JP2008219358A - Radio communication system, radio communication equipment, radio communication method, and computer program - Google Patents

Radio communication system, radio communication equipment, radio communication method, and computer program Download PDF

Info

Publication number
JP2008219358A
JP2008219358A JP2007052779A JP2007052779A JP2008219358A JP 2008219358 A JP2008219358 A JP 2008219358A JP 2007052779 A JP2007052779 A JP 2007052779A JP 2007052779 A JP2007052779 A JP 2007052779A JP 2008219358 A JP2008219358 A JP 2008219358A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
radio
lt
communication
connection
channel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007052779A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takashi Aihara
隆 相原
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problems that it is difficult for an end user to input a parameter necessary for connection and to set a channel by a CE device using IEEE802. 11 and that it is difficult to scan radio equipment in a powersave mode without missing a packet carelessly. <P>SOLUTION: Optional information can be exchanged between radio equipment before connection, a parameter for connection is automatically exchanged and set, channel arrangement for increasing channel use efficiency of the entire network is automatically performed, and scanning is surely performed by performing a state operation from a scanning side even in a powersave mode. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、無線LAN(Local Area Network)若しくはPAN(Personal Area Network)のように複数の通信局間で相互に通信を行なう無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムに係り、特に、接続前の無線装置同士が事前に適切な接続相手を探すとともに接続に必要な情報を簡素な手続で共通に指定してネットワークを形成する無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムに関する。 The present invention relates to a radio communication system, radio communication apparatus and radio communication method for performing mutual communication between multiple communication stations like a wireless LAN (Local Area Network) or PAN (Personal Area Network), and a computer program in particular, a wireless communication system for forming a network between a wireless device before the connection is specified in common with a simple procedure and information needed to connect with pre-locates the appropriate connection partner, the wireless communication device and wireless communication method, and a computer program.

さらに詳しくは、本発明は、通信に使用可能な複数の電波周波数帯がチャネルとして割り当てられている通信環境下で、共存する複数のネットワーク全体のチャネル効率を考慮して各ネットワークのチャネル配置を決定する無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムに係り、特に、各無線装置がパワー・マネージメント動作を有効化させながら自律分散的に動作する通信環境下で、正確なスキャン動作を実現してチャネル配置を最適化する無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムに関する。 More particularly, the present invention is determined plurality of radio frequency bands available is under communication environment assigned as a channel, in consideration of the channel efficiency of the entire plurality of networks coexist channel arrangement of each network communication wireless communication system, wireless communication apparatus and wireless communication method, and a computer program, in a communication environment where each wireless device is operating in an autonomous distributed manner while enabling power management operation, precise scanning operation wireless communication system for optimizing channel arrangement to achieve the wireless communication device and wireless communication method, and a computer program.

旧来の有線通信方式における配線から解放するシステムとして、無線ネットワークが注目されている。 As a system for releasing the wiring in traditional wired communication system, a wireless network draws attention. 例えば、IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers)802.11a、IEEE802.11b、あるいはIEEE802.1gといった無線LAN規格が代表的である。 For example, IEEE (The Institute of Electrical and Electronics Engineers) 802.11a, IEEE802.11b, or wireless LAN standards such IEEE802.1g typical. 無線LANによれば柔軟なインターネット接続が可能であり、既存の有線LANを置き換えるだけでなく、ホテルや空港ラウンジ、駅、カフェといった公共の場所でもインターネット接続手段を提供することができる。 It is capable of flexible Internet connection According to the wireless LAN, as well as replacing the existing wired LAN, hotels and airport lounges, it is possible to provide an Internet connection means also in public places station, such as a cafe. 無線LANは既に広範に普及しており、パーソナル・コンピュータ(PC)などの情報機器だけでなく、デジタルカメラや音楽プレーヤなどのCE(Consumer Electronics)機器にも無線LAN機能を搭載することが一般的となりつつある。 Wireless LAN has already widely spread, not only information equipment such as personal computers (PC), CE, such as digital cameras and music players (Consumer Electronics) generally also be equipped with a wireless LAN function device becoming there.

無線技術を用いてLANを構成するために、エリア内に「アクセスポイント(AP)」又は「コーディネータ」と呼ばれる制御局となる装置を1台設けて、この制御局の統括的な制御下でネットワークを形成する方法が一般的に用いられている。 To configure a LAN using wireless technology, the device comprising a control station called "access point (AP)" or "coordinator" in an area provided one network under overall control of this control station a method of forming a is generally used. 制御局は、ネットワーク内にある複数の端末局のアクセス・タイミングを調停し、各端末局が互いに同期をとるという同期的な無線通信を行なう。 Control station arbitrates access timings of a plurality of terminal stations in the network, perform synchronous wireless communication of each terminal station is synchronized with each other.

また、無線ネットワークを構成する他の方法として、すべての端末局が対等で自律分散的にピア・ツウ・ピア(Peer to Peer)で動作し、端末局自らがアクセス・タイミングを決定する「アドホック(Ad−hoc)通信」が考案されている。 Further, as another method of constructing the wireless network, all the terminal station operates on equal autonomous distributed manner peer-to-peer (Peer-to Peer), its own terminal station to determine the access timing "Ad Hoc ( Ad-hoc) communication "has been devised. とりわけ近隣に位置する比較的少数のクライアントで構成される小規模無線ネットワークにおいては、特定の制御局を利用せずに、任意の端末同士が直接非同期の無線通信を行なうことができるアドホック通信が適当であると思料される。 Especially in the small-scale wireless network constituted by a relatively small number of clients located close, without using a specific control station, appropriate ad hoc communication between any terminal can perform asynchronous wireless communication directly it is Shiryo as is.

例えばIEEE802.11におけるネットワーキングは、BSS(Basic Service Set)の概念に基づいている。 For example networking in IEEE802.11 is based on the concept of BSS (Basic Service Set). BSSは、制御局が存在する「インフラストラクチャ・モード」で定義されるBSSと、複数のMT(Mobile Terminal:移動局又は端末局)のみにより構成されるアドホック・モードで定義されるIBSS(Independent BSS)の2種類で構成される。 BSS is a BSS that the control station is defined in "infrastructure mode" that exist, the plurality of MT: IBSS defined in configured ad-hoc mode by (Mobile Terminal mobile station or terminal station) only (Rooms at the Independent BSS composed of two types of).

インフラストラクチャ・モード下では、制御局は、自局の周辺で電波の到達する範囲をBSSとしてまとめ、いわゆるセルラ・システムで言うところの「セル」を構成する。 In infrastructure mode, the control station, summarizes the ranges reaching radio waves around the own station as a BSS, constitutes a "cell" as referred to in the so-called cellular system. 制御局の近隣に存在する端末局は、制御局に収容され、BSSのメンバとしてネットワークに参入する。 Terminal station existing near the control station is housed in the control station, to enter the network as a member of the BSS. すなわち、制御局は適当な時間間隔でビーコンと呼ばれる制御信号を送信し、このビーコンを受信可能である端末局は制御局が近隣に存在することを認識し、さらに制御局との間でコネクション確立を行なう。 That is, the control station transmits a control signal called a beacon at an appropriate time interval, the terminal station can receive this beacon recognizes that the control station is present nearby and connection establishment with the further control station It is carried out.

インフラストラクチャ・モード下では、端末局は特定の制御局とアソシエーションを確立する必要がある。 In infrastructure mode, the terminal station needs to establish a specific control station and associations. 端末局が最初に接続する制御局を探す過程のことを「スキャン」と言う。 That the process to find a control station in which the terminal station is the first in connection referred to as the "scan". スキャン動作は、パッシブ・スキャンとアクティブ・スキャンに大別される。 Scanning operation is roughly divided into passive scan and active scan. パッシブ・スキャンでは、端末局はチャネル間を移動して、制御局から定期的に送信されてくるビーコンに含まれるアソシエーションの確立に必要な情報を収集する。 In passive scanning, the terminal station moving between channels, to collect the information needed to establish the association included in the beacon transmitted periodically from the control station. 一方、アクティブ・スキャンでは、端末局はProbe Requestフレームを送信し、制御局からProbe Responseフレームを受け取る。 On the other hand, in the active scan, the terminal station transmits a Probe Request frame, receives a Probe Response frame from the control station. Probe Responseフレームにはアソシエーションの確立に必要な情報が含まれており、端末局はチャネルを移動しながらこの情報を収集する。 The Probe Response frame contains information required to establish the association, the terminal station to collect this information while moving the channel. これらのスキャニングを行なった後、端末局は参入するBSSを選択し、そのBSSとアソシエーションを確立する。 After performing these scanning, the terminal station selects the BSS to enter, establishes the BSS and association.

図22には、インフラストラクチャ・モード時のIEEE802.11の動作例を示している。 Figure 22 shows the IEEE802.11 operation example of the infrastructure mode. 図示の例では、通信局STA0が制御局として動作し、他の通信局STA1並びSTA2が端末局として動作している。 In the illustrated example, the communication station STA0 operates as a control station, other communication stations STA1 sequence STA2 is operating as a terminal station. 制御局としての通信局STA0は、同図右側のチャートに記したように、一定の時間間隔でビーコン(Beacon)を送信する。 The communication station STA0 serving as the control station, as noted in FIG right chart, transmits a beacon (Beacon) at a predetermined time interval. 次回のビーコンの送信時刻は、ターゲット・ビーコン送信時刻(TBTT:Target Beacon Transmit Time)というパラメータとして制御局内で管理されている。 Transmission time of the next beacon, the target beacon transmission time (TBTT: Target Beacon Transmit Time) are managed by the control station as a parameter called. そして、時刻がTBTTに到来すると、制御局はビーコン送信手順を動作させている。 When the time comes to TBTT, the control station are running beacon transmission procedure.

制御局周辺の端末局STA1並びSTA2は、制御局が報知するビーコンを受信して、内部のBeacon Intervalフィールドとそのビーコンの受信時刻から次回のビーコン送信時刻TBTTを認識することが可能である。 The terminal station STA1 sequence STA2 near the control station receives a beacon control station broadcasts, it is possible to recognize the next beacon transmission time TBTT from the interior of the Beacon Interval field and the reception time of the beacon. BSSは必要に応じてPowerSaveモードに移行し、各端末局は間欠的にのみ受信動作を行なうことにより、低消費電力化を図ることができる。 BSS proceeds to PowerSave mode as needed, each terminal station by performing only reception operation intermittently, it is possible to reduce power consumption. 具体的には、端末局は、次回あるいは複数回先のビーコン受信時刻TBTTまで受信機の電源を落としたスリープ状態(Doze)に入る。 Specifically, the terminal station enters a sleep state in which power off the receiver until the beacon reception time TBTT of the next or multiple destinations (Doze). そして、PowerSaveモード下の各端末局が起床(Wake)するタイミングが制御局で一元的に管理される。 Then, the timing at which each terminal station wakes up (Wake) under PowerSave mode is centrally managed by the control station.

一方、アドホック・モードのIBSSにおいては、各端末局は、他の端末局とネゴシエーションを行なった後に自律的にIBSSを定義する。 On the other hand, in the IBSS in ad-hoc mode, each terminal station, autonomously defines the IBSS after performing another terminal station and negotiation. これらの端末局群は、一定間隔毎にTBTTを定める。 These terminal station group defines a TBTT at regular intervals. そして、各端末局は自局内のクロックを参照することによりTBTTが到来したことを認識すると、ランダム・バックオフの遅延の後、未だ誰もビーコンを送信していないと認識した場合にはビーコンを送信する。 When the terminal station recognizes that the TBTT by referring to the local station clock has arrived, after a delay of random backoff, the beacon when recognizing that it has not sent yet nobody beacons Send.

図23には、アドホック・モード時のIEEE802.11の動作例を示している。 Figure 23 shows the IEEE802.11 operation example of ad-hoc mode. 図示の例では、2台の端末局(MT)がIBSSを構成する様子を示している。 In the illustrated example, the two terminal stations (MT) indicates how to configure the IBSS. この場合、IBSSに属するいずれか一方のMTが、TBTTが到来する毎にビーコンを送信することになる。 In this case, either one of a MT belonging to the IBSS, it will send a beacon each time the TBTT arrives. また、各端末局から送出されるビーコンが衝突する場合も存在している。 Further, there may beacons sent from each terminal station collide.

また、IEEE802.11では、IBSSにおいてもPowerSaveモードが規定されており、端末局は必要に応じて受信機の電源を落とすDoze状態に入ることができる。 Further, the IEEE 802.11, PowerSave mode and is also defined in the IBSS, a terminal station may enter the Doze state powering down the receiver if needed. ビーコン送出時間TBTTから所定の時間帯がATIM(Announcement Traffic Indication Message) Windowとして定義されている。 A predetermined time period from the beacon transmission time TBTT is defined as ATIM (Announcement Traffic Indication Message) Window. ATIM Windowの期間が終了するまでの間は、IBSSに属するすべての端末局はActive Stateとなっており、この時間帯であれば、基本的にはスリープ・モードで動作している端末も受信が可能である。 Until the period of the ATIM Window is completed, all of the terminal station belonging to the IBSS has become the Active State, if this time zone, is also receiving terminal is basically running in sleep mode possible it is. そして、端末局はATIM Window終了時から次のビーコン送出時間TBTTまでDoze Stateになる。 Then, the terminal station becomes Doze State from the end ATIM Window until the next beacon transmission time TBTT. 各端末局は、自局が誰か宛ての情報を有している場合には、このATIM Windowの時間帯において、上記の通信相手宛てにATIMパケットを送信することにより、自局が送信情報を保持していることを受信側に通達する。 Each terminal station, if the own station has the information of someone destined for retention in the time zone of this ATIM Window, by transmitting an ATIM packet to the communication partner addressed, the self station transmission information to notice to the receiver that it is. ATIMパケットを受信した端末局は、ATIMパケットを送信した局からの受信が終了するまではDoze状態に移行せず、受信機を動作させておく。 The terminal station which has received the ATIM packet, to reception from station that transmitted the ATIM packet is completed without going to a Doze state, allowed to operate the receiver.

上述したインフラストラクチャ及びアドホックのいずれの通信モードであれ、無線ネットワークを利用するには、BSSに参入するすべての無線装置に共通のSSID(Service Set Identifier)を指定する必要がある。 Whether in the communication mode of the infrastructure and ad-hoc mentioned above, to use the wireless network, it is necessary to specify a common SSID (Service Set Identifier) ​​to all wireless devices to enter the BSS. 無線通信は、有線通信とは異なり、傍受による情報漏洩の危険に晒されていることから、その対策として通信路を暗号化する必要がある。 Wireless communication, unlike wire communication, because it is at risk of information leakage by interception, it is necessary to encrypt the communication path as a countermeasure. このため、WEP(Wired Equivalent Privacy)キーやPSK(Pre Shared Key)などの暗号鍵もBSS内のすべての無線装置に共通に指定する必要がある。 Therefore, it is necessary to specify the common to all wireless devices of the encryption key is also within the BSS, such as WEP (Wired Equivalent Privacy) key or PSK (Pre Shared Key).

しかしながら、CE機器を操作するエンドユーザにこれらの設定値の意味を理解させて、正しく設定させることは難しい。 However, by understanding the meaning of these settings to the end user operating the CE device, it is difficult to correctly set. また、PCとは異なり、CE機器に装備されたユーザ・インターフェース上でこの種の設定を行なうのは操作が煩雑になりがちである。 Also, unlike the PC, perform the setting of this kind on the instrumented user interface in the CE device operation tends to be cumbersome. 例えば、ETSI(European Telecommunications Sandards Institute)のHIPERLAN Type2では、Authentication Key Managemantとしてユーザの簡便な操作でネットワーク識別子と暗号鍵を無線装置間で自動的に送信及び設定する方法が規定されている(ETSI TS 101 761−4 V1.1.1 (2000−06))。 For example, in the HIPERLAN Type2 of ETSI (European Telecommunications Sandards Institute), a method of transmitting and automatically sets the network identifier and encryption key between wireless devices by a simple operation of the user is defined as Authentication Key Managemant (ETSI TS 101 761-4 V1.1.1 (2000-06)). 他方、IEEE802.11では、このような設定方法に関する仕様はないため、接続前の無線装置同士が、SSIDや、WEPキーやPSKなどの情報を共通に指定することは難しい。 On the other hand, in the IEEE 802.11, for such specification for setting method is not, between the wireless device prior to connection, SSID and, it is difficult to specify the common information, such as WEP keys or PSK.

ここで、デジタルカメラや音楽プレーヤなどのポータブル機器では、PCと違って機能が限定されていることから、ユーザが無線ネットワークを構成しようとする場合には具体的で且つ明確な使用目的がある。 Here, in the portable devices such as digital cameras and music players, since the function unlike PC is limited, there is a specific and and definite purpose of use when the user tries to configure a wireless network. 例えば、デジタルスチルカメラ同士での写真の交換や、音楽プレーヤ同士での楽曲交換やプレイリスト交換といったネットワークの使用目的が挙げられる。 For example, replacement and photos by a digital still camera together, the intended use of the network and the like, such as music exchange and playlists exchange music player together. 言い換えれば、写真交換をしようとするデジタルスチルカメラとプレイリスト交換を使用とする音楽プレーヤが接続しても意味がないので、接続相手を探すときには接続相手の機器の種類が分かることが望ましい。 In other words, since the music player to use a digital still camera and the playlist exchange to try photo exchange there is no sense to connect, when to look for the connection partner desirable that the type of equipment connected to the other party can be found.

また、近年では、1つのポータブル機器がデジタルスチルカメラや音楽プレーヤなどの複数の機能を持つことが一般的となりつつある。 In recent years, one of the portable apparatus that is becoming common to have multiple functions, such as digital still cameras and music players. このような場合、好ましい接続相手を探すには、単に機器の種類だけでなく、現在この機器の上で動いているアプリケーションの種類、すなわち写真交換のアプリケーションなのか、楽曲交換のアプリケーションなのかといった情報までに互いに分かることが望ましい。 In this case, to find the preferred connection partner, not only the type of equipment, the type of applications that are currently running on this device, i.e. whether application of photo exchange, information such as whether a piece of music sharing application it is desirable to know each other before. また、個人で撮影した写真や楽曲のプレイリスト交換などをする場合には、誰のコンテンツが欲しいのかが重要になるので、各無線装置のユーザが誰なのかが分かることが望ましい。 In addition, in the case of a such as playlist exchange of the captured photos and music in private, because who of the want content is important, it is desirable that the user is who of each wireless device can be seen. さらに、無線装置上で動作するアプリケーションによっては、常時新規接続を受け付けるものや、アプリケーションが特別な状態にあるときだけ接続を受け付けたいものもあるため、アプリケーションの現在状態の情報も分かることが望ましい。 Furthermore, depending on the applications running on the wireless device, at all times and that accepts a new connection, since the application is also what you want to accept connections only when in a particular state, it is desirable that the apparent information on the current state of the application.

しかしながら、IEEE802.11では、このような設定方法に関する仕様はない。 However, in the IEEE802.11, there is no specification for this kind of setting method. また、IEEE802.11で規定する通信方式では、ユーザが任意に設定可能で、且つ、接続前に交換できる情報はネットワーク識別子の32バイトに限られている。 Further, in the communication method specified in IEEE 802.11, the user arbitrarily set, and the information that can be exchanged before connection is limited to 32 bytes of network identifiers. このため、アプリケーションの種類や機器ユーザ、アプリケーションの状態といった任意の属性情報を接続に先駆けて交換できないので、アプリケーションの種類や状態に応じて接続相手を探すことは難しい。 Therefore, application types and device user, can not be replaced prior to connecting any attribute information such state of the application, it is difficult to find a connection partner depending on the type and state of the application.

例えば、通常の通信を行なうためのモードとは別の認証のための通信モードを用意し、そのモードでネットワーク識別子と暗号鍵を暗号化して送信する方法が提案されている(例えば、特許文献1を参照のこと)。 For example, the mode for performing normal communication prepared communication mode for another authentication method for encrypting and transmitting a network identifier and an encryption key in that mode has been proposed (e.g., Patent Document 1 checking). しかしながら、この方法では、接続相手を決めた後にネットワーク識別子と暗号鍵を暗号化して送るため、接続相手を決めるための情報は、無線装置を識別するための識別番号のみである。 However, in this method, for sending encrypted network identifier and encryption key after determining the connection partner information for determining the connection partner is only an identification number for identifying the wireless device. すなわち、通信に先駆けて交換できる情報が限られており、接続先の候補となる機器が1台しか無い場合は問題を生じないが、付近に接続先の候補になる機器が複数ある場合には、それらうちどの機器と接続するべきかを決めることは難しい。 That is, information that can be exchanged prior to communication are limited, but a candidate to become the connected device does not present a problem if there is only one, if the device to be the connection destination candidate in the vicinity there are multiple , it is difficult to decide what should be connected them out with any equipment.

また、IEEE802.11の通信に使用可能な電波の周波数は複数あり、チャネルとして割り振られている。 The radio wave of the frequency that can be used to communicate with IEEE802.11 There are several, is allocated as a channel. IEEE802.11の仕様によれば単一のチャネルに幾つもの異なるネットワーク(BSS)を存在させることができるが、スループットやパケット遅延を改善するには、空間的に重畳する異なるネットワークを異なるチャネルに割り振ることが求められる。 Although there can be a network (BSS) of different number ones in a single channel, according to the IEEE802.11 specifications, in order to improve the throughput and packet delay are allocated to different channels of different network superimposed spatially it is required. しかしながら、無線装置を操作するエンドユーザに複数の無線ネットワークのチャネル設定を最適に設定させることは難しい。 However, it is difficult to optimally set the channel setting of a plurality of wireless networks to the end user to operate the wireless device. IEEE802.11では、通信局がネットワークへの参入若しくはネットワーク形成に必要な情報を取得するためのスキャン動作について規定しているが、いずれのチャネルを選択するか、どの制御局のBSSに参入するかは実装依存である。 In IEEE 802.11, or a communication station has been defined for the scanning operation for obtaining information necessary for entry or network formation of the network, or select one of the channels, to enter the BSS of which the control station it is implementation-dependent.

自動的にチャネル設定を行なうためのさまざまな方式が提案されている。 Automatically various methods for performing channel setting has been proposed. 例えば、通信数やトラヒックに基づいてチャネルを割り当てる方式や(例えば、特許文献2を参照のこと)、制御情報の信号レベルと受信回数に基づいてチャネル割り当てを行なう方式(例えば、特許文献3を参照のこと)、キャリア・センスによる電波の有無によりチャネルが空いているかをチェックし通信チャネルを設定する方式(例えば、特許文献4を参照のこと)、干渉リソースの数に基づいてチャネルを選択する方式(例えば、特許文献5を参照のこと)、エラー・パケットの数あるいは成功パケットの数の単位時間当たりの割合に基づいてチャネル切り替えを行なう方式(例えば、特許文献6を参照のこと)、距離や伝搬損失や干渉レベルを測定した結果に基づいてチャネルを割り当てる方法(例えば、特許文献7を参照のこと For example, and methods allocate a channel based on the communication speed and the traffic (e.g., see Patent Document 2), a method for performing channel allocation on the basis of the signal level and number of times of reception of control information (e.g., see Patent Document 3 thing), a method of setting a communication channel to check whether the channel by the presence or absence of the radio wave by the carrier sense is empty (for example, see Patent Document 4), a method of selecting a channel based on the number of interference resources (e.g., see Patent Document 5), a method of performing a channel switching based on the percentage per number unit of time of several or success packet error packet (e.g., see Patent Document 6), the distance Ya how to assign channels based on the propagation loss and the interference level measured result (e.g., see Patent Document 7 などが提案されている。 Such as has been proposed. また、空いているチャネルが存在しない場合に、ランダム、受けた信号のレベル、あらかじめ定められた値に基づいてチャネルを設定する方式が提案されている(例えば、特許文献8を参照のこと)。 Further, when the vacant channel does not exist, random, received level of the signal, a method of setting a channel based on a predetermined value has been proposed (e.g., see Patent Document 8).

従来提案されているチャネル自動設定方法は、空きチャネルがない場合、又は、少なくとも1つの空きチャネルがある場合のいずれかに使用する方法に大別することができる。 Channel automatic setting method proposed conventionally, when there is no idle channel, or can be roughly classified into a method of using any of the cases where there is at least one free channel.

前者の空きチャネルがない状況下では、各チャネルの通信数、トラヒック、キャリア・センス、干渉リソースの数、エラー・パケットの数、伝搬損失、干渉レベル、信号レベル、制御信号の数などのパラメータの測定値に基づいて、最も他の影響のないチャネルを選ぶことになる。 Under no former idle channel conditions, the number of communication of each channel, traffic, carrier sensing, the number of interference resources, the number of error packets, propagation loss, interference level, parameters such as signal level, the number of control signals based on the measurements, so that the pick channel without most other influences. ここで、無線装置は、すべてのチャネルにわたってスキャンしてこれらのパラメータを測定して常時確認することは現実的でないので、チャネル毎にある短い時間の測定の結果を使わざるを得ない。 Here, the radio apparatus, since it is not practical to check constantly by measuring these parameters by scanning across all channels, inevitably use the results of short time measurements in each channel. ところが、測定時の電波環境がそのチャネルの平均的又は特徴的な状況を表すとは限らない。 However, the radio wave environment at the time of measurement does not necessarily represent the average or characteristic conditions of the channel. そのチャネル上でたまたまバースト的な転送が行なわれる場合や、逆にたまたま通信が全く行なわれていないときにパラメータの測定が行なわれることもある。 And if that happens burst transfer over channel is carried out, sometimes measuring parameter is performed when the contrary happens no communication is performed at all. ほとんど通信の無いチャネルにも関わらず、たまたま通信をしているときに測定が行なわれてしまうかもしれない。 Despite almost no communication channel might become done measured while the communication happens. すなわち、無線装置がチャネル毎に行なうパラメータの測定結果は十分に信頼できるものではなく、本来の意図とは異なり、平均的に見ると混み合ったチャネルを選んでしまう可能性がある。 That is, measurements of the parameters the wireless device performs for each channel is not to be sufficiently reliable, unlike the original intention, there is a possibility that select a channel crowded the average of view.

一方、後者の少なくとも1つの空きチャネルが存在する状況下では、上記の方法に基づいて、制御信号も全く受信されないチャネルが空きチャネルとして発見される。 On the other hand, in the situation where the latter at least one free channel exists, based on the above method, the control signaling channel is also not received at all are found as idle channel. 直感的には空きチャネルを選択することで効率よいネットワーク運用が実現するように思われるが、この選択は必ずしもシステム全体の効率を良くするものではない。 While intuitively seems to realize efficient network operation by selecting a free channel, this selection does not necessarily improve the efficiency of the whole system. それは、以下の事情による。 It is based on the following circumstances.

