JP2008135031A - Disk array device and control method therefor - Google Patents

Disk array device and control method therefor Download PDF

Info

Publication number
JP2008135031A
JP2008135031A JP2007304175A JP2007304175A JP2008135031A JP 2008135031 A JP2008135031 A JP 2008135031A JP 2007304175 A JP2007304175 A JP 2007304175A JP 2007304175 A JP2007304175 A JP 2007304175A JP 2008135031 A JP2008135031 A JP 2008135031A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
disk
controller
communication
disk array
disk drive
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2007304175A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Akihisa Hirasawa
Katsuki Suzuki
昭久 平沢
勝喜 鈴木
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP2007304175A priority Critical patent/JP2008135031A/en
Publication of JP2008135031A publication Critical patent/JP2008135031A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To freely combine disks for flexibly constructing a disk array device. <P>SOLUTION: The disk array device comprises a controller, which has a communication control part receiving a data input/output request, a disk controller part controlling a disk drive, and a cache memory temporarily storing data transferring between the communication control part and the disk controller part, and a component communicatively connecting a plurality of disk drives, which respectively have different communication interfaces for communicating with the disk controller part, to the single disk controller part. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、ディスクアレイ装置及びディスクアレイ装置の制御方法に関する。 The present invention relates to a control method for a disk array device and disk array device.

近年コンピュータシステムで取り扱われるデータ量が急激に増加している。 The amount of data to be handled in recent years computer systems has increased rapidly. このようなデータを管理するためのディスクアレイ装置として、最近ではミッドレンジクラスやエンタープライズクラスと呼ばれるような、巨大な記憶資源を提供するRAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)方式で管理されたディスクアレイ装置にファイルシステムを結合させた、大規模なディスクアレイ装置が注目されている。 As a disk array apparatus for managing such data, midrange and as called enterprise-class, RAID to provide huge storage resource (Redundant Arrays of Inexpensive Disks) disk array device managed by the method recently was bound, large-scale disk array device has been attracting attention the file system to. また、かかる膨大なデータを効率よく利用し管理するために、ディスクアレイ装置と情報処理装置とを専用のネットワーク(Storage Area Network、以下SANと記す)で接続し、ディスクアレイ装置への高速かつ大量なアクセスを実現する技術が開発されている。 Further, in order to manage and efficient use of such huge data, connects the disk array device and the information processing device with a dedicated network (Storage Area Network, referred to as SAN hereinafter), high speed and large amounts of the disk array device access to implementing the techniques have been developed such.
特開平9−330184号公報 JP-9-330184 discloses

ところで、従来のディスクアレイ装置において、1つのディスクコントローラ部には、特定の種類の通信インターフェースを有するディスクドライブのみを接続するのが一般的であった。 Incidentally, in the conventional disk array apparatus, the one disk controller, is to connect only a disk drive having a particular type of communication interface was common. しかしながら、近年、市場には、通信インターフェース、アクセス速度、記憶容量などの仕様、価格、等が異なる様々なディスクドライブが存在し、運用されるシステムの性質や投資コスト的な観点から、これらを自由に組み合わせてディスクアレイ装置を柔軟に構成したいというユーザニーズが高まってきている。 However, in recent years, the market, a communication interface, access speed, specifications such as memory capacity, price, and the like exist a variety of different disk drive, the nature and investment cost standpoint of system operated free of these there is a growing user needs for flexibility in configuring the disk array device in combination. 一方でこのような自由な組み合わせを許容しつつ、既存のディスクアレイ装置の構成変更を最小限に抑えて、既存のディスクアレイ装置をできるだけ有効に利用したいというニーズもある。 On the other hand while allowing such a free combination, it is to minimize the structure change of an existing disk array device, also needs for utilizing an existing disk array apparatus as effectively as possible.

本発明はこのような事情に鑑みてなされたもので、これらのニーズに対応することができるディスクアレイ装置、及びディスクアレイ装置の制御方法を提供することを主たる目的とする。 The present invention has been made in view of such circumstances, the disk array apparatus can cope with these needs, and a main object thereof is to provide a control method for a disk array device.

上記目的を達成するための本発明の主たる発明であるディスクアレイ装置は、データの入出力要求を受け付ける通信制御部と、ディスクドライブを制御するディスクコントローラ部と、前記通信制御部と前記ディスクコントローラ部との間で授受するデータを一時的に記憶するキャッシュメモリとを有するコントローラと、 The disk array device which is a main aspect of the present invention for achieving the above object, a communication control unit which receives the output request of the data, the disk controller for controlling the disk drive and the and the communication control unit disk controllers a controller having a cache memory for temporarily storing data to be exchanged between the,
1つの前記ディスクコントローラ部に当該ディスクコントローラ部との間で通信を行うための通信インターフェースが異なる複数のディスクドライブが通信可能に接続する構成と、 Configuration and one of the communication interfaces different disk drives for communication between the disk controller to the disk controller unit is communicatively connected to,
を含むことを特徴とする。 Characterized in that it comprises a.

ここで、ディスクコントローラは、後述するように、少なくとも通信インターフェースが異なる複数のディスクドライブの動作の制御やディスクドライブの状態監視などを行う機能を有する。 Here, the disk controller, as described later, has a function of such at least of the operation of the communication interface different disk drive controller and disk drive status monitoring. 通信インターフェースとは、例えば、FC−AL(Fibre Channel Arbitrated Loop)インターフェース、シリアルATAインターフェース、SCSI1(Small Computer System Interface 1)インターフェース、SCSI2インターフェース、SCSI3インターフェース、ATA(AT Attachment)インターフェースなどである。 A communication interface, for example, FC-AL (Fibre Channel Arbitrated Loop) interface, a serial ATA interface, SCSI1 (Small Computer System Interface 1) interface, SCSI2 interface, and the like SCSI3 interface, ATA (AT Attachment) interface.

このように、本発明のディスクアレイ装置においては、1つのディスクコントローラに、通信インターフェース、アクセス速度、記憶容量などの仕様、価格、等が異なる様々なディスクドライブを自由に組み合わせて構成することができ、既存のディスクアレイ装置の構成変更を最小限に抑えて有効に運用することが可能となる。 Thus, in the disk array system of the present invention, one disk controller, a communication interface, access speed, specifications such as memory capacity, price, etc. can be constructed by freely combining a variety of different disk drives , it is possible to operate effectively with minimal configuration changes existing disk array device.

その他、本願が開示する課題、及びその解決方法は、発明の実施の形態の欄、及び図面により明らかにされる。 Other, the problem disclosed in this application and its solution is column embodiment of the invention, and will become apparent from the drawings.

本発明によれば、1つのディスクコントローラに、通信インターフェース、アクセス速度、記憶容量などの仕様、価格、等が異なる様々なディスクドライブを自由に組み合わせて構成することができ、既存のディスクアレイ装置の構成変更を最小限に抑えて有効に運用することが可能なディスクアレイ装置及びディスクアレイ装置の制御方法を提供することができる。 According to the present invention, one disk controller, a communication interface, access speed, specifications such as memory capacity, price, etc. can be constructed by freely combining a variety of different disk drive, the existing disk array device configuration changes it is possible to provide a control method for effectively disk array apparatus capable of operating and the disk array device with minimal.

以下、本発明の実施の形態について図面を用いて詳細に説明する。 It will be described in detail with reference to the drawings, embodiments of the present invention.

===装置構成=== === device configuration ===
図1(a)は本発明の一実施例として説明するディスクアレイ装置10の正面図であり、図1(b)はディスクアレイ装置10の背面図である。 1 (a) is a front view of the disk array device 10 described as an embodiment of the present invention, FIG. 1 (b) is a rear view of the disk array device 10. 図2(a)は、ディスクアレイ装置10に装着される基本筐体20を正面側から見た斜視図であり、図2(b)は基本筐体20を背面側から見た斜視図である。 2 (a) is a perspective view from the front side of the basic chassis 20 which is mounted on the disk array device 10, FIG. 2 (b) is a perspective view of the basic chassis 20 from the back side . 図3(a)は、ディスクアレイ装置10に装着される増設筐体30を正面側から見た斜視図であり、図3(b)は増設筐体30を背面側から見た斜視図である。 3 (a) is a perspective view of the additional casing 30 which is mounted on the disk array device 10 from the front side, FIG. 3 (b) is a perspective view of the additional enclosure 30 from the rear side .

図1(a),(b)に示すように、ディスクアレイ装置10は、ラックフレーム11をベースとして構成される。 FIG. 1 (a), (b), the disk array device 10 is configured to rack frame 11 as a base. ラックフレーム11の内側左右側面の上下方向には、複数段にわたって前後方向にマウントフレーム12が形成され、このマウントフレーム12に沿って基本筐体20および増設筐体30が引き出し式に装着される。 The vertical inner lateral side of the rack frame 11, the mount frame 12 in the longitudinal direction over a plurality stages are formed, the base housing 20 and the additional casing 30 along the mount frame 12 is attached to the pull-out. 図2(a),(b)に示すように、基本筐体20および増設筐体30には、ディスクアレイ装置10の各種機能を提供するボードやユニットが装着されている。 FIG. 2 (a), the (b), the the basic chassis 20 and additional casing 30, board or unit providing various functions of the disk array apparatus 10 is mounted.

図2(a)に示すように、基本筐体20の正面上段側には、ディスクドライブ51が装填された複数のディスクドライブユニット52が並べて装着されている。 As shown in FIG. 2 (a), on the front upper side of the basic chassis 20 is mounted a plurality of disk drive units 52 drive 51 is loaded is side by side. 本実施の形態において、ディスクアレイ装置10は、通信インターフェースが異なる複数のディスクドライブ51を備えている。 In this embodiment, the disk array device 10 has a communication interface is provided with a plurality of different disk drives 51. ディスクドライブ51は、例えば、FC−AL規格、SCSI1(Small Computer System Interface 1)規格、SCSI2規格、SCSI3規格、ATA(AT Attachment)規格、シリアルATA(Serial ATA:SATA)規格などの通信機能を提供する通信インターフェースを有するディスクドライブである。 Disk drive 51 is, for example, FC-AL standard, SCSI1 (Small Computer System Interface 1) standard, SCSI2 standards, SCSI3 standards, ATA (AT Attachment) standard, Serial ATA: providing a communication function, such as (Serial ATA SATA) standard a disk drive having a communication interface to.

また、基本筐体20の正面下段側には、バッテリーユニット53、ディスクドライブ51の稼働状態などが表示される表示パネル54、フレキシブルディスクドライブ55が装着されている。 Further, on the front lower side of the basic chassis 20, the battery unit 53, the display panel 54, such as operation status of the disk drive 51 is displayed, a flexible disk drive 55 is mounted. バッテリーユニット53には二次電池が内蔵されている。 Secondary battery is incorporated in the battery unit 53. バッテリーユニット53は、停電などによりAC/DC電源57からの電力供給が途絶えた場合に、ボードやユニットに電力を供給するバックアップ電源として機能する。 Battery unit 53, when the power supply from the AC / DC power supply 57 is interrupted by a power failure, which functions as a backup power source for supplying power to the board or unit. 表示パネル54には、ディスクドライブ51の稼働状態などを表示するLEDランプなどの表示デバイスが設けられている。 On the display panel 54 includes a display device such as an LED lamp for displaying the operating state of the disk drive 51 is provided. フレキシブルディスクドライブ55は、メンテナンス用プログラムをロードする場合などに用いられる。 Flexible disk drive 55 is used for example, to load the maintenance program.

図2(b)に示すように、基本筐体20の背面上段側の両側面側には、1枚ずつ電源コントローラボード56が装着されている。 As shown in FIG. 2 (b), on both side surfaces of the rear upper side of the basic chassis 20, one by one power controller board 56 is mounted. 電源コントローラボード56は、複数のディスクドライブ51と通信可能に接続されている。 Power controller board 56 is communicably connected to a plurality of disk drives 51. 電源コントローラボード56と複数のディスクドライブ51は、ループ状の通信経路、例えば、FC−ALの方式(トポロジー)で通信を行う通信経路によって通信可能に接続されている。 Power controller board 56 and a plurality of disk drives 51, looped communication path, for example, it is communicatively connected by a communication path that communicates in the manner of FC-AL (topology).

