JP2008082093A - 擁壁 - Google Patents

擁壁 Download PDF

Info

Publication number
JP2008082093A
JP2008082093A JP2006265048A JP2006265048A JP2008082093A JP 2008082093 A JP2008082093 A JP 2008082093A JP 2006265048 A JP2006265048 A JP 2006265048A JP 2006265048 A JP2006265048 A JP 2006265048A JP 2008082093 A JP2008082093 A JP 2008082093A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
honeycomb
retaining
pile
layer
constructing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2006265048A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4847265B2 (ja
Inventor
Masaru Shimada
優 島田
Seiji Amamiya
盛児 雨宮
Michiyuki Harada
道幸 原田
Original Assignee
Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd
東京インキ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd, 東京インキ株式会社 filed Critical Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd
Priority to JP2006265048A priority Critical patent/JP4847265B2/ja
Publication of JP2008082093A publication Critical patent/JP2008082093A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4847265B2 publication Critical patent/JP4847265B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Abstract

【課題】壁高が高く、安定性の高い、ハニカム状立体補強材を利用した擁壁を構築する方法を提供することである。またハニカム状立体補強材を利用した急峻な勾配の擁壁を構築する方法を提供することである。
【解決手段】ハニカム構造体とそのすぐ上に積層されるハニカム構造体との2層を杭によって結合させることを特徴とする擁壁の構築方法。擁壁下部の地山と、そのすぐ上に積層されるハニカム構造体とを杭によって結合させることを特徴とする擁壁の構築方法。
【選択図】図8

