JP2007291239A - Ink for preventing forgery - Google Patents

Ink for preventing forgery Download PDF

Info

Publication number
JP2007291239A
JP2007291239A JP2006120836A JP2006120836A JP2007291239A JP 2007291239 A JP2007291239 A JP 2007291239A JP 2006120836 A JP2006120836 A JP 2006120836A JP 2006120836 A JP2006120836 A JP 2006120836A JP 2007291239 A JP2007291239 A JP 2007291239A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
anti
counterfeit
ink
group
jp
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006120836A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Ryoji Hattori
良司 服部
Original Assignee
Konica Minolta Medical & Graphic Inc
コニカミノルタエムジー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To produce an information recording medium capable of preventing forgery and excellent in endurance with inexpensive production cost. <P>SOLUTION: An image 4 for preventing forgery is recorded by ink for preventing forgery which is applicable for inkjet system and the ink for preventing forgery comprises a photocurable compound, a photocuring promoter and a material for preventing forgery. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、情報記録媒体の偽造の防止に好適に用いられる偽造防止用インクに関する。 The present invention relates to anti-counterfeit ink suitably used for prevention of forgery of the information recording medium.

近年、銀行、会社、学校、官公庁等のサービス産業分野では、接触式又は非接触式の電子、磁気等の情報記録媒体を発行する場合が多くなっている。 In recent years, banks, companies, schools, in the service industries, such as government offices, contact or non-contact type of electronic, has become in many cases to issue an information recording medium of the magnetic and the like. これらのサービス産業分野では、接触式又は非接触式の電子、磁気等の高度な技術を用いなくても、万人が個人を容易に判別可能であることが望まれている。 These services industry, contact or contactless electronic, without using advanced technology of the magnetic or the like, million people are desired to be readily distinguishable individuals.

偽造を防止するための技術が特許文献1〜3に開示されている。 Technology for preventing forgery is disclosed in Patent Documents 1 to 3.
特許文献1に記載の技術では、ホログラム形成層を設けて偽造を防止しようとしている。 In the technique described in Patent Document 1, trying to prevent forgery by providing a hologram forming layer. 特許文献2に記載の技術では、パールインキ等の特殊な色変化インキで色変化印刷層を設けて見る角度により色を変化させるような構成とし、偽造を防止しようとしている。 The technique described in Patent Document 2, a structure that changes color depending on the angle of viewing is provided a color change printing layer with a special color change inks, such as pearl ink, trying to prevent forgery. 特許文献3に記載の技術では、特殊なオフセット印刷用印刷インキを用いて更に高度なセキュリティー技術を実現しようとしている。 The technique described in Patent Document 3, trying to achieve a more advanced security technology using a special offset printing printing inks.
特開2003−280498号公報 JP 2003-280498 JP 特開2002−301886号公報 JP 2002-301886 JP 特開2003−99751号公報 JP 2003-99751 JP

しかしながら、特許文献1に記載の技術では、ホログラム技術自体が高度な偽造防止技術であるため、情報記録媒体の製造費用を安価に抑えられない。 However, in the technique described in Patent Document 1, since the hologram technology itself is a sophisticated anti-counterfeit technology, uncontrollable inexpensive manufacturing costs of the information recording medium. 特許文献2に記載の技術では、事前に特殊印刷が必要なため、その点で情報記録媒体の製造費用を安価に抑えられない。 In the technique described in Patent Document 2, for advance special printing is required, not be suppressed at low cost manufacturing cost of the information recording medium at that point. 特許文献3に記載の技術では、転写により偽造防止層を設けるため、この場合においても情報記録媒体の製造費用を安価に抑えられない。 In the technique described in Patent Document 3, for providing a forgery prevention layer by transfer, uncontrollable inexpensive manufacturing costs also information recording medium in this case.

そこで、情報記録媒体の製造費用を安価に抑えるため、インクジェット方式により偽造防止用画像を記録することが考えられるが、当該インクジェット方式では、微細な吐出口からインクを吐出する関係上、水や溶剤等を多く含有させてインクの粘度を低粘化する必要があり、インクの着弾を受ける情報記録媒体がインク中の水や溶剤等の影響を受け、耐久性という面で不都合がある。 In order to suppress the manufacturing cost of the information recording medium at low cost, it is conceivable to record the anti-counterfeit image by an inkjet method, in the ink jet method, on the relationship between the water and the solvent ink is ejected from a fine discharge port most contain a such a viscosity of the ink needs to be thinning, the information recording medium on which the landing of the ink are affected, such as water or solvent in the ink, there is a disadvantage in terms of durability.
本発明の目的は、偽造を防止可能でかつ安価な製造費用で耐久性に優れた情報記録媒体を製造することである。 An object of the present invention is to produce an excellent information recording medium enables a and durable low manufacturing costs prevent forgery.

