JP2008142772A - せん断総抜型 - Google Patents

せん断総抜型 Download PDF

Info

Publication number
JP2008142772A
JP2008142772A JP2007288436A JP2007288436A JP2008142772A JP 2008142772 A JP2008142772 A JP 2008142772A JP 2007288436 A JP2007288436 A JP 2007288436A JP 2007288436 A JP2007288436 A JP 2007288436A JP 2008142772 A JP2008142772 A JP 2008142772A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ejector
workpiece
die
upper
mold
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007288436A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5358927B2 (ja
Inventor
Shiro Fujimura
Kohei Ushida
Takuma Watanabe
拓真 渡辺
耕平 牛田
志郎 藤村
Original Assignee
Toyota Boshoku Corp
トヨタ紡織株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2006309092 priority Critical
Priority to JP2006309092 priority
Application filed by Toyota Boshoku Corp, トヨタ紡織株式会社 filed Critical Toyota Boshoku Corp
Priority to JP2007288436A priority patent/JP5358927B2/ja
Publication of JP2008142772A publication Critical patent/JP2008142772A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5358927B2 publication Critical patent/JP5358927B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D28/00Shaping by press-cutting; Perforating
    • B21D28/02Punching blanks or articles with or without obtaining scrap; Notching
    • B21D28/16Shoulder or burr prevention, e.g. fine-blanking
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D45/00Ejecting or stripping-off devices arranged in machines or tools dealt with in this subclass
    • B21D45/003Ejecting or stripping-off devices arranged in machines or tools dealt with in this subclass in punching machines or punching tools
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D45/00Ejecting or stripping-off devices arranged in machines or tools dealt with in this subclass
    • B21D45/02Ejecting devices
    • B21D45/04Ejecting devices interrelated with motion of tool
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D45/00Ejecting or stripping-off devices arranged in machines or tools dealt with in this subclass
    • B21D45/10Combined ejecting and stripping-off devices
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/202With product handling means
    • Y10T83/2092Means to move, guide, or permit free fall or flight of product
    • Y10T83/2096Means to move product out of contact with tool
    • Y10T83/2122By ejector within a hollow cutter
    • Y10T83/2133By resiliently biased ejector

Abstract

【課題】被加工材から打ち抜かれエジェクタ側に保持されているワークの保持を解除するとき、油圧機構を用いることなくワークの保持解除をするせん断総抜型を提供することである。
【解決手段】下型には、被加工材MからワークWを打ち抜くための主パンチ13を備え、上型には、主パンチ13に向けて対向配置されると共に常時附勢されるように第2の弾性部材24を介してエジェクタ23を備えている。また、第2の弾性部材24の附勢力に抗した型締め位置にあるエジェクタ23の上昇位置を一定の期間保持可能なエジェクタブロック42を備えている。そして、上下型の型開に応じて、エジェクタブロック42によるエジェクタ23の保持を解除させる。
【選択図】図1

Description

本発明は、せん断総抜型に関し、詳しくは、下型と上型との間に被加工材を挟み込み加圧しながらせん断を行うせん断総抜型に関する。

この種のプレス機として、例えば、主パンチと該主パンチの回りに配設されたストリッパとを備えた下型と、該主パンチに対して対向配置されたエジェクタと該エジェクタの回りに配設されたダイとを備えた上型との間に被加工材を挟み込み該上下型の型締め動作によって、該主パンチが該被加工材からワークを打ち抜くせん断総抜型が既に知られている。このプレス機で打ち抜かれたワークは、型開き後、上型側に保持された状態となっている。そのため、この保持を解除させるために、油圧機構(例えば、油圧シリンダー)を作動させて、保持されたワークを下方へ落下させている。

なお、この出願の発明に関連する先行技術文献情報としては、例えば、特許文献1が知られている。
特開平6−31695号公報

上述したプレス機では、ワークの生産効率を向上させるため、油圧機構を廃止しメカ機構(モータおよびリンク機構)を用いて実施されることがあった。その場合、メカ機構の高速化によって、ワークの打ち抜き速度を向上させることは可能であった。このとき、エジェクタは常に附勢力を有する附勢部材により主パンチに向けて作用力を受けるため、打ち抜かれたワークは型開きと同時に被加工材側に押し戻され、結果としてワークと被加工材が干渉することとなっていた。すなわち、ワークを打ち抜いたことで被加工材に形成されるワーク孔に、打ち抜かれたワークが、再度、嵌まり込んでしまうこととなっていた。このことを防ぐために、打ち抜かれたワークの保持解除には油圧機構を用いており、この油圧機構が時間的な障害となっていた。そのため、ワークの打ち抜き速度を向上させても、打ち抜かれたワークの保持解除に要する速度を向上させることができないため、結局、ワークの生産効率を向上させることができなかった。

本発明は、このような課題を解決しようとするもので、その目的は、被加工材から打ち抜かれエジェクタ側に保持されているワークの保持を解除するとき、油圧機構を用いることなくワークの保持解除をするせん断総抜型を提供することである。

