JP2008128492A - External heating-type rotary kiln and screw feeder - Google Patents

External heating-type rotary kiln and screw feeder Download PDF

Info

Publication number
JP2008128492A
JP2008128492A JP2006310132A JP2006310132A JP2008128492A JP 2008128492 A JP2008128492 A JP 2008128492A JP 2006310132 A JP2006310132 A JP 2006310132A JP 2006310132 A JP2006310132 A JP 2006310132A JP 2008128492 A JP2008128492 A JP 2008128492A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
heating
shaft
object
rotary kiln
tube
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2006310132A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5409995B2 (en )
Inventor
Masanori Ito
Koichi Kachi
Akira Kagohashi
Hajime Kishi
昌則 伊藤
更一 可知
肇 岸
章 籠橋
Original Assignee
Takasago Ind Co Ltd
高砂工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an external heating-type rotary kiln capable of inhibiting attachment of a treated object upstream of a heating section of a pipe body with a simple structure, and to provide a screw feeder capable of discharging an exhaust gas generated from the treated object to the outside of the pipe body.
SOLUTION: This external heating-type rotary kiln 1 comprises the pipe body 2 having the heating section A for heating the heated object H inside, a heating portion 6 for heating the heating section A from the outside of the pipe body 2, and a screw feeder 3 having a supply pipe 30 inserted into the pipe body 2 from axial one end of the pipe body 2, a shaft 31 disposed at a radial inner side of the supply pipe 30, and a screw 32 disposed around the shaft and conveying the treated object H at the inside of the supply pipe 30. An exhaust passage 310 for discharging the exhaust gas generated from the treated object H in the heating section A to the outside of the pipe body 2, is disposed inside of the shaft 31.
COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、管体内部の被処理物を管体外部から加熱する外熱式ロータリーキルンおよびロータリーキルンなどに被処理物を搬入するスクリューフィーダーに関する。 The present invention relates to a screw feeder for loading an object to be processed such as the external heating rotary kiln and rotary kiln for heating an object of the tube body portion from the tube outside.

図7に、従来の外熱式ロータリーキルンの軸方向断面図を示す。 Figure 7 shows an axial cross-sectional view of a conventional external heating rotary kiln. 図7に示すように、外熱式ロータリーキルン100は、主に、管体101と加熱部102とスクリューフィーダー103とを備えている。 As shown in FIG. 7, externally heated rotary kiln 100 is mainly provided with a tube 101 and the heating portion 102 and the screw feeder 103. 被処理物hは、スクリューフィーダー103により搬送され、管体101内部に供給される。 Treatment object h is conveyed by the screw feeder 103, it is supplied to the internal tube 101. 供給された被処理物hは、管体101内部を、後方(上流側)から前方(下流側)に向かって、移動する。 Treatment object h was supplied, the tube 101 inside, toward the rear (upstream side) to the front (downstream side), to move. 加熱区間104を通過する際、被処理物hは、管体101外部に配置された加熱部102により、加熱される。 When passing through the heating section 104, the processing object h is the heating unit 102 disposed tube 101 outside, is heated. このため、被処理物hは熱処理される。 Therefore, the treatment object h is heat treated.

ここで、熱処理される被処理物hからは、水蒸気が発生する。 Here, the object to be treated h to be heat treated, water vapor is generated. 発生した水蒸気は、ブロワー106の吸引力により、管体101の後端(上流端)から、排気管105を介して、管体101外部に排気される。 Generated steam is by a suction force of the blower 106, from the rear end of the tube 101 (upstream end), via the exhaust pipe 105 and is exhausted to the tube 101 outside.
特開2003−207273号公報 JP 2003-207273 JP

ところで、図7の外熱式ロータリーキルン100の場合、スクリューフィーダー103は、加熱区間104の後方(上流側)までしか挿入されていない。 In the case of externally heated rotary kiln 100 in FIG. 7, the screw feeder 103 is only not inserted to the rear of the heating section 104 (upstream side). このため、スクリューフィーダー103から放出された被処理物hは、加熱区間104に到達する前に、管体101内周面に落下する。 Therefore, the treatment object h released from the screw feeder 103, before reaching the heating section 104, falls to 101 inner peripheral surface tube. 言い換えると、被処理物hは、加熱区間104よりも温度の低い低温区間107に落下する。 In other words, the object to be treated h falls down to the low temperature section 107 lower temperature than the heating section 104.

ここで、低温区間107においては、加熱区間104で被処理物hから発生した水蒸気の一部が、冷却されて液体に戻ってしまう。 Here, in the low temperature section 107, a part of the water vapor generated from the object to be treated h with heating section 104, thereby returning the cooled to the liquid. このため、管体101の低温区間107の内周面に結露が発生する。 Therefore, dew condensation occurs on the inner peripheral surface of the low temperature section 107 of the tube 101. したがって、スクリューフィーダー103から落下した被処理物hが、水分を吸収し、低温区間107の内周面に付着してしまう。 Therefore, the treatment object h dropped from the screw feeder 103, absorbs moisture, adheres to the inner circumferential surface of the low-temperature section 107.

この点に鑑み、特許文献1の外熱式ロータリーキルンの管体には、径方向外側に突出する排気筒が配置されている。 In view of this point, the tube having an outer heat rotary kiln in Patent Document 1, an exhaust pipe which protrudes outward in a radial direction is disposed. 排気筒の流入口は、低温区間に配置されている。 Inlet of the exhaust tube is arranged in the cold section. このため、特許文献1に記載の外熱式ロータリーキルンによると、低温区間から管体外部に、水蒸気を、直接排気することができる。 Therefore, according to the external heating rotary kiln described in Patent Document 1, the tube outside from the low temperature section, the steam can be exhausted directly. したがって、低温区間における結露を抑制することができる。 Therefore, it is possible to suppress dew condensation at low temperature section.

しかしながら、特許文献1に記載の外熱式ロータリーキルンの場合、排気筒を、管体から径方向外部に突設する必要がある。 However, in the case of externally heated rotary kiln described in Patent Document 1, the exhaust pipe, it is necessary to project from the tube body in the radial direction outside. このため、構造が複雑であり、加工が面倒である。 For this reason, the structure is complicated, the processing is troublesome. また、設備コストが高騰化してしまう。 In addition, the equipment cost is soaring reduction.

本発明の外熱式ロータリーキルンおよびスクリューフィーダーは、上記課題に鑑みて完成されたものである。 Externally heated rotary kiln and the screw feeder of the present invention has been completed in view of the problem described above. したがって、本発明は、管体の加熱区間よりも上流側における被処理物の付着を、簡単な構造で抑制可能な外熱式ロータリーキルンを提供することを目的とする。 Accordingly, the present invention aims to than the heating section of the pipe the attachment of the article to be treated on the upstream side, provides externally heated rotary kiln which can be suppressed by a simple structure. 並びに、本発明は、被処理物から発生した排ガスを、管体内部から外部に排気可能なスクリューフィーダーを提供することを目的とする。 And, the present invention is an exhaust gas generated from the processing object, and an object thereof is to provide a evacuable screw feeder from inside the tube to the outside.

(1)上記課題を解決するため、本発明の外熱式ロータリーキルンは、略水平に配置され軸回りに回転可能であって、内部に被処理物を加熱する加熱区間を有する管体と、該管体の外部から該加熱区間を加熱する加熱部と、該管体の軸方向一端から該管体の内部に挿入される供給パイプと、該供給パイプの径方向内側に配置され軸回りに回転可能なシャフトと、該シャフトに周設され該シャフトと共に回転することにより該供給パイプ内部において該被処理物を搬送するスクリューと、を持つスクリューフィーダーと、を備えてなる外熱式ロータリーキルンであって、前記シャフトの内部には、前記加熱区間で前記被処理物から発生する排ガスを、前記管体の外部に排気する排気通路が配置されていることを特徴とする(請求項1に対応)。 (1) To solve the above problems, externally heated rotary kiln of the present invention is rotatable in a substantially horizontally disposed axis, and a tubular body having a heating section for heating an object therein, the rotation from the outside of the tube and the heating section for heating the heating section, the supply pipe is inserted from one axial end of the tube body in the interior of the tube body, about the axis disposed radially inward of the feed pipe a shaft capable, a externally heated rotary kiln comprising and a screw feeder having a screw for conveying the 該被 treated inside the feed pipe by rotating together with the shaft is provided around the said shaft inside the shaft, an exhaust gas generated from said object to be processed with the heating section, wherein the exhaust passage for exhausting to the outside of the tubular body is arranged (corresponding to claim 1).

本発明の外熱式ロータリーキルン(以下、適宜「ロータリーキルン」と略称する。)によると、スクリューフィーダーのシャフトに、被処理物から発生した排ガスを排気するための排気通路が、配置されている。 Externally heated rotary kiln of the present invention (hereinafter, appropriately abbreviated as "rotary kiln".) According to the shaft of the screw feeder, an exhaust passage for exhausting the exhaust gas generated from the object to be processed is arranged. 排気通路を介して、水蒸気を含んだ排ガスは、管体の内部から外部に排気される。 Through an exhaust passage, an exhaust gas containing water vapor is exhausted from the interior of the tube to the outside. このため、管体の加熱区間よりも上流側において、結露が発生するおそれが小さい。 Therefore, the upstream side of the heating section of the tube, is less likely that condensation will occur. すなわち、被処理物が、管体やスクリューフィーダーなどに、付着するおそれが小さい。 That is, the object to be treated is, like the tube and screw feeder, is less likely to adhere.

また、本発明のロータリーキルンによると、前出特許文献1に記載のロータリーキルンのように、スクリューフィーダーとは別に、改めて排気筒などを配置する必要がない。 Further, according to the rotary kiln of the present invention, as a rotary kiln described in Patent Document 1 supra, apart from the screw feeder, it is not necessary to arrange the like anew stack. また、ロータリーキルンの管体そのものに、加工を施す必要がない。 Furthermore, the tubular body itself of the rotary kiln, it is not necessary to perform processing. したがって、ロータリーキルンの構造が簡単である。 Therefore, it is a simple structure of the rotary kiln. また、既存の管体をそのまま流用することができる。 Further, it is possible to directly use the existing pipe body.

