JP2008161375A - Golf ball - Google Patents

Golf ball Download PDF

Info

Publication number
JP2008161375A
JP2008161375A JP2006353256A JP2006353256A JP2008161375A JP 2008161375 A JP2008161375 A JP 2008161375A JP 2006353256 A JP2006353256 A JP 2006353256A JP 2006353256 A JP2006353256 A JP 2006353256A JP 2008161375 A JP2008161375 A JP 2008161375A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
golf ball
preferably
parts
resin
metal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006353256A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toshiko Okabe
Takashi Sasaki
隆 佐々木
敏子 岡部
Original Assignee
Sri Sports Ltd
Sriスポーツ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a golf ball having a coating film with a superior photoluminescent property and durability. <P>SOLUTION: The golf ball has a golf ball body and the coating film covering the golf ball body, and the golf ball body and/or the coating film is characterized in that a core layer having a flat and smooth surface includes a photoluminescent material covered with metal. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、ゴルフボールの外観の向上に関するものであり、より詳細には、ゴルフボールの外観(光輝性および塗膜の耐久性)の改良に関するものである。 The present invention relates to the improvement of the appearance of the golf ball, and more particularly, to an improvement of the appearance of the golf ball (durability of the brilliant and coating).

ゴルフボールは、通常、白色であるが、高級感を高めたり、個性化された見栄えを有するゴルフボールへの要求が高まりつつある。 The golf ball is typically a white, to enhance a sense of luxury, increasing demand for golf ball having the appearance that is personalized. このような要求に対して、ゴルフボールに光輝性を付与したゴルフボールが提案されている。 For such requirements, a golf ball has been proposed to impart a glittering golf ball.

例えば、特許文献1には、ゴルフボール本体表面上に形成されたマークと、前記マークを被覆する透明被覆層が設けられているゴルフボールであって、前記透明被覆層は、基材樹脂と、ガラスフレークの表面が金属酸化物で被覆された光輝性材料とを含有し、Lab方式で表わしたときに、L≦40を満足する色調のマークを被覆していることを特徴とするゴルフボールが提案されている。 For example, Patent Document 1, a golf ball and mark formed on the golf ball body surface, a transparent coating layer covering the mark is provided, the transparent coating layer comprises a base resin, the surface of the glass flakes containing a luster material coated with a metal oxide, when expressed in the Lab system, a golf ball, characterized in that covering the mark color tone which satisfies L ≦ 40 Proposed. マークを被覆する透明被覆層に光輝性材料を含有させているので、マークや塗膜自体の耐久性を低下させることなく、ゴルフボールに光輝性を付与することができる。 Because contain a photoluminescent material on a transparent coating layer covering the mark, without lowering the durability of the mark or coating itself, it is possible to impart luster to the golf ball. 特許文献2には、コア及び該コアを被覆する2層以上のカバーからなるゴルフボールにおいて、カバーのうち最外層カバーの基材が熱可塑性樹脂であり、該熱可塑性樹脂100質量部に対してコレステリック液晶ポリマーを0.2〜5質量部含有すると共に、最外層カバーに隣接する内側カバーの基材が熱可塑性樹脂であり、該熱可塑性樹脂100質量部に対して酸化チタンを1質量部以下、蛍光顔料を1質量部以下にそれぞれ含有することを特徴とするゴルフボールが開示されている。 Patent Document 2 discloses a golf ball comprising two or more layers of a cover to cover the core and the core, substrate outermost cover layer of the cover is a thermoplastic resin, relative to 100 parts by weight of said thermoplastic resin together contain cholesteric liquid crystal polymer 0.2 to 5 parts by weight, a thermoplastic resin base material of the inner cover adjacent the outermost cover layer, a titanium oxide 1 part by weight or less relative to the thermoplastic resin 100 parts by weight , golf ball, characterized in that each containing a fluorescent pigment to 1 part by mass or less is disclosed. 特許文献3には、反射光の干渉作用により発色する顔料をボール表面のペイント層またはボール本体に含有し、見る角度によって色合いが変化することを特徴とするゴルフボールが開示されている。 Patent Document 3, a pigment that develops color by interference of the reflected light contained in the paint layer or ball body of the ball surface, the golf ball characterized in that the color tone changes depending on the viewing angle is disclosed.
特開2004−166719号公報 JP 2004-166719 JP 特開2005−52510号公報 JP 2005-52510 JP 特開平6−170013号公報 JP-6-170013 discloses

特許文献1および3に開示の技術は、反射光の干渉作用を利用して光輝性を発現する光輝性材料を使用するものである。 The technique disclosed in Patent Document 1 and 3, is to use the luster material expressing luster by utilizing the interference effect of the reflected light. しかしながら、外部からの入射光の一部は、透過あるいは吸収により消費されるため、反射光の輝度も低くなる。 However, part of the incident light from the outside, for consumption by a transmission or absorption, intensity of reflected light decreases. その結果、光輝性を発現しにくい。 As a result, it is difficult to express luster. また、光輝性を発現するために、光輝性材料を多量に配合すると、塗膜の耐久性が低下するという問題がある。 Further, in order to express luster, when a large amount of luster material, there is a problem that the durability of the coating film is lowered. 特許文献2では、液晶ポリマーの光輝性材料が使用されているが、液晶ポリマーの光輝性材料は、螺旋構造をしているために、温度によってピッチ幅が変化して光輝性が低下する場合がある。 In Patent Document 2, although the luster material of the liquid crystal polymer is used, the luster material of liquid crystal polymers, in order to have a helical structure, may glitter decreases in pitch is changed by temperature is there. また、液晶ポリマーの光輝性材料を使用するとカバーの耐久性が低下する傾向がある。 The cover durability Using photoluminescent material of the liquid crystal polymer tends to decrease.

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであって、優れた光輝性を有するとともに、耐久性に優れる塗膜を有するゴルフボールを提供することを目的とする。 The present invention was made in view of the above circumstances, and has excellent luster, and an object thereof is to provide a golf ball having a paint film having excellent durability.

上記課題を解決することのできた本発明のゴルフボールは、ゴルフボール本体と、前記ゴルフボール本体を被覆する塗膜とを有するゴルフボールであって、前記ゴルフボール本体および/または前記塗膜が、平滑な表面を有するコア層が金属で被覆された光輝性材料を含有していることを特徴とする。 The golf ball of the present invention that has solved the above problems, the golf ball body, a golf ball having a paint film covering the golf ball body, wherein the golf ball body and / or the coating film, wherein the core layer having a smooth surface contains a coated photoluminescent material with metal.

本発明で使用する光輝性材料は、平滑な表面を有するコア層に金属が被覆されているので、金属表面も平滑になり、入射光の金属表面での反射効率が高くなる。 Luster material used in the present invention, the metal core layer having a smooth surface is coated, the metal surface becomes smooth, the reflection efficiency of the metal surface of the incident light increases. その結果、得られるゴルフボールに優れた光輝性を付与することができる。 As a result, it is possible to impart excellent luster to the resulting golf ball. 特に、光輝性材料が塗膜中および/またはゴルフボール本体中でランダムに配向するので、広範囲に深みのある光輝性が得られ、従来の金属粉末を使用した顔料よりも輝度が高く、良好な金属光沢を付与することができる。 In particular, since the luster material is randomly oriented in and / or the golf ball body in the coating, extensively deep luster is obtained, high luminance than pigment using conventional metal powders, a good it is possible to impart a metallic luster. 前記コア層を被覆する金属としては、例えば、金、銀、ニッケル、銅、及び、アルミニウムよりなる群から選択される少なくとも1種を含むものを挙げることができる。 The metal covering the core layer, for example, gold, silver, nickel, copper, and may include those containing at least one selected from the group consisting of aluminum. 前記光輝性材料の形状は、薄片状若しくは鱗片状であることが好ましい。 The shape of the photoluminescent material is preferably a flaky or scaly. また、前記コア層としては、例えば、ガラスフレークが好適である。 Further, as the core layer, for example, glass flakes are preferred. 前記光輝性材料は、前記金属の表面が、さらに樹脂または無機材料で被覆されていてもよい。 The luster material, the surface of the metal may be further coated with a resin or an inorganic material. 本発明のゴルフボールの塗膜は、樹脂成分100質量部に対して、前記光輝性材料を0.05質量部〜30質量部含有するものであることが好ましい。 Coating the golf ball of the present invention, with respect to 100 parts by mass of the resin component, it is preferable the luster material is one containing 30 parts by 0.05 parts by weight.

本発明によれば、優れた光輝性および塗膜の耐久性を有するゴルフボールを提供することができる。 According to the present invention, it is possible to provide a golf ball having a durable excellent luster and coating.

本発明のゴルフボールは、ゴルフボール本体と、前記ゴルフボール本体を被覆する塗膜とを有するゴルフボールであって、前記ゴルフボール本体および/または前記塗膜が、平滑な表面を有するコア層が金属で被覆された光輝性材料を含有していることを特徴とする。 The golf ball of the present invention comprises a golf ball body, a golf ball having a paint film covering the golf ball body, wherein the golf ball body and / or the coating film, the core layer having a smooth surface characterized in that it contains a luster material coated with metal.

まず、本発明で使用する光輝性材料について説明する。 First, a description will be given luster material used in the present invention. 本発明では、平滑な表面を有するコア層が金属で被覆された光輝性材料(以下、単に『光輝性材料』と称する場合がある)を含有する。 In the present invention, contains a luster material core layer is coated with metal having a smooth surface (hereinafter, simply referred to as "luster material").

本発明で使用する光輝性材料は、平滑な表面を有するコア層に金属が薄く層状に被覆されているので、金属層の表面も極めて平滑になる。 Luster material used in the present invention, the metal core layer having a smooth surface is coated in thin layers, the surface of the metal layer also becomes extremely smooth. その結果、金属層表面での光反射性が高くなって、優れた光輝性を発現する。 As a result, higher light reflectivity at the metal layer surface, exhibit excellent luster. 前記平滑な表面を有するコア層としては、薄片状若しくは鱗片状であって、平滑な表面を有するコア層が好ましく、例えば、雲母、パールフレーク、ガラスフレーク、金属フレーク、金属酸化物からなる層などを挙げることができるが、ガラスフレークが好適である。 As the core layer having a smooth surface, a flaky or scaly, preferably a core layer having a smooth surface, for example, mica, pearl flakes, glass flakes, metal flakes, a layer made of a metal oxide such as it can be exemplified, glass flakes are preferred. ガラスフレークは、表面の平滑性が極めて高く、該コアを被覆する金属の表面も極めて平滑になるからである。 Glass flakes, surface smoothness is extremely high, the surface of the metal covering said core also because becomes very smooth. 尚、コア層の表面の平滑性は、例えば、走査型電子顕微鏡(SEM)により観察することができる。 Note that the smoothness of the surface of the core layer, for example, can be observed by a scanning electron microscope (SEM). 例えば、従来使用されているアルミフレークは、その表面に凹凸があることが観察される。 For example, aluminum flakes which are conventionally used, it is observed that there is unevenness on the surface thereof.

前記コア層を被覆する金属としては、金、銀、ニッケル、銅、及び、アルミニウムよりなる群から選択される少なくとも1種を含むものを挙げることができ、金、銀、ニッケル、銅、又は、アルミニウムの金属単体、或は、これらの金属の2種以上の合金を挙げることができる。 The metal covering the core layer, gold, silver, nickel, copper, and includes those comprising at least one member selected from the group consisting of aluminum, gold, silver, nickel, copper, or, aluminum metal alone, or it can include two or more alloys of these metals. 前記金属をコア層に被覆する方法は、特に限定されるものではないが、無電解めっき法、電気めっき法、スパッタリング法、及び、真空蒸着法などを挙げることができる。 Method of coating the metal core layer is not particularly limited, electroless plating, electroplating, sputtering, and may include a vacuum deposition method. 特に、無電解めっき法により被覆される金属層を有する光輝性材料は、金属層の純度が99.99%以上となり、一層優れた光輝性を発現する。 In particular, the luster material having a metal layer to be coated by an electroless plating method, the purity of the metal layer is 99.99% or more, express more excellent luster.

以下、本発明で使用する光輝性材料を図面に基づいて説明する。 It will be described below based on the luster material used in the present invention with reference to the drawings. 図1は、本発明で使用する光輝性材料の断面構造を模式的に例示する断面図である。 Figure 1 is a cross-sectional view illustrating the cross-sectional structure of the luster material used in the present invention schematically. 平滑な表面を有するコア層1が、金属2によって層状に被覆されている。 The core layer 1 having a smooth surface is coated in layers by metal 2. コア層の表面が平滑であるために、金属層の表面も極めて平滑になって、光輝性材料は優れた光輝性を発現する。 For the surface of the core layer is smooth, the surface of the metal layer also becomes very smooth, luster material exhibits excellent luster. 尚、コア層の形状が、薄片状若しくは鱗片状の場合は、コア層の両面(図1では、上面と下面)が金属で被覆されていればよく、コア層の側面(図1では、右側及び左側)は、必ずしも金属で被覆されていなくても良い。 The shape of the core layer, in the case of flaky or scaly, (in FIG. 1, upper and lower surfaces) both surfaces of the core layer is only to be coated with a metal, the side surfaces of the core layer (Fig. 1, right and left) it may not necessarily be coated with a metal.

