JP2009027779A - 住宅用分電盤 - Google Patents

住宅用分電盤 Download PDF

Info

Publication number
JP2009027779A
JP2009027779A JP2007186061A JP2007186061A JP2009027779A JP 2009027779 A JP2009027779 A JP 2009027779A JP 2007186061 A JP2007186061 A JP 2007186061A JP 2007186061 A JP2007186061 A JP 2007186061A JP 2009027779 A JP2009027779 A JP 2009027779A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
door
handle
locking
circuit breaker
locked
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007186061A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4994979B2 (ja
Inventor
Osamu Miwa
三輪  修
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kawamura Electric Inc
Original Assignee
Kawamura Electric Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kawamura Electric Inc filed Critical Kawamura Electric Inc
Priority to JP2007186061A priority Critical patent/JP4994979B2/ja
Publication of JP2009027779A publication Critical patent/JP2009027779A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4994979B2 publication Critical patent/JP4994979B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】内蔵された回路遮断器がトリップした際、前扉を一々開放操作する必要のない使い勝手に優れた住宅用分電盤を提供する。
【解決手段】前扉3を、上下方向へスライド可能で、且つ、覆い枠7から露出する操作ハンドル4aを被覆する閉塞位置からの下方へのスライドにより操作ハンドル4aを露出するように備える一方、覆い枠7に係止凹部を、前扉3に保持片11を夫々設け、保持片11と係止凹部との係止により前扉3を閉塞位置にて保持するとともに、主幹ブレーカ4のトリップ動作に伴う操作ハンドル4aの回動によって、保持片11と係止凹部との係止が解除され、前扉3が自動的に開放動作するようにした。
【選択図】図2