電源コントローラボード56は、ディスクドライブ51間に形成されるFC−AL150の制御を行うPBC(Port Bypass Circuit)160、AC/DC電源57の状態監視やディスクドライブ51の状態監視、ディスクドライブ51の電源供給の制御、冷却装置の冷却能力の制御、表示パネル54上の表示デバイスの制御、筐体各部の温度監視などを行う回路が実装されている。 Power controller board 56, state monitoring of the PBC for controlling the FC-AL150 formed between the disk drive 51 (Port Bypass Circuit) 160, AC / DC condition monitoring and disk drives 51 of the power supply 57, power of the disk drive 51 control of the supply, control of the cooling capacity of the cooling device, the control of the display device on the display panel 54, the circuit for performing such temperature monitoring of the housing each section is mounted. なお、冷却装置は、ディスクアレイ装置10内や筐体20,30内を冷却する装置であり、例えば、インタークーラー、ヒートシンク、空冷式の冷却ファンなどである。 The cooling device is a device for cooling the disk array device and the housing in the 20 and 30 10, for example, is an intercooler, the heat sink, such as air-cooled cooling fan.

電源コントローラボード56にはファイバチャネルケーブルのコネクタ67が設けられ、このコネクタにはFC−AL150の経路の一部となるファイバチャネルケーブル91が接続される。 Connector 67 Fiber Channel cable is provided in the power controller board 56, a fiber channel cable 91 that is part of the path of the FC-AL150 is connected to this connector. なお、FC−AL150の詳細については、例えば、「ファイバチャネル技術解説書(ファイバチャネル技術協会編)(論創社)」、特開2001−167040号公報、特開2001−337868号公報、特開2001−222385号公報などに記載されている。 The details of the FC-AL150, for example, "Fiber Channel Technical Overview (Fiber Channel Technology Society) (RonSosha)", JP 2001-167040, JP 2001-337868, JP It is described in, 2001-222385 JP.

図2(b)に示すように、基本筐体20の背面上段側の前記2枚の電源コントローラボード56に挟まれた空間には、AC/DC電源57が2台並べて装着されている。 As shown in FIG. 2 (b), the sandwiched by spaces the two power controller board 56 on the rear upper side of the basic chassis 20 is mounted AC / DC power supply 57 are two side by side. AC/DC電源57は、ディスクドライブ51、ボード、ユニットなどに電源を供給する。 AC / DC power supply 57 supplies the disk drive 51, the board, the power supply to such unit. AC/DC電源57は、電源コントローラボード56と接続されており、電源コントローラボード56からの信号により各ディスクドライブ51に電源を供給できるように設定されている。 AC / DC power supply 57 is connected to the power controller board 56, it is set so as to supply power to the respective disk drives 51 by a signal from the power controller board 56.

なお、本実施の形態においては、各筐体20,30の電源供給に関するセキュリティを確保するために、基本筐体20および増設筐体30に電源コントローラボード56とAC/DC電源57とを各2台ずつ冗長に装着させることとしているが、電源コントローラボード56とAC/DC電源57とを各1台ずつ装着させることとしてもよい。 In the present embodiment, in order to ensure security related to the power supply of each of the enclosures 20 and 30, the base chassis 20 and the additional casing 30 to the power supply controller board 56 and the AC / DC power supply 57 and each 2 While the possible to stand by redundant mounted, and a power controller board 56 and the AC / DC power supply 57 may be mounted one each.
AC/DC電源57には、AC/DC電源57の出力をオン・オフするためのブレーカスイッチ64が設けられている。 The AC / DC power supply 57, a breaker switch 64 for turning on and off the output of the AC / DC power supply 57 is provided.

図2(b)に示すように、AC/DC電源57の下方には、2台の空冷式の冷却ファンユニット58が並べて装着されている。 As shown in FIG. 2 (b), below the AC / DC power supply 57, the cooling fan unit 58 of the two air-cooled are side by side are mounted. 冷却ファンユニット58には、1台以上の冷却ファン66が実装されている。 The cooling fan unit 58, one or more cooling fans 66 are mounted. 冷却ファン66は、筐体内に空気を流入・流出させることでディスクドライブ51やAC/DC電源57などから発生する熱を筐体外部に排出する。 Cooling fan 66 discharges heat generated from such as a disk drive 51 and the AC / DC power supply 57 by causing inflow and outflow of air into the housing to the outside of the housing. なお、基本筐体20や増設筐体30、およびこれらに装着されているボードやユニットには、筐体20,30内に空気を循環させる通気路や通気口が形成され、冷却ファン66により筐体20内の熱が外部に効率よく排出される仕組みになっている。 Note that the board or unit mounted the base chassis 20 and additional casing 30, and to, the vent passage or vent circulating air in the housing 20, 30 is formed, the housing by the cooling fan 66 heat in the body 20 has a mechanism to be efficiently discharged to the outside. 冷却ファン66は、ディスクドライブ51ごとに設けることとしてもよいが、チップやユニットの数を削減できることから筐体ごとに大きな冷却ファン66を設けることが好ましい。 Cooling fan 66 may be provided for each disk drive 51, it is preferable to provide a large cooling fan 66 for each housing because it can reduce the number of chips or units.

冷却ファンユニット58は、コントローラボード59もしくは電源コントローラボード56と制御ライン48で接続されており、冷却ファンユニット58の冷却ファン66の回転数は、この制御ライン48を通じてコントローラボード59もしくは電源コントローラボード56により制御される。 Cooling fan unit 58 is connected to the controller board 59 or power controller board 56 and the control line 48, cooling the rotation speed of the cooling fan 66 of the fan unit 58, the controller board 59 or power controller board 56 through the control line 48 It is controlled by.

図2(b)に示すように、基本筐体20の背面下段側には、1枚のコントローラボード59が装着されている。 As shown in FIG. 2 (b), on the rear lower side of the basic chassis 20, one controller board 59 is mounted. コントローラボード59には、基本筐体20および増設筐体30に装着されているディスクドライブ51との間の通信インターフェースと、ディスクドライブ51の動作の制御(例えば、RAID方式による制御)やディスクドライブ51の状態監視を行う回路などが実装されている。 The controller board 59, a communication interface between the disk drive 51 that is mounted on the basic chassis 20 and additional casing 30, control of the operation of the disk drive 51 (e.g., control of RAID type), or a disk drive 51 such as a circuit which performs the state monitoring is implemented.

なお、本実施の形態において、電源コントローラボード56がディスクドライブ51の電源供給の制御や冷却装置の冷却能力の制御を行うこととしているが、これらの制御をコントローラボード59が行うこととしてもよい。 In this embodiment, power controller board 56 is a possible to control the cooling capacity of the control and cooling system of the power supply of the disk drive 51, it is also possible to perform these controller board 59.

また、本実施例においては、コントローラボード59は、ホストコンピュータ300との間の通信インターフェースの機能、例えば、SCSI規格やファイバチャネル規格の通信機能を提供する通信インターフェースボード61や、ディスクドライブ51への書き込みデータや読み出しデータが記憶されるキャッシュメモリ62などを実装する形態としているが、これらを別のボートが実装する形態としてもよい。 In the present embodiment, the controller board 59, the function of the communication interface between the host computer 300, for example, and a communication interface board 61 provides a communication function of the SCSI standards and Fiber Channel standards, to the disk drive 51 Although write data or read data is a form of mounting and a cache memory 62 to be stored, it may be in the form in which these different boats implements.

コントローラボード59に装着される通信インターフェースボード61には、ホストコンピュータ300と接続するための、ファイバチャネル、Ethernet (登録商標)などのプロトコルで構築されたSAN(Storage Area Network)、LAN(Local Area Network)、もしくは、SCSIなどの所定のインターフェース規格に準拠した外部コネクタ63が設けられ、ディスクアレイ装置10は、このコネクタ63に接続される通信ケーブル92を介してホストコンピュータ300と接続される。 The communication interface board 61 which is mounted on the controller board 59, for connection to a host computer 300, a fiber channel, Ethernet (registered trademark) SAN built with protocols such as (Storage Area Network), LAN (Local Area Network ), or the external connector 63 is provided conforming to the predetermined interface standard, such as SCSI, disk array device 10 is connected to the host computer 300 via the communication cable 92 connected to this connector 63.

なお、基本筐体20のディスクドライブ51の制御に関するセキュリティを確保するために、2枚のコントローラボード59を冗長に装着させることとしてもよい。 In order to ensure security related to the control of the disk drive 51 of the basic chassis 20, the two controller boards 59 may be redundantly attached.

図3(a)に示すように、増設筐体30の正面側には、ディスクドライブ51が収容された複数のディスクドライブユニット52が並べて装着されている。 As shown in FIG. 3 (a), on the front side of the additional casing 30 is mounted a plurality of disk drive units 52 disk drives 51 are accommodated side by side. 図3(b)に示すように、増設筐体30の背面両側面側には、それぞれ一枚ずつ電源コントローラボード56が装着されている。 As shown in FIG. 3 (b), the rear sides side of the extended chassis 30, the power supply controller board 56 one by one each of which is attached. また、2枚の電源コントローラボード56に挟まれた空間には、AC/DC電源57が2台並べて装着されている。 Further, the two space between the power controller board 56 is mounted AC / DC power supply 57 are two side by side. また、AC/DC電源57の下方には、2台の冷却ファンユニット58が並べて装着されている。 Further, under the AC / DC power supply 57, two cooling fan unit 58 side by side are mounted. AC/DC電源57には、AC/DC電源57の出力をオン・オフするためのブレーカスイッチ64が設けられている。 The AC / DC power supply 57, a breaker switch 64 for turning on and off the output of the AC / DC power supply 57 is provided.

本実施の形態においては、上述したように増設筐体30の電源供給に関するセキュリティを確保するために、増設筐体30に電源コントローラボード56とAC/DC電源57とを各2台ずつ冗長に装着させることとしているが、電源コントローラボード56とAC/DC電源57とを各1台ずつ装着させることとしてもよい。 In the present embodiment, in order to ensure security related to the power supply of the extended chassis 30 as described above, the power controller board 56 and the AC / DC power supply 57 to the extended chassis 30 redundant by the two mounting Although the thereby, and a power controller board 56 and the AC / DC power supply 57 may be mounted one each. なお、ディスクドライブ51の電源供給の制御や冷却装置の冷却能力の制御などの電源コントローラボード56の機能をコントローラボード59に実装することとしてもよい。 Incidentally, it is also possible to implement the functions of the power controller board 56, such as control of the cooling capacity of the control and cooling system of the power supply of the disk drive 51 to the controller board 59.

図4にディスクドライブユニット52に収容されているディスクドライブ51の構成の一例を示す。 Figure 4 shows an example of the configuration of the disk drive 51 housed in the disk drive unit 52. ディスクドライブ51は、その筐体70内に、磁気ディスク73、アクチュエータ71、スピンドルモータ72、データの読み書きを行うヘッド74、ヘッド74等の機構部分を制御する機構制御回路75、磁気ディスク73へのデータの読み書き信号を制御する信号処理回路76、通信インターフェース回路77、各種コマンドやデータが入出力されるインターフェースコネクタ79、電源コネクタ80等を備えて構成される。 Disk drive 51 has, on its casing 70, a magnetic disk 73, an actuator 71, the spindle motor 72, the head 74 reads and writes data, the mechanism control circuit 75 for controlling the mechanism portion such as the head 74, the magnetic disk 73 signal processing circuit 76 for controlling the reading and writing signals of the data, the communication interface circuit 77, an interface connector 79 which various commands and data are input and output, and a power supply connector 80 and the like.

ディスクドライブ51は、例えば、コンタクトスタートストップ(CSS:Contact Start Stop)方式の3.5インチサイズの磁気ディスク、ロード/アンロード方式の2.5インチサイズの磁気ディスクなどである。 Disk drive 51 is, for example, a contact start-stop (CSS: Contact Start Stop) system 3.5-inch magnetic disk, or the like a magnetic disk 2.5-inch size of the load / unload type. 3.5インチサイズの磁気ディスクは、例えば、SCSI1、SCSI2、SCSI3、FC−ALなどの通信インターフェースを有している。 3.5 inches size of the magnetic disk, for example, a communication interface, such as SCSI1, SCSI2, SCSI3, FC-AL. 一方、2.5インチサイズの磁気ディスクは、例えば、シリアルATA、ATAなどの通信インターフェースを有している。 Meanwhile 2.5-inch magnetic disk, for example, a communication interface such as a serial ATA, ATA.