前記光輝性材料は、数平均粒子径が1μm以上、より好ましくは5μm以上、さらに好ましくは10μm以上であって、500μm以下、より好ましくは300μm以下、さらに好ましくは100μm以下であることが望ましい。 The luster material has a number average particle diameter of 1μm or more, more preferably 5μm or more, even more preferably 10μm or more, 500 [mu] m or less, more preferably 300μm or less, further preferably at 100μm or less. 前記光輝性材料の数平均粒子径が1μmより小さいと光輝性が弱くなり、500μmより大きいと、塗膜の耐久性が低下する。 Number average particle size of the luminous material is weak 1μm smaller than brilliant, and 500μm greater than the durability of the coating film decreases. 前記光輝性材料は、平均厚みが0.1μm以上であって、より好ましくは0.2μm以上、さらに好ましくは0.5μm以上であって、100μm以下、より好ましくは80μm以下、さらに好ましくは50μm以下であることが望ましい。 The photoluminescent material is a an average thickness of 0.1μm or more, more preferably 0.2μm or more, even more preferably 0.5μm or more, 100 [mu] m or less, more preferably 80μm or less, more preferably 50μm or less it is desirable that. 前記光輝性材料の平均厚みが0.01μmより薄いと光輝性が弱くなり、100μmより厚いと、塗膜の耐久性が低下する。 The average thickness of the luster material becomes weak thin and bright than 0.01 [mu] m, the thickness is larger than 100 [mu] m, the durability of the coating film is lowered.

また、コア層を被覆する金属層の厚みは、0.01μm以上であって、より好ましくは0.02μm以上、さらに好ましくは0.05μm以上であって、0.5μm以下、より好ましくは0.3μm以下、さらに好ましくは0.2μm以下であることが好ましい。 The thickness of the metal layer covering the core layer, there is 0.01μm or more, more preferably 0.02μm or more, even more preferably 0.05μm or more, 0.5 [mu] m or less, more preferably 0. 3μm or less, and more preferably is 0.2μm or less. 前記金属層の厚みが、0.01μm未満の場合には、金属層が薄くなりすぎて、十分な光輝性が得られない。 The thickness of the metal layer, in the case of less than 0.01μm is too thin metallic layer, sufficient luster can not be obtained. また、0.5μmを超えると、金属層の表面平滑性を維持することが難しくなるからである。 Further, it exceeds 0.5 [mu] m, because it is difficult to maintain the surface smoothness of the metal layer. 尚、金属層が比較的薄い場合(0.5μm以下)には、入射光の一部が金属層を透過してコア層と金属層との界面で反射し、得られる反射光が金属層表面で反射した光と干渉する場合もある。 Incidentally, when the metal layer is relatively thin (0.5 [mu] m or less) is reflected at the interface between the core layer and the metal layer portion of the incident light is transmitted through the metal layer, the metal resulting reflected light layer surface in some cases it interferes with the reflected light.

本発明で使用する光輝性材料は、コア層を被覆する金属の表面が、さらに樹脂または無機材料で被覆されていてもよい。 Luster material used in the present invention, the surface of the metal covering the core layer may be further coated with a resin or an inorganic material. 樹脂または無機材料で被覆することによって、金属酸化を防ぎ、耐候性や耐久性が向上するからである。 By coating with a resin or an inorganic material prevents metal oxide, it is improved weather resistance and durability. 前記樹脂としては、例えば、アクリル樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂、メラミン・アルキッド樹脂などを挙げることができ、前記無機材料としては、二酸化珪素を主成分とするもの(好ましくは、二酸化珪素からなるもの)を挙げることができる。 Examples of the resin include acrylic resins, polyurethane resins, polyester resins, epoxy resins, there may be mentioned melamine-alkyd resins, examples of the inorganic material, those (preferably mainly composed of silicon dioxide, silicon dioxide those composed of) can be mentioned. この場合、樹脂または無機材料の被覆層の厚みは、0.01μm以上であって、より好ましくは0.02μm以上、さらに好ましくは0.03μm以上であって、0.5μm以下、より好ましくは0.3μm以下、さらに好ましくは0.15μm以下であることが好ましい。 In this case, the thickness of the coating layer of a resin or an inorganic material, there is 0.01μm or more, more preferably 0.02μm or more, even more preferably more than 0.03 .mu.m, 0.5 [mu] m or less, more preferably 0 .3μm or less, and more preferably at 0.15μm or less.

本発明で使用する光輝性材料の具体例としては、例えば、日本板硝子社製「マイクログラス メタシャイン(登録商標)MEG40PS(ガラスフレークを銀で被覆したもの)、MC1040NB(ガラスフレークをニッケルで被覆したもの)」等を挙げることができる。 Specific examples of the luster material used in the present invention include, for example, manufactured by Nippon Sheet Glass Co., Ltd. "microglass METASHINE (registered trademark) MEG40PS (those coated with glass flakes with silver), MC1040NB (glass flakes coated with nickel things) "and the like can be mentioned.

本発明のゴルフボールは、ゴルフボール本体と、前記ゴルフボール本体を被覆する塗膜とを有するゴルフボールであって、前記ゴルフボール本体および/または前記塗膜が、平滑な表面を有するコア層が金属で被覆された光輝性材料とを含有する。 The golf ball of the present invention comprises a golf ball body, a golf ball having a paint film covering the golf ball body, wherein the golf ball body and / or the coating film, the core layer having a smooth surface containing a luster material coated with metal. すなわち、ゴルフボール本体、あるいは、前記ゴルフボール本体を被覆する塗膜の少なくとも一方に、前記光輝性材料を含有させておくことによって、光輝性を有するゴルフボールが得られる。 That is, the golf ball body or said at least one coating covering the golf ball body, by keeping to contain the luster material, golf ball can be obtained having bright. 具体的な態様としては、ゴルフボール本体のみが前記光輝性材料を含有する態様、ゴルフボール本体を被覆する塗膜のみが前記光輝性材料を含有する態様、ゴルフボール本体と前記ゴルフボール本体を被覆する塗膜の両方が前記光輝性材料を含有する態様を挙げることができる。 As a specific embodiment the coating aspect, embodiments only coating covering the golf ball body contains the luster material, the golf ball body with a golf ball body only golf ball body contains the luster material both coating film can be exemplified embodiment containing the luster material.

以下、前記光輝性材料を含有する塗膜について説明する。 The following describes coatings containing the luster material. 前記塗膜は、ゴルフボール本体を被覆するように設けられていれば良い。 The coating may be provided so as to cover the golf ball body. 前記塗膜は、樹脂成分と前記光輝性材料とを含有し、他の顔料などを含有しない所謂クリアーペイント層であっても良いし、また、樹脂成分と前記光輝性材料と他の顔料とを含有する所謂エナメルペイント層であってもよい。 The coating may contain said photoluminescent material and the resin component may be a so-called clear paint layer does not contain such other pigments, also the other pigment the resin component luster material it may be a so-called enamel paint layer containing.

前記塗膜を構成する樹脂成分は、特に限定されず、アクリル樹脂、エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリエステル系樹脂、セルロース系樹脂などを使用できるが、後述する2液硬化型ポリウレタン樹脂を使用することが好ましい。 Resin component constituting the coating film is not particularly limited, an acrylic resin, epoxy resin, polyurethane resin, polyester resin, etc. can be used cellulose resin, the use of two-component curable polyurethane resin described later preferable. 2液硬化型ポリウレタン樹脂を使用すると、耐久性に一層優れた塗膜が得られるからである。 Using two-part curable polyurethane resin, because more excellent coating durability can be obtained.

前記2液硬化型ポリウレタン樹脂は、主剤と硬化剤とを反応し硬化させてなるポリウレタン樹脂であり、例えば、ポリオール成分を含有する主剤をポリイソシアネート化合物及びその誘導体で硬化させたものが挙げられる。 The two-part curable polyurethane resin is a polyurethane resin obtained by curing reaction between the main agent and the curing agent, for example, those obtained by curing the base material containing a polyol component with a polyisocyanate compound and a derivative thereof.

前記ポリオール成分を含有する主剤には、さらに以下に示すような特定のウレタンポリオールが含まれることが好ましい。 The main agent containing the polyol component preferably contains a particular urethane polyol as further described below. ウレタンポリオールは、ポリイソシアネート化合物とポリオールとの反応により合成される。 Urethane polyols are synthesized by reaction of a polyisocyanate compound and a polyol. 合成に使用するポリイソシアネート化合物としては、イソシアネート基を2以上有するものであれば特に限定されず、例えば、2,4−トルエンジイソシアネート、2,6−トルエンジイソシアネート、2,4−トルエンジイソシアネートと2,6−トルエンジイソシアネートの混合物(TDI)、4,4'−ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)、1,5−ナフチレンジイソシアネート(NDI)、3,3'−ビトリレン−4,4'−ジイソシアネート(TODI)、キシリレンジイソシアネート(XDI)、テトラメチルキシリレンジイソシアネート(TMXDI)、パラフェニレンジイソシアネート(PPDI)等の芳香族ポリイソシアネート;4,4'−ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート(H 12 MDI)、水素添加キシリレ The polyisocyanate compound used in the synthesis is not particularly limited as long as it has two or more isocyanate groups, for example, 2,4-toluene diisocyanate, 2,6-toluene diisocyanate, 2,4-toluene diisocyanate and 2, mixture of 6-toluene diisocyanate (TDI), 4,4'-diphenylmethane diisocyanate (MDI), 1,5-naphthylene diisocyanate (NDI), 3,3'-bitolylene-4,4'-diisocyanate (TODI), xylylene range diisocyanate (XDI), tetramethylxylylene diisocyanate (TMXDI), aromatic polyisocyanates such as p-phenylene diisocyanate (PPDI); 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate (H 12 MDI), hydrogenated Kishirire ジイソシアネート(H XDI)、ヘキサメチレンジイソシアネート(HDI)、イソホロンジイソシアネート(IPDI)、ノルボルネンジイソシアネート(NBDI)等の脂環式ポリイソシアネート又は脂肪族ポリイソシアネート等のうちの1種または2種以上の混合物が挙げられる。 Diisocyanate (H 6 XDI), hexamethylene diisocyanate (HDI), isophorone diisocyanate (IPDI), 1 or a mixture of two or more of the alicyclic polyisocyanate, or an aliphatic polyisocyanate such as norbornene diisocyanate (NBDI) are and the like. これらのうち、耐候性の観点から、非黄変性のポリイソシアネート(TMXDI、XDI、HDI、H XDI、IPDI、H 12 MDI、NBDIなど)が好ましく使用される。 Among these, from the viewpoint of weather resistance, non-yellowing polyisocyanate (TMXDI, XDI, HDI, H 6 XDI, IPDI, H 12 MDI, etc. NBDI) are preferably used. 尚、上記ポリイソシアネート化合物は、ウレタンポリオールを硬化させるための硬化剤としても使用することができる。 The above polyisocyanate compounds can be used as a curing agent for curing the urethane polyol.

ウレタンポリオールの製造に使用されるポリオールとしては、水酸基を複数有するものであれば特に限定されず、例えば、低分子量のポリオールや高分子量のポリオールなどを挙げることができる。 The polyol used in the preparation of the urethane polyol is not particularly limited as long as it has a plurality of hydroxyl groups, for example, a low molecular weight polyol and high molecular weight polyols. 低分子量のポリオールとしては、例えば、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、1,3−ブタンジオール、1,4−ブタンジオール、ネオペンチルグリコール、1,6−ヘキサンジオール等のジオール;グリセリン、トリメチロールプロパン、ヘキサントリオールなどのトリオールが挙げられる。 Examples of the low-molecular weight polyol such as ethylene glycol, diethylene glycol, triethylene glycol, 1,3-butanediol, 1,4-butanediol, neopentyl glycol, neopentyl glycol, and 1,6-hexanediol; glycerol, trimethylol propane, triols such as hexane triol. 高分子量のポリオールとしては、ポリオキシエチレングリコール(PEG)、ポリオキシプロピレングリコール(PPG)、ポリオキシテトラメチレングリコール(PTMG)等のポリエーテルポリオール;ポリエチレンアジぺート(PEA)、ポリブチレンアジペート(PBA)、ポリヘキサメチレンアジペート(PHMA)などの縮合系ポリエステルポリオール;ポリ−ε−カプロラクトン(PCL)のようなラクトン系ポリエステルポリオール;ポリヘキサメチレンカーボネートなどのポリカーボネートポリオール;及びアクリルポリオールなどが挙げられる。 As the polyol molecular weight, polyoxyethylene glycol (PEG), polyoxypropylene glycol (PPG), polyether polyols such as polyoxytetramethylene glycol (PTMG); polyethylene adipate (PEA), polybutylene adipate (PBA ), condensed polyester polyols such as polyhexamethylene adipate (PHMA); polycarbonate polyols such as polyhexamethylene carbonate; lactone polyester polyols such as poly -ε- caprolactone (PCL), etc., and acrylic polyols. 以上のようなポリオールのうち、重量平均分子量50〜2,000を有するもの、特に100〜1,000程度のポリオールが好ましく用いられる。 Among polyols such as described above, those having a weight average molecular weight 50 to 2,000, especially 100 to 1,000 degree of the polyol are preferably used. 尚、これらのポリオールは、1種または2種以上混合して用いてもよい。 Incidentally, these polyols may be used singly or in combination.

