JP2009029112A - Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid - Google Patents

Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid Download PDF

Info

Publication number
JP2009029112A
JP2009029112A JP2008113047A JP2008113047A JP2009029112A JP 2009029112 A JP2009029112 A JP 2009029112A JP 2008113047 A JP2008113047 A JP 2008113047A JP 2008113047 A JP2008113047 A JP 2008113047A JP 2009029112 A JP2009029112 A JP 2009029112A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid
ink
nozzle
flow path
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2008113047A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Jun Shimazaki
Eiichiro Watanabe
準 島崎
英一郎 渡邊
Original Assignee
Seiko Epson Corp
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2007174306 priority Critical
Priority to JP2007174304 priority
Application filed by Seiko Epson Corp, セイコーエプソン株式会社 filed Critical Seiko Epson Corp
Priority to JP2008113047A priority patent/JP2009029112A/en
Priority claimed from US12/165,843 external-priority patent/US8789905B2/en
Publication of JP2009029112A publication Critical patent/JP2009029112A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To suppress the thickening of liquid at the distal end portions of nozzles in a standby state without using a cap member. <P>SOLUTION: The liquid discharging apparatus, which discharges the liquid from the nozzle on the basis of data, includes a controller which performs a drawing operation in which the liquid is drawn to a side opposite to a discharging direction so as to form space at least at the distal end portion of the nozzle in the standby state where such operation that the liquid is discharged from the nozzle on the basis of the data is not performed. <P>COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT

Description

本発明は、液体吐出装置及び液体吐出方法に関する。 The present invention relates to a process for the liquid ejection apparatus and a liquid discharge.

液体吐出装置の一つとして、インクジェットプリンタが知られている。 As one of the liquid ejection device, an ink jet printer is known. このインクジェットプリンタは、紙や布、フィルムなどの各種媒体に向けて、ヘッドの複数のノズルから液体としてのインクを吐出して印刷を行うものである。 The ink jet printer, paper or cloth, toward the various media, such as films, printing is performed from a plurality of nozzles of the head by ejecting ink as a liquid.

ここで、これらノズルの開口が大気開放されている場合には、ノズルの先端部ではインク中の溶媒たる水分が蒸発し、その結果、時間と伴にインク中における染料等の溶質分比率や顔料等の固形分比率が相対的に高まって、前記先端部のインクが増粘(粘性が高くなること)する虞がある。 Here, in the case where the opening of the nozzle is open to the atmosphere, the tip of the nozzle evaporates solvent serving water in the ink, resulting in solute content ratio or pigment dyes in the ink with time a solid content ratio increased relatively equal, the ink of the tip is likely to thicken (that viscosity is increased). そして、この増粘は、インク滴の吐出量や着弾位置に悪影響を及ぼすだけでなく、過度になるとノズル詰まりを引き起こしてしまう。 Then, this thickening is not only adversely affects the discharge amount and the landing position of ink droplets, thereby causing nozzle clogging becomes excessive.
このため、一般に、プリンタの電源OFF状態や印刷待機状態などの比較的長期に亘り印刷しない時には、ヘッドにおけるノズルの形成面を、キャップ部材で覆ってインク表面近傍の増粘を防いでいる。 Therefore, generally, when not in relatively long period printing, such as a power OFF state and the printing standby state of the printer has a forming surface of the nozzles in the head, to prevent the increase in the viscosity of the ink near the surface is covered with a cap member.

このキャップ部材としては、例えば、略直方体状の箱体であって、その6面の壁部のうちの前記ヘッドに対向させる側の壁部が取り外された5面の壁部からなる有底箱体が使用される。 As the cap member, for example, a substantially rectangular parallelepiped-shaped box body, a bottomed box consisting of a wall portion of the fifth surface wall portion of the side to be facing is removed to the head of the wall portion of the six faces the body is used. そして、当該キャップ部材がヘッドに押しつけられた際には、キャップ部材の4面の壁部がノズルの形成面に当接されるとともに、ノズルの先端縁との間には隙間を介在された状態となり、これにより、ノズルを覆って周囲空間から遮蔽するようになっている(特許文献1を参照)。 Then, the state the cap member when pressed against the head, together with the walls of the four sides of the cap member is brought into contact forming surface of the nozzle, between the leading edge of the nozzle interposed a gap next, thereby, it adapted to shield from the surrounding space to cover the nozzle (see Patent Document 1).
特開2004−230832号公報 JP 2004-230832 JP

ところで、最近では、印刷時間の短縮を目的として、紙等の媒体の幅以上の長さのノズル列(ノズルが一方向に整列したもの)がヘッドに設けられたラインヘッドプリンタの開発が進められている。 Meanwhile, recently, for the purpose of shortening the printing time, the width or length of the nozzle array of the medium such as paper (which nozzles are aligned in one direction) is being developed line head printer provided in the head ing. そして、このラインヘッドプリンタによれば、通常のシリアルプリンタでは必須であった印刷中のヘッドの往復移動動作を省略可能となり、つまり、ヘッドは所定位置に固定された状態で、当該ヘッドに対して搬送される媒体に向けてインクを吐出するだけで媒体への画像の印刷を可能とし、その結果として、印刷の高速化が図られている。 Then, according to the line head printer, optional and becomes the reciprocating movement of the head during printing which was essential in the conventional serial printer, i.e., the head is in a state of being fixed in position, relative to the head toward the medium to be conveyed to allow the printing of images on only medium for ejecting ink, as a result, high-speed printing is achieved.

しかしながら、このラインヘッドプリンタの場合には、ヘッドのノズル列の全長が長くなることから、必然的に当該ノズル列を覆うキャップ部材の全長も長くする必要があるが、前述の有底箱体状のキャップ部材を長く成型するのは技術上の問題(ひしゃげる等)も多く、キャップ部材の省略が望まれていた。 However, this line in the case of head printer, since the total length of the nozzle array of the head is long, inevitably there is a need also to lengthen the overall length of the cap member for covering the nozzle columns, bottomed box body like above of the molding longer cap member technical problems (Hishageru etc.) much, omission of the cap member has been desired.

本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、その目的は、ノズルを覆うキャップ部材を用いずに、印刷待機状態におけるノズルの先端部の液体の増粘を抑制可能な液体吐出装置及び液体吐出方法を実現することにある。 The present invention has been made in view of the above problems, without using a cap member for covering the nozzles, the liquid ejecting apparatus and capable of suppressing increase in viscosity of the liquid in the tip of the nozzle in the printing standby state It is to achieve a liquid ejection method.

前記目的を達成するための主たる発明は、 The main invention for achieving the above object,
データに基づいてノズルから液体を吐出する液体吐出装置において、 A liquid discharge apparatus for discharging liquid from a nozzle on the basis of the data,
前記データに基づく前記ノズルからの液体の吐出を実行していない待機状態の時に、少なくとも前記ノズルの先端部に空間が形成されるように前記液体を吐出方向と逆側に引き込む動作を行うコントローラと、 In the standby state in which the discharge is not the execution of the liquid from the nozzle based on the data, and a controller for performing an operation to draw the liquid in the ejection direction opposite side to the space at the tip portion of at least the nozzle is formed ,
を備えたことを特徴とする液体吐出装置である。 A liquid discharge apparatus characterized by comprising a.

本発明の他の特徴は、本明細書及び添付図面の記載により明らかにする。 Another feature of the present invention will become apparent from the description in this specification and the accompanying drawings.

本明細書及び添付図面の記載により、少なくとも以下の事項が明らかとなる。 The description of this specification and the accompanying drawings, at least the following matters will be made clear.

データに基づいてノズルから液体を吐出する液体吐出装置において、 A liquid discharge apparatus for discharging liquid from a nozzle on the basis of the data,
前記データに基づく前記ノズルからの液体の吐出を実行していない待機状態の時に、少なくとも前記ノズルの先端部に空間が形成されるように前記液体を吐出方向と逆側に引き込む動作を行うコントローラと、 In the standby state in which the discharge is not the execution of the liquid from the nozzle based on the data, and a controller for performing an operation to draw the liquid in the ejection direction opposite side to the space at the tip portion of at least the nozzle is formed ,
を備えたことを特徴とする液体吐出装置。 A liquid ejection apparatus characterized by comprising a.
このような液体吐出装置によれば、前記待機状態におけるノズルの先端部の液体の増粘を、キャップ部材を用いること無く抑制可能となる。 With this liquid ejection apparatus, a thickening of the fluid tip of the nozzle in the standby state, it is possible without inhibiting the use of the cap member. この理由は、次のとおりである。 The reason for this is as follows.
待機状態では、液体は吐出方向と逆側に引き込まれるので、これにより、ノズル内の液体の液面は、ノズルの外側の空間から遠く離されて、当該外側の空間で生じ得る風に当たり難くなる。 In the standby state, since the liquid is drawn into the ejection direction opposite side, Thus, the liquid level of the liquid in the nozzle is spaced away from the space outside of the nozzle, hardly hit the wind may occur in the outer space . その結果、液面からの水分の蒸発が抑えられ、液体の増粘が抑制される。 As a result, suppresses evaporation of water from the liquid surface, thickening of the liquid is suppressed. また、上記の引き込む動作によりノズルの先端部には空間が形成されているが、当該空間は、ノズルの内周壁面に囲まれて空気の移動の少ない所謂よどみ点となっている。 Further, the tip of the nozzle by the operation of pulling the said formed space, but the space is surrounded by the inner peripheral wall surface of the nozzle becomes smaller so-called stagnation point of the air movement. よって、このよどみ点の空気の滞留によって、当該よどみ点の空間も保湿され、その結果、ノズル内の液体の液面からの蒸発が抑えられ、液体の増粘が抑制される。 Thus, the stagnation of air in the stagnation point, the space of the stagnation point is also moisturized, so that evaporation from the liquid surface of the liquid in the nozzle is suppressed, thickening of the liquid is suppressed.

かかる液体吐出装置であって、 In the liquid ejecting apparatus,
前記待機状態の時に、前記ノズルの先端部にのみ空間が形成されるように前記液体を吐出方向と逆側に引き込む動作を前記コントローラは行うのが望ましい。 Wherein in the standby state, the controller operation to draw the liquid such that a space is formed only at the tip of the nozzle in the ejection direction opposite side is desirably performed.
このような液体吐出装置によれば、前記ノズルの先端部にのみ空間が形成されるように前記液体を引き込むので、液体を吐出可能な状態に復帰するための作業を、短時間で行えるようになる。 With this liquid ejection apparatus, the draw said liquid such that a space is formed only at the tip of the nozzle, the work for returning the liquid to the ejection ready, to allow a short time Become.

かかる液体吐出装置であって、 In the liquid ejecting apparatus,
前記液体は、該液体を貯留するタンクから流路を通して前記ノズルへ供給されるとともに、前記流路にはポンプが設けられ、 The liquid is supplied to the nozzle through a flow path from the tank for storing the liquid, a pump is provided in the flow path,
前記コントローラはタイマーを有し、 Wherein the controller includes a timer,
前記引き込み動作の後であって、前記タイマーに基づきカウントされた所定時間の経過後に、前記ノズル及び前記流路に存在する全ての液体を前記ポンプによって前記タンク内に回収するのが望ましい。 Even after the pull-in operation, after a counted predetermined time based on the timer, it is desirable to recover all the liquid present in the nozzle and the flow path in said tank by said pump.
このような液体吐出装置によれば、待機状態が長い場合に、前記ノズル及び前記流路に存在する全ての液体を、前記タンク内に回収する。 According to such a liquid discharge apparatus, when the standby state is long, all of the liquid present in the nozzle and the flow path, collecting in said tank. よって、待機状態が長いほど起き易い液体の増粘を確実に抑制可能となる。 Therefore, it is possible reliably suppress thickening of easy liquid occurs standby state longer.

かかる液体吐出装置であって、 In the liquid ejecting apparatus,
前記待機状態の時は、電源OFF指令を受信した後であることが望ましい。 When the standby state is desirably after receiving a power OFF command.
このような液体吐出装置によれば、電源OFF状態におけるノズルの先端部の液体の増粘を、キャップ部材を用いること無く抑制可能となる。 With this liquid ejection apparatus, the thickening of the liquid in the tip of the nozzle in the power OFF state, it is possible without inhibiting the use of the cap member. この理由は、次のとおりである。 The reason for this is as follows. 電源OFF状態では、液体は吐出方向と逆側に引き込まれるので、これにより、ノズル内の液体の液面は、ノズルの外側の空間から遠く離されて、当該外側の空間で生じ得る風などに当たり難くなる。 The power OFF state, the liquid is drawn into the ejection direction opposite side, thereby, the liquid level of the liquid in the nozzle is spaced away from the space outside the nozzle, per such wind that may occur in the outer space It becomes hard. その結果、液面からの水分の蒸発が抑えられ、液体の増粘が抑制される。 As a result, suppresses evaporation of water from the liquid surface, thickening of the liquid is suppressed. また、上記の引き込む動作によりノズルの先端部には空間が形成されているが、当該空間は、ノズルの内周壁面に囲まれて空気の移動の少ないよどみ点となっている。 Further, the tip of the nozzle by the operation of pulling the said formed space, but the space is surrounded by the inner peripheral wall surface of the nozzle becomes small stagnation point of the air movement. よって、このよどみ点の空気の滞留により、当該よどみ点の空間も保湿され、その結果、ノズル内の液体の液面からの蒸発が抑えられ、液体の増粘が抑制される。 Thus, the stagnation of air in the stagnation point, the space of the stagnation point is also moisturized, so that evaporation from the liquid surface of the liquid in the nozzle is suppressed, thickening of the liquid is suppressed.

