JP2008077602A - Automatic transaction device and reviewing method - Google Patents

Automatic transaction device and reviewing method Download PDF

Info

Publication number
JP2008077602A
JP2008077602A JP2006259323A JP2006259323A JP2008077602A JP 2008077602 A JP2008077602 A JP 2008077602A JP 2006259323 A JP2006259323 A JP 2006259323A JP 2006259323 A JP2006259323 A JP 2006259323A JP 2008077602 A JP2008077602 A JP 2008077602A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
scrutiny
unit
regular
result
automatic transaction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006259323A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masaru Kamikokuryo
勝 上国料
Original Assignee
Oki Electric Ind Co Ltd
沖電気工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Oki Electric Ind Co Ltd, 沖電気工業株式会社 filed Critical Oki Electric Ind Co Ltd
Priority to JP2006259323A priority Critical patent/JP2008077602A/en
Publication of JP2008077602A publication Critical patent/JP2008077602A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem that when an irregular check, which is not required within a certain period after a previous regular check, is executed prior to the regular check, unnecessary check is executed, thereby lowering operational efficiency. <P>SOLUTION: A determination part 22 determines, prior to the irregular check, whether regular check has been executed or not, and a control part 21 terminates processing when the regular check has been executed. When not executed, the control part 21 performs the irregular check. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、自動取引装置における精査処理の技術に関するものである。   The present invention relates to a technique for a scrutiny process in an automatic transaction apparatus.
金融機関による精査の業務とは、自動取引装置に装填した現金の金額を運用した結果が、自動取引装置内の残金(在高)と合致しているか否かをチェックすることである。この精査の業務は、運用規定に従い所定の周期でユーザにより実行される。
従来、サーバなどからの遠隔指示により、精査を開始したり、所定の時間になると自動的に精査を開始したり(定常精査)する自動取引装置が開示されている。また、精査実行時に上位装置と通信を行い、上位装置に備えられている確認手段により精査実行可と判断された場合に精査を実行する自動取引装置が開示されている(例えば、特許文献1参照)。
さらに、ユーザが直接自動取引装置を操作して、精査のプログラムを立ち上げ、自動取引装置に精査を実行させる非定常精査も従来行われている。
特開平9−204557号公報(請求項1、段落0008〜0013、図2)
The work of scrutiny by a financial institution is to check whether the result of operating the amount of cash loaded in the automatic transaction apparatus matches the balance (in balance) in the automatic transaction apparatus. This work of scrutiny is executed by the user at a predetermined cycle in accordance with the operation regulations.
2. Description of the Related Art Conventionally, an automatic transaction apparatus has been disclosed that starts scrutiny by a remote instruction from a server or the like, or automatically starts scrutiny at a predetermined time (steady scrutiny). Further, an automatic transaction apparatus is disclosed that communicates with a host device during a scrutiny and performs a scrutiny when it is determined that a scrutiny can be performed by a confirmation unit provided in the host device (see, for example, Patent Document 1). ).
Further, unsteady scrutiny is also conventionally performed in which a user directly operates an automatic transaction apparatus to launch a scrutiny program and cause the automatic transaction apparatus to perform scrutiny.
JP-A-9-204557 (Claim 1, paragraphs 0008 to 0013, FIG. 2)
しかしながら、場合によっては非定常精査を定常精査に先駆けて行いたいときがある。このようなとき、前回実行した定常精査がある期間内に実行済みであれば、非定常精査の実行の必要がない場合がある。このような場合に、非定常精査を実行してしまうと、本来必要のない精査を実行することになり、業務効率の低下につながるといった問題があった。
本発明は、このような問題を解決することを課題とする。
However, in some cases, it may be desirable to perform unsteady scrutiny prior to steady scrutiny. In such a case, there is a case where it is not necessary to execute the non-stationary scrutiny if it has been performed within a certain period of time for the scrutiny performed last time. In such a case, if the unsteady scrutiny is executed, a scrutiny that is not necessary is executed, which leads to a decrease in business efficiency.
An object of the present invention is to solve such a problem.
前記した課題を解決するため、本発明は、金融業務における精査を所定のタイミングで行う定常的な精査を実行し、定常的な精査の結果を記憶する自動取引装置であって、定常的な精査が実行されたか否かを示す情報である定常精査実施情報を管理する記憶部と、記憶部の定常精査実施情報を基に、定常的な精査が、所定の時間以後に実行されたか否かを判定する判定部と、判定部による判定の結果、定常的な精査が実行されていた場合は、処理を終了し、判定部による判定の結果、定常的な精査が実行されていない場合は、入力部から入力された精査指示に従い、精査を実行する制御部と、を含んでなることを特徴とする。   In order to solve the above-described problems, the present invention is an automatic transaction apparatus that performs a regular scrutiny in a financial operation at a predetermined timing and stores a result of the regular scrutiny, Whether or not a regular scrutiny has been executed after a predetermined time based on the storage unit that manages the steady scrutiny execution information, which is information indicating whether or not As a result of determination by the determination unit and determination by the determination unit, if the regular scrutiny has been executed, the process is terminated. And a control unit that executes a scrutiny according to a scrutiny instruction input from the unit.
本発明によれば、自動取引装置は、定常的な精査が、所定の時間以後に実行されたか否かを判定し、この判定の結果、定常的な精査が実行されていた場合は、処理を終了し、前記した判定の結果、定常的な精査が実行されていない場合は、入力部から入力された精査指示に従い、精査を実行する。この結果、前回実行した定常精査がある期間内に実行済みである状況下において、非定常精査を行いたい場合、非定常精査を行わず済むことができるため、業務効率の低下を防ぐことができる。   According to the present invention, the automatic transaction apparatus determines whether or not the regular scrutiny has been executed after a predetermined time. If the result of this determination is that the regular scrutiny has been executed, the automatic transaction apparatus performs processing. If the result of the determination is that a regular scrutiny has not been performed, a scrutiny is performed according to a scrutiny instruction input from the input unit. As a result, if you want to conduct a non-stationary scrutiny in a situation where the previous scrutiny has been executed within a certain period, it is possible to avoid a non-steady scrutiny, thus preventing a decrease in business efficiency. .
以下に、図面を参照して本発明による自動取引装置1の実施形態について説明する。
図1は、本実施形態に係る自動取引装置の構成例を示すブロック図である。
自動取引装置1は、処理部2、紙幣入出金部3、硬貨入出金部4、小束出金部5、および棒金出金部6を備えてなる。
処理部2は、自動取引装置1全体を制御し、定常精査、非定常精査などの精査の処理を行う機能を有する。紙幣入出金部3は、小束ではない紙幣の入出金処理を行う機能を有する。硬貨入出金部4は、棒金ではない硬貨の入出金処理を行う機能を有する。小束出金部5は、小束となっている紙幣の出金処理を行う機能を有する。棒金出金部6は、棒金となっている硬貨の出金処理を行う機能を有する。
Below, with reference to drawings, embodiment of automatic transaction device 1 by the present invention is described.
FIG. 1 is a block diagram illustrating a configuration example of an automatic transaction apparatus according to the present embodiment.
The automatic transaction apparatus 1 includes a processing unit 2, a banknote deposit / withdrawal unit 3, a coin deposit / withdrawal unit 4, a small bundle dispensing unit 5, and a bar metal dispensing unit 6.
The processing unit 2 has a function of controlling the entire automatic transaction apparatus 1 and performing scrutiny processing such as steady scrutiny and non-steady scrutiny. The banknote deposit / withdrawal unit 3 has a function of performing deposit / withdrawal processing of banknotes that are not small bundles. The coin deposit / withdrawal unit 4 has a function of performing deposit / withdrawal processing of coins that are not bar metal. The small bundle dispensing unit 5 has a function of performing a dispensing process for banknotes in a small bundle. The bar metal withdrawal unit 6 has a function of performing a withdrawal process of coins that are a bar metal.