また、本発明のロータリーキルンによると、加熱区間の上流側(加熱区間を含む。)から、排ガスが排気される。 Further, according to the rotary kiln of the present invention, from the upstream side of the heating section (including the heating section.), Exhaust gas is exhausted. このため、加熱区間通過後の被処理物に、水分などの排ガス成分が、再付着するおそれが小さい。 Therefore, the object to be treated after passing through the heating section, the exhaust gas components such as water, is less likely to re-adhere. したがって、加熱区間通過後の被処理物の品質が高い。 Therefore, a high quality of the heating section to be treated after passing through.

(2)好ましくは、上記(1)の構成において、前記スクリューフィーダーは、前記排気通路を通過する前記排ガスの熱を利用して、搬送中の前記被処理物を加熱する構成とする方がよい(請求項2に対応)。 (2) In the configuration of the above (1), the screw feeder, by utilizing heat of the exhaust gas passing through the exhaust passage, it is preferable to adopt a configuration that heats the treatment object during transport (corresponding to claim 2).

排気通路を流れる排ガスは、スクリューフィーダー搬送中の被処理物よりも、高温である。 Exhaust gas flowing through the exhaust passage, than the object to be processed in the screw feeder conveying a high temperature. 本構成によると、排気通路の通路壁などを介して、排ガスの熱を被処理物に伝達することができる。 With this configuration, via a passage wall of the exhaust passage, it is possible to transmit the heat of exhaust gas to be treated. すなわち、従来は、外部に排出されるだけだった排ガスの熱により、加熱前の被処理物を、予備加熱しておくことができる。 That is, conventionally, by the heat of the exhaust gas was only be discharged to the outside, the object to be treated before heating may have been preheated. このため、熱効率が高い。 For this reason, high thermal efficiency. したがって、従来のロータリーキルンと比較して、同程度の熱処理を、より低温の加熱条件(温度条件)で実現することができる。 Therefore, as compared with conventional rotary kiln, can be realized by a heat treatment comparable, colder heating conditions (temperature condition). また、より早く被処理物を加熱することができる。 Further, it is possible to heat the faster the object to be treated.

(3)好ましくは、上記(1)または(2)の構成において、前記排気通路における前記排ガスの流入口は、前記シャフトの下流側端部に開設されており、該シャフトの下流側端部は、前記加熱区間に配置されており、前記スクリューフィーダーにおける前記被処理物の流出口は、前記供給パイプの下流側端部に開設されており、該供給パイプの下流側端部は、該加熱区間よりも上流側であって該加熱区間よりも温度が低い低温区間に、配置されている構成とする方がよい(請求項3に対応)。 (3) In the configuration of the above (1) or (2), an inlet of the exhaust gas in the exhaust passage, said have been opened at the downstream end of the shaft, the downstream end of the shaft the are arranged in the heating section, the outlet of the processing object in the screw feeder, the are opened at the downstream end of the supply pipe, the downstream end of the supply pipe, said heating section a upstream of the low-temperature section temperature is lower than the heating zone, it is preferable to adopt a configuration which is arranged (corresponding to claim 3).

本構成によると、加熱区間内に、シャフトの下流側端部つまり排気通路の流入口を、配置している。 With this configuration, in a heating section, an inlet of the downstream side end portion, i.e. the exhaust passage of the shaft, are arranged. このため、加熱区間において発生した水蒸気を含む排ガスを、高温のまま排気通路に取り込むことができる。 Therefore, the exhaust gas containing water vapor generated in the heating section, can be incorporated into leave the exhaust passage of the high temperature. したがって、低温区間における結露を、より確実に抑制することができる。 Therefore, it is possible to condensation at low temperatures interval more reliably suppressed.

また、本構成によると、供給パイプの下流側端部つまり被処理物の流出口は、シャフトの下流側端部つまり排ガスの流入口よりも、上流側に配置されている。 Further, according to this configuration, the outlet of the downstream end portion that is a processed material supply pipe, than the inlet of the downstream end portion, i.e. the exhaust gas of the shaft is arranged on the upstream side. このため、供給パイプの流出口から管体内部に供給される被処理物が、そのまま排ガスの流入口に、流入してしまうおそれが小さい。 Therefore, the object to be treated which is supplied from the outlet of the supply pipe to the internal tubular body, directly to the inlet of the exhaust gas, is less likely to result in flows.

(4)好ましくは、上記(1)ないし(3)のいずれかの構成において、前記加熱部は、電磁誘導加熱により前記加熱区間を加熱する構成とする方がよい(請求項4に対応)。 (4) Preferably, in the configuration of (1) to (3), the heating unit (corresponding to claim 4) is better to adopt a configuration for heating the heating section by electromagnetic induction heating. 電磁誘導加熱の場合、コイルにより、管体の管壁に渦電流が発生する。 For the electromagnetic induction heating by the coil, an eddy current is generated in the tube wall of the tube. このため、管壁の電気抵抗により、管壁自体が発熱する。 Thus, the tube wall of the electrical resistance, the tube wall itself generates heat. すなわち、加熱区間に近接した管壁自体が、熱源となる。 That is, the tube wall itself close to the heating section is a heat source. したがって、より迅速に、加熱区間の被処理物を加熱することができる。 Therefore, more quickly, it is possible to heat the object to be processed of the heating section. また、より伝熱ロスを小さくすることができる。 Further, it is possible to reduce more heat transfer loss. また、ガスバーナー方式など他の加熱方式と比較して、温度制御が正確かつ容易である。 Further, as compared to other heating systems such as a gas burner system, the temperature control is accurate and easy.

(5)好ましくは、上記(1)ないし(4)のいずれかの構成において、さらに、前記管体の内部に過熱水蒸気を供給する過熱水蒸気供給部を持つ構成とする方がよい(請求項5に対応)。 (5) Preferably, in the construction of the above-mentioned (1) to (4), further, the mutual configuration with superheated steam supply unit for supplying superheated steam to the interior of the tubular body is good (claim 5 corresponding to). 本構成によると、過熱水蒸気が低温の被処理物に接触する際の凝縮熱を利用して、高効率の伝熱が可能である。 According to this configuration, by utilizing the heat of condensation when the superheated steam is in contact with the low temperature of the object to be treated, it is possible to heat transfer efficiency. このため、伝熱ロスを小さくすることができる。 Therefore, it is possible to reduce the heat transfer loss.

特に好ましくは、本構成と上記(4)の構成とを組み合わせた構成とする方がよい。 Particularly preferably, it is better to adopt a configuration that combines the structure of the configuration as above (4). こうすると、管体外部から電磁誘導加熱により、管体内部から過熱水蒸気加熱により、被処理物を加熱することができる。 In this way, by electromagnetic induction heating from the tube outside by superheated steam heating from the inside tube, it is possible to heat the object to be processed. また、加熱に酸素を必要としないため、例えば、無酸素雰囲気での焙煎処理などに好適である。 Moreover, since the heating oxygen does not require, for example, it is suitable for such roasted in an oxygen-free atmosphere.

(6)好ましくは、上記(1)ないし(5)のいずれかの構成において、さらに、前記管体の内部に配置され、軸部と該軸部から放射状に延在する複数の撹拌羽根とからなり、転動することにより前記被処理物を撹拌する、少なくとも一つの、かつ同一の転動部材を備える構成とする方がよい(請求項6に対応)。 (6) Preferably, in the configuration of (1) to (5), further, it is arranged inside the tube, and a plurality of stirring blades extending radially from the shaft portion and the shaft portion becomes, agitating the object to be treated by rolling, at least one, and (corresponding to claim 6) is better to adopt a configuration having the same rolling member.

転動部材は、管体の内部に、単一あるいは複数配置されている。 Rolling member, the interior of the tube, and is single or multiple arrangement. 複数配置される場合は、全ての転動部材は同一物である。 If the plurality of arranged, all the rolling members are same. 転動部材は、管体の軸回りの回転に伴って、自身の重心移動に伴い回転する。 Rolling members, in accordance with the rotation of the axis of the tube, is rotated along with the movement of the center of gravity of their own. 転動部材が回転する際、撹拌羽根が被処理物を掻き上げる。 When the rolling member rotates, the agitating blade is scraped an object to be processed. あるいは、撹拌羽根が被処理物を掻き落とす。 Alternatively, stirring blades scrape an object to be processed. このため、本構成によると、被処理物を充分に撹拌することができる。 Therefore, according to this configuration, it is possible to sufficiently stir the object to be processed. また、転動部材は、あたかもハンマリングのように内周面に衝突しながら、管体内部を回転する。 Further, the rolling member, though while colliding with the inner circumferential surface as hammering, to rotate the inner tube. このため、管体内周面に被処理物が付着するのを抑制することができる。 Therefore, it is possible to prevent the object to be processed is attached to the tube body circumference. また、転動部材は、加熱部からの伝熱により昇温する。 Further, the rolling member, the temperature is raised by heat transfer from the heating unit. このため、被処理物は、管体内周面のみならず転動部材からも加熱されることになる。 Therefore, the object to be treated would also heated from the rolling members not tube body circumference only. このように、転動部材を配置すると、被処理物の加熱面積が大きくなる。 Thus, placing the rolling member, the heating area of ​​the workpiece is increased.

(7)また、上記課題を解決するため、本発明のスクリューフィーダーは、管体の軸方向一端から該管体の内部に挿入される供給パイプと、該供給パイプの径方向内側に配置され軸回りに回転可能なシャフトと、該シャフトに周設され該シャフトと共に回転することにより該供給パイプ内部において被処理物を搬送するスクリューと、を持つスクリューフィーダーであって、前記シャフトの内部には、前記管体の内部で前記被処理物から発生する排ガスを、該管体の外部に排気する排気通路が配置されていることを特徴とする(請求項7に対応)。 (7) In order to solve the above problems, the screw feeder of the present invention is placed a supply pipe is inserted from one axial end of the tubular body inside the tube body, radially inward of the supply pipe axis a shaft rotatable around a screw feeder having a screw for conveying the object to be treated inside the feed pipe by rotating together with the shaft is provided around the said shaft, the inside of the shaft, the exhaust gas generated from said object to be treated inside of the tubular body, wherein the exhaust passage for exhausting to the outside of the tube body is arranged (corresponding to claim 7).