前記ウレタンポリオールとは、上記ポリイソシアネート化合物とポリオールとが反応してウレタン結合を形成し、末端に水酸基を有するポリオールである。 Wherein the urethane polyol, and the reaction with the polyisocyanate compound and the polyol to form a urethane bond, a polyol having a hydroxyl group at the end. ここで、ウレタンポリオール中のウレタン結合の比率は、ウレタンポリオール1gに対して0.1〜5mmol/gであることが好ましい。 Here, the ratio of the urethane bond in the urethane polyol is preferably 0.1 to 5 mmol / g with respect to the urethane polyol 1g. ウレタン結合の比率は、形成される塗膜の剛性と関係があり、0.1mmol/g未満では、形成される塗膜中のウレタン濃度が低いため耐擦過傷性不足になるからである。 The ratio of the urethane bond is rigid relationship of the coating film to be formed, is less than 0.1 mmol / g, urethane concentration in the coating film formed is because become scuff resistance insufficient for low. 一方、5mmol/gを上回ると、塗膜が硬くなりすぎてゴルフボール本体の変形に対する追随性が低下し、ひび割れを起こし易くなるからである。 On the other hand, if it exceeds the 5 mmol / g, because the coating film becomes too hard and decrease followability to deformation of the golf ball body, it becomes susceptible to cracking.

また、ウレタンポリオールの重量平均分子量は、4,000以上、好ましくは4,500以上で、10,000未満、好ましくは9,000以下である。 The weight average molecular weight of the urethane polyol is 4,000 or more, preferably 4,500 or more and less than 10,000, and preferably 9,000 or less. 4,000未満では乾燥に時間がかかって作業性、生産性が低下するからである。 It is less than 4,000 because workability takes time to dry, productivity is lowered. 一方、10,000以上の高分子量のウレタンポリオールでは、相対的にウレタンポリオールの水酸基価が小さくなり、塗布後の反応量が少なくなって下地との密着性が低下するからである。 On the other hand, in the more than 10,000 high molecular weight of the urethane polyol, relatively the urethane polyol has a hydroxyl value decreases, the contact characteristics between the underlying drops become small amount of reaction after coating. また、重量平均分子量が9,000以下であれば、水に濡れるような状態にあっても密着性の低下が少ない緻密な塗膜(又はクリアーペイント層)を形成できるからである。 Further, because the weight average molecular weight is not more than 9,000, decrease in adhesiveness even in a state as wet with water less dense coating (or clear paint layer) can be formed.

ウレタンポリオールの水酸基価は15mgKOH/g以上、特に25mgKOH/g以上で、130mgKOH/g以下、特に120mgKOH/g以下であることが好ましい。 The hydroxyl value of the urethane polyol is 15 mgKOH / g or more, particularly at 25 mg KOH / g or more, 130 mgKOH / g or less, and particularly preferably 120 mgKOH / g or less. 15mgKOH/g未満では、硬化剤との反応量が不足するため、ボール本体との密着強度が得られ難くなるからである。 Is less than 15 mgKOH / g, due to the lack of the amount of reaction with the curing agent, because the adhesive strength between the ball body is hardly obtained. 一方、130mgKOH/gを上回ると、硬化剤との反応に時間がかかり、乾燥時間が長くなって生産性が低下するとともに、インパクト時に割れを起こし易くなるからである。 On the other hand, if it exceeds the 130 mgKOH / g, it takes time for the reaction with the curing agent, with productivity longer the drying time is lowered, and becomes susceptible to cracking at impact.

以上のようなウレタンポリオールは、原料となるポリオールとポリイソシアネート化合物とを、ポリオール成分のヒドロキシル基がポリイソシアネート化合物のイソシアネート基に対してモル比で過剰になるような割合で、反応させることにより得られる。 The urethane polyol as described above, obtained by a polyol and a polyisocyanate compound as a raw material, in proportions such that the hydroxyl groups of the polyol component becomes excessive in terms of the molar ratio to the isocyanate groups of the polyisocyanate compound are reacted It is. 上記反応に際しては、溶剤やウレタン化反応に公知の触媒(ジブチル錫ジラウリレートなど)を使用することができる。 In the above reaction can be used a known catalyst (such as dibutyltin dilaurate) in a solvent or a urethanization reaction. 尚、ウレタン結合の比率は、原料となるポリオールの分子量、ポリオールとポリイソシアネート化合物との配合比率などを調整することにより行うことができる。 The ratio of the urethane bond can be carried out by adjusting the molecular weight of the polyol as a raw material, such as mixing ratio of the polyol and the polyisocyanate compound.

前記主剤を構成するポリオール成分は、上記特定のウレタンポリオールそのものであること、すなわち主剤が実質的に上記特定のウレタンポリオールであることが好ましいが、前記ウレタンポリオール以外にもウレタンポリオールと相溶可能でウレタン結合を有しないポリオールが含まれていても良い。 The polyol component constituting the base material, it is the specific urethane polyol itself, ie main agent is preferably a substantially the specific urethane polyol, may compatible with the urethane polyol in addition to the urethane polyol it may contain a polyol having no urethane bond. この場合のウレタン結合を有しないポリオールは、特に限定されず、上述したウレタンポリオール合成用の原料ポリオールを使用することができる。 The polyol having no urethane bond in the case is not particularly limited, may be used raw polyol for urethane polyol synthesis described above. また、主剤中にウレタン結合を有しないポリオールが含まれる場合には、主剤中のウレタンポリオールの含有率が、50質量%以上が好ましく、より好ましくは80質量%以上となるようにすることが好ましい。 Further, if it contains a polyol having no urethane bond in the main agent, the content of the urethane polyol in the main agent is preferable that preferably at least 50 wt%, and more preferably set to be 80 mass% or more . 主剤中のウレタンポリオールの含有率が50質量%未満では、相対的にウレタンポリオールの含有率が少なくなるため、乾燥時間が長くなるからである。 The content of the urethane polyol in the main agent is less than 50 wt%, the content of relatively urethane polyol is reduced, because the drying time becomes longer.

前記塗膜中の光輝性材料の含有量は、特に限定されるものではないが、樹脂成分100質量部に対して、0.05質量部以上、より好ましくは0.1質量部以上、さらに好ましくは0.2質量部以上であって、30質量部以下、より好ましくは20質量部以下、さらに好ましくは10質量部以下の光輝性材料を含有させることが好ましい。 The content of the luster material in the coating film is not particularly limited, with respect to 100 parts by mass of the resin component, 0.05 parts by mass or more, more preferably 0.1 parts by mass or more, more preferably is a 0.2 parts by mass or more, 30 parts by mass or less, more preferably 20 parts by mass or less, and more preferably be contained 10 parts by weight or less of the luster material. 光輝性材料の含有量が下限を下回ると光輝性が不足となり、上限を上回ると塗膜の耐久性が低下する傾向があるからである。 When the content of the luster material falls below the lower luster becomes insufficient, when the value exceeds the upper limit the durability of the coating film tend to decrease.

前記塗膜には、基材樹脂などのほかに、更に、紫外線吸収剤、酸化防止剤、光安定剤、蛍光増白剤、ブロッキング防止剤、顔料などの、一般にゴルフ用ペイントに含有され得る添加剤が含まれていてもよい。 Added to the coating, in addition to such base resin, further, an ultraviolet absorber, an antioxidant, a light stabilizer, a fluorescent whitening agent, anti-blocking agents, such as pigments, it may generally be contained in the golf paint agents may also be included.

ゴルフボール本体表面には、通常、マークが形成される。 The surface of the golf ball body, usually, the mark is formed. ゴルフボール本体表面に形成されるマークは、ゴルフボールのマーク用インキ組成物として通常用いられているものを使用して形成することができ、顔料、溶剤、基材樹脂、その他の添加剤などを含有するものを挙げることができる。 Mark formed on a surface of the golf ball body may be formed using those generally used as a mark for the ink composition of the golf ball, pigments, solvents, the base resin, and other additives there may be mentioned those containing. マーク用インキ組成物の基材樹脂としては、特に限定されないが、ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂、硝化綿、アクリル樹脂、塩化ビニル−酢酸ビニル共重合体、ポリウレタン樹脂、ポリアミド樹脂等が挙げられ、密着性が優れる点でエポキシ樹脂、ポリエステル樹脂、硝化綿等が好ましい。 As the base resin of the ink composition for marks, but are not limited to, polyester resins, epoxy resins, nitrocellulose, acrylic resin, vinyl chloride - vinyl acetate copolymer, a polyurethane resin, a polyamide resin, and the like, adhesion epoxy resins, polyester resins, nitrocellulose and the like are preferable in that excellent. 基材樹脂としてエポキシ樹脂を用いる場合、例えば、硬化剤としてヘキサメチレンジイソシアネート、イソホロンジイソシアネート、トリレンジイソシアネート等のポリイソシアネートを使用することが好ましい。 When using an epoxy resin as the base resin, for example, hexamethylene diisocyanate as a curing agent, isophorone diisocyanate, it is preferred to use polyisocyanates such as tolylene diisocyanate. マーク用インキ組成物の溶剤としては、特に限定されないが、シクロヘキサノン、アセチルアセトン、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、メトキシメチルブチルアセテート、酢酸エチル、芳香族炭化水素等、またはそれらの2種以上の混合溶剤が挙げられる。 The solvent of the marking ink composition is not particularly limited, like cyclohexanone, acetylacetone, propylene glycol monomethyl ether acetate, methoxymethyl butyl acetate, ethyl acetate, aromatic hydrocarbons, etc., or a mixed solvent of two or more thereof, is It is. 前記その他の添加剤としては、艶消剤、消泡剤等が挙げられ、艶消剤としてはコロイダルシリカ、低密度ポリエチレン粒子、中密度ポリエチレン粒子等を用いることができる。 Examples of the other additives, matting agents, antifoaming agents and the like, and the matting agent can be used colloidal silica, low density polyethylene particles, a medium density polyethylene particles. 消泡剤としてはメチルシロキサン等を用いることができる。 As the antifoaming agent can be used methyl siloxanes.

本発明のゴルフボールの構造は、特に限定されず、ワンピースゴルフボール、ツーピースゴルフボール、スリーピースゴルフボール、フォーピースゴルフボール以上のマルチピースゴルフボール、或いは、糸巻きゴルフボールであってもよい。 For a golf ball of the present invention is not particularly limited, one-piece golf ball, a two-piece golf ball, three-piece golf ball, four-piece golf ball or a multi-piece golf ball, or may be a thread wound golf ball. いずれの場合であっても、本発明を好適に適用できるからである。 In any case, because the present invention can be suitably applied. 特に、コアとカバーとを有するゴルフボールの場合、最外層カバーに上述した光輝性材料を含有させることによって、ゴルフボールの光輝性を一層高めることができる。 In particular, in the case of a golf ball having a core and a cover, by the inclusion of luster material described above as the outermost cover, it is possible to further enhance the glitter of the golf ball.

前記カバーを形成するカバー用組成物の樹脂成分は、特に限定されず、例えば、ポリウレタン樹脂、アイオノマー樹脂、ポリアミド樹脂、ポリエステル樹脂、或いは、これらの混合物を挙げることができる。 The resin component of the cover composition forming the cover is not particularly limited, for example, a polyurethane resin, an ionomer resin, a polyamide resin, a polyester resin, or can be mixtures thereof. 特に、前記樹脂成分の主成分を、ポリウレタン樹脂又はアイオノマー樹脂とすることが好ましい態様であり、ポリウレタン樹脂又はアイオノマー樹脂の含有量を50質量%以上、より好ましくは70質量%以上、さらに好ましくは90質量%以上含有することが好ましい。 In particular, the main component of the resin component is an embodiment is preferably a polyurethane resin or an ionomer resin, the content of polyurethane resin or ionomer resin 50% by mass or more, more preferably 70 mass% or more, more preferably 90 preferably it contains more mass%. さらに、前記樹脂成分が、実質上、ポリウレタン樹脂またはアイオノマー樹脂のみからなることも好ましい態様である。 Further, the resin component is substantially, it is also preferable that consists of only polyurethane resin, or an ionomer resin. カバー用組成物の樹脂成分として、ポリウレタン樹脂又はアイオノマー樹脂を採用すれば、耐久性の優れたカバーが得られるからである。 As a resin component of the cover composition, by employing a polyurethane resin or an ionomer resin, the durability of the superior cover is obtained.

