JP2008043963A - Apparatus and method for bending tube, bent tube, and ball screw using the bent tube as circulation passage - Google Patents

Apparatus and method for bending tube, bent tube, and ball screw using the bent tube as circulation passage Download PDF

Info

Publication number
JP2008043963A
JP2008043963A JP2006220078A JP2006220078A JP2008043963A JP 2008043963 A JP2008043963 A JP 2008043963A JP 2006220078 A JP2006220078 A JP 2006220078A JP 2006220078 A JP2006220078 A JP 2006220078A JP 2008043963 A JP2008043963 A JP 2008043963A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tube
bending
mold
holding
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006220078A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Ryuichi Shinagawa
隆一 品川
Teishiro Tamura
悌士郎 田村
Takayuki Tago
隆行 田子
Original Assignee
Nsk Ltd
日本精工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nsk Ltd, 日本精工株式会社 filed Critical Nsk Ltd
Priority to JP2006220078A priority Critical patent/JP2008043963A/en
Publication of JP2008043963A publication Critical patent/JP2008043963A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus and a method for bending a tube by which the tube C can be accurately and efficiently bent by preventing flattening and other bending errors in bending the tube C, and further to provide a bent tube and a ball screw. <P>SOLUTION: The apparatus 100 is for bending the tube C so as to make the inner peripheral side of the bending portion of the tube C follow a die and comprises a tube holding mechanism for holding non-bending portions of the tube C by bringing the portions into contact with the die, and a bending moment applying mechanism for applying the bending moment to the tube C held by the tube holding mechanism so as to bring the inner peripheral side of the bending portion of the tube C into pressure-contact with the bent portion R of the die without forming a fulcrum mechanism inside the bent portion R of the die. By this configuration, the tube C can be accurately and efficiently bent by preventing flattening and other bending errors. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、ボールねじの鋼球(ボール)の循環路などに用いられるチューブの曲げ加工装置および曲げ加工方法、ならびに当該曲げ加工装置などで製作された曲管および当該曲管を循環路に用いたボールねじに関するものである。   The present invention relates to a bending device and a bending method of a tube used in a circulation path of a steel ball (ball) of a ball screw, a bent pipe manufactured by the bending apparatus and the like, and the bent pipe to the circulation path. It relates to the ball screw.
一般に、リターンチューブ方式のボールねじには、ねじ溝を転動してきた複数の鋼球を循環させるために全体がU字形状に曲げ加工された循環路(リターンチューブ)が備えられている。
このようなU字形をしたボールねじ用循環路の従来の曲げ加工方法としては、以下に示すような方法が用いられている。
Generally, a return tube type ball screw is provided with a circulation path (return tube) that is bent into a U-shape as a whole in order to circulate a plurality of steel balls that have rolled in the thread groove.
As a conventional bending method for such a U-shaped ball screw circuit, the following method is used.
先ず1つめの曲げ加工方法は、例えばそれぞれチューブ(ワーク)の外径に合った溝が形成されたV型の上型(雄型)と下型(雌型)を用意し、その上型と下型をプレスしてそのチューブの1つの曲げ部を加圧してL字状に曲げた後、その近傍の他の曲げ部に対しても同様に加圧することで直管状のチューブをU字に曲げ加工するものである(プレス曲げ)。なお、このプレス曲げには、上型(雄型)と下型(雌型)の溝をU字型にすることで一度のプレスで直管状のチューブをU字に曲げ加工する方法もある。   First, the first bending method is, for example, preparing a V-shaped upper mold (male mold) and a lower mold (female mold) each having a groove that matches the outer diameter of the tube (workpiece). Press the lower die and pressurize one bent part of the tube to bend it in an L shape, then pressurize the other bent parts in the vicinity in the same way to make the straight tube into a U shape. It is to be bent (press bending). In this press bending, there is also a method in which a straight tube is bent into a U shape with a single press by making the upper (male) and lower (female) grooves U-shaped.
次に、2つめの曲げ加工方法は、固定ダイスや固定曲げ型に締め付け型や金具を介して直管状のチューブの一部を固定した後、その開放端側を押し型や押さえ金などによって固定ダイスや固定曲げ型の周りへ押さえ付けて直管状のチューブをU字形に曲げ加工するものである(圧縮曲げ、しごき曲げ)。
また、3つめの曲げ加工方法は、例えば以下の特許文献1などに示すように、ロール型とクランプ駒によって直管状のチューブを強く把持し、そのロール型のRに沿ってそのチューブをR中心で引っ張りながら曲げるものである(引き曲げ)。そして、この引き曲げ加工に際しては、その直管状のチューブ内に芯金を挿入するようにしており、この芯金の先端が引っ張り曲げ中のチューブ内面に扁平する部分で滑り接触しながらその曲がり部を拡管して潰れを防止すると共に、ロールのR面にチューブが密着するように設定荷重でプレッシャーレールを押しながら曲げ外周面に沿ってスライドすることでR形状の精度を高めるようにしている。
Next, the second bending method is to fix a part of a straight tube to a fixed die or fixed bending die via a clamping die or metal fitting, and then fix the open end side with a pressing die or a presser foot. The straight tube is pressed into a U-shape by pressing it around a die or a fixed bending die (compression bending, iron bending).
The third bending method is, for example, as shown in the following Patent Document 1 or the like, in which a straight tube is strongly held by a roll mold and a clamp piece, and the tube is moved along the center of the R along the R of the roll mold. It bends while pulling with (pending bending). In this bending process, a cored bar is inserted into the straight tubular tube, and the bent part of the cored bar is slidably contacted with the part flattened on the inner surface of the tube being pulled and bent. In order to prevent crushing by expanding the tube, the accuracy of the R shape is improved by sliding along the bending outer surface while pressing the pressure rail with a set load so that the tube is in close contact with the R surface of the roll.
その他、固定曲げ型にチューブの両端をクランプして軸方向に引っ張りながら押し付けてU字形に曲げる引っ張り曲げや、互いに位置調整可能な3〜4個のローラ間にチューブを通過させてU字形に曲げるロール曲げなども適宜用いられている。
特開2005−95956号公報(図14)
In addition, both ends of the tube are clamped to a fixed bending mold and pressed while pulling in the axial direction to bend into a U-shape, or the tube is passed between 3 to 4 rollers whose positions can be adjusted to each other and bent into a U-shape. Roll bending or the like is also used as appropriate.
Japanese Patent Laying-Open No. 2005-95956 (FIG. 14)
しかしながら、前述した最初の曲げ加工方法(プレス曲げ)では、上型溝にある半径R形状部でプレスするとR寸法以下の局部屈折が生じ、さらに曲げ部のチューブ外径に扁平が生じ、鋼球通過ができないといった問題がある。なお、曲げ部の扁平防止のために予めそのチューブ内部に低融点金属などを詰め込んでから加工する方法もあるが、その詰め物の詰め込み作業や除去作業が余分にかかってしまうといった問題がある。また、1回のプレスでU字形に加工した場合では、チューブの材質や弾性が硬いとその曲げ角度が制限されてしまい、直角(90°)あるいはそれ以上の高角度の曲げ加工ができないといった問題がある。   However, in the first bending method described above (press bending), when the radius R-shaped portion in the upper mold groove is pressed, local refraction below the R dimension occurs, and the tube outer diameter of the bent portion becomes flat, resulting in a steel ball. There is a problem that it cannot pass. In addition, there is a method in which a low melting point metal or the like is previously packed in the tube in order to prevent the bent portion from being flattened, but there is a problem in that the filling work and the removal work of the filling are excessively performed. Also, when the tube is processed into a U-shape with a single press, the bending angle is limited if the tube material or elasticity is hard, and bending at a high angle of 90 ° or higher is not possible. There is.
一方、前記2つめの曲げ加工方法(圧縮曲げ、しごき曲げ)の場合もプレス曲げと同様な問題が生ずる。
他方、3つめの曲げ加工方法(引き曲げ)は、チューブに引っ張り応力を加えながら曲げると共に扁平防止用の芯金を併用しながら曲げ加工する方法であるが、チューブの外径がばらついた場合、プレッシャーレールおよびクランプ駒の把持力もばらつくことになり、その把持部で滑りが発生しやすくなる。この結果、滑りが発生した箇所は芯金によって拡径されず、その結果、扁平が著しく発生することがある。
On the other hand, in the case of the second bending method (compression bending, ironing bending), the same problem as in press bending occurs.
On the other hand, the third bending method (pull bending) is a method of bending while applying a tensile stress to the tube and simultaneously using a core metal for preventing flattening, but when the outer diameter of the tube varies, The gripping force of the pressure rail and the clamp piece also varies, and slipping easily occurs at the gripping portion. As a result, the portion where the slip occurs is not expanded by the cored bar, and as a result, the flatness may remarkably occur.
また、これら従来の曲げ加工方法では、スプリングバック(加工戻り)を見込み、所望の曲げ角度よりもやや大きい角度で曲げ加工するようにしているが、このスプリングバック量はチューブの材質や曲げ角度などによって異なってくるため、その調整が難しいといった問題がある。
そこで、本発明は前記のような問題点を解決するために案出されたものであり、その目的は、ほぼ直管状のチューブを曲げ加工するに際して扁平や加工誤差などを防止して高精度かつ効率良く曲げ加工することができる新規なチューブの曲げ加工装置および曲げ加工方法、ならびに当該曲げ加工装置等によって製造されたボールねじ用循環路および当該循環路を用いたボールねじを提供するものである。
Moreover, in these conventional bending methods, the spring back (return of processing) is expected, and the bending is performed at an angle slightly larger than the desired bending angle. The amount of this spring back depends on the tube material, bending angle, etc. There is a problem that it is difficult to adjust.
Therefore, the present invention has been devised to solve the above-mentioned problems, and its purpose is to prevent flatness and processing errors when bending a substantially straight tube, and to achieve high accuracy and Provided are a novel tube bending apparatus and bending method that can be efficiently bent, a ball screw circulation path manufactured by the bending apparatus and the like, and a ball screw using the circulation path. .
前記課題を解決するために請求項1の発明は、
チューブの曲げ加工部の内周側を型に倣わせることにより当該チューブを曲げ加工する装置であって、前記チューブの非曲げ加工部を前記型に当接させて保持するチューブ保持機構と、当該チューブ保持機構で保持されたチューブに対して、前記型の曲げR面の内側に支点機構を形成せずに、前記チューブの曲げ加工部の内周側を前記型の曲げR面に押し当てる曲げ力付与機構と、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
In order to solve the above-mentioned problem, the invention of claim 1
An apparatus for bending the tube by following the mold on the inner peripheral side of the bending portion of the tube, and a tube holding mechanism for holding the non-bending portion of the tube in contact with the die; and For the tube held by the tube holding mechanism, the inner peripheral side of the bent portion of the tube is pressed against the bending R surface of the die without forming a fulcrum mechanism inside the bending R surface of the die. And a bending force applying mechanism.
