JP2008260505A - ショピングカートと、大型バスケットを装着出来る自転車 - Google Patents

ショピングカートと、大型バスケットを装着出来る自転車 Download PDF

Info

Publication number
JP2008260505A
JP2008260505A JP2007136024A JP2007136024A JP2008260505A JP 2008260505 A JP2008260505 A JP 2008260505A JP 2007136024 A JP2007136024 A JP 2007136024A JP 2007136024 A JP2007136024 A JP 2007136024A JP 2008260505 A JP2008260505 A JP 2008260505A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wheel
shopping cart
basket
bicycle
shopping
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007136024A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4945795B2 (ja
JP2008260505A5 (ja
Inventor
Hisatomo Ueda
壽友 植田
Original Assignee
Hisatomo Ueda
壽友 植田
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hisatomo Ueda, 壽友 植田 filed Critical Hisatomo Ueda
Priority to JP2007136024A priority Critical patent/JP4945795B2/ja
Publication of JP2008260505A publication Critical patent/JP2008260505A/ja
Publication of JP2008260505A5 publication Critical patent/JP2008260505A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4945795B2 publication Critical patent/JP4945795B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】買物荷物等の積載搬送する場合、自転車のバスケット容量の不足、あるいわ体積の大きい荷物の積み込みは困難である、商品の詰め替、積み込みのの作業時間の短縮と、走行時の荷くずれ、落下の対策を考えなければならない。
【解決手段】本発明の自転車の後輪は小径サイズを使用したる為、積載荷物も相当する、低い位置である、次に大型バスケット、ショピングカート装着の為のスペースを確保する為クランク軸(14)から後輪軸(15)までの長さを延長させて、装着キャリアー(3)と車輪ステップ(7)を設置する、これにより大型バスケットあるいわショピングカートの装着を可能にする、
【選択図】図1

