JP2008054214A - Network virtual system and network virtual program - Google Patents

Network virtual system and network virtual program Download PDF

Info

Publication number
JP2008054214A
JP2008054214A JP2006230906A JP2006230906A JP2008054214A JP 2008054214 A JP2008054214 A JP 2008054214A JP 2006230906 A JP2006230906 A JP 2006230906A JP 2006230906 A JP2006230906 A JP 2006230906A JP 2008054214 A JP2008054214 A JP 2008054214A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
network
virtual
terminals
communication
pair
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006230906A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Junichi Nakazato
淳一 中里
Original Assignee
Toshiba Corp
Toshiba Solutions Corp
東芝ソリューション株式会社
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp, Toshiba Solutions Corp, 東芝ソリューション株式会社, 株式会社東芝 filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP2006230906A priority Critical patent/JP2008054214A/en
Publication of JP2008054214A publication Critical patent/JP2008054214A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To optimize traffic on a virtual network. <P>SOLUTION: A network virtual system comprises multiple clients 20 connected to one of underlay networks 40 (#1 to #6) constructed in advance and a network virtual unit 155 for constructing virtual networks on the underlay networks through the use of software. Furthermore, the network virtual unit has a virtual hub 10 for communication relay between clients in the constructed virtual networks d1 to d6. Considering a predetermined connection standard, the virtual hub judges whether a client pair of multiple clients requiring communication relay via the virtual hub should communicate directly with each other without relay via the hub, and if it is determined that direct communication should take place, directs clients of this pair to communicate with each other directly via peer-to-peer links S1 to S5. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、例えばTCP/IPのようなアンダーレイネットワーク上に、仮想的なイーサネット(登録商標)のようなオーバレイネットワークを構築するネットワーク仮想化システム、及びネットワーク仮想化システムに適用されるプログラムに関し、特に、オーバレイネットワークのトラフィックを最適化するネットワーク仮想化システム及びネットワーク仮想化プログラムに関する。 The present invention is, for example, on a TCP / IP like underlay network, virtual Ethernet network virtualization system constructing the overlay network, such as, and a program to be applied to the network virtualization system, in particular, to a network virtualization system and network virtualization program to optimize the traffic overlay network.

例えば、TCP/IPネットワークのような既存の物理的なネットワーク(以後、「アンダーレイネットワーク」と称する)上に、ソフトウェアにて構築する仮想的なネットワークをオーバレイネットワークと呼ぶ。 For example, TCP / IP existing physical network, such as a network (hereinafter, referred to as "underlay network") on, a virtual network to be constructed in software referred to as overlay network.

主なオーバレイネットワーク(以後、「仮想ネットワーク」とも称する)として、以下のように、いわゆるピアツーピア(P2P)ネットワーク(例えば、非特許文献1乃至7)と呼ばれるものや、仮想ローカルエリアネットワーク(以後、「仮想LAN」と称する)がある。 Major overlay network (hereinafter, referred to as "virtual networks") as, in the following, so-called peer-to-peer (P2P) network (e.g., Non-Patent Documents 1 to 7) one or called, virtual local area network (hereinafter, " there is referred to as a virtual LAN ") it is.

ピアツーピアネットワークは、現状、ファイル交換(Winny,BitTorrent等)、音声通信(Skype等)などに広く利用されている。 Peer-to-peer network, status quo, file exchange (Winny, BitTorrent, etc.), are widely used in such as voice communication (Skype, etc.). その方式により、大きく以下の2つ、すなわち、(1)ホストやコンテンツの探索は特別なサーバに依存するが、最終的なデータの送受信はピアツーピアのホスト間で行なうものと、(2)データの送受信だけでなく、ホストやコンテンツの探索そのものも、特別なサーバを必要とせず、完全に対等な立場のホスト間で分散協調して行なうものとに分けられる。 By that method, the following two large, namely, (1) search for the host and content depends on a special server, but transmission and reception of the final data to those performed between peer-to-peer hosts, (2) data reception well, the search itself hosts and content also does not require a special server, divided into those performing distributed coordination among completely equal footing host. なお、ホスト、コンテンツの探索に、特定のサーバではないが、特別な役割を果たすホスト群を利用する、上記2つの中間的な方式を用いるものもある。 The host, the search for the content, but not the particular server, using a special role host group, and some using the above two intermediate manner.

一方、仮想LANとして代表的なものに、ソフトイーサ株式会社製のSoftether(Packetix)(例えば、非特許文献8乃至9)がある。 On the other hand, the typical as virtual LAN, SoftEther manufactured SoftEther Corporation (PacketiX) (e.g., Non-Patent Documents 8-9) is. Softether(Packetix)は仮想ネットワークの一例である仮想イーサネットを構築するソフトウェア群である。 SoftEther (PacketiX) is a software group to construct a virtual Ethernet is an example of a virtual network. Softether(Packetix)又はこれに類似したソフトウェアでの仮想イーサネットの構築方法は例えば以下の通りである。 SoftEther (PacketiX) or method for constructing a virtual Ethernet for software which the similar is as follows, for example.

すなわち、先ず、ある計算機上にイーサネットスイッチングハブをエミュレートするソフトウェア(以後、「仮想ハブ」と称する)を動作させる(以後、仮想ハブを動作させる計算機を「サーバ」と称する。)。 That is, first, software that emulates an Ethernet switching hub on a certain computer (hereinafter, referred to as "virtual hub") is operated (hereinafter, a computer operating a virtual hub is referred to as a "server".).

次に、仮想イーサネットに参加を希望する計算機が、ソフトウェアにて構築された仮想的なネットワークインタフェース(以後、「仮想ネットワークインタフェース」と称する)を介して、仮想ハブに接続する(以後、仮想ネットワークインタフェースを動作させる計算機を「クライアント」と称する)。 Next, the computer wishing to participate in the virtual Ethernet, virtual network interfaces built by software (hereinafter referred to as "virtual network interface") via a connection to a virtual hub (hereinafter, the virtual network interface It is referred to as a "client" a computer to operate).

このような仮想イーサネットの一般的な構成を図15に示す。 The general structure of such a virtual Ethernet shown in Figure 15.

例えばTCP/IPネットワークであるアンダーレイネットワーク150は、オーバレイネットワークである仮想イーサネット154を構築する基盤となる物理ネットワークである。 For example underlay network 150 is a TCP / IP network is a physical network as a foundation for building the virtual Ethernet 154 is overlay network. アンダーレイネットワーク150は、ファイアウォール156、ルータ157、リンク層の通信装置(イーサネットならばハブやスイッチングハブ)により構成される。 Underlay network 150, firewall 156, the router 157, and a communication device of the link layer (if an Ethernet hub or switching hub). ルータ157は、TCP/IPネットワークを構成するネットワーク層の装置であり、一般的なものであることからここではその詳細説明を割愛する。 Router 157 is a device of the network layer of the TCP / IP network, here since general those omitted the detailed description. また、ファイアウォール156は、内部ネットワーク160と外部ネットワーク161との境界に設置されるセキュリティ装置であり、一般的なものであることからここではその詳細な説明を割愛する。 Also, the firewall 156 is a security apparatus installed at a boundary between the internal network 160 and the external network 161, in this case since the general those omitted the detailed description thereof.

クライアント153は、仮想イーサネット154を構成する仮想ハブ151に接続する計算機であり、仮想ネットワークインタフェース152を介して仮想ハブ151に接続する。 The client 153 is a computer that connects to the virtual hub 151 that constitutes a virtual Ethernet 154 connects to a virtual hub 151 via the virtual network interface 152. 仮想ハブ151は、このように複数のクライアント153とのコネクションを保持する中継ノードとして機能する。 Virtual hub 151 serves as a relay node that holds this way the connection with the plurality of clients 153. サーバ155は、このような仮想ハブ151を配置するネットワーク仮想化装置である。 Server 155 is a network virtualization apparatus to place such a virtual hub 151. 本明細書では、このようなネットワーク仮想化装置であるサーバ155と、ネットワーク仮想化装置によって制御される端末であるクライアント153とを合わせてネットワーク仮想化システムと称する。 In this specification, a server 155 is such a network virtualization device, referred to as network virtualization system by combining the client 153 is a terminal that is controlled by the network virtualization device. 仮想イーサネット154は、一つ又は複数の仮想ハブ151に、それぞれ仮想ネットワークインタフェース152を持った複数のクライアント153が接続することにより構築される。 Virtual Ethernet 154, one or more virtual hub 151, a plurality of clients 153 having a virtual network interface 152 each of which is constructed by connecting.

このような従来の仮想イーサネット154では、仮想イーサネット154に属するクライアント153間のトラフィックは全て仮想ハブ151、すなわちサーバ155を経由すること、および、仮想イーサネット154に属するクライアント153同士、或いはクライアント153とサーバ155との位置関係はアンダーレイネットワーク150のトポロジを考慮したものではない。 In the conventional virtual Ethernet 154, all traffic between the client 153 belonging to the virtual Ethernet 154 virtual hub 151, i.e. going through the server 155, and client 153 belonging to the virtual Ethernet 154 or the client 153 and the server, positional relationship between the 155 not in consideration of the topology of the underlay network 150. 従って、 Therefore,
1. 1. 仮想ハブ151のスケーラビリティ確保が困難である。 Scalability ensure the virtual hub 151 is difficult.
2. 2. アンダーレイネットワーク150への負荷が増大し、設備投資コストが増大する。 Increased load on the underlay network 150, capital investment cost is increased.
3. 3. 複数の仮想ハブ151の設置や、複数の仮想ハブ151間でのクライアント153の繋ぎ替えなどの管理コストが増大する。 Installation and a plurality of virtual hub 151, management costs, such as the rerouting of the client 153 among the plurality of virtual hub 151 is increased.
という問題が生じる。 A problem arises that.

