCPU66は、制御状態フラグが特別図柄記憶チェックを示す値(00)であるか否かを判断する。制御状態フラグが特別図柄記憶チェックを示す値であると判断した場合には、ステップS102に処理を移し、制御状態フラグが特別図柄記憶チェックを示す値でないと判断した場合には、本サブルーチンを終了する。
ステップS102において、メインCPU66は、始動記憶数データにおける特別図柄に関する保留個数がいずれも“0”であるか否かを判断する。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70に記憶される始動記憶数データにおける特別図柄に関する保留個数がいずれも“0”であると判断した場合には、ステップS112に処理を移し、保留個数を示すデータが“0”でないと判断した場合には、ステップS104に処理を移行する。
ステップS104においては、制御状態フラグとして特別図柄変動時間管理を示す値(01)をセットする処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、特別図柄変動時間管理を示す値を制御状態フラグに記憶する。この処理が終了した場合には、ステップS105に処理を移行する。
ステップS105においては、大当たり判定処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、特別図柄決定テーブルに記憶されている大当たり判定値を選択する。そして、メインCPU66は、始動入賞時に抽出された乱数値と、大当たり判定値とを参照する。つまり、メインCPU66は、遊技者に有利な大当たり遊技状態(特別遊技状態)とするか否かの判定を行うことになる。この処理が終了した場合には、ステップS106に処理を移行する。
ステップS106においては、図柄決定処理を実行する。この処理において、詳しくは後述するが、メインCPU66は、メインROM68に記憶される特別図柄決定テーブルを参照し(図8参照)、ステップS105において大当たりと判定された場合には、始動入賞時に抽出された大当たり図柄決定用乱数値を抽出し、その大当たり図柄決定用乱数値に基づいて、特別図柄表示器35に停止表示させる特別図柄を決定し、その特別図柄を示すデータをメインRAM70の所定領域に記憶する。なお、大当たりと判定されなかった場合(はずれ)には、特別図柄表示器35に停止表示させる特別図柄をはずれ図柄に決定した特別図柄を示すデータをメインRAM70に記憶する。この処理が終了した場合には、ステップS109に処理を移行する。
なお、ステップS106の処理によってメインRAM70の所定領域に記憶された図柄指定コマンドは、図9のステップS21の処理により、主制御回路60のメインCPU66から副制御回路200のサブCPU206に停止図柄指定コマンドとして供給される。
ステップS109においては、変動パターン決定処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、演出条件選択用乱数値を抽出する。メインCPU66は、ステップS106により決定された特別図柄に基づいて、メインROM68に記憶される変動パターンテーブルから特別図柄変動パターンコマンドを選択する。具体的には、ステップS106により決定された特別図柄に応じた特別図柄変動パターンコマンドが選択され、メインRAM70の所定領域に記憶する。
このように記憶された演出用の特別図柄変動パターンコマンドは、図9のステップS21の処理により、主制御回路60のメインCPU66から副制御回路200のサブCPU206に変動パターン指定コマンドとして供給される。副制御回路200のサブCPU206は、受信した変動パターン指定コマンドに応じた演出表示を実行することになる。この処理が終了した場合には、ステップS110に処理を移行する。
ステップS110においては、決定した演出用の変動パターンに対応する変動時間を待ち時間タイマにセットする処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、ステップS109の処理により決定された演出用の変動パターンに対応する変動時間をテーブルより読み出し、その変動時間を示す値を待ち時間タイマに記憶する。そして、今回の変動表示に用いられた大当たり判定用乱数値などが記憶された記憶領域をクリアする処理を実行する(ステップS111)。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。
ステップS112においては、デモ表示処理を実行する。この処理において、メインCPU66は、デモ表示を行わせるために副制御回路200にデモ表示コマンドを供給するための変数をメインRAM70に記憶する。これによって、副制御回路200において、デモ画面の表示が実行されることとなる。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。
[図柄決定処理]
図15を用いて、図14のステップS106に示した図柄決定処理を以下に説明する。
ステップS131においては、図柄選択処理を行う。この処理において、メインCPU66は、図14のステップS105において大当たりと判定された場合には、メインROM68に記憶される特別図柄決定テーブル(図8参照)を参照し、始動入賞時に抽出された大当たり図柄決定用乱数値を抽出し、その大当たり図柄決定用乱数値に基づいて、特別図柄表示器35に停止表示させる特別図柄を決定し、その特別図柄を示すデータをメインRAM70の所定領域に記憶する。なお、大当たりと判定されなかった場合(はずれ)には、特別図柄表示器35に停止表示させる特別図柄をはずれ図柄に決定した特別図柄を示すデータをメインRAM70に記憶する。この処理が終了した場合には、ステップS132に処理を移す。
ステップS132においては、確変フラグが1であるか否かを判断する処理を行う。この処理において、メインCPU66が、メインRAM70に記憶される確変フラグが1であると判断した場合には、ステップS136に処理を移し、確変フラグが1でないと判断した場合には、ステップS133に処理を移す。
ステップS133においては、確変図柄で当選したか否かを判断する処理を行う。この処理において、メインCPU66は、ステップS131で選択された図柄が、各辺図柄であるか否かを判断する。メインCPU66が、確変図柄で当選したと判断した場合には、ステップS134に処理を移し、確変図柄で当選しなかったと判断した場合には、確変フラグに0をセットし、本サブルーチンを終了する。
ステップS134においては、確変フラグに1をセットする処理を行う。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70の所定領域に確変フラグに1をセットする処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS135に処理を移す。
ステップS135においては、確変抽選回数を1にする処理を行う。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70に記憶される確変抽選回数に1をセットする。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。
ステップS136においては、確変抽選回数+1する処理を行う。この処理において、メインCPU66は、メインRAM70に記憶される確変抽選回数に1を加算する処理を行う。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。
なお、本処理で記憶された、確変フラグや、確変抽選回数に基づく演出制御コマンドが、図9のステップS21の処理において、副制御回路200に送信される。
副制御回路200は、主制御回路60からの各種コマンドを受信して、表示処理などの様々な処理を行う。これらの処理の中で本発明に係る制御処理を以下に説明する。
[サブ制御メイン処理]
図16を用いて、サブ制御メイン処理を説明する。ステップS151においては、初期化処理を行う。この処理において、サブCPU206は、電源投入に応じて、プログラムROM208から起動プログラムを読み込むとともに、ワークRAM210に記憶されるフラグなどを初期化し、設定する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS152に処理を移行する。
ステップS52においては、乱数更新処理を行う。この処理において、サブCPU206は、ワークRAM210に記憶される乱数を更新する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS153に処理を移行する。
