JP2008000119A - 植物活力と環境効果を持続する植木鉢と花瓶、鑑賞用水槽、容器 - Google Patents

植物活力と環境効果を持続する植木鉢と花瓶、鑑賞用水槽、容器 Download PDF

Info

Publication number
JP2008000119A
JP2008000119A JP2006196181A JP2006196181A JP2008000119A JP 2008000119 A JP2008000119 A JP 2008000119A JP 2006196181 A JP2006196181 A JP 2006196181A JP 2006196181 A JP2006196181 A JP 2006196181A JP 2008000119 A JP2008000119 A JP 2008000119A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
flowerpot
water
vase
flower
flower pot
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006196181A
Other languages
English (en)
Inventor
Sachiko Yoshimura
幸子 吉村
Kiyonori Toda
清則 戸田
Original Assignee
Sachiko Yoshimura
幸子 吉村
Kiyonori Toda
清則 戸田
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sachiko Yoshimura, 幸子 吉村, Kiyonori Toda, 清則 戸田 filed Critical Sachiko Yoshimura
Priority to JP2006196181A priority Critical patent/JP2008000119A/ja
Publication of JP2008000119A publication Critical patent/JP2008000119A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 大きな鉢形の容器、植木鉢又は花瓶の上に小さな植木鉢をのせる二重構造で、植替えが簡単で自動吸水が出来、下の植木鉢、花瓶に多機能鉱石「クイックライト」を敷き、水を入れて、その特性を利用した植木鉢、花瓶を提供する。
【解決手段】 大きな鉢形の容器、植木鉢又は花瓶の上に小さな植木鉢を乗せる二重構造で、上に乗る植木鉢には、土の表面に多機能鉱石「クイックライト」を敷き、下の植木鉢又は花瓶の内部底部には、いろいろの特性のある多機能鉱石「クイックライト」を敷き、水をいれる、紐又は不織布で上に載る植木鉢と下の植木鉢又は花瓶に自動吸水機能を持たせ、上の植木鉢に吸水し、下の植木鉢又は花瓶には、鑑賞魚等の魚を入れて、鑑賞用として楽しめると同時に水が長期間腐らない等の特徴を持った植物活力と環境効果を持続する植木鉢、花瓶、透明な観賞用水槽、容器。
【選択図】図1

