JP2008048473A - 充電器 - Google Patents

充電器 Download PDF

Info

Publication number
JP2008048473A
JP2008048473A JP2006219015A JP2006219015A JP2008048473A JP 2008048473 A JP2008048473 A JP 2008048473A JP 2006219015 A JP2006219015 A JP 2006219015A JP 2006219015 A JP2006219015 A JP 2006219015A JP 2008048473 A JP2008048473 A JP 2008048473A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
battery
secondary battery
built
charging
charge
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006219015A
Other languages
English (en)
Inventor
Shoichi Toya
正一 遠矢
Koichi Fukukawa
浩市 福川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanyo Electric Co Ltd
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP2006219015A priority Critical patent/JP2008048473A/ja
Publication of JP2008048473A publication Critical patent/JP2008048473A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J7/00Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries
    • H02J7/0013Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries acting upon several batteries simultaneously or sequentially
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J7/00Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries
    • H02J7/0042Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries characterised by the mechanical construction
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J7/00Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries
    • H02J7/34Parallel operation in networks using both storage and other dc sources, e.g. providing buffering
    • H02J7/342The other DC source being a battery actively interacting with the first one, i.e. battery to battery charging
    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02JCIRCUIT ARRANGEMENTS OR SYSTEMS FOR SUPPLYING OR DISTRIBUTING ELECTRIC POWER; SYSTEMS FOR STORING ELECTRIC ENERGY
    • H02J7/00Circuit arrangements for charging or depolarising batteries or for supplying loads from batteries
    • H02J7/34Parallel operation in networks using both storage and other dc sources, e.g. providing buffering
    • H02J7/35Parallel operation in networks using both storage and other dc sources, e.g. providing buffering with light sensitive cells

Abstract

【課題】外部電池が満充電されない状態で入力電力が遮断されても、内蔵しているリチウムイオン二次電池で連続して充電する。
【解決手段】充電器は、入力電力を制御して外部電池1を充電する第1の充電回路2と、入力電力で充電される内蔵二次電池3と、この内蔵二次電池3の充電と放電を制御する充放電制御回路4と、第1の充電回路2と充放電制御回路4の動作状態をコントロールする制御回路5とを備える。充電器は、脱着自在に装着される外部電池1を、入力電力と内蔵二次電池3の両方で充電する。充電器は、入力電力の非入力状態においては、制御回路5が内蔵二次電池3の電力を充放電制御回路4に供給して動作状態とし、動作状態にある充放電制御回路4が内蔵二次電池3の放電状態をコントロールして、内蔵二次電池3を放電させて、この放電電力で外部電池1を充電する。
【選択図】図8

