JP2008280907A - Linear motor type booster pump and die cushion device provided therewith - Google Patents

Linear motor type booster pump and die cushion device provided therewith Download PDF

Info

Publication number
JP2008280907A
JP2008280907A JP2007125362A JP2007125362A JP2008280907A JP 2008280907 A JP2008280907 A JP 2008280907A JP 2007125362 A JP2007125362 A JP 2007125362A JP 2007125362 A JP2007125362 A JP 2007125362A JP 2008280907 A JP2008280907 A JP 2008280907A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cylinder
linear motor
movable
container
main
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007125362A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kazuyuki Nakamura
一行 中村
Original Assignee
Hitachi Zosen Fukui Corp
株式会社エイチアンドエフ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Zosen Fukui Corp, 株式会社エイチアンドエフ filed Critical Hitachi Zosen Fukui Corp
Priority to JP2007125362A priority Critical patent/JP2008280907A/en
Publication of JP2008280907A publication Critical patent/JP2008280907A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a liner motor type booster pump and a die cushion device provided therewith, capable of exhibiting sufficient upward pressing force. <P>SOLUTION: This linear motor type booster pump includes: a body container 1; a movable body 2 movable along the inner wall of the body container 1; a cylinder 3 connected to communicate with the inside of the body container 1; a stator 7 arranged in the cylinder 3; a piston head 4 sliding along the inner wall of the cylinder 3; a piston rod 5 attached to the piston head 4; and a mover 8 connected to the piston rod 5. Hydraulic fluid L is stored in common in the body container 1 and the cylinder 4 and also sealed with the movable body 2 and the piston head 4. The cross-sectional area of the cylinder 3 is smaller than the are of the movable body, and a liner motor is composed of the stator 7 and mover 8. The linear motor is driven, the piston head 4 is slid in the cylinder 3 through the piston rod 5, and the hydraulic fluid L stored in the cylinder 3 is led to flow into/out from the body container 1, thereby moving the movable body 2. <P>COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT

Description

本発明は、リニアモーター式加圧ポンプ及びそれを備えたダイクッション装置に関する。   The present invention relates to a linear motor type pressure pump and a die cushion device including the same.
従来のダイクッション装置は、主として油圧のサーボ弁を制御することでクッション性を得るような構造となっており、ストローク調整機能、ロッキング機能や補助リフト機能を有する装置が併設されている(例えば、特許文献1〜3参照)。   A conventional die cushion device has a structure that obtains cushioning properties mainly by controlling a hydraulic servo valve, and is provided with a device having a stroke adjustment function, a locking function, and an auxiliary lift function (for example, Patent Literatures 1 to 3).
ところが、上記ダイクッション装置は、ストローク調整機構の他に大掛かりな油圧制御ユニットが必要になるので、装置が極めて複雑であり、コストも高くならざるを得ない。
また、装置間の油圧配管が多数必要になり、実使用に際して保守点検等に多大な手間や工数がかかり、その作業は困難である。
However, since the die cushion device requires a large hydraulic control unit in addition to the stroke adjusting mechanism, the device is extremely complicated and the cost must be increased.
In addition, a large number of hydraulic pipes are required between the devices, and it takes a lot of labor and man-hours for maintenance and inspection in actual use, which is difficult.
これに対し、本発明者は、装置構成の簡素化及びコンパクト化を図ると共に有効にコストダウン等を実現するべく、駆動源としてリニアモーターを備えたダイクッション装置を発明し、特許出願した(特許文献4参照)。
特開平5−7945号公報 特開平6−543号公報 特許第3211904号公報 特開2006−272456号公報
On the other hand, the present inventor invented a die cushion device having a linear motor as a drive source and applied for a patent in order to achieve simplification and compactness of the device configuration and to realize cost reduction effectively (patent) Reference 4).
JP-A-5-7945 JP-A-6-543 Japanese Patent No. 3211904 JP 2006-272456 A
しかしながら、上記特許文献4記載のダイクッション装置において、リニアモーターはクッションパッドを上方に付勢する力(以下「上方付勢力」という。)が十分とはいえない。
例えば、大きな上方付勢力が必要な場合には、多数のリニアモーターが必要となり、必然的に装置全体が大型化するという問題がある。
However, in the die cushion device described in Patent Document 4, the linear motor does not have a sufficient force for biasing the cushion pad upward (hereinafter referred to as “upward biasing force”).
For example, when a large upward urging force is required, a large number of linear motors are required, which inevitably increases the size of the entire apparatus.
本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、十分な上方付勢力を発揮できるリニアモーター式加圧ポンプ及びそれを備えたダイクッション装置を提供することを目的とする。   This invention is made | formed in view of the said situation, and it aims at providing the die-cushion apparatus provided with the linear motor type pressurization pump which can exhibit sufficient upward urging | biasing force.
本発明者は、上記課題を解決するため鋭意検討したところ、所定の本体容器と作動液とを用いることにより、リニアモーターの上方付勢力を数倍に増やせることを見出し、本発明を完成させたものである。   The present inventor has intensively studied to solve the above problems, and found that by using a predetermined main body container and hydraulic fluid, the upward biasing force of the linear motor can be increased several times, and the present invention has been completed. Is.
すなわち、本発明は、(1)本体容器と、該本体容器の内壁に沿って移動可能な可動体と、該本体容器の内部に連通するように接続されたシリンダと、該シリンダに設けられた固定子と、シリンダの内壁に沿って摺動するピストンヘッドと、該ピストンヘッドに取り付けられたピストンロッドと、該ピストンロッドに接続された移動子と、を備え、作動液が本体容器及びシリンダに共通して収容されると共に可動体及びピストンヘッドにより密閉されており、シリンダの断面積が可動体の面積より小さく、且つ固定子及び移動子でリニアモーターを構成し、該リニアモーターを駆動させることにより、ピストンヘッドがピストンロッドを介してシリンダ内をスライドし、シリンダに収容された作動液が本体容器に流出入して、可動体を移動させるリニアモーター式加圧ポンプに存する。   That is, the present invention includes (1) a main body container, a movable body movable along the inner wall of the main body container, a cylinder connected to communicate with the inside of the main body container, and the cylinder. A stator, a piston head that slides along the inner wall of the cylinder, a piston rod attached to the piston head, and a mover connected to the piston rod. Contained in common and sealed by a movable body and a piston head, the cross-sectional area of the cylinder is smaller than the area of the movable body, and a linear motor is constituted by the stator and the movable body, and the linear motor is driven. As a result, the piston head slides inside the cylinder via the piston rod, and the hydraulic fluid contained in the cylinder flows into and out of the main body container, moving the movable body. It resides in the linear motor-type pressure pump that.
本発明は、(2)可動体の面積(A)と、シリンダの断面積(a)との比(A/a)が、1より大きく20以下である上記(1)記載のリニアモーター式加圧ポンプに存する。   The present invention provides (2) a linear motor type additive as described in (1) above, wherein the ratio (A / a) between the area (A) of the movable body and the cross-sectional area (a) of the cylinder is greater than 1 and 20 or less. It exists in the pressure pump.
本発明は、(3)シリンダの一部が本体容器の内部に挿入されている上記(1)記載のリニアモーター式加圧ポンプに存する。   The present invention resides in (3) the linear motor type pressurizing pump according to the above (1), wherein a part of the cylinder is inserted into the main body container.
本発明は、(4)作動液が油である上記(1)記載のリニアモーター式加圧ポンプに存する。   The present invention resides in (4) the linear motor pressurizing pump according to the above (1), wherein the hydraulic fluid is oil.
本発明は、(5)固定子がシリンダに内設され、且つ、該シリンダと、前記移動子を案内するためのガイドとによって支持固定されている上記(1)記載のリニアモーター式加圧ポンプに存する。   The linear motor type pressurizing pump according to the above (1), wherein (5) the stator is provided in the cylinder and is supported and fixed by the cylinder and a guide for guiding the moving element. Exist.
本発明は、(6)クッションパッドと、該クッションパットの上にクッションピンを介して設けられたブランクホルダと、クッションパッドを上方付勢するための駆動源と、を備えるダイクッション装置において、駆動源が、本体容器と、クッションパットの下に接続され、本体容器の内壁に沿って移動可能な可動体と、該本体容器の内部に連通するように接続されたシリンダと、該シリンダに設けられた固定子と、シリンダの内壁に沿って摺動するピストンヘッドと、該ピストンヘッドに取り付けられたピストンロッドと、該ピストンロッドに接続された移動子と、を備えるリニアモーター式加圧ポンプであり、作動液が本体容器及びシリンダに共通して収容されると共に可動体及びピストンヘッドにより密閉されており、シリンダの断面積が可動体の面積より小さく、且つ固定子及び移動子でリニアモーターを構成し、該リニアモーターを駆動させることにより、ピストンヘッドがピストンロッドを介してシリンダ内をスライドし、シリンダに収容された作動液が本体容器に流出入して、可動体を移動させるダイクッション装置に存する。   The present invention provides a die cushion device comprising: (6) a cushion pad; a blank holder provided on the cushion pad via a cushion pin; and a drive source for biasing the cushion pad upward. A source connected to the main body container, a movable body connected below the cushion pad and movable along the inner wall of the main body container, a cylinder connected to communicate with the inside of the main body container, and the cylinder A linear motor type pressure pump comprising a stator, a piston head that slides along the inner wall of the cylinder, a piston rod attached to the piston head, and a mover connected to the piston rod. The hydraulic fluid is stored in common in the main body container and the cylinder, and is sealed by the movable body and the piston head. Is smaller than the area of the movable body, and the stator and mover constitute a linear motor. By driving the linear motor, the piston head slides inside the cylinder via the piston rod, and is accommodated in the cylinder. The liquid exists in the die cushion device in which the liquid flows into and out of the main body container and moves the movable body.
本発明は、(7)固定子がシリンダに内設され、且つ、該シリンダと、移動子を案内するためのガイドとによって支持固定されている上記(6)記載のダイクッション装置に存する。   The present invention resides in (7) the die cushion device according to (6), wherein the stator is provided in the cylinder, and is supported and fixed by the cylinder and a guide for guiding the moving element.
本発明は、(8)上記(6)記載のダイクッション装置を備えるプレス装置に存する。   The present invention resides in (8) a press device including the die cushion device according to (6) above.
なお、本発明の目的に添ったものであれば上記(1)〜(8)を適宜組み合わせた構成も採用可能である。   In addition, as long as the objective of this invention is met, the structure which combined said (1)-(8) suitably is also employable.
本発明のリニアモーター式加圧ポンプは、リニアモーターを駆動させることにより、ピストンヘッド及びピストンロッドがシリンダ内をスライドし、このピストンロッドの推進力が作動液を伝わって、シリンダに収容された作動液が本体容器に流入し、可動体を押し上げる。
このとき、シリンダの断面積が可動体の面積より小さくなっているので、作動液に伝わるピストンロッドの推進力が、より大きくなって可動体の上方付勢力となる。
したがって、上記リニアモーター式加圧ポンプによれば、十分な上方付勢力を発揮できる。
In the linear motor type pressure pump of the present invention, the piston head and the piston rod slide in the cylinder by driving the linear motor, and the propulsive force of the piston rod is transmitted to the hydraulic fluid and is stored in the cylinder. The liquid flows into the main body container and pushes up the movable body.
