JP2008103494A - 固定ジグおよびチップのピックアップ方法並びにピックアップ装置 - Google Patents

固定ジグおよびチップのピックアップ方法並びにピックアップ装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2008103494A
JP2008103494A JP2006283984A JP2006283984A JP2008103494A JP 2008103494 A JP2008103494 A JP 2008103494A JP 2006283984 A JP2006283984 A JP 2006283984A JP 2006283984 A JP2006283984 A JP 2006283984A JP 2008103494 A JP2008103494 A JP 2008103494A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
chip
adhesion layer
jig
suction
fixed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006283984A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenichi Watanabe
健一 渡邉
Takeshi Segawa
丈士 瀬川
Yasushi Fujimoto
泰史 藤本
Original Assignee
Lintec Corp
リンテック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Lintec Corp, リンテック株式会社 filed Critical Lintec Corp
Priority to JP2006283984A priority Critical patent/JP2008103494A/ja
Publication of JP2008103494A publication Critical patent/JP2008103494A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H01L21/00Processes or apparatus adapted for the manufacture or treatment of semiconductor or solid state devices or of parts thereof
    • H01L21/67Apparatus specially adapted for handling semiconductor or electric solid state devices during manufacture or treatment thereof; Apparatus specially adapted for handling wafers during manufacture or treatment of semiconductor or electric solid state devices or components ; Apparatus not specifically provided for elsewhere
    • H01L21/683Apparatus specially adapted for handling semiconductor or electric solid state devices during manufacture or treatment thereof; Apparatus specially adapted for handling wafers during manufacture or treatment of semiconductor or electric solid state devices or components ; Apparatus not specifically provided for elsewhere for supporting or gripping
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H01L21/00Processes or apparatus adapted for the manufacture or treatment of semiconductor or solid state devices or of parts thereof
    • H01L21/67Apparatus specially adapted for handling semiconductor or electric solid state devices during manufacture or treatment thereof; Apparatus specially adapted for handling wafers during manufacture or treatment of semiconductor or electric solid state devices or components ; Apparatus not specifically provided for elsewhere
    • H01L21/683Apparatus specially adapted for handling semiconductor or electric solid state devices during manufacture or treatment thereof; Apparatus specially adapted for handling wafers during manufacture or treatment of semiconductor or electric solid state devices or components ; Apparatus not specifically provided for elsewhere for supporting or gripping
    • H01L21/6838Apparatus specially adapted for handling semiconductor or electric solid state devices during manufacture or treatment thereof; Apparatus specially adapted for handling wafers during manufacture or treatment of semiconductor or electric solid state devices or components ; Apparatus not specifically provided for elsewhere for supporting or gripping with gripping and holding devices using a vacuum; Bernoulli devices
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H01L21/00Processes or apparatus adapted for the manufacture or treatment of semiconductor or solid state devices or of parts thereof
    • H01L21/02Manufacture or treatment of semiconductor devices or of parts thereof
    • H01L21/04Manufacture or treatment of semiconductor devices or of parts thereof the devices having at least one potential-jump barrier or surface barrier, e.g. PN junction, depletion layer or carrier concentration layer
    • H01L21/50Assembly of semiconductor devices using processes or apparatus not provided for in a single one of the subgroups H01L21/06 - H01L21/326, e.g. sealing of a cap to a base of a container
    • H01L21/52Mounting semiconductor bodies in containers
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H01L21/00Processes or apparatus adapted for the manufacture or treatment of semiconductor or solid state devices or of parts thereof
    • H01L21/67Apparatus specially adapted for handling semiconductor or electric solid state devices during manufacture or treatment thereof; Apparatus specially adapted for handling wafers during manufacture or treatment of semiconductor or electric solid state devices or components ; Apparatus not specifically provided for elsewhere
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H01L21/00Processes or apparatus adapted for the manufacture or treatment of semiconductor or solid state devices or of parts thereof
    • H01L21/67Apparatus specially adapted for handling semiconductor or electric solid state devices during manufacture or treatment thereof; Apparatus specially adapted for handling wafers during manufacture or treatment of semiconductor or electric solid state devices or components ; Apparatus not specifically provided for elsewhere
    • H01L21/67005Apparatus not specifically provided for elsewhere
    • H01L21/67011Apparatus for manufacture or treatment
    • H01L21/67132Apparatus for placing on an insulating substrate, e.g. tape
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H01L21/00Processes or apparatus adapted for the manufacture or treatment of semiconductor or solid state devices or of parts thereof
    • H01L21/70Manufacture or treatment of devices consisting of a plurality of solid state components formed in or on a common substrate or of parts thereof; Manufacture of integrated circuit devices or of parts thereof
    • H01L21/77Manufacture or treatment of devices consisting of a plurality of solid state components or integrated circuits formed in, or on, a common substrate
    • H01L21/78Manufacture or treatment of devices consisting of a plurality of solid state components or integrated circuits formed in, or on, a common substrate with subsequent division of the substrate into plural individual devices
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S156/00Adhesive bonding and miscellaneous chemical manufacture
    • Y10S156/934Apparatus having delaminating means adapted for delaminating a specified article
    • Y10S156/941Means for delaminating semiconductive product
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T156/00Adhesive bonding and miscellaneous chemical manufacture
    • Y10T156/11Methods of delaminating, per se; i.e., separating at bonding face
    • Y10T156/1126Using direct fluid current against work during delaminating
    • Y10T156/1132Using vacuum directly against work during delaminating
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T156/00Adhesive bonding and miscellaneous chemical manufacture
    • Y10T156/11Methods of delaminating, per se; i.e., separating at bonding face
    • Y10T156/1168Gripping and pulling work apart during delaminating
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T156/00Adhesive bonding and miscellaneous chemical manufacture
    • Y10T156/19Delaminating means
    • Y10T156/1928Differential fluid pressure delaminating means
    • Y10T156/1944Vacuum delaminating means [e.g., vacuum chamber, etc.]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T156/00Adhesive bonding and miscellaneous chemical manufacture
    • Y10T156/19Delaminating means
    • Y10T156/1978Delaminating bending means