上記課題を解決するため、本発明は、 To solve the above problems, the present invention is,
インクジェット方式に適用可能な偽造防止用インクであって、 A applicable anti-counterfeit ink jet method,
光硬化可能化合物、光硬化促進剤及び偽造防止用材料を含有することを特徴としている。 The photocurable compound is characterized by containing a light curing accelerator and anti-counterfeit material.

前記偽造防止用材料は赤外線吸収剤、鱗片顔料、蛍光体、金属微粒子、高屈折率材料又は低屈折率材料であり、当該偽造防止用インクの全固形分中に5〜50重量%含有されているのが好ましい。 It said anti-counterfeit material is an infrared absorbing agent, scale pigment, a phosphor, a metal fine particle, high refractive index material or a low refractive index material, is contained 5 to 50 wt% of the total solid content of the ink for the anti-counterfeit It is preferable to have.

前記高屈折率材料の屈折率は1.6以上であるのが好ましく、前記低屈折率材料の屈折率は1.4以下であるのが好ましい。 Is preferably a refractive index of the high refractive index material is 1.6 or more, the refractive index of the low refractive index material is preferably 1.4 or less.

本発明に係る偽造防止用インクにおいては、 In the anti-counterfeit ink according to the present invention,
光硬化した状態でJIS K 5600に準拠する引っ掻き強度(0.8mmφサファイア針スクラッチ強度)が120g以上であるのが好ましい。 Preferably, scratch resistance compliant while photohardening JIS K 5600 (0.8 mm sapphire needle scratch strength) is not less than 120 g.

本発明に係る偽造防止用インクにおいては、 In the anti-counterfeit ink according to the present invention,
偽造防止用画像の記録に用いられるのが好ましい。 Preferably used in the recording of the anti-counterfeit image.

本発明によれば、インクジェット方式に適用可能であるから、安価な製造費用で情報記録媒体を製造することができ、更には、偽造を防止可能で耐久性に優れた情報記録媒体を製造することができる(下記実施例参照)。 According to the present invention, since it is applicable to an ink jet method, it is possible for producing the information recording medium at a low manufacturing cost, and further, to produce an excellent information recording medium allows a durable prevent forgery it is (see examples below).

以下、図面を参照しながら本発明を実施するための最良の形態について説明する。 The following describes the best mode for carrying out the present invention with reference to the drawings. ただし、以下に述べる実施形態には、本発明を実施するために技術的に好ましい種々の限定が付されているが、発明の範囲は以下の実施形態及び図示例に限定されるものではない。 However, the embodiments described below, but to implement the present invention is technically preferred limitations are given, the scope of the invention is not limited to the following embodiments and illustrated examples.

図1はIDカード1の概略構成を示す斜視図である。 Figure 1 is a perspective view showing a schematic configuration of the ID card 1.
情報記録媒体としてのIDカード1はキャッシュカード、従業者証、社員証、会員証、学生証、外国人登録証、各種免許証、ICカード等のカードや、証券、手形等の重要書類等に適用可能なもので、図1に示す通り、矩形状の基体2を有している。 Information ID card 1 cash card as a recording medium, an employee ID card, employee ID card, membership card, student ID card, alien registration card, various licenses, cards and such as an IC card, securities, important documents, such as bills, etc. those applicable, as shown in FIG. 1, has a rectangular base 2.