請求項2の発明は、
請求項1に記載のチューブの曲げ加工装置において、前記チューブ保持機構は、ほぼ直管状をした前記チューブのほぼ中央部をほぼU字形状をした前記型の底辺部分に部分的に当接させて保持するようになっていると共に、前記曲げ力付与機構を、当該チューブ保持機構を挟んでその両側近傍にそれぞれ備えたことを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
The invention of claim 2
2. The tube bending apparatus according to claim 1, wherein the tube holding mechanism is configured such that a substantially central portion of the substantially straight tube is partially brought into contact with a bottom portion of the die having a substantially U shape. The tube bending apparatus is characterized in that the bending force applying mechanism is provided in the vicinity of both sides of the tube holding mechanism, with the bending force applying mechanism interposed therebetween.
請求項3の発明は、
請求項2に記載のチューブの曲げ加工装置において、前記型はその曲げRの曲率半径が変化していることを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
請求項4の発明は、
請求項1〜3のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置において、前記曲げ力付与機構は、前記チューブ保持機構を前記型と共に一方向に往復移動するチューブ移動ユニットと、当該チューブ移動ユニット上のチューブ保持機構で保持されたチューブの開放端に係合するチューブ係合ユニットと、当該チューブ係合ユニットをピボットを中心として旋回自在に軸支すると共に、当該チューブ係合ユニットを前記チューブ移動ユニットに対して近接離間自在に往復移動するチューブ曲げユニットと、前記チューブ移動ユニットとチューブ曲げユニットとの位置を連動して制御する位置制御ユニットと、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
The invention of claim 3
3. The tube bending apparatus according to claim 2, wherein the radius of curvature of the bending R of the mold is changed.
The invention of claim 4
The tube bending apparatus according to any one of claims 1 to 3, wherein the bending force applying mechanism includes a tube moving unit that reciprocates the tube holding mechanism in one direction together with the mold, and the tube moving unit. A tube engaging unit that engages with an open end of a tube held by the upper tube holding mechanism, and the tube engaging unit is pivotally supported around a pivot, and the tube engaging unit is moved by the tube. A tube bending apparatus, comprising: a tube bending unit that reciprocally moves in a manner that allows the unit to move close to and away from the unit; and a position control unit that controls the positions of the tube moving unit and the tube bending unit in conjunction with each other. It is.
請求項5の発明は、
請求項4に記載のチューブの曲げ加工装置において、前記チューブ係合ユニットは、前記チューブ保持機構で保持されたチューブの開放端側から当該チューブ内の曲げ加工点に挿入される芯金を係止可能に取り付けたことを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
The invention of claim 5
5. The tube bending apparatus according to claim 4, wherein the tube engaging unit locks a metal core inserted into a bending point in the tube from an open end side of the tube held by the tube holding mechanism. It is a tube bending apparatus characterized by being attached.
請求項6の発明は、
請求項5に記載のチューブの曲げ加工装置において、前記チューブ係合ユニットのチューブとの係合部を前記チューブの長手方向にスライド自在に支持したことを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
請求項7の発明は、
請求項1〜6のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置において、前記曲げ力付与機構による前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付ける方向に前記チューブに曲げモーメントを付与する曲げモーメント付与機構をさらに備えたことを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
The invention of claim 6
6. The tube bending apparatus according to claim 5, wherein an engaging portion of the tube engaging unit with the tube is slidably supported in a longitudinal direction of the tube.
The invention of claim 7
The tube bending apparatus according to any one of claims 1 to 6, wherein a bending point of the tube is pressed against the bending R side of the mold when the bending force is applied to the tube by the bending force applying mechanism. The tube bending apparatus further includes a bending moment applying mechanism that applies a bending moment to the tube in a direction.
請求項8の発明は、
請求項1〜7のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置において、前記チューブ保持機構および曲げ力付与機構で曲げ加工されたチューブを前記型から取り外すチューブ取り外し機構をさらに備えたことを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
請求項9の発明は、
請求項1〜8のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置において、前記型の軸直角方向断面形状が非円形であることを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
The invention of claim 8
The tube bending apparatus according to any one of claims 1 to 7, further comprising a tube removing mechanism for removing the tube bent by the tube holding mechanism and the bending force applying mechanism from the mold. This is a tube bending apparatus.
The invention of claim 9
The tube bending apparatus according to any one of claims 1 to 8, wherein a cross-sectional shape perpendicular to the axial direction of the mold is non-circular.
請求項10の発明は、
チューブの曲げ加工部の内周側を型に倣わせることにより当該チューブを曲げ加工する装置であって、前記チューブの非曲げ加工部を前記型に当接させて保持するチューブ保持機構と、当該チューブ保持機構で保持されたチューブの曲げ加工部の内周側を前記型の曲げR面に押し当てる曲げ力付与機構と、当該曲げ力付与機構による前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付ける方向に前記チューブに曲げモーメントを付与する曲げモーメント付与機構と、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工装置である。
The invention of claim 10
An apparatus for bending the tube by following the mold on the inner peripheral side of the bending portion of the tube, and a tube holding mechanism for holding the non-bending portion of the tube in contact with the die; and A bending force applying mechanism that presses the inner peripheral side of the bending portion of the tube held by the tube holding mechanism against the bending R surface of the mold, and when the bending force is applied to the tube by the bending force applying mechanism, the tube A bending moment applying mechanism for applying a bending moment to the tube in a direction in which the bending point is pressed against the bending R side of the mold.
請求項11の発明は、
前記請求項1〜10のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置によって製作されたことを特徴とする曲管である。
請求項12の発明は、
前記請求項11に記載の曲管をボールねじ用循環路に用いたことを特徴とするボールねじである。
The invention of claim 11
A bent pipe produced by the tube bending apparatus according to any one of claims 1 to 10.
The invention of claim 12
A ball screw characterized in that the bent pipe according to claim 11 is used for a ball screw circulation path.
請求項13の発明は、
チューブの曲げ加工部の内周側を型に倣わせることにより当該チューブを曲げ加工する方法であって、前記チューブの非曲げ加工部を前記型に当接させて保持するチューブ保持ステップと、当該チューブ保持ステップで保持されたチューブに対して、前記型の曲げR面の内側に支点機構を形成せずに、前記チューブの曲げ加工部の内周側を前記型の曲げR面に押し付けるように曲げ力を付与する曲げ力付与ステップと、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工方法である。
The invention of claim 13
A tube bending step of bending the tube by following the die on the inner peripheral side of the bent portion of the tube, and holding the non-bending portion of the tube in contact with the die; and For the tube held in the tube holding step, the inner peripheral side of the bent portion of the tube is pressed against the bending R surface of the die without forming a fulcrum mechanism inside the bending R surface of the die. And a bending force applying step for applying a bending force to the tube.
請求項14の発明は、
請求項13に記載のチューブ曲げ加工方法において、前記曲げ力付与ステップにおける前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付けるように前記チューブに曲げモーメントを付与することを特徴とするチューブの曲げ加工方法である。
The invention of claim 14
14. The tube bending method according to claim 13, wherein when the bending force is applied to the tube in the bending force applying step, a bending moment is applied to the tube so as to press the bending point of the tube against the bending R side of the mold. It is the tube bending method characterized by providing.
請求項15の発明は、
チューブの曲げ加工部の内周側を型に倣わせることにより当該チューブを曲げ加工する方法であって、前記チューブの非曲げ加工部を前記型に当接させて保持するチューブ保持ステップと、当該チューブ保持ステップで保持されたチューブの曲げ加工部の内周側を前記型の曲げRに押し付けるように曲げ力を付与する曲げ力付与ステップと、当該曲げ力付与ステップにおける前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付けるように前記チューブに曲げモーメントを付与する曲げモーメント付与ステップと、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工方法である。
The invention of claim 15
A tube bending step of bending the tube by following the die on the inner peripheral side of the bent portion of the tube, and holding the non-bending portion of the tube in contact with the die; and A bending force applying step for applying a bending force so as to press the inner peripheral side of the bent portion of the tube held in the tube holding step against the bending R of the mold; and a bending force applied to the tube in the bending force applying step. And a bending moment applying step of applying a bending moment to the tube so as to press the bending point of the tube against the bending R side of the mold at the time of application.
請求項1の発明によれば、チューブの非曲げ加工部を型に当接させて保持するチューブ保持機構と、当該チューブ保持機構で保持されたチューブに対してその曲げ加工部の内周側を前記型の曲げR面に押し当てる曲げ力付与機構とからなるため、剛性が高く曲げRの小さいチューブでも高精度に曲げ加工することができる。
また、Uの字の中心からチューブ端に向かって、および対称に曲げ加工するため、チューブ素材長さを必要最小長さに設定でき、材料の節約になる。
According to the invention of claim 1, the tube holding mechanism that holds the non-bending portion of the tube in contact with the mold, and the inner peripheral side of the bending portion with respect to the tube held by the tube holding mechanism. Since it comprises a bending force applying mechanism that presses against the bending R surface of the mold, even a tube having high rigidity and small bending R can be bent with high accuracy.
Further, since the bending process is performed symmetrically from the center of the U-shape toward the tube end, the tube material length can be set to the minimum necessary length, which saves material.
請求項2の発明によれば、前記チューブ保持機構は、ほぼ直管状をした前記チューブのほぼ中央部をほぼU字形状をした前記型の底辺部分に部分的に当接させて保持するようになっていると共に、前記曲げ力付与機構を、当該チューブ保持機構を挟んで対称に備えたため、チューブ保持機構に働く軸方向の力が相殺されることにより、保持力を低減でき、保持部のチューブ変形を小さくできる他、ほぼ直管状のチューブをU字形状などに効率良く曲げ加工することができる。   According to a second aspect of the present invention, the tube holding mechanism is configured to hold the substantially central portion of the substantially straight tube in contact with the bottom portion of the substantially U-shaped mold. In addition, since the bending force applying mechanism is provided symmetrically with the tube holding mechanism in between, the axial force acting on the tube holding mechanism is canceled, so that the holding force can be reduced, and the tube of the holding portion In addition to being able to reduce deformation, it is possible to efficiently bend a substantially straight tube into a U-shape.
請求項3の発明によれば、前記型はその曲げRの曲率半径が変化しているため、ほぼ直管状のチューブを曲率半径が変化したU字形状などに効率良く曲げ加工することができる。
請求項4の発明によれば、前記曲げ力付与機構は、前記チューブ保持機構を前記型と共に一方向に往復移動するチューブ移動ユニットと、当該チューブ移動ユニット上のチューブ保持機構で保持されたチューブの開放端を係合するチューブ係合ユニットと、当該チューブ係合ユニットをピボットを中心として旋回自在に軸支するため、曲げ状態に応じた角度制御を行わなくともチューブと型との接触点(曲げ位置)での接線方向に曲げ力付与機構を向けることができる。
According to the invention of claim 3, since the curvature radius of the bending R of the mold is changed, the substantially straight tube can be efficiently bent into a U shape having a changed curvature radius.