前記カバー用組成物の樹脂成分として使用できるポリウレタン樹脂としては、ウレタン結合を分子内に複数有するものであれば、特に限定されず、例えば、ポリイソシアネートとポリオールとを反応させることによって、ウレタン結合が分子内に形成された生成物であり、必要に応じて、さらにポリアミンなどを反応させることにより得られものである。 The polyurethane resin usable as the resin component of the cover composition, as long as it has a plurality of urethane bonds in a molecule is not particularly limited, for example, by reacting a polyisocyanate and a polyol, urethane bond a product formed in the molecule, if necessary, those obtained by further reacting and polyamine. 前記ポリウレタン樹脂としては、例えば、熱可塑性ポリウレタン樹脂、および、熱硬化性(二液硬化型)ポリウレタン樹脂を挙げることができる。 As the polyurethane resin, for example, thermoplastic polyurethane resins, and thermosetting (two-component curing type) can be exemplified polyurethane resin.

前記ポリウレタン樹脂は、一般に、ポリイソシアネート成分、ポリオール成分を含有し、さらに必要に応じて、ポリアミン成分を含有する。 The polyurethane resins are generally polyisocyanate component contains a polyol component, optionally further containing polyamine component. 前記ポリイソシアネート成分としては、イソシアネート基を2以上有するものであれば特に限定されず、例えば、2,4−トルエンジイソシアネート、2,6−トルエンジイソシアネート、2,4−トルエンジイソシアネートと2,6−トルエンジイソシアネートの混合物(TDI)、4,4'−ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)、1,5−ナフチレンジイソシアネート(NDI)、3,3'−ビトリレン−4,4'−ジイソシアネート(TODI)、キシリレンジイソシアネート(XDI)、テトラメチルキシリレンジイソシアネート(TMXDI)、パラフェニレンジイソシアネート(PPDI)等の芳香族ポリイソシアネート;4,4'−ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート(H 12 MDI)、水素添加キシリレンジイソシア Examples of the polyisocyanate component is not particularly limited as long as it has two or more isocyanate groups, for example, 2,4-toluene diisocyanate, 2,6-toluene diisocyanate, 2,4-toluene diisocyanate and 2,6-toluene mixtures of diisocyanates (TDI), 4,4'-diphenylmethane diisocyanate (MDI), 1,5-naphthylene diisocyanate (NDI), 3,3'-bitolylene-4,4'-diisocyanate (TODI), xylylene diisocyanate ( XDI), tetramethyl xylylene diisocyanate (TMXDI), aromatic polyisocyanates such as p-phenylene diisocyanate (PPDI); 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate (H 12 MDI), hydrogenated xylylene diisocyanate ート(H XDI)、ヘキサメチレンジイソシアネート(HDI)、イソホロンジイソシアネート(IPDI)、ノルボルネンジイソシアネート(NBDI)等の脂環式ポリイソシアネート又は脂肪族ポリイソシアネート等のうちの1種、または、2種以上の混合物などである。 Over preparative (H 6 XDI), hexamethylene diisocyanate (HDI), isophorone diisocyanate (IPDI), 1 kind of cycloaliphatic polyisocyanates or aliphatic polyisocyanates such as norbornene diisocyanate (NBDI), or, two or more mixture of, or the like.

耐擦過傷性を向上するという観点からは、ポリウレタンのポリイソシアネート成分として、芳香族ポリイソシアネートを使用することが好ましい。 From the viewpoint of improving the abrasion resistance, as the polyisocyanate component of the polyurethane, it is preferred to use an aromatic polyisocyanate. 芳香族ポリイソシアネートを使用することにより、得られるポリウレタンの機械的特性が向上し、耐擦過傷性に優れるカバーが得られる。 The use of aromatic polyisocyanate improves the mechanical properties of the resulting polyurethane, cover which is excellent in abrasion resistance can be obtained. また、耐候性を向上するという観点からは、ポリウレタンのポリイソシアネート成分として、非黄変性のポリイソシアネート(TMXDI、XDI、HDI、H XDI、IPDI、H 12 MDI、NBDIなど)を使用することが好ましく、さらに好ましくは4,4'−ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート(H 12 MDI)を使用する。 Further, in view of improving the weather resistance, as the polyisocyanate component of the polyurethane, of a non-yellowing polyisocyanate (TMXDI, XDI, HDI, H 6 XDI, IPDI, H 12 MDI, NBDI , etc.) be used preferably, more preferably using 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate (H 12 MDI). 4,4'−ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート(H 12 MDI)は剛直な構造を有しており、得られるポリウレタンの機械的特性が向上し、耐擦過傷性に優れるカバーが得られるからである。 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate (H 12 MDI) has a rigid structure, improved mechanical properties of the resulting polyurethane is the cover which is excellent in abrasion resistance can be obtained.

前記ポリウレタン樹脂を構成するポリオール成分としては、ヒドロキシル基を複数有するものであれば特に限定されず、例えば、低分子量のポリオールや高分子量のポリオールなどを挙げることができる。 The polyol component constituting the polyurethane resin is not particularly limited as long as it has a plurality of hydroxyl groups, for example, a low molecular weight polyol and high molecular weight polyols. 低分子量のポリオールとしては、例えば、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、1,3−ブタンジオール、1,4−ブタンジオール、ネオペンチルグリコール、1,6−ヘキサンジオール等のジオール;グリセリン、トリメチロールプロパン、ヘキサントリオールなどのトリオールが挙げられる。 Examples of the low-molecular weight polyol such as ethylene glycol, diethylene glycol, triethylene glycol, 1,3-butanediol, 1,4-butanediol, neopentyl glycol, neopentyl glycol, and 1,6-hexanediol; glycerol, trimethylol propane, triols such as hexane triol. 高分子量のポリオールとしては、例えば、ポリオキシエチレングリコール(PEG)、ポリオキシプロピレングリコール(PPG)、ポリオキシテトラメチレングリコール(PTMG)等のポリエーテルポリオール;ポリエチレンアジぺート(PEA)、ポリブチレンアジペート(PBA)、ポリヘキサメチレンアジペート(PHMA)などの縮合系ポリエステルポリオール;ポリ−ε−カプロラクトン(PCL)のようなラクトン系ポリエステルポリオール;ポリヘキサメチレンカーボネートなどのポリカーボネートポリオール;及びアクリルポリオールなどが挙げられ、上述したポリオールの少なくとも2種以上の混合物であってもよい。 As the polyol molecular weight, such as polyoxyethylene glycol (PEG), polyoxypropylene glycol (PPG), polyether polyols such as polyoxytetramethylene glycol (PTMG); polyethylene adipate (PEA), polybutylene adipate polycarbonate polyols such as polyhexamethylene carbonate; lactone polyester polyols such as poly -ε- caprolactone (PCL); (PBA), condensed polyester polyols such as polyhexamethylene adipate (PHMA), and the like, and acrylic polyols can be mentioned it may be at least two or more mixtures of polyols described above.

高分子量のポリオールの平均分子量は、特に限定されるものではないが、例えば、400以上であることが好ましく、より好ましくは1000以上である。 Average molecular weight of the high molecular weight polyol is not particularly limited, for example, it is preferably 400 or more, and more preferably 1000 or more. 高分子量ポリオールの平均分子量が小さくなりすぎると、得られるポリウレタンが硬くなり、ゴルフボールの打球感が低下するからである。 If the average molecular weight of the high molecular weight polyol is too small, the resultant polyurethane becomes too hard and the shot feeling of the golf ball is lowered. 高分子量ポリオールの平均分子量の上限は、特に限定されるものではないが、10000以下、より好ましくは8000以下である。 The upper limit of the average molecular weight of the high molecular weight polyol is not particularly limited, 10000 or less, more preferably 8000 or less.

また、必要に応じて前記ポリウレタンを構成するポリアミンは、少なくとも2以上のアミノ基を有するものであれば特に限定されない。 Furthermore, polyamines constituting the polyurethane optionally is not particularly limited as long as it has at least two amino groups. 前記ポリアミンとしては、エチレンジアミン、プロピレンジアミン、ブチレンジアミン、ヘキサメチレンジアミンなどの脂肪族系ポリアミン、イソホロンジアミン、ピペラジンなどの脂環式系ポリアミン、及び、芳香族ポリアミンなどが挙げられる。 Examples of the polyamines include ethylenediamine, propylene diamine, butylene diamine, aliphatic polyamine, isophorone diamine, such as hexamethylenediamine, alicyclic polyamines such as piperazine, and the like aromatic polyamines.

前記芳香族ポリアミンは、少なくとも2以上のアミノ基が芳香環に直接又は間接的に結合しているものであれば、特に限定されない。 The aromatic polyamine is long as it has at least two amino groups directly or indirectly attached to the aromatic ring is not particularly limited. ここで、間接的に結合しているとは、アミノ基が、例えば低級アルキレン基を介して芳香環に結合していることをいう。 Here, the indirectly coupled, amino groups, means that attached to the aromatic ring via, for example, lower alkylene group. 前記芳香族ポリアミンとしては、例えば、1つの芳香環に2以上のアミノ基が結合している単環式芳香族ポリアミンでもよいし、少なくとも1つのアミノ基が1つの芳香環に結合しているアミノフェニル基を2個以上含む多環式芳香族ポリアミンでもよい。 Examples of the aromatic polyamines, for example, may be a monocyclic aromatic polyamine in which two or more amino groups in one aromatic ring is bonded, amino least one amino group is bonded to one aromatic ring phenyl group may be a polycyclic aromatic polyamine containing two or more.

前記単環式芳香族ポリアミンとしては、例えば、フェニレンジアミン、トルエンジアミン、ジエチルトルエンジアミン、ジメチルチオトルエンジアミンなどのアミノ基が芳香環に直接結合しているタイプ;キシリレンジアミンのようなアミノ基が低級アルキレン基を介して芳香環に結合しているタイプなどが挙げられる。 Examples of the monocyclic aromatic polyamines, e.g., phenylene diamine, toluene diamine, diethyl toluene diamine, amino group such as dimethyl thio toluene diamine type are directly bonded to an aromatic ring; an amino group such as xylylenediamine such as the type that is bonded to an aromatic ring are exemplified through a lower alkylene group. また、前記多環式芳香族ポリアミンとしては、少なくとも2つのアミノフェニル基が直接結合しているポリ(アミノベンゼン)でもよいし、少なくとも2つのアミノフェニル基が低級アルキレン基やアルキレンオキシド基を介在して結合していてもよい。 Further, as the polycyclic aromatic polyamines, may be the poly (amino benzene) at least two aminophenyl groups are attached directly interposed at least two aminophenyl groups is a lower alkylene group or alkylene oxide group it may be bonded Te. これらのうち、低級アルキレン基を介して2つのアミノフェニル基が結合しているジアミノジフェニルアルカンが好ましく、4,4'−ジアミノジフェニルメタン及びその誘導体が特に好ましい。 Of these, preferable diaminodiphenylalkane having two aminophenyl groups through a lower alkylene group is bonded, 4,4'-diaminodiphenylmethane and its derivatives are particularly preferred.

本発明では、カバー用組成物の樹脂成分として、熱可塑性ポリウレタン樹脂を使用することが好ましい態様の一つであり、さらに好ましくは熱可塑性ポリウレタンエラストマーを使用する。 In the present invention, as the resin component of the cover composition is one thing preferred embodiment to use a thermoplastic polyurethane resin, more preferably a thermoplastic polyurethane elastomer. 熱可塑性ポリウレタンエラストマーは、いわゆるゴム弾性を示すポリウレタン樹脂であり、熱可塑性ポリウレタンエラストマーを採用することにより、反発性の高いカバーが得られる。 Thermoplastic polyurethane elastomers are polyurethane resin exhibiting a so-called rubber elasticity, by adopting the thermoplastic polyurethane elastomer, high resilience cover is obtained. 前記熱可塑性ポリウレタンエラストマーは、例えば、射出成形や圧縮成形などによりカバーを成形できるものであれば特に限定されず、BASFジャパン(株)から市販されている「エラストランXNY90A」、「エラストランXNY97A」、「エラストランXNY585」などを使用できる。 The thermoplastic polyurethane elastomers, for example, is not particularly limited as long as it can form a cover by injection molding or compression molding, "Elastollan XNY90A" commercially available from BASF Japan Co., "Elastollan XNY97A" , it can be used, such as "Elastollan XNY585".