かかる液体吐出装置であって、 In the liquid ejecting apparatus,
前記液体は、該液体を貯留するタンクから流路を通して前記ノズルへ供給されるとともに、前記流路にはポンプが設けられ、 The liquid is supplied to the nozzle through a flow path from the tank for storing the liquid, a pump is provided in the flow path,
前記電源OFF指令を受信した後に、前記ノズル及び前記流路に存在する全ての液体を、前記ポンプによって前記タンク内に回収するのが望ましい。 After receiving the power supply OFF command, all liquid present in the nozzle and the flow path, it is desirable to recover the tank by the pump.
このような液体吐出装置によれば、電源OFF状態においては、前記ノズル及び前記流路に存在する全ての液体を、前記タンク内に回収する。 With this liquid ejection apparatus, in a power OFF state, all the liquid present in the nozzle and the flow path, collecting in said tank. よって、電源OFF状態における液体の増粘を有効に抑制可能となる。 Therefore, the effectively possible suppress the thickening of the liquid in the power OFF state.

かかる液体吐出装置であって、 In the liquid ejecting apparatus,
媒体を搬送方向に搬送する搬送機構と、前記搬送方向と交差する方向に沿って複数の前記ノズルが並んで設けられたヘッドと、を有し、 Includes a transport mechanism for transporting the medium in the conveying direction, a head provided side by side a plurality of the nozzles along a direction intersecting the transport direction, and
前記搬送機構によって前記媒体を搬送中に、移動停止状態の前記ヘッドの前記ノズルから、前記媒体へ向けて液体が吐出されるのが望ましい。 During conveying the medium by the conveying mechanism, from the nozzle of the head of the movement stop state, it is desirable that liquid is discharged toward the medium.
このような液体吐出装置によれば、キャップ部材を用いずに、待機状態におけるノズルの先端部の液体の増粘を抑制可能となるという作用効果を効果的に享受できる。 With this liquid ejection apparatus, without using the cap member, it can be effectively yield the actions and effects of the thickening of the liquid in the tip of the nozzle becomes possible suppression in the standby state. すなわち、上記のヘッドは、所謂ラインヘッドプリンタに用いられるラインヘッドであるが、このラインヘッドの場合、キャップ部材でノズルを覆うためには長いキャップ部材が必要となって、その成型は製造技術上難しいが、ここで、このラインヘッドにあっても、キャップ部材を省略できるので、製造技術上の問題を回避できる。 That is, the head is a line head for use in so-called line head printer, in this case a line head, it is required long cap member to cover the nozzle cap member, the molding manufacturing techniques difficult, where, even in this line head, it is possible to omit the cap member, it is possible to avoid the problem of the manufacturing technique.

かかる液体吐出装置であって、 In the liquid ejecting apparatus,
前記液体はインクであっても良い。 The liquid may be ink. ここで、インクは水性インクも油性インクも含むものとする。 Here, the ink is assumed to aqueous inks including oil-based ink.
また、 Also,
データに基づいてノズルから液体を吐出するステップと、 A method for ejecting liquid from a nozzle on the basis of the data,
前記データに基づく前記ノズルからの液体の吐出を実行していない待機状態の時に、少なくとも前記ノズルの先端部に空間が形成されるように前記液体を吐出方向と逆側に引き込むステップと、 Wherein in the standby state in which the discharge does the running of the liquid from the nozzle based on the data, the steps of pulling the liquid to the space at the tip portion of at least the nozzles are formed in the ejection direction opposite side,
を備えたことを特徴とする液体吐出方法。 Liquid discharging method characterized by comprising a.
このような液体吐出方法によれば、前記待機状態におけるノズルの先端部の液体の増粘を、キャップ部材を用いること無く抑制可能となる。 According to this liquid ejecting method, the thickening of the liquid tip of the nozzle in the standby state, it is possible without inhibiting the use of the cap member.

===印刷システム100の構成=== === configuration of the printing system 100 ===
本実施形態の液体吐出装置を用いた印刷システム100の一実施形態について、図面を参照しながら説明する。 An embodiment of a printing system 100 which uses a liquid discharge apparatus of the present embodiment will be described with reference to the drawings.

図1は、印刷システム100の外観構成を示した説明図である。 Figure 1 is an explanatory diagram showing the external configuration of the printing system 100. この印刷システム100は、液体吐出装置としてのプリンタ1と、コンピュータ110と、表示装置120と、入力装置130と、記録再生装置140と、を備えている。 The printing system 100 includes a printer 1 serving as a liquid ejecting apparatus, a computer 110, a display device 120 includes an input device 130, a recording and reproducing apparatus 140, a. プリンタ1は、紙や布等の媒体に向けてインク滴を吐出して画像を印刷するインクジェットプリンタである。 The printer 1 is an inkjet printer that prints an image by ejecting ink droplets toward the medium of paper or cloth. コンピュータ110は、プリンタ1と通信可能に接続されており、プリンタ1に画像を印刷させるため、印刷させる画像に応じた印刷データをプリンタ1に出力する。 Computer 110, the printer 1 is communicably connected, for printing an image to the printer 1, and outputs print data corresponding to an image to be printed by the printer 1.
コンピュータ110にはプリンタドライバがインストールされている。 The printer driver is installed on the computer 110. プリンタドライバは、アプリケーションプログラムから出力された画像データを印刷データに変換させるためのプログラムである。 The printer driver is a program for converting the image data output from an application program into print data.

図2は、プリンタドライバが行う各種処理の説明図である。 Figure 2 is an illustration of various processes by the printer driver performs. プリンタドライバは、アプリケーションプログラムから画像データを受け取り、プリンタ1が解釈できる形式の印刷データに変換し、印刷データをプリンタ1に出力する。 The printer driver receives image data from the application program, and converted into print data in a format that can be interpreted by the printer 1, and outputs the print data to the printer 1. アプリケーションプログラムからの画像データを印刷データに変換する際に、プリンタドライバは、図2に示す解像度変換処理・色変換処理・ハーフトーン処理を行う。 When converting the image data from the application program into print data, the printer driver performs resolution conversion processing, color conversion processing and halftone processing shown in FIG.

解像度変換処理(S110)では、アプリケーションプログラムから出力された画像データ(テキストデータやイメージデータなど)を、紙に印刷する際の印刷解像度(例えば1600dpi×1600dpi)に変換する。 The resolution conversion process (S110), converts the image data output from an application program (such as text data or image data), the print resolution for printing on paper (e.g., 1600 dpi × 1600 dpi). なお、解像度変換処理後の画像データの各画素データは、RGB色空間により表される多階調(例えば256階調)のRGBデータである。 Each pixel data of the image data after the resolution conversion processing is RGB data of multi-gradation represented by the RGB color space (for example, 256 gradations).

色変換処理(S120)では、色変換ルックアップテーブルを参照して、前記RGBデータをCMYK色空間により表されるCMYKデータに変換する。 In the color conversion process (S120), with reference to the color conversion look-up table, it converts the RGB data into CMYK data expressed in CMYK color space. なお、色変換処理後の画素データは、CMYK色空間により表される256階調のCMYKデータである。 The pixel data after the color conversion processing is CMYK data with 256 gradations expressed in CMYK color space.

ハーフトーン処理(S130)では、高階調数のデータを、プリンタ1が形成可能な少階調数のデータに変換する。 The halftone process (S130), the data of the high gradation number, the printer 1 converts the Shokaicho number of data that can be formed. ハーフトーン処理された画像データたる印刷データは、上述の印刷解像度(例えば1600dpi×1600dpi)と同等の解像度を有する。 Halftoned image data serving print data has a resolution equivalent to the above-described printing resolution (e.g. 1600 dpi × 1600 dpi). ハーフトーン処理後の画像データ(印刷データ)では、例えば、印刷すべき画像の画素ごとに画素データが対応付けられており、画素データは各画素でのドットの形成状況(ドットの有無や大きさ等)を示すデータになる。 The image data after the halftone process (print data), for example, and the pixel data corresponding to each pixel of the image to be printed, the pixel data is the presence or absence and the size of the forming conditions (dots of the dot in each pixel It becomes the data that shows etc.).

以上の解像度変換処理・色変換処理・ハーフトーン処理を経て生成された印刷データは、プリンタドライバによりプリンタ1に送信される。 More print data generated by the resolution conversion processing, color conversion processing and halftone processing is sent to the printer 1 by the printer driver.

===プリンタ1の構成=== === of the printer 1 configuration ===
<<<インクジェットプリンタ1の構成>>> <<< inkjet printer 1 configured >>>
図3はプリンタ1の全体構成のブロック図である。 Figure 3 is a block diagram of the overall configuration of the printer 1. 図4はプリンタ1の縦断面図である。 Figure 4 is a longitudinal sectional view of the printer 1.
図3に示すように、プリンタ1は、搬送ユニット20、ヘッドユニット40、インク増粘防止ユニット70、検出器群50、操作パネル66、及び、コントローラ60を有する。 As shown in FIG. 3, the printer 1 includes a transport unit 20, head unit 40, ink thickening prevention unit 70, a detector group 50, the operation panel 66 and includes a controller 60.
外部装置であるコンピュータ110から印刷データを受信したプリンタ1は、コントローラ60によって各ユニット(搬送ユニット20、ヘッドユニット40等)を制御する。 The printer 1 receives print data from the computer 110 which is an external device, controls the various units 60 (the transport unit 20, the head unit 40, etc.) to control. すなわち、コントローラ60は、コンピュータ110から受信した印刷データに基づいて各ユニットを制御し、紙に画像を印刷する。 That is, the controller 60 controls each unit based on the print data received from the computer 110 to print an image on paper. プリンタ1内の状況は検出器群50によって監視されており、検出器群50は、検出結果をコントローラ60に出力する。 Conditions within the printer 1 is monitored by the detector group 50, a detector group 50 outputs the detection result to the controller 60. コントローラ60は、検出器群50から出力された検出結果に基づいて、各ユニットを制御する。 The controller 60, based on the detection result output from the detector group 50, and controls each unit.

<搬送ユニット20> <Transport unit 20>
搬送ユニット20(搬送機構に相当)は、紙を搬送方向に搬送させるためのものであり、図4に示すように、搬送方向の上流から下流へかけて順に、給紙ローラ21と、搬送ローラ23Aと、プラテン25と、排紙ローラ27Aとを有している。 Transport unit 20 (corresponding to the transport mechanism) is for transporting the paper in the carrying direction, as shown in FIG. 4, in order over the upstream in the transport direction downstream, a feed roller 21, conveying rollers and 23A, a platen 25, and a discharge roller 27A.
給紙ローラ21は、給紙トレー22の紙をプリンタ1内に給紙するためのローラであり、DCモータからなる給紙モータ(不図示)により回転駆動される。 Sheet feeding roller 21 is a roller for feeding the paper sheet feeding tray 22 in the printer 1, it is rotatably driven by a feed motor (not shown) comprising a DC motor.
搬送ローラ23Aは、給紙ローラ21から受け渡された紙を搬送方向の下流のプラテン25へ搬送するものである。 Transport roller 23A is intended to convey the delivered paper from the paper feed roller 21 in the conveying direction of the downstream platen 25. この搬送ローラ23Aは、DCモータからなる搬送モータ(不図示)によって回転駆動される。 The conveying roller 23A is rotated by a conveying motor comprising a DC motor (not shown).
プラテン25は、印刷中の紙を下方から支持すべく搬送ローラ23Aと排紙ローラ27Aとの間に配置された支持部材であり、印刷ヘッド41の下面41aのノズルと対向して設けられている。 The platen 25 is a support member disposed between the conveying roller 23A and the discharge roller 27A so as to support the paper being printed from below, is provided with nozzles facing the lower surface 41a of the print head 41 .
排紙ローラ27Aは、プラテン25上にて印刷された紙を、更に搬送方向の下流側へと搬送して、プリンタ1の外側に排出するローラである。 Discharge roller 27A is a paper that has been printed by the platen 25 above, further conveyed to the downstream side in the transport direction, it is a roller for discharging to the outside of the printer 1. この排紙ローラ27Aも、適宜なギア列を介して前記搬送モータに連結され、同搬送モータによって回転駆動される。 The discharge roller 27A is also connected to the transport motor via a suitable gear train, it is rotatably driven by the conveying motor.

