JP2008140782A5 - - Google Patents

Download PDF

Info

Publication number
JP2008140782A5
JP2008140782A5 JP2007313017A JP2007313017A JP2008140782A5 JP 2008140782 A5 JP2008140782 A5 JP 2008140782A5 JP 2007313017 A JP2007313017 A JP 2007313017A JP 2007313017 A JP2007313017 A JP 2007313017A JP 2008140782 A5 JP2008140782 A5 JP 2008140782A5
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
thin film
liquid crystal
crystal display
guide plate
film layer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007313017A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008140782A (ja
Filing date
Publication date
Priority to KR1020060121533A priority Critical patent/KR101343106B1/ko
Application filed filed Critical
Publication of JP2008140782A publication Critical patent/JP2008140782A/ja
Publication of JP2008140782A5 publication Critical patent/JP2008140782A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Claims (13)

  1. 液晶表示パネルと、
    前記液晶表示パネルに光を供給するN個の光源と、
    前記光源から生成された光を液晶表示パネルにガイドする2つ以上の薄膜層から形成された導光板と、
    前記液晶表示パネルの背面上に順次に積層されるシートと、
    前記液晶表示パネル、光源、導光板、及びシートを収納するボトムシャーシと、
    前記液晶表示パネルの端部位を取り囲み、前記ボトムシャーシの側面をカバーするトップシャーシと、
    を備え、
    前記2つ以上の薄膜層から形成された導光板は、光学フィルムで形成された第1薄膜層と、ドットパターンを有し該第1薄膜層上に形成された第2薄膜層とから形成されることを特徴とする液晶表示装置。
  2. 前記N個の光源と向き合う導光板入光部は、V字形態、のこぎりまたは三角形態のプリズムパターンを含むことを特徴とする請求項1記載の液晶表示装置。
  3. 前記プリズムパターンの長さは、次の数式によって形成され、
    Figure 2008140782
    (ここで、PLは前記導光板入光部に対するプリズムパターンの長さの割合、NはLEDランプの個数である。)
    前記プリズムパターンは、前記N個の光源と向き合う領域と、前記N個の光源が互いに離隔された距離と向き合う領域に形成されることを特徴とする請求項2記載の液晶表示装置。
  4. 前記第2薄膜層は、紫外線硬貨用樹脂層で形成されることを特徴とする請求項1記載の液晶表示装置。
  5. 前記導光板は、20μm〜600μmの厚さで形成されることを特徴とする請求項1記載の液晶表示装置。
  6. 前記第2薄膜層のドットパターンは、光源から遠くなるほどドットの直径が漸次大きくなることを特徴とする請求項1記載の液晶表示装置。
  7. 前記第2薄膜層のドットパターンは、20μm〜200μmの範囲の直径で形成され、前記ドットパターン間の離隔距離は100μm〜120μmの範囲で形成されることを特徴とする請求項1記載の液晶表示装置。
  8. 第1ローラーベースに巻かれている第1薄膜層を用意する段階と、
    前記第1薄膜層上に紫外線硬化用樹脂を塗布する段階と、
    前記紫外線硬化用樹脂上部に溝と突出部を有する回転型モールドが加圧する段階と、
    前記紫外線硬化用樹脂上部に回転型モールドが接触しながら溝と対応する領域にドットパターンを有する第2薄膜層を形成する段階と、
    前記ドットパターンが形成された第2薄膜層を硬化する段階と、
    前記第1及び第2薄膜層から形成された導光板を第2ローラーベースに巻く段階と、
    を有することを特徴とする導光板の製造方法。
  9. 前記第1薄膜層は、ポリカボネートPC、ポリエチレンテレフタレート(Polyethylene Terephtalate:PET)の光学材質から形成されることを特徴とする請求項8記載の導光板の製造方法。
  10. 前記第2薄膜層のドットパターンは、20μm〜200μmの範囲の直径で形成されることを特徴とする請求項8記載の導光板の製造方法。
  11. 前記ドットパターン間の離隔距離は、100μm〜120μmの範囲で形成されることを特徴とする請求項10記載の導光板の製造方法。
  12. 前記導光板は、20μm〜600μmの厚さで形成されることを特徴とする請求項8記載の導光板の製造方法。
  13. 前記第2薄膜層のドットパターンは、大きさの異なる溝を有する回転型モールドを使用することで円の大きさが漸次大きくなるドットパターンで形成されることを特徴とする請求項8記載の導光板の製造方法。
JP2007313017A 2006-12-04 2007-12-04 バックライトアセンブリ、液晶表示装置及び導光板の製造方法 Pending JP2008140782A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR1020060121533A KR101343106B1 (ko) 2006-12-04 2006-12-04 백라이트 어셈블리, 액정 표시 장치 및 도광판의 제조 방법