本発明は、上記の目的を達成するためのものであって、以下のように構成されている。
請求項1に記載の発明は、下型と、この下型と対向配置された上型との間に被加工材を挟み込んでこれら上下型の型閉めを行うことによって、この被加工材からワークを打ち抜くせん断総抜型であって、下型は、下台に対して一体となるように組み付けられた主パンチと、上方に向けて附勢された状態で主パンチにたいして相対移動可能に組み付けられたストリッパとから構成され、上型は、ストリッパに対して対向配置され、且つ、上台に対して一体となるように組み付けられたダイと、主パンチに対して対向配置され、且つ、下方に向けて附勢された状態でダイに対して相対移動可能に組み付けられたエジェクタとから構成され、エジェクタの外周面に形成された凹部に向けて附勢された状態で進退可能に配設されたエジェクタブロックと、このエジェクタブロックがエジェクタの凹部に進出し嵌り込んだとき、エジェクタブロックの後部側を押し当てるバックアップブロックとを備え、上下型の型閉めが行われることによってワークが打ち抜かれると、打ち抜かれたワークがダイに嵌り込み、嵌り込んだワークからの反力によってエジェクタを上昇させ、この上昇によってエジェクタの凹部の高さ位置が、エジェクタブロックの高さ位置に到達すると、エジェクタの凹部にエジェクタブロックが嵌り込むと共に、その嵌り込んだエジェクタブロックの後部側がバックアップブロックによって押し当てられ、この押し当て状態によってエジェクタの上昇状態が保持され、この上昇状態の保持によってダイと打ち抜かれたワークとの間に生じる摩擦力によってダイに嵌り込んだワークが保持され、上下型が型閉め状態から所定量だけ型開きした状態になると、バックアップブロックによるエジェクタブロックの押し当て状態が解除され、この解除によってエジェクタは下降していき、この下降によってダイに保持されたワークを自由落下させると共に、エジェクタブロックをエジェクタの凹部から退行させることを特徴とする。
この構成によれば、被加工材から打ち抜かれエジェクタ側に保持されているワークの保持を解除するとき、油圧機構を用いることなくワークの保持解除を実施できる。また、この保持解除を、下型と上型との型開きごとに確実に実施できる。そのため、ワークの打ち抜きに係る速度を向上させると、必然的にワークの取り出しに係る速度を向上させることになる。したがって、ワークの生産効率を向上させることができる。また、油圧機構を用いることがないため、ワークの製品精度のバラツキ度合いを低減させることができる。

また、請求項2に記載の発明は、上型と、上型と対向配置された下型とによって被加工材を挟み込んだ状態でせん断加工を行い、該被加工材からワークを打ち抜くせん断総抜型であって、前記上型あるいは下型に備えられ、被加工材から所望の形状をなすワークを打ち抜くための主パンチと、対向するもう一方の型に備えられ、前記主パンチに対向配置され、主パンチに向けて常時附勢されるように附勢手段を介して台座に設置されたエジェクタと、前記附勢手段の附勢力に抗した型締め位置にあるエジェクタの位置を一定の期間保持可能な位置保持手段とを備えている。また、前記位置保持手段は、エジェクタの外周面に設けられた凹部に先端が嵌め込み可能な嵌め込み突起と、前記嵌め込み突起をエジェクタ外周面に向けて附勢する嵌め込み突起用附勢手段と、型開き動作により、上型と下型が一定量型開きしたときに、前記嵌め込み突起と前記凹部の嵌め込み状態を解除する解除手段とからなっている。
この構成によれば、請求項1に記載の発明と同様に、被加工材から打ち抜かれエジェクタ側に保持されているワークの保持を解除するとき、油圧機構を用いることなくワークWの保持解除を実施できる。

また、請求項3に記載の発明は、請求項2に記載のせん断総抜型であって、前記解除手段は、前記上型に向けて前記被加工材の長手方向と同方向に前記下型に設けられた一対のアームからなっており、前記両アームの先端は、ガイド溝を有するように略U字形状に形成されており、前記略U字形状の両自由端のうち被加工材側の内面上端には、該ガイド溝の溝幅が狭まるように盛り上がり部が形成されており、前記位置保持手段には、前記両アームのガイド溝内を移動可能な一対のロッドが形成された構成である。
この構成によれば、アームの盛り上がり部によって、位置保持手段の嵌め込み突起がエジェクタの凹部に嵌め込まれた状態が解除されるため、簡便な構成でワークの保持解除を実施できる。

また、請求項4に記載の発明は、請求項1〜3のいずれか1項に記載のせん断総抜型であって、前記上型あるいは下型には、前記エジェクタに内嵌される従パンチが設けられており、前記上型と下型との型締め動作時には、前記従パンチが前記ワークからスクラップを打ち抜く構成である。
この構成によれば、上型と下型との1回の型締めによって、被加工材からワークを打ち抜くと共に打ち抜かれたワークから不要となるスクラップを打ち抜くことができる。

また、請求項5に記載の発明は、主パンチと該主パンチの回りに配設されたストリッパとを備えた下型と、該主パンチに対して対向配置されたエジェクタと該エジェクタの回りに配設されたダイと、を備えた上型との間に被加工材を挟み込み該上下型の型締め動作によって、該主パンチが該被加工材からワークを打ち抜くせん断総抜型であって、前記下型には、前記被加工材の長手方向と同方向に一対のアームが前記上型に向けて設けられており、該両アームの先端はガイド溝を有するように略U字形状に形成されており、該略U字形状の両自由端のうち被加工材側の内面上端には、該ガイド溝の溝幅が狭まるように盛り上がり部が形成されており、前記エジェクタの外周面には凹部が形成されており、前記上型には、前記凹部に嵌め込み可能な嵌め込み突起と前記両アームのガイド溝内を移動可能な一対のロッドとが形成され、且つ前記凹部に向けて水平方向に付勢された押圧体が設けられており、前記上型と下型との型締め動作によって、前記エジェクタは上方位置へと押し込まれていき、この押し込みによって前記エジェクタの凹部の高さ位置が前記押圧体の嵌め込み突起の高さ位置に到達すると、前記押圧体の嵌め込み突起が該エジェクタの凹部に嵌め込まれ、この嵌め込みによって前記エジェクタの押し込み状態が保持され、その後の型開き動作によって、前記押圧体の両ロッドが前記ガイド溝の盛り上がり部に到達すると、前記押圧体の嵌め込み突起が前記エジェクタの凹部に嵌め込まれた状態が解除され、この解除によって前記エジェクタの押し込み状態の保持が解除される構成である。
この構成によれば、上型側に保持されているワークの保持解除動作は、メカ機構(エジェクタ、アーム、押圧体など)のみで実施することができる。そのため、油圧機構を用いることなく簡便な構造でワークの保持解除を実施することができる。また、下型と上型との型開きごとに、上型側に保持されているワークを確実に取り出すことができる。そのため、ワークの打ち抜き工程(プレス工程)の速度を向上させると、必然的にワークの取り出し工程の速度を向上させることになる。したがって、ワークの生産効率を向上させることができる。

