JP2008242063A - Music reproduction controller - Google Patents

Music reproduction controller Download PDF

Info

Publication number
JP2008242063A
JP2008242063A JP2007082372A JP2007082372A JP2008242063A JP 2008242063 A JP2008242063 A JP 2008242063A JP 2007082372 A JP2007082372 A JP 2007082372A JP 2007082372 A JP2007082372 A JP 2007082372A JP 2008242063 A JP2008242063 A JP 2008242063A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
music
value
tempo
data
exercise
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007082372A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4697165B2 (en
Inventor
Michihiko Sasaki
道彦 佐々木
Original Assignee
Yamaha Corp
ヤマハ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yamaha Corp, ヤマハ株式会社 filed Critical Yamaha Corp
Priority to JP2007082372A priority Critical patent/JP4697165B2/en
Publication of JP2008242063A publication Critical patent/JP2008242063A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4697165B2 publication Critical patent/JP4697165B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a music reproduction controller which selects and reproduces music data of a key not only matching an indicated music tempo, but also suitable to an exercise stage of a user and variation in exercise pace. <P>SOLUTION: A plurality of music data together with values of music tempos and key evaluation parameters thereof are stored in a data storage part 2. A music tempo and key indication part 6 indicate a value of a music tempo and a value of a key evaluation parameter corresponding to the current exercise state. When the values of the music tempo and key evaluation parameter are indicated, a reproduction control 7 selects music data which has nearly the same music tempo as the indicated music tempo and a key evaluation parameter having nearly the same value as the indicated key evaluation parameter out of the plurality of music data stored in the data storage part 2, and makes a music data reproduction part 8 reproduce the data. <P>COPYRIGHT: (C)2009,JPO&amp;INPIT

Description

本発明は、運動をしながら音楽を聴くのに適した音楽再生制御装置に関するものである。 The present invention relates to music playback system adapted to listen to music while exercising.
特に、使用者がウォーキングやジョギング、ダンス等の有酸素反復運動をしながら、曲を再生する携帯音楽プレーヤ用の音楽再生制御装置に適したものである。 In particular, those the user while walking or jogging, aerobic repetitive exercise such as dance, suitable for music reproduction control apparatus for a portable music player for playing songs.

使用者が歩行しながら音楽を聴く場合、歩行ピッチ(反復運動テンポ)を検出し、その反復運動テンポに合わせて音楽テンポを変更することにより、使用者の動きと音楽の一体感が得られる音楽再生装置が知られている(特許文献1参照)。 If the user listen to music while walking, to detect the walking pitch (repetitive exercise tempo), by changing the music tempo in accordance with the the repetitive exercise tempo, a sense of unity music and movement of the user is obtained music reproducing device is known (see Patent Document 1).
しかし、あらかじめ決められた音楽を、その音楽テンポを変更して再生している。 However, the music that has been determined in advance, are playing by changing the music tempo. そのため、音楽をオリジナルテンポから外れた音楽テンポで再生した場合、使用者は演奏時の意図とはかけ離れた不自然な音楽を聴くことになる。 Therefore, if you play in the music tempo out of the music from the original tempo, the user will be able to listen to unnatural music that was far from the intention at the time of performance. しかも、単に音楽テンポを変更しただけでは気分が変わらないので、音楽に飽きて運動を継続する意欲をなくしてしまう。 Moreover, merely by changing the music tempo because the mood does not change, thus eliminating the willingness to continue the movement tired of music.

一方、運動テンポ(反復運動テンポ)を検出するセンサを用いて、CDやMDに記憶された音楽データ又はMIDI形式の音楽データのテンポ(音楽テンポ)を変更するものも知られている(特許文献2参照)。 On the other hand, by using a sensor for detecting the movement tempo (repetitive exercise tempo), also known (Patent Documents which change the tempo of the music data stored music data or MIDI format to a CD or MD (music tempo) see 2).
また、心拍数を測定し、使用者の情報から導かれた理想の心拍数との差が一定以上開いたときにMIDI音楽の再生速度(音楽テンポ)を変化させ、使用者の心拍数を理想値に誘導する音楽再生装置も知られている(特許文献3参照)。 Further, to measure the heart rate, changing the playback speed of MIDI music (music tempo) when the difference between the heart rate of the ideal derived from the information of the user opens certain level, the ideal heart rate of the user music reproducing device which induces the value is also known (see Patent Document 3).
しかし、これらの技術も、あらかじめ決められた音楽データをその音楽テンポを変更して再生するものであるから、演奏時の意図とはかけ離れた不自然な音楽が再生されることになる。 However, these techniques also since it is intended to reproduce the music data determined in advance by changing the music tempo, unnatural music far is reproduced and the intended during play.

また、脈拍を検出し、検出された脈拍から運動負荷率を計算し、運動負荷率70%以下〜100%超えに応じて、それぞれ、テンポ係数P=1.0〜0.7を指示し、各テンポ係数Pに対応して記憶され、テンポ係数Pの順にダウンテンポとなるオリジナルテンポを有した自動演奏データ(演奏データ形式)を選択し、この自動演奏データに基づき楽音合成することにより再生する自動演奏装置が知られている(特許文献4の第2実施例参照)。 Also detects the pulse, the exercise load factor calculated from the detected pulse, in response to exceeding exercise of 70% or less to 100%, respectively, indicate the tempo coefficient P = from 1.0 to .7, each tempo coefficient P stored corresponding to, select the automatic performance data having the original tempo becomes down tempo in the order of the tempo coefficient P (performance data format), the automatic performance apparatus for reproducing by tone synthesis based on the automatic performance data known (see the second embodiment of Patent Document 4).
従って、運動負荷率に応じたオリジナルテンポを有する自動演奏データが再生される。 Thus, the automatic performance data having the original tempo corresponding to the exercise load factor is regenerated.

また、使用者が一定距離を歩行する毎に、運動開始からの経過時間TC、運動強度m、心拍数S、反復運動テンポTを配信サイトに送出し、配信サイトでは、最適な運動負荷を与えるテンポ(音楽テンポ)の曲データ(演奏データ形式)を検索して配信し、この曲データを端末装置の音源で再生させるという配信装置が知られている(特許文献5参照)。 Further, each time the user walks a certain distance, the elapsed time from the beginning of exercise TC, dispatches exercise intensity m, heart rate S, the repetitive exercise tempo T on the distribution site, These sites gives optimal exercise load tempo delivered by searching the music data (performance data format) (music tempo), the distribution device is known that to reproduce the music data in the sound source of the terminal device (see Patent Document 5).
しかし、配信サイトでは、負荷テンポTMPに略合致するテンポの曲データをどのように保存しておくのかについてまでは検討されていない。 However, in the delivery site, it has not been studied up to how to keep the song data of the tempo that substantially matches the load tempo TMP.

また、運動している時の瞬時心拍数が目標運動範囲の下限心拍数より低い間には現在の瞬時心拍数より速いリズム(下限心拍数から目標運動範囲の平均心拍数までのビート)の音楽を提示して使用者に認知させるものが知られている(特許文献6参照)。 In addition, music of the instantaneous heart rate is between lower than the lower limit heart rate target range of motion faster than the current of the instantaneous heart rate rhythm of time in motion (beat from the lower heart rate to an average heart rate of the target range of motion) one which recognize presented to the user a is known (see Patent Document 6).
現在心拍数より速いリズムの音楽に合わせて運動を行わせることによって自然に心拍数が速くなる方向に運動を促進させる。 To promote the movement in the natural direction in which the heart rate increases by to perform the exercise in accordance with the fast rhythm of the music than the current heart rate. しかし、音楽ファイルのデータ形式は明らかでない。 However, the data format of music file is not clear.

また、上述したいずれの従来技術においても、指示された音楽テンポの音楽データを選択して再生させるに際し、音楽データの曲調を考慮して音楽データを選択することについてまでは考えられていない。 In any of the prior art described above, when to select and play music data of the designated music tempo, it is not considered to about selecting the music data in view of the tune of the music data.
しかし、使用者が受け取る音楽テンポの感覚は、音楽テンポの値が変わらなくても、曲調によって大きく変わることが知られている。 However, the feeling of the music tempo that the user receives, even if does not change the value of the music tempo, it is known that vary greatly depending on melody.
そのため、適切な音楽テンポの音楽データが選択されていても、音楽データの曲調が指示された音楽テンポに合わない場合がある。 Therefore, there is a case where the music data suitable music tempo be selected, not fit the music tempo melody of the music data is instructed. このような場合、使用者の気分を害してしまう。 In such a case, it would impair the mood of the user.

特に、運動時に音楽を聴く場合、例えば、ウォーミングアップ段階において悲しい曲や落ち着いた曲が流れると運動意欲を下げてしまう。 In particular, in the case of listening to music during exercise, for example, it would reduce the movement and willingness flows sad songs and calm music in the warm-up stage. クールダウン段階において勢いのある曲や元気な曲が流れると運動を終了させる気分でなくなってしまう。 It disappears in the mood to end the movement and flow of songs and energetic song that has momentum in the cool down phase.
また、使用者が運動ペースを上げようとしているときに、現在よりも音楽テンポを遅く感じさせる曲が選択されて再生されたり、運動ペースを下げようとしているときに、現在よりも音楽テンポを速く感じさせる曲が選択されて再生されたりすると、曲調と運動の気分とが合致しないし、また、反復運動のペースがつかみにくい。 In addition, when the user is trying to increase the exercise pace, when the song feel slow down the music tempo than the current is or is played is selected, trying to lower the exercise pace, fast music tempo than the current When the song feel is or is played is selected, it does not match and the feeling of movement and melody, also, is difficult to grasp the pace of repetitive motion.

一方、検索キーワード(曲調に対応する)を用いて、人の個々の感性に対応した音楽選曲・再生を行うカーステレオ装置(特許文献7参照)が知られている。 On the other hand, search terms used (corresponding to tune), a car stereo device (see Patent Document 7) for performing a music song selection and playback corresponding to the individual sensibility of the human is known. ここで、コンテンツ情報(音楽データ)の各々について、例えば、10種類程度の特徴ワードに対する指標値を含む「特徴ワードリスト」が、個々の使用者別に用意されている。 Here, for each of the content information (music data), for example, a "feature word list" containing the index values ​​for the 10 kinds of approximately feature word, are prepared by the individual user.
実際の選曲動作に対して、個々の使用者により所望の検索キーワードが入力される。 To the actual song selection operation, a desired search keyword is input by the individual user. 検索キーワードとしては、50〜100種類程度のものが設定されている。 As the search keyword, it is set of about 50 to 100 types.
検索キーワードと各特徴ワードとの相関値が記録された感性テーブルと上述した特徴ワードリストを基準として、複数の音楽データのうち検索キーワードに合致する1又は複数のコンテンツ情報を選択する。 As a search keyword and the reference characteristic word list correlation value is above the recording sensibility table between each feature word, selects one or more content information matching the search keyword among the plurality of music data.
しかし、音楽テンポの指示と関連づけて曲調を選択するものではなかった。 However, it did not select the melody in association with the indication of the music tempo.

また、自動車に登載する自動選曲演奏装置として、車速にふさわしい演奏データを再生する装置が知られている(特許文献8参照)。 Further, as an automatic music selection playing apparatus Tosai in an automobile, an apparatus for reproducing a suitable performance data of the vehicle speed is known (see Patent Document 8). 例えば、「40km/h用の曲集」としては、ゆったりとした曲調の音楽を、「100km/h用の曲集」としては、車速が高速になるため、運転者に慎重な運転を心がけさせるような曲調の音楽などを選定する。 For example, as a "song collection for the 40km / h" is the music of melody and spacious, as a "song collection for the 100km / h", because the vehicle speed is high speed, causing try a cautious driver to driver such as selecting the music of melody like.
しかし、曲調と速度とを対応付けるための規則が明確でなく、また、音楽テンポと曲調とを関連づけて曲調を選択するものではない。 However, rules for associating the tune and speed is not clear, nor is it intended to select a melody in association with music tempo and melody.
特開2003−85888号公報 JP 2003-85888 JP 特開2001−299980号公報 JP 2001-299980 JP 特開2003−177750号公報 JP 2003-177750 JP 特開平10−63265号公報 JP-10-63265 discloses 特開2003−108154号公報 JP 2003-108154 JP 特開2005−87731号公報 JP 2005-87731 JP 特開2003−132085号公報 JP 2003-132085 JP 特開平06−75573号公報 JP-06-75573 discloses

本発明は、上述した問題点を解決するためになされたもので、指示された音楽テンポの音楽データを選択して再生させる際に、指示された音楽テンポに合うだけでなく、使用者の運動状態、例えば、運動段階や運動ペースの変化に適した曲調評価パラメータの音楽データを選択し再生させる音楽再生制御装置を提供することを目的とするものである。 The present invention has been made to solve the above problem, when to select and play music data of the designated music tempo, not only meet the designated music tempo, the user's movements state, for example, it is an object to provide a motion step and music data of melody evaluation parameters suitable for the change of the exercise pace and select music reproduction control device for reproducing.

本発明は、請求項1に記載の発明においては、複数の音楽データがそれぞれの音楽テンポ及び曲調評価パラメータとともに音楽データ記憶装置に格納されており、該音楽データ記憶装置から前記音楽データを選択し音楽データ再生装置に再生させる音楽再生制御装置であって、前記音楽テンポの値及び使用者の現在の運動状態に応じた曲調評価パラメータの値を指示する音楽テンポ及び曲調指示手段と、該音楽テンポ及び曲調指示手段により前記音楽テンポの値及び前記曲調評価パラメータの値が指示されたとき、前記指示された音楽テンポの値と略同じ値の音楽テンポを有し、かつ、前記指示された曲調評価パラメータの値と略同じ値の曲調評価パラメータを有する音楽データを、前記音楽データ記憶装置に格納された複数の音楽データの The present invention, in the invention according to claim 1, a plurality of music data are stored in the music data storage device with each of the music tempo and melody evaluation parameters, and select the music data from the music data storage device a music playback controller for reproducing the music data reproducing apparatus, a music tempo and melody instruction means for instructing the values ​​of the melody evaluation parameters corresponding to the current motion state value and user of the music tempo, the music tempo and when the value of the value and the tune evaluation parameter of the music tempo is designated by the melody indicating means includes a music tempo substantially equal to the value of the designated music tempo and melody evaluation the indicated the music data having the tune evaluation parameters substantially equal to the value of the parameter, the music data storage device a plurality of music data stored in the から選択し、前記音楽データ再生装置に再生させる再生制御手段を有するものである。 Select from those having a reproduction control means for reproducing the music data reproducing apparatus.
上述した曲調評価パラメータは、音楽データの内容が、音楽テンポを速いと感じさせるか遅いと感じさせるかを評価した値である。 Melody evaluation parameters described above, the contents of the music data is the value of evaluating whether the feel and slow or feel and fast music tempo.
従って、使用者の運動意欲に適した音楽データが選択されるから、使用者の気分を阻害しないし、使用者の運動ペースを乱さない。 Therefore, since the music data suitable for the movement willingness of the user is selected, it does not interfere with the mood of the user, not to disturb the movement pace of the user.

請求項2に記載の発明においては、請求項1に記載の音楽再生制御装置において、前記使用者の現在の運動状態とは、前記使用者の運動段階であり、前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、前記使用者の運動開始段階において、前記音楽テンポの値として前記使用者の運動開始段階に応じた値を指示するとともに、前記曲調評価パラメータの値として前記音楽テンポを速く感じさせる数値範囲内にある値を指示するものである、 In the invention according to claim 2, in the music reproduction control apparatus of claim 1, the current motion state of the user is a motion stage of the user, the music tempo and melody instructing means in motion initiation stage of said user, said value instructs a corresponding to movement initiation stage of said user as a music tempo value, in the fast feeling giving numerical range of the music tempo as the value of the music tone evaluation parameter is an indication of the certain value,
従って、運動開始段階における使用者の気分の昂揚に適した曲調の音楽データが選択され再生される。 Accordingly, music data of melody suitable for Koyo mood of the user in the exercise start stage is selected playback.

請求項3に記載の発明においては、請求項1又は2に記載の音楽再生制御装置において、前記使用者の現在の運動状態とは、前記使用者の運動段階であり、前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、前記使用者の運動終了段階において、前記音楽テンポの値として前記使用者の運動終了段階に応じた値を指示するとともに、前記曲調評価パラメータの値として前記音楽テンポを遅く感じさせる数値範囲内にある値を指示するものである。 In the invention of claim 3, the music playback control apparatus according to claim 1 or 2, wherein the current motion state of the user, a movement phase of the user, the music tempo and tune instruction means, in the end of exercise stage of said user, said instructs a value corresponding to the end of the exercise phase of the user, the music tempo slower feeling giving numerical range as the value of the music tone evaluation parameter as a value of the music tempo is an indication of the value is within.
従って、運動終了段階における使用者の気分の沈静化に適した曲調の音楽データが選択され再生されることになる。 Accordingly, music data of melody that is suitable for calming the mood of the user in the exercise completion stage is selected will be reproduced.

請求項4に記載の発明は、請求項1から3までのいずれか1項に記載の音楽再生制御装置において、前記使用者の現在の運動状態とは、前記使用者の運動ペースであり、前記使用者の運動ペースを検出する運動ペース検出手段を有し、前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、前記音楽テンポの値として前記運動ペース検出手段により検出された前記使用者の運動ペースに応じた値を指示するとともに、前記曲調評価パラメータの値として、前記運動ペース検出手段により検出された使用者の運動ペースが上がっているときは、現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に速く感じさせる値を指示し、前記運動ペース検出手段により検出された使用者の運動ペースが下がっているときは、前記現に再 According to a fourth aspect of the invention, the music reproduction control apparatus according to any one of claims 1 to 3, with the current exercise state of the user is a motion pace of the user, the a motion pace detecting means for detecting a motion pace of the user, the music tempo and melody indicating means, a value corresponding to the motion pace of the user detected by the motion pace detection means as the value of the music tempo instructs the said as the value of the melody evaluation parameter, when said motion pace of the user detected by the motion pace detecting means is raised is currently the than the value of the melody evaluation parameter of the music data being played instructs relatively quickly feel the value of music tempo when said detected user's exercise pace by exercise pace detection means is lowered, the currently re されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に遅く感じさせる値を指示するものである。 Is than the value of the melody evaluation parameter of the music data are is an indication of the value feel relatively slow the music tempo.
使用者の運動ペースが上がっているときは、音楽テンポを相対的に速く感じさせる曲調の音楽データを選択した方が、使用者の運動意欲に合う。 When the exercise pace of the user is up, you better to select the music data of melody feel the music tempo relatively fast, fit in exercise motivation of the user. また、前記使用者の運動ペースが下がっているときは、音楽テンポを相対的に遅く感じさせる曲調の音楽データを選択した方が、使用者の運動意欲に合う。 In addition, when the exercise pace of the user is down is, you are better to select the music data of melody feel relatively slow the music tempo, fit in exercise motivation of the user.

請求項5に記載の発明においては、請求項4に記載の音楽再生制御装置において、前記運動ペース検出手段は、前記使用者が反復運動をしている時の反復運動テンポを検出するものであり、前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、前記音楽テンポの値として前記運動ペース検出手段により検出された反復運動テンポの値に対応した値を指示するとともに、前記曲調評価パラメータの値として、前記運動ペース検出手段により検出された反復運動テンポが上がっているときは、前記現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に速く感じさせる値を指示し、前記運動ペース検出手段により検出された反復運動テンポが下がっているときは、前記現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値 In the invention of claim 5, in the music reproduction control apparatus of claim 4, wherein the exercise pace detecting means is adapted to detect the repetitive exercise tempo when the user is performing repetitive exercise the music tempo and melody indicating means instructs a value corresponding to the value of the detected repeated exercise tempo by the exercise pace detection means as the value of the music tempo, as the value of the melody evaluation parameters, the exercise pace when the repetitive exercise tempo detected by the detecting means is rising instructs the currently value relatively feel faster the music tempo than the value of the melody evaluation parameter of the music data being played, the exercise pace when the repetitive exercise tempo detected by the detecting means is lowered, the value of melody evaluation parameter of the music data to which the are currently playing りも前記音楽テンポを相対的に遅く感じさせる値を指示するものである。 It is intended to indicate relatively slow feel value the remote the music tempo.
従って、請求項4に記載の発明をフリーモード(自由運動)の場合に適用することができる。 Therefore, it can be applied to the case of the free mode to the invention of claim 4 (free movement). その結果、音楽テンポを運動の反復運動テンポに追従させることができる。 As a result, it is possible to follow the music tempo repetitive exercise tempo of the exercise.

請求項6に記載の発明においては、請求項4に記載の音楽再生制御装置において、初期音楽テンポ値及び目標運動強度を設定する設定手段を有し、前記運動ペース検出手段は、前記使用者が反復運動をしている時の心拍数を検出するものであり、前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、前記音楽テンポの値として前記設定手段により設定された初期音楽テンポ値を初期値とし、前記運動ペース検出手段により検出された心拍数と前記設定手段により設定された目標運動強度に対応する目標心拍数との差が小さくなる値を指示するとともに、前記曲調評価パラメータの値として、前記運動ペース検出手段により検出された心拍数が上がっているときは、前記現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的 In the invention of claim 6, the music reproducing apparatus according to claim 4, comprising setting means for setting an initial music tempo value and the target exercise intensity, the exercise pace detecting means, the user is used to detect the heart rate when it is a repetitive exercise, the music tempo and melody indicating means, the initial music tempo value set by the setting means as the value of the music tempo as the initial value, the movement with the difference between the target heart rate indicating the smaller value corresponding to the target exercise intensity set by the detected heart rate and the setting means by pace detecting means, as the value of the melody evaluation parameters, the exercise pace detection when the heart rate is up detected by means relative to the music tempo than the value of the melody evaluation parameter of the music data to which the are currently playing 速く感じさせる値を指示し、前記ペース検出手段により検出された心拍数が下がっているときは、前記現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に遅く感じさせる値を指示するものである。 Instructs fast feel value, when the heart rate detected by the pace detection means is lowered, the relatively slow feeling the music tempo than the value of the melody evaluation parameter of the music data to which the are currently playing is an indication of the value to be.
従って、請求項4に記載の発明をアシストモード(運動支援)の場合に適用することができる。 Therefore, it can be applied when the assist mode (movement supporting) the invention described in claim 4. その結果、心拍数が目標運動強度に対応する目標心拍数に近づくように、音楽テンポが、設定された初期値から変更され、かつ、心拍数は運動強度に関係するので、音楽データを聴くだけで、目標運動強度で運動できるようになる。 As a result, as close to the target heart rate heart rate corresponding to the target exercise intensity, the music tempo is changed from the set initial value, and, since the heart rate is related to exercise intensity, only listening to music data in, it becomes possible to exercise at the target exercise intensity. その結果、使用者の運動目的に適した運動をすることができる。 As a result, it is possible to exercise suitable for the user's exercise purposes.

上述したいずれかの請求項に記載の発明における音楽テンポ及び曲調指示手段、再生制御手段、運動状態検出手段、フリーモードやアシストモードにおいて使用される場合に追加される、操作検出手段、反復運動テンポ検出手段、心拍数検出手段、の各機能は、コンピュータを用いて、音楽再生制御プログラムの各ステップが実行する機能として実現することができる。 Music tempo and melody instructing means in the invention according to any one of claims described above, the reproduction control means, the motion state detecting means, is added when used in the free mode and the assist mode, the operation detection unit, repetitive motion tempo detecting means, the heart rate detection means, each function of the can by using a computer, realizes a function of each step of the music reproduction control program executes.
上述した各請求項に記載の発明において、データ記憶装置、音楽データ再生装置は、それぞれ、本発明の音楽再生制御装置と一体化されていてもよいし、別体とし、本発明の音楽再生制御装置とは有線又は無線で接続されたものでもよい。 In the invention described in the claims described above, the data storage device, the music data reproducing apparatus, respectively, may be integrated with the music reproduction control apparatus of the present invention, a separate, music reproduction control of the present invention device and it may be one which is connected by wire or wireless.

本発明は、反復運動をしながら音楽を聴き、音楽のテンポを反復運動に合わせたり、音楽のテンポで適切な反復運動テンポを誘導したりする場合に、指示された音楽テンポを有し、かつ、使用者の現在の運動状態、例えば、運動段階や運動ペースの変化に適した曲調の音楽データを選択することにより、運動のペースを崩したり、運動意欲を阻害したりするおそれがないという効果がある。 The present invention, repetitive motion listening to music while, or combined music tempo repetitive motion, in the case of or induce the appropriate repetitive exercise tempo music tempo has a music tempo is instructed, and the current state of motion of the user, for example, by selecting the music data of melody suited to the change of movement stage and exercise pace, or break the pace of movement, there is no risk of or inhibits motion motivation effect there is.

図1は、本発明の実施の一形態を説明するための機能構成図である。 Figure 1 is a functional block diagram for explaining an embodiment of the present invention.
この実施の形態は、ユーザ(使用者)が、単に音楽再生をするだけではなく、反復運動をしながら音楽再生をする場合に適した機能を備えている。 This embodiment, the user (user) is not just a music playback, and a function suitable for the case where the music reproduction with the repetitive motion.
単に音楽再生をする場合は、ミュージック・リスニング(音楽鑑賞)モードで使用し、反復運動をしながら音楽再生をする場合は、エクササイズ(運動)モードで使用する。 If you are simply a music playback, used in music listening (listening to music) mode, when the music playback while the repetitive motion is used in exercise (exercise) mode.
このエクササイズモードは、さらに、フリー(自由運動)モードとアシスト(運動支援)モードに分かれている。 The exercise mode is further divided into a free (free movement) mode and the assist (exercise assistance) mode. しかし、いずれか1つのモードを備えた装置であってもよい。 However, it may be a device having any one of the modes.

フリーモードは、使用者が任意の歩行テンポ又は走行テンポ(以後、反復運動テンポという)で自由に歩行又は走行をしながら音楽を聴くモードである。 Free mode, any of the walking tempo or running tempo (hereinafter referred to as repetitive motion tempo) user is a mode to listen to music while the freely walking or running in. 使用者の反復運動テンポの変化に追従して、反復運動テンポに対応した値の音楽テンポの曲を再生する。 To follow the change of repetitive motion tempo of the user, to play a song of music tempo value corresponding to the repetitive motion tempo.
アシストモードは、運動計画に従って使用者の反復運動を支援するモードであって、使用者の心拍数と目標運動強度に対応する目標心拍数との差が小さくなるように、音楽テンポの値を指示するものである。 Assist mode is a mode for supporting the repetitive exercise of the user in accordance with motion planning, such that the difference between the target heart rate corresponding to the heart rate and the target exercise intensity of a user is reduced, instructs the music tempo value it is intended to. 再生される曲の音楽テンポに対応した反復運動テンポで使用者が反復運動をすれば、使用者に最適な運動ができるようになる。 If the user repetitive motion repetitive motion tempo corresponding to the music tempo of a song to be reproduced, so that it is optimal exercise to the user.

図1において、1は音楽データ取得部、2はデータ記憶部である。 In Figure 1, 1 is music data acquisition unit, 2 denotes a data storage unit. 音楽データ取得部1は、音楽データベースからインターネット及びパーソナルコンピュータを介し、使用者により選択された所望の音楽データを取得したり、手許のCD(Compact Disk)等の媒体に記録された多数の音楽データの中から、所望の音楽データを取得したりして、取得した音楽データをデータ記憶部2に格納保存する。 Music data acquisition unit 1, via the Internet and the personal computer from the music database, and retrieve desired music data selected by the user, a number of music data recorded on a medium such as a hand of CD (Compact Disk) among, and capture the desired music data, stores stores music data acquired in the data storage unit 2.

音楽データ取得部1は、音楽データを取得する際に、音楽データとともに、そのオリジナルの音楽テンポの値をデータ記憶部2に格納する。 Music data acquisition unit 1, when obtaining the music data, together with the music data and stores the value of the original music tempo data storage unit 2. 音楽データは、時間軸の圧縮伸長処理をされると音楽テンポが大幅に変化してしまう。 Music data, when the compression and expansion process of the time axis is music tempo varies considerably. オリジナルの音楽テンポとは、このような処理がされていない、元の波形データにおける音楽テンポを意味する。 The original music tempo such treatment is not meant to music tempo in the original waveform data.
取得する音楽データのファイルに、この音楽テンポの値が含まれていなければ、音楽データを自動分析することにより、そのオリジナルの音楽テンポを抽出する。 The music data acquired file must contain the value of the music tempo by automatic analysis of the music data, and extracts the original music tempo. 自動分析は、パーソナルコンピュータ等の外部装置、又は、本装置の音楽データ取得部1で行う。 Automatic analysis, an external device such as a personal computer, or performed by the music data acquisition unit 1 of the apparatus.