Description

本発明は、脱着自在にセットされる外部電池を充電する充電器に関し、とくに内蔵するリチウムイオン二次電池と入力電力の両方で外部電池を充電する充電器に関する。
本出願人は、充電時間を短縮する目的で、予備電池を内蔵する充電器を開発した。(特許文献1参照)
特開2003−199260号公報
特許文献1に記載する充電器の回路図を図1に示す。この充電器は、外部電池を充電する充電用電源92と、充電用電源92と外部電池91との間に接続されて、互いにタイミングをずらせてパルス充電するように、充電する外部電池91を切り換える主充電スイッチ94と、充電用電源92に予備充電スイッチ95を介して接続されて充電用電源92で充電される予備電池96と、予備電池96と外部電池91との間に接続しているサブ充電スイッチ97と、このサブ充電スイッチ97と主充電スイッチ94と予備充電スイッチ95とをオンオフに制御する制御回路93とを備える。制御回路93は、複数の外部電池91を順番にパルス充電するように主充電スイッチ94をオンオフに切り換えると共に、充電用電源92が外部電池91を充電しないタイミングで、予備充電スイッチ95をオンに切り換えて、充電用電源92が予備電池96を充電するように制御する。さらに、制御回路93は、主充電スイッチ94を順番にオンオフに切り換えて、外部電池91をパルス充電するパルス充電タイミングにおいて、主充電スイッチ94がオフに切り換えられて充電用電源92でパルス充電されない外部電池91に接続しているサブ充電スイッチ97をオンにし、充電用電源92と予備電池96の両方で外部電池91を充電する。
この充電器は、パルス充電のパルス電流を大きくすることなく二次電池を短時間で充電できる。それは、充電用電源から二次電池に充電電流を供給しないとき、あるいは充電用電源から二次電池に設定電流よりも小さい充電電流を供給するときに、充電用電源から予備電池に充電電流を供給して予備電池を充電し、充電された予備電池から供給する予備充電電流と、充電用電源から供給するパルス充電電流の両方で時間をずらして二次電池を充電するからである。とくに、この充電器は、パルス充電と予備電池からの充電を時間をずらせて、いいかえると、パルス充電しないタイミングにおいて予備電池で充電して、パルス充電のパルス電流を大きくすることなく、効率よく外部電池を短時間で充電できる。この充電器は、パルス充電のパルス電流を大きくすることなく短時間で外部電池を充電できるので、充電用電源の出力電流を大きくすることなく、急速充電できる。
本願出願人は、この充電器を、ニッケル−水素電池やニッケルカドミウム電池の充電器として製作した。この充電器は、内蔵する予備電池と外部電池とを同じタイプの電池とした。予備電池と外部電池とをダイオードを介して接続して、予備電池から外部電池に充電するためである。この充電器は、予備電池と外部電池を同じタイプの電池とするので、予備電池を外部電池に接続して、外部電池を過充電することなく予備電池で充電できる。ただ、この充電器は、充電される外部電池の充電時間を短縮する目的で、すなわち、充電電流の平均電流を増加するために、予備電池を使用内蔵する。さらに、外部電池の充電を制御する全ての回路の電源を、入力される商用電源から供給している。したがって、商用電源が入力されなくなると、制御回路が動作しなくなるので、予備電池で外部電池を充電できなくなる。したがって、充電器の電源プラグが外されると、外部電池の充電も停止する。たとえば、充電している外部電池が満充電されない状態で、外出することがある。このとき、従来の充電器は、電源プラグを外すと、たとえ予備電池が充電された状態にあっても、外部電池を充電することはできない。
本発明は、さらにこのような欠点を解決することを目的に開発されたものである。本発明の重要な目的は、外部電池が満充電されない状態で、電源プラグが外される等して入力電力が遮断される状態になっても、内蔵しているリチウムイオン二次電池でもって連続して充電できる充電器を提供することにある。
また、本発明は、リチウムイオン二次電池を内蔵して、このリチウムイオン二次電池で外部電池を充電することにより、充電器を長期間にわたって使用しない状態においても、リチウムイオン二次電池で外部電池を効率よく充電できる充電器を提供することにある。
また、本発明の他の大切な目的は、リチウムイオン二次電池を内蔵することにより、内蔵する電池を常に満充電された状態に保持して、これでもって外部電池を効率よく充電できる充電器を提供することにある。
本発明の充電器は、前述の目的を達成するために以下の構成を備える。
充電器は、入力電力を制御して脱着自在に装着される外部電池1を充電する第1の充電回路2と、入力電力で充電される内蔵二次電池3と、この内蔵二次電池3を入力電力で充電すると共に、内蔵二次電池3の放電を制御する充放電制御回路4と、第1の充電回路2と充放電制御回路4の動作状態をコントロールする制御回路5とを備える。充電器は、脱着自在に装着される外部電池1を、入力電力と内蔵二次電池3の両方で充電する。充電器は、入力電力の非入力状態においては、制御回路5が内蔵二次電池3の電力を充放電制御回路4に供給して動作状態とし、動作状態にある充放電制御回路4が内蔵二次電池3の放電状態をコントロールして、内蔵二次電池3を放電させて、この放電電力で外部電池1を充電する。
本発明の充電器は、充放電制御回路4が、外部電池1の充電をコントロールする充電スイッチ11を備え、この充電スイッチ11でもって、内蔵二次電池3が外部電池1を充電する状態を制御することができる。
本発明の充電器は、内蔵二次電池3の出力電圧を変換するDC/DCコンバータ7を備えることができる。
本発明の充電器は、外部電池1を充電する直流電圧を出力する主電源回路6を備え、この主電源回路6が商用電源10を入力電力とすることができる。
本発明の充電器は、第1の充電制御回路5が、外部電池1の電力を内蔵二次電池3に供給して内蔵二次電池3を充電するサブ充電回路9を備え、このサブ充電回路9でもって、外部電池1から内蔵二次電池3を充電することができる。
本発明の充電器は、外部電池1を充電する直流電圧を出力する主電源回路を備え、この主電源回路をACアダプター40とすることができる。
本発明の充電器は、外部電池1を充電する直流電圧を出力する主電源回路を備え、この主電源回路を太陽電池50とすることができる。
さらに、本発明の充電器は、内蔵二次電池3を、リチウムイオン二次電池とすることができる。
