JP2008050811A - 移動式吊り足場装置 - Google Patents

移動式吊り足場装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2008050811A
JP2008050811A JP2006226955A JP2006226955A JP2008050811A JP 2008050811 A JP2008050811 A JP 2008050811A JP 2006226955 A JP2006226955 A JP 2006226955A JP 2006226955 A JP2006226955 A JP 2006226955A JP 2008050811 A JP2008050811 A JP 2008050811A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
main
rail
support
scaffold
longitudinal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006226955A
Other languages
English (en)
Inventor
Yukihiro Kurata
幸宏 倉田
Original Assignee
Ihi Corp
株式会社Ihi
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ihi Corp, 株式会社Ihi filed Critical Ihi Corp
Priority to JP2006226955A priority Critical patent/JP2008050811A/ja
Publication of JP2008050811A publication Critical patent/JP2008050811A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 吊り足場の面積を低減させると共に、主桁に対する設置及び撤去作業を容易なものとする。
【解決手段】 橋梁の主桁4の下フランジ4a間に、多数の支持梁部材14を前後方向所要間隔で架け渡す。各支持梁部材14の左右両端部寄り2個所を、主桁4に沿って延びる間隔保持材19に取り外し可能に連結する。各支持梁部材14の左右両端部付近の2個所に上下方向の軌条支柱16の上端部を取り外し可能に連結する。軌条支柱16の下端部に主桁4の下方にて主桁4に沿って延びる左右一対の軌条15を取り外し可能に連結する。
各軌条15に走行可能に取り付けた走行台車装置17の下側に足場本体18を設ける。各走行台車装置17を各軌条15に沿って前後方向に走行させて、足場本体18を、主桁4の下方位置で前後方向に移動させる。
【選択図】図1