本発明はこのような事情に鑑みてなされたものであり、仮想イーサネットのような仮想ネットワークを構成するクライアント同士が、それらの属するアンダーレイネットワーク上の位置関係やクライアント間のトラフィック量を考慮した上で、中継ノード、すなわちサーバを経由すること無くクライアント間で直接通信し、必要な場合には、更にそれに加えて中継ノードを経由した通信も併用することにより、仮想ネットワーク上のトラフィックの最適化を図ることが可能なネットワーク仮想化システム及びネットワーク仮想化プログラムを提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of such circumstances, on the client that constitute the virtual network, such as a virtual Ethernet, considering the amount of traffic between the positional relationship and clients on underlay network Field of their in the relay node, to communicate directly between client without going through the server, if necessary, by also combined communication via the relay node further in addition, the optimization of the traffic on the virtual network and to provide a capable network virtualization system and network virtualization program be reduced.

上記の目的を達成するために、本発明では、以下のような手段を講じる。 To achieve the above object, the present invention takes the following.

すなわち、請求項1の発明は、予め構築された複数の物理ネットワーク上の何れかに接続された複数の端末と、複数の物理ネットワーク上に、ソフトウェアによって仮想的なネットワークを構築するネットワーク仮想化装置とを備えている。 That is, the invention of claim 1 includes a plurality of terminals connected to one of the plurality of physical networks that are pre-built, on a plurality of physical network, network virtualization apparatus for constructing a virtual network by software It is equipped with a door. そして、ネットワーク仮想化装置は更に、構築された仮想ネットワークにおける各端末間の通信を中継する中継ノードを備えている。 The network virtualization device further comprises a relay node for relaying communication between terminals in a virtual network built. また、中継ノードは、予め定めた接続基準を考慮して、中継ノードによって通信が中継される端末のうちの何れか一対の端末について、中継ノードを中継することなく、互いに直接通信すべきか否かを判定し、直接通信すべきと判定した場合には、この一対の端末に対して、中継ノードを中継することなく、互いに直接通信するように指示する第1の指示手段を備えている。 The relay node, taking into account the predetermined connection criteria, for any pair of terminals of the terminals which communication is relayed by the relay node, without relaying the relay node, whether to communicate directly with each other It determines, when it is determined that should communicate directly with respect to the pair of terminals, without relaying the relay node, and a first instruction means for instructing to communicate directly with each other.

請求項2の発明は、請求項1の発明のネットワーク仮想化システムにおいて、各端末は、中継ノードによって通信が中継されている場合、接続基準を考慮して、他の特定の端末との通信を、中継ノードを中継することなく、互いに直接通信すべきか否かを判定し、直接通信すべきと判定した場合には、特定の端末との通信を、中継ノードを中継することなく、直接行うように移行する第1の移行手段を備えている。 According to a second aspect of the invention, the network virtualization system of the invention of claim 1, each terminal, when the communication by the relay node is relayed, considering the connection reference, communication with other specific terminal without relaying the relay node, to determine whether to communicate directly with each other, if it determines that it should communicate directly, communication with the specific terminal, without relaying the relay node, to perform directly and a first shifting unit to shift to.

請求項3の発明は、請求項1又は請求項2の発明のネットワーク仮想化システムにおいて、接続基準とは、一対の端末間の中継ノードを中継したトラフィックの量、一対の端末の物理ネットワーク上のトポロジにおける局在性、トラフィックのプロトコル種別、及び中継ノードの負荷状況のうちの少なくとも何れかである。 A third aspect of the present invention, the network virtualization system of the invention of claim 1 or claim 2, the connection reference, the traffic relay relay node between a pair of terminals amount, a pair of terminals on the physical network localization in topology is at least one of the load status of the protocol type, and the relay node traffic.

請求項4の発明は、請求項1乃至請求項3のうち何れか1項の発明のネットワーク仮想化システムにおいて、各端末は、中継ノードと通信可能となるように接続されるネットワークインタフェースと、第1の指示手段による指示に従って、直接通信する相手である端末とピアツーピアによるリンクを確立するリンク確立手段とを備えている。 The invention according to claim 4, in the network virtualization system of the present invention any one of claims 1 to 3, each terminal includes a network interface connected to allow communication with the relay node, the Follow the instructions according to the first indication means, and a link establishment means for establishing a link by the terminal and the peer-to-peer with whom to communicate directly.

請求項5の発明は、請求項1乃至4のうち何れか1項の発明のネットワーク仮想化システムにおいて、中継ノードは、予め定めた切断基準を考慮して、互いに直接通信している一対の端末の直接通信を切断するか否かを判定し、切断すると判定した場合には、一対の端末に対して、直接通信を切断し、中継ノードを中継した通信に移行するように指示する第2の指示手段を備えている。 A fifth aspect of the present invention, the network virtualization system of the present invention any one of claims 1 to 4, relay node, taking into account the predetermined cutting reference, a pair of terminals communicating with each other directly of determining whether or not direct communication is cut, when it is determined that the disconnect, the pair of terminals to disconnect the direct communication, a second that suggests it should go to the communication relayed the relay node It has an instruction means.

請求項6の発明は、請求項1乃至5のうち何れか1項の発明のネットワーク仮想化システムにおいて、各端末は、他の特定の端末と直接通信している場合、切断基準を考慮して、直接通信を切断するか否かを判定し、切断すると判定した場合には、特定の端末との直接通信を切断し、中継ノードを中継した通信に移行する第2の移行手段を備えている。 According to a sixth aspect of the invention, the network virtualization system of the present invention any one of claims 1 to 5, each terminal and is communicating directly with another specific terminal, in consideration of the cutting reference , determines whether to disconnect the direct communication, when it is determined that the cutting has a second shifting unit to shift to communication direct communication was cut, and relays the relay node with a particular terminal .

請求項7の発明は、請求項5又は請求項6の発明のネットワーク仮想化システムにおいて、切断基準とは、一対の端末間の直接通信によるトラフィックの量、一対の端末の物理ネットワーク上のトポロジにおける局在性、トラフィックのプロトコル種別、及び中継ノードの負荷状況のうちの少なくとも何れかである。 According to a seventh aspect of the invention, the network virtualization system of the invention of claim 5 or claim 6, and the cutting reference, the amount of traffic due to direct communication between a pair of terminals, the topology on the physical network of the pair of terminal localization is at least one of the load status of the protocol type, and the relay node traffic.

請求項8の発明は、請求項1の発明のネットワーク仮想化システムに適用されるプログラムである。 The invention of claim 8 is a program that is applied to the network virtualization system of the invention of claim 1.

請求項9の発明は、請求項3の発明のネットワーク仮想化システムに適用されるプログラムである。 The invention of claim 9 is a program to be applied to the network virtualization system of the invention of claim 3.

請求項10の発明は、請求項5の発明のネットワーク仮想化システムに適用されるプログラムである。 The invention of claim 10 is a program that is applied to the network virtualization system of the invention of claim 5.

請求項11の発明は、請求項7の発明のネットワーク仮想化システムに適用されるプログラムである。 The invention of claim 11 is a program that is applied to the network virtualization system of the invention of claim 7.

本発明によれば、仮想ネットワークを構成するクライアント同士が、それらの属するアンダーレイネットワーク上の位置関係やクライアント間のトラフィック量を考慮した上で、中継ノードを経由すること無くクライアント間で直接通信し、必要な場合には、更にそれに加えて中継ノードを経由した通信も併用することにより、仮想ネットワーク上のトラフィックの最適化を図ることができるネットワーク仮想化システム及びネットワーク仮想化プログラムを実現することが可能となる。 According to the present invention, a client that constitute the virtual network, in consideration of the amount of traffic between their underlay network location relations and belonging client, without direct communication between the client by way of the relay node , if necessary, be further by combination also communication via the relay node in addition, to realize the network virtualization system can optimize the traffic on the virtual networks and network virtualization program It can become.

以下に、本発明を実施するための最良の形態について図面を参照しながら説明する。 It will be described below with reference to the drawings best mode for carrying out the present invention.

なお、以下の各実施の形態の説明に用いる図中の符号は、図15と同一部分については同一符号を付して示すことにする。 Incidentally, reference numerals in drawings used in the description of the following embodiments will be shown assigned the same reference numerals for the same parts as in FIG. 15.

(第1の実施の形態) (First Embodiment)
図1は、本実施の形態に係るネットワーク仮想化システムを構成するサーバに備えられる仮想ハブ10の構成例を示す機能ブロック図である。 Figure 1 is a functional block diagram showing a configuration example of a virtual hub 10 provided in servers in the network virtualization system according to the present embodiment.

図2は、本実施の形態に係るネットワーク仮想化システムを構成するクライアント20の構成例を示す機能ブロック図である。 Figure 2 is a functional block diagram showing a configuration example of the client 20 of the network virtualization system according to the present embodiment.

図3は、ピアツーピアリンクの生成処理、削除処理、及びイーサネットフレーム送信処理の流れを示すフロー図である。 Figure 3 is a process of generating a peer-to-peer link is a flowchart showing a flow of a deletion process, and the Ethernet frame transmission processing.

図4は、本実施の形態に係るネットワーク仮想化システムによって構成された仮想イーサネットの一例を示すネットワーク構成図(初期状態)である。 Figure 4 is a network configuration diagram illustrating an example of a virtual Ethernet configured by the network virtualization system according to the present embodiment (initial state).

