JP2008298284A - ターボチャージャ用軸受装置 - Google Patents

ターボチャージャ用軸受装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2008298284A
JP2008298284A JP2008116777A JP2008116777A JP2008298284A JP 2008298284 A JP2008298284 A JP 2008298284A JP 2008116777 A JP2008116777 A JP 2008116777A JP 2008116777 A JP2008116777 A JP 2008116777A JP 2008298284 A JP2008298284 A JP 2008298284A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bearing
turbocharger
rings
clearance
distance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Abandoned
Application number
JP2008116777A
Other languages
English (en)
Inventor
Shigenori Bando
重徳 坂東
Yoshiki Fujii
義樹 藤井
Original Assignee
Jtekt Corp
株式会社ジェイテクト
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2007120437 priority Critical
Application filed by Jtekt Corp, 株式会社ジェイテクト filed Critical Jtekt Corp
Priority to JP2008116777A priority patent/JP2008298284A/ja
Publication of JP2008298284A publication Critical patent/JP2008298284A/ja
Abandoned legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01DNON-POSITIVE DISPLACEMENT MACHINES OR ENGINES, e.g. STEAM TURBINES
    • F01D25/00Component parts, details, or accessories, not provided for in, or of interest apart from, other groups
    • F01D25/16Arrangement of bearings; Supporting or mounting bearings in casings
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F02COMBUSTION ENGINES; HOT-GAS OR COMBUSTION-PRODUCT ENGINE PLANTS
    • F02BINTERNAL-COMBUSTION PISTON ENGINES; COMBUSTION ENGINES IN GENERAL
    • F02B39/00Component parts, details, or accessories relating to, driven charging or scavenging pumps, not provided for in groups F02B33/00 - F02B37/00
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/16Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with a single row of balls
    • F16C19/163Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with a single row of balls with angular contact
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/54Systems consisting of a plurality of bearings with rolling friction
    • F16C19/546Systems with spaced apart rolling bearings including at least one angular contact bearing
    • F16C19/547Systems with spaced apart rolling bearings including at least one angular contact bearing with two angular contact rolling bearings
    • F16C19/548Systems with spaced apart rolling bearings including at least one angular contact bearing with two angular contact rolling bearings in O-arrangement
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/30Parts of ball or roller bearings
    • F16C33/66Special parts or details in view of lubrication
    • F16C33/6637Special parts or details in view of lubrication with liquid lubricant
    • F16C33/6659Details of supply of the liquid to the bearing, e.g. passages or nozzles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C35/00Rigid support of bearing units; Housings, e.g. caps, covers
    • F16C35/04Rigid support of bearing units; Housings, e.g. caps, covers in the case of ball or roller bearings
    • F16C35/06Mounting or dismounting of ball or roller bearings; Fixing them onto shaft or in housing
    • F16C35/07Fixing them on the shaft or housing with interposition of an element
    • F16C35/077Fixing them on the shaft or housing with interposition of an element between housing and outer race ring
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F05INDEXING SCHEMES RELATING TO ENGINES OR PUMPS IN VARIOUS SUBCLASSES OF CLASSES F01-F04
    • F05DINDEXING SCHEME FOR ASPECTS RELATING TO NON-POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES OR ENGINES, GAS-TURBINES OR JET-PROPULSION PLANTS
    • F05D2220/00Application
    • F05D2220/40Application in turbochargers
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2360/00Engines or pumps
    • F16C2360/23Gas turbine engines
    • F16C2360/24Turbochargers

Abstract

【課題】 玉の損傷を抑えて、低温から高温まで安定した回転を得ることができるターボチャージャ用軸受装置を提供する。
【解決手段】 各アンギュラ玉軸受10,20は、ターボチャージャの作動時の軸受内部すきまが正すきまとなるように、その外輪間距離Woおよび内輪間距離Wiが設定されている。
【選択図】 図1