また、音楽データを取得する際に、音楽データとともに、この音楽データの曲調(以後、特に数値化されたものを曲調評価パラメータという場合がある)をデータ記憶部2に格納する。 Further, when obtaining the music data, together with the music data and stores the tune of the music data (hereinafter, sometimes referred melody evaluation parameters as specifically digitized) in the data storage unit 2.
曲調とは、一般に、音楽データの内容(曲)から受ける心理的な感情を表すものである。 The melody, in general, is representative of the psychological feelings receive from the contents of the music data (song). 例えば、特許文献(特開2002−278547号公報)では、「楽曲の主観的な印象」として、「激しさ、のりのよさ、爽やかさ、素朴さ、ソフトさ」が例示されている。 For example, Patent Document (JP 2002-278547), a "subjective impression of the music" and "intensity, good glue, freshness, simplicity, softness" is exemplified.
特許文献(特開2003−132085号公報)では、「検索キーワード」として、「陽気な曲」、「スカットとする曲」、「聞かせる曲」が例示されている。 Patent Document (JP 2003-132085), a "search keyword", "cheerful music", "music to squat", "music to hear" is illustrated.
特許文献(特開2005−209276号公報)では、「感性語」として、「ノリがいい」、「静かな」、「明るい」、「悲しい」、「癒される」、「せつない」が例示されている。 Patent Document (JP 2005-209276), the "sensitivity word", "glue good", "quiet", "bright", "sad", "healed are", "sad" is illustrated there.

フリーモード、アシストモードでの使用においては、反復運動との関連づけた音楽再生をすることから、音楽データの「曲調」は、音楽テンポの速い遅いを感じさせるという1つの観点に着目している。 Free mode, in the use of the assist mode, from the fact that the music playback associated with repetitive motion, "melody" of the music data, attention is paid to one of the terms of feel fast slow the music tempo. その評価値(1次元の数値)を「曲調評価パラメータ」として算出する。 Calculating the evaluation value (one-dimensional numerical) as "melody evaluation parameters." 本願の明細書では、この「曲調評価パラメータ」を「エキサイト度」と名付けている。 In the present specification, it is named "Excite degree" the "music tone evaluation parameters."
音楽テンポの値が同じものであっても、人が聴いた場合、音楽テンポに差があるように聴こえることが知られており、「リズミカルな曲」、「明るい曲」、「ノリが良い曲」は「アップテンポな曲」に属する。 Even if the value of the music tempo is the same thing, if a person is heard, it is known that sounds like there is a difference in the music tempo, "rhythmic song", "cheerful song", "glue is good songs "belongs to the" up-tempo songs. "
これに対し、「ゆったりした曲」であるとか、「リラックスできる曲」は、相対的に、「ダウンテンポな曲」に属する。 On the other hand, Toka is a "loose song", "relaxing music" is, relatively, belonging to the "down-tempo songs."

そこで、音楽テンポを最も速く感じさせるものを、例えば100とし、最も遅く感じさせるものを、例えば、1とした曲調評価パラメータとして、「エキサイト度」を定義する。 So, what I feel most fast music tempo, for example, and 100, those that feel most late, for example, as a melody evaluation parameters and 1, to define the "excitement level". この「エキサイト度」は、明るさ「明るい−暗い」という評価に近い。 This "Excite degree", the brightness "bright - dark" close to the evaluation that. この評価は、意欲を感じさせるか感じさせないかに密接に関連する。 This evaluation is closely related to or does not feel or feel the desire.
曲調評価パラメータの値が大きいほど、音楽テンポを速いと感じさせる、意欲が昂揚する、元気な曲調であり、曲調評価パラメータの値が小さいほど、音楽テンポを遅いと感じさせる、意欲が沈静化する、落ち着いた曲調である。 The higher the value of the melody evaluation parameter is greater, feel and fast music tempo, willingness to Koyo, a cheerful melody, as the value of melody evaluation parameter is less, feel and slow the music tempo, a willingness to calm down , it is a calm melody.

上述した特許文献(特開2002−278547号公報)では、音響信号の複数の物理的特徴量(スペクトル変化度、平均発音数、発音非周期性、拍周期、拍周期比率、拍強度1,拍強度2、拍強度比)を抽出し、これを楽曲の主観的な印象を数値化した印象値に変換し、楽曲データベースに登録している。 In the above-mentioned patent document (JP 2002-278547), a plurality of physical characteristics of the acoustic signal (spectrum variation degree, the average number of tones, sound nonperiodic, the beat period, the beat period ratio, a beat intensity 1, beat extract the intensity 2, beat intensity ratio), which was converted to the subjective digitized impression value impression of the song, it is registered in the music database.
そこで、音楽データを再生したときの音響信号の複数の物理的特徴量と上述した「エキサイト度」との相関係数をあらかじめ設計しておく。 Therefore, in advance designed correlation coefficient between the above-described plurality of physical feature amount "Excite degree" of the audio signal when reproducing the music data. 次に、ある音楽データについて音響信号の複数の物理的特徴量を検出し、各物理的特徴量にそれぞれの相関係数を乗算して総和を算出すれば、その音楽データの「エキサイト度」の値が計算される。 Next, there will music data to detect a plurality of physical characteristics of the audio signal, by calculating a sum by multiplying each of the correlation coefficients to each physical feature quantity, the music data "Excite degree" value is calculated.

また、特許文献(特開2005−209276号公報)では、楽曲データの特徴値として、和音変化度(3種類)、ビート、ビート最大レベル、平均振幅レベル、最大振幅レベル、及びキーが記載されている。 Further, Patent Document (JP 2005-209276), a characteristic value of the music data, the degree of chord change (three), beet, beet maximum level, an average amplitude level, have been described maximum amplitude level, and keys there.
この場合、音楽データを再生したときの複数の特徴値と上述した「エキサイト度」との相関係数をあらかじめ設計しておく。 In this case, beforehand designed correlation coefficient between the above-described plurality of feature values ​​when reproducing the music data "Excite degree". 次に、ある音楽データについて複数の特徴値を検出し、各特徴値にそれぞれの相関係数を乗算して総和を算出すれば、その音楽データの「エキサイト度」の値が計算される。 Next, to detect a plurality of feature values ​​for a music data, by calculating a sum by multiplying each of the correlation coefficients to each feature value, the value of "Excite degree" of the music data is calculated.

また、特許文献(特開2003−132085号公報)では、音楽について、「明るさ」、「暗さ」、「楽しさ」、「元気」、「ノリの良さ」等の特徴ワードに対する指標値が記載されている。 Further, Patent Document (JP 2003-132085), for music, "Brightness", "darkness", "joy", "fine", the index value for the feature words such as "goodness of glue" is Have been described.
この場合、上述した特徴ワードと上述した「エキサイト度」との相関係数をあらかじめ設計しておく。 In this case, beforehand designed correlation coefficient between "Excite degree" described above with the features described above word. また、各音楽データについて複数の特徴ワードの指標値を設定しておく。 Also, setting the index value of the plurality of feature words for each music data. その結果、各指標値にそれぞれの相関係数を乗算して総和を算出すれば、その音楽データの「エキサイト度」の値が計算される。 As a result, by calculating a sum by multiplying each of the correlation coefficients to each index value, a value of "Excite degree" of the music data is calculated.

なお、「ミュージック・リスニング」モードにおいては、反復運動との関連性がないため、曲調として、上述した「エキサイト度」に限定する必要はない。 Note that in the "music listening" mode, because there is no relevance to the repetitive motion, as melody, need not be limited to the above-described "Excite degree". 使用者が、曲調を指示してもよい。 The user may indicate the melody.
また、複数の観点から決められた複数の曲調、それぞれの曲調評価パラメータの値を、各音楽データに設定してもよい。 Further, a plurality of melody that is determined from a plurality of viewpoints, the value of each melody evaluation parameter may be set to each music data. この場合、再生すべき音楽データの「曲調」を指示する場合、複数の「曲調評価パラメータ」についてその値を計算し、それぞれの値を個別に評価したり、又は、各値の総和を最終的な曲調の総合値として評価したりすればよい。 In this case, if an instruction to "tune" the music data to be reproduced for a plurality of "music tone evaluation parameters" to calculate its value, each value or evaluated individually, or, finally the sum of the values it is sufficient or evaluation as a total value of such melody.

上述したデータ記憶部2は、また、各音楽データの再生回数や再生優先度ポイント等の選曲処理用のデータを記憶している。 Above-mentioned data storage unit 2 also stores data for music selection processing such views and reproduction priority points for each music data.
データ記憶部2に格納される音楽データは、波形データ形式であることが好ましい。 Music data stored in the data storage unit 2 is preferably a waveform data format.
しかし、MIDIシーケンスデータのような音符の音高と音長を表す演奏データで曲が記録された演奏データ形式でもよい。 However, song performance data representing a tone pitch and length of the note may be recorded performance data format, such as MIDI sequence data.
ただし、演奏データ形式であっても、音楽テンポの値を含んだファイルとする。 However, even in the performance data format, the file that contains the value of the music tempo. この音楽テンポの値は、演奏データを生成したときの電子楽器演奏時の音楽テンポの値にするなど、意図的にあらかじめ設定された値である。 The value of this music tempo, such as the value of the music tempo at the time of the electronic musical instrument of the time that generated the performance data, which is intentionally pre-set value. 演奏データの再生時には、原則として、音楽データにあらかじめ設定された音楽テンポの値で再生する。 At the time of the performance data playback, as a rule, to play at a preset value of the music tempo to the music data.
演奏データ形式の場合、音楽テンポの値を変更してもピッチは変わらない。 In the case of performance data format, if you change the value of the music tempo pitch it does not change. 従って、再生時の音楽テンポの値を、上述した設定された音楽テンポから少しの範囲であれば変更しても違和感はない。 Therefore, the value of the music tempo at the time of reproduction, there is no sense of incongruity be changed if it is a little bit of range from the music tempo that has been set as described above.
再生時の音楽テンポの値を、設定された音楽テンポの値から変更することを許容する場合、演奏データ形式の音楽データは、音楽テンポの値そのものに代えて、再生時に許容する音楽テンポ値の範囲(例えば、範囲の最大値と最小値)を含むものであってもよい。 If allowed to change the music tempo value at the time of reproduction, the music tempo value that has been set, the music data of performance data type, instead of the value itself of the music tempo, the music tempo value which permits at the time of reproduction range (e.g., maximum and minimum values ​​of the range) may include a.
なお、あらかじめ複数の、演奏データ形式音楽データをデータ記憶部2に格納しておかない方法もある。 Incidentally, there is a method of Failure to pre-stored plurality, the performance data format music data in the data storage unit 2. 音楽テンポ及び曲調指示部6により条件(音楽テンポ値及び又は曲調評価パラメータ値)が指示されたときに、指示された条件を満たす演奏データ形式の音楽データを自動生成(自動作曲)し、自動生成された音楽データをデータ記憶部2の一時記憶部に格納してもよい。 When the music tempo and tune instruction unit 6 by condition (music tempo value and or to tune evaluation parameter value) is instructed, the music data instructed satisfying performance data format is automatically generated (automatic composition), automatic generation music data may be stored in the temporary storage unit of the data storage unit 2.

9は、使用者による各種の操作を検出する操作検出部であり、その操作検出出力を、設定部3等に出力する。 9 is an operation detection unit that detects various operations by the user, the operation detection output, and outputs the setting unit 3 and the like. 実際の装置においては、メニュー表示方式で設定操作をすることにより、僅かな数のスイッチで多数の機能を設定できるようにしている。 In an actual apparatus, by the setting operation in the menu display mode, and to set the number of functions with a small number of switches.
3は設定部であって、上述した各種の操作により、後述する音楽テンポ指示部6、再生制御部7を制御するパラメータ値を設定して、設定部内のメモリ、又は、データ記憶部2に記憶する。 3 is a setting unit, stores the various operations described above, the music tempo specifying portion 6 to be described later, by setting the parameter values ​​for controlling the playback control unit 7, a memory in the setting unit, or, in the data storage unit 2 to. パラメータとしては、例えば、現在のモード、使用者の個人情報(身体情報を含む)、初期音楽テンポ、及び、目標運動強度等がある。 The parameters, for example, current mode, (including physical information) personal information of the user, the initial music tempo, and there is a target exercise strength.

4は反復運動テンポ検出部であり、使用者が歩行又は走行している時の反復運動テンポを検出する。 4 is a repetitive motion tempo detection section, detects a repetitive exercise tempo when the user is walking or running. フリーモードにおいて使用される。 It is used in the free mode. 例えば、右足、左足を区別しない1歩(1ステップ)が、単位時間(例:1分)あたりに何回あったかを検出する。 For example, right leg, one step without distinguishing left foot (1 step) is the unit time: detecting whether there many times (eg 1 minute) per.
この反復運動テンポ検出部4は、一時的に大きく変動した反復運動テンポの値を除いたり、数ステップにわたる移動平均値をとったりする。 The repetitive motion tempo detection section 4, or except the value of the temporarily larger variation iterations exercise tempo, or taking the moving average over several steps.
5は心拍数検出部であり、使用者が歩行又は走行している反復運動時の心拍数を検出する。 5 is a heart rate detection unit, for detecting the heart rate at the time of repetitive exercise which the user is walking or running. アシストモードにおいて使用される。 It is used in the assist mode. 心拍数と脈拍数とは同一値であるから、本発明の実施の形態では用語を心拍数に統一している。 Since the heart rate and pulse rate are the same value, in the embodiment of the present invention are unified terminology heart rate.

6は音楽テンポ及び曲調指示部であって、フリーモード及びアシストモードにおいて、再生制御部7に対し少なくとも音楽テンポの値を指示する。 6 is a music tempo and tune instruction section in the free mode and the assist mode, and instructs the values ​​of at least the music tempo to the playback control unit 7. 音楽テンポの値を指示する際に、併せて、運動状態に適した曲調評価パラメータの値を指示する場合がある。 When instructing the music tempo value, addition, there is a case to indicate the value of the melody evaluation parameters suitable for the motion state.
音楽テンポ及び曲調指示部6は、この他、ミュージック・リスニングモードにおいて、曲調あるいは曲調評価パラメータの値のみを指示する場合がある。 Music tempo and tune instruction unit 6, the addition, in the music listening mode, may instruct only the value of tune or melody evaluation parameters.
音楽テンポ及び曲調指示部6は、データ記憶部2から、現に再生されている音楽データの、再生位置、音楽テンポ値、及び、曲調評価パラメータ値等のデータを取得している。 Music tempo and tune instruction unit 6, the data storage unit 2, the music data being currently reproduced, the reproduction position, the music tempo value, and has obtained the data, such as melody evaluation parameter value.

7は再生制御部であって、従来のMP3プレーヤ等の音楽データ再生装置と同様の再生制御機能を有する他、音楽テンポ及び曲調指示部6により指示された音楽テンポの値及び/又は曲調評価パラメータの値に応じた音楽データを、データ記憶部2に格納された複数の音楽データの中から選択し、音楽データ再生部8に再生させる。 7 is a reproduction control unit, in addition to having the same playback control function and the music data reproducing apparatus, such as a conventional MP3 player, the value and / or tune evaluation parameter of the music tempo indicated by the music tempo and tune instruction unit 6 music data corresponding to the value, selected from a plurality of music data stored in the data storage unit 2 to reproduce the music data reproducing unit 8.
音楽データ再生部8は、再生制御部7が選択した音楽データを、その音楽データが波形データ形式、演奏データ形式のいずれの場合でも、そのオリジナルの音楽テンポで再生し、音響信号をスピーカやヘッドフォンに出力する。 Music data reproducing unit 8, the music data reproduction control unit 7 selects, the music data is waveform data format, in any case of the performance data format reproduced in its original music tempo, the speaker sound signal and headphones and outputs it to.

音楽テンポ及び曲調指示部6は、ミュージック・リスニングモードにおいて、データ記憶部2に記憶された複数の音楽データの中から、任意の1曲を選択し、再生の開始、再生の一時停止、再生の終了をする。 Music tempo and tune instruction unit 6, the music listening mode, from among a plurality of music data stored in the data storage unit 2, select any of songs, the start of playback, pause playback, playback to the end.
その他、アルバム再生(所定の順番、例えば、データ記憶部2に保存された順番で複数曲を連続再生)、シャッフル再生(ランダムな順番で複数曲を連続再生)等の機能を有する。 Other has album reproduction (predetermined order, for example, continuous play multiple songs in the order in which they are stored in the data storage unit 2), a function such as shuffle reproduction (continuous play multiple songs in a random order).

音楽テンポ及び曲調指示部6は、フリーモードにおいて、図9を参照して後述するように、反復運動テンポ検出部4により検出された反復運動テンポの値に対応した値の音楽テンポを指示する。 Music tempo and tune instruction unit 6, in the free mode, as will be described later with reference to FIG. 9, and instructs the music tempo value corresponding to the value of the detected repeated exercise tempo by repetitive motion tempo detection section 4.
より具体的には、音楽テンポ及び曲調指示部6は、反復運動テンポ検出部4により検出された反復運動テンポの値が、現に音楽データ再生部8により再生されている音楽データの有する音楽テンポの値を基準とする所定範囲を外れたとき、上述した反復運動テンポの値に一致する値の音楽テンポを指示する。 More specifically, the music tempo and tune instruction unit 6, iterative values ​​of exercise tempo repetitive exercise tempo detected by the detecting section 4, the music tempo actually having the music data being played by the music data reproducing unit 8 when outside the predetermined range based on the value, and instructs the music tempo value that matches the value of the repetitive motion tempo as described above.

あるいは、音楽テンポ及び曲調指示部6は、反復運動テンポの値が、現に再生されている音楽データの有する音楽テンポの値から第1の所定範囲を外れる状態が続いた後、この反復運動テンポの変動が第2の所定範囲に収まる状態が続いたときの反復運動テンポの値に応じた値の音楽テンポを指示するものであってもよい。 Alternatively, music tempo, and tune instruction unit 6, the value of the repetitive exercise tempo, after the state of currently outside the first predetermined range from the value of the music tempo with the music data being played followed, in the repetitive motion tempo variation may be configured to instruct the music tempo value corresponding to the value of repetitive exercise tempo when the state fit into the second predetermined range continues.
再生制御部7は、音楽テンポ及び曲調指示部6により指示された音楽テンポの値と略同じ値(指示された値そのものを含む)、より具体的には、指示された音楽テンポの値を基準とする所定範囲内の音楽テンポを有する音楽データを、データ記憶部2に格納された複数の音楽データの中から選択し、選択した音楽データを音楽データ再生部8に再生させる。 Playback control unit 7 (including the indicated value itself) substantially the same value as the music tempo value instructed by the music tempo and tune instruction unit 6, and more specifically, based on the value of the indicated music tempo music data having a music tempo in the predetermined range, and selected from among a plurality of music data stored in the data storage unit 2 to reproduce the selected music data to the music data reproducing unit 8.
なお、再生時に許容される音楽テンポ値の範囲が設定された演奏データ形式の音楽データを再生する場合、指示された音楽テンポの値を含む音楽テンポ値の範囲が設定されている演奏データ形式の音楽データを選択すればよい。 Incidentally, the performance data format range is set music tempo value allowed at the time of reproduction when reproducing music data, the performance data format range of music tempo value containing the value of the indicated music tempo is set music data may be selected.

ここで、音楽テンポの値を反復運動テンポの値に等しくしても構わないが、音楽テンポを頻繁に変更することになり、音楽が聴きづらくなる。 Here, although it is also possible to equalize the value of the music tempo value of repetitive exercise tempo, it will be frequently changed music tempo, it becomes difficult to hear music.
そのため、新たに選択された音楽データの再生開始後、所定時間(例えば、30秒)を経過するまでは、音楽テンポ及び曲調指示部6が、音楽テンポ値を変更指示しないようにしてもよい。 Therefore, after the start of reproduction of a newly selected music data, until passage of a predetermined time (e.g., 30 seconds), music tempo, and tune instruction unit 6 may be configured not to change instruction music tempo value. この場合、運動開始時に、最初に再生される音楽データについても同様に、上述した所定時間を経過するまでは、音楽テンポ値を変更指示しないようにする。 In this case, at the start of exercise, Similarly, the music data to be played back first, until passage of a predetermined described above time, so as not to change instruction music tempo value.
データ記憶部2には、指示された音楽テンポの値に等しい値の音楽テンポを有する音楽データ(波形データ形式音楽データ)が、1曲も格納されていない場合がある。 The data storage unit 2, there is a case where the music data with music tempo value equal to the value of the indicated music tempo (waveform data format music data) is not stored even one song. そのため、所定範囲内にあるものを選択する。 Therefore, to select those that are within a predetermined range.
従って、指示された音楽テンポの値に等しい値の音楽テンポを有する十分な数の音楽データ(波形データ形式音楽データ)が格納されている場合は、指示された音楽テンポの値に等しい値の音楽テンポを有する音楽データのみを選択するようにしてもよい。 Therefore, when a sufficient number of music data having a music tempo of a value equal to the value of the indicated music tempo (waveform data format music data) is stored, music with a value equal to the value of the indicated music tempo it is also possible to select only the music data having a tempo.

音楽テンポ及び曲調指示部6により指示される音楽テンポの値が変更されないとき、再生制御部7は、先に選択した音楽データを、この音楽データの再生終了位置(図4参照)になるまで、音楽データ再生部8に再生させ、この音楽データの再生終了位置になったとき、新たに選択した次の音楽データの再生を開始させる。 When the music tempo value instructed by the music tempo and tune instruction unit 6 is not changed, the playback control unit 7, the selected music data previously until the playback end position of the music data (see FIG. 4), to reproduce the music data reproducing unit 8, when it has finished playing position of the music data, to start playback of the newly selected next music data.
そのため、再生制御部7は、音楽テンポ及び曲調指示部6に指示されている音楽テンポの値と略同じ値の音楽テンポを有する次の音楽データを、データ記憶部2に保存された複数の音楽データの中から選択する。 Therefore, the playback control unit 7, the next music data having a music tempo of substantially the same value as the music tempo value indicated on the music tempo and tune instruction unit 6, a plurality of which are stored in the data storage unit 2 Music to select from among the data.

一方、アシストモードにおいて、図10〜図12を参照して後述するように、音楽テンポ及び曲調指示部6は、設定部3により設定された初期音楽テンポの値を初期値とし、心拍数検出部5により検出された実績心拍数[bpm](実績運動強度)と設定部3により設定された目標運動強度に対応する目標心拍数[bpm]との差が小さくなるように、音楽テンポの値を指示する。 On the other hand, in the assist mode, as will be described later with reference to FIGS. 10 to 12, music tempo, and tune instruction unit 6, the value of the initial music tempo set by the setting unit 3 as the initial value, the heart rate detection unit 5 actual heart rate detected by the [bpm] as the difference between the (actual exercise intensity) and the target heart rate corresponding to the target exercise intensity set by the setting unit 3 [bpm] decreases, the value of the music tempo It instructs. その際、音楽データ再生部8において現に再生されている音楽データの有する音楽テンポの値を基準にして、例えば、基準から何パーセント上げるか下げるかした値を指示する。 At that time, based on the value of the music tempo with the music data being currently reproduced in the music data reproducing unit 8, for example, it indicates whether the value or lowering increased percentage from a reference.
使用者が音楽テンポに合うように自身の反復運動テンポを変えれば、実績心拍数が目標運動強度に対応する目標心拍数に近づくように誘導されるから、使用者は目標運動強度で反復運動ができるようになる。 In other user their repetitive exercise tempo to fit the music tempo, since actual heart rate is derived so as to approach the target heart rate corresponding to the target exercise intensity, repetitive motion the user at the target exercise intensity become able to.

より具体的には、音楽テンポ及び曲調指示部6は、実績心拍数が、目標心拍数から第1の所定範囲を超えたとき(警告範囲になったとき)は、指示する音楽テンポの値を、実績心拍数と目標運動強度に対応する目標心拍数との差が小さくなるように、現に再生されている音楽データの有する音楽テンポの値を基準にして直ちに変更する。 More specifically, the music tempo and tune instruction unit 6, the actual heart rate, (when in a warning range) when the target heart rate exceeds a first predetermined range, the music tempo value to instruct as the difference between the target heart rate corresponding to the actual heart rate and the target exercise intensity is reduced immediately to change based on the value of the music tempo with the music data being currently reproduced. 再生制御部7は、指定された音楽テンポに応じた値の音楽テンポを有する音楽データを新たに選択し、音楽データ再生部8に再生させる。 Playback control unit 7, newly selected music data having a music tempo value corresponding to the specified music tempo to reproduce the music data reproducing unit 8.
一方、現に再生されている音楽データの再生区間が終了するときに、実績心拍数が、目標運動強度に対応する目標心拍数から、上述した第1の所定範囲内である第2の所定範囲(適正範囲)を超えているときは、指示する音楽テンポの値を、実績心拍数と目標運動強度に対応する目標心拍数との差が小さくなるように、再生されている音楽データの有する音楽テンポの値を基準にして変更し、かつ、再生制御部7に対し、現に再生されている音楽データの再生区間が終了した後に、変更した音楽テンポの値に応じた音楽テンポを有する音楽データを再生するように指示する。 On the other hand, currently when the reproduction section of the music data being played is ended, the actual heart rate, from the target heart rate corresponding to the target exercise intensity, the second predetermined range is within a first predetermined range as described above ( when exceeding the appropriate range), the music tempo value which instructs, so that the difference between the target heart rate corresponding to the actual heart rate and the target exercise intensity is reduced, music tempo with the music data being played the value changed on the basis of, and reproduction with respect to the playback control unit 7, after the reproduction section of the music data being currently reproduced has been completed, the music data having a music tempo corresponding to the value of the music tempo changes instructed to. 再生制御部7は、変更された音楽テンポの値に応じた値の音楽テンポを有する音楽データを新たに選択し、音楽データ再生部8に再生させる。 Playback control unit 7, newly selected music data having a music tempo value corresponding to the value of the changed music tempo is reproduced in the music data reproducing unit 8.
なお、現に再生されている音楽データの再生区間が終了するまでに、実績心拍数が、目標運動強度に対応する目標心拍数から、上述した第2の所定範囲(適正範囲)を超えていないとき、音楽テンポ及び曲調指示部6は、これまで指示していた音楽テンポ値をそのまま指示する。 Incidentally, actually until reproduction section of the music data being played is ended, the actual heart rate, from the target heart rate corresponding to the target exercise intensity, when it does not exceed a second predetermined range above (proper range) , music tempo and tune instruction unit 6, as it is to instruct the music tempo value which has been instructed to this. 再生制御部7は、音楽テンポ及び曲調指示部6に指示されている音楽テンポの値と略同じ値の音楽テンポを有する次の音楽データを、データ記憶部2に保存された複数の音楽データの中から選択する。 Playback control unit 7, the next music data having substantially the music tempo of the same value as the music tempo value indicated on the music tempo and tune instruction unit 6, a plurality of which are stored in the data storage unit 2 of the music data to choose from in.

