JP2008211332A - 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム及び記憶媒体 - Google Patents

画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム及び記憶媒体 Download PDF

Info

Publication number
JP2008211332A
JP2008211332A JP2007044039A JP2007044039A JP2008211332A JP 2008211332 A JP2008211332 A JP 2008211332A JP 2007044039 A JP2007044039 A JP 2007044039A JP 2007044039 A JP2007044039 A JP 2007044039A JP 2008211332 A JP2008211332 A JP 2008211332A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image
copy prohibition
information
step
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007044039A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008211332A5 (ja
Inventor
Jun Miyajima
純 宮嶋
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP2007044039A priority Critical patent/JP2008211332A/ja
Publication of JP2008211332A publication Critical patent/JP2008211332A/ja
Publication of JP2008211332A5 publication Critical patent/JP2008211332A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/00838Preventing unauthorised reproduction
    • H04N1/0084Determining the necessity for prevention
    • H04N1/00843Determining the necessity for prevention based on recognising a copy prohibited original, e.g. a banknote
    • H04N1/00846Determining the necessity for prevention based on recognising a copy prohibited original, e.g. a banknote based on detection of a dedicated indication, e.g. marks or the like
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/00838Preventing unauthorised reproduction
    • H04N1/0084Determining the necessity for prevention
    • H04N1/00843Determining the necessity for prevention based on recognising a copy prohibited original, e.g. a banknote
    • H04N1/00848Determining the necessity for prevention based on recognising a copy prohibited original, e.g. a banknote by detecting a particular original
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/00838Preventing unauthorised reproduction
    • H04N1/00856Preventive measures
    • H04N1/00859Issuing an alarm or the like
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/00838Preventing unauthorised reproduction
    • H04N1/00856Preventive measures
    • H04N1/00875Inhibiting reproduction, e.g. by disabling reading or reproduction apparatus
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N1/32101Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N1/32106Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title separate from the image data, e.g. in a different computer file
    • H04N1/32112Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title separate from the image data, e.g. in a different computer file in a separate computer file, document page or paper sheet, e.g. a fax cover sheet
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N1/32101Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N1/32128Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title attached to the image data, e.g. file header, transmitted message header, information on the same page or in the same computer file as the image
    • H04N1/32133Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title attached to the image data, e.g. file header, transmitted message header, information on the same page or in the same computer file as the image on the same paper sheet, e.g. a facsimile page header
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N1/32101Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N1/32144Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title embedded in the image data, i.e. enclosed or integrated in the image, e.g. watermark, super-imposed logo or stamp
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/0077Types of the still picture apparatus
    • H04N2201/0091Digital copier; digital 'photocopier'
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N2201/3201Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N2201/3212Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to a job, e.g. communication, capture or filing of an image
    • H04N2201/3222Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to a job, e.g. communication, capture or filing of an image of processing required or performed, e.g. forwarding, urgent or confidential handling
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N2201/3201Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N2201/3225Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to an image, a page or a document
    • H04N2201/3226Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to an image, a page or a document of identification information or the like, e.g. ID code, index, title, part of an image, reduced-size image
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N2201/3201Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N2201/3225Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to an image, a page or a document
    • H04N2201/3246Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to an image, a page or a document of data relating to permitted access or usage, e.g. level of access or usage parameters for digital rights management [DRM] related to still images
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N2201/3201Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N2201/3269Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of machine readable codes or marks, e.g. bar codes or glyphs
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N2201/3201Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N2201/3271Printing or stamping

Abstract

【課題】管理コストを抑えつつ、特定のユーザーに対して複製禁止原稿の複製を許可することができる画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置は、読み取られた画像が複写の禁止の解除を示す複写禁止解除情報を含むか否かを判断する第1の判断手段を備え、写禁止解除情報を含むと判断された場合、複写禁止解除情報を含む画像に含まれる識別情報を記憶する記憶手段を備える。また、読み取られた画像が複写の禁止を示す複写禁止情報を含むか否かを判断する第2の判断手段を備え、複写禁止情報を含むと判断された場合、記憶された識別情報と複写禁止情報を含む画像に含まれる識別情報とを比較する比較手段を備える。また、比較の結果、識別情報が一致した場合に、複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を行う印刷手段を備え、識別情報が一致しなかった場合に、複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を禁止する禁止手段を備える。
【選択図】図8

Description

本発明は、画像に含まれるコピー(複写)禁止の情報に基づいてコピー動作を制御する画像形成装置(画像処理装置)及びその制御方法、並びにプログラム及び記憶媒体に関する。

印刷物に対するセキュリティを確保するため、印刷物に対して、特定条件での複写許可や複写禁止といった情報をドットパターンやバーコードといった形で埋め込み、複写を制限する技術がある。しかしながら、一般のユーザーには複写を制限したいが、特定のユーザーには複写を許可したい要求もある。

このような要求に対し、特許文献1における画像形成装置においては、複写制限時にユーザーにパスワードを入力させることで、複写の禁止及び許可の判断を行っている。
特開2004−228897号公報

しかしながら、上述した従来の技術では、複写禁止の原稿(印刷物)の複写許可の管理方法が貧弱、或いは煩雑といった問題がある。

例えば、特許文献1のよう、にパスワードによって複写許可をする場合、パスワードが意図しないユーザーに漏洩する可能性がある。原稿に対して複写を許可するパスワードが埋め込まれている場合には、そのパスワードさえわかれば誰でも複写が可能なためである。

このように、一般ユーザーには複写を禁止したいが、特定のユーザーには複写を許可するという状況において、複写が禁止されている原稿に埋め込まれているパスワードを特定のユーザーが手入力する以外で、特定のユーザーに複写を許可したい。

本発明の目的は、複写が禁止されている画像に埋め込まれているパスワードを特定のユーザーが手入力する以外で、特定のユーザーに対して複写が禁止されている画像の複写を許可することができる画像形成装置を提供することにある。

上記目的を達成するために、請求項1記載の画像形成装置は、画像を読み取る画像読み取り手段と、前記画像読み取り手段により読み取られた画像が複写の禁止の解除を示す複写禁止解除情報を含むか否かを判断する第1の判断手段と、前記画像読み取り手段により読み取られた画像が前記複写禁止解除情報を含むと判断された場合、前記複写禁止解除情報を含む画像に含まれる識別情報を記憶する記憶手段と、前記画像読み取り手段により読み取られた画像が複写の禁止を示す複写禁止情報を含むか否かを判断する第2の判断手段と、前記画像読み取り手段により読み取られた画像が前記複写禁止情報を含むと判断された場合、前記記憶手段に記憶された識別情報と前記複写禁止情報を含む画像に含まれる識別情報とを比較する比較手段と、前記比較手段による比較の結果、識別情報が一致した場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を行う印刷手段と、前記比較手段による比較の結果、識別情報が一致しなかった場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を禁止する禁止手段とを備えることを特徴とする。

請求項6記載の画像形成装置の制御方法は、画像を読み取る画像読み取りステップと、前記画像読み取りステップで読み取られた画像が複写の禁止の解除を示す複写禁止解除情報を含むか否かを判断する第1の判断ステップと、読み取られた画像が前記複写禁止解除情報を含むと前記第1の判断ステップにより判断された場合、前記複写禁止解除情報を含む画像に含まれる識別情報を記憶する記憶ステップと、前記画像読み取りステップで読み取られた画像が複写の禁止を示す複写禁止情報を含むか否かを判断する第2の判断ステップと、読み取られた画像が前記複写禁止情報を含むと前記第2の判断ステップにより判断された場合、前記記憶ステップで記憶された識別情報と前記複写禁止情報を含む画像に含まれる識別情報とを比較する比較ステップと、前記比較ステップによる比較の結果、識別情報が一致した場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を行う印刷ステップと、前記比較ステップによる比較の結果、識別情報が一致しなかった場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を禁止する禁止ステップとを備えることを特徴とする。