本発明のスクリューフィーダーによると、シャフトに、被処理物から発生した排ガスを排気するための排気通路が、配置されている。 According to the screw feeder of the present invention, the shaft, the exhaust passage for exhausting the exhaust gas generated from the object to be processed is arranged. このため、排気通路を介して、排ガスを、管体の内部から外部に排気することができる。 Therefore, through the exhaust passage, exhaust gases may be exhausted from the inside to the outside of the tube. なお、本発明のスクリューフィーダーは、例えば上記(1)〜(6)の構成のような外熱式ロータリーキルンは勿論、内熱式ロータリーキルンなどにも用いることができる。 Incidentally, the screw feeder of the present invention are for example external heating rotary kiln, such as in the configuration of (1) to (6), of course, can also be used, such as inner-heat rotary kiln.

本発明の外熱式ロータリーキルンによると、管体の加熱区間よりも上流側における被処理物の付着を、簡単な構造で抑制することができる。 According to external heating rotary kiln of the present invention, the adhesion of the workpiece on the upstream side of the heating section of the tube can be suppressed with a simple structure. 並びに、本発明のスクリューフィーダーによると、被処理物から発生した排ガスを、管体内部から外部に排気することができる。 And, according to the screw feeder of the present invention, it is possible to exhaust the exhaust gas generated from the object to be processed, from the internal tube to the outside.

以下、本発明の外熱式ロータリーキルンを、食品の焙煎処理に用いた実施の形態について説明する。 Hereinafter, the externally heated rotary kiln of the present invention, the embodiment using the roasted food is described. なお、以下の説明は、本発明のスクリューフィーダーの実施の形態についての説明を、兼ねるものである。 The following description, the description of the embodiments of the screw feeder of the present invention, also serves as.

<第一実施形態> <First embodiment>
まず、本実施形態の外熱式ロータリーキルンの構成について説明する。 First, the configuration of externally heated rotary kiln of the present embodiment. 図1に、本実施形態のロータリーキルンの斜視図を示す。 Figure 1 shows a perspective view of a rotary kiln of the present embodiment. 図2に、同ロータリーキルンの分解斜視図を示す。 Figure 2 shows an exploded perspective view of the rotary kiln. 図3に、同ロータリーキルンの軸方向断面図を示す。 Figure 3 shows an axial cross-sectional view of the rotary kiln. 図1〜図3に示すように、ロータリーキルン1は、主に、管体2とスクリューフィーダー3と上流側フード4とホッパー5と加熱部6(図1においては透過して、図2においては省略して、それぞれ示す。)と下流側フード7と過熱水蒸気供給部8と架台9とを備えている。 As shown in FIGS. 1 to 3, the rotary kiln 1 is mainly transmitted through in the tube 2 and the screw feeder 3 and the upstream side hood 4 and the hopper 5 and the heating unit 6 (FIG. 1, is omitted in FIG. 2 and, a respectively.) and the downstream side hood 7 and superheated steam supply unit 8 and the gantry 9.

架台9は、机状を呈している。 Frame 9, and has a desk-like. 架台9は、一対のローラー90と、一対のローラー91と、一対の軸受部92と、を備えている。 Frame 9 is provided with a pair of rollers 90, a pair of rollers 91, a pair of bearing portions 92, the. これらの部材は、架台9上面に、前後方向に並んで配置されている。 These members, the frame 9 top, are arranged side by side in the front-rear direction.

一対のローラー91は、架台9上面の前縁に配置されている。 A pair of rollers 91 is disposed in the front edge of the frame 9 top. ローラー91の回転軸は、前後方向に延在している。 The rotation axis of the roller 91 extends in the front-rear direction. 一対のローラー91は、左右方向に並んで配置されている。 A pair of rollers 91 are arranged side by side in the horizontal direction. これに対して、一対のローラー90は、架台9上面の、中央やや後方に配置されている。 In contrast, a pair of rollers 90, the gantry 9 top is arranged a central slightly behind. 一対のローラー90の回転軸は、前後方向に延在している。 The axis of rotation of the pair of rollers 90 extends in the front-rear direction. 一対のローラー90は、左右方向に並んで配置されている。 A pair of rollers 90 are arranged side by side in the horizontal direction. また、一対の軸受部92は、架台9上面の後縁付近に配置されている。 The pair of bearing portions 92 is disposed near the trailing edge of the pedestal 9 top. 一対の軸受部92は、前後方向に並んで配置されている。 A pair of bearing portions 92 are arranged side by side in the front-rear direction. 一対の軸受部92の軸貫通孔は、前後方向に同軸状に並んでいる。 Axial through-hole of the pair of bearing portions 92 are arranged coaxially in the front-rear direction.

管体2は、本体20と、一対のタイヤ21、22と、スプロケット24と、を備えている。 Tube 2 is provided with a main body 20, a pair of tires 21 and 22, a sprocket 24, a. 本体20は、前後方向に延在する直管状を呈している。 Body 20 has the shape of a straight tube extending in the longitudinal direction. タイヤ21は、本体20の後端付近の外周面に周設されている。 Tire 21 is provided around the outer peripheral surface near the rear end of the body 20. タイヤ22は、本体20の前端付近の外周面に周設されている。 Tire 22 is provided around the outer peripheral surface near the front end of the body 20. タイヤ21は、前記一対のローラー90上に載置されている。 Tire 21 is mounted on the pair of rollers 90. 同様に、タイヤ22は、前記一対のローラー91上に載置されている。 Similarly, the tire 22 is mounted on the pair of rollers 91. スプロケット24は、本体20における、タイヤ21よりも後方に周設されている。 Sprocket 24, the main body 20, are provided around the rear than tire 21. 駆動装置(図略)からの駆動力がスプロケット24に伝達されることにより、管体2は、ローラー90、91上で、軸回りに回転可能である。 By the driving force from the driving device (not shown) is transmitted to the sprocket 24, the tube 2 is on rollers 90 and 91, is rotatable about the axis. なお、管体2は、略水平に配置されているが、被処理物H(食品、例えば麦、ゴマ、米などの粉粒体)を流動させるため、厳密には後方から前方に向かってやや下向きに傾斜している。 Incidentally, the tube 2 has been disposed substantially horizontally, the treatment object H (food, for example wheat, sesame, granular material, such as rice) for flowing a strictly slightly toward the rear to the front It is inclined downward.

加熱部6は、ハウジング60と断熱材61とコイル62とを備えている。 Heating unit 6, and a housing 60 and the heat insulating member 61 and the coil 62. 前記管体2の本体20は、加熱部6を前後方向に貫通している。 Body 20 of the tube 2 extends through the heating unit 6 in the longitudinal direction. 本体20の軸方向(前後方向)略中央部分は、加熱部6に収容されている。 Axial (longitudinal direction) substantially central portion of the body 20 is accommodated in the heating unit 6. ハウジング60は、直方体箱状を呈している。 The housing 60 has a rectangular parallelepiped box shape. 断熱材61は、ハウジング60の内面を、層状に覆っている。 Heat insulating material 61, the inner surface of the housing 60, and covers the layered. コイル62は、断熱材61の内面に配置されている。 Coil 62 is disposed on the inner surface of the heat insulating material 61.

下流側フード7の上部は直方体箱状を、下部は下方に尖る四角錐箱状を、それぞれ呈している。 The upper part of the downstream side hood 7 a rectangular parallelepiped box shape, the lower the pyramids box shape pointed downwardly, and has, respectively. 下流側フード7上部の後壁には、管体挿入孔70が開設されている。 Downstream hood 7 the rear wall of the upper, tube insertion hole 70 is opened. 管体挿入孔70には、管体2の本体20の前端が収容されている。 The tube insertion holes 70, the front end of the body 20 of the tube 2 is accommodated. 管体挿入孔70の孔縁と本体20外周面との間には、摺動シール部材(図略)が介装されている。 Between the hole edge and the body 20 the outer peripheral surface of the tube insertion hole 70, the sliding seal member (not shown) is interposed. 下流側フード7上部の上壁からは、上方に向かってフランジ部73が突設されている。 From the downstream side hood 7 top of the upper wall, the flange portion 73 is projected upward. フランジ部73には、排気管94aが接続されている。 The flange portion 73, the exhaust pipe 94a is connected. 下流側フード7上部の前壁には、過熱水蒸気供給パイプ挿入孔74が開設されている。 Downstream hood 7 top of the front wall, the superheated steam feed pipe insertion hole 74 is opened. 下流側フード7下部は、テーパ状に下方に収束している。 Downstream hood 7 bottom is converging downwardly tapered. 下流側フード7の下方には、ロータリーバルブ71、72が上下方向に連設されている。 Below the downstream hood 7, the rotary valve 71 and 72 are formed continuously in the vertical direction.

過熱水蒸気供給部8は、過熱水蒸気発生装置81と過熱水蒸気供給パイプ80を備えている。 Superheated steam supply unit 8 is provided with a superheated steam generator 81 superheated steam supply pipe 80. 過熱水蒸気発生装置81は、過熱水蒸気供給パイプ80に、過熱水蒸気を供給している。 Superheated steam generating apparatus 81, the superheated steam feed pipe 80, and supplies the superheated steam. 過熱水蒸気供給パイプ80は、前記下流側フード7上部の前壁の過熱水蒸気供給パイプ挿入孔74から、管体2の本体20内部に挿入されている。 Superheated steam feed pipe 80, the superheated steam supply pipe insertion hole 74 of the downstream hood 7 top of the front wall, and is inserted into the body 20 of the tube 2.