Abstract

【課題】半導体ウエハが個片化されたチップ群を移動不能に吸着することができ、しかも吸着されたチップ群から一個のチップを選択的に確実に剥離して吸着することが可能な固定ジグを提供する。
【解決手段】ジグ基台30と密着層31とからなる固定ジグ3であって、ジグ基台30の片面に凹部2が設けられ、該凹部2は側壁35と略同じ高さの仕切り壁12により小部屋15に区画され、該凹部2を覆うように側壁35および仕切り壁12の上縁に密着層31が設けられ、前記各小部屋15内にそれぞれ外部に連通する貫通孔17が形成されていることを特徴としている。
【選択図】図1

Description

本発明は、個片化されてなるウエハ形状のチップ群を固定するための固定ジグおよびチップの突き上げを行わないピックアップ方法並びにピックアップ装置に関し、特に、極薄に研削され比較的大面積の半導体チップをダメージ無く一個ずつ、個別にピックアップすることが可能な固定ジグおよびチップのピックアップ方法並びにピックアップ装置に関する。
近年、ICカードや携帯電子機器の普及が進み、さらなる半導体部品の薄型化が望まれている。このため、従来は厚さが350μm程度であった半導体チップを、厚さ50〜100μmあるいはそれ以下まで薄くする必要が生じている。
半導体チップは、表面回路形成を行った後、裏面を所定の厚さに切削を行い回路毎にダイシングを行って形成される。また別の方法として、表面回路形成を行った後、回路面から所定の厚さを越える溝を形成し裏面から所定の厚さまで研削を行うことによる方法(先ダイシング)によっても半導体チップが形成される。
半導体チップは、チップがバラバラにならないようダイシングシートなどの粘着シート上に固定された状態でピックアップ工程に投入される。粘着シート上のチップをピックアップする際には、粘着シートとの接触面積を低減させるため、チップの裏面の粘着シートを細針によって突き上げることが行われている。細針で突き上げられたチップは、上面から吸引コレットで吸着され粘着シートから剥離してチップ基板等のダイパッドに移送させる。
ところで、チップが極薄化してきていることによって、細針による突き上げはチップに少なくないダメージを与える。ダメージを受けたチップを使用した半導体装置は、熱履歴を受けることによってパッケージクラックを起こすなど信頼性に欠ける品質となる。また、受けたダメージが大きいとチップの突き上げでチップの損壊が起こる場合がある。
そこで、このような問題を解消するため、細針による突き上げを行わないピックアップ方法が検討されている。(特開2003−179126号公報(特許文献1参照)これらのピックアップ方法は、粘着テープの代わりにポーラス素材の吸着テーブルを用い、チップをピックアップする際に吸着テーブルの吸着を停止してチップの保持力を消している。しかし、この方法では、チップ間の隙間は塞がれず空気がリークしており、さらにチップをピックアップするごとにリーク量が増大する。これにより、ピックアップされずに残っているチップに対する保持力が低下し、振動によってチップの位置がずれ、コレットがチップを捉えられなくなるという問題が出てくる。
特開2003−179126号公報
本発明は、上記のような問題に鑑み、半導体ウエハが個片化されたチップ群を移動不能に吸着することができ、しかも吸着されたチップ群から一個のチップを選択的に剥離して吸着することが可能な固定ジグを提供することを目的としている。
また、本発明は、上記の固定ジグを用いることにより、チップの突き上げを不要とするとともに、ピックアップの進行でピックアップされていないチップの保持力が変動するこ
とがなく、チップを確実にピックアップすることのできるピックアップ方法、およびこのようなピックアップ方法を実現するのに好適なピックアップ装置を提供することを目的としている。
本発明に係る固定ジグは、
ジグ基台と密着層とからなる固定ジグであって、
前記ジグ基台の片面に凹部が設けられ、該凹部は側壁と略同じ高さの仕切り壁により小部屋に区画され、該凹部を覆うように前記側壁および前記仕切り壁の上縁に密着層が設けられ、前記各小部屋内にそれぞれ外部に連通する貫通孔が形成されていることを特徴としている。
係る構成の固定ジグによれば、密着層を介してジグ基台に吸着されたチップの吸着力を選択的に解除することができる。
本発明に係るピックアップする方法は、上記に記載の固定ジグに固定されたチップをピックアップする方法であって、
ウエハ形状のチップ群が、密着層に固定された状態とするチップ固定工程と、
前記固定ジグの小部屋内の貫通孔を介して、該当する小部屋内の空気を吸引し、この小部屋を覆う前記密着層を変形させる密着層変形工程と、
前記小部屋が吸引され前記密着層が変形された部位の前記チップを、吸着コレットが吸引して、この吸引されたチップを前記密着層から完全にピックアップする工程と、によりチップをピックアップすることを特徴としている。
このようなピックアップ方法によれば、固定ジグの独立した小部屋内の空気を吸引すれば、選択的にチップをピックアップすることができる。
本発明に係るピックアップ装置は、
上記のピックアップ方法において用いるピックアップ装置であって、
ジグ基台の厚さ方向に形成された貫通孔の一方の開口部側に配置される吸引手段と、
前記貫通孔の他方の開口部側に配置される吸着コレットと、
ジグ基台の外周を着脱自在に固定するドーナッツ形状のテーブルと、を有し、
前記吸引手段により前記ドーナッツ形状のテーブルに着脱自在に支持されたジグ基台の任意の小部屋内を吸引し、前記吸着コレットでチップを吸引することを特徴としている。
このような構成の本発明に係る装置では、先ずチップが密着している固定ジグの複数の小部屋のうち、該当する小部屋内の貫通孔を介して吸引を行うと、その小部屋内が減圧される。この減圧で、該当する部分の密着層がテーブルの底部側に引き寄せられることにより、チップ周辺から外気がチップとの密着面に流入してチップと密着層が剥離し、仕切り壁上面だけがチップと密着する。これにより、反対側から吸着コレットで吸引すれば、個別のチップをピックアップすることができる。
続いて、吸着コレットで次々とチップをピックアップしていっても、空気のリークで固定ジグ上に残っているチップとの密着状態が変化しない。従って、どのチップも常に安定した小さい密着力で固定ジグに固定されており、最後のチップまで位置ずれは起こらない。
本発明に係る固定ジグによれば、ジグ基台の片面に設けられた凹部が仕切り壁により小部屋に区画されているので、1つの小部屋内の貫通孔を吸引して、その上の密着層を変形させれば、該当する部分のチップが密着層から剥離されるので、チップをピックアップすることが可能になる。
