JP2007333982A - Optical fiber mounting apparatus and optical fiber with cap - Google Patents

Optical fiber mounting apparatus and optical fiber with cap Download PDF

Info

Publication number
JP2007333982A
JP2007333982A JP2006165088A JP2006165088A JP2007333982A JP 2007333982 A JP2007333982 A JP 2007333982A JP 2006165088 A JP2006165088 A JP 2006165088A JP 2006165088 A JP2006165088 A JP 2006165088A JP 2007333982 A JP2007333982 A JP 2007333982A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
optical fiber
cap
stem
plane
portion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2006165088A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toshio Iijima
俊雄 飯島
Original Assignee
Fujifilm Corp
富士フイルム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujifilm Corp, 富士フイルム株式会社 filed Critical Fujifilm Corp
Priority to JP2006165088A priority Critical patent/JP2007333982A/en
Publication of JP2007333982A publication Critical patent/JP2007333982A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an optical fiber mounting apparatus capable of protecting an end face of an optical fiber with a simple structure and also to provide an optical fiber with a cap.
SOLUTION: The optical fiber 10 with a cap is formed by fixedly sealing by electric welding: a stem 18 having a through hole for fixedly inserting the tip end of an optical fiber cable 16, and having a surface crossing the axis of the through hole; and a cylindrical cap comprising one side of the cap 24 which is an enclosed part having an inside 34 space formed and having a window part 32 with a transparent glass 26 for transmitting light, and comprising the other side of the cap which is a flange 30 having a flat part corresponding to the cap attaching planar surface 20 of the stem 18.
COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、光ファイバ取付装置、及びキャップ付き光ファイバに係り、特に、レーザ光源から出射されたレーザ光を伝播する光ファイバの先端に取り付ける光ファイバ取付装置、及びキャップ付き光ファイバに関する。 The present invention relates to an optical fiber mounting unit, and relates to a capped optical fiber, in particular, the optical fiber mounting device for mounting a leading end of the optical fiber for propagating a laser beam emitted from the laser light source, and a capped fiber.

空間光変調素子で変調したレーザ光を結像光学系に通し、このレーザ光による像を所定の感光材料上に結像して当該感光材料を露光する画像露光装置が知られており、このレーザ光の伝播をするために、光ファイバを用いる場合がある。 Through a laser beam modulated by the spatial light modulation element in the imaging optical system has been focused image exposure apparatus for exposing the photosensitive material is known an image on a predetermined photosensitive material by the laser beam, the laser to the propagation of light, there is a case of using an optical fiber. この光ファイバへのレーザ光の入射や出射は、光ファイバの先端部で行われる。 The incidence and emission of the laser light to the optical fiber takes place at the tip of the optical fiber. 例えば、半導体レーザ等の光源と光ファイバとを光学的に接続する場合、光の減衰やノイズ除去のため、光ファイバの端面を継続的に保護する必要がある。 For example, when connecting the light source and the optical fiber, such as a semiconductor laser, optically, for light attenuation or noise removal, it is necessary to continuously protect the end face of the optical fiber.

光ファイバの端面を保護するものとして、気密室を有する端末ケース内に光ファイバを挿入することによりファイバ端面を気密構造とする技術が知られている(例えば特許文献1参照)。 As protection for the end face of the optical fiber, a technique for the fiber end face an airtight structure by inserting an optical fiber in the terminal case having an airtight chamber is known (for example, see Patent Document 1). また、光ファイバ端面を塵埃が侵入しないよう囲うカバーを設けることによりファイバ端面を気密構造とし、塵埃の侵入阻止のためにOリングにより気密性を高める技術が知られている(例えば特許文献2参照)。 Further, the optical fiber end face the fiber end face and an airtight structure by providing a cover which surrounds that dust does not penetrate, there is known a technique to improve the airtightness by the O-ring for dust intrusion prevention (for example, see Patent Document 2 ). さらに、不活性ガスにより気密封止された密閉容器でファイバ端面を保護する技術も知られている(例えば特許文献3参照)。 It is further known technique for protecting the fiber end face in a closed container hermetically sealed by an inert gas (for example, see Patent Document 3).
実開昭60−16106号公報 Japanese Utility Model Publication No. 60-16106 特開2001−337251号公報 JP 2001-337251 JP 特開2004−128058号公報 JP 2004-128058 JP

上述のように、光ファイバは、その端面を継続的に保護するためにはその周辺空間を清浄な状態にすることが好ましい。 As described above, the optical fiber, in order to continuously protect the end face it is preferable that the surrounding space clean. このように清浄な状態を得るためには、光ファイバ端面を保護する空間内部の洗浄が必要である。 To thus obtain a clean condition, it is necessary to clean the space inside to protect the optical fiber end face. また、光ファイバ端面を保護する空間内部の洗浄が終了した後には、清浄な状態を維持しなければならない。 Further, after the cleaning of the space inside to protect the optical fiber end plane ends, it must maintain a clean state.

しかしながら、特許文献1に記載の技術のように、ファイバ端面を気密構造とするために、気密室を有する端末ケース内に光ファイバを挿入する細長穴を有した一体の部品から形成した複雑な構造としたのでは、その気密室内部の洗浄が困難であり、また複雑な構造であるために光ファイバの高気密封止固定作業も困難である。 However, as in the technique described in Patent Document 1, in order to the fiber end face an airtight structure, complex formed from integral parts having an elongated hole for inserting an optical fiber in the terminal case having an airtight chamber structure that the at will, its cleaning of the airtight chamber portion is difficult and high hermetic sealing operation of fixing the optical fiber to a complicated structure is difficult. また、特許文献3に記載の技術のように不活性ガスで気密封止された窓付きの密閉容器を用いた場合であっても、その複雑な構造の密閉容器内部の洗浄は困難である。 Further, even in the case of using a closed vessel with hermetically sealed windows with an inert gas as in the technique described in Patent Document 3, the sealed container inside the cleaning of complex structure is difficult.