上流側フード4は、中空円柱状を呈している。 Upstream hood 4, and has a hollow cylindrical shape. 図4に、図3の枠IV内の拡大図を示す。 Figure 4 shows an enlarged view in frame IV of FIG. 図4に示すように、上流側フード4の前壁には、管体挿入孔40が開設されている。 As shown in FIG. 4, the front wall of the upstream side hood 4, the tube insertion holes 40 are opened. 管体挿入孔40には、管体2の本体20の後端が収容されている。 The tube insertion holes 40, the rear end of the body 20 of the tube 2 is accommodated. 管体挿入孔40の孔縁と本体20外周面との間には、摺動シール部材(図略)が介装されている。 Between the hole edge and the body 20 the outer peripheral surface of the tube insertion hole 40, the sliding seal member (not shown) is interposed. 上流側フード4の後壁には、供給パイプ挿入孔41が開設されている。 The rear wall of the upstream hood 4, the supply pipe insertion hole 41 is opened.

スクリューフィーダー3は、供給パイプ30(図2においては透過して示す。)とシャフト31とスクリュー32とを備えている。 Screw feeder 3 is provided (shown by transmission. In FIG. 2) and the shaft 31 and the screw 32 supply pipe 30. 供給パイプ30は、軸方向(前後方向)に延びる円筒状を呈している。 Supply pipe 30 has a cylindrical shape extending in the axial direction (longitudinal direction). 供給パイプ30は、上流側フード4の供給パイプ挿入孔41に挿入され、固定されている。 Supply pipe 30 is inserted into the supply pipe insertion hole 41 of the upstream-side hood 4, it is fixed. 供給パイプ30の外周面は、断熱ジャケット(図略)により覆われている。 The outer peripheral surface of the supply pipe 30 is covered by the insulating jacket (not shown). 供給パイプ30の後端は、封止板300(図2においては透過して示す。)により封止されている。 The rear end of the supply pipe 30 is sealed by a sealing plate 300 (shown by transmission in FIG.). 供給パイプ30の前端は、管体2の本体20内部に開放されている。 The front end of the supply pipe 30 is opened in the main body 20 of the tube 2. すなわち、供給パイプ30の前端には、被処理物Hの流出口302が開設されている。 That is, the front end of the supply pipe 30, the outlet 302 of the workpiece H is established. 供給パイプ30の後部側周壁からは、上方に向かってフランジ部301(図2においては透過して示す。)が突設されている。 From the rear side wall of the supply pipe 30 (shown by transmission in FIG.) Flange portion 301 upwardly protrudes.

シャフト31は、直管状を呈している。 Shaft 31 has the shape of a straight tube. すなわち、シャフト31の内部には、軸方向(前後方向)に延びる排気通路310が形成されている。 That is, the inside of the shaft 31, the exhaust passage 310 extending in the axial direction (longitudinal direction) is formed. シャフト31は、供給パイプ30の径方向内側に、同軸状に配置されている。 Shaft 31 is radially inside the supply pipe 30 are arranged coaxially. また、シャフト31は、封止板300を貫通している。 The shaft 31 extends through the sealing plate 300. 前出図3に示すように、封止板300から後方に突出したシャフト31の後端は、前記一対の軸受部92により、回転可能に支持されている。 As shown in the above-mentioned FIG. 3, the rear end of the shaft 31 projecting rearward from the sealing plate 300, by the pair of bearing portions 92, and is rotatably supported. すなわち、シャフト31全体は、一対の軸受部92により、片持ち梁状に支持されている。 That is, the entire shaft 31, by a pair of bearing portions 92, is supported in a cantilevered manner.

シャフト31後端における、一対の軸受部92同士の間には、スプロケット311が周設されている。 In the shaft 31 the rear end, between the pair of bearing portions 92 to each other, a sprocket 311 is circumferentially provided. スプロケット311を介して、外部からシャフト31に駆動力(回転力)が伝達される。 Via the sprocket 311, the driving force from the outside to the shaft 31 (rotational force) is transmitted. シャフト31後端における、軸受部92支持部分のさらに後方には、スイベルジョイント93を介して、排気管94bが連結されている。 In the shaft 31 the rear end, and more rearward of the bearing portion 92 supporting portions, through a swivel joint 93, an exhaust pipe 94b is connected. 排気管94bは、シャフト31内部の排気通路310に連通している。 Exhaust pipe 94b communicates with the shaft 31 inside the exhaust passage 310. また、排気管94bには、炉圧調整バルブ95を介して、前記排気管94aの下流端が接続されている。 Further, the exhaust pipe 94b, via a furnace pressure control valve 95, the downstream end of the exhaust pipe 94a is connected. また、排気管94bの下流端には、吸引用のブロワー96が接続されている。 In addition, the downstream end of the exhaust pipe 94b, a blower 96 for suction is connected.

中空のシャフト31の前端は、管体2の本体20内部に開放されている。 The front end of the hollow shaft 31 is opened in the main body 20 of the tube 2. シャフト31の前端には、排ガスの流入口312が開設されている。 The front end of the shaft 31, the exhaust gas inlet 312 is opened. 排ガスの流入口312は、被処理物Hの流出口302よりも、前方に配置されている。 Inlet 312 of the exhaust gas than the outlet 302 of the object H, are arranged in front.

スクリュー32は、螺旋状を呈している。 Screw 32 has the shape of a spiral. スクリュー32は、シャフト31と共に、供給パイプ30の径方向内側に収容されている。 Screw 32, with the shaft 31, is housed radially inside the supply pipe 30. スクリュー32は、シャフト31の外周面に周設されている。 Screw 32 is provided around the outer peripheral surface of the shaft 31. 前記スプロケット311を介してシャフト31に伝達される回転力により、供給パイプ30内部において、スクリュー32はシャフト31と共に、シャフト31の軸回りに回転する。 The rotational force transmitted to the shaft 31 through the sprocket 311, the internal feed pipe 30, the screw 32 with the shaft 31, rotates about the axis of shaft 31.

ホッパー5は、上蓋付きホッパーであって、上部は円筒状を、下部は下方に尖る円錐箱状を、それぞれ呈している。 Hopper 5 is a top cover with a hopper, the upper part a cylindrical, bottom a conical box shape pointed downwardly, and has, respectively. ホッパー5は、前記供給パイプ30のフランジ部301に固定されている。 Hopper 5 is fixed to the flange portion 301 of the supply pipe 30. ホッパー5には、被処理物Hが貯留されている。 The hopper 5, the processing object H is stored.

次に、本実施形態における被処理物Hの流れについて説明する。 Next, the flow of the treatment object H in the present embodiment. 被処理物Hは、ホッパー5に貯留されている。 Treatment object H is stored in the hopper 5. 被処理物Hは、ホッパー5下端の抜き出し孔から、スクリューフィーダー3の後端(上流端)に落下する。 Treatment object H from the hopper 5 the lower end of the extraction hole, to fall on the rear end of the screw feeder 3 (upstream end). 落下した被処理物Hは、スクリュー32の回転により、供給パイプ30内部を前方(下流側)に移動する。 Fallen treatment object H is the rotation of the screw 32, moves inside the supply pipe 30 to the front (downstream side). 移動した被処理物Hは、流出口302から、本体20内部の後部に落下する。 Moved object to be processed H from outlet 302, falls to the rear of the inner body 20. 具体的には、本体20において、径方向外側に加熱部6が配置されていない部分、すなわち低温区間Bに、被処理物Hは落下する。 Specifically, in the body 20, the portion where the heating unit 6 is not arranged radially outward, that is, low temperature Section B, the object to be treated H falls. 落下した被処理物Hは、管体2の回転に伴って、前方に移動する。 Fallen treatment object H is in accordance with the rotation of the tube 2, it moves forward. そして、径方向外側に加熱部6が配置されている部分、すなわち加熱区間Aを通過する。 A portion of the heating unit 6 is disposed radially outward, i.e. to pass through the heating section A. 加熱区間Aにおいて、被処理物Hは、加熱部6の電磁誘導で発熱している本体20の管壁により、加熱される。 In the heating section A, the processing object H is the tube wall of the body 20 which generates heat by an electromagnetic induction heating unit 6, is heated. 並びに、過熱水蒸気供給パイプ80から放出される過熱水蒸気により、加熱される。 And, the superheated steam discharged from the superheated steam feed pipe 80 is heated. このため、被処理物Hは焙煎処理される。 Therefore, the treatment object H is roasted. 焙煎処理された被処理物H(以下、「処理済み被処理物H」と称す。)は、下流側フード7内を流下し、二連のロータリーバルブ71、72を介して、外部に搬出される。 Roasting the treated article to be treated H (hereinafter, referred to as "processed object to be treated H".) Flows down the downstream hood 7, through the rotary valve 71 and 72 duplicate, carried to the outside It is.

次に、本実施形態におけるガスの流れについて説明する。 Next, the flow of gas in the present embodiment. 上述したように、加熱区間Aにおいては、被処理物Hから、水蒸気を含む排ガスが発生する。 As described above, in the heating section A, from the object to be treated H, exhaust gas containing water vapor is generated. また、被処理物Hの加熱用として、過熱水蒸気供給パイプ80から過熱水蒸気が供給される。 Further, as heating of the workpiece H, the superheated steam from the superheated steam feed pipe 80 is supplied. ここで、シャフト31前端つまり流入口312は、加熱区間A内に配置されている。 Here, the shaft 31 front end clogging inlet 312 is disposed within the heating section A. このため、発生した排ガスの大部分および過熱水蒸気の余剰分は、低温区間Bに拡散することなく、流入口312に吸い込まれる。 Therefore, excess majority and superheated steam generated exhaust gas, without diffusing the cold Section B, the sucked to the inlet 312. 吸い込まれた排ガスおよび過熱水蒸気は、排気通路310を通過する。 It sucked gas and superheated steam passing through the exhaust passage 310. ここで、排気通路310の排ガスおよび過熱水蒸気は高温である。 Here, the exhaust gas and superheated steam in the exhaust passage 310 is hot. 一方、スクリュー32により搬送中の被処理物Hは、低温である。 On the other hand, the object to be treated H being transported by the screw 32 is low. このため、排気通路310の通路壁やスクリュー32を介して、排ガスおよび過熱水蒸気から被処理物Hに、熱が移動する。 Therefore, through the passage wall and the screw 32 of the exhaust passage 310, the object to be treated H from the exhaust gas and superheated steam, heat is transferred. この伝熱により、搬送中の被処理物Hは、加熱区間Aに差し掛かる前に、加熱される。 This heat transfer, the processing object H being conveyed, before reaches the heating section A, is heated. 排気通路310において被処理物Hと熱交換した排ガスおよび過熱水蒸気は、スイベルジョイント93、排気管94bを介して、ブロワー96から、外部に排出される。 Exhaust gas and superheated water vapor treatment object H and the heat exchanger in the exhaust passage 310, swivel joint 93, through the exhaust pipe 94b, from the blower 96 is discharged to the outside.