ステップS153においては、コマンド解析制御処理を行う。この処理において、サブCPU206は、主制御回路60から受信し、ワークRAM210の受信バッファに格納されるコマンドを解析する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS154に処理を移行する。
ステップS154においては、回転リール制御処理を行う。この処理において、サブCPU206は、回転リール装置500において表示を行うためのデータを駆動回路240に送信する処理を行う。回転リール制御処理については、後述する。この処理が終了した場合には、ステップS155に処理を移行する。
ステップS155においては、表示制御処理を行う。この処理において、サブCPU206は、液晶表示装置32において表示を行うためのデータを表示制御回路250に送信する。表示制御回路250において、VDP212は、サブCPU206からの演出画像を表示するためのデータに基づいて、背景画像データ、演出用画像データ、変動速度設定用画像データなど、各種の画像データを画像データROM216から読み出し、重ね合わせて、液晶表示装置32の表示領域32a上に表示させる。この処理が終了した場合には、ステップS156に処理を移行する。
ステップS156においては、音制御処理を行う。この処理において、サブCPU206は、音を出力するためのデータを音声制御回路230に送信する。音声制御回路230は、サブCPU206からの音を出力するためのデータに基づいて、音声データROM234から曲データ、効果音データ、声データなどの、各種音データを読み出し、音を重ね合わせ、AMP236で増幅し、スピーカ46から出力する。この処理が終了した場合には、ステップS157に処理を移行する。
ステップS157においては、ランプ制御処理を行う。この処理において、サブCPU206は、ランプを点灯するためのデータを駆動回路240に送信する。駆動回路240は、サブCPU206からのランプを点灯するためのデータに基づいて、装飾データROM244から各種の点灯パターンデータを読み出し、ランプ132を点灯する。この処理が終了した場合には、ステップS158に処理を移行する。
ステップS158において、可動体制御処理を行う。この処理において、サブCPU206は、図23,図28,図32の可動体動作テーブルに示した態様で、各可動体600,601,602の動作を制御する。この処理が終了した場合には、ステップS152に処理を移す。
[サブ制御コマンド受信割込処理]
次に、図17を用いて、サブ制御コマンド受信割込処理を説明する。
ステップS171においては、レジスタを退避させる処理を行う。この処理において、サブCPU206は、各レジスタ(記憶領域)に記憶される実行中のプログラムを退避させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS172に処理を移行する。
ステップS172においては、入力されたコマンドを受信バッファへ格納する処理を行う。この処理において、サブCPU206は、入力されたコマンドをワークRAM210の受信バッファ領域へ格納する処理を行う。この処理において、格納されたコマンドは、図16のステップS153の処理で解析される。この処理が終了した場合には、ステップS173に処理を移行する。
ステップS173においては、レジスタを復帰させる処理を行う。この処理において、サブCPU206は、ステップS171で退避したプログラムを各レジスタに復帰させる処理を行う。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。
[回転リール制御処理]
図18を用いて、図16のステップS154に記載した回転リール制御処理を説明する。
ステップS191においては、変動表示処理を行う。この処理において、サブCPU206は、主制御回路60からコマンドに基づいて回転リール装置500の回転を開始させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS192に処理を移行する。
ステップS192において、サブCPU206は、図16のステップS153におけるコマンド解析制御処理において、主制御回路60から大当たりコマンドを受信した否かを判定する処理を行う。大当たりコマンドを受信したと判定した場合にはステップS193に処理を移行する。大当たりコマンドを受信したと判定しない場合にはステップS194に処理を移行する。
ステップS193において、大当たり停止表示処理を行う。この処理において、サブCPU206は、回転リール装置500の回転リール510a、510b、510cの識別図柄が大当たり停止態様(例えば、7−7−7、BAR−BAR−BAR)となるように、回転リール装置500を制御する処理を行う。大当たり停止表示処理については、後述する。この処理が終了した場合には、ステップS195に処理を移行する。
ステップS194において、はずれ停止表示処理を行う。この処理において、サブCPU206は、回転リール装置500の回転リール510a、510b、510cの識別図柄がはずれ停止態様となるように、回転リール装置500を制御する処理を行う。はずれ停止表示処理については、後述する。この処理が終了した場合には、ステップS195に処理を移行する。
ステップS195において、待機処理を行う。この処理において、サブCPU206は、遊技者による操作ボタン80の操作によって回転リール510a、510b、510cを停止させた時点で、図16のステップS153で決定された演出内容の演出時間が残っている場合に、演出時間が経過するまで回転リール510a、510b、510cの停止態様を維持するとともに微小の揺れ表示を行いながら待機させる処理を行う。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。このように、サブCPU206は、遊技者による停止操作手段の停止操作のタイミングに応じて、表示手段において変動表示された識別情報を所定の態様で停止表示させるスロットゲームを実行するスロットゲーム実行制御手段の一例である。
[大当たり停止表示処理]
図19を用いて、図18のステップS193に示した大当たり停止表示処理を説明する。
ステップS211において、サブCPU206は、操作ボタン80が操作されたか否かを判定する処理を行う。操作ボタン80が操作されたと判定した場合にはステップS212に処理を移行する。操作ボタン80が操作されたと判定しない場合にはステップS213に処理を移行する。
ステップS212において、回転リール停止処理を行う。詳しくは後述するが、この処理において、サブCPU206は、左操作ボタン80aが押下された場合には、回転リール510aを、中操作ボタン80bが押下された場合には、回転リール510bを、右操作ボタン80cが押下された場合には、回転リール510cを停止させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS213に処理を移行する。
ステップS213において、サブCPU206は、回転リール510a、510b、510cの中で回転中のリールがあるか否かを判定する処理を行う。回転中のリールがあると判定した場合にはステップS215に処理を移行する。回転中のリールがあると判定しない場合にはステップS214に処理を移行する。
ステップS214において、待機処理を行う。この処理において、サブCPU206は、ステップS214で監視している制限時間前に回転リール510a、510b、510cが全て停止した場合に、制限時間に到達するまで回転リール510a、510b、510cによる停止態様を維持しながら待機する処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS217に処理を移行する。
ステップS215において、サブCPU206は、回転リール510a、510b、510cの回転を開始してからの時間が制限時間内であるか否かを判定する処理を行う。制限時間内であると判定した場合にはステップS211に処理を移行する。制限時間内であると判定しない場合にはステップS216に処理を移行する。
ステップS216において、回転リール停止処理を行う。この処理において、サブCPU206は、回転リール510a、510b、510cの中で回転中のリールがあれば、全て停止させる処理を行う。なお、回転リール510a、510b、510cが全て回転している状態で制限時間を越えた場合には、大当たり停止態様で停止させてもよい。この処理が終了した場合には、ステップS217に処理を移行する。