図2は、本実施形態に係る自動取引装置の処理部の構成例を示すブロック図である。
自動取引装置1(図1参照)の処理部2は、制御部21、判定部22、表示部23、タイマ部24、入力部25、カードリーダ部26、および記憶部27を備えてなる。
制御部21は、処理部2全体を制御し、定常精査や、非定常精査などの各精査の実行、各データの取得や、情報の処理などを行う機能を有する。より具体的には、制御部21は、記憶部27に格納されている定常精査実行リストなどを参照して、判定部22によって定常精査が実行されたか否かの判定を行った結果、定常精査が実行されていた場合は、処理を終了し、定常精査が実行されていない場合は、非定常精査指示に従い、非定常精査を実行するなどの機能を有する。記憶部27は、定常精査実行リストや、現金管理テーブルなどを格納する。定常精査実行リストの説明は、図3を参照して、現金管理テーブルの説明は、図4を参照して、それぞれ後記する。判定部22は、各種の判定を行い、その結果を制御部21に送る機能を有する。具体的には、記憶部27に格納されている定常精査実行リストなどを参照して、判定部22によって定常精査が実行されたか否かの判定などを行う。表示部23は、制御部21から送られた各種の情報を表示する機能を有する。入力部25は、各種の情報を制御部21に入力する機能を有する。カードリーダ部26は、オペレータカード100などの投入を検知し、このオペレータカード100に格納されている情報を取得し、オペレータカード100から取得した情報を制御部21に送信するなどの機能を有する。
FIG. 2 is a block diagram illustrating a configuration example of a processing unit of the automatic transaction apparatus according to the present embodiment.
The processing unit 2 of the automatic transaction apparatus 1 (see FIG. 1) includes a control unit 21, a determination unit 22, a display unit 23, a timer unit 24, an input unit 25, a card reader unit 26, and a storage unit 27.
The control unit 21 has a function of controlling the entire processing unit 2 and executing each scrutiny such as steady scrutiny and non-stationary scrutiny, obtaining each data, and processing information. More specifically, the control unit 21 refers to the steady examination execution list stored in the storage unit 27 and the like, and as a result of determining whether or not the regular examination has been executed by the determination unit 22, the steady examination is performed. Is executed, the process is terminated. When the steady examination is not executed, a non-steady examination is performed according to the non-steady examination instruction. The storage unit 27 stores a steady examination execution list, a cash management table, and the like. The description of the steady examination execution list will be described later with reference to FIG. 3, and the cash management table will be described later with reference to FIG. The determination unit 22 has a function of making various determinations and sending the results to the control unit 21. Specifically, with reference to a steady examination execution list stored in the storage unit 27, the determination unit 22 determines whether or not the regular examination has been executed. The display unit 23 has a function of displaying various information transmitted from the control unit 21. The input unit 25 has a function of inputting various types of information to the control unit 21. The card reader unit 26 has a function of detecting insertion of the operator card 100 and the like, acquiring information stored in the operator card 100, and transmitting information acquired from the operator card 100 to the control unit 21.
オペレータカード100は、自動取引装置1のカードリーダ部26に投入されることで、自動取引装置1の各設定や、精査などを行うことが可能となるカードである。このオペレータカード100には、オペレータカード100の所有者のランク情報が登録されている。ランク情報とは、該所有者が自動取引装置1において操作できる内容を制限するランクに関する情報である。例えば最も高いランクには、精査の実行など、自動取引装置1におけるすべての操作が許可され、最も低いランクには、出納処理の実行のみを許可するなどの制限が加えられる。   The operator card 100 is a card that can be set in the automatic transaction apparatus 1 and scrutinized by being inserted into the card reader unit 26 of the automatic transaction apparatus 1. In this operator card 100, the rank information of the owner of the operator card 100 is registered. The rank information is information related to ranks that limit the contents that the owner can operate in the automatic transaction apparatus 1. For example, all operations in the automatic transaction apparatus 1 such as execution of scrutiny are permitted for the highest rank, and restrictions such as permitting only execution of the accounting process are added to the lowest rank.
処理部2、および処理部2を構成する制御部21、判定部22、およびタイマ部24などは、図示しないROM(Read Only Memory)に格納されているプログラムが、図示しないCPU(Central Processing Unit)によって実行されたり、図示しないハードディスクに格納されているプログラムが、図示しないRAM(Random Access Memory)に展開され、図示しないCPUにより実行されたりすることによって具現化される。   The control unit 21, the determination unit 22, and the timer unit 24 that constitute the processing unit 2 and the processing unit 2 are configured such that a program stored in a ROM (Read Only Memory) (not shown) is stored in a CPU (Central Processing Unit) (not shown). Or a program stored in a hard disk (not shown) is developed in a RAM (Random Access Memory) (not shown) and executed by a CPU (not shown).
図3は、定常精査実行リストの構成例を示す図である。
定常精査実行リストは、定常精査を行う日付である実行日と、定常精査を行う時刻である実行時刻と、これらの日時に行う定常精査を実行したか否かを判別する実行フラグとを有する。実行フラグは、実行済みであれば「1」が登録され、実行済みでなければ「0」が登録される。
例えば、現在の日時が2006年8月3日だとすると、レコード201,202は、既に定常精査が実行済みであるので、実行フラグのフィールドには「1」が登録されている。これに対し、レコード203は、未だ定常精査が実行されていないため、実行フラグのフィールドには「0」が登録されている。
定常精査実行リストは、管理者が入力部25を介して記憶部27に入力する。または、自動取引装置1にネットワークなどを介して接続されているサーバなどを介して、管理者が記憶部27に入力する。新規に入力されたとき、定常精査実行リストの実行フラグは、「0」が入力されている。
なお、実行日や、実行日時は、運用規定に従った所定の周期で設定される。
FIG. 3 is a diagram illustrating a configuration example of a steady examination execution list.
The regular scrutiny execution list includes an execution date that is a date for performing the regular scrutiny, an execution time that is a time for performing the regular scrutiny, and an execution flag for determining whether or not the regular scrutiny performed at these dates and times. As the execution flag, “1” is registered if it has been executed, and “0” is registered if it has not been executed.
For example, if the current date is August 3, 2006, records 201 and 202 have already been subjected to regular scrutiny, so “1” is registered in the execution flag field. On the other hand, since the record 203 has not yet been subjected to regular scrutiny, “0” is registered in the execution flag field.
The administrator enters the steady examination execution list into the storage unit 27 via the input unit 25. Alternatively, the administrator inputs to the storage unit 27 via a server connected to the automatic transaction apparatus 1 via a network or the like. When newly entered, “0” is entered as the execution flag of the steady examination execution list.
The execution date and the execution date and time are set at a predetermined cycle according to the operation rule.
図4は、現金管理テーブルの構成例を示す図である。
現金管理テーブルは、以下のデータを含んでなる。
実行日時は、精査が実行された日時である。
額面価格は、精査を行った貨幣または紙幣の額面価格である。
精査前在高には、精査を行う直前に自動取引装置1内に格納されていた貨幣の個数、または紙幣の枚数が額面価格ごとに登録されている。
精査結果は、精査を行った結果、自動取引装置1内に格納されているべき貨幣の個数、または紙幣の枚数が額面価格ごとに登録されている。
一致の成否は、精査前在高と精査結果とが一致しているか否かを示すフラグである。一致している場合は、「1」が登録され、一致していない場合は、「0」が登録される。
承認フラグは、承認操作が行われたか否かを示すフラグであり、承認操作が行われた額面価格には、「1」が登録され、承認操作が未だ行われていない場合は、「Null」が登録される。
ここで、一致とは、精査前在高と、精査結果との一致のことであり、自動取引装置によって判定される。
また、承認とは、ユーザが精査結果を確認し、この精査結果に対してユーザがOKの判定を行うことである。そして、承認操作とは、ユーザが承認したときに、入力部25を介して承認の情報を制御部21に入力することである。
FIG. 4 is a diagram illustrating a configuration example of the cash management table.
The cash management table includes the following data.
The execution date and time is the date and time when the examination is executed.
The face value is the face value of money or banknotes that have been scrutinized.
In the pre-scrutiny amount, the number of coins stored in the automatic transaction apparatus 1 or the number of bills stored in the automatic transaction apparatus 1 immediately before the scrutiny is registered for each face value.
As the result of the scrutiny, the number of coins to be stored in the automatic transaction apparatus 1 or the number of bills is registered for each face value.
The success or failure of the match is a flag indicating whether or not the pre-scrutiny amount matches the scrutiny result. If they match, “1” is registered, and if they do not match, “0” is registered.
The approval flag is a flag indicating whether or not an approval operation has been performed. “1” is registered in the face value for which the approval operation has been performed, and “Null” if the approval operation has not yet been performed. Is registered.
Here, the term “match” means a match between the pre-scrutiny amount and the scrutiny result, and is determined by the automatic transaction apparatus.
Approval means that the user confirms the scrutiny result and the user makes an OK decision on the scrutiny result. The approval operation is to input approval information to the control unit 21 via the input unit 25 when the user approves.