ところで、過熱水蒸気は、上述したように、被処理物Hを加熱するために、加熱区間Aに供給されるものである。 Incidentally, the superheated steam, as described above, in order to heat the object to be processed H, are those supplied to the heating section A. しかしながら、本体20内部の圧力状態やブロワー96の吸引力などによっては、過熱水蒸気供給パイプ80から放出された過熱水蒸気が、被処理物Hに接触することなく、そのまま流入口312に吸い込まれるおそれがある。 However, depending on such suction force of the body 20 inside the pressure conditions and blowers 96, possibly superheated steam discharged from the superheated steam feed pipe 80, without contacting the object to be processed H, it is directly drawn into the inlet 312 is there. そこで、ロータリーキルン1には、炉圧調整バルブ95と排気管94aが配置されている。 Therefore, the rotary kiln 1, the exhaust pipe 94a is arranged a furnace pressure control valve 95. 前述したように、排気管94aの下流端は、炉圧調整バルブ95を介して、排気管94bに分岐接続されている。 As described above, the downstream end of the exhaust pipe 94a via a furnace pressure control valve 95, is branched and connected to the exhaust pipe 94b. また、排気管94aの上流端は、下流側フード7に接続されている。 Further, the upstream end of the exhaust pipe 94a is connected to the downstream side hood 7. 炉圧調整バルブ95の開度を調整することにより、排気管94aの吸引力および流入口312の吸引力を、調整することができる。 By adjusting the opening of the furnace pressure control valve 95, the suction force and suction force of the inflow port 312 of the exhaust pipe 94a, can be adjusted. このため、例えば、流入口312の吸引力が過度に大きい場合は、炉圧調整バルブ95により、排気管94aを開方向に、排気管94bを閉方向に、調整することにより、流入口312の吸引力を小さくすることができる。 Thus, for example, when the suction force of the inflow port 312 is too large, the furnace pressure control valve 95, the exhaust pipe 94a in the opening direction, the exhaust pipe 94b in the closing direction, by adjusting, inlet 312 it is possible to reduce the suction force. したがって、過熱水蒸気を加熱区間A内にゆっくりと滞留させることができ、過熱水蒸気により被処理物Hを充分に加熱することができる。 Accordingly, superheated steam can be slowly into the heating section A residence, can be sufficiently heating an object H by superheated steam.

次に、本実施形態のロータリーキルン1の作用効果について説明する。 Next, the function and effect will be described of the rotary kiln 1 of the present embodiment. 本実施形態のロータリーキルン1によると、スクリューフィーダー3のシャフト31に排気通路310が配置されている。 According to the rotary kiln 1 of the present embodiment, the exhaust passage 310 is arranged on the shaft 31 of the screw feeder 3. 排気通路310を介して、水蒸気を含んだ排ガスは、管体2の内部から外部に排気される。 Through the exhaust passage 310, exhaust gas containing water vapor is exhausted from the inside to the outside of the tube 2. このため、加熱区間Aよりも上流側において、結露が発生するおそれが小さい。 Therefore, the upstream side of the heating section A, is less likely that condensation will occur. すなわち、被処理物Hが付着するおそれが小さい。 That, is less likely to be treated H is attached.

また、本実施形態のロータリーキルン1によると、スクリューフィーダー3とは別に、改めて排気筒などを配置する必要がない。 Further, according to the rotary kiln 1 of the present embodiment, the screw feeder 3 separately, there is no need to arrange the like anew stack. また、管体2そのものに、加工を施す必要がない。 Furthermore, the tubular body 2 itself, it is not necessary to perform processing. したがって、ロータリーキルン1の構造が簡単である。 Therefore, it is easy construction of rotary kiln 1.

また、本実施形態のロータリーキルン1によると、既存の部材(例えば管体2など)をそのまま流用することができる。 Further, according to the rotary kiln 1 of the present embodiment, it is possible to directly use the existing members (e.g., tubular body 2). 例えば、前出図7(従来設備)の管体101をそのまま用い、かつスクリューフィーダー103および上流側フードを、前出図3のスクリューフィーダー3および上流側フード4と交換し、排気管の配策経路を変更することにより、本実施形態のロータリーキルン1を組み付けることができる。 For example, the above-mentioned FIG. 7 used as the pipe 101 (conventional equipment), and a screw feeder 103 and upstream hood, and replaced with a screw feeder 3 and the upstream side hood 4 of the above-mentioned FIG. 3, the cabling of the exhaust pipe by changing the path, it is possible to assemble the rotary kiln 1 of the present embodiment. このように、本実施形態のロータリーキルン1は、従来設備にアドインしやすく、汎用性に富んでいる。 Thus, rotary kiln 1 of the present embodiment is easy to add to the conventional equipment, is rich in versatility.

また、本実施形態のロータリーキルン1によると、加熱区間Aから、流入口312を介して排ガスが排気される。 Further, according to the rotary kiln 1 of the present embodiment, the heating section A, the exhaust gas is exhausted through the inlet 312. このため、処理済み被処理物Hに、水分などの排ガス成分が、再付着するおそれが小さい。 Therefore, the treated article to be treated H, exhaust gas components such as water, is less likely to re-adhere. したがって、処理済み被処理物Hの品質が高い。 Therefore, a high quality of the processed object to be processed H.

また、本実施形態のロータリーキルン1によると、排気通路310の通路壁などを介して、排ガスの熱を被処理物Hに伝達することができる。 Further, according to the rotary kiln 1 of the present embodiment, via a passage wall of the exhaust passage 310, it is possible to transmit the heat of exhaust gas to be treated H. すなわち、従来は、外部に排出されるだけだった排ガスの熱により、加熱前の被処理物Hを、予備加熱しておくことができる。 That is, conventionally, by the heat of the exhaust gas was only be discharged to the outside, the object to be treated H before heating may have been preheated. また、排気通路310を通過させることにより、外部に放出される前の排ガスを、予め冷却しておくことができる。 Further, by passing the exhaust passage 310, the exhaust gas before it is released to the outside, can be previously cooled.

また、本実施形態のロータリーキルン1によると、加熱区間A内に排気通路310の流入口312を配置している。 Further, according to the rotary kiln 1 of the present embodiment are arranged an inlet 312 of the exhaust passage 310 in the heating section A. このため、加熱区間Aにおいて発生した水蒸気を含む排ガスを、高温のまま排気通路310に取り込むことができる。 Therefore, the exhaust gas containing water vapor generated in the heating section A, can be incorporated into leave the exhaust passage 310 of the hot. したがって、低温区間Bにおける結露を、より確実に抑制することができる。 Therefore, it is possible to condensation at low temperature section B, and more reliably suppressed.

また、本実施形態のロータリーキルン1によると、被処理物Hの流出口302は、排ガスの流入口312よりも、後方(上流側)に配置されている。 Further, according to the rotary kiln 1 of the present embodiment, the outlet 302 of the object H, rather than the exhaust gas inlet 312 is disposed at the rear (upstream side). このため、流出口302から管体2内部に供給される被処理物Hが、そのまま排ガスの流入口312に、流入してしまうおそれが小さい。 Therefore, the treatment object H which is supplied from the outlet 302 tube 2 therein, as is the inlet 312 of the exhaust gas, is less likely to result in flows.

また、本実施形態のロータリーキルン1によると、加熱部6が電磁誘導加熱により加熱区間Aを加熱している。 Further, according to the rotary kiln 1 of the present embodiment, the heating unit 6 is heating the heating section A by electromagnetic induction heating. すなわち、本体20の管壁自体が発熱することにより、加熱区間Aの被処理物Hを加熱している。 That is, by the tube wall itself of the body 20 generates heat, and heating an object H of the heating section A. このため、より迅速に、被処理物Hを加熱することができる。 Therefore, more quickly, it is possible to heat the object to be processed H. また、より伝熱ロスを小さくすることができる。 Further, it is possible to reduce more heat transfer loss. また、ガスバーナー方式など他の加熱方式と比較して、温度制御が正確かつ容易である。 Further, as compared to other heating systems such as a gas burner system, the temperature control is accurate and easy.

また、本実施形態のロータリーキルン1には、過熱水蒸気供給部8が配置されている。 Further, the rotary kiln 1 of the present embodiment, superheated steam supply unit 8 is arranged. このため、過熱水蒸気が低温の被処理物Hに接触する際の凝縮熱を利用して、高効率の伝熱が可能である。 Thus, by utilizing the heat of condensation when the superheated steam is in contact with the low temperature of the object H, it is possible to heat transfer efficiency. したがって、伝熱ロスをさらに小さくすることができる。 Therefore, it is possible to further reduce the heat transfer loss. また、加熱に酸素を必要としないため、無酸素雰囲気での焙煎処理に好適である。 Further, because it does not require oxygen to heat, it is suitable for roasting treatment in an oxygen-free atmosphere. また、本実施形態のロータリーキルン1によると、炉圧調整バルブ95の開度を調整することにより、加熱区間Aにおける過熱水蒸気の滞留時間を自在に制御することができる。 Further, according to the rotary kiln 1 of the present embodiment, by adjusting the opening of the furnace pressure adjusting valve 95, it is possible to freely control the residence time of the superheated steam at the heating section A.