2.5インチサイズの磁気ディスクをディスクアレイ装置10の筐体20,30に収容する場合には、3.5インチの形状をした容器に収めるようにしてもよい。 2.5-inch magnetic disk when accommodated in the housing 20, 30 of the disk array device 10 may be accommodated in a container in the form 3.5 inch. これにより、磁気ディスクの衝撃耐力性能を向上させることが可能となる。 This makes it possible to improve the impact strength performance of the magnetic disk. なお、2.5インチサイズの磁気ディスクと3.5インチサイズの磁気ディスクとは、通信インターフェースが異なるだけではなく、I/O性能、消費電力、寿命の点などで異なっている。 Incidentally, a 2.5-inch magnetic disks and 3.5 inches size of the magnetic disk, rather than the communication interface only differ, I / O performance, power, are different in such a point of service life. 2.5インチサイズの磁気ディスクは、3.5インチサイズの磁気ディスクに比べ、I/O性能が優れておらず、寿命が短い。 2.5 inches size of the magnetic disk, as compared to the magnetic disk 3.5 inch, not excellent I / O performance, short life. しかし、3.5インチサイズの磁気ディスクに比べ、消費電力が少ないという点で優れている。 However, compared to the magnetic disk 3.5 inch, it is superior in terms of low power consumption.

===ディスクアレイ装置のハードウェア構成=== === hardware structure of the disk array system ===
図5は、本発明の一実施例として説明するディスクアレイ装置10のハードウェア構成を示すブロック図である。 Figure 5 is a block diagram showing a hardware configuration of the disk array device 10 described as an embodiment of the present invention.

図5に示すように、ディスクアレイ装置10には、SAN200を介してホスト300が接続されており、また、LAN400を介して管理コンピュータ500が接続されている。 As shown in FIG. 5, the disk array apparatus 10, which is host 300 connected through the SAN 200, In addition, the management computer 500 via the LAN400 is connected. ホストコンピュータ300は、ディスクアレイ装置10にアクセスしてくる装置であって、例えば、パーソナルコンピュータ、ワークステーション、メインフレームコンピュータなどである。 The host computer 300 is a device that access the disk array apparatus 10, for example, a personal computer, a workstation, or the like mainframe computer. 管理コンピュータ500は、ディスクアレイ装置10の運用・管理を行うためのコンピュータであり、LAN(Local Area Network)400を介してディスクアレイ装置10に接続されている。 The management computer 500 is a computer for performing operations and management of the disk array device 10 is connected to the disk array device 10 via a LAN (Local Area Network) 400. LAN400は、例えばTCP/IP等のプロトコルに従って通信が行われ、ディスクアレイ装置10と管理コンピュータ500とを接続するネットワークである。 LAN400, for example a communication in accordance with TCP / IP protocol such as has been done, is a network for connecting the disk array apparatus 10 and the management computer 500. なお、管理コンピュータ500は、必ずしもLAN400のような通信手段で行われる必要はなく、SCSI(Small Computer Systems Interface)規格の通信線やバスライン、ピアツーピア(Peer to Peer)等で接続されていてもよい。 The management computer 500 is not necessarily performed by the communication means such as LAN400, SCSI (Small Computer Systems Interface) standard communication lines and bus lines, may be connected in a peer-to-peer (Peer to Peer), etc. .

ディスクアレイ装置10は、例えば、企業内のシステムセンターやデータセンター等で運営されており、ホストコンピュータ300で取り扱われるデータを記憶しておくための装置として機能する。 The disk array device 10, for example, is operated by the system center or the data center or the like in the company, and functions as a device for storing data handled by the host computer 300. ホストコンピュータ300は、例えば銀行の自動預金預け払いサービスやインターネットのホームページ閲覧サービス等を提供するコンピュータである。 The host computer 300 is, for example, a computer to provide an automated teller services and Internet homepage browsing service, etc. of the bank.

ディスクアレイ装置10とホストコンピュータ300とは、SAN200を介して接続されている。 The disk array device 10 and the host computer 300 are connected via the SAN 200. SAN200は、例えばファイバチャネルプロトコル(Fibre Channel Protocol)に従って通信が行われ、ディスクアレイ装置10とホストコンピュータ300を接続するネットワークである。 SAN200 is, for example, communication is performed according to the fiber channel protocol (Fiber Channel Protocol), is a network that connects the disk array device 10 and the host computer 300.

<ディスクアレイ装置> <Disk array device>
ディスクアレイ装置10は、CPU(Central Processing Unit)やメモリを備えたコンピュータである。 The disk array device 10 is a computer having a CPU (Central Processing Unit) and memory. ディスクアレイ装置10が備えるCPUにより各種プログラムが実行されることにより様々な機能が実現される。 Various functions are realized by various programs executed by the CPU of the disk array device 10. ディスクアレイ装置10は、ホストコンピュータ300から受信したコマンドに従ってディスクドライブ51α,βに対する制御を行う。 The disk array device 10 controls the disk drive 51Arufa, for β according to a command received from the host computer 300. 例えばホストコンピュータ300から送信されてくるデータの入出力要求を受信して、ディスクドライブ51α,βに記憶されているデータの入出力のための処理を行う。 For example, it receives the output request of the data transmitted from the host computer 300, performs processing for the input and output of data stored disk drive 51Arufa, the beta. データは、ディスクアレイ装置10が備えるディスクドライブ51α,βにより提供される物理的な記憶領域上に論理的に設定される記憶領域である論理ボリュームに記憶されている。 Data disk drive 51α provided in the disk array device 10, beta is stored in the logical volume is a storage area logically set on a physical storage area provided by. またディスクアレイ装置10は、ホストコンピュータ300との間でディスクアレイ装置10を管理するための各種コマンドの授受も行う。 The disk array device 10 performs also exchanges various commands for managing the disk array device 10 with a host computer 300.

ディスクアレイ装置10は、上述したように基本筐体20と1つ又は複数の増設筐体30を備えている。 The disk array device 10 comprises a base enclosure 20 and one or more additional casing 30 as described above. 本実施の形態においては、基本筐体20は、コントローラ100と、ディスクドライブ51α、FC−AL150、ポートバイパススイッチ160、端子180などを備えている。 In this embodiment, the basic chassis 20, a controller 100, a disk drive 51α, FC-AL150, port bypass switch 160, and the like terminal 180. コントローラ100は、通信制御部110、ディスクコントローラ部120、キャッシュメモリ62、バス140などを備えており、上述のコントローラボード59に実装されている。 The controller 100 includes a communication control unit 110, disk controller 120, a cache memory 62 has a like bus 140, it is mounted on the controller board 59 described above. また、増設筐体30は、ディスクドライブ51β、FC−AL150、ポートバイパススイッチ160、コンバータ170、端子180などを備えている。 Also, additional casing 30 has a disk drive 51β, FC-AL150, port bypass switch 160, the converter 170, and terminal 180.

通信制御部110は、ホストコンピュータ300との間で通信を行うためのインターフェースを備えている。 The communication control unit 110, and an interface for communicating with the host computer 300. 通信制御部110が備えるインターフェースは、例えば、HBA(Host Bus Adaptor)であり、ディスクアレイ装置10をSAN200に接続するためのものである。 Interface communication controller 110 comprises, for example, a HBA (Host Bus Adaptor), is used to connect the disk array device 10 to the SAN 200. これにより、ディスクアレイ装置10は、ホストコンピュータ300との間でデータ入出力コマンドやデータ等を授受することが可能となる。 Thereby, the disk array device 10, it is possible to exchange the data input-output commands and data between the host computer 300. なお、通信制御部110が備えているインターフェースは、上述の通信インターフェースボード61である。 Note that interface communication controller 110 is provided with is a communication interface board 61 described above.

バス140は、通信制御部110、ディスクコントローラ部120、キャッシュメモリ62などを相互に接続する。 Bus 140 includes a communication control unit 110, the disk controller 120, connecting a mutually cache memory 62. 通信制御部110、ディスクコントローラ部120、キャッシュメモリ62間でのデータやコマンドの授受はバス140を介して行われる。 Communication control unit 110, the disk controller 120, exchange of data and commands between the cache memory 62 is performed via the bus 140.

キャッシュメモリ62は、通信制御部110、ディスクコントローラ部120により利用される記憶素子である。 Cache memory 62 includes a communication control unit 110, a storage device to be used by the disk controller 120. キャッシュメモリ62は、通信制御部110、ディスクコントローラ部120との間で授受されるデータを一時的に記憶するために用いられる。 Cache memory 62 includes a communication control unit 110 is used for temporarily storing data exchanged between the disk controller 120. 通信制御部110やディスクコントローラ部120が、キャッシュメモリ62を利用することにより、データの書き込みや読み出しに関する処理が効率的に行われる。 The communication control unit 110 and the disk controllers 120, by using the cache memory 62, processing relating to writing and reading of data are performed efficiently.

基本筐体20や増設筐体30に設けられている端子180は、基本筐体20における通信経路と増設筐体30における通信経路とを接続するための金具である。 Terminal 180 provided in the basic enclosure 20 and additional casing 30 is a metal member for connecting the communication path in the additional casing 30 and the communication path in the basic enclosure 20. 基本筐体20のディスクコントローラ部120と増設筐体30に収容されているディスクドライブ51βとの間でのデータやコマンドの授受は端子180を介して行われる。 Exchange of data and commands to and from the disk drive 51β that the disk controller 120 of the basic chassis 20 is accommodated in the additional casing 30 is through the terminal 180.

ディスクコントローラ部120は、通信制御部110からのデータ入出力要求により、ディスクドライブ51α,βにデータの書き込みや読み出しなどの処理を実行する。 Disk controller 120, the data input-output requests from the communication control unit 110, a disk drive 51Arufa, performs processing such as data write or read to beta. ディスクコントローラ部120は、ディスクドライブ51α,βから読み出したデータをキャッシュメモリ62に書き込む。 Disk controller 120 writes the disk drive 51Arufa, the data read from the β in the cache memory 62. また、ディスクコントローラ部120は、通信制御部110によりキャッシュメモリ62に書き込まれたデータを取得して、ディスクドライブ51α,βに書き込む。 The disk controller unit 120 acquires the data written to the cache memory 62 by the communication control unit 110, and writes the disk drive 51Arufa, the beta.

ディスクコントローラ部120は、ディスクドライブ51α,βをいわゆるRAID(Redundant Array of Inexpensive Disks)方式に規定されるRAIDレベル(例えば、0,1,5)で制御する機能を備えることとしてもよい。 Disk controller 120, a disk drive 51Arufa, so-called RAID and β (Redundant Array of Inexpensive Disks) RAID level specified in method (e.g., 0,1,5) may be provided with a function of controlling at.
またディスクコントローラ部120は、ディスクドライブ51α,βに記憶されたデータの複製管理の制御やバックアップ制御を行うこととしてもよい。 The disk controller 120, a disk drive 51Arufa, may perform the control and backup control of replication management of data stored in the beta.
さらにディスクコントローラ部120は、災害発生時のデータ消失防止(ディザスタリカバリ)などを目的としてプライマリサイトのディスクアレイ装置10のデータの複製をセカンダリサイトに設置された他のディスクアレイ装置にも記憶する制御(データレプリケーション機能(遠隔複製))なども行うようにしてもよい。 Furthermore disk controller 120 controls to store to other disk array apparatus installed in a secondary site replicas of the data in the disk array apparatus 10 of the primary site for the purpose of disaster occurrence of data loss prevention (disaster recovery) (data replication function (remote replication)) may be also carried out like.

FC−AL150は、ファイバチャネルの方式(トポロジー)の1つであり、ディスクコントローラ部120とディスクドライブ51α,βとをループ状の通信経路(伝送路)によって通信可能に接続する。 FC-AL150 is one method of Fiber Channel (topology), the disk controller 120 and disk drives 51Arufa, communicatively connected by β and a looped communication path (transmission path). なお、ディスクコントローラ部120とディスクドライブ51α,βとをFC−ALハブを介して通信可能に接続することとしてもよいし、直接ファイバチャネルケーブルなどの通信経路によって通信可能に接続することとしてもよい。 Incidentally, the disk controller 120 and disk drives 51Arufa, and β may be be communicatively coupled via the FC-AL hubs, may be communicatively connected by a communication path such as direct Fiber Channel cables .