図5は、本実施の形態に係るネットワーク仮想化システムによって構成された仮想イーサネットの一例を示すネットワーク構成図(トラフィック発生時)である。 Figure 5 is a network configuration diagram illustrating an example of a virtual Ethernet configured by the network virtualization system according to the present embodiment (when traffic occurs).

図6は、本実施の形態に係るネットワーク仮想化システムによって構成された仮想イーサネットの一例を示すネットワーク構成図(ピアツーピア通信状態)である。 Figure 6 is a network configuration diagram illustrating an example of a configured virtual Ethernet by the network virtualization system according to the present embodiment (peer-to-peer communication).

本実施の形態は、図6に示すように、各クライアント20(#1〜#6)が、サーバ30に備えられた仮想ハブ10への接続リンク(仮想ネットワークd1〜d6)とは別に、特定のクライアント20間に別途通信用リンク(以後、「ピアツーピアリンク」と称する)S1〜S5を生成、保持することにより、特定クライアント20間での直接通信(以後、「ピアツーピア通信」と称する)を実現する。 This embodiment, as shown in FIG. 6, the client 20 (# 1 to # 6), apart from the connecting link to the virtual hub 10 provided in the server 30 (virtual network d1 to d6), specific separately communications link between the client 20 (hereinafter referred to as "peer-to-peer links") generating an S1-S5, by holding, realize direct communication between the particular client 20 (hereinafter, referred to as "peer-to-peer communication") to.

このような本実施の形態について、以下に詳述する。 Such embodiment will be described in detail below.

図1に示すように、仮想ハブ10は、イーサネットスイッチングハブ11と、転送テーブル12と、接続リンク制御部13と、アンダーレイネットワークプロトコル群14と、物理ネットワークインタフェース15と、ピアツーピアリンク制御部16とを備えている。 As shown in FIG. 1, the virtual hub 10, an Ethernet switching hub 11, the transfer table 12, a connection link control unit 13, the underlay network protocol suite 14, a physical network interface 15, a peer-to-peer link control unit 16 It is equipped with a.

イーサネットスイッチングハブ11は、いわゆる、一般的なイーサネットスイッチングハブと同様の処理を行なう。 Ethernet switching hub 11, so-called, performs the same processing as common Ethernet switching hub. したがって、ここでは、更なる詳細説明を省略する。 Therefore, here it will be omitted further detailed explanation.

転送テーブル12は、イーサネットフレームの宛先MACアドレスと、出力先ポートとのマッピングを保持するテーブルである。 Forwarding table 12 is a table which holds the destination MAC address of the Ethernet frame, the mapping between the destination port. これは、イーサネットスイッチングハブ11によるイーサネットフレーム転送処理に一般的に用いられるものである。 This is generally used in the Ethernet frame forwarding process by Ethernet switching hub 11. したがって、ここでは更なる詳細説明を割愛する。 Therefore, here it will be omitted further detailed explanation.

接続リンク制御部13は、クライアント20、或いは他仮想ハブ10とのアンダーレイネットワーク40での接続(リンク)を保持、制御する部分であり、イーサネットスイッチングハブ11から受け取ったイーサネットフレームを適切なアンダーレイネットワーク40のリンクへ送出する。 Connecting link control unit 13, a client 20, or connected with underlay network 40 with other virtual hub 10 holds the (link) is a portion that controls the Ethernet frame suitable underlay received from the Ethernet switching hub 11 and it sends it to the links of the network 40. また、アンダーレイネットワーク40から受信したデータをイーサネットスイッチングハブ11へ渡す。 Further, it passes the data received from the underlay network 40 to an Ethernet switching hub 11.

アンダーレイネットワークプロトコル群14は、一般的には、TCP/IP、及びHTTPのように、それらを使用する上位プロトコルである。 Underlay network protocol suite 14 is generally, TCP / IP, and as For HTTP, which is an upper protocol that uses them.

物理ネットワークインタフェース15は、実際の通信に使用される物理的なネットワークインタフェースである。 Physical network interface 15, a physical network interface to be used for actual communications.

ピアツーピアリンク制御部16は、イーサネットスイッチングハブ11での、接続リンク間(クライアント20間)のトラフィック量、トラフィックのプロトコル、クライアント20のアンダーレイネットワーク40での位置関係情報等を元に、クライアント20へピアツーピアリンク生成、削除の指示を行なう。 Peer-to-peer link control unit 16, an Ethernet switching hub 11, the amount of traffic between the connecting link (between the client 20), traffic protocol, such as based on the positional relationship information on the underlay network 40 of the client 20, the client 20 peer-to-peer link generation, carry out the instructions of the deletion.

具体的には、クライアント20の接続リンク制御部24(図2参照)に対して、ピアツーピアリンクの生成/ピアツーピア通信への移行、或いはピアツーピアリンクの削除/仮想ハブ10経由での通信への移行を指示する。 Specifically, with respect to the connection link control unit 24 of the client 20 (see FIG. 2), the transition to generation / peer-to-peer communication in a peer-to-peer links, or to move to communications via deletion / virtual hub 10 of the peer-to-peer link It instructs. これら移行を判断するために、イーサネットスイッチングハブ11から、クライアント20間のトラフィック量や、プロトコル種別の情報を取得し、接続リンク制御部13から、クライアント20のアンダーレイネットワーク40でのアドレス(IPアドレス、位置情報)の情報、あるいは収容しているクライアント20の数の情報を取得し、図示しないOSから、CPU使用率、メモリ使用率の情報を取得する。 To determine these transition, from the Ethernet switching hub 11, traffic volume and obtains the information on the protocol type, the connection link control unit 13, an address (IP address in the underlay network 40 of the client 20 between the client 20 to obtain information on the number of information of the position information) or housing to which the client 20, from OS (not shown), CPU usage rate, obtains information of the memory usage.

図2に示すように、クライアント20は、イーサネットフレーム送受信部23と接続リンク制御部24と送信先管理テーブル25とを含む仮想ネットワークインタフェース22に加えて、アプリケーション/上位プロトコル群21と、アンダーレイネットワークプロトコル群26と、物理ネットワークインタフェース27とを備えている。 As shown in FIG. 2, the client 20, in addition to the virtual network interface 22 that includes an Ethernet frame transmitting and receiving unit 23 and the connecting link control unit 24 and the transmission destination management table 25, an application / upper protocol suite 21, underlay network a protocol group 26, and a physical network interface 27.

アプリケーション/上位プロトコル群21は、仮想ネットワークインタフェース22を使用するユーザアプリケーション、及び上位プロトコル(例えばTCP/IP、HTTPなど)である。 Applications / upper protocol suite 21 is a user application, and upper protocol that uses a virtual network interface 22 (e.g., TCP / IP, etc. HTTP).

イーサネットフレーム送受信部23は、アプリケーション/上位プロトコル群21からのデータをイーサネットフレームに格納し、接続リンク制御部24へ送出する。 Ethernet frame transmission and reception unit 23 stores the data from the application / upper protocol suite 21 to the Ethernet frame, and sends to the connection link control section 24. また、接続リンク制御部24から受け取ったデータからイーサネットヘッダを除去し、アプリケーション/上位プロトコル群21に渡す。 Also, an Ethernet header is removed from the received from the connection link control unit 24 data, passed to the application / upper protocol suite 21.

接続リンク制御部24は、仮想ハブ10、又は他のクライアント20とのアンダーレイネットワーク40での接続(リンク)を保持、制御する部分であり、イーサネットフレームを適切なアンダーレイネットワーク40のリンクへ送出する。 Connecting link control unit 24, maintains a connection with the underlay network 40 and the virtual hub 10 or other client 20, (link) is a portion for controlling the delivery of the Ethernet frame to the appropriate underlay network 40 links to. また、アンダーレイネットワーク40から受信したデータをイーサネットフレーム送受信部23へ渡す。 Further, it passes the data received from the underlay network 40 to the Ethernet frame transmission and reception unit 23.

送信先管理テーブル25は、ピアツーピアリンクと、そのリンクのピアのMACアドレスとのマッピングを保持するテーブルである。 Transmission destination management table 25 is a table that holds the peer-to-peer link, the mapping between the MAC address of the peer that link. 後述する図9乃至図14に示す通り、送信先管理テーブル25に登録されているピア宛のイーサネットフレームは該当ピアツーピアリンクへ、それ以外の宛先のイーサネットフレーム、ブロードキャストフレーム、マルチキャストフレームは仮想ハブ10とのリンクへ出力される。 As shown in FIGS. 9 to 14 described later, the Ethernet frame addressed to peers that are registered in the destination management table 25 to the appropriate peer-to-peer link, the other destination of the Ethernet frame, a broadcast frame, multicast frame and a virtual hub 10 is output to the link.

アンダーレイネットワークプロトコル群26は、一般的には、TCP/IP、及びそれらを使用する上位プロトコル(例えばHTTP)である。 Underlay network protocol suite 26, is generally a TCP / IP, and upper protocol that uses them (e.g., HTTP).

物理ネットワークインタフェース27は、実際の通信に使用される物理的なネットワークインタフェースである。 Physical network interface 27, a physical network interface to be used for actual communications.

次に、図3(a)、図3(b)、及び図3(c)と、図4乃至図6を用いて、ピアツーピアリンクの生成、削除などの処理フローを説明する。 Next, the FIG. 3 (a), FIG. 3 (b), the and FIG. 3 (c), reference to FIGS. 4 to 6, generation of peer-to-peer link, the processing flow, such as delete will be described.

