JP2008504064A - Instrument for performing performing anastomosis of each organization defining two cavity - Google Patents

Instrument for performing performing anastomosis of each organization defining two cavity Download PDF

Info

Publication number
JP2008504064A
JP2008504064A JP2007518175A JP2007518175A JP2008504064A JP 2008504064 A JP2008504064 A JP 2008504064A JP 2007518175 A JP2007518175 A JP 2007518175A JP 2007518175 A JP2007518175 A JP 2007518175A JP 2008504064 A JP2008504064 A JP 2008504064A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tube
anchor
assembly
bladder
instrument
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007518175A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
イッサ・ムタ・エム
ウェイゼンバーグ・ウィリアム・ビー・ザ・セカンド
ジル・ロバート・ピー
ヘス・クリストファー・ジェイ
ボーゲレ・ジェームス・ダブリュ
Original Assignee
エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US58230204P priority Critical
Priority to US63983604P priority
Priority to US11/093,694 priority patent/US7559939B2/en
Application filed by エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc. filed Critical エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッドEthicon Endo−Surgery,Inc.
Priority to PCT/US2005/021755 priority patent/WO2006009998A2/en
Publication of JP2008504064A publication Critical patent/JP2008504064A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/04Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for suturing wounds; Holders or packages for needles or suture materials
    • A61B17/0401Suture anchors, buttons or pledgets, i.e. means for attaching sutures to bone, cartilage or soft tissue; Instruments for applying or removing suture anchors
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/04Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for suturing wounds; Holders or packages for needles or suture materials
    • A61B17/0482Needle or suture guides
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/064Surgical staples, i.e. penetrating the tissue
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/064Surgical staples, i.e. penetrating the tissue
    • A61B17/0644Surgical staples, i.e. penetrating the tissue penetrating the tissue, deformable to closed position
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/068Surgical staplers, e.g. containing multiple staples or clamps
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/11Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for performing anastomosis; Buttons for anastomosis
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/11Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for performing anastomosis; Buttons for anastomosis
    • A61B17/115Staplers for performing anastomosis in a single operation
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/04Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for suturing wounds; Holders or packages for needles or suture materials
    • A61B17/0401Suture anchors, buttons or pledgets, i.e. means for attaching sutures to bone, cartilage or soft tissue; Instruments for applying or removing suture anchors
    • A61B2017/0412Suture anchors, buttons or pledgets, i.e. means for attaching sutures to bone, cartilage or soft tissue; Instruments for applying or removing suture anchors having anchoring barbs or pins extending outwardly from suture anchor body
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/04Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for suturing wounds; Holders or packages for needles or suture materials
    • A61B17/0401Suture anchors, buttons or pledgets, i.e. means for attaching sutures to bone, cartilage or soft tissue; Instruments for applying or removing suture anchors
    • A61B2017/0417T-fasteners
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/04Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for suturing wounds; Holders or packages for needles or suture materials
    • A61B17/0401Suture anchors, buttons or pledgets, i.e. means for attaching sutures to bone, cartilage or soft tissue; Instruments for applying or removing suture anchors
    • A61B2017/0419H-fasteners
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/04Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for suturing wounds; Holders or packages for needles or suture materials
    • A61B17/0401Suture anchors, buttons or pledgets, i.e. means for attaching sutures to bone, cartilage or soft tissue; Instruments for applying or removing suture anchors
    • A61B2017/0427Suture anchors, buttons or pledgets, i.e. means for attaching sutures to bone, cartilage or soft tissue; Instruments for applying or removing suture anchors having anchoring barbs or pins extending outwardly from the anchor body
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/04Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for suturing wounds; Holders or packages for needles or suture materials
    • A61B17/06Needles ; Sutures; Needle-suture combinations; Holders or packages for needles or suture materials
    • A61B17/06166Sutures
    • A61B2017/06176Sutures with protrusions, e.g. barbs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/064Surgical staples, i.e. penetrating the tissue
    • A61B2017/0647Surgical staples, i.e. penetrating the tissue having one single leg, e.g. tacks
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/11Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for performing anastomosis; Buttons for anastomosis
    • A61B2017/1103Approximator
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/11Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for performing anastomosis; Buttons for anastomosis
    • A61B2017/1135End-to-side connections, e.g. T- or Y-connections
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/11Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for performing anastomosis; Buttons for anastomosis
    • A61B2017/1139Side-to-side connections, e.g. shunt or X-connections
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/22Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for
    • A61B2017/22051Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for with an inflatable part, e.g. balloon, for positioning, blocking, or immobilisation
    • A61B2017/22065Functions of balloons
    • A61B2017/22069Immobilising; Stabilising
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/28Surgical forceps
    • A61B17/29Forceps for use in minimally invasive surgery
    • A61B2017/2901Details of shaft
    • A61B2017/2905Details of shaft flexible
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/28Surgical forceps
    • A61B17/29Forceps for use in minimally invasive surgery
    • A61B17/2909Handles
    • A61B2017/2912Handles transmission of forces to actuating rod or piston
    • A61B2017/2923Toothed members, e.g. rack and pinion

Abstract

【課題】前立腺摘除後に膀胱を尿道に接合する処置において、吻合器械の操作駆動のために膀胱内部へのアクセスを必要としないシステムを提供する。 A bladder after prostatectomy in the treatment for bonding the urethra, to provide a system that does not require access to the bladder internally for operating driving of the anastomosis instrument.
【解決手段】吻合器械10は、尿道を通って膀胱腔内に、あるいは腹部および膀胱壁の切開口を通って膀胱腔内に挿入するように構成でき、また前立腺摘除後に患者の膀胱と尿道の吻合に使用するように構成できるエンドエフェクタを支持するチューブ組立体500を含み、さらに、位置決め装置400と、アンカー駆動装置組立体300と、および係留構造730を持つシャフト720および/またはバルーンハーネス94とカテーテル96の組み合わせを含むアンカーシステム700とを備えたエンドエフェクタを用いることができる。 A anastomosis instrument 10, the bladder lumen through the urethra, or through an incision in the abdomen and the bladder wall can be configured to be inserted into the bladder cavity and the patient after prostatectomy bladder and urethra includes a tube assembly 500 for supporting the end effector can be configured to use the anastomosis, further, the positioning device 400, anchor drive assembly 300, and the shaft 720 and / or balloon harness 94 having an anchoring structure 730 it can be used an end effector and a anchor system 700 that includes a combination of catheter 96.
【選択図】図3 .Field

Description

開示の内容 The contents of disclosure

〔関連出願〕 RELATED APPLICATIONS
本出願は、2004年5月7日出願の名称を「吻合方法および装置(METHODS AND DEVICE FOR ANASTOMOSIS)」とする米国特許仮出願第60/569,195号、2004年6月23日出願の名称を「吻合方法および装置(METHODS AND DEVICE FOR ANASTOMOSIS)」とする米国特許仮出願第60/582,302号、および、2004年12月28日出願の名称を「2つの体腔を画定するそれぞれの組織の吻合を行うための器械(METHODS AND INSTRUMENT FOR EFFECTING ANASTOMOSIS OF RESPECTIVE TISSUES DEFINING TWO BODY LUMENS)」とする米国特許仮出願第60/639,836号のうち、いずれか1つまたは複数の出願日の権利を主張するものである。 This application, the name of the filed May 7, 2004 "anastomotic methods and devices (METHODS AND DEVICE FOR ANASTOMOSIS)" and U.S. Provisional Patent Application No. 60 / 569,195, entitled, filed Jun. 23, 2004 the "anastomotic methods and devices (mETHODS aND dEVICE fOR aNASTOMOSIS)" and U.S. provisional Patent application No. 60 / 582,302, and, for each name, filed Dec. 28, 2004 defines a "two lumen tissue instrument (METHODS aND iNSTRUMENT fOR EFFECTING aNASTOMOSIS oF RESPECTIVE TISSUES DEFINING tWO BODY LUMENS) "and of U.S. provisional Patent application No. 60 / 639,836 to, any one or rights of a plurality of filing date for performing anastomoses which claims.

〔発明の分野〕 FIELD OF THE INVENTION
本発明は2つの中空臓器、1つの中空臓器および1本の脈管、あるいは2本の脈管の吻合に関し、具体的には、最小限の侵襲性で吻合を行う方法および装置に関する。 The present invention two hollow organs, one hollow organ and one vessels, or relates to anastomosis of the two vessels, in particular, to a method and apparatus for performing an anastomosis in minimally invasive. さらに具体的には、本発明は、特に患者の前立腺摘除後の、膀胱および尿道の吻合に使用することのできる吻合器械および方法に関する。 More specifically, the present invention is especially after prostatectomy patients, regarding anastomosis instruments and methods can be used for anastomosis of the bladder and urethra.

〔発明の背景〕 Background of the Invention
前立腺癌は皮膚の悪性腫瘍に次いで男性にみられる最も多い悪性腫瘍であり、米国では男性の癌による死亡の2番目の原因となっている。 Prostate cancer is the most common malignant tumor seen in men next to a malignant tumor of the skin, in the United States has become the second leading cause of cancer death in men. 前立腺癌は圧倒的に年配の男性の病気で、その患者の絶対数は世界的に平均寿命が延びるにつれて増加すると考えられている。 Prostate cancer is predominantly a disease of older men, considered the absolute number of patients increases as worldwide average life is extended.

前立腺癌に対する治療法として恥骨後式前立腺摘除術(retropubic approach to prostatectomy)が1947年にミリン(Millin)により導入された。 Retropubic prostatectomy as treatment for prostate cancer (retropubic approach to prostatectomy) has been introduced by the mirin (Millin) in 1947. 会陰式前立腺摘除術(perineal prostatectomy)に比べて、その手術は泌尿器科医が恥骨後部の解剖学的構造により詳しいという点ではっきりとした利点があった。 Compared to Kaikageshiki prostatectomy (perineal prostatectomy), the surgery urologist there has been a distinct advantage in terms of detailed by the anatomical structure of the retropubic. 根治的な前立腺摘除のための恥骨後方からのアプローチはまた、病期分類を行うために、腹膜外骨盤リンパ節の切開を行うことができる利点がある。 Approach from retropubic for curative prostatectomy also in order to perform the staging, there is an advantage that it is possible to perform an incision of the extraperitoneal pelvic lymph nodes. 過去10年間、恥骨後式前立腺全摘除術の技法の改良および解剖学的神経温存方法の導入により、術後最大の懸念事項の原因となる、2種類の術後合併症である尿失禁とインポテンスの罹患率が劇的に減少した。 The past 10 years, the introduction of improvements and anatomical nerve-sparing process techniques retropubic prostatectomy, causing the largest concern after surgery, two of urinary incontinence and impotence postoperative complications the prevalence has decreased dramatically.

恥骨後式前立腺全摘除手術では、外科医は患者の前立腺を全部あるいは大部分を切除する。 In retropubic prostatectomy surgery, the surgeon to excise all or most of the patient's prostate. 尿道は前立腺を通り抜けているので、手術では尿道の上部が切除される。 Since the urethra is through the prostate, the upper part of the urethra is ablated in surgery. 適切な排尿機能を回復させるためには膀胱と尿道を再接合する必要がある。 In order to restore the proper urinary function, it is necessary to re-joining the bladder and urethra.

この接合は、限られた作業空間と尿道が小さいことのため特に困難である。 This bonding is particularly difficult because of that limited working space and the urethra is small. 尿道が小さいので縫合糸を尿道壁に正確に設置するのが困難である。 Since the urethra is small suture is difficult to accurately set up the urethral wall. 従来は、外科医が小さく細い針で苦労して縫合作業を行い膀胱と尿道とを再接合していた。 Has been conventionally re-joining the bladder and urethra perform suturing operation struggling with thin needle small surgeon. この目的に縫合糸を使用することにより回復に幾つかの問題が生じることが分かった。 It was found that several problems in recovery by the use of sutures to this purpose. それらの問題は、縫合した組織の壊死、尿道内の体液流を妨げる尿道の狭窄、および、液密でない尿道−膀胱結合を含む。 These problems, sutured tissue necrosis, the urethra to prevent the fluid flow in the urethral stricture, and urethral not liquid-tight - including bladder binding. さらに、尿道を膀胱に縫合しているときに外科医が不注意で近くにある神経血管束を刺してしまう危険があり、それが尿失禁あるいはインポテンスの原因となることがある。 Furthermore, there is a risk that the surgeon will stab neurovascular bundles near inadvertently while suturing the urethra into the bladder, it can be a cause of urinary incontinence or impotence. 縫合作業自体も煩雑で、外科医は膀胱と尿道を合せて把持し、伸長させてから微細な縫合をしなければならない。 Suturing operation itself complicated, the surgeon grasps the combined bladder and urethra must make fine sutures were allowed to stretch. 縫合糸はまた、尿道を破ることもあり、このことがさらなる合併症を結果として引き起こしてしまう。 Suture which is also to break the urethra, which will cause further complications resulting.

恥骨後式前立腺全摘除手術が普及するにつれ、より早く、かつ、より簡単に膀胱と尿道を再接合する方法が求められている。 As retropubic prostatectomy surgery popular, faster, and, a method for re-bonding more easily bladder and urethra are required. 潜在的に危険な縫合糸を使う必要のない尿道と膀胱とを吻合する手段を提供できればさらに有益であろう。 Further it would be beneficial if provide means for anastomosing and unnecessary urethra and bladder using potentially dangerous suture.

さらに、脈管、中空臓器、および、他の体腔を画定する組織の接合を必要とする外科処置がある。 Furthermore, vascular, hollow organs, and, there is a surgical procedure that requires joining of tissue defining the other body cavities. これらの構造は大きく、外科医はそれだけ扱いやすいが、他の体腔を画定する組織構造はより小さく、かつ、扱いづらく、例えば、横断手術(transactional operation)の後に所定の位置に保持しづらい。 These structures are large, the surgeon is much tractable, organizational structure defining the other body cavities are smaller, and cumbersome, for example, difficult to hold in place after the transverse surgery (transactional operation). したがって、より早くより簡単に脈管、中空臓器、また他の体腔を画定する組織を接合する方法があれば、有益である。 Thus, faster than simple vessel, hollow organ, also if there is a method of joining tissue defining the other body cavities, is beneficial.

本明細書に組み込まれ、その一部を形成する添付の図面は、本発明のいくつかの態様を例示し、以下の記述とあわせて本発明の原理を説明するものである。 Are incorporated in the accompanying drawings which form a part of the specification, illustrate several embodiments of the present invention, serve to explain the principles of the present invention in conjunction with the following description.

添付の図面に示されている、本発明の方法および器械の様々な実施例、ならびに、その様々な構成部品について、以下に詳細に述べる。 Which are illustrated in the accompanying drawings, various embodiments of the method and apparatus of the present invention, as well as its various components, described in more detail below.

〔発明の詳細な説明〕 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明の方法および器械の実施例を開示し説明する前に、本明細書に開示された手順(process steps)および材料は、若干の変更もありえるため、本発明はそれら特定の手順および材料に限定されないことを理解すべきである。 Before explaining the disclosed embodiments of the method and apparatus of the present invention, steps (process Steps) and materials disclosed herein, since there may be slight modifications, the present invention is their specific procedures and materials it should be understood that the invention is not limited. また、本明細書で用いられる用語は、特定の実施例のみを説明する目的に使用されるものあり、本発明の範囲は添付の特許請求の範囲によってのみ限定されるものであるため、それらの用語は本発明を限定することを目的とするものではない。 Further, the terminology used herein, there shall be used for the purpose of describing particular embodiments only, since the scope of the present invention is to be limited only by the appended claims, those the term is not intended to be limiting of the present invention.

本明細書で用いるすべての技術用語および科学用語は、その他に規定しない限り、本発明が属する分野の、通常、当業者に広く理解されている用語と同じ意味を持つ。 All technical and scientific terms used herein, unless otherwise specified in other fields in which the present invention pertains, generally have the same meaning as the term is widely understood by those skilled in the art. 本明細書に記載のものに類似または同等の方法、器械および材料は、すべて本発明の実施または試験に使用できるが、方法、器械、および、材料の特定の実施例を以下に説明する。 Similar or equivalent methods, apparatus and materials to those described herein can all be used in the practice or testing of the present invention, it will be described a method, apparatus, and, specific examples of the material below.

本明細書および添付の特許請求の範囲に使われているように、単数形「1つの」("a"、"an")および「その」("the")は内容が明らかにそうでないことを示していなければ複数形を含む。 As used in the claims of the present specification and attached, the singular forms "a" ( "a", "an") and "the" ( "the") is that the content is not clearly dictates otherwise if shows include the plural forms.

本発明の説明および請求の範囲において、以下の用語が次に述べる定義にしたがって使用される。 In the description and claims of the present invention, it is used in accordance with the definitions set forth below terms below.

本明細書においては、用語「吻合」(anastomosis)は体腔を画定するそれぞれの組織および他の中空の身体構造の外科的結合、特に中空の脈管、内腔、または、臓器を、それらの間で相互連絡させるためにそれらを結合することを意味する。 As used herein, the term "anastomosis" (Anastomosis) Surgical binding of each tissue and other hollow body structure defining a body cavity, in particular a hollow vessel, lumen, or the organ, between them in it meant binding them in order to interconnect.

本明細書における用語「患者」(patient)は吻合が行われるすべてのヒト、または、動物を言う。 As used herein, the term "patient" (patient) is all human anastomosis is performed or, refers to an animal.

本明細書においては、用語「生体適合性の」(biocompatible)は、本質的に有毒または有害でなく、かつ、免疫学的拒絶反応を起こさないことにより、患者の生体組織および生体系に適合する材料を含む。 As used herein, the term "biocompatible" (Biocompatible) are not inherently toxic or hazardous, and by not causing immunological rejection, compatible with the patient's anatomy and biological systems including the material. 「生体適合性」(biocompatibility)は、材料が生体適合性を有する性質のものであることを含む。 "Biocompatible" (biocompatibility) comprises material is of the nature biocompatible.

本明細書においては、用語「生体吸収性」(bioabsorbable)は、材料が生体により溶解および/または分解、および、吸収されるものであることを意味する。 As used herein, the term "bioresorbable" (Bioabsorbable) is dissolved and / or decomposed material by biological, and means that are intended to be absorbed.

本明細書においては、用語「形状記憶」(shape memory)は、例えば適宜作成したニッケル−チタン合金(「ニチノール」(nitinol))のような材料が予備形成した形状から変形した後、この予備形成の形状に戻る性質を意味する。 As used herein, the term "shape memory" (shape memory), for example suitably created nickel - after the material such as titanium alloy ( "Nitinol" (Nitinol)) is deformed from the shape of the preformed, the preformed It means a property that return of the shape.

本明細書においては、用語「一体の」(integral)は、2つまたは複数の部分が、実質的に単一の部分として移動または機能するためにそれらの部分を共に固着、固定または結合することを意味する。 As used herein, the term "integral" (integral) is that the two or more portions, substantially both fixed these parts to move or act as a single part, fixing or binding It means. 「一体の」は、これに限定されないが、同じ連続する材料から作られたという意味において連続している部分を含み、また、共にほぼ動かないように固定され、ほぼ一体になるように何らかの手段で結合、固着または固定された、不連続な部分をさらに含む。 "Integral" include, but are not limited to, includes a portion continuously and in the sense that made of a material that same continuous, also both fixed so as to be substantially stationary, some means to be substantially integral in binding, secured or fixed, further comprising a discontinuous portion.

本明細書においては、器械の構成要素に対して、用語「近位の」(proximal)(またはそのあらゆる形)は、一般的に構成要素の外科医に最も近い部分、または、使用時に外科医が操作する器械の端部に最も近い部分、を意味し、かつ、器械の動作方向に対して、一般的に外科医に最も近い器械の端部または、使用時に外科医が操作する器械の端部に近づく方向、を意味する。 In the present specification, with respect to the components of the instrument, the term "proximal" (proximal) (or any shape) generally closest to the surgeon of the components or, the surgeon operating in use closest to the end portion of the instrument that means, and, with respect to the direction of movement of the instrument, generally end closest instrument to the surgeon or, toward the end of the instrument the surgeon to manipulate during use It means.

本明細書においては、器械の構成要素に対して、用語「遠位の」(distal)(またはそのあらゆる形)は、一般的に構成要素の外科医から最も遠い部分、または、使用時に外科医が操作する器械の端部から最も遠い部分、を意味し、かつ、器械の動作方向に対して、一般的に外科医から最も遠い器械の端部、または、使用時に外科医が操作する器械の端部から離れる方向、を意味する。 In the present specification, with respect to the components of the instrument, the term "distal" (Distal) (or any shape), the farthest portion from the surgeon generally components or, the surgeon operating in use farthest portion from the end portion of the instrument that means, and, with respect to the direction of movement of the instrument, the end portion of the generally furthest instruments from the surgeon or away from the end of the instrument which the surgeon manipulates in use direction, means.

本明細書においては、ある軸に対して、用語「横」(transverse)(またはそのあらゆる形)は、その軸を横切る、すなわち軸と共線的または平行ではない線、面、あるいは方向に延びることを意味する。 In the present specification, with respect to an axis, the term "lateral" (Transverse) (or any shape) crosses its axis, extending or axis and collinear or not parallel lines, surfaces or direction, it means that. 「横」は、本明細書においては、「直角」(perpendicular)に限定されない。 "Lateral" as used herein is not limited to "perpendicular" (Perpendicular).

本明細書においては、器械に対して、用語「縦軸」(longitudinal axis)は、前記器械の大きい方の寸法に沿う、すなわち遠位端から近位端までの、および、その逆の、長さに沿って画定される、正確な軸、または、ほぼ中心の軸を意味し、かつ、直線を意味することに限定する意図はなく、例えば、本明細書で述べているように、器械が曲げ角を含む場合には、「縦軸」はその曲げ角に沿うものとする。 In the present specification, with respect to instruments, the term "longitudinal axis" (Longitudinal axis) is the along the major dimension of the instrument, i.e. from the distal end to the proximal end, and, vice versa, the length defined along the the exact axis or, means the axis of the approximate center, and there is no intention to be limited to mean linear, e.g., as described herein, the instrument is when containing the bending angle, "longitudinal axis" is intended along its bending angle. エンドエフェクタに関連して使用される場合は、用語「縦軸」は、エンドエフェクタの大きい方の寸法に沿う、すなわち遠位端から近位端までの、および、その逆の、長さに沿って画定される、正確な、または、ほぼ中心の軸を意味する。 When used in connection with the end effector, the term "longitudinal axis" along the major dimension of the end effector, i.e. from the distal end to the proximal end, and, vice versa, along the length It defined Te, accurate, or refers to the axis of the approximate center.

本発明の方法および器械は、2つの体腔を画定するそれぞれの組織の吻合、例えば、前立腺摘除後に、膀胱を尿道に接続するために、簡易で、効果的な機械装置を用いる。 The methods and apparatus of the present invention, each tissue anastomosis define two body cavities, for example, after prostatectomy, in order to connect the bladder to the urethra, the simple, the use of effective machinery. より骨の折れる厄介な縫合作業を排除することで、吻合技術が改善される。 By eliminating the more laborious messy suturing operation, anastomotic technique is improved. 開示した処置に使用するために、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁組織を骨盤底組織に接触させ、それら組織が共に癒着し治癒するように、それら組織を所定の位置に保持するための、改良された器械の様々な実施例を示している。 For use in the treatment disclosed, align the positions of the bladder opening and urethral opening, the bladder wall tissue into contact with the pelvic floor tissue, as they tissue adhesion healed together, holding them tissue in place for show various embodiments of an improved instrument.

開示した本発明の技術および器械を使用することによって、吻合処置における一連のステップの数を減らすことができ、それにより、経費削減、かつ、処置に必要な時間の短縮、を行うことができる。 By using the techniques and instruments of the present invention disclosed, it is possible to reduce the number of series of steps in the anastomosis procedure, thereby reducing costs and shorten the time required for the treatment can be performed. 本発明は、また、手による縫合を必要とする他の吻合方法に関連する合併症を排除する。 The present invention also eliminates the complications associated with other anastomosis methods requiring suturing manual.

本発明は、吻合器械の操作駆動のために膀胱内部にアクセスする必要なく、例えば、尿道から膀胱に挿入された(逆行方向)吻合器械を使用して膀胱を尿道に接続できるシステムを提供する。 The present invention, without having to access internal bladder for operation driving of the anastomotic instrument, for example, is inserted through the urethra into the bladder using (retrograde direction) anastomosis instrument to provide a system that the bladder can connect to the urethra. あるいは、吻合器械を患者の腹部および膀胱の上面にある小さい切開口を介して、膀胱内へ、次に尿道内へと順行方向に挿入できるように吻合システムおよび器械を構成できる。 Alternatively, the anastomosis instrument through a small incision on the top of the abdomen and the bladder of the patient, into the bladder, can then configure the anastomosis system and instrument for insertion in the antegrade direction into the urethra. また、吻合器械の操作および作動は外科医が患者の体外から行うことができる。 The operation and actuation of the anastomotic instrument can be surgeon performed from outside the patient's body.

図面を詳細に参照すると、すべての図面で同じ参照符号は同じ部分を示し、図1は前立腺摘除前のヒトの男性の膀胱1、膀胱壁2、前立腺3、骨盤底部7、および、尿道5の位置関係を示す概略的垂直断面図である。 Referring to the drawings in detail, wherein like reference numerals in the drawings indicate like parts, Figure 1 is bladder 1 male human before prostatectomy, bladder wall 2, prostate 3, pelvic floor section 7, and the urethra 5 it is a schematic vertical sectional view showing the positional relationship. 前立腺全摘除術では、前立腺3、膀胱壁2の下部、および尿道5の上部を切除し、膀胱腔(bladder lumen)8と尿道の残り部分との間の流体接続(fluid connection)を除去する。 The radical prostatectomy, prostate 3, the lower portion of the bladder wall 2, and excised top of the urethra 5, to remove the fluid connection between the bladder cavity (bladder lumen) 8 and the remainder of the urethra (fluid connection). 図1のほぼ水平な点線は、それに沿って前立腺と、それに隣接する膀胱および尿道組織を切除する線を概略的に示す。 Substantially horizontal dotted line in FIG. 1, the prostate along which schematically illustrates a line to ablate bladder and urethral tissue adjacent thereto.

図2は、膀胱壁2の一部を切除して膀胱口(bladder opening)4を形成し、前立腺を切除して尿道5に尿道口(urethra opening)6を形成した、前立腺全摘除後の腹腔の解剖学的断面を示す。 Figure 2 is excised portion of the bladder wall 2 to form a bladder opening (bladder opening) 4, was then excised prostate forming the urethral opening (urethra opening) 6 into the urethra 5, intraperitoneally after radical prostatectomy show the anatomical cross-section of the. この手術後に、通常当分野で知られている「テニスラケット(tennis racket)」縫合術などの手段で膀胱口4の寸法を小さくする。 After this surgery, usually "tennis racket (tennis racket)" are known in the art to reduce the size of the bladder outlet 4 by a means such as sutures.

回転展開形(rotationally-opened)の実施例 図3〜図16は、吻合処置、例えば、前立腺摘除後に患者の膀胱と尿道を吻合するのに使用できる器械10の実施例を示す。 Example FIGS. 3 16 of the rotary expansions (rotationally-opened) are anastomosis procedure, for example, it illustrates an embodiment of the instrument 10 that can be used to anastomosis of the patient's bladder and urethra after prostatectomy.

図3に示すように、本発明による逆行式構成の吻合器械(anastomotic applier instrument)10の実施例は、細長いチューブ組立体(tube assembly)500と、チューブ組立体500の遠位端に取り付けた駆動装置組立体(driver assembly)300と、膀胱壁と骨盤底組織とを互いに接近あるいは接触させるのに使用できる任意の位置決め装置組立体(positioner assembly)400と、位置決め装置組立体および駆動装置組立体を開き、アンカーを駆動して着座させる操作ハンドル100を具備してもよい。 As shown in FIG. 3, an embodiment of the anastomosis instrument (anastomotic applier instrument) 10 retrograde type arrangement according to the invention, the elongated tube assembly (Tube assembly) 500, a drive attached to the distal end of the tube assembly 500 the assembly (driver assembly) 300, and any positioning assembly (positioner assembly) 400 that can be used to close or contact one another and bladder wall and pelvic floor tissue, the positioner assembly and drive assembly open may comprise an operating handle 100 for seating to drive the anchor. 一般的に、この器械は恥骨後式前立腺全摘除手術において前立腺が摘除された後に膀胱と尿道との吻合に使用できる(図1および2を参照)。 Generally, this instrument can be used to anastomosis between the bladder and the urethra after the prostate has been extirpated in retropubic prostatectomy surgery (see Figure 1 and 2).

図4は図3に示す吻合器械の操作ハンドル100の実施例を示す。 Figure 4 shows an embodiment of the operating handle 100 of the anastomosis instrument shown in FIG. ハンドル100は細長いチューブ組立体500の近位端に操作可能に結合され、チューブ組立体500がハンドル100からの操作および作動力をチューブ組立体の遠位端に接続された位置決め装置組立体400および駆動装置組立体300に伝達する。 The handle 100 is operably coupled to the proximal end of the elongated tube assembly 500, tube assembly 500 is positioned assembly 400 and connected to the operation and the operating force from the handle 100 to the distal end of the tube assembly transmitted to drive assembly 300. 外被チューブ510と中間作動チューブ280の2本のチューブがハンドル100の遠位端から突出している。 Two tubes of the envelope tube 510 and the intermediate actuation tube 280 protrudes from the distal end of the handle 100. 外被チューブ510は適当な手段でハンドルハウジング112に固定され、それとほぼ一体化され、またハウジング112と外被チューブ510は、ハンドル100およびチューブ組立体500の他の可動部品に対してほぼ静止し、かつ、それらを支持する骨組みとなっている。 Jacket tube 510 is secured to the handle housing 112 by suitable means, therewith are substantially integral and housing 112 and the cover fabric tube 510 is substantially stationary relative to the other moving parts of the handle 100 and tube assembly 500 and it has become a framework for supporting them. 中間作動チューブ280は、以下に説明するように、外科医からの入力に応じて外被チューブ510に対して回転しかつその長さ方向に動き、これにより、チューブ組立体500を介して、回転作動力、および、長さ方向の作動力および動きを伝達する。 Intermediate actuation tube 280, as described below, rotation and movement in the longitudinal direction relative to the jacket tube 510 in response to an input from the surgeon, thereby, through the tube assembly 500, the rotation operation transmitting power, and the actuating force and the movement in the longitudinal direction.

図4〜図6に示す実施例では、ハンドル100は、以下に述べるように作動機構を有するハウジング112を具備することができる。 In the embodiment shown in FIGS. 4 to 6, the handle 100 may be provided with a housing 112 having an actuation mechanism as described below. ハウジング112は2つまたはそれ以上の部品を含んでもよく、これらの部品は組立てを容易にし、かつ、組立て後に部品を一体化するための位置揃えピン(alignment pin)105および嵌合穴を有する。 The housing 112 may comprise two or more parts, these parts to facilitate assembly, and, with the justification pins (alignment pin) 105 and fitting holes for integrating components after assembly.

ハウジング112は中間作動チューブ280に回転作動力および長さ方向の作動力を与えて駆動する機構を内蔵している。 The housing 112 gives a rotational actuation force and actuation force in the longitudinal direction in the intermediate actuation tube 280 has a built-in mechanism for driving. 図5を参照すると、ノブ110は外科医による操作のための作動部材でよく、ハウジング112に対して外科医が遠位方向に押したり、ノブ復帰ばね150により近位方向に押し戻されたりするように構成することができる。 Referring to FIG. 5, the knob 110 is configured to be a working member for manipulation by a surgeon, pushing surgeon distally relative to the housing 112, or pushed back by the knob return spring 150 in the proximal direction can do. ノブ110は外科医がハウジング112に対して回転させるようにも構成できる。 Knob 110 can also be configured surgeon rotates relative to the housing 112. したがって、ノブ110は、ハウジング112内で回転可能でさらに長さ方向への移動が可能であるが、その長さ方向の移動はハウジング112内のノブ通路(knob track)116の端部がノブの外周(knob rim)111と接触してノブ110の長さ方向の移動を制限することにより画定される範囲内で許されている。 Accordingly, the knob 110 is susceptible to move to the more longitudinally rotatable within the housing 112, the ends of the longitudinal movement of the knob passage in the housing 112 (knob track) 116 of the knob It is allowed within the scope defined by the outer periphery in contact with (knob rim) 111 to restrict the longitudinal movement of the knob 110. ノブ110はその中心を貫通するガイドワイヤ通路114を有する中空構造でもよい。 Knob 110 may be a hollow structure having a guide wire passageway 114 extending through the center thereof. ノブ110のガイドワイヤ通路114内に1本または複数本のキー溝(spline groove)115を設けてもよい。 The guide wire 1 or a plurality of keyway passage 114 (spline groove) 115 of the knob 110 may be provided. キー溝115は近位回転チューブ180のスプライン(spline)185とスライド可能に嵌り合うことができる。 Keyway 115 can be fitted slidably spline (spline) 185 of the proximal rotating tube 180. したがって、ノブ110と近位回転チューブ180は一体となって回転できるが、長さ方向の移動とは連動しておらず、このため、長さ方向において互いにスライドできるのが分かる。 Accordingly, the knob 110 and the proximal rotating tube 180 can be rotated together, not interlocked with the movement of the lengthwise direction, and therefore, it can be seen that it mutually slide in the longitudinal direction. このように構成されているので、ノブ110を回転させると近位回転チューブ180を対応して回転させることができる。 Since such configuration, the proximal rotating tube 180 by rotating the knob 110 can be rotated correspondingly. 次に、近位回転チューブ180を中間作動チューブ280に固定することができる。 Then, it is possible to fix the proximal rotating tube 180 to the intermediate actuation tube 280. したがって、ノブ110を回転させると、中間作動チューブ280を対応して回転させることができるが、ノブ110を長さ方向に移動させても中間作動チューブ280が長さ方向に移動することはない。 Accordingly, rotating the knob 110, but the intermediate actuation tube 280 can be rotated correspondingly, never intermediate actuation tube 280 is moved in the longitudinal direction by moving the knob 110 in the longitudinal direction.

以下に述べるようにハンドル組立体を作動させる前に、ノブ110を回して中間作動チューブ280を対応して回転させて、後述するように駆動装置組立体300、および、位置決め装置組立体400を開くことができる。 Before operating the handle assembly as described below, the intermediate actuator tube 280 by turning the knob 110 is rotated correspondingly, drive assembly 300 as will be described later, and opens the positioning assembly 400 be able to.

図5および図6は駆動準備前の、展開前の位置にあるハンドル100を示す。 5 and 6 show before driving preparation, the handle 100 in the pre-deployment position. 次に述べるように、本発明のアンカー駆動装置組立体の実施例(図3において参照符号300で示すような)では、アンカーを駆動するために、部材に長さ方向の力を加え、部材を近位方向に移動させる必要がある。 As described next, the embodiment of the anchor drive assembly of the present invention (as indicated by reference numeral 300 in FIG. 3), to drive the anchor, the longitudinal force on the member added, the member it is necessary to move proximally. この力と、近位方向への移動は、中間作動チューブ280を介してハンドル100によって行うことができる。 And this force is moved in the proximal direction, it can be carried out by the handle 100 through the intermediate operating tube 280. 中間作動チューブ280を以下に述べる機構により、長さ近位方向に、すなわち、後方へ、ハンドル100内に引き込んでもよい。 The mechanism described intermediate actuation tube 280 below, the length proximally, i.e., toward the rear, may be drawn into the handle 100.

駆動ばね160を、図5および図6に示すように圧縮してハウジング112に内蔵できる。 The drive spring 160, can be incorporated in the housing 112 to compress as shown in FIGS. 駆動ばね160の近位端が近位連結チューブ140の遠位端に接触し、かつ、作用して、連結チューブ140をハウジング112に対して近位方向に移動するように圧迫する。 Contacting the distal end of the proximal end proximal connecting tube 140 of the drive spring 160, and acts to compress to move in a proximal direction the connection tube 140 to the housing 112. 連結チューブ140の近位端はノブ110の内部の軸117の周りに回転可能に、かつ、スライド可能に嵌り、軸の段部(spindle shoulder)118に押し当てられる。 Rotatably around the inner axis 117 of the proximal end the knob 110 of the connecting tube 140, and fits slidably pressed against the stepped portion (spindle shoulder) 118 of the shaft.

図5および図6に示す状態において、駆動チューブ120はハウジング112内の前方の遠位位置にある。 In the state shown in FIGS. 5 and 6, drive tube 120 in a distal position in front of the housing 112. 駆動チューブ120の遠位端は、近位回転チューブ180が駆動チューブ120内で自由に回転できるようにリップ(lip)123を介して近位回転チューブ180に接続されているが、図示の構成により、駆動チューブ120および近位回転チューブ180は連結されて、長さ方向に一体のものとして移動するように、構成されている。 The distal end of drive tube 120 has been connected via the lip (lip) 123 so as to be free to rotate the proximal rotating tube 180 is drive tube 120 within the proximal rotating tube 180, the configuration of the illustrated , drive tube 120 and proximal rotating tube 180 is connected, to move in the longitudinal direction as one body, it is constructed. ハウジング112に固定され、かつ、駆動チューブピン嵌合スロット129に嵌合した1本または複数のピン128により、駆動ボタンつめ(driving button pawl)205の起動を妨げないように、駆動チューブ120は回転しないようにされている。 Is fixed to the housing 112, and, by one or more pins 128 fitted to the drive tube pin mating slot 129, so as not to interfere with the activation of the drive button pawl (driving button pawl) 205, drive tube 120 is rotated It is not to. 図6の上部において、駆動ボタン202は駆動ボタンつめ205と一体でよいことが分かる。 In the upper part of FIG. 6, the drive button 202 is seen that may be integral with the drive button pawl 205. 駆動ボタン202および対応する駆動ボタンつめ205は、ばね235により反時計方向に付勢されて、つめ205が下方に駆動チューブ作動スロット210に付勢されている。 Driving button 202 and the corresponding drive button pawl 205 by a spring 235 is biased in the counterclockwise direction, pawl 205 is biased in the drive tube actuation slot 210 downward.

図5および図6に示すハンドルを、中間駆動チューブ280が長さ近位方向に移動できる状態にするには(後述するように、この移動によりアンカーを駆動できる)、外科医がノブ110をハウジング112内で長さ遠位方向(図5で右方向)に押せばよい。 The handle shown in FIGS. 5 and 6, in a state in which the intermediate drive tube 280 can move in the longitudinal proximal direction (as described below, can be driven anchor this movement), the housing 112 a surgeon knob 110 length distally inner can press (right direction in FIG. 5). 段部118と連結チューブ140とが接触すると、ノブ112の長さ遠位方向への移動によって連結チューブ140を対応する方向および対応する距離だけ動かし、また、対応するように圧縮し、駆動ばね160を長さ方向に加圧する。 When the stepped portion 118 and the connection tube 140 is in contact, moving only the corresponding direction and the corresponding distance a connecting tube 140 by the movement of the length distally of the knob 112, also compressed so that the corresponding, drive spring 160 pressurizing the length direction. 連結チューブ140はその近位端が1つまたは複数の駆動チューブ係合子(driving tube engager)170に固定されており、これらの係合子は内側にばねにより付勢してもよく、図示のように連結チューブ140のスロットから内側に突出しているラッチ端(latching end)171を有することができる。 Connecting tube 140 is fixed at its proximal end one or more drive tube engaging elements (driving tube engager) 170, these engaging elements may be biased by a spring inward, as shown end latch from the slot of the connecting tube 140 protrudes inwardly may have (latching end) 171. ノブ110を押して連結チューブ140が遠位方向に動くと、ラッチ端171を駆動チューブ120のラッチ段部126に移動可能に係合し、かつラッチでき、これにより駆動チューブ120を連結チューブ140にロックするが、後述するように駆動チューブ120がそのロックを解かれると、駆動ばね160による連結チューブ140へ加わる力に応答し、駆動チューブと連結チューブが一体となって後方、近位長さ方向に移動するように構成されている。 When the connection tube 140 by pressing the knob 110 is moved distally, movably engaged with the latch step portion 126 of drive tube 120 to latch end 171, and can be latched, thereby locking the drive tube 120 to the connecting tube 140 Suruga, the drive tube 120 as described below is solved the lock, in response to force applied to the connecting tube 140 by the drive spring 160, rear drive tube and the connecting tube together, proximal to the longitudinal direction and it is configured to move. このように、外科医がノブ110を遠位長さ方向(図5において右方向)に押すと、駆動ばね160が加圧され、それにより、後述するように、ハンドルが駆動アンカーに対して駆動準備状態になる。 Thus, the surgeon pushes the knob 110 in a distal longitudinal direction (right direction in FIG. 5), the drive spring 160 is pressurized, whereby, as will be described later, driving preparation relative to the handle drive anchor It becomes a state. 駆動準備後、ノブ110を押してノブ復帰ばね150によりノブをその近位(後方)位置に戻す。 After driving preparation, return the knob by knob return spring 150 pressing the knob 110 at its proximal (rearward) position. ノブ復帰ばね150および駆動ばね160は同軸上に位置を揃え、ばね仕切り(spring divider)130で離間してもよい。 Knob return spring 150 and the drive spring 160 is aligned coaxially positioned, it may be spaced apart by a spring divider (spring divider) 130.

外科医が駆動ボタン202を(図6において)前方に押すと、駆動チューブ120のロックが外れハウジング112に対して長さ近位方向(後方)に押される。 When the surgeon presses the drive button 202 (in FIG. 6) forward, pushed length proximally relative to the housing 112 locking the drive tube 120 is disengaged (backward). この結果、駆動ボタン202、および、対応する、つめ205がピン230周りに時計方向に回転し、つめ205が駆動チューブ作動スロット210から外れて持ち上げられる。 As a result, the drive button 202, and a corresponding, pawl 205 is rotated in a clockwise direction about the pin 230, pawl 205 is lifted off the drive tube actuation slot 210. この結果、駆動チューブ120はロックを解除され、駆動チューブ係合子170を介して駆動チューブ120に連結している連結チューブ140に作用する駆動ばね160により加わる力によって、後方(図5および図6において左方向)に押される。 As a result, drive tube 120 is unlocked by the force exerted by the drive spring 160 acting on it and connecting tube 140 which is connected to the drive tube 120 via a drive tube engaging member 170, at the rear (FIGS. 5 and 6 pushed in the left direction). 駆動チューブ120が後方に押されると、それに対応して、中間作動チューブ280を、リップ123を介して、対応する距離だけ後方に引っ張る。 When the drive tube 120 is pushed rearward, correspondingly, the intermediate actuator tube 280, through the lip 123, only the corresponding distance pulled backwards. この動作によりハンドル100を「作動」させて中間作動チューブ280を長さ近位(後方)方向に引いてハンドル100内に引き込み、これによって後述するようにアンカーを駆動できる。 Is "operating" the handle 100 by the pull-in operation in the intermediate actuation tube 280 length proximal (rearward) by pulling in the direction the handle 100, thereby to drive the anchor as will be described later.

ハンドル100を「作動」状態にした後、以下に述べるように、アンカーをさらに着座させ、その後、アンカーからアンカー駆動ピンを引き抜くために、中間作動チューブ280をさらに長さ方向に移動させることが望ましい。 After the handle 100 to "operating" state, as discussed below, further seat the anchor, then to withdraw the anchor drive pin from the anchor, it is desirable to move the intermediate actuation tube 280 further in the longitudinal direction . 図6を参照すると、作動後、駆動チューブ120にある駆動チューブ引き込みスロット225を駆動ボタンつめ205のすぐ下の位置にまで移動させ、つめ205はねじりコイルばね235の圧迫力および/または外科医が加える押圧力により、引き込みスロット225内へ移動する。 Referring to FIG. 6, after actuation, the drive tube pull slot 225 in the drive tube 120 is moved to a position just below the drive buttons pawl 205, pawl 205 is compressive force and / or surgeon of the torsion coil spring 235 applies by the pressing force, it moves to pull slot 225. この状態で、外科医は駆動ボタン202に近位方向かつ下向き(図6において)の押圧力を加えることができ、これによりつめ205が引き込みスロット(retraction slot)225内に保持され、またピン230が押し下げられて駆動ボタンスロット240内の揺動戻り止め(rocker detent)238から外れ、外科医が駆動チューブ120をさらに近位方向に押すことができ、これにより、アンカーを駆動ボタンスロット240内の着座延長部(seating extension)220により決まる距離だけさらに駆動し、および/または、後述するように、アンカーを生体組織にさらに着座させることができる。 In this state, the surgeon held proximally and can apply a pressing force downward (in FIG. 6), thereby pawl 205 pull slot (retraction slot) 225 to the drive button 202, also the pin 230 depressed off the swinging detent (rocker detent) 238 of the drive button slot 240, the surgeon can press the further proximally the drive tube 120, thereby seating the extension of driving the anchor button slot 240 part (seating extension) distance further driven determined by 220, and / or, as described below, it is possible to further seat the anchor in the body tissue. この構成によれば、また、駆動ボタン202を介して、アンカーを駆動し着座させるのにどの程度の力が加えられるかという手応えを外科医に伝えることもできる。 According to this configuration, also, through the drive button 202, the response of how much force to drive the anchor seat is applied may be transmitted to the surgeon.

アンカーの駆動および着座の後に、以下に述べるように、外科医は次に、中間駆動チューブをその最初の位置に復帰させることにより、(以下に説明するように)アンカーからアンカー駆動ピンを引き抜いてもよい。 After the drive and the seating of the anchor, as described below, the surgeon then by returning the intermediate drive tube to its initial position, even pull out the anchor drive pin from the anchor (as described below) good. 外科医が駆動ボタン202に下向きで遠位方向の押圧力を加える。 The surgeon applies a pressing force distally downward driving button 202. この下向きの押圧力により、つめ205は引き込みスロット225内に保持され、かつ、ピン230は揺動戻り止め238の外に保持されて、駆動チューブ120を遠位方向(図6において右方向)に押す。 By the pressing force of the downward pawl 205 is held in the retracted slot 225 and pin 230 are held out of the swinging detent 238, a drive tube 120 distally (to the right in FIG. 6) Push. 駆動チューブ120が遠位方向に押されると、中間作動チューブ280に取り付けられている近位作動チューブ180に作用する駆動チューブリップ123を介して中間作動チューブ280が遠位方向に対応する距離だけ押される。 When the drive tube 120 is pushed distally, pushed by a distance intermediate actuation tube 280 via the drive tube lip 123 acting on the proximal actuation tube 180 is attached to the intermediate actuation tube 280 corresponds distally It is. この復帰動作は、駆動ボタンスロット240の遠位端(distal extent)までに制限されている。 This return operation is limited to the distal end of the drive button slot 240 (distal extent). ピン230がこの遠位端に達した後、外科医が駆動ボタン202に押圧力を加えるのを止めると、ピン230はねじりコイルばね235の力により上方に(図6において)押されて、延長部戻り止め245に嵌り込む。 After the pin 230 reaches the distal end, the surgeon ceases to apply a pressing force to the drive button 202, pin 230 (in FIG. 6) upward by the force of the coil spring 235 torsion pushed, the extension return fits into the stop 245.

アンカーの設置に続いて、後述するように、駆動装置組立体300および位置決め装置組立体400を後退させるため、すなわち、閉じるためにノブ110を回して中間作動チューブ280を対応するように回転させることができる。 Following installation of the anchor, as will be described later, to retract the drive assembly 300 and the positioning assembly 400, i.e., closed to rotate the intermediate operating tube 280 so as to correspond by turning the knob 110 to can.

ハンドル組立体の様々な部品は、数個の構成要素から形成される一体構造とすることもでき、または、これらの部品を単一の一体構造にするためプラスチックのような材料から一体的に成型することもできる。 Various components of the handle assembly may be an integral structure formed of several components, or, integrally molded these parts from a material such as plastic for a single integrated structure it is also possible to. ハンドル組立体は、例えば、ステンレス鋼のような金属、または、プラスチックなど、外科用器械器具に使われてきた従来の材料で作製してもよい。 The handle assembly, for example, a metal such as stainless steel or a plastic such as may be produced in conventional materials have been used in surgical instrument instrument. この器械は、製作費が安く、使い捨て可能なように、主として従来の金属またはプラスチックで作製してもよい。 This instrument, production costs are cheaper, such as a disposable, may be made of mainly conventional metal or plastic. この器械は外科用に消毒されたパッケージで販売することもできる。 The instrument can also be sold in sterilized packages in surgical.

ハウジング112、駆動ボタン202、ばね仕切り130およびノブ110は、必要とされる強度、剛性および成形性を有するプラスチックまたは他の適当な材料で形成することができる。 Housing 112, the drive button 202, spring divider 130 and the knob 110 may be formed of plastic or other suitable material having strength required, the rigidity and formability. キー溝115は、それが周りにノブ110が形成される金属挿入物の一部となるように、硬度と耐磨耗性に優れた金属であることが望ましい。 Keyway 115, it so becomes part of the metal insert the knob 110 is formed around, it is desirable that a metal having excellent hardness and abrasion resistance. 近位作動チューブ180、連結チューブ140、駆動チューブ係合子170、駆動チューブ120、中間作動チューブ280および外被チューブ510は強度、硬度および剛性のような必要な特性を有するステンレス鋼、プラスチック、または、他の適当な材料で作ることができる。 The proximal actuation tube 180, connecting tube 140, drive tube engaging member 170, drive tube 120, intermediate operating tube 280 and jacket tube 510 strength stainless steel having the required properties, such as hardness and rigidity, plastics, or it can be made of other suitable material. ばね150、ばね160、および、ばね235は適正な成形性、形状記憶、剛性(ばね定数)および強度などの特性を有するばね鋼または他の適当な材料で作ることができる。 Spring 150, the spring 160 and, the spring 235 can be made proper formability, shape memory, spring steel or other suitable material having properties such as stiffness (spring constant) and strength. 近位作動チューブ180、連結チューブ140、駆動チューブ120、中間作動チューブ280、および、外被チューブ510は、チューブ形状を有するものとして図示されているが、本発明の器械に必要とされる、長さ方向の力および回転力、ならびに、遠位端への移動、の伝達に適した他の形状でもよい。 The proximal actuation tube 180, connecting tube 140, drive tube 120, intermediate actuation tube 280 and the outer target tube 510 is illustrated as having a tubular form, are required for instruments of the present invention, the length the direction of the force and the rotational force, as well, may be other shape suitable for movement of the distal end, the transmission of.

本発明の器械の作動に必要な力と動きを発生させるために、様々な機構を、近位のハンドル組立体から遠位端へ移動する長さ方向(前進および後退)の力および回転力、ならびに、遠位端への移動を伝達するように形成でき、かつ、構成できることは、当業者には明らかであろう。 In order to generate a force and motion necessary for the operation of the instrument of the present invention, the force and the rotational force of the various mechanisms, the length direction of movement to the distal end of the handle assembly of the proximal (forward and backward), and can be formed so as to transmit the movement to the distal end, and it can be configured, it will be apparent to those skilled in the art. 駆動ばね160により生じる駆動力を伝達する機構もまた、例えば、レバー、歯車、加圧気体/流体、および、当分野で公知の直線的な駆動力を選択的に伝達する任意の他の機構などを含むが、これらには制限されない、他の付勢装置あるいは駆動装置、であってもよいことは、当業者には明らかであろう。 Mechanism for transmitting a driving force generated by the drive spring 160 is also, for example, levers, gears, pressurized gas / fluid, and, any other mechanism for selectively transmitting the known linear driving force in the art such as including, are not limited to, it may be other biasing device or the driving device, will be apparent to those skilled in the art.

図6に示す駆動ボタン組立体の他の実施例を説明する。 Another embodiment of the drive button assembly shown in FIG. 6 will be described. 図52〜図54を参照すると、駆動ボタン202は、駆動ボタンピンボス(driving button pin boss)206に嵌め込まれた駆動ボタンピン230により、ボタン機構に接続される。 Referring to FIGS. 52 to 54, the drive button 202 is driven by a button pin boss (driving button pin boss) driving button pin 230 fitted in the 206, is connected to the button mechanism. 駆動ボタン202は、駆動ボタンつめ205と、駆動ピンボス206と、駆動トリガー(driving trigger)204と、および、後退部材(retraction member)207と、を含む。 Driving button 202 includes a drive button pawl 205, a drive pin boss 206, a drive trigger (driving trigger) 204, and a retraction member (retraction member) 207, a. 駆動ボタン202は、駆動ピンボス206に嵌め込まれた駆動ボタンピン230周りに角度付けて移動可能であり、駆動ボタンピン230は、揺動戻り止め238を含む駆動ボタン溝240に、器械の長さ方向に対してスライド可能に嵌ることができる。 Driving button 202 is movable angled drive button pin 230 around which is fitted to the drive pin boss 206, the drive button pin 230, the drive button groove 240 comprising swinging detent 238, the length direction of the instrument it can be fitted slidably relative. 1つまたは複数のばね235が設けられ、これらのばねは駆動ボタン202に2通りの方法で作用する。 One or more springs 235 are provided, the springs act in two ways to the drive button 202. 第1の方法では、駆動ボタンピン230を、図52〜図54における方向であるが、上方に押し上げ、駆動トリガー204が押し下げられていない時には、駆動ピン230を揺動戻り止め238に押し込むように駆動ボタン202を押し上げる。 In the first method, a driving button pin 230, is a direction in FIGS. 52 to 54, pushed up, when the drive trigger 204 is not depressed, as pushed drive pin 230 to swing detents 238 pushing up the drive button 202. 第2の方法では、駆動トリガー204および駆動ボタンつめ205が、駆動ボタンピン230の周りを図52〜図54において反時計方向に押されて、これにより、駆動ボタンつめ205を駆動チューブ保持スロット210に係合しておくように、駆動ボタン202を反時計方向に押す。 In the second method, the drive trigger 204 and the drive button pawl 205 about the drive button pin 230 is pushed in the counterclockwise direction in FIGS. 52 to 54, thereby, the drive button pawl 205 drive tube retaining slots 210 as previously engages, press the driving button 202 in a counterclockwise direction. 図6に示すように構成され、駆動ボタン202に作用する単一のねじりコイルばね(ねじりコイルばね235)を用いて所望の結果の動作を行ってもよいが、他の適当なばね、または付勢機構または形状構成も使用可能であることを理解されたい。 Is configured as shown in FIG. 6 may be performed an operation of desired results with a single torsion coil spring acting (torsion coil spring 235) to the drive button 202, other suitable spring or biasing, energizing mechanism or shape configuration should also be understood that it is available. 駆動ボタンつめ205は、図6において駆動ボタンつめ205について示したと同様に、駆動チューブ120の駆動チューブ保持スロット210と、駆動チューブ引き込みスロット225とに交互に係合するように、構成される。 Driving button pawl 205, similarly to that shown for the drive button pawl 205 in FIG. 6, a drive tube retaining slots 210 of drive tube 120, so as to engage alternately in the drive tube retraction slots 225, constructed.

次に、図52〜図54に示す駆動ボタン組立体の実施例の動作を説明する。 Next, the operation of the embodiment of a drive button assembly shown in FIGS. 52 to 54. 駆動装置組立体300(図3)のような器械にアンカーを装填してから前述の後退位置で患者の体内に挿入して引き続き使用できるように準備されている場合には、駆動ボタン組立体200は図52に示す位置にある。 When the drive assembly 300 is inserted into the body instrument to be loaded with anchor from the patient's retracted position above such as (Figure 3) it is prepared to continue to use the drive button assembly 200 is in the position shown in FIG. 52. 駆動ボタン202は1つまたは複数のばね235により、上方に付勢され、かつ、駆動ボタンピン230周りに反時計方向に付勢されて、駆動ボタンピン230は揺動戻り止め238に係合した状態に保持され、かつ、駆動ボタンつめ205も駆動チューブ保持スロット210に係合した状態に保持されて、より詳細に前述したように、駆動チューブ120に作用するばね付勢力に抗して駆動チューブ120を抑制する。 The drive button 202 is one or more springs 235, is biased upward and is urged in the counterclockwise direction about the drive button pin 230, the drive button pin 230 engaged with the swinging detent 238 is held in a state, and the drive button pawl 205 be held in engagement with the drive tube holding slot 210, as described above in greater detail, the drive tube against the spring force acting on the drive tube 120 It suppresses the 120.

アプライヤを体内に挿入して図14に示す状態に開いた後、駆動トリガー204を押し下げて駆動チューブ120を解放し、駆動する。 After opening the applier to the state shown in FIG. 14 is inserted into the body, to release the drive tube 120 by pressing down the drive trigger 204 to drive. 図53は、駆動トリガー204を押し下げて駆動ボタンつめを駆動チューブ保持スロットから外すことにより、駆動チューブ120を解放した後の、駆動ボタン202の駆動チューブ120に対する位置を示す、「スナップショット」である。 Figure 53, by removing the drive button pawl depress the drive trigger 204 from drive tube holding slot, shown after releasing the drive tube 120, the position with respect to drive tube 120 of the drive button 202 is the "Snapshot" . 図53については、駆動トリガー204に加わる下方への押圧力により、駆動ボタン202が駆動ボタンピン230の周りを時計方向に回転して、駆動ボタンつめ205が上昇し、駆動チューブ保持スロット210から外れる。 For Figure 53, the pressing force of the downward applied to drive the trigger 204, drive button 202 is rotated about the drive button pin 230 in the clockwise direction, the drive button pawl 205 is raised, out of the drive tube retention slots 210 . 駆動ボタンつめ205が駆動チューブ保持スロット210から外れると、駆動チューブ120が解放されて、より詳細に前述したように、ばねに押されて左方向(図52〜図54において)に移動できる。 When the drive button pawl 205 is disengaged from the drive tube holding slot 210, the drive tube 120 is released, as described above in more detail, it can be moved being pushed by the spring to the left (in FIGS. 52 to 54). この結果、より詳細に後述するように、駆動ピンおよびアンカーが駆動される。 As a result, as will be described later in greater detail, the drive pin and the anchor is driven.

図54は、この機構が設置されたアンカーから駆動ピンを引き抜ける状態にある時の、駆動チューブ120に対する駆動ボタン202の位置を示す。 Figure 54 shows when in the driving pin from the anchor this mechanism is installed in pulled out condition, the position of the drive button 202 for driving the tube 120. 外科医が駆動トリガー204に下向きの押圧力を加え続けることは、駆動ボタンつめ205を下向きに駆動チューブ引き込みスロット225へ押し込むことが、図53と図54から分かるであろう。 The surgeon continues to apply a downward pressing force to the drive trigger 204 is pushed into the retraction drive tube drive button pawl 205 downward slot 225, it will be seen from Figure 53 and Figure 54. 同時に、駆動ボタンピンボス206が押し下げられ、それに応じて、駆動ボタンピン230が押し下げられ、揺動戻り止め238から外れる。 At the same time, the drive button pin boss 206 is pushed down, accordingly, the drive button pin 230 is pushed down, out of the swinging detent 238. 駆動ボタン202が図54に示す位置にあるとき、外科医が後退部材207を引いて駆動ボタン202を右に(図54において)移動することができ、これに応じて駆動チューブ120が駆動ボタンつめ205と駆動チューブ引き込みスロット225との係合により右に引っ張られる。 When the drive button 202 is in the position shown in FIG. 54, the right driving button 202 surgeon pulling the retraction member 207 (in FIG. 54) can move, drive tube 120 is driven button pawl accordingly 205 It pulled to the right by the engagement of the drive tube pull slot 225 and. このようにして、より詳細に後述するように、設置したばかりのアンカーから駆動ピンを引き抜くことができる。 In this manner, as will be explained in more detail below, it is possible to pull out the driving pin from the anchor just installed.

図3および図7〜図9に戻って参照すると、チューブ組立体500は患者の体内に挿入し易いように湾曲し、柔軟であることが望ましい。 Referring back to FIGS. 3 and 7-9, the tube assembly 500 is curved so as to be easily inserted into the patient, it is desirable that flexible. したがって、チューブ組立体500の外被チューブ510、中間作動チューブ280、遠位回転チューブ580、および、中心チューブ590、を含む構成要素を、生体適合性、強度、剛性、柔軟性、弾性、および、形状記憶のような適当な複合特性を有する材料で作るのが望ましく、これは患者の体内への挿入を容易にする柔軟性と、強度、剛性および形状記憶との適度の均衡をとり、ハンドル組立体100から位置決め装置組立体400および駆動装置組立体300へ長さ方向の力と回転力を伝達する操作を容易にするためである。 Therefore, jacket tube 510 of the tube assembly 500, the intermediate actuator tube 280, distal rotating tube 580, and the center tube 590, the components including, and biocompatibility, strength, rigidity, flexibility, elasticity, is desirable to make a material with an appropriate composite properties such as shape memory, which takes and flexibility to facilitate insertion into a patient's body, strength, moderate balance between stiffness and shape memory, handle assembly in order to facilitate the operation for transmitting the force and rotational force in the longitudinal direction to the positioning assembly 400 and drive assembly 300 from assembly 100. 本発明者達は、当分野でそのような特性を有するものとして知られ、同様の特性が要求される外科用内視鏡器械に使用される、適当に処理されたニチノール(nitinol)がこの目的に適する材料であることを発見した。 The present inventors have, such are known to have properties, similar properties are used in a surgical endoscope instrument required, appropriately treated Nitinol (Nitinol) is for this purpose in the art It was found to be a material suitable for. しかし、スチレン(styrene)または他のポリマーなどの、他の材料は、いくつかの構成要素に対して十分なものである。 However, such as styrene (styrene) or other polymers, other materials are sufficient for some components.

図7〜図10はブリッジ組立体(bridge assembly)600を含むチューブ組立体の部分を示す。 7 to 10 show a portion of the tube assembly including a bridge assembly (bridge assembly) 600. チューブ組立体とブリッジ組立体は、中間作動チューブ280から位置決め装置組立体400および駆動装置組立体300への移動、ならびに、回転力および長さ方向の前進力および後退力を、分離および伝達する。 Tube assembly and the bridge assembly moves from the intermediate actuator tube 280 to the positioning assembly 400 and drive assembly 300, as well as the advancing force and receding force of the rotational force and the lengthwise direction, to separate and transfer. ある実施例では、中間作動チューブ280は外被チューブ510内で、かつ、外被チューブ510に対して回転し、長さ方向に前進および後退でき、またブリッジ組立体600を介して組立体400および組立体300と操作可能に接続されている。 In some embodiments, the intermediate actuation tube 280 within jacket tube 510, and rotated relative to the jacket tube 510, can move forward and backward in the longitudinal direction and the assembly 400 and through the bridge assembly 600 It is operably connected to the assembly 300. ブリッジ組立体600は、回転運動を制限し、その制限された回転運動と長さ方向の運動を遠位回転チューブ580に伝達するように中間作動チューブ280を操作可能に接続し、かつ、回転移動および長さ方向移動が有効に行われるように構成されている。 Bridge assembly 600 limits the rotational movement, connects the intermediate operating tube 280 operably to transmit the motion of the limited rotational movement to the longitudinal direction to the distal rotating tube 580, and the rotational movement and longitudinal movement is configured to be performed effectively. ブリッジ組立体600はまた、長さ方向の運動を中心チューブ590に伝達するように、中間作動チューブ280を中心チューブ590に操作可能に接続している。 Bridge assembly 600 also to transmit longitudinal movement of the center tube 590 is operably connected to the intermediate actuator tube 280 to central tube 590.

図9および図10を参照すると、中間作動チューブ280は、1つまたは複数のブリッジスロット640を有し、ブリッジ組立体600内を終点としている。 Referring to FIGS. 9 and 10, the intermediate actuation tube 280 has one or more bridges slot 640, and the end point of the bridge assembly 600. ブリッジ610は、中間作動チューブ280内に配置したハブ650と、中間作動チューブ280にあるブリッジスロット640から突出し、ブリッジガイド660に切り込まれるか、または形成された1つまたは複数の長さ方向ブリッジ通路670に長さ方向に嵌る、1つまたは複数の羽根(vanes)620と、を有する。 Bridge 610 includes a hub 650 disposed in the intermediate actuation tube 280 protrudes from the bridge slot 640 in the middle actuation tube 280, one or more longitudinal bridge or formed are cut to the bridge guide 660 fit lengthwise passage 670 has one or more blades (vanes) 620, a. ブリッジガイド660は外被チューブ510の内側に取り付けられており、したがって、外被チューブ510と一体化している。 Bridge guide 660 is attached to the inside of the envelope tube 510, therefore, integral with the envelope tube 510. このような構成で、羽根620、したがって、ブリッジ610はブリッジガイド660および外被チューブ510内で長さ方向にスライドできるが、回転は防止されている。 In this configuration, the blade 620, therefore, although the bridge 610 can be slid in the longitudinal direction with the bridge guide 660 and the jacket tube 510., rotation is prevented.

外被チューブ510に対する中間作動チューブ280の回転範囲は、中間作動チューブ280にあるブリッジスロット640の円周方向の寸法、および、ブリッジスロット640の辺縁部と羽根620との接触により制限されることが、図9および図10から分かる。 Rotation range of the intermediate actuator tube 280 relative to the jacket tube 510, the circumferential dimension of the bridge slot 640 in the middle actuation tube 280, and it is limited by contact between the edges and the blade 620 of the bridge slot 640 but it is seen from FIGS. 作動チューブ280にあるブリッジスロット640の円周方向の寸法は、器械の作動に必要とされる回転範囲に応じて変更することができる。 Circumferential dimension of the bridge slot 640 in the actuation tube 280 may be changed according to the rotation range required for operation of the instrument. 長さ方向のブリッジ通路670は、器械の作動に必要とされる、中間作動チューブ280の長さ方向運動の全範囲にわたって羽根620が長さ方向にスライドできるように十分な長さにできる。 Bridge passage 670 in the lengthwise direction is required for the operation of the instrument, can be over the entire range of longitudinal movement of the intermediate actuation tube 280 long enough so that the blade 620 can slide in the longitudinal direction.

中心チューブ590はブリッジハブ650の内側に固定され、それと一体化している。 Central tube 590 is secured to the inside of the bridge hub 650 therewith are integrated. したがって、長さ方向運動が中間作動チューブ280からブリッジの羽根620に伝達され、それに応じて、ブリッジスロット640とブリッジの羽根620との相互作用により、ブリッジハブ650に伝えられる。 Therefore, longitudinal motion is transmitted from the intermediate operating tube 280 to blade 620 of the bridge, accordingly, the interaction of the bridge slot 640 and the blade 620 of the bridge is transmitted to the bridge hub 650. これに対応して、ブリッジハブ650と中心チューブ590は一体化しているため、ブリッジハブ650の長さ方向運動が中心チューブ590に伝達される。 Correspondingly, the bridge hub 650 and the center tube 590 because of the integral, longitudinal movement of the bridge hub 650 is transmitted to the central tube 590. このようにして、中間作動チューブ280の長さ方向運動は中心チューブ590の対応する長さ方向運動に変換される。 In this manner, longitudinal movement of the intermediate actuation tube 280 is converted into the corresponding longitudinal movement of the center tube 590.

同時に、中間作動チューブ280の回転運動は中心チューブ590には伝達されない。 At the same time, rotational movement of the intermediate actuation tube 280 is not transmitted to the central tube 590. 前述の通り、中心チューブ590はブリッジハブ650と一体化しており、ブリッジ通路670にあるブリッジの羽根620の状態によって、言い換えると、ブリッジの羽根620が外被チューブ510と一体化していることにより、ブリッジハブ650は回転を防止されている。 As described above, the center tube 590 is integral with the bridge hub 650, the state of the blade 620 of the bridge in the bridge passage 670, in other words, by the vanes 620 of the bridge is integral with the jacket tube 510, bridge hub 650 is prevented rotation.

図10において、遠位回転チューブ580は回転スペーサー(rotation spacer)288に固定され、一体化しており、言い換えると、回転スペーサーは中間作動チューブ280の遠位端に固定され一体化している。 10, the distal rotating tube 580 is fixed to the rotating spacer (rotation spacer) 288, and integrated, in other words, rotating the spacer is fixed to the distal end of the intermediate actuator tube 280 integrally. したがって、中間作動チューブ280の長さ方向運動および回転の両方は、直接遠位回転チューブ580の対応する長さ方向運動と回転に変換される。 Therefore, both longitudinal movement and rotation of the intermediate actuation tube 280 is converted into rotation with a corresponding longitudinal movement of the directly distal rotating tube 580. しかし、前述したように、中間作動チューブ280の回転運動の範囲はブリッジスロット640の円周方向の寸法により制限され、これにより、遠位回転チューブ580の回転運動の範囲もそれに応じて制限される。 However, as described above, the range of rotational movement of the intermediate actuation tube 280 is limited by the circumferential dimension of the bridge slot 640, thereby, it is limited accordingly also the range of rotational movement of the distal rotating tube 580 .

中心チューブ590と遠位回転チューブ580は互いに固定されておらず、このため、遠位回転チューブ580は中心チューブ590に対して回転できる。 Central tube 590 and a distal rotating tube 580 is not fixed to each other, Therefore, distal rotating tube 580 can be rotated with respect to the center tube 590.