本発明者らは、通信のパケットには本来の目的によって優先順位があるべきであると思料する。 The present inventors, it believes with the communication packet should have priority by the original purpose. 例えば、音声通信のように低ビットレートながら遅延の許されないリアルタイム性を要求される通信は、他の通信と分けるべきである。 For example, the communication to be processed in real time not allowed delay while a low bit rate such as voice communication should divide with other communication. また、動画ストリーミングのようにバッファによって多少の遅延は許されても、長時間のレート低下が許されないような通信も、ファイル転送などのバースト的で且つベストエフォート型の通信とは分けるべきである。 Further, even if allowed some delay by the buffer as video streaming, communications such as long-rate reduction is not allowed should also divide the burst at and communicating best effort, such as file transfer .

ここで、3つのチャネル1、2、3が使用可能な通信環境下で、音声通信を行なう3つのネットワークA、B、Cとファイル転送を行なう1つのネットワークDをチャネル配置するという例題について考察してみる。 Here, under a communication environment available three channels 1, 2, 3 network A performs voice communication, B, a single network D performing C and file transfer is discussed example that channel allocation Try. 但し、音声通信の必要帯域は1チャネルに許容される帯域に比べて十分小さいと仮定する。 However, it is assumed that the required bandwidth for voice communication is sufficiently smaller than the band allowed for one channel.

この条件下で、新規のネットワークを空きチャネルを探して配置するという上述の方法を適用した場合、A、B、C、Dの順番にネットワークを構成したとすると、Aが1チャネル、Bが2チャネル、Cが3チャネルに配置されてしまう。 Under these conditions, when applying the aforementioned method of placing the new network looking for a free channel, A, B, C, assuming that configure the network in the order of D, A is 1 channel, B is 2 channel, C from being placed on the three channels. こうなると、Dはどこかのチャネルを共用せざるを得なくなり、共用された音声通信は妨害を受けることになってしまう。 When this happens, D is forced to share somewhere channel, shared voice communications becomes subject to interference. すなわち、新しいネットワークを構成する場合、次々と空きチャネルにネットワークを構成してゆくことは、必ずしも複数のネットワーク全体のチャネル効率を良くするとは限らない。 That is, when configuring a new network, be slide into configure the network one after another free channel, does not necessarily improve the channel efficiency across multiple networks.

音声通信は、リアルタイム性が要求されるが、1チャネルに許容される帯域に比べて十分小さく、音声通信を行なう複数のネットワークが同じチャネル上で十分に共存することができる。 Voice communications, but requires real time, can be sufficiently smaller than the band allowed for one channel, a plurality of network for voice communication sufficiently coexist on the same channel. したがって、上記の例題では、チャネル1にA、B、Cを配置し、チャネル2にDを配置し、チャネル3はさらに別の通信が追加されるときのために空けておくのが最も効率が良いと思料される。 Thus, in the above example, the channel 1 A, B, placing the C, and the channel 2 disposed D, the most efficient to leave open in case the channel 3 is still another communication is added It is Shiryo good.

このようなチャネル配置の問題は、空きチャネルを使用する場合だけでなく、空きチャネルが存在せず、共用チャネルを使わざるを得ない状況下でどこのチャネルと共用するかを決定する場合も同様である。 Such channel arrangement problem not only when using a free channel, there is no idle channel, the same applies when determining whether shared with anywhere channel in situations where forced to use a shared channel is there. 無線通信の優先順位付けに関しては、例えば、IEEE802.11eでは無線区間の通信品質(QoS:Quality of Service)を向上させる目的で標準化作業が進められており、音声や映像などの通信品質を従来のベストエフォート型通信に対して向上させる仕組みが既定されているが、同規格はまだ十分に普及していないのが実情である。 With respect to prioritization of the wireless communication, for example, communication quality of IEEE802.11e the wireless section (QoS: Quality of Service) and is advanced standardization work for the purpose of improving the communication quality such as voice and video in the conventional Although the mechanism of improving relative to best-effort communication is default, this standard is a fact is not yet widespread enough. QoSを使用したとしても、チャネル配置を最適化することはシステムのパフォーマンス向上につながる。 Even QoS, the optimizing channel arrangement leads to better system performance. 今後ますます無線装置の数が増えて行くことを考慮すると、チャネル配置の最適化は今後も重要な課題であることに変わりはない。 Considering that, with a growing number of increasingly wireless device future optimization of the channel arrangement is not changed to be an important issue in the future.

また、IEEE802.11の規格では、省電力化のためのパワー・マネージメントの仕様も規定され実際に実装されている(前述)。 Further, in the IEEE802.11 standard, the specification of power management for power saving is also defined are actually implemented (described above). しかしながら、同規格では、パワー・マネージメントが有効になっているときの動作を規定しているが、どのようなタイミング、どのような条件でパワー・マネージメントを有効にするかについては、仕様の範囲外である。 However, in this standard, but defines the behavior when power management is enabled, which timing for what conditions or not to enable power management, the outside of the specification it is.

IEEE802.11における無線装置のパワー・マネージメント動作の基本は、受信動作を停止することである。 Basic power management operation of the radio apparatus in IEEE802.11 is to stop the receiving operation. しかし、ただ停止したままでは通信ができないので、受信側となる通信局は間欠的に受信機を動かす必要がある。 However, just it remains stopped can not communicate, the communication station as a receiving side is required to move the intermittent receiver. すなわち、送信側及び受信側となる通信局間では、あらかじめ決きめられたルールに従って受信機の停止と作動を切り替える必要がある。 That is, in the communication station as a sender and receiver, it is necessary to switch the operation and stopping of the receiver according to a pre-determined-determined rules. IEEE802.11の場合、送信側と受信側はビーコンの送信タイミングやビーコン・フレームの内容を使って送信側と受信側の同期を取っている。 In the case of IEEE802.11, the sender and the receiver is taking the synchronization of the sender and receiver use the contents of the transmission timing and beacon frame of the beacon. これに対し、ネットワークへ参加していない端末は、いずれのネットワークのビーコンにも同期していないため、ネットワークへの接続を行なう前は省電力モードを使用できない。 In contrast, terminals that do not participate to the network, because it is not even synchronized to a beacon of any network, before performing the connection to the network can not use the power saving mode.

例えば、パワー・マネージメントを使用する条件として、スキャンを行なっている状態では省電力モードを使わないようにする方法について提案されている(例えば、特許文献9を参照のこと)。 For example, as a condition of using the power management, in a state doing the scan it has been proposed a method to avoid using the power saving mode (e.g., see Patent Document 9). インフラストラクチャ・モード下では、制御局はスリープ状態になることはなく常に電波を受信可能であるから、端末局は自分がスキャンを行なっている状態のときのみスリープ状態が解除されていれば通信に障害が起きることはない。 In infrastructure mode, since the control station can receive always waves never go to sleep, the terminal station in communication if it is canceled observed sleep state when a state where he is performing scanning failure is never happen. これに対し、アドホック・モード下では、スキャンを行なう側の端末局がスリープ状態を解除しても、スキャンを受けるべき既存の端末局がスリープ状態に入っているときには、タイミングによってはスキャン用のパケットを受けられない。 In contrast, under the ad hoc mode, also the side of the terminal station for scanning and wake, when the existing terminal station is in the sleep state to receive the scan, packets for scanning by the timing not receive. この結果、正確なスキャン動作を実現することが困難となる。 As a result, it is difficult to realize accurate scanning operation. すなわち、たまたま通信が全く行なわれていないときに、チャネルのスキャンが行なわれると、本来の意図とは異なり、平均的に見ると混み合ったチャネルを選んでしまう可能性があり、チャネル配置を最適化することも困難となる。 That is, the optimum when not happen conducted communication at all, the channel scanning is carried out, unlike the original intention, there is a possibility that select a channel crowded the average of view, the channel arrangement it becomes difficult to reduction.

特許第3628250号公報 Patent No. 3628250 Publication 特許第2629640号公報 Patent No. 2629640 Publication 特許第2750207号公報 Patent No. 2750207 Publication 特許第3043958号公報 Patent No. 3043958 Publication 特許第3457667号公報 Patent No. 3457667 Publication 特許第3744365号公報 Patent No. 3744365 Publication 特開2001−204075号公報 JP 2001-204075 JP 特許第3019149公報 No. 3019149 publication 特開2004−234667号公報 JP 2004-234667 JP

本発明の目的は、接続前の無線装置同士が事前に適切な接続相手を探すとともに接続に必要な情報を簡素な手続で共通に指定して、好適にネットワークを形成することができる、優れた無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムを提供することにある。 An object of the present invention, among the wireless device before connection is specified in the common information necessary for connection with a simple procedure with pre-search for correct peer, can be suitably form a network, excellent wireless communication system, wireless communication apparatus and wireless communication method, and a superior computer program.

本発明のさらなる目的は、通信に使用可能な複数の電波周波数帯がチャネルとして割り当てられている通信環境下で、共存する複数のネットワーク全体のチャネル効率を考慮して各ネットワークのチャネル配置を好適に決定することができる、優れた無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムを提供することにある。 A further object of the present invention, in a communication environment where a plurality of radio frequency bands available for communication is allocated as a channel, preferably a plurality of channel efficiency of the entire network in consideration of the channel arrangement of the network coexisting can be determined, excellent wireless communication system, wireless communication apparatus and wireless communication method, and a superior computer program.

本発明のさらなる目的は、各無線装置がパワー・マネージメント動作を有効化させながら自律分散的に動作する通信環境下で、正確なスキャン動作を実現してチャネル配置を最適化することができる、優れた無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムを提供することにある。 A further object of the present invention, in a communication environment where each wireless device is operating in an autonomous distributed manner while enabling power management operation, it is possible to optimize the channel arrangement to achieve a correct scanning operation, excellent wireless communication system, wireless communication apparatus and wireless communication method, and a superior computer program.

本発明は、上記課題を参酌してなされたものであり、その第1の側面は、通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なう複数の無線装置で構成される無線通信システムであって、ネットワークを形成する前の無線装置間でユーザ・データを交換するユーザ・データ交換手段を備え、無線装置がネットワークを形成し又は既存のネットワークに参入する際に、前記チャネル上をスキャンして周囲の無線装置を探索するとともに、探し出された無線装置から接続相手を確認するための任意の情報を含むユーザ・データを収集し、該ユーザ・データに基づいて接続相手となる無線装置を決定し、該接続相手となる無線装置との間で無線接続に必要となる接続パラメータを含むユーザ・データを交換し、該交換した接続パラメータを用いて無線 The present invention has been made in consideration of the above problems, a first aspect of a radio communication system including a plurality of wireless devices for performing packet communication on available for the communication channel, comprising a user data exchange means for exchanging user data between the previous wireless devices that form the network, the wireless device when entering the formed or existing networks network, surrounding by scanning the upper channel with searching for a wireless device to collect user data, including any information to confirm the connection partner from the found wireless device, it determines a wireless device that is a connection destination based on the user data, exchanging user data including connection parameters required for wireless connection between a wireless device that is a said connection partner, the radio using the connection parameters the exchange 置間で接続を行なうことを特徴とする無線通信システムである。 It is a wireless communication system and performing connection 置間.

但し、ここで言う「システム」とは、複数の装置(又は特定の機能を実現する機能モジュール)が論理的に集合した物のことを言い、各装置や機能モジュールが単一の筐体内にあるか否かは特に問わない(以下、同様)。 However, where the term "system" a plurality of devices (or functional modules for realizing specific functions) refers to the logically aggregated, the devices or functional modules are in a single housing whether is not particularly limited either (hereinafter, the same).

無線通信技術によれば柔軟な接続環境を提供することができ、現在はさまざまな無線LAN製品が急速に普及している。 According to the wireless communication technology can provide a flexible connection environment, now various wireless LAN products have been spreading rapidly. 例えば、IEEE802.11に代表される無線LAN規格では、インフラストラクチャ・モード並びにアドホック・モードによってネットワークを運用することができる。 For example, in a wireless LAN standard typified by IEEE 802.11, it can operate the network by the infrastructure mode and ad hoc mode. また、必要に応じて受信機をDoze状態に移行させるPowerSaveモードが規定されており、インフラストラクチャ・モード並びにアドホック・モードのいずれにおいても無線装置の省電力化を図ることができる。 Also, a PowerSave mode to shift the receiver to the Doze state if necessary is defined, it is possible to reduce power consumption of wireless devices in any of the infrastructure mode and ad hoc mode.

ここで、無線通信は、有線通信とは異なり、傍受による情報漏洩の危険に晒されていることから、その対策として通信路を暗号化する必要があり、接続前の無線装置同士が、SSIDや、WEPキーやPSKなどの情報を共通に指定しなければならない。 Here, wireless communication, unlike wire communication, since it is compromised of information leakage by interception, it is necessary to encrypt the communication path as a countermeasure, between the wireless device prior to connection, SSID Ya , it must be specified in common information, such as WEP key or PSK. しかしながら、(無線LAN機能を搭載した)CE機器を操作するエンドユーザにこれらの設定値の意味を理解させて、正しく設定させることは難しい。 However, (a wireless LAN function has been mounted) by understand the meaning of these settings to the end user operating the CE device, it is difficult to correctly set.

また、CE機器の多くは機能が限定され、明確な使用目的があることから、接続相手を探すときには、接続相手の機器の種類やさらには機器で起動中のアプリケーションの種類に応じて無線接続すべきかどうかを決定することが望ましい。 Also, many CE instruments limited functionality, since there is a clear purpose, when looking for a connection partner, a wireless connection all depending on the type of application running in kind or more devices connected other device it is desirable to determine if asked. しかしながら、IEEE802.11で規定する通信方式では、ユーザが任意に設定可能で、且つ、接続前に交換できる情報はネットワーク識別子の32バイトに限られているため、アプリケーションの種類や機器ユーザ、アプリケーションの状態といった任意の属性情報を接続に先駆けて交換できず、アプリケーションの種類や状態に応じて接続相手を探すことは難しい。 However, in the communication method specified in IEEE 802.11, the user arbitrarily set, and, since the information can be exchanged before connection is limited to 32 bytes of network identifiers, application types and device user, the application can not be exchanged prior to connect any of the attribute information such as the state, it is difficult to find a connection partner depending on the type and state of the application.

これに対し、本発明の係る無線通信システムでは、新規の無線装置がネットワークを形成し又は既存のネットワークに参入する際に、前記チャネル上をスキャンして周囲の無線装置を探索するとともに、探し出された無線装置から接続相手を確認するための任意の情報を含むユーザ・データを収集し、該ユーザ・データに基づいて接続相手となる無線装置を決定し、該接続相手となる無線装置との間で無線接続に必要となる接続パラメータを含むユーザ・データを交換し、該交換した接続パラメータを用いて無線装置間で接続を行なうようになっている。 In contrast, in the wireless communication system according the present invention, when a new wireless device to enter the form a network or an existing network, as well as explore the peripheral wireless device to scan on the channel, out looking has been to collect user data, including any information to confirm the connection partner from the wireless device to determine a wireless device that is a connection destination based on the user data, the wireless device to be the connection counterpart exchanging user data including connection parameters required for wireless connection with, and performs the connection between the wireless device using the connection parameters the exchange.

本発明に係る無線通信システムでは、32バイト以上の任意の情報を無線装置間でやりとりできるように構成されている。 In the radio communication system according to the present invention is configured any information or 32 bytes can be exchanged between wireless devices. 例えば、各ネットワークはIEEE802.11規格に則って運用される場合には、前記ユーザ・データ交換手段は、IEEE802.11のMagagementフレーム内のVendor Specific IEを利用してユーザ・データを交換することができる。 For example, if each network that is operated in accordance with the IEEE802.11 standards, the user data exchange means to exchange user data using the Vendor Specific IE in Magagement frame of IEEE802.11 it can. 無線装置は、ユーザ・データの中に、機器の種別、現在動作しているアプリケーションの種別、ユーザの名前、現在のアプリケーションの状態などを含ませ、これらの情報を基に、自分が接続すべき無線装置、あるいは、自分が参加すべき無線ネットワークを決定することができる。 Wireless device, in the user data, type of equipment, the type of currently running applications, to include the user name, and the current state of the application, based on these information, it should be connected wireless device, or can determine the wireless network should participate myself. 1つのフレームに複数のVendor Specific IEを含ませ、ユーザ・データを分割して伝送するようにしてもよい。 In one frame to include a plurality of Vendor Specific IE, it may be transmitted by dividing the user data.

次いで、無線装置は、ユーザ・データとして、ネットワーク識別子と、無線装置間の通信路を暗号化するための暗号鍵を入れ、接続すべき相手と交換をする。 Then, the wireless device, as the user data, to the network identifier, placed in an encryption key for encrypting the communication path between the wireless device, the exchange with the partner to be connected. ここで言う暗号鍵は、WEPキーやPSKに相当する。 Encryption key here is equivalent to the WEP key or PSK. そして、無線装置は、交換したネットワーク識別子、及び暗号鍵を使って通常のIEEE802.11の無線ネットワークへ参加し、あるいは新規無線ネットワークを構成して、暗号化通信を行なうことができる。 The wireless device may exchange the network identifier, and use the encryption key to join the normal IEEE802.11 wireless network, or to configure a new wireless network, it is possible to perform encrypted communication.

また、前記スキャン用のフレーム及びこれに対する応答フレームには、無線装置において動作中のアプリケーションに関する情報、又は無線装置のユーザに関する情報が含まれている。 The frame and response frame to this for the scan is included information about the application running in a wireless device, or information about a user of the wireless device. したがって、スキャンを行なう側の無線装置は、該応答フレームの内容を評価して接続相手を判断し、又は、スキャンを受ける側の無線装置は、該スキャン用フレームの内容を評価して接続相手を判断することができるようになっている。 Accordingly, the wireless device side which performs the scan evaluates the contents of the response frame to determine the connection partner, or the wireless device on the side which receives the scan, the connection partner by evaluating the contents of the scan frame so that the it can be determined.

スキャンする側の無線装置はProbe Requestフレームを用いてスキャン用フレームを送信し、スキャンされる側の無線装置は、Probe Responseフレームを用いて応答フレームを用いて返信することができる。 Wireless device on the side to be scanned and send the scan frame using a Probe Request frame, the wireless device being scanned side, can be returned with a response frame using the Probe Response frame.

また、無線装置がネットワークを形成し又は既存のネットワークに参入する際に、スキャンして存在が確認された無線装置の中から、チャレンジ・レスポンス手続を通じて接続相手の素性を確認し、この結果を用いて接続相手を限定することもできる。 Further, when the wireless device to enter the formed or existing network a network, from the wireless device existing scanning is confirmed, confirms the identity of the connection partner via challenge-response procedures, using this result it is also possible to limit the connection partner Te.

また、接続相手となる無線装置が決定した場合、どちらかの無線装置がネットワーク識別子や暗号鍵といった接続パラメータを生成する。 Further, if the wireless device that is a connection destination is determined, either of the wireless device generates a connection parameters and network identifier and an encryption key. 本発明に係る無線通信システムでは、接続相手となった一組の無線装置のうちいずれが接続パラメータを生成し又は送信するかを判断する判断手段をさらに備えている。 In the radio communication system according to the present invention, any one of a set of wireless devices has become connection partner further comprises a determining means for determining whether to generate or transmit the connection parameters.

1つの判定基準は、現在の状態に基づく。 One criterion is based on the current state. 既にネットワークを形成している状況下で新たに無線装置が参加する場合は、新たな参加者は既存のネットワークのネットワーク識別子と暗号鍵を使う必要があるので、既にネットワークに参加している無線装置が新たに参加する無線装置にネットワーク識別子と暗号鍵を送信する。 If you already have a new wireless devices under circumstances that form a network to participate, since the new participants, it is necessary to use the network identifier and the encryption key of the existing network, already wireless devices that are participating in the network sends the network identifier and encryption key to the wireless device to participate in new. また、インフラストラクチャ・モード下では、制御局である無線装置は起動時から常にネットワークに参加していると見ることができるので、常に接続パラメータを生成し送信する側になる。 Further, in the infrastructure mode, the wireless device is a control station so can be viewed as always join the network from the start, is always on the side that generates and sends the connection parameters.

他方、アドホック・モード下では、どちらの無線装置がネットワーク識別子を決定しても良いが、一意に決定する必要がある。 On the other hand, under the ad-hoc mode, either of the wireless device may determine a network identifier, it is necessary to uniquely determine. そこで、各無線装置が持つMACアドレスや、無線装置毎に生成する乱数値など同値になる可能性が全くないか極めて低い情報に基づいて、一方の無線装置を接続パラメータの送信元に決定するようにしてもよい。 Therefore, and MAC address each wireless device has, on the basis of the very low information no or likely to be equivalent, such as random value generated for each wireless device, to determine one of the wireless device to the source of the connection parameters it may be.

また、接続相手となる無線装置同士でネットワーク識別子や暗号鍵といった接続パラメータを無線通信路経由で送受信する際には、盗聴に十分注意する必要がある。 Further, when receiving the connection parameters such as network identifier and an encryption key via the wireless communication path is a wireless device which can produce a connection partner, it is necessary to care the eavesdropping. そこで、本発明に係る無線通信システムでは、接続相手となる無線装置同士で互いの公開鍵をユーザ・データとして交換する公開鍵交換手段をさらに備えている。 Therefore, in the radio communication system according to the present invention further comprises a public key exchanging means for exchanging the user data to each other's public keys in a wireless device which can produce a connection partner. 各無線装置は、自分の秘密鍵と接続相手の公開鍵を元にセッション鍵を生成することができる。 Each wireless device, it is possible to generate a session key based on the public key of your private key and the connection partner. そして、接続パラメータの送信元となる無線装置はセッション鍵を用いて接続パラメータを暗号化して送信し、一方の接続パラメータの受信先となる無線装置は受信した接続パラメータをセッション鍵で復号することによって、盗聴防止の拠り所を得ることができる。 Then, source and comprising a wireless device connection parameters and transmits the encrypted connection parameters by using the session key, by the one receiver to become a wireless device connection parameters for decoding the connection parameters received with the session key , it can be obtained cornerstone of eavesdropping prevention.

また、前記の無線接続に必要となる接続パラメータに、チャネルと基本ネットワーク識別子(BSSID)をさらに含ませて、無線装置はスキャン動作を省略することができる。 Further, the connection parameters required for the wireless connection, by further including a channel and a basic network identifier (BSSID), the wireless device can skip scanning operation.

このように、本発明に係る無線通信装置によれば、無線装置は、周囲に複数の無線装置がある場合であっても、自分がどの機器と接続すべきか、どのネットワークに参加すべきか、自分で新しいネットワークを作成するべきかを的確に決め、ユーザの手間を最小限にして無線ネットワークを構成することができる。 Thus, according to the radio communication apparatus according to the present invention, the wireless device, even if there are a plurality of wireless devices in the surroundings, or to be connected himself and which device, or should participate in which network, their in decide to create a new network appropriately, it is possible to construct a wireless network with minimal effort by the user.

また、マルチチャネル構成の通信システムの場合、無線装置が新規のネットワークを形成し、又は既存のネットワークに参入する際、ネットワークのチャネル配置を決定する必要がある。 Moreover, in the case of the communication system of the multi-channel configuration, the wireless device forms a new network, or when entering an existing network, it is necessary to determine the channel allocation of the network. IEEE802.11の通信に使用可能な電波の周波数は複数あり、チャネルとして割り振られている。 Radio waves of frequencies available for communication IEEE802.11 There are several, is allocated as a channel. ここで、単一のチャネルに幾つもの異なるネットワークを存在させることができるが、スループットやパケット遅延を改善するには、空間的に重畳する異なるネットワークを異なるチャネルに割り振ることが求められる。 Here, there can be a network different number ones in a single channel, to improve throughput and packet delay, it is required to allocate the different channels to different network superimposed spatially. しかしながら、チャネル配置の決定方法は実装依存であるとともに、無線装置を操作するエンドユーザに複数の無線ネットワークのチャネル設定を最適に設定させることは難しい。 However, with the method of determining the channel assignment is implementation-dependent, it is difficult to optimally set the channel setting of a plurality of wireless networks to the end user to operate the wireless device.

無線装置は、チャネル選択の際、各チャネルの通信状況を測定する必要があるが、すべてのチャネルにわたってスキャンしてこれらのパラメータを測定して常時確認することは現実的でなく、チャネル毎にある短い時間の測定の結果を使わざるを得ない。 The wireless device, upon the channel selection, it is necessary to measure the communication status of each channel, to scan across all channels be confirmed at all times by measuring these parameters are not practical, in each channel forced to use the results of the short time measurement. このような場合、そのチャネル上でたまたまバースト的な転送が行なわれる場合や、逆にたまたま通信が全く行なわれていないときにパラメータの測定が行なわれることもあり、適切でないチャネルを選んでしまう可能性がある。 In this case, and if the channel on accidentally burst transfer is performed, sometimes measuring parameter is performed when the contrary happens no communication is performed at all, possible to cause choose not appropriate channel there is sex.

また、新しくネットワークを構成する際に、次々と空きチャネルにネットワークを構成してゆくと、必ずしも複数のネットワーク全体のチャネル効率を良くするとは限らない。 Also, when constructing a new network, the slide into configure the network one after another free channel, it does not necessarily improve the channel efficiency across multiple networks. 何故ならば、空きチャネルがなくなり、単一のチャネル上で複数のネットワークが共存しなければならなくなった際に、ネットワークの組み合わせによっては、通信が破綻するような状況を招来する。 This is because there is no idle channel, when a plurality of networks on a single channel had to coexist, by a combination of the network will lead to situations where the communication is bankrupt. データ通信には、音声通信のように低ビットレートながら遅延の許されないリアルタイム性を要求される通信、動画ストリーミングのようにバッファによって多少の遅延は許されても、長時間のレート低下が許されないような通信、ファイル転送などのバースト的で且つベストエフォート型の通信などに大別される。 The data communication, the communication is processed in real time not allowed delay while a low bit rate such as voice communications, be allowed some delay by the buffer as video streaming, is not permitted long-rate reduction such communications are roughly divided like burst at and communicating best effort, such as file transfer. ネットワークをチャネルに配置する際には、それぞれの通信の本来の目的に応じた優先順位がある、と本発明者らは思料する。 When placing network channel is the priority in accordance with the intended purpose of each communication, the inventors we believe.

そこで、本発明に係る無線通信システムでは、前記のスキャン時に無線装置間で交換するユーザ・データに、現在動作中のアプリケーション、又はこれから動作させるアプリケーションの使用帯域に関する情報を含めるようにして、無線装置は、自分が動作するアプリケーションと、スキャンして検出された各無線装置で現在動作中のアプリケーションを識別する情報を基に、設定すべきチャネルを決定するようにしてもよい。 Therefore, in the wireless communication system according to the present invention, the user data to be exchanged between the wireless device when the scanning, to include the information about the used bandwidth of the application for operating the current running application, or from which the wireless device is an application that he or she operates, based on the information identifying the application currently running on each wireless device that are detected by scanning, it may be determined a channel to be set.

すなわち、無線装置は、無線ネットワークを新たに構成しようとする際に、既存のネットワークを使用中のアプリケーションやアプリケーションが使用する無線帯域に関する情報を得ることができる。 That is, the wireless device can be obtained in an attempt to newly configure a wireless network, the information about the wireless bandwidth applications and applications that are using the existing network uses. そして、これらの情報を使い、例えば、パケット遅延が許されないリアルタイム性が要求されるアプリケーションとバースト的に最大帯域を使用するベストエフォート型のアプリケーションを別のチャネルに割り当てる、といった条件を考慮しつつ、新しい無線装置のチャネル配置を行なう。 Then, using these information, for example, assign the best-effort applications using the application and burst to the maximum bandwidth real-time packet delay is not allowed is required in another channel, while considering the conditions such as, performing channel arrangement of the new wireless device.