基体2は、例えば、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、ポリエチレンテレフタレート/イソフタレート共重合体等のポリエステル樹脂、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリメチルペンテン等のポリオレフィン樹脂、ポリフッ化ビニル、ポリフッ化ビニリデン、ポリ4フッ化エチレン、エチレン−4フッ化エチレン共重合体、等のポリフッ化エチレン系樹脂、ナイロン6、ナイロン6.6等のポリアミド、ポリ塩化ビニル、塩化ビニル/酢酸ビニル共重合体、エチレン/酢酸ビニル共重合体、エチレン/ビニルアルコール共重合体、ポリビニルアルコール、ビニロン等のビニル重合体、生分解性脂肪族ポリエステル、生分解性ポリカーボネート、生分解性ポリ乳酸、生分解性ポリビニルアルコール、生分解性セルロース The substrate 2 is, for example, polyethylene terephthalate, polybutylene terephthalate, polyethylene terephthalate / isophthalate copolymer, polyester resin, polyethylene, polypropylene, polyolefin resins such as polymethyl pentene, polyvinyl fluoride, polyvinylidene fluoride, tetrafluoromethane ethylene, ethylene-tetrafluoroethylene copolymer, polyfluoroethylene resin etc., nylon 6, polyamide such as nylon 6.6, polyvinyl chloride, vinyl chloride / vinyl acetate copolymer, ethylene / vinyl acetate copolymer, ethylene / vinyl alcohol copolymer, polyvinyl alcohol, vinyl polymers such as vinylon, biodegradable aliphatic polyesters, biodegradable polycarbonates, biodegradable polylactic acid, biodegradable polyvinyl alcohol, biodegradable cellulose セテート、生分解性ポリカプロラクトン等の生分解性樹脂、三酢酸セルロース、セロファン等のセルロース系樹脂、ポリメタアクリル酸メチル、ポリメタアクリル酸エチル、ポリアクリル酸エチル、ポリアクリル酸ブチル等のアクリル系樹脂、ポリスチレン、ポリカーボネート、ポリアリレート、ポリイミド、ABS、AES等の合成樹脂シート、又は上質紙、薄葉紙、グラシン紙、硫酸紙等の紙、金属箔等の単層体或いはこれら2層以上の積層体で構成されているものである。 Seteto, biodegradable polycaprolactone of biodegradable resin, cellulose triacetate, cellulose resins cellophane, polymethyl methacrylate, poly ethyl methacrylate, polyethyl acrylate, acrylic or butyl polyacrylate resins, polystyrene, polycarbonate, polyarylate, polyimide, ABS, synthetic resin sheet such as AES, or fine paper, thin paper, glassine paper, paper such as parchment paper, single-layer body or these laminate of two or more layers of metal foil or the like in those that are configured.

基体2中には後の工程で形成される画像の鮮明性を高めるために、予め白色顔料、例えば、チタンホワイト、炭酸マグネシウム、酸化亜鉛、硫酸バリウム、シリカ、タルク、クレー、炭酸カルシウム等が添加されていてもよい。 To increase the sharpness of the image formed in the subsequent step is in the substrate 2, previously white pigments such as titanium white, magnesium carbonate, zinc oxide, barium sulfate, silica, talc, clay, calcium carbonate and the like added it may be.

基体2は、場合によっては異なる基材又は厚さの異なる支持体を複数積層し、貼り合わせ等により構成されてもよい。 Base 2, when stacking a plurality of different supports of different substrates or thick depending, may be configured by bonding or the like. 基体2には、必要に応じて易接化処理が施されてもよく、カップリング剤、ラテックス、親水性樹脂、帯電防止樹脂などの樹脂層が形成されてもよく、コロナ処理、プラズマ処理等の易接処理が施されてもよい。 The base body 2 may be easily Sekka process is performed if necessary, a coupling agent, latex, hydrophilic resin may be a resin layer such as antistatic resin is formed, corona treatment, plasma treatment, or the like easy contact treatment may be performed in. また、基体2を高機能化するために、基体2には、エンボス、サイン、ICメモリ、光メモリ、磁気記録層、偽変造防止層、ICチップ、赤外吸収層等の層及び部品を介在させてもよい。 Further, in order to highly functional the substrate 2, the substrate 2, emboss, sign, IC memory, optical memory, magnetic recording layer, falsification preventing layer, IC chip, is interposed layers and components of the infrared absorbing layer, etc. it may be.

基体2は、厚みが50〜1200μm程度であるのがよく、50〜1000μmであるのが好ましい。 Substrate 2 may have a thickness in the range of about 50~1200Myuemu, preferably from 50 to 1000 [mu] m. 基体2の裏面側には筆記層を設けてもよい。 It may be provided with a writing layer on the back side of the substrate 2.