なお、現金管理テーブルのうち、額面価格、精査前在高、精査結果、および一致の成否は、精査を行った順に登録される。そして、承認フラグは、承認操作が行われると登録される。
例えば、現在の日時が、2006年8月3日の午後12時だとし、8月2日における承認は行っているが、8月3日の承認は行われていないとする。このとき図4において、8月2日におけるデータは、承認フラグを含め、すべてのデータが埋まっている状態である。
これに対し、8月3日におけるデータにおいては、精査は行われているが、承認操作が行われていないので、承認フラグ以外のすべてのデータが埋まっており、承認フラグには、「Null」が登録されている。
そして、8月4日以降の精査は、未だ行われていないため、8月4日以降のデータは、すべて「Null」である。
In the cash management table, face value, pre-scrutiny amount, scrutiny result, and success / failure are registered in the order of scrutiny. The approval flag is registered when an approval operation is performed.
For example, it is assumed that the current date and time is 12:00 pm on August 3, 2006, and the approval on August 2 is performed, but the approval on August 3 is not performed. At this time, in FIG. 4, the data on August 2 is in a state where all data including the approval flag is filled.
On the other hand, in the data on August 3, although the scrutiny has been performed, but the approval operation has not been performed, all the data other than the approval flag is buried, and “Null” is included in the approval flag. Is registered.
Further, since the examination after August 4 has not been performed yet, all the data after August 4 are “Null”.
以下、図1から図4を参照しつつ、図6から図8に沿って本実施形態における自動取引装置1が実行する現金精査方法の処理を説明する。   Hereinafter, the cash scrutiny method executed by the automatic transaction apparatus 1 according to the present embodiment will be described along FIGS. 6 to 8 with reference to FIGS. 1 to 4.
図5は、本実施形態に係る操作処理の流れを示すフローチャートである。
自動取引装置1が起動されると、まず制御部21が、初期メニュー画面を表示部23に表示させる(S101)。
次に、制御部21は、定常精査処理を実行する(S102)。
次にカードリーダ部26は、オペレータカード100の投入を検知したか否かを判定する(S103)ことによって、オペレータカード100の投入を監視している。
ステップS103の判定の結果、オペレータカード100の投入を検知していないとカードリーダ部26によって判定された場合(S103,No)、オペレータカード100の投入の検知信号を送られるまで制御部21は、ステップS102の処理を繰り返す。
ステップS103の判定の結果、オペレータカード100の投入を検知したとカードリーダ部26によって判定された場合(S103,Yes)、カードリーダ部26は、オペレータカード100に登録されているランク情報を取得する(S104)。
そして、カードリーダ部26は、取得したランク情報を制御部21に送り、制御部21は、送られたランク情報に対応した操作メニュー画面を表示部23に表示させる(S105)。操作メニュー画面については、図10を参照して後記するが、操作メニュー画面に表示されるメニューは、ランク情報によって異なる。また、操作メニュー画面を表示させる前に、制御部21が、自動取引装置1内に現在格納されている紙幣や、貨幣を計数することによって、在高を算出し、算出した在高に関する情報を制御部21が、図10で後記する形で操作メニュー画面に表示させてもよい。
FIG. 5 is a flowchart showing a flow of operation processing according to the present embodiment.
When the automatic transaction apparatus 1 is activated, the control unit 21 first displays an initial menu screen on the display unit 23 (S101).
Next, the control part 21 performs a steady examination process (S102).
Next, the card reader unit 26 monitors the insertion of the operator card 100 by determining whether the insertion of the operator card 100 is detected (S103).
As a result of the determination in step S103, if the card reader unit 26 determines that the insertion of the operator card 100 is not detected (S103, No), the control unit 21 continues until the detection signal for the insertion of the operator card 100 is sent. The process of step S102 is repeated.
When the card reader unit 26 determines that the insertion of the operator card 100 is detected as a result of the determination in step S103 (S103, Yes), the card reader unit 26 acquires rank information registered in the operator card 100. (S104).
Then, the card reader unit 26 sends the acquired rank information to the control unit 21, and the control unit 21 displays an operation menu screen corresponding to the sent rank information on the display unit 23 (S105). The operation menu screen will be described later with reference to FIG. 10, but the menu displayed on the operation menu screen varies depending on the rank information. In addition, before displaying the operation menu screen, the control unit 21 calculates the stock amount by counting banknotes and money currently stored in the automatic transaction apparatus 1, and information on the calculated stock amount is displayed. The control unit 21 may display the operation menu screen in the form described later in FIG.
ステップS105で表示部23に表示されている操作メニュー画面のうち、精査メニューボタンをユーザが入力部25を介して押下する(S106)のを待って、制御部21は、精査画面を表示部23に表示させる(S107)。
そして、制御部21は、タイマ部24から現在の日付と時刻(日時)とを取得する(S108)。
そして、判定部22は、ステップS108で制御部21によって取得された現在の日時をキーとして記憶部27の定常精査実行リストにおける現在の日時から所定の期間内の実行日と実行時刻とに対応する実行フラグを参照し、現在の日時から所定の期間内において実行フラグが「1」であるか否かを判定する(S109)ことによって、現在の日時において定常精査が実行済みであるか否かを判定する。ここで、所定の期間とは、例えば運用規定に従って決定される所定の周期期間のことである。
Of the operation menu screens displayed on the display unit 23 in step S105, the control unit 21 waits for the user to press the review menu button via the input unit 25 (S106), and the control unit 21 displays the review screen. (S107).
Then, the control unit 21 acquires the current date and time (date and time) from the timer unit 24 (S108).
And the determination part 22 respond | corresponds to the execution date and execution time in a predetermined period from the present date and time in the regular examination execution list | wrist of the memory | storage part 27 by using the present date acquired by the control part 21 by step S108 as a key. By referring to the execution flag and determining whether or not the execution flag is “1” within a predetermined period from the current date and time (S109), it is determined whether or not the regular scrutiny has been executed at the current date and time. judge. Here, the predetermined period is, for example, a predetermined period determined in accordance with the operation regulations.
ステップS109の判定の結果、現在の日時から所定の期間内において実行フラグが「1」であると判定部22によって判定された場合(S109,Yes)、判定部22は、ステップS108で取得した現在の日付をキーとして、現金管理テーブルの該当する実行日時に対応する承認フラグを参照し、当該定常精査が承認済みであるか否かを判定する(S110)。
ステップS110の判定の結果、当該定常精査が承認済みではないと判定部22によって判定された場合(S110,No)、制御部21は、ステップS101へ処理を戻す。
ステップS110の判定の結果、当該定常精査が承認済みであると判定部22によって判定された場合(S110,Yes)、制御部21は、定常精査承認処理を実行した(S111)後、ステップS101に処理を戻す。定常精査承認処理の詳細は、図7を参照して後記する。
As a result of the determination in step S109, when the determination unit 22 determines that the execution flag is “1” within a predetermined period from the current date and time (S109, Yes), the determination unit 22 acquires the current acquired in step S108. The approval flag corresponding to the corresponding execution date / time in the cash management table is referred to using the date of No. as a key to determine whether or not the regular examination has been approved (S110).
As a result of the determination in step S110, if the determination unit 22 determines that the regular scrutiny has not been approved (S110, No), the control unit 21 returns the process to step S101.
As a result of the determination in step S110, if the determination unit 22 determines that the regular scrutiny has been approved (S110, Yes), the control unit 21 executes the regular scrutiny approval process (S111), and then proceeds to step S101. Return processing. Details of the regular examination approval process will be described later with reference to FIG.
ステップS109の説明に戻る。
ステップS109の判定の結果、判定部22が、現在の日時から所定の期間内において実行フラグが「1」ではないと判定部22によって判定された場合(S109,No)、制御部21は、非定常精査および非定常精査承認処理を実行した(S112)後、ステップS101に処理を戻す。非定常精査および非定常精査承認処理の詳細は、図8を参照して後記する。
Returning to the description of step S109.
As a result of the determination in step S109, when the determination unit 22 determines that the execution flag is not “1” within a predetermined period from the current date and time (No in S109), the control unit 21 After performing the regular scrutiny and the non-steady scrutiny approval process (S112), the process returns to step S101. Details of the non-stationary scrutiny and the non-stationary scrutiny approval process will be described later with reference to FIG.