ここで、別の具体例を説明する。 Here will be described another embodiment. 音楽テンポ及び曲調指示部6は、実績心拍数が、第1の所定範囲を超えたとき(警告範囲になったとき)は、上述した具体例と同様に、現に再生されている音楽データの有する音楽テンポの値を基準にして直ちに変更する。 Music tempo and tune instruction unit 6, the actual heart rate, when it exceeds a first predetermined range (when in a warning range), similar to the embodiment described above, with the music data being currently reproduced immediately to change based on the value of the music tempo. また、音楽テンポ及び曲調指示部6は、実績心拍数が、上述した第1の所定範囲内であって第2の所定範囲(適正範囲)を超えているときも、現に再生されている音楽データの有する音楽テンポの値を基準にして直ちに変更するようにしてもよい。 Also, music tempo, and tune instruction unit 6, the actual heart rate, even when exceeding the second predetermined range a within the first predetermined range as described above (the appropriate range), the music data being currently reproduced music tempo value having a may be changed immediately with respect to the. この場合、音楽テンポの変更量(例えば、変更率[%])、警告範囲の場合よりも小さな値にする。 In this case, the amount of change in music tempo (for example, change rate [%]), to a value smaller than that of warning range.
この具体例において、先に、再生制御部7の説明において触れたように、運動開始時に最初の音楽データの再生開始後、及び、新たに選択された音楽データの再生開始後、所定時間(例えば、30秒)を経過するまでは、実績心拍数が第1,第2の所定範囲を超えても、音楽テンポ及び曲調指示部6が、音楽テンポ値を変更指示しないようにすれば、再生音楽データの変更が頻繁に生じないようにすることができる。 In this embodiment, as previously mentioned in the description of the playback control unit 7, after start of reproduction of the first music data at the start of exercise, and newly after start of reproduction of the selected music data, a predetermined time (e.g. , until passage of 30 seconds), the first proven heart rate, even beyond the second predetermined range, music tempo, and tune instruction unit 6 is, if not to change instruction music tempo value, the reproduction music change of data can be so as not to occur frequently.

上述した初期音楽テンポの値は、反復運動の運動開始時に設定する。 The value of the initial music tempo described above, set at the start of exercise of the repetitive exercise.
上述した目標心拍数(目標運動強度)は、反復運動の主運動期間において所定の一定値を設定する。 Target heart rate as described above (target exercise intensity) sets a predetermined constant value in the main exercise period of repetitive motion. 反復運動の運動開始段階においては、所定の初期値から経過時間に比例して増加し、反復運動の主運動期間になったときに上述した所定の一定値になるようにする。 In motion starting phase of the repetitive exercise, and increases in proportion to the elapsed time from a predetermined initial value, to be a predetermined constant value as described above when it becomes the main exercise period of repetitive motion. 反復運動の運動終了段階においては、上述した所定の一定値から、経過時間に比例して減少し、運動終了時の所定の最終値になるように設定する。 In the end of exercise stage of repetitive motion, a predetermined fixed value as described above, it decreases in proportion to the elapsed time is set to a predetermined final value at the end of exercise.
上述した説明では、音楽テンポ及び曲調指示部6において、実績心拍数と目標運動強度に対応する目標心拍数とを比較していたが、心拍数[bpm]と運動強度[%](予測最大心拍予備能に対するパーセント)とは換算可能であるから、実績運動強度と目標運動強度とを比較してもよい。 In the above description, the music in a tempo and tune instruction unit 6, had been compared with the target heart rate corresponding to the actual heart rate and the target exercise intensity, heart rate [bpm] and exercise intensity [%] (estimated maximum heart rate since a percent) for reserve can be converted, it may be compared with actual exercise intensity and the target exercise intensity.
本明細書において、目標心拍数、心拍数(実績心拍数)というとき、これらは、目標運動強度、運動強度(実績運動強度)に換算して比較する場合を含む。 As used herein, the term target heart rate, heart rate (actual heart rate), these include a case where the target exercise intensity, in terms of exercise intensity (actual exercise intensity) is compared.
なお、再生制御部7は、現に再生されている音楽データから新たに選択した音楽データの再生に切り替える前に、つなぎ用の音楽データを再生させてもよい。 The reproduction control unit 7, currently before switching from the regenerated by being music data to the reproduction of the newly selected music data, may be reproduced music data for connecting.

図2は、図1に示した構成により実現される機能を示す説明図である。 Figure 2 is an explanatory view showing a function realized by the configuration shown in FIG.
実施の一形態では、ミュージック・リスニングモード、フリーモード、アシストモードという3つのモードがある。 In one embodiment, music-listening mode, free mode, there are three modes that assist mode. モードによっては適用できない機能がある。 There can not be applied functions depending on the mode. 適用可能な場合であっても、適用しない設定にすることもできるため、適用可能な場合に○/×の表記をした。 Even if applicable, since it is also possible to not apply settings and the notation ○ / × where applicable. △/×の表記は、一部の機能が適用可能であることを示している。 △ / notation × indicates that some features are applicable.
各機能を、図1のブロック構成図も参照して、以下、説明する。 Each function, see also the block diagram of FIG. 1 will now be described.

第1の機能は、再生する音楽データとして、波形データ形式のもの、演奏データ形式のもの、いずれかを優先して再生させる機能である。 The first function is as a music data to be reproduced, that of waveform data type, those of the performance data format is a function to playback priority one. 全てのモードに適用可能である。 It is applicable to all modes. 操作子を用いて優先選択確率の値を、例えば、あらかじめ用意された複数のプリセット値から1つを選択することにより設定することができる。 The value of the priority selection probability with operator, for example, can be set by selecting one from a plurality of preset values ​​prepared in advance.

第2の機能は、現に再生されている音楽データが有する音楽テンポ及び/又は曲調と略同じ音楽テンポ及び/又は曲調を指定して、次に再生する曲を選択する機能である。 The second function is currently specify substantially the same music tempo and / or tune the music tempo and / or tune the music data being reproduced has a next function for selecting a song to be played. 音楽テンポについては、例えば、現に再生中の音楽テンポ値[bpm]の±3%の範囲内の値を有する音楽データを選択する。 The music tempo, for example, selects the music data currently has a value in the range of ± 3% of the music tempo value [bpm] during playback.
音楽データを再生中に、使用者が、気分や運動意欲と合って心地よい曲であると感じたときにホールド操作子を操作することによって実行される。 Music data while playing, the user is performed by operating the hold the operator to when you feel to be a pleasant song match the mood and exercise motivation.
全てのモードにおいて適用可能であるが、ミュージック・リスニングモードに適用するのが一般的である。 Can be applied in all modes, to apply to the music listening mode is common.
ただし、アシストモードでは、使用者に適した運動計画に従って音楽テンポを指示するモードであるため、このホールド操作により、音楽テンポの値を、現に再生している曲の音楽テンポと同じ値に固定しまう場合は、本来の機能を損なうことになる。 However, in the assist mode, since a mode instructing music tempo according to motion planning suitable for the user, this hold operation, put away fix the music tempo value, actually the same value as the music tempo of the song being played case, the prejudice to the original function. 従って、曲調のみにホールド機能を適用するか、適用を全面的に禁止した方がよい場合もある。 Therefore, only to apply the hold function melody, totally it may be better to prohibit application. しかし、アシストモードの一時停止の機能として利用することもできる。 However, it is also possible to use as a function of temporary stop of the assist mode.

第3の機能は、使用者の好みの曲を学習し、好みの大きな曲を優先して選択し再生する機能である。 The third function is to learn the music preferences of the user, a function of reproducing preferentially select a large favorite songs. この機能は、使用者が、現に再生中の曲に対し、好む/好まないを指示することにより、以後の選曲時に使用者の好みが大きい曲ほど高い再生確率で再生されるようにする。 This feature is user, currently to the currently playing song, prefer / not by instructing preferred, to be played with high reproduction probability as music preference greater user during subsequent music selection.
この機能は、全てのモードに適用可能である。 This feature is applicable to all modes. しかし、指示された音楽テンポ及び又は曲調等の条件がある場合などにおいて、この機能は、これらの条件を満たす、再生候補データの中で、使用者の好みが大きい曲ほど高い再生確率で再生されるようにする。 However, in a case where there is an instruction music tempo and or melody such conditions, this feature is that these conditions are satisfied, in the reproduction candidate data, reproduced by the high reproduction probability as music preference greater user to so that.

第4の機能は、運動に適した曲調の曲を選択する機能である。 The fourth function is a function for selecting a song melody suitable for exercise.
複数の曲の音楽テンポ値が同じであっても、曲によって使用者に与える音楽テンポの心理的な効果が異なる。 Even in the music tempo value of a plurality of songs are the same, the psychological effect of music tempo to be supplied to the user by the song is different. そのため、運動をしながら音楽を聴く場合に、音楽テンポに加えて使用者の運動に適した曲調を条件として選曲する機能である。 Therefore, when listening to music while exercising, it is a function for music selection a melody suited to the exercise of the user in addition to the music tempo as a condition.
フリーモード、アシストモードに適用可能である。 Free mode, can be applied to the assist mode.

この第4の機能を実現する構成を、図1を参照し、以下に説明する。 The configuration for realizing this fourth function, with reference to FIG. 1, discussed below.
データ記憶部2には、複数の音楽データがそれぞれの音楽テンポ及び曲調評価パラメータの値とともに格納されている。 The data storage unit 2, a plurality of music data are stored along with the value of each of the music tempo and melody evaluation parameter.
音楽テンポ及び曲調指示部6は、音楽テンポの値及び使用者の現在の運動状態に応じた曲調評価パラメータの値を指示する。 Music tempo and tune instruction unit 6 instructs the value of melody evaluation parameters corresponding to the current motion state value and user of the music tempo.
フリーモードにおいては、再生される音楽データが有する音楽テンポの値が反復運動テンポに追従するように、音楽テンポの値が指示される。 In the free mode, the value of music tempo with the music data to be reproduced is to follow the repetitive exercise tempo, music tempo value is indicated. アシストモードにおいては、使用者の運動強度(実績運動強度)が目標運動強度を維持するように、再生される音楽データが有する音楽テンポの値が指示される。 In assist mode, the exercise intensity of a user (actual exercise intensity) is to maintain the target exercise intensity, the value of music tempo with the music data to be reproduced is instructed. 曲調は、音楽テンポの値が指示される際に、併せて指示される。 Melody, when the value of the music tempo is indicated, are together instructions.

再生制御部7は、音楽テンポ及び曲調指示部6により音楽テンポの値及び曲調評価パラメータの値が指示されたとき、指示された音楽テンポの値と略同じ値の音楽テンポを有し、かつ、指示された曲調評価パラメータの値と略同じ値の曲調評価パラメータを有する音楽データを、データ記憶部2に格納された複数の音楽データの中から選択し、音楽データ再生部8に再生させる。 Playback control unit 7, when the music tempo and tune instruction unit 6 values ​​and the value of tune evaluation parameter of the music tempo is instructed has a music tempo substantially equal to the indicated value of the music tempo, and the music data having substantially the tune evaluation parameters with the same value as indicated value of melody evaluation parameter, selected from a plurality of music data stored in the data storage unit 2 to reproduce the music data reproducing unit 8.
上述した曲調評価パラメータは、音楽データの内容が、音楽テンポを速いと感じさせるか遅いと感じさせるかを評価した値であって、図1の音楽テンポ及び曲調指示部6について先に説明した「エキサイト度」である。 Melody evaluation parameters described above, the contents of the music data, a value obtained by evaluating whether the feel and slow or feel and fast music tempo has been described above for the music tempo and tune instruction unit 6 in FIG. 1 " is an exciting level ".

アシストモードの主運動段階の前に設けられる、運動開始段階の運動状態においては、使用者の気分が昂揚しているから、音楽テンポを速く感じさせる曲調が適している。 Is provided in front of the main movement stage of the assist mode, in the state of motion of the exercise start stage, because the mood of the user is Koyo, it is suitable melody feel faster the music tempo.
従って、上述した音楽テンポ及び曲調指示部6は、音楽テンポの値として使用者の運動開始段階に応じた値を指示するとともに、曲調評価パラメータの値として音楽テンポを速く感じさせる数値範囲内にある値を指示する。 Therefore, music tempo, and tune instruction unit 6 described above, there instructs a value corresponding to the movement initiation stage of a user as a music tempo value, within the numerical range feel fast music tempo as the value of the melody evaluation parameter to indicate the value.
また、アシストモードの主運動段階の後に設けられる運動終了段階の運動状態においては、使用者は気分を沈静化させようとするから、音楽テンポを遅く感じさせる曲調が適している。 In addition, in the state of motion of the end of the exercise stage, which is provided after the main exercise stage of the assist mode, the user is from an attempt to calm the mood, is suitable melody feel slow down the music tempo.
従って、上述した音楽テンポ及び曲調指示部6は、音楽テンポの値として使用者の運動終了段階に応じた値を指示するとともに、曲調評価パラメータの値として音楽テンポを遅く感じさせる数値範囲内にある値を指示する。 Therefore, music tempo, and tune instruction unit 6 described above, there instructs a value corresponding to the end of the exercise phase of the user as a music tempo value, within the numerical range feel slow music tempo as the value of the melody evaluation parameter to indicate the value.
なお、フリーモードにおいても、上述した運動開始段階、運動終了段階を、それぞれ、フリーモードでの運動期間(主運動段階となる)の前後に設ける場合に適用可能である。 Even in the free mode, the above-mentioned movement start stage, the end of the exercise phase, respectively, applicable to the case of providing the front and rear of the exercise period in the free mode (the primary motion step).

一方、使用者の運動ペースが上がっている運動状態にあるときは、現に再生されている音楽データよりも音楽テンポを相対的に速く感じさせる曲調の音楽データを選択した方が、使用者の運動の気分に合う。 On the other hand, it is when it is in motion state that raised the kinetic pace of the user, you select the currently music data of melody that relatively feel faster the music tempo than the music data being played, the user's movement fit the mood. また、使用者の運動ペースが下がっている運動状態にあるときは、現に再生されている音楽データよりも音楽テンポを相対的に遅く感じさせる曲調の音楽データを選択した方が使用者の運動の気分に合う。 In addition, the user when it is in motion state that exercise pace is down is actually better to select the music data of melody that relatively feel slow down the music tempo than the music data being played back of the user's movement mood to fit.

従って、音楽テンポ及び曲調指示部6は、音楽テンポの値として運動ペース検出部(反復運動テンポ検出部4、心拍数検出部5)により検出された使用者の運動ペースに応じた値を指示するとともに、曲調評価パラメータの値として、運動ペース検出部により検出された使用者の運動ペースが上がっているときは、音楽データ再生部8において現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも音楽テンポを相対的に速く感じさせる値を指示し、運動ペース検出部により検出された使用者の運動ペースが下がっているときは、現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも音楽テンポを相対的に遅く感じさせる値を指示する。 Therefore, music tempo, and tune instruction unit 6 instructs the value corresponding to the motion pace of the detected user by exercise pace detection unit (repetitive motion tempo detection section 4, the heart rate detection unit 5) as the value of the music tempo with, as the value of the melody evaluation parameters, when the motion pace of the detected user is going up by the motion pace detector, than the value of the melody evaluation parameter of the music data being currently reproduced in the music data reproducing unit 8 It instructs relatively quickly feel the value of the music tempo, when the exercise pace of the detected user has dropped by the motion pace detection unit, music than the value of the melody evaluation parameters of the music data that is currently playing to indicate the value feel the tempo relatively late.

フリーモードにおいては、反復運動テンポ検出部4を有する。 In the free mode has repetitive motion tempo detection section 4. 音楽テンポ及び曲調指示部6は、音楽テンポの値として、反復運動テンポ検出部4により検出された使用者の反復運動テンポに対応した値を指示する。 Music tempo and tune instruction unit 6, as the value of the music tempo, and instructs a value corresponding to the repetitive motion tempo of the detected user by repetitive motion tempo detection section 4.
一方、アシストモードにおいては、心拍数検出部5と、初期音楽テンポ値及び目標運動強度を設定する設定部3を有する。 On the other hand, in the assist mode includes a heart rate detector 5, a setting unit 3 for setting the initial music tempo value and the target exercise intensity. 音楽テンポ及び曲調指示部6は、音楽テンポの値として、設定部3により設定された音楽テンポを初期値とし、心拍数検出部5により検出された心拍数と設定部3により設定された目標運動強度に対応する目標心拍数との差が小さくなる値を指示する。 Music tempo and tune instruction unit 6, as the value of the music tempo, the music tempo set by the setting unit 3 as the initial value, the desired motion set by the setting unit 3 and the heart rate detected by the heart rate detection unit 5 the difference between the target heart rate corresponding to the intensity instructs the smaller value.

第5の機能は、音楽信号(報知信号)を再生(出力)させることにより運動を支援する際に、音楽テンポ(反復報知テンポ)の値を使用者に適した値にする機能である。 The fifth feature, when supporting the motion by playing music signal (broadcast signal) (output), a music tempo to a value suitable for the user the value of (repetition notification tempo).
アシストモードに適用可能である他、運動開始時における音楽テンポ(反復報知テンポ)の値や、反復運動における最速音楽テンポ(最速反復報知テンポ)の値の修正については、フリーモードにおいても適用可能である。 Besides being applicable to the assist mode, the value or the music tempo during exercise started (repetition notification tempo), for the correction of the value of the fastest music tempo (fastest repetition notification tempo) in repetitive motion, it can also be applied in the free mode is there.
ここで、最速音楽テンポ(最速反復報知テンポ)について説明しておく。 Here, a description about the fastest music tempo (the fastest repetition notification tempo).
ある運動の形態(ウォーキング、ジョギング等)において適する反復運動テンポには最速値があることが知られている。 Form of a motion (walking, jogging, etc.) are known to be the fastest value for repetitive motion tempo suitable in. 例えば、ウォーキング運動中に、反復運動テンポを早くして行くと、ウォーキングの運動形態を維持することが無理になり、ジョギングの運動形態で運動した方が望ましくなる。 For example, during walking motion, when going to fast repetitive exercise tempo, will force to maintain the motion form of walking, it is desirable that movement motion form jogging.
音楽テンポは、同じ値の反復運動テンポで運動するように使用者を誘導するから、音楽テンポ(反復報知テンポ)についても、最速値、すなわち、最速音楽テンポ(最速反復報知テンポ)を設定する。 Music tempo, since induce the user to exercise in repetitive motion tempo of the same value, for the music tempo (repetition notification tempo), fastest value, i.e., to set the fastest music tempo (fastest repetition notification tempo). しかし、使用者に適した値にする必要がある。 However, it is necessary to a value suitable for the user.

図1においては、音楽データを再生することにより運動を支援していたが、必ずしも音楽データを再生する必要はない。 In Figure 1, but supports the movement by playing music data, it is not always necessary to reproduce the music data. 単純な電子音、ビート音、又は、リズム音を発音させたり、発光素子を点滅させたりすることによって、反復報知テンポを有する報知信号を出力する。 Simple electronic sound, beat sound, or, or to pronounce rhythm sounds by or blink the light-emitting element, and outputs a notification signal having a repetition notification tempo.
この場合、図1における、「複数の音楽データがそれぞれの音楽テンポとともに格納されたデータ記憶部2及び音楽データ再生部8」が報知部、再生制御部7が報知制御部、音楽テンポ及び曲調指示部6が反復報知テンポ指示部という機能ブロックになる。 In this case, in FIG. 1, "data storage unit stored with the plurality of music data respectively music tempo 2 and the music data reproducing portion 8" notification unit, the playback control unit 7 notification control unit, music tempo, and tune instruction part 6 is the functional block called repetition notification tempo specifying portion.

図3は、図1に示したデータ記憶部2のデータ構造を示す説明図である。 Figure 3 is an explanatory diagram showing the data structure of the data storage unit 2 shown in FIG.
図3(a)に示すように、データ記憶部2には、複数の音楽データファイルが格納されている。 As shown in FIG. 3 (a), the data storage unit 2, a plurality of music data files are stored. 音楽データファイルには、波形データ形式と演奏データ形式とがあり、例えば、楽曲毎にファイル化されている。 The music data file, there is a performance data format as the waveform data format, for example, has been filed for each song. 図示の例では、データ形式毎に領域が分かれているが、混在していてもよい。 In the example shown, the area for each data format is divided, may be mixed.
波形データ形式には、WAV形式(非圧縮の波形データ形式)、MP3(MPEG-1 Audio Layer-III)等の種々の圧縮方式で圧縮された波形データ形式がある。 The waveform data format (waveform data format uncompressed) WAV format, there is compressed waveform data format various compression schemes such as MP3 (MPEG-1 Audio Layer-III).
演奏データ形式には、MIDIメッセージとイベントタイミングデータとがペアになって記述されたSMF(Standard MIDI File)等のMIDIシーケンスのフォーマットがある。 The performance data format, and MIDI messages and event timing data is format MIDI sequence such as SMF described paired (Standard MIDI File).
これらの音楽データファイルは、音楽管理データリストによって管理される。 These music data file is managed by the music management data list. 音楽管理データリストを設けない場合は、各音楽データファイルの音楽管理データが、それぞれの音楽データファイルに含まれるようにすればよい。 If not provided music management data list, music management data of each music data file, it is sufficient to be included in each of the music data file.

図3(b)は、音楽管理データリストにおいて、1つの音楽データファイル(波形データ形式)に対する音楽管理データの一例を示すものである。 3 (b) is in the music management data list, shows an example of a music management data for one music data file (waveform data type).
管理番号は、音楽データファイルを特定する。 Management number, to identify the music data files. 曲名は、音楽データの曲名である。 Song Title is a title of music data. 作曲者名、アーティスト名といった著作権情報や、音楽ジャンル名を加えてもよい。 Composer's name, and copyright information such as artist name, may be added to the music genre name. 種別データは、波形データ形式であることを示す。 Type data indicates that the waveform data format.
音楽テンポはオリジナル音楽テンポである。 Music tempo is the original music tempo.

曲調評価パラメータは、図1を参照して先に述べたように、音楽データの曲調(エキサイト度)を数値で表現したものある。 Melody evaluation parameter, as previously described with reference to FIG. 1, some representation of the music data melody (the Excite degree) numerically.
再生回数は、この音楽データがこれまでに再生された回数であり、一種の再生履歴である。 Views is a number of times this music data has been reproduced so far, which is a kind of playback history. リセットされない限り電源をオフにしても保存している。 Even when the power is turned off unless reset are saved. 1回の運動期間(セッション)の終了時にリセットしてもよい。 One of the exercise period may be reset at the time of the (session) end.
再生優先度(再生優先度ポイント)は、複数の曲をランダムに選曲して再生する際に、その再生確率を決めるパラメータである。 Play priority (reproduction priority points), when to play music selection multiple songs randomly, which is a parameter that determines the playback probability. 1セッション中は、再生優先度を上げる操作及び再生優先度を下げる操作に従って変更設定され、セッション終了時にリセットされる。 During a session it is changed and set in accordance with an operation of lowering the operation and reproduction priority raising the reproduction priority is reset at the end of the session. 又は、電源をオフにするまで保存してもよいし、電源をオフにしてもリセットされるまでは保存するようにしてもよい。 Or, to the power supply may be stored until a clear, it may be stored until also reset when the power is turned off.

音楽データ先頭アドレス(音楽データファイルの先頭アドレス)及び音楽データ長(音楽データファイルのデータ長)は、データ記憶部2において、各音楽データファイルの記憶領域を指示する。 Music data start address and the music data length (head address of the music data file) (data length of the music data file), in the data storage unit 2, and instructs the storage area of ​​the music data file.
なお、音楽データファイルの記憶領域を、音楽データファイルに付された管理番号等で参照できる場合には、音楽データ先頭アドレス、音楽データ長を記述しなくてもよい。 Incidentally, music storage area of ​​the data file, if it can be referred to by the management number or the like attached to the music data file, the music data start address, it is not necessary to describe the music data length.
再生開始位置は、各音楽データにおける再生開始位置を、音楽データ(曲)の開始位置からの時間(秒)あるいはクロック(1拍の時間を細分化した単位、1クロックに対応する時間は、音楽テンポ値に応じて変化する)を単位として表す。 Reproduction start position, a playback start position in each music data, the music data (tune) the time from the start position (s) or clock (1 beat units obtained by dividing the time, time corresponding to one clock, music It represents the changes in accordance with the tempo value) as a unit.
再生終了位置は、各音楽データにおける再生終了位置を、音楽データ(曲)の開始位置からの時間あるいはクロックを単位として表す。 Playback end point represents the playback end position in each music data, in units of time or clock from the start position of the music data (tune).

図3(c)は、音楽管理データ部において、音楽データファイル(演奏データ形式)に対する管理データの一例を示すものである。 FIG. 3 (c), in the music management data unit, and shows an example of the management data to the music data file (play data format).
上述した図3(b)の波形データ形式と同様のものである。 It is similar to the waveform data format of FIG. 3 described above (b). 種別データは、演奏データ形式であることを示すものとなる。 Type data is as shown that the performance data format.
図1のデータ記憶部2を参照して説明した通り、音楽テンポは、音楽テンポ値を記述する場合と、音楽テンポ値の範囲を記述する場合がある。 As described with reference to the data storage unit 2 in FIG. 1, the music tempo, and when describing music tempo value, sometimes describe a range music tempo value.

図4は、図1、図3に示したデータ記憶部2に格納された音楽データの曲内容を模式的に示す説明図である。 4, FIG. 1 is an explanatory view schematically showing a music contents of the music data stored in the data storage unit 2 shown in FIG.
この図は、音楽データファイルに曲が再生時間軸を基準にどのように記録されているかを模式的に示すものである。 This figure is how the song to the music data file is recorded how based on the playback time axis shows schematically.
図4(a)〜図4(d)は、曲の長さ別に、音楽データの曲内容を示している。 Figure 4 (a) ~ FIG. 4 (d), apart from the length of the song, shows the music contents of the music data.
実際の波形データ形式の音楽データファイルには、波形のサンプリングデータ以外に、ヘッダやタグ等が含まれる。 The actual waveform data format of music data files, in addition to the sampling data of the waveform includes a header or tag or the like. また、演奏データ形式の音楽データファイルもまた、ヘッダ等が含まれる。 Further, the music data file of performance data type may also include a header and the like. 図4では、これらの付加データについては無視している。 In Figure 4, it is ignored for these additional data.

曲(音楽データ)は、一般に、前奏部及び後奏部を伴う。 Music (music data) generally involves prelude part and postlude unit.
前奏(イントロダクション)部は、主題へ入る前に演奏される導入部分である。 Prelude (Introduction) unit is the introduction part to be played before entering the subject. 本明細書では、単に曲の初めの部分を意味する。 As used herein, simply means the beginning of the song. 前奏部では作曲手法上、曲調がそれ以後の部分とは異なり、曲の開始を感じさせる曲調である場合がある。 On the composer technique in the prelude part, melody is different from the subsequent part, there is a case in which a melody feel the start of the song. また、無音期間から始まったり、伴奏のみの演奏であったりする。 In addition, or starting from the silent period, or a performance of accompaniment only.
後奏部(エンディング)は、主題が終了した後の部分である。 Postlude part (ending) is a part of after the subject has been completed. 本明細書では、単に曲の終わり部分を意味する。 As used herein, simply means the end of a song. 後奏部では、作曲手法上、曲調が大きく変化して曲の終了を感じさせる場合がある。 In the postlude part, on the composer technique, there is a case to feel the end of the song changed greatly tune. 伴奏のみの演奏であったり、無音期間で終わったりする。 Or a performance of accompaniment only, or ends with a silent period.

そこで、フリーモード、アシストモードにおいて、音楽データ再生部8は、音楽データを前奏部及び後奏部を除いて再生する。 Therefore, free mode, the assist mode, the music data reproducing unit 8 reproduces except prelude part and postlude unit music data. 再生開始位置及び再生終了位置は、前奏部及び後奏部が除かれるように音楽管理データに記述される。 Playback start position and the reproduction end position, prelude unit and postlude unit is described in the music management data as removed.
前奏部及び後奏部は、曲の自動解析によって検出するのがよいが、単に時間長で決めてもよい。 Prelude unit and postlude unit is better to detect by automatic analysis of the music may be simply determined by the time length. 例えば、前奏部は音楽データの開始位置から20秒まで、後奏部は音楽データの終了位置からさかのぼって60秒以後とする。 For example, prelude section from the start position of the music data until 20 seconds, postlude unit is 60 seconds after going back from the end position of the music data.
一方、ミュージック・リスニングモードにおいて、音楽データ再生部8は、曲(音楽データ)の開始位置から終了位置まで再生するようにした方がよい。 On the other hand, in music listening mode, the music data reproducing unit 8, it is better to so as to play from the start position of the music (music data) to the end position.
以下、フリーモード又はアシストモードにおける再生区間について説明する。 The following describes playback section in the free mode or the assist mode.

