JP2008200302A - 遊技台 - Google Patents

遊技台 Download PDF

Info

Publication number
JP2008200302A
JP2008200302A JP2007040168A JP2007040168A JP2008200302A JP 2008200302 A JP2008200302 A JP 2008200302A JP 2007040168 A JP2007040168 A JP 2007040168A JP 2007040168 A JP2007040168 A JP 2007040168A JP 2008200302 A JP2008200302 A JP 2008200302A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
game
symbol
symbol display
movable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007040168A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4972428B2 (ja
Inventor
Junichi Hokari
潤一 帆苅
Original Assignee
Daito Giken:Kk
株式会社大都技研
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Daito Giken:Kk, 株式会社大都技研 filed Critical Daito Giken:Kk
Priority to JP2007040168A priority Critical patent/JP4972428B2/ja
Publication of JP2008200302A publication Critical patent/JP2008200302A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4972428B2 publication Critical patent/JP4972428B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Abstract

【課題】新規性の高い演出により遊技に面白みを与えることができ、従来の遊技台よりも遊技者の遊技意欲を持続させることができる遊技台を提供する。
【解決手段】パチンコ機100は、遊技領域に設けた始動口に遊技球が入賞した場合に、装飾図柄の変動表示を開始する装飾図柄表示手段110と、装飾図柄表示手段110が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、装飾図柄表示手段110による表示を、遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段250と、待機位置および特定の動作位置の間を、装飾図柄の変動表示と関連して動作する情報報知用可動体可動体210および演出用可動体220と、を備える。
【選択図】図1

Description

本発明は、パチンコ機やスロットマシン等に代表される遊技台に関する。

従来、パチンコ機等の遊技台では、遊技盤の遊技領域に、遊技球が入賞可能な始動口と、複数個の図柄を変動表示可能な図柄表示部を備え、始動口に遊技球が入賞すると、図柄表示部の図柄を所定時間変動して、変動後の図柄が予め定めた特定図柄の組み合わせである特定態様になった場合に、可変入賞手段を所定時間開放させる等、遊技者に有利な遊技状態を発生させるようにしている。

この種の遊技台では、図柄表示部を画像表示装置等により構成し、その表示領域の図柄表示部に図柄を変動可能に表示すると共に、変動後の図柄が特定態様となる可能性が高いリーチ状態になった場合等、所定の条件になった場合に、表示領域の背景部分に、キャラクタ、その他の動画等を出現させて、その動画等により図柄変動を演出し、遊技者のゲームに対する興趣を喚起している。(例えば、特許文献1参照)。このような遊技台によれば画像表示装置の図柄の背景部分を利用して動画等による演出表示を行っているため、従来よりも斬新な演出を実現することができる。
特開平4−138188号公報

しかしながら、上記従来の遊技台は、画像表示装置の図柄の背景部分を利用して動画等による演出表示を行うといった技術により遊技者が長時間飽きずに遊技を継続できるように構成しているが、遊技者からは、更に別の観点により遊技が単調になることを解消でき、新規性の高い演出によって面白みのある遊技台の開発が望まれていた。

本発明は、このような問題を解決するためになされたものであって、新規性の高い演出により遊技に面白みを与えることができ、従来の遊技台よりも遊技者の遊技意欲を持続させることができる遊技台を提供しようとするものである。

本発明は、遊技領域に設けた始動口に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示を開始する図柄表示手段と、前記図柄表示手段が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、前記図柄表示手段による表示を、遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段と、待機位置および特定の動作位置の間を、図柄の変動表示と関連して動作する可動体と、を備えることを特徴とする、遊技台である。

本発明はまた、遊技領域に設けた始動口に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示を開始する図柄表示手段と、前記図柄表示手段が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、所定の情報に基づいて動作する情報報知用可動体と、図柄の変動表示と関連して動作する演出用可動体と、を備えることを特徴とする、遊技台である。

本発明はまた、遊技領域に設けた始動口に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示を開始する図柄表示手段と、前記図柄表示手段が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技球が入賞可能となる可変入賞口と、前記可変入賞口に遊技球が入賞した場合に、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、前記図柄表示手段を遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段と、前記図柄表示手段が前記特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報に基づいて動作し、前記図柄表示手段の一部の表示を遊技者から視認し難いように遮蔽する情報報知用可動体と、前記図柄表示手段が前記特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報に基づき、前記図柄表示手段の表示を遮蔽しない範囲で前記情報報知用可動体の動作と関連しない動作をする演出用可動体と、を備えることを特徴とする、遊技台である。

本発明に係る遊技台によれば、新規性の高い演出により遊技に面白みを与えることができ、従来の遊技台よりも遊技者の遊技意欲を持続することができる。

以下、図面を用いて、本発明の実施例1に係るパチンコ機(遊技台)について詳細に説明する。

<全体構成>

まず、図1を用いて、本発明の実施例1に係るパチンコ機100の全体構成について説明する。なお、同図はパチンコ機100を正面(遊技者側)から見た状態を示す略示正面図である。

パチンコ機100は、ガラスおよびガラス枠からなる前面扉(図示省略)の奥側にガラスを通して視認可能に配設した遊技盤(盤面)102を備えている。この遊技盤102には、遊技球(以下、単に「球」と称する場合がある。)を遊技盤102の中央に位置する遊技領域104に案内するための外レール106と内レール108を配設している。

遊技領域104の中央やや上側には、演出装置200を配設している。この演出装置200には、略中央に横長の装飾図柄表示装置110を配設し、右下に、普通図柄表示装置112と、特別図柄表示装置114と、普通図柄保留ランプ116と、特別図柄保留ランプ118と、高確中ランプ120を配設している。なお、以下、普通図柄を「普図」、特別図柄を「特図」と称する場合がある。

演出装置200は、可動部を動作して演出を行うものであり、詳細については後述する。

装飾図柄表示装置110は、装飾図柄(図8(b)参照)ならびに演出に用いる様々な画像を表示するための表示装置であり、本実施例では液晶表示装置によって構成する。この装飾図柄表示装置110は、左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110b、右図柄表示領域110cおよび演出表示領域110dの4つの表示領域に分割し、左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110bおよび左図柄表示領域110cはそれぞれ異なった装飾図柄を表示し、演出表示領域110dは演出に用いる画像を表示する。さらに、各表示領域110a、110b、110c、110dの位置や大きさは、装飾図柄表示装置110の表示画面内で自由に変更することを可能としている。

普図表示装置112は、普図(図8(c)参照)の表示を行うための表示装置であり、本実施例では7セグメントLEDによって構成する。特図表示装置114は、特図(図8(a)参照)の表示を行うための表示装置であり、本実施例では7セグメントLEDによって構成する。

普図保留ランプ116は、保留している普図変動遊技(詳細は後述)の数を示すためのランプであり、本実施例では、普図変動遊技を2つまで保留することを可能としている。特図保留ランプ118は、保留している特図変動遊技(詳細は後述)の数を示すためのランプであり、本実施例では、特図変動遊技を4つまで保留することを可能としている。高確中ランプ120は、遊技状態が高確率状態であること、または高確率状態になることを示すためのランプであり、遊技状態を低確率状態から高確率状態にする場合に点灯し、高確率状態から低確率状態にする場合に消灯する。

また、この演出装置200の周囲には、一般入賞口122と、普図始動口124と、第1特図始動口126と、第2特図始動口128と、可変入賞口130を配設している。

一般入賞口122は、本実施例では左右に2つずつ配設しており、この一般入賞口122への入球を所定の球検出センサ(図示省略)が検出した場合(一般入賞口122に入賞した場合)、後述する払出装置402を駆動し、所定の個数(本実施例では10個)の球を賞球として後述する貯留皿144に排出する。貯留皿144に排出した球は遊技者が自由に取り出すことが可能であり、これらの構成により、入賞に基づいて賞球を遊技者に払い出すようにしている。なお、一般入賞口122に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。本実施例では、入賞の対価として遊技者に払い出す球を「賞球」、遊技者に貸し出す球を「貸球」と区別して呼ぶ場合があり、「賞球」と「貸球」を総称して「球(遊技球)」と呼ぶ。

普図始動口124は、ゲートやスルーチャッカーと呼ばれる、遊技領域の所定の領域を球が通過したか否かを判定するための装置で構成しており、本実施例では左側に1つ配設している。普図始動口124を通過した球は一般入賞口122に入球した球と違って、遊技島側に排出することはない。球が普図始動口124を通過したことを所定の玉検出センサが検出した場合、パチンコ機100は、普図表示装置112による普図変動遊技を開始する。

第1特図始動口126は、本実施例では中央に1つだけ配設している。この第1特図始動口126への入球を所定の球検出センサが検出した場合、後述する払出装置402を駆動し、所定の個数(本実施例では3個)の球を賞球として後述する貯留皿144に排出するとともに、特図表示装置114による特図変動遊技を開始する。なお、第1特図始動口126に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

第2特図始動口128は、電動チューリップ(電チュー)と呼ばれ、本実施例では第1特図始動口126の真下に1つだけ配設している。この第2特図始動口128は、左右に開閉自在な羽根を備え、羽根の閉鎖中は球の入球が不可能であり、普図変動遊技に当選し、普図表示装置112が当たり図柄を停止表示した場合に羽根が所定の時間間隔、所定の回数で開閉する。第2特図始動口128への入球を所定の球検出センサが検出した場合、後述する払出装置402を駆動し、所定の個数(本実施例では5個)の球を賞球として後述する貯留皿144に排出するとともに、特図表示装置114による特図変動遊技を開始する。なお、第2特図始動口128に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

可変入賞口130は、大入賞口またはアタッカーと呼ばれ、本実施例では遊技領域104の中央部下方に1つだけ配設している。この可変入賞口130は、開閉自在な扉部材を備え、扉部材の閉鎖中は球の入球が不可能であり、特図変動遊技に当選し、特図表示装置114が大当たり図柄を停止表示した場合に扉部材が所定の時間間隔(例えば、開放時間29秒、閉鎖時間1.5秒)、所定の回数(例えば15回)で開閉する。可変入賞口130への入球を所定の球検出センサが検出した場合、後述する払出装置402を駆動し、所定の個数(本実施例では15球)の球を賞球として後述する貯留皿144に排出する。なお、可変入賞口130に入球した球は、パチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出する。

さらに、これらの入賞口や始動口の近傍には、風車と呼ばれる円盤状の打球方向変換部材132や、遊技釘134を複数個、配設していると共に、内レール108の最下部には、いずれの入賞口や始動口にも入賞しなかった球をパチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出するためのアウト口136を設けている。

遊技盤102の下方には、後述する発射モータ452によって回動する発射杆138と、この発射杆138の先端部に取り付けて球を遊技領域104に向けて打ち出す発射槌140と、この発射槌140によって打ち出す球を外レール106に導くための発射レール142と、球を一時的に貯留すると共に、貯留している球を順次、発射レール142に供給するための貯留皿144と、遊技者による押下操作が可能であり、所定の時期にその操作を検出した場合に上記装飾図柄表示装置110等による演出表示を変化させるためのチャンスボタン146を配設している。

また、発射杆138および発射槌140の下方には、発射杆138を制御して遊技領域104に向けて球の発射強度の操作を行うための操作ハンドル148を配設していると共に、貯留皿144の下方には、貯留皿144に貯留できない溢れ球を貯留するための下皿150を設けている。

このパチンコ機100は、遊技者が貯留皿144に貯留している球を発射レール142の発射位置に供給し、遊技者の操作ハンドル148の操作量に応じた強度で発射モータ452を駆動し、発射杆138および発射槌140によって外レール106、内レール108を通過させて遊技領域104に打ち出す。そして、遊技領域104の上部に到達した球は、打球方向変換部材132や遊技釘134等によって進行方向を変えながら下方に落下し、入賞口(一般入賞口122、可変入賞口130)や始動口(第1特図始動口126、第2特図始動口128)に入賞するか、いずれの入賞口や始動口にも入賞することなく、または普図始動口124を通過するのみでアウト口136に到達する。

<演出装置>

次に、図2〜図7を用いて、パチンコ機100の演出装置200について説明する。

図2(a)および(b)は、演出装置200の正面図および側断面図である。同図に示すように、演出装置200は、遊技盤102に形成した穴に正面から挿入して固定するセンターケース202およびセンターケース202を後方から覆うように遊技盤102の背面に固定する透明樹脂製のブラケット204を備えている。

このセンターケース202には、情報報知用可動体210、演出用可動体220、ワープ装置230および演出用ランプ240を配設し、ブラケット204には、装飾図柄表示装置110および遮蔽手段250を配設している。すなわち、演出装置200において、装飾図柄表示装置110および遮蔽手段250は、情報報知用可動体210、演出用可動体220、ワープ装置230および演出用ランプ240の後方に位置することとなる。

パチンコ機100では、遊技盤102の略中央に配設した演出装置200に全ての可動物を集中して配設しているため、可動物を動作しても、遊技領域104を通過する遊技球の軌道をむやみに乱すことはなく、また、可動物の動作を遊技盤の中央でのみ行うことから、あたかも遊技盤全体が動いているような錯覚を遊技者に与えることも可能としている。

情報報知用可動体210は、笠または手ぬぐいを頭に被った地蔵を模した人形であり、本実施例では、正面から見てセンターケース202の下部近傍に5体を左から右へ水平方向に並べて配設している。この情報報知用可動体210は、ソレノイド212により上下方向に移動する。すなわち、センターケース202の陰に隠れて遊技者から視認不可能となる待機位置から、遊技者から視認可能となる上方の突出位置まで突出する。そして、この突出位置において、情報報知用可動体210は、後方の装飾図柄表示装置110の一部の表示を遊技者から視認し難いように遮蔽するようにしている。また、情報報知用可動体210の前方には透明のカバー206を配設している。これにより、情報報知用可動体210の動作範囲内に遊技球が入り込むのを防いでいる。

図3(a)は、情報報知用可動体210が待機位置にいる場合を示す側面図であり、図3(b)は、情報報知用可動体210が突出位置にいる場合を示す側面図である。同図に示すように、情報報知用可動体210は、ソレノイド212を励磁することで上方の突出位置に移動し、ソレノイド212の励磁を解くとバネにより待機位置に戻るようになっている。

なお、情報報知用可動体210は、ソレノイド212以外の手段により駆動するものであってもよい。

図4(a)〜(c)は、情報報知用可動体210をベルト260及びベルト260に取り付けた突起262により駆動する例を示す図である。同図に示すように、この例では、水平方向に配列した5体の情報報知用可動体210の下方に2つのプーリ264に巻きまわしたベルト260を配設し、このベルト260には複数の突起262を外側に突出するように取り付けている。図4(a)に示すように複数の突起262が下方に位置する場合は、情報報知用可動体210は待機位置となる。そしてモータ等によりプーリ264を回転駆動してベルト260を右回りに回転させると、複数の突起262はベルト260と共に上方に移動し、突起262が情報報知用可動体210を左から順に突出位置まで押し上げる(図4(b))。全ての突起262が上方に位置すると、全ての情報報知用可動体210を突出位置に押し上げる(図4(c))。さらにベルト260を回転すると、左から順に情報報知用可動体210の下から突起262が外れていくため、情報報知用可動体210は、左から順に待機位置まで下がることとなる。

図5(a)〜(d)は、情報報知用可動体210を複数の形状の異なるカム270を設けた軸272により駆動する例を示す図である。同図に示すように、この例では、水平方向に配列した5体の情報報知用可動体210の下方に、モータ等により回転駆動する軸272を、情報報知用可動体210の列と平行に配設し、この軸272には、5体の情報報知用可動体210の直下の部分にそれぞれ形状の異なるカム270a〜eを設けている。このカム270a〜eは、下から情報報知用可動体210を支持し、軸272が1回転するごとに、情報報知用可動体210を、それぞれ異なるタイミングで待機位置から突出位置まで押し上げ、同時に突出位置から待機位置まで下げる形状をしている。

図5(a)は、全ての情報報知用可動体210が待機位置にいる場合であり、この状態では、カム270a〜eは、情報報知用可動体210を待機位置の高さで支持している。この状態から、軸272が時計回りに60度回転すると、カム270aが一番左の情報報知用可動体210を突出位置まで押し上げる(図5(b))。さらに軸272が60度回転すると、カム270bが左から2番目の情報報知用可動体210を突出位置まで押し上げる(図5(c))。このように、カム270a〜eは、軸272が60度回転するごとに情報報知用可動体210を左から順に1つずつ突出位置まで押し上げるため、軸272が合計300度回転したときに、5体の情報報知用可動体210が全て突出位置にいる状態となる(図5(d))。図5(d)の状態から軸272がさらに60度回転、すなわち軸272が1回転すると、全ての情報報知用可動体210は同時に待機位置まで下がる。

図2に戻って、演出用可動体220は、小屋を模した模型であり、屋根部222、屋根部222の左右両端部から下方に伸びる柱部224、ならびに屋根部222および柱部224を保持する背面板225からなる。この演出用可動体220は、背面板225をセンターケース202の背面にネジで固定して、正面から見て、情報報知用可動体210の後方の、センターケース202の略中央に配設し、屋根部222および2つの柱部224に囲まれた空間を通して、後方の装飾図柄表示装置110の全ての表示を遊技者に視認可能としている。また、演出用可動体220は、動作していないときは、通常、柱部224が直立した待機状態で静止するが、何か情報を遊技者に報知する場合や特別な演出を行う場合は、柱部224が傾いた状態で静止することもある。

図6(a)および(b)は、センターケース202の側断面図および背面図である。同図に示すように、演出用可動体220は、屋根部222および柱部224の上端(長孔を設けている)をピン226により回動可能に接合し、柱部224の下端および背面板225を、ピン226により回動可能に接合している。さらに、屋根部222は、背面板225の背面に固定したソレノイド228により正面から見て左右方向に往復動し、屋根部222の背面から後方に突設する先端が鉤状の係止部229aを背面板225に設けた屋根部222の動作方向を左右方向のみに規制する規制用孔部229bに係止している。すなわち、屋根部222はソレノイド228により正面から見て左右方向に往復動し、柱部224は屋根部222の動作につれて正面から見て左右方向に下端を中心として揺動する。これにより、演出用可動体220は、あたかも、小屋が地震や風等により横揺れしているような動作をすることを可能としている。なお、演出用可動体220は、動作しても後方の装飾図柄表示装置110の表示を遮蔽しないように配置している。また、規制用孔部229bは、背面視左端から所定長さの範囲について、高さ方向の幅が右方より広くなるように形成している。これは、背面板225から屋根部222を取り外す際に、屋根部背面の鉤状をした係止部229aを通過させるための取り出し口として作用するようにしており、組立後は、係止部229aは取り出し口よりも充分に右側に位置し、ソレノイド228により屋根部222を駆動している期間中も係止部は取り出し口よりも充分に右側から右端までの範囲で移動するように構成している。

図2に戻って、ワープ装置230は、センターケース202の左上方に設けた入球口232に入った遊技球をセンターケース202の前面下方の前面ステージ234に排出し、さらに、前面ステージ234に排出した遊技球が前面ステージ234の中央部後方に設けた第2の入球口236に入った場合は、遊技球を、第1特図始動口126の上方であるセンターケース202の下部中央に設けた排出口238から第1特図始動口126に向けて排出するものである。この排出口238から排出した遊技球は特図始動口126に入球しやすくなっている。また、前面ステージ234に排出した遊技球は、略水平方向に転動するため、演出用可動体220による横揺れの演出効果をさらに増幅することができる。

演出用ランプ240は、正面から見て、センターケース202の右側に配設している。この演出用ランプ240は、立体的な竹を摸した半透明の板をセンターケース202の前方部に配設し、この板の後方に、前面に竹の節に対応する箇所に複数のLEDを配設し、背面にコネクタを設けたLED基板242を配設したものであり、各種演出に合わせて点灯、点滅または消灯するものである。