ステップS105の説明に戻る。
ステップS105で表示部23に表示されている操作メニュー画面のうち、定常精査実行日時設定ボタンをユーザが入力部25を介して押下する(S113)のを待って、制御部21は、定常精査実行日時設定画面を表示部23に表示させ(S114)、定常精査を実行する日付(実行日)、および時刻(実効時刻)を設定する定常精査実行日時設定処理を実行した(S115)後、ステップS101へ処理を戻す。ステップS115の定常精査実行日時設定処理の詳細は、省略する。なお、定常精査実行日時設定処理が実行されることにより、記憶部27の定常精査実行リストに、実行日と、実行時刻とが格納される。
Returning to the description of step S105.
In the operation menu screen displayed on the display unit 23 in step S105, the control unit 21 waits for the user to press the button for setting the regular scrutiny execution date and time via the input unit 25 (S113). A date and time setting screen is displayed on the display unit 23 (S114), and a regular scrutiny execution date and time setting process for setting a date (execution date) and a time (effective time) for executing the regular scrutiny is executed (S115), and then step S101. Return processing to. Details of the regular inspection execution date and time setting process in step S115 are omitted. Note that the execution date and the execution time are stored in the routine examination execution list of the storage unit 27 by executing the routine examination execution date and time setting process.
同様に、ステップS105で表示部23に表示されている操作メニューのうち、精査メニューボタン、または定常精査実行日時設定ボタン以外の他のメニューボタンを、ユーザが入力部25を介して押下した(S116)場合、制御部21は、該当する処理の画面を表示部23に表示させ(S117)、該当する処理を実行した(S118)後、制御部21は、ステップS101へ処理を戻す。   Similarly, among the operation menus displayed on the display unit 23 in step S105, the user presses a menu button other than the scrutiny menu button or the regular scrutiny execution date / time setting button via the input unit 25 (S116). ), The control unit 21 displays the screen of the corresponding process on the display unit 23 (S117), and after executing the corresponding process (S118), the control unit 21 returns the process to step S101.
図6は、図5のステップS102における定常精査処理の例を示す図である。
まず、制御部21は、タイマ部24から現在の日付と時刻とを取得する(S201)。
次に判定部22は、ステップS201で制御部21によって取得された日付と、記憶部27に記憶してある定常精査実行リストの実行日とを照合して、取得された日付、すなわち現在の日付に一致する実行日が存在するか否かを判定する(S202)。
ステップS202の判定の結果、現在の日付に一致する実行日が存在しないと判定部22によって判定された場合(S202,No)、制御部21は、図5のステップS103へ処理を進める。
ステップS202の判定の結果、現在の日付に一致する実行日が存在すると判定部22によって判定された場合(S202,Yes)、判定部22は、記憶部27の定常精査実行リストの実行フラグを参照し、現在の日付と一致するすべての実行日において実行フラグが「1」であるか否かを判定する(S203)。
ステップS203の判定の結果、現在の日付と一致するすべての実行日において実行フラグが「1」であると判定部22によって判定された場合(S203,Yes)、制御部21は、図5のステップS103へ処理を進める。
ステップS203の判定の結果、現在の日付と一致する一部の実行日において実行フラグが「1」ではないと判定部22によって判定された場合(S203,No)、判定部22は、記憶部27の定常精査実行リストの実行フラグが「0」である実行時刻を参照し、ステップS201で制御部21によって取得された現在の時刻が実行時刻を過ぎているか否かを判定する(S204)。
ステップS204の判定の結果、現在の時刻において定常精査の実行時刻を超過していないと判定部22によって判定された場合(S204,No)、制御部21は、図5のステップS103へ処理を進める。
FIG. 6 is a diagram showing an example of the steady examination process in step S102 of FIG.
First, the control unit 21 acquires the current date and time from the timer unit 24 (S201).
Next, the determination unit 22 collates the date acquired by the control unit 21 in step S201 with the execution date of the regular examination execution list stored in the storage unit 27, and acquires the acquired date, that is, the current date. It is determined whether there is an execution date that matches (S202).
As a result of the determination in step S202, when the determination unit 22 determines that there is no execution date that matches the current date (S202, No), the control unit 21 advances the processing to step S103 in FIG.
As a result of the determination in step S202, when the determination unit 22 determines that there is an execution date that matches the current date (S202, Yes), the determination unit 22 refers to the execution flag of the steady examination execution list in the storage unit 27. Then, it is determined whether or not the execution flag is “1” on all execution dates that match the current date (S203).
As a result of the determination in step S203, when the determination unit 22 determines that the execution flag is “1” on all execution dates that match the current date (S203, Yes), the control unit 21 determines that the step in FIG. The process proceeds to S103.
As a result of the determination in step S203, when the determination unit 22 determines that the execution flag is not “1” on some execution dates that coincide with the current date (No in S203), the determination unit 22 stores the storage unit 27. Referring to the execution time when the execution flag of the regular examination execution list is “0”, it is determined whether or not the current time acquired by the control unit 21 in step S201 has passed the execution time (S204).
As a result of the determination in step S204, when the determination unit 22 determines that the execution time of the regular scrutiny has not been exceeded at the current time (No in S204), the control unit 21 advances the process to step S103 in FIG. .
ステップS204の判定の結果、現在の時刻が定常精査の実行フラグが「0」である実行時刻を過ぎていると判定部22によって判定された場合(S204,Yes)、制御部21は、精査処理を実行する(S205)(精査処理の詳細は、特開平10−334308号公報を参照)。
精査処理終了後、制御部21は、精査結果を記憶部27に現金管理テーブルとして記憶し(S206)、定常精査実行リストの該当する実行日および実行日時に対応する実行フラグを「0」から「1」に更新することで、精査済みであることを登録した(S207)後、制御部21は、図5のステップS103へ処理を戻す。
As a result of the determination in step S204, when the determination unit 22 determines that the current time has passed the execution time for which the execution flag for steady state inspection is “0” (S204, Yes), the control unit 21 performs the inspection process. (S205) (For details of the scrutiny process, refer to Japanese Patent Laid-Open No. 10-334308).
After completion of the scrutiny processing, the control unit 21 stores the scrutiny result as a cash management table in the storage unit 27 (S206), and changes the execution flag corresponding to the execution date and execution date corresponding to the regular scrutiny execution list from “0” to “ By updating to “1” and registering that the examination has been completed (S207), the control unit 21 returns the process to step S103 of FIG.
図7は、図5のステップS111における定常精査承認処理の流れを示すフローチャートである。
制御部21は、図5のステップS108で取得した日付をキーとして、記憶部27の現金管理テーブルを参照して、直近の実行日時の精査結果を取得し(S301)、取得した精査結果を表示部23に表示させる(S302)。さらに、制御部21は、例えば「承認」ボタンを表示部23に表示させるなどして、承認操作をユーザに対して要求する(S303)。
ユーザは、表示部23に表示された精査結果の内容を確認し、OKであれば、表示画面上に表示されている「承認」ボタンをマウスなどの入力部25を介して押下することによって、承認の情報を入力部25から制御部21へ送る定常精査結果の承認操作を実行する(S304)。すると、制御部21は、記憶部27の現金管理テーブルの該当する承認フラグを「0」から「1」へ更新することにより承認の情報を記憶した(S305)後、制御部21は、図5のステップS101へ処理を戻す。
FIG. 7 is a flowchart showing the flow of the steady examination approval process in step S111 of FIG.
The control unit 21 refers to the cash management table in the storage unit 27 using the date acquired in step S108 of FIG. 5 as a key, acquires the scrutiny result of the most recent execution date (S301), and displays the acquired scrutiny result It is displayed on the part 23 (S302). Furthermore, the control unit 21 requests an approval operation from the user, for example, by displaying an “approval” button on the display unit 23 (S303).
The user confirms the contents of the scrutiny result displayed on the display unit 23, and if OK, by pressing the “approval” button displayed on the display screen via the input unit 25 such as a mouse, An operation for approving a steady examination result is performed to send approval information from the input unit 25 to the control unit 21 (S304). Then, the control part 21 memorize | stores the information of approval by updating the applicable approval flag of the cash management table of the memory | storage part 27 from "0" to "1" (S305), Then, the control part 21 is FIG. The process returns to step S101.