本発明のチップのピックアップ方法およびピックアップ装置によれば、細針によりチップの裏面を突き上げることなく、吸引コレットの吸引力だけでチップをピックアップすることが可能となるため、チップにダメージを与えることがない。
また、極めて薄く加工されたチップであっても個別のチップを確実にピックアップすることが可能であり、安全に次工程へ移送することができる。
さらに、本発明に係るピックアップ方法およびピックアップ装置によれば、吸引コレットで次々とチップをピックアップしていっても、空気のリークで固定ジグ上に残っているチップとの密着状態が変化しない。従って、どのチップも常に安定した小さい密着力で固定ジグに固定されているので、最後のチップまで位置ずれを生じさせずにピックアップすることができる。
以下、図面を参照しながら、本発明の実施例について説明する。
<固定ジグ>
先ず、本発明に用いられる固定ジグについて説明する。
図1は、本発明に係る固定ジグを示したもので、この固定ジグは、本発明のピックアップ装置に組み込まれて使用される。
図1に示したように、本発明に係る固定ジグ3は、ジグ基台30と密着層31とからなる。ジグ基台30の形状としては、略円形、略楕円形、略矩形、略多角形が挙げられ、その中でも図2に示したように略円形が好ましい。ジグ基台30の片面には、外周部に側壁35が、側壁35の内側に円形状の凹部2が形成されている。この凹部2内には、図1および図2に示したように、仕切り壁12が格子状に、すなわち縦横に形成されている。これにより、凹部2内が複数個の小部屋15,15…15に区画されている。ジグ基台30の仕切り壁12と側壁35とは、略同じ高さに設定されている。
なお、格子状の仕切り壁12を配置する縦横の間隔は、任意であるが、チップの大きさに基いて適宜設定される。ここで、仕切り壁12の間隔が小さい程、ピックアップすることのできるチップサイズの種類を増加させることができる。
また、図2に示したように、各小部屋15の中央部に、貫通孔17が形成されている。
一方、仕切り壁12を有するジグ基台30の面上には、シート状の密着層31が積層されている。この密着層31は、仕切り壁12と側壁35の上面に接着され、隣接する小部屋どうしが隔離されお互いが気密状態となっている。
このように個片化されたチップ群を、例えば図4に示したように、紙面の左右方向に移動させ、所定の貫通孔17(本実施例の場合4個の貫通孔)を吸引手段としてのバキューム装置V上に配置し、さらにバキューム装置Vの吸引部を4個の貫通孔17に接続すれば、4つの小部屋15、15内を減圧することができる。すなわち、本実施例の場合は、図2に斜線で示したように、4つの小部屋15に跨って1個のチップ13が配置されるため、4つの小部屋15内を同時に減圧する。
このように、4つの小部屋15内が吸引されれば、それに対応する位置の密着層31が凹凸状に変形されるので、これにより変形した部分の密着層31に密着していたチップ13’が密着層31から剥離される。したがって、密着層31の上方から吸着コレット70で吸引すれば、図5に示したように、剥離されたチップ13’を上方に吸着し、持上げることが可能になる。
ジグ基台30の材質は、機械強度に優れたものであれば特に限定されないが、たとえば、ポリカーボネート、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート樹脂、アクリル樹脂、ポリ塩化ビニルなどの熱可塑性樹脂;アルミニウム合金、マグネシウム合金、ステンレスなどの金属材料;ガラスなどの無機材料;ガラス繊維強化エポキシ樹脂などの有機無機複合材料等が挙げられる。ジグ基台30の曲げ弾性率は、1GPa以上で
あることが好ましい。このような曲げ弾性率を有していれば、ジグ基台の厚さを必要以上に厚くすることなく剛直性を与えることができる。このような材料を用いることにより、ウエハの裏面研削の後でウエハを湾曲させずに十分に支持することができる。また、半導体ウエハの研削砥石の回転による剪断応力に対向する強度を持ち、先ダイシングの後でチップの配列を乱すことがない。
ジグ基台30の外径は、半導体ウエハの外径と略同一または半導体ウエハの外径よりも大きいことが好ましい。ジグ基台30が半導体ウエハの規格サイズの最大径(例えば300mm径)に対応できる外径を有していれば、それより小さい全ての半導体ウエハに対して適用することができる。また、ジグ基台30の厚さは、0.5〜2.0mmが好ましく、0.5〜0.8mmがより好ましい。ジグ基台の厚さが上記範囲にあると、ウエハの裏面研削の後でウエハを湾曲させずに十分に支持することができる。小部屋15の形は特に限定されず、例えば、格子状、ハニカム状などの多角形でも良いし、円形状であっても良いが、特に格子状であるものが好ましい。また、小部屋15が格子状である場合のサイズは、固定されるチップのサイズよりも小さければ特に限定されないが、1辺が0.5〜5mmの範囲が好ましい。
仕切り壁12および側壁35の高さは、0.05〜0.5mmがより好ましい。また、仕切り壁12の上面の幅は、0.2〜0.6mmが好ましい。仕切り壁12の大きさが上記範囲にあると、各小部屋15内の脱気により、その上の密着層31を十分に凹凸状に変形させることができ、個片化された1つの半導体チップ13を容易に密着層31から取り外すことができる。さらに、密着層31の凹凸の変形を何度も繰り返した後でも、元の平坦な状態に復元し続けることができる。
チップ吸着用の貫通孔17の径は小部屋15のサイズよりも小さければ特に限定されないが、2mm以下が好ましい。
このようなジグ基台30は、たとえば、熱可塑性の樹脂材料を金型を用いて加熱成形して、ジグ基台30の底部と、側壁35と、仕切り壁12とを一体で製造してもよいし、平面円形板上に側壁35および仕切り壁12を形成して製造してもよい。仕切り壁12の形成方法としては、電鋳法により金属を所定の形状に析出させる方法、スクリーン印刷により形成する方法、平面円形板上にフォトレジストを積層し、露光、現像して突起物を形成する方法などが挙げられる。また、金属製平面円形板の表面をエッチングにより側壁及び仕切り壁部分を残して侵食除去する方法やサンドブラストにより平面円形板の表面を側壁及び仕切り壁の形成部分を残して除去する方法などによりジグ基台30を製造することもできる。なお、貫通孔17は小部屋15を形成する前に予め形成してもよいし、後で形成してもよい。また、ジグ基台の成型と同時に形成してもよい。
ジグ基台30上に配置された密着層31の材質としては、可撓性、柔軟性、耐熱性、弾性、粘着性等に優れた、ウレタン系、アクリル系、フッ素系またはシリコーン系のエラストマーが挙げられる。このエラストマーには、必要に応じて補強性フィラーや疎水性シリカなどの各種添加剤を添加してもよい。
