JP2009021644A - Information processor and processing method - Google Patents

Information processor and processing method Download PDF

Info

Publication number
JP2009021644A
JP2009021644A JP2007180451A JP2007180451A JP2009021644A JP 2009021644 A JP2009021644 A JP 2009021644A JP 2007180451 A JP2007180451 A JP 2007180451A JP 2007180451 A JP2007180451 A JP 2007180451A JP 2009021644 A JP2009021644 A JP 2009021644A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
program
user
video
unit
information processing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007180451A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4988461B2 (en
Inventor
Masayuki Chikamatsu
Yoshitaka Hiramatsu
Kazushige Hiroi
Masahiro Kato
Nobuhiro Sekimoto
Minako Toba
加藤雅弘
平松義崇
廣井和重
親松昌幸
関本信博
鳥羽美奈子
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP2007180451A priority Critical patent/JP4988461B2/en
Publication of JP2009021644A publication Critical patent/JP2009021644A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4988461B2 publication Critical patent/JP4988461B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent a program to be kept by one user from being deleted by other user when a recorder/reproducer is used by a plurality of users. <P>SOLUTION: For each recorded program, the degree of interest is acquired for every time zone of each program based on an operation of a user (e.g. the degree of interest is set low for a fast-forwarded portion and high for a portion viewed by rewinding). A keyword included in each recorded program is extracted, and the degree of preference of each keyword of each program is acquired depending on the degree of interest (the degree of preference of a keyword in a time zone of high degree of interest is set high). On the basis of the degree of preference of each keyword of each program, the degree of preference of each keyword of a plurality of programs recorded in a storage device is acquired and the degree of importance is calculated for each recorded program. When a recorded program is deleted, warning against deletion of program is displayed depending on the degree of importance. <P>COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT

Description

技術分野は番組を記録する記録装置、番組を記録する記録方法に関する。 Art recording apparatus for recording a program, a recording method for recording a program.

番組を記録する記憶媒体として、DVD等の光ディスクやハードディスクドライブ(HDD)等が普及している。 As a storage medium for recording the program, an optical disk or a hard disk drive such as a DVD (HDD) or the like has become widespread. このような記録媒体を利用した従来例として以下のような方法が開示されている。 The following method has been disclosed as a conventional example using such a recording medium.

特許文献1には、「記録媒体の空き容量が不足している場合に、ユーザが容易に削除すべき番組を判断することができるよう、空き容量を確保するために削除すべき番組候補を検索する情報検索装置およびそれを備えた記録再生装置を提供する」ことを課題とし、その解決手段として「情報検索装置20は、画像音声データ10および管理データ11をそれぞれ含む複数の画像音声情報が記録された記録媒体9から、管理データ11の少なくとも一部を取得して保持する管理データ保持部2と、記録媒体9における記録可能な空き容量を取得する空き容量取得部3と、記録媒体に記録すべき画像音声情報が必要とする必要容量を入力する必要容量入力部5と、複数の画像音声情報のうちから削除または圧縮すべきものを検索するための検索条 Patent Document 1, when the free space of the "recording medium is insufficient, so that the user can determine easily be deleted program, searches the program candidates to be deleted to free up space to provide information retrieval device and a recording and reproducing apparatus including the same "it is an object of the" information retrieval device 20 as a solving means, a plurality of image and sound information including image and sound data 10 and management data 11, respectively are recorded from the recording medium 9, which is a management data holding unit 2 which acquires and holds at least a part of the management data 11, and the free capacity acquisition unit 3 for acquiring recordable free space in the recording medium 9, recorded on a recording medium required capacity input unit 5 which should do image audio information to enter the necessary capacity required, search criteria for searching should be deleted or compressed from a plurality of image and sound information を設定する検索条件設定部4と、記録媒体9に必要容量を確保することができるよう、空き容量、検索条件および画像音声情報の管理データ11に基づいて、複数の画像音声情報から削除または圧縮すべき画像音声情報候補あるいはその組み合わせを求める検索処理部6とを備える」ことが記載されている。 A search condition setting unit 4 sets a, so that it is possible to secure the necessary capacity in the recording medium 9, the free space, on the basis of the management data 11 in the search condition and the image and sound information, delete or compress a plurality of image and sound information and a search processing unit 6 to determine the should do image and sound information candidate or a combination thereof "it is described.

特許文献2には、「番組情報を伴なう番組の中から利用者の嗜好にあった番組を精度よく順位付けする番組順位付け装置を提供する」ことを課題とし、その解決手段として「利用者の視聴履歴から視聴頻度計算部202より番組毎の視聴頻度を求める。またキーワード抽出部201、嗜好分析部203と項目別嗜好適合度計算部205を用いて視聴頻度が任意の閾値を超えた番組の番組情報を除く番組毎の項目別嗜好適合度を求める。番組順位付けの判断基準学習部204は、視聴した番組と、同時刻に放送した番組の、項目別嗜好適合度と視聴頻度を入力として、視聴した番組が利用者の嗜好にあっているという判断結果を出力とする番組選択情報を基に、利用者の嗜好を分析して番組順位付けの判断基準の精度を向上させる。将来放送予 Patent Document 2, and an object thereof is "to provide a program ranking system program that was the program information from the accompanying program to the preference of the user to put accurately rank", "use as a solving means Request viewing frequency for each program from the viewing frequency calculation unit 202 from the viewing history of the user. the viewing frequency by using the keyword extraction unit 201, the preference analysis unit 203 and the item-by-item preference matching degree calculation unit 205 exceeds a given threshold Request itemized preference fitness of each program except the program information of the program. program ranking criteria learning unit 204, the programs viewed, a program which is broadcast at the same time, the viewing frequency and itemized preference fitness as input, based on the program selection information and outputs the result of determination that program viewed is a preference of the user, to improve the accuracy of the program ranking criteria by analyzing the user's preference. future broadcasting pre の各番組の項目別嗜好適合度と、同一番組タイトルの番組の視聴頻度を入力とし番組順位付けの判断基準を基に、番組選択部206により番組を順位付けし自動選択する」ことが記載されている。 And itemized preference fitness of each program, based on the same program type and program ranking criteria of viewing frequency of the program title, is automatically selected Shi ranks the program by the program selection unit 206 "that is described ing.

特開2004−328608号公報([要約]参照) JP 2004-328608 JP ([Summary reference) 特開2006−333423号公報([要約]参照) JP 2006-333423 JP ([Summary reference)

しかしながら、特許文献1において、このような記録再生装置は削除、圧縮する番組を検索する条件をユーザが入力しなければならず、ユーザにとって煩雑である。 However, in Patent Document 1, such a recording and reproducing apparatus deletes the criteria to find a program to be compressed must enter the user, is cumbersome for the user. また記録再生装置を複数のユーザが共同で使用する場合、あるユーザが残しておきたい番組を他のユーザが検索した結果にヒットしてしまった場合削除されてしまうおそれがある。 Also as used recording and reproducing apparatus a plurality of users jointly, there is a possibility that a program you want to keep the one user other users get deleted if you've hit on the result of the search.

また特許文献2の装置では、番組の削除については考慮されておらず、ユーザが残しておきたい番組が他のユーザに削除されてしまうおそれがある。 In the apparatus of Patent Document 2, is not considered deleting programs, there is a risk that the program you want to keep the user from being deleted by another user.

また、番組の順位付けについては、順位付けを行う対象は番組情報を伴なって放送される番組に限定している。 As for the ranking of the programs, target of the ranking is limited to programs broadcasted been accompanied program information. またキーワードを番組情報から抽出しているが、そのキーワードが含まれている番組内のシーンは、実際にはユーザが視聴していない可能性がある。 Although are extracted keyword from the program information, the scene in a program that contains the keyword, in practice there is a possibility that the user does not watch. 嗜好抽出のパラメータには番組の視聴回数のみを考慮しているため、1番組内の複数のキーワードのうち実際にはユーザが全く視聴していないシーンに出現したキーワードに対しても同等の重みで計算されるため、精度が悪くなるといった問題がある。 Because the parameters of preference extraction takes into account only the views of the program, in practice equal weight even for keywords that appear in the scene the user has not watched at all of the plurality of keywords in one program to be calculated, there is a problem accuracy is deteriorated.

上記課題を解決する為に、本発明の一実施の態様は、記録媒体に記録された映像音声信号に対するユーザの指示が入力される入力部と、入力されるユーザの指示と記録媒体に記録された映像音声信号に含まれる単語とに基づいて第1の映像信号についての第1の指標を算出する番組管理部と、映像音声信号を出力する出力部と、第1の映像音声信号を削除する指示が入力部に入力された場合に、番組管理部で算出された第1の映像音声信号についての第1の指標に基づいて当該第1の映像音声信号の削除に対する警告を出力するよう前記出力部を制御する制御部とを有する構成にすればよい。 In order to solve the above problems, an embodiment of the present invention is recorded an input unit instruction of the user to record video and audio signals on a recording medium is input, the instruction and the recording medium of the user input to remove a program management unit for calculating a first index for a first image signal based on the words included in the video and audio signals, and an output unit for outputting video and audio signals, the first video audio signal If the instruction is input to the input unit, the to output a warning to deletion of the first video and audio signals based on the first indicator for the first audiovisual signal calculated by the program management unit output it may be configured to have a control unit for controlling the parts.

具体的には、特許請求の範囲に記載された発明によって上記課題を解決できる。 Specifically, it can solve the above problem by the invention described in the appended claims.

上記手段によれば、より効率良く番組を記録することができる。 According to the above means, it is possible to record more efficiently program. 具体的には、他のユーザの嗜好度が高い番組を意識せずにユーザが誤って記録媒体から削除することを防ぐことができる。 Specifically, it is possible to prevent the deletion from the user accidentally recording medium without regard to a high degree of preference of other users program.

以下に、本発明の実施の形態を説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention.

1. 1. 本実施例の概要 本実施例の概要を説明する。 An outline of outline the embodiment of the present embodiment. 本実施例の記録装置は、 Recording apparatus of this embodiment,
(1)記録した各番組について、ユーザの操作に基づいて各番組の時間帯ごと興味度を取得する(早送りした部分は興味度を低くする、巻き戻して視聴した部分は興味度を高くする等)。 (1) For each program recorded, and acquires the time zone for each interest of each program based on the user's operation (fast-forward portion is lowered degree of interest, the portion viewed by rewinding etc. to increase the degree of interest ).
(2)記録した各番組に含まれるキーワードを抽出し、前記興味度に応じて各番組の各キーワードの嗜好度を取得する(興味度の高い時間帯のキーワードの嗜好度は高くする等)。 (2) extracts a keyword included in each program recorded, (equal to the preference of the keyword high time zone of interest degree is higher) for each keyword to get the degree of preference of each program in accordance with the degree of interest. この各番組の各キーワードの嗜好度を実施例1では番組キーワードデータ125(図9に示す)とする。 This and each keyword in the preference of each program in the first embodiment the program keyword data 125 (shown in FIG. 9).
(3)(2)で求めた各番組の各キーワードの嗜好度から、当該記憶装置に記録されている複数の番組の各キーワードの嗜好度を取得する。 (3) (2) from each keyword preference for each program obtained in, obtains each keyword in the preference of a plurality of programs recorded in the storage device. この当該記録装置における各キーワードの嗜好度を実施例1ではユーザキーワードデータ143(図10に示す)とする。 To this the implement preference for each keyword in the recording apparatus example 1, user keyword data 143 (shown in FIG. 10).
(4)(3)で取得した当該記録装置における各キーワードの嗜好度(ユーザキーワードデータ143)から、記録した各番組についての重要度を計算する。 (4) from each keyword preference in the acquired the recording apparatus (3) (user keyword data 143) to calculate the importance of each program recorded.
(5)記録した番組を削除する場合、(4)で計算した重要度に応じて、番組の削除に対する警告を表示する。 (5) To delete a recorded program, according to the importance calculated in (4), a warning for the deletion of the program.

ここで、興味度とは、番組又は番組内のシーンに対するユーザの興味を示す指標である。 Here, the degree of interest is an index indicating user interest for the scene in a program or programs. 具体的には当該番組に対するユーザの操作に基づいて決める。 Specifically determined based on user operation on the program.
また、嗜好度とは、番組又は番組内のシーンに関係する単語に対するユーザの嗜好を示す指標である。 Also, the preference degree is an index indicating the user's preference for words related to a scene in a program or programs. 具体的には、番組又は番組内のシーンについての興味度と、その番組又はそのシーンに関係する単語とに基づいて決める。 Specifically, the degree of interest for the scene in the program or program, determined on the basis of the words related to the program or a scene.
また、重要度とは、ユーザにとっての或る番組の重要性を示す指標である。 Also, the importance is an index indicating the importance of a certain program for the user. 具体的には、或る番組に含まれる単語と、他の番組又は他のシーンについて算出したこの単語についての興味度とに基づいて決める。 Specifically, determined on the basis of the words included in a certain program, to the degree of interest of this word calculated for other programs or other scenes.

興味度、嗜好度、重要度の各指標の詳細や具体例は、後述する。 Interestingness, details and specific examples of preference, the indicators of importance will be described later.

以下、本実施例について具体的に説明する。 It will be specifically described embodiment. 実施例1の記録装置を記録装置1とする。 The recording apparatus of Example 1 and the recording apparatus 1.

2. 2. 機能ブロック図 図1は、記録装置1の機能ブロックの一例を示す図である。 Functional Block Diagram Figure 1 is a diagram illustrating an example of a functional block of the recording device 1.
図1に示すように、記録装置1は、CPU101と、表示装置102と、入力装置103と、録画再生部104と、番組管理部105と、アンテナ106と、チューナ107と、記録媒体108と、外部記録媒体接続部109とを備える。 As shown in FIG. 1, the recording apparatus 1 includes a CPU 101, a display unit 102, an input device 103, a recording and reproducing unit 104, a program management unit 105, an antenna 106, a tuner 107, a recording medium 108, and an external recording medium connection 109.

CPU101は、記録装置全体を制御する。 CPU101 controls the entire recording apparatus. 表示装置102は、映像や音声を表示し、例えばテレビやパソコンのディスプレイあるいは液晶パネル等がある。 Display device 102 displays video and audio, for example, a television or computer screen or a liquid crystal panel or the like. 入力装置103はユーザが本記録装置に対する操作を行うもので、例えばリモコン、あるいはキーボード、あるいはマウス、あるいはペン入力装置等のポインティングデバイス、あるいは液晶タッチパネル等によって実現され、ユーザによって入力される端末の操作に関する制御情報を取得する。 Input device 103 by the user to perform an operation for the recording apparatus, for example a remote control, or a keyboard or a mouse or pen input device such as a pointing device, or be implemented by a liquid crystal touch panel and the like, the operation of the terminal input by the user to acquire control information related to.

録画再生部104は記録媒体108に放送番組の録画や再生を行うことのできる装置であり、例えばHDDや録画可能なDVDを搭載した録画機等である。 Recording and reproducing unit 104 is an apparatus capable of performing recording and reproduction of the broadcast program in the recording medium 108, for example, recorder or the like equipped with a HDD or recordable version of a DVD. 番組管理部105は記録媒体108の内容の管理及び更新等の役割を行う専用ユニットであり、例えば汎用マイコン上に実装されたプログラムである。 Program management unit 105 is a dedicated unit for performing the role of managing and updating, etc. of the contents of the recording medium 108, for example, a program implemented on a general-purpose microcomputer. 図1ではCPU101の機能を切り出して番組管理部105を表現しているのであって、必ずしもCPU101と別に番組管理部105を設けなくてもよい。 A than in FIG. 1 by cutting the function of CPU 101 expresses the program management unit 105 is not necessarily provided the program management unit 105 separately from the CPU 101. また番組管理部105はCPU101で動作するプログラムであってもよい。 The program management unit 105 may be a program that runs CPU 101. アンテナ106は放送電波を受信するものであり、例えばパラボラアンテナ等がある。 Antenna 106 is intended for receiving a broadcast wave, for example, a parabolic antenna or the like. チューナ107は放送局より受信した電波を復調して放送番組データを所得するもので、例えば地上波デジタルチューナや衛星放送チューナである。 The tuner 107 intended to income broadcast program data by demodulating the radio waves received from a broadcasting station, for example, a terrestrial digital tuner or satellite tuner. 記録媒体108は放送番組データを記録が行われるものであり、例えばDVDなどの光ディスクやHDDやフラッシュメモリ等であってもよいし、これらを着脱可能にしたものであってもよい。 Recording medium 108 is intended to be performed recording broadcast program data, for example, may be an optical disk or HDD or a flash memory of the DVD, etc. may be those to these removable. 外部記録媒体接続部109は記録媒体108の記憶容量を補填しており、例えばDVDなどの光ディスクや外付けHDDやフラッシュメモリ等で構成される。 External recording medium connection 109 is supplemented with a storage capacity of the recording medium 108, for example, a disc or an external HDD or a flash memory, such as DVD.

録画再生部104についてさらに詳しく説明する。 Will be described in more detail the recording and playback unit 104. 録画再生部104は、録画部111と、再生部112と、番組付加データ取得部113と、操作解析部114と、操作履歴取得部115と、出力部116とを備えている。 Recording and reproducing unit 104, a recording unit 111, a reproducing unit 112, the program additional data acquisition unit 113, an operation analysis unit 114, and an operation history acquisition unit 115, an output unit 116. いる。 There. さらに再生部112は、例えばMPEG等の復号化を行う復号化装置を含んでいる。 Further reproduction unit 112 includes a decoding apparatus that performs decoding of example MPEG and the like. これら111〜116は1つの回路に含まれていてもよいし、複数の回路で構成されていてもよい。 These 111 to 116 may be included in a single circuit, or may be composed of a plurality of circuits. また、番組管理部105と併せて1つの回路に含まれるよう構成してもよい。 Also, in conjunction with the program management unit 105 may be configured to be included in a single circuit.

録画部111は、チューナ107により取得した放送番組データを記録媒体108へ保存する。 Recording unit 111 stores the broadcast program data acquired by the tuner 107 to the recording medium 108. 例えば、MPEG等の符号化を行う符号化装置を含み、放送番組がアナログ放送の場合、符号化装置へ映像と音声を入力し、符号化された映像音声データ121として記録媒体108へ保存してもよい。 For example, a coding apparatus for coding such as MPEG, when the broadcast program is an analog broadcast, to input the video and audio to the encoding apparatus, and stored as video and audio data 121 encoded into a recording medium 108 it may be.

また放送番組がデジタル放送の場合、放送番組データが既に符号化されているため、そのまま映像音声データ121として記録媒体108に保存してもよい。 Also if the broadcast program is a digital broadcast, since the broadcast program data has already been encoded, it may be directly stored as the audiovisual data 121 to the recording medium 108.

また、番組の記録に必要とする容量を削減するため、デジタル放送の放送番組データを再生部112の復号化装置へ入力して、復号化した映像と音声を録画部111の符号化装置へ入力して、ユーザの指定したデータ圧縮率で符号化した映像音声データ121として記録媒体108に保存してもよい。 The input, in order to reduce the capacity required for recording the program, by entering the broadcast program data of a digital broadcast to the decoder of the reproduction unit 112, the video and audio by decoding to the encoding device of the recording section 111 to, it may be stored in a recording medium 108 as the video and audio data 121 encoded with the specified data compression rate of the user.

再生部112は、MPEG等の復号化を行う復号化装置を含み、記録媒体108に保存されている映像音声データ121を当該復号化装置で復号化して映像及び音声を出力部116へ出力してもよい。 Reproducing unit 112 includes a decoding device which performs decoding such as MPEG, the video and audio data 121 stored in the recording medium 108 and outputs the decoded in the decoding apparatus the video and audio to the output unit 116 it may be.

また、映像音声データ121を復号化した映像及び音声と、あるいはデジタル放送である場合には、同時に放送局から放送される電子番組ガイド(EPG)のデータや字幕データを番組付加データ取得部113へ入力する。 Further, the video and audio decoding the video and audio data 121, or if a digital broadcasting, data and caption data of the electronic program guide (EPG) to program additional data acquisition unit 113 from the broadcasting station at the same time input. また、CPU101の指示内容により、映像音声を指定位置で再生を停止すること、あるいは映像音声の再生順序を順方向と逆方向それぞれについて速度を自由に切り替えて再生すること、あるいは映像音声を指定位置から再生することが可能である。 Further, the instruction content of CPU 101, you stop playing the video and audio at a specified position, or it reproduces by switching speed freely about the reproduction order of video and audio, respectively forward and backward, or specify positions audiovisual it is possible to play from. また再生部112は前記CPU101からの指示内容を操作履歴取得部115へと入力する。 The reproduction unit 112 is input to the operation history acquiring unit 115 the instruction contents from the CPU 101.

番組付加データ取得部113は、放送番組データに含まれる映像音声データ121以外のデータを番組付加データ122として、記録媒体108に保存する。 Program additional data acquisition unit 113, the data other than video and audio data 121 included in the broadcast program data as the program additional data 122, is stored in the recording medium 108. 番組付加データ取得部113は、再生部112より入力される復号化された映像及び音声と、あるいはデジタル放送である場合には、同時に放送局から放送される電子番組ガイド(EPG)や字幕データに対して、番組付加データ抽出処理を行うことにより番組付加データ122を抽出する。 Program additional data acquisition unit 113, a decoded video and audio input from the reproducing unit 112, or in the case of digital broadcasting, an electronic program guide (EPG) and subtitle data from the broadcasting station at the same time in contrast, it extracts the program additional data 122 by performing the program additional data extraction process.

番組付加データ122について詳しく説明する。 It will be described in detail program additional data 122. 番組付加データ122は、番組に関連のある映像や音声以外の情報を示しており、番組内の出演者あるいはコーナー名あるいは台詞などの出現する時刻を特定することのできる文字情報である。 Program additional data 122 shows the information other than the video and audio that are relevant to the program, a character information capable of specifying the occurrence time instants, such as cast or corner name or words of the program. 番組付加データ122は、例えばデジタル放送の場合に放送局から放送される字幕データ、あるいはアナログ放送及びデジタル放送に関わらず放送される映像に含まれるテロップデータ、あるいは音声データ、映像データ等に付加されるtag情報、あるいは放送される音声データを認識することにより取得できる音声文字列データとして保存される。 Program additional data 122, for example telop data contained in the video to be broadcast regardless the subtitle data is or analog broadcasting and digital broadcasting, broadcasting from a broadcasting station in the case of digital broadcasting or audio data, is added to the video data and the like that tag information, or stored as voice character string data that can be obtained by recognizing the voice data to be broadcast.

図2は番組付加データ122の一例を示している。 Figure 2 shows an example of a program additional data 122. 番組付加データ122は番組単位毎に別ファイルで保存される。 Program additional data 122 is stored in a separate file for each program unit.
表示時刻201は番組の開始時刻を0として文字列データ202の出現した時刻を示すものである。 Display time 201 shows a emerging time of a character string data 202 to start time of the program as a 0. 単位は例えば一般的な秒である。 Units is a common seconds, for example. 文字列データ202は取得された文字情報である。 String data 202 is text information that has been acquired. 本実施例の字幕データは、表示時刻201と画面に表示すべき文字列データ202を一単位として、番組全体に渡る複数単位で保存される。 Subtitle data of the present embodiment, the character string data 202 to be displayed on the display time 201 and screen as one unit, are stored in multiple units over the entire program. デジタル放送の字幕データは一般に文字列とその表示時刻を特定できる形式を取っているため、放送される字幕データをそのまま保存される、あるいは文字列と表示時刻の全てあるいはどちらか一方に対して独自暗号化あるいは形式を変更して他プログラムからアクセスできない形態で保存してもよい。 Since the subtitle data digital broadcasting is taking generally a format that can specify the display time string, as it is stored subtitle data broadcasted, or string as its own to all or either one of the display time change the encryption or format may be stored in inaccessible form from other programs.

テロップデータは、例えば放送局から放送される映像の中にコンピュータグラフィックなどの手法で埋め込まれているため、テロップが出現する領域を検出する処理と、検出したテロップ領域に含まれる文字情報を認識する処理を行って、文字列として検出される。 Title data, for example, because it is embedded by a technique such as computer graphics in a video broadcast from the broadcast station, recognizing the process of detecting an area where a telop appears, the text information contained in the detected telop area processing performed is detected as a character string.

テロップデータは、テロップが含まれる領域の座標情報あるいはテロップ領域を抜き出した映像とテロップ領域の出現時刻を一単位として、番組全体に渡る集合形式として保存される。 Title data, the appearance time of the image and the telop region extracting coordinate information or telop area of ​​a region that contains the telop as a unit, is stored as a set format throughout the program. またテロップデータは、検出したテロップ領域に含まれる文字情報の認識を行い、認識された文字列と出現時刻を一単位として、番組全体に渡る集合形式として保存してもよい。 The telop data performs recognition of character information contained in the detected telop area, as a unit the appearance time and the recognized character string may be stored as a set format throughout the program.

テロップデータの認識には、例えば一般的なOCR (Optical Character Recognition: 光学文字認識)技術等を用いることで可能となる。 The recognition of the title data, for example, a general OCR: made possible by the use of (Optical Character Recognition OCR) technology. テロップデータの集合形式についてどちらのデータ形式で保存するかは、テロップデータの領域取得時の処理時間とテロップ領域の文字情報の認識時の処理時間を考慮して、番組付加データ取得部113が動作するときに許される処理時間内で収まるように決定する。 Either stored in either the data format for the set format of telop data, taking into account the processing time at the time of recognition of the character information processor time domain acquisition of title data and the telop area, program additional data acquisition unit 113 is operating determining to fit within the processing time allowed for when.

音声文字列データは、文字情報を取得するために一般的な音声認識技術等を用いることで、放送される音声データから取得される。 Voice character string data, by using a general voice recognition technology or the like to obtain text information, is acquired from the voice data to be broadcast. 番組付加データに含まれるべき音声文字列データは、音声データを音声認識処理に都合のよい音声認識中間データに変換を行い、音声認識中間データとその出現時刻を一単位として番組全体に渡る集合として保存されてもよい。 Speech character string data to be included in the program additional data, the audio data subjected to conversion into convenient voice recognition intermediate data to the speech recognition process, as a set over the entire program the appearance time and the speech recognition intermediate data as one unit it may be stored.

また音声文字列データは、例えば音声認識中間データに対して音声認識処理を行い、検出された文字列と出現時刻を一単位として、番組全体に渡る集合形式で保存されてもよい。 The audio text data, for example performs a speech recognition process on speech recognition intermediate data, as a unit the appearance time and the detected string may be stored in a set format throughout the program. 音声文字列データの集合形式についてどちらのデータ形式で保存するかは、音声データを音声認識中間データに変換する処理時間と音声認識中間データから文字列に変換する処理時間を考慮して、番組付加データ取得部113が動作するときに許される処理時間内で収まるように決定する。 Either stored in either the data format for the set format of the voice character string data, in consideration of the processing time of converting a character string from the processing time and the speech recognition intermediate data to convert the voice data to the voice recognition intermediate data, program additional determining to fit within the processing time allowed for when the data acquisition unit 113 is operated.

番組付加データ122は、必ずしも字幕データとテロップデータと音声文字列データを全て含んでいるとは限らず、少なくとも一つ以上のデータを含んでいればよい。 Program additional data 122 is not always to include all subtitle data and subtitle data and audio text data may include at least one or more data. また、番組付加データ122は、字幕データあるいはテロップデータあるいは音声文字列データ以外にもEPG等の放送局から放送されるデータを同時に含んでいてもよい。 Also, program additional data 122, the data may include simultaneously other than the caption data or subtitle data or voice character string data is broadcast from a broadcasting station such as EPG. また番組付加データ122は、インターネット等の外部接続により取得した、放送外番組関連データを同時に含んでいてもよい。 The program additional data 122 acquired by the external connection such as the Internet, may include a non-broadcasting program related data at the same time.

操作解析部114は、入力装置103を介して入力されるユーザの操作を解析し、CPU101に伝える。 Operation analysis unit 114 analyzes the operation of the user input through the input device 103 informs the CPU 101. 例えば入力装置103が赤外線リモコンの場合、当該リモコンの押されるボタンに応じて異なる信号パターンが操作解析部114に入力される。 For example, the input device 103 may the infrared remote control, different signal pattern according to the button pressed in the remote controller is inputted to the operation analysis unit 114. 操作解析部114は入力された信号パターンを認識することにより、チャンネル切り替えや音量調整や番組表を表示等の操作内容(物理パターン)に変換してCPU101へ伝達する。 Operation analysis unit 114 by recognizing a signal pattern input, and transmits the converted channel switching, volume adjustment and program guide operation content such as display (physical pattern) to CPU 101.

操作履歴取得部115は、ユーザの当該記録装置に対する操作の履歴を取得し、操作履歴データ123として保存する。 Operation history acquisition unit 115 acquires a history of operations with respect to the recording device of the user is stored as operation history data 123. 図1では再生部112に対するCPU101からの指示内容が入力され、操作履歴データ123として保存するよう構成してあるが、ユーザの当該記録装置に対する操作の履歴が取得できれば他の構成でもかまわない。 Instruction content from CPU101 to the reproduction unit 112 in FIG. 1 is inputted, but are configured to store the operation history data 123 may have another configuration as long acquired history of operations with respect to the recording device of the user. 操作履歴取得部115へ伝達される指示内容は、例えば操作対象の番組名あるいは番組名を特定する数字コードと、操作を行った時刻と、操作内容と、操作を行った番組内の開始時間と、操作を行った番組内の終了時間とを含んだデータである。 Instruction content to be transmitted to the operation history acquiring unit 115, for example, a numeric code identifying the program name or program name of the operation target, and the time of performing the operation, and operation content, the start time of the program performing the operation is a data including the end time in the program that performed the operation.

操作履歴データ123は、ユーザの番組への操作内容を保存したデータの一例である。 Operation history data 123 is an example of data stored operation contents of the user program. 図3は操作履歴データの一例を示した図である。 Figure 3 is a diagram showing an example of the operation history data. 操作履歴データ123は、例えば操作を行った時刻である操作日時301と、操作内容を示す操作内容302と、操作を開始した番組内の時刻である開始時刻303と、操作を終了した番組内の時刻304とを、図3に示すように番組ごとに操作履歴の集合形式として保存される。 Operation history data 123 includes an operation time 301 is the time at which for example has performed an operation, the operation content 302 showing the operation contents, the start time 303 is a time in a program that started the operation, in the program ended operation and time 304, is stored as a set format operation history in each program as shown in FIG. 操作履歴データ123は番組単位毎に別ファイルで保存される。 Operation history data 123 is stored in a separate file for each program unit.

番組ごとに操作履歴データ123を保存するには、ユーザが新しく番組に対して操作を行った場合、当該番組の操作履歴データ123が存在しているか否かをチェックし、当該番組の操作履歴データ123が存在している場合には、既に存在する操作履歴データ123の最後に新しい操作履歴を追記するようにしてもよい。 To save the operation history data 123 is each program, when the user performs an operation on newly program checks whether the operation history data 123 of the program is present, the operation history data of the program when the 123 is present, it may be already append the last new operation history of the operation history data 123 is present. 逆に存在しない場合には、操作履歴データ123を新規に作成してもよい。 In the absence Conversely, it may create operation history data 123 to the new.

次に、図1の番組管理部105についてさらに詳しく説明する。 Next, it will be described in more detail the program management unit 105 of FIG. 番組管理部105は、例えばCPU101の指令に基づきその動作は制御される。 Program management unit 105, the operation is controlled, for example, based on a command CPU 101. 番組管理部105は、例えばシーン重要度解析部131と番組キーワード生成部132と番組キーワード生成部133とユーザキーワード生成部134と番組重要度生成部135と番組重要度比較部136とで構成される。 Program management unit 105 is composed of for example scenes with importance analyzer 131 and the program keyword generation unit 132 and the program keyword generation unit 133 and the user keyword generation unit 134 and the program importance generator 135 and the program importance comparing unit 136 .

3. 3. 興味度の算出 シーン重要度解析部131は、操作履歴データ123を元に番組興味度データ124を生成する処理を行う。 Calculated scene importance analyzer 131 degrees of interest carries out a process of generating a program interestingness data 124 based on the operation history data 123. 図4はシーン重要度解析の処理フローの一例を示している。 Figure 4 shows an example of a process flow of the scene importance analysis. 以下、図4について説明する。 The following describes FIG.

シーン重要度解析部131は、例えばユーザが当該番組を視聴した後にCPU101により処理が開始される。 Scene importance analyzer 131 process starts by CPU101 for example after the user has viewed the program.
ステップ(以下、「ステップ」を「S」とする。)401では、シーン重要度解析部131は、操作履歴データ123から操作履歴データの入力を受ける。 Step (hereinafter,. A "step" and "S") at 401, the scene importance analyzing unit 131 receives an input of operation history data from the operation history data 123. S401で入力される操作履歴データは、図3に示した操作履歴データである。 Operation history data which is input in S401 is an operation history data shown in FIG. S401では、全部でN個含む操作履歴データ123が順番に入力される。 In S401, the operation history data 123 are N containing in total are input in sequence. 以降の説明では、一般化してk番目の操作履歴データ301が入力された後の処理フローについて説明する。 In the following description, k-th operation history data 301 to generalize the described processing flow after being entered.

S402では、シーン重要度解析部131は次のステップにおいて(k−1)番目の操作履歴データを保持しているか否かを判断する。 In S402, the scene importance analyzing unit 131 determines whether held in the next step the (k-1) th operation history data. S402において(k−1)番目の操作履歴データが保持されていないと判断された場合(S402でNoの場合)には、S405に移り、入力されたk番目の操作履歴データを、次回の演算に用いる(k−1)番目の操作履歴データとして保存する。 In the case of (k-1) th operation history data is determined not to be held (No in S402) is S402, moves to S405, the inputted k-th operation history data, the next operation used to save as (k-1) th operation history data.

一方、本ステップにおいて(k−1)番目の操作履歴データが保持していると判断した場合(S402でYesの場合)にはS403へ移る。 On the other hand, it moves to the present step if (k-1) th operation history data is determined to hold (Yes in S402) to step S403. シーン重要度解析部131は、S403において例えば後述する図6に示す興味度得点付けルール表141を用いて、k番目の操作内容601と(k−1)番目の操作内容602により、興味度データを参照して取り出し、S404に移る。 Scene importance analyzer 131, using the interest degree scoring rule table 141 shown in FIG. 6, for example, described below in S403, the k-th operation content 601 by (k-1) th operation content 602, the degree of interest data referring to the extraction, the process proceeds to S404.

S404では、シーン重要度解析部131はk番目の操作内容601と(k−1)番目の操作に関わる番組内の時間と、興味度得点付けルール表141から参照された興味度データの内容に従い、後述の図5に示す番組興味度データ124における当該時間の興味度データ503に得点を加える。 In S404, the scene importance analyzer 131 and the k-th operation content 601 times and the program related to the (k-1) th operation, in accordance with the contents of the referenced degree of interest data from interestingness scoring rule table 141 It is added to score for the degree of interest data 503 of the time in the program interest degree data 124 shown in FIG. 5 which will be described later. シーン重要度解析部131は、Sにおいて番組興味度データ124の更新を終えた後に、S405に移る。 Scene importance analyzer 131, after completing the update of the program interest degree data 124 in S, proceeds to S405.

S405では、シーン重要度解析部131はk番目の操作履歴データを、次回の演算に用いる(k−1)番目の操作履歴データとして保存し、S406に移る。 In S405, the scene importance analyzing unit 131 k th operation history data, and stored as (k-1) th operation history data used for the next operation proceeds to S406.

S406では、シーン重要度解析部131は全体でN個の操作履歴データ123のうち、シーン重要度解析部131に未入力のデータが残っているかを判断する。 In S406, among the N operation history data 123 across the scene importance analysis unit 131 determines whether the remaining data not yet entered the scene importance analyzer 131. S406において残っていると判断された場合(S406でYesの場合)にはS401へ戻り、次の操作履歴データを入力する。 When it is determined that the remaining in S406 (Yes in S406) the process returns to S401, and inputs the next operation history data. S405において全ての操作履歴データを入力したと判断された場合(S406でNoの場合)には、シーン重要度解析部131は処理を終了する。 In S405 if it is determined that inputs all of the operation history data (No in S406), the scene importance analyzing unit 131 ends the process.

図5は、S404に示される番組興味度データ124の一例を示している。 Figure 5 shows an example of a program interest degree data 124 shown in S404. 番組興味度データ124は番組単位毎に別ファイルで保存される。 Program interestingness data 124 is stored in a separate file for each program unit. 番組興味度データ124は、例えばデータを識別するID501と、ID501に対する時刻を示す時間502と、当該時刻のシーンに対するユーザの興味を数値化したものである興味度503とを含み、図5に示すようにID501に関する時間502における興味度503の集合とする。 Program interestingness data 124 includes the ID 501 for identifying the example data, the time 502 indicating the time for ID 501, and a degree of interest 503 is a numeric indication of the interest of the user for the scene of the time is shown in FIG. 5 as the set of interestingness 503 at time 502 relates ID 501. 興味度503は、ユーザの操作履歴データ123より抽出した当該時間のシーンに対するユーザ嗜好を数値化したものである。 Interestingness 503 is a numeric indication of the user preferences for the time scenes extracted from the operation history data 123 of the user. ただし、数値化以外に例えばランク分けするようにしてもよい。 However, it may be in addition to quantify such that ranking, for example.

図5の興味度503について、ユーザの嗜好を数値化する一例を説明する。 For interestingness 503 of FIG. 5, an example to quantify the preferences of the user. 一般にユーザは、興味のあるシーンに関しては通常速度による再生やもう一度見たいシーンへの早戻しによる再視聴やスロー再生等の確実に見るような操作を行う。 The user in general, carry out the rewind surely see such an operation such as re-viewing or slow reproduction by to the usually want to see by the playback and again speed scene with respect to a scene of interest. 一方、ユーザは、興味のないシーンに関しては早送りやジャンプ等の操作により視聴時間の短縮のための操作を行う。 On the other hand, the user performs an operation for the reduction of viewing time by the operation such as fast forward and jump in terms not interested scene. またユーザは2回以上同じ番組を視聴することがあり、1度全体を視聴した後に自分のもう一度見たいシーンだけを選んで再生するといった操作や、ダイジェスト再生等のアプリケーションにより特定のシーンのみを再生するといった操作を行う。 Also, the user is able to watch the same program more than once, play only a specific scene operation and, by the application of the digest playback, and the like, such as to play to choose the only scene in after watching the whole once want to see their own again an operation such as performing. 興味度503は、当該時間における全ての操作履歴データ123の内容から、当該指示内容に応じて、管理データ140に含まれる興味度得点付けルール表141を用いて、計算したものとする。 Interestingness 503 from the content of all the operation history data 123 in the time, in accordance with the instruction content, using the interest degree scoring rule table 141 included in the management data 140, and that calculated.

なお、管理データ140とは後述する興味度得点付けルール表141とキーワード辞書142とユーザキーワードデータ143を総称したものを示す。 Incidentally, indicating to a generic term for a degree of interest scoring rule table 141 and the keyword dictionary 142 and user keyword data 143 to be described later and management data 140. 管理データは記録媒体108に保存されてもよいし、当該装置内のメモリに保存されてもよいし、着脱可能な外部記録媒体に記録してもよい。 Management data may be stored in the recording medium 108, may be stored in memory within the apparatus, it may be recorded in a removable external recording medium.

図6は興味度得点付けルール表141の一例を示している。 Figure 6 shows an example of the degree of interest scoring rule table 141. 興味度得点付けルール表141は記録装置毎に1つ保存される。 The degree of interest scoring rule table 141 is stored, one for each recording device. 興味度得点付けルール表141は、図6に示すように、例えば今回の操作元601と前回の操作元602とで構成されている。 Interestingness scoring rule table 141 is composed of, as shown in FIG. 6, for example, the current operation source 601 and the previous operation source 602. 例えば、前回の操作で30秒まで通常再生していて、今回の操作で早送りを開始した場合には、今回の操作元601の早送り列603と、前回の操作元602の再生列604の直交する、「遷移前5秒間 −0.5」が興味度として選択されることになる。 For example, if you normally play up to 30 seconds in the previous operation, when starting the fast-forward in this operation, the fast forward sequence 603 of this operation source 601, orthogonal regeneration column 604 of previous operation source 602 , so that the "transition before 5 seconds -0.5" is selected as the degree of interest. すなわち、25秒から30秒までの範囲にある興味度は、−0.5が加算される。 That is, the degree of interest in the range from 25 seconds to 30 seconds, -0.5 is added.

なお、図6の今回の操作元601及び今回の操作元602に含まれる早送り列603や再生行604等の各項目は、任意に決定してもよい。 Each item such as fast-forward columns 603 and playback line 604 included in the current operation source 601 and the current operation source 602 of FIG. 6 may be arbitrarily determined. 例えば、番組のロード、再生、ジャンプ、早送り、早戻し、スロー送り、スロー戻し、停止等が考えられる。 For example, the program of the load, play, jump, fast forward, rewind, slow feed, back throw, it can be considered such as stopping. また、図6の興味度得点付けルール表141は、あるシステムにおいて前記操作のうち一部のみを対象として作成されてもよいし、計算に不要となる操作の得点を0点とした状態で作成してもよい。 Moreover, the degree of interest scoring rule table 141 of FIG. 6 may be created only part of the operation as the target in a system, create a score is not required for the calculation operation while 0 points it may be. また図6の興味度得点付けルール表141における605等の各項目の数値は任意に決定してもよい。 The numerical values ​​of each item 605 and the like in interestingness scoring rule table 141 of FIG. 6 may be arbitrarily determined. また、図6の興味度得点付けルール表141における605等の各項目の数値は、システムの起動時の値により計算するだけでなく、ユーザのリモコン操作や外部装置により各数値を調整する構成にしてもよい。 The numerical values ​​of each item, such as a interest degree scoring 605 in rule table 141 of FIG. 6, not only to calculate the value of system startup, a configuration of adjusting the respective numerical values ​​by a user of the remote control or an external device it may be.

4. 4. 嗜好度の算出 次に、図1の番組管理部105に含まれる番組キーワード生成部132について説明する。 Calculation of preference will now be described program keyword generation unit 132 included in the program management unit 105 of FIG. 番組キーワード132は、番組を録画する際に生成された番組付加データ122とシーン重要度解析部131により生成される番組興味度データ124より、番組キーワードデータ125を生成する機能を有する。 Program keyword 132 from the program interest degree data 124 generated by the program additional data 122 and scene importance analyzer 131 that is generated when recording a program has a function of generating a program keyword data 125. 以下、図7のフローチャートを用いて番組キーワード生成部132による番組キーワードデータ125の生成について説明する。 Hereinafter, the generation of the program keyword data 125 is described by the program keyword generation unit 132 with reference to the flowchart of FIG.

処理の開始はシーン重要度解析部131の処理が終わった後でもよいし、CPU101により制御してもよい。 Initiation of treatment may be after the end of the process of scene importance analyzing unit 131 may be controlled by a CPU 101.
S701では、番組キーワード生成部132は対象となる番組に関連するキーワードの一覧(以下、「番組キーワード一覧」という)を取得する。 In S701, the program keyword generating unit 132 list of keywords related to the program of interest (hereinafter referred to as "the program keyword list") to acquire. 番組に関連するキーワードとは、例えば番組に登場する人名やタイトル名やコーナー名などの固有名詞等を対象とする。 The keyword related to the program, directed to the proper nouns, etc., such as a person's name or title name and corner names that appear, for example, in the program. 番組キーワード生成部132は、キーワードの一覧の取得のために例えば番組付加データ122を用いる。 Program keyword generation unit 132 uses the program additional data 122 for example, for obtaining a list of keywords. 番組付加データ122は図2に例示してあるように、放送字幕抽出処理や音声認識処理やテロップ認識処理等の手法により取得した番組中に登場する文字列と当該文字列の表示時刻を1単位とした文字列データを含んでいる。 As program additional data 122 is illustrated in FIG. 2, one unit display time of the character string and the character string appearing in the program obtained by a technique such as closed-caption extraction and speech recognition processing and the telop recognition processing contains the character string data was.

ここで、S701の処理についてさらに詳しく説明する。 Here it will be described in more detail the processing of S701.
図8は、前記文字列データを用いたS701の処理フローを示している。 Figure 8 shows a processing flow of S701 using the character string data. 図7のS701の処理が開始されると、番組キーワード生成部132はS801で順番に図2の番組付加データ122から、文字列データ202を1単位ずつ番組キーワード生成部に入力し、S802に移る。 When the process of S701 of FIG. 7 is started, and input from the program keyword generation unit 132 program additional data 122 in FIG. 2 in turn S801, the character string data 202 to the program keyword generating unit by one unit, the process proceeds to S802 .

S802では、番組キーワード生成部132は入力された文字列データを一般的な形態素(言語の中で意味を持つ最小単位)解析により単語に分解し、S803に移る。 In S802, decomposed into words by analysis program keyword generation unit 132 (the minimum unit having a meaning in language) common morpheme string data input, the process proceeds to S803. この形態素解析により、動詞や助詞、名詞などに分解することができる。 The morphological analysis can be decomposed verbs and particle, etc. nouns.
S803では、番組キーワード生成部132は分解された単語を1つずつ取得し、S804に移る。 In S803, the program keyword generating unit 132 obtains one word decomposed, the process proceeds to S804.
S804では、番組キーワード生成部132は取得した単語が固有名詞であるか否かを判定する。 In S804, the program keyword generating unit 132 determines whether the word acquired are proper nouns.

S804で、固有名詞であると判断された場合(S804でYesの場合)にはS805に移り、固有名詞ではないと判断された場合(S804でNoの場合)はS807に移る。 In S804, it proceeds to S805 when it is determined that the proper noun (Yes in S804), (No in S804) If it is determined not to be a proper noun moves to S807.
この固有名詞であるか否かの判断には、固有名詞に加えて形容詞や副詞等を含めることができる。 The determination of whether it is this proper noun, in addition to the proper names include adjectives and adverbs like. 例えば、当該判断を固有名詞、形容詞、又は副詞であると判断された場合にはS805に移り、固有名詞、形容詞及び副詞のいずれでもないと判断された場合にはS807に移るとしてもよい。 For example, the determination proper noun, adjective, or move to S805 when it is determined that the adverb, proper nouns may be moves to S807 if it is determined that neither of adjectives and adverbs.

S805では、番組キーワード生成部132は既に存在している番組キーワード一覧に前記固有名詞が含まれているか否かを判定する。 In S805, the program keyword generating unit 132 determines whether or not already contains the proper name to the program list of keywords that are present.
S805でキーワード一覧に含まれていないと判定された場合(S805でNoの場合)にはS806へ移り、キーワード一覧に含まれていると判定された場合(S805でYesの場合)にはS807に移る。 S805 in the routine goes to step S806 if it is determined not to be included in the keyword list (No in S805), the S807 when it is determined to be included in the keyword list (Yes in S805) move.
S806では、番組キーワード生成部132は新しく前記固有名詞を番組キーワード一覧に登録し、S807に移る。 In S806, the program keyword generation unit 132 registers the new the proper noun to the program keyword list, the process proceeds to S807.
S807では、番組キーワード生成部132はS802で分解された単語のうち未取得のものがあるか否かを判定する。 In S807, the program keyword generating unit 132 determines whether there is among unacquired word decomposed in S802.

S807においてまだ未取得の単語が存在していると判断された場合(S807でYesの場合)にはS803に戻る。 Back to step S803 when it is still determined that the word not acquired exists (Yes in S807) in S807. 一方、S807において全ての単語を取得し処理を終えたと判断された場合(S807でNoの場合)には、S808に移る。 On the other hand, if it is determined that finished the acquired processing all the words in S807 (No in S807), it proceeds to S808.

S808では、未処理の文字列データが存在するか否かを判定する。 In S808, it determines whether or not the character string data unprocessed is present. S808で未処理の文字列データが存在すると判断された場合(S808でYesの場合)にはS801に戻り、次の文字列データの処理を行う。 If an unprocessed string data is determined to be present in S808 (Yes in S808) returns to S801, to process the next character string data. 一方、S808で、全ての文字列データが処理されたと判定された場合(S808でNoの場合)には、キーワード一覧抽出処理701は処理を終了する。 On the other hand, in S808, in a case where all of the character string data is determined to have been processed (No in S808), the keyword list extraction processing 701 ends the process. 本処理フローをキーワード抽出処理第1手法とする。 The processing sequence for the keyword extraction processing first approach.

上述した図8は、番組付加データ122に含まれる文字列データに対して番組キーワード一覧抽出処理を行う際の処理フローである。 Above 8 is a process flow to be executed for program keyword list extraction process for string data included in the program additional data 122. 一方番組付加データ122は、例えばテロップ領域を抽出した座標情報のデータ、あるいは字幕情報を暗号化したデータ等、暗号化を解除する等の処理を行わなければ解読できないデータで構成される可能性がある。 Meanwhile program additional data 122, for example, data of coordinate information extracted telop area, or the like data encrypted subtitle information, likely constituted processed in the data that can not be deciphered to be performed, such as to decrypt the is there. このような場合には、例えばテロップ領域に対するOCRや復号処理等を行い文字列データを抽出する処理を図8のS801の前で行うようにしてもよい。 In such a case, for example, a process of extracting a character string data performs OCR and decoding processing and the like may be performed before the S801 in FIG. 8 for the telop area. これにより、何らかの処理を行わなければ解読できないデータでについても図8のS801以降の処理を行なうことができる。 Thus, it is possible to perform the S801 and subsequent steps in FIG. 8 also in data that can not be decrypted unless performed some action. このように、図8のS801の前に何らかの処理を行うフローをキーワード抽出処理第2手法とする。 Thus, the keyword extraction processing second approach flow to do some treatment prior to S801 in FIG. 8.

また、S701は番組付加データ122に含まれるEPG情報の一部として含まれる番組内容を説明する文字列に関して形態素解析を行い、取得した固有名詞に関して番組キーワード一覧として使用してもよい。 Further, S701 performs morphological analysis on a character string that describes the program content included as part of the EPG information included in the program additional data 122 may be used as a program keyword list with respect to the acquired proper name. この手法は、キーワードの数は図8の処理フローより抽出した番組キーワード一覧よりも少なくなるが、形態素解析の処理回数の減少により、キーワード抽出処理701の処理負荷を減らすことができる。 This approach, the number of keywords is less than the program keyword list extracted from the processing flow of FIG. 8, by a reduction in the processing times of the morphological analysis, it is possible to reduce the processing load of the keyword extraction processing 701. 本処理フローをキーワード抽出処理第3手法として定義する。 Define the processing sequence as a keyword extraction process third approach.

またキーワード抽出処理701は、番組のEPG情報から取得することのできるジャンル情報や番組名や放送局に応じたキーワード辞書142を予め例えば管理データ140に用意することにより、キーワード辞書142に含まれる単語が番組内の文字列データに出現した場合は、番組キーワード一覧に登録するといった処理を用いてもよい。 The word keyword extraction processing 701, by providing a keyword dictionary 142 corresponding to the genre information, program names and broadcast station that can be obtained from the EPG information of the program in advance for example in the management data 140, contained in the keyword dictionary 142 There is the case that appeared in the character string data in the program, it may be using the processing such as is registered in the program keyword list. この方法により、形態素解析を省略することが可能となる。 This method makes it possible to omit the morphological analysis. 本処理フローをキーワード抽出処理第4手法として定義する。 Define the processing sequence as a keyword extraction process fourth approach.
なお、キーワード辞書142とはキーワードとなる単語を含むデータである。 Note that the keyword dictionary 142 is data including a word as a keyword.

キーワード抽出処理701において、第1手法と第2手法と第3手法と第4手法の選択については、記録装置1記録装置が一意的にどれか単一の手法を選択してもよいし、あるいは複数の手法を併用してもよいし、別の手法を用いてもよい。 In the keyword extraction processing 701, the first approach and the second approach for the selection of the third and fourth techniques, recording device 1 recording apparatus may select any single technique uniquely, or may be used in combination a plurality of techniques may be used another approach.

また、番組のジャンルや、デジタル放送もしくはアナログ放送といった放送形態や、映像の解像度や、二ヶ国語放送とステレオ放送などの番組中の音声形式や、テロップや音声認識等の番組に対する精度等に応じて、番組単位で上述の4手法の取捨選択を行ってもよいものとする。 Also, depending or genre of a program, broadcast or digital broadcast or analog broadcast mode and, and video resolution, or audio format in the program, such as bilingual broadcasting and stereophonic broadcasting, the accuracy and the like for the telop and program of speech recognition etc. Te, it is assumed that in each program may be performed selection of 4 methods above. 例えばアナログ放送の番組の場合は、字幕データやEPG情報を取得できないため、第2手法のテロップ認識を用いて番組キーワード一覧を抽出するようにしてもよい。 For example, in the case of the analog broadcasting program, it can not obtain the subtitle data and EPG information may be extracted program keyword list by using the telop recognition of the second approach. 一方で、デジタル放送の番組の場合は、全ての手法を併用して番組キーワード一覧を抽出するようにしてもよい。 On the other hand, in the case of digital broadcasting of the program, it is also possible to extract the program keyword list in a combination of all of the technique.

以上の処理により、番組キーワード生成部132は、図7のS701に示した番組キーワード一覧の抽出処理を終えS702に移る。 By the above processing, the program keyword generation unit 132 proceeds to S702 after the process of extracting the program keyword list illustrated in S701 of FIG.
S702では、番組キーワード生成部132は例えば番組付加データ122より文字列データを取得し、S703に移る。 In S702, the program keyword generation unit 132 acquires the character string data from the program additional data 122 for example, moves to S703. なお、番組付加データ122は、前述の通り文字列と表示時刻とを1単位とした文字列データでもよいし、例えばテロップ領域を示す座標情報とその表示時刻を一単位とした非文字列データでもよい。 Incidentally, program additional data 122, as described above to a character string to the display time may be a character string data as one unit, even in non-string data and coordinate information as one unit of the display time indicating the example telop area good. 前者の場合、文字列データを本ステップで一単位ずつ取得すればよい。 In the former case, the character string data may be acquired by one unit in this step. 後者の場合は、前述の番組キーワード一覧抽出処理第二手法での非文字列データから文字列を取得する方法と同様の方法で文字列と表示時刻を一単位とした文字列データに変換して入力すればよい。 In the latter case, to convert the character string data in which the character string display time as a unit in a similar manner to obtain the string from the non-string data in the program keywords extracted processing the second method described above it may be input Te.

S703では、番組キーワード生成部132はS702の処理で文字列データを取得したか否かを判断する。 In S703, the program keyword generating unit 132 determines whether the acquired character string data in the processing of S702. S703において、文字列データを取得したと判定された場合(S703でYesの場合)にはS704に移る。 In S703, proceeds to S704. If it is determined that the acquired character string data (Yes in S703). 一方、S702で文字列データを取得していないと判断された場合、すなわち全ての文字列データに対する処理を行った場合(S703でNoの場合)、番組キーワード生成部132は処理を終了する。 On the other hand, the character when it is determined not to retrieve the column data, i.e., (No in S703) when performing processing for all the character string data in S702, the program keyword generating unit 132 ends the process.

S704では、番組キーワード生成部132はS701で取得した番組キーワード一覧の中から順番にキーワードを取得してS705に移る。 In S704, the program keyword generating unit 132 proceeds to S705 to get a keyword in the order from the program keyword list obtained in S701.

S705では、番組キーワード生成部132は当該取得したキーワードについて後述するS706〜710の処理が終了したか否かの判定を行い、未処理のキーワードがあると判定された場合(S705でYesの場合)S706へ移る。 In S705, the program keyword generation unit 132 makes a determination of whether or not the processing of S706~710 to be described later is finished for keywords such acquired (Yes in S705) If it is determined that there is an unprocessed keywords the process proceeds to S706. 一方、全てのキーワードの処理を終了したと判断された場合(S705でNoの場合)、S702へ戻って、次の文字列データの取得を行う。 On the other hand, if it is determined that the processing has been completed for all the keywords (No in S705), it returns to S702, and acquires the next character string data.

S706では、番組キーワード生成部132はS702で取得した文字列中にS705で取得したキーワードが含まれるか否かを判定する。 In S706, the program keyword generating unit 132 determines whether the keyword is included acquired in S705 in the character string acquired in S702. S702で取得した文字列中にS705で取得したキーワードが含まれていると判定された場合(S706でYesの場合)には、S707に移り、含まれていないと判定された場合(S706でNoの場合)には、S704へ戻り次のキーワードに対して処理を行う。 If the keyword acquired in S705 in the character string acquired in S702 is judged to contain (Yes in S706), the sequence proceeds to S707, included when it is determined that no (No in S706 in the case), the processing is performed on the return the following keywords to S704.

S707では、番組キーワード生成部132はS706でキーワードが含まれていると判定された文字列の出現時刻を取得し、S708に移る。 In S707, it acquires the appearance time of the program keyword generation unit 132 is determined to contain a keyword in step S706 a string, moves to S 708.
S708では、番組キーワード生成部132はS707で取得した出現時刻について、番組興味度データ124の中で最も近い時間の興味度を取得し、S709に移る。 In S 708, the program keyword generator 132 for appearance time obtained in S707, acquires the time closest degree of interest in the program interestingness data 124 proceeds to S709.
S709では、番組キーワード生成部132は、S708で取得した興味度を用いてキーワード嗜好度を計算する。 In S709, the program keyword generation unit 132 calculates the keyword preference using the obtained degree of interest in S 708.

キーワード嗜好度及びその計算方法の一例について以下説明する。 An example of a keyword preference and the calculation method will be described below.
番組内でユーザが実際に見たシーンに含まれるキーワードは、全く見ずに飛ばしたシーンに含まれるキーワードよりもユーザにとっての嗜好度が高いと言える。 Keyword the user in the program are included in the actually saw the scene, it can be said that there is a high degree of preference for the user than the keyword that is included in the flew without looking at all the scene. キーワード嗜好度は、ユーザが番組内のシーンに対する興味を数値化した番組興味度データ124を用いて、ユーザがキーワードに嗜好している度合いを数値化したものである。 Keyword preference, the user using the program interest degree data 124 obtained by digitizing an interest for the scene in a program, in which the user has quantified the degree that preference to keywords.

キーワード嗜好度は数1によって与えられる数値データである。 Keyword preference degree is a numerical value data provided by the number 1. 数1によって計算したキーワード嗜好度は、興味度の低いシーンに含まれるキーワードよりも興味度の高いシーンに含まれるキーワードの方が大きくなるという性質を有す。 Keyword preference degree calculated by the number 1, having a property that towards the keywords contained in the high degree of interest scene than keywords contained in the low degree of interest scene increases.


数1においてPgKeyint(k)はk番目のキーワードに対するキーワード嗜好度を示している。 In Equation 1 PgKeyint (k) represents the keyword preference for the k-th keyword. Int(i,t)は、キーワードがi回目に出現した時刻における図5の興味度503である。 Int (i, t) is the degree of interest 503 in FIG. 5 at the time the keyword appeared in the i-th. またw(i)は、i番目に出現したキーワードに対する重み演算である。 The w (i) is a weighting operation on keywords that appeared i th. またMaxIntは、キーワードが出現した各時刻の興味度の中での最大値である。 The MaxInt is the maximum value of the in each time of the degree of interest that keyword appeared.

S709で例えば上記の方法によりキーワード嗜好度を取得し、S710に移る。 Get the keyword preference degree by S709, for example, the method described above, proceeds to S710.
S710では、番組キーワード生成部132は番組キーワードデータ125に結果を反映し、S704に戻る。 In S710, the program keyword generation unit 132 reflects the results in the program keyword data 125, the flow returns to S704.
図9は番組キーワードデータ125の内容の一例を示したものである。 Figure 9 shows an example of the content of the program keyword data 125. 番組キーワードデータ125は番組単位毎に別ファイルで保存される。 Program keyword data 125 is stored in a separate file for each program unit. 番組キーワードデータ125は、例えばID901とキーワード名902とキーワード嗜好度903で構成されている。 Program keyword data 125 is composed of e.g. ID901 and keyword names 902 and keyword preference degree 903.

ID901は、キーワードを識別するための番号である。 ID901 is a number used to identify the keyword.
キーワード名902は、S701で求めた番組キーワード一覧を並べたものである。 Keyword name 902 is obtained by arranging the program keyword list obtained in S701.
キーワード嗜好度903は、S709で求めたキーワード名902に対応したキーワード嗜好度の値である。 Keyword preference degree 903 is a value of a keyword preference corresponding to the keyword name 902 obtained in S709.

番組キーワード生成部132は、S710においてS704で取得したキーワード名902に対応したキーワード嗜好度903を、S709で計算したキーワード嗜好度で更新する。 Program keyword generation unit 132, the keyword preference degree 903 corresponding to the keyword name 902 acquired in S704 in S710, and updates the keyword preference calculated at S709.

なお、映像音声データ121と番組付加データ122と操作履歴データ123と番組興味度データ124と番組キーワードデータ125は番組単位に生成されてもよい。 The video audio data 121 and the program additional data 122 and the operation history data 123 and the program interest degree data 124 and the program keyword data 125 may be generated in each program. 以降の説明では、映像音声データ121と番組付加データ122と操作履歴データ123と番組興味度データ124と番組キーワードデータ125を総称して録画番組情報120として略すことがある。 In the following description, may be abbreviated as recorded program information 120 are collectively audiovisual data 121 and program additional data 122 and the operation history data 123 and the program interest degree data 124 and the program keyword data 125.

次に、図1のユーザキーワード生成部133について説明する。 Next, a description will be given user keyword generation unit 133 of FIG. ユーザキーワード生成部133は、番組キーワード生成部132によって求めた様々な番組の番組キーワードデータ125を用いて、複数の番組によるキーワード嗜好度を含むユーザキーワードデータ143を生成する。 User keyword generation unit 133, by using the program keyword data 125 of the various programs determined by the program keyword generation unit 132 generates a user keyword data 143 including the keyword preference degree of a plurality of programs. またユーザキーワード生成部133は、番組の分類条件により分類単位毎のユーザキーワードデータ143を生成してもよい。 The user keyword generation unit 133 may generate a user keyword data 143 of each classification unit by the classification conditions of the program. また、ユーザキーワード生成部133は、番組キーワードデータ125以外の方法で取得したキーワードに対する嗜好度を計算し、ユーザキーワード143に反映してもよい。 Further, the user keyword generation unit 133, a preference degree for the keyword obtained by the program keyword data 125 other than methods to calculate, may reflect the user keyword 143.

図10は、ユーザキーワードデータ143の一例を示したものである。 Figure 10 is a diagram showing an example of a user keyword data 143. ユーザキーワードデータ143は、図10に示すようにヘッダ部1001とデータ部1011とで構成されている。 User keyword data 143 is composed of a header section 1001 and a data portion 1011 as shown in FIG. 10.
ヘッダ部1001は主にユーザキーワードデータを構成した条件が格納されているフィールドである。 Header 1001 is a field mainly conditions constitute the user keyword data is stored. ヘッダ部1001は番号1002と条件1003と設定内容1004の各項目で構成されている。 Header unit 1001 are composed of the items of setting 1004 and No. 1002 and conditions 1003.
番号1002は項目の番号を示している。 Number 1002 indicates the number of the item.
条件1003は、データ部1011を構成するために用いた番組の条件を示している。 Condition 1003 indicates the program conditions used to construct the data part 1011. 条件1003に示したのは一例であり、番組のカテゴリや録画したフォルダ名や録画日時の範囲やチャンネル番号やタイトルに含まれる文字等の条件が各項目に挿入されている。 Was shown in conditions 1003 is an example, conditions of the characters and the like that are included in the program of the category and recorded folder name and the recording date and time range and channel number and title is inserted in each item.
設定内容1004は、条件1003の各項目に対する設定値を示している。 Setting 1004 shows a set value for each item of the condition 1003. 図10の例においては、カテゴリの条件に対して設定内容がグルメと設定されている。 In the example of FIG. 10, the settings for the category criteria is set to gourmet. また条件1003には、コンテンツ選定式1005を含むことが可能である。 Also the conditions 1003 may include a content selection type 1005.
コンテンツ選定式1005は複数条件が設定されたときに対するコンテンツの選定方式を定義した式である。 Content Selection type 1005 is an expression that defines the selection method of the content for when multiple conditions are set. コンテンツ選定式1005の内容は、他の条件1003に含まれる項目と同様に、設定内容1004の項目に挿入される。 Of the content selection type 1005, similar to the items included in the other conditions 1003 are inserted in the item of setting 1004. コンテンツ選定式1005は、条件1003と設定内容1004で設定された複数条件に対して、論理和あるいは論理積あるいは否定あるいは、複数の組み合わせを表現することのできる式を設定することが可能である。 Content Selection type 1005, for multiple conditions set by the setting 1004 the condition 1003, the logical sum or logical product, or negative, or it is possible to set an expression capable of representing a plurality of combinations.

コンテンツ選定式1005に対する設定内容1004の項目に挿入される内容は、番号1002と、論理和及び論理積あるいは否定等を示す記号等と、コンテンツ選定式1005の内容を計算するための優先順位を決めることのできる記号等によって表現することができる。 What is inserted in the item of setting 1004 for content selection type 1005 decides to number 1002, and symbols for indicating the logical sum and logical product, or negative, etc., the priority for calculating the content of the content selection type 1005 it can be represented by the symbol or the like that can be. ヘッダ部1001は、条件の項目数が2個以上存在する場合、必ずコンテンツ選定式1005を含む必要がある。 Header unit 1001, if the number of items conditions there are two or more, it is necessary to always includes a content selection type 1005. 一方条件が一つのみで構成されている場合においては、コンテンツ選定式1005を含む必要はない。 On the other hand when the condition is configured only one need not include a content selection type 1005. またヘッダ部1001に設定できる条件の数や内容は、特に制限しないこととする。 The number and contents of conditions that can be set in the header unit 1001, and will not be particularly limited. ただし記録装置1の設定や記憶容量や計算速度に応じて、システム側が予め制限することも可能である。 However, depending on the configuration and storage capacity and computing speed of the recording apparatus 1, it is also possible that the system side is limited in advance.

次にユーザキーワードデータ143のデータ部1011について説明する。 It will now be described data portion 1011 of the user keyword data 143. データ部1011に含まれるデータは、ヘッダ部1001で設定された条件に合致する番組に対する番組キーワードデータ125から集められたデータであり、番組キーワードデータ125と同様にID、キーワード及び嗜好度からなる。 Data contained in the data unit 1011 is data collected from the program keyword data 125 for the program that matches to the conditions set on the header section 1001, similarly to the program keyword data 125 ID, consisting of the keyword and the preference degree. ID1012はキーワードを識別するための番号である。 ID1012 is a number used to identify the keyword. キーワード名1013は、ヘッダ部1001の設定内容により取得したキーワード一覧を並べたものである。 Keyword name 1013 is obtained by arranging the keyword list obtained by setting the content of the header section 1001. キーワード嗜好度1014は、ヘッダ部1001の設定内容により取得したキーワード一覧に対する嗜好度を計算した結果である。 Keyword preference 1014 is the result of calculating the preference degree for the keyword list obtained by setting the content of the header section 1001.

次にユーザキーワード生成部133の処理フローを説明する。 Next will be described a processing flow of a user keyword generation unit 133. 図11はユーザキーワード生成部133の処理フローを示したものである。 Figure 11 shows a process flow of the user keyword generation unit 133.

ユーザキーワード生成部133はCPU101からの命令により処理が開始される。 User keyword generation unit 133 process is started by a command from the CPU 101. ユーザキーワード生成部133の処理は、例えば入力装置103よりユーザに明示的に指示されたとき、あるいは一定周期の決まった時間(例えば毎週日曜の午前1時等)に開始される。 Processing user keyword generation unit 133, for example, when explicitly instructed from the input device 103 to the user, or is initiated in a fixed period of set time (e.g., every Sunday 1:00 am etc.).
ユーザキーワード生成部133は処理を開始すると、S1101では番組キーワードデータ125を入力し、S1102に移る。 When a user keyword generation unit 133 starts the process, enter the program keyword data 125 in S1101, it goes to S1102.
S1102では、ユーザキーワードデータ143の分類条件が入力された番組の分類条件に合致するか否かを判定する。 In S1102, to determine whether the classification conditions of the user keyword data 143 matches the classification condition of the program entered. 例えば図10に示すようにユーザキーワードデータ143の分類条件としてグルメが設定されていた場合には、例えば番組付加データ122に含まれているEPG情報の番組ジャンル情報等を用いて、番組がグルメに関する番組であるかを判定すればよい。 For example, when the food as the classification condition of the user keyword data 143 as shown in FIG. 10 has been set, using, for example, program genre information of the EPG information included in the program additional data 122, etc., the program is related to food it may be determined whether the program.

S1102においてユーザキーワードデータ143の分類条件に番組が合致していると判定された場合(S1102でYesの場合)、S1103に移る。 (If at S1102 the Yes) when the program in the classification conditions of the user keyword data 143 is determined to be met in S1102, goes to S1103. 一方、S1102においてユーザキーワードデータ143の分類条件に番組が合致していないと判定された場合(S1102でNoの場合)、当該番組に対する処理を終了し、S1109に移る。 On the other hand, (if in S1102 of No) when the program in the classification conditions of the user keyword data 143 is determined not to match in S1102, and ends the processing for the program proceeds to S1109.

S1109では、対象となる番組キーワードデータを全て処理したか否かを判定する。 In S1109, it determines whether or not all the program keyword data of interest. S1109において未処理の番組キーワードデータが残っていると判断された場合(S1109でNoの場合)、S1101ヘ戻り、次の番組キーワードデータの入力を行う。 (No in S1109) If it is determined that the remaining program keyword data unprocessed in S1109, S1101 returns f, to input of the next program keyword data. 一方、S1109において全ての番組キーワードデータが処理されたと判断された場合(S1109でYesの場合)、ユーザキーワード生成部133は処理を終了する。 On the other hand, (Yes in S1109) If it is determined that all of the program keyword data in S1109 have been processed, the user keyword generation unit 133 ends the process.

S1103では、入力された番組キーワードデータ125から順番にキーワード名と対応する嗜好度を取得し、S1104に移る。 In S1103, it obtains the degree of preference from the corresponding program keyword data 125 entered a keyword name in turn, moves to S1104. 図10の例では、コンテンツ選定式1005に該当する番組に対するユーザキーワードを作成する。 In the example of FIG. 10, to create a user keyword for a program corresponding to the content selection type 1005. すなわち、番組カテゴリがグルメの番組によるユーザキーワードを作成する。 In other words, the program category is to create a user keyword from the program of the gourmet.

S1104では、番組キーワードデータ125からキーワード名と嗜好度の取得が成功したか否かを判定し、全てのキーワードの計算が終わってキーワードの取得に失敗した場合(S1104でNoの場合)には、当該番組に対する処理を終了してS1109に移る。 In S1104, determines whether the acquired keyword name and preference degree from the program keyword data 125 is successful, if it fails to get a keyword finished the calculation of all the keywords (No in S1104), the Turning to S1109 and ends the processing for the program. 一方、番組キーワードデータ125からキーワード名と嗜好度の取得が正しく行われたと判定された場合(S1104でYesの場合)にはS1105に移る。 On the other hand, the process proceeds to step S1105 from the program keyword data 125 when the acquisition of the keyword names and the preference degree is determined to have been performed correctly (Yes in S1104).
S1105では、S1103で取得したキーワード名が、ユーザキーワードデータ143に含まれているか否かを判定する。 In S1105, determines keyword name acquired in S1103 is, whether included in the user keyword data 143. S1105で、S1103で取得したキーワード名がユーザキーワードデータ143に含まれていると判定された場合(S1105でYesの場合)にはS1106に移り、一方S1103で取得したキーワード名が、ユーザキーワードデータ143に含まれていないと判定された場合(S1105でNoの場合)にはS1107に移る。 In S1105, it goes to S1106 if the keyword name acquired in S1103 is determined to be included in the user keyword data 143 (Yes in S1105), whereas keyword name acquired in S1103 is, the user keyword data 143 Turning to S1107. If it is determined not to be included in (no in S1105).

S1106では、ユーザキーワードデータ143の中から、S1103で取得したキーワード名に合致するキーワード名と対応する嗜好度を取得し、S1108に移る。 In S1106, from the user keyword data 143, retrieves the keyword names and the corresponding degree of preference matching the keyword name acquired in S1103, it goes to S1108.

S1107では、ユーザキーワードデータ143のキーワード名項目にS1103で取得したキーワード名と対応するキーワード嗜好度1014を0として追加し、S1108に移る。 In S1107, add the keyword preference 1014 and the corresponding keywords name acquired in S1103 to the keyword name field of the user keyword data 143 as 0, and proceeds to S1108.

S1108では、図10におけるユーザキーワードデータ143のキーワード嗜好度1014を更新し、S1103に戻る。 In S1108, it updates the keyword preference 1014 user keyword data 143 in FIG. 10, the flow returns to S1103.

ここで、S1108におけるユーザキーワードデータのキーワード嗜好度1014の更新方法の一例を説明する。 Here, an example of a method for updating a keyword preference 1014 user keyword data in S1108. 当該更新は例えば数2に従って計算する。 The update is calculated according to 2 carbon for example.


数2におけるInt(i)はi番目の番組に対する図9のキーワード嗜好度903を示し、len(i)はi番目の番組全体の長さを示し、H(len(i))は番組の長さに応じて決定される重みである。 Int in equation 2 (i) shows the keyword preference 903 of FIG. 9 for the i th program, len (i) denotes the total length of i-th program, H (len (i)) is the length of the program is a weight which is determined in accordance with the. また数2のUserKeyIntは、計算されたユーザキーワードデータのキーワード嗜好度を示している。 The number 2 of UserKeyInt shows keyword preference of the calculated user keyword data. 図10のキーワード嗜好度1014は、複数の番組の同一キーワードに対する図9のキーワード嗜好度903の和で計算される。 Keyword preference 1014 of FIG. 10 is calculated by the sum of the keyword preference degree 903 in FIG. 9 for the same keyword of the plurality of programs. 一方で、番組キーワードデータ125のキーワード嗜好度は複数の番組間で比較すると、番組長が長い番組の方がキーワードの登場回数が多いため、番組長が長い番組は、キーワード嗜好度903が大きくなる可能性がある。 On the other hand, when the keyword preference of the program keyword data 125 is compared among a plurality of programs, for who program length is long programs often appeared the number of keywords, the program program length is long, the keyword preference 903 increases there is a possibility. よって番組の長さにより正規化するためにH(len(i))を乗じることとしているが、H(len(i))の定義についてはシステムの都合により設定してもよい。 Thus although the multiplying the H (len (i)) in order to normalize the length of the program, the definition of H (len (i)) may be set by the convenience of the system. H(x)の値を常に1とすれば、重み付けを行わないことと同等となる。 If H the value of (x) is always 1, the equivalent to not perform weighting.
ユーザキーワード生成部133は、以上の処理によりユーザキーワードデータ143を生成する。 User keyword generator 133 generates the user keyword data 143 by the above process.

次に図1の番組重要度生成部134について説明する。 Next, the program importance generator 134 of FIG. 1 will be described. 番組重要度生成部134は、ユーザキーワードデータ143を用いて番組重要度144を生成する。 Program importance generator 134 generates a program importance 144 by using the user keyword data 143. 番組重要度144は、ユーザキーワードデータ143に含まれる各キーワード名が番組に含まれている回数とさらにキーワード嗜好度を積算して、さらに番組自体の長さに応じて重み付けを行って求めた数値である。 Program importance 144 numbers each keyword name included in the user keyword data 143 by accumulating the number of times a further keyword preference level included in the program, was determined by performing a weighted addition according to the length of the program itself it is. また、番組重要度生成部134は、番組重要度の計算対象となる番組を選定する条件を入力して、特定の条件に一致した番組に対してのみ番組重要度を計算することが可能である。 The program importance generator 134 inputs a condition for selecting a program to consider when calculating program importance, it is possible to calculate only the program importance for a program that matches certain criteria .

5. 5. 重要度の計算 ここで、番組重要度生成部134の処理フローを説明する。 Calculate importance here, describing the processing flow of the program importance generator 134. 図12は番組重要度生成部134の処理フローを示している。 Figure 12 shows a flow of the program importance generator 134. 処理の開始はCPU101により制御される。 Start of the process is controlled by the CPU 101. 番組重要度生成部134の処理は、例えば入力装置103よりユーザに明示的に指示されたとき、あるいは一定周期の決まった時間(例えば毎週日曜の午前1時等)に開始される。 Processing of the program importance generator 134, for example, when explicitly instructed from the input device 103 to the user, or is initiated in a fixed period of set time (e.g., every Sunday 1:00 am etc.).

S1201では、番組重要度生成部134は番組重要度を計算する対象となる番組を記録媒体108から取得し、S1202に移る。 In S1201, the program importance generator 134 acquires program for which to calculate the program importance from the recording medium 108 and proceeds to S1202.

S1202では、S1201で取得した番組が、番組の選定条件に一致しているかを判定する。 In S1202, it determines whether the program acquired in S1201 is coincident to the selection condition of the program. 番組の選定条件とは、例えば番組のカテゴリやチャンネル番号等の録画番組に関する情報、視聴済の番組に限る、あるいは未視聴の番組のみ等の視聴状態に関する情報、又はユーザが手動で録画した番組か、記録装置が自動録画した番組かといった手法で録画した番組等の録画方法の情報等とすることができる。 The selection conditions of the program, for example, information about the recorded program such as program category or channel number, or program limited to viewing the already program, or information concerning the viewing conditions, such as only the unviewed of the program, or the user has recorded manually can recording apparatus and information of the recording method of a program or the like recorded by a technique such as whether the automatic recorded program. 番組重要度生成部134は、S1202においてS1201で入力した番組が選定条件に一致すると判定した場合(S1202でYesの場合)は、S1203へ進む。 Program importance generator 134 (Yes in S1202) If it is determined that the program entered in S1201 in S1202 matches the selection condition, the process proceeds to S1203. 一方、番組重要度生成部134は、S1202においてS1201で入力した番組が選定条件に一致しないと判定された場合(S1202でNoの場合)は、当該番組に関する処理は行わず、S1205に移る。 On the other hand, the program importance generator 134 (No in S1202) when the program entered in S1201 in S1202 is determined to not match the selection criteria, the process related to the program is not performed, the process proceeds to S1205. なお、番組重要度生成部134は番組の選定条件の入力を省略することが可能であり、その場合S1202を省略してもよい。 Incidentally, the program importance generator 134 it is possible to omit the input of the selection conditions of the program, may be omitted in which case S1202.

S1203では、番組重要度生成部134は、番組重要度144を計算するためのユーザキーワードデータ143を取得し、S1204に移る。 In S1203, the program importance generator 134 acquires the user keyword data 143 to calculate a program importance 144, and proceeds to S1204.
S1204では、S1203で取得したユーザキーワードデータ143により番組重要度を計算し、S1205に移る。 In S1204, the program importance calculated by the user keyword data 143 acquired in S1203, goes to S1205. ここで、S1204における番組重要度の取得処理を図13に示した処理フローで説明する。 Here it will be described the processing flow shown acquisition processing program importance in S1204 in FIG. 13. 図12のフローチャートでS1204に移ると、図13に示す処理が開始される。 Turning to S1204 in the flow chart of FIG. 12, the processing shown in FIG. 13 is started.

S1301では、番組重要度生成部134は番組重要度の取得に関して、最初に計算対象となる番組の番組付加データ122を取得しS1302に移る。 In S1301, the program importance generator 134 regarding the acquisition of the program importance, moves to get the program of the program additional data 122 as the calculated first target S1302.
S1302では、続いて取得した番組付加データ122より文字列データ1単位を取得し、S1303に移る。 In S1302, subsequently acquires the character string data unit from the program additional data 122 acquired, moves to S1303. ここで、S1302における文字列データの取得方法は、図7のS702と同様であるため説明を省略する。 Here, the method for obtaining the character string data in S1302 is omitted because it is similar to S702 in FIG. 7.

S1303では、ユーザキーワードデータ143から図10のデータ部1011におけるキーワード名1013とキーワード嗜好度1014を1組として順番に取得し、S1304に移る。 In S1303, it obtains sequentially a keyword name 1013 and keyword preference 1014 in the data portion 1011 of FIG. 10 from the user keyword data 143 as one set, and proceeds to S1304.
S1304では、S1302で取得した文字列データ中に、S1303で取得したキーワード名が含まれるかを判定する。 In S1304, it determines whether or not the character string in the data acquired in S1302, the keyword is included name acquired in S1303. S1304においてS1303で取得したキーワード名が含まれないと判定された場合(S1304でNoの場合)には、取得したキーワードをスキップしてS1307に進む。 If the keyword name acquired in S1303 in S1304 is determined to not be included (No in S1304), the processing proceeds to S1307, skipping the obtained keyword. 一方、S1304においてS1303で取得したキーワード名が含まれると判定された場合(S1304でYesの場合)には、S1305に移る。 On the other hand, if it is determined that the keyword is included name acquired in S1303 in S1304 (Yes in S1304), the process moves to S1305.

S1305では、当該キーワード名に対応するキーワード嗜好度を取得し、S1306に移る。 In S1305, it acquires the keyword preference degree corresponding to the keyword names, goes to S1306.
S1306では、S1305において取得したキーワード嗜好度を番組重要度に加算し、S1307に移る。 In S1306, adds the keyword preference degree acquired in S1305 to the program importance, it proceeds to S1307.

S1307では、次のキーワードに対する処理を行うために、ユーザキーワードデータ143に未処理のデータがあるか否かを判定する。 In S1307, in order to perform the process for the next keyword, it determines whether there is unprocessed data to the user keyword data 143. S1307においてユーザキーワードデータ143に未処理のデータがあると判定された場合(S1307でYesの場合)には、S1305へと戻り処理を続行する。 If unprocessed data is determined to be the user keyword data 143 (Yes in S1307) in S1307, to continue the process returns to S1305. 一方、S1307においてユーザキーワードデータ143に未処理のデータがないと判定された場合(S1307でNoの場合)には、S1308に移る。 On the other hand, if it is determined that the user keyword data 143 is no unprocessed data in S1307 (No in S1307), the process proceeds to S1308.

S1308では、番組付加データ122中に未処理の文字列データが存在するか否かを判定する。 In S1308, it determines whether there is a character string data unprocessed in program additional data 122 is present. S1308において番組付加データ122中に未処理の文字列データが存在すると判定された場合(S1308でYesの場合)には、S1302へ戻り処理を続行する。 In the case where character string data unprocessed in program additional data 122 is determined to exist (Yes in S1308) in S1308, and continues processing returns to S1302. 一方、S1308において番組付加データ122中に未処理の文字列データが存在しないと判定された場合(S1308でNoの場合)には、S1309に移る。 On the other hand, when the character string data unprocessed in program additional data 122 is judged not present (No in S1308) in S1308, the process proceeds to S1309.

S1309では、番組重要度の重み計算を行う。 In S1309, it performs the weight calculation of the program importance. 番組重要度の大きさはキーワードの出現回数に比例するため、強いては番組の長さに左右される可能性がある。 Since the size of the program importance is proportional to the number of occurrences of keyword, by force may depend on the length of the program. S1309の処理は番組重要度の精度を改善するための処理であり、番組重要度生成部134の負担を減らすために省略してもよい。 Processing of S1309 is processing for improving the accuracy of the program importance, it may be omitted to reduce the burden of the program importance generator 134. 続いてS1309の処理を終えると、図12のS1204における番組重要度の取得処理を終了する。 Subsequently, when the completion of the processing of S1309, and terminates the process of acquiring the program importance in S1204 in FIG. 12.

番組重要度生成部134は図12のS1204における番組重要度の取得処理を終了すると、S1205に移り、対象となる全ての番組において番組重要度を計算したか否かを判定する。 When the program importance generator 134 terminates the acquisition process of the program importance in S1204 of FIG. 12 proceeds to S1205, and determines whether the calculated program importance in all programs of interest. S1205において未計算の番組が存在すると判定された場合には、S1201へと戻り処理を続行する。 If the uncalculated program is determined to exist in S1205, to continue the process returns to S1201. 一方、S1205において全ての番組の番組重要度を計算したと判定された場合には、番組重要度生成部134は処理を終了する。 On the other hand, if it is determined that the calculated program importance of all the programs in S1205, the program importance generator 134 terminates the process.

上記で説明した興味度、嗜好度、重要度は必ずしも数値でなくてもよい。 The degree of interest described above, the degree of preference, importance may not be necessarily numerical value. 例えば、計算結果に応じたランク(一定数値以上はAランク、ある一定範囲はBランク等)であってもよい。 For example, rank according to the calculation result (predetermined numerical or more A rank, a certain range of rank B, etc.).

6. 6. 番組を削除する動作 続いて記録装置1が、ユーザの操作によって番組を削除する方式について説明する。 Operation followed by the recording apparatus 1 deletes the program, it explained method to delete a program by operation of the user. 番組の削除は、ハードディスクから当該番組のデータを削除するようにしてもよいし、実際はハードディスクから削除せず、ユーザからは見えないように見かけ上削除するだけにしてもよい。 Delete program, may be deleted data of the program from the hard disk, actually not deleted from the hard disk, it may be simply delete apparently a way that is transparent to the user. 見かけ上削除するだけではハードディスクの容量が減らないため、見かけ上削除されたデータはハードディスクの容量が満杯になったら削除するようにしてもよい。 For only delete apparently does not reduce the capacity of the hard disk, data that has been deleted on the apparent may be deleted Once you become a full capacity of the hard disk.

図14に、記録装置1の表示装置102に表示される録画番組一覧画面の一例を示す。 Figure 14 shows an example of a recorded program list screen displayed on the display device 102 of the recording device 1. 図14の録画番組一覧画面は、主にユーザが記録装置1の中に録画されている番組一覧を閲覧する場合に表示される画面の一例である。 Recorded program list screen of FIG. 14 is an example of a main screen that is displayed if a user to browse the list of programs that have been recorded in the recording device 1. CPU101が記録媒体108に記録されている映像・音声データ121から番組一覧を取得する。 CPU101 acquires the program list from the video and audio data 121 recorded on the recording medium 108. 図14のユーザ操作画面は、番組一覧表示部1401と、番組1401内に含まれる番組サムネイル表示部1402と番組説明表示部1403と、番組条件選択部1404で構成されている。 User operation screen in FIG. 14, a program list display portion 1401, a program thumbnail display portion 1402 and the program description display portion 1403 included in the program 1401, and a program condition selecting section 1404.

番組一覧表示部1401は、記録装置1の記録媒体108に録画されている番組一覧を表示する領域である。 Program list display unit 1401 is an area for displaying a list of programs that have been recorded on the recording medium 108 of the recording device 1. 番組一覧表示部1401は、図1における管理データ部140から取得された録画番組の一覧(以下、「録画番組リスト」とする。)の各番組の代表静止画を表示する番組サムネイル表示部1402と、各番組のタイトル名や放送チャンネル名と放送日時を表示する番組説明表示部1403で構成される。 Program list display section 1401, a list of the acquired recorded program from the management data 140 in FIG. 1 (hereinafter referred to. As "recorded program list") and the program thumbnail display section 1402 for displaying the representative still image of each program in the , and a program description display unit 1403 to display a broadcast date and time and title name and broadcast channel name of each program.

ユーザが例えば図1の入力装置103を介して図14の番組サムネイル表示部1402で指し示された番組を削除する場合の動作について説明する。 User will be described operation when deleting the pointed program via the input device 103 of FIG. 1 by the program thumbnail display area 1402 of FIG. 14, for example. 図15は、ユーザが図1の入力装置103を介して図14の番組サムネイル表示部1402で指し示された番組を削除する場合の、記録装置1の処理フローを示す。 15, when the user deletes the program pointed by the program thumbnail display area 1402 of FIG. 14 via the input device 103 of FIG. 1 shows a process flow of the recording apparatus 1.

処理の開始は例えば入力装置103により番組を削除する指令がユーザから行われた後に、CPU101により制御される。 Start of the process is commanded to remove the program through the input device 103 for example after performing the user is controlled by the CPU 101.

CPU101は、ユーザが番組削除を実行する場合、CPU101はS1501で最初に図14の番組一覧表示部1401に表示されている番組一覧を記録媒体108に記録されている映像・音声データ121から取得し、S1502に移る。 CPU 101 may, if the user executes the program deletion, CPU 101 initially obtains the video and audio data 121 recorded on the recording medium 108 a program list that is displayed in the program list display portion 1401 in FIG. 14 at S1501 , the process moves to S1502.
S1502では、S1501で取得した番組一覧に対する番組重要度を取得し、S1503に移る。 In S1502, to get the program importance for the program list acquired in S1501, the process proceeds to S1503. S1502の番組重要度は、図1のCPU101が番組重要度取得部134に対して、S1501で取得した番組一覧の番組重要度を取得する命令を行うことにより取得される。 Program importance of S1502 is acquired by performing instructions CPU101 in FIG acquires for a program importance obtaining section 134, a program importance of program list acquired at S1501. 図1の番組重要度取得部134は、例えば先で説明した図13の処理フローに従い実行する。 Program importance obtaining section 134 of FIG. 1, for example, it executes in accordance with the process flow of FIG 13 described above.

CPU101は、S1503ではS1502において全ての番組重要度を取得すると、取得した番組重要度に基づいて番組一覧の番組を整列し、各番組の順位を取得し、S1504に移る。 CPU101 acquires all the programs importance in S1502 In S1503, align the programs of the program list based on program importance acquired, acquires the ranking of each program, the process proceeds to S1504. 番組一覧の各番組の順位は、例えば番組重要度の高い(又は低い)番組から整列することで取得するにしてもよい。 Ranking of the programs of the program list, for example, high program importance (or lower) may be acquired by aligning the program. 図15Bに取得された番組重要度のデータ構成の一例を示す。 It shows an example of the acquired program importance of the data structure in Figure 15B. 図15Bに示すように、番組毎に番組名15B1と対応する番組重要度15B2で構成される。 As shown in FIG. 15B, composed of a program importance 15B2 corresponding to the program name 15B1 for each program. 図15Bの形式のデータは一時的にRAMに保存される。 Format of the data in Figure 15B is stored temporarily RAM.
図15Cに、図15Bのデータを番組重要度の高い順番に整列した場合の例を示す。 Figure 15C, shows an example of when aligned in descending order of the program importance data in Figure 15B.
S1504では、S1503で生成した整列された番組一覧から、削除対象となる番組の順位を取得し、S1505に移る。 In S1504, the aligned program list generated in S1503, acquires program rank to be deleted, the process proceeds to S1505.

S1505では、S1504で取得した削除対象となる番組の順位が、システムで予め設定されている所定の順位以上(又は以下)に位置しているか否かを判定する。 In S1505, it determines the program ranking to be deleted acquired in S1504, whether located above a predetermined order that is previously set in the system (or less). S1505において削除対象となる番組の順位が、システムで予め設定されている所定の順位以上(又は以下)に位置していると判定された場合(S1505でYesの場合)には、S1506に移る。 The program ranking to be deleted in S1505, in a case where it is determined to be located above a predetermined order that is set in advance in the system (or less) (Yes in S1505), the process moves to S1506. 一方、S1505において削除対象となる番組の順位が、システムで予め設定されている所定の順位以上(又は以下)に位置していないと判定された場合(S1505でNoの場合)には、ユーザにとっての重要度が低い番組と判定されるため、S1508に移り通常の番組削除を実行する。 On the other hand, the program ranking to be deleted in S1505, in a case where it is determined not to be located more than a predetermined rank (or below) that is set in advance in the system (No in S1505), for the user since the severity of is determined to be lower program performs normal program deletion moved to S1508. 図15Cのような整列された番組重要度が得られた場合で4位以下のデータが重要でないと設定されていた場合について具体的に説明する。 Specifically described the case where the 4-position The following data is set to be not important if aligned program importance, such as in FIG. 15C is obtained. 削除しようとする番組が番組名「A××」であった場合は、当該番組は第5位となっているため番組削除が実行される。 If the program to be deleted was a program name "A ××" is, the program is program deleted because that is the # 5 it is executed.

S1506では、ユーザにとって重要な番組と判定されるため、番組を削除することに対する警告や、重要度に関する情報(例えば重要度の順位)、当該番組の削除をするか否かの選択肢等を表示し、S1507に移る。 In S1506, since it is determined that the important program for the user, a warning and for deleting the program, information about the importance (e.g., the importance of the order), whether such displays choices to the deletion of the program , the process moves to S1507.
図15Cのような整列された番組重要度が得られた場合で4位以下のデータが重要でないと設定されていた場合について具体的に説明する。 Specifically described the case where the 4-position The following data is set to be not important if aligned program importance, such as in FIG. 15C is obtained. 削除しようとする番組が番組名「△×○」であった場合は、当該番組は第3位となっているため当該番組の削除をするか否かの選択肢等を表示する。 If the program to be deleted was a program name "△ × ○" is, the program will display whether or not the choices, such as the deletion of the program because it has become the third largest.

図15のS1506に表示される警告と選択肢の一例を図16に示す。 An example of a warning and choices displayed in S1506 of FIG. 15 is shown in FIG. 16. CPU101は、図15のS1505を実行後に、図14の画面から図16の削除警告表示部1601と削除実行選択部1602と削除拒否選択部1603とを伴う画面へと遷移する。 CPU101, after executing the S1505 in FIG. 15, a transition to a screen with a deletion warning display unit 1601 and the deletion execution selection unit 1602 and the removal rejection selector 1603 of FIG. 16 from the screen of FIG. 14. 削除警告表示部1601は、当該番組が重要である旨等の削除に関するユーザへの警告を意味する文字列の表示領域である。 Remove warning display unit 1601 is a display area of ​​the character string that means an alert to the user regarding the removal of such fact the program is important. 削除警告表示部1601に表示される文字列はシステムで予め設定されていてもよい。 String that is displayed in the deletion warning display unit 1601 may be set in advance by the system. 削除実行選択部1602と削除拒否選択部1603は、ユーザが図1の入力装置103を介して実際に削除するか否かを選択する際にどちらか一方が選ばれ、選ばれた後に削除警告表示部1601と削除実行選択部1602と削除拒否選択部1603の表示が消えて、図14の表示画面へと遷移する。 Deletion execution selection unit 1602 and the removal rejection selecting unit 1603, either is selected when the user selects whether or not to actually remove via the input device 103 of FIG. 1, deletion warning display after the chosen Viewing removal rejection selector 1603 and section 1601 and the deletion execution selection section 1602 disappears, the transition to the display screen of FIG. 14. なお、削除警告表示部では、ユーザに「重要度第3位の番組ですが、削除しますか?」といった、重要度の順位を表示する手段を提供してもよい。 It should be noted that, in the deletion warning display unit, "but is the importance of the third-largest program, or • Remove" to the user such as, may provide a means for displaying the importance of rank. また、重要度が所定の値を超えている番組については「重要度1234の番組ですが、削除しますか?」といった、番組の重要度の値を示すようにしてもよい。 Also, the program that importance is greater than a predetermined value, "but is the program of the importance of 1234, or • Remove" such as may indicate the value of the importance of the program.

また、S1503で取得する順位については、当該ステップだけではなく、例えば図14の録画番組一覧画面や、削除とは直接関係しない画面(例えば再生する番組を選択する画面等)で表示するようにしてもよい。 As for the order that is acquired in S1503, not only the step, for example recorded program list screen and in Figure 14, so as to display the screen not directly related to the deletion (e.g., screen or the like to select a program to be reproduced) it may be. これにより、削除するときだけでなく、例えば再生するときにも番組の重要度を参考にすることができる。 This makes it possible to not only, for example, the importance of the programs even when playing reference when deleting.

また、S1506においては、警告表示の代わりに当該警告の対象となる番組が削除できないようにし、当該番組は重要度が高いため削除できない旨を表示して処理を終了する構成にしてもよい。 In the S1506, as program instead of warning display are subject to the warning can not be deleted, the program may be configured to terminate the display and processing that can not be deleted because of the high degree of importance.
S1507では、CPU101は、図15のS1506において表示された図16の削除実行選択部1602と削除拒否選択部1603のどちらが選択されたかを判定する。 In S1507, CPU 101 determines either has been selected for deletion execution selection unit 1602 and deletes refuse selector 1603 of FIG. 16 which is displayed in S1506 of FIG. 15. S1507において、削除実行選択部1602が選択されたと判定された場合(S1507でYesの場合)にはS1508に移る。 In S1507, it goes to S1508 when it is determined that the deletion execution selection unit 1602 is selected (Yes in S1507). 一方、S1507において、削除拒否選択部1602が選択されたと判定された場合(S1507でNoの場合)には、削除を行わずに処理を終了する。 On the other hand, in S1507, in a case where it is determined that removal rejection selector 1602 is selected (No in S1507), the processing ends without performing the deletion.
S1508では、CPU101は実際に番組削除を実行し、処理を終了する。 In S1508, CPU101 is actually running the program deletion, the process is terminated.

なお、S1505においてユーザにとって重要度が低くS1508で通常の削除処理がされる場合(S1505でNoの場合)であっても、本当に削除するか否かの確認のメッセージを表示する構成にしてもよい。 Even when (No in S1505) the importance to the user is normal deletion process in S1508 low in S1505, it may be configured to indicate whether the confirmation message really delete . 当該確認のメッセージはS1506で表示される警告とは異なるようにしてもよい。 The confirmation message may be different from the warning displayed in S1506.

また、図14に示した録画番組一覧画面は、番組条件選択部1404を伴うことができる。 Further, the recorded program list screen shown in FIG. 14 may be accompanied by a program condition selection unit 1404. 番組条件選択部1404は、例えばユーザに対して番組一覧表示部1401に表示する番組の条件を選定する方法を提示する。 Program condition selection unit 1404, for example, presents a method for selecting a condition of the program to be displayed in the program list display unit 1401 to the user. 図14に示すように、例えば録画番組視聴条件選択部1405で構成される。 As shown in FIG. 14, for example, a recorded program viewing condition selection unit 1405. 録画番組視聴条件選択部1405は、さらに録画番組全選定部1411と、録画番組既視聴選定部1412と、録画番組未視聴選定部1413で構成してもよい。 Recorded program viewing condition selection unit 1405 is further a recorded program full selection unit 1411, a recording program already viewing selection section 1412 may be constituted by a recorded program unviewed selecting unit 1413. 録画番組全選定部1411が選択された場合、記録装置1において録画されている全ての番組が番組一覧表示部1401に表示される。 If the recorded program full selection unit 1411 is selected, all programs recorded in the recording apparatus 1 is displayed in the program list display unit 1401. 録画番組既視聴選定部1412が選択された場合、記録装置1において録画されている番組のうち既に視聴した番組が番組一覧表示部1401に表示される。 If the recorded program already viewing selection unit 1412 is selected, the program already viewed among the programs recorded in the recording apparatus 1 is displayed in the program list display unit 1401. 録画番組未視聴選定部1413が選択された場合、記録装置1において録画されている番組のうち未視聴の番組が番組一覧表示部1401に表示される。 If the recorded program unviewed selection unit 1413 is selected, the unviewed programs are displayed in the program list display unit 1401 of the program being recorded in the recording apparatus 1.

番組条件選択部1404で番組一覧表示部1401に表示する番組の条件を選定された後に、ユーザが例えば図1の入力装置103を介して図14の番組サムネイル表示部1402で指し示された番組を削除する場合の動作について説明する。 After being selected conditions of the program to be displayed in the program condition selection unit 1404 in the program list display unit 1401, the program pointed by the program thumbnail display area 1402 of FIG. 14 via the input device 103 of the user, for example, FIG. 1 the operation of the case to be removed will be explained.

図17は、番組条件選択部1404で番組一覧表示部1401に表示する番組の条件を選定された後に、ユーザが図1の入力装置103を介して図14の番組サムネイル表示部1402で指し示された番組を削除する場合の、記録装置1の処理フローの一例を示す。 17, after being selected conditions of the program to be displayed in the program list display unit 1401 by the program condition selection unit 1404, the user is pointed to by the program thumbnail display area 1402 of FIG. 14 via the input device 103 of FIG. 1 If you want to delete the program with, an example of a process flow of the recording apparatus 1.

処理の開始は例えば入力装置103により番組を削除する指令がユーザから行われた後に、CPU101により制御される。 Start of the process is commanded to remove the program through the input device 103 for example after performing the user is controlled by the CPU 101.
S1701でCPU101は、S1401で、番組条件選択部1404で番組一覧表示部1401に表示する番組の条件を選定された後にユーザが番組削除を実行する場合、最初に番組条件選択部1404で選択された条件に合致するユーザキーワードデータ143が存在するか否かを判定する。 S1701 in CPU101 is a S1401, if the user after being selected conditions of the program to be displayed in the program condition selection unit 1404 in the program list display portion 1401 executes the deletion program, is first selected in the program condition selection unit 1404 It determines whether or not the user keyword data 143 is present which matches the condition. この判定は、例えばユーザキーワードデータ143に含まれる図10のヘッダ部1001の内容と、番組条件選択部1404で選択された条件に合致するか否かを照査することで実現してもよい。 This determination may, for example the content of the header portion 1001 of FIG. 10 included in the user keyword data 143, whether or not matching the conditions selected by the program condition selection unit 1404 may be realized by Shosa.

S1701において、図10のヘッダ部1001の内容と番組条件選択部1404で選択された条件が全てのユーザキーワードデータ143と合致しない場合(S1701でNoの場合)は、S1702に移り、一方S1701において、図10のヘッダ部1001の内容と番組条件選択部1404で選択された条件が全てのユーザキーワードデータ143と合致する場合(S1701でYesの場合)は、S1703に移る。 In S1701, (No in S1701) If the selected condition content and program condition selection unit 1404 of the header part 1001 of FIG. 10 does not match with all of the user keyword data 143 is moved to S1702, while in S1701, (Yes in S1701) If the selected condition content and program condition selection unit 1404 of the header part 1001 of FIG. 10 matches the any user keyword data 143, the process proceeds to S1703.

S1702では、図1のユーザキーワード生成部133により、番組条件選択部1404で選択された条件でユーザキーワードデータ143が新しく生成される。 In S1702, the user keyword generation unit 133 of FIG. 1, the user keyword data 143 selected conditions in the program condition selection unit 1404 is newly generated. 図1のユーザキーワード生成部133は、先で説明した図13の処理フローに従い実行する。 User keyword generation unit 133 of FIG. 1 executes in accordance with the process flow of FIG 13 described in above.

続いて記録装置1は、番組条件選択部1404で番組一覧表示部1401に表示する番組の条件を選定された後に、ユーザが番組削除を実行する場合、S1701又はS1702で取得したユーザキーワードデータ143を用いて、S1703以降の処理が行われる。 Then the recording apparatus 1, after being selected conditions of the program to be displayed in the program condition selection unit 1404 in the program list display section 1401, if the user performs a delete programs, the user keyword data 143 acquired in S1701 or S1702 using the processes after S1703 is carried out. 図17におけるS1703から1710までの処理は、図15におけるS1501からS1508までの処理と同様であるため説明を省略する。 Processing from S1703 in FIG. 17 to 1710 is omitted because it is similar to the processing from S1501 in FIG. 15 to S1508.

番組条件選択部1404は、上記で示した録画番組の視聴状態に関する選択だけでなく、録画番組のEPG情報に含まれるジャンルやチャネルや録画番組名等による条件選択を可能にしてもよい。 Program condition selection unit 1404, not only the selection for viewing status of recorded program shown above may allow a conditional selection by such genre, channel or recorded program name included in the EPG information of the recorded program. あるいは複数の条件による組み合わせてもよい。 Or it may be combined with a plurality of conditions.

また、図14に示した録画番組一覧画面において、番組重要度の大きさにより整列して番組一覧表示部1401に表示する手段を提供してもよい。 Further, in the recorded program list screen shown in FIG. 14, it may be provided means for displaying the program list display portion 1401 aligned with the size of the program importance. 番組一覧表示部1401に表示されている番組は番組重要度の大きさにより整列されているため、使用するユーザがある番組について不要か否かを容易に判定することができる。 Since the program displayed in the program list display portion 1401 is aligned by the size of the program importance, it can be easily determined whether unnecessary or not for a user to use the program. よって番組重要度の大きさにより整列して番組一覧表示部1401に表示された後に番組一覧表示部1401から番組を選んで削除する場合は、図16における警告画面を省略してもよい。 Therefore, when you remove select a program from the program list display portion 1401 aligned with the size of the program importance after being displayed on the program list display section 1401 may be omitted warning screen in FIG. 図16における警告画面を省略することによってユーザは、入力装置103の操作をより少なくすることができる。 User by omitting a warning screen in FIG. 16, it is possible to reduce the operation of the input device 103. また番組一覧表示部1401内に計算された番組重要度を同時に表示してもよい。 Or it may be displaying a program importance calculated in the program list display unit 1401 simultaneously. 番組一覧表示部1401内に計算された番組重要度を同時に表示することにより、ユーザの理解を深めることが可能となる。 By displaying the calculated program importance to the program list display unit 1401 simultaneously, it is possible understanding of the user. また番組重要度の値を適切な段階分けでコンテンツを表示分けする手段を備えていてもよい。 Or it may be provided with a means for displaying Classify content value of the program importance in the proper staging.

また、図16の削除実行選択部1601については、ユーザに削除を行うか否かの選択肢を提示しているが、例えば番組映像音声データ121を圧縮や移動といった手段により、記録媒体108の容量を増やすための他の手段を同時に提示してもよい。 Furthermore, the deletion execution selection unit 1601 of FIG. 16, but presents whether choices or delete the user, for example by means such as compression and move the program video and audio data 121, the capacity of the recording medium 108 other means may be presented at the same time to increase. 記録装置を共有で使用している他ユーザにとっても嗜好度の高い番組であるため、番組を完全に消さない圧縮や移動といった手段による保存方法も提供してもよい。 Since also for other users who are using the recording apparatus in the shared a high degree of preference programs, may also provide storage method according to means such as compression or movement is not completely erased programs.

なお番組削除を行った場合には、削除した番組に関する図1の映像音声データ121と番組付加データ122と操作履歴データ123と番組内重要度データ124と番組キーワードデータ125が全て削除されてもよい。 Note that when performing the program deletion may be deleted AV data 121 and program additional data 122 and the operation history data 123 and the program in important data 124 and the program keyword data 125 of FIG. 1 is all about the deleted program . 前記番組キーワードデータ125が削除されると、ユーザキーワード生成部133において、ユーザキーワードデータ143を再計算する必要がある。 Wherein the program keyword data 125 is deleted, the user keyword generator 133, it is necessary to recalculate the user keyword data 143. ユーザキーワードデータ143の再計算は、削除実行時に行う。 Recalculation of the user keyword data 143 is performed at the time of deletion execution. ただしユーザキーワードデータ143の再計算を削除実行時に行うと、ユーザが削除実行してから次の操作可能になるまで、時間を要するおそれがある。 However Recalculating user keyword data 143 when deleting run, after the user has performed deletion until possible next operation, which may take time. よってシステムであらかじめ指定した日時にユーザキーワードデータ143の再計算を実行するように設定しておき、番組削除実行時にはユーザキーワードデータ143の再計算を回避してもよい。 Thus may be set to perform a recalculation of the user keyword data 143 at the date and time specified in advance by the system may avoid the re-calculation of the user keyword data 143 at the time of program deletion execution.

また記録装置1は、ユーザキーワードデータ143に含まれるキーワードを番組付加データ122より取得するが、ユーザが入力装置103を介してキーワードを追加する機能を有していてもよい。 The recording apparatus 1 is a keyword included in the user keyword data 143 is acquired from the program additional data 122, may have a function for the user to add keywords via the input device 103. CPU101は、ユーザが入力装置103を介して新しく追加されたキーワードに対して、番組キーワード生成部132とユーザキーワード生成部133に計算を行い、ユーザキーワードデータ143を更新することができる。 CPU101, to the user is newly added via the input device 103 keyword performs calculation program keyword generation unit 132 and the user keyword generation unit 133 can update the user keyword data 143.

また記録装置1は、ユーザキーワードデータ143に含まれるキーワードの順位をユーザが操作できるようにしてもよい。 The recording apparatus 1 may keyword ranking included in the user keyword data 143 so that the user can operate. ユーザがあるユーザキーワードデータ143に含まれるキーワードを第n位から、第k位に変更した場合には、ユーザキーワードデータ143の一例を示している図10のデータ部内の嗜好度1014から、第k位のキーワードの嗜好度と第n位のキーワードの嗜好度を抽出して、その差分を第n位のキーワードの嗜好度に加えればよい。 The keywords included in the user keyword data 143 with the user from the position n, when changing the k-th from the degree of preference 1014 in the data portion of FIG. 10 shows an example of a user keyword data 143, the k extracts position keywords preference and preference of the n positions of keywords, may be added to the difference to the position n of the keyword preference.

また記録装置1は、一般的な自動録画システムを備えていた場合、録画を行う際に記録媒体108の空き容量が少なくて録画できない場合に、番組重要度の低い番組を自動的に削除する手段を持っていてもよい。 The recording apparatus 1, when equipped with common automatic recording system, if it can not record less free space of the recording medium 108 when performing the recording, means for automatically delete low programs importance program it may have a. 番組重要度の低い番組を自動的に削除する手段を持つことにより、ユーザは残り容量を気にせず記録装置を扱うことができる。 By having a means to automatically delete low programs importance program, the user can handle the recording apparatus without worrying about the remaining capacity.

また記録装置1は、予約録画の設定を行う際に記録媒体108の空き容量が少なくて録画できない場合に、番組重要度の低い番組を削除するように提示する手段を提供してもよい。 The recording apparatus 1, if it can not record less free space of the recording medium 108 when setting reservation recording, may provide a means for presenting to remove low program importance program. ユーザは番組重要度の低い順番で並べてあるため、容易に自分にとって不要な番組を区別することができる。 Because users are arranged in a lower program importance order, it is possible to easily distinguish the unnecessary program for me.

また記録装置1は、一般的な自動録画システムを備えていた場合、録画を行う際に記録媒体108の空き容量が少なくて録画できない場合に、番組重要度の低い番組を自動的に削除する手段を持っていてもよい。 The recording apparatus 1, when equipped with common automatic recording system, if it can not record less free space of the recording medium 108 when performing the recording, means for automatically delete low programs importance program it may have a. 番組重要度の低い番組を自動的に削除する手段を持つことにより、ユーザは残り容量を気にせずに記録装置を扱うことができる。 By having a means to automatically delete low programs importance program, the user can handle the recording apparatus without worrying about the remaining capacity.

また記録装置1は、記録媒体に録画番組情報120が含まれる構成を示しているが、外部記録媒体109に含まれていてもよいものとする。 The recording apparatus 1 shows a structure contained in the recording medium recording program information 120 is assumed to be included in the external recording medium 109.

次に、実施例2について説明する。 Next, a second embodiment will be described. 本実施例は、実施例1と共通する構成を有するので、共通する構成については、説明を省略することがある。 This embodiment, because it has a structure common to Example 1, components common, it is possible to omit the description. 実施例2の記録装置を記録装置2とする。 The recording apparatus of Example 2, the recording apparatus 2.

一般のHDDレコーダやPC等の記録装置は、録画番組の所有者を区別するため、ディレクトリ構造をサポートしている装置が存在する。 Recording apparatus such as a general HDD recorder or a PC, to distinguish the owner of a recorded program, devices that support the directory structure is present. 記録装置2は、実施例1に加えて前記ディレクトリ構造をサポートした場合の構成となる。 Recording apparatus 2, a configuration in which support the directory structure in addition to the first embodiment.

図18は本実施例における記録装置の機能ブロックの構成例を示す図である。 Figure 18 is a diagram illustrating an example of a configuration of functional blocks of the printing apparatus of this embodiment. 図18は、実施例1のブロック図である図1と構成とほぼ共通であり、管理データ1840内にディレクトリ情報1844を所持していることのみが異なる。 Figure 18 is almost same as configuration as FIG. 1 is a block diagram of the first embodiment, only in possession of directory information 1844 in the management data 1840 are different. 他のブロックについては図1とほぼ共通であるため説明を省略する。 It omitted because the other block is substantially the same as in Figure 1.

ディレクトリ情報1844は、各録画番組がどのディレクトリに含まれるか否かを示す情報である。 Directory information 1844 is information indicating whether each recorded program is included in any directory. ディレクトリ情報1844は、各録画番組が複数のディレクトリ情報を所持することも可能である。 Directory information 1844, it is also possible to each recording program possessed a multiple of directory information. これは複数のユーザが使用する記録装置においては、一つの番組に対して複数のユーザが興味を持つことを示している。 Which in the recording apparatus to be used multiple users, multiple users have shown to have interest in one program. またディレクトリ情報1844は、録画番組データが外部記録媒体1809に含まれる可能性があるため、録画番組データのアドレスを含めてもよい。 The directory information 1844, since the recorded program data may be included in the external recording medium 1809 may include the address of the recorded program data.

ディレクトリ情報1844は、予約録画実行時や録画番組一覧において整理を行う際に生成及び更新される。 Directory information 1844 is generated and updated when to organize in the recording run-time or recorded program table reservation. 図19は、本実施例における記録装置において、ユーザが番組を録画する際に表示される画面の一例を示す。 19, in the recording apparatus of this embodiment, an example of a screen that the user is displayed when recording programs. ユーザが、番組の予約録画実行を図18の入力装置1803を介して実行すると、例えば番組タイトル部1901と番組予約録画時間部1902と番組チャンネル部1903と番組画質設定部1904と番組ディレクトリ設定部1905と番組関連情報提示部1906で構成される画面が表示される。 When the user executes the reservation recording execution of a program through the input device 1803 of FIG. 18, for example, program title 1901 and program reservation recording time 1902 and the program channel portion 1903 and the program quality setting unit 1904 and the program directory setting section 1905 screen consists of program-related information presentation unit 1906 is displayed with.

番組タイトル部1901は、予約録画番組の名称を設定する項目である。 Program title part 1901 is an item for setting the name of the scheduled recording program.
番組予約録画時間部1902は予約録画を行う時間を設定する項目である。 Program reservation recording time 1902 is an item to set a time for a scheduled recording.
番組チャンネル部1903は、録画番組のチャンネルを設定する項目である。 Program channel unit 1903 is an item to set the channel of recorded programs.
番組画質設定部1904は、録画番組の圧縮率を設定する項目である。 Program quality setting unit 1904 is an item for setting the compression rate of the recorded program.
番組ディレクトリ設定部1905は、録画番組のディレクトリを設定する項目である。 Program directory setting section 1905 is an item for setting a directory of recorded programs.
番組関連情報提示部1906は、録画番組の出演者情報等の録画番組に関連した情報を提示する項目である。 Program-related information presenting unit 1906 is an item that presents the information related to the recorded programs such as performer information of a recorded program.

番組タイトル部1901と番組予約録画時間部1902と番組チャンネル部1903と番組関連情報1906とは、ユーザが予約録画時に手動で入力する他、EPG情報等により自動的に入力されることもある。 The program title portion 1901 and the program reservation recording time 1902 and the program channel portion 1903 and the program-related information 1906 in addition to being entered manually by the user at the time of reservation recording, also be automatically entered by the EPG information. 図19に示したように番組ディレクトリ設定部1905が設定されて本実施例における記録装置が予約録画を実行した場合、当該録画番組が番組ディレクトリ設定部1905の内容のディレクトリに属していると、図18のディレクトリ情報1844に反映される。 When the recording apparatus in this embodiment is set to the program directory setting section 1905 as indicated executes scheduled recording in FIG. 19, when the recorded program belongs to a directory of the contents of the program directory setting unit 1905, FIG. 18 is reflected in the directory information 1844.

次に図20は、本実施例における記録装置において表示装置1802に表示される録画番組一覧画面の一例を示す。 Next, FIG. 20 shows an example of a recorded program list screen displayed on the display device 1802 in the recording apparatus in this embodiment. 図20は、実施例1における図14に、ディレクトリ選択部2005が加わっている。 Figure 20 is 14 in the first embodiment, a directory selection unit 2005 is added. ディレクトリ選択部2005は、選択したディレクトリに所属する番組のみを番組一覧表示部2001に表示することができる項目である。 Directory selection unit 2005 is an item that can display only the program that belong to a directory of your choice on the program list display unit 2001. 図20に示すディレクトリ選択部2005において「ユーザA」が選択された場合には、本実施例における記録装置内の全番組のうちユーザAを示すディレクトリに属する番組のみが表示される。 If the "user A" is selected in the directory selection unit 2005 shown in FIG. 20, only the program is displayed which belong to the directory indicating the user A among all the programs in the recording apparatus in this embodiment. 一方ディレクトリ選択部2005において「すべて」が選択された場合には、本実施例における記録装置内の全番組が表示される。 On the other hand, when "all" is selected in the directory selection unit 2005, all shows in the recording apparatus in this embodiment is displayed.

図20の録画番組一覧画面において、ユーザは録画番組に対し各ディレクトリへの移動や複製を行うことができる。 In the recorded program list screen of FIG. 20, the user can move or copy of the respective directories to recorded programs. ユーザが図18の入力装置1803を介して、特定番組の移動や複製を行うための操作を行った場合、例えば図20に示すように番組移動種別選択部2006と番組移動先表示部2007が表示される。 User through the input device 1803 of FIG. 18, when performing an operation for moving and replication of the specific program, for example, the program moves type selection unit 2006 and the program destination display unit 2007 as shown in FIG. 20 display It is.

番組移動種別選択部2006は、例えば特定の番組をディレクトリへ移動もしくは複製を行うか否かを選択する項目である。 Program the movement type selecting unit 2006, for example, an item for selecting whether to move or duplicate a particular program to a directory.
番組移動種別選択部2007は、例えば選択した番組の移動先を選択する項目である。 Program the movement type selecting unit 2007, for example, an item for selecting the destination of the selected program.

例えば番組移動種別選択部2006において移動が選択された場合、ディレクトリ情報1844に含まれる特定番組に対する移動元のディレクトリの所属情報は消去され、新たに番組移動種別選択部2007で選択されたディレクトリの所属情報が追加される。 For example, when moving in the program the movement type selecting unit 2006 is selected, affiliation information the source directory for the particular program included in the directory information 1844 is deleted, affiliation of the newly selected program movement type selection section 2007 directory information is added.

一方、番組移動種別選択部2006において複製が選択された場合、ディレクトリ情報1844に含まれる特定番組に対する移動元のディレクトリの所属情報は維持され、新たに番組移動種別選択部2007で選択されたディレクトリの所属情報が追加される。 On the other hand, if replication in the program the movement type selecting unit 2006 is selected, affiliation information the source directory for the particular program included in the directory information 1844 is maintained, the newly selected program movement type selection section 2007 directory affiliation information is added. 以上によりディレクトリ情報1844の生成及び更新が行われる。 Generation and updating of the directory information 1844 is performed by the above.

また図20の録画番組一覧画面は、第一実施例における図14の録画番組一覧画面と同様の動作を行う番組条件選択部2004を備えている。 The recorded program list screen of FIG. 20 includes a program condition selection unit 2004 which performs the same operation as the recorded program list screen of FIG. 14 in the first embodiment. 本実施例における記録装置は図20の録画番組一覧画面において番組条件選択部2004とディレクトリ選択部2005とは同時に使用することが可能である。 Recording apparatus in this embodiment can be used simultaneously with the program condition selecting unit 2004 and the directory selection unit 2005 in the recorded program list screen of FIG. 20. 図20の録画番組一覧画面において番組条件選択部2004とディレクトリ選択部2005とが同時に使用される場合、番組一覧表示部2001において、番組条件選択部2004の条件を満たし、かつディレクトリ選択部2005に所属する番組一覧が表示されるようにしてもよい。 If the program condition selection unit 2004 and the directory selection unit 2005 is used at the same time in the recorded program list screen of FIG. 20, in the program list display section 2001, meet the conditions of the program condition selection unit 2004, and belongs to the directory selection unit 2005 may be the program list is displayed to.

図20の番組条件選択部2004とディレクトリ選択部2005で番組一覧表示部2001に表示する番組の条件を選定された後に、ユーザが例えば図18の入力装置1803を介して図20の番組サムネイル表示部2002で指し示された番組を削除する場合の動作について説明する。 After being selected conditions of the program to be displayed in the program list display unit 2001 by the program condition selection unit 2004 and the directory selection unit 2005 of FIG. 20, the program thumbnail display portion of FIG. 20 via the input device 1803 of the user, for example, FIG. 18 the operation of the If you want to delete a program that has been pointed to by 2002 will be explained. 図21は、番組条件選択部2004及びディレクトリ選択部2005で番組一覧表示部2001に表示する番組の条件を選定された後に、ユーザが図1の入力装置103を介して図20の番組サムネイル表示部2002で指し示された番組を削除する場合の、記録装置2の処理フローの一例を図21に示す。 Figure 21, after being selected conditions of the program to be displayed in the program condition selection unit 2004 and the directory selection unit 2005 in the program list display portion 2001, a program thumbnail display portion of FIG. 20 the user through the input device 103 of FIG. 1 when deleting the program pointed by 2002, an example of a process flow of the printing apparatus 2 shown in FIG. 21.

処理の開始は例えば入力装置1803により番組を削除する指令がユーザから行われた後に、CPU1801により制御される。 Start of the process is commanded to remove a program by the input device 1803 for example after performing the user is controlled by the CPU 1801.
S2101では、CPU1801は、番組条件選択部2004で番組一覧表示部2001に表示する番組の条件を選定された後に、ユーザが番組削除を実行する場合、最初に番組条件選択部2004で選択された条件に合致するユーザキーワードデータ143が存在するか否かを判定する。 In S2101, CPU1801 is, conditions after being selected conditions of the program to be displayed in the program condition selection unit 2004 in the program list display unit 2001, a user is selected when you run the deletion program, the first in the program condition selection unit 2004 It determines whether or not the user keyword data 143 is present which matches the. 本実施例における記録装置は、例えばS2101においてディレクトリ選択部2005に含まれる各ディレクトリ毎に番組条件選択部2004で選択された条件に合致するユーザキーワードデータ143を作成されているか否かを判定する。 Recording apparatus of this embodiment determines whether or not it is creating user keyword data 143 that matches the conditions selected by the program condition selection unit 2004 for each directory included in the directory selection unit 2005, for example, in S2101. 例えば各ディレクトリ毎のユーザキーワードデータ143に含まれる図10のヘッダ部1001の内容と、番組条件選択部2004で選択された条件に合致するか否かを照査する。 For example Shosa the contents of the header portion 1001 of FIG. 10 included in the user keyword data 143, whether or not matching the conditions selected by the program condition selection unit 2004 for each directory.

S2101において、各ディレクトリ毎の図10のヘッダ部1001の内容と番組条件選択部2004で選択された条件が全てのユーザキーワードデータ143と合致しない場合(S2101でNoの場合)、S2102に移る。 In S2101, (No in S2101) If the header part 1001 of the content and the program condition selection unit 2004 in selected conditions of Figure 10 for each directory does not match all of the user keyword data 143, and proceeds to S2102.

一方、S2101において、図10のヘッダ部1001の内容と番組条件選択部2004で選択された条件に合致したユーザキーワードデータ143が各ディレクトリ毎に生成されていた場合はS2103に移り、当該ステップで発見されたユーザキーワードデータ143を用いて以降の処理を行う。 On the other hand, in S2101, if the user keyword data 143 that matches the conditions selected by the content and the program condition selection unit 2004 of the header part 1001 of FIG. 10 has been generated for each directory moves to S2103, found in the step execute the subsequent processing by using the user keyword data 143.

S2102では、図18のユーザキーワード生成部133により、番組条件選択部2004で選択された条件と各ディレクトリに関するユーザキーワードデータ143が新しく生成され、S2103に移る。 In S2102, the user keyword generation unit 133 of FIG. 18, the user keyword data 143 for the selected condition and each directory in program condition selection unit 2004 is newly generated, the process proceeds to S2103. 図18のユーザキーワード生成部133は、先で説明した図13の処理フローと同様の手順でユーザキーワードデータ143の生成を実行する。 User keyword generation unit 133 of FIG. 18 executes the generation of the user keyword data 143 in the same procedure as the processing flow of FIG 13 described in above. S2102において、番組条件選択部2004で選択された条件の下で各ディレクトリ毎のユーザキーワードデータ143が生成される。 In S2102, the user keyword data 143 for each directory under selected conditions with the program condition selection unit 2004 is generated. ユーザキーワードデータ143の取得方法は実施例1における図17のS1702と同様であるため説明を省略する。 Method for acquiring the user keyword data 143 is omitted because it is similar to S1702 of FIG. 17 in the first embodiment.

S2103では、CPU1801は、記録装置2に含まれるディレクトり情報1844から、図20でユーザにより選択された削除対象の番組が属しているディレクトリを取得し、S2104に移る。 In S2103, CPU 1801 from the directory information 1844 included in the recording apparatus 2, acquires the directory where the deletion of the program selected by the user in FIG. 20 belongs, the process proceeds to S2104.

S2104では、S2103で取得したディレクトリに属する録画番組リストを取得し、S2105に移る。 In S2104, get the recorded program list belonging to the directory acquired in S2103, the process proceeds to S2105.
S2105では、S2101で取得したユーザキーワードデータのうち、S2103で取得したディレクトリに合致するユーザキーワードデータを用いて、S2103で取得した録画番組リストに対して番組重要度を取得すし、S2106に移る。 In S2105, among the user keyword data acquired in S2101, by using the user keyword data that matches the directory acquired in S2103, acquiring sushi program importance with respect to the recorded program list acquired at S2103, it goes to S2106. 番組重要度の取得方法については実施例1における図17のS1704と同様であるため説明を省略する。 Method of acquiring program importance is omitted because it is similar to S1704 of FIG. 17 in the first embodiment.

S2106では、S2105で取得した番組重要度よりS2104で取得した番組一覧を整列し、S2107に移る。 In S2106, to align the program list obtained in S2104 from the program importance acquired in S2105, the process proceeds to S2107.
S2107では、図20でユーザにより選択された削除対象の番組について、S2106で整列した番組一覧から取得した録画番組リスト中での順位を取得し、S2108に移る。 In S2107, the selected deletion target program by the user in FIG. 20, and obtains the rank of in recorded program list acquired from the program list aligned with S2106, goes to S2108.

S2108では、図20でユーザにより選択された削除対象の番組の属しているディレクトリが他にも存在するか否かを判定する。 In S2108, determines whether the directory belongs to be deleted of the program selected by the user in FIG. 20 are also present in other.

S2108において、図20でユーザにより選択された削除対象の番組の属しているディレクトリが他にも存在すると判定された場合(S2108でYesの場合)にはS2103に戻り、次に取得したディレクトリの処理を行う。 In S2108, return to S2103 in (Yes in S2108) If the directory belongs to be deleted of the program selected by the user in FIG. 20 is determined to be present in the other, the process of acquiring the directory I do.

一方、S2108において、図20でユーザにより選択された削除対象の番組の属しているディレクトリが他にも存在しないと判定された場合(S2108でNoの場合)には、S2109に移る。 On the other hand, in S2108, the (No in S2108) If the directory belongs to be deleted of the program selected by the user is determined not to exist in other in FIG. 20 proceeds to S2109.

S2109では、S2107で取得した当該削除番組の順位が、全ディレクトリの番組において所定の順位以内に収まっているか否かを判定する。 In S2109, it determines whether the order of the program deletion acquired in S2107 is held within predetermined rank in the program of all the directories. S2109においてS2107で取得した当該削除番組の順位が、少なくとも一つのディレクトリについての所定の順位以上に含まれている場合(S2109でYesの場合)には、S2110に移る。 Position of acquired the deletion program in S2107 in S2109 is the case (Yes in S2109) contained in the predetermined rank or more for at least one directory, the process proceeds to S2110. 一方、S2109においてS2107で取得した当該削除番組の順位が、全ディレクトリについて所定の順位以下に含まれていると判定された場合(S2109でNoの場合)、S2112に移る。 On the other hand, the order of the program deletion obtained in S2107 in S2109 is (No in S2109) If it is determined to be included in the following predetermined order for all directories, moves to S2112.

S2110では、実施例1における図17のS1708と同様に番組の削除に関する警告と選択肢を表示し、S2111に移る。 In S2110, a warning and choice regarding Similarly deleting programs and S1708 of FIG. 17 in Embodiment 1, the process proceeds to S2111.
S2111では、実施例1の図17のS1709と同様に、番組の削除に関する警告と選択肢の表示方法として実施例1における図16の削除警告表示部1601と同様の手段を用いてもよい。 In S2111, similarly to S1709 in FIG. 17 of the first embodiment, it may be using the same means as the deletion warning display unit 1601 of FIG. 16 in Embodiment 1 as a display method of warnings and options for deleting programs. 全ディレクトリにおいて当該番組が所定の順位以下となっていた場合には警告を行わずに削除するが、少なくとも一つ以上のディレクトリで所定の順位以上となっていた場合には、警告を表示する。 The program in all directory is deleted without warning in a case in which it is less than a predetermined rank, but a case in which it is in a predetermined rank or more at least one directory, a warning. また、その際にどのディレクトリにおいて所定の順位以上となっているかを表示してもよい。 It is also possible to display whether equal to or more than predetermined rank in which directory at that time. また、各ディレクトリについての順位を表示してもよい。 It is also possible to display a ranking for each directory.

S2111、S2112はそれぞれ実施例1における図17のS1709、S1710と同様であるため説明を省略する。 S2111, S2112 will be omitted S1709, S1710 and is the same in FIG. 17 in each first embodiment.

以上の手段により、記録装置を操作していないユーザにとって嗜好度が高い番組が、簡易操作で他のユーザに勝手に消去されることを防止することができる。 By the above means, preference for a user who does not operate the recording device has a higher program, it is possible to prevent the freely be erased to another user by a simple operation.

なおディレクトリ情報144は録画番組情報120に含まれている構成であってもよい。 Incidentally directory information 144 may be configured that are included in the recorded program information 120. ディレクトリ情報144が録画番組情報120に含まれている場合、ある番組に関する録画番組情報120全体を外部記録媒体108に移動や複製されたとしても、記録媒体107と外部記録媒体108に含まれる全ての録画番組情報120から、ディレクトリ情報144を探索することにより、先に説明した管理データ140内にディレクトリ情報144を所持する仕組みと同等の処理を行うことができる。 If the directory information 144 is included in the recorded program information 120, even if they are moved or copied to the recorded program information 120 total about a certain program in the external recording medium 108, all contained in the recording medium 107 and the external recording medium 108 from the recorded program information 120, by searching the directory information 144, it is possible to perform the same processing as a mechanism for carrying the directory information 144 in the management data 140 described above.

また実施例1と同様に図20に示した録画番組一覧画面において、番組重要度の大きさにより整列して番組一覧表示部2001に表示する手段を提供してもよい。 In the recorded program list screen shown in FIG. 20 in the same manner as in Example 1, it may provide a means for displaying aligned by the size of the program importance to the program list display unit 2001. 例えば図20のディレクトリ選択部2005において「ユーザA」が選択された後に番組一覧表示部2001に表示されている番組は番組重要度の大きさにより整列された場合、使用する「ユーザA」にとっての番組重要度の昇順もしくは降順で表示されているため、図21のS2109の際に、「ユーザA」のディレクトリに属している録画番組リスト内における削除対象の番組の番組重要度の順位を照査する必要がなくなる。 For example, if the program displayed in the program list display section 2001 after the "user A" is selected in the directory selection unit 2005 of FIG. 20 which is aligned with the size of the program importance, for the "user A" to be used which are presented in ascending or descending order of the program importance is Shosa during S2109 in FIG. 21, the rank of the program importance for deletion of a program in the recorded program list belonging to the directory of "user a" it is no longer necessary.

また図21において処理を簡略化するために、番組重要度の計算を行わず削除対象の番組がディレクトリに含まれているかのみを判定してS2110以降の処理を行うようにしてもよい。 In order to simplify the process in FIG. 21, may be deleted in the program without calculation of program importance performs the subsequent processing to determine only if it contains the directory S2110. 削除対象の番組が複数のディレクトリに属している場合、あるディレクトリから削除するために選ばれた番組は他のディレクトリにも所属している可能性があるため、番組重要度の計算を行わずに警告を行うだけでも効果がある。 If deletion of the program belongs to a plurality of directories, the program selected in order to remove from a certain directory because it may belong to other directories, without calculation of program importance warning there is an effect just perform. よって図20のディレクトリ選択部2005において「全て」が選択されている場合、図21におけるS2101からS2108までを省略して、S2109において削除対象の番組がディレクトリに所属しているか否かを判定するのみでよい。 Therefore if the directory selection unit 2005 in FIG. 20, "all" is selected, skip from S2101 in FIG. 21 to S2108, only it determines whether deletion of the program in S2109 belongs to the directory it is. また、図20のディレクトリ選択部2005において「ユーザA」が選択されていた場合、図21におけるS2101からS2108までを省略して、S2109において削除対象の番組がユーザAのディレクトリ以外に所属しているか否かを判定してもよい。 Also, if the "user A" is selected in the directory selection unit 2005 of FIG. 20, is omitted from S2101 in FIG. 21 to S2108, or deleted in the program in S2109 belongs to a directory other than the user A it may determine whether. このようにすれば処理を簡略化することはできる。 Thus it is possible to simplify the process if the. なお、番組重要度による判定を行うと、不要な番組を削除する際に警告される場面を減らすことが可能となるため、ユーザが選択を行なう回数を減らすことが可能となる。 Incidentally, when the determination by the program importance, since it is possible to reduce the scene being warned when deleting unnecessary programs, it is possible to reduce the number of times the user makes a selection.

また記録装置2は、実施例1と同様に、予約録画を設定を行う際に記録媒体108の空き容量が少なくて録画できない場合に、番組重要度の低い番組を削除するように提示する手段を提供してもよい。 The recording apparatus 2, as in Example 1, if it can not record less free space of the recording medium 108 when setting the timer recording, the means for presenting to remove low program importance program it may be provided. また複数のディレクトリに存在する番組について、各ディレクトリの番組重要度を計算することにより、他のディレクトリで所定の順位以上に位置付けられる場合には、削除候補として選定しなくてもよい。 Also for the program that exists in multiple directories, by calculating the program importance of each directory, when positioned over a predetermined rank in other directories may not selected as deletion candidate.

また記録装置2は、実施例1と同様に、一般的な自動録画システムを備えていた場合、録画を行う際に記録媒体108の空き容量が少なくて録画できない場合に、番組重要度の低い番組を自動的に削除する手段を持っていてもよい。 The recording apparatus 2, as in Example 1, when equipped with common automatic recording system, if it can not record less free space of the recording medium 108 when performing the recording, low program importance program it may have the means to delete automatically. また複数のディレクトリに存在する番組について、各ディレクトリの番組重要度を計算することにより、他のディレクトリで所定の順位以上に位置付けられる場合には、削除候補となくてもよい。 Also for the program that exists in multiple directories, by calculating the program importance of each directory, when positioned over a predetermined rank in other directories may or may not the deletion candidate.

次に、実施例3について説明する。 Next, a third embodiment will be described. なお、上記、実施例1及び実施例2と共通する構成については、説明を省略する。 The above, components common to the first and second embodiments, the description thereof is omitted. 実施例3の記録装置を記録装置3とする。 The recording device of Example 3 as a recording device 3.

HDDレコーダやPC等の記録装置を複数のユーザで使用する際にどのユーザが使用しているかを識別できれば、ユーザ毎に操作履歴を取得することが可能になるため、実施例2より精度良くユーザ毎の番組重要度を計算することが可能になる。 If identify which user is using when using the recording apparatus such as an HDD recorder or a PC with a plurality of users, it becomes possible to acquire the operation history for each user, accurately than Example 2 users it is possible to calculate the program the importance of each. 記録装置3は、実施例1及び実施例2に加えてユーザ認証機構が加わった構成を示す。 Recording apparatus 3 shows a configuration that joined the user authentication mechanism in addition to the first and second embodiments.

図22は本実施例における記録装置の機能ブロックの構成例を示す図である。 Figure 22 is a diagram illustrating an example of a configuration of functional blocks of the printing apparatus of this embodiment. 図22は、実施例1のブロック図である図1と実施例2のブロック図である図18構成とほぼ共通であり、録画再生部2204の中にユーザ認証部2217を持っていることが異なる。 Figure 22 is almost the same as in Figure 1 is a block diagram of a first embodiment and FIG. 18 configuration is a block diagram of a second embodiment, it has a user authentication unit 2217 in the recording and reproducing section 2204 is different . さらに操作履歴データ2223と興味度データ2224と番組キーワードデータ2225を操作する(使用する)ユーザ毎に生成されることが異なる。 Further manipulated (used) to manipulate the history data 2223 and interest rate data 2224 and the program keyword data 2225 differs be generated for each user.

本実施例では、操作履歴データ2223と興味度データ2224と番組キーワードデータ2225をまとめたデータをユーザ番組データ2226として説明する。 In this embodiment, for explaining the operation history data 2223 and data summarizing the interest degree data 2224 and the program keyword data 2225 as the user program data 2226. また、管理データ部2240の中にユーザ特定情報2245を所持していることが異なる。 Further, the difference that in possession of the user identification information 2245 in the management data portion 2240. また、管理データ部2240の中にユーザ番組情報2246を所持していることが異なる。 Further, the difference that in possession of the user program information 2246 in the management data portion 2240. 他のブロックについては図1とほぼ共通であるため説明を省略する。 It omitted because the other block is substantially the same as in Figure 1.

ユーザ認証部2217は、入力されたデータを解析してユーザ特定情報2245の内容と一致しているか否かを判定して、現在本実施例における記録装置を使用しているユーザを特定する。 The user authentication unit 2217 determines whether or not the match the contents of the user identification information 2245 by analyzing the input data, to identify the user currently using the printing apparatus of this embodiment.

ユーザ特定情報2245は、例えばPCなどで用いられる入力装置2203を介したユーザIDとパスワード情報等することができる。 User identification information 2245 may be, for example, such as a user ID and password information via the input device 2203 used in such PC. また、ユーザ特定ボタンを装備したリモコンを入力装置2203あるいは指紋、静脈などによる生体認証を用いてもよい。 The user specific button input device equipped with remote control 2203 or fingerprint, or the like may be used by the biometric vein. また、ユーザ認証部2217は、外部記録媒体2208に含まれるユーザ特定情報とユーザ特定情報2245を照合することにより、ユーザを特定してもよい。 Further, the user authentication unit 2217, by collating the user identification information and user identification information 2245 contained in the external recording medium 2208 may identify the user. また、パスワードや指紋、静脈等を用いず、ユーザにより入力されるユーザを区別する情報より記録装置を使用しているユーザを特定してもよい。 Also, a password or a fingerprint, without using a vein or the like, may identify the user using the from the recording apparatus information identifying the user to be input by the user.

ユーザ番組情報2246は、番組がどのユーザの所有であるかを示す情報であり、実施例2におけるディレクトリ情報と同様の情報を含んでもよい。 User program information 2246 is information indicating which owned by which the user program may include the same information as directory information in the second embodiment. よって、実施例2におけるディレクトリ情報と同様にユーザ番組情報2246は管理データ部2240内に含まれているか、あるいは番組データ部2220に含まれていてもよい。 Thus, the user program information 2246 similarly to the directory information in the second embodiment may be included if they were included in the management data unit 2240, or the program data 2220.

ユーザ認証部2217は、使用しているユーザをユーザ特定情報2245より特定すると、特定されたユーザ情報をCPU2201へ通知する。 The user authentication unit 2217 has determined from the user specifying information 2245 of the user who uses, and notifies the user information specified to CPU 2201. CPU2201は、ユーザ情報を通知されると操作履歴取得部2215に対して、再生部2212への指示内容を再生部操作しているユーザに対するユーザ番組データ2226内に含まれる操作履歴データ2223に保存するように指示する。 CPU2201, relative to the operation history acquiring unit 2215 is notified of the user information and stores the operation history data 2223 included in the user program data 2226 for the user who is playing unit operation instruction contents to the reproduction unit 2212 It is instructed to. またCPU2201はユーザ番組データ2226に含まれる操作履歴データ2223に対して興味度データ2224と番組キーワードデータ2225を生成するように、シーン重要度解析部2231と番組キーワード生成部2232及び番組重要度生成部2233に対して指示する。 The CPU2201 is to generate interest degree data 2224 and the program keyword data 2225 to the operation history data 2223 included in the user program data 2226, scene importance analyzing unit 2231 and the program keyword generation unit 2232 and the program importance generator It instructs the 2233.

記録装置3はユーザの操作により録画番組一覧を表示する場合、実施例2における図20とほぼ同様の構成となる。 If the recording apparatus 3 for displaying a recorded program list by a user's operation, the substantially the same structure as FIG. 20 in the second embodiment. 次に記録装置3が図20の番組条件選択部2004で番組一覧表示部2001に表示する番組の条件を選定された後に、ユーザが図20の入力装置103を介して図20の番組サムネイル表示部2002で指し示された番組を削除する場合の動作について説明する。 Then after the recording apparatus 3 is selected condition of the program to be displayed in the program list display unit 2001 by the program condition selection unit 2004 of FIG. 20, the program thumbnail display portion of FIG. 20 the user through the input device 103 of FIG. 20 the operation of the If you want to delete a program that has been pointed to by 2002 will be explained.

図23は、番組条件選択部2004で番組一覧表示部2001に表示する番組の条件を選定された後に、ユーザが図1の入力装置103を介して図20の番組サムネイル表示部2002で指し示された番組を削除する場合の、記録装置3の処理フローを示す。 23, after being selected conditions of the program to be displayed in the program list display unit 2001 by the program condition selection unit 2004, the user is pointed to by the program thumbnail display portion 2002 in FIG. 20 via the input device 103 of FIG. 1 If you want to delete the program with shows a process flow of the recording apparatus 3. 図23は、実施例2における番組を削除する際の処理フローである図21とほぼ同様のステップにより行われる。 Figure 23 is carried out by substantially the same steps as FIG. 21 is a process flow when deleting the program in the second embodiment. よって、異なるステップのみ説明する。 Thus, it described only different steps.

処理の開始は入力装置2203により番組を削除する指令がユーザから行われた後に、CPU2201により制御される。 Start of the process after the command to delete a program by the input device 2203 is performed by the user, it is controlled by the CPU 2201.

S2301では、最初にユーザ特定情報2245より登録されているユーザ情報を1人ずつ取得し、S2302に移る。 In S2301, acquires first one by one the user information registered by the user identification information 2245, and proceeds to S2302.
S2302では、図20の番組条件選択部に合致しており、S2301で取得したユーザのユーザ番組データ2226を用いて計算したユーザキーワードデータが存在するか否かを判定する。 In S2302, and consistent with the program condition selection unit 20 determines whether the user keyword data exists calculated using the user program data 2226 of the user acquired in S2301. S2302において、ユーザキーワードデータが存在しないと判定された場合(S2302でNoの場合)は、S2303に移る。 In S2302, (No in S2302) If the user keyword data is determined not to exist, the process proceeds to S2303. 一方、S2302において、ユーザキーワードデータが存在すると判定された場合(S2302でYesの場合)はS2304へと進む。 On the other hand, in S2302, when it is determined that the user keyword data exists (if at S2302 Yes), the process goes to S2304.

S2303では、ユーザキーワードデータ2226を用いて、当該条件におけるユーザキーワードデータを生成し、S2304に移る。 In S2303, using the user keyword data 2226, generates user keyword data in the condition, and proceeds to S2304. S2303における処理は、他の実施例(例えば図17のS1702)と同様である。 Processing in S2303 is the same as the other embodiments (e.g., S1702 in FIG. 17).
S2304からS2307までの処理フローは、図21におけるS2104からS2107までのステップと同様であるため説明を省略する。 Process flow from S2304 to S2307 is omitted because it is similar to the steps from S2104 in FIG. 21 to S2107.

S2308では、S2307において削除対象となる番組の順位を取得すると、ユーザ特定情報2245のうちまだ削除対象となる番組の順位を取得していないユーザが存在するか否かを判定する。 In S2308, it determines when to acquire the program order to be deleted in S2307, whether or not the user has not been acquired program ranking still be deleted among the user identification information 2245 is present. S2308においてユーザ特定情報2245のうちまだ削除対象となる番組の順位を取得していないユーザが存在すると判定された場合(S2308でYesの場合)は、S2301へ戻る。 If the user has not been acquired program ranking still be deleted among the user identification information 2245 is determined to exist (if at S2308 of Yes) at S2308, the process returns to S2301. 一方、S2308において全ての順位を取得したと判定された場合(S2308でNoの場合)には、S2309に進む。 On the other hand, the (No in S2308) If it is determined that the acquired all rank in S2308, the process proceeds to S2309.

S2309では、削除対象の番組が、全てのユーザに対して所定の順位以下となっているか否かを判定する。 In S2309, it determines whether or not deletion of the program, is equal to or less than predetermined rank for all users. S2309において、削除対象の番組が1人以上のユーザで所定の順位以上となっている場合(S2309でYesの場合)には、S2310に移る。 In S2309, if the deletion of the program is equal to or greater than a predetermined rank in one or more users (Yes in S2309), the process proceeds to S2310. 一方、S2309において、削除対象の番組が全てのユーザで所定の順位以下となっている場合(S2309でNoの場合)には、S2312に移り番組削除を実行する。 On the other hand, in S2309, deletion of the program in the case (No in S2309) which is equal to or less than predetermined rank for all users and performs a program deletion moved to S2312.
S2310では、番組の削除に関する警告と選択肢を表示する。 In S2310, a warning and choice regarding the removal of the program. S2310では、実施例1の図17のS1709と同様に、番組の削除に関する警告と選択肢の表示方法として実施例1における図16の削除警告表示部1601と同様の手段を用いてもよい。 In S2310, similarly to S1709 in FIG. 17 of the first embodiment, it may be using the same means as the deletion warning display unit 1601 of FIG. 16 in Embodiment 1 as a display method of warnings and options for deleting programs. また、その際にどのユーザにおいて所定の順位以上となっているかを表示してもよい。 It is also possible to display whether equal to or more than predetermined rank in which users at that time. また、当該番組の各ユーザ毎の順位を表示してもよい。 It is also possible to display the ranking for each user of the program.

S2310以降の処理方法は、図21におけるS2110以降のステップと同様であるため説明を省略する。 Processing method subsequent S2310 is omitted because it is similar to the steps after S2110 in FIG.

以上により番組削除を実行することにより、他のユーザにとって重要度の高い番組を簡単に削除することを防ぐことができる。 Thus by executing the program deletion, it can be prevented from being easily remove high importance programs for other users.

また実施例2と同様に、図20に示した録画番組一覧画面において、番組重要度の大きさにより整列して番組一覧表示部2001に表示する手段を提供してもよい。 Also in the same manner as in Example 2, in the recorded program list screen shown in FIG. 20, it may provide a means for displaying the program list display portion 2001 aligned with the size of the program importance. 整列された番組の順番は、現在使用しているユーザの番組重要度の大きい、あるいは小さい順番となる。 The order of aligned program, currently a large program importance of the user using, or the ascending order. 番組一覧表示部2001に表示されている番組は番組重要度の大きさにより整列された場合、使用しているユーザAにとっての番組重要度の昇順もしくは降順で表示されているため、図23のS2309の際に、ユーザAにとっての録画番組リスト内における削除対象の番組の番組重要度の順位を照査する必要がなくなる。 Since the program displayed in the program list display unit 2001 when aligned by the size of the program importance is displayed in ascending or descending order of the program importance for the user A being used, S2309 in FIG. 23 during eliminates the need to Shosa the rank of the program importance for deletion of a program in the recorded program list for the user a.

また記録装置3は、実施例2と同様のディレクトリをサポートしてもよい。 The recording apparatus 3 may support directory as in Example 2. 図20におけるディレクトリ選択部2005の中から「ユーザA」を選択するとディレクトリ名「ユーザA」に所属している番組の一覧が番組一覧表示部2001に表示される。 List of programs that belong to when you select the "user A" directory name "user A" from the directory selection unit 2005 shown in FIG. 20 is displayed in the program list display unit 2001. 実施例2と同様に、ディレクトリ間の番組の移動や複製等も可能である。 As in Example 2, movement or replication, such as a program between directories are possible.

また記録装置3は、ユーザ特定情報2245に含まれる各ユーザに対応したディレクトリを自動的に生成してもよい。 The recording apparatus 3 may automatically generate a directory corresponding to each user included in the user identification information 2245. ユーザ専用のディレクトリを用意された場合、例えば予約録画を行う際には自動的に予約録画操作を行うユーザのディレクトリに属するといった処理を行う。 If it is prepared directory of the user only performs processing such belonging to the user of the directory in which the automatic programmed recording operation when performing, for example, programmed recording. またシステムの設定により、操作しているユーザはまた他のディレクトリから自分専用のディレクトリへの移動や複製は可能する一方で他のユーザ専用ディレクトリ内への移動や複製といった処理は不可能であるといったアクセス制御を行うことを可能にしてもよい。 Also the setting of the system, the user is operating has also said that the processing such as movement or replication to another user only the directory While possible movement or duplication from other directories into their own directory is not possible it may be possible to perform access control.

また図23において処理を簡略化するために、番組重要度の計算を行わず削除対象の番組がディレクトリに含まれているかのみを判定してS2310以降の処理を行うようにしてもよい。 In order to simplify the process in FIG. 23, may be deleted in the program without calculation of program importance performs the subsequent processing to determine only if it contains the directory S2310. 削除対象の番組が複数のディレクトリに属している場合、あるディレクトリから削除するために選ばれた番組は他のディレクトリにも所属している可能性があるため、番組重要度の計算を行わずに警告を行うだけでも効果がある。 If deletion of the program belongs to a plurality of directories, the program selected in order to remove from a certain directory because it may belong to other directories, without calculation of program importance warning there is an effect just perform. よって図20のディレクトリ選択部2005において「全て」が選択されている場合、図21におけるS2301からS2308までを省略して、S2309において削除対象の番組が操作しているユーザ以外のディレクトリに所属しているか否かを判定するのみでよい。 Therefore if the directory selection unit 2005 in FIG. 20, "all" is selected, skip from S2301 in FIG. 21 to S2308, belongs to a directory other than the user who deleted a program is operating in S2309 dolphin whether it is only the determining. 但し番組重要度による判定を行う方が、不要な番組を削除する際に警告される場面を減らすことが可能となるため、ユーザの入力装置を介して入力する回数を減らすことが可能となる。 However Write a determination by the program importance, since it is possible to reduce the scene being warned when deleting unnecessary programs, it is possible to reduce the number input via the input device of the user.
また記録装置3は、図23において処理を簡略化するために、番組重要度の計算を行わず削除対象の番組が他のユーザが未視聴か否かを判定してS2310以降の処理を行うようにしてもよい。 The recording device 3, in order to simplify the process in FIG. 23, the program importance of calculating the deletion of a program without the other users to determine whether unviewed S2310 to perform the subsequent processing it may be. 他のユーザが未視聴か否かを判定する方法は、例えば他のユーザの当該番組に対する操作履歴データ2223が存在するか否かを判定すればよい。 Method for determining other users whether unviewed may be, for example, determine whether the operation history data 2223 exists for the program other users. 図21におけるS2301からS2308までを省略して、S2309において少なくとも1人以上の他ユーザが未視聴の場合、S2310以降の処理を行う。 Is omitted from S2301 in FIG. 21 to S2308, at least for one or more other users unviewed In S2309, it performs processing after S2310. 一方、他ユーザが全員視聴済みの番組であれば、S2312の番組削除を実行する。 On the other hand, other users if everyone viewing pre-program, to run the program deletion of the S2312. またS2310ノ警告を表示する際に、どのユーザが未視聴であるかを表示する手段を提供してもよい。 Also when displaying S2310 Bruno warning, which the user may provide a means for indicating whether the unviewed.

また記録装置3は、図23においてS2309の際に、削除対象の番組が他のユーザが未視聴か否かを判定してもよい。 The recording apparatus 3, when the S2309 in FIG. 23, deletion of the program other users may determine whether unviewed. つまり削除対象の番組に対して他ユーザの番組興味度が低く、かつ全ユーザが視聴済みであった場合にはS2312へ進み、そうでなければS2310以降の処理を行う。 That low program degrees of interest of the other user to be deleted in the program, and the process proceeds to S2312 if all users had been viewed, performed S2310 the subsequent processing otherwise. なお、一つ以上のディレクトリで所定の順位以上となっていた場合に行う警告の表示については、その際にどのユーザにおいて所定の順位以上となっているかを表示してもよい。 Note that the display of the warning to be taken when it the predetermined rank or more in one or more directories may display whether equal to or more than predetermined rank in which users at that time. また、各ユーザについての順位を表示してもよい。 It is also possible to display the ranking for each user.

また実施例1において説明したように、 S2310においてユーザに削除を行うか否かの選択肢を提示しているが、例えば番組映像音声データ2221を圧縮や移動といった手段により、記録媒体2208の容量を増やすための他の手段を同時に提示してもよい。 Also as described in Example 1, but presents whether choices or delete the user in S2310, for example, by means such as compression and move the program video and audio data 2221, increasing the capacity of the recording medium 2208 other means may be presented at the same time for. 記録装置を共有で使用している他ユーザにとっても嗜好度の高い番組であるため、番組を完全に消さない圧縮や移動といった手段による保存方法も提供してもよい。 Since also for other users who are using the recording apparatus in the shared a high degree of preference programs, may also provide storage method according to means such as compression or movement is not completely erased programs. また移動を行う場合、外部媒体2308とユーザ特定情報2245を照合する手段をユーザ認証部2217が備えている場合、番組の移動先を特定して表示してもよい。 In the case of performing move, if the means for matching the external medium 2308 and the user identification information 2245 user authentication unit 2217 includes, it may be displayed to identify the destination of the program. 番組の移動先を特定する方法は、図23のS2301からS2308までの処理により取得した削除対象番組の順位が最も高いユーザ専用の外部媒体2308を選択するといった方法が考えられる。 How to identify the destination of the program is considered a method such selects S2301 from the deletion target program ranking highest user dedicated external medium 2308 acquired by the processing up to S2308 in FIG. 23. また記録装置3は、番組の削除や移動や圧縮といった処理履歴を保存しておき、他ユーザが番組の処理履歴を参照できるようにしてもよい。 The recording apparatus 3, to keep the processing history, such as deleting or moving and compression of the program, another user may be able to refer to the processing history of the program. 特に他ユーザにとって番組重要度が大きい番組に対して削除や移動や圧縮といった処理を行った場合には、当該ユーザが記録装置3を使用してユーザ認証を成功したあとに、番組の削除や移動や圧縮といった処理を行ったことを通知してもよい。 Especially when performing processing such as deleting or moving and compression to the program importance is larger program for other users, after which the user is using the recording apparatus 3 succeeds the user authentication, delete or move the program the processing, such as compression or may be notified that you have done.

また記録装置3は、実施例1及び実施例2と同様に、予約録画設定の際に記録媒体108の空き容量が少なくて録画できない場合に、予約録画を行うユーザにとって番組重要度の低い番組を削除するように提示する手段を提供してもよい。 The recording device 3, as in Example 1 and Example 2, if it can not record less free space of the recording medium 108 at the time of reservation recording setting, a low program importance program for the user to perform timer recording it may provide a means for presenting to delete. また予約録画を行うユーザにとって番組重要度が低い一方で、他のユーザで番組重要度が所定の順位以上となった場合には、削除候補として提示しなくてもよい。 Also while the program importance is low for the user to perform timer recording, when the program importance is not less than predetermined rank in other user may not be presented as a deletion candidate.

なお、図1、18、22の各構成は必ずしも全て具備する必要はない。 It is to be noted that configurations of FIG 1,18,22 need not necessarily be all provided. 例えば、記録容量の補填が必要なければ、外部記録媒体109は具備しなくてもよい。 For example, if not needed compensation for storage capacity, the external recording medium 109 may not be provided.
また、図1、18、22の各構成は、全てハードウェアで構成してもよいし、一部をソフトウェアで構成してもよい。 The constituent of FIG 1,18,22 may all be configured by hardware, it may constitute a part in software.
また、上述の実施例では、放送番組を記録する記録再生装置を説明したが、記録再生装置に記録されている画像音声情報は放送番組以外の画像音声情報であってもよい。 Further, in the above embodiment has been described recording and reproducing apparatus for recording broadcast programs, image and sound information recorded in the recording and reproducing apparatus may be an image and sound information other than the broadcast program. また放送番組は電波ではなく、インターネット109を介したユニキャストやマルチキャスト等の通信であってもよい。 The broadcast program is not a radio wave may be a communication such as unicast or multicast over the Internet 109. 前記インターネット109を介した通信をする場合場合、記録装置3は通信装置110を備えている。 If the case of the communication through the Internet 109, the recording device 3 includes a communication device 110. 通信装置110は、例えば有線ローカルエリアネットワーク(LAN)カードや無線LANカードである。 Communication device 110 is, for example, a wired local area network (LAN) card or a wireless LAN card.

また、上記実施例中の番組は、映像と音声とを含んでいてもよいし、映像のみ又は音声のみでもよい。 The program in the above embodiments, may also include video and audio, or only video or only audio. また、文字放送の番組や、電子書籍であってもよい。 In addition, and of the character broadcasting program, it may be an electronic book.