図8は、図5のステップS112における非定常精査および非定常精査承認処理の流れを示すフローチャートである。
まず、図5のステップS107で表示部23に表示されている精査画面に表示されている各メニューボタンのうちの一つのメニューボタンをユーザが入力部25を介して押下する(S401)ことによって、精査指示が入力されると、制御部21は、対応する精査処理を実行する(S402)(精査処理の詳細は、特開平10−334308号公報を参照)。
精査処理が完了すると、制御部21は、精査結果を記憶部27の現金管理テーブルに記憶する(S403)。
そして、制御部21は、ステップS402で実行した精査処理の精査結果を表示部23に表示させる(S404)とともに、例えば「承認」ボタンを表示部23に表示させるなどして、承認操作をユーザに対して要求する(S405)。ユーザは、表示部23に表示された精査結果の内容を確認し、OKであれば、表示画面上に表示されている「承認」ボタンをマウスなどの入力部25を介して押下することによって、承認の情報を入力部25から制御部21へ送る非定常精査結果の承認操作を実行する(S406)。
制御部21は、記憶部27の現金管理テーブルの該当する承認フラグを「0」から「1」に更新することによって、承認の情報を記憶した(S407)後、制御部21は、図5のステップS101へ処理を戻す。
FIG. 8 is a flowchart showing the flow of the non-stationary scrutiny and the non-stationary scrutiny approval process in step S112 of FIG.
First, when the user presses one of the menu buttons displayed on the scrutiny screen displayed on the display unit 23 in step S107 of FIG. 5 via the input unit 25 (S401), When a scrutiny instruction is input, the control unit 21 executes a corresponding scrutinization process (S402) (refer to JP-A-10-334308 for details of the scrutiny process).
When the scrutiny process is completed, the control unit 21 stores the scrutiny result in the cash management table of the storage unit 27 (S403).
Then, the control unit 21 causes the display unit 23 to display the scrutiny result of the scrutiny process executed in step S402 (S404) and, for example, displays an “approval” button on the display unit 23, thereby allowing the user to perform an approval operation. The request is made (S405). The user confirms the contents of the scrutiny result displayed on the display unit 23, and if OK, by pressing the “approval” button displayed on the display screen via the input unit 25 such as a mouse, An operation for approving the unsteady scrutiny result that sends the approval information from the input unit 25 to the control unit 21 is executed (S406).
The control unit 21 stores the approval information by updating the corresponding approval flag in the cash management table of the storage unit 27 from “0” to “1” (S407). The process returns to step S101.
次に、図2を参照しつつ、図9から図12に沿って各画面例の説明を行う。
図9は、図5のステップS101における初期メニュー画面例を示す図である。
初期メニュー画面300は、棒金在高表示領域301、小束在高表示領域302、新券在高表示領域303、紙幣在高表示領域304、硬貨在高表示領域305、硬貨払額表示領域306、およびシステム終了ボタン307を備えてなる。
棒金在高表示領域301には、自動取引装置1内に格納されている棒金の数が、額面価格ごとにヒストグラムの形で示されている。
小束在高表示領域302には、自動取引装置1内に格納されている小束の数が、額面価格ごとにヒストグラムの形で示されている。
新券在高表示領域303には、自動取引装置1内に格納されている新券の枚数が、額面価格ごとにヒストグラムの形で示されている。
紙幣在高表示領域304には、自動取引装置1内に格納されている新券ではない紙幣の枚数が、額面価格ごとにヒストグラムの形で示されている。
硬貨在高表示領域305には、自動取引装置1内に格納されている硬貨の個数が、額面価格ごとにヒストグラムの形で示されている。
硬貨払額表示領域306には、該当する日付において、現在の日時までに支払われた硬貨の個数が、額面価格ごとにヒストグラムの形で示されている。
システム終了ボタン307を押下すると、制御部21は、図5で説明した操作処理を終了する(図5中に図示せず)。
Next, referring to FIG. 2, examples of each screen will be described along FIGS. 9 to 12.
FIG. 9 is a diagram showing an example of an initial menu screen in step S101 of FIG.
The initial menu screen 300 includes a bar metal amount display area 301, a small bundle amount display area 302, a new ticket amount display area 303, a bill amount display area 304, a coin amount display area 305, a coin payment amount display area 306, And a system end button 307.
The amount of bar money stored in the automatic transaction apparatus 1 is shown in the form of a histogram for each face value in the bar money amount display area 301.
In the small bundle amount display area 302, the number of small bundles stored in the automatic transaction apparatus 1 is shown in the form of a histogram for each face value.
In the new ticket stock display area 303, the number of new tickets stored in the automatic transaction apparatus 1 is shown in the form of a histogram for each face value.
In the banknote amount display area 304, the number of non-new banknotes stored in the automatic transaction apparatus 1 is shown in the form of a histogram for each face value.
In the coin stock amount display area 305, the number of coins stored in the automatic transaction apparatus 1 is shown in the form of a histogram for each face value.
In the coin payment amount display area 306, the number of coins paid up to the current date and time on the corresponding date is shown in the form of a histogram for each face value.
When the system end button 307 is pressed, the control unit 21 ends the operation process described with reference to FIG. 5 (not shown in FIG. 5).
図10は、図5のステップS105における操作メニュー画面例を示す図である。
操作メニュー画面400は、精査メニューボタン401、定常精査実行日時設定メニューボタン402、現金メンテナンスメニューボタン403、出納処理メニューボタン404、管理メニューボタン405、照会メニューボタン406、整理メニューボタン407、障害処理メニューボタン408、ショートカットボタン409、およびシステム終了ボタン410を備えてなる。
精査メニューボタン401を押下すると、後記して説明する精査画面が制御部21によって表示部23に表示される。
定常精査実行日時設定メニューボタン402を押下すると、図3の定常精査実行リストの実行日や、実行時刻が設定される定常精査実行日時設定処理が制御部21によって実行される。
現金メンテナンスメニューボタン403を押下すると、自動取引装置1に格納されている現金をメンテナンスする処理が制御部21によって実行される。
出納処理メニューボタン404を押下すると、出納処理が制御部21によって実行される。
管理メニューボタン405を押下すると、自動取引装置1の管理メニューが表示され、自動取引装置1の管理処理が制御部21によって実行される。
照会メニューボタン406を押下すると、例えば図示しない金融会社のサーバにアクセスすることができ、各種の情報を照会することができる。
FIG. 10 is a diagram showing an example of the operation menu screen in step S105 of FIG.
The operation menu screen 400 includes a scrutiny menu button 401, a regular scrutiny execution date / time setting menu button 402, a cash maintenance menu button 403, a cashier processing menu button 404, a management menu button 405, an inquiry menu button 406, an organization menu button 407, and a failure processing menu. A button 408, a shortcut button 409, and a system end button 410 are provided.
When the scrutiny menu button 401 is pressed, a scrutiny screen, which will be described later, is displayed on the display unit 23 by the control unit 21.
When the steady examination execution date and time setting menu button 402 is pressed, the control section 21 executes the regular examination execution date and time setting process in which the execution date and execution time of the regular examination execution list in FIG.
When the cash maintenance menu button 403 is pressed, the control unit 21 executes a process for maintaining the cash stored in the automatic transaction apparatus 1.
When the cashier processing menu button 404 is pressed, the cashier processing is executed by the control unit 21.
When the management menu button 405 is pressed, the management menu of the automatic transaction apparatus 1 is displayed, and the management process of the automatic transaction apparatus 1 is executed by the control unit 21.
When the inquiry menu button 406 is pressed, for example, a financial company server (not shown) can be accessed, and various information can be inquired.
整理メニューボタン407を押下すると、自動取引装置1のROM上に残っている不要なデータを削除する整理処理が制御部21によって実行される。
障害処理メニューボタン408を押下すると、制御部21が、自動取引装置1に生じている障害を検知し、検知した障害を表示部23に表示させ、障害の除去を促すメッセージを表示部23に表示させる障害処理が実行される。
ショートカットボタン409を押下すると、複雑な処理を記憶させたショートカット処理が制御部21によって実行される。
システム終了ボタン410を押下すると、制御部21は、図5で説明した操作処理を終了する(図5中に図示せず)。
When the organization menu button 407 is pressed, the control unit 21 executes an organization process for deleting unnecessary data remaining on the ROM of the automatic transaction apparatus 1.
When the failure processing menu button 408 is pressed, the control unit 21 detects a failure occurring in the automatic transaction apparatus 1, displays the detected failure on the display unit 23, and displays a message prompting the removal of the failure on the display unit 23. Failure processing is executed.
When the shortcut button 409 is pressed, a shortcut process storing a complicated process is executed by the control unit 21.
When the system end button 410 is pressed, the control unit 21 ends the operation process described with reference to FIG. 5 (not shown in FIG. 5).
なお、操作メニュー画面400に表示される内容は、制御部21が、カードリーダ部26から取得したオペレータカード100のランク情報によって異なる。
例えば、ランク情報に格納されているランクが、最も高いランクであったときはすべてのメニューボタン401〜408が表示、または押下可能な状態となる。
これに対し、ランク情報に格納されているランクが、最も低いランクであったときは、例えば出納処理メニューボタン404のみが表示、または押下可能であり、その他のメニューボタン401〜403,405〜408は、非表示、または押下不可能な状態となる。
The content displayed on the operation menu screen 400 differs depending on the rank information of the operator card 100 acquired by the control unit 21 from the card reader unit 26.