請求項7記載のプログラムは、画像を読み取る画像読み取りステップと、前記画像読み取りステップで読み取られた画像が複写の禁止の解除を示す複写禁止解除情報を含むか否かを判断する第1の判断ステップと、読み取られた画像が前記複写禁止解除情報を含むと前記第1の判断ステップにより判断された場合、前記複写禁止解除情報を含む画像に含まれる識別情報を記憶する記憶ステップと、前記画像読み取りステップで読み取られた画像が複写の禁止を示す複写禁止情報を含むか否かを判断する第2の判断ステップと、読み取られた画像が前記複写禁止情報を含むと前記第2の判断ステップにより判断された場合、前記記憶ステップで記憶された識別情報と前記複写禁止情報を含む画像に含まれる識別情報とを比較する比較ステップと、前記比較ステップによる比較の結果、識別情報が一致した場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を行う印刷ステップと、前記比較ステップによる比較の結果、識別情報が一致しなかった場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を禁止する禁止ステップとを備える画像形成装置の制御方法をコンピュータに実行させることを特徴とする。

請求項8記載のコンピュータで読み取り可能な記憶媒体は、請求項7記載の制御プログラムを格納する。

本発明の画像形成装置は、画像を読み取る画像読み取り手段と、画像読み取り手段により読み取られた画像が複写の禁止の解除を示す複写禁止解除情報を含むか否かを判断する第1の判断手段とを備える。また、画像読み取り手段により読み取られた画像が写禁止解除情報を含むと判断された場合、複写禁止解除情報を含む画像に含まれる識別情報を記憶する記憶手段を備える。また、画像読み取り手段により読み取られた画像が複写の禁止を示す複写禁止情報を含むか否かを判断する第2の判断手段を備える。また、画像読み取り手段により読み取られた画像が複写禁止情報を含むと判断された場合、記憶手段に記憶された識別情報と複写禁止情報を含む画像に含まれる識別情報とを比較する比較手段を備える。また、比較手段による比較の結果、識別情報が一致した場合に、複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を行う印刷手段を備える。また、比較手段による比較の結果、識別情報が一致しなかった場合に、複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を禁止する禁止手段を備える。

この構成により、複写が禁止されている画像に埋め込まれているパスワードを特定のユーザーが手入力する以外で、特定のユーザーに対して複写が禁止されている画像の複写を許可することができる。

以下、本発明の実施の形態を図面を参照しながら詳細に説明する。

図1は、本発明の実施の形態の画像形成装置が含まれるネットワークシステムの概念図である。

本ネットワークシステムは、クライアントPC101及び102、プリントサーバ103、画像形成装置104及び105がLAN106によって相互に接続されており、LAN106を介して通信する機能を有する。

ユーザーがクライアントPC101或いは102を操作することにより、クライアントPC101或いは102は印刷データを生成し、印刷データをプリントサーバ103に送付する。

プリントサーバ103は、受信した印刷データを画像形成装置104或いは105に再送する。

画像形成装置104或いは105は、受信した印刷データを解釈して印刷データに変換し、印刷データに基づく画像を紙に印字することで印刷物を生成する。

尚、上記は構成の一例であり、プリントサーバ103が無い構成も当然考え得る。その場合、クライアントPC101或いは102が、直接画像形成装置104或いは105に印刷データを送付する。

コピー禁止情報(複写禁止情報)またはコピー禁止解除情報(複写禁止解除情報)の埋め込み指示とコピー禁止動作について説明する。

まず、本システムの全体動作について簡単に説明する。

図1に示した構成において、ユーザーがクライアントPC101或いは102を操作する際に、印刷出力される印刷物にコピー禁止情報を埋め込む旨を指示する。その結果、画像形成装置104或いは105が印刷出力する印刷物に、背景画像としてコピー禁止情報を含んだ画像が埋め込まれる。

この背景画像の作成方法としては、例えばLVBC(Low VisibilityBarcode)を用いる方法がある。

そのLVBCによる背景画像を含んだ印刷物の例を図2に示す。図2に関する詳細な説明は後ほど行う。

また、ユーザーの操作から始まって印刷物が生成されるまでの具体的な動作については、図12及び図14を用いて後ほど説明する。

図2に示したように、コピー禁止情報を含んだ原稿を、ユーザーが画像形成装置104或いは105を用いてコピーしようとすると、画像形成装置104或いは105は原稿にコピー禁止情報が含まれていることを検知し、コピー動作を中止する。これによって重要な文書がコピーされることを防止する。

次に本発明の情報埋め込み技術の好適な例として、LVBCを説明する。

ここでいう情報埋め込み手段というのは印刷装置において、用紙やOHPシート等の画像形成媒体(以下シートとする)に本来印刷する画像の他に、システムとして所望の情報を付加して印字する手段のことをいう。

一般的な情報埋め込み手段の要件として、下記が挙げられる。

シートに対して、必要な情報量の情報の埋め込みを実現できること。

シートに色材(トナーやインク等)を使って埋め込まれた情報が後にデジタル情報として確実に抽出可能であること。

原稿の画像をシートに複写する際に、画像の回転、拡大、縮小、部分的削除、複写による信号の鈍り、汚れ等の情報抽出を妨げる要因に対するある程度の耐性があること。

複写禁止原稿の複写を防止するために、埋め込まれた情報を複写時に抽出可能なリアルタイム性、或いはそれに準ずる高速性があること。

本実施の形態におけるLVBCは上記の要件を満たすものである。

図2は、LVBCにより情報が埋め込まれた原稿の一例を示すイメージ図である。

符号3701はシート全体を示し、符号3702はシート全体3701の一部の拡大図を示す。拡大図 3702によれば、原稿に本来描画されるべき画像の他に、一見ランダムに埋め込まれた多数のドット(例えばドット3703)が見える。このドットに情報を埋め込む。

次に、LVBCによる情報の埋め込み方法について説明する。

LVBCではシートに対して印刷される画像のほかに、付加情報を埋め込むためにグリッド(格子)と呼ばれるドットパターンを印刷する。図2において、ドット3703はグリッドを構成する各ドットを示している。グリッドそのものは縦横等間隔に離れたドットの集合体である。グリッドを構成する各ドット間の最短距離を仮想的な線(ガイドライン)で結ぶと、一定の間隔で縦横に引かれた仮想的な格子模様が出現する。

埋め込まれるべき付加情報は一定サイズ以内のバイナリ(2値)データとして入力される。付加情報は、グリッドを構成するドットに対して上下左右8方向に変位(中心地からずれること)することによって埋め込まれる。

図3は、付加情報として、010111110011bというバイナリデータを埋め込む例を示す図である。

図3において、縦横の線3901はグリッドの位置を示す仮想的なガイドラインを示す。このようにグリッドの最短距離を線で結ぶと格子模様が出現する。符号3902は中心地を示し、ここにはドットを置かない。実際には、例えば、符号3903のように中心地3902から離れた位置にドットを変位させて配置する。

010111110011bは3ビットずつ分解され、010,111,110,011に分けられる。更に各3ビットに対してデシマル変換を行い、2,7,6,3に変換される。