ステップS217において、サブCPU206は、回転リール装置500の停止表示態様が大当たり停止態様であるか否かを判定する処理を行う。大当たり停止態様であると判定した場合には、本サブルーチンを終了する。大当たり停止態様であると判定しない場合にはステップS218に処理を移行する。
ステップS218において、再変動処理を行う。この処理において、サブCPU206は、回転リール510a、510b、510cを再度回転させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS219に処理を移行する。
ステップS219において、回転リール停止処理を行う。この処理において、サブCPU206は、回転リール510a、510b、510cの停止態様が大当たり停止態様となるように、回転リール510a、510b、510cを停止させる処理を行う。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。
即ち、第1実施形態では、主制御回路60における大当たり抽選に当選している場合において、遊技者による操作ボタン80の操作によって、回転リール510a、510b、510cを大当たり停止態様となるように停止できなかった場合には、再変動して自動的に大当たり停止態様となるように駆動制御される。
[はずれ停止表示処理]
次に、図20を用いて、図18のステップS194に示したはずれ停止表示処理を説明する。
ステップS231において、サブCPU206は、操作ボタン80が操作されたか否かを判定する処理を行う。操作ボタン80が操作されたと判定した場合にはステップS232に処理を移行する。操作ボタン80が操作されたと判定しない場合には、ステップS239において、後述するように、可動体600、601、602の動作として「M0」を選択して、ステップS233に処理を移行する。
ステップS232において、回転リール停止処理を行う。詳しくは後述するが、この処理において、サブCPU206は、左操作ボタン80aが押下された場合には、回転リール510aを、中操作ボタン80bが押下された場合には、回転リール510bを、右操作ボタン80cが押下された場合には、回転リール510cを停止させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS233に処理を移行する。
ステップS233において、サブCPU206は、回転リール510a、510b、510cの中で回転中のリールがあるか否かを判定する処理を行う。回転中のリールがあると判定した場合にはステップS234に処理を移行する。回転中のリールがあると判定しない場合にはステップS236に処理を移行する。
ステップS234において、サブCPU206は、回転リール510a、510b、510cの回転を開始してからの時間が制限時間内であるか否かを判定する処理を行う。制限時間内であると判定した場合にはステップS231に処理を移行する。制限時間内であると判定しない場合にはステップS235に処理を移行する。
ステップS235において、回転リール停止処理を行う。この処理において、サブCPU206は、回転リール510a、510b、510cの中で回転中のリールがあれば、全て停止させる処理を行う。なお、回転リール510a、510b、510cが全て回転している状態で制限時間を越えた場合には、はずれ停止態様で停止させてもよい。この処理が終了した場合には、ステップS236に処理を移す。
ステップS236において、サブCPU206は、大当たり停止態様となるタイミングで停止操作がなされたか否かを判定する処理を行う。大当たり停止態様となるタイミングであると判定した場合には、ステップS237に処理を移し、大当たり停止態様となるタイミングであると判定しない場合には本サブルーチンを終了する。
ステップS237において、回転リール停止処理を行う。この処理において、サブCPU206は、回転リール510a、510b、510cが停止した場合の識別情報の組合せが大当たり停止態様とならないように、最後の1つの回転リールを停止させる識別情報を1コマずらして停止させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS238に処理を移行する。
ステップS238において、待機処理を行う。この処理において、サブCPU206は、ステップS234で監視している制限時間前に回転リール510a、510b、510cが全て停止した場合に、制限時間に到達するまで回転リール510a、510b、510cによる停止態様を維持しながら待機する処理を行う。この処理が終了した場合には、本サブルーチンを終了する。
即ち、第1実施形態では、主制御回路60における大当たり抽選に当選していないにも関わらず、遊技者による操作ボタン80の操作によって、回転リール510a、510b、510cが大当たり停止態様となるタイミングで操作ボタンが操作された場合に、強制的にはずれ停止態様となるように回転中の最後の回転リールが駆動制御される。
[可動体の動作]
次に、図24,図25,図26を参照して、各可動体600,601,602の動作について説明する。図24は、花火師が花火を持つ人形である可動体601の動作を示しており、同図(a)は花火師が花火を持たない手601bを下ろしている状態、(b)は花火を持たない手601bを少し上げている状態、(a)は花火601aを持っている手601cを下位置、(c)は花火601aを持っている手601cを中位置、(d)は花火601aを持っている手601cを上位置とした状態を示している。可動体601に設けられる花火師の手部分601b、601cには、図示省略の駆動機構が設けられており、図7に示したドライブ回路242の制御により、図24(a)〜(d)に示すように該花火師の手部分601b、601cが上下方向に移動するように構成されている。
図25は、親方がパイプを持つ人形である可動体600の動作を示しており、同図(a)は親方がパイプを持たない手600bを下ろしている状態、(b)はパイプを持たない手600bを少し上げている状態、(a)はパイプ600aを持っている手600cを下位置、(c)はパイプ600aを持っている手600cを中位置、(d)はパイプ600aを持っている手600cを上位置とした状態を示している。可動体600に設けられる親方の手部分600b、600cには、図示省略の駆動機構が設けられており、図7に示したドライブ回路242の制御により、図25(a)〜(d)に示すように該親方の手部分600b、600cが上下方向に移動するように構成されている。
図26は、女の子が団扇を持つ人形である可動体602の動作を示しており、同図(a)は女の子が団扇を持たない手602bを下ろしている状態、(b)は女の子が団扇を持たない手602bを少し上げている状態、(a)は、団扇602aを持つ手602cを下位置、(c)は団扇602aを持つ手602cを中位置、(d)は団扇602aを持つ手602cを上位置とした状態を示している。可動体602に設けられる女の子の手部分602bには、図示省略の駆動機構が設けられており、図7に示したドライブ回路242の制御により、図26(a)〜(d)に示すように女の子の手部分602b、602cが上下方向に移動するように構成されている。
[可動体の動作テーブル]
次に、遊技盤14の上方に設けられた3個の各可動体600,601,602を可動させる条件を決定するための、可動体の動作テーブルについて、図23,図28を参照して説明する。
図23は、第1実施形態に係るパチンコ遊技機10の可動体の動作テーブルを示す説明図である。同図に示すように、スロットゲームが実行されている際に、操作ボタン80が操作される前の状態と、操作ボタン80が操作される後の状態とが有り、操作ボタン80が操作される前の状態では、「M0」が選択され、図3に示した可動体600(親方の人形)、601(花火師の人形)、602(女の子の人形)の、それぞれパイプ600aを持たない手600b、花火601aを持たない手601b、団扇602aを持たない手602bが上、下の位置で動作する。
即ち、パイプ600aを持たない手600bは、図25(a)〜(b)の間で、花火601aを持たない手601bは、図26(a)〜(b)の間で、団扇602aを持たない手602bは、図27(a)〜(b)の間で連続的に動作する。
次に、操作後の状態として、左操作ボタン80aが押下されたタイミングと予め設定されている所定のタイミングとのタイミング差が、所定の差以内である場合には目押しが成功となり、所定のタイミングとのタイミング差が所定の差よりも大きい場合には目押しが失敗となる。
