JP2007291794A - 型枠装置 - Google Patents

型枠装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2007291794A
JP2007291794A JP2006122967A JP2006122967A JP2007291794A JP 2007291794 A JP2007291794 A JP 2007291794A JP 2006122967 A JP2006122967 A JP 2006122967A JP 2006122967 A JP2006122967 A JP 2006122967A JP 2007291794 A JP2007291794 A JP 2007291794A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tunnel
formwork
arm
invert
mold
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2006122967A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazunori Mizote
一憲 溝手
Minoru Ono
稔 小野
Hidemasa Saka
英昌 坂
Masaomi Watase
将臣 渡瀬
Masao Nishimura
正生 西村
Takeshi Nishimura
剛 西村
Masahiro Hirata
雅大 平田
Katsuhiko Yokoyama
勝彦 横山
Shinya Nakano
慎也 中野
Original Assignee
Kumagai Gumi Co Ltd
株式会社熊谷組
Daio Kensetsu Kk
大旺建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kumagai Gumi Co Ltd, 株式会社熊谷組, Daio Kensetsu Kk, 大旺建設株式会社 filed Critical Kumagai Gumi Co Ltd
Priority to JP2006122967A priority Critical patent/JP2007291794A/ja
Publication of JP2007291794A publication Critical patent/JP2007291794A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】取り扱いが容易であるインバートのための型枠装置を提供すること。
【解決手段】山岳トンネルに場所打ちコンクリートにより形成されるインバートのための型枠装置(10)は、トンネル(12)の軸線方向へ互いに間隔をおいて配置されかつトンネルの各側壁(20)にトンネルの軸線と平行な軸線の周りに回転可能であるように又は前記トンネルの横断方向へ移動可能であるように支持された複数のアーム部材(22)と、アーム部材に支持された、トンネルの周方向に関するインバートの端部の上面(18)を成形するための型枠(24)とを含む。
【選択図】図1

Description

本発明は、山岳トンネルに場所打ちコンクリートにより形成されるインバートのための型枠装置に関する。
山岳トンネルの構築の際、トンネルの底部をなす地盤が軟弱である場合、前記トンネルの底部に該トンネルの周方向に伸びる溝を掘削し、該溝にコンクリートを打設してインバートを形成することがある。
ところで、前記インバートの形成後にコンクリートを打設して行われる覆工の形成に際し、覆工用型枠の周方向下端部が前記インバートの各端部上面に重ね合わされる。このとき、前記覆工用型枠の下端部と前記インバートの端部上面との間に隙間が生じないように、前記インバートの端部上面が平滑であることが求められる。
このような平滑な端部上面を有するインバートは、型枠装置を用いることにより形成することができる。このような型枠装置の一つとして、トンネルの底部上を移動可能である台車と、該台車からトンネルの各側壁に向けて伸びるアームと、該アームに支持された、前記インバートの各端部上面を成形するための型枠とを備えるものがある(後記特許文献1参照)。
しかし、前記従来の型枠装置は、前記トンネルの底部上の大部分を占め、大掛かりなものであるため、その取り扱い上の不便がある。
特開2003−232196号公報
本発明は、取り扱いが容易であるインバートのための型枠装置を提供することにある。
本発明は、山岳トンネルに場所打ちコンクリートにより形成されるインバートのための型枠装置に係り、前記トンネルの軸線方向へ互いに間隔をおいて配置されかつ前記トンネルの各側壁、例えばその一部をなす支保工に前記トンネルの軸線と平行な軸線の周りに回転可能であるように前記トンネルの横断方向へ移動可能であるように支持された複数のアーム部材と、前記アーム部材に支持された、前記トンネルの周方向に関する前記インバートの端部の上面を成形するための型枠とを含む。
前記成形装置は、さらに、前記型枠を前記トンネルの軸線方向へ移動させるための移動機構を含むものとすることができる。前記移動機構は、例えば各アーム部材に吊持された一対の滑車と、該滑車に吊持され前記トンネルの軸線方向へ伸びる長尺部材とを含み、前記型枠は前記長尺部材に取り付けられている。さらに、各アーム部材と前記型枠との間の間隔を維持するためのスペーサとを含むものとすることができる。
前記回転駆動手段は、例えば、前記トンネルの側壁と少なくとも1つのアーム部材とにそれぞれ枢着された両端部を有する液圧ジャッキからなるものとすることができる。
本発明によれば、トンネル底部に形成されるインバートの端部上面を成形するための型枠を複数のアーム部材を介してトンネル側壁に支持したことから、従来における台車のようなトンネル底部上を占める格別の手段を必要としない。このため、本発明に係る型枠装置は、前記従来の型枠装置のように大掛かりではなく、取り扱いが容易である。前記型枠は、液圧ジャッキのような回転駆動手段を操作して前記アーム部材を回転させることにより、前記型枠を前記インバートの端部上面に接する位置と、これから離れる位置とにそれぞれ配置することができる。
前記型枠をトンネルの軸線方向へ移動させるための移動機構を備える型枠装置によれば、インバートを形成するために前記トンネルの軸線方向に区画された一の区域から他の区域への型枠の移動を容易に行うことができる。
前記移動機構として各アーム部材に吊持された一対の滑車と、該滑車に吊持され前記トンネルの軸線方向へ伸びる長尺部材とを含み、前記型枠が前記長尺部材に取り付けられたものからなるものにあっては、前記長尺部材を前記トンネルの軸線方向に押すことにより、前記滑車が回転し、前記長尺部材と共に前記型枠を容易に移動させることができる。
各アーム部材と前記型枠との間にスペーサを配置することにより、これらの間の間隔が変化しないように維持することができ、これにより、インバートの端部上面に対する前記型枠の当接状態を確実に維持することができる。
図1及び図2を参照すると、本発明に係る型枠装置が全体に符号10で示されている。
型枠装置10は、地山の掘削により形成された山岳トンネル12の底部14に場所打ちコンクリートにより形成されるインバート16の成形、より詳細にはインバート16の前記トンネルの周方向における端部の上面18の成形に用いられる。
なお、ここに言うインバート16は、トンネル12の軸線方向に関して区画された複数の施工領域のそれぞれにおけるインバートをいう。したがって、より正確には、インバート16は、最終的に形成される複数のインバート16の連なりの一部であるということができる。
型枠装置10は、トンネル12の各側壁20に支持された複数のアーム部材22と、アーム部材22に支持された型枠24とを備える。
アーム部材22はトンネル12の軸線方向に互いに間隔をおいて配置され、一方の側壁20から他の側壁(図示せず)に向けて水平に伸びている。図示のアーム部材22は全体にクランク形を呈しているが、折れ曲がることなく直線的に伸びるものであっても良い。
図示のトンネルの側壁20は、該トンネルの地山に吹き付けられたコンクリート層と、該コンクリート層に埋設された複数の支保工26とを含む。支保工26はトンネル12の周面をその周方向へ伸びる例えばH形鋼、I形鋼、C形鋼、チャンネル形鋼、山形鋼、パイプ等の鋼材からなり、トンネル12の軸線方向に互いに間隔をおいて配置されている。
アーム部材22はその一方の端部において支保工26に枢着されており、トンネル12の軸線と平行な軸線の周りに回転可能である。アーム部材22は、例えば、側壁20の下端のすぐ上方に位置するように配置することができる。