図3に示されるように、グリッドを構成する各ドットは数値に対して上下左右の8方向にいずれかに変位させることによって情報を表すことが可能である。この場合、2,7,6,3はそれぞれ右上、右下、下、左に変位することによって情報を埋め込むことが可能である。

このような処理の繰り返しによって、LVBCでは2000バイト程度の付加情報をシートに埋め込むことが可能である。更に付加情報を表現するドットをシートに対して何度も埋め込むことによって冗長性が増し、シートに本来印刷されるべき画像との誤認識やシートに対する汚れ、しわ、部分的破壊に対して信頼性を向上することができる。

次に、コピー禁止情報の埋め込み指示とコピー禁止動作について、これら一連の動作がどのようになされるのか、より具体的に説明する。

図4は、クライアントPC101或いは102におけるプリンタドライバの設定画面の1例を示す図である。

図4において、ユーザーは、印刷セキュリティ設定ダイアログ201上を操作することにより、印刷物に埋め込みたい情報を指定することができる。

コピー条件設定領域210において、本実施の形態ではユーザーはラジオボタンを操作することにより、
コピーを許可する(ボタン211)、
常にコピーを禁止する(ボタン212)、
コピーの禁止を解除する原稿を一緒に出力する(ボタン213)
のうちのひとつを選択する。

ボタン211〜213のいずれが選択されたかを示すジョブ制限情報は、ユーザーがOKボタン202を押すことによって、後ほど図12で説明するジョブ制限情報保持部に格納される。

画像形成装置104或いは105が原稿にコピー禁止情報が含まれていることを検知した場合の画面例について説明する。

この画面は、後ほど説明する図8における操作部に表示される。

図5は、画像形成装置が原稿にコピー禁止情報が含まれていることを検知して、コピー動作を中止した際の画面表示例を示す図である。

このときの原稿は、ユーザーが図4で説明した3つのコピー条件設定のうち「常にコピーを禁止する」の設定を選び、コピー禁止情報が埋め込まれた原稿である。

図5において、操作画面301には、コピー動作を中止する旨がメッセージダイアログ302によって表示されている。

図6は、図1の画像形成装置におけるスキャナ部の外観斜視図である。

原稿はスキャナ部401の原稿フィーダ402のトレイ403にセットされる。ユーザーが操作部から読み取り開始を指示すると、コントローラからスキャナ部401に読み取り指示が与えられる。

スキャナ部401は、この指示を受けると原稿フィーダ402のトレイ403から原稿を1枚ずつフィードして、原稿の画像の読み取り動作を行う。原稿フィーダ402内部にはスタンプ(スタンプ押下手段)404が存在し、画像の読み取りが終わった原稿に対して、読み取り済みを示すスタンプ押下を行う(以降、済スタンプと表記)。

図7は、図6におけるスタンプの動作を説明する図である。

スタンプ404は、電磁力によって駆動する機構により、画像の読み取りが終わった原稿に対して済みスタンプを押す。この電磁力のオン/オフの指示はコントローラ500から行われる。

尚、原稿の画像の読み取り方式としては、原稿フィーダ402による自動送り方式ではなく、原稿を不図示のガラス面上に載置する方式もある。そのときには、スタンプ404による済みスタンプを原稿に押せないといった制限が生じる。

図8は、図7におけるコントローラを中心とした図1の画像形成装置の詳細ブロック図である。

コントローラ500は、スキャナ部401、操作部410、プリンタ部411と電気的に接続されており、一方では、LAN106やWAN412を介してプリントサーバ103や外部の装置等と接続されている。これにより印刷データやデバイス情報の入出力が可能となっている。

以下、コントローラ500の構成を説明する。

CPU501は、ROM503に記憶された制御プログラム等に基づいて接続中の各種デバイスとのアクセスを統括的に制御するとともに、コントローラ500内部で行われる各種処理についても統括的に制御する。

RAM502は、CPU501が動作するためのシステムワークメモリであり、かつ印刷データを一時記憶するためのメモリでもある。このRAM502は、記憶した内容を電源オフ後も保持しておくSRAM及び電源オフ後には記憶した内容が消去されてしまうDRAMにより構成されている。

ROM503には装置のブートプログラム等が格納されている。HDD504は、ハードディスクドライブであり、システムソフトウェアや印刷データを格納することが可能となっている。

操作部I/F505は、システムバス510と操作部410とを接続するためのインターフェース部である。この操作部I/F505は、操作部410に表示するための印刷データをシステムバス510から受け取り、操作部410に出力するとともに、操作部410から入力された情報をシステムバス510へ出力する。

ネットワークI/F506は、LAN106及びシステムバス510に接続し、情報の入出力を行う。モデム507は、WAN412及びシステムバス510に接続しており、情報の入出力を行う。

2値画像回転部508は送信前の印刷データの方向を変換する。2値画像圧縮・伸張部509は、送信前の印刷データの解像度を所定の解像度や相手能力に合わせた解像度に変換する。尚、圧縮及び伸張にあたってはJBIG、MMR、MR、MH等の方式が用いられる。画像バス530は、印刷データをやり取りするための伝送路であり、PCIバスまたはIEEE1394で構成されている。

スキャナ画像処理部512は、スキャナ部401からスキャナI/F511を介して受け取った印刷データに対して、補正、加工、及び編集を行う。尚、スキャナ画像処理部512は、受け取った印刷データがカラー印刷データか白黒印刷データか、文字か写真か等を判定する。そして、その判定結果を印刷データに付随させる。こうして付随される情報を属性データと称する。このスキャナ画像処理部512で行われる処理の詳細については後述する。

圧縮部513は、印刷データを受け取り、この印刷データを32画素x32画素のブロック単位に分割する。尚、この32×32画素の印刷データをタイルデータと称する。

図9は、タイルデータを概念的に表した図である。

このタイルデータに対応する領域をタイル画像と称する。尚、タイルデータには、その32×32画素のブロックにおける平均輝度情報やタイル画像の原稿上の座標位置がヘッダ情報として付加されている。更に、圧縮部513は、複数のタイルデータからなる印刷データを圧縮する。

伸張部516は、複数のタイルデータからなる印刷データを伸張した後にラスタ展開してプリンタ画像処理部515に送る。

プリンタ画像処理部515は、伸張部516から送られた印刷データを受け取り、この印刷データに付随させられている属性データを参照しながら印刷データに画像処理を施す。画像処理後の印刷データは、プリンタI/F514を介してプリンタ部411に出力される。このプリンタ画像処理部515で行われる処理の詳細については後述する。

画像変換部517は、印刷データに対して所定の変換処理を施す。この処理部は以下に示すような処理部により構成される。

伸張部518は受け取った印刷データを伸張する。圧縮部519は受け取った印刷データを圧縮する。回転部520は受け取った印刷データを回転する。変倍部521は、受け取った印刷データに対し解像度変換処理(例えば600dpiから200dpi)を行う。

色空間変換部522は受け取った印刷データの色空間を変換する。この色空間変換部522は、マトリクスまたはテーブルを用いて公知の下地飛ばし処理を行ったり、公知のLOG変換処理(RGB→CMY)を行ったり、公知の出力色補正処理(CMY→CMYK)を行うことができる。

2値多値変換部523は、受け取った2階調の印刷データを256階調の印刷データに変換する。逆に、多値2値変換部524は、受け取った256階調の印刷データを誤差拡散処理等の手法により2階調の印刷データに変換する。