Description

この発明は、高温の排気ガスによって回転させられるタービンを有しているターボチャージャの回転軸を転がり軸受で回転自在に支持するターボチャージャ用軸受装置に関する。
従来、図5に示すように、排気ガスによって回転させられるタービン(タービン羽根車)(34)が回転軸(33)の一端に設けられているターボチャージャで使用される軸受装置(31)として、潤滑油入口、潤滑油出口、冷却水ジャケットなどが設けられているハウジング(32)に保持されて回転軸(33)を支持する複列のアンギュラ玉軸受(35)(36)を有しており、各アンギュラ玉軸受(35)(36)は、回転軸(33)の高速回転に対応するため、コイルばね(37)で予圧された一対のスリーブ(38)(39)を介して、ハウジング(32)の内面に取り付けられているものが開示されている(例えば、特許文献1)。
また、図示省略するが、特許文献2には、ターボチャージャ用の軸受装置において、予圧の付与形態として、予圧用のコイルばねを使用せずに、定位置予圧とすることが提案されている。
特開2000−248954号公報 特開平8−261230号公報
ターボチャージャでは、潤滑油中の異物により、アンギュラ玉軸受の玉が損傷し、異常音が発生するという問題がある。アンギュラ玉軸受に予圧を付与すると、異物がアンギュラ玉軸受の転走部に噛み込み易くなり、また、玉の自転軸が固定に近いものとなって、玉の転走部位が変化せずに固定されるため、異物を噛み込んだ場合に玉の特定の部位にバンド(帯)状の摩耗が発生しやすく、玉の損傷に対して不利なものとなっている。
この発明の目的は、玉の損傷を抑えて、低温から高温まで安定した回転を得ることができるターボチャージャ用軸受装置を提供することにある。
この発明によるターボチャージャ用軸受装置は、排気ガスによって回転させられるタービンが回転軸の一端に設けられているターボチャージャで使用される軸受装置であって、回転軸を支持する複数の玉軸受を備えており、各玉軸受は、ターボチャージャの作動時の軸受内部すきまが正すきまとなるように、その外輪間距離および内輪間距離が設定されていることを特徴とするものである。
玉軸受は、通常、アンギュラ玉軸受とされるが、これに限定されるものではない。
玉軸受の外輪は、しまりばめ、中間ばめの圧入またはすきまばめのルーズフィットなどによりハウジングに取り付けられ、内輪は、しまりばめ、中間ばめの圧入またはすきまばめのルーズフィットなどにより回転軸に取り付けられる。軸受の材質としては、セラミックまたは金属(軸受鋼など)のいずれでもよく、特に限定されるものではない。
各玉軸受は、外輪および内輪が、ハウジングおよび回転軸に対して、それぞれ位置決め固定された状態、つまり、軸受として定位置状態で組み込まれる。この組込み状態での軸受の内部すきまは、正すきまでも負すきまでも零すきまでも良い。
一方、ターボチャージャ作動時には、玉軸受の温度が例えば200〜300℃程度に上昇し、回転軸、ハウジング、内輪、外輪、玉等が熱膨張する結果、軸受内部すきまは、組込み時から変化する。このターボチャージャ作動時に軸受内部すきまが正すきまとなるように、軸受組込み時において、各軸受の外輪間距離Woおよび内輪間距離Wiが設定される。
上述したように、予圧を付与することは玉の損傷という点で不利なものであり、ターボチャージャ作動時(高温状態)において、軸受内部すきまの絶対値が所定範囲内の正すきまに保持されることにより、玉の転走部位が変化することで低温から高温までの広い範囲にわたって玉の摩耗が抑えられる。この結果、玉の損傷に伴う異常音の発生が防止され、安定した回転を得ることができる。
外輪間距離は、例えば、1対の外輪位置決め部を間隔がWoとなるようにハウジングに形成し、各外輪の軸方向内側の端面をこの位置決め部に当接させることで所定値Woとすることができる。内輪間距離は、例えば、内輪間に長さがWiである間座を介在させ、各内輪の軸方向内側の端面をこの間座端面に当接させることで所定値Wiとすることができる。外輪間距離および内輪間距離を所定値とするには、外輪間に間座を介在させるとともに、回転軸に内輪の位置決め部を形成するなどしてもよく、種々の方法が可能である。また、複数の玉軸受の外輪または内輪を一体型とするようにしてもよい。
ターボチャージャは、通常、回転軸の一端にタービン(タービン羽根車)が設けられ、他端にコンプレッサ(コンプレッサ羽根車)が設けられたもので、タービンに高温の排気ガス(例えば900℃程度)が供給される。この軸受装置は、一般的なターボチャージャのほか、可変ノズルタイプや2ステージタイプなどの改良型ターボチャージャに対しても適用できる。また、ターボチャージャは、ディーゼルエンジン用であってもよく、ガソリンエンジン用であってもよい。
外輪、内輪および玉のうち、少なくとも玉は、セラミックスであることが好ましい。このようにすると、運転時の温度変化による軸受内部のすきまの変化が抑えられ、低温から高温まで安定した回転が得られるとともに、玉損傷がより一層軽減され、低騒音かつ長寿命化が図られる。
また、軸受内部すきまは、20μmより大きくかつ60μmより小さく設定されていることが好ましく、さらに、40μmより大きくかつ60μmより小さく設定されていることがより好ましい。このようにすると、温度低下時の軸受内部すきまを適切にできるとともに、回転軸の振動を低減させ、回転軸に取り付けられる羽根車とハウジングとの干渉を防止することができる。