According to the invention of claim 4, the bending force applying mechanism includes a tube moving unit that reciprocates the tube holding mechanism in one direction together with the mold, and a tube held by the tube holding mechanism on the tube moving unit. Since the tube engagement unit that engages the open end and the tube engagement unit is pivotally supported around the pivot, the contact point between the tube and the mold (bending is not performed without angle control according to the bending state). The bending force application mechanism can be directed in the tangential direction at (position).
請求項5の発明によれば、前記チューブ係合ユニットに係止可能に取り付け、前記チューブ保持機構で保持されたチューブの開放端側から当該チューブ内に挿入される芯金を有しているため、芯金先端のチューブと型との接触点(曲げ位置)との相対位置と相対角度が一定となり、扁平や潰れなどを確実に防止しつつ前記チューブを所定形状に曲げ加工することができる。   According to the fifth aspect of the present invention, there is a metal core that is attached to the tube engaging unit so as to be locked and is inserted into the tube from the open end side of the tube held by the tube holding mechanism. The relative position and relative angle between the contact point (bending position) between the tube at the tip of the metal core and the die are constant, and the tube can be bent into a predetermined shape while preventing flatness or crushing.
請求項6の発明によれば、前記チューブ係合ユニットのチューブ係合部をチューブの長手方向にスライド自在に支持したため、加工時に生じるチューブ係合ユニットとチューブとのチューブ芯方向の相対変位をスライド部が吸収し、チューブ表面で摺動しないので前記チューブの損傷などを防止することができる。
請求項7の発明によれば、前記曲げ力付与機構による前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付けるように前記チューブに曲げモーメントを付与する曲げモーメント付与機構をさらに備えたため、曲げ加工部の曲げ誤差をなくすことができる。
According to the sixth aspect of the present invention, since the tube engaging portion of the tube engaging unit is slidably supported in the longitudinal direction of the tube, the relative displacement in the tube core direction between the tube engaging unit and the tube generated during processing is slid. Since the portion absorbs and does not slide on the tube surface, damage to the tube can be prevented.
According to the seventh aspect of the present invention, a bending moment is applied to the tube so as to press the bending point of the tube against the bending R side of the mold when the bending force is applied to the tube by the bending force applying mechanism. Since the moment application mechanism is further provided, the bending error of the bending portion can be eliminated.
請求項8の発明によれば、前記チューブ保持機構および曲げ力付与機構で曲げ加工されたチューブを前記型から取り外すチューブ取り外し機構をさらに備えたため、前記型からの加工後のチューブの取り外しが容易にできる。
請求項9の発明によれば、前記チューブが前記型の軸直角方向断面形状が真円形のみならず楕円形であっても前記と同様に良好な曲げ加工ができる。
According to invention of Claim 8, since the tube removal mechanism which removes the tube bent by the said tube holding mechanism and the bending force provision mechanism from the said type | mold was further provided, removal of the tube after the process from the said type | mold is easy. it can.
According to invention of Claim 9, even if the said tube is not only a perfect circle but an elliptical cross-sectional shape of the said axis | shaft orthogonal direction, the favorable bending process can be performed similarly to the above.
請求項10の発明によれば、前記チューブの非曲げ加工部を前記型に当接させて保持するチューブ保持機構と、当該チューブ保持機構で保持されたチューブの曲げ加工部の内周側を前記型の曲げRに押し付けるように曲げ力を付与する曲げ力付与機構と、当該曲げ力付与機構による前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付けるように前記チューブに曲げモーメントを付与する曲げモーメント付与機構と、を有するため、曲げ加工部の曲げ誤差を回避しつつチューブの曲げ加工を行うことができる。   According to the invention of claim 10, the tube holding mechanism that holds the non-bending portion of the tube in contact with the mold, and the inner peripheral side of the bending portion of the tube held by the tube holding mechanism is A bending force applying mechanism that applies a bending force so as to press against the bending R of the mold, and a bending point of the tube is pressed against the bending R side of the mold when the bending force is applied to the tube by the bending force applying mechanism. And a bending moment applying mechanism for applying a bending moment to the tube, the tube can be bent while avoiding bending errors in the bent portion.
請求項11の発明によれば、扁平や加工誤差がない高品質な曲管を提供することができる。
請求項12の発明によれば、循環路内でのボール循環がスムーズなボールねじを提供できる。
請求項13の発明によれば、請求項1と同様にほぼ直管状のチューブを所定形状に曲げ加工するに際して効率良く曲げ加工することができる。
According to the eleventh aspect of the present invention, it is possible to provide a high-quality curved pipe free from flatness and processing errors.
According to the twelfth aspect of the present invention, it is possible to provide a ball screw that can smoothly circulate the ball in the circulation path.
According to the invention of claim 13, as in the case of claim 1, when a substantially straight tube is bent into a predetermined shape, it can be bent efficiently.
請求項14の発明によれば、請求項7と同様に曲げ加工部の曲げ誤差をなくすことができる。
また、請求項15の発明によれば、請求項10と同様に曲げ加工部の曲げ誤差を回避しつつチューブの曲げ加工を行うことができる。
According to the invention of claim 14, as in the case of claim 7, the bending error of the bent portion can be eliminated.
Further, according to the invention of the fifteenth aspect, similarly to the tenth aspect, the tube can be bent while avoiding a bending error of the bent portion.
次に、本発明に係るチューブの曲げ加工装置100およびこれを用いた曲げ加工方法、ならびにこのチューブの曲げ加工装置100などによって製作されたボールねじ用循環路101およびこのボールねじ用循環路101を用いたボールねじ102の実施の一形態を添付図面を参照しながら詳細に説明する。
先ず、図1〜図13はこのチューブの曲げ加工装置100に係る実施の一形態を示したものであり、特に、図1はこのチューブの曲げ加工装置100の全体構成を示す正面図、図2はその側面図である。
Next, a tube bending apparatus 100 according to the present invention, a bending method using the same, a ball screw circulation path 101 manufactured by the tube bending apparatus 100 and the like, and the ball screw circulation path 101 are provided. An embodiment of the used ball screw 102 will be described in detail with reference to the accompanying drawings.
First, FIG. 1 to FIG. 13 show an embodiment of the tube bending apparatus 100. In particular, FIG. 1 is a front view showing the overall configuration of the tube bending apparatus 100, FIG. Is a side view thereof.
図示するように、このチューブの曲げ加工装置100は、同図中央に位置するチューブ移動ユニット200と、このチューブ移動ユニット200を挟んでその左右両側にそれぞれ位置するチューブ曲げユニット300A、300Bと、これら各ユニット200、300A、300Bの動作を所定の制御方法に従って制御する制御ユニット400とから主に構成されており、以下、これら各ユニット200、300A、300B、400の構成および作用などについて詳述する。   As shown in the figure, the tube bending apparatus 100 includes a tube moving unit 200 located in the center of the figure, tube bending units 300A and 300B located on both the left and right sides of the tube moving unit 200, and The unit is mainly composed of a control unit 400 that controls the operation of each unit 200, 300A, 300B in accordance with a predetermined control method, and the configuration and operation of each unit 200, 300A, 300B, 400 will be described in detail below. .
なお、このチューブ移動ユニット200の左右にそれぞれ位置するチューブ曲げユニット300A、300Bは、このチューブ移動ユニット200を境にそれぞれ左右対称となっている他は、その構成および作用、動作は全く同じであるため、一方のチューブ曲げユニット300Aについてのみ詳細に説明し、他方のチューブ曲げユニット300Bについては同じ符号を付してその説明は省略する。   The tube bending units 300A and 300B located on the left and right sides of the tube moving unit 200 are the same in configuration, operation, and operation except that the tube bending units 300A and 300B are symmetrical with respect to the tube moving unit 200. Therefore, only one tube bending unit 300A will be described in detail, and the other tube bending unit 300B will be denoted by the same reference numerals and description thereof will be omitted.
<チューブ移動ユニット200>
先ず、図1の中央に位置するチューブ移動ユニット200は、縦長矩形状をしたベース板210に、型ユニット220と、クランプユニット230とを備えた構成となっている。
このベース板210は、その裏面側に設けられた直動案内212によって垂直に支持立設されており、図2に示すボールねじ211を制御ユニット400によって駆動制御することで図中矢印Y1に示すように垂直上下方向に昇降移動するようになっている。
型ユニット220は、図2および図3に示すように正面から見て左右2個のR治具221、221と、このR治具221、221間に左右対称にセットされた一対の間座222、222とを治具本体223側に固定ボルト224で共挟みして固定してなるものであり、さらにその外周には、曲げ加工対象となる直管状のチューブCの外径寸法より若干細めの断面半円形をした溝225が形成されている。そして、この溝225がその周囲に亘ってU字形に連続して揃うようにバックアップキー226によって密着固定されている。
<Tube moving unit 200>
First, the tube moving unit 200 located in the center of FIG. 1 has a configuration in which a die unit 220 and a clamp unit 230 are provided on a base plate 210 having a vertically long rectangular shape.
The base plate 210 is vertically supported by a linear motion guide 212 provided on the back side thereof, and is driven and controlled by the control unit 400 with the ball screw 211 shown in FIG. Thus, it moves up and down vertically.
2 and 3, the mold unit 220 includes two right and left R jigs 221 and 221 as viewed from the front, and a pair of spacers 222 set symmetrically between the R jigs 221 and 221. , 222 are fixed to the jig main body 223 by fixing them together with fixing bolts 224, and the outer periphery thereof is slightly narrower than the outer diameter of the straight tubular tube C to be bent. A groove 225 having a semicircular cross section is formed. The groove 225 is tightly fixed by a backup key 226 so that the groove 225 is continuously aligned in a U shape around the periphery.
そして、さらにこの型ユニット220は、図2に示すように型固定具227および取付けブロック228を介して前記ベース板210の正面側に固定されるようになっており、このベース板210の昇降移動に伴って垂直に昇降移動するようになっている。
なお、この型ユニット220のU字形の溝225の中央直線部(底辺部)の長さは、間座222、222の増減によって任意に調整可能となっている。また、バックアップキー226は、チューブCの曲げ加工時の曲げ加工圧を受け止める機能も有している。
Further, as shown in FIG. 2, the mold unit 220 is fixed to the front side of the base plate 210 via a mold fixture 227 and a mounting block 228. The base plate 210 is moved up and down. Along with this, it moves up and down vertically.
Note that the length of the central straight portion (bottom side) of the U-shaped groove 225 of the mold unit 220 can be arbitrarily adjusted by increasing or decreasing the spacers 222 and 222. The backup key 226 also has a function of receiving the bending pressure when the tube C is bent.