図4(a)に示す曲は、再生時間が所定の例えば1分未満である。 Song shown in FIG. 4 (a), the playback time is less than a predetermined one minute, for example. 再生時間長が短すぎると、頻繁に音楽データが切替わり聞き苦しくなるので、本発明の実施の一形態では再生対象としない。 When the reproduction time length is too short, since often the music data is cut instead Kikigurushiku, in one embodiment of the present invention is not reproduced.
図4(b)に示す曲は、再生時間が所定の例えば1分以上3分以下であり、再生対象とする。 Song shown in FIG. 4 (b), reproduction time is 3 minutes or less than a predetermined e.g. 1 minute, an object of reproduction.
図4(c)に示す曲は、再生時間が、所定の例えば3分超のものであり、所定の3分を限度に再生対象とする。 Song shown in FIG. 4 (c), reproduction time, is of a predetermined eg 3 minutes, more than an object of reproduction to limit the predetermined three minutes. 図示の例では、後奏部の開始位置を再生終了位置とする再生区間を決めている。 In the illustrated example, determines the reproduction section to the reproduction end position the starting position of the postlude portion. これに代えて、前奏部終了位置を再生開始位置とする再生区間を決めてもよい。 Alternatively, it may be determined reproduction section to the reproduction start position prelude portion end position.
しかし、ある音楽テンポ値及びその近傍の音楽テンポを有する曲の数が少ない場合は、上限を設けることなく、前奏部及び後奏部を除いた最大の区間を再生区間にしてもよい。 However, if the number of songs having a music tempo of a music tempo value and the vicinity thereof is small, without providing an upper limit may be the maximum interval excluding the prelude part and postlude portion reproduction section.

図4(d)は、曲(音楽データ)中で、音楽テンポが、所定の許容範囲(例えば、±5[%]又は±3[bpm])を超えて変化している例である。 FIG. 4 (d), in music (music data), music tempo, a predetermined allowable range (e.g., ± 5 [%] or ± 3 [bpm]) is an example that vary by more than.
この場合、音楽テンポが略一定している再生区間のそれぞれを、異なる音楽テンポを有した独立の曲(音楽データ)として利用する。 In this case, the music tempo each playback section being substantially constant, to use as a different independent song having a music tempo (music data). ただし、それぞれの再生時間が、所定の、例えば1分以上3分以下であることを条件とする。 However, each reproduction time, a predetermined, with the proviso that for example, at 3 minutes or less than 1 minute.
図4(d)の音楽データファイルに対する音楽管理データは、図4(a)〜図4(c)とは異なったものとなる。 Music Management data for music data file of FIG. 4 (d), becomes different from that of FIG. 4 (a) ~ FIG 4 (c).
例えば、前半の再生区間と後半の再生区間とで異なる管理番号を付ける。 For example, it puts a different management numbers in the first half of the playback section and the second half of the playback section. 音楽テンポ、曲調評価パラメータは、前半の再生区間と後半の再生区間とでは異なる値を指示する。 Music tempo, melody evaluation parameter indicates a different value in the first half of the playback section and the second half of the playback section.
音楽データ先頭アドレス、音楽データデータ長は、前半の管理データと後半の管理データとでは同じ値を指示する。 Music data top address, music data data length, in the first half of the management data and the second half of the management data to indicate the same value. 前半の再生区間の再生終了位置と後半の再生区間の再生開始位置とは、テンポ変更位置と一致する。 The reproduction start position of the first half of the reproduction end position and the second half of the playback section of the playback section, to match the tempo change position.

図5は、図1に示した本発明の実施の一形態を実現するハードウエア構成図である。 Figure 5 is a hardware configuration diagram for implementing an embodiment of the present invention shown in FIG.
一具体例として、加速度センサを内蔵した携帯型音楽再生装置として実現する場合を示す。 As a specific example, a case realized as portable music reproduction apparatus with a built-in acceleration sensor. この装置は、使用者が自分の腰付近又は腕に装着し、耳たぶ用心拍数検出器は、ヘッドフォンに備えられている。 The device user is attached to his waist near or arm, the heart rate detector for earlobe is provided in the headphone.
図中、11はCPU(Central Processing Unit)、12はフラッシュROM(Read Only Memory In the figure, 11 is CPU (Central Processing Unit), 12 is a flash ROM (Read Only Memory
)、又は、小型で大容量のハード磁気ディスクである。 ), Or a hard magnetic disk of a small size and large capacity. 13はRAM(Random Access Memory)である。 13 is a RAM (Random Access Memory).

CPU11はフラッシュROM12に記憶されたファームウエア(制御プログラム)を用いて、本発明の機能を実現する。 CPU11 by using a firmware stored in the flash ROM 12 (control program), to implement the functions of the present invention. RAM13は、CPU11が処理を遂行する上で必要となる一時的なデータの記憶領域として用いられる。 RAM13 is used as a storage area for temporary data CPU11 is essential to the conduct of the process.
フラッシュROM12は、また、図1に示したデータ記憶部2として用いられ、複数の音楽データ及び音楽管理データリストが保存されている。 Flash ROM12 is also used as a data storage unit 2 shown in FIG. 1, a plurality of music data and the music management data list is stored.
CPU11は、フラッシュROM12に保存された音楽データの中から、音楽データを選択したとき、選択された音楽データを、RAM13に一時記憶させる。 CPU11 from among the music data stored in the flash ROM 12, when selecting the music data, the music data selected, is temporarily stored in the RAM 13. CPU11は、音楽データを再生させるとき、RAM13に一時記憶された音楽データを波形再生部20に転送する。 CPU11, when to reproduce the music data, and transfers the music data temporarily stored in the RAM13 to the waveform reproduction section 20.

14は操作部であって、電源のオンオフ、各種の選択や各種の設定をするための押しボタンスイッチ等である。 14 is an operation unit, push button switches or the like for turning power on or off, the various selection and various settings. 15は表示部であって、設定入力内容の表示、音楽再生状態の表示、運動後の結果表示をする液晶ディスプレイである。 15 is a display unit, the display of the setting input content, display of the music playback state, a liquid crystal display for displaying results after exercise. その他、発光ダイオードを備え、点灯表示、点滅繰り返し表示をする場合もある。 Other, a light-emitting diode, lighting display, there is also a case where the flashing repeatedly displayed.
設定操作は、メニュー選択方式で行う。 Setting operation is performed in the menu selection system. 操作部14におけるメニューボタンを押す毎に表示部15に表示するメニュー項目を順次切替え、各メニュー項目における設定内容を、例えば、2個の選択ボタンの一方を押したり、両方を同時に押したりして選択し、メニューボタンを押すことにより、選択された設定内容を確定する。 Sequentially switching the menu item to be displayed on the display unit 15 on each press the menu button in the operation unit 14, the settings of each menu item, for example, pushing the one of the two select button, or by pressing both at the same time selected, by pressing the menu button, to confirm the settings that have been selected.

メニュー項目としては、音楽再生モード(ミュージック・リスニングモード、フリーモード、アシストモード)の選択、アシストモードにおける運動種別(ウォーキング、ジョギング等)の選択、曲選択順序モードの選択(アルバム、ランダム)、ホールド,ホールド解除,頭出し,スキップ等の再生制御、運動ペース(ペースアップ、ペースダウン)の選択、個人情報(身体情報を含む)の入力、変更された設定データの確定、その他の設定がある。 The menu item, music playback mode (music-listening mode, free mode, the assist mode) selection, the choice of exercise type in the assist mode (walking, jogging, etc.), selection of the song selection order mode (album, random), hold , hold release, cue, the playback control of the skip, etc., exercise pace (pace up, slow down) the selection of the input of personal information (including the physical information), determination of the changed configuration data, there are other settings.

16は反復運動テンポ検出器である。 16 is an iterative exercise tempo detector. 例えば、2軸あるいは3軸加速度センサ、あるいは、振動センサであって、運動用音楽再生機器の本体に内蔵される。 For example, two-axis or three-axis acceleration sensor or, a vibration sensor, is incorporated in the main body of the motion for music playback device. 使用者の体の動き、すなわち、右又は左足で一歩(ステップ)を進めた時の衝撃を検出する。 User's body movement, i.e., detects the impact when advanced one step in the right or left foot (step). 歩行計に使用されている公知のものを用いることができる。 May be a known used in walking meter.
反復運動テンポ検出器16、又は、CPU11は、加速度センサの出力に基づいて、歩行ステップのタイミングを抽出するアルゴリズムを実行し、1ステップの時間長を計測し、反復運動テンポを計算する。 Repetitive motion tempo detector 16, or, CPU 11, based on the output of the acceleration sensor, executes an algorithm for extracting the timing of the step, the time length of one step is measured, to calculate the repetitive exercise tempo.

17は心拍数検出器である。 17 is a heart rate detector. 心音を検出したり、脈拍を検出したり、血流量の変化を検出したりするものであって、実質的に心拍数を検出する。 And detect the heart sounds, and detect the pulse, be one or detect changes in blood flow, substantially detect the heart rate. 本発明の実施の形態では、ヘッドフォンにコードで結合された心拍数検出器を用い、心拍検出をする必要がある場合にのみ、クリップで耳たぶに取り付ける。 In the embodiment of the present invention, using a heart rate detector coupled with the code to the headphone, only when it is necessary to the heartbeat detection, attached to the earlobe by the clip.

18はCPU11が実行する処理のタイミングを決めるマスタークロック(MCLK)及び、電源オフ状態でも動作し続ける計時用のリアルタイムクロック(RTC)である。 18 is a master clock which determines the timing of processing CPU11 executes (MCLK) and real-time clock for timekeeping continue to operate even in a power-off state (RTC).
電源19は、内蔵電池である。 Power supply 19 is a built-in battery. AC電源アダプタを用いることもできる。 It is also possible to use an AC power adapter. また、後述するUSB端子を介して、外部装置から電源供給を受けることもできる。 It is also possible through the USB terminal which will be described later, receives the power supply from an external device.
音楽データ再生回路20は、CPU11において選択され、再生指示された音楽データをRAM13から入力し、アナログ信号に変換し、増幅してヘッドフォン,イヤフォン,スピーカ21等に出力する。 Music data reproducing circuit 20 is selected in CPU 11, and input Play indicated music data from the RAM 13, into an analog signal, and outputs the amplified headphones, earphones, a speaker 21 or the like.

この音楽データ再生回路20は、ディジタル波形データを入力しアナログ波形データを再生する。 The music data reproduction circuit 20 receives the digital waveform data to reproduce analog waveform data. 圧縮波形データであれば、先に伸長処理をして、アナログ波形データを再生する。 If the compressed waveform data, and the decompression processing first, to reproduce analog waveform data. この音楽データ再生回路20は、MIDIシンセサイザ機能を備え、演奏データを入力して楽音信号を合成し、アナログ波形データを再生する。 The music data reproduction circuit 20 is provided with a MIDI synthesizer functions, it synthesizes a tone signal to input performance data, to reproduce analog waveform data.
音楽データ再生回路20は、入力データ形式に応じて、個別のハードウエアブロックで実現してもよい。 Music data reproducing circuit 20, in response to the input data format may be implemented in a separate hardware block. また、一部の処理をCPU11においてソフトウエアプログラムを実行することにより実現してもよい。 It may also be implemented by executing a software program part of the processing in the CPU 11.

サーバ装置23は、多数の音楽データを蓄積しているデータベースを備えたものである。 Server device 23 is provided with a database that stores a number of music data. パーソナルコンピュータ(PC)22は、ネットワークを介してサーバ装置23にアクセスし、使用者は所望の音楽データを選択し、自身の記憶装置にダウンロードする。 A personal computer (PC) 22 via a network accesses the server apparatus 23, the user selects the desired music data is downloaded in its own storage device.
次に、パーソナルコンピュータ22は、ダウンロードした音楽データに音楽テンポや曲調評価パラメータが含まれていないとき、これらを分析するプログラムを実行する。 Next, the personal computer 22, when there is not any music tempo and melody evaluation parameter to the music data downloaded to execute a program to analyze these.

分析により取得した音楽テンポや曲調評価パラメータは、ダウンロードした音楽データとともに、自身の記憶装置に記憶する。 Music tempo and melody evaluation parameter acquired by analysis, together with the music data downloaded and stored in its own storage device. 又、音楽データを分析し、図3に示したその他の音楽管理データについても取得して記憶する。 Further, to analyze the music data, and stores the acquired for the other music management data shown in FIG.
パーソナルコンピュータ(PC)22は、また、自身のHD(Hard Disk)に保存されている音楽データやCD(Compact Disc)などの記録媒体から取り込んだ音楽データについて分析し、音楽データとともに、音楽テンポ、曲調評価パラメータ等の音楽管理データを取得して記憶してもよい。 Personal computer (PC) 22 is, also, were analyzed for music data captured from a recording medium such as its own HD (Hard Disk) are stored in the music data and CD (Compact Disc), along with the music data, music tempo, it may be stored by obtaining the music management data of melody evaluation parameters, and the like.
なお、波形データ形式の音楽データを分析して、音楽テンポを自動抽出する技術は、特開昭64−21498号公報、特開平8−201542号公報等で周知である。 Incidentally, by analyzing the music data in the waveform data format, a technique for automatically extracting the music tempo it is well known in JP 64-21498, JP-A No. 8-201542 Patent Publication.

CPU11は、音楽データを取得するとき、音楽管理データをパーソナルコンピュータ22から、USB端子を経て、フラッシュROM12に転送して格納する。 CPU11, when acquiring the music data, the music management data from the personal computer 22, via the USB terminal, and stores the transferred to the flash ROM 12.
サーバ装置23に更新ファームウエアが用意されている場合は、パーソナルコンピュータを介して、フラッシュROM12に記憶されたファームウエアの更新ができる。 If updated firmware in the server device 23 is provided, via a personal computer, it is firmware update stored in the flash ROM 12.
フラッシュROM12に格納されている、音楽管理データを伴う複数の音楽データは、本装置の工場出荷時にプリセットデータとして格納しておくこともできる。 Stored in the flash ROM 12, a plurality of music data with music management data can also be stored at the factory of the device as a preset data.

本装置は、携帯電話端末やPDA(Personal Digital Assistant)として実現することもできる。 The apparatus may also be implemented as a mobile phone terminal or PDA (Personal Digital Assistant).
本装置は、また、屋内運動用、例えば、トレッドミル(treadmill)上でランニングをするような場合に、据置き型にして実現することもできる。 The apparatus also indoor exercise, for example, in the case such that the running on a treadmill (treadmill), can also be realized by the stationary.
上述した具体例は、いずれも、音楽再生装置であったが、音楽再生機能、データ記憶部、音楽データ書き込み機能の少なくとも1つの機能は、外付けの装置に持たせることにより、音楽再生制御機能のみを有する装置として本発明を実現することもできる。 Specific examples described above are both was the music reproducing apparatus, the music playback function, data storage unit, at least one of the functions of the music data the writing function, by providing the external device, the music reproduction controlling function it is also possible to implement the present invention as an apparatus having only.
具体的には、音楽再生機能、音楽データ記憶機能、音楽データ取得機能は、MP3プレーヤ等の既存の音楽データ再生装置で実現するようにし、この既存の音楽データ再生装置に、音楽再生制御用インタフェースを備えつけて、このインタフェースを介して音楽再生制御機能のみを有する装置を外付けする。 Specifically, the music playback function, the music data storage function, the music data acquisition function, as realized by the existing music data reproducing device such as an MP3 player, to the existing music data reproducing apparatus, the music playback control interface the in equipped, for external devices having only music reproduction controlling function through the interface.

図5に示した構成において、データ記憶部2は、フラッシュROM12を用いているが、これに代えて、パーソナルコンピュータ22の記憶装置を図1のデータ記憶部2として、音楽データ再生システムを構築したり、パーソナルコンピュータ22を介することなく、ネットワークを介してサーバ装置23に接続し、サーバ装置23のデータベース自体を図1のデータ記憶部2として、ネットワークを含んだ音楽データ再生システムを構築したりしてもよい。 In the configuration shown in FIG. 5, the data storage unit 2, although using flash ROM 12, instead of this, the storage device of the personal computer 22 as a data storage unit 2 in FIG. 1, to build a music data reproducing system or, without using the personal computer 22, via a network connected to the server device 23, the database itself of the server device 23 as a data storage unit 2 in FIG. 1, or to construct the music data reproduction system including a network it may be.

図6は、本発明の実施の一形態の動作例を示すメイン処理のフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart of a main process showing the operation of the embodiment of the present invention.
図5に示したCPU11がファームウエアに従って、各ステップの処理が実行される。 CPU11 shown in FIG. 5 in accordance with the firmware, the process of each step is executed. 電源スイッチをオンにすることにより処理が開始される。 Process is started by the power switch.
S31において、装置を初期化する。 In S31, it initializes the device. S32において、入力操作があるときは、S33に処理を進め、図7に詳細を示す機器設定をする。 In S32, when there is an input operation, the processing advances to S33, the device setting shown in detail in FIG. 7.
S34において、再生フラグがONのとき(後述する図7(機器設定)のS55)、S35に処理を進め、図8に詳細を示す再生処理を実行する。 In S34, when the reproduction flag is ON (S55 in FIG. 7 to be described later (device setting)), the process proceeds to S35, to execute the reproduction processing shown in detail in FIG.
S36において、曲選択フラグがON(後述する図8(再生処理)のS69)のとき、S37に処理を進め、図13に詳細を示す曲選択処理を実行し、S38に処理を進める。 In S36, when the song selection flag is ON (S69 in FIG. 8 to be described later (reproduction process)), the process proceeds to S37, and executes the music selection processing shown in detail in FIG. 13, the process proceeds to S38. S38において、音楽管理データリスト(図3)に保存されている、選択された音楽データの再生回数を+1し、曲選択フラグをOFFにしてS32に処理を戻す。 In S38, are stored in the music management data list (FIG. 3), and increments the number of plays of the music data selected, the process returns to S32 and the music selection flag to OFF.

図7は、図6(メイン処理)のS33(機器設定)を説明するフローチャートである。 Figure 7 is a flowchart for explaining the S33 (device setting) of FIG. 6 (main processing).
機器設定はメニュー選択方式でなされるが、このフローチャートでは、何を設定するかに着目して処理を説明する。 Device setting is done in menu-driven, but in this flowchart, explaining the process by focusing on what set.
S41において、入力操作が使用者の個人情報(身体情報を含む)の設定であれば、S42に処理を進め、性別や暦年齢等の使用者に応じた個人情報の入力を受付け、S43において、入力されたデータを個人情報としてフラッシュROM(図5の12)に登録する。 In S41, if the setting input operation of personal information of the user (including the physical information), the process proceeds to S42, receives the input of personal information according to the user, such as gender, chronological age, in S43, registered in the flash ROM (12 in FIG. 5) as personal information of the input data.

S44において、入力操作が、図1,図2を参照して説明したペースアップ操作又はペースダウン操作であれば、S45に処理を進める。 In S44, the input operation, FIG. 1, if the reference pace up operation or slow down the operation described with Figure 2, the process proceeds to S45. 現在が、アシストモードによる再生中である場合に限り、S46に処理を進める。 Currently, only if it is being played by the assist mode, the process proceeds to S46.
S46において、ペースアップ操作であればペースアップフラグをON、ペースダウン操作であればペースダウンフラグをONにし、S47に処理を進める。 In S46, and turns ON the pace flag if pace up operation, the pace down flag if slowed operation ON, the process proceeds to S47.
S47において、フラッシュROM(図5の12)に記憶された運動目標パラメータ,身体情報を書き替えて、S48に処理を進める。 In S47, exercise goal parameters stored in the flash ROM (12 in FIG. 5), and rewrites the physical information, the process proceeds to S48.

S48において、入力操作が、図1,図2を参照して説明したスキップ操作又は頭出し操作であれば、S49に処理を進める。 In S48, the input operation, FIG. 1, if a skip operation or cuing described with reference to FIG. 2, the process proceeds to S49.
入力操作がスキップ操作であれば、音楽管理データリスト(図3)における、現に再生されている音楽データの再生優先度ポイントを減らす(例えば、−1する)ことにより、現に再生されている音楽データの再生確率を低くする。 If the input operation skip operation, the music management data list (FIG. 3), actually reduce the reproduction priority point of the music data being played by (e.g., -1), the music data being currently played the lowering of the playback probability.
また、スキップフラグをONにすることにより、後述する図8(再生処理)のS62,S63により、現に再生されている音楽データの再生を停止させ、S78において曲選択フラグがONとなる。 Further, by the skip flag to ON, the S62, S63 of FIG. 8 to be described later (reproduction process), currently stops the reproduction of the music data being played, music selection flag is ON in S78.

一方、入力操作が頭出し操作であれば、音楽管理データリスト(図3)における、現に再生されている音楽データの再生優先度ポイントを増やす(例えば、+1する)ことにより、現に再生されている音楽データの再生確率を高くする。 On the other hand, input operation if cueing operation, the music management data list (FIG. 3), actually increasing the regeneration priority point of the music data being played (e.g., + 1) by being currently reproduced to increase the playback probability of music data.
また、頭出しフラグをONにすることにより、後述する図8(再生処理)のS64,S65により、現に再生されている音楽データの再生開始位置から、再生を再開することになる。 Furthermore, by the ON cueing flag, the S64, S65 of FIG. 8 to be described later (reproduction processing), from the reproduction start position of the music data being currently reproduced, will resume playback.

S50において、入力操作が図1,図2を参照して説明したホールド操作であれば、S51に処理を進め、現に再生されている音楽データが有する音楽テンポ及び/又は曲調評価パラメータを、次に再生する音楽データを選択する際の条件として指示し、ホールドフラグをONにする。 In S50, 1 input operation, if referring to the hold operation described 2, the process proceeds to S51, the music tempo and / or tune evaluation parameter with the music data being currently reproduced, then instructs the criteria for selecting the music data to be reproduced, the hold flag to oN.
指示された音楽テンポは、後述する図14のS122において選択条件とし、指示された曲調評価パラメータは、後述する図16のS132において選択条件とする。 Indicated music tempo, a selection condition in S122 of FIG. 14 to be described later, the tune evaluation parameters is instructed, the selection condition in S132 of FIG. 16 to be described later.
S52において、入力操作がモード選択であれば、S53に処理を進め、指示されたモード(ミュージック・リスニングモード、フリーモード、アシストモード)を設定する。 In S52, the input operation if the mode selection, the process proceeds to S53, the designated mode (music-listening mode, free mode, the assist mode) is set.

S54において、入力操作が再生開始操作であれば、S55に処理を進め、再生フラグをONとする。 In S54, the input operation if reproduction start operation, the process proceeds to S55, and ON the reproduction flag. 再生フラグがONである間は、先に説明した図6(メイン処理)のS34からS35に処理を進め、図8の再生処理が実行される。 During reproduction flag is ON, the process proceeds from S34 in FIG. 6 described above (main processing) in S35, the reproduction processing of FIG. 8 is executed.
S56において、入力操作が再生停止操作であれば、S57に処理を進め、再生フラグをOFFに戻す。 In S56, if the input operation is reproduction stop operation, the process proceeds to S57, it returns the playback flag to OFF.
S58において、その他の操作に応じて処理を実行する。 In S58, it executes processing with reference to the other operations.
図1,図2を参照して説明した、第1の機能である、優先するデータ形式の設定をする操作、第2〜第5の機能を有効にするか無効にするかを設定する操作、第5の機能における、修正後の運動目標パラメータの値、身体情報の値を確定して保存する操作等がある。 Figure 1 has been described with reference to FIG. 2, a first function, priority operation for setting the data format, the operation for setting whether to enable or disable the functions of the second to fifth, in the fifth function of the value of the moving object parameter after modification, there is an operation, which stores to confirm the value of the physical information.

図8は、図6(メイン処理)におけるS35(再生処理)を説明するフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart for explaining the S35 (reproduction process) in FIG. 6 (main processing).
ミュージック・リスニングモードである場合、S61からS62に処理を進める。 If it is music-listening mode, the process proceeds from S61 to S62.
S62において、スキップフラグがONであれば、S63に処理を進め、スキップフラグをOFFにした後、S69に処理を進め、曲選択フラグをONにし、図6(メイン処理)のS36に戻る。 In S62, if the skip flag is ON, the process proceeds to S63, after the skip flag to OFF, the process proceeds to S69, the music selection flag to ON, the flow returns to S36 in FIG. 6 (main processing). その結果、現在の再生曲の再生が中断される。 As a result, playback of the current reproduction music is interrupted. 図6(メイン処理)のS36からは、S37(図13)の曲選択に処理を進めることになる。 From S36 of FIG. 6 (main processing), thus proceeding to the tune selection of S37 (FIG. 13).

一方、図8のS62において、スキップフラグがOFFであれば、S64に処理を進め、頭出しフラグがONであれば、S65に処理を進め、RAM(図5の13)に記憶されている現に再生されている音楽データの再生開始位置を、音楽データ再生回路(図5の20)に指示し、頭出しフラグをOFFにしてS66に処理を進める。 On the other hand, in S62 in FIG. 8, if the skip flag is OFF, the process proceeds to S64, if the cue flag is ON, the process proceeds to S65, RAM currently stored (13 in Fig. 5) a playback start position of the music data being played, and instructs the music data reproduction circuit (20 in FIG. 5), the processing proceeds to S66 and the cue flag to OFF.
S66において、現在の再生位置の音楽データを、音楽データ再生回路(図5の20)に再生させ、図6(メイン処理)に処理を戻す。 In S66, the music data of the current playback position, to reproduce the music data reproduction circuit (20 in FIG. 5), the processing returns to FIG. 6 (main processing).
S64において、頭出しフラグがOFFであれば、S67に処理を進め、現に再生されている音楽データの次の再生位置を指示し、S68に処理を進める。 In S64, if the cue flag is OFF, the process proceeds to S67, currently directs the next reproducing position of the music data being played, the process proceeds to S68.
S68において、現在の再生位置が再生終了位置でなければ、S66に処理を進め、再生終了位置でなければ、S69に処理を進め、曲選択フラグをONにする。 In S68, if the current playback position playback end position, the process proceeds to S66, if the reproduction end position, the process proceeds to S69, turns ON the song selection flag.

次に、フリーモードであれば、上述したS61からS70、S71に処理を進め、ホールドフラグがONであれば、S62に処理を進め、先に説明したミュージック・リスニングモードと同様の処理をする。 Then, if the free mode, the process proceeds to S61 from S70, S71 described above, the hold flag if ON, the processing proceeds to S62, the same processing as music listening mode described above.
一方、S71において、ホールドフラグがOFFであれば、S72に処理を進め、反復運動テンポ検出器(図15の16)により検出された使用者の反復運動テンポを取得する。 On the other hand, in S71, the hold flag if OFF, the processing proceeds to S72, to obtain the repetitive exercise tempo detected user by repetitive motion tempo detector (16 in FIG. 15).

S73において、フリーモードにおける音楽テンポを指示する。 In S73, to direct the music tempo in the free mode.
すなわち、反復運動テンポを検出し、反復運動テンポに応じた音楽テンポを指示する。 That is, to detect the repetitive exercise tempo, and instructs the music tempo corresponding to the repetitive motion tempo. この処理については、フローチャートの図示を省略し、図9を参照し、具体例を用いて説明する。 This process is not shown in the flowchart, with reference to FIG. 9 will be described using a specific example.
S74において、音楽テンポの値を直ちに変更する指示がなされたときは、S69に処理を進め、曲選択フラグをONにする。 In S74, when an instruction to change immediately the value of the music tempo is made, the process proceeds to S69, turns ON the song selection flag. 一方、音楽テンポを直ちに変更する指示がなされていないときは、S62に処理を進め、ミュージック・リスニングモードと同様の処理をする。 On the other hand, when an instruction to immediately change the music tempo has not been made, the process proceeds to S62, the same process as the music-listening mode.

次に、アシストモードモードであれば、上述したS61からS70、S75、S76に処理を進める。 Then, if the assist mode mode, the process proceeds from S61 described above to S70, S75, S76. S76において、ホールドフラグがONであればS62に処理を進め、ミュージック・リスニングモードと同様の処理をする。 In S76, the hold flag, the process proceeds to S62 if it is ON, the music-listening mode and the same process.
一方、S76において、ホールドフラグがONでなければ、S77に処理を進め、心拍数検出器(図5の17)により使用者の心拍数を取得する。 On the other hand, in S76, unless the hold flag is ON, the process proceeds to S77, to obtain the heart rate of the user by the heart rate detector (17 in FIG. 5).
S78において、アシストモードにおける音楽テンポを指示する。 In S78, to direct the music tempo in the assist mode. すなわち、使用者の実績運動強度(又は実績心拍数)と目標運動強度(又は目標心拍数)とに応じて、音楽テンポの値を指示する。 That is, in accordance with the actual exercise intensity of a user (or actual heart rate) and the target exercise intensity (or target heart rate), and instructs the music tempo value.