図4乃至図6は、本実施の形態に係るネットワーク仮想化システムによって構成された仮想ネットワークである仮想イーサネットの一例を示す図である。 4 to 6 are views illustrating an example of a virtual Ethernet is a virtual network configured by the network virtualization system according to the present embodiment. 本実施の形態に係るネットワーク仮想化システムは、図1に示すような構成の仮想ハブ10を持つサーバ30と、図2に示すような構成のクライアント20とを備えてなる。 Network virtualization system according to the present embodiment is formed by comprising a server 30 with a virtual hub 10 configured as shown in FIG. 1, a client 20 configured as shown in FIG.

このようなネットワーク仮想化システムによって構成された仮想イーサネットは、初期状態では、図4に示すように、クライアント20(#1〜#6)は仮想ハブ10に接続し、全てのクライアント20(#1〜#6)は仮想ハブ10を経由して、イーサネットフレームの送受信を行なっている。 Virtual Ethernet configured by such network virtualization system, in the initial state, as shown in FIG. 4, the client 20 (# 1 to # 6) is connected to a virtual hub 10, all the clients 20 (# 1 ~ # 6) via the virtual hub 10, it is performed transmission and reception of Ethernet frames. なお、アンダーレイネットワーク40のセグメント(通常、IPネットワークのセグメント)40(#1〜#6)間は通常、ルータ(図4乃至図6では図示していない)により接続されている。 Incidentally, they are connected by segments of the underlay network 40 (typically, IP network segment) 40 (# 1 to # 6) between typically a router (not shown in FIGS. 4 to 6). 仮想ハブ10はセグメント40(#3)に、クライアント20(#1〜#3)はセグメント40(#1)に、クライアント20(#4〜#6)はセグメント40(#5)に、それぞれ属している。 Virtual hub 10 segments 40 (# 3), to the client 20 (# 1 to # 3) of the segment 40 (# 1), the client 20 (# 4 to # 6) is the segment 40 (# 5), belonging respectively ing.

ここで、例えば、クライアント20(#3)とクライアント20(#4)とは、仮想イーサネットの観点からは同一セグメント上に属してはいるが、アンダーレイネットワーク40の観点からは、別セグメントに属し、かつ、遠隔に位置していることになる。 Here, for example, the client 20 (# 3) and the client 20 (# 4), but from the viewpoint of the virtual Ethernet has belonged in the same segment, from the viewpoint of the underlay network 40, belongs to a different segment and it will be located in a remote.

ここで、図5に示すように、例えばクライアント20(#4)とクライアント20(#5)のように、特定のクライアント20間のトラフィック量が増大したり、例えばクライアント20(#3)とクライアント20(#6)のようにアンダーレイネットワーク的に遠隔に位置するクライアント20間で通信が発生したとする。 Here, as shown in FIG. 5, for example, the client 20 (# 4) as shown in the client 20 (# 5), or increases the amount of traffic between a particular client 20, e.g., client 20 (# 3) Client 20 underlay network to communicate between the client 20 located remotely as (# 6) is to occur.

前者の場合、仮想ハブ10のピアツーピアリンク制御部16は、クライアント20(#4)とクライアント20(#5)と間のトラフィック量が、あらかじめ定義されている閾値を超えたと判断した場合、クライアント20(#4)とクライアント20(#5)に、それらの間にピアツーピアリンクを生成し、ピアツーピア通信に移行するよう、指示を出す。 In the former case, the peer-to-peer link control unit 16 of the virtual hub 10, if the amount of traffic between the client 20 (# 4) the client 20 (# 5) determines that exceeds a threshold value which is previously defined, the client 20 to (# 4) and the client 20 (# 5), generates a peer-to-peer link between them, so as to shift to a peer-to-peer communication, instructs.

上記指示を受け取ったクライアント20(#4)とクライアント20(#5)の接続リンク制御部24は、図3(a)の手順a1に示すように、アンダーレイネットワーク40の何らかの手段(例えば、TCPコネクションやSSLセッションなど)を使用して、通信路(ピアツーピアリンク)を生成し(手順a2)、クライアント20(#4)はクライアント20(#5)の仮想イーサネットのMACアドレスを、クライアント20(#5)はクライアント20(#4)の同MACアドレスを送信先管理テーブル25に登録する(手順a3)。 Client 20 (# 4) and the client 20 (# 5) of the connecting link control unit 24 that has received the instruction, as shown in steps a1 in FIG. 3 (a), some means of underlay network 40 (eg, TCP use connections and SSL session, etc.), the channel (to generate a peer-to-peer link) (Step a2), the client 20 (# 4) is the MAC address of the virtual Ethernet client 20 (# 5), the client 20 (# 5) registers the same MAC address of the client 20 (# 4) to the destination management table 25 (Step a3).

以後、クライアント20(#4)の接続リンク制御部24は、クライアント20(#5)向けのイーサネットフレーム(宛先MACアドレスとして、クライアント20(#5)のMACアドレスを持つもの)は前記ピアツーピアリンクに送出し(図3(c)の手順c1、c2、c3[NO]、c4[Yes]、c5)、それ以外の宛先MACアドレス(ユニキャスト)を持つイーサネットフレームは仮想ハブ10とのリンクに送出する(手順c3[No]、手順c4[No]、手順c6)。 Thereafter, the connection link control unit 24 of the client 20 (# 4), the client 20 (# 5) for the Ethernet frame (as the destination MAC address, which has the MAC address of the client 20 (# 5)) in the peer-to-peer link delivery (Step c1, c2, c3 [NO] in FIG. 3 (c), c4 [Yes], c5), the Ethernet frame with the other destination MAC address (unicast) sent to the link between the virtual hub 10 to (Step c3 [No], the procedure c4 [No], the procedure c6). また、ブロードキャストフレーム、マルチキャストフレームも仮想ハブとのリンクに送出する(手順c3[Yes]、c6)。 Also, broadcast frames, also multicast frame sent to the link with the virtual hub (Step c3 [Yes], c6).

同様に、クライアント20(#5)は、クライアント20(#4)向けのイーサネットフレーム(宛先MACアドレスとして、クライアント20(#4)のMACアドレスを持つもの)は前記ピアツーピアリンクに送出し、それ以外の宛先MACアドレスを持つイーサネットフレーム、及びブロードキャストフレーム、マルチキャストフレームは仮想ハブ10とのリンクに送出する。 Similarly, the client 20 (# 5), the client 20 (# 4) for the Ethernet frame (as the destination MAC address, which has the MAC address of the client 20 (# 4)) is sent to the peer-to-peer link, otherwise Ethernet frames having the destination MAC address, and a broadcast frame, multicast frame is sent to the link with the virtual hub 10.

結果として、クライアント20(#4)とクライアント20(#5)との間のトラフィックは仮想ハブ10を経由することがなくなり、仮想ハブ10への負荷、及びアンダーレイネットワーク40(#4),40(#5)の負荷が軽減される。 As a result, the traffic between the client 20 (# 4) and the client 20 (# 5) there is no going through the virtual hub 10, the load on the virtual hub 10, and the underlay network 40 (# 4), 40 load of (# 5) is reduced.

図5に示すように、同様の処理がクライアント20(#3)とクライアント20(#6)との間に関しても行なわれると、クライアント20(#3)、クライアント20(#6)は、仮想ハブ10を経由していたときはアンダーレイネットワーク40(#2),40(#3),40(#4)を使用していたものが、図6に示すように、アンダーレイネットワーク40(#6)のみを通過するピアツーピアリンクS5を使用してピアツーピア通信することになり、結果的に、仮想ハブ10とアンダーレイネットワーク40(#2),40(#3),40(#4)との負荷が軽減される。 As shown in FIG. 5, the same processing is also performed with respect to between the client 20 (# 3) and the client 20 (# 6), the client 20 (# 3), the client 20 (# 6), a virtual hub unders when going through the 10 lay network 40 (# 2), 40 (# 3), 40 which was using (# 4), as shown in FIG. 6, the underlay network 40 (# 6 ) using the peer-to-peer link S5 for passing only will be peer-to-peer communication, consequently, the virtual hub 10 and the underlay network 40 (# 2), 40 (# 3), a load of 40 (# 4) There is reduced.

さらに、仮想ハブ10のピアツーピアリンク制御部16は、クライアント20(#1)からクライアント20(#3)がアンダーレイネットワーク40(#1)のトポロジ的に近隣に位置すると判断すると、これらクライアント20(#1,#2,#3)に対してもピアツーピア通信に移行するよう指示する。 Further, peer-to-peer link control unit 16 of the virtual hub 10 determines that the client 20 (# 1) from the client 20 (# 3) is located topologically neighboring underlay network 40 (# 1), these clients 20 ( # 1, # 2, also instructs to shift to a peer-to-peer communication to # 3). その結果、クライアント20(#1)からクライアント20(#3)の間にはピアツーピアリンクS1〜S3が生成され、これらクライアント20(#1,#2,#3)間の通信はアンダーレイネットワーク40(#1)に局所化され、他のアンダーレイネットワーク40(#2〜#6)や仮想ハブ10への負荷軽減になる。 As a result, peer-to-peer link S1~S3 is generated between the client 20 (# 1) of the client 20 (# 3), these clients 20 (# 1, # 2, # 3) communication between the underlay network 40 (# 1) to be localized, the load reduction on the other underlay network 40 (# 2 to # 6) and virtual hub 10.

あるクライアント20群がアンダーレイネットワーク40のトポロジ的に近隣に位置するか否かの判断基準としては、以下のようなものが考えられる。 The criterion for determining whether a client 20 group is located topologically neighboring underlay network 40 can be considered as follows.
・クライアント20のアンダーレイネットワーク40のアドレス。 - underlay network 40 of the address of the client 20.
・クライアント20へのラウンドトリップタイム。 Round-trip time to the client 20.
・クライアント20へのアンダーレイネットワーク40でのホップ数。 · The number of hops in the underlay network 40 to the client 20.
・クライアント20へのアンダーレイネットワーク40の経路制御上のコスト。 Cost on the path control of the underlay network 40 to the client 20.