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008140782A JP2008140782A (ja) 2008-06-19
JP2008140782A5 true JP2008140782A5 (ja) 2011-01-27

Family

ID=39475287

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007313017A Pending JP2008140782A (ja) 2006-12-04 2007-12-04 バックライトアセンブリ、液晶表示装置及び導光板の製造方法

Country Status (4)

Country Link
US (1) US7986383B2 (ja)
JP (1) JP2008140782A (ja)
KR (1) KR101343106B1 (ja)
CN (1) CN101241264B (ja)

Families Citing this family (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101597335B1 (ko) * 2008-11-17 2016-02-24 삼성디스플레이 주식회사 가요성 도광필름을 이용하는 백라이트 어셈블리 및 이를 포함하는 액정표시모듈
JP5437652B2 (ja) * 2009-01-30 2014-03-12 恵和株式会社 導光シート及びこれを用いたバックライトユニット
KR101006839B1 (ko) * 2009-04-09 2011-01-12 (주)케이제이 프리테크 백라이트유니트용 라이트 가이드의 제조방법
KR101285635B1 (ko) * 2009-07-30 2013-07-12 엘지디스플레이 주식회사 도광판 및 이를 포함하는 액정표시장치
KR101698754B1 (ko) * 2009-10-19 2017-01-24 삼성디스플레이 주식회사 백라이트 어셈블리 및 그를 포함하는 액정 표시 장치
US20110242850A1 (en) * 2010-04-06 2011-10-06 Skc Haas Display Films Co., Ltd. Double-sided light guide plate manufactured with micro-patterned carrier
US20110242847A1 (en) * 2010-04-06 2011-10-06 Skc Haas Display Films Co., Ltd. Laminated double-sided light guide plate
US20110242848A1 (en) * 2010-04-06 2011-10-06 SKC Haas Display Film Co., Ltd. Printed double-sided light guide plate
CN102279431A (zh) * 2010-06-11 2011-12-14 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司 导光膜制作装置及导光膜制作方法
TWI430879B (zh) * 2010-08-16 2014-03-21 Briview Corp 導光板及其製作方法
KR101034313B1 (ko) 2010-11-29 2011-05-16 도레이첨단소재 주식회사 면광원장치용 도광판 및 이를 이용한 백라이트 유닛
KR101034312B1 (ko) * 2010-11-29 2011-05-16 도레이첨단소재 주식회사 면광원장치용 도광판 및 이를 이용한 백라이트 유닛
JP5498448B2 (ja) * 2011-07-21 2014-05-21 株式会社東芝 インプリント方法及びインプリントシステム
CN102495469B (zh) * 2011-12-14 2014-03-26 深圳市华星光电技术有限公司 背光模块的导光板的选取方法
US20140055717A1 (en) * 2012-08-24 2014-02-27 Apple Inc. Systems and Methods for Preventing Light Guide Plate Scratching Artifacts
JP6157827B2 (ja) * 2012-09-28 2017-07-05 恵和株式会社 導光シート、エッジライト型バックライトユニット及びラップトップコンピュータ
KR101408688B1 (ko) * 2012-12-05 2014-06-17 엘지디스플레이 주식회사 액정표시장치
EP2853806B1 (de) * 2013-09-30 2020-11-25 WEIDPLAS GmbH Lichtleiter
CN104678467A (zh) * 2013-11-29 2015-06-03 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司 反射膜制造方法及其制造设备
CN104570195A (zh) * 2014-12-31 2015-04-29 深圳市华星光电技术有限公司 一种导光板、液晶显示器背光模组及导光板制造装置
KR101929633B1 (ko) * 2016-12-28 2018-12-14 성주용 연꽃잎이 부착된 연등
CN110958960A (zh) 2017-07-21 2020-04-03 魏德塑料有限责任公司 用于车辆的构件