密着層31はジグ基台30と略同一形状の平板であることが好ましく、密着層31の外径はジグ基台30の外径と略同一であることが好ましく、厚さは、20〜200μmが好ましい。密着層31の厚さが20μm未満では、吸引の繰り返しに対する機械的な耐久性
に乏しくなることがある。一方、密着層31の厚さが200μmを超えると、吸引による剥離に著しく時間がかかることがあり好ましくない。
また、密着層31の引張破断強度は5MPa以上であることが好ましく、引張破断伸度は500%以上であることが好ましい。引張破断強度や引張破断伸度が上記範囲にあると、密着層31の変形を何度も繰り返した場合でも、密着層31の破断も弛みも発生せず、元の平坦な状態に復元させることができる。
また、密着層31の曲げ弾性率は、10〜100MPaの範囲が好ましい。密着層31の曲げ弾性率が10MPa未満の場合、密着層31は仕切り壁12との接点以外の部分が重力でたわんでしまい、ウエハに密着できなくなる場合がある。一方、100MPaを超えると、吸引による変形が起こりにくくなり、ウエハを容易に剥離することができなくなる場合がある。
また、密着層31の半導体ウエハに接する側の面のせん断密着力は35N以上であることが好ましい。本発明においてせん断密着力は、密着層31とシリコンウエハのミラー面との間で測定した値をいい、縦30mm×横30mm×厚さ3mmの大きさを有する周知のガラス板に密着層31を貼り付けてシリコンからなるミラーウェーハ上に配置し、ガラス板と密着層31の全体に900gの荷重を5秒間加え、ガラス板をミラーウェーハと平行に荷重を加えて押圧した場合に、動き出した時の荷重を測定したものである。
さらに、密着層31の密着力は2N/25mm以下であることが望ましい。これを超える値では密着層31と、その上に配置されるチップとの密着が大きくなりすぎてブロッキング状態となり、吸引によるチップの剥離ができなくなるおそれがある。なお、本発明において密着力とは、密着層31をウエハのミラー面に貼り付け、これを剥離したときの剥離強度をいう。
このような密着層31は、たとえば、カレンダー法、プレス法、コーティング法または印刷法等により、予め上記エラストマーからなるフィルムを作製し、このエラストマーフィルムをジグ基台30の少なくとも側壁35の上面に接着することにより形成することができる。上記密着層31を接着する方法としては、アクリル樹脂、ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂、シリコーン樹脂あるいはエラストマー樹脂からなる接着剤を介して接着する方法や、密着層31がヒートシール性の場合はヒートシールによって接着する方法が挙げられる。
密着層31の表面には、非粘着処理が施されていてもよく、特に、凹凸状に変形した時に半導体チップと接触する仕切り壁12上部の密着層表面のみが、非粘着処理されていることが好ましい。このように処理すると、密着層31が変形する前は密着層表面の非粘着処理されていない部分で半導体チップに密着し、凹凸状に変形した密着層31は仕切り壁12上部の表面、すなわち非粘着性の凸部表面のみで半導体チップと接触しているため、半導体チップをさらに容易に密着層31から取り外すことができる。非粘着処理方法としては、たとえば、バキューム装置により小部屋15内の空気を吸引して密着層31を凹凸状に変形させ、凸部先端を砥石ローラー等により物理的に粗面化する方法、UV処理する方法、非粘着性ゴムを積層する方法、非粘着性塗料をコーティングする方法などが挙げられる。また、非粘着部は、上記凸部ではなく、密着層31の中心を通るように十字にパターン形成してもよい。非粘着部の表面粗さは、算術平均粗さRaが1.6μm以上が好ましく、1.6〜12.5μmがより好ましい。非粘着部を上記範囲の表面粗さで粗面化することにより、密着層31は劣化せず、さらに、半導体チップを容易に密着層31から取り外すことができる。
<半導体チップ>
本発明でピックアップされる被処理体は、図3に示したように、ダイシング工程を経て切断ライン5により賽の目状にダイシングされた半導体ウエハ1が例示される。半導体ウエハ1は、複数個のチップ13に予め個片化されている。
そして、図2の中に斜線で示したように、縦横の仕切り壁12,12により画成される4個分の小部屋15の大きさが、図3に示した1個のチップ13の大きさに対応している
チップ13は、シリコン半導体ウエハ、ガリウム・ヒ素半導体ウエハなどに回路を形成した後、これらを個片化して得られるが、半導体ウエハはこれらに限定されず、種々の半導体ウエハを用いることができる。ウエハ表面への回路の形成は、エッチング法、リフトオフ法など、様々な方法により行うことができる。
そして、このように複数のチップ13に個片化された半導体ウエハ1が、図4に示したように、固定ジグ3の上に配置される。
なお、多数のチップ13に個片化された半導体ウエハ1を、固定ジグ3の密着層31上に貼付された状態を実現する手段は特に限定されない。結果として、図4に示したような状態が実現されれば、如何なる経路を経ても良い。
例えば、半導体ウエハを通常のダイシングシートを用いてダイシングを行ない、これを密着層31に転写することにより、密着層31上にチップ13がウエハ形状を維持した状態を達成しても良い。また、密着層31をダイシングシートとして用い、密着層31を切断しないように半導体ウエハ1のみをダイシングしても良い。また、ダイシングブレードを使用するダイシング装置の代わりに、レーザー光線によるダイシング装置(レーザーダイサー)によっても良い。レーザーダイサーは、レーザー光線の焦点をコントロールしてウエハの分割を行うので、密着層31を一緒に切断しないように制御し易い。
さらに、ダイシングとしていわゆるステルスダイシング法として知られている方法によって行ってもよい。ステルスダイシング法は、ウエハの内部にのみ焦点を合わせてレーザーを照射し、焦点部分を改質させた後この軌跡をストレスにより破断させることにより個片化するダイシング法なので、密着層31を同時に切断することができない。このため、この方法が特に有効である。
ステルスダイシング法では、半導体ウエハ内部に、半導体ウエハの各回路を区画する切断予定ラインに沿って脆弱部を形成する。この状態では、各チップ群が脆弱部を介して連接しており、全体としてウエハ形状を維持している。脆弱部の形成は、切断予定ラインに沿って半導体ウエハ内部に焦点を合わせてレーザー光を照射することで行われる。レーザー光の照射により、ウエハ内部が局所的に加熱され結晶構造の変化などにより改質される。改質された部分は、周辺の部位と比べ過剰なストレス状態におかれ、潜在的に脆弱である。したがって、半導体ウエハにストレスを加えると、この脆弱部を起点としてウエハの上下方向に亀裂が成長し、ウエハをチップ毎に分割することができる。