具体的には、ベストエフォート型のアプリケーションを動作する無線装置は、既存のベストエフォート型ネットワークが存在するチャネル上に自分のネットワークを形成するようにする。 Specifically, the wireless device operating a best-effort applications is to form their own network on a channel existing best-effort network exists. また、ストリーミング型のアプリケーションを動作する無線装置は、既存のストリーミング型ネットワークが存在するチャネルで必要帯域を確保できるときには、該チャネル上に自分のネットワークを形成するようにする。 The radio apparatus that operates a streaming application, when possible to secure the necessary bandwidth channel existing streaming network is present, so as to form their own network on the channel.

このようなチャネル配置方法によれば、複数の無線ネットワークが空間的に重畳する場合でも、最もチャネルの無駄がなく、通信の障害の少ない無線ネットワークを構成することができる。 According to such a channel allocating method, even when a plurality of wireless networks are superimposed spatially, it can be most channel without waste constitutes less radio network faulty communications. 全く無線通信が行なわれていないチャネルが存在しても、無線装置は敢えて既に使用されているチャネルを選択する場合があり得る。 Be present channel that is not at all made wireless communication, the wireless device may be the case of selecting a channel dare already used. このような選択を行なうのはすべてのチャネルを含めての全帯域の利用効率を最適化するためである。 Such select performed is to optimize the total bandwidth utilization of including all channels.

また、IEEE802.11の規格では、省電力化に関して、パワー・マネージメントが有効になっているときの動作を規定しているが、どのようなタイミング、どのような条件でパワー・マネージメントを有効にするかについては、仕様の範囲外すなわち実装依存である。 Further, in the IEEE802.11 standard, for power saving, but the power management is defining the operation when it is enabled, which timing, to enable power management in what conditions for either, it is beyond the scope that is implementation-dependent specifications.

パワー・マネージメント動作の基本は、受信動作を停止することであるが、受信側となる無線装置は間欠的に受信機を動かす必要がある。 Basic power management operation would be to stop the receiving operation, the radio device comprising a receiving side is required to move intermittently receiver. すなわち、送信側及び受信側となる無線装置間では、あらかじめ決きめられたルールに従って受信機の停止と作動を切り替えるようにしなければならない。 That, among wireless device that is a sender and receiver must be switched to operation and stopping of the receiver according to a pre-determined-determined rules. 通常は、ビーコンの送信タイミングやビーコン・フレームの内容を使って送信側と受信側の同期を取っている。 Normally, taking the synchronization of the sender and receiver use the contents of the transmission timing and beacon frame of the beacon. これに対し、ネットワークへ参加していない端末は、いずれのネットワークのビーコンにも同期していないため、ネットワークへの接続を行なう前は省電力モードを使用できない。 In contrast, terminals that do not participate to the network, because it is not even synchronized to a beacon of any network, before performing the connection to the network can not use the power saving mode.

パワー・マネージメントを使用する条件として、スキャンを行なっている状態では省電力モードを使わないようにすることが好ましい。 As a condition of using the power management, it is preferable to avoid using the power saving mode while doing the scanning. インフラストラクチャ・モード下でのスキャン動作は端末局が制御局を探索することである。 Scan operation in infrastructure mode is that the terminal station searches for a control station. 制御局はスリープ状態になることはなく常に電波を受信可能であるから、端末局は自分がスキャンを行なっている状態のときのみスリープ状態が解除されていれば通信に障害が起きることはない。 Since the control station can receive always waves never go to sleep, the terminal station never own fault occurs in the communication if it is canceled observed sleep state when the state doing the scanning. これに対し、アドホック・モード下では、スキャンを行なう側の端末局がスリープ状態を解除しても、スキャンを受けるべき既存の端末局がスリープ状態に入っているときには、タイミングによってはスキャン用のパケットを受けられない。 In contrast, under the ad hoc mode, also the side of the terminal station for scanning and wake, when the existing terminal station is in the sleep state to receive the scan, packets for scanning by the timing not receive. この結果、正確なスキャン動作を実現することが困難となる。 As a result, it is difficult to realize accurate scanning operation.

そこで、本発明に係る無線通信システムでは、少なくとも一部の無線装置は、受信機の動作を一時的に停止して省電力化を図る機能を備えているが、スキャンする側となる無線装置は、スキャンに先がけて、前記の通信に使用可能なチャネル上で、連続受信モード要求パケットを、所定の省電力モード時の送信規則に従って送信するようになっている。 Therefore, in the radio communication system according to the present invention, at least a portion of the wireless device is temporarily stop the operation of the receiver has a function of saving power, the wireless device that is a side to be scanned , prior to scanning, on a channel available for communication said, the continuous reception mode request packet, and transmits according to the transmission rule when the predetermined power saving mode. これに対し、該連続受信モード要求パケットを受信した周囲の無線装置では、一時的にPowerSaveモードを解除する、あるいは、PowerSaveモード下でDoze状態への遷移を禁止することによって、受信機を連続して動作させるようになっている。 In contrast, in the wireless device around which has received the continuous reception mode request packet, temporarily releasing the PowerSave mode, or by prohibiting the transition to the Doze state under PowerSave mode, continuously receiver and it is adapted to operate Te. そして、スキャンする側となる無線装置は、周囲の無線装置が受信機を連続して動作させている期間を利用して、前記の通信に使用可能なチャネル上で特に宛先を指定しないブロードキャスト・アドレスに対してスキャン用フレームを送信する。 The wireless device that is a side to be scanned, by using the period in which peripheral wireless device is operated continuously receiver, broadcast address, in particular do not specify a destination on a channel usable for communication of the to send a scan frame against. 周囲の無線装置では、受信機がスリープ状態になっていないので、該スキャンフレームを受信することができる。 Around the wireless device, the receiver is not in the sleep state, it is possible to receive the scan frame. これによって、スキャンする側の無線装置は、まだIEEE802.11のネットワークを構成する前でPowerSaveモードが使用できない状態であるにも拘らず、成功裏にスキャンを実施することができる。 Thus, the wireless device scans for the side is still capable of implementing a scan PowerSave mode despite it is a state that can not be used, successfully before constituting the IEEE802.11 network.

スキャンされる側の無線装置が省電力状態を解除したままでは、電力を消費し続けてしまうので、元の通常のPowerSaveモードに戻らなければならない。 Wireless devices to be scanned side is while releasing the power saving state, so will continue to consume power, it must be returned to the original normal PowerSave mode.

そこで、スキャンされる側の無線装置は、該接続相手となる無線装置との間で無線接続に必要となる接続パラメータを含むユーザ・データを交換した後に、受信機の連続動作を解除するようにしてもよい。 Accordingly, the wireless device being scanned side, after exchanging user data including connection parameters required for wireless connection between a wireless device that is a said connection partner, so as to cancel the continuous operation of the receiver it may be.

あるいは、スキャンされる側の無線装置は、接続のためのユーザ・データ交換が終わる程度の相当時間が経っても、接続のためのユーザ・データの交換が終わらない場合には、受信機の連続動作を解除するようにしてもよい。 Alternatively, the wireless device being scanned side is even after considerable time to the extent that user data exchange is completed for connecting, when the exchange of user data for the connection is not end, the continuous receiver may be released to operate.

また、本発明の第2の側面は、通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なうための処理をコンピュータ上で実行するようにコンピュータ可読形式で記述されたコンピュータ・プログラムであって、前記コンピュータに対し、 The second aspect of the present invention is a computer program described in a computer-readable format so as to execute a process for performing packet communication on available for the communication channel on a computer, said computer the other hand,
パケット通信を行なうアプリケーション、又は、アプリケーションの実行を指示するユーザが他の無線通信装置と交換したい任意の情報を含むユーザ・データを所定のユーザ・データ・パケットの形式に変換するユーザ・データ・パケット作成手順と、 Performing packet communication applications, or user data packets for converting user data includes any information that the user wants to replace with another wireless communication device for instructing the execution of the application in the form of predetermined user data packet and the creation procedure,
前記ユーザ・データ・パケット作成手順を実行することによって作成されたユーザ・データ・パケットを管理用のパケットとして無線送信するパケット送信手順と、 A packet transmission procedure for wirelessly transmitting user data packet as a packet for management created by executing the user data packet creation procedures
他の無線通信装置から無線送信された管理用のパケットを受信するパケット受信手順と、 A packet receiving step of receiving a packet for management which is wirelessly transmitted from another radio communication device,
前記パケット受信手順を実行することによって受信した管理用パケットに含まれるデータ・パケット部分からユーザ・データを取り出すユーザ・データ抽出手順と、 And user data extraction procedure to retrieve the user data from the data packet portions contained in the management packet received by executing the packet reception procedure,
ネットワーク識別子と暗号鍵に基づいて既存の無線ネットワークに参加し又は新しい無線ネットワークを構成して、他の無線通信装置との接続を制御する接続制御手順と、 Constitute or a new wireless network to join an existing wireless network based on the network identifier and an encryption key, a connection control step of controlling the connection with other wireless communication devices,
接続候補となる他の無線通信装置と上記ユーザ・データを交換し、交換したユーザ・データを用いて接続すべき相手を決定し、該決定された接続すべき相手と同じネットワーク識別子と暗号鍵を前記接続制御手順において設定させるデータ処理手順と、 Replace the other radio communication device and the user data to which the connection candidate, and determines an opponent to be connected with the user data exchanged, the same network identifier and encryption key counterpart to be connected, which is the determined a data processing procedure for setting in the connection control procedure,
を実行させることを特徴とするコンピュータ・プログラムである。 A computer program for causing the execution.

また、本発明の第3の側面は、受信機の動作を一時的に停止する省電力化機能を実現するとともに、通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なうための処理をコンピュータ上で実行するようにコンピュータ可読形式で記述されたコンピュータ・プログラムであって、前記コンピュータに対し、 The third aspect of the present invention is to realize a power saving function to temporarily stop the operation of the receiver, it performs a process for performing packet communication on available for the communication channel on a computer a computer program described in a computer-readable format so as to, with respect to the computer,
スキャン動作に先駆けて、他の無線通信装置に連続的な受信動作を要求する連続受信モード要求パケットを送信する手順と、 Prior to scanning operation, and transmitting a continuous reception mode request packet for requesting a continuous receiving operation in another wireless communication device,
省電力モード時における所定の送信規則に従って連続受信モード要求パケットを送信する手順と、 And transmitting a continuous reception mode request packet according to a predetermined transmission rule in the power saving mode,
連続受信モード要求パケットを受信したことに応答して、連続的な受信動作を行なう手順と、 In response to receiving the continuous reception mode request packet, and procedures for performing continuous reception operation,
連続的な受信動作を行なっているときに、所定の条件を満たしたとき又は所定の時間が経過したことに応じて、間欠的な受信動作を開始する手順と、 When doing the continuous reception operation, in response to that or a predetermined time when a predetermined condition is satisfied has elapsed, the procedure to start the intermittent receiving operation,
を実行させることを特徴とするコンピュータ・プログラムである。 A computer program for causing the execution.

本発明の第2乃至第3の各側面に係るコンピュータ・プログラムは、コンピュータ上で所定の処理を実現するようにコンピュータ可読形式で記述されたコンピュータ・プログラムを定義したものである。 Second to computer program according to a third each aspect of the present invention is obtained by defining a computer program described in a computer-readable format so as to realize predetermined processing on a computer. 換言すれば、本発明の第2乃至第3の各側面に係るコンピュータ・プログラムをコンピュータにインストールすることによってコンピュータ上では協働的作用が発揮され、本発明の第1の側面に係る無線通信システムにおいて、インフラストラクチャ・モード下における制御局又は端末局、あるいはアドホック・モード下における端末局として動作する無線装置を構成することができる。 In other words, a cooperative operation on the computer by installing the computer program into a computer according to the second and third each aspect of the present invention is exhibited, the wireless communication system according to the first aspect of the present invention in, it is possible to construct a wireless device that operates as a terminal station in the control station or terminal station, or ad-hoc mode under the infrastructure mode. このような無線通信装置を複数起動して無線ネットワークを構築することによって、本発明の第1の側面に係る無線通信システムと同様の作用効果を得ることができる。 By constructing a wireless network such a wireless communication device with multiple starts, it is possible to obtain the same effect as the radio communication system according to the first aspect of the present invention.

本発明によれば、接続前の無線装置同士が事前に適切な接続相手を探すとともに接続に必要な情報を簡素な手続で共通に指定して、好適にネットワークを形成することができる、優れた無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムを提供することができる。 According to the present invention, among the wireless device before connection is specified with pre locates the appropriate connection partner in common information simple procedures required for connection, can be suitably form a network, excellent wireless communication system, it is possible to provide a wireless communication apparatus and wireless communication method, and computer program.

また、本発明によれば、通信に使用可能な複数の電波周波数帯がチャネルとして割り当てられている通信環境下で、共存する複数のネットワーク全体のチャネル効率を考慮して各ネットワークのチャネル配置を好適に決定することができる、優れた無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムを提供することができる。 Further, according to the present invention, a plurality of radio frequency bands available for communication under a communication environment that is assigned as a channel, in consideration of the channel efficiency of the entire plurality of networks coexist channel arrangement of the network suitable can be determined, it is possible to provide excellent wireless communication system, wireless communication apparatus and wireless communication method, and a computer program.

また、本発明によれば、各無線装置がパワー・マネージメント動作を有効化させながら自律分散的に動作する通信環境下で、正確なスキャン動作を実現してチャネル配置を最適化することができる、優れた無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムを提供することができる。 Further, according to the present invention, in a communication environment where each wireless device is operating in an autonomous distributed manner while enabling power management operation, it is possible to optimize the channel arrangement to achieve a correct scanning operation, excellent wireless communication system, wireless communication apparatus and wireless communication method, and it is possible to provide a computer program.

本発明によれば、IEEE802.11の接続前に任意の情報をやりとりできるようにすることで、簡単なユーザ操作で、利用効率の高いチャネル設定で、パワー・マネージメントにも対応した接続が可能になる。 According to the present invention, by allowing exchange any information before IEEE802.11 connection, a simple user operation, the usage efficient channel configuration, the can be connected also corresponding to power management Become.

本発明のさらに他の目的、特徴や利点は、後述する本発明の実施形態や添付する図面に基づくより詳細な説明によって明らかになるであろう。 Further objects, features, and advantages of the present invention will become apparent from the detailed description based on embodiments of the invention and the accompanying drawings described below.

以下、図面を参照しながら本発明の実施形態について詳解する。 Hereinafter, described in detail embodiments of the present invention with reference to the drawings.

A. A. システム構成 System configuration
図1には、本発明に係る無線ネットワークにおいて通信動作を行なうことができる無線装置のハードウェア構成を模式的に示している。 Figure 1 is a hardware configuration of a wireless device that can perform communication operations in a wireless network according to the present invention is schematically shown. 無線装置は、パーソナル・コンピュータなどの無線LANカードを搭載した情報機器、あるいはデジタルカメラや音楽プレーヤなどのCE機器である。 Wireless device, information appliance equipped with wireless LAN card such as a personal computer, or a CE device such as a digital camera or music player.

図示の無線装置は、CPU(Central Processing Unit)101が、ROM(Read Only Memory)102やRAM(Random Access Memory)103などのメモリ装置、周辺装置104、HDD(Hard Disk Drive)などの外部記憶装置105、無線LANインターフェース106などの周辺装置とはバスを介して相互接続されている。 Wireless devices illustrated, CPU (Central Processing Unit) 101 is, ROM (Read Only Memory) 102 and RAM (Random Access Memory) 103 memory devices such as peripheral device 104, HDD (Hard Disk Drive) an external storage device such as a 105, are interconnected via a bus to the peripheral device such as a wireless LAN interface 106. また、ブリッジ装置を介して2本以上のバスが連結されている。 Moreover, it is connected two or more bus through a bridge device.

CPU101は、ROM102に格納された制御コードや、外部記憶装置105にインストールされているプログラム・コードをRAM103上にロードして実行することによって、周辺装置104を用いた装置動作(例えば、デジタルカメラにおける撮影や画像再生動作、音楽プレーヤにおけるプレイリスト表示や音楽再生動作)や、無線LANインターフェース106を用いた通信動作など、装置全体の動作を統括的に制御する。 CPU101 the control code and stored in the ROM 102, by loading and executing the program code installed in the external storage device 105 onto the RAM 103, the apparatus operation using the peripheral device 104 (e.g., in a digital camera shooting and image reproducing operation, or playlist display and music playback operations) in the music player, such as a communication operation using the wireless LAN interface 106, generally controls the operation of the entire apparatus.

図1に示した例では、無線LANインターフェース106はIEEE802.11のMAC(MediaAccessControl)層のフレームをバス経由でRAM103に渡し、CPU101でMAC層の処理を行なうようになっている。 In the example shown in FIG. 1, the wireless LAN interface 106 passes the frame of IEEE802.11 MAC (Media Access) layer RAM103 via the bus, thereby performing the processing of the MAC layer in CPU 101. 但し、本発明の要旨は、図1に示したような無線装置の構成に限定されるものではなく、図2に示すような別の構成も考えられる。 However, the gist of the present invention is not limited to the configuration of the radio apparatus as shown in FIG. 1, is also conceivable another configuration, as shown in FIG. 図2では、無線LANインターフェース部110は、I/Oインターフェース107経由でバスに接続されている。 In Figure 2, the wireless LAN interface unit 110 is connected to the bus via I / O interface 107. 無線LANインターフェース部110とバスをつなぐI/Oインターフェース107は、MSIO(Memory Stick IO)、SDIO(Secure Digital IO)、USB(Universal Serial Bus)などが一般的である。 I / O interface 107 that connects the wireless LAN interface unit 110 and the bus, MSIO (Memory Stick IO), SDIO (Secure Digital IO), are common, such as USB (Universal Serial Bus).

図3には、無線LANインターフェース部110の内部構成を示している。 Figure 3 shows the internal configuration of the wireless LAN interface unit 110. 無線インターフェース部110内のCPU111とRAM113を使ってIEEE802.11のMAC(MediaAccessControl)層の処理を行ない、IEEE802.3と等価なフレームをI/Oインターフェース118及びI/Oインターフェース107を通じてホストCPU101に送るようになっている。 Performs processing of CPU111 and the IEEE802.11 MAC using RAM 113 (Media Access) layer in the wireless interface unit 110 sends the equivalent frame and IEEE802.3 to the host CPU101 through I / O interface 118 and I / O interface 107 It has become way.

図4には、図1若しくは図2に示した無線装置を複数台使って構成される無線システムの構成例を示している。 FIG. 4 shows a configuration example of a constructed wireless system with a plurality of radio apparatus shown in FIG. 1 or FIG. 2. 同図において、無線装置11はいわゆるアクセスポイント(AP)として機能し、その他の無線装置21〜24は端末局(STA:Station)として機能し、全体でインフラストラクチャ・モードとして無線ネットワークすなわちBSS(Basic Service Set)を形成している。 In the figure, the wireless device 11 functions as a so-called an access point (AP), and other wireless devices 21 to 24 terminal stations: to function as an (STA Station), a wireless network or BSS (Basic as infrastructure mode throughout forming a Service Set). このような無線ネットワークは、例えば、無線装置11が写真や音楽のコンテンツを貯めているサーバとして機能し、無線装置21〜24が無線装置11に蓄えられたコンテンツを閲覧するようなアプリケーションに好適な構成である。 Such wireless networks, for example, acts as a server for the wireless device 11 is accumulated content photos and music, suitable for applications such as browsing the contents wireless device 21 to 24 is stored in the wireless device 11 it is a configuration.

また、図5には、図1若しくは図2に示した無線装置を複数台使って構成される無線システムの他の構成例を示している。 Further, in FIG. 5 shows another exemplary configuration of the configured radio system using a plurality of radio apparatus shown in FIG. 1 or FIG. 2. 同図において、無線装置31〜35はすべて対等な端末局(STA)で、いわゆるアドホック・モードでBSSを形成している。 In the figure, in all the wireless devices 31 to 35 comparable terminal station (STA), to form a BSS in a so-called ad hoc mode. 無線装置31〜35がそれぞれサーバとしてもクライアントとしても機能し、お互いに写真データや音楽データ、プレイリスト、メッセージなどを交換するようなアプリケーションが考えられる。 Also also functions as a client as a wireless device 31 to 35 servers, respectively, photo data and music data to each other, play list, application, such as to exchange such messages are considered.

図6には、無線装置がデジタルカメラである場合に、無線ネットワークを利用して写真交換を行なう様子を示している。 6, when the wireless device is a digital camera, shows how to perform photo exchange using wireless networks. 同図において、カメラ41、51にはそれぞれ交換ボタン42、52が装備されており、ユーザが交換ボタン42と52を同時に押すことで、無線接続を行ない、写真交換ができるようにする。 In the figure, the camera 41 and 51 are respectively exchanged buttons 42 and 52 equipped user presses the exchange button 42 and 52 simultaneously performs a wireless connection, to allow photo exchange.

また、図7には、無線装置が音楽プレーヤである場合に、無線ネットワークを利用して楽曲交換又はプレイリスト交換を行なう様子を示している。 Further, in FIG. 7, when the wireless device is a music player, shows how the using wireless networks perform music exchange or playlist exchange. 3人のユーザが音楽プレーヤ61、71、81をそれぞれ楽曲交換モードあるいはプレイリスト交換モードに入れると、表示装置62、72、82には周囲の無線装置の一覧が表示される。 If three users put a music player 61, 71, 81 in each song exchange mode or the playlist exchange mode, the display device 62,72,82 is a list of the surrounding of the wireless device. ユーザは、周囲の無線装置の一覧から、自分が交換したい相手を選択ボタン63、73で選び決定ボタン64、74で指定することで無線接続を行ない、音楽プレーヤ61及び71の間で楽曲あるいはプレイリストの交換が行なわれる。 The user, from the list of nearby wireless devices, he performs a wireless connection by specifying to select the decision button 64, 74 a person you want to exchange in the selection buttons 63 and 73, music or play between the music player 61 and 71 exchange of the list is carried out.

図7に示した例では、音楽プレーヤ61と71は、お互いを選んで決定しているので、接続される。 In the example shown in FIG. 7, the music player 61 and 71, since the decision to choose each other are connected. 他方、音楽プレーヤ81は、表示装置82に周りの音楽プレーヤの情報が表示されているが、ボタン操作を行なっていないので、未だ接続されていない状態である。 On the other hand, the music player 81 is information of the music player around the display device 82 is displayed, since not performed the button operation is a state that has not yet been connected.

図6並びに図7に示した、カメラと音楽プレーヤのどちらの例も、無線接続を行なった後に実際に相手の持っているコンテンツを検索したり選択したりするためには、アプリケーションあるいはミドルウェアが別途必要である。 Shown in FIG. 6 and FIG. 7, both of the camera and music player are also to actually or select find content that has a party after performing the wireless connection, an application or middleware separately is necessary. 但し、この点は本発明の要旨には直接関連しないので、ここでは説明を省略する。 However, since this point is the gist of the present invention is not directly related, it will not be described here.

本発明によれば、無線装置は、通常のIEEE802.11のデータ通信を行なうための接続を行なう前(すなわちBSSを形成する前)に、32バイト以上の任意の情報を無線装置間でやりとりすることができる。 According to the present invention, the wireless device, prior to the connection for performing normal IEEE802.11 data communication (i.e. prior to forming the BSS), exchanging any information over 32 bytes between wireless device be able to. この場合の無線装置の機能的構成を図8に示している。 And Figure 8 shows a functional configuration of a wireless device in this case.

図示の無線装置は、ユーザ・データ・パケット作成手段2と、パケット送信手段3と、パケット受信手段5と、ユーザ・データ抽出手段4と、データ処理手段1と、接続制御手段6を備えている。 Wireless devices illustrated, and user data packet creating unit 2, the packet transmission unit 3, a packet receiving unit 5, a user data extraction means 4, the data processing unit 1, and a connection controlling means 6 .

ユーザ・データ・パケット作成手段2は、ユーザ・データを所定のユーザ・データ・パケットの形式に変換する。 User data packet creating unit 2 converts the user data into a form of a predetermined user data packet. ここで言うユーザ・データは、無線装置上で動作しているアプリケーション、又は、無線装置を操作するユーザが他の無線装置と交換したい任意の情報を含むデータである。 User data referred to here, the application running on the wireless device, or a data including any information the user wants to operate the wireless device is replaced with another wireless device.

パケット送信手段3は、ユーザ・データ・パケット作成手段2で作成されたユーザ・データ・パケットを管理用のパケットとして無線送信する。 Packet transmitting means 3 wirelessly transmits the user data packet generated by the user data packet creating unit 2 as a packet for management. 一方、パケット受信手段5は、他の無線装置から送信されたパケットを受信し、管理用パケットに含まれるデータ・パケット部分をユーザ・データ抽出手段4に渡す。 On the other hand, packet reception unit 5 receives the packet transmitted from another wireless device, and passes the data packet portions contained in the management packet to the user data extraction means 4. そして、ユーザ・データ抽出手段4は、渡された受信パケットに上記ユーザ・データが存在すれば、これを取り出し、データ処理手段1に渡す。 Then, the user data extracting unit 4, if there is the user data to the received packet passed, which was taken out, and passes the data processing unit 1.

データ処理手段1は、ユーザ・データ・パケット作成手段2、並びにユーザ・データ抽出手段4を通じて接続候補となる他の無線装置と上記ユーザ・データを交換し、交換したユーザ・データを用いて接続すべき相手を決定し、決定された接続すべき相手と同じネットワーク識別子、暗号鍵を接続制御手段6に設定する。 The data processing means 1, user data packet creating unit 2, and replace the other wireless device and the user data to which the connection candidate via a user data extracting unit 4 to connect with user data exchanged It should determine a destination, the same network identifier as determined connection to be party to set the encryption key to the connection control unit 6.

接続制御手段6は、設定されたネットワーク識別子、暗号鍵に基づいて、既存の無線ネットワークに参加、あるいは新しい無線ネットワークを構成する。 Connection control means 6 configured network identifier, based on the encryption key, constituting join an existing wireless network, or a new wireless network.

このように、無線装置は、ネットワーク識別子によって無線ネットワークを分離し、暗号鍵を基にデータを暗号化してパケット通信する。 Thus, the wireless device separates a wireless network by a network identifier and packet communication by encrypting data based on the encryption key. IEEE802.11の場合、ネットワーク識別子は、SSID、暗号鍵はWEPキー又はPSK、データ用パケットはData Frame、管理用パケットはManagement Frameなどに対応する。 For IEEE 802.11, network identifier, SSID, encryption key WEP key or PSK, the data packet Data Frame, the management packet corresponds to such Management Frame. また、無線装置は、パケット通信に用いるデータ用パケットとは別の通信を管理するための管理用パケットを送受信することができる。 Further, the wireless device can transmit and receive management packets for managing separate communication from the data packet for use in packet communication.