そして、遊技状態が確変状態である場合で、目押しが成功した場合には、「M1」が選択され、図3に示した可動体600(親方の人形)のパイプ600aを持つ手600cが上、下の位置で動作する。即ち、パイプ600aを持つ手600cは、図25(a)、(c)、(d)の間で連続的に動作する。この状態では、パイプ600aを持たない手600bは動作を停止する。
また、遊技状態が確変状態である場合で、目押しが失敗した場合には、「M2」が選択され、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、上、中の位置で動作する。即ち、パイプ600aを持つ手600cは、図25(c)と(d)との間で連続的に動作する。
遊技状態が通常状態である場合で、目押しが成功した場合には、「M3」が選択され、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、中、下の位置で動作する。即ち、パイプ600aを持つ手600cは、図25(a)と(c)との間で連続的に動作する。
遊技状態が通常状態である場合で、目押しが失敗した場合には、「M4」が選択され、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、上、中の位置で動作する。即ち、パイプ600aを持つ手600cは、図25(c)と(d)との間で連続的に動作する。
また、中操作ボタン80bについても上記と同様であり、動作の対象となる可動体は図3に示す可動体601(花火師の人形)に設けられた花火601a(図24参照)である。
更に、右操作ボタン80cについても上記と同様であり、動作の対象となる可動体は図3に示す可動体602(女の子の人形)に設けられた団扇602a(図26参照)である。
上記のことから、各操作ボタン80a、80b、80cを押下して回転リールを停止操作させた際のタイミングと所定のタイミングとのタイミング差が所定の差以内である場合、即ち、目押しが成功した場合には、確変状態である場合に「M1」が選択され、通常状態である場合には「M3」が選択される。そして、「M1」は可動体600,601,602のそれぞれの持ち物(パイプ600a、花火601a、団扇602a)を持つ手600c、601c、602cが上、下の位置で動作し、「M3」は各可動体600,601,602の持ち物を持つ手600c、601c、602cが中、下の位置で動作するので、遊技者は両者の相違に基づいて、現在の確率状態を認識することができる。
他方、目押しが失敗した場合には、確変状態である場合に「M2」が選択され、通常状態である場合には「M4」が選択される。そして、「M2」、「M4」は共に可動体600,601,602の持ち物を持つ手600c、601c、602cが上、中の位置で動作するので、遊技者は両者の相違を判別することができない。従って、遊技者は現在の確率状態を認識することができない。
また、現在の遊技状態に応じて、停止操作手段を操作する前と後に可動体が可動するようになっているので、現在の遊技状態を知ろうとする遊技者に対して、停止操作ボタンを操作することによる可動体の動作に関心を持たせることができ、この可動体の動作によって遊技者に大きなインパクトを与え、遊技に対する意欲を高めさせることができる。
そして、停止操作の前後において、それぞれ可動体の可動を制御するので、現在の遊技状態に応じて停止操作の前と後とで可動体の動作が変化するように制御すれば、多種多様の可動体の動作変化を提供することができる。これにより、現在の遊技状態を知ろうとする遊技者に対して、可動体の動作に対してより関心を持たせることができ、遊技に対する意欲を高めさせることができる。
また、上述した各実施形態では、遊技状態の報知を、停止操作ボタン80の操作後の可動体600、601、602の動作によって行なっていたが、停止操作ボタン80の操作前の可動体600、601、602の動作と停止操作ボタン80の操作後の可動体600、601、602の動作との両方で行なうようにして良い。すなわち、停止操作ボタン80の操作前の可動体600、601、602の動作と停止操作ボタン80の操作後の可動体600、601、602の動作とを遊技状態に応じて予め対応づけておき、停止操作ボタン80の操作前後の可動体600、601、602の動作によって、遊技状態の報知を行なうようにして良い。
次に、第2の実施形態で用いる図28に示す可動体の動作テーブルについて説明する。この可動体の動作テーブルでは、上記した図23に示した動作テーブルに加えて、更に目押しの成功、失敗に応じて可動体600,601,602の動作時間が変化するように設定されている。
即ち、スロットゲームの実行中において、操作ボタン80aを押下して回転リールを停止操作させた際のタイミングと所定のタイミングとのタイミング差が所定の差以内である場合、即ち、目押しが成功した場合には、図28に示す「P1」が選択され、目押しに失敗した場合には、「P2」が選択される。そして、「P1」では図25に示す可動体600のパイプ600aが上、下に動作すると共に、動作時間が「3秒」に設定される。即ち、図25の(a)に示す状態から(c)に示す状態へ変動する動作が、3秒間繰り返されることになる。
他方、目押しが失敗した場合に選択される「P2」では、図25に示す可動体600のパイプ600aが上、下に動作すると共に、動作時間が「1秒」に設定される。即ち、図25の(a)に示す状態から(c)に示す状態へ変動する動作が、1秒間繰り返されることになる。
以下、同様に、確変状態、及び通常状態と、各操作ボタン80a、80b、80cの停止操作のタイミングに応じた各可動体600,601,602の動作の関係が設定されている。なお、「P0」は、第1の実施形態の「M0」に相当する。
[回転リール停止処理]
次に、図21を用いて、図19のステップS212、或いは図20のステップS232に示した回転リール停止処理について説明する。
ステップS251においては、停止処理を行う。この処理において、サブCPU206は、左操作ボタン80aが押下された場合には、回転リール510aを、中操作ボタン80bが押下された場合には、回転リール510bを、右操作ボタン80cが押下された場合には、回転リール510cを停止させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS252に処理を移す。
ステップS252においては、タイミング判定処理を行う。この処理において、サブCPU206は、操作ボタン80a,80b,80cが押下されたタイミングと、予め設定されている所定のタイミングとのタイミング差を算出する。
ステップS253においては、確変状態であるか否かを判断する処理を行う。この処理において、サブCPU206は、受信した演出制御コマンドから確変状態であると判断した場合には、ステップS254に処理を移し、確変状態でなく通常状態であると判断した場合には、ステップS259に処理を移す。
ステップS254においては、サブCPU206は、ステップS252で算出したタイミング差が所定の差(例えば、0.1秒)以内であるか否かを判断する。そして、所定の差以内である場合には、ステップS255に処理を移し、所定の差よりも大きい場合にはステップS257に処理を移す。
ステップS255においては、サブCPU206は、目押しが成功したものと判断し、ステップS256において、図23に示す可動体の動作テーブルから「M1」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aは、図25に示す(a)〜(c)の間で動作することになる。
ステップS257においては、サブCPU206は、目押しが失敗したものと判断し、ステップS258において、図23に示す可動体の動作テーブルから「M2」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aは、図25に示す(b)〜(c)の間で動作することになる。この処理が終了したならば、ステップS264に処理を移す。
ステップS259においては、サブCPU206は、ステップS252で算出したタイミング差が所定の差以内であるか否かを判断する。そして、所定の差以内である場合には、ステップS260に処理を移し、所定の差よりも大きい場合にはステップS262に処理を移す。
ステップS260においては、サブCPU206は、目押しが成功したものと判断し、ステップS261において、図23に示す可動体の動作テーブルから「M3」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aは、図25に示す(a)〜(b)の間で動作することになる。