For example, when the rank stored in the rank information is the highest rank, all menu buttons 401 to 408 can be displayed or pressed.
On the other hand, when the rank stored in the rank information is the lowest rank, for example, only the cash-out process menu button 404 can be displayed or pressed, and the other menu buttons 401 to 403 and 405 to 408 are displayed. Is not displayed or cannot be pressed.
図11は、図5のステップS107における精査画面例を示す図である。
精査画面500は、在高点検メニューボタン501、在高点検回収メニューボタン502、在高点検再鑑メニューボタン503、在高点検全回収メニューボタン504、および在高点検再鑑回収メニューボタン505を備えてなる。
在高点検メニューボタン501を押下すると、制御部21は、精査可能なユニットの精査を行い、その他のユニットに関しては精査を行わない精査処理を実行する。ここで、ユニットとは、図1の紙幣入出金部3、硬貨入出金部4、小束出金部5、および棒金出金部6のことである。
在高点検(回収)メニューボタン502を押下すると、制御部21は、精査可能なユニットの精査を行い、その他のユニットの現金は、回収する精査処理を行う。
在高点検(再鑑)メニューボタン503を押下すると、制御部21は、精査可能なユニットの精査を行い、その他のユニットの現金は、再鑑する精査処理を行う。
在高点検(全回収)メニューボタン504を押下すると、制御部21は、全ユニットから現金を回収する精査処理を行う。
在高点検(再鑑・回収)メニューボタン505を押下すると、制御部21は、機会計数可能なユニットの精査を行い、その他のユニットの現金は、再鑑、または回収する精査処理を行う。
FIG. 11 is a diagram showing an example of a scrutiny screen in step S107 of FIG.
The inspection screen 500 includes a stock check menu button 501, a stock check inspection menu button 502, a stock check review menu button 503, a stock check full recovery menu button 504, and a stock check recollection menu button 505. It becomes.
When the cash amount check menu button 501 is pressed, the control unit 21 performs a scrutiny of a unit that can be scrutinized and performs a scrutiny process that does not scrutinize other units. Here, a unit is the banknote depositing / withdrawing unit 3, the coin depositing / withdrawing unit 4, the small bundle dispensing unit 5, and the bar metal dispensing unit 6 of FIG.
When the cash amount check (collection) menu button 502 is pressed, the control unit 21 performs a scrutiny of a unit that can be scrutinized, and performs a scrutiny process to collect the cash of other units.
When the balance check (re-examination) menu button 503 is pressed, the control unit 21 conducts a scrutinization of units that can be scrutinized, and conducts a scrutinization process for re-examining the cash of other units.
When the cash amount check (all collection) menu button 504 is pressed, the control unit 21 performs a scrutiny process for collecting cash from all units.
When the balance check (re-examination / recovery) menu button 505 is pressed, the control unit 21 performs a scrutiny of the units capable of counting the opportunity, and performs a scrutinization process of re-examining or collecting the cash of other units.
図12は、図7のステップS302、または図8のステップS404における精査結果画面例を示す図である。
精査結果画面600は、紙幣精査結果タブ601、硬貨精査結果タブ602、および明細印字ボタン603を備えてなる。
紙幣精査結果タブ601は、紙幣の精査を行った結果を表示するタブであり、硬貨精査結果タブ602は、硬貨の精査を行った結果を表示するタブである。また、明細印字ボタン603を押下すると、制御部21は、表示されている精査の結果が図示しない印刷部を介して印刷させる。
FIG. 12 is a diagram showing an example of a detailed examination result screen in step S302 of FIG. 7 or step S404 of FIG.
The scrutiny result screen 600 includes a bill scrutiny result tab 601, a coin scrutiny result tab 602, and a detail print button 603.
The banknote scrutiny result tab 601 is a tab for displaying a result of scrutinizing a banknote, and the coin scrutiny result tab 602 is a tab for displaying a result of scrutinizing a coin. When the detail print button 603 is pressed, the control unit 21 causes the displayed result of the scrutiny to be printed via a printing unit (not shown).
次に、紙幣精査結果タブ601について説明する。なお、硬貨精査結果タブ602については、紙幣が硬貨に置き換わった以外は、紙幣精査結果タブ601と同様であるので説明を省略する。
紙幣精査結果タブ601は、精査前在高枚数表示エリア604、精査前在高金額表示エリア605、精査結果枚数表示エリア606、精査結果金額表示エリア607、照合結果表示エリア608、精査前在高合計金額表示エリア609、精査結果合計金額表示エリア610、現金不一致額表示エリア611、および紙幣排出ボタン612を備えてなる。
精査前在高枚数表示エリア604には、精査前に自動取引装置1に格納されている紙幣の枚数が、額面価格ごとに表示される。
精査前在高金額表示エリア605には、精査前に自動取引装置1に格納されている紙幣の金額が、額面価格ごとに表示される。
精査結果枚数表示エリア606には、精査を行った結果、自動取引装置1内に格納されているべき紙幣の枚数が、額面価格ごとに表示される。
精査結果金額表示エリア607には、精査を行った結果、自動取引装置1内に格納されているべき紙幣の金額が、額面価格ごとに表示される。
照合結果表示エリア608は、精査を行った結果による精査前在高と、精査結果との一致の成否が、額面価格ごとに表示される。
精査前在高合計金額表示エリア609には、精査前に自動取引装置1内に格納されている紙幣の合計金額が表示される。
精査結果合計金額表示エリア610には、精査を行った結果、自動取引装置1に格納されているべき紙幣の合計金額が表示される。
現金不一致額表示エリア611には、精査前在高合計金額表示エリア609に表示されている金額と、精査結果合計金額表示エリア610に表示されている金額の差額が表示される。
紙幣排出ボタン612を押下すると、自動取引装置1内に格納されている紙幣が排出される。
Next, the bill review result tab 601 will be described. The coin scrutinization result tab 602 is the same as the banknote scrutiny result tab 601 except that the banknote is replaced with a coin, and thus the description thereof is omitted.
The banknote scrutiny result tab 601 is a pre-scrutiny stock amount display area 604, a pre-scrutiny stock amount display area 605, a scrutiny result number display area 606, a scrutiny result amount display area 607, a matching result display area 608, and a pre-scrutiny stock amount display. An amount display area 609, a detailed examination result total amount display area 610, a cash mismatch amount display area 611, and a banknote discharge button 612 are provided.
The number of banknotes stored in the automatic transaction apparatus 1 before scrutiny is displayed for each face value in the pre-scrutinization amount display area 604.
The amount of banknotes stored in the automatic transaction device 1 before scrutiny is displayed for each face value in the pre-scrutiny amount display area 605 before scrutiny.
In the scrutinization result number display area 606, as a result of the scrutiny, the number of banknotes to be stored in the automatic transaction apparatus 1 is displayed for each face value.
In the scrutiny result amount display area 607, as a result of the scrutiny, the amount of banknotes to be stored in the automatic transaction apparatus 1 is displayed for each face value.
In the matching result display area 608, the success / failure between the scrutiny amount and the scrutiny result is displayed for each face value.
In the total amount display area 609 before scrutiny, the total amount of banknotes stored in the automatic transaction apparatus 1 before scrutiny is displayed.
In the scrutinization result total amount display area 610, as a result of the scrutiny, the total amount of banknotes to be stored in the automatic transaction apparatus 1 is displayed.
In the cash mismatch amount display area 611, the difference between the amount displayed in the pre-scrutiny total amount display area 609 and the amount displayed in the scrutinization result total amount display area 610 is displayed.
When the banknote discharge button 612 is pressed, the banknotes stored in the automatic transaction apparatus 1 are discharged.