遮蔽手段250は、小屋の扉(障子戸)を模した格子状の左扉250aおよび右扉250bからなり、装飾図柄表示装置110および演出用可動体220の間に配設する。

図7(a)および(b)は、ブラケット204の正面図および側断面図である。同図に示すように、左扉250aおよび右扉250bの上部には、2つのプーリ252に巻き回したベルト254をそれぞれ固定している。すなわち、左扉250aおよび右扉250bは、モータ256によりプーリ252を介して駆動するベルト254の動作に伴って左右にそれぞれ移動する。これにより、遮蔽手段250は、あたかも、小屋の扉を左右に開閉するような動作をすることを可能としている。遮蔽手段250は、左右扉250a、250bを閉じた状態ではそれぞれの内側端部が重なり、遊技者が装飾図柄表示装置110を視認し難いように遮蔽する。左右扉250a、250bを開いた状態ではそれぞれの内側端部が装飾図柄表示装置110の表示画面の外側端部と若干重なるが、遊技者は装飾図柄表示装置110の表示の全てを視認可能である。また、左右扉250a、250bは、それぞれ任意の位置で停止可能であり、例えば、表示した装飾図柄がどの装飾図柄であるかを遊技者が識別可能な程度に、装飾図柄の一部だけを遮蔽するようなことができる。なお、左右扉250a、250bは、格子の孔から後方の装飾図柄表示装置110の一部を視認可能にしてもよいし、格子の孔の障子部分を半透明のレンズ体で塞ぎ、後方の装飾図柄表示装置110による表示を漠然と遊技者に視認させるようにしてもよいし、格子の孔の障子部分を完全に塞ぎ(遮蔽し)、後方の装飾図柄表示装置110を全く視認不可にしてもよい。

<図柄の種類>

次に、図8(a)〜(c)を用いて、パチンコ機100の特図表示装置114、装飾図柄表示装置110、普図表示装置112が停止表示する特図および普図の種類について説明する。

図8(a)は特図の停止表示態様の一例を示したものである。本実施例の特図の停止表示態様には、大当たり図柄である「特図1」と、外れ図柄である「特図2」の2種類がある。第1特図始動口126または第2特図始動口128に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出したことを条件として特図変動遊技を開始した場合には、特図表示装置114は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す「特図の変動表示」を行う。そして、特図の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図変動遊技の当選を報知する場合には「特図1」を停止表示し、特図変動遊技の外れを報知する場合には「特図2」を停止表示する。なお、図中の白抜きの部分が消灯するセグメントの場所を示し、黒塗りの部分が点灯するセグメントの場所を示している。

図8(b)は装飾図柄の一例を示したものである。本実施例の装飾図柄には、「装飾1」〜「装飾8」の8種類がある。第1特図始動口126または第2特図始動口128に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出したことを条件にして、装飾図柄表示装置110の左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110b、右図柄表示領域110cの各図柄表示領域に、「装飾1」→「装飾2」→「装飾3」→・・・・「装飾7」→「装飾8」→「装飾1」→・・・の順番で表示を切り替える「装飾図柄の変動表示」を行う。そして、大当たりを報知する場合には、図柄表示領域110a〜110cに大当たりに対応する図柄組合せ(本実施例では、同一の数字の装飾図柄の組合せ(例えば、「装飾2−装飾2−装飾2」))を停止表示し、特別大当たりを報知する場合には、特別大当たりに対応する図柄組合せ(本実施例では、同一の奇数番号数字の装飾図柄の組合せ(例えば、「装飾1−装飾1−装飾1」))を停止表示する。なお、大当たりに対応する図柄の組合せを停止表示した場合には、大当たり遊技または特別大当たり遊技を開始し、特別大当たりに対応する図柄の組合せを停止表示した場合には、特別大当たり遊技を開始する。また、外れを報知する場合には、図柄表示領域110a〜110cに大当たりに対応する図柄組合せ以外の図柄組合せを停止表示した後で、保留している装飾図柄の変動表示があれば、その変動表示を開始する。

図8(c)は普図の停止表示態様の一例を示したものである。本実施例の普図の停止表示態様には、当たり図柄である「普図1」と、外れ図柄である「普図2」の2種類がある。普図始動口124を球が通過したことを所定の球検出センサが検出したことを条件として普図表示遊技を開始した場合には、普図表示装置112は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す「普図の変動表示」を行う。そして、普図変動遊技の当選を報知する場合には「普図1」を停止表示し、普図変動遊技の外れを報知する場合には「普図2」を停止表示する。

<制御部>

次に、図9を用いて、このパチンコ機100の制御部の回路構成について詳細に説明する。なお、同図は制御部の回路ブロック図を示したものである。

パチンコ機100の制御部は、大別すると、遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号(以下、単に「コマンド」と呼ぶ)に応じて、主に演出の制御を行う演出制御部350と、主制御部300が送信するコマンドに応じて、主に遊技球の払い出しに関する制御を行う払出制御部400と、遊技球の発射制御を行う発射制御部450と、パチンコ機100に供給される電源を制御する電源管理部500によって構成している。

<主制御部>

まず、パチンコ機100の主制御部300について説明する。

主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備えており、この基本回路302には、CPU304と、制御プログラムや各種データを記憶するためのROM306と、一時的にデータを記憶するためのRAM308と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O310と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ312を搭載している。なお、ROM306やRAM308については他の記憶手段を用いてもよく、この点は後述する演出制御部350についても同様である。この基本回路302のCPU304は、水晶発信器314が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。

また、基本回路302には、水晶発信器314が出力するクロック信号を受信する度に0〜65535の範囲で数値を変動させるハードウェア乱数カウンタとして使用しているカウンタ回路316(この回路には2つのカウンタを内臓しているものとする)と、各始動口、入賞口の入り口および可変入賞口の内部に設けた球検出センサを含む各種センサ318が出力する信号を受信し、増幅結果や基準電圧との比較結果をカウンタ回路316および基本回路302に出力するためのセンサ回路320と、特図表示装置114の表示制御を行うための表示回路322と、普図表示装置112の表示制御を行うための表示回路324と、各種状態表示部326(普図保留ランプ116、特図保留ランプ118、高確中ランプ118等)の表示制御を行うための表示回路328と、第2特図始動口128や可変入賞口130等を開閉駆動する各種ソレノイド330を制御するためのソレノイド回路332を接続している。

なお、第1特図始動口126に球が入賞したことを球検出センサ318が検出した場合には、センサ回路320は球を検出したことを示す信号をカウンタ回路316に出力する。この信号を受信したカウンタ回路316は、第1特図始動口126に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、第1特図始動口126に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。また、カウンタ回路316は、第2特図始動口128に球が入賞したことを示す信号を受信した場合も同様に、第2特図始動口128に対応するカウンタのそのタイミングにおける値をラッチし、ラッチした値を、第2特図始動口128に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶する。

さらに、基本回路302には、情報出力回路334を接続しており、主制御部300は、この情報出力回路334を介して、外部のホールコンピュータ(図示省略)等が備える情報入力回路550にパチンコ機100の遊技情報(例えば、遊技状態)を出力する。

また、主制御部300は、演出制御部350にコマンドを送信するための出力インタフェースと、払出制御部400にコマンドを送信するための出力インタフェースをそれぞれ備えており、この構成により、演出制御部350および払出制御部400との通信を可能としている。なお、主制御部300と演出制御部350および払出制御部400との情報通信は一方向の通信であり、主制御部300は演出制御部350および払出制御部400にコマンド等の信号を送信できるように構成しているが、演出制御部350および払出制御部400からは主制御部300にコマンド等の信号を送信できないように構成している。

<演出制御部>

次に、パチンコ機100の演出制御部350について説明する。

演出制御部350は、主に主制御部300が送信したコマンド等に基づいて演出制御部350の全体を制御する基本回路352を備えており、この基本回路352には、CPU354と、制御プログラムや各種データを記憶するためのROM356と、一時的にデータを記憶するためのRAM358と、各種デバイスの入出力を制御するためのI/O360と、時間や回数等を計測するためのカウンタタイマ362を搭載している。この基本回路352のCPU354は、水晶発信器364が出力する所定周期のクロック信号をシステムクロックとして入力して動作する。

また、基本回路352には、スピーカ366(およびアンプ)の制御を行うための音源IC368と、各種ランプ370の制御を行うための表示回路372と、演出装置200の情報報知用可動体210および演出用可動体220を駆動するソレノイド212、228またはモータ等が含まれる各種演出用ソレノイド等374の制御を行うためのソレノイド回路376と、装飾図柄表示装置(液晶表示装置)110および遮蔽手段250の制御を行うための液晶制御回路378と、チャンスボタン146を接続している。

<払出制御部、発射制御部、電源制御部>

次に、パチンコ機100の払出制御部400、発射制御部450、電源制御部500について説明する。

払出制御部400は、主に主制御部300が送信したコマンド等の信号に基づいて払出装置402を制御すると共に、払出センサ404が出力する制御信号に基づいて賞球または貸球の払い出しが完了したか否かを検出すると共に、インタフェース部406を介して、パチンコ機100とは別体で設けられたカードユニット552との通信を行う。

発射制御部450は、払出制御部400が出力する、発射許可または停止を指示する制御信号や、操作ハンドル148内に設けた発射強度出力回路が出力する、遊技者による発射ハンドル148の操作量に応じた発射強度を指示する制御信号に基づいて、発射杆138および発射槌140を駆動する発射モータ452の制御や、貯留皿144から発射レール142に球を供給する球送り装置454の制御を行う。

電源制御部500は、パチンコ機100に外部から供給される交流電源を直流化し、所定の電圧に変換して主制御部300、演出制御部350等の各制御部や払出装置402等の各装置に供給する。さらに、電源制御部500は、外部からの電源が断たれた後も所定の部品(例えば主制御部300のRAM308等)に所定の期間(例えば10日間)電源を供給するための蓄電回路(例えばコンデンサ)を備えている。

<主制御部のデータテーブル>

次に、図10を用いて、パチンコ機100の主制御部300のROM306が記憶しているデータテーブルについて説明する。なお、同図(a)は大当たり判定テーブルの一例を、同図(b)は高確率状態移行判定テーブルの一例を、同図(c)はタイマ番号決定テーブルの一例を、それぞれ示した図である。

図10(a)に示す大当たり判定テーブルは、RAM308に設けた遊技状態格納領域に記憶している情報(以下、単に「遊技情報」と称する。)の種類と、第1特図始動口126に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出した場合に使用する抽選データ(第1特図始動口用抽選データ)と、第2特図始動口128に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出した場合に使用する抽選データ(第2特図始動口用抽選データ)と、を対応付けて記憶したデータテーブルである。主制御部300の基本回路302は、これらの情報を用いて特図変動遊技を当選(大当たり)とするか、不当選(外れ)とするかの決定、すなわち「大当たり判定」を行う。なお、「遊技情報」は、特図変動遊技を所定の低確率で当選と判定する低確率状態を示す情報、および低確率よりも高い高確率で特図変動遊技を当選と判定する高確率状態を示す情報等を含むが、以下、これらを単に「低確率状態」および「高確率状態」と称する。また、遊技状態格納領域に記憶する情報には別の情報もあるが、これらの情報については後述する。

第1特図始動口用抽選データは、第1特図始動口126に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出した場合に開始する特図変動遊技の結果を決定するために使用する抽選データである。例えば、遊技状態が低確率状態の場合、取得した特図当選乱数値(乱数値については後述する)が10001〜10187であるときは、特図変動遊技の当選と判定する。一方、取得した特図当選乱数値が10001〜10187以外の数値である場合には、特図変動遊技の外れと判定する。なお、本実施例では、特図当選乱数値の取り得る数値範囲は0〜65535(数値範囲の大きさは65536)、低確率状態における第1特図始動口用抽選データが示す数値範囲は10001〜10187(数値範囲の大きさは187)であるから、低確率状態の第1特図始動口126への球の入賞に基づく特図変動遊技の当選確率は、約1/350.4(=187/65536)である。これに対して、高確率状態における第1特図始動口用抽選データが示す数値範囲は30001〜31310(数値範囲の大きさは1310)であるから、高確率状態の第1特図始動口126への球の入賞に基づく特図変動遊技の当選確率は約1/50.0(=1310/65536)であり、第1特図始動口126への球の入賞に基づく特図変動遊技の当選確率は、低確率状態よりも高確率状態の方が高くなるように設定している。

第2特図始動口用抽選データは、第2特図始動口128に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出した場合に開始する特図変動遊技の結果を決定するために使用する抽選データである。例えば、遊技状態が低確率状態の場合、取得した特図当選乱数値が20001〜20187であるときには、特図変動遊技の当選と判定する。一方、取得した特図当選乱数値が20001〜20187以外の数値である場合には、特図変動遊技の外れと判定する。なお、本実施例では、特図当選乱数値の取り得る数値範囲は0〜65535(数値範囲の大きさは65536)、低確率状態における第2特図始動口用抽選データが示す数値範囲は20001〜20187(数値範囲の大きさは187)であるから、低確率状態の第2特図始動口128への球の入賞に基づく特図変動遊技の当選確率は、約1/350.4(=187/65536)である。これに対して、高確率状態における第2特図始動口用抽選データが示す数値範囲は40001〜41310(数値範囲の大きさは1310)であるから、高確率状態の第2特図始動口128への球の入賞に基づく特図変動遊技の当選確率は約1/50.0(=1310/65536)であり、第2特図始動口128への球の入賞に基づく特図変動遊技の当選確率は、低確率状態よりも高確率状態の方が高くなるように設定している。

図10(c)に示すタイマ番号決定テーブルは、特図表示装置114による特図の変動表示を開始してから停止表示をするまでの変動時間を示すタイマ番号を決定するための抽選に使用する抽選データを記憶したデータテーブルである。主制御部300の基本回路302は、これらの情報と、上記の大当たり判定結果(後述する大当たりフラグの値)および後述するタイマ乱数の値に基づいて、タイマ番号を決定する。なお、本実施例では、特図タイマ乱数値(乱数値については後述する)の取り得る数値範囲は0〜65535(数値範囲の大きさは65536)、上記の大当たり判定結果が不当選の場合は、タイマ1のタイマ乱数の範囲は0〜60235(数値範囲の大きさは60236)であるから、タイマ番号としてタイマ1(変動時間5秒、リーチなし)を選択する確率は60236/65536である。また、タイマ番号として、タイマ2(変動時間10秒、ノーマルリーチ)を選択する確率は4250/65536、タイマ3(変動時間20秒、ロングリーチ)を選択する確率は800/65536、タイマ3(変動時間40秒、マルチラインリーチ)を選択する確率は250/65536である。一方、大当たり判定結果が当選の場合は、タイマ2のタイマ乱数の範囲は0〜15535(数値範囲の大きさは15536)であるから、タイマ番号としてタイマ2(変動時間10秒、ノーマルリーチ)を選択する確率は15535/65536である。また、タイマ番号として、タイマ3(変動時間20秒、ロングリーチ、ノーマルリーチ(再変動))を選択する確率は9000/65536、タイマ4(変動時間40秒、マルチラインリーチ)を選択する確率は38000/65536、タイマ5(変動時間50秒、全回転リーチ)を選択する確率は3000/65536である。

<演出制御部のデータテーブル>

次に、図11〜図18を用いて、パチンコ機100の演出制御部350のROM356が記憶しているデータテーブルについて説明する。

図11(a)は上記の大当たり判定の結果が不当選(後述する大当たりフラグがオフ)の場合に使用する変動番号選択テーブルの一例を示したものであり、同図(b)は上記の大当たり判定の結果が当選(後述する大当たりフラグがオン)の場合に使用する変動番号選択テーブルの一例を示したものである。

同図(a)および(b)に示す変動番号選択テーブルは、装飾図柄表示装置110における演出表示態様を決定するためのデータテーブルであり、タイマ番号、上記の確変移行判定の結果(後述する確変フラグの値)、および後述する変動決定用乱数の値に基づいた変動番号の決定に使用する。なお、変動番号選択テーブルの「変動態様」の項目に対応する列には、変動番号に対応する変動態様を参考までに記載しており、例えば、変動番号の変動11を選択した場合には、後述する変動態様「ロングリーチ」で装飾図柄表示装置110の表示制御を行い、変動番号の変動19を選択した場合には、後述する変動態様「全回転リーチ」で装飾図柄表示装置110の表示制御を行うことを示している。

例えば、上記の大当たり判定の結果が不当選、タイマ番号がタイマ1、確変フラグがオン(またはオフ)の場合には、図11(a)に示す、大当たりフラグがオフの場合の変動番号選択テーブルを参照する。この場合、タイマ番号=タイマ1に対応する変動決定用乱数値の数値範囲は0〜127(数値範囲の大きさは128)であるから、変動番号として、100%(=128/128)の確率で、すなわち取得した変動決定用乱数値に関わらず変動1を選択し、RAM358に設けている変動番号記憶領域に、選択結果が変動1であることを示す情報を記憶する。また、大当たり判定の結果に当選し、タイマ番号がタイマ2、確変フラグがオフの場合には、図11(b)に示す、大当たりフラグがオンの場合の変動番号選択テーブルを参照する。この場合、タイマ番号=タイマ2、確変フラグ=オフに対応する変動決定用乱数値の数値範囲は0〜47(数値範囲の大きさは48)と48〜127(数値範囲の大きさは80)の2種類があるから、変動番号として、48/128の確率で変動6を選択し、80/128の確率で変動7を選択する。

図12〜図14は、図11を用いて決定した変動番号、後述する図柄決定用乱数の値に基づいて装飾図柄表示装置110に仮停止させる仮停止図柄の組合せ、および停止表示させる停止図柄の組合せを決定するための図柄決定テーブルの一例を示した図であり、図12(a)は変動番号が変動1である場合に使用し、仮停止および停止させる装飾図柄の組合せの種類を決定するための図柄決定テーブルの一例を、同図(b)は変動2〜変動5に対応する図柄決定テーブルの一例を、同図(c)は変動6、10、13、14、18に対応する図柄決定テーブルの一例を示したものである。また、図13(a)は変動7に対応する図柄決定テーブルの一例を、同図(b)は変動9に対応する図柄決定テーブルの一例を、同図(c)は変動11、15、16、19に対応する図柄決定テーブルの一例を、図14(a)は変動8、17、20に対応する図柄決定テーブルの一例を、同図(b)は変動12に対応する図柄決定テーブルの一例を、それぞれ示したものである。なお、仮停止図柄の組合せは、図柄が停止図柄の組合せとなる前に一時的に停止する仮の停止図柄の組合せを示しており、停止図柄の組合せは、最終的に停止する停止図柄の組合せを示している。

また、図12(a)および(b)に示す、変動1〜変動5に対応する図柄決定テーブルは、大当たり判定が不当選の場合(外れの場合)に選択するテーブルであり、図12(c)、図13(a)に示す、変動6、10、13、14、18、7に対応する図柄決定テーブルは、大当たり判定が当選で確変移行判定が不当選の場合(大当たりの場合)に選択するテーブルであり、図13(b)および(c)、図14(a)および(b)に示す、変動9、11、15、16、19、8、17、20、12に対応する図柄決定テーブルは、大当たり判定が当選で確変移行判定も当選の場合(特別大当たりの場合)に選択するテーブルである。ここで、図13(b)および(c)、図14(a)および(b)に示すテーブルは特別大当たりの場合にのみ選択するように構成しているが、このテーブルを用いて停止図柄の組合せを選択した場合には、図柄表示領域110a〜110cに特別大当たりに対応する図柄組合せではなく、大当たりに対応する図柄組合せを停止表示する場合を含んでいる。もちろん停止表示後には特別大当たり遊技を開始し、大当たり動作の終了後には高確率状態に設定する。

演出制御部350は、例えば、変動番号が変動6である場合には、図12(c)に示す図柄決定テーブルを参照する。この場合、変動6に対応する図柄決定用乱数値(乱数値については後述する)の数値範囲は、0〜31(数値範囲の大きさは32)、32〜63(数値範囲の大きさは32)、64〜95(数値範囲の大きさは32)、96〜127(数値範囲の大きさは32)の4種類があるから、停止図柄の組合せとして、それぞれ1/4(=32/128)の確率で、「装飾2−装飾2−装飾2」、「装飾4−装飾4−装飾4」、「装飾6−装飾6−装飾6」、または、「装飾8−装飾8−装飾8」のいずれかを選択する。

図15は、ステージ移行判定テーブルの一例を示すものである。本実施例では、高確率状態、低確率状態にかかわらず、背景演出状態をステージ1とステージ2の2つに区別し、どちらのステージであるかについての情報をRAM358のステージ番号記憶領域に記憶している。演出制御部350は、装飾図柄表示装置110の表示を、ステージごとに異なる態様で行い、さらに、演出装置200の動作パターンを選択するときに、遊技状態が低確率状態かつ背景演出状態がステージ1の場合と、遊技状態が低確率状態かつ背景演出状態がステージ2または高確率状態の場合とで、異なるテーブルを参照する。このステージの移行判定は、第1特図始動口126または第2特図始動口128に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出して特図変動遊技を開始する際に行い、現在の遊技状態(低確率状態または高確率状態)、背景演出状態(ステージ1またはステージ2)、大当たり判定結果(大当たりまたは外れ)および取得したステージ移行乱数値から、図15に示すステージ移行判定テーブルを参照してステージを移行するか否かを判定し、ステージを移行する場合は新たなステージ番号をRAM358のステージ番号記憶領域に記憶する。本実施例では、背景演出状態がステージ1の場合には、後述する図22〜図30のような装飾図柄表示装置110による演出表示画像の背景表示として和室の壁を表示するようにしている。また、ステージ2の場合には、背景表示として、和室とは異なる洋室の壁を表示するようにしている。このように、特定の演出を選択する状態を背景表示画像で報知することで、多彩な演出を可能にしている。