また、請求項6に記載の発明は、請求項5に記載のせん断総抜型であって、前記上型には、前記エジェクタに内嵌される従パンチが設けられており、前記上型と下型との型締め動作時には、前記従パンチが前記ワークからスクラップを打ち抜くせん断総抜型。
この構成によれば、上述した請求項4に記載した作用効果と同様の作用効果を得ることができる。

以下、本発明を実施するための最良の形態を、図面を用いて説明する。
(実施例1)
まず、本発明の実施例1を、図1〜7を用いて説明する。図1は、本発明のせん断総抜型の一実施形態(実施例1)を示す縦断面図であり、上型の型開き状態(上死点)を示している。なお、この縦断面図では、長板形状の金属板である被加工材Mが紙面の手前から奥方向に向けて連続して供給されている状態を表している。そして、このプレス機は、複数の公知の工程を経て順送りされる被加工材Mから所望するワークWを打ち抜くものである。

図2は、図1のA−A線断面図である。図3は、上下型に被加工材を挟み込んだ状態を示している。図4は、上型の型閉め状態(下死点)を示している。図5は、上型の型開きの途中状態を示しており、バックアップブロックの鍔がガイドに引っ掛かった状態を示している。図6は、図5に示す状態から、さらに上型を型開きさせ、型開きの僅かに手前状態を示している。図7は、上型の型開き状態を示している。なお、このプレス機は、例えば自動車用シートのリクライニング機構を構成する部材を成形するプレス機である。

はじめに、図1〜2を参照して実施例1のせん断総抜型を説明する。このプレス機は、固定型である下型10と、この下型10と対向配置された可動型である上型20との間に被加工材Mを挟み込んで、これら上下型10、20の型閉めを行うことによって、この被加工材MからワークWの打ち抜きを行っている。以下に、これら下型10と上型20の構成を個別に説明する。

まず、下型10を説明する。下型10は、下台11と、主パンチ13と、ストリッパ15と、ガイド16とから主として構成されている。下台11は、図示しない地面に固定されたベースとなる部材である。主パンチ13は、下台11の上面において、下台11に対して一体となるように組み付けられており、被加工材MからワークWを打ち抜くための部材である。

ストリッパ15は、その上面に形成の凹部15aに被加工材Mを載置するための部材である。このストリッパ15は、下台11の上面において、第1の弾性部材14(例えば、ガススプリング、圧縮ばね等)によって上方に向けて附勢された状態で主パンチ13に対して相対移動可能に組み付けられている。ガイド16は、後述するバックアップブロック50のロッド53の上下動の移動範囲を規制するための部材である。このガイド16は、ガイド溝16aを有する略逆U字状に形成されており、下台11の上面において、ストリッパ15に並設される格好で下台11に対して一体となるように組み付けられている。

次に、上型20を説明する。上型20は、上台21と、従パンチ22と、エジェクタ23と、ダイ25と、エジェクタブロック42と、バックアップブロック50とから主として構成されている。上台21は、図示しない昇降手段によって地面に対して昇降可能に構成されたベースとなる部材である。従パンチ22は、上台21の下面において、上台21に対して一体となるように組み付けられており、打ち抜かれたワークWから、さらに不要部分であるスクラップSを打ち抜くための部材である。

エジェクタ23は、主パンチ13によって被加工材MからワークWを打ち抜くとき、被加工材MのうちワークWに相当する部分を上方から押し当てるための部材である。このエジェクタ23は、上台21の下面において、第2の弾性部材24(例えば、ガススプリング、圧縮ばね等)によって下方に向けて附勢された状態で従パンチ22に対して相対移動可能に組み付けられている。また、エジェクタ23には、その上部の外径が下部の外径より大きくなる段差23bが形成されている。エジェクタ23の外周面のうち、段差23bを境とする上部側の外周面には、凹部23aが形成されている。

ダイ25は、主パンチ13によって被加工材MからワークWを打ち抜くとき、被加工材MのうちワークWの周りに相当する部分を上方から押し当てるための部材である。このダイ25は、上台21の下面において、上台21に対して一体となるように組み付けられている。また、ダイ25には、エジェクタ23の凹部23aと連通する格好となる水平中空部25aと、この水平中空部25aと垂直に交わる鉛直中空部25bが形成されている。

エジェクタブロック42は、ダイ25の水平中空部25aの内部をエジェクタ23の凹部23aに向けて水平移動可能に設けられた部材である。このエジェクタブロック42は、その水平移動方向の前後に前ローラ43と後ローラ44が設けられている。また、エジェクタブロック42は、その前ローラ43の高さ位置とエジェクタ23の凹部23aの高さ位置が一致したときに、その前ローラ43がエジェクタ23の凹部23aに嵌め込まれる格好となるように第3の弾性部材41(例えば、ガススプリング、圧縮ばね等)によって附勢されている。

バックアップブロック50は、ダイ25の鉛直中空部25bの内部を鉛直移動可能に設けられた部材である。バックアップブロック50の上端には、側面視略L字状の切欠51が形成されている。また、バックアップブロック50の上端には、エジェクタブロック42の後部を差し込むためのスリット52が形成されている(図2参照)。これにより、エジェクタブロック42を水平移動させたとき、エジェクタブロック42の後ローラ44をバックアップブロック50の切欠51に嵌め込ませることができる。

一方、バックアップブロック50の下端には、圧縮ばね54を嵌挿したロッド53が一体となるように組み付けられている。このロッド53は、下型10のガイド16のガイド溝16aに差し込まれる格好で組み付けられている。そして、ロッド53の先端には、鍔53aが形成されている。これにより、既に説明したようにロッド53の上下動の移動範囲が規制される格好となるため、結果として上型20の上昇に伴ってバックアップブロック50が上昇していった場合でも、バックアップブロック50の上下動の移動範囲が規制される格好となる。