最終的に、上記処理により各クライアント20間のピアツーピア通信が確立された状態の一例を図6に示す。 Finally, it is shown in Figure 6 an example of a state in which a peer-to-peer communication is established between the client 20 by the above process. 実線S1〜S5がピアツーピア通信リンクを示し、破線d1〜d6が仮想ハブ10経由の通信リンクを示す。 The solid line S1~S5 indicates peer-to-peer communications link, the broken line d1~d6 represents the communication link through a virtual hub 10.

なお、上記では、仮想ハブ10の主導によるピアツーピアリンク生成、ピアツーピア通信への移行を説明したが、各クライアント20の接続リンク制御部24が独自の判断により、特定のクライアント20とのピアツーピアリンク生成、ピアツーピア通信への移行を実施することも可能である。 In the above, led peer-to-peer link generation by the virtual hub 10 has been described to migrate to peer-to-peer communication, the connection link control unit 24 of its own decisions for each client 20, a peer-to-peer link generation of the particular client 20, it is also possible to carry out the transition to a peer-to-peer communication. この場合、該当処理を実施したクライアント20は、その後の仮想ハブ10による処理(例えば、ピアツーピアリンクの削除など)を可能とするため、自身を収容する仮想ハブ10に、特定のクライアント20との間にピアツーピアリンクを生成し、ピアツーピア通信を開始したことを通知する必要がある。 In this case, the client 20 embodying the appropriate treatment, subsequent treatment with a virtual hub 10 (e.g., deletion, etc. of peer-to-peer link) to allow the virtual hub 10 which accommodates itself, between a particular client 20 to generate a peer-to-peer link, it is necessary to notify that it has started the peer-to-peer communication.

なお、クライアント20が独自にピアツーピアリンクを生成する判断としては、上記仮想ハブ10の判断基準と同様のものが考えられる。 As the determination by the client 20 generates its own peer-to-peer link, the same criteria of the virtual hub 10 can be considered. 一方、特定のクライアント20間のトラフィックが、予め定義した閾値を下回った場合などに、仮想ハブ10が主導で、或いはクライアント20が自ら、特定クライアント20とのピアツーピアリンクの削除、仮想ハブ10経由での通信への移行(元の状態に戻る)を実施することも可能である。 On the other hand, the traffic between a particular client 20, such as when it falls below a threshold value defined in advance, the virtual hub 10 is driven, or his client 20, deletion of the peer-to-peer link with a particular client 20, via the virtual hub 10 it is also possible to perform the transition to the communication (return to the original state). この場合、クライアント20側の処理は、図3(b)に示す手順b1から手順b3に示すように、仮想ハブ10からの指示受信、或いは自身の削除条件が満たされたことをトリガとして、ピアツーピアリンクの削除、送信先管理テーブル25からの該当クライアント20のMACアドレスの削除を行なう。 In this case, the processing of the client 20 side, as a trigger to as shown from step b1 to step b3 indicating, that the instruction received from the virtual hub 10, or its deletion condition is satisfied FIG. 3 (b), the peer-to-peer deleting a link, and deletes the MAC address of the client 20 from the destination management table 25. 仮想ハブ10が主導で行なう場合、各クライアント20は、自身のトラフィック量の情報などを定期的に仮想ハブ10に通知しておく必要がある。 If the virtual hub 10 performs the initiative, each client 20, it is necessary to periodically notifies virtual hub 10 and its traffic information.

上述したように、本発明の実施の形態に係るネットワーク仮想化システムにおいては、上記のような作用により、特定の仮想ハブ10へのトラフィックの集中や、高負荷を避けることができる。 As described above, in the network virtualization system according to an embodiment of the present invention, by the action as described above, it is possible to avoid the concentration or high traffic load to a particular virtual hub 10. 以上により、仮想ハブ10や、仮想ネットワーク全体のスケーラビリティを確保することが可能となる。 Thus, and virtual hub 10, it is possible to ensure the scalability of the entire virtual network. また、トラフィックが特定の仮想ハブ10を経由しなくなることにより、アンダーレイネットワーク40への負荷を軽減することも可能となり、もってアンダーレイネットワーク40の設備投資を抑制することが可能となる。 Further, since the traffic is not over the particular virtual hub 10, it becomes possible to reduce the load on the underlay network 40, it is possible to suppress the equipment investment of the underlay network 40 have. 更に、クライアント20間で直接通信を行なうことにより、クライアント20間の通信スループット、応答時間などを改善することも可能となる。 Further, by performing the direct communication between the client 20, the communication throughput between the client 20, it is also possible to improve and response time.

(第2の実施の形態) (Second Embodiment)
本実施の形態は、第1の実施の形態におけるクライアント20上の仮想ネットワークインタフェース22に、仮想ハブ10と同等の機能を持たせたものである。 This embodiment, the virtual network interface 22 on the client 20 in the first embodiment, those which gave the same function as the virtual hub 10. したがって、ここでは、第1の実施の形態と異なる点について説明する。 Therefore, here, description will be made on differences from the first embodiment.

本実施の形態では、クライアント20は、図7に示すように、仮想ハブ10へ接続するために使用する仮想ネットワークインタフェース70内に、仮想ハブ10が保持するイーサネットスイッチングハブ11と同様の機能を持つイーサネットスイッチングハブ76を備えることにより、特定クライアント20間での直接通信を実現するものである。 In this embodiment, the client 20, as shown in FIG. 7, the virtual network interface 70 within which is used to connect to the virtual hub 10, with similar to the Ethernet switching hub 11 virtual hub 10 holding function by providing an Ethernet switching hub 76, it is to realize direct communication between a particular client 20.

図7にて、イーサネットスイッチングハブ76は、一般的な、いわゆるイーサネットスイッチングハブ11と同様に、宛先MACアドレスに基づいたイーサネットフレームの転送処理を行なう。 In Figure 7, an Ethernet switching hub 76, common, like the so-called Ethernet switching hub 11, it performs a transfer process of Ethernet frames based on the destination MAC address. ここで、第1の実施の形態と大きく異なる部分としては、イーサネットスイッチングハブ76からは、イーサネットフレーム送受信部73、仮想ハブ10、他クライアント20全てが、「同等の接続先」として認識されることである。 Here, the significantly different parts from the first embodiment, from an Ethernet switching hub 76, the Ethernet frame transmitting and receiving unit 73, a virtual hub 10, all other clients 20, is recognized as "equivalent destination" it is.

つまり、イーサネットフレーム送受信部73から送出されるイーサネットフレームは、その宛先MACアドレスに基づき、イーサネットスイッチングハブ76により仮想ハブ10向けの接続リンクAか、或いは他クライアント20向けの接続リンクBかの何れかに出力される。 That is, the Ethernet frame sent from the Ethernet frame transmitting and receiving unit 73, the basis of the destination MAC address, an Ethernet switching hub 76 or the connecting link A for virtual hub 10 by, or connecting link B Kano any other client 20 for It is output to. 一方、仮想ハブ10や他クライアント20のように外部から到着した自局(該当クライアント20)宛のイーサネットフレームも、あくまで、その宛先MACアドレスに基づき、イーサネットスイッチングハブ76によりイーサネットフレーム送受信部73との接続リンクCに転送されるにすぎない。 On the other hand, the Ethernet frame addressed to the own station (that client 20) arriving from the outside like a virtual hub 10 and other clients 20 may, hackers based on the destination MAC address, the Ethernet switching hub 76 of an Ethernet frame transmitting and receiving unit 73 not only to be transferred to the connecting link C.

なお、本実施の形態では有用ではないが、クライアント20間の接続状態次第では、あるクライアント20の仮想ネットワークインタフェース70のイーサネットスイッチングハブ76の機能により、そのクライアント20以外の他クライアント20間のイーサネットフレームを転送することも機能的には可能である。 Although not useful in the present embodiment, depending on the connection state between the client 20, the function of the Ethernet switching hub 76 of the virtual network interface 70 of a client 20, the Ethernet frame between the other clients 20 other than the client 20 it is also possible to functionally to transfer. ここで、第1の実施の形態と同様の構成にて、同様のトラフィック状態となり、仮想ハブ10のピアツーピアリンク制御部16は同様の指示を各クライアント20に出したものとする。 Here, in the same configuration as the first embodiment, becomes similar traffic conditions, a peer-to-peer link control section 16 of the virtual hub 10 shall be issued the same instructions to the client 20.

その結果、各クライアント20はそれぞれ、自身の仮想ネットワークインタフェース70が保持するイーサネットスイッチングハブ76に他クライアント20からの接続を収容することとなる。 As a result, each client 20, respectively, becomes possible to accommodate the connections from other clients 20 to an Ethernet switching hub 76 virtual network interface 70 of the self-retained. その場合における全体の接続状態を図8に、それぞれのクライアント20(#1〜#6)の仮想ネットワークインタフェース70(#1〜#6)が保持するイーサネットスイッチングハブ76(#1〜#6)の転送テーブル75(#1〜#6)の内容を図9乃至図14に示す。 The overall connection state in the case in FIG. 8, each client 20 (# 1 to # 6) of the virtual network interface 70 (# 1 to # 6) holds an Ethernet switching hub 76 (# 1 to # 6) the contents of the forwarding table 75 (# 1 to # 6) shown in FIGS. 9 to 14.