Description

本発明は、多機能鉱石「クイックライト」を用い、植木鉢、花瓶に植えられた草花又は植木類の光合成機能を高め、植物ホルモンを活性化し、健康な植物を育成するための植木鉢、花瓶、鑑賞魚等の水槽又は容器に関する。
従来、草花や植木類を育て、鑑賞するには適当な養分と水を定期的に供給し、特に水の供給量が重要であり、植木鉢及び花瓶の給水が主な問題になっている、朝、夕など一定の時間毎に水を補給したり、長時間給水できないとか,又反対に一度に多量の給水すると土や養分が流失したり、根が腐ったりして枯れたりする問題等もあり、植木鉢の底に水抜き穴を設けた構造にしている、植木鉢内であっても栽培用土壌内に根がしっかりと張っている状態でないと土壌内から水、養分の吸収が悪く育成が安定せず、病虫害の発生の原因にもなる。近年いろいろの給水方法や又自動給水などの特許が出願されている。
特許3660417号公報 特許3249371号公報
本発明の目的は、植木鉢及び花瓶、又は鑑賞用の水槽、容器等において、盆栽、観葉植物、草花等の植替えが容易で、給水が十分で、その他、水の腐食による臭気、根腐れ等の諸問題を解決するため、多機能鉱石「クイックライト」の特性を生かし、その鉱石を利用し、植替えが容易に可能な二重の大小の植木鉢、並びに植替えが容易に可能な二重の大小の花瓶と植木鉢で、小さい植木鉢には植木、草花を植え、その土の表面に多機能鉱石「クイックライト」を敷き、大きな鉢形の容器又は花瓶には、下部に多機能鉱石「クイックライト」を敷きしめて、水を十分に入れる。鑑賞用の透明の水槽、容器も同様多機能鉱石「クイックライト」を敷き、水を入れる。これにより観葉植物、草花の植替えが容易で、給水も十分であり,各種の諸問題も解決できる植木鉢、花瓶、透明な水槽、容器を提供することを目的とする。
多機能鉱石「クイックライト」は珪酸、マグネシウム、カルシウム、アルミニウム,マンガン、磁鉄鉱等を主成分として微量成分を含み土地改良剤として品質味覚の向上に役立ち、弱アルカリなので酸性土壌を中和し、微量成分の活性を高め、土壌の通気性を良くします。又、鉢植え土の表面に「クイックライト」を敷き盆栽・観葉植物・草花等に利用する事で、鉢植えの花・観葉植物の光合成機能を高めると、ともに諸種の植物ホルモンを活性化し、健康な植物が育ちます。
小さな植木鉢の鉢植え花、観葉植物が終わったら、鉢植え植物を交換するだけで、一年中花が楽しめる、又、大きな透明な花瓶には金魚等の魚を入れても水が腐らず綺麗なため底の水が少量になったら補給する又は2〜3ヶ月に一度は水を交換するだけであり大変便利で手間がかからない植木鉢を提供することにある。
鉢形のコンテナ、花瓶の中又は鑑賞用水槽の水の中に「クイックライト」を敷くか、布袋やネットで包んで入れる。多機能鉱石の「クイックライト」は強い遠赤外線や微量のマイナスイオンを放射するほか、これらの鉱石はさらにお部屋の脱臭、抗菌、防カビの効果もある。
高い遠赤外線を示し、病気の原因となる細菌やカビを防ぎこの効果により植物を活性化し病虫害の発生を抑制し、水の腐食が起こりにくく、数ヶ月は水の交換の必要はないため、植木鉢としても、又、金魚鉢としても使用できる花瓶、観賞用水槽、容器を提供することにある。
鉢植えの花・観葉植物を利用した、ガーデニング・花壇・お墓の花等の栽培の水補給に、雨水を貯める地下水槽を設け水槽の底に多機能鉱石「クイックライト」を敷き、貯まった水及び雨水は、多機能鉱石「クイックライト」の酸化還元作用で腐食が起こりにくい特性があり、水槽上の植物の水やりに、紐又は不織布の自動給水を設けえると水道水の節約になり環境効果もある。その他、雨水を貯める地下水槽の大きさを変えると災害時の緊急用の水としても使用ができる。
本発明は、多機能鉱石「クイックライト」の特性を生かし、その有効な利用方法が課題である。
そして、本発明は上記目的を達成するため、植木鉢に関しては、各種材料の大小2個の植木鉢1・2を設ける。大きい植木鉢1の底部に多機能鉱石「クイックライト」3を敷きしめる、そして、植木鉢1の中間部付近まで水を入れる。小さい植木鉢2には観葉植物・草花等を植え、その土の表面に多機能鉱石「クイックライト」3を敷く、植木鉢2の底部左右に2箇所の小さな穴4をあけ、吸水用の紐又は不織布5を差し込み小さな植木鉢2の土の中に一方を埋め込み、他方を大きな植木鉢1の底の水に届くように長めにセットする。多機能鉱石「クイックライト」と水の入った植木鉢1に観葉植物・草花を植えた小さい植木鉢2を乗せた二重の植木鉢本体6を構成したものである。
又、花瓶に関しては、花瓶7を設け、花瓶の内部底部の水の中に多機能鉱石「クイックライト」3をそのまま敷きしめ、水を入れる。花瓶7の開口部に小さな植木鉢2を挿入する。小さい植木鉢2に観葉植物、草葉等を植え、その土の表面に多機能鉱石「クイックライト」3を敷く、植木鉢2の底部左右に2箇所の小さな穴4をあけ、吸水用の紐又は不織布5を差し込み小さな植木鉢2の土の中に一方を埋め込み他方を花瓶7の底の水に届くように長めにセットする。多機能鉱石「クイックライト」と水の入った花瓶7に観葉植物・草花を植えた小さい植木鉢2を乗せた二重の花瓶と植木鉢本体8を構成したものである。
そして、花瓶7の水槽の中には鑑賞用金魚等の魚をいれることで、観葉植物、草花と同時に水槽の中の金魚等も楽しめるようにしたものである。
容器又は鑑賞用水槽9に関しては、水槽の内部底部に多機能鉱石「クイックライト」3を一面に敷きしめ、金魚等の魚をいれる。この多機能鉱石「クイックラト」を植木鉢の土の上に敷きしめる、又は水中に入れることにより、多機能鉱石「クイックライト」のすばらしい特性を生かせるような構造にした。
多機能鉱石「クイックライト」等を植木鉢、花瓶、鑑賞用水槽に利用したものはなく、その特性である遠赤外線や微量のマイナスイオンを放射し、お部屋の脱臭・抗菌・防カビ・環境効果、水の酸化還元作用で、水の腐敗が起こりにくいため、草花、生花の日持ちが良く、根腐れ等もなく、また、高い遠赤外線放射率を示し、これらの効果により植物を活性化し病虫害の発生を抑制する効果等本発明に使用する多機能鉱石「クイックライト」の特性を利用するための出願である。
本発明は、上述のように二重構造の植木鉢、花瓶で、各独立し、多機能鉱石「クイックライト」の特性を十分に発揮するため、植木鉢の土の上に多機能鉱石「クイックライト」を敷き、あるいは植木鉢・花瓶・水槽・容器の内部底面に多機能鉱石「クイックライト」を敷きつめ、水を入れることで、紐、不織布による自動吸水が可能になり、強い遠赤外線が病気の原因となる細菌やカビを防ぎ、脱臭、抗菌、病虫害の発生を抑制し、微量のマイナスイオンを放射により、ガスを中和し、虫をよせつけない効果、及び水の腐敗がおこりにくく、草花等の根腐れもなく、数ヶ月は水の交換も必要なく、又植木鉢の草花が終わったら、他の植木鉢と容易に交換する等の効果が大いに期待できる。
以下、本発明の実施の形態を説明する。
(イ)各種材料の大小2つの植木鉢を2重に重ねた植木鉢を設ける。
(ロ)大きい植木鉢を下にし、その植木鉢の下部内部に多機能鉱石「クイックライト を敷き、水を入れる。
(ハ)小さい植木鉢に観葉植物、草花を植え、その土の上に多機能鉱石「クイックラ イト」を敷く、自動吸水用として植木鉢の底部の左右2箇所に穴をあけ、紐又 は不織布を差し込む、紐又は不織布は十分の長さにして大きい植木鉢の水の中 にたらす。
(ニ)小さい植木鉢を大きい植木鉢の開口部から入れる。
(ホ)大きい花瓶と小さい植木鉢を二重に重ねた花瓶を設ける。
(ヘ)大きい花瓶を下にし、その花瓶の下部内部に多機能鉱石「クイックライト」を 敷き、水を入れる。
(ト)小さい植木鉢は(ハ)と同様である。
(チ)小さい植木鉢を大きい花瓶の開口部から入れる。
(リ)透明の大きい花瓶には、金魚等の魚をいれ、観賞用として楽しむ。
(ヌ)観賞用水槽、容器にも、多機能鉱石「クイックライト」を敷き、水を入れ、金 魚等の魚をいれて観賞用として楽しめる。
本発明は、以上の構成よりなっている。
本発明の大きい植木鉢の一部断面図に小さな植木鉢を重ねた正面図 本発明の大きい植木鉢の断面図 本発明の大きい植木鉢の平面図 本発明の小さな植木鉢の正面図 本発明の小さな植木鉢の平面図 本発明の小さな植木鉢の断面図 本発明の一部断面の花瓶の上に小さな植木鉢を重ねた正面図 本発明の花瓶の正面図 本発明の花瓶の平面図
符号の説明
1 大きい植木鉢
2 小さい植木鉢
3 多機能鉱石「クイックライト」
4 小さな穴
5 紐又は不織布
6 植木鉢本体
7 花瓶(容器又は鑑賞用水槽)
8 花瓶と植木鉢の本体
9 水