また、本実施形態のロータリーキルン1のスクリューフィーダー3は、管体2外部から軸受部92により、片持ち梁状に支持されながら、軸回りに回転している。 Further, a screw feeder 3 of the rotary kiln 1 of the present embodiment, the bearing portion 92 from the tubular body 2 outside, while being supported in a cantilever shape, and rotates about the axis. このため、例えばホッパーのシュートなど、スクリューフィーダー同様に片持ち梁状に支持されているものの無回転の搬送部材と比較して、管体2内部の奥方まで挿入しても、加熱部6からの熱および自重により、変形しにくい。 Thus, for example, shot hopper, as compared to the conveying member of the free rotation of what is supported by the screw feeder Similarly cantilevered be inserted to deeper inside the tube 2, from the heating unit 6 heat and its own weight, not easily deformed.

<第二実施形態> <Second Embodiment>
本実施形態と第一実施形態との相違点は、管体内部に転動部材が配置されている点である。 Difference between this embodiment and the first embodiment is that the rolling member is disposed inside the tube. したがって、ここでは相違点についてのみ説明する。 Therefore, only the difference will be described here. 図5に、本実施形態のロータリーキルンの透過斜視図を示す。 Figure 5 shows a transparent perspective view of the rotary kiln of the present embodiment. なお、図1と対応する部位については同じ符号で示す。 Incidentally, denoted by the same reference symbols as those portions corresponding to those in FIG 1. 図6に、同ロータリーキルンの径方向部分断面図を示す。 Figure 6 shows a radial partial cross-sectional view of the rotary kiln. なお、図4と対応する部位については同じ符号で示す。 Incidentally, denoted by the same reference symbols as those portions corresponding to those of FIG.

図5、図6に示すように、管体2の本体20の内部には、転動部材23が配置されている。 As shown in FIGS. 5 and 6, inside the body 20 of the tube 2, the rolling member 23 is disposed. 転動部材23は、前後方向に直列に並んで、合計三つ配置されている。 Rolling member 23 is arranged in series in the longitudinal direction, are the sum of three arranged. 三つの転動部材23は同一物である。 Three rolling members 23 are the same product. また、転動部材23は、加熱区間Aに配置されている。 Further, the rolling member 23 is disposed in the heating section A. 転動部材23は、軸部230と撹拌羽根231とを備えている。 Rolling member 23 is provided with a shaft portion 230 and the stirring vane 231. 軸部230は、前後方向(本体20の軸方向)に延在する短軸円柱状を呈している。 Shaft 230, and has a short axis cylinder shape extending in the (axial direction of the main body 20) longitudinal direction. 撹拌羽根231は、矩形板状を呈している。 Stirring vane 231 has a rectangular plate shape. 撹拌羽根231は、軸部230の外周面から径方向に突設されている。 Stirring blade 231 is protruded from the outer peripheral surface of the shaft portion 230 in the radial direction. 撹拌羽根231は、軸部230の周方向に120°ずつ離間して、合計三枚配置されている。 Stirring blades 231, spaced apart by 120 ° in the circumferential direction of the shaft portion 230, are arranged three pieces total. なお、隣り合う撹拌羽根231間には、例えばロッドなどの介在物は配置されていない。 Incidentally, between the stirring blade 231 adjacent, for example inclusions, such as a rod is not disposed.

本実施形態のロータリーキルン1は、構成が共通する部分に関しては、第一実施形態のロータリーキルンと同様の作用効果を有する。 Rotary kiln 1 of the present embodiment, for the part configuration is common, has the same effect as the rotary kiln first embodiment. また、本実施形態のロータリーキルン1は、転動部材23を備えている。 Further, rotary kiln 1 of the present embodiment includes a rolling member 23. 転動部材23は、管体2の軸回りの回転に伴って、自身の重心移動に伴い回転する。 Rolling member 23, with the rotation of the axis of the tubular body 2 is rotated with the movement of the center of gravity of their own. 転動部材23が回転する際、撹拌羽根231は被処理物Hを掻き上げる。 When rolling member 23 rotates, the stirring vane 231 is scraped an object to be processed H. あるいは、撹拌羽根231は被処理物Hを掻き落とす。 Alternatively, stirring blade 231 scrapes the object to be processed H. このため、被処理物Hを充分に撹拌することができる。 Therefore, it is possible to sufficiently stir the object to be processed H.

また、転動部材23の直径(三枚の撹拌羽根231の先端を繋いだ仮想円の直径)は、本体20の内周径よりも、小径である。 The diameter of the rolling members 23 (three pieces with a diameter of a virtual circle that connects the tips of the stirring blade 231), rather than the inner circumference of the body 20, a small diameter. このため、転動部材23は、あたかもハンマリングのように、本体20内周面に衝突しながら回転する。 Therefore, the rolling member 23, as if hammering, rotates while colliding with the 20 inner circumferential surface body. したがって、本体20内周面に被処理物Hが付着するのを抑制することができる。 Therefore, it is possible to suppress the object to be processed H is attached to the 20 inner circumferential surface body.

また、加熱区間Aの転動部材23は、加熱部6(つまり本体20)からの伝熱により昇温する。 Further, the rolling members 23 of the heating section A is to increase the temperature by heat transfer from the heating unit 6 (i.e. body 20). このため、被処理物Hは、本体20内周面のみならず転動部材23表面からも加熱されることになる。 Therefore, the treatment object H will be also heated from the rolling member 23 surface not only 20 inner peripheral surface body. このように、転動部材23を配置すると、被処理物Hの加熱面積が大きくなる。 Thus, placing the rolling member 23, the heating area of ​​the workpiece H is increased.

<その他> <Others>
以上、本発明の外熱式ロータリーキルンの実施の形態について説明した。 Have been described embodiments of the externally heated rotary kiln of the present invention. しかしながら、実施の形態は上記形態に特に限定されるものではない。 However, embodiments are not particularly limited to the above embodiment. 当業者が行いうる種々の変形的形態、改良的形態で実施することも可能である。 Various modifications forms by those skilled in the art may perform, it is also possible to implement the improved form. 例えば、上記実施形態においては、本発明のロータリーキルンを焙煎に用いたが、乾燥、減菌などに用いてもよい。 For example, in the above embodiment uses a rotary kiln of the present invention to roasting, drying, may be used, such as the sterilization. また、被処理物Hとして、食品以外(例えば廃棄物)の物を用いてもよい。 Further, as the object to be processed H, it may be used as non-food (eg waste). また、加熱部6に、コイル62の代わりに、電気ヒーターやガスバーナーなどを配置してもよい。 Further, the heating unit 6, instead of the coil 62, may be arranged like an electric heater or gas burner.

以下、第一実施形態のロータリーキルン(前出図3参照、実施例)および従来のロータリーキルン(前出図7参照、比較例)について行った焙煎実験について、説明する。 Hereinafter, a rotary kiln of the first embodiment (the above-mentioned FIG. 3 see Example) and the conventional rotary kiln (the above-mentioned FIG. 7 reference, Comparative Example) For roasting experiments performed will be described.

<実験条件> <Experimental conditions>
実験に用いた被処理物は、麦、ゴマ、米の三種類とした。 The object to be processed, which was used in the experiment, and wheat, sesame, and three kinds of rice. これら三種類の被処理物を、各々、第一実施形態のロータリーキルンおよび従来のロータリーキルンを用いて、焙煎処理した。 These three treatment object, respectively, using a rotary kiln and a conventional rotary kiln in the first embodiment, and roasted. ロータリーキルンの管体の内周径は、200mmとした。 The inner peripheral diameter of the rotary kiln of the tube body was 200 mm. 管体の材質は、SUS430とした。 The material of the tube body, was SUS430. 加熱区間の全長は、1000mmとした。 The total length of the heating section, was 1000mm. 管体の回転速度は10rpmに設定した。 Rotational speed of the tube was set to 10 rpm. また、管体の傾斜角度(=垂直方向高さ/水平方向長さ×100)は、1%に設定した。 The inclination angle of the tubular body (= vertical height / horizontal length × 100) is set to 1%.

表1に被処理物が麦の場合の実験条件を、表2に被処理物がゴマの場合の実験条件を、表3に被処理物が米の場合の実験条件を、それぞれ示す。 Treatment object in Table 1 Experimental conditions in the case of wheat, the experimental conditions for the object to be treated in Table 2 are sesame, experimental conditions for the object to be processed in Table 3 are rice, respectively. 条件○−1、○−2、○−3と枝番が増えるごとに、焙煎処理における温度条件が高くなる。 Condition ○ -1, ○ -2, every time ○ -3 and branch number is increased, the temperature condition is higher in roasted. なお、表1〜表3において、加熱部設定温度とは、管体の加熱区間の設定温度である。 In Table 1 to Table 3, the heating unit the set temperature, a set temperature of the heating section of the tube. また、過熱水蒸気設定温度とは、過熱水蒸気発生装置の設定温度である。 Further, the superheated steam set temperature, a set temperature of the superheated steam generating apparatus. また、過熱水蒸気打込温度とは、過熱水蒸気を管体内部に打ち込む際の温度(前出図3における過熱水蒸気供給パイプ80後端付近の温度)である。 Further, the superheated steam implantation temperature is the temperature at which drive the superheated steam inside the tube (the temperature of the superheated steam feed pipe 80 near the rear end of the above-mentioned FIG. 3). また、過熱水蒸気投入量とは、水蒸気量(気体量)ではなく、水量(液体量)である。 Further, the superheated steam input amount, rather than the amount of water vapor (volume gas), a water (liquid amount).

<実験結果> <Experimental Results>
表4に被処理物が麦の場合の実験結果を、表5に被処理物がゴマの場合の実験結果を、表6に被処理物が米の場合の実験結果を、それぞれ示す。 The object to be processed in Table 4 is an experimental result in the case of wheat, the experimental results when the object to be treated is sesame Table 5, the experimental results when the object to be processed rice in Table 6, respectively. なお、表4〜表6において、加熱結果の判定は、五感により行った。 Incidentally, in Tables 4 to 6, the determination of the heating results was performed by the five senses. ×は加熱不足を、△はやや加熱不足を、○は加熱良好を、◎は過焼状態を、それぞれ示している。 × is the insufficient heating, △ is slightly insufficient heating, ○ is good heating, ◎ is over tempered state, respectively. また、付着の有無の判定は、スクリューフィーダーのスクリューに対する被処理物の付着を視認することにより行った。 The determination of the presence or absence of deposition was carried out by viewing the attachment of the workpiece with respect to the screw of the screw feeder.