合成部527は、受け取った2つの印刷データを合成し1枚の印刷データを生成する。尚、2つの印刷データを合成する際には、合成対象の画素同士が持つ輝度値の平均値を合成輝度値とする方法や、輝度レベルで明るい方の画素の輝度値を合成後の画素の輝度値とする方法が適用される。

また、暗い方を合成後の画素とする方法の利用も可能である。更に、合成対象の画素同士の論理和演算、論理積演算、排他的論理和演算等で合成後の輝度値を決定する方法等も適用可能である。これらの合成方法はいずれも周知の手法である。

間引き部526は、受け取った印刷データの画素を間引くことで解像度変換を行い、1/2,1/4,1/8等の印刷データを生成する。移動部525は、受け取った印刷データに余白部分を付けたり、余白部分を削除する。

RIP528は、プリントサーバ103等から送信されたPDLコードデータを元に生成された中間データを受け取り、ビットマップデータ(多値)を生成する。

次に、スキャナ画像処理部512を詳細に説明する。

図10は、図8におけるスキャナ画像処理部のブロック図である。

以下、その構成を動作と併せて説明する。

図10において、スキャナ画像処理部512は、RGB各8ビットの輝度信号からなる印刷データを受け取る。この輝度信号は、マスキング処理部601によりCCDのフィルタ色に依存しない標準的な輝度信号に変換される。

フィルタ処理部602は、受け取った印刷データの空間周波数を任意に補正する。この処理部は、受け取った印刷データに対して、例えば、7×7のマトリクスを用いた演算処理を行う。

ところで、複写機や複合機では、ユーザーは、操作部410を操作することにより、コピーモードとして文字モードや写真モードや文字/写真モードを選択することができる。

ここで、ユーザーにより文字モードが選択された場合には、フィルタ処理部602は、文字用のフィルタを印刷データ全体にかける。また、写真モードが選択された場合には、写真用のフィルタを印刷データ全体にかける。また、文字/写真モードが選択された場合には、後述の文字写真判定信号(属性データの一部)に応じて画素毎に適応的にフィルタを切り替える。

つまり、画素毎に写真用のフィルタをかけるか文字用のフィルタをかけるかが決定される。尚、写真用のフィルタには高周波成分のみ平滑化が行われるような係数が設定されている。これは、画像のざらつきを目立たせないためである。また、文字用のフィルタには強めのエッジ強調を行うような係数が設定されている。これは、文字のシャープさを出すためである。

ヒストグラム生成部603は、受け取った印刷データを構成する各画素の輝度データをサンプリングする。より詳細に説明すると、主走査方向、副走査方向にそれぞれ指定した開始点から終了点で囲まれた矩形領域内の輝度データを、主走査方向、副走査方向に一定のピッチでサンプリングする。

そして、サンプリング結果を元にヒストグラムデータを生成する。生成されたヒストグラムデータは、下地飛ばし処理を行う際に下地レベルを推測するために用いられる。入力側ガンマ補正部604は、テーブル等を利用して非線形特性を持つ輝度データに変換する。

カラーモノクロ判定部605は、受け取った印刷データを構成する各画素が有彩色であるか無彩色であるかを判定し、その判定結果をカラーモノクロ判定信号(属性データの一部)として印刷データに付随させる。

文字写真判定部606は、印刷データを構成する各画素が文字を構成する画素なのか、網点を構成する画素なのか、網点中の文字を構成する画素なのか、ベタ画像を構成する画素なのかを各画素の画素値と各画素の周辺画素の画素値とに基づいて判定する。

尚、どれにもあてはまらない画素は、白領域を構成している画素である。そして、その判定結果を文字写真判定信号(属性データの一部)として印刷データに付随させる。

復号部607は、マスキング処理部601から出力された印刷データ内に符合印刷データが存在する場合には、その存在を検知する。そして、検知された符合印刷データを復号化して情報を取り出す。

次に、プリンタ画像処理部515を詳細に説明する。

図11は、図8におけるプリンタ画像処理部のブロック図である。

以下、その構成を動作と併せて説明する。

図11において、下地飛ばし処理部701は、スキャナ画像処理部512で生成されたヒストグラムを用いて印刷データの下地色を飛ばす(除去する)。モノクロ生成部702はカラーデータをモノクロデータに変換する。

Log変換部703は輝度濃度変換を行う。このLog変換部703は、例えば、RGB入力された印刷データを、CMYの印刷データに変換する。出力色補正部704は出力色補正を行う。例えば、CMY入力された印刷データを、テーブルやマトリックスを用いてCMYKの印刷データに変換する。

出力側ガンマ補正部705は、この出力側ガンマ補正部705に入力される信号値と、複写出力後の反射濃度値とが比例するように補正を行う。

中間調補正部706は、出力するプリンタ部の階調数に合わせて中間調処理を行う。例えば、受け取った高階調の印刷データに対し2値化や32値化等を行う。符合画像合成部707は、後述するメタ情報画像生成部により生成された背景印刷データと、(原稿)印刷データとを合成する。

尚、スキャナ画像処理部512やプリンタ画像処理部515における各処理部では、受け取った印刷データに各処理を施さずに出力させることも可能となっている。このような、ある処理部において処理を施さずにデータを通過させることを、以下では「処理部をスルーさせる」と表現することにする。

次に、コピー禁止情報とコピー禁止解除情報をそれぞれ含む印刷物の生成動作について説明する。

図12を用いて、図1に示した構成において、コピー禁止情報とコピー禁止解除情報をそれぞれ含む印刷物が生成される様子をより詳細に説明する。以下の説明では、ユーザーが印刷セキュリティ設定ダイアログ201にて「コピーの禁止を解除する原稿を一緒に出力する」を選択したものとする。

図12は、図1のクライアントPC及び画像形成装置における機能構成を示す機能構成図である。具体的には、印刷物の背景画像をクライアントPC側で生成する実装方法を採った場合の印刷物の生成を示すデータフローダイアグラムである。それぞれのブロックはクライアントPC或いは画像形成装置における物理的な構成要素と、必ずしも一対一に対応するものではない。

以下の説明において、判断と実行はクライアントPC101のCPUが行う。クライアントPC101において、ユーザーが印刷指示を行うことにより、印刷データ生成部801が起動される。この印刷データ生成部801は、プリンタドライバ及びOSが協調して動作する印刷サブシステムによって実現される。

印刷データ生成部801は、印刷の対象となる文書データを、画像形成装置104への描画命令の集まりに変換する。より具体的には、例えばPDL(Page Description Language)で記述された印刷データを生成することによって実現される。

印刷データ生成部801は、生成した印刷データを画像合成部802に送る。それと同時に印刷データ生成部801は、生成した印刷データ毎にユニークな識別情報(原稿ID)を生成し、ジョブ制限情報保持部804に原稿IDを送る。

ジョブ制限情報保持部804には、ユーザーが図4の印刷セキュリティ設定ダイアログで設定されたジョブ制限情報と、原稿IDが保持されている。このジョブ制限情報と原稿IDを、メタ情報画像生成部805に送る。ジョブ制限情報保持部804に保持されている原稿IDはジョブが終了するまで保持されつづけられる。

メタ情報画像生成部805では、ジョブ制限情報保持部804から受け取ったジョブ制限情報と原稿IDを元に、コピー禁止情報を含む背景印刷データを生成する。このコピー禁止情報はコピーを禁止する旨とコピーが禁止される原稿の原稿IDとを示すものである。この背景印刷データの作成方法としては、例えば、前述のLVBCを用いる方法がある。メタ情報画像生成部805は、生成した背景印刷データを画像合成部802に送る。

画像合成部802は、印刷データ生成部801から受け取った印刷データ及びメタ情報画像生成部805から受け取った背景印刷データを合成して、印刷物のそれぞれのページに背景画像が入るように印刷データを作成する。

より具体的には、例えば、背景印刷データをオーバレイフォーム情報として印刷データに埋め込む等の方法がある。画像合成部802は、作成した印刷データをデータ送信部803に送る。

次に、ジョブ制限情報保持部804内に保持されている1または複数の原稿IDを元に、コピーの禁止を解除する原稿の印刷データが生成される。なお、ユーザーが印刷セキュリティ設定ダイアログ201にて「コピーを禁止する」を選択した場合には、コピーの禁止を解除する原稿の印刷データは生成されない。メタ情報画像生成部805は、コピー禁止解除情報を含む背景印刷データと原稿がコピーの禁止を解除するためのものであることを示す文面が記載された印刷データとから、コピーの禁止を解除する原稿の印刷データを生成する。コピー禁止解除情報はコピーの禁止を解除する旨とコピーの禁止が解除される原稿の原稿IDとを示すものである。メタ情報画像生成部805は、生成した印刷データをデータ送信部803に送る。

データ送信部803は、ネットワークインタフェースを制御して、印刷データをプリントサーバ103或いは画像形成装置104(画像形成装置104、105を104で代表する)に送る。

図12では、データの論理的な流れを書いているので、途中プリントサーバ103を介する場合であっても、図12では記載を省略してある。

画像形成装置側の動きについて説明する。

データ受信部811は、ネットワークI/F506を制御することにより、LAN106からのデータを待ち受けている。データ受信部811は、LAN106上の他のノードからデータが送付されたことを検知して、そのデータの種別によって適切なサブシステムに受信したデータを受け渡す。

データ種別の識別は、例えば、通信方式がTCP/IPである場合には、ポート番号によって識別することが一般的である。本実施の形態においては、受信したデータは画像形成装置104への描画命令を含む印刷データである。

データ受信部811は、受信したデータが印刷データであることを識別した上で、データ解析部812にその印刷データを受け渡すものとする。

データ解析部812は、データ受信部811から受け取った印刷データの中から描画命令(PDL)を取り出し、それを解釈して画像形成装置104が内部的に使用する中間的なデータ(以下、中間データ)を生成する。データ解析部812は、生成した中間データを、順次、画像生成部813に送る。

画像生成部813は、RIP528を制御して、データ解析部812から受け取った中間データをビットマップ印刷データに変換する。画像生成部813は、そのビットマップ印刷データを、圧縮部529を用いて圧縮した後、順次、印字部814に送る。

印字部814は、伸張部516、プリンタ画像処理部515、プリンタI/F514及びプリンタ部411を制御して、画像生成部813から受け取ったビットマップ印刷データに基づく画像をシートに印刷する。

図13は、コピーが禁止された原稿(コピー禁止原稿)とコピーの禁止を解除する原稿(コピー禁止解除原稿)を示す図である。

次に、図14のフローチャートを用いて、クライアントPC101が印刷データを出力する手順を示す。

図14は、図1におけるクライアントPCによって実行される印刷データ出力処理の手順を示すフローチャートである。

図14において、まず、クライアントPC101は、ユーザーが印刷指示を行うことにより、印刷データ出力処理を開始する。

ステップS101において、印刷データ生成部801は原稿毎に印刷データを生成する。

ステップS102において、クライアントPC101は、図4の印刷セキュリティ設定ダイアログで、「コピーを許可する」モードが選択されたか否かをジョブ制限情報保持部804のジョブ制限情報を基に判断する。

「コピーを許可する」モードが選択された場合には、ステップS106に進み、ステップS101で生成された印刷データをデータ送信部803がそのまま画像形成装置104へ送信する。

それ以外のモード(「コピーを禁止する」モード、「コピーの禁止を解除する原稿を一緒に出力する」モード)が選択されている場合にはステップS103に進む。

ステップS103において、印刷データ生成部801は、原稿毎にユニークな原稿IDを生成し、ジョブ制限情報保持部804にて記憶する。

ステップS104において、メタ情報画像生成部805は、ステップS103で記憶した原稿IDとコピー禁止情報を元に背景印刷データを生成する。

ステップS105において、画像合成部802は、ステップS101で生成された印刷データとステップS104で生成された背景印刷データを合成する。

ステップS106において、データ送信部803は、画像合成部802で合成された印刷データを画像形成装置104に送信する。

ステップS107において、クライアントPC101は、次に生成すべき原稿が存在するか否かを確認し、存在するようであれば、ステップS101に戻り、ステップS101〜ステップS106の処理を繰り返す。次に生成すべき原稿が存在しない場合にはステップS108に進む。

ステップS108において、クライアントPC101は、図4の印刷セキュリティ設定ダイアログで「コピーの禁止を解除する原稿を一緒に出力する」モードが選択されたか否かをジョブ制限情報保持部804のジョブ制限情報を基に判断する。「コピーの禁止を解除する原稿を一緒に出力する」モードが選択されている場合にはステップS109に進む。「コピーを禁止する」モードが選択されている場合には、本処理を終了する。

ステップS109において、メタ情報画像生成部805は、ジョブ制限情報保持部804から1または複数の原稿IDを取得し、コピーの禁止を解除する原稿(図13参照)の印刷データを生成する。

ステップS110において、データ送信部803は、ステップS109で生成された印刷データを画像形成装置104に送信し、本処理を終了する。

次に、図13を用いて、図12、図14で生成した、コピー禁止原稿と、コピー禁止解除原稿について説明する。

図4の「コピーの禁止を解除する原稿を一緒に出力する」モードを選択した場合には、図13のように、コピー禁止原稿A、B、Cと、コピー禁止解除原稿Dが画像形成装置104から出力される。

コピー禁止原稿A、B、Cには、ユーザーが出力したい画像と一緒に、コピー禁止原稿であることを示す情報と、ユニークな原稿IDとが背景画像として印刷されている。この背景画像の作成方法はLVBCという技術が用いられていることは、前述した通りである。

このコピー禁止原稿単体で画像形成装置104等でコピーしようとした場合には、図5に示した通り、コピー禁止原稿であることをユーザーに警告し、コピーを中断する。

一方、コピー禁止解除原稿Dの背景画像には、コピー禁止解除原稿であることを示す情報と、コピー禁止解除対象である原稿のID(ここではA、B、Cがコピー禁止解除対象の原稿IDである)がコピー禁止解除情報として埋め込まれている。

また、コピー禁止解除原稿には、「原稿本文をコピーする時にはこの紙を先頭にして、一緒に読み込でください。」という警告文を印刷する。このことでユーザーへ、この原稿がコピー禁止解除原稿であり、コピー禁止原稿の前に、画像形成装置に読み込ませる必要があることを通知する。

次、画像形成装置104におけるコピー禁止動作とコピー禁止解除動作について図15、図16を用いて説明する。

図15は、画像形成装置におけるコピー禁止動作とコピー禁止解除動作を説明する機能構成図である。

ユーザーがコピー禁止情報を含む原稿をスキャナ部401に載せて、操作部410を操作してコピー開始を指示すると、画像読み取り部901が起動される。

画像読み取り部901は、スキャナ部401、スキャナI/F511、スキャナ画像処理部512及び圧縮部513を制御して原稿の画像を読み取って、その印刷データを画像処理部902に送るともに、画像解析部904にも送る。