Description

本発明は板状や網状の高分子材料をはちの巣構造にしたハニカム状立体補強材に、土砂・砕石等を充填したハニカム構造体を水平に複数層積層して構築する擁壁の構築方法に関する。また前述のハニカム構造体と杭を組み合わせて、ハニカム構造体の各層間に一体性をもたせた擁壁の構築方法に関する。
以前より板状や網状の高分子材料をはちの巣構造にしたハニカム状立体補強材は知られており、このハニカム状立体補強材は土砂・砕石等を充填して(以下、ハニカム状立体補強材に土砂・砕石等を充填した構造体を「ハニカム構造体」と称す)地盤の補強材、道路の路盤材、歩道の基礎材、仮設道路、擁壁の資材に利用されてきた。
さらに、ハニカム構造体を一定の高さまで複数層積層し擁壁として使用した構造体(以下、「ハニカム擁壁」と称す)もよく知られている(「特許文献1」、「非特許文献1」の「119ページ」)。また、下部のハニカム構造体に対して、その上に載せるハニカム構造体を下部よりも地山側に後退させることにより、階段状にハニカム構造体を形成して階段状の法面を作ることができる。その際、後退幅を調節することにより、構築する法面の勾配を調整することができる。
しかしハニカム構造体のみを用いて擁壁を構築する際には、あまり壁高の高い擁壁を構築することができなかった。なぜなら上下のハニカム構造体との間には結合要素が土の摩擦力のみしかなく、背面土圧や法面方向への力に対して強く対抗できず、ハニカム擁壁構造の一体性が弱かったからである。
さらにハニカム擁壁は地山の上に載っているにすぎず、地山とハニカム擁壁の間の安定性は土の摩擦力のみに依存していた。そのため擁壁の壁高を高くするとハニカム擁壁の安定性に問題があった。さらにハニカム擁壁の安定性に問題があったために、壁高を高くした場合にはハニカム擁壁の勾配を急峻にすることができなかった。
これらの問題を解決するために、「非特許文献2」の「119ページ、図−4.9 ジオシンセティックを用いる方法 (o)」のようにハニカム擁壁とジオグリッドを併用して壁高の高い擁壁を施工する施工方法も考案された。この方法はハニカム擁壁を法面側に用い、その背後の地山方向にジオグリッドを敷設していく、というものである。ハニカム擁壁とジオグリッドを併用することにより、ハニカム擁壁にジオグリッドによるアンカー効果を付与し、また背面土圧をジオグリッドが引き受けることによりハニカム擁壁そのものにかかる土圧を軽減できる、というメリットがあった。
しかしハニカム擁壁とジオグリッドを併用する工法を用いると、ハニカム擁壁の背面にジオグリッドを敷設するスペースを確保するため、背面の地山をより多く掘削しなければならなかった。そのため、背面の地山を掘削できないなど、ジオグリッドを敷設するスペースを確保できないような場所にはこの工法を利用できず、このような場所においてはハニカム擁壁による壁高の高い擁壁を構築することは諦めなければならなかった。
実用新案第2582267号公報 「基礎工 1996年12月号」 総合土木研究所刊 119ページ 地盤工学会編 「補強土入門」社団法人地盤工学会 1999年
本発明の目的は、壁高が高く、安定性の高い、ハニカム状立体補強材を利用した擁壁を構築する方法を提供することである。またハニカム状立体補強材を利用した急峻な勾配の擁壁を構築する方法を提供することである。
本発明はこの課題を解決するためになされたものであり、請求項1記載の発明は、板状または網状の高分子材料をはちの巣構造にしたハニカム状立体補強材に、土砂・砕石等を充填したハニカム構造体を水平に複数層積層して構築する擁壁において、ハニカム構造体とそのすぐ上に積層されるハニカム構造体との2層を杭によって結合させることを特徴とする擁壁の構築方法である。
ハニカム構造体とそのすぐ上に積層されるハニカム構造体の間に杭を使って両層の橋渡しすることにより、各ハニカム構造体の間に今までになかった一体性を持たせることができる。
また、請求項2記載の発明は、擁壁天端を構成するハニカム構造体を除く各ハニカム構造体の上面部に杭を途中まで打ち、その上に次層のハニカム構造体を積層することを特徴とする請求項1記載の擁壁の構築方法である。
また、請求項3記載の発明は、地山よりハニカム構造体を2層積層後に2層目の上面部分からハニカム構造体1層分の高さよりも長い杭を打ち込み、さらにハニカム構造体を1層積層するごとにハニカム構造体1層分の高さよりも長い杭を順次打ち込んでゆくことを特徴とする請求項1または2のいずれかに記載の擁壁の構築方法である。
また、請求項4記載の発明は、請求項1から3のいずれかに記載の擁壁の構築方法において、ハニカム構造体を少なくとも3層以上積層後、その最上層のハニカム構造体の上面から、少なくとも3層以上のハニカム構造体を貫くように杭を打ち込むことを特徴とする擁壁の構築方法である。
また、請求項5記載の発明は、擁壁下部の地山と、そのすぐ上に構築されるハニカム構造体とを杭によって結合させることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の擁壁の構築方法ある。