無線装置は、ユーザ・データの中に、機器の種別、現在動作しているアプリケーションの種別、ユーザの名前、現在のアプリケーションの状態などを含ませ、これらの情報を基に、自分が接続すべき無線装置、あるいは、自分が参加すべき無線ネットワークを決定する。 Wireless device, in the user data, type of equipment, the type of currently running applications, to include the user name, and the current state of the application, based on these information, it should be connected the wireless device, or, to determine the wireless network should participate their own. 次に、ユーザ・データとして、ネットワーク識別子及び暗号鍵を入れ、接続すべき相手と交換をする。 Then, as the user data, put the network identifier and an encryption key, the exchange with the partner to be connected. 交換したネットワーク識別子、及び暗号鍵を使って通常のIEEE802.11の無線ネットワークへの参加、あるいは新規無線ネットワークの構成をする。 Replace the network identifier, and the participation of using the encryption key to the normal IEEE802.11 wireless network, or to the configuration of the new wireless network.

図8に示した機能的構成によれば、無線装置は、周囲に複数の無線装置がある場合であっても、自分がどの機器と接続すべきか、どのネットワークに参加すべきか、自分で新しいネットワークを作成するべきかを的確に決め、ユーザの手間を最小限にして無線ネットワークを構成することができる。 According to the functional configuration shown in FIG. 8, the wireless device, even if there are a plurality of wireless devices in the surroundings, or to be connected himself and which device, or should participate in which network, the new network on their own determine accurately what to create, it is possible to construct a radio network with minimal effort by the user.

また、図9には、図8に示した構成の変形例を示している。 Further, in FIG. 9 shows a modification of the construction shown in FIG. 図示の無線装置は、チャネル設定手段7をさらに備えている。 Wireless devices illustrated further comprises a channel setting unit 7.

無線装置は、ユーザ・データとして、現在動作中のアプリケーション、あるいはこれから動作させるアプリケーションの使用帯域に関する情報を含ませる。 The wireless device as the user data, to include information about the used bandwidth of the currently running application or application to be operated from this. ここで言う使用帯域に関する情報は、アプリケーションを識別する情報、アプリケーションが使用する平均帯域、アプリケーションが使用する最大帯域、アプリケーションが最大帯域を連続して使用する時間のいずれかを含む。 Information on the use bandwidth as referred to herein includes information identifying the application, the average bandwidth used by the application, the maximum bandwidth that the application uses, any time an application uses in succession the maximum bandwidth.

データ処理手段1は、現在動作中のアプリケーションを識別する情報を基に、設定すべきチャネルを決定し、そのチャネルをチャネル設定手段7に指示する。 Data processing means 1, based on the information identifying the application currently running, determines the channel to be set, to indicate that channel in the channel setting unit 7. そして、チャネル設定手段7は、データ処理手段1から指示されたチャネルに無線装置のチャネルを合わせる。 Then, the channel setting means 7 align the channel of the wireless device to the designated channel from the data processing unit 1.

図9に示した無線装置は、無線ネットワークを新たに構成しようとする際に、既存のネットワークを使用中のアプリケーションやアプリケーションが使用する無線帯域に関する情報を得ることができる。 Radio apparatus shown in FIG. 9 can be obtained when attempting to newly configure a wireless network, the information about the wireless bandwidth applications and applications that are using the existing network uses. そして、これらの情報を使い、例えば、パケット遅延が許されないリアルタイム性が要求されるアプリケーションとバースト的に最大帯域を使用するベストエフォート型のアプリケーションを別のチャネルに割り当てる、といった条件を考慮しつつ、新しい無線装置のチャネル配置を行なう。 Then, using these information, for example, assign the best-effort applications using the application and burst to the maximum bandwidth real-time packet delay is not allowed is required in another channel, while considering the conditions such as, performing channel arrangement of the new wireless device. このようなチャネル配置方法によれば、複数の無線ネットワークが空間的に重畳する場合でも、最もチャネルの無駄がなく、通信の障害の少ない無線ネットワークを構成することができる。 According to such a channel allocating method, even when a plurality of wireless networks are superimposed spatially, it can be most channel without waste constitutes less radio network faulty communications.

また、図10には、図8に示した構成のさらに他の変形例を示している。 Further, in FIG. 10 shows still another modification of the construction shown in FIG. 図示の無線装置は、受信機の動作を一時的に停止することで、省電力化を図るように構成されている。 Wireless devices illustrated, by temporarily stopping the operation of the receiver, is configured to reduce power consumption.

パケット送信手段3は、データ処理手段からの指示で連続受信モード要求パケットを所定の省電力モード時の送信規則に従って送信する。 Packet transmitting means 3 transmits a continuous receive mode request packet by an instruction from the data processing unit according to the transmission rule when the predetermined power saving mode. ここで言う連続受信モード要求パケットは、例えばユーザ・データとして送信される。 Continuous receive mode request packet herein is transmitted, for example, as user data.

一方、パケット受信手段5は、受信した上記連続受信モード要求パケットをデータ処理手段1に渡す。 On the other hand, the packet receiving means 5 passes the continuous reception mode request packet received in the data processing unit 1.

データ処理手段1は、スキャン動作に先駆けて、パケット送信手段3に対して、上記連続受信モード要求パケットの送信を指示する。 The data processing means 1, prior to the scanning operation, to the packet transmission unit 3, and instructs the transmission of the continuous reception mode request packet. また、上記連続受信モード要求パケットを受けると、パケット受信手段5に対して受信機を連続して動作させる指示を出し、その後、ある条件又はある一定時間が過ぎるとパケット受信手段5に対し受信機を間欠的に動作させる指示を出す。 Further, when receiving the continuous reception mode request packet, instructs to operate continuously receiver to the packet receiving means 5, then the receiver to packet receiver 5 when the predetermined time has elapsed certain conditions or the instructs to intermittently operate.

パケット受信手段5は、データ処理手段1から受信機を連続して動作させる指示を受けると、受信機を連続して動作させる。 Packet receiving means 5 receives an instruction to operate continuously receiver from the data processing unit 1, is operated continuously receiver. また、受信機を間欠的に動作させる指示を受けると、所定の規則に従って受信機を間欠的に動作させる。 Further, when receiving an instruction to intermittently operate the receiver intermittently operates the receiver according to a predetermined rule.

図10に示した無線装置は、スキャンに先がけて周囲の無線装置が連続受信状態にするためのトリガとなる連続受信モード要求パケットを送信する。 Radio apparatus shown in FIG. 10 transmits a continuous reception mode request packet as a trigger for peripheral wireless device prior to scanning to the continuous reception state. 一方、既にネットワークを構成している無線装置は、連続受信モード要求パケットを受け取ると、自分の状態を常時受信モードにし、一時的にPowerSaveモードを解除する(あるいは、PowerSaveモード下でDoze状態への遷移を禁止する)。 Meanwhile, the wireless device already constitutes a network, when receiving the continuous reception mode request packet, the constant reception mode own state, temporarily releases the PowerSave mode (or to Doze state under PowerSave mode to prohibit the transition). このように受信機がスリープ状態になっていないので、まだIEEE802.11のネットワークを構成する前でPowerSaveモードが使用できない無線装置が送信したスキャンのための連続受信モード要求パケットや、上述したようなユーザ・データをやりとりするためのパケットを、受信できなくなることがなくなる。 Since the receiver is not in the sleep state, yet the continuous or receive mode request packets for scanning transmitted wireless device PowerSave mode is not available before configuring the IEEE802.11 network, as described above packets for exchanging user data, thereby preventing not be received.

ここで、図1に示したハードウェア構成では、図8〜図10中のユーザ・データ・パケット作成手段2、ユーザ・データ抽出手段4、接続制御手段6、データ処理手段1は、外部記憶装置105に蓄えられたソフトウェア・プログラムがRAM103上に展開され、CPU101で実行されることによって実現される。 Here, the hardware configuration shown in FIG. 1, FIGS. 8 user data packet creating unit 2 in 10, the user data extraction means 4, the connection control unit 6, the data processing unit 1, an external storage device software program stored in the 105 is expanded in the RAM 103, it is realized by being executed by CPU 101. また、パケット送信手段3、パケット受信手段5、チャネル設定手段7は無線LANインターフェース106により実現される。 The packet transmission unit 3, the packet receiving means 5, the channel setting unit 7 is realized by the wireless LAN interface 106.

あるいは、図2に示したハードウェア構成では、図8〜図10中のユーザ・データ・パケット作成手段2、ユーザ・データ抽出手段4、接続制御手段6、データ処理手段1は、部分的に本体のCPU101と無線LANインターフェース部110内部のCPU111とで分担して実行される。 Alternatively, the hardware configuration shown in FIG. 2, 8 to user data packet creating unit 2 in 10, the user data extraction means 4, the connection control unit 6, the data processing means 1, partly body and shared between the CPU101 and the wireless LAN interface unit 110 inside the CPU111 of runs.

B. B. システム動作 System operation
続いて、IEEE802.11にしたがってネットワークが運用される通信環境下における、無線装置の動作について説明する。 Subsequently, in a communication environment in which the network is operated according to IEEE 802.11, the operation of the wireless device.

B−1. B-1. IEEE802.11接続を実現するまでの全体フロー Total flow until realizing the IEEE802.11 connection
まず、無線装置が図6又は図7に示したような接続を実現するためにユーザ・データを交換する処理動作について説明する。 First, the wireless device will be described the processing operation of exchanging user data in order to realize the connection as shown in FIG. 6 or 7. 図11には、IEEE802.11の無線接続を行なうための無線装置の処理手順をフローチャートの形式で示している。 Figure 11 illustrates a processing procedure of a wireless device for performing IEEE802.11 wireless connection in the form of a flowchart. 但し、無線装置は、図8又は図9に示した機能的構成を備えているものとする。 However, the wireless device shall have a functional configuration shown in FIG. 8 or 9.

無線装置は、スキャンを行ない、あるいはスキャンを受け、周りの無線装置の情報を得る(ステップS1)。 The wireless device performs a scan, or receiving the scan to obtain information of the wireless device around (Step S1).

次いで、無線装置は、必要に応じて、スキャンだけでは得られない、特定の相手の素性を確認するためのデータのやりとりを行なう(ステップS2)。 Then, the wireless device, optionally alone will not provide scanning, for exchanging data for checking the identity of a specific party (step S2).

次いで、無線装置は、ステップS1及びステップS2で得られた情報を解析し、接続する相手を判断する(ステップS3)。 Then, the wireless device analyzes the information obtained in steps S1 and S2, it is determined who to connect (step S3). 接続相手が自動的に決められない場合は、ユーザに決定させることもできる。 If the connection partner is not automatically determined, it may be determined by the user. そして、IEEE802.11の無線接続のための接続パラメータ、すなわちSSIDと暗号鍵を必要に応じて自動生成する。 The automatically generated as needed connection parameters for the IEEE802.11 wireless connection, i.e. the SSID and encryption key.

次いで、接続パラメータを生成した無線装置は、相手に接続パラメータを送る(ステップS4)。 Then, the wireless device that generated the connection parameters, sends a connection parameter to the other party (step S4). また、接続パラメータを生成しない無線装置は、相手から接続パラメータを受信する。 Further, the wireless device that does not generate a connection parameter receives the connection parameters from the other party.

次いで、無線装置は、伝達した接続パラメータを使って、IEEE802.11の無線接続を行なう(ステップS5)。 Then, the wireless device uses a connection parameter transmitted, it performs IEEE802.11 wireless connection (step S5). この結果、適当なチャネル上で、無線装置同士を接続するBSSが形成される。 As a result, on a suitable channel, BSS is formed for connecting the wireless device with each other. チャネル配置の方法に関しては後述に譲る。 It will be described later with respect to the method of channel allocation.

IEEE802.11の無線接続を行なう前のステップでのすべての情報のやり取りには、上述したユーザ・データを使用する。 The exchange of all the information in the previous step of the IEEE802.11 wireless connection uses the user data as described above. また、ステップS1におけるスキャンの過程で試用するユーザ・データとして、以下のような伝送フレームを定義する。 Moreover, as user data to try a scan process in step S1, defines a transmission frame as follows.

Existenceフレーム …スキャンを行なうときに送信する、自分の存在を示すフレームExistence responceフレーム …Existenceフレームを受信したときに返送するフレーム Transmitted when performing Existence frame ... scan, frame return upon receiving a frame Existence responce frame ... Existence frame indicating their presence

図12には、無線装置Aと無線装置Bが無線接続を行なうためにユーザ・データを交換するシーケンス図を示している。 FIG 12, the wireless device A and the wireless device B indicates a sequence diagram for exchanging user data to perform wireless connection. 但し、同図では、無線装置Aがスキャンを行なう側であり、無線装置Bがスキャンされるものとする。 However, in the figure, it is the side that the wireless device A performs scanning, it is assumed that the wireless device B is scanned.

まず、図11に示したフローチャート中のステップS1に相当する処理を実現すべく、無線装置AがExistenceフレームを送信する。 First, in order to realize the processing corresponding to step S1 in the flowchart shown in FIG. 11, the wireless device A transmits Existence frame. Existenceフレームには、現在自局がいるチャネルや、相手がユーザ表示をするときに用いるための自局のニックネームや、後の行程でどちらがSSIDを生成するかを判断するための情報(レベル情報)や、機器の種類や、機器上で動作しているアプリケーションや、アプリケーションの状態の情報が含まれる。 The Existence frame, and the channel there are currently local station, information for nicknames and the own station, which in stroke after it is determined whether to generate the SSID for use when the other party to a user display (level information) and, and the type of equipment, and applications running on the device, and information of the state of the application. ここでは、特に受信相手を指定しない、ブロードキャスト・アドレスに対してExistenceフレームが送信される。 Here, in particular not specify the receiving party, Existence frame is transmitted to the broadcast address.

無線装置Bは、Existenceフレームを受信すると、無線装置Aに対してExsistence responseフレームを送信する。 The wireless device B receives the Existence frame, and transmits the Exsistence response frame to the wireless device A. このExsistence responseフレームも、Existenceフレームと同様に、現在自局がいるチャネルや、相手がユーザ表示をするときに用いるための自局のニックネームや、後の行程でどちらがSSIDを決めるかを判断するための情報(後述のレベル情報)や、機器の種類や、機器上で動作しているアプリケーションや、アプリケーションの状態の情報を含む。 The Exsistence response frame, like the Existence frame, the current channel and the own station is present, the own station nickname or for use when the other party to the user display, either in stroke later to determine determines the SSID including information and (level information will be described later), and the type of equipment, and applications running on the device, the information of the state of the application.

図12に示すシーケンス例では無線装置Aだけがスキャンを行なっているが、無線装置A及び無線装置Bが同時にスキャンを行なう(すなわち、無線装置A及び無線装置Bがともにスキャンする側として各々がExistenceフレームを送信する)ようにしてもよい。 Although the sequence example shown in FIG. 12 only the wireless device A is performing a scanning, the wireless device A and the wireless device B performs a scan at the same time (i.e., are each a side where the wireless device A and the wireless device B to scan both Existence frame may be transmitted to) as the.

なお、同図では省略しているが、図11に示したフローチャート中のステップS2の相手の確認を行なう場合には、Existence responseとPublic key Exchangeの間にこのシーケンスを挿入する。 Although not shown in the figure, in the case of confirmation of the other party in step S2 in the flow chart shown in Figure 11, insert the sequence between Existence response and Public key Exchange.

B−2. B-2. スキャン動作と接続相手の決定 Determination of the scanning operation and the connection partner
続いて、図11に示したフローチャートのステップS3に相当する情報解析の処理について先に説明する。 Next, we described above for the processing of information analysis corresponding to step S3 of the flowchart shown in FIG. 11.

Existenceフレームとこれに対するレスポンス・フレームを交換するスキャン動作を行なった結果、スキャンする側の無線装置Aは、見つかった1以上の無線装置の中から接続相手を決定する。 Existence frames and a result of performing a scanning operation to replace a response frame for this, the wireless device A of the scan side determines the connection partner from among the found one or more wireless devices. 接続相手の決定方法はいろいろ考えられる。 The method of determining the connection partner is considered variously. 図6に示したカメラの例と、図7に示した音楽プレーヤの例との主な相違は、接続相手の決定の仕方にある。 The main difference between the example of the camera shown in FIG. 6, an example of the music player shown in FIG. 7 is a method of determining the connection partner. 以下、それぞれの例での接続相手の決定の仕方について述べる。 Hereinafter, we describe how to determine the connection partner in each instance.

カメラでの接続相手の決定方法の一例として、2台のカメラの接続ボタンを同時に押したときに接続がなされるようにする。 As an example of a method for determining a connection partner in the camera, so that connection when pressing connect button of two cameras simultaneously it is made. したがって、他の無線装置に伝えるべき情報は、自分はカメラであり、現在写真交換のアプリケーションが動いていること、さらには、ユーザからボタンを押されていて接続を受け付ける状態である、という情報である。 Therefore, the information to be transmitted to other wireless devices, their is a camera, it is moving the application of the current photo exchange, further, a condition for accepting the connection has been pressed a button from the user, the information that is there. 無線装置は、これらの情報を、ユーザ・データであるExistenceフレーム及びExistence responceフレームに含ませて接続しようとする相手と交換する。 Wireless device, the information, contained in Existence frame and Existence responce frame is a user data exchange with the partner to be connected. これにより、スキャンを行なう側は、返ってきたExistence responceフレームの内容を評価することで、接続相手を判断することができる。 Thus, the side performing the scan, to evaluate the contents of Existence responce frame has been returned, it is possible to determine the connection partner. また、スキャンを受ける側は、スキャンする側から送られてくるExistenceフレームの内容を評価することで、接続相手を判断することができる。 Further, side receiving the scan, to evaluate the contents of Existence frame sent from the side to be scanned, it is possible to determine the connection partner.

さらに3台以上の無線装置が同時にボタンを押した場合の動作も考慮する必要がある。 Further operation when three or more wireless device presses the button at the same time must also be considered. 3台の接続ボタンを押した場合は3台すべてを同時に接続する方法も考えられるが、セキュリティ的には接続させないことが望まれる。 If the three presses the connection button is also conceivable to connect all three at the same time, the security manner is desirable not to connect. 何故なら、2台のユーザが接続をしようとしているときに、3台目は壁の向こう側にいる不正にアクセスしようとしている無線装置かもしれないからである。 Because, when two users are trying to connect, three eyes are the might be wireless devices are trying to gain unauthorized access on the other end of the wall. 本実施形態では、Existence responseフレーム中の機器の状態を示す情報を確認し、機器がボタンを押している状態であれば受信カウントに1を加える。 In the present embodiment, to check the information indicating the state of the apparatus in Existence response frame, device adds 1 to the reception count if in a state of pressing the button. 3秒間の間に1台も他の無線装置が見つからなかったら接続エラーとする。 One in a period of 3 seconds to a connection error if you do not find the other wireless devices. また、2台以上の機器が見つかったときも接続エラーとして扱う。 Moreover, it treated as also connection error when two or more devices are found. そして、1台の機器のみ見つかった場合だけ、図12に示したシーケンス上で次の公開鍵のステップへ進む。 Then, only if it is found only in one device, the process proceeds to the next public key step in the sequence shown in FIG. 12.

図13には、上述したように互いにボタンを同時押した無線装置を接続相手として決定するための、新たにネットワークに参加する無線装置、又は最初にネットワークを構成する無線装置が行なう処理手順をフローチャートの形式で示している。 Figure 13 is a flow chart for determining wireless device pressing simultaneously buttons each other as described above as a connection partner, the procedure new wireless device to join the network, or the first wireless device that constitutes the network is carried out It is shown in the form.

無線装置は、まずExistenceフレームを送信し(ステップS11)、周囲の無線装置からのExistence responseフレームの受信を試みる(ステップS12)。 Wireless device first transmits a Existence frame (step S11), and attempts to receive the Existence response frame from the peripheral wireless device (step S12).

ここで、いずれかの無線装置からExistence responseフレームを受信できたときには(ステップS13のYes)、当該受信フレームを情報解析して、返信元の無線装置がカメラであり且つ写真交換アプリケーションを起動しているか(ステップS14)、返信元の無線装置でボタンが押されているか(ステップS15)を順次チェックする。 Here, when it can receive Existence response frame from any of the wireless devices (Yes in step S13), the received frame and information analysis, return source radio device is activated to be and photo exchange application camera dolphin (step S14), and sequentially checks whether the button reply source radio device is pressed (step S15). そして、いずれのチェック結果も肯定的であることきには、受信カウントを1だけ増分する(ステップS16)。 Then, the Ki be any check results positive, incrementing the receive count by one (step S16).

また、Existence responseフレームを受信できないとき(ステップS13のNo)、返信元の無線装置がカメラの写真交換アプリケーションを起動していないとき(ステップS14のNo)、又は、返信元の無線装置でボタンが押されていないときには(ステップS15のNo)、ステップS16までの処理をスキップして、受信カウントを変更しない。 Furthermore, when can not receive the Existence response frame (No in step S13), and when the reply source radio device is not activated the camera photo exchange application (No in step S14), and or buttons Reply source wireless device when not pushed (no in step S15), and skips the processing of steps S16, it does not change the reception count.

無線装置は、ステップS11でExistenceフレームを送信してから0.3秒が経過するまでの間、上述のステップS12〜S16のExistence responseフレームの受信動作を繰り返し実行する(ステップS17)。 Wireless device during the period from the sending of Existence frame in step S11 until the elapsed 0.3 seconds, repeats the reception operation of Existence response frame of the aforementioned steps S12 to S16 (step S17).

0.3秒が経過すると、無線装置はチャネルを変更する(ステップS18)。 When 0.3 seconds have passed, the wireless device changes the channel (Step S18). チャネルは循環的に変更するように取り決めておき、チャネルを変更した後、最初のチャネルに戻ったかどうか判断する(ステップS19)。 Channel advance arrangements to change cyclically, after changing the channel, it is determined whether or returns to the first channel (step S19). ここで、IEEE802.11で使用可能なすべてのチャネルにわたってスキャンしてもよい。 Here, it may scan across all channels available in the IEEE 802.11. 但し、IEEE802.11b及び802.11gの場合は隣接及び次隣接するチャネルは干渉が大きいので、アプリケーションがあらかじめ使用するチャネルを、例えば1、6、11チャネルなどに定めて、このチャネルだけ走査するさまにしてもよい。 However, since in the case of IEEE802.11b and 802.11g channels adjacent and next adjacent interference is large, such that the channel that the application previously used, for example, determined in such 1,6,11 channel scans only this channel it may be.

ステップS18で変更したチャネルがまだスキャンが行なわれていない新しいチャネルの場合には(ステップS19のNo)、このチャネルで再びステップS11〜S17までの手順を繰り返す。 If the new channel is a channel that has changed is not made yet scanned at step S18 (No in step S19), repeats the procedure of steps S11~S17 on this channel.

また、ステップS18でチャネルを変更して最初のチャネルに戻った場合、すなわち使用するすべてのチャネルのスキャンを終了したときには(ステップS19のYes)、Existence responseフレームの受信を試みる(ステップS20)。 Also, when returning to the first channel by changing the channel in step S18, i.e., when you have finished scanning all the channels to be used (Yes in step S19), attempts to receive the Existence response frame (step S20).

ここで、いずれかの無線装置からExistenceフレームを受信できたときには(ステップS21のYes)、受信したExistenceフレームに対するExistence responseフレームを返信する(ステップS22)。 Here, either (Yes in step S21). When you can receive Existence frame from the wireless device, and returns the Existence response frame for Existence frame received (step S22). そして、受信したExistenceフレームを情報解析して、送信元の無線装置がカメラであり、且つ写真交換アプリケーションを起動しているか(ステップS23)、送信元の無線装置でボタンが押されているか(ステップS24)を順次チェックする。 Then, information Existence frame received analyzed, a source of the wireless device camera, and whether to start the photo exchange applications (step S23), whether the button is pressed in the source of the wireless device (Step S24) are sequentially checked. そして、いずれのチェック結果も肯定的であることきには、受信カウントを1だけ増分する(ステップS25)。 Then, the Ki be any check results positive, incrementing the receive count by one (step S25).

また、Existenceフレームを受信できないとき(ステップS21のNo)、送信元の無線装置がカメラの写真交換アプリケーションを起動していないとき(ステップS23のNo)、又は、送信元の無線装置でボタンが押されていないときには(ステップS24のNo)、ステップS25までの処理をスキップして、受信カウントを変更しない。 Furthermore, when can not receive Existence frame (No in step S21), and when the transmission source of the wireless device is not running a camera photo exchange application (No in step S23), or buttons at the transmission source wireless device press when not being (no in step S24), and then skips to step S25, without changing the reception count.

無線装置は、ステップS11でExistenceフレームを送信してから3秒が経過するまでの間、上述のステップS20〜S25のExistence フレームの受信動作を繰り返し実行する(ステップS26)。 Wireless device during the period from the sending of Existence frame in step S11 until 3 seconds have elapsed, repeats the reception operation of Existence frame of the aforementioned steps S20 to S25 (step S26).

そして、Existenceフレームの受信動作が終了すると(ステップS26のYes)、受信カウントの値をチェックする。 When the reception operation of Existence frame is ended (Yes in Step S26), and checks the value of the reception count. 受信カウントが0、すなわち3秒間の間に1台も他の無線装置が見つからなかったら、接続エラーとして本処理ルーチンを終了する(ステップS27のYes)。 Reception count is 0, i.e., one in the course of 3 seconds if not found other wireless devices, and this processing routine is ended as a connection error (Yes in step S27). また、受信カウントが1、すなわち1台の機器のみ見つかった場合は(ステップS28のYes)、公開鍵のステップへ進む。 Further, (Yes in step S28) If the received count is 1, that is only found in one device, the process proceeds to the public key step. また、2台以上の機器が見つかったときは(ステップS28のNo)、接続エラーとして本処理ルーチンを終了する。 Further, when two or more devices are found (No in step S28), and terminates the processing routine as a connection error.

他方、音楽プレーヤでの接続相手の決定方法の一例として、接続相手をユーザに選択させるようにする。 On the other hand, as an example of a method for determining a connection partner in the music player, so as to select a connection partner to the user. この場合、ユーザ・データであるExistenceフレーム又はExistence responseフレームに自分が音楽プレーヤであり、楽曲交換のアプリケーションが動作している旨の情報を入れて相手に送信する。 In this case, a Existence frame or Existence response frame to his music player is user data to transmit to put information to the effect that the application of the music exchange is operating the game. さらに、ユーザが一覧された無線装置を識別し易いようにニックネームも含めて送信する。 Furthermore, also transmitted including the nickname for easy identification of the wireless device user listed. Existenceフレーム又はExistence responseフレームを受けた無線装置は、相手が音楽プレーヤであり、楽曲交換のアプリケーションが動作している場合には、ニックネームを表示する。 Wireless device that received the Existence frame or Existence response frame, the other party is the music player, when the application of the music exchange is in operation, displays the nickname. 自分が新たにネットワークに参加する場合は、接続相手が決まるまで3秒間隔でスキャンを行なっている。 Yourself If you want to participate in the new network, which carried out the scan at 3-second intervals until the connection partner is determined. 新しい相手から受信した場合は表示の行を1つずつ増やして逐次表示する。 If you have received from the new partner to display successively increased one by one the display of the line. 図7に示したユーザ・インターフェースでは、ユーザは選択ボタン63、73を使って、各音楽プレーヤ61、71、81の表示装置62、72、82にそれぞれ表示された一覧の中から自分の接続したい相手を選び、決定ボタン64、74で決定する。 In the user interface shown in FIG. 7, the user uses the selection buttons 63 and 73, want to own connection from the displayed list, respectively on the display device 62,72,82 of the music player 61, 71, 81 select the opponent, determined by the decision button 64 and 74. このようにして接続相手がユーザによって選択されると、図12に示したシーケンス上で次の公開鍵のステップへ進む。 This way, the connection partner is selected by the user, the process proceeds to the next public key step in the sequence shown in FIG. 12.