Claims (5)

  1. 多機能鉱石「クイックライト」を水の中に入れ、その特性を利用し植物活力と環境効果を持続する植木鉢、花瓶、透明な鑑賞用水槽及び鉢形お容器。
  2. 大きな鉢形の容器、植木鉢又は花瓶の上に一回り小さな植木鉢を乗せ、二重にした請求項1記載の植物活力と環境効果を持続する植木鉢、花瓶、透明な観賞用水槽及び容器。
  3. 植木鉢、花瓶、透明な観賞用水槽、容器等の底又は植木鉢の土の上に多機能鉱石「クイックライト」を敷きしめた請求項1〜2記載の植物活力と環境効果を持続する植木鉢、花瓶、透明な観賞用水槽、容器。
  4. 多機能鉱石「クイックライト」を入れた植木鉢、花瓶、透明な観賞用水槽、容器に水をいれて、多機能鉱石「クイックライト」の特性である、高い遠赤外線、微量のマイナスイオン、草花、観葉植物の光合成機能を高め、ガスを中和し、虫を寄せ付けず、水の腐食がが起こりにくくなり、病気の原因となる細菌やカビを防ぎ、部屋の脱臭、抗菌効果があり、数ヶ月、水の交換の必要がない、草花が長持ちする請求項1〜3記載の植物活力と環境効果を持続する植木鉢、花瓶、透明な観賞用水槽、容器。
  5. 二重構造の上の植木鉢の底部に2箇所の穴をあけ、紐又は不織布の設け、下の植木鉢又は花瓶の底部にたらし、自動卯吸水を設けた請求項1〜4記載の植物活力と環境効果を持続する植木鉢、花瓶、透明な観賞用水槽、容器。
JP2006196181A 2006-06-20 2006-06-20 植物活力と環境効果を持続する植木鉢と花瓶、鑑賞用水槽、容器 Pending JP2008000119A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006196181A JP2008000119A (ja) 2006-06-20 2006-06-20 植物活力と環境効果を持続する植木鉢と花瓶、鑑賞用水槽、容器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006196181A JP2008000119A (ja) 2006-06-20 2006-06-20 植物活力と環境効果を持続する植木鉢と花瓶、鑑賞用水槽、容器

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008000119A true JP2008000119A (ja) 2008-01-10

Family

ID=39005003

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006196181A Pending JP2008000119A (ja) 2006-06-20 2006-06-20 植物活力と環境効果を持続する植木鉢と花瓶、鑑賞用水槽、容器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008000119A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101176434B1 (ko) 2009-10-09 2012-08-30 윤병섭 어항을 구비한 화분
KR200470339Y1 (ko) * 2013-09-16 2013-12-09 (주)에듀케이션아이코퍼레이션 화병 겸용 화분
JP2014093998A (ja) * 2012-11-09 2014-05-22 Kiyonori Toda 観葉植物を屋内で栽培・管理に水栽培。
JP2014121306A (ja) * 2012-12-19 2014-07-03 Kiyonori Toda 素焼き鉢の吸水機能を利用して栽培・管理に自然吸水。

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101176434B1 (ko) 2009-10-09 2012-08-30 윤병섭 어항을 구비한 화분
JP2014093998A (ja) * 2012-11-09 2014-05-22 Kiyonori Toda 観葉植物を屋内で栽培・管理に水栽培。
JP2014121306A (ja) * 2012-12-19 2014-07-03 Kiyonori Toda 素焼き鉢の吸水機能を利用して栽培・管理に自然吸水。
KR200470339Y1 (ko) * 2013-09-16 2013-12-09 (주)에듀케이션아이코퍼레이션 화병 겸용 화분
WO2015037789A1 (ko) * 2013-09-16 2015-03-19 (주)에듀케이션아이코퍼레이션 화병 겸용 화분

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005000176A (ja) 吸水ポリマー製人工培土による植物栽培方法、植物用保水体及びその製造方法並びに使用方法、根腐れ防止剤及び根腐れ防止方法、並びに保水剤及び保水方法
JPWO2005065443A1 (ja) 植物の栽培方法、水の鮮度保持剤、根腐れ防止剤、及び植物培地、並びに保水剤、殺菌剤、除草剤、断熱剤、改良剤、及び消臭剤、並びに水の鮮度保持
MX2010009910A (es) Contenedor para cultivo de planta, metodo para el cultivo y metodo de produccion de semillero de esqueje.
CN104472139A (zh) 一种桂花树育苗方法
JP2014171471A (ja) 花器を植木鉢として使用するための技術
KR100943824B1 (ko) 다목적 화분
JP2008000119A (ja) 植物活力と環境効果を持続する植木鉢と花瓶、鑑賞用水槽、容器
KR101037162B1 (ko) 화분장치
JP2003199425A (ja) 吸水ポリマー製人工培土による植物栽培方法、植物用保水体及びその製造方法並びに使用方法、根腐れ防止剤及び根腐れ防止方法、並びに保水剤及び保水方法
KR20120032335A (ko) 삽목용 화분
KR101085417B1 (ko) 자동급수 이끼화분
JP3141057U (ja) 多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を使って洋蘭類の管理に水やり不用システム。
JP2018027038A (ja) 水耕栽培用容器及び水耕栽培キット
WO2017104703A1 (ja) 露地水耕栽培キット、露地水耕栽培システム、及び植物体の製造方法
US20140059929A1 (en) Self contained planter for growing seeds
KR200365120Y1 (ko) 수조가 구비된 화분
JP2014121306A (ja) 素焼き鉢の吸水機能を利用して栽培・管理に自然吸水。
JP6535663B2 (ja) 植物栽培装置および植物栽培方法
JP2006174829A (ja) 簡易式養液栽培容器
JP2020191821A (ja) 動植物共生観賞用鉢
KR102045705B1 (ko) 생육활성화가 가능한 이식용 식물재배관리기
TWM621129U (zh) 實現魚菜蚯共生或水土栽培的簡易型環保培育箱
KR20200110868A (ko) 테라리엄
JP3472946B2 (ja) 陸生植物の水上園芸法
JPH06178625A (ja) 陸生植物の水上園芸施設

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20081106

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090114

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090225

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090326

A072 Dismissal of procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A073

Effective date: 20090901