また、請求項6記載の発明は、ハニカム構造体を構築する前に、地山に杭を途中まで打ち、その上にハニカム構造体を構築することを特徴とする請求項1から5のいずれかに記載の擁壁の構築方法である。
また、請求項7記載の発明は、地山よりハニカム構造体を1層構築後に1層目の上面部分からハニカム構造体1層分の高さよりも長い杭を打ち込むことを特徴とする請求項1から6のいずれかに記載の擁壁の構築方法である。
また、請求項8記載の発明は、打ち込まれる杭の長さが、ハニカム構造体の高さの少なくとも3倍以上で、かつ杭を打ち込む位置から地山までの垂直距離よりも長いことを特徴とする請求項1から7のいずれかに記載の擁壁の構築方法である。
また、請求項9記載の発明は、請求項1から8のいずれかに記載の構築方法で構築した擁壁である。
本発明によるハニカム構造体とそのすぐ上に構築されるハニカム構造体とを杭によって結合させることにより、今までよりも安定性の高いハニカム擁壁を構築することができる。
またさらに上記ハニカム擁壁で、地山とハニカム構造体とを杭によって結合させることにより、上記ハニカム擁壁よりさらに安定性の高いハニカム擁壁を構築することができる。
安定性の高いハニカム擁壁を構築できることにより、壁高の高いハニカム擁壁を構築することが可能である。
また、安定性の高いハニカム擁壁を構築できることにより、急峻な勾配のハニカム擁壁を構築することが可能である。急峻な勾配の擁壁をつくることで、擁壁の施工範囲を小さくすることができる。
図1は、この発明の擁壁に利用するハニカム状立体補強材1の展張前の斜視図である。ハニカム状立体補強材1は、複数枚の高密度ポリエチレンのストリップ材2を一定間隔の結合部位3にて結合したものである。このハニカム状立体補強材1は展張方向4に展張してハニカム状のセル構造を形成する。
図2は、展張した後のハニカム状立体補強材1の斜視図である。ハニカム状立体補強材1を展張すると、ハニカム状のセル5が形成される。セル5内に土砂・砕石等6を充填して締め固めを行うことにより、剛性のあるハニカム構造体を形成させる。
図3はハニカム構造体7を積み上げた際の斜視図である。図2のハニカム構造体7を積み重ねて施工することにより、図3のハニカム擁壁を形成する。積み重ねは法面側のハニカム構造体端部を積み重ねるたびに各層ごとに後退させることによりステップを形成し、その後退の度合いに応じて、様々な法面勾配を形成することができる。
図4は、本発明を利用したハニカム構造体を積層する過程を示したハニカム擁壁(事例1)の斜視図である。ハニカム擁壁はハニカム構造体7を積み重ねて構築される。ハニカム構造体7を形成するたびに、杭(a)8を打設してゆく。杭(a)8は杭の全長の半分程度がハニカム構造体に食い込まれ、杭(a)8の上部半分程度がハニカム構造体の上面部分から突起状に露出した状態のままその上部にハニカム構造体をさらに積層することで、上下ハニカム構造体に結合関係を生み出すことができる。なお図4の杭(a)8は、上部斜線部を上部ハニカム構造体にかかる部分をあらわし、杭(a)8の下部は下部ハニカム構造体に食い込んでいる部分をあらわす。
図5は、本発明を利用した際のハニカム構造体を積層する過程を示したハニカム擁壁(事例1)の断面図である。本図は1層目のハニカム構造体7を構築した段階を示している。1層目のハニカム構造体構築後に、そのハニカム構造体7の上面部に杭(a)8を打ち込む。杭(a)8は杭の全長の半分程度が1層目のハニカム構造体7に食い込まれ、杭(a)8の上部半分程度が1層目のハニカム構造体7の上面部分から突起状に露出した状態のままにする。
図6は、本発明を利用した際のハニカム構造体を積層する過程を示したハニカム擁壁(事例1)の断面図である。本図は2層目のハニカム構造体7を積層した段階を示している。杭(a)8の上部半分程度が1層目のハニカム構造体7の上面部分から突起状に露出した状態のところに、2層目のハニカム構造体7を積層する。2層目のハニカム構造体7の上面部に、同様に杭(a)8を打ち込む。2層目以降は同じ作業を繰り返し、ハニカム擁壁を構築する。
図7は、本発明を利用した際のハニカム擁壁(事例1)の完成時の断面図である。ハニカム擁壁天端のハニカム構造体7の上面部には杭は打設しない。
図8は、本発明を利用した際の、杭によってハニカム構造体と地山との間で結合性を持たせた場合のハニカム擁壁(事例1)の断面図である。ハニカム擁壁の最下層のハニカム構造体を構築する前に、地山に杭を打設することによりハニカム構造体と地山に結合関係を持たせる。杭(a)8は前述と同様、杭の全長の半分程度が下部の地山に食い込まれ、杭(a)8の上部半分程度が地山の上面部分から突起状に露出した状態のまま、その上部にハニカム構造体を構築することで、地山11とハニカム構造体7に結合関係を生み出すことができる。また、切土面12に杭(a)8を食い込ませることで、さらに安定性の高いハニカム擁壁を構築できる。