この場合、図8に示すように、仮想ネットワークインタフェース70間でループが構成されるため、イーサネットフレームの転送のループを回避するために、何らかの方法が必要である。 In this case, as shown in FIG. 8, since the loop is configured between virtual network interface 70, in order to avoid loops transfer the Ethernet frame, it requires some method. そこで、本実施の形態では、図9乃至図14に示すようなデータ構成を持つ転送テーブル75を設け、転送テーブル75の設定、及び転送ポリシーを工夫することにより、転送ループを回避している。 Therefore, in this embodiment, the transfer table 75 with the data structure shown in FIGS. 9 to 14 is provided, setting of the transfer table 75, and by devising the forwarding policy, avoids forwarding loops.

図9はクライアント20(#1)が、図10はクライアント20(#2)が、図11はクライアント20(#3)が、図12はクライアント20(#4)が、図13はクライアント20(#5)が、図14はクライアント20(#6)がそれぞれ保持するイーサネットスイッチングハブの転送テーブル75の一例を示すデータ構成図である。 Figure 9 is a client 20 (# 1), FIG. 10 is a client 20 (# 2), FIG. 11 is the client 20 (# 3), FIG. 12 is the client 20 (# 4), FIG. 13 is a client 20 ( # 5), FIG. 14 is a data configuration diagram showing one example of the transfer table 75 of the Ethernet switching hub by the client 20 (# 6) is held, respectively.

つまり、転送テーブル75には、宛先MACアドレス75b及び送信先接続リンク75cに加えて、受信元接続リンク75aも設定、或いは学習可能なようにしておく。 In other words, the forwarding table 75, in addition to the destination MAC address 75b and the transmission destination connection link 75c, also receives the original connection link 75a keep as set, or can be learned. そして、転送すべきイーサネットフレームの宛先MACアドレス75bが転送テーブル75のあるエントリの宛先MACアドレス75bのアドレスフィールドにヒットし、かつそのイーサネットフレームを受信した接続リンクがそのエントリの受信元接続リンク75aのフィールドに記述されているものに合致した場合のみ、そのイーサネットフレームをそのエントリの送信先接続リンク75cに出力し、そうでない場合はそのイーサネットフレームを破棄する、という方法をとる。 Then, the destination MAC address 75b of the Ethernet frame to be transferred to hit in the address field of the destination MAC address 75b of the entries with a forwarding table 75, and the connecting link that has received the Ethernet frame is received original connection link 75a of the entry If matches to those described in the field only, and outputs the Ethernet frame to the destination connection link 75c of the entry, otherwise so that we discards the Ethernet frame.

一方、別の手段として、仮想ハブ10及び、各クライアント20の仮想ネットワークインタフェース70内のイーサネットスイッチングハブ76間でスパンニングツリープロトコルを動作させることも有効なループ回避手段である。 On the other hand, as another means, a virtual hub 10 and is also effective loop avoidance means to operate the Spanning Tree Protocol between Ethernet switching hub 76 in the virtual network interface 70 of each client 20.

上述したように、本発明の実施の形態に係るネットワーク仮想化システムのように、第1の実施の形態におけるクライアント20上の仮想ネットワークインタフェース22に、仮想ハブ10と同様の機能を持たせることによっても、第1の実施の形態と同様の作用効果を奏することが可能となる。 As described above, as in the network virtualization system according to an embodiment of the present invention, the virtual network interface 22 on the client 20 in the first embodiment, by giving the same manner as the virtual hub 10 functions also, it is possible to achieve the same effects as the first embodiment.

なお、上述した第1及び第2の各実施の形態では、仮想ハブ10を経由した通信から特定のクライアント20間のピアツーピア通信への移行条件として、或いは特定のクライアント20間のピアツーピア通信から仮想ハブ10を経由した通信への移行条件として、特定のクライアント20間のトラフィック量やアンダーレイネットワーク40上での各クライアント20の位置関係を考慮した例について説明した。 In the first and second embodiments described above, as a condition for shifting from the communication via the virtual hub 10 to the peer-to-peer communication between the particular client 20, or a virtual hub from peer-to-peer communication between the particular client 20 10 as shift condition to communication via the example has been described in consideration of the positional relationship between the client 20 on the traffic volume and underlay network 40 between a particular client 20. しかしながら、移行条件は、これらに限定されるものではなく、それ以外にも、例えば、以下に説明するように、1)仮想ハブの負荷状況、2)クライアント間の通信のプロトコル種別、3)仮想ハブの障害が考えられる。 However, the transition condition is not limited thereto. Alternatively, for example, as described below, 1) load status of the virtual hub, 2) the protocol type of the communication between the client, 3) Virtual failure of the hub can be considered.

1)仮想ハブの負荷状況 1) of the virtual hub load situation
仮想ハブ10は、自身の負荷があらかじめ定義された閾値を上回った場合、自身が収容しているクライアント20群から、何らかの条件に基づいて特定のクライアント20のペアを選択し、それらにピアツーピア通信への移行を指示する。 Virtual hub 10, when the load of its own has exceeded the predefined threshold, the client 20 group itself houses, selects pairs particular client 20 based on some criteria, to their peer to peer communications to indicate the transition.

逆に、自身の負荷があらかじめ定義された閾値を下回った場合、仮想ハブ10は、自身が収容しているクライアント20群から、何らかの条件に基づいて特定のクライアント20のペアを選択し、それらに仮想ハブ10を経由した通信への移行を指示する。 Conversely, if it falls below the threshold load itself is defined in advance, the virtual hub 10 from the client 20 group itself houses, selects pairs particular client 20 based on some conditions, their to instruct the transition to communication via the virtual hub 10. 仮想ハブ10の負荷としては、限定される訳ではないが、例えば総トラフィック量、CPU使用率、メモリ使用率、収容クライアント数などが考えられる。 The load of the virtual hub 10, but are not limited to, for example, total traffic volume, CPU usage, memory usage, and accommodates client number considered.

2)クライアント間の通信のプロトコル種別 2) the protocol type of the communications between the client
仮想ハブ10は、予め定義されたプロトコルの通信が特定のクライアント20の間で開始された場合、あるいは一定時間継続された場合など、それらクライアント20へピアツーピア通信への移行を指示する。 Virtual hub 10, such as when communication predefined protocol if initiated between a particular client 20 or that has been continued for a predetermined time, it instructs the transition to a peer-to-peer communications to their clients 20. 逆に、予め定義されたプロトコルの通信が特定のクライアント20との間で終了した場合、あるいは一定時間途絶えた場合など、それらクライアント20へ仮想ハブ10を経由した通信への移行を指示する。 Conversely, the communication of predefined protocols when finished with the particular client 20, or the like if the interrupted predetermined time, instructs the shift to communication via the virtual hub 10 to their clients 20. この場合、クライアント20は、自身のトラフィック内容などの情報を定期的に仮想ハブ10に通知する必要がある。 In this case, the client 20 needs to be notified periodically to the virtual hub 10 information such as traffic content itself. あるいはクライアント20が独自に、予め定義されたプロトコルに関して、同様の処理を行なうこともできる。 Alternatively Independently client 20, with respect to predefined protocols, it is also possible to perform the same processing.

3)仮想ハブの障害 3) of the virtual hub failure
仮想ハブ10は、自身に何らかの障害が発生し自ら処理を停止する場合、それらクライアント20へピアツーピア通信への移行を指示する。 Virtual hub 10, to stop some failure occurs themselves process itself, to instruct the transition to a peer-to-peer communications to their clients 20. 逆に、仮想ハブ10は、障害から復帰した場合、障害前に収容していたクライアント20に対して、仮想ハブ10を経由した通信への移行を指示する。 Conversely, a virtual hub 10, when restored from the fault, and instructs the client 20 which has been accommodated before failure, the transition to communication via the virtual hub 10. なお、クライアント20は、キープアライブ処理(ハートビート処理)など、何らかの手段で自らを収容する仮想ハブ10の障害を検出した場合、自らピアツーピア通信への移行を行なうことができ、逆に、自らを収容していた仮想ハブ10の障害からの復旧を検出した場合、仮想ハブ10を経由した通信への移行を行なうこともできる。 Incidentally, the client 20, such as keep-alive process (heartbeat process), when detecting a failure of the virtual hub 10 to accommodate itself by some means, it is possible to perform the transition to its own peer-to-peer communication, conversely, themselves If recovery from the failure of the virtual hub 10 which has been accommodated was detected, it is also possible to carry out the transition to communication via the virtual hub 10.

以上、本発明を実施するための最良の形態について、添付図面を参照しながら説明したが、本発明はかかる構成に限定されない。 Although the best mode for carrying out the present invention has been described with reference to the accompanying drawings, the present invention is not limited to such a configuration. 特許請求の範囲の発明された技術的思想の範疇において、当業者であれば、各種の変更例及び修正例に想到し得るものであり、それら変更例及び修正例についても本発明の技術的範囲に属するものと了解される。 In the scope of the invention the technical spirit of the appended claims, those skilled in the art, which can conceive various modifications and technical scope of the present invention for their changes and modifications It is understood to belong to.

(応用技術分野) (Applied art)
本発明は、仮想ネットワークだけでなく、あるノードにトラフィックが集中する仮想ネットワークを構築する技術、オーバレイネットワークを構築する技術を含む広く範囲への適用が可能である。 The present invention is not only virtual networks is applicable to a wide range including the technology for building technology to build a virtual network traffic is concentrated in a node, the overlay network.