基体2の表面には通常画像3と偽造防止用画像4とが記録されている。 A normal image 3 and the anti-counterfeit image 4 is recorded on the surface of the substrate 2.
通常画像3は、光硬化型の画像記録用インクで記録されたIDカード1の所有者の顔画像である。 Normal image 3 is an owner of the face image of the ID card 1 recorded in photocurable image recording ink.
偽造防止用画像4は、光硬化型の偽造防止用インクで記録されたIDカード1の所有者の顔画像であって、IDカード1ごとに異なる固有の画像である。 The anti-counterfeit image 4 is an owner of the face image of the ID card 1 recorded in photocurable anti-counterfeit ink, a different unique image for each ID card 1.

なお、図1では通常画像3,偽造防止用画像4として顔画像のみを図示しているが、通常画像3,偽造防止用画像4には、顔画像の他に、罫線、社名、カード名称、注意事項、発行元電話番号、住所、名前、生年月日等の個人情報、IDカード1の固有番号、固有記号、固有表示部等が含まれる。 Incidentally, FIG. 1, the normal image 3, but shows only the face image as the anti-counterfeit image 4, normal image 3, the anti-counterfeit image 4, in addition to the face image, borders, name, card name, Notes, issued the original phone number, address, name, personal information, date of birth, etc., unique number of the ID card 1, a unique symbol, contains a specific display unit, and the like.

基体2上には表面保護層5が形成されている。 The upper substrate 2 surface protective layer 5 is formed. 表面保護層5は、当該基体2の表面を保護するもので、通常画像3,偽造防止用画像4を含めた基体2の表面全体を覆うように形成されている。 The surface protective layer 5 is intended to protect the surface of the substrate 2 is formed so as normal image 3, covers the entire surface of the substrate 2 including the anti-counterfeit image 4. 表面保護層5は、主に、IDカード1の表面強度や薬品耐性等の向上を目的とするもので、特に偽造防止機能層の見栄えなどを劣化させない為に表面保護用インクで形成されている(後述参照)。 The surface protective layer 5 is primarily intended for the purpose of improving such as surface strength and chemical resistance of the ID card 1, it is formed in the surface protective ink in order not to particularly deterioration and appearance of anti-counterfeiting function layer (see below).

なお、表面保護層5は、基体2の全面を覆うように形成されていなくてもよく、通常画像3及び偽造防止用画像4上を覆うように形成されていてもよいし、単に通常画像3上を覆うように形成されていてもよいし、単に偽造防止用画像4上を覆うように形成されていてもよい。 The surface protective layer 5 may not be formed to cover the whole surface of the substrate 2, it may be formed so as to cover the normal image 3 and the anti-counterfeit image 4 above, simply normal image 3 it may be formed so as to cover the simply may be formed to cover the anti-counterfeit image 4.

図2はIDカード1の製造装置100の概略構成を示す側面図である。 Figure 2 is a side view showing a schematic configuration of a manufacturing apparatus 100 of the ID card 1.
図2に示す通り、IDカード1の製造装置100は、IDカード1を製造する装置であり、IDカード1の基体2を支持しながら図2中A方向に搬送するプラテン12を有している。 As shown in FIG. 2, the manufacturing apparatus 100 of the ID card 1 is an apparatus for manufacturing the ID card 1 has a platen 12 for conveying the substrate 2 of the ID card 1 while in Figure 2 in the direction A support . プラテン12は公知のベルトコンベア方式のものであり(詳細は図示略)、その表面が光吸収性を有する樹脂で構成されている。 The platen 12 is of a known belt conveyor system (details not shown), the surface of which is composed of a resin having a light absorbing property.

プラテン12の上方には、基体2に対し通常画像3,偽造防止用画像4を記録する画像記録部13が設けられている。 Above the platen 12, the normal image 3 relative to the base body 2, the image recording unit 13 for recording is provided anti-counterfeit image 4. 画像記録部13は、基体2に対し通常画像3を記録する4つの記録ヘッド14〜17と、基体2に対し偽造防止用画像4を記録する偽造防止用記録ヘッドとしての第2の記録ヘッド18とを有している。 The image recording unit 13, the four recording heads 14-17 for recording normal image 3 relative to the base body 2, the second recording head as anti-counterfeit recording head for recording an anti-counterfeit image 4 to the base 2 18 and it has a door.