FC−AL150は、複数のポートバイパススイッチ(PBC)160を備えている。 FC-AL150 is provided with a plurality of port bypass switch (PBC) 160. このPBC160は、主としてディスクコントローラ部120と複数のディスクドライブ51α,βをFC−AL150により接続する機能を提供する。 This PBC160 mainly provides a function of connecting the disk controller 120 and a plurality of disk drives 51Arufa, the β by FC-AL150. PBC160は、チップ化された電子スイッチであり、ディスクコントローラ部120やディスクドライブ51α,βなどをバイパスし電気的にFC−AL150から除外する機能も有している。 PBC160 is an electronic switch on a chip, also functions to exclude disk controller 120 and disk drives 51Arufa, beta and bypass from electrically FC-AL150. 具体的には、PBC160は、障害が発生したディスクドライブ51をFC−AL150から切り離して、他のディスクドライブ51とディスクコントローラ部120との間の通信を可能にする。 Specifically, PBC160 is the disk drive 51 failed separately from FC-AL150, enabling communication between the other disk drives 51 and the disk controller 120.

また、PBC160は、FC−AL150の動作を維持したままでディスクドライブ51の抜き差しを可能にする。 Further, PBC160 allows insertion and removal of disk drive 51 while maintaining the operations of the FC-AL150. 例えば、ディスクドライブ51が新たに装着された場合にはそのディスクドライブ51をFC−AL150に取り込み、ディスクコントローラ部120との間の通信を可能にする。 For example, if the disk drive 51 is newly mounted takes the disk drive 51 to the FC-AL150, it allows communication between the disk controller 120. なお、PBC160の回路基板は、ディスクアレイ装置10のラックフレーム11に設けられているか、もしくは、その一部または全部がコントローラボード59や電源コントローラボード56に実装されていることとしてもよい。 The circuit board of PBC160 are either provided to the rack frame 11 of the disk array apparatus 10, or may be that a part or the whole is mounted on the controller board 59 and the power supply controller board 56.

ディスクアレイ装置10には、ディスクコントローラ部120との間で通信を行うための通信インターフェース(の通信規格)が異なる複数のディスクドライブ51α,βが収容されている。 The disk array device 10, a plurality of communication interfaces for communicating with the disk controller 120 (communication standard) is different disk drive 51Arufa, beta is accommodated. ディスクドライブ51α,βが有する通信インターフェースは、例えば、ファイバチャネル(FC)、SCSI1(Small Computer System Interface 1)、SCSI2、SCSI3、ATA(AT Attachment)、シリアルATA(Serial ATA:SATA)などの規格がある。 Disk drive 51Arufa, communication interface β has, for example, Fiber Channel (FC), SCSI1 (Small Computer System Interface 1), SCSI2, SCSI3, ATA (AT Attachment), Serial ATA (Serial ATA: SATA) is a standard such as is there. 本実施例においては、ディスクドライブ51αにはファイバチャネルインターフェースを有するディスクドライブを採用し、ディスクドライブ51βにはSATAドライブを採用することとしているが、これらに限定されるものではない。 In the present embodiment, the disk drive 51α adopted disc drive having a Fiber Channel interface, although the disk drive 51β is decided to adopt the SATA drive, but is not limited thereto.

コンバータ170は、ディスクコントローラ部120との間の通信経路の通信方式に適合しない通信インターフェースを前記通信方式に適合させるためにデータや信号を変換する装置である。 Converter 170 is a device that converts data and signals to adapt the communication interface that does not conform to the communication method of the communication path between the disk controller 120 to the communication system. コンバータ170は、例えば、SCSI−ATA(IDE:Integrated Device Electronics)コンバータ、FC−SATAコンバータ、ATA(IDE)−SATAコンバータなどである。 Converter 170 may, for example, SCSI-ATA (IDE: Integrated Device Electronics) converter, FC-SATA converter, ATA (IDE) -SATA converter and the like. このコンバータ170を介してSATAドライブ51βをFC−ALに接続することにより、SATAドライブ51βはディスクコントローラ部120との間の通信を行うことが可能となる。 By connecting the SATA drive 51β the FC-AL via the converter 170, SATA drive 51β is able to perform communication between the disk controller 120. コンバータ170は、ディスクドライブ51βに内蔵されている形態とすることもできるし、ディスクドライブ51βの外部に設置されている形態とすることもできる。 Converter 170 can either be in the form incorporated in the disk drive 51Beta, may also be in the form that is installed outside the disk drive 51Beta.

<管理コンピュータ> <Management Computers>
管理コンピュータ500はLAN400で接続されているディスクアレイ装置10を保守・管理するためのコンピュータである。 The management computer 500 is a computer for maintaining and managing the disk array device 10 are connected by LAN 400. 管理コンピュータ500は、例えば、パーソナルコンピュータ、ワークステーション、メインフレームコンピュータなどである。 Management computer 500, for example, a personal computer, a workstation, or the like mainframe computer.

管理コンピュータ500はCPUやメモリなどを備えており、管理コンピュータ500のCPUは、管理コンピュータ500の全体の制御を司るもので、メモリに格納されたプログラムを実行することにより、様々な機能等を実現している。 The management computer 500 has a CPU and a memory, CPU of the management computer 500, governs overall control of the management computer 500, by executing a program stored in the memory, realizing various functions such as doing.

オペレータが管理コンピュータ500を操作することにより、例えば、ディスクドライブ51α,βの構成の設定や、論理ボリュームの管理や設定(容量管理や容量拡張・縮小、ホストコンピュータ300の割り当て等)等を行うことができる。 When the operator operates the management computer 500, for example, be carried out disk drive 51Arufa, settings and configuration of the beta, manage and configure the logical volume and the like (capacity management and capacity expansion or reduction, allocation, etc. of the host computer 300) can. ディスクドライブの構成の設定としては、例えばディスクドライブ51α,βの増設や減設、RAID構成の変更(RAID1からRAID5への変更等)等を行うことができる。 The setting of the configuration of the disk drive can be effected, for example, disk drives 51Arufa, added or degrowth of beta, and the like (change of from RAID1 to RAID5) Changing the RAID configuration. さらに管理コンピュータ500からは、ディスクアレイ装置10の動作状態の確認や故障部位の特定等の作業を行うこともできる。 Further from the management computer 500 can also perform operations such as specifying the check failure area in the operation state of the disk array device 10. これらの設定は、管理コンピュータ500で動作するWebサーバが提供するWebページをユーザーインターフェースとしてオペレータなどにより行われる。 These settings are performed by such operator Web page provided by the Web server running on the management computer 500 as a user interface. 管理コンピュータ500はディスクアレイ装置10に内蔵されている形態とすることもできるし、外付けされている形態とすることもできる。 The management computer 500 can either be in the form incorporated in the disk array apparatus 10 may also be in the form that is external.

管理コンピュータ500は、ディスクアレイ装置10及びディスクドライブ51α,βの保守・管理を専用に行うコンピュータとすることもできるし、汎用のコンピュータに保守・管理機能を持たせたものとすることもできる。 The management computer 500, the disk array device 10 and the disk drive 51Arufa, to the maintenance and management of β can also be a computer to perform a dedicated, can also be made which gave maintenance and management functions in a general-purpose computer.

以上のことから、本発明のディスクアレイ装置10は、1つのディスクコントローラ部に、通信インターフェース、アクセス速度、記憶容量などの仕様、価格、等が異なる様々なディスクドライブを自由に組み合わせて構成することができ、また、既存のディスクアレイ装置の構成変更を最小限に抑えて有効に運用することが可能となる。 From the above, the disk array apparatus 10 of the present invention, one disk controller, a communication interface, access speed, specifications such as memory capacity, price, that like is constructed by freely combining a variety of different disk drives It can be, also, it is possible to operate effectively with minimal configuration changes existing disk array device.

===回路構成=== === circuit configuration ===
ラックフレーム11に基本筐体20および増設筐体30が装着された状態において、これら筐体20,30に装着されているボードやユニットは、ラックフレーム11に設けられている不図示の内部配線や内部回路、外部配線などにより結線されて、図6に示す回路が形成される。 In a state in which the basic chassis 20 and additional casing 30 is attached to the rack frame 11, boards or units mounted on these chassis 20 and 30, Ya not shown internal wiring provided in the rack frame 11 internal circuit, are connected by an external wiring, the circuit shown in FIG 6 is formed. この図において、太線はFC−AL150を、細線は制御ライン48を、破線は電源供給ライン49を、それぞれ示している。 In this figure, the thick line is the FC-AL150, thin lines the control line 48, a broken line indicates a power supply line 49, respectively. FC−AL150上には、ディスクドライブ51α,βやディスクコントローラ部120などのボードやユニットを接続するための端子(例えば、コネクタ)190が設けられている。 On FC-AL150 is a disk drive 51Arufa, terminals for connecting the board or unit, such as β and disk controller 120 (e.g., connector) 190 is provided. ディスクコントローラ部120は、コントローラボード59に実装されているCPUやプロトコル制御チップ、RAMやROMなどのメモリなどにより構成される回路であり、基本筐体20および増設筐体A,B(30)に装着されているディスクドライブ51α,βの制御や監視などを行う。 Disk controller 120, CPU and protocol control chip mounted on the controller board 59, a circuit configured by including a memory such as a RAM or ROM, the basic chassis 20 and additional casing A, the B (30) disk drives 51α that is mounted performs a control and monitoring of the beta.

メインスイッチ85は、例えば、基本筐体20の前面などに設けられおり、例えば、コントローラボード59が基本筐体20に装着されると、メインスイッチ85の出力信号線87がディスクコントローラ部120に結線されるようになっている。 The main switch 85 is, for example, provided such on the front of the basic chassis 20, for example, the controller board 59 is mounted on the basic chassis 20, connected the output signal line 87 of the main switch 85 to the disk controller 120 It is adapted to be. なお、メインスイッチ85はラックフレーム11側に設けることもできる。 The main switch 85 may be provided to the rack frame 11 side. この場合には基本筐体20がラックフレーム11に装着されることで、その出力信号線87がディスクコントローラ部120に結線されるようにすることもできる。 In this case that the basic chassis 20 is attached to the rack frame 11, may be the output signal line 87 is to be connected to the disk controller 120.

電源コントローラ81は、電源コントローラボード56に実装されている。 The power supply controller 81 is mounted to the power supply controller board 56. 電源コントローラ81は、CPUやRAM・ROMなどのメモリ、その他の各種制御チップなどにより構成されている。 The power supply controller 81 is configured memory such as a CPU or RAM · ROM, and the like and various other control chip. 電源コントローラ81には、冷却ファンユニット58やAC/DC電源57に接続する制御ライン48が配線されている。 The power supply controller 81, control lines 48 connected to the cooling fan unit 58 and the AC / DC power supply 57 is wired. 電源コントローラ81は、冷却ファンユニット58、AC/DC電源57、ディスクドライブ51α,βなどの基本筐体20や増設筐体A,B(30)に装着されているボードやユニットの制御や監視を行う。 The power supply controller 81, the cooling fan unit 58, AC / DC power supply 57, a disk drive 51Arufa, basic casing 20 and additional casing A, such as beta, the B (30) loaded therein to have board or unit of the control and monitoring do.

各筐体20,30における電源コントローラ81は、制御ライン48を介してディスクコントローラ部120と直接接続される形態としている。 The power supply controller 81 in each housing 20, 30 is in a form which is directly connected to the disk controller 120 via the control line 48. また、電源コントローラ81は、後述するSESドライブを介してディスクコントローラ部120と接続される形態としてもよい。 The power supply controller 81 may be a form to be connected to the disk controller 120 via the SES drive to be described later.

電源コントローラ81は、ディスクコントローラ部120から送信されてくる各ディスクドライブ51α,βの電源供給信号/電源切断信号に応じて、各ディスクドライブ51α,βに電源を供給する旨の信号や各ディスクドライブ51α,βの電源供給を切断する旨の信号をAC/DC電源57に送信する。 Power controller 81, each disk drive 51Arufa transmitted from the disk controller 120, in response to the power supply signal / power down signal for beta, each disk drive 51Arufa, signals and the disk drives to the effect that supplies power to the beta 51Arufa, and transmits a signal indicating to disconnect the power supply of β to AC / DC power supply 57. これにより、AC/DC電源57は各ディスクドライブ51α,βに電源を供給したり、電源の供給を停止したりする。 As a result, AC / DC power supply 57 each disk drives 51α, and supplies power to the β, or to stop the supply of power.