図9は、本発明を利用した際のハニカム構造体を積層する過程を示したハニカム擁壁(事例2)の断面図である。本図は2層目のハニカム構造体7を積層した段階を示している。この方法では、最下層からハニカム構造体7を2層積層し、その2層目のハニカム構造体7の上面部からハニカム構造体の高さよりも長い杭(b)9を打ち込み、上下のハニカム構造体7に結合関係を持たせる。杭(b)9はハニカム構造体2層にまたがっていればよい。
図10は、本発明を利用した際のハニカム構造体を積層する過程を示したハニカム擁壁(事例2)の断面図である。本図は3層目のハニカム構造体7を積層した段階を示している。2層目以降は、1層ハニカム構造体を積層するごとにハニカム構造体7の高さよりも長い杭を打ち込み、その工程をハニカム擁壁の天端まで繰り返して、本発明のハニカム擁壁を構築する。
図11は、本発明を利用した際のハニカム擁壁(事例2)の完成時の断面図である。この方法による場合は、ハニカム擁壁天端のハニカム構造体7の上面部にも杭を打設する。
図12は、本発明を利用した際の、杭によってハニカム構造体と地山との間で結合性を持たせた場合のハニカム擁壁(事例2)の断面図である。最下層から1層目のハニカム構造体7の上面部からハニカム構造体の高さよりも長い杭(b)9を打ち込み、最下層のハニカム構造体7と地山に結合関係を持たせる。杭(b)9は1層目のハニカム構造体を貫き、地山に食い込んでいればよい。また、切土面12に杭(b)9を食い込ませることで、さらに安定性の高いハニカム擁壁を構築できる。
図13は、事例1の方法によるハニカム擁壁の構築方法に、ハニカム構造体を少なくとも3層以上積層後、その最上層のハニカム構造体の上面から、少なくとも3層以上のハニカム構造体を貫くように杭(c)10を打ち込む擁壁の構築方法を併用したハニカム擁壁(事例3)の断面図である。
図14は、事例2の方法によるハニカム擁壁の構築方法に、ハニカム構造体を少なくとも3層以上積層後、その最上層のハニカム構造体の上面から、少なくとも3層以上のハニカム構造体を貫くように杭(c)10を打ち込む擁壁の構築方法を併用したハニカム擁壁(事例4)の断面図である。
事例1から事例4までのいずれの工法もそれぞれ単独に用いても良いし、おのおのの工法を組み合わせて複合的な工法として用いても良い。
杭(a)(b)(c)は長いほうがよい。杭(a)はハニカム構造体7の高さと同程度の長さが好適である。杭(b)はハニカム構造体7の高さの1.5倍程度が好適である。杭(c)はハニカム構造体の高さの3倍以上の長さが好適である。また打ち込む杭の数も多い方が望ましいが、多すぎると既に敷設されたハニカム状立体補強材を損傷する恐れがある。
杭の種類は、異型鉄筋やアンカーピン、コンクリート杭、鋼管杭、H鋼、木杭など様々なものを用いることができる。特に杭(a)(b)は異型鉄筋やアンカーピンが好適である。杭(c)は、鋼鉄製の異型鉄筋やアンカーピン、鋼管杭が好適である。太い方がよいが、太すぎると杭打ちの際に既に敷設されたハニカム状立体補強材を巻き込む恐れがあるため、もっとも太くても直径10センチメートルを超えない程度がよい。また杭の形状は中空であっても良い。
杭の材質は、金属や樹脂、コンクリート、木などがあげられるが、腐食したり腐敗したりしない材料がよい。また打設方法は、打撃法、ドリルによる方法、場所打ち杭などが上げられるが、どの方法を用いても良い。特に杭(a)(b)はハンマー等による打撃法が好適である。
本発明の擁壁の構築方法を用いることで、板状または網状の高分子材料をはちの巣構造にしたハニカム状立体補強材に土砂・砕石等を充填したハニカム構造体を水平に複数層積層して構築する擁壁において、安定性が高く、勾配の急峻で、壁高の高い構造物を構築することに利用できる。
本発明に使用するハニカム状立体補強材の展張前の斜視図である。 本発明に使用するハニカム状立体補強材の展張時の斜視図である。 本発明に使用するハニカム構造体を積み上げた際の斜視図である。 本発明の杭を打ちながらハニカム構造体を積層した際の斜視図である。 本発明の1層目のハニカム構造体を構築した際の断面図である(事例1)。 本発明の2層目のハニカム構造体を積層した際の断面図である(事例1)。 本発明の杭を打ち込んだハニカム擁壁(事例1)の完成時の断面図である。 本発明の地山に杭を打ち込んだハニカム擁壁(事例1)の完成時の断面図である。 本発明の2層目のハニカム構造体を積層した際の断面図である(事例2)。 本発明の3層目のハニカム構造体を積層した際の断面図である(事例2)。 本発明の杭を打ち込んだハニカム擁壁(事例2)の完成時の断面図である。 本発明の地山に杭を打ち込んだハニカム擁壁(事例2)の完成時の断面図である。 本発明の事例1と杭(c)とを併用したハニカム擁壁(事例3)の完成時の断面図である。 本発明の事例2と杭(c)とを併用したハニカム擁壁(事例4)の完成時の断面図である。
符号の説明
1 ハニカム状立体補強材
2 ストリップ材
3 結合部位
4 展帳方向
5 セル
6 土砂・砕石等
7 ハニカム構造体
8 杭(a)
9 杭(b)
10 杭(c)
11 地山層
12 切土面