記録ヘッド14〜17と第2の記録ヘッド18は公知のピエゾ素子と吐出口とを有している。 Recording head 14 to 17 and the second recording head 18 and a discharge port known piezoelectric element.
記録ヘッド14〜17では、当該ピエゾ素子が駆動されると、吐出口からイエロー(Y),マゼンタ(M),シアン(C),ブラック(K)の各色の画像記録用インクを下方に向けて吐出するようになっている。 In the recording head 14 to 17, when the piezoelectric element is driven, yellow from the discharge port (Y), magenta (M), cyan (C), black color images recording ink of the (K) downward It is adapted to discharge. 他方、第2の記録ヘッド18では、当該ピエゾ素子が駆動されると、吐出口から偽造防止用インクを下方に向けて吐出するようになっている。 On the other hand, the second recording head 18, when the piezoelectric element is driven, and the ink for forgery prevention from the discharge port adapted to discharge downward. 画像記録用インクと偽造防止用インクは、光の被照射で硬化する光硬化型インクであり、その種類(組成)が互いに異なっている(後述参照)。 Image recording ink and the anti-counterfeit ink, a light-curable ink that is cured by the light irradiation, the type (composition) are different from each other (see below).

基体2の搬送方向Aの画像記録部13より上流側には複数枚の基体2を集積した集積部20が設けられている。 The upstream side of the image recording unit 13 in the conveying direction A of the substrate 2 stacking unit 20 is provided that integrates a plurality of substrates 2. 集積部20には供給ローラ21が設けられており、供給ローラ21が駆動されると、複数枚の基体2の中から所定のタイミングで基体2が1枚ずつプラテン12に供給されるようになっている。 The stacking unit 20 is provided with the supply roller 21, the supply roller 21 is driven, so that the substrate 2 at a predetermined timing from among the plurality of the base 2 is supplied to the platen 12 one by one ing.

基体2の搬送方向Aの画像記録部13より下流側には表面保護機構30が設けられている。 Surface protecting mechanism 30 on the downstream side is provided from the image recording unit 13 in the conveying direction A of the substrate 2. 表面保護機構30は上記記録ヘッド14〜18,第2の記録ヘッド18と同様の構成を有しているもので、基体2に記録された通常画像3,偽造防止用画像4の表面を保護するための表面保護用インクを下方に(基体2に向けて)吐出するようになっている。 Surface protection mechanism 30 for protecting the recording head 14 to 18, as it has a structure similar to that of the second recording heads 18, normal image 3 recorded on the substrate 2, the surface of the anti-counterfeit image 4 the surface protection ink for (toward the substrate 2) downward is adapted to discharge. 表面保護用インクも、画像記録用インク及び偽造防止用インクと同様に光硬化型インクであり、これらインクとはその種類(組成)が異なっている(後述参照)。 Surface protection inks, a photo-curable ink like the ink and the anti-counterfeit ink image recording, and these inks the type (composition) are different (see below).

基体2の搬送方向Aの表面保護機構30より下流側には光照射機構40が設けられている。 Light irradiation mechanism 40 is provided from the surface protecting mechanism 30 in the conveying direction A of the substrate 2 on the downstream side. 光照射機構40は光源41とリフレクタ42(反射体)とを有している。 Light irradiation mechanism 40 and a light source 41 and the reflector 42 (reflector). リフレクタ42は下方が開放した箱体であってその内面に反射板又は反射膜が設けられたものである。 Reflector 42 are those reflecting plate or reflective film on the inner surface is provided with a box body downwardly opened. 光照射機構40では、光源41が点灯すると、その光がリフレクタ42で反射され、当該光照射機構40の下方に光を照射することができるようになっている。 In the light irradiation mechanism 40, the light source 41 is turned on, the light is reflected by the reflector 42, so that the light can be irradiated to downward of the light irradiation mechanism 40.

本実施形態でいう「光」とは、例えば電子線、紫外線、α線、β線、γ線、エックス線等であり、取扱いが容易で工業的にもその利用が普及している電子線、紫外線を用いるのが好ましい。 The "light" in the present embodiment, for example an electron beam, ultraviolet rays, alpha rays, beta rays, gamma rays and X-rays, electron beam handling also its use facilitates industrial has spread, the ultraviolet it is preferable to use. 本実施形態では、280〜320nmの波長領域に最高照度をもつ光を用いることが好ましく、光源41の具体例としては、蛍光管、冷陰極管、LED(Light Emitting Diode)などがあるが、これらに限定されない。 In the present embodiment, it is preferable to use a light with the highest intensity in the wavelength region of 280 to 320 nm, specific examples of the light source 41, a fluorescent tube, cold cathode tube, LED (Light Emitting Diode) but the like, these but it is not limited to.