また、それと同時に電源コントローラ81は、筐体内に収容されているディスクドライブ51α,βの動作状態に応じて、冷却ファン66の回転数を制御する。 At the same power supply controller 81 simultaneously, the disk drive 51α housed in the housing, in accordance with the operation state of the beta, controls the rotational speed of the cooling fan 66. なお、この冷却ファン66の回転数の制御は、ディスクドライブ51α,β単位で行うこととしてもよいし、筐体単位で行うこととしてもよい。 Incidentally, the rotation speed of the control of the cooling fan 66, a disk drive 51Arufa, may be performed in β units, it may be performed in the housing units. この冷却ファンの回転数の制御により、装置の消費電力を削減することができる。 By controlling the rotation speed of the cooling fan, it is possible to reduce the power consumption of the device. また、ディスクドライブ51α,βの稼働状態に応じて冷却ファンの回転数を制御することから、回転数を制御しないディスクアレイ装置に比べ、騒音防止を図ることも可能となる。 The disk drive 51Arufa, since controlling the rotation speed of the cooling fan in accordance with the operational state of the beta, compared with the disk array device does not control the rotational speed, it is also possible to achieve a noise prevention.

===動作説明=== === Operation ===
<ディスクドライブの動作状態> <Operating state of the disk drive>
ディスクドライブ51は、ディスクコントローラ部120から送信されてくるコマンドを受信して、「Ready」、「Not Ready」、「電源OFF」のいずれかの動作状態に切り替わる。 Disk drive 51 receives a command transmitted from the disk controller 120, it switched to one of the operating state of "Ready", "Not Ready", "power OFF". このうち「Ready」状態で動作しているディスクドライブ51は、ディスクコントローラ部120から送信されてくるデータの読み出し/書き込みコマンドを受け付け可能である。 Disk drive operating in these "Ready" state 51 is capable of accepting a read / write command data transmitted from the disk controller 120. 「Ready」状態で動作しているディスクドライブ51のディスク73は、データの読み出し/書き込みを行うのに必要な回転数で回転している(スピンアップ状態)。 Disk 73 of the disk drive 51 operating in "Ready" state is rotated at a rotational speed required to perform the read / write data (spin-up state). なお、ディスクドライブ51の平均消費電力は、前記3つの状態のうち「Ready」状態で動作している場合が最大である。 The average power consumption of the disk drive 51, when operating in "Ready" state of the three states is maximum.

ディスクドライブ51が「Not Ready」の動作状態で稼働している場合、そのディスクドライブ51はデータの読み出し/書き込みを行うのに必要な回転数で回転していない(スピンダウン状態)。 If the disk drive 51 is operating in the operating state of "Not Ready", the disk drive 51 is not rotating at a rotational speed required to perform the read / write data (spin-down state). 「Not Ready」の動作状態で稼働しているディスクドライブ51は、データの読み出し/書き込みに関するコマンドを受け付けることができないが、例えば、「Ready」の動作状態に移行させるコマンドなど、特定の種類のコマンドを受け付けることはできる。 Disk drives 51 running operating state of "Not Ready" is not able to accept commands relating to reading / writing of data, for example, a command to shift to the operating state of "Ready", certain types of commands can you accept the. なお、ディスクドライブ51の平均消費電力は、「Not Ready」の動作状態で稼働している場合の方が、「Ready」の動作状態で稼働している場合よりも少ない。 The average power consumption of the disk drive 51, who when running on the operating state of the "Not Ready" is less than when running on the operating state of "Ready".

ディスクドライブ51が「電源OFF」の状態の場合、ディスクドライブ51は、ディスクコントローラ部120から送信されてくるコマンドを受け付けることができない。 If the disk drive 51 is in a state of "Power OFF", the disk drive 51 can not accept a command transmitted from the disk controller 120. また、ディスクドライブ51のディスク73は回転を完全に停止している。 The disk 73 of the disk drive 51 is completely stopped rotating. なお、ディスクドライブ51の平均消費電力は、「電源OFF」の状態ではゼロである。 The average power consumption of the disk drive 51 is in a state of "Power OFF" is zero.

なお、上述したディスクドライブ51の動作状態は、例えば、管理コンピュータ500で動作するソフトウェアが提供する設定画面をオペレータなどが操作することにより変更することができる。 Incidentally, the operating state of the disk drive 51 described above, for example, a setting screen provided by software running on the management computer 500 can be changed by such operator operates. 図7にその設定画面の一例を示す。 Figure 7 shows an example of the setting screen. これにより、ディスクドライブ51ごとに動作状態を制御することができることから、運用・管理の向上を図ることが可能になる。 Accordingly, since it is possible to control the operating state for each disk drive 51, it is possible to improve the operation and management.

なお、図7におけるディスクドライブ51の通信インターフェースの方式は以下のように取得することができる。 Incidentally, method of communication interface of the disk drive 51 in FIG. 7 can be obtained as follows. ディスクコントローラ部120が、FC−AL150を介して基本筐体20および増設筐体30に収容されているディスクドライブ51に問い合わせること(例えば、ポーリング)により、各ディスクドライブ51が有する通信インターフェースの方式(規格)を知ることができる。 Disk controller 120, query the disk drive 51 housed in the basic housing 20 and the additional casing 30 via the FC-AL150 (e.g., polling), the communication interface included in each disk drive 51 system ( it is possible to know the standard). 例えば、各ディスクドライブ51にコマンドを送信すると、ディスクドライブ51から通信インターフェースの方式の種類が通知されるように設定することにより可能となる。 For example, sending commands to the disk drive 51, it becomes possible by setting as the type of communication scheme of the interface from the disk drive 51 is notified. ディスクコントローラ部120は、ディスクドライブ51から通知されてきた通信インターフェースの規格の種類を各ディスクドライブ51に対応づけてディスクドライブ管理テーブルに記憶する。 Disk controller 120 stores the disk drive management table in association with the type of standard communication interface that has been notified from the disk drive 51 to the disk drives 51. ディスクドライブ管理テーブルは、例えば、メモリやディスクドライブ51に記憶されている。 Disk drive management table, for example, stored in the memory and disk drives 51. 図8にディスクドライブ管理テーブルの一例を示す。 Figure 8 shows an example of a disk drive management table. ディスクドライブ管理テーブルには、各筐体に収容されたディスクドライブ51の識別子と、ディスクドライブ51の通信インターフェースの方式と、ディスクドライブ51の動作状態が記録されている。 The disk drive management table, an identifier of the disk drive 51 housed in the housing, a method of communications interface of the disk drive 51, the operating state of the disk drive 51 is recorded. なお、上記問い合わせは、ディスクアレイ装置10の稼働時に行うこととしてもよいし、ユーザがディスクドライブ51を各筐体20,30に装着した時に行うこととしてもよい。 Incidentally, the inquiry may be be performed during operation of the disk array apparatus 10 may be performed when the user wears the disk drive 51 to each housing 20, 30.

以上のことから、ディスクコントローラ部120はディスクドライブごとに動作状態を制御することができる。 From the above, the disk controller 120 can control the operation state for each disk drive. また、ディスクコントローラ部120は、ディスクドライブ群又は筐体単位で動作状態を制御することもできるようになる。 The disk controller unit 120 will also be able to control the operation state in the disk drive group, or housing unit. これにより、ディスクドライブ群単位で使用目的をわけてバックアップ専用やフィックスコンテンツ専用など、一時的に電源をセーブできるドライブ群や筐体を作成することができる。 This makes it possible to divide the intended use in the disk drive group unit such as a dedicated backup or fixed content only temporarily create a drive group and the chassis which can save power. 例えば、SATAドライブのように寿命の短いドライブをバックアップ専用やフィックスコンテンツ専用のドライブとして用いることができ、未使用時にはこれらのドライブを「電源OFF」の状態にし、必要に応じてこれらのドライブを「Ready」の動作状態で稼働するように一括して制御することが可能になる。 For example, it is possible to use a short drive life as SATA drives as backup only or fixed content only drive, when not used to these drives to the state of "power OFF", these drives as required " it becomes possible to collectively control to run on the operating state of the Ready ". これにより、使用電力の削減を可能にするばかりではなく、ドライブの寿命の統一化やドライブの平均的な寿命の確保による保守効率の向上を可能にすることができる。 Thus, it is possible to reduce the power consumption possible to not only allows improved maintenance efficiency by ensuring the average life span of unification and drive drive life. また、ディスクドライブ群ごとに動作状態を制御することができることから、運用・管理の向上も実現することが可能になる。 Further, since it is possible to control the operating state for each disk drive group, it is possible to realize also the improvement of operation and management.

<SESドライブ> <SES drive>
図9に増設筐体A30のディスクドライブ1〜4(51α)をSESドライブとして運用する場合の一例を示す。 Disk drives 1-4 additional chassis A30 in FIG. 9 (51α) shows an example of when operating as SES drives. 本実施例においては、SESドライブを介して電源コントローラ81とディスクコントローラ部120とを接続する形態としている。 In this embodiment, it is a form that connects the power supply controller 81 and the disk controller 120 via the SES drive. なお、「SES(SCSI Enclosure Services)ドライブ」とは、ディスクコントローラ部120と、ディスクドライブ51の電源供給を制御する電源コントローラ81とを通信可能に接続するように動作させる機能を有するディスクドライブ51をいう。 Note that the "SES (SCSI Enclosure Services) drives", a disk controller 120, a disk drive 51 having a function to operate so as to communicably connected to a power supply controller 81 for controlling the power supply of the disk drive 51 Say.

SESドライブは、SCSI3(Small Computer System Interface 3)規格に規定されるSES(SCSI Enclosure Services)やESI(Enclosure Service I/F)の機能を備えており、インターフェースコネクタ79の所定の信号ピンを結線することで、SES(SCSI Enclosure Service)やESI(Enclosure Service I/F)の機能を動作させることができる。 SES drive has a function of SCSI3 (Small Computer System Interface 3) SES defined standards (SCSI Enclosure Services) or ESI (Enclosure Service I / F), to connect the predetermined signal pin of the interface connector 79 it is, it is possible to operate the function of the SES (SCSI Enclosure Service) or ESI (Enclosure Service I / F).

本実施例においては、図9に示すように増設筐体A30のディスクドライブ1〜4(51α)、すなわち、FCドライブをSESドライブとして採用しているが、他の通信インターフェースを有するディスクドライブ51をSESドライブとして採用してもよい。 In the present embodiment, the disk drives 1-4 additional chassis A30 as shown in FIG. 9 (51α), i.e. adopts the FC drive as SES drives, the disk drive 51 having other communication interfaces it may be adopted as the SES drive. また、1又は複数のディスクドライブ51をSESドライブとして採用してもよい。 It is also possible to employ one or more disk drives 51 as SES drives. なお、本実施例においては、図9に示す増設筐体A30のディスクドライブ5〜8(51β)にはSATAドライブが採用されている。 In the present embodiment, SATA drive is employed to the disk drive 5-8 additional chassis A30 shown in FIG. 9 (51β).

このように、特定のディスクドライブ51にSESの機能をもたせることにより、ディスクコントローラ部120と電源コントローラ81とを接続するための制御ライン48が不要となる。 By thus impart a function of the SES to a particular disk drive 51, control lines 48 for connecting the disk controller 120 and the power supply controller 81 is not required. また、ディスクコントローラ部120は、このSESドライブを介して他のディスクドライブの動作状態を制御することが可能となる。 Also, the disk controller 120, it is possible to control the operating state of the other disk drives via the SES drive.

上述のように、SESドライブをある特定のディスクドライブ51に固定して運用すると、そのディスクドライブ51の寿命を著しく短命化させることとなる。 As described above, when operated by fixing a particular disk drive 51 in the SES drive, and thus to significantly shortening the life of the disk drive 51. そこで、SESドライブとして機能するディスクドライブ51をローテーションさせて運用することが考えられる。 Therefore, it is conceivable to operate by rotation of the disk drive 51 that acts as SES drives. このようにディスクドライブ51をローテーションさせて運用することにより、SESドライブの延命化を図ることができる。 By operating in this manner by rotation of the disk drive 51, it is possible to prolong life of the SES drives. 以下、SESドライブのローテーションについて説明する。 The following describes the rotation of the SES drive.