図14には、上述したように接続相手をユーザに選択させるための、新たにネットワークに参加する無線装置、又は最初にネットワークを構成する無線装置が行なう処理手順をフローチャートの形式で示している。 Figure 14 is for the user to select the connection partner as described above, shows a new wireless device to join the network, or the first radio apparatus constituting the network is carried out the procedure in the form of a flowchart.

無線装置は、まずExistenceフレームを送信し(ステップS31)、周囲の無線装置からのExistence responseフレームの受信を試みる(ステップS32)。 Wireless device first transmits a Existence frame (step S31), it attempts to receive the Existence response frame from the peripheral wireless device (step S32).

ここで、いずれかの無線装置からExistence responseフレームを受信できたときには(ステップS33のYes)、当該受信フレームを情報解析して、返信元の無線装置が音楽プレーヤであり、且つ、楽曲交換アプリケーションを起動しているかどうかをチェックする(ステップS34)。 Here, when it can receive Existence response frame from any of the wireless devices (Yes in step S33), and the received frame information analysis, return source radio device is music player, and, the music sharing application to check whether the start-up (step S34). そして、楽曲交換アプリケーションが起動している音楽プレーヤを見つけた場合(ステップS34のYes)、受信結果を記録しておく(ステップS35)。 When you find a music player music sharing application is running (Yes in step S34), recording the reception result (step S35).

無線装置は、ステップS31でExistenceフレームを送信してから0.3秒が経過するまでの間、上述のステップS32〜S35のExistence responseフレームの受信動作を繰り返し実行する(ステップS36)。 Wireless device during the period from the sending of Existence frame in step S31 until the elapsed 0.3 seconds, repeats the reception operation of Existence response frame of the aforementioned steps S32 to S35 (step S36).

0.3秒が経過するとチャネルを変更する(ステップS37)。 When 0.3 seconds has elapsed to change the channel (step S37). チャネルは循環的に変更するように取り決めておく。 Channel previously negotiated to change cyclically. そして、チャネルを変更した後、最初のチャネルに戻ったかどうか判断する(ステップS38)。 Then, after changing the channel, it is determined whether or returns to the first channel (step S38). まだスキャンが行なわれていない新しいチャネルの場合には(ステップS38のNo)、このチャネルで再びステップS31〜S35までの手順を繰り返す。 If the new channel is not performed yet scanned (No in step S38), repeats the procedure of steps S31~S35 on this channel.

また、ステップS37でチャネルを変更して最初のチャネルに戻った場合、すなわち使用する全てのチャネルのスキャンを終了した場合には(ステップS38のYes)、ステップS35で記録しておいたExistence responseフレームの受信結果として、検出できた音楽プレーヤの一覧を表示する(ステップS39)。 Also, when returning to the first channel by changing the channel in step S37, i.e., (Yes in step S38) in the case of terminating the scanning of all the channels to be used, Existence response frame that has been recorded in step S35 as the reception result, and displays the list of detectable music player (step S39).

ユーザは、無線装置のユーザ・インターフェースを介して、一覧表示の中から所望の接続相手を指定することができる(ステップS40)。 The user, via the user interface of the wireless device, it is possible to specify a desired connection partner from the list (step S40).

ユーザからの指定が無く(ステップS41のNo)、且つ、最初のExistenceフレームの送信(ステップS31)から3秒が経過していなければ(ステップS42のNo)、無線装置は他の無線装置からのExistenceフレームを待ち受ける(ステップS43)。 No designation from the user (No in step S41), and, if not three seconds from the transmission of the first Existence frame (step S31) has passed (step S42 No), the wireless device from another wireless device It awaits Existence frame (step S43).

ここで、いずれかの無線装置からExistenceフレームを受信できたときには(ステップS44のYes)、Existenceに対するExistence responseフレームを返信するとともに(ステップS45)、受信したExistenceフレームを情報解析する。 Here, when it can receive Existence frame from any of the wireless devices (Yes in step S44), (step S45) as well as returns the Existence response frame for Existence, the information analysis Existence frame received. このとき、送信元の無線装置が音楽プレーヤであり、且つ、楽曲交換アプリケーションを起動しているかどうかをチェックする(ステップS46)。 At this time, the transmission source wireless device is a music player, and checks whether the start of the music switched applications (step S46). そして、Existenceフレームの受信結果として、検出できた音楽プレーヤの一覧を表示する(ステップS39)。 Then, as a result of receiving the Existence frame displays a list of detectable music player (step S39).

無線装置は、接続相手が決まるまで(ステップS41のNo)、3秒間隔でスキャンを行なっている。 Wireless device, connected to the other party is determined (No in step S41), and performs a scan at 3 second intervals. すなわち、Existenceフレームを送信してから3秒が経過するまでは(ステップS42のNo)、ステップS43に戻ってExistence responceフレームの受信を試みる。 That is, from the transmission of the Existence frame until 3 seconds have passed (No in step S42), it attempts to receive the Existence responce frame returns to step S43. そして、3秒が経過する毎に(ステップS42のYes)ステップS31に戻り、改めてExistenceフレームを送信する。 Then, every (Yes in step S42) of 3 seconds has elapsed returns to step S31, and transmits again Existence frame.

そして、接続相手がユーザによって選択されると(ステップS41のYes)、次の公開鍵交換のステップへ進む。 When the connection partner is selected by the user (Yes in step S41), the process proceeds to the next step of the public key exchange.

なお、図13並びに図14に示したフローチャートは、新規にネットワークに参入し、あるいは新規にネットワークを構成しようとする無線装置を想定した処理手順を示しており、このため、処理開始後は必ずExistenceフレームを送信してスキャンを行なうようになっている。 The flowchart shown in FIG. 13 and FIG. 14 is entered the new network, or shows a processing procedure that assumes a wireless device attempting to configure a new network, Therefore, after the processing start always Existence and it performs a scan by sending a frame. 既にIEEE802.11の接続が行なわれている無線装置に新たな無線装置が参加する場合には、既に接続が行なわれている無線装置は、スキャンされる側として動作し、Existenceフレームの送信は行なわずに受信の待ち受けのみを行なう。 When joining a new wireless device to the wireless device already made connections IEEE 802.11, a wireless device is already connected is performed, operates as a side to be scanned, the transmission of Existence frame made It performs only waiting for reception without.

B−3. B-3. 接続相手との接続パラメータの交換 Exchange of connection parameters of the connection partner
ここでは、スキャン動作に続いて行なわれる公開鍵の交換処理について説明する。 Here, description process for exchanging public keys to be performed subsequent to the scanning operation. 本実施形態では使用していないが、公開鍵を交換する前に、接続相手をより詳細に決定する方法として、チャレンジ・レスポンスによる秘密データの確認を用いた、接続相手の厳密な確認の行程を入れることもできる。 Although not used in the present embodiment, before replacing the public key, as a method for determining the connection partner in more detail, with a confirmation of the secret data by the challenge-response, the exact confirmation of travel of the connection partner It can also be placed. この目的のため、次のユーザ・データを定義する。 For this purpose, define the following user data. チャレンジ・レスポンス手続を通じて接続相手の素性を確認し、この結果を用いて接続相手を限定することができる。 The identity of the connection partner was identified through challenge-response procedures, it is possible to limit the connection partner using this result.

Challengeフレーム …チャレンジ・データを送るフレームChallenge responseフレーム …チャレンジ・データと秘密データのハッシュ値を送り返すフレーム Frame to send back the hash value of the Challenge frame ... frame Challenge response frame ... challenge data and secret data to send the challenge data

図15には、チャレンジ・レスポンスの通信シーケンスを示している。 Figure 15 shows a communication sequence of challenge-response. 相手の確認を行なう場合、図12に示した通信シーケンスにおいて、Existence responseとPublic key Exchangeの間に、このシーケンスを挿入する。 When performing confirmation of the other party in the communication sequence shown in FIG. 12, between Existence response and Public key Exchange, insert this sequence. 同シーケンスでは、無線装置Aと無線装置Bがともに本通信に使う無線以外の方法で受け渡された共通の秘密データをあらかじめ持っていることが前提になる。 In the sequence, it is assume that the wireless device A and the wireless device B has previously got a common secret data transferred by a method other than the wireless used together with the present communication. チャレンジ・レスポンスの過程は、このお互いの秘密データが一致していることをセキュアに且つ確実に判定する過程である。 Process of challenge-response is and reliably determining process to secure that it matches the secret data of the each other.

秘密データは数10〜数百ビット程度のデータである。 The secret data is the data of the order of several 10 to several hundred bits. 秘密データとしては、ユーザが相手と取り交わした文字をユーザ・インターフェースから入力してもよいし、赤外線や非接近接通信などの方法を利用して送ってもよいし、有線接続を通じて送ってもよい。 The secret data may be input characters the user Torikawashi a partner from the user interface, may be sent by using a method such as infrared rays or non-proximity contact communication may be sent via a wired connection . カメラなどでは、一方が文字あるいは明暗や色のパターンを表示して、もう一方がそれをカメラで撮影して認識してもよい。 Such as in a camera, one to display the character or brightness or color of the pattern, may be recognized is taken with other camera it. 明暗や色の動的なパターン変化をデータ化することもできる。 It is also possible to data of a dynamic pattern change in brightness or color. また、音楽プレーヤでは、マイクが付いていれば音声を利用してデータを送ることもできる。 Also, the music player can also send data over a voice if with a microphone. あるいは、1回目の接続時に相手と秘密データを取り交わしておくことで、2回目以降は特別な通信手段なく秘密データを利用することもできる。 Or, that you Torikawashi the opponent and the secret data to the time of the first connection, the second and subsequent it is also possible to use a special communication means without secret data.

秘密データが共有されていることを前提に、無線装置Aは、Challengeフレームに乱数を入れて無線装置Bに送る。 On the assumption that the secret data is shared, the wireless device A sends to the wireless device B to put a random number Challenge frame.

無線装置Bは、送られてきた乱数の後ろに秘密データを加えたデータ列を生成し、これをハッシュ関数にかける。 The wireless device B generates a data sequence obtained by adding the secret data after the random number sent, subjected it to the hash function. ここで、ハッシュ関数は、ドキュメントや数字などの文字列の羅列から一定長のデータに要約するための関数若しくは手順のことであり、MD5、SHA1、あるいはこれらを用いたHMACなどを利用することができる。 Here, the hash function is that the function or procedure for summarizing the enumeration of the string, such as documents or figures on a fixed length of data, be utilized such as HMAC using MD5, SHA1, or these it can.

無線装置Bは、生成したハッシュ値をChallenge responseフレームに入れて、無線装置Aに返送する。 Wireless device B, the generated hash value taking into Challenge response frame is sent back to the wireless device A. 一方、無線装置Aでは、やはり送信した乱数と秘密データから無線装置Bと同じ方法でハッシュ値を求めておく。 On the other hand, the wireless device A, previously obtained hash value also from the transmitted random number and secret data in the same manner as the wireless device B. そして、無線装置Bから送られてきたハッシュ値と自分で計算したハッシュ値を比較する。 Then, compare the hash value calculated by the hash value and their sent from the wireless device B. これらが一致すれば、非常に高い確率で両者が共通の秘密データを持っていることが検証されたことになる。 If these match, so that it has been verified that both a very high probability have a common secret data. また、ハッシュ値を傍受されても、秘密データを推測することは非常に困難なため秘密データを第3者に知られてしまう可能性も非常に低い。 Also, be intercepted hash value, it is also very low possibility that the known very difficult for the secret data to a third party to guess the secret data. 図15では無線装置Aが無線装置Bの秘密データを確認している。 Figure 15, the wireless device A has confirmed the secret data of the wireless device B. ここでは図示しないが、本実施形態では双方向の確認を行なっているため、この後に無線装置Aと無線装置Bの役割を入れ替えて、無線装置Bが無線装置Aの秘密データの確認を行なう手順も実行している。 Here Although not shown, in the present embodiment is performed to confirm the bi-directional, by replacing the role of the wireless device A and the wireless device B after this, the wireless device B performs the confirmation of the secret data of the wireless device A procedure It is also running.

図13に処理手順を示したカメラの例では、接続相手の候補が3台以上見つかった場合は、接続エラーを出すようにしている。 In the example of a camera showing the processing procedure in Figure 13, if the candidate of the connection partner is found three or more, and to issue a connection error. これに対し、図15に示すようなチャレンジ・レスポンス手続を利用する場合には、接続相手の候補が3台以上見つかった場合には、チャレンジ・レスポンスによって相手が確認された無線装置だけをカウントするようにすることよって、適切な接続相手を絞り込むことができる。 In contrast, when using a challenge-response procedure, as shown in FIG. 15, if the candidate of the connection partner is found three or more counts only radio apparatus partner is confirmed by challenge and response it'll be so, it is possible to narrow down the appropriate connection partner.

また、図14に処理手順を示した音楽プレーヤの例では、見つかった無線装置を一覧に表示して、ユーザからの指示があったのみ接続を行なっている。 Further, in the example of the music player showing the processing procedure in Figure 14, by displaying the found wireless devices on the list, is performed only connections there is an instruction from the user. これに対し、図15に示すようなチャレンジ・レスポンス手続を利用する場合には、チャレンジ・レスポンスによって相手が確認された無線装置については自動的に接続を行なうようにしておくことで、セキュリティ・レベルを下げることなくユーザ操作を簡略化することができる。 In contrast, when using a challenge-response procedure, as shown in FIG. 15, by leaving to perform the automatic connection for wireless devices partner is confirmed by challenge response, security level it is possible to simplify the user operation without lowering the.

なお、チャレンジ・レスポンスは、一方向関数を使用することで、パスワード自体を送らずに認証する方法として当業界では周知の技術であり、本明細書では詳細な説明を省略する。 Incidentally, challenge-response, by using the one-way function, as a method of authenticating without sending the password itself in the art is a well known technique, in this specification a detailed description thereof will be omitted.

上述した手順で接続相手が決定されると、接続相手と接続パラメータ、すなわちSSIDと暗号鍵を交換する過程に進む。 When the connection with the above-described procedure partner is determined, the connection partner and connection parameters, i.e. the process proceeds to the process of replacing the SSID and encryption key. この時点で、どちらの無線装置がSSIDと暗号鍵を生成し送信するかを決定する必要がある。 At this point, both the wireless device needs to decide whether to send to generate the SSID and encryption key. 具体的には、次の2つの基準で判定を行なう。 Specifically, it is determined by two criteria.

1つの判定基準は、現在の状態に基づく。 One criterion is based on the current state. 既にBSSを形成している状況下で新たに無線装置が参加する場合は、新たな参加者は既存のBSSのSSIDと暗号鍵を使う必要があるので、既にBSSに参加している無線装置が新たに参加する無線装置にSSIDと暗号鍵を送信する。 If you are already a new wireless device under the circumstances that form the BSS to join, because the new participants, it is necessary to use the SSID and the encryption key of the existing BSS, the wireless devices that are already participating in the BSS to send the SSID and encryption key to the wireless device to join new. また、インフラストラクチャ・モード下では、制御局(AP)である無線装置は起動時から常にBSSに参加していると見ることができるので、常に接続パラメータを生成し送信する側になる。 Further, in the infrastructure mode, the wireless device is a control station (AP) so can be seen as participating always BSS from the start, is always on the side that generates and sends the connection parameters.

これに対し、両者が同じ状態、すなわちアドホック・モードの場合で、どちらもまだBSSは形成しておらずこの2者で最初のBSSを形成する場合は、どちらがSSIDを決めても良いが、一意に決定できる必要があるため、2つ目の判断基準が必要である。 In contrast, both the same state, i.e. in the case of ad-hoc mode, the case of forming the first BSS is neither not yet BSS forms the two parties, but neither may be decided SSID, unique since it is necessary to be determined in a required second criterion. 一例として、MACアドレスの大小を用いる方法がある。 As an example, a method using the magnitude of the MAC address. 相手のMACアドレスは、ExistenceフレームとExistence responseフレームの交換などを通じて取得することができる。 MAC address of the partner can be acquired through such exchanges of Existence frame and Existence response frame. 例えば、MACアドレスが大きい方が送信側で小さい方が受信側と決めておけば、特別なやりとりを追加しなくてもどちらがSSIDと暗号鍵を送るかが一意に決まる。 For example, if decided that the larger MAC address is smaller it is the receiving end on the transmission side, or may not add a special exchange is either send the SSID and the encryption key is uniquely determined. あるいは、128ビット程度の非常に大きな乱数値を生成して比較してもよい。 Alternatively, it may be compared to generate a very large random value of about 128 bits. この場合は同値になる可能性は0ではないが、確率は非常に低いので十分実用になる。 This not 0 may become equivalent if the probability becomes sufficiently practical so low.

基本的には、上記に示したように、制御局、既にBSSに参加しているアドホック端末、まだBSSに参加していない端末の3種類を想定すれば、SSIDと暗号鍵を生成し送信する側の無線装置を決定することができる。 Basically, as indicated above, the control station already ad-hoc terminals participating in BSS, if still assume three terminals that do not participate in the BSS, generates and transmits the SSID and encryption key it can determine the side of the wireless device. さらにアプリケーションの都合なども考慮できるように、レベル値を導入した判定方法も考えられる。 Etc. As can also be considered more convenient applications, is also conceivable determination method of introducing level value.

図16には、無線装置のレベル値を設定する処理手順をフローチャートの形式で示している。 Figure 16 illustrates a processing procedure for setting a level value of a radio device in the form of a flowchart.

まず無線装置は、自分がアクセスポイントとして動作しているかどうかをチェックし(ステップS51)、アクセスポイントであれば自分のレベル値として100を設定する(ステップS52)。 The wireless device first checks whether they are operating as an access point (step S51), if the access point to set the 100 as their level value (step S52).

また、無線装置は、自分がアクセスポイントではなければ(ステップS51のNo)、続いて、既にBSSに参入済みかどうかをチェックする(ステップS53)。 Further, the wireless device if the own access point (No in step S51), followed by already checked whether already entered the BSS (Step S53).

ここで、無線装置が既にBSSに参入済みであれば(ステップS53のYes)、レベル値を50に設定する(ステップS54)。 Here, if already entered the wireless device is already BSS (Yes in step S53), and sets the level value of 50 (step S54). そして、参加中のBSSを保持したいときには(ステップS55のYes)、レベル値にさらにNを加える(ステップS56)。 Then, (Yes in step S55). When you want to retain the BSS currently participating, further adding N to the level value (step S56).

他方、無線装置が未だいずれのBSSにも参入していないときには、レベル値を0に設定する(ステップS57)。 On the other hand, when the wireless device is not entered in yet any BSS are the level value is set to 0 (step S57). ここで、接続パラメータを自ら決定したいときには(ステップS58)、このレベル値に適宜Mを加える(ステップS59)。 Here, when it is desired to determine its own connection parameters (step S58), it is added an appropriate M in the level value (step S59).

図16に示した処理手順によれば、無線装置の動作状況に応じて、以下のようにレベル値が設定される。 According to the procedure shown in FIG. 16, according to the operating conditions of the wireless device, the level value is set as follows. レベル値は、自ら接続パラメータの送信側となりたい度合い、若しくはBSSを存続させたい度合いを示す指標値である。 Level value is an index value indicating the degree to which you want to survive degree you want the sender himself connection parameters, or the BSS. そして、無線装置は、スキャン動作の際に自分が送信するExistenceフレーム又はExistence responseフレーム中にレベル値を含ませ、接続相手に通知するようにする。 The wireless device, it included a level value into Existence frame or Existence response frame sent during a scanning operation, so as to notify the connection partner.

また、図17には、レベル値を導入した、接続パラメータの送受判定処理の手順をフローチャートの形式で示している。 Further, in FIG. 17, it introduced a level value, which shows the procedure for transmission and reception determination process of the connection parameters in the form of a flowchart.

まず、無線装置は、接続相手から受け取ったExistenceフレーム又はExistence responseフレームからレベル値を抽出し(ステップS61)、自分が持つレベル値と比較する(ステップS62)。 First, the wireless device extracts the level value from Existence frame or Existence response frame received from the connection partner (step S61), compared to the level value that he has (step S62).

ここで、接続相手のレベル値の方が大きいときには(ステップS63のYes)、接続相手から接続パラメータを受信する(ステップS70)。 Here, when the larger level values ​​of the connection partner receives the connection parameters from a (Yes in step S63), the connection partner (step S70).

一方、接続相手のレベル値の方が大きくないときには(ステップS63のNo)、次いで、接続相手のレベル値が自分よりも小さいかどうかをチェックする(ステップS64)。 On the other hand, when towards the level value of the connection partner is not large (No in step S63), then the level value of the connection partner checks if less than their (step S64).

接続相手のレベル値が自分よりも小さいときには(ステップS64のYes)、自分が接続パラメータの送信元となる。 When the level value of the connection partner is smaller than the own (Yes in step S64), the source of their connection parameters. この場合、無線装置は、既にBSSに参加しているときには(ステップS67のYes)、当該BSSで設定されている接続パラメータを接続相手に送信する(ステップS71)。 In this case, the wireless device, when you already joined BSS (Yes in step S67), and transmits the connection parameters that are set in the BSS to the connection partner (step S71). また、無線装置が未だBSSに参加していないときには(ステップS67のNo)、自ら接続パラメータを生成し(ステップS48)、これを接続相手に送信する(ステップS71)。 Further, when the wireless device has not yet participated in the BSS (No in step S67), and generates its own connection parameters (step S48), and transmits it to the connection partner (step S71).

また、接続相手とレベル値が一致するときには(ステップS64のNo)、続いて互いのMACアドレスを比較し(ステップS65)、MACアドレスが大きい方が接続パラメータの送信元と決定する。 Further, when the connection partner and level values ​​match (No in step S64), followed by comparing the MAC address of each other (step S65), who MAC address is greater determines that the source of the connection parameters.

すなわち、接続相手のMACアドレスの方が大きいときには、接続相手から接続パラメータを受信する(ステップS70)。 That is, when towards the MAC address of the connection partner is large, receives the connection parameter from the connection partner (step S70). また、自分のMACアドレスの方が大きいときには、自分が既にBSSに参加していれば(ステップS67のYes)、当該BSSで設定されている接続パラメータを接続相手に送信する(ステップS71)。 Further, when the larger their MAC addresses, if participating in their already BSS (Yes in step S67), and transmits the connection parameters that are set in the BSS to the connection partner (step S71). また、無線装置が未だBSSに参加していないときには(ステップS67のNo)、自ら接続パラメータを生成し(ステップS68)、これを接続相手に送信する(ステップS71)。 Further, when the wireless device has not yet participated in the BSS (No in step S67), and generates its own connection parameters (step S68), and transmits it to the connection partner (step S71).

図17に示した処理手順に従えば、交換したレベル値を比較して大きい方が接続パラメータを生成(乱数を利用して生成)し、接続相手の無線装置に送信する。 According to the procedure shown in FIG. 17, the larger by comparing the replacement level values ​​generates a connection parameter (generated using a random number) to the wireless device connection partner. また、レベル値が同じ場合はMACアドレスの大きい方が接続パラメータを生成・送信する。 Further, when the level value are the same, the larger MAC address is generated and transmits the connection parameters.

上述した例では、既にBSSに参加しているアドホック端末と、BSSに参加していない端末のレベル値が幅を持っているが、このようにしておくと、例えば、通常はレベルの値を最低値にしておき、アプリケーションの都合上接続パラメータを自局が設定する方が望ましい場合はレベルを大きくしておくという使い方ができる。 In the above example, the lowest and the ad hoc terminals already joined to the BSS, the level value of a terminal not participating in the BSS has a width, idea in this way, for example, typically the value of the level leave the value, if it is desirable to convenience connection parameter application own station sets can use that set larger level. 図16に示したフローチャートでは、ステップS39において、無線装置はアプリケーションの都合によりレベル値にMを加えるようになっている。 In the flowchart shown in FIG. 16, in step S39, the wireless device is adapted to apply a M a level value by the convenience of the application.

また、本明細書では既に構成されている2つのアドホックBSSが融合する場合については特に説明しないが、本発明はこのような仕様に適用することも可能である。 Although not particularly described the case where the two ad hoc BSS in this specification has already been configured to fuse, the present invention can be applied to such specifications. 具体的には、既にBSSに参加しているアドホック端末のレベル値を変えることで(図16に示したフローチャート中のステップS36に相当)、一方のアドホックBSSをもう一方のアドホックBSSより優先的に存続させることもできる。 Specifically, previously (corresponding to step S36 in the flow chart shown in FIG. 16) that in changing the level value of the ad hoc terminals participating in BSS, in preference to the other ad hoc BSS one ad hoc BSS it is also possible to survive.

無線装置が接続相手との間でSSIDや暗号鍵といった接続パラメータを送受信する際、盗聴に十分注意する必要がある。 When the wireless device to transmit and receive connection parameters such as SSID and encryption key with the connection partner, it is necessary to care the eavesdropping. 誰に公開しても良いデータを扱う場合は問題ないが、BSSを暗号化してこれを盗聴防止の拠り所とする場合は接続パラメータを盗聴されてしまうと意味がなくなってしまう。 There is no problem when dealing with may be published to whom the data, to rely eavesdropping prevent this by encrypting the BSS becomes meaningless and thus to eavesdropping connection parameters. そこで、本実施形態では、盗聴を防止するため、以下のユーザ・データを定義する。 Therefore, in this embodiment, to prevent eavesdropping, define the following user data.

Public key exchangeフレーム …接続する相手に公開鍵を送るフレームParametersフレーム …セッション鍵で暗号化されたSSIDと暗号キーを送るフレームParameters replyフレーム …Parametersフレームの受信確認及びエラー通知 Public key exchange frame ... frame Parameters reply frame ... Parameters acknowledgment and error notification of the frame to send the SSID and encryption key that is encrypted with the frame Parameters frame ... session key to send the public key to the other party to be connected

無線装置は、接続相手とはPublic key exchangeフレームを用いてDH(Diffie−Hellman)鍵交換を行ない、盗聴者に知られ難い方法でセッション鍵を生成する。 Wireless device, and the connection partner performs DH (Diffie-Hellman) key exchange using the Public key exchange frames, generates a session key with hardly known in eavesdropper method.