At this time, since the cross-sectional area of the cylinder is smaller than the area of the movable body, the propulsive force of the piston rod transmitted to the hydraulic fluid becomes larger and becomes the upward biasing force of the movable body.
Therefore, according to the linear motor type pressure pump, a sufficient upward biasing force can be exhibited.
また、上記リニアモーター式加圧ポンプにおいては、装置が簡素化されコンパクトであるので、あらゆる装置に適用できる。また、メンテナンスや保守点検等も容易となる。   The linear motor type pressurizing pump can be applied to any apparatus because the apparatus is simplified and compact. In addition, maintenance, maintenance inspection, and the like are facilitated.
本発明のリニアモーター式加圧ポンプは、可動体の面積(A)と、シリンダの断面積(a)との比(A/a)が、1より大きく20以下であると、好適な上方付勢力を発揮できる。   The linear motor type pressurizing pump of the present invention has a suitable upper attachment when the ratio (A / a) between the area (A) of the movable body and the sectional area (a) of the cylinder is greater than 1 and 20 or less. Can exert power.
本発明のリニアモーター式加圧ポンプは、シリンダの一部が本体容器の内部に挿入されていると、装置がよりコンパクトとなる。   In the linear motor type pressurizing pump of the present invention, when a part of the cylinder is inserted into the main body container, the apparatus becomes more compact.
本発明のリニアモーター式加圧ポンプにおいて、作動液が油であると、作動液の応答性が優れるので、ピストンロッドの推進力を確実に可動体に伝えることができる。   In the linear motor type pressurizing pump of the present invention, when the hydraulic fluid is oil, the response of the hydraulic fluid is excellent, so that the propulsive force of the piston rod can be reliably transmitted to the movable body.
本発明のリニアモーター式加圧ポンプは、固定子がシリンダに内設されていると、固定子の取り付け状態がより安定する。
また、シリンダと移動子を案内するためのガイドとによって支持固定されていると、組み付けがし易くなる。
In the linear motor type pressurizing pump of the present invention, when the stator is installed in the cylinder, the mounting state of the stator becomes more stable.
Moreover, if it is supported and fixed by the cylinder and a guide for guiding the moving element, the assembly becomes easy.
本発明のダイクッション装置においては、駆動源が、本体容器と、クッションパットの下に接続され、本体容器の内壁に沿って移動可能な可動体と、該本体容器の内部に連通するように接続されたシリンダと、該シリンダに設けられた固定子と、シリンダの内壁に沿って摺動するピストンヘッドと、該ピストンヘッドに取り付けられたピストンロッドと、該ピストンロッドに接続された移動子と、を備えるリニアモーター式加圧ポンプであり、作動液が本体容器及びシリンダに共通して収容されると共に可動体及びピストンヘッドにより密閉されており、シリンダの断面積が可動体の面積より小さく、且つ固定子及び移動子でリニアモーターを構成し、該リニアモーターを駆動させることにより、ピストンヘッドがピストンロッドを介してシリンダ内をスライドし、シリンダに収容された作動液が本体容器に流出入して、可動体を移動させるので、クッションパッドに対して十分な上方付勢力を発揮できる。
また、ダイクッション装置をコンパクトにできる。
In the die cushion device of the present invention, the drive source is connected to the main body container, the movable body connected below the cushion pad, and movable along the inner wall of the main body container, so as to communicate with the inside of the main body container. A cylinder, a stator provided on the cylinder, a piston head that slides along the inner wall of the cylinder, a piston rod attached to the piston head, and a mover connected to the piston rod, The hydraulic pump is a linear motor type pressurizing pump, the hydraulic fluid is stored in common in the main body container and the cylinder and sealed by the movable body and the piston head, and the cross-sectional area of the cylinder is smaller than the area of the movable body, and A linear motor is composed of a stator and a mover, and by driving the linear motor, the piston head is moved through a piston rod. The inside Sunda slide, hydraulic fluid contained in the cylinder and from the flow in the body vessel, since moving the movable body can exhibit a sufficient upward biasing force against the cushion pad.
Further, the die cushion device can be made compact.
本発明のダイクッション装置においては、固定子がシリンダに内設されていると、固定子の取り付け状態がより安定する。
また、シリンダと移動子を案内するためのガイドとによって支持固定されていると、組み付けがし易くなる。
In the die cushion device of the present invention, when the stator is installed in the cylinder, the mounting state of the stator is more stable.
Moreover, if it is supported and fixed by the cylinder and a guide for guiding the moving element, the assembly becomes easy.
本発明のプレス装置は、上述したダイクッション装置を備えるので、クッションパッドに対して十分な上方付勢力を発揮できる。   Since the press apparatus of this invention is equipped with the die-cushion apparatus mentioned above, it can exhibit sufficient upward urging | biasing force with respect to a cushion pad.
以下、必要に応じて図面を参照しながら本発明の好適な実施形態について説明する。
なお、以下の説明では、同一又は相当部分には同一符号を付し、重複する説明は省略する。
また、上下左右等の位置関係は、特に断らない限り、図面に示す位置関係に基づくものとする。
更に、図面の寸法比率は図示の比率に限られるものではない。
Hereinafter, preferred embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings as necessary.
In the following description, the same or corresponding parts are denoted by the same reference numerals, and redundant description is omitted.
Further, the positional relationship such as up, down, left and right is based on the positional relationship shown in the drawings unless otherwise specified.
Further, the dimensional ratios in the drawings are not limited to the illustrated ratios.
(第一実施形態)
まず、本発明に係るリニアモーター式加圧ポンプの第一実施形態について説明する。
図1は、本発明に係るリニアモーター式加圧ポンプの第一実施形態を示す断面図である。
図1に示すように、本実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ10は、本体容器1と、該本体容器1の内壁に沿って移動可能な可動体2と、該本体容器1の内部に連通するように接続されたシリンダ3と、該シリンダ3に設けられた固定子7と、シリンダ3の内壁に沿って摺動するピストンヘッド4と、該ピストンヘッド4に取り付けられたピストンロッド5と、該ピストンロッド5に接続された移動子8と、を備える。
(First embodiment)
First, a linear motor type pressurizing pump according to a first embodiment of the present invention will be described.
FIG. 1 is a cross-sectional view showing a first embodiment of a linear motor pressurizing pump according to the present invention.
As shown in FIG. 1, a linear motor pressurizing pump 10 according to this embodiment includes a main body container 1, a movable body 2 movable along the inner wall of the main body container 1, and an inside of the main body container 1. A cylinder 3 connected so as to communicate, a stator 7 provided in the cylinder 3, a piston head 4 sliding along an inner wall of the cylinder 3, and a piston rod 5 attached to the piston head 4 And a moving element 8 connected to the piston rod 5.
上記本体容器1は、円筒状となっており、内部には可動体2が配設されている。
本体容器1の内部には作動液Lが収容されており、この作動液Lと上記可動体2とは常時接した状態にある。
かかる可動体2は、作動液Lの液面の昇降に従って、本体容器1の内壁に沿って昇降移動が可能である。
The main body container 1 has a cylindrical shape, and a movable body 2 is disposed inside.
The working fluid L is accommodated in the main body container 1, and the working fluid L and the movable body 2 are always in contact with each other.
The movable body 2 can move up and down along the inner wall of the main body container 1 as the liquid level of the working fluid L rises and falls.
上記リニアモーター式加圧ポンプ10において、本体容器1の内壁にはストッパー6が設けられている。
このストッパー6は、突然の可動体2の下降を阻止する役割を果たす。
また、本体容器1の底面には、シリンダ3が本体容器1と連通するように接続されている。なお、シリンダ3の断面積は、上記可動体2の面積より小さく設定されている。
In the linear motor pressurizing pump 10, a stopper 6 is provided on the inner wall of the main body container 1.
The stopper 6 plays a role of preventing sudden lowering of the movable body 2.
A cylinder 3 is connected to the bottom surface of the main body container 1 so as to communicate with the main body container 1. The cross-sectional area of the cylinder 3 is set smaller than the area of the movable body 2.
かかるシリンダ3は、本体容器1の内部に挿入された部分からなる内側部3aと、該内側部3aに連続し本体容器1の外部に突出した部分からなる外側部3bとを有する。
シリンダ3の内側部3aの先端は本体容器1に開口されており、この開口された開口部を介してシリンダ3と本体容器1とが連通している。
すなわち、上記リニアモーター式加圧ポンプ10においては、シリンダ3の開口部から本体容器1内部の作動液Lがシリンダ3の内部の作動液と通じるようになっている。
The cylinder 3 has an inner part 3 a made up of a part inserted into the main body container 1 and an outer part 3 b made up of a part that continues to the inner part 3 a and protrudes outside the main body container 1.
The front end of the inner portion 3a of the cylinder 3 is opened to the main body container 1, and the cylinder 3 and the main body container 1 are communicated with each other through the opened opening.
That is, in the linear motor pressurizing pump 10, the working fluid L inside the main body container 1 communicates with the working fluid inside the cylinder 3 from the opening of the cylinder 3.