このようなステルスダイシング法の詳細は、たとえば「電子材料、2002年9月、17〜21頁」、特開2003−88982号公報に記載されている。
また、ウエハの個片化を上記したステルスダイシング法により行う場合は、エキスパンドと同時に、ウエハを個片化してもよい。エキスパンド時に接着シートを延伸する際の張力は、接着シート上に固定されているウエハに伝播する。この際、ウエハ内部に脆弱部が形成されていると、この脆弱部が張力に抗することができず、脆弱部で破断が起こる。この結果、脆弱部を起点としてウエハの上下方向に亀裂が生じ、ウエハをチップ毎に分割することができる。
また、いわゆる先ダイシングを応用してもよい。すなわち、半導体回路が形成されたウエハ表面からそのウエハ厚さよりも浅い切込み深さの溝を形成し、該回路面に表面保護シートを貼着し、上記半導体ウエハの裏面研削をすることでウエハの厚みを薄くするとともに、最終的には個々のチップ13への分割を行い、研削面を、密着層31に密着させ、該表面保護シートを剥離することで、密着層31上に、複数のチップ13がウエハ形状のまま整列した状態を達成してもよい。
<ピックアップ装置>
図6は本発明の一実施例に係るピックアップ装置100を示したものである。
本発明に係るピックアップ装置100では、各チップ13を、細針による突き上げを行わずにピックアップすることができる。
すなわち、本発明のピックアップ装置100では、ウエハ形状のチップ群が固定ジグ3の密着層31に固定されたものから、密着層31を変形させ、さらに吸着コレットで、ピックアップすることができる。
以下に、このような工程を行うピックアップ装置100の概略について説明する。
このピックアップ装置100は、X方向に移動可能な第1のテーブル42と、第1のテーブル42の上部に、X方向に対して直交するY方向(紙面に対して直角な方向)に移動可能な第2のテーブル44と、それ自身所定角度回転することのできる第3のテーブル49とを有している。そして、この第3のテーブル49には、アーム50が立設され、このアーム50の上端部には、ドーナッツ状のテーブル52が一体的に設けられている。
このドーナッツ状のテーブル52に設けられた開口55を塞ぐように、固定ジグ3が配置される。なお、固定ジグ3に予め位置決めピン57を設けておくとともに、ドーナッツ状のテーブル52に溝59を設けて、このピン57を溝59内に着脱自在に挿入するなどしてドーナッツ状のテーブル52の上に、固定ジグ3が位置決め固定される。
一方、第3のテーブル49の上方には、上下方向にのみ移動可能な一軸ロボット60が配置され、この一軸ロボット60の先端部に吸引手段Vが設置されている。この吸引手段Vは、図示しない真空ポンプに接続されている。そして、一軸ロボット60により所定のタイミングで上方に移動することにより、吸引手段Vが固定ジグ3の下面に密着して所定の小部屋15が真空ポンプと接続する。これによって所定の小部屋15の空間だけを吸引することができ、その位置の密着層31のみを変形させることができる。
さらに、固定ジグ3の上方側には、吸着コレット70が配置されている。この吸着コレット70も上下方向に移動可能に形成され、所定のタイミングで吸着部70aからチップ13’を吸引し、持上げることが可能にされている。
このようなピックアップ装置100は、第1のテーブル42、および第2のテーブル44側がX,Y方向に移動され、さらに第3のテーブル49が所定の角度でθ方向に回転することで、固定ジグ3の吸着コレット70に対する位置が決定される。よって、図示しないセンサなどで、固定ジグ3の位置を検出すれば、任意のチップ13を吸着コレット70の直下に配置することができる。
なお、吸着コレット70は、それ自身上下および水平方向に移動可能である。これにより、ピックアップされたチップ13を必要に応じて反転させたり、ダイボンド工程に移送したり、あるいはチップトレイ内に搬送することが可能にされている。
このように本実施例のピックアップ装置100では、細針による突き上げを必要としな
いので、チップ13にダメージを与えることもない。よって、高品質のチップ13を次工程に提供することができる。また、一つのチップ13をピックアップする場合に、他のチップ13は、何ら影響を受けないので、確実に一つのチップのみをピックアップすることができる。
以上、本発明の実施例について説明したが、本発明は、上記実施例に何ら限定されない。例えば、また、各仕切り壁12で区画される小部屋15内に、仕切り壁12と同じ高さの突起物を立設し、この突起物の頂部でチップを支持することも可能である。このように突起物を設ければ、大きなチップでも安定した状態で支持することができる。
また上記実施例では、1つのチップ13の大きさを4つの小部屋15の大きさに対応させているが、例えば、チップ一個の大きさを、6つの小部屋15に対応するように設定することもできる。したがって、仕切り壁12で区画される一つの小部屋15の大きさをより小さく設定すれば、様々な大きさのチップに対応することができる。具体的には、コレットの吸着部70aとバキューム装置Vのヘッド部をピックアップすべきチップのサイズに合わせて用意しておき、チップサイズの変更に合わせてコレットの吸着部70aを交換するとともに、バキューム装置Vのヘッド部も交換することで、目的とするチップサイズをピックアップできるようになる。
図1は、本発明に係るピックアップ方法を実施するピックアップ装置に用いられる固定ジグの概略断面図である。 図2は、図1に示した固定ジグを構成するジグ基台の概略平面図である。 図3は、本発明のピックアップ装置で処理される個片化された半導体ウエハの概略平面図である。 図4は、個片化された半導体ウエハが固定ジグに載置され、ピックアップされる前の状態を示す概略略断面図である。 図5は図4に示した固定ジグから一個のチップがピックアップされるときの概略断面図である。 図6は、本発明に係るピックアップ方法を実施するのに好適なピックアップ装置の概略正面図である。
符号の説明
1・・・半導体ウエハ
3・・・固定ジグ
12・・・仕切り壁
13・・・チップ
13’・・・吸着コレットで吸着されるチップ
15・・・小部屋
17・・・チップ吸着用の貫通孔
30・・・ジグ基台
31・・・密着層
35・・・側壁
52・・・ドーナッツ形状のテーブル
70・・・吸着コレット
100・・・ピックアップ装置
V・・・バキューム装置