型枠24はトンネル12の軸線方向へ伸びている。型枠24の前記軸線方向に関する長さ寸法は、形成されるインバート16の前記トンネルの軸線方向長さに合わせて設定される。
型枠24は、インバート16の端部上面18に接しこれを成形するための曲面28を有する。この曲面28は、インバート16の形成後にトンネル側壁20に巻き立てられる場所打ちコンクリートによる覆工の形成のために設置される覆工用型枠(図示せず)の周方向端部の内面に一致するものに設定される。これにより、前記覆工用型枠の設置の際、該覆工用型枠の周方向端部の内面をインバート16の端部上面18に密接させることができる。なお、符号30は型枠24のための補強部材を示す。
型枠装置10は、さらに、アーム部材22をその枢着軸31の周りに回転駆動するための手段32を含む。
図示の回転駆動手段32は、トンネルの側壁20の一部をなす支保工26と各アーム部材22とにそれぞれ枢着された両端部を有する複数の液圧ジャッキからなる。
複数の前記液圧ジャッキを同時に伸縮動作させることにより、全アーム部材22をその枢着軸31の周りに回転させることができる。これにより、アーム部材22と共に回転動作をする型枠24をその曲面28がインバートの端部上面18に当接するようにすること(型枠の配置)、及び端部上面18から離れるようにすること(脱型)ができる。
前記液圧ジャッキは、これを少なくとも1つとすることができる。また、回転駆動手段32は、前記液圧ジャッキに代えて、例えばねじジャッキとすることができる。
型枠装置10は、好ましくは型枠24をトンネル12の軸線方向へ移動させるための移動機構34を含む。
図示の移動機構34は、各アーム部材22に吊持された一対の滑車36と、該滑車に吊持されトンネル12の軸線方向へ伸びる長尺部材38とを含む。
両滑車36は、支承部材40に、これらが互いに間隔をおいて相対しかつ個々に回転可能であるように支承されている。両滑車36の回転軸線はトンネル12の横断方向に向けて伸びている。
両滑車36を支承する支承部材40はプレート42とブラケット44とを介して、アーム部材22に吊持されている。
プレート42はその上下両端部において、ピン46,48を介して、それぞれ、支承部材40とブラケット44とに枢着されている。ピン46,48は、両滑車36の回転軸線と同じ方向に伸びている。
ブラケット44は、アーム部材22に、その長手方向すなわちトンネル12の横断方向へ滑動可能であるように取り付けられている。アーム部材22に沿ってのブラケット44の滑動により、ブラケット44したがって型枠24の位置決めを行うことができる。ブラケット44は、その上部に螺合されアーム部材22に至るねじ部材50を締め又は緩めることにより、アーム部材22に固定し又はこれを解除することができる。
長尺部材38はH形鋼からなる。長尺部材38を構成する前記H形鋼は、その上フランジにおいて、互いに相対する両滑車36上に載置されており、これにより両滑車36に吊持されている。前記H形鋼の上フランジに連なるそのウエブは両滑車36間を経て下方へ伸びている。型枠24は前記H形鋼の下フランジに固定されている。
この移動機構34によれば、型枠24にその長手方向に向けて力を加えると、前記両滑車36がその回転軸線の周りに回転し、前記H形鋼が型枠24と共にその長手方向へ移動する。これにより、インバートを形成すべき他の区画に型枠24を容易に移動することができる。
型枠装置10は、好ましくは、各アーム部材22と型枠24との間の間隔を維持するためのスペーサ52をふくむ。このスペーサ52による前記間隔の維持により、アーム部材22に対する型枠24の相対位置を固定し、インバートの端部上面18に対しその成形面である型枠24の曲面28の位置を固定することができる。
図示のスペーサ52は、長尺部材38の両側にこれと平行に配置された一対のチャンネル形鋼54と、各チャンネル形鋼54とアーム部材22との間に配置されたねじジャッキ56とからなる。ねじジャッキ56を伸長動作させてその両端がそれぞれチャンネル形鋼54とアーム部材22とに押し当てられるようにすることにより、インバート16の端部上面18の成形の間、これらの間の間隔を不変に維持することができる。型枠24の移動は、脱型後、ねじジャッキ56を収縮動作させて緩め、これを撤去した後に行うことができる。
アーム部材22は、これをトンネル12の軸線と平行な軸線の周りに回転可能に支持する図示の例に代えて、トンネル12の横断方向へ移動可能に支持することができる。この例のアーム部材22は、例えば支保工26に固定されトンネル12の横断方向へ伸びる棒状部材(図示せず)に嵌合され、該棒状部材上を前記トンネルの横断方向へ滑動可能である管状部材(図示せず)からなるものとすることができる。
この例にあっては、移動機構34は前記管状部材に取り付けられる。また前記棒状部材の長手方向に関する前記管状部材の滑動は、両端部がそれぞれ各支保工26と前記管状部材とに枢着された液圧ジャッキ、ねじジャッキ(図示せず)を伸縮作動させることにより、生じさせることができる。前記管状部材すなわちアーム部材の前記トンネルの横断方向への移動により、型枠24をその配置又は脱型のために前記トンネルの横断方向へ移動させることができる。
山岳トンネルの片側の側壁に適用された本発明に係る型枠装置の側面図である。 型枠装置の概略的な正面図である。
符号の説明
10 型枠装置
12 山岳トンネル
16 インバート
18 インバートの端部上面
20 トンネルの側壁
22 アーム部材
24 型枠部材
32 液圧ジャッキ(回転駆動手段)
34 移動機構
36 滑車
38 長尺部材
52 スペーサ