また、光ファイバ端面付近は清浄な状態を維持することが要求されるが、特許文献2のようにOリングによる塵埃侵入防止をしたのでは、長期の信頼性を得ることは困難である。 Also, around the optical fiber end face is required to maintain a clean state, than to the dust-protection by O-ring as in Patent Document 2, it is difficult to obtain long-term reliability.

本発明は上記事実を考慮してなされたものであり、簡単な構造で光ファイバ端面を保護することができる光ファイバ取付装置、及びキャップ付き光ファイバを提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the aforementioned, and an object thereof is to provide an optical fiber mounting device that can protect the optical fiber end face, and the capped optical fiber with a simple structure.

上記目的を達成するために、請求項1に記載の発明の光ファイバ取付装置は、光ファイバの先端を挿入して固定する貫通穴を有すると共に、該貫通穴の軸と交差する平面を有するステムと、内部に空間を有し、中心軸方向の一方側が光を透過する透過部材を備えた窓部が設けられた閉塞部であると共に、他方側が開放されかつ前記ステムの平面に対応する平坦部を有し該平坦部を前記ステムの平面に固定される開口部である筒状のキャップと、を備えている。 To achieve the above object, the optical fiber mounting device of the invention described in claim 1, which has a through hole for fixing by inserting the tip of the optical fiber, stem having a plane intersecting the axis of the through hole When having a space therein, with one side of the central axis direction is closed portion in which the window portion with a transmitting member which transmits light is provided, the flat portion and the other side corresponds to the plane of the opening and the stem the a and a, and a cylindrical cap which is an opening which is fixed to the flat portion in the plane of the stem.

本発明によれば、光ファイバを取り付けるためのステムには、光ファイバの先端を挿入して固定する貫通穴を有し、その貫通穴の軸と交差する平面を有する。 According to the present invention, the stem for attaching the optical fiber has a through hole for fixing by inserting the tip of the optical fiber, has a plane intersecting the axis of the through hole. 従って、光ファイバからの光の出射部分付近は、平面形状であり洗浄が容易である。 Thus, near the exit portion of the light from the optical fiber is easy to wash a planar shape. この平面部分には、筒状のキャップの開口部が固定される。 The planar portion, the opening portion of the tubular cap is fixed. この開口部はステムの平面に対応する平坦部を有する。 The opening has a flat portion corresponding to the plane of the stem. このキャップは、内部に空間を有し、中心軸方向の一方側が光を透過する透過部材を備えた窓部が設けられた閉塞部である。 The cap has a space therein, a closure portion which window portion is provided with a transparent member in which one side of the central axis direction is transmitted through the light. 従って、ステムにキャップを固定することで、光ファイバ端面を保護することが可能であると共に、組み立て間の洗浄が容易でかつ空間内部の洗浄が終了した清浄な状態を維持して組み立てることができる。 Therefore, by fixing the cap to the stem, together it is possible to protect the optical fiber end face can be assembled while maintaining the cleaning easy and clean state space inside the cleaning has been completed between the assembly .

なお、キャップは、他方側に開放された開口部を備え、その開口部にステムの平面に対応する平坦部を有している。 Incidentally, the cap is provided with an opening that is opened on the other side, and has a flat portion corresponding to the plane of the stem in the opening. この平坦部は、平面性を有していれば良く、障害物のない平面であることに限定されない。 The flat part has only to have a flatness not limited to being unobstructed plane. 例えば、平坦部は、平面から微少量突出した突起部を有する平坦部でもよい。 For example, the flat part may be a flat portion having a protrusion which is very small amount of protrusion from the plane. この突起部は、ステムにキャップを固定するときに変形してステムの平面に対応するように平面性を有する平坦部を形成することが好ましい。 The protrusion is preferably formed a flat portion having a flatness as to deform when securing the cap to the stem corresponds to the plane of the stem. この突起部は例えば溶接によりステムにキャップを固定するときには溶融する材料で形成することが好ましい。 The protrusion is preferably formed of a material that melts when securing the cap to the stem by for example welding.

請求項2に記載の発明のキャップ付き光ファイバは、光ファイバと、前記光ファイバの先端を挿入して固定する貫通穴を有すると共に、該貫通穴の軸と交差する平面を有するステムと、内部に空間を有し、中心軸方向の一方側が光を透過する透過部材を備えた窓部が設けられた閉塞部であると共に、他方側が開放されかつ前記ステムの平面に対応する平坦部を有し該平坦部を前記ステムの平面に固定される開口部である筒状のキャップと、を備えている。 Capped optical fiber of the invention recited in claim 2, the stem having an optical fiber, which has a through hole for fixing by inserting the tip of the optical fiber, a plane intersecting the axis of the through hole, the internal in a space, with one side of the center axis direction is closed portion in which the window portion with a transmitting member which transmits light is provided, it has a flat portion which is the other side corresponds to the plane of the opening and the stem It comprises a cylindrical cap which is an opening which is fixed to the flat portion in the plane of the stem, the.