また本発明では、カバー用組成物の樹脂成分として、熱硬化性ポリウレタン樹脂を使用することも好ましい態様である。 In the present invention, as the resin component of the cover composition, it is also preferable to use a thermosetting polyurethane resin. 熱硬化性ポリウレタン樹脂は、3次元架橋点を多く生成させることができるので、耐久性に優れたカバーが得られる。 Thermoset polyurethane resin, it is possible to produce a lot of three-dimensional crosslinking points, the cover having excellent durability can be obtained. 前記熱硬化性ポリウレタン樹脂としては、例えば、イソシアネート基末端ウレタンプレポリマーをポリアミン、ポリオール等の硬化剤で硬化させるタイプ、或いは、ヒドロキシル基またはアミノ基末端ウレタンプレポリマーをポリイソシアネートなどの硬化剤で硬化させるタイプを挙げることができる。 The thermosetting polyurethane resin, for example, curing the isocyanate group-terminated urethane prepolymer polyamine, the type of curing at a curing agent such as a polyol, or a hydroxyl group or an amino group-terminated urethane prepolymer with a curing agent such as polyisocyanate mention may be made of the type to be. 硬化剤として使用するポリアミン、ポリオール、及び、ポリイソシアネートは、上述したものの中から適宜選択することができる。 Polyamine used as a curing agent, a polyol, and a polyisocyanate can be appropriately selected from those described above. これらの中でも、熱硬化性ポリウレタン樹脂としては、イソシアネート基末端ウレタンプレポリマーをポリアミンで硬化させて得られるものが好ましい。 Among them, as the thermosetting polyurethane resins, those obtained by the isocyanate group-terminated urethane prepolymer is cured with a polyamine is preferred. この場合、ウレタンプレポリマーのイソシアネート基に対する硬化剤のアミノ基のモル比率(NH /NCO)は、0.70以上、より好ましくは0.80以上、さらに好ましくは0.85以上とし、1.20以下、より好ましくは1.05以下、更に好ましくは1.00以下とすることが望ましい。 In this case, the molar ratio of the amino groups of the curing agent to the isocyanate groups of the urethane prepolymer (NH 2 / NCO) is 0.70 or more, more preferably 0.80 or more, more preferably 0.85 or more, 1. 20 or less, more preferably 1.05 or less, more preferably desirably 1.00 or less. 0.70未満ではポリアミンに対するイソシアネート基末端ウレタンプレポリマーの量が過剰となり、アロファネート架橋やビュレット架橋の生成反応が起こりやすくなり、最終的に得られるポリウレタンの柔軟性が不足気味になるからである。 The amount of the isocyanate group-terminated urethane prepolymer becomes excessive relative to the polyamine is less than 0.70, formation reaction of allophanate crosslinking and biuret crosslinking becomes easily occurs, because the flexibility of the finally obtained polyurethane tends to be insufficient. 一方、1.20超では、イソシアネート基が不足するため、アロファネートやビュレット架橋反応が起こりにくくなり、その結果、3次元架橋点が少なくなりすぎて、最終的に得られる熱硬化性ポリウレタン樹脂の強度が低下する傾向がある。 On the other hand, in the 1.20 exceeds, due to the lack of an isocyanate group, allophanate and biuret crosslinking reaction hardly occurs, the intensity of the result, too small three-dimensional crosslinking points, the finally obtained thermosetting polyurethane resin there tends to be lowered.

本発明では、カバー用組成物の樹脂成分として、アイオノマー樹脂を使用することも好ましい一態様である。 In the present invention, as the resin component of the cover composition is also a preferred embodiment to use an ionomer resin. 前記アイオノマー樹脂としては、例えば、エチレンとα,β−不飽和カルボン酸との共重合体中のカルボキシル基の少なくとも一部を金属イオンで中和したもの、またはエチレンとα,β−不飽和カルボン酸とα,β−不飽和カルボン酸エステルとの三元共重合体中のカルボキシル基の少なくとも一部を金属イオンで中和したものを挙げることができる。 As the ionomer resin, e.g., ethylene and alpha, in which at least a part of carboxyl groups in the copolymer of beta-unsaturated carboxylic acid is neutralized with metal ions, or ethylene and alpha, beta-unsaturated carboxylic acid and alpha, of a terpolymer of β- unsaturated carboxylic acid ester at least part of the carboxyl groups may be mentioned those obtained by neutralizing with metal ions. 上記のα,β−不飽和カルボン酸としては、例えばアクリル酸、メタクリル酸、フマル酸、マレイン酸、クロトン酸等が挙げられ、特にアクリル酸又はメタクリル酸が好ましい。 The above alpha, as the β- unsaturated carboxylic acids, such as acrylic acid, methacrylic acid, fumaric acid, maleic acid, crotonic acid and the like, especially acrylic acid or methacrylic acid. また、α,β−不飽和カルボン酸エステルとしては、例えばアクリル酸、メタクリル酸、フマル酸、マレイン酸等のメチル、エチル、プロピル、n−ブチル、イソブチルエステル等が用いられ、特にアクリル酸エステル又はメタクリル酸エステルが好ましい。 Furthermore, alpha, as the β- unsaturated carboxylic acid esters, such as acrylic acid, methacrylic acid, fumaric acid, methyl maleic acid, ethyl, propyl, n- butyl, isobutyl ester and the like are used, in particular acrylic acid esters or methacrylic acid esters are preferred. 上記エチレンとα,β−不飽和カルボン酸との共重合体や、エチレンとα,β−不飽和カルボン酸とα,β−不飽和カルボン酸エステルとの三元共重合体中のカルボキシル基の少なくとも一部を中和する金属イオンとしては、ナトリウム、カリウム、リチウムなどのアルカリ金属イオン;マグネシウム、カルシウム、亜鉛、バリウム、カドミウムなどの2価の金属イオン;アルミニウムなどの3価の金属イオン;錫、ジルコニウムなどのその他のイオンが挙げられるが、特にナトリウム、亜鉛、マグネシウムイオンが反発性、耐久性等から好ましく用いられる。 The ethylene and alpha, beta-copolymer and of an unsaturated carboxylic acid, ethylene and alpha, beta-unsaturated carboxylic acids and alpha, of the carboxyl groups in a terpolymer composed of beta-unsaturated carboxylic acid ester the metal ion for neutralizing at least a portion, sodium, potassium, alkali metal ions such as lithium; trivalent metal ions such as aluminum; tin divalent metal ions such as magnesium, calcium, zinc, barium, cadmium , including but other ions such as zirconium, zinc ions, magnesium ions resilience, preferably used durability.

上記アイオノマー樹脂の具体例としては、ハイミラン1555、1557、1605、1652、1702、1705、1706、1707、1855、1856(三井デュポンポリケミカル社製)、サーリン8945、サーリン9945、、サーリン6320(デュポン社製)、IOTEK 7010、8000(エクソン(Exxon)社製)等を例示することができる。 Specific examples of the ionomer resin, Himilan 1555,1557,1605,1652,1702,1705,1706,1707,1855,1856 (manufactured by Du Pont-Mitsui Polychemicals Co., Ltd.), Surlyn 8945, Surlyn 9945 ,, Surlyn 6320 (Du Pont Ltd.) can be exemplified IOTEK 7010,8000 (exon (Exxon) Co., Ltd.). これらのアイオノマー樹脂は、上記例示のものをそれぞれ単独または2種以上の混合物として用いてもよい。 These ionomer resins may be used as exemplified above as each alone or in combination.

本発明におけるカバー用組成物の樹脂成分として、上記熱可塑性ポリウレタンあるいは上記アイオノマー樹脂等の基材樹脂に加えて、さらに他の熱可塑性エラストマーを使用することも好ましい態様である。 As a resin component of the cover composition in the present invention, in addition to the thermoplastic polyurethane or a base resin such as the ionomer resin, it is also preferable to further use other thermoplastic elastomers.

前記他の熱可塑性エラストマーの具体例としては、例えばアルケマ(株)から商品名「ペバックス(例えば、「ペバックス2533」)」で市販されている熱可塑性ポリアミドエラストマー、東レ・デュポン(株)から商品名「ハイトレル(例えば、「ハイトレル3548」、「ハイトレル4047」)」で市販されている熱可塑性ポリエステルエラストマー、三菱化学(株)から商品名「ラバロン」で市販されている熱可塑性ポリスチレンエラストマー等が挙げられ、これらの中でも熱可塑性ポリスチレンエラストマーが好ましい。 Specific examples of the other thermoplastic elastomer, for example, under the trade name from Arkema Inc. "Pebax (e.g.," Pebax 2533 ")" a thermoplastic polyamide elastomer having a commercial, trade name from DuPont-Toray Co., "Hytrel (e.g.," Hytrel 3548 "," Hytrel 4047 ")" a thermoplastic polyester elastomer having a commercial, thermoplastic polystyrene elastomers such as commercially available under the trade name "Rabalon" from Mitsubishi Chemical Corporation can be mentioned , thermoplastic polystyrene elastomers among these, preferred. 前記熱可塑性ポリスチレンエラストマーは、例えば、ハードセグメントとして、ポリスチレンブロック成分と、ソフトセグメントとしてポリブタジエン、イソプレン、水素添加ポリブタジエン、水素添加ポリイソプレンなどのジエンブロック成分を有するポリスチレン−ジエン系ブロック共重合体を挙げることができる。 The thermoplastic polystyrene elastomers, for example, as a hard segment, a polystyrene block component, a polybutadiene as a soft segment, isoprene, hydrogenated polybutadiene, polystyrene having a diene block components such as hydrogenated polyisoprene - mentioned diene block copolymer be able to. 前記ポリスチレン−ジエン系ブロック共重合体は、ブロック共重合体または部分水素添加ブロック共重合体の共役ジエン化合物に由来する二重結合を有するものである。 The polystyrene - diene block copolymer are those having a double bond derived from conjugated diene compound in the block copolymer or partially hydrogenated block copolymer. 前記ポリスチレン−ジエン系ブロック共重合体としては、例えば、ポリブタジエンブロックを有するSBS(スチレン−ブタジエン−スチレン)構造のブロック共重合体、または、SIS(スチレン−イソプレン−スチレン)構造のブロック共重合体などが挙げられる。 The polystyrene - Examples of the diene block copolymer, e.g., SBS having a polybutadiene block (styrene - butadiene - styrene) block copolymer of the structure, or, SIS (styrene - isoprene - styrene) block copolymer structure such as and the like. 上記熱可塑性エラストマーの配合量は、基材樹脂100質量部に対して、1〜60質量部であることが好ましく、より好ましくは1〜35質量部である。 The amount of the thermoplastic elastomer, per 100 parts by weight of the base resin, preferably from 1 to 60 parts by weight, more preferably from 1 to 35 parts by weight.

カバーに前記光輝性材料を含有させる場合、カバー用組成物中の光輝性材料の含有量は、樹脂成分100質量部に対して、0.001質量部以上、より好ましくは0.002質量部以上、さらに好ましくは0.003質量部以上であって、5質量部以下、より好ましくは1質量部以下、さらに好ましくは0.5質量部以下、さらに一層好ましくは0.3質量部以下であることが望ましい。 If the inclusion of the luster material to cover, the content of the luster material in the cover composition, relative to 100 parts by mass of the resin component, 0.001 parts by mass or more, more preferably 0.002 parts by mass or more , even more preferably a 0.003 parts by mass or more, 5 parts by mass or less, more preferably 1 parts by mass or less, more preferably 0.5 parts by mass or less, even more preferably not more than 0.3 part by weight It is desirable 光輝性材料の含有量が5質量部を超えると、成形後にウエルドラインがはっきり出てしまい、外観および耐久性が低下するおそれがあるからである。 When the content of the luster material is more than 5 parts by mass, come out weld lines are clearly after molding, appearance and durability is because there may be reduced. また、光輝性材料の含有量が0.001質量部未満では、十分な光輝性が得られないからである。 The content of the luster material is less than 0.001 part by weight, it is not be obtained sufficiently bright.

また、カバーには、光輝性材料に加えて、通常の顔料を加えることも好ましい態様である。 In addition, the cover, in addition to the luster material, it is also preferable embodiment to add the conventional pigments. 様々な色調と光輝性とを有するカバーが得られるからである。 Cover with a variety of colors and glittering will be obtained. カバー用組成物中の顔料の含有量は、樹脂成分100質量部に対して、0.01質量部以上、より好ましくは0.02質量部以上、さらに好ましくは0.03質量部以上であって、1質量部以下、より好ましくは0.5質量部以下、さらに好ましくは0.1質量部以下であることが望ましい。 The content of the pigment in the cover composition with respect to 100 parts by weight of the resin component, 0.01 parts by mass or more, more preferably 0.02 part by weight or more, even more preferably 0.03 parts by mass or more , 1 part by weight or less, more preferably 0.5 parts by mass or less, further preferably at most 0.1 part by mass. 顔料の含有量が1質量部を超えると、カバーの耐久性が低下する場合があるからである。 When the content of the pigment is more than 1 part by weight, the durability of the cover there is a case of decrease. また、顔料の含有量が0.01質量部未満では、所望の色調がはっきりでないからである。 The content of the pigment is less than 0.01 part by weight, since desired color tone is not clear.