画像解析部904は、復号部607を制御して、画像読み取り部901から受け取った印刷データが示す画像に含まれるコピー禁止情報と原稿IDを取り出す。画像解析部904は、取り出したコピー禁止情報と原稿IDをジョブ制御判断部906に送る。

もしくは、画像読み取り部901から受け取った印刷データの画像にコピー禁止解除情報が含まれている場合には、画像解析部904はコピー禁止解除対象の原稿を識別するための原稿IDを取り出す。そして、その原稿IDをコピー禁止解除原稿情報保持部905に保存する。

ジョブ制御判断部906は、画像解析部904から受け取ったコピー禁止情報と、原稿IDと、コピー禁止解除原稿情報保持部905が保持している原稿IDとに基づいて、コピー動作を中止すべきかどうかを判断する。

ジョブ制御判断部906がコピー動作を中止すべきであると判断した場合には、ジョブ制御判断部906は、動作を中止する命令を印字部903に送る。それとともに操作部I/F505を制御して、図5で説明したメッセージを操作部410に表示する。

印字部903は、画像処理部902から受け取った印刷データを紙に印刷することにより印刷物を生成するが、ジョブ制御判断部906から動作中止する命令を受け取った場合には、ジョブの途中であっても印刷動作を中止する。

次に、図16のフローチャートを用いて、画像形成装置104におけるコピー禁止動作と、コピー禁止解除動作の手順を示す。

図16は、図8の画像形成装置におけるコピー禁止処理及びコピー禁止解除処理の手順を示すフローチャートである。

図16において、画像形成装置104は、スキャナ部401のトレイ403上の原稿をコピーする動作を開始する。

ステップS201において、画像読み取り部901は、スキャナ部401のトレイ403から原稿フィーダ402によってフィードされた原稿の画像をまたはスキャナ部401のガラス面に直接置かれた原稿の画像を読み取る。

ステップS202において、画像解析部904は、画像読み取り部901で読み取った画像の印刷データを解析する。

ステップS203において、画像解析部904は、読み込んだ原稿がコピー禁止解除原稿(図13参照)であるか、つまり、読み取った画像にコピー禁止解除情報が含まれているかを判別する。コピー禁止解除原稿である場合には、ステップS204に進む。それ以外の原稿であればステップS212へ進む。

ステップS204において、画像解析部904は更に、読み取った画像に済スタンプがあるか判別する。済スタンプは図6、で図示したように、過去、読み込んだ原稿であるかを判別するために、原稿フィーダ402のスタンプ404によって、押下されたスタンプである。これは、コピー禁止解除原稿が複数回にわたって利用されるのを防ぐためである。

コピー禁止解除原稿に済スタンプが押下されている場合にはステップS209に進み、コピー禁止解除原稿が使用済みであることをユーザーに警告し、本処理を終了する。済スタンプが押下されていないコピー禁止解除原稿であれば、ステップS205に進む。

ステップS205において、画像読み取り部901は、原稿が原稿フィーダ402によってフィードされたものか(原稿フィーダ402からの読み込み)、或いはスキャナ部401のガラス面に直接置かれたものか(圧板読み込み)を判別する。

原稿フィーダ402からの読み込みの場合には、ステップS206に進む。原稿フィーダ402からの読み込みではなく、圧板読み込みの場合には、コピー禁止解除原稿に対してスタンプ404が動作できないため、ステップS209に進み、ユーザーに警告を出して、本処理を終了する。

ステップS206において、画像解析部904は、画像読み取り部901で読み取った画像からコピー禁止解除対象の原稿IDを取り出し、コピー禁止解除原稿情報保持部905に保持する。

ステップS207において、画像読み取り部901は、スタンプ404を使って、コピー禁止解除原稿に対してスタンプを押す。

ステップS208において、画像読み取り部901は、次の原稿がスキャナ部401のトレイ403上にまたはスキャナ部401のガラス面上に存在するか否を確認する。存在するようであれば、ステップS210へ進む。

ステップS210において、画像読み取り部901は次の原稿の画像を読み取る。

ステップS211において、画像解析部904は画像読み取り部901にて読み取った画像の印刷データを解析する。

ステップS212において、画像解析部904は、解析した結果に基づいて、今回読み込んだ原稿がコピー禁止原稿であるか、つまり、読み取った画像にコピー禁止情報が含まれているかを判断する。コピー禁止原稿である場合にはステップS213へ進み、コピー禁止原稿でない場合にはステップS214に進む。

ステップS213において、画像解析部904は、画像読み取り部901で読み取った画像から原稿IDを取り出し、ジョブ制御判断部906は、その原稿IDとコピー禁止解除原稿情報保持部905に保持された1または複数の原稿IDとを比較する。そして、ジョブ制御判断部906は、取り出した原稿IDがコピー禁止解除原稿情報保持部905に保持された1または複数の原稿IDのいずれかに一致しているかを判断する。

いずれかに一致している場合には、コピー禁止解除原稿によって、コピー禁止が解除されているので、ステップS214に進む。

ステップS214では、印字部903が、画像処理部902から受け取った印刷データに基づいて画像を紙に印刷する。

いずれにも不一致の場合には、コピー禁止であるため、ステップS215に進む。ステップS215においては、コピーできなかったことを表示し(図5)、本処理を終了する。

以上で、コピー禁止解除原稿によって、コピー禁止原稿のコピー禁止が解除され、コピー可能になる動作について説明した。

次に、画像形成装置におけるコピー禁止解除原稿の生成方法について図17、図18を用いて説明する。

図17は、画像形成装置におけるコピー禁止解除情報を含む印刷物の生成を説明するブロック図である。

図14、図15の説明では、画像形成装置104がコピー禁止解除情報を含む印刷物を生成するにあたって、ユーザーがクライアントPC101において印刷指示を行うことを前提にした。しかし、コピー禁止解除原稿を印刷出力するのはクライアントPC101からの印刷指示に限るものではなく、クライアントPC101での印刷指示なしにコピー禁止解除原稿を印刷出力するように画像形成装置104を構成することが可能である。

この時の、画像形成装置104の動作について、図17のブロック図を用いて説明する。

このときに使用するコピー禁止原稿は図12、図14に示したように予めクライアントPC101から図4の「コピーを禁止する」モードによって生成された原稿である。

ユーザーは予め、画像形成装置104に対して、コピー禁止解除原稿生成モードを設定しておく。ただし、このコピー禁止解除原稿生成モードは任意のユーザーによって使用可能ではなく、或る限られたユーザー、例えば特定の暗証番号を知っているユーザーによってのみ使用可能とする。

ユーザーがコピー禁止情報を含む原稿をスキャナ部401に載せて、操作部410を操作してコピー開始を指示すると、画像読み取り部1001が起動される。

画像読み取り部1001は、スキャナ部401、スキャナI/F511、スキャナ画像処理部512及び圧縮部513を制御して原稿の画像を読み取って、その印刷データを画像処理部1002に送るともに、画像解析部1004にも送る。

画像解析部1004は、復号部607を制御して、画像読み取り部1001から受け取った印刷データが示す画像に含まれるコピー禁止情報と原稿IDを取り出す。画像解析部1004は、取り出したコピー禁止情報と原稿IDを原稿ID保持部1005に送る。

全てのコピー禁止原稿を読み終えた後、メタ情報画像生成部1006は、原稿ID保持部1005に保持された1または複数の原稿IDを基に、コピー禁止解除原稿の印刷データを生成する。