圧縮ばね54は、その一端がバックアップブロック50の下端に接触するように、且つ、その他端がダイ25の座面25cに接触するようにロッド53に嵌挿されている。これにより、バックアップブロック50は、上方に向けて附勢された状態となっている。

続いて、上述した構成からなるせん断総抜型の動作を説明する。まず、図示しないリフタによって持ち上げられた状態で被加工材Mが送られてくると(図1参照)、下型10に向けて上型20を下降させていく。すると、上型20のうち被加工材Mを望む各部が、被加工材Mに対して接触を開始する。これにより、リフタは下方に押し込まれて被加工材Mはストリッパ15の凹部15aにセットされる(図3参照)。

さらに、上型20を下降させていき、ダイ25および従パンチ22によって被加工材Mを加圧していく。すると、主パンチ13からの反力によって被加工材MからワークWが打ち抜かれる。これと同時に、従パンチ22によって打ち抜かれたワークWからスクラップSが打ち抜かれる。このとき、打ち抜かれたワークWがダイ25に嵌り込み、嵌り込んだワークWからの反力によってエジェクタ23は第2の弾性部材24の附勢力に抗して上昇していく。このとき、ワークWは、ダイ25の内周面と自身(ワークW)の外周面との間に生じる摩擦力によって保持される格好となる。

そして、上昇したエジェクタ23の高さ位置が、エジェクタブロック42の高さ位置に到達すると、第3の弾性部材41の附勢力によって、エジェクタブロック42の前ローラ43はエジェクタ23の凹部23aに嵌り込む。これにより、ダイ25に対するエジェクタ23の上昇状態が保持される格好となる。

このとき、エジェクタブロック42の後ローラ44がバックアップブロック50の切欠51から脱落する格好となる。これにより、圧縮ばね54の附勢力によってバックアップブロック50が上昇する格好となるため、エジェクタブロック42の後ローラ44はバックアップブロック50によって押し当てられた状態となる。そのため、エジェクタ23の凹部23aに嵌り込んだエジェクタブロック42の前ローラ43が抜け出ることを防止することができる。したがって、エジェクタ23の上昇状態が確実に保持される格好となる(図4参照)。

その後、上型20を上昇させていくと、その上昇途中にバックアップブロック50のロッド53の鍔53aがガイド16に引っ掛かり、既に説明したようにバックアップブロック50の上昇が規制される格好となる(図5参照)。このことが、特許請求の範囲に記載の「上下型が型閉め状態から所定量だけ型開きした状態になると」に相当する。これにより、これ以降、さらに、上型20を上昇させていくと、エジェクタブロック42の後ローラ44に対するバックアップブロック50の押し当て状態は解除される格好となる(図6参照)。また、これ以降、さらに、上型20を上昇させていくと、圧縮ばね54は縮んだ状態となっていく。

このように押し当て状態が解除されると、エジェクタ23は第2の弾性部材24の附勢力によって下降していく。すなわち、エジェクタ23は、既に説明したように、第2の弾性部材24の附勢力に抗して上昇していたため、この附勢力によって下降する格好となる。そして、この下降によってダイ25に保持されたワークWは自由落下する。もちろん、自由落下したワークWは、その落下タイミングを見計らって、公知手段である図示しないワーク取り出しシャベルによって回収される。

また、この下降によってエジェクタブロック42は、その前ローラ43がエジェクタ23の凹部23aに嵌り込んだ状態から嵌り込む前の状態へと戻される(図7参照)。このとき、エジェクタブロック42の後ローラ44は、バックアップブロック50の切欠51に嵌り込む格好となる。なお、これらの動作を成し得るために、第2の弾性部材24と第3の弾性部材41の各ばね定数は所定の数値にそれぞれ設定されていることは言うまでもない。

本発明の実施例1に係るせん断総抜型は、上述したように構成されている。この構成によれば、被加工材Mから打ち抜かれエジェクタ23側に保持されているワークWの保持を解除するとき、油圧機構を用いることなくワークWの保持解除を実施できる。また、この保持解除を、下型10と上型20との型開きごとに確実に実施できる。そのため、ワークWの打ち抜きに係る速度を向上させると、必然的にワークWの取り出しに係る速度を向上させることになる。したがって、ワークWの生産効率を向上させることができる。また、油圧機構を用いることがないため、ワークWの製品精度のバラツキ度合いを低減させることができる。

次に、本発明の実施例2を、図8〜12を用いて説明する。この実施例2は、既に説明した実施例1と比較すると、上昇したエジェクタ23の凹部23aに嵌り込んだエジェクタブロック42の保持を第3の弾性部材41によってのみ行う構成である。すなわち、上昇したエジェクタ23の凹部23aに嵌り込んだエジェクタブロック42を押し当てるバックアップブロック50を必要としない構成である。図8は、本発明のせん断総抜型の他の実施形態(実施例2)を示す縦断面図であり、型開き状態(上死点)を表している。

図9は、図8のB−B線断面図であり、ダイ25の記載を省いたものである。図10は、図8の型締め状態(下死点)を表している。図11は、図10の型締め状態から型開きした状態を表している。図12は、図11を、さらに型開きさせた状態を表している。なお、このプレス機は、実施例1と同様に、例えば自動車用シートのリクライニング機構を構成する部材を成形するプレス機である。

はじめに、図8〜9を参照して本発明のせん断総抜型を説明する。
このプレス機は、固定型である下型110と、該下型110に対して昇降可能な上型120との型締めによって被加工材MからワークWを打ち抜く工程(プレス工程)と、その打ち抜き工程によって打ち抜かれ上型120側に保持されたワークWを取り出す工程(払い出し工程)とを備えている。以下に、これら下型110と上型120とを個別に詳述する。