例えば、現在の遊技状態が低確率状態かつ背景演出状態がステージ1であり、大当たり判定結果が大当たりである場合、取得したステージ移行乱数値の数値範囲が0〜7(数値範囲の大きさは8)ならばステージは移行せず、取得したステージ移行乱数値の数値範囲が8〜127(数値範囲の大きさは120)ならばステージ2へ移行する。

図16は、現在の遊技状態が低確率状態かつ背景演出状態がステージ1の場合の、演出装置200の動作パターン選択テーブルの一例を示すものである。この動作パターン選択テーブルは、取得した地震予告選択用乱数値の範囲により変動番号と地震予告の「無」、「小」、「中」、「大」の4つの動作パターンとを対応付け、また、取得したステップアップ選択用乱数値の範囲により変動番号とステップアップ予告の0〜5の6つの動作パターンとを対応付けたものである。ここで地震予告とは演出用可動体220および遮蔽手段250の演出動作のことであり、「無」、「小」、「中」、「大」とは、それぞれ動作無し、小さい動作、中くらいの動作、大きい動作といった異なる動作態様であることを示している。また、ステップアップ予告とは情報報知用可動体210の演出動作のことであり、0〜5は、突出位置まで突出させる情報報知用可動体210の個数を示している。例えば、0の場合は、情報報知用可動体210を1つも突出させないことを示し、1の場合は正面から見て左端の1つだけを突出動作させ、2の場合は左端の2つを突出動作させ、同様に3または4の場合は、左端の3つまたは4つを突出動作させ、5の場合は全てを突出動作させることを示している。

演出制御部350は、RAM358の変動番号記憶領域に記憶した変動番号および取得した地震予告選択用乱数値から、この動作パターン選択テーブルを参照して、地震予告の動作パターンとして、「無」、「小」、「中」、「大」のいずれかを選択する。例えば、変動番号が10であり、取得した地震予告選択用乱数値の数値範囲が0〜31(数値範囲の大きさは32)ならば「小」を、32〜79(数値範囲の大きさは48)ならば「中」を、80〜127(数値範囲の大きさは48)ならば「大」を選択する。また、演出制御部350は、変動番号および取得したステップアップ予告選択用乱数値から、この動作パターン選択テーブルを参照して、ステップアップ予告の動作パターンとして、0〜5のいずれかを選択する。上記と同様に変動番号が10の場合、取得したステップアップ予告選択用乱数値の数値範囲が0〜31(数値範囲の大きさは32)ならば0を、32〜95(数値範囲の大きさは64)ならば1を、96〜127(数値範囲の大きさは32)ならば2を選択する。このように、本実施例では、地震予告の動作パターンの選択およびステップアップ予告の動作パターンの選択において、それぞれ専用の乱数値を取得することにより、両者の動作パターンの組合せを多彩にし、遊技の面白みを増加することを可能としている。

図17は、現在の遊技状態が低確率状態かつ背景演出状態がステージ2または高確率状態の場合の、演出装置200の動作パターン選択テーブルの一例を示すものである。

図16および図17に示す動作パターン選択テーブルによれば、演出制御部350は、変動番号が1〜5(外れ)の場合、地震予告の動作パターンは「無」または「小」を高い確率で選択し、ステップアップ予告の動作パターンは、0または1を選択するようにしている。また、変動番号が6〜20(大当たり)の場合、演出制御部350は、地震予告の動作パターンは「大」または「中」を高い確率で選択し、ステップアップ予告の動作パターンは、5または4を高い確率で選択するようにしている。すなわち、地震予告の動きが大きく、ステップアップ予告の突出数が多いほど、大当たりの可能性が高いことを遊技者に対して報知するようにしている。ただし、演出動作と大当たりの可能性との関連性に遊技者が慣れてしまわないように、上記の関連性の傾向に反する例外的な動作パターンを選択する場合もあり、特に、図16に示す低確率状態かつステージ1の場合の動作パターン選択テーブルでは、この例外的な動作パターンを選択する確率を高くしている。例えば、変動番号4または5のように、外れでも地震予告の動作を大きくし、ステップアップ予告の突出数を多くする確率を高めに設定し、変動番号6〜12のように大当たりでもステップアップ予告の突出数が3以上とならないように設定している。

図18は、遊技状態が低確率状態かつ背景演出状態がステージ1であり、ステップアップ予告として3を選択した場合の特殊変動選択用テーブルの一例を示すものである。特殊変動とは、上述したノーマルリーチ等の変動態様にさらに演出効果を付加するものである。この特殊変動には、「全図柄移動」、「右図柄移動」、「風船出現」、「メッセージ表示」の4種類があり、それぞれの詳細については後述する。図18の特殊変動選択用テーブルにおいて「無」とあるのは、特殊変動を行わない場合のことである。

演出制御部350は、RAM358の変動番号記憶領域に記憶した変動番号および取得した特殊変動選択用乱数値から、この特殊変動選択テーブルを参照して、上記4つの特殊変動のいずれかを選択する。例えば、変動番号が14の場合、取得した特殊変動選択用乱数値の数値範囲が0〜45(数値範囲の大きさは46)ならば「無」を選択し、46〜93(数値範囲の大きさは48)ならば「全図柄移動」を選択し、94〜124(数値範囲の大きさは31)ならば「右図柄移動」を選択し、125〜126(数値範囲の大きさは2)ならば「風船出現」を選択し、127(数値範囲の大きさは1)ならば「メッセージ表示」を選択する。

<主制御部メイン処理>

次に、図19を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部メイン処理について説明する。なお、同図は主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。

主制御部300には、電源が投入されるとリセット信号を出力するリセット信号出力回路を設けている。このリセット信号を入力した基本回路302のCPU304は、リセット割り込みによりリセットスタートしてROM306に予め記憶している制御プログラムに従って処理を実行し、まず、ステップS101で各種の初期設定を行う。この初期設定では、入出力ポートの初期設定、各種変数の初期化、後述する主制御部タイマ割り込み処理を定期毎に実行するための周期を決める数値をカウンタタイマ312に設定する処理等を行う。

ステップS102では、復帰データ(前回、電源が遮断された時点における制御状態を復帰させるための情報を保存したデータ)をRAM308が記憶しているか否かを判断する。そして、復帰データをRAM308に記憶していた場合にはステップS103に進み、記憶していなかった場合にはステップS104に進む。

ステップS103では、復帰データを用いて、電源の遮断前の状態に復帰する。例えば、電源の遮断前に行っていた処理が後述するステップS104における所定の乱数カウンタの更新を行う直前の処理の場合は、その所定の乱数カウンタの更新から開始する。

ステップS104では、ソフトウェア乱数カウンタの更新を行う。ここでは、普図当選乱数カウンタ、および特図乱数値カウンタの初期値をそれぞれ生成するための2つの初期値生成用乱数カウンタと、普図タイマ乱数値、特図タイマ乱数値をそれぞれ生成するための2つの乱数カウンタを更新する。例えば、普図タイマ乱数値として取り得る数値範囲が0〜20とすると、RAM308に設けた普図タイマ乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が21であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。他の初期値生成用乱数カウンタ、乱数カウンタもそれぞれ同様に更新する。主制御部300は、所定の周期ごとに開始する定期割り込み処理を行っている間を除いて、このステップS104の処理を繰り返し実行する。

<主制御部タイマ割り込み処理>

次に、図20を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部タイマ割り込み処理について説明する。なお、同図は主制御部タイマ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

主制御部300は、所定の周期(本実施例では2msに1回)でタイマ割り込みを発生するカウンタタイマ312を備えており、このタイマ割り込みを契機として主制御部タイマ割り込み処理を所定の周期で開始する。

ステップS201では、I/O310の入力ポートの値を取得して、各種センサ318の状態を検出する。例えば、第1特図始動口126に球が入球していることを検出した場合にオン信号を出力する球検出センサからの信号を入力する。他の入賞口、ゲート等についてもそれぞれ対応する球検出センサを設けており、これら球検出センサからの信号を入力している。入力した結果は、RAM308に各種センサごとに区画して設けた信号状態記憶領域に記憶しておく。

ステップS202では、ソフトウェア乱数カウンタの更新を行う。ここでは、主制御部300で使用する普図当選乱数値および特図乱数値をそれぞれ生成するための2つの乱数カウンタと、上記の普図当選乱数値、および特図乱数値の初期値をそれぞれ生成するための2つの初期値生成用乱数カウンタを更新する。例えば、普図当選乱数値として取り得る数値範囲が0〜100とすると、RAM308に設けた普図当選乱数値を生成するための乱数カウンタ記憶領域から値を取得し、取得した値に1を加算してから元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。このとき、取得した値に1を加算した結果が101であれば0を元の乱数カウンタ記憶領域に記憶する。また、取得した値に1を加算した結果、乱数カウンタが一周していると判定した場合にはそれぞれの乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタの値を取得し、乱数カウンタの記憶領域にセットする。例えば、0〜100の数値範囲で変動する普図当選乱数値生成用の乱数カウンタから値を取得し、取得した値に1を加算した結果が、RAM308に設けた所定の初期値記憶領域に記憶している前回設定した初期値と等しい値(例えば7)である場合に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタに対応する初期値生成用乱数カウンタから値を初期値として取得し、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタにセットすると共に、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するために、今回設定した初期値を上記の初期値記憶領域に記憶しておく。これらの処理の後でステップS104で行った初期値生成用乱数カウンタの値の更新を行う。なお、普図当選乱数値生成用の乱数カウンタが次に1周したことを判定するための上記の初期値記憶領域とは別に、特図乱数生成用の乱数カウンタが1周したことを判定するための初期値記憶領域をRAM308に設けている。

ステップS203では、上記ステップS201で各種センサから入力した信号の状態に基づいて入賞検出を行う。この入賞検出では、入賞口(一般入賞口122、第1、第2特図始動口126、128、および可変入賞口130)に入賞(入球)があった場合には、RAM308に設けた賞球数記憶領域の値に入賞口ごとに予め定めた賞球数を加算したり、第1、第2特図始動口126、128に入賞があり、且つ、保留している特図変動遊技の数が4未満である場合には、入賞した始動口に対応するカウンタ回路316のカウンタ値記憶用レジスタから値を特図当選乱数値として取得する。また、上記の特図乱数値生成用の乱数カウンタから値を特図乱数値として取得し、RAM308に設けた乱数値記憶領域に特図当選乱数値と共に記憶する。また、普図始動口124を球が通過したことを検出し、且つ、保留している普図変動遊技の数が2未満の場合には、そのタイミングにおける普図当選乱数値生成用の乱数カウンタの値を普図当選乱数値として取得し、RAM308に設けた上記特図用とは別の乱数値記憶領域に記憶する。

ステップS204では、特図変動遊技に関する処理(特図関連処理)を行う。この特図関連処理では、特図変動遊技および可変入賞口130の開閉制御を行っておらず、且つ、保留している特図変動遊技の数が1以上である場合に、上記図10(a)の大当たり判定テーブル、同図(b)の高確率状態移行判定テーブル、同図(c)のタイマ番号決定テーブル等を使用した各種抽選のうち、最初に大当たり判定を行う。具体的には、ステップS203で乱数値記憶領域に記憶した特図当選乱数値が、図10(a)に示す大当たり判定テーブルの第1特図始動口用抽選データの数値範囲であるか否かを判定し、特図当選乱数値が第1特図始動口用抽選データの数値範囲である場合には、特図変動遊技の当選と判定してRAM308に設けた大当たりフラグの格納領域に大当たりとなることを示す情報を設定する(以下、大当たりの情報をRAM308に設定することを「大当たりフラグをオンに設定する」という)。一方、特図当選乱数値が第1特図始動口用抽選データの数値範囲以外である場合には、特図変動遊技の外れと判定してRAM308に設けた大当たりフラグの格納領域に外れとなることを示す情報を設定する(以下、外れの情報をRAM308に設定することを「大当たりフラグをオフに設定する」という)。

具体例としては、遊技状態が低確率状態であり、第1特図始動口126への球入賞の検出に基づいて取得した特図当選乱数値が10100の場合は大当たりフラグをオンに設定し、特図当選乱数値が10200の場合は大当たりフラグをオフに設定する。また、第2特図始動口128への球入賞の検出に基づいて取得した特図当選乱数値が20100の場合は大当たりフラグをオンに設定し、特図当選乱数値が20200の場合は大当たりフラグをオフに設定する。

大当たりフラグにオンを設定した場合には、次に確変移行判定を行う。具体的には、ステップS203で乱数値記憶領域に記憶した特図乱数値が、図10(b)に示す移行判定乱数の数値範囲であるか否かを判定し、特図乱数値が抽選データの数値範囲である場合には、RAM308に設けた確変(確率変動)フラグの格納領域に、特別大当たり遊技を開始することを示す情報を設定する。(以下、特別大当たり遊技開始の情報をRAM308に設定することを「確変フラグをオンに設定する」という)。一方、特図乱数値が抽選データの数値範囲以外である場合には、上記の確変フラグの格納領域に、大当たり遊技を開始することを示す情報を設定する(以下、大当たり遊技開始の情報をRAM308に設定することを「確変フラグをオフに設定する」という)。例えば、取得した特図乱数値が20の場合には確変フラグをオンに設定する。一方、取得した特図乱数値が特図乱数値が80の場合には確変フラグをオフに設定する。

大当たり判定の結果に関わらず、次にタイマ番号を決定する処理を行う。具体的には、上記特図タイマ乱数値生成用の乱数カウンタの値を特図タイマ乱数値として取得する。大当たりフラグの値、および取得した特図タイマ乱数値を含む図10(c)に示すタイマ乱数の数値範囲に対応するタイマ番号を選択し、RAM308に設けた所定のタイマ番号格納領域に記憶する。さらに、そのタイマ番号に対応する変動時間をRAM308に設けた所定の変動時間格納領域に記憶して処理を終了する。

例えば、大当たりフラグがオフで、取得した特図タイマ乱数値が50000の場合には、特図タイマ乱数値は0〜60235の範囲であることから、タイマ番号決定テーブルのそれらの条件に対応する1行目に記憶しているタイマ番号を示すタイマ1、および変動時間を示す5を選択し、RAM308に設けたそれぞれの記憶領域に記憶する。一方、大当たりフラグがオンで、取得した特図タイマ乱数値が64000の場合には、特図タイマ乱数値は0〜15535の範囲ではないことからタイマ2は選択せず、15536〜24535ではないことからタイマ3は選択せず、24536〜62535ではないことからタイマ4は選択しないが、62536〜65535の範囲内であることから、タイマ番号決定テーブルのそれらの条件に対応する8行目に記憶しているタイマ番号を示すタイマ5、および変動時間を示す50を選択し、RAM308に設けたそれぞれの記憶領域に記憶する。なお、割り込み処理の開始周期である2msを考慮して、選択した変動時間の値に2000を掛けた値を変動時間記憶領域にセットする。例えば、変動時間が5秒の場合には、変動時間記憶領域には10000の値を初期値としてセットし、後述するタイマ更新処理(ステップS208)を実行する度に、この変動時間記憶領域の値を1だけ減算するようにすることで、割り込み処理の実行回数により時間の経過を計測できるようにしている。

その他、変動時間記憶領域の値が1から0になったタイミングで開始する特図変動関連処理で、大当たりフラグがオンの場合には特図表示装置114に図14(a)に示す特図1、大当たりフラグがオフの場合には、図14(a)に示す特図2を表示するように設定すると共に、その後、所定の停止表示期間(例えば500m秒間)その表示を維持するように設定する。この設定により特図の停止表示を行い、特図変動遊技の結果を遊技者に報知するようにしている。

また、所定の停止表示期間が終了したタイミングで開始する特図変動関連処理では、大当たりフラグがオンの場合には、所定の入賞演出期間(例えば3秒間)すなわち装飾図柄表示装置110による大当たりを開始することを遊技者に報知する画像を表示している期間待機するように設定する。大当たりフラグがオフの場合に、保留している特図変動遊技の数が1以上であれば、上記大当たり判定等特図変動遊技を開始する。

また、所定の入賞演出期間が終了したタイミングで開始する特図変動関連処理では、所定の開放期間(例えば29秒間、または可変入賞口130に所定球数(例えば10球)の遊技球の入賞を検出するまで)可変入賞口130の扉部材の開閉駆動用のソレノイド330に、扉部材を開放状態に保持する信号を出力ように設定する。

また、所定の開放期間が終了したタイミングで開始する特図変動関連処理では、所定の閉鎖期間(例えば1.5秒間)可変入賞口130の扉部材の開閉駆動用のソレノイド330に、扉部材を閉鎖状態に保持する信号を出力するように設定する。

この扉部材の開放・閉鎖制御を所定回数(例えば15ラウンド)繰り返し、終了したタイミングで開始する特図変動関連処理で、所定の終了演出期間(例えば3秒間)すなわち装飾図柄表示装置110による大当たりを終了することを遊技者に報知する画像を表示している期間待機するように設定する。

また、所定の終了演出期間が終了したタイミングで開始する特図変動関連処理では、保留している特図変動遊技の数が1以上であれば、上記大当たり判定等特図変動遊技を開始する。なお、保留している特図変動遊技の数は、RAM308に設けた特図保留数記憶領域に記憶するようにしており、大当たり判定をするたびに、保留している特図変動遊技の数から1を減算した値を、この特図保留数記憶領域に記憶し直すようにしている。

ステップS205では、普図変動遊技に関する処理(普図関連処理)を行う。この普図関連処理では、普図変動遊技および第2特図始動口128の開閉制御を行っておらず、且つ、保留している普図変動遊技の数が1以上である場合に、上記乱数値記憶領域に記憶している普図当選乱数値に基づいた乱数抽選により普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定を行い、当選とする場合にはRAM308に設けた当りフラグにオンを設定する。不当選の場合には、当りフラグにオフを設定する。

次に、上記普図タイマ乱数値生成用の乱数カウンタの値を普図タイマ乱数値として取得し、取得した普図タイマ乱数値に基づいて複数の変動時間のうちから普図表示装置112に普図を変動表示する時間を1つ選択し、RAM308に設けた普図変動時間記憶領域に記憶し、普図表示装置112による普図の変動表示の開始の設定を行い、処理を終了する。 普図を変動表示する時間が経過したタイミングにおける普図関連処理では、当りフラグがオンの場合には、図8(c)に示す普図1を普図表示装置112に表示する設定をし、当りフラグがオフの場合には、図8(c)に示す普図2を表示する設定をすると共に、その後、所定の停止表示期間(例えば500m秒間)その表示を維持するように設定する。この設定により普図の停止表示を行い、普図変動遊技の結果を遊技者に報知するようにしている。

また、所定の停止表示期間が終了したタイミングで開始する普図変動関連処理では、当りフラグがオンの場合には、所定の開放期間(例えば2秒間)第2特図始動口128の羽根部材の開閉駆動用のソレノイド330に、羽根部材を開放状態に保持する信号を出力ように設定する。

また、所定の開放期間が終了したタイミングで開始する普図変動関連処理では、第2特図始動口128の羽根部材の開閉駆動用のソレノイド330に、羽根部材を閉鎖状態に保持する信号を出力するように設定すると共に、所定の閉鎖期間(例えば500m秒間)開閉駆動用のソレノイド330に、羽根部材の閉鎖状態の保持するように設定する。

また、所定の閉鎖期間を経過したタイミングで開始する普図変動関連処理では、保留している普図変動遊技の数が1以上である場合に、上記当り判定処理等普図変動遊技を開始する。なお、保留している普図変動遊技の数は、RAM308に設けた普図保留数記憶領域に記憶するようにしており、当り判定をするたびに、保留している普図変動遊技の数から1を減算した値を、この普図保留数記憶領域に記憶し直すようにしている。