本発明によれば、光ファイバは、貫通穴に挿入されてステムに固定される。 According to the present invention, the optical fiber is secured to the inserted and stem through hole. 従って、光ファイバからの光の出射部分付近は、平面形状であり洗浄が容易である。 Thus, near the exit portion of the light from the optical fiber is easy to wash a planar shape. この平面部分には、筒状のキャップの開口部が固定される。 The planar portion, the opening portion of the tubular cap is fixed. この開口部はステムの平面に対応する平坦部を有する。 The opening has a flat portion corresponding to the plane of the stem. このキャップは、内部に空間を有し、中心軸方向の一方側が光を透過する透過部材を備えた窓部が設けられた閉塞部である。 The cap has a space therein, a closure portion which window portion is provided with a transparent member in which one side of the central axis direction is transmitted through the light. 従って、ステムにキャップを固定することで、光ファイバ端面を保護することが可能であると共に、組み立て間の洗浄が容易でかつ空間内部の洗浄が終了した清浄な状態を維持して組み立てることができる。 Therefore, by fixing the cap to the stem, together it is possible to protect the optical fiber end face can be assembled while maintaining the cleaning easy and clean state space inside the cleaning has been completed between the assembly .

請求項3に記載の発明は、請求項2に記載のキャップ付き光ファイバにおいて、前記ステムと前記キャップとを溶接により固定することを特徴とする。 The invention described in claim 3 is the capped optical fiber according to claim 2, characterized by fixing by welding and the said stem cap. このように、ステムとキャップとの溶接による固定はステムとキャップとの固定を簡単に行うことができ、また溶接では接着剤等の溶剤が内部へ侵入することを阻止できる。 Thus, fixing by welding of the stem and the cap is fixed between the stem and the cap can be easily performed, and in the welding can be prevented that the solvent such as an adhesive from entering the interior.

請求項4に記載の発明は、請求項2または請求項3に記載のキャップ付き光ファイバにおいて、前記ステムと前記キャップとの固定後は、前記キャップ内部が気密室を形成することを特徴とする。 According to a fourth aspect of the invention, the capped optical fiber according to claim 2 or claim 3, after fixing of the said stem and said cap, wherein said cap interior to form an airtight chamber . ステムとキャップとを密封することで、キャップ内部を気密室とすることができる。 By sealing the stem and the cap, it can be a cap interior airtight chamber. このようにすることで、塵埃の侵入を阻止できる高気密性を維持した空間を形成することができる。 In this way, it is possible to form a space maintaining high air tightness that can prevent invasion of dust.

請求項5に記載の発明は、請求項2乃至請求項4の何れか1項に記載のキャップ付き光ファイバにおいて、前記ステムの平面には、液体を貯留する貯留部を設けることを特徴とする。 The invention described in claim 5 is the capped optical fiber according to any one of claims 2 to 4, the plane of the stem, and providing a reservoir for storing the liquid . ステムに光ファイバを固定するときには、ハンダ等の固定部材を用いる場合がある。 When fixing the optical fibers in the stem, there is a case of using a fixing member such as solder. この場合、ハンダ等の固定部材が平面からはみ出すと、組み立ての妨げになる場合がある。 In this case, the fixing member such as solder protrudes from the plane, which may hinder assembly. そこで、液体を貯留する貯留部を設けることで、その貯留部に固定部材が貯留されて組み立ての妨げになることを解消することができる。 Therefore, by providing the reservoir for storing the liquid, can be fixed member to the reservoir is eliminated that is stored hinder assembly.

請求項6に記載の発明は、請求項2乃至請求項5の何れか1項に記載のキャップ付き光ファイバにおいて、前記キャップは、レーザ光を出射するレーザ光源を収容してレーザ光を出射するための窓部に設けられた透光部材を備えた収容体であることを特徴とする。 The invention described in claim 6 is the capped optical fiber according to any one of claims 2 to 5, wherein the cap emits laser light by receiving a laser light source that emits a laser beam characterized in that it is a container having a light transmitting member provided in the opening portions for. 本発明では、レーザ光源を収容するカバー等の収容体を光ファイバ先端保護に用いたものである。 In the present invention, in which using a container such as a cover for housing the laser light source to the optical fiber tip protection. 従って、光ファイバ先端保護のために新規にキャップを構成することなく、レーザ光源のカバーを利用することができる。 Therefore, without having to configure the cap new for optical fiber tip protection, it can be utilized covers of the laser light source.

本発明によれば、ステムにキャップを固定することで、光ファイバ端面を保護することが可能であると共に、組み立て間の洗浄が容易でかつ空間内部の洗浄が終了した清浄な状態を維持して組み立てることができる、という効果を有する。 According to the present invention, by fixing the cap to the stem, together it is possible to protect the optical fiber end face, can be easily cleaned between assembly and to maintain a clean state space inside the cleaning has been completed it can be assembled, with the effect that.

以下、図面を参照して本発明の実施形態について説明する。 Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, embodiments of the present invention will be described.

図1には、本発明の第1実施形態に係るキャップ付き光ファイバ10の側面の概略断面図を示した。 FIG. 1 shows a schematic side sectional view of the capped optical fiber 10 according to the first embodiment of the present invention.