まず、下型110を説明する。下型110は、下台111と、該下台111の上面に配設され、打ち抜くワークの形状をなす下パンチ113と、該下パンチ113の回りに配設されたストリッパ(板押さえ)115とによって構成されている。この下パンチ113は、被加工材MからワークWを打ち抜くパンチであり、特許請求の範囲に記載の主パンチに相当する。なお、ストリッパ115は、弾性部材であるガススプリング114を介して下台111に取り付けられている。これによりストリッパ115は、下パンチ113に対して昇降可能となっている。

また、下台111には、下型110に載置する被加工材Mの長手方向と同方向に、すなわち、図8において、紙面の手前と奥方向に、一対のアーム130、130が上型120に向けて設けられている。この両アーム130の先端は、ガイド溝(図8において、縦方向の溝)131を有するように略U字形状に形成されている。また、この略U字形状の両自由端のうち被加工材M側(図8において、右側)の内面上端には、ガイド溝131の溝幅が狭まるように盛り上がり部132が形成されている。

次に、上型120を説明する。上型120は、上台121と、該上台121の下面に配設され、下パンチ113と略同一形状をなす上パンチ122と、該上パンチ122の回りに配設されたエジェクタ(逆押さえ)123と、該エジェクタ123の回りに配設されたダイ125によって構成されている。この上パンチ122は、下パンチ113によって打ち抜かれるワークWからスクラップSを打ち抜くパンチであり、特許請求の範囲に記載の従パンチに相当する。なお、エジェクタ123は、弾性部材であるガススプリング124を介して上台121に取り付けられている。これによりエジェクタ123は、上パンチ122およびダイ125に対して昇降可能となっている。

エジェクタ123の外周面には、凹部123aが形成されている。この凹部123aと連通するよう、ダイ125の内部には水平方向に中空部143が形成されている。この中空部143内には、凹部123aに向けて移動可能なエジェクタロック(特許請求の範囲に記載の位置保持手段および押圧体に相当)142が設けられている。このエジェクタロック142には、凹部123aに嵌め込み可能な嵌め込み突起142aと下台111に設けられた両アーム130のガイド溝131内を上下に移動可能な一対のロッド142bとが形成されている。また、エジェクタロック142の背面(図8において、左面)は、ダイ125に支持された架台140に取り付けられた圧縮バネ141(特許請求の範囲に記載の嵌め込み突起用附勢手段に相当)によって附勢されている。

この圧縮バネ141によって、中空部143内において、常に、エジェクタロック142は凹部123aに向けて附勢されている。また、これにより、エジェクタロック142の両ロッド142bが両アーム130のガイド溝131内を上下に移動するとき、両ロッド142bは両アーム130における盛り上がり部132が形成されている側(図8において、右側)のガイド溝131内を押し当てられながら移動することになる。

続いて、上述した構成から成るせん断総抜型のプレス工程と払い出し工程とを説明する。まず、プレス工程を説明する。図8に示すように、図示しないリフタによって持ち上げられた状態で被加工材Mが送られてくると、図10に示すように、上型120は下型110に向けて下降していく(型締め動作)。この下降によって、下型110と上型120の被加工材Mを臨む各部が、この被加工材Mに対し接触を開始する。さらに上型120が下降していき、ダイ125および上パンチ122が被加工材Mを加圧していく。

すると、ガススプリング124が押し縮められエジェクタ123が上方へ押し込まれることで、下パンチ113によって被加工材MからワークWが打ち抜かれることになる。このとき、エジェクタ123の凹部123aの高さ位置がエジェクタロック142の嵌め込み突起142aの高さ位置に到達すると、エジェクタロック142の嵌め込み突起142aがエジェクタ123の凹部123aに嵌め込まれる。これにより、エジェクタ123はガススプリング124の弾性力に抗して上方に押し込まれた状態で保持されている。また、このとき、上パンチ122によってワークWから貫通孔Hが打ち抜かれることになる。なお、ワークWにおける貫通孔Hに相当する部材S(スクラップS)は、下パンチ113のパンチ孔112内へと抜き落とされることになる。

このように、上型120と下型110との1回の型締めによって、被加工材MからワークWを打ち抜くことができると共に、打ち抜かれたワークWから不要となるスクラップSを打ち抜くことができる。その後、図11に示すように、上型120が上昇していく(型開き動作)。なお、この上昇動作以降が払い出し工程である。上型120が上昇中、ワークWは上型120側に保持された状態となっている。また、この上昇動作に伴って、エジェクタロック142の両ロッド142bは、既に説明したように、両アーム130のガイド溝131の内面を押し当てられながら上方へ移動していく。

やがて、エジェクタロック142の両ロッド142bがガイド溝131の盛り上がり部132に到達すると、両ロッド142bは圧縮バネ141を押し縮めながらさらに上方へ移動していく(図12参照)。このとき、両ロッド142bは盛り上がり部132によって、エジェクタ123の凹部123aと反対方向へと移動されるため、エジェクタロック142の嵌め込み突起142aがエジェクタ123の凹部123aに嵌め込まれた状態が解除される。そのため、エジェクタ123がガススプリング124の弾性力に抗して上方に押し込まれた保持状態が解除される。したがって、ガススプリング124の復元力によってエジェクタ123は下方へ戻されることになり、この戻りによって上型120側に保持された状態となっていたワークWが下方へ押し出されて落下することになる。そして、ワークWが落下するタイミングを見計らって、公知手段であるワーク取り出しシャベル(図示しない)を動作させて落下中のワークWを取り寄せる。以降、被加工材Mは、リフタによって持ち上げられた状態で順送りされ、図8の状態へと戻される。

本発明の実施例2に係るせん断総抜型は、上述したように構成されている。この構成によれば、実施例1のせん断総抜型と同様の作用効果を得ることができる。また、この構成によれば、実施例1で説明したバックアップブロック50を必要としないため、実施例1と比較すると簡便な構成で実施できる。