この処理についても、フローチャートの図示を省略し、図10ないし図12を参照し、具体例を用いて後述する。 This process is also not shown in the flowchart, with reference to FIGS. 10 to 12, will be described below using specific examples. 音楽テンポの値を直ちに変更するように指示する場合と、現に再生されている曲が終了して、次の再生音楽データを選択するときに、音楽テンポの値を変更して指示する場合がある。 And if an instruction to immediately change the music tempo value, and ends the song being currently reproduced, when selecting the next reproduction music data, there is a case where an instruction to change the value of the music tempo .
S78の処理後は、S74に処理を進め、音楽テンポを直ちに変更する指示がなされたときは、S69において曲選択フラグをONにし、音楽テンポを直ちに変更する指示がなされていない場合は、S62に処理を進め、ミュージック・リスニングモードと同様の処理をする。 After the processing of S78, the processing proceeds to S74, when the immediate instruction to change the music tempo is made, the music selection flag to ON in S69, if the instruction to immediately change the music tempo is not made, in S62 advances the process, the same process as the music-listening mode.
上述したS75において、アシストモードでもなければ、S79に処理を進め、その他の処理をし、図6(メイン処理)のS38に戻る。 In S75 described above, if in the assist mode, the process proceeds to S79, and the other processing returns to S38 in FIG. 6 (main processing).

図9は、図8(再生処理)のS73(フリーモードにおける音楽テンポの指示)を具体例で示す説明図である。 Figure 9 is an explanatory diagram showing a concrete example S73 (the indication of music tempo in the free mode) of FIG. 8 (reproduction process).
反復運動テンポ検出器(図5の16)は、歩行の1ステップ毎にステップタイミング(開始タイミング)を出力している。 Repetitive motion tempo detector (16 in FIG. 5) is outputting the step timing (start timing) for each step of walking. CPU(図5の11)は、歩行の1ステップに要した時間(ステップ時間)を計測し、計測結果に基づいて、1分間当たりの歩行ステップ数[bpm](Beat Per Minutes:拍/分)を計算し、これを反復運動テンポの値とする。 CPU (11 in FIG. 5), the time required for one step of the walking (step time) measured based on the measurement results, the walking steps per minute [bpm] (Beat Per Minutes: beats / min) was calculated, the value of repetitive exercise tempo this. 実際には、複数ステップ分についての移動平均をとる。 In fact, taking the moving average of the plurality of steps min.
一方、現に再生中の曲の音楽テンポ値を取得する。 On the other hand, actually to get the music tempo value of a song being played. 音楽テンポの単位も[bpm]である。 Units of the music tempo is also a [bpm].

図示の例では、反復運動テンポが125[bpm](黒丸)、現に再生中の音楽データAの音楽テンポが123[bpm](白丸、一点鎖線)であったとする。 In the illustrated example, repetitive motion tempo 125 [bpm] (closed circles), currently music tempo of the music data A being reproduced 123 [bpm] (open circles, dashed line) and was. 反復運動テンポの値[bpm]が、音楽テンポ123[bpm]から所定範囲(1)(123±3[bpm])を外れ、例えば、図示矢印のように変化して135[bpm]になったとすれば、この反復運動テンポ135[bpm](破線)を、新たに指示する音楽テンポの値とする。 The value of the repetitive exercise tempo [bpm] is out of the predetermined range (1) (123 ± 3 [bpm]) from the music tempo 123 [bpm], for example, was changed as shown arrows 135 [bpm] by it, the repetitive motion tempo 135 [bpm] (dashed line), a music tempo value which instructs anew.

音楽テンポの値が新たに指示されたときは、先に説明した図8(再生処理)のS73,S74を経て、S69において曲選択フラグをONにする。 When the music tempo value is instructed newly undergoes a S73, S74 of FIG. 8 described previously (reproduction process) is turned ON song selection flag at S69.
その結果、図6(メイン処理)のS37の処理である、後述する図13(曲選択)のS105において、新たに指示された音楽テンポ135[bpm](破線)を基準とした所定範囲(2)(135±135×3%[bpm])に含まれる音楽テンポを有し、さらに、S104以降において、後述する他の条件(曲調評価パラメータの値、再生回数、再生優先度ポイント)をも満足する音楽データ、図示の例では、133[bpm](白丸)(一点鎖線)の音楽データBを、フラッシュROM(図5の12)に格納された音楽データの中から選択し、RAM(図5の13)に書き込む。 As a result, the processing of S37 in FIG. 6 (main process), in S105 of FIG. 13 described later (song selection), the newly designated music tempo 135 [bpm] (dashed line) the predetermined range relative to the (2 ) (135 having a music tempo contained ± 135 × 3% [bpm]), further, in the following S104, the value of the other conditions (melody evaluation parameters to be described later, views, playback priority points) also satisfies music data, in the illustrated example of the music data B of 133 [bpm] (open circles) (dashed line), selected from the music data stored in the flash ROM (12 in FIG. 5), RAM (FIG. 5 write to 13). 以後、この新たに選択された音楽データBの音楽テンポ133[bpm]を中心とする所定範囲(3)(133±3[bpm])と、反復運動テンポとを比較することになる。 Thereafter, a predetermined range around the music tempo 133 [bpm] of this newly selected music data B (3) (133 ± 3 [bpm]), will be compared with the repetitive exercise tempo.

一方、現に再生されている音楽データAの再生位置が再生終了位置(図4)になったときの曲選択においては、先に指示されていた音楽テンポの値(例えば、現在の反復運動テンポの値に等しい125[bpm])を変更することなく、次の曲選択を行うが、ホールドフラグがONになっていた場合は、現に再生されている音楽データAの音楽テンポの値123[bpm]を、次に再生する音楽データが有する音楽テンポの値として指示する。 On the other hand, currently in song selection when the playback position of the music data A being reproduced reaches the reproduction ending position (FIG. 4) of the music tempo is indicated above the value (e.g., the current iteration exercise tempo without changing the same 125 [bpm]) to a value, performs the next song selection, if the hold flag is turned oN, the value 123 of the music tempo of the music data a being currently reproduced [bpm] and then instructs a music tempo value included in the music data to be reproduced.

上述した所定範囲(1),(3)は、現に再生されている音楽データの「音楽テンポの値」から±(所定差)としているが、この「音楽テンポの値」と略同じ値となる範囲であればよく、この「音楽テンポの値」±(この「音楽テンポの値」の所定比%)としてもよい。 Above predetermined range (1), (3) have a ± (predetermined difference) actually from the "music tempo value" of the music data being played, is substantially the same value as the "value of the music tempo" may be in the range may be the "music tempo value" ± (predetermined ratio% of "music tempo value").
一方、上述した所定範囲(2)は、変更後の反復運動テンポ±(所定差)としてもよい。 On the other hand, the predetermined range mentioned above (2) may be a repetitive exercise tempo ± after the change (predetermined difference). 変更後の反復運動テンポと略同じ値であればよい。 Repetitive motion tempo after the change and as long substantially the same value.

図10ないし図12は、図8(再生処理)のS78(アシストモードにおける音楽テンポの指示)を具体例で示す説明図である。 10 through 12 are explanatory views showing a concrete example S78 (the indication of music tempo in the assist mode) of FIG. 8 (reproduction process).
図10は、図1に示した設定部3に対する設定項目の一例を示す説明図である。 Figure 10 is an explanatory diagram showing an example of a setting item for setting section 3 shown in FIG.
図10(a)は設定項目の概要である。 FIG. 10 (a) is a summary of the setting item. 個人情報は、生年月日,性別,身長,体重,安静時心拍数等であって、主としてアシストモードに関するものである。 Personal information, date of birth, gender, height, weight, a resting heart rate, etc., which mainly relates to the assist mode.
安静時の心拍数は、起床時の心拍数である。 Resting heart rate is the heart rate at the time of waking up. この値は、本装置に付属の心拍数検出器17(図5)で測定して入力するか、市販の心拍計で計測した値を使用者が入力する。 This value, the device comes with a heart rate detector 17 (FIG. 5) in either type by measuring, by the user to the value measured with a commercially available heart rate inputs.

使用者は最大心拍数も入力する必要があるが、使用者は通常、自分の最大心拍数を知らないので、入力された生年月日と現時点の年月日とから取得される暦年齢に基づいて、次式で計算する。 The user must also enter the maximum heart rate, but the user generally does not know the maximum heart rate yourself, based on chronological age obtained from the entered birth date and the current date Te is calculated by the following equation.
最大心拍数=220−暦年齢 ……………(1) The maximum heart rate = 220 - chronological age ............... (1)
安静時の心拍数及び最大心拍数に基づいて、予測最大心拍予備能のn[%]、すなわち、n%HR Reserveに相当する心拍数が次式で計算される。 Based on the heart rate and the maximum heart rate at rest, n [%] of the estimated maximum heart rate reserve, i.e., heart rate corresponding to n% HR Reserve is calculated by the following equation.
n%HR Reserveに相当する心拍数= Heart rate corresponding to n% HR Reserve =
(最大心拍数−安静時心拍数)×n/100+安静時心拍数 ………(2) (Maximum heart rate - the heart rate at rest) when × n / 100 + resting heart rate ......... (2)
ここで、予測最大心拍予備能(HR Reserve)は、(最大心拍数−安静時心拍数)である。 Here, the predicted maximum heart rate reserve (HR Reserve) is - (maximum heart rate at rest heart rate).
n[%]は運動強度であり、予測最大心拍予備能を基準とした比率である。 n [%] is the exercise intensity is a ratio relative to the estimated maximum heart rate reserve. 心拍数が安静時心拍数のとき0[%]、最大心拍数のとき100[%]になる。 When the heart rate is resting heart rate 0 [%], to 100 [%] at the maximum heart rate.

運動強度n[%]は、次式により換算される。 Exercise intensity n [%] is converted by the following equation.
運動強度n[%]= Exercise intensity n [%] =
(心拍数−安静時心拍数)/(最大心拍数−安静時心拍数)×100 ………(3) (Heart rate - resting heart rate) / (maximum heart rate - resting heart rate) × 100 ......... (3)
以後、心拍検出器(図5の17)により実測される心拍数を実績心拍数と呼び、式(3)により換算される運動強度を実績運動強度と呼ぶことにする。 Hereinafter, referred to as actual heart rate heart rate which is measured by the heart rate detector (17 in FIG. 5), will be the exercise intensity is converted by Equation (3) it is referred to as actual exercise intensity.

モード設定項目としては、ミュージック・リスニングモード、フリーモード、アシストモードの中から1つを選択する。 The mode setting items, music-listening mode, free mode, to select one of the assist mode. アシストモードにおいては、さらに、ウォーキングモード、ジョギングモード、ランニングモード等の中から1つの運動形態を選択する。 In the assist mode, further, walking mode, jogging mode, selects one motion form from such running mode.
その他の設定項目としては、図7(機器設定)のS58において説明した諸機能のON/OFF(有効/無効)設定のほか、運動時間の設定等がある。 The other settings, Figure 7 ON of the functions described in S58 in (device setting) / OFF (enable / disable) other settings, there is a setting of exercise time. 設定された運動時間が終了したとき、音楽データの再生を終了させたり、クールダウンの段階に移行させたりする。 When the set exercise time has ended, or to end the reproduction of the music data, or to transition to the stage of the cool-down.
アシストモードにおいては、運動形態、各使用者の個人情報、運動時間等に基づいて、使用者に適した運動計画を自動的に決定する。 In assist mode, the motion form, the personal information of each user, based on the exercise time and the like, automatically determining the movement plan suitable for the user.

図10(b),図10(c)は、アシストモードの一運動形態である「ジョギングモード」,「ウォーキングモード」を選択したときに、運動計画によって、具体的に数値が設定される項目を示すものである。 FIG. 10 (b), the FIG. 10 (c) is an motion form of the assist mode "jogging mode", when selecting the "walking mode", the exercise plan, the item specific number is set It illustrates.
アシストモードにおいて、1運動期間(セッション)は、ウォーミングアップ段階から始まり、次に主運動段階、最後にクールダウン段階になって終了する。 In assist mode, 1 exercise period (session), starting from the warm-up stage, the next main exercise stage, the end to end is to cool down phase.
ウォーミングアップ段階は、運動開始後、所定時間経過するまでの段階である。 Warm-up phase after starting exercise, a stage until a predetermined time elapses. この実施の形態では、目標運動強度を徐々に大きくする。 In this embodiment, gradually increasing the target exercise intensity. クールダウン段階は、運動終了時点の所定時間前から運動終了時点までの段階である。 Cool-down stage is the stage from the predetermined time before the end of exercise time to exercise the end. この実施の形態では、目標運動強度を徐々に小さくする。 In this embodiment, gradually reducing the target exercise intensity.
なお、先に説明したフリーモードにおいても、反復運動テンポに追従した音楽テンポを指示する運動段階の前後に、ウォーミングアップ段階,クールダウン段階を設けてもよい。 Even in the free mode described above, before and after movement step of instructing the music tempo that follows repetitive exercise tempo, the warm-up stage may be provided a cool down phase.

図10(b)のジョギングモード、図10(c)のウォーキングモードに示した例では、各運動段階において、実行時間、及び、使用者に最適な目標運動強度が設定される。 Jogging mode in FIG. 10 (b), in the example illustrated in walking mode of FIG. 10 (c), in each exercise stage, execution time, and the optimal target exercise intensity the user is set.
図10(b)の主運動段階において、目標運動強度は70[%]の一定値であり、ウォーミングアップ段階において、目標運動強度は30[%]を初期値として、主運動段階における目標運動強度70[%]まで、例えば、直線的に増やし、クールダウン段階において、主運動段階における目標運動強度70[%]から50[%]を最終値として、例えば、直線的に減らす。 In the primary motion stage of FIG. 10 (b), the target exercise intensity is a constant value of 70 [%], the warm-up stage, the target exercise intensity is 30 [%] as an initial value, the target exercise intensity 70 in the primary motion stage up [%], for example, linearly increasing, in the cool down phase, as the final value of 50 [%] from the target exercise intensity of 70% in the primary motion stage, for example, linearly reduced.
なお、運動開始後、所定時間(例えば、30秒)を経過するまでは、音楽テンポ値を変更指示しないようにした場合、この所定時間(例えば、30秒)内における目標運動強度は、音楽テンポ値の指示に反映されない。 Incidentally, after the start of exercise, until passage of a predetermined time (e.g., 30 seconds), if you do not change instruction music tempo value, the target exercise intensity within the predetermined time (e.g., 30 seconds), the music tempo not reflected in the indication of value.

また、運動開始時(ウォーミングアップ段階の開始時でもある)に最初に再生する音楽データに対する音楽テンポ指示値として、初期音楽テンポ値145[bpm]を設定している。 Further, as a music tempo specifying values ​​for music data to be reproduced first at the start of exercise (also at the start of the warm-up phase), it is set to initial music tempo value 145 [bpm].
図1に示した、音楽テンポ及び曲調指示部6が指示する音楽テンポ値には、上限(最速音楽テンポ値200[bpm])が設定されている。 It is shown in FIG. 1, the music tempo value indicating music tempo and tune instruction unit 6, the upper limit (fastest music tempo value 200 [bpm]) is set. 図1,図2を参照して第5の機能に関して説明したように、運動形態に応じて、反復運動テンポの値に最速値があることが知られていることから、指示する音楽テンポ値に上限を設定している。 Figure 1, as described with respect to the fifth feature of with reference to FIG. 2, in accordance with the motion form, since it is known that there is a fastest value to the value of the repetitive exercise tempo, the music tempo value indicating It has set the upper limit.
なお、クールダウン段階の開始時に、実績運動強度が、適正範囲の下限である65[%]以上であれば、現に再生されている曲の再生音楽テンポより7[%bpm]小さな値の音楽テンポ値を、このクールダウン段階の開始時に指示する。 Incidentally, at the start of the cool-down phase, the actual exercise intensity is equal to or more than a lower limit of the proper range 65 [%], currently reproduced 7 from playing music tempo of a song is [% bpm] music tempo value smaller the value, to instruct at the start of this cool-down stage.
図10(c)については、設定値が異なるだけであるので説明を省略する。 For FIG. 10 (c), the description thereof is omitted since the setting value is different.

この実施の形態では、運動開始時から運動終了時まで、使用者の実績運動強度(実績心拍数)と、目標運動強度(目標心拍数)[%]を基準にした所定範囲との比較に応じて音楽テンポを変更し、使用者に適した運動ができるように使用者を支援するように運動計画が設定されている。 In this embodiment, the exercise start to the end of exercise, according to a comparison of the actual exercise intensity of a user with (actual heart rate), and the predetermined range relative to the target exercise intensity (target heart rate) [%] Te changes the music tempo, exercise plan to assist the user to be able to exercise that is suitable for the user has been set.

図10(d)に、運動終了後に表示部(図5の15)に表示される項目を示す。 Figure 10 (d), it shows the items displayed on the display unit after the end of exercise (15 in FIG. 5). 走行距離は、身長からストライドを割出し、歩数を乗算することにより算出される。 Distance traveled, indexing stride from height, is calculated by multiplying the number of steps. 消費カロリは、仕事量から算出される。 Caloric expenditure is calculated from the amount of work. 脂肪燃焼量は、実績運動強度が70[%]であった時間などから算出される。 Amount of fat burned, actual exercise intensity is calculated from the 70 [%] at a time.

図11は、図8(再生処理)のS78(アシストモードにおける音楽テンポ指示)を具体例で示す第1の説明図である。 Figure 11 is a first explanatory diagram showing a concrete example S78 (the music tempo specifying in the assist mode) of FIG. 8 (reproduction process).
音楽テンポの値を指示する処理は、次の通りである。 Processing to instruct the value of the music tempo is as follows.
心拍数検出器17(図5)により検出された実績心拍数(HR)[bpm]に基づいて、先に説明した、式(3)に基づいて実績運動強度[%]を計算する。 Based on the heart rate detector 17 Actual heart rate is detected (FIG. 5) (HR) [bpm], described above, to calculate the actual exercise intensity [%] based on equation (3). 以下の説明では、実績心拍数を実績運動強度に換算して、目標運動強度と比較する。 In the following description, in terms of the actual heart rate actual exercise intensity is compared with the target exercise intensity.
実績運動強度は、移動平均をとった値を用いることが望ましく、例えば、直前20秒程度の移動平均をとる。 Actual exercise intensity, it is desirable to use a value obtained by taking a moving average, for example, taking a moving average of the immediately preceding 20 seconds.
現在の運動経過時間における使用者の実績運動強度が、目標運動強度からの適正範囲を超えないときは、音楽テンポを変更しない。 Actual movement strength of the user in the current exercise elapsed time, when you do not exceed the appropriate range from the target exercise intensity does not change the music tempo.

図示の例は、ジョギングモードの主運動段階における動作の具体例であって、目標運動強度を、70[%]とし、適正範囲は、これを基準に65[%]以上、75[%]以下としている。 The illustrated example is a specific example of the operation of the primary motion stage jogging mode, the target exercise intensity, and 70%, appropriate range, based on the this 65% or more, 75% or less It is set to. また、目標運動強度70[%]を基準に85[%]を上に超える範囲、55[%]を下に超える範囲を警告範囲としている。 Further, range exceeding target exercise intensity 70 [%] on the 85 [%] as a reference, and the warning range the range above under the 55 [%].
上述した適正範囲、警告範囲は、「目標運動強度」からの差で決めているが、「目標運動強度」からこの「目標運動強度」の所定比%としてもよい。 Appropriate range described above, warning range is determined by the difference between the "target exercise intensity" but may be a predetermined ratio% of "target exercise intensity" from the "target exercise intensity".
なお、ジョギングモードのウォーミングアップ段階において、適正範囲は、(現時点における目標運動強度−5)[%]以上、75[%]以下としている。 Note that in the warm-up phase of the jogging mode, the proper range is not more than (the target exercise intensity -5 at the present time) [%] or more, 75 [%]. 警告範囲は、85[%]を上に超える範囲、(現時点における目標運動強度−15)[%]を下に超える範囲としている。 Warning range is a range exceeding the upper 85%], and the range exceeding the lower (target exercise intensity -15 at present) [%].
ジョギングモードのクールダウン段階においては、警告範囲のみを設定し、75[%]を上に超える範囲としている。 In the cool down phase of the jog mode, sets only warning range, and the range exceeding the upper 75%.

実績運動強度が、例えば、最初67[%](実績心拍数138[bpm])(黒四角)であって、この値から、51[%](実績心拍数120[bpm])(白四角)に変化した結果、下側の警告範囲に入ったとき、実績運動強度と目標運動強度との差を縮めるように、音楽テンポの値を直ちに変更する。 Actual exercise intensity, for example, initially 67 [%] (Actual heart rate of 138 [bpm]) A (filled squares), from this value, 51 [%] (Actual heart rate of 120 [bpm]) (open squares) as a result of changes, when it enters the lower side of the warning range, so as to reduce the difference between the actual exercise intensity and the target exercise intensity, immediately change the value of the music tempo.
例えば、現在の音楽テンポの指示値が165[bpm]であって、この値を基準とする所定範囲(1)(165−165×0.03以上165+165×0.03以下)にある音楽テンポ167[bpm](白丸、一点鎖線)を有する音楽データCが現に再生されている。 For example, a command value of the current music tempo 165 [bpm], the predetermined range (1) relative to the this value music tempo 167 in (165-165 × 0.03 or 165 + 165 × 0.03 or less) [bpm] ( open circles, music data C having a one-dot chain line) is being played currently. このとき、音楽データCの音楽テンポ167[bpm]を、図示矢印のように直ちに5[%]上げた値、すなわち、167×1.05=175[bpm](破線)の音楽テンポを指示する。 At this time, the music tempo 167 [bpm] of the music data C, immediately 5 [%] increased value as shown by the arrow, i.e., instructs the music tempo of 167 × 1.05 = 175 [bpm] (dashed line).

音楽テンポの値が新たに指示されたとき、図8(再生処理)のS78からS74を経て、S69において曲選択フラグがONとなる。 When the music tempo value is instructed newly, via S74 from S78 of FIG. 8 (reproduction process), song selection flag is ON in S69. その結果、図6(メイン処理)のS37の詳細を示す、後述する図13(曲選択)のS105において、指示された音楽テンポの値175[bpm]を基準とする所定範囲(2)(175±175×0.03)内にある音楽データが選択され、再生が開始される。 The results show the S37 in detail in FIG. 6 (main process), in S105 of FIG. 13 described later (song selection), the predetermined range (2) relative to the value 175 of the indicated music tempo [bpm] (175 music data in the ± 175 × 0.03) within is selected, reproduction is started.

その音楽テンポ値177[bpm](白丸)を有する音楽データDが、図13(曲選択)における音楽テンポの値以外の選択条件も満足したときには、この音楽データDが最終的に選択され、音楽データ再生回路(図5の20)において再生される。 The music data D having music tempo value 177 [bpm] (the open circles), but when also satisfied the selection criteria other than music tempo value in FIG. 13 (song selection), the music data D is finally selected, music It is reproduced in the data reproducing circuit (20 in FIG. 5).
一方、実績運動強度が、例えば87[%](実績心拍数160[bpm])となって上側の警告範囲に入ったときは、音楽テンポの指示値を、音楽データCの音楽テンポ167[bpm]を直ちに5[%]下げた値の音楽テンポを指示する。 On the other hand, the actual exercise intensity is, for example, 87 [%] (Actual heart rate of 160 [bpm]) and when entering the upper warning range so is the indicated value of the music tempo, music tempo 167 of music data C [bpm ] immediately 5 [%] to instruct the music tempo of value was lowered.

使用者の実績運動強度(実績心拍数)が警告範囲に入らなければ、音楽データCが所定の再生終了位置になるまで再生される。 In actual exercise intensity of a user (actual heart rate) is not entered in the warning range, music data C is reproduced until the predetermined regeneration end position. この再生終了位置になる前に、実績運動強度が60[%](実績心拍数130[bpm])に変化し、警告範囲には入らないものの、適正範囲の下方にあるときは、指示する音楽テンポの値を、実績運動強度が外れた方向に応じて変更する。 Before the playback end position, changes in the actual exercise intensity is 60 [%] (Actual heart rate of 130 [bpm]), but does not enter the warning range, when the bottom of the proper range, instructs music the value of the tempo is changed in accordance with the direction in which the actual exercise intensity is out.
図示の例では、音楽テンポの指示値を、現に再生されている音楽データCの音楽テンポ167[bpm](白丸)を基準に5[%]上げる。 In the illustrated example, an indication of the music tempo, currently music tempo 167 of music data C is reproduced [bpm] (open circles) criteria 5 [%] to raise. 一方、適正範囲の上方に変動したときは、音楽テンポの指示値を、音楽データCの音楽テンポ値167[bpm]を基準に5[%]下げた値とし、現に再生されている音楽データの再生が終了した後に再生する音楽テータを選択する際の条件とする。 Meanwhile, when the change over the appropriate range, the music tempo indicated value, the music data C music tempo value 167 to a value lower [bpm] 5 [%] based on, of the music data being currently reproduced a condition for when selecting a music stator to play after the play has ended.
一方、実績運動強度が適正範囲内にあるとき、指示する音楽テンポの値を変更することなく、次の曲選択を行う。 On the other hand, when the actual exercise intensity is within a proper range, without changing the music tempo value of instructions, and the next song selection.

現に再生されている音楽データCの再生位置が再生終了位置(図4)になると、図8(再生処理)のS78から、S74,S62〜S68を経て、S69において曲選択フラグがONとなる。 When the playback position of the music data C being currently reproduced is finished playing position (Fig. 4), from S78 of FIG. 8 (regeneration process), S74, via S62~S68, song selection flag is ON in S69.
その結果、後述する図13(曲選択)のS105以降の処理において、変更後の音楽テンポの指示値の±3[%]の範囲内に、その音楽テンポ値177[bpm]を有し、音楽テンポの値以外の選択条件も満足する音楽データDが選曲され、音楽データDの再生が開始される。 As a result, in the processing of S105 onward in FIG 13 described later (song selection), within the range of ± 3 [%] of the indicated value of the music tempo after the change has its music tempo value 177 [bpm], Music music data D also satisfy the values ​​other than the selection condition tempo is music selection, reproduction of the music data D is started.
なお、再生を開始したときも、S69に処理を進めて、曲選択フラグをONにして、曲選択を行う。 Even when starting playback, it proceeds to S69, and the music selection flag to ON, perform the song selection.

上述した所定範囲(1),(2)は、現に指示されている「音楽テンポの値」±(この「音楽テンポの値」の所定比%)としているが、この「音楽テンポの値」±(所定差)としてもよい。 Above predetermined range (1), (2) have a currently are designated "music tempo value" ± (predetermined ratio% of the "value of the music tempo"), "music tempo value" This ± (predetermined difference) may be. この「音楽テンポの値」と略同じ値となる範囲であればよい。 This may be any substantially in the range having the same value as the "value of the music tempo."
一方、音楽テンポの指示値は、現に再生されている音楽データCの音楽テンポを基準に所定値を加減算した値としてもよい。 On the other hand, the indicated value of the music tempo may be a value obtained by adding or subtracting a predetermined value based on the music tempo of the music data C that is currently playing.

図12は、図8(再生処理)のS78(アシストモードにおける音楽テンポ指示)を具体例で示す第2の説明図である。 Figure 12 is a second explanatory diagram showing a concrete example S78 (the music tempo specifying in the assist mode) of FIG. 8 (reproduction process).
運動開始時において指示される音楽テンポ初期値[bpm]、最速音楽テンポの値は、図10(b),(c)を参照して説明したように、運動前の設定項目の値に基づいた値が設定されている。 Music tempo initial value indicated at the time of start of exercise [bpm], the value of the fastest music tempo, FIG. 10 (b), the as described with reference to (c), based on the value of the setting item before exercise value is set.
また、指示される音楽テンポの値は、目標運動強度の設定値に応じて指示される。 The value of music tempo indicated is indicated in accordance with the set value of the target exercise intensity.
ここで、アシストモードにおける再生においては、図7(機器設定)のS44,S45において検出した、ペースアップ/ペースダウン操作により、図8(再生処理)のS78において、音楽テンポを使用者に適した値に修正して指示できるようにする。 Here, in the reproduction in the assist mode, it was detected in S44, S45 of FIG. 7 (device setting), the pace / pace down operation, in S78 of FIG. 8 (reproduction process), suitable music tempo to the user to be instructed to fix the value.