図1に示すように、キャップ付き光ファイバ10は、レーザー光を伝播するコアとクラッドから構成されている光ファイバ素線12を備えており、その光ファイバ素線12は光ビームを伝播するコアとグラッドからなりフェルール14に取り付けられている。 As shown in FIG. 1, the core capped optical fiber 10 comprises an optical fiber 12 which is composed of a core and a cladding to propagate the laser light, the optical fiber 12 for propagating the light beam is attached to the ferrule 14 consists of Glad with. これらの光ファイバ素線12及びフェルール14により光ファイバーケーブル16を構成している。 Constitute the optical fiber cable 16 by these optical fiber 12 and the ferrule 14. また、光ファイバーケーブル16の先端は、フェルール14からファイバ素線12の一部が突出されている。 The tip of the optical fiber cable 16, a portion of the fiber 12 is projected from the ferrule 14. なお、光ファイバ素線12は、その外周に被覆部を有して、被覆部で被覆された光ファイバ素線12がフェルール14に取り付けられる場合もある。 The optical fiber 12 has a covering portion on the outer periphery thereof, coated with a coating unit optical fiber 12 is sometimes attached to the ferrule 14.

光ファイバーケーブル16は、ステム18に固定される。 Fiber optic cable 16 is secured to the stem 18. つまり光ファイバ素線12とフェルール14およびステム18の間はハンダ付けにより固定される。 That between optical fiber 12 and the ferrule 14 and the stem 18 are fixed by soldering. ステム18は、円柱形状をしており、中心軸付近に貫通穴が設けられている。 The stem 18 has a cylindrical shape, a through hole is provided near the central axis. その貫通穴に光ファイバーケーブル16の光ファイバ素線12が通されて固定される。 Optical fiber 12 of the optical fiber cable 16 is threaded and fixed to the through-hole. ステム18の貫通穴の径と光ファイバ素線12(及びフェルール14)の径とはほぼ一致されており、ほぼ隙間の無い状態で光ファイバーケーブル16とステム18とが連結される。 The diameter of the through hole diameter and the optical fiber 12 of the stem 18 (and the ferrule 14) are substantially coincident, and the optical fiber cable 16 and the stem 18 are connected by substantially no clearance condition.

また、ステム18は、中心軸と交差するキャップ取付平面20が設けられている。 Further, the stem 18, the cap mounting plane 20 which intersects the center axis is provided. キャップ取付平面20の貫通穴付近は、面取りがなされたハンダ溜まり部22が設けられている。 Through near-hole of the cap mounting plane 20, the solder reservoir 22 which chamfer is made is provided. 光ファイバ素線12は、キャップ取付平面20から一部が突出するように設置されてハンダ付けにより封止固定される。 Optical fiber 12 is sealed and fixed by soldering from the cap mounting plane 20 is disposed so as to partially protrude. このハンダ付け時には、ハンダがハンダ溜まり部22に流れ込むようにして、光ファイバ素線12とステム18とが固定される。 During this soldering, solder so as to flow into the solder reservoir 22, and the optical fiber 12 and the stem 18 are fixed. ハンダ溜まり部22にハンダが流れ込むことで、固定時のハンダ量を調整することによって、キャップ取付平面20の平面性を確保することができる。 By solder flows into the solder reservoir 22, by adjusting the amount of solder at the fixed, it is possible to secure the flatness of the cap mounting plane 20.

ステム18には、キャップ24が取付固定される。 The stem 18, the cap 24 is attached and fixed. キャップ24は、キャップ本体28と透明ガラス26とから構成される。 Cap 24 is composed of a cap body 28 a transparent glass 26.. キャップ本体28は、円筒形状をしており、中心軸方向の一端側には中心軸から外側に広がる方向に端部が延長するフランジ部30が設けられる。 Cap body 28 has a cylindrical shape, a flange portion 30 which ends in a direction extending toward the outside is extended is provided from the central axis at one end of the central axis. また、他端側には、光ビームを通過させるための中心軸へ向けて端部が延長するように穿設された窓部32が設けられる。 In addition, the other end side, a window portion 32 which end portion is bored to extend toward the central axis for the passage of the light beam is provided. このキャップ24の内部34の窓部32側には、円形状の透明ガラス26が固定される。 The window portion 32 side of the interior 34 of the cap 24, a circular transparent glass 26 is fixed. キャップ24と透明ガラス26との間は、ハンダ付けにより封止固定される。 Between the cap 24 and the transparent glass 26 is sealed and fixed by soldering. これにより、キャップ24の窓部32側の気密性を確保できる。 This allows securing a window portion 32 side of the air-tightness of the cap 24.

また、キャップ本体28のフランジ部30のステム18への取付側は、平面状に形成されている。 The mounting side of the stem 18 of the flange portion 30 of the cap body 28 is formed in a planar shape. ステム18とキャップ24(フランジ部30)との間は、電気溶接により固定される。 Between the stem 18 and the cap 24 (flange portion 30) is fixed by electric welding.

本実施形態では、キャップ本体28のフランジ部30のステム18への取付側が、キャップ取付平面20に対応する平坦な平面を有する場合を説明する。 In this embodiment, the mounting side of the stem 18 of the flange portion 30 of the cap body 28, the case having a flat plane corresponding to the cap attachment plane 20. しかし、このフランジ部30のステム18への取付側は、本発明の開口部にステムの平面に対応する平坦部に対応しており、平面性を有していれば良く、障害物のない平面であることに限定されない。 However, the mounting side of the stem 18 of the flange portion 30 corresponds to the flat portion corresponding to the stem of the plane in the opening of the present invention, only to have a flatness, unobstructed plane but it is not limited to being. 例えば、フランジ部30のステム18への取付側は、平面から微少量突出した突起部を有する平坦部分を有する構成としてもよい。 For example, the mounting side of the stem 18 of the flange portion 30 may be configured to have a flat portion having a protrusion which is very small amount of protrusion from the plane. この突起部は、ステム18にキャップ24を固定するときに変形してステムの平面に対応するように平面性を有する平坦部を形成することが好ましい。 The protrusion is preferably formed a flat portion having a flatness as deformed when fixing the cap 24 to the stem 18 corresponding to the plane of the stem. すなわち、突起部は溶接によりステムにキャップを固定するときには溶融する材料で形成することが好ましい。 That is, it is preferable that when the protruding portions for fixing the cap to the stem by welding is formed of a material that melts.