ステップS262においては、サブCPU206は、目押しが失敗したものと判断し、ステップS263において、図23に示す可動体の動作テーブルから「M4」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aは、図25に示す(b)〜(c)の間で動作することになる。この処理が終了したならば、ステップS264に処理を移す。
ステップS264では、サブCPU206は、3個の各操作ボタン80a、80b、80cの停止操作が終了したか否かを判断し、終了していない場合には、ステップS251に処理を戻して、次の操作ボタンについて同様の処理を実行する。また、3個の各操作ボタン80a、80b、80cについて停止操作が終了した場合には、本処理を終了する。
このように図21に示した回転リール停止処理では、各操作ボタン80a、80b、80cの停止操作のタイミングに応じて、各可動体600,601,602の動作態様が決定することとなる。
[可動体制御処理]
次に、図22に示すフローチャートを参照して、図16のステップS158に示した可動体制御処理の処理手順について説明する。
ステップS371では、可動体の動作テーブルに基づいて、各可動体600,601,602を可動させる。例えば、図23に示した「M0」〜「M4」に設定された態様で各可動体600,601,602を可動させる。その後、本処理を終了する。
このようにして、本発明の第1実施形態に係るパチンコ遊技機10では、スロットゲームが実行された際には、各操作ボタン80a、80b、80cを操作する前と後とで異なって遊技盤14の上方に設けられた各可動体600,601,602が可動する。従って、各操作ボタン80a、80b、80cを操作する前に、すでに可動体600,601,602が動作するので、遊技者の注意を引き付けることができる。
そして、各操作ボタン80a、80b、80cを操作した後では、回転駆動中の各回転リール510a、510b、510cが停止すると共に、遊技盤14の上方に設けられた各可動体600,601,602が別の動作を行なう。従って、遊技者による操作が各可動体600,601,602の可動に影響を与えることになり、遊技者に大きなインパクトを与えることで、遊技に対する意欲を高めさせることが可能となる。
また、各操作ボタン80a、80b、80cを停止操作したタイミングと、所定のタイミングとのタイミング差が所定の差以内である場合(目押しが成功した場合)と、所定の差よりも大きい場合(目押しが失敗した場合)で、各可動体600,601,602の可動態様が変化する。更に、現在の遊技状態(確変状態、或いは通常状態)に応じて、各可動体600,601,602の可動態様が変化する。つまり、目押しの成功、失敗により、各可動体600,601,602の可動態様が変化し、目押しに成功した場合には、現在の遊技状態をより認識し易くなるので、操作ボタン80a、80b、80cの操作に対する意欲を強く持たせることができる。
[第2実施形態]
次に、本発明の第2実施形態について説明する。第2実施形態では、図21に示した回転リール停止処理が、図27に示す回転リール停止処理に変更した点で、前述した第1実施形態と相違する。以下、図27のフローチャートを参照して、第2実施形態に係るパチンコ遊技機10の、回転リール停止処理について説明する。
[回転リール停止処理]
ステップS271においては、停止処理を行う。この処理において、サブCPU206は、左操作ボタン80aが押下された場合には、回転リール510aを、中操作ボタン80bが押下された場合には、回転リール510bを、右操作ボタン80cが押下された場合には、回転リール510cを停止させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS272に処理を移す。
ステップS272においては、タイミング判定処理を行う。この処理において、サブCPU206は、操作ボタン80a,80b,80cが押下されたタイミングと、予め設定されている所定のタイミングとのタイミング差を算出する。
ステップS273においては、確変状態であるか否かを判断する処理を行う。この処理において、サブCPU206は、受信した演出制御コマンドから確変状態であると判断した場合には、ステップS274に処理を移し、確変状態でなく通常状態であると判断した場合には、ステップS279に処理を移す。
ステップS274においては、サブCPU206は、ステップS272で算出したタイミング差が所定の差(例えば、0.1秒)以内であるか否かを判断する。そして、所定の差以内である場合には、ステップS275に処理を移し、所定の差よりも大きい場合にはステップS277に処理を移す。
ステップS275においては、サブCPU206は、目押しが成功したものと判断し、ステップS276において、図28に示す可動体の動作テーブルから「P1」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、図25に示す(a)、(c)、(d)の間で動作し、且つ動作時間が3秒間に設定される。
ステップS277においては、サブCPU206は、目押しが失敗したものと判断し、ステップS278において、図28に示す可動体の動作テーブルから「P2」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、図25に示す(c)、(d)の間で動作し、且つ動作時間が1秒間に設定される。この処理が終了したならば、ステップS284に処理を移す。
ステップS279においては、サブCPU206は、ステップS272で算出したタイミング差が所定の差以内であるか否かを判断する。そして、所定の差以内である場合には、ステップS280に処理を移し、所定の差よりも大きい場合にはステップS282に処理を移す。
ステップS280においては、サブCPU206は、目押しが成功したものと判断し、ステップS281において、図28に示す可動体の動作テーブルから「P3」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、図25に示す(a)、(c)の間で動作し、且つ動作時間が3秒間に設定される。
ステップS282においては、サブCPU206は、目押しが失敗したものと判断し、ステップS283において、図28に示す可動体の動作テーブルから「P4」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、図25に示す(c)、(d)の間で動作し、且つ動作時間が1秒間に設定される。この処理が終了したならば、ステップS284に処理を移す。
ステップS284では、サブCPU206は、3個の各操作ボタン80a、80b、80cの停止操作が終了したか否かを判断し、終了していない場合には、ステップS271に処理を戻して、次の操作ボタンについて同様の処理を実行する。また、3個の各操作ボタン80a、80b、80cについて停止操作が終了した場合には、本処理を終了する。
このように、図27に示した回転リール停止処理では、各操作ボタン80a、80b、80cの停止操作のタイミングに応じて、各可動体600,601,602の動作態様、及び動作時間が決定することとなる。
このようにして、本発明の第2実施形態に係るパチンコ遊技機10では、各操作ボタン80a、80b、80cを停止操作したタイミングと、所定のタイミングとのタイミング差が所定の差以内である場合(目押しが成功した場合)と、所定の差よりも大きい場合(目押しが失敗した場合)で、各可動体600,601,602の可動態様、及び可動時間が変化する。更に、現在の遊技状態(確変状態、或いは通常状態)に応じて、各可動体600,601,602の可動態様が変化する。つまり、目押しの成功、失敗により、各可動体600,601,602の可動態様、可動時間が変化し、目押しに成功した場合には、現在の遊技状態をより認識し易くなるので、操作ボタン80a、80b、80cの操作に対する意欲を強く持たせることができる。
[第3実施形態]
次に、本発明の第3実施形態について説明する。第3実施形態では、図21に示した回転リール停止処理を、図29に示す回転リール停止処理に変更した点で前述した第1実施形態と相違する。以下、図29のフローチャートを参照して、第3実施形態に係るパチンコ遊技機10の、回転リール停止処理について説明する。
[回転リール停止処理]
ステップS311においては、サブCPU206は、可動禁止フラグが「1」であるか否かを判定する。可動禁止フラグは、初期的には「0」である。そして、可動禁止フラグが「1」である場合には、ステップS327に処理を移し、「0」である場合には、ステップS312に処理を移す。
ステップS312においては、停止処理を行う。この処理において、サブCPU206は、左操作ボタン80aが押下された場合には、回転リール510aを、中操作ボタン80bが押下された場合には、回転リール510bを、右操作ボタン80cが押下された場合には、回転リール510cを停止させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS313に処理を移す。