図12(a)は、ペースアップ/ペースダウン操作による、音楽テンポの値を修正変更する処理を具体例で示す説明図である。 12 (a) is, by pace / pace down operation is an explanatory diagram showing a concrete example processing for changing modifies the value of the music tempo. 図中、縦軸は音楽テンポである。 In the figure, the vertical axis is a music tempo.
まず、図12(a)の下方を参照し、初期音楽テンポの修正について説明する。 First, with reference to the lower of FIG. 12 (a), it is described modification of the initial music tempo.
初期音楽テンポ値は145[bpm]に設定されており、ウォーミングアップ段階の開始時、すなわち、運動開始時に指示され、図8(再生処理)のS78からS74を経て、S69において曲選択フラグがONとなる。 Initial music tempo value 145 is set to [bpm], at the beginning of the warm-up stage, i.e., indicated at the start of exercise, via S74 from S78 of FIG. 8 (reproduction process), song selection flag and ON in S69 Become.
その結果、図6(メイン処理)のS37の詳細を示す、後述する図13(曲選択)のS105以降の処理において、この初期音楽テンポ値を中心とする範囲(1)(145−145×0.03[bpm]以上145+145×0.03[bpm]以下)であって、音楽テンポの値以外の選択条件も満足する音楽データ、例えば、音楽テンポ値146[bpm]の音楽データEが選択されている。 The results show the S37 in detail in FIG. 6 (main process), in the processing of S105 onward in FIG 13 described later (song selection), the range centered on this initial music tempo value (1) (145-145 × 0.03 [bpm] or 145 + 145 × 0.03 a [bpm] or less), the music data is also satisfied the selection criteria other than music tempo value, for example, has been selected music data E of the music tempo value 146 [bpm].

使用者がペースアップ操作又はペースダウン操作を行うと、図7(機器設定)のS46において、ペースアップフラグ又はペースダウンフラグがONとなる。 When the user performs the pace up operation or slow down the operation, in S46 in FIG. 7 (device setting), pace flag or slow down flag is turned ON.
図8(再生処理)のS78において、運動開始後30秒以内に、ペースアップフラグ又はペースダウンフラグがONになった場合、それぞれ、音楽テンポの値を、現に再生されている音楽データEの音楽テンポ値146[bpm]を5%上げた値(146+146×0.05[bpm])又は5%下げた値(146−146×0.05[bpm])とする。 In S78 of FIG. 8 (regeneration process), within 30 seconds after the start of exercise, if the pace flag or slow down flag is turned ON, respectively, the value of the music tempo, the music data E that is currently reproduced music tempo value 146 [bpm] 5% up value (146 + 146 × 0.05 [bpm]) or 5% lower value (146-146 × 0.05 [bpm]) to.
この処理を終了した後は、ペースアップフラグ又はペースダウンフラグをOFFに戻す。 After the completion of this process returns the pace flag or slow down flag to OFF.

図示の例は、運動開始後30秒以内に、ペースダウンフラグがONになった場合であり、音楽テンポの値を139[bpm]に修正する。 In the illustrated example, within 30 seconds after the start of exercise, a case in which slow down flag is turned ON, to modify the value of the music tempo to 139 [bpm].
図8(再生処理)のS78からS74を経て、S69において曲選択フラグがONとなり、図6(メイン処理)のS37の詳細を示す、後述する図13(曲選択)のS105以降の処理において、修正された音楽テンポの値を139[bpm]を中心とする±3%の範囲(2)内に、その音楽テンポ値140[bpm]を有し、音楽テンポの値以外の選択条件も満足する音楽データFが新たに選択され、その再生が開始される。 8 (reproduction process) S78 through S74 from the song selection flag is turned ON in S69, indicating the S37 in detail in FIG. 6 (main processing), the processing after S105 of FIG. 13 described later (song selection), in modified range of ± 3% about the a 139 [bpm] music tempo value (2), having the music tempo value 140 [bpm], also satisfies the values ​​other than the selection condition of music tempo music data F is newly selected, the reproduction is started.
運動開始後30秒以内に、再度、ペースアップフラグ又はペースダウンフラグがONになった場合は、現に再生されている音楽データ、例えば、上述した音楽データFの音楽テンポ値140[bpm]を基準に、これを5%上げた値又は5%下げた値の音楽テンポを指示する。 Within motion start after 30 seconds, again, when the pace flag or slow down flag is turned ON, currently reproduced by which music data, for example, music tempo value 140 based on the [bpm] of the music data F as described above in, which directs the music tempo of 5% up value or 5% lower value.

次に、図12(a)の上方を参照し、最速音楽テンポ値が指示されているときの処理を説明する。 Next, with reference to the upper of FIG. 12 (a), illustrating a process when the fastest music tempo value is indicated.
ジョギングモードにおける最速音楽テンポの値200[bpm]が現に指示されているとき、この値を基準に200−200×0.03[bpm]以上200+200×0.03[bpm]以下の範囲(5)内に音楽テンポ値を有する音楽データが選択されている。 When the value 200 [bpm] fastest music tempo in the jogging mode is instructed fact, music tempo 200-200 × 0.03 [bpm] or 200 + 200 × 0.03 [bpm] following ranges (5) in relative to this value music data having a value is selected. 例えば、音楽テンポ198[bpm]の音楽データGが選択されている。 For example, it is selected music data G of the music tempo 198 [bpm].

ペースアップフラグがONになったとき、図8(再生処理)のS78において、指示する音楽テンポの値を、現に再生されている音楽データGの音楽テンポ値198[bpm]を5%上げた値に修正変更する。 When pace flag is turned ON, in S78 of FIG. 8 (reproduction process), the music tempo value which instructs was actually increased 5 percent music tempo value 198 of the music data G that is being reproduced [bpm] value to correct change to. 処理を終了した後、フラグをOFFに戻す。 After completing the process, return the flag to OFF.
一方、ペースダウンフラグがONになったときは、指示する音楽テンポの値を、現に再生されている音楽データGの音楽テンポ値198[bpm]を5%下げた値とする。 On the other hand, when the slow down flag is turned ON, the music tempo value for instructing, currently a music tempo value 198 [bpm] 5% lower value of the music data G that is being reproduced. 処理を終了した後、フラグをOFFに戻す。 After completing the process, return the flag to OFF.

図示の例は、ペースアップフラグがONになった場合であり、指示する音楽テンポの値を、208[bpm]に修正する。 In the illustrated example, the case where the pace up flag is turned ON, the music tempo value for instructing to modify the 208 [bpm].
図8(再生処理)のS78からS74を経て、S69において曲選択フラグがONとなり、図6(メイン処理)のS37の詳細を示す、後述する図13(曲選択)のS105以降の処理において、指示された音楽テンポの値208[bpm]を中心とする±3%の範囲(6)内に、その音楽テンポ値209[bpm]を有し、音楽テンポの値以外の選択条件も満足する音楽データHが新たに選択され、その再生が開始される。 8 (reproduction process) S78 through S74 from the song selection flag is turned ON in S69, indicating the S37 in detail in FIG. 6 (main processing), the processing after S105 of FIG. 13 described later (song selection), within ± 3% of the range centered on the value of the indicated music tempo 208 [bpm] (6), music whose music tempo value 209 has a [bpm], also satisfies selection criteria other than the value of the music tempo data H is newly selected, the reproduction is started.

最速音楽テンポの値が現に指示されているときに、再度、ペースアップフラグ又はペースダウンフラグがONになった場合、現に再生されている音楽データ、例えば、上述した音楽データHの音楽テンポ値209[bpm]を基準に、これを再度、5%上げた値又は5%下げた値の音楽テンポを指示する。 When the value of the fastest music tempo is indicated fact, again, if the pace flag or slow down flag is turned ON, the music data being currently reproduced, for example, music tempo value of the music data H as described above 209 relative to [bpm], which again indicates the music tempo of 5% up value or 5% lower value.
なお、ペースアップ操作がされた時には、次にはペースダウン操作しかできないようにし、ペースダウン操作がされた時には、次にはペースアップ操作しかできないようにすることにより、最速音楽テンポの値の変更制御を制限してもよい。 It should be noted that, when the pace-up operation has been made, so can not only slow down operation to the next, when the pace down operation has been made, by the way can only pace up operation to the next, change the value of the fastest music tempo control may be limited.

次に、図12(a)の中央を参照し、ジョギングモードでの処理を説明する。 Next, with reference to the center of FIG. 12 (a), illustrating a process in the jog mode.
現在の音楽テンポ値として165[bpm]が設定されているとき、この設定値から±3[%]の範囲(3)内の曲が選択されている。 When 165 [bpm] as the current music tempo value is set, the songs in the range of ± 3 [%] (3) is selected from the set value. 例えば、音楽テンポ166[bpm]の音楽データIが選択されている。 For example, it is selected music data I of the music tempo 166 [bpm].
ペースアップフラグ又はペースダウンフラグがONになった場合、図8(再生処理)のS78において、指示する音楽テンポの値を、直ちに、現に再生されている音楽データIの音楽テンポ値の5%アップ又は5%ダウンさせた値とする。 If pace flag or slow down flag is turned ON, in S78 of FIG. 8 (reproduction process), the music tempo value which instructs immediately, currently 5% up music tempo value of the music data I being played or 5% value was down. この処理が終了した後は、ペースアップフラグ又はペースダウンフラグをOFFに戻しておく。 After this processing is finished, keep back the pace flag or slow down flag to OFF.

図示の例は、ペースアップフラグがONになった場合であり、指示する音楽テンポの値を174[bpm]にする。 In the illustrated example, the case where the pace up flag is turned ON, the music tempo value which instructs to 174 [bpm].
図8(再生処理)のS78からS74を経て、S69において曲選択フラグがONとなる。 S78 through S74 from FIG. 8 (reproduction process), song selection flag is ON in S69. その結果、図6(メイン処理)のS37の詳細を示す、後述する図13(曲選択)のS105以降の処理において、この音楽テンポ値174[bpm]を中心とする±3%の範囲(4)内に、その音楽テンポ値176[bpm]を有し、音楽テンポの値以外の選択条件も満足する音楽データJが新たに選択され、その再生が開始される。 As a result, showing the details of S37 in FIG. 6 (main processing), the processing after S105 of FIG. 13 described later (song selection), the range of ± 3% around the music tempo value 174 [bpm] (4 ) in the having the music tempo value 176 [bpm], the value other than the selection condition of the music tempo is music data J is newly selected to satisfy, the reproduction is started.
図12(a)における上述した所定範囲(1)〜(6)は、現に指示されている「音楽テンポの値」から±(この「音楽テンポの値」の所定比%)としているが、この「音楽テンポの値」±(所定差)としてもよい。 Predetermined range described above in FIG. 12 (a) (1) ~ (6), which is set to ± (predetermined ratio% of "music tempo value") from the "music tempo value" which is instructed fact, this it may be used as the "music tempo of the value" ± (predetermined difference).

上述したように、使用者がペースアップ/ペースダウン操作をしたとき、音楽テンポの指示値を直ちに変更した。 As mentioned above, when the user has the pace up / slow down operation, and immediately change the indicated value of the music tempo. しかし、音楽テンポが直ちに変更されても、その後の音楽テンポ値の指示値は、依然として、使用者の実績運動強度が目標運動強度を基準とした適正範囲になるようにする値であるから、使用者は、何度も、ペースアップ/ペースダウン操作をしなければならない。 However, even if the music tempo are changed immediately, the indicated value of the subsequent music tempo value, still, since a value proven exercise intensity of a user is made to be in a proper range based on the target exercise intensity, using who, many times, must be the pace up / slow down operation.

そこで、アシストモードにおいて、使用者がペースアップ/ペースダウン操作をしたときに、目標心拍数を変更する処理を行う。 Accordingly, in the assist mode, when the user has the pace / pace down operation, performs a process of changing the target heart rate.
なお、主運動段階における、使用者がペースアップ/ペースダウン操作に対してのみ、目標心拍数を変更する処理を行うように機能制限してもよい。 The main in motion stage, only to the user pace / slow down operations, may function restriction to perform a process of changing the target heart rate.
図12(b)は、アシストモードにおける運動計画を変更する処理の説明図である。 12 (b) is an explanatory view of a process for changing the exercise project in the assist mode.
使用者の現在の実績運動強度は、67[%](実績心拍数138[bpm])である。 Current performance exercise intensity of a user is 67 [%] (Actual heart rate of 138 [bpm]). ここで、使用者がペースアップ操作又はペースダウン操作をしたとすると、図12(a)の中央に示したように、再生される音楽データが有する音楽テンポが変更される。 Here, when the user to have the pace up operation or slow down the operation, as shown in the center of FIG. 12 (a), the music tempo with the music data to be reproduced is changed. 使用者は、再生される音楽データが有する音楽テンポに追従して反復運動テンポを変更するから、使用者の実績心拍数が変化することになる。 The user, because changes the repetitive exercise tempo to follow the music tempo with the music data to be reproduced, so that the actual heart rate of the user is changed.

ペースアップ/ペースダウン操作後に検出される、実績心拍数の変化後の値、図示の例では、150[bpm]を取得する。 Detected after pace / slow down operations, the actual heart rate values ​​after the change, in the illustrated example, to obtain a 150 [bpm]. 実績心拍数の変化後の値を検出するには、例えば、実績心拍数が変化したと推測される所定時間後の実績心拍数の値を検出すればよい。 To detect the value after the change of the actual heart rate, for example, it may be detected actual heart rate value after a predetermined time which is estimated to actual heart rate has changed.
取得した実績心拍数の値150[bpm]が目標運動強度70[%]となる運動計画を作成する。 Acquired actual heart rate value 0.99 [bpm] creates a movement plan which is a target exercise intensity of 70%.
以後は、ペースアップ/ペースダウン操作後の実績心拍数を目標心拍数とする運動計画に修正して音楽テンポの値を指示するから、使用者の運動能力に適合した音楽テンポが指示される。 After that, because to correct the actual heart rate after the pace up / slow down operation in motion plans to target heart rate to indicate the value of the music tempo, music tempo adapted to the user of the exercise capacity is indicated.

図示の例では、ペースアップ/ペースダウン操作後の実績心拍数150[bpm]が、目標運動強度70[%]に対応する目標心拍数になるように、運動強度100[%]に対応する最大心拍数の設定値を188[bpm]にする。 Up In the illustrated example, the pace / pace down operation after the actual heart rate of 0.99 [bpm] is, so that the target heart rate corresponding to the target exercise intensity of 70%, corresponding to exercise intensity 100 [%] heart rate setting to 188 [bpm]. その結果、運動強度と心拍数の間の換算率が変更される。 As a result, conversion rate between exercise intensity and heart rate are changed.
ここで、上述した最大心拍数は、式(1)を用いて暦年齢から推定していた。 Here, the maximum heart rate described above, was estimated from the chronological age using Equation (1). 従って、上述したように最大心拍数を変更するということは、暦年齢を変更することに相当する。 Therefore, the fact that changing the maximum heart rate as described above is equivalent to changing the chronological age. 変更後の暦年齢を体力年齢と言い換えると、体力年齢に従った運動計画に従って、音楽テンポを指示することになる。 In other words the chronological age of the post-change physical age, according to the exercise plan in accordance with the physical age, it will direct the music tempo. 図示の例では、体力年齢を32才に修正することになる。 In the illustrated example, it will modify the physical age to 32 years.

運動期間中の以後の期間においては、運動強度と心拍数の間の換算率が修正されるから、実績心拍数の値が以前と同じであっても、実績運動強度の値が変化する。 In the subsequent period during exercise periods, since conversion factor between exercise intensity and heart rate is corrected, the actual heart rate be the same as before, the value of the actual exercise intensity changes. 変化した実績運動強度を、変更されていない目標運動強度を基準に適正範囲にあるか、警告範囲にあるかを判定することにより、音楽テンポの値を指示する。 Altered performance exercise intensity, it is in a proper range relative to the unmodified target exercise intensity, by determining whether the warning range, and instructs the music tempo value.
なお、実績心拍数を用いる場合は、実績心拍数を修正された目標心拍数を基準に比較することになる。 In the case of using the actual heart rate will be compared on the basis of the target heart rate that is corrected actual heart rate.

図12(a)を参照して説明した、運動開始後30秒以内に、初期音楽テンポ値145[bpm]を修正して音楽テンポを指定した結果、再生されることになった音楽データFの音楽テンポ値140[bpm]を、運動開始時の初期音楽テンポ値(運動目標パラメータ)として、1運動期間が終了した時にフラッシュROM(図5の12)に保存しておけば、次回以降の運動時において、使用者の運動能力に応じて修正された初期音楽テンポ値を用いることができる。 Figure 12 has been described (a), the within 30 seconds after the start of exercise, the initial music tempo value 145 [bpm] result of specifying music tempo correct the, music data F which is to be reproduced the music tempo value 140 [bpm], as the initial music tempo value at the beginning of exercise (exercise goal parameter), if stored in the flash ROM (12 in FIG. 5) when 1 exercise period ends, the next time motion during, it is possible to use the initial music tempo value that has been modified in accordance with the user's exercise capacity.
なお、初期音楽テンポ値145[bpm]を修正して指定した音楽テンポ値を運動開始時の初期音楽テンポ値として保存した場合でも、数値自体は余り変わらない。 It should be noted that, even if you have saved the initial music tempo value 145 [bpm] music tempo value specified by modifying the as initial music tempo value at the time of the start of exercise, the number itself does not change much. しかし、実際に再生されて使用者が聴いていた音楽データが有する音楽テンポ値の値を保存する方が、好ましい。 However, better to store the value of music tempo values ​​that have actually reproduced by music data the user was listening are preferred.

同様に、図12(a)を参照して説明した、運動主段階における最速音楽テンポを修正して音楽テンポを指定した結果、再生されることになった音楽データHの音楽テンポ値209[bpm]を、運動主段階における最速音楽テンポ値(これも運動目標パラメータの一種といえる)として、1運動期間が終了した時にフラッシュROM(図5の12)に保存しておけばよい。 Similarly, as described with reference to FIG. 12 (a), the result of specifying the music tempo modify the fastest music tempo in motor main stage, the music tempo value of the music data H which is to be reproduced 209 [bpm ], and as the fastest music tempo value at the exercise main stage (which can be said as a sort of motion target parameters), it is sufficient to store in the flash ROM (12 in FIG. 5) when 1 exercise period ends.
なお、最速音楽テンポ値を修正して指定した音楽テンポ値を最速音楽テンポ値として保存した場合でも、保存される数値自体は余り変わらない。 It should be noted that, even if you save the music tempo value specified by modifying the fastest music tempo value as the fastest music tempo, the numerical values ​​itself to be saved does not change much. しかし、実際に再生されて使用者が聴いていた音楽データが有する音楽テンポ値の値を保存する方が、好ましい。 However, better to store the value of music tempo values ​​that have actually reproduced by music data the user was listening are preferred.

一方、図12(b)を参照して説明した、主運動段階における音楽テンポの修正については、修正した年齢の値(身体情報)を、使用者の年齢(体力年齢)として、1運動期間が終了した時にフラッシュROM(図5の12)に保存しておけば、次回以降の運動時において、使用者の運動能力に応じて修正された運動計画に従って、音楽テンポ値が指定されることになる。 On the other hand, has been described with reference to FIG. 12 (b), the suggestions for correcting the music tempo in the main exercise stage, the revised values ​​of age (body information) as the age of the user (physical age), one exercise period if you save to flash ROM when you end (12 of FIG. 5), at the time of the next and subsequent exercise, in accordance with the modified exercise plan in response to the user of the exercise capacity, so that the music tempo value is specified . なお、年齢の値に代えて、最大心拍数(運動目標パラメータ)を修正して保存してもよい。 Instead of the value of age, it may be stored to correct the maximum heart rate (movement target parameters).

使用者の体調は、その日その日で変化する。 Physical condition of the user, changes in the day that day. そのため、運動終了後に確認メッセージを表示し、運動者がこれらの修正された初期音楽テンポ値、運動主段階における最速音楽テンポ値といった運動目標パラメータ、使用者の年齢(体力年齢)といった身体情報の保存を許可した場合に、変更された設定値を保存することが望ましい。 Therefore, to display a confirmation message after the end of the exercise, initial music tempo value exerciser is these modifications, exercise target parameters, such as the fastest music tempo value in motion main stage, preservation of physical information such as the age of the user (physical age) If you allow, it is desirable to store the changed setting value.

図13は、図6(メイン処理)のS37(曲選択処理)を説明するフローチャートである。 Figure 13 is a flowchart for explaining the S37 (song selection process) in FIG. 6 (main processing).
この処理は、再生の開示時、音楽テンポを直ちに変更する指示があったとき、又は、現に再生されている音楽データが再生終了位置になったときに、図8(再生処理)のS69において、曲選択フラグがONとなることにより実行される。 This process, when disclosure of the reproduction, when an instruction to immediately change the music tempo, or, when the music data being currently reproduced reaches the playback end position, in S69 of FIG. 8 (regeneration process), is performed by the song selection flag is turned ON.
音楽データを選択するために参照される条件は、次の通りである。 Conditions referred to select the music data is as follows. 上位の条件を満たすものが再生候補リストに登録され、登録されたものの中から、次の順位の条件を満たすものに絞り込まれる。 Those upper satisfy the are registered in the play candidate list, from among those registered, it is narrowed down to satisfy the condition of the next rank.

S101〜S109において判定する第1の条件は、図1,図2を参照して説明した第1の機能と関係する。 The first condition for determining the S101~S109 is 1, associated with the first function explained with reference to FIG. あらかじめ優先確率が設定されたデータ形式(波形データ形式又は演奏データ形式)の音楽データであって、かつ、指示された音楽テンポ値と略同じ音楽テンポの音楽データであるという条件である。 A music data of a preset priority probability data format (waveform data format or the performance data format), and is a condition that substantially is music data of the same music tempo as indicated music tempo value.
S111〜S112において判定する第2の条件は、これまでの再生回数が少ない音楽データを選択するという条件である。 The second condition is determined in S111~S112 is a condition that this selection until the music data reproduction count is little.
S114において判定する第3の条件は、図1,図2を参照して説明した第2の機能、第4の機能と関係する。 The third condition is determined in S114 is 1, the second function described with reference to FIG. 2, associated with the fourth function. 使用者によりホールド操作された再生音楽データの曲調評価パラメータと略同じ曲調評価パラメータを有する音楽データであるという条件、又は、運動に適した曲調評価パラメータを有する音楽データであるという条件である。 Condition that is music data having substantially the same melody evaluation parameters and tune the evaluation parameter of the reproduced music data hold operation by a user, or a condition that is a music data having the tune evaluation parameters suitable for the movement.
S116において判定する第4の条件は、図1,図2を参照して説明した第3の機能と関係する。 The fourth condition is determined in S116 is 1, associated with the third function described with reference to FIG.
使用者が好む曲を学習した結果得られる再生優先度ポイントに応じた再生確率で音楽データが選択されるという条件である。 It is a condition that the music data in the reproduction probability corresponding to the reproduction priority points obtained as a result of learning the music the user likes is selected.

以下、順を追って説明する。 Hereinafter, the step-by-step instructions.
S101において、再生候補リストを初期化する。 In S101, it initializes the reproduction candidate list.
S102において、波形データ形式を優先する設定(図7(機器設定)のS58)であれば、S103に処理を進め、ミュージック・リスニングモードであれば、S104に処理を進め(この実施の形態では音楽テンポの値を条件としない)、S110以降の処理を波形データ形式の音楽データを処理対象として行い、そうでなければ、S105に処理を進める。 In S102, if the set priority waveform data format (S58 in FIG. 7 (device setting)), the process proceeds to S103, if the music listening mode, the process proceeds to S104 (music in this embodiment not the value of the tempo and conditions), the S110 subsequent processing music data of waveform data format for processing, otherwise, the process proceeds to S105.
S105においては、フラッシュROM(図5の12)に保存されている複数の波形データ形式音楽データの中に、指示された音楽テンポの所定範囲内に、その音楽テンポの値を有する音楽データがあるか否かを判定する。 In S105, among a plurality of waveform data format music data stored in the flash ROM (12 in FIG. 5), within a predetermined range of the designated music tempo, a music data having the value of the music tempo determines whether or not the.

ここで、音楽テンポの値は、既に説明したように、図7のS51、又は、図8のS73又はS78においての指示される。 Here, music tempo value, as already described, S51 of FIG. 7, or is an instruction in S73 or S78 of FIG. 8. 直ちに変更するように指示される場合と、現に再生されている音楽データが再生終了位置になった後の次の音楽データを選択するときに指示される場合がある。 And when it is instructed to change immediately, there is a case where the music data being currently reproduced is instructed to select the next music data after becoming playback end position.
図9、図11、図12を参照して具体例を示したように、「指示された音楽テンポの値」に対し、例えば、「指示された音楽テンポの値」−3[bpm]以上、「指示された音楽テンポの値」+3[bpm]以下の範囲内に、その音楽テンポ値を有する波形データ形式の音楽データがあるか否かを判定する。 9, as a specific example FIG. 11, with reference to FIG. 12, with respect to "indicated music tempo value", for example, "indicated music tempo value" -3 [bpm] above, determining in a "designated music tempo value" +3 [bpm] the range, whether there is music data of the waveform data type having the music tempo value.
指示された範囲内に、その音楽テンポの値を有する波形データ形式の音楽データが少なくとも1個あれば、S104に処理を進め、なければ、波形データ形式が優先される場合でもS106に処理を進め、演奏データ形式の音楽データを処理対象として、S110以降の処理をする。 Within the indicated range, if the music data of at least one waveform data type having a value of the music tempo, the process proceeds to S104, otherwise if, the process proceeds to S106 even if the waveform data format is prioritized , as a music data processed by the performance data format, the S110 and subsequent processing.

一方、上述したS102において、演奏データ形式を優先する設定(図7(機器設定)のS58)であれば、S107に処理を進め、優先選択確率が設定(図7(機器設定)のS58)されていれば、S108に処理を進め、その所定の優先選択確率に従って、優先設定を行う。 On the other hand, in S102 described above, if the set priority performance data format (S58 in FIG. 7 (device setting)), the process proceeds to S107, is set preference probability (S58 in FIG. 7 (device setting)) long as it advances the processing to S108, in accordance with the predetermined priority selection probability, performs priority setting.
例えば、波形データ形式の音楽データの選択確率が75%に設定されていれば、75%の確率でS109からS103に処理を進め、25%の確率でS109からS106に処理を進める。 For example, if the selection probability of the music data of waveform data format is set to 75%, the process proceeds from S109 to S103 75% chance, the process proceeds to S106 from S109 a 25% chance.

なお、上述した処理の前提として、指示され得る全ての値の音楽テンポに対し、指示された音楽テンポの値と略同じ値の音楽テンポ値を有する少なくとも1曲の演奏データ形式音楽データが保存されている。 Incidentally, as a premise of processing described above, with respect to music tempo of all the values ​​may be indicated, at least one song performance data format music data having a music tempo value of substantially the same value as indicated music tempo value is stored ing.
なお、複数の演奏データ形式音楽データを保存しておく代わりに、指示された音楽テンポの値を有する演奏データ形式の音楽データを、自動生成してもよい。 Instead to store a plurality of performance data format music data, the music data of performance data type having a value of the indicated music tempo, may be automatically generated. 曲調選択する場合は、指示される曲調を有する演奏データ形式の音楽データを、自動生成してもよい。 Tune If selected, the music data of performance data type having a tune indicated, may be automatically generated.
なお、保存された演奏データ形式の音楽データ、自動生成された演奏データ形式の音楽データのいずれにおいても、演奏データ形式の音楽データに音楽テンポ値の範囲を設定する場合は、後述するS111において、指示された音楽テンポ値が、演奏データ形式の音楽データに設定されている音楽テンポ値の範囲に含まれているものを選択する。 Note that music data stored performance data format, in any of the music data of the performance data format that is automatically generated when setting the range of the music data to the music tempo value of the performance data format in S111 to be described later, indicated music tempo value, selects those which are included in the scope of music tempo value set in the music data of performance data type.