Claims (3)

  1. ジグ基台と密着層とからなる固定ジグであって、
    前記ジグ基台の片面に凹部が設けられ、該凹部は側壁と略同じ高さの仕切り壁により小部屋に区画され、該凹部を覆うように前記側壁および前記仕切り壁の上縁に密着層が設けられ、前記各小部屋内にそれぞれ外部に連通する貫通孔が形成されていることを特徴とする固定ジグ。
  2. 請求項1に記載の固定ジグに固定されたチップをピックアップする方法であって、
    ウエハ形状のチップ群が、密着層に固定された状態とするチップ固定工程と、
    前記固定ジグの小部屋内の貫通孔を介して、該当する小部屋内の空気を吸引し、この小部屋を覆う前記密着層を変形させる密着層変形工程と、
    前記小部屋が吸引され前記密着層が変形された部位の前記チップを、吸着コレットが吸引して、この吸引されたチップを前記密着層から完全にピックアップする工程と、によりチップをピックアップすることを特徴とするチップをピックアップする方法。
  3. 請求項2に記載のチップのピックアップ方法において用いるピックアップ装置であって、
    ジグ基台の厚さ方向に形成された貫通孔の一方の開口部側に配置される吸引手段と、
    前記貫通孔の他方の開口部側に配置される吸着コレットと、
    ジグ基台の外周を着脱自在に固定するドーナッツ形状のテーブルと、を有し、
    前記吸引手段により前記ドーナッツ形状のテーブルに着脱自在に支持されたジグ基台の任意の小部屋内を吸引し、前記吸着コレットでチップを吸引することを特徴とするピックアップ装置。
JP2006283984A 2006-10-18 2006-10-18 固定ジグおよびチップのピックアップ方法並びにピックアップ装置 Pending JP2008103494A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006283984A JP2008103494A (ja) 2006-10-18 2006-10-18 固定ジグおよびチップのピックアップ方法並びにピックアップ装置