ステップS206では、演出制御部350に対して制御コマンド(演出コマンド)を送信する。なお、この制御コマンドには、上記ステップS204で大当たり判定を行った場合に送信する変動開始コマンド、上記変動時間記憶領域の値が1から0になったタイミングで送信する変動停止コマンド、上記所定の開放期間の開始の毎に送信するラウンド開始情報等があり、上記変動開始コマンドには、変動時間(例えば選択したタイマ番号)、確変フラグのオン/オフの情報、大当たりフラグのオン/オフの情報等を含み、ラウンド開始コマンドには大当たりを開始してから可変入賞口130を開放させた回数を示す情報(例えばラウンド数)等を含めるようにしている。また、払出制御部400に対して払出コマンドを送信する。なお、この払出コマンドには、上記賞球数記憶領域の値に基づく賞球数等を含めるようにしている。

ステップS207では、各種ソレノイド330を駆動して第2特図始動口128や、可変入賞口130の開閉を制御したり、RAM308に記憶している遊技情報を、情報出力回路334を介してパチンコ機100とは別体の情報入力回路550に出力する。また、表示回路322、324、328を介して普図表示装置112、特図表示装置114、各種状態表示部326等に出力する表示データを、I/O310の出力ポートに設定する。

ステップS208では、普通図柄表示装置112や特別図柄表示装置114に図柄を変動・停止表示する時間、所定の入賞演出時間、所定の開放時間、所定の閉鎖時間、所定の終了演出期間等を計時するためのタイマ等を含む各種タイマを更新する。

ステップS209では、電源制御部500から主制御部300に供給している電源の電圧値を監視する電圧監視回路が、所定の値以下である場合に電圧が低下したことを示す電圧低下信号を出力しているか否か、すなわち電源の遮断を検知したか否かを監視し、電源の遮断を検知した場合には、復電時に電断時の状態に復帰するための特定の変数やスタックポインタを復帰データとしてRAM308の所定の領域に退避し、入出力ポートの初期化等の電断処理を行う。

<演出制御部メイン処理>

次に、図21(a)を用いて、演出制御部350のCPU354が実行する演出制御部メイン処理について説明する。なお、同図は演出制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。

演出制御部350には、電源が投入されるとリセット信号を出力するリセット信号出力回路を設けている。このリセット信号を入力した基本回路352のCPU354は、リセット割り込みによりリセットスタートしてROM356に予め記憶した制御プログラムに従って処理を実行し、まず、ステップS301で各種の初期設定を行う。この初期設定では、入出力ポートの初期設定や、各種変数の初期化等を行う。

ステップS302では、コマンド入力処理(詳細は後述)を行う。

ステップS303では、I/O360の出力ポートを介して液晶制御回路374にコマンドを出力する。演出制御部350は、後述するストローブ処理または演出制御部タイマ割り込み処理による中断を除いて、以降、ステップS302およびS303の処理を繰り返し実行する。

<コマンド入力処理>

次に、図21(b)を用いて、上記演出制御部メイン処理におけるコマンド入力処理(ステップS302)について説明する。同図はコマンド入力処理の流れを示すフローチャートである。

ステップS401では、後述するコマンド記憶領域の内容を確認し、未処理のコマンドが残っているか否かを判断する。そして、コマンド記憶領域に未処理のコマンドが残っている場合にはステップS402に進み、コマンド記憶領域に未処理のコマンドが残っていない場合には処理を終了して演出制御部メイン処理に復帰する。

図21(f)は変動パターン選択処理の流れを示すフローチャートであり、同図(g)は図柄停止処理の流れを示すフローチャートである。ステップS402では、コマンド記憶領域に記憶している未処理コマンドのうちの次に処理するべき未処理コマンドの種類に基づいて、図21(f)に示す変動パターン選択処理(例えば未処理コマンドが上記変動開始コマンドに基づいて実行する)や、同図(g)に示す図柄停止処理等を行う。未処理コマンドに基づく処理は他にも備えている。例えば、大当たり中に可変入賞口130の開放制御を開始するたびに主制御部300が出力し、大当たり開始後の可変入賞口130の開放回数を示す情報を含むラウンド開始コマンドが未処理コマンドである場合に行うラウンド開始処理等である。その他の処理は、ここでは割愛する。

変動パターン選択処理のステップS501では、未処理コマンドに含まれている上記大当たりフラグの値、確変フラグの値、およびタイマ番号を抽出し、RAM358のそれぞれの記憶領域に記憶する。また、上記図11(a)または(b)の変動番号選択テーブル、図12〜図14に示す図柄決定テーブル、図15に示すステージ移行判定テーブル、図16および図17に示す動作パターン選択テーブルならびに図18に示す特殊変動選択テーブルを参照して演出データ(本実施例では変動番号、仮停止図柄・停止図柄の組合せ、ステージ番号、地震予告の動作パターン、ステップアップ予告の動作パターンならびに特殊変動の種別等)を選択し、これをRAM358に設けた記憶領域に記憶した後、処理を終了する。

具体的には、演出制御部350は、所定の乱数生成部により生成した0〜127の数値範囲のうちのいずれかの値を取る乱数値を変動決定用乱数値として取得し、RAM358に設けている変動決定用乱数値記憶領域に記憶する。そして、大当たりフラグに基づいて、図11(a)および(b)のいずれか一方の変動番号テーブルを参照すると共に、タイマ番号、確変フラグ、取得した変動決定用乱数値に基づいて、対応する変動番号を選択し、選択した変動番号をRAM358に設けている変動番号記憶領域に記憶する。例えば、大当たりフラグがオフ、タイマ番号がタイマ4、取得した変動決定用乱数値が100の場合には、図11(a)に示すテーブルを参照し、変動決定用乱数値が0〜95の数値範囲に無いことから変動4を選択せず、変動決定用乱数値が96〜127の数値範囲に含まれることから変動5を選択して変動番号記憶領域に記憶する。一方、大当たりフラグがオン、確変フラグがオン、タイマ番号がタイマ5、取得した変動決定用乱数値が100の場合には、図11(b)に示すテーブルを参照し、変動決定用乱数値が0〜79の数値範囲に無いことから変動19を選択せず、変動決定用乱数値が80〜127の数値範囲に含まれることから変動20を選択して変動番号記憶領域に記憶する。

次に、演出制御部350は、所定の乱数生成部により生成した0〜127の数値範囲のうちのいずれかの値を取る乱数値を図柄決定用乱数値として取得し、RAM358に設けている図柄決定用乱数値記憶領域に記憶する。そして、変動番号、取得した図柄決定用乱数値に基づいて仮停止図柄の組合せ、および停止図柄の組合せをRAM358に設けたそれぞれの図柄記憶領域に記憶する。例えば、変動番号記憶領域に記憶している変動番号が3で、取得した図柄決定用乱数値が50の場合には、図12(b)に示す図柄決定テーブルを参照し、図柄決定用乱数値が0〜21の範囲に無いことから「装飾1-装飾8-装飾1」を選択せず、図柄決定用乱数値が変動決定用乱数値が22〜31の範囲にも無いことから「装飾2-装飾1-装飾2」を選択せず、図柄決定用乱数値が変動決定用乱数値が32〜53の範囲に含まれることから「装飾3-装飾2-装飾3」を選択し、RAM358に設けている図柄記憶領域に記憶する。一方、変動番号記憶領域に記憶している変動番号が9で、取得した図柄決定用乱数値が30の場合には、図13(b)に示す図柄決定テーブルを参照し、図柄決定用乱数値が0〜15の範囲に無いことから仮停止図柄の組合せとして「装飾1-装飾8-装飾1」、停止図柄の組合せとして「装飾1-装飾1-装飾1」を選択せず、図柄決定用乱数値が変動決定用乱数値が16〜31の範囲に含まれることから仮停止図柄の組合せとして「装飾2-装飾1-装飾2」、停止図柄の組合せとして「装飾2-装飾2-装飾2」を選択し、選択した仮停止図柄の組合せ、および停止図柄の組合せをRAM358に設けている図柄記憶領域に記憶する。

次に、演出制御部350は、所定の乱数生成部により生成した0〜127の数値範囲のうちのいずれかの値を取る乱数値をステージ移行乱数値として取得し、RAM358に設けているステージ移行乱数値記憶領域に記憶する。そして、大当たりフラグ、確変フラグ、ステージ番号および取得したステージ移行乱数値に基づいてステージを移行するか否かを判定し、移行する場合は新たなステージ番号をRAM358に設けたステージ番号記憶領域に記憶する。例えば、大当たりフラグがオン(大当たり)、確変フラグがオフ(低確率状態)、ステージ番号が2で、取得したステージ移行乱数値が100の場合には、図15に示すステージ移行判定テーブルを参照し、ステージ移行乱数値が0〜3の範囲に無いことからステージ2からステージ1への移行を選択せず、ステージ移行乱数値が4〜127の範囲に含まれることから遊技状態としてステージ2を継続することを選択する。

次に、演出制御部350は、所定の乱数生成部により生成した0〜127の数値範囲のうちのいずれかの値を取る乱数値を地震予告選択用乱数値として取得し、RAM358に設けている地震予告選択用乱数値記憶領域に記憶する。そして、変動番号および取得した地震予告選択用乱数値に基づいて対応する地震予告の動作パターンを選択し、選択した地震予告の動作パターンをRAM358に設けている地震予告動作パターン記憶領域に記憶する。例えば、確変フラグがオフ、ステージ番号が1、変動番号が5で、取得した地震予告選択用乱数値が50の場合には、図16に示す動作パターン選択テーブルを参照し、地震予告選択用乱数値が0〜39の範囲に無いことから「無」を選択せず、地震予告選択用乱数値が40〜104の範囲に含まれることから地震予告の動作パターンとして「小」を選択して地震予告動作パターン記憶領域に記憶する。

次に、演出制御部350は、所定の乱数生成部により生成した0〜127の数値範囲のうちのいずれかの値を取る乱数値をステップアップ予告選択用乱数値として取得し、RAM358に設けているステップアップ予告選択用乱数値記憶領域に記憶する。そして、変動番号および取得したステップアップ予告選択用乱数値に基づいて対応するステップアップ予告の動作パターンを選択し、選択したステップアップ予告の動作パターンをRAM358に設けているステップアップ予告動作パターン記憶領域に記憶する。例えば、確変フラグがオフ(低確率状態)、ステージ番号が1、変動番号が5で、取得した地震予告選択用乱数値が50の場合には、図16に示す動作パターン選択テーブルを参照し、ステップアップ予告選択用乱数値が0〜11の範囲に無いことから0を選択せず、ステップアップ予告選択用乱数値が12〜43の範囲にも無いことから1を選択せず、ステップアップ予告選択用乱数値が44〜87の範囲に含まれることからステップアップ予告の動作パターンとして2を選択してステップアップ予告動作パターン記憶領域に記憶する。

次に、演出制御部350は、所定の乱数生成部により生成した0〜127の数値範囲のうちのいずれかの値を取る乱数値を特殊変動選択用乱数値として取得し、RAM358に設けている特殊変動選択用乱数値記憶領域に記憶する。そして、変動番号および取得した特殊変動選択用乱数値に基づいて対応する特殊変動の種別を選択し、選択した特殊変動の種別をRAM358に設けている特殊変動種別記憶領域に記憶する。例えば、確変フラグがオフ(低確率状態)、ステージ番号が1、選択したステップアップ予告動作パターンが3、変動番号が18で、取得した特殊変動選択用乱数値が30の場合には、図18に示す特殊変動選択テーブルを参照し、特殊変動選択用乱数値が0〜8の範囲に無いことから「無」を選択せず、特殊変動選択用乱数値が9〜66の範囲に含まれることから特殊変動として「全図柄移動」を選択して、特殊変動種別記憶領域に記憶する。

図柄停止処理のステップS601では、上記図柄記憶領域に記憶している停止図柄の組合せを構成する3つの装飾図柄を装飾図柄表示装置110の左、中、右図柄表示領域110a〜110cの3つの表示領域に表示するように設定して処理を終了する。また、上記ラウンド開始処理では未処理コマンドに含まれている上記大当たり開始後の可変入賞口130の開放回数を示す情報を抽出し、RAM358の記憶領域に記憶する。

<ストローブ割り込み処理>

次に、図21(c)を用いて、演出制御部350のストローブ割り込み処理について説明する。なお、同図はストローブ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

このストローブ割り込み処理は、演出制御部350が、主制御部300が出力するストローブ信号を検出した場合に実行する処理である。ストローブ割り込み処理のステップS701では、主制御部300が出力したコマンドを未処理コマンドとしてRAM358に設けた上記コマンド記憶領域に記憶する。

<チャンスボタン割り込み処理>

次に、図21(d)を用いて、演出制御部350のチャンスボタン割り込み処理について説明する。なお、同図はチャンスボタン割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

このチャンスボタン割り込み処理は、演出制御部350がチャンスボタン検出回路364によってチャンスボタン146の操作を検出した場合に実行する処理である。

チャンスボタン割り込み処理のステップS901では、RAM358の検知カウンタ記憶領域に記憶している、チャンスボタン146の押下回数を計測するための検知カウンタから値を取得し、取得した値に1を加算してから元の検知カウンタ記憶領域に記憶する。

<演出制御部タイマ割り込み処理>

次に、図21(e)を用いて、演出制御部350のCPU354によって実行する演出制御部タイマ割り込み処理について説明する。なお、同図は演出制御部タイマ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。

演出制御部350は、所定の周期(本実施例では2msに1回)でタイマ割り込みを発生するハードウェアタイマを備えており、このタイマ割り込みを契機として、演出制御部タイマ割り込み処理を所定の周期で実行する。

ステップS801では、演出データ更新処理を行う。この演出データ更新処理では、上記ステップS501で記憶した変動番号、仮停止図柄の組合せ、停止図柄の組合せ、ステージ番号、地震予告の動作パターン、ステップアップ予告の動作パターン、および特殊変動の種別の更新を行うと共に、装飾図柄の変動表示を開始してからの経過時間に基づいて装飾図柄表示装置110、演出装置200の情報報知用可動体210、演出用可動体220および遮蔽手段250、スピーカ366ならびに各種ランプ370による演出を制御するための動作制御データの更新を行う。

なお、上記変動番号、地震予告の動作パターン、ステップアップ予告の動作パターンおよび特殊変動の動作種別は、1回の装飾図柄変動、地震予告の動作、ステップアップ予告の動作および特殊変動の態様を示す大分類データの識別子である。これらの大分類データはさらに詳細な複数の小分類データで構成し、小分類データは、割り込み処理の開始周期(ここでは2ms)を最小単位とする複数の動作制御データで構成している。すなわち、例えば変動番号は、装飾図柄表示装置110が表示する動画像の切り替えタイミング、スピーカ366から出力する音の切り替えタイミング、および各種ランプ370の点灯態様の切り替えタイミング等を割り込み処理の開始周期を最小単位とする数値で記憶している複数のタイムチャートデータで構成している。具体的には、変動時間が10秒である変動番号が変動2で示す装飾図柄変動の場合を例示する。ここで、ステップS501で変動番号=変動2、停止図柄の組合せとして「装飾7-装飾6-装飾7」を選択し、それぞれを記憶領域に記憶したものとする。この場合、変動2で示す大分類データには装飾図柄表示装置110を制御するための小分類データA、スピーカ366を制御するための小分類データB、各種ランプ370を制御するための小分類データC、および遮蔽手段250を制御するための小分類データDが関連付いている。小分類データAにはさらに演出情報A〜演出情報Gという識別子の7つの時系列的な演出情報で構成している。ここでは簡単にするため装飾図柄の変動開始からの経過時間を単に秒数で示し(例えば「装飾図柄の変動開始からの経過時間が5秒〜7秒の期間は」といった文章を「5〜7秒間は」と示し)、装飾図柄表示装置110の左、中、右図柄表示領域110a〜110cのそれぞれ、および図柄の種類を単に位置と図柄の名称で示し(例えば「装飾図柄表示装置110の左図柄表示領域110aに装飾図柄「装飾7」を停止する」といった文章を「左に装飾7を停止する」と示し)、また複数の装飾図柄を所定の表示領域に変動表示することを単に変動表示と呼ぶ。

演出情報Aは0〜2秒間は左、中、右に高速度で変動表示することを示している。演出情報Bは2〜3秒間は左に低速度で、中、右には高速で変動表示することを示している。演出情報Cは3〜4秒間は左に装飾7を停止し、中、右には高速で変動表示することを示している。演出情報Dは4〜5秒間は左に装飾7を停止し、中は高速で、右は低速で変動表示することを示している。演出情報Eは5〜7.5秒間は左、右に装飾7を停止し、中は高速で変動表示することを示している。演出情報Fは7.5〜9.5秒間は左、右に装飾7を停止し、中は低速で変動表示することを示している。演出情報Gは9.5〜10秒間は左、右に装飾7を停止し、中に装飾6を停止表示することを示している。小分類データBおよびCも同様に複数の時系列的な演出情報で構成している。

ステップS801では、演出を切り替えるタイミング、例えば演出情報Aによる演出の終了タイミングで演出情報をAからBに切り替える処理を行うと共に、切り替えた演出情報が示している態様で装飾図柄変動表示を行うように次回実行する上記ステップS303の処理で液晶制御回路374に出力するコマンド(例えば左に装飾7を停止することを指示するコマンドや遮蔽手段250を動作させるコマンド等)をRAM358に設けた液晶コマンド格納領域に格納する等、後述するステップS802、S803、S804によるスピーカ366、各種ランプ370、情報報知用可動体210、および演出用可動体220を制御する準備を行う。また、所定の条件が成立している場合には所定の演出を実行するか否か、例えばチャンスボタンを用いた演出を行うか否か等の抽選を行う。

ステップS802では、音出力処理を行う。この音出力処理では、上記ステップS801で取得したスピーカ制御用の情報(例えば小分類データB、または演出情報)に含まれるスピーカ366に出力する音声データをI/O360の出力ポートに設定し、スピーカ366の出力制御を音源IC368に行わせる。

ステップS803では、ランプ制御処理を行う。このランプ制御処理では、上記ステップS801で取得した各種ランプ制御用の情報(例えば小分類データC、または演出情報)に含まれる各種ランプ370に出力するランプの点灯・消灯を示すデータ等をI/O360の出力ポートに設定し、各種ランプ370の点灯や消灯の制御を表示回路372に行わせる。

ステップS804では、ソレノイド制御処理を行う。このソレノイド制御処理では、上記ステップS801で取得した情報報知用可動体210、演出用可動体220の制御用の情報に含まれる動作タイミングを示すデータ等をI/O360の出力ポートに設定し、情報報知用可動体210等を駆動する各種演出用ソレノイド等374の制御をソレノイド回路376に行わせる。

<特図変動遊技中に装飾図柄表示装置で行う変動態様の種類>

次に、パチンコ機100の特図変動遊技中に装飾図柄表示装置110で行う各変動態様(演出表示)について説明する。

本実施例の装飾図柄表示装置110による変動態様は、リーチなし、とリーチの2種類に大別され、リーチはさらに、ノーマルリーチ、ロングリーチ、ノーマル逆転リーチ、ダブルラインリーチ、トリプルラインリーチ、特別マルチラインリーチ、ノーマル再変動リーチ、全回転リーチ、特別全回転リーチの9種類に分けられる。

ここで、リーチ(ノーマルリーチ)とは、一般に2つの図柄表示領域(例えば、左右図柄表示領域110a、110c)が等しい装飾図柄を停止表示し、残りの1つの図柄表示領域(例えば中図柄表示領域110b)が変動表示している状態のこと、すなわち、変動表示している図柄表示領域が特定の図柄(停止表示している図柄表示領域と等しい図柄)を停止表示すれば大当たりまたは特別大当たりを報知することとなる状態のことである。なお、本実施例のように、このノーマルリーチとこのノーマルリーチにさらに特殊な変動表示等を加味して演出効果を向上させたもの(ロングリーチ、ノーマル逆転リーチ等)を含めてリーチと称してもよいし、ノーマルリーチにさらに特殊な変動表示を加味したものだけをリーチと称してもよい。

リーチなしでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、左図柄表示領域110a、右図柄表示領域110c、中図柄表示領域110bの順に装飾図柄を停止表示する。本実施例では、リーチなしの演出表示では、停止表示する装飾図柄の組合せを大当たりまたは特別大当たりとなる図柄組合せとすることはない。

ノーマルリーチでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、左図柄表示領域110aと右図柄表示領域110cにそれぞれ等しい装飾図柄を停止表示し、中図柄表示領域110bの装飾図柄だけ変動表示を継続する。そして、装飾図柄の変動表示の開始時点から時間を計測し、変動表示の開始時から所定の変動時間が経過した場合、中図柄表示領域110bの装飾図柄を停止表示する。この時に、中図柄表示領域110bに停止表示した装飾図柄が左右図柄表示領域110a、110bと等しい場合は、大当たりまたは特別大当たりを遊技者に報知し、中図柄表示領域110bに停止表示した装飾図柄が左右図柄表示領域110a、110bと異なる場合は、外れを遊技者に報知することとなる。

ロングリーチでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、左図柄表示領域110aと右図柄表示領域110cにそれぞれ等しい装飾図柄を停止表示し、ノーマルリーチよりも長い時間、中図柄表示領域110bの装飾図柄だけ変動表示を継続する。そして、装飾図柄の変動表示の開始時から所定の変動時間が経過した場合、中図柄表示領域110bの装飾図柄を停止表示する。

ノーマル逆転リーチでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、左図柄表示領域110aと右図柄表示領域110cにそれぞれ等しい装飾図柄を停止表示し、中図柄表示領域110bの装飾図柄だけ変動表示を継続する。そして、装飾図柄の変動表示の開始時から所定の変動時間が経過する前に、左右図柄表示領域110a、110cと異なる装飾図柄を、中図柄表示領域110bに一時的に停止表示(この左、中、右図柄表示領域110a〜110cに停止表示している図柄組合せを「仮停止図柄の組合せ」と呼び、この「仮停止図柄の組合せ」を表示するために装飾図柄を停止することを「仮停止」と呼ぶ。)した後、再度、中図柄表示領域110bを変動表示した上で、左右図柄表示領域110a、110cと等しい装飾図柄を、中図柄表示領域110bに停止表示する。

ダブルラインリーチでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、左右図柄表示領域110a、110cにそれぞれ等しい装飾図柄を停止表示し、中図柄表示領域110bの装飾図柄だけ変動表示を継続する。そして、装飾図柄の変動表示の開始時から所定の変動時間が経過する前に、2種類の装飾図柄を上下2段に表示するように、左右図柄表示領域110a、110cの表示をそれぞれ変更し、中図柄表示領域110bにこれら2種類の図柄のいずれかが停止すれば大当たりとなるといった期待感を遊技者に持たせる演出を行った後で、中図柄表示領域110bに装飾図柄を停止表示する。そして、変動表示の開始時から所定の変動時間が経過した後に、左右図柄表示領域110a、110cを1つの装飾図柄の停止表示に戻す。

トリプルラインリーチでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、左右図柄表示領域110a、110cにそれぞれ等しい装飾図柄を停止表示し、中図柄表示領域110bの装飾図柄だけ変動表示を継続する。そして、装飾図柄の変動表示の開始時から所定の変動時間が経過する前に、3種類の装飾図柄を上下3段に表示するように、左右図柄表示領域110a、110cの表示をそれぞれ変更し、中図柄表示領域110bにこれら3種類の図柄のいずれかが停止すれば大当たりとなるといった期待感を遊技者に持たせる演出を行った後で、中図柄表示領域110bに装飾図柄を停止表示する。そして、変動表示の開始時から所定の変動時間が経過した後に、左右図柄表示領域110a、110cを1つの装飾図柄の停止表示に戻す。

特別マルチラインリーチでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、左右図柄表示領域110a、110cにそれぞれ等しい装飾図柄を停止表示し、中図柄表示領域110bの装飾図柄だけ変動表示を継続する。そして、装飾図柄の変動表示の開始時から所定の変動時間が経過する前に、全ての種類の装飾図柄を上下4段左右2列に表示するように、左右図柄表示領域110a、110cの表示をそれぞれ変更し、中図柄表示領域110bにどの装飾図柄が停止しても大当たりとなるといった期待感を遊技者に持たせる演出を行った後で、中図柄表示領域110bに1つの装飾図柄を停止表示する。そして、変動表示の開始時から所定の変動時間が経過した後に、大当たりとなる図柄の組合せとなるように、左右図柄表示領域110a、110cを1つの装飾図柄の停止表示に戻す。

ノーマル再変動リーチでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、左右図柄表示領域110a、110cにそれぞれ等しい装飾図柄を停止表示し、中図柄表示領域110bの装飾図柄だけ変動表示を継続する。そして、装飾図柄の変動表示の開始時から所定の変動時間が経過する前に、大当たりに対応する装飾図柄を、中図柄表示領域110bに一時的に停止表示(「仮停止」によって「仮停止図柄の組合せ」を表示)した後、再度、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した上で、特別大当たりとなる組合せの装飾図柄を停止表示する。

全回転リーチでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、大当たりとなる組合せの装飾図柄を所定の回数だけ停止表示する演出を行った上で、大当たりとなる組合せの装飾図柄を停止表示する。

特別全回転リーチでは、全ての図柄表示領域110a〜110cの装飾図柄を変動表示した後、特別大当たりとなる組合せの装飾図柄を所定の回数だけ停止表示する演出を行った上で、特別大当たりとなる組合せの装飾図柄を停止表示する。

なお、この装飾図柄表示装置110を停止表示して大当たり、特別大当たりまたは外れを遊技者に報知するタイミングは、特別図柄表示装置114を停止表示して大当たりまたは外れを遊技者に報知するタイミングと略同時である。

<演出装置を使用して行う演出>

次に、図22〜図30を用いて、演出装置200を使用した演出について説明する。図22〜図30は、装飾図柄表示装置110および演出装置200を正面から見た概略図であり、装飾図柄表示装置110、情報報知用可動体210、演出用可動体220、および遮蔽手段250のみを示す図である。

本実施例では、装飾図柄表示装置110は、表示画面の上半分に左図柄表示領域110a、中図柄表示領域110b、右図柄表示領域110cを水平方向に並べて配置し、その背景および下方を演出表示領域110dとする構成としている。各図柄表示領域110a〜110cは、上述の演出表示において装飾図柄の変動表示および停止表示を行うが、以下の図中では装飾図柄の変動表示を下向きの矢印で示している。

また、演出表示領域110dは、小屋の中で老夫婦が囲炉裏を挟んで左右に並び、笑顔で座っている画像を表示する。さらに、演出表示領域110dは、遊技状態によって背景の壁の色を変更して表示する。具体的には、背景の壁の色を、低確率状態かつステージ1のときは茶色に、低確率状態かつステージ2のときは灰色に、高確率状態かつステージ1のときは薄い紫色に、高確率状態かつステージ2のときは薄いピンクに表示する。

図22(a)〜(d)は、情報報知用可動体210を使用した演出(ステップアップ予告)の一例を示す図である。

同図(a)は、第1特図始動口126または第2特図始動口128に球が入賞したことを所定の球検出センサが検出して特図変動遊技を開始した状態であり、各図柄表示領域110a〜110cは、装飾図柄の変動表示を行っている。ステップアップ予告では、情報報知用可動体210が、全ての図柄表示領域110a〜110cが装飾図柄の変動表示を開始するのに伴って、図16および図17に示した動作パターン選択テーブルを参照して選択したステップアップ予告の動作パターンの数だけ、左から順に待機位置から上方の突出位置まで突出する。そして、右図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示を行うのと略同時に、突出している全ての情報報知用可動体210が待機位置に退避する。

図22では、ステップアップ予告の動作パターンとして1を選択した場合を示している。この場合、情報報知用可動体210は、全ての図柄表示領域110a〜110cの変動表示の開始に伴って、所定の登場音の出力と略同時に左端の1つだけを突出させ(図22(a))、左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行った状態ではまだ突出したままであり(図22(b))、右図柄表示領域110cが、装飾図柄の停止表示を行うのと略同時に、所定の退避音の出力と略同時に待機位置に退避する(図22(c))。ここで情報報知用可動体210が1つだけ突出したことに基づいて、遊技者に対して、今回の図柄(特図および装飾図柄)変動では大当たりとなる図柄組合せを表示する確率が高くないことを変動が停止する前に報知している。そして、情報報知用可動体210が待機位置に退避した後に、中図柄表示領域110bが装飾図柄の停止表示を行う(図22(d))。

図23(a)〜(d)は、情報報知用可動体210を使用した演出(ステップアップ予告)に加えて、演出用可動体220および遮蔽手段250を使用した演出(地震予告)を行う場合の一例を示す図である。地震予告では、全ての図柄表示領域110a〜110cが装飾図柄の変動表示を開始してから右図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行うまでの間に、演出用可動体220の屋根部222が左右に往復動すると共に柱部224が揺動し、遮蔽手段250の左扉250aおよび右扉250bが左右に往復動する。この演出用可動体220および遮蔽手段250の動作は、図16および図17に示した動作パターン選択テーブルを参照して選択した地震予告の動作パターンに従って、動作の速さ、大きさまたは持続時間を変化させている。すなわち、動作パターンが「小」、「中」、「大」となるにつれて、速く、大きく、長時間の動作となる。また、地震予告を行っている間は、演出表示領域110dの表示を変更すると共に、スピーカ366から地鳴り、風の音または建物が揺れる音等の効果音を発生するといった演出を行う。

図23では、ステップアップ予告の動作パターンとして3を、地震予告の動作パターンとして「中」を選択した場合を示している。この場合、ステップアップ予告では、全ての図柄表示領域110a〜110cの変動表示の開始に伴って、まず左端の情報報知用可動体210が突出し(図23(a))、次に左から2番目の情報報知用可動体210が突出し(図23(b))、さらに左から3番目の情報報知用可動体210が突出する(図23(c))。ここで、情報報知用可動体210が突出動作を行うタイミングに同期させて上記所定の登場音を出力している。所定の登場音の出力は情報報知用可動体210を1体から4体突出動作させる場合にそれぞれの動作に同期させて出力する(同様に、情報報知用可動体210を1体から4体退避動作させるタイミングに同期させて上記所定の退避音を出力する)。3体の情報報知用可動体210は、左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行うまでに全て突出し、右図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示を行うまで突出し続ける(図23(d))。一方、地震予告では、待機状態の演出用可動体220および開状態の遮蔽手段250が(図23(a))、左端の情報報知用可動体210の突出と略同時に、動作を開始して(図23(b))、右図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行うまで動作を継続し(図23(c))右図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行うのと略同時に静止し、それぞれ待機状態および開状態に戻る(図23(d)。また、演出表示領域110dは、地震予告を行っている間は、老夫婦が笑顔で座っている画像から、老夫婦が驚いて周囲を見回す画像に表示を変更し、地震予告が終了すると、老夫婦がほっとした表情をする画像を表示した後に元の老夫婦が笑顔で座っている画像の表示に戻す。ここで図22に示した図柄の変動表示を演出する表示と図23に示した図柄の変動表示を演出する表示を比較すると、図22では地震予告を表示せず、図23では表示していることから、変動の停止時に大当たりとなる図柄組合せを表示する確率が図22の場合よりも図23の場合の方が高く、またステップアップ予告については、図22では左端1つのみによるものであるのに対し、図23では左側3つによるものであることから、変動の停止時に大当たりとなる図柄組合せを表示する確率が図22の場合よりも図23の場合の方が高いことを遊技者に報知している。

図24(a)〜(h)は、変動番号が2〜20のいずれかの場合、すなわち変動態様がリーチである場合に行う演出の一例を示す図であり、ステップアップ予告の動作パターンとして5を、地震予告の動作パターンとして「大」を選択した場合を示している。この場合も図23を用いて説明したと同様に、左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行うまでステップアップ予告および地震予告を行う(図24(a)〜(e))。ただし、ステップアップ予告の動作パターンとして5を選択した場合、最後の5番目に突出する右端の情報報知用可動体は、左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行ったときにはまだ突出しない(図24(e))。ステップアップ予告の動作パターン5は、大当たりしている可能性が非常に高いことを遊技者に報知し、遊技者の期待感を盛り上げる演出を行う動作パターンであるため、最後に突出する右端の情報報知用可動体210は、左図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示をした後に上記所定の登場音とは別の特別な登場音の出力と略同時に突出動作させる。その後、左図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示を行い(リーチ状態のため、右図柄表示領域110cは左図柄表示領域110aと等しい装飾図柄を停止表示する)、それと略同時に全ての情報報知用可動体210を、上記所定の退避音とは別の特別な退避音の出力と略同時に待機位置に退避させる(図24(g))。

変動態様がリーチの場合には、中図柄表示領域110bが装飾図柄の停止表示を行う前に、一旦、スピーカ366から発生する効果音と共に遮蔽手段250を閉じるといった演出も行う(図24(h))。そして遮蔽手段250を再度開いた後に、上述した各種リーチの演出表示を行う。

図25および図26は、上記とは異なる態様でステップアップ予告を行う場合を示す図である。

図25(a)〜(d)は、選択したステップアップ予告の動作パターンの数だけ情報報知用可動体210を退避する演出の一例を示す図である。すなわち、情報報知用可動体210は、予め突出していた状態から、全ての図柄表示領域110a〜110cが変動表示を開始するのに伴い、左から順に待機位置に退避していく(図25(a)〜(b))。そして右図柄表示領域110cが装飾図柄を停止表示するまでに、ステップアップ予告の動作パターンの数と同じ数(図25では3)の情報報知用可動体210が待機位置に退避する(図25(c))。そして、右図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示を行うのと略同時に、退避している全ての情報報知用可動体210が突出位置に突出する。

図26(a)〜(d)は、ステップアップ予告で突出する情報報知用可動体210の突出する高さを変化させる演出の一例を示す図である。図26(a)〜(c)に示すように、情報報知用可動体210は左から順に突出するが、右側のものほど突出する高さを高くしている。すなわち、ステップアップ予告では、突出する情報報知用可動体210の数が多いほど、大当たりしている可能性が高いことを遊技者に報知するが、このように徐々に突出する高さを高くすることで、遊技者の期待感をさらに盛り上げる演出を行う。

次に特殊変動による演出について説明する。図27〜図30は、特殊変動による演出を示す図であり、図27(a)〜(g)は「全図柄移動」の一例を、図28(a)〜(h)は「右図柄移動」の一例を、図29(a)〜(g)は「風船出現」の一例を、図30(a)〜(g)は「メッセージ表示」の一例をそれぞれ示している。

図27に示す特殊変動の「全図柄移動」は、左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行った後に開始する。このとき、中図柄表示領域110bおよび右図柄表示領域110cは装飾図柄の変動表示を行っている(図27(a))。また、地震予告は終了しており、ステップアップ予告で突出した3つの情報報知用可動体210は突出したままである(図27(a))。「全図柄移動」では、まず、右図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示(仮停止)を行う(図27(b))。次に、全ての図柄表示領域110a〜110cを縮小表示すると共に、その表示位置を装飾図柄表示装置110の表示画面の下部のやや左側、突出した3つの情報報知用可動体210の背後に移動する(図27(c)〜(d))。すなわち、全ての図柄表示領域110a〜110cを遊技者が視認し難い位置に移動させる。そして、この位置で、再度、右図柄表示領域110cが装飾図柄の変動表示を行い、これを遊技者が視認できるように左から3番目の情報報知用可動体210を待機位置に一旦退避させて、所定時間装飾図柄の停止態様または変動態様を遊技者に視認容易に表示し(図27(e))、再度突出動作させて装飾図柄の停止態様または変動態様を遊技者に視認し難くする(図27(f))。その後、情報報知用可動体210の背後で、右図柄表示領域110cが仮停止とは異なる装飾図柄の停止表示を行った上で(図27(f))、全ての図柄表示領域110a〜110cの表示は通常の表示に戻り、全ての情報報知用可動体210が待機位置に退避する。

図28に示す特殊変動の「右図柄移動」は、「全図柄移動」と同様に左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行った後に開始する(図28(a))。まず、右図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示(仮停止)を行う(図28(b))。次に、遮蔽手段250の右扉250bを閉じて、右図柄表示領域110cを遊技者から視認し難いように遮蔽した上で、右図柄表示領域110cを縮小表示すると共に、その表示位置を装飾図柄表示装置110の表示画面の下部の略中央、突出した左から3番目の情報報知用可動体210の背後に移動する(図28(c)〜(d))。そして、遮蔽手段250の右扉250bを開いて(図28(e))、情報報知用可動体210の背後の位置で、再度、右図柄表示領域110cで、装飾図柄の変動表示を遊技者に視認し難い位置関係のまま行い、これを遊技者が視認できるように左から3番目の情報報知用可動体210を待機位置に一旦退避させて、所定時間装飾図柄の停止態様または変動態様を遊技者に視認容易に表示し(図27(f))、再度突出動作させて装飾図柄の停止態様または変動態様を遊技者に視認し難くする(図27(g))。その後、情報報知用可動体210の背後で、右図柄表示領域110cが仮停止とは異なる装飾図柄の停止表示を行った上で(図28(h))、右図柄表示領域110cの表示は通常の表示に戻り、全ての情報報知用可動体210を待機位置に退避させる。
このように、特殊変動の「全図柄移動」および「右図柄移動」では、全ての装飾図柄表示領域110a〜110c、または1つもしくは複数の図柄表示領域(ここでは右図柄表示領域110c)の表示位置を、遊技者が視認し難い情報報知用可動体210の背後に移動させた上で、その表示を変化させるようにしている。このように1つ、複数または全ての図柄表示領域(例えば装飾図柄表示領域110a〜110c)ならびに可動体(ここでは情報報知用可動体210)のそれぞれの位置関係を変更し、所定の図柄の視認性を変化させることで、意外性のある面白みの高い演出を行う。

図29に示す特殊変動の「風船出現」は、全ての図柄表示領域110a〜110cが装飾図柄の変動表示を開始した後に開始する。まず、右図柄表示領域110cの下方の演出表示領域110dに風船の画像を表示させる(図29(a))。次に、ステップアップ予告および地震予告を行うのと共に、風船の画像の表示位置を装飾図柄表示装置110の表示画面の左下角部近傍、突出した左端の情報報知用可動体210の背後に向けて移動する(図29(b)〜(d))。そして、左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行うのと略同時に、左端の情報報知用可動体210が待機位置に一旦退避して、背後の風船の画像部分に表示した「アタリ」というメッセージおよび風船の画像を所定時間遊技者に視認容易に表示し(図29(e))、再度突出動作させてメッセージおよび風船の画像を遊技者に視認し難くする(図29(f))。その後、右図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示を行うのと略同時に、全ての突出していた情報報知用可動体210は待機位置に退避し、風船の画像は、表示画面の左下角部近傍から表示画面外に出て行くように表示しながら消失する(図29(g))。ここで、風船の画像部分には必ず「アタリ」といったメッセージを表示しなくてもよい。例えば、変動番号として変動4、5を選択している場合に、この風船出現演出を選択した場合には風船の画像部分に「ハズレ」と表示するようにしてもよいし、何も表示しなくてもよい。変動番号として変動6〜20を選択している場合であっても「アタリ」と表示する場合と、何も表示しない場合を設けてもよい。