漏斗状ガイド606を中心チューブ590の近位端608に固定でき、それにより、ガイドワイヤを上方へ中間作動チューブ280を通して中心チューブ590に送り込みやすくなる。 A funnel-shaped guide 606 can be fixed to the proximal end 608 of the center tube 590, it becomes thereby easier fed into central tube 590 through the intermediate operating tube 280 to guide wire upwardly. 漏斗状ガイド606中間作動チューブ280に固定されることはなく、中間作動チューブ内で長さ方向に、かつ、回転するように、移動可能である。 Not be fixed to the funnel-shaped guide 606 intermediate actuation tube 280, the length direction in the middle actuation tube, and so as to rotate, is movable.

遠位回転チューブ580および中心チューブ590は、回転チューブ安定部材530により、チューブ組立体の屈曲部内に配置され、かつ、この屈曲部を介して支持されており、安定部材の近位端は図8および図10の右側に示され、その全体は図7に示されている。 The distal rotating tube 580 and the center tube 590, the rotating tube stabilizing member 530 is disposed in the bent portion of the tube assembly, and is supported via the bent portion, the proximal end of the stabilizing member 8 and shown on the right side of FIG. 10, the whole of which is shown in FIG.

次に図11〜図16を参照すると、チューブ組立体が位置決め装置組立体400に操作可能に連結している。 Referring now to FIGS. 11 to 16, the tube assembly is operably linked to a positioner assembly 400. 近位位置決め装置取り付け部材410は外被チューブ510に固定され、それと一体化している。 Proximal positioning device mounting member 410 is fixed to the jacket tube 510 therewith are integrated. 遠位位置決め装置取り付け部材440は位置決め取り付け部材接続具412により近位位置決め装置取り付け部材410に固定され、それと一体化されている。 The distal positioning device mounting member 440 is secured to the proximal positioning device mounting member 410 by the positioning attachment member fitting 412 therewith are integrated. したがって、外被チューブ510と一体化されている近位位置決め装置取り付け部材410および遠位位置決め装置取り付け部材440は、次に述べる可動部品に対して静止基準および取り付け点を提供する。 Therefore, jacket tube 510 proximal positioning device attached is integrated with the member 410 and the distal positioning device mounting member 440, then provides a stationary reference and mounting points for the moving parts to be described.

図11および図12を参照すると、前述したように、中心チューブ590は、外被チューブ510に対して、長さ方向の移動はできるが回転はできず、したがって、近位位置決め装置取り付け部材410および遠位位置決め装置取り付け部材440に対して、長さ方向の移動はできるが回転はできない。 Referring to FIGS. 11 and 12, as described above, the central tube 590, with respect to the jacket tube 510, can not can move in the lengthwise direction rotation, therefore, the proximal positioning device mounting member 410 and with respect to the distal positioning device mounting member 440, longitudinal movement of the can not rotate can. 中心チューブ590はその遠位端が遠位端キャップ390に固定され、それと一体化している。 Central tube 590 at its distal end is secured to the distal end cap 390, the same are integrated. 遠位駆動装置取り付け部材340はその遠位端キャップ390のタブ392に固定され、それと一体化している。 Distal drive device mounting member 340 is fixed to the tab 392 of the distal end cap 390, the same are integrated. 近位駆動装置取り付け部材310は、駆動装置取り付け部材接続具314を介して遠位駆動装置取り付け部材340に固定され、それと一体化されている。 The proximal drive attachment member 310 is fixed to the distal drive device mounting member 340 through a driving device mounting member fitting 314 therewith are integrated. したがって、遠位端キャップ390、遠位位置決め装置取り付け部材340、駆動装置取り付け部材接続具314、近位駆動装置取り付け部材310、および、中心チューブ590は一体化しており、外被チューブ510に対して長さ方向に単一部品として移動するが、外被チューブ510に対して回転はできない。 Therefore, the distal end cap 390, distal positioning device mounting member 340, the driving device mounting member fitting 314, proximal drive device mounting member 310 and, the center tube 590 is integrally respect jacket tube 510 move as a single piece in the longitudinal direction but can not rotate relative to the jacket tube 510.

ガイドワイヤ通路114は、ハンドル組立体100、チューブ組立体500(および中間作動チューブ280内)、中心チューブ590、位置決め装置組立体400、および、駆動装置組立体300を通過して、遠位端キャップ390に出て達していることが、図3〜図14から分かる。 The guidewire passageway 114, the handle assembly 100, tube assembly 500 (and the intermediate actuation tube 280), the center tube 590, positioning assembly 400, and passes through a drive assembly 300, distal end cap We have reached out to 390, seen from FIGS. 3 14.

前述したように、遠位回転チューブ580は、中間作動チューブ280にあるブリッジスロット640の円周方向の寸法によって制限される範囲内で、中心チューブ590の周囲を、中間作動チューブ280の回転に直接対応して回転することができる(図9および図10を参照)。 As described above, the distal rotating tube 580, within the range limited by the circumferential dimension of the bridge slot 640 in the middle actuation tube 280, around the central tube 590, directly to the rotation of the intermediate actuator tube 280 can rotate in response (see Figure 9 and Figure 10). 駆動装置組立体300内には、遠位回転チューブ580がここを終点としており、遠位回転チューブカラー394および歯車チューブ(gear tube)380に一体的に固定されている。 The drive assembly 300, and distal rotating tube 580 and the end point here, it is integrally secured to the distal rotating tube collar 394 and gear tube (gear tube) 380. したがって、遠位回転チューブ580が回転すると、その回転に直接対応して歯車チューブ380が回転する。 Therefore, the distal rotating tube 580 rotates, the gear tube 380 is rotated directly correspond to the rotation. 図11および図12において、歯車チューブ380は遠位回転チューブ580のすぐ外側にあり、遠位駆動装置取り付け部材340から近位方向に、近位位置決め装置取り付け部材410まで延在しているのが分かる。 11 and 12, the gear tube 380 is just outside of the distal rotating tube 580, proximally from the distal drive attachment member 340, that extends to a proximal positioning device mounting member 410 It can be seen. 図11において、回転チューブ安定部材530内に間隙があり、そこに歯車チューブ380が近位の長さ方向に移動し、進入できることが分かる。 11, there is a gap rotating tube stabilizing member 530, there is moved in the length direction of the proximal gear tube 380, it is found that can enter.

図12を再び、かつ、図14もまた参照すると、遠位駆動歯車360および近位駆動歯車320が駆動装置組立体300内にあることが分かる。 Figure 12 again, and, when FIG. 14 is also referenced, it can be seen that the distal drive wheel 360 and a proximal drive gear 320 is in the drive assembly 300. 遠位駆動歯車360と近位駆動歯車320とは同軸上にあり、かつ、歯車チューブ380に一体的に取り付けられている。 The distal drive wheel 360 and the proximal drive gear 320 located coaxially and integrally attached to the gear tube 380. 遠位駆動歯車360にある弓形スロット361および近位駆動歯車320にある弓形スロット321は、それらを貫通する駆動装置取り付け部材接続具314の通路を形成し、また、これらのスロットにより、遠位駆動歯車360および近位駆動歯車320が、駆動装置取り付け部材接続具314に妨げられることなく、歯車チューブ380の軸周りに所与の範囲内で回転できる。 Arcuate slot 321 in the arcuate slot 361 and a proximal drive gear 320 is in the distal drive wheel 360 to form a passage of the driving device mounting member fitting 314 which passes through them, also these slots, the distal drive gear 360 and a proximal drive gear 320, drive mounting member fitting unimpeded to 314 can be rotated within a given range around the axis of the gear tube 380.

図11を参照すると、遠位位置決め歯車460および近位位置決め歯車420は、位置決め装置400内にある。 Referring to FIG. 11, the distal positioning gear 460 and the proximal positioning gear 420 is in the positioning device 400. 遠位位置決め歯車460および近位位置決め歯車420は、回転に対しては歯車チューブ380に連結されるが、長さ方向の相対的な移動に対しては連結しないように、遠位位置決め歯車460および近位位置決め歯車420は歯車チューブ380と同軸上にあり、かつ、長さ方向においてスプライン嵌合している。 The distal positioning gear 460 and the proximal positioning gear 420, as it is connected to a gear tube 380 for rotation, not connected for relative movement in the longitudinal direction, distal positioning gear 460 and the proximal positioning gear 420 is in gear tube 380 coaxially, and are spline-fitted in the longitudinal direction. したがって、歯車チューブ380は位置決め装置組立体400内で長さ方向に移動できるが、その際位置決め装置組立体400、または、そのいずれの部品にも、対応するように長さ方向に移動させることはない。 Thus, although the gear tube 380 is movable in the longitudinal direction in the positioning assembly 400, whereby the positioning assembly 400, or in any of its parts, to move the corresponding manner in the longitudinal direction Absent. 遠位駆動歯車460にある弓形スロット421および近位駆動歯車420にある弓形スロット421は、それらを貫通する駆動装置取り付け部材接続具412の通路を形成し、また、これらのスロットにより、遠位位置決め歯車460および近位位置決め歯車420が、駆動装置取り付け部材接続具412に妨げられることなく、歯車チューブ380の軸周りに所与の範囲内で回転できる。 Arcuate slot 421 in the arcuate slot 421 and a proximal drive gear 420 is in the distal drive wheel 460 to form a passage of the driving device mounting member fitting 412 which passes through them, also these slots, the distal positioning gear 460 and the proximal positioning gear 420, the driving device mounting member fitting unimpeded to 412 can be rotated within a given range around the axis of the gear tube 380.

したがって、中間作動チューブ280を回転させると、それに対応して、遠位回転チューブ580および歯車チューブ380、最終的には、遠位駆動歯車360、近位駆動歯車320、遠位位置決め歯車460および近位位置決め歯車420が回転することが、前述の説明から分かる。 Therefore, rotating the intermediate actuation tube 280, and correspondingly, the distal rotating tube 580 and the gear tube 380, in the end, a distal drive wheel 360, proximal drive gear 320, the distal positioning gear 460 and near the position locating gear 420 is rotated is seen from the foregoing description. 中心チューブ590が外被チューブ510に対して長さ方向に移動すると、それに対応して駆動装置組立体300が外被チューブ510に対して長さ方向に移動するが、位置決め装置組立体400は外被チューブ510に対して長さ方向に移動しないこともまた分かる。 When the center tube 590 is moved longitudinally relative to the jacket tube 510, the drive assembly 300 correspondingly moves longitudinally relative to the jacket tube 510, positioning assembly 400 is outside also it is seen not to move longitudinally relative to the tube 510.

次に図11、図13および図14を参照すると、遠位位置決めピニオン(distal positioner pinions)464が、遠位位置決め装置取り付け部材440内で回転可能に支持されているピニオン軸(図示せず)と一体化しており、かつ、それを中心として回転できる。 Then 11, 13 and 14, the distal positioning pinion (distal positioner pinions) 464 is a pinion shaft which is rotatably supported at the distal positioning device mounting member inside 440 (not shown) integrated and, and can rotate around it. 遠位位置決めピニオン462は遠位位置決め歯車460とかみ合い、それにより、駆動されることができる。 The distal positioning the pinion 462 meshes with the distal positioning gear 460, thereby making it possible to be driven. 遠位位置決めピニオン462は遠位位置決めアーム(distal positioner arms)470とも一体化している。 The distal positioning the pinion 462 is integral 470 both distal positioning arm (distal positioner arms). 同様に、近位位置決めピニオン(proximal positioner pinions)422が、近位位置決め取り付け部材410内で回転可能に支持されているピニオン軸(図示せず)と一体化し、かつ、それを中心として回転できる。 Similarly, the proximal positioning pinion (proximal positioner pinions) 422 is integral with the pinion shaft which is rotatably supported in the proximal inner positioning the mounting member 410 (not shown), and can rotate around it. 近位位置決めピニオン422は近位位置決め歯車420とかみ合い、それにより駆動されることができる。 The proximal positioning pinion 422 meshes with the proximal positioning gear 420 can be driven by it. 近位位置決めピニオン422は近位位置決めアーム(proximal positioner arms)430ともまた一体化している。 The proximal positioning pinion 422 are also integrated with the proximal positioning arm (proximal positioner arms) 430.

このような構成なので、図11、図13および図14を参照すると、遠位回転チューブ580が回転すると、それに対応して歯車チューブ380、したがって遠位および近位位置決め歯車460、420が回転し、言い換えると、これら歯車が、遠位位置決めピニオン462および近位位置決めピニオン422を駆動して、位置決めアーム470および位置決めアーム430を外側へ(図14に示す位置に向かって)または内側へ(図13に示す位置に向かって)のいずれかに回転させることが分かる。 Since such a configuration, FIG. 11, 13 and 14, the distal rotary tube 580 rotates, the gear tube 380 correspondingly, thus the distal and proximal positioning gear 460,420 rotate, in other words, these gears, drives the distal positioning pinion 462 and the proximal positioning pinion 422, a positioning arm 470 and the positioning arm 430 to the outside (toward the position shown in FIG. 14) or inward (in FIG. 13 be rotated in either headed) to the position indicated understood. 図13に示す位置は、患者への挿入および患者からの後退時に位置決め装置組立体400が置かれる位置であることが分かるであろう。 Position shown in FIG. 13, it will be seen that the position of the positioning assembly 400 during retraction of the insertion and the patient to the patient is placed. 図14に示す位置は、さらに後述するように、位置決め装置組立体400が膀胱口の周囲の膀胱壁を骨盤底部に接触できる状態にある位置であることが、さらに分かるであろう。 Position shown in FIG. 14, as described further below, that the positioning assembly 400 is positioned in the state in which the bladder wall around the bladder opening to contact the pelvic floor portion will further be seen. 最後に、位置決め装置組立体400のアーム470およびアーム430を交互に伸縮するために必要とされる歯車チューブ380の回転運動の範囲は、中間回転チューブ280にあるブリッジスロット640の円周方向の寸法、および、それらスロットとブリッジの羽根620との相互作用によって規定されることは、前述した説明から(また、図8〜図10を参照することからも)分かるであろう。 Finally, the range of rotational movement of the gear tube 380 is required to stretch the arm 470 and the arm 430 of the positioning assembly 400 alternately, circumferential dimension of the bridge slot 640 in the middle rotating tube 280 and it is defined by the interaction of the blade 620 thereof slots and bridges, from the above description (also from the fact that 8-10) will be seen.

次に図12〜図16を参照すると、遠位駆動ピニオン362はピニオン軸316と一体化しており、これらピニオン軸は遠位駆動装置取り付け部材340内で回転可能に支持されている。 Referring now to FIGS. 12 to 16, the distal drive pinion 362 is integral with the pinion shaft 316, these pinion shaft is rotatably supported in the distal driving device mounting member 340. 遠位駆動ピニオン362は遠位駆動歯車360とかみ合い、それにより駆動されることができる。 Distal drive pinion 362 meshes with the distal drive gear 360 can be driven by it. 遠位駆動ピニオン362は遠位駆動アーム370ともまた一体化しており、言い換えると、これらアームは駆動ピン376と一体化している。 Distal drive pinion 362 is also integral with the distal drive arm 370, in other words, the arms are integral with the driving pin 376. 同様に、近位駆動ピニオン322はピニオン軸316と一体化しており、これらピニオン軸は近位駆動装置取り付け部材310内で回転可能に支持されている。 Similarly, proximal drive pinion 322 is integral with the pinion shaft 316, these pinion shaft is rotatably supported in the proximal driving device mounting member 310. 近位駆動ピニオン322は近位駆動歯車320とかみ合い、それにより駆動されることができる。 The proximal drive pinion 322 meshes with proximal drive gear 320 can be driven by it. 近位駆動ピニオン322は近位駆動アーム330ともまた一体化しており、言い換えると、これらアームは追加の駆動ピン376と一体化している。 The proximal drive pinion 322 is also be integrated with the proximal actuating arm 330, in other words, the arms are integrated with additional drive pin 376.

このような構成なので、図12〜図16を参照すると、遠位回転チューブ580が回転すると、それに対応して歯車チューブ380、したがって、遠位駆動歯車360および近位駆動歯車320が回転し、言い換えると、これら歯車が遠位駆動ピニオン362および近位駆動ピニオン322を駆動して、駆動アーム370および330を外側へ(図14に示す位置に向かって)または内側へ(図13に示す位置に向かって)のいずれかに回転させることが分かる。 Since such a configuration, referring to FIGS. 12 to 16, the distal rotary tube 580 rotates, the gear tube 380 Correspondingly, therefore, the distal drive wheel 360 and a proximal drive gear 320 is rotated, in other words When, with these gears to drive the distal drive pinion 362 and a proximal drive pinion 322, toward the driving arm 370 and 330 outward (toward the position shown in FIG. 14) or inside to (the position shown in FIG. 13 be rotated in any of Te) is seen. 図13に示す位置は、患者への挿入および患者からの後退時に駆動装置組立体300が置かれる位置であることが分かるであろう。 Position shown in FIG. 13, it will be seen that a position where the drive assembly 300 is placed upon retraction of the insertion and patient to patient. 図14に示す位置は、さらに後述するように、駆動装置組立体300がアンカーを駆動できる状態にある位置であることが、さらに分かるであろう。 Position shown in FIG. 14, as described further below, that drive assembly 300 is positioned in the state capable of driving the anchor will further be seen. 最後に、駆動装置組立体300のアーム370およびアーム330を交互に伸縮するために必要とされる歯車チューブ380の回転運動の範囲は、中間回転チューブ280にあるブリッジスロット640の円周方向の寸法、および、それらスロットとブリッジの羽根620との相互作用によって規定されることは、前述した説明から(また、図8〜図10を参照することからも)分かるであろう。 Finally, the range of rotational movement of the gear tube 380 is required to stretch the arm 370 and the arm 330 of drive assembly 300 alternately, circumferential dimension of the bridge slot 640 in the middle rotating tube 280 and it is defined by the interaction of the blade 620 thereof slots and bridges, from the above description (also from the fact that 8-10) will be seen.

図14を参照すると、1本または複数本の駆動ピン376は駆動アーム330、370に取り付けられている。 Referring to FIG. 14, one or more drive pins 376 are attached to the drive arm 330,370. 1本または複数本の駆動ピン376のそれぞれは、アンカーヘッド710を有するアンカー700を、例えば、摩擦嵌め(friction fit)あるいは他の適当な手段で維持するように構成されている。 Each of the one or more drive pins 376, the anchor 700 having an anchor head 710, for example, is configured to maintain a frictional fit (friction fit), or other suitable means. アンカー700は、ヘッド710に開口し、ほぼ全長にわたって延在する、中空の穴を内部に有し、駆動ピン376がその穴にそのほぼ全長にわたって延在することができるので、駆動ピン376の遠位端がアンカー700をその前端部で駆動でき、これにより、アンカー700がそのヘッド710に近位の後端部で駆動された場合に、アンカーが座屈するか、または方向から外れることを防止する。 Anchor 700 is opened to the head 710, extends substantially over the entire length, has a hollow bore therein, the drive pin 376 may extend over the entire length in the hole, distal of drive pin 376 proximal end can be driven anchor 700 at its front end, thereby preventing the case where the anchor 700 is driven by the rear end portion proximal to the head 710, or the anchor buckles, or to deviate from the direction .

図10〜図14を参照すると、長さ方向の力および移動は駆動アーム370に伝達され、後述するように、アンカー700を組織に打ち込み、それらが組織に設置された後、アンカー700から駆動ピン376を引き抜くこと、を交互に行うことができる。 Referring to FIGS. 10 14, the force and the movement in the longitudinal direction is transmitted to the drive arm 370, as will be described later, driving the anchor 700 into tissue, after they have been placed in the tissue, the driving pin from the anchor 700 pulling out the 376, it can be performed alternately. 前述したように、長さ方向の力および移動は中間作動チューブ280から直接ブリッジ組立体600を介して中心チューブ590に伝達される。 As described above, the force and the movement in the longitudinal direction is transmitted from the intermediate operating tube 280 to central tube 590 through the bridge assembly 600 directly. 前述したように、中心チューブ590は遠位端キャップ390、遠位駆動装置取り付け部材340、駆動装置取り付け部材接続具314、および、近位駆動装置取り付け部材310と一体化している。 As described above, the center tube 590 distal end cap 390, distal drive device mounting member 340, the driving device mounting member fitting 314 and, integral with proximal drive device mounting member 310. 駆動アーム330および370は駆動装置取り付け部材310内に操作可能に取り付けてあるので、中間作動チューブ280を介して中心チューブ590に加えられた長さ方向の力と動きは、駆動アーム330および駆動アーム370(および駆動装置組立体300全体)、したがって、駆動ピン376およびアンカー700の長さ方向の力と動きに直接変換される。 The driving arm 330 and 370 are operably attached to the inside driving device mounting member 310, the force and movement longitudinally applied to the central tube 590 through the intermediate operating tube 280, the drive arm 330 and drive arm (total and drive assembly 300) 370, therefore, it is directly converted into longitudinal force and movement of the drive pin 376 and the anchor 700. 前述の説明から分かるように、歯車チューブ380が、中心チューブ590および駆動装置組立体300の長さ方向の移動に対応して、長さ方向に移動する。 As can be seen from the foregoing description, the gear tube 380, in response to longitudinal movement of the center tube 590 and drive assembly 300 moves in the length direction. 前述したように、歯車チューブ380は、近位位置決め歯車420および遠位位置決め歯車460に歯車チューブ380を連結する長さ方向のスプラインにより、位置決め装置組立体400に対し、かつ、それを通って長さ方向に移動できるが、近位位置決め歯車および遠位位置決め歯車を、それに対応して長さ方向に移動させることはない。 As described above, the gear tube 380, the length direction of spline connecting the gear tube 380 proximally positioning gear 420 and distal positioning gear 460, relative positioning assembly 400, and the length through which Although is it moved in the direction, the proximal positioning gear and distal positioning gear, not be moved in the longitudinal direction correspondingly.

アンカー700を位置決め装置組立体400を通して標的組織に移動し打ち込むために、前述の機構により十分な近位長さ方向の動きを発生し、かつ、駆動アーム330および駆動アーム370、ならびに、駆動ピン376に伝達しなければならないことが分かるであろう。 The anchor 700 for driving to move to the target tissue through the positioning assembly 400, to generate a sufficient proximal longitudinal movement by the aforementioned mechanism and the driving arm 330 and drive arm 370, and the drive pin 376 it must be transmitted to will be appreciated. 駆動装置組立体300の長さ方向の前進/後退移動距離は、アンカーを位置決め装置組立体を通して標的組織に十分に着座させるために、駆動装置組立体300の長さ方向の前進/後退移動距離は通常アンカー700の長さより長くできる。 Longitudinal forward / backward moving distance of the drive assembly 300, in order to sufficiently seated in the target tissue anchor through the positioning assembly, the forward / backward moving distance of the length direction of the drive assembly 300 It can be made longer than the length of the normal anchor 700. ここまで図示し述べてきた実施例においては、組織に着座した時のアンカーの位置は駆動装置組立体300の縦軸とほぼ平行であるが、アンカーの位置はその縦軸に対して傾斜していてもよい。 In the embodiment has been described shown so far, the position of the anchor when seated on tissue is substantially parallel to the longitudinal axis of the drive assembly 300, the position of the anchor inclined with respect to its longitudinal axis it may be. さらに、ここまで図示し述べてきた実施例では、アンカーを位置決め装置組立体400で保持しているので、アンカーを標的組織に対してほぼ垂直に入れることができる。 Furthermore, in the embodiment has been described shown Now that holds the anchor positioner assembly 400 can be placed substantially vertically anchored to the target tissue.

前述した位置決め装置組立体および駆動装置組立体の様々な一体化する構成要素は、単一の、連続構造体として形成、成形あるいは機械加工することも考えられる。 Components for various integrated positioner assembly and drive assembly described above is a single, formed as a continuous structure, it is also conceivable to molding or machining. 例えば、駆動アーム330および駆動アーム370を、組立て部品としてではなく、駆動ピン376と単一の、連続構造としてもよい。 For example, the drive arm 330 and drive arm 370, rather than as assembly, drive pin 376 and a single, or a continuous structure.

次に図3、および、図31〜図38を参照すると、外科医は前述した実施例を、以下に述べるように逆行式に(in a retrograde direction)用いることができる。 Then 3, and, referring to FIGS. 31 to 38, the surgeon the embodiment described above, can be used (in a retrograde direction) to the retrograde expression as described below. 使用に先立ち、必要に応じて、駆動装置組立体300に1つまたは複数のアンカー700を装填してよい。 Prior to use, if necessary, it may be loaded with one or more anchors 700 in drive assembly 300. その後、吻合器械を尿道に挿入し、器械10の遠位端が尿道5(図3)、膀胱口4を通過して、駆動装置組立体300および位置決め装置組立体400が膀胱腔8内に達するまで、逆行式に器械を前進させることができる。 Thereafter, the anastomosis instrument inserted into the urethra, the distal end of the instrument 10 is the urethra 5 (FIG. 3), through the bladder port 4, drive assembly 300 and the positioning assembly 400 reaches the bladder lumen 8 until, it is possible to advance the instrument to the retrograde type.

膀胱1に挿入後、最初にノブ110を回して位置決め装置組立体および駆動装置組立体を、図32(図14も参照されたい)に示すように、最初の展開位置まで開いて器械10を始動する。 After insertion into the bladder 1, the first knob 110 to rotate in the positioning device assembly and drive assembly, as shown in FIG. 32 (FIG. 14 see also), start the instrument 10 is opened to the first deployed position to. その後、ハンドル100を近位方向下方に引いて器械全体を尿道5を通して後退させ、開いた位置決め装置組立体を膀胱口4の周囲の膀胱壁2に接触させ、図33に示すように、対応する膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて、膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付け、接触する。 Thereafter, the entire instrument by pulling the handle 100 proximally downward retracted through the urethra 5, the open positioning assembly in contact with the bladder wall 2 around the bladder opening 4, as shown in FIG. 33, corresponding align the positions of the bladder port 4 and urethral meatus 6, pressing the bladder wall 2 around the pelvic floor portion 7 of the meatus 6 and contacts. 所定の位置に配されれば、前述したようにノブ110を押してハンドル機構を駆動準備状態にして器械をさらに動作させるよう準備することができる。 If placed in position, it can be prepared to further operate the instrument by the handle mechanism to the drive ready state by pressing the knob 110 as described above. 次に、アンカー700を駆動するために駆動ボタン202を押し下げて器械をさらに作動でき、これにより、前述したハンドル組立体100の機構を作動させ、駆動装置組立体300を位置決め装置組立体400に対して近位方向に引っ張り、アンカー700を膀胱壁を通し、図34に示す位置まで、位置を揃えた開口4および開口6を囲む位置で、アンカー700をその下の骨盤底部7に打ち込む。 Next, depress the drive button 202 for driving the anchor 700 can further operate the instrument, by which activates the mechanism of the handle assembly 100 described above, with respect to the positioning assembly 400 to drive assembly 300 pulling proximally Te, the anchor 700 through the bladder wall, to the position shown in FIG. 34, at a position surrounding the opening 4 and the opening 6 aligned position, drive the anchor 700 to the pelvic floor portion 7 beneath. 前述したように、駆動ボタン202を用いて、外科医は次にハンドル組立体100をさらに作動させ、アンカー700を組織にさらに着座させることを所望してもよい。 As described above, by using the drive button 202, the surgeon is then further operating the handle assembly 100 may desire to further seat the anchor 700 into tissue. 次に、前述したように、さらに駆動ボタン202を用いて、外科医が駆動装置組立体300を遠位方向に押して、設置されたアンカー700から駆動ピン376を図35に示す位置まで引き抜く。 Then, as described above, further with a drive button 202, pressing the surgeon drive assembly 300 distally, pulling the anchors 700 disposed to a position of a driving pin 376 in FIG. 35. 最後に、ノブ110を再び回して駆動装置組立体300および位置決め装置組立体400を図36に示す位置に再び閉じることができる。 Finally, the drive assembly 300 and the positioning assembly 400 by turning the knob 110 again may again closed in the position shown in FIG. 36. この閉位置では、器械10を尿道5から外して引き抜くことができる。 In this closed position, it can be pulled out to remove the instrument 10 from the urethra 5. 任意に、器械を尿道から引き抜くのに先立って、ガイドワイヤ80を器械を通して(ガイドワイヤ通路を介して)膀胱腔に挿入し、器械を尿道から引き抜いた後に、後述するように使用するために残留させてもよく、これについては図36および図37を参照されたい。 Optionally, prior to instrument to pull the urethra, the guide wire 80 through the apparatus (through guidewire passage) was inserted into the bladder cavity, after withdrawal of the instrument from the urethra, the residual for use as described below It may also be, which will see FIGS. 36 and 37.

図38を参照すると、ガイドワイヤ80を用いてバルーンカテーテルシステム90を膀胱腔8内に導入できる。 Referring to FIG. 38, can be introduced balloon catheter system 90 in the bladder cavity 8 with the guide wire 80. 図38に示すように、ある実施例では、バルーン94が膨張し、カテーテルを所定の位置に保持するバルーンカテーテルシステム90を提供している。 As shown in FIG. 38, in one embodiment, the balloon 94 is inflated, provides a balloon catheter system 90 for holding the catheter in place. 排液孔92により尿を膀胱1からカテーテルチューブ96を通して蓄尿バッグ98に排出できる。 Urine can be discharged in urine storage bag 98 through the catheter tube 96 from the bladder 1 through drain holes 92.

本発明の他の実施例では、図3および図4において、作動ノブ110を最初に押し下げてアクチュエータを駆動準備する。 In another embodiment of the present invention, in FIGS. 3 and 4, is prepared drives the actuator depressing the actuating knob 110 first. 次に、作動ノブを回して遠位回転チューブを同時に回転させ、それにより位置決めアームおよび駆動アーム、ならびに、アンカーを駆動装置組立体の縦軸から約2mm〜8mmの外側位置に縦軸に平行に広げる。 Then, at the same time to rotate the distal rotary tube by turning the operating knob, whereby the positioning arm and the drive arm, and, parallel to the longitudinal axis on the outside position of about 2mm~8mm from the longitudinal axis of the anchor drive assembly spread.

前述したように逆行式(in a retrograde manner)で、または順行式(in an antegrade manner)で使用するように構成された吻合器械を提供するために、位置決め装置組立体および駆動装置組立体は他の形状構成有することができることは、当業者には理解できることである。 In retrograde as described above expression (in a retrograde manner), or to provide an anastomosis instrument that is configured for use with antegrade formula (in an antegrade manner), the positioning device assembly and drive assembly it can have other shapes configurations, it can be understood by those skilled in the art.

組立体は本明細書に述べる例に限定されないが、それらを含む様々な他の形状構成(したがって、以下の例に限定されるものではないが、位置決めペタル830を有するシャトルコック組立体(shuttlecock assembly)800(図17〜図21)、逆位置決めペタル930を有するアンブレラ組立体(umbrella assembly)900(図22〜図27)、位置決めアーム1441を有する位置決め装置組立体1440(図56〜図64、図70、図71、図77、図78)、または位置決め装置2017(図122〜図126)、位置決め装置2090(図110〜図118)、位置決め装置2122(図95、図96、図103〜図109)、および、位置決め装置2168(図83、図84、図89〜図94)(これらすべてについては後述する))を含み、そのよう Although the assembly is not limited to the example described herein, various other shapes configured to contain them (hence, but are not limited to the following examples, shuttlecock assembly having positioning petal 830 (shuttlecock assembly ) 800 (FIGS. 17 to 21), an umbrella assembly having a reverse positioning petals 930 (umbrella assembly) 900 (FIGS. 22 to 27), the positioning device assembly 1440 having a positioning arm 1441 (FIGS. 56 to FIG. 64, FIG. 70, Figure 71, Figure 77, Figure 78), or positioning device 2017 (FIGS. 122 to view 126), a positioning device 2090 (FIGS. 110 to view 118), a positioning device 2122 (FIG. 95, FIG. 96, FIG. 103 to view 109 ), and includes a positioning device 2168 (FIG. 83, FIG. 84, FIG. 89 to FIG. 94) (will be described later, all of these)), such 形状構成により、後退、かつ、横方向への拡張が交互に可能な装置が得られ、その装置は、図2を参照すると、閉位置で逆行式に尿道5を介して膀胱口4に挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたは拡張され、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作する、または、あるいは、閉位置で順行式に腹部の切開口と膀胱1の上面を介して挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたは拡張され、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作することに有用であることが、当業者には理解できる。 The shape configuration, retracted and extended in the lateral direction can be alternately device is obtained, the apparatus, referring to FIG. 2, it is inserted through the urethra 5 into the bladder outlet 4 retrograde expression in the closed position , or is extended is extended in the bladder cavity 8, is trapped in the bladder outlet 4, align the positions of the bladder opening and urethral opening the bladder wall 2 around the bladder port 4 surrounding the urethral meatus 6 pelvic floor section 7 manipulated into contact against the, or, alternatively, is inserted through the upper surface of the incision and bladder 1 of abdominal antegrade expression in the closed position, or is extended is extended in the bladder cavity 8, the bladder port 4 trapped, it is useful to be operated so as to contact against align the positions of the bladder opening and urethral opening the bladder wall 2 around the bladder opening 4 into the pelvic floor portion 7 surrounding the urethral meatus 6 but it can be understood by those skilled in the art. 一般的に、位置決め装置組立体は、膀胱口4の周囲の膀胱壁2を捕捉し、かつ、制御するために、交互に伸縮可能な突起部材、ペタル、アーム、つめ、または他の把持部材または捕捉部材を必要な数だけ備え、それらを利用することができる。 Generally, the positioning assembly captures the bladder wall 2 around the bladder opening 4, and, in order to control, extendable protrusion member alternately, petals, arms, claws or other gripping members or, with the required number of capture member, it is possible to utilize them. 位置決め装置組立体は器械の長さ方向部材に操作可能に連結され、器械の近位端での外科医による入力に応じて、交互に横方向に拡張可能であり、かつ、その縦軸に向かって後退可能である、少なくとも1つの部材を具備することができる。 Positioner assembly is operably linked to the length direction member of the instrument, according to the input by the surgeon at the proximal end of the instrument, it is extensible in the lateral direction alternately and toward the longitudinal axis is retractable, it can comprise at least one member.

あるいは、本明細書に述べるように、開いた後にアンカーを膀胱壁を介して骨盤底部に打ち込むアンカー駆動装置組立体が器械に含まれている場合には、図示した位置決め装置組立体または位置決め装置を省略できる場合があることは、当業者には分かる。 Alternatively, as described herein, when the anchor drive assembly for driving the anchor after opening the pelvic floor portion through the bladder wall is included in the instrument, the positioning device assembly or positioning device illustrated that it may be omitted, understood by those skilled in the art. 例えば、図32および図33を参照すると、開かれてアンカー700の遠位端が膀胱口4の周りの膀胱壁2に接触し穴をあける程度まで引き下ろされた場合の駆動装置組立体300は、膀胱壁2を捕捉し、膀胱壁2を引き下ろして骨盤底部7に接触させ、場合によっては図示のように位置決め装置組立体400を使わずに、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて、この膀胱壁2を骨盤底部に固定することに十分使用できることが分かる。 For example, referring to FIGS. 32 and 33, drive assembly 300 when the distal end is pulled down to approximately holes in contact with the bladder wall 2 around the bladder opening 4 opened and the anchor 700 the bladder wall 2 capture, pulls down the bladder wall 2 is brought into contact with the pelvic floor section 7, in some cases without the positioning assembly 400 as shown, aligning the position of the bladder port 4 and urethral meatus 6 Te, enough it is found that can be used to fix the bladder wall 2 to the pelvic floor portion. したがって、アンカー700を有する駆動装置組立体300は、位置決め装置およびアンカー駆動装置組立体としての2つの機能を果たすことができる。 Thus, drive assembly 300 having an anchor 700 can serve two functions as a positioning device and anchor drive assembly.

「シャトルコック」の実施例 図17〜図21は本発明の方法および装置の他の実施例を示す。 Example Figure 17 to 21 of "shuttlecock" show another embodiment of the method and apparatus of the present invention. 図17〜図19に示すように、「シャトルコック」組立体800が設けられている。 As shown in FIGS. 17 to 19, "shuttlecock" assembly 800 is provided. (ここで使用する用語「シャトルコック(shuttlecock)」は、図面で示すように本実施例の装置がバドミントンの羽根(シャトル)(shuttlecock)に多少似ているので、便宜上本実施例についてのみ使用している。しかしこの用語は外見あるいは他の点について何ら限定的な意味を含むものではない。本明細書に記載の特徴および機能を有する器械はバドミントンのシャトルに似ている場合もあり、似ていない場合もあることを、当業者は理解するであろう。)中心チューブ590の遠位端に固定されているのは遠位端キャップ390である。 (As used herein, the term "shuttlecock (shuttlecock)", since the apparatus of the present embodiment, as shown in the drawings are somewhat similar to badminton vane (shuttle) (shuttlecock), used only for convenience this embodiment and are. However, this term is instrument having features and functions described in any limiting sense without including. herein for appearance or other points sometimes resemble badminton shuttle, similar that the absence also, those skilled in the art will understand.), they are fixed to the distal end of the central tube 590 is distal end cap 390. 中心チューブ590は位置決めペタル保持部材作動チューブ(positioner petal retainer actuator tube)810の内側に配置でき、位置決めペタル保持部材作動チューブ810は駆動ピン作動チューブの内側に配置でき、図17および図18から、3本のチューブ590、810および820はほぼ同軸上にあってよいことが分かる。 Central tube 590 can be placed on the inside of the positioning petals retaining member actuation tube (positioner petal retainer actuator tube) 810, positioning petals retaining member actuation tube 810 can be positioned inside the drive pin actuating tube, from FIGS. 17 and 18, 3 of tubes 590,810 and 820 it can be seen that substantially there may coaxially. チューブ590、チューブ810およびチューブ820はまた、互いに長さ方向に移動可能である。 Tube 590, tube 810 and tube 820 are also movable in the longitudinal direction.

駆動ピン376の一端を駆動ピン作動チューブ820の遠位端に連結できる。 One end of the driving pin 376 can be coupled to the distal end of the drive pin actuating tube 820. 駆動ピン376は形状記憶特性を有するばねワイヤまたは他の適当な材料で作製することができ、かつ、駆動ピン作動チューブ820の遠位端に固定された短腕部、湾曲部377、および、着脱可能な中空アンカー700を受容する長腕部を有することができる。 Drive pin 376 may be made of spring wire or other suitable material having shape memory characteristics, and short arm portion which is fixed to the distal end of the drive pin actuation tube 820, the curved portion 377, and removable a hollow anchor 700 that can may have a long arm portion for receiving. 器械の使用に先立って、アンカー700を駆動ピン376に装填でき、摩擦嵌めまたは他の適当な手段でピンに解放可能に保持できる。 Prior to use of the instrument, it can loaded anchor 700 to drive pin 376 may releasably hold the pins in friction fit or other suitable means. 組立体800が図17に示す後退位置にある場合は、駆動ピン376の長腕部は図示のようにほぼチューブ820に沿って後退位置に保持できる。 When the assembly 800 is in the retracted position shown in FIG. 17, the long arm portion of the drive pin 376 can be held in a retracted position substantially along the tube 820 as shown. 組立体800が図19に示す開位置にある場合は、駆動ピン376の湾曲部377のばねの付勢により、駆動ピン376の長腕部および遊離端部、ならびに、対応するように、駆動ピン376上のアンカー700が開いて、図示した外側の開位置まで移動する。 When the assembly 800 is in the open position shown in FIG. 19, by a spring bias of the curved portion 377 of the driving pin 376, the long arm portion and the free end of the drive pin 376, as well as corresponding drive pin anchor 700 on the 376 opened, moved to the open position outside the illustrated. アンカー700は、ヘッド710に開口し、ほぼ全長にわたって延在する、中空の孔を有してもよく、駆動ピン376はそれらの孔のほぼ全長にわたって延在することができるので、駆動ピン376の遠位端がアンカー700の近位の前端部に駆動力を加えることができ、これにより、アンカー700がそのヘッド710に近位の後端部で駆動された場合に、アンカーが座屈するか、または方向から外れることを防止する。 Anchor 700 is opened to the head 710, extends substantially over the entire length, may have a hollow bore, since the drive pin 376 may extend substantially the entire length of the holes, the driving pin 376 can distal end applies a driving force to the front end portion of the proximal anchor 700, thereby, when the anchor 700 is driven by the rear end portion proximal to the head 710, or the anchor buckles, or to prevent the out of the way.

各位置決めペタル830は、その一端で遠位端キャップ390に固定できる。 Each positioning petal 830 can be secured to the distal end cap 390 at one end thereof. 位置決めペタル830は、形状記憶特性を有するばね金属または他の適当な材料で作製され、閉位置での拘束力を解かれるとペタルは外側に跳ね返り、図19に示す開位置に達するように付勢してもよく、または駆動ピン376およびアンカー700には乗り上げているだけで、遠位端キャップ390に屈曲可能に取り付けるか、または、ヒンジで留めてもよい。 Positioning petals 830 is fabricated by a spring metal or other suitable material having shape memory characteristics, when unconstrained force in the closed position petals bounce outwardly biased so as to reach the open position shown in FIG. 19 it may be, or only rides in the driving pin 376 and the anchor 700, or attached bendable distal end cap 390, or may be hinged. 組立体800が図17に示す後退位置にあるときには、位置決めペタル830は駆動ピン376およびアンカー700の外側の図示の後退位置にある。 When the assembly 800 is in the retracted position shown in FIG. 17, the positioning petals 830 is in the retracted position outside the illustrated drive pin 376 and the anchor 700. 組立体800が図19に示す開位置にあるときには、位置決めペタル830の先端部835は外側に移動して図示の開位置にまで達しており、この位置では位置決めペタル830とチューブ590、チューブ810およびチューブ820により形成される角度はほぼ15°でよい。 When the assembly 800 is in the open position shown in FIG. 19, the distal end portion 835 of the positioning petals 830 has reached to the open position as shown to move outward, positioning the petals 830 and the tube 590 is in this position, the tube 810 and angle formed by a tube 820 may be substantially 15 °.

組立体800が図17に示す後退位置にあるときには、位置決めペタル830、駆動ピン376、および、アンカー700は、駆動ピン376のばねの付勢が押圧すること抗して位置決めペタル保持部材860により保持できる。 When the assembly 800 is in the retracted position shown in FIG. 17, the positioning petals 830, drive pin 376 and, the anchor 700 is held by the positioning petals holding member 860 spring biases the drive pin 376 to the anti-pressing it can. 図18に示すように、位置決めペタル860は位置決めペタル保持部材ブレース(positioner petal retainer braces)862により位置決めペタル保持部材作動チューブ860に接続されそれと一体化されている。 As shown in FIG. 18, the positioning petals 860 is integral therewith is connected to the positioning petal holding member actuation tube 860 by the positioning petals holding member brace (positioner petal retainer braces) 862. 前述したように、位置決めペタル保持部材作動チューブ810は、中心チューブ590および駆動ピン作動チューブ820に対して長さ方向に移動可能である。 As described above, the positioning petals retaining member actuation tube 810 is longitudinally movable relative to the central tube 590 and the drive pin actuation tube 820.

図19に示すように、位置決めペタル保持部材860が遠位端キャップ390に向かって上昇すると駆動ピン376および位置決めペタル830はそれらの開位置にまで動くことができる(図29も参照されたい)。 As shown in FIG. 19, the driving pin 376 and the positioning petals 830 and the positioning petals holding member 860 is increased toward the distal end cap 390 can move to their open position (FIG. 29 see also). 位置決めペタル保持部材860が位置決めペタル保持部材ブレース862を介して位置決めペタル保持部材作動チューブ810と一体化しているので、中心チューブ590および駆動ピン作動チューブ820を静止させながら位置決めペタル保持部材作動チューブ810を遠位端キャップ390に向かって押すと、位置決めペタル保持部材860が遠位端キャップ390の方向に動き、位置決めペタル830、および、駆動ピン376およびアンカー700が解放され、図19に示す位置まで開くことができる(図28、28も参照されたい)。 Since positioning petal holding member 860 is integral with positioning petals retaining member actuation tube 810 through the positioning petals holding member brace 862, the positioning petals retaining member actuation tube 810 while the central tube 590 and the drive pin actuation tube 820 is stationary pressing toward the distal end cap 390, the positioning petals holding member 860 moves in the direction of the distal end cap 390, the positioning petals 830, and the drive pin 376 and the anchor 700 is released, it opened to the position shown in FIG. 19 can (FIG. 28, 28 see also). 位置決めペタル保持部材ブレース862をそれぞれの位置決めペタル830の間に位置させると、この相対的運動が可能になることが、図18から理解できる。 When positioning the positioning petals holding member brace 862 between each positioning petal 830, it becomes possible this relative movement can be understood from FIG. 18.

図17において分かるように、中心チューブ590、位置決め保持部材作動チューブ810、および、駆動ピン作動チューブ820を含むシャトルコック組立体800全体が外被チューブ510に支持され、外被チューブ端末カラー805により外被チューブ510の中心に置かれている。 As seen in FIG. 17, the center tube 590, the positioning holding member actuation tube 810, and the whole shuttlecock assembly 800 including a drive pin actuating tube 820 is supported on the jacket tube 510, outer by jacket tube terminal collar 805 It is placed in the center of the tube 510. チューブ590、チューブ810、チューブ820、およびチューブ510を静止状態に保持および/または任意の適当な近位作動機構を用いて選択的に相互に長さ方向に移動させてもよいことは、当業者には理解できるであろう。 Tube 590, tube 810, tube 820, and it may move the tube 510 holding and / or any suitable proximal actuation mechanism longitudinally to selectively each other using the stationary state, those skilled in the art it will be appreciated by.

次に、前立腺全摘除手術後、患者の膀胱と尿道を繋ぐ吻合を逆行式で行うための本実施例の使用と操作を説明する。 Then, after radical prostatectomy surgery, describing the use of the present embodiment and operations for performing an anastomosis connecting the patient's bladder and urethra retrograde type. 構造的に見るために図2を参照すると、シャトルコック組立体800(図17に示すような後退位置にある)を患者の尿道に挿入し、そこから上方に尿道5と膀胱口4を介して膀胱腔8内の完全挿入位置まで誘導し、この位置でシャトルコック組立体800は後述するように膀胱内で開くことができる。 Referring to Figure 2 to see Structurally, Shuttlecock assembly 800 (in the retracted position as shown in FIG. 17) was inserted into the urethra of the patient, through the urethra 5 and bladder outlet 4 upwardly therefrom and guided to the fully inserted position within the bladder cavity 8, shuttlecock assembly 800 in this position can be opened in the bladder as described below.

組立体800が完全挿入位置まで誘導されると、図17および図19に戻って参照すると、中心チューブ590および駆動ピン作動チューブ820を静止させながら、位置決めペタル保持部材作動チューブ810を遠位端キャップ390に向かって押すことにより、位置決めペタル830とアンカー700を支持する駆動ピン376が開かれる。 When the assembly 800 is guided to the fully inserted position, referring back to FIGS. 17 and 19, while the central tube 590 and the drive pin actuation tube 820 is stationary, the distal end cap positioned petals retaining member actuation tube 810 by pressing against the 390, drive pin 376 is opened to support the positioning petals 830 and the anchor 700. その結果、位置決めペタル保持部材ブレース862を介して位置決めペタル保持部材作動チューブ810と一体化している位置決めペタル保持部材860が遠位端キャップ390に向かって移動し、これにより、位置決めペタル830およびアンカー700を支持する駆動ピン376が外側に跳ね返り、図19に示すように開位置に達する。 As a result, moving the positioning petal holding member 860 is integral with positioning petals retaining member actuation tube 810 through the positioning petals holding member brace 862 toward the distal end cap 390, thereby positioning the petals 830 and the anchor 700 drive pin 376 for supporting the rebound outwardly, reach the open position as shown in Figure 19.

構造的に見るために再び図2を参照すると、患者の膀胱内の開位置にある組立体800全体を、チューブ590、チューブ810、チューブ820、およびチューブ510を共に尿道を通って引き下げることにより、尿道口6に向かって引っ張る。 Referring again to FIG. 2 in order to see Structurally, the entire assembly 800 in an open position within the patient's bladder, the tube 590, the tube 810 by pulling through both the urethra tube 820, and tube 510, pull toward the urethral opening 6. これにより、位置決めペタル先端部835が、膀胱口4の周囲の位置で膀胱壁2の内側に接触し、膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に向かって押して、これらの組織を、位置を揃えた開口4および開口6に接触させる。 Thus, the positioning petal tip 835 contacts the inside of the bladder wall 2 at positions around the bladder opening 4, by pressing the bladder wall 2 around the bladder opening 4 towards the periphery of the pelvic floor portion 7 of the urethral meatus 6 , these tissues are contacted in the opening 4 and the opening 6 aligned position.

膀胱壁2と骨盤底部7を接触させた後、次のステップでは、チューブ590およびチューブ810を静止させながら、駆動ピン作動チューブ820を後退させてアンカー700を駆動する。 After contacting the bladder wall 2 and the pelvic floor section 7, the next step, while stationary tube 590 and the tube 810 and retracts the drive pin actuating tube 820 to drive the anchor 700. 駆動ピン作動チューブ820を後退させると、固定された駆動ピン376によりアンカー700を、図20に示すように、膀胱壁2に打ち込み、膀胱壁2を通して、次に、図21に示すように、骨盤底部7にまで打ち込む。 Retracting the drive pin actuating tube 820, an anchor 700 by a fixed drive pin 376, as shown in FIG. 20, driving the bladder wall 2, through the bladder wall 2, then, as shown in FIG. 21, pelvic devote to the bottom 7. アンカー700の棘730により、アンカー700が骨盤底部7に留まり、膀胱口4が尿道口6と連絡した状態を保持するように、アンカー700のヘッド710が膀胱壁2を骨盤底部7に接触する位置に維持するように作用することが分かるであろう。 The spine 730 of the anchor 700, the anchor 700 remains in the pelvic floor portion 7, so as to hold the state where the bladder opening 4 in communication with the urethral opening 6, the position where the head 710 of the anchor 700 contacts the bladder wall 2 to the pelvic floor section 7 it will be appreciated that acts to maintain the.

本明細書で述べた第1の実施例と同様に、任意ではあるが、器械を尿道から引き抜く前に、ガイドワイヤを器械を通して(ガイドワイヤ通路を介して)膀胱腔内に挿入し、器械を引き抜いた後に前述した目的に使用するためにガイドワイヤを残留させてもよく、これについては図37および図38を参照されたい。 Like the first embodiment described herein, optionally, before pulling the instrument from the urethra, the guide wire and through the instrument (through guidewire passage) was inserted into the bladder cavity, the instrument It may be the guide wire allowed to remain for use in the above-mentioned purpose after withdrawal, which will see FIG. 37 and FIG. 38.

前述した一連のステップを逆の順に行えば、患者の体内からシャトルコック組立体800を取り出すことができる。 By performing the series of steps described above in reverse order, it is possible to take out the shuttlecock assembly 800 from the patient's body. チューブ590およびチューブ810を静止させながら駆動ピン作動チューブ820を押すと、膀胱壁2を通って骨盤底部7に留まっているアンカー700から駆動ピン376が引き抜かれる。 Pressing the drive pin actuating tube 820 while stationary tube 590 and the tube 810, the drive pin 376 is withdrawn from the anchor 700 remains in the pelvic floor portion 7 through the bladder wall 2. 次に、チューブ590、チューブ810、チューブ820、および、チューブ510を共に上方に押し戻して、膀胱腔8内で開いたままの組立体800全体をさらに僅かに膀胱腔内に押し込み、尿道から離す。 Next, the tube 590, tube 810, tube 820, and, pushed back upward together tube 510, further pushing slightly intravesical the entire assembly 800 remains open in the bladder cavity 8, away from the urethra. 次に、中心チューブ590および駆動ピン作動チューブ820を静止させながら位置決めペタル保持部材作動チューブ810を後退させて、組立体800が閉位置にたたまれる。 Then, by retracting the positioning petals retaining member actuation tube 810 while the central tube 590 and the drive pin actuation tube 820 is stationary, the assembly 800 is folded to the closed position. したがって、位置決めペタル保持部材部レース862を介して、位置決めペタル保持部材作動チューブ810と一体化している位置決めペタル保持部材860が遠位端キャップ390から離れた近位方向の位置まで動かされ、これにより、位置決めペタル830および駆動ピン376を図17に示すように内側閉位置に押し込む(が、このときにはアンカー700は伴わない)。 Accordingly, through the positioning petals holding member part race 862, the positioning petals retaining member actuation tube 810 and the positioning petals holding member 860 are integrated is moved to a position proximal direction away from the distal end cap 390, thereby pushes the positioning petals 830 and drive pin 376 inside a closed position as shown in FIG. 17 (but, the anchor 700 is not accompanied in this case). 後退位置に戻れば、組立体800全体を下方に引き、尿道を通って患者の体内から引き抜くことができる。 Returning to the retracted position, pulling the entire assembly 800 downward, it can be withdrawn from the patient's body through the urethra.

前述したシャトルコック組立体を、前述した逆行式、または、順行式で使用するように構成された吻合器械を提供する、他の形状構成とすることができることは、当業者には分かる。 The shuttlecock assembly described above, retrograde expressions described above, or to provide an anastomosis instrument configured for use with antegrade type, that can be other shapes configurations, apparent to those skilled in the art.

位置決めペタルを備え、膀胱の位置決め機能を果たす機構は、本明細書に述べる例に限定されないが、それらを含む様々な他の形状構成(したがって、以下の例に限定されるものではないが、前述の位置決め装置組立体400(図11、図13〜図14)、逆位置決めペタル930を有するアンブレラ組立体900(図22〜図27)、位置決めアーム1441を有する位置決め装置組立体1440(図56〜図64、図70、図71、図77、図78)、または位置決め装置2017(図122〜図126)、位置決め装置2090(図110〜図118)、位置決め装置2122(図95、図96、図103〜図109)、および、位置決め装置2168(図83、図84、図89〜図94)(これらすべてについては後述する))を含み、 Comprising a positioning petals mechanism to fulfill positioning function of the bladder is not limited to the examples described herein, various other shapes configured to contain them (hence, but it is not limited to the following examples, the aforementioned positioning assembly 400 (FIG. 11, FIGS. 13 14), the umbrella assembly 900 having a reverse positioning petals 930 (FIGS. 22 to 27), the positioning device assembly 1440 having a positioning arm 1441 (FIGS. 56 to FIG 64, FIG. 70, FIG. 71, FIG. 77, FIG. 78), or positioning device 2017 (FIGS. 122 to view 126), a positioning device 2090 (FIGS. 110 to view 118), a positioning device 2122 (FIG. 95, FIG. 96, FIG. 103 through Figure 109), and includes a positioning device 2168 (FIG. 83, FIG. 84, FIG. 89 to FIG. 94) (will be described later, all of these)), のような形状構成により、後退、かつ、横方向への拡張が交互に可能な装置が得られ、その装置は、図2を参照すると、閉位置で逆行式に尿道5を介して膀胱口4に挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたは拡張され、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作する、または、あるいは閉位置で順行式に腹部の切開口と膀胱1の上面を介して挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたは拡張され、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作することに有用であることが、当業者には理解できる。 The shape configuration of retraction and extension in the lateral direction alternately capable device is obtained, the apparatus, referring to FIG. 2, bladder outlet through the urethra 5 to retrograde expression in the closed position 4 is inserted into, is or extended is extended in the bladder cavity 8, is trapped in the bladder outlet 4, align the positions of the bladder opening and urethral opening around the bladder opening 4 the bladder wall 2 surrounding the urethral meatus 6 manipulated into contact against the pelvic floor section 7, or alternatively via the upper surface of the incision and bladder 1 abdominal inserted into antegrade expression in the closed position, or is extended is extended in the bladder cavity 8, trapped in the bladder outlet 4, useful to operate so as to contact against align the positions of the bladder opening and urethral opening the bladder wall 2 around the bladder opening 4 into the pelvic floor portion 7 surrounding the urethral meatus 6 there is, be appreciated by those skilled in the art. 一般的に、位置決め装置組立体は膀胱口4の周囲の膀胱壁2を捕捉し、かつ、制御するために、交互に伸縮可能な突起部材、ペタル、アーム、つめ、または、他の把持部材または捕捉部材を必要な数だけ備え、それらを利用することができる。 Generally, the positioning assembly captures the bladder wall 2 around the bladder opening 4, and, in order to control, extendable protrusion member alternately, petals, arms, claws or other gripping members or with the required number of capture member, it is possible to utilize them. 位置決め装置組立体は器械の長さ方向部材に操作可能に連結され、器械の近位端での外科医による入力に応じて、その部材から交互に横方向に拡張可能であり、かつ、その縦軸に向かって後退可能である、少なくとも1つの部材を具備することができる。 Positioner assembly is operably linked to the length direction member of the instrument, according to the input by the surgeon at the proximal end of the instrument, is extensible in the lateral direction alternately from the member, and its longitudinal axis it is retractable towards, can comprise at least one member.

あるいは、本明細書に述べるように、開いた後にアンカーを膀胱壁を介して骨盤底部に打ち込むアンカー駆動装置組立体が器械に含まれている場合には、図示した位置決め装置組立体または位置決めペタルを省略できる場合があることは、当業者には分かる。 Alternatively, as described herein, when the anchor drive assembly for driving the anchor after opening the pelvic floor portion through the bladder wall is included in the instrument, the positioning device assembly or positioning petals was shown that it may be omitted, understood by those skilled in the art. 例えば、図20および図21を参照すると、膀胱腔内で開かれてアンカー700の遠位端が膀胱口4の周囲の膀胱壁2に接触し、穴をあける程度まで引き下ろされた場合のアンカー駆動ピン376およびアンカー700は、膀胱壁2を捕捉し、膀胱壁2を引き下ろして骨盤底部7に接触させ、場合によっては図示のように位置決めペタル830を使わずに、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて、この膀胱壁2を骨盤底部7に固定するのに十分使用できることが分かる。 For example, referring to FIGS. 20 and 21, an anchor when the distal end of the anchor 700 is opened in the bladder lumen contacts the bladder wall 2 around the bladder opening 4, which is pulled down to approximately holes drive pin 376 and the anchor 700, the bladder wall 2 capture, pulls down the bladder wall 2 is brought into contact with the pelvic floor section 7, without using the positioning petals 830 as shown in some cases, the bladder port 4 and urethral meatus 6 align the position of the, seen to be much used to secure the bladder wall 2 to the pelvic floor portion 7. したがって、アンカー700を伴う駆動ピン376は、位置決め装置とアンカー駆動装置組立体としての2つの機能を果たすことができる。 Therefore, the drive pin 376 with anchor 700 can perform two functions as the positioning device and the anchor drive assembly.

「アンブレラ」形の実施例 図22〜図27は本発明の方法および器械の他の実施例を示す。 Example Figure 22 to 27 of the "umbrella" shape shows another embodiment of the method and apparatus of the present invention. 図22〜図25に示すように、「アンブレラ」組立体900を提供する。 As shown in FIGS. 22 to 25, it provides a "umbrella" assembly 900. (本明細書においては、用語「アンブレラ(umbrella)」は、図面に示すように本実施例が多少アンブレラ(傘)に似ているので、便宜上本実施例についてのみ使っている。しかし、用語「アンブレラ」は外観あるいは他の点に関してなんら限定的な意味を含むものではない。本明細書に記載の特徴および機能を有する機械器具は傘に似ている場合もあり、似ていない場合もあることを、当業者は理解するであろう。)中心チューブ590の遠位端に固定されているのは遠位端キャップ390であり、中心チューブ590および遠位端キャップ390は一体化している。 (As used herein, the term "umbrella (umbrella)" Since this embodiment, as shown in the drawing is somewhat similar to the umbrella (umbrella), are used only for convenience this embodiment. However, the term " umbrella "is machinery having features and functions described in any limiting sense without including. herein with respect to the appearance or other points sometimes resembles an umbrella, it may not resemble the person skilled in the art will understand.), they are fixed to the distal end of the central tube 590 is distal end cap 390, the center tube 590 and a distal end cap 390 is integral. 中心チューブ590は駆動ピン展開チューブ(driver pin spreader tube)893の内側に配置でき、駆動ピン展開チューブ893は逆位置決めペタルチューブ(reverse positioner petal tube)935の内側に配置でき、図22から、3本のチューブ590、チューブ893およびチューブ935はほぼ同軸上にあってよいことが分かる。 Central tube 590 can be positioned inside the drive pin deployment tube (driver pin spreader tube) 893, the drive pin deployment tube 893 can be placed inside the opposite positioning petal tube (reverse positioner petal tube) 935, from FIG. 22, three of the tube 590, it is understood that there may in the tube 893 and the tube 935 is substantially on the same axis. チューブ590、チューブ893およびチューブ935はまた、互いに長さ方向に移動可能である。 Tube 590, tube 893 and tube 935 are also movable in the longitudinal direction.

基部395を有する駆動ピン376が、遠位端キャップ390に固定されている。 Drive pin 376 having a base 395 is secured to the distal end cap 390. 駆動ピン376はばねワイヤまたは形状記憶特性を有する他の適当な材料で作製ることができ、かつ、着脱可能に中空アンカー700を受容する腕部と遊離端部を有する。 Drive pin 376 may be Ru prepared in other suitable material having a spring wire or shape memory properties, and has a free end portion and the arm portion removably receive a hollow anchor 700. 器械の使用に先立って、中空アンカー700を駆動ピン376に装填でき、摩擦嵌めまたは他の適当な手段でピンに解放可能に保持できる。 Prior to use of the instrument, it can loaded hollow anchor 700 to drive pin 376 may releasably hold the pins in friction fit or other suitable means. 組立体900が図22に示す閉位置にある場合は、駆動ピン376の長腕部は駆動ピン376のばねの付勢または形状記憶により、チューブ590、チューブ893、およびチューブ935の軸にほぼ平行に閉位置に保持できる。 When the assembly 900 is in the closed position shown in Figure 22, the long arm of the drive pin 376 by a biasing or a shape memory spring drive pin 376, the tube 590, substantially parallel to the axis of the tube 893, and tubes 935 It can be held in the closed position to. 組立体900が図25に示す完全な開位置にある場合は、駆動ピン376の腕部と遊離端部は図示の様に外側に押されて開位置まで移動している。 When the assembly 900 is in the fully open position shown in FIG. 25, the arm portion and the free end of the drive pin 376 is moved to the open position is pushed to the outside as shown. アンカー700は、ヘッド710に開口し、ほぼ全長にわたって延在する、中空の孔を有してもよく、駆動ピン376はそれらの孔のほぼ全長にわたって延在することができるので、駆動ピン376の遠位端がアンカー700の近位の前端部に駆動力を加えることができ、これにより、アンカー700がそのヘッド710に近位の後端部で駆動された場合に、アンカーが座屈するか、または方向から外れることを防止する。 Anchor 700 is opened to the head 710, extends substantially over the entire length, may have a hollow bore, since the drive pin 376 may extend substantially the entire length of the holes, the driving pin 376 can distal end applies a driving force to the front end portion of the proximal anchor 700, thereby, when the anchor 700 is driven by the rear end portion proximal to the head 710, or the anchor buckles, or to prevent the out of the way.

図24および図25を比較すると分かるように、アンカー700を伴う駆動ピン376は、駆動ピン展開部890の遠位端キャップ390方向への移動により、閉位置から開位置へ移動される。 As it is seen by comparing FIGS. 24 and 25, the drive pin 376 with anchor 700, by the movement of the distal end cap 390 direction of the drive pin expansion unit 890 is moved from the closed position to the open position. 駆動ピン展開部は中空で、駆動ピン展開チューブ893と一体化しており、中心チューブ590および逆位置決めペタルチューブ935に対して長さ方向に移動できる。 Drive pin expansion unit is hollow, is integral with the drive pin deployment tube 893 can move longitudinally relative to the central tube 590 and reverse positioning petal tube 935. したがって、駆動ピン展開チューブ893が遠位端キャップ390に向かって移動すると、駆動ピン展開部890の傾斜した展開部上面891はアンカー700を押し、これに対応して、駆動ピン376が半径方向に外側へ、図25に示す開位置まで押される。 Therefore, when the driving pin deployment tube 893 is moved toward the distal end cap 390, expanded upper surface 891 inclined drive pin expansion unit 890 pushes the anchor 700 and, correspondingly, the drive pin 376 is radially outward, it pushed to the open position shown in FIG. 25.

図23および図24から分かるように、逆位置決めペタル930は逆位置決めペタルチューブ935と一体化している。 As can be seen from FIGS. 23 and 24, opposite positioning petal 930 is integral with the reverse positioning petal tube 935. 逆位置決めペタル930は、ばね金属または形状記憶特性を有する他の適当な材料で作製され、図24に示す開位置にあるように付勢されている。 Conversely positioning petals 930 are made of other suitable material having a spring metal or shape memory properties, and is biased to the open position shown in FIG. 24. したがって、逆位置決めペタルチューブ935を、他のチューブ590、チューブ893およびチューブ510を静止させながら、遠位端キャップ390の方へ押すと、位置決めペタル930が、外被チューブ端末カラー805を通って外被チューブから押し出され、図24および図25に示す付勢位置まで開くことができる。 Therefore, the reverse positioning petal tube 935, the other tube 590, while stationary tube 893 and the tube 510, pressing towards the distal end cap 390, the positioning petals 930, through the outer jacket tube terminal collar 805 outside extruded from the tube can be opened up biased position shown in FIGS. 24 and 25.

図22において分かるように、中心チューブ590、駆動ピン展開チューブ893、および、逆位置決めペタルチューブ935を含むアンブレラ組立体900全体が外被チューブ510に支持され、外被チューブ端末カラー805により外被チューブ510の中心に置かれている。 As seen in FIG. 22, the center tube 590, the drive pin deployment tube 893 and the overall umbrella assembly 900 that includes a reverse positioning petals tube 935 is supported on the jacket tube 510, jacket tubes by jacket tube terminal collar 805 It is placed in the center of the 510. チューブ590、チューブ893、チューブ935およびチューブ510を静止状態に保持させてもよく、または任意の適当な近位作動機構を用いて、選択的に相互に長さ方向に移動させてもよいことは、機械設計分野の当業者には理解できるであろう。 Tube 590, tube 893, may be allowed to hold the tubes 935 and tube 510 stationary, or using any suitable proximal actuating mechanism, it may be moved lengthwise selectively mutually it will be understood by those skilled in the art of mechanical design field.

次に、前立腺全摘除手術後、患者の膀胱と尿道を繋ぐ吻合を行うための本実施例の使用と操作を説明する。 Then, after radical prostatectomy surgery, describing the use of the present embodiment and operations for performing an anastomosis connecting the patient's bladder and urethra. 構造的に見るために図2を参照すると、アンブレラ組立体900(図22に示すような後退位置にある)を患者の尿道に挿入し、そこから上方に尿道5と膀胱口4を介して膀胱腔8内の完全挿入位置まで誘導し、この位置でアンブレラ組立体900は後述するように膀胱内で開くことができる。 Referring to Figure 2 to see Structurally, the umbrella assembly 900 (in a retracted position as shown in FIG. 22) is inserted into the urethra of the patient, from there via the urethra 5 and bladder outlet 4 upward bladder and guided to the fully inserted position in the cavity 8, the umbrella assembly 900 in this position it can be opened in the bladder as described below.

組立体900が完全挿入位置まで誘導されると、図22および図24に戻って参照すると、中心チューブ590および駆動ピン展開チューブ893を静止させながら、逆位置決めペタルチューブ935を遠位端キャップ390に向かって押すことにより、逆位置決めペタル930が延ばされ、開かれる。 When the assembly 900 is guided to the fully inserted position, referring back to FIGS. 22 and 24, the center tube 590 and the drive pin deployment tube 893 while still, the reverse positioning petals tube 935 at the distal end cap 390 by pressing headed, reverse positioning petals 930 is extended, it is opened. 次に、図24および図25を参照すると、中心チューブ590および位置決めペタルチューブ935を静止させながら、駆動ピン展開チューブ893を遠位端キャップ390に向かって押すことにより、アンカー700を伴う駆動ピン376が開かれる。 Referring now to FIGS. 24 and 25, while stationary central tube 590 and the positioning petal tube 935, by pressing the driving pin deployment tube 893 toward the distal end cap 390, drive pins involves an anchor 700 376 It is opened. このようにして、組立体900が図25に示す完全な開位置にある状態になる。 In this way, the assembly 900 is in a state in a fully open position shown in FIG. 25.

構造的に見るため再び図2を参照すると、膀胱腔8内で完全な開位置にある組立体900全体は、すべてのチューブ590、チューブ893、チューブ953、および、チューブ510を共に尿道を通って下方に引き込むことにより、尿道口6に向かって引っ張られる。 Referring again to Figure 2 to see Structurally, the entire assembly 900 in a fully open position in the bladder cavity 8, all tubes 590, tube 893, tube 953, and, through both the urethra tube 510 by pulling down, it is pulled towards the urethral opening 6. これにより、逆位置決めペタル930が、膀胱口の周囲の位置で膀胱壁2に接触し、膀胱口と尿道口との位置を揃えて、膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付ける。 Thus, the reverse positioning petals 930, contacts the bladder wall 2 at positions around the bladder opening, align the positions of the bladder opening and urethral opening, pressing the bladder wall 2 to the pelvic floor part 7 surrounding the urethral meatus 6 .