ステップS313においては、タイミング判定処理を行う。この処理において、サブCPU206は、操作ボタン80a,80b,80cが押下されたタイミングと、予め設定されている所定のタイミングとのタイミング差を算出する。
ステップS314においては、確変状態であるか否かを判断する処理を行う。この処理において、サブCPU206は、受信した演出制御コマンドから確変状態であると判断した場合には、ステップS315に処理を移し、確変状態でなく通常状態であると判断した場合には、ステップS321に処理を移す。
ステップS315においては、サブCPU206は、ステップS313で算出したタイミング差が所定の差(例えば、0.1秒)以内であるか否かを判断する。そして、所定の差以内である場合には、ステップS316に処理を移し、所定の差よりも大きい場合にはステップS318に処理を移す。
ステップS316においては、サブCPU206は、目押しが成功したものと判断し、ステップS317において、図23に示す可動体の動作テーブルから「M1」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、図25に示す(a)、(c)、(d)の間で動作することとなる。
ステップS318においては、サブCPU206は、目押しが失敗したものと判断し、ステップS319において、図23に示す可動体の動作テーブルから「M2」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、図25に示す(c)、(d)の間で動作することとなる。その後、ステップS320に処理を移す。
ステップS320では、サブCPU206は、ワークRAM210に位置付けられる可動禁止フラグを「1」に設定する。この処理が終了したならば、ステップS329に処理を移す。
ステップS321においては、サブCPU206は、ステップS313で算出したタイミング差が所定の差以内であるか否かを判断する。そして、所定の差以内である場合には、ステップS322に処理を移し、所定の差よりも大きい場合にはステップS324に処理を移す。
ステップS322においては、サブCPU206は、目押しが成功したものと判断し、ステップS323において、図23に示す可動体の動作テーブルから「M3」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、図25に示す(a)、(c)の間で動作することとなる。
ステップS324においては、サブCPU206は、目押しが失敗したものと判断し、ステップS324において、図23に示す可動体の動作テーブルから「M4」を選択する。その結果、可動体600のパイプ600aを持つ手600cは、図25に示す(c)、(d)の間で動作することとなる。その後、ステップS326に処理を移す。
ステップS326では、サブCPU206は、ワークRAM210に位置付けられる可動禁止フラグを「1」に設定する。この処理が終了したならば、ステップS329に処理を移す。
ステップS329では、サブCPU206は、3個の各操作ボタン80a、80b、80cの停止操作が終了したか否かを判断し、終了していない場合には、ステップS312に処理を戻して、次の操作ボタンについて同様の処理を実行する。また、3個の各操作ボタン80a、80b、80cについて停止操作が終了した場合には、本処理を終了する。
このように、図27に示した回転リール停止処理では、各操作ボタン80a、80b、80cの停止操作のタイミングに応じて、各可動体600,601,602の動作態様が決定することとなる。また、目押しに失敗した場合には、可動禁止フラグが「1」に設定された状態となる。従って、次回のスロットゲーム実行時には、可動禁止フラグが「1」となる。
ステップS311で、可動禁止フラグが「1」であると判断された場合には、ステップS327において、サブCPU206は、可動禁止フラグを「0」に設定する。
ステップS328において、サブCPU206は、各操作ボタン80a、80b、80cの操作に応じて、各回転リール510a、510b、510cを停止させる。この場合、各可動体600,601,602は、停止操作のタイミング或いは遊技状態に関わらず可動しない。この処理が終了した場合には、本処理を終了する。
このようにして、本発明の第3実施形態に係るパチンコ遊技機10では、各操作ボタン80a、80b、80cを停止操作したタイミングと、所定のタイミングとのタイミング差が所定の差以内である場合(目押しが成功した場合)と、所定の差よりも大きい場合(目押しが失敗した場合)で、各可動体600,601,602の可動態様が変化する。更に、現在の遊技状態(確変状態、或いは通常状態)に応じて、各可動体600,601,602の可動態様が変化する。つまり、目押しの成功、失敗により、各可動体600,601,602の可動態様が変化し、目押しに成功した場合には、現在の遊技状態がより認識し易くなる。更に、目押しに失敗した場合には、次回のスロットゲームにおいて、各可動体600,601,602の可動が禁止される。従って、遊技者に対して、操作ボタン80a、80b、80cの操作に対する意欲を強く持たせることができる。
[第4実施形態]
図30、図31、図32、図33は、本発明の第4実施形態におけるパチンコ遊技機10の構成を示す説明図である。パチンコ遊技機の構造、電気的構造、他の制御フローは第1実施形態と同一のため省略する。
図30に示すように、遊技盤14の略中央には、回転リール装置500が設けられている。回転リール装置500の右側には人形状(例えば、親方などの人形)の可動体800が設けられている。
図33は、人形状の可動体800の可動態様の一例を示している。図33のA〜Cに示すように、停止操作のタイミングに応じて、人形状の可動体800のパイプ800aが可動する。
[可動体の動作テーブル]
次に、第4の実施形態で用いる、図32に示す可動体の動作テーブルについて説明する。同図に示すように、スロットゲームが実行されている際に、左操作ボタン80aが押下されたタイミングと予め設定されている所定のタイミングとのタイミング差が、所定の差以内である場合には目押しが成功となり、所定のタイミングとのタイミング差が所定の差よりも大きい場合には目押しが失敗となる。
そして、遊技状態が確変状態である場合で、目押しが成功した場合には、「Q1」が選択され、図30に示した可動体800(親方の人形)のパイプ800aが、図33に示すA→C→Aの順に動作する。
また、遊技状態が確変状態である場合で、目押しが失敗した場合には、「Q2」が選択され、可動体800は動作しない。
遊技状態が通常状態である場合で、目押しが成功した場合には、「Q3」が選択され、図30に示した可動体800のパイプ800aが、A→B→Aの順に動作する。
遊技状態が通常状態である場合で、目押しが失敗した場合には、「Q4」が選択され、可動体800は動作しない。
また、中操作ボタン80bについても上記と同様にQ1〜Q4が設定されている。上記のことから、各操作ボタン80a、80b、80cを押下して回転リールを停止操作させた際のタイミングと所定のタイミングとのタイミング差が所定の差以内である場合、即ち、目押しが成功した場合には、可動体800の動作に基づいて、遊技者は現在の確率状態を認識することができる。しかし、目押しが失敗した場合には、可動体800は動作しないので、遊技者は現在の確率状態を認識することはできない。
[回転リール停止処理]
以下、第4実施形態に係る回転リール停止処理を、図31に示すフローチャートを参照して説明する。
ステップS351においては、停止処理を行う。この処理において、サブCPU206は、左操作ボタン80aが押下された場合には、回転リール510aを、中操作ボタン80bが押下された場合には、回転リール510bを、右操作ボタン80cが押下された場合には、回転リール510cを停止させる処理を行う。この処理が終了した場合には、ステップS352に処理を移す。
ステップS352においては、タイミング判定処理を行う。この処理において、サブCPU206は、操作ボタン80a,80b,80cが押下されたタイミングと、予め設定されている所定のタイミングとのタイミング差を算出する。
ステップS353においては、確変状態であるか否かを判断する処理を行う。この処理において、サブCPU206は、受信した演出制御コマンドから確変状態であると判断した場合には、ステップS354に処理を移し、確変状態でなく通常状態であると判断した場合には、ステップS359に処理を移す。