<ヘッドユニット40> <Head unit 40>
ヘッドユニット40は、紙にインク滴を吐出するためのものである。 The head unit 40 is for ejecting ink droplets onto paper. ヘッドユニット40は印刷ヘッド41を有し、この印刷ヘッド41の下面41a(プラテン25と対向する面)には、インク滴を吐出するための複数のノズルが設けられている。 The head unit 40 has a print head 41, the lower surface 41a of the print head 41 (platen 25 facing the surface), a plurality of nozzles for ejecting ink droplets is provided. そして、搬送中の紙に対してノズルからインク滴を吐出することによって、紙にドットを形成し、これにより紙に画像が印刷される。 Then, by ejecting ink droplets from the nozzles to the paper being transported, the dot was formed on the paper, thereby an image is printed on paper. 印刷ヘッド41の構成については後述する。 It will be described later configuration of the print head 41.

<インク増粘防止ユニット70> <Ink thickening prevention unit 70>
インク増粘防止ユニット70は、印刷ヘッド41のノズル内のインク表面近傍の増粘を抑制するためのものであり、ノズル内のインクを吐出方向と逆側に引き込むためのチューブポンプ72等を有する。 Ink thickening prevention unit 70 is for suppressing the increase in the viscosity of the ink near the surface of the nozzle of the print head 41 has a tube pump 72 or the like to draw the ink in the nozzles in the ejection direction opposite side . これについては後述する。 This will be described later.

<検出器群50> <Detector group 50>
検出器群50には、ロータリー式エンコーダ(不図示)や、第1紙検出センサ53a、第2紙検出センサ53bなどが含まれる(図4を参照)。 The detector group 50, and a rotary encoder (not shown), the first sheet detection sensor 53a, and the like second paper detection sensor 53b (see Figure 4). ロータリー式エンコーダは、搬送ローラ23Aや排紙ローラ27Aの回転量を検出する。 The rotary encoder detects the rotational amount of the conveying roller 23A and the paper discharge roller 27A. ロータリー式エンコーダの検出結果に基づいて、紙の搬送量を検出することができる。 Based on the detection results of the rotary encoder, it is possible to detect the transport amount of the paper. 第1紙検出センサ53aは、給紙中の紙の先端の位置を検出するものであり、図4に示すように、給紙ローラ21と搬送ローラ23Aとの間に設けられている。 The first paper detection sensor 53a is for detecting the position of the front end of the paper in the paper feed, as shown in FIG. 4, is provided between the paper feed roller 21 and the transport roller 23A. 第2紙検出センサ53bは、搬送中の紙の尾端の位置を検出するものであり、印刷ヘッド41と排紙ローラ27Aとの間に設けられている。 The second paper detection sensor 53b is used to detect the position of the tail end of the paper being conveyed, it is provided between the print head 41 and the discharge roller 27A.

<操作パネル66> <Operation panel 66>
操作パネル66には、電源ボタン等の各種操作ボタンが設けられている。 The operation panel 66, various operation buttons are provided such as a power button. 電源ボタンは、プリンタ1の電源を投入/解除するためのON/OFFスイッチである。 The power button is the power of the printer 1 is ON / OFF switch for on / release. そして、電源ボタンは、後述のコントローラ60と信号線により通信可能に接続されており、電源ボタンの押下の際には、電源ON信号がコントローラ60へ送信される一方、再度の電源ボタンの押下の際には、電源OFF指令がコントローラ60に送信され、この電源OFF指令の受信後に、コントローラ60はプリンタ1の電源を解除する。 The power button is communicably connected by the controller 60 and the signal lines will be described later, upon depression of the power button, while the power supply ON signal is sent to the controller 60, the depression of the power button again the time, power OFF command is sent to the controller 60, after receiving the power supply OFF command, the controller 60 releases the power of the printer 1.

<コントローラ60> <Controller 60>
コントローラ60は、プリンタ1の制御を行うための制御ユニットであり、インターフェース部61と、CPU62と、メモリ63と、ユニット制御回路64と、タイマー65とを有する。 The controller 60 has a control unit for controlling the printer 1, an interface section 61, a CPU 62, a memory 63, a unit control circuit 64, and a timer 65. インターフェース部61は、外部装置であるコンピュータ110とプリンタ1との間で印刷データ等のデータの送受信を行う。 Interface unit 61 transmits and receives data such as print data between the computer 110 and the printer 1 is an external device. CPU62は、プリンタ1全体の制御を行うための演算処理装置である。 CPU62 is an arithmetic processing unit for controlling the entire printer 1. メモリ63は、CPU62のプログラムを格納する領域や作業領域等を確保するためのものであり、RAM、EEPROM等の記憶素子を有する。 The memory 63 is for ensuring a working region and a region for storing the CPU62 program has a RAM, and a storage element such as an EEPROM. CPU62は、メモリ63に格納されているプログラムに従って、ユニット制御回路64を介して各ユニットを制御する。 CPU62 in accordance with programs stored in the memory 63, controls the various units via the unit control circuit 64. タイマー65は時間をカウントする。 The timer 65 counts the time.

<<<印刷ヘッド41>>> <<< print head 41 >>>
図5は、印刷ヘッド41の下面41aに設けられたノズルの配列図である。 Figure 5 is a sequence view of a nozzle provided on the lower surface 41a of the print head 41. 印刷ヘッド41の下面41aには、ブラック(K)、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロ(Y)の色毎にそれぞれ複数のノズル♯1〜♯nからなるノズル列411が、搬送方向に相互に間隔をあけつつ平行に配置されている。 The lower surface 41a of the print head 41 of black (K), cyan (C), magenta (M), a nozzle row 411 comprising each of a plurality of nozzles ♯1~♯n for each color of yellow (Y) is, the transport direction It is disposed parallel to while spaced to each other.

各ノズル列411の各ノズル♯1〜♯nは、紙の搬送方向と直交する紙幅方向に沿う直線上に、所定のノズルピッチPで配置されている。 Each nozzle ♯1~♯n of each nozzle array 411 is, on a straight line along the paper width direction perpendicular to the conveying direction of the paper, are arranged at a predetermined nozzle pitch P. このノズルピッチPは、前述した紙幅方向の印刷解像度の最大値に基づいて定まっており、例えば、同最大値が1600dpiの場合には、ノズルピッチPは1/1600(inch)である。 The nozzle pitch P is definite on the basis of the maximum value of the sheet width direction of the print resolution described above, for example, when the maximum value is 1600dpi, the nozzle pitch P is 1/1600 (inch). また、各ノズル列411の紙幅方向の全長Lは、紙の紙幅方向の最大幅Wcよりも長くなっており、これにより、当該印刷ヘッド41は、所謂ラインヘッドとして機能する。 Further, the overall length L of the paper width direction of each nozzle array 411 is longer than the maximum width Wc of the width direction of the paper, thereby, the print head 41 functions as a so-called line head. すなわち、印刷処理においては、印刷ヘッド41は所定位置に固定された状態で、単に、搬送方向の上流から搬送されてくる紙に向けてインク滴を吐出することにより印刷が行われる。 That is, in the printing process, while the print head 41 fixed to a predetermined position, simply printing is performed by ejecting ink droplets toward the paper conveyed from the upstream in the conveying direction.

各ノズル#1〜#nには、インクを滴状にして吐出するための駆動素子としてピエゾ素子(不図示)が設けられている。 Each nozzle # 1~ # n, a piezo element (not shown) is provided as drive element for discharging the ink dropwise. ピエゾ素子は、その両端に設けられた電極間に所定時間幅の電圧を印加すると、電圧の印加時間に応じて伸張し、インクの流路の側壁を変形させる。 Piezoelectric element, when a voltage of a predetermined duration is applied between electrodes provided at both ends, and stretched in accordance with the application time of the voltage, to deform the side walls of the ink channel. これによって、インクの流路の体積がピエゾ素子の伸縮に応じて収縮し、この収縮分に相当するインクが、インク滴となって各色の各ノズル#1〜#nから吐出される。 Thus, the volume of the ink channel is constricted according to the expansion and contraction of the piezoelectric element, and ink corresponding to the reduced volume is discharged as ink droplets from the nozzles #. 1 to # n of each color. 各ピエゾ素子の駆動は、印刷データの各画素データに基づいて行われる。 Driving each piezoelectric element is performed based on the pixel data of the print data.

ところで、印刷ヘッド41へのインクの供給は、プリンタ1内に配置されたインクタンク43によってなされる。 Meanwhile, the supply of ink to the print head 41 is made by ink tanks 43 disposed in the printer 1. すなわち、図6の模式図に示すように、ヘッドユニット40は、CMYKの色毎にインクを貯留するインクタンク43を有しており、各インクタンク43からは、それぞれに供給チューブ45(流路に相当)によって印刷ヘッド41内の各ノズルへと、対応する色のインクが供給される。 That is, as shown in the schematic diagram of FIG. 6, the head unit 40 has an ink tank 43 for storing ink for each CMYK color from the ink tanks 43, supply tubes 45 (flow channel, respectively to the nozzles in the print head 41 by equivalent), the ink of the corresponding color is supplied. 詳しくは、印刷ヘッド41内には、各ノズルに連通するインクの流路がインク色毎に形成されているとともに、各流路におけるインクタンク43側の端には、前記供給チューブ45がそれぞれに接続されており、これにより、インクタンク43内のインクが印刷ヘッド41へ供給される。 For details, in the print head 41, together with the ink channel communicating with each nozzle is formed for each ink color, at an end of the ink tank 43 side of the flow paths, the supply tube 45 are each are connected, thereby, the ink in the ink tank 43 is supplied to the print head 41.

ちなみに、インクの供給を確実に行うべく、インクタンク43内のインクは、加圧供給されている。 Incidentally, in order reliably to supply the ink, the ink in the ink tank 43 is supplied under pressure. すなわち、各インクタンク43内には、対応するインクが、当該インクを収容した密封袋43aの形態で収容されているとともに、前記インクタンク43内における前記密封袋43aの周囲空間の気圧は、加圧ポンプ47によって加圧されている。 That is, within each ink tank 43, the corresponding ink, with is accommodated in the form of a sealed bag 43a which accommodates the ink, atmospheric pressure around the space of the sealed bag 43a within the ink tank 43 is pressurized It is pressurized by pressure pump 47. よって、当該気圧により密封袋43aは軽く押し潰されて、これにより、密封袋43a内のインクが前記供給チューブ45の方へと押し出される形でインクは印刷ヘッド41へと供給される。 Therefore, the sealed bag 43a by the pressure being crushed lightly, thereby, the ink in the form of ink in the sealed bag 43a is pushed out toward the feed tube 45 is supplied to the print head 41. なお、同図6中に示されたポンプ72及び弁78は、インク増粘防止ユニット70に関する機器であり、これについては後述する。 Incidentally, the pump 72 and valve 78 shown in FIG. 6 is a device relating to the ink thickening prevention unit 70, which will be described later.

===印刷処理=== === printing process ===
図7は、印刷処理のフロー図である。 Figure 7 is a flow diagram of a printing process. なお、これら各動作は、コントローラ60が、メモリ63内に格納されたプログラムに従って、各ユニットを制御することにより実行される。 Incidentally, each of these operations, the controller 60, in accordance with a program stored in memory 63 and executed by controlling each unit. このプログラムは、各動作を実行するためのコードを有する。 This program has codes for executing the operation.
印刷処理は、コンピュータ110から送信された印刷命令をコントローラ60が受信したら実行される。 Printing process, the print instruction transmitted from the computer 110 the controller 60 is executed when receiving. この印刷命令は、例えば、コンピュータ110から送信される印刷データのヘッダに含まれている。 This print instruction, for example, are included in the header of the print data transmitted from the computer 110. そうしたら、コントローラ60は、受信した印刷データに含まれる各種コマンドの内容を解析し、各ユニットを用いて、以下の給紙動作・搬送動作・インク吐出動作・排紙動作等を行う。 Soshitara, the controller 60 analyzes the content of the various commands included in the print data received, with each unit, performs the following sheet feeding operation and conveying operation, the ink discharging operation, the sheet discharge operation and the like.