Claims (9)

  1. 板状または網状の高分子材料をはちの巣構造にしたハニカム状立体補強材に、土砂・砕石等を充填したハニカム構造体を水平に複数層積層して構築する擁壁において、ハニカム構造体とそのすぐ上に積層されるハニカム構造体との2層を杭によって結合させることを特徴とする擁壁の構築方法。
  2. 擁壁天端を構成するハニカム構造体を除く各ハニカム構造体の上面部に杭を途中まで打ち、その上に次層のハニカム構造体を積層することを特徴とする請求項1記載の擁壁の構築方法。
  3. 地山よりハニカム構造体を2層積層後に2層目の上面部分からハニカム構造体1層分の高さよりも長い杭を打ち込み、さらにハニカム構造体を1層積層するごとにハニカム構造体1層分の高さよりも長い杭を順次打ち込んでゆくことを特徴とする請求項1または2のいずれかに記載の擁壁の構築方法。
  4. ハニカム構造体を少なくとも3層以上積層後、その最上層のハニカム構造体の上面から、少なくとも3層以上のハニカム構造体を貫くように杭を打ち込むことを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の擁壁の構築方法。
  5. 擁壁下部の地山と、そのすぐ上に構築されるハニカム構造体とを杭によって結合させることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の擁壁の構築方法。
  6. ハニカム構造体を構築する前に、地山に杭を途中まで打ち、その上にハニカム構造体を構築することを特徴とする請求項1から5のいずれかに記載の擁壁の構築方法。
  7. 地山よりハニカム構造体を1層構築後に1層目の上面部分からハニカム構造体1層分の高さよりも長い杭を打ち込むことを特徴とする請求項1から6のいずれかに記載の擁壁の構築方法。
  8. 打ち込まれる杭の長さが、ハニカム構造体の高さの少なくとも3倍以上で、かつ杭を打ち込む位置から地山までの垂直距離よりも長いことを特徴とする請求項1から7のいずれかに記載の擁壁の構築方法。
  9. 請求項1から8のいずれかに記載の構築方法で構築した擁壁。
JP2006265048A 2006-09-28 2006-09-28 擁壁 Active JP4847265B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006265048A JP4847265B2 (ja) 2006-09-28 2006-09-28 擁壁

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006265048A JP4847265B2 (ja) 2006-09-28 2006-09-28 擁壁

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008082093A true JP2008082093A (ja) 2008-04-10
JP4847265B2 JP4847265B2 (ja) 2011-12-28

Family

ID=39353229

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006265048A Active JP4847265B2 (ja) 2006-09-28 2006-09-28 擁壁

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4847265B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009281084A (ja) * 2008-05-23 2009-12-03 Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd 小口止め型枠
JP2011202496A (ja) * 2010-03-01 2011-10-13 Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd 防護堤、防護堤の施工方法、及び防護堤の設計方法
JP2012167508A (ja) * 2011-02-16 2012-09-06 Geovector Co Ltd 補強土壁工法及び壁面材
JP2014091915A (ja) * 2012-10-31 2014-05-19 Railway Technical Research Institute ハニカム構造体と面状補強材による盛土補強土工法による防潮堤防の構築方法