また、上記リニアモーター式加圧ポンプ10において、シリンダ3にはピストンヘッド4が配設されている。
かかるピストンヘッド4は、移動子8に連結されたピストンロッド5を介してシリンダ3内をスライド(摺動)可能となっている。
In the linear motor pressurizing pump 10, a piston head 4 is disposed in the cylinder 3.
The piston head 4 is slidable in the cylinder 3 via a piston rod 5 connected to a moving element 8.
上記リニアモーター式加圧ポンプ10においては、本体容器1の内部に作動液Lが収容され、該作動液Lがシリンダ3の内部の作動液Lと連通されているので、全体としては、作動液Lが、本体容器1、可動体2、シリンダ3、及びピストンヘッド4により区画された空間に密閉されていることになる。
したがって、シリンダ3内において、ピストンヘッド4及びピストンロッド5をスライドさせることにより、可動体2が押し上げられ、或いは押し下げられる。
このとき、作動液Lが、上述したように、密封されているので、ピストンヘッド4の動きが作動液Lを介して可動体2に的確に伝わり、応答性が良い。
In the linear motor type pressurizing pump 10, the working fluid L is accommodated in the main body container 1, and the working fluid L communicates with the working fluid L inside the cylinder 3. L is sealed in a space defined by the main body container 1, the movable body 2, the cylinder 3, and the piston head 4.
Therefore, the movable body 2 is pushed up or pushed down by sliding the piston head 4 and the piston rod 5 in the cylinder 3.
At this time, since the hydraulic fluid L is sealed as described above, the movement of the piston head 4 is accurately transmitted to the movable body 2 via the hydraulic fluid L, and the responsiveness is good.
上記リニアモーター式加圧ポンプ10において、シリンダ3の外側部3bには、コイルからなる固定子7が円筒状に内設されている。
さらに、この固定子7の内側には、磁石を長手方向に沿って有する棒状の移動子8が配置されている。すなわち、固定子7と移動子8とがリニアモーターを構成している。
In the linear motor pressurizing pump 10, a stator 7 made of a coil is provided in a cylindrical shape on the outer side 3 b of the cylinder 3.
Further, a rod-like moving element 8 having magnets along the longitudinal direction is arranged inside the stator 7. That is, the stator 7 and the mover 8 constitute a linear motor.
そして、リニアモーターに通電することで移動子8にはローレンツ力に基づくスムースな推進力が働き、この推進力がピストンロッド5を動かす原動力となる。
上記リニアモーター式加圧ポンプ10においては、このリニアモーターを利用したことにより、ピストンロッド5の昇降移動を自由に制御することができる。
そのため、上記リニアモーター式加圧ポンプ10は、ピストンヘッド4や可動体2の昇降移動の制御が簡単に行える。
When the linear motor is energized, a smooth driving force based on the Lorentz force acts on the moving element 8, and this driving force becomes a driving force for moving the piston rod 5.
In the linear motor type pressurizing pump 10, by using this linear motor, the up and down movement of the piston rod 5 can be freely controlled.
Therefore, the linear motor pressurizing pump 10 can easily control the movement of the piston head 4 and the movable body 2 up and down.
また、上記リニアモーター式加圧ポンプ10において、シリンダ3の外側部3bの末端にはガイド9が設けられている。
これにより、移動子8は固定子7に接触することなく円滑に案内される。
ここで、上記固定子7は、シリンダ3に内設されると共に、ガイド9により支持固定されている。
したがって、上記リニアモーター式加圧ポンプ10は、固定子7の取り付け状態がより安定し、組み付けもし易くなる。
In the linear motor pressurizing pump 10, a guide 9 is provided at the end of the outer portion 3 b of the cylinder 3.
Thereby, the movable element 8 is smoothly guided without contacting the stator 7.
Here, the stator 7 is installed in the cylinder 3 and supported and fixed by a guide 9.
Therefore, the linear motor pressurizing pump 10 has a more stable mounting state of the stator 7 and can be easily assembled.
図2は、図1に示すリニアモーター式加圧ポンプのI−I線断面図である。
図2に示すように、上記リニアモーター式加圧ポンプ10において、シリンダ3は上記本体容器1の底面の略中央に設けられており、中空円筒状の形状である。
このため、本体容器1は耐圧性に優れる。
FIG. 2 is a cross-sectional view of the linear motor pressurization pump shown in FIG.
As shown in FIG. 2, in the linear motor type pressurizing pump 10, the cylinder 3 is provided at substantially the center of the bottom surface of the main body container 1 and has a hollow cylindrical shape.
For this reason, the main body container 1 is excellent in pressure resistance.
なお、上記リニアモーター式加圧ポンプ10が、圧力の伝達によりピストンヘッド4の昇降移動を可動体2の昇降移動に変える構造であるため、圧力伝達が的確に行えるのであればシリンダ3の設ける位置は、本体容器1の底面に対して、必ずしも中央である必要はなく、原則的には、制限されない。   Since the linear motor type pressure pump 10 has a structure that changes the lifting / lowering movement of the piston head 4 to the lifting / lowering movement of the movable body 2 by transmitting pressure, the position where the cylinder 3 is provided if pressure transmission can be performed accurately. Is not necessarily centered with respect to the bottom surface of the main body container 1 and is not limited in principle.
次に、本実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ10の作動について説明する。
まず、リニアモーターを駆動させることにより、移動子8に推進力が生じ、移動子8が接続されたピストンロッド5と共に移動する。
例えば、ピストンロッド5を上昇移動させた場合、ピストンロッド5と共にピストンヘッド4がシリンダ3の内壁に沿って摺動する。
このとき、シリンダ3内に収容されている作動液Lは、ピストンヘッド4の上昇移動により、シリンダ3の流動部3aの開口部から本体容器1内に流出される。
なお、作動液Lが流出される力は上記推進力に基づくものである。
Next, the operation of the linear motor pressurizing pump 10 according to this embodiment will be described.
First, a driving force is generated in the moving element 8 by driving the linear motor, and the moving element 8 moves together with the piston rod 5 connected thereto.
For example, when the piston rod 5 is moved upward, the piston head 4 slides along the inner wall of the cylinder 3 together with the piston rod 5.
At this time, the hydraulic fluid L accommodated in the cylinder 3 flows out into the main body container 1 from the opening portion of the flow portion 3a of the cylinder 3 by the upward movement of the piston head 4.
In addition, the force by which the hydraulic fluid L flows out is based on the propulsive force.
そうすると、本体容器1内の作動液Lが増量され、作動液Lにより可動体2が押し上げられる。
すなわち、可動体2が本体容器1の内壁に沿って上昇する。
なお、作動液Lが可動体2を押し上げる力(上方付勢力)は、上記推進力が作動液を伝わったものである。
また、シリンダ3の断面積が可動体2の面積より小さくなっているので、圧力伝達により作動液Lに伝わるピストンロッド5の推進力が、より大きくなって可動体2を押し上げる力(上方付勢力)となる。
Then, the amount of the hydraulic fluid L in the main body container 1 is increased, and the movable body 2 is pushed up by the hydraulic fluid L.
That is, the movable body 2 rises along the inner wall of the main body container 1.
In addition, the force (upward biasing force) that the hydraulic fluid L pushes up the movable body 2 is the propulsive force transmitted through the hydraulic fluid.
Further, since the cross-sectional area of the cylinder 3 is smaller than the area of the movable body 2, the propulsive force of the piston rod 5 transmitted to the hydraulic fluid L by pressure transmission becomes larger and pushes up the movable body 2 (upward biasing force). )
一方、ピストンロッド5を下降移動させた場合は、ピストンロッド5と共にピストンヘッド4がシリンダ3の内壁に沿って摺動する。
このとき、シリンダ3内に収容されている作動液Lは、ピストンヘッド4の下降移動により、本体容器1内からシリンダ3の流動部3aの開口部を介してシリンダ3の流動部3a内に流入される。
On the other hand, when the piston rod 5 is moved downward, the piston head 4 slides along the inner wall of the cylinder 3 together with the piston rod 5.
At this time, the hydraulic fluid L stored in the cylinder 3 flows into the fluid portion 3a of the cylinder 3 from the main body container 1 through the opening of the fluid portion 3a of the cylinder 3 due to the downward movement of the piston head 4. Is done.
そうすると、本体容器1内の作動液Lが減量され、可動体2が下がる。
すなわち、可動体2が本体容器1の内壁に沿って下降する。
If it does so, the hydraulic fluid L in the main body container 1 will be reduced, and the movable body 2 will fall.
That is, the movable body 2 descends along the inner wall of the main body container 1.
ところで、ピストンロッド5と共にピストンヘッド4が下降するのは、リニアモーターの移動子8を原動とするものであるが、例えば、リニアモーターが故障してピストンヘッド4がフリーとなり、可動体2が突然、下降(落下)するような事態が生じる場合が想定される。
このような事態に対する対策として、本体容器1の内壁にはストッパー6が設けられている。
このストッパー6は、シリンダ3が本体容器1に挿入されている上端の位置より高い位置に設けられており、可動体2が下降しても、このストッパー6で阻止され可動体2はシリンダ3には突き当たらない。
By the way, the piston head 4 is moved down together with the piston rod 5 by using the moving element 8 of the linear motor as a driving force. For example, the linear motor breaks down and the piston head 4 becomes free, and the movable body 2 suddenly moves. It is assumed that a situation of falling (falling) occurs.
As a countermeasure against such a situation, a stopper 6 is provided on the inner wall of the main body container 1.
The stopper 6 is provided at a position higher than the position of the upper end where the cylinder 3 is inserted into the main body container 1. Even when the movable body 2 is lowered, the stopper 6 is blocked by the stopper 6, and the movable body 2 is attached to the cylinder 3. Will not hit.
ここで、推進力と上方付勢力との関係について説明する。
リニアモーターの駆動により生じる推進力fを、シリンダ3の断面積(ピストンヘッド4の断面積)をa、可動体の面積をA、上方付勢力をFとした場合、シリンダ3の断面積aの単位面積あたりに作用する推進力は、リニアモーターの駆動により生じる推進力fをシリンダ3の断面積aで除したf/aである。