この発明のターボチャージャ用軸受装置によると、軸受内部すきまが正すきまとなるように外輪間距離および内輪間距離を設定し、この際、ターボチャージャ作動時においても正すきまが維持されるようにすることで、潤滑油中に混入した異物が玉軸受の転走部に噛み込むことによって生じる玉の損傷を大幅に減少することができる。
この発明の実施の形態を、以下図面を参照して説明する。以下の説明において、各図の左右を左右というものとする。
図1は、この発明によるターボチャージャ用軸受装置の第1実施形態を示すもので、ターボチャージャ用軸受装置(1)は、背面合せとなるように配置された左右1対のアンギュラ玉軸受(10)(20)を備えており、各アンギュラ玉軸受(10)(20)は、ハウジング(2)に取り付けられた外輪(11)(21)、回転軸(3)に取り付けられた内輪(12)(22)、両輪(11)(12)(21)(22)間に配された複数の玉(13)(23)、および複数の玉(13)(23)を保持する保持器(14)(24)を有している。
ターボチャージャは、例えば図5に示した構成とされ、エンジンの排気エネルギを利用してタービンを駆動し、回転軸(3)を介してタービンと同軸に連結されたインペラで空気を圧縮し、エンジンに供給するもので、回転軸(3)が毎分数万〜数10万回転の高速で回転し、タービンが高温の排気ガスにさらされることから、ターボチャージャ用軸受装置(1)は、高温環境で高速回転を受けるという厳しい条件下で使用される。
ハウジング(2)には、潤滑油入口(2a)および潤滑油出口(2b)が設けられており、各アンギュラ玉軸受(10)(20)は、ハウジング(2)の潤滑油入口(2a)から導入された潤滑油によって潤滑されている。この潤滑油には、摩耗粉等の異物が混入しており、この異物の転走部への噛み込みがアンギュラ玉軸受(10)(20)の損傷原因の1つとなっている。
外輪(11)(21)および内輪(12)(22)は、高炭素クロム軸受鋼(JIS規格SUJ2など)や耐熱・耐食合金(AISI規格M−50、JIS規格高速度工具鋼SKHなど)で形成され、適宜焼入れ、焼戻し処理が施されている。また、玉(13)(23)は、セラミックス材料で形成されている。セラミックス材料としては、焼結助剤として、イットリア(Y)およびアルミナ(Al)、その他、適宜、窒化アルミ(AlN)、酸化チタン(TiO)を用いた窒化けい素(Si)を主体とするものの他、アルミナ(Al)や炭化けい素(SiC)、ジルコニア(ZrO)、窒化アルミ(AlN)などがある。
ハウジング(2)の左右端部内径には、外輪(11)(21)の外径に等しい外径の環状の切欠き部が設けられていることで、位置決め部(段差部)(4)(5)が形成されている。左右外輪(11)(21)は、その軸方向内側の端面がこの位置決め部(4)(5)に当接するように、圧入されており、これにより、左右外輪(11)(21)間の距離Woが所定の値とされている。
左右内輪(12)(22)間には、間座(6)が設けられており、各内輪(12)(22)の軸方向内側の端面をこの間座(6)の左右端面に当接させることにより、左右内輪(12)(22)間の距離Wiが所定の値とされている。内輪(12)(22)間距離Wiは、外輪(11)(21)間距離Woよりも小さく設定されており、外輪(11)(21)がハウジング(2)に取り付けられた後に、内輪(12)(22)を回転軸(3)に圧入することで、内輪(12)(22)間距離Wiが確保されている。
各アンギュラ玉軸受(10)(20)の軸受内部すきまδは、従来と同じばね等による予圧付与状態ではなく、正すきま(δ>0)とされている。この軸受内部すきまは、組込み状態において正すきまであることはもちろんのこと、ターボチャージャ作動時においても、正すきまとされており、外輪(11)(21)間距離Woおよび内輪(12)(22)間距離Wiは、ターボチャージャ作動時の状態を考慮して、その値が設定されている。なお、軸受内部すきまδは、ターボチャージャ作動時の高温状態(例えば軸受温度が200〜300℃)を基準として設定される。
上述したように、本願発明によれば、ターボチャージャ作動時の軸受内部すきまδは、正すきま(δ>0)であればよいが、20μm<δ<60μmとすることが好ましく、さらに、40μm<δ<60μmとすることがより好ましい。
次の理由により、好ましい軸受内部すきまδの下限値を20μmまたは40μmとした。ターボチャージャの運転条件によってはターボチャージャの稼働時間が短くなり、軸受(10)(20)の温度が低下することが考えられる。この際には、金属製の軌道輪である外輪(11)(21)および内輪(12)(22)は、高温状態(例えば軸受温度で200〜300℃)に比べて、寸法収縮するが、セラミック製の玉(13)(23)はほとんど寸法収縮しないため、軸受内部すきまが小さくなる(詰まる)傾向にある。よって、温度低下時の軸受内部すきまの詰まりを考慮して、軸受内部すきまδの下限値を20μmまたは40μmとすることが好ましい。