Description

本発明は、橋梁工事に伴って床版の下面側で行うボルト止め作業や塗装作業等の各種作業、あるいは、橋梁の床版の下面側を保守するための点検作業や補修作業等の各種作業を行うために用いる移動式吊り足場装置に関するものである。
橋梁を構成するための床版としては、従来、鉄筋コンクリート床版が一般に用いられていた。この種の鉄筋コンクリート床版を施工する場合は、橋脚間に左右一対の主桁を架設した後、先ず、該主桁を利用してコンクリートを支持する支保工を設置し、次いで、上記支保工の上に型枠を組み立てて、該型枠内に鉄筋を配筋し、その後、上記型枠内にコンクリートを打設し、養生することで上記鉄筋コンクリート床版を構築するようにしてある。
しかし、上記支保工の構築作業や、型枠の設置作業に多くの手間を要することから、近年では、図4に示す如く、床版のコンクリート層2の下面を形成する型枠を鋼製パネル3として、コンクリート層2と一体に結合させるようにした合成床版1が用いられるようになってきている。
この種の合成床版1を施工するための手法の1つとしては、上記合成床版1の下面となる鋼製パネル3の上側に図示しない鉄筋やスタッドを配設してなる所定サイズのコンポーネントを構成して、図示しない橋脚間に架設された左右一対の主桁(鋼桁)4の上側に、橋梁の延びる方向に順次並べて配設して、隣接する上記鋼製パネル3の端部同士をボルト止めして連結した後、該鋼製パネル3の上側にコンクリートを打設して上記合成床版1を構築させるようにしてある。図中4aは主桁4の下フランジ、4bは上フランジ、4cはウェブを示す。
ところで、橋梁工事における上記のような主桁4の上側に隣接させて並べた合成床版1の端部同士を連結するためのボルト止め作業や、該ボルト止め個所の床版下面側の塗装作業を行う場合には、合成床版1の下面側に吊り足場を設ける必要がある。更に、完成後の橋梁の保守のために床版の下面側を点検したり、補修する場合にも、橋梁の床版の下面側に吊り足場が必要となる。
しかし、橋梁の床版の下方に全面に亘って吊り足場を構築するには、多大な資材、時間及び手間が必要とされる。
なお、橋梁の床版の下方に足場を設けることなく、床版の点検、補修等の各種作業を行うために、高所作業車を用いることがあるが、高所作業車は、通常、10〜15m程度の高さ範囲までしか届かないため、それ以上の高さを有する橋梁には使用できない。更に、橋梁の下方に高所作業車を停めるスペースが必要なため、橋梁の下方が河川等であって地面が確保できない場合には使用できず、又、陸上であっても、たとえば、橋梁の下方に建築物等の障害物がある場合にも使用できないという問題がある。
本出願人は、橋梁に対する吊り足場の設置を容易に行うための手法として、以下のような手法を従来提案している。これは、図5に示す如く、治具本体6の上端部に、橋梁の主桁4の下フランジ4aの上面を転動させて走行させるためのローラ7を設けて形成してなる移動式吊り治具5の下方位置に、おやごパイプ(単管パイプ)8、ころばし(木材を組んだ足場)9を介して足場板10等を取り付けて吊り足場11のユニットを形成するようにしたものである。
更に、図6に示す如く、主桁4を支える隣接した橋脚12のうち、一方の橋脚12の近傍に作業台13を仮設して、該作業台13の上で、上記した如き吊り足場11のユニットを組み立てた後、該組み立てられた1ユニット分の吊り足場11を、上記ローラ7を主桁4の下フランジ4a上で転動させて他方の橋脚12側へ移動させ、その後、上記作業台13上での次の吊り足場11のユニットの組み立てと、組み立てられた吊り足場11のユニットの他方の橋脚12側への移動とを繰り返して行うことで、吊り足場全体を組み立てるようにしてある。
更に又、上記において、ローラ7自体に図示しない走行駆動装置を組み込んで、上記吊り足場11のユニットを自走式とすることも提案している(たとえば、特許文献1参照)。
特開2005−232677号公報
ところが、上記特許文献1に示されたものは、隣接する橋脚間に全体的に吊り足場を設置する手法であって、作業者が乗った状態で主桁4の延びる方向に移動させる移動式の吊り足場に関するものではない。
更に、作業者が乗るために必要とされる吊り足場自体の面積を縮小できるようにする考えも示されていない。
そこで、本発明は、作業者が乗った状態で橋梁の主桁の延びる方向へ移動できるようにすることで、作業者が乗るために必要とされる足場面積を大幅に縮小できると共に、設置作業及び撤去作業を容易なものとすることができる移動式吊り足場装置を提供しようとするものである。
本発明は、上記課題を解決するために、請求項1に対応して、前後方向に延びる左右の主桁の間に左右方向に延びる支持梁部材を前後方向に所要間隔で複数配置すると共に、該各支持梁部材の両端部を、上記主桁の下フランジ上に載置し、且つ該各支持梁部材に、上記各主桁の長手方向に沿わせて配置した軌条を、軌条支柱を介して取り外し可能にそれぞれ連結し、更に、上記軌条に前後方向に走行できるよう取り付けた走行台車装置に、足場本体を取り付けて、上記走行台車装置を上記軌条に沿い前後方向へ走行させることにより、上記足場本体を上記主桁の下方位置で主桁の延びる方向に沿って移動させることができるようにした構成とする。
又、上記構成において、軌条を左右一対とし、各支持梁部材の両端部付近における主桁の下フランジ近傍位置に、それぞれ軌条支柱の上端部を取り外し可能に連結すると共に、該各軌条支柱の下端部に、上記左右の各軌条を取り外し可能に連結するようにした構成とする。
更に、上記各構成において、各支持梁部材の長手方向両端部の2個所を、主桁の長手方向に延びる左右一対の間隔保持材にそれぞれ取り外し可能に連結するようにした構成とする。
上述の各構成において、各軌条支柱の上下方向中間部の1個所又は複数個所を、主桁の長手方向に延びる水平補強部材に取り外し可能に連結するようにした構成とする。
本発明の移動式吊り足場装置によれば、以下のような優れた効果を発揮する。
(1)前後方向に延びる左右の主桁の間に左右方向に延びる支持梁部材を前後方向に所要間隔で複数配置すると共に、該各支持梁部材の両端部を、上記主桁の下フランジ上に載置し、且つ該各支持梁部材に、上記各主桁の長手方向に沿わせて配置した軌条を、軌条支柱を介して取り外し可能にそれぞれ連結し、更に、上記軌条に前後方向に走行できるよう取り付けた走行台車装置に、足場本体を取り付けて、上記走行台車装置を上記軌条に沿い前後方向へ走行させることにより、上記足場本体を上記主桁の下方位置で主桁の延びる方向に沿って移動させることができるようにした構成としてあるので、足場本体を橋梁の床版の下方位置にて主桁の長手方向に沿って移動可能な吊り足場とすることができる。これにより、作業者が上記足場本体に乗った状態で、床版の下方位置にて主桁の長手方向に移動できるようになるため、橋梁工事における主桁の上側に隣接させて並べた合成床版の端部同士をボルト止めして連結する作業や、該ボルト止め個所の塗装作業を行う作業、あるいは、橋梁の床版の保守のための点検作業や補修作業を行う場合の吊り足場として好適なものとすることができる。
(2)作業者が乗るために設ける吊り足場の面積を従来の吊り足場に比して大幅に縮小できるため、吊り足場の構築に要する資材を大幅に削減することが可能になる。
(3)上記各支持梁部材は、長手方向の両端部を上記主桁の下フランジの上面に単に載置してあると共に、該各支持梁部材と軌条を、軌条支柱を介して取り外し可能に連結してあるため、上記軌条を溶接作業を行わずに設置でき、したがって、本発明の移動式吊り足場装置の主桁に対する設置作業、及び、撤去作業を容易なものとすることができる。
(4)更に、走行台車装置の走行する軌条は、左右の主桁の下フランジの間に架け渡した支持梁部材の下方位置に配置してあるため、上記各主桁のウェブの側面に、所要の機器や上下のフランジを繋ぐリブが設けてあっても、何ら影響を受けることなく本発明の移動式吊り足場装置を主桁に対し設置できると共に、上記走行台車の走行による上記足場本体の主桁の長手方向に沿う移動にも何ら影響を受けることはない。
(5)軌条を左右一対とし、各支持梁部材の両端部付近における主桁の下フランジ近傍位置に、それぞれ軌条支柱の上端部を取り外し可能に連結すると共に、該各軌条支柱の下端部に、上記左右の各軌条を取り外し可能に連結するようにした構成とすることにより、各支持梁部材の両端部が左右の主桁の下フランジにより支持される支持点と、各支持梁部材に対して上記左右の軌条支柱側から作用する荷重の作用点とを近接させることができることから、上記各支持梁部材に対して曲げ方向に作用する力のモーメントを小さく抑えることができて、各支持梁部材に多大な強度が要求されることのないようにすることができる。又、橋梁の左右幅方向に延びる足場本体を、左右の走行台車装置により安定して支持させることができる。
(6)各支持梁部材の長手方向両端部の2個所を、主桁の長手方向に延びる左右一対の間隔保持材にそれぞれ取り外し可能に連結するようにした構成とすることにより、上記各支持梁部材を、前後方向に相対的に位置固定できる。したがって、各支持梁部材が左右の主桁の下フランジ同士の間を通して脱落する虞を阻止できる。
(7)各軌条支柱の上下方向中間部の1個所又は複数個所を、主桁の長手方向に延びる水平補強部材に取り外し可能に連結するようにした構成とすることにより、前後方向に並ぶ軌条支柱同士をより強固に連結して、軌条をより安定に支持させることが可能になる。
以下、本発明を実施するための最良の形態を図面を参照して説明する。
図1乃至図3は本発明の移動式吊り足場装置の実施の一形態を示すもので、以下のようにしてある。すなわち、橋梁の図示しない橋脚間に架設してある左右一対の主桁(鋼桁)4の間に、左右方向に延びる支持梁部材14を、主桁4の長手方向となる前後方向に所要間隔で多数配置して、該各支持梁部材14の両端部を、上記左右の主桁4の橋梁中央側へ突出する下フランジ4aの上面にそれぞれ載置させるようにする。更に、上記各支持梁部材14の両端部には、各主桁4の下端よりも所要寸法下方位置に該各主桁4の長手方向に沿って平行に延びるよう配した左右一対の軌条15を、上下方向の軌条支柱16を介しそれぞれ連結して支持させるようにする。上記左右の各軌条15には、左右一対の走行台車装置17を走行可能にそれぞれ取り付けると共に、上記左右の走行台車装置17の下側に、橋梁の左右幅方向の全長に亘る足場本体18の対応する個所をそれぞれ連結して支持させるようにする。これにより、上記左右の走行台車装置17を、上記左右の軌条15に沿って前後方向に並行に走行させることで、該各走行台車装置17と一体に上記足場本体18を、上記各主桁4の下方位置にて該各主桁4の延びる方向に沿って移動できるようにする。
詳述すると、上記各支持梁部材14は、角パイプ形状とすると共に、該各支持梁部材14の配置個所における左右の主桁4のウェブ4c同士の間隔よりも僅かに短い長さ寸法を有するようにしてある。これにより、各支持梁部材14は、その長手方向の向きを左右方向から前後や上下に多少傾けた状態で上記左右の主桁4の下フランジ4a同士の間を下方から通過させた後、各支持梁部材14の長手方向の向きを左右方向に揃えることで、該各支持梁部材14の左右の両端部を、上記左右の主桁4の下フランジ4aの上面にそれぞれ安定に載置させて、各支持梁部材14を左右の主桁4の下フランジ4a同士の間に架け渡すことができるようにしてある。上記のようにして左右の主桁4の下フランジ4a同士の間に架け渡す支持梁部材14は、主桁4の長手方向となる前後方向に、所要間隔、たとえば、1m程度の間隔で多数並べて配置するようにしてある。