このf/aが作動液L全体に伝わることになるので、可動体2に伝わる上方付勢力Fは、f/aに可動体の面積Aを乗じたf・A/aとなる。
Here, the relationship between the propulsive force and the upward biasing force will be described.
The propulsive force f generated by the driving of the linear motor is represented by the cross-sectional area a of the cylinder 3 when the cross-sectional area of the cylinder 3 (cross-sectional area of the piston head 4) is a, the area of the movable body is A, and the upward biasing force is F. The driving force acting per unit area is f / a obtained by dividing the driving force f generated by driving the linear motor by the cross-sectional area a of the cylinder 3.
Since this f / a is transmitted to the entire hydraulic fluid L, the upward biasing force F transmitted to the movable body 2 is f · A / a obtained by multiplying f / a by the area A of the movable body.
したがって、A/a(断面比)の値が大きいほど、すなわち、シリンダ3の断面積aが可動体2の面積Aより小さくなっているほど、推進力を大きな上方付勢力に変えることができる。   Therefore, the larger the value of A / a (cross-sectional ratio), that is, the smaller the cross-sectional area a of the cylinder 3 is smaller than the area A of the movable body 2, the greater the propulsive force can be changed.
以上より、本実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ10によれば、十分な上方付勢力を発揮できる。
また、上記リニアモーター式加圧ポンプ10においては、可動体の面積と、シリンダの断面積との比を調節することにより、上方付勢力の大きさを自由に変えることができる。
さらに、上記リニアモーター式加圧ポンプにおいては、装置が簡素化されコンパクトであるので、あらゆる装置に適用できる。
また、メンテナンスや保守点検等も容易となる。
As mentioned above, according to the linear motor type pressurization pump 10 concerning this embodiment, sufficient upper energizing force can be exhibited.
Further, in the linear motor type pressurizing pump 10, the magnitude of the upward biasing force can be freely changed by adjusting the ratio of the area of the movable body and the cross-sectional area of the cylinder.
Furthermore, in the said linear motor type pressurization pump, since an apparatus is simplified and compact, it can apply to all apparatuses.
In addition, maintenance, maintenance inspection, and the like are facilitated.
ここで、本実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ10においては、可動体の面積(A)と、シリンダの断面積(a)との比(A/a)(断面比)は、該リニアモーター式加圧ポンプ10加圧強度の観点から、1より大きく20以下であるであることが好ましい。
なお、このリニアモーター式加圧ポンプ10をダイクッション装置20やそれを備えたプレス装置に適用する場合、断面比(A/a)は、クッションパッド11の挙動に依存するので、2以上5以下であることが好ましい。
Here, in the linear motor pressure pump 10 according to the present embodiment, the ratio (A / a) (cross-sectional ratio) between the area (A) of the movable body and the cross-sectional area (a) of the cylinder is the linear From the viewpoint of the pressurizing strength of the motor-type pressurizing pump 10, it is preferably greater than 1 and 20 or less.
In addition, when this linear motor type pressurization pump 10 is applied to the die cushion apparatus 20 and a press apparatus provided with the same, the cross-sectional ratio (A / a) depends on the behavior of the cushion pad 11, and is 2 or more and 5 or less. It is preferable that
上記リニアモーター式加圧ポンプ10において、作動液Lとしては、特に限定されないが、例えば、油が用いられる。
この場合、作動液の応答性が優れるので、ピストンロッド5の推進力を確実に可動体2に伝えることができる。
In the linear motor pressurizing pump 10, the hydraulic fluid L is not particularly limited, but, for example, oil is used.
In this case, since the response of the hydraulic fluid is excellent, the propulsive force of the piston rod 5 can be reliably transmitted to the movable body 2.
上記リニアモーター式加圧ポンプは、ダイクッション装置の駆動源、リフター装置等の用途に好適に用いられる。   The linear motor pressurizing pump is suitably used for applications such as a drive source for a die cushion device, a lifter device, and the like.
次に、上記リニアモーター式加圧ポンプを備えるダイクッション装置について説明する。
図3は、本実施形態に係るダイクッション装置の一例を示す断面図である。
図3に示すように、本実施形態に係るダイクッション装置20は、クッションパッド11と、該クッションパット11の上にクッションピン14を介して設けられたブランクホルダ13と、クッションパッド11を上方付勢するための4つの駆動源とを備える。
Next, a die cushion device provided with the linear motor type pressurizing pump will be described.
FIG. 3 is a cross-sectional view showing an example of the die cushion device according to the present embodiment.
As shown in FIG. 3, the die cushion device 20 according to the present embodiment has a cushion pad 11, a blank holder 13 provided on the cushion pad 11 via a cushion pin 14, and the cushion pad 11 attached upward. And four drive sources for powering.
また、上記ダイクッション装置20は、駆動源が、すべて上述したリニアモーター式加圧ポンプ10であり、そのリニアモーター式加圧ポンプ10の可動体12がクッションパット11に接続されている。   The drive source of the die cushion device 20 is the linear motor pressure pump 10 described above, and the movable body 12 of the linear motor pressure pump 10 is connected to the cushion pad 11.
図4は、図3に示すダイクッション装置のII−II線断面図である。
図3に示すように、上記ダイクッション装置20において、リニアモーター式加圧ポンプ10は、クッションパット11の底面に上下左右均等に設けられている。
4 is a cross-sectional view taken along the line II-II of the die cushion device shown in FIG.
As shown in FIG. 3, in the die cushion device 20, the linear motor pressurizing pump 10 is provided on the bottom surface of the cushion pad 11 evenly in the vertical and horizontal directions.
図3に戻り、上記ダイクッション装置20においては、リニアモーター式加圧ポンプ10を駆動させることにより、可動体12を介してクッションパット11に上方付勢力が付加され、さらに、クッションピン14を介してブランクホルダ13に付加される。   Returning to FIG. 3, in the die cushion device 20, by driving the linear motor type pressure pump 10, an upward biasing force is applied to the cushion pad 11 via the movable body 12, and further, via the cushion pin 14. Are added to the blank holder 13.
本実施形態に係るダイクッション装置20は、上記リニアモーター式加圧ポンプ10を備えるので、クッションパッド11に対して十分な上方付勢力を発揮できる。
また、ダイクッション装置20をコンパクトにできる。
また、リニアモーターの昇降移動の制御が電気的に容易に行えるため、必要となるクッションパッド11の挙動に応じた対応が可能となる。
さらに、ストッパー6を備えることで、万一リニアモーターが故障して可動体が突然下降するような事態が生じても安全である。
さらにまた、ダイクッション装置20は、構造が簡素化されているので、繰り返し加重を受けても故障率が少ない。
Since the die cushion device 20 according to the present embodiment includes the linear motor type pressurizing pump 10, a sufficient upward biasing force can be exerted on the cushion pad 11.
Further, the die cushion device 20 can be made compact.
In addition, since the control of the up-and-down movement of the linear motor can be easily performed electrically, it is possible to cope with the required behavior of the cushion pad 11.
Furthermore, by providing the stopper 6, it is safe even if a situation occurs in which the linear motor breaks down and the movable body suddenly descends.
Furthermore, since the structure of the die cushion device 20 is simplified, the failure rate is low even if it is repeatedly subjected to weighting.
次に、上記ダイクッション装置20を備えるプレス装置について説明する。
図5は、本実施形態に係るプレス装置の一例を示す断面図である。
図5に示すように、本実施形態に係るプレス装置30は、プレス下型22と、該プレス下型22に対応する形状を有するプレス上型21と、プレス下型22上に載置されたワークWとを有する。
上記プレス上型21はスライド24によって昇降移動可能に支持され、プレス下型22はライナ26の上に固定されたボルスタ27上に載置されている。
なお、上述したクッションピン14は、ボルスタ27の内部を貫通している。
Next, a press apparatus provided with the said die cushion apparatus 20 is demonstrated.
FIG. 5 is a cross-sectional view showing an example of a press device according to the present embodiment.
As shown in FIG. 5, the press device 30 according to the present embodiment is placed on the press lower die 22, the press upper die 21 having a shape corresponding to the press lower die 22, and the press lower die 22. And a workpiece W.
The upper press die 21 is supported by a slide 24 so as to be movable up and down, and the lower press die 22 is placed on a bolster 27 fixed on a liner 26.
The cushion pin 14 described above passes through the inside of the bolster 27.
また、上記プレス装置30は、ワークWの周縁部をプレス上型21と共に押圧保持するためのダイクッション装置20が配置されている。
すなわち、上記プレス装置30は、プレス下型22とダイクッション装置20のブランクホルダ13との上にワークWが載置され、プレス時にクッションパッド11を上方付勢することによりブランクホルダ13とプレス上型との間にワーク周縁部を保持するようになっている。
なお、かかるダイクッション装置20は、ライナ26を下方から支持するベッド28の内側に収容されている。
The press device 30 is provided with a die cushion device 20 for pressing and holding the peripheral edge of the work W together with the press upper die 21.
In other words, the press device 30 is configured such that the workpiece W is placed on the lower press die 22 and the blank holder 13 of the die cushion device 20, and the cushion pad 11 is biased upward at the time of pressing to thereby press the blank holder 13 and the press upper portion. A work peripheral part is hold | maintained between type | molds.