ステップS354においては、サブCPU206は、ステップS352で算出したタイミング差が所定の差(例えば、0.1秒)以内であるか否かを判断する。そして、所定の差以内である場合には、ステップS355に処理を移し、所定の差よりも大きい場合にはステップS357に処理を移す。
ステップS355においては、サブCPU206は、目押しが成功したものと判断し、ステップS356において、図32に示す可動体の動作テーブルから「Q1」を選択する。その結果、図33に示す可動体800のパイプ800aは、A→C→Aの順に動作することになる。
ステップS357においては、サブCPU206は、目押しが失敗したものと判断し、ステップS358において、図32に示す可動体の動作テーブルから「Q2」を選択する。その結果、図33に示す可動体800のパイプ800aは、動作しない。この処理が終了したならば、ステップS364に処理を移す。
ステップS359においては、サブCPU206は、ステップS352で算出したタイミング差が所定の差以内であるか否かを判断する。そして、所定の差以内である場合には、ステップS360に処理を移し、所定の差よりも大きい場合にはステップS362に処理を移す。
ステップS360においては、サブCPU206は、目押しが成功したものと判断し、ステップS361において、図32に示す可動体の動作テーブルから「Q3」を選択する。その結果、図33に示す可動体800のパイプ800aは、A→B→Aの順に動作することになる。
ステップS362においては、サブCPU206は、目押しが失敗したものと判断し、ステップS363において、図32に示す可動体の動作テーブルから「Q4」を選択する。その結果、図33に示す可動体800のパイプ800aは、動作しない。この処理が終了したならば、ステップS364に処理を移す。
ステップS364では、サブCPU206は、3個の各操作ボタン80a、80b、80cの停止操作が終了したか否かを判断し、終了していない場合には、ステップS351に処理を戻して、次の操作ボタンについて同様の処理を実行する。また、3個の各操作ボタン80a、80b、80cについて停止操作が終了した場合には、本処理を終了する。
このように図31に示した回転リール停止処理では、各操作ボタン80a、80b、80cの停止操作のタイミングに応じて、可動体800の動作態様が決定することとなる。
このようにして、本発明の第4実施形態に係る遊技機では、前述した第1実施形態と同様に、スロットゲームが実行された際には、各操作ボタン80a、80b、80を操作することにより、回転駆動中の各回転リール510a、510b、510cが停止すると共に、遊技盤14に設けられた各可動体800が可動する。従って、遊技者による操作が可動体800の可動に影響を与えることになり、遊技者に大きなインパクトを与えることで、遊技に対する意欲を高めさせることが可能となる。
また、各操作ボタン80a、80b、80cを停止操作したタイミングと、所定のタイミングとのタイミング差が所定の差以内である場合(目押しが成功した場合)と、所定の差よりも大きい場合(目押しが失敗した場合)で、可動体800の可動態様が変化する。更に、現在の遊技状態(確変状態、或いは通常状態)に応じて、可動体800の可動態様が変化する。つまり、目押しの成功、失敗により、可動体800の可動態様が変化し、目押しに成功した場合には、現在の遊技状態をより認識し易くなるので、操作ボタン80a、80b、80cの操作に対する意欲を強く持たせることができる。
[第5実施形態]
図34は本発明の第5実施形態におけるパチンコ遊技機10の構成を示す分解斜視図である。図2に示すパチンコ遊技機10においては、回転リール装置500を用いて識別情報の変動、停止を行っているが、図34に示す第5実施形態のパチンコ遊技機10においては、液晶表示装置32を遊技盤14の後方に配置し、回転リール装置500の代わりに液晶表示装置32によって、回転リール510a、510b、510c(図2参照)を画像表示するものである。ここで、図2に示すパチンコ遊技機10における液晶表示装置32は透過性を有する液晶パネルであったが、図31に示す第4実施形態のパチンコ遊技機10においては、液晶表示装置32が透過性を有する液晶パネルである必要はない。
また、図34に示すように、遊技盤14の後方(背面側)にスペーサ31が配設され、このスペーサ31によって液晶表示装置32の前方(前面側)に、遊技球の流路となる空間を形成している。このスペーサ31は、透過性を有した材料で形成されている。なお、本実施形態においてスペーサ31は、透過性を有した材料で形成されているが、本発明はこれに限定されず、例えば、一部が透過性を有する材料で形成されてもよい。また、透過性を有さない材料で形成されてもよい。その他の構成は、図2に示すパチンコ遊技機10と同一であるため、説明は省略する。
そして、変動表示される回転リール510a、510b、510c(図2参照)の画像を各操作ボタン80a、80b、80cの操作によって停止させることにより、遊技者は、大当たり当選か否かを判別することが可能になる。
なお、遊技盤14が透明である別実施形態では、液晶表示装置32の表示領域32aが遊技盤14を通して視認可能に配置されている。また、液晶表示装置32にかえて、例えばプラズマティスプレイ等を用いることもできる。
以上、本発明の遊技機を図示の実施形態に基づいて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、各部の構成は、同様の機能を有する任意の構成のものに置き換えることができる。
例えば、上述した各実施形態では、左手で発射ハンドル26を操作するが、発射ハンドル26を右側に設け、右手で発射ハンドル26を操作するものであっても本発明は適用可能である。また、各実施形態では、遊技球の発射強度を発射パワー増加ボタン82および発射パワー減少ボタン84の操作によって調整されるが、それに限るものではなく、発射ハンドル26の回動量に応じて遊技球の発射強度を調整する機種にも適用可能である。
更に、上述した各実施形態では、遊技状態として、確変状態或いは通常状態を例挙げて説明したが、他の遊技状態の例として、大当たり抽選の結果、大当たりラウンド数とすることも可能である。
また、上述した各実施形態では、遊技状態の報知を、停止操作ボタン80の操作後の可動体600、601、602の動作によって行なっていたが、停止操作ボタン80の操作前の可動体600、601、602の動作と停止操作ボタン80の操作後の可動体600、601、602の動作との両方で行なうようにして良い。すなわち、停止操作ボタン80の操作前の可動体600、601、602の動作と停止操作ボタン80の操作後の可動体600、601、602の動作とを遊技状態に応じて予め対応づけておき、停止操作ボタン80の操作前後の可動体600、601、602の動作によって、遊技状態の報知を行なうようにして良い。
また、上述した実施形態においては、第1種パチンコ遊技機を例に挙げたが、これに限らず、第1種パチンコ遊技機と、羽根モノ、ヒコーキモノと称される第2種パチンコ遊技機との両方を備えたパチンコ遊技機、その他別の態様であってもよい。
遊技者自身による操作が、可動体の可動に影響を与えることにより、遊技者に対してインパクトを与える上で極めて有用である。
本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機における概観を示す斜視図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機における概観を示す分解斜視図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機における遊技盤の概観を示す正面図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機における概観を示す正面図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機における回転リール装置の要部概観を示す斜視図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機における回転リール装置の側面図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において構成される主制御回路および副制御回路を示すブロック図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において用いられるテーブルを示す説明図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機において用いられる可動体の動作テーブルを示す説明図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機の、可動体の可動態様を示す説明図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機の、可動体の可動態様を示す説明図である。 