なお、上記のキャップ24およびステム18の材質は溶接できるものであれば良い。 The material of the cap 24 and stem 18 may be one that can be welded. 本実施形態では、キャップ24として、レーザダイオード用キャップを採用した。 In the present embodiment, as the cap 24, it was adopted capped laser diode. また、本実施形態では、キャップ24としてレーザダイオード用キャップを採用しているので、キャップ24とステム18との間の溶接は、レーザダイオード用キャップ溶接機を用いている。 Further, in the present embodiment, because it uses a laser diode cap as the cap 24, the welding between the cap 24 and the stem 18 uses a laser diode cap welder.

このように、キャップ付き光ファイバ10は、ステム18に光ファイバーケーブル16が取り付けられ、そのステム18には透明ガラス26により封止固定されたキャップ24が封止固定されて、光ファイバ素線12の光ビーム射出側もしくは入射側である内部34を有する構造とされる。 Thus, the capped optical fiber 10, the optical fiber cable 16 is attached to the stem 18, cap 24, which is sealed and fixed by a transparent glass 26 on its stem 18 is sealed fixed, an optical fiber 12 is a structure having an interior 34 is a light beam emitting side or entrance side.

次に、本実施形態のキャップ付き光ファイバ10の組み立てについて説明する。 Next, a description will be given of assembly of the capped optical fiber 10 of the present embodiment.

まず、光ファイバ素線12とフェルール14からなる光ファイバーケーブル16とステム18の間はハンダ付けにより固定することによって、光ファイバ組立体36を作成する。 First, during the optical fiber cable 16 and the stem 18 of optical fiber 12 and the ferrule 14 by fixing by soldering, to create the optical fiber assembly 36. 次に、キャップ本体28の窓部32側の内部34に透明ガラス26を封止固定することによって、キャップ24を作成する。 Then, by sealing fixing the window portion 32 side of the transparent glass 26 inside 34 of the cap body 28, to create a cap 24.

次に、光ファイバ組立体36におけるステム18のキャップ取付平面20側、及びキャップ24の内部34を、洗浄により清浄な状態にする。 Then, the cap attachment plane 20 side of the stem 18 in the optical fiber assembly 36, and the interior 34 of the cap 24, to a clean state by washing. 洗浄方法としては、有機溶剤等の薬品洗浄、プラズマ洗浄、及びUV洗浄等が利用可能である。 As the cleaning method, chemical cleaning such as an organic solvent, plasma cleaning, and UV cleaning or the like can be utilized. このようにして、汚れや埃等の不要物を除去して、キャップ取付平面20側と内部34を清浄な状態にする。 Thus, to remove undesired substances such as dirt and dust, the cap attachment plane 20 side and the interior 34 in a clean state.

キャップ取付平面20が清浄な状態にされた光ファイバ組立体36と、内部34が清浄な状態にされたキャップ24とは、フランジ部30付近において電気溶接により封止固定される。 An optical fiber assembly 36 of the cap mounting plane 20 is in a clean state, the cap 24 interior 34 is in a clean state, it is sealed and fixed by electric welding in the vicinity of the flange portion 30. この封止固定時には、清浄な環境内においてなされることが好ましい。 During this sealing fixing it is preferably done in a clean environment. 例えば、キャップ24のキャップ24にドライエアーを満たしつつ電気溶接により気密封止することで、内部34が清浄な状態の気密室となる。 For example, by hermetically sealed by electrically welding while satisfying the dry air in the cap 24 of the cap 24, interior 34 becomes airtight chamber clean.

なお、本実施形態では、キャップ24としてレーザダイオード用キャップを採用しているので、キャップ24とステム18との間をレーザダイオード用キャップ溶接機(LD用キャップ溶接機)で電気溶接して固定した。 In the present embodiment, because it uses a laser diode cap as the cap 24, and fixed by electric welding with the cap 24 and the stem 18 between the laser diode cap welder (LD cap welder) .

このように、本実施形態では、光ファイバ素線12とフェルール14からなる光ファイバーケーブル16とステム18からなる光ファイバ組立体36と、内部34に透明ガラス26を封止固定したキャップ24とを分離構造として事前に準備して、組み立てることができる。 Thus, in this embodiment, separated from the optical fiber assembly 36 of the optical fiber cable 16 and the stem 18 of optical fiber 12 and the ferrule 14, and a cap 24 where the clear glass 26 in the interior 34 and sealing fixed be prepared in advance as a structure, it is possible to assemble. 従って、ファイバ側とキャップは別体の分離構造であるため内部の洗浄が容易であると共に、洗浄後に組み立てることができる。 Accordingly, the fiber side and the cap together with a easy internal cleaning for the separation structure separate, can be assembled after cleaning. この容易な洗浄後には、清浄な内部を有する気密構造の空間を得ることができるので、高い長期信頼性を得ることができる。 This After easy cleaning, it is possible to obtain a space of the airtight structure having an interior clean, it is possible to obtain a high long-term reliability.