また、次の理由により、好ましい軸受内部すきまδの上限値を60μmとした。軸受内部すきまδが大きくなると、回転軸(3)の軸振れとそれに伴う振動が大きくなる。また、軸振れが回転軸(3)の端部に設けられたタービン羽根車(34)(図5参照)とターボチャージャのハウジング(図示略)との間のすきま(クリアランス)より大きくなると、タービン羽根車(34)とハウジングとが干渉する問題がある。よって、振動低減およびタービン羽根車(34)とハウジングとの干渉防止のため、軸受内部すきまδの上限値を60μmとすることが好ましい。
なお、軸受内部すきまとして、ラジアルすきまおよびアキシアルすきまが考えられるが、両者とも正すきま、もしくは片方のみ正すきまとなるように設定することができ、使用条件に応じて適切に設定すればよい。
従来のようにコイルばねなどによってアンギュラ玉軸受(10)(20)に予圧を付与すると、潤滑油中に混入した異物がアンギュラ玉軸受(10)(20)の転走部に噛み込むことにより、玉(13)(23)に摩耗が発生し、接触面圧が大きいことから、玉(13)(23)の損傷が大きいものとなる。
これに対し、上記ターボチャージャ用軸受装置(1)によると、ターボチャージャ作動時(高温状態)においても、正すきまが維持され、また、外輪(11)(21)間距離Woおよび内輪(12)(22)間距離Wiが設定されていることで、すきまの絶対値が所定範囲内に保持されるので、低温から高温までの広い範囲にわたって玉(13)(23)の損傷が抑えられ、安定した回転を得ることができる。
外輪(11)(21)間距離Woおよび内輪(12)(22)間距離Wiを設定するには、上記の実施形態に限られるものではなく、以下に示すように、種々の形態が可能である。以下の説明において、第1実施形態と同じ構成には同じ符号を付し、その説明を省略する。
図2は、この発明によるターボチャージャ用軸受装置の第2実施形態を示すもので、ハウジング(2)に設けられている外輪(11)(21)の位置決め部(段差部)(4)(5)は、第1実施形態のものと同じであり、第1実施形態で使用されていた左右内輪(12)(22)間の間座(6)が省略されるとともに、回転軸(3)が段付き状とされることにより、各内輪(12)(22)を位置決めするための位置決め部(段差部)(7)(8)が回転軸(3)に設けられている。回転軸(3)は、中央部分(3a)よりも径が大きくかつ中央部分(3a)の右側に連なる大径部(3b)と、中央部分(3a)よりも径が小さくかつ中央部分(3a)の左側に連なる小径部(3c)とを有している。そして、右側の内輪(22)は、中央部分(3a)に左方から圧入されるとともに、大径部(3b)の左面に位置する段差部(7)にその右面が当接させられており、左側の内輪(12)は、小径部(3c)に左方から圧入されるとともに、中央部分(3a)の左面に位置する段差部(8)にその右面が当接させられている。こうして、この実施形態では、回転軸(3)の中央部分(3a)の軸方向長さから右側の内輪(22)の軸方向長さを引いたものが内輪(12)(22)間距離Wiとされている。
図3は、この発明によるターボチャージャ用軸受装置の第3実施形態を示すもので、左右内輪(12)(22)間に介在させられる間座(6)は、第1実施形態と同じものとされ、第1実施形態ではハウジング(2)に設けられていた外輪(11)(21)の位置決め部(段差部)(4)(5)に代えて間座(9)が使用されている。
すなわち、左右外輪(11)(21)間にも、間座(9)が設けられており、各外輪(11)(21)の軸方向内側の端面をこの間座(9)の左右端面に当接させることにより、左右外輪(11)(21)間の距離Woが所定の値とされている。
左右外輪(11)(21)間に介在させられている間座(9)には、ハウジング(2)の潤滑油入口(2a)および潤滑油出口(2b)にそれぞれ通じている潤滑油流入通路(9a)および潤滑油排出通路(9b)が設けられている。
図4は、この発明によるターボチャージャ用軸受装置の第4実施形態を示すもので、左右内輪(12)(22)間には間座(6)がなく、外輪(11)(21)間には間座(9)が介在させられている。すなわち、内輪(12)(22)の位置決めは、図2に示した第2実施形態と同じにされ、外輪(11)(21)の位置決めは、図3に示した第3実施形態と同じにされている。
第2から第4までの各実施形態において、ターボチャージャ作動時の軸受内部すきまδは、第1実施形態のものと同様に、正すきま(δ>0)とされるとともに、20μm<δ<60μm、より好ましくは、40μm<δ<60μmとされている。これにより、第2から第4までの各実施形態においても、温度低下時の軸受内部すきまの詰まりが考慮された上で、振動低減およびタービン羽根車(34)とハウジングとの干渉防止が図られている。
図1は、この発明によるターボチャージャ用軸受装置の第1実施形態を示す縦断面図である。 図2は、この発明によるターボチャージャ用軸受装置の第2実施形態を示す縦断面図である。 図3は、この発明によるターボチャージャ用軸受装置の第3実施形態を示す縦断面図である。 図4は、この発明によるターボチャージャ用軸受装置の第4実施形態を示す縦断面図である。 図5は、この発明によるターボチャージャ用軸受装置が使用される1例としての従来のターボチャージャを示す縦断面図である。
符号の説明
(1) ターボチャージャ用軸受装置
(2) ハウジング
(3) 回転軸
(10)(20) アンギュラ玉軸受