膀胱壁2と骨盤底部7を接触させた後、次のステップでは、残りのチューブ893およびチューブ935を静止させながら、中心チューブ590を引っ張ってアンカー700を駆動する。 After contacting the bladder wall 2 and the pelvic floor section 7, the next step, while still remaining tubes 893 and the tube 935, to drive the anchor 700 by pulling on the center tube 590. 中心チューブ590を引っ張ると、駆動ピン376によりアンカー700を、膀胱壁2に打ち込み、膀胱壁2を通して、次に、図26に示すように、骨盤底部7にまで打ち込む。 Pulling the central tube 590, an anchor 700 by a drive pin 376, implanted in the bladder wall 2, through the bladder wall 2, then, as shown in FIG. 26, implanted up to the pelvic floor portion 7. アンカー700の棘730により、アンカー700が骨盤底部7に留まり、膀胱口4が尿道口6と連絡した状態を保持するように、アンカー700のヘッド710が膀胱壁2を骨盤底部7に接触する位置に維持するように作用することが分かるであろう。 The spine 730 of the anchor 700, the anchor 700 remains in the pelvic floor portion 7, so as to hold the state where the bladder opening 4 in communication with the urethral opening 6, the position where the head 710 of the anchor 700 contacts the bladder wall 2 to the pelvic floor section 7 it will be appreciated that acts to maintain the.

本明細書で述べた第1の実施例と同様に、任意ではあるが、器械を尿道から引き抜く前に、ガイドワイヤを器械を通して(ガイドワイヤ通路を介して)膀胱腔内に挿入し、器械を引き抜いた後に前述した目的に使用するためにガイドワイヤを残留させてもよく、これについては図37および図38を参照されたい。 Like the first embodiment described herein, optionally, before pulling the instrument from the urethra, the guide wire and through the instrument (through guidewire passage) was inserted into the bladder cavity, the instrument It may be the guide wire allowed to remain for use in the above-mentioned purpose after withdrawal, which will see FIG. 37 and FIG. 38.

前述した一連のステップを逆の順に行えば、患者の体内からアンブレラ装置900を取り出すことができる。 By performing the series of steps described above in reverse order, it is possible to take out the umbrella device 900 from the patient's body. チューブ893およびチューブ935を静止させながら中心チューブ590を押すと、膀胱壁2を通って骨盤底部7に留まっているアンカー700から駆動ピン376が引き抜かれる。 Pressing the central tube 590 while stationary tube 893 and the tube 935, the drive pin 376 is withdrawn from the anchor 700 remains in the pelvic floor portion 7 through the bladder wall 2. 次に、チューブ590、チューブ893、チューブ935、および、チューブ510を共に尿道内に押し戻して、患者の膀胱内で開いたままの組立体900全体をさらに僅かに膀胱腔内に押し込み、尿道から離す。 Next, the tube 590, tube 893, tube 935 and, pushing back the tube 510 together in the urethra, further pushing slightly intravesical the entire assembly 900 remains open in the bladder of the patient, away from the urethra . 次に、装置900は次のようにして後退位置にされる。 Then, device 900 is in the retracted position as follows. 中心チューブ590および逆位置決めペタルチューブ935を静止させながら駆動ピン展開チューブ893を引っ張ると、駆動ピン展開部890が図25に示す位置から図24に示す位置へ移動し、駆動ピン376が図24に示すそれらの通常付勢されている後退位置に戻ることができる(が、このときにはアンカー700は伴わない)。 Pulling the central tube 590 and the drive pin deployment tube 893 while the reverse positioning petals tube 935 is stationary, the drive pin expansion unit 890 is moved to the position shown in FIG. 24 from the position shown in FIG. 25, the driving pin 376 in FIG. 24 You can return to the retracted position thereof being normally biased shown (but anchor 700 without in this case). 次に、中心チューブ590および駆動ピン展開チューブ893を静止させさせながら、逆ペタルチューブ935を引っ張ると、逆位置決めペタル930が、図24に示すそれらの通常付勢された開位置から、図22に示す外被チューブ510内の後退位置に引き込まれる。 Then, while let the central tube 590 and the drive pin deployment tube 893 is held stationary, pulling the reverse pedal tube 935, opposite positioning petals 930, from the open position which is their normally biased shown in FIG. 24, FIG. 22 drawn to the retracted position of the jacket tube 510 shown. 図22に示す後退位置では、次に、組立体900を下方に引き、尿道を通って患者の体内から引き抜くことができる。 In the retracted position shown in FIG. 22, then, pull the assembly 900 downwardly, may be withdrawn from the patient's body through the urethra.

前述した位置決め装置組立体を、前述した逆行式、または、順行式で使用するように構成されたアプライヤを提供する、他の形状構成とすることができることは、当業者には分かる。 The positioning assembly described above, retrograde expressions described above, or to provide a configured applier for use with antegrade type, that can be other shapes configurations, apparent to those skilled in the art.

位置決めペタルを備え、その膀胱位置決め機能を果たす機構は、本明細書に述べる例に限定されないが、それらを含む様々な他の形状構成(したがって、以下の例に限定されるものではないが、前述の位置決め装置組立体400(図11、図13、図14)、または前述した位置決めペタル830を有するシャトルコック組立体800(図17〜図21)、位置決めアーム1441を有する位置決め装置組立体1440(図56〜図64、図70、図71、図77、図78)、または位置決め装置2017(図122〜図126)、2090(図110〜図118)、位置決め装置2122(図95、図96、図103〜図109)、および、位置決め装置2168(図83、図84、図89〜図94)(これらすべてについては後述する))を Comprising a positioning petals mechanism to perform its bladder positioning function is not limited to the examples described herein, various other shapes configured to contain them (hence, but it is not limited to the following examples, the aforementioned positioning assembly 400 (FIGS. 11, 13, 14), or the shuttlecock assembly 800 having positioning petals 830 as described above (FIGS. 17 to 21), the positioning assembly 1440 (Fig having positioning arm 1441 56 to FIG. 64, FIG. 70, FIG. 71, FIG. 77, FIG. 78), or positioning device 2017 (FIGS. 122 to view 126), 2090 (FIGS. 110 to view 118), a positioning device 2122 (FIG. 95, FIG. 96, FIG. 103 to Figure 109), and the positioning device 2168 (FIG. 83, FIG. 84, FIG. 89 to FIG. 94) (to be described later, all of these)) み、そのような形状構成により、後退、かつ、横方向への拡張が交互に可能な装置が得られ、その装置は、図2を参照すると、閉位置で逆行式に尿道5を介して膀胱口4に挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたは拡張されたりし、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作する、または、あるいは閉位置で順行式に腹部の切開口と膀胱1の上面を介して挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたは拡張され、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作することに有用であることが、当業者には理解できる。 Seen, such a shape configuration, retracted and extended in the lateral direction alternately capable device is obtained, the apparatus, through referring to FIG. 2, the urethra 5 to retrograde expression in the closed position the bladder is inserted into the mouth 4, or is or extended is extended in the bladder cavity 8, is trapped in the bladder port 4, the bladder port and align the positions of the urethral opening bladder wall 2 a urethral opening around the bladder opening 4 6 to operate so as to contact against the pelvic floor section 7 of the surrounding, or alternatively through the top surface of the incision and bladder 1 abdominal inserted into antegrade expression in the closed position, either extended in the bladder cavity 8 or is expanded, it is trapped in the bladder port 4, to operate so as to contact the bladder wall 2 around the bladder opening 4 by aligning the positions of the bladder opening and urethral opening against the periphery of the pelvic floor portion 7 of the urethral meatus 6 it is especially useful, be appreciated by those skilled in the art. 一般的に、位置決め装置組立体は膀胱口4の周囲の膀胱壁2を捕捉し、かつ、制御するために、交互に伸縮可能な突起部材、ペタル、アーム、つめ、または、他の把持部材または捕捉部材を必要な数だけ備え、それらを利用することができる。 Generally, the positioning assembly captures the bladder wall 2 around the bladder opening 4, and, in order to control, extendable protrusion member alternately, petals, arms, claws or other gripping members or with the required number of capture member, it is possible to utilize them. 位置決め装置組立体は器械の長さ方向部材に操作可能に連結され、器械の近位端での外科医による入力に応じてその部材から交互に横方向に拡張可能であり、かつ、その縦軸に向かって後退可能である、少なくとも1つの部材を具備することができる。 Positioner assembly is operably linked to the length direction member of the instrument, alternately from the member in response to an input by the surgeon at the proximal end of the instrument is extensible in the lateral direction, and its longitudinal axis is retractable headed, it can comprise at least one member.

あるいは、本明細書に述べるように、開いた後にアンカーを膀胱壁を介して骨盤底部に打ち込むアンカー駆動装置組立体が器械に含まれている場合には、図示した位置決め装置組立体または位置決めペタルを省略できる場合があることは、当業者には分かる。 Alternatively, as described herein, when the anchor drive assembly for driving the anchor after opening the pelvic floor portion through the bladder wall is included in the instrument, the positioning device assembly or positioning petals was shown that it may be omitted, understood by those skilled in the art. 例えば、図25および図26を参照すると、膀胱腔内で開かれてアンカー700の遠位端が膀胱口4の周囲の膀胱壁2に接触し、穴をあける程度まで引き下ろされた場合のアンカー駆動ピン376およびアンカー700は、膀胱壁2を捕捉し、膀胱壁2を引き下ろして骨盤底部7に接触させ、場合によっては図示のように逆位置決めペタル930を使わずに、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて、この膀胱壁2を骨盤底部7に固定するのに十分使用できることが分かる。 For example, referring to FIGS. 25 and 26, an anchor when the distal end of the anchor 700 is opened in the bladder lumen contacts the bladder wall 2 around the bladder opening 4, which is pulled down to approximately holes drive pin 376 and the anchor 700, the bladder wall 2 capture, pulls down the bladder wall 2 is brought into contact with the pelvic floor section 7, without a reverse positioning petals 930 as shown in some cases, the bladder port 4 and urethral meatus align the positions of the 6, seen to be much used to secure the bladder wall 2 to the pelvic floor portion 7. したがって、アンカー700を伴う駆動ピン376は位置決め装置とアンカー駆動装置組立体としての2つの機能を果たすことができる。 Therefore, the drive pin 376 with anchor 700 can perform two functions as the positioning device and the anchor drive assembly.

バルーン/ハーネス形の実施例 図55〜図64は本発明による方法および器械の他の実施例(順行式構成として示す)を示し、この器械は、ハンドル組立体1110、真直のチューブ組立体1200、湾曲したチューブ組立体1300、および、エンドエフェクタ組立体(end effector assembly)1400を備える。 Example Figure 55 Figure 64 of the balloon / harness type shows another embodiment of the method and apparatus according to the present invention (shown as antegrade formula configuration), this instrument includes a handle assembly 1110, straight tube assembly 1200 , curved tube assembly 1300, and includes an end effector assembly (end effector assembly) 1400. 本発明の一実施例では、器械1000は、内視鏡下で患者の腹腔内に挿入して患者の尿道と膀胱との吻合を行い、これにより、膀胱1と尿道5との間の流体接続を再び確立することができる。 In one embodiment of the present invention, apparatus 1000 performs anastomosis of the patient's urethra and bladder was inserted into the abdominal cavity of a patient endoscopically, thereby, the fluid connection between the bladder 1 and the urethra 5 the can be established again.

図56は、患者の腹部の開口部と膀胱の上面(図示せず)を通して膀胱腔8に挿入した後の湾曲したチューブ組立体1300とエンドエフェクタ組立体1400を示す。 Figure 56 shows a curved tube assembly 1300 and the end effector assembly 1400 after insertion into the bladder cavity 8 through the opening and the bladder of the upper surface of the patient's abdomen (not shown). 開口部を形成し、器械の腹部への挿入は次のようにして行うことができる。 To form an opening, the insertion into the abdomen of the instrument can be carried out as follows. 例えばトロカールを有するカニューレ(図示せず)を腹部に挿入し、このトロカールを有するカニューレを通常の順行式で膀胱の上面にさらに通して誘導し、トロカールを引き抜き、器械をカニューレを介して膀胱腔に挿入する。 For example cannulated (not shown) having a trocar into the abdomen, the cannula having the trocar further directed through the upper surface of the bladder in a normal antegrade type, pull the trocar, bladder cavity through the cannula instrument It is inserted into. 湾曲したチューブ組立体1300は可撓性であり、またエンドエフェクタ組立体1400を尿道5に挿入し、器械を順行式の手順で作動するのに望ましい曲率が得られるような(ほぼ55°からほぼ90°が適当である)曲げ角度で付勢できる。 Curved tube assembly 1300 is flexible, and from the end-effector assembly 1400 is inserted into the urethra 5, such as the curvature is obtained desirable to operate the instrument with antegrade formula steps (approximately 55 ° approximately 90 ° can be energized in a) bent at an angle appropriate. 湾曲チューブ組立体1300の曲げ角度は、処置手順の特定な必要性あるいは外科医の手腕に応じて変えることができる。 Bending angle of the curved tube assembly 1300 may vary depending on the particular needs or the surgeon's skills treatment procedures.

図57は、膀胱腔8内で位置決めアーム1441を開いたエンドエフェクタ組立体1400を示す。 Figure 57 shows an end effector assembly 1400 that opened the positioning arm 1441 in the bladder cavity 8. バルーン組立体1410を膀胱口4に挿入した後、遠位位置決めチューブ1445は下方および遠位方向に移動されて、位置決めアーム1441を、エンドエフェクタ組立体1400の長さ方向軸に対して横方向の位置(transverse position)に開く。 After the balloon assembly 1410 is inserted into the bladder opening 4, the distal positioning tube 1445 is moved downward and distally, the positioning arm 1441, transverse to the longitudinal axis of the end effector assembly 1400 open position (transverse position). 位置決めアーム1441は、膀胱口4の周囲の膀胱壁2を捕捉し、尿道口6の周囲の骨盤底部7に向かって押すことに使用することに効果的であるように構成されている。 Positioning arm 1441, a bladder wall 2 around the bladder opening 4 capture, is configured to be effective to use a pushing towards the periphery of the pelvic floor portion 7 of the urethral meatus 6.

図58は、アンカー駆動装置組立体1460を膀胱腔内で開いた状態のエンドエフェクタ組立体を示す。 Figure 58 shows an end effector assembly in a state where the anchor drive assembly 1460 is opened in the bladder lumen. エンドエフェクタ組立体1400を膀胱内の図56に示す位置へ挿入する場合には、アンカー駆動装置組立体1460のアンカーピボットアーム1461は、アンカー閉鎖カラー1330に覆われ、図57および図58を比較すれば分かるように、遠位位置決めチューブ1445に沿った閉位置に抑制される。 When inserting an end effector assembly 1400 to the position shown in FIG. 56 in the bladder, the anchor pivot arm 1461 of the anchor drive assembly 1460 is covered with an anchor closure collar 1330, a comparison of FIGS. 57 and 58 as can be understood, it is suppressed in the closed position along the distal positioning tube 1445. アンカー閉鎖カラー1330がアンカー駆動チューブ1450に対して上方に移動すると、アンカーピボットアーム1461は覆いが外され、ばねの付勢により外側へ、図58に示す位置へと跳ね返ることができ、、アンカー700を打ち込み準備位置に運ぶ。 When the anchor closure collar 1330 is moved upward relative to the anchor drive tube 1450, anchor pivot arm 1461 is removed covers, outwardly by the biasing spring, ,, anchor can spring back into the position shown in FIG. 58 700 implantation carry the ready position.

図58は、遠位バルーン組立体1410の尿道口6内での位置をさらに示す。 Figure 58 further shows the position of inside meatus 6 of the distal balloon assembly 1410. 端部1413を尿道口6に位置させて、その端部1413を尿道口6内に挿入することにより、位置決めアーム1441が膀胱壁2に接触して、膀胱壁2を骨盤底部7に向かって押すと、確実に尿道口6と膀胱口4とはほぼ位置を揃える。 The end 1413 is positioned urethral opening 6, by inserting the end portion 1413 within the urethral opening 6, and the positioning arm 1441 contacts the bladder wall 2, press against the bladder wall 2 to the pelvic floor section 7 If, reliably aligned substantially position the urethral meatus 6 and bladder outlet 4.

図59は、器械1000が下方に押され、したがって、位置決めアーム1441が膀胱壁2を下方に押して骨盤底部7に接触させ(これは器械全体を骨盤底部に向かって押すことにより行うことができる)た後の、エンドエフェクタ組立体1400、膀胱壁2、および、骨盤底部7の位置を示す。 Figure 59 is a instrument 1000 is pushed downward, therefore the positioning arm 1441 is brought into contact with the pelvic floor portion 7 by pressing the bladder wall 2 downwards (this can be done by pressing against the entire instrument to the pelvic bottom) after the end effector assembly 1400, bladder wall 2, and shows the position of the pelvic floor portion 7. 膀胱口4の周囲の膀胱壁2が尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けられて接触すると、バルーン組立体1410が尿道口6に押し込まれる。 When the bladder wall 2 around the bladder opening 4 is in contact pressed against the pelvic floor part 7 surrounding the urethral opening 6, the balloon assembly 1410 is pushed into the urethral opening 6.

図60は、アンカー組立体1460のアンカー700が膀胱壁2を通して骨盤底部7に打ち込まれ、膀胱口4と尿道口6との位置をほぼ揃えて、膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に確実に接触させた後の器械を示す。 Figure 60 is the anchor 700 of the anchor assembly 1460 is driven into the pelvic floor portion 7 through the bladder wall 2, substantially aligned position with the bladder port 4 and urethral meatus 6, urethral opening the bladder wall 2 around the bladder opening 4 It shows the instrument after being surely contact with the periphery of the pelvic floor portion 7 of the 6. 図58に示すように、開位置および(アンカー打ち込み)準備位置に置かれると、アンカー駆動チューブ1450を遠位方向(器械の遠位端方向)に移動させることにより、アンカー700を膀胱壁を通って骨盤底部7に打ち込むことができ、それに応じてアンカーピボットアーム1461、アンカー駆動ピン基部1462、アンカー駆動ピン(図示のようにアンカー700の内部に隠されている)、したがってアンカー700を移動させる。 As shown in FIG. 58, when placed in the open position and (driving anchor) preparation position, by moving the anchor drive tube 1450 in the distal direction (the distal end direction of the instrument), the anchor 700 through the bladder wall Te can be implanted in the pelvic floor section 7, the anchor pivot arm 1461 accordingly, anchor drive pin base 1462, (hidden inside the anchor 700 as shown) anchor drive pin, thus moving the anchor 700. アンカー700を膀胱壁2を通して骨盤底部7に打ち込むと、バルーン組立体1410の遠位部分が尿道5内に位置決めされ、膀胱口4と尿道口6との位置をほぼ揃えるように、アンカー700が確実に配置される。 When the anchor 700 driven into the pelvic floor portion 7 through the bladder wall 2, the distal portion of the balloon assembly 1410 is positioned within the urethra 5, so as to align substantially the position of the bladder port 4 and urethral meatus 6, the anchor 700 is securely It is placed in.

図61は、骨盤底部7に打ち込まれて膀胱壁2を骨盤底部7に固定し、保持されているアンカー700からアンカー駆動ピン1463を引き抜いた後の器械を示す。 Figure 61 shows the instrument after being driven into the pelvic floor portion 7 of bladder wall 2 is fixed to the pelvis bottom 7, pulled out anchor drive pin 1463 from the anchor 700 being held. アンカー700は、棘またはアンカー700を組織に保持するように構成された他の適当な構造を備えることができる。 Anchor 700 may comprise other suitable structure configured to hold the barbs or anchor 700 into the tissue. そのような構成によれば、遠位位置決めチューブ1445をほぼ静止させながら、遠位アンカー駆動チューブ1450を遠隔で引っ張ることによりアンカー組立体1460が引き抜かれると、アンカー700が組織に保持された状態を保つ。 According to such a configuration, while almost at rest the distal positioning tube 1445, the anchor assembly 1460 is pulled out by pulling the distal anchor drive tube 1450 remotely, the state in which the anchor 700 is held in the tissue keep. 器械の使用に先立って、アンカー700を予め装填し、摩擦嵌め、または、アンカー700が組織に打ち込まれ、アンカー駆動ピン1463がアンカーから引き抜かれる時にアンカーを解放することができる他の適当な手段により、アンカーをアンカー駆動ピン1463上に解放可能に保持できる。 Prior to use of the instrument, loaded with anchor 700 previously, friction fit, or the anchor 700 is driven into the tissue, by other suitable means capable of releasing the anchor when the anchor drive pin 1463 is withdrawn from the anchor It can releasably hold the anchor on the anchor drive pin 1463.

図62は、バルーン組立体1410の近位部分を膀胱腔8内に位置させるために、部分的に後退させたエンドエフェクタ組立体1440を示す。 Figure 62 is a proximal portion of the balloon assembly 1410 to be positioned within the bladder cavity 8 shows the end effector assembly 1440 which partially retracted. エンドエフェクタ組立体1440が後退すると、ハーネス1430が開いて現れる。 When the end effector assembly 1440 is retracted, it appears harness 1430 is open. ハーネス1430はハーネスカラー1433と一体化してよく、縫合糸材料で形成でき、アンカーヘッド710とハーネス1430とアンカーヘッド710の双方を通り抜けるアンカーループを有するアンカーヘッド710で、アンカー700に固定することができる。 Harness 1430 may be integral with the harness collar 1433 can be formed in suture material, an anchor head 710 having an anchor loop passing through both of the anchor head 710 and harness 1430 and the anchor head 710 can be secured to an anchor 700 . エンドエフェクタ組立体1400が後退すると、ハーネスカラー1433が上昇するにつれてハーネス1430が開く。 When the end effector assembly 1400 is retracted, the harness 1430 as harness collar 1433 rises to open. エンドエフェクタ組立体1400は、ハーネス1430がアンカーヘッド710に取付けてあるので、ハーネス1430が後退に抗するまで後退させることができる。 The end-effector assembly 1400, since the harness 1430 is attached to the anchor head 710 can be retracted to a harness 1430 against retraction.

図63は、位置決めチューブ1445を骨盤底部7から離れるように後退させることにより、組立体1440の位置決めアーム1441を閉じた後、および、カテーテルチューブ1420および遠位アンカー駆動チューブ1450をほぼ静止させながら、アンカー閉鎖カラー1330を骨盤底部に向かって移動させることにより、アンカーピボットアーム1461を閉じた後、の器械を示す。 Figure 63, by retracting the positioning tube 1445 away from the pelvic floor portion 7, after closing the positioning arm 1441 of the assembly 1440, and, while almost at rest the catheter tube 1420 and distal anchor drive tube 1450, anchor closed collar 1330 by moving toward the pelvic floor section is shown after closing the anchor pivot arm 1461, the instrument. 当業者には明らかなように、位置決めアーム1441を閉じるステップ、および、アンカーピボットアーム1461を閉じるステップは、処置中の任意の適当な時において、または、手順において行うことができる。 As will be apparent to those skilled in the art, the step of closing the positioning arm 1441, and the step of closing the anchor pivot arm 1461, at the time any suitable in the treatment, or may be performed in steps.

図64は、膀胱1からの抜去の開始後の、アンカー駆動装置組立体1460および位置決め装置組立体1440を示す。 Figure 64 shows after the start of the removal from the bladder 1, the anchor drive assembly 1460 and positioning device assembly 1440. アンカー駆動装置組立体1460および位置決め装置組立体1440を取り除くと、カテーテルチューブ1420が残留し、このカテーテルチューブは、これもまた残留しているバルーン組立体と連絡している。 The removal of the anchor driver assembly 1460 and positioning device assembly 1440, the catheter tube 1420 remains, the catheter tube, which is also in communication with the balloon assembly that remains. カテーテルチューブ1420は、回復期間および治癒期間に尿の排出をするために、吻合が完了するまで所定の位置に残留されるカテーテルであってよい。 The catheter tube 1420, in order to discharge urine recovery time and healing time may be a catheter that is remaining in position until the anastomosis is complete.

図65は、カテーテルチューブ1420内の膨張内腔(inflation lumen)1423を通じて気体または液体をポンプ注入することにより(図67、図68を参照されたい)膨張させた後の、バルーン組立体1410のバルーン1411を示す。 Figure 65, by the gas or liquid pumping through the inflation lumen (inflation lumen) 1423 in the catheter tube 1420 (FIG. 67, see FIG. 68) after being inflated, the balloon of the balloon assembly 1410 shows the 1411. バルーン1411はハーネスのストラップ1432により制限されるまで膨張させることができ、ストラップはそれぞれの組織の癒合、したがって吻合を達成するために、膀胱口4の周囲の膀胱壁2と尿道口6の周囲の骨盤底部7との間の接触を保持するのに十分な押圧力を加えるように、バルーン1411を膀胱壁4の周囲の組織に押し付けている。 Balloon 1411 may be inflated until it is limited by a strap 1432 of the harness, the strap fusion of each organization, thus to achieve the anastomosis, around the bladder port 4 surrounding the bladder wall 2 and the urethral opening 6 to exert a sufficient pressing force to hold the contact between the pelvic floor section 7, it is pressed against the balloon 1411 to the tissue surrounding the bladder wall 4.

回復期間および治癒期間には、患者の膀胱からの尿はカテーテルチューブ1420内の尿排出内腔(urine drainage lumen)1422に連絡している排出口1421を通じて排出できる(図67、図68を参照されたい)。 The recovery period and healing time, urine from patients with bladder can be discharged through the discharge port 1421 in communication with the urine discharge lumen (urine drainage lumen) 1422 in the catheter tube 1420 (FIG. 67, refer to FIG. 68 Thailand). 排出口1421は、例えば、カテーテルチューブ上の遠位位置または任意の他の適当な位置に位置させることができる。 Outlet 1421, for example, can be located in the distal position or any other suitable location on the catheter tube. バルーン1411内の適度な気体あるいは液圧は、バルーン1411内の圧力を膨張内腔(inflation lumen)1423を通じて監視し調節することで、吻合が完了するまで保持できる。 Moderate gas or liquid pressure within the balloon 1411, by adjusting to monitor pressure within the balloon 1411 through the inflation lumen (inflation lumen) 1423, can be held until the anastomosis is complete. バルーン直下の組織の圧力による壊死の可能性は、バルーン1411と接触している組織への血流の減損を軽減するのに有効な、例えば、リブ1415、または、他の隆起物、結節状物、突起物、あるいは、他の特徴物をバルーン底部に備えることにより、低くなる。 Possibility of necrosis due to the pressure of the tissue immediately below the balloon is effective to alleviate impairment of blood flow to tissue in contact with the balloon 1411, for example, ribs 1415, or other ridges, nodular product , projections, or by providing other features thereof balloon bottom, it lowered. これらの構成物は中実あるいは壁の厚さが均一であるものがよい。 These constructs good things thickness of solid or walls is uniform.

さらに、バルーン1411を、膨張させると所定の形状になる、したがって、膨張させると膀胱壁2に接触する、バルーンの下部表面が所定の形状と面積になるような構造に設計することができる。 Furthermore, the balloon 1411, when inflated to a predetermined shape, thus, when inflated in contact with the bladder wall 2, the bottom surface of the balloon may be designed to structure such that a predetermined shape and area. 例えば、バルーン1411の下部を、ハーネスストラップの間から下方および外側に膨張し、これにより、膀胱壁2に接触するより大きい表面積を呈するように予め配置するように、バルーンの壁の厚さが上部は厚く下部は薄いバルーン1411を設計および製作してもよい。 For example, the lower portion of the balloon 1411 expands downwardly and outwardly from between the harness strap, thereby, to advance arranged to exhibit a larger surface area than contact with the bladder wall 2, the wall thickness of the balloon top the bottom may be designed and manufactured a thin balloon 1411 thick. あるいは、膨張すると特定の都合のよい形がとれる形状構成でバルーン1411を設計することもできる。 Alternatively, it is also possible to design the balloon 1411 in a shape configured to good shape of a particular convenient and expands taken.

バルーン組立体1410、ハーネス1430、および、カテーテルチューブ1420は、ハーネス固定ループ1435をアンカーヘッド710およびハーネスストラップ1432から取り外すことにより、患者の体内から取り除くことができる。 Balloon assembly 1410, harness 1430 and the catheter tube 1420, by removing the harness fixing loop 1435 from the anchor head 710 and the harness straps 1432 can be removed from the patient's body. 図66に示すように、ハーネスストラップ1432は、ハーネスストラップ1432およびアンカーヘッド710の双方に配置された穴を通る、1つまたは複数のハーネス固定ループ1435により、アンカーヘッド710に固定してもよい。 As shown in FIG. 66, the harness straps 1432, through both the arranged holes in the harness straps 1432 and the anchor head 710, by one or more harness loop 1435 may be secured to the anchor head 710. 図66〜図69から分かるように、ハーネス固定ループの遊離端部は、カテーテルチューブ1420を貫通してその近位端にまで延びている。 As can be seen from Figure 66 to Figure 69, the free end portion of the harness loop extends to a proximal end thereof through a catheter tube 1420. したがって、各ハーネス固定ループ1435の遊離端部に取り付けてあるハーネスループプラグ1485を、ハーネス固定ループ1435が完全に器械から取り除かれるまで引っ張ることにより、バルーン組立体1410は取り除かれることができる。 Therefore, the harness loop plug 1485 that is attached to the free end of each harness loop 1435, by pulling up the harness fixing loop 1435 is removed completely from the instrument, the balloon assembly 1410 may be are removed. ハーネス固定ループ1435をアンカーヘッド710およびハーネスストラップ1432から取り外すと、アンカー700がハーネス1430から離脱して、バルーン組立体1410を後退させることができる。 Removing the harness fixing loop 1435 from the anchor head 710 and the harness straps 1432, the anchor 700 is disengaged from the harness 1430 can retract the balloon assembly 1410. 図67は、固定ループ通路1436を示し、本発明の一実施例では、ハーネス固定ループ1435が固定ループ通路を通過してカテーテルチューブ1420の固定ループ内腔の中にまで入り込んでいる(図68)。 Figure 67 shows a fixed loop passage 1436, in one embodiment of the present invention, the harness fixing loop 1435 passes through the fixed loop passage has entered up into the locked loop lumen of the catheter tube 1420 (FIG. 68) . ハーネス固定ループ1435は縫合糸材料を含むことができる。 Harness loop 1435 may include a suture material.

図67および図68は、本発明によるバルーン組立体1410のバルーン1411を膨張させることができるように構成された器械の方法と構成の実施例を示す。 FIGS. 67 and 68 show an embodiment of a method and arrangement of the configured instrument to the balloon 1411 of the balloon assembly 1410 may be inflated according to the present invention. カテーテルチューブ1420は、バルーン組立体本体1412を通って遠位方向に延在している膨張内腔1423を含んでもよい。 The catheter tube 1420 may include an inflation lumen 1423 that extends distally through the balloon assembly body 1412. 膨張ポート(inflation port)1414は、バルーンの膨張、収縮、および、バルーンの圧力の調整をするために、膨張内腔1423とバルーン腔(balloon cavity)との間の通路を提供する。 Inflation port (inflation port) 1414 are inflated balloon, deflated, and, in order to adjust the pressure of the balloon, providing a passage between the inflation lumen 1423 and a balloon lumen (balloon cavity). 膨張内腔1423を通じて供給され調整される気体または液圧を、膨張ポート1414を通過して、バルーンにより組織に加えられる圧力を変えるために望ましいだけ、バルーン1411内の圧力を調節および調整することができる。 Gas or hydraulic is supplied coordinated through the inflation lumen 1423, through the inflation port 1414, only desired to vary the pressure applied to the tissue by the balloon, to regulate and adjust the pressure in the balloon 1411 it can. 本発明の一実施例において、バルーン1411は、ハーネス1430のハーネスストラップ1432により制限されるまで膨張させることができる。 In one embodiment of the present invention, the balloon 1411 is inflated to be limited by the harness straps 1432 of the harness 1430. バルーン1411は、バルーン組立体本体1412を完全に包み込むエラストマー材料で作ることができる。 Balloon 1411 may be made of a balloon assembly body 1412 in a completely encasing elastomer material. バルーン1411の近位部分および遠位部分をバルーン組立体本体1412に接着剤で貼り付けるか、または任意の適当な手段で接着してもよい。 A proximal portion and a distal portion of the balloon 1411 or pasted with an adhesive to the balloon assembly body 1412, or may be bonded by any suitable means.

図68は、尿排出内腔(urine drainage lumen)1422、少なくとも1つの固定ループ内腔(anchoring loop lumen)1424、および、膨張内腔(inflation lumen)1423を有する、本発明によるカテーテルチューブ1420の実施例を示す。 Figure 68 is a urinary drainage lumen (urine drainage lumen) 1422, at least one fixed loop lumen (anchoring loop lumen) 1424, and has an inflation lumen (inflation lumen) 1423, exemplary catheter tube 1420 according to the present invention It shows an example. 様々なタイプの内腔(lumens)が本発明の範囲内にあること、また前述した内腔(lumen)またはカテーテルの断面は、使用者の必要に応じて単一のカテーテル内に保持されるか、または、別個に収容されることができることは、当業者には明らかであろう。 Or different types of lumen (lumens) that are within the scope of the present invention, also lumen previously described (lumen) or catheter cross section, depending on the needs of the user are held in a single catheter or, that the same may be housed separately, it will be apparent to those skilled in the art. カテーテルチューブ1420は任意の適当な直径を有してよい。 The catheter tube 1420 may have any suitable diameter.

図69は、蓄尿バッグ1500に連結できるカテーテルチューブ1420の近位端の実施例を示す。 Figure 69 shows an embodiment of the proximal end of the catheter tube 1420 can be connected to a urine collection bag 1500. 気体または流体を蓄尿バッグ内(図示のように)および/またはカテーテル内に配置した逆流防止弁1483を通じて送達することができる。 Can deliver gas or fluid within the urine collection bag (as shown) and / or through the check valve 1483 disposed within the catheter. これは、例えば十分な正圧を加えて逆流防止弁1483を開くか、あるいは針を弁に挿入して圧力を加えることにより達成できる。 This, for example, sufficient positive pressure was added open the check valve 1483 to either or needle can be achieved by applying pressure is inserted into the valve.

さらに図68および図69において、尿チューブ1482を介して蓄尿バッグ1500に接続したカテーテルキャップ(catheter cap)1480を提供する。 Further, in FIGS. 68 and 69, to provide a catheter cap (catheter cap) 1480 connected to the urine collection bag 1500 through the urine tube 1482. 尿チューブ1482は尿の逆流を防ぐために尿逆流防止弁1483を備えることができる。 Urine tube 1482 can comprise a urine backflow prevention valve 1483 to prevent backflow of urine. カテーテルキャップ1480は、例えば糸1481によってカテーテルチューブ1420に着脱可能に取り付けることができる。 The catheter cap 1480 may be removably attached, for example by threads 1481 to the catheter tube 1420.

図66〜図69は、1本または複数本のハーネス固定ループ1435を、器械内、およびカテーテルチューブ1420のようなチューブ内に巡らせ、収容できる方法を示している。 Figure 66 to Figure 69 are one or a plurality of harness loop 1435, speculating the instrument, and into the tube such as a catheter tube 1420, illustrates a method that can be accommodated. アンカーヘッド710をハーネスストラップ1432に着脱する方法であるような、他の形状構成が可能であることは、当業者には分かるであろう。 As is a method of attaching and detaching the anchor head 710 to the harness strap 1432, it is possible other shapes configurations will be appreciated by those skilled in the art. カテーテルチューブ1420は、実質的に生体適合性だる任意の材料、あるいは、ラテックス(latex)、他の適当なポリマー、ニチノール、または、それらの組み合わせ等の、人体内での使用に適する材料、で製作することができる。 The catheter tube 1420 is substantially biocompatible listlessness any material or latex (latex), other suitable polymers, Nitinol, or the like combinations thereof, are suitable materials for use in the human body in, it can be made to.

図58、図59、図64および図70を参照すると、カテーテルチューブ1420は、遠位位置決めチューブ1445および位置決め装置組立体1440内に配置できる。 Figure 58, Figure 59, referring to FIGS. 64 and 70, the catheter tube 1420 may be disposed distal positioning tube 1445 and positioning device assembly 1440 within. 位置決め装置組立体1440の遠位端はハーネス1430のハーネスカラー1433に当接していてよい。 The distal end of the positioning device assembly 1440 may have contact with the harness collar 1433 of harness 1430. 位置決め装置組立体1440の位置決めアーム1441は、遠位位置決めチューブ1445がカテーテルチューブ1420に対して遠位方向に駆動され、位置決め装置組立体1440を長さ方向でハーネスカラー1433に対して圧迫したときに開かれる。 Positioning arm 1441 of the positioning assembly 1440 includes a distal positioning tube 1445 is driven distally relative to the catheter tube 1420, when pressed against the harness color 1433 in the length direction of the positioner assembly 1440 be opened. 遠位位置決めチューブ1445は、例えば、ピン、または、他の適当な取り付け機構で位置決め装置組立体1440に取り付けてもよい。 The distal positioning tube 1445, for example, a pin, or may be attached to a positioner assembly 1440 in other suitable attachment mechanism.

図58、図59、図64、図64および図70を参照すると、遠位位置決めチューブ1445を遠位アンカー駆動チューブ1450内に配置できる。 Figure 58, Figure 59, Figure 64, referring to FIGS. 64 and 70, can be arranged distal positioning tube 1445 in the distal anchor drive tube 1450 within. アンカーピボットアーム1461が開かれると(図58および図59に示すように)、アンカー700を膀胱壁2を通して骨盤底部7に打ち込むために遠位アンカー駆動チューブ1450を動かしてアンカー駆動装置組立体1460を遠位方向に駆動する。 When the anchor pivot arm 1461 is opened (as shown in FIGS. 58 and 59), anchor drive assembly 1460 to anchor 700 by moving the distal anchor drive tube 1450 for driving the pelvic floor portion 7 through the bladder wall 2 to drive in the distal direction. (したがって、使用時には骨盤底部7に向かって下方に駆動できる。)遠位アンカー駆動チューブ1450は、アンカー駆動装置組立体1460のアンカーピボットアームヨーク(anchor pivot arm yoke)1467に連結している。 (Hence, can be driven downward toward the pelvic floor section 7 at the time of use.) The distal anchor drive tube 1450 is coupled to the anchor pivot arm yoke of the anchor drive assembly 1460 (anchor pivot arm yoke) 1467. アンカーピボットアームヨーク1467は、例えば、ピンまたは他の適当な手段でアンカーピボットアーム1461に連結でき、外側に回転するようにアンカーピボットアームばね1466または他の適当な付勢手段で付勢できる。 Anchor pivot arm yoke 1467, for example, can be connected to the anchor pivot arm 1461 by a pin or other suitable means can be urged by the anchor pivot arm spring 1466 or other suitable biasing means so as to rotate outwardly. アンカーピボットアーム1461は、アンカー駆動ピン1463を取り付けているアンカー駆動ピン基部1462にヒンジ状に結合できる。 Anchor pivot arm 1461 may be coupled to the hinge-like in the anchor driving pin base 1462 that attach the anchor drive pin 1463. ピンまたは回転運動(swinging movement)を可能にする他の適当な取り付け手段を用いてアンカー駆動ピン基部1462をアンカーピボットアーム1461に連結でき、アンカー駆動ピボットアーム1461および駆動ピン基部1462は、図59から分かるように、それらの間の回転運動の範囲を適当な角度に制限する、適当な協働形状を持たせることができる。 Pins or rotational movement using other suitable attachment means that allows (swinging movement) can be connected to an anchor driving pin base 1462 to the anchor pivot arm 1461, anchor drive pivot arm 1461 and the drive pin base 1462 from FIG. 59 as can be seen, limit the range of the rotational movement between them an appropriate angle, it is possible to have a suitable cooperating 働形 shape. アンカーピボットアームばね1466は、アンカーピボットアーム1461を図59に示す開位置方向に付勢するように含まれることができる。 Anchor pivot arm spring 1466 may be included to bias the anchor pivot arm 1461 in the open position direction shown in FIG. 59. アンカー駆動装置組立体1460を、アンカーピボットアーム1461が遠位位置決めチューブ1445にほぼ並んだ状態で閉位置(図63に示す)に戻すには次のようにする。 Anchor drive assembly 1460, anchor pivot arm 1461 is to return to the closed position (shown in FIG. 63) in substantially aligned state distally positioned tubing 1445 is as follows. アンカー閉鎖チューブ1220を遠位方向に移動させると、それに応じてリブ付き屈曲チューブ1325およびアンカー閉鎖カラー1330が遠位アンカー駆動チューブ1450に対して遠位方向に押され、アンカー閉鎖カラー1330がアンカーピボットアーム1461に接触し、それらを閉位置まで押し込んで、次に、これらを覆い、かつ、拘束する。 Moving the anchor closure tube 1220 in the distal direction, it ribbed flex tube 1325 and anchor the closure collar 1330 according to the pushed distally relative to the distal anchor drive tube 1450, anchor closure collar 1330 anchor pivot contacts the arm 1461, push them to the closed position, then covered them, and to restrain. この動作を逆の順序でおこなえば、アンカーピボットアーム1461を開くことができる。 By performing this operation in reverse order, it is possible to open the anchor pivot arm 1461.

遠位アンカー駆動チューブ1450は湾曲したスパインチューブ(curved spine tube)1305内に、ほぼ同軸上に配置できる。 The distal anchor drive tube 1450 a curved spine tube (curved spine tube) 1305 may be disposed substantially on the same axis. 湾曲スパインチューブ1305は、他の構成部品がその上、中または周囲にあり、かつ、動く、スケルトンの一部として機能する。 Curved spine tube 1305, on which other components are located during, or around, and moving functions as a part of the skeleton. 湾曲スパインチューブ1305は実質的に剛性あるいはやや柔軟性であることが器械の操作性および使用の目的からみて望ましく、このチューブはニチノール(nitinol)または望ましい特性を有する任意の他の材料から形成することができる。 Curved spine tube 1305 essentially desirable is viewed from the purpose of the instrument of operability and use rigid or is somewhat flexible, that this tube is formed of any other material having a Nitinol (Nitinol) or desired properties can.

また図59、図63、図64および図70を参照すると、湾曲スパインチューブ1305は屈曲チューブ1325内に配置できる。 The Figure 59, Figure 63, referring to FIGS. 64 and 70, the curved spine tube 1305 may be disposed within the bent tube 1325. 屈曲チューブ1325は、それが湾曲スパインチューブ1305の上を、かつ、スパインチューブに対して、長さ方向に移動できるようにするために十分な柔軟性を有する、例えば、実質的に生体適合性ポリマーなどの適当な材料で製作することができる。 Bending the tube 1325, it is on the curved spine tube 1305 and for spine tube has sufficient flexibility to allow movement in the longitudinal direction, for example, substantially biocompatible polymer it can be made of a suitable material, such as. 屈曲チューブ1325は、図示の様に、リブ、あるいは、柔軟性を与えるか、または柔軟性が増すような、他の適当な構成にしてもよい。 Bending the tube 1325, as shown, the ribs, or you give flexibility, or as greater flexibility, may be another suitable configuration. 屈曲チューブ1325は、その近位端を、ピンまたは他の適当な取り付け手段によって、屈曲チューブ継手(flex tube coupling)1225を介して、アンカー閉鎖チューブ1220に取り付けてよく、かつ、遠位端をアンカー閉鎖カラー1330に取り付けてよい。 Bending tube 1325, a proximal end thereof, by a pin or other suitable attachment means, through the bent tube fitting (flex tube coupling) 1225, may be attached to the anchor closure tube 1220, and anchor the distal end it may be attached to the closure color 1330. アンカー閉鎖カラー1330は、アンカーピボットアーム1461に接触し、押して閉じ、覆い、かつ、拘束するように構成されてよい。 Anchor closure collar 1330 contacts the anchor pivot arm 1461, closed press, covered, and may be configured to restrain. このような構成によれば、アンカーピボットアーム1461、したがって、アンカー駆動装置組立体1460は、アンカー閉鎖チューブ1220を遠位アンカー駆動チューブ1450に対して遠位方向へ移動することにより、閉位置に置かれ、アンカー閉鎖チューブ1220を遠位アンカー駆動チューブ1450に対して近位方向へ移動することにより、開位置に置かれる。 According to such a configuration, the anchor pivot arm 1461, thus, anchor drive assembly 1460 by moving the distally anchor closure tube 1220 relative to the distal anchor drive tube 1450, location in the closed position he, by moving proximally relative to the distal anchor drive tube 1450 to anchor the closure tube 1220 is placed in the open position.

図71は、図55に示す器械の遠位端の中心軸に沿った部分断面図で、器械のアンカーおよび位置決め装置組立体のある特定の典型的な構成要素、および、それらの構成要素を作動チューブに接続する方法を示している。 Figure 71 is operated in partial cross-sectional view taken along the central axis of the distal end of the instrument shown in FIG. 55, a specific exemplary components with anchoring and positioning device assembly of instruments, and the components thereof It shows how to connect to the tube. 遠位位置決めチューブ1445は図71で示した最も内側のチューブであり、末端は位置決め近位カラー1442を終点とし、適当な手段でカラーを一体化させることができる。 The distal positioning tube 1445 is the innermost tube shown in FIG. 71, end is the end point positioning proximal collar 1442 can be integrated color by suitable means. 位置決めアーム1441は、近位端でヒンジ状に位置決め近位カラー1442に取り付けられ、遠位端で位置決め遠位カラー1443に取り付られている。 Positioning arm 1441 is attached to the positioning proximal collar 1442 hinged at the proximal end, it is Replacing the positioning distal collar 1443 at the distal end. 器械が完全に組み立てられた場合に、図71には示されていないカテーテルチューブ1420を、遠位位置決めチューブ1445、位置決め遠位カラー1442、および、位置決め近位カラー1443の内側に配置できることは、図64および図70を調べれば理解できるであろう。 When the instrument is fully assembled, the catheter tube 1420 are not shown in FIG. 71, the distal positioning tube 1445, positioning the distal collar 1442, and can be placed on the inside of the positioning proximal collar 1443, FIG. by examining 64 and 70 will be understood. 器械が完全に組み立てられた場合に、ハーネスカラー1433が位置決め遠位カラー1443に隣接したカテーテルチューブ1420の上に位置することもまた、図67および図70から理解できるであろう。 When the instrument is fully assembled, it is also harnesses collar 1433 is positioned on the catheter tube 1420 adjacent the positioning distal collar 1443 will be understood from FIGS. 67 and 70. 再び図71を参照すると、遠位位置決めチューブ1445をハーネスカラー1433に対して、かつ、それに向かって長さ方向に移動させると、位置決め装置組立体1440が長さハーネスカラー1433に長さ方向で圧迫され、これにより、位置決めアーム1441が、図71に部分的に示すように、組立体の縦軸(長さ方向軸)から外側に、かつ、この縦軸に対して横方向に、図58〜図62で示す完全な開位置に向かって、開くことが理解できる。 Referring to Figure 71 again, the distal positioning tube 1445 with respect to the harness collar 1433, and is moved in the length direction towards it, squeezed longitudinally the length harness collar 1433 positioner assembly 1440 is, thereby, the positioning arm 1441, as partially shown in FIG. 71, outwardly from the longitudinal axis of the assembly (longitudinal axis), and, transversely to the vertical axis, FIG. 58 toward the fully open position shown in Figure 62, it can be seen that opening. 本実施例における位置決め装置組立体1440の構造は、図78でより詳細に分かるであろう。 Structure of the positioning device assembly 1440 of the present embodiment will be seen more detail in FIG 78. 位置決め装置組立体1440の長さ方向への圧迫により、位置決めアーム1441が、それらの形状と位置決めアーム1441の近位部分と遠位部分との間にあるヒンジ1444が許容する範囲で外側に延びることが分かる。 The pressure on the longitudinal direction of the positioning device assembly 1440, the positioning arm 1441, extend outwardly to the extent that the hinge 1444 permits in between their shape proximal and distal portions of the positioning arm 1441 It can be seen. 図示のように、位置決め装置組立体1440は、位置決め近位カラー1442、位置決めアーム1441、および、位置決め遠位カラー1443を含むことができ、位置決め装置組立体1440を開くことが必要とされる場合には、一体化したヒンジ1444が図示のように曲がり、位置決め装置組立体1440を閉鎖することが必要とされる場合には、曲がっていない位置に戻すのに適した、本質的に生体適合性で柔軟なポリマー材料で形成された単一の一体構造部品であってよい。 As shown, positioner assembly 1440 is positioned proximal collar 1442, the positioning arm 1441, and, if it comprise positioning distal collar 1443 can, it is required to open a positioning assembly 1440 , when integral hinge 1444 is bent as shown, it is necessary to close the positioner assembly 1440 is suitable for return to a position which is not bent, essentially biocompatible it may be a single monolithic piece formed of a flexible polymeric material.

図58および図59を参照すると、位置決め装置組立体1440は、開位置においては膀胱口4を捕捉し、その周囲の膀胱壁2を下方に押して骨盤底部7に接触させることに役立つように構成される。 Referring to FIGS. 58 and 59, positioning assembly 1440, in the open position captures the bladder port 4 is configured bladder wall 2 surrounding to help contacting the pelvic floor portion 7 by pressing downward that. 位置決め装置組立体1440は図示した実施例の機構を備えてもよく、または、吻合器械の近位部での外科医の入力から変換された力と動きに応答して、膀胱口4に捕捉され、かつ、膀胱壁を下方に押して骨盤底部に接触させることに有用である、1つまたは複数の部材を横方向に延ばし、次に、この機構を取り外すことが望まれる場合には、外科医の入力から変換された力と動きに応答して、それらの部材を後退させるか、または、閉じるような他の適当な機構を備えてもよい。 Positioner assembly 1440 may comprise a mechanism illustrated embodiment, or in response to proximal converted force and motion from the input of the surgeon at the end of the anastomosis instrument, trapped in the bladder port 4, and is useful for contacting the pelvic floor portion by pressing the bladder wall downward, extend one or more members in the transverse direction, then, when it is desired to remove this mechanism from the surgeon's input in response to the converted force and motion, or retract their members, or may comprise other suitable mechanism, such as closed.

再び図71を参照すると、近位アンカー駆動チューブ1450をアンカーピボットアームヨーク1467に固定し、一体化してもよい。 Referring to Figure 71 again, to secure the proximal anchor drive tube 1450 to the anchor pivot arm yoke 1467 may be integrated. アンカーピボットアーム1461は、図示の様にピン、または、他の適当な手段により、ピボットアームヨーク1467に取り付けられ、ばね1466により、外側に回転するように付勢することができる。 Anchor pivot arm 1461, pin as shown, or by other suitable means, attached to the pivot arm yoke 1467, the spring 1466 may be biased to rotate outwardly. アンカーピボットアーム1461が外側に回転することができる角度は、ピボットアームヨーク1467およびアンカーピボットアーム1461の適当に協働する形状により限定できる。 Angle anchor pivot arm 1461 can be rotated to the outside can be restricted by the shape of appropriate cooperation of pivot arm yoke 1467 and anchor pivot arm 1461. アンカー駆動ピン基部1462は、図示のようにピン、または、他の適当な手段により、アンカーピボットアーム1461に旋回可能に取り付けることができる。 Anchor driving pin base 1462, pins as shown, or by other suitable means, can be attached pivotably to the anchor pivot arm 1461. アンカー駆動ピン基部1462がアンカーピボットアーム1461に対して動くことのできる角度は、アンカーピボットアーム1461およびピン基部1462の適当に協働する形状により限定できる。 Angle anchor drive pin base 1462 can move relative to the anchor pivot arm 1461 may be limited by suitably cooperating shape of the anchor pivot arm 1461 and pin base 1462. アンカー駆動ピン1463は、ピン基部1462に固定され、それらと一体化してもよい。 Anchor drive pin 1463 is fixed to the pin base 1462 may be integrated with them.

アンカー700は、アンカー駆動ピン1463に嵌め込むように中空で摩擦嵌め、または、任意の他の解放可能な手段で解放可能にピン上に保持される。 Anchor 700 is friction fit in the hollow to fit the anchor drive pin 1463, or is held releasably on the pin in any other releasable means. アンカー700は、アンカーのヘッド部に開口し、ほぼアンカーの全長にわたって延在する、中空の孔を内部に有することができ、駆動ピン1463は、その孔のほぼ全長にわたって延在することができるので、駆動ピン1463の遠位端が駆動力をアンカー700の前端部の近位に加えることができ、これにより、アンカー700がアンカーの後端部の近位で駆動された場合に、アンカーが座屈するか、または、方向から外れることを防止する。 Anchor 700 is opened to the head portion of the anchor, extends over the entire length of substantially anchors can have a hollow bore therein, the drive pin 1463, it is possible to extend over substantially the entire length of the hole , the distal end of the drive pin 1463 can be added to the driving force to the proximal front end portion of the anchor 700, thereby, when the anchor 700 is driven in the proximal rear end portion of the anchor, anchor seat succumb or prevents deviating from the direction. アンカー700が組織に挿入されると、アンカーの棘または任意の他の保持構造により、アンカー700が組織中に保持される。 When the anchor 700 is inserted into the tissue, the barbs or any other holding structure of the anchor, the anchor 700 is retained in the tissue. アンカー700の組織への挿入後、遠位アンカー駆動チューブ1450を後退させることにより、アンカー駆動ピンをアンカー700から後退させることができる。 After insertion into the tissue anchor 700, by retracting the distal anchor drive tube 1450, it can be retracted anchor drive pin from the anchor 700. 遠位アンカー駆動チューブ1450が柔軟であることが望ましいことが分かるであろう。 The distal anchor drive tube 1450 will be seen that it is desirable that flexible. 遠位アンカー駆動チューブ1450は、例えば、ニチノール(nitinol)のような適当な材料から形成することができる。 The distal anchor drive tube 1450, for example, can be formed of suitable material such as Nitinol (Nitinol). アンカーピボットアームばねは、アンカー駆動装置組立体1460が、アンカー閉鎖カラー1330により覆いが外された時に、その駆動装置組立体を開位置に付勢する、例えば、板ばねまたは任意の他の適当な付勢装置であってよい。 Anchor pivot arm spring anchor drive assembly 1460, when the cover is removed by the anchor closure collar 1330, to urge the drive assembly to the open position, for example, a leaf spring or any other suitable it may be a biasing device.

さらに図71を参照すると、アンカー閉鎖カラー1330は、屈曲チューブ1325の遠位端に一体化して固定することができる。 Still referring to FIG. 71, the anchor closure collar 1330 can be fixed integrally to the distal end of the bent tube 1325. 図70を参照すると、屈曲チューブ1325の近位端は、屈曲チューブ継手1225を介してアンカー閉鎖チューブ1220に一体化して固定することができる。 Referring to FIG. 70, the proximal end of the bent tube 1325 can be fixed integrally to the anchor closure tube 1220 through a bent tube fitting 1225. 再び図71を参照すると、屈曲チューブ1325および一体的なアンカー閉鎖カラー1330は、アンカーピボットヨーク1467および湾曲スパインチューブ1305に固定されておらず、それらに対して長さ方向に移動可能である。 Referring to Figure 71 again, the bending tube 1325 and integral anchor closure collar 1330 is not fixed to the anchor pivot yoke 1467 and the curved spine tube 1305 is movable longitudinally relative to them. したがって、遠位アンカー駆動チューブ1450を静止して、アンカー閉鎖チューブ1220を長さ方向に動かすと、それに対応して、アンカー閉鎖カラー1330を遠位の長さ方向に移動させることができ、、アンカー閉鎖カラー1330がアンカーピボットアーム1461に接触し、それらアームを遠位位置決めチューブ1445にほぼ沿って存在する、閉位置へ押し、かつ、例えば、図57および図63に示すような位置で、これらを覆い、かつ、拘束する。 Thus, at rest the distal anchor drive tube 1450, moving the anchor closure tube 1220 in the longitudinal direction, and correspondingly, it is possible to move the anchor closure collar 1330 distally of the length ,, anchor closing collar 1330 contacts the anchor pivot arm 1461, there generally along the distal positioning tube 1445 them arms, push to the closed position, and, for example, at a position shown in FIGS. 57 and 63, these cover, and, to restrain. 逆に、遠位駆動チューブ1450を静止して、アンカー閉鎖チューブ1220を近位方向に移動させると、アンカー閉鎖カラー1330が引き上げられ、アンカーピボットアーム1461から離れるので、それらは、例えば、図58および図71に示す開位置に跳ね返ることができる。 Conversely, at rest the distal drive tube 1450, moving the anchor closure tube 1220 in the proximal direction, the anchor closure collar 1330 is pulled, since the distance from the anchor pivot arm 1461, they can, for example, FIGS. 58 and it can spring back to the open position shown in FIG. 71.

遠位位置決めチューブ1445および遠位アンカー駆動チューブ1450は、互いに固定されていないので、互いに長さ方向に移動できる。 The distal positioning tube 1445 and distal anchor drive tube 1450, because it is not fixed to each other, can be moved in the longitudinal direction. この結果、アンカー700が位置決め装置組立体1440により膀胱壁を通って骨盤底部に接触する場合のように、例えば、遠位アンカー駆動チューブ1450は遠位方向に移動できるが、遠位位置決めチューブは静止している。 As a result, as in the case where the anchor 700 contacts the pelvic floor portion through the bladder wall by the positioning device assembly 1440, for example, although the distal anchor drive tube 1450 can move distally, the distal positioning tube stationary doing.

図72は、ハンドル組立体1100の作動部材の/間の相対的な力と動きを、図55に示すようなエンドエフェクタ組立体1400の作動部材に効果的に伝達できる変換部材組立体(transition assembly)の典型的な形状構成を示す。 Figure 72 is a relative force and motion / during operation member of the handle assembly 1100, converting member assembly that may effectively transmitted to the actuating member of the end effector assembly 1400 as shown in FIG. 55 (transition assembly It shows a typical shape configuration). 遠位位置決めチューブ1445は、位置決めチューブ継手1206と一体化し、その継手は直線位置決めチューブ1209と一体化しており、その位置決めチューブは図55、図72および図77において分かるようにハンドル組立体1100に操作可能に接続されている。 The distal positioning tube 1445, integrated with a positioning tube fitting 1206, the joint is integral with the linear positioning tube 1209, the positioning tube 55, the operation to the handle assembly 1100 as seen in FIGS. 72 and 77 It is connected. したがって、ハンドル組立体による直線位置決めチューブ1209内の長さ方向の力と動きは位置決めチューブ継手1206を介して直接遠位位置決めチューブ1445に伝達される。 Thus, longitudinal force and motion in the linear positioning tube 1209 by the handle assembly is transmitted directly to the distal positioning tube 1445 through the positioning tube fitting 1206. 再び図72を参照すると、遠位アンカー駆動チューブ1450はアンカー駆動チューブ継手1207と一体化し、その継手は直線アンカー駆動チューブ1208と一体化しており、その駆動チューブは図55、図72および図81において分かるように、ハンドル組立体1100と操作可能に連結されている。 Referring to Figure 72 again, the distal anchor drive tube 1450 is integrated with the anchor drive tube fitting 1207, the joint is integral with the linear anchor drive tube 1208, the drive tube 55, in FIGS. 72 and 81 as can be seen, it is operably coupled to the handle assembly 1100. したがって、ハンドル組立体による直線位置決めチューブ継手1207内の長さ方向の力と動きは、アンカー駆動チューブ継手1207を介して直接遠位アンカー駆動チューブ1450に伝達される。 Thus, longitudinal force and motion in the linear positioning tube fitting 1207 by the handle assembly is transmitted directly to the distal anchor drive tube 1450 through the anchor drive tube fitting 1207. 図72および図82を参照すると、湾曲スパインチューブ1305はスパイン1201と一体化し、そのスパインはハンドルハウジング1101と一体化しており、したがって、湾曲スパインチューブ1305、スパイン1201、および、ハンドルハウジング1101が、周囲を作動構成部品が移動する、器械の相対的に静止している骨組みを形成している。 Referring to FIGS. 72 and 82, the curved spine tube 1305 is integrated with the spine 1201, the spine is integral with the handle housing 1101, therefore, the curved spine tube 1305, the spine 1201, and, the handle housing 1101, around actuating component moves to form a framework that is relatively stationary instruments. 図73および図74において分かるように、スパインチューブ1202は、スパイン保持構造(spine retainer structure)1190、または、ハンドルハウジングと一体化している他の適当な構造によって、ハンドルハウジングに一体化して嵌め込み、固定することができる。 As seen in FIGS. 73 and 74, spine tube 1202, spine holding structure (spine retainer structure) 1190, or by other suitable structure that is integral with the handle housing, fitting integrated into the handle housing, the fixed can do. 最後に、図72、ならびに、図55および図79もまた参照すると、屈曲チューブ1325は、屈曲チューブ継手1225およびアンカー閉鎖チューブ1220と一体化しており、そのアンカー閉鎖チューブはハンドル組立体1100と操作可能に接続されている。 Finally, FIG. 72, as well as FIGS. 55 and 79 also referring, flex tube 1325 is integrated with the bent tube fittings 1225 and anchor closure tube 1220, the anchor closure tube handle assembly 1100 can be operated It is connected to the. したがって、ハンドル組立体によるアンカー閉鎖チューブ1220の長さ方向の力と動きは、屈曲チューブ1325、したがってアンカー閉鎖カラー1330に直接伝達される。 Thus, longitudinal force and movement of the anchor the closure tube 1220 by handle assembly, bending the tube 1325, thus directly transmitted to the anchor closure collar 1330. 図72に示す構成部品の形状は、ハンドル組立体による構成部品内の力と動きをエンドエフェクタ組立体内の構成部品に伝達できる例にすぎないこと、および、この伝達は本発明による様々な方法で達成することができること、は当業者には明らかであろう。 The shape of the components shown in FIG. 72, the only examples that can transmit force and motion in the component according to handle assembly to the end effector assembly components, and in various ways according to the transmitted present invention that can be achieved to, will be apparent to those skilled in the art.

図82は、器械に組み込まれて、周囲を他の構成部品が移動し、かつ、作動されるような骨組み(skeltal)(「基礎(ground)」)構造となり、かつ、器械全体の単一体としての操作を支持する構造を備えることのできる、典型的な構造を示す。 Figure 82 is built into the instrument, around the moves other components, and framework as actuated (Skeletal) becomes ( "Basic (ground)") structure, and, as a single body for the entire instrument It can be provided with a structure for supporting the operation, showing a typical structure. 前述したように、湾曲スパインチューブ1305はスパイン1201と一体化している。 As described above, the curved spine tube 1305 is integrated with the spine 1201. スパイン1201はハンドルハウジング1101と一体化している。 Spine 1201 is integrated with the handle housing 1101. したがって、これら3つの構成部品は実質的に一体化している。 Thus, these three components are substantially integrated. ハウジング1101は適当な剛性のポリマー材料から成型または形成できる。 The housing 1101 may be molded or formed from a polymeric material suitable rigidity. スパイン1201および湾曲スパインチューブ1305は、本質的に剛性であり、器械を患者の腹部に挿入し、膀胱口の位置を探り当て、膀胱を骨盤底部に押し付け接触させ、器械のアンカー打ち込み操作時に膀胱を骨盤底部に接触させておくために必要な、外科医による操作力が器械に加わるのを支持する、適当な剛性と強度を有することが望ましい。 Spine 1201 and curved spine tube 1305 is essentially rigid, the instrument is inserted into the patient's abdomen, Saguriate the position of the bladder outlet, the bladder is brought into contact pressed against the pelvic floor portion, the pelvis and the bladder when the anchor driving operation of the instrument necessary to keep in contact with the bottom, the operating force by the surgeon to support the join the instrument, it is desirable to have a suitable rigidity and strength. スパイン1201および湾曲スパインチューブ1305はステンレス鋼、ニチノールまたは任意の他の適当な材料から形成することができる。 Spine 1201 and curved spine tube 1305 may be formed of stainless steel, nitinol or any other suitable material. 湾曲スパインチューブ1305を、ピン、溶接、圧入(press fitting)、組合わせ糸(cooperating threads)、接着剤など、これらに限定されないが、これらを含む適当な手段により、スパイン1201に固定、または、結合できる。 Curved spine tube 1305, pins, welding, press-fitting (press fitting), thread combination (cooperating threads), such as adhesives, but are not limited to, by appropriate means, including these, secured to the spine 1201, or a bond it can. スパイン1201を適当な手段でハウジング1101に固定、または、結合できる。 Fixed to the housing 1101 spine 1201 by suitable means, or can be attached.

図73、図74、図79および図80は、アンカー組立体を、例えば図57および図58に示す交互の位置に、交互に、選択的に、開き、または、閉じるために、アンカー閉鎖チューブ1220を、交互に、選択的に、長さ近位または遠位方向へ、長さ方向に移動させ、かつ、保持することができ、ハンドル組立体に組み込める典型的な機構を示す。 Figure 73, Figure 74, Figure 79 and Figure 80, the anchor assembly, in alternate positions shown in FIGS. 57 and 58 for example, alternately, selectively opening or closing order, anchor the closure tube 1220 and alternately, selectively, to the length proximal or distal direction, it is moved in the longitudinal direction, and can be held, shows a typical mechanism that can be incorporated in the handle assembly. アンカー閉鎖チューブ1220は、閉鎖チューブラッチカラー1180と長さ共に、単一体として長さ方向に移動するように、図80に図示するように、ピンまたは任意の他の適当な手段で閉鎖チューブラッチカラー1180に連結できる。 Anchor closure tube 1220, the closure tube latch collar 1180 and both of length, so as to move in the longitudinal direction as a unit, as shown in FIG. 80, the closure tube latch collar pin, or any other suitable means It can be connected to 1180. 閉鎖チューブラッチ基部1179はハンドルハウジング1101と一体化してよく、したがって、器械の骨組みの一部であってよい。 Closure tube latch base 1179 may be integral with the handle housing 1101, therefore, may be part of the framework of the instrument. 閉鎖チューブラッチカラー1180は自由に閉鎖チューブスピンドル1183に重なり、これにより閉鎖チューブラッチカラーのラッチ基部1179との適当な位置揃え(alignment)を確実にし、閉鎖チューブばね1181の近位端を支持する。 Closure tube latch collar 1180 is free to overlap closure tube spindle 1183, thereby ensuring alignment suitable position between the latch base 1179 of the closure tube latch collar (alignment), supporting a proximal end of the closure tube spring 1181. 閉鎖チューブラッチカラー1180は、近位方向に押され、回転して図74に示す位置でラッチ基部1179内にラッチし、長さ方向の動きが抑制され、または回転してラッチが外れてラッチ基部1179から解放され、図75に示す位置を占めること、を交互に、選択的に行うために、閉鎖チューブラッチ基部1179の協働部品と相互作用するように構成されたラッチ部材1182を含む。 Closure tube latch collar 1180 is pushed proximally, rotating latched in the latch base 1179 at the position shown in FIG. 74, it is suppressed movement of longitudinal or rotational and latches the base off the latch, released from 1179, to occupy the position shown in FIG. 75, alternately, in order to perform selective includes a latch member 1182 that is configured to interact with the cooperating parts of the closure tube latch base 1179. ラッチ基部1179から解放された位置では、閉鎖チューブラッチカラー1180は、閉鎖チューブばね1181により遠位位置方向に付勢される。 The position released from the latch base 1179, closure tube latch collar 1180 is biased in the distal position direction by the closure tube spring 1181. 閉鎖チューブラッチカラー1180は、協働するリム、あるいはリップ、または任意の他の適当な手段(図示せず)により、閉鎖チューブスピンドル1183から遠位方向に離脱するのを制止されることができる。 Closure tube latch collar 1180 by the rim cooperate or lip or any other suitable means, (not shown) can be restrained from being detached distally from the closure tube spindle 1183. したがって、図示の構成部品の典型的な形状構成によれば、アンカー閉鎖チューブ1220は、閉鎖チューブばね1181により遠位位置に付勢される(したがって、アンカー閉鎖カラー1330を遠位位置に付勢することで、前述の典型的な機構によりアンカー駆動装置組立体1460を閉位置に保持する)ことが分かる。 Therefore, according to the typical shape configuration of the components shown, the anchor closure tube 1220 is biased to the distal position by the closure tube spring 1181 (thus, biases the anchor closure collar 1330 to a distal position it is, to hold the anchor drive assembly 1460 in the closed position by the above-described exemplary mechanism) can be seen. 外科医がアンカー組立体を開くことを望む場合は、外科医は、閉鎖チューブラッチカラー1180を閉鎖チューブラッチ部材1182が閉鎖チューブラッチ基部1179に係合するまでハンドルハウジングに対して近位方向に押し、次に閉鎖チューブラッチカラー1180を回して閉鎖チューブラッチ基部1179にラッチする。 If the surgeon desires to open the anchor assembly, the surgeon pushes in the proximal direction relative to the handle housing closure tube latch collar 1180 until the closure tube latch member 1182 engages the closure tube latch base 1179, following Turn the closure tube latch collar 1180 to latch the closure tube latch base 1179. これにより、アンカー閉鎖チューブ1220が近位方向に引かれ、アンカー閉鎖カラー1330を近位方向に引っ張り、アンカーピボットアームをアンカー閉鎖カラーから解放して、開位置に達する。 Thus, the anchor closure tube 1220 is pulled proximally, pulling the anchor closure collar 1330 in the proximal direction, to release the anchor pivot arm from the anchor closure collar reaches the open position.