Description

本発明は、少なくとも一つの回路遮断器を内蔵した住宅用分電盤に関するものである。
従来一般的な回路遮断器を内蔵した住宅用分電盤について、図7をもとに説明する。図7は、従来の住宅用分電盤61を示した説明図である。
住宅用分電盤61は、前面に開口を有する基台62と、該基台62の前面開口を開閉するための前扉63とからなるものであって、基台62には、主幹ブレーカ、及び複数の分岐ブレーカが内蔵されている。一方、前扉63は、基台62の前面開口の上縁に左右方向を軸として軸着されており、図7に示す如く、上下方向への回動操作により前面開口を開閉するようになっている。尚、このような構成を有する住宅用分電盤としては、たとえば特許文献1に開示されたものがある。
特開2006−202902号公報
しかしながら、上記従来の住宅用分電盤61では前扉63の開閉動作を全て手動で行わなければならないため、たとえば主幹ブレーカがトリップした際、一旦前扉63を開放操作しなければならず、煩わしいといった問題がある。特に、主幹ブレーカのトリップにより停電してしまうと暗所での作業となることが考えられるため、そのような場合、前扉63の開放操作が一層煩わしくなると言える。また、一般的に住宅用分電盤は、図7に示す如く、天井付近の高所に設置されることが多いため、前扉63を上下方向に回動操作して開閉する構成では、天井が邪魔となり十分に前面開口を開放できない、開閉操作が煩わしいといった問題もある。
そこで、本発明は、上記問題に鑑みなされたものであって、内蔵された回路遮断器がトリップした際、前扉を一々開放操作する必要のない使い勝手に優れた住宅用分電盤を提供しようとするものである。
上記目的を達成するために、本発明のうち請求項1に記載の発明は、内部に回路遮断器を設置可能で前面に開口を有する基台と、電路をON/OFF操作すべく前記回路遮断器に設けられた操作手段を露出する窓部を備え、前記基台の前面を覆うように取り付けられる覆い枠と、前記窓部を介して露出する前記操作手段を被覆/露出可能に前記基台又は覆い枠に取り付けられた前扉とを備えた住宅用分電盤であって、前記前扉を、上下方向へスライド可能で、且つ、前記操作手段を被覆する閉塞位置からの下方へのスライドにより前記操作手段を露出するように備える一方、前記前扉の取付対象に係止部又は被係止部の一方を、前記前扉に他方を夫々設け、前記係止部と前記被係止部との係止により、前記前扉を前記閉塞位置にて保持するとともに、前記回路遮断器のトリップ動作をうけて前記係止部と前記被係止部との係止を解除する係止解除手段を設けたことを特徴とする。
また、上記目的を達成するために、本発明のうち請求項2に記載の発明は、内部に回路遮断器を設置可能で前面に開口を有する基台と、電路をON/OFF操作すべく前記回路遮断器に設けられた操作手段を露出する窓部を備え、前記基台の前面を覆うように取り付けられる覆い枠と、前記窓部を介して露出する前記操作手段を被覆/露出可能に前記基台又は覆い枠に取り付けられた前扉とを備えた住宅用分電盤であって、前記操作手段を露出する開放方向へ前記前扉を付勢し、前記前扉を開放位置にて保持可能な付勢手段を設ける一方、前記前扉の取付対象に係止部又は被係止部の一方を、前記前扉に他方を夫々設け、前記係止部と前記被係止部との係止により、前記操作手段を被覆する閉塞位置にて前記前扉を保持するとともに、前記回路遮断器のトリップ動作をうけて前記係止部と前記被係止部との係止を解除する係止解除手段を設けたことを特徴とする。
請求項3に記載の発明は、請求項1又は2に記載の発明において、操作手段が回動可能な操作ハンドルである回路遮断器が設置された住宅用分電盤にあっては、前記操作ハンドルを係止解除手段とし、前記回路遮断器のトリップ動作に伴う前記操作ハンドルのOFF側への回動によって閉塞位置にある前記前扉が押圧され、該押圧力によって係止部と被係止部との係止が解除されるようにしたことを特徴とする。
請求項1及び2に記載の発明によれば、回路遮断器のトリップ動作をうけて係止部と被係止部との係止を解除する係止解除手段を設けており、回路遮断器がトリップ動作した際、前扉を自動的に開放動作させ、操作手段を露出するようにしている。したがって、作業者等はトリップ時に一々前扉を手動で開放する必要がなく、使い勝手がよい。
また、特に請求項1に記載の発明によれば、前扉を、基台又は覆い枠からの下方へのスライドにより操作手段を露出するように設けているため、たとえ天井付近の高所に設置されたとしても、天井が邪魔となり十分に操作手段を露出させることができない、開閉操作が煩わしいといった問題が生じない。
さらに、請求項3に記載の発明によれば、基台内に設置する回路遮断器の操作ハンドルを係止解除手段としているため、係止解除手段を別途設ける必要がなく、構成の合理化、部材点数の削減等といった効果がある。
以下、本発明の一実施形態となる住宅用分電盤(以下、単に分電盤と称す)について、図面をもとに説明する。
図1は、本実施例に係る分電盤1の外観を示した斜視説明図であり、図2は、分電盤1の前扉3が開放位置にある状態を示した斜視説明図である。また、図3は、分電盤1の縦断面説明図である。