クランプユニット230は、図1および図2に示すように前記型ユニット220のU字形の溝225の中央直線部分とによって直管状のチューブCを上下にクランプ(把持)するものであり、その構成はこのチューブCの下面側を支持(載置)すべく上面に断面半円形をした受け溝229を有するクランプ駒231と、このクランプ駒231を支持する支持ブロック232と、この支持ブロック232を昇降動作、すなわち図1中矢印Y2に示すようにこの支持ブロック232を前記型ユニット220に対して近接離間方向に移動させるためのアクチュエータ233とから主になっている。   The clamp unit 230 clamps (holds) the straight tubular tube C up and down by the central straight portion of the U-shaped groove 225 of the mold unit 220 as shown in FIGS. 1 and 2. A clamp piece 231 having a receiving groove 229 having a semicircular cross section on the upper surface for supporting (mounting) the lower surface side of the tube C, a support block 232 for supporting the clamp piece 231, and raising and lowering the support block 232 That is, as shown by an arrow Y2 in FIG. 1, the actuator 233 mainly moves the support block 232 in the proximity and separation direction with respect to the mold unit 220.
すなわち、図2に示すようにこのクランプ駒231を支持する支持ブロック232は、その背面側が前記ベース板210の正面側に固定されたレールと軸受とからなる直線案内234に沿ってそのベース板210上をさらに垂直方向に昇降移動可能となっており、その支持ブロック232の内部に垂直方向に形成された雌ねじ235と螺合する雄ねじ236をアクチュエータ233によって駆動することで図1中矢印Y2に示すようにこの支持ブロック232を前記型ユニット220に対して近接離間方向に移動させるようになっている。   That is, as shown in FIG. 2, the support block 232 that supports the clamp piece 231 has a base plate 210 along a linear guide 234 composed of a rail and a bearing whose back side is fixed to the front side of the base plate 210. The upper screw 236 can be moved up and down in the vertical direction, and a male screw 236 that engages with a female screw 235 formed in the vertical direction inside the support block 232 is driven by the actuator 233, which is indicated by an arrow Y2 in FIG. Thus, the support block 232 is moved in the proximity and separation direction with respect to the mold unit 220.
そして、このアクチュエータ233は、ベース板210の下端に設けられた下部ブラケット237を介してベース板210に取り付けられた油圧モータ238と、前記雄ねじ236を保持する軸受240と、これら雄ねじ236と軸受240とを接続するカップリング239とから主に構成されており、この油圧モータ238を正転および逆転させることで前記支持ブロック232に螺合する雄ねじ236を駆動して前記クランプユニット230を昇降移動させるようになっている。   The actuator 233 includes a hydraulic motor 238 attached to the base plate 210 via a lower bracket 237 provided at the lower end of the base plate 210, a bearing 240 for holding the male screw 236, and the male screw 236 and the bearing 240. And a coupling 239 that connects the hydraulic motor 238 to drive the male screw 236 that is screwed into the support block 232 by rotating the hydraulic motor 238 forward and backward to move the clamp unit 230 up and down. It is like that.
また、図1に示すようにこの油圧モータ238には、これを駆動するための駆動油圧回路(電磁弁)241が設けられていると共に、この駆動油圧回路(電磁弁)241には、多段階の出力をもった圧力スイッチ242が付設されており、この圧力スイッチ242によってチューブCの弾性強度に応じた出力のとき、この駆動油圧回路(電磁弁)241を直ぐに切ってセンタークローズド状態にして前記クランプユニット230のクランプ駒231をその場で停止かつ保持するようになっている。   Further, as shown in FIG. 1, the hydraulic motor 238 is provided with a drive hydraulic circuit (electromagnetic valve) 241 for driving the hydraulic motor 238, and the drive hydraulic circuit (electromagnetic valve) 241 includes a multi-stage. A pressure switch 242 having an output of ## EQU2 ## is attached, and when the pressure switch 242 outputs an output corresponding to the elastic strength of the tube C, the drive hydraulic circuit (electromagnetic valve) 241 is immediately turned to the center closed state. The clamp piece 231 of the clamp unit 230 is stopped and held on the spot.
これによって前記クランプユニット230の前記チューブCに対するクランプ力が過大になるのを防止しつつそのチューブCを確実にクランプし、かつそのチューブCの変形などを回避できるようになっている。また、クランプするチューブCの外径にバラツキがあっても安定した保持力が得られる。また、後述するようにクランプしたチューブCの曲げ加工開始時には、その曲げ加工圧と芯金321のてこ作用によりクランプの反作用側に過大な曲げモーメントが作用するが、前記のように油圧モータ238のセンタークローズド処理によって油圧固定すると共に前記雌雄ねじ235、236による不可逆機能によって曲げモーメントに対して十分に対抗することができるようになっている。
なお、この油圧モータ238の駆動油圧回路(電磁弁)241および圧力スイッチ242は、前記制御ユニット400によって所定の制御アルゴリズムに基づいて制御されるようになっている。
As a result, it is possible to reliably clamp the tube C while avoiding an excessive clamping force of the clamp unit 230 against the tube C, and to avoid deformation of the tube C. Further, a stable holding force can be obtained even if the outer diameter of the tube C to be clamped varies. Further, as described later, when bending of the clamped tube C is started, an excessive bending moment acts on the reaction side of the clamp due to the bending pressure and the lever action of the cored bar 321, but as described above, the hydraulic motor 238 It is hydraulically fixed by the center closed process and can sufficiently counter the bending moment by the irreversible function of the male and female screws 235 and 236.
The drive hydraulic circuit (electromagnetic valve) 241 and pressure switch 242 of the hydraulic motor 238 are controlled by the control unit 400 based on a predetermined control algorithm.
<チューブ曲げユニット300A(300B)>
次に、チューブ曲げユニット300A(300B)は、図1に示すように矩形状をしたベース板310に、ピボット341にて回転自在に係合したチューブ係合ユニット330と、このチューブ係合ユニット330に取り付けられる芯金321を備えた芯金ユニット320と、このチューブ係合ユニット330に曲げモーメントを与える曲げモーメントユニット350とを備えた構成となっている。
<Tube bending unit 300A (300B)>
Next, the tube bending unit 300A (300B) includes a tube engaging unit 330 that is rotatably engaged with a base plate 310 having a rectangular shape as shown in FIG. In this configuration, a metal core unit 320 having a metal core 321 attached to the tube engagement unit 330 and a bending moment unit 350 that applies a bending moment to the tube engagement unit 330 are provided.
このベース板310は、その裏面側に設けられたボールねじ312によって駆動され、直動案内311に支持されており、そのボールねじ312を、前記制御ユニット400でNC制御されるサーボモータ(図示せず)によって駆動制御することで図中矢印Y3に示すようにこのベース板310をチューブ移動ユニット200に対して近接離間自在に水平方向に往復移動するようになっている。   The base plate 310 is driven by a ball screw 312 provided on the back side thereof, and is supported by a linear guide 311. The ball screw 312 is servo-controlled (not shown) by NC control by the control unit 400. The base plate 310 is reciprocated in the horizontal direction so as to be close to and away from the tube moving unit 200 as indicated by an arrow Y3 in the figure.
芯金ユニット320は、図4および図5に示すように先端が球面状に加工されたロッド状の芯金321と、この芯金321をチューブ係合ユニット330に対して着脱するための芯金受け322と、その芯金321の突出量をコントロールするためのWロックナット323とから主に構成されている。
この芯金受け322は、図5に示すようにその中央部分に芯金321を挿通して支持するための貫通穴324が形成されていると共に、その一端部が軸ピン325を介してチューブ係合ユニット330側に回動自在に軸支された構造となっている。
As shown in FIGS. 4 and 5, the cored bar unit 320 has a rod-shaped cored bar 321 whose tip is processed into a spherical shape, and a cored bar for attaching and detaching the cored bar 321 to the tube engaging unit 330. It is mainly composed of a receiver 322 and a W lock nut 323 for controlling the protruding amount of the cored bar 321.
As shown in FIG. 5, the cored bar receiver 322 has a through hole 324 formed in the central portion thereof for insertion and support of the cored bar 321, and one end thereof is connected to the tube via the shaft pin 325. It has a structure that is pivotally supported on the combined unit 330 side.
従って、同図の二点破線に示すように、この芯金受け322を立てた状態でその貫通穴324に芯金321を挿入させた後に、この芯金受け322をその軸ピン325を軸として図中実線に示すように倒すことで任意のサイズ、種類の芯金321をチューブ係合ユニット330上に簡単にセットできるようになっている。
そして、Wロックナット323はこの芯金321の他端部にこれと一体的に取り付けられるようになっており、このWロックナット323が芯金受け322に当接することでその芯金321の突出量を調整すると共に、セットされた芯金321がそのまま先端側へ抜け落ちるのを防止するようになっている。
Therefore, as shown by a two-dot broken line in the figure, after inserting the cored bar 321 into the through hole 324 in a state where the cored bar receiver 322 stands upright, the cored bar receiver 322 is used with the shaft pin 325 as an axis. An arbitrary size and type of cored bar 321 can be easily set on the tube engaging unit 330 by being tilted as shown by a solid line in the figure.
The W lock nut 323 is integrally attached to the other end of the core metal 321, and the W lock nut 323 comes into contact with the core metal receiver 322 so that the core metal 321 protrudes. While adjusting the amount, the set cored bar 321 is prevented from falling off to the tip as it is.
チューブ係合ユニット330は、同じく図4および図5に示すように、チューブCの端部に当接して曲げ加工圧を付与するためのレールブロック331を図中矢印Y4方向にスライド自在に支持している。
そして、その構造は加圧ブロック332に形成した凹部332aと蓋部材332bにより形成された案内路にレールブロック331が挿通され、さらにこのレールブロック331は、その下面側が加圧ブロック332に設けられたカムフォロア340に支持されており、その先端が加圧ブロック332の端面334から前方(チューブ移動ユニット200側)に所定量だけ出没自在にスライド移動可能になっている。
Similarly, as shown in FIGS. 4 and 5, the tube engagement unit 330 supports a rail block 331 that abuts on the end of the tube C and applies a bending pressure so as to be slidable in the direction of arrow Y4 in the drawing. ing.
The rail block 331 is inserted into the guide path formed by the concave portion 332a and the lid member 332b formed in the pressure block 332, and the rail block 331 is provided on the pressure block 332 on the lower surface side. The front end of the pressure follower 332 is supported by the cam follower 340 so that the front end of the pressure block 332 can slide forward and backward by a predetermined amount (to the tube moving unit 200 side).
このレールブロック331の後端側にはストッパー335が設けられており、このストッパー335が係合部材336と係合することで、加圧ブロック332からレールブロック331がそのままスライドして脱落するのを防止すると共に、このストッパー335が係合部材336に到達する距離分だけレールブロック331が加圧ブロック332上をスライド移動可能となっている。   A stopper 335 is provided on the rear end side of the rail block 331. When the stopper 335 engages with the engaging member 336, the rail block 331 slides and falls off from the pressure block 332 as it is. The rail block 331 is slidable on the pressure block 332 by the distance that the stopper 335 reaches the engaging member 336.
そして、この係合部材336は、加圧ブロック332側に固定されたシリンダ337のシリンダロッド338の先端に一体的に取り付けられており、曲げ加工終了後にシリンダ337を後退させることにより、加圧ブロック332の端面334から突出してしまったレールブロック331を元の位置に強制的に戻すような働きをなすようになっている。
また、図4に示すようにこの加圧ブロック332は、そのほぼ中心部が軸341aおよび軸受341bからなるピボット341によってベース板310側に軸支されており、その全体がこのピボット341を中心として図示矢印Y5に示すように回転揺動自在となっている。
The engagement member 336 is integrally attached to the tip of the cylinder rod 338 of the cylinder 337 fixed to the pressure block 332 side, and the cylinder 337 is retracted after the bending process is completed, so that the pressure block The rail block 331 that protrudes from the end surface 334 of the 332 is forced to return to the original position.
Further, as shown in FIG. 4, the pressure block 332 is substantially supported at the base plate 310 side by a pivot 341 including a shaft 341a and a bearing 341b, and the whole of the pressure block 332 is centered on the pivot 341. As shown by the arrow Y5 in the figure, it is freely rotatable.
そして、この加圧ブロック332の下部の一端部にはナックルジョイント342を介して曲げモーメントユニット350の油圧シリンダ351のシリンダロッド354先端が接続されており、そのシリンダロッド354によってその回転揺動の動きが規制されていると共に、チューブCの曲げ加工時に所定方向に所定力の曲げモーメント力が適宜付与可能となっている。   The tip of the cylinder rod 354 of the hydraulic cylinder 351 of the bending moment unit 350 is connected to one end portion of the lower portion of the pressurizing block 332 via a knuckle joint 342, and the rotational swing movement thereof is performed by the cylinder rod 354. And a bending moment force of a predetermined force in a predetermined direction can be appropriately applied when the tube C is bent.
すなわち、この曲げモーメントユニット350は、図1に示すように油圧シリンダ351の上端をそのチューブ曲げユニット300A(300B)のベース板310の下縁部にトラニオン機構352を介して取り付けられた構造となっており、そのトラニオン機構352を中心にその油圧シリンダ351が図中矢印Y6方向に揺動自在となっている。
そして、同図に示すようにこの曲げモーメントユニット350の油圧シリンダ351は比例電磁弁353によってそのシリンダロッド354の引き出し力が一定になるように制御されており、これによってチューブCの曲げ加工時におけるチューブ係合ユニット330の回転方向に抗する方向にその加圧ブロック332に対して所定の曲げモーメント力を付与するようになっている。なお、この油圧シリンダ351の比例電磁弁353も、制御ユニット400によって制御されるようになっている。
That is, the bending moment unit 350 has a structure in which the upper end of the hydraulic cylinder 351 is attached to the lower edge of the base plate 310 of the tube bending unit 300A (300B) via the trunnion mechanism 352 as shown in FIG. The hydraulic cylinder 351 is swingable in the direction of arrow Y6 in the figure around the trunnion mechanism 352.
As shown in the figure, the hydraulic cylinder 351 of the bending moment unit 350 is controlled by the proportional solenoid valve 353 so that the pulling force of the cylinder rod 354 becomes constant. A predetermined bending moment force is applied to the pressure block 332 in a direction against the rotation direction of the tube engagement unit 330. The proportional solenoid valve 353 of the hydraulic cylinder 351 is also controlled by the control unit 400.
<作用>
次に、このような構成をした本発明のチューブの曲げ加工装置100の作用およびこれを用いた曲げ加工方法の一例について説明する。
先ず、図1に示すようにチューブ曲げユニット300Aおよび300Bの芯金ユニット320とチューブ係合ユニット330とを水平に維持した状態で、この芯金ユニット320、320にそれぞれ所定サイズの芯金321、321をWロックナット323が芯金受け322に当接するまでチューブC内にセットする。
なお、図示していないがこのチューブCへの芯金321、321挿入時には、予めクランプユニット230のクランプ駒231が芯金321、321と同じ高さになるように油圧モータ238によってその位置が制御され、このクランプ駒231上にその直管状のチューブCが載置された状態で行われることになる。
<Action>
Next, an operation of the tube bending apparatus 100 of the present invention having such a configuration and an example of a bending method using the apparatus will be described.
First, as shown in FIG. 1, in a state where the core metal unit 320 and the tube engagement unit 330 of the tube bending units 300A and 300B are kept horizontal, the core metal units 320 and 320 are each provided with a core metal 321 of a predetermined size, 321 is set in the tube C until the W lock nut 323 comes into contact with the cored bar receiver 322.
Although not shown, when the core bars 321 and 321 are inserted into the tube C, the positions of the clamp pieces 231 of the clamp unit 230 are controlled by the hydraulic motor 238 in advance so that they are at the same height as the core bars 321 and 321. In this state, the straight tubular tube C is placed on the clamp piece 231.
次に、このようにして直管状のチューブCの両端に芯金321、321の先端を挿入したならば、図1に示すようにクランプユニット230のクランプ駒231を一旦降下させてそのチューブCを芯金321、321のみで支持させた状態にした後、図6および図7に示すようにこのチューブCの中央部分をチューブ移動ユニット200の型ユニット220とクランプユニット230のクランプ駒231によって上下からクランプしてから、その状態を保ったままチューブ移動ユニット200全体をそのまま垂直下方に移動させる。その際にピボット341の型ユニット220に対する相対位置が、R治具221のU字形の溝225と相似形状となるように矢印Y1およびY3の軌跡を制御する。この制御は制御ユニット400からの指令により、サーボモータ(図示せず)および油圧モータ238を駆動することにより行われる。   Next, when the tips of the core bars 321 and 321 are inserted into both ends of the straight tube C in this manner, the clamp piece 231 of the clamp unit 230 is once lowered as shown in FIG. After the support is made only with the core bars 321 and 321, the central portion of the tube C is vertically moved by the die unit 220 of the tube moving unit 200 and the clamp piece 231 of the clamp unit 230 as shown in FIGS. 6 and 7. After clamping, the entire tube moving unit 200 is moved vertically downward while maintaining the state. At this time, the locus of the arrows Y1 and Y3 is controlled so that the relative position of the pivot 341 with respect to the mold unit 220 is similar to the U-shaped groove 225 of the R jig 221. This control is performed by driving a servo motor (not shown) and a hydraulic motor 238 according to a command from the control unit 400.
すると、図7に示すようにクランプされた状態のチューブCがそのまま下方に移動すると共に、その両側のチューブ曲げユニット300Aおよび300Bのそれぞれの芯金ユニット320、320とチューブ係合ユニット330、330の先端側がそのピボット341を中心としてそれぞれ下方に旋回し、チューブCの両端が型ユニット220のR治具221、221に沿うように上方向に曲がり始める。この際、レールブロック331はチューブCに密着し、加圧ブロック332に対して引出されるので、チューブC面で摺動せず、チューブCを傷付けることはない。   Then, as shown in FIG. 7, the clamped tube C is moved downward as it is, and the core metal units 320 and 320 of the tube bending units 300 </ b> A and 300 </ b> B on both sides thereof and the tube engagement units 330 and 330 are connected. The distal end side pivots downward about the pivot 341, and the both ends of the tube C begin to bend upward along the R jigs 221 and 221 of the mold unit 220. At this time, since the rail block 331 is in close contact with the tube C and pulled out with respect to the pressure block 332, the rail block 331 does not slide on the surface of the tube C and the tube C is not damaged.
そして、さらにこのままチューブ移動ユニット200の下降に従い、図9に示すようにチューブ係合ユニット330、330が90°+α(スプリングバック分)の角度まで旋回し、これによってそのチューブCの両端が上方に約90°の角度になるまで曲げ加工される。
ここで、このような一連のチューブCの曲げ加工に際して、芯金ユニット320は、レールブロック331ではなく、加圧ブロック332に取り付けられていることから、図3に示すように芯金321の先端が常にその曲げ加工点に位置し、そのRに沿ってチューブCが曲げ加工されるに従って徐々に図3において上方(実際にはチューブ移動ユニット200全体が下降、芯金321はピボット341を中心に旋回する)に移動することになるため、そのチューブCの曲げ加工部が扁平に潰れたり、肉厚が極端に薄くなったり、あるいは皺が発生したりするようなことがなくなり常に所定の断面形状を維持した良質な曲げ加工が実施されることになる。
Then, as the tube moving unit 200 is further lowered, the tube engaging units 330 and 330 are rotated to an angle of 90 ° + α (for springback) as shown in FIG. 9, whereby both ends of the tube C are moved upward. It is bent to an angle of about 90 °.
Here, when bending a series of such tubes C, the cored bar unit 320 is attached not to the rail block 331 but to the pressurizing block 332, so that the tip of the cored bar 321 as shown in FIG. Is always located at the bending point, and gradually moves upward in FIG. 3 as the tube C is bent along R (actually, the entire tube moving unit 200 is lowered, the core metal 321 is centered on the pivot 341). Therefore, the bent portion of the tube C will not be flattened, the wall thickness will become extremely thin, or wrinkles will not occur. A high-quality bending process that maintains the above will be implemented.
そして、このチューブ移動ユニット200を降下動すると、図10に示すように、このチューブCの両端から芯金321、321が抜けて曲げ角度90°のチューブCの加工が終了する。
これによって、図14に示すようなU字形をした高品質のボールねじ用循環路を構成する曲管101を短時間でかつ効率良く加工生成することができる。
When the tube moving unit 200 is lowered, the core bars 321 and 321 are removed from both ends of the tube C as shown in FIG. 10, and the processing of the tube C with a bending angle of 90 ° is completed.
Accordingly, the bent pipe 101 constituting the high-quality ball screw circulation path having a U shape as shown in FIG. 14 can be processed and generated in a short time and efficiently.
また、このチューブCの曲げ加工に際しては、図8に示すように曲げモーメントユニット350によって芯金ユニット320およびチューブ係合ユニット330の回転方向とは反対方向、すなわち、図8に示すようにこの曲げモーメントユニット350の油圧シリンダ351のシリンダロッド354を引っ込める方向に背圧を作用させ、曲げ方向と逆向きのモーメントを付与させることにより、チューブC内側の「ひけ」(図14(A)のX部分)を小さくできることが実験により確認されている。これは逆向きの曲げモーメントにより曲げ部外側のチューブCの「ひけ」が減少し、芯金321によってこの減少分を塑性加工する加工代が減少、これにより塑性加工の反対側のチューブC内側の「ひけ」が小さくなる作用になるものと推定される。   Further, when bending the tube C, the bending moment unit 350 as shown in FIG. 8 is the direction opposite to the rotation direction of the cored bar unit 320 and the tube engaging unit 330, that is, as shown in FIG. By applying a back pressure in the direction in which the cylinder rod 354 of the hydraulic cylinder 351 of the moment unit 350 is retracted and applying a moment opposite to the bending direction, the “sink” inside the tube C (X portion in FIG. 14A) ) Can be reduced by experiments. This is because the “bending” of the tube C outside the bent portion is reduced due to the bending moment in the opposite direction, and the machining allowance for plastic processing of the reduced amount by the cored bar 321 is reduced, and thereby the inside of the tube C inside the plastic processing opposite side is reduced. It is presumed that “sinking” is reduced.