前後方向に所要間隔で並べて配置してある上記各支持梁部材14は、その長手方向となる左右両端部の2個所を前後方向に互に連結するように、主桁4の長手方向に沿って延びる左右一対の間隔保持材19を各支持梁部材14の両端部上に載置して、クランプ等の図示しない連結具にて各支持梁部材14と間隔保持材19とを取り外し可能にそれぞれ連結するようにする。これにより、上記前後方向に並べて配置してあるすべての支持梁部材14の左右両端部寄りの2個所同士を、上記各間隔保持材19を介し連結することができて、すべての支持梁部材14を、前後方向に相対的に位置固定できるようにしてある。したがって、各支持梁部材14が上記左右の主桁4の下フランジ4a同士の間を通して脱落する虞が生じないようにしてある。
更に、上記各支持梁部材14の左右両端部付近にて上記左右の主桁4の下フランジ4aにそれぞれ近接する左右の2個所には、上下方向に所定の長さ寸法を有する軌条支柱16の上端部を、クランプ等の図示しない連結具にて取り外し可能にそれぞれ連結する。該各軌条支柱16の下端部における左右方向の外側位置には、上記各主桁4に沿って延びる左右一対の軌条15をそれぞれ配置して、上記各軌条支柱16の下端部の外側面に、上記各軌条15を、クランプ、あるいは、ボルト・ナット等の図示しない連結具にて取り外し可能に連結するようにする。これにより、上記各軌条15の所要間隔位置を、軌条支柱16を介して上記各支持梁部材14にそれぞれ連結して、上記各軌条15に走行可能に取り付ける上記左右の走行台車装置17と足場本体18の自重、及び、上記足場本体18に乗る作業者や載置される物品の重量によって上記各軌条15に作用することとなる荷重を、各軌条支柱16、各支持梁部材14を介して上記左右の主桁4の下フランジ4aへ伝えて支持させることができるようにしてある。又、上記各支持梁部材14では、左右の各軌条支柱16との連結個所を、左右の主桁4の下フランジ4aに近接した位置に設定してあることから、上記各支持梁部材14の両端部が左右の主桁4の下フランジ4aによって支持される支持点と、各支持梁部材14に対してそれぞれ左右の軌条支柱16側から作用する荷重の作用点とを近接させることができるため、上記のように各軌条15に作用することとなる荷重を、各軌条支柱16、各支持梁部材14を介して上記左右の主桁4の下フランジ4aへ伝達する際に、該各支持梁部材14に対し曲げ方向に作用する力のモーメントを小さく抑えることができるようにしてある。
上記左右の各軌条15は、その上面又は下面にラック歯20を全長に亘り設けてなる構成としてある(図では各軌条15の上面にラック歯20を設けた状態を示してある)。又、本実施の形態においては、上記各支持梁部材14の前後方向の配列に応じて前後方向に配列される各軌条支柱16同士をより強固に連結して、各軌条15をより安定して支持できるようにするために、上記各軌条支柱16の上下方向中間部における左右方向の内側位置に、上記各軌条15と平行に延びる左右一対の水平補強部材21をそれぞれ配置して、上記各軌条支柱16と各水平補強部材21の対応する個所同士を、クランプ等の図示しない連結具にて取り外し可能に連結してある。
上記左右の走行台車装置17は、上記各軌条15のラック歯20に噛合する図示しない駆動輪を備えて該駆動輪の正転、逆転駆動により上記軌条15に沿って前進、後進できるようにしてある駆動台車22と、上記軌条15に走行可能に取り付けた複数台、たとえば、3台の移動台車23とを備え、更に、該各移動台車23を、前後方向に所要間隔で配置して前後方向に延びる連結材24を介し互いに連結すると共に、該連結材24の後端部となる一端部に、上記駆動台車22を、所要の牽引部材25を介して連結した構成としてある。なお、図示してはいないが、上記駆動台車22及び各移動台車23には、軌条15からの脱落を防止するための脱落防止機構をそれぞれ備えているものとする。
更に、上記各移動台車23の下側には、上下方向に所要の長さ寸法を有する連結部材26の上端部をそれぞれ取り付けると共に、該各連結部材26の下端部を、前後方向に所要の長さ寸法で橋梁の幅方向に延びる足場本体18のそれぞれ対応する個所に取り付けるようにしてある。これにより、上記駆動台車22の前進運転又は後進運転により、上記各移動台車23と一体に上記足場本体18を、前進移動又は後進移動させることができるようにしてある。
なお、上記各軌条15、各間隔保持材19、各水平補強部材21は、いずれも、現場の状況に応じて所要寸法の部材を随時継足して長手方向に所望の長さ寸法となるまで延長することができるものとしてある。27は上記各駆動台車22の図示しない駆動モータへ電力供給を行うための発電機、28は作業者が上記足場本体18に乗った状態で上記各駆動台車22の運転を制御するためのコントローラである。更に、該コントローラ28には、左右の軌条15が、橋梁のカーブに応じて左右方向に曲がっていても、上記左右の駆動台車22を常に並行に走行させるように該各駆動台車22の運転を制御する制御機能を備えるようにしてもよい。29は上記足場本体18の外周部に設けた手摺である。その他、図4に示したものと同一のものには同一符号が付してある。
以上の如き構成としてある移動式吊り足場装置によれば、上記左右の走行台車装置17の駆動台車22を運転して、該各駆動台車22を左右の軌条15に沿って並行に前方又は後方へ走行させると、上記各駆動台車22に牽引される各移動台車23と一体に上記足場本体18が、上記各主桁4の下方位置を通して前進移動又は後進移動させられるようになる。
このように、本発明の移動式吊り足場装置によれば、橋梁の床版(合成床版)1の下方位置に、主桁4の長手方向に沿って移動可能な足場本体18を設けることができることから、作業者が上記足場本体18に乗った状態で、主桁4に載置する床版1の下方位置にて該主桁4の長手方向に移動できるようになる。よって、橋梁工事における主桁4の上側に隣接させて並べた合成床版1の端部同士をボルト止めして連結する作業や、該ボルト止め個所の塗装作業を行う作業、あるいは、橋梁の床版1の保守のために該床版1の下面側を点検したり、補修する際の足場として好適なものとすることができる。
又、作業者が乗る足場としては、上記足場本体18のみを設ければよいため、従来の吊り足場に比して、面積を大幅に縮小できて、吊り足場の構築に要する資材を大幅に削減することが可能になる。
更に、上記各支持梁部材14は、長手方向の両端部を上記主桁4の下フランジ4aの上面に単に載置してあると共に、該各支持梁部材14と各間隔保持材19との連結個所、各支持梁部材14と各軌条支柱16の上端部との連結個所、各軌条支柱16の上下方向中間部と各水平補強部材21との連結個所は、いずれも、クランプ等の図示しない連結具にて取り外し可能に連結してあり、更に、上記各軌条支柱16の下端部と、上記各軌条15との連結個所も、クランプ、あるいは、ボルト・ナット等の図示しない連結具にて取り外し可能に連結してあるため、上記移動式吊り足場装置を、溶接作業を要することなく主桁4に対し設置できて、設置作業、及び、撤去作業を容易なものとすることができる。
しかも、上記足場本体18を取り付けてある走行台車装置17は、左右の主桁4の下フランジ4a間に架け渡した支持梁部材14から下方に延びる軌条支柱16の下端部に保持させた軌条15に沿って走行するようにしてあって、左右の主桁4の下フランジ4aの上面側を直接走行するものではないため、上記主桁4のウェブ4cの側面に、所要の機器や上下のフランジ4bと4aとを繋ぐリブが設けてあっても、上記足場本体18の主桁4の長手方向に沿う移動が何ら影響を受けることはない。更に、上記各支持梁部材14の前後方向の間隔の多少の変化は許容できるため、上記主桁4のウェブ4cの側面に所要の機器が取り付けてある個所や、上下のフランジ4bと4aを繋ぐリブが設けてある個所を避けて上記支持梁部材14を容易に配置できることから、これらの機器やリブがあっても、何ら問題を生じることなく本発明の移動式吊り足場装置を設置できる。
更に又、上記足場本体18を、走行台車装置17に対する取り付け位置よりも前後方向へ所要寸法突出した形状とする等して、足場本体18に乗る作業者が、既設の各軌条15の先端よりも前方位置で、左右の主桁4の下フランジ4a間に新たな支持梁部材14を架け渡す作業、上記左右の各間隔保持材19、各軌条15、各水平補強部材21を継足して前方へ延長する作業、新たに配設される支持梁部材14を左右の各間隔保持材19に連結する作業、該支持梁部材14の左右両端部付近に軌条支柱16の上端部をそれぞれ連結する作業、該各軌条支柱16の下端部に軌条15を連結して支持させる作業、各軌条支柱16の上下方向中間部に、水平補強材21を連結する作業等を行うことができるようにすれば、橋梁の主桁4の長手方向の1個所の下方に作業台を仮設する等して、上記移動式吊り足場装置を主桁4の長手方向の1個所に設置するのみで、主桁4の延びる方向に移動範囲を順次延長させることが可能になる。
なお、本発明は、上記実施の形態にのみ限定されるものではなく、支持梁部材14を主桁4の長手方向に沿って配列するときの各支持梁部材14同士の間隔は、1m程度以外の間隔に適宜変更してもよい。支持梁部材14、軌条支柱16、間隔保持材19、水平補強部材21の断面形状や太さ寸法は適宜変更してもよい。更に、上記各水平補強部材21は、軌条支柱16の上下方向の2個所以上に取り付けるようにしたり、あるいは、省略してもよい。
走行台車装置17は、軌条15に沿って前後方向に走行でき、且つその下側に足場本体18を取り付けて支持することができれば、駆動台車22と、2台あるいは4台以上の移動台車23とを連結してなる構成としたり、駆動台車22の下方にも足場本体18を連結する等、図示した構成以外の構成を有する走行台車装置を採用してもよい。更に、上記各軌条15に左右方向へのカーブや、勾配があっても、該各軌条15に沿って上記走行台車装置17を前後方向へ確実に走行できるようにするためには、軌条15にラック歯20を備え、且つ走行台車装置17側に上記ラック歯20に噛合する図示しない駆動輪を備えることが好ましいが、軌条15に沿って走行台車装置17を前後方向に確実に走行させることができれば、上記軌条15と上記走行台車装置17との間に、ラック歯21と該ラック歯21に噛合する駆動輪以外の噛み合い機構を介在させるようにしてもよい。
各軌条支柱16の上端部に、支持梁部材14の上側に引っ掛けて係止させることで脱落を防止するための脱落防止部を設けたり、各支持梁部材14と各軌条支柱16の上端部との連結個所、各軌条支柱16の下端部と各軌条15との連結個所等に、一方あるいは双方の部材を貫通する貫通ボルトやピン等を用いた脱落防止機構を設けるようにしてもよい。その他本発明の要旨を逸脱しない範囲内で種々変更を加え得ることは勿論である。
本発明の移動式吊り足場装置の実施の一形態を示す概略切断正面図である。 図1のA−A方向矢視図である。 図1の装置における軌条部分の一方を拡大して示す切断正面図である。 合成床版を用いて構築した橋梁の構成を示す概要図である。 本出願人が従来提案している橋梁に対する吊り足場の設置手法で用いる吊り足場のユニットを示す図である。 図5に示した吊り足場のユニットを用いて橋脚間にて吊り足場全体を組み立てる手順を示す図である。
符号の説明
4 主桁
4a 下フランジ
14 支持梁部材
15 軌条
16 軌条支柱
17 走行台車装置
18 足場本体
19 間隔保持材
21 水平補強部材