また、本実施形態では、キャップ24として一般的なレーザダイオード用キャップを用いているため、特殊な部材を製造する必要はない。 Further, in the present embodiment, the use of the cap for general laser diode as a cap 24, there is no need to manufacture a special member. また、組み立て時には、レーザダイオード用キャップ溶接機を用いることができるので、容易にかつ確実に高気密構造を得ることができる。 Further, during assembly, it is possible to use a cap welder laser diode, it can be obtained easily and reliably airtight structure.

さらに、キャップ付き光ファイバを得る場合において、ハンダ付けや接着剤により固定する場合には大気圧での気密封止が一般的であった。 Further, in the case of obtaining the capped optical fiber hermetically sealed at atmospheric pressure in the case of fixing by soldering or adhesive were common. この場合、減圧の気密封止はハンダや接着剤の成分が蒸発するので困難であり、加圧の気密封止は難易度大であった。 In this case, hermetic sealing of the vacuum is difficult because the components of the solder or the adhesive evaporates, hermetic sealing of the pressure was difficulty large. これに対し、本実施形態ではレーザダイオード用キャップ溶接機のグローブボックス内で電気溶接して固定するので加圧、大気圧、減圧のいずれでも気密封止することを、容易に実行することができる。 In contrast, the pressure so electrically welded fixed in a glove box of the laser diode cap welder in the present embodiment, the atmospheric pressure, the hermetically sealing any reduced pressure, can be easily performed .

次に、本発明の第2実施形態について説明する。 Next, a description of a second embodiment of the present invention. なお、本実施形態は、上記実施形態とほぼ同様の構成のため、同一部分には、同一符号を付して詳細な説明を省略する。 The present embodiment, for substantially the same structure as the above embodiment, the same portions is omitted the detailed description are denoted by the same reference numerals.

図2には、本実施形態に係るキャップ付き光ファイバ11の側面の概略断面図を示した。 FIG. 2 shows a schematic side sectional view of the capped optical fiber 11 according to the present embodiment. 図2に示すように、キャップ付き光ファイバ11は、レーザー光を伝播するコアとクラッドから構成されている光ファイバ素線を複数有する光ファイバ素線束13を備えており、その光ファイバ素線束13はフェルール15に取り付けられている。 As shown in FIG. 2, the capped optical fiber 11 includes an optical fiber bundle 13 having a plurality of optical fibers that are composed of a core and a cladding to propagate the laser light, the optical fiber bundle 13 It is attached to the ferrule 15. これらの光ファイバ素線束13及びフェルール15により光ファイバーケーブル17を構成している。 Constitute the optical fiber cable 17 by these optical fiber bundles 13 and the ferrule 15. また、光ファイバーケーブル17の先端は、フェルール15から光ファイバ素線束13の一部が突出されている。 The tip of the optical fiber cable 17, a portion of the optical fiber bundle 13 is projected from the ferrule 15.

光ファイバーケーブル17は、ステム19に固定される。 Fiber optic cable 17 is secured to the stem 19. ステム19は、上記ステム18と同様に円柱形状をしており、中心軸付近に貫通穴が設けられ、その貫通穴に光ファイバーケーブル17の光ファイバ素線束13が通されて固定される。 The stem 19 has a similarly cylindrical shape as the stem 18 is provided with a through hole near the center axis, the optical fiber bundle 13 of the optical fiber cable 17 is threaded and fixed to the through-hole. ステム19の貫通穴の径と光ファイバ素線束13(及びフェルール15)の径とはほぼ一致されており、ほぼ隙間の無い状態で光ファイバーケーブル17とステム19とが連結される。 The diameter of the through hole diameter and the optical fiber bundle 13 of the stem 19 (and the ferrule 15) are substantially coincident, and the optical fiber cable 17 and the stem 19 are connected by substantially no clearance condition. このステム19には、上述のキャップ24が取付固定される。 The stem 19, cap 24 described above is mounted and fixed.

次に、本実施形態のキャップ付き光ファイバ11の組み立てについて説明する。 Next, a description will be given of assembly of the capped optical fiber 11 of the present embodiment. 本実施形態では、まず、光ファイバ素線束13とフェルール14からなる光ファイバーケーブル17とステム19の間をハンダ付けにより固定して、光ファイバ組立体37を作成する。 In this embodiment, first, between the optical fiber cable 17 and the stem 19 of the optical fiber bundle 13 and the ferrule 14 are fixed by soldering, to create the optical fiber assembly 37. 次に、キャップ本体28の窓部32側の内部34に透明ガラス26を封止固定することによって、キャップ24を作成する。 Then, by sealing fixing the window portion 32 side of the transparent glass 26 inside 34 of the cap body 28, to create a cap 24.

次に、光ファイバ組立体37のキャップ取付平面20側、及びキャップ24の内部34を、洗浄により清浄な状態にして、汚れや埃等の不要物を除去して、キャップ取付平面20側と内部34を清浄な状態にする。 Then, the cap attachment plane 20 side of the optical fiber assembly 37, and the interior 34 of the cap 24, in the clean state by washing, to remove undesired substances such as dirt and dust, and the cap mounting plane 20 side internal 34 is in a clean state. この後、光ファイバ組立体37と、内部34が清浄な状態にされたキャップ24とを、フランジ部30付近において電気溶接により封止固定する。 Thereafter, the optical fiber assembly 37, and a cap 24 interior 34 is in a clean state, is sealed and fixed by electric welding in the vicinity of the flange portion 30.