The die cushion device 20 is accommodated inside a bed 28 that supports the liner 26 from below.
このように、上記プレス装置30は、ダイクッション装置20がリニアモーター式加圧ポンプ10を備えるので、クッションパッド11に対して十分な上方付勢力を発揮できる。
また、プレス装置30をコンパクトにできる。
Thus, since the die cushion device 20 includes the linear motor pressurizing pump 10, the press device 30 can exhibit a sufficient upward biasing force against the cushion pad 11.
Moreover, the press apparatus 30 can be made compact.
(第二実施形態)
次に、本発明に係るリニアモーター式加圧ポンプの第二実施形態について説明する。
図6は、本発明に係るリニアモーター式加圧ポンプの第二実施形態を示す断面図である。
図6に示すように、本実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ40は、シリンダ3が本体容器内に入ってなく、全体が本体容器1の外部に突出している点で、第一実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ10と異なる。
(Second embodiment)
Next, a second embodiment of the linear motor pressure pump according to the present invention will be described.
FIG. 6 is a cross-sectional view showing a second embodiment of the linear motor pressure pump according to the present invention.
As shown in FIG. 6, the linear motor pressurizing pump 40 according to the present embodiment is the first embodiment in that the cylinder 3 is not contained in the main body container and the whole protrudes outside the main body container 1. It differs from the linear motor type pressurization pump 10 concerning.
すなわち、上記リニアモーター式加圧ポンプ40において、外部に突出されたシリンダ3は、本体容器1との接続位置に開口部を有し、本体容器1と連通した構造となっている。   That is, in the linear motor type pressurizing pump 40, the cylinder 3 protruding to the outside has an opening at a connection position with the main body container 1 and has a structure communicating with the main body container 1.
本実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ40においては、十分な上方付勢力を発揮できる。
また、可動体の面積と、シリンダの断面積との比を調節することにより、上方付勢力の大きさを自由に変えることができる。
さらに、装置がコンパクトであるので、あらゆる装置に適用できる。
また、メンテナンスや保守点検等も容易となる。
さらにまた、図6に示すような構造であるので、もしリニアモーターが故障して、可動体が突然下降するようなことがあっても、シリンダに突き当たるようなことがない。
そのためストッパーは省略することができる。
In the linear motor type pressurizing pump 40 according to the present embodiment, a sufficient upward biasing force can be exhibited.
Moreover, the magnitude of the upward biasing force can be freely changed by adjusting the ratio of the area of the movable body to the cross-sectional area of the cylinder.
Furthermore, since the apparatus is compact, it can be applied to any apparatus.
In addition, maintenance, maintenance inspection, and the like are facilitated.
Furthermore, since the structure is as shown in FIG. 6, even if the linear motor fails and the movable body suddenly descends, it does not hit the cylinder.
Therefore, the stopper can be omitted.
(第三実施形態)
次に、本発明に係るリニアモーター式加圧ポンプの第三実施形態について説明する。
図7は、本発明に係るリニアモーター式加圧ポンプの第三実施形態を示す断面図である。
図7に示すように、本実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ50は、シリンダ43が固定子を兼ねており、ピストンロッド45が移動子を兼ねている点で第一実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ10と異なる。
(Third embodiment)
Next, a third embodiment of the linear motor pressure pump according to the present invention will be described.
FIG. 7 is a cross-sectional view showing a third embodiment of the linear motor pressure pump according to the present invention.
As shown in FIG. 7, the linear motor pressure pump 50 according to the present embodiment has a linear motor according to the first embodiment in that the cylinder 43 also serves as a stator and the piston rod 45 serves as a mover. Different from the motor type pressure pump 10.
すなわち、円筒形状のシリンダ43自体がコイルとなっており、ピストンロッド45自体が磁石となっている。
したがって、この場合、シリンダ43とピストンロッド45とによりリニアモーターを構成していることとなる。
なお、固定子に相当するシリンダ43が作動液L中にあるため厳密なシールが要求される。
That is, the cylindrical cylinder 43 itself is a coil, and the piston rod 45 itself is a magnet.
Therefore, in this case, the cylinder 43 and the piston rod 45 constitute a linear motor.
Since the cylinder 43 corresponding to the stator is in the hydraulic fluid L, a strict seal is required.
本実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ50によれば、十分な上方付勢力を発揮できる。
また、上記リニアモーター式加圧ポンプ50においては、可動体の面積と、シリンダの断面積との比を調節することにより、上方付勢力の大きさを自由に変えることができる。
さらに、上記リニアモーター式加圧ポンプにおいては、装置がコンパクトであるので、あらゆる装置に適用できる。
また、メンテナンスや保守点検等も容易となる。
According to the linear motor pressurizing pump 50 according to the present embodiment, a sufficient upward biasing force can be exhibited.
Further, in the linear motor type pressurizing pump 50, the magnitude of the upward biasing force can be freely changed by adjusting the ratio between the area of the movable body and the cross-sectional area of the cylinder.
Furthermore, the linear motor pressurizing pump can be applied to any apparatus because the apparatus is compact.
In addition, maintenance, maintenance inspection, and the like are facilitated.
以上、本発明の好適な実施形態について説明したが、本発明は上記実施形態に限定されるものではない。   The preferred embodiment of the present invention has been described above, but the present invention is not limited to the above embodiment.
例えば、上述した第一実施形態に係るリニアモーター式加圧ポンプ10においては、本体容器1の形状が、円筒状となっているが、ピストンヘッド4の推進力を可動体2に伝達できるものであれば、それ以外の形状であってもよく、特に限定されない。   For example, in the linear motor pressure pump 10 according to the first embodiment described above, the main body container 1 has a cylindrical shape, but the propulsive force of the piston head 4 can be transmitted to the movable body 2. Any other shape may be used, and is not particularly limited.
上記リニアモーター式加圧ポンプ10においては、シリンダ3が、本体容器1の底面の略中央に接続されているが、側面に接続されていてもよい。
また、シリンダ3の数も限定されない。
In the linear motor pressurizing pump 10, the cylinder 3 is connected to the approximate center of the bottom surface of the main body container 1, but may be connected to a side surface.
Further, the number of cylinders 3 is not limited.
上記リニアモーター式加圧ポンプ10においては、シリンダ3の外側部3bに、円筒状の固定子7が接続されているが、固定子は円筒状に限定されない。   In the linear motor pressurizing pump 10, the cylindrical stator 7 is connected to the outer portion 3b of the cylinder 3, but the stator is not limited to a cylindrical shape.
上記ダイクッション装置20は、リニアモーター式加圧ポンプ20を4つ有しているが、数に限定は無く、1つであっても、4つ以外の複数であってもよい。   The die cushion device 20 has four linear motor type pressurizing pumps 20, but the number is not limited, and may be one or plural other than four.
図1は、本発明に係るリニアモーター式加圧ポンプの第一実施形態を示す断面図である。FIG. 1 is a cross-sectional view showing a first embodiment of a linear motor pressurizing pump according to the present invention. 図2は、図1に示すリニアモーター式加圧ポンプのI−I線断面図である。FIG. 2 is a cross-sectional view of the linear motor pressurization pump shown in FIG. 図3は、本実施形態に係るダイクッション装置の一例を示す断面図である。FIG. 3 is a cross-sectional view showing an example of the die cushion device according to the present embodiment. 図4は、図3に示すダイクッション装置のII−II線断面図である。4 is a cross-sectional view taken along the line II-II of the die cushion device shown in FIG. 図5は、本実施形態に係るプレス装置の一例を示す断面図である。FIG. 5 is a cross-sectional view showing an example of a press device according to the present embodiment. 図6は、本発明に係るリニアモーター式加圧ポンプの第二実施形態を示す断面図である。FIG. 6 is a cross-sectional view showing a second embodiment of the linear motor pressure pump according to the present invention. 図7は、本発明に係るリニアモーター式加圧ポンプの第三実施形態を示す断面図である。FIG. 7 is a cross-sectional view showing a third embodiment of the linear motor pressure pump according to the present invention.
符号の説明Explanation of symbols
1・・・本体容器
2,12・・・可動体
3,43・・・シリンダ
3a・・・内側部
3b,43b・・・外側部
4・・・ピストンヘッド
5,45・・・ピストンロッド
6・・・ストッパー
7・・・固定子
8・・・移動子
9・・・ガイド
10,40,50・・・リニアモーター式加圧ポンプ
11・・・クッションパッド
13・・・ブランクホルダ
14・・・クッションピン
20・・・ダイクッション装置
21・・・プレス上型
22・・・プレス下型
24・・・スライド
26・・・ライナ
27・・・ボルスタ
28・・・ベッド
30・・・プレス装置
L・・・作動液
W・・・ワーク
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 ... Main body container 2,12 ... Movable body 3,43 ... Cylinder 3a ... Inner part 3b, 43b ... Outer part 4 ... Piston head 5,45 ... Piston rod 6 ... Stopper 7 ... Stator 8 ... Mover 9 ... Guide 10, 40, 50 ... Linear motor pressure pump 11 ... Cushion pad 13 ... Blank holder 14 ... · Cushion pin 20 ··· Die cushion device 21 · · · Press upper die 22 · · · Press lower die 24 · · · Slide 26 · · · liner 27 · · · bolster 28 · · · bed 30 · · · press device L ... Working fluid W ... Workpiece