図30に示す特殊変動の「メッセージ表示」は、左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行うのと略同時に行う。全ての図柄表示領域110a〜110cが装飾図柄の変動表示を開始し、ステップアップ予告および地震予告が行われた後に(図30(a)〜(d))、左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行う(図30(e))。この左図柄表示領域110aが装飾図柄の停止表示を行うのと略同時に、左から3番目の情報報知用可動体210が一旦待機位置に退避して、背後に「アタリ」というメッセージを所定時間遊技者に視認容易に表示し(図30(e))、再度突出動作させてメッセージを遊技者に視認し難くする(図30(f))。その後、右図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示を行うのと略同時に、全ての突出していた情報報知用可動体210は待機位置に退避し、「アタリ」というメッセージの表示を消去する。
このように、特殊変動の「風船出現」等のキャラクタ画像による予告表示(停止表示する図柄の組合せが大当たり、確変等に対応するものであることを告知または期待させるような態様を全ての図柄が停止するより前に表示すること)および「メッセージ表示」等の文字情報による予告表示では、単に風船の画像やメッセージを表示することによって、装飾図柄表示領域110a〜110cの報知より先に大当たりを遊技者に報知する演出にとどまらず、情報報知用可動体210の動作によって、風船の画像やメッセージの表示を隠したり見せたりするというように、事前にキャラクタ画像または文字情報画像の予告表示により報知する場合に、そのキャラクタ画像または文字情報画像と可動体(ここでは情報報知用可動体210)のそれぞれの位置関係を変更し、所定の予告表示の視認性を変化させることで、遊技者の注意を引きつける面白みの高い演出を行う。
次に、特殊変動のその他の演出例について説明する。
図31(a)〜(d)は、オーラ画像を使用した特殊変動の演出の一例を示す図である。本演出は、左図柄表示領域110aおよび右図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示を行った後に開始する。このとき、左図柄表示領域110aおよび右図柄表示領域110cはそれぞれ異なる装飾図柄の停止表示を行っており、中図柄表示領域110bは装飾図柄の変動表示を行っている(図31(a))。また、地震予告は終了しており、ステップアップ予告で突出した3つの情報報知用可動体210は待機位置に退避している(図31(a))。本演出は、まず、左端の情報報知用可動体210が突出し、それと略同時に、遮蔽手段250が閉じる方向に動作し、左扉250aおよび右扉250bを、突出した左端の情報報知用可動体210の背後のみを開いた状態、すなわち、情報報知用可動体210と略同じ幅のみを開いた状態とする。さらに、装飾図柄表示装置110が、突出した左端の情報報知用可動体210の背後に地蔵(情報報知用可動体210)が発するオーラの画像110eを表示する(図31(b))。次に、装飾図柄表示装置110が左端の情報報知用可動体210の背後に表示したオーラの画像110eを消去すると共に、左端の情報報知用可動体210が待機位置に退避し、これと略同時に、左から2番目の情報報知用可動体210が突出して、遮蔽手段250が左から2番目の情報報知用可動体210の背後のみを開いた状態となる。さらに、装飾図柄表示装置110が、突出した左から2番目の情報報知用可動体210の背後にオーラの画像110eを表示する(図31(c))。図31(a)および図31(b)に示すように、遮蔽手段250が、左端または左から2番目の情報報知用可動体210の背後のみを開いている場合、遊技者は、左図柄表示領域110aの一部のみ、または左図柄表示領域110aの一部および中図柄表示領域110bの一部のみを視認可能であり、遮蔽手段250は右図柄表示領域110cを遊技者が視認し難いように遮蔽している。本演出では、このように右図柄表示手段110cを遮蔽手段250が遮蔽している間に、右図柄表示領域110cの表示を左図柄表示領域110aと同じ装飾図柄の停止表示に変更する。すなわち、各図柄表示領域110a〜110cはリーチ状態の表示となる。そして、遮蔽手段250が開状態となり、それと略同時に、オーラの画像110eを消去すると共に、左から2番目の情報報知用可動体210が待機位置に退避する。
図32(a)〜(d)は、左図柄表示領域110aおよび右図柄表示領域110dを、演出表示領域110dに表示されたキャラクタ画像(本実施例では老夫婦)に重ねて表示する演出の一例を示す図である。本演出では、特図変動遊技を開始して各図柄表示領域110a〜110cが装飾図柄の変動表示を行う場合に、左図柄表示領域110aを表示画面の左下に、右図柄表示領域110dを表示画面の右下に、中図柄表示領域110bを表示画面上方の中央に表示する。すなわち、左図柄表示領域110aおよび右図柄表示領域110cは、演出表示領域110dに表示していた老夫婦の画像の上に重なって老夫婦の画像を隠すように装飾図柄の変動表示を行い、中図柄表示領域110bは、表示画面上方の中央で、装飾図柄の変動表示を行う(図32(a))。また、中図柄表示領域110bは、左右図柄表示領域110a、110cよりも小さく表示している。そして、左図柄表示領域110a、右図柄表示領域110c、中図柄表示領域110bの順に装飾図柄の停止表示を行う(図32(b)〜(d))。このように1つ、複数または全ての図柄表示領域(この例では左右図柄表示領域110a、110c)を演出表示領域110dにおけるキャラクタ画像(この例では老夫婦)に重ねて、キャラクタ画像の表示の優先順位を低くして装飾図柄の変動表示を開始することで、キャラクタ画像が画面外に移動する動画像を表示する演出表示の後に全ての装飾図柄の停止表示をした場合等に、次の特図変動遊技の開始時に、キャラクタ画像を画面外から復帰させる動画像等を表示しないで装飾図柄の変動表示を開始しても、遊技者に違和感を与えずに済む場合がある。

以上説明したように、本実施例1に係るパチンコ機100は、遊技領域104に設けた始動口(本実施例では、第1特図始動口および第2特図始動口)126、128に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示を開始する図柄表示手段(本実施例では、装飾図柄表示装置)110と、図柄表示手段が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技者に遊技価値(本実施例では、(特別)大当たり遊技)を付与する遊技価値付与手段(本実施例では、主として特図関連処理が該当)と、図柄表示手段110による表示を、遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段250と、待機位置および特定の動作位置の間を、図柄の変動表示と関連して動作する可動体(本実施例では、情報報知用可動体および演出用可動体)210、220と、を備えている。

このパチンコ機100によれば、図柄の変動表示の態様や、停止表示した図柄態様等が遮蔽手段250により遮蔽され、この先の変動表示の態様が、特定の図柄態様に近づいているのか、別の図柄態様に近づいているのかを期待、予想、心配等をしながら遊技をすすめるといった従来の遊技台にない新規性の高い演出を行うことができるようになり、遊技の面白みが増す。さらに可動体210,220による演出も加わるため、図柄の変動表示を複数の可動物210、220により多彩に演出することが可能になる。

ここで、可動体210、220は図柄表示手段110による一部の表示のみを遮蔽するように構成することが最適であるが、図柄表示手段110による一切の表示を遮蔽しない範囲で動作するようにしてもよい。図柄表示手段110による表示のみでは、変化が少ないため、遊技者を徐々に退屈にさせ、飽きを感じさせてしまうといった欠点が顕著になる場合がある。しかし、可動体210,220による動作を行うことで、今回はいつもと違うかもしれないといった考えを遊技者に与えることができる場合があり、図柄表示手段110にメリハリを与えられ、それにより飽きを感じさせず、長時間継続可能な遊技性を提供できる場合がある。また、一切の表示を遮蔽しない範囲で動作する場合には、図柄表示手段110を注視している遊技者の邪魔にならず、ストレスを感じさせずに、遊技を行わせられる場合がある。また、遮蔽手段250は、図柄表示手段110における図柄表示領域110a〜cおよび演出表示領域110dの全てを遮蔽するように構成してもよいが、図柄表示領域110a〜cの一部のみ、演出表示領域110dの一部のみ、図柄表示領域110a〜cの一部および演出表示領域110dの一部、図柄表示領域110a〜cの全部および演出表示領域110dの一部、または図柄表示領域110a〜cの一部および演出表示領域110dの全部を遮蔽するようにしてもよい。これと同様の範囲を可動体210、220が遮蔽するようにしてもよい。

また、遮蔽手段250を、図柄表示手段110と可動体210,220の間に配置し、遮蔽手段250は、図柄表示手段110が表示する全ての図柄を遊技者から視認し難いように遮蔽し、可動体210,220は、特定の動作位置において図柄表示手段110の一部の表示を遊技者から視認し難いように遮蔽すれば、遮蔽される場所、範囲に変化を持たせることが可能になり、遊技者が確認したい表示情報および遮蔽された表示情報の関係が変化することになり、新規性の高い遊技性を備えることができるようになる場合がある。

例えば、遊技者が確認したい表示情報と遮蔽された表示情報とが一致している場合には、遊技者に遮蔽が早く解除され、希望の情報が表示されていることを希望させることができ、逆に不一致な場合には、遮蔽されている表示情報の種類が何であるかを考えさせることができ、遊技について新たな興味を持たせられる場合がある。また、実際には何ら特別な表示をしていなくても、遊技者に変動表示の結果を予測するための材料が隠されているかもしれないといった考えを起こさせられる場合があり、遊技性を深められる場合がある。

また、図柄表示手段110は、図柄を表示する図柄表示領域110a〜c、および図柄の変動表示の演出を表示する演出表示領域110dを備え、可動体210、220は、特定の動作位置において演出表示領域110dの表示を遊技者から視認し難いように遮蔽すれば、可動体210,220により遮蔽された演出態様がどういった内容であるのか、すなわち現在行われている変動表示の停止後に図柄表示領域110a〜cが特定の図柄態様を表示するかどうかに関する情報を表示しているのではないかといった考えを想起させられる場合があり、遊技性の幅を広げられる場合がある。この場合、可動体210,220が遮蔽する表示の範囲は、演出表示領域110dにおける一切の表示としてもよいし、演出表示領域110dにおける一部の表示のみとしてもよいし、演出表示領域110dにおける一切の表示および図柄表示領域110a〜cにおける一部の表示としてもよいし、演出表示領域110dにおける一部の表示および図柄表示領域110a〜cにおける一部の表示としてもよい。本実施例に記載したように、可動体210がステップアップ的に変動表示の後に図柄表示領域110a〜cが特定の図柄態様を停止表示するかどうかを予兆することを本来の役割としている場合であっても、演出表示領域110dを遮蔽する構成となっていれば、遊技者に対して十分にその作用を奏することが期待できる。

また、遮蔽手段250は、図柄表示手段110の全ての表示を遊技者から視認し難いように遮蔽すれば、全ての表示が一旦遮蔽されるので、これまでに行われた図柄表示手段110による表示を思い出し、今後の表示の展開を予想するといった遊技について考えを整理する時間を遊技者に与えることになり、図柄の変動表示を繰り返す場合よりも、遊技に対する印象を深めさせられる場合がある。

また、図柄表示手段110の表示を遮蔽しない範囲で動作する非遮蔽可動体(本実施例では演出用可動体)220を、さらに備えれば、図柄表示手段110の表示変化と停止を繰り返し表示していると、変化が少ないため、遊技者を徐々に退屈させ、飽きを感じさせてしまうといった欠点が顕著になる場合がある。しかし非遮蔽可動体220による動作を行うことで、今回はいつもと違うかもしれないといった考えを遊技者に与えることができる場合があり、図柄表示手段110にメリハリを与えられ、それにより飽きを感じさせず、長時間継続可能な遊技性を提供できる場合がある。

また、遊技領域104に設けた始動口126、128に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示を開始する図柄表示手段110と、図柄表示手段110が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、所定の情報に基づいて動作する情報報知用可動体210と、図柄の変動表示と関連して動作する演出用可動体220と、を備えれば、所定の情報を複数の情報報知用可動体210それぞれの動作態様の組み合わせによって遊技者に報知し、複数の情報報知用可動体210とは別の演出用可動体220を図柄の変動表示に関連させて動作させるので、図柄表示手段110による表示も合わせて、多種多様な手段による情報報知を行うことが可能になり、単一の手段による報知の場合に比べて遊技者を飽きさせてしまう危険を減少させられる場合がある。演出用可動体220は1つでも複数でもよいし、場合によって情報報知用可動体210として動作したり、演出用可動体220として動作したりする可動体を設けてもよい。特定の場合、例えば特定の1回の図柄変動中に複数の情報報知用可動体210が、それらの組合せで所定の情報を報知し、該複数の情報報知用可動体210とは別の演出用可動体220が図柄の変動表示に関連して動作すれば十分に多種多様な手段による情報報知といった作用を奏することができる場合がある。また演出用可動体220として図柄の変動表示を遮蔽する遮蔽手段250を適用してもよい。

また、所定の情報は、図柄表示手段110が特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報であれば、複数の情報報知用可動体210それぞれの動作態様を、図柄表示手段110に特定の図柄態様を停止表示させるか否かに基づいて決定するので、遊技者が図柄の停止表示結果に関して予想する材料を新規性が高い方法で行うことができる。

また、演出用可動体220の複数の動作パターンの中から1つの動作パターンを選択する演出用動作パターン選択手段(本実施例では主として変動パターン選択処理が該当)をさらに備え、演出用動作パターン選択手段は、図柄表示手段110が特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報に基づいて、情報報知用可動体210の動作とは関連させずに1つの動作パターンを選択すれば、複数の情報報知用可動体210と演出用可動体220の動作パターンは同じ内容に基づくかを非連動的に決定するので、例えば、複数の情報報知用可動体210が、大当りになる場合の方が選択されやすい動作パターンに基づく動作を行っていても、演出用可動体220は、大当りにならない場合の方が選択されやすい動作パターンに基づく動作を行う場合が生じる等、遊技者への報知が多彩になり、遊技の面白みや幅を増すことができる場合がある。

また、複数の情報報知用可動体210を備え、情報報知用可動体210の複数の動作パターンの中から1つの動作パターンを選択する情報報知用動作パターン選択手段(本実施例では主として変動パターン選択処理が該当)をさらに備え、情報報知用動作パターン選択手段は、図柄表示手段110が特定の図柄態様以外の図柄態様を停止表示する場合に、複数の情報報知用可動体210の全てが動作する動作パターンよりも、複数の情報報知用可動体210が1つも動作しない動作パターンを高い確率で選択すれば、多数の可動体が動けば特定の図柄態様で停止表示するかもしれないといった大多数の遊技者の一般的な直感と一致するように、特定の図柄態様で停止表示させない場合には、情報報知用可動体210を1つも動作させない確率を全て動作させる確率よりも高めているので、遊技者に過度な期待をさせた後に落胆させて、遊技の進行に嫌気を出させる危険を減少させることができる。なお、動作パターン選択手段が情報報知用可動体210を特定の個数動作させる動作パターンを選択する確率を、特定の個数よりも多い個数動作させる動作パターンを選択する確率よりも高くしてもよい。

また、情報報知用動作パターン選択手段は、図柄表示手段110が特定の図柄態様を停止表示する場合に、複数の情報報知用可動体210が1つも動作しない動作パターンよりも、複数の情報報知用可動体210の全てが動作する動作パターンを高い確率で選択すれば、多数の可動体が動けば特定の図柄態様で停止表示するかもしれないといった大多数の遊技者の一般的な直感と一致するように、特定の図柄態様で停止表示させる場合には情報報知用可動体210を全て動作させる確率を1つも動作させない確率よりも高めているので、遊技者に存分に期待させて、その後特定の図柄態様を停止表示し、遊技者の期待どおりに遊技が進行した感覚を味わわせることで遊技への好感度を向上させることができる場合がある。これにより、遊技者に遊技を更に続行させたり、次回遊技店に訪れた場合に同じ遊技台を再度選択させたりすることができる場合がある。

また、遊技領域104に設けた始動口126、128に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示を開始する図柄表示手段110と、図柄表示手段110が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技球が入賞可能となる可変入賞口130と、可変入賞口130に遊技球が入賞した場合に、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、図柄表示手段110を遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段250と、図柄表示手段110が特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報に基づいて動作し、図柄表示手段110の一部の表示を遊技者から視認し難いように遮蔽する情報報知用可動体210と、図柄表示手段110が特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報に基づき、図柄表示手段110の表示を遮蔽しない範囲で情報報知用可動体210の動作と関連しない動作をする演出用可動体220と、を備えれば、図柄を遮蔽することにより遊技者にそれまでの遊技内容を整理させられる遮蔽手段250、特定の図柄態様を停止するか否かに基づいて、図柄表示手段110による一部の表示のみを遊技者から視認し難いように遮蔽するように動作し、図柄から目線を全く、またはそれ程動かさずに動作態様を確認できる複数の情報報知用可動体210、および特定の図柄態様を停止するか否かに基づいて、一切の表示を遮蔽しない範囲で動作し、図柄が遮蔽されることにより遊技者が受けるストレスを減少させつつ、遊技の結果の予想材料を与えられる演出用可動体220といった複数種類の可動体を設けたので、その時点での状態、例えば、特定の図柄態様を停止表示する回の図柄の変動表示か、または特定の図柄態様とは別の図柄態様を停止表示する回の図柄の変動表示かにより、それら複数種類の可動体による図柄変動演出を極めて多彩に演出することが可能になり、また、状態ごとの複数種類の可動体の可動頻度等を適切に設定しておくことで新規性が高く、適度に遊技者に期待感を持たせ、さらにストレスを感じさせない遊技の進行を行うことができるようになる場合がある。

なお、本実施例に係るパチンコ機100は、上記した実施の形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において種々変更を加え得ることは勿論である。

例えば、本実施例に係るパチンコ機100は、装飾図柄表示装置110および演出装置200をそれぞれ1つ備えるが、装飾図柄表示装置110および演出装置200を複数備えるようにしてもよい。この場合、複数の演出装置200は、それぞれ情報報知用可動体210、演出用可動体220および遮蔽手段250を全て備えていてもよいし、これらの一部のみを備えていてもよい。

また、情報報知用可動体210は、5番目に突出する右端のものが、左図柄表示領域110cが装飾図柄の停止表示をした後に突出するが、この時にスピーカ366や演出用ランプ240等による音や光、さらに演出表示領域110dの表示の変更等を使用した演出と共に突出するようにしてもよい。

また、情報報知用可動体210は、開始を保留している特図変動遊技の数と同数だけ突出するようにしてもよい。例えば、特図変動遊技の開始を2つ保留している場合には、左から2つの情報報知用可動体210のみを突出するようにしてもよい。さらに、例えば、第1特図始動口126に遊技球が入賞して保留している特図変動遊技の数情報報知用可動体210の突出数で示し、第2特図始動口128に遊技球が入賞して保留している特図変動遊技の数を特図保留ランプ118で示すといったように、複数の特図始動口を設け、それぞれの特図始動口に遊技球が入賞して保留している特図変動遊技の数を異なる態様で示すようにしてもよい。この場合、保留数を示すのに、装飾図柄表示装置110の表示、または他の可動物、LEDもしくはランプ等を使用してもよい。

また、特定時期から行った特図変動遊技の回数、変動態様がリーチとなった回数、または特定の図柄を停止表示した回数等を情報報知用可動体210の突出数で示すようにしてもよい。例えば、大当たり遊技終了後の5つの特図変動遊技を高確率状態とし、大当たり遊技終了後に全て突出した情報報知用可動体210を、特図変動遊技の開始と共に1つずつ待機位置に退避させていくようにしてもよい。ここで、特定の時期とは、所定の演出、例えば、ミッション演出や背景演出等を開始した時等であってもよい。

また、情報報知用可動体210は、遊技者によるチャンスボタンの操作に応答して動作するようにしてもよい、例えば、特図変動遊技中に遊技者がチャンスボタンを操作した場合に、大当たりフラグがオンのときには突出位置にいる情報報知用可動体210が待機位置に退避し、大当たりフラグがオフのときには待機位置にいる情報報知用可動体210が突出位置に突出するといった演出を行ってもよい。

また、特図の変動時間を短くする特図の短縮変動状態を設け、この特図の短縮変動状態では、変動態様がリーチとなる場合のみ装飾図柄表示装置110による装飾図柄の変動表示を行い、その他の場合は、情報報知用可動体210、演出用可動体220または遮蔽手段250を動作して、遊技者に外れを報知するようにしてもよい。

また、情報報知用可動体210、演出用可動体220または遮蔽手段250にLED等の発光体を配設して、動作に連動して点灯、点滅または消灯するようにしてもよい。例えば、地蔵を模した情報報知用可動体210の目の部分に発光体を配設し、大当たりフラグがオンの場合に光らせるようにしてもよい。

また、ステップアップ予告は、予め待機位置にいた情報報知用可動体210を左から順に突出位置に突出することで行ってもよいし、予め突出位置にいた情報報知用可動体210を左から順に待機位置に退避することで行ってもよい。さらに、この2種類のステップアップ予告の態様を、遊戯中にランダムに変更するようにしてもよいし、遊技状態に応じて変更するようにしてもよい。

また、複数の情報報知用可動体210が突出する高さをそれぞれ異なるようにしてもよい。例えば、それぞれの情報報知用可動体210の突出位置を、左から右に行くにつれて高くなるように設定してもよいし、それぞれの情報報知用可動体210自身の大きさや高さを、左から右に行くにつれて増加するようにしてもよい。また、情報報知用可動体210の突出高さを複数段階または無段階に変更可能にして、遊技状態や変動番号等に応じて突出高さを変化させるようにしてもよい。

また、情報報知用可動体210が突出する順番は、左から順に限られるものではなく、右から順に突出してもよいし、変動番号や遊技状態に応じて突出する順番を変更するようにしてもよい。

また、情報報知用可動体210、演出用可動体220および遮蔽手段250は、容易に種々の形状のものに交換可能であるようにしてもよい。例えば、地蔵を模した情報報知用可動体210を仏像を模したものに交換したり、小屋を模した演出用可動体220を城を模したものに交換したりできるようにしてもよい。

また、情報報知用可動体210、演出用可動体220および遮蔽手段250の動作により、これらの周囲を移動している遊技球の軌道が変化するようにしてもよい。例えば、地震予告を行っているときに、ワープ装置230を通過した遊技球の前面ステージ234への出口を前後に振動したり、地震予告を行っているときはその他のときよりも高い確率で、ワープ装置230を通過した遊技球を前面ステージ234の奥側に排出したりしてもよい。このようにすることで、演出効果が向上するだけでなく、可動物が遊技者の利益に影響を与えることとなり、遊技の興趣を向上することができる。同様に、情報報知用可動体210、演出用可動体220および遮蔽手段250の動作により、前面ステージ234上または演出装置200の周囲を転動する遊技球の軌道を変化させるようにしてもよい。例えば、遊技釘134の上に積み重なった(いわゆる球詰まりした)遊技球を地震予告の動作により落とすようにしてもよいし、ワープ装置230、前面ステージ234または演出装置200の周囲を通過する遊技球に、情報報知用可動体210、演出用可動体220もしくは遮蔽手段250の一部分、または情報報知用可動体210、演出用可動体220もしくは遮蔽手段250と接触することにより動作するその他の可動物を遊技球に衝突させて、遊技球の軌道が変化するようにしてもよい。さらに、このようにして軌道が変化した遊技球が特図始動口126、128等に入りやすくなるようにしてもよい。