第1の実施の形態に係るネットワーク仮想化システムを構成するサーバに備えられる仮想ハブの構成例を示す機能ブロック図。 Functional block diagram illustrating a configuration example of a virtual hub provided in servers in the network virtualization system according to the first embodiment. 第1の実施の形態に係るネットワーク仮想化システムを構成するクライアントの構成例を示す機能ブロック図。 Functional block diagram illustrating a configuration example of a client configuring the network virtualization system according to the first embodiment. ピアツーピアリンクの生成処理の流れを示すフロー図。 Flowchart showing a flow of a process of generating a peer-to-peer link. ピアツーピアリンクの削除処理の流れを示すフロー図。 Flowchart showing a flow of a deletion process of a peer-to-peer link. イーサネットフレーム送信処理の流れを示すフロー図。 Flowchart showing a flow of an Ethernet frame transmission processing. 第1の実施の形態に係るネットワーク仮想化システムによって構成された仮想イーサネットの一例を示すネットワーク構成図(初期状態)。 Network configuration diagram illustrating an example of a virtual Ethernet configured by the network virtualization system according to the first embodiment (initial state). 第1の実施の形態に係るネットワーク仮想化システムによって構成された仮想イーサネットの一例を示すネットワーク構成図(トラフィック発生時)。 Network configuration diagram illustrating an example of a virtual Ethernet configured by the network virtualization system according to the first embodiment (when traffic occurs). 第1の実施の形態に係るネットワーク仮想化システムによって構成された仮想イーサネットの一例を示すネットワーク構成図(ピアツーピア通信状態)。 Network configuration diagram illustrating an example of a virtual Ethernet configured by the network virtualization system according to the first embodiment (peer-to-peer communication). 第2の実施の形態に係るネットワーク仮想化システムを構成するクライアントの構成例を示す機能ブロック図。 Functional block diagram illustrating a configuration example of a client configuring the network virtualization system according to a second embodiment. 第2の実施の形態に係るネットワーク仮想化システムによって構成された仮想イーサネットの一例を示すネットワーク構成図。 Network configuration diagram illustrating an example of a virtual Ethernet configured by the network virtualization system according to a second embodiment. クライアント20(#1)が保持するイーサネットスイッチングハブの転送テーブルの一例を示すデータ構成図。 Client 20 (# 1) data structure diagram showing an example of a forwarding table of the Ethernet switching hub for holding the. クライアント20(#2)が保持するイーサネットスイッチングハブの転送テーブルの一例を示すデータ構成図。 Client 20 (# 2) data structure diagram showing an example of a forwarding table of the Ethernet switching hub for holding the. クライアント20(#3)が保持するイーサネットスイッチングハブの転送テーブルの一例を示すデータ構成図。 Client 20 (# 3) is a data structure diagram showing an example of a forwarding table of the Ethernet switching hub to hold. クライアント20(#4)が保持するイーサネットスイッチングハブの転送テーブルの一例を示すデータ構成図。 Data structure diagram showing an example of a forwarding table of the client 20 Ethernet switching hub (# 4) holds. クライアント20(#5)が保持するイーサネットスイッチングハブの転送テーブルの一例を示すデータ構成図。 Client 20 (# 5) data structure diagram showing an example of a forwarding table of the Ethernet switching hub for holding the. クライアント20(#6)が保持するイーサネットスイッチングハブの転送テーブルの一例を示すデータ構成図。 Data structure diagram showing an example of a forwarding table of the client 20 Ethernet switching hub (# 6) holds. 仮想イーサネットの一般的な構成例を示す図。 It shows a general configuration example of a virtual Ethernet.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

A,B,C…接続リンク、d1〜d6…仮想ネットワーク、S1〜S5…ピアツーピアリンク、10…仮想ハブ、11…イーサネットスイッチングハブ、12…転送テーブル、13…接続リンク制御部、14…アンダーレイネットワークプロトコル群、15…物理ネットワークインタフェース、16…ピアツーピアリンク制御部、20…クライアント、21…アプリケーション/上位プロトコル群、22…仮想ネットワークインタフェース、23…イーサネットフレーム送受信部、24…接続リンク制御部、25…送信先管理テーブル、26…アンダーレイネットワークプロトコル群、27…物理ネットワークインタフェース、30…サーバ、40…アンダーレイネットワーク、70…仮想ネットワークインタフェース、73…イーサネット A, B, C ... connecting links, d1 to d6 ... virtual network, S1-S5 ... peer-to-peer link, 10 ... virtual hub, 11 ... Ethernet switching hub, 12 ... transfer table, 13 ... connecting link control unit, 14 ... underlay network protocol suite, 15 ... physical network interface, 16 ... peer-to-peer link control unit, 20 ... client, 21 ... application / upper protocol suite, 22 ... virtual network interface, 23 ... Ethernet frame transceiver unit, 24 ... connecting link control unit, 25 ... destination management table, 26 ... underlay network protocol suite, 27 ... physical network interface, 30 ... server, 40 ... underlay network, 70 ... virtual network interface, 73 ... Ethernet レーム送受信部、75…転送テーブル、76…イーサネットスイッチングハブ、150…アンダーレイネットワーク、151…仮想ハブ、152…仮想ネットワークインタフェース、153…クライアント、154…仮想イーサネット、155…サーバ、155…ネットワーク仮想化装置、156…ファイアウォール、157…ルータ、160…内部ネットワーク、161…外部ネットワーク Frame receiving unit, 75 ... transfer table, 76 ... Ethernet switching hub, 150 ... underlay network, 151 ... virtual hub, 152 ... virtual network interface, 153 ... client, 154 ... virtual Ethernet, 155 ... server, 155 ... network virtualization device, 156 ... firewall, 157 ... router, 160 ... internal network, 161 ... external network

Claims (11)