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5275812A (en) * 1975-12-19 1977-06-25 Tenryu Giken Kk Afforestation method of face of slope using cement sand bag containing seed zone and cement sand bag containing speed zone
JPH07166551A (ja) * 1993-12-13 1995-06-27 Oyo Kikaku:Kk 盛土の補強方法
JP2582267Y2 (ja) * 1993-03-01 1998-09-30 横浜ゴム株式会社 擁壁ののり面保護構造
JPH11100849A (ja) * 1997-09-29 1999-04-13 Mitsubishi Kagaku Sanshi Corp 擁壁および法面の構築方法
JPH11172679A (ja) * 1997-12-16 1999-06-29 Kazuya Deguchi コンクリート工法
JP2005068832A (ja) * 2003-08-25 2005-03-17 Yoshito Omori 土砂流出防止用土嚢
JP2008075389A (ja) * 2006-09-22 2008-04-03 Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd 擁壁

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5275812A (en) * 1975-12-19 1977-06-25 Tenryu Giken Kk Afforestation method of face of slope using cement sand bag containing seed zone and cement sand bag containing speed zone
JP2582267Y2 (ja) * 1993-03-01 1998-09-30 横浜ゴム株式会社 擁壁ののり面保護構造
JPH07166551A (ja) * 1993-12-13 1995-06-27 Oyo Kikaku:Kk 盛土の補強方法
JPH11100849A (ja) * 1997-09-29 1999-04-13 Mitsubishi Kagaku Sanshi Corp 擁壁および法面の構築方法
JPH11172679A (ja) * 1997-12-16 1999-06-29 Kazuya Deguchi コンクリート工法
JP2005068832A (ja) * 2003-08-25 2005-03-17 Yoshito Omori 土砂流出防止用土嚢
JP2008075389A (ja) * 2006-09-22 2008-04-03 Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd 擁壁

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009281084A (ja) * 2008-05-23 2009-12-03 Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd 小口止め型枠
JP2011202496A (ja) * 2010-03-01 2011-10-13 Tokyo Printing Ink Mfg Co Ltd 防護堤、防護堤の施工方法、及び防護堤の設計方法
JP2012167508A (ja) * 2011-02-16 2012-09-06 Geovector Co Ltd 補強土壁工法及び壁面材
JP2014091915A (ja) * 2012-10-31 2014-05-19 Railway Technical Research Institute ハニカム構造体と面状補強材による盛土補強土工法による防潮堤防の構築方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP4847265B2 (ja) 2011-12-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4782648B2 (ja) 擁壁
CN102124163B (zh) 椅式自支撑挡土墙的施工方法
JP5052872B2 (ja) 擁壁の構築方法
CN107250460B (zh) 用于防止滑坡的预铸块保持壁方法
CN104018518A (zh) 预制式地下连续墙以及施工地下室外墙和楼板的方法
WO2020175844A1 (ko) 수중 콘크리트 블록 구조물 시공 방법
JP4847265B2 (ja) 擁壁
JP2011236571A (ja) 擁壁及びその施工方法
JP2007154413A (ja) 親杭式土留アンカー式擁壁及びその構築方法
JP6418712B2 (ja) ハニカム構造体及びハニカム擁壁
CN204000925U (zh) 预制式地下连续墙
JP2004353430A (ja) 古タイヤを利用したマットの製造方法及びマットを利用した土構造物の補強・構築方法
JP5500903B2 (ja) 擁壁および擁壁の構築方法
KR101301915B1 (ko) 적층식 채움재를 구비한 개비온을 이용하여 축벽을 시공하는 방법
GB2469646A (en) A geotechnical structure including particulate material and vertical panels
CN103306291B (zh) 斜拉混凝土桩柱固护大角度陡坡装置
KR101281910B1 (ko) 친환경 옹벽 축조시스템 및 그 시공방법
CN104153356B (zh) 混凝土桩的施工装置及其施工方法
KR102263958B1 (ko) 옹벽용 조립식 블록 시공방법
KR100601126B1 (ko) 선반식 녹화 옹벽의 앵커링 구조
JP2014125797A (ja) 複合擁壁及びその施工方法
JP2006022565A (ja) 地下連続壁の応力負担材および施工方法
CN214143780U (zh) 一种中层建筑基础浅埋地基结构
JP3231219U (ja) 緩勾配に対応した擁壁ブロックの裏型枠
KR100750702B1 (ko) 생태축조블록을 이용한 성토부 축조방법

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090901

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110324

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110405

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110603

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110927

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111013

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141021

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4847265

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250