前記顔料としては、有機顔料、無機顔料のいずれであってもよい。 As the pigment, the pigment may be an organic pigment or an inorganic pigment. 前記顔料としては、例えば、カーボンブラックのような黒色顔料;酸化チタンのような白色顔料;群青、コバルト青、フタロシアニンブルーなどの青色顔料;アントラキノンバイオレット、ジオキサンバイオレット、メチルバイオレットなどの紫色顔料;チタンイエロー(20TiO −NiO−Sb )、リサージ(PbO)、黄鉛(PbCrO )、黄色酸化鉄(FeO(OH))、カドミウムイエロー、ピグメントイエロー−1、ピグメントイエロー−12等の黄色顔料;べんがら(Fe )、鉛丹(Pb )、モリブレンレッド、カドミウムレッド、ピグメントレッド−3、ピグメントレッド−57、ピグメントオレンジ−13等の赤色顔料を挙げることができる。 As the pigment, for example, black pigments such as carbon black; white pigments such as titanium oxide; ultramarine, cobalt blue, blue pigments such as phthalocyanine blue; anthraquinone violet, dioxane violet, violet pigments such as methyl violet, titanium yellow (20TiO 2 -NiO-Sb 2 O 3), litharge (PbO), chrome yellow (PbCrO 4), yellow iron oxide (FeO (OH)), cadmium yellow, pigment yellow -1, yellow pigments such as CI pigment yellow -12 ; red iron oxide (Fe 2 O 3), lead oxide (Pb 3 O 4), Mori Bren red, cadmium red, pigment red -3, pigment red -57 can include red pigments such as pigment Orange -13. これらの顔料は、単独で若しくは2種類以上を混合して用いることができる。 These pigments may be used singly or as a mixture of two or more kinds.

本発明におけるカバー用組成物は、さらに、炭酸カルシウムや硫酸バリウムなどの比重調整剤、分散剤、老化防止剤、紫外線吸収剤、光安定剤、蛍光材料または蛍光増白剤などを、カバーの性能を損なわない範囲で含有してもよい。 Cover composition in the present invention, furthermore, weighting agents such as calcium carbonate and barium sulfate, a dispersant, an antioxidant, an ultraviolet absorber, a light stabilizer, a fluorescent material or a fluorescent brightener, a cover performance it may be incorporated within a range that does not impair the.

本発明において、カバーの厚みは、特に限定されるものではないが、0.3mm以上、より好ましくは0.5mm以上、更に好ましくは0.8mm以上であって、2.3mm以下が好ましく、2.0mm以下がより好ましく、1.6mm以下がさらに好ましい。 In the present invention, the thickness of the cover, but is not particularly limited, 0.3 mm or more, more preferably 0.5mm or more, even more preferably 0.8mm or more, preferably 2.3mm or less, 2 more preferably not more than .0Mm, more preferably 1.6mm or less. 0.3mm未満では、カバーや中間層の成形が困難になる虞があるからである。 Is less than 0.3 mm, there is a possibility that molding of the cover or the intermediate layer becomes difficult. 2.3mm超では、カバーが厚くなりすぎて、得られるゴルフボールの反発性が、却って低下する場合があるからである。 The 2.3mm greater than the cover is too thick, the resilience of the resulting golf ball, because rather may be lowered.

次に、本発明のゴルフボールを製造する方法について、ツーピースゴルフボールの態様を例にとって説明するが、本発明は、かかる製造方法およびツーピースゴルフボールに限定されるものではない。 Next, a method for producing the golf ball of the present invention will be described an embodiment of a two-piece golf ball as an example, the present invention is not limited to the production method and two-piece golf ball. ツーピースゴルフボールのコアとしては、従来より公知のコアを使用することができ、例えば、基材ゴム、架橋開始剤、共架橋剤、充填材、老化防止剤等を含有するコア用ゴム組成物を加熱プレスして得られる。 The core of a two-piece golf ball, can be used known core conventionally, for example, a base rubber, a crosslinking initiator, a co-crosslinking agent, filler, the core rubber composition containing an anti-aging agent and the like obtained by heating press. 前記基材ゴムとしては、天然ゴムおよび/または合成ゴムを使用することができ、例えば、ポリブタジエンゴム、天然ゴム、ポリイソプレンゴム、スチレンポリブタジエンゴム、エチレン−プロピレン−ジエンゴム(EPDM)などを使用できる。 As the base rubber, a natural rubber and / or synthetic rubbers, such as polybutadiene rubber, natural rubber, polyisoprene rubber, styrene polybutadiene rubber, ethylene - propylene - diene rubber (EPDM) and the like can be used. これらの中でも、特に、反発に有利なシス結合が40%以上、好ましくは70%以上、より好ましくは90%以上のハイシスポリブタジエンを用いることが好ましい。 Among these, in particular, repulsion advantageously cis-bond of 40% or more, preferably 70% or more, more preferably to use a high cis-polybutadiene at least 90%.

前記架橋開始剤としては、有機過酸化物を好適に使用できる。 As the crosslinking initiator, an organic peroxide is preferably used. 前記有機過酸化物としては、例えば、ジクミルパーオキサイド、1,1−ビス(t−ブチルパーオキシ)−3,5−トリメチルシクロヘキサン、2,5−ジメチル−2,5−ジ(t―ブチルパーオキシ)ヘキサン、ジ−t−ブチルパーオキサイド等の有機過酸化物が挙げられ、これらのうちジクミルパーオキサイドが好ましく用いられる。 As the organic peroxides, e.g., dicumyl peroxide, 1,1-bis (t-butylperoxy) -3,5-trimethylcyclohexane, 2,5-dimethyl-2,5-di (t-butyl peroxy) hexane, organic peroxides such as di -t- butyl peroxide and the like dicumyl peroxide among these is preferably used. 有機過酸化物の配合量は、基材ゴム100質量部に対して、0.3質量部以上、より好ましくは0.4質量部以上であって、5質量部以下、より好ましくは3質量部以下であることが望ましい。 The amount of the organic peroxide, with respect to 100 parts by weight of the base rubber, 0.3 parts by mass or more, more preferably be at least 0.4 part by weight, 5 parts by mass or less, more preferably 3 parts by weight less it is desirable. 0.3質量部未満では、コアが柔らかくなりすぎて、反発性が低下する傾向があり、5質量部を超えると、硬くなりすぎて、打球感が低下するからである。 If the amount is less than 0.3 part by weight, the core becomes too soft, and the resilience tends to be lowered, and when it exceeds 5 parts by weight, too hard and the shot feeling is reduced.

前記共架橋剤としては、炭素数が3〜8個のα,β−不飽和カルボン酸又はその金属塩を使用できる。 As the co-crosslinking agent, having 3 to 8 carbon atoms alpha, a β- unsaturated carboxylic acid or a metal salt thereof may be used. 前記金属塩を構成する金属としては、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、アルミニウム、ナトリウムを挙げることができ、反発性が高くなるということから、亜鉛を使用することが好ましい。 As the metal forming the metal salt, zinc, magnesium, calcium, there may be mentioned aluminum, sodium, from the fact that increases resilience, it is preferred to use zinc. 前記α,β−不飽和カルボン酸又はその金属塩として好ましいのは、例えば、アクリル酸、メタクリル酸、アクリル酸亜鉛、メタクリル酸亜鉛である。 The alpha, preferred as β- unsaturated carboxylic acid or its metal salt, for example, acrylic acid, methacrylic acid, zinc acrylate, methacrylic acid zinc.

前記共架橋剤の使用量は、基材ゴム100質量部に対して、10質量部以上、より好ましくは15質量部以上、さらに好ましくは20質量部以上であって、55質量部以下、より好ましくは50質量部以下、さらに好ましくは48質量部以下であることが望ましい。 The amount of the co-crosslinking agent, relative to 100 parts by weight of the base rubber, 10 parts by mass or more, more preferably 15 parts by mass or more, more preferably be 20 mass parts or more, 55 parts by mass or less, more preferably it is preferable not more than 50 parts by weight, more preferably not more than 48 parts by mass. 共架橋剤の使用量が10質量部未満では、適当な硬さとするために有機過酸化物の使用量を増加しなければならず、反発性が低下する傾向がある。 Is less than the amount of 10 parts by weight of the co-crosslinking agent, it is necessary to increase the amount of the organic peroxide to obtain an appropriate hardness, the resilience tends to be lowered. 一方、共架橋剤の使用量が55質量部を超えると、コアが硬くなりすぎて、打球感が低下する虞がある。 On the other hand, if the amount of the co-crosslinking agent exceeds 55 parts by mass, the core becomes too hard, so that the shot feeling is reduced.

前記充填材は、ゴルフボールのコアに通常配合されるものであればよく、無機塩(具体的には、酸化亜鉛、硫酸バリウム、炭酸カルシウム等)、高比重金属粉末(例えば、タングステン粉末、モリブデン粉末等)およびそれらの混合物が挙げられる。 The filler may be any one which is normally used for the core of the golf ball (specifically, zinc oxide, barium sulfate, calcium carbonate, etc.) inorganic salts, high specific gravity metal powder (e.g., tungsten powder, molybdenum powder, and the like) and mixtures thereof. 前記充填剤の配合量は、基材ゴム100重量部に対して、0.5質量部以上、好ましくは1質量部以上であって、30質量部以下、好ましくは20質量部以下であることが望ましい。 The amount of the filler, the base rubber 100 parts by weight, 0.5 parts by mass or more, preferably 1 part by mass or more, 30 parts by weight or less, preferably not more than 20 parts by weight desirable. 0.5質量部未満では、比重調整が困難になり適正な重量が得られなくなり、30質量部を超えるとコア全体に占めるゴム分率が小さくなって反発性が低下するからである。 If the amount is less than 0.5 part by mass, the proper weight becomes difficult weighting is no longer obtained because the rubber fraction of total core exceeds 30 parts by mass becomes rebound property may lower small.

前記コア用ゴム組成物には、基材ゴム、共架橋剤、有機過酸化物、及び、充填剤に加えて、さらに、有機硫黄化合物、老化防止剤、又は、しゃく解剤等を適宜配合することができる。 The said core rubber composition, a base rubber, a co-crosslinking agent, an organic peroxide, and, in addition to the filler, further, an organic sulfur compound, an antioxidant, or blended as appropriate peptizing agent be able to. 老化防止剤の配合量は、基材ゴム100質量部に対して、0.1質量部以上、1質量部以下であることが好ましい。 The amount of antioxidant with respect to 100 parts by weight of the base rubber, 0.1 part by weight or more and 1 part by mass or less. また、しゃく解剤は、基材ゴム100質量部に対して、0.1質量部以上、5質量部以下であることが好ましい。 Further, peptizers, the base rubber 100 parts by weight 0.1 parts by mass or more and 5 parts by mass or less.

前記コアは、前述のコア用ゴム組成物を混合、混練し、金型内で成形することにより得ることができる。 The core, can be obtained by mixing the core rubber composition described above was kneaded and molded in the mold. この際の条件は、特に限定されないが、通常は130〜180℃、圧力2.9〜11.8MPaで10〜40分間で行われる。 Conditions at this time, is not particularly limited, but usually is carried out at 130 to 180 ° C., 10 to 40 minutes at a pressure 2.9~11.8MPa.

上記のようにして得られたコア上に上述したカバー用組成物を被覆して、ゴルフボール本体を作製する。 Covering the cover composition as described above to the on cores obtained as above, to produce a golf ball body. カバーを成形する方法としては、例えば、カバー用組成物をコア上へ直接射出成形する方法や、カバー用組成物を予め半球殻状のハーフシェルに成形し2枚のハーフシェルでコアを包み込んで加熱プレスする方法などを挙げることができる。 As a method for molding a cover, for example, a method of molding the cover composition on the core, molding the pre-hemispherical half shells of the cover composition wrapped core with two half shells and the like can be mentioned a method of heating press. また、カバーを被覆してゴルフボール本体を作製する際には、通常、表面にディンプルと呼ばれるくぼみが形成される。 Further, in making the golf ball body to cover the cover, typically, depressions called dimples formed on the surface. さらに、ゴルフボール本体表面は、必要に応じて、マークや塗膜などとの密着性を向上するために、サンドブラスト処理のような研磨処理がなされてもよい。 The surface of the golf ball, if necessary, in order to improve the adhesion between such mark or coating, polishing treatment may be made, such as sandblasting.

ゴルフボール本体を作製した後、ゴルフボール本体表面には塗膜が形成される(必要に応じてマークも形成される)。 After producing the golf ball body, the surface of the golf ball body coated film is formed (also marked as required are formed). 前記塗膜は、上述した基材樹脂と光輝性材料とを含有する塗膜形成用組成物をゴルフボール本体を被覆するように塗装し、乾燥(或いは硬化)することにより形成される。 The coating was coated a coating film forming composition containing the above-mentioned base resin and photoluminescent material so as to cover the golf ball body is formed by drying (or curing). 塗膜形成用組成物の塗布方法は、特に限定されず、例えば、エアースプレーガン、静電塗装などを使用してゴルフボール本体に塗布することができる。 The method of coating the coating forming composition is not particularly limited, for example, can be applied an air spray gun, by using an electrostatic painting to the golf ball body.