最初に、コントローラ60は給紙動作を行う(S202)。 First, the controller 60 performs the feeding operation (S202). 給紙動作は、印刷すべき紙の先端をプリンタ1内の所定の印刷開始位置まで搬送する動作である。 Feeding operation is an operation for conveying the front end of the paper to be printed to a predetermined print start position in the printer 1. すなわち、コントローラ60は、給紙モータを駆動して図4の給紙ローラ21を回転させ、給紙トレー22の紙を搬送ローラ23Aまで送り、続いて、搬送モータを駆動して搬送ローラ23Aを回転させ、給紙ローラ21から送られてきた紙を下流へ送り、その先端が前記印刷開始位置に到達したら停止する。 That is, the controller 60 drives the feed motor to rotate the paper feed roller 21 in FIG. 4, sends a paper supply tray 22 to the conveyance roller 23A, then, the conveying roller 23A by driving the conveyance motor rotate, feed the paper that has been fed from the paper feed roller 21 to the downstream stop When the leading edge reaches the print start position. この印刷開始位置は、例えば、印刷ヘッド41と搬送ローラ23Aとの間であって、しかも、印刷ヘッド41の何れのノズルとも対向しない位置である。 The print start position is, for example, be between the print head 41 and the transport roller 23A, moreover, is a position that does not face with any of the nozzles of the print head 41. なお、この印刷開始位置への到達は、前記第1紙検出センサ53aに基づいて検出される。 Incidentally, reaching the print start position is detected based on the first paper detection sensor 53a.

次に、コントローラ60は搬送動作を開始する(S204)。 Next, the controller 60 starts a conveying operation (S204). 搬送動作は、搬送モータを駆動して搬送ローラ23Aにより紙を搬送方向の下流へと所定の搬送速度で搬送する動作である。 Transport operation is an operation for transporting the paper to the downstream in the conveying direction at a predetermined conveying speed by the conveying roller 23A by driving the conveyance motor. そして、この搬送動作中に、印刷ヘッド41からインク滴を吐出するインク吐出動作が行われる(S206)。 Then, during the conveying operation, the ink ejection operation of ejecting ink droplets is performed from the print head 41 (S206).
このインク吐出動作においては、印刷データに基づいて各ノズル列411のノズルからインク滴が断続的に吐出され、その結果、紙上には、搬送方向に沿って複数のドットが並んで形成されるとともに、紙幅方向には、各ノズル列411のノズルピッチPで、ドットが形成される。 In the ink ejection operation, ink droplets from the nozzles of each nozzle array 411 on the basis of the print data is intermittently ejected, so that the paper, while being formed side by side a plurality of dots along the conveying direction , the paper width direction, at a nozzle pitch P of the nozzle rows 411, dots are formed. なお、このインク吐出動作は、印刷中の紙に印刷すべき他のデータがなくなったら終了する。 Incidentally, the ink ejection operation is more data to be printed onto the paper being printed is finished to when they are no longer.

しかる後、紙の尾端が、印刷ヘッド41よりも下流側の排紙開始位置に到達したら搬送動作を終了して(S208)、排紙動作(S210)を行う。 Thereafter, the paper tail is performed to end the conveying operation when it reaches the sheet discharging start position downstream of the print head 41 (S208), the paper discharge operation (S210). 排紙動作は、搬送モータによって駆動される排紙ローラ27Aにより、前記搬送動作の搬送速度よりも高速で紙を下流へ搬送する動作であり、これにより、紙は、プリンタ1の外へと高速で排出される。 Discharging operation is by the discharge roller 27A is driven by the transport motor, than the conveying speed of the conveying operation is an operation for transporting the paper to the downstream at a high speed, thereby, high-speed paper to the outside of the printer 1 in are discharged. ちなみに、紙の尾端の前記排紙開始位置への到達は、前記第2紙検出センサ53bによって検出される。 Incidentally, reaching the sheet discharge starting position of the paper tail is detected by the second paper detection sensor 53b.

そうしたら、コントローラ60は、印刷処理を続行するか否かの判断を行う(S212)。 Soshitara, the controller 60 determines whether or not to continue printing (S212). そして、次の紙に印刷を行うのであれば、前述のステップS202へ戻って、次の紙の給紙動作(S202)を開始し、次の紙に印刷を行わないのであれば、印刷処理を終了する。 Then, if the printing on the next paper, the process returns to step S202 described above, to start the next paper feeding operation (S202), if not to be printed on the next sheet of paper, the printing process finish. なお、上記の判断は、例えば、前記印刷データに印刷すべきデータが残っているか否かによって行われる。 The above judgment is performed by, for example, whether there remains any data to be printed on the print data.

===インク増粘防止処理について=== === === For ink thickening prevention treatment
<<<インク増粘防止処理>>> <<< ink thickening prevention processing >>>
図8Aは、印刷ヘッド41のノズルの先端部近傍で生じ得るインクの増粘の説明図であって、ノズル近傍部分の拡大縦断面図である。 Figure 8A is an explanatory view of the thickening of the ink that may occur in the vicinity of the distal end portion of the nozzle of the print head 41 is an enlarged longitudinal sectional view of the nozzle portion near.

上述の印刷処理を実行していない印刷待機状態や電源OFF状態においても、一般に印刷ヘッド41内の流路にはインクが充填されており、その吐出側のインクの端となるメニスカスIsは、ノズルの最先端の縁たるノズル開口Neにまで達している。 Also in the printing standby state or the power OFF state printing process without the running of the above, generally have an ink is filled in the flow path in the print head 41, the meniscus Is is to be the end of the ink of the discharge side, the nozzle It has reached up to state-of-the-art edge serving as the nozzle openings Ne. このため、当該メニスカスたるインク表面Isは、常に大気に晒される状態にあり、もって、インク表面Isからはインク中の溶媒たる水分が蒸発し易く、その結果、時間と伴にノズル開口Ne近傍ではインク中の染料等の溶質分比率や顔料等の固形分比率が高まって、前記ノズル開口Ne近傍のインクが増粘する虞がある。 Therefore, the meniscus serving ink surface Is is always ready to be exposed to the atmosphere, has been liable to evaporate solvent serving moisture in the ink from the ink surface Is, As a result, the nozzle openings Ne vicinity with time is increasing the solid content ratio of solute component ratios and pigments such as dye in ink, the ink of the nozzle openings Ne vicinity there is a possibility to thicken. そして、この増粘は、インク滴の吐出量や着弾位置に悪影響を及ぼすだけでなく、過度になるとノズル詰まりを引き起こす。 Then, this thickening is not only adversely affects the discharge amount and the landing position of ink droplets, causing nozzle clogging becomes excessive.

このため、このプリンタ1では、このような増粘を防ぐべく、上記の印刷待機状態や電源OFF状態において、少なくともノズルの先端部に空間SP2が形成されるように前記インクを吐出方向と逆側(以下、反吐出方向、又は反吐出側とも言う)に引き込むようにしており、これにより、ノズルの先端部におけるインクの増粘を防いでいる(図8Bを参照)。 Therefore, in the printer 1, in order to prevent such increase in viscosity, in the printing standby state or the power OFF state of the discharge direction opposite the ink such that the space SP2 is formed on the tip portion of at least the nozzle (see FIG. 8B) and to draw (hereinafter, anti-discharging direction, or also referred to as anti-ejection side), thereby, which prevents the increase in the viscosity of the ink at the tip of the nozzle.

なお、このように、少なくともノズルの先端部に空間SP2を形成すれば、インクの増粘が抑制される理由は、以下のとおりである。 In this manner, by forming the space SP2 on the tip portion of the at least a nozzle, why thickening of the ink is suppressed it is as follows. 図8Aに示すようにインクを引き込まない場合には、インク表面Isはノズル開口Neに位置している。 If not drawn ink as shown in Figure 8A, the ink surface Is is positioned to the nozzle opening Ne. すなわち、インク表面Isは、その外周縁Iseがノズル開口Neに位置しつつ、インク表面Isの中心側は、前記ノズル開口Neよりもメニスカス分だけ反吐出側に凹んだ状態にある。 That is, the ink surface Is, while located in its outer peripheral edge Ise nozzle openings Ne, the center side of the ink surface Is is in a state recessed counter discharge side by the meniscus component than the nozzle openings Ne. よって、当該インク表面Isは、印刷ヘッド41の下方の空間SP1を吹く風に当たり易く、その結果、インク表面Is近傍のインクは、当該風によって比較的簡単に蒸発してしまう。 Therefore, the ink surface Is is easily hit by the wind blowing space SP1 below the print head 41, as a result, the ink in the ink surface Is vicinity, resulting in relatively easily evaporated by the wind.

これに対して、図8Bに示すように、インクを反吐出側へ引き込むことによりノズル開口Neから反吐出側に所定量だけ空間SP2を形成しておけば、インク表面Isを上記の風から遠退かせることができて、インク表面Isには前記風が当たり難くなる。 In contrast, as shown in FIG. 8B, by forming a predetermined amount space SP2 from the nozzle openings Ne counter-discharge side by drawing ink to the opposite discharge side, the far the ink surface Is from the wind to be able to withdraw, hardly hit by the wind on the ink surface is. よって、インク表面Isからの水分の蒸発が抑えられ、インクの増粘は抑制される。 Thus, evaporation of water from the ink surface Is is suppressed, thickening of the ink is suppressed. また、上記の引き込みによりインク表面Isよりも吐出側に形成されたノズル内の空間SP2は、当該ノズルの内周壁面に囲まれて空気の移動の少ないよどみ点となっている。 Also, the space SP2 of the nozzles formed in the discharge side than the ink surface Is the retraction described above, is surrounded by the inner peripheral wall surface of the nozzle has a small stagnation point of the air movement. よって、このよどみ点の空気の滞留によって、当該よどみ点の空間SP2は、印刷ヘッド41の下方の空間SP1よりも高湿に保湿され、その結果、ノズル内のインク表面Isからの蒸発が有効に抑えられてインクの増粘は効果的に抑制される。 Thus, the stagnation of air in the stagnation point, the space SP2 of the stagnation point is moisturized to a high humidity than the spatial SP1 below the print head 41, as a result, evaporation from the ink surface Is in the nozzle is effectively thickening of suppressed to the ink is effectively suppressed.

ちなみに、ここで、ノズルの先端部に空間SP2が形成されるというのは、インクのメニスカスによる凹み部SP3以外に別途空間SP2が形成されるということである。 Incidentally, here, because the space SP2 on the tip portion of the nozzle is formed is that separate space SP2 besides recess SP3 by the meniscus of ink is formed. よって、当該空間SP2が形成された際には、インク表面Isの外周縁Iseがノズル開口Neよりも反吐出側に位置することとなり、換言すると、インク表面Isはその全面に亘って、ノズル開口Neよりも反吐出側に位置しているということになる。 Therefore, when the space SP2 is formed, it becomes the outer peripheral edge Ise ink surface Is is located in the counter discharge side of the nozzle openings Ne, in other words, the ink surface Is is over its entire surface, the nozzle opening than Ne it comes to being located in the counter discharge side.

このような概念のインク増粘防止処理の種類としては、『インク退避処理』と『インク回収処理』との2つを例示できる。 The type of ink thickening prevention treatment of this concept can be illustrated with two and "ink saving process", "ink recovery process".

前者のインク退避処理は、図9Aに示すように、ノズル内にインク表面Isが位置するようにしながらインクを反吐出側へ引き込む処理である。 Ink saving process of the former, as shown in FIG. 9A, a process of pulling the counter discharge side ink while as the ink surface Is is located within the nozzle. ここで、ノズルというのは、ノズル開口Neの開口面の法線方向に沿って当該ノズル開口Neから屈曲部無く且つ同形のストレート管状に連続して形成された流路の部分であって、前述のピエゾ素子よりも吐出側の部分のことを指す(図9Aを参照)。 Here, because the nozzle is an opening surface portion of the along the normal direction from the nozzle openings Ne bent portions without and passages formed continuously in a straight tubular same shape of the nozzle openings Ne, above than the piezoelectric element refers to the portion of the discharge side (see Figure 9A). そして、このインク退避処理によれば、引き込み後のインク表面Isの位置が、ノズル内に収まっているので、インク表面Isをノズル開口Neの位置へ即座に戻すことができて、つまり、ノズルを印刷処理可能な状態に即座に復帰可能となる。 Then, according to the ink saving process, the position of the ink surface Is after retraction is so falls within the nozzle, it can be returned immediately ink surface Is to the position of the nozzle openings Ne, i.e., the nozzle becomes possible to return immediately to the printing can be processed state. 従って、このインク退避処理は、印刷処理が短期間実行されないような場合に適しており、このプリンタ1では、比較的短期の印刷待機状態において実行される。 Therefore, the ink saving process, the printing process is suitable if such are not short-term run, in the printer 1, is executed in the printing standby state relatively short.