図13は、比較例における非定常精査の処理例である。
自動取引装置1が起動されると、制御部21が、初期メニュー画面を表示部23に表示させる(S501)。
次にカードリーダ部26は、オペレータカード100の投入を検知したか否かを判定する(S502)ことによって、オペレータカード100の投入を監視している。
ステップS502の判定の結果、オペレータカード100の投入を検知していないとカードリーダ部26によって判定された場合(S502,No)、オペレータカード100の投入を検知するまで、カードリーダ部26は、ステップS502の処理を繰り返す。
ステップS502の判定の結果、オペレータカード100の投入を検知したとカードリーダ部26によって判定された場合(S502,Yes)、カードリーダ部26は、オペレータカード100に登録されているランク情報を取得する(S503)。
そして、カードリーダ部26は、取得したランク情報を制御部21に送り、制御部21は、送られたランク情報に対応した操作メニュー画面を表示部23に表示させる(S504)。操作メニュー画面については、図10を参照して説明した操作メニュー画面と同様である。なお、操作メニュー画面を表示させる前に、制御部21が、自動取引装置1内に現在格納されている紙幣や、貨幣を計数することによって、在高を算出し、算出した在高に関する情報を制御部21が、図10に示した形で操作メニュー画面に表示させてもよい。
FIG. 13 is a processing example of unsteady scrutiny in the comparative example.
When the automatic transaction apparatus 1 is activated, the control unit 21 displays an initial menu screen on the display unit 23 (S501).
Next, the card reader unit 26 monitors the insertion of the operator card 100 by determining whether the insertion of the operator card 100 is detected (S502).
As a result of the determination in step S502, when the card reader unit 26 determines that the insertion of the operator card 100 is not detected (No in S502), the card reader unit 26 continues to step until the insertion of the operator card 100 is detected. The process of S502 is repeated.
If the card reader unit 26 determines that the insertion of the operator card 100 is detected as a result of the determination in step S502 (S502, Yes), the card reader unit 26 acquires rank information registered in the operator card 100. (S503).
Then, the card reader unit 26 sends the acquired rank information to the control unit 21, and the control unit 21 displays an operation menu screen corresponding to the sent rank information on the display unit 23 (S504). The operation menu screen is the same as the operation menu screen described with reference to FIG. Before displaying the operation menu screen, the control unit 21 calculates a stock amount by counting banknotes and money currently stored in the automatic transaction apparatus 1, and information on the calculated stock amount is displayed. The control unit 21 may display the operation menu screen in the form shown in FIG.
次にユーザが、入力部25を介して操作メニューのうちの精査メニューボタンを押下した(S505)場合、制御部21は、精査画面を表示部23に表示させる(S506)。
そして、図5のステップS107で表示部23に表示されている精査画面に表示されている各メニューボタンのうちの一つのメニューボタンをユーザが入力部25を介して押下する(S507)ことによって、精査指示が入力されると、制御部21は、精査処理を実行する(S508)(精査処理の詳細は、特開平10−334308号公報を参照)。
精査処理が完了すると、制御部21は、精査結果を記憶部27の現金管理テーブルに記憶する(S509)。
そして、制御部21は、精査の精査結果を表示部23に表示させる(S510)とともに、例えば「承認」ボタンを表示部23に表示させるなどして、承認操作を要求する(S511)。ユーザは、表示部23に表示された精査結果の内容を確認し、OKであれば、表示画面上に表示されている「承認」ボタンをマウスなどの入力部25を介して押下することによって、承認の情報を入力部25から制御部21へ送る非定常精査の精査結果の承認操作を実行する(S512)。
制御部21は、記憶部27の現金管理テーブルの該当する承認フラグを「0」から「1」に更新することによって、承認の情報を記憶した(S513)後、制御部21は、ステップS501へ処理を戻す。
Next, when the user presses a scrutiny menu button in the operation menu via the input unit 25 (S505), the control unit 21 displays a scrutiny screen on the display unit 23 (S506).
Then, when the user presses one of the menu buttons displayed on the examination screen displayed on the display unit 23 in step S107 of FIG. 5 via the input unit 25 (S507), When a scrutiny instruction is input, the control unit 21 executes a scrutinization process (S508) (refer to Japanese Patent Laid-Open No. 10-334308 for details of the scrutiny process).
When the scrutiny process is completed, the control unit 21 stores the scrutiny result in the cash management table of the storage unit 27 (S509).
Then, the control unit 21 displays an examination result of the examination on the display unit 23 (S510), and requests an approval operation by, for example, displaying an “approval” button on the display unit 23 (S511). The user confirms the contents of the scrutiny result displayed on the display unit 23, and if OK, by pressing the “approval” button displayed on the display screen via the input unit 25 such as a mouse, An approval operation for the examination result of the unsteady examination that sends the approval information from the input unit 25 to the control unit 21 is executed (S512).
The control unit 21 stores the approval information by updating the corresponding approval flag in the cash management table in the storage unit 27 from “0” to “1” (S513), and then the control unit 21 proceeds to step S501. Return processing.
従来の自動取引装置1では、図6で説明した定常精査の処理と、図9で説明した非定常精査処理とを独立した形で行っている。
そして図9から明らかなように、従来の非定常精査においては、定常精査の結果や、実行の有無などが何ら反映されていない。
従って、非定常精査を定常精査に先駆けて行いたいときにおいて、前回実行した定常精査がある期間内に実行済みであり、非定常精査の実行の必要がない場合、既に実行済みである定常精査に関する情報が、何ら提示されないため、本来必要のない定常精査を実行することになり、業務効率の低下につながってしまう。
In the conventional automatic transaction apparatus 1, the steady examination process described with reference to FIG. 6 and the unsteady examination process described with reference to FIG. 9 are performed independently.
As is clear from FIG. 9, in the conventional non-stationary scrutiny, the results of the steady scrutiny and the presence / absence of execution are not reflected at all.
Therefore, when it is desired to conduct a non-stationary scrutiny prior to a regular scrutiny, if it has been executed within a certain period of time, and there is no need to perform a non-stationary scrutiny, it is not necessary to perform a non-stationary scrutiny. Since no information is presented, regular scrutiny that is not necessary is executed, leading to a reduction in business efficiency.
本実施形態によれば、非定常精査を行う場合にも、定常精査の実行の有無や、定常精査の精査結果の表示を行うことにより、ユーザに対し定常精査に関する情報を提示する。この結果、既にある期間内で定常精査が実行済みの状態で、非定常精査を行いたい状況下では、非定常精査を行わず済むことができるため、業務効率の低下を防ぐことができる。   According to the present embodiment, even when performing non-stationary scrutiny, information on the scrutiny is presented to the user by displaying the presence / absence of the scrutiny and displaying the scrutiny of the scrutiny. As a result, in a situation where the steady examination has already been performed within a certain period and the non-steady examination is desired, it is not necessary to conduct the non-steady examination, thereby preventing a reduction in business efficiency.
本実施形態では、タイマ部24を自動取引装置1に含ませたが、これに限らずタイマ部24は、通信回線を介して自動取引装置1に接続した構成としてもよい。
また、本実施形態では、所定の日時を超過すると、制御部21が定常精査を行う構成としたが、これに限らず、例えば自動取引装置1と通信回線を介して接続した外部装置が、定常精査実行の指示を自動取引装置1に対して送信し、図示しない通信部を介して当該定常精査実行の指示を受信した自動取引装置1の処理部2が定常精査を実行してもよい。
本実施形態では、図7のステップS302において、制御部21が現在の日時から直近の実行日時の精査結果を表示部23に表示させたが、これに限らず、承認フラグが「0」であるすべての精査結果を表示してもよい。
In the present embodiment, the timer unit 24 is included in the automatic transaction apparatus 1, but not limited to this, the timer unit 24 may be configured to be connected to the automatic transaction apparatus 1 via a communication line.
Moreover, in this embodiment, when the predetermined date and time are exceeded, the control unit 21 is configured to perform regular scrutiny. However, the present invention is not limited to this. For example, an external device connected to the automatic transaction apparatus 1 via a communication line is stationary. The processing unit 2 of the automatic transaction apparatus 1 that transmits an instruction for execution of scrutiny to the automatic transaction apparatus 1 and receives the instruction for execution of scrutiny via a communication unit (not shown) may execute the regular scrutiny.
In the present embodiment, in step S302 of FIG. 7, the control unit 21 causes the display unit 23 to display the scrutiny result of the most recent execution date and time from the current date and time, but this is not limiting, and the approval flag is “0”. All scrutiny results may be displayed.