Claims (5)

  1. 排気ガスによって回転させられるタービンが回転軸の一端に設けられているターボチャージャで使用される軸受装置であって、回転軸を支持する複数の玉軸受を備えており、各玉軸受は、ターボチャージャの作動時の軸受内部すきまが正すきまとなるように、その外輪間距離および内輪間距離が設定されていることを特徴とするターボチャージャ用軸受装置。
  2. 各玉軸受に予圧が付与されないようになされている請求項1のターボチャージャ用軸受装置。
  3. 少なくとも玉がセラミックスとされている請求項1または2のターボチャージャ用軸受装置。
  4. 前記軸受内部すきまは、20μmより大きくかつ60μmより小さく設定されている請求項1から3までのいずれかのターボチャージャ用軸受装置。
  5. 前記軸受内部すきまは、40μmより大きく設定されている請求項4のターボチャージャ用軸受装置。
JP2008116777A 2007-05-01 2008-04-28 ターボチャージャ用軸受装置 Abandoned JP2008298284A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007120437 2007-05-01
JP2008116777A JP2008298284A (ja) 2007-05-01 2008-04-28 ターボチャージャ用軸受装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008116777A JP2008298284A (ja) 2007-05-01 2008-04-28 ターボチャージャ用軸受装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008298284A true JP2008298284A (ja) 2008-12-11