一方、後者のインク回収処理は、図9Bに示すように、印刷ヘッド41の流路内及び供給チューブ45内に存在するほぼ全てのインクをインクタンク43内に回収し、これにより、印刷ヘッド41の流路内及び供給チューブ45内をほぼ空にしてしまう処理である。 On the other hand, the latter ink recovery process, as shown in FIG. 9B, almost all of the ink present in the flow path and the supply tube 45 in the print head 41 is recovered into the ink tank 43, thereby, the print head 41 the flow path and the supply tube 45 is substantially empty to become processed. そして、このインク回収処理によれば、インクタンク43内の密閉袋43aによってインクの蒸発をより長期に亘り防ぐことができて、その結果、上述のインク退避処理よりも一層長期に亘りインクの増粘を防ぐことができる。 Then, according to the ink recovery process, it can be prevented over the evaporation of the ink in the longer term by sealing bag 43a in the ink tank 43, as a result, increase in the ink over a more prolonged than the ink saving process described above viscosity can be prevented.

但し、このインク回収処理を行った場合には、印刷処理の前に、インクタンク43内のインクを印刷ヘッド41へ再充填する必要があるので(図6を参照)、印刷処理可能な状態にノズルを瞬時に復帰させる即時性の観点からは、上述のインク退避処理の方が優れている。 However, when performing the ink recovery process, prior to the printing process, it is necessary to refill the ink in the ink tank 43 to the print head 41 (see FIG. 6), the print process ready from the viewpoint of immediacy to return the nozzle instantaneously, it is superior in the ink saving process described above. 従って、このインク回収処理は、印刷処理が長期間実行されないような場合に適しており、このプリンタ1では、電源OFF状態や、比較的長期の印刷待機状態において実行される。 Therefore, the ink recovery process is suitable when the printing process is such as not to run a long time, in the printer 1, or the power OFF state is performed at a relatively long printing standby state.

<<<インク増粘防止ユニット70>>> <<< ink thickening prevention unit 70 >>>
このようなインク増粘防止処理は、コントローラ60が、インク増粘防止ユニット70を制御して行われる。 Such ink thickening prevention processing, the controller 60 is performed by controlling the ink thickening prevention unit 70. インク増粘防止ユニット70は、図7及び図9Bに示すように、インクタンク43のインクを印刷ヘッド41に供給する前記供給チューブ45に設けられたチューブポンプ72と、このチューブポンプ72を迂回するためのバイパスチューブ77と、このバイパスチューブ77の流路を開閉するバイパス弁78と、を備えている。 Ink thickening prevention unit 70, as shown in FIGS. 7 and 9B, the tube pump 72 provided in the supply tube 45 for supplying ink to the print head 41 of ink tank 43, bypasses the tube pump 72 includes a bypass tube 77 for a bypass valve 78 for opening and closing the flow path of the bypass tube 77, the. なお、このインク増粘防止ユニット70は、CMYKのインク色毎に設けられ、つまり、CMYKのインクの各供給チューブ45に対して設けられている。 Incidentally, the ink thickening prevention unit 70 is provided for each CMYK ink colors, i.e., are provided for each supply tube 45 of the CMYK inks.

図10A及び図10Bはチューブポンプ72の説明図であり、その一部を断面視で示している。 10A and 10B are explanatory views of a tube pump 72, shows a part in sectional view. チューブポンプ72は、供給チューブ45の所定範囲Aを繰り返ししごくことにより、しごく方向にインクを送るものである。 Tube pump 72, by squeezing repeated a predetermined range A of the supply tube 45, in which squeezing sending ink to the direction. 詳しくは、当該チューブポンプ72は、図10Aに示すように、ケース73と、ケース73に収容されて円心C74周りに回転可能な回転円盤74と、回転円盤74の外周面から外方に突出して、回転自在に互いに点対称に設けられた一対のプレスローラー75と、回転円盤74を回転駆動する不図示の駆動モータとを有しており、また、前記供給チューブ45は、ケース73の内壁面73aと回転円盤74の外周面74aとの間に配置されている。 Specifically, the tube pump 72, as shown in FIG. 10A, the case 73 protrudes is housed in the case 73 and rotatable rotary disk 74 around the center of circle C74, from the outer circumferential surface of the rotary disk 74 outwardly Te, a pair of press rollers 75 provided rotatably point symmetry each other and a drive motor (not shown) for rotating the rotary disk 74, also, the feed tube 45, of the case 73 It is disposed between the wall 73a and the outer peripheral surface 74a of the rotary disk 74. よって、前記駆動モータにより回転円盤74が回転すると、供給チューブ45においてプレスローラー75と当接する部分が、当該プレスローラー75とケース73の内壁面73aとによってしごかれ、これにより、当該しごく方向にインクが移動される一方、しごかれた後には、当該しごかれて潰れていた部分は、供給チューブ45の弾性に基づく自己復元力により元の膨らんだ状態に戻り、その際には、しごく方向の逆側に存在するインクを吸い上げる。 Therefore, when the rotary disk 74 by the driving motor rotates, the press roller 75 and the abutting portion in the supply tube 45, is squeezed by the inner wall surface 73a of the press roller 75 and the case 73, thereby, the squeeze in the direction while the ink is moved, after being squeezed, the portion was collapsed was the squeezed returns to the inflated state of the original by the self restoring force based on the elasticity of the supply tube 45, At this time, squeeze sucking ink present in the opposite side direction. よって、回転円盤74を一方向に回転させることにより、供給チューブ45内のインクを回転方向に沿う方向に送ることができる。 Thus, by rotating the rotary disk 74 in one direction, it can be fed in a direction along the ink in the supply tube 45 in the rotational direction. ちなみに、チューブポンプ72によりインクを送る際には、バイパス弁78は閉状態であるのは言うまでもない。 Incidentally, when sending the ink by the tube pump 72, the bypass valve 78 is of course in a closed state.

このようなインク増粘防止ユニット70によれば、次のようにして、前述のインク退避処理及びインク回収処理を行うことができる。 According to such an ink thickening prevention unit 70, in the following manner, it is possible to perform ink save processing and ink recovery process described above.
インク退避処理にあっては、図9Aで前述したようにインク表面Isの位置をノズル内に収める程度にインクを少量だけ反吐出側に引き込むことから、図10Bに示すように回転円盤74は、前記少量に対応する回転角(例えば10°)だけ反吐出方向へ回転して、その状態で停止する。 In the ink saving process, ink since the draw only the counter-discharge side small amount to an extent to accommodate the position of the ink surface Is as previously described in Figure 9A in the nozzle, rotary disk 74 as shown in FIG. 10B, the rotation angle corresponding to a small amount (e.g., 10 °) only rotates in the counter-discharge direction, and stops in this state.

すると、当該回転角に相応する周長分だけ供給チューブ45がしごかれて、これにより反吐出方向へとインクが送られるが、しかる後に、供給チューブ45のしごかれた部分が、自身の弾性に基づく自己復元力により潰れた状態から元の膨らんだ状態へと戻ることから、供給チューブ45内には反吐出方向の吸引力が生じ、これにより、ノズルの先端部のインクは、そのインク表面Isの位置がノズル内に収まる程度に引き込まれる。 Then, only the circumference amount corresponding to the rotation angle is the supply tube 45 is squeezed, but thereby the ink is sent to the anti-discharge direction, and thereafter, is squeezed portion of the supply tube 45, its since returning to the original of inflated state from a collapsed state by self-restoring force based on the elastic, the suction force of the anti-discharge direction occurs in the supply tube 45, thereby, the ink of the tip of the nozzle, the ink position of the surface is is drawn to the extent that fits into the nozzle. そして、以降は回転円盤74を回転させずに当該停止状態に維持することにより、上記インク表面Isの引き込み位置は維持される。 And, since by keeping to the stopped state without rotating the rotary disk 74, the retracted position of the ink surface Is is maintained.

なお、印刷処理の際には、図8Aに示すようにインク表面Isの位置をノズル開口Ne(ノズルの先端縁)へ戻す必要があるが、この戻す処理(以下では、インク復位処理と言う)は、図10Bのバイパス弁78を開けることで行われる。 Incidentally, during the printing process, it is necessary to return the position of the ink surface Is as shown in FIG. 8A to the nozzle openings Ne (leading edge of the nozzle), the process returns (hereinafter, referred to as ink reattachment process) is performed by opening the bypass valve 78 of FIG. 10B. すなわち、バイパス弁78を開けると、インクタンク43のインクがチューブポンプ72を介さずにバイパスチューブ77を介してノズル側へと送られ、これにより、インク表面Isはノズル開口Neの位置まで復帰する。 That is, when opening the bypass valve 78, the ink in the ink tank 43 is fed to the nozzle side through the bypass tube 77 without passing through the tube pump 72, thereby, the ink surface Is is returned to the position of the nozzle openings Ne . そして、印刷処理中にあっては、当該バイパス弁78は開状態に維持され、もって、インクはバイパスチューブ77を介して印刷ヘッド41に供給される。 Then, in the printing process, the bypass valve 78 is kept open, with, the ink is supplied to the print head 41 via the bypass tube 77.

他方、インク回収処理にあっては、図9Bで前述したように印刷ヘッド41の流路内及び供給チューブ45内に存在する全てのインクをインクタンク43内に送って回収することから、図10Aの回転円盤74は、回収すべき前記全てのインクの量に対応する回転数だけ反吐出方向に連続回転し、しかる後に停止する。 On the other hand, in the ink recovery process, all the ink present in the flow path and the supply tube 45 of the print head 41 as described above from recovering sent into the ink tank 43 in 9B, 10A rotary disk 74, only the rotation speed corresponding to the amount of the all the ink to be recovered continuously rotated in the counter discharge direction, and stops thereafter. すると、この連続回転の間には、一対のプレスローラー75によって順次供給チューブ45の所定範囲Aが繰り返ししごかれるとともに、しごかれる度に自己復元力により潰れが膨らみ返すということを繰り返し、これにより、最終的に、印刷ヘッド41の流路内及び供給チューブ45内はほぼ空になる。 Then, during this continuous rotation, repeats the with a given range A sequential supply tube 45 by a pair of press rollers 75 is repeatedly squeezed, it returns bulge collapse by the self restoring force each time it is squeezed, it the, finally, the flow path and the supply tube 45 of the print head 41 is nearly empty.

なお、このインク回収処理後についても、印刷処理の際にはインク表面Isの位置をノズル開口Neへと戻す必要があるが、この戻す処理(以下では、インク回復処理と言う)は、回転円盤74を上述と逆方向に回転させることにより達成される。 Note that after the ink recovery process also, but during the printing process it is necessary to return the position of the ink surface Is to the nozzle openings Ne, the process returns (hereinafter, referred to as ink recovery process) is a rotating disc 74 is achieved by rotating the aforementioned opposite direction. すなわち、回転円盤74を吐出方向に回転させると、上述と同様のポンプ原理に基づいて、インクタンク43内のインクは供給チューブ45に吸引されて印刷ヘッド41の流路内へと導かれ、最終的には、供給チューブ45内及び印刷ヘッド41の流路内は、その吐出側の端であるノズル開口Neまでに亘りインクで充たされ、しかる後に少量のインクがノズル開口Neから滴下する状態となるが、このようになったら、回転円盤74は停止される。 That is, when the rotary disc 74 in the ejection direction, on the basis of the above and similar pump principle, the ink in the ink tank 43 is guided to the flow path of the print head 41 is sucked into the supply tube 45, the final state is, the flow path of the supply tube 45 and within the printhead 41 is filled with ink over to the nozzle openings Ne is an end of the discharge side, a small amount of ink thereafter is dropped from the nozzle openings Ne becomes a Once this since, rotary disk 74 is stopped.

但し、この時のノズル開口Neには、凹形状のメニスカスが形成されずに、図11Aに示すような凸形状のメニスカスIsになっていることが多いが、ここで、図11Bに示すような凹形状のメニスカスIsでないと、印刷処理において正常なインク吐出動作を行うことができない。 However, the nozzle openings Ne at this time, without concave meniscus is formed, it often has a meniscus Is convex shape as shown in FIG. 11A, where, as shown in FIG. 11B not equal concave meniscus is, it is impossible to perform normal ink discharge operation in the printing process. このため、このインク回復処理における最終仕上げとしてワイピング処理を行う。 Therefore, performing the wiping processing as the final finishing of the ink recovery process. すなわち、図7に示すワイパー部材80により、印刷ヘッド41の下面41aのノズルの形成面を拭い、これによってノズル開口Neのメニスカスを図11Bに示すような凹形状にする。 That is, the wiper member 80 shown in FIG. 7, wiping the formation surface of the nozzle of the lower surface 41a of the print head 41, thereby the meniscus of the nozzle openings Ne into a concave shape as shown in FIG. 11B. ワイパー部材80は、例えばフエルト層とゴム層とが張り合わされてなる弾性板である。 The wiper member 80 is, for example a felt layer and the rubber layer is an elastic plate formed are bonded together. そして、当該ワイパー部材80は、図6に示すように印刷ヘッド41の下方に配されて、不図示のガイドレール等により紙幅方向に往復移動可能に案内されているとともに、ワイバー部材80を往復移動するための駆動機構(不図示)も設けられている。 Then, the wiper member 80 is disposed below the print head 41 as shown in FIG. 6, with being reciprocally movably guided in the sheet width direction by the guide rails or the like (not shown), reciprocally moving the Waiba member 80 drive mechanism for (not shown) is also provided. よって、ワイパー部材80が、紙幅方向の両端に設定された待機位置の一方から、もう一方の待機位置へと移動すると、その移動過程において、ワイパー部材80の上端縁が印刷ヘッド41の下面41aのノズル形成面に当接して当該ノズル形成面のインクを拭うこととなり、これにより、ノズル開口Neのメニスカスは凹形状になる。 Therefore, the wiper member 80, from one of the set standby position in the paper width direction at both ends, move to the other standby position, in the moving process, the upper edge of the wiper member 80 of the lower surface 41a of the print head 41 in contact with the nozzle formation surface becomes wiping the ink of the nozzle surface, thereby, the meniscus of the nozzle openings Ne becomes concave.