Claims (8)

  1. 本体容器と、
    該本体容器の内壁に沿って移動可能な可動体と、
    該本体容器の内部に連通するように接続されたシリンダと、
    該シリンダに設けられた固定子と、
    前記シリンダの内壁に沿って摺動するピストンヘッドと、
    該ピストンヘッドに取り付けられたピストンロッドと、
    該ピストンロッドに接続された移動子と、
    を備え、
    作動液が前記本体容器及び前記シリンダに共通して収容されると共に前記可動体及び前記ピストンヘッドにより密閉されており、
    前記シリンダの断面積が前記可動体の面積より小さく、且つ
    前記固定子及び前記移動子でリニアモーターを構成し、該リニアモーターを駆動させることにより、前記ピストンヘッドが前記ピストンロッドを介して前記シリンダ内をスライドし、前記シリンダに収容された前記作動液が前記本体容器に流出入して、前記可動体を移動させることを特徴とするリニアモーター式加圧ポンプ。
    A body container;
    A movable body movable along the inner wall of the main body container;
    A cylinder connected to communicate with the interior of the main body container;
    A stator provided on the cylinder;
    A piston head that slides along the inner wall of the cylinder;
    A piston rod attached to the piston head;
    A mover connected to the piston rod;
    With
    The hydraulic fluid is stored in common in the main body container and the cylinder and is sealed by the movable body and the piston head,
    A cross-sectional area of the cylinder is smaller than an area of the movable body, and the stator and the mover constitute a linear motor, and the linear motor is driven so that the piston head is connected to the cylinder via the piston rod. A linear motor type pressure pump that slides inside and moves the movable body by the hydraulic fluid contained in the cylinder flowing into and out of the main body container.
  2. 前記可動体の面積(A)と、前記シリンダの断面積(a)との比(A/a)が、1より大きく20以下であることを特徴とする請求項1記載のリニアモーター式加圧ポンプ。   2. The linear motor pressurization according to claim 1, wherein a ratio (A / a) of an area (A) of the movable body to a cross-sectional area (a) of the cylinder is greater than 1 and 20 or less. pump.
  3. 前記シリンダの一部が前記本体容器の内部に挿入されていることを特徴とする請求項1記載のリニアモーター式加圧ポンプ。   The linear motor pressure pump according to claim 1, wherein a part of the cylinder is inserted into the main body container.
  4. 前記作動液が油であることを特徴とする請求項1記載のリニアモーター式加圧ポンプ。   The linear motor type pressurizing pump according to claim 1, wherein the hydraulic fluid is oil.
  5. 前記固定子が前記シリンダに内設され、且つ、該シリンダと、前記移動子を案内するためのガイドとによって支持固定されていることを特徴とする請求項1記載のリニアモーター式加圧ポンプ。   2. The linear motor pressure pump according to claim 1, wherein the stator is provided in the cylinder, and is supported and fixed by the cylinder and a guide for guiding the moving element.
  6. クッションパッドと、該クッションパットの上にクッションピンを介して設けられたブランクホルダと、前記クッションパッドを上方付勢するための駆動源と、を備えるダイクッション装置において、
    前記駆動源が、本体容器と、前記クッションパットの下に接続され、前記本体容器の内壁に沿って移動可能な可動体と、該本体容器の内部に連通するように接続されたシリンダと、該シリンダに設けられた固定子と、前記シリンダの内壁に沿って摺動するピストンヘッドと、該ピストンヘッドに取り付けられたピストンロッドと、該ピストンロッドに接続された移動子と、を備えるリニアモーター式加圧ポンプであり、
    作動液が前記本体容器及び前記シリンダに共通して収容されると共に前記可動体及び前記ピストンヘッドにより密閉されており、
    前記シリンダの断面積が前記可動体の面積より小さく、且つ
    前記固定子及び前記移動子でリニアモーターを構成し、該リニアモーターを駆動させることにより、前記ピストンヘッドが前記ピストンロッドを介して前記シリンダ内をスライドし、前記シリンダに収容された前記作動液が前記本体容器に流出入して、前記可動体を移動させることを特徴とするダイクッション装置。
    In a die cushion device comprising: a cushion pad; a blank holder provided on the cushion pad via a cushion pin; and a drive source for biasing the cushion pad upward;
    The drive source is connected to a main body container, a movable body connected under the cushion pad and movable along an inner wall of the main body container, a cylinder connected to communicate with the inside of the main body container, A linear motor type comprising: a stator provided in a cylinder; a piston head that slides along an inner wall of the cylinder; a piston rod attached to the piston head; and a mover connected to the piston rod. A pressure pump,
    The hydraulic fluid is stored in common in the main body container and the cylinder and is sealed by the movable body and the piston head,
    A cross-sectional area of the cylinder is smaller than an area of the movable body, and the stator and the mover constitute a linear motor, and the linear motor is driven so that the piston head is connected to the cylinder via the piston rod. A die cushion device characterized by sliding inside and the hydraulic fluid contained in the cylinder flowing into and out of the main body container to move the movable body.
  7. 前記固定子が前記シリンダに内設され、且つ、該シリンダと、前記移動子を案内するためのガイドとによって支持固定されていることを特徴とする請求項6記載のダイクッション装置。   7. The die cushion device according to claim 6, wherein the stator is provided in the cylinder, and is supported and fixed by the cylinder and a guide for guiding the moving element.
  8. 請求項6記載のダイクッション装置を備えることを特徴とするプレス装置。   A press device comprising the die cushion device according to claim 6.
JP2007125362A 2007-05-10 2007-05-10 Linear motor type booster pump and die cushion device provided therewith Pending JP2008280907A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007125362A JP2008280907A (en) 2007-05-10 2007-05-10 Linear motor type booster pump and die cushion device provided therewith