また、情報報知用可動体210、演出用可動体220および遮蔽手段250の動作により、これらの周囲に堆積したゴミ等を落とすようにしてもよい。また、情報報知用可動体210、演出用可動体220および遮蔽手段250の動作により、周囲の空気が流動するようにしてもよい。例えば、これらの可動物の動作によって空気を遊技盤正面から背面に向けて流すようにし、装飾図柄表示装置110や遊技盤裏側に配設した各種基板等の冷却効率が向上するようにしてもよい。

また、情報報知用可動体210、演出用可動体220および遮蔽手段250の動作により、普図表示装置112、特図表示装置114、普図保留ランプ116、特図保留ランプ118、高確中ランプ120または演出用ランプ240等を遮蔽するようにしてもよい。例えば、遮蔽手段250が所定の条件により演出用ランプ240を遮蔽するようにし、遮蔽を解除した時の演出用ランプ240の点灯、点滅または消灯の態様を変動番号や遊技状態に応じて変化させてもよい。

また、情報報知用可動体210または遮蔽手段250により装飾図柄表示装置110の表示を遮蔽した場合、情報報知用可動体210または遮蔽手段250を透過して識別可能な光または色の違いにより、遊技者が表示内容を推測できるようにしてもよい。例えば、右図柄表示領域110cを遮蔽手段250で遮蔽した場合に、変動態様がリーチの場合には、遮蔽手段250を透過して見える色が、左図柄表示領域110aが停止表示している装飾図柄と同系統の色にするようにしてもよいし、演出表示領域110dに表示したメッセージを情報報知用可動体210で遮蔽する場合、情報報知用可動体210を透過して見える色の違いにより、遊技者がメッセージの内容を推測できるようにしてもよい。

また、遮蔽手段250は、左扉250aまたは右扉250bのみで装飾図柄表示装置110の全ての表示を遮蔽できるものであってもよい。さらに、左右扉250a、250bを所定の位置で停止させることで、装飾図柄表示装置110の表示画面の中央部、左半分の一部または右半分の一部等だけを少し開いた状態にして、遊技者が装飾図柄表示装置110の任意の位置の表示のみを視認可能となるようにすることができるようにしてもよい。

また、遮蔽手段250の開閉動作において、複数の情報報知用可動体210の位置を基準にして複数の停止位置を設定してもよい。

また、遮蔽手段250は、上下方向に開閉するものや上下左右に開閉するものであってもよいし、どん帳や回転して開くものであってもよいし、開いた状態のときは遊技盤102の背後に収納するようにしてもよい。

また、遮蔽手段250は、左右扉250a、250bに加えて、上方から下降して装飾図柄表示装置110の全ての表示を遮蔽する上扉を備えていてもよい。

また、地震予告のときに、装飾図柄表示装置110の各図柄表示領域110a〜110cまたは演出表示領域110dの表示は、演出用可動体220および遮蔽手段250の動作に関連した振動、揺動または回転等の動きをするようにしてもよい。同様に、地震予告のときに、情報報知用可動体210が、振動、揺動または回転等の動きをするようにしてもよい。

また、装飾図柄表示装置110は、単独、または情報報知用可動体210、演出用可動体220もしくは遮蔽手段250の動作と連動して動作するようにしてもよい。例えば、装飾図柄表示装置110が、情報報知用可動体210、演出用可動体220または遮蔽手段250の背後に移動することで、全ての表示または一部の表示を隠蔽するようにしてもよい。

また、装飾図柄表示装置110は、遮蔽手段250が遮蔽しているときは、各図柄表示領域110a〜110cを表示しないようにしてもよい。

また、情報報知用可動体210を配設する代わりに、演出表示領域110dに情報報知用可動体210の画像を表示することでステップアップ予告を行うようにしてもよい。

また、情報報知用可動体210、演出用可動体220または遮蔽手段250の動作と関連してまたは無関係に動作する可動物、または、これらの動作と関連してまたは無関係に点灯、点滅または消灯するLED等の発光体を、遊技盤102以外の部分に設けてもよい。例えば、遊技盤前面のガラス周囲のリボルバーを、演出用可動体の動作と関連して回動や発光等するものにしてもよい。

また、遊技盤102全体を建物を模したものとし、演出装置200をこの建物の窓を模したものとした上で、装飾図柄表示装置110、情報報知用可動体210、演出用可動体220、ワープ装置230、演出用ランプ240および遮蔽手段250を演出装置に配設してもよい。
また、演出用可動体220として、屋根部222、柱部224および背面板225から構成した例を示したが、これに限定されず、演出用可動体220は、屋根部222および柱部224のみから構成してもよい。さらに、演出用可動体220として、液晶の周囲の3方向に屋根部222および柱部224を配置した小屋を模した可動体を適用した例を示したが、これに限定されず、液晶の周囲(例えば正面視右側)に設け、左右方向に揺れる動作をするような可動体でもよい。
また、情報報知用可動体210として、笠または手ぬぐいを頭に被った地蔵を模した複数の人形で構成し、装飾図柄表示装置110の下方であり、かつ装飾図柄表示装置110手前の遮蔽手段250と前面ステージ234との間に並べて配置した例を挙げたが、これに限定されず、トラを模した人形を動作させるような可動体を装飾図柄表示装置110の下方に、またトリを模した人形を動作させるような可動体を装飾図柄表示装置110の上方に配置して、これらにより情報報知用可動体210を構成してもよい。さらに、トラを模した人形を動作させるような可動体を装飾図柄表示装置110の下方に、またライオンを模した人形を動作させるような可動体を装飾図柄表示装置110による表示を遮蔽しない位置(例えば、装飾図柄表示装置110から充分に離れたアウト口136の近傍)に配置するようにしてもよい。
また、遮蔽手段250、地蔵を模した人形による可動体210をそれぞれ単独で動作させる制御機会、遮蔽手段250および地蔵を模した人形による可動体210を同時に動作させる制御機会、遮蔽手段250および小屋を模した可動体220を同時に動作させる制御機会、小屋を模した可動体220および地蔵を模した人形による可動体210を同時に動作させる制御機会をそれぞれ可能にし、小屋を模した可動体220を単独で動作させる制御機会を有さないように構成してもよい。すなわち複数の可動体を有し、それら複数の可動体のうち特定の可動体だけは、他の可動体と連動させる場合だけ動作させるように構成してもよく。または、複数の可動体を有し、それら複数の可動体のうち特定の可動体だけは、他の可動体と連動させる場合だけ動作させ、かつ特定の可動体とは別の所定の可動体は単独でしか動作しないように構成してもよい。このように可動体の動作を連動するかどうかを複数種類にすることで、可動体の動作をより面白みのあるものにできる場合がある。
また、図9に示したとおり、情報報知用可動体210、演出用可動体220および演出用ランプ240の点灯・消灯を演出制御部350で制御し、遮蔽手段250および装飾図柄表示装置110の表示制御を上記演出制御部350とは別の基板上に構成した液晶制御回路378で制御していることで各基板に掛かる負荷を分散し、特定の基板が誤動作する危険性を下げることができる場合がある。特に本実施例の構成では、装飾図柄表示装置110と装飾図柄表示装置110の最も近傍で動作する遮蔽手段250を液晶制御回路378で制御し、遮蔽手段250と較べて装飾図柄表示装置110より遠い位置に配置した情報報知用可動体210および演出用可動体220を演出制御部350で制御するようにしているので、それぞれのテストをする場合に、装飾図柄表示装置110と遮蔽手段250をまとめてテストができる等テスト期間の短縮を可能にする場合がある。このような効果は上記構成に限定されず、複数の可動体のうち第1の可動体の動作制御を第1の基板に設けた回路で行い、複数の可動体のうち第1の可動体とは別の第2の可動体の動作制御を第1の基板とは別の第2の基板に設けた回路で行うようにすることでも奏する場合がある。
また、小屋を模した可動体220を動作させる場合には、必ず遮蔽手段250を動作させるようにし、また、小屋を模した可動体220は装飾図柄表示装置110による表示を直接的に邪魔せず、装飾図柄表示装置110側に可動体の一部が移動したとしても、装飾図柄表示装置110と可動体220との間に常に遮蔽手段250を介在させるようにすることで、装飾図柄表示装置110の表示領域の両側部を遮蔽する構造物は常に遮蔽手段250となり、装飾図柄表示装置110の前に複数種類の構造体が突出してきて遊技者に不快感を与えることを防げることになり、非常に好適な場合がある。
また、演出用ランプ240の点灯・消灯による表示を情報報知用可動体210演出用可動体220および遮蔽手段250の動作と連動させてもよい。
また、所定の可動体(例えば地蔵を模した人形の動作を含む可動体210)を装飾図柄表示装置110の表示を遊技者から遮る特定の位置に移動動作させるよりも前に、所定の可動体を該特定の位置に移動させた場合に遮られる装飾図柄表示装置110の表示領域、またはその領域の周囲(例えば図31のオーラ画像110eの表示位置)に特定の画像(例えば図31のオーラ画像110e)を表示した後で、所定の可動体を該特定の位置に移動させ、遊技者に所定の可動体と特定の画像を関連させて表示(例えば重合表示)するようにしてもよい。このようにすることで、遊技者に可動体が動作するかもしれないといった期待感を動作よりも前に与えられる場合があり、演出表示をより多彩にできる場合がある。

なお、上記実施例においては、遊技台として、遊技球を遊技媒体としたパチンコ機の例を示したが、本発明に係る遊技台は、パチンコ機に限定されるものではなく、例えば、遊技球(例えばパチンコ球)またはメダル(コイン)を遊戯媒体としたスロットマシン(いわゆるパチロットやパチスロ等)にも適用可能である。

図33は、このようなスロットマシン600を示す図である。ここで、スロットマシン600とは、「遊技開始を指示する遊技開始指示信号を出力する遊技開始指示手段と、前記遊技開始指示手段が出力した前記遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、所定の役を当選役として決定する当選役決定手段と、複数種類の図柄を所定の順番で繰返し変動表示する複数の図柄表示手段と、前記遊技開始指示手段が出力した前記遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、前記複数の図柄表示手段の変動表示を開始させる変動表示開始手段と、前記複数の図柄表示手段にそれぞれ対応して設け、対応する前記図柄表示手段による図柄の変動表示の停止を指示する停止指示信号を出力する停止指示手段と、前記停止指示手段が出力した前記停止指示信号を入力した場合に、前記当選役決定手段が決定した当選役に基づいて、当該停止指示手段に対応する前記図柄表示手段による図柄の変動表示を停止させる変動表示停止手段と、前記複数の図柄表示手段が所定の入賞ラインに沿った位置に停止表示した図柄の組合せに対応する役を、入賞役として決定する入賞役決定手段と、前記入賞役決定手段が決定した入賞役に基づいて、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、を有して構成されるスロットマシン」である。但し、スロットマシン600はこの構成に限定されるものではない。

スロットマシン600は、遊技開始を指示する遊技開始指示信号を出力する遊技開始指示手段(例えば、スタートレバー)と、遊技開始指示手段が出力した遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、所定の役を当選役として決定する当選役決定手段と、複数種類の図柄を所定の順番で繰返し変動表示する複数の図柄表示手段(例えば、リール)と、遊技開始指示手段が出力した遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、複数の図柄表示手段の変動表示を開始させる変動表示開始手段と、複数の図柄表示手段にそれぞれ対応して設け、対応する図柄表示手段による図柄の変動表示の停止を指示する停止指示信号を出力する停止指示手段(例えば、ストップボタン)と、停止指示手段が出力した停止指示信号を入力した場合に、当選役決定手段が決定した当選役に基づいて、当該停止指示手段に対応する図柄表示手段による図柄の変動表示を停止させる変動表示停止手段と、複数の図柄表示手段が所定の入賞ラインに沿った位置に停止表示した図柄の組合せに対応する役を、入賞役として決定する入賞役決定手段と、入賞役決定手段が決定した入賞役に基づいて、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、遊技を演出する画像を表示する演出表示装置と、演出表示装置による表示を、遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段と、待機位置および特定の動作位置の間を、演出表示装置の表示と関連して動作する可動体と、を備えれば、演出表示装置の表示が遮蔽手段により遮蔽され、この先の表示がどのように変化するのかを期待、予想、心配等をしながら遊技をすすめるといった従来の遊技台にない新規性の高い演出を行うことができるようになり、遊技の面白みが増す。さらに可動体による演出も加わるため、演出表示装置の表示を複数の可動物により多彩に演出することが可能になる。

また、遊技開始を指示する遊技開始指示信号を出力する遊技開始指示手段と、遊技開始指示手段が出力した遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、所定の役を当選役として決定する当選役決定手段と、複数種類の図柄を所定の順番で繰返し変動表示する複数の図柄表示手段と、遊技開始指示手段が出力した遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、複数の図柄表示手段の変動表示を開始させる変動表示開始手段と、複数の図柄表示手段にそれぞれ対応して設け、対応する図柄表示手段による図柄の変動表示の停止を指示する停止指示信号を出力する停止指示手段と、停止指示手段が出力した停止指示信号を入力した場合に、当選役決定手段が決定した当選役に基づいて、当該停止指示手段に対応する図柄表示手段による図柄の変動表示を停止させる変動表示停止手段と、複数の図柄表示手段が所定の入賞ラインに沿った位置に停止表示した図柄の組合せに対応する役を、入賞役として決定する入賞役決定手段と、入賞役決定手段が決定した入賞役に基づいて、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、遊技を演出する画像を表示する演出表示装置と、所定の情報に基づいて動作する情報報知用可動体と、演出表示装置の表示と関連して動作する演出用可動体と、を備えれば、所定の情報を複数の情報報知用可動体それぞれの動作態様の組み合わせによって遊技者に報知し、複数の情報報知用可動体とは別の演出用可動体を演出表示装置の表示に関連させて動作させるので、演出表示装置による表示も合わせて、多種多様な手段による情報報知を行うことが可能になり、単一の手段による報知の場合に比べて遊技者を飽きさせてしまう危険を減少させられる場合がある。

また、遊技開始を指示する遊技開始指示信号を出力する遊技開始指示手段と、遊技開始指示手段が出力した遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、所定の役を当選役として決定する当選役決定手段と、複数種類の図柄を所定の順番で繰返し変動表示する複数の図柄表示手段と、遊技開始指示手段が出力した遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、複数の図柄表示手段の変動表示を開始させる変動表示開始手段と、複数の図柄表示手段にそれぞれ対応して設け、対応する図柄表示手段による図柄の変動表示の停止を指示する停止指示信号を出力する停止指示手段と、停止指示手段が出力した停止指示信号を入力した場合に、当選役決定手段が決定した当選役に基づいて、当該停止指示手段に対応する図柄表示手段による図柄の変動表示を停止させる変動表示停止手段と、複数の図柄表示手段が所定の入賞ラインに沿った位置に停止表示した図柄の組合せに対応する役を、入賞役として決定する入賞役決定手段と、入賞役決定手段が決定した入賞役に基づいて、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、遊技を演出する画像を表示する演出表示装置と、演出表示装置を遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段と、当選役決定手段が決定した当選役に関する情報に基づいて動作し、演出表示装置の一部の表示を遊技者から視認し難いように遮蔽する情報報知用可動体と、当選役決定手段が決定した当選役に関する情報に基づき、演出表示装置の表示を遮蔽しない範囲で情報報知用可動体の動作と関連しない動作をする演出用可動体と、を備えれば、演出表示装置を遮蔽することにより遊技者にそれまでの遊技内容を整理させられる遮蔽手段、入賞役決定手段が決定した入賞役に基づいて、演出表示装置による一部の表示のみを遊技者から視認し難いように遮蔽するように動作し、演出表示装置から目線を全く、またはそれ程動かさずに動作態様を確認できる複数の情報報知用可動体、および入賞役決定手段が決定した入賞役に基づいて、一切の表示を遮蔽しない範囲で動作し、表示が遮蔽されることにより遊技者が受けるストレスを減少させつつ、遊技の結果の予想材料を与えられる演出用可動体220といった複数種類の可動体を設けたので、その時点での状態、例えば、入賞役に当選しているか否かにより、それら複数種類の可動体による演出を極めて多彩に行うことが可能になり、また、状態ごとの複数種類の可動体の可動頻度等を適切に設定しておくことで新規性が高く、適度に遊技者に期待感を持たせ、さらにストレスを感じさせない遊技の進行を行うことができるようになる場合がある。

さらに、本発明は、前述のスロットマシンやパチンコ機等の実機の他、これら実機の動作を家庭用ゲーム機用として擬似的に実行するようなゲームプログラムにおいても、本発明を適用してゲームを実行することができる。その場合、ゲームプログラムを記録する記録媒体は、DVD−ROM、CD−ROM、FD(フレキシブルディスク)、その他任意の記録媒体を利用できる。

以上、本発明の実施例を説明したが、具体例を例示したに過ぎず、特に本発明を限定するものではない。また、発明の実施の形態に記載された、作用及び効果は、本発明から生じる最も好適な作用及び効果を列挙したに過ぎず、本発明による作用及び効果は、本発明の実施の形態に記載されたものに限定されるものではない。

本発明に係る遊技台は、スロットマシンやパチンコ機に代表される遊技台の分野で特に利用することができる。

本発明の実施例1に係るパチンコ機100を正面(遊技者側)から見た状態を示す略示正面図である。 (a)および(b)演出装置200の正面図および側断面図である。 (a)情報報知用可動体210が待機位置にいる場合を示す側面図である。(b)情報報知用可動体210が突出位置にいる場合を示す側面図である。 (a)〜(c)情報報知用可動体210をベルト260及びベルト260に取り付けた突起262により駆動する例を示す図である。 (a)〜(d)情報報知用可動体210を複数の形状の異なるカム270を設けた軸272により駆動する例を示す図である。 (a)および(b)センターケース202の側断面図および背面図である。 (a)および(b)ブラケット204の正面図および側断面図である。 (a)特図の停止表示態様の一例を示す図である。(b)装飾図柄の一例を示す図である。(c)普図の停止表示態様の一例を示す図である。 パチンコ機100の制御部の回路ブロック図を示す図である。 (a)大当たり判定テーブルの一例を示す図である。(b)高確率状態移行判定テーブルの一例を示す図である。(c)はタイマ番号決定テーブルの一例を示す図である。 (a)および(b)変動番号選択テーブルの一例を示す図である。 (a)〜(c)図柄決定テーブルの一例を示す図である。 (a)〜(c)図柄決定テーブルの一例を示す図である。 (a)〜(c)図柄決定テーブルの一例を示す図である。 ステージ移行判定テーブルの一例を示す図である。 動作パターン選択テーブルの一例を示す図である。 動作パターン選択テーブルの一例を示す図である。 特殊変動選択用テーブルの一例を示す図である。 主制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。 主制御部タイマ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。 (a)演出制御部メイン処理の流れを示すフローチャートである。(b)コマンド入力処理の流れを示すフローチャートである。(c)ストローブ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。(d)チャンスボタン割り込み処理の流れを示すフローチャートである。(e)演出制御部タイマ割り込み処理の流れを示すフローチャートである。(f)変動パターン選択処理の流れを示すフローチャートである。(g)図柄停止処理の流れを示すフローチャートである。 (a)〜(d)情報報知用可動体210を使用した演出(ステップアップ予告)の一例を示す図である。 (a)〜(d)情報報知用可動体210を使用した演出(ステップアップ予告)に加えて、演出用可動体220および遮蔽手段250を使用した演出(地震予告)を行う場合の一例を示す図である。 (a)〜(h)変動態様がリーチである場合に行う演出の一例を示す図である。 (a)〜(d)情報報知用可動体210を選択したステップアップ予告の動作パターンの数だけ退避させる演出の一例を示す図である。 (a)〜(d)ステップアップ予告で突出する情報報知用可動体210の突出する高さを変化させる演出の一例を示す図である。 (a)〜(g)特殊変動の「全図柄移動」の一例を示す図である。 (a)〜(h)特殊変動の「右図柄移動」の一例を示す図である。 (a)〜(g)特殊変動の「風船出現」の一例を示す図である。 (a)〜(g)特殊変動の「メッセージ表示」の一例を示す図である。 (a)〜(d)オーラ画像を使用した特殊変動の演出の一例を示す図である。 (a)〜(d)左図柄表示領域110aおよび右図柄表示領域110dを、演出表示領域110dに表示されたキャラクタ画像(本実施例では老夫婦)に重ねて表示する演出の一例を示す図である。 スロットマシン600を示す図である。