<<<インク退避処理及びインク回収処理の実施タイミングについて>>> >>> The execution timing of <<< ink save processing and ink recovery process
図12及び図13は、インク退避処理及びインク回収処理の実施タイミングの一例の説明図であって、プリンタ1の電源が投入されてから電源が解除されるまでの一連の処理のフロー図である。 12 and 13 are explanatory views of an exemplary timing of the ink saving process and the ink collecting process, is a flow diagram of a series of processes from power of the printer 1 is turned until the power is removed . 図12は、電源投入時及びそれ以降の処理のフロー図であり、図13は、電源解除の際の処理のフロー図である。 Figure 12 is a flow diagram during and subsequent processing power on, FIG. 13 is a flowchart of processing when the power-off. なお、これら処理フローは、コントローラ60のCPU62が、これら処理フローに対応するプログラムをメモリ63から読み出し、そのプログラムに従って、前述の各ユニット等を制御することにより実行される。 Note that these process flow, CPU 62 of the controller 60 reads the programs corresponding to these processing flow from the memory 63, according to the program, is executed by controlling each unit, etc. described above.

ユーザーが電源ボタンを押すと、プリンタ1には電源が投入される。 When the user presses the power button, the printer 1 power is turned on. そして、これに伴って、操作パネル66から送信された電源ON信号をコントローラ60が受信すると、コントローラ60は、図12の処理フローを開始し、当該処理フローに基づいて各ユニットを制御する。 Then, along with this, when the power ON signal transmitted from the operation panel 66 the controller 60 receives the controller 60 starts the processing flow of FIG. 12, controls each unit based on the processing flow. なお、この図12の処理フローは、電源OFF指令に基づく図13の処理フローが割り込み処理してくるまで、継続実行される。 The processing flow in FIG. 12, until the process flow of FIG 13 based on the power supply OFF command comes to interrupt processing continues execution.

図12に示すように、電源ON信号を受信すると、コントローラ60は、先ず、インク吐出準備として『インク回復処理』(S302)を行い、これにより、インクタンク43のインクは印刷ヘッド41のノズル開口Neにまで充填される(図6を参照)。 As shown in FIG. 12, upon receiving a power ON signal, the controller 60 first performs "ink recovery process" (S302) as the ink ejection preparation, thereby, the ink of the ink tank 43 nozzle openings of the print head 41 It is filled up to Ne (see Figure 6). なお、このタイミングでインク回復処理を行う理由は、後述するように電源OFF時には、前述の『インク回収処理』が行われ、これにより、印刷ヘッド41の流路内及び供給チューブ45内はインクが抜けた空の状態になっているからである(図9Bを参照)。 The reason for performing the ink recovery processing at this timing, at power OFF, as will be described later, is performed "ink recovery process" described above, thereby, the flow path and the supply tube 45 of the print head 41 is an ink since it has become missing empty (see Figure 9B).

次にコントローラ60は、短期の印刷待機状態に起因したインクの増粘を防ぐべく、ステップS304へ移行して『インク退避処理』を行い、これにより、インク表面Isの位置がノズル内に収まる範囲内でインクを反吐出側に引き込む。 Then the controller 60, in order to prevent the thickening of the ink due to the print standby state of short-term, the operation proceeds to Step S304 performs "ink saving process", thereby, the range in which the position of the ink surface Is is within the nozzle draw the counter-discharge side ink within. そうしたら、ステップS306へ移行して、タイマー65をリセットした後、タイマー65のカウントをスタートさせる。 Soshitara, the process proceeds to step S306, after resetting the timer 65 to start the count of the timer 65.

このタイマー65は、印刷待機状態が長くなりそうな場合に、現在の状態たるインク退避処理から、長期停止でも増粘を防止可能なインク回収処理へと切り替えるためのタイマー65である。 The timer 65, when the print standby state is likely to be longer, from the current state serving ink saving process, a timer 65 for switching to prevent possible ink recovery processing thickening in long stop. よって、次のステップS308では、コントローラ60は、タイマー65にてカウントされた現時点のカウント値Tを、既定の制限時間Tthと比較し、これを超えている場合には、ステップS316のインク回収処理へ移行する一方、超えていない場合には、ステップS310へ移行して、未実行の印刷処理に係る印刷命令を受信しているか否かを判定する。 Therefore, in the next step S308, the controller 60, when the count value T of the current which is counted by the timer 65, and compared to a predetermined time limit Tth, is greater than this, the ink recovery processing in step S316 the program shifts to, if not exceeding, the process proceeds to step S310, the determining whether or not it has received a print command for the print processing of the unexecuted.

そして、このステップS310における判定が、前記印刷命令を受信していないという判定の場合には、前記ステップS308へ戻って、上述のカウント値Tの比較を繰り返す一方、前記印刷命令を受信しているという判定の場合には、次のステップS312へ移行する。 Then, the determination in this step S310, the in the case of determining that it has not received the print command, the process returns to step S308, while repeating the comparison of the above count value T, which receives the print command in the case of determination that proceeds to the next step S312. そして、このステップS312では『インク復位処理』を行い、これにより、反吐出側に引き込まれていたインク表面Isをノズル開口Neまで復位させて、インク滴を吐出可能な状態にする(図8Aを参照)。 Then, perform the step S312 "ink reseating process", by which the ink surface Is that has been drawn in a counter discharge side by reattachment to the nozzle openings Ne, the ink droplets to the discharge enabled state (FIG. 8A reference).

そうしたら、ステップS314へ移行してノズルフラッシングを行う。 Soshitara performs nozzle Flushing proceeds to step S314. ノズルフラッシングは、通常の印刷処理のインク吐出動作と同じくピエゾ素子を駆動してノズルからインク滴を吐出する処理であり、これにより、ノズル内のインク表面Isは増粘の無い状態に浄化される。 Nozzle flushing is a process also drives the piezoelectric element and the ink ejection operation of the normal printing process to eject ink droplets from the nozzle, thereby ink surface Is in the nozzle is purified in the absence of thickening . ちなみに、ノズルフラッシングにより吐出されたインク滴は、図4に示すプラテン25上面の凹部25aに設けられたインク吸収材26に受けられて保持される。 Incidentally, the ink droplets ejected by the nozzle flushing is held received in ink absorbing member 26 provided in the recess 25a of the platen 25 upper surface shown in FIG. また、このノズルフラッシング時にピエゾ素子の駆動は、既定の信号に基づいてなされるのであって、印刷データに基づいてなされるものではないのは言うまでもない。 The driving of the piezoelectric element when the nozzle flushing, there of being made based on the predetermined signal, of course not intended to be made on the basis of print data.

そうしたら、前記印刷命令に対応する印刷データに基づいて『印刷処理』(S322)を行う。 Soshitara performs "printing" a (S322) based on print data corresponding to the print command. この印刷処理については、図8で前述しているので、ここではその説明を省略する。 This printing process, since earlier in FIG. 8, a description thereof is omitted here. そして、この印刷処理が終了したら、印刷待機状態に対応すべく、上述のステップS304へ戻って『インク退避処理』を行い、しかる後に、上述のステップS306のタイマー65のスタート等を経て、ステップS310において、未実行の印刷処理に係る印刷命令を受信するか、又はステップS308においてカウント値Tが制限時間Tthを超えるまで待機する。 Then, After the printing process is ended, in order to correspond to the printing standby state, the process returns to step S304 described above performs "ink saving process", thereafter, through the start or the like of the timer 65 in step S306 described above, step S310 in either receives a print command for the print processing of the unexecuted, or the count value T in step S308 waits until the time limit is exceeded Tth.

なお、この印刷待機状態におけるステップS308において、タイマー65のカウント値Tが前記制限時間Tthを超えている場合には、コントローラ60は、ステップS316へ移行して『インク回収処理』を行う。 Note that in step S308 in the printing standby state, when the count value T of the timer 65 exceeds the time limit Tth, the controller 60 performs the "ink recovery process" and proceeds to step S316. そして、この印刷ヘッド41の流路内及び供給チューブ45内の全てのインクをインクタンク43内に回収した状態で(図9Bを参照)、未実行の印刷処理に係る印刷命令を受信するまで待機し、当該印刷命令を受信したら(S318)、ステップS320の『インク回復処理』を行い、これにより、印刷ヘッド41の流路等にインクが充填された状態にし(図6を参照)、その後で、ステップS322へ移行して『印刷処理』を行う。 Then, (see Figure 9B) in a state in which all of the ink in the flow path and the supply tube 45 of the print head 41 and collected in the ink tank 43, and waits for reception of a print command for the print processing of the unexecuted and, upon receiving the print command (S318), it performs the "ink recovery process" in step S320, thereby, the state where the ink is filled in the flow path and the like of the print head 41 (see FIG. 6), thereafter , perform the "printing process" and proceeds to step S322. そして、印刷処理が終了したら、印刷待機状態に起因したインクの増粘に対処すべく、上述のステップS304へ戻って『インク退避処理』を行い、上述のステップS306以降の処理が繰り返される。 Then, when the printing process is finished, to address the thickening of the ink due to the printing standby state, the process returns to step S304 described above performs "ink saving process", the process of step S306 and subsequent described above is repeated.

ところで、プリンタ1の電源を解除する場合には、ユーザは、操作パネル66の電源ボタンを再度押すことになるが、これに伴って、操作パネル66からは電源OFF指令が送信される。 Incidentally, in the case of releasing the power of the printer 1, the user becomes to press the power button of the operation panel 66 again, along with this, the power supply OFF command is sent from the operation panel 66. そして、この電源OFF指令を受信すると、コントローラ60は、図13の処理フローを開始する。 Then, when receiving the power OFF command, the controller 60 starts the processing flow of FIG. 13.

すなわち、コントローラ60は、先ず、印刷処理中か否かを判定し(S402)、印刷処理中の判定の場合には、印刷処理が終了するまで待機する。 That is, the controller 60 first determines whether or not the printing process (S402), if the determination in the printing process, waits until the print processing is completed. そして、印刷処理が終了したら、図12の処理フローに対して割り込み処理を行い、つまり、図13のステップS404へ移行して『インク回収処理』を行う。 Then, when the printing process is finished, an interrupt processing for the processing flow of FIG. 12, i.e., performs "ink recovery process" and proceeds to step S404 in FIG. 13. これにより、印刷ヘッド41の流路内及び供給チューブ45内の全てのインクはインクタンク43へと回収され(図9Bを参照)、長期に亘り印刷処理が行われなくてもインクの増粘を防止可能な状態となる。 Thus, all of the ink flow path and the supply tube 45 of the print head 41 is recovered into the ink tank 43 (see FIG. 9B), the increase in the viscosity of the ink without printing for a long period of time is performed It becomes capable of preventing state. そうしたら、コントローラ60はプリンタ1の電源を解除する(S406)。 Soshitara, the controller 60 releases the power of the printer 1 (S406).

===その他の実施の形態=== === Other embodiments ===
前述の実施形態では、主として印刷システム100について記載していたが、その中には、液体吐出装置や液体吐出方法等の開示が含まれていることは言うまでもない。 In the above embodiment, mainly it had describes the printing system 100, therein, it is needless to say that contains disclosure of a liquid ejecting apparatus and liquid discharging method. また、上記の実施形態は、本発明の理解を容易にするためのものであり、本発明を限定して解釈するためのものではない。 Further, the above embodiments are intended to facilitate understanding of the present invention and are not to be construed as limiting the present invention. 本発明は、その趣旨を逸脱することなく、変更、改良され得ると共に、本発明にはその等価物が含まれることは言うまでもない。 The present invention, without departing from the spirit thereof, modifications and improvements, it is needless to say that the present invention includes equivalents thereof. 特に、以下に述べる実施形態であっても、本発明に含まれるものである。 In particular, the embodiments described below are included in the present invention.