分電盤1は、前面に開口を有する箱状の基台2と、前面開口を覆うように基台2に取り付けられる覆い枠7と、該覆い枠7の前面に取り付けられた前扉3とからなるものであって、基台2内には、1つの主幹ブレーカ(回路遮断器)4と、複数の分岐ブレーカ5、5・・とが設置されている。また、覆い枠7には、複数の窓部6、6・・が開設されている。そして、各窓部6を介して主幹ブレーカ4の操作ハンドル(係止解除手段)4a及び分岐ブレーカ5の操作ハンドル5aが覆い枠7よりも前方へ突出しており、覆い枠7の前面側から各操作ハンドル4a、5aが操作可能となっている(以下、覆い枠7における各操作ハンドル4a、5aの露出部近傍を操作部と称す)。さらに、覆い枠7上部には、後述する前扉3の保持片(係止部)11が係止可能な係止凹部(被係止部)8が設けられている。加えて、覆い枠7の前面下部には、後述の如くして前扉3が開放動作した際、操作部が十分広く開放された所定の開放位置で前扉3を支持する(すなわち、前扉3の脱落を防止する)ための支持部材(図示しない)が備えられている。
尚、主幹ブレーカ4の操作ハンドル4aは、主幹ブレーカ4本体に対して起立する起立位置と、主幹ブレーカ4本体側へ傾倒する傾倒位置との間で回動可能に設けられており、傾倒位置がON位置となり、過電流や漏電等の異常の発生を検知するとトリップ動作して操作ハンドル4aが起立し、回路を遮断するようになっている(つまり、起立位置がOFF位置となる)。そして、該主幹ブレーカ4は、操作ハンドル4aの回動方向が上下方向となり、且つ、操作ハンドル4aをON操作した際、操作ハンドル4aが上方へ傾倒するように基台2へ設置されている。したがって、トリップ動作に伴う操作ハンドル4aのOFF側への回動により、操作ハンドル4aはON位置よりも前方へ突出することになる。
一方、前扉3は、覆い枠7の前面に上下方向へスライド可能に取り付けられており、覆い枠7の操作部を被覆して閉塞する閉塞位置からの下方へのスライドにより、操作部を露出させ開放するようになっている。また、前扉3の上部には、覆い枠7の係止凹部8に係止して前扉3を閉塞位置にて保持するための保持片11が上方へ突設されている。さらに、前扉3の後面で、且つ、閉塞位置に位置させた際に主幹ブレーカ4の操作ハンドル4aの前方となる位置には、押圧板12が取り付けられている。そして、前扉3を閉塞位置に位置させると、ON位置にある操作ハンドル4aの先端部が押圧板12に当接するようになっている。そのため、当該状態から操作ハンドル4aがOFF側へ回動すると、操作ハンドル4aにより前扉3が前方へ押圧され、該押圧力によって保持片11と係止凹部8との係止が解除となり、前扉3が下方へスライドして操作部が開放されることになる。
加えて、前扉3の後面で、押圧板12の上方となる位置には、ハンドル操作片13が取り付けられている。ハンドル操作片13は、前扉3に軸着される頭部13a(図5に示す)と、該頭部13aに一体的に設けられた舌部13b(図5に示す)とからなり、舌部13bを略水平方向へ延ばした操作位置を初期位置として、当該操作位置から上側(前面から見て反時計回り)方向へのみ回転可能に取り付けられ、操作位置から下側への回転は規制部材(図示せず)により規制されている。そして、該ハンドル操作片13は、前扉3の上下方向へのスライド時に舌部13bがOFF位置にある操作ハンドル4aと接触し、後述の如くして操作ハンドル4aを操作する。
ここで、主幹ブレーカ4が異常の発生を検知しトリップ動作した場合における分電盤1の動作、及びトリップ状態から通常状態への復帰操作について図4〜図6をもとに説明する。図4は、主幹ブレーカ4のトリップ動作に伴う各部の動作を示した部分断面説明図であり、図5及び6は、ハンドル操作片13による操作ハンドル4aの操作を示した説明図である。
まず、異常の発生が検知されない通常状態にあっては、当然主幹ブレーカ4の操作ハンドル4aは上方へ傾倒したON位置にあり、前扉3は閉塞位置に位置し、保持片11と係止凹部8との係止により該閉塞位置にて保持されている(図4(a))。
ここで、過電流や漏電等といった異常の発生が検知されると、主幹ブレーカ4はトリップ動作し、ON位置にある操作ハンドル4aがOFF側へ回動して回路を遮断する。このOFF側への回動により操作ハンドル4aが押圧板12を押圧するため、該押圧力によって保持片11と係止凹部8との係止が解除となり、前扉3は支えを失って下方へスライドし、操作部を開放する(図4(b))。また、前扉3の下方へのスライド時に、ハンドル操作片13の舌部13bが操作ハンドル4aに接触するものの、該接触によりハンドル操作片13は頭部13aを軸として上側方向へ回転して退避し、操作ハンドル4aを操作しない(図5)。尚、操作ハンドル4aがON位置にある通常状態において手動により前扉3を開放した場合、ハンドル操作片13は、操作ハンドル4aに接触することはなく、当然操作ハンドル4aをOFF側等へ操作したりしない。
次に、上記トリップ状態から通常状態へ復帰させるにあたっては、開放している前扉3を保持片11と係止凹部8とが係止するまで上方へスライドさせて、操作部を閉塞すればよい。この時、前扉3の上方へのスライドに伴い、図6に示す如く、ハンドル操作片13の舌部13bが起立状態にある操作ハンドル4aに下方から接触することになる。しかしながら、前扉3の開放時とは異なり、舌部13bの下側方向への回転は規制されているため、舌部14bが操作ハンドル4を上方へ押し上げ(すなわち、ON側へ回動させ)、最終的に操作ハンドル4aをON位置とする。したがって、主幹ブレーカ4は、前扉3を閉塞操作するだけで、通常状態へ復帰することになる。