Claims (4)

  1. 前後方向に延びる左右の主桁の間に左右方向に延びる支持梁部材を前後方向に所要間隔で複数配置すると共に、該各支持梁部材の両端部を、上記主桁の下フランジ上に載置し、且つ該各支持梁部材に、上記各主桁の長手方向に沿わせて配置した軌条を、軌条支柱を介して取り外し可能にそれぞれ連結し、更に、上記軌条に前後方向に走行できるよう取り付けた走行台車装置に、足場本体を取り付けて、上記走行台車装置を上記軌条に沿い前後方向へ走行させることにより、上記足場本体を上記主桁の下方位置で主桁の延びる方向に沿って移動させることができるようにしたことを特徴とする移動式吊り足場装置。
  2. 軌条を左右一対とし、各支持梁部材の両端部付近における主桁の下フランジ近傍位置に、それぞれ軌条支柱の上端部を取り外し可能に連結すると共に、該各軌条支柱の下端部に、上記左右の各軌条を取り外し可能に連結するようにした請求項1記載の移動式吊り足場装置。
  3. 各支持梁部材の長手方向両端部の2個所を、主桁の長手方向に延びる左右一対の間隔保持材にそれぞれ取り外し可能に連結するようにした請求項1又は2記載の移動式吊り足場装置。
  4. 各軌条支柱の上下方向中間部の1個所又は複数個所を、主桁の長手方向に延びる水平補強部材に取り外し可能に連結するようにした請求項1、2又は3記載の移動式吊り足場装置。
JP2006226955A 2006-08-23 2006-08-23 移動式吊り足場装置 Pending JP2008050811A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006226955A JP2008050811A (ja) 2006-08-23 2006-08-23 移動式吊り足場装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006226955A JP2008050811A (ja) 2006-08-23 2006-08-23 移動式吊り足場装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008050811A true JP2008050811A (ja) 2008-03-06

Family

ID=39235129

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006226955A Pending JP2008050811A (ja) 2006-08-23 2006-08-23 移動式吊り足場装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008050811A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102234981A (zh) * 2011-04-22 2011-11-09 中铁五局(集团)有限公司 牵索挂篮走行吊挂装置
JP5022524B1 (ja) * 2012-04-17 2012-09-12 株式会社Osk 吊り足場の施工方法
CN102733321A (zh) * 2012-07-17 2012-10-17 北京市公路桥梁建设集团有限公司 既有桥梁加固用悬吊支架体系及其搭建方法
JP5409955B1 (ja) * 2013-07-30 2014-02-05 横河工事株式会社 鋼橋構造
JP2016098492A (ja) * 2014-11-18 2016-05-30 首都高速道路株式会社 移動式足場および該移動式足場を用いた点検補修方法

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5358425A (en) * 1976-11-05 1978-05-26 Nippon Steel Corp Denitrification reating method for steel
JPS54135422A (en) * 1978-04-10 1979-10-20 Yoshinori Fukada Shifter of hung height scaffold
JPS58189214A (en) * 1982-04-30 1983-11-04 Nippon Oil & Fats Co Ltd Unsaturated polyester resin molding composition
JPS62129406A (en) * 1985-11-28 1987-06-11 Nippon Steel Corp Method for bending novement of moving scaffold
JPH02128749A (en) * 1988-11-08 1990-05-17 Topcon Corp Fundus camera
JP2005023623A (ja) * 2003-07-01 2005-01-27 Geo Frontier Kk 橋梁用吊り足場のための吊下装置、及びこれを使用した吊り足場の組立工法
JP2005232677A (ja) * 2004-02-17 2005-09-02 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd 吊り足場の組立方法、解体方法およびこれらに用いる移動式吊り治具