図75〜図77は、力と動きを発生し、変換して位置決め装置組立体を開き、かつ、開いた状態に保持するために本発明器械に組み込むことができる、典型的な機構を示す。 Figure 75 Figure 77 generates the force and motion to open the conversion to the positioning assembly, and can be incorporated into the present invention apparatus for retaining the opened state, showing the typical mechanism. 位置決めレバー1110が、ハウジング1101と一体化している軸(axle)1113に旋回可能に取り付けられて、その軸周りに旋回できる。 Positioning lever 1110 pivotally attached to the shaft (axle) 1113 which is integral with the housing 1101, can be pivoted about its axis. 位置決めレバー1110は長い部分と短い部分とを有し、短い部分は位置決めレバー歯列1111を備える。 Positioning lever 1110 and a long portion and a short portion, short section comprises a positioning lever teeth 1111. 位置決めチューブ作動ラック1160は、ハウジング1101と一体化しているガイド部材の間またはトラックの長さ方向に乗っていて、長さ近位方向および遠位方向に長さ方向の移動が可能である。 Positioning the tube actuation rack 1160 is riding a length direction between or track the guide member is integral with the housing 1101 is movable in the longitudinal direction in the length proximal and distal directions. 位置決めチューブ作動ラックは、歯列1159をその上に備える。 Positioning the tube actuation rack has a tooth row 1159 thereon. 位置決めレバー1110および位置決めチューブ作動ラック1160は、位置決めチューブ作動ラック歯列1159と位置決めレバー歯列1111とがかみ合うように配置されている。 Positioning lever 1110 and the positioning tube actuation rack 1160 is disposed in the positioning lever teeth 1111 Togakamiau so the positioning tube actuation rack teeth 1159. したがって、図75〜図77について、軸1113を中心とする位置決めレバー1110の反時計方向の角度付いた移動は、位置決めチューブ作動ラック1160の遠位方向への直線運動に変換され、その逆も起こることが分かる。 Thus, for FIG. 75 to FIG. 77, movement with an angle of counterclockwise positioning lever 1110 about the axis 1113, is converted into linear motion in the distal direction of the positioning tube actuation rack 1160, and vice versa it can be seen. 位置決めチューブ作動ラック1160および直線位置決めチューブ11209が共に、単一体として長さ方向に移動するように、位置決めチューブ作動ラックの遠位端を環状カラーを形成するリム(rims)またはリップ(lips)を組み合わせるか、あるいは任意の他の適当な手段で直線位置決めチューブ1209に連結でき、前述したように、直線位置決めチューブ1209を位置決めチューブ継手1206を介して遠位位置決めチューブ1445と一体化させることができる。 Both the positioning tube operated rack 1160 and linear positioning tube 11209, so as to move in the longitudinal direction as a unit, combining the rim (rims) or lip (lips) of the distal end of the positioning tube actuation rack to form a annular collar or, or in any other suitable means can be connected to the linear positioning tube 1209, as described above, it can be integrated with the distal positioning tube 1445 a linear positioning tube 1209 through the positioning tube fitting 1206. したがって、外科医がハンドル組立体1100を保持して位置決めレバー1110を引く、すなわち強く握ると、遠位位置決めチューブ1445が遠位方向に押される。 Thus, the surgeon pulls the positioning lever 1110 holds the handle assembly 1100, that is, when squeezed, pushed distally positioned tubing 1445 distally. 図77を参照すると、吻合器械全体が組み立てられ、位置決め遠位カラー1443がバルーン組立体により遠位方向の動きを抑えられる(例えば、図56、図57を参照されたい)と、遠位位置決めチューブ1445の長さ遠位の長さ方向の移動により、位置決め装置組立体1440の長さ方向の圧迫が生じ、これにより、位置決めアーム1441が縦軸(長さ方向軸)の外側に開き、その逆も起こることが分かる。 Referring to FIG. 77, the entire anastomosis instrument is assembled, positioning the distal collar 1443 is suppressed to distal movement by the balloon assembly (e.g., FIG. 56, see FIG. 57), the distal positioning tube the movement of the length distal length direction of 1445, compression in the longitudinal direction occurs positioner assembly 1440, thereby opening on the outside of the positioning arm 1441 vertical axis (longitudinal axis), the opposite it can be seen that also happen. 圧縮されている位置決めチューブばね1161は、位置決めチューブ作動ラック1160を近位位置に付勢する。 Positioning the tube spring 1161 is compressed, it urges the positioning tube actuation rack 1160 in a proximal position. したがって、その結果、遠位位置決めチューブ1445は近位位置に付勢され、位置決めアーム1441および組立体1440は、閉位置に戻ることが、図77から分かる。 Thus, as a result, distal positioning tube 1445 is biased proximally positioned, the positioning arm 1441 and the assembly 1440, to return to the closed position, seen from Figure 77. 駆動装置/位置決め装置ロックレバー1170は、ハウジング1101と一体化できるピン1176に旋回可能に取り付られて、それらのピン周りに旋回し、かつ、圧縮されているばね1171により反時計方向(図75)に付勢される。 Drive / positioning device lock lever 1170 is Installing the pivotable pin 1176 which can be integrated with the housing 1101, and turning to those pins around, and compressed by being spring 1171 by the anti-clockwise direction (FIG. 75 ) to be biased. 駆動装置/組立体ロックレバー1170は駆動/組立体ロック用ラッチ1178を有する。 Drive / assembly lock lever 1170 has a driving / assembly locking latch 1178. ハンドル組立体が組み立てられて、使用可能状態になると、駆動装置/位置決め装置組立体ロック用ラッチ1178の下面が位置決めチューブ作動ラック1160の近位端1177の上面に載っており、その上面に押し付けられている。 A handle assembly is assembled, at a usable state, the lower surface of the drive / positioner assembly locking latch 1178 rests on the upper surface of the proximal end 1177 of the positioning tube actuation rack 1160, pressed on its upper surface ing. 位置決めレバー1110が反時計方向(図75において)に引かれるか、または強く握り締められると、前述したように、位置決めチューブ作動ラック1160が遠位方向に移動し、位置決めチューブ作動ラック1160の近位端1174のノッチ1174が駆動装置/位置決め装置ロックレバー1170のロック用ラッチ1178のすぐ下方に移動し、ロック用ラッチ1178がばね1171に押されてノッチ1174に移動して入る。 Or positioning lever 1110 is pulled in the counterclockwise direction (in Fig. 75), or strongly squeezed, as described above, the positioning tube actuation rack 1160 moves distally, the proximal end of the positioning tube actuation rack 1160 notch 1174 of 1174 is moved to immediately below the locking latch 1178 of the drive / positioning device lock lever 1170, enters move pushed by the notch 1174 in the locking latch 1178 spring 1171. これにより、駆動ラック1160が遠位位置にロックされる。 Thus, the drive rack 1160 is locked in the distal position. その結果、図77から分かるように、位置決めアーム1441および位置決め装置組立体1440を開位置にロックできる。 As a result, as can be seen from Figure 77, you can lock the positioning arm 1441 and positioning device assembly 1440 to the open position. その後に位置決め装置組立体1440を閉じるには、外科医が駆動装置/位置決め装置ロックレバー1170を押すと、ロック用ラッチ1178がノッチ1174から外れて持ち上げられ、位置決めチューブ作動ラック1160がばね1161に押されて近位位置に戻ることができる。 Subsequent to close the positioner assembly 1440, the surgeon presses the drive / positioning device lock lever 1170, locking latch 1178 is lifted off from the notch 1174 is pushed to the positioning tube actuation rack 1160 spring 1161 it is possible to return to a proximal position Te.

図75、図76および図81は、力と動きを発生し、変換してアンカー組立体を駆動するために本発明器械に組み込むことができる、典型的な機構を示す。 Figure 75, 76 and 81 generate a force and motion, can be incorporated into the present invention apparatus for driving the anchor assembly to convert illustrates a typical mechanism. アンカー駆動レバー1120がハウジング1101と一体化している軸1113に旋回可能に取り付けられて、その軸周りに旋回できる。 Anchor driving lever 1120 is pivotally attached to the shaft 1113 is integral with the housing 1101, it can be pivoted about its axis. アンカー駆動レバー1120は長い部分と短い部分とを有し、短い部分はアンカー駆動レバー歯列1121を備えている。 Anchor driving lever 1120 has a long portion and a short portion, short sections comprises an anchor driving lever teeth 1121. アンカー駆動中間ラック1122が、ハウジング1101と一体化しているガイド部材の間またはトラックの長さ方向に乗っていて、長さ近位方向および遠位方向に長さ方向の移動が可能である。 Anchor driving intermediate rack 1122 by riding a length direction between or track the guide member is integral with the housing 1101 is movable in the longitudinal direction in the length proximal and distal directions. アンカー駆動中間ラック1122は、近位歯列1127および遠位歯列1128をその上に有する。 Anchor driving intermediate rack 1122 has Kinkuraiharetsu 1127 and distal teeth 1128 thereon. アンカー駆動レバー1120およびアンカー駆動中間ラック1127は、アンカー駆動レバー1120が反時計方向に適当な角度で移動されると(図75において)、アンカー駆動中間ラックの近位歯列1127がアンカー駆動レバー歯列1121と係合するように配置されている。 Anchor driving lever 1120 and the anchor drive intermediate rack 1127, the anchor driving lever 1120 is moved at an appropriate angle in a counterclockwise direction (in Fig. 75), the anchor drive intermediate rack proximal teeth 1127 anchor driving lever teeth It is positioned to engage the column 1121. 小アンカー駆動ピニオン1123および大アンカー駆動ピニオン1124が一体であり、ハウジング1101内のボスで支持されているピン周りに回転する。 Small anchor drive pinion 1123 and large anchor drive pinion 1124 is is integrally rotated about the pin which is supported by a boss in the housing 1101. 小アンカー駆動ピニオン1123およびアンカー駆動中間ラックが、小アンカー駆動ピニオン1123がアンカー駆動中間ラックの遠位歯列1128とかみ合うように配置されている。 Small anchor drive pinion 1123 and the anchor drive intermediate rack, small anchor drive pinion 1123 is disposed to mesh with the distal teeth 1128 of the anchor driving the intermediate rack. アンカー駆動ラック1125が位置決めチューブ作動ラック1160と一体化しているガイド部材の間またはトラックの長さ方向に乗っていて、アンカー駆動ラック1125の腕部および遠位端が、図75で分かるように、スパイン1201内に延び、支持されている。 Anchor drive rack 1125 is riding a length direction between or track the guide member is integral with the positioning tube actuation rack 1160, arm portion and a distal end of the anchor drive rack 1125, as seen in Figure 75, extending spine 1201, it is supported. アンカー駆動ラック1125は、アンカー駆動歯列1129をその上に有する。 Anchor drive rack 1125 has an anchor driving teeth 1129 thereon. アンカー駆動ラック1125およびアンカー駆動レバー1120は、アンカー駆動歯列1129が大アンカー駆動ピニオン1124とかみ合うように配置されている。 Anchor drive rack 1125 and the anchor driving lever 1120, anchor drive teeth 1129 are disposed to mesh with the large anchor drive pinion 1124. アンカー駆動ラック1125の遠位端が任意の適当な手段で直線アンカー駆動チューブ1208に固定されている。 The distal end of the anchor drive rack 1125 is fixed to the linear anchor drive tube 1208 by any suitable means. したがって、アンカー駆動レバー11120を駆動レバー歯列1121が中間駆動ラック1122上の近位歯列1127とかみ合う点まで反時計方向(図75および図81において)に回転するためにアンカー駆動レバーを動かすと、中間駆動ラック1122が遠位方向に駆動されて、小アンカー駆動ピニオン1123および大アンカー駆動ピニオン1124を反時計方向に回転し、これにより、アンカー駆動ラック1125、直線アンカー駆動チューブ1208、アンカー駆動チューブ継手1207、遠位アンカー駆動チューブ1450、したがって、アンカー駆動装置組立体1460が遠位方向に駆動される、ことが、前述の説明、および、図75、図76および図81を調査することから分かる。 Therefore, when the driving lever teeth 1121 anchor drive lever 11120 moves the anchor drive lever to rotate in a counterclockwise direction to the point that meshes with the proximal teeth 1127 on the intermediate drive rack 1122 (in FIG. 75 and FIG. 81) , intermediate drive rack 1122 is driven distally, by rotating the small anchor drive pinion 1123 and large anchor drive pinion 1124 counterclockwise, thereby, anchor drive rack 1125, linear anchor drive tube 1208, anchor drive tube joint 1207, the distal anchor drive tube 1450, therefore, the anchor drive assembly 1460 is driven distally, it is, the foregoing description, and it can be seen from examining Figure 75, 76 and 81 . 例えば、図59および図60から分かるように、吻合器械が完全に組み立てられ、使用された場合、アンカー組立体1460のこの動作により、アンカー700が組織に打ち込まれる。 For example, as can be seen from FIGS. 59 and 60, the anastomosis instrument is fully assembled, when used, by the operation of the anchor assembly 1460, the anchor 700 is driven into the tissue.

位置決めレバー1110およびアンカー駆動レバー1120は並列関係で当接しており、共に軸1113に取り付けられ、この軸周りに旋回する。 Positioning lever 1110 and the anchor driving lever 1120 is in contact with a parallel relationship, they are both attached to the shaft 1113, to pivot about this axis. 位置決めレバー1110およびアンカー駆動レバー1120は、位置決めレバー1110の反時計方向への回転によってアンカー駆動レバー1120が対応するように反時計方向へ回転する(図75において)ように、それらが当接する位置で協働する形状構成を有するように形成されている。 Positioning lever 1110 and the anchor driving lever 1120, the anchor driving lever 1120 is rotated in the counterclockwise direction so as to correspond with the counterclockwise rotation of the positioning lever 1110 (in FIG. 75) As described above, in the position where they abut It is formed to have a shape configured to cooperate. 張力が加えられている駆動レバーばね1126は、図示の様に、ハウジング1101内のフックまたは他の適当な取り付け点とアンカー駆動レバー1120の短い部分の上の取り付け点との間に接続されている。 Driving lever spring 1126 the tension is applied, as shown, is connected between the attachment point on the hooks or other suitable short portion of the attachment point and the anchor driving lever 1120 in the housing 1101 . したがって、アンカー駆動レバー1120が時計方向に(図75において)付勢されている。 Accordingly, the anchor driving lever 1120 is (in FIG. 75) biased in a clockwise direction.

さらに、アンカー駆動レバー1120は、アンカー位置決めレバー1110の作動前に押し下げられることを防止されている。 Furthermore, the anchor driving lever 1120 is prevented from being depressed prior to actuation of the anchor positioning lever 1110. 駆動レバーロック用フック1172が、図示のように、ハウジング1101内でピンに旋回可能に取り付けられ、ピン周りに回転でき、駆動レバーロック用フックは、アンカー駆動レバー1120の短い部分から図示の位置で横方向に突出しているピン1169(ピンは直接は図示されておらず、図75において部品の後ろから突出している)をフックして留め、駆動レバー1120が反時計方向に回動するのを防止するように、圧縮状態のばね1171により反時計方向に付勢されている。 Driving lever locking hook 1172, as shown, pivotally mounted to the pin within the housing 1101 can be rotated about the pin, the drive lever locking hook is in the position shown from a short portion of the anchor driving lever 1120 pin 1169 projecting laterally (pin is not shown directly behind protruding from parts in FIG. 75) fastened to hook, preventing the driving lever 1120 to rotate counterclockwise as to, it is biased counterclockwise by a spring 1171 in a compressed state. しかし、位置決めレバー1110が押されると、その上にあるロック用フック解放部材1112がロック用フック1172に係合して、ロック用フック1112を時計方向(図75において)に押し、それによってそのフックをピン1169から外し、アンカー駆動レバー1120を解放して、反時計方向に移動できる。 However, when the positioning lever 1110 is depressed, it engages the locking hook release members 1112 above it is the locking hook 1172, press the locking hook 1112 in the clockwise direction (in FIG. 75), whereby the hook was removed from the pin 1169, to release the anchor driving lever 1120 can move in a counterclockwise direction.

さらに、吻合器械が使用可能状態にあるが、展開前である場合は、アンカー駆動ラック1125(したがって、アンカー駆動装置組立体1460)が駆動装置/位置決め装置ロックレバー1170のロック用ラッチ1178が駆動ラックのノッチ1173に係合することにより、近位位置にロックされている。 Furthermore, although the anastomosis instrument is in a usable state, if a pre-deployment, the anchor driving rack 1125 (hence, anchor drive assembly 1460) is the locking latch 1178 of the drive / positioning device lock lever 1170 drives the rack by engaging in the notches 1173, and is locked in a proximal position. 位置決めレバー1110を引き、反時計方向に回転させ、位置決め作動ラック1160を前述のように遠位方向に移動することにより、器械の作動を開始すると、位置決めチューブ作動ラック1160の近位端1177にあるノッチ1174が駆動装置/位置決め装置ロックレバーのロック用ラッチ1178のすぐ下方に移動し、ロック用ラッチ1178がばね1171により押されてノッチ1174に移動して入る。 Pull the positioning lever 1110 is rotated in a counterclockwise direction, by moving the positioning operation rack 1160 distally, as described above, when starting the operation of the instrument, the proximal end 1177 of the positioning tube actuation rack 1160 immediately move downward the locking latch 1178 of the notch 1174 drive / positioning device lock lever, enters and moves by being pushed by the locking latch 1178 spring 1171 the notch 1174. ロック用ラッチ1178はノッチ1174に移動して入ると、ロック用ラッチ1178は駆動ラックのノッチ1173から移動して外れ、駆動ラック1125を解放し、前述したようにアンカー駆動レバー1120を引くことで、駆動ラック1125が駆動される。 When the locking latch 1178 enters move the notch 1174, the locking latch 1178 disengaged and moved from the notch 1173 of the driving rack, release the drive rack 1125, by pulling the anchor driving lever 1120, as described above, drive rack 1125 is driven.

したがって、器械が組み立てられ、使用可能状態にある場合には、位置決め装置組立体1440は閉位置にあり、アンカー駆動装置組立体1460はアンカー閉鎖カラー1330により閉じた状態に保持され、位置決め装置組立体1440に対して近位位置にロックされ、器械は患者の体内への挿入が容易となる位置に置かれていることが、前述の説明および、図73〜図82からわかる。 Thus, the instrument is assembled, when in a usable state, the positioning device assembly 1440 is in a closed position, the anchor drive assembly 1460 is held in a closed by the anchor closure collar 1330, positioning assembly locked in a proximal position with respect to 1440, instruments that have been placed in position is facilitated insertion into the patient's body, the foregoing description and, seen from FIG. 73 to FIG 82. エンドエフェクタ組立体を体腔内に入れ器械を患者体内の適正な位置に挿入した後、位置決めレバー1110を、位置決め装置組立体1440が開き、ばね1171に押されている駆動装置/位置決め装置ロックレバー1170によりロックされる位置まで引くことにより、器械作動を開始できる。 After the end effector assembly was inserted instrument placed in the body cavity in the proper position within the patient, the positioning lever 1110 to open the positioner assembly 1440, drive being pressed by the spring 1171 / positioning device lock lever 1170 by pulling up the locked position, it starts the instrument operation. 駆動装置/位置決め装置ロックレバー1170が位置決めレバー1110をロックすると、駆動装置/位置決め装置ロック用ラッチ1178を駆動ラックのノッチ1173から外すことにより、同時にアンカー駆動ラック1125のロックを解除し、アンカー駆動ラック1125が遠位方向に駆動できるように解放する。 When the drive device / positioning device lock lever 1170 to lock the positioning lever 1110, by removing the drive / positioning device locking latch 1178 from the notch 1173 of the driving rack, to unlock the anchor drive rack 1125 at the same time, the anchor drive rack 1125 is released for driven distally. 次に、閉鎖チューブラッチカラー1180をラッチ基部1179に係合するまで遠位方向に引き、ラッチカラー1189を回してラッチ基部1179にラッチすることにより、アンカー駆動装置組立体1460を開くことができる。 Then, the closure tube latch collar 1180 pulls distally until it engages the latch base 1179, by latching the latch base 1179 by turning the latch collar 1189 can open the anchor drive assembly 1460. その後アンカー駆動レバー1120を引くことで、アンカー駆動ラックを遠位方向に駆動することができる(アンカーを駆動する)。 Then by subtracting the anchor driving lever 1120, it is possible to drive the anchor drive rack distally (to drive the anchor). アンカーを駆動した後、張力が加えられているばね1126により、アンカー駆動レバー1120が押されて戻り、したがって、アンカー駆動ラック1125、および、それに対応して、アンカー駆動装置組立体1460がそれらの最初の近位位置に戻る(そしてアンカー駆動ピンを組織に設置したアンカーから引き戻す)。 After driving the anchor, the spring 1126 the tension is added, back anchor driving lever 1120 is pressed, therefore, the anchor drive rack 1125 and, correspondingly, the anchor drive assembly 1460 is first of them Back to a proximal position (and pull the anchor drive pin from the anchor installed in tissue). その後、アンカー駆動装置組立体1460を閉位置に戻すことができ、閉鎖チューブラッチカラー1180を回してラッチ基部1179から外すと、ラッチカラー1180がばね1181に押されてその遠位位置に戻ることができ、閉鎖カラー1330を遠位方向に動かして、アンカー駆動装置組立体1460を閉鎖する。 Thereafter, the anchor drive assembly 1460 can be returned to the closed position and disengage from the latch base 1179 by rotating the closure tube latch collar 1180, to return to its distal position by being pushed by the latch collar 1180 spring 1181 can, by moving the closure collar 1330 distally to close the anchor drive assembly 1460. 最後に、駆動装置/位置決め装置ロックレバー1170を押し下げて、位置決め装置組立体1440を閉じることができ、ロックレバーを押し下げると、駆動装置/位置決め装置組立体ロック用ラッチ114が位置決めチューブ作動ラック1160の近位端1177にあるノッチ1174から引き戻され、位置決めチューブ作動ラック1160が位置決めチューブばね1161に押されて近位位置に戻ることができ、位置決め装置組立体1440を閉じる。 Finally, press down the drive / positioning device lock lever 1170, can close the positioner assembly 1440 and push down the lock lever, the drive / positioner assembly locking latch 114 is positioned tube actuation rack 1160 retracted from the notch 1174 in the proximal end 1177, a positioning tube operated rack 1160 is pushed to the positioning tube spring 1161 can return to a proximal position, closes the positioner assembly 1440. したがって、器械は患者の体内から取り出すことができる閉位置に戻る。 Thus, the instrument is returned to the closed position can be extracted from the patient's body.

図55、図64、図65、および、図75を参照すると、カテーテルチューブ1420をハンドル組立体1100および器械全体を通してバルーン組立体1410まで導入し、そこでハーネスカラー1433に固定されることが分かるであろう。 Figure 55, Figure 64, Figure 65 and, referring to FIG. 75, der which it can be seen that fixing the catheter tube 1420 is introduced until the balloon assembly 1410 throughout the handle assembly 1100 and instruments, where the harness collar 1433 wax. 一実施例では、図75に示すように、カテーテルチューブ1420はハンドルハウジング1101を近位方向に通って延び、機械1000の後部から出ている。 In one embodiment, as shown in FIG. 75, the catheter tube 1420 extends through the handle housing 1101 in the proximal direction, out of the back of the machine 1000. アンカー駆動ラック1125は中空、または、溝およびU字型の断面を有してもよく、駆動装置/位置決め装置ロックレバー1170およびハンドルハウジング1101が、カテーテルチューブ1420を通過させるための通路を備えるように、適当な貫通孔または他の形状構成を備えることができる。 Anchor drive rack 1125 hollow or may have a groove and U-shaped cross-section, the drive device / positioning device lock lever 1170 and handle housing 1101, to include a passage for passing the catheter tube 1420 It may comprise suitable holes or other shapes configured. 器械がアンカー設置のために使用できる状態になったときは、カテーテルチューブ1420を、ハンドル組立体1110で、またはハンドル組立体の中でハンドルハウジング1101に対して静止させておくために任意の適当な手段により解放可能に把持し、組立体1440がハーネスカラー1433に対して長さ方向に圧迫して位置決め装置組立体1440を開かせるときにカテーテルチューブを位置決め装置組立体1440に対して張力が加わえられた状態に置く。 Instrument when it is ready for use for the anchor installation, a catheter tube 1420, the handle assembly 1110 or handle assembly suitable optional to keep at rest relative to the handle housing 1101 in, releasably gripped by means tension the catheter tube relative to the positioning assembly 1440 when assembly 1440 to open the positioner assembly 1440 and compression in the longitudinal direction with respect to the harness collar 1433 Kuwawae put the resulting state. 器械を作動してアンカーを打ち込みそして閉位置に戻った後、カテーテルチューブ1420を解放して、前述したように吻合処置を完了するために使用するカテーテルチューブ1420およびバルーン組立体1410以外のすべての構成部品を取り出すことができる。 After returning to implantation and the closed position an anchor to actuate the instrument, to release the catheter tube 1420, all configurations except catheter tube 1420 and the balloon assembly 1410 is used to complete the anastomosis procedure as described above it is possible to take out the parts.

レバー1110、レバー1120、およびレバー1170、ならびに、位置決めチューブラック1160は、ポリマー材料を含む、強度、剛性、および成形性(formability)、または、成型性(moldability)のような適当な特性を有する材料から形成することができる。 Lever 1110, lever 1120, and a lever 1170, and the material positioning tube rack 1160, which comprises a polymeric material, having strength, rigidity, and formability (Formability), or suitable properties such as moldability (moldability) it can be formed from.

小アンカー駆動ピニオン1123、大アンカー駆動ピニオン1124、アンカー駆動中間ラック1122、アンカー駆動ラック1125、位置決めチューブ作動ラック1160、および、駆動レバーロック用フック1172は、スチールまたは高強度ポリマーを含む、小さな機械部品に適した強度を有する材料で作製することができる。 Small anchor drive pinion 1123, a large anchor drive pinion 1124, anchor drive intermediate rack 1122, anchor drive rack 1125, positioning the tube actuation rack 1160, and the drive lever locking hook 1172 includes a steel or high strength polymers, small mechanical parts it can be made of a material having a suitable strength.

前述の実施例は、膀胱を膀胱口と尿道口との位置を揃えて骨盤底部に接触保持すること、アンカーを膀胱壁を通して骨盤底部に打ち込みハーネスを膀胱腔内に取り付けること、バルーンをハーネス内で膨張させて圧力を膀胱壁に加えて膀胱壁の骨盤底部との癒合を行うこと、および、前立腺摘除に続いて膀胱と尿道との吻合を行わせるために回復および治癒に必要な期間に膀胱から尿を排出すること、のうちの1つまたはそれ以上のことのために使える器械の一部分を述べた一例にすぎない。 The foregoing examples, touching retaining bladder align the positions of the bladder opening and the urethral meatus in pelvic floor portion, the harness implanted anchor the pelvis bottom through the bladder wall be attached to the bladder lumen, the balloon in the harness that the pressure inflating performing fusion of the pelvic floor of the bladder wall in addition to the bladder wall, and from the bladder to the period required for recovery and healing for following a prostatectomy to perform anastomosis between the bladder and the urethra to drain urine, but one example described a portion of the instrument that can be used for one or more of that of the.

前述の構成部品は、同じステップを行うことに役立つ代替の形状構成および実施例を有することが当業者には分かるであろう。 Components described above, it will be appreciated by those skilled in the art having alternative shapes configurations and examples serve to perform the same steps. あるいは、前述の構成部品は、前述したように順行式ではなく逆行式で前述のステップを行うことに役に立つように設計および構成されてもよいことが当業者には分かるであろう。 Alternatively, the aforementioned components will be or may be designed and configured to help in carrying out the above steps in retrograde expression rather than antegrade formula as mentioned above is understood to those skilled in the art.

位置決め装置組立体1440を備え、膀胱位置決め機能を果たす機構は、本明細書に述べる例に限定されないが、それらを含む様々な他の形状構成(したがって、以下の例に限定されるものではないが、位置決め装置組立体400、位置決めペタル830を有するシャトルコック組立体800(図17〜図21)、前述した逆位置決めペタル930を有するアンブレラ組立体900(図22〜図27)、または位置決め装置2017(図122〜図126)、位置決め装置2090(図110〜図118)、2122(図95、図96、図103〜図109)、および、位置決め装置2168(図83、図84、図89〜図94)(これらすべてについては後述する))を含み、そのような形状構成により、後退、かつ、横方向への拡張が可能な装 Comprising a positioner assembly 1440, mechanisms to fulfill the bladder positioning function is not limited to the examples described herein, various other shapes configured to contain them (hence, but are not limited to the following examples , positioner assembly 400, the shuttle cock assembly 800 having positioning petal 830 (FIGS. 17 to 21), the umbrella assembly 900 having a reverse positioning petals 930 as described above (FIGS. 22 to 27), or positioning device 2017 ( Figure 122 to Figure 126), the positioning device 2090 (FIGS. 110 to view 118), 2122 (FIG. 95, FIG. 96, FIG. 103 to view 109), and the positioning device 2168 (FIG. 83, FIG. 84, FIG. 89 to FIG 94 ) (includes described later)) for all of these, by such a shape configuration, retracted, and which can be expanded in the horizontal direction instrumentation 置が得られ、その装置は、図2を参照すると、閉じた状態で逆行式に尿道5を介して膀胱口4に挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたは拡張され、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作する、または、あるいは閉位置で順行式に腹部の切開口と膀胱1の上面を介して挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたあるいは拡張され、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作することに有用であることが、当業者には理解できる。 Location is obtained, the apparatus, referring to FIG. 2, it is inserted into the bladder opening 4 through the urethra 5 to retrograde expression in the closed state, or is extended is extended in the bladder cavity 8, the bladder port 4 is captured, align the positions of the bladder opening and urethral opening manipulated to contacting the bladder wall 2 surrounding the bladder outlet 4 is pressed against the periphery of the pelvic floor portion 7 of the urethral meatus 6, or, alternatively forward in the closed position is inserted through the upper surface of the incision and bladder 1 of abdominal line type, or also alternatively be extended is extended in the bladder cavity 8, is trapped in the bladder outlet 4, align the positions of the bladder opening and the urethral meatus bladder the bladder wall 2 around the mouth 4 to be useful in manipulating into contact against the periphery of the pelvic floor portion 7 of the meatus 6, be appreciated by those skilled in the art. 一般的に、位置決め装置組立体は膀胱口4の周囲の膀胱壁2を捕捉し、かつ、制御するために、交互に伸縮可能な突起部材、ペタル、アーム、つめ、または、他の把持部材または捕捉部材を必要な数だけ備え、それらを利用することができる。 Generally, the positioning assembly captures the bladder wall 2 around the bladder opening 4, and, in order to control, extendable protrusion member alternately, petals, arms, claws or other gripping members or with the required number of capture member, it is possible to utilize them. 位置決め装置組立体は器械の長さ方向部材に操作可能に連結され、器械の近位端での外科医による入力に応じてその部材から交互に横方向に拡張可能であり、かつ、その縦軸に向かって後退可能である、少なくとも1つの部材を具備することができる。 Positioner assembly is operably linked to the length direction member of the instrument, alternately from the member in response to an input by the surgeon at the proximal end of the instrument is extensible in the lateral direction, and its longitudinal axis is retractable headed, it can comprise at least one member.

あるいは、本明細書に述べるように、開いた後にアンカーを膀胱壁を介して骨盤底部に打ち込むアンカー駆動装置組立体が器械に含まれている場合には、図示した位置決め装置組立体または位置決めアームを省略できる場合があることは、当業者には分かる。 Alternatively, as described herein, when the anchor drive assembly for driving the anchor after opening the pelvic floor portion through the bladder wall is included in the instrument, the positioning device assembly shown or positioning arm that it may be omitted, understood by those skilled in the art. 例えば、図58〜図61を参照すると、膀胱腔内で開かれてアンカー700の遠位端が膀胱口4の周囲の膀胱壁2に接触し、穴をあける程度まで引き下ろされた場合のアンカー駆動ピン1463とアンカー700は、膀胱壁2を捕捉し、膀胱壁2を引き下ろして骨盤底部7に接触させ、場合によっては図示のように位置決め装置組立体1400を使わずに、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて、この膀胱壁2を骨盤底部7に固定するのに十分使用できることが分かる。 For example, referring to FIG. 58 to FIG. 61, an anchor when the distal end of the anchor 700 is opened in the bladder lumen contacts the bladder wall 2 around the bladder opening 4, which is pulled down to approximately holes drive pin 1463 and the anchor 700, the bladder wall 2 capture, pulls down the bladder wall 2 is brought into contact with the pelvic floor section 7, without using the positioning device assembly 1400 as shown in some cases, the bladder port 4 and the urethra align the position of the mouth 6, seen to be much used to secure the bladder wall 2 to the pelvic floor portion 7. したがって、アンカー700を有するアンカー駆動装置組立体1460は、位置決め装置とアンカー駆動装置組立体としての2つの機能を果たすことができる。 Accordingly, anchor drive assembly 1460 having an anchor 700 can perform two functions as the positioning device and the anchor drive assembly.

代替バルーン/ハーネスの実施例 図136は、本発明の方法による、前立腺全摘除手術後に膀胱と尿道との吻合に使用するように構成された、本発明の器械3000の他の典型的な実施例を示す。 Alternate Balloon / embodiment of a harness diagram 136, an exemplary embodiment in which the method according to, prostate after all resection surgery is configured to use the anastomosis between the bladder and urethra, other instruments 3000 of the present invention of the present invention It is shown. この器械はハンドル組立体(handle assembly)3100、チューブ組立体(tube assembly)3200、および、エンドエフェクタ組立体(end effector assembly)3400を備える。 The instrument includes a handle assembly (handle assembly) 3100, tube assembly (tube assembly) 3200, and the end effector assembly (end effector assembly) 3400. エンドエフェクタ組立体3400は、逆行式で患者の尿道5へ挿入して通過し、膀胱口4を通って膀胱腔8に挿入しやすいように構成されている。 The end-effector assembly 3400, passed and inserted into the urethra 5 patients with retrograde type, through the bladder port 4 is configured to facilitate insertion into the bladder cavity 8. あるいは、器械3000は順行方向(antegrade direction)から挿入する、すなわち腹部の切開口から膀胱の上面(図示せず)、および、下向きに膀胱口4を通って尿道口6内に挿入することにより、本明細書で述べたステップとほぼ同じステップを行うことのできる実施例において、設計および構成できることは、当業者には理解されるであろう。 Alternatively, the instrument 3000 is inserted from the antegrade direction (antegrade direction), i.e. (not shown) the upper surface of the bladder from the incision in the abdomen, and, downward through the bladder port 4 by inserting into the urethral opening 6 , in the embodiment can perform substantially the same steps as described herein, can be designed and configured, to those skilled in the art will appreciate. そのような実施例の一例は、同時係属出願の米国特許出願第第60/639,836号および同第60/582,302号に図示され、説明されている。 An example of such an embodiment is illustrated in U.S. Patent Application No. 60 / 639,836 and EP 60 / 582,302 of co-pending application, is described.

図135は、患者の尿道5を通って挿入され、膀胱口4内に挿入された後の、エンドエフェクタ組立体3400の縦断面図である。 Figure 135 is inserted through the urethra 5 patients, after being inserted into the bladder outlet 4 is a longitudinal sectional view of the end effector assembly 3400. エンドエフェクタ組立体3400は遠位端キャップ組立体(distal end cap assembly)3410、バルーンハーネス(balloon harness)3430、アンカー駆動装置組立体(anchor driver assembly)3460、および、位置決め装置組立体(positioner assembly)3440、を備えていることが分かる。 The end-effector assembly 3400 distal end cap assembly (distal end cap assembly) 3410, a balloon harness (balloon harness) 3430, anchor drive assembly (anchor driver assembly) 3460, and the positioning assembly (positioner assembly) 3440, it is understood that it comprises a. エンドエフェクタ組立体3400およびこのエンドエフェクタ組立体が備える前述の組立体は、スパインチューブ3210、中心ロッドまたはガイドワイヤ3230、内側位置決めチューブ3240、外側位置決めチューブ3241、アンカー駆動装置閉鎖チューブ3260、および、アンカー駆動チューブ326を有することのできるチューブ組立体3200を介してハンドル組立体3100(図136に示す)に操作可能に接続され、制御されることができる。 The end-effector assembly 3400 and the aforementioned assembly the end effector assembly is provided, the spine tube 3210, center rod or guide wire 3230, an inner positioning tube 3240, outer locating tube 3241, anchor drives the closure tube 3260 and, anchor the handle assembly 3100 through a tube assembly 3200 that may have drive tube 326 is operably connected to (shown in FIG. 136) can be controlled. これらのチューブおよびロッドは、ほぼ同軸であるように組み立てることができる。 These tubes and rods can be assembled as is generally coaxial. 中心ロッドまたはガイドワイヤ3230は、アンカー駆動装置閉鎖チューブ3260内で器械を貫通し、任意の適当な手段で遠位端キャップ3411に固定し、一体化させることができる。 Central rod or guide wire 3230 extends through the instrument in the anchor drive the closure tube 3260, and secured to the distal end cap 3411 by any suitable means, it can be integrated. アンカー駆動装置閉鎖チューブ3260は、中心ロッドまたはガイドワイヤ3230に対して長さ方向に移動可能であり、アンカー閉鎖カラー3464に任意の適当な手段で固定し、一体化させることができる。 Anchor drives the closure tube 3260 is movable in the longitudinal direction with respect to the central rod or guide wire 3230, and fixed by any suitable means to anchor the closure collar 3464 can be integrated. アンカー駆動装置閉鎖チューブ3260は、アンカー駆動チューブ3261内に配置でき、アンカー駆動チューブ3261に対して長さ方向に移動可能である。 Anchor drives the closure tube 3260 may be placed within the anchor drive tube 3261 is movable longitudinally relative to the anchor drive tube 3261. アンカー駆動チューブ3261は、アンカーピボットアームヨーク3467に任意の適当な手段で固定し、一体化させることができる。 Anchor drive tube 3261, and fixed by any suitable means to the anchor pivot arm yoke 3467 can be integrated. 内側位置決めチューブ3240は、外側位置決めチューブ3241内に配置でき、外側位置決めチューブ3241に対して長さ方向に移動可能である。 Inner positioning tube 3240 can be placed within the outer locating tube 3241 is movable longitudinally relative to outer locating tube 3241. 外側位置決めチューブ3241は位置決め装置近位カラー3442とスパインチューブ3210に任意の適当な手段で固定し、一体化することができる。 The outer locating tube 3241 is fixed by any suitable means to a positioner proximal collar 3442 and spine tube 3210, it can be integrated. チューブ3210、チューブ3241、チューブ3240、チューブ3261、およびチューブ3260、ならびにロッド3230は、本実施例の目的の達成に望ましい強度、剛性、および、生体適合性のような特性を適当に組み合わせて有する、ニチノールまたは任意の他の材料で作製することができる。 Tube 3210, the tube 3241, the tube 3240, the tube 3261, and the tube 3260, and the rod 3230 is desired intensity to achieve the purpose of this example, stiffness and have a suitable combination of properties such as biocompatibility, it can be made of nitinol, or any other material. この器械は、遠位端でエンドキャップ組立体3410に取り付け、かつ、近位端でアンカー700に解放可能に取り付けた、バルーンハーネス3430も含む。 This instrument is attached to the end cap assembly 3410 at distal end, and was releasably attached to the anchor 700 at the proximal end also includes a balloon harness 3430. アンカー700は、後述するように、本器械により解放可能に保持される。 Anchor 700, as will be described later, it is releasably held by the instrument. 前立腺全摘除手術後に患者の膀胱と尿道の吻合を行うために、本発明による器械と方法の実施例の使用、およびそれらの構成部品と動作について次に述べる。 In order to perform an anastomosis in patients after radical prostatectomy surgical bladder and the urethra, the use of embodiments of the apparatus and method according to the invention, and the operation and their components described below.

前述したように、および、図135に示したように、エンドエフェクタ組立体3400は、図136から分かるように、逆行方向から患者の尿道と膀胱口4を通って挿入し、次に、膀胱腔に挿入できる。 As described above, and, as shown in FIG. 135, the end effector assembly 3400, as can be seen from Figure 136, inserted from retrograde direction through the urethra and bladder outlet 4 of the patient, then the bladder lumen It can be inserted into. 図136は、完全に膀胱腔8に挿入した後、アンカー駆動装置組立体3460および位置決め装置組立体3440を使用のため開かれた後、および、位置決め装置組立体3440を膀胱壁2と接触させ、膀胱口の周囲の膀胱壁2を骨盤底部7に押し付け接触させた後、のエンドエフェクタ組立体を示す。 Figure 136 is completely after insertion into the bladder cavity 8, after being opened for using anchor drive assembly 3460 and the positioning assembly 3440, and a positioning assembly 3440 in contact with the bladder wall 2, after the bladder wall 2 around the bladder opening into contact pressed against the pelvic floor section 7, showing an end effector assembly. 位置決め装置組立体3440を開くために、外科医はスパインチューブ3210と外側位置決めチューブ3241を静止させ、ハンドル組立体3100(図136に示す)を使って内側位置決めチューブ3240を近位方向に後退させる。 To open the positioner assembly 3440, the surgeon is still the spine tube 3210 and the outer positioning tube 3241, by using the handle assembly 3100 (shown in FIG. 136) is retracted inside the positioning tube 3240 in the proximal direction. これにより、位置決め装置遠位カラー3443が位置決め装置近位カラー3442に向かって引き寄せられる。 Accordingly, the positioning device distal collar 3443 is drawn toward the positioning device proximal collar 3442. 位置決めアーム3441は、位置決め装置遠位カラー3443に任意の適当な手段によりヒンジで連結した上部セグメント、および、位置決め装置近位カラー3442に任意の適当な手段によりヒンジで連結した下部セグメントを有し、これらセグメントもまた任意の適当な手段により互いにヒンジで連結されている。 Positioning arm 3441 has an upper segment and hinged by any suitable means to a positioner distal collar 3443, and the lower segments hinged by any suitable means to a positioner proximal collar 3442, It is hinged to each other by these segments also any suitable means. したがって、前述したようにして、位置決め装置遠位カラー3443を位置決め装置近位カラー3442に向かって引き寄せると、図135と図136を比較すればわかるように、位置決めアーム3441が器械の縦軸に対して外側、および、横方向にたたまれる。 Therefore, as described above, when pulled toward the positioner distal collar 3443 to a positioner proximal collar 3442, as can be seen by comparing FIGS. 135 and FIG 136, the positioning arm 3441 is relative to the longitudinal axis of the instrument outer, and are folded laterally Te.

位置決め装置組立体3440の位置決めアーム3441が開かれると、外科医は器械を操作して、図136から分かるように、位置決めアーム3441で膀胱壁2を引き下げて、骨盤底部7に接触させることができる。 When positioning arm 3441 of the positioning device assembly 3440 is opened, the surgeon operates the instrument, as can be seen from Figure 136, it is possible to pull the bladder wall 2, is brought into contact with the pelvic floor section 7 at the positioning arm 3441. 膀胱口と尿道口との位置を揃えられることも図136から分かるであろう。 It will also be seen from FIG. 136 aligns the positions of the bladder opening and the urethral meatus.

外科医は、アンカー駆動チューブ3261を近位方向に後退させながらアンカー駆動装置閉鎖チューブ3260を静止させることにより、または、あるいは、ハンドル組立体3100(図136に示す)を再び使ってアンカー駆動装置閉鎖チューブ3260を遠位方向に前進させながらアンカー駆動チューブ3261を静止させることにより、アンカー駆動装置組立体3400を開くことができる。 The surgeon, by a stationary anchor drive the closure tube 3260 while retracting the anchor drive tube 3261 in the proximal direction, or, alternatively, the handle assembly 3100 (shown in FIG. 136) to use again anchor drive closure tube the 3260 by stationary anchor drive tube 3261 while advanced distally, can open the anchor drive assembly 3400. 前述したように、アンカーピボットアームヨーク3467はアンカー駆動チューブ3261と一体化しており、アンカー閉鎖カラー3464はアンカー駆動装置閉鎖チューブ3260と一体化している。 As described above, the anchor pivot arm yoke 3467 is integrated with the anchor drive tube 3261, anchor closure collar 3464 is integral with the anchor drive the closure tube 3260. アンカーピボットアーム3461はアンカーピボットアームヨーク3467に旋回可能に取り付けられ、外側に回転するように、アンカーピボットアームばね3466により付勢されている。 Anchor pivot arm 3461 is pivotally mounted to the anchor pivot arm yoke 3467, so as to rotate outwardly, and is urged by an anchor pivot arm spring 3466. 図135に示すように、アンカー駆動装置組立体3460が閉位置にあるときは、アンカー閉鎖カラー3464は、アンカーピボットアーム3461を覆い、後退位置に拘束する。 As shown in FIG. 135, when the anchor drive assembly 3460 is in the closed position, the anchor closure collar 3464 covers the anchor pivot arm 3461, restrains the retracted position. アンカーピボットアームヨーク3467が近位方向に押し下げられ、静止しているアンカー閉鎖カラー3464から離れると、または、あるいは、アンカー閉鎖カラー3464が遠位方向に押し上げられ、静止しているアンカーピボットアームヨーク3467から離れると、図135と図136を比較すれば分かるように、アンカーピボットアーム3461がアンカー閉鎖カラー3464から解放され、ばね3466に押されることにより外側に回転できる。 Anchor pivot arm yoke 3467 is pressed down in the proximal direction, away from the anchor closure collar 3464 which is stationary, or, alternatively, the anchor closure collar 3464 is pushed distally, the anchor pivot arm yoke stationary 3467 away from, as can be seen by comparing FIGS. 135 and FIG 136, the anchor pivot arm 3461 is released from the anchor closed collar 3464 can be rotated to the outside by being pushed by the spring 3466. アンカーピボットアーム3461が前述したように外側に回転する角度は、例えば、ピボットアーム3461およびアンカーピボットアームヨーク3467の適当な協働する形状で、あるいは、例えば、協働する形状、および、アンカー閉鎖カラー3464とアンカーピボットアーム3461との間の相対的な長さ方向移動を制限することで、制限できる。 Angle anchor pivot arm 3461 is rotated outward, as described above, for example, in shape appropriate cooperation of the pivot arm 3461 and the anchor pivot arm yoke 3467 or, for example, cooperating shape, and anchor the closure collar by limiting the relative longitudinal movement between the 3464 and the anchor pivot arm 3461 it can be limited.

図136を参照すると、アンカー駆動ピン基部3462は旋回可能にアンカーピボットアーム3461に接続され、それに対して内側に回転して、図136に示すようにほぼ下向きになるように、任意の適当な手段により付勢することができる。 Referring to FIG. 136, the anchor drive pin base 3462 is connected to a pivotally anchoring pivot arm 3461 rotates inwardly relative thereto, so that the generally downward as shown in FIG. 136, any suitable means it can be biased by. アンカー駆動ピン3463は、アンカー駆動ピン基部3462に固定し、一体化させることができる。 Anchor drive pin 3463 is fixed to the anchor drive pin base 3462 can be integrated. アンカー700をアンカー駆動ピン363上に載せて、摩擦嵌めまたは任意の他の適当な解放可能な手段で保持できる。 The anchor 700 is put on the anchor drive pin 363, it can be held in friction fit or any other suitable releasable means. アンカー700は(図141においてより詳細に示すように)、ハーネスフック760を備えることができる。 Anchor 700 (as shown in more detail in FIG. 141) may comprise a harness hook 760. 図135および図136を比較すれば分かるように、アンカー700は、前述したようにアンカー駆動装置組立体3460を開くことにより駆動される位置まで外側に移動できる。 As can be seen by comparing FIGS. 135 and FIG 136, the anchor 700 may be moved outwardly to a position to be driven by opening the anchor drive assembly 3460 as described above.

次に図136および図137を参照すると、ハンドル組立体3100を使って(図136を参照)外科医は、アンカー駆動チューブ3261を引いて、アンカーピボットアームヨーク3467、それに対応してアンカーピボットアーム3461、アンカー駆動ピン基部3462、アンカー駆動ピン3463、および、アンカー700を引き下ろすことにより、アンカー700を膀胱壁2を通して骨盤底部7に打ち込むことができる。 Referring now to FIG. 136 and FIG 137, using the handle assembly 3100 (see Figure 136) surgeon pulling the anchor drive tube 3261, anchor pivot arm yoke 3467, anchor pivot arm 3461 correspondingly, anchor driving pin base 3462, anchor drive pin 3463, and, by pulling down the anchor 700, the anchor 700 can be implanted in the pelvic floor portion 7 through the bladder wall 2. アンカーピボットアーム3461およびアンカー駆動ピン基部3462を、アンカー700が押し下げられた場合に、位置決めアーム3441を妨げることなく、それらアームの間を通過するように器械上に配置することができる。 Anchor pivot arm 3461 and the anchor drive pin base 3462, when the anchor 700 is pushed down, without interfering with the positioning arm 3441 can be disposed on the instrument so as to pass between them arms. アンカー700は、骨盤底部の組織に留まり引き出されないようにするため、アンカーの軸上に棘または任意の他の適当な保持構造(図示せず)を備えることができる。 Anchor 700, in order not drawn remains in the pelvic floor of the tissue can comprise barbs or any other suitable retaining structure on the axis of the anchor (not shown).

次に図137および図138を参照すると、外科医は、アンカー駆動チューブ3261を遠位方向に前進させて、アンカーピボットアームヨーク3467、それに対応して、アンカーピボットアーム3461、アンカー駆動ピン基部3462、および、アンカー駆動ピン3463を遠位方向上方に移動させることにより、設置したばかりのアンカー700から駆動ピン3463を後退させることができる。 Referring now to FIG. 137 and FIG 138, the surgeon advances the anchor drive tube 3261 in the distal direction, anchor pivot arm yoke 3467, and correspondingly, the anchor pivot arm 3461, anchor drive pin base 3462, and by moving the anchor drive pin 3463 distally upward, it is possible to retract the drive pin 3463 from the anchor 700 just installed. アンカー700が骨盤底部7内に保持または維持される場合には、図138に示すように、アンカー700を組織に設置され、保持されている状態にして、アンカー700を解放可能な手段で保持しているアンカー駆動ピン3463が、アンカー700から解放される。 If the anchor 700 is held or maintained in the pelvic floor section 7, as shown in FIG. 138, it is installed anchor 700 into the tissue, in the state of being held, holding the anchor 700 in releasable means and it is anchored drive pin 3463 is released from the anchor 700.

再び図138および図139を参照すると、ハンドル組立体3100(図136に示す)を使って、外科医は、アンカー駆動装置閉鎖チューブ3260を静止させながらアンカー駆動チューブ3261を遠位方向に前進させることで、患者の体内から容易に取り出せるようにアンカー駆動装置組立体を閉じ、その最初の位置に戻すことができる。 Referring to FIGS. 138 and Fig. 139 again, using the handle assembly 3100 (shown in FIG. 136), the surgeon, by advancing the anchor drive tube 3261 while still anchor drive closure tube 3260 in the distal direction closes the anchor drive assembly as taken out easily from the body of the patient, it can be returned to its initial position. あるいは、外科医はアンカー駆動チューブ3261を静止させながらアンカー駆動装置閉鎖チューブ3260を近位方向に後退させてもよい。 Alternatively, the surgeon may retract the anchor drive the closure tube 3260 while still the anchor drive tube 3261 in the proximal direction. どちらの手順でも、アンカーピボットアームヨーク3467、および、それに対応して、アンカーピボットアーム3461が、アンカー閉鎖カラー3464内に運ばれ、アンカーピボットアーム3461は、アンカー閉鎖カラー3464に対して上方、および、内側に移動されて、図139に示すように、アンカー閉鎖カラー3464に覆われ、拘束される。 Both procedures, anchor pivot arm yoke 3467, and, correspondingly, the anchor pivot arm 3461 is brought to the anchor closure collar 3464, anchor pivot arm 3461, and upward, with respect to the anchor closure collar 3464, It is moved inward, as shown in FIG. 139, covered by anchor closure collar 3464 is constrained.

図139および図140を参照すると、アンカー駆動装置組立体および位置決め装置組立体の取り出しのための最終準備段階において、外科医は、外側位置決めチューブ3241およびスパインチューブ3210を静止状態に保持して、内側位置決めチューブ3240を遠位方向に前進させることにより、位置決めアーム3441を後退させることができる。 Referring to FIGS. 139 and Fig. 140 in the final preparation for the removal of the anchor drive assembly and positioning device assembly, the surgeon holds the outer locating tube 3241 and spine tube 3210 stationary, inner positioning by advancing the tube 3240 in the distal direction, it is possible to retract the positioning arm 3441. これにより、位置決め装置遠位カラー3443が遠位方向に移動し、位置決め装置近位カラー3442から離すように移動し、位置決めアーム3441を内側へ、図140に示す位置まで引き寄せる。 Accordingly, the positioning device distal collar 3443 moves distally, moves away from the positioning device proximal collar 3442, the positioning arm 3441 inward, pull to the position shown in FIG. 140.

アンカー駆動装置組立体および位置決め装置組立体が図140に示す位置まで後退すると、外科医は、図140および図141を比較すればわかるように、遠位端キャップ組立体3410、ハーネス3430、および、アンカー700を残して、スパインチューブ3210、外側位置決めチューブ3241、内側位置決めチューブ3240、アンカー駆動チューブ3261、および、アンカー駆動装置閉鎖チューブ3260を共に1つのグループとして取り出すことによりアンカー駆動装置組立体および位置決め装置組立体を患者の体内から取り出すことができる。 When the anchor drive assembly and positioning assembly is retracted to the position shown in FIG. 140, the surgeon, as can be seen by comparing FIGS. 140 and FIG 141, the distal end cap assembly 3410, and a harness 3430, anchor leaving 700, spine tube 3210, outer locating tube 3241, inner positioning tube 3240, anchor drive tube 3261, and an anchor drive assembly and the positioning device sets by taking together as one group anchor drive closure tube 3260 three-dimensional and can be removed from the patient's body. 図141を参照すると、設置されたアンカー700により尿道口6の周囲で骨盤底部7の組織に接触保持できる膀胱口4の周囲の膀胱壁2にバルーンハーネス3430が取り付けられていることが分かる。 Referring to FIG. 141, it can be seen that the balloon harness 3430 to bladder wall 2 around the bladder opening 4 which can be held in contact with the tissues of the pelvic floor portion 7 around the meatus 6 is mounted on the installation anchor 700. ハーネス3430の尾部3433を図示のようにフック760、または、任意の他の適当な手段を使ってアンカー700により保持できる。 Hook 760 as shown tail 3433 of harness 3430, or can be held by an anchor 700 using any other suitable means. 中心ロッド3230は後述するようにガイドワイヤとして作用でき、これを利用して処置の完了後に器械の残っている部分を取り出すことができる。 Center rod 3230 can retrieve the remaining portion of the instrument after completion of treatment by use of this can be, act as a guide wire, as will be described later.

ハンドル組立体3100には様々な機構を備えることができ、それらの機構は、前述したように典型的な実施例を動作させるのに必要な力と運動をエンドエフェクタ組立体3400で発生し変換するために、長さ方向(前進および後退)の力と運動をエンドエフェクタ組立体に伝達するように構成できることは、当業者には明らかであろう。 The handle assembly 3100 may comprise a variety of mechanisms, their mechanism, to generate motion and the force required to operate the exemplary embodiments as described above the end-effector assembly 3400 converts for, can be configured to transmit motion and force in the longitudinal direction (forward and backward) to the end effector assembly will be apparent to those skilled in the art.

図146は遠位端キャップ組立体3410およびバルーンハーネス3430をより詳細に示している。 Figure 146 shows the distal end cap assembly 3410 and balloon harness 3430 in more detail. 遠位端キャップ組立体3410はハーネス取り付け首部(harness attachment neck)3415および1つまたは複数の排出口3414を備えた排出延長部3413を有する。 The distal end cap assembly 3410 includes a discharge extension 3413 having a harness attachment neck (harness attachment neck) 3415 and one or more discharge ports 3414. 遠位端キャップ組立体3410は、一体に形成されるかまたは組み立てられるスナップ装着式カラー3412およびエンドキャップ3411も含むことができる。 The distal end cap assembly 3410 may also include a snap-mounted collar 3412 and end cap 3411 is assembled or integrally formed. エンドキャップ3411は、中心ロッドまたはガイドワイヤ3230に任意の適当な手段で接続または固定し、一体化させることができる。 End cap 3411 is connected to or fixed by any suitable means to the central rod or guide wire 3230, it can be integrated. バルーンハーネス3430は、ハーネス取り付け首部3415の周囲に嵌め込み、それぞれの協働する形状および寸法で保持するために取り付けカラー3431を有することができる。 The balloon harness 3430 is fitted around the harness attachment neck 3415 may have a mounting collar 3431 to hold the respective cooperating shapes and dimensions. バルーンハーネス3430は、アンカーフック760を通してバルーンハーネス3430をアンカー700に取り付けることができるアンカーフック穴3432も有することもできる(再び図141を参照のこと)。 The balloon harness 3430, may be (see Figure 141 again) also have anchor hook holes 3432 that may be attached through the anchor hook 760 a balloon harness 3430 to the anchor 700. バルーンハーネス3430は、所定の位置に保持されまた後述するようにバルーンを拘束するのに適した、柔軟ではあるが効果的に抑制された弾性特性を有する適当な生体適合性ポリマーで作製することができる。 The balloon harness 3430, suitable for constraining the balloon to be maintained also be described later in a predetermined position, that there is a flexible but to produce a suitable biocompatible polymer having elastic properties which are effectively suppressed it can.

図141に戻り、かつ、図142にもまた戻ると、ここに述べた典型的な方法における次のステップは、外科医が、バルーンカテーテル組立体3500を、ガイドワイヤとして機能する中心ロッド3230を介して患者の体内に挿入し、バルーンハーネス3430内に挿入することである。 Returning to FIG. 141, and, when also back to Figure 142, the next step in the exemplary method described here, the surgeon, the balloon catheter assembly 3500, through central rod 3230 which functions as a guidewire was inserted into the patient, it is to insert into the balloon harness 3430.

ガイドワイヤとして作用する中心ロッド3230は、バルーンカテーテル組立体を患者の体内に挿入した距離を外科医が判断できるようにする1つまたはそれ以上の表示(図示せず)をロッドの全長にわたって備えることができる。 Center rod 3230 which acts as a guide wire, be provided with a balloon catheter assemblies one to make the distance inserted into a patient can be determined by the surgeon or more display (not shown) over the entire length of the rod it can. 挿入後に中心ロッドあるいはガイドワイヤ3230上の1つまたはそれ以上の表示に対するバルーンカテーテル組立体の長さとその位置を見れば、外科医はカテーテル装置が患者の体内でハーネスおよび遠位端キャップ組立体に対して適正な深さに挿入されたかどうかが判断できる。 Looking at one or length and its position of the balloon catheter assembly for more display on the central rod or guide wire 3230 after insertion, the surgeon catheter device to harness and a distal end cap assembly within the patient whether it has been inserted into the proper depth Te can be determined.

図142、図143および図146を参照すると、バルーンカテーテル組立体3500はカテーテルチューブ3510、それに取り付けたバルーン3520およびカテーテルエンドプラグ3530を有することができる。 Figure 142, with reference to FIGS. 143 and FIG 146, the balloon catheter assembly 3500 can have a catheter tube 3510, the balloon 3520 and catheter end plug 3530 attached thereto. カテーテルチューブ3510は導入腔(inflation lumen)3511および注入口(inflation port)3512を有することができる。 The catheter tube 3510 can have a deployment lumen (inflation lumen) 3511 and inlet (inflation port) 3512. バルーン3520は近位および遠位部分をカテーテルチューブ3510にその近位および遠位点でほぼ気密および/または液密に取り付けることができ、また膨張時にはリング状になりそうでないときには、図143から分かるように、カテーテルチューブ3510が通過する中央通路を有することができる。 Balloon 3520 can be attached to proximal and distal portions substantially airtight and / or liquid-tight at its proximal and distal points in the catheter tube 3510, also when it is not likely to become a ring shape when inflated can be seen from FIG. 143 as such, it is possible to have a central passage catheter tube 3510 passes. カテーテルエンドプラグ3530は嵌め込み式ボタン3531、1つまたは複数の排液孔3414、および止めカラー3535を備えたカテーテルチューブ挿入部3534を有することができる。 The catheter end plug 3530 may have a catheter tube insertion portion 3534 having a telescopic button 3531,1 one or more drainage holes 3414, and stop collar 3535.

再び図142を参照すると、バルーンカテーテル組立体3500を挿入すると、カテーテルエンドプラグ3530のスナップ嵌め込み式ボタン3531が遠位端キャップ組立体3410のスナップ嵌め込み式カラー3412と組になってそこにスナップ式に嵌りそのまま保持される。 Referring to Figure 142 again, inserting a balloon catheter assembly 3500, there snap snap telescopic button 3531 of the catheter end plug 3530 becomes a snap fit type color 3412 and a set of distal end cap assembly 3410 it is held fitted. 図142および図143を参照すると、バルーン3520をそれから膨張させ、その内圧をカテーテルチューブ3510の導入腔3511および注入口3512を介して調整できる。 Referring to FIG. 142 and FIG 143, the balloon 3520 is inflated therefrom, the internal pressure can be adjusted through the introduction lumen 3511 and inlet 3512 of the catheter tube 3510. 図143に戻って、膨張するとバルーン3520はハーネス3430のストラップの間を外側に向かって膨らみ、この膨らみを、膀胱壁2を骨盤底部7の組織に押し付け接触させるため、および、膀胱口、骨盤底部および尿道を封鎖して回復治癒期に膀胱に溜まる尿および他の物質が入るのを防ぐための両方の目的で、膀胱口の周囲の膀胱壁2に圧力を加えるのに利用できることが分かる。 Returning to FIG. 143, when inflated balloon 3520 bulge toward between the straps of the harness 3430 to the outside, this bulge, for contacting pressing the bladder wall 2 to the tissue of the pelvic floor section 7, and bladder outlet, pelvic floor section and in both to prevent urine and other substances accumulate in the bladder enters recovery healing phase by sequestering urethra purpose, it can be seen that can be used to apply pressure to the bladder wall 2 around the bladder opening. 回復期間および治癒期間には、膀胱に溜まる尿や他の物質を遠位端キャップ組立体3410、および、カテーテルエンドプラグ3530の排液孔3414および3533をそれぞれ介してカテーテルチューブ3510に排出できる。 The recovery period and healing time, urine and other substances distal end cap assembly 3410 which collects in the bladder, and can discharge the drainage holes 3414 and 3533 of the catheter end plug 3530 into catheter tube 3510 through respectively. 回復治癒期にカテーテルチューブ3510を近位端で蓄尿バッグ(図示せず)に接続できる。 The catheter tube 3510 to recover healing phase can be connected to a urine collection bag (not shown) at the proximal end.

本明細書に示し述べたように骨盤底部に固定し、バルーンカテーテルの膨張したバルーンを閉じ込め保持するハーネス構造の組み合わせは吻合に必要な期間尿道内でカテーテルにほぼ軸方向すなわち長さ方向の動きをさせないという望ましい効果をもたらす。 As shown and described herein is fixed to the pelvis bottom, a combination of expanded harness structure for holding trapped balloon of a balloon catheter a generally axial or longitudinal movement the catheter within a period urethra necessary anastomotic bring about the desired effect of not to.

バルーン3520内の気体あるいは流体圧は、導入腔3511を通じてバルーン3520内の圧力を監視し調節することにより適正に維持できる。 Gas or fluid pressure within the balloon 3520, can be maintained properly by adjusting monitor pressure within the balloon 3520 through the introduction lumen 3511. バルーン内の約41.37kPa(約6psi)の圧力は適切で、約10.3kPaから約17.2kPa(約1.5psiから約2.5 psi)が好ましい。 A pressure of about 41.37KPa (about 6 psi) in the balloon is suitably from about 10.3kPa to about 17.2kPa (about 1.5psi about 2.5 psi) is preferred. バルーン直下の組織の圧力による壊死の可能性は、バルーン3520と接触している組織への血流の減損を軽減するのに有効な、例えばリブ、または、他の隆起物、結節状物、突起物、または他の形状構成物をバルーン底部に備えることにより、低くなる。 Possibility of necrosis due to the pressure of the tissue immediately below the balloon is effective to alleviate impairment of blood flow to tissue in contact with the balloon 3520, for example ribs, or other ridges, nodular product, projection objects or other shapes construct by providing the balloon bottom, it lowered. これらの構成物は中実あるいは壁の厚さが均一であるものがよい。 These constructs good things thickness of solid or walls is uniform. さらに、バルーン3520を、膨張させると所定の形状になる、したがって、膨張させると膀胱壁2に接触する、バルーン3520の下部表面が所定の形状と面積になるような構造に設計製作することができる。 Furthermore, the balloon 3520, when inflated to a predetermined shape, thus, when inflated in contact with the bladder wall 2, the bottom surface of the balloon 3520 can be engineered into the structure such that a predetermined shape and area . 例えば、バルーン3520の下部をハーネスストラップの間から下方および外側に膨らんで、これにより、膀胱壁2に接触するより大きい表面積を呈するように予め配置するように、バルーンの壁の厚さが上部は厚く下部は薄いバルーン3520を設計および製作してもよい。 For example, it inflated the bottom of the balloon 3520 downward and outward from between the harness strap, thereby, to advance arranged to exhibit a larger surface area than contact with the bladder wall 2, the wall thickness of the balloon top thick bottom may be designed and manufactured a thin balloon 3520. あるいは、バルーン3520の上部が最初に膀胱腔内で膨らんで下部が完全に膨らむ前にほぼ骨盤底部領域からバルーンの残りの部分を膀胱腔内に引き込むためにバルーン上部を予め配置するように、バルーンの壁の厚さが下部は厚く上部は薄いバルーン3520を設計および製作してもよい。 Alternatively, the remaining portion of the balloon from approximately pelvic floor area before the bottom swells completely to pre-positioned the balloon top to draw the intravesical inflated first with intravesical upper balloon 3520, the balloon the thickness of the wall lower portion is thicker upper may be designed and fabricated a thin balloon 3520. あるいは、膨張すると、たとえばハーネスストラップで画定される大部分の空間を膨らます特定な都合のよい形がとれる形状構成のバルーン3520を設計することもできる。 Alternatively, when inflated, can also be designed most balloon 3520 shaped configuration good shape of particular convenient inflating the space take a defined, for example, harness straps.

バルーン3250の膨張を容易にし、かつ、その内部の気体あるいは流体圧を維持するのを助けるために、二方向逆止弁を、導入腔3511を含む膨張気体または流体通路に沿って設置できる。 To facilitate inflation of the balloon 3250, and to help maintain the gas or fluid pressure therein, the two-way check valve, can be installed along the inflation gas or fluid passages include the introduction lumen 3511. 例えば、二方向逆止弁は、バルーン3520および/または流体通路内の圧力が望ましい最大値以上になると気体または流体をシステム外に出す圧力逃がし弁を、協働して、気体または流体を導入腔3511に流すが、気体または流体の流出を防ぐ機能を有する「ダックビル(duckbill)」形の弁あるいは他の弁でよい。 For example, two-way check valve, the pressure relief valve to achieve maximum value above comprising the gas or fluid pressure is desirable in the balloon 3520 and / or fluid passage outside the system cooperate, introducing lumen the gas or fluid flow in 3511, but may be a "duck bill (duckbill)" form of valves or other valves having the function of preventing the escape of gas or fluid.

図144は、バルーン3520のカテーテル間3510の遠位端への取り付け方の他の代替例を示す。 Figure 144 shows another alternative of the mounting side of the distal end of the catheter between 3510 balloon 3520. 図143に示すバルーン3520を比較すると、図144ではバルーン3520の上部壁を形成するシート状材料が逆配位でカテーテルチューブ3510の遠位端に取り付けられていることが分り、このようにすると取り付け点での封止が向上し、かつ、バルーンの膨張時の気体または流体圧の維持能力が高まる。 Comparing the balloon 3520 shown in FIG. 143, find that the sheet-like material forming the top wall of Figure 144 the balloon 3520 is attached to the distal end of the catheter tube 3510 in reverse coordination, In this way mounting sealing is improved at point, and increases the ability to maintain the gas or fluid pressure during inflation of the balloon.