  1. 予め構築された複数の物理ネットワーク上の何れかに接続された複数の端末と、 A plurality of terminals connected to one of the plurality of physical networks that are pre-built,
    前記複数の物理ネットワーク上に、ソフトウェアによって仮想的なネットワークを構築するネットワーク仮想化装置とを備え、 On the plurality of physical network, and a network virtualization apparatus for constructing a virtual network by software,
    前記ネットワーク仮想化装置は更に、前記構築された仮想ネットワークにおける前記各端末間の通信を中継する中継ノードを備え、 The network virtualization device further comprises a relay node for relaying communication between the respective terminals in the constructed virtual network,
    前記中継ノードは、予め定めた接続基準を考慮して、前記中継ノードによって通信が中継される端末のうちの何れか一対の端末について、前記中継ノードを中継することなく、互いに直接通信すべきか否かを判定し、直接通信すべきと判定した場合には、この一対の端末に対して、前記中継ノードを中継することなく、互いに直接通信するように指示する第1の指示手段を備えたネットワーク仮想化システム。 The relay node, taking into account the predetermined connection criteria, for any pair of terminals of the terminals which communications are relayed by the relay node, without relaying the relay node, whether to communicate directly with each other or determines, when it is determined that should communicate directly with respect to the pair of terminals, without relaying the relay node, the network comprising a first instruction means for instructing to communicate directly with each other virtualization system.
  2. 請求項1に記載のネットワーク仮想化システムにおいて、 In the network virtualization system according to claim 1,
    前記各端末は、前記中継ノードによって通信が中継されている場合、前記接続基準を考慮して、他の特定の端末との通信を、前記中継ノードを中継することなく、互いに直接通信すべきか否かを判定し、直接通信すべきと判定した場合には、前記特定の端末との通信を、前記中継ノードを中継することなく、直接行うように移行する第1の移行手段を備えたネットワーク仮想化システム。 Wherein each terminal, when the communication by the relay node is relayed, considering the connection reference, communication with other specific terminal without relaying the relay node, whether to communicate directly with each other or determines, when it is determined that should communicate directly, communication with the specific terminal, without relaying the relay node, the network comprising a first shifting unit to shift to perform direct virtual system.
  3. 請求項1又は請求項2に記載のネットワーク仮想化システムにおいて、 In the network virtualization system according to claim 1 or claim 2,
    前記接続基準とは、一対の端末間の前記中継ノードを中継したトラフィックの量、前記一対の端末の前記物理ネットワーク上のトポロジにおける局在性、前記トラフィックのプロトコル種別、及び前記中継ノードの負荷状況のうちの少なくとも何れかであるネットワーク仮想化システム。 Wherein a connection basis, the amount of traffic relayed the relay node between a pair of terminals, the load status of the pair of localization in the topology on the physical network of the terminal, the protocol type of the traffic, and the relay node at least network virtualization system is one of a.
  4. 請求項1乃至3のうち何れか1項に記載のネットワーク仮想化システムにおいて、 In the network virtualization system according to any one of claims 1 to 3,
    前記各端末は、前記中継ノードと通信可能となるように接続されるネットワークインタフェースと、前記第1の指示手段による指示に従って、直接通信する相手である端末とピアツーピアによるリンクを確立するリンク確立手段とを備えたネットワーク仮想化システム。 Wherein each terminal includes a network interface connected to allow communication with the relay node, according to an instruction by the first instruction means, link establishing means for establishing a link by the terminal and the peer-to-peer with whom to communicate directly network virtualization system equipped with.
  5. 請求項1乃至4のうち何れか1項に記載のネットワーク仮想化システムにおいて、 In the network virtualization system according to any one of claims 1 to 4,
    前記中継ノードは、予め定めた切断基準を考慮して、互いに直接通信している一対の端末の直接通信を切断するか否かを判定し、切断すると判定した場合には、前記一対の端末に対して、前記直接通信を切断し、前記中継ノードを中継した通信に移行するように指示する第2の指示手段を備えたネットワーク仮想化システム。 The relay node, taking into account the predetermined cutting criteria, determines whether to disconnect the direct communication of the pair of terminals communicating with each other directly, if it is determined that the disconnect, the pair of terminal against it, the direct communication is cut, the second network virtualization system having an instruction means for instructing to shift to communication by relaying the relay node.
  6. 請求項1乃至5のうち何れか1項に記載のネットワーク仮想化システムにおいて、 In the network virtualization system according to any one of claims 1 to 5,
    前記各端末は、他の特定の端末と前記直接通信している場合、前記切断基準を考慮して、前記直接通信を切断するか否かを判定し、切断すると判定した場合には、前記特定の端末との直接通信を切断し、前記中継ノードを中継した通信に移行する第2の移行手段を備えたネットワーク仮想化システム。 Wherein each terminal, if you are the direct communication with another specific terminal, in consideration of the cutting reference, determines whether to disconnect the direct communication, when it is determined that the disconnect, the specific network virtualization system having a second transition means for cutting the direct communication with the terminal shifts to communication relayed the relay node.
  7. 請求項5又は請求項6に記載のネットワーク仮想化システムにおいて、 In the network virtualization system according to claim 5 or claim 6,
    前記切断基準とは、一対の端末間の前記直接通信によるトラフィックの量、前記一対の端末の前記物理ネットワーク上のトポロジにおける局在性、前記トラフィックのプロトコル種別、及び前記中継ノードの負荷状況のうちの少なくとも何れかであるネットワーク仮想化システム。 Wherein the cutting reference, the amount of traffic due to the direct communication between a pair of terminals, localization in the topology on the physical network of the pair of terminals, a protocol type of the traffic, and out of the load status of the relay node at least network virtualization system is either.
  8. 予め構築された複数の物理ネットワーク上の何れかに接続された複数の端末と、前記複数の物理ネットワーク上に、プログラムによって仮想的なネットワークを構築するネットワーク仮想化装置とを備えてなるネットワーク仮想化システムに適用される前記プログラムであって、 A plurality of terminals connected to one of the plurality of physical networks that are pre-built, on the plurality of physical network, network virtualization comprising a network virtualization apparatus for constructing a virtual network by a program a the program to be applied to the system,
    前記構築された仮想ネットワークにおける前記各端末間の通信を、前記ネットワーク仮想化装置において中継する機能、 The function of the communication between the terminals, relays in the network virtualization device in the constructed virtual network,
    予め定めた接続基準を考慮して、前記通信が前記ネットワーク仮想化装置において中継される端末のうちの何れか一対の端末について、前記ネットワーク仮想化装置において中継されることなく、互いに直接通信すべきか否かを判定し、直接通信すべきと判定した場合には、この一対の端末に対して、前記ネットワーク仮想化装置において中継されることなく、互いに直接通信させる機能をコンピュータに実現させるためのプログラム。 Taking into account the predetermined connection criteria, for any pair of terminals of the terminals of the communication is relayed in the network virtualization device, without being relayed in the network virtualization device, whether to communicate directly with each other determines whether, if it determines that it should communicate directly with respect to the pair of terminals, without being relayed in the network virtualization apparatus, a program for realizing on a computer a function to communicate directly with each other .
  9. 前記接続基準とは、一対の端末間の前記ネットワーク仮想化装置を中継したトラフィックの量、前記一対の端末の前記物理ネットワーク上のトポロジにおける局在性、前記トラフィックのプロトコル種別、及び前記ネットワーク仮想化装置の負荷状況のうちの少なくとも何れかである請求項8に記載のプログラム。 Wherein the connection reference, said network amount virtualization traffic relaying device, localization in the topology on the physical network of the pair of terminals, protocol type, and the network virtualization of the traffic between a pair of terminals program according to claim 8 at least at one of the load status of the device.
  10. 予め定めた切断基準を考慮して、互いに直接通信している一対の端末の直接通信を切断するか否かを判定し、切断すると判定した場合には、前記一対の端末に対して、前記直接通信を切断させ、前記ネットワーク仮想化装置を中継した通信に移行させる機能を更にコンピュータに実現させる請求項8又は請求項9に記載のプログラム。 Taking into account the predetermined cutting criteria, determines whether to disconnect the direct communication of the pair of terminals communicating with each other directly, if it is determined that the disconnect, to the pair of terminals, the direct to disconnect the communication, the program according to claim 8 or claim 9 is implemented on the network further computer functions to shift the virtualization apparatus to the communication relayed.
  11. 前記切断基準とは、一対の端末間の前記直接通信によるトラフィックの量、前記一対の端末の前記物理ネットワーク上のトポロジにおける局在性、前記トラフィックのプロトコル種別、及び前記ネットワーク仮想化装置の負荷状況のうちの少なくとも何れかである請求項10に記載のプログラム。 Wherein the cutting reference, the load condition of the amount of traffic by direct communication, localization in the topology on the physical network of the pair of terminals, the traffic protocol type, and the network virtualization device between a pair of terminals at least a program of claim 10 is one of a.
JP2006230906A 2006-08-28 2006-08-28 Network virtual system and network virtual program Pending JP2008054214A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006230906A JP2008054214A (en) 2006-08-28 2006-08-28 Network virtual system and network virtual program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006230906A JP2008054214A (en) 2006-08-28 2006-08-28 Network virtual system and network virtual program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008054214A true JP2008054214A (en) 2008-03-06

Family

ID=39237792

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006230906A Pending JP2008054214A (en) 2006-08-28 2006-08-28 Network virtual system and network virtual program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008054214A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010038775A1 (en) * 2008-10-02 2010-04-08 日本電気株式会社 Network node and method for distributing load of the network
WO2012037520A1 (en) * 2010-09-17 2012-03-22 Oracle International Corporation System and method for providing ethernet over infiniband virtual hub scalability in a middleware machine environment
US9219718B2 (en) 2011-06-03 2015-12-22 Oracle International Corporation System and method for supporting sub-subnet in an infiniband (IB) network
US9935848B2 (en) 2011-06-03 2018-04-03 Oracle International Corporation System and method for supporting subnet manager (SM) level robust handling of unkown management key in an infiniband (IB) network

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010038775A1 (en) * 2008-10-02 2010-04-08 日本電気株式会社 Network node and method for distributing load of the network
JP5429179B2 (en) * 2008-10-02 2014-02-26 日本電気株式会社 Network nodes and its load distribution method
WO2012037520A1 (en) * 2010-09-17 2012-03-22 Oracle International Corporation System and method for providing ethernet over infiniband virtual hub scalability in a middleware machine environment
CN103125102A (en) * 2010-09-17 2013-05-29 甲骨文国际公司 System and method for providing ethernet over infiniband virtual hub scalability in a middleware machine environment
US9906429B2 (en) 2010-09-17 2018-02-27 Oracle International Corporation Performing partial subnet initialization in a middleware machine environment
US9614746B2 (en) 2010-09-17 2017-04-04 Oracle International Corporation System and method for providing ethernet over network virtual hub scalability in a middleware machine environment
US9455898B2 (en) 2010-09-17 2016-09-27 Oracle International Corporation System and method for facilitating protection against run-away subnet manager instances in a middleware machine environment
US9270650B2 (en) 2011-06-03 2016-02-23 Oracle International Corporation System and method for providing secure subnet management agent (SMA) in an infiniband (IB) network
US9240981B2 (en) 2011-06-03 2016-01-19 Oracle International Corporation System and method for authenticating identity of discovered component in an infiniband (IB) network
US9900293B2 (en) 2011-06-03 2018-02-20 Oracle International Corporation System and method for supporting automatic disabling of degraded links in an infiniband (IB) network
US9219718B2 (en) 2011-06-03 2015-12-22 Oracle International Corporation System and method for supporting sub-subnet in an infiniband (IB) network
US9930018B2 (en) 2011-06-03 2018-03-27 Oracle International Corporation System and method for providing source ID spoof protection in an infiniband (IB) network
US9935848B2 (en) 2011-06-03 2018-04-03 Oracle International Corporation System and method for supporting subnet manager (SM) level robust handling of unkown management key in an infiniband (IB) network

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Dantu et al. Forwarding and control element separation (ForCES) framework
US8732236B2 (en) Managing network communications between network nodes and stream transport protocol
US7318100B2 (en) Cooperative proxy auto-discovery and connection interception
CN101410819B (en) Reliable, high-throughput, high-performance transport and routing mechanism for arbitrary data flows
US8102760B2 (en) Method for reconvergence after failure in a dual-homing network environment
CN104285416B (en) In the storage area network termination cover tunnel virtual router
EP2875614B1 (en) System and method for cluster link aggregation control in a network environment
US9094285B2 (en) Automatic discovery of multiple controllers in Software Defined Networks (SDNs)
US9467327B2 (en) Server-mediated setup and maintenance of peer-to-peer client computer communications
US7859992B2 (en) Router redundancy in data communication networks
CN101341682B (en) System and method for controlling the flooding of information in a network environment
US7633883B2 (en) System and method for controlling network traffic
US20080256239A1 (en) Method and system for optimizing a network by independently scaling control segments and data flow
CN1208929C (en) Method for realizing router interface backup by using virtual router redundancy procotol
CN100407671C (en) Network communication method for network load balancing functionality
US8166187B2 (en) Distributed IP gateway based on sharing a MAC address and IP address concurrently between a first network switching device and a second network switching device
JP4769869B2 (en) The methods and routers on the movement of the protocol process (migration)
JP5648926B2 (en) Network system, controller, network control method
CN101601232A (en) Triple-tier anycast addressing
WO2004084496A1 (en) A method for implementing gateway dynamic load distribution
JP5488980B2 (en) Computer system, and communication method
JP2013542662A (en) Fast flooding-based high-speed convergence in order to recover from a network failure
EP2157746B1 (en) Routing control system for L3VPN service network
EP1859357A2 (en) System and method for routing isis traffic through unidirectional links of a computer network
JP2006202280A (en) Virtual multicast routing for cluster having state synchronization

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081015

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081021

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090113

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090220

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20090324

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20090410