以上のような構成を有する分電盤1によれば、覆い枠7の前面に下方へスライドする前扉3を備える一方、傾倒位置がON位置となるとともに起立位置がOFF位置となるように操作ハンドル4aを設けた主幹ブレーカ4を、ON位置からOFF側への回動で操作ハンドル4aが前方へ突出するように、且つ、ON位置にある操作ハンドル4aの先端部が前扉3の後面に当接するように基台2内に設置しており、主幹ブレーカ4のトリップ動作に伴う操作ハンドル4aのOFF側への回動によって前扉3が前方へ押圧され、該押圧力により前扉3を閉塞位置で保持する保持片11と係止凹部8との係止が解除となるようにしている。そのため、主幹ブレーカ4のトリップ動作に伴って、自動的に前扉3が下方へスライドし、覆い枠7の操作部が開放されることになる。したがって、作業者はトリップ時に一々前扉3を手動で開放する必要がなく、特に主幹ブレーカ4のトリップにより暗所となった場合における使い勝手がよい。また、前扉3を、下方へのスライドにより操作部を開放するように設けているため、たとえ天井付近の高所に設置されたとしても、天井が邪魔となり十分に操作部を開放できない、開閉操作が煩わしいといった問題が生じない。
また、分電盤1によれば、前扉3の後面に、前扉3のスライドに伴って操作ハンドル4aに接触するハンドル操作片13を設けており、前扉3を閉塞するに際して、ハンドル操作片13が操作ハンドル4aをON操作するようにしている。したがって、トリップに伴って開放位置にある前扉3を上方へスライドさせて閉塞するだけで、主幹ブレーカ4についてはON操作可能であり、特に暗所等における使い勝手が非常によい。
さらに、ハンドル操作片13は、舌部13bを略水平方向へ延ばした操作位置を初期位置として、当該操作位置から上側(前面から見て反時計回り)方向へは回転可能に取り付けられている。そのため、前扉3が開放方向へスライドするに際し、既にOFF位置にある操作ハンドル4aに対して上側から下側へ(すなわち、OFF操作側へ)負荷がかかるように接触した場合、上側へ回転して退避し操作ハンドル4aを操作しない。したがって、既にOFF位置にある操作ハンドル4aに対して無理な負荷がかかり、主幹ブレーカ4が破損・故障してしまうといった事態を防止することができる。
なお、本発明の分電盤に係る構成は、上記実施形態に記載の態様に何ら限定されるものではなく、前扉、覆い枠、及び基台の構造、基台内部に設置する回路遮断器の数や設置位置等に係る構成を、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で必要に応じて適宜変更することができる。
たとえば、前扉を閉塞位置で保持する構成としては、上記保持片と係止凹部との係止に限定されることはなく、前扉に凹部を設ける一方、覆い枠に通電状態にあっては前扉の凹部内へ突出する突出体(係止部)を備えたソレノイド(係止解除手段)を設け、主幹ブレーカ等が通電状態にある通常状態にあっては、該ソレノイドにより前扉を閉塞位置で保持し、トリップにより停電状態となるとソレノイドの突出体が引き込まれ(凹部内から引き出され)、前扉が開放方向へスライドするような構成とすることも可能である。尚、当該構成を採用するにあたっては、ソレノイドをON/OFFするための操作部材を別途基台や覆い枠外部に設けた方がよい。
また、上記実施形態においては、主幹ブレーカのトリップ動作に伴って前扉が自動的に開放したり、前扉を閉塞する際に主幹ブレーカの操作ハンドルをON操作するような構成としているが、分岐ブレーカ(回路遮断器)のトリップ動作によって前扉が自動的に開放するようにしてもよいし、前扉の閉塞時に分岐ブレーカの操作ハンドルをON操作するように構成することも当然可能である。
さらに、前扉を、従来同様、回動により開閉するように構成するとともに、前扉を開放側へ付勢する付勢手段を設置し、前扉及び基台の係止部と被係止部との係止により前扉を閉塞位置にて保持可能とする一方、係止部及び/又は被係止部を、主幹ブレーカへ導かれる商用電力や主幹ブレーカの二次側を電源として動作可能とし、主幹ブレーカや分岐ブレーカのトリップ動作に伴って、係止部及び/又は被係止部が係止解除動作するように構成してもよい。当該構成を採用しても、トリップ時に前扉を自動的に開放させることができ、使い勝手の向上といった効果を期待することができる。
さらにまた、上記実施形態では前扉を下方へスライドさせることにより操作部を開放するように構成しているが、前扉を開放方向へ付勢する付勢手段を設けることにより、水平方向へのスライドにより前面開口を開放させることも可能であるし、上方へのスライドにより前面開口を開放させることも可能である。尚、上記実施形態に記載の構成であれば付勢手段等を設ける必要がなく、構成の合理化を図ることができる。
加えて、前扉と覆い枠とのどちらに係止部を設け、どちらに被係止部を設けるかは適宜変更可能であるし、前扉を覆い枠ではなく基台に取り付けるように構成することも可能である(この場合、基台に係止部又は被係止部を設けてもよいことは言うまでもない)。
本発明に係る分電盤の外観を示した斜視説明図である。 分電盤の前扉が開放位置にある状態を示した斜視説明図である。 分電盤の縦断面説明図である。 主幹ブレーカのトリップ動作に伴う各部の動作を示した部分断面説明図である。 ハンドル操作片による操作ハンドルの操作を示した説明図である。 ハンドル操作片による操作ハンドルの操作を示した説明図である。 従来の分電盤を示した説明図である。
符号の説明
1・・分電盤、2・・基台、3・・前扉、4・・主幹ブレーカ、4a・・操作ハンドル、5・・分岐ブレーカ、5a・・操作ハンドル、7・・覆い枠、8・・係止凹部、11・・保持片、12・・押圧板、13・・ハンドル操作片、13a・・頭部、13b・・舌部。