Description

発明の詳細な説明
この発明は大型バスケットによる荷物の多量搬送と、ショッピングカート使用時では歩行補助及び、ショッピング後のレジ通過から、自宅まで、荷物の詰メ替、自輪荷台への積み込み、バンド掛け、等の作業と時間の削減が、出来る。
従来の自輪車のバスケットは容量が、20l程度である。前輪ハンドル側へ設置されている。このバスケットによる重い荷物の搬送は、荷物慣性と重心の高きことによる不安定感はさけられない。
発明が解決しようとする課題
従来の自転車に装着されているバスケットは本発明の大型バスケットに比べ小容量である、バスケットに積載した買物はバント掛け等の処置を、しないと運行出来ない場合が有る。本発明の大型バスケットはその3倍程度の容量を見込んでおり、複数の袋詰めの買物、あるいわ、アタッシュケース野球バット等の長尺な物品も難なく運ぶことが出来る、
ショッピングカートを装着した活用方法では、レジ通過後スーパー所属のバスケットから袋へ詰め替えする作業が、不要となる、
本発明のショピングカート(図5)及びそれに附属して、ショピングバスケット(14)2個所有しておくことにより、レジ通過後そのまま自転車により帰宅することが出来るしがたって、労力と時間の削減が出来る。
課題を解決する為の手段
いまその構成を説明する、
(イ)今回の発明の自転車は前輪の大きさに関係なく、後輪のタイヤサイズは、16吋を使用し、尚クランク軸(14)から後輪軸(15)間を長く設定することにより後輪上側の空間を確保する、
(ロ)ショピングカートは車輪取付フレームの前方を開口(11)しておき、下段は上下スライド出来る構造にすることにより自転車へ装着する時、後輪との
装着時は持ち上げニギリ(17)を引き上げ、上端フック(18)へ吊しておく、
上端フックはねじりバネ(19)により落下を防止する、
(ハ)図5のショピングカート下段からショピングバスケット(20)を取り出す手段は持ち上げニギリ(17)をささえておき、次にフックニギリ(21)を下方へ下げることにより吊り上げを解除出来る、ショピングカートの下段(10)は静かに下降させる、(図17)
(ニ)自転車への積み込みは、図18の通り、左右両手で側面ニギリ(22)部をつかんで後方へ傾しショピングカート前輪を、車輪ステップ(7)の入口側の1/8円弧状(8)部分へ乗せる。次にカート歩行ニギリ(23)部をつかんで前方へ押し込む、そして前方側固定ハンドル部(1)と後方側固定ハンドル部(2)の結合を確認の上、カート走行ニギリ(23)部をささえておきながら、後方固定レバー(6)を締付ける。次にカート前側から、左右固定レバー(5)も締付ける、
この場合のカート前輪は必ず、車輪ステップ奥側に施けられた1/3円弧状(9)に位置している、
(ホ)大型バスケットはショピングカートと交換使用しなければならない、同時に使用することは出来ない。
(ヘ)自転車に固定させる為の前方締付軸(12)と後方締付軸(13)は大型バスケットとショッピングカートは同じ位置に設定しておく
(ト)前方側固定ハンドル部(1)と後方側固定ハンドル部(2)はそれぞれ前方締付軸(12)と後方締付軸(13)を結合させるものである。
左右固定レバー(5)、後方固定レバー(6)は共に首下に位置する部分に挿え金具(25)を結合さしておき、ハウジング(31)内を貫通させている、その軸端は、ナット(24)により取り付けておく。
(チ)挿え金具(25)の先端は、締付軸のR形状に対応させた形であり締付受台(26)のR部分(27)は装着時の滑り込みガイドの機能をさせている。
(リ)車輪ステップ(7)は後輪軸近くを投入側とし車輪通過溝底を1/8円弧状(8)としている、ブラケットA(28)により固定する。車輪ステップ上の装着位置すなわち自転車の前方側を1/3円弧状(9)の形状としておき、この部分をブラケットB(29)を使用し自転車の斜骨管(30)に締付けておく。
発明実施の形態
本発明の使用する、ショピングカート、大型バスケットの最大巾はハンドル巾に比べ80%と70%程度である。いずれも側面はR形状とする、
発明の効果
(イ)従来の自転車の前駕篭と呼ばれている、バスケットに比べ、本発明の大型バスケットは容量が約300%有り、通常の袋詰買物は難なく、無造作に投入搬送出来る、長尺なもの、箱状の大きな物もそれなりに有利に使用することが出来る。
(ロ)ショピングカートの使用においては、レジ通過後、直ちに、帰宅出来る、すなわち労力、時間の削減と歩行補助に寄与する。
(ハ)後輪側に積載することは、前駕篭のバスケットに比べハンドルの操作時の安定性にすぐれている。
(ニ)小径の後輪を使用したる本発明は重心が低く運行時の安全性がすぐれている。
全体図 車輪ステップ部斜視図 装着キャリアー斜視図 ショピングカート正面図(自転車へ装着時) ショピングカート側面図(自転車へ装着時) 大型バスケット平面図 大型バスケット側面図 ショピングカート装着図 大型バスケット装着図 前方側固定ハンドル部斜視図 左右固定レバー詳細図 後方側固定ハンドル部斜視図 後方固定レバー詳細図 ショピングカート車輪部分斜視図 ショピングカート下段の上端フック部斜視図 ショピングカート下段の下降位置正面図(買い物中の位置) ショッピングカート下段の下降位置 側面図(買い物中の位置) ショッピングカート自転車へ装着図
符号の説明
1、は前方側固定ハンドル部
2、は後方側固定ハンドル部
3、は装着キャリアー
4、はスティー
5、は左右固定レバー
6、は後方固定レバー
7、は車輪ステップ
8、は1/8円弧状
9、は1/3円弧状
10、はショッピングカートの下段
11、は開口
12、は前方締付軸
13、は後方締付軸
14、はクランク軸
15、は後輪軸
16、は下降位置
17、は持ち上げニギリ
18、は上端フック
19、はねじりバネ
20、はショッピングバスケット
21、はフックニギリ
22、は側面ニギリ
23、はカート走行ニギリ
24、はナット
25、は押え金具
26、は締付受台
27、はR部分
28、はブラケットA
29、はブラケットB
30、は斜骨管
31、はハウジング

Claims (1)

  1. (イ)後輪上面に前方側固定ハンドル部(1)と後方側固定ハンドル部(2)を有する装着キャリアー(3)を設置する。
    前方部は斜骨管(30)と後方部は後輪近くに、スティー(4)を介し組付ける。
    (ロ)装着キャリアーには、前方部分の左右固定レバー(5)と後方中央部分に同じく後方固定レバー(6)を配置する。
    (ハ)後輪車軸近くにショピングカートの車輪ををささえる為の、車輪ステップ(7)を設ける、そのステップ底面は後方に1/8円弧状(8)と前方は1/3円弧状(9)の形である。
    (ニ)ショピングカートの下段(10)は昇降出来る構造とし、車輪取付フレームは前方を開口(11)したる形状とする。
    (ホ)大型バスケットと、ショッピングカートは共に、前方締付軸(12)と後方締付軸(13)を設置する。
    以上の如く構成したる、ショッピングカート、あるいわ、大型バスケットを装着出来る、自輪車である。
JP2007136024A 2007-04-09 2007-04-09 ショピングカートと、大型バスケットを装着出来る自転車 Expired - Fee Related JP4945795B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007136024A JP4945795B2 (ja) 2007-04-09 2007-04-09 ショピングカートと、大型バスケットを装着出来る自転車