Applications Claiming Priority (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006283984A JP2008103494A (ja) 2006-10-18 2006-10-18 固定ジグおよびチップのピックアップ方法並びにピックアップ装置
PCT/JP2007/070010 WO2008047732A1 (fr) 2006-10-18 2007-10-12 Dispositif de serrage stationnaire, procédé de saisie de puce et appareil de saisie de puce
US12/445,697 US8182649B2 (en) 2006-10-18 2007-10-12 Fixed jig, chip pickup method and chip pickup apparatus
EP07829746A EP2080220A4 (en) 2006-10-18 2007-10-12 FIXED-VOLTAGE DEVICE, CHIP-PICKUP PROCEDURE AND CHIP-PICKUP DEVICE
KR1020097009843A KR20090071636A (ko) 2006-10-18 2007-10-12 고정 지그, 칩의 픽업방법 및 픽업장치
CNA2007800391412A CN101529577A (zh) 2006-10-18 2007-10-12 固定夹具及芯片的拾取方法以及拾取装置
TW096138801A TW200828492A (en) 2006-10-18 2007-10-17 Fixing jig, and pickup method of chip and pickup apparatus

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008103494A true JP2008103494A (ja) 2008-05-01

Family

ID=39313963

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006283984A Pending JP2008103494A (ja) 2006-10-18 2006-10-18 固定ジグおよびチップのピックアップ方法並びにピックアップ装置

Country Status (7)

Country Link
US (1) US8182649B2 (ja)
EP (1) EP2080220A4 (ja)
JP (1) JP2008103494A (ja)
KR (1) KR20090071636A (ja)
CN (1) CN101529577A (ja)
TW (1) TW200828492A (ja)
WO (1) WO2008047732A1 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2452970A1 (en) 2007-08-31 2012-05-16 The Nippon Synthetic Chemical Industry Co., Ltd. Crosslinking agent, crosslinked polymer, and uses thereof
JP2012169405A (ja) * 2011-02-14 2012-09-06 Shin Etsu Polymer Co Ltd 保持治具
JP2013102126A (ja) * 2011-10-14 2013-05-23 Fuji Electric Co Ltd 半導体装置の製造方法および半導体装置の製造装置
JP2015093335A (ja) * 2013-11-11 2015-05-18 株式会社ディスコ 切削装置
JP2016111282A (ja) * 2014-12-10 2016-06-20 株式会社ディスコ 切削装置

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5074125B2 (ja) * 2007-08-09 2012-11-14 リンテック株式会社 固定治具並びにワークの処理方法
WO2011016607A1 (ko) * 2009-08-02 2011-02-10 (주)큐엠씨 픽업장치 및 이를 포함하는 엘이디 칩 분류장치
US8251223B2 (en) * 2010-02-08 2012-08-28 Taiwan Semiconductor Manufacturing Company, Ltd. Cleaning system and a package carrier for a semiconductor package
CN102198671A (zh) * 2010-03-25 2011-09-28 毅嘉科技股份有限公司 按键集料治具
US8251422B2 (en) * 2010-03-29 2012-08-28 Asm Assembly Automation Ltd Apparatus for transferring electronic components in stages
KR20120108229A (ko) * 2011-03-23 2012-10-05 삼성디스플레이 주식회사 레이저 가공용 워크 테이블
JP5923876B2 (ja) * 2011-06-15 2016-05-25 富士電機株式会社 半導体装置の製造装置および半導体装置の製造方法
JP2013078810A (ja) * 2011-10-03 2013-05-02 Smc Corp 真空吸着装置
KR102034754B1 (ko) * 2012-09-18 2019-10-22 삼성디스플레이 주식회사 공기압을 이용한 기판 고정 장치
US9195929B2 (en) * 2013-08-05 2015-11-24 A-Men Technology Corporation Chip card assembling structure and method thereof
TWI560794B (en) * 2015-04-23 2016-12-01 Advanced Semiconductor Eng Semiconductor element carrier, method for attaching a semiconductor element to a carrier, and semiconductor process
JP2018056159A (ja) * 2016-09-26 2018-04-05 セイコーエプソン株式会社 粘着テープ剥離治具、半導体チップの製造装置、memsデバイスの製造装置、液体噴射ヘッドの製造装置、および、粘着テープ剥離方法
CN110985520A (zh) * 2019-12-24 2020-04-10 扬州海科电子科技有限公司 一种用于芯片自吸附凝胶盘的真空底座