Claims (3)

  1. 内部に回路遮断器を設置可能で前面に開口を有する基台と、電路をON/OFF操作すべく前記回路遮断器に設けられた操作手段を露出する窓部を備え、前記基台の前面を覆うように取り付けられる覆い枠と、前記窓部を介して露出する前記操作手段を被覆/露出可能に前記基台又は覆い枠に取り付けられた前扉とを備えた住宅用分電盤であって、
    前記前扉を、上下方向へスライド可能で、且つ、前記操作手段を被覆する閉塞位置からの下方へのスライドにより前記操作手段を露出するように備える一方、
    前記前扉の取付対象に係止部又は被係止部の一方を、前記前扉に他方を夫々設け、前記係止部と前記被係止部との係止により、前記前扉を前記閉塞位置にて保持するとともに、前記回路遮断器のトリップ動作をうけて前記係止部と前記被係止部との係止を解除する係止解除手段を設けたことを特徴とする住宅用分電盤。
  2. 内部に回路遮断器を設置可能で前面に開口を有する基台と、電路をON/OFF操作すべく前記回路遮断器に設けられた操作手段を露出する窓部を備え、前記基台の前面を覆うように取り付けられる覆い枠と、前記窓部を介して露出する前記操作手段を被覆/露出可能に前記基台又は覆い枠に取り付けられた前扉とを備えた住宅用分電盤であって、
    前記操作手段を露出する開放方向へ前記前扉を付勢し、前記前扉を開放位置にて保持可能な付勢手段を設ける一方、
    前記前扉の取付対象に係止部又は被係止部の一方を、前記前扉に他方を夫々設け、前記係止部と前記被係止部との係止により、前記操作手段を被覆する閉塞位置にて前記前扉を保持するとともに、前記回路遮断器のトリップ動作をうけて前記係止部と前記被係止部との係止を解除する係止解除手段を設けたことを特徴とする住宅用分電盤。
  3. 操作手段が回動可能な操作ハンドルである回路遮断器が設置された住宅用分電盤にあっては、
    前記操作ハンドルを係止解除手段とし、
    前記回路遮断器のトリップ動作に伴う前記操作ハンドルのOFF側への回動によって閉塞位置にある前記前扉が押圧され、該押圧力によって係止部と被係止部との係止が解除されるようにしたことを特徴とする請求項1又は2に記載の住宅用分電盤。
JP2007186061A 2007-07-17 2007-07-17 住宅用分電盤 Expired - Fee Related JP4994979B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007186061A JP4994979B2 (ja) 2007-07-17 2007-07-17 住宅用分電盤