Family

ID=39943588

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008116777A Abandoned JP2008298284A (ja) 2007-05-01 2008-04-28 ターボチャージャ用軸受装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20100104233A1 (ja)
EP (1) EP2141373A4 (ja)
JP (1) JP2008298284A (ja)
WO (1) WO2008136481A1 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010109653A1 (ja) 2009-03-27 2010-09-30 トヨタ自動車株式会社 ターボチャージャの軸受装置
JP2011017415A (ja) * 2009-07-10 2011-01-27 Nsk Ltd ターボチャージャー用転がり軸受及びその製造方法
JP2011220240A (ja) * 2010-04-09 2011-11-04 Ihi Corp ターボチャージャ
JP2011220241A (ja) * 2010-04-09 2011-11-04 Ihi Corp ターボチャージャ
CN103688025A (zh) * 2011-08-18 2014-03-26 博世马勒涡轮系统有限两合公司 废气增压器的滚动轴承组件
JP2015081662A (ja) * 2013-10-24 2015-04-27 本田技研工業株式会社 無段変速機

Families Citing this family (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5075000B2 (ja) * 2008-04-28 2012-11-14 トヨタ自動車株式会社 過給機の軸受装置
JP5530649B2 (ja) * 2009-03-26 2014-06-25 株式会社マキタ スライドマルノコ
WO2011009813A1 (de) * 2009-07-21 2011-01-27 Aktiebolaget Skf Lagereinheit
US8568089B2 (en) * 2010-06-03 2013-10-29 Hamilton Sundstrand Corporation Gear arrangement
DE102010038305B4 (de) * 2010-07-23 2019-09-05 Aktiebolaget Skf Wälzlageranordnung mit einer Haltevorrichtung
DE102010054904A1 (de) * 2010-12-17 2012-06-21 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Lagerkartusche für einen Turbolader
DE102011081419A1 (de) * 2011-08-23 2013-02-28 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Quetschöldämpfer
DE102012200376A1 (de) * 2012-01-12 2013-07-18 Aktiebolaget Skf Wälzlager
CN103382891B (zh) * 2012-05-02 2015-11-25 安徽华菱汽车有限公司 一种发动机后端取力器
CN202768085U (zh) * 2012-06-21 2013-03-06 霍尼韦尔国际公司 涡轮增压器的涡端进气结构及包括其的涡轮增压器
US9322292B2 (en) 2013-02-15 2016-04-26 Ford Global Technologies, Llc Bearing having pre-loading element and method for operation of the bearing
WO2015120129A1 (en) * 2014-02-05 2015-08-13 Eaton Corporation Supercharger spring loaded bearing cartridge
DE102014213256B3 (de) 2014-07-08 2015-11-19 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Kugellager für einen Turbolader
US9695708B2 (en) * 2015-04-12 2017-07-04 Honeywell International Inc. Turbocharger spring assembly
DE102015112803A1 (de) * 2015-08-04 2017-02-09 Ihi Charging Systems International Gmbh Lagervorrichtung für einen Abgasturbolader und Abgasturbolader
CN105422648A (zh) * 2015-12-04 2016-03-23 重庆长兴工业有限公司 一种变速机构中的轴承连接结构
NL2019379B1 (nl) * 2017-07-31 2019-02-19 Vostermans Ventilation B V Werkwijze voor het realiseren van een lagering voor het lageren van een roteerbare as in een lageringopneemruimte en lagering verkrijgbaar door de werkwijze

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS639720A (en) * 1986-06-30 1988-01-16 Nippon Seiko Kk Gap correcting device for rolling bearing
JPH06330761A (ja) * 1993-05-24 1994-11-29 Koyo Seiko Co Ltd 過給機のインペラ軸支持用転がり軸受
JPH07238926A (ja) * 1994-02-28 1995-09-12 Nippon Seiko Kk 玉軸受装置