本発明の充電器は、外部電池が満充電されない状態で、入力電力が遮断される状態になっても、外部電池を充電できる特長がある。それは、本発明の充電器が、入力電力で充電される内蔵二次電池を内蔵すると共に、脱着自在に装着される外部電池を、入力電力と内蔵二次電池の両方で充電する構造としており、入力電力の非入力状態においては、内蔵二次電池の電力で充放電制御回路を動作状態とし、内蔵二次電池の放電状態をコントロールして、内蔵二次電池の放電電力で外部電池を充電するからである。本発明の充電器は、外部電池を充電するための二次電池を内蔵するだけでなく、入力電力が遮断された状態において、内蔵する二次電池の電力で充放電制御回路を動作状態として、内蔵する二次電池の放電状態をコントロールして外部電池を充電することを特徴としている。したがって、本発明の充電器は、充電中に電源プラグが外される等して入力電力が遮断されても、内蔵する内蔵二次電池の放電電力で外部電池を継続して充電できる。このため、本発明の充電器は、外部電池を入力電力で充電する時間がなく充電器を持って外出するときや、入力電力を供給できない移動中等において極めて便利に使用できる。
本発明の請求項2の充電器は、充放電制御回路に、外部電池の充電をコントロールする充電スイッチを設けて、この充電スイッチで、内蔵二次電池が外部電池を充電する状態を制御するので、この充電スイッチを操作することにより、入力電力による充電に加えて、内蔵二次電池からの出力で外部電池を充電して、より短時間に充電できる特長がある。
本発明の請求項6の充電器は、外部電池を充電する直流電圧を出力する主電源回路としてACアダプターを備えているので、商用電源を電池の充電電力に変換する回路を設ける必要がなく、充電器の回路構成を簡単して、全体を小さくできる。
本発明の請求項7の充電器は、外部電池を充電する直流電圧を出力する主電源回路として太陽電池を備えているので、自然エネルギーである太陽光のエネルギーを有効利用して、太陽電池からの入力電力で内蔵二次電池を充電し、さらに、充電された内蔵二次電池で外部電池を効率よく充電できる。とくに、この充電器は、太陽電池の出力を入力電力とするので、通常の使用時においては、ランニングコストを低減しながら外部電池を効率よく充電でき、また、停電時や災害時においても、便利に使用できる特長がある。
さらに、本発明の請求項8の充電器は、内蔵二次電池として、リチウムイオン二次電池を内蔵しており、このリチウムイオン二次電池で外部電池を充電する構造としている。リチウムイオン二次電池は、ニッケル−水素電池やニッケルカドミウム電池に比較して自己放電が小さく、満充電された後は、入力電力が入力されない状態となっても、長期間にわたって満充電された状態に保持される。したがって、この充電器は、長期間にわたって使用しない状態においても、リチウムイオン二次電池で外部電池を効率よく充電できると共に、内蔵する電池を常に満充電された状態に保持して、これでもって外部電池を効率よく充電できる。
以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。ただし、以下に示す実施例は、本発明の技術思想を具体化するための充電器を例示するものであって、本発明は充電器を以下のものに特定しない。
さらに、この明細書は、特許請求の範囲を理解しやすいように、実施例に示される部材に対応する番号を、「特許請求の範囲」および「課題を解決するための手段の欄」に示される部材に付記している。ただ、特許請求の範囲に示される部材を、実施例の部材に特定するものでは決してない。
図2ないし図7に示す充電器は、外部電池を内蔵する電子機器、または外部電池1を脱着自在に装着する装着部22、32をケース21、31に設けている。ケース21、31には、外部電池1を充電するための内蔵二次電池3を内蔵している。図に示す内蔵二次電池3は、リチウムイオン二次電池である。ただ、本発明の充電器は、内蔵二次電池をリチウムイオン二次電池に特定しない。内蔵二次電池には、ニッケル−水素電池やニッケルカドミウム電池等の充電できる他の全ての電池を使用することができる。また、図の充電器は、外部電池1と内蔵二次電池3を充電するために商用電源のコンセントに接続するプラグ23、33を設けている。
図2と図3に示す充電池は、携帯電話機等の携帯電子機器(図示せず)を脱着自在に装着する装着部22をケース21の上面に設けている。この充電器は、装着部22に携帯電子機器を装着する状態で、携帯電子機器に内蔵される二次電池である外部電池、あるいは、携帯電子機器に脱着自在に装着されるパック電池に内蔵される二次電池である外部電池を充電する。また、図4ないし図7に示す充電器は、単3タイプの二次電池を脱着自在に装着する装着部32を上面に設けている。この充電器は、装着部32に装着される二次電池である外部電池1を充電する。さらに、充電器は、図示しないが、携帯電子機器等に脱着自在に装着されるパック電池を装着部に装着して、パック電池に内蔵される二次電池である外部電池を充電することもできる。
これらの充電器は、直接または間接的に装着部22、32に装着される外部電池1を、商用電源の入力電力と、ケース21、31に内蔵している内蔵二次電池3の両方で充電する。とくに、商用電源が入力されない状態、すなわち、入力電力の非入力状態においては、内蔵している内蔵二次電池3で外部電池1を充電する。装着部22、32に装着されて充電される外部電池1は、リチウムイオン二次電池である。ただ、外部電池は、ニッケル−水素電池やニッケルカドミウム電池等の充電できる二次電池とすることもできる。
これらの図に示す充電器のブロック図を図8に示す。このブロック図に示す充電器は、脱着自在に装着される外部電池1を充電する第1の充電回路2と、入力電力で充電される内蔵二次電池3と、この内蔵二次電池3を入力電力で充電すると共に内蔵二次電池3の放電を制御する充放電制御回路4と、第1の充電回路2と充放電制御回路4の動作状態をコントロールする制御回路5とを備える。さらに、充電器は、外部電池1を充電する直流電圧を出力する主電源回路6を備える。図の充電器は、入力電力を商用電源10とするので、この主電源回路6を、商用電源10である交流100Vを直流電圧に変換する回路としている。ただ、本発明の充電器は、入力電力を必ずしも商用電源とする必要はなく、詳細には後述するが、直流の入力電力を供給する主電源回路を備えることもできる。また、図の充電器は、内蔵二次電池3の出力電圧を変換するDC/DCコンバータ7を備える。また、外部電池1の出力電圧を内蔵二次電池3の充電電圧に変換するサブDC/DCコンバータ8と、外部電池1が内蔵二次電池3を充電する状態を制御するサブ充電回路9を第1の充電回路2に設けている。