<SESドライブのローテーション> <SES drive of rotation>
SATAドライブのみを収容した増設筐体A30においてSESドライブをソフトウェア的にローテーションさせる仕組みを、図10を用いて説明する。 A mechanism for software to rotate the SES drive in expanded enclosure A30 accommodating SATA drives only, will be described with reference to FIG. 10. 図10はSATAドライブ(ディスクドライブA〜F)51βのみを収容した増設筐体A30の回路構成を示す図である。 Figure 10 is a diagram showing a circuit configuration of the expanded chassis A30 accommodating only SATA drives (disk drives A~F) 51β.

電源等を制御する信号は、基本筐体20からFC−AL150を経由して端子1(190)に入力される。 Signal for controlling the power supply or the like is input to the terminal 1 (190) via the FC-AL150 from the basic enclosure 20. その信号は端子3(190)、SESドライブ(SATAドライブA)51β、制御ライン48を経由して電源コントローラ81に到達する。 The signal terminal 3 (190), SES drive (SATA drive A) 51β, via the control line 48 to reach the power supply controller 81. このとき、SATAドライブA(51β)は「Ready」又は「Not Ready」の動作状態で稼働しているので、電源等を制御する信号はSATAドライブA(51β)を経由して電源コントローラ81に到達することができる。 At this time, since the SATA drive A (51β) is running in the operating state of "Ready" or "Not Ready" signal for controlling the power supply or the like reaches the power supply controller 81 via the SATA drive A (51β) can do.

電源コントローラ81は、基本筐体20から送信されてきた電源等を制御する信号を受信すると、電源ファンへの電源供給、ファンの回転数制御等を行う。 The power supply controller 81 performs upon receiving a signal for controlling the power transmitted from the base housing 20 or the like, power supply to power the fan, the rotational speed control of the fan. なお、初期状態として、SATAドライブA(51β)、電源コントローラ81、冷却ファン66には電源が供給されているものとする。 As an initial state, SATA drive A (51β), the power controller 81, the cooling fan 66 is assumed as power is supplied. また、冷却ファン66は、低消費電力モードで動作している。 The cooling fan 66 is operating in the low power consumption mode.

基本筐体20から増設筐体30に各ディスクドライブ51βを「Ready」の動作状態にするための信号がくると、電源コントローラ81はその命令により、冷却ファン66の回転数を通常運転の回転数にして、SW2〜SW6(195)を制御して、SATAドライブB〜SATAドライブF(51β)に電源の供給を開始する。 When each disk drive 51β the extended chassis 30 from the basic chassis 20 come signal for the operating state of "Ready", the power supply controller 81 the instruction rotational speed of the normal operation the rotational speed of the cooling fan 66 a manner, by controlling the SW2~SW6 (195), starts supplying power to the SATA drive B~SATA drive F (51β).

次に、電源コントローラ81がSESドライブをSATAドライブA(51β)からSATAドライブB(51β)へと入れ替える処理について説明する。 Then, the power controller 81 will be described processing of replacing the SES drive from SATA drive A (51β) to SATA drive B (51β). 図11はSESドライブの入れ替え処理の一例を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing an example of the replacement process of the SES drives. 図11に示すように、電源コントローラ81が基本筐体20からSESドライブを交代して他のディスクドライブ51βを「電源OFF」の状態にするための信号を受信すると(S1100)、SW1およびSW3〜SW6(195)を制御してSATAドライブA(51β)およびSATAドライブC〜SATAドライブF(51β)の電源供給を停止する(S1101)。 As shown in FIG. 11, when the power supply controller 81 receives a signal for the other disk drives 51β and switched the SES drive from the basic chassis 20 in the state of "Power OFF" (S1100), SW1 and SW3~ SW6 (195) control to the stops supplying power SATA drives a (51β) and SATA drives C~SATA drive F (51β) (S1101). その後、SATAドライブBの動作を「Not Ready」の状態に制御し(S1102)、冷却ファン66の回転数を低消費電力モードで動作させることで(S1103)、増設筐体30は電源OFF状態(低消費電力運転モード)となる。 Then, to control the operation of the SATA drive B to the state of "Not Ready" (S1102), (S1103) the rotational speed by operating in the low power consumption mode of the cooling fan 66, extended chassis 30 is power OFF state ( a low power consumption operation mode). 次に、基本筐体20から電源等を制御する信号が来た場合には、SATAドライブB(51β)を経由して電源コントローラ81に信号が伝わることになる。 Then, if the came signal for controlling the power supply or the like from the basic chassis 20, so that the signal is transmitted to the power controller 81 via the SATA drive B (51β).

なお、電源コントローラ81が受信するSESドライブを交代する旨の信号は、オペレータからの指示により基本筐体20が電源コントローラ81に送信することとしてもよいが、ユーザにより設定されたタイミングで基本筐体20から送信することとしてもよい。 The signal indicating the alternating SES drive power controller 81 is received, but may be the basic chassis 20 by an instruction from an operator sends to the power controller 81, the basic enclosure at a timing set by the user it may be transmitted from the 20.

以上のように、電源コントローラ81が基本筐体20からSESドライブを交代する旨の信号を受信すると、SESドライブがSATAドライブA(51β)からSATAドライブB(51β)へと入れ替わる。 As described above, when the power controller 81 receives a signal indicating a replacement of the SES drive from the basic enclosure 20, SES drives are switched from SATA drive A (51β) to SATA drive B (51β). このSESドライブの入れ替え処理をあるSATAドライブ(51β)から他のSATAドライブ(51β)へと順次行うことにより、SESドライブが順番に入れ替わっていくことになる。 By sequentially performing from SATA drive that the replacement process of the SES drive (51β) to another SATA drive (51β), so that the SES drive goes interchanged in order. このようにSESドライブを順番に入れ替えることでディスクドライブ51βの寿命を均等化することが可能になる。 Thus it is possible to equalize the life of the disk drive 51β by interchanging the SES drive in order. なお、SESドライブのローテーションの方法は、上述した方法に限定されるものではなく、回路の構成等により当業者であれば容易に考えられるものも含まれる。 A method of SES drive rotation is not limited to the above-described method also includes what are considered readily by those skilled in the art by the configuration of the circuit.

<ディスクアレイ装置の基本動作> <Basic operation of the disk array device>
ディスクコントローラ部120は、FC−AL150を介して基本筐体20および増設筐体A30に収容されているディスクドライブ51と通信することで、ディスクドライブ51が「Ready」、「Not Ready」、「電源OFF」のいずれの動作状態にあるのかを把握することができる。 Disk controller 120, via the FC-AL150 By communicating with the disk drive 51 housed in the basic housing 20 and the additional chassis A30, disk drive 51 is "Ready", "Not Ready", "Power it is possible to grasp whether or not there's any of the operating state of OFF ". また、ディスクコントローラ部120は、ディスクドライブ51にコマンドを送信し、これによりディスクドライブ51の動作を制御する。 The disk controller unit 120 sends a command to the disk drive 51, thereby controlling the operation of the disk drive 51. なお、この状態把握や制御のための通信は、FC−ALやFCP(Fibre Channel Protocol for SCSI)などのプロトコルに従って行われる。 The communication for this state grasping and control is performed according to a protocol, such as the FC-AL and FCP (Fibre Channel Protocol for SCSI). また、ディスクコントローラ部120は、ディスクドライブ52の動作状態に応じて冷却ファン66の冷却能力を制御する。 The disk controller 120 controls the cooling capacity of the cooling fan 66 in accordance with the operating state of the disk drive 52.

これらの制御は、例えば、ユーザが図7に示される設定画面において、あるディスクドライブ51の動作状態を変更する場合や、ホストコンピュータ300から「電源OFF」の状態にあるディスクドライブ51にデータの書き込み/読み出し要求があった場合などに行われる。 These controls, for example, the setting screen by the user is shown in Figure 7, and when changing the operational state of a disk drive 51, the write from the host computer 300 to the disk drive 51 in the state of "Power OFF" of the data / read request is made in a case where there. また、ユーザなどのバックアップ指示に応じてあるディスクドライブ51(「Ready」の動作状態にあるディスクドライブ)に記憶されているデータをバックアップ専用のディスクドライブ51(「電源OFF」の動作状態にあるディスクドライブ)に記憶させる場合にも行われる。 The disk in the operating state of the disk drive 51 of the dedicated backup data stored in the (disk drives in the operating state of "Ready") disk drive 51 which are subject to backup instruction, such as a user ( "Power OFF" also performed if to be stored in the drive). 以下に、ユーザなどのバックアップ指示に応じてディスクドライブ51の動作の制御及び冷却装置の冷却能力の制御に行われる処理シーケンスを例に挙げて説明することとする。 Hereinafter there will be described an example processing sequence performed to control the cooling capacity of the control and cooling device of the operation of the disk drive 51 in accordance with the backup instruction, such as a user.

図12にディスクドライブの動作及び冷却ファン66の冷却能力の制御に行われる処理シーケンスを説明するフローチャートを示す。 Figure 12 shows a flowchart illustrating a processing sequence performed to control the cooling capacity of the operation and the cooling fan 66 of the disk drive.

まず、管理コンピュータ500は、LAN400を介してディスクアレイ装置10にバックアップさせるためのバックアップ要求を送信する。 First, the management computer 500 transmits a backup request to the backup to the disk array device 10 via the LAN 400. ディスクアレイ装置10がバックアップ要求を受信すると、メモリやディスクドライブ51に記憶されているディスクドライブ管理テーブルを参照して、バックアップ先のディスクドライブ51βの動作状態を確認し、バックアップ処理を開始する。 When the disk array device 10 receives the backup request refers to the disk drive management table stored in the memory or disk drive 51, to check the operation status of the disk drive 51β backup destination, it initiates the backup process. なお、初期状態として、増設筐体A30に収容されているディスクドライブ51βは「電源OFF」の状態にあり、冷却ファン66は低消費電力モードで動作しているものとする。 As an initial state, a disk drive 51β housed in the additional casing A30 is in a state of "Power OFF", the cooling fan 66 is assumed to operate in the low power consumption mode. また、基本筐体20に収容されているディスクドライブ51αは「Ready」の動作状態にあり、冷却ファン66は通常運転を行っているものとする。 Further, the disk drive 51α housed in the basic housing 20 is in the operating state of "Ready" shall cooling fan 66 which performs the normal operation.

ディスクアレイ装置10がバックアップ要求を受信すると(S1200)、増設筐体A30の電源コントローラ81に対し、冷却ファン66の回転数を上昇させるように指示するコマンドを、制御ライン48を介して送信する。 When the disk array device 10 receives the backup request (S1200), to power supply controller 81 of the additional chassis A30, an instruction command to increase the rotational speed of the cooling fan 66, it is transmitted via the control line 48. これを受信した電源コントローラ81は、冷却ファン66の回転数を上昇させる(S1201)。 Power supply controller 81 that has received this, increases the rotational speed of the cooling fan 66 (S1201). なお、冷却ファン66の回転数は、この段階で、最終的にオペレータが指定したディスクドライブ51βが「Ready」の動作状態となった場合に発生する熱を排出するのに必要となる回転数まで、あらかじめ上昇させておくようにすることもできる。 The rotation speed of the cooling fan 66, at this stage, until the rotational speed required to ultimately drive 51β is specified by the operator to discharge the heat generated when it becomes the operating state of "Ready" It can be so kept raised beforehand. これによりディスクドライブ51βの「Ready」の動作状態への立ち上がりが冷却ファン66の回転数の上昇に先行し、これにより筐体内の温度が上昇してしまうのを防ぐことができる。 Thus the rise of the operating state of "Ready" on the disk drive 51β precedes the increase in the rotational speed of the cooling fan 66, thereby preventing the temperature in the enclosure rises. また、オペレータが指定したディスクドライブ51βの立ち上がり状況に応じて徐々に冷却ファン66の回転数を上昇させていくようにすることもできる。 It is also possible to make gradually increase the rotational speed of the cooling fan 66 in response to the rising status of the disk drive 51β specified by the operator. また回転数ではなく冷却ファン66の稼働台数を調節する場合には、オペレータが指定したディスクドライブ51βの立ち上がり状況に応じて稼働させる冷却ファン66の台数を徐々に増やしていくようにすることもできる。 In the case of adjusting the number of operating the cooling fan 66 rather than the rotational speed can also be adapted gradually increasing the number of cooling fan 66 to operate in response to the rising status of the disk drive 51β specified by the operator . このように冷却ファン66をその時々の状態に必要十分な状態で稼働させることで、より効果的に省電力化や低騒音化を図ることができる。 Thus the cooling fan 66 be to operate at any given time the state necessary and sufficient condition, it is possible to more effectively save power and reduce noise.