Family Cites Families (40)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US610961A (en) * 1898-09-20 Preston davies
US774427A (en) * 1903-01-21 1904-11-08 Ernst Gustav Hoffmann Ball-bearing.
US836639A (en) * 1906-02-21 1906-11-20 Jacob Gerke Contact-wheel.
US925376A (en) * 1907-04-15 1909-06-15 Hiram E Butler Ball-bearing.
US1262208A (en) * 1917-05-21 1918-04-09 John B Kelly Bearing.
US1259222A (en) * 1917-08-10 1918-03-12 Skf Svenska Kullagerfab Ab Combined radial and double thrust ball-bearing.
US1364675A (en) * 1919-07-09 1921-01-04 Almfelt Karl Johan Mounting of spindles of grinding-machines, machine-tools, and other machinery
US1718848A (en) * 1927-10-24 1929-06-25 Marlin Rockwell Corp Ball bearing
US2227697A (en) * 1938-01-14 1941-01-07 Heald Machine Co Tool head for grinding machines and the like
US3738719A (en) * 1970-08-04 1973-06-12 Snecma Ball bearing
GB1480650A (en) * 1973-08-23 1977-07-20 Nadella & Pitner Universal joints
US3969005A (en) * 1973-12-13 1976-07-13 Traut Earl W Rolling contact devices
US3986754A (en) * 1975-08-18 1976-10-19 The Torrington Company Bearing with axial fit-up ring
JPS586008U (ja) * 1981-07-07 1983-01-14
DE3726629C2 (ja) * 1987-08-11 1992-01-23 Fag Kugelfischer Georg Schaefer Kgaa, 8720 Schweinfurt, De
US4808014A (en) * 1987-10-21 1989-02-28 Koyo Seiko Co., Ltd. Attaching structure for ceramics bearing
JPH03108933U (ja) * 1990-02-23 1991-11-08
US5228353A (en) * 1990-12-25 1993-07-20 Nsk, Ltd. Ball screw device
JP3144033B2 (ja) * 1992-03-02 2001-03-07 日本精工株式会社 転がり軸受装置
JP2577011Y2 (ja) * 1992-06-10 1998-07-23 日本精工株式会社 過給機用軸受装置
JPH08261230A (ja) 1995-03-22 1996-10-08 Koyo Seiko Co Ltd 斜接型玉軸受
JP3046748B2 (ja) * 1995-07-07 2000-05-29 ミネベア株式会社 軸受装置及びその製造方法
JP3689962B2 (ja) * 1996-02-26 2005-08-31 日本精工株式会社 複列転がり軸受ユニット
DE19857764A1 (de) * 1998-07-01 2000-01-05 Schaeffler Waelzlager Ohg Spieleinstellbares Radialwälzlager
US6123462A (en) * 1998-09-28 2000-09-26 General Electric Company Bearing system having reduced noise and axial preload
US6305169B1 (en) * 1999-02-22 2001-10-23 Ralph P. Mallof Motor assisted turbocharger
JP2000248954A (ja) 1999-03-01 2000-09-12 Ntn Corp ターボチャージャのロータ支持装置
JP2001165156A (ja) * 1999-11-29 2001-06-19 Bunryu So ボールの列数を増減できるボールベアリング構造
US6715923B2 (en) * 2000-01-06 2004-04-06 Nsk Ltd. Double row bearing device
FR2806763B1 (fr) * 2000-03-21 2002-08-16 Sagem Palier composite a double roulement a billes, procede pour son montage, et outil pour la realisation d'une paire de bagues dudit palier
DE10057861A1 (de) * 2000-11-21 2002-05-23 Mkl Miniaturkugellager Gmbh Kugellager und Kugellagereinheit
US6994474B2 (en) * 2001-05-29 2006-02-07 Nsk Ltd. Rolling sliding member and rolling apparatus
DE10132470A1 (de) * 2001-07-04 2003-01-23 Ina Schaeffler Kg Spielfreies Radialkugellager
US6877901B2 (en) * 2001-10-16 2005-04-12 William E. Wollenweber Bearing system for high-speed rotating machinery
US7025579B2 (en) * 2001-10-16 2006-04-11 Innovative Turbo Systems Corporation Bearing system for high-speed rotating machinery
JP2005171796A (ja) * 2003-12-09 2005-06-30 Koyo Seiko Co Ltd ターボチャージャ用軸受装置
JP2006250178A (ja) * 2005-03-08 2006-09-21 Nsk Ltd 車輪支持用軸受ユニットとその製造方法
JP2007071356A (ja) * 2005-09-09 2007-03-22 Nsk Ltd ターボチャージャ用回転支持装置
US7832938B2 (en) * 2006-07-19 2010-11-16 Mckeirnan Jr Robert D Floating bearing cartridge for a turbocharger shaft
US7677041B2 (en) * 2006-10-11 2010-03-16 Woollenweber William E Bearing systems for high-speed rotating machinery

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS639720A (en) * 1986-06-30 1988-01-16 Nippon Seiko Kk Gap correcting device for rolling bearing
JPH06330761A (ja) * 1993-05-24 1994-11-29 Koyo Seiko Co Ltd 過給機のインペラ軸支持用転がり軸受
JPH07238926A (ja) * 1994-02-28 1995-09-12 Nippon Seiko Kk 玉軸受装置

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010109653A1 (ja) 2009-03-27 2010-09-30 トヨタ自動車株式会社 ターボチャージャの軸受装置
US8602655B2 (en) 2009-03-27 2013-12-10 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Bearing unit for turbocharger
JP2011017415A (ja) * 2009-07-10 2011-01-27 Nsk Ltd ターボチャージャー用転がり軸受及びその製造方法
JP2011220240A (ja) * 2010-04-09 2011-11-04 Ihi Corp ターボチャージャ
JP2011220241A (ja) * 2010-04-09 2011-11-04 Ihi Corp ターボチャージャ
CN103688025A (zh) * 2011-08-18 2014-03-26 博世马勒涡轮系统有限两合公司 废气增压器的滚动轴承组件
JP2015081662A (ja) * 2013-10-24 2015-04-27 本田技研工業株式会社 無段変速機

Also Published As

Publication number Publication date
EP2141373A1 (en) 2010-01-06
US20100104233A1 (en) 2010-04-29
WO2008136481A1 (ja) 2008-11-13
EP2141373A4 (en) 2012-07-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2008298284A (ja) ターボチャージャ用軸受装置
US7677041B2 (en) Bearing systems for high-speed rotating machinery
KR101644459B1 (ko) 볼 베어링 카트리지를 위한 절연 스페이서
KR101263021B1 (ko) 가스 터빈 엔진용 분할 슈라우드 시스템
US6877901B2 (en) Bearing system for high-speed rotating machinery
JP5075000B2 (ja) 過給機の軸受装置
JP2005214262A (ja) 斜接玉軸受
JP2007285252A (ja) ターボチャージャ
WO2007021838A1 (en) Turbocharger shaft bearing system
EP2565393B1 (en) Turbocharger bearing comprising an insulating sleeve between the inner bearing ring and the shaft
JP2005256893A (ja) ターボチャージャ用転がり軸受
JPH1019045A (ja) 深溝型玉軸受およびそれを用いた過給機
JP2010138753A (ja) 過給機の軸受装置
JP2009203846A (ja) ターボチャージャ用軸受装置
JP2002039191A (ja) ターボチャージャ用回転支持装置
JP2005163642A (ja) ターボチャージャ
JP2009203812A (ja) ターボチャージャ用軸受装置
JP2007100928A (ja) 転がり軸受
JP4475430B2 (ja) ターボ機関及びターボ機関のステータ及びロータを適合させるための方法
JP2005163656A (ja) ターボチャージャ
JP4876852B2 (ja) 過給機
JP4333507B2 (ja) ターボチャージャのシール構造
JP2005163644A (ja) ターボチャージャ
JP2006029221A (ja) 過給器
JP2009203845A (ja) ターボチャージャ用軸受装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110216

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110808

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120130

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120214

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120405

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120807

A762 Written abandonment of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A762

Effective date: 20120928