本発明の第1実施形態のパチンコ遊技機の、可動体の可動態様を示す説明図である。 本発明の第2実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第2実施形態のパチンコ遊技機において用いられる可動体の動作テーブルを示す説明図である。 本発明の第3実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第4実施形態のパチンコ遊技機における概観を示す正面図である。 本発明の第4実施形態のパチンコ遊技機において実行される制御処理を示すフローチャートである。 本発明の第4実施形態のパチンコ遊技機において用いられる可動体の動作テーブルを示す説明図である。 本発明の第4実施形態のパチンコ遊技機の、可動体の可動態様の一例を示す説明図である。 本発明の第5実施形態のパチンコ遊技機における概観を示す分解斜視図である。
符号の説明
10 パチンコ遊技機
11 扉
12 本体枠
12a 開口
13 遊技釘
14 遊技盤
14a 表示部
15 遊技領域
16 遊技領域外域
18 ベース枠
19 保護板
20 上皿
22 下皿
25 始動口
26 発射ハンドル
28 灰皿
30 ガイドレール
30a 外レール
30b 内レール
31 スペーサ
32 液晶表示装置
32a 表示領域
33 普通図柄表示器
34a〜34d 特別図柄保留ランプ
35 特別図柄表示器
39 大入賞口
40 シャッタ
46 スピーカ
48 普通電動役物
50a〜50d 普通図柄保留ランプ
51a〜51d ラウンド数表示器
54 通過ゲート
56a〜56d 一般入賞口
57 障害物
60 主制御回路
62 リセット用クロックパルス発生回路
64 初期リセット回路
66 メインCPU
68 メインROM
70 メインRAM
72 シリアル通信用IC
74 ランプ
80 操作ボタン
80a 左操作ボタン
80b 中操作ボタン
80c 右操作ボタン
82 発射パワー増加ボタン
84 発射パワー減少ボタン
104 カウントセンサ
106,108,110,112 一般入賞球センサ
114 通過球センサ
116 始動入賞球センサ
118 普通電動役物ソレノイド
120 大入賞口ソレノイド
124 バックアップクリアスイッチ
126 払出・発射制御回路
128 払出装置
130 発射装置
132 ランプ
150 カードユニット
200 副制御回路
206 サブCPU
208 プログラムROM
210 ワークRAM
212 VDP
216 画像データROM
218 D/Aコンバータ
220 初期リセット回路
230 音声制御回路
232 音源IC
234 音声データROM
236 増幅器(AMP)
240 駆動回路
242 ドライブ回路
244 装飾データROM
250 表示制御回路
500 回転リール装置
510a,510b,510c 回転リール
520 回転軸
540a,540b,540c 駆動モータ
600,601,602 可動体
800 可動体

Claims (4)

  1. 遊技球が転動する遊技領域を有する遊技盤と、
    前記遊技盤に可動自在に設けられた可動体と、
    所定の条件を満たしたときに、識別情報の変動表示及び停止表示が行われる表示手段と、
    前記表示手段に変動表示された識別情報を、遊技者による停止操作によって停止表示させる停止操作手段と、
    遊技者による前記停止操作手段の停止操作のタイミングに応じて、前記表示手段において変動表示された識別情報を所定の態様で停止表示させるスロットゲームを実行するスロットゲーム実行制御手段と、
    遊技の実行に関する現在の状況である遊技状態に応じて、前記停止操作手段の停止操作の前後に前記可動体を可動させる制御を行う可動体制御手段を備えたことを特徴とする遊技機。
  2. 前記可動体制御手段は、前記停止操作手段の停止操作の前後において、それぞれ前記可動体の可動を制御することを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  3. 前記可動体制御手段は、前記停止操作手段の停止操作のタイミングに応じた態様で、前記可動体の可動を制御することを特徴とする請求項1または請求項2のいずれかに記載の遊技機。
  4. 前記可動体制御手段は、前記停止操作手段が、予め設定された所定のタイミングで停止操作されなかった場合には、前記停止操作手段が停止操作された後の、前記可動体の可動時間が短くなるように設定することを特徴とする請求項1または請求項2または請求項3のいずれかに記載の遊技機。
JP2007198958A 2007-07-31 2007-07-31 遊技機 Pending JP2009034172A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007198958A JP2009034172A (ja) 2007-07-31 2007-07-31 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007198958A JP2009034172A (ja) 2007-07-31 2007-07-31 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009034172A true JP2009034172A (ja) 2009-02-19

Family

ID=40436674

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007198958A Pending JP2009034172A (ja) 2007-07-31 2007-07-31 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2009034172A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5400998B1 (ja) * 2012-11-14 2014-01-29 株式会社藤商事 遊技機
JP5400999B1 (ja) * 2012-11-14 2014-01-29 株式会社藤商事 遊技機

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5400998B1 (ja) * 2012-11-14 2014-01-29 株式会社藤商事 遊技機
JP5400999B1 (ja) * 2012-11-14 2014-01-29 株式会社藤商事 遊技機
JP2014097206A (ja) * 2012-11-14 2014-05-29 Fujishoji Co Ltd 遊技機
JP2014097205A (ja) * 2012-11-14 2014-05-29 Fujishoji Co Ltd 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2009082233A (ja) 遊技機
JP2005296285A (ja) 遊技機
JP2009106522A (ja) 遊技機
JP2006204751A (ja) 遊技機
JP2006204748A (ja) 遊技機
JP2009153596A (ja) 遊技機
JP2006263345A (ja) 遊技機
JP2009034172A (ja) 遊技機
JP2006263363A (ja) 遊技機
JP2006288483A (ja) 遊技機
JP2012045286A (ja) 遊技機
JP2009112616A (ja) 遊技機
JP2009028414A (ja) 遊技機
JP2009034186A (ja) 遊技機
JP2006204750A (ja) 遊技機
JP2009034215A (ja) 遊技機
JP2009006073A (ja) 遊技機
JP2006204749A (ja) 遊技機
JP2005287939A (ja) 遊技機
JP2005237758A (ja) 遊技機
JP2009125377A (ja) 遊技機
JP2005305011A (ja) 遊技機
JP2009028176A (ja) 遊技機
JP2009112615A (ja) 遊技機
JP2009034213A (ja) 遊技機