次いで、ゴルフボールの表面に塗布された塗膜形成用組成物を、例えば、30℃〜60℃の温度で1〜6時間程度処理して、塗膜を形成できる。 Then, the coating forming composition coated on the surface of the golf ball, for example, by treatment of about 1-6 hours at a temperature of 30 ° C. to 60 ° C., to form a coating film. 塗膜の膜厚は、特に限定されないが5μm以上、より好ましくは7μm以上、25μm以下、より好ましくは18μm以下であることが望ましい。 The thickness of the coating film is not particularly limited 5μm or more, more preferably 7μm or more, 25 [mu] m or less and more preferably 18μm or less. 膜厚が5μm未満になると継続的な使用により塗膜が摩耗消失しやすくなり、膜厚が25μmを超えるとディンプルの効果が低下してゴルフボールの飛行性能が低下するからである。 Thickness is the coating film tends to wear abolished by continued use and less than 5 [mu] m, the film thickness is decreased, the effect of dimples exceeds 25μm flight performance of the golf ball is lowered.

前記塗膜は、好ましくは単層構造を有する。 The coating preferably has a single-layer structure. 単層構造であれば、塗装工程を簡略化できる。 If a single-layer structure can be simplified coating process. 特に、本発明によれば、単層構造であっても優れた塗膜物性(耐久性)を発現する。 In particular, according to the present invention, expressing a single-layer structure is a also excellent coating film properties (durability). また、前記塗膜は最外層のクリアーペイント層であることが好適である。 Further, the coating film is suitably a clear paint layer of the outermost layer.

上記製法では、ツーピースゴルフボールの態様を例にとって説明したが、例えば、糸巻きゴルフボールの場合には、糸巻きコアを使用すればよく、スリーピース以上のマルチピースゴルフボールの場合には、コアとカバーとの間に少なくとも1層以上の中間層を設けることができる。 In the above method has been described aspects of two-piece golf ball as an example, for example, in the case of wound golf balls may be used to wound core, in the case of the above multi-piece golf ball three-piece, a core and a cover It may be provided at least one intermediate layer between. 前記糸巻きコアは、センターとそのセンターの周囲に糸ゴムを延伸状態で巻き付けることによって形成した糸ゴム層とから成り、従来より公知のものを使用することができる。 The wound core is composed of a rubber thread layer formed by winding a thread rubber around the center and its center at a stretching state, can be used known ones conventionally. センターとしては液系(リキッドセンター)またはゴム系(ソリッドセンター)のいずれを用いてもよい。 The center may be either liquid-based (liquid center) or rubber (solid center). また、上記センター上に巻き付ける糸ゴムは、糸巻きゴルフボールの糸巻き層に従来から使用されているものと同様のものを使用することができ、例えば、天然ゴムまたは天然ゴムと合成ポリイソプレンに硫黄、加硫助剤、加硫促進剤、老化防止剤等を配合したゴム組成物を加硫することによって得られたものを用いてもよい。 Further, the rubber thread wound on the center may be used the same as those conventionally used in wound layer of thread wound golf ball, for example, sulfur synthetic polyisoprene and natural rubber or natural rubber, vulcanization aid, vulcanization accelerator, it may be used those obtained by vulcanizing a rubber composition obtained by blending an antioxidant and the like. 糸ゴムはセンター上に約10倍に引き伸ばして巻きつけて糸巻きコアを作製する。 Rubber thread to form the wound core wound stretching to about 10 times over the centerline.

また、スリーピース以上のマルチピースゴルフボールの中間層としては、例えば、ポリウレタン樹脂、アイオノマー樹脂、ナイロン、ポリエチレン等の熱可塑性樹脂;ポリスチレン系エラストマー、ポリオレフィン系エラストマー、ポリウレタン系エラストマー、ポリエステル系エラストマー等の熱可塑性エラストマーなどが挙げられる。 As the intermediate layer of the above multi-piece golf ball three-piece, for example, a polyurethane resin, an ionomer resin, nylon, a thermoplastic resin such as polyethylene; polystyrene elastomer, polyolefin elastomer, polyurethane elastomer, thermal and polyester-based elastomer such as thermoplastic elastomers. ここで、アイオノマー樹脂としては、例えば、エチレンとα,β−不飽和カルボン酸との共重合体中のカルボキシル基の少なくとも1部を金属イオンで中和したもの、またはエチレンとα,β−不飽和カルボン酸とα,β−不飽和カルボン酸エステルとの三元共重合体中のカルボキシル基の少なくとも一部を金属イオンで中和したものが挙げられる。 Examples of the ionomer resins, for example, those of ethylene and alpha, at least a portion of the carboxyl groups in the copolymer of beta-unsaturated carboxylic acid is neutralized with metal ions, or ethylene and alpha, beta-unsaturated a saturated carboxylic acid alpha, in which at least a part of carboxyl groups in a terpolymer composed of β- unsaturated carboxylic acid ester was neutralized with metal ions. 前記中間層には、さらに、硫酸バリウム、タングステン等の比重調整剤、老化防止剤、顔料などが配合されていてもよい。 Wherein the intermediate layer further, barium sulfate, weighting agent, such as tungsten, an antioxidant, and a pigment may be blended.

以下、本発明を実施例によって詳細に説明するが、本発明は、下記実施例によって限定されるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲の変更、実施の態様は、いずれも本発明の範囲内に含まれる。 Hereinafter, the present invention will be described examples in detail, the present invention is not intended to be below embodiments thereof, changes without departing from the spirit and scope of the present invention, aspects of the embodiments are all of the present invention It is included within the scope.

[評価方法] [Evaluation method]
(1)光輝性 塗膜が形成されたゴルフボールを目視観察し、以下の評価基準に基づいて、光輝性を評価した。 (1) a golf ball glistening coating film formed was visually observed based on the following evaluation criteria were evaluated glitter.
◎:極めて鮮明な光輝性が認められる。 ◎: extremely sharp luster is observed.
○:鮮明な光輝性が認められる。 ○: it is observed clear luster.
△:光輝性が僅かに認められる。 △: luster is observed slightly.
×:光輝性が認められない。 ×: luster is not observed.

(2)塗膜の耐久性 ツルーテンパー社製スイングロボットにドライバー(1W)を取り付け、ヘッドスピード45m/sでゴルフボールを100回繰返し打撃し、塗膜の剥離程度を観察し、下記基準に基づいて評価した。 (2) Install the driver (1W) durability swing robot manufactured by True Temper Co. of the coating, a golf ball was repeatedly hit 100 times at a head speed 45 m / s, to observe the degree peeling of the paint film, based on the following criteria It was evaluated Te.
◎:塗膜の剥離がなかった。 ◎: there was no peeling of the coating film.
○:塗膜に1mm 未満の剥離が発生した。 ○: Peeling of less than 1 mm 2 is generated in the coating film.
△:塗膜に1〜4mm 未満の剥離が発生した。 △: Peeling of less than 1 to 4 mm 2 is generated in the coating film.
×:塗膜に4mm 以上の剥離が発生した。 ×: 4 mm 2 or more peeling occurred in the coated film.

[ゴルフボール本体の作製] [Production of the golf ball body]
(1)コアの作製 表1に示す配合のコア用ゴム組成物を混練し、半球状キャビティを有する上下金型内で160℃で13分間加熱プレスすることにより直径39.3mmおよび36.7mmの球状コアを得た。 (1) the formulation shown in Preparation Table 1 of the core rubber composition was kneaded for a core, by 13 minutes heating press at 160 ° C. in a upper and lower molds having a spherical cavity diameter 39.3mm and 36.7mm of to obtain spherical core.

ポリブタジエンゴム:JSR(株)製のBR11 Polybutadiene rubber: BR11 manufactured by JSR (Ltd.)
アクリル酸亜鉛:日本蒸留社製のZNDA−90S Zinc acrylic acid: manufactured by Nippon distillation, Inc. ZNDA-90S
酸化亜鉛:東邦亜鉛社製の銀嶺R Zinc oxide: Toho Zinc Co., Ltd. of Ginrei R
炭酸カルシウム:備北粉化(株) Calcium carbonate: Bihoku Funka Co., Ltd.
ジクミルパーオキサイド:日本油脂社製のパークミルD Dicumyl peroxide: manufactured by NOF Corporation of Percumyl D

(2)カバー(中間層)用組成物の調製 表2、3に示した配合材料を用いて、二軸混練型押出機によりミキシングして、ペレット状のカバー(中間層)用組成物をそれぞれ調製した。 (2) Cover with compounding materials shown in preparation Table 2 and 3 (the intermediate layer) composition, biaxially mixes by kneading extruder, pellets of the cover (intermediate layer) composition, respectively It was prepared. 押出条件は、スクリュー径45mm、スクリュー回転数200rpm、スクリューL/D=35であり、配合物は、押出機のダイの位置で160〜230℃に加熱された。 Extrusion conditions were a screw diameter of 45 mm, screw speed of 200 rpm, a screw L / D = 35, the mixtures were heated to 160 to 230 ° C. at the die position of the extruder.

(3)ゴルフボール本体の作製 上記で得たカバー(中間層)用組成物を、前述のようにして得たコア上に直接射出成形することにより前記コアを被覆する中間層および/またはカバー層を形成し、直径42.7mmを有するツーピース(またはスリーピース)ゴルフボール本体を作製した。 (3) a golf ball covers produced was obtained by the above body (intermediate layer) composition, an intermediate layer and / or cover layer covering the core by injection molding directly onto the core obtained as described above forming a, to prepare a two-piece (or three-piece) golf ball body having a diameter 42.7 mm. 尚、スリーピースゴルフボールの場合、中間層の厚みを1.5mm、カバー層の厚みを1.5mmとした。 In the case of three-piece golf ball was 1.5mm thickness of the intermediate layer, the thickness of the cover layer and 1.5mm. カバー成形用上下金型は、半球状キャビティを有し、ディンプル付きで、ディンプルの一部が進退可能なホールドピンを兼ねている。 Upper and lower molds for forming the cover, have a spherical cavity with dimples, some of the dimples also serves as a retractable hold pin. 上記ホールドピンを突き出し、コアを投入後ホールドさせ、80トンの圧力で型締めした金型に210℃に加熱した樹脂を0.3秒で注入し、30秒間冷却して型開きしてゴルフボールを取り出した。 Projecting the hold pin, the core is turned the hold, a 80 tons pressure clamping the mold resin heated to 210 ° C. for injecting in 0.3 seconds, a golf ball mold is opened and cooled for 30 seconds It was taken.

アイオノマー樹脂1) :ハイミラン1605/ハイミラン1706=50/50 Ionomer resin 1): Hi-milan 1605 / Himilan 1706 = 50/50
アイオノマー樹脂2) :ハイミラン1605/ハイミラン1706/ハイミラン1707=40/30/30 Ionomer resin 2): Himilan 1605 / Hi-milan 1706 / Hi-milan 1707 = 40/30/30
Iriodin 100:MERCK(株)製パール顔料(マイカを酸化チタンで被覆したもの) Iriodin 100: MERCK (KK) Pearl pigments (those coated mica with titanium oxide)
コレステリック液晶ポリマー:ワッカーケミー製ヘリコーンHC Jade Cholesteric liquid crystal polymer: Wacker Chemie helicones HC Jade
メタシャインMEG020PS:日本板硝子社製ガラスフレークを銀で被覆したもの、平均粒子径20μm、平均厚さ1μm以下メタシャインMEG040PS:日本板硝子社製ガラスフレークを銀で被覆したもの、平均粒子径40μm、平均厚さ1μm以下 METASHINE MEG020PS: that the Nippon Sheet Glass flakes coated with silver, an average particle diameter of 20 [mu] m, an average thickness of 1μm or less Metashine MEG040PS: the Nippon Sheet Glass Co., Ltd. Glass flake that is coated with silver, an average particle diameter of 40 [mu] m, average thickness 1μm or less

[塗膜の形成] [Formation of Coating Film]
ゴルフボール本体表面にマークをパッド印刷し、続けてゴルフボール本体を被覆するように表2,3に示した塗膜形成用組成物をエアガンで塗布して、40℃のオーブンで4時間乾燥してゴルフボールを作製した。 A mark on the golf ball body surface pad printing, by applying an air gun the coating forming composition shown in Tables 2 and 3 so as to cover the golf ball body, dried for 4 hours at 40 ° C. in an oven followed by to prepare a golf ball Te. 塗膜形成用組成物は、以下のようにして調製した。 Coating forming composition was prepared as follows.

[塗膜形成用組成物の調製] [Preparation of coating forming composition]
1)主剤:ウレタンポリオール 60質量部のPTMG250(BASF社製:ポリオキシテトラメチレングリコール、分子量250)と54質量部の550U(住化バイエルウレタン製:分子量550の分岐ポリオール)とを溶剤120質量部(トルエン及びメチルエチルケトン)に溶解し、これにジブチル錫ジラウリレートを主剤全体に対して0.1質量%となるように添加した。 1) the base resin: PTMG250 urethane polyol 60 parts by weight (BASF Corporation: polyoxytetramethylene glycol, molecular weight 250) and 54 parts by weight of 550U (manufactured by Sumika Bayer Urethane Ltd. branched polyol having a molecular weight of 550) and a solvent 120 parts by weight was dissolved in (toluene and methyl ethyl ketone) was added thereto dibutyltin dilaurate to the entire base resin so that 0.1 wt%. このポリオールを80℃に保持しながら、66質量部のイソホロンジイソシアネートを滴下して、ウレタンポリオール(固形分60質量%、水酸基価75mgKOH/g、重量平均分子量7808)を調製した。 While maintaining the polyol 80 ° C., was added dropwise isophorone diisocyanate 66 parts by weight, the urethane polyol (solids content of 60 wt%, hydroxyl value 75 mgKOH / g, weight average molecular weight 7808) was prepared.
2)硬化剤:イソホロンジイソシアネート(住化バイエルウレタン) 2) a curing agent: isophorone diisocyanate (manufactured by Sumika Bayer Urethane)
3)配合比:硬化剤のNCO/主剤のOH=1.2(モル比) 3) blending ratio: of NCO / base resin hardener OH = 1.2 (molar ratio)
4)上記2液硬化型ウレタン樹脂成分100質量部に、表2、3に示したように光輝性材料を添加して、塗膜形成用組成物を調製した。 4) in the two-part curable 100 parts by mass of the urethane resin component, by adding a photoluminescent material as shown in Tables 2 and 3, to prepare a coating forming composition.