吻合処置のほぼ終了後、すなわち膀胱口および尿道口の周囲の膀胱壁と骨盤底部の組織がほぼ癒着した後、バルーンを収縮させてバルーンカテーテル組立体3500を患者の体内から回収できる。 After almost completion of the anastomosis procedure, i.e. after the tissue of the bladder wall and pelvic floor portion around the bladder opening and urethral opening is substantially adhesions, the balloon catheter assembly 3500 the balloon is deflated can be recovered from the patient's body. この際、図144および図145を比較すれば分かるように、遠位端キャップ組立体3410、ハーネス3430およびアンカー700が体内に残される。 At this time, as can be seen by comparing FIGS. 144 and FIG 145, the distal end cap assembly 3410, harness 3430 and the anchor 700 is left in the body. バルーンカテーテル組立体の回収後、遠位端キャップ組立体3410およびハーネス3430は、中心ロッドまたはガイドワイヤ3230を近位方向に引き寄せることで(図145ではその途中を示す)患者の体内から回収できる。 After recovery of the balloon catheter assembly, the distal end cap assembly 3410 and a harness 3430 by pulling a central rod or guide wire 3230 in the proximal direction (FIG. 145 shows the middle thereof) can be recovered from the patient's body. 図145において、ハーネス3430の尾部3433は、アンカー700のハーネスフック760から外れ、解放されるが、これは遠位端キャップ組立体3230を引き出すことにより、ハーネス3430の位置が逆転してハーネスに近位方向に引っ張られてハーネスの尾部3433が取り付けフック760から滑って外れる事がわかる。 In Figure 145, the tail 3433 of the harness 3430, disengaged from the harness hook 760 of anchor 700, but is released, this is by drawing a distal end cap assembly 3230, close to the harness position of the harness 3430 is reversed position it is understood that it is pulled in the direction slipping off from the hook 760 tail 3433 is attached to the harness. アンカー700は患者の体内に残してもよい。 Anchor 700 may be left in the body of the patient.

前述したように、中心ロッドあるいはガイドワイヤ3230を、エンドキャップ3411に適当な手段で取り付けて一体化することができる。 As described above, the central rod or guide wire 3230, it can be integrally attached by suitable means to the end cap 3411. 中心ロッドまたはガイドワイヤ3230がエンドキャップ3411に一体化されているときは、ここで述べたようにエンドキャップ3410の他の構成部品とほぼ一体であり、したがってバルーンハーネス3430の取り付けカラー3431とも一体である。 When the central rod or guide wire 3230 is integrated with the end cap 3411, where a substantially integral with the other components of the end cap 3410 as described, thus in the mounting collar 3431 both integral balloon harness 3430 is there. したがって、中心ロッドあるいはガイドワイヤ3230を、吻合処置がほぼ終了した後のバルーンハーネス3430の回収に使用できる。 Therefore, the central rod or guide wire 3230, can be used for the recovery of the balloon harness 3430 after the anastomosis procedure is almost finished.

前述の実施例は、膀胱を膀胱口と尿道口との位置を揃えて骨盤底部に接触保持すること、アンカーを膀胱壁を通して骨盤底部に打ち込み、ハーネスを膀胱腔に取り付けること、バルーンをハーネス内で膨張させて圧力を膀胱壁に加え、膀胱壁の骨盤底部との癒合を行うこと、および、前立腺摘除に続いて膀胱と尿道との吻合を行わせるために、回復および治癒に必要な期間に膀胱から尿を排出すること、のうちの1つまたはそれ以上のことのために使用できる器械の一部分を述べた一例にすぎない。 The foregoing examples, touching retaining bladder align the positions of the bladder opening and the urethral meatus to the pelvis bottom implanted in the pelvic bottom anchor through the bladder wall, attaching the harness to the bladder cavity, the balloon in the harness It is expanded under pressure to the bladder wall, performing the fusion of the pelvic floor of the bladder wall, and, in order subsequently to prostatectomy to perform anastomosis between the bladder and the urethra, bladder period required for recovery and healing to drain urine from, but one example described a portion of the instrument can be used for one or more of that of the.

前述の構成部品は、同じ動作ステップを行うことに役立つ代替の形状構成および実施例を有することが当業者には分かるであろう。 Components described above, have an alternative shape configuration and examples serve to perform the same operation steps will be appreciated by those skilled in the art. あるいは、前述の構成部品は前述したように逆行式ではなく順行式で前述のステップを行うことに役に立つように設計および構成されてもよいことが当業者には分かるであろう。 Alternatively, would the aforementioned components may be in antegrade expression rather than a retrograde type as described above may be designed and configured to be useful in carrying out the above steps known to those skilled in the art.

位置決め装置3440を備え、膀胱位置決め機能を果たす機構は、本明細書に述べる例に限定されないが、それらを含む様々な他の形状構成(したがって、以下の例に限定されるものではないが、位置決め装置400、位置決めペタル830を有するシャトルコック組立体800(図17〜図21)、前述した逆位置決めペタル930を有するアンブレラ組立体900(図22〜図27)、または位置決め装置2017(図122〜図126)、位置決め装置2090(図110〜図118)、位置決め装置2122(図95、図96、図103〜図109)、および、位置決め装置2168(図83、図84、図89〜図94)(これらすべてについては後述する))を含み、そのような形状構成により、後退、かつ、横方向への拡張が可能な装 Comprising a positioner 3440, mechanisms to fulfill the bladder positioning function is not limited to the examples described herein, various other shapes configured to contain them (hence, but are not limited to the following examples, the positioning device 400, the shuttlecock assembly 800 having positioning petal 830 (FIGS. 17 to 21), the umbrella assembly 900 having a reverse positioning petals 930 as described above (FIGS. 22 to 27), or positioning device 2017 (FIG. 122 to view 126), the positioning device 2090 (FIGS. 110 to view 118), a positioning device 2122 (FIG. 95, FIG. 96, FIG. 103 to view 109), and the positioning device 2168 (FIG. 83, FIG. 84, FIG. 89 to FIG. 94) ( for all of these includes described later)), such a shape configuration, retracted, and which can be expanded in the horizontal direction instrumentation 置が得られ、その装置は、図2を参照すると、閉じた状態で逆行式に尿道5を介して膀胱口4に挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたは拡張され、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作する、または、、あるいは閉位置で順行式に腹部の切開口と膀胱1の上面を介して挿入され、膀胱腔8内で延ばされるかまたは拡張されたりし、膀胱口4に捕捉され、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させるように操作することに有用であることが、当業者には理解できる。 Location is obtained, the apparatus, referring to FIG. 2, it is inserted into the bladder opening 4 through the urethra 5 to retrograde expression in the closed state, or is extended is extended in the bladder cavity 8, the bladder port 4 is captured, align the positions of the bladder opening and urethral opening manipulated to contacting the bladder wall 2 surrounding the bladder outlet 4 is pressed against the periphery of the pelvic floor portion 7 of the urethral meatus 6, or ,, or in the closed position is inserted through the upper surface of the incision and bladder 1 abdominal anterogradely formula, or or is extended is extended in the bladder cavity 8, it is trapped in the bladder opening 4, aligning the position of the bladder opening and the urethral meatus it bladder wall 2 around the bladder opening 4 is useful to operate so as to contact against the periphery of the pelvic floor portion 7 of the meatus 6 Te can be appreciated by those skilled in the art. 一般的に、位置決め装置は膀胱口4の周囲の膀胱壁2を捕捉し、かつ、制御するために、交互に伸縮可能な突起部材、ペタル、アーム、つめ、または、他の把持部材または捕捉部材を必要な数だけ備え、それらを利用することができる。 Generally, the positioning device captures the bladder wall 2 around the bladder opening 4, and, in order to control, extendable protrusion member alternately, petals, arms, claws or other gripping members or capture member with the required number of, you can utilize them. 位置決め装置組立体は器械の長さ方向部材に操作可能に連結され、器械の近位端での外科医による入力に応じてその部材から交互に横方向に拡張可能であり、かつ、その縦軸に向かって後退可能である、少なくとも1つの部材を具備することができる。 Positioner assembly is operably linked to the length direction member of the instrument, alternately from the member in response to an input by the surgeon at the proximal end of the instrument is extensible in the lateral direction, and its longitudinal axis is retractable headed, it can comprise at least one member.

あるいは、本明細書に述べるように、開いた後にアンカーを膀胱壁を介して骨盤底部に打ち込むアンカー駆動装置が器械に含まれている場合には、図示した位置決め装置または位置決めアームを省略できる場合があることは、当業者には分かる。 Alternatively, as described herein, when the anchor drive device driving the anchor after opening the pelvic floor portion through the bladder wall is included in the instrument, it may be omitted positioning device or positioning arm illustrated lying is understood by those skilled in the art. 例えば、図135および図136を参照すると、膀胱腔内で開かれてアンカー700の遠位端が膀胱口4の周囲の膀胱壁2に接触し、穴をあける程度まで引き下ろされた場合のアンカー駆動ピン3463とアンカー700は、膀胱壁2を捕捉し、膀胱壁2を引き下ろして骨盤底部7に接触させ、場合によっては図示のように位置決め装置組立体3400を使わずに、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて膀胱壁を骨盤底部に固定するのに十分使用できることが分かる。 For example, referring to FIGS. 135 and FIG 136, the anchor when the distal end of the anchor 700 is opened in the bladder lumen contacts the bladder wall 2 around the bladder opening 4, which is pulled down to approximately holes drive pin 3463 and the anchor 700, the bladder wall 2 capture, pulls down the bladder wall 2 is brought into contact with the pelvic floor section 7, without using the positioning device assembly 3400 as shown in some cases, the bladder port 4 and the urethra it can be seen that the position of alignment with the bladder wall and the mouth 6 can be sufficiently used to secure the pelvic floor portion. したがって、アンカー700を有するアンカー駆動装置組立体3460は位置決め装置とアンカー駆動装置組立体としての2つの機能を果たすことができる。 Accordingly, anchor drive assembly 3460 having an anchor 700 can perform two functions as the positioning device and the anchor drive assembly.

「H」アンカーの実施例 図83は使用前状態にある本発明の吻合器械2150の他の実施例の斜視図、図84は使用前の状態も示す、器械の遠位端の縦断面図である。 Perspective view of another embodiment of an anastomotic instrument 2150 of the present invention in the embodiment Figure 83 prior to use state of "H" anchor, Figure 84 also shows the state before use, a longitudinal section view of the distal end of the instrument is there. 吻合器械は、遠位端2154を有する外側駆動装置組立体チューブ2152、遠位方向にアンカー駆動ピン2156まで延びているアンカー駆動チューブ2155、および遠位方向にアンカートラックカラー(anchor track collar)2159まで延びている内側駆動装置組立体チューブ2158を含むアンカー駆動装置組立体2151を備えることができる。 Anastomosis instrument, outer drive assembly tube 2152 having a distal end 2154, anchor drive tube 2155 extending distally until the anchor driving pin 2156, and distally to the anchor track color (anchor track collar) to 2159 It may include an anchor drive assembly 2151 that includes an inner drive assembly tube 2158 extending. 吻合器械のこの実施例はさらに位置決めチューブ2167、位置決めチューブ2167の遠位端に取り付けた位置決め装置2168、ロッド2170およびロッドキャップ2171を含むことができる。 This embodiment of the anastomosis instrument further positioning tube 2167, the positioning device attached to the distal end of the positioning tube 2167 2168 may include a rod 2170 and rod cap 2171. 器械を組立てて使用できるようになったときには、アンカー駆動装置組立体2151に、各アンカーが前方部材750、軸720および後方部材710を有する、1つまたは複数のアンカー700を装填できる。 When it becomes available to assemble the instrument, the anchor drive assembly 2151, each anchor having a front member 750, the shaft 720 and the rear member 710, it can be loaded with one or more anchors 700.

図84を参照し、また図86においてより詳細に示すように、位置決めチューブ2167、アンカートラックカラー2159まで遠位方向に延びる内側駆動装置組立体チューブ2158、および外側駆動装置組立体チューブ2152はほぼ同軸になるように組み立てることができる。 Referring to FIG. 84, and as shown in more detail in FIG. 86, the positioning tube 2167, the inner drive assembly tube 2158 extends distally until the anchor tracks collar 2159, and an outer drive assembly tube 2152 substantially coaxial can be assembled in such a way that in. アンカートラックカラー2159および内側駆動装置組立体チューブ2158は、その外表面に、上方かつ半径方向外側に向き、近位から遠位に向かって長さ方向に動く、1つまたは複数の長さ方向に配列されたアンカートラック2160を具備することができる。 Anchor track Color 2159 and inner drive assembly tube 2158, on its outer surface, oriented upwardly and radially outwardly, movement in the longitudinal direction toward the distal from the proximal to the one or more longitudinal It may comprise an anchor track 2160 arranged. 外側駆動装置組立体チューブ2152は、その内表面にアンカートラック2160に対向して配置された1つまたは複数のアンカー収容溝2153を有することができる。 Outer drive assembly tube 2152 may have one or more anchors receiving grooves 2153 disposed opposite to the anchor track 2160 on the inner surface. 器械が組み立てられて使用できるようになったときは、アンカートラックカラー2159を有する内側駆動装置組立体チューブ2158および外側駆動装置組立体チューブ2152は互いに適当な手段で一体化される。 When instrument can now be used by being assembled, the inner drive assembly tube 2158 and the outer drive assembly tube 2152 having an anchor track collar 2159 is integrated with one another suitable means.

図87は、本実施例に用いることのできるアンカーの前端部の拡大図である。 Figure 87 is an enlarged view of the front end portion of the anchor can be used in this embodiment. アンカー700は、鋭い前端部751を備えることのできる前方部材750および後方部材710(図87には図示せず)とつながる軸720を有する。 Anchor 700 has an axis 720 to connect with the front member 750 and the rear member 710 (not shown in FIG. 87) can be provided with a sharp front end portion 751. アンカー700は、前方部材および後方部材が「H」の垂直脚部を形成し、それらを繋ぐ部材が水平の接続部を形成して「H」形となる形状記憶を伴う付勢を受けるように製作でき、また強度、可撓性、形状記憶、身体組織および体液に対する無反応性、および生体適合性のような適当な特性を有する材料から作製することができる。 Anchor 700, as the front member and rear member forms a vertical leg of the "H" member connecting them receives a biasing with formation to shape memory becomes "H" shaped horizontal connecting portion production can also strength, flexibility, shape memory, can be made from a material having suitable properties such as insensitivity, and biocompatibility to the body tissues and fluids. アンカー700は1つまたは複数の溶解性生体吸収材料でも作製することができる。 Anchor 700 can be produced in one or more of soluble bioabsorbable material. あるいは、アンカー700は図40〜図51に示すように様々な適当な形状に作製することができ、本明細書で述べた器械の実施例の1つは、ほぼ説明したようなアンカーで使用するように適当に構成されたものである。 Alternatively, the anchor 700 may be fabricated in a variety of suitable shapes as shown in FIGS. 40 51, one embodiment of the instrument described herein is used in the anchor as substantially described it is suitably one which is configured to.

図84および図86は、使用可能状態にある本実施例の器械に装填したアンカー700を示す。 Figures 84 and 86 show the anchor 700 loaded in the instrument of the present embodiment in a usable state. 図面から分かるように、装填されるとアンカー700はアンカートラック2160とアンカー収容溝2153により画定される空間に置かれる。 As can be seen from the drawing, when loaded anchor 700 is placed in the space defined by anchor track 2160 and the anchor receiving groove 2153. 図面から分かるように、アンカートラック2160とアンカー収容溝2153により画定される空間は、アンカー700が器械に装填されている間はアンカーを拘束し、前方侵入/係留部材(lodging lodging member)750および侵入制御部材710が長さ方向に接続部材720に沿って位置するようにアンカーを保持する。 As can be seen from the drawing, the space defined by anchor track 2160 and the anchor receiving groove 2153, while the anchor 700 is loaded into the instrument to restrain the anchor, forward penetration / anchoring member (lodging lodging member) 750 and intrusion control member 710 for holding the anchor so as to be positioned along the connecting member 720 in the longitudinal direction.

図84および図86において見られるように、器械が使用可能状態にある場合には、アンカー駆動ピン2156もまたそれらの遠位端を前方侵入/係留部材750の後ろで、後述するように、アンカー700を駆動できる位置に保持してアンカートラック2160にある。 As seen in FIGS. 84 and 86, when the instrument is in a usable state, the anchor drive pin 2156 also their distal ends behind the front penetration / anchoring member 750, as described below, the anchor in anchor track 2160 and held at a position capable of driving a 700. アンカー駆動ピン2156は(図83に示す)アンカー駆動チューブ2155の遠位端と一体化している。 Anchor drive pin 2156 is integral with (FIG. 83) the distal end of the anchor drive tube 2155. アンカー駆動チューブ2155は、外側駆動装置組立体チューブ2152および内側駆動装置組立体チューブ2158に対して長さ方向に移動可能である。 Anchor drive tube 2155 is movable longitudinally relative to the outer drive assembly tube 2152 and inner drive assembly tube 2158. アンカー駆動ピン2156はニチノールのような適当な可撓性がある形状記憶材料で形成され、自然な状態ではほぼ真直であるように付勢される。 Anchor drive pin 2156 is formed of a suitable flexible is shape memory material such as Nitinol, is urged is substantially straight in a natural state.

図87おいて見られるように、アンカー駆動ピン2156の端部に、アンカー駆動ステップ時に、後述するように前方部材750を収容し保持するためのくぼみ2157または任意の他の適当な特徴を形成してある。 Figure 87 As can be seen Oite, the end portion of the anchor drive pin 2156, at anchor driven step, to form a 2157 or any other suitable features recesses for holding housing the front member 750 as described below and Aru.

吻合器械は1つまたは複数のアンカー、および、前述したアンカーに関連するトラック、溝、および、アンカー駆動ピンを含むことができ、これらは、器械が適正な方向に回転すると、神経および/または循環系バンドル(circulatory system bundles)、または、他の敏感な領域を避けるように選ばれた方向でアンカーが半径方向外側に押し上げられ組織に打ち込まれるように、器械の周囲に配置されている。 Anastomosis instrument one or more anchors, and the track relating to the anchor described above, grooves, and may include an anchor drive pin, which, when the instrument is rotated in the proper direction, neurological and / or circulation system bundle (circulatory system bundles), or anchor selected direction to avoid other sensitive areas as driven into tissue pushed radially outward, are arranged around the instruments.

再び図84を参照すると、本実施例の器械は位置決めチューブ2167も含む。 Referring to Figure 84 again, the instrument of the present embodiment also includes positioning the tube 2167. 位置決めチューブ2167の遠位端固定してあるのは、図83および図84に展開前の状態で示した位置決め装置2168である。 The is fixed distal end of the positioning tube 2167 is a positioning apparatus 2168 shown in a state before expansion in FIGS. 83 and 84. 図83および図84に示す位置決め装置2168の展開前の形状は、器械の患者体内への挿入を容易にする。 Shape before deployment of the positioning device 2168 shown in FIG. 83 and FIG. 84, to facilitate insertion into the patient of the instrument. 位置決め装置2168は形状記憶を有する適当な弾性性および可撓性ポリマー材料で作ることができ、ロッド2170を後退させると例えば図89に示すような、通常横に方向付けられた形状となるように付勢されている。 Positioner 2168 may be made of suitable elastic and flexibility polymeric material having a shape memory, as shown in FIG. 89 for example, retracting the rod 2170, so that the shape normally oriented laterally It is biased. 図89に示すように、位置決め装置2168はその周囲(perimeter)に、器械を展開した後、尿、体液、または凝固物を位置決めチューブ2167に排出できる、1つまたは複数の排液孔2169を有することができる。 As shown in FIG. 89, the positioning device 2168 on its periphery (perimeter), after expanding the instrument, urine, body fluids, or coagulum can be discharged to the positioning tube 2167, having one or more drainage holes 2169 be able to. 位置決め装置2168は、ロッド2170、したがってロッド2170に一体に固定することができる遠位端キャップ2171の長さ方向の動きにより、交互に図83および図84に示す展開前の位置に移動するか、または、図89に示す通常の(展開)位置に形状記憶により戻ることができる。 Positioner 2168, rod 2170, thus the length direction of movement of the distal end cap 2171 may be integrally fixed to the rod 2170, move to a position before deployment as shown in FIGS. 83 and 84 alternately, or it can return the shape memory in the normal (deployed) position shown in Figure 89. 位置決めチューブ2167は内側駆動装置組立体チューブ2158に対して長さ方向に移動可能だが、その逆も可能である。 Positioning the tube 2167 is a lengthwise translatable with respect to the inner drive assembly tube 2158, but vice versa.

外側駆動装置組立体チューブ2152、アンカー駆動チューブ2155、内側駆動装置組立体チューブ2158、位置決めチューブ2167およびロッド2170は、後述するように、これらのチューブおよびロッドを患者の体内そして尿道への挿入時に曲げることができるばかりでなく、使用中にチューブおよびロッドが潰れたり、捩れたり、くっついたり、または、破れたりすることを防ぐ、形状記憶、可撓性、強度および剛性のような特性を適当に組み合わせて持つ、1つまたは複数の材料で作製することができる。 Outer drive assembly tube 2152, anchor drive tube 2155, the inner drive assembly tube 2158, positioning the tube 2167 and rod 2170, as will be described later, bend the tubes and rod upon insertion into the body and the patient's urethra it not only can, or collapse the tube and the rod during use, or twisting, or stick, or prevented from being torn, shape memory, flexibility, suitable combination of properties such as strength and stiffness with Te, it can be prepared by one or more materials. 選択した材料は身体組織および体液に本質的に無反応でもあり、また実質上生体適合性のものである。 The selected material is also essentially non-reactive to body tissues and fluids, also it is of substantially biocompatible. 発明者らは、当分野において様々な外科用装置およびチューブに適しているものとして知られているニチノールは好適な材料の一例であると判断している。 It, Nitinol is known to be suitable for a variety of surgical equipment and tubing in the art is judged to be an example of a suitable material.

位置決めチューブ2167をロッド2170と同軸に配列したいとき、または位置決めチューブ2167をさらに後述するようなカテーテルとして使うときに、中空チューブを位置決めチューブ2167として使えること、しかしロッドを位置決めチューブ2167の代わりに使ってほぼ同様の機械的機能、すなわち力を伝えて位置決め装置を駆動する機能を果たし、したがってカテーテル機能あるいは同軸配列、したがってチューブ(tube)が必要でない場合にロッドが使えることが分かるであろう。 If you want to arrange the positioning tube 2167 to the rod 2170 coaxially, or when using a catheter such as described further below positioning tube 2167, to use a hollow tube as a positioning tube 2167, but with the rod in place of the positioning tube 2167 substantially the same mechanical function, i.e. serves to drive the positioning device to convey the force, thus catheter function or coaxial arrangement, thus it will be appreciated that the rod can be used when the tube (tube) is not required. 逆に、チューブを使ってロッド2170の機能を果たすことができる。 Conversely, it is possible to perform the function of rod 2170 with a tube. したがって、記載した特許請求の範囲の目的のために、特許請求の範囲で特に断らない限り、用語「チューブ」(tube)はロッドを含むものであり、そのまた逆もある。 Accordingly, for purposes of the claims set forth, unless otherwise stated in the claims, the term "tube" (Tube) are those containing a rod, it is also its addition reversed.

次に、前立腺摘除後に前記器械を使って逆行式で吻合を行う方法を述べる。 Then, we describe a method of performing an anastomosis with retrograde equation using the instrument after prostatectomy. 前立腺摘除後は患者の膀胱1と尿道口6は、図2に示すように、以前は前立腺があった空洞で離されている。 After prostatectomy bladder 1 and urethral opening 6 of the patient, as shown in FIG. 2, formerly separated by cavity had prostate. 膀胱腔4と尿道口6との位置を揃えて膀胱1を尿道5に接合して、回復および治癒後に尿道の機能を取り戻すことが必要である。 Align the position of the bladder cavity 4 and urethral opening 6 by joining the bladder 1 into the urethra 5, it is necessary to regain the function of the urethra after the recovery and healing.

図88に示すように、吻合器械を上向きに患者の尿道5内に、そしてそこを通ってから膀胱口4を通って膀胱1に挿入する。 As shown in FIG. 88, in the urethra 5 for upwardly patient anastomosis instrument, and through the bladder port 4 inserted into the bladder from 1 therethrough. 次に、外科医がロッド2170、したがって遠位端キャップ2171を後退させると、図89に示すように位置決め装置2168が形状記憶により通常の横方向配位の形状をとることができる。 Next, the surgeon rod 2170, thus retracting the distal end cap 2171 may take the normal lateral coordination shape by positioning apparatus 2168 has a shape memory, as shown in FIG. 89. 位置決め装置2168の横方向配位により、膀胱口4の周囲の膀胱壁2をその位置決め装置により引っ張ることなく位置決め装置が付勢位置に戻るのを防ぐことができる。 The lateral coordination positioner 2168, it is possible to prevent the positioning device without pulling the bladder wall 2 around the bladder opening 4 by the positioning device is returned to the biasing position.

次に、外科医は器械全体を尿道を通して下方に引くと、位置決め装置2168が膀胱口4の周囲の膀胱壁2を図90に示す位置まで引っ張り、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて骨盤底部7に接触させる。 Next, the surgeon pulls downward the entire instrument through the urethra, the positioning device 2168 pulls the bladder wall 2 around the bladder opening 4 to the position shown in FIG. 90, align the positions of the bladder port 4 and urethral meatus 6 contacting the pelvic floor portion 7.

次に、図91を参照すると、アンカー駆動チューブ2155は長さ遠位方向に上昇し、これに対応してアンカー駆動ピン2156がアンカートラック2160の内側を遠位方向に上昇し、さらに半径方向外側に上昇して、図91に示すように、アンカー700の前方侵入/係留部材750を半径方向外側に押し上げ、最初に尿道口6の周囲の骨盤底部7の組織に押し込み、そこを通って膀胱口4の周囲の膀胱壁2の組織に押し込み、そこを通って膀胱内に押し込む。 Referring now to FIG. 91, anchor drive tube 2155 rises to the length distally anchor the drive pin 2156 in response to this rise inside the anchor track 2160 in the distal direction and radially outward rises, as shown in FIG. 91, pushed forward penetration / anchoring members 750 anchor 700 radially outward, initially pushed into the tissue surrounding the pelvic floor portion 7 of the urethral meatus 6, bladder outlet through which 4 of push around the bladder wall 2 tissue, pushed into the bladder therethrough. 図91から分かるように、前方侵入/係留部材750が組織に打ち込まれると、接続部材720が前方侵入部材750のあとについて組織内の所定の位置につく。 As can be seen from Figure 91, the front entering / anchoring member 750 is driven into the tissue, the connection member 720 is attached to a predetermined position within the organization for after the forward penetration member 750. アンカー駆動チューブ2155と、および、それに対応してアンカー駆動ピン2156とが器械内に引き込まれ、アンカー700の係留部材750を解放する。 An anchor drive tube 2155, and the corresponding and the anchor drive pin 2156 that is drawn into the instrument, to release the anchoring member 750 of the anchor 700. アンカー700の係留部材750がアンカー駆動ピン2156の器械内への引き込みにより解放されると、係留部材750はもはやそれらの通常の付勢位置からの拘束を受けず、付勢がかかって移動して膀胱壁に接触し、図92で見られるように接続部材720の軸をほぼ横断し、係留部材750が打ち込み時に係留部材750が組織に作った穴を通ってアンカー700が後退するのを防ぎ、したがって係留部材750がアンカーを組織内に係留する位置に達する。 When the anchoring member 750 of the anchor 700 is released by pulling into the instrument of the anchor driving pin 2156, anchoring member 750 is no longer restrained from their normal biased position of moves it takes biasing contacting the bladder wall, and substantially transverse to the axis of the connecting member 720 as seen in FIG. 92, prevents the anchor 700 is retracted anchoring member 750 through a hole anchoring member 750 is made into the tissue at the time of driving, Therefore it reaches the position where the anchoring member 750 to anchor the anchor into tissue. 同様に、侵入制限部材710が器械から引き出されると、もはやそれらの通常の付勢位置からの拘束を受けず、バイアスがかかって移動して尿道壁に接触し、図92で見られるように接続部材720の軸をほぼ横断し、打ち込み時に係留部材750が組織に作った穴を通って侵入制限部材710が引き出されず、したがって侵入制限部材710がアンカーの組織内へのさらなる侵入を制限する位置に達する。 Similarly, when the intrusion restricting member 710 is withdrawn from the instrument, no longer restrained from their normal biased position of, and moving-biased into contact with the urethral wall, connected as seen in FIG. 92 substantially transverse to the axis of the member 720, the anchoring member 750 is not drawn intrusion restricting member 710 through a hole made in the tissue at the time of driving, therefore in a position entering limiting member 710 limits further penetration into the tissue of the anchor reach. アンカー700の設置が完了すると、図92に見られるように、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えてアンカー700が膀胱口4の周囲の膀胱壁の組織を尿道口6の周囲の骨盤底部7の組織に接触し、保持する。 When installation of the anchor 700 is completed, as seen in Figure 92, surrounding the meatus 6 tissue around the bladder wall anchor 700 by aligning the positions of the bladder port 4 and urethral meatus 6 bladder outlet 4 pelvic in contact with tissue of the bottom 7, it holds. このように接触した状態に保持されると、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱壁2と骨盤底部7の組織が互いに癒合し治癒できる。 This is held in contact with the state as the tissue of the bladder wall 2 and the pelvic floor portion 7 align the positions of the bladder opening and the urethral meatus can healing heal together.

次に、内側駆動装置組立体チューブ2158、アンカートラックカラー2159、アンカー駆動チューブ2155および外側駆動装置組立体チューブ2152で構成されるアンカー駆動装置組立体全体を1個の部品として、尿道を通って患者の体内から取り出す(図92ではその途中を示す)ことができ、この際に、位置決めチューブ2167、位置決め装置2168およびロッド2170が体内に残る。 Then, the inner drive assembly tube 2158, anchor tracks collar 2159, the entire anchor drive assembly as one component comprised of anchor drive tube 2155 and outer drive assembly tube 2152, through the urethra patient of removal from the body (shown in the middle thereof in FIG. 92) that can, at this time, positioning the tube 2167, the positioning device 2168 and rod 2170 remains in the body. 残留している位置決め装置2168および位置決めチューブ2167を使って、膀胱口4の周囲の膀胱壁2に補助的な下向きの押圧力を加えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2の組織と尿道口6の周囲の骨盤底部7の組織との接触と癒合を向上することができる。 Using the positioning device 2168 and the positioning tube 2167 remaining, by adding auxiliary downward pressing force to the bladder wall 2 around the bladder port 4 surrounding the bladder outlet 4 of the bladder wall 2 tissue and urethral opening 6 it is possible to improve the contact with the fusion of the tissues surrounding the pelvic floor portion 7 of the. さらに、または代わりに、排液孔2169と位置決めチューブ2169を有する位置決め装置2168を使って膀胱と尿道の継ぎ目を密封し、かつ、回復期間および治癒期間に、尿や他の体液を膀胱から排出できる。 Additionally, or alternatively, by using a positioning apparatus 2168 having a positioning tube 2169 and the drain hole 2169 to seal the seams of the bladder and urethra, and the recovery period and healing time, it can be discharged urine or other body fluids from the bladder . この目的で使われると、位置決めチューブ2167を中間の配管を介して蓄尿バッグ(図示せず)につなぐことができる。 When used for this purpose, it is possible to connect the positioning tube 2167 in urine storage bag (not shown) via an intermediate pipe. 回復治癒後、ロッド2170とそれに対応して遠位端キャップ2171とが位置決めチューブ2167に対して長さ遠位方向に押し上げられ、したがって、位置決め装置2168を、図83および図84に示すように、その展開前位置に押し込み、また器械のこれら残留部品を膀胱から取り出し尿道を経て患者の体内から回収できる。 After recovery healing, and a distal end cap 2171 pushed length distally relative to the positioning tube 2167 correspondingly the rod 2170, thus, the positioning device 2168, as shown in FIGS. 83 and 84, pushed into its pre-deployment position, also can be recovered from the patient's body through the urethra removed these residual components of the instrument from the bladder.

図93および図94は、本発明の器械の代替の実施例と代替アンカー装填位置とを示す。 93 and 94 illustrate alternative embodiments of the instrument of the present invention and the alternate anchor loading position. 本実施例においては、分かるように、アンカー駆動ピン2156は後部駆動段部2172を有し、これら段部はアンカー駆動ピンの遠位端がアンカー700の係留部材750を前方に押すと同時に、アンカー700の侵入制限部材710を駆動する機能を持つ。 At the same time in the present embodiment, as can be seen, anchoring the drive pin 2156 has a rear drive stage unit 2172, these step portions when the distal end of the anchor driving pin pushes the anchoring member 750 of the anchor 700 forward, the anchor having a function of driving the intrusion restricting member 710 of the 700. 外側駆動装置組立体チューブ2152、アンカー収容溝2153および/またはアンカートラック2160の寸法形状は、適当に変更される。 Outer drive assembly tube 2152, geometry of the anchor receiving groove 2153 and / or anchor track 2160 is appropriately changed. この代替の実施例によれば、駆動ステップ時における軸720の張力を避けることができ、器械からのアンカーの駆動と射出が容易になる。 According to this alternative embodiment, it is possible to avoid the tension of the shaft 720 during the driving step, the injection with the driving of the anchor from the instrument is facilitated. さらに、図94に示すように、この代替の実施例においては、アンカー700に図示のように互いに逆方向を向いた前方侵入/係留部材750と侵入制限部材710を装填でき、これら部材の互いに逆の配向によりアンカー駆動装置組立体の駆動およびアンカーの駆動後の後部部材710の尿道における位置決めが向上する。 Furthermore, as shown in FIG. 94, in this alternative embodiment, the front entering / anchoring member 750 facing opposite directions as shown in the anchor 700 can load the intrusion restricting member 710, opposite to each other of these members positioning in the urethra of the rear member 710 after driving and the anchor to drive the anchor drive assembly is improved by the orientation of.

これから述べるハンドル組立体に限定されないが、それをはじめとする様々な単純な機械部品を、器械の近位端において前記ステップでの必要に応じて、器械を展開前位置および/または閉位置、および、展開位置、および、第1の駆動位置および第2の駆動位置に移動し、保持するために、外側駆動装置組立体チューブ2152および内側駆動装置組立体チューブ2158、アンカー駆動チューブ2155、位置決めチューブ2167およびロッド2170を動作し操作するように構成できることは当業者は分かるであろう。 But are not limited to the handle assembly will now be discussed, a variety of simple mechanical components, including it, as required by the step at the proximal end of the instrument, prior to deploying the instrument position and / or closed position, and , deployed position, and moves to the first drive position and a second driving position, in order to hold the outer drive assembly tube 2152 and inner drive assembly tube 2158, anchor drive tube 2155, positioning the tube 2167 and it can be configured to operate to operate the rod 2170 those skilled in the art will appreciate.

図83の右側と図85は、外科医に器械の様々な実施例を制御し操作できるように設計構成できる単純な近位端ハンドル組立体の一例を示す。 Right and illustration of FIG. 83 85 show an example of a simple proximal handle assembly can be designed and constructed so as to be controlled by operating the various embodiments of the instrument to the surgeon. ハンドル組立体2200は、ノブ2202を取り付けたロッド2201、第4チューブ2203、止めカラー2205と一体の第3チューブ2204、作動カラー2209と一体の第2チューブ2207、および第1チューブ2210から構成されている。 The handle assembly 2200, the rod 2201 attached the knob 2202, the fourth tube 2203, retaining collar 2205 and the third tube 2204 of integral, it consists second tube 2207, and the first tube 2210 is integral with the actuating collar 2209 there. これらのチューブ2210、チューブ2207、チューブ2204およびチューブ2203ならびにロッド2201はほぼ同軸上にある。 These tubes 2210, the tube 2207, the tube 2204 and the tube 2203 and rod 2201 is substantially on the same axis. ロッド2201は第4チューブに対して長さ方向にスライド可能である。 Rod 2201 is slidable longitudinally relative to the fourth tube. 第4チューブ2203は第3チューブ2204および止めカラー2205に対して長さ方向にスライド可能であり、その逆もある。 The fourth tube 2203 is slidable longitudinally relative to the third tube 2204 and locking collar 2205, and vice versa. 第1チューブ2210は接続ピン2211を介して第3チューブ2204に接続してもよく、したがって第1チューブ2210と第3チューブ2204が一体化する。 The first tube 2210 may be connected to the third tube 2204 via a connection pin 2211, thus the first tube 2210 and the third tube 2204 are integrated. 第2チューブ2207は第1チューブと第3チューブ2204の間で同軸上に配置され、その間で第2チューブ2207の長さ方向スロット2208により決まる範囲でピン2211周りに長さ方向においてスライド可能である。 The second tube 2207 is disposed coaxially between the first tube and the third tube 2204 is slidable in the longitudinal direction about the pin 2211 in a range determined by the longitudinal slot 2208 of the second tube 2207 therebetween .

したがって、ハンドル組立体2200は、ロッド2201とロッド2170、第4チューブ2203と位置決めチューブ2167、第3チューブ2204と内側駆動装置組立体チューブ2158、第2チューブ2207とアンカー駆動チューブ2155、および第1チューブ2210と外側駆動装置組立体チューブ2152を接続あるいは一体化してハンドル組立体2200を外科医が吻合器械2150を操作し駆動するのに利用可能にできることが図84および図85から分かるであろう。 Accordingly, the handle assembly 2200, rod 2201 and rod 2170, a fourth tube 2203 and the positioning tube 2167, the third tube 2204 and the inner drive assembly tube 2158, second tube 2207 and the anchor drive tube 2155, and the first tube 2210 and an outer drive assembly tube 2152 handle assembly 2200 connected or integrated with the surgeon to be able to be utilized to drive operates the anastomosis instrument 2150 will be seen from FIGS. 84 and 85. そのように構成されているので、第2チューブ2207は、チューブ作動カラー2209を握っている外科医により装置の残りの他の部品に対して長さ方向にスライドでき、したがってアンカー駆動チューブ2155をかつ対応するアンカー駆動ピン2156を前進あるいは後退させ、アンカー駆動装置組立体2151を駆動する。 Since such a configuration, the second tube 2207 can slide longitudinally relative to the remainder of the other components of the device by the surgeon that is holding the tube actuation collar 2209, thus and corresponding anchor drive tube 2155 forward or retracting the anchor drive pin 2156 that drives the anchor drive assembly 2151. アンカーの設置後、外科医が第1チューブ2210を引っ張り、したがって第3チューブ2204も接続ピン2211および第2チューブ2207を介して後退させ、それに対応して外側アンカー駆動装置組立体チューブ2152、内側駆動装置組立体チューブ2185およびアンカー駆動チューブ2155を後退させることによりアンカー駆動装置組立体2151全体を患者の体内から取り出すことができる。 After installation of the anchor, the surgeon pulls the first tube 2210, therefore the third tube 2204 also retract through the connection pin 2211 and the second tube 2207 and the outer anchor drive assembly tube 2152 Correspondingly, inner drive device the entire anchor drive assembly 2151 can be extracted from the patient's body by retracting the assembly tubing 2185 and anchor drive tube 2155. これは第4チューブ2203およびロッド2201、したがって前述したように位置決めチューブ2167およびロッド2170を体内に残して行うことができる。 This can be done by leaving the fourth tube 2203 and rod 2201, thus positioning the tube 2167 and rod 2170 as previously described into the body.

位置決め装置は前述したように可撓性があり、弾力性のあるポリマー形状記憶材料で作った典型的な実施例に限定される必要はなく、位置決め装置が後退位置と展開位置との間で交互に切り替わり、展開位置では位置決め装置がチューブあるいは他の部材により加えられたり伝達されたりする力に応答して膀胱口に捕捉され、膀胱を骨盤底部に押し付けて接触させるのに適しているような位置決め装置の代替設計も可能であることが、外科用機械装置の設計分野の当業者には理解されるであろう。 The positioning device is flexible as mentioned above, need not be limited to the exemplary embodiments made in a resilient polymeric shape memory material, alternating between the positioning device and deployed position and a retracted position the switches are captured in the bladder port in response to a force or transmitted or exerted by the positioning device is a tube or other member is in the deployed position, such as are suitable for contacting against the bladder pelvic floor portion positioned it is also possible alternative design of the apparatus, to those skilled in the design arts of the surgical machine will be understood. 位置決め装置は、例えば図14、図19、図24および図57に示し、かつ、本明細書で述べた位置決め装置のいずれでもよい。 Positioning device, for example 14, 19, shown in FIGS. 24 and 57, and may be any of the positioning apparatus described herein. 同様に、アンカー駆動装置組立体は前述した典型的な3本チューブ(three-tube)装置に限定される必要はなく、膀胱と尿道が一緒になったときにチューブまたは他の部材により加えられたり伝達されたりする力に応答して効果的に1本または複数本のピンを膀胱と尿道の組織に設置するような装置の代替設計も可能あることが、外科用機械装置の設計分野の当業者には理解されるであろう。 Similarly, or anchor drive assembly need not be limited to the exemplary three tubes described above (three-tube) device, applied by a tube or other member when the bladder and urethra are together that can be an alternative design of the device as installed in the tissue of the bladder and urethra effectively one or a plurality of pins in response to a force or transmitted are those skilled in the design arts of the surgical machine it will be understood by.

前述したように、チューブ、位置決め装置および駆動装置組立体を、前述したように逆行式吻合処置用に構成した器械で、または順行式処置用に構成した器械で組み合わせて構成できる。 As described above, the tube, the positioning device and drive assembly can be configured by combining with at instrument was configured for retrograde type anastomosis procedure as described above, or configured for antegrade type treatment instrument. 順行式処置では、器械を上向きに膀胱に挿入し、前立腺の切開部位に近接した膀胱口に導入する代わりに、器械を下向きに患者の腹部に形成した小さな切開口から患者の膀胱上面の小さな切開口を通して膀胱内に入れ、膀胱口を通って尿道口に挿入する。 The antegrade expression treatment was inserted into the bladder instrument upward, instead of introducing the bladder port close to the incision site of the prostate, it small bladder top surface of the patient from the small incision formed in the patient's abdomen with instrument down placed in the bladder through the incision and inserted through the bladder outlet to the urethra opening. 腹部と膀胱上面の小さな切開口は、カニューレおよびトロカール組立体で器械の挿入のため形成し、開口したままにしておく。 Small incision in the abdomen and the bladder upper surface forms for insertion of the instrument in the cannula and trocar assembly to be kept open.

アンカー接続の実施例 図95は展開前状態にある本発明の吻合器械2100の他の実施例の斜視図、図96は、展開前位置にある状態も示す、器械の遠位端の縦断面図である。 Perspective view of another embodiment of an anastomotic instrument 2100 of the present invention Embodiment FIG 95 of the anchor connection in the state prior to deployment, FIG. 96 also shows a state in a deployed position before, longitudinal sectional view of the distal end of the instrument it is. 吻合器械は、遠位端2104を有する外側駆動装置組立体チューブ2101、第2アンカートラックカラー2105、遠位方向にアンカー駆動ピン2108まで延長しているアンカー駆動チューブ2109、および遠位方向に第1アンカートラックカラー2112まで延長している内側駆動装置組立体チューブ2110を含むアンカー駆動装置組立体2101で構成できる。 Anastomosis instrument, outer drive assembly tube 2101 having a distal end 2104, a second anchor track color 2105, anchor drive tube 2109 has extended distally until the anchor driving pin 2108, and a first distally It can be configured with an anchor drive assembly 2101 that includes an inner drive assembly tube 2110 that is extended to the anchor track color 2112. 本実施例はさらに位置決めチューブ2121、位置決めチューブ2121の遠位端に固定した位置決め装置2122、ロッド2124およびロッドキャップ2125を含むことができる。 This embodiment may further include a positioning tube 2121, a positioning device 2122 is fixed to the distal end of the positioning tube 2121, rod 2124 and rod cap 2125. 器械を組立て使用できるようになったときには、アンカー駆動装置組立体2101に、縫合糸2117を取り付けた第1アンカー700および第2アンカー701を備えているアンカー対を1つまたは複数装填できる。 When it is the instrument to be assembled use, the anchor drive assembly 2101, the anchor pair comprises a first anchor 700 and the second anchor 701 attached suture 2117 one or more loading.

図96を参照し、また図97および図98においてより詳細に示すように、位置決めチューブ2121、第1アンカートラックカラー2112まで遠位方向に延長する内側駆動装置組立体チューブ2110、第2アンカートラックカラー2105、および外側駆動装置組立体チューブ2102は、第1アンカートラック2111、第2アンカートラック2106およびアンカー駆動ピン2108を長さ方向に一直線に並べて、ほぼ同軸になるように組み立てることができる。 Referring to FIG. 96, and as shown in more detail in FIG. 97 and FIG. 98, the positioning tube 2121, the inner drive assembly tube 2110 extending distally to a first anchor track collar 2112, second anchor track color 2105 and outer drive assembly tube 2102, the first anchor track 2111 and aligned the second anchor track 2106 and anchor drive pin 2108 in the longitudinal direction, it can be assembled so as to be substantially coaxial. 第1アンカートラックカラー2112の外表面に、縫合糸空隙トラック(suture clearance tracks)2113を含み、上方かつ半径方向外側に向き、近位から遠位に向かって長さ方向に動く1つまたは複数の長さ方向に配列された第1アンカートラック2111を具備することができる。 The outer surface of the first anchor track color 2112 includes a suture voids track (suture clearance tracks) 2113, upwardly and oriented radially outward, one moves in the longitudinal direction toward the distal from the proximal or more It may comprise a first anchor track 2111 arranged in the longitudinal direction. 第2アンカートラックカラー2105は、その外表面に上方かつ半径方向外側に向き、近位から遠位に向かって長さ方向に動く1つまたは複数の長さ方向に配列された第2アンカートラック2106を具備することができる。 Second anchor track color 2105, second anchor track 2106 that the outer surface direction upwardly and radially outwardly, are arranged in one or more of the length direction of movement in the longitudinal direction toward the distal from the proximal it can be provided with a. 第2アンカートラックカラー2105もその内表面上に第1アンカートラックカラー2112の縫合糸空隙トラック2113に対向して配置した縫合糸空隙トラック2107と、外表面上に1つまたは複数の長さ方向に配列された縫合糸収容溝2103を有する。 A second anchor track color 2105 also suture voids track 2107 suture so as to face the air gap track 2113 disposed in the first anchor track color 2112 on the inner surface thereof, one on the outer surface or in the length direction having a suture receiving groove 2103 arranged. 外側駆動装置組立体チューブ2102の遠位端2104は、その外表面上に第2アンカートラックカラー2105上の縫合糸収容溝2103と一直線に並び、その延長線を形成する、1つまたは複数の縫合糸収容溝2103を有することができる。 The distal end 2104 of the outer drive assembly tube 2102, on its outer surface arranged in line with the suture receiving groove 2103 on the second anchor track color 2105, forming the extension, one or more sutures It may have a yarn accommodating groove 2103. 器械が組み立てられて使用できるようになったときは、第1アンカートラックカラー2112と第2アンカートラックカラー2105を有する内側駆動装置組立体チューブ2110および外側駆動装置組立体チューブ2102は互いに適当な手段で一体化できる。 When instrument can now be used by being assembled, the first anchor track color 2112 with each other suitable means inside drive assembly tube 2110 and the outer drive assembly tube 2102 has a second anchor track color 2105 It can be integrated.

図99〜図101は本実施例に使用できる典型的なアンカーの拡大図である。 Figure 99 to Figure 101 is an enlarged view of a typical anchor that can be used in the present embodiment. 第1アンカー700は棘730および縫合糸穴735を有してもよい。 The first anchor 700 may have barbs 730 and suture holes 735. 使用の準備のため、縫合糸穴735を使って1本の縫合糸あるいは他の適当な接続部材を第1アンカー700に取り付けることができる。 In preparation for use, with the suture holes 735 may be fitted with one suture or other suitable connecting member to the first anchor 700. 第2アンカー701は棘731および縫合糸受けノッチ752を有してもよい。 The second anchor 701 may have barbs 731 and suture receiving notch 752. 縫合糸受けノッチ752は、後述するように縫合糸あるいは他の適当な接続部材の遊離端部を効果的に把持し、かつ、拘束するように保持するような形状寸法とされる。 Suture receiving notch 752, the free ends effectively grip the suture or other suitable connecting members as described below, and is sized and shaped to hold to restrain. アンカー700および701は、付勢されて図99〜図101に示す形状になるように製造でき、強度、可撓性、形状記憶、身体組織および体液に無反応性、および生体適合性の適当な特性を持つ材料から作製してよい。 Anchor 700 and 701 is urged be manufactured to a shape shown in FIG. 99 to FIG. 101, the strength, flexibility, shape memory, non-reactive to body tissues and fluids, and a biocompatible suitable it may be made from a material having a characteristic. アンカー700および701は溶解性の生体吸収材料、あるいは適当に処理したニチノールまたは外科用ステンレス鋼で作製することもできる。 Anchor 700 and 701 can also be made of the solubility of the bioabsorbable material or appropriately treated nitinol or surgical stainless steel.

図96〜図98は、展開できるように吻合器械の本実施例に装填された第1アンカー700および第2アンカーを示す。 Figure 96 to Figure 98 shows a first anchor 700 and the second anchor loaded in this example of the anastomosis instrument to be deployed. 図面から分かるように、第1アンカー700は装填されると、第1アンカートラック2111と第2アンカートラックカラー2105の内表面により画定された空間に存在できる。 As it can be seen from the figures, the first anchor 700 when loaded, can be present in the space defined by the first anchor track 2111 inner surface of the second anchor track color 2105. 同様に、第2アンカー701も第2アンカートラック2106と外側駆動装置組立体チューブ2102の内表面により画定された空間に存在できる。 Similarly, it is present also the second anchor 701 defined by the inner surface of the second anchor track 2106 and the outer drive assembly tube 2102 space. 図面から分かるように、アンカーが器械に装填されている間はアンカー700および701の棘730および731がアンカートラック2111および2106により画定した空間に拘束される。 As seen, anchors while being loaded into the instrument barbs 730 and 731 of the anchor 700 and 701 is restricted to the space which is defined by the anchor track 2111 and 2106. 縫合糸2117あるいは他の適当な接続手段は、縫合糸穴735(図99に示す)を介して第1アンカー700の後端に取り付けられ、第1アンカーの後端から出て、縫合糸空隙トラック2170を上に向かって通過し、そこから半径方向外側に向かい、第2アンカートラックカラー2105を越え、そこから下に向かい、縫合糸収容溝2130に入り、遊離端部を終点としている。 Suture 2117 or other suitable connection means, via the suture holes 735 (FIG. 99) attached to the rear end of the first anchor 700, out of the rear end of the first anchor, suture gap track 2170 passes upward through, and from there toward the radially outward beyond the second anchor track color 2105, directed from there down, enters the suture receiving groove 2130, and the end point of the free end.

図96〜図98で分かるように、吻合器械が使用できる状態のときには、アンカー駆動ピン2108は、後述するように第1アンカー700の駆動に備えて、それらの遠位端をアンカー700の後ろに置いて第1アンカートラック2111にある。 As seen in Figure 96 to Figure 98, in a state where the anastomosis instrument is available, the anchor drive pin 2108 provided on the driving of the first anchor 700 as described below, their distal ends behind the anchor 700 in the first anchor track 2111 put. アンカー駆動ピン2108はアンカー駆動チューブ2109の遠位端と一体化している(図95に示す)。 Anchor drive pin 2108 is integral with the distal end of the anchor drive tube 2109 (shown in FIG. 95). アンカー駆動チューブ2109は外側駆動装置組立体2102および内側駆動装置組立体チューブ2110に対して長さ方向に移動可能である。 Anchor drive tube 2109 is movable longitudinally relative to the outer drive assembly 2102 and an inner drive assembly tube 2110. アンカー駆動ピン2108はニチノールのような適当な可撓性がある形状記憶材料で作製し、後述するように第2アンカー701の駆動準備で再配置したときに遠位端が半径方向外側に跳ね返るように付勢する。 Anchor the drive pin 2108 is prepared in a suitable flexibility is shape memory material such as nitinol, so that the distal end rebounds radially outwardly when repositioned driving preparation of the second anchor 701 as described below to urge on.

吻合器械は、各対が第1アンカーと第2アンカーを備えたアンカー対を一対あるいは複数対、そして前述したそれに関連するトラック、溝およびアンカー駆動ピンから構成することができ、これらは、器械が適正な方向に回転すると、神経および/または循環系バンドルを避けるように選ばれた方向でアンカーが組織に打ち込まれるように器械の周囲の半径方向に配されている。 Anastomosis instrument can each pair is composed of a first anchor and a pair or plurality of pairs of anchor pair having a second anchor, and a track associated with it as described above, the groove and the anchor drive pin, these instruments are When rotated in the proper direction, in the direction chosen to avoid nerve and / or circulatory system bundle anchor is disposed radially around the instrument as driven into tissue.

再び図96を参照すると、本実施例の器械は位置決めチューブ2121を含んでもよい。 Referring to Figure 96 again, the instrument of the present embodiment may include a positioning tube 2121. 位置決めチューブ2121の遠位端に固定してあるのは、図95および図96に展開前の状態で示した位置決め装置2122である。 The is fixed to the distal end of the positioning tube 2121 is a positioning apparatus 2122 shown in a state before deployment in Figure 95 and Figure 96. 図95および図96に示す位置決め装置2122の展開前の形状は、器械の患者体内への挿入を容易にする。 Shape before deployment of the positioning device 2122 shown in FIG. 95 and FIG. 96, to facilitate insertion into the patient of the instrument. 位置決め装置2122は形状記憶を有する適当な弾性および可撓性ポリマー材料で作製することができ、ロッド2124を後退させると図103に示すような、通常横に方向付けられた形状となるように付勢されている。 Positioner 2122 may be made of a suitable elastic and flexible polymeric material having a shape memory, retracting the rod 2124 as shown in FIG. 103, the biasing so that the oriented shape in the normal horizontal It is energized. 図103に示すように、位置決め装置2122はその周囲に、器械を展開した後、尿、体液、あるいは凝固物を位置決めチューブ2121に排出できる1つまたは複数の排液孔2123を有することができる。 As shown in FIG. 103, the positioning device 2122 in its periphery may have after deploying the instrument, urine, body fluid, or one coagulum can be discharged to the positioning tube 2121 or a plurality of drainage holes 2123. 位置決め装置2122は、ロッド2124、したがってロッド2124に一体に固定することができる遠位端キャップ2125の長さ方向の動きにより、交互に図95および図96に示す展開前の位置に移動するか、または、図103に示す通常の(展開)位置に形状記憶により戻ることができる。 Or positioner 2122, the length direction of movement of the distal end cap 2125 may be integrally fixed to the rod 2124, thus the rod 2124 is moved to a position before deployment as shown in FIG. 95 and FIG. 96 alternately, or it can return the shape memory in the normal (deployed) position shown in Figure 103. 位置決めチューブ2121は内側駆動装置組立体チューブ2110に対して長さ方向に移動可能だが、その逆も可能である。 Positioning the tube 2121 is a lengthwise translatable with respect to the inner drive assembly tube 2110, but vice versa.

外側駆動装置組立体チューブ2102、アンカー駆動チューブ2109、内側駆動装置組立体チューブ2110、位置決めチューブ2121およびロッド2124は、後述するように、これらのチューブおよびロッドを患者の体内そして尿道への挿入時に曲げることができるばかりでなく、使用中にチューブおよびロッドが潰れたり、捩れたり、くっついたり、または、破れたりすることを防ぐ、形状記憶、可撓性、強度および剛性のような特性を適当に組み合わせて持つ、1つまたは複数の材料で作製することができる。 Outer drive assembly tube 2102, anchor drive tube 2109, the inner drive assembly tube 2110, positioning the tube 2121 and rod 2124, as will be described later, bend the tubes and rod upon insertion into the body and the patient's urethra it not only can, or collapse the tube and the rod during use, or twisting, or stick, or prevented from being torn, shape memory, flexibility, suitable combination of properties such as strength and stiffness with Te, it can be prepared by one or more materials. 選択した材料は身体組織および体液に本質的に無反応でもあり、実質上生体適合性のものである。 The selected material is also essentially non-reactive to body tissue and body fluids are of substantially biocompatible. 発明者らは、当分野において様々な外科用装置およびチューブに適しているものとして知られているニチノールは好適な材料の一例であると判断している。 It, Nitinol is known to be suitable for a variety of surgical equipment and tubing in the art is judged to be an example of a suitable material.

位置決めチューブ2121をロッド2170と同軸に配列したいとき、または位置決めチューブ2121をさらに後述するようなカテーテルとして使うときに、中空チューブを位置決めチューブ2121として使えること、しかしロッドを位置決めチューブ2121の代わりに使ってほぼ同様の機械的機能、すなわち力を伝えて位置決め装置を駆動する機能を果たし、したがってカテーテル機能あるいは同軸配列、したがってチューブ(tube)が必要でない場合にはロッドが使えることが分かるであろう。 If you want to arrange the positioning tube 2121 to the rod 2170 coaxially, or when using a catheter such as described further below positioning tube 2121, to use a hollow tube as a positioning tube 2121, but with the rod in place of the positioning tube 2121 substantially the same mechanical function, i.e. serves to drive the positioning device to convey the force, thus catheter function or coaxial arrangement, thus when not needed tube (tube) is it will be appreciated that the rod can be used. 逆に、チューブを使ってロッド2124の機能を果たすことができる。 Conversely, it is possible to perform the function of rod 2124 with a tube. したがって、記載した特許請求の範囲の目的のために、特許請求の範囲で特に断らない限り、用語「チューブ」(tube)はロッドを含むものであり、そのまた逆もある。 Accordingly, for purposes of the claims set forth, unless otherwise stated in the claims, the term "tube" (Tube) are those containing a rod, it is also its addition reversed.

次に、前立腺摘除後に前記吻合器械を使って患者の膀胱と尿道の吻合を行う方法を述べる。 Next, using the anastomosis instrument after prostatectomy describes a method of performing an anastomosis of the patient's bladder and urethra. 前立腺摘除手術後は患者の膀胱1と尿道口6は、図2に示すように、以前は前立腺があった空洞で離されている。 After prostatectomy surgery bladder 1 and urethral opening 6 of the patient, as shown in FIG. 2, formerly separated by cavity had prostate. 膀胱腔4と尿道口6との位置を揃えて膀胱1を尿道5に接合して、回復および治癒後に尿道の機能を取り戻すことが必要である。 Align the position of the bladder cavity 4 and urethral opening 6 by joining the bladder 1 into the urethra 5, it is necessary to regain the function of the urethra after the recovery and healing.

図102に示すように、吻合器械を上向きに患者の尿道5内に、そしてそこから膀胱口4を通って膀胱1に挿入する。 As shown in FIG. 102, into the urethra 5 for upwardly patient anastomosis instruments, and from there through the bladder port 4 for inserting the bladder 1. 次に、外科医がロッド2124、したがって遠位端キャップ2125を後退させると、図103に示すように位置決め装置2122が形状記憶により通常の横方向配位の形状をとることができる。 Then, the surgeon retracts the rod 2124, thus the distal end cap 2125 may take the normal lateral coordination shape by positioning apparatus 2122 shape memory, as shown in FIG. 103. 位置決め装置2122の横方向配位により、膀胱口4の周囲の膀胱壁2をその位置決め装置により引っ張ることなく位置決め装置が付勢位置に戻るのを防ぐことができる。 The lateral coordination positioner 2122, it is possible to prevent the positioning device without pulling the bladder wall 2 around the bladder opening 4 by the positioning device is returned to the biasing position.

次に、外科医は器械全体を尿道を通して下方に引くと、組立体2122が膀胱口4の周囲の膀胱壁2を図104に示す位置まで引っ張り、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて骨盤底部7に接触させる。 Next, the surgeon pulls downward the entire instrument through the urethra, the assembly 2122 pulls the bladder wall 2 around the bladder opening 4 to the position shown in FIG. 104, align the positions of the bladder port 4 and urethral meatus 6 contacting the pelvic floor portion 7.

次に、図105を参照すると、アンカー駆動チューブ2109は長さ遠位方向に移動し、これに対応してアンカー駆動ピン2108がアンカートラック2111の内側を遠位方向に上昇し、第1アンカー700を半径方向外側に駆動して、図105に示すように、膀胱口の周囲の膀胱壁2の組織に押し込む。 Referring now to FIG. 105, anchor drive tube 2109 is moved in the length distally anchor the drive pin 2108 in response to this rise inside the anchor track 2111 in a distal direction, first anchor 700 the driven radially outward, as shown in FIG. 105, pushed to the periphery of the bladder wall 2 tissue of the bladder outlet. 器械から押出されると、アンカー700はもはやそれらの通常の付勢形状からの拘束を受けず、したがって棘730が図示のようにアンカー700からとび出し、アンカー700を組織に保持することができる。 Once extruded from the instrument, the anchor 700 is no longer restrained from their normal biasing shape, thus barbs 730 out anchor 700 Karatobi As shown, the anchor 700 may be held in the tissue. アンカー700が膀胱壁の組織に打ち込まれた後は、アンカー700に取り付けた縫合糸2117がアンカーの後部から垂れて組織の外に出て、遊離端部は縫合糸収容溝2103に保持されながら第2アンカートラック2106の出口の上を通っている。 After the anchor 700 is driven into the tissue of the bladder wall, the suture 2117 attached to the anchor 700 is out of the tissue dripping from the rear of the anchor, while the free end is held in the suture receiving groove 2103 a and it passes over the outlet of the second anchor track 2106.

次に、図106を参照すると、アンカー駆動チューブ2109、および、それに対応してアンカー駆動ピン2108は長さ方向の近位方向に後退できる。 Referring now to FIG. 106, anchor drive tube 2109, and anchor the drive pin 2108 and correspondingly can retract proximally in the longitudinal direction. アンカー駆動ピン2108の遠位端が第2アンカートラックカラー2105の近位端よりも後退すると、アンカー駆動ピン2108の形状記憶による付勢力でピンの遠位端が半径方向外側の第2アンカー701の背後、図106に示す位置に押し込まれて、第2アンカー701を第2アンカートラック2106を通って外側に押し上げる態勢になる。 Once the distal end of the anchor drive pin 2108 is recessed from the proximal end of the second anchor track color 2105, the pin urging force of the shape memory anchors drive pin 2108 distal end of the radially outer second anchor 701 behind, pushed to the position shown in FIG. 106, the ready to push the second anchor 701 to the outside through the second anchor track 2106.

次に、図107を参照すると、アンカー駆動チューブ2109、および、それに対応して、アンカー駆動ピン2108を再び長さ方向の遠位方向に押すことができ、これによりアンカー駆動ピン2108の遠位端が遠位方向に移動して第2アンカートラック2106内に入り込み、通り抜けて第2アンカー701を半径方向外側に押して、図107に示すように、第2アンカー701を骨盤底部7の組織に打ち込む。 Referring now to FIG. 107, anchor drive tube 2109 and, correspondingly, the anchor drive pin 2108 can press again distally in the longitudinal direction, which causes the distal end of the anchor drive pin 2108 There enters the second anchor within track 2106 to move distally, the second anchor 701 passes through by pushing radially outward, as shown in FIG. 107, driving the second anchor 701 to the tissue of the pelvic floor portion 7. 第2アンカー701の前端部が器械から押し出さると、縫合糸受けノッチ752(図100を参照)が第2アンカートラック2106の出口の上を通る縫合糸2117の垂れ下がった部分(trailing length of sutures 2117)(図106を参照)に接触し、図107に示すように第2アンカー701が組織に打ち込まれると、縫合糸の垂れ下がった部分を捕捉し、拘束するように保持する。 When the front portion of the second anchor 701 is that extruded from the instrument, the suture receiving notches 752 (see Figure 100) hangs down the suture 2117 passing over the outlet of the second anchor track 2106 parts (trailing length of Sutures 2117 ) (in contact with reference to FIG. 106), the second anchor 701 is driven into the tissue, as shown in FIG. 107, it captures the hanging portion of the suture to hold to restrain. このようにして、第1および第2アンカー700と701を有する各アンカー対毎に、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2の組織を尿道口6の周囲の骨盤底部7の組織に接触させておく位置に、縫合糸2117(または他の適当な接続部材)の垂れ下がった部分を固定することができる。 In this way, each anchor pairwise having first and second anchors 700 and 701, the bladder port 4 and the urethral opening 6 position tissue of the bladder wall 2 around the bladder opening 4 by aligning the urethral opening 6 it can be of a position to be in contact with the tissues surrounding the pelvic floor section 7, to fix the drooping portion of the suture 2117 (or other suitable connecting members). このように接触した状態に保持されると、膀胱口と尿道口との位置を揃えて膀胱壁2と骨盤底部7の組織が互いに癒合し治癒できる。 This is held in contact with the state as the tissue of the bladder wall 2 and the pelvic floor portion 7 align the positions of the bladder opening and the urethral meatus can healing heal together.

次に、内側組立体チューブ2110、第1アンカートラックカラー2112、アンカー駆動チューブ2109、第2アンカートラックカラー2105および外側駆動装置組立体チューブ2102で構成されるアンカー駆動装置組立体全体を1個の部品として、尿道を通って患者の体内から取り出す(図108ではその途中を示す)ことができ、この際に、位置決めチューブ2121、位置決め装置2122およびロッド2124が体内に残る。 Next, the inner assembly tube 2110, first anchor track color 2112, anchor drive tube 2109, second anchor track color 2105 and one part of the whole formed anchor drive assembly outside drive assembly tube 2102 as through the urethra removed from the patient's body (indicating the middle in FIG. 108) that can, at this time, positioning the tube 2121, the positioning device 2122 and rod 2124 remains in the body. 残留している位置決め装置2122および位置決めチューブ2121を使って、膀胱口4の周囲の膀胱壁2に補助的な下向きの押圧力を加えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2の組織と尿道口6の周囲の骨盤底部7の組織との接触と癒合を向上することができる。 Using the positioning device 2122 and the positioning tube 2121 remaining, by adding auxiliary downward pressing force to the bladder wall 2 around the bladder port 4 surrounding the bladder outlet 4 of the bladder wall 2 tissue and urethral opening 6 it is possible to improve the contact with the fusion of the tissues surrounding the pelvic floor portion 7 of the. さらに、または代わりに、排液孔2123を有する位置決め装置2122と位置決めチューブ2121を使って膀胱と尿道の継ぎ目を密封し、かつ、回復期間および治癒期間に、尿、体液および/または凝固物を膀胱から排出できる。 Additionally, or alternatively, by using a positioning apparatus 2122 and the positioning tube 2121 having drainage holes 2123 to seal the seams of the bladder and urethra and the bladder recovery time and healing time, urine, body fluids and / or coagulum It can be discharged from. この目的で使われると、位置決めチューブ2121を中間の配管を介して蓄尿バッグ(図示せず)につなぐことができる。 When used for this purpose, it is possible to connect the positioning tube 2121 in urine storage bag (not shown) via an intermediate pipe. 回復治癒後、ロッド2124とそれに対応して遠位端キャップ2125とが位置決めチューブ2121に対して長さ遠位方向に押し上げられ、したがって、置決め装置2122を、図109に示すように、その展開前位置に押し込み、また器械のこれら残留部品を膀胱から取り出し尿道を経て患者の体内から回収できる。 After recovery healing, and a distal end cap 2125 pushed length distally relative to the positioning tube 2121 correspondingly the rod 2124, thus, the-decided Me apparatus 2122, as shown in FIG. 109, the deployment push the front position, also it can be recovered from the patient's body through the urethra removed these residual components of the instrument from the bladder.

図83および図85に示し、かつ前述したハンドル組立体、または、その変形を含む様々な単純な機械部品を、器械の近位端において前記ステップでの必要に応じて、器械を展開前および/または後退位置、および、展開位置、および、第1の駆動位置および第2の駆動位置に移動し保持するために、外側駆動装置組立体チューブ2102および内側駆動装置組立体チューブ2110、アンカー駆動チューブ2109、位置決めチューブ2121およびロッド2124を動作し操作するように構成できることは、外科用機械装置の設計分野の当業者には分かるであろう。 Shown in FIGS. 83 and 85, and the above-described handle assembly or a variety of simple mechanical parts, including variations thereof, as required by the step at the proximal end of the instrument, prior to deploying instrument and / or retracted position, and, deployed position, and, in order to hold and move to the first drive position and a second driving position, the outer drive assembly tube 2102 and inner drive assembly tube 2110, anchor drive tube 2109 , can be configured to operate to operate the positioning tube 2121 and rod 2124, it will be known to those skilled in the design arts of the surgical machine.