このように、本実施形態では、光ファイバ素線束13とフェルール15からなる光ファイバーケーブル17とステム19からなる光ファイバ組立体37と、キャップ24とを分離構造として事前に準備できるので、上記実施形態と同様に、ファイバ側とキャップは別体の分離構造であるため、内部の洗浄が容易であると共に、洗浄後に組み立てることができる。 Thus, in the present embodiment, the optical fiber assembly 37 consisting of the optical fiber cable 17 and the stem 19 of the optical fiber bundle 13 and the ferrule 15, it is possible to prepare in advance a cap 24 as a separate structure, the above-described embodiment similar to, since the fiber side and the cap is a separate structure separate, can be assembled with internal cleaning is easy, after washing. この容易な洗浄後には、清浄な内部を有する気密構造の空間を得ることができるので、高い長期信頼性を得ることができる。 This After easy cleaning, it is possible to obtain a space of the airtight structure having an interior clean, it is possible to obtain a high long-term reliability.

なお、上記実施形態では、光ファイバ組立体36及びキャップ24の各々を気密構造とした場合を説明したが、本発明はこれに限定されるものではない。 In the above embodiment, although each of the optical fiber assembly 36 and the cap 24 has been described a case in which an airtight structure, the present invention is not limited thereto. すなわち、気密性を維持した密封構造が最も好ましいものであるが、構造的に僅かな隙間を有するものの気密性を維持できるものでもよい。 That is, the sealing structure maintaining the airtightness is most preferred, or those which can maintain the airtightness of those with structurally slight gap. また、隙間を有することで気密性を消失した場合にも適用可能である。 Further, it is also applicable to a case which has lost tightness by a gap.

また、本実施形態では、キャップとして、レーザダイオード用キャップを採用した場合を説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、他のパーツを利用したり、専用のキャップを製造して利用したりしてもよいことは勿論である。 Further, in the present embodiment, as the cap has been described with respect to the case of employing the caps laser diode, the present invention is not limited to this, or to use other parts, and manufacture a dedicated cap that may be or use is a matter of course.

また、本実施形態では、キャップとステムとの間をLD用キャップ溶接機で電気溶接して固定した場合を説明したが、本発明はこれに限定されるものではない。 Further, in the present embodiment, between the cap and the stem has been described a case of fixing by electric welding by LD cap welder, the present invention is not limited thereto. 例えば、レーザ溶接を用いても良い。 For example, it may be used a laser welding.

なお、本発明は、上述した実施形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された範囲内で設計上の変更をされたものにも適用可能であるのは勿論である。 The present invention is not limited to the embodiments described above, the can be applied to those changes on design within the ranges set forth in the appended claims is a matter of course.

本発明の第1実施形態にかかるキャップ付き光ファイバの断面図、及び側面図である。 Sectional view of the capped optical fiber according to a first embodiment of the present invention, and a side view. 本発明の第2実施形態にかかるキャップ付き光ファイバの断面図である。 It is a cross-sectional view of the capped optical fiber according to a second embodiment of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 キャップ付き光ファイバ12 光ファイバ素線13 光ファイバ素線束14 フェルール16 光ファイバーケーブル18 ステム20 キャップ取付平面22 ハンダ溜まり部24 キャップ(収容体) With optical fiber 10 cap 12 optical fiber 13 optical fiber bundles 14 the ferrule 16 optical fiber cable 18 the stem 20 cap mounting plane 22 solder reservoir 24 cap (container)
26 透明ガラス28 キャップ本体30 フランジ部32 窓部34 内部36 光ファイバ組立体 26 transparent glass 28 the cap body 30 flange 32 the window 34 internal 36 optical fiber assembly

Claims (6)

  1. 光ファイバの先端を挿入して固定する貫通穴を有すると共に、該貫通穴の軸と交差する平面を有するステムと、 And it has a through hole for fixing by inserting the tip of the optical fiber, a stem having a plane intersecting the axis of the through hole,
    内部に空間を有し、中心軸方向の一方側が光を透過する透過部材を備えた窓部が設けられた閉塞部であると共に、他方側が開放されかつ前記ステムの平面に対応する平坦部を有し該平坦部を前記ステムの平面に固定される開口部である筒状のキャップと、 Has a space inside, with one side of the central axis direction is closed portion in which the window portion with a transmitting member which transmits light is provided, have a flat portion which is the other side corresponds to the plane of the opening and the stem a cylindrical cap which is open portion fixed to the flat portion in the plane of the stem,
    を備えた光ファイバ取付装置。 Optical fiber mounting device comprising a.
  2. 光ファイバと、 And the optical fiber,
    前記光ファイバの先端を挿入して固定する貫通穴を有すると共に、該貫通穴の軸と交差する平面を有するステムと、 And has a through hole for fixing by inserting the tip of said optical fiber, and a stem having a plane intersecting the axis of the through hole,
    内部に空間を有し、中心軸方向の一方側が光を透過する透過部材を備えた窓部が設けられた閉塞部であると共に、他方側が開放されかつ前記ステムの平面に対応する平坦部を有し該平坦部を前記ステムの平面に固定される開口部である筒状のキャップと、 Has a space inside, with one side of the central axis direction is closed portion in which the window portion with a transmitting member which transmits light is provided, have a flat portion which is the other side corresponds to the plane of the opening and the stem a cylindrical cap which is open portion fixed to the flat portion in the plane of the stem,
    を備えたキャップ付き光ファイバ。 Cap with optical fiber with.
  3. 前記ステムと前記キャップとは、溶接により固定することを特徴とする請求項2に記載のキャップ付き光ファイバ。 Wherein the stem and the cap, capped optical fiber according to claim 2, characterized in that the welded.
  4. 前記ステムと前記キャップとの固定後は、前記キャップ内部が気密室を形成することを特徴とする請求項2または請求項3に記載のキャップ付き光ファイバ。 After fixation of the stem and the cap is capped optical fiber according to claim 2 or claim 3 wherein the cap interior and forming an airtight chamber.
  5. 前記ステムの平面には、液体を貯留する貯留部を設けることを特徴とする請求項2乃至請求項4の何れか1項に記載のキャップ付き光ファイバ。 Wherein the plane of the stem, according to claim 2 or capped optical fiber according to any one of claims 4 and providing a reservoir for storing the liquid.
  6. 前記キャップは、レーザ光を出射するレーザ光源を収容してレーザ光を出射するための窓部に設けられた透光部材を備えた収容体であることを特徴とする請求項2乃至請求項5の何れか1項に記載のキャップ付き光ファイバ。 The cap, claims 2 to 5, characterized in that a container having a light transmitting member provided in the opening portions for housing the laser light source that emits a laser beam to emit a laser beam any one capped optical fiber according to Section.
JP2006165088A 2006-06-14 2006-06-14 Optical fiber mounting apparatus and optical fiber with cap Withdrawn JP2007333982A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006165088A JP2007333982A (en) 2006-06-14 2006-06-14 Optical fiber mounting apparatus and optical fiber with cap