符号の説明

100・・・パチンコ機
104・・・遊技領域
110・・・装飾図柄表示装置
110a・・・左図柄表示領域
110b・・・中図柄表示領域
110c・・・右図柄表示領域
110d・・・演出表示領域
126・・・第1特図始動口
128・・・第2特図始動口
130・・・可変入賞口
210・・・情報報知用可動体
220・・・演出用可動体
250・・・遮蔽手段

Claims (14)

  1. 遊技領域に設けた始動口に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示を開始する図柄表示手段と、
    前記図柄表示手段が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、
    前記図柄表示手段による表示を、遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段と、
    待機位置および特定の動作位置の間を、図柄の変動表示と関連して動作する可動体と、
    を備えることを特徴とする、遊技台。
  2. 前記遮蔽手段を、前記図柄表示手段と前記可動体の間に配置し、
    前記遮蔽手段は、前記図柄表示手段が表示する全ての図柄を遊技者から視認し難いように遮蔽し、
    前記可動体は、前記特定の動作位置において前記図柄表示手段の一部の表示を遊技者から視認し難いように遮蔽することを特徴とする、
    請求項1に記載の遊技台。
  3. 前記図柄表示手段は、図柄を表示する図柄表示領域、および図柄の変動表示の演出を表示する演出表示領域を備え、
    前記可動体は、前記特定の動作位置において前記演出表示領域の表示を遊技者から視認し難いように遮蔽することを特徴とする、
    請求項1または2に記載の遊技台。
  4. 前記遮蔽手段は、前記図柄表示手段の全ての表示を遊技者から視認し難いように遮蔽することを特徴とする、
    請求項3に記載の遊技台。
  5. 前記図柄表示手段の表示を遮蔽しない範囲で動作する非遮蔽可動体を、さらに備えることを特徴とする、
    請求項1乃至4のいずれかに記載の遊技台。
  6. 遊技領域に設けた始動口に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示を開始する図柄表示手段と、
    前記図柄表示手段が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、
    所定の情報に基づいて動作する情報報知用可動体と、
    図柄の変動表示と関連して動作する演出用可動体と、
    を備えることを特徴とする、遊技台。
  7. 前記所定の情報は、前記図柄表示手段が前記特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報であることを特徴とする、
    請求項6に記載の遊技台。
  8. 前記演出用可動体の複数の動作パターンの中から1つの動作パターンを選択する演出用動作パターン選択手段をさらに備え、
    前記演出用動作パターン選択手段は、前記図柄表示手段が前記特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報に基づいて、前記情報報知用可動体の動作とは関連させずに1つの動作パターンを選択することを特徴とする、
    請求項6または7に記載の遊技台。
  9. 複数の前記情報報知用可動体を備え、
    前記情報報知用可動体の複数の動作パターンの中から1つの動作パターンを選択する情報報知用動作パターン選択手段をさらに備え、
    前記情報報知用動作パターン選択手段は、前記図柄表示手段が前記特定の図柄態様以外の図柄態様を停止表示する場合に、前記複数の情報報知用可動体の全てが動作する動作パターンよりも、前記複数の情報報知用可動体が1つも動作しない動作パターンを高い確率で選択することを特徴とする、
    請求項6乃至8のいずれかに記載の遊技台。
  10. 前記情報報知用動作パターン選択手段は、前記図柄表示手段が前記特定の図柄態様を停止表示する場合に、前記複数の情報報知用可動体が1つも動作しない動作パターンよりも、前記複数の情報報知用可動体の全てが動作する動作パターンを高い確率で選択することを特徴とする、
    請求項9に記載の遊技台。
  11. 遊技領域に設けた始動口に遊技球が入賞した場合に、図柄の変動表示を開始する図柄表示手段と、
    前記図柄表示手段が停止表示した図柄態様が特定の図柄態様である場合に、遊技球が入賞可能となる可変入賞口と、
    前記可変入賞口に遊技球が入賞した場合に、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、
    前記図柄表示手段を遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段と、
    前記図柄表示手段が前記特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報に基づいて動作し、前記図柄表示手段の一部の表示を遊技者から視認し難いように遮蔽する情報報知用可動体と、
    前記図柄表示手段が前記特定の図柄態様を停止表示するか否かに関する情報に基づき、前記図柄表示手段の表示を遮蔽しない範囲で前記情報報知用可動体の動作と関連しない動作をする演出用可動体と、を備えることを特徴とする、遊技台。
  12. 遊技開始を指示する遊技開始指示信号を出力する遊技開始指示手段と、
    前記遊技開始指示手段が出力した前記遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、所定の役を当選役として決定する当選役決定手段と、
    複数種類の図柄を所定の順番で繰返し変動表示する複数の図柄表示手段と、
    前記遊技開始指示手段が出力した前記遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、前記複数の図柄表示手段の変動表示を開始させる変動表示開始手段と、
    前記複数の図柄表示手段にそれぞれ対応して設け、対応する前記図柄表示手段による図柄の変動表示の停止を指示する停止指示信号を出力する停止指示手段と、
    前記停止指示手段が出力した前記停止指示信号を入力した場合に、前記当選役決定手段が決定した当選役に基づいて、当該停止指示手段に対応する前記図柄表示手段による図柄の変動表示を停止させる変動表示停止手段と、
    前記複数の図柄表示手段が所定の入賞ラインに沿った位置に停止表示した図柄の組合せに対応する役を、入賞役として決定する入賞役決定手段と、
    前記入賞役決定手段が決定した入賞役に基づいて、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、
    遊技を演出する画像を表示する演出表示装置と、
    前記演出表示装置による表示を、遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段と、
    待機位置および特定の動作位置の間を、前記演出表示装置の表示と関連して動作する可動体と、
    を備えることを特徴とする、遊技台。
  13. 遊技開始を指示する遊技開始指示信号を出力する遊技開始指示手段と、
    前記遊技開始指示手段が出力した前記遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、所定の役を当選役として決定する当選役決定手段と、
    複数種類の図柄を所定の順番で繰返し変動表示する複数の図柄表示手段と、
    前記遊技開始指示手段が出力した前記遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、前記複数の図柄表示手段の変動表示を開始させる変動表示開始手段と、
    前記複数の図柄表示手段にそれぞれ対応して設け、対応する前記図柄表示手段による図柄の変動表示の停止を指示する停止指示信号を出力する停止指示手段と、
    前記停止指示手段が出力した前記停止指示信号を入力した場合に、前記当選役決定手段が決定した当選役に基づいて、当該停止指示手段に対応する前記図柄表示手段による図柄の変動表示を停止させる変動表示停止手段と、
    前記複数の図柄表示手段が所定の入賞ラインに沿った位置に停止表示した図柄の組合せに対応する役を、入賞役として決定する入賞役決定手段と、
    前記入賞役決定手段が決定した入賞役に基づいて、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、
    遊技を演出する画像を表示する演出表示装置と、
    所定の情報に基づいて動作する情報報知用可動体と、
    前記演出表示装置の表示と関連して動作する演出用可動体と、
    を備えることを特徴とする、遊技台。
  14. 遊技開始を指示する遊技開始指示信号を出力する遊技開始指示手段と、
    前記遊技開始指示手段が出力した前記遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、所定の役を当選役として決定する当選役決定手段と、
    複数種類の図柄を所定の順番で繰返し変動表示する複数の図柄表示手段と、
    前記遊技開始指示手段が出力した前記遊技開始指示信号を入力したことに基づいて、前記複数の図柄表示手段の変動表示を開始させる変動表示開始手段と、
    前記複数の図柄表示手段にそれぞれ対応して設け、対応する前記図柄表示手段による図柄の変動表示の停止を指示する停止指示信号を出力する停止指示手段と、
    前記停止指示手段が出力した前記停止指示信号を入力した場合に、前記当選役決定手段が決定した当選役に基づいて、当該停止指示手段に対応する前記図柄表示手段による図柄の変動表示を停止させる変動表示停止手段と、
    前記複数の図柄表示手段が所定の入賞ラインに沿った位置に停止表示した図柄の組合せに対応する役を、入賞役として決定する入賞役決定手段と、
    前記入賞役決定手段が決定した入賞役に基づいて、遊技者に遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、
    遊技を演出する画像を表示する演出表示装置と、
    前記演出表示装置を遊技者から視認し難いように遮蔽する遮蔽手段と、
    前記当選役決定手段が決定した当選役に関する情報に基づいて動作し、前記演出表示装置の一部の表示を遊技者から視認し難いように遮蔽する情報報知用可動体と、
    前記当選役決定手段が決定した当選役に関する情報に基づき、前記演出表示装置の表示を遮蔽しない範囲で前記情報報知用可動体の動作と関連しない動作をする演出用可動体と、を備えることを特徴とする、遊技台。
JP2007040168A 2007-02-21 2007-02-21 遊技台 Active JP4972428B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007040168A JP4972428B2 (ja) 2007-02-21 2007-02-21 遊技台

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007040168A JP4972428B2 (ja) 2007-02-21 2007-02-21 遊技台

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008200302A true JP2008200302A (ja) 2008-09-04
JP4972428B2 JP4972428B2 (ja) 2012-07-11

Family

ID=39778383

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007040168A Active JP4972428B2 (ja) 2007-02-21 2007-02-21 遊技台

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4972428B2 (ja)

Cited By (58)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010220884A (ja) * 2009-03-24 2010-10-07 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2010263939A (ja) * 2009-05-12 2010-11-25 Daito Giken:Kk Amusement stand
JP2011092318A (ja) * 2009-10-28 2011-05-12 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2011115355A (ja) * 2009-12-03 2011-06-16 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2011136207A (ja) * 2011-03-09 2011-07-14 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2011183051A (ja) * 2010-03-10 2011-09-22 Heiwa Corp パチンコ機
JP2011239976A (ja) * 2010-05-19 2011-12-01 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012055502A (ja) * 2010-09-09 2012-03-22 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2012061080A (ja) * 2010-09-15 2012-03-29 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2012065926A (ja) * 2010-09-24 2012-04-05 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2012143295A (ja) * 2011-01-07 2012-08-02 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012152277A (ja) * 2011-01-24 2012-08-16 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012157713A (ja) * 2012-04-20 2012-08-23 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012205634A (ja) * 2011-03-29 2012-10-25 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013048921A (ja) * 2012-11-06 2013-03-14 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013075214A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075213A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075209A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075212A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075206A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075211A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075210A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013103139A (ja) * 2013-01-28 2013-05-30 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013116325A (ja) * 2013-01-10 2013-06-13 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013188627A (ja) * 2013-07-02 2013-09-26 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013208407A (ja) * 2012-03-30 2013-10-10 Heiwa Corp 遊技機
JP2013212393A (ja) * 2013-05-23 2013-10-17 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013236789A (ja) * 2012-05-16 2013-11-28 Sophia Co Ltd Game machine
JP2014036681A (ja) * 2012-08-10 2014-02-27 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014050618A (ja) * 2012-09-10 2014-03-20 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014124413A (ja) * 2012-12-27 2014-07-07 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014176465A (ja) * 2013-03-14 2014-09-25 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014208203A (ja) * 2014-05-26 2014-11-06 株式会社ソフイア 遊技機
JP2014239802A (ja) * 2013-06-12 2014-12-25 株式会社ソフイア 遊技機
JP2015006570A (ja) * 2014-10-09 2015-01-15 株式会社藤商事 遊技機
JP2015012968A (ja) * 2013-07-04 2015-01-22 株式会社大一商会 遊技機
JP2015012967A (ja) * 2013-07-04 2015-01-22 株式会社大一商会 遊技機
JP2015016037A (ja) * 2013-07-09 2015-01-29 株式会社大一商会 Game machine
JP2015023935A (ja) * 2013-07-25 2015-02-05 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015085205A (ja) * 2014-12-03 2015-05-07 株式会社サンセイアールアンドディ Game machine
JP2015084981A (ja) * 2013-10-31 2015-05-07 豊丸産業株式会社 Rendering device and gaming machine equipped with the rendering device
JP2015112110A (ja) * 2013-12-06 2015-06-22 株式会社大都技研 遊技台
JP2015142763A (ja) * 2015-03-30 2015-08-06 株式会社大都技研 遊技台
JP2016025984A (ja) * 2015-10-19 2016-02-12 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016025983A (ja) * 2015-10-19 2016-02-12 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016041350A (ja) * 2015-11-25 2016-03-31 株式会社ソフイア 遊技機
JP2016059601A (ja) * 2014-09-18 2016-04-25 株式会社大都技研 遊技台
JP2016059602A (ja) * 2014-09-18 2016-04-25 株式会社大都技研 遊技台
JP2016073849A (ja) * 2016-01-18 2016-05-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2016093602A (ja) * 2016-02-10 2016-05-26 株式会社ソフイア 遊技機
JP2016106017A (ja) * 2016-03-25 2016-06-16 株式会社大都技研 遊技台
JP2016158690A (ja) * 2015-02-27 2016-09-05 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016185430A (ja) * 2016-08-02 2016-10-27 株式会社大都技研 Amusement stand
JP2017042540A (ja) * 2015-08-28 2017-03-02 株式会社大一商会 遊技機
JP2017042539A (ja) * 2015-08-28 2017-03-02 株式会社大一商会 遊技機
JP2017056236A (ja) * 2016-12-14 2017-03-23 株式会社大都技研 遊技台
JP2017121533A (ja) * 2017-04-04 2017-07-13 株式会社大一商会 遊技機
JP2017185410A (ja) * 2017-07-25 2017-10-12 株式会社大一商会 遊技機

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6471303B2 (ja) * 2017-01-06 2019-02-20 株式会社大都技研 遊技台

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001038005A (ja) * 1999-07-27 2001-02-13 Adachi Light Co Ltd 遊技機用表示装置
JP2003305241A (ja) * 2002-04-16 2003-10-28 Abilit Corp 遊技機
JP2004344421A (ja) * 2003-05-22 2004-12-09 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2005013630A (ja) * 2003-06-27 2005-01-20 Newgin Corp 遊技機
JP2005040413A (ja) * 2003-07-24 2005-02-17 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2005211696A (ja) * 2005-04-22 2005-08-11 Fujishoji Co Ltd 弾球遊技機

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001038005A (ja) * 1999-07-27 2001-02-13 Adachi Light Co Ltd 遊技機用表示装置
JP2003305241A (ja) * 2002-04-16 2003-10-28 Abilit Corp 遊技機
JP2004344421A (ja) * 2003-05-22 2004-12-09 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2005013630A (ja) * 2003-06-27 2005-01-20 Newgin Corp 遊技機
JP2005040413A (ja) * 2003-07-24 2005-02-17 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2005211696A (ja) * 2005-04-22 2005-08-11 Fujishoji Co Ltd 弾球遊技機

Cited By (58)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010220884A (ja) * 2009-03-24 2010-10-07 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2010263939A (ja) * 2009-05-12 2010-11-25 Daito Giken:Kk Amusement stand
JP2011092318A (ja) * 2009-10-28 2011-05-12 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2011115355A (ja) * 2009-12-03 2011-06-16 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2011183051A (ja) * 2010-03-10 2011-09-22 Heiwa Corp パチンコ機
JP2011239976A (ja) * 2010-05-19 2011-12-01 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012055502A (ja) * 2010-09-09 2012-03-22 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2012061080A (ja) * 2010-09-15 2012-03-29 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2012065926A (ja) * 2010-09-24 2012-04-05 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2012143295A (ja) * 2011-01-07 2012-08-02 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012152277A (ja) * 2011-01-24 2012-08-16 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2011136207A (ja) * 2011-03-09 2011-07-14 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012205634A (ja) * 2011-03-29 2012-10-25 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2013208407A (ja) * 2012-03-30 2013-10-10 Heiwa Corp 遊技機
JP2012157713A (ja) * 2012-04-20 2012-08-23 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013236789A (ja) * 2012-05-16 2013-11-28 Sophia Co Ltd Game machine
JP2014036681A (ja) * 2012-08-10 2014-02-27 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014050618A (ja) * 2012-09-10 2014-03-20 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013048921A (ja) * 2012-11-06 2013-03-14 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014124413A (ja) * 2012-12-27 2014-07-07 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013116325A (ja) * 2013-01-10 2013-06-13 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013075206A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075211A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075209A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075212A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075213A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075214A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013075210A (ja) * 2013-01-28 2013-04-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013103139A (ja) * 2013-01-28 2013-05-30 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2014176465A (ja) * 2013-03-14 2014-09-25 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2013212393A (ja) * 2013-05-23 2013-10-17 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2014239802A (ja) * 2013-06-12 2014-12-25 株式会社ソフイア 遊技機
JP2013188627A (ja) * 2013-07-02 2013-09-26 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2015012968A (ja) * 2013-07-04 2015-01-22 株式会社大一商会 遊技機
JP2015012967A (ja) * 2013-07-04 2015-01-22 株式会社大一商会 遊技機
JP2015016037A (ja) * 2013-07-09 2015-01-29 株式会社大一商会 Game machine
JP2015023935A (ja) * 2013-07-25 2015-02-05 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015084981A (ja) * 2013-10-31 2015-05-07 豊丸産業株式会社 Rendering device and gaming machine equipped with the rendering device
JP2015112110A (ja) * 2013-12-06 2015-06-22 株式会社大都技研 遊技台
JP2014208203A (ja) * 2014-05-26 2014-11-06 株式会社ソフイア 遊技機
JP2016059601A (ja) * 2014-09-18 2016-04-25 株式会社大都技研 遊技台
JP2016059602A (ja) * 2014-09-18 2016-04-25 株式会社大都技研 遊技台
JP2015006570A (ja) * 2014-10-09 2015-01-15 株式会社藤商事 遊技機
JP2015085205A (ja) * 2014-12-03 2015-05-07 株式会社サンセイアールアンドディ Game machine
JP2016158690A (ja) * 2015-02-27 2016-09-05 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015142763A (ja) * 2015-03-30 2015-08-06 株式会社大都技研 遊技台
JP2017042540A (ja) * 2015-08-28 2017-03-02 株式会社大一商会 遊技機
JP2017042539A (ja) * 2015-08-28 2017-03-02 株式会社大一商会 遊技機
JP2016025984A (ja) * 2015-10-19 2016-02-12 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016025983A (ja) * 2015-10-19 2016-02-12 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016041350A (ja) * 2015-11-25 2016-03-31 株式会社ソフイア 遊技機
JP2016073849A (ja) * 2016-01-18 2016-05-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2016093602A (ja) * 2016-02-10 2016-05-26 株式会社ソフイア 遊技機
JP2016106017A (ja) * 2016-03-25 2016-06-16 株式会社大都技研 遊技台
JP2016185430A (ja) * 2016-08-02 2016-10-27 株式会社大都技研 Amusement stand
JP2017056236A (ja) * 2016-12-14 2017-03-23 株式会社大都技研 遊技台
JP2017121533A (ja) * 2017-04-04 2017-07-13 株式会社大一商会 遊技機
JP2017185410A (ja) * 2017-07-25 2017-10-12 株式会社大一商会 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP4972428B2 (ja) 2012-07-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4722549B2 (ja) 遊技機
JP4573739B2 (ja) 遊技機
JP5918064B2 (ja) 遊技機
JP2014014571A (ja) 遊技機
JP4674800B2 (ja) 弾球遊技機
JP4606896B2 (ja) 遊技機
JP4909728B2 (ja) 遊技台
JP2004073610A (ja) 遊技機
JP5427819B2 (ja) 遊技機
JP2009261757A (ja) 遊技台
JP5981684B2 (ja) 遊技機
JP5177519B2 (ja) 弾球遊技機
JP4553393B2 (ja) 弾球遊技機
JP2008110037A (ja) 遊技機
JP2008206589A (ja) 遊技機
JP2015085033A (ja) 遊技機
JP4810462B2 (ja) 遊技台
JP2011139842A (ja) 弾球遊技機
JP5323776B2 (ja) パチンコ機
JP5295984B2 (ja) 遊技機
JP4810461B2 (ja) 遊技台
JP2010233738A (ja) 弾球遊技機
JP6336726B2 (ja) 遊技機
JP2005211087A (ja) Game machine
JP2011182894A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110111

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110113

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110311

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110621

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110822

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120321

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120409

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150413

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250