位置決め装置は前述したように、可撓性があり、弾力性のあるポリマー形状記憶材料で作った実施例に限定される必要はなく、位置決め装置が後退位置と展開位置との間で交互に切り替わり、展開位置では位置決め装置がチューブあるいは他の部材により加えられたり伝達されたりする力に応答して膀胱口に捕捉され、膀胱を骨盤底部に押し付けて接触させるのに適しているような置決め装置の代替設計も可能であることが、外科用機械装置の設計分野の当業者には理解されるであろう。 As the positioning device described above is flexible, need not be limited to the embodiments made with a resilient polymeric shape memory material, the positioning device is switched alternately between a deployed position and a retracted position , trapped in the bladder port in response to a force or transmitted or exerted by the positioning device is a tube or other member is in the deployed position,-decided Me device as suitable for contact against the bladder pelvic floor section that alternative designs are possible, to those skilled in the design arts of the surgical machine will be understood. 位置決め装置は、例えば図14、図19、図24および図57に示し、かつ、本明細書で述べた位置決め装置のいずれでもよい。 Positioning device, for example 14, 19, shown in FIGS. 24 and 57, and may be any of the positioning apparatus described herein. 同様に、アンカー駆動装置組立体は前述した典型的な3本チューブ(three-tube)装置に限定される必要はなく、膀胱と尿道が一緒になったときにチューブまたは他の部材により加えられたり伝達されたりする力に応答してアンカー駆動装置組立体から一対あるいは複数対のアンカーを膀胱および尿道の組織にこれら体腔の開口の周囲の半径方向に設置するような装置の代替設計も可能あることが、外科用機械装置の設計分野の当業者には理解されるであろう。 Similarly, or anchor drive assembly need not be limited to the exemplary three tubes described above (three-tube) device, applied by a tube or other member when the bladder and urethra are together that can be an alternative design of the device, such as a pair or plurality of pairs of anchors from the anchor drive assembly in response to a force or transmitted installed radially around the opening of a body cavity tissue of the bladder and urethra but to those skilled in the design arts of the surgical machine it will be understood.

前述したように、チューブ、位置決め装置および駆動装置組立体を、前述したように逆行式吻合処置用に構成した器械で、または順行式処置用に構成した器械で組み合わせて構成できる。 As described above, the tube, the positioning device and drive assembly can be configured by combining with at instrument was configured for retrograde type anastomosis procedure as described above, or configured for antegrade type treatment instrument. 順行式処置では、器械を上向きに膀胱に挿入し、前立腺の切開部位に近接した膀胱口に導入する代わりに、器械を下向きに患者の腹部に形成した小さな切開口から患者の膀胱上面の小さな切開口を通して膀胱内に入れ、膀胱口を通って尿道口に挿入する。 The antegrade expression treatment was inserted into the bladder instrument upward, instead of introducing the bladder port close to the incision site of the prostate, it small bladder top surface of the patient from the small incision formed in the patient's abdomen with instrument down placed in the bladder through the incision and inserted through the bladder outlet to the urethra opening. 腹部と膀胱上面の小さな切開口は、カニューレおよびトロカール組立体で器械の挿入のため形成し、カニューレで開口したままにしておく。 Small incision in the abdomen and the bladder upper surface forms for insertion of the instrument in the cannula and trocar assembly to be kept open by cannula.

変形可能なファスナーの実施例 図110は展開前状態の本発明の吻合器械2050の他の実施例の斜視図、図111は、患者の尿道から膀胱内に挿入した後で、展開前位置も示す、吻合器械の縦断面図である。 Perspective view of a deformable fastener Embodiment FIG 110 of another embodiment of an anastomotic instrument 2050 of the present invention prior to deployment state, FIG. 111, after inserting the patient's urethra into the bladder, indicating the position prior to deployment is a longitudinal sectional view of the anastomotic instrument. 吻合器械は、外側チューブ2051および第2チューブ2060を含むファスナー駆動装置組立体2050を有する。 Anastomosis instrument has a fastener drive assembly 2050 includes an outer tube 2051 and a second tube 2060. 外側チューブ2051は柔軟なフィンガー2053を終点としてもよく、一方フィンガーは近位ファスナーアンビル2054を終点としている。 The outer tube 2051 may be the end point of the flexible fingers 2053, whereas fingers has a proximal fastener anvil 2054 as the end point. 第2チューブ2060外側チューブ2051のすぐ内側でほぼ同軸上にあってよい。 There may substantially coaxially immediately inside the second tube 2060 outer tube 2051. 第2チューブ2060は柔軟なフィンガー2061を終点としてもよく、一方これらのフィンガーは遠位ファスナーアンビル2060を終点としており、これらアンビルは近位ファスナーアンビル2054と長さ方向で位置を揃え、また長さ方向で対向してよい。 Second tube 2060 may be the end point of the flexible fingers 2061, whereas the fingers is of a distal fastener anvil 2060 and ending, these anvils aligned position proximal fastener anvil 2054 and the longitudinal direction, and the length it may be opposite in direction.

ファスナー駆動装置組立体2052の使用のための組み立て時には、展開前の形状のファスナーセット2070(図119に拡大斜視図で示す)が第2チューブ2060の上に置かれ、柔軟なフィンガー2061の上を、ファスナーセット2070のファスナーの上部プロング(prongs)が上部アンビル2062に対して近位である位置まで運ばれる。 In assembly for use of the fastener drive assembly 2052, the fastener set 2070 of the pre-deployment configuration (shown in enlarged perspective view in FIG. 119) is placed on the second tube 2060, over the flexible fingers 2061 the upper prongs of the fastener of the fastener set 2070 (prongs) is carried to a position which is proximal to the upper anvil 2062. 次に、外側チューブ2051を、下部アンビル2054がファスナーセット2070のファスナー2072の下部プロングに対して近位である位置まで第2チューブ上を上方に滑らせ、ファスナーセット2070を後述するようにファスナー駆動装置組立体の駆動により(図110に示すように)展開するためのファスナー駆動装置組立体上の位置に保持する。 Then, the outer tube 2051, on the second tube to a position lower anvil 2054 is proximal to the lower prong of the fastener 2072 of the fastener set 2070 slid upward, the fastener drives the fastener set 2070 as described below by driving the device assembly (as shown in FIG. 110) held in the fastener drive assembly on location for deployment.

したがって、ファスナー駆動装置組立体2052は、柔軟なフィンガー2053と下部アンビル2054を有する外側チューブ2051および柔軟なフィンガー2061と、上部アンビル2062を有する第2チューブ2060持つことができることが、図110および図111で分かる。 Thus, the fastener drive assembly 2052 includes an outer tube 2051 and the flexible fingers 2061 having a flexible finger 2053 and a lower anvil 2054, that can have a second tube 2060 having an upper anvil 2062, FIG. 110 and FIG. 111 It can be seen in. ファスナー組立体2052が組み立てられ使用できるようになったときは、ファスナー組立体は図示のように展開前の形状のファスナーセット2070を含む。 When the fastener assembly 2052 can now be used assembled fastener assembly includes a fastener set 2070 of the pre-deployment shape as shown.

図119は展開前形状の典型的なファスナーセット2070を示す。 Figure 119 illustrates a typical fastener set 2070 predeployment shape. 1つまたは複数のファスナー2072は端部を僅かに外側に曲げた上部および下部プロングを有してよく、また曲がりくねったリンク2071で互いにつなぐこともできる。 One or more fasteners 2072 may have a top and bottom prongs bent ends slightly outwardly, may be connected to each other or in serpentine link 2071. 図120は設置後のファスナーセット2070を示す。 Figure 120 shows a fastener set 2070 after installation. 設置した形状では、ファスナーセット2070は曲がりくねったリンク2071の変形により円周と直径が拡大しており、ファスナー2074は押されて組織の中に捕捉されるように変形している。 The installation shape, fastener set 2070 has expanded circumference and diameter by deformation of the tortuous link 2071, the fastener 2074 is deformed so as to be captured pushed into the tissue. ファスナーセット2070は、体液および組織に無反応で本質的に生体適合性のあるほぼ永久的に変形可能な材料で作製してよい。 Fastener set 2070 may be made of substantially permanently deformable material that is inherently biocompatible unresponsive to fluids and tissues. 本発明者らは、適当に処理した外科用ステンレススチールが好適な材料の一例であると判断している。 The present inventors have, surgical stainless steel treated appropriately is determined to be an example of a suitable material. あるいは、ファスナーセットが生体吸収性であることが望ましい場合は、適当に変形可能で本質的に生体適合性である材料を選ぶことができる。 Alternatively, if it is desired fastener set is bioabsorbable may choose a suitably deformable inherently biocompatible material. 本発明者らは、吻合終了後はファスナーセットが患者の身体に吸収できる(すなわち、分解される)ように、可撓性の吸収可能ポリマー(例えば、ポリジオキサノンポリマー、あるいはジョンソン・エンド・ジョンソン社(Johnson & Johnson)および/またはエシコン社(Ethicon, Inc.)が商標「バイクリル」("Vicryl")およびPDS II(" PDS II")で販売しているポリマーなど、例えば、ポリジオキサノン(polydioxanone)ポリマー、またはラクチド(lactides)、グリコリド(glycolides)、ポリグラクチン(polyglactin)などを含むポリマーが好ましいと判断している。選んだ材料が設置期間に変形後所定の位置に十分留まれないものである場合は、プロング上の棘あるいは他の適当な保持構造を持たせたり、または、設置したら直ちにプロングがぶつかり絡みあって The present inventors have, after anastomosis completion fastener set can be absorbed into the body of the patient (i.e., is the decomposition) as the flexible resorbable polymers (e.g., polydioxanone polymers or Johnson & Johnson, Inc. (Johnson & Johnson) and / or Ethicon, Inc. (Ethicon, Inc.) and polymers that are sold under the trademark "vicryl" ( "vicryl") and PDS II ( "PDS II"), for example, polydioxanone (polydioxanone) polymers or lactide, (lactides), glycolide (glycolides), it is determined with the polymer, including polyglactin (polyglactin) are preferred. If selected material is one that does not sufficiently STOP to the deformed place the installation period , or to have a barb or other suitable holding structure on the prongs, or tangled collide immediately prongs After installing ぼ完全に閉じたリングを形成するような構造を含むように、ファスナーセットの設計を変更してよい。 URN to include structure so as to form a completely closed ring, may change the fastener set design.

図110および図111に戻ると、本実施例の吻合器械はエキスパンダーカラー(expander collar)2081を終点とすることができる第3チューブ2080も含んでいる。 Returning to FIG. 110 and FIG 111, the anastomosis instrument of this embodiment also includes the third tube 2080 that may be the end point of the expander collar (expander collar) 2081. エキスパンダーカラー2081の遠位端に固定してあるのは、図110および図111では展開前状態で示されている位置決め装置2090である。 The is fixed to the distal end of the expander collar 2081 is a positioning apparatus 2090, shown in a state prior to deployment in FIG. 110 and FIG 111.

図110および図111で示す位置決め装置2090の展開前の形状は吻合器械の患者の体内への挿入を容易にする。 Shape before deployment of the positioning device 2090 shown in FIG. 110 and FIG 111 to facilitate insertion into a patient's body of the anastomosis instrument. 位置決め装置2090は形状記憶を有する適当な弾性および可撓性ポリマー材料で作製することができ、ロッド2092を後退させると図112に示すような通常横に方向付けられた形状となるように付勢されている。 Positioner 2090 may be made of a suitable elastic and flexible polymeric material having a shape memory, biasing as retracting the rod 2092 becomes usually laterally oriented shape as shown in FIG. 112 It is. 図112に示すように、位置決め装置2090はその周囲に、吻合器械を展開した後、尿、体液、あるいは凝固物を第3チューブ2080に排出できる1つまたは複数の排液孔2091を有することができる。 As shown in FIG. 112, on its periphery positioning apparatus 2090, after deploying the anastomosis instrument, urine, body fluid, or coagulate a have one or more drainage holes 2091 can be discharged to the third tube 2080 it can. 位置決め装置2090は、ロッド2092、したがってロッド2092に一体に取り付けることができる遠位端キャップ2093の長さ方向の動きにより、交互に図110および図111に示す展開前の位置に移動するか、または図112に示す通常の(展開)位置に形状記憶により戻ることができる。 Positioner 2090, rod 2092, thus the length direction of movement of the distal end cap 2093 can be attached integrally to the rod 2092, move to a position before deployment as shown in FIG. 110 and FIG 111 alternately, or You can return the shape memory in the normal (deployed) position shown in Figure 112.

図121に示すように、遠位端キャップ2093はその周囲に膀胱から尿あるいは他の体液を排出できる1つまたは複数の溝2094を持つことができ、排出された尿あるいは体液は位置決め装置2090の排液孔2091から遠位キャップ2093を通り過ぎて第3チューブ2080に流れ込んで、患者の体内から排出される。 As shown in FIG. 121, the distal end cap 2093 can have one or more grooves 2094 can be discharged urine or other body fluids from the bladder to the surrounding, it discharged urine or body fluid of the positioning device 2090 It flows from drainage holes 2091 to the third tube 2080 past the distal cap 2093, and is discharged from the patient's body.

外側駆動装置組立体チューブ2051、第2チューブ2060、第3チューブ2080およびロッド2092は、後述するように、これらのチューブおよびロッドを患者の体内そして尿道への挿入時に曲げることができるばかりでなく使用中にチューブおよびロッドが潰れたり、捩れたり、くっついたり、または破れたりすることを防ぐ、形状記憶、可撓性、強度および剛性のような特性を適当に組み合わせて持つ、1つまたは複数の材料で作製することができる。 Outer drive assembly tube 2051, second tube 2060, the third tube 2080 and rod 2092, as described later, used not only these tubes and rods can be bent during insertion into the body and the patient's urethra prevent or crushed tubes and rods, twisted or, stick or, or that torn into, shape memory, flexible, with a suitable combination of properties such as strength and stiffness, one or more materials in can be prepared. 選択した材料は身体組織および体液に本質的に無反応でもあり、実質上生体適合性のものである。 The selected material is also essentially non-reactive to body tissue and body fluids are of substantially biocompatible. 発明者らは、当分野において様々な外科用装置およびチューブに適しているものとして知られているニチノールが好適な材料の一例であると判断している。 It, Nitinol is known to be suitable for a variety of surgical equipment and tubing in the art is judged to be an example of a suitable material.

第3チューブ2080をロッド2092と同軸に配列したいとき、または第3チューブ2080をさらに後述するようなカテーテルとして使うときに、中空チューブを第3チューブ2080として使えること、しかしロッドを第3チューブ2080の代わりに使ってほぼ同様の機械的機能、すなわち力を伝えて位置決め装置を駆動する機能を果たし、したがってカテーテル機能あるいは同軸配列、したがってチューブが必要でない場合にはロッドが使えることが分かるであろう。 When using the third tube 2080 as a catheter, such as when you want arranged in the rod 2092 and coaxial, or even below the third tube 2080, to use a hollow tube as the third tube 2080, but the rod of the third tube 2080 substantially the same mechanical function using instead, that serves to drive the positioning device to convey the force, thus catheter function or coaxial arrangement, therefore if the tube is not required it will be appreciated that the rod can be used. 逆に、チューブを使ってロッド2092の機能を果たすことができる。 Conversely, it is possible to perform the function of rod 2092 with a tube. したがって、記載した特許請求の範囲の目的のために、請求の範囲で特に断らない限り、用語「チューブ」はロッドを含むものであり、そのまた逆もある。 Therefore, for the purposes of the scope of the described claims, unless otherwise stated in the claims, the term "tube" is intended to include rods, there is also its addition reversed.

図110を参照すると、吻合装置2050の患者体内への挿入および/または体内からの回収が楽になるように吻合器械の縦断面形状をよりなだらかにするため、吻合器械は、ファスナー駆動装置組立体2052および/またはエキスパンダーカラー2081とファスナー駆動装置組立体2052との間の空間を覆う可動で、取外し可能または解放可能なカラー、あるいはスリーブ(図示せず)も具備できる。 Referring to FIG. 110, for a longitudinal section of the anastomotic instrument so that recovery from the insertion and / or the body of the patient of the anastomotic device 2050 becomes easy to smoother, anastomosis instrument, the fastener drive assembly 2052 and / or movable to cover the space between the expander collar 2081 and the fastener drive assembly 2052, a removable or releasable collar or sleeve (not shown) may comprise.

次に、前立腺摘除後に前記吻合器械を使って患者の膀胱と尿道の吻合を行う方法を述べる。 Next, using the anastomosis instrument after prostatectomy describes a method of performing an anastomosis of the patient's bladder and urethra. 前立腺摘除手術後は患者の膀胱1と尿道口6との間は、図2に示すように、以前は前立腺があった空洞で離されている。 After prostatectomy surgery is between the bladder 1 and the urethral opening 6 of the patient, as shown in FIG. 2, formerly separated by cavity had prostate. 膀胱腔4と尿道口6との位置を揃えて膀胱1を尿道5に接合して、回復および治癒後に尿道の機能を取り戻すことが必要である。 Align the position of the bladder cavity 4 and urethral opening 6 by joining the bladder 1 into the urethra 5, it is necessary to regain the function of the urethra after the recovery and healing.

図111に示すように、吻合器械を上向きに患者の尿道5内に、そしてそこから膀胱口4を通って膀胱1に挿入できる。 As shown in FIG. 111, into the urethra 5 for upwardly patient anastomosis instrument, and can be inserted from there through the bladder port 4 to the bladder 1. 次に、外科医がロッド2092、したがって遠位端キャップ2093を後退させると、図112に示すように位置決め装置2090が形状記憶により通常の配位の形状をとることができる。 Next, the surgeon rod 2092, thus retracting the distal end cap 2093 may take the normal coordination shape by positioning apparatus 2090 is a shape memory, as shown in FIG. 112. 位置決め装置2090のこの横方向配位が、膀胱口4の周囲の膀胱壁2を位置決め装置で引っ張らなくても、位置決め装置が後退させられることを防止する。 This lateral coordination of the positioning device 2090, without pulling the bladder wall 2 surrounding the bladder outlet 4 by the positioning device, to prevent the positioning device is retracted.

次に、外科医は第3チューブ2080とそれに対応してエキスパンダーカラー2081を近位方向に後退させて、エキスパンダーカラー2081を遠位ファスナーアンビル2062の内側で、それらの間の図113に示す位置まで引き寄せることができる。 The surgeon then retracts the expander collar 2081 correspondingly with the third tube 2080 in the proximal direction pulls the expander collar 2081 on the inside of the distal fastener anvil 2062, to the position shown in Figure 113 therebetween be able to. エキスパンダーカラー2081を遠位ファスナーアンビル2062の内側でそれらの間に引き寄せると、ファスナーアンビル2062と、対応する可撓性のフィンガー2061(図110に示されている)が図113に示すように、半径方向外側に押し出される。 When pulled therebetween expander collar 2081 on the inside of the distal fastener anvil 2062, a fastener anvil 2062, so that the corresponding flexible fingers 2061 (shown in FIG. 110) is shown in FIG. 113, the radius It is pushed in the direction of the outside. 可撓性のフィンガー2061のこの動きで、遠位ファスナーアンビル2061の下の可撓性のフィンガー2061の上と周りにあるファスナーセット2070が、曲がりくねったリンク2071の変形で、直径および円周を拡大する(図119に詳細に示す)。 Enlarge the motion of the flexible fingers 2061, fastener set 2070 at the top and around the flexible fingers 2061 under the distal fastener anvil 2061, a variant of the tortuous link 2071, the diameter and circumference to (shown in detail in FIG. 119).

次に、外科医は吻合器械全体を尿道を通して下方に引くと、位置決め装置2090が膀胱口4の周囲の膀胱壁2を図114に示す位置まで引っ張り、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて骨盤底部7に接触させることができる。 Next, the surgeon pulls the entire anastomosis instrument downwardly through the urethra, pulling the bladder wall 2 around the positioning device 2090 bladder outlet 4 to the position shown in FIG. 114, aligning the position of the bladder port 4 and urethral meatus 6 it can be brought into contact with the pelvic floor portion 7 Te.

次に、外側チューブ2051を、第2チューブ2060および吻合器械の他の部分を動かないようにしながら、遠位方向に移動できる。 Then, the outer tube 2051, while not moving another portion of the second tube 2060 and anastomosis instrument, can be moved in a distal direction. 図115および図116から分かるように、この動きに対応して、近位ファスナーアンビル2054が遠位ファスナーアンビル2062に向かって移動し、両アンビルが対面接触し、ファスナーセット2070のファスナー2072の上方および下方プロングを圧迫し変形して、膀胱口と尿道口の周囲の膀胱壁と骨盤底部の組織に押し込み、押し込まれたプロングはそれぞれの組織内でほぼ対向し連接するフックを形成するか、または、あるいは、リング形状を形成する。 As seen from FIG. 115 and FIG 116, in response to this movement, the proximal fastener anvil 2054 is moved toward the distal fastener anvil 2062, both anvil face contacts the upper fastener 2072 of the fastener set 2070 and deformed compress the lower prong, pushing the tissue of the bladder wall and pelvic floor portion around the bladder opening and the urethral meatus, or the pushed-in prongs forming hooks substantially opposite concatenated within each tissue or, Alternatively, to form a ring shape. (図120も参照されたい)。 (Figure 120 see also). このようにして配置したファスナーは、位置を揃えた膀胱口と尿道口の近くで膀胱壁2の組織を骨盤底部7の組織に固定することができる。 Thus by arranging the fasteners tissues bladder wall 2 can be secured to the tissue of the pelvic floor portion 7 near the bladder opening and the urethral meatus that align the.

次に、外科医は第2チューブ2060を動かないようにして外側チューブ2051を近位方向に移動でき、これによって近位ファスナーアンビル2054と遠位ファスナーアンビル2062をファスナー2072から離脱させ、かつ、互いに離間させて、図117に示す位置に移動させる。 Next, the surgeon can move proximally to outer tube 2051 so as not to move the second tube 2060, thereby to disengage the proximal fastener anvil 2054 and a distal fastener anvil 2062 from the fastener 2072, and, spaced apart from each other by is moved to the position shown in FIG. 117. 次に、外科医は第2チューブ2060を動かないようにして、第3チューブと、それに対応してエキスパンダーカラー2081を遠位方向に移動でき、これによりエキスパンダーカラー2081を上方アンビル2062と可撓性のフィンガー2061との間から遠位方向に押し、可撓性のフィンガー2061と上方アンビル2062とをそれらの展開前位置に戻して、拡大して展開したファスナーセットの直径よりも小さい直径の円を取り囲み、それを通ってファスナー駆動装置組立体が後退できる。 Next, the surgeon so as not to move the second tube 2060, and a third tube, it can move the expander collar 2081 distally correspondence, thereby expander collar 2081 and the upper anvil 2062 flexible press distally from between the fingers 2061, the flexible fingers 2061 and the upper anvil 2062 back to their pre-deployment position, surrounds the circle of smaller diameter than the diameter of the fastener set expanded to expand a fastener drive assembly can be retracted therethrough.

次に、外側チューブ2051、可撓性のフィンガー2053、近位ファスナーアンビル2054、第2チューブ2060、可撓性のフィンガー2061、および、遠位ファスナーアンビル2060を含むファスナー駆動装置組立体2052を患者の体内から取り出すことができるが、図118に示すように、第3チューブ2080、エキスパンダーカラー2081、位置決め装置2090、ロッド2092および遠位端キャップ2093が体内に残る。 Next, the outer tube 2051, a flexible finger 2053, proximal fastener anvil 2054, the second tube 2060, flexible fingers 2061, and the fastener drive assembly 2052 that includes a distal fastener anvil 2060 patients can be removed from the body, as shown in FIG. 118, the third tube 2080, expander collar 2081, positioner 2090, rod 2092 and a distal end cap 2093 remains in the body. 残留している位置決め装置2090および第3チューブ2080を使って膀胱口4の周囲の膀胱壁2に補助的な下向きの押圧力を加えて、膀胱口4の周囲の膀胱壁2の組織と尿道口6の周囲の骨盤底部7の組織との接触と癒合を向上することができる。 In addition an auxiliary downward pressing force with a positioning device 2090 and the third tube 2080 remaining in the bladder wall 2 around the bladder opening 4, the bladder wall 2 around the bladder opening 4 tissues and the urethral meatus 6 can be improved contact with the fusion of the tissues surrounding the pelvic floor portion 7 of the. さらに、または代わりに、排液孔2091を有する位置決め装置2090と第3チューブ2080を使って膀胱と尿道の継ぎ目を密封し、かつ、回復期間および治癒期間に、尿、体液および/または凝固物を膀胱から排出できる。 Additionally, or alternatively, by using a positioning apparatus 2090 having drainage holes 2091 a third tube 2080 to seal the seams of the bladder and urethra, and the recovery period and healing time, urine, body fluids and / or coagulum It can be discharged from the bladder. 体液は図121に示す遠位端キャップ2093の溝2094を流れて遠位端キャップ2093を通過できる。 Body fluid can pass through the distal end cap 2093 flows groove 2094 of the distal end cap 2093 shown in FIG. 121. この目的で使われると、第3チューブ2080を中間の配管を介して蓄尿バッグ(図示せず)につなぐことができる。 When used for this purpose can be coupled to a urine storage bag (not shown) of the third tube 2080 via an intermediate pipe. 回復および治癒後、ロッド2092と、それに対応して遠位端キャップ2093とが第3チューブ2080に対して長さ遠位方向に押し上げられ、したがって、位置決め装置2090を、図110および図111に示すその展開前位置に押し込み、また吻合器械のこれら残留部品を膀胱から取り出し尿道を経て患者の体内から回収できる。 After recovery and healing, the rod 2092, and a distal end cap 2093 and correspondingly pushed length distally relative to the third tube 2080, therefore, the positioning device 2090, shown in FIG. 110 and FIG. 111 pushed into its pre-deployment position, also these remaining components of the anastomosis instrument can be recovered from the patient's body through the urethra removed from the bladder.

図83および図85に示しかつ前述したハンドル組立体あるいはその変形を含む様々な単純な機械部品を、器械の近位端において前記ステップでの必要に応じて、器械を展開前および/または後退位置、および、展開位置および駆動位置に移動し、保持するために、外側駆動装置組立体チューブ2051、第2チューブ2060、第3チューブ2080、およびロッド2092を動作し操作するように構成できることは、外科用機械装置の設計分野の当業者には分かるであろう。 Various simple mechanical parts, including shows and handle assembly, or variations thereof described above in FIGS. 83 and 85, as required at step at a proximal end of the instrument, prior to deploying instrument and / or retracted position , and, in order to move to the deployed position and the drive position, retaining, outer drive assembly tube 2051, second tube 2060, the third tube 2080, and can be configured to operate by operating the rod 2092, Surgery It will be appreciated by those skilled in the design arts of use machinery.

位置決め装置は前述したように、可撓性があり、弾力性のあるポリマー形状記憶材料で作った実施例に限定される必要はなく、組立体が展開位置と後退位置との間で交互に切り替わり、展開位置では位置決め装置がチューブあるいは他の部材により加えられたり伝達されたりする力に応答して膀胱口に捕捉され、膀胱を骨盤底部に押し付け接触させるのに適しているような位置決め装置の代替設計も可能であることが、外科用機械装置の設計分野の当業者には理解されるであろう。 As the positioning device described above is flexible, need not be limited to the embodiments made with a resilient polymeric shape memory material, the assembly is switched alternately between a retracted position and a deployed position , trapped in the bladder port in response to a force or transmitted or exerted by a tube or other member positioning device in a deployed position, an alternative positioning device as suitable for contact with pressing the bladder to the pelvic floor section it designs are possible, to those skilled in the design arts of the surgical machine will be understood. 位置決め装置は、例えば図14、図19、図24および図57に示し、かつ、本明細書で述べた位置決め装置のいずれでもよい。 Positioning device, for example 14, 19, shown in FIGS. 24 and 57, and may be any of the positioning apparatus described herein. 同様に、アンカー駆動装置組立体は前述した典型的な2本チューブ(two-tube)装置に限定される必要はなく、膀胱と尿道が一緒になったときにチューブまたは他の部材により加えられたり伝達されたりする力に応答してアンカー駆動装置組立体から1つまたは複数のファスナーを膀胱および尿道の組織にこれら体腔の開口の周囲に設置するような装置の代替設計も可能あることを外科用機械装置の設計分野の業者には理解されるであろう。 Similarly, or anchor drive assembly need not be limited to the exemplary two tubes described above (two-tube) device, applied by a tube or other member when the bladder and urethra are together surgical that there can be an alternative design of the device as installed around the opening of the body cavity from the anchor drive assembly in response to one or more fasteners into the bladder and urethra tissues forces or transmitted the skilled in the design field of mechanical devices will be understood.

前述したように、チューブ、位置決め装置および駆動装置組立体を、前述したように逆行式吻合処置用に構成した器械で、または順行式処置用に構成した器械で組み合わせて構成できる。 As described above, the tube, the positioning device and drive assembly can be configured by combining with at instrument was configured for retrograde type anastomosis procedure as described above, or configured for antegrade type treatment instrument. 順行式処置では、器械を上向きに膀胱に挿入し、前立腺の切開部位に近接した膀胱口に導入する代わりに、器械を下向きに患者の腹部に形成した小さな切開口から患者の膀胱上面の小さな切開口を通して膀胱内に入れ、膀胱口を通って尿道口に挿入する。 The antegrade expression treatment was inserted into the bladder instrument upward, instead of introducing the bladder port close to the incision site of the prostate, it small bladder top surface of the patient from the small incision formed in the patient's abdomen with instrument down placed in the bladder through the incision and inserted through the bladder outlet to the urethra opening. 腹部と膀胱上面の小さな切開口は、カニューレおよびトロカール組立体で形成し、器械の挿入のためカニューレで開口したままにしておく。 Small incision in the abdomen and the bladder upper surface is formed of a cannula and trocar assembly to be kept open cannulated for insertion of the instrument.

係留部材の実施例 図122は、展開前状態にある本発明の吻合器械2010の他の実施例の縦断面図である。 Anchoring members Embodiment FIG 122 is a longitudinal sectional view of another embodiment of an anastomotic instrument 2010 of the present invention in a pre-deployment state. 吻合器械は、内側チューブ2011、外側チューブ2012およびロッド2019を具備することができ、これらの部材は内側チューブ2019が外側チューブ2012内に配置でき、かつ、動くことができ、ロッド2019は内側チューブ2011内にほぼ同軸関係で配置でき、動くことができるような寸法であってよい。 Anastomosis instrument, inner tube 2011 can comprise an outer tube 2012 and rod 2019, these members are inner tube 2019 can be located on the outside tube 2012, and can move the rod 2019 inside tube 2011 substantially be arranged in a coaxial relation within, it may be dimensioned so that it can move. 内側チューブ2011、外側チューブ2012およびロッド2019は、後述するように、これらのチューブおよびロッドを患者の体内、および、尿道への挿入時に曲げることができるばかりでなく、使用中にチューブおよびロッドが潰れたり、捩れたり、くっついたり、または、破れたりすることを防ぐ、形状記憶、可撓性、強度および剛性のような特性を適当に組み合わせて持つ、1つまたは複数の材料で作製することができる。 The inner tube 2011 and the outer tube 2012 and rod 2019, as described below, these tubes and rods of patient, and not only can be bent upon insertion into the urethra, the tube and rod collapse during use or, or twisting, or stick, or prevented from being torn, shape memory, flexible, with a combination appropriately properties such as strength and rigidity, can be manufactured with one or more materials . 選択した材料は身体組織および体液に本質的に無反応でもあり、実質上生体適合性のものである。 The selected material is also essentially non-reactive to body tissue and body fluids are of substantially biocompatible. 発明者等は、当分野において様々な外科用装置およびチューブに適しているものとして知られているニチノールが好適な材料の一例であると判断している。 Inventors have Nitinol is known to be suitable for a variety of surgical equipment and tubing in the art is judged to be an example of a suitable material.

図122に示すように、吻合器械2010は位置決め装置2017を具備している。 As shown in FIG. 122, anastomosis instrument 2010 is provided with a positioning device 2017. 展開前位置での位置決め装置2017はほぼ円筒状で、半径は第1チューブ2012の半径よりも小さいかほぼ等しく、遠位端は丸くなっている。 Expand before positioning apparatus 2017 at positions substantially cylindrical, the radius is less than or approximately equal to than the radius of the first tube 2012, the distal end is rounded. 位置決め装置2017の展開前の形状は吻合器械の患者体内への挿入を容易にしている。 Shape before deployment of the positioning apparatus 2017 to facilitate insertion into a patient's body of the anastomosis instrument. 位置決め装置2017は形状記憶を有する適当な弾性および可撓性ポリマー材料で作製することができ、ロッド2019を後退させると、図124に示すような通常横に方向付けられた形状となるように、付勢されている。 Positioner 2017 may be made of a suitable elastic and flexible polymeric material having a shape memory, retracting the rod 2019, so that the shape normally oriented laterally, as shown in FIG. 124, It is biased. 図124に示すように、位置決め装置2017はその周囲に、吻合器械を展開した後、尿、体液、または凝固物を内側チューブ2011に排出できる、1つまたは複数の排液孔2018を有することができる。 As shown in Figure 124, on its periphery positioning apparatus 2017, after deploying the anastomosis instrument, urine, body fluids or coagulum and can be discharged to the inner tube 2011, have one or more drainage holes 2018 it can.

吻合器械2010はまた、係留部材2013を有している。 Anastomosis instrument 2010 also has an anchoring member 2013. 係留部材2013もチューブ状部材でよく、近位端2015は外側チューブ2012の遠位端に固定され、遠位端2014は内側チューブ2011の遠位端に固定してある。 Anchoring member 2013 may be a tubular member, the proximal end 2015 is fixed to the distal end of the outer tube 2012, the distal end 2014 is fixed to the distal end of the inner tube 2011. 本実施例では、係留部材2013は、展開すると横方向に伸びるリブ(ribs)または他の突出部を形成し、それらが適正に配置され長さ方向に圧縮されると患者の尿道内に係留部材が係留できる。 In this embodiment, the anchoring member 2013 forms a rib (ribs) or other protrusions extending laterally Expand, anchoring member thereof when compressed to properly disposed lengthwise within the patient's urethra There can be moored. 図126に示すように、係留部材2013は一連の円周方向の予備形成した蛇腹(folds)2016を有し、内側チューブ2011を動かないように保持して外側チューブ2012が遠位方向に押されると、蛇腹により係留部材2013が長さ方向に圧縮される。 As shown in FIG. 126, the anchoring member 2013 has a series of circumferential preformed bellows (folds) 2016, pushed the outer tube 2012 in the distal direction and held stationary inner tube 2011 When, the anchoring member 2013 is compressed in the longitudinal direction by the bellows. したがって、長さ方向に圧縮されると、係留部材2013がアコーディオンのように横方向に突出するリブまたは突出部を形成し、これらのリブ等は患者の尿道内の所定の位置で器械を係留する機能を果たすことができる。 Thus, when compressed in the longitudinal direction, the anchoring member 2013 to form a rib or protrusion projects laterally like an accordion, these ribs such anchoring instrument at a predetermined position within the urethra of a patient it is possible to perform the function. 係留部材2013はポリウレタンから形成されることができるが、他の適当な材料でも作ることができる。 Anchoring member 2013 may be formed from polyurethane, but could be made of other suitable materials.

再び図122を参照すると、ロッド2019には遠位端キャップ2020でキャップされており、このキャップは、ロッド2019が位置決め装置2017を突き破ることを防ぐために、ロッド2019により位置決め装置2017の内側に加わる力を分散するように、丸みをつけて構成することができる。 Referring to Figure 122 again, the rod 2019 are capped at the distal end cap 2020, the cap is in the rod 2019 prevents break through positioning apparatus 2017, the force exerted on the inside of the positioning device 2017 by a rod 2019 to disperse, it can be configured rounded. 図127を参照すると、遠位端キャップ2020はその周面に1つまたは複数の溝2021を備えてもよく、ロッド2019を後退させたときには、尿、体液、または凝固物が遠位端キャップ2020を溝に沿って流れることができる。 Referring to FIG. 127, the distal end cap 2020 may be provided with one or more grooves 2021 in its peripheral surface, when retracting the rod 2019, urine, body fluids or coagulum distal end cap, 2020 the can flow along the groove. ロッド2019に固定された遠位端キャップ2020は実質的にそれと一体化している。 The distal end cap secured to the rod 2019 2020 are substantially integrated therewith.

内側チューブ2011と外側チューブ2012とを同軸に配列したいとき、またはこれら部材の1つまたは複数をさらに後述するようなカテーテルとして使うときに、中空チューブをそれらチューブに使えること、しかし1本または複数本のロッドをチューブの代わりに使ってほぼ同様の機械的機能、すなわち力を伝えて組立体と係留部材を駆動する機能を果たし、したがってカテーテル機能あるいは同軸配列、したがってチューブが必要でない場合には、ロッドが使えることが分かるであろう。 When using an inner tube 2011 and outer tube 2012 when you arranged coaxially, or as a catheter, as further described below one or more of these members, the ability to use a hollow tube the tubes, but one or a plurality substantially the same mechanical function with a rod in place of the tube, when namely functions to convey the force to drive the assembly and the anchoring member, thus catheter function or coaxial arrangement, thus the tube is not required, the rod it will be appreciated that can be used. したがって、記載した特許請求の範囲の目的のために、特許請求の範囲で特に断らない限り、用語「チューブ」はロッドを含むものである。 Therefore, for the purposes of the scope of the described claims, unless otherwise stated in the claims, the term "tube" is intended to include rod.

次に、前立腺摘除後に前記吻合器械を使って患者の膀胱と尿道の吻合を行う方法を述べる。 Next, using the anastomosis instrument after prostatectomy describes a method of performing an anastomosis of the patient's bladder and urethra. 前立腺摘除手術後は患者の膀胱1と尿道口6との間は、図2に示すように、以前は前立腺があった空洞で離されている。 After prostatectomy surgery is between the bladder 1 and the urethral opening 6 of the patient, as shown in FIG. 2, formerly separated by cavity had prostate. 膀胱腔4と尿道口6との位置を揃えて膀胱1を尿道5に接合して、回復および治癒後に尿道の機能を取り戻すことが必要である。 Align the position of the bladder cavity 4 and urethral opening 6 by joining the bladder 1 into the urethra 5, it is necessary to regain the function of the urethra after the recovery and healing.

図123に示すように、(図127から分かるように)吻合器械2010を上向きに患者の尿道5内に、そしてそこを通ってから膀胱口4を通って膀胱1に挿入できる。 As shown in FIG. 123, it can be inserted (as can be seen from Figure 127) into the urethra 5 patients the anastomosis instrument 2010 upward, and therefrom to the bladder 1 through the bladder port 4 through. 次に、外科医が遠位端キャップ2020を取り付けてあるロッド2019を近位方向に後退させると、位置決め装置2017が、図124に示すように、膀胱内で吻合器械の縦軸に対して横方向で膀胱口4の直径以上の長さの通常の形状をとることができる。 Next, retracting the rod 2019 the surgeon is attached to the distal end cap 2020 in a proximal direction, the positioning device 2017, as shown in FIG. 124, transverse to the longitudinal axis of the anastomotic instrument in the bladder in can take a regular shape with a diameter more than the length of the bladder opening 4. 位置決め装置2090のこの横方向の配位が、膀胱口4の周囲の膀胱壁2を位置決め装置で引っ張らなくても、位置決め装置が後退することを防止する。 The lateral coordination of the positioning device 2090, without pulling the bladder wall 2 surrounding the bladder outlet 4 by the positioning device, to prevent the positioning device is retracted.

次に、外科医は吻合器械全体を尿道を通して下方に引くと、位置決め装置2017が、膀胱口4の周囲の膀胱壁2を、図125に示す位置で膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて骨盤底部7に接触させることができる。 Next, alignment when the surgeon pulls the entire anastomosis instrument downwardly through the urethra, the positioning device 2017, the bladder wall 2 around the bladder opening 4, the positions of the bladder port 4 and urethral meatus 6 at the position shown in FIG. 125 it can be brought into contact with the pelvic floor portion 7 Te.

次に、内側チューブ2011を動かないようにして外側チューブ2012を遠位方向に動かすことができる。 Then, it is possible to move the outer tube 2012 in the distal direction so as not to move the inner tube 2011. 図126から分かるように、係留部材2013の近位端が外側チューブ2012の遠位端にA点で固定され、かつ、係留部材2013の遠位端が内側チューブ2011の遠位端にB点で固定されているので、静止している内側チューブ2011に対する外側チューブ2012の遠位方向移動により係留部材2013が長さ方向に圧縮される。 As can be seen from Figure 126, the proximal end of the anchoring member 2013 is fixed at the point A to the distal end of the outer tube 2012, and a distal end distal end of the inner tube 2011 of the anchoring member 2013 at point B since it is fixed, the anchoring member 2013 is compressed in the longitudinal direction by the distal movement of the outer tube 2012 relative to the inner tube 2011 which is stationary. 係留部材2013における予備形成した円周方向の蛇腹で係留部材2013がアコーディオンのように圧縮され、図示のように横方向に突出するリブを形成し、これにより係留部材2013、したがって、吻合器械全体が尿道内の図126に示す位置で係留することができる。 Anchoring member 2013 in the circumferential direction of the bellows which is preformed in the anchoring member 2013 is compressed like an accordion to form a rib which projects laterally as shown, thereby anchoring member 2013, therefore, the entire anastomosis instrument it can be moored at the position shown in Figure 126 in the urethra.

図131〜図133に単に例として示すように、係留部材2013は様々な形状構成とすることができ、例えばミシン目を入れたものは構成材料における半径方向応力を軽減し、それにより横方向に開くのが容易になり、また長さ方向に圧縮されると係留部材2013が横方向に延びる突起2042を形成して尿道内での係留効果を高める。 Simply as shown by way of example in FIGS. 131 to Figure 133, the anchoring member 2013 may be a variety of configurations, such as those containing the perforation reduces the radial stress in the material, thereby laterally It is facilitated opening and anchoring member 2013 to be compressed in the lengthwise direction to form a protrusion 2042 extending transversely enhance the anchoring effect in the urethra. 係留部材2013は外表面を粗くしてもよく、これも尿道内での係留効果を高める。 Anchoring member 2013 may be roughened outer surface, which also enhances the anchoring effect in the urethra. 尿道内での係留効果を高めるどのような突起も所定の限定された長さであるように係留部材を設計することが望ましく、これは周囲の組織を刺したり貫通したりするのを防いで組織内の敏感な領域に永久的な損傷をく加える可能性をできるだけ軽減するためである。 It is desirable that any such projections to enhance the anchoring effect in the urethra designing anchoring member to be a predetermined limited length, which is tissue prevents the or penetrate or pierce the surrounding tissue the sensitive areas of the inner is to reduce as much as possible the possibility of adding Ku permanent damage.

図83および図85に示し、かつ前述したハンドル組立体あるいはその変形を含む様々な単純な機械部品を、器械の近位端において前記ステップでの必要に応じて器械を、後退位置、および、展開位置および係留位置に移動し、保持するために、内側チューブ2111、外側チューブ2012およびロッド2019を動作し操作するように構成できることは、外科用機械装置の設計分野の当業者には分かるであろう。 Shown in FIGS. 83 and 85, and a variety of simple mechanical components, including a handle assembly or modifications thereof described above, the instrument as required by the step at the proximal end of the instrument, retracted position, and, deploying moves to a position and anchoring position, in order to hold the inner tube 2111, it can be configured to operate the outer tube 2012 and a rod 2019 operation, it will be known to those skilled in the design arts of the surgical machine .

膀胱の組織と骨盤底部の組織が自然に互いに癒合し治癒するのに必要な期間、図126に示す係留位置にある吻合器械を使って、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて、膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に接触させて保持できる。 Period required for tissue organization and pelvic floor portion of the bladder to heal and heal spontaneously together with the anastomosis instrument in the anchoring position shown in FIG. 126, align the positions of the bladder port 4 and urethral meatus 6, the bladder wall 2 around the bladder opening 4 can be held in contact with the periphery of the pelvic floor portion 7 of the urethral meatus 6.

吻合器械が治癒に必要な期間図126に示された位置に係留されている間、尿、体液および/または凝固物は組立体2013の排液孔2018を通って膀胱1から排出され、ロッド2019の遠位端キャップ2020上の溝2021(図127に拡大斜視図で示す)を流れて、内側チューブ2011を経て患者の体内から排出される。 While the anastomosis instrument is anchored to the position shown in period view 126 required for healing, urine, body fluids and / or coagulum is discharged from the bladder 1 through the drainage hole 2018 of the assembly 2013, the rod 2019 flowing a groove 2021 on the distal end cap 2020 (shown in enlarged perspective view in FIG. 127), it is discharged from the patient's body through the inner tube 2011. 図128に示すように、吻合器械を配管を介して蓄尿バッグ2023につなげることもできる。 As shown in FIG. 128, the anastomosis instrument may also be lead to urine storage bag 2023 through a pipe.

位置決め装置は前述したように可撓性があり、弾力性のあるポリマー形状記憶材料で作った実施例に限定される必要はなく、位置決め装置が後退位置と展開位置との間で交互に切り替わり、展開位置では位置決め装置がチューブあるいは他の部材により加えられたり伝達されたりする力に応答して膀胱口に捕捉され、膀胱を骨盤底部に押し付けて接触させるのに適しているような位置決め装置の代替設計も可能であることを外科用機械装置の設計分野の業者には理解されるであろう。 The positioning device is flexible as mentioned above, need not be limited to the embodiments made with a resilient polymeric shape memory material, the positioning device is switched alternately between a deployed position and a retracted position, the deployed position is trapped in the bladder port in response to a force positioning device or is transmitted or exerted by a tube or other member, alternate positioning device as suitable for contact against the bladder pelvic floor section design that is also possible to those skilled in the design field of surgical machine will be understood. 組立体は、例えば図14、図19、図24および図57に示し、かつ、本明細書で述べた位置決め装置のいずれでもよい。 The assembly, for example 14, 19, shown in FIGS. 24 and 57, and may be any of the positioning apparatus described herein. 同様に、係留部材は前述した中空の予め折りたたんだポリウレタン部材に限定される必要はなく、係留部材が後退位置と展開位置との間で交互に切り替わり、展開位置で係留部材がチューブまたは他の部材により加えられたり伝達されたりする力に応答して1つまたは複数のリブあるいは突出物を形成し、係留部材が尿道内に留まることができるような装置の代替設計も可能あることが、外科用機械装置の設計分野の当業者には理解されるであろう。 Similarly, the anchoring member need not be limited to pre-folded polyurethane hollow member described above, the anchoring member is switched alternately between a deployed position and a retracted position, the tube anchoring member in the deployed position or other member in response to a force or transmitted or applied by forming one or more ribs or protrusions, that the anchoring member is an alternative design also devices, such as can remain in the urethra, surgical to those skilled in the design arts of mechanical devices will be understood.

前述したように、チューブ、位置決め装置および係留部材を、前述したように逆行式吻合処置用に構成した器械で、または順行式処置用に構成した器械で組み合わせて構成できる。 As described above, the tube, the positioning device and the anchoring member can be configured in combination with at instrument was configured for retrograde type anastomosis procedure as described above, or configured for antegrade type treatment instrument. 順行式処置では、器械を上向きに膀胱に挿入し、かつ、前立腺の切開部位に近接した膀胱口に導入する代わりに、器械を下向きに患者の腹部に形成した小さな切開口から患者の膀胱上面の小さな切開口を通して膀胱内に入れ、膀胱口を通って尿道口に挿入する。 The antegrade expression treatment was inserted into the bladder instrument upwardly, and instead of introducing into the bladder port close to the incision site of the prostate, bladder top surface of the patient from the small incision formed in the patient's abdomen with instrument down placed into the bladder through a small incision, it is inserted through the bladder outlet to the urethra opening. 腹部と膀胱上面の小さな切開口はトロカールおよびカニューレ組立体(図示せず)で形成し、器械の挿入のためカニューレで開口したままにしておく。 Small incision in the abdomen and the bladder upper surface is formed by a trocar and cannula assembly (not shown) to be kept open cannulated for insertion of the instrument.

図129に示すように、順行式吻合器械2030は外側チューブ2031、第1内側チューブ2032および第2内側チューブ2034を有してもよい。 As shown in FIG. 129, antegrade formula anastomosis instrument 2030 may have an outer tube 2031, first inner tube 2032 and the second inner tube 2034. 前述した逆行式吻合器械と同様に、これらのチューブは、第1内側チューブ2032が外側チューブ2031内に配置でき、外側チューブ2031に対して長さ方向に移動でき、かつ、第2内側チューブ2034が第1内側チューブ2032内に配置でき、長さ方向に移動できるような大きさである。 Similar to the above-described retrograde type anastomosis instruments, these tubes, first inner tube 2032 can be disposed within the outer tube 2031, can be moved longitudinally relative to the outer tube 2031, and a second inner tube 2034 It can be placed on the first inner tube 2032, which is sized to travel longitudinally. 第1内側チューブ2032はその遠位端に1つまたは複数の排液通路2033を備えることができる。 The first inner tube 2032 can comprise one or more drainage passages 2033 at its distal end. 第2内側チューブ2034はその遠位端に1つまたは複数の排液通路2035を備えることができる。 The second inner tube 2034 can comprise one or more drainage passages 2035 at its distal end.

遠位端キャップ2036は第2内側チューブ2034の遠位端に固定することができる。 The distal end cap 2036 may be secured to the distal end of the second inner tube 2034. 図示のように、遠位端キャップ2036は吻合器械の挿入を容易にする丸みをつけた遠位端と、リム2038を終点とする延長部2037と、を有することができる。 As shown, the distal end cap 2036 may have a distal end rounded to facilitate insertion of the anastomotic instrument, an extension portion 2037 that the rim 2038 and the end point, the.

図129に示すように、吻合器械2030は、前述した逆行式吻合器械の係留部材と類似し、かつ図131〜図133に示す例のようにも構成できる係留部材2013もまた含んでよい。 As shown in FIG. 129, anastomosis instrument 2030 is similar to the anchoring member of the retrograde type anastomosis instruments described above, and may anchoring member 2013 also comprise can also be configured in the example shown in FIG. 131 through FIG 133. 再び図129を参照すると、係留部材2013はその近位端で第1内側チューブ2032の遠位端に(図示のようにA点で)固定することができ、近位端でリム2038の真下のある遠位端キャップ2036の延長部2037に(図示の様にB点で)固定される。 Referring to Figure 129 again, anchoring member 2013 may be the distal end of the proximal end first inner tube 2032 (at point A as shown) fixed beneath the rim 2038 at the proximal end in the extended portion 2037 of the distal end cap 2036 (as shown at point B) it is fixed. したがって、第2内側チューブ2043を第1内側チューブに対して長さ方向に移動させると、前述した逆行式吻合器械の場合とほぼ同様に、係留部材2013が長さ方向に伸長するかまたは長さ方向に伸長されること、係留部材2013が伸長すると展開していたリブあるいは突出部が展開前位置に後退し、一方係留部材2013が長さ方向に圧縮されると、後退していたリブあるいは突出部が展開位置(図129に示す)に押し出されることが分かる。 Thus, either or length of the second inner tube 2043 is moved longitudinally relative to the first inner tube, much like the case of retrograde type anastomosis instrument described above, the anchoring member 2013 extending in the longitudinal direction it is extended in the direction, the anchoring member 2013 is retracted to the front deployment ribs or protrusions have been deployed position extended, whereas the anchoring member 2013 is compressed in the longitudinal direction, ribs or projecting had receded it can be seen that part is pushed out in the deployed position (shown in FIG. 129).

順行式吻合器械2030も位置決め装置2017を含む。 Antegrade formula anastomosis instrument 2030 also includes a positioning device 2017. 前述した逆行式吻合器械と同様に、位置決め装置2017はその展開前位置ではほぼ円筒形である。 Similar to the above-described retrograde type anastomosis instrument, the positioning device 2017 is substantially cylindrical in its pre-deployment position. 位置決め装置2017の展開前の形状は吻合器械の患者の体内への挿入を容易にする。 Shape before deployment of the positioning device 2017 facilitates insertion into a patient's body of the anastomosis instrument. 位置決め装置2017は形状記憶を有する適当な弾性および可撓性ポリマー材料で作製することができ、第1内側チューブ2032を後退させると、図129に示すような通常横に方向付けられた形状となるように付勢されている。 Positioner 2017 may be made of a suitable elastic and flexible polymeric material having a shape memory, retracting the first inner tube 2032, a shape that is oriented normal horizontal as shown in FIG. 129 It is biased to. 位置決め装置2017をその近位端で外側チューブ2031の遠位端に(図129に示すようにC点で)固定することができ、その遠位端で第1内側チューブ2032の遠位端に(図129に示すようにA点で)固定することができる。 The positioning apparatus 2017 that the distal end of the outer tube 2031 at the proximal end (point C as shown in FIG. 129) can be fixed, to a distal end of the first inner tube 2032 at its distal end ( at point a as shown in FIG. 129) can be fixed.

したがって、外側チューブ2031が第1内側チューブ2032に対して長さ方向に移動すると、組立体2017はその後退した、円筒状の展開前位置(図122に示す位置に類似)または図129に示すように展開位置になることが分かる。 Therefore, when the outer tube 2031 is moved longitudinally relative to the first inner tube 2032, assembly 2017 was its retracted, cylindrical pre-deployment position (similar to the position shown in FIG. 122) or as shown in FIG. 129 it is understood to be a deployed position to.

図129に示すように、位置決め装置2017はその周囲に1つまたは複数の排液孔2018を有することができ、これにより、尿、体液または凝固物を、第1内側チューブ2032内の排液通路2033と第2内側チューブ2034内の排液通路2035を通って、第2チューブ2032に流すことができる。 As shown in FIG. 129, the positioning device 2017 may have one or more drainage holes 2018 on its periphery, thereby, urine, body fluids or coagulum, drainage passage of the first inner tube 2032 2033 and through the drainage passage 2035 in the second inner tube 2034, can flow to the second tube 2032.

次に、前立腺摘除後に前記吻合器械を使って患者の膀胱と尿道の吻合を行う方法を、患者の臓器部分の確認のため、および、図2と吻合器械の部品の確認のために、図129を参照して述べる。 Next, a method of using the anastomosis instrument after prostatectomy performing an anastomosis of the patient's bladder and urethra, to confirm organ parts of the patient, and, to confirm the components of the anastomosis instrument and 2, FIG. 129 described with reference to. 前立腺摘除手術後は患者の膀胱1と尿道口6との間は、図2に示すように、以前は前立腺があった空洞で離されている。 After prostatectomy surgery is between the bladder 1 and the urethral opening 6 of the patient, as shown in FIG. 2, formerly separated by cavity had prostate. 膀胱腔4と尿道口6との位置を揃えて膀胱1を尿道5に接合して、回復および治癒後に尿道の機能を取り戻すことが必要である。 Align the position of the bladder cavity 4 and urethral opening 6 by joining the bladder 1 into the urethra 5, it is necessary to regain the function of the urethra after the recovery and healing.

トロカールを備えたカニューレ(図示せず)を患者の腹部に、患者の膀胱の上面を通して挿入する。 A cannula having a trocar (not shown) in the patient's abdomen, is inserted through the upper surface of the patient's bladder. そこでトロカールは取り除いて、カニューレを所定の位置に残す。 So trocar removed, leaving the cannula in place. 展開前位置の順行式吻合器械を位置決め装置2017全体が膀胱内に入るまでカニューレに挿入する。 Entire positioning apparatus 2017 anterograde type anastomosis instrument predeployment position is inserted into the cannula to enter into the bladder. ここで外科医が外側チューブ2031を第1内側チューブ2032に対して遠位方向に、あるいは交互にまたは同時に、第1内側チューブ2032を外側チューブ2031に対して近位方向に移動できる。 Here the surgeon outer tube 2031 in the distal direction with respect to the first inner tube 2032, or or simultaneously alternately, can move the first inner tube 2032 proximally in the direction relative to the outer tube 2031. この外側チューブ2031と第1内側チューブ2032の相対移動により、位置決め装置2017が図129に示すその横方向の配向位置を占めることができる。 This outer tube 2031 by the relative movement of the first inner tube 2032, positioner 2017 can occupy the orientation position in the transverse direction shown in FIG. 129. 次に、外科医は器械を操作して膀胱口4を遠位端キャップ2036で探り、キャップ2036を膀胱口4に挿入して通過させることができる。 The surgeon then manipulates the instrument explores the bladder outlet 4 at the distal end cap 2036, the cap 2036 can be passed is inserted into the bladder opening 4. 展開位置の位置決め装置2017が膀胱壁2に接触して膀胱口4に捕捉され、通過できない。 Positioner 2017 deployed position is captured in contact with the bladder wall 2 to the bladder opening 4, it can not pass through. そこで、外科医は器械を操作して膀胱口4の周囲の膀胱壁2を骨盤底部7に向かって押し下げることができ、さらに器械を操作して尿道口6を探して遠位端キャップ2036を尿道口6に挿入することができる。 Therefore, the surgeon bladder wall 2 around the bladder opening 4 can be depressed towards the pelvic floor part 7 by operating the instrument, urethral the distal end cap 2036 looking for urethral opening 6 by operating the further instrument it can be inserted to 6. この結果、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に押し付けて接触させることができる。 This result can be contacted against align the positions of the bladder port 4 and urethral meatus 6 bladder wall 2 around the bladder opening 4 around the pelvic floor portion 7 of the urethral meatus 6. 次に、外科医は外側チューブ2031と第1内側チューブ2032を動かないようにしながら第2内側チューブ2034を近位方向に引くことができる。 Next, the surgeon can draw a second inner tube 2034 in the proximal direction while not moving the outer tube 2031 first inner tube 2032. これにより、係留部材2013が長さ方向に圧縮されるので、図129に示す状態になり尿道内に留まる。 Thus, since the anchoring member 2013 is compressed in the longitudinal direction, it remains in the urethra becomes the state shown in FIG. 129.

図83および図85に示しかつ前述したハンドル組立体あるいはその変形を含む様々な単純な機械部品を、器械の近位端において前記ステップでの必要に応じて器械を係留位置に移動し、保持するために、外側チューブ2031、第1内側チューブ2032および第2内側チューブ2034を動作し操作するように構成できることは、外科用機械装置の設計分野の当業者には分かるであろう。 Various simple mechanical parts, including shows and handle assembly, or variations thereof described above in FIGS. 83 and 85, to move the instrument to the mooring position as required by the step at the proximal end of the instrument, retaining for the outer tube 2031, it can be configured to operate operating the first inner tube 2032 and the second inner tube 2034, will be known to those skilled in the design arts of the surgical machine.

係留位置では、膀胱の組織と骨盤底部の組織が自然に互いに癒合し治癒するのに必要な期間、吻合器械を使って、膀胱口4と尿道口6との位置を揃えて、膀胱口4の周囲の膀胱壁2を尿道口6の周囲の骨盤底部7に接触させて保持できる。 The mooring position, time required for tissue organization and pelvic floor portion of the bladder to heal and heal spontaneously together with the anastomosis instrument, align the positions of the bladder port 4 and urethral meatus 6, bladder outlet 4 the bladder wall 2 surrounding can be held in contact with the periphery of the pelvic floor portion 7 of the urethral meatus 6.

吻合器械が治癒に必要な期間所定の位置に係留されている間、尿および他の体液は位置決め装置2017の排液孔2018を通って膀胱1から排出され、排液通路2033および排液通路2035を流れて、第2内側チューブ2034を経て患者の体内から排出される。 While the anastomosis instrument is anchored to the period predetermined position required for healing, urine and other body fluids is discharged from the bladder 1 through the drainage hole 2018 of the positioning device 2017, discharge passage 2033 and discharge passage 2035 the flow is discharged from the patient's body through the second inner tube 2034. 図129に示すように、吻合器械を配管を介して蓄尿バッグ2023につなげることもできる。 As shown in FIG. 129, the anastomosis instrument may also be lead to urine storage bag 2023 through a pipe.

図130は吻合器械2030の代替の実施例を示す。 Figure 130 shows an alternative embodiment of the anastomosis instrument 2030. 図129に示す実施例に比べて第1内側チューブ2031は半径を小さくでき、第2内側チューブ2039はロッドであってよい。 The first inner tube 2031 as compared to the embodiment shown in FIG. 129 may reduce the radius of the second inner tube 2039 may be a rod. 第2内側チューブ2039はその遠位端が、リム2038と延長部2037を有する遠位端キャップにある。 The second inner tube 2039 at its distal end, a distal end cap having a rim 2038 with extension 2037. 図130に示す吻合器械の使用および機能は、以下の点を除いて図129に示す吻合器械の使用および機能とほとんど同じである。 Use and function of the anastomosis instrument shown in FIG. 130 is almost the same as the use and functionality of the anastomosis instrument shown in FIG. 129, except for the following points. すなわち、吻合器械の設置と係留後は尿および他の体液は位置決め装置2017の排液孔を通じて膀胱から直接外側チューブ2031に排出でき、外側チューブは蓄尿バッグ2023につながっているので、図129に示すように吻合器械内の内部チューブに排液通路2033、排液通路2035を追加する必要がない。 That is, the installation and mooring after urine and other body fluids of an anastomotic instrument can discharge directly to the outer tube 2031 from the bladder through the drainage hole of the positioning device 2017, since the outer tube is connected to the urine storage bag 2023, shown in FIG. 129 discharge passage 2033 to the inner tube in the anastomosis instrument as there is no need to add a discharge passage 2035.

他の改良点 本発明による吻合器械について本明細書でのべた典型的な実施例は、近位のハンドル組立体から吻合装置の遠位端の近位の組立体または複数の組立体への力と運動の伝達用、とりわけ気体あるいは流体圧力を送達するため、かつ、回復治癒期に尿あるいは他の体液を排出するためのカテーテルとして用いられる1つまたは複数のチューブおよび/またはロッドを有する。 Power to other exemplary embodiments mentioned herein for anastomosis instrument according improvements present invention, assembly of the proximal distal end of the anastomotic device from the handle assembly of the proximal or more assemblies and for the transmission of motion, for among other things deliver the gas or fluid pressure, and having one or more tubes and / or rods are used as a catheter for draining urine or other body fluids to the recovery healing phase. 本発明者らは、適正に処理され形成されれたときには、ニチノールが、例えばそのような部材の材料として好適な強度、可撓性、弾性、剛性、硬度および生体適合性などの特性を組合わせ持つものであると判断した。 The present inventors have found that when formed is treated properly causes nitinol, for example, a suitable strength as the material of such members, combined flexible, elastic, rigid, and properties such as hardness and biocompatibility was determined that those with. 前述の特性のうち1つまたは複数の特性が特に厳しく要求されない場合には、他の材料でもよい。 If one or more characteristics of the aforementioned characteristics are not particularly stringent requirements may be other materials. したがって、例えば力と運動を伝達する必要がない場合(例えば、チューブをカテーテルとしてだけ使う場合)はスチレンなどのポリマーをを使用できる。 Thus, for example, when it is not necessary to transmit the force and motion (e.g., when using tube only as the catheter) can use polymers such as styrene. 勿論、特定な用途について必要な特性を持つならば、他の材料を使うことができる。 Of course, if has the required properties for a particular application, it is possible to use other materials.

本明細書で述べたような前立腺摘除後の膀胱尿道吻合処置用の吻合器械について、チューブ組立体500(図3)、チューブ組立体3200(図134)あるいはエンドエフェクタを支持する他のチューブ組立体などのチューブ組立体(tube assembly)に曲げ角度(bend angle)を持たせることが望ましい。 The anastomosis instrument for bladder urethral anastomosis procedure after prostatectomy as described herein, the tube assembly 500 (FIG. 3), the tube assembly 3200 (FIG. 134) or other tube assembly for supporting the end effector be provided with a tube assembly including (tube assembly) to bend angle (bend angle) is preferable. エンドエフェクタ組立体の近位(proximate to)の約80°から約90°(チューブ組立体の遠位部がチューブ組立体の近位部のから遠位方向にのびるまっすぐな軸線から曲げられた角度として表わす)、好ましくは約85°(この場合チューブ組立体が約95°の鈍角を形成する)の曲げが望ましい。 The end-effector assembly proximal angle distal portion of about 80 ° to about 90 ° (tube assembly is bent from a straight axis extending from to distal of the proximal portion of the tube assembly of (PROXIMATE-to) as represented), preferably bent approximately 85 ° (in this case the tube assembly to form an obtuse angle of approximately 95 °) is desirable. そのような曲げ角度は吻合処置に伴う解剖学的構造内での吻合器械の操作をさらに容易にし、またアンカーを骨盤底部対して望ましいあるいは選択した角度で打ち込めるように膀胱腔内で末端効果装置の位置決め制御をより容易にすることができる。 Such bending angle is further facilitate operation of the anastomosis instrument within the anatomical structure associated with the anastomosis procedure and also the end effector apparatus in intravesical as Uchikomeru at an angle or select desired for pelvic bottom anchor it can be easier positioning control.

前立腺摘除後の膀胱と尿道の吻合処置における解剖学的構造による限られた空間での動作を最も効果的にするためには、位置決め装置組立体、アンカー駆動装置組立体および/または遠位端キャップまたはハーネス装置を含むエンドエフェクタ組立体の長さを制限することが望ましい。 To be most effective operation in limited space due to the anatomy at the anastomotic treatment of bladder and urethra after prostatectomy, the positioning assembly, anchor drive assemblies and / or distal end cap or it is desirable to limit the length of the end effector assembly including a harness device. 好ましくは、しかし限定の意味ではなく、位置決め装置の開口に従うエンドエフェクタ組立体の長さは、吻合装置の遠位端に開口した時の位置決め装置の近位表面から約5cm(約2in)以下で、さらに好ましくは、2.54cm〜1.27cm(1in〜1/2in)以下である。 Preferably, but not in a limiting sense, the length of the end effector assembly according to the opening of the positioning device, the proximal surface of about 5 cm (about 2in) of the positioning device when the opening at the distal end of the anastomotic device below , still more preferably not more than 2.54cm~1.27cm (1in~1 / 2in). 同様の理由で、逆行式(尿道から上方への挿入を伴う)用に設計した本発明の吻合器械については、尿道および他の解剖学的臓器の大きさからはエンドエフェクタ組立体およびチューブ組立体の直径は約28フレンチ(french)、すなわち約8.9mmが好ましい。 For the same reason, retrograde type for anastomosis instrument of the present invention designed for (with insertion upward from the urethra), the end effector assembly and the tube assembly from the size of the urethra and other anatomical organ the diameter of about 28 French (french), or about 8.9mm is preferable.

本発明者達は、逆行式挿入(尿道を通って上に)用に構成した吻合器械ではエンドエフェクタ組立体は取り外せて、再び取り付け可能あるいは取り外して、取り付け可能であるのが便利であると判断した。 The present inventors have, by detachable in an end-effector assembly anastomosis instrument configured for retrograde inserter (up through the urethra), and remove attachable or again, determines that that is attachable is convenient did. 例えば、もしエンドエフェクタ組立体(図3に示す位置決め装置400およびアンカー駆動装置399のような位置決め装置組立体とアンカー駆動装置組立体、図17に示すシャトルコック組立体800、図22に示すアンブレラ組立体900、あるいは図134に示すエンドエフェクタ組立体3400を有する)を支持チューブ装置あるいは他の支持長さ方向部材装置から取外しそしてそれに取り付け可能であれば、挿入前はエンドエフェクタ組立体を支持組立体から離して、すなわち取り外しておくことができる。 For example, if the end effector assembly (positioning assembly and the anchor drive assembly, such as a positioning device 400 and anchor drive 399 shown in FIG. 3, the shuttlecock assembly 800 shown in FIG. 17, the umbrella assembly shown in FIG. 22 stereo 900 or support having an end effector assembly 3400) shown in FIG. 134 tube device or and removed from the other support longitudinal member device attached thereto if possible, before insertion support assembly to the end effector assembly, away from, that is, to be removed. そうすれば、支持組立体をエンドエフェクタ組立体無しで尿道を通って挿入でき、このようにすれば挿入を容易にでき、またエンドエフェクタ組立体を取り付けている場合にはその構成部品が挿入時に尿道内に捕捉されるか、または組織を傷付ける可能性をなくすことができる。 That way, the support assembly can be inserted through the urethra without end-effector assembly, the insert Thus can be easily, and when you are attaching the end effector assembly at the time of insertion is its components it is possible to eliminate the possibility of damage or trapped in the urethra, or tissue. 挿入後、支持装置の遠位端が尿道および/または骨盤底部の上を過ぎたら、エンドエフェクタ組立体を腹壁に通したカニューレを介して患者の腹部に導入しそして、内視鏡、外部造影技術および/または手応え等の適当な誘導手段を利用して吻合処置のために支持装置に取り付けることができる。 After insertion, when the distal end of the support device beyond the top of the urethra and / or the pelvic floor portion, an end effector assembly via a cannula through the abdominal wall and into the abdomen of the patient and the endoscope, external imaging techniques and / or by utilizing a suitable guiding means such as a response may be attached to a support device for the anastomosis procedure. 支持装置およびエンドエフェクタ組立体には、それらの構造および動作部材の動作接続によりエンドエフェクタ組立体の取り付けおよび操作が可能になる様々な設計があることが分かる。 The supporting device and the end effector assembly, there can be seen that their structure and operation operatively connected various design permits installation and operation of the end effector assembly by the member.

患者の体内に挿入および/または吻合処置の間かなり長い時間にわたって体内に残るチューブ、ロッドまたは他の部材、例えばこれに限定されるものではないが中心ロッドあるいはガイドワイヤ3230、カテーテルチューブ3510(図141〜144)および/または他の構成要素に、同時係属出願の米国特許出願公開第2004/0220614号に記載されているような抗菌性のコーティングを施してもよい。 Tube remains in the body for quite a long time during insertion and / or anastomosis procedures on the patient's body, a rod or other member, such as, but not limited to central rod or guide wire 3230, catheter tube 3510 (FIG. 141 to to 144) and / or other components may be subjected to antimicrobial coatings as described in U.S. Patent application Publication No. 2004/0220614 copending application. さらに、または代替として、このような構成要素に親水性あるいは摩擦緩和コーティングを施してもよい。 Additionally, or alternatively, it may be subjected to hydrophilic or friction coating such components.

本明細書で図示し説明したように前立腺摘除後に膀胱と尿道との吻合を行う方法のいくつかの実施例では、アンカーを骨盤底部に押し込んでいる。 In some embodiments of a method of performing an anastomosis between the bladder and the urethra after prostatectomy as illustrated and described herein, and push the anchor the pelvis bottom. そのような処置において、アンカーを骨盤低部の敏感な領域を避けて押し込むのが望ましく、これにより合併症の危険性を低くできる。 In such procedures, it is desirable push the anchor to avoid the sensitive region of the pelvic floor portion, thereby lowering the risk of complications. 例えば、図147を参照すると、ペニスの背静脈(dorsal veins)D、他の神経脈管束(neurovascular bundles)N、直腸(rectum)R、あるいは他の敏感な臓器(sensitive anatomical features)の近位の領域にアンカーを押し込むのを避けるのが望ましい。 For example, referring to FIG. 147, back intravenous penis (dorsal veins) D, other neurovascular bundle (neurovascular bundles) N, rectal (rectum) R or other sensitive organs (sensitive anatomical features) proximal, it is desirable to avoid pushing the anchor in the area. したがって、図147で言えば、アンカーを骨盤底部に押し込む好ましい位置は尿道Uの周囲の、図147においてそれぞれ「A」点「B]で示す大体8時から大体10時までまた大体2時から大体4時のまで範囲内であることを、本発明者達が決めている。より好ましくは、例えば本明細書で図示し説明したバルーンおよびハーネスシステムを使えば、2つのバルーンは尿道の周囲の大体9時と3時の位置で骨盤底部に押し込められる。 Therefore, in terms of the 147, preferably positioned to push the anchor the pelvis bottom around the urethra U, generally from also roughly 2:00 to 10:00 approximately from approximately 8:00 indicated by each "A" point "B] in FIG. 147 to be within the range to the 4 o'clock, preferably from. the present inventors have is determined, for example, if you use a balloon and a harness system shown and described herein, two balloons approximate circumference of the urethra It tucked pelvic bottom o'clock position and 3:00 9.

本発明の吻合器械を使ってアンカーを設置するとき、アンカーを膀胱の尿管口の中に押し込んだり、通過あるいは横切ったりするのを回避することが重要である。 When installing the anchor with the anastomosis apparatus of the present invention, or push the anchor into the ureteral orifice of the bladder, it is important to avoid or pass or cross. 本明細書に記載の吻合装置の実施例はこの事態を容易に回避できる。 Example of the anastomotic device described herein can easily avoid this situation.

アンカー ここに述べたように、アンカー700あるいは他の適当なファスナーは保持機能を果たして、膀胱を骨盤底部に接触して保持し、および/またはハーネスを膀胱壁および/または骨盤底部に対し保持する。 As anchor described herein, anchor 700 or other suitable fasteners play a holding function, bladder and held in contact with the pelvic floor portion, and / or a harness to hold against the bladder wall and / or pelvic bottom. ここで論じた固定(anchoring)および/または固着(ファスナー)(fastening)機能は本発明の範囲内で可能な多数の設計および形状の一例にすぎない。 Here discussed fixed (anchoring) and / or sticking (fasteners) (Fastening) function is only an example of many designs and shapes possible within the scope of the present invention.

アンカー700または他のファスナーは、組織に押し込まれた後は引き出されないように、アンカーを組織内に係留させる1つまたは複数の係留部材を持っている。 Anchor 700 or other fasteners, as is not pulled out after being pushed into the tissue, has one or more anchoring member for anchoring the anchor into tissue. そのような係留部材は、アンカーが組織に押し込まれた後組織内にアンカーを係留する棘、円周方向のリッジ(circumferential ridge)、突起、または、他の手段を含むことができる。 Such anchoring member may include barbs anchor mooring anchor into the tissue after being pushed into the tissue, the circumferential ridge (circumferential ridge), protrusions, or other means. 好適な係留手段の大きさ、形状、および、数は変えられる。 The size of the preferred anchoring means, the shape and the number is changed. さらに、本発明者達は、アンカーに棘を持たせる場合は、アンカーが装填されているアンカー駆動装置組立体の挿入および展開時に膀胱内部で棘が垂れ下がっている膀胱壁の組織に捕捉される可能性を低減するために、棘つきのアンカーの製作時には、常に棘の突出端を丸く、すなわちアールをつける(アンカーの前端部から見て)ことが望ましいと判断した。 Furthermore, the present inventors have, if to have barbs anchor, allows the anchor is captured tissue of the bladder wall hanging down spines bladder inside during insertion and deployment of the anchor drive assembly is loaded to reduce sex, during fabrication of the anchor of barbed has always rounded end protruding barbs, i.e. put Earl (as viewed from the front end of the anchor) that determines that it is desirable.

アンカーまたはファスナーは、アンカーまたはファスナーの押し込み深さを制限する機能、および、近位の組織のその下にある遠位の組織との留め付けを促進する機能を果たせる頭部、または他の適当な侵入制限手段も備えることができる。 Anchor or fastener function of limiting the penetration depth of the anchor or fastener, and the head play a function of promoting the fastening of the distal tissue on the bottom of the proximal tissue or other suitable, intrusion limiting means may also comprise. そのような侵入制限手段は必ずしもアンカーシャフトの後端に設ける必要がないことは分かるであろう。 Such penetration limiting means will necessarily understood that there is no need to provide the rear end of the anchor shaft.

アンカーの前端部が尖っているか、または、のみのような形状にしてより効果的、および/または組織への損傷がより少ない侵入を行うことが望ましい。 Or front end portion of the anchor is pointed, or, it is desirable that damage to the shape, such as a chisel to a more effective, and / or tissue performs less penetration. さらに、本発明者らは、アンカーシャフトの前端部に互いに同じ角度で交わる平面内の3つの平坦面からなる尖端を形成すると、組織への侵入中にアンカーが目標から外れたりまたはコースから外れたりする可能性をできるだけ少なくなるようなアンカー挿入を容易にすると判断した。 Furthermore, the present inventors have found that when forming a pointed of three flat surfaces in a plane intersecting with each other the same angle to the front end portion of the anchor shaft, or off the dislodged or course anchor from the target during penetration into tissue an anchor inserted such that only less possible the possibility of determining that facilitates.

膀胱の壁を骨盤底部に取り付けるのに使用される場合は、アンカーは膀胱の壁および骨盤底部の筋膜層を貫通するのに十分は長さをもっていることが望ましい。 When using the wall of the bladder to attach to the pelvis bottom, the anchor is desirably sufficient to have a length to penetrate the fascia layer of the wall and the pelvic floor of the bladder. 例えば、アンカーの長さは約1.27cm(約0.5in)から約5.72cm(約2.25in)が好ましいが、これに限定されるものではない。 For example, the length of the anchor about 1.27cm (about 0.5in) to about 5.72 cm (about 2.25In) is preferred, but is not limited thereto. 直腸の近くに設置するアンカーについては、好ましい長さ範囲内でより短い方が望ましい。 The anchor to be installed near the rectum, it shorter in preferred length range is preferable.

アンカー700または他の適当なファスナーは、実質的に生体適合性のポリマーまたは金属から形成することができる。 Anchor 700 or other suitable fasteners may be formed from a substantially biocompatible polymer or metal. 形状記憶および弾性が望ましい場合は、弾性金属合金などの弾性材料、またはニッケル−チタン合金(nickel-titanium alloy)(例えば、ニチノール)、あるいはステンレス鋼などの熱活性化または活性可能合金でできた要素を使ってアンカーを作製してよく、アンカーまたは他のファスナーは予備形成し、尖った端部またはシャフトに沿った棘で付勢でき、これらのアンカーまたはファスナーは、標的組織に入り込むとその組織内で本来の形状を取り戻すように吻合器械から押し出して展開させることができる。 If the shape memory and elasticity is desired, elastic material such as elastic metal alloy or nickel, - made of titanium alloy (nickel-titanium alloy) (e.g., nitinol), or heat activated or activatable alloy such as stainless steel elements to prepare a anchor with the well, anchor or other fasteners preformed, can energized with barbs along the pointed end or shaft, these anchors or fasteners within tissue when entering the target tissue in may be deployed by extruding from the anastomosis instrument to regain its original shape.

生体吸収性が所望される場合は、アンカー700または他のファスナーを実質的に生体適合性で生体吸収性のある材料から形成してよい。 If bioabsorbable is desired, it may form an anchor 700 or other fasteners from substantially material which is bioabsorbable biocompatible. 本発明者達は、可撓性のある吸収性ポリマー(ジョンソン・エンド・ジョンソン社(Johnson & Johnson)および/またはエシコン社(Ethicon, Inc.)が商標「バイクリル("Vicryl")」および「PDS II("PDS II")」で販売しているポリマーのような、例えばポリジオキサノン(polydioxanone)ポリマー、またはラクチド(lactides)、グリコリド(glycolides)、ポリグラクチン(polyglactin)などを含むポリマー)が潜在的に好適な材料であると判断した。 The inventors have, flexible absorbent polymer (Johnson & Johnson (Johnson & Johnson) and / or Ethicon, Inc. (Ethicon, Inc.) is the trademark "vicryl (" Vicryl ")" and "PDS II ( "PDS II") "such as a polymer sold in, for example, polydioxanone (polydioxanone) polymers or lactide, (lactides), glycolide (glycolides), polymers, including polyglactin (polyglactin)) is potentially suitable It was judged to be such material. 必要な物理的特性を持つ他の生体吸収性材料を用いることができる。 You can use other bio-absorbable materials with the necessary physical properties.

本明細書で図示し説明したようなバルーン用のハーネスストラップおよびハーネスシステムを固定するのに使う場合には、生体吸収性アンカーを使えば、機械的手段によりハーネスをアンカーに取り付け、かつ、次に取り外しできる構造または装置を必要としない、またはその重要性を低減する生体吸収性ハーネス解放機構を構成できる。 When used to secure the harness straps and harness systems for balloon as illustrated and described herein, Using bioabsorbable anchor, attaching the harness to the anchor by mechanical means, and then It does not require the structure or device can be removed, or can be configured bioabsorbable harness release mechanism to reduce its importance. 限定的な意味ではなく例として図145を参照すると、アンカー700上のハーネスフック760のような構造部品は、吻合処置に必要な時間に対応する時間劣化特性を持つ生体吸収性材料で作られていれば、生体吸収作用によるハーネスフック760の劣化および分解でハーネス3430が解放され、患者の体内からの回収が容易になる。 Referring to FIG. 145 by way of example and not in a limiting sense, structural parts such as a harness hook 760 on the anchor 700 is made of bioabsorbable material with a time degradation characteristics corresponding to the time required for anastomosis procedures lever, harness 3430 is released by the degradation and decomposition of the harness hook 760 by the biological absorption facilitates the recovery from the patient's body.

さらに、生体吸収性アンカーまたは他の好適なファスナーの劣化および吸収分布および/またはその粒子分割サイズの制御が望ましい場合がある。 Furthermore, there is a case degradation of bioabsorbable anchor or other suitable fasteners and absorption distribution and / or control of the particle divided size is desirable. 例えば、生体吸収性アンカーの展開後アンカー材料が劣化し、アンカーの1つまたは複数の部分、例えばアンカー頭部などが粉砕された場合、閉塞を起こしかねない。 For example, after deployment the anchor material bioabsorbable anchor is degraded, if one or more portions of the anchor, for example, such as anchor head is crushed, could cause blockage. したがって、劣化速度と粒子分割サイズが制御できるように生体吸収性アンカーまたは他の好適なファスナーを設計および製作できる。 Thus, the degradation rate and the particle division size can be designed and manufactured bioabsorbable anchor or other suitable fasteners to be able to control. 例えば、鋳造、成形、エンボス、または機械加工で刻み目、ミシン目または溝を材料に配列して厚さが減り応力が増した部分が選択的にある領域を形成し、材料の劣化とともに欠け落ちて行く部分のサイズが小さくなるように、その領域の近位での早期の破壊を促進するように、生体吸収性アンカーまたは他のファスナーを形成してもよい。 For example, casting, molding, embossing or indentations, perforations or grooves a thickness arranged in the material is reduced stress increased portion forms a region of the selective by machining, and flaked missing along with deterioration of the material as the size of the portion going decreases, to promote the destruction of the early proximal of the region, it may be formed bioabsorbable anchor or other fasteners. 代替として、またはさらに、閉塞あるいは他の悪い影響の可能性を生じるに十分な大きさの破片が体腔内で脱落し、離散する可能性を低減するために、同じ部分で劣化速度が速い区域と遅い区域が生じるように、結合材料で形成するか、または異なる劣化/吸収プロファイルを持つ結合部品を具備してもよい。 Alternatively, or in addition, sufficiently large debris to raise the possibility of clogging or other bad effects to drop within the body cavity, in order to reduce the possibility of discrete, the degradation rate of the same portion is higher zone as slow zone occurs, it may include a coupling part with either forms a bond material or different degradation / absorption profile.

アンカーシャフトは駆動ピン上にスライド可能に嵌め込むため、また摩擦嵌めあるいは他の適当な手段でそのピンに解放可能に保持するために、中空でよい。 Anchor shaft for fitting slidably on the driving pin, and to releasably hold at its pin friction fit or other suitable means, may be hollow. あるいは、アンカーは、駆動ピンがアンカーの近位端を押すか、またはアンカーの近位端上に、摩擦嵌めまたは他の適当な手段で嵌め込み、解放可能に把持するような中実のシャフトを持っていてもよい。 Alternatively, anchor, or the driving pin pushes the proximal end of the anchor, or on the proximal end of the anchor, fitting with friction fit or other suitable means, with a solid shaft such as to releasably grip it may be.

膀胱を尿道口の上の骨盤底部に固定するのに有効なアンカーの設計が多様であることは、当業者には明らかである。 That the design of effective anchor to secure the bladder to the pelvic floor of the top of the meatus is varied it will be apparent to those skilled in the art. 駆動装置組立体に連動する複数のシャフト、棘、および尖端を持つアンカーを用いてもよい。 A plurality of shafts interlocked with drive assembly may be used an anchor with barbs, and the tip. アンカーは個別のアンカーである必要はなく、各アンカーの大きさと形状、単独または組み合せは、適切な時間近位の組織と下にある遠位の目標組織との接触を保持するのに十分であればよい。 Anchor need not be separate anchor, the size and shape of each anchor, either alone or in combination, whether enough to hold the contact of the distal target tissue in the tissue under the appropriate time close position Bayoi.

さらに他の実施例では、アンカーをバイメタル、または異なる膨張特性を有する少なくとも2つの材料の他の組み合わせから形成してもよく、これは例えば患者の身体で温められるとその上の部分が所望の形になるものである。 In yet another embodiment, at least two may be formed from other combinations of materials, which when warmed by the body of a patient for example, the upper part of its desired shape having a bimetal or different expansion properties, the anchor it is intended to be. そのような場合、アンカーは低温あるいは室温状態で与えられ、設置後患者の身体で温められると最終的な所望の形状をとることができる。 In such a case, the anchor is provided at a low temperature or room temperature state, when warmed by body installation after the patient can take the final desired shape.

ニチノールはその物理的特性および埋め込み可能な医療装置における意義深い歴史により本発明の吻合器械に使用できるが、この材料は磁気共鳴画像法(MRI)技術に関連しての使用についての全面的な適合性があるので、アンカーとして用いるのに適している。 Although Nitinol can be used in anastomosis instrument of the present invention by significant history of its physical properties and implantable medical devices, the overall fit of the use of this material in connection with magnetic resonance imaging (MRI) technology since there is a gender, it is suitable for use as an anchor.

要約すれば、本発明の思想を利用することによる数多くの恩恵は明らかである。 In summary, numerous benefits of utilizing the concept of the present invention are evident. 本発明の1つまたは複数の実施例の説明は、例示および記述の目的で行った。 Describing one or more embodiments of the present invention was performed purposes of illustration and description. その説明は本発明を網羅的に述べたものでもなく、記述したものに正確に限定しようとするものでもない。 Its explanation is neither intended was comprehensively describes the present invention and is not intended to try to accurately limited to those described. 前述の教示から明らかな変形または変更が可能である。 Are possible obvious modifications or changes from the foregoing teachings. 本発明の原則および実際の適用を最もよく示し、それによって当業者が様々な実施例で、かつ、予測される特定の使用に合致するように、様々な変形を加えながら本発明を最もよく利用できるように、実施例を選択して説明したものである。 Best illustrates the principles and practical application of the present invention, those skilled in the art in various embodiments thereby and to meet the particular use to be expected, best utilize the present invention while adding various modifications as can, those described with select embodiments. 本発明の範囲は添付の特許請求の範囲のみにより限定されるものである。 The scope of the invention is to be limited only by the appended claims.

〔実施の態様〕 [Aspects of the implementation]
(1)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (1) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備えた、チューブ組立体であって、前記第1チューブおよび前記第2チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、前記第2チューブは、前記第1チューブに対して長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 It has a longitudinal axis, a first tube, and with a second tube, a tube assembly, the first tube and the second tube is arranged substantially coaxially, the second tube , it is movable longitudinally relative to the first tube, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記第1チューブにより操作可能に支持された位置決め装置であって、前記第1チューブに操作可能に接続された取り付け端部を有するペタル、および遊離端部、をさらに有し、前記遊離端部が、前記取り付け端部周りに移動して前記縦軸から離間あるいは接近できる、位置決め装置、 A operably supported positioning apparatus by the first tube, petal has a mounting end that is operably connected to said first tube, and a free end portion, further comprising a, the free end , or be separated from or accessible from the longitudinal axis to move around the mounting end, the positioning device,
前記チューブ組立体に操作可能に接続されたばね部材であって、前記遊離端部が前記縦軸から押し離されるように前記ペタルに作用する、ばね部材、 Wherein a spring member operatively connected to the tube assembly, the free end acts on the petals as pushed away from the longitudinal axis, the spring member,
ペタル保持部材であって、前記ペタルとスライド可能に接触しており、操作可能に前記第2チューブに接続され、前記第2チューブとともに長さ方向に移動可能である、ペタル保持部材、 A petal holding member, said has petal slidably contact, is connected to operably said second tube, said with the second tube is movable in the longitudinal direction, petals holding member,
前記チューブ組立体により操作可能に支持された、アンカー駆動装置、および、 Operably supported by said tube assembly, anchor drives, and,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を備える、アンカー、 A anchors releasably held by said anchor drive device comprises an anchoring structure, an anchor,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(2)実施態様1に記載の器械において、 (2) In the apparatus according to claim 1,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を備え、 It said tube assembly is provided with a bending angle,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °,
器械。 instrument.
(3)実施態様1に記載の器械であって、 (3) The apparatus according to claim 1,
前記アンカーは、侵入制限構造を備える、器械。 Wherein the anchor comprises a penetration limiting structure, instruments.
(4)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (4) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備えた、チューブ組立体であって、前記第1チューブおよび前記第2チューブが、ほぼ同軸上に配置されており、前記第2チューブは、前記第1チューブに対して長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 It has a longitudinal axis, a first tube, and with a second tube, a tube assembly, the first tube and the second tube is disposed substantially on the same axis, the second tube , it is movable longitudinally relative to the first tube, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記第1チューブにより操作可能に支持された位置決め装置、 Operably supported positioning apparatus by the first tube,
アンカー駆動装置であって、前記第1チューブに操作可能に接続された取り付け端部を有する駆動ピン、および遊離端部を備え、これにより、前記第1チューブの長さ方向の移動が、前記取り付け端部の対応する移動を生じさせ得る、アンカー駆動装置、 A anchor drive, the first drive pin having a mounting end that is operably connected to a tube, and provided with a free end, by which, the longitudinal movement of said first tube, said attachment may cause corresponding movement of the end portion, the anchor drive,
前記アンカー組立体により解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を有する、アンカー、 A anchors releasably held by said anchor assembly comprises an anchoring structure, an anchor,
前記チューブ組立体に操作可能に接続されたばね部材であって、前記駆動ピンの前記遊離端部が前記縦軸から押し離されるように前記駆動ピンに作用する、ばね部材、および、 A spring member operatively connected to said tube assembly, said free end of said drive pin acting on the drive pin as pushed away from the longitudinal axis, the spring member and,
保持部材であって、前記駆動ピンと操作可能に、かつ、スライド可能に連絡しており、前記第2チューブに操作可能に接続され、前記第2チューブとともに長さ方向に移動可能である、保持部材、 A holding member, operably with said driving pin, and, in communication slidably, operably connected to said second tube is movable with the longitudinal direction the second tube, the holding member ,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(5)実施態様4に記載の器械において、 (5) In the apparatus according to claim 4,
前記チューブ組立体は、曲がり角を有し、 It said tube assembly includes a corner,
前記曲がり角は、約80°と約90°との間である、器械。 The corner is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(6)実施態様4に記載の器械において、 (6) In the apparatus according to claim 4,
前記複数のアンカーはそれぞれ、侵入制限構造を備える、器械。 Each of the plurality of anchors comprises a penetration limiting structure, instruments.
(7)実施態様4に記載の器械において、 (7) In the apparatus according to claim 4,
前記駆動ピンは、前記遊離端部を前記縦軸から押し離すように付勢されたばね金属を備え、 The drive pin is provided with a biased spring metal so push apart the free ends of said longitudinal axis,
前駆駆動ピンおよび前記ばね金属は、同じ構成部品である、 Precursor drive pins and the spring metal is the same component,
器械。 instrument.
(8)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (8) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、第2チューブ、および第3チューブを備えた、チューブ組立体であって、 Having a longitudinal axis, comprising a first tube, the second tube, and a third tube, a tube assembly,
前記第1チューブ、前記第2チューブ、および前記第3チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、 Said first tube, said second tube, and the third tube is arranged substantially coaxially,
前記第2チューブは、前記第1チューブに対して長さ方向に移動可能であり、 It said second tube is movable in the longitudinal direction with respect to the first tube,
前記第3チューブは、前記第1チューブに対して長さ方向に移動可能である、 The third tube is longitudinally movable relative to said first tube,
チューブ組立体と、 And the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記第1チューブにより操作可能に支持された位置決め装置であって、前記第1チューブに操作可能に接続された取り付け端部を有するペタル、およびペタル遊離端部、をさらに備え、前記ペタル遊離端部が、前記取り付け端部周りに移動して前記縦軸から離間あるいは接近できる、位置決め装置、 A operably supported positioning apparatus by the first tube, petal having a mounting end that is operably connected to said first tube, and petals free end, further wherein the petal free end but it away or closer from the longitudinal axis to move around the mounting end, the positioning device,
前記チューブ組立体に操作可能に接続された第1ばね部材であって、前記ペタル遊離端部が前記縦軸から押し離されるように前記ペタルに作用する、第1ばね部材、 Wherein a first spring member operably connected to the tube assembly, acting on the pedal so that the pedal free end is pushed away from said longitudinal axis, a first spring member,
ペタル保持部材であって、前記ペタルとスライド可能に接触しており、操作可能に前記第2チューブに接続され、前記第2チューブとともに長さ方向に移動可能である、ペタル保持部材、 A petal holding member, said has petal slidably contact, is connected to operably said second tube, said with the second tube is movable in the longitudinal direction, petals holding member,
アンカー駆動装置であって、前記第3チューブに操作可能に接続された取り付け端部を有する駆動ピン、および駆動ピン遊離端部、をさらに備え、これにより、前記第3チューブの長さ方向の移動が、前記駆動ピンの前記取り付け端部の対応する移動を生じさせ得る、アンカー駆動装置、 A anchor drive device, the third drive pin having a mounting end that is operably connected to the tube, and the drive pin free ends, further comprising a, whereby longitudinal movement of said third tube but can cause corresponding movement of said mounting end of said drive pin, anchor drive,
前記チューブ組立体に操作可能に接続された第2ばね部材であって、前記駆動ピン遊離端部が前記縦軸から押し離されるように前記駆動ピンに作用する、第2ばね部材、および、 A second spring member operably connected to said tube assembly, said drive pin free end acts on the driving pin as pushed away from the longitudinal axis, the second spring member and,
駆動ピン保持部材であって、前記駆動ピンと操作可能、かつスライド可能に連絡しており、操作可能に前記第2チューブに接続され、前記第2チューブとともに長さ方向に移動可能である、駆動ピン保持部材、 A drive pin holding member, said drive pin can be operated and in communication slidably connected to operably said second tube is movable with the longitudinal direction the second tube, the drive pin holding member,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(9)実施態様8に記載の器械において、 (9) In the apparatus according to claim 8,
前記駆動ピンは、前記ペタルの真下にある、器械。 The drive pin is directly below the petals instrument.
(10)実施態様8に記載の器械において、 (10) In the apparatus according to claim 8,
前記ペタル保持部材および前記駆動ピン保持部材は、同じ構成部品である、器械。 The petals holding member and the drive pin holding member are the same component, instrument.

(11)実施態様8に記載の器械において、 (11) In the apparatus according to claim 8,
前記駆動ピンは、前記駆動ピン遊離端部を前記縦軸から押し離すように付勢されたばね金属を備え、 The drive pin is provided with a biased spring metal so push apart the drive pin free end from said longitudinal axis,
前駆駆動ピン、前記第1ばね部材、および前記第2ばね部材は、同じ構成部品である、 Precursor drive pin, said first spring member, and the second spring member are the same component,
器械。 instrument.
(12)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (12) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、遠位端を有するロッド、および内腔を画定するチューブを備える、チューブ組立体であって、前記ロッドは、前記チューブ内腔内にあり、前記ロッドおよび前記チューブは、互いに対して長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 Having a longitudinal axis, comprising a tube defining a rod, and a lumen having a distal end, a tube assembly, the rod is located within the lumen the tube, the rod and the tube are each it is movable in the longitudinal direction against the tube assembly,
前記チューブにより操作可能に支持された位置決め装置であって、 A operably supported positioning apparatus by the tube,
前記位置決め装置は、弾性材料から形成された変形可能な壁をさらに備えており、 The positioning device further comprises a deformable wall formed of an elastic material,
前記変形可能な壁は、内部空間を有する中空体を画定し、前記中空体は、非変形状態では前記縦軸から横方向に延びる形状を保ち、前記変形可能な壁は、前記壁が操作可能に前記チューブに接続される開口も画定し、前記中空体の内部空間は、前記チューブの内腔に実質的に連続し、 The deformable wall defines a hollow body having an interior space, said hollow body is in the undeformed state maintaining the shape extending laterally from said longitudinal axis, said deformable wall, said wall is operational It said opening being connected to a tube also defining an internal space of the hollow body is substantially continuous with the lumen of the tube,
前記ロッドは、前記ロッドの遠位端が前記中空体の内部空間内から前記変形可能な壁を押すことができ、それにより前記壁を変形して前記中空体を前記縦軸の方向に引き寄せるように、前記チューブ内腔内で長さ方向に移動できる、 The rod may distal end of the rod presses the deformable wall from the interior space of the hollow body, thereby to attract said hollow body by deforming the wall in the direction of the longitudinal axis to be movable in the longitudinal direction in the tube lumen,
位置決め装置と、 And a positioning device,
前記チューブ組立体により操作可能に支持された係留部材と、 And anchoring member operably supported by said tube assembly,
を備える、器械。 Equipped with a, instrument.
(13)実施態様12に記載の器械において、 (13) In the apparatus according to claim 12,
前記壁は、第2開口を画定する、器械。 It said wall defines a second opening, instruments.
(14)実施態様12に記載の器械において、 (14) In the apparatus according to claim 12,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含む、器械。 It said tube assembly includes a bend angle, instrument.
(15)実施態様12に記載の器械において、 (15) In the apparatus according to claim 12,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(16)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (16) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備える、チューブ組立体であって、前記第1チューブおよび第2チューブは、ほぼ同軸上に配置され、互いに長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 It has a longitudinal axis, a first tube, and a second tube, a tube assembly, the first tube and the second tube is disposed substantially coaxially and is movable in the longitudinal directions , and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持された位置決め装置と、 A positioning device operably supported by said tube assembly,
係留部材であって、前記第1チューブの外側に配置されていて、前記第1チューブに操作可能に接続された第1端、および前記第2チューブに操作可能に接続された第2端を有する、中空のほぼ円筒体、を備えており、前記第2チューブの前記第1チューブに対する長さ方向への移動が、前記係留部材を長さ方向に圧縮または伸長させ得る、係留部材と、 A mooring member, be disposed on the outside of the first tube, having the operably connected first end to the first tube, and a second end operatively connected to the second tube substantially cylindrical body of the hollow, provided with a movement in the longitudinal direction relative to the first tube of the second tube, capable of compressing or extending said anchoring member in the longitudinal direction, and the anchoring member,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(17)実施態様16に記載の器械において、 (17) In the apparatus of claim 16,
前記係留部材は、円周方向の蛇腹を備える、器械。 The anchoring member comprises a bellows in the circumferential direction, the instrument.
(18)実施態様17に記載の器械において、 (18) In the apparatus according to claim 17,
前記係留部材は、ミシン目をさらに備える、器械。 The anchoring member further comprises a perforation, instrument.
(19)実施態様16に記載の器械において、 (19) In the apparatus of claim 16,
前記係留部材は、前記係留部材が長さ方向に圧縮されると、1つまたは複数の突起をさらに有する、器械。 The anchoring member, when said anchoring member is compressed in the longitudinal direction, further having one or more protrusions, instrument.
(20)実施態様16に記載の器械において、 (20) In the apparatus of claim 16,
前記係留部材は、粗い外表面をさらに備える、器械。 The anchoring member further comprises a rough outer surface, instruments.

(21)実施態様16に記載の器械において、 (21) In the apparatus of claim 16,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を備える、器械。 It said tube assembly is provided with a bend angle, instrument.
(22)実施態様21に記載の器械において、 (22) In the apparatus according to claim 21,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(23)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (23) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有するチューブ組立体であって、 A tube assembly having a longitudinal axis,
前記チューブ組立体は、 Said tube assembly,
遠位端を有するロッド、 Rod having a distal end,
内腔を画定する第1チューブであって、前記ロッドは、前記第1チューブ内腔内にある、第1チューブ、 A first tube defining a lumen, said rod is in the lumen of the first tube, the first tube,
第2チューブ、 The second tube,
を備えており、 Equipped with a,
前記ロッド、ならびに、前記第1チューブ、および前記第2チューブは、ほぼ同軸上に配置され、互いに対して長さ方向に移動可能である、 Said rod, and said first tube, and said second tube is arranged substantially coaxially, is longitudinally movable relative to one another,
チューブ組立体と、 And the tube assembly,
前記チューブにより操作可能に支持された位置決め装置であって、 A operably supported positioning apparatus by the tube,
前記位置決め装置は、弾性材料から形成された変形可能な壁をさらに備えており、 The positioning device further comprises a deformable wall formed of an elastic material,
前記変形可能な壁は、内部空間を有する中空体を画定し、前記中空体は、非変形状態では前記縦軸から横方向に延びる形状を保ち、前記変形可能な壁は、前記壁が操作可能に前記第1チューブに接続される開口も画定し、前記中空体の内部空間は、前記チューブの内腔に実質的に連続しており、 The deformable wall defines a hollow body having an interior space, said hollow body is in the undeformed state maintaining the shape extending laterally from said longitudinal axis, said deformable wall, said wall is operational the first also defines an opening which is connected to a tube, the interior space of the hollow body is substantially continuous with the lumen of the tube,
前記ロッドは、前記ロッドの遠位端が前記中空体の内部空間内から前記変形可能な壁を押すことができ、それにより前記壁を変形して前記中空体を前記縦軸の方向に引き寄せるように、前記チューブ内腔内で長さ方向に移動できる、 The rod may distal end of the rod presses the deformable wall from the interior space of the hollow body, thereby to attract said hollow body by deforming the wall in the direction of the longitudinal axis to be movable in the longitudinal direction in the tube lumen,
位置決め装置組立体と、 A positioning assembly,
係留部材であって、前記第1チューブの外側に配置されていて、前記第1チューブに操作可能に接続された第1端、および前記第2チューブに操作可能に接続された第2端を有する、中空のほぼ円筒体、を備えており、前記第2チューブの前記第1チューブに対する長さ方向への移動が、前記係留部材を長さ方向に圧縮または伸長させ得る、係留部材と、 A mooring member, be disposed on the outside of the first tube, having the operably connected first end to the first tube, and a second end operatively connected to the second tube substantially cylindrical body of the hollow, provided with a movement in the longitudinal direction relative to the first tube of the second tube, capable of compressing or extending said anchoring member in the longitudinal direction, and the anchoring member,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(24)前立腺摘除手術後に患者の膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (24) In the instrument used to perform the anastomosis with the patient's bladder and urethra after prostatectomy surgery,
ロッド、第1チューブ、および第2チューブを備える、チューブ組立体であって、前記ロッド、ならびに、前記第1チューブ、および第2チューブは、ほぼ同軸上に配置され、互いに移動可能である、チューブ組立体と、 Rods, the first tube, and a second tube, a tube assembly, said rod, and said first tube and the second tube is disposed substantially coaxially and moveable with respect to each other, the tube and the assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
位置決め装置であって、前記第1チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第1チューブに対する前記ロッドの移動により作動できるように前記ロッドと操作可能に機械的に連絡している、位置決め装置、および、 A positioning device, said being operably supported on the first tube and operable with said rod so as to be actuated by movement of said rod relative to said first tube communicates mechanically, positioning apparatus, and,
係留部材であって、前記第1チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第1チューブに対する前記第2チューブの移動により作動できるように前記ロッドと操作可能に機械的に連絡している、係留部材、 A mooring member, said being operably supported on the first tube, and said have a rod operably mechanical communication so as to be actuated by movement of the second tube to the first tube , anchoring member,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(25)実施態様24に記載の器械において、 (25) In the apparatus according to claim 24,
前記チューブ組立体は、前記エンドエフェクタ組立体の近位に曲げ角度を備える、器械。 It said tube assembly is provided with a bending angle proximally of the end effector assembly, the instrument.
(26)実施態様25に記載の器械において、 (26) In the apparatus according to claim 25,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(27)前立腺摘除手術後に患者の膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (27) In the instrument used to perform the anastomosis with the patient's bladder and urethra after prostatectomy surgery,
第1チューブ、第2チューブ、および第3チューブを備える、チューブ組立体であって、前記第1チューブ、第2チューブ、および第3チューブは、ほぼ同軸上に配置され、互いに移動可能である、チューブ組立体と、 The first tube, the second tube, and a third tube, a tube assembly, the first tube, second tube and the third tube, is arranged substantially coaxially, it is movable together, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
位置決め装置であって、前記第1チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第1チューブに対する前記第2チューブの移動により作動できるように前記第2チューブと操作可能に機械的に連絡している、位置決め装置、 A positioning device, said being operably supported on the first tube and the operable and the second tube so as to be actuated by movement of the second tube to the first tube mechanically contact and that, the positioning device,
アンカー駆動装置であって、前記第3チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第3チューブに対する前記第2チューブの移動により作動できるように前記第2チューブと操作可能に機械的に連絡している、アンカー駆動装置、および、 A anchor drive device, the third being operably supported on the tube, and the third said second tube moved by the second tube and operatively mechanical communication to allow operation of the relative tube to which the anchor drive, and,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を備える、アンカー、 A anchors releasably held by said anchor drive device comprises an anchoring structure, an anchor,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(28)実施態様27に記載の器械において、 (28) In the apparatus according to claim 27,
前記チューブ組立体は、前記エンドエフェクタ組立体の近位に曲げ角度を備える、器械。 It said tube assembly is provided with a bending angle proximally of the end effector assembly, the instrument.
(29)実施態様28に記載の器械において、 (29) In the apparatus according to claim 28,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(30)前立腺摘除手術後に患者の膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (30) In the instrument used to perform the anastomosis with the patient's bladder and urethra after prostatectomy surgery,
ロッド、第1チューブ、第2チューブ、および第3チューブを備える、チューブ組立体であって、前記ロッド、ならびに、前記第1チューブ、第2チューブ、および第3チューブは、ほぼ同軸上に配置され、互いに移動可能である、チューブ組立体と、 Rods, the first tube, a second tube, and the third tube, a tube assembly, said rod, and said first tube, second tube and the third tube is arranged substantially coaxially it is moveable with respect to each other, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
位置決め装置であって、前記第1チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第1チューブに対する前記第ロッドの移動により作動できるように前記ロッドと操作可能に機械的に連絡している、位置決め装置、 A positioning device, said being operably supported on the first tube and operable with said rod so as to be actuated by movement of the first rod relative to said first tube communicates mechanically, the positioning device,
ファスナー駆動装置であって、前記第2チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第2チューブに対する前記第3チューブの移動により作動できるように前記第3チューブと操作可能に機械的に連絡している、ファスナー駆動装置、および、 A fastener driving device, said being operably supported by the second tube, and said third tube moves by the operation and the third tube can mechanically contact to allow the operation of to the second tube to which the fastener driving device, and,
前記ファスナー駆動装置により解放可能に保持された変形可能なファスナー、 Releasably retained deformable fastener by said fastener driving device,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.

(31)実施態様30に記載の器械において、 (31) In the apparatus according to claim 30,
前記チューブ組立体は、前記エンドエフェクタ組立体の近位に曲げ角度を備える、器械。 It said tube assembly is provided with a bending angle proximally of the end effector assembly, the instrument.
(32)実施態様31に記載の器械において、 (32) In the apparatus according to claim 31,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(33)前立腺摘除手術後に患者の膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (33) In the instrument used to perform the anastomosis with the patient's bladder and urethra after prostatectomy surgery,
ロッド、第1チューブ、第2チューブ、および第3チューブを備える、チューブ組立体であって、前記ロッド、ならびに、前記第1チューブ、第2チューブ、および第3チューブは、ほぼ同軸上に配置され、互いに移動可能である、チューブ組立体と、 Rods, the first tube, a second tube, and the third tube, a tube assembly, said rod, and said first tube, second tube and the third tube is arranged substantially coaxially it is moveable with respect to each other, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
位置決め装置であって、前記第1チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第1チューブに対する前記ロッドの移動により作動できるように前記ロッドと操作可能に機械的に連絡している、位置決め装置、 A positioning device, said being operably supported on the first tube and operable with said rod so as to be actuated by movement of said rod relative to said first tube communicates mechanically, positioning apparatus,
アンカー駆動装置であって、前記第2チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第2チューブに対する前記第3チューブの移動により作動できるように前記第3チューブと操作可能に機械的に連絡している、アンカー駆動装置、および、 A anchor drive, said being operably supported by the second tube, and said third tube moves by the operation and the third tube can mechanically contact to allow the operation of to the second tube to which the anchor drive, and,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を備える、アンカー、 A anchors releasably held by said anchor drive device comprises an anchoring structure, an anchor,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(34)実施態様33に記載の器械において、 (34) In the apparatus according to claim 33,
前記チューブ組立体は、前記エンドエフェクタ組立体の近位に曲げ角度を備える、器械。 It said tube assembly is provided with a bending angle proximally of the end effector assembly, the instrument.
(35)実施態様34に記載の器械において、 (35) In the apparatus according to claim 34,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(36)前立腺摘除手術後に患者の膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (36) In the instrument used to perform the anastomosis with the patient's bladder and urethra after prostatectomy surgery,
第1チューブ、第2チューブ、第3チューブ、および第4チューブを備える、チューブ組立体であって、前記第1チューブ、第2チューブ、第3チューブ、および第4チューブは、ほぼ同軸上に配置され、互いに移動可能である、チューブ組立体と、 The first tube, the second tube, the third tube, and a fourth tube, a tube assembly, the first tube, the second tube, the third tube, and the fourth tube is arranged substantially coaxially it is, is movable together with the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
位置決め装置であって、前記第1チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第1チューブに対する前記第2チューブの移動により作動できるように前記第2チューブと操作可能に機械的に連絡している、位置決め装置、 A positioning device, said being operably supported on the first tube and the operable and the second tube so as to be actuated by movement of the second tube to the first tube mechanically contact and that, the positioning device,
アンカー駆動装置であって、前記第3チューブに操作可能に支持されており、かつ、前記第3チューブに対する前記第4チューブの移動により作動できるように前記第4チューブと操作可能に機械的に連絡している、アンカー駆動装置、および、 A anchor drive device, the third being operably supported on the tube, and the third the fourth movement by said fourth tube operably mechanical communication operably tube against the tube to which the anchor drive, and,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を備える、アンカー、 A anchors releasably held by said anchor drive device comprises an anchoring structure, an anchor,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(37)実施態様36に記載の器械において、 (37) In the apparatus according to claim 36,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を備える、器械。 It said tube assembly is provided with a bend angle, instrument.
(38)実施態様37に記載の器械において、 (38) In the apparatus according to claim 37,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(39)前立腺摘除手術後に、膀胱腔および膀胱口を画定する膀胱壁を含む患者の膀胱と患者の骨盤底部に囲まれた患者の尿道との吻合を行うための方法において、 (39) after prostatectomy surgery, in a method for performing an anastomosis between the patient's urethra surrounded by the pelvic floor of the bladder and the patient's patients, including bladder wall defining a bladder cavity and bladder outlet,
縦軸、位置決め装置、およびアンカー駆動装置を備える器械を、前記位置決め装置および前記アンカー駆動装置が前記膀胱腔内に達するまで、前記膀胱腔に挿入するステップと、 Vertical axis, the positioning device, and the instrument comprises an anchor driving device, to said positioning device and said anchor drive device reaches the bladder cavity, and inserting into the bladder cavity,
前記膀胱腔内で、前記位置決め装置により、位置決め部材を前記縦軸に対して横方向に拡張させるステップと、 In the intravesical, by the positioning device, comprising the steps of expanding laterally positioning member relative to said longitudinal axis,
前記膀胱腔内で、前記位置決め部材を前記膀胱壁に接触させ、前記膀胱口と前記尿道との位置をほぼ揃えて、前記位置決め部材により、前記膀胱口の近位の前記膀胱壁を押して、前記骨盤底部に近づけるステップと、 Said bladder cavity, the positioning member is brought into contact with the bladder wall, aligned substantially the position of the urethra and the bladder outlet, by the positioning member, by pressing the bladder wall proximal to the bladder outlet, the and a step closer to the pelvis bottom,
前記アンカー駆動装置により、係留構造を有するアンカーを、前記膀胱腔から前記膀胱壁を通って、前記尿道の近位の前記骨盤底部内に押し込み、前記アンカーを前記骨盤底部内に係留し、前記アンカーを前記アンカー駆動装置から解放するステップと、 By the anchor driving device, the anchor having an anchoring structure, through said bladder lumen bladder wall, pushing proximally of the pelvic floor portion of the urethra, and anchoring the anchor in the pelvic floor portion, said anchor and releasing from said anchor drive device,
を含む、方法。 Including, method.
(40)実施態様39記載の方法において、 (40) The method of embodiment 39, wherein,
前記位置決め装置により、前記位置決め部材を前記縦軸に対して横方向に後退させ、前記位置決め装置および前記アンカー駆動装置を患者から取り出すステップ、 Wherein the positioning device, is retracted laterally said positioning member relative to said longitudinal axis, retrieving the positioning device and the anchor drive device from the patient step,
をさらに含む、方法。 Further comprising, methods.

(41)実施態様40に記載の方法において、 (41) The method according to claim 40,
前記組立体および前記アンカー組立体を取り出すステップに続いて、 Following the step of removing said assembly and said anchor assembly,
前記膀胱腔内でバルーンカテーテル上のバルーンを膨張させるステップと、 A step of inflating the balloon on the balloon catheter in the bladder lumen,
前記膀胱口を前記バルーンでほぼ密閉するステップと、 A step of substantially sealing the bladder outlet in the balloon,
前記バルーンカテーテルを使って前記膀胱腔から尿を排出するステップと、 A step for discharging urine from the bladder cavity with the balloon catheter,
をさらに含む、 Further including,
方法。 Method.
(42)実施態様41に記載の方法において、 (42) The method according to claim 41,
前記アンカーを押し込むステップは、バルーンハーネスを前記膀胱口の近位の前記骨盤底部に前記アンカーで接続するステップ、を含み、 The step of pushing said anchor comprises a step of connecting the balloon harness the anchor to the pelvic floor of the proximal of said bladder outlet,
前記方法は、 The method,
前記バルーンを膨張させた後、前記バルーンハーネスを使って前記バルーンを前記膀胱口の近位に拘束するステップ、 After expanding the balloon, the step of constraining said balloon proximal to the bladder opening with the balloon harness,
をさらに含む、 Further including,
方法。 Method.
(43)実施態様42に記載の方法において、 (43) The method according to claim 42,
前記膀胱壁の組織と前記骨盤底部の組織とが効果的に癒合するのに必要な期間、前記バルーンハーネスおよび膨張させたバルーンを、所定の位置に保持するステップ、 The step of holding the time required for the bladder wall tissue and said pelvic floor portion of the tissue heals effectively, the balloon harness and the inflated balloon, in a predetermined position,
をさらに含む、方法。 Further comprising, methods.
(44)実施態様43に記載の方法において、 (44) The method according to claim 43,
前記バルーンを収縮させるステップと、 A step of deflating the balloon,
前記バルーンハーネスを前記アンカーから分離するステップと、 Separating said balloon harness from the anchor,
前記バルーンハーネスを患者から取り出すステップと、 Retrieving the balloon harness from the patient,
前記バルーンカテーテルを患者から取り出すステップと、 Retrieving the balloon catheter from the patient,
をさらに含む、方法。 Further comprising, methods.
(45)実施態様44に記載の方法おいて、 (45) Keep method according to claim 44,
前記アンカーは、前記骨盤底部に結合している前記バルーンハーネスを保持する生体吸収性部分を有し、 Wherein the anchor has a bioabsorbable portion holding the balloon harness attached to the pelvic floor portion,
前記生体吸収性部分は、前記期間後に患者の体内で効果的に分解して、それにより前記バルーンハーネスを分離するステップを行う、 The bioabsorbable moieties are effectively decomposed in the body of the patient after the period, thereby performing the step of separating the balloon harness,
方法。 Method.
(46)実施態様24に記載の方法において、 (46) The method according to claim 24,
前記アンカーは、侵入制限構造を有し、 Wherein the anchor has a penetration limiting structure,
前記侵入制限構造は、前記膀胱壁の組織を前記骨盤底部の組織に近接して保持するのを補助する、 The penetration limiting structure assists the tissue of the bladder wall to hold in close proximity to the tissue of the pelvic floor portion,
方法。 Method.
(47)前立腺摘除手術後に、膀胱腔および膀胱口を画定する膀胱壁を含む患者の膀胱と患者の骨盤底部に囲まれた患者の尿道との吻合を行うための方法において、 (47) after prostatectomy surgery, in a method for performing an anastomosis between the patient's urethra surrounded by the pelvic floor of the bladder and the patient's patients, including bladder wall defining a bladder cavity and bladder outlet,
縦軸、位置決め装置、およびアンカー駆動装置を備える器械を、前記位置決め装置が前記膀胱腔内に達するまで、前記膀胱腔に挿入するステップであって、 Vertical axis, the positioning device, and the instrument comprises an anchor driving device until said positioner reaches the bladder cavity, comprising the steps of inserting into the bladder cavity,
前記器械は、カテーテル内腔を画定するカテーテルチューブ、および遠位端、を備えており、 The instrument is equipped catheter tube defining a catheter lumen, and a distal end, a,
前記位置決め装置は、弾性材料から形成され、中空体を画定する、変形可能な壁を含み、前記中空体は、前記カテーテル内腔に実質的に連続している内部空間を有し、かつ、前記遠位端の近位で前記カテーテルチューブに取り付けられており、 The positioning device is formed from a resilient material, defining a hollow body, comprising a deformable wall, said hollow body has an internal space which is substantially continuous in the catheter lumen, and wherein proximal to the distal end attached to said catheter tube,
前記位置決め装置は、排液孔を有する、 The positioning device comprises a drainage hole,
ステップと、 And the step,
前記位置決め装置の前記変形可能な壁で画定される前記中空体を、前記膀胱腔内で、前記縦軸に対して横方向に拡張させるステップと、 The hollow body is defined by the deformable wall of the positioning device, with the bladder lumen, comprising the steps of expanding in a direction transverse to said longitudinal axis,
前記位置決め装置を前記膀胱腔内で前記膀胱壁に接触させ、前記膀胱口と前記尿道との位置をほぼ揃えて、前記位置決め装置により、前記膀胱口の近位の前記膀胱壁を押して、前記骨盤底部に近づけるステップと、 The positioning device is brought into contact with the bladder wall at the intravesical, aligned substantially the position of the urethra and the bladder outlet, by the positioning device, by pressing the bladder wall proximal to the bladder outlet, the pelvis and a step closer to the bottom,
前記アンカー駆動装置により、係留構造を有する1つまたは複数のアンカーを、前記尿道の近位の前記膀胱壁の組織および前記骨盤底部の組織の中に押し込み、1つまたは複数のアンカーを前記アンカー駆動装置から解放するステップと、 By the anchor driving device, the one or more anchors having an anchoring structure, pushing into the tissue of the tissue and the pelvic floor portion of the bladder wall proximal of the urethra, the anchor drive one or more anchors and releasing the device,
前記位置決め装置を所定の位置に保持して、前記膀胱口の近位の前記膀胱壁に有効量の押圧力を加えて前記膀胱口をほぼ密閉するステップと、 A step of the positioning device and held in position, substantially sealing the pressing force added by the bladder openings effective amount to the bladder wall proximal to the bladder outlet,
前記排液孔および前記カテーテルチューブを通して前記膀胱腔からの尿を排出するステップと、 A step of discharging urine from the bladder cavity through said drainage hole and the catheter tube,
を含む、方法。 Including, method.
(48)前立腺摘除手術後に、膀胱腔および膀胱口を画定する膀胱壁を含む患者の膀胱と患者の骨盤底部に囲まれた患者の尿道との吻合を行うための方法において、 (48) after prostatectomy surgery, in a method for performing an anastomosis between the patient's urethra surrounded by the pelvic floor of the bladder and the patient's patients, including bladder wall defining a bladder cavity and bladder outlet,
縦軸、位置決め装置、および係留部材を備える器械を、前記位置決め装置が前記膀胱腔内に達するまで前記膀胱腔に挿入するステップであって、 Vertical axis, the instrument comprising a positioning device, and the anchoring member, the method comprising the positioning device is inserted into the bladder cavity to reach the bladder lumen,
前記器械は、カテーテル内腔を画定するカテーテルチューブ、および遠位端、を備えており、 The instrument is equipped catheter tube defining a catheter lumen, and a distal end, a,
前記位置決め装置は、弾性材料から形成され、中空体を画定する、変形可能な壁を含み、前記中空体は、前記カテーテル内腔に実質的に連続している内部空間を有し、かつ、前記遠位端の近位で前記カテーテルチューブに取り付けられており、 The positioning device is formed from a resilient material, defining a hollow body, comprising a deformable wall, said hollow body has an internal space which is substantially continuous in the catheter lumen, and wherein proximal to the distal end attached to said catheter tube,
前記位置決め装置は、排液孔を有する、 The positioning device comprises a drainage hole,
ステップと、 And the step,
前記位置決め装置の前記変形可能な壁で画定される前記中空体を、前記膀胱腔内で、前記縦軸に対して横方向に拡張させるステップと、 The hollow body is defined by the deformable wall of the positioning device, with the bladder lumen, comprising the steps of expanding in a direction transverse to said longitudinal axis,
前記位置決め装置を前記膀胱腔内で前記膀胱壁に接触させ、前記膀胱口と前記尿道との位置をほぼ揃えて、前記位置決め装置により、前記膀胱口の近位の前記膀胱壁を押して、前記骨盤底部に近づけるステップと、 The positioning device is brought into contact with the bladder wall at the intravesical, aligned substantially the position of the urethra and the bladder outlet, by the positioning device, by pressing the bladder wall proximal to the bladder outlet, the pelvis and a step closer to the bottom,
前記位置決め装置を所定の位置に保持して、前記膀胱口の近位の前記膀胱壁に有効量の押圧力を加えて前記膀胱口をほぼ密閉するステップと、 A step of the positioning device and held in position, substantially sealing the pressing force added by the bladder openings effective amount to the bladder wall proximal to the bladder outlet,
前記係留部材を尿道内で作動して前記器械を前記位置に係留するステップと、 A step of mooring the instrument to the position of the anchoring member operating within the urethra,
前記排液孔および前記カテーテルチューブを通して前記膀胱腔からの尿を排出するステップと、 A step of discharging urine from the bladder cavity through said drainage hole and the catheter tube,
を含む、方法。 Including, method.
(49)前立腺摘除手術後に、膀胱腔および膀胱口を画定する膀胱壁を含む患者の膀胱と患者の骨盤底部に囲まれた患者の尿道との吻合を行うための方法において、 (49) after prostatectomy surgery, in a method for performing an anastomosis between the patient's urethra surrounded by the pelvic floor of the bladder and the patient's patients, including bladder wall defining a bladder cavity and bladder outlet,
縦軸を有し、かつ、位置決め装置、アンカー駆動装置、およびバルーンハーネスを備えた、器械を、前記位置決め装置および前記アンカー駆動装置が前記膀胱腔内に達するまで、逆行方向で、患者の尿道から入って尿道内を通り、前記膀胱口を通り、前記膀胱腔内に挿入するステップと、 Having a longitudinal axis, and a positioning device, anchor drives, and equipped with a balloon harness, the instrument until said positioning device and said anchor drive device reaches the bladder lumen, retrograde direction, from the patient's urethra a step of entering through the urethra, through the bladder port is inserted into the bladder lumen,
前記膀胱腔内で、前記位置決め装置により、位置決め部材を前記縦軸に対して横方向に拡張させるステップと、 In the intravesical, by the positioning device, comprising the steps of expanding laterally positioning member relative to said longitudinal axis,
前記膀胱腔内で、前記位置決め部材を前記膀胱壁に接触させ、前記位置決め部材により、前記膀胱口の近位の前記膀胱壁を押して前記骨盤底部に近づけるステップと、 In the intravesical, a step closer to the positioning member into contact with the bladder wall by the positioning member, the pelvic floor portion by pressing the bladder wall proximal to the bladder outlet,
前記アンカー駆動装置により、係留構造を有するアンカーを、前記膀胱腔から前記膀胱壁を通って、前記尿道の近位の骨盤底部内に押し込み、前記アンカーを前記骨盤底部内に係留し、前記アンカーを前記アンカー駆動装置から解放するステップであって、 By the anchor driving device, the anchor having an anchoring structure, through the bladder wall from the bladder cavity, pushing the proximal pelvic floor portion of the urethra, and anchoring the anchor in the pelvic floor portion, said anchor a step of releasing from the anchoring driving device,
前記アンカーを押し込むステップは、前記バルーンハーネスを前記アンカーで前記膀胱口の近位の前記骨盤底部に接続することを含む、 The step of pushing the anchor includes connecting the balloon harness to the pelvic floor of the proximal of said bladder outlet at said anchor,
ステップと、 And the step,
前記位置決め装置に前記位置決め部材を前記縦軸に対して横方向に後退させるステップと、 A step of retracting laterally the positioning member to the positioning device relative to said longitudinal axis,
前記位置決め装置および前記アンカー駆動装置を患者の体内から取り出すステップと、 Retrieving from the patient's body to the positioning device and the anchor drive device,
前記位置決め装置およびアンカー駆動装置を取り出すステップに続いて、バルーンを有するバルーンカテーテルを患者の膀胱腔内、および、バルーンハーネス内に挿入するステップと、 And inserting subsequent to the step of retrieving the positioning device and anchor drive, a balloon catheter having a balloon bladder lumen of a patient, and, into the balloon harness,
前記バルーンを前記膀胱腔内および前記バルーンハーネス内で膨張させて、前記膀胱口を前記バルーンでほぼ密閉し、前記膀胱口の近位の前記膀胱壁の組織を前記骨盤底部の組織に押し付けるステップと、 The balloon is inflated within the bladder cavity and the balloon harness, the bladder outlet substantially sealed by the balloon, the steps of pressing the tissue proximal of the bladder wall of the bladder opening to tissue of the pelvic floor section ,
前記バルーンカテーテルを使って前記膀胱腔から尿を排出するステップと、 A step for discharging urine from the bladder cavity with the balloon catheter,
前記膀胱壁の組織と前記骨盤底部の組織とが効果的に癒合するのに必要な期間、前記バルーンハーネスおよび前記バルーンカテーテルを所定の位置に保持するステップと、 A step of holding period required for the tissue of the bladder wall and tissue in the pelvic floor portion is fusion effectively, the balloon harness and the balloon catheter to a predetermined position,
前記バルーンを収縮させて、前記バルーンカテーテルを患者の体内から引き出し、前記バルーンハーネスを前記アンカーから分離し、前記バルーンハーネスを患者の体内から取り出すステップと、 Deflating the balloon, the method comprising the balloon catheter withdrawn from the patient's body, to separate the balloon harness from the anchor retrieving the balloon harness from the patient's body,
を含む、方法。 Including, method.
(50)実施態様49に記載の用法において、 (50) In the usage according to claim 49,
前記アンカーは、前記バルーンハーネスを前記アンカーに対して保持する生体吸収性の部分を有し、 Wherein the anchor has a portion of the bioabsorbable holding the balloon harness to said anchor,
前記生体吸収性部分は、前記期間に患者の体内で分解して、それにより、前記バルーンを分離するステップを行う、 The bioabsorbable moiety decomposes in the body of patients in the period, thereby performing the step of separating the balloon,
方法。 Method.

(51)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (51) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備える、チューブ組立体であって、前記第1チューブおよび第2チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、前記第2チューブは、前記第1チューブに対して長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 Has a longitudinal axis, a first tube, and a second tube, a tube assembly, the first tube and the second tube is arranged substantially coaxially, the second tube, wherein it is movable longitudinally relative to the first tube, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
位置決めアームを備える位置決め装置であって、前記位置決めアームは、前記第1チューブに操作可能に接続された第1セグメントを有し、前記第1セグメントは、第2セグメントに接続されたジョイントを有し、前記第2セグメントは、前記第2チューブに操作可能に接続されており、前記第2チューブに対する前記第1チューブの長さ方向の移動により、前記位置決めアームが前記縦軸に対して横方向に拡張するか、または、後退する、位置決め装置、 A positioning device comprising a positioning arm, said positioning arm has a first segment that is operatively connected to said first tube, said first segment has a joint that is connected to the second segment the second segment, said being operatively connected to the second tube, the longitudinal movement of said first tube to said second tube, transversely the positioning arm relative to said longitudinal axis either extend or retracted, the positioning device,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたアンカー駆動装置、および、 Operably supported anchor drive by the tube assembly, and,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を備える、アンカー、 A anchors releasably held by said anchor drive device comprises an anchoring structure, an anchor,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(52)実施態様51に記載の器械において、 (52) In the apparatus according to claim 51,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を備える、器械。 It said tube assembly is provided with a bend angle, instrument.
(53)実施態様52に記載の器械において、 (53) In the apparatus according to claim 52,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(54)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (54) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備える、チューブ組立体であって、前記第1チューブおよび第2チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、前記第1チューブおよび前記第2は、互いに対して長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 Has a longitudinal axis, a first tube, and a second tube, a tube assembly, the first tube and the second tube is arranged substantially coaxially, said first tube and said second 2 is movable longitudinally relative to one another, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持された位置決め装置、 Operably supported positioning apparatus by the tube assembly,
駆動アームを備えたアンカー駆動装置であって、 A anchor drive system including a drive arm,
前記駆動アームは、 The driving arm,
前記第2チューブに操作可能に接続された取り付け端部であって、これにより、この第2チューブの長さ方向の移動が、前記取り付け端部の対応する移動を生じさせ得る、取り付け端部、および、 A mounting end that is operably connected to said second tube, thereby, longitudinal movement of the second tube, can cause corresponding movement of said mounting end, the mounting end, and,
可動端であって、前記取り付け端部周りに前記縦軸に接近するか、または、離間するように移動できる、可動端、 A movable end, or close to the longitudinal axis around the mounting end, or can move so as to separate, movable end,
を有する、 Having,
アンカー駆動装置、 Anchor drive,
前記アンカー駆動アームにより解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を備える、アンカー、 A anchors releasably held by said anchor drive arm comprises an anchoring structure, an anchor,
前記チューブ組立体に操作可能に接続されたばね部材であって、前記可動端が前記縦軸から押し離されるように前記駆動アームに作用する、ばね部材、ならびに、 A spring member operatively connected to said tube assembly, said movable end is applied to the drive arm so pushed away from the longitudinal axis, the spring member, and,
閉鎖カラーであって、前記閉鎖カラーは、前記第1チューブに操作可能に接続され、かつ、前記駆動アームとスライド可能に接触し、前記第1チューブの前記第2チューブに対する長さ方向の移動が、交互に、前記駆動アームの前記可動端を前記縦軸に向かって押すか、または、前記可動端を前記ばね部材の前記押す動作により前記縦軸から離れさせるかする、閉鎖カラー、 A closed collar, the closure collar is operably connected to the first tube, and said drive arm slidably contacts, the movement of the length direction with respect to the second tube of the first tube , alternately press the movable end of said drive arm toward said longitudinal axis, or, either causes leave the movable end from the longitudinal axis by the pushing operation of the spring member, the closing collar,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(55)実施態様54に記載の器械において、 (55) In the apparatus according to claim 54,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を備える、器械。 It said tube assembly is provided with a bend angle, instrument.
(56)実施態様55に記載の器械において、 (56) In the apparatus of claim 55,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(57)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (57) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、ガイドワイヤを備える、チューブ組立体と、 Having a longitudinal axis, comprising a guide wire, a tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持された位置決め装置、 Operably supported positioning apparatus by the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたアンカー駆動装置、 Operably supported anchor drive by the tube assembly,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を備える、アンカー、ならびに、 A anchors releasably held by said anchor drive device comprises an anchoring structure, an anchor, and,
バルーンハーネスであって、前記アンカーに解放可能に接続されたアンカー終端、および前記ガイドワイヤに操作可能に接続された先端、を有する、バルーンハーネス、 A balloon harness has a tip, which is operably connected releasably connected anchored end to said anchor, and the guide wire, a balloon harness,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(58)実施態様57に記載の器械において、 (58) In the apparatus according to claim 57,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を備える、器械。 It said tube assembly is provided with a bend angle, instrument.
(59)実施態様58に記載の器械において、 (59) In the apparatus according to claim 58,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(60)実施態様57に記載の器械において、 (60) In the apparatus according to claim 57,
前記アンカーは、生体吸収性部分を有する、器械。 Wherein the anchor comprises a bioabsorbable portion, instrument.

(61)実施態様60に記載の器械において、 (61) In the apparatus according to claim 60,
前記アンカーの前記生体吸収性部分が、前記バルーンハーネスの前記アンカー終端を保持する、器械。 The bioabsorbable portion of the anchor, to hold the anchor end of the balloon harness, instrument.
(62)実施態様57に記載の器械において、 (62) In the apparatus according to claim 57,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持された複数のアンカー、 A plurality of anchors which are releasably held by said anchor drive,
をさらに具備し、 Further comprising a,
前記複数のアンカーはそれぞれ、係留構造を備え、 Each of the plurality of anchors comprises a mooring structure,
前記バルーンハーネスは、複数のアンカー終端を備え、 The balloon harness includes a plurality of anchor end,
前記複数のアンカー終端はそれぞれ、前記複数のアンカーの1つに解放可能に接続されている、 It said plurality of anchor end being releasably connected to a respective one of the plurality of anchors,
器械。 instrument.
(63)前立腺摘除手術後の患者の膀胱および尿道の吻合処置で骨盤底部の組織内に設置するアンカーにおいて、 (63) In the anchor to be installed into the tissue of the pelvic floor portion in anastomosis procedures bladder and urethra of the patient after prostatectomy surgery,
約1.27cm〜約6.5cm(約0.5in〜約2.5in)の長さ、前端部、および後端部、を有するシャフトと、 About 1.27cm~ about 6.5cm (about 0.5in~ about 2.5in) long, a shaft having a front end, and the rear end portion,
前記後端部の近位の駆動装置インターフェイスと、 A driving device interface proximal the rear end portion,
前記シャフト上の係留構造と、 And anchoring structure on said shaft,
前記前端部上の侵入促進形状と、 And invasion-promoting shape on the front end,
生体吸収性部分と、 And bioabsorbable part,
を具備する、アンカー。 It comprises a, anchor.
(64)実施態様63に記載のアンカーにおいて、 (64) In the anchor according to claim 63,
前記生体吸収性部分は、異なる劣化特性を有する2つの生体吸収性材料を接合した部分を含む、アンカー。 The bioabsorbable portion includes a portion formed by joining two bioabsorbable materials having different degradation characteristics, the anchor.
(65)実施態様63に記載のアンカーにおいて、 (65) In the anchor according to claim 63,
溝を有する前記生体吸収性部分の表面、 The surface of the bioabsorbable portion having a groove,
をさらに具備する、アンカー。 Further comprising an anchor.
(66)実施態様64に記載のアンカーにおいて、 (66) In the anchor according to claim 64,
溝を有する前記生体吸収性部分の表面、 The surface of the bioabsorbable portion having a groove,
をさらに具備する、アンカー。 Further comprising an anchor.
(67)実施態様63に記載のアンカーにおいて、 (67) In the anchor according to claim 63,
前記侵入促進形状は、3つの交差する平坦面が画定する点を備える、アンカー。 The invasion-promoting shape, provided with a point defining the flat surface of the three cross anchor.
(68)実施態様63に記載のアンカーにおいて、 (68) In the anchor according to claim 63,
前記シャフト上に侵入制限構造、 Intrusion limiting structure on the shaft,
をさらに具備する、アンカー。 Further comprising an anchor.
(69)実施態様63に記載のアンカーにおいて、 (69) In the anchor according to claim 63,
前記駆動装置インターフェイスは、前記シャフトの全長の一部に沿って前記シャフトの中空部分を備える、アンカー。 The driving device interface comprises a hollow portion of the shaft along a portion of the length of the shaft, the anchor.
(70)前立腺摘除手術後の、患者の膀胱および尿道の吻合処置で骨盤底部の組織内に設置するアンカーにおいて、、 (70) after prostatectomy surgery, in the anchor to be installed into the tissue of the pelvic floor portion in anastomosis treatment of patients with bladder and urethra ,,
約1.27cm〜約6.5cm(約0.5〜2.5in)の長さ、前端部、および後端部、を有するシャフトと、 About 1.27cm~ about 6.5cm (about 0.5~2.5In) in length, a shaft having a front end, and the rear end portion,
前記後端部の近位の組立体インターフェイスと、 An assembly interface proximal the rear end portion,
前記シャフト上の係留構造と、 And anchoring structure on said shaft,
前記シャフト上の侵入制限構造と、 A penetration limiting structure on the shaft,
前記前端部上の侵入促進形状と、 And invasion-promoting shape on the front end,
を具備する、アンカー。 It comprises a, anchor.

(71)実施態様70に記載のアンカーにおいて、 (71) In the anchor according to claim 70,
前記生体吸収性部分、 The bioabsorbable moiety,
をさらに具備する、アンカー。 Further comprising an anchor.
(72)実施態様71に記載のアンカーにおいて、 (72) In the anchor according to claim 71,
溝を有する前記生体吸収性部分の表面、 The surface of the bioabsorbable portion having a groove,
をさらに具備する、アンカー。 Further comprising an anchor.
(73)実施態様70に記載のアンカーにおいて、 (73) In the anchor according to claim 70,
前記侵入促進形状は、3つの交差する平坦面が画定する点を備える、アンカー。 The invasion-promoting shape, provided with a point defining the flat surface of the three cross anchor.
(74)実施態様70に記載のアンカーにおいて、 (74) In the anchor according to claim 70,
前記組立体インターフェイスは、前記シャフトの全長の一部に沿って前記シャフトの中空部分を有する、アンカー。 It said assembly interface has a hollow portion of the shaft along a portion of the length of the shaft, the anchor.
(75)実施態様70に記載のアンカーにおいて、 (75) In the anchor according to claim 70,
実質的にニチノールからなる部分、 Part consisting essentially of nitinol,
をさらに含む、アンカー。 Further comprising anchor.
(76)前立腺摘除手術後の、患者の膀胱および尿道の吻合処置で骨盤底部の組織内に設置するアンカーにおいて、 (76) after prostatectomy surgery, in the anchor to be installed into the tissue of the pelvic floor portion in anastomosis treatment of patients with bladder and urethra,
約1.27cm〜約6.5cm(約0.5in〜2.5in)の長さ、前端部、および後端部、を有するシャフトと、 About 1.27cm~ about 6.5cm (about 0.5In~2.5In) in length, a shaft having a front end, and the rear end portion,
前記後端部の近位の組立体インターフェイスと、 An assembly interface proximal the rear end portion,
前記シャフト上の係留構造と、 And anchoring structure on said shaft,
合金を含む部分と、 And the portion including the alloy,
前記前端部上の侵入促進形状と、 And invasion-promoting shape on the front end,
を具備する、アンカー。 It comprises a, anchor.
(77)実施態様76に記載のアンカーにおいて、 (77) In the anchor according to claim 76,
前記侵入促進形状は、3つの交差する平坦面が形成する点を備える、アンカー。 The invasion-promoting shape, comprises a point where the flat surface of the three intersections form anchor.
(78)実施態様76に記載のアンカーにおいて、 (78) In the anchor according to claim 76,
前記組立体インターフェイスは、前記シャフトの全長の一部に沿って前記シャフトの中空部分を備える、アンカー。 It said assembly interface comprises a hollow portion of the shaft along a portion of the length of the shaft, the anchor.
(79)実施態様76に記載のアンカーにおいて、 (79) In the anchor according to claim 76,
前記合金は、ニチノールである、アンカー。 The alloy is nitinol, an anchor.
(80)実施態様76に記載のアンカーにおいて、 (80) In the anchor according to claim 76,
前記合金は、ステンレス鋼である、アンカー。 The alloy is a stainless steel anchor.