<まとめ> <Summary>
被処理物が麦の場合、表4から、実施例、比較例共に、全ての条件で被処理物は付着しないことが判った。 If the object to be processed is wheat, from Table 4, Examples, Comparative Examples both the object to be treated in all conditions was found not to adhere. また、加熱結果を見ると、条件1−1(低温)の場合、実施例は加熱良好(○)であるものの、比較例は加熱不足(×)であった。 Looking at the heating result, if the condition 1-1 (low temperature), although the examples are heating good (○), the comparative example was insufficient heating (×). また、条件1−2(中温)の場合、実施例、比較例共に加熱良好(○)であった。 Further, if the condition 1-2 (medium temperature), Example was better heated to a comparative example both (○). また、条件1−3(高温)の場合、実施例は過焼状態(◎)であり、比較例は加熱良好(○)であった。 Further, if the condition 1-3 (high temperature), examples are oversintering state (◎), the comparative example was heated good (○).

被処理物がゴマの場合、表5から、実施例、比較例共に、全ての条件で加熱良好(○)であった。 If the object to be treated is sesame, from Table 5, Example, Comparative Examples both were better heating in all conditions (○). しかしながら、全ての条件で、実施例においては被処理物の付着が見られなかったが、比較例においては被処理物の付着が見られた。 However, in all conditions, but adhesion of the workpiece is not seen in the examples, adhesion of the workpiece was observed in the comparative example.

被処理物が米の場合、表6から、全ての条件で、実施例においては被処理物の付着が見られなかったが、比較例においては被処理物の付着が見られた。 If the object to be treated is rice, from Table 6, in all conditions, but adhesion of the workpiece is not seen in the examples, adhesion of the workpiece was observed in the comparative example. また、加熱結果を見ると、実施例の場合、全ての条件で加熱良好(○)であった。 Looking at the heating results in the case of Example was better heating in all conditions (○). 一方、比較例の場合、条件3−1(低温)で、やや加熱不足(△)であった。 On the other hand, in the case of the comparative example, the condition 3-1 (low temperature), was slightly insufficient heating (△).

これらの結果から、実施例によると、比較例よりも低い温度条件で、被処理物に良好な焙煎処理を施すことができることが判った。 These results, in accordance with an embodiment, at a lower temperature than Comparative Example, it was found that it is possible to perform a good roasting process on a target object. 言い換えると、実施例によると、敢えて比較例のように加熱温度を高温にしなくても、被処理物を良好に加熱できることが判った。 In other words, according to the embodiment, even without a heating temperature as dare Comparative Example to high temperatures was found to be satisfactorily heating an object. このため、実施例によると、加熱部延いてはロータリーキルンの省エネルギー化が可能である。 Therefore, according to the embodiment, In its heating portion extending it is possible energy saving of the rotary kiln. また、実施例によると、被処理物がスクリューに付着しないことが判った。 Further, according to the embodiment, it was found that the object to be processed does not adhere to the screw.

第一実施形態の外熱式ロータリーキルンの斜視図である。 It is a perspective view of the externally heated rotary kiln in the first embodiment. 同ロータリーキルンの分解斜視図である。 It is an exploded perspective view of the rotary kiln. 同ロータリーキルンの軸方向断面図である。 It is an axial sectional view of the rotary kiln. 図3の枠IV内の拡大図である。 It is an enlarged view of the framework IV of FIG. 第二実施形態の外熱式ロータリーキルンの透過斜視図である。 It is a transparent perspective view of the externally heated rotary kiln in the second embodiment. 同ロータリーキルンの径方向部分断面図である。 It is a radial partial cross-sectional view of the rotary kiln. 従来の外熱式ロータリーキルンの軸方向断面図である。 It is an axial sectional view of a conventional external heating rotary kiln.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1:ロータリーキルン。 1: rotary kiln.
2:管体、20:本体、21:タイヤ、22:タイヤ、23:転動部材、230:軸部、231:撹拌羽根、24:スプロケット。 2: tube, 20: body, 21: tire, 22: tire, 23: rolling member, 230: shaft portion, 231: stirring blade, 24: sprocket.
3:スクリューフィーダー、30:供給パイプ、300:封止板、301:フランジ部、302:流出口、31:シャフト、310:排気通路、311:スプロケット、312:流入口、32:スクリュー。 3: screw feeder, 30: feed pipe, 300: sealing plate, 301: flange portion, 302: outlet, 31: shaft, 310: exhaust passage, 311: sprocket 312: inlet, 32: screw.
4:上流側フード、40:管体挿入孔、41:供給パイプ挿入孔。 4: upstream Food, 40: tube insertion hole, 41: supply pipe insertion holes.
5:ホッパー。 5: hopper.
6:加熱部、60:ハウジング、61:断熱材、62:コイル。 6: heating unit, 60: housing, 61: insulation, 62: coil.
7:下流側フード、70:管体挿入孔、71:ロータリーバルブ、72:ロータリーバルブ、73:フランジ部、74:過熱水蒸気供給パイプ挿入孔。 7: downstream Food, 70: tube insertion hole, 71: rotary valve, 72: a rotary valve, 73: flange portion, 74: superheated steam feed pipe insertion holes.
8:過熱水蒸気供給部、80:過熱水蒸気供給パイプ、81:過熱水蒸気発生装置。 8: superheated steam supply unit, 80: superheated steam feed pipe, 81: superheated steam generator.
9:架台、90:ローラー、91:ローラー、92:軸受部、93:スイベルジョイント、94a:排気管、94b:排気管、95:炉圧調整バルブ、96:ブロワー。 9: pedestal, 90: roller, 91: roller, 92: bearing portion 93: swivel joint, 94a: exhaust pipe, 94b: exhaust pipe, 95: furnace pressure regulating valve, 96: blower.
A:加熱区間、B:低温区間、H:被処理物。 A: heating section, B: a low temperature section, H: the object to be treated.

Claims (7)

  1. 略水平に配置され軸回りに回転可能であって、内部に被処理物を加熱する加熱区間を有する管体と、 A rotatable substantially horizontally disposed axis, and a tubular body having a heating section for heating an object therein,
    該管体の外部から該加熱区間を加熱する加熱部と、 A heating unit for heating the heating section from the outside of the tube body,
    該管体の軸方向一端から該管体の内部に挿入される供給パイプと、該供給パイプの径方向内側に配置され軸回りに回転可能なシャフトと、該シャフトに周設され該シャフトと共に回転することにより該供給パイプ内部において該被処理物を搬送するスクリューと、を持つスクリューフィーダーと、 Rotating a supply pipe is inserted into the tube body from the axial end of the tube body, a shaft rotatable about an axis disposed radially inward of the supply pipe, with the shaft disposed around the said shaft a screw feeder having a screw for conveying the 該被 treated inside the feed pipe by,
    を備えてなる外熱式ロータリーキルンであって、 A externally heated rotary kiln comprising comprise,
    前記シャフトの内部には、前記加熱区間で前記被処理物から発生する排ガスを、前記管体の外部に排気する排気通路が配置されていることを特徴とする外熱式ロータリーキルン。 The inside of the shaft, said exhaust gas generated from said object to be processed with the heating section, externally heated rotary kiln, characterized in that the exhaust passage for exhausting to the outside of the tubular body is arranged.
  2. 前記スクリューフィーダーは、前記排気通路を通過する前記排ガスの熱を利用して、搬送中の前記被処理物を加熱する請求項1に記載の外熱式ロータリーキルン。 The screw feeder, by utilizing heat of the exhaust gas passing through the exhaust passage, externally heated rotary kiln of claim 1, heating the treatment object during transport.
  3. 前記排気通路における前記排ガスの流入口は、前記シャフトの下流側端部に開設されており、該シャフトの下流側端部は、前記加熱区間に配置されており、 Inlet of the exhaust gas in the exhaust passage, said have been opened at the downstream end of the shaft, the downstream end portion of the shaft is disposed in said heating section,
    前記スクリューフィーダーにおける前記被処理物の流出口は、前記供給パイプの下流側端部に開設されており、該供給パイプの下流側端部は、該加熱区間よりも上流側であって該加熱区間よりも温度が低い低温区間に、配置されている請求項1または請求項2に記載の外熱式ロータリーキルン。 Outlet of the processing object in the screw feeder, the are opened at the downstream end of the supply pipe, the downstream end of the supply pipe, a upstream side of the heating section heating zone low temperature section temperature is lower than the externally heated rotary kiln according to claim 1 or claim 2 is disposed.
  4. 前記加熱部は、電磁誘導加熱により前記加熱区間を加熱する請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の外熱式ロータリーキルン。 The heating unit is externally heated rotary kiln according to any one of claims 1 to 3 for heating the heating section by electromagnetic induction heating.
  5. さらに、前記管体の内部に過熱水蒸気を供給する過熱水蒸気供給部を持つ請求項1ないし請求項4のいずれかに記載の外熱式ロータリーキルン。 Furthermore, externally heated rotary kiln according to any one of claims 1 to 4 with superheated steam supply unit for supplying superheated steam to the interior of the tubular body.
  6. さらに、前記管体の内部に配置され、軸部と該軸部から放射状に延在する複数の撹拌羽根とからなり、転動することにより前記被処理物を撹拌する、少なくとも一つの、かつ同一の転動部材を備える請求項1ないし請求項5のいずれかに記載の外熱式ロータリーキルン。 Furthermore, arranged inside the tube, and a plurality of stirring blades extending radially from the shaft portion and the shaft portion, agitating the object to be treated by rolling, at least one, and the same externally heated rotary kiln according to any one of claims 1 to 5 comprising a rolling member.
  7. 管体の軸方向一端から該管体の内部に挿入される供給パイプと、該供給パイプの径方向内側に配置され軸回りに回転可能なシャフトと、該シャフトに周設され該シャフトと共に回転することにより該供給パイプ内部において被処理物を搬送するスクリューと、を持つスクリューフィーダーであって、 A supply pipe is inserted from one axial end of the tubular body inside the tube body, rotates a shaft rotatable about an axis disposed radially inward of the supply pipe, with the shaft disposed around the said shaft a screw feeder having a screw for conveying the object to be treated inside the feed pipe by,
    前記シャフトの内部には、前記管体の内部で前記被処理物から発生する排ガスを、該管体の外部に排気する排気通路が配置されていることを特徴とするスクリューフィーダー。 Inside the shaft, screw feeder, characterized in that the exhaust gas generated from said object to be treated inside of the tubular body, an exhaust passage for exhausting to the outside of the tube body is arranged.
JP2006310132A 2006-11-16 2006-11-16 Externally heated rotary kiln Active JP5409995B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006310132A JP5409995B2 (en) 2006-11-16 2006-11-16 Externally heated rotary kiln