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000147218A (ja) * 1998-11-06 2000-05-26 Hitachi Chem Co Ltd 面状発光体及び面状発光体ユニット
JP4651787B2 (ja) * 2000-07-31 2011-03-16 日亜化学工業株式会社 発光装置
KR100425511B1 (ko) 2000-08-23 2004-03-30 양근창 평판조명장치용 도광판 제조 장치 및 방법
KR100799156B1 (ko) * 2001-07-13 2008-01-29 삼성전자주식회사 도광판, 이의 제조 방법, 이를 이용한 액정표시장치
JP2003331628A (ja) 2002-03-05 2003-11-21 Seiko Epson Corp 照明装置、液晶装置及び電子機器
JP4172008B2 (ja) * 2002-03-27 2008-10-29 三菱電機株式会社 面光源装置
JP3923867B2 (ja) * 2002-07-26 2007-06-06 株式会社アドバンスト・ディスプレイ 面状光源装置及びそれを用いた液晶表示装置
JP2004151346A (ja) * 2002-10-30 2004-05-27 Alps Electric Co Ltd 照明装置及び液晶表示装置と拡散性シートの製造方法
JP4436105B2 (ja) * 2002-11-29 2010-03-24 富士通株式会社 リフレクタ及び照明装置及び導光板及び表示装置
KR100756368B1 (ko) * 2002-12-05 2007-09-10 삼성전자주식회사 백 라이트 어셈블리 및 이를 갖는 액정표시장치
KR100499140B1 (ko) 2003-01-07 2005-07-04 삼성전자주식회사 백라이트 유닛
CN1553226A (zh) 2003-06-04 2004-12-08 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司 背光模组及其导光板
JP2005062541A (ja) * 2003-08-14 2005-03-10 Alps Electric Co Ltd 光学部材及びその製造方法並びに面発光装置及び液晶表示装置
JP2005135760A (ja) * 2003-10-30 2005-05-26 Seiko Instruments Inc 面光源装置およびこれを用いた表示装置
JP2005158427A (ja) * 2003-11-25 2005-06-16 Yuka Denshi Co Ltd 面光源装置及びそれを用いた表示装置
KR100736074B1 (ko) 2005-03-03 2007-07-06 태산엘시디 주식회사 자외선 경화방법을 이용한 도광판 제조방법
CN101180172A (zh) 2005-03-16 2008-05-14 富士胶片株式会社 制备树脂片的方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2008140782A5 (ja)
JP6567969B2 (ja) 三次元複雑多層構造物及びその製造方法
US9776360B2 (en) Transfer printing apparatus and manufacturing method of light guiding film
JP2008140782A (ja) バックライトアセンブリ、液晶表示装置及び導光板の製造方法
US8323537B2 (en) Method of manufacturing all-in-one type light guide plate
JP2011512630A5 (ja)
US20130286687A1 (en) Light guide with a printed film
TW201202768A (en) Double sided light guide plate manufactured with patterned rollers
US20090213570A1 (en) Backlight unit
KR101161275B1 (ko) 백라이트 유닛 및 제조방법
JP2015167152A (ja) インプリント方法、及びインプリント装置
KR20080037812A (ko) 광학판의 제조장치 및 이의 제조방법
JP2009043471A (ja) 導光板及び面状ライトユニット並びに表示装置
US20130032958A1 (en) Apparatus and method of manufacturing light guide plate
KR101202960B1 (ko) 도광판과 그 제조방법 및 그를 이용한 백라이트 유닛
JP2022504767A (ja) 調整可能な高い寸法安定性を有するフレキシブルスタンプ
TW201208861A (en) Light guide plate and manufacturing method thereof
JP2013097954A (ja) 導光板およびその製造方法
JP2011013430A (ja) プリズムシートおよび該プリズムシートを用いた面光源装置
JP5111474B2 (ja) 光導波路基材の製造方法およびそれによって得られた光導波路基材を用いた光導波路の製造方法
CN102890305B (zh) 导光板的制作方法
KR101770260B1 (ko) 단차가 형성된 도광판 제조용 롤러 및 이를 이용한 도광판 제조 방법
JP6668911B2 (ja) 光学部材の製造方法
KR101159686B1 (ko) 일체형 도광판 및 그 제조 방법
US20140322439A1 (en) Apparatus and method for manufacturing optical compound film

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101202

A621 Written request for application examination

Effective date: 20101202

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111129

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120726

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120807

A521 Written amendment

Effective date: 20121107

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20121213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130319

A521 Written amendment

Effective date: 20130619

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A02 Decision of refusal

Effective date: 20130924

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02