メタ情報画像生成部1006で生成された印刷データは印字部1003によって出力される。

次に、図18のフローチャートを用いて、画像形成装置104がコピー禁止解除原稿を生成する手順を示す。

図18は、図8の画像形成装置におけるコピー禁止解除原稿の生成処理の手順を示すフローチャートである。

図18において、ユーザーは、コピー禁止解除原稿生成モードに画像形成装置104を設定した後に、コピー禁止原稿をスキャナ部401に載せて、操作部410を操作してコピー開始を指示する。

ステップS301において、画像形成装置104は、原稿ID保持部1005に過去のコピー禁止原稿の原稿ID群が残らないように、原稿ID保持部1005の初期化を行う。

ステップS302において、画像読み取り部1001が原稿の画像を読み取る。ステップS303において、実際に原稿があったか否かを判断する。原稿が存在した場合にはステップS304へ進む。原稿が存在しなかった場合にはステップS306に進む。

ステップS304において、画像解析部1004は、画像読み取り部1001によって読み取られた画像の印刷データを解析する。

ステップS305において、画像解析部1004は、画像読み取り部1001によって読み取られた画像から取り出した原稿IDを原稿ID保持部1005に保存する。

ステップS306において、全てのコピー禁止原稿が読み終えたので、原稿ID保持部1005内に保持されているコピー禁止原稿の原稿ID群を元に、メタ情報画像生成部1006がコピー禁止解除原稿の印刷データを生成する。

ステップS307において、印字部1003は、メタ情報画像生成部1006にて生成されたコピー禁止解除原稿の印刷データに基づいて画像を紙に印刷する。

また、本発明の目的は、以下の処理を実行することによって達成される。即ち、上述した実施形態の機能を実現するソフトウェアのプログラムコードを記録した記憶媒体を、システム或いは装置に供給し、そのシステム或いは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU等)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読み出す処理である。

この場合、記憶媒体から読み出されたプログラムコード自体が前述した実施の形態の機能を実現することになり、そのプログラムコード及び該プログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。

また、プログラムコードを供給するための記憶媒体としては、次のものを用いることができる。例えば、フロッピー(登録商標)ディスク、ハードディスク、光磁気ディスク、CD−ROM、CD−R、CD−RW、DVD−ROM、DVD−RAM、DVD−RW、DVD+RW、磁気テープ、不揮発性のメモリカード、ROM等である。または、プログラムコードをネットワークを介してダウンロードしてもよい。

また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、上記実施の形態の機能が実現される場合も本発明に含まれる。加えて、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼動しているOS(オペレーティングシステム)等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれる。

更に、前述した実施形態の機能が以下の処理によって実現される場合も本発明に含まれる。即ち、記憶媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書き込まれる。その後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPU等が実際の処理の一部または全部を行う場合である。

本発明の実施の形態の画像形成装置が含まれるネットワークシステムの概念図である。 LVBCが埋め込まれた原稿の一例を示すイメージ図である。 付加情報として、010111110011bというバイナリデータを埋め込む例を示す図である。 クライアントPC101或いは102におけるプリンタドライバの設定画面の1例を示す図である。 画像形成装置が原稿にコピー禁止情報が含まれていることを検知して、コピー動作を中止した際の画面表示例を示す図である。 画像形成装置におけるスキャナ部の外観斜視図である。 図6におけるスタンプの動作を説明する図である。 図7におけるコントローラを中心とした画像形成装置の詳細ブロック図である。 タイルデータを概念的に表した図である。 図8におけるスキャナ画像処理部のブロック図である。 図8におけるプリンタ画像処理部のブロック図である。 図1のクライアントPC及び画像形成装置におけるデータ処理の流れを示す論理構成図である。 複数のコピー禁止原稿と1枚のコピー禁止解除原稿を示す図である。 図1におけるクライアントPCによって実行される印刷データ出力処理の手順を示すフローチャートである。 画像形成装置におけるコピー禁止動作とコピー禁止解除動作を説明するブロック図である。 図8の画像形成装置におけるコピー禁止及びコピー禁止解除処理の手順を示すフローチャートである。 画像形成装置におけるコピー禁止情報とコピー禁止解除情報を含む画像の生成を説明するブロック図である。 図8の画像形成装置におけるコピー禁止解除原稿の生成処理の手順を示すフローチャートである。

符号の説明

404 スタンプ(スタンプ押下手段)
500 コントローラ
501 CPU
503 ROM

Claims (8)

  1. 画像を読み取る画像読み取り手段と、
    前記画像読み取り手段により読み取られた画像が複写の禁止の解除を示す複写禁止解除情報を含むか否かを判断する第1の判断手段と、
    前記画像読み取り手段により読み取られた画像が前記複写禁止解除情報を含むと判断された場合、前記複写禁止解除情報を含む画像に含まれる識別情報を記憶する記憶手段と、
    前記画像読み取り手段により読み取られた画像が複写の禁止を示す複写禁止情報を含むか否かを判断する第2の判断手段と、
    前記画像読み取り手段により読み取られた画像が前記複写禁止情報を含むと判断された場合、前記記憶手段に記憶された識別情報と前記複写禁止情報を含む画像に含まれる識別情報とを比較する比較手段と、
    前記比較手段による比較の結果、識別情報が一致した場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を行う印刷手段と、
    前記比較手段による比較の結果、識別情報が一致しなかった場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を禁止する禁止手段と、
    を備えることを特徴とする画像形成装置。
  2. 前記画像読み取り手段により読み取られた画像が前記複写禁止解除情報を含むと判断された場合、前記複写禁止解除情報を含む画像に対応する原稿に読み取り済みであることを示すスタンプを押下するスタンプ押下手段を備えることを特徴とする請求項1記載の画像形成装置。
  3. 前記複写禁止解除情報を含む画像に対応する原稿に対して前記スタンプを押下することができない場合には、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷は許可されないことを特徴とする請求項2記載の画像形成装置。
  4. 前記複写禁止解除情報を含む画像に前記スタンプが含まれている場合、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷は許可されないことを特徴とする請求項2または3記載の画像形成装置。
  5. 前記複写禁止情報を含む画像に含まれている識別情報を記憶する第2の記憶手段と、
    前記複写禁止解除情報と前記第2の記憶手段に記憶されている識別情報とを含む画像の印刷データを生成する印刷データ生成手段と、
    前記印刷データ生成手段により生成された印刷データに基づいて画像を印刷する第2の印刷手段と、
    を備えることを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載の画像形成装置。
  6. 画像を読み取る画像読み取りステップと、
    前記画像読み取りステップで読み取られた画像が複写の禁止の解除を示す複写禁止解除情報を含むか否かを判断する第1の判断ステップと、
    読み取られた画像が前記複写禁止解除情報を含むと前記第1の判断ステップにより判断された場合、前記複写禁止解除情報を含む画像に含まれる識別情報を記憶する記憶ステップと、
    前記画像読み取りステップで読み取られた画像が複写の禁止を示す複写禁止情報を含むか否かを判断する第2の判断ステップと、
    読み取られた画像が前記複写禁止情報を含むと前記第2の判断ステップにより判断された場合、前記記憶ステップで記憶された識別情報と前記複写禁止情報を含む画像に含まれる識別情報とを比較する比較ステップと、
    前記比較ステップによる比較の結果、識別情報が一致した場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を行う印刷ステップと、
    前記比較ステップによる比較の結果、識別情報が一致しなかった場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を禁止する禁止ステップと、
    を備えることを特徴とする画像形成装置の制御方法。
  7. 画像を読み取る画像読み取りステップと、
    前記画像読み取りステップで読み取られた画像が複写の禁止の解除を示す複写禁止解除情報を含むか否かを判断する第1の判断ステップと、
    読み取られた画像が前記複写禁止解除情報を含むと前記第1の判断ステップにより判断された場合、前記複写禁止解除情報を含む画像に含まれる識別情報を記憶する記憶ステップと、
    前記画像読み取りステップで読み取られた画像が複写の禁止を示す複写禁止情報を含むか否かを判断する第2の判断ステップと、
    読み取られた画像が前記複写禁止情報を含むと前記第2の判断ステップにより判断された場合、前記記憶ステップで記憶された識別情報と前記複写禁止情報を含む画像に含まれる識別情報とを比較する比較ステップと、
    前記比較ステップによる比較の結果、識別情報が一致した場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を行う印刷ステップと、
    前記比較ステップによる比較の結果、識別情報が一致しなかった場合に、前記複写禁止情報を含む画像に基づく印刷を禁止する禁止ステップとを備える画像形成装置の制御方法をコンピュータに実行させることを特徴とするプログラム。
  8. 請求項7記載の制御プログラムを格納するコンピュータで読み取り可能な記憶媒体。
JP2007044039A 2007-02-23 2007-02-23 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム及び記憶媒体 Pending JP2008211332A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007044039A JP2008211332A (ja) 2007-02-23 2007-02-23 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム及び記憶媒体