Claims (5)

  1. 山岳トンネルに場所打ちコンクリートにより形成されるインバートのための型枠装置であって、
    前記トンネルの軸線方向へ互いに間隔をおいて配置されかつ前記トンネルの各側壁に前記トンネルの軸線と平行な軸線の周りに回転可能であるように又は前記トンネルの横断方向へ移動可能であるように支持された複数のアーム部材と、
    前記アーム部材に支持された、前記トンネルの周方向に関する前記インバートの端部の上面を成形するための型枠とを含む、型枠装置。
  2. さらに、前記型枠を前記トンネルの軸線方向へ移動させるための移動機構を含む、請求項1に記載の型枠装置。
  3. 前記移動機構は各アーム部材に吊持された一対の滑車と、該滑車に吊持され前記トンネルの軸線方向へ伸びる長尺部材とを含み、前記型枠は前記長尺部材に取り付けられている、請求項2に記載の型枠装置。
  4. さらに、各アーム部材と前記型枠との間の間隔を維持するためのスペーサとを含む、請求項3に記載の型枠装置。
  5. 前記アーム部材は前記側壁の一部をなす支保工に支持されている、請求項1に記載の型枠装置。
JP2006122967A 2006-04-27 2006-04-27 型枠装置 Withdrawn JP2007291794A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006122967A JP2007291794A (ja) 2006-04-27 2006-04-27 型枠装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006122967A JP2007291794A (ja) 2006-04-27 2006-04-27 型枠装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007291794A true JP2007291794A (ja) 2007-11-08

Family

ID=38762677

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006122967A Withdrawn JP2007291794A (ja) 2006-04-27 2006-04-27 型枠装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007291794A (ja)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102146799A (zh) * 2011-03-10 2011-08-10 中铁二局股份有限公司 一种用于高速铁路双线隧道仰拱的施工设备
CN102146796A (zh) * 2011-03-10 2011-08-10 中铁二局股份有限公司 一种高速铁路双线隧道仰拱的施工工艺
CN102787850A (zh) * 2012-08-29 2012-11-21 中铁二十三局集团第一工程有限公司 用于隧道仰拱施工的仰拱模架
CN103195450A (zh) * 2013-04-03 2013-07-10 湖南远东钢模电子科技有限责任公司 液压隧道仰拱作业台车及仰拱施工方法
CN103352710A (zh) * 2013-07-25 2013-10-16 成都锐龙机械制造有限公司 一种悬挂翻转式隧道仰拱模板台车及其施工方法
CN103669220A (zh) * 2013-12-17 2014-03-26 中铁隧道集团二处有限公司 一种隧道仰拱施工长大轻型重载过轨栈桥安装方法
CN104533450A (zh) * 2014-11-25 2015-04-22 中铁十八局集团有限公司 单线隧道仰拱矮边墙一次浇筑施工方法
JP2016084629A (ja) * 2014-10-27 2016-05-19 大成建設株式会社 インバート用型枠
CN105604580A (zh) * 2016-03-21 2016-05-25 中交第四公路工程局有限公司 一种隧道仰拱施工移动模架
CN105649654A (zh) * 2016-03-17 2016-06-08 湖南五新机械有限公司 自动液压仰拱栈桥台车及其施工方法
CN105952469A (zh) * 2016-07-07 2016-09-21 唐山市星斗路桥机械有限公司 隧道仰拱全自动高频振捣整平机
CN111058869A (zh) * 2019-12-31 2020-04-24 中铁十九局集团第三工程有限公司 仰拱模板的牵引固定方法
CN111535858A (zh) * 2020-04-30 2020-08-14 招商局重庆交通科研设计院有限公司 一种隧道仰拱快速拆换成套装备及施工方法
CN111749712A (zh) * 2020-07-08 2020-10-09 长沙理工大学 一种隧道施工设备