また、アーム130の盛り上がり部132によって、エジェクタロック142の嵌め込み突起142aがエジェクタ123の凹部123aに嵌め込まれた状態が解除されるため、簡便な構成でワークWの保持解除を実施できる。また、実施例2で説明したように、打ち抜いたワークWを上型120側に保持させると、保持させたワークWを取り出すとき、ワークWの自重を利用して取り出すことができる。これにより、簡便な構成で打ち抜いたワークWを取り出すことができる。

また、実施例2では、主パンチである下パンチ113を下型110に備え、その下パンチ113に対して対向配置されたエジェクタ123を上型120に備えた構成を例に説明した。しかし、これに限定されるものではなく、主パンチを上型120に備え、その主パンチに対して対向配置されたエジェクタを下型110に備える構成(実施例と上下が逆の構成)であっても構わない。

図1は、本発明のせん断総抜型の一実施形態(実施例1)を示す縦断面図であり、上型の型開き状態(上死点)を示している。 図2は、図1のA−A線断面図である。 図3は、上下型に被加工材を挟み込んだ状態を示している。 図4は、上型の型閉め状態(下死点)を示している。 図5は、上型の型開きの途中状態を示しており、バックアップブロックの鍔がガイドに引っ掛かった状態を示している。 図6は、図5に示す状態から、さらに上型を型開きさせ、型開きの僅かに手前状態を示している。 図7は、上型の型開き状態を示している。 図8は、本発明のせん断総抜型の他の実施形態(実施例2)を示す縦断面図であり、型開き状態(上死点)を表している。 図9は、図8のB−B断面図であり、ダイ25の記載を省いたものである。 図10は、図8の型締め状態(下死点)を表している。 図11は、図10の型締め状態から型開きした状態を表している。 図12は、図11を、さらに型開きさせた状態を表している。

符号の説明

10 下型
13 主パンチ
15 ストリッパ
20 上型
23 エジェクタ
23a 凹部
25 ダイ
50 バックアップブロック
110 下型
113 主パンチ(下パンチ)
115 ストリッパ
120 上型
122 従パンチ(上パンチ)
123 エジェクタ
123a 凹部
125 ダイ
130 アーム
131 ガイド溝
132 盛り上がり部
142 押圧体(エジェクタロック)
142a 嵌め込み突起
142b ロッド
M 被加工材
W ワーク
S スクラップ

Claims (6)

  1. 下型と、この下型と対向配置された上型との間に被加工材を挟み込んでこれら上下型の型閉めを行うことによって、この被加工材からワークを打ち抜くせん断総抜型であって、
    下型は、下台に対して一体となるように組み付けられた主パンチと、上方に向けて附勢された状態で主パンチにたいして相対移動可能に組み付けられたストリッパとから構成され、
    上型は、ストリッパに対して対向配置され、且つ、上台に対して一体となるように組み付けられたダイと、主パンチに対して対向配置され、且つ、下方に向けて附勢された状態でダイに対して相対移動可能に組み付けられたエジェクタとから構成され、
    エジェクタの外周面に形成された凹部に向けて附勢された状態で進退可能に配設されたエジェクタブロックと、このエジェクタブロックがエジェクタの凹部に進出し嵌り込んだとき、エジェクタブロックの後部側を押し当てるバックアップブロックとを備え、
    上下型の型閉めが行われることによってワークが打ち抜かれると、打ち抜かれたワークがダイに嵌り込み、嵌り込んだワークからの反力によってエジェクタを上昇させ、この上昇によってエジェクタの凹部の高さ位置が、エジェクタブロックの高さ位置に到達すると、エジェクタの凹部にエジェクタブロックが嵌り込むと共に、その嵌り込んだエジェクタブロックの後部側がバックアップブロックによって押し当てられ、この押し当て状態によってエジェクタの上昇状態が保持され、この上昇状態の保持によってダイと打ち抜かれたワークとの間に生じる摩擦力によってダイに嵌り込んだワークが保持され、
    上下型が型閉め状態から所定量だけ型開きした状態になると、
    バックアップブロックによるエジェクタブロックの押し当て状態が解除され、この解除によってエジェクタは下降していき、この下降によってダイに保持されたワークを自由落下させると共に、エジェクタブロックをエジェクタの凹部から退行させることを特徴とするせん断総抜型。
  2. 上型と、上型と対向配置された下型とによって被加工材を挟み込んだ状態でせん断加工を行い、該被加工材からワークを打ち抜くせん断総抜型であって、
    前記上型あるいは下型に備えられ、被加工材から所望の形状をなすワークを打ち抜くための主パンチと、
    対向するもう一方の型に備えられ、前記主パンチに対向配置され、主パンチに向けて常時附勢されるように附勢手段を介して台座に設置されたエジェクタと、
    前記附勢手段の附勢力に抗した型締め位置にあるエジェクタの位置を一定の期間保持可能 な位置保持手段と、を備え、
    前記位置保持手段は、
    エジェクタの外周面に設けられた凹部に先端が嵌め込み可能な嵌め込み突起と、
    前記嵌め込み突起をエジェクタ外周面に向けて附勢する嵌め込み突起用附勢手段と、
    型開き動作により、上型と下型が一定量型開きしたときに、前記嵌め込み突起と前記凹部の嵌め込み状態を解除する解除手段とからなるせん断総抜型。
  3. 請求項2に記載のせん断総抜型であって、
    前記解除手段は、
    前記上型に向けて前記被加工材の長手方向と同方向に前記下型に設けられた一対のアームからなっており、
    前記両アームの先端は、
    ガイド溝を有するように略U字形状に形成されており、
    前記略U字形状の両自由端のうち被加工材側の内面上端には、
    該ガイド溝の溝幅が狭まるように盛り上がり部が形成されており、
    前記位置保持手段には、
    前記両アームのガイド溝内を移動可能な一対のロッドが形成されているせん断総抜型。
  4. 請求項1〜3のいずれか1項に記載のせん断総抜型であって、
    前記上型あるいは下型には、前記エジェクタに内嵌される従パンチが設けられており、
    前記上型と下型との型締め動作時には、前記従パンチが前記ワークからスクラップを打ち抜くせん断総抜型。
  5. 主パンチと該主パンチの回りに配設されたストリッパとを備えた下型と、該主パンチに対して対向配置されたエジェクタと該エジェクタの回りに配設されたダイと、を備えた上型との間に被加工材を挟み込み該上下型の型締め動作によって、該主パンチが該被加工材からワークを打ち抜くせん断総抜型であって、
    前記下型には、前記被加工材の長手方向と同方向に一対のアームが前記上型に向けて設けられており、該両アームの先端はガイド溝を有するように略U字形状に形成されており、該略U字形状の両自由端のうち被加工材側の内面上端には、該ガイド溝の溝幅が狭まるように盛り上がり部が形成されており、
    前記エジェクタの外周面には凹部が形成されており、
    前記上型には、前記凹部に嵌め込み可能な嵌め込み突起と前記両アームのガイド溝内を移動可能な一対のロッドとが形成され、且つ前記凹部に向けて水平方向に付勢された押圧体が設けられており、
    前記上型と下型との型締め動作によって、
    前記エジェクタは上方位置へと押し込まれていき、この押し込みによって前記エジェクタの凹部の高さ位置が前記押圧体の嵌め込み突起の高さ位置に到達すると、前記押圧体の嵌め込み突起が該エジェクタの凹部に嵌め込まれ、この嵌め込みによって前記エジェクタの押し込み状態が保持され、
    その後の型開き動作によって、
    前記押圧体の両ロッドが前記ガイド溝の盛り上がり部に到達すると、前記押圧体の嵌め込み突起が前記エジェクタの凹部に嵌め込まれた状態が解除され、この解除によって前記エジェクタの押し込み状態の保持が解除されるせん断総抜型。
  6. 請求項5に記載のせん断総抜型であって、
    前記上型には、前記エジェクタに内嵌される従パンチが設けられており、
    前記上型と下型との型締め動作時には、前記従パンチが前記ワークからスクラップを打ち抜くせん断総抜型。