得られたゴルフボールについて、光輝性、塗膜耐久性について評価した結果を表2および表3に併せて示した。 The resulting golf ball, glitter, the results of evaluating the coating films durability also shown in Table 2 and Table 3.

表2及び表3中、ゴルフボールNo. In Table 2 and Table 3, the golf ball No. 1〜No. 1~No. 17は、ゴルフボール本体、あるいは、前記ゴルフボール本体を被覆する塗膜の少なくとも一方が平滑な表面を有するコア層が金属で被覆された光輝性材料を含有している場合である。 17, golf ball body, or the a case where at least one of the coating film covering the golf ball body contains a luster material core layer is coated with metal having a smooth surface. いずれの場合も光輝性、塗膜の耐久性に優れたゴルフボールが得られていることが分かる。 Bright either case, it can be seen that golf ball having excellent durability of the coating film is obtained.

ゴルフボールNo. Golf ball No. 18およびNo. 18 and No. 19は、カバーにコレステリック液晶ポリマーを配合した場合であるが、光輝性もやや劣っていた。 19 is a case where blending a cholesteric liquid crystal polymer in the cover, glitter was also slightly inferior. ゴルフボールNo. Golf ball No. 20は、光輝性材料を使用しない場合であり、光輝性を有するゴルフボールは得られなかった。 20 is a case not using the luster material, golf ball having a glitter was not obtained. ゴルフボールNo. Golf ball No. 21は、従来の光輝性材料を塗膜に用いた場合であるが、本願発明と比べて光輝性が劣ることが分かる。 21 is a conventional photoluminescent material in the case of using the coating film, it can be seen that luster is poor compared with the present invention.

本発明によれば、光輝性および塗膜耐久性を有するゴルフボールが得られる。 According to the present invention, the golf ball can be obtained having bright and coating durability.

本発明で使用する光輝性材料を模式的に示す説明図。 Explanatory view schematically showing the luster material used in the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1:コア層、2:金属層 1: Core layer, 2: metal layer

Claims (7)

  1. ゴルフボール本体と、前記ゴルフボール本体を被覆する塗膜とを有するゴルフボールであって、前記ゴルフボール本体および/または前記塗膜が、平滑な表面を有するコア層が金属で被覆された光輝性材料を含有していることを特徴とするゴルフボール。 And the golf ball body, a golf ball having a paint film covering the golf ball body, wherein the golf ball body and / or the coating film, glittering the core layer is coated with metal having a smooth surface golf ball which is characterized by containing the material.
  2. 前記塗膜は、樹脂成分100質量部に対して、前記光輝性材料を0.05質量部〜30質量部含有するものである請求項1に記載のゴルフボール。 The coating is golf ball according to claim 1 per 100 parts by mass of the resin component, those containing 30 parts by 0.05 parts by weight of the photoluminescent material.
  3. 前記ゴルフボール本体は、コアとカバーとを有するものであって、前記カバーが平滑な表面を有するコア層が金属で被覆された光輝性材料を含有するものである請求項1または2に記載のゴルフボール。 The golf ball body may be one having a core and a cover, according to claim 1 or 2, wherein the cover is one that contains a luster material core layer is coated with metal having a smooth surface Golf ball.
  4. 前記金属は、金、銀、ニッケル、銅、及び、アルミニウムよりなる群から選択される少なくとも1種を含むものである請求項1〜3のいずれか一項に記載のゴルフボール。 It said metals, gold, silver, nickel, copper, and golf ball according to claim 1 is intended to include at least one selected from the group consisting of aluminum.
  5. 前記光輝性材料は、薄片状若しくは鱗片状である請求項1〜4のいずれか一項に記載のゴルフボール。 The photoluminescent material, golf ball according to claim 1 which is flaky or scaly.
  6. 前記コア層は、ガラスフレークである請求項1〜5のいずれか一項に記載のゴルフボール。 The core layer, golf ball according to any one of claims 1 to 5 is glass flakes.
  7. 前記光輝性材料は、前記金属の表面が、さらに樹脂または無機材料で被覆されているものである請求項1〜6のいずれか一項に記載のゴルフボール。 The photoluminescent material, golf ball according to any one of claims 1 to 6 the surface of the metal is one that is further coated with a resin or an inorganic material.
JP2006353256A 2006-12-27 2006-12-27 Golf ball Pending JP2008161375A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006353256A JP2008161375A (en) 2006-12-27 2006-12-27 Golf ball

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006353256A JP2008161375A (en) 2006-12-27 2006-12-27 Golf ball

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008161375A true true JP2008161375A (en) 2008-07-17

Family

ID=39691620

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006353256A Pending JP2008161375A (en) 2006-12-27 2006-12-27 Golf ball

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008161375A (en)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010268857A (en) * 2009-05-19 2010-12-02 Sri Sports Ltd Golf ball
JP2011072776A (en) * 2009-09-30 2011-04-14 Nike Internatl Ltd Golf ball having aerodynamic coating
JP2011251003A (en) * 2010-06-02 2011-12-15 Kasco Corp Golf ball
US9033826B2 (en) 2009-09-30 2015-05-19 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9033825B2 (en) 2009-09-30 2015-05-19 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9108085B2 (en) 2009-09-30 2015-08-18 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9186558B2 (en) 2009-09-30 2015-11-17 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9186557B2 (en) 2009-09-30 2015-11-17 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9199133B2 (en) 2009-09-30 2015-12-01 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9259623B2 (en) 2009-09-30 2016-02-16 Nike International, Ltd. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9381404B2 (en) 2009-09-30 2016-07-05 Nike, Inc. Golf ball having an increased moment of inertia
US9409064B2 (en) 2009-09-30 2016-08-09 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9962578B2 (en) 2010-03-10 2018-05-08 Dunlop Sports Co. Ltd. Colored golf ball

Citations (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62144673A (en) * 1985-12-19 1987-06-27 Sumitomo Rubber Ind Golf ball
JPH03239769A (en) * 1990-02-16 1991-10-25 Kansai Paint Co Ltd Metallic paint and method for coating therewith
JPH06170013A (en) * 1992-12-03 1994-06-21 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
JPH11319147A (en) * 1998-05-14 1999-11-24 Bridgestone Sports Co Ltd Marked golf ball and method for marking golf ball
JP2001087423A (en) * 1999-09-24 2001-04-03 Yokohama Rubber Co Ltd:The Golf ball
JP2001192588A (en) * 2000-01-11 2001-07-17 Sakura Color Prod Corp Aqueous stamp ink composition with metallic luster
JP2003199844A (en) * 2002-01-04 2003-07-15 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
JP2003210617A (en) * 2002-01-25 2003-07-29 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
JP2003238882A (en) * 2002-02-18 2003-08-27 Sakura Color Prod Corp Luster composition containing pearlescent pigment, ink composition for writing utensil and writing utensil
JP2004081350A (en) * 2002-08-23 2004-03-18 Sumitomo Rubber Ind Ltd Painted golf ball
JP2004166719A (en) * 2002-11-15 2004-06-17 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
JP2005052510A (en) * 2003-08-07 2005-03-03 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
WO2006133277A2 (en) * 2005-06-07 2006-12-14 Callaway Golf Company Golf ball covers and mantles comprising glass particles
JP2007000214A (en) * 2005-06-21 2007-01-11 Sri Sports Ltd Golf ball
JP2007021204A (en) * 2005-07-14 2007-02-01 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2007190385A (en) * 2006-01-19 2007-08-02 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2007275163A (en) * 2006-04-04 2007-10-25 Bridgestone Sports Co Ltd Ball for ball game

Patent Citations (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62144673A (en) * 1985-12-19 1987-06-27 Sumitomo Rubber Ind Golf ball
JPH03239769A (en) * 1990-02-16 1991-10-25 Kansai Paint Co Ltd Metallic paint and method for coating therewith
JPH06170013A (en) * 1992-12-03 1994-06-21 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
JPH11319147A (en) * 1998-05-14 1999-11-24 Bridgestone Sports Co Ltd Marked golf ball and method for marking golf ball
JP2001087423A (en) * 1999-09-24 2001-04-03 Yokohama Rubber Co Ltd:The Golf ball
JP2001192588A (en) * 2000-01-11 2001-07-17 Sakura Color Prod Corp Aqueous stamp ink composition with metallic luster
JP2003199844A (en) * 2002-01-04 2003-07-15 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
JP2003210617A (en) * 2002-01-25 2003-07-29 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
JP2003238882A (en) * 2002-02-18 2003-08-27 Sakura Color Prod Corp Luster composition containing pearlescent pigment, ink composition for writing utensil and writing utensil
JP2004081350A (en) * 2002-08-23 2004-03-18 Sumitomo Rubber Ind Ltd Painted golf ball
JP2004166719A (en) * 2002-11-15 2004-06-17 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
JP2005052510A (en) * 2003-08-07 2005-03-03 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
WO2006133277A2 (en) * 2005-06-07 2006-12-14 Callaway Golf Company Golf ball covers and mantles comprising glass particles
JP2008541995A (en) * 2005-06-07 2008-11-27 キャラウェイ・ゴルフ・カンパニ Golf ball cover and mantle, including the glass particles
JP2007000214A (en) * 2005-06-21 2007-01-11 Sri Sports Ltd Golf ball
JP2007021204A (en) * 2005-07-14 2007-02-01 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2007190385A (en) * 2006-01-19 2007-08-02 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2007275163A (en) * 2006-04-04 2007-10-25 Bridgestone Sports Co Ltd Ball for ball game

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010268857A (en) * 2009-05-19 2010-12-02 Sri Sports Ltd Golf ball
US9186557B2 (en) 2009-09-30 2015-11-17 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9409064B2 (en) 2009-09-30 2016-08-09 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9033826B2 (en) 2009-09-30 2015-05-19 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9033825B2 (en) 2009-09-30 2015-05-19 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9108085B2 (en) 2009-09-30 2015-08-18 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9186558B2 (en) 2009-09-30 2015-11-17 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
JP2011072776A (en) * 2009-09-30 2011-04-14 Nike Internatl Ltd Golf ball having aerodynamic coating
US9199133B2 (en) 2009-09-30 2015-12-01 Nike, Inc. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9259623B2 (en) 2009-09-30 2016-02-16 Nike International, Ltd. Golf ball having an aerodynamic coating including micro surface roughness
US9381404B2 (en) 2009-09-30 2016-07-05 Nike, Inc. Golf ball having an increased moment of inertia
US9962578B2 (en) 2010-03-10 2018-05-08 Dunlop Sports Co. Ltd. Colored golf ball
US9968828B2 (en) 2010-03-10 2018-05-15 Dunlop Sports Co. Ltd. Colored golf ball
JP2011251003A (en) * 2010-06-02 2011-12-15 Kasco Corp Golf ball

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6855076B2 (en) Golf ball
US20090170634A1 (en) Golf ball with soft feel
US6815521B2 (en) Multi-piece golf ball
US6454667B1 (en) Golf ball with superior durability
US6117024A (en) Golf ball with polyurethane cover
US6540624B1 (en) Printing ink golf ball, printing method using the same, and golf ball printed using the same
US20060025238A1 (en) Golf ball
US20070265113A1 (en) Golf ball
US6987159B2 (en) Solid golf ball
US20090143169A1 (en) Golf ball
US6686436B2 (en) Solid golf ball
US7278930B2 (en) Golf ball
US6689860B2 (en) Solid golf ball
US20030073515A1 (en) Golf ball having a urethane cover
US20090023515A1 (en) Golf ball
US20070142127A1 (en) Golf ball and process for preparing the same
US20030104880A1 (en) Golf ball
US20040225102A1 (en) Golf balls comprising chiral diols or chiral cyclic ethers
US20110053708A1 (en) Golf ball
US20050009640A1 (en) Golf ball
US6096851A (en) Coating material for golf ball and golf ball coated with the same
US20110244989A1 (en) Golf ball
US20040116623A1 (en) Golf ball and golf ball paint
US6943213B2 (en) Polyalkylacrylate compounds for use in golf balls
US20030114246A1 (en) Solid golf ball

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080526

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101028

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101116

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110111

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110830