(81)実施態様76に記載のアンカーにおいて、 (81) In the anchor according to claim 76,
異なる拡張特性を有する、2つの異なる合金を接合した部分、 With different expansion characteristics, the portion formed by joining two different alloy,
をさらに具備する、アンカー。 Further comprising an anchor.
(82)実施態様76に記載のアンカーにおいて、 (82) In the anchor according to claim 76,
前記シャフト上に侵入制限構造、 Intrusion limiting structure on the shaft,
をさらに具備する、アンカー。 Further comprising an anchor.
(83)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (83) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備える、チューブ組立体であって、前記第1チューブおよび第2チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、前記第1チューブおよび前記第2チューブは、互いに長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 Has a longitudinal axis, a first tube, and a second tube, a tube assembly, the first tube and the second tube is arranged substantially coaxially, said first tube and said second 2 tube is movable in the longitudinal direction to each other, and the tube assembly,
前記第1チューブに操作可能に接続された取り付け端部、および遊離端部を有する、位置決めペタル、を備える位置決め装置であって、前記遊離端部は、前記取り付け端部周りに移動して、前記縦軸から離間または接近できる、位置決め装置と、 Said mounting end that is operatively connected to the first tube, and having a free end, a positioning device comprising a positioning petals, the free end portion is moved around the mounting end, the it away or approach from the longitudinal axis, a positioning device,
前記チューブ組立体に操作可能に接続された位置決めペタルばね部材であって、前記位置決めペタルばね部材は、前記位置決めペタルの遊離端部が押されて前記縦軸から離れるように、前記位置決めペタルに作用する、位置決めペタルばね部材と、 A positioning petal spring member operably connected to said tube assembly, the positioning petal spring member, said free end portion of the positioning petals is pushed away from the longitudinal axis, acts on the positioning petal to a positioning petals spring member,
前記第2チューブに操作可能に支持され、かつ、前記位置決めペタルとスライド可能に接触しているカラーであって、前記第1チューブは、前記第2チューブに対して長さ方向に駆動されて、前記位置決めペタルを移動させて前記カラーを通過させ、それにより、交互に、前記位置決めペタル遊離端部を前記縦軸に向かって押すか、または、前記ばね部材の前記押す動作により前記位置決めペタル遊離端部を前記縦軸から離れる方向に移動させることができる、カラーと、 Operably supported on the second tube, and a color in contact to allow the positioning petal and the slide, the first tube is driven longitudinally relative to the second tube, wherein moving the positioning petals passed through the collar, thereby alternately press the positioning petal free end toward the longitudinal axis or the positioning petal free end by the pressing operation of the spring member part can to be moved in a direction away from said longitudinal axis, and the collar,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたアンカー駆動装置と、 An anchor drive operably supported by said tube assembly,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持された、アンカーであって、係留機構を備える、アンカーと、 Releasably held by said anchor drive device, a anchor comprises an anchoring mechanism, and the anchor,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(84)実施態様83に記載の器械において、 (84) In the apparatus according to claim 83,
前記位置決めペタルは、形状記憶材料から形成され、前記遊離端部を前記縦軸から離すように付勢され、 The positioning petal is formed from a shape memory material, it is biased to the free end portion and away from said longitudinal axis,
前記ペタルおよび位置決めペタルばね部材は、単一の構成要素として組み合わされる、 The petals and positioning petals spring member are combined as a single component,
器械。 instrument.
(85)実施態様84に記載の器械において、 (85) In the apparatus according to claim 84,
前記複数の位置決めペタルは、前記第1チューブと一体化している、器械。 Wherein the plurality of positioning petals is integral with the first tube, instrument.
(86)実施態様83に記載の器械において、 (86) In the apparatus according to claim 83,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含み、 It said tube assembly includes a bend angle,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °,
器械。 instrument.
(87)実施態様84に記載の器械において、 (87) In the apparatus according to claim 84,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含み、 It said tube assembly includes a bend angle,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °,
器械。 instrument.
(88)実施態様85に記載の器械において、 (88) In the apparatus according to claim 85,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含み、 It said tube assembly includes a bend angle,
前記曲げ角度は、約80°と約90°の間である、 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °,
器械。 instrument.
(89)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (89) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備える、チューブ組立体であって、前記第1チューブおよび第2チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、前記第1チューブおよび前記第2チューブは、互いに長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 Has a longitudinal axis, a first tube, and a second tube, a tube assembly, the first tube and the second tube is arranged substantially coaxially, said first tube and said second 2 tube is movable in the longitudinal direction to each other, and the tube assembly,
前記第1チューブに操作可能に支持された位置決め装置と、 A positioning device operably supported by the first tube,
駆動ピンを備えるアンカー駆動装置であって、前記駆動ピンは、前記第1チューブに操作可能に接続された取り付け端部、および遊離端部、を有し、前記第1チューブの長さ方向の移動が、前記取り付け端部の対応する移動を生じさせる、アンカー駆動装置と、 A anchor driving device comprising a drive pin moving, said drive pin, said mounting end which is operatively connected to the first tube, and the free end portion has a length direction of the first tube but it causes corresponding movement of said mounting end, and the anchor drive,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持される、アンカーであって、係留機構を備える、アンカーと、 The releasably retained by an anchor drive, a anchor comprises an anchoring mechanism, and the anchor,
前記チューブ組立体に操作可能に接続された駆動ピンばね部材であって、前記駆動ピンばね部材は、前記位置決めペタルの遊離端部が押されて前記縦軸から離れるように、前記複数の駆動ピンの少なくとも1本に作用する、駆動ピンばね部材と、 A drive pin spring operably connected to said tube assembly, said drive pin spring member away from said longitudinal axis free end of the positioning petals pushed, the plurality of driving pins acting on at least one of a driving pin spring member,
前記第チューブ組立体に操作可能に接続され、前記駆動ピンとスライド可能に接触している駆動ピンスプレッダーであって、前記第2チューブの長さ方向の移動に対応して移動する、駆動ピンスプレッダーと、 Operably connected to the first tube assembly, a said drive pin and slidably contact with and drive pin spreader, moves in response to longitudinal movement of the second tube, and a drive pin spreader ,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(90)実施態様89に記載の器械において、 (90) In the apparatus according to claim 89,
前記駆動ピンは、ばね金属を含み、前記遊離端部を前記縦軸に向かって移動させるように付勢され、 The drive pin comprises a spring metal, is biased to the free end portion to move toward the longitudinal axis,
前記駆動ピンおよび駆動ピンばね部材は、単一の構成要素として組み合わされている、 The drive pins and drive pin spring member is combined as a single component,
器械。 instrument.

(91)実施態様89に記載の器械において、 (91) In the apparatus according to claim 89,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含み、 It said tube assembly includes a bend angle,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °,
器械。 instrument.
(92)実施態様90に記載の器械において、 (92) In the apparatus according to claim 90,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含み、 It said tube assembly includes a bend angle,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °,
器械。 instrument.
(93)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (93) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、第2チューブ、第3チューブ、および第4チューブを備える、チューブ組立体であって、 Having a longitudinal axis, comprising a first tube, the second tube, the third tube, and a fourth tube, a tube assembly,
前記第1チューブ、第2チューブ、第3チューブ、および、第4チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、 The first tube, the second tube, the third tube, and the fourth tube is arranged substantially coaxially,
前記第1チューブ、第2チューブ、および第3チューブはそれぞれ、前記第4チューブに対して、および、互いに対して、長さ方向に移動可能である、 Said first tube, second tube and the third tube respectively, relative to the fourth tube, and, with respect to each other, it is movable in the longitudinal direction,
チューブ組立体と、 And the tube assembly,
前記第3チューブに操作可能に接続された取り付け端部、および遊離端部を有する、位置決めペタル、を備える位置決め装置であって、前記遊離端部は、前記取り付け端部周りに移動して、前記縦軸から離間または接近できる、位置決め装置と、 Said mounting end that is operably connected to the third tube, and having a free end, a positioning device comprising a positioning petals, the free end portion is moved around the mounting end, the it away or approach from the longitudinal axis, a positioning device,
前記チューブ組立体に操作可能に接続された位置決めばね部材であって、前記位置決めばね部材は、前記位置決めペタルの遊離端部が押されて前記縦軸から離れるように、前記位置決めペタルに作用する、位置決めばね部材と、 A positioning spring member operably connected to said tube assembly, said positioning spring member, said free end portion of the positioning petals is pushed away from the longitudinal axis, acts on the positioning petal, a positioning spring member,
前記第4チューブに操作可能に支持され、かつ、前記位置決めペタルとスライド可能に接触しているカラーであって、前記第3チューブは、前記第4チューブに対して長さ方向に駆動されて、前記位置決めペタルを移動させて前記カラーを通過させ、それにより、交互に、前記位置決めペタル遊離端部を前記縦軸に向かって押すか、または、前記ばね部材の前記押す動作により前記位置決めペタル遊離端部を前記縦軸から離れる方向に移動させることができる、カラーと、 Operably supported on said fourth tube, and a color in contact to allow the positioning petal and the slide, the third tube is driven longitudinally relative to the fourth tube, wherein moving the positioning petals passed through the collar, thereby alternately press the positioning petal free end toward the longitudinal axis or the positioning petal free end by the pressing operation of the spring member part can to be moved in a direction away from said longitudinal axis, and the collar,
前記第1チューブにより操作可能に支持されたアンカー駆動装置であって、前記アンカー駆動装置は、前記第1チューブに操作可能に接続された取り付け端部、および遊離端部、を有する駆動ピン、をさらに備え、前記第1チューブの長さ方向の移動に対応して前記駆動ピンの前記取り付け端部が移動する、前記アンカー駆動装置と、 A anchor drive operably supported by said first tube, said anchor drive, said mounting end that is operatively connected to the first tube, and a free end portion, a drive pin having a a further comprising, said mounting end of said drive pin in response to longitudinal movement of the first tube is moved, and the anchor drive device,
前記チューブ組立体に操作可能に接続された駆動ピンばね部材であって、前記駆動ピンばね部材は、前記位置決めペタルの遊離端部が押されて前記縦軸から離れるように、前記駆動ピンに作用する、駆動ピンばね部材と、 A drive pin spring operably connected to said tube assembly, said drive pin spring member, wherein are free end portions of the positioning petals pushed away from said longitudinal axis, acting on the drive pin to the drive pin spring member,
前記第2チューブに操作可能に接続され、前記駆動ピンとスライド可能に接触している駆動ピンスプレッダーであって、前記第2チューブの長さ方向の移動に対応して移動する、駆動ピンスプレッダーと、 Operably connected to said second tube, a drive pin spreader in contact to enable the drive pin and the slide, moves in response to longitudinal movement of the second tube, and a drive pin spreader,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(94)実施態様93に記載の器械において、 (94) In the apparatus according to claim 93,
前記起動ピンは、ばね金属を含み、前記遊離端部を前記縦軸に向かって移動させるように付勢され、 The activation pin comprises a spring metal, is biased to the free end portion to move toward the longitudinal axis,
前記駆動ピンおよび駆動ピンばね部材は、単一の構成要素として組み合わされている、 The drive pins and drive pin spring member is combined as a single component,
器械。 instrument.
(95)実施態様93に記載の器械において、 (95) In the apparatus according to claim 93,
前記位置決めペタルは、形状記憶材料から形成され、前記位置決めペタル遊離端部が前記縦軸から離れるように付勢され、 The positioning petal is formed from a shape memory material, wherein the positioning petal free end is biased away from said longitudinal axis,
前記位置決めペタルおよび位置決めばね部材は、単一の構成要素として組み合わされている、 The positioning petals and the positioning spring member is combined as a single component,
器械。 instrument.
(96)実施態様93に記載の器械において、 (96) In the apparatus according to claim 93,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含む、器械。 It said tube assembly includes a bend angle, instrument.
(97)実施態様96に記載の器械において、 (97) In the apparatus according to claim 96,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(98)実施態様94に記載の器械において、 (98) In the apparatus according to claim 94,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含む、器械。 It said tube assembly includes a bend angle, instrument.
(99)実施態様96に記載の器械において、 (99) In the apparatus according to claim 96,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(100)実施態様95に記載の器械において、 (100) In the apparatus according to claim 95,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含む、器械。 It said tube assembly includes a bend angle, instrument.

(101)実施態様100に記載の器械において、 (101) In the apparatus according to claim 100,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(102)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (102) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備えるチューブ組立体であって、前記第1チューブおよび第2チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、前記第2チューブは第1チューブに対して回転可能である、チューブ組立体と、 It has a longitudinal axis, a first tube, and a tube assembly comprising a second tube, the first tube and the second tube is arranged substantially coaxially, the second tube first tube is rotatable relative to the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記第1チューブに操作可能に支持された位置決め装置であって、 A operably supported positioning apparatus to said first tube,
前記位置決め装置は、前記第2チューブと機械的に連絡する位置決めアームを備え、前記第2チューブの回転は、前記位置決めアームを前記縦軸に対して横方向に拡張させるか、または、後退させ、 The positioning device comprises a second tube and mechanically positioning arms to contact, rotation of the second tube, or to expand laterally the positioning arm relative to said longitudinal axis, or moved backward,
前記第2チューブと前記位置決めアームとの間の前記機械的な連絡は、前記第2チューブの回転に応じて回転する、前記第2チューブの周囲の位置決め歯車、および、前記位置決め歯車とかみ合い、前記位置決めアームに操作可能に接続された位置決めピニオン、によって提供される、 Wherein the mechanical connection between the second tube and the positioning arm rotates in response to rotation of said second tube, around the positioning gear of said second tube, and engage with the positioning gear, wherein operably connected to positioning the pinion in the positioning arm is provided by,
位置決め装置、ならびに、 Positioning device, as well as,
前記チューブ組立体により操作可能に支持された、アンカー駆動装置、 Operably supported by said tube assembly, anchor drive,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(103)実施態様102に記載の器械において、 (103) In the apparatus according to claim 102,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含み、 It said tube assembly includes a bend angle,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °,
器械。 instrument.
(104)実施態様102に記載の器械において、 (104) In the apparatus according to claim 102,
アンカーであって、前記アンカー駆動装置に解放可能に保持されたアンカー、 A anchor, releasably held anchor in the anchor driving device,
をさらに具備し、 Further comprising a,
前記アンカーは、係留構造を備える、 The anchor comprises an anchoring structure,
器械。 instrument.
(105)実施態様104に記載の器械において、 (105) In the apparatus according to claim 104,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含み、 It said tube assembly includes a bend angle,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °,
器械。 instrument.
(106)実施態様104に記載の器械において、 (106) In the apparatus according to claim 104,
前記アンカーは、侵入制限構造を備える、器械。 Wherein the anchor comprises a penetration limiting structure, instruments.
(107)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (107) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備える、チューブ組立体であって、前記第1チューブおよび第2チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、前記第2チューブは、第1チューブに対して回転可能である、チューブ組立体と、 Has a longitudinal axis, a first tube, and a second tube, a tube assembly, the first tube and the second tube is arranged substantially coaxially, the second tube, the is rotatable relative to first tube, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記チューブ組立体に操作可能に接続された位置決め装置、 Operably connected to positioning device to the tube assembly,
前記第1チューブにより操作可能に支持されているアンカー駆動装置であって、 A anchor drive being operably supported by said first tube,
前記アンカー駆動装置は、前記第2チューブと機械的に連絡している駆動アームを備え、それにより、前記第2チューブの回転は、前記駆動アームを前記縦軸に対して横方向に拡張させるか、または、後退させ、 Or the anchor drive device includes a second drive arm that tube and mechanical contact, whereby rotation of said second tube, to expand laterally said drive arm relative to said longitudinal axis or, it is retracted,
前記第2チューブと前記駆動アームとの間の前記機械的な連絡は、前記第2チューブの回転に応じて回転する、前記第2チューブの周囲の駆動歯車、および、前記駆動歯車とかみ合い、前記駆動アームに操作可能に接続された駆動ピニオン、によって提供される、 Wherein the mechanical connection between the second tube and said drive arm rotates in response to rotation of said second tube, around a drive gear of said second tube, and, meshing with said drive gear, said operably connected to a drive pinion on the drive arm, it is provided by,
位置決め装置、ならびに、 Positioning device, as well as,
アンカーであって、係留構造を備え、前記駆動アームにより解放可能に保持された、アンカー、 A anchor comprising an anchoring structure, which is releasably held by said drive arm, the anchor,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(108)実施態様107に記載の器械において、 (108) In the apparatus according to claim 107,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含み、 It said tube assembly includes a bend angle,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °,
器械。 instrument.
(109)実施態様107に記載の器械において、 (109) In the apparatus according to claim 107,
前記アンカーは、侵入制限構造を備える、器械。 Wherein the anchor comprises a penetration limiting structure, instruments.
(110)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (110) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、第2チューブ、および第3チューブを備える、チューブ組立体であって、 Having a longitudinal axis, comprising a first tube, the second tube, and a third tube, a tube assembly,
前記第1チューブ、前記第2チューブ、および前記第3チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、 Said first tube, said second tube, and the third tube is arranged substantially coaxially,
前記第2チューブは、第1チューブに対して回転可能であり、 The second tube is rotatable with respect to the first tube,
前記第3チューブは、第1チューブに対して長さ方向に移動可能である、 The third tube is longitudinally movable relative to the first tube,
チューブ組立体と、 And the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記第1チューブに操作可能に支持された位置決め装置であって、前記位置決め装置は、前記第2チューブと機械的に連絡する位置決めアームを備え、それにより、前記第2チューブの回転は、前記位置決めアームを前記縦軸に対して横方向に拡張させるか、または、後退させる、位置決め装置、および、 A operably supported positioning apparatus to said first tube, said positioning device comprises a second tube and mechanically positioning arms to contact, whereby the rotation of said second tube, said positioning or to expand laterally arm relative to said longitudinal axis, or retract, positioning device, and,
前記第3チューブにより操作可能に支持されているアンカー駆動装置であって、前記アンカー駆動装置は、前記第2チューブと機械的に連係する駆動アームを備え、それにより、前記第2チューブの回転は、前記駆動アームを前記縦軸に対して横方向に拡張させるか、または後退させる、アンカー駆動装置、 A anchor drive being operably supported by said third tube, said anchor drive device includes a second tube and drive arm mechanically linked, whereby the rotation of the second tube , or to expand laterally said drive arm relative to said longitudinal axis, or retract, anchor drive,
を備える、エンドエフェクタ組立体と、 And a end-effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.

(111)実施態様110に記載の器械において、 (111) In the apparatus according to claim 110,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含む、器械。 It said tube assembly includes a bend angle, instrument.
(112)実施態様111に記載の器械において、 (112) In the apparatus according to claim 111,
前記曲げ角度は、約80°と約90°との間である、器械。 The bending angle is between about 80 ° and about 90 °, instrument.
(113)医療機器の2つの部材間の相対的な長さ方向への駆動運動および後退運動を保持し、実行するための手動装置において、 (113) holding the drive motor and the retracting movement of the relative length direction between the two members of the medical device, the manual device for performing,
ハンドル部材であって、長さ方向の移動ラインを画定する長さ方向ガイド、および前記移動ラインに平行な一対の対向する表面を有する長さ方向の溝、を含み、前記長さ方向の溝は、第1端部、および第2端部、ならびに、前記対向する表面の一方にある移動止め補足部、をも有する、ハンドル部材と、 A handle member, the length direction guide defining a transfer line in the longitudinal direction, and the length direction of the groove having a pair of parallel opposed surfaces to transfer line, wherein the said length direction of the groove , the first end portion, and a second end, and also has a detent supplementary part, on one of the opposing surfaces, and the handle member,
可動部材であって、前記長さ方向ガイドに嵌り、前記ハンドル部材に対して前記運動線に沿って前記長さ方向ガイド内を長さ方向に可動であり、前記可動部材は、前記運動線にほぼ平行な第2ラインに沿った第1および第2つめ受けスロットを有する、可動部材と、 A movable member, said fit lengthwise guide is movable to the longitudinal guide in the longitudinal direction along the movement line relative to said handle member, said movable member, said movement line having first and second pawl receiving slot along a substantially parallel second lines, and the movable member,
駆動トリガー部材であって、、 A driving trigger member ,,
支点部材であって、前記ハンドル部材の前記長さ方向溝にあり、この溝に沿って可動であり、かつ、前記移動止め捕捉部に解放可能に捕捉されるように構成された、支点部材、 A fulcrum member located in the longitudinal groove of the handle member, the being movable along the groove, and configured to be releasably captured in the detent capturing unit, the fulcrum member,
つめであって、前記可動部材に操作可能な近さにあり、前記可動部材が前記長さ方向ガイド内に移動して前記つめ受けスロットのいずれか一方が前記つめと位置が揃うと、前記つめ受けスロットのいずれか一方に挿入可能に構成されている、つめ、および、 A pawl, is in operable proximity to the movable member, when one of the pawl receiving slot the movable member is moved to the longitudinal guide said pawl and position are aligned, the pawl receiving and is insertable configured in one of the slots, the pawl and,
トリガー部分、 Trigger part,
を有し、 Have,
前記つめおよび前記トリガー部分は、前記支点部材周りに移動し、前記つめは、前記支点部材の周囲を前記可動部材に対して接近あるいは離間する方向に移動する、 The pawl and the trigger portion is moved to the fulcrum member around said pawl to move around the fulcrum member in a direction toward or away from the said movable member,
駆動トリガー部材と、 And drive the trigger member,
つめ駆動ばねであって、前記つめを前記可動部材に向かって押すために、前記ハンドル部材および前記起動トリガー部材に操作可能に接続された、つめ駆動ばねと、 A pawl drive spring, to push towards the pawl on the movable member, operatively connected to said handle member and said activation trigger member, a pawl drive spring,
移動止めばねであって、前記支点部材および前記移動止め捕捉部が操作可能に位置を揃えた場合に、前記支点部材を前記移動止めに向かって押すために、前記ハンドル部材および前記駆動トリガー部材に操作可能に接続された、移動止めばねと、 A detent spring, when the fulcrum member and the detent capturing portion is aligned to operably position, to push towards the fulcrum member to the detent, the handle member and the drive trigger member operably connecting a detent spring,
駆動ばねであって、前記可動部材を押して、前記移動ラインに沿って前記長さ方向ガイド内に移動させるために、前記ハンドル部材および可動部材に操作可能に接続された、駆動ばねと、 A drive spring, press the movable member, for moving the said length direction guide along the transfer line, operably coupled to the handle member and the movable member, a drive spring,
を具備する、装置。 Comprising a device.
(114)実施態様113に記載の装置において、 (114) The apparatus according to claim 113,
前記つめ駆動ばねおよび移動止めばねは、単一のばねを含む、装置。 It said pawl drive spring and detent spring comprises a single spring, device.
(115)実施態様114に記載の装置において、 (115) The apparatus according to claim 114,
前記単一のばねは、ねじりばねである、装置。 It said single spring is a torsion spring, device.
(116)実施態様113に記載の装置において、 (116) The apparatus according to claim 113,
前記トリガー部分は、後退部材をさらに具備する、装置。 It said trigger portion further comprises a retraction member.
(117)前立腺摘除手術後に、膀胱腔および膀胱口を画定する膀胱壁を含む患者の膀胱と患者の骨盤底部に囲まれた患者の尿道との吻合を行うための方法において、 (117) after prostatectomy surgery, in a method for performing an anastomosis between the patient's urethra surrounded by the pelvic floor of the bladder and the patient's patients, including bladder wall defining a bladder cavity and bladder outlet,
縦軸を有し、かつ、バルーン組立体、位置決め装置、およびアンカー駆動装置を備える、器械を、前記バルーン組立体、前記位置決め装置、および前記アンカー駆動装置が前記膀胱腔内に達するまで、順行方向で、患者の腹部の切開口および膀胱壁の切開口を通して、前記膀胱腔に挿入するステップと、 Having a longitudinal axis and the balloon assembly, positioning device, and a anchor driving device, the instrument, the balloon assembly, the positioning device, and to said anchor drive device reaches the bladder lumen, antegrade in the direction through incision incision and bladder wall of the patient's abdomen, and inserting into the bladder cavity,
前記膀胱腔内で、前記位置決め装置により、位置決め部材を前記縦軸に対して横方向に拡張させるステップと、 In the intravesical, by the positioning device, comprising the steps of expanding laterally positioning member relative to said longitudinal axis,
前記位置決め部材を前記膀胱腔内の前記膀胱壁に接触させ、前記位置決め部材により、前記膀胱壁を押して前記骨盤底部に近づけるステップと、 A step closer to the positioning member into contact with the bladder wall of said bladder cavity, by the positioning member, the pelvic floor portion by pressing the bladder wall,
前記アンカー駆動装置により、係留構造を有するアンカーを、前記膀胱腔から前記膀胱壁を通って、前記骨盤底部内に押し込み、前記アンカーを前記骨盤底部内に係留し、前記アンカーを前記アンカー駆動装置から解放するステップであって、 By the anchor driving device, the anchor having an anchoring structure, through the bladder wall from the bladder cavity, pushing into the pelvic floor portion, and anchoring the anchor in the pelvic floor portion, said anchor from said anchor drive releasing a step,
前記アンカーを押し込むステップは、前記器械のバルーンハーネス部分を前記アンカーで前記膀胱口の近位の前記骨盤底部に接続することを含む、 The step of pushing the anchor includes connecting a balloon harness portion of the instrument to the pelvic floor of the proximal of said bladder outlet at said anchor,
ステップと、 And the step,
前記位置決め装置に前記位置決め部材を前記縦軸に対して横方向に後退させるステップと、 A step of retracting laterally the positioning member to the positioning device relative to said longitudinal axis,
前記置決め装置および前記アンカー駆動装置を患者の体内から取り出すステップと、 Retrieving the-decided Me device and the anchor drive device from the patient's body,
前記位置決め装置およびアンカー駆動装置を取り出すステップに続いて、バルーン組立体のバルーンを前記バルーンハーネス内で膨張させて、前記膀胱口を前記バルーンでほぼ密閉するステップと、 A step of the following step of taking out the positioning device and anchor drive, the balloon of the balloon assembly is inflated in the balloon harness, substantially seal the bladder inlet in the balloon,
前記器械の体内残留部分からなるカテーテルを使って前記膀胱腔から尿を排出するステップと、 A step for discharging urine from the bladder cavity using a catheter comprising a body remaining portion of said instrument,
前記膀胱壁の組織と前記骨盤底部の組織とが効果的に癒合するのに必要な期間、前記バルーンハーネスおよび前記バルーンカテーテルを所定の位置に保持するステップと、 A step of holding period required for the tissue of the bladder wall and tissue in the pelvic floor portion is fusion effectively, the balloon harness and the balloon catheter to a predetermined position,
前記バルーンを収縮させて、前記バルーンハーネスを前記アンカーから分離し、そして前記バルーン、前記カテーテル、および、前記バルーンハーネスを患者の体内から取り出すステップと、 Retrieving by contracting the balloon, the balloon harness separates from the anchor, and the balloon, the catheter, and the balloon harness from the patient's body,
を含む、方法。 Including, method.
(118)実施態様117に記載の方法において、 (118) The method according to claim 117,
前記アンカーは、前記バルーンハーネスを保持する生体吸収性部分を有し、 Wherein the anchor has a bioabsorbable portion holding the balloon harness,
前記生体吸収性部分は、前記期間に患者の体内で分解して、それにより、前記バルーンを分離するステップを行う、 The bioabsorbable moiety decomposes in the body of patients in the period, thereby performing the step of separating the balloon,
方法。 Method.
(119)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (119) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備える、チューブ組立体であって、前記第1チューブおよび第2チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、前記第1チューブおよび前記第2チューブは、互いに長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 Has a longitudinal axis, a first tube, and a second tube, a tube assembly, the first tube and the second tube is arranged substantially coaxially, said first tube and said second 2 tube is movable in the longitudinal direction to each other, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
位置決めアームを備える位置決め装置であって、前記位置決めアームは、前記第2チューブに操作可能に接続された第1セグメントを有し、前記第1セグメントは、第2セグメントに接続されたジョイントを有し、前記第2セグメントは、前記第1チューブにより操作可能に支持されており、前記第1チューブに対する前記第2チューブの長さ方向の移動により、前記位置決めアームが前記縦軸に対して横方向に拡張するか、または、後退する、位置決め装置、 A positioning device comprising a positioning arm, said positioning arm has a first segment that is operatively connected to said second tube, said first segment has a joint that is connected to the second segment the second segment is movably supported operated by the first tube, the longitudinal movement of the second tube to the first tube, laterally the positioning arm relative to said longitudinal axis either extend or retracted, the positioning device,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたアンカー駆動装置、および、 Operably supported anchor drive by the tube assembly, and,
前記アンカー駆動装置により解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を備える、アンカー、 A anchors releasably held by said anchor drive device comprises an anchoring structure, an anchor,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(120)実施態様119に記載の器械において、 (120) In the apparatus according to claim 119,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含む、器械。 It said tube assembly includes a bend angle, instrument.

(121)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (121) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、第1チューブ、および第2チューブを備えるチューブ組立体であって、前記第1チューブおよび第2チューブは、ほぼ同軸上に配置されており、前記第1チューブおよび前記第2は、互いに対して長さ方向に移動可能である、チューブ組立体と、 Has a longitudinal axis, a first tube, and a tube assembly comprising a second tube, the first tube and the second tube is arranged substantially coaxially, said first tube and said second is movable longitudinally relative to one another, and the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持された位置決め装置、 Operably supported positioning apparatus by the tube assembly,
駆動アームを備えるアンカー組立体であって、前記駆動アームは、前記第1チューブに操作可能に接続された取り付け端部を有し、これにより、前記第1チューブの長さ方向の移動が、前記取り付け端部の対応する移動を生じさせることができ、前記駆動アームが、前記取り付け端部周りに前記縦軸に接近するか、または、離間するように移動できる可動端も有する、アンカー組立体、 A anchor assembly comprising a drive arm, the drive arm, the first having a mounting end that is operably connected to a tube, by which, the longitudinal movement of said first tube, said can cause corresponding movement of the mounting end, said drive arm, or closer to the longitudinal axis around the mounting end, or also has a movable end which can be moved so as to separate the anchor assembly,
前記駆動アームにより解放可能に保持されたアンカーであって、係留構造を備える、アンカー、 A anchors releasably held by said drive arm comprises an anchoring structure, an anchor,
前記チューブ組立体に操作可能に接続されたばね部材であって、前記可動端が前記縦軸から押し離されるように前記駆動アームに作用する、ばね部材、および、 A spring member operatively connected to said tube assembly, said movable end is applied to the drive arm so pushed away from the longitudinal axis, the spring member and,
閉鎖カラーであって、この閉鎖カラーは前記第2チューブに操作可能に接続され、かつ、前記駆動アームとスライド可能に接触しており、前記第2チューブの前記第1チューブに対する長さ方向の移動が、交互に、前記駆動アームの前記可動端を前記縦軸に向かって押すか、または、前記可動端を前記ばね部材の前記押す動作により前記縦軸から離れさせるかする、閉鎖カラーと、 A closed collar, the closure collar is operably connected to said second tube, and is in contact to enable the drive arm and the slide, the movement in the lengthwise direction relative to the first tube of the second tube but alternatively, press the movable end of said drive arm toward said longitudinal axis, or, either causes leave the movable end from the longitudinal axis by the pushing operation of the spring member between a closed collar,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(122)実施態様121に記載の器械において、 (122) In the apparatus according to claim 121,
前記チューブ組立体は、曲げ角度を含む、器械。 It said tube assembly includes a bend angle, instrument.
(123)膀胱および尿道との吻合を行うのに用いる器械において、 (123) In the instrument used to perform the anastomosis with the bladder and urethra,
縦軸を有し、チューブを備える、チューブ組立体と、 Having a longitudinal axis, comprising a tube, a tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたエンドエフェクタ組立体であって、 A operably supported end-effector assembly by the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持された位置決め装置、 Operably supported positioning apparatus by the tube assembly,
前記チューブ組立体により操作可能に支持されたアンカー駆動装置であって、前記アンカー駆動装置により解放可能に保持されたアンカーを備える、アンカー駆動装置、ならびに、 A anchor drive operably supported by said tube assembly comprises an anchor that is releasably held by said anchor drive, anchor drives, and,
前記チューブに操作可能に接続された先端、およびアンカー終端、を有するバルーンハーネス、 Operably connected to the distal end to the tube, and the anchor end, the balloon having a harness,
をさらに備える、エンドエフェクタ組立体と、 Further comprising, an end effector assembly,
を具備する、器械。 It comprises a, instrument.
(124)実施態様123に記載の器械において 前記バルーンハーネスの前記アンカー終端は、前記アンカーにより解放可能に保持される、器械。 (124) the anchor end of the balloon harness in apparatus according to claim 123 is releasably held by the anchor, the instrument.
(125)実施態様123に記載の器械において 前記チューブ組立体は、曲げ角度を含む、器械。 (125) the tube assembly in apparatus according to claim 123, including the bend angle, instrument.
(126)実施態様123に記載の器械において、 (126) In the apparatus according to claim 123,
前記アンカーは、係留構造を含む、器械。 The anchor comprises an anchoring structure, instruments.
(127)実施態様124に記載の器械において、 (127) In the apparatus according to claim 124,
前記アンカーは、係留構造を含む、器械。 The anchor comprises an anchoring structure, instruments.
(128)実施態様123に記載の器械において、 (128) In the apparatus according to claim 123,
前記アンカーは、生体吸収性部分を含む、器械。 Wherein the anchor comprises a bioabsorbable portion, instrument.
(129)実施態様124に記載の器械において、 (129) In the apparatus according to claim 124,
前記アンカーは、生体吸収性部分を含む、器械。 Wherein the anchor comprises a bioabsorbable portion, instrument.
(130)実施態様129に記載の器械において、 (130) In the apparatus according to claim 129,
前記アンカーの前記生体吸収性部分は、前記バルーンハーネスの前記アンカー終端を保持する、器械。 The bioabsorbable portion of the anchor, to hold the anchor end of the balloon harness, instrument.

前立腺摘除前のヒトの男性の膀胱、前立腺および尿道、ならびに、周囲の骨盤底部の位置関係を示す、部分的な垂直断面概略図。 Bladder male human before prostatectomy, prostate and urethra, and shows the positional relationship of the pelvic floor of the surrounding partial vertical cross-sectional schematic view. 前立腺摘除後のヒトの男性の膀胱、前立腺および尿道、ならびに、周囲の骨盤底部の位置関係を示す、部分的な、垂直断面概略図。 Bladder male humans following prostatectomy, prostate and urethra, and shows the positional relationship of the pelvic floor of the surrounding partial, vertical cross-sectional schematic view. 本発明の一実施例による操作ハンドル、駆動装置組立体および位置決め装置組立体を有する吻合器械の斜視図。 An embodiment according to the operating handle, perspective view of the anastomosis instrument having a drive device assembly and positioning assembly of the present invention. 図3に示す吻合器械の操作ハンドルの縦断面図。 Longitudinal sectional view of the anastomotic instrument operating handle shown in FIG. 図3に示す吻合器械の操作ハンドルの近位端の拡大縦断面図。 Enlarged longitudinal sectional view of the proximal end of the anastomosis instrument operating handle shown in FIG. 図3に示す吻合器械の操作ハンドルの遠位端の拡大縦断面図。 Enlarged longitudinal sectional view of the distal end of the anastomosis instrument operating handle shown in FIG. 図3に示す吻合器械のチューブ組立体、位置決め装置組立体および駆動装置組立体の縦断面図。 Tube assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 3 a longitudinal sectional view of the positioning device assembly and drive assemblies. 図7に示すチューブ組立体のブリッジ組立体部分の拡大縦断面図。 Enlarged longitudinal sectional view of the bridge assembly portion of the tube assembly shown in FIG. 図8に示すブリッジ組立体の拡大横断面図。 Enlarged cross-sectional view of the bridge assembly shown in FIG. 図8に示すブリッジ組立体の拡大縦断面図。 Enlarged longitudinal sectional view of the bridge assembly shown in FIG. 図3に示す吻合器械の組立体部の拡大縦断面図。 Enlarged longitudinal sectional view of the assembly portion of the anastomosis instrument shown in FIG. 図3に示す吻合器械の駆動装置組立体部の縦断面図。 Longitudinal sectional view of the drive assembly of an anastomotic instrument shown in FIG. 図3に示す吻合器械の位置決め装置組立体、および、駆動装置組立体の実施例の斜視図。 Positioner assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 3, and a perspective view of an embodiment of a drive assembly. 図3に示す吻合器械の位置決め装置組立体、および、駆動装置組立体の実施例の斜視図で、位置決め装置組立体、および、駆動装置組立体を開位置にして示す。 Positioner assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 3, and a perspective view of an embodiment of a drive assembly, the positioning assembly, and showing, in the drive assembly to the open position. 図14に示す吻合器械の位置決め装置組立体、および、駆動装置組立体の断面上面図で、駆動アーム、および、位置決めアームを開位置にして示す。 Positioner assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 14, and a cross-sectional top view of the drive assembly, the drive arm, and shows the positioning arm in the open position. 図14に示す吻合器械の駆動装置組立体の拡大断面図で、駆動アーム、駆動ピン、および、アンカーを示す。 In an enlarged sectional view of a drive assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 14, the drive arm, the drive pin, and shows the anchor. 本発明による吻合器械の他の実施例の縦断面図。 Longitudinal sectional view of another embodiment of an anastomotic instrument according to the present invention. 図17に示す吻合器械の駆動装置組立体部の横断面図。 Cross-sectional view of the drive assembly of an anastomotic instrument shown in FIG. 17. 図17に示す吻合装置の縦断面図で、駆動ペタル組立体、および、位置決めペタル組立体を開位置にして示す。 In longitudinal section of the anastomotic device shown in FIG. 17, the driving petal assembly, and show by positioning petal assembly to the open position. 図17に示す吻合装置の縦断面図で、組織に接触している位置決めペタル、および、一部が組織中に展開したアンカー駆動ピンおよびアンカーを示す。 In longitudinal section of the anastomotic device shown in FIG. 17, the positioning petals in contact with tissue, and show an anchor driving pins and anchor deployed partially within tissue. 図17に示す吻合装置の縦断面図で、組織に接触している位置決めペタル、および、組織中に押し込まれたアンカー駆動ピンおよびアンカーを示す。 In longitudinal section of the anastomotic device shown in FIG. 17, the positioning petals in contact with tissue, and show an anchor driving pins and anchor pushed into the tissue. 本発明の吻合器械の他の代替の実施例の縦断面図。 Longitudinal sectional view of another alternative embodiment of the anastomosis instrument of the present invention. 図22に示す吻合器械の駆動装置組立体部の断面図。 Sectional view of the drive assembly of an anastomotic instrument shown in FIG. 22. 図22に示す吻合器械の縦断面図で、位置決めペタルを開位置にして示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 22, showing the positioning petals in the open position. 図22に示す吻合器械の縦断面図で、位置決めペタル、および、駆動装置組立体を開位置にして示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 22, the positioning petals, and show to the drive assembly to the open position. 図22に示す吻合器械の縦断面図で、組織に接触している位置決めペタル、および、組織中に押し込まれたアンカー駆動ピンおよびアンカーを示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 22, the positioning petals in contact with tissue, and show an anchor driving pins and anchor pushed into the tissue. 図24に示す吻合器械の位置決め装置組立体の上面図で、説明のために駆動装置組立体を取り除き、位置決めペタルを開位置にして示す。 A top view of the positioning device assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 24, remove the drive assembly for the explanation, and the positioning petals in the open position. 図17に示す吻合器械の代替の実施例を閉位置にして示す斜視図。 Perspective view of an alternative embodiment of the anastomosis instrument shown in FIG. 17 in the closed position. 図17に示す吻合器械の代替の実施例を開位置にして示す斜視図。 Perspective view of an alternative embodiment of the anastomosis instrument shown in FIG. 17 in the open position. 図22に示す吻合器械の代替の実施例を開位置にして示す斜視図。 Perspective view of an alternative embodiment of the anastomosis instrument shown in FIG. 22 in the open position. 前立腺摘除後に患者の尿道を通り膀胱内に完全に挿入された吻合器械を示す図。 Shows a fully inserted anastomosis instrument into the through bladder of the patient's urethra after prostatectomy. 前立腺摘除後に患者の尿道を通り膀胱内に完全に挿入された吻合器械を駆動装置組立体および位置決め装置組立体を開いて示す図。 It shows open fully inserted anastomosis instrument drive assembly and positioning assembly as the bladder of the patient's urethra after prostatectomy. 前立腺摘除後に患者の尿道を通り膀胱内に完全に挿入された吻合器械を示す図で、膀胱口と尿道口の位置を揃え、組立体が膀胱壁を骨盤底部に押し付け、接触させている。 In view after prostatectomy indicates a fully inserted anastomosis instrument into the through bladder of the patient's urethra, align the position of the bladder opening and the urethral meatus, assembly pressed against the bladder wall to the pelvic floor portion, and in contact. 前立腺摘除後に患者の尿道を通り膀胱内に完全に挿入された吻合器械を示す図で、組立体を作動し、アンカーを膀胱壁を通して骨盤底部内に押し込んでいる。 In view after prostatectomy indicates a fully inserted anastomosis instrument into the through bladder of the patient's urethra, the assembly work, and push the pelvic floor section through the bladder wall anchors. 尿道を通って膀胱に挿入された吻合器械を示す図で、組立体および駆動ピンは閉じられ、アンカーから引き抜かれていて、アンカーは膀胱壁を通って骨盤底部内に設置されたままである。 In view showing the anastomotic instrument that is inserted into the bladder through the urethra, assembly and drive pin are closed, have been withdrawn from the anchor, the anchor remains installed in the pelvic floor section through the bladder wall. 前立腺摘除後に患者の尿道を通り膀胱内に完全に挿入された吻合器械を示す図で、アンカー設置後、組立体、および、組立体は最初の後退位置に戻っている。 In view after prostatectomy indicates a fully inserted anastomosis instrument into the through bladder of the patient's urethra, after the anchor installation, assembly, and the assembly is returned to the initial retracted position. アンカーの設置後、および、アンカーの設置に使った吻合器械の除去後の膀胱および尿道を示す図で、カテーテルを尿道を通って膀胱内導入するための位置に残されたガイドワイヤを示す。 After installation of the anchor, and a diagram showing the bladder and urethra after removal of the anastomosis instrument with the installation of the anchor, it shows a guidewire left in position for the catheter through the urethra is introduced within the bladder. アンカーの設置後、および、アンカーの設置に使った吻合器械の除去後の膀胱および尿道を示す図で、尿道を通って膀胱内に挿入されまた蓄尿バッグにつながるバルーンカテーテルシステムを示す。 After installation of the anchor, and a diagram showing the bladder and urethra after removal of the anastomosis instrument with the installation of the anchor, illustrating a balloon catheter system that leads to the inserted also urine bag into the bladder through the urethra. アンカーの実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor. アンカーの代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view of an alternative embodiment of the anchor. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. アンカーシャフトおよびその先端の代替の実施例を示す斜視図。 Perspective view showing an embodiment of the anchor shaft and the tip of the alternative. 駆動準備位置(cocked position)での駆動ボタン組立体の概略図。 Schematic view of the drive button assembly of the drive preparation position (cocked position). 解放位置での駆動ボタン組立体の概略図。 Schematic view of the drive button assembly in the release position. 前方着座位置での駆動ボタン組立体の概略図。 Schematic view of the drive button assembly in front seating position. 本発明による順行式膀胱尿道吻合器械(antegrade vesico urethral anastomosis instrument)の実施例の斜視図。 Perspective view of an embodiment of antegrade formula vesicourethral anastomosis instrument according to the present invention (antegrade vesico urethral anastomosis instrument). 本発明による方法で患者の膀胱に挿入した、図55に示す吻合器械を湾曲チューブ組立体および吻合エンドエフェクタを含めて示す部分図。 It was inserted into the patient's bladder in the process according to the present invention, partial view of including a curved tube assembly and anastomosis end effector anastomosis instrument shown in FIG. 55. 本発明による方法で患者の膀胱に挿入した、図55に示す吻合器械を開いた状態の組立体を含めて示す部分図。 It was inserted into the patient's bladder in the process according to the present invention, partial view showing, including the assembly of an open state anastomosis instrument shown in FIG. 55. 本発明による方法で患者の膀胱に挿入した、図55に示す吻合器械を開いた状態のアンカー組立体を含めて示す部分図。 Was inserted into the patient's bladder in the process according to the present invention, partial view of including anchor assembly opened the anastomosis instrument shown in FIG. 55. 図55に示す吻合器械の部分図で、本発明により膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させている組立体を示す。 In partial view of the anastomotic instrument shown in FIG. 55, showing the assembly that the bladder wall in contact pressed against the pelvic floor part by the present invention. 図55に示す吻合器械の部分図で、本発明によりアンカーが膀胱壁を通って骨盤底部内に押し込まれた後の状態を示す。 In partial view of the anastomotic instrument shown in FIG. 55, showing a state after the anchor has been pushed into the pelvic floor portion through the bladder wall by the present invention. 図55に示す吻合器械の部分図で、本発明により設置したアンカーからアンカー駆動ピンを抜いた後の状態を示す。 In partial view of the anastomotic instrument shown in FIG. 55 shows a state after removing the anchor drive pin from installed anchor by the present invention. 図55に示す吻合器械の部分図で、本発明によりハーネスを広げるために吻合器械を部分的に引っ込めた後の状態を示す。 In partial view of the anastomotic instrument shown in FIG. 55 shows a state after withdrawal of the anastomosis instrument partially in order to extend the harness according to the present invention. 図55に示す吻合器械の部分図で、本発明によりバルーン組立体およびカテーテルを患者の体内に残留させるためにアンカー組立体および組立体の引き戻し準備でこれらを閉じた後の状態を示す。 In partial view of the anastomotic instrument shown in FIG. 55, showing a state after closing the balloons assembly and the catheter pullback preparation anchor assembly and assembly in order to remain in the body of the patient by the present invention. 図55に示す吻合器械の部分図で、本発明により使用した組立体およびアンカー組立体を取り除いた後の状態を示す。 In partial view of the anastomotic instrument shown in FIG. 55, showing a state after removal of the assembly and anchor assembly used by the present invention. 図55に示す吻合器械の部分図で、本発明により使用した組立体およびアンカー組立体の取り除きに続いて、固定したハーネスに取り付けたバルーンを膨張させた後の状態を示す。 In partial view of the anastomotic instrument shown in FIG. 55, following the removal of the assembly and anchor assembly used by the present invention, showing a state after inflating a balloon attached to the fixed harness. ハーネス固定ループを介してアンカーに取り付けることができる、図55に示す吻合器械のハーネス部分の斜視図。 It can be attached to the anchor via a harness fixing loop, perspective view of a harness portion of the anastomotic instrument shown in FIG. 55. 本発明で使用するように構成されたバルーン組立体の実施例の縦断面図。 Longitudinal sectional view of an embodiment of the configuration balloon assembly for use in the present invention. 本発明で使用できるカテーテルの横断面図。 Cross-sectional view of a catheter that can be used in the present invention. 本発明で使用できるカテーテルキャップおよび蓄尿バッグの実施例の縦断面図。 Longitudinal sectional view of an embodiment of a catheter cap and urine collection bag that can be used in the present invention. 図55に示す吻合器械のエンドエフェクタ組立体の実施例の分解図。 Exploded view of an embodiment of an end effector assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 55. 図55に示す吻合器械のエンドエフェクタ組立体の実施例の斜視断面部分図で、開いた状態のアンカー組立体および部分的に開いた状態の組立体を示す。 Figure a perspective cross section view of an embodiment of an end effector assembly of the anastomosis instrument shown in 55, showing the assembly in an open position of the anchor assembly and partially open state. 図55に示す吻合器械の変換チューブ部分の縦断斜視図で、作動管の典型的な連結を示す。 A longitudinal perspective view of a conversion tube portion of the anastomotic instrument shown in FIG. 55 shows a typical connection of the working tube. 図55に示す吻合器械の閉位置にある閉鎖チューブラッチカラーの縦断面図。 Longitudinal sectional view of the closure tube latch collar in the closed position of the anastomosis instrument shown in FIG. 55. 図55に示す吻合器械の開位置にある閉鎖チューブラッチカラーの縦断面図。 Longitudinal sectional view of the closure tube latch collar in the open position of the anastomosis instrument shown in FIG. 55. 図55に示す吻合器械のハンドル組立体の実施例の側断面図。 Side cross-sectional view of an embodiment of the handle assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 55. 図75に示すハンドル組立体の分解斜視図。 Exploded perspective view of the handle assembly shown in FIG. 75. 図55に示す吻合器械の組立体とハンドル組立体の接続部分の断面図で、組立体の動作に関連する構成部品を示す。 Sectional view of the assembly and connecting portion of the handle assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 55, showing the components associated with the operation of the assembly. 図55に示す吻合器械の部分的に開いた、組立体の斜視図。 Partially open the anastomosis instrument shown in FIG. 55, a perspective view of the assembly. 図55に示す吻合器械のアンカー組立体とハンドル組立体の接続部分の断面図で、アンカー組立体の開閉に関連する構成部品を示す。 In cross-sectional view of the anchor assembly and the connecting portion of the handle assembly of the anastomosis instrument shown in FIG. 55, showing the components associated with the opening and closing of the anchor assembly. 図55に示す吻合器械の閉鎖チューブラッチカラー、および、関連する構成部品の分解斜視図。 Closure tube latch collar anastomosis instrument shown in FIG. 55, and an exploded perspective view of the components involved. 図55に示すアンカー組立体およびハンドル組立体の接続部分の断面図で、アンカー駆動に関連する構成部品を示す。 In cross-sectional view of a connecting portion of the anchor assembly and the handle assembly shown in FIG. 55, showing the components associated with the anchor drive. 図55に示す湾曲スパインチューブおよびハンドル組立体の接続部分の断面図で、吻合器械の固定した骨組み構成を示す。 In cross-sectional view of a connection portion of the curved spine tube and the handle assembly shown in FIG. 55, showing a fixed framework structure of the anastomosis instrument. 本発明の吻合器械の他の実施例の、後退した、展開前位置における遠位端および近位端の斜視図で、中間部分は図示の都合上省略して示す。 Of another embodiment of an anastomotic instrument of the present invention, retracted, in a perspective view of the distal end and a proximal end in the pre-deployment position, the intermediate portion are not illustrated on for convenience of illustration. 図83に示す吻合器械の、後退した、展開前位置における遠位端の縦断面図。 Anastomosis instrument shown in FIG. 83, and retracted, vertical sectional view of the distal end in the pre-deployment position. 本発明の吻合器械の近位端で使用するように構成されたハンドル組立体の実施例の縦断面図。 Proximal longitudinal section of an embodiment of the configured handle assembly for use with end view of the anastomosis instrument of the present invention. 図84に示す吻合器械の図84における、86−86線上の部分横断面図で、外側組立体チューブ、アンカー駆動ピン、内側組立体チューブ、位置決めチューブ、および、展開前位置にある吻合器械に装填したアンカーの断面を示す。 In Figure 84 of the anastomosis instrument shown in FIG. 84, a partial cross-sectional view of the 86-86 line, the outer assembly tube, anchoring the drive pin, the inner assembly tube, positioning the tube and loading the anastomotic instrument in the pre-deployment position It shows the the anchor of the cross-section. 図83に示す吻合器械に使用できるアンカーの先端部材の側面図で、アンカー駆動ピンに接触している、展開前位置にある状態を示す。 A side view of the anchor of the tip member can be used in anastomosis instrument shown in FIG. 83, in contact with the anchor drive pin, showing a state in which the pre-deployment position. 図83に示す吻合器械の縦断面図で、前立腺摘除後、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後の、後退した、展開前位置にある状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 83, showing after prostatectomy, after insertion into the bladder through the patient's urethra, retracted, a state in which the pre-deployment position. 図83に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、および、位置決め装置を展開位置に移動させた後の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 83, after insertion into the bladder through the patient's urethra, and shows a state after moving the positioning device in the deployed position. 図83に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、および、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 83, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning device in the deployed position, and aligns the positions of the bladder opening and the urethral meatus, bladder wall the shows a state after contacting pressed against the pelvic floor portion. 図83に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、および、アンカー駆動装置組立体を駆動してアンカーを位置を揃え、膀胱口および尿道口の周りの骨盤底部と膀胱の組織に押し込めた状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 83, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning device in the deployed position, aligned positions of the bladder opening and the urethral meatus, pelvic bladder wall after contact pressed against the bottom, and aligns the position anchor by driving the anchor drive assembly, showing a state in which tucked into the pelvic bottom and bladder tissue around the bladder opening and the urethral meatus. 図83に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、および、アンカーを設置し、回復期間および治癒期間に、膀胱から尿および他の体液を排出できるように位置決め装置および位置決めチューブを患者の体内に残留させるために、アンカー駆動装置組立体の後退を開始した後の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 83, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning device in the deployed position, aligned positions of the bladder opening and the urethral meatus, pelvic bladder wall after contact pressed against the bottom, and has established an anchor, recovery time and healing time, the positioning device and the positioning tube can be discharged urine and other body fluids from the bladder in order to remain in the body of the patient, the anchor It shows a state after the start of the retraction of the drive assembly. 駆動ピンおよび外側駆動装置組立体チューブには代替形状を用いた、本発明の吻合器械の他の代替の実施例の縦断面図で、位置決め装置を展開位置に移動させた後の状態を示す。 The drive pin and outer drive assembly tube with alternative forms, a longitudinal section view of another alternative embodiment of the anastomosis instrument of the present invention, showing a state after moving the positioning device in the deployed position. 駆動ピンおよび外側駆動装置組立体チューブには代替の形状を用い、アンカーの後方部材および接続部材の代替の展開前配向を示す、本発明の吻合器械の他の代替の実施例の縦断面図で、位置決め装置を展開位置に移動させた後の状態を示す。 Using alternate shapes to the drive pin and outer drive assembly tube, showing an alternative pre-deployment orientation of the rear member and the connecting member of the anchor, a longitudinal section view of another alternative embodiment of the anastomosis instrument of the present invention shows a state after moving the positioning device in the deployed position. 本発明の吻合器械の他の実施例の近位端および遠位端の斜視図で、後退した、展開前位置にある状態を示し、中間部分は図示の都合上省略してある。 A perspective view of a proximal end and a distal end of another embodiment of an anastomotic instrument of the present invention, the retracted, shows a state in which the pre-deployment position, the intermediate portion is omitted on illustration convenience. 図95に示す吻合器械の遠位端の縦断面図で、後退した、展開前位置にある状態を示す。 In longitudinal section view of the distal end of the anastomosis instrument shown in FIG. 95, and retracted, showing a state in which the pre-deployment position. 図96に示す吻合器械の図96における97−97線上の部分横断面図で、第2アンカーガイドカラー、第1アンカーガイドカラー、位置決めチューブ、および、展開前位置にある吻合器械に装填された、第1アンカーおよび垂れ下がった縫合糸の断面を示す。 In part cross section of 97-97 line diagram in FIG. 96 of the anastomosis instrument shown in FIG. 96, second anchor guide collar, the first anchor guide collar, positioning the tube and loaded in the anastomosis instrument in the pre-deployment position, a first anchor and hanging suture cross section. 図96に示す吻合器械の図96における98−98線上の部分横断面図で、外側駆動装置組立体チューブ、アンカーガイドカラー、アンカー駆動ピン、内側駆動装置組立体チューブ、位置決めチューブ、および、展開前位置の吻合器械に装填された第2アンカーおよび垂れ下がった縫合糸の端部の断面を示す。 In partial cross-sectional view of the 98-98 line in FIG. 96 of the anastomosis instrument shown in FIG. 96, outer drive assembly tube, the anchor guide collar, anchor drive pin, the inner drive assembly tube, positioning the tube and, prior to deployment It shows a second anchor and hanging suture ends of the cross-section of which is loaded in position anastomosis instrument. 図95に示す吻合器械に使用できる第1アンカーの実施例を展開した形状で示す、拡大斜視図。 Shown in a shape to expand the embodiments of the first anchor can be used in anastomosis instrument shown in FIG. 95, an enlarged perspective view. 図95に示す吻合器械に使用できる第2アンカーの実施例を展開した形状で示す、拡大斜視図。 Shown in a shape to expand the embodiments of the second anchor may be used in anastomosis instrument shown in FIG. 95, an enlarged perspective view. 図100に示す第2アンカーの拡大側面図。 Enlarged side view of the second anchor shown in Figure 100. 図95に示す吻合器械の縦断面図で、前立腺摘除後、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後の、後退した、展開前位置にある状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 95, showing after prostatectomy, after insertion into the bladder through the patient's urethra, retracted, a state in which the pre-deployment position. 図95に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後にを展開位置に移動させた状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 95, showing a state in which the allowed to move to the deployed position after insertion through the patient's urethra into the bladder. 図95に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後を展開位置に移動させ、および、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 95, the after insertion into the bladder through the patient's urethra is moved to the deployed position, and aligns the positions of the bladder opening and urethral opening, pressing the bladder wall to the pelvic floor section It shows a state of being contacted. 図95に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃えた膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、および、アンカー駆動装置組立体の最初の作動で第1アンカーを膀胱口の周囲の膀胱壁の組織に押し込めた後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 95, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning device in the deployed position, the pelvic bladder wall aligned the positions of the bladder opening and the urethral meatus after contact pressed against the bottom, and shows a first anchor at the first operation of the anchor drive assembly after tucked into tissue of the bladder wall around the bladder outlet, the state. 図95に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃えた膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させ、アンカー駆動装置組立体の最初の作動で第1アンカーを膀胱口の周囲の膀胱壁の組織に押し込み、第2アンカーの駆動準備にアンカー駆動ピンを再配置した状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 95, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning device in the deployed position, the pelvic bladder wall aligned the positions of the bladder opening and the urethral meatus contacting pressed against the bottom, the first anchor pushed into the tissue of the bladder wall around the bladder opening in the first operation of the anchor drive assembly, showing a state in which to relocate the anchor drive pin to the drive preparation of the second anchor. 図95に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃えた膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、アンカー駆動装置組立体の最初の作動で第1アンカーを膀胱口の周囲の膀胱壁の組織に押し込んだ後、および、アンカー駆動装置組立体の2度目の作動で第2アンカーを尿道口の周囲の組織に押し込めた後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 95, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning device in the deployed position, the pelvic bladder wall aligned the positions of the bladder opening and the urethral meatus after contact pressed against the bottom, after which pushed the first anchor to the tissue surrounding the bladder wall of the bladder opening in the first operation of the anchor drive assembly, and, second in the second time of the operation of the anchor drive assembly after the second anchor was tucked into tissue surrounding the urethral opening, showing the state. 図95に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃えた膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、アンカー対と接続縫合糸が設置された後、および、回復期間および治癒期間に、膀胱から尿および他の体液を排出できるようにおよび位置決めチューブを患者の体内に残留させるため、アンカー駆動装置組立体の後退を開始した後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 95, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning device in the deployed position, the pelvic bladder wall aligned the positions of the bladder opening and the urethral meatus after contact pressed against the bottom, after the connection suture anchor pairs are installed, and the recovery period and healing time, so that it can discharge the urine and other body fluids from the bladder and positioning tube into the patient remaining in order to show the after starting the retraction of the anchor drive assembly, state. 図95に示す吻合器械の縦断面図で、アンカー駆動装置組立体の後退後、および、吻合処置の終了後、の状態を示し、吻合器械の残りの部品を尿道を通って膀胱から患者の体外に取り出せるように、は後退位置にある。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 95, after retraction of the anchor drive assembly, and, after completion of the anastomosis procedure, shows the state, the remaining components of the anastomosis instrument patient from the bladder through the urethra outside as can be extracted to, it is in the retracted position. 本発明の吻合器械の遠位端および近位端の他の実施例の斜視図で、中間部分は図示の都合上省略してある。 A perspective view of another embodiment of the distal and proximal ends of the anastomosis instrument according to the present invention, the intermediate portion is omitted on illustration convenience. 図110に示す吻合器械の縦断面図で、前立腺摘除後に、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後の、後退した、展開前位置にある状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 110, after prostatectomy, indicating after insertion into the bladder through the patient's urethra, retracted, a state in which the pre-deployment position. 図110に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、および、位置決め装置を展開位置に移動させた後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 110, after inserting through the patient's urethra into the bladder, and shows the state, after moving the positioning device in the deployed position. 図110に示す吻合器械の縦断面図で、尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、および、ファスナーセットを伸長させるためにエキスパンダーカラーをファスナー駆動装置組立体に引き込んだ後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 110, after insertion into the bladder through the urethra, after moving the positioning device in the deployed position, and the fastener drive assembly expander collar to extend the fastener set after drawn into, it indicates the state. 図110に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入したあと位置決め装置組立体を展開位置に移動させたあと、ファスナーセットを広げるためにエキスパンダーカラーをファスナー駆動装置組立体に引き込んだ後、および、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 110, after moving after positioning assembly inserted into the bladder through the patient's urethra in the deployed position, the fastener drive assembly expander collar to extend the fastener set after drawn into, and aligns the positions of the bladder opening and the urethral meatus, showing the after contacting pressing the bladder wall to the pelvic floor portion, of the state. 図110に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、および、ファスナー駆動装置組立体の作動を開始した後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 110, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning device in the deployed position, aligned positions of the bladder opening and the urethral meatus, pelvic bladder wall after contact pressed against the bottom, and shows after starting the operation of the fastener drive assembly, the state. 図110に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置組立体を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、および、ファスナーセットを設置するためにファスナー駆動装置組立体を完全に作動させた後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 110, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning assembly in the deployed position, aligned positions of the bladder opening and the urethral meatus, bladder wall It is shown after contact pressed against the pelvic floor portion, and, after completely operate the fastener drive assembly in order to install the fastener set, the state. 図110に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、ファスナーセットを設置するためにファスナー駆動装置組立体を完全に作動させた後、および、ファスナー駆動装置組立体の直径をより小さくし、ファスナー駆動装置組立体が設置されたファスナーセットを通って引き出せるようにエキスパンダーカラーをファスナー駆動装置組立体から外した後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 110, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning device in the deployed position, aligned positions of the bladder opening and the urethral meatus, pelvic bladder wall after contact pressed against the bottom, after being fully actuated fastener drive assembly for installing the fastener set, and, to a smaller diameter of the fastener drive assembly, the fastener drive assembly is installed after removing the expander collar to draw through the fastener set from the fastener drive assembly has, indicating the status. 図110に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、位置決め装置組立体を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、ファスナーセットが設置された後、および、回復期間および治癒期間に、膀胱から尿および他の体液を排出できるように位置決め装置組立体および位置決めチューブを患者の体内に残留させるためにファスナー駆動装置組立体を取り出した後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 110, after insertion into the bladder through the patient's urethra, after moving the positioning assembly in the deployed position, aligned positions of the bladder opening and the urethral meatus, bladder wall after the contacted pressed against the pelvic floor portion, after the fastener set is installed, and, the recovery period and the healing period, the patient positioning device assembly and positioning the tube so that it can discharge the urine and other body fluids from the bladder body after removal of the fastener drive assembly in order to remain in, showing the state. 図110に示す吻合器械に使用できるファスナーセットの拡大斜視図で、拡張および設置前の形状で示す。 An enlarged perspective view of a fastener set that can be used in the anastomosis instrument shown in FIG. 110, indicated by expansion and pre-installation configuration. 図110に示す吻合器械に使用できるファスナーセットの拡大斜視図で、拡張および設置後の形状で示す。 An enlarged perspective view of a fastener set that can be used in the anastomosis instrument shown in FIG. 110 shows a shape after expansion and installation. 図110に示す吻合器械に使用できる作動ロッドのエンドキャップの拡大斜視図。 Enlarged perspective view of the end cap of the rod that can be used in anastomosis instrument shown in FIG. 110. 展開前の閉位置にある本発明の吻合器械の他の実施例の縦断面図で、展開前の、後退位置にある状態を示す。 In longitudinal section of another embodiment of an anastomotic instrument of the present invention in a closed position prior to deployment, showing a state in which the pre-deployment, in the retracted position. 図122に示す吻合器械の縦断面図で、前立腺摘除後、患者の尿道を通して膀胱に挿入した状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 122, after prostatectomy, showing a state in which inserted into the bladder through the patient's urethra. 図122に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、および、を展開位置に移動させた後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 122, after inserting through the patient's urethra into the bladder, and, after the moving to the deployed position, showing the state. 図122に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、を展開位置に移動させた後、および、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 122, after moving after insertion into the bladder through the patient's urethra, the deployment position, and aligns the positions of the bladder opening and the urethral meatus, pelvic bladder wall after contact pressed against the bottom, showing a state. 図122に示す吻合器械の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱に挿入した後、を展開位置に移動させた後、膀胱口と尿道口との位置を揃え、膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触させた後、および、係留部材を展開位置に移動させた後、の状態を示す。 In longitudinal section of the anastomotic instrument shown in FIG. 122, after moving after insertion into the bladder through the patient's urethra, the in the deployed position, aligned positions of the bladder opening and urethral opening, the bladder wall to the pelvic floor section after pressing contact, and show the after moving the anchoring member in the deployed position, the state. 図122に示す吻合器械に使用できる作動ロッドのエンドキャップの拡大斜視図。 Enlarged perspective view of the end cap of the rod that can be used in anastomosis instrument shown in FIG. 122. 図122に示す吻合器械の概略図で、患者の体内でが展開位置にある状態、吻合器械を蓄尿バッグの近位端にに接続した状態を示す。 A schematic view of the anastomosis instrument shown in FIG. 122 shows a state in which the body of the patient is in the deployed position, the state of connecting the anastomosis instrument to the proximal end of the urine collection bag. 順行式吻合処置用に構成した本発明の吻合器械の実施例の縦断面図で、展開位置にある状態を示す。 In longitudinal section view of an embodiment of an anastomotic instrument of the present invention configured for antegrade type anastomosis procedure, showing a state in a deployed position. 順行式吻合処置用に構成した本発明の吻合器械の他の実施例の縦断面図で、展開位置にある状態を示す。 In longitudinal section of another embodiment of an anastomotic instrument of the present invention configured for antegrade type anastomosis procedure, showing a state in a deployed position. ミシン目および突出部を有する係留部材の実施例の斜視図。 Perspective view of an embodiment of the anchoring member having perforations and protrusions. 図131に示す係留部材の縦断面図。 Longitudinal sectional view of the anchoring member of FIG. 131. ミシン目および突出部を有する係留部材の他の実施例の縦断面図。 Longitudinal sectional view of another embodiment of the anchoring member having perforations and protrusions. 本発明の一実施例による操作ハンドル、チューブ組立体、および、エンドエフェクタ組立体を有する吻合器械の斜視図。 Operating handle according to an embodiment of the present invention, the tube assembly, and a perspective view of the anastomosis instrument having an end effector assembly. 本発明の一実施例による吻合器械のエンドエフェクタ組立体の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱口に挿入した状態を示す。 In longitudinal section view of the end effector assembly of an anastomotic instrument according to an embodiment of the present invention, showing a state where through the patient's urethra and into the bladder opening. 本発明の一実施例による吻合器械のエンドエフェクタ組立体の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱腔に挿入し、組立体およびアンカー駆動装置組立体を開いた状態、および、位置決め装置組立体が膀胱壁を骨盤底部に押し付け接触している状態、を示す。 In longitudinal section view of the end effector assembly of an anastomotic instrument according to an embodiment of the present invention, through the patient's urethra and into the bladder cavity, opened the assembly and anchor drive assembly, and the positioning device sets shows a state, the three-dimensional is in contact pressing the bladder wall to the pelvis bottom. 本発明の一実施例による吻合器械のエンドエフェクタ組立体の縦断面図で、患者の尿道を通って膀胱腔