前述の実施形態では、液体吐出装置としてインクジェットプリンタ1を例示したが、インク以外の他の液体(機能材料の粒子が分散されている液状体やジェルのような流状体など)を噴射したり吐出したりする液体吐出装置に具現化することもできる。 In the foregoing embodiments, an inkjet printer 1, and injected (stream-like member such as a liquid material or gel particles are dispersed in the functional material) liquid other than ink or a liquid ejection apparatus It can also be embodied in the discharged liquid discharge apparatus or. 例えば、液晶ディスプレイ、EL(エレクトロルミネッセンス)ディスプレイ及び面発光ディスプレイの製造などに用いられる電極材や色材などの材料を分散または溶解のかたちで含む液状体を吐出する液状体吐出装置、バイオチップ製造に用いられる生体有機物を吐出する液体吐出装置、精密ピペットとして用いられ試料となる液体を吐出する液体吐出装置であってもよい。 For example, liquid crystal displays, EL (electroluminescence) droplet discharge device for discharging a liquid material containing a material such as a display and a field emission display electrode material or a color material used to manufacture a dispersion or in the form of dissolution, manufacturing biochips bioorganic liquid ejecting apparatus that ejects, or a liquid ejecting apparatus for ejecting liquid as a sample used as a precision pipette for use in. さらに、時計やカメラ等の精密機械にピンポイントで潤滑油を吐出する液体吐出装置、光通信素子等に用いられる微小半球レンズ(光学レンズ)などを形成するために紫外線硬化樹脂等の透明樹脂液を基板上に吐出する液体吐出装置、基板などをエッチングするために酸又はアルカリ等のエッチング液を吐出する液体吐出装置、ジェルを吐出する流状体吐出装置であってもよい。 Further, a liquid ejecting apparatus which ejects lubricating oil at pinpoints onto a precision machine such as a watch or a camera, a transparent resin liquid such as a UV-curing resin in order to form a micro hemispherical lens used for optical communication elements or the like (optical lens) the liquid ejecting apparatus that ejects on a substrate, an acid or in order to etch a substrate a liquid ejecting apparatus that ejects an etching liquid such as an alkali, it may be a fluid-like discharge device for discharging the gel. そして、これらのうちいずれか一種の吐出装置に本発明を適用することができる。 Then, it is possible to apply the present invention to any one type of ejecting apparatus among these.

前述の実施形態では、プリンタ1としてラインヘッドプリンタを例示したが、何等これに限るものではなく、例えば、シリアルプリンタであっても良い。 In the above embodiment has exemplified the line head printer as the printer 1, whatever is not limited thereto, for example, may be a serial printer. つまり、所定の第1方向に沿って複数のノズルが整列配置された印刷ヘッドを有し、当該印刷ヘッドが前記第1方向と交差する第2方向に移動中に、前記ノズルから紙等の媒体に対してインクを吐出してドットを形成するインク吐出動作と、前記第1方向に前記媒体を搬送する搬送動作と、を繰り返し実行して前記媒体に画像を印刷するプリンタであっても良い。 In other words, has a print head in which a plurality of nozzles are aligned along a predetermined first direction, while moving in a second direction in which the print head is perpendicular to the first direction, a medium such as paper from the nozzle an ink discharge operation for forming the ejected ink dots against a transport operation of transporting the medium in the first direction may be a printer for printing an image on repeatedly performed to the medium.

前述の実施形態では、図12に示すように、印刷待機状態の時に、『インク退避処理』(S304)を行った後、制限時間Tthの経過後に『インク回収処理』(S316)へ移行するようにしていたが、何等これに限るものではなく、S304のインク退避処理を行わずに、いきなりS316の『インク回収処理』を行うようにしても良い。 In the above embodiments, as shown in FIG. 12, when the print standby state, after the "ink saving process" (S304), "ink recovery process" after the elapse of the time limit Tth (S316) to shift to It had been to, what, etc. is not limited to this, without the ink saving process of S304, suddenly may be carried out "ink recovery process" of S316. つまり、S304からS314までのステップを省略しても良い。 That may be omitted steps from S304 to S314. 更には、インク表面(メニスカス)Isの位置が、ノズルとインクタンク43との間に位置するように、すなわち、印刷ヘッド41内の流路又は供給チューブ45内にインク表面Isが位置するようにインクを反吐出側へ引き込んでも良い。 Furthermore, the position of the ink surface (meniscus) Is found to be located between the nozzle and the ink tank 43, i.e., so that the ink surface Is is located in the flow path or feed tube 45 within the print head 41 ink may draw the counter-discharge side.

前述の実施形態では、図13に示すように、電源OFF指令を受信した場合に、『インク回収処理』を行うようにしていたが、これに代えて『インク退避処理』を行うようにしても良い。 In the above embodiments, as shown in FIG. 13, when receiving a power OFF command, it had to perform the "ink recovery process", instead of this be performed "ink saving process" good. 更には、インク表面(メニスカス)Isの位置が、ノズルとインクタンク43との間の流路に位置するように、すなわち、ノズル以外の印刷ヘッド41内の流路又は供給チューブ45内にインク表面Isが位置するようにインクを反吐出側へ引き込んでも良い。 Furthermore, the position of the ink surface (meniscus) Is found to be located in the flow path between the nozzle and the ink tank 43, i.e., the ink surface in the flow path or feed tube 45 within the print head 41 except the nozzle is the ink may draw the counter-discharge side so as to be located.

前述の実施形態では、インク増粘防止ユニット70に供されるポンプとしてチューブポンプ72を例示したが、供給チューブ45における吐出側及び反吐出側の両方向にインクを送ることが可能なポンプであれば、何等これに限るものではなく、例えばギアポンプ(回転する歯車のかみ合わせを用いて液体を送るポンプ)を用いても良い。 In the above embodiment has illustrated the tube pump 72 as a pump to be subjected to ink thickening prevention unit 70, if the pump that can deliver ink in both the discharge side and the counter discharge side of the feed tube 45 , whatever is not limited thereto, it may be used, for example a gear pump (pump sending fluid with a mating of a rotating wheel).

前述の実施形態では、液体の吐出方式として、ピエゾ素子による圧電効果方式を例示したが、何等これに限るものではなく、例えば、液体を加熱して当該液体中に生じる気泡により液体をノズルから吐出するサーマルジェット方式でも良い。 In the above embodiment, as the discharge mode of the liquid, is exemplified piezoelectric effect type by the piezoelectric element discharge, nothing like is not limited to this, for example, by heating the liquid of the liquid by air bubbles generated on the liquid from the nozzle it may be a thermal jet method to.

前述の実施形態では、インクタンク43のインクを加圧ポンプ47により加圧供給していたが、場合によっては加圧ポンプ47を省略しても良い。 In the above embodiment, has been supplied under pressure by an ink pressurizing pump 47 of the ink tank 43, it may be omitted pressurizing pump 47 in some cases. 例えば、印刷ヘッド41よりもインクタンク43の方を高所に配置すれば、その水頭差によってインクタンク43から印刷ヘッド41へとインクが供給されるため、加圧ポンプ47を省略できる。 For example, towards the ink tank 43 than the print head 41 by arranging the high place, the ink is supplied from the ink tank 43 by the water head difference to the print head 41 can be omitted the pressure pump 47.

前述の実施形態では、加圧ポンプ47の起動タイミング及び停止タイミングについて説明していなかったが、加圧ポンプ47は、電源ON信号に基づいてコントローラ60により起動され、電源OFF指令に基づいてコントローラ60により停止されるのは言うまでもない。 In the embodiment mentioned above, there is not described start timing and stop timing of the pressure pump 47, pressurizing pump 47 is activated by controller 60 based on the power supply ON signal, the controller 60 based on the power supply OFF command of course it is stopped by.

前述の実施形態では、インクについて詳しくは述べていなかったが、当該インクは水等の適宜な溶媒中に染料等の溶質分や顔料等の固形分等を含有するものであり、つまり、染料インクや顔料インク等を例示できる。 In the above embodiment, the details have not been described ink, the ink is one containing solids such as solute component or pigment dyes in an appropriate solvent such as water, i.e., the dye ink It can be exemplified and pigment ink or the like.

印刷システム100の外観構成の説明図である。 It is an illustration of the appearance of the printing system 100. プリンタドライバが行う各種処理の説明図である。 Is an illustration of various processes by the printer driver performs. プリンタ1の全体構成のブロック図である。 It is a block diagram of the overall configuration of the printer 1. プリンタ1の縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the printer 1. 印刷ヘッド41の下面41aにおけるノズル配列の説明図である。 It is an explanatory view of a nozzle arrangement on the lower face 41a of the print head 41. 印刷ヘッド41へインクを供給するインクタンク43等の模式図である。 It is a schematic view of an ink tank 43 for supplying ink to the print head 41. 印刷処理のフロー図である。 It is a flow diagram of a printing process. 図8Aは、印刷ヘッド41のノズルの先端部近傍で生じ得るインクの増粘の説明図であり、図8Bは、インク増粘防止処理の説明図であり、いずれの図もノズル近傍部分の拡大縦断面図である。 8A is an explanatory view of the thickening of the ink that may occur in the vicinity of the distal end portion of the nozzle of the print head 41, Fig. 8B is an explanatory view of an ink thickening prevention processing, enlargement also the nozzle portion near one of the FIG. it is a longitudinal sectional view. 図9Aはインク退避処理の説明図であり、図9Bはインク回収処理の説明図である。 Figure 9A is an explanatory view of an ink saving process, Figure 9B is an explanatory view of the ink recovery process. 図10A及び図10Bはチューブポンプ72の説明図である。 10A and 10B are explanatory view of the tube pump 72. 図11Aは、インクの凸形状のメニスカスIsの説明図であり、図11Bは、同凹形状のメニスカスIsの説明図である。 Figure 11A is an explanatory view of a meniscus Is convex shape of the ink, Fig. 11B is an explanatory view of the concave-shaped meniscus Is. 電源投入時及びそれ以降の処理のフロー図である。 It is a flow diagram of a power-on and the subsequent processing. 電源解除の際の処理のフロー図である。 It is a flow diagram of a process at the time of power-off.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 インクジェットプリンタ、 1 inkjet printer,
20 搬送ユニット、21 給紙ローラ、22 給紙トレー、 20 transport unit, 21 paper supply roller, 22 paper feed tray,
23A 搬送ローラ、 23A transport roller,
25 プラテン、25a 凹部、26 インク吸収材、 25 platen, 25a recess 26 ink absorbing material,
27A 排紙ローラ、 27A sheet discharge roller,
40 ヘッドユニット、41 印刷ヘッド、41a 下面、 40 head unit 41 print heads, 41a lower surface,
43 インクタンク、43a 密封袋、 43 ink tank, 43a sealed bag,
45 供給チューブ、47 加圧ポンプ、 45 supply tube, 47 pressure pump,
50 検出器群、53a 第1紙検出センサ、53b 第2紙検出センサ、 50 detectors, 53a first paper detection sensor, 53b second paper detection sensor,
60 コントローラ、61 インターフェース部、 60 controller, 61 interface unit,
63 メモリ、64 ユニット制御回路、65 タイマー、 63 memory, 64 unit control circuit, 65 timer,
66 操作パネル、 66 operation panel,
70 インク増粘防止ユニット、72 チューブポンプ、 70 ink thickening prevention unit, 72 tube pump,
73 ケース、73a 内壁面、74 回転円盤、74a 外周面、 73 case, 73a inner wall surface, 74 rotating disk, 74a outer circumferential surface,
75 プレスローラー、77 バイパスチューブ、78 バイパス弁、 75 press roller, 77 bypass tube, 78 bypass valve,
80 ワイパー部材、 80 wiper member,
100 印刷システム、110 コンピュータ、120 表示装置、 100 printing system 110 computer, 120 display device,
130 入力装置、140 記録再生装置、 130 input unit, 140 recording and reproducing apparatus,
411 ノズル列、 411 nozzle row,
Ne ノズル開口、Is インク表面、Ise 外周縁、 Ne nozzle openings, Is the ink surface, Ise outer peripheral edge,
SP1 空間、SP2 空間、SP3 凹み部、 SP1 space, SP2 space, SP3 recess,
C74 円心、 C74 center of circle,
Wc 最大幅、A 所定範囲、P ノズルピッチ Wc maximum width, A predetermined range, P nozzle pitch

Claims (8)