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5358425A (en) * 1976-11-05 1978-05-26 Nippon Steel Corp Denitrification reating method for steel
JPS54135422A (en) * 1978-04-10 1979-10-20 Yoshinori Fukada Shifter of hung height scaffold
JPS58189214A (en) * 1982-04-30 1983-11-04 Nippon Oil & Fats Co Ltd Unsaturated polyester resin molding composition
JPS62129406A (en) * 1985-11-28 1987-06-11 Nippon Steel Corp Method for bending novement of moving scaffold
JPH02128749A (en) * 1988-11-08 1990-05-17 Topcon Corp Fundus camera
JP2005023623A (ja) * 2003-07-01 2005-01-27 Geo Frontier Kk 橋梁用吊り足場のための吊下装置、及びこれを使用した吊り足場の組立工法
JP2005232677A (ja) * 2004-02-17 2005-09-02 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd 吊り足場の組立方法、解体方法およびこれらに用いる移動式吊り治具

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102234981A (zh) * 2011-04-22 2011-11-09 中铁五局(集团)有限公司 牵索挂篮走行吊挂装置
JP5022524B1 (ja) * 2012-04-17 2012-09-12 株式会社Osk 吊り足場の施工方法
CN102733321A (zh) * 2012-07-17 2012-10-17 北京市公路桥梁建设集团有限公司 既有桥梁加固用悬吊支架体系及其搭建方法
JP5409955B1 (ja) * 2013-07-30 2014-02-05 横河工事株式会社 鋼橋構造
JP2016098492A (ja) * 2014-11-18 2016-05-30 首都高速道路株式会社 移動式足場および該移動式足場を用いた点検補修方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4504910B2 (ja) 台車及びそれを用いた仮桟橋の架設方法
JP5823552B2 (ja) 橋梁床版の架設方法及びその装置
AU2013212529B2 (en) Automated formwork climbing system
KR101391637B1 (ko) 강재트러스를 이용한 복합트러스 거더의 제작공법
JP5319216B2 (ja) 橋桁架設装置及び橋桁架設方法
JP5671373B2 (ja) 橋梁の撤去工法と新設工法
JP2008050811A (ja) 移動式吊り足場装置
JP2006028881A (ja) 自走式pc床版架設機およびpc床版の架設工法
JP5649637B2 (ja) 橋梁の架設装置および橋梁の架設方法
JP6902184B2 (ja) 作業装置及び張出架設工法
JP4403579B2 (ja) 跨道橋の既設橋脚撤去方法
JP5484983B2 (ja) 橋梁移動作業装置の組立て方法及び解体方法
JP4980257B2 (ja) 柱頭部施工用架設装置およびその一部を利用した移動作業車の構築方法ならびに橋梁の張出し施工方法
JP2013007172A (ja) 合成床版架設機及び架設方法
JP2005307684A (ja) プレキャストコンクリート床板の敷設装置
JP4880374B2 (ja) 橋梁の架設方法
JP2017048635A (ja) 架設桁を用いた橋梁の解体工法
JP3991067B1 (ja) 鉄道ホーム間仮設橋
JP6374353B2 (ja) 橋梁の架設方法
KR20060116405A (ko) 레일방식 교량 슬라브 매달림 비계설치및 해체방법
JP6368628B2 (ja) 移動式足場および該移動式足場を用いた点検補修方法
JP4828465B2 (ja) 荷役装置及び合成床版を用いた床版の施工方法
JP4870607B2 (ja) 荷役装置及び合成床版を用いた床版の施工方法
JP6873435B2 (ja) 吊り足場及びその架設方法
KR100367028B1 (ko) 교량의 시공 및 유지관리겸용 자주식 작업대

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090624

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20091218

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20100325

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101115

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20101124

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A02 Decision of refusal

Effective date: 20110329

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02