第1の充電回路2は、外部電池1の充電を制御して、外部電池1が満充電されると充電を停止する。外部電池1は、主電源回路6から入力される入力電力と、内蔵二次電池3から出力される電力の両方を制御して、外部電池1を充電する。第1の充電回路2は、商用電源10から電力が入力される状態では、主電源回路6の出力で外部電池1を充電する。このとき、内蔵二次電池3が外部電池1を充電できる残容量であると、制御回路5は主電源回路6と内蔵二次電池3の両方の電力で外部電池1を充電する。また、電源プラグがコンセントから抜かれ、あるいは商用電源10が停電して、商用電源10から電力が入力されない非入力状態になると、制御回路5は内蔵二次電池3で外部電池1を充電する。ただ、内蔵二次電池3の残容量が、外部電池1を充電できない容量、言い換えると内蔵二次電池3が完全に放電された状態にあると、制御回路5は内蔵二次電池3から外部電池1を充電しない。この状態では、主電源回路6からの出力のみで外部電池1を充電する。
内蔵二次電池3であるリチウムイオン二次電池は、充電器のケースに内蔵されて、入力電力で充電され、あるいは外部電池1で充電される。入力電力で充電されるリチウムイオン二次電池は、充放電制御回路4で満充電される。リチウムイオン二次電池は、所定の電圧になるまでは定電流充電され、その後、定電圧充電して満充電される。定電圧充電において、満充電に近づくに従って充電電流が減少する。したがって、充電電流が設定電流よりも小さくなると満充電されたと判定して充電が停止される。リチウムイオン二次電池は、定電圧充電して満充電するので、ニッケル−水素電池やニッケルカドミウム電池のように定電流充電して満充電される電池に比較して、満充電するのに時間がかかる。ただ、充電器に内蔵されるリチウムイオン二次電池は、充電時間が長いことが欠点とはならない。それは、充電器を商用電源10に接続する状態で、リチウムイオン二次電池を充電するからである。また、リチウムイオン二次電池は、ニッケル−水素電池やニッケルカドミウム電池に比較して自己放電が小さい。このため、入力電力でリチウムイオン二次電池が満充電された後は、商用電源10が入力されない状態となっても、リチウムイオン二次電池は長い期間にわたって満充電された状態に保持される。満充電状態のリチウムイオン二次電池は、外部電池1の充電容量を大きくできる。
充放電制御回路4は、内蔵二次電池3であるリチウムイオン二次電池の充電を制御し、過充電されると充電を停止する。また、この充放電制御回路4は、電池電圧が設定電圧になるまでは、リチウムイオン二次電池を定電流充電し、その後、定電圧充電して満充電する。リチウムイオン二次電池が満充電されると充電を停止する。さらに、充放電制御回路4は、内蔵二次電池3であるリチウムイオン二次電池の放電、いいかえるとリチウムイオン二次電池が外部電池1を充電する状態を制御する。リチウムイオン二次電池の過放電を防止するためである。充放電制御回路4は、リチウムイオン二次電池の残容量がなくなるまで、放電させて外部電池1を充電する。リチウムイオン二次電池の残容量がなくなると、放電を停止してリチウムイオン二次電池の過放電を防止する。
以上の充電器は、入力電力を商用電源10としており、この商用電源10から供給される電力を、外部電池1を充電する直流電圧に主電源回路6で変換して、充放電制御回路4に供給している。ただ、本発明の充電器は、図9に示すように、外部電池1を充電する直流電圧を出力する主電源回路として、ACアダプター40を備えることもできる。この充電器は、ACアダプター40から供給される直流電力を充放電制御回路4に供給する。この充電器は、商用電源を外部電池1を充電する直流電圧に変換する回路を設ける必要がないので、回路構成を簡単にして、充電器を小さくできる特長がある。
さらに、図10に示す充電器は、外部電池1を充電する直流電圧を出力する主電源回路として、太陽電池50を備えている。太陽電池50は、図示しないが、充電器のケースに配設されて、直流電力を充放電制御回路4に供給する。ただ、外部電池の残容量が所定量以下であり、かつ、太陽電池の発電量が所定値よりも大きい状態では、太陽電池の入力電力で直接、外部電池を充電することもできる。
このように、太陽電池50から電力が供給される充電器は、好ましくは、内蔵二次電池3としてリチウムイオン二次電池を内蔵する。この充電器は、内蔵二次電池としてニッケル−水素電池やニッケルカドミウム電池等を内蔵する構造に比較すると、以下のような利点がある。内蔵二次電池としてニッケル−水素電池やニッケルカドミウム電池を使用すると、充電電流値が1/20C以下の場合は、充電効率が低下する。一方、リチウムイオン二次電池は、このような充電効率の低下がない。よって、電力供給源として、太陽電池を利用するとき、天候の変化で曇り等の天気となって、十分な電流が得られないときでも、リチウムイオン二次電池を充電するなら、充電効率が低下せず効率的に充電できる。
太陽電池50の出力を入力電力として、内蔵二次電池3をリチウムイオン二次電池とする充電器は、たとえば、外部電池1を使用している間(3〜7日)に内蔵二次電池3であるリチウムイオン二次電池を充電して電気を蓄え、充電された内蔵二次電池3で外部電池1を充電するときには、短時間(5時間程度)で充電できる。これに対して、ニッケル−水素電池は、低レート(1/20C以下)では充電効率が低下し、太陽電池で起電力が少ない状態では充電できない。また、ニッケル−水素電池を太陽電池から直接充電する場合は、充電電流が不均一、不連続であることから、満充電の検出ができない問題点もある。それは、ニッケル−水素電池が、低電流で充電し、電圧の変化(−ΔV検出)を検出して満充電を検出し充電を終了させているからである。これに対して、リチウムイオン二次電池は、低電圧充電を行い、満充電の検出は不要であることから、電流値が不安定な太陽電池からでも、確実に充電できる。さらに、リチウムイオン二次電池からの携帯電話充電等の別機能の追加も可能である。以上のように、出力の安定しない太陽電池を入力電力とする充電器において、内蔵二次電池をリチウムイオン二次電池とする構造は極めて有効であり、充電効率を低下させることなく効率よく充電できる特長がある。
以上の実施例の充電器は、制御回路5が、第1の充電回路2と充放電制御回路4の動作状態を制御する。制御回路5が第1の充電回路2と充放電制御回路4を制御する状態を、図11ないし図15に示している。ただし、以下に示す動作状態は、図8に示す充電器における制御の状態を示している。ここで、各図において、点線は使用されていない電気接続線を示している。
[第1の動作状態]
図11は、商用電源10が入力される状態であって、主電源回路6の出力でもって、第1の充電回路2が外部電池1を充電する状態である。この状態は、内蔵二次電池3であるリチウムイオン二次電池の残容量が少ない状態で、外部電池1が充電される状態である。制御回路5は、内蔵二次電池3の残容量を検出して、内蔵二次電池3の残容量が設定容量よりも小さいと、充放電制御回路4を動作状態としないで、第1の充電回路2のみを動作状態とする。動作状態にない充放電制御回路4は、内蔵二次電池3で外部電池1を充電しない。動作状態にある第1の充電回路2は、主電源回路6から供給される電力で外部電池1を充電する。
[第2の動作状態]
図12は、商用電源10で内蔵二次電池3を充電する。すなわち、主電源回路6からの出力で内蔵二次電池3であるリチウムイオン二次電池を充電する。この状態は、充電器が商用電源10に接続されて、外部電池1を充電器にセットしない状態、あるいは外部電池1が満充電された状態である。制御回路5は、内蔵二次電池3の残容量を検出し、内蔵二次電池3が満充電されない状態であって、外部電池1を充電しないことを検出して、充放電制御回路4を動作状態として、主電源回路6の出力で内蔵二次電池3を充電する。内蔵二次電池3が満充電されると、充放電制御回路4は内蔵二次電池3の充電を停止する。この状態で、内蔵二次電池3は満充電される。
[第3の動作状態]
図13は、商用電源10と内蔵二次電池3の両方で外部電池1を充電する状態である。この状態は、充電器が商用電源10に接続されて商用電源10が入力され、かつ内蔵二次電池3が外部電池1を充電できる容量まで充電された状態である。制御回路5は、商用電源10が入力されたことを検出し、かつ、内蔵二次電池3の残容量が外部電池1を充電できる容量(上述の設定容量)よりも大きいことを検出して、第1の充電回路2と充放電制御回路4を動作状態とする。動作状態にある第1の充電回路2は、主電源回路6からの出力で外部電池1を充電する。また、動作状態にある充放電制御回路4は、内蔵二次電池3を放電し、内蔵二次電池3の放電電力を外部電池1に供給して外部電池1を充電する。このとき、制御回路5は、内蔵二次電池3の出力側に接続しているDC/DCコンバータ7も動作状態とし、このDC/DCコンバータ7で内蔵二次電池3の出力電圧を、外部電池1を充電する電圧に変換して、外部電池1を充電する。この動作状態は、充放電制御回路4に設けている充電スイッチ11で制御することもできる。充放電制御回路4は、充電スイッチ11が押されたことを検出して、内蔵二次電池3を放電させて外部電池1を充電する。この充電スイッチ11は、たとえば、ターボ充電スイッチとして、主電源回路6に加えて内蔵二次電池3からの出力で外部電池1をより短時間に充電する。充電スイッチを装備しない充放電制御回路は、内蔵二次電池が外部電池を充電できる残容量であることを検出して、外部電池を充電する。
[第4の動作状態]
図14は、充電器が商用電源10に接続されない状態で、内蔵二次電池3で外部電池1を状態する。制御回路5は、商用電源10が入力されないことを検出し、かつ内蔵二次電池3の残容量が外部電池1を充電できる容量よりも大きいとき、主電源回路6を動作状態とはしないで、第1の充電回路2と充放電制御回路4を動作状態として、内蔵二次電池3で外部電池1を充電する。このとき、制御回路5は、DC/DCコンバータ7も動作状態として、内蔵二次電池3の出力電圧をDC/DCコンバータ7で外部電池1の充電電圧に変換して、外部電池1を充電する。この状態で、外部電池1が満充電されると、制御回路5は外部電池1の充電を終了する。図14の状態は、たとえば、充電器を商用電源10に接続して、外部電池1を商用電源10と内蔵二次電池3の両方で充電しているとき、充電器が商用電源10から外された状態で発生する。商用電源10が外されても、内蔵二次電池3が外部電池1の充電を継続して充電できる充電器は、外部電池1が満充電されない状態で、外部電池1をセットしている充電器を商用電源10から外して持ち出しても、外部電池1の充電が継続できる。この状態は、外部電池1を充電する時間がなく、充電器を持って外出するときに便利に使用できる。
[第5の動作状態]
図15は、外部電池1で内蔵二次電池3を充電する状態である。制御回路5は、外部電池1が内蔵二次電池3であるリチウムイオン二次電池を充電できる残容量であることを検出し、かつ内蔵二次電池3が満充電されないことを検出して、外部電池1で内蔵二次電池3を充電する。外部電池1で内蔵二次電池3を充電する充電器は、第1の充電回路2に、外部電池1で内蔵二次電池3であるリチウムイオン二次電池を充電するためのサブ充電回路9を設けている。また、外部電池1の出力電圧を内蔵二次電池3であるリチウムイオン二次電池の出力電圧に変換するサブDC/DCコンバータ8も備えている。充電器は、外部電池1を充電するために使用されるものであるから、サブ充電回路9は、外部電池1の放電を許可する放電スイッチ12を備え、この放電スイッチ12が操作されたことを検出して、外部電池1で内蔵二次電池3を充電する。充電器のユーザーは、外部電池1を使用する必要がないときに、放電スイッチ12を操作して、外部電池1で内蔵二次電池3を充電する。
本出願人が先に出願した充電装置の回路図である。 本発明の一実施例にかかる充電器の斜視図である。 図2に示す充電器の一部断面斜視図である。 本発明の他の実施例にかかる充電器の斜視図である。 図4に示す充電器の一部断面斜視図である。 図4に示す充電器の底面斜視図である。 図6に示す充電器の一部断面斜視図である。 本発明の一実施例にかかる充電器のブロック図である。 本発明の他の実施例にかかる充電器のブロック図である。 本発明の他の実施例にかかる充電器のブロック図である。 図8に示す充電器の第1の動作状態を示す図である。 図8に示す充電器の第2の動作状態を示す図である。 図8に示す充電器の第3の動作状態を示す図である。 図8に示す充電器の第4の動作状態を示す図である。 図8に示す充電器の第5の動作状態を示す図である。
符号の説明
1…外部電池
2…第1の充電回路
3…内蔵二次電池
4…充放電制御回路
5…制御回路
6…主電源回路
7…DC/DCコンバータ
8…サブDC/DCコンバータ
9…サブ充電回路
10…商用電源
11…充電スイッチ
12…放電スイッチ
21…ケース
22…装着部
23…プラグ
31…ケース
32…装着部
33…プラグ
40…ACアダプター
50…太陽電池
91…外部電池
92…充電用電源
93…制御回路
94…主充電スイッチ
95…予備充電スイッチ
96…予備電池
97…サブ充電スイッチ