つぎに、ディスクコントローラ部120は、電源コントローラ81に対し、オペレータが指定したディスクドライブ51βへの電源供給を開始するように指示するコマンドを制御ライン48を介して送信する。 Next, the disk controller 120, to the power controller 81, and transmits via the control line 48 a command instructing to start the supply of power to the disk drive 51β specified by the operator. これを受信した電源コントローラ81は、AC/DC電源57を制御して、オペレータが指定したディスクドライブ51βへの電源供給を開始する(S1202)。 Power supply controller 81 that has received this, by controlling the AC / DC power supply 57 starts supplying power to the disk drive 51β specified by the operator (S1202). これにより当該ディスクドライブ51βは、「Not Ready」の動作状態から「Ready」の動作状態へ移行する。 Thus the disc drive 51β shifts from the operating state of "Not Ready" to the operating state of "Ready".

ディスクコントローラ部120は、制御ライン48を介した問い合わせ(例えば、ポーリング)により、ディスクドライブ51βの動作状態を監視しており、当該ディスクドライブ51βがデータの読み出し/書き込みが可能な「Ready」の動作状態になったことを認知すると、オペレータが指定したディスクドライブ51αに記憶されているデータを当該ディスクドライブ51βに記憶させるための処理を開始する(S1203)。 Disk controller 120, a query via the control line 48 (e.g., polling), monitors the operation status of the disk drive 51Beta, operation of the disk drive 51Beta is capable of reading / writing of data "Ready" When recognizing that the state, and starts processing for storing the data stored in the disk drive 51α specified by the operator to the disk drive 51β (S1203). この処理が終了したことをディスクコントローラ部120が認知すると、ディスクドライブ51βに対し、「Ready」の動作状態から「電源OFF」の動作状態に移行するように指示するコマンドを、制御ライン48を通じて送信する(S1204)。 When that process is completed disk controller 120 recognizes transmission, the disk drive 51Beta, a command instructing to shift from the operating state of "Ready" to the operating state of "Power OFF", through control line 48 to (S1204). これによりディスクドライブ51βが「電源OFF」の状態となる(S1205)。 This disk drive 51β is the state of the "Power OFF" (S1205).

ディスクコントローラ部120は、制御ライン48を介した問い合わせにより、ディスクドライブ51βの動作状態を監視しており、当該ディスクドライブ51βが「電源OFF」の状態に移行したことを認知すると、制御ライン48を通じてその増設筐体30に装着されている冷却ファンユニット58の冷却ファン66の回転数を低下させるように指示するコマンドを、増設筐体A30の電源コントローラ81に送信する(S1206)。 Disk controller 120, a query via the control line 48, which monitors the operation status of the disk drive 51Beta, when the disc drive 51Beta to recognize that the transition to the state of "Power OFF", through control line 48 a command instructing to reduce the rotational speed of the cooling fan 66 of the cooling fan unit 58 mounted on the additional casing 30, and transmits to the power supply controller 81 of the additional chassis A30 (S1206). これを受信した電源コントローラ81は、例えば、冷却ファン66の駆動電圧を低下させることで、冷却ファン66の回転数を低下させ(S1207)、バックアップ処理を終了する。 Power supply controller 81 that has received this, for example, by lowering the driving voltage of the cooling fan 66, to reduce the rotational speed of the cooling fan 66 (S1207), and ends the backup processing.

なお、この制御は、例えば、ディスクドライブ51βが冷却ファンユニット58に回転数を低下させるように指示するコマンドを送信し、制御そのものは冷却ファンユニット58側に実装されているCPU側で行うようにすることもできる。 This control may, for example, sends a command to the disk drive 51β instructs to reduce the rotational speed to the cooling fan unit 58, so that the control itself is performed at the CPU side that is mounted to the cooling fan unit 58 side it is also possible to. 冷却ファン66の回転数をどの程度低下させるかは、ディスクドライブ51βの動作状態に応じて十分となるように決定することとしてもよい。 How much to lower the rotation speed of the cooling fan 66 may be determined to be sufficient in accordance with the operating state of the disk drive 51Beta. また、ディスクドライブ51の稼働状況に応じて電源コントローラ81によりAC/DC電源57を制御して、冷却ファン66の稼働台数を調節する構成としてもよい。 Further, by controlling the AC / DC power supply 57 by the power supply controller 81 in accordance with the operational status of the disk drive 51 may be configured to adjust the number of operating the cooling fan 66.

さらに、ディスクコントローラ部120もしくは増設筐体30の電源コントローラ81などによりディスクドライブ51βの動作状態をリアルタイム、もしくは、短いインターバルで監視して、刻々と変化するディスクドライブ51βの動作状態に応じてきめ細かく冷却ファン66の回転数を制御するようにすることもできる。 Moreover, real-time operating state of the disk drive 51β due power supply controller 81 of the disk controller 120 or expansion housing 30, or monitors at short intervals, finely cooled in accordance with the operating state of the disk drive 51β ever-changing it is also possible to control the rotational speed of the fan 66. また、センサーなどで検知した温度に基づいて最適な回転数に自動的に設定する構成とすることもできる。 It is also possible to adopt a configuration to automatically set the optimum speed based on the temperature detected, such as a sensor.

以上のように、バックアップなどの必要時において、ディスクドライブ51の動作や冷却ファン66の冷却能力を制御することができることから、省電力化、低騒音化を図ることが可能になる。 As described above, in the necessary time such as backup, since it is possible to control the cooling capacity of the operation and the cooling fan 66 of the disk drive 51, it is possible to achieve power saving, noise reduction.

以上本実施の形態について説明したが、上記実施例は本発明の理解を容易にするためのものであり、本発明を限定して解釈するためのものではない。 It has been described the embodiment above, but the examples are intended to facilitate understanding of the present invention and are not to be construed as limiting the present invention. 本発明はその趣旨を逸脱することなく変更、改良され得ると共に、本発明にはその等価物も含まれる。 The present invention is modified without departing from the spirit and improvements to the present invention includes equivalents thereof.

===他の実施形態=== === Other embodiments ===
以上に説明したディスクコントローラ部120や電源コントローラ81に実装される各種の機能は、必ずしも前述したような形態で実装されている必要はなく、各機能をディスクコントローラ部120もしくは電源コントローラ81のいずれに実装するかは各種の事情に応じて自由に設定することができる。 Various functions implemented in the disk controller 120 and power supply controller 81 described above is not necessarily implemented in the form as described above, the functions in any of the disk controller 120 or the power controller 81 or implementation can be set freely according to various circumstances.

基本筐体20や増設筐体30に装着される冷却装置は、前述の冷却ファンユニット58に限られず、他の種類の冷却手段であってもよく、例えば、水冷式の冷却装置やペルチェ素子などであってもよい。 Cooling device to be mounted on the basic chassis 20 and additional casing 30 is not limited to the cooling fan unit 58 described above, may be another type of cooling means, for example, such as a cooling device or a Peltier element water-cooled it may be.

他の実施の形態としては、各ディスクドライブ51に対するホストコンピュータ300のアクセス頻度を計測する機能をディスクアレイ装置10に設け、所定の期間内において、通常「電源OFF」の動作状態にあるディスクドライブ(例えば、SATAドライブ)51へのアクセス頻度が所定の閾値を超えたとディスクアレイ装置10が判断した場合には、そのディスクドライブ51に記憶されているデータを通常「Ready」の動作状態にあるディスクドライブ(例えば、FCドライブ)51に記憶させる機能を設けることとしてもよい。 As another embodiment, the function of measuring the access frequency of the host computer 300 to each disk drive 51 provided in the disk array apparatus 10, within a predetermined period of time, the disk drive is in operation the normal "power OFF" ( for example, if the access frequency to SATA drives) 51 disk array device 10 has exceeded a predetermined threshold value, the disk drive with the data stored in the disk drive 51 to the operating state of the normal "Ready" (e.g., FC drives) may be provided a function of storing 51. これにより、ドライブの平均的な寿命の確保による保守効率の向上を可能にすることができる。 Thus, it is possible to enable improvement of the maintenance efficiency by ensuring the average life of the drive.

本発明は、ディスクアレイ装置以外の記憶装置、例えば、記憶デバイスとしてディスクドライブではなく、半導体ディスクを用いた記憶装置などにも適用することもできる。 The present invention, storage devices other than disk array device, for example, rather than a disk drive as storage devices, may also be applied to such memory device using a semiconductor disk.

本実施の形態におけるストレージシステムの全体構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the overall configuration of a storage system of this embodiment. 本実施の形態における基本筐体の構成の一例を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an example of the basic chassis structure of the present embodiment. 本実施の形態における増設筐体の構成の一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of the configuration of the expanded chassis in this embodiment. 本実施の形態におけるディスクドライブの構成の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a disk drive configuration of this embodiment. 本実施の形態におけるディスクアレイ装置のハードウェア構成の一例を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an example of a hardware configuration of the disk array device of this embodiment. 本実施の形態におけるディスクアレイ装置の回路構成を示す図である。 It is a diagram showing a circuit configuration of the disk array device of this embodiment. 本実施の形態における設定画面の一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of a setting screen according to the present embodiment. 本実施の形態におけるディスクドライブ管理テーブルの一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a disk drive management table in this embodiment. 本実施の形態におけるSESドライブとして運用する場合のハードウェア構成の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a hardware configuration for operating as SES drives in this embodiment. 本実施の形態におけるSATAドライブのみを収容した増設筐体A30の回路構成を示す図である。 Is a diagram showing a circuit configuration of the expanded chassis A30 accommodating only SATA drives in this embodiment. 本実施の形態におけるSESドライブの入れ替え処理を説明するためのフローチャートを示す図である。 It is a diagram showing a flowchart for explaining the replacement process of the SES drive in this embodiment. 本実施の形態におけるディスクドライブの動作及び冷却ファン66の冷却能力の制御に行われる処理シーケンスを説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a processing sequence performed to control the cooling capacity of the operation and the cooling fan 66 of the disk drive of the present embodiment.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 ディスクアレイ装置 11 ラックフレーム12 マウントフレーム 20 基本筐体30 増設筐体 48 制御ライン49 電源供給ライン 51 ディスクドライブ51α FCドライブ 51β SATAドライブ52 ディスクドライブユニット 56 電源コントローラボード57 AC/DC電源 58 冷却ファンユニット59 コントローラボード 61 通信インターフェースボード62 キャッシュメモリ 64 ブレーカスイッチ66 冷却ファン 67 コネクタ70 ディスクドライブの筐体 73 磁気ディスク85 メインスイッチ 81 電源コントローラ91 ファイバチャネルケーブル 100 コントローラ110 通信制御部 120 ディスクコントローラ部150 FC−AL 160 PBC 10 the disk array device 11 the rack frame 12 mount frame 20 basic chassis 30 additional chassis 48 control line 49 power supply line 51 disk drives 51Arufa FC drive 51Beta SATA drives 52 disk drive unit 56 power controller board 57 AC / DC power supply 58 cooling fan unit 59 controller board 61 a communication interface board 62 cache memory 64 the breaker switch 66 cooling fan 67 connector 70 of the disk drive housing 73 the magnetic disk 85 main switch 81 power supply controller 91 fiber channel cable 100 controller 110 communication controller 120 disk controllers 0.99 FC- AL 160 PBC
170 コンバータ 180 端子190 端子 195 スイッチ(SW) 170 converter 180 pin 190 pin 195 switch (SW)
200 SAN 300 ホストコンピュータ400 LAN 500 管理コンピュータ 200 SAN 300 host computer 400 LAN 500 management computer

Claims (18)