S110において、ミュージック・リスニングモードでなければ、S111に処理を進め、指示された音楽テンポ値に対し、上述したS105と同じ条件(指示された音楽テンポの所定範囲内に、その音楽テンポの値を有する音楽データ)を満たす波形データ形式又は演奏データ形式の音楽データであって、再生回数の少ない音楽データを優先して、再生候補リストに登録し、S113に処理を進める。 In S110, if it is not the music listening mode, the process proceeds to S111, with respect to the indicated music tempo value, within a predetermined range of the music tempo same conditions (indicated as S105 described above, the value of the music tempo music data) the music data of the waveform data format or performance data format satisfying the having, with priority less music data of views, registered in the play candidate list, the process proceeds to S113. この処理の詳細は図15を参照して後述する。 Details of this processing will be described later with reference to FIG. 15.
一方、ミュージック・リスニングモードであれば、S112に処理を進め、全ての音楽データの中から、再生回数の少ないものを優先して再生候補リストに登録する。 On the other hand, if the music-listening mode, the process proceeds to S112, from among all of the music data, is registered in the playback candidate list by giving priority to those with less views. この処理は、S111において、音楽テンポを指定しない場合に相当するから、詳細な説明は省略する。 This process, in S111, since corresponds to the case where not specified music tempo, a detailed description thereof will be omitted.
なお、再生回数の少ないものを優先させるか否かを、使用者の操作により設定してもよい。 Incidentally, whether to prioritize with less views, it may be set by operation of the user.

S113において、自動曲調選択機能がON(図7(機器設定)のS58)であれば、S114に処理を進め、再生候補リストに登録された音楽データを最適な曲調のものに限定する。 In S113, the automatic tune selection function if ON (S58 in FIG. 7 (device setting)), the process proceeds to S114, limited to that of optimum melody music data registered in the play candidate list.
すなわち、S111又はS112において再生候補リストに登録された再生候補音楽データの中で、指示されている曲調評価パラメータの値と略同じ値の曲調評価パラメータを有するものに限定して登録しなおす。 In other words, in the reproduction candidate music data registered in the reproduction candidate list in S111 or S112, re-registration is limited to one having a tune evaluation parameters substantially equal to the value of the music tone evaluation parameters are designated. 詳細な処理は、図16,図17を参照して後述する。 Detailed process will be described later with reference to FIG. 16, FIG. 17.

S115において、ランダム再生ON(図7(機器設定)のS58)であれば、S116に処理を進め、再生候補リストに登録されている1又は複数の音楽データの中から、再生優先度ポイントに応じた選択確率で1個の音楽データを選曲し、S118に処理を進める。 In S115, if the random play ON (S58 in FIG. 7 (device setting)), the process proceeds to S116, from among one or a plurality of music data are registered to the reproduction candidate list, according to the reproduction priority points and song selection one of the music data in the selection probability, the process proceeds to S118. 詳細な処理は、図18,図19を参照して後述する。 Detailed process will be described later with reference to FIG. 18, FIG. 19.
一方、ランダム再生OFFであれば、S117に処理を進め、再生候補リストに登録されている音楽データの中から、所定の条件、例えば、管理番号(図3に示した音楽管理データリストにおける管理番号)の値が最も小さい音楽データを選曲し、S118に処理を進める。 On the other hand, if the random play OFF, the process proceeds to S117, from among the music data registered in the reproduction candidate list, the predetermined condition, for example, management numbers in the music management data list shown control number (in FIG. 3 value of) is music selection smallest music data, the process proceeds to S118. なお、S112において、音楽データの再生回数の小さいものが再生候補リストに登録されるため、次にS112において処理されるとき、管理番号が最も小さい音楽データを選択するだけで、管理番号の順番で再生されることになる。 Incidentally, in S112, since having a small number of plays of the music data is registered in the reproduction candidate list, the next time they are processed in S112, by simply selecting the smallest music data management number, in the order of management numbers It will be reproduced.
S118においては、S116又はS117にて選択された音楽データを、図5のフラッシュROM12から読み出してRAM13に書き込んで、図6のS38に処理を戻す。 In S118, the music data selected in S116 or S117, writes to RAM13 are read from the flash ROM12 5, the process returns to S38 in FIG. 6.

図14は、図13(曲選択処理)のS111を説明するフローチャートである。 Figure 14 is a flowchart for explaining the S111 of FIG. 13 (song selection process).
S121において、全ての音楽データについて、S125までの処理を実行する。 In S121, for all the music data and performs the processing up to S125.
S122において、フラッシュROM(図5の12)に格納されている複数の波形データ形式音楽データの中に、指示された音楽テンポの値と略同じ値、言い換えれば、指示された音楽テンポの所定範囲内に、その音楽テンポ値を有するものを1曲ずつ抽出する。 In S122, among a plurality of waveform data format music data stored in the flash ROM (12 in FIG. 5), substantially the same value as indicated music tempo value, in other words, the indicated predetermined range of the music tempo within, to extract those with the music tempo value songs.

S123において、例えば、セッション(運動モードでは、1回の連続運動期間、ミュージック・リスニングモードでは1回の連続再生期間)中のこれまでの再生回数を検出する。 In S123, for example, (in the exercise mode, one continuous movement period, the music listening mode once continuous playback period) session to detect the reproduction count so far in. この再生回数は、図3に示した音楽管理データリストに保存されている。 The views are stored in the music management data list shown in FIG.
再生回数がK回(Kは正整数であって、初期値は1)未満であるときは、S124に処理を進め、再生候補リストに、この音楽データを追加し、一方、再生回数がK回以上であれば、S124を実行することなくS125に処理を進め、再び、S121に戻り、S122において、指示された音楽テンポの所定範囲内の音楽テンポ値を有する、次の音楽データを抽出し、以下、同様の処理を実行する。 Views is K times (K is a positive integer, the initial value is 1) when it is less than advances the processing to S124, the reproduction candidate list, and add the music data, whereas, viewership K times if more, the process proceeds to S125 without executing S124, again it returns to S121, in S122, a music tempo value in a predetermined range of the designated music tempo, and extracts the next music data, hereinafter, it executes the same processing.

Kが初期値1である場合は、S122で抽出された、指示された音楽テンポの所定範囲内にある全ての音楽データが未再生であるとき、S124に処理を進め、再生候補リストにこの音楽データを追加することになる。 If K is the initial value of 1 and extracted with S122, when all of the music data is within a predetermined range of the indicated music tempo is unplayed, the process proceeds to S124, the music playback candidate list It will add the data.
指示された音楽テンポの所定範囲内に音楽テンポ値のある全音楽データについて、上述した処理が終了したとき、S126に処理を進め、このとき、再生候補リストに登録されている音楽データの曲数を調べ、1曲以上あれば、S127に処理を進め、Kの値を初期値1に戻して、図13のS113に処理を戻す。 For all the music data in a predetermined range of the designated music tempo of the music tempo value, when the processing described above is finished, the process proceeds to S126, this time, the number of tracks of music data registered in the play candidate list the examined, if more than one track, the process proceeds to S127, and returns the value of K to an initial value 1, the process returns to step S113 of FIG. 13.

しかし、再生候補リストに登録されている音楽データが1曲もないとき、すなわち、指示された音楽テンポの所定範囲内にある音楽データは、全て1回以上再生していたときは、S128に処理を進め、K=K+1=2とし、再び、S121に処理を戻して、再度、S121〜S126の処理を実行する。 However, when there is no music data is one song that is registered in the reproduction candidate list, i.e., music data is within a predetermined range of the indicated music tempo, when being reproduced all more than once, the S128 process the advanced, and K = K + 1 = 2, again, and the process returns to S121, again executes the processing of S121~S126. この第2回目となる繰り返し処理においては、S123において、再生回数が2の音楽データが、再生候補リストに登録されることになる。 In the second round iterative process becomes, in S123, the music data reproduction number 2 will be registered in the play candidate list.

S126において、再生候補リストに登録されている音楽データが1曲もないとき、すなわち、指示された音楽テンポの所定範囲内にある音楽データは、全で2回以上再生していたときは、S128に処理を進め、K=K+1=3とし、再び、S121に処理を戻して、再度、S121〜S126の処理を実行する。 In S126, when no music data is one song that is registered in the reproduction candidate list, i.e., music data is within a predetermined range of the indicated music tempo, when being reproduced twice or more in total, the S128 the process proceeds to, and K = K + 1 = 3, again, and the process returns to S121, again executes the processing of S121~S126.
同様な繰り返し処理により、結局、指示された音楽テンポの所定範囲内にある音楽データのうち、これまでの1セッション中において、再生回数が最も小さな音楽データが、少なくとも1曲(最も小さな再生回数の音楽データが複数曲、存在する場合がある)選択されて、再生候補リストに登録されることになる。 By a similar iterative process, eventually, out of the music data is within a predetermined range of the designated music tempo, during one session of the past, the number of reproductions smallest music data, at least one song (the smallest Views music data a plurality of tracks may be present) is selected to be registered in the play candidate list.

図15は、図14のフローチャートにおける処理を具体例で示す説明図である。 Figure 15 is an explanatory diagram showing a concrete example processing in the flowchart of FIG. 14.
指示された音楽テンポの値が160であったとき、その所定範囲(−3%以上+3以下)である、音楽テンポ値155.2以上164.8以内にある音楽データについて、再生回数を示している。 When the value of the indicated music tempo was 160, its is a predetermined range (-3% or more +3 or less), the music data is within the music tempo value 155.2 or 164.8, shows the number of plays.
図示の例では、再生回数が最も小さい値が1であるから、音楽データの管理番号04,18,23,35,67,74,79,81が再生候補リストに登録される。 In the illustrated example, since the reproduction count is smallest value 1, control number 04,18,23,35,67,74,79,81 music data is registered in the reproduction candidate list.

図16は、図13のS114(再生候補リストの音楽データを最適な曲調のものに限定する処理)を説明するフローチャートである。 Figure 16 is a flowchart for explaining the S114 (process of limited to optimal melody music data reproduction candidate list) of FIG. 13.
図13のS113において、自動曲調選択がONであるとき、又は、ホールドフラグがONの場合に、以下の処理が実行される。 In S113 of FIG. 13, when the automatic tune selection is ON, the or if the hold flag is ON, the following process is performed.
図17は、図16のフローチャートにおける処理を具体例で示す説明図である。 Figure 17 is an explanatory diagram showing a concrete example processing in the flowchart of FIG. 16.
運動と曲調評価パラメータとの関係を表している。 It represents the relationship between the movement and the melody evaluation parameters. 図示の例では、曲調評価パラメータ(エキサイト度)を1以上100以下の整数値であるとし、この範囲を3領域に分割している。 In the illustrated example, the integer values ​​of 1 to 100, inclusive of tune evaluation parameter (Excite degree), which divides the range into three regions.
すなわち、ウォーミングアップ段階に適した曲調評価パラメータの範囲を70以上100以下とし、音楽のテンポを速く感じさせる曲調評価パラメータ値(アップテンポとなる値)を選択する。 That is, the range of the melody evaluation parameters suitable for warm-up phase and 70 or more and 100 or less, to select a tune evaluation parameter value feel fast music tempo (an up-tempo value).
クールダウン段階に適した曲調評価パラメータの範囲を1以上30未満とし、音楽のテンポを遅く感じさせる曲調評価パラメータの値(ダウンテンポとなる値)を選択する。 Cool the down phase 1 to less than 30 range of melody evaluation parameters suitable for, selecting the value of slow feeling makes melody evaluation parameter music tempo (the down tempo value).
通常(ノーマル)段階に適した曲調評価パラメータの範囲を30以上70未満とし、中間の範囲とする。 The range of melody evaluation parameters suitable for the normal (normal) phase is less than 30 more than 70, the intermediate range.

図16のS131において、ホールドフラグがONであれば、S132に処理を進め、現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータを基準にした所定範囲(例えば、−5を超えて+5以下の範囲)を指示する。 In S131 of FIG. 16, if the hold flag is ON, the process proceeds to S132, actually predetermined range relative to the melody evaluation parameter of the music data being played (e.g., ranges of +5 beyond -5) to instruct. S133において、ホールドフラグをOFFに戻してS134に処理を進める。 In S133, the process proceeds to S134 to return the hold flag to OFF.
一方、S131において、ホールドフラグがOFFであれば、S135に処理を進め、S135において、運動段階を判定する。 On the other hand, it is determined in S131, if the hold flag is OFF, the processing proceeds to S135, in S135, the motion stage.
判定の結果、ウォーミングアップ段階であれば、S136に処理を進め、図17に示す曲調評価パラメータの範囲(70以上100以下)を選択する。 Result of the determination, if the warm-up phase, the process proceeds to S136, to select the range (70 to 100) of the melody evaluation parameters shown in FIG. 17. クールダウン段階であれば、S138に処理を進め、図17に示す曲調評価パラメータの範囲(1以上30未満)を選択する。 If cool-down phase, the process proceeds to S138, to select a range of melody evaluation parameters shown in FIG. 17 (less than 1 or 30). その他のモード、すなわち、この実施の形態においては、アシストモードにおける主運動段階、フリーモード、又は、ミュージック・リスニングモードであれば、S137に処理を進め、図17に示した曲調評価パラメータの範囲(30以上70未満)を選択する。 Other modes, i.e., in this embodiment, the primary motion stage in the assist mode, free mode, or, if music listening mode, the process proceeds to S137, the melody evaluation parameters shown in FIG. 17 range ( selecting 30 or more and less than 70).

次に、S139に処理を進め、上述した運動段階が変化したか否かを判定する。 Then, the process proceeds to S139, determines whether the above-described movement stage is changed.
ここで、運動段階が変化したときはS104に処理を進め、上述したS136,S137,S138において選択された曲調評価パラメータ範囲を、そのまま、運動に適したものとして指示する。 Here, the process proceeds to S104 when the motion stage is changed, the tune evaluation parameter ranges selected in S136, S137, S138 described above, it is indicated as suitable for exercise. 運動段階が変化していなければ、さらに、S141に処理を進めて、運動ペースが変化したか否かを判定する。 If movement stage is not changed, further, it advances the process to S141, determines whether the exercise pace has changed. ミュージック・リスニングモードにおいては、運動ペースの変化無しと判定する。 In the music-listening mode, it is determined that no change of the exercise pace.

運動ペースは、フリーモードにおいては、反復運動テンポ検出器16(図5)により、いつも反復運動テンポが検出されているから、反復運動テンポの値が増加したときは、運動ペースが上がったと判定し、反復運動テンポの値が減少したときは、運動ペースが下がったと判定する。 Exercise pace is in the free mode, the repetitive motion tempo detector 16 (FIG. 5), always from repetitive motion tempo has been detected, when the value of the repetitive motion tempo is increased, it is determined that the exercise pace rose , it is determined that when the value of repetitive motion tempo has decreased, fell exercise pace.
一方、アシストモードにおいて、反復運動テンポを検出するようにすれば、フリーモードと同様に運動ペースが上がったか下がったかを判定できる。 On the other hand, in the assist mode, it suffices to detect the repetitive exercise tempo can determine whether lowered or raised is similarly exercise pace and the free mode.
しかし、反復運動テンポを検出しない場合は、心拍数検出器17(図5)により検出される実績心拍数が増加したときには運動テンポが上がったと判定し、実績心拍数が減少した時に運動テンポが下がったと判定する。 However, if you do not detect repetitive exercise tempo, when the actual heart rate detected by the heart rate detector 17 (FIG. 5) is increased, it is determined that went up exercise tempo, lowered exercise tempo when the actual heart rate was reduced It determines that.

運動ペースの変化率の値を3つの所定範囲に分けることにより、運動ペースのペースアップ、キープ、ペースダウンの判定を行う。 By dividing the value of the rate of change of motion pace three predetermined range, pace of exercise pace, keep, the determination of slow down performed. なお、フリーモードとアシストモードとで、相対範囲の設定値が異なっていてもよい。 In the free mode and the assist mode may be set value of the relative range are different.
S141において、ペースアップのときはS142に処理を進め、ペースアップ時に曲調評価パラメータを現在値から変更する所定の相対範囲(現在値を基準にした相対範囲)を選択する。 In S141, when the pace the process proceeds to S142, to select a predetermined relative range to be changed from the current value of the melody evaluation parameters when pace (relative range relative to the current value).
図17において、現在の運動段階に応じて、曲調評価パラメータの現在値として7通りの現在値a〜eを例示している。 17, depending on the current motion phase, illustrates the current value a~e seven kinds as the current value of the music tone evaluation parameter. 図示の例では、いずれの範囲にある現在値a〜eに対しても、相対範囲を曲調評価パラメータの現在値から+5を超えて+15以下の範囲としている。 In the illustrated example, even the current value a~e in any range, and the current value range from +5 to +15 or less beyond the relative range melody evaluation parameters.

S141において、キープ(運動ペース維持)のときは、S143に処理を進め、キープ時に曲調評価パラメータを現在値から変更する所定の相対範囲を選択する。 In S141, the keep when the (exercise pace maintained), the process proceeds to S143, to select a predetermined relative range to be changed from the current value of the melody evaluation parameters when the keep. いずれの範囲にある現在値a〜eに対しても、相対範囲を曲調評価パラメータの現在値から−5を超えて+5以下の範囲としている。 Also the current value a~e in any range, and the range of +5 to exceed -5 relative range of the current value of the music tone evaluation parameter.
一方、ペースダウン時には、S144に処理を進め、ペースダウン時に曲調評価パラメータを現在値から変更する所定の相対範囲を選択する。 On the other hand, during slow down, the process proceeds to S144, to select a predetermined relative range to change the tune evaluation parameters from the current value at the time of slow down. いずれの範囲にある現在値a〜eに対しても、相対範囲を曲調評価パラメータの現在値から+5を超えて+15以下の範囲としている。 Also the current value a~e in any range, and the relative range to the current range of +15 or less than the +5 value of melody evaluation parameter.

上述したS142〜S144から処理を進めるS140においては、S136〜S138において選択された運動段階に応じた曲調評価パラメータの範囲(絶対範囲)の条件と、S142〜S144において選択された範囲(相対範囲)の条件とを同時に満足するものを、運動に適した曲調評価パラメータの範囲として指示する。 In S140 to proceed from S142~S144 described above, and conditions selected range of motion out melody evaluation parameters corresponding to (the absolute range) in S136~S138, the selected range in S142~S144 (relative range) When satisfied, the conditions and at the same time, instructs a range of melody evaluation parameters suitable for the movement.
従って、図17に斜線を付した領域は、隣の運動段階に対応した曲調評価パラメータの範囲に移動するために除外される。 Thus, the shaded region in FIG. 17 is excluded to move in the range of melody evaluation parameters corresponding to the next phase of the movement.

図17に示した例では、クールダウン段階、ノーマル段階、ウォーミングアップ段階に適した曲調評価パラメータの範囲に重なりがない。 In the example shown in FIG. 17, there is no overlap cool down phase, normal phase, in the range of melody evaluation parameters suitable for the warm-up stage. しかし、部分的に重なるように範囲を設定してもよい。 However, it may be set the range to overlap partially.
また、ペースアップ時、キープ時、ペースダウン時の相対範囲を、現在値を中心に正負対称の範囲としたが、現在値を基準にするものの、正方向負方向に非対称であってもよい。 Also, during pace, time keeping, the relative range during slow down, but the range of positive and negative symmetrically about the current values, although based on the current value, the positive direction negative direction may be asymmetric. また、この相対範囲の幅を、ペースアップ時、キープ時、ウォームアップ時とで、それぞれに応じて異な長さにしてもよい。 Also, the width of the relative range, during pace, during keep, at the time of warm-up, may be a length different depending on each.

S134においては、再生候補リストに登録されている全音楽データにつき、以下のS148までの処理を繰り返し実行し、全音楽データについて同じ処理をした後は、S149に処理を進める。 In S134, per total music data registered in the reproduction candidate list, and repeatedly executes the processes up to the following S148, the after the same treatment for all the music data, the process proceeds to S149. 再生候補リストは、図13(曲選択)のS111(図14)において、音楽テンポ及び再生回数の条件を満たすものとして作成されている。 Play candidate list, in S 111 (FIG. 14) in FIG. 13 (song selection), it has been prepared as satisfying the condition of music tempo and play times.
S145においては、再生候補リストに掲載されている全音楽データの中から、音楽データを1曲ずつ抽出する。 In the S145, to extract from all the music data that has been posted on the playback candidate list, one by one song the music data.
S146において、抽出された音楽データの曲調評価パラメータが、S132又はS140において指示された曲調評価パラメータの所定範囲内にあるか否かを判定する。 In S146, the tune evaluation parameter of the extracted music data, determines whether within a predetermined range of melody evaluation parameters indicated in S132 or S140. この範囲内にあればS147に処理を進め、一時候補リストにこの音楽データを追加し、上述した所定の範囲内になければ、S148からS134に処理を戻す。 The process proceeds to S147 if it is within this range, adds the music data in the temporary candidate list, not within the predetermined range described above, the processing returns to S134 from S148. この一次候補リストは、S134からS148までの処理過程において使用している。 The primary candidate list is used in the process from S134 to S148.

S149において、一時候補リストに音楽データが1曲以上あるか否かを判定する。 In S149, the temporary candidate list music data determines whether more than one track. あればS150に処理を進め、一時候補リストの内容を用いて再生候補リストの内容を全面的に書換えることにより、再生候補リストを更新し、図13のS115に処理を戻す。 The process proceeds to S150 if, by rewriting the contents of the reproduction candidate list entirely with the contents of the temporary candidate list, and updates the reproduction candidate list, the process returns to S115 in FIG. 13.
一方、S149において、一時候補リストに1曲も登録されていない場合は、S151に処理を進め、S132又はS144において指示された最適曲調パラメータの所定範囲を、例えば、この所定範囲の中心を基準として幅を33%拡張する。 On the other hand, in S149, if neither registered songs for temporary candidate list, the process proceeds to S151, the indicated predetermined range of the optimal music tone parameters in S132 or S144, for example, with reference to the center of the predetermined range to extend the width by 33%.

次のS152において、拡張した後の最適曲調パラメータ範囲が、最適曲調パラメータの全範囲(1以上100以下の範囲)になっていなければ、言い換えれば、1以上100以下の範囲をを含んでいなければ、S134に処理を戻し、拡張した後の最適曲調パラメータ範囲を新たな基準としてS134からの処理を再度実行する。 In the next S152, the optimum melody parameter range after the extension, unless in full range of optimal tune parameters (1 to 100 inclusive range), in other words, does not include the range of 1 to 100, inclusive if, the process returns to S134, it executes the processing from S134 optimal melody parameter range after extended as a new reference again. 拡張した後の最適曲調パラメータ範囲が全範囲になれば、結局、再生候補リストに最適曲調の音楽データが無いことを意味するから、曲調評価パラメータについて条件を付けないで、元の再生候補リストを変更しないまま、図13のS115に処理を戻す。 Once the optimum melody parameter range after the extension to the entire range, after all, it means that the music data of the optimum melody is not in the playback candidate list, not with the conditions for the melody evaluation parameters, the original playback candidate list without changing, the process returns to S115 in FIG. 13.

図15に示した具体例を用いて説明する。 It will be described with reference to a specific example shown in FIG. 15. 運動段階が主運動期間であって、現在の曲調評価パラメータの値が現在値c(50)であって、運動ペース変化が「キープ」であれば、曲調評価パラメータの範囲は、45を超え55以下となる。 A motion stage main exercise period, a value is current value c of the current tune evaluation parameters (50), if the exercise pace change "keep", a range of melody evaluation parameter is greater than 45 55 the following become. その結果、管理番号04,18,35,79,81の音楽データが更新された再生候補リストに登録されている。 As a result, it is registered to play candidate list music data of the management number 04,18,35,79,81 has been updated.

図18は、図16,図19の処理を具体例で示す説明図である。 Figure 18 is an explanatory view showing FIG. 16, the processing of FIG. 19 in a specific example.
図15に示した具体例において、再生候補リストに登録されている管理番号04,18,35,79,81の音楽データについて、その再生優先度ポイントと、再生優先度ポイントに応じた再生確率を計算する過程のパラメータ値を示している。 In the specific example shown in FIG. 15, the music data management number 04,18,35,79,81 registered in the reproduction candidate list, and the reproduction priority point, the reproduction probability corresponding to the reproduction priority points It indicates the parameter value of the calculations process.
図3に示した音楽管理データには、再生優先度ポイントが記述されている。 The music management data shown in FIG. 3, the reproduction priority points is described. この再生優先度ポイントは、音楽データがフラッシュROM12(図5)に取り込まれた際に、初期値が与えられる。 The reproduction priority points, when the music data is incorporated in the flash ROM 12 (FIG. 5), the initial value is given. 典型的には、音楽データの内容を考慮せずに、一律に同じ値が与えられる。 Typically, without taking into account the contents of the music data, given the same value across the board.
音楽データがあらかじめフラッシュROM12(図5)に格納された状態で工場出荷される場合も、再生優先度ポイントとして同じ値の初期値が与えられている。 Even if the music data is factory with previously stored in the flash ROM 12 (FIG. 5), the initial value of the same value as the reproduction priority points are given. 図示の例では、初期値を10ポイントとしている。 In the illustrated example, the initial value is set to 10 points.

図7(機器設定)のS48,S49を参照して説明したように、ある音楽データが再生されているときに、スキップ操作があったときは再生優先度ポイントを減らし、頭出し操作があったときは再生優先度ポイントを増やす処理をしていた。 7 as described with reference to S48, S49 of the (device setting), when there music data is being played, when there is a skip operation reduces the reproduction priority points, there is a cuing when had a process to increase the playback priority points.
例えば、管理番号18の音楽データが再生されており、その再生優先度ポイントが10であったときに、スキップ操作がなされると、再生優先度ポイントを−1(所定値を減算)して9に変更する。 For example, are reproduced music data management number 18, when the reproduction priority points is 10, the skip operation is performed, the reproduction priority points -1 (subtracting a predetermined value) to 9 to change. 一方、管理番号79の音楽データが再生されており、その再生優先度ポイントが11であったとき、頭出し操作がなされると、再生優先度ポイントを+1(所定値を加算)して12に変更する。 On the other hand, it is reproduced music data management number 79, when the reproduction priority points was 11, when cueing operation is performed, the reproduction priority points +1 (adds a predetermined value) to the 12 change.

複数の音楽データを再生している間に、図3(b),(c)の音楽管理データリストにおいて、スキップ操作又は頭出し操作により、各音楽データの再生優先度ポイントが更新される。 While playing a plurality of music data, FIG. 3 (b), in the music management data list (c), the skip operation or cue operation, reproduction priority points for each music data is updated.
なお、再生優先度ポイントは、フラッシュROM12に格納された時点の初期値が、使用者のスキップ操作、頭出し操作によって逐次更新される。 The reproduction priority point, the initial value of the time stored in the flash ROM12 is, skip operation of the user, it is sequentially updated by cuing. これに代えて、本装置の電源スイッチをオンにしたとき、図3(b),(c)の音楽管理データリストの再生優先度ポイントを全て初期値にリセットしてもよい。 Alternatively, when the power switch of the apparatus is turned on, FIG. 3 (b), the may be reset to all initial value a reproduction priority point of the music management data list (c).
あるいは、再生優先度ポイントのリセット操作、又は、使用者の操作に応じて初期値にしてもよい。 Alternatively, the reset operation of the reproduction priority points, or may be the initial value according to the user's operation. また、使用者が、各音楽データに任意の再生優先度ポイントを与える設定機能を設けてもよい。 Further, the user may be provided with a setting function of giving any reproduction priority points to each music data.

図19は、図13(曲選択)のS116(再生優先度に応じた再生確率で選曲する処理)を説明するフローチャートである。 Figure 19 is a flow chart for explaining the Fig. 13 (processing of the music selection in reproducing the probability corresponding to the reproduction priority) S116 of (song selection).
S161において、再生確率母数の初期値を0とする。 In S161, and 0 the initial value of the number of playback probability mother. 再生確率母数とは、再生確率の分母とする数値である。 Play probability mother number and is a numerical value to the denominator of the playback probability.
S162において、再生候補リストにある全ての音楽データについて、S166までの処理をした後に、S167に処理を進める。 In S162, for all the music data in the reproduction candidate list, after the processing up to S166, the process proceeds to S167. 結果として、全ての音楽データの再生優先度ポイントを累積加算することになる。 As a result, the cumulative addition of the reproduction priority point of all of the music data.
S163において、使用者が好む曲を学習する機能(図2の第3の機能)がON(図7(機器設定)のS58)であるか否かを判定し、ONであればS164に処理を進める。 In S163, determines whether the ability to learn a song the user likes (third function of FIG. 2) is ON (S58 in FIG. 7 (device setting)), the processing to S164 if ON proceed.
S164において、図18に示した再生候補リストに登録された各音楽データについて、それぞれの再生優先度ポイントを再生確率母数に加算することにより再生確率母数を更新する。 In S164, for each music data registered in the reproduction candidate list shown in FIG. 18, it updates the number of reproduction probability generating by adding the respective reproduction priority points to the playback probability parameter.

一方、上述した学習機能がOFFであるときは、S165に処理を進め、再生候補リストに登録された各音楽データに対して、所定の等しい再生優先度ポイントを、例えば、1に設定し(図3の音楽管理データリストに保存されている再生優先度ポイントは更新しない)、所定の等しい再生優先度ポイントを、繰り返し処理中に毎回、再生確率母数に加算することにより再生確率母数を更新する。 On the other hand, when the above-described learning function is OFF, the processing proceeds to S165, for each music data registered in the reproduction candidate list, a predetermined equal reproduction priority point, for example, set to 1 (FIG. 3 music management data list reproduction priority points stored in not updated), the predetermined equal reproduction priority points, each time in a repeating process, updates the number of reproduction probability generating by adding to the number of reproduction probability generating to.
S165の処理は、一様なランダム選択を、S166以下の処理により実現するためのものである。 Processing of S165 is a uniform random selection, is for realizing the S166 following process. これに代えて、学習機能がOFFであることを、S162よりも先に判定し、S162〜S166の処理に代えて、各音楽データの再生確率を、1/(再生候補リスト中の音楽データの曲数)としてもよい。 Alternatively, the learning function is OFF, the determination before the S162, instead of the process of S162~S166, the reproduction probability of each music data, 1 / (music data being played candidate list may be used as the number of songs).

S167以下の処理は、再生中の音楽データに対して行われたスキップ操作/頭出し操作の回数に応じて更新されている再生優先度ポイントの値を用いて各音楽データの再生確率を決定し、使用者の好みを反映した選択確率で再生をするための処理である。 S167 following processing, using the value of the reproduction priority point that is updated by determining the playback probability of each music data in accordance with the number of times performed the skip operation / cuing the music data being played , it is a process for the regeneration in the selection probability that reflects the preference of the user.
まず、S167において、1個の乱数値を発生させる。 First, in S167, generates one random number. 乱数値は一様に分布する乱数であり、図示の例では、1以上100以下の値をとるように設定されている。 Random number is a random number uniformly distributed, in the illustrated example, is set to take a value of 1 to 100, inclusive.
S168において、再生確率比較値を初期設定して0とする。 In S168, a 0 to initialize the reproducing probability comparison value. 再生確率比較値とは、S167で得られた乱数値と比較するための数値であって、以下の繰り返し処理により各音楽データに対して割り当てられる。 Play The probability comparison value, a numerical value for comparison with the random number obtained in S167, is assigned to each music data by repeating the following process.

S169において、再生候補リストにある全音楽データにつき、以下のS172までの処理をS172に示した条件付きで繰返処理し、S173に処理を進める。 In S169, per total music data in the reproduction candidate list, and the iteration conditionally shown in S172 the processing up to the following S172, the process proceeds to S173.
S170において、各曲の再生確率を次式で計算する。 In S170, to calculate the reproduction probability of each song by the following equation.
再生確率(図示の例では%で表現している)=(再生優先度ポイント/確率母数)×100 Play probability (is expressed in the example shown in%) = (Play priority points / probability parameter) × 100
S171において、S170で計算された再生確率の値を再生確率比較値に加算する。 In S171, it adds the calculated value of the playback probability S170 the reproduction probability comparison value.
S172において、S171において得られた再生確率比較値よりもS167において得られている乱数値の方が大きい間は、S169に処理を戻すが、再生確率比較値の方が大きくなれば、S173に処理を進め、繰返処理を終了したときの管理番号を取得し、この管理番号の音楽データを、再生する音楽データとして選択する。 In S172, while the larger random numbers are obtained in S167 than obtained reproduction probability comparison value in S171, but the process returns to S169, the larger the better the reproduction probability comparison value, processing S173 the advances, obtains the management number when completing the loop processing, the music data of the control number is selected as music data to be reproduced.

上述した図18には、S172の条件を設けずに全音楽データについて繰返処理をしたと仮定した場合の、ループ回数、再生確率、再生確率比較値を示している。 FIG 18 described above, when it is assumed that the loop processing for all the music data without providing the conditions for S172, loop count, reproduction probability shows a reproduction probability comparison value.
再生候補リストの最初の音楽データから順番に繰返処理を実行した場合、ループ回数1(最初の処理)のときは、音楽データ(管理番号04)の再生確率20と再生確率比較値20とが計算され、以下、ループ回数5のとき、音楽データ(管理番号81)の再生確率20と再生確率比較値100とが計算される。 If you run iteration starting with the first music data reproduction candidate list, when the loop count 1 (first process), is a reproduction probability 20 of the music data (control number 04) and the reproduction probability comparison value 20 is calculated, the following, when the number of loops 5, the reproduction probability 20 of the music data (control number 81) and the reproduction probability comparison value 100 is calculated.

上述した具体的数値において、例えば、S167において乱数値5が発生していた場合は、ループ回数1のときに、S172において繰返処理が終了し、S173に処理を進め、繰返処理終了時の管理番号を取得する。 In specific numerical values ​​mentioned above, for example, if the random number value 5 has occurred in S167, when the number of loops 1, iteration is finished in S172, the process proceeds to S173, at iteration termination to get the management number. すなわち、ループ回数1により、管理番号04の音楽データが選択される。 That is, the number of loops 1, the music data management number 04 is selected.
また、S167において乱数値70が発生していた場合は、ループ回数4のときに、S172において繰返処理が終了し、S173に処理を進め、繰返処理終了時の管理番号を取得する。 Further, if the random number value 70 has occurred in S167, when the number of loops 4, the iteration is finished in S172, the process proceeds to S173, and acquires the management number when the iteration ends. すなわち、ループ回数4により、管理番号79の音楽データが選択される。 That is, the number of loops 4, the music data management number 79 is selected.

S167において発生する乱数は、1から100までの値を一様に発生するのに対し、隣接する再生確率比較値の間隔は、この間隔に対応する再生候補リストの音楽データの再生確率に比例した大きさになっている。 Random numbers generated in S167, compared to generate uniformly a value from 1 to 100, the interval of the reproduction probability comparison value adjacent, in proportion to the reproduction probability of the music data reproduction candidate list corresponding to the spacing It has become in size. その結果、再生確率の値に比例して選択される確率が高くなる。 As a result, probability of being selected in proportion to the value of the playback probability is high.
その結果、使用者がその再生中にスキップ操作をした音楽データほど、その後に選択される確率が小さくなり、使用者がその再生中に頭出し操作をした曲ほど、その後に選択される確率が大きくなる。 As a result, as the music data the user has the skip operation during the playback, then the smaller the probability of being selected, as the songs the user has the beginning operation during the playback, the probability of being selected and then to growing.

上述した説明では、反復運動の例として、ウォーキング、ジョギング、ランニングを説明した。 In the above description, as an example of repetitive motion, he described walking, jogging, running.
しかし、自転車型エルゴメータ(ergo meter)、トレッドミル(tredmill)、ストレングスマシン(strength machine)等のトレーニング機械を使用した運動、体操、ダンスなどの、反復運動をしながら音楽を聴く場合に本発明を適用できる。 However, the bicycle type ergometer (ergo meter), treadmill (tredmill), strength machines (strength machine) movement using the training machines such as, gymnastics, such as dance, the invention to the case to listen to music while the repetitive motion It can be applied. 反復運動の種類に応じて、加速度センサを人体の適切な部分に装着するとともに、反復の1ステップとする加速度特性を決め、この反復の1ステップを検出するアルゴリズムを設計すればよい。 Depending on the type of repetitive motion, with mounting the acceleration sensor to the appropriate parts of the body, it determines the acceleration characteristics of the one step of the iteration may be designed an algorithm for detecting a step in the iteration.
この場合、フリーモードにおいては、歩行ピッチに替えて、それぞれの反復運動に応じて、その単位となる反復の1ステップ時間により決まる反復運動テンポ(単位時間当たりの繰り返し数)を検出する。 In this case, in the free mode, instead of the walking pitch, depending on the respective repetitive motion, it detects the repetitive motion tempo determined by 1 step time iteration becomes the unit (repetition number per unit time). アシストモードにおいては、歩行ピッチの初期値に代えて反復運動テンポの初期値を設定する。 In the assist mode, it sets the initial value of the repetitive exercise tempo instead of the initial value of the walking pitch. 目標運動強度(目標心拍数)は、同様に設定する。 Target exercise intensity (target heart rate) is set similarly.

上述した説明では、楽音データの音楽内容についてまでは説明しなかった。 In the above description, to the music content of the tone data it has not been described. その音楽内容は、楽器演奏である場合に限らず、ボーカルのみ、伴奏付きボーカルなど、拍(ビート)が感じられるものであればよい。 The music content is not limited in the case of playing musical instruments, vocals only, such as accompaniment with vocals, beat as long as it (beat) is felt. 必要に応じて、音楽ジャンルを設定し、設定された音楽ジャンル内で、適切な音楽テンポを有する音楽データを選択するようにしてもよい。 If necessary, set the music genre, in the set music genres, may be selected music data having a proper music tempo.
上述した説明では、複数の音楽データをその音楽テンポで再生することを前提に説明した。 In the above description it has been described on the assumption that play a plurality of music data in the music tempo. しかし、上述した説明において、反復運動テンポ又は心拍数に応じて音楽テンポを指示する技術、ウォーミングアップ段階や、クールダウン段階において、音楽テンポを指示する技術は、図1,図2を参照して説明した第5の機能と同様に、報知信号の反復報知テンポを変更する技術、あるいは、従来のように、所定の音楽データをそのオリジナル音楽テンポを変更して再生したりするといった技術を前提にした場合にも適用できる。 However, in the above description, repetitive motion tempo or heart rate technique for instructing the music tempo in accordance with, and warm-up stage, the cool-down phase, techniques for instructing the music tempo, with reference to FIGS. 1, 2 Description like the fifth functions, techniques to modify the repetition notification tempo broadcast signal, or, as in the prior art, and a predetermined music data assuming technology such or reproduced by changing the original music tempo It can also be applied to the case.

本発明の実施の一形態を説明するための機能構成図である。 It is a functional block diagram for explaining an embodiment of the present invention. 図1に示した構成により実現される機能を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a function realized by the configuration shown in FIG. 図1に示したデータ記憶部のデータ構造を示す説明図である。 Is an explanatory view showing the data structure of the data storage unit of FIG. 1. 図1、図3に示したデータ記憶部に格納された音楽データの曲内容を模式的に示す説明図である。 Figure 1 is an explanatory view schematically showing a music contents of the music data stored in the data storage unit of FIG. 3. 図1に示した本発明の実施の一形態を実現するハードウエア構成図である。 It is a hardware configuration diagram for implementing an embodiment of the present invention shown in FIG. 本発明の実施の一形態の動作例を示すメイン処理のフローチャートである。 It is a flowchart of a main process showing the operation of the embodiment of the present invention. 図6のS33を説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the S33 in FIG. 図6におけるS35を説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the S35 in FIG. 図8のS73を具体例で示す説明図である。 The S73 of FIG. 8 is an explanatory diagram showing a concrete example. 図1に示した設定部3に対する設定項目の一例を示す説明図である。 Is an explanatory diagram showing an example of a setting item for setting section 3 shown in FIG. 図8のS89を具体例で示す第1の説明図である。 The S89 of FIG. 8 is a first explanatory diagram showing a concrete example. 図8のS89を具体例で示す第2の説明図である。 The S89 of FIG. 8 is a second explanatory diagram showing a concrete example. 図6のS37を説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the S37 in FIG. 図13のS111を説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the S111 in FIG. 13. 図14の処理を具体例で示す説明図である。 The process of FIG. 14 is an explanatory diagram showing a concrete example. 図13のS114を説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the S114 of FIG. 図16の処理を具体例で示す説明図である。 The process of FIG. 16 is an explanatory diagram showing a concrete example. 図16,図19の処理を具体例で示す説明図である。 Figure 16 is an explanatory diagram showing a concrete example process of FIG. 19. 図13のS116を説明するフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the S116 of FIG.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…音楽データ取得部、2…データ記憶部、3…設定部、4…反復運動テンポ検出部、5…心拍数検出部、6…音楽テンポ及び曲調指示部、7…再生制御部、8…音楽データ再生部、11…CPU、12…フラッシュROM、13…RAM、14…操作部、15…表示部、16…反復運動テンポ検出器、17…心拍数検出器、20…音楽データ再生回路、22…パーソナルコンピュータ、23…サーバ装置 1 ... music data acquisition unit, 2 ... data storage unit, 3 ... setting unit, 4 ... repetitive motion tempo detection section, 5 ... heart rate detection unit, 6 ... music tempo and tune instructing unit, 7 ... playback controller, 8 ... music data reproducing unit, 11 ... CPU, 12 ... flash ROM, 13 ... RAM, 14 ... operation unit, 15 ... display unit, 16 ... repetitive exercise tempo detector 17: the heart rate detector, 20 ... music data reproducing circuit, 22 ... personal computer, 23 ... server device

Claims (6)

  1. 複数の音楽データがそれぞれの音楽テンポ及び曲調評価パラメータとともに音楽データ記憶装置に格納されており、該音楽データ記憶装置から前記音楽データを選択し音楽データ再生装置に再生させる音楽再生制御装置であって、 A plurality of music data are stored in the music data storage device with each of the music tempo and melody evaluation parameter, music reproduction control device for reproducing from the music data storage device to the selected music data reproducing apparatus the music data ,
    前記音楽テンポの値及び使用者の現在の運動状態に応じた曲調評価パラメータの値を指示する音楽テンポ及び曲調指示手段と、 A music tempo and melody instruction means for instructing the values ​​of the melody evaluation parameters corresponding to the current motion state value and user of the music tempo,
    該音楽テンポ及び曲調指示手段により前記音楽テンポの値及び前記曲調評価パラメータの値が指示されたとき、 When the values ​​and the tune evaluation parameter of the music tempo is designated by the music tempo and melody instruction means,
    前記指示された音楽テンポの値と略同じ値の音楽テンポを有し、かつ、前記指示された曲調評価パラメータの値と略同じ値の曲調評価パラメータを有する音楽データを、前記音楽データ記憶装置に格納された複数の音楽データの中から選択し、前記音楽データ再生装置に再生させる再生制御手段、 Having a music tempo of substantially the same value as the value of the designated music tempo, and the music data with a tune evaluation parameters substantially equal to the value of the indicated melody evaluation parameters, the music data storage device reproduction control means for selecting from among the stored plurality of music data, to reproduce the music data reproduction apparatus,
    を有することを特徴とする音楽再生制御装置。 Music playback control apparatus characterized by having a.
  2. 前記使用者の現在の運動状態とは、前記使用者の運動段階であり、 The current motion state of the user is a motion stage of said user,
    前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、前記使用者の運動開始段階において、前記音楽テンポの値として前記使用者の運動開始段階に応じた値を指示するとともに、前記曲調評価パラメータの値として前記音楽テンポを速く感じさせる数値範囲内にある値を指示するものである、 The music tempo and melody indicating means in motor starting phase of the user, instructs the value corresponding to the movement initiation stage of said user as a value of the music tempo, the music tempo as the value of the music tone evaluation parameter is an indication of the value within fast feeling giving numerical range of,
    ことを特徴とする請求項1に記載の音楽再生制御装置。 Music playback control apparatus according to claim 1, characterized in that.
  3. 前記使用者の現在の運動状態とは、前記使用者の運動段階であり、 The current motion state of the user is a motion stage of said user,
    前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、前記使用者の運動終了段階において、前記音楽テンポの値として前記使用者の運動終了段階に応じた値を指示するとともに、前記曲調評価パラメータの値として前記音楽テンポを遅く感じさせる数値範囲内にある値を指示するものである、 The music tempo and melody indicating means in the end of exercise stage of the user, instructs the value corresponding to the end of the exercise phase of the user as the value of the music tempo, the music tempo as the value of the music tone evaluation parameter it is an indication of the value that is in the late feel makes numerical range a,
    ことを特徴とする請求項1又は2に記載の音楽再生制御装置。 Music playback control apparatus according to claim 1 or 2, characterized in that.
  4. 前記使用者の現在の運動状態とは、前記使用者の運動ペースであり、 The current state of motion of the user is a motion pace of the user,
    前記使用者の運動ペースを検出する運動ペース検出手段を有し、 A motion pace detecting means for detecting a motion pace of the user,
    前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、 The music tempo and melody instructing means,
    前記音楽テンポの値として前記運動ペース検出手段により検出された前記使用者の運動ペースに応じた値を指示するとともに、 Instructs a value corresponding to the motion pace of the detected said user by the exercise pace detection means as the value of the music tempo,
    前記曲調評価パラメータの値として、前記運動ペース検出手段により検出された使用者の運動ペースが上がっているときは、現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に速く感じさせる値を指示し、前記運動ペース検出手段により検出された使用者の運動ペースが下がっているときは、前記現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に遅く感じさせる値を指示するものである、 Wherein as the value of the melody evaluation parameter, when said motion pace of the user detected by the motion pace detection means is up, the currently relative to the music tempo than the value of the melody evaluation parameter of the music data being played fast indicates the value that feel to, said when the exercise pace detection means exercise pace of the detected user has dropped by, the music tempo than the value of the melody evaluation parameter of the music data the are actually playing is an indication of the value that feel relatively late,
    ことを特徴とする請求項1から3までのいずれか1項に記載の音楽再生制御装置。 Music playback control apparatus according to any one of claims 1 to 3, characterized in that.
  5. 前記運動ペース検出手段は、前記使用者が反復運動をしている時の反復運動テンポを検出するものであり、 The exercise pace detecting means is adapted to detect the repetitive exercise tempo when the user is performing repetitive exercise,
    前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、 The music tempo and melody instructing means,
    前記音楽テンポの値として前記運動ペース検出手段により検出された反復運動テンポの値に対応した値を指示するとともに、 It instructs a value corresponding to the value of the detected repeated exercise tempo by the exercise pace detection means as the value of the music tempo,
    前記曲調評価パラメータの値として、前記運動ペース検出手段により検出された反復運動テンポが上がっているときは、前記現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に速く感じさせる値を指示し、前記運動ペース検出手段により検出された反復運動テンポが下がっているときは、前記現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に遅く感じさせる値を指示するものである、 Wherein as the value of the melody evaluation parameter, when said exercise pace detecting means detected repetitive exercise tempo going up by the relatively the music tempo than the value of the melody evaluation parameter of the music data to which the are currently playing instructs fast feel value, when said motion pace repetitive exercise tempo detected by the detecting means is lowered is relatively the music tempo than the value of the melody evaluation parameter of the music data to which the are currently playing is an indication of the slow feel value,
    ことを特徴とする請求項4に記載の音楽再生制御装置。 Music playback control apparatus according to claim 4, characterized in that.
  6. 初期音楽テンポ値及び目標運動強度を設定する設定手段を有し、 A setting means for setting an initial music tempo value and the target exercise intensity,
    前記運動ペース検出手段は、前記使用者が反復運動をしている時の心拍数を検出するものであり、 The exercise pace detecting means is adapted to detect the heart rate when the user is performing repetitive exercise,
    前記音楽テンポ及び曲調指示手段は、 The music tempo and melody instructing means,
    前記音楽テンポの値として前記設定手段により設定された初期音楽テンポ値を初期値とし、前記運動ペース検出手段により検出された心拍数と前記設定手段により設定された目標運動強度に対応する目標心拍数との差が小さくなる値を指示するとともに、 Wherein the initial music tempo value set by the setting means as a music tempo value as the initial value, the target heart rate corresponding to the target exercise intensity set by the detected heart rate and the setting means by the exercise pace detecting means with the difference instructs the smaller value between,
    前記曲調評価パラメータの値として、前記運動ペース検出手段により検出された心拍数が上がっているときは、前記現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に速く感じさせる値を指示し、前記ペース検出手段により検出された心拍数が下がっているときは、前記現に再生されている音楽データの曲調評価パラメータの値よりも前記音楽テンポを相対的に遅く感じさせる値を指示するものである、 As the value of the melody evaluation parameter, when said turned up exercise pace heart rate detected by the detection means, relatively faster the music tempo than the value of the melody evaluation parameter of the music data to which the are currently playing It instructs feel value, when the heart rate detected by the pace detection means is lowered, the feel relatively slower the music tempo than the value of the melody evaluation parameter of the music data to which the are currently playing is an indication of the value,
    ことを特徴とする請求項4に記載の音楽再生制御装置。 Music playback control apparatus according to claim 4, characterized in that.
JP2007082372A 2007-03-27 2007-03-27 Music playback control device Active JP4697165B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007082372A JP4697165B2 (en) 2007-03-27 2007-03-27 Music playback control device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007082372A JP4697165B2 (en) 2007-03-27 2007-03-27 Music playback control device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008242063A true JP2008242063A (en) 2008-10-09
JP4697165B2 JP4697165B2 (en) 2011-06-08

Family

ID=39913508

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007082372A Active JP4697165B2 (en) 2007-03-27 2007-03-27 Music playback control device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4697165B2 (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010192012A (en) * 2009-02-16 2010-09-02 Fujifilm Corp Portable music reproducing device
JP2011171954A (en) * 2010-02-18 2011-09-01 Kddi Corp Information transmission system for portable equipment
FR2963689A1 (en) * 2010-08-04 2012-02-10 Michael Stephen Herve Digital music listening device for use at time of sporting practice i.e. race, has audio headset/ear-phones reproducing selected bit of music from music file database, and accelerometer capturing movement signal of runner
JP2012050584A (en) * 2010-08-31 2012-03-15 Brother Industries Ltd Exercise supporting apparatus, exercise supporting system, exercise supporting method and program
JP2015058362A (en) * 2013-09-17 2015-03-30 ソニー株式会社 Audio representation device based on biomedical measurement parameter
WO2016009644A1 (en) * 2014-07-15 2016-01-21 旭化成株式会社 Input device, biosensor, program, computer-readable medium, and mode setting method
US9269119B2 (en) 2014-01-22 2016-02-23 Sony Corporation Devices and methods for health tracking and providing information for improving health
WO2016157389A1 (en) * 2015-03-30 2016-10-06 パイオニア株式会社 Output control device, output control method and output control program

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002278547A (en) * 2001-03-22 2002-09-27 Matsushita Electric Ind Co Ltd Music piece retrieval method, music piece retrieval data registration method, music piece retrieval device and music piece retrieval data registration device
JP2003132085A (en) * 2001-10-19 2003-05-09 Pioneer Electronic Corp Information selection device and method, information selection reproducing device and computer program for information selection
JP2005209276A (en) * 2004-01-22 2005-08-04 Pioneer Electronic Corp Music selection apparatus and method
JP2006302490A (en) * 2005-03-25 2006-11-02 Sony Corp Content searching method, content list searching method, content searching apparatus, content list searching apparatus, and searching server
JP2007193907A (en) * 2006-01-20 2007-08-02 Yamaha Corp Music reproduction controller and music reproducing device
JP2007193908A (en) * 2006-01-20 2007-08-02 Yamaha Corp Music reproduction controller and music reproducing device

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002278547A (en) * 2001-03-22 2002-09-27 Matsushita Electric Ind Co Ltd Music piece retrieval method, music piece retrieval data registration method, music piece retrieval device and music piece retrieval data registration device
JP2003132085A (en) * 2001-10-19 2003-05-09 Pioneer Electronic Corp Information selection device and method, information selection reproducing device and computer program for information selection
JP2005209276A (en) * 2004-01-22 2005-08-04 Pioneer Electronic Corp Music selection apparatus and method
JP2006302490A (en) * 2005-03-25 2006-11-02 Sony Corp Content searching method, content list searching method, content searching apparatus, content list searching apparatus, and searching server
JP2007193907A (en) * 2006-01-20 2007-08-02 Yamaha Corp Music reproduction controller and music reproducing device
JP2007193908A (en) * 2006-01-20 2007-08-02 Yamaha Corp Music reproduction controller and music reproducing device

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010192012A (en) * 2009-02-16 2010-09-02 Fujifilm Corp Portable music reproducing device
JP2011171954A (en) * 2010-02-18 2011-09-01 Kddi Corp Information transmission system for portable equipment
FR2963689A1 (en) * 2010-08-04 2012-02-10 Michael Stephen Herve Digital music listening device for use at time of sporting practice i.e. race, has audio headset/ear-phones reproducing selected bit of music from music file database, and accelerometer capturing movement signal of runner
JP2012050584A (en) * 2010-08-31 2012-03-15 Brother Industries Ltd Exercise supporting apparatus, exercise supporting system, exercise supporting method and program
JP2015058362A (en) * 2013-09-17 2015-03-30 ソニー株式会社 Audio representation device based on biomedical measurement parameter
JP2015058363A (en) * 2013-09-17 2015-03-30 ソニー株式会社 Audio representation device based on biomedical measurement parameter
US9224311B2 (en) 2013-09-17 2015-12-29 Sony Corporation Combining data sources to provide accurate effort monitoring
US9269119B2 (en) 2014-01-22 2016-02-23 Sony Corporation Devices and methods for health tracking and providing information for improving health
WO2016009644A1 (en) * 2014-07-15 2016-01-21 旭化成株式会社 Input device, biosensor, program, computer-readable medium, and mode setting method
JPWO2016009644A1 (en) * 2014-07-15 2017-04-27 旭化成株式会社 Input devices, biometric sensors, programs, computer-readable medium and a mode setting method
WO2016157389A1 (en) * 2015-03-30 2016-10-06 パイオニア株式会社 Output control device, output control method and output control program
JPWO2016157389A1 (en) * 2015-03-30 2018-03-08 パイオニア株式会社 Output control apparatus, the output control method and output control program

Also Published As

Publication number Publication date
JP4697165B2 (en) 2011-06-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1932973B (en) Sound-output-control device, sound-output-control method,
US7790976B2 (en) Content searching method, content list searching method, content searching apparatus, and searching server
KR101333024B1 (en) Electronic device and method for selecting content items
US9190110B2 (en) System and method for assembling a recorded composition
EP1876583B1 (en) Musical content reproducing device and musical content reproducing method
CN101151073B (en) Sound reproducer, sound reproduction method and sound reproduction program
KR100981691B1 (en) Audio reproduction apparatus, method, computer program
JP3573288B2 (en) The display control device of the character, a display control method, and recording medium
KR101203091B1 (en) Musical content reproduction apparatus, method thereof, and recording apparatus of musical contents and attribute information
EP1977796A1 (en) Audio reproducing device, audio reproducing method, and audio reproducing program
CN1136535C (en) Karaoke apparatus and playing method
JP3873654B2 (en) Audio signal generating apparatus, an audio signal generation system, an audio system, an audio signal generating method, a program and a recording medium
US20060111621A1 (en) Musical personal trainer
Kirke et al. A survey of computer systems for expressive music performance
US9495449B2 (en) Music steering with automatically detected musical attributes
CN101028562B (en) A contents reproducing apparatus, audio playback apparatus, and contents reproducing method
US20070074618A1 (en) System and method for selecting music to guide a user through an activity
US20070074619A1 (en) System and method for tailoring music to an activity based on an activity goal
CN100431002C (en) Metadata type for media data format
US7034217B2 (en) Automatic music continuation method and device
US20070074617A1 (en) System and method for tailoring music to an activity
KR100714093B1 (en) Method for managing exercise state of user and apparatus thereof
CN102576524A (en) System and method of receiving, analyzing, and editing audio to create musical compositions
CN1905004B (en) Audio-signal generation device
JP4067372B2 (en) Motion assisting device

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100824

A521 Written amendment

Effective date: 20101022

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110201

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20110214

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61