次に、このようにして一連のチューブCの曲げ加工が終了したならば、曲げ加工したチューブCを取り出すべくクランプユニット230を降下させて型ユニット220とクランプユニット230によるチューブCの把持を解除することになるが、このチューブCは曲げ加工部が型ユニット220側に密着して引っかかった状態となっており、その自重のみによっては自然と落下してこない(取り出せない)。   Next, when a series of bending processes of the tube C is completed in this way, the clamp unit 230 is lowered to take out the bent tube C, and the gripping of the tube C by the mold unit 220 and the clamp unit 230 is released. However, the tube C is in a state in which the bent portion is in close contact with the die unit 220 side, and is not naturally dropped (cannot be taken out) only by its own weight.
そのため、図11に示すようにさらにその後、曲げモーメントユニット350の油圧シリンダ351を縮めてチューブ曲げユニット300Aおよび300Bのそれぞれの芯金ユニット320、320およびチューブ係合ユニット330、330を元の水平状態に戻すと共に、そのチューブ係合ユニット330、330の先端の下方角部330a、330aを、それぞれ上方に向いているチューブCの曲げ加工端の直上部に位置させた後、このような位置関係を維持したままチューブ移動ユニット200をさらにそのまま上昇させる。   Therefore, as shown in FIG. 11, the hydraulic cylinder 351 of the bending moment unit 350 is further contracted thereafter so that the core metal units 320 and 320 and the tube engagement units 330 and 330 of the tube bending units 300A and 300B are returned to the original horizontal state. And the lower corners 330a and 330a at the tips of the tube engaging units 330 and 330 are positioned directly above the bent ends of the tube C facing upward, respectively. The tube moving unit 200 is further raised as it is while maintaining it.
これによって、図12に示すようにその型ユニット220側に引っかかっている状態のチューブCの曲げ加工先端がチューブ係合ユニット330、330の先端の下方角部330a、330aにぶつかって押し下げられてその型ユニット220から取り外されることになる。
このとき、型ユニット220から取り外されたチューブCをそのまま落下させてしまうとその表面を不要に傷付けたりして品質を損なうおそれがあることから、例えば図12や図13に示すようにその下部に正面側から出没自在の取り出しトレイ500などを設けてこのトレイ500でそのチューブCを受け取るようにすれば、係る不都合を未然に防止することができる。
As a result, as shown in FIG. 12, the bending end of the tube C in a state of being caught on the mold unit 220 side hits the lower corners 330a and 330a of the ends of the tube engaging units 330 and 330 and is pushed down. It will be removed from the mold unit 220.
At this time, if the tube C removed from the mold unit 220 is dropped as it is, the surface of the tube C may be damaged unnecessarily, and the quality may be impaired. For example, as shown in FIGS. If a take-out tray 500 that can be moved in and out from the front side is provided and the tube C is received by the tray 500, such inconvenience can be prevented in advance.
そして、このようにして1つのチューブCに対する曲げ加工とその取り出し工程が終了したならば、前記と同様な動作を繰り返すことによって以降のチューブCを次々と曲げ加工することになる。
図14(A)は、このようにして曲げ加工された曲げ半径R1とR2の2種類の曲率をもった曲管からなる101を示す側面図、図14(B)は、同じくその正面図であり、いずれの部分でもボールが十分に通過できるだけの十分な断面形状と肉厚を保った高品質な曲管101が得られる。
When the bending process for one tube C and the taking-out process thereof are completed in this way, the subsequent tube C is bent one after another by repeating the same operation as described above.
FIG. 14 (A) is a side view showing 101 made of a bent tube having two kinds of curvatures of bending radii R1 and R2 thus bent, and FIG. 14 (B) is a front view thereof. In addition, a high-quality curved pipe 101 having a sufficient cross-sectional shape and thickness sufficient for the ball to pass sufficiently can be obtained at any portion.
そして、図15は、このようにして得られたU字形の曲管101を2つ用いたボールねじ102の一例を示したものであり、螺旋状の溝が形成されたねじ部103とナット部104間を循環するボール105の循環路101として活用することができる。
次に、図16は、このような実施の形態を含む本発明のチューブの曲げ加工装置100およびこれを用いた曲げ加工方法の他の実施の形態を示した模式図であり、チューブCの中央部を保持した型ユニット220を固定した場合である。
FIG. 15 shows an example of a ball screw 102 using two U-shaped bent pipes 101 obtained in this manner, and a screw portion 103 and a nut portion in which a spiral groove is formed. It can be used as the circulation path 101 of the ball 105 that circulates between 104.
Next, FIG. 16 is a schematic view showing another embodiment of the tube bending apparatus 100 of the present invention including such an embodiment and a bending method using the same, and shows the center of the tube C. This is a case where the mold unit 220 holding the part is fixed.
すなわち、前記実施の形態では、チューブCの中央部を保持した型ユニット220側をチューブ曲げユニット300A、300Bを矢印Y1、Y3方向に制御することで曲げ加工するようにしたが、図示するようにチューブCの中央部を保持した型ユニット220を静止(固定)させた状態とし、この型ユニット220に対して、その型ユニット220のR面の外側にそのR面と相似形な円弧状のガイドレール600と、そのガイドレール600に沿って円弧状に移動するベアリング610を設け、そのベアリング610上に設けたチューブ端把持手段620で芯金321が挿入されたチューブCの端部を把持しながらガイドレール600に沿って図示矢印方向に移動するようにしたものであり、このような形態によっても前記実施の形態と同様な効果を発揮できる曲げ加工を実現することが可能となる。   That is, in the above embodiment, the mold unit 220 side holding the center portion of the tube C is bent by controlling the tube bending units 300A and 300B in the directions of the arrows Y1 and Y3. The mold unit 220 holding the central portion of the tube C is in a stationary state (fixed), and the arc guide similar to the R surface outside the R surface of the mold unit 220 with respect to the mold unit 220. A rail 600 and a bearing 610 that moves in an arc along the guide rail 600 are provided, and a tube end gripping means 620 provided on the bearing 610 grips the end of the tube C into which the core metal 321 is inserted. It moves along the guide rail 600 in the direction of the arrow shown in the figure. It is possible to realize bending can exhibit such effects.
つまり、本実施の形態ではこのチューブ端把持手段620として、互いに適宜間隔を調整可能な4つのローラ621、621、621、621とこれを支持する回転ベース622とで構成し、これら各ローラ621、621、621、621で芯金321をその長手方向にスライド自在に把持しながらベアリング610の移動に伴ってこれを曲げ方向に旋回移動するようにしたものである。これによって、前記実施の形態と同様にそのチューブCの曲げ加工中において芯金321がその端部方向に徐々にスライド移動して扁平のない良好な曲げ加工が行われる。   That is, in the present embodiment, the tube end gripping means 620 includes four rollers 621, 621, 621, 621 that can be appropriately adjusted with respect to each other and a rotation base 622 that supports the rollers 621, 621, While the core bar 321 is slidably held in the longitudinal direction by 621, 621, and 621, it is swung in the bending direction as the bearing 610 moves. As a result, the core metal 321 is gradually slid in the direction of the end during the bending of the tube C as in the above-described embodiment, so that a satisfactory bending without flattening is performed.
また、この曲げ加工に際してその4つのローラ621、621、621、621と回転ベース622とからなるチューブ端把持手段620によってチューブCの端部をその長手方向にスライド自在に把持しつつ、そのベアリング610内に設けられた図示しないモータなどによってそのチューブ端把持手段620の回転ベース622に前記実施の形態と同様な曲げモーメントMを付与することでチューブC内側の「ひけ」を小さくすることが可能となる。つまり、図示しないそのベアリング610内に設けられた図示しないモータなどが前記実施の形態の油圧シリンダ351に相当する。   Further, at the time of this bending process, the end portion of the tube C is slidably held in the longitudinal direction by the tube end holding means 620 including the four rollers 621, 621, 621, 621 and the rotation base 622, and the bearing 610 By applying a bending moment M similar to that of the above embodiment to the rotation base 622 of the tube end gripping means 620 by means of a motor (not shown) provided in the inside, it is possible to reduce the “sink” inside the tube C. Become. That is, a motor (not shown) provided in the bearing 610 (not shown) corresponds to the hydraulic cylinder 351 of the above embodiment.
なお、本実施の形態ではガイドレール600を型ユニット220の曲げR面の外側に配することにより、型ユニット220周辺の構造を単純にし、型ユニット220の取付剛性を上げているが、必ずしもこの構造による必要はなく、例えば、このガイドレール600とベアリング610に代えて曲げR面のR中心Aを回転中心とするアーム(図示せず)を配置し、このアーム先端にチューブ端把持手段620を設けるような構造としても良い。   In this embodiment, the guide rail 600 is arranged outside the bending R surface of the mold unit 220 to simplify the structure around the mold unit 220 and increase the mounting rigidity of the mold unit 220. There is no need for the structure. For example, instead of the guide rail 600 and the bearing 610, an arm (not shown) whose center of rotation is the R center A of the bending R surface is arranged, and the tube end gripping means 620 is attached to the tip of the arm. A structure may be provided.
また、前記各実施の形態では、軸直角方向断面形状がほぼ真円形のチューブCを曲げ加工する例で示したが、本発明はこれに限定されるものでなく、軸直角方向断面形状が楕円形であっても、あるいはそれ以外の形状であっても同様の効果を得ることができることは勿論である。
また、型ユニット220の形状を変えるだけでチューブCの曲げRの曲率半径を自由に調整することも容易に可能となり、また、曲げ加工方法としては、U字形に限らず、V字形などの曲げ加工に際してもそのまま適用することが可能である。
Further, in each of the above embodiments, an example in which the tube C having a substantially perpendicular cross-sectional shape in the axis-perpendicular direction is bent is shown. Of course, the same effect can be obtained even if the shape is other than that.
In addition, it is possible to easily adjust the radius of curvature of the bending R of the tube C simply by changing the shape of the die unit 220, and the bending method is not limited to the U-shape, and a bending shape such as a V-shape can be used. It can be applied as it is during processing.
また、チューブCの曲げ加工に際して予めそのチューブCの内部に潤滑油などを吹き付けておき、曲げ加工時におけるチューブC内壁と芯金321との摩擦抵抗を低減するようにしておくことが望ましい。
そして、前記実施の形態に係る「型ユニット220」などは、前記課題を解決するための手段の欄に記載した請求項1などの発明の構成のうち、「型」に対応し、また、前記実施の形態に係る「チューブ移動ユニット200の型ユニット220とクランプユニット230」などは同じく請求項1などの「チューブ保持機構」に対応し、また、前記実施の形態に係る「チューブ移動ユニット200およびチューブ曲げユニット300A、300B」は、同じく請求項1などの「曲げ力付与機構」にそれぞれ対応するものである。
In addition, it is desirable to previously spray lubricating oil or the like into the tube C when bending the tube C so as to reduce the frictional resistance between the inner wall of the tube C and the cored bar 321 during the bending process.
The “type unit 220” according to the embodiment corresponds to the “type” in the configuration of the invention such as claim 1 described in the section for solving the problem, and the The “die unit 220 and clamp unit 230 of the tube moving unit 200” and the like according to the embodiment also correspond to the “tube holding mechanism” according to claim 1 and the like. Similarly, the tube bending units 300A and 300B correspond to the “bending force applying mechanism” according to claim 1, for example.
また、前記実施の形態に係る「チューブ移動ユニット200のベース板210」および「その裏面側に設けられたボールねじ211」は、同じく前記課題を解決するための手段の欄に記載した請求項4などの発明の構成のうち、「チューブ移動ユニット」などに対応し、また、前記実施の形態に係る「チューブ曲げユニット300A、300Bの芯金ユニット320および芯金321」などは、同じく請求項4などの「チューブ係合ユニット」に対応し、さらに前記実施の形態に係る「チューブ係合ユニット330」および「制御ユニット400」などは、同じく請求項4などの「チューブ係合ユニット」および「位置制御ユニット」にそれぞれ対応するものである。   Further, the “base plate 210 of the tube moving unit 200” and “the ball screw 211 provided on the back side thereof” according to the embodiment are also described in the section of means for solving the problem. Among the configurations of the invention, the “tube moving unit” and the like, and the “core bending unit 300A and 300B of the tube bending units 300A and 300B” and the core 321 according to the above-described embodiment are also similarly claimed. Further, the “tube engagement unit 330” and the “control unit 400” according to the above-described embodiment are the same as the “tube engagement unit” and the “position” according to claim 4, for example. It corresponds to each "control unit".
また、前記実施の形態に係る「芯金ユニット320」は、同じく前記課題を解決するための手段の欄に記載した請求項5などの発明の構成のうち、「芯金取付部材」に対応するものである。
また、前記実施の形態に係る「曲げモーメントユニット350」は、同じく前記課題を解決するための手段の欄に記載した請求項7などの発明の構成のうち、「曲げモーメント付与機構」に対応するものである。
Further, the “core metal unit 320” according to the embodiment corresponds to the “core metal mounting member” among the configurations of the invention such as claim 5 described in the column of means for solving the same problem. Is.
Further, the “bending moment unit 350” according to the embodiment corresponds to the “bending moment applying mechanism” in the configuration of the invention such as claim 7 described in the column of means for solving the same problem. Is.
また、前記実施の形態に係る「加圧ブロック332およびベース板210ならびにその裏面側に設けられたボールねじ211」などは、同じく前記課題を解決するための手段の欄に記載した請求項8などの発明の構成のうち、「チューブ取り外し機構」に対応するものである。   In addition, the “pressure block 332 and the base plate 210 and the ball screw 211 provided on the back surface side thereof” according to the embodiment, etc. are also described in the section of means for solving the problem. This corresponds to the “tube removal mechanism”.
本発明に係るチューブの曲げ加工装置100の実施の一形態を示す正面図である。1 is a front view showing an embodiment of a tube bending apparatus 100 according to the present invention. 本発明に係るチューブの曲げ加工装置100の実施の一形態を示す側面図である。1 is a side view showing an embodiment of a tube bending apparatus 100 according to the present invention. 型ユニット220の要部を示す拡大図である。3 is an enlarged view showing a main part of a mold unit 220. FIG. 芯金ユニット320およびチューブ係合ユニット330を示す正面図である。4 is a front view showing a core bar unit 320 and a tube engagement unit 330. FIG. 図4中A−A線断面図である。It is the sectional view on the AA line in FIG. 曲げ加工直前における芯金321をセットしたチューブCを把持した状態を示すチューブの曲げ加工装置100の正面図である。It is a front view of the tube bending apparatus 100 which shows the state which hold | gripped the tube C which set the metal core 321 just before a bending process. 図6の側面図である。FIG. 7 is a side view of FIG. 6. 図6の状態からチューブCの曲げ加工を開始した状態を示すチューブの曲げ加工装置100の正面図である。It is a front view of the tube bending apparatus 100 which shows the state which started the bending process of the tube C from the state of FIG. 図8の状態からさらにチューブCの曲げ加工を進行させた状態を示すチューブの曲げ加工装置100の正面図である。It is a front view of the tube bending apparatus 100 which shows the state which advanced the bending process of the tube C further from the state of FIG. 図9の曲げ加工に引き続いて、その芯金をチューブCから抜き出した状態を示すチューブの曲げ加工装置100の正面図である。FIG. 10 is a front view of the tube bending apparatus 100 showing a state in which the core metal is extracted from the tube C following the bending process of FIG. 9. 図10の状態の後、型ユニット220に係合したチューブCを取り外す直前の状態を示すチューブの曲げ加工装置100の正面図である。It is a front view of the tube bending apparatus 100 which shows the state just before removing the tube C engaged with the type | mold unit 220 after the state of FIG. 図11の状態の後、型ユニット220に係合したチューブCを取り外した後の状態を示すチューブの曲げ加工装置100の正面図である。FIG. 12 is a front view of the tube bending apparatus 100 showing a state after removing the tube C engaged with the mold unit 220 after the state of FIG. 11. 図12の状態の後、型ユニット220から取り外したチューブCを取り出しトレイ500で取り出す状態を示すチューブの曲げ加工装置100の正面図である。FIG. 13 is a front view of the tube bending apparatus 100 showing a state in which the tube C detached from the mold unit 220 is taken out by the take-out tray 500 after the state shown in FIG. 12. (A)は本発明に係るチューブの曲げ加工装置100および曲げ加工方法によって得られる曲管(ボールねじ用循環路)101の一例を示す正面図であり、(B)はその側面図である。(A) is a front view showing an example of a curved pipe (ball screw circulation path) 101 obtained by the tube bending apparatus 100 and the bending method according to the present invention, and (B) is a side view thereof. 本発明の曲管(ボールねじ用循環路)101を組み込んだボールねじ102の一例を示す一部破断断面図である。It is a partially broken sectional view which shows an example of the ball screw 102 incorporating the curved pipe (ball screw circuit) 101 of this invention. 本発明の曲げ加工方法および装置100に関する他の実施の形態を示す模式図である。It is a schematic diagram which shows other embodiment regarding the bending method and apparatus 100 of this invention.
符号の説明Explanation of symbols
100…チューブの曲げ加工装置
101…曲管(ボールねじ用循環路)
102…ボールねじ
200…チューブ移動ユニット
210…ベース板
220…R型ユニット
221…R治具
225…溝
229…溝
230…クランプユニット
231…クランプ駒
233…アクチュエータ
238…油圧モータ
241…駆動油圧回路(電磁弁)
242…圧力スイッチ
300(A、B)…チューブ曲げユニット
310…ベース板
320…芯金ユニット
321…芯金
322…芯金受け
330…チューブ係合ユニット
331…レールブロック
332…加圧ブロック
333…レール
340…カムフォロア
341…ピボット
342…ナックルジョイント
350…曲げモーメントユニット
351…油圧シリンダ
352…トラニオン
354…シリンダロッド
400…制御ユニット
500…取り出しトレイ
600…ガイドレール
610…ベアリング
620…チューブ端把持手段
621…ローラ
622…回転ベース
C…チューブ
DESCRIPTION OF SYMBOLS 100 ... Tube bending apparatus 101 ... Curved pipe (Ball screw circuit)
DESCRIPTION OF SYMBOLS 102 ... Ball screw 200 ... Tube moving unit 210 ... Base board 220 ... R type unit 221 ... R jig 225 ... Groove 229 ... Groove 230 ... Clamp unit 231 ... Clamp piece 233 ... Actuator 238 ... Hydraulic motor 241 ... Drive hydraulic circuit ( solenoid valve)
242 ... Pressure switch 300 (A, B) ... Tube bending unit 310 ... Base plate 320 ... Core metal unit 321 ... Core metal 322 ... Core metal receiver 330 ... Tube engagement unit 331 ... Rail block 332 ... Pressure block 333 ... Rail 340 ... Cam follower 341 ... Pivot 342 ... Knuckle joint 350 ... Bending moment unit 351 ... Hydraulic cylinder 352 ... Trunnion 354 ... Cylinder rod 400 ... Control unit 500 ... Extraction tray 600 ... Guide rail 610 ... Bearing 620 ... Tube end gripping means 621 ... Roller 622 ... Rotating base C ... Tube

Claims (15)

  1. チューブの曲げ加工部の内周側を型に倣わせることにより当該チューブを曲げ加工する装置であって、
    前記チューブの非曲げ加工部を前記型に当接させて保持するチューブ保持機構と、
    当該チューブ保持機構で保持されたチューブに対して、前記型の曲げR面の内側に支点機構を形成せずに、前記チューブの曲げ加工部の内周側を前記型の曲げR面に押し当てる曲げ力付与機構と、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    A device for bending the tube by following the mold on the inner peripheral side of the bending portion of the tube,
    A tube holding mechanism that holds the non-bending portion of the tube in contact with the mold; and
    For the tube held by the tube holding mechanism, the inner peripheral side of the bent portion of the tube is pressed against the bending R surface of the die without forming a fulcrum mechanism inside the bending R surface of the die. A bending apparatus for bending the tube.
  2. 請求項1に記載のチューブの曲げ加工装置において、
    前記チューブ保持機構は、ほぼ直管状をした前記チューブのほぼ中央部をほぼU字形状をした前記型の底辺部分に部分的に当接させて保持するようになっていると共に、
    前記曲げ力付与機構を、当該チューブ保持機構を挟んでその両側近傍にそれぞれ備えたことを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    In the tube bending apparatus of Claim 1,
    The tube holding mechanism is adapted to hold the substantially central portion of the substantially tubular tube in contact with the bottom portion of the die having a substantially U shape,
    A tube bending apparatus characterized in that the bending force applying mechanism is provided in the vicinity of both sides of the tube holding mechanism.
  3. 請求項2に記載のチューブの曲げ加工装置において、
    前記型はその曲げR面の曲率半径が変化していることを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    In the tube bending apparatus according to claim 2,
    The tube bending apparatus according to claim 1, wherein a radius of curvature of the bending R surface of the mold is changed.