Claims (8)

  1. 入力電力を制御して脱着自在に装着される外部電池(1)を充電する第1の充電回路(2)と、入力電力で充電される内蔵二次電池(3)と、この内蔵二次電池(3)を入力電力で充電すると共に内蔵二次電池(3)の放電を制御する充放電制御回路(4)と、第1の充電回路(2)と充放電制御回路(4)の動作状態をコントロールする制御回路(5)とを備え、
    脱着自在に装着される外部電池(1)を、入力電力と内蔵二次電池(3)の両方で充電すると共に、入力電力の非入力状態においては、制御回路(5)が内蔵二次電池(3)の電力を充放電制御回路(4)に供給して動作状態とし、動作状態にある充放電制御回路(4)が内蔵二次電池(3)の放電状態をコントロールして、内蔵二次電池(3)を放電させて、この放電電力で外部電池(1)を充電するようにしてなる充電器。
  2. 充放電制御回路(4)が、外部電池(1)の充電をコントロールする充電スイッチ(11)を備え、この充電スイッチ(11)でもって、内蔵二次電池(3)が外部電池(1)を充電する状態を制御する請求項1に記載される充電器。
  3. 内蔵二次電池(3)の出力電圧を変換するDC/DCコンバータ(7)を備える請求項1に記載される充電器。
  4. 外部電池(1)を充電する直流電圧を出力する主電源回路(6)を備え、この主電源回路(6)が商用電源(10)を入力電力としている請求項1に記載される充電器。
  5. 第1の充電回路(2)が、外部電池(1)の電力を内蔵二次電池(3)に供給して内蔵二次電池(3)を充電するサブ充電回路(9)を備え、このサブ充電回路(9)でもって、外部電池(1)が内蔵二次電池(3)を充電するようにしてなる請求項1に記載される充電器。
  6. 外部電池(1)を充電する直流電圧を出力する主電源回路(6)を備え、この主電源回路(6)がACアダプター(40)である請求項1に記載される充電器。
  7. 外部電池(1)を充電する直流電圧を出力する主電源回路(6)を備え、この主電源回路(6)が太陽電池(50)である請求項1に記載される充電器。
  8. 内蔵二次電池(3)が、リチウムイオン二次電池である請求項1ないし7のいずれかに記載される充電器。
JP2006219015A 2006-08-10 2006-08-10 充電器 Pending JP2008048473A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006219015A JP2008048473A (ja) 2006-08-10 2006-08-10 充電器

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006219015A JP2008048473A (ja) 2006-08-10 2006-08-10 充電器
US11/889,156 US7764043B2 (en) 2006-08-10 2007-08-09 Battery charger with internal battery

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008048473A true JP2008048473A (ja) 2008-02-28

Family

ID=39050082

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006219015A Pending JP2008048473A (ja) 2006-08-10 2006-08-10 充電器

Country Status (2)

Country Link
US (1) US7764043B2 (ja)
JP (1) JP2008048473A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011229664A (ja) * 2010-04-27 2011-11-17 Fujifilm Corp 収納ケース、装置システム
JP2012050291A (ja) * 2010-08-30 2012-03-08 Terrara Code Research Institute Inc 給電スタンド
WO2012128252A1 (ja) * 2011-03-18 2012-09-27 三洋電機株式会社 蓄電システム
JP2013070540A (ja) * 2011-09-25 2013-04-18 Denso Corp 充電装置
JP2014128113A (ja) * 2012-12-26 2014-07-07 Panasonic Corp 蓄電装置、蓄電システム及び蓄電方法
JP2016213915A (ja) * 2015-04-30 2016-12-15 日本電信電話株式会社 ワイヤレス給電システム
JP2018113759A (ja) * 2017-01-10 2018-07-19 パナソニックIpマネジメント株式会社 充電可能なバッテリを備えた情報処理装置及び充電装置

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4544273B2 (ja) * 2007-06-20 2010-09-15 トヨタ自動車株式会社 車両用電源装置および車両用電源装置における蓄電装置の充電状態推定方法
US8629646B2 (en) * 2009-01-09 2014-01-14 Solar Components Llc Generation of renewable energy certificates from distributed procedures
US20100176760A1 (en) * 2009-01-09 2010-07-15 Bullen M James System for photovoltaic power and charge management
EP2389716A1 (en) * 2009-01-22 2011-11-30 Techtium Ltd. Intelligent battery powered charging system
JP5435633B2 (ja) * 2009-09-03 2014-03-05 清水建設株式会社 分散型電源の制御方法
US9343912B2 (en) * 2011-03-15 2016-05-17 Sony Corporation Power charging device and mobile terminal apparatus
CN102185368A (zh) * 2011-05-12 2011-09-14 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司 充电器
JP6381947B2 (ja) * 2013-09-04 2018-08-29 日東電工株式会社 携帯機器、充電システム、及び、電源回路基板等
KR102063209B1 (ko) * 2013-09-16 2020-01-07 엘지전자 주식회사 이동 단말기와 그의 배터리 충전방법
USD766176S1 (en) 2014-04-01 2016-09-13 The Salvajor Company Rail charger for batteries
US9800067B2 (en) 2014-04-01 2017-10-24 The Salvajor Company Rail charging system for charging multiple batteries
CN106487055B (zh) * 2015-09-02 2019-06-11 华为终端有限公司 电源管理电路、智能终端及充电方法
US9843206B2 (en) * 2015-09-11 2017-12-12 Renesas Electronics America Inc. Transformer less battery charger system

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05122858A (ja) * 1991-10-25 1993-05-18 Sony Corp 蓄電式バツテリーチヤージヤー
JPH11136872A (ja) * 1997-10-29 1999-05-21 Nec Saitama Ltd 充電器
JP2003199260A (ja) * 2001-12-26 2003-07-11 Sanyo Electric Co Ltd 二次電池の充電方法と充電装置
JP2004328835A (ja) * 2003-04-22 2004-11-18 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電源装置
JP2006204066A (ja) * 2005-01-24 2006-08-03 Matsushita Electric Ind Co Ltd 携帯型充電装置

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7339347B2 (en) * 2003-08-11 2008-03-04 Reserve Power Cell, Llc Apparatus and method for reliably supplying electrical energy to an electrical system
US7166987B2 (en) * 2003-10-10 2007-01-23 R. F. Tech Co., Ltd Portable charger for mobile phone

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05122858A (ja) * 1991-10-25 1993-05-18 Sony Corp 蓄電式バツテリーチヤージヤー
JPH11136872A (ja) * 1997-10-29 1999-05-21 Nec Saitama Ltd 充電器
JP2003199260A (ja) * 2001-12-26 2003-07-11 Sanyo Electric Co Ltd 二次電池の充電方法と充電装置
JP2004328835A (ja) * 2003-04-22 2004-11-18 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電源装置
JP2006204066A (ja) * 2005-01-24 2006-08-03 Matsushita Electric Ind Co Ltd 携帯型充電装置

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011229664A (ja) * 2010-04-27 2011-11-17 Fujifilm Corp 収納ケース、装置システム
US8615069B2 (en) 2010-04-27 2013-12-24 Fujifilm Corporation Accommodating case and device system
JP2012050291A (ja) * 2010-08-30 2012-03-08 Terrara Code Research Institute Inc 給電スタンド
WO2012128252A1 (ja) * 2011-03-18 2012-09-27 三洋電機株式会社 蓄電システム
JP2013070540A (ja) * 2011-09-25 2013-04-18 Denso Corp 充電装置
JP2014128113A (ja) * 2012-12-26 2014-07-07 Panasonic Corp 蓄電装置、蓄電システム及び蓄電方法
JP2016213915A (ja) * 2015-04-30 2016-12-15 日本電信電話株式会社 ワイヤレス給電システム
JP2018113759A (ja) * 2017-01-10 2018-07-19 パナソニックIpマネジメント株式会社 充電可能なバッテリを備えた情報処理装置及び充電装置

Also Published As

Publication number Publication date
US20080036417A1 (en) 2008-02-14
US7764043B2 (en) 2010-07-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2008048473A (ja) 充電器
RU2444105C1 (ru) Универсальная портативная система аккумулирования электроэнергии и электроснабжения
JP6201006B2 (ja) 二次電池を利用した電源装置及び前記電源装置のバッテリーモード転換方法
TWI441372B (zh) Extended Mobile Power Supply
JP3869585B2 (ja) 複数の二次電池の放電方法と組電池
US8648493B2 (en) Computer system having solar power unit and method of controlling the same
US20080284370A1 (en) Portable Battery Operated Power Supply
US20120249071A1 (en) Series battery charger with the function of separate detection
EP1684397B1 (en) Portable compound battery unit management system
JP2008131707A (ja) 携帯電話機用充電装置
CA2596779A1 (en) Rechargeable powered device
TW201427227A (zh) 可攜式無線充電器
JP6298634B2 (ja) スイッチング電源装置
US20120256583A1 (en) Low Cost Fast Charger with Internal Accumulator and Method
RU53818U1 (ru) Батарея электрических накопителей энергии
JP6007385B2 (ja) 蓄電装置およびその制御方法ならびに電源装置
US20080007215A1 (en) Portable power supplying device
JP3780502B2 (ja) 太陽電池式モバイル機器用充電器
CN2935483Y (zh) 便携式数码设备的外置电池包
JP5541682B2 (ja) リチウムイオン組電池の充電システムおよび充電方法
CN201868533U (zh) 一种可充放电控制电池、嵌套电池及一种电动剃须刀
JP2006340114A (ja) 携帯電話機、携帯電話機用の内蔵電池パック及び携帯電話機用の補助電源
JP2004288537A (ja) パック電池、二次電池充電装置および二次電池充電方法
CN102005793A (zh) 一种可充放电控制电池、嵌套电池及一种电动剃须刀
CN2518226Y (zh) 一种组合充电电池

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090325

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091210

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091215

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100127

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101102

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110301