本実施形態に係る自動取引装置の構成例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structural example of the automatic transaction apparatus which concerns on this embodiment. 本実施形態に係る自動取引装置の処理部の構成例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structural example of the process part of the automatic transaction apparatus which concerns on this embodiment. 定常精査実行リストの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of a regular scrutiny execution list. 現金管理テーブルの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of a cash management table. 本実施形態に係る操作処理の流れを示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the flow of the operation processing which concerns on this embodiment. 図5のステップS102における定常精査の処理例を示す図である。It is a figure which shows the process example of the regular examination in step S102 of FIG. 図5のステップS111における定常精査承認処理の流れを示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the flow of the regular examination approval process in step S111 of FIG. 図5のステップS112における非定常精査および非定常精査承認処理の流れを示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the flow of the non-stationary scrutiny and the unsteady scrutiny approval process in step S112 of FIG. 図5のステップS101における初期メニュー画面例を示す図である。It is a figure which shows the example of an initial menu screen in step S101 of FIG. 図5のステップS105における操作メニュー画面例を示す図である。It is a figure which shows the example of an operation menu screen in step S105 of FIG. 図5のステップS107における精査画面例を示す図である。It is a figure which shows the example of a close examination screen in step S107 of FIG. 図7のステップS302、または図8のステップS404における精査結果画面例を示す図である。It is a figure which shows the example of a detailed examination result screen in step S302 of FIG. 7, or step S404 of FIG. 比較例における非定常精査の処理例である。It is an example of processing of unsteady examination in a comparative example.
符号の説明Explanation of symbols
1 自動取引装置
2 処理部
3 紙幣入出金部
4 硬貨入出金部
5 小束出金部
6 棒金出金部
21 制御部
22 判定部
23 表示部
24 タイマ部
25 入力部
26 カードリーダ部
27 記憶部
100 オペレータカード
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Automatic transaction apparatus 2 Processing part 3 Banknote depositing / withdrawing part 4 Coin depositing / withdrawing part 5 Small bundle withdrawal part 6 Bar money withdrawal part 21 Control part 22 Determination part 23 Display part 24 Timer part 25 Input part 26 Card reader part 27 Memory | storage Part 100 Operator card

Claims (4)

  1. 金融業務における精査を所定のタイミングで行う定常的な精査を実行し、前記定常的な精査の結果を記憶する自動取引装置であって、
    前記定常的な精査が実行されたか否かを示す情報である定常精査実施情報を管理する記憶部と、
    前記記憶部の定常精査実施情報を基に、前記定常的な精査が、所定の時間以後に実行されたか否かを判定する判定部と、
    前記判定部による前記判定の結果、前記定常的な精査が実行されていた場合は、処理を終了し、
    前記判定部による前記判定の結果、前記定常的な精査が実行されていない場合は、入力部から入力された精査指示に従い、精査を実行する制御部と、を含んでなることを特徴とする自動取引装置。
    An automatic transaction device that performs regular scrutiny at a predetermined timing for scrutiny in financial operations and stores the results of the scrutiny,
    A storage unit for managing regular scrutiny execution information, which is information indicating whether or not the regular scrutiny has been executed;
    A determination unit that determines whether the regular scrutiny has been executed after a predetermined time based on the regular scrutiny execution information in the storage unit;
    As a result of the determination by the determination unit, if the regular scrutiny has been executed, the process is terminated,
    A control unit that performs a scrutiny according to a scrutiny instruction input from the input unit when the regular scrutiny is not performed as a result of the determination by the determination unit, Trading device.
  2. 前記制御部は、
    前記判定部による前記判定の結果、前記定常的な精査が実行されていた場合は、前記精査の結果を出力し、表示部に前記精査の結果を表示させ、承認の要求を行い、
    前記自動取引装置の入力部を介して前記承認の信号が入力されると、前記承認の信号が入力されたことを示す情報である承認実施情報を前記記憶部に記憶する機能をさらに有することを特徴とする請求項1に記載の自動取引装置。
    The controller is
    As a result of the determination by the determination unit, if the regular scrutiny has been executed, the result of the scrutiny is output, the result of the scrutiny is displayed on the display unit, and an approval request is made.
    When the approval signal is input via the input unit of the automatic transaction apparatus, the storage unit further has a function of storing approval execution information, which is information indicating that the approval signal is input. The automatic transaction apparatus according to claim 1, wherein
  3. 前記制御部は、
    前記入力部から入力された精査指示に従い、精査を実行した後、前記精査の結果を出力し、表示部に前記精査の結果を表示させ、承認の要求を行い、
    入力部を介して前記承認の信号が入力されると、前記承認の信号が入力されたことを示す情報である承認実施情報を前記記憶部に記憶する機能をさらに有することを特徴とする請求項1または請求項2に記載の自動取引装置。
    The controller is
    In accordance with the scrutinization instruction input from the input unit, after performing the scrutiny, output the result of the scrutiny, display the result of the scrutiny on the display unit, request approval,
    The system further comprises a function of storing approval execution information, which is information indicating that the approval signal is input, in the storage unit when the approval signal is input via the input unit. The automatic transaction apparatus of Claim 1 or Claim 2.
  4. 金融業務における精査を所定のタイミングで行う定常的な精査を実行し、前記定常的な精査の結果を記憶する自動取引装置の精査方法であって、
    前記定常的な精査が実行されたか否かを示す情報である定常精査実施情報を管理する記憶部を有し、
    判定部が、
    前記記憶部の定常精査実施情報を基に、前記定常的な精査が、所定の時間以後に実行されたか否かを判定し、
    制御部が、
    前記判定部による前記判定の結果、前記定常的な精査が実行されていた場合は、処理を終了し、
    前記判定部による前記判定の結果、前記定常的な精査が実行されていない場合は、入力部から入力された精査指示に従い、精査を実行することを特徴とする精査方法。
    A method for scrutinizing an automatic transaction apparatus that performs regular scrutiny for performing scrutiny in financial operations at a predetermined timing and stores the result of the regular scrutiny,
    A storage unit for managing regular scrutiny execution information, which is information indicating whether the regular scrutiny has been executed;
    Judgment part
    Based on the regular scrutiny execution information of the storage unit, it is determined whether the regular scrutiny has been executed after a predetermined time,
    The control unit
    As a result of the determination by the determination unit, if the regular scrutiny has been executed, the process is terminated,
    As a result of the determination by the determination unit, when the regular scrutiny has not been executed, a scrutiny is performed according to a scrutiny instruction input from the input unit.
JP2006259323A 2006-09-25 2006-09-25 Automatic transaction device and reviewing method Pending JP2008077602A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006259323A JP2008077602A (en) 2006-09-25 2006-09-25 Automatic transaction device and reviewing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006259323A JP2008077602A (en) 2006-09-25 2006-09-25 Automatic transaction device and reviewing method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008077602A true JP2008077602A (en) 2008-04-03

Family

ID=39349559

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006259323A Pending JP2008077602A (en) 2006-09-25 2006-09-25 Automatic transaction device and reviewing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008077602A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012038186A (en) * 2010-08-10 2012-02-23 Glory Ltd Currency processor
JP2013171438A (en) * 2012-02-21 2013-09-02 Oki Electric Ind Co Ltd Cash processing apparatus, method for processing cash, and program

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012038186A (en) * 2010-08-10 2012-02-23 Glory Ltd Currency processor
JP2013171438A (en) * 2012-02-21 2013-09-02 Oki Electric Ind Co Ltd Cash processing apparatus, method for processing cash, and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TWI333634B (en)
JP5111060B2 (en) Banknote handling device and cash automatic transaction device
JP4804864B2 (en) Banknote handling system
JP2005071015A (en) Merchandise sales data processor
JP4872342B2 (en) Automatic transaction apparatus and automatic transaction system
JP4017160B2 (en) Product sales data processing device
JP2014102618A (en) Automatic cash transaction device and method for managing reserve supply of money
JP2009205194A (en) Automatic transaction device, and method for displaying confirmation screen of automatic transaction device
JP2008077602A (en) Automatic transaction device and reviewing method
JP5030570B2 (en) Cash processing equipment
JP5600611B2 (en) Automatic transaction apparatus and automatic transaction system
JP6268057B2 (en) Transaction processing apparatus and transaction system
JP4854355B2 (en) Electronic money deposit machine
JP6303397B2 (en) Checkout system and program
JP6023597B2 (en) Cash processing system and method
JP2009086717A (en) Over-the-counter customer service processing system
JP2007072974A (en) Automatic transaction apparatus and automatic transfer system
JP2011113473A (en) Transaction processing system and information gathering method of the same
JP6265638B2 (en) Storage medium processing apparatus and storage medium processing method
JP6156025B2 (en) Change machine maintenance work support system
JP2015161955A (en) exchange system
JP2019164697A (en) Information processing system, information processor, information processing method and program thereof, and store terminal, processing method and program thereof
JP2021128631A (en) Monitoring device, monitoring method, and program
JP4913688B2 (en) Store computer
JP2010009111A (en) Automatic transaction device

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090617