  1. データの入出力要求を受け付ける通信制御部と、ディスクドライブを制御するディスクコントローラ部と、前記通信制御部と前記ディスクコントローラ部との間で授受するデータを一時的に記憶するキャッシュメモリとを有するコントローラと、 Controller having a communication control unit which receives the output request of data, a disk controller for controlling the disk drive, a cache memory for temporarily storing data to be exchanged between said communication control unit disk controllers When,
    1つの前記ディスクコントローラ部に当該ディスクコントローラ部との間で通信を行うための通信インターフェースが異なる複数のディスクドライブが通信可能に接続する構成と、 Configuration and one of the communication interfaces different disk drives for communication between the disk controller to the disk controller unit is communicatively connected to,
    を含むディスクアレイ装置。 The disk array device including a.
  2. 請求項1に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 1,
    前記ディスクコントローラ部と前記複数のディスクドライブは、ループ状の通信経路によって通信可能に接続されていることを特徴とするディスクアレイ装置。 Wherein the disk controller plurality of disk drives, the disk array apparatus characterized by being communicatively connected by a loop-shaped communication path.
  3. 請求項2に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 2,
    前記通信経路の通信方式は、前記通信インターフェースの1つに適合することを特徴とするディスクアレイ装置。 The communication method of the communication path, the disk array apparatus, characterized in that it conforms to one of the communication interface.
  4. 請求項2に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 2,
    前記通信経路の通信方式に適合しない通信インターフェースを有する前記ディスクドライブは、前記通信インターフェースを前記通信方式に適合させるためのコンバータを介して前記通信経路に接続されていることを特徴とするディスクアレイ装置。 Wherein said disk drive having a communication interface that does not conform to the communication method of the communication path, the disk array apparatus characterized by being connected to the communication interface to the communication path through the converter for adapting to the communication system .
  5. 請求項2に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 2,
    前記ループ状の通信経路は、FC−AL(Fibre Channel Arbitrated Loop)の方式で通信可能な通信経路であることを特徴とするディスクアレイ装置。 The loop of the communication path, FC-AL (Fibre Channel Arbitrated Loop) disk array and wherein the method is a communication possible communication paths in the.
  6. 請求項1に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 1,
    前記通信インターフェースが異なる複数のディスクドライブには、シリアルATAドライブとFCドライブとが含まれることを特徴とするディスクアレイ装置。 Wherein the communication interface is different disk drives, the disk array apparatus, characterized in that it includes a Serial ATA drives and FC drives.
  7. 請求項1に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 1,
    前記通信インターフェースが一致するディスクドライブは同一筐体に収容され、前記筐体は筐体別に冷却能力を制御可能な冷却装置を備えることを特徴とするディスクアレイ装置。 The disk drive communications interface match is accommodated in the same housing, wherein the housing is a disk array apparatus, characterized in that it comprises a controllable cooling device the cooling capacity by housing.
  8. 請求項7に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 7,
    前記筐体に収容されているディスクドライブの動作状態に応じて前記冷却装置の冷却能力を制御する手段を備えることを特徴とするディスクアレイ装置。 The disk array device characterized by comprising means for controlling the cooling capacity of the casing the cooling device in accordance with the operating state of the disk drive is housed in.
  9. 請求項8に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 8,
    前記冷却装置は、冷却ファンであり、 The cooling device is a cooling fan,
    前記冷却装置の冷却能力を制御する手段は、前記冷却ファンの回転数を制御する手段であることを特徴とするディスクアレイ装置。 Said means for controlling the cooling capacity of the cooling apparatus, a disk array apparatus, characterized in that the means for controlling the rotation speed of the cooling fan.
  10. 請求項7に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 7,
    前記筐体に収容されている全てのディスクドライブが動作を停止している時には、前記冷却装置を低消費電力モードで動作させる手段を備えることを特徴とするディスクアレイ装置。 Wherein when all of the disk drives are housed in a casing has stopped operation, the disk array apparatus comprising means for operating the cooling device with low power consumption mode.
  11. 請求項1に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 1,
    特定の前記ディスクドライブに、前記ディスクコントローラ部と前記ディスクドライブの電源供給を制御する電源コントローラとを通信可能に接続するように動作させる手段を備えることを特徴とするディスクアレイ装置。 In particular the disk drives, the disk array apparatus, characterized in that it comprises a means for operating so as to connect the power supply controller for controlling the power supply of the said disk controller disk drive can communicate.
  12. 請求項11に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 11,
    前記特定のディスクドライブとして動作させるディスクドライブを設定されたタイミングで交代させる手段を備えることを特徴とするディスクアレイ装置。 The disk array apparatus, characterized in that it comprises means for alternating at the timing set the disk drive to operate as the particular disk drive.
  13. 請求項11に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 11,
    前記特定のディスクドライブは、FCドライブであることを特徴とするディスクアレイ装置。 The particular disk drive, a disk array apparatus, characterized in that the FC drive.
  14. 請求項1に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 1,
    前記通信インターフェースの通信規格が一致するディスクドライブ群ごとに動作を制御する手段を備えることを特徴とするディスクアレイ装置。 The disk array device characterized by comprising means for controlling the operation for each disk drive group communication standard of the communication interface matches.
  15. 請求項1に記載のディスクアレイ装置において、 The disk array apparatus according to claim 1,
    前記ディスクアレイ装置を冷却するための冷却装置と、 A cooling device for cooling the disk array apparatus,
    前記通信インターフェースの通信規格が一致するディスクドライブ群の動作状態に応じて前記冷却装置の冷却能力を制御する手段と、 It means for controlling the cooling capacity of the cooling device in accordance with the operating state of the disk drive group communication standard of the communication interface match,
    を備えることを特徴とするディスクアレイ装置。 The disk array apparatus comprising: a.
  16. データの入出力要求を受け付ける通信制御部と、ディスクドライブを制御するディスクコントローラ部と、前記通信制御部と前記ディスクコントローラ部との間で授受するデータを一時的に記憶するキャッシュメモリとを有するコントローラと、 Controller having a communication control unit which receives the output request of data, a disk controller for controlling the disk drive, a cache memory for temporarily storing data to be exchanged between said communication control unit disk controllers When,
    1つの前記ディスクコントローラ部に当該ディスクコントローラ部との間で通信を行うための通信インターフェースが異なる複数のディスクドライブが通信可能に接続する構成と、を備え、 And a configuration in which a communication interface is different disk drives are connected in a communication for communicating with the said disk controller to one of said disk controllers,
    特定の前記ディスクドライブに、前記ディスクコントローラ部と前記ディスクドライブの電源供給を制御する電源コントローラとを通信可能に接続するように動作させるステップと、 In particular the disk drive, comprising the steps of operating to connect the power supply controller for controlling the power supply of the disk drive and the disk controller can communicate,
    前記特定のディスクドライブとして動作させるディスクドライブを設定されたタイミングで交代させるステップと、 A step of alternating at the timing set the disk drive to operate as the specific disk drive,
    を備えることを特徴とするディスクアレイ装置の制御方法。 Method of controlling a disk array apparatus comprising: a.
  17. データの入出力要求を受け付ける通信制御部と、ディスクドライブを制御するディスクコントローラ部と、前記通信制御部と前記ディスクコントローラ部との間で授受するデータを一時的に記憶するキャッシュメモリとを有するコントローラと、 Controller having a communication control unit which receives the output request of data, a disk controller for controlling the disk drive, a cache memory for temporarily storing data to be exchanged between said communication control unit disk controllers When,
    1つの前記ディスクコントローラ部に当該ディスクコントローラ部との間で通信を行うための通信インターフェースが異なる複数のディスクドライブが通信可能に接続する構成と、を備え、 And a configuration in which a communication interface is different disk drives are connected in a communication for communicating with the said disk controller to one of said disk controllers,
    前記通信インターフェースが一致するディスクドライブ群ごとに動作を制御することを特徴とするディスクアレイ装置の制御方法。 Method of controlling a disk array device and controls the operation for each disk drive group in which the communication interface is identical.
  18. データの入出力要求を受け付ける通信制御部と、ディスクドライブを制御するディスクコントローラ部と、前記通信制御部と前記ディスクコントローラ部との間で授受するデータを一時的に記憶するキャッシュメモリとを有するコントローラと、 Controller having a communication control unit which receives the output request of data, a disk controller for controlling the disk drive, a cache memory for temporarily storing data to be exchanged between said communication control unit disk controllers When,
    1つの前記ディスクコントローラ部に当該ディスクコントローラ部との間で通信を行うための通信インターフェースが異なる複数のディスクドライブが通信可能に接続する構成と、を備えるディスクアレイ装置に、 The disk array device and a configuration in which a communication interface is different disk drives are connected in a communication for communicating with the said disk controller to one of said disk controllers,
    前記ディスクアレイ装置内を冷却するための冷却装置を備え、 A cooling device for cooling the disk array apparatus,
    前記通信インターフェースが一致するディスクドライブ群ごとの動作状態に応じて前記冷却装置の冷却能力を制御することを特徴とするディスクアレイ装置の制御方法。 Method of controlling a disk array device and controls the cooling capacity of the cooling device in accordance with the operation state of each disk drive group in which the communication interface is identical.
JP2007304175A 2007-11-26 2007-11-26 Disk array device and control method therefor Pending JP2008135031A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007304175A JP2008135031A (en) 2007-11-26 2007-11-26 Disk array device and control method therefor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007304175A JP2008135031A (en) 2007-11-26 2007-11-26 Disk array device and control method therefor

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003145111 Division

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008135031A true JP2008135031A (en) 2008-06-12

Family

ID=39559806

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007304175A Pending JP2008135031A (en) 2007-11-26 2007-11-26 Disk array device and control method therefor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008135031A (en)

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11184570A (en) * 1997-12-25 1999-07-09 Hitachi Computer Peripherals Co Ltd Device provided with power source
JP2000200156A (en) * 1999-01-07 2000-07-18 Hitachi Ltd Disk array controller
JP2000339098A (en) * 1999-03-25 2000-12-08 Dell Usa Lp Storage domain management system
JP2002207629A (en) * 2001-01-12 2002-07-26 Hitachi Ltd Storage service providing method and storage system
JP2002333954A (en) * 2001-01-31 2002-11-22 Hewlett Packard Co <Hp> Data storage system
JP2003036126A (en) * 2001-07-26 2003-02-07 Nec Corp Scsi enclosure device

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11184570A (en) * 1997-12-25 1999-07-09 Hitachi Computer Peripherals Co Ltd Device provided with power source
JP2000200156A (en) * 1999-01-07 2000-07-18 Hitachi Ltd Disk array controller
JP2000339098A (en) * 1999-03-25 2000-12-08 Dell Usa Lp Storage domain management system
JP2002207629A (en) * 2001-01-12 2002-07-26 Hitachi Ltd Storage service providing method and storage system
JP2002333954A (en) * 2001-01-31 2002-11-22 Hewlett Packard Co <Hp> Data storage system
JP2003036126A (en) * 2001-07-26 2003-02-07 Nec Corp Scsi enclosure device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8009385B2 (en) High density array system with active movable media drawers
US6976116B2 (en) Disk subsystem
US9710168B2 (en) Storage system
US7583507B2 (en) High density array system having multiple storage units with active movable media drawers
US7043605B2 (en) Disk array apparatus
US6915363B2 (en) System for selectively controlling spin-up control for data storage devices in an array using predetermined out of band (OOB) signals
EP1956489B1 (en) Storage control unit and data management method
US8656099B2 (en) Storage apparatus and storage control method for the same
US8131892B2 (en) Storage apparatus and a data management method employing the storage apparatus
EP1376591A2 (en) Disk drive storage apparatus and control method therefor
US6915381B2 (en) System and method for transferring data from a secondary storage controller to a storage media after failure of a primary storage controller
EP1643353A2 (en) Storage controller, storage control system and storage control method
US20070230110A1 (en) High density array system with active storage media support structures
US6886054B2 (en) Storage system, switch, storage medium having a program, storage system management method to manage data frames output from a switch to storage locations using correspondence data in a switch
EP1574957A1 (en) Disk array including plural exchangeable magnetic disk unit
US8930611B2 (en) Storage system and control method thereof
US7457981B2 (en) Anomaly notification control in disk array
US7073022B2 (en) Serial interface for a data storage array
EP1571542A1 (en) Storage control system and method
US7631218B2 (en) RAID system and Rebuild/Copy back processing method thereof
JP4412685B2 (en) Handling of the storage control device and a data storage system using the same
US8416571B2 (en) Storage apparatus and method of controlling cooling fans for storage apparatus
US7573715B2 (en) High density storage system
EP1746490A1 (en) Storage controller and storage system
JP4555036B2 (en) Device switching control method for a storage device and storage device

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100727

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110222