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007125362A JP2008280907A (en) 2007-05-10 2007-05-10 Linear motor type booster pump and die cushion device provided therewith

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008280907A true JP2008280907A (en) 2008-11-20

Family

ID=40141940

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007125362A Pending JP2008280907A (en) 2007-05-10 2007-05-10 Linear motor type booster pump and die cushion device provided therewith

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008280907A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010120050A (en) * 2008-11-20 2010-06-03 Ihi Corp Die cushion device of press
JP2011083782A (en) * 2009-10-13 2011-04-28 Ihi Corp Die cushion device for press machine
JP2011098361A (en) * 2009-11-05 2011-05-19 Ihi Corp Control device of die cushion device and method used for the same
JP2011098362A (en) * 2009-11-05 2011-05-19 Ihi Corp Control device of die cushion device and method used for the same
JP2011152569A (en) * 2010-01-27 2011-08-11 Ihi Corp Device and method for controlling hydraulic die cushion device
DE102010037330A1 (en) * 2010-09-06 2012-03-08 Schuler Pressen Gmbh & Co. Kg Drive device with linear motor for a press

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010120050A (en) * 2008-11-20 2010-06-03 Ihi Corp Die cushion device of press
JP2011083782A (en) * 2009-10-13 2011-04-28 Ihi Corp Die cushion device for press machine
CN102039690A (en) * 2009-10-13 2011-05-04 株式会社Ihi Die cushion device for press machine
US9132463B2 (en) 2009-10-13 2015-09-15 Ihi Corporation Die cushion device for press machine
JP2011098361A (en) * 2009-11-05 2011-05-19 Ihi Corp Control device of die cushion device and method used for the same
JP2011098362A (en) * 2009-11-05 2011-05-19 Ihi Corp Control device of die cushion device and method used for the same
JP2011152569A (en) * 2010-01-27 2011-08-11 Ihi Corp Device and method for controlling hydraulic die cushion device
DE102010037330A1 (en) * 2010-09-06 2012-03-08 Schuler Pressen Gmbh & Co. Kg Drive device with linear motor for a press
WO2012032041A3 (en) * 2010-09-06 2012-11-15 Schuler Pressen Gmbh & Co. Kg Drive device with linear motor for a press
CN103189193A (en) * 2010-09-06 2013-07-03 许勒压力机两合公司 Drive device with linear motor for a press
DE102010037330B4 (en) * 2010-09-06 2013-07-11 Schuler Pressen Gmbh & Co. Kg Drive device with linear motor for a press
JP2013540592A (en) * 2010-09-06 2013-11-07 シューラー プレッセン ゲーエムベーハー アンド カンパニー カーゲー Drive device with linear motor for press

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2008280907A (en) Linear motor type booster pump and die cushion device provided therewith
US9132463B2 (en) Die cushion device for press machine
JP5466834B2 (en) Die cushion device
JP2009279620A (en) Die cushion apparatus
WO2015151702A1 (en) Clamp apparatus
JP2009299795A (en) Fluid spring and molding apparatus including the same
JP5257773B2 (en) Die cushion device for press machine
US6469409B1 (en) Brake apparatus for a moving apparatus driven by linear motor
JP2008304034A (en) Cylinder device and knock-out device for forging press
JP4871637B2 (en) Slider drive device
JP5446743B2 (en) Control device and method for die cushion device
JP5260257B2 (en) Braking control mechanism
JP4659795B2 (en) Changing device for punching press unit
JP4654984B2 (en) Fluid control device
JP6941413B2 (en) Die cushion device
JP2021058913A (en) Die cushion device
JP2018185035A (en) Hydraulic cylinder device
JP2006224149A (en) Die cushion device of press machine
JP2006220175A (en) Servo jack device
JP2007007723A (en) Ram drive method in press machine, and press machine
JP2020121593A (en) Mobile device with locking function
JP4913472B2 (en) Slider position detection method and slider drive device
JP2017200711A (en) Punching device
JP2006088169A (en) Die cushion device
JP2008036688A (en) Pressing machine