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59227195A (en) * 1983-05-24 1984-12-20 Bikemu Corp Method and device for handling semiconductor and similar electronic device
JP2000315697A (ja) * 1999-03-03 2000-11-14 Hitachi Ltd 半導体素子の分離方法およびその装置並びに半導体素子の搭載方法
JP2003229469A (ja) * 2002-02-04 2003-08-15 Disco Abrasive Syst Ltd 半導体チップピックアップ装置
JP2004311880A (ja) * 2003-04-10 2004-11-04 Matsushita Electric Ind Co Ltd 半導体チップのピックアップ装置およびピックアップ方法ならびに吸着剥離ツール

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3484936B2 (ja) * 1997-08-05 2004-01-06 株式会社村田製作所 チップ状部品の取扱方法および装置
US6202292B1 (en) 1998-08-26 2001-03-20 Micron Technology, Inc. Apparatus for removing carrier film from a semiconductor die
JP4266106B2 (ja) 2001-09-27 2009-05-20 株式会社東芝 粘着性テープの剥離装置、粘着性テープの剥離方法、半導体チップのピックアップ装置、半導体チップのピックアップ方法及び半導体装置の製造方法
JP2003088982A (ja) 2002-03-29 2003-03-25 Hamamatsu Photonics Kk レーザ加工方法
CN1669119A (zh) * 2002-07-17 2005-09-14 松下电器产业株式会社 拾取半导体芯片的方法和设备及为此使用的吸引和剥落工具
JP2004152858A (ja) * 2002-10-29 2004-05-27 Renesas Technology Corp 半導体製造装置及び方法

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59227195A (en) * 1983-05-24 1984-12-20 Bikemu Corp Method and device for handling semiconductor and similar electronic device
JP2000315697A (ja) * 1999-03-03 2000-11-14 Hitachi Ltd 半導体素子の分離方法およびその装置並びに半導体素子の搭載方法
JP2003229469A (ja) * 2002-02-04 2003-08-15 Disco Abrasive Syst Ltd 半導体チップピックアップ装置
JP2004311880A (ja) * 2003-04-10 2004-11-04 Matsushita Electric Ind Co Ltd 半導体チップのピックアップ装置およびピックアップ方法ならびに吸着剥離ツール

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2452970A1 (en) 2007-08-31 2012-05-16 The Nippon Synthetic Chemical Industry Co., Ltd. Crosslinking agent, crosslinked polymer, and uses thereof
JP2012169405A (ja) * 2011-02-14 2012-09-06 Shin Etsu Polymer Co Ltd 保持治具
JP2013102126A (ja) * 2011-10-14 2013-05-23 Fuji Electric Co Ltd 半導体装置の製造方法および半導体装置の製造装置
JP2015093335A (ja) * 2013-11-11 2015-05-18 株式会社ディスコ 切削装置
JP2016111282A (ja) * 2014-12-10 2016-06-20 株式会社ディスコ 切削装置

Also Published As

Publication number Publication date
US20100314894A1 (en) 2010-12-16
WO2008047732A1 (fr) 2008-04-24
EP2080220A1 (en) 2009-07-22
CN101529577A (zh) 2009-09-09
US8182649B2 (en) 2012-05-22
TW200828492A (en) 2008-07-01
EP2080220A4 (en) 2011-10-26
KR20090071636A (ko) 2009-07-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2008103494A (ja) 固定ジグおよびチップのピックアップ方法並びにピックアップ装置
JP2008103493A (ja) チップのピックアップ方法及びピックアップ装置
KR101399690B1 (ko) 접착제 부착 칩의 제조방법
JP5074125B2 (ja) 固定治具並びにワークの処理方法
JP4268091B2 (ja) 部品保持具
JP5663126B2 (ja) ワーク搬送方法及びワーク受渡し機構を有する装置
JP2010222021A (ja) 粘着保持トレー
JP5328422B2 (ja) 電子部品保持具
JP5679950B2 (ja) 電子部品保持具
JP2008109119A (ja) ピックアップ装置及びピックアップ方法
JP5923876B2 (ja) 半導体装置の製造装置および半導体装置の製造方法
JP4907302B2 (ja) 半導体ウエハの研削装置
JP2008133102A (ja) シート状物の剥離方法
JP2007250790A (ja) 半導体チップの製造方法
JP2003124153A (ja) ダイサーシート貼り付け方法
JP2008153487A (ja) 半導体装置の製造装置と製造方法
JP5773372B2 (ja) ワーク受渡し機構を有する装置
JP2009187969A (ja) 基板の加工方法
JP5489662B2 (ja) 半導体ウェーハの取り扱い方法
JP2005353707A (ja) 半導体基板の分断方法および半導体チップの選択転写方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20091007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111101

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111222

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20120203

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120522