なお、光の照射方法として、その基本的な方法が特開昭60−132767号に開示されている。 Incidentally, as an irradiation method of light, the basic method is disclosed in JP 60-132767. これによると、ヘッドユニットの両側に光源を設け、シャトル方式でヘッドと光源を走査する。 According to this, light sources are provided on both sides of the head unit to scan the head and the light source in a shuttle system. 照射は、インク着弾後、一定時間を置いて行われることになる。 Irradiation after ink deposition would be performed at a predetermined time. 更に、駆動を伴わない別光源によって硬化を完了させる。 Further, curing is completed by another light source that is not driven. 米国特許第6,145,979号では、照射方法として、光ファイバーを用いた方法や、コリメートされた光源をヘッドユニット側面に設けた鏡面に当て、記録部へ光を照射する方法が開示されている。 In U.S. Patent No. 6,145,979, as an irradiation method, a method of using an optical fiber, applying a collimated light source to a mirror surface provided on a head unit side face, a method of irradiating is disclosed light to the recording unit . 本実施形態においては、これらの何れの照射方法も用いてもよい。 In the present embodiment, it may also be used any of these irradiation methods.

また、光の照射を2段階に分け、まずインク着弾後0.001〜2.0秒の間に前述の方法で光を照射し、かつ、全記録終了後、更に光を照射する方法も好ましい態様の1つである。 The divided light irradiation into two steps, is irradiated with light during 0.001-2.0 seconds after ink landing first with the method described above, and, after all the recording is completed, a method of further irradiating light preferred is one aspect. 光の照射を2段階に分けることで、よりインク硬化の際に起こる基体2の収縮を抑えることが可能となる。 By separating the light irradiation into two steps, it is possible to suppress the shrinkage of the substrate 2 which occurs when more ink curing.

基体2の搬送方向Aの光照射機構40の下方には1対の搬出ローラ51,52とスタッカー53とが設けられている。 And unloading rollers 51 and 52 and the stacker 53 in a pair are provided below the light irradiation mechanism 40 in the conveying direction A of the substrate 2. 搬出ローラ51,52は互いに逆方向に回転するもので、基体2をプラテン12からスタッカー53に搬出するようになっている。 Out rollers 51 and 52 is intended to rotate in opposite directions, so as to unload the substrate 2 from the platen 12 to the stacker 53. スタッカー53は搬出ローラ51,52を通過した基体2をストック(蓄積)するものである。 Stacker 53 in which the base body 2 which has passed through the discharge rollers 51 and 52 for stocking (storage).

次に、本発明に係る「偽造防止用インク」について説明する。 It will now be described "ink anti-counterfeit" according to the present invention.

偽造防止用インクは、(A.1)光硬化可能化合物や(A.2)光硬化促進剤、(A.3)偽造防止用材料等を含有するものである。 Anti-counterfeit ink, (A.1) the photocurable compound and (A.2) light curing accelerator, those containing a (A.3) anti-counterfeit materials.

(A.1)光硬化可能化合物 光硬化可能化合物とは、光の照射によって重合してポリマーを形成する化合物である。 (A.1) and the photocurable compound photo-curable compound is a compound which polymerizes by irradiation of light to form a polymer. 重合性化合物としては、光照射の際ラジカル反応によって重合する光ラジカル重合性化合物や、カチオン化学種が反応活性種となって重合するカチオン重合系のカチオン重合性化合物が知られており、これらは例えば特開平7−159983号、特公平7−31399号、特開平8−224982号、特開平10−863号、特願平7−231444号等の各号公報に記載されている。 As the polymerizable compound, and photo-radical polymerizable compound that is polymerized by a radical reaction upon light irradiation, and the cationic species is known cationically polymerizable compound of the cationic polymerization to polymerize a reactive species, which are JP-a-7-159983, Kokoku 7-31399 Patent, JP-a-8-224982, JP-a-10-863, those described in JP-Patent Application No. Hei 7-231444 and the like.