図18には、DH鍵交換と共通鍵暗号を使用した接続パラメータの送受信手順を示している。 Figure 18 shows a procedure for transmitting and receiving connection parameters using common key encryption and DH key exchange. 同図において、まず無線装置Aと無線装置Bは、それぞれPublic key exchangeフレームを用いて、互いの公開鍵を接続相手に送っている。 In the figure, the wireless device A and the wireless device B first, respectively, using the Public key exchange frame, and send each other's public keys in connection partner. 次に相手から受け取った公開鍵と自分の持っている秘密鍵とからセッション鍵を生成している。 Next it is generating the session key from the secret key that has a public key and your received from the other party.

次いで、無線装置Aは、このセッション鍵を用いて接続パラメータを共通鍵暗号であるAES(Advanced Encryption Standard)方式で暗号化し、Parametersフレームを使って、接続相手である無線装置Bに送っている。 Then, the wireless device A, the connection parameters by using the session key encrypted with AES (Advanced Encryption Standard) method, which is a common key encryption, using Parameters frame is sent to the wireless device B is connected partner.

これに対し、無線装置Bは、接続パラメータを受信すると、受信確認及び通知された暗号方式に非対応の場合のエラー通知のためにParameters replyフレームを返送している。 In contrast, the wireless device B receives the connection parameter, and return the Parameters reply frame for error notification in the case of non-correspondence to the reception confirmation and the notified cryptosystem. 図18では省略しているが、接続パラメータの送信側である無線装置Aは、Parameters replyフレームの内容に従ってParametersフレームを再送したり、暗号方式を変更して再送したりする。 Although not shown in FIG. 18, the wireless device A is a sender of the connection parameters, or retransmit the Parameters frame according to the content of Parameters reply frame, or retransmitted by changing the encryption method.

このようにして、無線装置Aと無線装置Bがお互いに共通の接続パラメータ、すなわちSSIDと暗号鍵の交換が終了した後は、交換した接続パラメータを用いてIEEE802.11の接続を行なう(図12を参照のこと)。 In this way, the wireless device A and the wireless device common connection parameters are mutually B, that after the exchange of the SSID and encryption key is completed, performs the IEEE802.11 connection using the connection parameter exchange (Fig. 12 checking).

通常のIEEE802.11の接続の動作では、無線装置が新たにBSSを形成する際、全チャネルでSSIDをスキャンし、見つかったチャネルに設定し、BSS毎に固有に与えられた6バイトの識別子であるBSSID(Basic Service Set Identification)をハードウェアに設定する手順が取られる。 In the operation of the conventional IEEE802.11 connection, when the wireless device forms a new BSS, scan the SSID on all channels, set to the found channel, in 6 bytes of identifier given uniquely to each BSS to configure certain BSSID (Basic Service set Identification) hardware is taken. すなわち、SSIDをキーにして、接続に必要なチャネルとBSSIDを求めるという手順を行なっている。 That is, the SSID to the key, is performed a procedure that obtains the channel and BSSID required to connect.

多くの無線LANインターフェースのファームウェア及びドライバでは、アドホックBSSを構成する場合には、SSIDと暗号鍵のみを指定するようになっているが、チャネルとBSSIDも指定して上記のIEEE802.11のスキャンの動作を省略できるようになっているものもある。 In many wireless LAN interface firmware and drivers, when the ad-hoc BSS is adapted to specify only SSID and encryption key, also specify channel and BSSID of the above IEEE802.11 scan some are made to be omitted operation. そこで、ParametersフレームにSSIDと暗号鍵に加えて、チャネルとBSSIDも含ませることにより、対応する無線LANインターフェースを使った場合にIEEE802.11のスキャン動作を省略させ、より短時間に接続ができるようにしている。 Therefore, in addition to the SSID and encryption key in the Parameters frame, by also including channel and BSSID, it is omitted IEEE802.11 scanning operation when using the corresponding wireless LAN interface, to allow a shorter time to connect I have to.

B−4. B-4. ユーザ・データの伝送 Transmission of user data
図12に示した手続に従って無線接続を行なう際、接続相手となる無線装置同士で交換するユーザ・データを、IEEE802.11のフレームに載せて伝送することができる。 When performing a wireless connection in accordance with the procedure shown in FIG. 12, the user data to be exchanged wireless device which can produce a connection partner, can be transmitted by placing the IEEE802.11 frame. IEEE802.11のフレームは、Controlフレーム、Dataフレーム、Managementフレームに分類される。 IEEE802.11 frames, Control frame, Data frames are classified into Management frame. 勿論、これ以外の特別な種類のフレームを定義し、そのフレームを使ってユーザ・データをやりとりすることも可能であるが、以下では既存のMagagementフレームを利用してユーザ・データを交換する場合について説明する。 Of course, define the other special types of frames, for the case it is also possible to exchange user data with the frame, in the following that by utilizing the existing Magagement frame exchange user data explain.

Managementフレームには、BSSの情報を通知するためのフレームや接続、認証のためのフレームがあるが、本実施形態ではBSSの情報を通知するためのProbe Request及びProbe Responseフレームにユーザ・データを入れている。 The Management frame, frame and connection for communicating information of BSS, there is a frame for authentication, put user data Probe Request and Probe Response frames for notifying the information of the BSS in this embodiment ing.

Existenceフレームは、スキャンする側の無線装置が、特に受信相手を指定しない(言い換えれば、同時に複数の無線装置に向けて)、ブロードキャスト・アドレスに対して送信するフレームである。 Existence frame side of the wireless device to scan does not specify the receiving party in particular (in other words, to a plurality of wireless devices at the same time), a frame to be transmitted to the broadcast address. 一方のExistence responseフレームは、無線装置がExistenceフレームを受信したときに返送するフレームである。 One Existence response frame, the wireless device is a frame to be returned when receiving the Existence frame. スキャンする側の無線装置は、Probe Requestフレームを用いてExistenceフレームを送信し、スキャンされる側の無線装置は、Probe Responseフレームを用いてExistence responseフレームを用いて返信することができる。 Wireless device on the side to be scanned, and transmits the Existence frame using Probe Request frame, the wireless device on the side to be scanned can be returned using Existence response frame using the Probe Response frame. 一般には、Probe Requestフレームは、インフラストラクチャ・モード下で端末局がアクティブ・スキャンすなわちアクセスポイントからBSSへの参加に必要な情報を収集するために用いられる(前述)。 Generally, Probe Request frame is used for the terminal station to collect information required for participation in the BSS from the active scan or access point in infrastructure mode (described above).

図19には、Probe Request及びProbe Responseフレームのフレーム・フォーマットをそれぞれ示している。 Figure 19 shows Probe Request and Probe Response frames of the frame format, respectively. 但し、図19Aは通常のManagementフレーム構成であり、図19Bはユーザ・データを含むManagementフレームである。 However, Figure 19A is a typical Management frame configuration, FIG. 19B is a Management frame containing user data.

図示の通り、Probe Requestは、MAC header、SSID、Supported rateの要素から成る。 As illustrated, Probe Request consists MAC header, SSID, Supported rate elements. 一方、Probe Responseは、MAC header、Timestamp、Beacon interval、Capability information、SSID、Supported rate、DS Parameter Setなどの要素から成る。 On the other hand, Probe Response consists MAC header, Timestamp, Beacon interval, Capability information, SSID, Supported rate, elements such as DS Parameter Set. このうちSSID、Supported rate、DS Parameter Setの各要素はIE(Information Element)と呼ばれる形式になっている。 Among SSID, Supported rate, each element of the DS Parameter Set is in a format called IE (Information Element). IEの形式は、1バイトのElementID、1バイトのLength、そして可変長のInformationからなる。 Format of IE is, 1 byte of ElementID, 1-byte Length, and consists of variable length of the Information.

Probe Responseフレームの要素は上記に挙げた以外に、Extended rateやWPA IEなどのさまざまなIEが含まれることもある。 Elements of Probe Response frame in addition to those listed above, may be included various IE such as Extended rate or WPA IE.

IEの目的はElementIDで識別される。 The purpose of the IE is identified by ElementID. ElementIDが221(0xDD)のIEはVendor Specific IEとして利用方法を定義して使うことができるので、本実施形態ではこのフィールドに接続相手となる無線装置同士で交換するユーザ・データを記載するようにしている。 Since ElementID is the IE of 221 (0xDD) can be used to define the usage as a Vendor Specific IE, in the present embodiment as described the user data to be exchanged wireless device which can produce a connection partner in this field ing. 但し、IEの長さを示すLengthは1バイトしかないため、Informationの長さとしては最大255バイトまでしか使えない。 However, for Length is only 1 byte indicating the length of the IE, it can not be used only up to a maximum of 255 bytes as the length of the Information. 接続相手となる無線装置同士で交換するユーザ・データはさまざまな種類のさまざまな長さの情報を含むため、255バイトでは足りない。 Since the user data to be exchanged wireless device which can produce a connection partner containing information of various types of various lengths, not enough is 255 bytes. そこで、1つのフレームに複数のVendor Specific IEを含ませ、ユーザ・データを分割して伝送するようにしている。 Therefore, one frame included a plurality of Vendor Specific IE, so that transmitted by dividing the user data. したがって、図8中のユーザ・データ・パケット作成手段2は、ユーザ・データを分割するためのフラグメント部(図示しない)を備えるとともに、ユーザ・データ抽出手段4は分割されたユーザ・データを再構成するためのデフラグメント部(図示しない)を備えるものとする。 Therefore, user data packet creating unit 2 in FIG. 8, reconstructed with the user data the user data extraction means 4 is divided comprises a fragment portion for dividing the user data (not shown) It shall include defragment unit (not shown) to. パケットのフラグメント、デフラグメントは例えばインターネット・プロトコル(IP)に規定されている。 Fragment of a packet, defragment is defined for example in the Internet Protocol (IP). フラグメントは、元来、パケットをMTU(Maximum Transfer Unit:最大転送ユニット)サイズ以下に分割して転送する機能である。 Fragment, originally, MTU packets (Maximum Transfer Unit: maximum transmission unit) is a function of transferring divided into the following size.

無線LANインターフェースの中には、自由に作成したVendor Specific IEを記載したフレームをProbe Request又はProbe responseに載せて送信し、受信したフレームからVendor Specific IEをドライバに通知する機能を実装したハードウェア、ファームウェア、ドライバ製品がある。 Some wireless LAN interface, and transmitted on a frame that describes the Vendor Specific IE created freely Probe Request or Probe response, implements the function of notifying the Vendor Specific IE to the driver from the received frame hardware, firmware, there is a driver products. そこで、本実施形態では、このような製品を使用すればよい。 Therefore, in this embodiment, it may be used such products. また、このような機能のない製品の場合であっても、IEを利用してユーザ・データを交換するようにすると、新たなIEEE802.11フレームの定義などの必要もないので、ドライバやファームウェアの変更は少なくて済む。 In addition, even in the case of no product of this kind of function, and so as to exchange the user data using the IE, it is not necessary, such as the definition of the new IEEE802.11 frame, drivers and firmware changes are fewer.

B−5. B-5. チャネル配置の決定 Determination of channel arrangement
続いて、図9に示した無線装置において使用チャネルを決定する方法について詳解する。 Subsequently, described in detail a method of determining a channel used in a wireless apparatus shown in FIG. 既に説明したように、図9に示した無線装置は、接続相手の候補となる無線装置で使用中のアプリケーションやアプリケーションが使用する無線帯域に関する情報に基づいて、パケット遅延が許されないリアルタイム性が要求されるストリーミングの通信と、バースト的に最大帯域を使用するベストエフォート型の通信に分け、かかる条件を考慮しながら、最もチャネルの無駄がなく、通信の障害の少なくなるように新しい無線装置のチャネル配置を行なう。 As already described, the radio apparatus shown in FIG. 9, based on the information about the wireless bandwidth applications and applications in use by the wireless device as the connection partner of the candidates used, real-time request packet delay is not permitted and streaming communication to be divided into communication best effort using a burst manner maximum bandwidth, taking into account such conditions, most channels without waste, less so as to channel the new wireless device of communication errors placement carried out.

ここで、無線装置のアプリケーションとして、カメラの通信と音楽プレーヤの通信が挙げられる。 Here, as an application of the wireless device, a camera of the communication and music player of the communication and the like. 以下の説明では、カメラはベストエフォートの写真交換のアプリケーションがあり、音楽プレーヤはベストエフォートのプレイリスト交換のアプリケーションと、音楽ストリームのアプリケーションがあることを想定する。 In the following description, the camera has a photo exchange of best-effort applications, music player is assumed and the playlist exchange of best-effort applications, that there is an application of the music stream.

本実施形態では、無線装置が最初のスキャン時においてExistenceフレームとExistence responseフレームを交換することで、既存の無線装置上で動いているアプリケーションを知ることができる。 In the present embodiment, since the wireless device to exchange Existence frame and Existence response frame at the time of initial scan, it is possible to know the application running on existing wireless devices. したがって、この情報から既存のBSSで行なわれている通信の種類を知ることができる。 Therefore, it is possible to know the type of communication being performed in an existing BSS from this information. 勿論、さらに通信の種類を明示的に示す情報を含めてもよい。 Of course, it may include further information indicating the type of communication explicitly. また、上記の想定環境では、ストリーミングのアプリケーションは音楽プレーヤの音楽ストリームしかないので、1チャネルに何対の通信が可能であるかは一意に決まる。 Further, in the above assumptions environment, because streaming applications of music stream only music player, or it is possible to what pair of communication in one channel is uniquely determined. しかし、別の例では、全く別の機器がビデオのストリーミングを行なうかもしれない。 However, in another example, completely different device might perform streaming video. この場合はそれぞれの機器が使用する帯域を知る必要があるので、使用帯域の具体的な数字を含む情報をユーザ・データに含める必要がある。 In this case, it is necessary to know the bandwidth each device is used, it is necessary to include information including a specific number of used bandwidth for user data.

図20には、無線装置が、周辺の無線装置が使用するアプリケーションの情報を使ってチャネル配置を決定するための処理手順をフローチャートの形式で示している。 20 shows, the wireless device indicates the procedure for determining the channel allocation with the information of the application around the wireless apparatus is used in the form of a flowchart.

まず、無線装置は、各チャネルにおいて順次、特に受信相手を指定しないブロードキャスト・アドレスに対してExistenceフレームを送信するとともに、周辺の無線装置から返信されるExistence responseフレームを受信することで、スキャン動作を行なう(ステップS81)。 First, the wireless device, by sequentially at each channel, and transmits the Existence frame especially for a broadcast address is not specified receiving party receives the Existence response frames sent back from the peripheral wireless devices, a scanning operation performed (step S81).

ここで、まだBSSが存在しない場合には(ステップS82のNo)、無線装置が現在設定しているチャネルを使用することに決定して(ステップS91)、本処理ルーチンを終了する。 Here, if it does not yet exist BSS (No in step S82), and we decided to use a channel the wireless device is currently set (step S91), and terminates the processing routine.

また、既にBSSが存在する場合には(ステップS82のYes)、無線装置自身がベストエフォートのアプリケーションを使用しているかどうかをさらにチェックする(ステップS83)。 Further, if the BSS already exists (Yes in step S82), further checks whether the radio apparatus itself uses the best-effort applications (step S83).

ここで、無線装置自身がベストエフォートのアプリケーションを使用しているときには(ステップS83のYes)、受信した各Existence responseの内容を情報解析して、検出された既存のBSS中に自分と同じベストエフォートのBSSがあるかどうかをチェックする(ステップS84)。 Here, the same best-effort and (Yes in step S83), and the information analyzing the contents of each Existence response received, their in existing BSS, which is detected when the wireless device itself using a best-effort applications to check whether there is the BSS (step S84).

そして、自分と同じベストエフォートのBSSが既に存在する場合には(ステップS84のYes)、この既存のベストエフォートのBSSと同じチャネルを使用することを決定して(ステップS85)、本処理ルーチンを終了する。 In a case where the BSS of the same best-effort that he already decided to use (Yes in step S84), the same channel as the BSS of the existing best effort (step S85), the processing routine finish.

一方、自分と同じベストエフォートのBSSが未だ存在しない場合には(ステップS84のNo)、空きチャネルがあるかどうかをチェックする(ステップS86)。 On the other hand, if the BSS of the same best-effort that he does not yet exist to check whether there is a (No in step S84), the idle channel (step S86). そして、空きチャネルがあれば、無線装置はそのチャネルを使用することを決定し(ステップS92)、空きチャネルがなければ現在設定しているチャネルを使用することを決定する(ステップS91)。 If there is an idle channel, the wireless device determines to use the channel (step S92), decides to use a channel that is currently set if there is no idle channel (step S91).

ここで言う「空きチャネル」は、そのチャネルを使用している無線装置が全くいない状態を意味するものではなく、本実施形態に係るプロトコルを実施している無線装置がいないことを意味する。 The term "free channels" does not mean a state in which the wireless device is not at all using that channel, which means that the wireless device that implement the protocol according to the present embodiment is not. 通常の制御局(AP)やアドホックのBSSが存在する状況でも「空きチャネル」として考えている。 It is considered as "free channels" even in situations where the normal control station (AP) or ad hoc BSS exist.

また、既にBSSが存在することは確認できたが(ステップS82のYes)、無線装置自身がベストエフォートのアプリケーションを使用していないとき(ストリーミングのアプリケーションを使用しているとき)には(ステップS83のNo)、既存のBSS中にストリーミングの通信を行なっているものがあるかどうかをチェックする(ステップS87)。 Further, the it was confirmed that BSS already exists (Yes in step S82), the wireless device itself (when using streaming applications) when not in use the best-effort applications (step S83 of No), the check whether there is doing the communication of the streaming in the existing BSS (step S87).

ストリーミングの通信を行なうBSSが既に存在するときには(ステップS87のYes)、この既存BSSが使用するチャネル上で自分の必要帯域は足りているかどうかをチェックし(ステップS88)、足りているときにはこのチャネルを使用することを決定して(ステップS89)、本処理ルーチンを終了する。 When the BSS already exists to perform streaming communication (Yes in step S87), and checks whether this legacy BSS is enough their required bandwidth on a channel to be used (step S88), this is when it is sufficient channel It decided to use (step S89), and terminates the processing routine.

ここで、「自分の必要帯域は足りている」かどうかは、1つの無線チャネルで使用できる最大の帯域から既にBSSを形成している無線機装置が使用している帯域を減じ、ある一定の余裕を持って自分が使おうとしている帯域が残っているかで判断する。 Here, whether "your needs bandwidth is sufficient," it reduces the band in which the maximum radio devices that already form a BSS from the bandwidth of the uses that can be used in one radio channel is constant be determined by checking with a margin there remains a band in which he is trying to use.

また、無線装置自身がストリーミングの通信を行なうが既存のBSS中にはストリーミングの通信を行なっているものがない場合や(ステップS87のNo)、ストリーミングの通信を行なっているBSSが使用しているチャネル上には当該無線装置の必要帯域を確保できないときには(ステップS88のNo)、空きチャネルがあるかどうかをチェックする(ステップS90)。 Also, if there is no radio apparatus itself communicates streaming is doing the communication streaming in existing BSS and (No in step S87), are using BSS doing the streaming communication when on the channel can not secure the necessary bandwidth of the wireless device checks whether there is (no in step S88), the idle channel (step S90). ここで行なわれる空きチャネルのチェックは、ステップS86で行なわれる処理と同様である。 Here free channel checks performed is the same as the process performed in step S86.

そして、空きチャネルがあれば(ステップS90のYes)、無線装置はそのチャネルを使用することを決定するが(ステップS92)、空きチャネルがなければ(ステップS90のNo)、チャネル使用中のエラーとして扱う(ステップS93)。 Then, if there is a space channel (Yes in step S90), but the wireless device may decide to use that channel (step S92), if there is no empty channel (No in step S90), an error in the channel used handle (step S93).

図20に示した処理手順によれば、全く無線通信が行なわれていないチャネルが存在しても、無線装置は敢えて既に使用されているチャネルを選択する場合があり得る。 According to the procedure shown in FIG. 20, even if there is a channel that is not at all made wireless communication, the wireless device may be the case of selecting a channel dare already used. このような選択を行なうのはすべてのチャネルを含めての全帯域の利用効率を最適化するためである、ということを十分理解されたい。 Such select performed is to optimize the total bandwidth utilization of including all channels should be fully understood that.

B−6. B-6. パワー・マネージメントの実現 Realization of Power Management
IEEE802.11では、無線装置が受信機を間欠動作させるPowerSaveモードが規定されており、インフラストラクチャ・モード及びアドホック・モードのいずれにおいてもパワー・マネージメントを実現することができる(前述)。 In IEEE 802.11, the wireless device are stipulated PowerSave mode for intermittently operating the receiver, it can also be realized power management in both the infrastructure mode and the ad-hoc mode (described above).

インフラストラクチャ・モード下では、制御局はスリープ状態になることはなく常に電波を受信可能であるから、端末局は自分がスキャンを行なっている状態のときのみスリープ状態が解除されていれば通信に障害が起きることはない。 In infrastructure mode, since the control station can receive always waves never go to sleep, the terminal station in communication if it is canceled observed sleep state when a state where he is performing scanning failure is never happen. これに対し、アドホック・モード下では、スキャンを行なう側の端末局がスリープ状態を解除しても、スキャンを受けるべき既存の端末局がスリープ状態に入っているときには、タイミングによってはスキャン用のパケットを受けられない、という問題がある。 In contrast, under the ad hoc mode, also the side of the terminal station for scanning and wake, when the existing terminal station is in the sleep state to receive the scan, packets for scanning by the timing not receive, there is a problem in that.

そこで、本実施形態では、スキャン側となる無線装置は、スキャンに先がけて周囲の無線装置がDoze状態へ遷移する動作を無効化する手順を導入し、スキャンされる側の無線装置がスキャンのためのパケットや、上述したようなユーザ・データをやりとりするためのパケットを確実に受信できるようにしている。 Therefore, in this embodiment, the wireless device to be scanned side, introduces a procedure for disabling the operation of peripheral wireless device to transition to the Doze state prior to the scan, because the side of the wireless device scans to be scanned and the packet, and to reliably receive a packet for exchanging user data, as described above.

以下では、図10に示した機能的構成を備えた無線装置がPowerSaveモード下で行なうスキャン動作について説明する。 Hereinafter, the wireless device having the functional configuration shown in FIG. 10 will be described scanning operation carried out under PowerSave mode.

スキャンする側、並びにスキャンされる側となる各無線装置はIEEE802.11に規定されているアドホックPM(Ad−hoc Powermanagement)を実装しているものとする。 Side scanning, as well as the wireless device that is a side to be scanned is assumed to implement the ad hoc PM which is defined in IEEE802.11 (Ad-hoc Powermanagement). パワー・マネージメントを実装した無線装置は、CA(Contunius Active)モードとPS(Power Save)モードの2つの動作を選択することができる。 Wireless device that implements the power management can select a CA (Contunius Active) mode and PS (Power Save) 2 two operating modes. 図24には、パワー・マネージメントに関する無線装置の状態遷移図を示している。 Figure 24 is a state transition diagram of a wireless device related to power management. モードの選択は通常は無線装置を使用するユーザが指定する。 Selection of mode is usually the user specifies using the wireless device.

CAモードは常に受信機を動かし続けるモードである。 CA mode is always a mode to continue to move the receiver. また、PS(Power Save)モードは、無線機を動的にActive状態とDoze状態の2つの状態にする。 Furthermore, PS (Power Save) mode, dynamically into two states Active state and Doze state radio. Active状態では無線機に通電されており、パケットの受信は可能だが電力を消費する。 The Active state are energized radios, received packets but can consume power. 一方、Doze状態では、無線機の電力は最低限に抑えられていて、パケットを受信できない。 On the other hand, in the Doze state, the power of the radio have been kept to a minimum, it can not receive the packet.

無線装置がPowerSaveモードに入っているとき、通信が全くない状態では、ビーコン送出時間TBTTからATIM Windowの期間が終了するまでの間はActive状態になっていて、ATIM Window終了時から次のビーコン送出時間TBTTまでがDoze状態になっている(前述)。 When the wireless device is in the PowerSave mode, when there is no communication at all, during the period from the beacon transmission time TBTT up period ATIM Window is completed they become Active state, next beacon transmitted from at ATIM Window ends until the time TBTT is in the Doze state (described above). したがって、通信が無い状態では、PowerSaveモード下の無線装置がパケットを受信できるのは、ATIM Windowの期間だけである。 Thus, the communication is not a state, the wireless device under PowerSave mode can receive packets is only a period of ATIM Window. 例えば、ビーコン間隔を100ミリ秒、ATIM Windowを10ミリ秒とした場合、スキャンする側の無線装置からランダムに送信される9割のパケットを受信できなくなってしまう。 For example, 100 ms beacon interval, when the ATIM Window is 10 milliseconds, no longer able to receive 90% of packets sent at random from the side of the wireless device to scan.

そこで、本実施形態では、スキャン側となる無線装置は、TBTTの後に設けられるATIM Windowを利用するのではなく、スキャンに先がけて周囲の無線装置がDoze状態へ遷移する動作を無効化する手順を導入し、スキャンされる側の無線装置がスキャンのためのパケットや、上述したようなユーザ・データをやりとりするためのパケットを確実に受信できるようにしている。 Therefore, in this embodiment, the wireless device to be scanned side, rather than using the ATIM Window provided after the TBTT, the procedure for disabling the operation of peripheral wireless device to transition to the Doze state prior to scanning introduced, and packets for the side of the wireless device scans to be scanned, and to reliably receive a packet for exchanging user data, as described above.

具体的には、スキャン側となる無線装置は、スキャンに先がけて周囲の無線装置が連続受信状態にするためのトリガとなる連続受信モード要求パケットを送信する。 Specifically, the radio apparatus to be scanned side transmits a continuous reception mode request packet as a trigger for peripheral wireless device prior to scanning to the continuous reception state. 一方、既にネットワークを構成している無線装置は、連続受信モード要求パケットを受け取ると、自分の状態を常時受信モードにし、一時的にPowerSaveモードを解除する(あるいは、PowerSaveモード下でDoze状態への遷移を禁止する)。 Meanwhile, the wireless device already constitutes a network, when receiving the continuous reception mode request packet, the constant reception mode own state, temporarily releases the PowerSave mode (or to Doze state under PowerSave mode to prohibit the transition). このように受信機がDoze状態になっていないので、まだIEEE802.11のネットワークを構成する前でPowerSaveモードが使用できない無線装置が送信した上述したようなユーザ・データをやりとりするためのパケットを、受信できなくなることがなくなる。 Since the receiver is not in the Doze state, yet packets for exchanging user data, as described above for the wireless device PowerSave mode is unavailable sent by the before configuring the IEEE802.11 network, can not be received, it is no longer.

図21には、スキャンする側の無線装置が周辺の無線装置のDoze状態を無効化するための通信シーケンス例を示している。 Figure 21 shows an exemplary communication sequence for the side of the wireless device to scan invalidates the Doze state of the peripheral wireless devices.