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006165088A JP2007333982A (en) 2006-06-14 2006-06-14 Optical fiber mounting apparatus and optical fiber with cap

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007333982A true JP2007333982A (en) 2007-12-27

Family

ID=38933526

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006165088A Withdrawn JP2007333982A (en) 2006-06-14 2006-06-14 Optical fiber mounting apparatus and optical fiber with cap

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007333982A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8534927B1 (en) 2012-03-23 2013-09-17 International Business Machines Corporation Flexible fiber to wafer interface
US8724937B2 (en) 2011-12-20 2014-05-13 International Business Machines Corporation Fiber to wafer interface
US8923665B2 (en) 2013-03-15 2014-12-30 International Business Machines Corporation Material structures for front-end of the line integration of optical polarization splitters and rotators
US9206965B2 (en) 2012-12-20 2015-12-08 International Business Machines Corporation Semiconductor photonic package
US9316796B2 (en) 2013-03-14 2016-04-19 International Business Machines Corporation Fiber pigtail with integrated lid

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8724937B2 (en) 2011-12-20 2014-05-13 International Business Machines Corporation Fiber to wafer interface
US8534927B1 (en) 2012-03-23 2013-09-17 International Business Machines Corporation Flexible fiber to wafer interface
US8545108B1 (en) 2012-03-23 2013-10-01 International Business Machines Corporation Flexible fiber to wafer interface
US9206965B2 (en) 2012-12-20 2015-12-08 International Business Machines Corporation Semiconductor photonic package
US9243784B2 (en) 2012-12-20 2016-01-26 International Business Machines Corporation Semiconductor photonic package
US9316796B2 (en) 2013-03-14 2016-04-19 International Business Machines Corporation Fiber pigtail with integrated lid
US9400356B2 (en) 2013-03-14 2016-07-26 International Business Machines Corporation Fiber pigtail with integrated lid
US8923665B2 (en) 2013-03-15 2014-12-30 International Business Machines Corporation Material structures for front-end of the line integration of optical polarization splitters and rotators
US8942519B2 (en) 2013-03-15 2015-01-27 International Business Machines Corporation Material structures for front-end of the line integration of optical polarization splitters and rotators

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3934234B2 (en) Receptacle module
JP4343857B2 (en) Plug connector for capsules receiving a plug casing and the plug casing of the optical plug connector
US6953432B2 (en) Imager cover-glass mounting
EP0688443B1 (en) Multi-domain color filter substrate
US4616899A (en) Methods of and apparatus for coupling an optoelectronic component to an optical fiber
JP3741108B2 (en) Laser emission module
EP2264434A2 (en) Gas sensor
US5613031A (en) Hermetically sealed optical fiber insert structure
US20040071413A1 (en) Bi-directional optical transceiver module with double caps and method of improving the efficiency and the reliability of same
US4779130A (en) Endoscope having a solid-state image sensor and shield therefor
JP2011209417A (en) Imaging apparatus
JP2011054995A (en) Package with integrated lens and optical assembly incorporating package
CA2120964C (en) Semiconductor element module
EP0921553A2 (en) Electric discharge lamp apparatus
CA2258178A1 (en) Semiconductor photodetector packaging
EP0100086A3 (en) A method of making injection laser packages and packages made by using the method
US4350150A (en) Structure of a light-receiving end portion of an endoscope light guide
KR20040103501A (en) Laser apparatus
JP2005039152A (en) Method of manufacturing semiconductor device
US20010012767A1 (en) Compact optical transceiver integrated module using silicon optical bench
CA2365141A1 (en) Light source-optical fiber coupler
US6088504A (en) In-line solder seal for optical fiber
JP2018156118A (en) Hermetic optical fiber alignment assembly having integrated optical element
US5235965A (en) Video endoscope
JP2004253783A (en) Laser module

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090216

A761 Written withdrawal of application

Effective date: 20091214

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761