JP2007288436A 2006-11-15 2007-11-06 せん断総抜型 Active JP5358927B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006309092 2006-11-15
JP2006309092 2006-11-15
JP2007288436A JP5358927B2 (ja) 2006-11-15 2007-11-06 せん断総抜型

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007288436A JP5358927B2 (ja) 2006-11-15 2007-11-06 せん断総抜型
AT07832222T AT539832T (de) 2006-11-15 2007-11-14 Scherstanzwerkzeuganordnungen
US12/514,116 US8215148B2 (en) 2006-11-15 2007-11-14 Shear punching die assemblies
EP20070832222 EP2104579B1 (en) 2006-11-15 2007-11-14 Shear punching die assemblies
CN2007800465524A CN101557889B (zh) 2006-11-15 2007-11-14 冲切模组件
PCT/JP2007/072492 WO2008059989A1 (en) 2006-11-15 2007-11-14 Shear punching die assemblies

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008142772A true JP2008142772A (ja) 2008-06-26
JP5358927B2 JP5358927B2 (ja) 2013-12-04

Family

ID=39166330

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007288436A Active JP5358927B2 (ja) 2006-11-15 2007-11-06 せん断総抜型

Country Status (6)

Country Link
US (1) US8215148B2 (ja)
EP (1) EP2104579B1 (ja)
JP (1) JP5358927B2 (ja)
CN (1) CN101557889B (ja)
AT (1) AT539832T (ja)
WO (1) WO2008059989A1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102010041891A1 (de) 2009-10-02 2011-04-07 Toyota Boshoku Kabushiki Kaisha, Kariya-shi Vorrichtung und Verfahren zum Herstellen eines Werkstücks
CN105382080A (zh) * 2015-12-11 2016-03-09 苏州米达思精密电子有限公司 一种o型补强钢片的加工设备
CN107052136A (zh) * 2017-05-27 2017-08-18 广东福德电子有限公司 一种用于制造垫片的模具

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5464511B2 (ja) * 2009-05-14 2014-04-09 独立行政法人物質・材料研究機構 液体噴射用オリフィスプレートの製造方法
JP5452096B2 (ja) * 2009-06-26 2014-03-26 三菱重工印刷紙工機械株式会社 ロータリダイカッタの打抜き屑除去装置及び刃物取付台
JP5278233B2 (ja) * 2009-07-31 2013-09-04 トヨタ紡織株式会社 転積前の打ち抜き方法
DE102010000578A1 (de) 2010-02-26 2011-09-01 G+R Technology Group Ag Reaktor zur hydrothermalen Karbonisierung von Biomasse und Verfahren zum Betrieb des Reaktors
DE102010000580A1 (de) 2010-02-26 2011-09-01 G+R Technology Group Ag System und Verfahren zur Bereitstellung einer Mischung aus unterschiedlichen Biomassen für eine Anlage zur Gewinnung eines Reaktionsprodukts aus den unterschiedlichen Biomassen
DE102010000576B4 (de) 2010-02-26 2013-06-27 G+R Technology Group Ag Anlage und Verfahren zur hydrothermalen Karbonisierung von Biomasse
CN103480679A (zh) * 2013-08-21 2014-01-01 蚌埠市广瑞机械有限公司 一种自动冲压装置
DE102014000299B3 (de) * 2014-01-15 2015-07-16 Rixen Wolfgang Verfahren zur Erzeugung von Durchgängen in einem metallischen Körper mittels Hochgeschwindigkeitsscherschneiden sowie dessen Verwendung
CN104190782A (zh) * 2014-08-13 2014-12-10 苏州奥林五金有限公司 新型合页冲孔用冲床
CN105499362A (zh) * 2015-12-11 2016-04-20 苏州米达思精密电子有限公司 一种o型补强钢片的制作方法
JP6585501B2 (ja) * 2015-12-28 2019-10-02 株式会社三井ハイテック 金型装置及び打抜き方法
JP2019005762A (ja) * 2017-06-20 2019-01-17 トヨタ紡織株式会社 ワークの製造装置
JP2019005763A (ja) * 2017-06-20 2019-01-17 トヨタ紡織株式会社 ワークの製造装置