同図において、無線装置Aはこれからスキャンを行なおうとしている。 In the figure, the wireless device A has the attempt is made from now scan. 一方、無線装置Bは、図示しない他の無線装置と既にアドホックPMのBSSを形成し、現在PowerSaveモードになっており、Doze状態とActive状態を適宜切り替えている。 On the other hand, the wireless device B forms the BSS already adhoc PM and another wireless device (not shown), and is currently PowerSave mode, and appropriately switching the Doze state and Active state.

まず、無線装置Aは「連続受信モード要求パケット送信機能」を有効にする。 First, the wireless device A to enable the "continuous receiving mode request packet transmission function". この機能は、一部の無線LANインターフェースのファームウェア及びドライバで実装されている機能であり、ビーコンに含まれるATIM Windowのサイズを監視し、ATIM Windowのサイズが設定されている場合はPowerSaveモードに入っていると見なして、ATIM Windowの期間の間に連続受信モード要求パケットを送信する。 This function is a function that is implemented in some wireless LAN interface firmware and drivers, to monitor the size of the ATIM Window included in the beacon, if the size of the ATIM Window is set enters PowerSave mode in the considered that transmits a continuous reception mode request packets during the duration of the ATIM Window. この連続受信モード要求パケットは、Probe Request(前述)を利用したユーザ・データとして送信される。 The continuous reception mode request packet is sent as user data using Probe Request (above).

無線装置Bのデータ処理手段は、連続受信モード要求を受けると、パケット送信手段3及びパケット受信手段4に連続動作指示を送って、Doze状態を無効化し、PowerSaveモード下であっても常にActive状態でパケット受信可能となるように設定する。 Data processing means of the wireless device B receives the continuous reception mode request by sending a continuous operation instruction to the packet transmitting unit 3 and the packet receiving means 4, and invalidates the Doze state, always Active state even under PowerSave mode in set to be packet receivable.

無線装置Aは、複数のBSSを見つけた場合には、それらのビーコンに合わせて連続受信モード要求パケットを送信するので、最終的にはすべてのアドホックPMのBSSに属する無線装置がActive状態にすることができる。 The wireless device A, when it finds a plurality of the BSS, and transmits the continuous reception mode request packet in accordance with the their beacon, eventually wireless devices belonging to the BSS of all ad hoc PM to Active state be able to.

このようにして、周辺の無線装置がすべてActive状態を保つようにした後に、図12に示した手順に従ってユーザ・データの交換などの接続処理を実行するので、スキャンのパケットを取りこぼすことがなくなる。 In this way, all the peripheral wireless devices after to maintain the Active state, since carries out connection processing such as replacement of the user data in accordance with the procedure shown in FIG. 12, is eliminated to lose information scan packet .

図21に示した手順により、上記の接続相手の確認や接続パラメータといったユーザ・データの交換を行なっている間は、スキャンされる側の無線装置はPowerSaveモード中であっても常にActive状態を維持することで、スキャンする側の無線装置からのユーザ・データの取りこぼしを防いでいる。 The procedure shown in FIG. 21, while performing exchange of user data, such as confirmation and connection parameters of the connection partner, always maintains the Active state even wireless devices to be scanned side is a while PowerSave mode it is, thereby preventing missed scan for the part of the user data from the wireless devices.

上記では、説明の簡素化のため、チャネルの変更動作を省略しているが、スキャンを行なうときは使用するすべてのチャネルにおいて上記と同様の動作を行なうようにする。 In the above, for simplicity of explanation, although not channel change operation, to perform the same operation as described above in all channels to be used when performing a scan. また、スキャンをする際は、まず各チャネルに対して順番に「連続受信モード要求パケット送信機能」を有効にしてすべてのチャネルの受信側をActive状態にした後、もう一回各チャネル上でExistenceフレームを送信してスキャンを行なうようにしてもよい。 Further, when a scan, after first was Active state the recipient of all channels to enable "continuous reception mode request packet transmission function" in sequence for each channel, Existence on once more for each channel by sending a frame may be performed scan.

図21には図示していないが、スキャンされる側である無線装置BはこのままではCAモードと同じだけ電力を消費し続けてしまうので、元の通常のPSモードに戻らなければならない。 Although not shown in FIG. 21, but since the wireless device B which is the side to be scanned remains this would continue to consume power as much as the CA mode, it must be returned to the original normal PS mode. 無線装置BがPSモードに戻るトリガとして例えば以下の2つが考えられる。 Wireless device two example below as a trigger to return to the PS mode B can be considered.

1つ目のトリガは、無線装置Aと接続パラメータを交換した後である。 The first trigger is After exchanging connection parameters with the wireless device A. この後、無線装置Aは無線装置Bが含まれるBSSのビーコンに同期して、通常のIEEE802.11のアドホックPS接続を行なうので、アドホックPSの手順に従ってパケットのやりとりすることができる。 Thereafter, the wireless device A in synchronism with the beacon of the BSS and wireless device B, since the normal IEEE802.11 ad hoc PS connection may be exchanged packets according to the procedure of the ad hoc PS. このため、無線装置Bは、無線装置Aと接続パラメータを交換した後は、常にActive状態である必要はない。 Therefore, the wireless device B, after replacing the connection parameters with the wireless device A does not always need to be Active state.

無線装置BがPSモードに戻る2つ目のトリガとして、タイムアウトを挙げることができる。 As the second trigger the wireless device B returns to the PS mode, can be given out. 無線装置Bは、無線装置AによってActive状態にされるが、最終的には、無線装置Aは無線装置BのBSSに参加しないかもしれない。 The wireless device B is is in the Active state by the wireless device A, in the end, the wireless device A may not participate in the BSS of the wireless device B. この場合、無線装置Bは速やかにDoze状態の無効化を解除して、通常のPSモードに戻る必要がある。 In this case, the wireless device B releases the disabling of quickly Doze state, it is necessary to return to normal PS mode. したがって、接続のためのユーザ・データ交換が終わる程度の相当時間が経っても、接続のためのユーザ・データの交換が終わらない場合には、無線装置BはPSモードに戻るようにする。 Therefore, even after considerable time to the extent that user data exchange is completed for connecting, when the exchange of user data for the connection is not end, the wireless device B to return to the PS mode.

例えば無線装置がカメラの場合、接続の3台同時押し時の判定条件から接続のタイムアウトは3秒とすると、3秒ぎりぎりのタイミングで交換ボタンが押された場合を考えて6秒、さらにその後の接続のためのパケット交換の時間を考慮して8秒をタイムアウト値としている。 For example, if the wireless device is a camera, when the timeout of the connection from the determination condition at the time of three simultaneous pressing of the connection and 3 seconds, 6 seconds consider the case where replacement button is pressed in 3 seconds marginal timing, further subsequent It has a 8-second timeout value in consideration of the time of packet switching for the connection. また、音楽プレーヤの場合は、最初のスキャンで見つけた周辺の無線装置を表示してからユーザが選択するまでの時間が全く予想できないので、タイムアウト値を3秒として直ぐにPowerSaveSモードに戻す(若しくは、Doze状態の無効化を解除する)ようにしてもよい。 In the case of music players, the time from when displaying the peripheral wireless devices found in the first scan until the user selects is not expected at all, returned immediately PowerSaveS mode timeout value as 3 seconds (or, Doze to cancel the invalidation of state) it may be.

そして、図18には示していないが、ユーザが接続相手を指定した後、Public key exchangeフレームを送信する前に、再度「連続受信モード要求パケット送信機能」を有効にして、無線装置BをActive Stateにし、その後のやりとりの取りこぼしが無いようにしている。 Then, although not shown in FIG. 18, after the user has specified a connection partner, before sending the Public key exchange frame, enable the "continuous receiving mode request packet transmission function" again, the wireless device B Active the State, so that there is no omission of the subsequent exchanges.

また、上述した2つのトリガとは別に、スキャンを行なった無線装置が、発見したBSSに参加しない場合はキャンセルを意味するユーザ・データを送って、これをトリガにして通常のPowerSaveモードに入る(若しくは、Doze状態の禁止を解除する)ようにしても良い。 In addition to the two triggers described above, the wireless device was subjected to scanning by sending a user data when not participating in discovered BSS is denoting the cancel enters the normal PowerSave mode by this to trigger ( or, to cancel the prohibition of the Doze state) as may be.

以上、特定の実施形態を参照しながら、本発明について詳解してきた。 Above with reference to specific embodiments, the present invention has been described in detail. しかしながら、本発明の要旨を逸脱しない範囲で当業者が該実施形態の修正や代用を成し得ることは自明である。 However, it is obvious that those skilled in the art without departing from the scope of the present invention can make modifications and substitutions of the embodiments.

本明細書では、IEEE802.11に規定されている無線ネットワークに適用した実施形態を中心に説明してきたが、本発明の要旨はこれに限定されるものではない。 In this specification has been described mainly embodiment applied to a wireless network as specified in IEEE 802.11, the gist of the present invention is not limited thereto. 通信に使用可能な複数の電波周波数帯がチャネルとして割り当てられ、各無線装置がパワー・マネージメント動作を有効化させながら自律分散的に動作するさまざまな無線通信システムに本発明を適用することによって、ネットワーク全体が効率的となるようにチャネル配置を決定するとともに、接続前の無線装置同士が事前に適切な接続相手を探し、接続に必要な情報を簡素な手続で共通に指定することができる。 Assigned plurality of radio frequency bands available for communication as a channel by the wireless device to apply the present invention to various wireless communication system operating in an autonomous distributed manner while enabling power management operation, network whole and determines a channel arranged to be efficient, a wireless device with each other before the connection is looking for a pre-correct peer, the information needed to connect can be specified in common by a simple procedure.

要するに、例示という形態で本発明を開示してきたのであり、本明細書の記載内容を限定的に解釈するべきではない。 In short, the foregoing discloses the present invention in the form of illustration and should not be construed as limiting the contents of this specification. 本発明の要旨を判断するためには、特許請求の範囲を参酌すべきである。 In order to determine the scope of the invention should be referred to the claims.

図1は、本発明に係る無線ネットワークにおいて通信動作を行なうことができる無線装置のハードウェア構成を模式的に示した図である。 Figure 1 is a diagram schematically showing a hardware configuration of a wireless device that can perform communication operations in a wireless network according to the present invention. 図2は、本発明に係る無線ネットワークにおいて通信動作を行なうことができる無線装置の別のハードウェア構成例を模式的に示した図である。 Figure 2 is a diagram of another example of a hardware configuration of a wireless device that can perform communication operations in a wireless network according to the present invention shown schematically. 図3は、無線LANインターフェース部110の内部構成を示した図である。 Figure 3 is a diagram showing the internal configuration of the wireless LAN interface unit 110. 図4は、図1若しくは図2に示した無線装置を複数台使って構成されるインフラストラクチャ・モードのBSSを形成した無線システムの構成例を示した図である。 Figure 4 is a diagram showing a configuration example of a wireless system radio apparatus using multiple forms of BSS consists infrastructure mode shown in FIG. 1 or FIG. 2. 図5は、図1若しくは図2に示した無線装置を複数台使って構成されるアドホック・モードのBSSを形成した無線システムの構成例を示した図である。 Figure 5 is a diagram showing a configuration example of a radio system formed of BSS composed ad hoc mode using a plurality of radio apparatus shown in FIG. 1 or FIG. 2. 図6は、無線装置がデジタルカメラである場合に、無線ネットワークを利用して写真交換を行なう様子を示した図である。 6, when the radio device is a digital camera, is a diagram illustrating a state in which by using the wireless network performs photo exchange. 図7は、無線装置が音楽プレーヤである場合に、無線ネットワークを利用して楽曲交換又はプレイリスト交換を行なう様子を示した図である。 7, when the wireless device is a music player, a diagram showing a state in which by using the wireless network performs music exchange or playlist exchange. 図8は、無線装置の機能的構成例を示したブロック図である。 Figure 8 is a block diagram illustrating a functional configuration example of the wireless device. 図9は、図8に示した無線装置の変形例を示した図である。 Figure 9 is a view showing a modification of the radio apparatus shown in FIG. 図10は、図8に示した構成のさらに他の変形例を示した図である。 Figure 10 is a diagram showing still another modification of the construction shown in FIG. 図11は、無線接続を行なうための無線装置の処理手順を示したフローチャートである。 Figure 11 is a flowchart showing a processing procedure of a wireless device for wireless connection. 図12は、無線装置Aと無線装置Bが無線接続を行なうためにユーザ・データを交換するシーケンス図である。 Figure 12 is a sequence diagram to exchange user data to the wireless device A and the wireless device B performs a wireless connection. 図13は、ボタンを同時押した無線装置を接続相手として決定するための、新たにネットワークに参加する無線装置、又は最初にネットワークを構成する無線装置が行なう処理手順を示したフローチャートである。 13, for determining the wireless device by pressing simultaneously the buttons as the connection partner is a flowchart showing a processing procedure wireless device, or the first wireless device constituting the network is carried out to join the new network. 図14は、接続相手をユーザに選択させるための、新たにネットワークに参加する無線装置、又は最初にネットワークを構成する無線装置が行なう処理手順を示したフローチャートである。 14, for selecting the connection partner to the user is a flowchart showing a processing procedure wireless device, or the first wireless device constituting the network is carried out to join the new network. 図15は、チャレンジ・レスポンスの通信シーケンスを示した図である。 Figure 15 is a diagram showing the communication sequence of challenge-response. 図16は、無線装置のレベル値を設定する処理手順を示したフローチャートである。 Figure 16 is a flowchart showing a processing procedure for setting a level value of the wireless device. 図17は、レベル値を導入した、接続パラメータの送受判定処理の手順を示したフローチャートである。 17, was introduced level value is a flowchart of a procedure of transmission and reception determination process of the connection parameters. 図18は、DH鍵交換と共通鍵暗号を使用した接続パラメータの送受信手順を示したシーケンス図である。 Figure 18 is a sequence diagram showing a procedure for transmitting and receiving connection parameters using common key encryption and DH key exchange. 図19Aは、Probe Request及びProbe Responseフレームのフレーム・フォーマット(但し、通常のManagementフレーム構成)をそれぞれ示した図である。 Figure 19A, Probe Request and frame format of the Probe Response frame (however, normal Management Frame Configuration) is a diagram for illustrating, respectively. 図19Bは、Probe Request及びProbe Responseフレームのフレーム・フォーマット(但し、ユーザ・データを含むManagementフレーム構成)をそれぞれ示した図である。 19B is a frame format of Probe Request and Probe Response frame (however, Management frame structure including user data) is a diagram showing respectively. 図20は、無線装置が、周辺の無線装置が使用するアプリケーションの情報を使ってチャネル配置を決定するための処理手順を示したフローチャートである。 Figure 20 is a wireless device is a flowchart illustrating a processing procedure for peripheral wireless device determines the channel allocation with the information of the application to be used. 図21は、スキャンする側の無線装置が周辺の無線装置のDoze状態を無効化するための通信シーケンス例を示した図である。 Figure 21 is a diagram showing a communication sequence example for side wireless device to scan invalidates the Doze state of the peripheral wireless devices. 図22は、インフラストラクチャ・モード時のIEEE802.11の動作例を示した図である。 Figure 22 is a diagram showing the IEEE802.11 operation example of the infrastructure mode. 図23は、アドホック・モード時のIEEE802.11の動作例を示した図である。 Figure 23 is a diagram showing the IEEE802.11 operation example of ad-hoc mode. 図24は、パワー・マネージメントに関する無線装置の状態遷移図である。 Figure 24 is a state transition diagram of a wireless device related to power management.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…データ処理手段 2…ユーザ・データ・パケット作成手段 3…パケット送信手段 4…ユーザ・データ抽出手段 5…パケット受信手段 6…接続制御手段 7…チャネル設定手段 11、21〜24、31〜35…無線装置 41、51…カメラ 42、52…交換ボタン 61、71、81…音楽プレーヤ 62、72、82…表示装置 63、73…選択ボタン 64、74…決定ボタン 101…CPU 1 ... data processing means 2 ... user data packet creating means 3 ... packet transmitting means 4 ... user data extraction means 5 ... packet receiving means 6 ... connection controller 7 ... channel setting means 11,21~24,31~35 ... wireless device 41,51 ... camera, 52 ... replacement button 61, 71, 81 ... music player 62,72,82 ... display device 63, 73 ... selection buttons 64, 74 ... enter button 101 ... CPU
102…ROM 102 ... ROM
103…RAM 103 ... RAM
104…周辺装置 105…外部記憶装置 106…無線LANインターフェース 107…I/Oインターフェース 110…無線LANインターフェース 111…CPU 104 ... peripheral device 105 ... external storage device 106 ... wireless LAN interface 107 ... I / O interface 110 ... wireless LAN interface 111 ... CPU
112…ROM 112 ... ROM
113…RAM 113 ... RAM
118…I/Oインターフェース 119…無線送受信機 118 ... I / O interface 119 ... wireless transceiver

Claims (32)