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007136024A JP4945795B2 (ja) 2007-04-09 2007-04-09 ショピングカートと、大型バスケットを装着出来る自転車

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2008260505A true JP2008260505A (ja) 2008-10-30
JP2008260505A5 JP2008260505A5 (ja) 2010-01-14
JP4945795B2 JP4945795B2 (ja) 2012-06-06

Family

ID=39983307

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007136024A Expired - Fee Related JP4945795B2 (ja) 2007-04-09 2007-04-09 ショピングカートと、大型バスケットを装着出来る自転車

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4945795B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101898596A (zh) * 2009-05-28 2010-12-01 本田技研工业株式会社 载运架
CN103192910A (zh) * 2013-04-24 2013-07-10 力帆实业(集团)股份有限公司 摩托车车头覆盖件安装结构
JP2013177084A (ja) * 2012-02-29 2013-09-09 Bridgestone Cycle Co 低床自転車

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5575592A (en) * 1978-12-05 1980-06-06 Matsushita Electric Ind Co Ltd Fan
JPS6272284A (en) * 1985-09-25 1987-04-02 Fuji Photo Film Co Ltd Magnetic recording and reproducing device
JPH058774A (ja) * 1991-07-01 1993-01-19 Honda Motor Co Ltd 二輪車用可搬式収納装置
JPH09290785A (ja) * 1996-04-25 1997-11-11 Oshima:Kk 自転車
JPH10100964A (ja) * 1996-10-01 1998-04-21 Macro Tec:Kk 自転車にベビーカー、ショッピングカーを乗せる装置
JP2006240390A (ja) * 2005-03-01 2006-09-14 Mutsumi Takeda カート装置及びカート付き自転車

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5575592A (en) * 1978-12-05 1980-06-06 Matsushita Electric Ind Co Ltd Fan
JPS6272284A (en) * 1985-09-25 1987-04-02 Fuji Photo Film Co Ltd Magnetic recording and reproducing device
JPH058774A (ja) * 1991-07-01 1993-01-19 Honda Motor Co Ltd 二輪車用可搬式収納装置
JPH09290785A (ja) * 1996-04-25 1997-11-11 Oshima:Kk 自転車
JPH10100964A (ja) * 1996-10-01 1998-04-21 Macro Tec:Kk 自転車にベビーカー、ショッピングカーを乗せる装置
JP2006240390A (ja) * 2005-03-01 2006-09-14 Mutsumi Takeda カート装置及びカート付き自転車

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101898596A (zh) * 2009-05-28 2010-12-01 本田技研工业株式会社 载运架
JP2013177084A (ja) * 2012-02-29 2013-09-09 Bridgestone Cycle Co 低床自転車
CN103192910A (zh) * 2013-04-24 2013-07-10 力帆实业(集团)股份有限公司 摩托车车头覆盖件安装结构

Also Published As

Publication number Publication date
JP4945795B2 (ja) 2012-06-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20080224441A1 (en) Foldable bicycle
US20050258007A1 (en) Three-wheeled braking wheelbarrow
JP2008260505A (ja) ショピングカートと、大型バスケットを装着出来る自転車
DK2590849T3 (en) Shopping cart
JP2009511331A (ja) 荷物運搬台車
EP1970296A1 (en) Foldable bicycle
US8851486B2 (en) Utility cart frame assembly and undercarriage interface
JP2014058174A (ja) リヤカー
ES2297164T3 (es) Carro de equipajes que se puede usar en escaleras mecanicas.
JP5827378B1 (ja) ウォーキングキャリー
JP6067165B1 (ja) 運搬用車両
KR200443371Y1 (ko) 운반용 수레
CZ116294A3 (en) Bicycle
AT514203A4 (de) Vorrichtung für Traggestelle
KR20070077501A (ko) 무게 중심축을 계량한 손수레
JP2011051390A (ja) 手押し型運搬車
JP2019083737A (ja) 養蜂巣箱用手押し運搬車
KR20070000847U (ko) 무게 중심축을 계량한 손수레
JP2020147127A (ja) ショッピングカート
JP6796341B1 (ja) ショッピングカート
JP3234260U (ja) ショッピングカート
JP3219355U (ja) 踏み台機能付き手押し運搬車
WO2009019525A1 (en) Manually-driven vehicle, in particular a trolley or wheelbarrow, of the type provided with body with improved emptying system
JP6792398B2 (ja) 手押しカート
JP3204140U (ja) 低重心型自転車

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091023

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100331

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111206

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120110

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120215

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4945795

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150316

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees