JP2007518460A - Needle-free injectors and ampoules for intradermal, subcutaneous and intramuscular injection - Google Patents

Needle-free injectors and ampoules for intradermal, subcutaneous and intramuscular injection Download PDF

Info

Publication number
JP2007518460A
JP2007518460A JP2006532903A JP2006532903A JP2007518460A JP 2007518460 A JP2007518460 A JP 2007518460A JP 2006532903 A JP2006532903 A JP 2006532903A JP 2006532903 A JP2006532903 A JP 2006532903A JP 2007518460 A JP2007518460 A JP 2007518460A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ampoule
drive rod
housing
injection
suction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2006532903A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
コンラッド アンステッド
ジョン デスリアレス
ロバート ダブリュ ブラント
Original Assignee
コンラッド アンステッド
イントラヴァック インコーポレーテッド
ジョン デスリアレス
ロバート ダブリュ ブラント
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US46944303P priority Critical
Priority to US10/603,496 priority patent/US6939319B1/en
Application filed by コンラッド アンステッド, イントラヴァック インコーポレーテッド, ジョン デスリアレス, ロバート ダブリュ ブラント filed Critical コンラッド アンステッド
Priority to PCT/US2004/014511 priority patent/WO2004101025A2/en
Publication of JP2007518460A publication Critical patent/JP2007518460A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/30Syringes for injection by jet action, without needle, e.g. for use with replaceable ampoules or carpules
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/002Packages specially adapted therefor, e.g. for syringes or needles, kits for diabetics
    • A61M2005/005Magazines with multiple ampoules directly inserted into an injection or infusion device, e.g. revolver-like magazines containing ampoules with or without needles
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/24Ampoule syringes, i.e. syringes with needle for use in combination with replaceable ampoules or carpules, e.g. automatic
    • A61M2005/2418Ampoule syringes, i.e. syringes with needle for use in combination with replaceable ampoules or carpules, e.g. automatic comprising means for damping shocks on ampoule
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/20Automatic syringes, e.g. with automatically actuated piston rod, with automatic needle injection, filling automatically
    • A61M5/204Automatic syringes, e.g. with automatically actuated piston rod, with automatic needle injection, filling automatically connected to external reservoirs for multiple refilling
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/24Ampoule syringes, i.e. syringes with needle for use in combination with replaceable ampoules or carpules, e.g. automatic
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/42Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests having means for desensitising skin, for protruding skin to facilitate piercing, or for locating point where body is to be pierced
    • A61M5/425Protruding skin to facilitate piercing, e.g. vacuum cylinders, vein immobilising means

Abstract

【解決手段】無針皮下注射器であって、手動操作可能な細長いハウジングと上記ハウジング内のインパクト衝撃注射機構と、上記ハウジング内に設け上記インパクト衝撃注射機構と協働する吸引力発生手段と、安全インターロック機構と、上記インパクト衝撃注射機構及び吸引力発生手段と協働可能で、インパクト衝撃注射機構によって薬剤に加えられる衝撃に応じて薬剤を皮膚面に注射できるようにするジェットオリフィスを有する少なくとも1つの薬剤収容アンプル、及び上記インパクト衝撃注射機構と整合させるとともに上記吸引力発生手段と連通した状態でアンプルを注射器上に受け入れて保持する手段とを備えている無針注射器。 The invention relates to a needleless hypodermic syringe, manually operable elongated housing and an impact shock injection mechanism within the housing, a suction force generating means cooperating with the impact shock injection mechanism provided in the housing, safety interlock mechanism, the impact shock injection mechanism and the suction force generating means capable of cooperating with at least 1 having a jet orifice to allow the injection into the skin surface agent in accordance with the impact applied to the drug by the impact shock injection mechanism One of the medicament containing ampule and needle-free injector and means for receiving and holding an ampoule on the syringe in a state of communication with the suction force generating means causes aligned with the impact shock injection mechanism. この無針注射器は上記吸引力発生手段によってオリフィスに押し付けられて保持された皮膚組織に浸透するのに十分な速度のジェット流で薬剤をアンプルから放出し、且つジェットオリフィスの位置及び角度に基づいて薬剤を皮内、皮下又は筋肉内に注入するようになっている。 The needle-free injector is released from the ampoule the medicament jet stream of a rate sufficient to penetrate the skin tissue held pressed against the orifice by the suction force generating means, and based on the position and angle of the jet orifice drugs intradermal, so as to inject subcutaneously or intramuscularly.

Description

本発明は、レシピエントの組織に浸透させるのに十分な速度の細い高圧液体ジェット流によって、人又は動物の組織に皮内(ID)、皮下(SUB−Q)及び筋肉内(IM)注射をすることができる無針インパクト衝撃注射器、及び当該注射器用の一回使用型使い捨ての充填可能な又は充填済みのアンプルに関する。 The present invention, by a thin high-pressure liquid jet stream having a rate sufficient to penetrate the recipient tissue, intradermal the tissue of human or animal (ID), subcutaneous (SUB-Q) and intramuscular (IM) injection needleless impact shock syringe can be, and for one-time use disposable refillable or filled ampoule of the syringe.

薬剤を皮下に注射する現在の技術水準の試みは、注射器のジェット開口に対する皮膚の正確な位置決めに伴う困難さ、及び、皮膚面に対して直角に注射を行うときのジェット圧力対皮膚浸透度を正確に制御することができないことにより、限られた成功を収めているだけである。 Attempts state of the art for injecting a medicament subcutaneously, difficulties associated with accurate positioning of the skin to the jet opening of the syringe, and, the jet pressure to the skin penetration when performing injection at a right angle to the skin surface the inability to precisely control, is only met with limited success. 加えて、現在のシステムは、使用する圧力/力発生器内の機械装置の許容誤差のために、注射液噴射速度の正確な制御及び繰り返し動作の精度に欠ける。 In addition, current systems, due to the tolerances of the mechanical device in the pressure / force generator for use, lack precise control and accuracy of the repetition operation of the injection liquid jet velocity. 現在の装置の一部には、皮膚に適切に接触していないときに装置が作動されることを防止するための安全インターロックがないことによる安全性の問題があり、また、装置構造に伴う圧力制御の欠如が一因である突発的な故障が注射器本体に見られることがあった。 Some of the current devices, there are safety concerns due to the absence safety interlocks to prevent the device from being actuated when not in proper contact with the skin, also due to the device structure was sometimes catastrophic failure lack of pressure control is partly can be seen in the syringe body.

特に注目されるのは、薬剤を皮膚内のランゲルハンス細胞に投与できる能力である。 Of particular interest is the ability to administer the drug to the Langerhans cells in the skin. ランゲルハンス細胞は、皮膚の上側有棘層に通常に存在する樹状細胞である。 Langerhans cells are dendritic cells present in the normal to the upper spinous layers of the skin. これらの細胞は、皮膚の免疫応答に関与し、且つ皮膚からリンパ節へ移動する(migrate)ことがわかっている。 These cells are involved in immune responses of the skin, and and to move from the skin to the lymph nodes (The migrate) is found. それらは、マクロファージに共通の受容体を有し、T及びBリンパ球に対する抗原提示細胞として機能する。 They macrophages have a common receptor, to function as antigen presenting cells for T and B lymphocytes. ランゲルハンス細胞は、皮膚抗原の固定(fix)及び処理を行うことができ、そのため、炎症部位に最初に到着する免疫細胞である。 Langerhans cells can be performed fixed skin antigen (fix), and processing, therefore, is an immune cell that arrives first to the site of inflammation. この理由のため、ランゲルハンス細胞は、ワクチンの開発の促進、並びに自己免疫疾患及び拒絶反応防止治療のための処置に関連した免疫系研究において特に重要である。 For this reason, Langerhans cells, promoting the development of vaccines and is particularly important in connection with immune system study treatments for autoimmune diseases and rejection preventing treatment.

無針注射器は、薬剤、ワクチン、局部麻酔剤及び他の流体を人又は動物の組織に注入するための有針皮下注射器の代用品として使用されてきた。 Needleless syringe, drug, vaccine, has been used as a chromatic needle hypodermic syringe substitute for injecting a local anesthetic and other fluids human or animal tissue. 薬剤は高速で吐出され、それにより、最初に表皮に浸透し、その後に対象の組織内に入る。 Drug is discharged at high speed, thereby initially penetrates the epidermis, then enters the tissue of a subject. 代替方法は、吐出ノズルを皮膚上に押し付けて、流体を高圧で表皮を通して注入するものである。 Alternative methods, a discharge nozzle pressed onto the skin, is to inject through epidermis fluid at high pressure. そのような従来技術の装置は、この噴射動作、及び皮膚に浸透した後の流れ制御の変数(variable)に対処することができないことにより、結果的に低水準で且つ痛みを伴う注射を生じる。 Such prior art devices, this injection operation, and by the inability to deal with penetrated after the flow control variable (variable) to the skin, produces a result in and injections painful at low levels. それらはまた、一般的には皮内部分、特に皮膚の上層への薬剤の送り込みを制限しながら、角質層に浸透させるのに必要な力を与える能力に関して劣っている。 They also generally inferior with respect to intradermal portion, ability particularly while limiting the delivery of the drug to the upper layer of the skin, providing the force required to penetrate the stratum corneum.

従来技術の装置は通常、流体をタンクから導出すためにばね付勢式ピストンポンプを用いる。 Prior art devices typically use a spring loaded piston pump to produce conductive fluid from the tank. ピストンの後退ストロークの終端部で、ピストンは後退機構から係合解除されて、方向が逆になり、それにより、送出ノズルから吐出するために流体を加圧する。 At the end of the retraction stroke of the piston, the piston is disengaged from the retracting mechanism, the direction is reversed, thereby pressurizing the fluid to be ejected from the delivery nozzle. 一部の装置では、流体が装置内の隣接する収容部又は容器内に収容され、流体は加圧状態でノズル内へ供給され、加圧状態で送出ノズルを通って吐出される。 In some devices, fluid is received in the receiving section or the container adjacent the apparatus, the fluid is supplied to the nozzle under pressure, it is discharged through the delivery nozzle under pressure. 別の従来技術の装置では、ピストンが、ばねの代わりにガス又は電気モータによって吐出ストロークで進められる。 In another prior art device, the piston is advanced in a discharge stroke by gas or electric motor instead of a spring. これらの装置のほとんどにおいて、吐出オリフィスを皮膚上にしっかり置いて、ノズルを表皮に直接的に接触させなければならない。 In most of these devices, the discharge orifice firmly placed on the skin, must be direct contact with the epidermis of the nozzles. 好適な接触を行うために、操作者がオリフィスを、皮膚面に対して直角をなす、通常は皮膚の平面に垂直である角度で表皮内へしっかり押し込み、それにより、接触点で表皮を引き伸ばし、それにより、注射が引き伸ばされた組織に接触点で浸透する能力を高めるようにする。 To make a suitable contact, the operator orifices, perpendicular to the skin surface, usually firmly pushing into the skin at an angle that is perpendicular to the plane of the skin, thereby stretching the skin at the contact point, thereby to enhance the ability to penetrate the contact points in the injection was stretched tissue. しかし、オリフィスを表皮内に押し込むことは、装置の操作者と、装置が生体組織に押し付けられるのに耐えるレシピエントの能力とによって左右される変数である。 However, pushing the orifice in the epidermis, the operator of the device, the device is a dependent variable by the recipient ability to withstand for being pressed against the body tissue.

一般的に、既存の装置を使用すると、結果として、ノズルの入口点で薬剤が損失され、レシピエントの動き又は操作者の経験不足によって注射不良が生じ、薬剤を組織の適正な深さ及び層に入れて分散させるための注射を、浸透しないか又は過剰に浸透するかのいずれかの角度で受けることとなる。 Generally, the use of existing equipment, as a result, the drug is lost at the entry point of the nozzle, the injection failure caused by lack of experience recipients movement or operator, proper depth and layers of drug tissue the injections for dispersing put in, and be received by any angle or penetrate no or excessive penetration. 加えて、未熟な操作、及び注射中に皮膚に裂傷を生じる可能性がある表皮及びオリフィス間の相対移動がよく起こり、結果的に、痛みや、レシピエントへの薬剤の移送不良が生じる。 In addition, immature operation, and often occurs relative movement between the epidermis and orifice which can cause tearing in the skin during the injection, resulting in pain and, the transfer failure of the agent to a recipient occurs. 他の場合では、表皮が変形してオリフィスから離れ、注射液が入口点から漏れ出す。 In other cases, apart from the orifice and skin is deformed, injection solution leaks from the inlet point. 場合によっては、装置は、吐出オリフィスの上方で変形させることによって表皮を引き伸ばそうとする。 Optionally, the device and attempts Hikinobaso skin by deforming above the discharge orifice. これらの条件のすべてにおいて、本装置を使用して許容される吐出及び表皮への浸透を行う場合、注射処置の成功は、操作者が安定的に実施する能力に依拠している。 In all of these conditions, the case of performing the penetration of the discharge and the skin is allowed to use the device, the success of the injection procedure, the operator relies on the ability to perform stably.

これらの問題を解決するために、さまざまな方法が提案されてきた。 In order to solve these problems have been various methods have been proposed. たとえば、動力付き注射器や、圧縮ガスシリンダを備えてそれらの性能を高めるための感知/制御装置、及び電気注射器があるが、それらは重く且つ扱い難く、ガス供給、圧力、漏れの変動によって妨害されることが多い。 For example, a powered injector, the sensing / control devices to enhance their performance with a compressed gas cylinder, and there are electrical injectors, they are heavy and cumbersome, is interference gas supply, the pressure, the variations in leakage Rukoto often.

薬剤供給の必要及び作業者の技能によって、これらの装置を使用する際の問題、たとえば、投与薬剤を正確に測定及び管理すること、注射器が適量の薬剤を適切な組織に送出したことを確認する必要が生じていた。 The skills required and the operator of the drug supply, problems in the use of these devices, for example, to accurately measure and manage administration agent, to confirm that the syringe has sent an appropriate amount of drug in the appropriate tissue need has occurred. 以下の特許は、成功の度合いはさまざまであるが、これらの既知の問題に対処しようとしており、提案されている幾つかの方法は以下の通りである。 The following patents, but the degree of success is variable, and an attempt to address these known problems, several methods have been proposed are as follows.

米国特許第3,859,996号(Mizzy)は、対象の皮膚の上に必要圧力で、且つ皮膚に対して正確な姿勢で、確実に注射器オリフィスを正確に設置する制御漏出方法を開示している。 U.S. Patent No. 3,859,996 (Mizzy) is a necessary pressure on the skin of the subject, and in the correct orientation relative to the skin, discloses a control leakage method of installing reliably syringe orifice accurately there. 設置条件が満たされると、対象の皮膚上の接触圧力によって制御漏出を封止し、圧力感知パイロット弁が開くまで注射器制御回路内の圧力が上昇し、それにより、高圧ガスがピストンを押し進めて、薬剤を注射できるようにする。 When installation conditions are met, sealed control leakage by contact pressure on the skin of a subject, increases the pressure in the syringe control the circuit until the open pressure sensitive pilot valve, whereby the high-pressure gas is pushed piston, to allow injecting a medicament. このように弁の利用及び圧力ガスを使用することは、装置の製造及び使用を複雑にし、また本発明には適用されない。 Thus the use of use and the pressure gas valve, complicates the manufacture and use of the apparatus, also not applicable to the present invention.

国際公開のWO82/02835(Cohen)及び欧州特許公開第347190号(Finger)は、オリフィス及び皮膚間のシールを改善し、且つその間の相対移動を防止する方法を開示している。 International Publication WO82 / 02835 (Cohen) and European Patent Publication No. 347,190 (Finger) improves the seal between the orifice and skin, discloses a method of preventing and therebetween relative movement. この方法は、表皮を吐出オリフィス上に直接的に且つしっかりと吸い付けるために真空装置を用いるものである。 This method uses a vacuum device to directly and firmly attracts the skin on the discharge orifice. 表皮をオリフィス内に吸い込むために、吐出オリフィスが皮膚面に対して直角に位置決めされる。 To suck the epidermis into the orifice, the discharge orifice is positioned at a right angle to the skin surface. 薬剤を皮膚内に注入するこの方法及び注射器機構は、異なっており、その独特のアンプル構造のために、本発明には適用されない。 The method and syringe mechanism for injecting a drug into the skin, different and, because of its unique ampoule structure, do not apply to the present invention.

米国特許第3,859,996号(Mizzy)はさらに、対象の上に置かれた注射器上の圧力感知スリーブであって、それにより、オリフィス及び皮膚間の適正な接触圧力が達成されるまで、注射器の作動を防止する圧力感知スリーブを開示している。 U.S. Patent No. 3,859,996 (Mizzy) further provides a pressure sensitive sleeve on the injector which is placed on the subject, thereby, to the proper contact pressure between the orifice and skin is achieved, It discloses a pressure sensitive sleeve which prevents actuation of the syringe. 基本的な目的は、吐出オリフィスの上方で表皮を引き伸ばして、表皮が変形してオリフィスから離れる速度より高速で加圧薬剤を塗布することである。 The basic purpose is to stretch the epidermis over the discharge orifice is that the skin is deformed to apply the pressure antihypertensive agent faster than the speed away from the orifice. このように皮膚をオリフィス上に引き伸ばす方法は、その機構の配置とともに、本発明とまったく異なり、本発明には適用されない。 How to stretch this way the skin on the orifice, together with the arrangement of the mechanism, quite unlike the present invention, does not apply to the present invention.

米国特許第5,480,381号(T.Weston)は、変形してオリフィスから離れるとき間を表皮が有する前に、表皮に穿刺するのに十分早い速度で薬剤を加圧する手段を開示している。 U.S. Patent No. 5,480,381 (T.Weston) is between when deformed to away from the orifice before having the epidermis, discloses a means for pressurizing the drug in sufficiently fast rate to puncture the epidermis there. 加えて、この装置は、対象の表皮上の吐出オリフィスの圧力が、注射器の作動を可能にする所定の値であることを直接的に感知する。 In addition, the apparatus, the pressure of the discharge orifice on the epidermis of the subject, directly senses that is a predetermined value that facilitates operation of the syringe. この装置は、カム及びカムフォロワ機構に基づいて機械的順序づけを行い、且つ液体を出すための液体出口を備えたチャンバ、及び液体を射出するための衝撃部材を備える。 This apparatus performs mechanical ordered based on a cam and cam follower mechanism, and comprises a chamber having a liquid outlet for exiting liquid, and an impact member for injecting a liquid. 順序づけ及びカム動作は、電気モータギヤボックスによって駆動され、カム作用及び順序づけ及び調節可能な圧力感知とともに、本発明には適用されない。 Ordering and the cam action is driven by an electric motor gearbox, with camming and ordering and adjustable pressure sensitive, it does not apply to the present invention.

米国特許第5,891,086号 (T.Weston)は、カートリッジの構成部品を打撃して一回分量の薬剤を出すために、衝撃部材に一定の力を加える加圧ガスが予め充填されたチャンバを含む無針注射器を記載している。 U.S. Patent No. 5,891,086 (T.Weston), to give a dose of the drug to strike the cartridge components, pressurized gas apply a constant force to the impact member is pre-filled It describes a needleless syringe comprising a chamber. この装置は、投与量及び衝撃ギャップを設定する調節ノブを備え、注射を開始するために直接接触圧力感知を利用する。 The apparatus includes an adjustment knob for setting the dose and the impact gap, utilizing direct contact pressure sensing to initiate the injection. このように接触圧力感知を使用すること、常時調節の必要、及び注射プロセスを実行するために加圧ガスを使用することは、本発明には適用されない。 Thus the use of contact pressure sensitive, must always adjusted, and the use of pressurized gas in order to perform the injection process is not applicable to the present invention.

米国特許第3,859,996号 US Pat. No. 3,859,996 国際公開WO82/02835 International Publication WO82 / 02835 欧州特許公開第347190号 European Patent Publication No. 347190 米国特許第5,480,381号 US Pat. No. 5,480,381 米国特許第5,891,086号 US Pat. No. 5,891,086

薬剤を皮下注射しようとする現在の技術水準の試みは、注射器のジェット開口に対する皮膚の正確な位置決めに伴う困難さ、及び、皮膚面に対して直角に注射を行うときのジェット圧力対皮膚浸透度を正確に制御することができないことにより、限られた成功を収めているだけである。 Agent attempts state of the art to be subcutaneous injection, difficulty associated with the precise positioning of the skin to the jet opening of the syringe, and, jet pressure to the skin penetration when performing injection at a right angle to the skin surface by the inability to accurately control the, it is only met with limited success. 加えて、現在のシステムは、使用する圧力/力発生器内の機械装置の許容誤差のために、注射ジェット速度の正確な制御及び繰り返し精度に欠ける。 In addition, current systems, due to the tolerances of the mechanical device in the pressure / force generator for use, lack precise control and repeatability of the injection jet velocity. 現在の装置の一部には、皮膚に適切に接触していないときに装置が誤って作動されることを防止するための安全インターロックがないことによる安全性の問題があり、また、装置構造に伴う正確な圧力制御の欠如が一因である突発的な故障が注射器本体に見られた。 Some of the current devices, there are safety concerns due to the absence safety interlocks to prevent the device from being operated accidentally when not in proper contact with the skin, also, the device structure catastrophic failure is partly because the lack of accurate pressure control caused by was observed syringe body.

本発明は、注射器と、当該注射器とともに使用されるアンプルとの組み合わせとにより、これらの欠点を克服する。 The present invention includes a syringe, by a combination of the ampoule for use with the syringe, to overcome these drawbacks. アンプルは、注射すべき薬剤を保持するとともに、注射器及び患者の皮膚面の両方と連係し、それにより、皮膚を緊密に引き込んで適切な注射を行うために注射器によって発生する吸引力を加える部品であるので、アンプルはシステムの重要な構成要素である。 Ampoule holds the drug to be injected, in conjunction with both the skin surface of the syringe and the patient, thereby, in part applying suction generated by the syringe for proper injection draw closely the skin since, the ampoule is an important component of the system. インターロックの解除には、アンプルがなければ達成することができないシステムでの完全な吸引力を生じることが必要であるので、アンプルはさらに注射器と連係して、安全インターロックを適切に作動させる。 The release of the interlock, since the ampoule is necessary to produce a complete attraction force in the absence if it is not possible to achieve the system, ampoule in conjunction with further syringe, to operate properly safety interlock. 本発明のアンプル及び注射器の組み合わせにより、皮膚面に対する任意の角度での皮内、皮下及び筋肉内への薬剤の無針注射を達成することが可能となる。 The combination of ampoules and syringes of the present invention, it is possible to achieve intradermal, needle-free injection of the drug into subcutaneous and intramuscular at any angle to the skin surface. さらに、本発明のアンプル及び注射器の組み合わせは、皮膚の上側有棘層内のランゲルハンス細胞に薬剤を正確且つ確実に投与するために必要な浅い皮内注射を達成することができる。 Furthermore, the combination of ampoules and syringes of the present invention, it is possible to achieve a shallow intradermal injection necessary to administer the drug correctly and reliably the Langerhans cells of the upper spinous layers of the skin.

したがって、本発明は、手動操作可能な細長いハウジングと、ハウジング内のインパクト衝撃注射機構と、ハウジング内にあって、インパクト衝撃注射機構と協働する吸引力発生手段と、安全インターロック機構と、インパクト衝撃注射機構及び吸引力発生手段と協働可能な少なくとも1つの薬剤収容アンプルであって、ジェットオリフィスを有し、インパクト衝撃注射機構によって薬剤に加えられる衝撃に応じて、そのジェットオリフィスを通して薬剤を皮膚面に注射できるようにする、薬剤収容アンプルと、インパクト衝撃注射機構と整合されるとともに吸引力発生手段と連通した状態でアンプルを注射器上に受け入れて保持する手段とを備える無針注射器であって、吸引力発生手段によってオリフィスに押し付けられて保持された皮膚 Accordingly, the present invention includes an elongate housing that can be manually operated, an impact shock injection mechanism within the housing, in the housing, a suction force generating means cooperating with the impact shock injection mechanism, and a safety interlock mechanism, impact a shock injection mechanism and the suction force generating means capable of cooperating with at least one medicament containing ampule having a jet orifice, in response to impact applied to the drug by the impact shock injection mechanism, cutaneous drug through the jet orifice to be injected into the face, and medicament containing ampule, a needle-free injector and means for receiving and holding an ampoule on the syringe in a state of communication with the suction force generating means while being aligned with the impact shock injection mechanism , held pressed against the orifice by the suction force generating means skin 織に浸透するのに十分な速度のジェット流で、薬剤をアンプルから噴出し、且つジェットオリフィスの位置及び角度に基づいて、薬剤を皮内、皮下又は筋肉内に注入するようになっている、無針注射器を提供する。 Jet flow rate sufficient to penetrate the woven, drug ejected from the ampoule, and based on the position and angle of the jet orifice, so as to inject medication intradermally, subcutaneously or intramuscularly, providing needle-free injector.

本発明はさらに、無針注射器用のアンプルであって、前端部、後端部、ほぼ平坦な上面、及び前端部と後端部との間に下向きのオフセットを有する下面を有する細長い本体を備え、このオフセットによって前向きの段差面が設けられ、本体内の水平方向内孔が、本体の後端部から段差面にほぼ隣接する地点まで延在しており、内孔は後端部で開端し、当該内孔の内部には、インパクト衝撃注射機構によって押されるようになっている密封プランジャが配置され、内孔は、段差面を貫通するジェットオリフィスをさらに有し、それにより、内孔は、インパクト衝撃注射機構によってプランジャが内孔内で前方に押されるのに応じて、オリフィスに押し付けられていた皮膚面に注射することができる一定量の薬剤を保持することができる、アンプ The present invention further provides a ampule of the needle-free syringe, the front end, a rear end, comprises an elongated body having a lower surface with a downward offset between the generally flat upper surface, and front and rear ends , forward step surface is provided by the offset, horizontal bore in the body, extends to a point substantially adjacent to the stepped surface from the rear end of the body, the inner bore open end Mr. rear end , the inside of the bore, is arranged sealed plunger adapted to be pushed by an impact shock injection mechanism, the inner bore, further comprising a jet orifice through the step surfaces, whereby the inner bore, in response to being pushed forward in the bore plunger by impact shock injection mechanism, capable of holding a quantity of medicament which can be injected into the skin surface which has been pressed against the orifice, the amplifier を提供する。 To provide.

本発明注射器は、起動装置との接触面を与えるように構成された一回使用型使い捨て薬剤アンプルを使用し、それにより、複数アンプル送出装置から薬剤を手動で又は機械的に容易に装填するようにするとともに起動装置の構造体の正確な位置決め及び密封を行って、薬剤を皮内、皮下又は筋肉内に注入する。 The present invention syringes, using single-use disposable drug ampoule configured to provide the contact surface with the actuating device, thereby to manually or mechanically easily loaded with an agent from the plurality ampule delivery device performing accurate positioning and sealing of the structure of the activation device with which, the injecting drug intradermally, subcutaneously or intramuscularly. アンプルはさらに、皮膚を引き伸ばして、短時間の注射中、皮膚をジェットオリフィスと正確に整合した状態に保持するために真空を誘導する機構を含む。 Ampule further includes stretching the skin, in short injection includes a mechanism for inducing a vacuum to hold the skin in a state of precisely aligned with the jet orifice. アンプルのオリフィスには、ID、SUB−Q注射又はIM注射で異なったオフセットの変動がある。 The ampoule of the orifice, ID, there is variation in offset differed SUB-Q injection or IM injection. アンプル及び注射器はまた、より多い投与量又はより幅広いパターンの注射用にアンプル内に複数オリフィスを設けることを含めて、さまざまな種類の薬剤で必要とされるように、薬剤粘度の違いに合わせて調節される。 Ampoules and syringes also including providing a plurality orifices in the ampoule higher doses or more for injection broad pattern, as required by the different types of drugs, in accordance with the difference in drug viscosity It is adjusted. 本発明の注射器は、手動で、空気圧式及び/又は電気的に、又は電磁的に作動されて、アンプルを取り付けるためのインターフェース機構と、起動プロセスを実行するとき、衝撃力が薬剤を皮膚面に対して水平から垂直までの間の任意の角度で、且つスキュー角で注入することができるようにする機構とを設ける。 Syringe of the present invention, manually, pneumatically and / or electrically, or is actuated electromagnetically, and interface mechanism for attaching the ampoule, when executing the startup process, impact force the drug to the skin surface at any angle between the horizontal to vertical for and providing a mechanism that allows to inject at the skew angle. 加えて、起動装置は、アンプルが皮膚面に適切に当接されている(interface)ときを除いて、衝撃力が誤って作動されないようにする安全インターロック機構を設ける。 In addition, activation device, ampoule except when being properly contact the skin surface (in interface), providing a safety interlock mechanism that prevents the actuation impact incorrectly. 注射器は、快適な軽量の装置を操作者に与える。 Syringe, giving a device a comfortable weight to the operator. それにより、操作者はアンプルを迅速且つ容易に装填し、アンプルを皮膚面上に適切に位置決めし、衝撃力を作動し、薬剤を注射し、且つ起動装置をリセットすることができる。 Thereby, the operator loading the ampule quickly and easily, the ampoules were properly positioned on the skin surface, the impact force operates, and injecting a medicament, and can reset the activation device.

本発明では、事前に測定された分量の流体薬剤を、処置又は予防接種を受ける人及び動物の両方の組織に水平から垂直までの間の任意の角度で浸透させることができる十分な速度の細いジェットで吐出する無針アンプルが提供される。 In the present invention, the quantity of fluid medicament measured beforehand, thin enough rate that can be infiltrated at any angle between the horizontal in both the human and animal undergoing treatment or vaccination of tissue to a vertical needle-free ampoule to be discharged in a jet is provided.

本発明は、薬剤を組織に注入する前に真空を発生させ、それによって皮膚を引き伸ばして適切に保持する能力を有する一回使用型使い捨て薬剤アンプルと、手動で、空気圧式及び/又は電気的に、又は電磁的に作動させる起動注射器とを用いる。 The present invention, drug to generate vacuum prior to injection into the tissue, whereby a single-use disposable drug ampoule having the ability to properly hold stretch the skin, manually, pneumatically and / or electrically or use of a starting syringe electromagnetically actuated. アンプル及び注射器は、医療界で現在使用されている材料で作製され、且つ労力を最小限に抑えるるとともに取り扱い及び操作が容易であるように構成された真に無類の構造である。 Ampoules and syringes are made of a material that is currently used in the medical community, it is true of unrivaled structure configured to be and labor easy to handle and operate with Ruru minimal. 選択されるサイズ及び形状も、重量を最小限に抑える。 The size and shape is also selected to minimize weight. 年齢、手の大きさ、手の強さ、皮膚の種類及び厚さとともに、操作の可視性も非常に重要な考慮すべき点であった。 Age, hand size, hand strength, as well as the type and thickness of the skin was considerations critical visibility even in operation.

本発明の主題は、使い捨ての充填可能な又は充填済みのアンプルと、手動又は自動操作式起動装置とを含む方法及び機構を提供し、皮内(ID)、皮下(SUB−Q)又は筋肉内(IM)注射用のいずれかの新規な無針注射器を提供することである。 The subject of the present invention includes a fillable or pre-filled ampoules disposable, provides a method and mechanism comprises a manually or automatically operated starter, intradermal (ID), subcutaneous (SUB-Q) or intramuscularly (IM) is to provide one of the novel needleless syringe for injection. 本発明によって得られる多くの利点がある。 There are many advantages provided by the present invention. とりわけ、注射は水平インパクト衝撃ジェット圧力を使用し、したがって、それは、有針注射器を使用した場合より広い範囲にわたって粒子を拡散させ、組織内の局部圧力を減少させ、且つ組織内の開口部からの流体の漏出をなくし、それにより、感染が拡大する可能性を減らす。 Especially, injections using horizontal impact shock jet pressure, therefore, it is the particles are spread over a wider range when using the perforated needle syringe, to reduce the local pressure in the tissue, and from the opening in tissue eliminating the leakage of fluid, thereby reducing the likelihood of infection increases. 本装置は、薬剤や注射部位等の個々の状態に応じて、アンプルの中心線に対して、水平から垂直までの間の任意の角度及び横方向での注射を可能にする。 The apparatus in accordance with the particular condition, such as drugs and the injection site, with respect to the center line of the ampoule, allowing injection at any angle and transverse direction between the horizontal to the vertical. 本発明の独特の特徴は、薬剤が、それを保持しているアンプルから既知の制御インパクト衝撃力で送り出される。 A unique feature of the present invention, the agent is from ampule holding it fed in known control impact shock.

本発明のさらなる新技術は、皮膚を引き伸ばす方法であって、透過性を増加させ、したがって、流体を組織に注射するために必要なエネルギー量を減少させるとともに、水平から垂直まで、及び/又は横方向に流体を皮膚に注射し、それにより、皮内、皮下又は筋肉内注射のための組織の位置決めを制御できるようにする方法である。 A further new technology of the present invention is a method to stretch the skin, the permeability increases, therefore, with reduced amount of energy required to inject the fluid into tissue, from horizontal to vertical, and / or transverse the fluid injected into the skin in a direction, whereby, intradermal, is a method to be able to control the positioning of tissue for subcutaneous or intramuscular injection. 皮膚が適切に位置決めされるまで作動できないようにする、注射器に組み込まれた安全機構を導入することも重要である。 Skin to prevent operation until properly positioned, it is also important to introduce a safety mechanism built into the syringe.

アンプルは、注射器と連係して、手又は機械的手段による装填を可能にしており、また、注射器の動作によって発生する真空であって、短い注射時間中、皮膚を引き伸ばすとともにジェットオリフィスと正確に整合した状態に保持する真空を発生させる機構を有する。 Ampoule, in conjunction with a syringe, and enables loading by hand or mechanical means, a vacuum generated by the operation of the syringe during the short injection time, exactly aligned with the jet orifice with stretching the skin a mechanism for generating a vacuum for holding the state. 起動装置は、アンプルを取り付けるためのインターフェース即ち当接機構であって、起動プロセスを実行するときに薬剤を注射するために必要なインパクト衝撃力を与えるインターフェース機構を提供する。 Activation device, an interface i.e. abutment mechanism for attaching the ampoule to provide an interface mechanism for an impact shock force required to inject the drug when executing the boot process. 各アンプル本体は、アンプルが収容している薬剤の量を表示するために外部に目盛りを付けた透視窓を有する。 Each ampoule body has a transparent window in which graduated externally to display the amount of drug ampoule is accommodated.

本発明の第2実施形態において、注射器は、一定の機能及びシーケンス実行部品が作動のために外部空気圧を利用する点を除いて、最初の実施形態と同様に作動する。 In a second embodiment of the present invention, syringe, certain functions and sequence execution part except the use of an external pressure for actuation, it operates similarly to the first embodiment. ハンドルが指操作式トリガに置き換えられており、戻し機構はすべて空気駆動式である。 Handle has been replaced by the finger operable trigger, all the return mechanism air-driven. 代替として、注射器の一部あってもよいしそれと別体にしてもよいバッテリパックによって電力を与える電子ソレノイドを使用して、空気圧動作を行うことができる。 Alternatively, it may be a part of the syringe therewith using an electronic solenoid to power the better the battery pack be separately, it can be performed pneumatically operation. 両実施形態のアンプル構造は同一であり、注射器へのアンプル構造の取り付け及びアンプル構造の充填方法も同じである。 Ampoules structure of both embodiments are the same, filling method of attachment and ampoules structure ampoules structure into the syringe is also the same. 各注射器実施形態は同一のアンプルを使用するので、それぞれが皮内(ID)、皮下(SUB−Q)又は筋肉内(IM)注射のいずれかを行う手段を備える。 Each syringe embodiments because it uses the same ampoule, each intradermal (ID), comprising means for performing either subcutaneously (SUB-Q) or intramuscular (IM) injection.

本発明の別の実施形態は、複数アンプルアセンブリを受け取るようになっている注射器及び当該注射器のための複数アンプルアセンブリを提供する。 Another embodiment of the present invention provide a plurality ampoule assembly for a syringe and the syringe is adapted to receive a plurality ampoule assembly. 注射器の構成部品及び作動は、他の実施形態のものとほぼ同じであるが、例外点として、注射器の前端部が、回転可能な複数アンプルアセンブリを受け取るように変更されており、このアセンブリは、円筒形カートリッジ内に配置された複数のアンプルを有する。 The components and operation of the syringe is substantially identical to that of the other embodiments, as an exception point, the front end of the syringe has been changed to receive a rotatable multiple ampoule assembly, the assembly, having a plurality of ampules which are disposed within the cylindrical cartridge. カートリッジは、注射器の前端部で回転可能であり、それにより、カートリッジの各アンプルを注射器の吸引及び注射手段と整合させることができる。 Cartridge is rotatable at the front end of the syringe, whereby it is possible to match the respective ampoule cartridge and syringe aspiration and injection means.

本発明はさらにまた、無針注射器であって、アンプルはさらに、段差面の前方の地点で本体を上面から下面まで垂直方向に貫通する少なくとも1つの吸引ポートを有し、この吸引ポートは、吸引力発生手段と流体連通状態にあり、それにより、注射に先だって、吸引力発生手段によって発生した吸引力をポートを介して皮膚表面に加えて、皮膚面をアンプルの下面及びジェットオリフィスに引き付け、それにより、皮膚を引き伸ばして、薬剤ジェットに対する皮膚の多孔率(porosity)を向上させ、且つオリフィスの角度及び配置に応じて、薬剤ジェットを皮内、皮下又は筋肉内に向かわせることができる。 The present invention still further provides a needleless syringe, the ampoule further comprises at least one suction port penetrating in a vertical direction body from the upper surface to the lower surface at a point forward of the step surface, the suction port, suction located force generating means in fluid communication with, thereby prior to injection, a suction force generated by the suction force generating means in addition to the skin surface via a port attracts a skin surface to the lower surface and the jet orifice of the ampule, it accordingly, stretching the skin, porosity of the skin to drugs jet (porosity) improves, and according to the angle and placement of the orifices, it is possible to direct the drug jet intradermal, subcutaneous or intramuscular.

本発明はさらにまた、注射器アセンブリと、注射器アセンブリに着脱可能に取り付けることができる少なくとも1つの薬剤収容アンプルと、を備える無針注射器であって、注射器アセンブリは、手動操作可能な細長いハウジングを有し、ハウジングは、機械的インパクト衝撃手段を収容する本体部分であって、機械的インパクト衝撃手段は、ハウジング内で注射準備位置及び注射位置間を直線的に往復運動することができるドライブロッドと、ドライブロッドの後方部分に沿って同心円状に配置された圧縮可能ドライブばねであって、ハウジング内の固定当接部とドライブロッドのほぼ中間の位置にある突出部との間に拘束され、それにより、ドライブロッドが後方に変位することによって圧縮される、圧縮可能ドライブばねと、突出部と協 The invention further includes a syringe assembly, and at least one medicament containing ampule can be removably attached to the syringe assembly, a needle-free injector with a syringe assembly has a manually operable elongated housing , housing, a body portion that houses the mechanical impact shock means, mechanical impact shock means includes a drive rod which can be linearly reciprocated between injection ready position and injection position within the housing, the drive a compressible drive spring disposed concentrically along the rear portion of the rod is restrained between the protrusions in the substantially middle position of the fixed contact portion and the drive rod within the housing, whereby, drive rod is compressed by displacing the rear, the compressible drive spring, projection and co して、ばねが圧縮される注射準備位置にドライブロッドを解除可能に保持する、ラッチ機構と、注射しようとするときにラッチ機構を解除する解除手段と、ドライブロッドと協働する注射準備手段であってドライブロッドを後方に押して注射準備位置に置きそれにより、ばねを圧縮すると共にラッチ機構に係合する注射準備手段とを有する本体部分を備える、無針注射器を提供する。 To, springs releasably hold the drive rod in the armed position to be compressed, and a latch mechanism, and release means for releasing the latch mechanism when attempting to injection, injection preparation means cooperating with the drive rod thereby placing the armed position by pushing the drive rod to the rear there comprises a body portion having an injection preparation means for engaging the latch mechanism while compressing the spring, to provide a needle-free injector. 無針注射器はさらに、少なくとも1つのアンプルを着脱可能に受け取るようになっているとともに、インパクト衝撃機構が注射準備位置にあるときにアンプルを注射器アセンブリに解除可能に固定するデテント手段を備えるノーズ前方部分であって、少なくとも1つのアンプルは、前端部、後端部、ほぼ平坦な上面、及び前向きの段差面が設けられている段差の付いた下面を有する本体を備え、本体は、後端部で開端するとともに段差面内のジェットオリフィスに向かって細くなる水平に配置されたほぼ円筒形の薬剤室を段差面の後方に有し、室のサイズ及び位置は、アンプルが注射器アセンブリに固定されるとともにラッチ機構が解除されるときにドライブロッドの前端部を受け取るようになっており、室は、室内に薬剤を保持する手段を Needle-free injector further nose forward portion comprising together adapted to receive detachable at least one ampoule, a detent means for releasably securing the ampoule in the syringe assembly when the impact shock mechanism is in the armed position a at, at least one ampoule, front end, rear end, comprising a body having a lower surface with a step provided substantially flat top surface, and forward of the step surface, the body at the rear end portion It has a generally cylindrical medicament compartment, which is positioned parallel to the tapering toward the jet orifice of the stepped plane while open end behind the stepped surface, the size and position of the chamber, together with the ampoule is fixed to the syringe assembly being adapted to receive the front end of the drive rod when the latch mechanism is released, the chamber, the means for holding the drug in chamber 供する密封プランジャをさらに収容し、プランジャは、ラッチ機構が解除されるときにドライブロッドによって係合されるようになっており、それにより、ドライブロッドは、プランジャを水平に配置された室内で前方に押し進めて、アンプルに押し付けられていた皮膚面内にジェットオリフィスを通して薬剤を加圧状態で押し出す、ノーズ前方部分と、を備える。 Further accommodates a sealing plunger subjecting the plunger is adapted to be engaged by the drive rod when the latch mechanism is released, thereby, the drive rod, the forward plunger horizontally disposed chamber urged to push the drug in a pressurized state through the jet orifice into the skin surface which has been pressed against the ampoule comprises a nose forward portion.

本発明の無針注射器は、ジェットオリフィスの前方でアンプル本体を介して垂直に配置した少なくとも1つの吸引ポートと、ハウジングの本体部分内に配置された吸引力発生手段と、ハウジング及びノーズ部分内の吸引導管であって、吸引力発生手段と少なくとも1つの吸引ポートとの間を流体連通させ、それにより、吸引力発生手段によって発生した吸引力をアンプルの少なくとも1つの吸引ポートに伝達する、吸引導管とをさらに備え、吸引力は、注射に先だって、皮膚面をアンプル及びオリフィスに引き付けるのに役立つ。 Needle-less injector of the present invention includes at least one suction port is arranged vertically through the ampoule body in front of the jet orifice, the suction force generating means disposed within the body portion of the housing, the housing and the nose in the part a suction conduit, fluid communication between the suction force generating means and at least one suction port, thereby to transmit the suction force generated by the suction force generating means in at least one suction port of the ampoule, the suction conduit further comprising the door, the suction force, prior to injection, help to attract the skin surface into ampoules and orifice. アンプルに当てる皮膚面の吸引力を高めるために、及び好ましくは皮内注射の場合、皮膚面をジェットオリフィスの高さよりわずかに高く持ち上げ、それにより、皮膚の棘状層への注射路を形成するために、アンプルの、吸引ポートを間近で包囲する下面が凹状であり、それにより、吸引によって皮膚を引き込むわずかな窪みを形成することが好ましい。 To increase the attraction force of the skin surface against the ampoule, and preferably in the case of intradermal injection, slightly lifted higher skin surface than the height of the jet orifice, thereby forming an injection passage into the spinous layer of the skin for, ampoules, a bottom concave surrounding up close suction port, thereby it is preferable to form a slight recess draws the skin by suction.

注射器は注射の周囲の皮膚組織に接触しないが、すべての材料が現時点で医療界で使用されているものであり、現在の消毒方法のすべてに適応するので、所望ならば、注射器を消毒のためにアルコールに浸漬することができる。 The syringe is not in contact with the skin tissue surrounding the injection, which all materials are used in the medical community currently, since to adapt to all current disinfection methods, if desired, for a syringe disinfection it can be immersed in alcohol.

本発明は、真空を使用してレシピエントの皮膚を引き伸ばし、それにより、注射に対する皮膚の透過性を高め、それにより、薬剤を皮膚組織内に注射するために必要なエネルギー量を減少させる、使い捨ての充填可能な又は充填済みのアンプルから薬剤を人又は動物の皮膚に無針ジェット注射する装置及び方法に関する。 The present invention stretches the skin of the recipient by using a vacuum, thereby increasing the permeability of the skin to injection, thereby reducing the amount of energy required for injecting a medicament into the skin tissue, disposable skin fillable or filled drug human or animal from ampoule of an apparatus and method for needleless jet injection. 真空はさらに、薬剤の注射に適するように皮膚を位置決めするのに用いる。 Vacuum further used to position the skin as suitable for injection of drugs.

本方法は、事前に計測された分量の流体薬剤を、人又は動物の表皮に浸透させることができる十分な速度の高圧ジェット流によって注射するために装置を使用して、表皮に対する使い捨てアンプルのオリフィスのオフセット及び角度とインパクト衝撃力とに応じて、薬剤を皮内又は皮下又は筋肉内に投与する。 The method of quantity of fluid medicament which is measured in advance, using the device to inject with sufficient velocity pressure jet stream that can penetrate the epidermis of a human or animal, of disposable ampules for skin orifice depending on the offset and angle and impact impact force, administering the agent to or subcutaneously, or intramuscularly. 本方法の別の新しい点は、薬剤を水平に、又は任意の他の所望角度で一回使用型アンプルから皮膚内に注射して、針型注射器を使用するときより広い範囲にわたって粒子を拡散させることにある。 Another new point of the method, the agent horizontally, or injected at any other desired angle from single use ampoule into the skin to diffuse particles over a wider range when using a needle-type syringe It lies in the fact.

本方法は、注射時に皮膚組織内の局部圧力を減少させ、これによって局部的な痛みを軽減し、組織の損傷を最小限に抑え、注射開口部からの流体の漏出をなくし、感染が拡大する可能性を減らす一方、注射器の誤った作動を防止するための安全装置を提供する。 This method reduces the local pressure within the skin tissue at the time of injection, thereby reducing the local pain, minimize tissue damage, eliminating the leakage of fluid from the injection opening, infection is expanded while reducing the possibility to provide a safety device for preventing incorrect operation of the syringe.

図1に示されている注射器アセンブリ20は、解除ボタン23によって作動させられる注射器機構を収容している成形ハウジング21を備える。 The syringe assembly 20 illustrated in FIG. 1 includes a molded housing 21 that houses a syringe mechanism is activated by the release button 23. 注射器20の作動により、図2に示されているアンプル25内に収容されている薬剤31が分散即ち送出される。 The operation of the syringe 20, the agent 31 contained in the ampule 25 shown in FIG. 2 is dispersed ie delivery. アンプル25は、注射器20の前端部に取り付けられた保持クランプ22と、アンプル25の他端部で注射器20の下側に取り付けられたインサートフェアリング74とによって注射器21に固定されている。 Ampule 25 includes a retaining clamp 22 attached to the front end of the syringe 20 is fixed to the syringe 21 by an insert fairing 74 attached to the lower side of the syringe 20 at the other end of the ampule 25. 注射器20の主な実施形態では、手動で操作され、シャフト56の回りでハンドル30を回動させることによって、薬剤を送り出す準備をする。 In main embodiments of the syringe 20 is operated manually, by rotating the handle 30 about the shaft 56, to prepare to deliver a drug. ハンドルは、操作しやすいような形状になっているハンドグリップ29を備える。 The handle is provided with a hand grip 29 has a shape, such as easy to operate. ハンドル30は、ハンドルピボット24で回転する。 The handle 30 is rotated by the handle pivot 24.

注射器ハウジング21は、ハウジング21内での機構の組み立て及び保守点検を容易にするために、アクセスパネル27及び端部キャップ28を備える。 The syringe housing 21, for ease of assembly and maintenance mechanisms in the housing 21 includes an access panel 27 and the end cap 28. 図3は、注射のために機構を作動する前の注射器20の横断面図を示す。 Figure 3 shows a cross-sectional view of the front of the syringe 20 which operates the mechanism for injection. ハウジング21内のこの機構は、注射の直前に注射部位でレシピエントの皮膚を引き伸ばすための真空を発生するようになっているピストン35と、薬剤を皮膚組織内へ圧力を加えて送り出すための解放機構とを有する。 The mechanism within the housing 21, the release for feeding under pressure and in which a piston 35 which adapted to generate vacuum for stretching the skin of the recipient at the injection site just prior to injection, the drug into the skin tissue and a mechanism. 注射器20のハウジング21内の機構は、薬剤を収容しているアンプル25内へドライブロッド43の一端部を押し込む力を与える圧縮ドライブばね42も有する。 Mechanism within the housing 21 of the syringe 20 has compressed drive spring 42 which provides a force to push the one end portion of the drive rod 43 to the ampule 25 within the housing the drug also. ドライブロッド43の他端部には、圧縮ドライブばね42が圧縮した状態でドライブロッド43をロックするための手段と協働する保持リング59が設けられている。 At the other end of the drive rod 43, retaining ring 59 compressed drive spring 42 cooperates with means for locking the drive rod 43 in a compressed state is provided. ドライブロッド43に沿ったほぼ中間に位置する突出リング120には、圧縮ドライブばね42を押し付ける面をドライブロッド43上に設けている。 The protruding ring 120 located approximately midway along the drive rod 43 is provided on the drive rod 43 faces for pressing the compressed drive spring 42. 圧縮ドライブばね42の他端部は、ハウジング21内のドライブばね室128の端部の環状面123に当接する。 The other end of the compressed drive spring 42 abuts the annular surface 123 of the end portion of the drive spring chamber 128 in the housing 21. 薬剤31をアンプル25から噴出するために、ハンドル30を回動することにより注射器20の機構が図4の位置に移り待機し、これによって延長リンク40を介してスライドフレーム45を前方に引き、それにより、ドライブロッドラッチ48が圧縮ドライブばねを巻装したドライブロッド43の端部上の保持リング59に係合する。 To eject the medicament 31 from the ampule 25, mechanism of the syringe 20 is on standby moves to a position in FIG. 4 by rotating the handle 30, pulling the slide frame 45 forward thereby via an extension link 40, it the drive rod latch 48 engages the retaining ring 59 on the end of the drive rod 43 which is wound a compressed drive spring. スライドフレーム45がハンドル30に取り付けられたリンク40によって前方へ引かれるとき、保持リング59の前面に係合するようラッチ48の上面がばねランプ50に沿って摺動し、且つ下方に回動する。 When the slide frame 45 is pulled forward by links 40 attached to the handle 30, the upper surface of the latch 48 to engage the front surface of the retaining ring 59 to slide along the spring lamps 50, and pivots downward . ドライブロッドラッチ48は、ラッチ48及びサイドフレーム45の回転軸に位置するねじりばね53によって解除位置への予荷重を受けている。 Drive rod latch 48 is undergoing preload to the release position by a torsion spring 53 located in the axis of rotation of the latch 48 and the side frame 45. ラッチ48がばねランプ50に接触することにより、ラッチ48がねじりばねの荷重に逆らって押し下げられて、ドライブロッド保持リング59と係合するロック位置に移動する。 By contacting the latch 48 spring lamps 50, depressed against the force of the spring latch 48 is torsion, moves to the locked position to engage and drive the rod retaining ring 59. ばねランプ50は好ましくは、2本のピン51によってハウジング21内に保持される。 Spring lamp 50 is preferably held in the housing 21 by two pins 51. ドライブロッドラッチ48は、スライドフレーム45によって支持されて、スライドフレーム45の直立支持部内のピン継手52回りに回動して、コネクタリンク47の保持も行う水平ピン58でスライドフレーム内に保持される。 Drive rod latch 48 is supported by the slide frame 45, rotates the pin joint 52 around in the upright support portions of the slide frame 45 is retained in the slide frame in a horizontal pin 58 also performs the holding of the connector link 47 . スライドフレーム45は、ハウジング21内の機械加工溝122内を摺動して案内される水平下側脚部を有する。 Slide frame 45 has a horizontal lower leg which is guided to slide machining groove 122 in the housing 21. スライドフレーム45の水平下側脚部には、延長リンク40を回動式に取り付けるための終端ピボット点60が設けられている。 The horizontal lower leg of the slide frame 45, end pivot point 60 for mounting the extension link 40 to pivot type is provided. 図3に示された開始位置に戻るハンドル30を回転させることにより、ドライブロッド45が後方に押され、ばね42が環状面123及び突出リング120間で圧縮される。 By rotating the handle 30 to return to the starting position shown in FIG. 3, the drive rod 45 is pushed rearward, the spring 42 is compressed between annular surface 123 and the protruding ring 120. ハンドル30を開始位置まで完全に後方に回転させたとき、ばね42は完全に圧縮され、突出リング120は解除キャッチ(release catch)44の下側から垂下している解除キャッチ歯79に係合して、ドライブロッド43で薬剤31をアンプル25から押し出して放出する準備ができた圧縮位置にばね42及びドライブロッド43を保持する。 When rotated fully to the rear of the handle 30 to the starting position, the spring 42 is fully compressed, the protruding ring 120 engages the release catch teeth 79 which depend from the underside of the release catch (release catch) 44 Te, holds the spring 42 and drive rod 43 in a compressed position ready to release push the drug 31 from the ampule 25 in the drive rod 43. スライドフレーム45及びハンドル30の両方に取り付けられているリンク40でスライドフレーム45をこのように移動させるために、リンク40は、ハンドル上のピボット41及びスライドフレーム上のピボット60回りに回転する。 The slide frame 45 by a link 40 attached to both the slide frame 45 and the handle 30 to move in this manner, the link 40 rotates in the pivot 60 around on the pivot 41 and the slide frame on the handle.

ハンドル30自体は、注射器アセンブリハウジング21に取り付けられて、ピボット24回りに回転する。 The handle 30 itself is attached to the syringe assembly housing 21 and rotates 24 about the pivot. ハウジング21の外側に取り付けられた注射器ハンドル30は、ハウジング21をまたぐ形状の2つの脚部を有し、各脚部は、留めピン58によってハウジング構造体の各側でピボット点24に取り付けられている。 Syringe handle 30 attached to the outside of the housing 21 has two legs in shape across the housing 21, each leg is attached to pivot point 24 on each side of the housing structure by pinning 58 there. 注射器ハンドル31の自由端部は、指掛け又はハンドグリップ29を与えるように形成又は成形される。 The free end of the syringe handle 31 is formed or shaped to provide finger rest or hand grip 29. ドライブロッド圧縮ばね42を圧縮するのに十分なてこ作用を与えるために、ハンドル30は長さを延伸してある。 In order to provide sufficient leverage to compress the drive rod compression spring 42, the handle 30 are stretched length. 延長リンク40は、そのハンドル取り付け点41回りに回転することができ、ハンドル30を回転させるとき、延長リンク40も回転することができる。 Extension links 40, it can be rotated to the handle attachment point 41 about, when rotating the handle 30, can be extended link 40 is also rotated. ピン継手60でスライドフレーム45に同様にピボット連結することにより、延長リンク40はスライドフレーム45に対して回動し、それにより、ハンドル30を下方又は上方に回転させるとき、延長リンク40がスライドフレーム45を押し又は引く。 By similarly pivotal connection to the slide frame 45 by a pin joint 60, the extension links 40 is pivoted with respect to the slide frame 45, so that when rotating the handle 30 downward or upward, the extension links 40 slide frame 45 push or pull.

圧縮ばね42に逆らってドライブロッド43を引くことに加えて、スライドフレーム45は第2の機能を有する。 In addition to pulling the drive rod 43 against the compression spring 42, slide frame 45 has a second function. 薬剤の注射中にアンプル25とレシピエントの皮膚との良好な接触を確保するために、注射器20は、アンプル25とレシピエントの皮膚との間のこの接触点に真空を発生する。 To ensure good contact with the skin ampule 25 and the recipient during the injection of the drug, the syringe 20 generates a vacuum in the point of contact between the skin of the ampoule 25 and the recipient. この真空を発生するために、スライドフレーム45には、ラッチ48から後方に延出して、ハウジング21の後部の真空ピストン35に係合する第2コネクタリンク47が取り付けられている。 To generate this vacuum, the slide frame 45, extends from the latch 48 to the rear, which is attached a second connector link 47 which engages the rear of the vacuum piston 35 of the housing 21. スライドフレーム45が後方に移動することにより、圧縮ばね42が圧縮され、且つドライブロッド43が注射準備位置に引かれる。 By sliding frame 45 is moved rearward, the compression spring 42 is compressed, and the drive rod 43 is pulled armed position. 同時に、一端部でスライドフレーム45の直立支持部に取り付けられ、他端部で留めピン58によってピン継手51に取り付けられたコネクタリンク47は、ロッドラッチピボットピン54によってピストン延長部46に取り付けられて、ハウジング21の後部にフライス加工されたシリンダ123内でピストン35を後方に引く。 At the same time, attached to the upright support portions of the slide frame 45 at one end, a connector link 47 which is attached to the pin joint 51 by fastening pins 58 in the other end is attached to the piston extension 46 by the rod latch pivot pin 54 , pulling the piston 35 rearwardly in the cylinder 123 which is milled in the rear of the housing 21. ピストン35は、レシピエントの皮膚に当てられたときに注射器20用の真空を発生し、それにより、皮膚をアンプル25内の吸引ポート63に緊密に当てて引っ張って引き伸ばし、これにより、薬剤の注射を行なうために出口オリフィス66を正確に位置決めすることができる。 The piston 35 generates a vacuum syringe 20 when it is applied to the skin of the recipient, thereby stretching pulling against closely the skin suction port 63 of the ampoule 25, whereby the medicament injection it can be used to accurately position the outlet orifice 66 in order to perform. 加えて、真空システムには、皮膚に対するアンプル25の良好な真空シールが最初に得られなければ、注射器20の誤った作動を防止するための安全装置が設けられている。 In addition, the vacuum system, if good vacuum seal of the ampule 25 is first obtained, the safety device to prevent actuation of incorrectly syringe 20 is provided to the skin. 安全装置は、小型インターロックピストンロッド36を含み、これは、ピストン35によって発生した真空に応答し、解除ラッチ44の係脱を行うようになっている。 Safety device comprises a small interlock piston rod 36, which is responsive to the vacuum generated by the piston 35, thereby performing engagement and disengagement of the releasing latch 44. インターロックピストンロッド36は、チャネル125内を往復移動し、且つその後端部には、真空ピストン35のシリンダ123と連通している小型シリンダ127内に位置する小型ピストン126が設けられている。 Interlock piston rod 36 in the channel 125 to reciprocate, and to its rear end, a small piston 126 is provided which is located in a small cylinder 127 that is in communication with the cylinder 123 of the vacuum piston 35. ピストン35には、小型インターロックピストンロッド36を作動させるためにピストンがシリンダ123内に真空を確実に発生させることができるようにするOリングシール34が設けられる。 The piston 35, O-ring seal 34 of the piston to actuate the small interlock piston rod 36 to be able to reliably generate a vacuum within the cylinder 123 is provided. 発生した真空は、小型ピストン126に作用し、それにより、小型インターロックピストンロッド36は解除アーム55に係合する位置、又はそれから離脱する位置をとり、それにより、アームを非解放位置にロックし、又はアームを解放位置でロックを解除する。 Vacuum generated acts on a small piston 126, whereby small interlock piston rod 36 engages the release arm 55 position, or take the position that leaves therefrom, thereby locking the arm in the non-release position , or to unlock the arm release position. 解除アーム55は、ピボットピン54回りに2つの作動位置間を回動することができ、解除アームは、注射器ハウジング構造体21と連係し、またピボットピン54上のねじりばね33によってロック位置に付勢されている。 Release arm 55 can be pivoted between two operating positions the pivot pin 54 about, release arm, in conjunction with the syringe housing structure 21, also attached to the locking position by a torsion spring 33 on the pivot pin 54 It is energized.

1対のコネクタリンク47が、真空ピストン35を跨ぎ、ピストン延長部46によって真空ピストンに連結されている。 A pair of connector links 47, straddling the vacuum piston 35 is connected to a vacuum piston by the piston extension 46. スライドフレーム45の移動によって真空ピストン35が駆動し、発生した真空は、吸引チューブ71を通ってアンプル25に達する。 Vacuum piston 35 is driven by the movement of the slide frame 45, the vacuum generated reaches the ampule 25 through the suction tube 71. ドライブロッド43を解除するために、注射器は、押圧時に解除アーム55をピボットピン54回りに回転させる解除ボタン23を備えている。 To release the drive rod 43, the syringe is provided with a release button 23 to rotate the release arm 55 to pivot pin 54 about the time of pressing. 解除アーム55は解除キャッチ44に係合しているので、解除アーム55が下方に回転すると、解除キャッチ44が上方に回動して、ドライブロッド43を解除し、その後、ドライブロッドはドライブばね42によって前方に押し付けられ、そのため、ドライブロッド43の前端部がアンプル25に入る。 Since the release arm 55 is engaged with the release catch 44, the release arm 55 is rotated downward, the release catch 44 rotates upward, releasing the drive rod 43, then the drive rod drive spring 42 pressed forward by, therefore, the front end of the drive rod 43 enters the ampule 25. 解除キャッチ44は、ねじりばね53に逆らってラッチピン58回りに回転する。 Releasing the catch 44 is rotated in the latch pin 58 about against the torsion spring 53. 解除ボタン23は、注射器ハウジング21の構造内に取り付けられ、そのため、内方へ押されたとき、それは解除アーム55に接触して、カムとして作用し、解除アーム55を下方に回転させ、それにより、圧縮ばね42をその負荷圧縮位置にロックしている解除キャッチ44を上昇させる。 Release button 23 is mounted within the structure of the syringe housing 21, therefore, when pressed inward, it contacts the release arm 55 acts as a cam to rotate the release arm 55 downward, thereby It increases the release catch 44 that locks the compression spring 42 in its load compressed position. 作動手順によって必要とされるまで誤った作動を防止するために、解除ボタン23は注射器ハウジング21内に、ハウジングの外面と面一に保持され、留めスナップリング32でハウジング構造内に保持されている。 To prevent actuation erroneous until needed by the operation procedure, the release button 23 into the syringe housing 21, is held on an outer surface flush with the housing, are held in the housing structure fastened snap ring 32 . 上述したように、解除キャッチ44はねじりばね53を含み、これは緊張状態で解除ラッチ44をロック位置に保持し、それにより、ドライブロッド43を圧縮状態の圧縮ばね42に当てた状態に保持する。 As described above, the release catch 44 includes a torsion spring 53, which holds the release latch 44 in the locked position under tension, thereby holding the state of applying a drive rod 43 to the compression spring 42 in a compressed state . 解除キャッチ44の傾斜端面が、解除アーム55の対応の傾斜端面と接触する手段を備え、それにより、解除機能中、解除アーム55がボタン23によって押し下げられるとき、解除キャッチ44はラッチピン58によって与えられるピボット点回りに上方に回動して、ハウジング21構造に係合する。 Inclined end face of the release catch 44 is provided with a means for contacting a corresponding inclined edge of the release arm 55, whereby during release function, when the release arm 55 is pushed down by a button 23, releasing the catch 44 is given by the latch pin 58 It rotates upward to pivot around the point, engages the housing 21 structure.

図4は、薬剤の注射後で、ハンドル30がハウジングから離れる方向に回転した後の注射器20の断面図を示す。 4, after the drug injection, shows a cross-sectional view of the syringe 20 after the handle 30 is rotated away from the housing. ドライブロッドラッチ48を常にドライブロッド保持リング59に確実に係合させるために、ばねランプ50がドライブロッドラッチを下方に押し付けて、それにより、突出保持リング59に係合させ、且つその上にロックする。 Lock the drive rod latch 48 in order to always securely engaged to the drive rod retaining ring 59, spring ramp 50 is pressed against the drive rod latch downward, thereby to engage the protruding retaining ring 59, and thereon to. ばねランプは、2本のロールピン51によって保持されている。 Spring lamp is held by two roll pins 51. ドライブロッドラッチ48がスライドフレーム45の行程の終端で確実に解除されるようにするために、ピン58によって保持されて、ラッチをピボットピン52回りに解除位置へ駆動するねじりばね53がラッチ48に設けられている。 To drive rod latch 48 to be reliably released at the end of the stroke of the slide frame 45, is held by a pin 58, the torsion spring 53 to drive the release position the latch pivot pin 52 about the latch 48 It is provided. 真空を得るために、ピストン35は、ピストン35の表面の環状溝内に収容されるとともにシリンダ123の壁に当接する環状Oリングシール34を有する。 To obtain a vacuum, the piston 35 has an annular O-ring seal 34 abuts the wall of the cylinder 123 while being accommodated in an annular groove in the surface of the piston 35. ピストン35によって発生した真空は、吸引通路73及び真空チューブ71によってアンプル25に伝達され、真空チューブは、アンプル25との接合点にシール70を備えて、注射器によって薬剤を効果的に注射するために、アンプル接触位置での皮膚の吸引機能が確実に得られるようにしている。 Vacuum generated by the piston 35 is transmitted to the ampule 25 by suction passages 73 and vacuum tube 71, vacuum tube, provided with a seal 70 to the junction of the ampule 25, in order to effectively injecting a medicament by syringes suction function of the skin in ampoules contact position is to be obtained reliably. 注射器解除ボタン23の下面は、押圧したときに、カム動作で解除アーム55を下方に移動させ、解除ラッチ44を上方に押し付ける。 The lower surface of the syringe release button 23, when pressed, to move the release arm 55 downwardly by a cam operation, press the release latch 44 upwards. 解除アーム55はピボット点57回りに回転し、ピン54及びねじりばね33を保持する。 Release arm 55 is rotated in the pivot point 57 about, for holding pins 54 and the torsion spring 33.

必要とされる前に誰かがボタン23を押すことによって解除アームが誤って回転することができないことを確実にするために、またレシピエントの皮膚がアンプル25に接触して注射の準備ができるようにするために、注射器20は、不用意に起こり得るドライブロッド43の解除を防止するロック機構を含んでいる。 To ensure that it can not be rotated accidentally release arm by someone presses the button 23 before it is required and so that the skin of the recipient is ready for injection in contact with the ampule 25 to syringe 20 includes a locking mechanism for preventing release of the drive rod 43 which may occur inadvertently. ハンドル30を回転させるとき、シリンダ123内の真空ピストン35の移動により、小型ピストン126を押し付ける真空又は圧力が発生し、その結果、インターロックピストンロッド36がロック位置及びロック解除位置間を往復移動する。 When rotating the handle 30, the movement of the vacuum piston 35 in the cylinder 123, the vacuum or pressure is generated to press the small piston 126, as a result, the interlock piston rod 36 reciprocates between locked and unlocked positions . ハンドル30を下方に回転させ、それにより、ドライブロッドラッチ48を保持リング59に係合させるときにピストン35によってシリンダ123内に発生する圧力が、インターロックピストンロッド36を前方へ、解除アーム55にロックされる位置へ押す。 Rotating the handle 30 downward, thereby, the pressure by the piston 35 generated in the cylinder 123 when engaged with the retaining ring 59 to drive rod latch 48, forward interlock piston rod 36, the release arm 55 press to the locked position. 逆に、ハンドル30を上方に回転させることにより、ピストン35がシリンダ123内で後方に移動して、アンプル25が皮膚に当てられているとき、小型ピストン126に作用してインターロックピストンロッド26を後方に引き、それにより、解除アーム55のロックを解除するのに十分な真空を発生する。 Conversely, by rotating the handle 30 upwards, the piston 35 is moved rearward in the cylinder 123, when the ampule 25 is applied to the skin, the interlock piston rod 26 acts on the small piston 126 pull back, thereby generating a vacuum sufficient to unlock the release arm 55. システムに完全な吸引が与えられるまで、インターロックピストンロッド36は、ロッド36の端部が解除アーム55内の対応するインターロック穴80に係合することによって、解除アーム55にインターロックされる。 Until complete suction is applied to the system, the interlock piston rod 36, by engaging the interlock bore 80 the end of the rod 36 corresponding in release arm 55 is interlocked to the release arm 55. この状態では、解除アーム55は、ボタン23が押圧されているとき、突出リング120との係合状態から離れるように回動することができず、これにより、ばね42がドライブロッド43をアンプル25内へ前進させることが防止され、薬剤を吐出することができない。 In this state, the release arm 55, when the button 23 is pressed, can not be rotated away from engagement with the projecting ring 120, thereby the spring 42 is ampule 25 drive rod 43 is prevented be advanced to the inner, it is impossible to eject the medicine. インターロックピストンロッド36上の小型ピストン126にOリング37が設けられ、それにより、大型ピストン35及びインターロックピストンロッド36間に真空が維持される。 O-ring 37 is provided on the small piston 126 on the interlock piston rod 36, whereby a vacuum is maintained between the large piston 35 and the interlock piston rod 36. 2つのシール付きピストンの間の空間内に、真空をシリンダ123からアンプル25に送るために、図7に示すように吸引ポートA38が設けられている。 In the space between the two seals with the piston, in order to send the vacuum from the cylinder 123 into the ampule 25, the suction port A38 is provided as shown in FIG. インターロックピストンロッド36が移動し過ぎることを防止し、且つ真空による作動に適した位置にインターロックピストンロッドを保持するために、インターロックピストンロッド36は小型シリンダ127内の保持リング39で係合される。 Preventing the interlock piston rod 36 is excessively moved, and to hold the interlocking piston rod to a position suitable for operation by vacuum interlock piston rod 36 is engaged in the retaining ring 39 in the small cylinder 127 It is. 大型ドライブ圧縮ばね42がドライブロッド43を激しく端部ストッパに押し当ててアンプル25を破損させることがないようにするために、ドライブロッド43は、解除時にドライブばね室128の端部にあるクッションワッシャ75に底部が当たる。 To make large drive compression spring 42 is prevented from damaging the ampoule 25 is pressed against the violent end stops the drive rod 43, the drive rod 43, the cushion washer at the end of the drive spring chamber 128 during release the bottom falls to 75. 図4はまた、薬剤を注射するレシピエントの皮膚と接触する表面69を示している。 Figure 4 also shows the surface 69 in contact with the recipient's skin for injecting a medicament. アンプル25は使い捨てであり、注射器アセンブリのハウジング21上にデテント26で留められた保持クランプ22を回転させることによって、注射器アセンブリに容易に装填されることができる。 Ampule 25 is disposable, syringe on the assembly of the housing 21 by rotating the retaining clamp 22 which is fastened with a detent 26, can be easily loaded into the syringe assembly. 図5は、注射器アセンブリ及び端部キャップ28を取り付けねじ76とともに示す端面図である。 Figure 5 is an end view shown with the screw 76 fitted with a syringe assembly and the end cap 28. 図6は、上記ハウジング21の横断面図であって、スライドフレーム45が真空ピストン35を跨ぐときのスライドフレーム45の2つの脚部を示している。 Figure 6 is a cross-sectional view of the housing 21, it shows the two legs of the slide frame 45 when the slide frame 45 straddles the vacuum piston 35.

図7は、ハウジングの断面図であり、吸引マニホルド72を通る経路及び通路を示す。 Figure 7 is a cross-sectional view of the housing, showing the path and passage through the intake manifold 72. マニホルド吸引通路73は、ピストンロッド36を注射器アセンブリ20内へ移動させるために、小さい流入真空でインターロックピストンロッド36を解除アーム55から引き抜くために必要な真空を供給する。 Manifold suction passage 73, to move the piston rod 36 to the syringe assembly 20, and supplies the necessary vacuum to pull the interlock piston rod 36 from the release arm 55 with a small inlet vacuum. 吸引マニホルドシステムは、ハウジング構造内の機械加工され、真空ピストン35から真空圧力を受け、真空ピストン室123内で構造内に開口する吸引通路73を通してインターロックピストン室127へ導き、且つアンプル25と連係する吸引チューブ71へ真空を案内し、吸引通路はインターロックピストン126の位置によって順次開閉されるようにしてある真空ポート129と、吸引力を構造内の機械加工吸引通路からアンプル25内の吸引ポート63に案内する1対の吸引チューブとから成る。 Suction manifold system is machined in the housing structure, subjected to vacuum pressure from the vacuum piston 35, guided through the suction passage 73 opening into the structure within in the vacuum piston chamber 123 to interlock the piston chamber 127, and cooperation with the ampule 25 to guide the vacuum to the suction tube 71, the suction passage suction port interlock with vacuum port 129 that is to be sequentially opened and closed by the position of the piston 126, ampule 25 suction from machining suction passage in the structure consisting of a pair suction tube for guiding 63.

注射器20を作動させるシーケンスは、アンプル25を装填していない状態で、ハンドル30を強く握ることによって開始する。 Sequence for operating the syringe 20, in a state that does not load the ampule 25 is initiated by squeezing the handle 30. これにより、ドライブロッドが引き戻されて、注射準備位置にラッチされ、圧縮ドライブばね42は、突出リング120と、ばね室128の後端部の環状当接面124との間で圧縮される。 By this, the drive rod is pulled back, is latched into the armed position, the compressed drive spring 42, a projecting ring 120 is compressed between the annular abutment surface 124 of the rear end portion of the spring chamber 128. ドライブロッドラッチ48は、ドライブロッド43を捕らえて引き戻すが、上方に、且つドライブロッド43から離れる方向にばね付勢されており、ばねランプ50のために完全前方位置にあるとき、ドライブロッド43を把持する位置をとるだけである。 Drive rod latch 48 is pulled back captures drive rod 43, upwards, and are spring-biased in a direction away from the drive rod 43, when in the fully forward position for the spring lamps 50, the drive rod 43 only take a position for gripping. ドライブロッド43が解除されている場合、ハンドル30を強く握ると、ラッチ48がドライブロッド保持リング59のリップを捕らえて、駆動ロッド43を引き戻す。 If the drive rod 43 is released, the squeezing of the handle 30, the latch 48 captures the lip of the drive rod retaining ring 59, pull the drive rod 43. この目的のために、ラッチ48の下側にノッチ125が設けられている。 For this purpose, a notch 125 is provided on the lower side of the latch 48. 好ましくは、ドライブロッド保持リング59の前面に小さい凹状窪みを設けて、ドライブロッドラッチ48のノッチ125と係合し、ハンドル30を強く握る間、ノッチを所定の位置に保持する。 Preferably, to provide a smaller concave depression in front of the drive rod retaining ring 59 engages the notch 125 of the drive rod latch 48, while squeezing the handle 30, to hold the notch in place. ドライブロッド43を完全に後退させ、突出リング120を解除キャッチ44と係合させ、ドライブロッド43が解除されるとき、保持リング59を解放するためにドライブロッドラッチ48が保持リング59から離脱して、ねじりばね53によって上方に回動する。 Fully retracted the drive rod 43, to engage the release catch 44 protruding ring 120, when the drive rod 43 is released, the drive rod latch 48 to release the retaining ring 59 is disengaged from the retaining ring 59 , it rotated upward by the torsion spring 53.

ドライブロッドばね42を圧縮した状態で、アンプル25を所定の位置に滑り込ませ、アンプル保持クランプ22を締め付け、それによりアンプル25を持ち上げて、注射器ノーズの底部のシール70に当てて、アンプルロックタブ61を注射器構造に係合させる。 While compressing the drive rod spring 42, the ampule 25 is slipped into place, tightening the ampule holding clamp 22, thereby lifting the ampule 25, against the seal 70 of the bottom of the syringe nose, ampoules locking tabs 61 the engaging the syringe structure. 次に、注射器20をアンプル25と一緒に、患者の皮膚の上の所定の位置に置いて、ハンドル30を伸張させる。 Next, a syringe 20 with the ampoule 25, at a predetermined position on the patient's skin, to extend the handle 30. ハンドルを再び強く握る。 Hold again strongly handle. ドライブロッド43はすでに注射準備位置に戻っているので、ハンドル30を伸張させてから再び強く握るとき、ドライブロッド保持リング59は、ドライブロッドラッチ48が捕らえる位置にない。 Since the drive rod 43 is already returned to armed position, when the grip again strongly from by stretching the handle 30, the drive rod retaining ring 59 is not positioned drive rod latch 48 captures. ハンドル30を2回強く握ると、真空ピストン35がシリンダ123内に真空を発生させ、それが吸引通路73及び吸引チューブ71によってアンプル25内の吸引ポート63に伝達される。 When the handle 30 gripped twice strong vacuum piston 35 to generate a vacuum in the cylinder 123, it is transferred to the suction port 63 of the ampoule 25 by the suction passage 73 and suction tube 71. この真空は、皮膚をアンプル25に緊密に当てて引き伸ばし、皮膚に対して良好なシールが得られたとき、インターロックピストンロッド36を解除アーム55内のインターロック穴80から後退させ、それにより、ボタン23を解除して作動できるようにする。 This vacuum, stretched against closely the skin ampule 25, when the good seal is obtained against the skin, retracts the interlock piston rod 36 from the interlock hole 80 of the release arm 55, thereby, release the button 23 to be able to operate. ハンドル30を強く握った状態で、解除ボタン23を押圧し、それにより、解除アーム55がカム動作で下方に移動し、そのため、解除キャッチ44が上昇して突出リング120から離脱し、これにより、ばね42がドライブロッド43をアンプル25内へ押し込み、薬剤31をアンプル25からオリフィス66を通して噴出するために必要な力を与えることができる。 In a state of squeezing the handle 30 presses the release button 23, thereby, release arm 55 is moved downward by the cam operation, therefore, the release catch 44 is disengaged from the projecting ring 120 rises, thereby, spring 42 pushes the drive rod 43 into ampoules 25 can provide the force necessary to eject the medicament 31 through the orifice 66 from the ampule 25. 次に、ボタンを解除して、ハンドル30を伸張位置に戻し、それにより、真空が失われ、注射器を皮膚から引き離すことができる。 Then, by releasing the button, return the handle 30 to the extended position, whereby the vacuum is lost, it is possible to separate the syringe from the skin. 同時に、インターロックピストンロッド36を前方に押し進めて解除アーム55内のインターロック穴80に再び係合させ、誤って作動しないように注射器20をロックする。 At the same time, interlocking the piston rod 36 pushed forward so reengage the interlocking holes 80 in the release arm 55 to lock the syringe 20 so as not to operate incorrectly. 作動シーケンスの開始位置に戻り、ハンドルを強く握り、それによってドライブロッド43をラッチして引き戻し、それにより、使用済みアンプルを放出し、充填されているものと交換することができる。 Returns to the start position of the actuation sequence, squeezing the handle, whereby pullback latches drive rod 43, thereby making it possible to release the used ampoule is replaced with one that is filled.

注射器アセンブリの第2実施形態を図8及び図9に断面図で示す。 The second embodiment of the syringe assembly in FIG. 8 and FIG. 9 shows in cross-section. 便宜上、且つ混乱を避けるために、機能及び作動が重なる、すなわち繰り返しである場合はすべて、同様な部品に同じ参照符号を付けて示す。 For convenience and to avoid confusion, overlap function and operation, namely with the same reference numerals to like parts all, if it is repeated. 2つの実施形態の主たる違いは、上記の実施形態では、手動操作式ハンドル30の回転による手動操作を利用するのに対して、本実施形態は、その機能の一部に対して外部空気供給動力を利用することである。 The main difference between the two embodiments, in the above embodiment, with respect to use of the manual operation by the rotation of the manually operated handle 30, the present embodiment, the external air supply power to some of its functions it is to utilize. 上述したように、最初の実施形態は、ハンドルを手動で下方に伸張及び後退させることを利用し、それにより、大型ピストン35を作動させて真空を発生し、その真空を利用して、レシピエントの皮膚が注射器の注射オリフィス66と確実に直接接触した状態にする。 As described above, the first embodiment utilizes the fact that to extend and retract the handle manually downwards, thereby actuating the large piston 35 and the vacuum generated in, by utilizing the vacuum recipient skin is in contact reliably direct the injection orifice 66 of the syringe. この手動機構はまた、注射器の誤った作動を防止するための手段、及び衝撃即ち圧縮ドライブばね42をロック位置に圧縮させるための手段を作動させて、操作者が起動ボタン23を押し下げることによって解放できるように準備する。 The manual mechanism also includes means for preventing incorrect operation of the syringe, and the impact i.e. compressed drive spring 42 by operating the means for compressing the locked position, released by the operator depresses the start button 23 prepare to be able to. 本発明のこの第2実施形態では、加圧空気の外部供給源が、ドライブばね42及びドライブロッド43を注射準備させる機械的動作、真空を発生させる機械的動作、及びロック安全機構を作動及び停止させる機械的動作が、トリガアセンブリ89の移動に応じて自動的に起きるようにする手段を提供する。 In the second embodiment of the present invention, an external source of pressurized air, mechanical operation for armed drive spring 42 and the drive rod 43, the mechanical operation of generating a vacuum, and actuating and stopping the locking safety mechanism mechanical operation for, provides a means to automatically occur in response to movement of the trigger assembly 89. トリガアセンブリ89によって制御される弁100の作動により、真空アシストが達成される。 The operation of the valve 100 which is controlled by trigger assembly 89, vacuum assist is achieved. トリガを一方向に移動させることによって弁が開き、それにより、圧力が注射器ハウジング21の後端部の延長ハウジング102内の大型戻しピストン83まで移動し、これが真空ピストン35を引き戻し、それにより、真空を発生して、先のハンドル移動によって達成されていた同じ機構を開始することができ、戻しピストン83と真空ピストン35との連結は、延長ハウジング102の端部壁を貫通する連結ロッド82によって行われる。 The valve opens by moving the trigger in one direction, thereby, the pressure to move to large return piston 83 in the extension housing 102 of the rear end of the syringe housing 21, which is pulled back vacuum piston 35, whereby the vacuum the generated, the previous can start the same supply being achieved by the handle movement, the connection between the return piston 83 and the vacuum piston 35, row by a connecting rod 82 passing through the end wall of the extension housing 102 divide. トリガを逆方向へ作動することで、外部圧力供給源を閉め切り、その結果として、戻しピストン83によって行われる真空アシスト機能を停止する。 By actuating the trigger in the opposite direction, Shimekiri external pressure source, as a result, to stop the vacuum assist functions performed by the return piston 83. 図8及び図9は、この新しい実施形態の注射動作中の2位置を示す。 8 and 9 show the two positions during the injection operation of this new embodiment. 無針ジェット注射器の本実施形態は、注射器構成部品の作動及び連続動作を行うために外部空気圧力を利用する。 This embodiment of the needleless jet injector utilizes an external air pressure in order to perform the operation and continuous operation of the syringe components. 注射器20は、真空ピストン35に連結ロッド82によって連結されている大型戻しピストン83にフィッティング49を介して流入する外部供給源からの外部供給空気圧を開閉する、注射器20内の空気弁100の始動及び移動を行うために、操作者の指で操作されるトリガアセンブリ89を備える。 Syringe 20, to open and close the external air supply pressure from an external source flows through a large return fitting 49 to the piston 83 are connected by a connecting rod 82 to a vacuum piston 35, starting and air valve 100 in the syringe 20 to do move, and a trigger assembly 89 which is operated by a finger of the operator. 真空ピストン35は、先の実施形態に関連して説明したように機能し、薬剤の注射を開始するための解除ボタン23及び解除キャッチ44のインターロック機能のために真空を提供する。 Vacuum piston 35 functions as described in connection with the previous embodiment, to provide a vacuum for interlock function of the release button 23 and the release catch 44 to start the injection of the drug. 真空ピストン35を戻しピストン83によって移動させ、それにより、レシピエントの皮膚と薬剤を収容しているアンプル25との間の接触面に真空を発生する。 Moved by the piston 83 returns the vacuum piston 35, thereby creating a vacuum at the contact surface between the ampule 25 that houses the recipient skin and drugs. 注射器の操作者の指が引き絞り運動を加えることによってトリガアセンブリ89を作動させて、トリガ89を注射器起動フレーム87に向かって上方へ移動させ、それにより、トリガアセンブリ89がプッシュロッド90を押し付けて弁100を作動させ、空気圧力を外部空気供給源から供給源フィッティング49を通して注射器に引き続き流入させる。 It actuates the trigger assembly 89 by adding motion syringe of the operator's finger Hikishibori moves upward toward the trigger 89 to the syringe activation frame 87, whereby the trigger assembly 89 is pressed against the push rod 90 It actuates the valve 100 continues to flow into the syringe through supply fittings 49 air pressure from an external air source. プッシュロッド90は、注射器アセンブリの下側に取り付けられた機械加工支持フィッティング95内を前後移動し、トリガ89に隣接する端部でねじ付きブッシュ105によって支持フィッティング95内に保持され、ブッシュは、支持フィッティング95内での空気圧の密封及び保持を行う手段を提供する。 Push rod 90, the syringe machining support fitting 95 attached to the lower side of the assembly to move back and forth is held in the support fitting 95 by a threaded bushing 105 at the end adjacent the trigger 89, bushing support It provides a means for performing the sealing and retention of the air pressure at the fitting within 95. Oリングシール92が、ブッシュ105及び支持フィッティング95の間に捕らえられて、プッシュロッド90がブッシュ105を貫通してトリガアセンブリ89に接触する位置でプッシュロッド90の周囲を密封する。 O-ring seals 92, trapped between the bushing 105 and the support fitting 95, the push rod 90 to seal the periphery of the push rod 90 at a position in contact with the trigger assembly 89 through the bushing 105. 同様なOリングシール92が、弁100に隣接する他端部でプッシュロッド90の周囲を密封し、且つ支持フィッティング95を密封する。 Similar O-ring seal 92 seals the periphery of the push rod 90 at the other end portion adjacent to the valve 100, and sealing the support fitting 95. 弁100は、プッシュロッド90の前後移動に応じて往復移動し、空気供給源から2つの横圧力ポート91を通って弁キャビティ130へ連続して空気圧力を流入させるために使用される。 The valve 100 reciprocates in response to longitudinal movement of the push rod 90, it is used in succession to the valve cavity 130 from the air supply source through the two lateral pressure port 91 for flowing the air pressure. 弁100は、流入圧力が注射器アセンブリへ移動するための通路を開閉する。 The valve 100, inlet pressure to open and close a passage to move to the syringe assembly. 弁は、一方向にはOリング101でシールし、逆方向には前述のOリング92でシールする。 The valve in one direction and sealed with O-ring 101, in the opposite direction to seal with O-ring 92 described above. プッシュロッド90には、アンダーカット131が機械加工されており、それにより、空気を弁100に流入させ、続いて弁は、空気を上方に通過させて注射器20に到達させるか、又は弁100及びそのシールにより空気の流動を阻止する。 The push rod 90 is undercut 131 is machined, thereby causes air to flow into the valve 100, followed by the valve, or to reach the injector 20 is passed through the air upwards, or valve 100 and its sealed by blocking the flow of air. 弁100の位置は、トリガアセンブリ89内に引き込まれた弁の位置によって制御される。 Position of the valve 100 is controlled by the position of the retracted valve within the trigger assembly 89. トリガアセンブリ89が作動されていないとき、支持フィッティング95にねじ込まれたばね保持プラグ98に捕捉された圧縮ばね99によって、弁100は、空気遮断位置すなわち閉止位置に位置決めされる。 When the trigger assembly 89 is not actuated, by a compression spring 99 trapped in the spring retainer plug 98 screwed into the support fitting 95, the valve 100 is positioned in the air blocking position, i.e. closed position. 弁100が遮断位置すなわち閉止位置にあるとき、注射時に弁とは反対側に溜まる空気圧はすべて、圧力空気抜き穴97を通って戻しばねキャビティから排出される。 When the valve 100 is in the blocking position, that the closed position, all the air pressure accumulated on the opposite side of the valve when the injection is discharged from the spring cavity back through the pressure vent hole 97. Oリングシール96は、支持フィッティング95と注射器アセンブリに取り付けられた延長ハウジング102との間のインターフェース空気通路132継手に設置されている。 O-ring seal 96 is installed to the interface air passage 132 fitting between the support fitting 95 and an extension housing 102 that is attached to the syringe assembly. 空気通路132は、弁100から延長ハウジング102に圧縮空気を移送し、それにより、連結ロッド82により真空ピストン35に連結されている大型戻しピストン83を駆動する。 The air passage 132 may transfer the compressed air from the valve 100 to the extension housing 102, thereby driving the large return piston 83 is connected to a vacuum piston 35 by a connecting rod 82. 戻しピストン83の後方の空気圧は、連結ロッド82を引っ張り、続いて、スライドフレーム45を移動させ、それにより、上記の注射器アセンブリにおいてハンドルが行っていた作用を達成する。 Behind the air pressure of the return piston 83 pulls the connecting rod 82, followed by moving the slide frame 45, thereby achieving the effect the handle is going in the syringe assembly. 戻しピストン83は、ピストンをシールするためのOリング84と、戻しピストン83及びばね保持キャップ94間に位置する戻しピストン83の戻し機能のための圧縮ばね85とを有する。 Returning the piston 83 has an O-ring 84 for sealing the piston, and a compression spring 85 for the return function of a piston 83 back located between the return piston 83 and the spring retaining cap 94. 圧縮ばね85は、戻しピストンのポケット133内と、ばね保持キャップ94のポケット134内とに捕捉されている。 The compression spring 85 is captured back and pocket 133 of the piston and to the pockets 134 of the spring retaining cap 94. 保持キャップ94及び戻しピストン83間に捕らえられた空気は、空気抜き穴97を通ってキャビティから排出される。 Air trapped between the retaining cap 94 and the return piston 83 is discharged from the cavity through the vent hole 97. 保持キャップ94は、留めねじ86で延長ハウジング102の端部に取り付けられている。 Retaining cap 94 is attached to the end of the extension housing 102 screwed 86. 戻しピストン83の圧力側に入る空気圧は、延長ハウジング102内に機械加工されているとともに空気通路132に連結しているポート135に入る。 Return air entering the pressure side of the piston 83 enters the port 135 with being machined in the extension housing 102 is connected to an air passage 132. プラグ93は、ポート135の端部を閉じて真空ピストンシリンダ123内に入れる。 Plug 93 is placed in a vacuum piston cylinder 123 to close the end of the port 135. 延長ハウジング102には、連結ロッド82回りに圧力をシールするとともに空気が真空ピストンシリンダ123内に入るのを防止するOリングシール81が設けられている。 The extension housing 102, O-ring seals 81 to prevent air with sealing the pressure to the connecting rod 82 around enters into the vacuum piston cylinder 123 is provided.

手動操作式の注射器20の実施形態において、ドライブロッド43は単体であったが、本実施形態は、ドライブロッド43が、2つのセクション、すなわちドライブロッド部分43'及びドライブロッド部分43”とに分割され、それらの間に吸収ばねがある代替構造を含んでいる。後方部分、すなわちドライブロッド43'は、保持リング95及びこの保持リング95とドライブロッド部分43'の前端部にあるドライブシリンダ78との間にあるシャフトを包囲する圧縮ドライブばね42とを併せて有する。ドライブシリンダ78から離隔したところにドライブロッド前方部分43”があり、このドライブロッド前方部分は、注射が行われるときにアンプル25内に入る。 In the embodiment of the manually operated syringe 20, although the drive rod 43 was alone, the present embodiment is divided into the drive rod 43, the two sections, i.e., the drive rod portion 43 'and a drive rod portion 43 " is includes alternative structure has absorbed the spring between them. rear portion, i.e. the drive rod 43 'includes a retaining ring 95 and the retaining ring 95 drive rod portion 43' and the drive cylinder 78 in the front end portion of the having together a compressed drive spring 42 which surrounds the shaft in between. There are drive rod front portion 43 'at spaced from the drive cylinder 78, the ampule 25 when the drive rod front part, the injection is performed fall within. ドライブロッド部分43”が、大型ドライブばね42によって駆動されるとき、アンプルプランジャ65に過度に衝撃を与えることも、且つ流体を注射しているときに問題を引き起こすこともないように確実にするために、小型圧縮ばね77がドライブロッド前方部分43”の後端部とドライブシリンダ78との間に設置されている。 Drive rod portion 43 ", when driven by a large drive spring 42, it is also, and in order to ensure as never cause problems when they are injected with fluid giving too shock to the ampoule plunger 65 a small compression spring 77 is disposed between the rear portion and the drive cylinder 78 of the drive rod forward portion 43 ". この圧縮ばね77によって、ドライブロッド部分43”の端部が、注射前及び注射中にアンプルプランジャ65と確実に常に接触し、それにより、注射器を作動するときに、ドライブロッド部分43”とアンプルプランジャ65との間の強度の衝撃が回避される。 This compression spring 77, the drive rod portion 43 "end of reliably always in contact with the ampule plunger 65 during pre-injection and injection, thereby when operating the syringe, the drive rod portion 43" and the ampoule plunger impact strength is avoided between 65. 解除キャッチ44が回転されて解除位置に置かれ、且つ解除キャッチ歯79がドライブシリンダ78から係合を解除してドライブばね42を解除するとき、圧縮ばね77は、初期の衝撃を吸収する。 Is placed in release position is released catch 44 is rotated, and releasing the catch tooth 79 is used to release the drive spring 42 to release the engagement from the drive cylinder 78, the compression spring 77 absorbs the initial impact. その結果として、ドライブロッド部分43”がアンプルピストン65に加える力が一定になり、且つ、薬剤流体は大型ドライブばね42によって与えられる速やかな高エネルギーでアンプル65から押し出される。2部分から成るこの代替例のドライブロッド43はまた、上記の手動注射器の実施形態に適用することが出来る。図10A及び図10Bは、外部空気源を注射器と注射器内の空気通路の関連するマニホルドとにつなぐ連結部を示す図である。 As a result, the force drive rod portion 43 "is added to the ampule piston 65 becomes constant, and the drug fluid this alternative consisting .2 portion extruded from the ampoule 65 by the rapid high energy imparted by the large drive spring 42 example drive rod 43 also includes the above-mentioned manual syringe embodiments can be applied to. 10A and 10B, the connecting portion connecting to the associated manifold air passage in the syringe outside air source and syringe It illustrates.

さらなる代替形態では、上述した空気圧式システムの機能を、バッテリ又は他の電源から電力を供給される、電子ソレノイド、又は同様の電気デバイス若しくは電磁デバイスによって達成してもよい。 In a further alternative, the function of the pneumatic system described above, is powered from a battery or other power source may be accomplished by an electronic solenoid or similar electrical device or electromagnetic devices. この様な代替形態においては、ソレノイドは、延長ハウジング102内の空気圧ピストン83の代わりに取付けられ、ソレノイドのプランジャは連結ロッド82に取り付けられている。 In such alternative embodiment, the solenoid is mounted in place of the pneumatic piston 83 of the extension housing 102, the plunger of the solenoid is attached to the connecting rod 82. ソレノイドに電力を提供するバッテリーパックは、ハウジング21下の支持フィッティング95の代わりに設けられていてもよく、且つトリガアセンブリ89によって作動されるスイッチ又はハウジング21の任意の場所に位置するスイッチを介してソレノイドに電気的に接続してもよい。 Battery pack provides power to the solenoid may be provided in place of the support fitting 95 of the lower housing 21, via a switch located anywhere switch or housing 21 is actuated and the trigger assembly 89 it may be electrically connected to the solenoid. この様な代替形態の動作ステップは、本明細書中に記載した空気圧式実施形態と同じである。 Operation steps of such alternative is the same as the pneumatic embodiments described herein.

注射器の好適な実施形態では、インパクト衝撃機構の駆動力を提供するために、機械的圧縮ばね機構及びラッチ機構を採用しているが、全体として空気圧作動式又は電気作動式の注射器を提供することは確実に本発明の範囲内に入るものである。 In a preferred embodiment of the syringe, to provide the driving force of the impact shock mechanism adopts the mechanical compression spring mechanism and the latch mechanism, to provide a pneumatically actuated or an electrically actuated syringe as a whole are those reliably fall within the scope of the present invention. この様な変形例において、圧縮ドライブばね機構及び機械的作動準備及びラッチ機構は、ドライブロッド43及び真空ピストン35の両方を駆動するため均等の空気圧式及び電気式、電子式又は電磁式アクチュエータによって置き換えられる。 In such modification, the compressed drive spring mechanism and mechanical arming and latching mechanism replacement, even the pneumatic and electrical to drive both drive rods 43 and the vacuum piston 35, by electronic or electromagnetic actuator It is.

全体として空気圧式の代替形態では、ドライブロッドラッチ48がドライブロッド43の端部上の保持リング59に係合するように動作する室は、ドライブロッド43が取り付けられた空気圧作動式ピストンを形成するように変形された保持リング59を備える空気圧シリンダを形成するよう変形することが出来る。 In the alternative as a whole pneumatic chamber that operates as the drive rod latch 48 engages the retaining ring 59 on the end of the drive rod 43 forms a pneumatically actuated piston that drives the rod 43 is attached it can be modified to form a pneumatic cylinder with a modified retention ring 59 as. 適切な通路を作ることによって、空気圧流体例えば圧縮空気を、適切な弁の作動に応じてピストンの何れかの各側に誘導し、これにより、空気圧ピストン及びドライブロッド43を往復運動させる。 By making an appropriate path, a pneumatic fluid such as compressed air, induced either each side of the piston in response to actuation of the appropriate valve, thereby reciprocating the pneumatic piston and the drive rod 43. さらに、空気圧力を調節する手段を設けてもよく、それにより、皮内、皮下又は筋肉内注射用の、ドライブロッド43のプランジャ65に対する駆動力を調節できる。 Further it is provided means for adjusting the air pressure, whereby the adjustable intradermally, for subcutaneous or intramuscular injection, the driving force for the plunger 65 of the drive rod 43.

完全に電気作動式の注射器では、ドライブばね42を例えばプッシュプルソレノイドのような電子的又は電磁的アクチュエータによって置き換え、ドライブロッド43が往復運動コアを形成することは容易である。 In a fully electrically actuated syringe, replace the drive spring 42 by electronic or electromagnetic actuator, such as a push-pull solenoid, it is easy to drive rod 43 to form a reciprocating core. この変形例では、ソレノイドの駆動は、結果としてドライブロッド43の往復運動になる。 In this modification, the driving of the solenoid, resulting in reciprocal motion of the drive rod 43. 可変力ソレノイド及び適切な電圧調整手段により、ソレノイドによって発生した駆動力を皮内、皮下、又は筋肉内注射用に調節する。 The variable force solenoid and a suitable voltage regulating means adjusts the driving force generated by the solenoid intradermal, subcutaneous, or intramuscular injection.

次に、アンプル25を考察すると、これは、注射すべき薬剤を保持するとともに適切に注射するために皮膚をしっかりと引っ張るため、注射器に発生した吸引力を皮膚に与え、注射器と相互作用をする一部分として、本発明の注射器装置の主要な構成要素である。 Then, considering the ampoule 25, which, for pulling firmly the skin in order to properly injected holds the drug to be injected, it provided the suction force generated in the syringe into the skin, the syringe and interacts as part, the major components of the syringe device of the present invention. さらに、インターロック即ち連動装置を解除するには、アンプル25無しでは達成できない完全な吸引力をシステム上に確立する必要があるので、アンプル25は注射器と連係し、それにより、注射器に於ける安全な連動装置が適切に機能するようにする。 In addition, to release the interlock That linkage is because without the ampule 25 is necessary to establish a complete attraction force can not be achieved on the system, the ampule 25 in conjunction with the syringe, whereby the safety in the syringe Do interlocking device to function properly. 本発明のアンプル25及び注射器20の組み合わせによって、皮膚の表面に対して任意の角度で、皮内、皮下、又は筋肉内に薬剤を無針注射することを達成することが可能となる。 The combination of the ampule 25 and the injector 20 of the present invention, at any angle to the surface of the skin, intradermally, it is possible to achieve that the needleless injection of drugs subcutaneously, or intramuscularly.

本発明による基本的な使い捨ての、薬剤充填済みアンプルを図11、図12及び図13に示し、薬剤の収容部、及び注射器へ取り付けるとともに真空システムと連係する手段を提供する。 Basic disposable according to the invention, a prefilled ampoule 11, shown in FIGS. 12 and 13, provides a means for cooperating with the vacuum system is attached housing portion of the drug, and to the syringe. アンプル本体67は、医療用途に適しているプラスチック、ガラス、若しくは同等の材料、又はこれらの組み合わせから成ることが好ましく、且つ薬剤を収容する円筒形又は他の形状の孔室62が設けられる。 Ampoule body 67, a plastic suitable for medical applications, glass, or equivalent materials, or be comprised of combinations thereof Preferably, holes chamber 62 of cylindrical or other shape is provided and containing medicament. 室62内の薬剤の量を示すため投与量目盛り141は室62のアンプル25側に設けられている。 Dosage scale 141 for indicating the amount of drug in chamber 62 is provided ampule 25 side of the chamber 62. 内孔室62の前端部には出口オリフィス66があり、一方、室62の後端部は、室内に薬剤を保持している内側アンプルプランジャシール65で塞がれている。 The front end of the bore chamber 62 has an outlet orifice 66, whereas the rear end of the chamber 62 is closed by the inner ampule plunger seal 65 that holds the drug chamber. 薬剤をオリフィス66を通して噴出するため、注射器が、作動されて室62内で前方に押されるとき、プランジャシール65は、ドライブロッド43によって接触される。 For ejecting a drug through the orifice 66, the syringe is, when pushed forward by being operated within chamber 62, the plunger seal 65 is contacted by the drive rod 43.

アンプル25の形状は、注射器システムが適切に機能するために、特に皮内注射を達成するために重要である。 The shape of the ampule 25, to the injector system to function properly, it is important to achieve a particularly intradermal injection. この観点から、アンプル25の本体67は、ノーズ部分136が内孔室部分137よりも薄くなるように構成されており、結果として、図11及び図13に示すようにアンプル25の下側の表面に垂直方向オフセット138すなわち段差面が生じる。 In this respect, the body 67 of the ampule 25 is configured to be thinner than the nose portion 136 is internal bore chamber portion 137, as a result, the lower surface of the ampule 25 as shown in FIGS. 11 and 13 is vertically offset 138 i.e. stepped surface occurs. このオフセット138によって、オリフィス66の前方にポケット139が効果的に形成され、このポケットの中に、吸引ポート63を介して加えられた注射器からの吸引力によって皮膚表面を容易に引っ張ることができる。 This offset 138, the pocket 139 is effectively formed in front of the orifice 66, into the pocket, it can be pulled to facilitate the skin surface by the suction force from the syringe applied through the suction port 63. さらに、下面のオフセット138によって、皮内、筋肉内、又は皮下注射用にアンプルを形成することができるようになり、このアンプルは、本体67の上面に対する内孔室62の位置は同じままで本体67のノーズ部分136の厚さを変えるだけで、同じ注射器20とともに使用されることができる。 Further, the main body by the lower surface of the offset 138, intradermal, intramuscular, or will be able to form an ampoule for subcutaneous injection, the ampoules, the position of the bore chamber 62 with respect to the upper surface of the body 67 remains the same simply by changing the thickness of the nose portion 136 of the 67, it can be used with the same syringe 20. したがって、薄いノーズ部分136を有するアンプルは、室62の有効高さがより高くなるとともに皮下又は筋肉内注射により適するようにより大きなオフセット138を有する。 Thus, ampoules with a thin nose portion 136, so that the effective height of the chamber 62 is more suitable for the subcutaneous or intramuscular injection with more higher with larger offsets 138. 一方、ノーズがより厚いアンプルは、オフセット138がより小さくなり、皮内注射に好適である。 On the other hand, the nose thicker ampoule offset 138 becomes smaller, which is suitable for intradermal injection. このように、注射器のドライブロッド43及び内孔室62内のプランジャシール65は、常に同じ相対高さにあるから、異なったアンプルを同じ注射器とともに使用することができる。 Thus, the plunger seal 65 in the drive rod 43 and Uchianashitsu 62 of the syringe is always from the same relative height, it is possible to use different ampoules with the same syringe. この関係は、皮内注射に使用されている厚いノーズ部分136を有するアンプル25を示す図24と、皮下注射に使用されている薄いノーズ部分138を有するアンプル25を示す図26とを比較することで明らかになる。 This relationship can be compared to Figure 24 showing the ampule 25 with a thick nose portion 136 which is used for intradermal injection, and 26 showing the ampule 25 having a thin nose portion 138 that is used for subcutaneous injection in apparent.

さらに別の一実施形態では、吸引ポート36の下側端部を間近で包囲するアンプルの下側は、吸引ポート63の端部を最も深い場所に位置させて窪み又はウェル140で形成することが好ましい。 In yet another embodiment, the lower side of the ampoule which surrounds the lower end of the suction port 36 up close is that is positioned at the deepest location the end portion of the suction port 63 formed in the recess or well 140 preferable. このウェル140は、皮膚に対する吸引効果を向上するとともに、ポケット139内に皮膚を持ち上げることを行うのを助ける。 The well 140 serves to improve the suction effect on the skin, assist in performing the lifting the skin in the pocket 139. これは、皮内注射の場合に特に有利である。 This is particularly advantageous in the case of intradermal injections. 単一の吸引ポート63を有するアンプルにおいては、ウェル140は円形であることが好ましく、また、2つ以上の吸引ポート63を有するアンプルにおいては、別個のウェル140を各ポート63に形成することができるか、又は図12に示すように、ポート63すべてを中に入れる単一のウェル140を形成することができる。 In the ampoule having a single suction port 63, it is preferable that the well 140 is circular, and in the ampoule having two or more suction ports 63, to form a separate wells 140 in each port 63 possible or as shown in FIG. 12, the port 63 can be formed of a single well 140 placed in all.

図12は、2つの吸引ポート63と両ポートを取り囲む単一のウェル140とを有するアンプル25の平面図を示す。 Figure 12 shows a plan view of the ampule 25 having two suction ports 63 and a single well 140 which surrounds both ports. 図13は、室62を備えたアンプル25の長手方向断面図であり、注射器20のばね付勢式ドライブロッド43からのインパクト推進力をアンプル25が受けたとき、流体抵抗を減少させることによって薬剤の加速に役立つよう、アンプル25は、その内面に輪郭68を有する室62を有することにより精密なスロートを備える。 Figure 13 is a longitudinal sectional view of the ampule 25 comprising the chamber 62, when the impact thrust from the spring-biased drive rod 43 of the syringe 20 ampule 25 is received, the agent by decreasing the fluid resistance to help the acceleration, the ampule 25 includes a precision throat by having a chamber 62 having a contour 68 on its inner surface. このように流体抵抗を減少させることによって、ピストン65の加速が増し、結果として、圧縮ドライブばね42の相対力によって、圧力がより速く上がり、且つ薬剤がより速く注射されることになる。 By thus reducing the fluid resistance, increased acceleration of the piston 65, as a result, the relative force of the compressed drive spring 42, up faster pressure, and so that the drug is injected more quickly. したがって、薬剤31は、既知の制御されたインパクト推進力によって、アンプル25内から送り出される。 Thus, the drug 31 by known controlled impact propulsion, delivered from the ampoule 25 inside.

アンプル本体67のノーズ部分136の相対厚さの結果生じるオフセット138の違いに加えて、真空ポート63の下面69に対するオリフィス66の中心線の位置及び場所はさらに、皮内、皮下、又は筋肉内に注射するためにさらにアンプルを調整することで変えることができる。 In addition to the difference in the offset 138 produced relative thickness of the results of the nose portion 136 of the ampoule body 67, the position and location of the center line of the orifice 66 with respect to the lower surface 69 of the vacuum port 63 is further intradermally, subcutaneously, or intramuscularly it can be varied by adjusting the further ampoule to inject. それによってまた、薬剤を、横方向からでも斜め方向からでも、水平若しくは垂直に、又は水平から垂直まで間の範囲の変化した角度でも人間又は動物の皮膚を通して、皮膚層64の所定の深さまで注射することができ、注射の際の薬剤の分散は、真空ポート水平面69とアンプルの中心線とに対するオリフィス66の角度を変化させることによって制御される。 Thereby also, the agent, even from an oblique direction even laterally, horizontally or vertically, or injection from horizontal through even human or animal skin with altered angle in the range of between up to vertical, to a predetermined depth of the skin layer 64 it is possible to, dispersing agents during injection is controlled by varying the angle of the orifice 66 with respect to the center line of the vacuum ports horizontal plane 69 and the ampoule. さらに、より多い投与量の注射やより広範の注射パターンを容易に行うことができるように複数のオリフィスを設けることができる。 Furthermore, it is possible to provide a plurality of orifices to a greater dose of injection and broader injection patterns can be easily performed. 上述したように、アンプル25は、注射器20と係合するとともにそれをラッチするためのロッキングタブ61を各端部に有する。 As described above, the ampule 25 includes a locking tab 61 for latching it with engagement with the syringe 20 at each end. このロッキングタブ61はまた、吸引ポート63が真空吸引チューブ71に正確に係合し、且つドライブロッド43が室62及びプランジャ65と整合するように、アンプル25を注射器20上に正しく位置決めするとともに保持する。 The locking tab 61 also holds together the suction port 63 is accurately engaged with the vacuum suction tube 71, and the drive rod 43 to align with the chamber 62 and the plunger 65, to properly position the ampule 25 on the syringe 20 to. レシピエントの皮膚64内に薬剤を注射するために、ポート63間の皮膚64が引き伸ばすようにレシピエントの皮膚64に張り付けるため、ポート63を通して吸引を確実に行うためアンプルの表面と吸引ポート71との間の接続面は、真空ポートシール70によってシールされる。 To inject drugs into the recipient's skin 64, since the stick on the skin 64 of the recipient as the skin 64 is stretched between the ports 63, suction and ampule surface order to ensure suction through the port 63 Port 71 connecting surface between is sealed by the vacuum port seal 70.

アンプル25は、予め充填されることに加えて、図14に示すアダプタアセンブリ103を用いて外部供給源から薬剤31を充填してもよく、このアダプタアセンブリは、アンプル25と整合するとともに、オリフィス66からアンプル25への充填を可能にするアダプタ内のゴムシール104を介して薬剤を充填するためにアンプル25を保持及びシールする。 Ampoule 25, in addition to being pre-filled, may be filled with a drug 31 from an external source using an adapter assembly 103 shown in FIG. 14, the adapter assembly is configured to align with the ampule 25, the orifice 66 from via the rubber seal 104 in the adapter to allow filling of the ampule 25 to hold and seal the ampules 25 to fill the drug. アダプタ103は、アンプル25を受け取って保持する手段を含み、それによりオリフィス66をゴムシール104を介して通路115と整合状態になる。 Adapter 103 includes a means for holding receiving an ampoule 25, and thereby the orifice 66 into alignment with the passageway 115 via a rubber seal 104. 標準ルーア(Luer)コネクタ142は、充填シリンジを取り付けるための手段を備える。 Standard luer (Luer) connector 142 is provided with a means for attaching the filled syringes.

内孔室62に直接的に薬剤を充填する手段を備えたアンプルの他の実施形態を図15〜図18に示す。 Another embodiment of an ampoule with means for directly filling the drug in the inner hole chamber 62 shown in FIGS. 15 to 18. 本実施形態では、アンプルは、アンプル25の上面の充填ポート143が設けられており、再シールすることができるゴムストッパ106によって塞がれる。 In the present embodiment, ampoules, fill port 143 of the upper surface of the ampule 25 is provided, is closed by a rubber stopper 106 which can be re-sealed.

図16は、充填ポート143が通路115によって内孔室62に連結されている未充填のアンプル25を示す。 Figure 16 shows the unfilled ampule 25 fill port 143 is connected to the bore chamber 62 by a passage 115. プラグ118がオリフィス66を塞ぎ、保護カバー107及び108がアンプルの表面及び内部を無菌状態に維持する。 Plug 118 closes the orifice 66, the protective cover 107 and 108 to maintain the surface and the inside of the ampoule in a sterile condition.

図17は、本実施形態のアンプルを充填する動作を示す。 Figure 17 shows the operation of filling the ampoule of the present embodiment. この動作中、ノズル110のプローブ111は、ストッパ106を介してアンプル25の充填ポート143に挿入される。 During this operation, the probe 111 of the nozzle 110 is inserted into the fill port 143 of the ampule 25 through the stopper 106. ノズル110は、アンプル25の平坦な上面114上に位置するとともに薬剤を充填するためにプローブ11を正確に位置決めするショルダストッパ116を含む。 Nozzle 110 includes a shoulder stopper 116 for accurately positioning the probe 11 to fill the drug as well as located on the flat upper surface 114 of the ampule 25. 空気は、まず、アンプル25内のアンプル通路115及び空間部113から排気されなくてはならない。 Air is first must be evacuated from the ampoule passage 115 and the space portion 113 of the ampoule 25. これは、シリンジ109及びその引き込みハンドル112を用いて、アンプル25を薬剤で充填する前に空気を吸引することによって達成される。 It uses a syringe 109 and retraction handle 112, the ampule 25 is achieved by sucking air before filling with a drug. プローブ11を取り外すことで、プラグ106が再シールされ、それにより、真空通路115、及び空間113を密封することができる。 By removing the probe 11, the plug 106 is re-sealed, whereby it is possible to seal the vacuum channel 115, and space 113. 薬剤を入れてある新しいシリンジ109又は再び薬剤を入れた元のシリンジ109のノズル110のプローブ111は、ストッパ106を介して再び挿入され、上記シリンジは、空気が排気された後にアンプル25に所定の薬剤を充填するために用いられる。 Probe 111 of the nozzle 110 of the original syringe 109 containing the new syringe 109 or re-agents are Drugs is reinserted through the stopper 106, the syringe is given in ampule 25 after the air has been evacuated used to fill the drug. プローブ11及び通路115を通って空間113内に注入されている薬剤の圧力は、プランジャ65を内孔室62内を後方に押圧する。 The pressure of drugs through the probe 11 and the passage 115 is injected into the space 113 to press the bore chamber 62 behind the plunger 65.

図18は、薬剤を充填しているときに、プラグ118でアンプルオリフィス66に栓をする手段を示す。 18, when filling the drug, showing a means for plugging into ampoules orifice 66 in the plug 118. プラグ118は、アンプル25の表面に対してシールし、且つプラグ118がオリフィス66内に吸い込まれるのを防ぐための着脱を容易にする捕捉パッド117を有する拡大ヘッド119を含み、保護用二重外側カバー121は、充填時にプラグ118がオリフィス66から押し出されるのを防止する手段として機能する。 Plug 118 seals against the surface of the ampule 25, and the plug 118 includes an enlarged head 119 having a capture pad 117 for facilitating attachment and detachment to prevent from being sucked into the orifice 66, protecting the double outer cover 121, the plug 118 serves as a means for preventing the extruded from the orifice 66 at the time of filling. アンプル25内を完全に無菌状態に維持し、且つ、保護カバー108を取り外したときにアンプルオリフィスプラグ118を取り外して捨てるため、アンプル25の他の全ての開口は、保護カバー107及び108によって保護され、それにより、保護カバー107及び及び108が、遮蔽材をアンプル25から取り外しやすくするために握ることができるタブを含むことが好ましい。 The ampule 25 is maintained entirely in a sterile condition, and, to discard and remove the ampoule orifice plug 118 when removal of the protective cover 108, all the other opening of the ampoule 25, are protected by the protective cover 107 and 108 thereby, the protective cover 107 and and 108 preferably includes a tab which can be gripped in order to facilitate removal of the shielding material from the ampoule 25.

図面を参照すると、図1及び図2に示された本発明の好適実施形態では、無針注射器の外囲容器を平面図及び側面図で夫々示している。 Referring to the drawings, in a preferred embodiment of the present invention shown in Figures 1 and 2 show respectively a plan view and a side view of the envelope of the needle-free syringe. 注射器アセンブリ20は、平面図で示している外部ハンドル30及び解除ボタン23によって作動される注射器アセンブリの構成部品を保持するハウジング21を含む。 The syringe assembly 20 includes a housing 21 that holds the components of the syringe assembly which is actuated by an external handle 30 and the release button 23 is shown in plan view. 図2は、薬剤を充填したアンプル25を注射器20内に装着する手段を図示し、且つ、注射器の組み立て及び点検のための着脱可能なユニットとしてのアクセスパネル27、端部キャップ28、及びインサートフェアリング74を備えている。 Figure 2 illustrates a means for mounting the ampule 25 filled with the drug into the syringe 20, and the syringe access panel 27 as detachable units for assembly and inspection, the end cap 28, and inserts Fair and it is equipped with a ring 74.

図3及び図4はそれぞれ、ハンドル30が上方回転位置及び下方回転位置の両方にあること、及び、その結果としてハウジング21内に格納されているすべての構成部品がとるべき位置を示す、注射器アセンブリの断面図である。 Figures 3 and 4, the handle 30 is in both the upper rotational position and a lower rotational position, and, the results of position to be taken by all the components stored in the housing 21 as the syringe assembly it is a cross-sectional view of. この実施形態は、単一充填済みアンプル25の使用を含み、且つこのアンプルが注射器アセンブリの中に保持されている様子を示す。 This embodiment includes the use of a single pre-filled ampoule 25, and shows how the ampoule is held in the syringe assembly. アンプル25は、突出タブ61を有し、この突出タブは、一端でインサートフェアリング74内の切り欠きキャビティに係合するとともに他端で保持クランプ22によってハウジング21のノーズに対して位置決めされてそれに押し付けられて保持され、この保持クランプは、アンプル25から離れるように外方に回動し、それにより、アンプル25を使用した後にアンプル25を取り外して交換することができるようにする。 Ampule 25 has a projecting tab 61, the protruding tab, it is positioned against the nose of the housing 21 by a retaining clamp 22 at the other end with engaging the cutout cavity within the insert fairing 74 at one end is pressed against and held, the holding clamp is pivoted outwardly away from the ampoule 25, thereby to be able to remove and replace the ampule 25 after using the ampule 25. アンプル25は、レシピエントの皮膚への注射と連係する少なくとも1つの真空吸引ポート63を有する。 Ampule 25 has at least one vacuum suction port 63 cooperating with the injection of the recipient to the skin. アンプル25を注射器20内に設置することにより、シール70の下側に又はそれに押し当てられてアンプル25が位置決めされる。 By placing the ampule 25 to the injector 20, the ampule 25 is positioned pressed against the underside of the seal 70 or to it. このシールによって、アンプル25及び一対の吸引チューブ71間をシールし、アンプル真空ポート63を真空状態にするために用いられる。 This seal, a seal between the ampoule 25 and a pair of suction tube 71 is used to vacuum state ampoule vacuum port 63. 吸引チューブ71は、それぞれその両端部でハウジング21内に機械加工されたマニホルド72とに連通する。 Suction tube 71 communicates to the manifold 72 which is machined into the housing 21 at its opposite ends, respectively. アンプル保持クランプ22は、保持クランプ上のデテント突起によってアンプル保持位置に保持され、このデテント突起は、ハウジング21内の小ポケットに係合し、また、保持クランプ22は、アンプル保持位置にあるとき、しっかりと保持するためにこのポケットに勘合する。 When ampule holding clamp 22 is held in the ampule holding position by detent projections on the retaining clamp, the detent projection engages the small pocket in the housing 21, also holding the clamp 22 in the ampoule holding position, to fit in the pocket in order to securely hold. クランプ22を解除する際、アンプルを取り外すために上側デテントポケット回りにクランプを回転する。 When releasing the clamp 22, to rotate the clamp in the upper detent pockets around to remove the ampoule.

アンプル25内から薬剤流体31を噴出するために、ドライブロッド43はハウジング21構造に設けた中ぐり穴内を移動すると共に、アプランジャ65が接触している上記アンプル25内の室開口を駆動し、それにより、流体を加圧状態でオリフィス66を通してアンプル25から押し出す。 To eject the drug fluid 31 from the ampule 25 within the drive rod 43 while moving the boring Ananai provided in housing 21 structure, by driving the chamber opening of the ampoule 25 that A plunger 65 is in contact, thereby, extruded from the ampule 25 through the orifice 66 of fluid under pressure. ドライブロッド43は、大型圧縮ドライブばね42によってアンプル25内に駆動し、ドライブロッド43の突出リング120に荷重を与えると共に反対側の端部ではハウジング構造の当接面124に対して荷重を与える。 Drive rod 43 is driven into ampoules 25 by large compressed drive spring 42, gives the load to abutment surface 124 of the housing structure in the opposite end with giving a load to the protruding ring 120 of the drive rod 43. ドライブばね42を圧縮するために、注射器アセンブリにはこのアセンブリに跨って備えられハンドルが設けられピン止めされたピボット24回りに回動する。 To compress the drive spring 42, the syringe assembly rotates pivot 24 about which the handle is provided across the assembly is pinned provided. ハンドル30がハウジング21に向かって上方に回転されるとき、圧縮ばね42は、圧縮されて、解除キャッチ44により予荷重圧縮位置に保持され、ねじりばね53を含むピン58回りを回動する。 When the handle 30 is rotated upwardly toward the housing 21, the compression spring 42 is compressed, by the release catch 44 is held in the preload compression position, to rotate the pin 58 around which includes a torsion spring 53. 突出ドライブロッドリング120が解除キャッチ44の歯79の側方を通過するとき、ドライブロッド43を直ちにラッチするためねじりばね53は、解除キャッチ44に対して下方に予荷重をかける。 When projecting drive rod ring 120 passes through the side of the tooth 79 of the releasing catch 44, the torsion spring 53 for immediate latching the drive rod 43, preloading downward relative release catch 44.

ドライブロッド43を取り囲む圧縮ばね42を圧縮するために、ドライブロッド43はまた、その後端部が終端する位置に保持リング59を有し、この保持リングはドライブロッドラッチ48によって駆動され、ハンドル30の上方への回転に応じて、ドライブロッド43を引っ張って圧縮ばね42を圧縮する。 To compress the compression spring 42 surrounding the drive rod 43, also drives the rod 43 has a retaining ring 59 to the position where the rear end is terminated, the retaining ring is driven by a drive rod latch 48, the handle 30 in response to the rotation upward to compress the compression spring 42 to pull the drive rod 43. ハンドル30が上方に回転するときにこのように圧縮ばね42を圧縮し且つ予荷重をかけることを達成するために、ハンドル30はリンク40に連結し、このリンクは、ピボット点41及び60を各端に有するとともにハウジング21内に機械加工された溝内を摺動するスライドフレーム45に連結する。 To handle 30 to achieve such a compression spring 42 applying compressed and preload so as it rotates upwardly, the handle 30 is connected to the link 40, the link, each pivot points 41 and 60 connecting the slide frame 45 to slide machined groove in the housing 21 and having the end. スライドフレーム45は、リンク40を押しているハンドル30によって溝内を水平に移動し、続いてこのリンクは、スライドフレーム45を移動させる。 Slide frame 45 is moved horizontally in the groove by the handle 30 is pressed on the link 40, followed by the link moves the slide frame 45. 図3及び図4は、スライドフレーム45及びハンドル30の2つの位置を示す。 3 and 4 show the two positions of the slide frame 45 and the handle 30. スライドフレーム45の直立脚部はドライブロッドラッチ48に取り付けられ、このドライブロッドラッチを用いて、ドライブロッド43及び圧縮ばね42を引っ張って、圧縮荷重エネルギーが蓄積された状態にする。 Straight base portions of the slide frame 45 is attached to the drive rod latch 48, with the drive rod latch, pull the drive rod 43 and the compression spring 42, a state in which compressive load energy is accumulated. ドライブロッドラッチ48は、連結リンク47及びねじりばね53を保持するとともにそれらに係合するピボット点ピン52回りに回動する。 Drive rod latch 48 is rotated to pivot point pin 52 about to be engaged in their holds the connecting link 47 and the torsion spring 53. 注射器20が作動されるときにドライブロッド43が確実に解除されるよう、ねじりばねによって、ドライブロッドラッチ48が上方に付勢されて非ラッチ位置に置かれる。 As the syringe 20 is drive rod 43 is reliably released when it is actuated, by the torsion spring, the drive rod latch 48 is placed in an unlatched position is biased upward.

ドライブロッドラッチ48がねじりばねの荷重に逆らって下方に回転することを確実にするために、ドライブロッドラッチ48は、ランプ50によってラッチロック位置に下方に案内される。 In order to ensure to rotate downward against the load of the spring drive rod latch 48 is the torsion, drive rod latch 48 is guided downward to the latch locking position by the lamp 50. ランプ50は、2つのロールピン51によりハウジング構造21内に保持され、ランプ50は、ドライブロッドラッチ48の角度を付した終端部分に整合するように勾配をつけてある。 Lamp 50, by two roll pins 51 are held in the housing structure 21, the lamp 50, are sloped to match the end portions denoted the angle of the drive rod latch 48. ドライブロッド保持リング59を引き戻し、捕捉して保持するためにドライブロッドラッチ48は、その反対側に突出フック面を有している。 It pulled back drive rod retaining ring 59, captured drive rod latch 48 to hold it has a projecting hook surface on the opposite side. ドライブロッド保持リング59は、前面に凹状窪みを有することが好ましく、それにより、ハンドル30が握られてドライブロッド43を引き戻す間、ドライブロッドラッチ48の突出フックが確実に係合状態にあるようにする。 Drive rod retaining ring 59 preferably has a recess concave to the front, whereby while the handle 30 is gripped by retracting the drive rod 43, as the protruding hook of the drive rod latch 48 is in positive engagement state to. 解除キャッチ44が解除されると、圧縮ばね42は、ドライブロッド43をアンプル25内に駆動し、且つアンプル25内のオリフィス66から流体を噴出する。 When the release catch 44 is released, the compression spring 42 drives the drive rod 43 to the ampule 25, and ejecting fluid from the orifice 66 of the ampoule 25. 端部ストッパを打撃するドライブロッド突出リング120及び圧縮ばね42の衝撃音を最小限に抑えるために、ドライブロッド突出リングの前側には、衝撃を弱めるためにプラスチック又はゴムのワッシャ75が設けられている。 To minimize the drive rod projecting ring 120 and the impact noise of the compression spring 42 for striking the end stop, the front side of the drive rod projecting ring and washer 75 of plastic or rubber is provided in order to weaken the impact there.

スライドフレーム45に連結された連結リンク47は、他端でピン54に連結されており、アンプル真空ポート63に真空を提供するピストン35の延長部46と係合する。 Coupled to the slide frame 45 connecting link 47, the other end is connected to the pin 54, the engagement with the extension 46 of the piston 35 to provide a vacuum ampoule vacuum port 63. スライドフレーム45がハウジング構造体内に機械加工された溝内を水平に移動するとき、連結リンク47は、ピストンをシリンダ123内で内方及び外方へ移動させる。 When the slide frame 45 moves horizontally machined groove in the housing structure, the connecting link 47 moves the piston to the inner and outer in the cylinder 123. ピストン35の後方を真空にするために、ピストン35はOリングシール34を有する。 The rear of the piston 35 to the vacuum, the piston 35 has an O-ring seal 34. 図7に示すように、発生した真空は、構造マニホルド72内の吸引通路73を通って吸引チューブ71へ、続いて、アンプル25内の真空ポート63へ送られる。 As shown in FIG. 7, the vacuum thus generated, to the suction tube 71 through the suction passage 73 in the structure the manifold 72, subsequently, sent to the vacuum port 63 of the ampoule 25. ピストン35の移動によって発生した真空は、インターロックピストンロッド36を後退させる。 Vacuum generated by movement of the piston 35 retracts the interlock piston rod 36. このインターロックピストンロッドは、解除アーム55をロック及びロック解除する手段を備える。 The interlock piston rod is provided with means for locking and unlocking the release arm 55. インターロックする必要があるときには、マニホルド72内の2つの真空ポート開口によって、インターロックピストンロッド36が前後にサイクル作動する。 When it is necessary to interlock the two vacuum ports opening in the manifold 72, the interlock piston rod 36 is cycling back and forth. インターロックピストン126には、Oリングシール37及び保持リング39が設けられており、この保持リングは、インターロックピストンの移動ストローク長を制御するとともにインターロックピストンを自体のシリンダ127内に収納する。 The interlocking piston 126, O-ring seals 37 and retaining ring 39 is provided, this retaining ring accommodates the interlocking piston in the cylinder 127 itself controls the stroke length of the interlocking pistons.

インターロックピストンロッド36は、ロックするために解除アーム55内に延伸し、ロック解除するために解除アーム55から後退する。 Interlock piston rod 36 extends in the release arm 55 in order to lock retracts from the release arm 55 to unlock. 解除アーム55は、ピボットピン54回りに回動し、このピボットピンは、ピストンロッド36と係合させるためにアーム55を位置決めするねじりばね33を有する。 Release arm 55 is pivoted to the pivot pin 54 around, the pivot pin has a torsion spring 33 to position the arm 55 to engage with the piston rod 36. 解除アーム55が水平位置にあるとき、ねじりばね53による荷重の結果、解除アーム55は、解除ボタン23の底面上で静止し、この解除ボタンはスナップリング32によってハウジング21内に保持されている。 When release arm 55 is in a horizontal position, the result of the load by the torsion spring 53, the release arm 55 is stationary on the bottom surface of the release button 23, the release button is held in the housing 21 by a snap ring 32. 操作者が解除ボタン23を押下すると、解除ボタンは解除アーム55を押下してそれを回動させ、続いて、解除アームは解除キャッチ44を上方に駆動してドライブロッド43との係合を解除し、続いて、ドライブロッドは圧縮ばね42によってアンプル25内に押し進められ、且つレシピエントの皮膚組織に薬剤を注射する。 When the operator presses the release button 23, the release button rotates it depresses the release arm 55, followed by releasing the engagement between the drive rod 43 release arm drives the release catch 44 upwardly and, subsequently, the drive rod is forced into the ampoule 25 by the compression spring 42, and injecting a medicament into the recipient of the skin tissue.

アンプル25を図11の側面図に示し、また、図12はアンプル25の平面図である。 The ampule 25 shown in side view in FIG. 11, FIG. 12 is a plan view of the ampule 25. アンプル25は、1つ又は複数の種々のプラスチック、ガラス、又は同等の医療機器仕様材料から製造される。 Ampoule 25, one or more of a variety of plastics, is produced glass, or an equivalent medical device specification material. アンプル25は、レシピエントの皮膚64を位置決めし、引き伸ばし且つ保持する際に使われる少なくとも1つの真空ポート63を有する。 Ampule 25 positions the skin 64 of the recipient, with at least one vacuum port 63 is used when the stretching and holding. アンプル25はさらに、少なくとも2つのロックタブ61と、予め充填される薬剤を収容するための内側シリンダ内孔室62とを有する。 Ampule 25 further has at least two locking tabs 61 and an inner cylinder bore chamber 62 for containing medicament to be filled in advance. 投与量目盛りが、内孔室62に隣接するアンプル25の外面に設けられている。 Dose scale is provided on the outer surface of the ampoule 25 adjacent to the bore chamber 62. 図11に示すアンプルプランジャ65が内孔室62内に収容されており、薬剤を内孔室62内に捕捉するとともに収容し、且つドライブロッド43の力を薬剤に伝達し、それによりオリフィス66を通してアンプル25から薬剤を噴出する。 Ampule plunger 65 shown in FIG. 11 is accommodated in the bore chamber 62 houses while trapped in the bore chamber 62 the medicament, and to transmit the force of the drive rod 43 to the agent, through which the orifice 66 ejecting a drug from the ampoule 25. 注射プロセスを増進するために、内孔室62は、番号68で示す輪郭を有するような形状になっていることが好ましい。 To enhance the injection process, the bore chamber 62 preferably has a shape so as to have a contour shown by the number 68. アンプル25及び注射器20は、アンプル25が、薬剤を皮膚の中に注射することができるように、レシピエントの皮膚を引き伸ばして適切に保持するために、注射器20によって発生させた真空を用いている点で独特である。 Ampule 25 and syringe 20, the ampule 25, the drug and so can be injected into the skin, in order to properly hold stretch the skin of the recipient, and a vacuum which is generated by the syringe 20 it is unique in point. 皮膚を引き伸ばすことによって、浸透性が高まり、それにより、流体を組織内に注射するのに必要なエネルギー量が減少する。 By stretching the skin, increased permeability, whereby the amount of energy required to inject the fluid into the tissue is reduced. 皮膚に対して水平に薬剤を注射することによって、ID注射、Sub−Q注射及びIM注射のために組織の位置決めを制御することができるようになる。 By injecting a medicament horizontally to the skin, ID injection, it is possible to control the positioning of tissue for Sub-Q injections and IM injection. 内孔62及びオリフィス66は、改良されたスロート輪郭68によって最小の抗力で流体を加速させるように設計されている。 Bore 62 and orifice 66 are designed to accelerate the fluid with minimal drag by throat contour 68 that is improved. 乱流及びそれによる抵抗を最小限に抑えるため、アンプルの内孔のサイズ及び長さを、最適化し、それにより痛み及び皮膚組織に浸透させるために必要なエネルギーを少なくさせる。 To minimize turbulence and resistance due to it, the bore size and length of the ampoule, optimized, thereby reducing the energy required to penetrate the pain and skin tissue. 薬剤流体を組織内に注射するこのプロセスは、有針シリンジを用いた場合に比べてより広い範囲にわたって薬剤の粒子を拡散させ、また、組織内の局部圧力を減少させるとともに組織内の注射開口からの流体の漏出をなくし、それにより感染が拡大する可能性を減らす。 This process of injecting a medicament fluid into the tissue, the drug particles are spread over a wider range as compared with the case of using the Yuhari syringe, also from the injection opening in the tissue with reducing the local pressure in the tissue eliminating the leakage of fluid and thereby reduce the possibility of expanding infection.

本発明のさらなる一実施形態が図19に示しており、この図は、本発明の注射器20の側面図を示し、複数アンプルアセンブリ200を受け入れ、取り付けるようになっている。 A further embodiment of the present invention are shown in Figure 19, this figure shows a side view of the syringe 20 of the present invention, receiving a plurality ampoule assembly 200, so that the mount. 注射器20の機能、動作及び内部の構成部品は、アンプル、アンプルの注射器20へ取り付け及びアンプルの交換方法以外は、上記の単一アンプルの実施形態においてで上述したものと同じである。 Function of the syringe 20, the operation and internal components, ampoule, except replacing the attachment and ampoules to syringes 20 of the ampoule is the same as described above in the embodiments of the above single ampule. 図12は、手動式実施形態の単一アンプル注射器の構成部品を備える、複数アンプル注射器アセンブリを示す断面図である。 Figure 12 includes the components of a single ampule syringe manual embodiment, a cross-sectional view showing a plurality ampoule syringe assembly. 同様に、空気駆動式の実施形態を変更して、複数アンプルアセンブリ200を受け入れるようにしてもよい。 Similarly, by changing the embodiment of the air-driven, may be accept multiple ampoule assembly 200. 手動式注射器及び空気駆動式注射器20の機械的動作は、本明細書中で上述したものと同じであり、それらの説明は、複数アンプルの実施形態を明確に理解するために必要な場合以外は繰り返さないこととする。 Manual syringes and mechanical operation of the air-driven injector 20 are the same as those described above herein, and their description, except where necessary for a clear understanding of the embodiments of the plurality ampules and not be repeated.

図21及び図22に示すように、複数アンプル注射器ハウジング201は、回転可能な複数ユニットカートリッジ205を備え、この複数ユニットカートリッジは、プラスチック又は同等な材料のシリンダ222内に成形された複数の薬剤充填済みアンプル25を収容している。 As shown in FIGS. 21 and 22, a plurality ampules syringes housing 201 is provided with a plurality units cartridges 205 rotatable, the multi-unit cartridge, a plurality of drug loading which is molded into the cylinder 222 of plastic or equivalent material and it accommodates the corner ampoule 25. 図20及び図21に示すように、シリンダ222は中心シャフト206回りに回転することができる。 As shown in FIGS. 20 and 21, the cylinder 222 can rotate about the shaft 206 around. シリンダ222は、シャフト206の端部に回転可能に取り付けられた回転ノブ208によって、手動で回転される。 Cylinder 222, the rotary knob 208 rotatably attached to an end portion of the shaft 206 is rotated manually. アンプル25を収容しているカートリッジ205は、スリーブ209によってシャフト206に固定され、それにより、流体を注射するためにアンプル25を回転させるとともにそれを位置決めする手段を提供する。 Cartridge 205 housing the ampule 25 is fixed to the shaft 206 by a sleeve 209, thereby providing a means for positioning it to rotate the ampule 25 to inject the fluid. 位置決めデテント207は、注射器ハウジング21内に設けられ、且つカートリッジ205のリム内の一連のポケット204で位置決めするとともにデテント留めされる。 Positioning detent 207 is provided in the injector housing 21, are detent fastened together and positioned in a series of pockets 204 in the rim of the cartridge 205. さらに、注射器ハウジング21内の同様のデテント214が、複数のユニットアセンブリ200を捕らえて注射器20の端部上に保持するため、シャフト206の端部に隣接する環状溝213に係合する。 Furthermore, similar detents 214 in the syringe housing 21, to hold on the end of the syringe 20 captures a plurality of unit assembly 200 engages the annular groove 213 adjacent the end of the shaft 206. デテント207及び214は、図示されているようにボール215及びばね216機構であることが好ましいが、同様の機能を提供する他のデテント機構を使用してもよい。 Detent 207 and 214 is preferably a ball 215 and spring 216 mechanism as shown, may be used other detent mechanisms that provide similar functionality.

回転ノブ208は、ノブ捕捉ピン223でスリーブ209に固定、保持され、それにより、ノブが回転されるとき、ハウジング201内のカートリッジ205をシャフト206回りに回転させるがシャフト206自体は回転させない。 Rotation knob 208 is secured to the sleeve 209 with the knob catching pin 223, it is held, so that when the knob is rotated, but rotate the cartridge 205 within the housing 201 to 206 about the shaft without shaft 206 itself rotates. ノブ208に取り付けられたスリーブ209は、カートリッジ205内にキー止めされ、カートリッジを種々のアンプル位置に回転し、位置決めデテント207が、その位置になるようにポケット204に係合し、アンプル25をドライブロッド43と整合状態で保持する。 Sleeve 209 which is attached to the knob 208 is keyed to the cartridge 205 to rotate the cartridge to the various ampules position, the positioning detent 207 engages the pocket 204 so that its position, drive the ampule 25 rod 43 and held in alignment.

複数ユニット200のカートリッジ205内で、各アンプル25は、好ましくは2つであるが少なくとも1つの真空ポート203の組と、予め充填される薬剤を収容するための内部シリンダ内孔室62とを含んでいる。 In the cartridge 205 of the plurality of units 200, each ampoule 25 preferably includes a set of although two least one vacuum port 203, and an internal cylinder bore chamber 62 for containing medicament to be filled in advance They are out. 単一アンプル実施形態と同様に、複数ユニット200の各アンプル25は、その外面に投与量目盛りを有する。 Similar to the single ampule embodiment, the ampule 25 of the plurality unit 200 has a dose scale on its outer surface. また、各アンプル25は、その内孔室62内にアンプルプランジャ212を収容し、このアンプルプランジャは上記薬剤を捕捉し収容する。 Each ampule 25 accommodates an ampoule plunger 212 in the bore chamber 62 thereof, the ampule plunger accommodates captures the agent. 同様に、内孔室62は、上記の単一アンプル実施形態で示された輪郭形状、サイズ、長さ及び構成と同じであり、したがって、注射手順、注射方法及び注射の結果は同じである。 Similarly, the bore chamber 62 is the same as a single ampule embodiment the indicated profile, size, length and configuration of the above therefore, the injection procedure, the injection method and injection results are the same.

複数ユニットアセンブリ200は、同様の吸引チューブ210と、流体を注射するために位置決めされる各アンプルと当接するためのシール211とを含む。 Multiple unit assembly 200 includes a similar suction tube 210, and a seal 211 for contact with the respective ampules positioned to inject a fluid. カートリッジのスリーブ209の段差の付いた面は、吸引チューブ210を押し下げ、それにより、吸引チューブ210及びアンプル25間のシール211による当接面の封止を向上させる。 With face stepped sleeve 209 of the cartridge, it pushes down the suction tube 210, thereby improving the sealing contact surface by the seal 211 between the suction tube 210 and ampoules 25. 吸引チューブ210は、先に示した実施形態と同じ方法で注射器のマニホルドシステムに連結する。 Suction tube 210 is coupled to syringe manifold system in the same manner as the embodiment shown above.

複数ユニットハウジング201の外面上には窓221があり、この窓を通して、電子コード219及び連続番号222によって、カートリッジ205内の種々のアンプル25の状態が分かる。 The on the outer surface of the multi-unit housing 201 has a window 221, through the window, the electronic code 219 and serial number 222, indicating various states of the ampule 25 in the cartridge 205. このデータによって、使用された薬剤及び投与量、充填日時、供給元の研究所等の名前、及び/又は他の関連する情報が分かる。 This data drug and the dose used, filling date, the name of the laboratory, such as the source, and / or other relevant information is found. 単一アンプルの場合と同様に、複数ユニットの別個のアンプルはそれぞれ、使用前には着脱可能なタブ220によって保護することが出来る。 As in the case of a single ampoule, separate ampoules multiple units, respectively, prior to use can be protected by a removable tab 220.

使用に際して、所望の薬剤がアンプル25内に予め充填された複数ユニットアンプルアセンブリ200を選択し、それを、デテント214がシャフト206の端部の溝213に係合し、それにより、複数ユニットアセンブリ200を適所に保持するまで、注射器ハウジング21の端部にあけられた有底シャフト受け入れ穴218内にシャフト206の端部を挿入することによって注射器21上に装着される。 In use, to select multiple units ampoule assembly 200 desired drug is pre-filled into an ampoule 25, which, detent 214 engages the groove 213 of the end portion of the shaft 206, whereby the plurality unit assembly 200 until held in place, is mounted on the syringe 21 by inserting the end of the shaft 206 within the syringe bottomed shaft receiving hole 218 drilled in the end of the housing 21. デテント214及び溝213の係合は、複数ユニットアセンブリ200を誤って変位しないように適所に保持するのに十分な強さを有するが、複数ユニットアセンブリ200を別のアセンブリ200と交換するために容易に取り外すことができないほどには強くはない。 Detent 214 and the engagement groove 213 has sufficient strength to hold in place so as not to displace inadvertently multiple unit assembly 200, easy to replace the multiple unit assembly 200 and separate assembly 200 it is not as strong as it can not be removed. 複数ユニットアセンブリ200を適所に置くことによって、アンプルを適所に置き、注射器は上述したように操作するためにノブ208が回転される。 By placing multiple unit assembly 200 in place, position the ampule in place, syringe knob 208 is rotated to operate as described above. 同一の複数ユニットアセンブリ200を用いて注射器を次の注射のために準備するためには、上述したように注射器を再び準備状態にして使用済みのアンプル25からドライブロッドを引き出し、ノブ208を回転させて次のアンプルを適所に置きさえすればよい。 A syringe using the same multiple unit assembly 200 in order to prepare for the next injection, pull the drive rod from the syringe and then again ready spent ampule 25 as described above, by rotating the knob 208 Te need only place the following ampoule in place. 複数ユニット内のすべてのアンプルを使い果たしたとき、又は異なる複数ユニットが望ましい場合、複数ユニット200のハウジング201を掴んでそれを注射器から引き抜く。 When exhausted all the ampoules in multiple units, or if different units is desired, pull it from the syringe grabbed housing 201 multiple units 200.

特定の方法及び装置とともに本発明の原理を上述したが、本明細書は例示的なものにすぎず、本発明の精神を具現するとともに多くの他の構成で、当業者によって考案され得るものは特許請求の範囲に記載の権利範囲に入ることを明確に理解すべきである。 Have been described above the principles of the present invention in conjunction with specific methods and apparatus, the present specification are exemplary only, many other configurations with embodying the spirit of the present invention, as may be devised by those skilled in the art it should be explicitly understood to fall scope of the claims.

本発明の無針注射器の平面図である。 It is a plan view of a needle-less injector of the present invention. 手動式に構成された無針注射器の側面図である。 Configured manually is a side view of a needle-free injector. 図2の注射器の注射前の長手方向断面図である。 It is a longitudinal sectional view of a prior syringe injections of FIG. 図2の注射器の注射後の断面図である。 It is a cross-sectional view after the injection of the syringe of FIG. 図2の無針注射器の端部キャップの図である。 It is a view of the end cap of the needle-free syringe of FIG. 図2の注射器の真空ピストン部分の垂直方向断面図である。 It is a vertical sectional view of the vacuum piston portion of the syringe of FIG. 図2の注射器の吸引マニホルド部分の長手方向部分断面図である。 It is a longitudinal partial sectional view of the intake manifold portion of the syringe of FIG. 空気圧力によって操作されるように構成された注射器の変形例の注射前の長手方向断面図である。 It is a longitudinal sectional view of a prior injection of variation of the structure syringes to be operated by air pressure. 空気圧力によって操作されるように構成された注射器の上記変形例の注射後の長手方向断面図である。 It is a longitudinal cross-sectional view after injection of the modified example of the configuration syringes to be operated by air pressure. 図8の注射器の変形例の戻しピストンハウジングの側面図である。 It is a side view of the piston housing back modification of the syringe of FIG. 図8の注射器の変形例の戻しピストンハウジングの端面図である。 It is an end view of the piston housing back modification of the syringe of FIG. 本発明によるアンプルの側面図である。 It is a side view of the ampoule according to the present invention. 本発明によるアンプルの平面図である。 It is a plan view of the ampule according to the present invention. 図11のアンプルの長手方向断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the ampule of Figure 11. 充填用アダプタ内のアンプルの図である。 It is a view of the ampoule of the filling adapter. 皮下シリンジを介して充填するためのストッパを有する、本発明によるアンプルの変形例の平面図である。 Having a stopper for filling via subcutaneous syringe is a plan view of a modification of the ampule according to the present invention. 保護カバーが適所に設けられた図15のアンプルを示す長手方向断面図である。 The protective cover is a longitudinal cross-sectional view illustrating an ampule of Figure 15 provided in place. 充填中の図15のアンプルの長手方向断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the ampule of Figure 15 during filling. 薬剤が充填され且つ使用するためにシールされた図15のアンプルの長手方向断面図である。 The agent is a longitudinal sectional view of the ampule of Figure 15 that is sealed for use and is filled. 複数アンプルユニット注射器の側面図である。 It is a side view of a plurality ampules units syringes. 図19の複数アンプルユニット注射器の長手方向断面図である。 It is a longitudinal sectional view of a plurality ampules units syringe of Figure 19. 図19の複数アンプルユニット注射器の前端部の詳細な断面図である。 It is a detailed cross-sectional view of the front end of the plurality ampules units syringe of Figure 19. 図19の複数アンプルユニット注射器のアンプルアセンブリの真空ポート部分を示す垂直方向断面図である。 It is a vertical sectional view showing the vacuum port portion of the plurality ampules units syringe ampule assembly of FIG. 隣接するアンプルを示すアンプルアセンブリの図である。 Is a view of ampoule assembly shown adjacent ampoule. 使用中の皮内注射用アンプルを示す図である。 Is a diagram showing an intradermal injection ampoule in use. 皮内注射の拡大図である。 It is an enlarged view of the intradermal injection. 使用中の皮下注射用アンプルを示す図である。 It is a diagram showing a hypodermic ampule during use. 皮下注射の拡大図である。 It is an enlarged view of a subcutaneous injection.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

20 注射器アセンブリ21 ハウジング22 保持クランプ23 解除ボタン24 ピボット25 アンプル26 デテント27 アクセスパネル28 端部キャップ29 ハンドグリップ30 ハンドル31 薬剤32 スナップリング33 ねじりばね34 シール35 真空ピストン36 インターロックピストンロッド37 Oリング38 吸引ポートA 20 syringe assembly 21 housing 22 holding the clamp 23 release button 24 pivot 25 ampoules 26 detent 27 access panel 28 end cap 29 hand grip 30 the handle 31 drug 32 snap ring 33 torsion spring 34 sealing 35 vacuum piston 36 interlocking piston rod 37 O-ring 38 suction port A
39 保持リング40 延長リンク41 ピボット42 圧縮ドライブばね43 ドライブロッド44 解除キャッチ45 スライドフレーム46 延長部47 コネクタリンク48 ドライブロッドラッチ49 外部空気供給源フィッティング50 ランプ51 ロールピン52 ピボット53 ねじりばね54 ピボットピン55 解除アーム56 シャフト57 ピボット58 ピン59 保持リング60 ピボット61 ロッキングタブ62 シリンダボア63 吸引ポート64 皮膚65 アンプルプランジャ66 出口オリフィス67 アンプル本体68 輪郭69 真空ポート面70 真空ポートシール71 吸引チューブ72 吸引マニホルド73 吸引通路74 インサートフェアリング75 クッションワッシャ76 ねじ77 圧縮ばね78 ドライブシリンダ79 解除キャ 39 retaining ring 40 extending links 41 pivot 42 compression drive spring 43 drives the rod 44 releases the catch 45 slide frame 46 extension 47 connector link 48 drive rod latch 49 external air supply fittings 50 lamp 51 roll pin 52 pivot 53 the torsion spring 54 pivot pin 55 release arm 56 the shaft 57 pivot 58 pin 59 retaining ring 60 pivot 61 locking tab 62 bore 63 suction port 64 skin 65 ampoule plunger 66 outlet orifice 67 ampoule body 68 contour 69 vacuum port surface 70 vacuum port seal 71 suction tube 72 suction manifold 73 suction passage 74 insert fairing 75 cushion washer 76 screw 77 compression spring 78 drives the cylinder 79 cancel calibration チ歯80 インターロック穴81 Oリング82 連結ロッド83 戻しピストン84 Oリング85 圧縮ばね86 留めねじ87 作動フレーム88 ピン89 トリガアセンブリ90 プッシュロッド91 圧力ポート92 Oリング93 プラグ94 ばね保持キャップ95 支持フィッティング96 Oリング97 圧力抜き98 ばね保持プラグ99 圧縮ばね100 弁101 Oリング102 延長ハウジング103 ルーアアダプタ104 ゴムシール105 套管106 ストッパ107 引き抜き保護遮蔽材108 引き抜き保護遮蔽材109 シリンジ110 ノズル111 プローブ112 引き込みハンドル113 真空用空間114 平坦面115 通路116 ショルダストッパ117 捕捉パッド118 アンプルオリフィスプラグ119 拡大ヘッド120 突 Chi teeth 80 interlock hole 81 O-ring 82 the connecting rod 83 back piston 84 O-ring 85 compression springs 86 screwed 87 working frame 88 pin 89 trigger assembly 90 the push rod 91 pressure ports 92 O-ring 93 plug 94 spring retaining cap 95 supporting fitting 96 O-ring 97 pressure Relief 98 spring holding plug 99 compression spring 100 valve 101 O-ring 102 extending housing 103 luer adapter 104 rubber seal 105 sleeve 106 stopper 107 pulling the protective shielding member 108 pulling the protective shielding member 109 syringe 110 nozzle 111 probe 112 pull handle 113 vacuum space 114 flat surface 115 passage 116 shoulder stopper 117 capture pad 118 ampoules orifice plugs 119 enlarged head 120 butt リング121 保護用外側二重カバー122 サイドフレーム溝123 シリンダ124 環状当接面125 チャネル126 小型ピストン127 小型シリンダ128 ドライブばね室129 真空ポート130 弁凹部131 アンダーカット132 空気通路133 戻しピストンポケット134 保持キャップポケット135 ポート136 アンプルノーズ部分137 アンプル内孔室部分138 オフセット139 ポケット140 凹部141 投与量目盛り142 ルーアコネクタ143 充填ポート200 複数アンプルアセンブリ201 ハウジング202 複数ユニットシリンダ203 真空ポート204 デテントポケット205 複数ユニットカートリッジ206 シャフト207 位置決めデテント208 回転ノブ209 スリーブ210 複数ユニット Ring 121 protective outer double cover 122 side frame groove 123 cylinder 124 annular abutment surface 125 channel 126 small piston 127 back small cylinder 128 drives the spring chamber 129 vacuum port 130 valve recess 131 undercut 132 air passage 133 piston pockets 134 holding the cap pocket 135 port 136 ampoules nose portion 137 ampoules bore chamber portion 138 offset 139 pocket 140 recessed portion 141 dosage scale 142 luer connector 143 fill port 200 more ampoule assembly 201 housing 202 multiple units cylinder 203 vacuum port 204 detent pocket 205 more units cartridges 206 shaft 207 positioned detent 208 rotates knob 209 sleeve 210 more units 引チューブ211 吸引チューブシール212 複数ユニットアンプルプランジャ213 環状溝214 デテント215 ボール216 ばね217 デテント218 シャフト受け入れ穴219 電子識別コード220 着脱可能なタブ221 窓222 連続番号223 捕捉ピン Pull tube 211 suction tube seal 212 more units ampoule plunger 213 annular groove 214 detent 215 ball 216 spring 217 detent 218 shaft receiving hole 219 Electronic identification code 220 detachable tabs 221 window 222 serial number 223 capture pin

Claims (29)

  1. 手動操作可能な細長いハウジングと、 An elongate housing which can be manually operated,
    該ハウジング内のインパクト衝撃注射機構と、 An impact shock injection mechanism within the housing,
    前記ハウジング内にあって、前記インパクト衝撃注射機構と協働する吸引力発生手段と、 Be within the housing, a suction force generating means cooperating with the impact shock injection mechanism,
    安全インターロック機構と、 And safety interlock mechanism,
    前記インパクト衝撃注射機構及び前記吸引力発生手段と協働可能で、少なくとも1つのジェットオリフィスを有し、前記インパクト衝撃注射機構によって薬剤に加えられる衝撃に応じて、前記ジェットオリフィスを通して前記薬剤を皮膚面に注射できる注射薬剤収容アンプルと、 The impact shock injection mechanism and said suction force generating means capable of cooperating with a, at least one jet orifice, in response to impact applied to the drug by the impact shock injection mechanism, the skin surface the medicament through the jet orifice and injection drug accommodated ampoule can be injected,
    前記インパクト衝撃注射機構と整合させるとともに前記吸引力発生手段と連通した状態で前記アンプルを該注射器上に受け入れ保持する手段と、から成り、 It means for receiving and holding the ampoule onto the injection device in a state communicating with the suction force generating means causes aligned with the impact shock injection mechanism consists,
    それにより、前記吸引力発生手段によって前記オリフィスに押し付けられて保持された皮膚組織に浸透するのに十分な速度のジェット流で、前記薬剤を前記アンプルから噴出し、且つ前記ジェットオリフィスの位置及び角度並びに前記インパクト衝撃注射機構によって発生した力に基づいて、前記薬剤を皮内、皮下又は筋肉内に注入するようになっている、無針注射器。 Whereby said by the suction force generating means with a jet stream of a rate sufficient to penetrate the skin tissue that is held pressed against the orifice, spewing the medicament from the ampoule, and the position and angle of the jet orifice and on the basis of the impact force generated by the impact injection mechanism, said agent intradermal, so as to inject subcutaneously or intramuscularly, needle-free injector.
  2. 前記アンプルは、前端部、後端部、ほぼ平坦な上面、及び前記前端部と前記後端部との間に下向きのオフセットを有する下面を有する細長い本体を備え、前記オフセットによって前向きの段差面が設けられ、前記本体内の水平方向内孔が、該本体の前記後端部から前記段差面にほぼ隣接する地点まで延在し、前記内孔は前記後端部で開端し、該内孔の内部には封止プランジャが配置され、前記内孔は、前記段差面を介し延在する少なくとも1つのジェットオリフィスをさらに有し、それにより、前記内孔は、前記インパクト衝撃注射機構によって前記プランジャが前記内孔内で前方に押されるのに応じて、前記オリフィスに押し付けられて保持された皮膚面に注射することができる一定量の薬剤を保持することができる、請求項1に記載の無 The ampoule front end, a rear end, comprises an elongated body having a lower surface with a downward offset between the substantially flat upper surface, and said front end and said rear end, forward of the stepped surface by said offset provided, horizontal bore in said body, extending from the rear end of the body to a point substantially adjacent to the stepped surface, the bore is open end at the rear end, of the inner bore internal sealing plunger disposed in said bore has a further at least one jet orifice extending through the stepped surface, whereby said bore, said plunger by said impact shock injection mechanism in response to being pushed forward within the bore, it is possible to maintain a constant amount of drug that can be injected into the skin surface which is held pressed against the orifice, no according to claim 1 注射器。 Syringe.
  3. 前記アンプルは、前記段差面の前方の地点で前記本体を前記上面から前記下面まで垂直方向に延在する少なくとも1つの吸引ポートをさらに有し、該吸引ポートは、前記吸引力発生手段と流体連通状態にあり、それにより、前記薬剤の注射に先だって、前記吸引力発生手段によって発生した吸引力を前記ポートを介して前記皮膚表面に加えることができ、それにより、該皮膚面を前記アンプルの前記下面及び前記ジェットオリフィスに引き付ける、請求項2に記載の無針注射器。 The ampoule, the has the body in front of the point of the stepped surface further at least one suction port extending perpendicularly from said upper surface to said lower surface, the suction port, the suction force generating means in fluid communication with in a state, whereby prior to the injection of the drug, can be added a suction force generated by said suction force generating means to the skin surface through said port, whereby said the skin surface of the ampoule attracting the lower surface and the jet orifices, the needle-free syringe according to claim 2.
  4. 前記インパクト衝撃注射機構は、 The impact shock injection mechanism,
    前記ハウジング内で注射準備位置と注射位置との間を直線的に往復運動することができ、前記注射準備位置から前記注射位置への移動により、前記プランジャに接触するとともにそれを押し進めるように前記アンプル内孔内に前記ハウジングから突出するようになっている前方部分を有するドライブロッドと、 Between armed position and injection position within the housing can be linearly reciprocated by the movement to the injection position from the armed position, the ampoule to push it contacts with the plunger a drive rod having a forward portion adapted to protrude from the housing into the bore,
    固定当接部と前記ドライブロッドに沿ったほぼ中間の位置にある突出部との間にある該ドライブロッドの後方部分に沿って同心円状に配置された圧縮可能ドライブばねと、 A compressible drive spring disposed concentrically along the rear portion of the drive rod that is between the protruding portion in the substantially intermediate position along the fixed contact part said drive rod,
    圧縮された該ばねにより、前記突出部に係合するとともに前記ドライブロッドを前記注射準備位置に保持するようになっている解除可能ラッチ機構と、 The compressed the spring, and the releasable latch mechanism adapted to hold said drive rod to said armed position thereby engaging the projecting portion,
    前記ドライブロッドを後方に引っ張って前記注射準備位置に置くようになっている注射準備機構とから成り、 Consists of a armed mechanism to pull the drive rod to the rear and to lean on the armed position,
    それにより、前記注射準備機構を起動することによって、前記ドライブロッドを前記ハウジング内で引いて、前記ドライブばねを前記固定当接部と前記突出部との間で圧縮するとともに、前記ラッチ機構が前記突出部に係合するように前記ドライブロッドを位置決めし、それにより、前記ドライブロッドを注射するための準備ができている前記注射準備位置に保持し、また、前記ラッチ機構を解除することによって、前記ばねの圧縮を解除し、それにより、前記ドライブロッドを前方に押し進めて前記アンプル内の前記プランジャに係合させるとともに該プランジャを前記薬剤に向かって駆動し、それにより、前記薬剤を前記オリフィスを介して押し出すとともに前記皮膚表面に注射する、請求項3に記載の無針注射器。 Thus, by activating the armed mechanism, pull the drive rod within the housing, together with compressing the drive spring between the protrusion and the fixed abutment, the latch mechanism is the the drive rod and positioned to engage the protruding portion, thereby, by holding the armed position ready for injection of the drive rod, also, to release the latch mechanism, releases the compression of the spring, thereby, the drive rod pushed forwardly to drive toward the drug the plunger is engaged with the plunger in the ampoule, whereby the orifice of the drug via injection into the skin surface with extruded, needle-free syringe according to claim 3.
  5. 前記吸引力発生手段は、前記ハウジング内のシリンダ内に配置された往復運動ピストンであって、前記注射準備機構に機械的に連結され、それにより、前記ドライブロッドが注射準備されると同ときに前記シリンダ内を移動することで該ピストンの背後に吸引力を発生させるピストンと、前記シリンダ及び前記アンプル間を流体連通させ、それにより、前記吸引力を前記シリンダから前記アンプル吸引ポートに伝達する手段とを備える、請求項4に記載の無針注射器。 The suction force generating means is a reciprocating piston disposed in a cylinder in the housing, is mechanically coupled to the injection preparation mechanism, whereby the time to and the drive rod is armed a piston for generating a suction force behind the piston by moving in the cylinder, between the cylinder and the ampoule in fluid communication, whereby, means for transmitting the suction force from the cylinder to the ampoule suction port comprising the door, needle-free syringe according to claim 4.
  6. 前記安全インターロック機構は、前記吸引力に対して応答可能な往復運動ロッドであって、前記アンプル吸引ポートを通って前記皮膚表面に加えられた不十分な吸引力に応じて前記ラッチ機構に係合するようになっている往復運動ロッドを備え、それにより、前記ラッチ機構は、前記アンプルが前記皮膚表面に安全に接触していないときに前記ドライブロッド及び前記ドライブばねを前記注射準備位置から解除するように動作しないようにされる、請求項5に記載の無針注射器。 It said safety interlock mechanism is a reciprocating rod that can respond to the suction force, engages in the latching mechanism in accordance with the insufficient suction force applied to the skin surface through the ampoule suction port comprising a reciprocating rod adapted to focus, whereby said latching mechanism releases the drive rod and the drive spring when the ampoule is not securely contact with the skin surface from said armed position It is not to operate to, needle-free syringe according to claim 5.
  7. 前記吸引ポートを包囲するとともにそれと同心である、前記アンプルの前記下面内に凹状窪みをさらに備え、それにより、前記吸引力発生手段によって発生した吸引力を前記ポートを介して前記皮膚表面に加えることができ、それにより、前記薬剤の注射に先だって、前記皮膚表面を前記アンプルの前記下面に引き付けて前記窪み内に引き込むとともに前記ジェットオリフィスに押し付ける、請求項3に記載の無針注射器。 Wherein a same concentric with surrounding suction port, further comprising a recess recessed in the bottom surface of the ampoule, thereby applying a suction force generated by said suction force generating means to the skin surface via the port It can be, thereby, prior to injection of the drug, presses the skin surface to the jet orifice with draw into the recess attracted to the lower surface of the ampoule, needle-free syringe according to claim 3.
  8. 前記ジェットオリフィスは、その上端部に隣接する前記段差面内に、且つ前記内孔の中心線に沿って水平に位置し、それにより、前記アンプルが、薬剤の皮内注射に適合する、請求項7に記載の無針注射器。 The jet orifice, the stepped plane adjacent the upper end, and positioned horizontally along the center line of the bore, thereby, the ampoule is compatible with intradermal injections of agents, claims needleless syringe according to 7.
  9. 前記ジェットオリフィスは、前記内孔の中心線に対して下向きの角度で前記段差面内に位置し、それにより、前記アンプルが、薬剤の皮下又は筋肉内注射に適合する、請求項7に記載の無針注射器。 The jet orifice is located in the stepped plane at a downward angle with respect to a center line of the bore, whereby the ampoule is compatible with the drug subcutaneous or intramuscular injection, according to claim 7 needle-free syringe.
  10. 前記アンプルは、2つの吸引ポートであって、前記アンプルの中心線の両側に横方向に離隔して配置されるとともに前記段差面の前方の地点で前記本体を前記上面から前記下面まで垂直方向に延在し、且つ前記吸引力発生手段と流体連通状態にある2つの吸引ポート及び、該吸引ポートの下側端部を取り囲む前記下面内の凹状窪みとをさらに備え、それにより、前記吸引力発生手段によって発生した吸引力を、前記ポートを介して前記皮膚表面に加えることができ、それにより、前記薬剤の注射に先だって、前記皮膚表面を前記アンプルの前記下面に引き付けて前記窪み内に引き込むとともに前記ジェットオリフィスに押し付ける、請求項2に記載の無針注射器。 The ampoule is a two suction ports, the body at a point forward of the stepped surface while being spaced laterally on either side of the center line of the ampoule in a vertical direction from said upper surface to said lower surface extends, and wherein the suction force generating means and the two suction ports in fluid communication with and, further comprising a recess recessed in the bottom surface surrounding the lower end of the suction port, whereby said suction force generating a suction force generated by the means, through the port can be added to the skin surface, thereby prior to injection of the drug, with draw the skin surface in the depression said attracted to the lower surface of the ampoule pressing the jet orifices, the needle-free syringe according to claim 2.
  11. 注射器アセンブリと、該注射器アセンブリに着脱可能に取り付けることができる少なくとも1つの薬剤収容アンプルと、を備え、前記注射器アセンブリは、手動操作可能な細長いハウジングを有し、前記ハウジングは、 A syringe assembly, comprising at least one medicament containing ampule can be removably attached to the syringe assembly, wherein the syringe assembly includes a manually operable elongated housing, said housing,
    機械的インパクト衝撃手段を収容する本体部分であって、前記ハウジング内で注射準備位置及び注射位置間を直線的に往復運動することができるドライブロッドと、該ドライブロッドの後方部分に沿って同心円状に配置された圧縮可能ドライブばねであって、前記ハウジング内の固定当接部と前記ドライブロッドのほぼ中間の位置にある突出部との間に拘束され、それにより、前記ドライブロッドが後方に変位することによって圧縮される、圧縮可能ドライブばねと、前記突出部と協働して、前記ばねが圧縮される注射準備位置に前記ドライブロッドを解除可能に保持する、ラッチ機構と、注射しようとするときに前記ラッチ機構を解除する解除手段と、前記ドライブロッドと協働し、該ドライブロッドを後方に押して前記注射準備位置に置 A body portion that houses the mechanical impact shock means, a drive rod which can be linearly reciprocated between injection ready position and injection position within said housing, concentrically along the rear portion of the drive rod a compressible drive spring disposed, is constrained between the projecting portion in the substantially intermediate position of the drive rod fixed contact part in the housing, whereby the displacement the drive rod to the rear is compressed by a compressible drive spring, in cooperation with the protrusion, releasably retaining said drive rod in armed position in which the spring is compressed, and a latch mechanism, attempts to injection wherein the release means for releasing the latch mechanism, in cooperation with the drive rod, location in the armed position by pressing the drive rod rearward when 、それにより、前記ばねを圧縮するとともに前記ラッチ機構に係合する注射準備手段とを備える本体部分と、 Thereby, a body portion and a injection preparation means for engaging the latch mechanism while compressing the spring,
    前記少なくとも1つのアンプルを着脱可能に受け取るようになっているとともに、前記インパクト衝撃機構が前記注射準備位置にあるときに前記アンプルを前記注射器アセンブリに解除可能に固定するデテント手段を備えるノーズ前方部分であって、前記少なくとも1つのアンプルは、前端部、後端部、ほぼ平坦な上面、及び前向きの段差面が設けられている段差の付いた下面を有する本体を備え、該本体は、前記後端部で開端するとともに前記段差面内の少なくとも1つのジェットオリフィスに向かって細くなる水平に配置されたほぼ円筒形の薬剤室を前記段差面の後方に有し、該室のサイズ及び位置は前記アンプルが前記注射器アセンブリに固定されるとともに前記ラッチ機構が解除されるときに前記ドライブロッドの前端部を受け入れ Together adapted to receive the detachable at least one ampoule at the nose front portion provided with a detent means for releasably securing the ampoule in the syringe assembly when in the impact shock mechanism the armed position there are, at least one ampoule front end, a rear end, comprising a body having a lower surface with a stepped substantially flat top surface, and forward stepped surface is provided, the body, the rear end It has a generally cylindrical medicament compartment, which is positioned parallel to the tapering toward at least one jet orifice in said step surface while open ends in parts at the rear of the stepped surface, the size and location of the chamber is the ampoule accept but the front end of the drive rod when said latch mechanism is fixed to the syringe assembly is released ようになっており、前記室は、該室内に薬剤を保持する手段を提供する密封プランジャをさらに収容し、該プランジャは前記ラッチ機構が解除されるときに前記ドライブロッドによって係合されるようになっており、それにより、前記ドライブロッドは、前記プランジャを前記室内で前方に押し進めて、前記アンプルに押し付けられて保持された皮膚面内に前記ジェットオリフィスを通して前記薬剤を加圧状態で押し出す、ノーズ前方部分と、を備える無針注射器。 Has become way, the chamber may further accommodate a sealing plunger to provide a means for holding the drug in the chamber, such that the plunger is engaged by said drive rod when said latch mechanism is released it is, whereby the drive rod is pushed forward to the plunger in the chamber, pushing the drug in a pressurized state through the jet orifice on the skin surface within which is held pressed against the ampoule, the nose needle-free injector comprising a front portion, a.
  12. さらに、前記ジェットオリフィスの前方で前記アンプル本体を介して垂直に配置する少なくとも1つの吸引ポートと、前記ハウジングの前記本体部分内に配置された吸引力発生手段と、前記ハウジング及び前記ノーズ部分内に配置し前記吸引力発生手段及び前記少なくとも1つの吸引ポート間を流体連通させた吸引導管とから成り、それにより、前記吸引力発生手段によって発生した吸引力を前記アンプルの前記少なくとも1つの吸引ポートに伝達し、前記吸引力は、注射に先だって、前記皮膚面を前記アンプル及び前記オリフィスに引き付ける、請求項11に記載の無針注射器。 Furthermore, at least one suction port positioned vertically through the ampoule body in front of the jet orifice, and the body portion arranged attraction force generating means in said housing, said housing and said nose in section become disposed and between the attraction force generating means and the at least one suction port and a suction conduit in fluid communication, thereby the suction force generated by said suction force generating means to the at least one suction port of the ampoule transmission, and the suction force, prior to injection, attract the skin surface to said ampoule and said orifice, needle-free syringe according to claim 11.
  13. 前記吸引力発生手段は、前記ハウジング内のシリンダ内の往復運動可能なピストンを備え、該ピストンは、前記吸引力を発生させるため、前記注射準備手段に連結されるとともに操作可能である、請求項12に記載の無針注射器。 The suction force generating means comprises a reciprocable piston in the cylinder in the housing, said piston, for generating the suction force, is operable while being connected to the injection preparation means, claim needleless syringe according to 12.
  14. 前記皮膚表面に与えられた不十分な吸引力に応じて誤って動作しないように前記ラッチ機構をロックするようになっている吸引力により作動されるインターロックをさらに備え、該インターロックは前記吸引力発生手段に隣接するシリンダ内で動作するピストンを含み且つ前記吸引導管によって流体接続されており、該ピストンは、長手方向に突出するロッキングロッドを有し、該ロッキングロッドは、前記ピストンから離隔した一端を有し、前記インターロックが前記ロック位置にあるときに前記ラッチ機構に係合するとともに、前記アンプルを通して皮膚に十分な吸引力が与えられるときに前記ラッチ機構から係合解除されて、前記ドライブロッド及び前記ばねを前記注射準備位置から解放するようになっており、それにより、前記ドラ Further comprising an interlock which is activated by a suction force that is adapted to lock said latch mechanism so as not to operate incorrectly in response to the insufficient suction force applied to the skin surface, the interlock the suction is fluidly connected by and the suction conduit comprises a piston operating in the cylinder adjacent to the force generating means, said piston has a locking rod which projects in the longitudinal direction, the locking rod is spaced apart from the piston has one end, said with engages the latch mechanism, are disengaged from the latch mechanism when sufficient suction force is applied to the skin through said ampoule when said interlock is in said locked position, said the drive rod and said spring being adapted to release from said armed position, whereby said Dora ブロッドが前方に移動して前記アンプル室内の前記プランジャに係合するととも駆動する、請求項13に記載の無針注射器。 Brod is also driven when engaging said plunger of the ampoule chamber moves forward, needle-free syringe according to claim 13.
  15. 前記注射準備手段は、前記ハウジングに枢着されているハンドルと、前記ハンドルに機械的に連結されそれにより前記ハンドルが回動するときに前記ハウジング内で往復運動する前記ハウジング内のスライドフレームと、前記スライドフレームに取り付けられており、前記ハンドルが前記ハウジングから離れるように回動するときに前記ドライブロッドに係合するとともに、前記ハンドルが前記ハウジングに向かって回動するときに前記圧縮ドライブばねの力に抗して前記ドライブロッドを後方に引っ張るようになっており、前記ラッチ機構が係合により前記ドライブロッドから係合解除するように付勢されるドライブロッドラッチと、前記スライドフレームと前記吸引力発生手段の前記ピストンとの間の機械的リンクとから成り、前記ピス The injectable preparation means includes a handle that is pivotally attached to the housing, the slide frame within the housing whereby the handle is mechanically coupled to the handle reciprocates within the housing when rotated, wherein mounted on the slide frame, together with the handle is engaged with the drive rod when rotated away from the housing, of the compressed drive spring when the handle is pivoted toward the housing the against the force has become a drive rod to pull the rear, a drive rod latches the latch mechanism is biased to disengage from the drive rod by engaging said suction and the slide frame consists of a mechanical link between the piston of the force generating means, said piston ンは前記ハンドルが回動するときに前記シリンダ内を移動し、且つ、前記ハンドルが前記ハウジングに向かって回動するときに前記アンプルに吸引力を発生させる、請求項14に記載の無針注射器。 Down moves the cylinder when said handle is rotated, and the handle generates a suction force to the ampoule when rotated toward the housing, the needle-free syringe according to claim 14 .
  16. 前記注射準備手段は、前記ハウジング内の空気圧作動式ピストンと、圧縮空気源と、空気導管と、トリガ操作式弁と、前記ハウジング内で前記空気圧作動式ピストンに機械的に連結され、それにより、前記ピストンが起動されると前記ハウジング内を往復運動するスライドフレームと、該スライドフレームに取り付けられており、前記空気圧作動式ピストンが第1の方向に駆動するときに前記ドライブロッドに係合するとともに、前記空気圧作動式ピストンが第2の方向に駆動するときに前記圧縮ドライブばねの力に逆らって前記ドライブロッドを後方に引っ張るようになっており、前記ラッチ機構の係合により前記ドライブロッドから係合解除されるように付勢されるドライブロッドラッチと、前記スライドフレームと前記吸引力発生手段 The injectable preparation means comprises a pneumatically actuated piston within said housing, a compressed air source, an air conduit, a trigger operated valve, is mechanically coupled to the pneumatically actuated piston within said housing, whereby, a slide frame for reciprocating in the housing and the piston is activated, it mounted on the slide frame, together with the pneumatically actuated piston is engaged with the drive rod when driving in a first direction the pneumatically actuated piston has become the drive rod against the force of the compressed drive spring when driving in a second direction to pull back, engaging from the drive rod by the engagement of the latch mechanism a drive rod latch is biased to be released if the said slide frame suction force generating means 前記ピストンとの間に配置した機械的リンクとから成り、それにより、前記吸引ピストンは、前記空気圧作動式ピストンが起動されるときに前記吸引ピストンシリンダ内を移動し、且つ、前記空気圧作動式ピストンが前記第2の方向に駆動するときに前記アンプルに吸引力を発生させる、請求項14に記載の無針注射器。 It consists of a mechanical link arranged between the piston, whereby the suction piston moves the suction piston inside the cylinder when the pneumatically actuated piston is activated, and the pneumatically actuated piston There generates a suction force to the ampoule when driving in the second direction, the needle-free syringe according to claim 14.
  17. 前記吸引ポートを包囲するとともにそれと同心である、前記アンプルの前記下面内に凹状窪みをさらに備え、それにより、前記吸引力発生手段によって発生した吸引力を前記ポートを介して前記皮膚表面に加えることができ、それにより、前記薬剤の注射に先だって、前記皮膚表面を前記アンプルの前記下面に引き付けて前記窪み内に引き込むとともに前記ジェットオリフィスに押し付ける、請求項13に記載の無針注射器。 Wherein a same concentric with surrounding suction port, further comprising a recess recessed in the bottom surface of the ampoule, thereby applying a suction force generated by said suction force generating means to the skin surface via the port It can be, thereby, prior to injection of the drug, presses the skin surface to the jet orifice with draw into the recess attracted to the lower surface of the ampoule, needle-free syringe according to claim 13.
  18. 前記ジェットオリフィスは、その上端部に隣接する前記段差面内に、且つ前記内孔の中心線に沿って水平に位置し、それにより、前記アンプルが、薬剤の皮内注射に適合する、請求項17に記載の無針注射器。 The jet orifice, the stepped plane adjacent the upper end, and positioned horizontally along the center line of the bore, thereby, the ampoule is compatible with intradermal injections of agents, claims needleless syringe according to 17.
  19. 前記ジェットオリフィスは、前記内孔の中心線に対して下向きの角度で前記段差面内に位置し、それにより、前記アンプルが、薬剤の皮下又は筋肉内注射に適合する、請求項17に記載の無針注射器。 The jet orifice is located in the stepped plane at a downward angle with respect to a center line of the bore, whereby the ampoule is compatible with the drug subcutaneous or intramuscular injection, according to claim 17 needle-free syringe.
  20. 前記アンプルは、2つの吸引ポートであって、前記アンプルの中心線の両側に横方向に離隔して配置されるとともに前記段差面の前方の地点で前記本体を前記上面から前記下面まで垂直方向に延在し、且つ前記吸引力発生手段と流体連通状態にある2つの吸引ポート及び、該吸引ポートの下側端部を取り囲む前記下面内の凹状窪みとをさらに備え、それにより、前記吸引力発生手段によって発生した吸引力を、前記ポートを介して前記皮膚表面に加えることができ、それにより、前記薬剤の注射に先だって、前記皮膚表面を前記アンプルの前記下面に引き付けて前記窪み内に引き込むとともに前記ジェットオリフィスに押し付ける、請求項11に記載の無針注射器。 The ampoule is a two suction ports, the body at a point forward of the stepped surface while being spaced laterally on either side of the center line of the ampoule in a vertical direction from said upper surface to said lower surface extends, and wherein the suction force generating means and the two suction ports in fluid communication with and, further comprising a recess recessed in the bottom surface surrounding the lower end of the suction port, whereby said suction force generating a suction force generated by the means, through the port can be added to the skin surface, thereby prior to injection of the drug, with draw the skin surface in the depression said attracted to the lower surface of the ampoule pressing the jet orifices, the needle-free syringe according to claim 11.
  21. 前記少なくとも1つのアンプルは、円筒形アセンブリ内の中心シャフト回りに配置されるとともに該シャフトに対して平行な複数の同一のアンプルから成る複数アンプルアセンブリを備え、前記円筒形アセンブリは、前記アセンブリの各アンプルを前記ドライブロッド及び前記吸引導管に対して順次整合させるために前記シャフト回りに回転することができ、前記ハウジングの前記ノーズ前方部分は前記中心シャフトを中に受け入れるソケットを有し、該ソケット及び前記シャフトは前記複数アンプルアセンブリを前記注射器ハウジングに着脱可能に固定するために協働デテント手段を有し、前記ノーズ部分は、前記アンプルのそれぞれを前記ドライブロッド及び前記吸引導管に順次に正確に整合させることを確実にするため、前記アンプル Wherein said at least one ampoule is provided with a plurality ampoule assembly of a plurality of parallel identical ampules to said shaft while being disposed in the central shaft around the cylindrical assembly, said cylindrical assembly, each of said assemblies ampoules can the rotation to the shaft around in order to successively aligned relative to the drive rod and the suction conduit, said nose forward portion of said housing has a socket for receiving in said central shaft, the socket and the shaft has a cooperating detent means for releasably securing said plurality ampoule assembly to the syringe housing, said nose portion, sequentially precisely aligned with each of the ampoule into the drive rod and the suction conduit to ensure thereby, the ampoule 協働可能なデテント手段を有する、請求項14に記載の無針注射器。 Having cooperable with detent means, needle-free syringe according to claim 14.
  22. 前記少なくとも1つのアンプルは、前記本体の前記上面に配置された充填ポートをさらに備え、該充填ポートは、前記室の前端部と流体連通させる導管及び、薬剤を前記室内に注入するための充填シリンジの針又はプローブを受け入れるために、該導管に配置したセルフシールプラグを有し、前記アンプルは、充填中に前記ジェットオリフィスを一とき的に閉止する着脱可能なプラグ及び、前記充填ポート、前記着脱可能なプラグ及び前記室の前記開口した後端部を覆う着脱可能な保護シールとをさらに含む、請求項14に記載の無針注射器。 Wherein said at least one ampoule further comprises a fill port that is disposed on an upper surface of said body, said fill port, a conduit to pass the front end in fluid communication with the chamber and, filled syringes for injecting a drug into the chamber to accept the needle or probe, has a self-sealing plug disposed in the conduit, wherein the ampoule is removable plug said jet orifice to close the manner one time during filling and the filling port, the detachable possible further comprising a plug and a removable protective seal which covers the open rear end portion of the chamber, the needle-free syringe according to claim 14.
  23. 前記注射準備手段は、前記ハウジング内の電気作動式ソレノイドと、電源と、電気回路と、トリガ作動式スイッチと、前記ハウジング内で前記ソレノイドに機械的に連結され、それにより、前記ソレノイドが作動すると前記ハウジング内で往復運動する、スライドフレームと、該スライドフレームに取り付けられており、前記ソレノイドが第1の方向に駆動するときに前記ドライブロッドに係合するとともに、前記ソレノイドが第2の方向に駆動するときに前記圧縮ドライブばねの力に逆らって前記ドライブロッドを後方に引っ張るようになっており、前記ラッチ機構の係合により前記ドライブロッドから係合解除するように付勢されるドライブロッドラッチと、前記スライドフレームと前記吸引力発生手段の前記ピストンとの間に配置した The injectable preparation means includes electrically actuated solenoid within the housing, a power supply, an electric circuit, and a trigger actuated switch, is mechanically coupled to the solenoid in the housing, so that when the solenoid is activated reciprocates within the housing, a slide frame is attached to the slide frame, thereby engaging the drive rod when the solenoid is driven in a first direction, said solenoid in a second direction being adapted to pull the drive rod rearwardly against the force of the compressed drive spring when driving, drive rod latch is biased to disengage from the drive rod by the engagement of the latch mechanism If, and located between the piston of the suction force generating means and the slide frame 械的リンクから成り、それにより、前記吸引ピストンは、前記ソレノイドが作動されるときに前記吸引ピストンシリンダ内を移動し、且つ、前記空気圧作動式ピストンが前記第2の方向に駆動するときに前記アンプルに吸引力を発生させる、請求項14に記載の無針注射器。 Consists 械的 link, thereby, the suction piston moves the suction piston inside the cylinder when the solenoid is actuated, and the when the pneumatically actuated piston is driven in the second direction generating a suction force to the ampoule, needle-free syringe according to claim 14.
  24. 前記ドライブロッドは、2つのセクション、すなわち前記圧縮ドライブばねと同軸状態になっている後方セクション及び前記アンプルに入るようになっている前方セクションとに分割され、衝撃吸収手段によって前記前方セクション及び前記後方セクションが一体化されており、それにより、前記衝撃吸収手段は、前記ドライブばねが解放されるときの初期インパクト衝撃を吸収するように動作し、それにより、前記アンプルプランジャに対する前記ドライブロッドの衝撃が滑らか且つ一定になる、請求項14に記載の無針注射器。 The drive rod has two sections, namely the divided compressed drive spring and a front section adapted to enter the rear section and the ampoule has coaxially, the front section and the rear by the shock absorbing means section are integrated, whereby said shock absorbing means, the works to absorb the initial impact shock when the drive spring is released, thereby, the impact of the drive rod relative to the ampoule plunger smooth and constant, needle-free syringe according to claim 14.
  25. 前記ドライブロッドは、2つのセクション、すなわち前記圧縮ドライブばねと同軸状態になっている後方セクション及び前記アンプルに入るようになっている前方セクションとに分割され、衝撃吸収手段によって前記前方セクション及び前記後方セクションが一体化されており、それにより、前記衝撃吸収手段は、前記ドライブばねが解放されるときの初期インパクト衝撃を吸収するように動作し、それにより、前記アンプルプランジャに対する前記ドライブロッドの衝撃が滑らか且つ一定になる、請求項4に記載の無針注射器。 The drive rod has two sections, namely the divided compressed drive spring and a front section adapted to enter the rear section and the ampoule has coaxially, the front section and the rear by the shock absorbing means section are integrated, whereby said shock absorbing means, the works to absorb the initial impact shock when the drive spring is released, thereby, the impact of the drive rod relative to the ampoule plunger smooth and constant, needle-free syringe according to claim 4.
  26. 前記インパクト衝撃注射機構は、 The impact shock injection mechanism,
    前記ハウジング内で注射準備位置及び注射位置間を直線的に往復運動することができ、前記注射準備位置から前記注射位置への移動により前記プランジャに接触するとともにそれを駆動するように前記ハウジングから前記アンプル内孔内に突出するようになっている前方部分を有するドライブロッドと、 Can be linearly reciprocated between injection ready position and injection position within said housing, said from the housing so as to drive it with contact with the plunger by the movement to the injection position from the armed position a drive rod having a front portion adapted to project into the bore ampoule,
    該ドライブロッドを前記注射準備位置及び前記注射位置間で往復運動させる空気圧式手段と、 And pneumatic means for reciprocating the drive rod between the armed position and the injection position,
    該空気圧式手段を起動する手動操作式弁手段とから成り、 Consists of a manually operated valve means for activating the air pneumatic means,
    前記空気圧式手段の第1の作動によって、前記ハウジング内で前記ドライブロッドが後方に引っ張られ、それによりアンプルを前記注射器に装着することができるようになり、前記空気圧式手段の第2の作動によって、前記ドライブロッドが前方に引っ張られ、それにより前記プランジャを前記アンプルに係合させるとともに前記プランジャを前記薬剤に対して押し進め、それにより、該薬剤が前記オリフィスを通って押し出されて前記皮膚表面に注射される、請求項3に記載の無針注射器。 By a first actuation of said pneumatic means, wherein the drive rod within the housing is pulled backward, whereby it becomes possible to mount the ampoule into the syringe, the second operation of the pneumatic means the drive rod is pulled forward, thereby forced the plunger with respect to the drug is engaged with the plunger in the ampoule, whereby the skin surface agent is pushed out through said orifice injected, the needle-free syringe according to claim 3.
  27. 前記インパクト衝撃注射機構は、 The impact shock injection mechanism,
    前記ハウジング内で注射準備位置及び注射位置間を直線的に往復運動することのできる、前記注射準備位置から前記注射位置への移動により前記プランジャに接触するとともにそれを駆動するように前記ハウジングから前記アンプル内孔内に突出するようになっている前方部分を有するドライブロッドと、 Capable of linearly reciprocating between injection ready position and injection position within said housing, said from the housing so as to drive it with contact with the plunger by the movement to the injection position from the armed position a drive rod having a front portion adapted to project into the bore ampoule,
    該ドライブロッドを前記注射準備位置及び前記注射位置間で往復運動させるソレノイド手段と、 A solenoid means for reciprocating the drive rod between the armed position and the injection position,
    該ソレノイド手段を作動する手動操作式スイッチ手段とから成り、 Consists of a manually operated switch means for operating said solenoid means,
    前記ソレノイド手段の第1の作動によって、前記ハウジング内で前記ドライブロッドが後方に引っ張られ、それによりアンプルを前記注射器に装着することができるようになり、前記ソレノイド手段の第2の作動によって、前記ドライブロッドが前方に引っ張られ、それにより前記プランジャを前記アンプルに係合させるとともに前記プランジャを前記薬剤に対して押し進め、それにより、該薬剤が前記オリフィスを通って押し出されて前記皮膚表面に注射される、請求項3に記載の無針注射器。 By a first actuation of said solenoid means, said drive rod within the housing is pulled backward, whereby it becomes possible to mount the ampoule into the syringe, the second operation of the solenoid means, said drive rod is pulled forward, thereby forced against the drug the plunger is engaged with the plunger in the ampoule, thereby being injected into the skin surface agent is pushed out through said orifice that needle-free syringe according to claim 3.
  28. 前記注射準備機構は、空気圧作動式ピストンと、該空気圧作動式ピストンの空気圧作動により前記ハウジング内を往復運動するために、前記空気圧作動式ピストンと機械的に連結された前記ハウジング内のスライドフレームと、空気圧流体を前記空気圧作動式ピストンに向かわせる弁手段と、前記ピストンが起動により前記ドライブロッドに係合するようになっており、解除可能なラッチ機構の係合により前記ドライブロッドから係合解除するように付勢される前記スライドフレーム取り付けられているドライブロッドラッチと、前記空気圧作動式ピストン及び前記吸引力発生手段間の機械的リンクから成り、前記吸引力発生手段は、前記空気圧作動式ピストンが作動されるときに作動する、請求項6に記載の無針注射器。 The armed mechanism includes a pneumatically actuated piston, to reciprocate within the housing by the air pressure actuation of the air pressure actuated piston, the slide frame of the pneumatically actuated piston and mechanically coupled within said housing a valve means for directing the pneumatic fluid to the pneumatically actuated piston, said piston being adapted to engage said drive rod by the activation, disengaged from the drive rod by engagement of the releasable latch mechanism a drive rod latch attached the slide frame that is biased to consist mechanical link between said pneumatic actuated piston and said suction force generating means, the suction force generating means, the pneumatically actuated pistons There operates when actuated, the needle-free syringe according to claim 6.
  29. 前記注射準備機構は、往復運動コアを有する電気作動式プッシュプルソレノイドと、前記ソレノイドが作動により前記ハウジング内を往復運動するために前記往復運動コアに機械的に連結された前記ハウジング内のスライドフレームと、電源と、前記ソレノイドを作動するよう動作可能にするために該電源及び前記ソレノイドを接続するスイッチ手段と、前記スライドフレームに取り付けられており、前記ソレノイドの作動により前記ドライブロッドに係合するようになっており、前記解除可能なラッチ機構の係合により前記ドライブロッドから係合解除するように付勢されるドライブロッドラッチと、前記ソレノイド及び前記吸引力発生手段間に配置された機械的リンクと、を備え、それにより、前記ソレノイドが作動されるときに前記吸 The injectable preparation mechanism, the slide frame within the housing and electrically operated push-pull solenoid, said solenoid is mechanically coupled to the reciprocating core to reciprocate within the housing by the operation with a reciprocating core When, a power source, a switch means for connecting the power source and the solenoid for enabling the operation to operate the solenoid is mounted on the slide frame, for engaging the drive rod by the operation of the solenoid has become way, the a drive rod latch is biased to disengage the engagement of the releasable latch mechanism from said drive rod, mechanical disposed between said solenoid and said suction force generating means It includes a link, and the intake when thereby, said solenoid is actuated 力発生手段が作動される、請求項6に記載の無針注射器。 Force generating means is activated, the needle-free syringe according to claim 6.
JP2006532903A 2002-11-20 2004-05-10 Needle-free injectors and ampoules for intradermal, subcutaneous and intramuscular injection Withdrawn JP2007518460A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US46944303P true 2003-05-09 2003-05-09
US10/603,496 US6939319B1 (en) 2002-11-20 2003-06-25 Process and device for single use, needle-free intradermal, subcutaneous, or intramuscular injections
PCT/US2004/014511 WO2004101025A2 (en) 2003-05-09 2004-05-10 Needle free hypodermic injector and ampule for intradermal, subcutaneous and intramuscular injection

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007518460A true JP2007518460A (en) 2007-07-12

Family

ID=33457141

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006532903A Withdrawn JP2007518460A (en) 2002-11-20 2004-05-10 Needle-free injectors and ampoules for intradermal, subcutaneous and intramuscular injection

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2007518460A (en)
WO (1) WO2004101025A2 (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012512674A (en) * 2008-12-19 2012-06-07 サノフィ−アベンティス・ドイチュラント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング Interlock mechanism and drug delivery device for the drug delivery device
JP2015500131A (en) * 2011-12-13 2015-01-05 ファーマジェット・インコーポレイテッドPharmaJet, Inc. Needle-free intradermal injection device
JP2015150401A (en) * 2014-02-19 2015-08-24 株式会社ダイセル Needleless syringe
JP2017035517A (en) * 2010-10-14 2017-02-16 オウエン マンフォード リミティド Injection device
KR101939954B1 (en) * 2018-07-30 2019-01-17 김명숙 Portable Skin Care Apparatus

Families Citing this family (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2414402B (en) 2004-05-28 2009-04-22 Cilag Ag Int Injection device
GB2414400B (en) 2004-05-28 2009-01-14 Cilag Ag Int Injection device
GB2414775B (en) 2004-05-28 2008-05-21 Cilag Ag Int Releasable coupling and injection device
US20060089593A1 (en) * 2004-10-26 2006-04-27 Sergio Landau Needle-free injection device for individual users
WO2006058426A1 (en) * 2004-12-01 2006-06-08 Wlt Distributors Inc. Needle-free injector
US7833189B2 (en) 2005-02-11 2010-11-16 Massachusetts Institute Of Technology Controlled needle-free transport
BRPI0607934A2 (en) * 2005-02-11 2009-10-20 Massachusetts Inst Technology free transdermal transport device needle for transferring a substance across a surface of a biological body linear electromagnetic actuator and methods for transferring a substance is treatment of a disease
US20060258986A1 (en) * 2005-02-11 2006-11-16 Hunter Ian W Controlled needle-free transport
GB2425062B (en) 2005-04-06 2010-07-21 Cilag Ag Int Injection device
GB2424836B (en) 2005-04-06 2010-09-22 Cilag Ag Int Injection device (bayonet cap removal)
GB2427826B (en) 2005-04-06 2010-08-25 Cilag Ag Int Injection device comprising a locking mechanism associated with integrally formed biasing means
ES2340936T3 (en) 2005-08-30 2010-06-11 Cilag Gmbh International Needle mounting system for prefilled syringe.
US20110098656A1 (en) 2005-09-27 2011-04-28 Burnell Rosie L Auto-injection device with needle protecting cap having outer and inner sleeves
GB2438591B (en) 2006-06-01 2011-07-13 Cilag Gmbh Int Injection device
GB2438590B (en) 2006-06-01 2011-02-09 Cilag Gmbh Int Injection device
GB2438593B (en) 2006-06-01 2011-03-30 Cilag Gmbh Int Injection device (cap removal feature)
EP2077877A1 (en) 2006-09-01 2009-07-15 Massachusetts Institute of Technology Needle-free injector device with autoloading capability
GB2461086B (en) 2008-06-19 2012-12-05 Cilag Gmbh Int Injection device
GB2461087B (en) 2008-06-19 2012-09-26 Cilag Gmbh Int Injection device
GB2461085B (en) 2008-06-19 2012-08-29 Cilag Gmbh Int Injection device
GB2461084B (en) 2008-06-19 2012-09-26 Cilag Gmbh Int Fluid transfer assembly
GB2461089B (en) 2008-06-19 2012-09-19 Cilag Gmbh Int Injection device
WO2011028719A2 (en) 2009-09-01 2011-03-10 Massachusetts Institute Of Technology Nonlinear system identification techniques and devices for discovering dynamic and static tissue properties
WO2011075535A1 (en) 2009-12-15 2011-06-23 Massachusetts Institute Of Technology Plaque removal and differentiation of tooth and gum
EP3173096A1 (en) 2011-04-06 2017-05-31 Biovaxim Limited Pharmaceutical compositions for preventing and/or treating an hiv disease in humans
WO2012137072A1 (en) 2011-04-06 2012-10-11 Biovaxim Limited Therapeutic vaccine compositions inducing tolerance to hiv for treating hiv infections in humans
WO2015153900A1 (en) * 2014-04-02 2015-10-08 Zogenix, Inc. Kits for drug delivery site preparation

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5911703A (en) * 1997-05-22 1999-06-15 Avant Drug Delivery Systems, Inc. Two-stage fluid medicament jet injector
US6406456B1 (en) * 2000-06-08 2002-06-18 Avant Drug Delivery Systems, Inc. Jet injector
US6652483B2 (en) * 2000-11-07 2003-11-25 Avant Drug Delivery Systems, Inc. Needleless jet injector system with separate drug reservoir
US6669664B2 (en) * 2001-09-07 2003-12-30 Avant Drug Delivery Systems, Inc. Vacuum control cycle for jet injector

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012512674A (en) * 2008-12-19 2012-06-07 サノフィ−アベンティス・ドイチュラント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング Interlock mechanism and drug delivery device for the drug delivery device
JP2017035517A (en) * 2010-10-14 2017-02-16 オウエン マンフォード リミティド Injection device
JP2015500131A (en) * 2011-12-13 2015-01-05 ファーマジェット・インコーポレイテッドPharmaJet, Inc. Needle-free intradermal injection device
JP2015150401A (en) * 2014-02-19 2015-08-24 株式会社ダイセル Needleless syringe
KR101939954B1 (en) * 2018-07-30 2019-01-17 김명숙 Portable Skin Care Apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
WO2004101025A2 (en) 2004-11-25
WO2004101025A3 (en) 2005-06-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3605744A (en) Injection apparatus and method of injecting
US7628770B2 (en) Pivotable needle unit
EP2067496B1 (en) Medical injector
US5505697A (en) Electrically powered jet injector
CA2536845C (en) Drug delivery device
AU742570B2 (en) Hypodermic fluid dispenser
RU2179864C2 (en) Needleless injector
CA1178503A (en) Needleless hypodermic injector
CN1212867C (en) Needle assisted jet injector
EP1755709B2 (en) Injection device
US5911703A (en) Two-stage fluid medicament jet injector
US5084018A (en) Safety syringe
US7938801B2 (en) Disposable infusion device filling apparatus and method
RU2127131C1 (en) Liquid injector, process of low mechanical substance introduction
KR100233339B1 (en) Needle-less injector
US8157769B2 (en) Cartridge insertion assembly for drug delivery system
US7470258B2 (en) Pre-filled safety vial injector
US5709668A (en) Automatic medicament injector employing non-coring needle
US7815607B2 (en) Insertion device for an insertion head, in particular for an infusion set
AU676490B2 (en) Needleless hypodermic injection methods and device
EP1691877B1 (en) Device for insertion of a cannula of an infusion device
US20060217663A1 (en) Insertion device for an insertion set and method of using the same
US4518385A (en) Disposable syringe for needleless injector
US20030036725A1 (en) Reconstitution and injection system
US10099011B2 (en) Needle-less injector and method of fluid delivery

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20070807