  1. 通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なう複数の無線装置で構成される無線通信システムであって、 A wireless communication system including a plurality of wireless devices for performing packet communication on available for the communication channel,
    ネットワークを形成する前の無線装置間でユーザ・データを交換するユーザ・データ交換手段を備え、 Comprising a user data exchange means for exchanging user data between the previous wireless devices that form the network,
    無線装置がネットワークを形成し又は既存のネットワークに参入する際に、前記チャネル上をスキャンして周囲の無線装置を探索するとともに、探し出された無線装置から接続相手を確認するための任意の情報を含むユーザ・データを収集し、該ユーザ・データに基づいて接続相手となる無線装置を決定し、該接続相手となる無線装置との間で無線接続に必要となる接続パラメータを含むユーザ・データを交換し、該交換した接続パラメータを用いて無線装置間で接続を行なう、 When the wireless device to enter the form a network or an existing network, the scan on the channel as well as searching the nearby wireless device, the found any information for confirming the connection partner from the wireless device It collects user data including, to determine the wireless device that is a connection destination based on the user data, user data including connection parameters required for wireless connection between a wireless device that is a said connection partner replace performs a connection between wireless devices using the connection parameters the exchange,
    ことを特徴とする無線通信システム。 Wireless communication system, characterized in that.
  2. 前記の接続相手を確認するためのユーザ・データは、無線装置で動作するアプリケーション若しくはアプリケーションにおいて使用するデータ通信方法、又は無線装置のユーザに関する情報を含む、 User data for confirming the connection partner, including how data communication for use in an application or applications operating in a wireless device, or information about the user of the wireless device,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  3. 前記の無線接続に必要となる接続パラメータは、無線装置間を接続するネットワークの識別情報と、無線装置間の通信路を暗号化する暗号鍵を含む、 Connection parameters required for the wireless connection includes identification information of a network that connects a wireless device, an encryption key for encrypting the communication path between the wireless device,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  4. 通信に使用可能な電波の周波数は複数あり、チャネルとして割り振られており、 Radio waves of frequencies available for communication is more, have been allocated as a channel,
    前記のスキャン時に無線装置間で交換するユーザ・データは、現在動作中のアプリケーション、又はこれから動作させるアプリケーションの使用帯域に関する情報を含み、 User data to be exchanged between the wireless device when the scan includes information on use bandwidth applications operating current running application, or from which,
    無線装置は、自分が動作するアプリケーションと、スキャンして検出された各無線装置で現在動作中のアプリケーションを識別する情報を基に、設定すべきチャネルを決定する、 Wireless device, and applications that they operate on the basis of the information for identifying the application currently running on each wireless device that are detected by scanning to determine the channel to be set,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  5. 少なくとも一部の無線装置は、受信機の動作を一時的に停止して省電力化を図る機能を備えており、 At least a portion of the wireless device is provided with a function of saving power by temporarily stopping the operation of the receiver,
    スキャンする側となる無線装置は、前記の通信に使用可能なチャネル上で、所定の省電力モード時の送信規則に従って、連続受信モード要求パケットをユーザ・データとして送信し、 Wireless device that is a scan side is on a channel that can be used for communication of said, according to the transmission rule when the predetermined power saving mode, and transmits a continuous reception mode request packet as user data,
    該連続受信モード要求パケットを受信した周囲の無線装置は受信機を連続して動作させ、 Wireless devices around which has received the continuous reception mode request packet is continuously operated receiver,
    前記のスキャンする側となる無線装置は、周囲の無線装置が受信機を連続して動作させている期間を利用してスキャンを実施する、 The wireless device that is a scan side performs a scan using the period in which peripheral wireless device is operated continuously receiver,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  6. スキャンする側となる無線装置は、前記の通信に使用可能なチャネル上で特に宛先を指定しないブロードキャスト・アドレスに対してスキャン用フレームをユーザ・データとして送信するとともに、周囲の無線装置からの該スキャン用フレーム用に対する応答フレームとしてのユーザ・データを受信することによってスキャンを実施する、 Wireless device that is a scan side is adapted to transmit the scan frame as a user data to the broadcast address that particular destination is not specified on a channel that can be used to communicate the, the scans from the peripheral wireless device implementing the scan by receiving the user data as a response frame for a use frames,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  7. 前記スキャン用のフレーム及びこれに対する応答フレームを構成するユーザ・データには、無線装置において動作中のアプリケーションに関する情報、又は無線装置のユーザに関する情報が含まれており、 It said frame and for scanning the user data constituting the response frame to this, contains information about the application running in a wireless device, or information about a user of the wireless device,
    スキャンを行なう側の無線装置は、該応答フレームの内容を評価して接続相手を判断し、又は、スキャンを受ける側の無線装置は、該スキャン用フレームの内容を評価して接続相手を判断する、 Wireless device side which performs the scan evaluates the contents of the response frame to determine the connection partner, or the wireless device on the side which receives the scan determines connection partner by evaluating the contents of the scan frame ,
    ことを特徴とする請求項6に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 6, characterized in that.
  8. 無線装置がネットワークを形成し又は既存のネットワークに参入する際に、スキャンして存在が確認された無線装置の中から、チャレンジ・レスポンス手続を通じて接続相手を限定する、 When the wireless device to enter the formed or existing network a network, from the wireless device existing scanning has been confirmed, to limit the connection partner via challenge-response procedures,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  9. 接続相手となった一組の無線装置のうちいずれが接続パラメータを生成し又は送信するかを判断する判断手段をさらに備える、 Which of the connection partner and became a set of wireless device further comprises determining means for determining whether to generate or transmit the connection parameters,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  10. 既にネットワークを形成している状況下で新たに無線装置が参加する場合、前記判断手段は、既にネットワークに参加している無線装置を接続パラメータの送信元と判断する、 Already when a new wireless device under conditions that form a network to participate, said determination means determines a wireless device that is already participating in the network as the source of the connection parameters,
    ことを特徴とする請求項9に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 9, characterized in that.
  11. インフラストラクチャ・モード下では、前記判断手段は、制御局となる無線装置を接続パラメータの送信元と判断する、 In infrastructure mode, the determination unit determines wireless device that is a control station and the source of the connection parameters,
    ことを特徴とする請求項9に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 9, characterized in that.
  12. アドホック・モード下では、前記判断手段は、各無線装置が持つMACアドレス、無線装置毎に生成する乱数値、又はそれ以外の、同値になる可能性が全くないか極めて低い情報に基づいて、一方の無線装置を接続パラメータの送信元に決定する、 Under the ad hoc mode, the judgment unit may, MAC addresses each wireless device has a random number value generated for each wireless device, or else, on the basis of the very low information no or likely to be equivalent, whereas determining the wireless device to the source of the connection parameters,
    ことを特徴とする請求項9に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 9, characterized in that.
  13. 接続相手となる無線装置同士で互いの公開鍵をユーザ・データとして交換する公開鍵交換手段をさらに備え、 Further comprising a public key exchanging means for exchanging each other's public key as user data at the wireless device which can produce a connection partner,
    各無線装置は、自分の秘密鍵と接続相手の公開鍵を元にセッション鍵を生成し、 Each wireless device generates a session key based on the public key of your private key and the connection partner,
    接続パラメータの送信元となる無線装置はセッション鍵を用いて接続パラメータを暗号化して送信し、接続パラメータの受信先となる無線装置は受信した接続パラメータをセッション鍵で復号する、 Source and comprising a wireless device connection parameters and transmits the encrypted connection parameters by using the session key, the destination to become a wireless device connection parameters for decoding the connection parameters received with the session key,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  14. 通信に使用可能な電波の周波数は複数あり、チャネルとして割り振られており、 Radio waves of frequencies available for communication is more, have been allocated as a channel,
    前記の無線接続に必要となる接続パラメータは、チャネルと基本ネットワー識別子を含み、 Connection parameters required for the wireless connection comprises a channel and the basic network identifier,
    無線装置はスキャン動作を省略する、 The wireless device will not be scanning operation,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  15. 各ネットワークはIEEE802.11規格に則って運用され、 Each network was operational in accordance with the IEEE802.11 standard,
    前記ユーザ・データ交換手段は、IEEE802.11のMagagementフレームのVendor Specific IEフィールドを利用してユーザ・データを交換する、 It said user data exchange means for exchanging user data using the Vendor Specific IE field IEEE802.11 of Magagement frame,
    ことを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 1, characterized in that.
  16. スキャンする側の無線装置はProbe Requestフレームを用いてスキャン用フレームを送信し、スキャンされる側の無線装置は、Probe Responseフレームを用いて応答フレームを用いて返信する、 Wireless devices scan side transmits the scan frame using a Probe Request frame, the wireless device being scanned side replies with a response frame using the Probe Response frames,
    ことを特徴とする請求項15に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 15, characterized in that.
  17. ユーザ・データの送信元の無線装置は、1つのフレームに複数のVendor Specific IEを含ませ、ユーザ・データをフラグメントして伝送し、ユーザ・データの受信先の無線装置は、フラグメントされたユーザ・データをデフラグメントして用いる、 Transmission source of the radio device of the user data is included a plurality of Vendor Specific IE in one frame, and transmits the fragmented user data, wireless device reception destination of user data, user, which is a fragment using the data to defragment,
    ことを特徴とする請求項15に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 15, characterized in that.
  18. 無線装置は、パケット遅延が許されないリアルタイム性が要求されるアプリケーションとバースト的に最大帯域を使用するベストエフォート型のアプリケーションを別のチャネルに割り当てるようにする、 Wireless device to assign best-effort applications using the application and burst to the maximum bandwidth real-time packet delay is not allowed is required in another channel,
    ことを特徴とする請求項4に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 4, characterized in that.
  19. ベストエフォート型のアプリケーションを動作する無線装置は、既存のベストエフォート型ネットワークが存在するチャネル上に自分のネットワークを形成するようにする、 Wireless devices that operate best effort applications is to form their own network on a channel existing best-effort network is present,
    ことを特徴とする請求項4に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 4, characterized in that.
  20. ストリーミング型のアプリケーションを動作する無線装置は、既存のストリーミング型ネットワークが存在するチャネルで必要帯域を確保できるときには、該チャネル上に自分のネットワークを形成するようにする、 Wireless device operating a streaming application, when possible to secure the necessary bandwidth channel existing streaming network is present, so as to form their own network on said channel,
    ことを特徴とする請求項4に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 4, characterized in that.
  21. 該連続受信モード要求パケットを受信した無線装置は、該接続相手となる無線装置との間で無線接続に必要となる接続パラメータを含むユーザ・データを交換した後に、受信機の連続動作を解除する、 Wireless device which has received the continuous reception mode request packet, after replacing the user data including connection parameters required for wireless connection between a wireless device that is a said connection partner, to release the continuous operation of the receiver ,
    ことを特徴とする請求項5に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 5, characterized in that.
  22. 該連続受信モード要求パケットを受信した無線装置は、接続のためのユーザ・データ交換が終わる程度の相当時間が経っても、接続のためのユーザ・データの交換が終わらない場合には、受信機の連続動作を解除する、 Wireless device which has received the continuous reception mode request packet, even after considerable time to the extent that user data exchange is completed for connecting, when the exchange of user data for the connection is not end, receiver to cancel the continuous operation,
    ことを特徴とする請求項5に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 5, characterized in that.
  23. 通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なう無線通信装置であって、 A wireless communication apparatus that performs packet communication over usable communication channel,
    当該無線通信装置上で動作しているアプリケーション、又は、当該無線通信装置を操作するユーザが他の無線通信装置と交換したい任意の情報を含むユーザ・データを所定のユーザ・データ・パケットの形式に変換するユーザ・データ・パケット作成手段と、 The wireless communication device on running in the application, or the type of the wireless communication device to manipulate the user the user data, including any information given to be exchanged with another wireless communication device user data packet and user data packet generating means for converting,
    前記ユーザ・データ・パケット作成手段で作成されたユーザ・データ・パケットを管理用のパケットとして無線送信するパケット送信手段と、 And packet transmitting means for wirelessly transmitting the user data packet as a packet for management created with the user data packet creating means,
    他の無線通信装置から無線送信された管理用のパケットを受信するパケット受信手段と、 Packet receiving means for receiving a packet for management which is wirelessly transmitted from another radio communication device,
    前記パケット受信手段で受信した管理用パケットに含まれるデータ・パケット部分からユーザ・データを取り出すユーザ・データ抽出手段と、 And user data extraction means for extracting user data from a data packet portion included in the management packet received by said packet receiving means,
    ネットワーク識別子と暗号鍵に基づいて既存の無線ネットワークに参加し又は新しい無線ネットワークを構成して、前記パケット送信手段及び前記パケット受信手段による他の無線通信装置との接続を制御する接続制御手段と、 Constitute a join or a new wireless network into an existing wireless network based on the network identifier and an encryption key, a connection control means for controlling the connection with another wireless communication device by said packet transmitting means and said packet receiving means,
    前記ユーザ・データ・パケット作成手段及び前記ユーザ・データ抽出手段を通じて接続候補となる他の無線通信装置と上記ユーザ・データを交換し、交換したユーザ・データを用いて接続すべき相手を決定し、該決定された接続すべき相手と同じネットワーク識別子と暗号鍵を前記接続制御手段に設定するデータ処理手段と、 The user data packet creating means and exchange other wireless communication device and the user data as a candidate for connection via the user data extraction means, to determine a party to be connected with the user data exchange, and data processing means for setting the same network identifier and encryption key counterpart to be connected, which is the determined to the connection control means,
    を具備することを特徴とする無線通信装置。 Radio communication apparatus characterized by comprising a.
  24. 通信に使用可能な電波の周波数は複数あり、チャネルとして割り振られており、 Radio waves of frequencies available for communication is more, have been allocated as a channel,
    前記パケット送信手段及び前記パケット受信手段によりパケットを無線送受信するチャネルを設定するチャネル設定手段をさらに備え、 Further comprising a channel setting unit that sets a channel to wirelessly transmit and receive packets by said packet transmitting means and said packet receiving means,
    前記データ処理手段は、現在動作中のアプリケーション、あるいはこれから動作させるアプリケーションの使用帯域に関する情報に基づいて設定すべきチャネルを決定し、該チャネルを前記チャネル設定手段に指示する、 Wherein the data processing means determines a channel to be set on the basis of the currently running application or information about the used bandwidth applications operating from this, it instructs the channel to the channel setting means,
    ことを特徴とする請求項23に記載の無線通信装置。 The wireless communications apparatus of claim 23, wherein the.
  25. 前記ユーザ・データ・パケット作成手段は、現在動作中のアプリケーション、又はこれから動作させるアプリケーションの使用帯域に関する情報を含むユーザ・データをパケット形式に変換し、 The user data packet creating unit converts the user data including information regarding the use band application for operating the current running application, or from which the packet format,
    前記ユーザ・データ抽出手段は、前記パケット受信手段で受信したパケットから、現在動作中のアプリケーション、又はこれから動作させるアプリケーションの使用帯域に関する情報を含むユーザ・データを取り出す、 The user data extraction unit from the packet received by the packet receiving means, retrieve the user data including information regarding the use band application for operating the current running application, or from which,
    ことを特徴とする請求項24に記載の無線通信装置。 The wireless communications apparatus of claim 24, wherein the.
  26. 受信機の動作を一時的に停止する省電力化機能を備え、通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なう無線通信装置であって、 Includes a power saving function to temporarily stop the operation of the receiver, a radio communication apparatus that performs packet communication over usable communication channel,
    データを無線送信するデータ送信手段と、 And data transmission means for wirelessly transmitting data,
    他の無線通信装置から無線送信されたデータを受信するデータ受信手段と、 Data receiving means for receiving radio transmitted data from another radio communication device,
    前記データ送信手段及び前記データ受信手段による送受信データの処理、及び該処理結果に基づいて前記データ送信手段及び前記データ受信手段の動作を制御するデータ処理手段を備え、 The process of sending and receiving data by the data transmission means and said data receiving means, and a data processing means for controlling the operation of the data transmission means and the data receiving means based on the processing result,
    前記データ処理手段は、 Wherein the data processing means,
    スキャン動作に先駆けて、前記データ送信手段に対して、他の無線通信装置に連続的な受信動作を要求する連続受信モード要求パケットの送信を指示し、 Prior to scanning operation, with respect to the data transmission means, and instruct transmission of the continuous reception mode request packet for requesting a continuous receiving operation in another wireless communication device,
    前記データ受信手段において連続受信モード要求パケットを受信したことに応答して前記データ受信手段に対して連続的な受信動作を指示し、その後、所定の条件を満たしたとき又は所定の時間が経過したときに前記受信手段に対して間欠的な受信動作を行なうように指示し、 Wherein the data receiving means in response to receiving the continuous reception mode request packet instructs a continuous receiving operation to said data receiving means, then, is or predetermined time when a predetermined condition is satisfied has elapsed instructs to perform intermittent receiving operation to said receiving means when,
    前記データ送信手段は、前記データ処理手段からの連続受信モード要求パケットの送信の指示に応じて、省電力モード時における所定の送信規則に従って連続受信モード要求パケットを送信し、 It said data transmission means, in response to the transmission instruction of the continuous reception mode request packet from the data processing unit sends a continuous reception mode request packet according to a predetermined transmission rule in the power saving mode,
    前記データ受信手段は、前記データ処理手段からの連続的な受信動作の指示に応じて連続的な受信動作を行なうとともに、前記データ処理手段からの間欠的な受信動作の指示に応じて間欠的な受信動作を行なう、 Said data receiving means performs a continuous receiving operation in accordance with the continuous receiving operation instruction from the data processing means, intermittent depending on intermittent receiving operation instruction from the data processing means performing a reception operation,
    ことを特徴とする無線通信装置。 Wireless communication device, characterized in that.
  27. 前記データ送信手段は、ユーザが他の無線通信装置と交換したい任意の情報を含むユーザ・データを所定のユーザ・データ・パケットの形式に変換するユーザ・データ・パケット作成手段と、前記ユーザ・データ・パケット作成手段で作成されたユーザ・データ・パケットを管理用のパケットとして無線送信するパケット送信手段を備え、 The data transmitting means comprises a user data packet creating unit for converting the user data includes any information that the user wants to replace with another wireless communication device in the form of predetermined user data packet, the user data · includes a packet transmitting means for wirelessly transmitting user data packet created by the packet creating means as a packet for management,
    前記データ受信手段は、他の無線通信装置から無線送信された管理用のパケットを受信するパケット受信手段と、前記パケット受信手段で受信した管理用パケットに含まれるデータ・パケット部分からユーザ・データを取り出すユーザ・データ抽出手段を備える、 Said data receiving means, a packet receiving means for receiving a packet for management which is wirelessly transmitted from another radio communication device, the user data from the data packet portions contained in the management packet received by said packet receiving means comprising a user data extraction means for extracting,
    ことを特徴とする請求項26に記載の無線通信装置。 The wireless communications apparatus of claim 26, wherein the.
  28. IEEE802.11規格に則った無線通信動作を行ない、 It performs a wireless communication operation in compliance with IEEE802.11 standard,
    前記パケット送信手段及び前記パケット受信手段はそれぞれ、IEEE802.11のMagagementフレームのVendor Specific IEフィールドを利用してユーザ・データを交換する、 Each said packet transmission means and said packet receiving means, for exchanging user data using the Vendor Specific IE field IEEE802.11 of Magagement frame,
    ことを特徴とする請求項23又は27のいずれかに記載の無線通信装置。 The wireless communication apparatus according to any one of claims 23 or 27, characterized in that.
  29. 通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なう無線通信方法であって、 A wireless communication method for performing packet communications on available for the communication channel,
    パケット通信を行なうアプリケーション、又は、アプリケーションの実行を指示するユーザが他の無線通信装置と交換したい任意の情報を含むユーザ・データを所定のユーザ・データ・パケットの形式に変換するユーザ・データ・パケット作成ステップと、 Performing packet communication applications, or user data packets for converting user data includes any information that the user wants to replace with another wireless communication device for instructing the execution of the application in the form of predetermined user data packet and the creation step,
    前記ユーザ・データ・パケット作成ステップにおいて作成されたユーザ・データ・パケットを管理用のパケットとして無線送信するパケット送信ステップと、 A packet transmission step for wirelessly transmitting a packet for managing user data packet generated in the user data packet generating step,
    他の無線通信装置から無線送信された管理用のパケットを受信するパケット受信ステップと、 A packet receiving step of receiving a packet for management which is wirelessly transmitted from another radio communication device,
    前記パケット受信ステップにおいて受信した管理用パケットに含まれるデータ・パケット部分からユーザ・データを取り出すユーザ・データ抽出ステップと、 And user data extraction step of retrieving user data from a data packet portion contained in the management packet received in said packet receiving step,
    ネットワーク識別子と暗号鍵に基づいて既存の無線ネットワークに参加し又は新しい無線ネットワークを構成して、他の無線通信装置との接続を制御する接続制御ステップと、 Constitute or a new wireless network to join an existing wireless network based on the network identifier and an encryption key, and a connection control step of controlling the connection with other wireless communication devices,
    接続候補となる他の無線通信装置と上記ユーザ・データを交換し、交換したユーザ・データを用いて接続すべき相手を決定し、該決定された接続すべき相手と同じネットワーク識別子と暗号鍵を前記接続制御ステップにおいて設定させるデータ処理ステップと、 Replace the other radio communication device and the user data to which the connection candidate, and determines an opponent to be connected with the user data exchanged, the same network identifier and encryption key counterpart to be connected, which is the determined a data processing step for setting in said connection control step,
    を具備することを特徴とする無線通信方法。 Wireless communication method characterized by comprising the.
  30. 受信機の動作を一時的に停止する省電力化機能を実現するとともに、通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なう無線通信方法であって、 With implementing the power saving function to temporarily stop the operation of the receiver, a radio communication method for performing packet communications on available for the communication channel,
    スキャン動作に先駆けて、他の無線通信装置に連続的な受信動作を要求する連続受信モード要求パケットを送信するステップと、 Sending ahead the scan operation, the continuous reception mode request packet for requesting a continuous receiving operation in another wireless communication device,
    省電力モード時における所定の送信規則に従って連続受信モード要求パケットを送信するステップと、 Sending a continuous reception mode request packet according to a predetermined transmission rule in the power saving mode,
    連続受信モード要求パケットを受信したことに応答して、連続的な受信動作を行なうステップと、 In response to receiving the continuous reception mode request packet, and performing a continuous receiving operation,
    連続的な受信動作を行なっているときに、所定の条件を満たしたとき又は所定の時間が経過したことに応じて、間欠的な受信動作を開始するステップと、 When doing the continuous reception operation, in response to that or a predetermined time when a predetermined condition is satisfied has elapsed, the step of starting intermittent receiving operation,
    を具備することを特徴とする無線通信方法。 Wireless communication method characterized by comprising the.
  31. 通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なうための処理をコンピュータ上で実行するようにコンピュータ可読形式で記述されたコンピュータ・プログラムであって、前記コンピュータに対し、 A computer program described in a computer readable format so as to execute a process for performing packet communication on available for the communication channel on a computer, to said computer,
    パケット通信を行なうアプリケーション、又は、アプリケーションの実行を指示するユーザが他の無線通信装置と交換したい任意の情報を含むユーザ・データを所定のユーザ・データ・パケットの形式に変換するユーザ・データ・パケット作成手順と、 Performing packet communication applications, or user data packets for converting user data includes any information that the user wants to replace with another wireless communication device for instructing the execution of the application in the form of predetermined user data packet and the creation procedure,
    前記ユーザ・データ・パケット作成手順を実行することによって作成されたユーザ・データ・パケットを管理用のパケットとして無線送信するパケット送信手順と、 A packet transmission procedure for wirelessly transmitting user data packet as a packet for management created by executing the user data packet creation procedures
    他の無線通信装置から無線送信された管理用のパケットを受信するパケット受信手順と、 A packet receiving step of receiving a packet for management which is wirelessly transmitted from another radio communication device,
    前記パケット受信手順を実行することによって受信した管理用パケットに含まれるデータ・パケット部分からユーザ・データを取り出すユーザ・データ抽出手順と、 And user data extraction procedure to retrieve the user data from the data packet portions contained in the management packet received by executing the packet reception procedure,
    ネットワーク識別子と暗号鍵に基づいて既存の無線ネットワークに参加し又は新しい無線ネットワークを構成して、他の無線通信装置との接続を制御する接続制御手順と、 Constitute or a new wireless network to join an existing wireless network based on the network identifier and an encryption key, a connection control step of controlling the connection with other wireless communication devices,
    接続候補となる他の無線通信装置と上記ユーザ・データを交換し、交換したユーザ・データを用いて接続すべき相手を決定し、該決定された接続すべき相手と同じネットワーク識別子と暗号鍵を前記接続制御手順において設定させるデータ処理手順と、 Replace the other radio communication device and the user data to which the connection candidate, and determines an opponent to be connected with the user data exchanged, the same network identifier and encryption key counterpart to be connected, which is the determined a data processing procedure for setting in the connection control procedure,
    を実行させることを特徴とするコンピュータ・プログラム。 Computer program, characterized in that for the execution.
  32. 受信機の動作を一時的に停止する省電力化機能を実現するとともに、通信に使用可能なチャネル上でパケット通信を行なうための処理をコンピュータ上で実行するようにコンピュータ可読形式で記述されたコンピュータ・プログラムであって、前記コンピュータに対し、 With implementing the power saving function to temporarily stop the operation of the receiver, computer which is described in a computer readable format so as to execute a process for performing packet communication on available for the communication channel on a computer a program, with respect to the computer,
    スキャン動作に先駆けて、他の無線通信装置に連続的な受信動作を要求する連続受信モード要求パケットを送信する手順と、 Prior to scanning operation, and transmitting a continuous reception mode request packet for requesting a continuous receiving operation in another wireless communication device,
    省電力モード時における所定の送信規則に従って連続受信モード要求パケットを送信する手順と、 And transmitting a continuous reception mode request packet according to a predetermined transmission rule in the power saving mode,
    連続受信モード要求パケットを受信したことに応答して、連続的な受信動作を行なう手順と、 In response to receiving the continuous reception mode request packet, and procedures for performing continuous reception operation,
    連続的な受信動作を行なっているときに、所定の条件を満たしたとき又は所定の時間が経過したことに応じて、間欠的な受信動作を開始する手順と、 When doing the continuous reception operation, in response to that or a predetermined time when a predetermined condition is satisfied has elapsed, the procedure to start the intermittent receiving operation,
    を実行させることを特徴とするコンピュータ・プログラム。 Computer program, characterized in that for the execution.
JP2007052779A 2007-03-02 2007-03-02 Radio communication system, radio communication equipment, radio communication method, and computer program Pending JP2008219358A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007052779A JP2008219358A (en) 2007-03-02 2007-03-02 Radio communication system, radio communication equipment, radio communication method, and computer program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007052779A JP2008219358A (en) 2007-03-02 2007-03-02 Radio communication system, radio communication equipment, radio communication method, and computer program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008219358A true true JP2008219358A (en) 2008-09-18

Family

ID=39838887

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007052779A Pending JP2008219358A (en) 2007-03-02 2007-03-02 Radio communication system, radio communication equipment, radio communication method, and computer program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008219358A (en)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010035852A1 (en) * 2008-09-24 2010-04-01 Canon Kabushiki Kaisha Communication apparatus, control method of communication apparatus, computer program, and storage medium
JP2010124331A (en) * 2008-11-20 2010-06-03 Toshiba Corp Video processor and video processing method of the same
JP2010226239A (en) * 2009-03-19 2010-10-07 Seiko Epson Corp Communication apparatus, communication system, communication method, and program for communication apparatus
WO2011001682A1 (en) * 2009-07-03 2011-01-06 Canon Kabushiki Kaisha Communication apparatus, communication apparatus control method, and program
WO2012011264A1 (en) * 2010-07-21 2012-01-26 日本電気株式会社 Wireless lan communication terminal in wireless lan system, and communication control method for wireless lan communication terminal
JP2012050096A (en) * 2010-08-30 2012-03-08 Apple Inc Secure wireless link between two devices using probes
JP2012085167A (en) * 2010-10-13 2012-04-26 Canon Inc Communication device, control method therefor, and program
JP2012511290A (en) * 2008-12-09 2012-05-17 ファーウェイ デバイス カンパニー リミテッド The method and apparatus of the master station negotiation
JP2012227648A (en) * 2011-04-18 2012-11-15 Ntt Docomo Inc Wireless communication terminal
JP2013062843A (en) * 2012-10-31 2013-04-04 Canon Inc Communication device, control method therefor, computer program, and storage medium
CN103270792A (en) * 2010-12-24 2013-08-28 三星电子株式会社 Method and apparatus for protecting content in a wi-i direct communication scheme
WO2013153886A1 (en) * 2012-04-13 2013-10-17 ソニー株式会社 Wireless communication device, communication system, and communication method
JP2014511488A (en) * 2011-02-25 2014-05-15 シズベル テクノロジー エス.アール.エル. Method of locating a wireless device in an environment having a wireless network having at least one access point
JP2014104684A (en) * 2012-11-29 2014-06-09 Canon Inc Printing apparatus, control method of printing apparatus, and program
JP2014532165A (en) * 2011-09-20 2014-12-04 シズベル テクノロジー エス.アール.エル. Wireless device implementing the method, and, the method of reconstructing a map of the environment surrounding the wireless device
CN104820645A (en) * 2015-04-18 2015-08-05 佛山豪欧智能科技有限公司 One-key scanning method and scanning system applied to scanning equipment

Cited By (41)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010035852A1 (en) * 2008-09-24 2010-04-01 Canon Kabushiki Kaisha Communication apparatus, control method of communication apparatus, computer program, and storage medium
JP2010081117A (en) * 2008-09-24 2010-04-08 Canon Inc Communications device, method for controlling same, computer program, storage medium
US8948380B2 (en) 2008-09-24 2015-02-03 Canon Kabushiki Kaisha Communication apparatus, control method of communication apparatus, computer program, and storage medium
JP2010124331A (en) * 2008-11-20 2010-06-03 Toshiba Corp Video processor and video processing method of the same
JP2012511290A (en) * 2008-12-09 2012-05-17 ファーウェイ デバイス カンパニー リミテッド The method and apparatus of the master station negotiation
US8885524B2 (en) 2008-12-09 2014-11-11 Huawei Device Co., Ltd. Method and apparatus for negotiating master station
JP2010226239A (en) * 2009-03-19 2010-10-07 Seiko Epson Corp Communication apparatus, communication system, communication method, and program for communication apparatus
JP2011015285A (en) * 2009-07-03 2011-01-20 Canon Inc Communication device, method of controlling the same, and program
US20120106396A1 (en) * 2009-07-03 2012-05-03 Canon Kabushiki Kaisha Communication apparatus, communication apparatus control method, and program
WO2011001682A1 (en) * 2009-07-03 2011-01-06 Canon Kabushiki Kaisha Communication apparatus, communication apparatus control method, and program
US8997175B2 (en) 2010-07-21 2015-03-31 Lenovo Innovations Limited (Hong Kong) Wireless LAN communication terminal and communication control method thereof in wireless LAN system for the same
JP2016119711A (en) * 2010-07-21 2016-06-30 レノボ・イノベーションズ・リミテッド(香港) Wireless lan communication terminal in wireless lan system, communication control method for the same, and program
JP5894075B2 (en) * 2010-07-21 2016-03-23 レノボ・イノベーションズ・リミテッド(香港) Wireless lan communication terminal and a communication control method thereof in a radio lan system
WO2012011264A1 (en) * 2010-07-21 2012-01-26 日本電気株式会社 Wireless lan communication terminal in wireless lan system, and communication control method for wireless lan communication terminal
KR101462361B1 (en) 2010-08-30 2014-11-14 애플 인크. Secure wireless link between two devices using probes
JP2012050096A (en) * 2010-08-30 2012-03-08 Apple Inc Secure wireless link between two devices using probes
JP2012085167A (en) * 2010-10-13 2012-04-26 Canon Inc Communication device, control method therefor, and program
US9504069B2 (en) 2010-12-24 2016-11-22 Samsung Electronics Co., Ltd. Method and apparatus for content protection in Wi-Fi direct network
CN103270792A (en) * 2010-12-24 2013-08-28 三星电子株式会社 Method and apparatus for protecting content in a wi-i direct communication scheme
JP2014511488A (en) * 2011-02-25 2014-05-15 シズベル テクノロジー エス.アール.エル. Method of locating a wireless device in an environment having a wireless network having at least one access point
US9775053B2 (en) 2011-02-25 2017-09-26 Sisvel Technology S.R.L. Method for localizing the position of a wireless device in an environment comprising a wireless network having at least one access point
JP2012227648A (en) * 2011-04-18 2012-11-15 Ntt Docomo Inc Wireless communication terminal
JP2014532165A (en) * 2011-09-20 2014-12-04 シズベル テクノロジー エス.アール.エル. Wireless device implementing the method, and, the method of reconstructing a map of the environment surrounding the wireless device
US9538322B2 (en) 2011-09-20 2017-01-03 Sisvel Technology S.R.L. Method for reconstructing the map of an environment surrounding a wireless device and wireless device implementing such method
WO2013153887A1 (en) * 2012-04-13 2013-10-17 ソニー株式会社 Wireless communication device, information processing device, and communication method
JP2017050877A (en) * 2012-04-13 2017-03-09 ソニー株式会社 Radio communication device, communication system, and communication method
JPWO2013153886A1 (en) * 2012-04-13 2015-12-17 ソニー株式会社 Wireless communication device, communication system and communication method
JPWO2013153887A1 (en) * 2012-04-13 2015-12-17 ソニー株式会社 Wireless communication device, an information processing apparatus and communication method
JPWO2013153888A1 (en) * 2012-04-13 2015-12-17 ソニー株式会社 Wireless communication device, an information processing apparatus and communication method
WO2013153886A1 (en) * 2012-04-13 2013-10-17 ソニー株式会社 Wireless communication device, communication system, and communication method
US9544931B2 (en) 2012-04-13 2017-01-10 Sony Corporation Wireless communication device, communication system, and communication method
WO2013153888A1 (en) * 2012-04-13 2013-10-17 ソニー株式会社 Wireless communication device, information processing device, and communication method
US9510382B2 (en) 2012-04-13 2016-11-29 Sony Corporation Wireless communication device, information processing device, and communication method
US9538567B2 (en) 2012-04-13 2017-01-03 Sony Corporation Wireless communication device information processing device, and communication method
RU2630752C2 (en) * 2012-04-13 2017-09-12 Сони Корпорейшн Wireless communication device, information processing device and method of communication
CN104205890A (en) * 2012-04-13 2014-12-10 索尼公司 Wireless communication device, communication system, and communication method
RU2612574C2 (en) * 2012-04-13 2017-03-09 Сони Корпорейшн Wireless communication device, information processing device and communication method
JP2013062843A (en) * 2012-10-31 2013-04-04 Canon Inc Communication device, control method therefor, computer program, and storage medium
JP2014104684A (en) * 2012-11-29 2014-06-09 Canon Inc Printing apparatus, control method of printing apparatus, and program
CN104820645A (en) * 2015-04-18 2015-08-05 佛山豪欧智能科技有限公司 One-key scanning method and scanning system applied to scanning equipment
CN104820645B (en) * 2015-04-18 2017-09-08 陈发权 The one-click system scanning method and a scanning device for scanning

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6574452B1 (en) Method and device for communication on a network
Labiod et al. WI-FITM, BluetoothTM, ZigbeeTM and WiMAXTM
Ferro et al. Bluetooth and Wi-Fi wireless protocols: a survey and a comparison
US7590086B2 (en) Ad hoc network discovery menu
US20120084364A1 (en) Scalable Secure Wireless Interaction enabling Methods, System and Framework
US20130309971A1 (en) Method, apparatus, and computer program product for controlling network access to guest apparatus based on presence of hosting apparatus
US20080069047A1 (en) Direct link setup mechanisms for wireless LANs
US20110317569A1 (en) Method and Apparatus for Device-to-Device Network Coordination
US20110142014A1 (en) Remote wireless service invocation with efficient power use on target wireless device
EP1206070A2 (en) Method to dynamically change all management information base (MIB) parameters of a wireless data network
US20080205317A1 (en) Link Establishment in a Wireless Communication Environment
US20140194062A1 (en) Method, apparatus, and computer program product for wireless short-range communication
US20050286480A1 (en) Radio apparatus joining an IBSS or ad hoc network
US20060062190A1 (en) Wireless network system, communication method, communication apparatus, wireless terminal, communication control program, and terminal control program
US7089298B2 (en) Naming distribution method for ad hoc networks
US20100191968A1 (en) Authentication for a multi-tier wireless home mesh network
US20100246434A1 (en) Network entry and device discovery for cognitive radio networks
US20140321317A1 (en) Method, apparatus, and computer program product for network type determination
US20130040576A1 (en) Method and apparatus for forming wi-fi p2p group using wi-fi direct
US20070008922A1 (en) Direct wireless client to client communication
US20080194201A1 (en) Control of a Short-Range Wireless Terminal
US7961674B2 (en) Multi-tier wireless home mesh network with a secure network discovery protocol
US20100202345A1 (en) Wireless home mesh network bridging adaptor
US20140206346A1 (en) Method, apparatus, and computer program product for power save control for tethering connections
US20140334387A1 (en) Method, apparatus, and computer program product for protecting shared transmission opportunity