  4. 請求項1〜3のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置において、
    前記曲げ力付与機構は、
    前記チューブ保持機構を前記型と共に一方向に往復移動するチューブ移動ユニットと、
    当該チューブ移動ユニット上のチューブ保持機構で保持されたチューブの開放端に係合するチューブ係合ユニットと、
    当該チューブ係合ユニットをピボットを中心として旋回自在に軸支すると共に、当該チューブ係合ユニットを前記チューブ移動ユニットに対して近接離間自在に往復移動するチューブ曲げユニットと、
    前記チューブ移動ユニットとチューブ曲げユニットとの位置を連動して制御する位置制御ユニットと、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    In the bending apparatus of the tube of any one of Claims 1-3,
    The bending force application mechanism is:
    A tube moving unit that reciprocally moves the tube holding mechanism together with the mold in one direction;
    A tube engaging unit that engages with an open end of a tube held by a tube holding mechanism on the tube moving unit;
    A tube bending unit that pivotally supports the tube engaging unit so as to be pivotable about a pivot, and reciprocally moves the tube engaging unit so as to be close to and away from the tube moving unit; and
    A tube bending apparatus comprising: a position control unit that controls the positions of the tube moving unit and the tube bending unit in conjunction with each other.
  5. 請求項4に記載のチューブの曲げ加工装置において、
    前記チューブ係合ユニットは、
    前記チューブ保持機構で保持されたチューブの開放端側から当該チューブ内の曲げ加工点に挿入される芯金を係止可能に取り付けたことを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    The tube bending apparatus according to claim 4, wherein
    The tube engaging unit is
    A tube bending apparatus characterized in that a core metal inserted into a bending point in the tube is attached so as to be engageable from the open end side of the tube held by the tube holding mechanism.
  6. 請求項5に記載のチューブの曲げ加工装置において、
    前記チューブ係合ユニットのチューブとの係合部を前記チューブの長手方向にスライド自在に支持したことを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    The tube bending apparatus according to claim 5,
    An apparatus for bending a tube, wherein an engagement portion of the tube engagement unit with a tube is slidably supported in a longitudinal direction of the tube.
  7. 請求項1〜6のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置において、
    前記曲げ力付与機構による前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付ける方向に前記チューブに曲げモーメントを付与する曲げモーメント付与機構をさらに備えたことを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    In the bending apparatus of the tube of any one of Claims 1-6,
    A bending moment applying mechanism for applying a bending moment to the tube in a direction of pressing a bending point of the tube against the bending R side of the mold when the bending force is applied to the tube by the bending force applying mechanism; A tube bending device.
  8. 請求項1〜7のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置において、
    前記チューブ保持機構および曲げ力付与機構で曲げ加工されたチューブを前記型から取り外すチューブ取り外し機構をさらに備えたことを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    In the bending apparatus of the tube of any one of Claims 1-7,
    A tube bending apparatus, further comprising a tube removal mechanism for removing a tube bent by the tube holding mechanism and the bending force applying mechanism from the mold.
  9. 請求項1〜8のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置において、
    前記型の軸直角方向断面形状が非円形であることを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    In the bending apparatus of the tube of any one of Claims 1-8,
    An apparatus for bending a tube, wherein the cross-sectional shape in the direction perpendicular to the axis of the mold is non-circular.
  10. チューブの曲げ加工部の内周側を型に倣わせることにより当該チューブを曲げ加工する装置であって、
    前記チューブの非曲げ加工部を前記型に当接させて保持するチューブ保持機構と、
    当該チューブ保持機構で保持されたチューブの曲げ加工部の内周側を前記型の曲げR面に押し当てる曲げ力付与機構と、
    当該曲げ力付与機構による前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付ける方向に前記チューブに曲げモーメントを付与する曲げモーメント付与機構と、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工装置。
    A device for bending the tube by following the mold on the inner peripheral side of the bending portion of the tube,
    A tube holding mechanism that holds the non-bending portion of the tube in contact with the mold; and
    A bending force application mechanism that presses the inner peripheral side of the bending portion of the tube held by the tube holding mechanism against the bending R surface of the mold;
    A bending moment applying mechanism that applies a bending moment to the tube in a direction in which the bending point of the tube is pressed against the bending R side of the mold when the bending force is applied to the tube by the bending force applying mechanism. A tube bending device.
  11. 前記請求項1〜10のいずれか1項に記載のチューブの曲げ加工装置によって製作されたことを特徴とする曲管。   A bent pipe produced by the tube bending apparatus according to any one of claims 1 to 10.
  12. 前記請求項11に記載の曲管をボールねじ用循環路に用いたことを特徴とするボールねじ。   A ball screw characterized in that the curved pipe according to claim 11 is used for a ball screw circulation path.
  13. チューブの曲げ加工部の内周側を型に倣わせることにより当該チューブを曲げ加工する方法であって、
    前記チューブの非曲げ加工部を前記型に当接させて保持するチューブ保持ステップと、
    当該チューブ保持ステップで保持されたチューブに対して、前記型の曲げR面の内側に支点機構を形成せずに、前記チューブの曲げ加工部の内周側を前記型の曲げR面に押し付けるように曲げ力を付与する曲げ力付与ステップと、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工方法。
    A method of bending the tube by following the mold on the inner peripheral side of the bent portion of the tube,
    A tube holding step for holding the non-bending portion of the tube in contact with the mold; and
    For the tube held in the tube holding step, the inner peripheral side of the bent portion of the tube is pressed against the bending R surface of the die without forming a fulcrum mechanism inside the bending R surface of the die. A bending force applying step of applying a bending force to the tube.
  14. 請求項13に記載のチューブ曲げ加工方法において、
    前記曲げ力付与ステップにおける前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付けるように前記チューブに曲げモーメントを付与することを特徴とするチューブの曲げ加工方法。
    The tube bending method according to claim 13,
    A bending method for a tube, wherein a bending moment is applied to the tube so as to press the bending point of the tube against the bending R side of the mold when the bending force is applied to the tube in the bending force applying step. .
  15. チューブの曲げ加工部の内周側を型に倣わせることにより当該チューブを曲げ加工する方法であって、
    前記チューブの非曲げ加工部を前記型に当接させて保持するチューブ保持ステップと、
    当該チューブ保持ステップで保持されたチューブの曲げ加工部の内周側を前記型の曲げRに押し付けるように曲げ力を付与する曲げ力付与ステップと、
    当該曲げ力付与ステップにおける前記チューブへの曲げ力付与時に、当該チューブの曲げ加工点を前記型の曲げR側に押し付けるように前記チューブに曲げモーメントを付与する曲げモーメント付与ステップと、を有することを特徴とするチューブの曲げ加工方法。
    A method of bending the tube by following the mold on the inner peripheral side of the bent portion of the tube,
    A tube holding step for holding the non-bending portion of the tube in contact with the mold; and
    A bending force applying step for applying a bending force so as to press the inner peripheral side of the bending portion of the tube held in the tube holding step against the bending R of the mold;
    A bending moment applying step of applying a bending moment to the tube so as to press the bending point of the tube against the bending R side of the mold when the bending force is applied to the tube in the bending force applying step. Characteristic tube bending method.
JP2006220078A 2006-08-11 2006-08-11 Apparatus and method for bending tube, bent tube, and ball screw using the bent tube as circulation passage Pending JP2008043963A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006220078A JP2008043963A (en) 2006-08-11 2006-08-11 Apparatus and method for bending tube, bent tube, and ball screw using the bent tube as circulation passage

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006220078A JP2008043963A (en) 2006-08-11 2006-08-11 Apparatus and method for bending tube, bent tube, and ball screw using the bent tube as circulation passage

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008043963A true JP2008043963A (en) 2008-02-28

Family

ID=39178199

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006220078A Pending JP2008043963A (en) 2006-08-11 2006-08-11 Apparatus and method for bending tube, bent tube, and ball screw using the bent tube as circulation passage

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008043963A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103736793A (en) * 2014-02-13 2014-04-23 安庆市江城冶金机械有限公司 Pin shaft hole shaping device of novel pipe joint
KR101542521B1 (en) 2015-05-20 2015-08-06 주식회사 유림모비스 Bending Apparatus
KR101557491B1 (en) 2014-04-26 2015-10-07 주식회사 세광하이테크 Manufacture apparatus of elbow
KR101641550B1 (en) * 2015-03-13 2016-07-21 박길미 Stretch bending device
KR101792085B1 (en) 2016-07-20 2017-11-01 서종태 Bending device
KR102166958B1 (en) * 2020-06-16 2020-10-16 주식회사 티에스티 Light weight aluminum bumper beam forming apparatus applying cam structure and active control system

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103736793A (en) * 2014-02-13 2014-04-23 安庆市江城冶金机械有限公司 Pin shaft hole shaping device of novel pipe joint
KR101557491B1 (en) 2014-04-26 2015-10-07 주식회사 세광하이테크 Manufacture apparatus of elbow
KR101641550B1 (en) * 2015-03-13 2016-07-21 박길미 Stretch bending device
KR101542521B1 (en) 2015-05-20 2015-08-06 주식회사 유림모비스 Bending Apparatus
WO2016186372A1 (en) * 2015-05-20 2016-11-24 주식회사 유림모비스 Bending apparatus
CN107635681A (en) * 2015-05-20 2018-01-26 有林模比斯株式会社 Bending apparatus
CN107635681B (en) * 2015-05-20 2019-08-02 有林模比斯株式会社 Bending apparatus
KR101792085B1 (en) 2016-07-20 2017-11-01 서종태 Bending device
KR102166958B1 (en) * 2020-06-16 2020-10-16 주식회사 티에스티 Light weight aluminum bumper beam forming apparatus applying cam structure and active control system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2008043963A (en) Apparatus and method for bending tube, bent tube, and ball screw using the bent tube as circulation passage
JP2010005697A (en) Pipe bending method and pipe bending device
JP5894136B2 (en) Processing unit and processing equipment
US20050103078A1 (en) Clamp assembly for bend arm of tube bending machine
KR20020052995A (en) Apparatus for bending and working long materials
US20100199740A1 (en) Method of and apparatus for making pipe from a tubular workpiece
JP4942387B2 (en) Bending method for thin metal pipe
JP4625320B2 (en) Bending machine
JP3000017B1 (en) Pipe material bending method
JP6219106B2 (en) Retraction chuck
JP2008012572A (en) Roller hemming device
JP4040656B2 (en) Bending machine for bending machine
JP3444973B2 (en) Pipe bending method and apparatus
JP2008036675A (en) Bending apparatus
JP2008036676A (en) Bending apparatus
JP4427494B2 (en) Pipe bending machine
JP6215884B2 (en) Processing unit and processing equipment
JP2015131308A (en) Mandrel device for tube bending processing and bending processing method of tube
JPH07256345A (en) Tube bending method and guide device for tube to be bent used in the method
JP2002263738A (en) Non-circular tube bending method, and bending device therefor
JP2007007682A (en) Welding machine for forming cylinder
JP2003071531A (en) Tube end diameter expansion press
JP2016112568A (en) Bumper reinforcement bending device and bumper reinforcement bending method
JP3424000B2 (en) Color molding equipment
JP2000237832A (en) Method and device for expanding metal tube