  1. データに基づいてノズルから液体を吐出する液体吐出装置において、 A liquid discharge apparatus for discharging liquid from a nozzle on the basis of the data,
    前記データに基づく前記ノズルからの液体の吐出を実行していない待機状態の時に、少なくとも前記ノズルの先端部に空間が形成されるように前記液体を吐出方向と逆側に引き込む動作を行うコントローラと、 In the standby state in which the discharge is not the execution of the liquid from the nozzle based on the data, and a controller for performing an operation to draw the liquid in the ejection direction opposite side to the space at the tip portion of at least the nozzle is formed ,
    を備えたことを特徴とする液体吐出装置。 A liquid ejection apparatus characterized by comprising a.
  2. 請求項1に記載の液体吐出装置であって、 The liquid discharge apparatus according to claim 1,
    前記待機状態の時に、前記ノズルの先端部にのみ空間が形成されるように前記液体を吐出方向と逆側に引き込む動作を前記コントローラは行うことを特徴とする液体吐出装置。 Wherein in the standby state, the liquid ejection apparatus according to claim operation to draw the liquid such that a space is formed in the ejection direction opposite side only the tip of the nozzle to perform the above controller.
  3. 請求項2に記載の液体吐出装置であって、 The liquid discharge apparatus according to claim 2,
    前記液体は、該液体を貯留するタンクから流路を通して前記ノズルへ供給されるとともに、前記流路にはポンプが設けられ、 The liquid is supplied to the nozzle through a flow path from the tank for storing the liquid, a pump is provided in the flow path,
    前記コントローラはタイマーを有し、 Wherein the controller includes a timer,
    前記引き込み動作の後であって、前記タイマーに基づきカウントされた所定時間の経過後に、前記ノズル及び前記流路に存在する全ての液体を前記ポンプによって前記タンク内に回収することを特徴とする液体吐出装置。 Even after the pull-in operation, the liquid and recovering after a counted predetermined time based on the timer, all liquid present in the nozzle and the flow path in said tank by said pump ejection device.
  4. 請求項1又は2に記載の液体吐出装置であって、 The liquid discharge apparatus according to claim 1 or 2,
    前記待機状態の時は、電源OFF指令を受信した後であることを特徴とする液体吐出装置。 Wherein the standby state, the liquid ejection apparatus is characterized in that after having received the power OFF command.
  5. 請求項4に記載の液体吐出装置であって、 The liquid discharge apparatus according to claim 4,
    前記液体は、該液体を貯留するタンクから流路を通して前記ノズルへ供給されるとともに、前記流路にはポンプが設けられ、 The liquid is supplied to the nozzle through a flow path from the tank for storing the liquid, a pump is provided in the flow path,
    前記電源OFF指令を受信した後に、前記ノズル及び前記流路に存在する全ての液体を、前記ポンプによって前記タンク内に回収することを特徴とする液体吐出装置。 The power supply OFF command after receiving all the liquid present in the nozzle and the flow path, a liquid discharge apparatus characterized by recovering said tank by said pump.
  6. 請求項1乃至5のいずれかに記載の液体吐出装置であって、 The liquid ejecting apparatus according to any one of claims 1 to 5,
    媒体を搬送方向に搬送する搬送機構と、前記搬送方向と交差する方向に沿って複数の前記ノズルが並んで設けられたヘッドと、を有し、 Includes a transport mechanism for transporting the medium in the conveying direction, a head provided side by side a plurality of the nozzles along a direction intersecting the transport direction, and
    前記搬送機構によって前記媒体を搬送中に、移動停止状態の前記ヘッドの前記ノズルから、前記媒体へ向けて液体が吐出されることを特徴とする液体吐出装置。 During conveying the medium by the conveying mechanism, from the nozzle of the head of the movement stop state, a liquid ejecting apparatus, wherein a liquid is discharged toward the medium.
  7. 請求項6に記載の液体吐出装置であって、 The liquid discharge apparatus according to claim 6,
    前記液体はインクであることを特徴とする液体吐出装置。 A liquid ejection apparatus, wherein said liquid is ink.
  8. データに基づいてノズルから液体を吐出するステップと、 A method for ejecting liquid from a nozzle on the basis of the data,
    前記データに基づく前記ノズルからの液体の吐出を実行していない待機状態の時に、少なくとも前記ノズルの先端部に空間が形成されるように前記液体を吐出方向と逆側に引き込むステップと、 Wherein in the standby state in which the discharge does the running of the liquid from the nozzle based on the data, the steps of pulling the liquid to the space at the tip portion of at least the nozzles are formed in the ejection direction opposite side,
    を備えたことを特徴とする液体吐出方法。 Liquid discharging method characterized by comprising a.
JP2008113047A 2007-07-02 2008-04-23 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid Pending JP2009029112A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007174306 2007-07-02
JP2007174304 2007-07-02
JP2008113047A JP2009029112A (en) 2007-07-02 2008-04-23 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid

Applications Claiming Priority (9)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008113047A JP2009029112A (en) 2007-07-02 2008-04-23 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid
CN201110227804.1A CN102320190B (en) 2007-07-02 2008-06-30 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid
CN 200810125279 CN101337462B (en) 2007-07-02 2008-06-30 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid
CN201110227819.8A CN102350873B (en) 2007-07-02 2008-06-30 A liquid ejection apparatus and a liquid ejecting method
CN 201110227881 CN102303456B (en) 2007-07-02 2008-06-30 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid
CN2011102277937A CN102350876A (en) 2007-07-02 2008-06-30 Liquid discharging apparatus and liquid discharging method
CN2011102277975A CN102336060A (en) 2007-07-02 2008-06-30 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid
US12/165,843 US8789905B2 (en) 2007-07-02 2008-07-01 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid
US14/304,552 US20140292956A1 (en) 2007-07-02 2014-06-13 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009029112A true JP2009029112A (en) 2009-02-12

Family

ID=40400150

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008113047A Pending JP2009029112A (en) 2007-07-02 2008-04-23 Liquid discharging apparatus and method of discharging liquid
JP2013105905A Active JP5742878B2 (en) 2007-07-02 2013-05-20 Liquid ejection device

Family Applications After (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013105905A Active JP5742878B2 (en) 2007-07-02 2013-05-20 Liquid ejection device

Country Status (2)

Country Link
JP (2) JP2009029112A (en)
CN (6) CN101337462B (en)

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5790838U (en) * 1980-11-21 1982-06-04
JPS63168363A (en) * 1986-12-29 1988-07-12 Seiko Epson Corp Ink jet recorder
JPH0315135U (en) * 1989-06-22 1991-02-15
JPH08244252A (en) * 1995-03-14 1996-09-24 Hitachi Ltd Ink jet printer
JPH11240179A (en) * 1998-02-26 1999-09-07 Minolta Co Ltd Ink-jet recording apparatus
JP2005178290A (en) * 2003-12-22 2005-07-07 Fuji Photo Film Co Ltd Liquid droplet jet device and method of detecting ejection
JP2007015285A (en) * 2005-07-08 2007-01-25 Fujifilm Holdings Corp Ink cartridge, inkjet recording device, and waste ink cartridge

Family Cites Families (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4992802A (en) 1988-12-22 1991-02-12 Hewlett-Packard Company Method and apparatus for extending the environmental operating range of an ink jet print cartridge
JPH0453754A (en) * 1990-06-22 1992-02-21 Canon Inc Ink jet recording device
US5450112A (en) 1992-12-23 1995-09-12 Hewlett-Packard Company Laminated film for ink reservoir
JPH0725017A (en) * 1993-07-09 1995-01-27 Canon Inc Print controller
US5850239A (en) * 1995-09-20 1998-12-15 Hewlett-Packard Company Manual selecting inkjet primer system
JP4038896B2 (en) * 1997-10-16 2008-01-30 セイコーエプソン株式会社 Printing apparatus and a control method at the reset
JPH11263028A (en) * 1998-03-17 1999-09-28 Nec Niigata Ltd Apparatus and method for ink-jet recording
JP2000168103A (en) * 1998-12-10 2000-06-20 Toshiba Tec Corp Method and apparatus for driving ink-jet head
JP2000289222A (en) * 1999-04-12 2000-10-17 Canon Inc Liquid ejection recording apparatus, liquid supply method, liquid removing method, and liquid replacing method for the liquid ejection recording apparatus
CN101024337B (en) * 2000-08-11 2011-06-08 佳能精技股份有限公司 Ink-jet printer and method for cleaning restoring system
JP2002234175A (en) * 2001-02-08 2002-08-20 Canon Inc Method and apparatus for preventing ink viscosity increase in liquid jet apparatus, and apparatus for manufacturing color filter
JPWO2002090117A1 (en) 2001-05-09 2004-08-19 松下電器産業株式会社 Ink-jet apparatus, a method of manufacturing the inkjet inks and electronic components using the same
KR100433529B1 (en) * 2001-12-04 2004-05-31 삼성전자주식회사 Ink cartridge with pressure-controlling module
US7448734B2 (en) * 2004-01-21 2008-11-11 Silverbrook Research Pty Ltd Inkjet printer cartridge with pagewidth printhead
JP2005205730A (en) * 2004-01-22 2005-08-04 Konica Minolta Holdings Inc Image recording device
JP2006327048A (en) * 2005-05-26 2006-12-07 Fujifilm Holdings Corp Active energy curing type inkjet recorder
JP2006327100A (en) * 2005-05-27 2006-12-07 Brother Ind Ltd Inkjet recorder
JP2007090525A (en) * 2005-09-26 2007-04-12 Canon Inc Ink jet recorder and its control method
JP4793555B2 (en) * 2005-10-18 2011-10-12 ブラザー工業株式会社 Image recording device

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5790838U (en) * 1980-11-21 1982-06-04
JPS63168363A (en) * 1986-12-29 1988-07-12 Seiko Epson Corp Ink jet recorder
JPH0315135U (en) * 1989-06-22 1991-02-15
JPH08244252A (en) * 1995-03-14 1996-09-24 Hitachi Ltd Ink jet printer
JPH11240179A (en) * 1998-02-26 1999-09-07 Minolta Co Ltd Ink-jet recording apparatus
JP2005178290A (en) * 2003-12-22 2005-07-07 Fuji Photo Film Co Ltd Liquid droplet jet device and method of detecting ejection
JP2007015285A (en) * 2005-07-08 2007-01-25 Fujifilm Holdings Corp Ink cartridge, inkjet recording device, and waste ink cartridge

Also Published As

Publication number Publication date
JP2013154649A (en) 2013-08-15
CN101337462B (en) 2011-09-28
CN102320190B (en) 2015-05-20
CN102350873A (en) 2012-02-15
CN102303456A (en) 2012-01-04
CN102336060A (en) 2012-02-01
CN102320190A (en) 2012-01-18
CN102303456B (en) 2014-06-18
CN102350876A (en) 2012-02-15
JP5742878B2 (en) 2015-07-01
CN101337462A (en) 2009-01-07
CN102350873B (en) 2015-11-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6447095B1 (en) Discharge recovery method for ink jet apparatus using waterproof ink and ink jet apparatus employing the method
US7669990B2 (en) Liquid droplet ejecting device
EP0674996B1 (en) Capping method for ink jet recording apparatus
JP2001310477A (en) Ink tank, ink-jet recording head, ink-jet cartridge, and ink-jet recording device
JP4086590B2 (en) Recording apparatus and preliminary discharge control method
JP5211828B2 (en) Fluid ejection device and control method of fluid ejection device
JP2010125854A (en) Pen wiping method and system using rotary belt
JP2003165230A (en) Ink-jet recording head and its recorder
JP2008049535A (en) Liquid delivering apparatus, and method for cleaning liquid delivering surface
EP1393914B1 (en) Controlling recovery by monitoring the cap-open state
US8162436B2 (en) Fluid discharging apparatus
US20040056921A1 (en) Ink jet printing apparatus and preliminary ink ejection method
US7198350B2 (en) Image formation apparatus and recovery ejection method of print head
US20090033707A1 (en) Fluid ejecting apparatus
JP4914627B2 (en) Discharge recovery device for liquid discharge head and image forming apparatus having the same
JP4989361B2 (en) Maintenance device, liquid ejection device, and nozzle surface maintenance method
JP4502018B2 (en) The droplet discharge device
JP2002137405A (en) Capping mechanism and ink jet recorder using the same
JP2002337351A (en) Ink-jet recorder, method for controlling moving position of capping means therein, and method for controlling flushing therein
JP4154190B2 (en) An ink jet recording apparatus
US7121645B2 (en) Ink jet printing apparatus
US6447096B1 (en) Ink jet recording apparatus and recovery method therefor
JP5171068B2 (en) Inkjet recording device
JP2002361889A (en) Recorder and preliminary ejection control method
US20040041876A1 (en) Head recovery device, head recovery method and ink jet recording apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20110325

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120724

A977 Report on retrieval

Effective date: 20120725

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A521 Written amendment

Effective date: 20120920

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20130219