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006310132A JP5409995B2 (en) 2006-11-16 2006-11-16 Externally heated rotary kiln

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008128492A true true JP2008128492A (en) 2008-06-05
JP5409995B2 JP5409995B2 (en) 2014-02-05

Family

ID=39554504

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006310132A Active JP5409995B2 (en) 2006-11-16 2006-11-16 Externally heated rotary kiln

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5409995B2 (en)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010249359A (en) * 2009-04-13 2010-11-04 Nisshin Engineering Co Ltd Rotating type treatment device
CN101955221A (en) * 2010-09-10 2011-01-26 西昌新钒钛有限公司 No-pollution feeding device for titanium white calcining kiln
KR20110029093A (en) 2009-09-14 2011-03-22 다까사고 고오교오 가부시끼가이샤 Rotary kiln and product
CN102102946A (en) * 2010-12-23 2011-06-22 中材节能股份有限公司 Device for recovering radiant energy waste heat on wall surface of high-temperature cylinder of cement rotary kiln
JP2012163282A (en) * 2011-02-08 2012-08-30 Akami Seisakusho:Kk Heat treatment apparatus
JP2013503747A (en) * 2009-09-07 2013-02-04 チャラビ、リファット、エー. Apparatus for processing the waste material
JP2013036717A (en) * 2011-08-10 2013-02-21 Takasago Ind Co Ltd System for collecting raw material powder
WO2013047640A1 (en) * 2011-09-29 2013-04-04 株式会社チサキ Raw material heating device
CN104677090A (en) * 2015-01-27 2015-06-03 中钢集团马鞍山矿山研究院有限公司 Externally heated high-temperature reduction fuming calcining rotary kiln
CN105486096A (en) * 2014-09-18 2016-04-13 沈阳铝镁设计研究院有限公司 Waste-heat utilization method and device for indirect heating type sintering system

Citations (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH102526A (en) * 1996-06-17 1998-01-06 Mitsui Eng & Shipbuild Co Ltd Pyrolysis reactor for waste disposing apparatus
JPH11226542A (en) * 1998-02-19 1999-08-24 Fuji Electric Co Ltd Waste treatment apparatus
JP2944996B1 (en) * 1998-08-03 1999-09-06 株式会社 赤見製作所 Crushing ground and graded system
JPH11281257A (en) * 1998-03-30 1999-10-15 Akami Seisakusho:Kk Rotary retort kiln and heat treatment method with the same
JP2001165572A (en) * 1999-12-08 2001-06-22 Puroje:Kk Screw conveyor system of drier for waste containing water
JP2001213616A (en) * 2000-01-28 2001-08-07 Kyodo Kumiai R & D Kita Kyushu Process of producing activated carbon
JP2002282817A (en) * 2000-12-20 2002-10-02 Katsumi Shibata Waste disposal equipment and disposal method for rendering harmful substance or subject including it harmless
JP2003207273A (en) * 2002-01-16 2003-07-25 Takasago Ind Co Ltd External heating rotary kiln
JP2003287371A (en) * 2002-03-25 2003-10-10 Kidai Kim Spiral axial flow type hot air dryer
JP2004043708A (en) * 2002-07-15 2004-02-12 Akami Seisakusho:Kk Carbonizing and fractionating apparatus and carbonizing treatment method of waste
JP2004209339A (en) * 2002-12-27 2004-07-29 Hitachi Zosen Corp Pyrolysis apparatus of waste
JP2005127680A (en) * 2003-10-23 2005-05-19 Hideaki Ishikake Induction heating type pyrolizing furnace
JP2005345012A (en) * 2004-06-03 2005-12-15 Tomohiro Nomura Rotary kiln type heat treatment device

Patent Citations (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH102526A (en) * 1996-06-17 1998-01-06 Mitsui Eng & Shipbuild Co Ltd Pyrolysis reactor for waste disposing apparatus
JPH11226542A (en) * 1998-02-19 1999-08-24 Fuji Electric Co Ltd Waste treatment apparatus
JPH11281257A (en) * 1998-03-30 1999-10-15 Akami Seisakusho:Kk Rotary retort kiln and heat treatment method with the same
JP2944996B1 (en) * 1998-08-03 1999-09-06 株式会社 赤見製作所 Crushing ground and graded system
JP2000042437A (en) * 1998-08-03 2000-02-15 Akami Seisakusho:Kk Cracking/crushing/grading apparatus
JP2001165572A (en) * 1999-12-08 2001-06-22 Puroje:Kk Screw conveyor system of drier for waste containing water
JP2001213616A (en) * 2000-01-28 2001-08-07 Kyodo Kumiai R & D Kita Kyushu Process of producing activated carbon
JP2002282817A (en) * 2000-12-20 2002-10-02 Katsumi Shibata Waste disposal equipment and disposal method for rendering harmful substance or subject including it harmless
JP2003207273A (en) * 2002-01-16 2003-07-25 Takasago Ind Co Ltd External heating rotary kiln
JP2003287371A (en) * 2002-03-25 2003-10-10 Kidai Kim Spiral axial flow type hot air dryer
JP2004043708A (en) * 2002-07-15 2004-02-12 Akami Seisakusho:Kk Carbonizing and fractionating apparatus and carbonizing treatment method of waste
JP2004209339A (en) * 2002-12-27 2004-07-29 Hitachi Zosen Corp Pyrolysis apparatus of waste
JP2005127680A (en) * 2003-10-23 2005-05-19 Hideaki Ishikake Induction heating type pyrolizing furnace
JP2005345012A (en) * 2004-06-03 2005-12-15 Tomohiro Nomura Rotary kiln type heat treatment device

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010249359A (en) * 2009-04-13 2010-11-04 Nisshin Engineering Co Ltd Rotating type treatment device
US9370808B2 (en) 2009-09-07 2016-06-21 Chinook Sciences Ltd. Apparatus for processing waste material
JP2013503747A (en) * 2009-09-07 2013-02-04 チャラビ、リファット、エー. Apparatus for processing the waste material
US8529251B2 (en) 2009-09-14 2013-09-10 Takasago Industry Co., Ltd. Rotary kiln and product
KR20110029093A (en) 2009-09-14 2011-03-22 다까사고 고오교오 가부시끼가이샤 Rotary kiln and product
CN101955221A (en) * 2010-09-10 2011-01-26 西昌新钒钛有限公司 No-pollution feeding device for titanium white calcining kiln
CN102102946A (en) * 2010-12-23 2011-06-22 中材节能股份有限公司 Device for recovering radiant energy waste heat on wall surface of high-temperature cylinder of cement rotary kiln
JP2012163282A (en) * 2011-02-08 2012-08-30 Akami Seisakusho:Kk Heat treatment apparatus
JP2013036717A (en) * 2011-08-10 2013-02-21 Takasago Ind Co Ltd System for collecting raw material powder
WO2013047640A1 (en) * 2011-09-29 2013-04-04 株式会社チサキ Raw material heating device
JP2013072615A (en) * 2011-09-29 2013-04-22 Chisaki:Kk Raw material heating device
CN105486096A (en) * 2014-09-18 2016-04-13 沈阳铝镁设计研究院有限公司 Waste-heat utilization method and device for indirect heating type sintering system
CN105486096B (en) * 2014-09-18 2018-05-22 沈阳铝镁设计研究院有限公司 Waste heat recovery method and apparatus for indirect heating species sintering system
CN104677090A (en) * 2015-01-27 2015-06-03 中钢集团马鞍山矿山研究院有限公司 Externally heated high-temperature reduction fuming calcining rotary kiln
CN104677090B (en) * 2015-01-27 2016-09-07 中钢集团马鞍山矿山研究院有限公司 One kind of high-temperature reducing smoke externally heated rotary kiln roasting

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5409995B2 (en) 2014-02-05 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6110430A (en) Decontamination plant including an indirectly heated desorption system
JP2001232342A (en) Cleaning apparatus for contaminated soil including volatile organic compound
CN201527160U (en) Heated-air circulation microwave belt dryer
CN101210678A (en) Sludge desiccation burning integral treatment method and device
JP2011137613A (en) Drying device
US4127737A (en) Apparatus for reactivation of active carbon and the like
JP2005169364A (en) Device for drying pyrolysis of waste
US4135308A (en) Continuous grain drying method
US3272489A (en) Heat treating furnace with removable helical insert
CN102114491A (en) Material heat-treatment device
CN2585151Y (en) Medium-frequency induction heating drying kiln for modified magnesium oxide powder
JP2005274017A (en) Drying and treating method, system, and facility for wet material
CN204123779U (en) Printing drying device
JP2002022363A (en) Dryer for powder and granular material
US20140190792A1 (en) Screw conveyor
CN201181176Y (en) Drum-type slag cooling device of material raising plate
JP2013108694A (en) Combustible material feeding device for kiln
CN201207875Y (en) Cylinder type frying machine
JP2002112896A (en) Horizontal rotary cylindrical type continuous frying device of exhaust hot air introducing type
KR101243986B1 (en) Drying apparatus for waste material
JP2001221419A (en) Apparatus for drying and supplying waste
CN201003900Y (en) Mud material drying system
JP2002156105A (en) External heat type kiln
CN203824230U (en) Fluidized-bed-type stirring drying machine
JP2009000633A (en) Rotary treatment apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090821

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120718

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120724

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120919

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20121225

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131029

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131106

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250