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007186061A JP4994979B2 (ja) 2007-07-17 2007-07-17 住宅用分電盤

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009027779A true JP2009027779A (ja) 2009-02-05
JP4994979B2 JP4994979B2 (ja) 2012-08-08

Family

ID=40399062

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007186061A Expired - Fee Related JP4994979B2 (ja) 2007-07-17 2007-07-17 住宅用分電盤

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4994979B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020065372A (ja) * 2018-10-17 2020-04-23 パナソニックIpマネジメント株式会社 分電盤用キャビネット、及び分電盤
JP2020065370A (ja) * 2018-10-17 2020-04-23 パナソニックIpマネジメント株式会社 分電盤用キャビネット、及び分電盤
CN111917014A (zh) * 2020-08-10 2020-11-10 郑响球 一种壁挂式用于室外的防护配电柜
CN112054405A (zh) * 2020-09-07 2020-12-08 广东电网有限责任公司东莞供电局 保护屏柜
WO2021034797A1 (en) * 2019-08-20 2021-02-25 Commscope Technologies Llc Power distribution panels and methods of making power termination connections

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07230743A (ja) * 1994-02-18 1995-08-29 Hitachi Ltd 回路遮断ユニット
JPH08135294A (ja) * 1994-11-04 1996-05-28 Kawamura Electric Inc 分電盤の扉開閉構造
JP2002078115A (ja) * 2000-08-30 2002-03-15 Kawamura Electric Inc 住宅用分電盤

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07230743A (ja) * 1994-02-18 1995-08-29 Hitachi Ltd 回路遮断ユニット
JPH08135294A (ja) * 1994-11-04 1996-05-28 Kawamura Electric Inc 分電盤の扉開閉構造
JP2002078115A (ja) * 2000-08-30 2002-03-15 Kawamura Electric Inc 住宅用分電盤

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020065372A (ja) * 2018-10-17 2020-04-23 パナソニックIpマネジメント株式会社 分電盤用キャビネット、及び分電盤
JP2020065370A (ja) * 2018-10-17 2020-04-23 パナソニックIpマネジメント株式会社 分電盤用キャビネット、及び分電盤
WO2021034797A1 (en) * 2019-08-20 2021-02-25 Commscope Technologies Llc Power distribution panels and methods of making power termination connections
CN111917014A (zh) * 2020-08-10 2020-11-10 郑响球 一种壁挂式用于室外的防护配电柜
CN112054405A (zh) * 2020-09-07 2020-12-08 广东电网有限责任公司东莞供电局 保护屏柜

Also Published As

Publication number Publication date
JP4994979B2 (ja) 2012-08-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7399934B2 (en) External operation handle device
JP4994979B2 (ja) 住宅用分電盤
EP0590475A2 (en) Circuit breaker
US9299522B2 (en) Shutter locking mechanism for circuit breaker assembly
JP2005247232A (ja) リッド開閉装置及びそれを用いた小物入れ装置
CA2892920A1 (en) Motor vehicle lock with position detection means
JP2006216484A (ja) 電源スイッチの誤操作防止装置
JP4933208B2 (ja) 回路遮断器
JP4994980B2 (ja) 住宅用分電盤
JP4758224B2 (ja) 開口部装置
JP2005282253A (ja) 扉の取付構造
JP4872756B2 (ja) 開閉器の外部操作ハンドル装置
JP2005184943A (ja) 回路遮断器収納箱のインターロック装置
JP4678346B2 (ja) 開閉器の外部操作ハンドル
JP3711663B2 (ja) 回路しゃ断器の外部操作ハンドル装置
JP4867644B2 (ja) 回路遮断器の外部操作ハンドル装置
JP4468199B2 (ja) 保護カバー
JP2008245334A (ja) コントロールセンター
KR101793543B1 (ko) 기중차단기 투입 잠금장치
KR200474553Y1 (ko) 배선용 차단기의 외부 조작 핸들장치
JP2019107265A (ja) 家具におけるハンドルケース
JP2012095530A (ja) コントロールセンター
JP2010084499A (ja) 電気機器収納用箱
JP5741381B2 (ja) 開閉器の外部操作ハンドル装置
JP2017127125A (ja) 分電盤

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100705

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120224

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120410

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120509

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150518

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees