JP2009016058A - 照明装置及びこれを用いた照明器具 - Google Patents

照明装置及びこれを用いた照明器具 Download PDF

Info

Publication number
JP2009016058A
JP2009016058A JP2007173375A JP2007173375A JP2009016058A JP 2009016058 A JP2009016058 A JP 2009016058A JP 2007173375 A JP2007173375 A JP 2007173375A JP 2007173375 A JP2007173375 A JP 2007173375A JP 2009016058 A JP2009016058 A JP 2009016058A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
light
direction
substrate
member
variable color
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007173375A
Other languages
English (en)
Inventor
Kiyoshi Nishimura
Hirokazu Otake
Akiko Saito
Nobuo Shibano
Keiichi Shimizu
寛和 大武
明子 斉藤
信雄 柴野
恵一 清水
潔 西村
Original Assignee
Toshiba Lighting & Technology Corp
東芝ライテック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21KNON-ELECTRIC LIGHT SOURCES USING LUMINESCENCE; LIGHT SOURCES USING ELECTROCHEMILUMINESCENCE; LIGHT SOURCES USING CHARGES OF COMBUSTIBLE MATERIAL; LIGHT SOURCES USING SEMICONDUCTOR DEVICES AS LIGHT-GENERATING ELEMENTS; LIGHT SOURCES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F21K9/00Light sources using semiconductor devices as light-generating elements, e.g. using light-emitting diodes [LED] or lasers
    • F21K9/60Optical arrangements integrated in the light source, e.g. for improving the colour rendering index or the light extraction
    • F21K9/64Optical arrangements integrated in the light source, e.g. for improving the colour rendering index or the light extraction using wavelength conversion means distinct or spaced from the light-generating element, e.g. a remote phosphor layer
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21KNON-ELECTRIC LIGHT SOURCES USING LUMINESCENCE; LIGHT SOURCES USING ELECTROCHEMILUMINESCENCE; LIGHT SOURCES USING CHARGES OF COMBUSTIBLE MATERIAL; LIGHT SOURCES USING SEMICONDUCTOR DEVICES AS LIGHT-GENERATING ELEMENTS; LIGHT SOURCES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F21K9/00Light sources using semiconductor devices as light-generating elements, e.g. using light-emitting diodes [LED] or lasers
    • F21K9/20Light sources comprising attachment means
    • F21K9/23Retrofit light sources for lighting devices with a single fitting for each light source, e.g. for substitution of incandescent lamps with bayonet or threaded fittings
    • F21K9/232Retrofit light sources for lighting devices with a single fitting for each light source, e.g. for substitution of incandescent lamps with bayonet or threaded fittings specially adapted for generating an essentially omnidirectional light distribution, e.g. with a glass bulb
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21VFUNCTIONAL FEATURES OR DETAILS OF LIGHTING DEVICES OR SYSTEMS THEREOF; STRUCTURAL COMBINATIONS OF LIGHTING DEVICES WITH OTHER ARTICLES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F21V9/00Elements for modifying spectral properties, polarisation or intensity of the light emitted, e.g. filters
    • F21V9/30Elements containing photoluminescent material distinct from or spaced from the light source
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21VFUNCTIONAL FEATURES OR DETAILS OF LIGHTING DEVICES OR SYSTEMS THEREOF; STRUCTURAL COMBINATIONS OF LIGHTING DEVICES WITH OTHER ARTICLES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F21V17/00Fastening of component parts of lighting devices, e.g. shades, globes, refractors, reflectors, filters, screens, grids or protective cages
    • F21V17/10Fastening of component parts of lighting devices, e.g. shades, globes, refractors, reflectors, filters, screens, grids or protective cages characterised by specific fastening means or way of fastening
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21VFUNCTIONAL FEATURES OR DETAILS OF LIGHTING DEVICES OR SYSTEMS THEREOF; STRUCTURAL COMBINATIONS OF LIGHTING DEVICES WITH OTHER ARTICLES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F21V3/00Globes; Bowls; Cover glasses
    • F21V3/02Globes; Bowls; Cover glasses characterised by the shape
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21YINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASSES F21K, F21L, F21S and F21V, RELATING TO THE FORM OR THE KIND OF THE LIGHT SOURCES OR OF THE COLOUR OF THE LIGHT EMITTED
    • F21Y2103/00Elongate light sources, e.g. fluorescent tubes
    • F21Y2103/10Elongate light sources, e.g. fluorescent tubes comprising a linear array of point-like light-generating elements
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21YINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASSES F21K, F21L, F21S and F21V, RELATING TO THE FORM OR THE KIND OF THE LIGHT SOURCES OR OF THE COLOUR OF THE LIGHT EMITTED
    • F21Y2107/00Light sources with three-dimensionally disposed light-generating elements
    • F21Y2107/30Light sources with three-dimensionally disposed light-generating elements on the outer surface of cylindrical surfaces, e.g. rod-shaped supports having a circular or a polygonal cross section
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21YINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASSES F21K, F21L, F21S and F21V, RELATING TO THE FORM OR THE KIND OF THE LIGHT SOURCES OR OF THE COLOUR OF THE LIGHT EMITTED
    • F21Y2107/00Light sources with three-dimensionally disposed light-generating elements
    • F21Y2107/90Light sources with three-dimensionally disposed light-generating elements on two opposite sides of supports or substrates
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21YINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASSES F21K, F21L, F21S and F21V, RELATING TO THE FORM OR THE KIND OF THE LIGHT SOURCES OR OF THE COLOUR OF THE LIGHT EMITTED
    • F21Y2115/00Light-generating elements of semiconductor light sources
    • F21Y2115/10Light-emitting diodes [LED]

Abstract

【課題】複数の半導体発光素子を有するにも拘わらず、照明光の色温度を順次可変できると共に、蛍光体の使用量が少なく、かつ、コンパクトな照明装置を提供する。
【解決手段】照明装置1は発光体22と可変色部材31を具備する。発光体22は、基板23及びこの基板が延びる方向に並んで基板に実装された複数のLED13を有する。可変色部材31は基板の延びる方向と同方向に延びる波長変換部33a〜33cを複数有する。各波長変換部は、LED13が発した光で励起されて発光する蛍光体を有して、発光波長が夫々異なるように形成されている。可変色部材31は、各波長変換部を平行に並べて、内側に発光体22が配設される形状をなしている。可変色部材を、各波長変換部33a〜33cの並び方向に沿うように発光体に対して相対的に移動可能に配設する。この相対移動により各波長変換部33a〜33cの内の任意の波長変換部をLED13に対向させ、この任意の波長変換部にLED13が発光した光を入射させることで、色温度を可変するようにしている。
【選択図】 図2

Description

本発明は、LED(発光ダイオード)等の半導体発子素子が発した光の色温度を可変して照明をする照明装置及びこれを用いた照明器具に関する。

従来、口金を有してスポットライトのように使用される照明器具において、LEDが発した光を機械的な可変色手段で制御することで、照明環境に合わせて、電球色、昼白色、昼光色等に変更して照明ができるようにした技術が知られている(例えば、特許文献1参照。)。

この照明器具では、中央部に紫外線を発するLEDが実装された円形のプリント配線基板を、ケースの円形をなした開口凹部の内底面に配置するとともに、ケースの開口凹部に可変色手段を取付けている。可変色手段は、開口凹部から起立した軸に、プリント配線基板と平行な回転板を回転可能に支持し、この回転板に蛍光体シートを取付けている。蛍光体シートは、青色、緑色、黄色、オレンジ色、赤色の蛍光体が円周方向に沿って順に配置され、これらは、回転板に設けた5個の円形貫通孔の夫々を塞いでいる。回転板を手で回転させるために、この回転板の周部の一部がケース外に突出されている。

したがって、回転板を回転させることにより、その内の一つの円形貫通孔が選択されてLEDに対向されるので、LEDの発光色を、この発光色とLEDに対向した蛍光体との関係で決まる色の光に波長変換できる。それにより、照明環境に合わせて蛍光体を選択して、電球色、昼白色、昼光色等に変更できる。
特開2007-59260号公報(段落0133−0153、図8-図10)

特許文献1の技術では、円形で異種の蛍光体を円形の回転板にその円周方向に沿って設けた可変色手段を採用している。このため、回転板を回転させて蛍光体を選択する際に蛍光体間の部位によって照明光が遮光され照明が途切れてしまう。このことは、照明器具全体の発光量を増やすために、LEDを一個のみではなく、複数並べて列状に配設して使用する場合により顕著となる。

このように複数のLEDを並べて使用する場合、これらに対向する蛍光体が円形であると、それに応じて蛍光体の面積が大きくなるので、コスト高になることは避けられない。しかも、LED列が延びる方向の中央部を通ってLEDの並び方向と直交する方向に位置する蛍光体の周部には、LEDが発した光が入射し難くなるので、発光体を有効に利用できなくなる。

又、こうした不具合を解消するには、各発光体を、LED列に対応した長さで回転板に対して放射方向に延びる長円形状に設ければよい。しかし、この場合には、蛍光体間の部位の面積がより大きくなるので、この部位によって、回転板を回転させて蛍光体を選択する際に照明光より明確に途切れてしまうので好ましくない。それだけではなく、LED列が長くなる程、この列の長さの2倍以上の直径の回転板を作る必要があるので、この回転板を例えばケースに組み込むと、ケースから回転板が大きく突出してしまう等可変色手段を設置する上での問題を生じる。

本発明の目的は、並べられた複数の半導体発光素子を有しているにも拘わらず、照明光の色温度を順次可変できるとともに、蛍光体の使用量が少なく、かつ、コンパクトな照明装置及びこれを用いた照明器具を提供することにある。

請求項1の発明の照明装置は、基板及びこの基板が延びる方向に並べて前記基板に実装された複数の半導体発光素子を有する発光体と;前記半導体発光素子が発光した光で励起されて発光する蛍光体を有して前記基板の延び方向と同方向に延びる複数の波長変換部を有し、これら波長変換部での発光波長が夫々異なるように形成された可変色部材であって、この可変色部材が、前記各波長変換部を平行に並べて内側に前記発光体が配設される形状に作られているとともに、前記各波長変換部の並び方向に沿うように前記発光体に対して相対的に移動可能に設けられ、この相対的移動により前記各波長変換部の内の任意の波長変換部を前記半導体発光素子に対向させる前記可変色部材と;を具備することを特徴としている。

この発明及び以下の各発明で、基板には、セラミック基板、合成樹脂基板、或いは金属ベースド基板等を用いることができる。この発明及び以下の各発明で、半導体発光素子には、紫外線或いは青色の光を発するLEDを好適に用いることができる。これとともにLEDは、フリップチップ実装されるLEDであっても、基板に表面実装されるSMD型のLEDチップであってもよい。

この発明及び以下の各発明で、波長変換部とは、半導体発光素子が発した光で励起されて発光する蛍光体によって、半導体発光素子の発光色を、この色とは異なる色に変換し、照明光の色温度を変えるものを指している。

この発明及び以下の各発明で、各波長変換部での発光波長が夫々異なるように形成された可変色部材は、互いに異種の蛍光体を有した複数の波長変換部で形成することができ、或いは、同種の蛍光体を有した複数の波長変換部の厚みを夫々異ならせることで形成することもできる。更に、後者の場合、互いの波長変換部の厚み変化は段階的であることの他、グラジュエーション的に連続的に変化していてもよい。

この発明及び以下の各発明で、「蛍光体を有した」とは、可変色部材が透光性のベースを有する場合、このベースの内側面(光入射側の面)又は外側面(光出射側の面)に、蛍光体の層を塗布した態様、又は、蛍光体が混ぜられた透光性合成樹脂自体によって波長変換部が形成される態様を含んでいる。なお、後者の態様では、可変色部材は透光性のベースを有していない。

この発明及び以下の各発明で、内側に発光体が配設される可変色部材の形状とは、この可変色部材をその長手方向に直交する方向の断面が円形断面又はC字状断面とした形状を指している。可変色部材の長手方向に直交する方向の断面が円形断面であるとは、可変色部材が円筒であることを意味しており、可変色部材の長手方向に直交する方向の断面がC字状断面とは、可変色部材の軸方向に延びる切り欠きによって周方向の一部が除去された形状、例えば可変色部材が半円筒形状等であることを意味している。

この発明及び以下の各発明で、基板と同方向に延びる各波長変換部が平行に並べられたとは、可変色部材の長手方向に直交する方向の断面形状に沿って各波長変換部が並べられていることを指している。この場合、隣接する波長変換部を隙間なく連続して並べることは、隣接する波長変換部間からの光漏れがないようにできる点で好ましい。しかし、隣接する波長変換部間に意図的に僅かな隙間を設けて各波長変換部を平行に並べることもできる。このようにすれば、隙間を通しての光漏れを各波長変換部の移動量の目安として利用できるとともに、発光体を塗布して設ける場合に、隣接した発光体が重ならないように塗布する上で好ましい。

この発明及び以下の各発明で、可変色部材が各波長変換部の並び方向に沿うように発光体に対して相対的に移動可能であるとは、可変色部材と発光体の内のいずれか一方が固定で、他方が一点を中心に回転して動き得ることを指している。この場合、発光体を回転させると、色温度とともに照明方向が変わるので、そうした用途に好適な照明装置とでき、又、可変色部材を回転させることは、照明方向が変わることがなく色温度を変えることができる点で好ましい。

請求項1の発明では、可変色部材が有した複数の波長変換部の並び方向に沿うように発光体と可変色部材との一方を移動させることにより、任意の波長変換部を選択してこの変換部を発光体の半導体発光素子に正対する位置に配置できる。そのため、前記任意の波長変換部に入射された半導体発光素子からの光で前記任意の波長変換部が有した蛍光体が励起されるので、半導体発光素子の発光色と励起された蛍光体とによって決まる色温度の光で照明できる。この場合、半導体発光素子が複数用いられているので、十分な光量を得られる。これとともに、可変色部材が有した複数の波長変換部は、隣接した波長変換部間に遮光部が存在しないように並べられているので、前記相対的移動によって途切れないように順次照明光の色温度を変えることができる。

更に、請求項1の発明では、各波長変換部が発光体の基板が延びる方向と同方向に延びているので、波長変換部を複数の半導体発光素子に対向する大きさの円形とする場合に比較して、前記相対的移動方向に沿う各波長変換部の大きさが小さい。言い換えれば、複数の半導体発光素子の並び方向に直交する方向の波長変換部の幅が短い。これにより、波長変換部をコンパクトにできる。これとともに、波長変換部の幅が短いので、この波長変換部の全域に複数の半導体発光素子が発した光を入射させることができる。

しかも、請求項1の発明では、可変色部材が円板状ではなく、その内側に発光体を配設できる立体形状をなしていて、この可変色部材の各波長変換部が発光体の基板と同方向に延びているため、可変色部材をコンパクトにできる。なお、複数の半導体発光素子が形成する素子列の長さに応じて可変色部材の軸方向長さを長くすることは必要であるが、前記素子列の長さの2倍以上に可変色部材を大きくする必要はない。

請求項2の発明は、前記可変色部材をその長手方向に直交する方向の断面が円形断面又はC字状断面とした形状とし、前記可変色部材の前記発光体に対する相対的移動の回転中心と前記可変色部材の内側面との間に前記発光体を収めて、前記基板の長手方向に延びる両側縁と前記半導体発光素子を前記内側面に接近させたことを特徴としている。

この発明で、基板の発光素子実装面を白色系とするなど反射面に形成することが好ましい。

請求項2の発明では、発光体が可変色部材の内側に配設されることで、半導体発光素子が発した光を、基板に実装された半導体発光素子の光の出射方向に配置された波長変換部に限定して入射させることができる。これとともに、この入射の際に波長変換部で反射された光を、基板により反射させて前記波長変換部に再入射させ易いので、再入射されない光(迷光)を抑制して光の利用効率を向上できる。

請求項3の発明は、前記可変色部材の外側に、前記相対的移動により選択された前記任意の波長変換部が対向する長孔状の投光窓を有した遮光部材を配置したことを特徴としている。

この請求項3の発明では、基板の発光素子実装面に正対している任意の波長変換部に隣接した波長変換部から出る照明光が、遮光部材で遮られるとともに、前記任意の波長変換部から出る照明光が投光窓に通されるので、目的とする色温度の光で照明できる。

請求項4の発明の照明器具は、装置本体と;この装置本体の一端部に配設され口金と;前記装置本体の他端部中央位置に前記口金とは反対方向に突設された支柱と;この支柱の側面に固定され前記支柱の軸方向に沿って延びる基板及びこの基板が延びる方向に並べて前記基板に実装された複数の半導体発光素子を有して、前記支柱の周方向に沿って配設された複数の発光体と;前記半導体発光素子が発光した光で励起されて発光する蛍光体を含有して前記基板の延び方向と同方向に延びる複数の波長変換部を有し、これら波長変換部での発光波長が夫々異なるように形成された可変色部材であって、この可変色部材が、前記各波長変換部を平行に並べて内側に前記発光体が配設される筒状に作られているとともに、前記各波長変換部の並び方向に沿うように前記発光体及び前記装置本体に対して回転可能に設けられ、この回転により前記各波長変換部の内の任意の波長変換部を前記発光体に対して選択させる前記可変色部材と;を具備することを特徴としている。

この発明の照明器具は、装置本体に口金とは反対方向に突設された支柱を設け、この支柱の側面に複数の発光体を固定するとともに、筒状をなしてその内側に発光体を配設する可変色部材を備えており、前記発光体と可変色部材とは請求項1の発明で説明したのと同様な構成である。そのため、この請求項4の発明では、請求項1の発明で説明したのと同じ理由により、並べられた複数の半導体発光素子を有しているにも拘わらず、可変色部材を回転させることで照明光の色温度を途切れないように順次可変できるとともに、蛍光体の使用量が少なく、かつ、コンパクトな照明器具を提供できる。

請求項1,4の発明によれば、並べられた複数の半導体発光素子を有しているにも拘わらず、照明光の色温度を順次可変できるとともに、蛍光体の使用量が少なく、かつ、コンパクトな照明装置又はこれを用いた照明器具を提供できる。

請求項2の発明によれば、半導体発光素子の光の出射方向に配置された波長変換部で反射された光を、前記波長変換部に再入射させ易いので、光の利用効率を向上できる。

請求項3の発明によれば、基板の発光素子実装面に正対している任意の波長変換部に隣接した波長変換部から出る照明光を遮光し、目的とする色温度の光を投光窓に通して照明することができる。

図1〜図5を参照して本発明の第1実施形態の照明装置を説明する。

図1中符号1は照明器具を示している。この照明器具1は、器具本体2に、照明カバー5を取付けるとともに、照明装置1を内蔵して形成されている。

器具本体2は、照明装置1及びこの装置の点灯を制御する図示しない点灯装置を内蔵できる箱からなり、背面壁2aは取外し可能である。器具本体2の正面壁2bは遮光部材を兼ねているとともに、この正面壁2bに投光窓3が設けられている。投光窓3は図1を描いた紙面の表裏方向に延びる長孔で形成されている。器具本体2は図示しない通気孔を複数個所に有していて、これらの通気孔を通して器具本体2の内外にわたって空気が流通可能になっている。

照明カバー5は、透明又は拡散透光性の材料、例えば透光性アクリル樹脂で成形されていて、その内面にサンドブラスト処理によって細かな凹凸(図示しない)が付されて、拡散透光性を得ている。この照明カバー5は、正面壁2bに図示しない取付け手段により取外し可能に支持されている。照明カバー5の長手方向に直交する方向の断面は、図1に例示するように投光窓3を中心に描かれるような半円形状をなしている。

図2及び図3に示すように照明装置1はこの装置からの放熱を担う支持手段12に支持されている。支持手段12は、支持軸13と、支持ベース14と、例えば一対のヒートシンク15を備えている。

支持軸13は、熱輸送部材、好ましい例としてヒートパイプで作られている。支持ベース14は金属好ましくはアルミニウム等の軽金属で作られている。支持ベース14の側面の少なくとも一部は平らな支持面14aをなしている。本実施形態では、外形が正四角形の支持ベース14を用いて、その内の一つの面を支持面14aとして使用している。

この支持ベース14はその中心部に貫通孔14bを有している。貫通孔14bには、これに密着して支持軸13が貫通されている。したがって、支持ベース14は支持軸13の長手方向中間部に固定されており、これら支持軸13と支持ベース14とは熱伝導ができるように密接されている。

ヒートシンク15は、支持ベース14から突出された支持軸13の両端部に夫々密に嵌合して取付けられている。ヒートシンク15は例えば後述する支持円板17と略同径の円板状放熱フィンを複数枚有している。支持軸13はヒートシンク15と支持ベース14の長手方向両端面との間に露出しており、この露出部位の夫々に円形の支持部材16が夫々固定されている。これら支持部材16には複数の通線孔16aが厚み方向に貫通して設けられている。

一対の支持部材16の外周部には夫々支持円板17が回転可能に嵌合して支持されている。これら支持円板17の互いに相対向する側面には、外周部側に寄せてリング形状の凸部17aが夫々形成されている。凸部17aの中心は、支持手段12の中心軸線、言い換えれば、支持軸13の中心軸線に一致している。一方の支持円板17の外周部には歯部17bが設けられている。

支持手段12は、例えば図3に示すように支持軸13の両端を、器具本体2の長手方向の端壁2cに固定して、器具本体2内に例えば図3図において水平に配設されている。

図3中符号18は器具本体2外に配置された操作摘みを示している。この操作摘み18は、一方の端壁2cに貫通して回転可能に支持された操作軸18aを有している。操作軸18aの先端部には器具本体2内に配置される歯車19が連結されている。この歯車19は前記一方の支持円板17の歯部17bに噛合わされている。したがって、操作摘み19を回転操作することにより、歯部17bを有した支持円板17が回転されるようになっている。

照明装置1は、発光体22と、可変色部材31とを具備して形成されている。

図2及び図3に示すように発光体22は、基板23と、複数の半導体発光素子例えば青色の光を発するLED13を有して形成されている。

基板23は図5(A)(B)に示すように短冊状をなしている。この基板23には背面への放熱を良好とするために例えば金属ベースド基板が用いられている。この基板23は、銅等からなる金属製のベース板23aの一面に、電気絶縁性の絶縁層23bを積層して形成され、必要に応じて絶縁層23b上に銅箔等からなる図示しない導体を所望のパターンが設けられている。

複数のLED13は、図5(A)(B)に示すように基板23が延びる方向に並べられて絶縁層23b上に例えば一列に実装されている。

図5(A)に示した発光体22のLED13は、表面から裏面にわたる一対の端子が取付けられたLED基板上に、前記端子と電気的に接続して青色発光をするLEDベアチップを取付けるとともに、このLEDベアチップを包囲しかつ収容するリフレクタを取付け、リフレクタ内のチップ収容部に透明シリコーン樹脂等の封止樹脂を充填して形成されたものである。これらのLED13は、その一対の端子を基板23の導体パターンにフリップチップ実装により接続して、互いに直列に接続されている。

図5(B)に示した発光体22のLED13は、表面実装型のLEDチップからなり、その素子基板が基板23上にダイボンド材を用いて接着される。隣接するLED同士はそれらが有した電極にわたって設けられたボンディングワイヤにより接続され、それによってLED13は互いに直列に接続されている。図5(B)の場合には、各LED13及びボンディングワイヤを封止するために、例えば酸化チタンの粉末が混入された透光性シリコーン樹脂等の封止樹脂(図5B中二点鎖線で封止領域を示す)22aが基板23の表面に設けられる。図5(B)の発光体22でのLEDの使用数は図5(A)の発光体22での使用数より遥かに多く、図5(B)の発光体22の発光密度は図5(A)の発光体22の発光密度より高い。

図2及び図3に示すように発光体22は、その基板23の裏面を支持ベース14の支持面14aに密着させて支持手段12に支持されている。これにより、発光体22は、支持手段12の中心軸線上ではなく、この軸線から例えば図2及び図3において下方向に隔たって配置されている。

図3中符号25は絶縁被覆された電線を示している。これらの電線25は支持部材16の通線孔16aに通されていて、その先端(一端)は、LED列への給電が可能となるように基板23に接続されている。電線25は支持円板17とヒートシンク15との間を通って引出され、その引出し端(他端)は図示しない点灯装置に接続されている。

可変色部材31は、例えばベース32に複数の波長変換部33a〜33cを設けて作られている。

ベース32は、透明ガラス又はアクリル樹脂等の透光性樹脂の透光性材料製であって、その内側に発光体22を配設できる形状、例えば、筒形、具体的には図2〜図4に示すように円筒形に作られている。したがって、可変色部材31の長手方向に直交する方向の断面は図2に示すように円形断面をなしている。なお、ここに透光性とは、透明だけではなく拡散透光性である場合も含んでいる。

波長変換部33a〜33cは、基板23が延びる方向と同方向に延びているとともに、LED13が発した光で励起されて発光する蛍光体を有して形成されている。蛍光体として例えば青色光で励起されて黄色の光を放射するYAG蛍光体(イットリウム・アルミニウム・ガーネット系蛍光体)が用いられていて、この蛍光体は波長変換部33a〜33cにおいて好ましくは均一に分散された状態にある。励起されて発光する光の波長が夫々異なるようにするために、各波長変換部33a〜33cの膜厚は夫々異なっている(なお、作図の都合上厚み差をつけないで描いてある。)。各波長変換部33a〜33cの幅寸法は、図2に示すように基板23の幅寸法と略同じであるとともに、器具本体2の投光窓3の幅寸法とも略同じである。

各波長変換部33a〜33cは、互いに平行にしてベース32の周方向に並べてベース32の例えば内側面に塗布して設けられていて、その並び方向に隙間なく連続している。本実施形態において例えば各波長変換部33a〜33cは、円筒からなるベース32の中心に対して60度の角度範囲を占めて設けられているとともに、径方向に対向する位置に同じ厚みの波長変換部、言い換えれば、同じ色温度を得るための波長変換部が配置されるように設けられている。なお、可変色部材31の回転中心G(図2参照)をなすベース32の回転中心に対する各波長変換部33a〜33cの角度を、この明細書では波長選択角θ(図2参照)と称し、図2では60度である。

ベース32の内側面に各波長変換部33a〜33cを配置させることは、ベース32がアクリル等の透光性樹脂である場合、LED13からの放射熱にベース32が直接晒されることが各波長変換部33a〜33cで防止されるに伴い、熱によりベース32が黄色味を帯びて変色する(黄変)ことを抑制できる。したがって、照明装置1の寿命を長く維持できる点で好ましい。しかし、黄変に対する耐性が強い材料例えば透光性ガラス等で形成されたベース32にあっては、その外側面に各波長変換部33a〜33cを配置させてもよい。

図3に示すように可変色部材31の両端部内周は支持円板17の凸部17aに嵌合して固定されており、それにより、可変色部材31が支持手段12に回転可能に両端支持されている。こうして支持された可変色部材31の一部、つまり、一つの波長変換部は、図1に示すように器具本体2の投光窓3に対向ないしは入り込んで位置されている。

支持手段12に支持された可変色部材31は、前記操作摘み18が回転操作されたときに、支持円板17とともに各波長変換部33a〜33cの並び方向に沿うように回転される。それにより、発光体22に対する各波長変換部33a〜33cの相対位置を変えて、任意に選択した波長変換部を発光体22に正対することができるようになっている。なお、可変色部材31は、手動による回転に限らず、例えばマイクロモータの動力によりアクチュエータを介して前記波長選択角θずつ回転されるようにしてもよい。

可変色部材31の回転中心Gとなる支持軸13の中心軸線と可変色部材31の内側面との間に発光体22が収められている。したがって、支持手段12に支持された発光体22は、図2に示すように可変色部材31の内側面に寄せて可変色部材31の内側に配設されている。

この配設状態では、基板23の長手方向に延びる両側縁23cが可変色部材31の内側面に最も接近し、かつ、これら両側縁23cから基板23の幅方向中央に至るに従い、この基板23と可変色部材31の内側面との間の距離が次第に大きくなっているとともに、前記両側縁23c間においてLED13が可変色部材31の内側面に接近している。なお、基板23の両側縁部を斜めに折り曲げて可変色部材31の内側面により接近させることも可能である。

照明装置1の各LED13に給電して、これらを発光させることにより照明器具1は照明状態となる。この照明では、器具本体2の投光窓3に配置されている波長変換部(図2の例で歯波長変換部32a)を各LED13から発した青色の光が透過する一方で、波長変換部に含まれている蛍光体が青色の光によって励起されて黄色の光を発光するので、これら青色の光と黄色の光とが混ざり合い白色系の光となって、投光窓3から下方に照射される。更に、この照明光は、照明カバー5で拡散されてこの照明カバー5を通って照明に供される。

この照明では、LED13から出た光の一部は、投光窓3に配置された波長変換部の両側に隣接した波長変換部を透過するが、その透過光は、器具本体2の正面壁2bで遮られるので、投光窓3に配置された波長変換部を透過した光に混じって混色されることが防止される。更に、照明カバー5を用いたことで、照明光の輝度を低下させて、照明装置1を直視した場合の眼球の負荷を軽減できる。

照明中に、使用者が操作摘み18を操作すると、支持手段12に固定された発光体22に対して可変色部材31が相対的に回転されるので、その回転量を調整することによって波長変換部33a〜33cの内のいずれかを投光窓3に配置できる。各波長変換部33a〜33cの夫々に含まれた蛍光体の量は、各波長変換部33a〜33cの厚みが異なることに応じて夫々異なっている。

このため、膜厚が最も薄い波長変換部33aを投光窓3に配置して発光体22に正対させた場合には、黄色い光の発光量が最も少ないので、それに応じて色温度が高い照明光を得られる。言い換えれば、涼しい色である青白い光の照明光(昼白色に近似した色の光)で照明ができる。

膜厚が最も厚い波長変換部33cを投光窓3に配置して発光体22に正対させた場合には、黄色い光の発光量が最も多いので、それに応じて色温度が低い照明光を得られる。言い換えれば、暖かい色である黄色味が強い照明光(電球色に近似した色)で照明ができる。

そして、膜厚の厚みが中間の厚みである波長変換部33bを投光窓3に配置して発光体22に正対させた場合には、黄色い光の発光量が波長変換部33aを透過した光よりも多いが波長変換部33aを透過した光よりも少ないので、それに応じた色温度の照明光を得られる。言い換えれば、黄色味が強くも弱くもない自然な色の照明光(昼光色に近似した色)で照明ができる。

従って、前記照明装置1を備えた照明器具1は、以上のように可変色部材31を回転させてその波長変換部33a〜33cのいずれかを選択して使用することで、使用者の気分や好みに応じた照明光を得ることができる。

前記照明に用いた照明装置1では、その発光源として、一個のLEDではなく、直線状に並べられた複数のLED13を用いているので、十分な光量を得て照明ができる。

これとともに、可変色部材31が有した複数の波長変換部33a〜33cは、互いの間に遮光部が存在しないように並んで連続しているので、可変色部材31を回転させて照明光の色温度を変える際に、途切れないように順次変えることができる。

又、前記構成の照明装置1の各波長変換部33a〜33cが発光体22の基板23が延びる方向と同方向に延びている。このため、波長変換部33a〜33cを複数のLED13列に対向する大きさの円形とする場合に比較して、可変色部材31の回転方向に沿う各波長変換部33a〜33cの大きさが小さい。言い換えれば、LED13列が延びる方向に直交する方向の各波長変換部33a〜33cの幅が短い。これにより、波長変換部33a〜33cをコンパクトにできる。したがって、低コスト化を図ることができる。これとともに、既述のように波長変換部33a〜33cの夫々の幅が短いので、選択して使用される波長変換部の全域に各LED13が発した光を入射させることができる。

可変色部材31は円板状ではなく、その内側に発光体22を配設できる立体形状、つまり、本実施形態では円筒形をなしていて、この可変色部材31が有した波長変換部33a〜33cが発光体22の基板23と同方向に延びているため、可変色部材31をコンパクトにできる。又、可変色部材31は、LED列の長さに応じて可変色部材31の軸方向長さを長くすることは必要であるが、可変色部材31が円板状である場合のように二つのLED列を円板の直径方向に並べられることがないので、LED列の長さの2倍以上に可変色部材31を大きくする必要はなく、コンパクトである。

前記照明装置1では、可変色部材31に対する発光体22の配置により、LED13を可変色部材31の内側面に接近させているので、LED13の光の出射方向に位置した配置された波長変換部に限定して入射させることができる。これにより、LED13が発した光を有効に所望とする波長変換部に透過させて照明をすることができる。

既述の照明において、投光窓3に配置された波長変換部にLED13から発した光が入射する際に、その一部は反射される。しかし、前記照明装置1では、可変色部材31に対する発光体22の配置により、発光体22の基板23の長手方向に延びる両側縁23cを可変色部材31の内側面に接近させているので、波長変換部で反射された光が、両側縁23cと可変色部材31の内側面との間を通って発光体22の裏側方向に漏れて、照明光として利用されない迷光となることを抑制できる。これとともに、投光窓3に配置された波長変換部に接近した基板23で、これに入射した前記反射光を反射させて、再び投光窓3に配置された波長変換部に入射させ易くできる。しかも、本実施形態では、基板23の絶縁層23bが白色系であるので、そこでの反射性能が良好である。したがって、再入射されない光(迷光)を抑制して光の利用効率を向上できる。

既述の照明において各LED13は発熱する。この熱は、基板23の金属のベース板23aに熱伝導されて、支持手段12により放熱される。つまり、ベース板23aから支持ベース14に熱伝導され、支持ベース14の熱はヒートパイプからなる支持軸13に伝えられるので、この支持軸13での熱輸送機能によってヒートシンク15に伝えられて、これらヒートシンク15からその周囲空間に放熱される。そのため、筒状の可変色部材31と支持円板17とがなした空間に発光体22に配設されているにも拘わらず、各LED13の温度上昇が抑制されるとともに各LED13の温度が均一化されるので、これらLED13の発光強度が同様に維持されて色むらを抑制できる。

図6を参照して本発明の第2実施形態を説明する。第2実施形態は以下説明する事項以外は第1実施形態と同じであるので、第1実施形態と同じ構成については、第1実施形態と同じ符号を付してその作用の説明とともに省略する。

第2実施形態では、器具本体2の正面壁2bに、この正面壁2bの表側に突出して投光窓3を囲む支持縁部4が形成されている。この支持縁部4に光拡散部材として例えばレンズ6が装着されている。このレンズ6はアクリル樹脂などから成形されていて投光窓3を閉じている。以上説明した事項以外は第1実施形態と同じである。

したがって、この第2実施形態でも、第1実施形態で説明したのと同じ理由によって、本発明の課題を解決できる。しかも、投光窓3の光出射側にレンズ6を設けたことにより、投光窓3を通った光を、レンズ6の配光設計に応じて配光できる。そのため、例えば図6において投光窓3の直下の明るさが他の場所より極端に強くなることを抑制して、照明カバー5の各部を略均一な明るさで光らせることができる。

図7を参照して本発明の第3実施形態を説明する。第3実施形態は以下説明する事項以外は第1実施形態と同じであるので、第1実施形態と同じ構成については、第1実施形態と同じ符号を付してその作用の説明とともに省略する。

第3実施形態では、可変色部材31が筒形ではなく、その軸方向に直交する方向の断面が略C字状に形成されている。この可変色部材31の波長変換部33a〜33cは夫々一つである。又、固定の支持ベース14の例えば支持面14aと平行な背面に、第1のストッパ凸部14cと第2のストッパ凸部14dとが突設されている。図7の状態から可変色部材31が時計回りに60度回転されたときに、可変色部材31の波長変換部33b側の端が第1のストッパ凸部14cに当たって、波長変換部33cを投光窓3に位置決めした状態に可変色部材31が回り止めされ、同様に、図7の状態から可変色部材31が反時計回りに60度回転されたときに、可変色部材31の波長変換部33c側の端が第2のストッパ凸部14dに当たって、波長変換部33bを投光窓3に位置決めした状態に可変色部材31が回り止めされるようになっている。以上説明した事項以外は第1実施形態と同じである。

したがって、この第3実施形態でも、第1実施形態で説明したのと同じ理由によって、本発明の課題を解決できる。しかも、可変色部材31が略半円筒状をなしているので、LED13の熱がこもり難く放熱が容易となる。それにより、支持軸13をヒートパイプとしないで単なる軸で形成可能であり、それに伴いヒートシンクの省略も可能となるので、そうした場合には支持手段の構成を簡単にできる。

図8及び図9を参照して本発明の第4実施形態を説明する。第4実施形態は以下説明する事項以外は第1実施形態と同じであるので、第1実施形態と同じ構成については、第1実施形態と同じ符号を付してその作用の説明とともに省略する。第4実施形態の照明装置1は、その中心軸が例えば上下方向に延びるように立てて配置されるとともに、円筒状の可変色部材31の全周を露出させて、又は立てて配置された可変色部材31を照明カバーで覆って使用される。

この第4実施形態で支持手段12は一対備えられている。これらの支持手段12は、器具本体などに図示しない接続部材を介して設けられる固定の支持部材16と、これに回転可能に取付けられた支持円板17とを有して形成されている。

更に、第4実施形態の発光体22は、合成樹脂製等の基板23の両側面に夫々LED13を複数実装して形成されている。図8に示すように基板23の一側面に実装されたLED13と、基板23の他側面に実装されたLED13とは、基板23の厚み方向に対応することなく、基板23の長手方向に沿って実装位置をずらして配設されている。

この発光体22は、基板23の長手方向両端部の夫々を、一対の支持部材16の中央部に貫通した状態に取付けることによって支持されている。したがって、図9に示すように発光体22は円筒状の可変色部材31の中心部に配設されている。基板23の両側面に実装されることにより互いに反対向きに配置されたLED13が発した光は、可変色部材31の径方向に対向して位置された同じ膜厚の波長変換部(図9の例では波長変換部33b)に入射されるようになっている。なお、各LED13の発熱に伴い、支持部材16に設けられた通線孔16aを通して、可変色部材31内の空気が外部と対流して、LED13の熱を可変色部材31外に放出可能としてある。以上説明した事項以外は第1実施形態と同じである。

したがって、この第4実施形態でも、第1実施形態で説明したのと同じ理由によって、本発明の課題を解決できる。しかも、この第4実施形態の照明装置1は、偶数方向具体的には二方向への照明、つまり、円筒状の可変色部材31の径方向両側に照明光を投射して照明できる。

この第4実施形態で、基板23を透明ガラス等の透光性材料で作り、この基板23に各LED13を透明なダイボンド材を用いて実装することも可能である。そして、各LED13が図5(B)で説明したSMD形のものである場合、各LED13が正面発光(基板23とは反対方向への発光)と背面発光(基板23に向けての発光)をするので、正面発光と背面発光の双方を利用して可変色部材31の径方向両側に照明光を投射して照明できる。

図10及び図11を参照して本発明の第5実施形態を説明する。第5実施形態は以下説明する事項以外は第1実施形態と同じであるので、第1実施形態と同じ構成については、第1実施形態と同じ符号を付してその作用の説明とともに省略する。第5実施形態の照明装置1は、その中心軸が例えば上下方向に延びるように立てて配置されるとともに、円筒状の可変色部材31の全周を露出させて、又は立てて配置された可変色部材31を照明カバーで覆って使用される。

第5実施形態での支持手段12は、固定の支持部材16と、これに回転可能に取付けられた支持円板17と、支持軸13と、この支持軸の長手方向両端部に装着されたヒートシンク15とを有して形成されている。

支持軸13は、アルミニウム合金等の金属製であり、正四角柱状をなしている。この支持軸13の四つの側面(LED取付け面)の夫々に発光体22が装着されている。支持軸13の周方向に隣接した側面に装着された発光体22のLED13同士は、それらの実装位置を図10に示すように支持軸13の長手方向に沿ってずらして設けられている。

支持軸13は、その長手方向両端部の夫々を一対の支持部材16の中央部に貫通した状態に取付けることによって支持されている。したがって、図11に示すように発光体22は円筒状の可変色部材31の中心部に配設されている。支持軸13の互いに平行な側面に配設された発光体22のLED13から発した光は、可変色部材31の径方向に対向して位置された同じ膜厚の波長変換部(図11の例では波長変換部33b)に入射されるようになっている。そのために、本実施形態では、円筒状可変色部材31の周面を12の領域に分けて、これらの領域の夫々に波長変換部33a〜33cのいずれかが塗布されている。波長変換部33a〜33cの膜厚は夫々異なっている。同時に点灯される各LED13が発する熱は、支持軸13を熱伝導してヒートシンク15に伝えられて、これらヒートシンク15から放出される。以上説明した事項以外は第1実施形態と同じである。

したがって、この第5実施形態でも、第1実施形態で説明したのと同じ理由によって、本発明の課題を解決できる。しかも、この第5実施形態の照明装置1は、偶数方向例えば四方向への照明、つまり、円筒状の可変色部材31の90度ごとに照明光を投射して照明できる。なお、第5実施形態では、支持軸13を正四角以上の正多角形とするとともに、これに合わせて12を超える領域に円筒状可変色部材31の周面を細かく分けて、これらの領域の夫々に夫々膜厚が異なる波長変換部を塗布して実施することが可能である。それにより、支持軸13の角数に応じた偶数方向への照明をすることができる。

図12及び図13を参照して本発明の第6実施形態を説明する。第6実施形態は以下説明する事項以外は第5実施形態と同じであるので、第5実施形態と同じ構成については、第5実施形態と同じ符号を付してその作用の説明とともに省略する。

第6実施形態の照明装置1は遮光部材例えば円筒状の遮光筒35を備えている。支持手段12が有した一対のヒートシンク15の支持円板17に対向する円板状放熱フィン15aに遮光筒35の両端部が嵌合されている。したがって、遮光筒35が可変色部材31を覆って支持手段12に支持されている。なお、遮光筒35を金属製とする場合には、放熱フィン15aの熱が遮光筒35に伝わるので、この金属製遮光筒35で放熱部材を兼ねて、発光体22の放熱性能を向上できる。

図13に示すように遮光筒35は、支持軸13のLED取付け面の数と同数の投光窓37を有している。これらの投光窓37は支持軸13のLED取付け面に対応する位置に設けられていて、したがって本実施形態では遮光筒35の周方向に90度ごとに設けられている。各投光窓37は遮光筒35の軸方向に延びる長孔で形成されている。これらの投光窓37の長さと幅は、各波長変換部33a〜33cの夫々の長さと幅と略等しい。

図12に示すように遮光筒35の一端部に通孔35aが形成されている。通孔35aは、投光窓37の間隔に応じた長さ、例えば本実施形態では遮光筒35の周方向に略90度にわたって延びている。この通孔35aには、可変色部材31の一端部外面に突設した軸状に摘み38が通されている。そのため、摘み38を使用者が動かすことにより、発光体22と可変色部材31との相対位置をかえるために、可変色部材31を回転させることができる。なお、こうした回転操作手段を備えていることにより、第1実施形態で説明した回転操作手段、つまり、一方の支持円板の歯部、操作摘み、操作軸、及び歯車は省略してある。以上説明した事項以外は第5実施形態と同じである。

したがって、この第6実施形態でも、第1実施形態で説明したのと同じ理由によって、本発明の課題を解決できる。しかも、この第6実施形態の照明装置1は、偶数方向例えば四方向への照明、つまり、円筒状の可変色部材31の90度ごとに照明光を投射して照明できる。

その上、第6実施形態の照明装置1は遮光筒35を備えているので、前記偶数方向への光の照射において、LED13に正対している波長変換部(図13では波長変換部33b)の両側の波長変換部(図13では33a,33c)にLED13の光の一部が入射しても、これらの波長変換部33a,33cを通って投射される光を遮光筒35で遮ることができるとともに、LED13に正対している波長変換部33bを通って投射される光で照明ができる。言い換えれば、使用者が可変色部材31の回転操作により任意に選択して投光窓37に対向させた波長変換部から出る照明光に、この波長変換部の両側の波長変換部から出る光が混じることを防止できる。

なお、この第6実施形態でも、支持軸13を正四角以上の正多角形とするとともに、これに合わせて12を超える領域に円筒状可変色部材31の周面を細かく分けて、これらの領域の夫々に夫々膜厚が異なる波長変換部を塗布して実施することが可能である。それにより、支持軸13の角数に応じた偶数方向への照明をすることができる。

図14を参照して本発明の第7実施形態を説明する。第7実施形態は以下説明する事項以外は第6実施形態と同じであるので、第6実施形態と同じ構成については、第6実施形態と同じ符号を付してその作用の説明とともに省略する。

第7実施形態の照明装置1では、光拡散部材として例えばアクリル樹脂などから成形されたレンズ6が、遮光筒35の各投光窓37に装着されている。このレンズ6は投光窓37を閉じている。又、図14中符号5は拡散透光性の照明カバーを示している。遮光筒35に突設された前記摘み38(図14では図示されない。図12参照)は照明カバー5の逃げ部(図示しない)を通して外部から操作可能にするか、若しくは、照明カバー5に連結してこの照明カバー5を器具本体に回転可能に支持させて、照明カバー5の回転に伴い遮光筒35を回転操作ができるようにしている。以上説明した事項以外は第7実施形態と同じである。

したがって、この第7実施形態でも、第1実施形態で説明したのと同じ理由によって、本発明の課題を解決できる。しかも、各投光窓37を塞いで遮光筒35にレンズ6を設けたことにより、使用者が可変色部材31の回転操作により任意に選択して投光窓37に対向させた波長変換部を通った照明光を、レンズ6の配光設計に応じて配光できる。これにより、照明カバー5の周方向において各投光窓37に対応した90度ごとの位置が他の部位よりも極端に明るくなることを抑制して、照明カバー5の各部を略均一な明るさで光らせることができる。

図15を参照して本発明の第8実施形態を説明する。第8実施形態は以下説明する事項以外は第1実施形態と同じであるので、第1実施形態と同じ構成については、第1実施形態と同じ符号を付してその作用の説明とともに省略する。

第8実施形態の照明装置1が備える図示しない一対の支持手段は、第4実施形態で説明した支持手段と同様であり、器具本体2などに図示しない接続部材を介して設けられる固定の支持部材と、これに回転可能に取付けられた支持円板とを有して形成されている。第8実施形態での発光体22は、基板23の一面例えば下面のみにLED13を複数並べて実装して形成されている。この発光体22は、基板23の長手方向両端部の夫々を、一対の支持部材の中央部に貫通した状態に取付けることによって支持されている。したがって、図15に示すように発光体22は円筒状の可変色部材31の中心部に配設されている。第8実施形態の照明装置1が備える可変色部材31は、正多角の筒形、例えば正六角形の筒形に形成されて、前記一対の支持手段の支持円板に両端支持されている。この可変色部材31の各面に波長変換部が夫々塗付されている。以上説明した事項以外は第1実施形態と同じである。

したがって、この第8実施形態でも、第1実施形態で説明したのと同じ理由によって、本発明の課題を解決できる。

図16及び図17を参照して本発明の第9実施形態を説明する。以下の説明において第1実施形態と同じ技術事項については、第1実施形態と同じ符号を付してその作用の説明とともに省略する。

図16中符号1は照明器具例えばランプ41を示している。このランプ41は、装置本体として例えば外郭部材42と、照明カバー5と、口金50と、支柱51と、複数の発光体22と、可変色部材31と、点灯装置55と、を具備している。複数の発光体22と可変色部材31は照明装置1を形成している。

外郭部材42は、アルミニウム合金等の金属製であり、ベース壁43と、大径筒部44と、小径筒部45と、放熱フィン46、放熱壁47とを備えている。

ベース壁43は円形である。大径筒部44は、ベース壁43の周部に一体に突出成形されていて、この大径筒部44の先端部外周に爪受け凸部44aが設けられている。小径筒部45は、ベース壁43の中央部に大径筒部44とは反対方向に突出して一体成形されている。この小径筒部45と大径筒部44とは同心的に設けられているとともに、互いの内部は連通されている。放熱フィン46は、小径筒部45とベース壁43と一体成形されてこれらにわたって小径筒部45を中心に放射状に設けられている。

放熱壁47は、アルミニウム合金等の金属により成形された円板からなるとともに、大径筒部44内に配設されている。放熱壁47はその周面を大径筒部44の内周面に密着して熱伝導が容易にできるようにねじ又接着剤を用いて大径筒部44に取付けられている。なお、ベース壁43と放熱壁47を一体成形する場合には放熱壁47は省略できる。

照明カバー5は拡散透光性を有して略半球状に形成されている。この照明カバー5の開口縁部の内周には爪部5aが一体成形されている。この爪部5aを大径筒部44の爪受け凸部44aに引っ掛けることにより、照明カバー5が外郭部材42をその正面から覆って取付けられている。このような爪係合状態で照明カバー5と外郭部材42とは周方向に沿って人為的に相対回転することが可能である。

口金50は小径筒部45の先端部に電気的に絶縁された状態で装着されている。この口金50は図示しないソケットに着脱可能にねじ込まれてランプ41をソケットに電気的かつ機械的に接続するのに使用される。

支柱51の長手方向一端は放熱壁47の中央部に固定されている。これにより支柱51はランプ41の径方向中心位置でランプ41の軸方向に延びている。支柱51は熱輸送が可能な構成であり、最適な例として本実施形態ではヒートパイプを用いているが、これに代えてアルミニウム合金等の金属製の柱を用いることも可能である。この支柱51は正多角形であり、本実施形態では正四角柱である。

複数の発光体22は第1実施形態で説明したものと同じである。これらの発光体22はその基板23を支柱51の各側面に密着させて支柱51に固定されている。

可変色部材31は、以下の点の他は、第1実施形態で説明したものと同様であるベース32は透明ガラス又はアクリル樹脂等の透光性樹脂の透光性材料製により筒状例えば円筒形に作られている。これとともに、夫々膜厚が異なる複数の波長変換部33a〜33cがベース32の内周面に塗布されている。波長変換部33a〜33cがベース32の周方向に関して占めた領域は例えば30度であり、これにより、可変色部材31の径方向に対向して位置された波長変換部の膜厚は同じとなっている。

図17に示すように可変色部材31はその内側に発光体22が取付けられた支柱51を収めて、この支柱51と同心的に配置されている。この可変色部材31のベース32の一端は放熱壁47に接するように配置されている。これとともに、ベース32の他端は照明カバー5の内面に固定されている。そのため、可変色部材31は照明カバー5とともに回転され、それにより発光体22に対する可変色部材31の相対位置を変えることができ、この相対位置の変更に伴い任意の膜厚の波長変換部をLED13に正対させることができるようになっている。なお、図16中符号47aは放熱壁47に一体成形した環状凸部を示し、この環状凸部47aの内側にベース32の一端部が入り込んでいる。

又、各LED13を点灯させる点灯装置55は、小径筒部45に内蔵されていて、各発光体22の基板23及び口金50に電気的に接続されている。以上説明した事項以外は第1実施形態と同じである。

したがって、この第9実施形態のランプ41の点灯時に、照明カバー5を回転操作して所望とする膜厚の波長変換部を選択することによって、これら選択された波長変換部、つまり、可変色部材31の径方向に対向して位置された同じ膜厚の波長変換部に、支柱51の各側面に装着された発光体22のLED13が発した光を入射できる。したがって、第9実施形態のランプ41でも第1実施形態で説明したのと同じ理由によって、複数のLED13を有するにも拘わらず、照明光の色温度を途切れないように順次可変できると共に、蛍光体の使用量が少なく、かつ、照明装置1がコンパクトである等の本発明の課題を解決できる。

又、この第9実施形態で各LED13が発する熱は、ヒートパイプからなる支柱51から放熱壁47に伝えられ、更に、この放熱壁47から外郭部材42に伝えられる。それにより、外郭部材42の外面及び放熱フィン46から外部に放熱される。そのため、筒状の可変色部材31内に発光体22が配設されているにも拘わらず、各LED13の温度上昇が抑制されるとともに各LED13の温度が均一化されるので、これらLED13の発光強度が同様に維持されて色むらを抑制できる。

図18を参照して本発明の第10実施形態を説明する。第10実施形態は以下説明する事項以外は第9実施形態と同じであるので、第9実施形態と同じ構成については、第9実施形態と同じ符号を付してその作用の説明とともに省略する。

第9実施形態では、可変色部材31を発光体22に対して回転させるために、可変色部材31が固定された照明カバー5を、外郭部材42の周部に回転可能に支持させる回転手段を採用したが、第10実施形態では、照明カバー5に固定された可変色部材31を放熱壁47の中央部に回転可能に支持する回転手段を採用している。

そのために、放熱壁47の中央部に環状凸部47aを突設するとともに、この環状凸部47aの開口部に内側に突出する受け縁を設けている。更に、可変色部材31の円筒形のベース32の一端部に外側に突出する係合縁32aを設けている。そして、係合縁32aを環状凸部47aの受け縁に引っ掛けることによって、照明カバー5が外郭部材42をその正面から覆って取付けられている。このような係合状態で照明カバー5と外郭部材42とは周方向に沿って人為的に相対回転することが可能である。なお、本実施形態では、第9実施形態で採用した照明カバー5の爪部と外郭部材42の爪受け部は省略されている。以上説明した事項以外は第9実施形態と同じである。

したがって、この第10実施形態でも、第9実施形態で説明したのと同じ理由によって、本発明の課題を解決できる。

本発明の第1実施形態に係る照明器具を示す断面図。 図1の照明器具が備える照明装置を示す断面図。 図2中F3−F3線に沿う断面図。 図2の照明装置が備える可変色部材を示す斜視図。 (A)(B)は図2の照明装置に使用される夫々異なる発光体を示す正面図。 本発明の第2実施形態に係る照明器具を示す断面図。 本発明の第3実施形態に係る照明器具が備える照明装置を示す断面図。 本発明の第4実施形態に係る照明器具が備える照明装置を示す断面図。 図8中F9−F9線に沿う断面図。 本発明の第5実施形態に係る照明器具が備える照明装置を示す断面図。 図10中F11−F11線に沿う断面図。 本発明の第6実施形態に係る照明器具が備える照明装置を示す断面図。 図12中F13−F13線に沿う断面図。 本発明の第7実施形態に係る照明器具が備える照明装置を示す断面図。 本発明の第8実施形態に係る照明器具を示す断面図。 本発明の第9実施形態に係るランプを示す断面図。 図16中F17−F17線に沿う断面図。 本発明の第10実施形態に係るランプを示す断面図。

符号の説明

1…照明器具、2…器具本体、2b…器具本体の正面壁(遮光部材)、3…投光窓、5…照明カバー、6…レンズ(光拡散部材)、1…照明装置、22…発光体、23…基板、23c…基板の側縁、13…LED(半導体発光素子)、31…可変色部材、32…ベース、33a〜33c…波長変換部、35…遮光筒(遮光部材)、37…投光窓、41…ランプ(照明器具)、42…外郭部材(装置本体)、50…口金、51…支柱、55…点灯装置

Claims (4)

  1. 基板及びこの基板が延びる方向に並べて前記基板に実装された複数の半導体発光素子を有する発光体と;
    前記半導体発光素子が発した光で励起されて発光する蛍光体を有して前記基板の延び方向と同方向に延びる複数の波長変換部を有し、これら波長変換部での発光波長が夫々異なるように形成された可変色部材であって、この可変色部材が、前記各波長変換部を平行に並べて内側に前記発光体が配設される形状に作られているとともに、前記各波長変換部の並び方向に沿うように前記発光体に対して相対的に移動可能に設けられ、この相対的移動により前記各波長変換部の内の任意の波長変換部を前記半導体発光素子に対向させる前記可変色部材と;
    を具備することを特徴とする照明装置。
  2. 前記可変色部材をその長手方向に直交する方向の断面が円形断面又はC字状断面とした形状とし、前記可変色部材の前記発光体に対する相対的移動の回転中心と前記可変色部材の内側面との間に前記発光体を収めて、前記基板の長手方向に延びる両側縁と前記半導体発光素子を前記内側面に接近させたことを特徴とする請求項1に記載の照明装置。
  3. 前記可変色部材の外側に、前記相対的移動により選択された前記任意の波長変換部が対向する長孔状の投光窓を有した遮光部材を配置したことを特徴とする請求項1又は2に記載の照明装置。
  4. 装置本体と;
    この装置本体の一端部に配設された口金と;
    前記装置本体の他端部中央位置に前記口金とは反対方向に突設された支柱と;
    この支柱の側面に固定され前記支柱の軸方向に沿って延びる基板及びこの基板が延びる方向に並べて前記基板に実装された複数の半導体発光素子を有して、前記支柱の周方向に沿って配設された複数の発光体と;
    前記半導体発光素子が発光した光で励起されて発光する蛍光体を有して前記基板の延び方向と同方向に延びる複数の波長変換部を有し、これら波長変換部での発光波長が夫々異なるように形成された可変色部材であって、この可変色部材が、前記各波長変換部を平行に並べて内側に前記発光体が配設される筒状に作られているとともに、前記各波長変換部の並び方向に沿うように前記発光体及び前記装置本体に対して回転可能に設けられ、この回転により前記各波長変換部の内の任意の波長変換部を前記発光体に対して選択させる前記可変色部材と;
    を具備することを特徴とする照明器具。
JP2007173375A 2007-06-29 2007-06-29 照明装置及びこれを用いた照明器具 Pending JP2009016058A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007173375A JP2009016058A (ja) 2007-06-29 2007-06-29 照明装置及びこれを用いた照明器具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007173375A JP2009016058A (ja) 2007-06-29 2007-06-29 照明装置及びこれを用いた照明器具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009016058A true true JP2009016058A (ja) 2009-01-22

Family

ID=40356741

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007173375A Pending JP2009016058A (ja) 2007-06-29 2007-06-29 照明装置及びこれを用いた照明器具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2009016058A (ja)

Cited By (39)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2251584A1 (en) * 2009-05-15 2010-11-17 Koninklijke Philips Electronics N.V. Electric lamp
WO2010131166A1 (en) * 2009-05-15 2010-11-18 Koninklijke Philips Electronics N.V. Electric lamp
JP2010287561A (ja) * 2009-06-11 2010-12-24 Yeh-Chiang Technology Corp Ledランプ
WO2011073828A1 (en) * 2009-12-14 2011-06-23 Koninklijke Philips Electronics N.V. Low-glare led-based lighting unit
WO2011087023A1 (ja) * 2010-01-14 2011-07-21 東芝ライテック株式会社 電球形ランプおよび照明器具
JP2011165531A (ja) * 2010-02-12 2011-08-25 Mitsubishi Electric Corp 発光装置及び照明器具
WO2011109093A1 (en) * 2010-03-03 2011-09-09 Cree, Inc. High efficacy led lamp with remote phosphor and diffuser configuraton
WO2011122655A1 (ja) * 2010-03-30 2011-10-06 三菱化学株式会社 発光装置
WO2011124457A1 (de) * 2010-04-07 2011-10-13 Osram Gesellschaft mit beschränkter Haftung Halbleiterlampe
JP2011228539A (ja) * 2010-04-21 2011-11-10 Panasonic Electric Works Co Ltd 発光装置
WO2011109092A3 (en) * 2010-03-03 2011-11-24 Cree, Inc. Led lamp with remote phosphor and diffuser configuration
WO2011109100A3 (en) * 2010-03-03 2012-01-05 Cree, Inc. Led lamp or bulb with remote phosphor and diffuser configuration with enhanced scattering properties
WO2011109098A3 (en) * 2010-03-03 2012-01-12 Cree, Inc. Solid state lamp and bulb
WO2012011279A1 (ja) * 2010-07-20 2012-01-26 パナソニック株式会社 電球形ランプ
JP2012103871A (ja) * 2010-11-09 2012-05-31 Nihon Funen Co Ltd 歩行者用信号機に使用されるledランプ
EP2530378A1 (en) * 2009-02-04 2012-12-05 Panasonic Corporation Bulb-shaped lamp and lighting device
KR101211465B1 (ko) 2011-08-12 2012-12-18 오명호 형광등 형태의 led 조명등
CN102884364A (zh) * 2010-03-03 2013-01-16 克利公司 具有远端磷光体及漫射器布置的led灯
US8466611B2 (en) 2009-12-14 2013-06-18 Cree, Inc. Lighting device with shaped remote phosphor
JP2013528893A (ja) * 2010-03-03 2013-07-11 クリー インコーポレイテッドCree Inc. 遠隔リン光体及びディフューザの構成を用いるledランプ
US8562161B2 (en) 2010-03-03 2013-10-22 Cree, Inc. LED based pedestal-type lighting structure
US8632196B2 (en) 2010-03-03 2014-01-21 Cree, Inc. LED lamp incorporating remote phosphor and diffuser with heat dissipation features
JP2014026995A (ja) * 2012-07-24 2014-02-06 Sharp Corp 発光装置及び照明装置
WO2014073237A1 (ja) * 2012-11-06 2014-05-15 東芝ライテック株式会社 固体照明装置
US8882284B2 (en) 2010-03-03 2014-11-11 Cree, Inc. LED lamp or bulb with remote phosphor and diffuser configuration with enhanced scattering properties
US8931933B2 (en) 2010-03-03 2015-01-13 Cree, Inc. LED lamp with active cooling element
US9024517B2 (en) 2010-03-03 2015-05-05 Cree, Inc. LED lamp with remote phosphor and diffuser configuration utilizing red emitters
US9057511B2 (en) 2010-03-03 2015-06-16 Cree, Inc. High efficiency solid state lamp and bulb
US9062830B2 (en) 2010-03-03 2015-06-23 Cree, Inc. High efficiency solid state lamp and bulb
US9068701B2 (en) 2012-01-26 2015-06-30 Cree, Inc. Lamp structure with remote LED light source
US9234655B2 (en) 2011-02-07 2016-01-12 Cree, Inc. Lamp with remote LED light source and heat dissipating elements
US9275979B2 (en) 2010-03-03 2016-03-01 Cree, Inc. Enhanced color rendering index emitter through phosphor separation
US9310030B2 (en) 2010-03-03 2016-04-12 Cree, Inc. Non-uniform diffuser to scatter light into uniform emission pattern
US9316361B2 (en) 2010-03-03 2016-04-19 Cree, Inc. LED lamp with remote phosphor and diffuser configuration
US9360188B2 (en) 2014-02-20 2016-06-07 Cree, Inc. Remote phosphor element filled with transparent material and method for forming multisection optical elements
US9412926B2 (en) 2005-06-10 2016-08-09 Cree, Inc. High power solid-state lamp
US9488359B2 (en) 2012-03-26 2016-11-08 Cree, Inc. Passive phase change radiators for LED lamps and fixtures
US9500325B2 (en) 2010-03-03 2016-11-22 Cree, Inc. LED lamp incorporating remote phosphor with heat dissipation features
US9625105B2 (en) 2010-03-03 2017-04-18 Cree, Inc. LED lamp with active cooling element

Cited By (59)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9412926B2 (en) 2005-06-10 2016-08-09 Cree, Inc. High power solid-state lamp
EP2530378A1 (en) * 2009-02-04 2012-12-05 Panasonic Corporation Bulb-shaped lamp and lighting device
US9080757B2 (en) 2009-02-04 2015-07-14 Panasonic Corporation Bulb-shaped lamp and lighting device
WO2010131166A1 (en) * 2009-05-15 2010-11-18 Koninklijke Philips Electronics N.V. Electric lamp
RU2539580C2 (ru) * 2009-05-15 2015-01-20 Конинклейке Филипс Эелктроникс Н.В. Электрическая лампа
US8941300B2 (en) 2009-05-15 2015-01-27 Koninklijke Philips N.V. Electric lamp
KR101738492B1 (ko) 2009-05-15 2017-07-26 필립스 라이팅 홀딩 비.브이. 전기 램프
EP2251584A1 (en) * 2009-05-15 2010-11-17 Koninklijke Philips Electronics N.V. Electric lamp
JP2012527076A (ja) * 2009-05-15 2012-11-01 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ 電気ランプ
JP2010287561A (ja) * 2009-06-11 2010-12-24 Yeh-Chiang Technology Corp Ledランプ
CN102639925B (zh) * 2009-12-14 2016-08-03 皇家飞利浦电子股份有限公司 低眩光的基于led的发光单元
US8668354B2 (en) 2009-12-14 2014-03-11 Koninklijke Philips N.V. Low-glare LED-based lighting unit
RU2548570C2 (ru) * 2009-12-14 2015-04-20 Конинклейке Филипс Электроникс Н.В. Малобликующий светодиодный осветительный модуль
US8466611B2 (en) 2009-12-14 2013-06-18 Cree, Inc. Lighting device with shaped remote phosphor
WO2011073828A1 (en) * 2009-12-14 2011-06-23 Koninklijke Philips Electronics N.V. Low-glare led-based lighting unit
CN102639925A (zh) * 2009-12-14 2012-08-15 皇家飞利浦电子股份有限公司 低眩光的基于led的发光单元
JP2011146253A (ja) * 2010-01-14 2011-07-28 Toshiba Lighting & Technology Corp 電球形ランプおよび照明器具
WO2011087023A1 (ja) * 2010-01-14 2011-07-21 東芝ライテック株式会社 電球形ランプおよび照明器具
JP2011165531A (ja) * 2010-02-12 2011-08-25 Mitsubishi Electric Corp 発光装置及び照明器具
US9057511B2 (en) 2010-03-03 2015-06-16 Cree, Inc. High efficiency solid state lamp and bulb
US9316361B2 (en) 2010-03-03 2016-04-19 Cree, Inc. LED lamp with remote phosphor and diffuser configuration
US9310030B2 (en) 2010-03-03 2016-04-12 Cree, Inc. Non-uniform diffuser to scatter light into uniform emission pattern
US9500325B2 (en) 2010-03-03 2016-11-22 Cree, Inc. LED lamp incorporating remote phosphor with heat dissipation features
CN102971574A (zh) * 2010-03-03 2013-03-13 克利公司 固态灯和灯泡
CN103003625A (zh) * 2010-03-03 2013-03-27 克利公司 具有增强散射性质的远端磷光体和漫射器布置的led灯或灯泡
US9275979B2 (en) 2010-03-03 2016-03-01 Cree, Inc. Enhanced color rendering index emitter through phosphor separation
WO2011109098A3 (en) * 2010-03-03 2012-01-12 Cree, Inc. Solid state lamp and bulb
JP2013528893A (ja) * 2010-03-03 2013-07-11 クリー インコーポレイテッドCree Inc. 遠隔リン光体及びディフューザの構成を用いるledランプ
US9217544B2 (en) 2010-03-03 2015-12-22 Cree, Inc. LED based pedestal-type lighting structure
CN102884364A (zh) * 2010-03-03 2013-01-16 克利公司 具有远端磷光体及漫射器布置的led灯
US8632196B2 (en) 2010-03-03 2014-01-21 Cree, Inc. LED lamp incorporating remote phosphor and diffuser with heat dissipation features
WO2011109100A3 (en) * 2010-03-03 2012-01-05 Cree, Inc. Led lamp or bulb with remote phosphor and diffuser configuration with enhanced scattering properties
WO2011109092A3 (en) * 2010-03-03 2011-11-24 Cree, Inc. Led lamp with remote phosphor and diffuser configuration
US9062830B2 (en) 2010-03-03 2015-06-23 Cree, Inc. High efficiency solid state lamp and bulb
US8882284B2 (en) 2010-03-03 2014-11-11 Cree, Inc. LED lamp or bulb with remote phosphor and diffuser configuration with enhanced scattering properties
US8931933B2 (en) 2010-03-03 2015-01-13 Cree, Inc. LED lamp with active cooling element
US8562161B2 (en) 2010-03-03 2013-10-22 Cree, Inc. LED based pedestal-type lighting structure
CN103003625B (zh) * 2010-03-03 2017-03-22 克利公司 固态灯
US9625105B2 (en) 2010-03-03 2017-04-18 Cree, Inc. LED lamp with active cooling element
US9024517B2 (en) 2010-03-03 2015-05-05 Cree, Inc. LED lamp with remote phosphor and diffuser configuration utilizing red emitters
WO2011109093A1 (en) * 2010-03-03 2011-09-09 Cree, Inc. High efficacy led lamp with remote phosphor and diffuser configuraton
CN102823001A (zh) * 2010-03-30 2012-12-12 三菱化学株式会社 发光装置
WO2011122655A1 (ja) * 2010-03-30 2011-10-06 三菱化学株式会社 発光装置
WO2011124457A1 (de) * 2010-04-07 2011-10-13 Osram Gesellschaft mit beschränkter Haftung Halbleiterlampe
US8513866B2 (en) 2010-04-07 2013-08-20 Osram Ag Semiconductor lamp
JP2011228539A (ja) * 2010-04-21 2011-11-10 Panasonic Electric Works Co Ltd 発光装置
CN102483201B (zh) * 2010-07-20 2015-08-19 松下电器产业株式会社 灯泡型灯
JP5189211B2 (ja) * 2010-07-20 2013-04-24 パナソニック株式会社 電球形ランプ
WO2012011279A1 (ja) * 2010-07-20 2012-01-26 パナソニック株式会社 電球形ランプ
CN102483201A (zh) * 2010-07-20 2012-05-30 松下电器产业株式会社 灯泡型灯
US9732930B2 (en) 2010-07-20 2017-08-15 Panasonic Intellectual Property Management Co., Ltd. Light bulb shaped lamp
JP2012103871A (ja) * 2010-11-09 2012-05-31 Nihon Funen Co Ltd 歩行者用信号機に使用されるledランプ
US9234655B2 (en) 2011-02-07 2016-01-12 Cree, Inc. Lamp with remote LED light source and heat dissipating elements
KR101211465B1 (ko) 2011-08-12 2012-12-18 오명호 형광등 형태의 led 조명등
US9068701B2 (en) 2012-01-26 2015-06-30 Cree, Inc. Lamp structure with remote LED light source
US9488359B2 (en) 2012-03-26 2016-11-08 Cree, Inc. Passive phase change radiators for LED lamps and fixtures
JP2014026995A (ja) * 2012-07-24 2014-02-06 Sharp Corp 発光装置及び照明装置
WO2014073237A1 (ja) * 2012-11-06 2014-05-15 東芝ライテック株式会社 固体照明装置
US9360188B2 (en) 2014-02-20 2016-06-07 Cree, Inc. Remote phosphor element filled with transparent material and method for forming multisection optical elements

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8322896B2 (en) Solid-state light bulb
US8292468B2 (en) Solid state light source light bulb
US20110170289A1 (en) Compact light-mixing led light engine and white led lamp with narrow beam and high cri using same
US20100254128A1 (en) Reflector system for lighting device
US20110037388A1 (en) White light emission diode and white light emission diode lamp
WO2011021719A1 (ja) 蛍光灯型led照明灯
US20130335966A1 (en) Lighting device
JP2008300203A (ja) 照明器具
JP2010205553A (ja) 照明装置
JP2010055993A (ja) 照明装置および照明器具
JP2009117346A (ja) 照明装置
US20110074270A1 (en) Lighting device having heat dissipation element
JP2007300138A (ja) 発光装置及びこれを用いた照明器具
JP2009277586A (ja) 電球型led照明器具
JP2007059260A (ja) 照明装置及び照明器具
JP2009117342A (ja) 発光素子ランプ及び照明器具
JP2006059625A (ja) Led照明装置、ペンダント照明器具および街路灯
JP2007026749A (ja) 発光装置および照明装置
JP2009021082A (ja) 照明装置
JP2009170114A (ja) Led電球及び照明器具
JP2011044306A (ja) 蛍光灯型照明装置
WO2010119618A1 (ja) 発光装置および電球型ledランプ
JP2008108721A (ja) 反射型照明装置
US20130235555A1 (en) Light emitting device, and illumination apparatus and luminaire using same
JP2010086946A (ja) 照明用光源およびそれを用いた反射鏡付き照明器具