実施例1の記録装置の機能ブロックの構成例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a configuration of functional blocks of the recording apparatus of the first embodiment. 図1の番組付加データ122のデータ構成例を示す図である。 It is a diagram illustrating a data configuration example of the program additional data 122 in FIG. 図1の操作履歴データ123のデータ構成例を示す図である。 It is a diagram illustrating a data configuration example of the operation history data 123 in FIG. 図1のシーン重要度解析部131の処理の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of the processing of the scene importance analysis unit 131 FIG. 図1の番組興味度データ124のデータ構成例を示す図である。 It is a diagram illustrating a data configuration example of the program interestingness data 124 in FIG. 図1の興味度得点付けルール表141の一例である。 It is an example of the degree of interest scoring rule table 141 of FIG. 図1の番組キーワード生成部132の処理の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of processing of the program keyword generation unit 132 of FIG. 図7のステップ701の処理の詳細例を示すフローチャートである。 It is a flow chart showing a detailed example of the processing in step 701 of FIG. 図1の番組キーワードデータ125のデータ構成例を示す図である。 It is a diagram illustrating a data configuration example of a program keyword data 125 of FIG. 図1のユーザキーワードデータ143のデータ構成例を示す図である。 It is a diagram illustrating a data configuration example of a user keyword data 143 of FIG. 図1のユーザキーワード生成部133の処理の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a process of a user keyword generation unit 133 of FIG. 図1の番組重要度生成部134のフローチャートの一例である。 It is an example of a flowchart of the program importance generator 134 of FIG. 図12のステップ1204の処理の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of the processing of step 1204 of FIG. 12. 実施例1の記録装置の録画番組一覧表示の一例である。 It is an example of a recorded program list display of the recording apparatus of the first embodiment. 実施例1の記録装置において番組を削除する処理の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a process of deleting the program in the recording apparatus of the first embodiment. 実施例1の記録装置において番組を削除するときに表示するの警告画面の一例である。 It is an example of a warning screen to display when you delete a program in the recording apparatus of the first embodiment. 実施例1の記録装置において条件選択後に番組を削除する処理の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a process for deleting a program after conditions selected in the recording apparatus of the first embodiment. 実施例2の記録装置の機能ブロックの構成例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a configuration of functional blocks of the recording device of the second embodiment. 実施例2の記録装置で番組を予約するときに表示する画面の一例である。 Is an example of a screen displayed when reserving a program recording apparatus of the second embodiment. 実施例2の記録装置の録画番組一覧表示の一例である。 It is an example of a recorded program list display of the recording device of the second embodiment. 実施例2の記録装置において番組を削除する処理の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a process of deleting the program in the recording apparatus of the second embodiment. 実施例3の記録装置の機能ブロックの構成例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a configuration of functional blocks of the recording device of the third embodiment. 実施例3の記録装置において番組を削除する処理の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a process of deleting the program in the recording apparatus of the third embodiment. 各番組に対する番組重要度のデータ構成の一例 An example of a data configuration of the program importance for each program 図24のデータを番組重要度の高い順に並べ替えたデータ構成の一例 An example of a sorted data structure data of FIG. 24 with high program order of importance

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101…CPU 101 ... CPU
102…表示装置103…入力装置104…録画再生部105…番組管理部106…アンテナ107…チューナ108…記録媒体109…外部記録媒体 102 ... display device 103 ... input device 104 ... recording and reproducing unit 105 ... program management unit 106 ... antenna 107 ... tuner 108 ... recording medium 109 ... external recording medium

Claims (25)

  1. 記録媒体に記録された映像音声信号に対するユーザの指示が入力される入力部と、 An input unit instruction by the user is input to the recorded video and audio signals on a recording medium,
    映像音声信号についての重要度を算出する番組管理部と、 A program management unit for calculating the degree of importance of the video and audio signals,
    前記記録媒体に記録された映像音声信号を出力する出力部と、 An output unit for outputting video and audio signals recorded on said recording medium,
    前記記録媒体に記録された第1の映像音声信号を削除する指示が前記入力部に入力された場合に、前記番組管理部で算出された当該第1の映像音声信号についての重要度に基づいて当該第1の映像音声信号の削除に対する警告を出力するよう前記出力部を制御する制御部とを有する情報処理装置。 Wherein when the instruction to delete the first video and audio signals recorded on the recording medium is inputted to the input unit, based on the importance of the first video and audio signals calculated by the program management unit the information processing apparatus having a control unit which controls the output unit to output a warning to deletion of the first video and audio signals.
  2. 請求項1の情報処理装置であって、 The information processing apparatus according to claim 1,
    前記番組管理部は、前記第1の映像音声信号についての重要度を、当該第1の映像音声信号に含まれる単語と、前記入力部に入力されるユーザの指示から当該番組管理部が算出する単語についての嗜好度とから算出する情報処理装置。 The program management unit, the importance of the first video and audio signals, and words included in the first video and audio signals, the program management unit from a user's instruction to be inputted to the input unit is calculated the information processing apparatus calculated from a degree of preference for the word.
  3. 請求項2の情報処理装置であって、 The information processing apparatus according to claim 2,
    前記番組管理部は、前記単語についての嗜好度を、映像音声信号における当該単語が関係するシーンについて前記入力部に入力されたユーザの指示に基づいて算出する情報処理装置。 The program management unit, the preference degree for the word, an information processing apparatus which calculates according to an instruction from a user to which the word is input to the input unit for scene related by the audio-video signal.
  4. 請求項1〜3のいずれかの情報処理装置であって、 Be any of the information processing apparatus of claims 1 to 3,
    前記制御部は、前記第1の映像音声信号を前記記録部から削除する指示が前記入力部に入力された場合に、当該第1の映像音声信号についての重要度が所定のレベルよりも重要であることを示すときは当該第1の映像音声信号の削除に対する警告を出力するよう前記出力部を制御する情報処理装置。 Wherein, when the instruction to delete the first video audio signal from the recording unit is input to the input unit, important than the weight of a predetermined level for the first video audio signal the information processing apparatus when indicating that the controlling the output unit to output a warning to deletion of the first video and audio signals.
  5. 請求項1〜3のいずれかの情報処理装置であって、 Be any of the information processing apparatus of claims 1 to 3,
    前記番組管理部は、前記記録部に記録されている複数の映像音声信号についての重要度を算出し、 The program management unit may calculate the importance of a plurality of video and audio signals recorded in the recording unit,
    前記制御部は前記第1の映像音声信号を削除する指示が前記入力部に入力された場合に、前記複数の映像音声信号についての重要度に基づいて順位を算出し、当該第1の映像音声信号についての順位が所定の条件を満たすときは当該第1の映像音声信号の削除に対する警告を出力するよう前記出力部を制御する情報処理装置。 The control unit when the instruction to delete the first video audio signal is inputted to the input unit, calculates a ranking based on the importance of the plurality of video and audio signals, said first video and audio the information processing apparatus order for the signal for controlling the output unit so when a predetermined condition is satisfied for a warning for deletion of the first video and audio signals.
  6. 請求項4の情報処理装置であって、 The information processing apparatus according to claim 4,
    前記制御部は前記警告と共に前記第1の映像音声信号についての重要度を出力するよう前記出力部を制御する情報処理装置。 The information processing apparatus and the control unit for controlling the output unit to output the importance of the first video and audio signals along with the warning.
  7. 請求項5の情報処理装置であって、 The information processing apparatus according to claim 5,
    前記制御部は前記警告と共に前記第1の映像音声信号についての順位を出力するよう前記出力部を制御する情報処理装置。 The information processing apparatus and the control unit for controlling the output unit to output a ranking of the first video and audio signals along with the warning.
  8. 記録媒体から映像音声情報を出力する出力部と、 An output unit for outputting the video and audio information from a recording medium,
    ユーザの指示が入力される入力部と、 An input unit by the user's instruction is input,
    前記入力部に第1のユーザからの前記記録媒体の第1の映像音声情報の削除の指示が入力されると、前記出力部が当該第1の映像音声情報が前記第1のユーザとは別の第2のユーザの嗜好に適した映像音声情報である旨を出力するよう制御する制御部とを有する情報処理装置。 When the deletion of the indication of the first video and audio information of the recording medium from the first user is inputted to the input unit, separate from said output unit is the first audiovisual information the first user the information processing apparatus and a control section for controlling to output indicating that the video and audio information suitable to the preferences of the second user.
  9. 請求項8の情報処理装置であって、 The information processing apparatus according to claim 8,
    前記入力部は、ユーザを区別する情報の入力を受け、 The input unit receives an input of information identifying the user,
    前記制御部は前記第2のユーザの映像音声情報に対する指示の履歴に従って当該第2のユーザの嗜好を算出し、前記第1の映像音声情報が当該第2のユーザの嗜好に適するか否かを判断する情報処理装置。 Wherein the control unit calculates the preferences of the second user according to the instructions of the history for audiovisual information of the second user, whether the first video audio information suitable for the preference of the second user judgment to the information processing apparatus.
  10. 請求項9の映像音声情報処理装置であって、 A video and audio information processing apparatus according to claim 9,
    前記制御部は、前記第2のユーザがの映像音声情報に対する指示の履歴のうち、再生した場面に含まれるキーワードに重み付けを行い、前記第1の映像音声情報に含まれるキーワードと前記重み付けがされたキーワードとが適合する場合には、当該第2のユーザの嗜好に適すると判断する情報処理装置。 Wherein, among the instructions of the history for said second user video and audio information, performs weighting on the keyword included in the reproduced scene, the keywords and the weighting included in the first video and audio information and a if matches the keyword, the information processing apparatus determines that suitable preferences of the second user.
  11. 記録媒体に記録された映像音声信号に対するユーザの指示を入力する入力部と、 An input unit for inputting user instructions to the recording video and audio signals on a recording medium,
    前記入力部に指示を入力するユーザを認証するユーザ認証部と、 A user authentication unit that authenticates a user to input an instruction to the input section,
    前記入力部に入力されるユーザの指示と前記記録媒体に記録された映像音声信号に含まれる単語と前記ユーザ認証部の認証に基づいて前記記録媒体に記録された第1の映像音声信号についてのユーザごとの第1の指標を算出する番組管理部と、 For the first video and audio signals recorded on the recording medium based on the authentication of the words contained in the recorded video and audio signals to the instruction and the recording medium of the user is input to the input unit the user authentication unit a program management unit for calculating a first index for each user,
    記録媒体に記録された映像音声信号を出力する出力部と、 An output unit for outputting video and audio signals recorded on a recording medium,
    前記第1の映像音声信号を記録媒体から削除する指示が前記入力部に入力された場合に、前記番組管理部で算出された当該第1の映像音声信号についてのユーザごとの第1の指標に基づいて当該映像音声信号の削除に対する警告を出力するよう前記出力部を制御する制御部とを有する情報処理装置。 When the instruction to delete the first video and audio signals from a recording medium is inputted to the input unit, the first indicator for each user for the first video audio signal calculated by the program management unit based on the information processing apparatus and a control unit which controls the output unit to output a warning to deletion of the video and audio signals.
  12. 請求項11の情報処理装置であって、 The information processing apparatus according to claim 11,
    前記番組管理部は、前記第1の映像音声信号についてのユーザごとの第1の指標を、当該第1の映像音声信号に含まれる単語と、前記入力部に入力されるユーザの指示から当該番組管理部が算出する単語に関する第二の指標と、前記ユーザ認証部の認証とに基づいて算出する情報処理装置。 The program management unit, the first indicator for each user for the first video and audio signals, said a word included in the first video and audio signals, the program from a user's instruction input to the input unit a second index related word management unit calculates an information processing apparatus is calculated based on the authentication of the user authentication unit.
  13. 請求項11の情報処理装置であって、 The information processing apparatus according to claim 11,
    前記番組管理部は、前記単語に対する第二の指標を、前記記録部に記録されている映像音声信号における当該単語が関係するシーンについてのユーザの指示と、前記ユーザ認証部の認証とに基づいて算出する情報処理装置。 The program management unit, a second indicator for said word, based on the instructions and the user of the scene to which the word is related by the audio-video signal recorded, and authentication of the user authentication unit to the recording unit calculation to the information processing apparatus.
  14. 請求項11〜13のいずれかの情報処理装置であって、 Be any information processing apparatus according to claim 11 to 13,
    前記制御部は、少なくとも一人のユーザについての前記第1の映像音声信号についての第1の指標が所定の条件を満たす場合は、当該映像音声信号の削除に対する警告を出力するよう前記出力部を制御する情報処理装置。 Wherein, when the first indicator for the first video and audio signals for at least one user satisfies a predetermined condition, controls the output unit to output a warning to deletion of the video and audio signals an information processing apparatus that.
  15. 請求項11〜13のいずれかの情報処理装置であって、 Be any information processing apparatus according to claim 11 to 13,
    前記番組管理部は、前記記録部に記録されている各映像音声信号についてユーザごとの第1の指標を算出し、 The program management unit calculates a first index of each user for each video and audio signals recorded in the recording unit,
    前記制御部は、前記第1の映像音声信号を削除する指示が前記入力部に入力された場合に、前記各映像音声信号についてのユーザごとの第1の指標に基づいて各映像音声信号についてのユーザごとの順位を算出し、少なくとも一人のユーザの順位が所定の条件を満たしたときは当該第1の映像音声信号の削除に対する警告を出力するよう前記出力部を制御する情報処理装置。 Wherein, when the instruction to delete the first video audio signal is inputted to the input unit, said for the video and audio signals based on the first indicator for each user for each video audio signal the information processing apparatus calculates a ranking for each user, for controlling the output unit so when the order of at least one user satisfies a predetermined condition for outputting warnings for deletion of the first video and audio signals.
  16. 請求項14の情報処理装置であって、 The information processing apparatus according to claim 14,
    前記制御部は前記警告と共に前記所定の値より高い第1の指標に係るユーザの名前を出力するよう前記出力手段を制御する情報処理装置。 Wherein the control unit information processing apparatus for controlling the output means to output the name of the user according to the first index higher than the predetermined value along with the warning.
  17. 請求項15の情報処理装置であって、 The information processing apparatus according to claim 15,
    前記制御部は前記警告と共に前記所定の条件を満たす第1の指標に係るユーザの名前を出力するよう前記出力手段を制御する情報処理装置。 Wherein the control unit information processing apparatus for controlling the output means to output the name of the user according to the predetermined condition is satisfied first indicator with said alert.
  18. 記録媒体に記録された映像音声信号に対するユーザの指示の入力を受け、 Receives the user's instruction for the recorded video and audio signals on a recording medium,
    前記ユーザの指示と前記記録媒体に記録された映像音声信号に含まれる単語に基づいて前記記録媒体に記録された第1の映像音声信号についての第1の指標を算出し、 Calculating a first index for a first video and audio signals recorded on the recording medium based on words included in the instruction and video and audio signals recorded on the recording medium of the user,
    前記記録した第1の映像音声信号を削除するユーザの入力を受けた場合に、当該第1の映像音声信号についての第1の指標に基づいて当該映像音声信号の削除に対する警告を出力する情報処理方法。 When receiving the input of the user to delete the first video audio signal the recording, processing for outputting a warning to deletion of the video and audio signals based on the first indicator for the first video audio signal Method.
  19. 請求項18の情報処理方法であって、 An information processing method according to claim 18,
    前記第1の映像音声信号についての第1の指標を、当該第1の映像音声信号に含まれる単語と、前記入力を受けたユーザの指示から算出する単語に関する第二の指標とから算出する情報処理方法。 Information calculated from the first indicator for the first video and audio signals, and words included in the first video and audio signals, and the second index related word calculated from the user's instruction receiving said input Processing method.
  20. 請求項19の情報処理方法であって、 An information processing method according to claim 19,
    前記単語に対する第二の指標を、前記記録媒体に記録された映像音声信号における当該単語が関係するシーンについてのユーザの指示に基づいて算出する情報処理方法。 An information processing method of calculating on the basis of the second index to the word, the user's instruction for a scene in which the words in the recorded video and audio signals on the recording medium is concerned.
  21. 請求項18〜20のいずれかの情報処理方法であって、 Be any of the information processing method according to claim 18 to 20,
    前記第1の映像音声信号を前記記録部から削除する指示の入力を受けた場合に、当該第1の映像音声信号についての第1の指標が所定の条件を満たすときは当該第1の映像音声信号の削除に対する警告を出力する情報処理方法。 When receiving an input of an instruction to delete the first video audio signal from the recording unit, the first of the first time indication satisfies a predetermined condition said first video and audio for the video and audio signals an information processing method for outputting a warning to remove the signal.
  22. 請求項18〜20のいずれかの情報処理方法であって、 Be any of the information processing method according to claim 18 to 20,
    前記記録した各映像音声信号についての第1の指標を算出し、 Calculating a first indicator for each video audio signal the recording,
    前記第1の映像音声信号を削除する場合に、前記各映像音声信号についての第1の指標に基づいて各映像音声信号についての順位を算出し、当該第1の映像音声信号についての順位が所定の条件を満たしたときは当該第1の映像音声信号の削除に対する警告を出力する情報処理方法。 Wherein when deleting the first video and audio signals, the calculating a ranking for each video and audio signals based on the first indicator for each video and audio signals, the order of the said first audiovisual signal given an information processing method for outputting a warning to deletion of the first video and audio signals when met criteria.
  23. 請求項18の情報処理方法であって、 An information processing method according to claim 18,
    前記警告と共に前記第1の映像音声信号についての第1の指標を出力する情報処理方法。 An information processing method for outputting a first indicator for said first video and audio signals along with the warning.
  24. 請求項19の情報処理方法であって、 An information processing method according to claim 19,
    前記警告と共に前記第1の映像音声信号についての順位を出力する情報処理方法。 An information processing method for outputting a rank for the first video and audio signals along with the warning.
  25. 記録媒体に記録された映像音声情報に対するユーザの操作に基づいて、映像音声情報の一部分に対するユーザの興味を示す興味度を取得し、 Based on the user operation on the video audio information recorded on the recording medium, it acquires an interest degree indicating the interest of the user for a portion of the video and audio information,
    前記記録媒体に記録された映像音声信号の一部分に対する前記興味度と、当該一部分に含まれるキーワードとから当該キーワードに対するユーザの嗜好を示す嗜好度を取得し、 Gets said interest degree of a portion of the recorded video and audio signals on the recording medium, the preference level indicating the user's preference for that keyword from the keyword included in the portion,
    前記取得したキーワードに対するユーザの嗜好と当該映像音声信号に含まれるキーワードとから当該映像音声信号のユーザにとっての重要性を示す重要度を取得する情報処理方法。 An information processing method for obtaining a degree of importance indicating the importance to the user of the video and audio signals from the keyword included in the preference and the video audio signal of the user with respect to the acquired keyword.
JP2007180451A 2007-07-10 2007-07-10 Information processing apparatus and information processing method Active JP4988461B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007180451A JP4988461B2 (en) 2007-07-10 2007-07-10 Information processing apparatus and information processing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007180451A JP4988461B2 (en) 2007-07-10 2007-07-10 Information processing apparatus and information processing method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009021644A true JP2009021644A (en) 2009-01-29
JP4988461B2 JP4988461B2 (en) 2012-08-01

Family

ID=40360924

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007180451A Active JP4988461B2 (en) 2007-07-10 2007-07-10 Information processing apparatus and information processing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4988461B2 (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011160052A (en) * 2010-01-29 2011-08-18 Brother Industries Ltd Information communication system, node device, information communication method, and information communication program
US9467733B2 (en) * 2014-11-14 2016-10-11 Echostar Technologies L.L.C. Intuitive timer
US9503791B2 (en) 2015-01-15 2016-11-22 Echostar Technologies L.L.C. Home screen intelligent viewing
WO2018037699A1 (en) * 2016-08-23 2018-03-01 ソニー株式会社 Control system, control apparatus, and control method
US9924217B1 (en) 2016-11-22 2018-03-20 Echostar Technologies L.L.C. Home screen recommendations determination

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006104106A1 (en) * 2005-03-28 2006-10-05 Pioneer Corporation Digest view system and reproduction control device for digest view
JP2006295509A (en) * 2005-04-08 2006-10-26 Sharp Corp Device and method for managing electronic information, computer program, and recording medium
JP2006332921A (en) * 2005-05-25 2006-12-07 Hitachi Ltd Information-erasing method and recording and reproducing apparatus

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006104106A1 (en) * 2005-03-28 2006-10-05 Pioneer Corporation Digest view system and reproduction control device for digest view
JP2006295509A (en) * 2005-04-08 2006-10-26 Sharp Corp Device and method for managing electronic information, computer program, and recording medium
JP2006332921A (en) * 2005-05-25 2006-12-07 Hitachi Ltd Information-erasing method and recording and reproducing apparatus

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011160052A (en) * 2010-01-29 2011-08-18 Brother Industries Ltd Information communication system, node device, information communication method, and information communication program
US9467733B2 (en) * 2014-11-14 2016-10-11 Echostar Technologies L.L.C. Intuitive timer
US9503791B2 (en) 2015-01-15 2016-11-22 Echostar Technologies L.L.C. Home screen intelligent viewing
WO2018037699A1 (en) * 2016-08-23 2018-03-01 ソニー株式会社 Control system, control apparatus, and control method
US9924217B1 (en) 2016-11-22 2018-03-20 Echostar Technologies L.L.C. Home screen recommendations determination

Also Published As

Publication number Publication date
JP4988461B2 (en) 2012-08-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4000171B2 (en) Reproducing apparatus
US7367043B2 (en) System and method for generating metadata for programming events
JP4333409B2 (en) An information processing apparatus and method, and program
US8677400B2 (en) Systems and methods for identifying audio content using an interactive media guidance application
JP4910582B2 (en) An information processing apparatus and method, and program
US7882523B2 (en) Video search assisting method, video search assisting device, and broadcast receiving apparatus
EP1421792B1 (en) Audio and video program recording, editing and playback systems using metadata
US20030093790A1 (en) Audio and video program recording, editing and playback systems using metadata
US7185283B1 (en) Screen control method
EP1110390B1 (en) Video data recorder with integrated channel guides
US8433182B2 (en) Video data recorder with personal channels
EP1898325A1 (en) Apparatus, method and program for searching for content using keywords from subtitles
US9781377B2 (en) Recording and playback system based on multimedia content fingerprints
US9569533B2 (en) System and method for visual search in a video media player
US8918428B2 (en) Systems and methods for audio asset storage and management
US20050232591A1 (en) Video data recorder for recording programming content
US7149411B2 (en) Non-linear reproduction control method of multimedia stream and apparatus thereof
JP5322550B2 (en) Program recommendation apparatus
US20070244902A1 (en) Internet search-based television
US6643620B1 (en) Voice activated controller for recording and retrieving audio/video programs
JP4366249B2 (en) The information processing apparatus, the method, the program recording medium recording the program, and an information acquisition device
CN1973543B (en) Program selection support device
EP1538837A1 (en) Method for extracting program and apparatus for extracting program
CN100369472C (en) Speculative recording device
US20070027844A1 (en) Navigating recorded multimedia content using keywords or phrases

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100324

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110623

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110823

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111020

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120403

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120426

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150511

Year of fee payment: 3

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250