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0428425A (en) * 1990-05-23 1992-01-31 Hitachi Cable Ltd Die and press machine for punching
JP2000280033A (ja) * 1999-03-31 2000-10-10 Honda Motor Co Ltd ワークの打ち抜き成形装置
JP2001121220A (ja) * 1999-10-26 2001-05-08 Honda Motor Co Ltd ワークの打ち抜き成形装置
JP2002035857A (ja) * 2000-08-01 2002-02-05 Gooshuu:Kk 打抜き装置

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3889563A (en) * 1973-12-26 1975-06-17 William S Westermann Apparatus for trimming and removing the flashing from phonograph records
US4131042A (en) * 1977-12-27 1978-12-26 Honeywell Information Systems Inc. Apparatus for cutting and removing dry film photoresist from printed wire boards
DE2831775A1 (de) 1978-07-19 1980-01-31 Gillet Kg Heinrich Vorrichtung an stanzmaschinen zum auswerfen von stanzteilen
JP2763144B2 (ja) 1989-07-25 1998-06-11 株式会社東芝 抜型装置
SU1754285A1 (ru) * 1990-04-24 1992-08-15 Челябинский Политехнический Институт Им.Ленинского Комсомола Штамп дл пробивки-вырубки
JP2512851B2 (ja) 1992-07-15 1996-07-03 協栄プリント技研株式会社 プリント基板打抜き用金型
JPH09276953A (ja) * 1996-04-19 1997-10-28 Seiko Precision Kk プレス加工装置
CN2269912Y (zh) * 1996-12-04 1997-12-10 何俊奇 冲床滑块的脱模推出杆的固定装置
US6305209B1 (en) 1999-03-31 2001-10-23 Honda Giken Kogyo Kabushiki Kaisha Workpiece blanking apparatus
JP2002336917A (ja) * 2001-05-16 2002-11-26 Jidosha Denki Kogyo Co Ltd ブランキングプレス装置

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0428425A (en) * 1990-05-23 1992-01-31 Hitachi Cable Ltd Die and press machine for punching
JP2000280033A (ja) * 1999-03-31 2000-10-10 Honda Motor Co Ltd ワークの打ち抜き成形装置
JP2001121220A (ja) * 1999-10-26 2001-05-08 Honda Motor Co Ltd ワークの打ち抜き成形装置
JP2002035857A (ja) * 2000-08-01 2002-02-05 Gooshuu:Kk 打抜き装置

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102010041891A1 (de) 2009-10-02 2011-04-07 Toyota Boshoku Kabushiki Kaisha, Kariya-shi Vorrichtung und Verfahren zum Herstellen eines Werkstücks
JP2011078987A (ja) * 2009-10-02 2011-04-21 Toyota Boshoku Corp ワークの製造装置及び製造方法
DE102010041891B4 (de) * 2009-10-02 2014-05-15 Toyota Boshoku Kabushiki Kaisha Stanzvorrichtung
US9440281B2 (en) 2009-10-02 2016-09-13 Toyota Boshoku Kabushiki Kaisha Device and method for manufacturing work
CN105382080A (zh) * 2015-12-11 2016-03-09 苏州米达思精密电子有限公司 一种o型补强钢片的加工设备
CN107052136A (zh) * 2017-05-27 2017-08-18 广东福德电子有限公司 一种用于制造垫片的模具

Also Published As

Publication number Publication date
CN101557889A (zh) 2009-10-14
US20090301161A1 (en) 2009-12-10
CN101557889B (zh) 2011-10-05
AT539832T (de) 2012-01-15
WO2008059989A1 (en) 2008-05-22
EP2104579A1 (en) 2009-09-30
US8215148B2 (en) 2012-07-10
EP2104579B1 (en) 2012-01-04
JP5358927B2 (ja) 2013-12-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5014069B2 (ja) プレス成形用金型
JP4231886B2 (ja) パイプ材にナットを固着するプレス装置
DE60204545T2 (de) Gleitnocken-Presswerkzeug
US6128987A (en) Hydraulic press for forming metal plates
US7596983B2 (en) Press brake clamp incorporating tool-seating mechanism
CN1327984C (zh) 一种冲压复合模具
JP4279532B2 (ja) 成形製品の加工方法に使用する金型装置及び下金型
JP5180749B2 (ja) トリミング装置およびトリミング方法
JP2000051967A (ja) パンチホルダ装置
CN101557889B (zh) 冲切模组件
BRPI1006745B1 (pt) equipamento de prensa para recorte e elevação de uma mesma borda de chapa metálica em uma única operação e método utilizando o referido equipamento
JP6211755B2 (ja) 板材の加工装置、押圧金型および金型設置体
US7793530B2 (en) Durable enlarged forming tool technology
EP2303488B1 (de) Verfahren und vorrichtung zum herstellen von feinschneidteilen aus einem materialstreifen
JP4517586B2 (ja) ダブルカム装置
JP4781380B2 (ja) プレス加工装置及びプレス加工方法
EP1763413B1 (de) Verfahren und vorrichtung zum herstellen von stanzteilen
JP2005262263A (ja) 孔明け装置
US20080098789A1 (en) Draw Forming Method and Device
CN104368681A (zh) 斜楔机构
JP3964221B2 (ja) 複合加工プレス型
KR20100006470A (ko) 복합 프레스금형장치
US4257292A (en) Piercing units
US20120312068A1 (en) Stamping tool
DE112007002428T5 (de) Pressbearbeitungsverfahren und Pressbearbeitungsvorrichtung

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100517

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120501

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120629

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121225

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130218

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130806

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130819

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5358927

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250