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007044039A JP2008211332A (ja) 2007-02-23 2007-02-23 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム及び記憶媒体
US12/034,981 US7894104B2 (en) 2007-02-23 2008-02-21 Apparatus for embedding information and performing processing based on embedded information, and method of controlling same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008211332A true JP2008211332A (ja) 2008-09-11
JP2008211332A5 JP2008211332A5 (ja) 2008-09-11

Family

ID=39715521

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007044039A Pending JP2008211332A (ja) 2007-02-23 2007-02-23 画像形成装置及びその制御方法、並びにプログラム及び記憶媒体

Country Status (2)

Country Link
US (1) US7894104B2 (ja)
JP (1) JP2008211332A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4458381B1 (ja) * 2009-08-07 2010-04-28 キヤノン株式会社 複数の原稿を読み取ることが可能な装置、その制御方法、プログラム

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4996522B2 (ja) * 2008-03-28 2012-08-08 キヤノン株式会社 画像出力装置、画像出力装置の制御方法ならびにそのプログラムおよび記憶媒体
JP2009290709A (ja) * 2008-05-30 2009-12-10 Canon Inc 印刷システム、印刷装置、画像処理装置及び印刷システムの制御方法
US8274709B2 (en) 2009-08-07 2012-09-25 Canon Kabushiki Kaisha Device capable of reading plural documents, method of controlling the device, and program
DE102011018431A1 (de) * 2011-04-21 2012-10-25 Giesecke & Devrient Gmbh Verfahren zur Anzeige von Informationen auf einer Anzeigeeinrichtung eines Endgeräts
DE102011115135A1 (de) 2011-10-07 2013-04-11 Giesecke & Devrient Gmbh Mikroprozessorsystem mit gesicherter Laufzeitumgebung

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4039093B2 (ja) * 2002-03-20 2008-01-30 富士ゼロックス株式会社 画像読取装置、複写装置、およびプログラム
JP3879552B2 (ja) * 2002-03-20 2007-02-14 富士ゼロックス株式会社 画像生成装置、画像読取装置、不正複製防止システム、プログラム、および出力媒体の製造方法
JP2004201069A (ja) * 2002-12-19 2004-07-15 Ricoh Co Ltd 画像処理装置、画像処理方法、画像処理プログラムおよび画像処理プログラムを記憶した記録媒体
JP3952958B2 (ja) * 2003-01-22 2007-08-01 キヤノン株式会社 画像処理装置、画像処理方法
JP2006041906A (ja) 2004-07-27 2006-02-09 Sharp Corp 複合機のメンテナンスモード認証装置、プログラム、及びメンテナンスモードを有する複合機
JP4004509B2 (ja) * 2005-03-15 2007-11-07 シャープ株式会社 画像読取装置、画像処理システム、及び画像記録装置
JP4863456B2 (ja) * 2005-06-07 2012-01-25 キヤノン株式会社 プリンタおよびプリント方法
JP4418814B2 (ja) * 2005-12-01 2010-02-24 キヤノン株式会社 情報処理装置および情報処理方法
US8804152B2 (en) * 2006-06-23 2014-08-12 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus with copy restriction function

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4458381B1 (ja) * 2009-08-07 2010-04-28 キヤノン株式会社 複数の原稿を読み取ることが可能な装置、その制御方法、プログラム
WO2011016151A1 (ja) * 2009-08-07 2011-02-10 キヤノン株式会社 複数の原稿を読み取ることが可能な装置、その制御方法、プログラム
JP2011040891A (ja) * 2009-08-07 2011-02-24 キヤノン株式会社 複数の原稿を読み取ることが可能な装置、その制御方法、プログラム
KR101290458B1 (ko) 2009-08-07 2013-07-26 캐논 가부시끼가이샤 복수의 원고를 판독 가능한 장치, 복수의 원고를 판독 가능한 장치의 제어 방법 및 컴퓨터 판독가능한 기억 매체
RU2508602C2 (ru) * 2009-08-07 2014-02-27 Кэнон Кабусики Кайся Устройство, способное к считыванию множества документов, способ управления этим устройством и программа

Also Published As

Publication number Publication date
US7894104B2 (en) 2011-02-22
US20080204787A1 (en) 2008-08-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3997720B2 (ja) 画像処理装置及び画像形成装置
KR100819995B1 (ko) 화상 처리 장치 및 그 제어 방법, 및 기록 매체
JP4039093B2 (ja) 画像読取装置、複写装置、およびプログラム
KR100446403B1 (ko) 화상 처리 시스템
US8159724B2 (en) Image processing apparatus, method, and program for applying security processing relating to a selected image
US8649041B2 (en) Remote control system, image processing apparatus, control method therefor, and recording medium storing program therefor
US8194263B2 (en) Technique to process a tint block image for restraining a material printed by a printing apparatus from being copied
US7436551B2 (en) Image processing apparatus, image processing method, and storage medium
JP5371517B2 (ja) 二次元コードを取り扱うことができる装置、システム、方法、プログラム
US7509060B2 (en) Density determination method, image forming apparatus, and image processing system
US7573594B2 (en) Methods and systems for document reproduction management
CN101340504B (zh) 图像处理设备和图像处理方法
JP4827705B2 (ja) 画像処理装置および画像処理方法
JP2010206261A (ja) 文書管理装置、文書処理システム、文書管理方法
US8705078B2 (en) Image output system and method for logging image data storage location
CN100505821C (zh) 图像处理设备和其控制方法
US8374408B2 (en) Image processing apparatus and image processing method, program, and storage medium
JP2007336508A (ja) 画像複写装置及び画像処理システム
US8743427B2 (en) Image processing apparatus, information processing apparatus, and storage medium
JP4836260B2 (ja) 画像形成装置、画像形成方法、記録媒体及びプログラム
CN1606329A (zh) 信息处理装置和信息处理方法
JP4617328B2 (ja) 画像処理装置及びその処理方法
US8244035B2 (en) Image processing apparatus and control method thereof
US20100321739A1 (en) Image processing apparatus, image reading apparatus, image forming apparatus, image processing method and recording medium
US20080266610A1 (en) Device for controlling image processing based on paper fingerprint

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081022

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20081022

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090413

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090421

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090518

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20091124