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102146796A (zh) * 2011-03-10 2011-08-10 中铁二局股份有限公司 一种高速铁路双线隧道仰拱的施工工艺
CN102146799B (zh) * 2011-03-10 2013-01-09 中铁二局股份有限公司 一种用于高速铁路双线隧道仰拱的施工设备
CN102146799A (zh) * 2011-03-10 2011-08-10 中铁二局股份有限公司 一种用于高速铁路双线隧道仰拱的施工设备
CN102787850A (zh) * 2012-08-29 2012-11-21 中铁二十三局集团第一工程有限公司 用于隧道仰拱施工的仰拱模架
CN103195450A (zh) * 2013-04-03 2013-07-10 湖南远东钢模电子科技有限责任公司 液压隧道仰拱作业台车及仰拱施工方法
CN103352710A (zh) * 2013-07-25 2013-10-16 成都锐龙机械制造有限公司 一种悬挂翻转式隧道仰拱模板台车及其施工方法
CN103669220A (zh) * 2013-12-17 2014-03-26 中铁隧道集团二处有限公司 一种隧道仰拱施工长大轻型重载过轨栈桥安装方法
JP2016084629A (ja) * 2014-10-27 2016-05-19 大成建設株式会社 インバート用型枠
CN104533450A (zh) * 2014-11-25 2015-04-22 中铁十八局集团有限公司 单线隧道仰拱矮边墙一次浇筑施工方法
CN105649654A (zh) * 2016-03-17 2016-06-08 湖南五新机械有限公司 自动液压仰拱栈桥台车及其施工方法
CN105604580A (zh) * 2016-03-21 2016-05-25 中交第四公路工程局有限公司 一种隧道仰拱施工移动模架
CN105952469A (zh) * 2016-07-07 2016-09-21 唐山市星斗路桥机械有限公司 隧道仰拱全自动高频振捣整平机
CN111058869A (zh) * 2019-12-31 2020-04-24 中铁十九局集团第三工程有限公司 仰拱模板的牵引固定方法
CN111535858A (zh) * 2020-04-30 2020-08-14 招商局重庆交通科研设计院有限公司 一种隧道仰拱快速拆换成套装备及施工方法
CN111749712A (zh) * 2020-07-08 2020-10-09 长沙理工大学 一种隧道施工设备

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007291794A (ja) 型枠装置
JP2008184893A (ja) 土砂除去装置
JP2007332666A (ja) トンネル覆工コンクリートの締固め装置
JP3933674B2 (ja) 外型枠構造
KR101908133B1 (ko) 교량건설용 데릭크레인
JP2018105567A (ja) スラグ除去装置
JP4624244B2 (ja) トンネル覆工コンクリートの締固め構造
KR20150112636A (ko) 파일 절단장치
JP2006016795A (ja) 重量物の横取り工法
JP2809377B2 (ja) ライニング打設機
JP5389602B2 (ja) 杭の振れ止め装置
JP2011099228A (ja) トンネル覆工の天端部締め固め方法
JP2004155090A (ja) ウオ−ルセグメントカッタ−リグ
JP4996075B2 (ja) エレクタ装置、及びその使用方法
JP2012188901A (ja) トンネル施工方法及びトンネル施工システム
CN209408844U (zh) 一种砌块砖去皮装置
JP2005030006A (ja) 路面切断装置及び路面切断方法
JP2021046768A (ja) レール送り装置を備えた台車
JP2589537B2 (ja) トンネル覆工工法及びその装置
JP4610520B2 (ja) 拡径掘削機
JP2006299547A (ja) トンネル管撤去装置
JPH1150797A (ja) 拡幅可能な型枠によるトンネル用コンクリート打設方法およびその装置
JP4602597B2 (ja) トンネル施工機
JPH09310591A (ja) 型枠構造
SU903534A1 (ru) Подвижна секционна опалубка

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20070809

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071004

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20080229

A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20090707