最近では可視光以上の長波長域に増感された光カチオン重合系の光硬化性樹脂も例えば、特開平6−43633号、特開平8−324137等に公開されている。 Recently cationic photopolymerization type photocuring resins sensitized to longer wavelengths than visible light may for example, JP-A-6-43633, published in JP-A-8-324137 and the like. また、特開平2005−153386号等では光硬化型ポリビニルアルコール誘導体の重合物が公開されている。 The polymerization of the photocurable polyvinyl alcohol derivatives is published in JP-A 2005-153386 Patent like. マレイミド誘導体としては、特開昭61−250064号、特開昭62−79243号、特開平6−298817号、特開平11−124403号等が公開されている。 The maleimide derivative, JP 61-250064, JP 62-79243, JP-A-6-298817, JP-A 11-124403 Patent etc. have been published. 偽造防止用インクでは、いずれの材料も適用可能である。 The anti-counterfeit inks, any material can be applied.

偽造防止用インクにおいては、材料の人体への影響が少ない(皮膚刺激性等)、カチオン重合性化合物、光硬化型ポリビニルアルコール誘導体、マレイミド誘導体等を光硬化可能化合物として用いるのが好ましい。 In the anti-counterfeit ink, less impact on the human body of the material (skin irritation, etc.), cationic polymerizable compounds, photo-curable polyvinyl alcohol derivatives, to use a maleimide derivative or the like as the photocurable compound. より好ましくはインクジェット用途において低粘度が必須であること、酸素による重合阻害受けにくく高分子量化したい耐薬品性、耐水性、高表面強度が期待できることより、カチオン重合性化合物、光硬化型ポリビニルアルコール誘導体を光硬化可能化合物として用いるのが好ましい。 More preferably at low viscosity required in ink jet applications, chemical resistance to be polymerization inhibition less susceptible molecular weight by oxygen, water resistance, from a high surface strength can be expected, cationically polymerizable compound, photo-curable polyvinyl alcohol derivative preferably used as the photocurable compound.

下記では、光硬化可能化合物として適用可能な(A.1.1)ラジカル重合性化合物、(A.1.2)カチオン重合性化合物、(A.1.3)光硬化型ポリビニルアルコール誘導体及び(A.1.4)マレイミド誘導体についてそれぞれ説明する。 In the following, applicable as photocurable compound (A.1.1) radical polymerizable compound, (A.1.2) cationic polymerizable compound, (A.1.3) photocurable polyvinyl alcohol derivative and ( A.1.4) are described maleimide derivative.

(A.1.1)ラジカル重合性化合物 ラジカル重合性化合物は、ラジカル重合可能なエチレン性不飽和結合を有する化合物であり、分子中にラジカル重合可能なエチレン性不飽和結合を少なくとも1つ有する化合物であればどのようなものでもよく、モノマー、オリゴマー、ポリマー等の化学形態を有するものが含まれる。 (A.1.1) radically polymerizable compound The radically polymerizable compound is a compound having a radical polymerizable ethylenically unsaturated bond, the compound having at least one radically polymerizable ethylenically unsaturated bond in the molecule may be any one so long, it includes those with monomers, oligomers, the chemical form of the polymer. ラジカル重合性化合物は1種のみ用いてもよく、また目的とする特性を向上するため、任意の比率で2種以上を併用してもよい。 Radical polymerizable compound may be used alone, and in order to improve an intended property may be used in combination of two or more kinds at any ratio.

ラジカル重合可能なエチレン性不飽和結合を有する化合物の例としては、アクリル酸、メタクリル酸、イタコン酸、クロトン酸、イソクロトン酸、マレイン酸等の不飽和カルボン酸及びそれらの塩、エステル、ウレタン、アミドや無水物、アクリロニトリル、スチレン、さらに種々の不飽和ポリエステル、不飽和ポリエーテル、不飽和ポリアミド、不飽和ウレタン等のラジカル重合性化合物が挙げられる。 Examples of compounds having a radically polymerizable ethylenically unsaturated bond include acrylic acid, methacrylic acid, itaconic acid, crotonic acid, isocrotonic acid and salts thereof, such as maleic acid, ester, urethane, amide or anhydride, acrylonitrile, styrene, and various types of unsaturated polyesters, unsaturated polyethers, unsaturated polyamides, radical polymerizable compounds such as unsaturated urethanes. 具体的には、2−エチルヘキシルアクリレート、2−ヒドロキシエチルアクリレート、ブトキシエチルアクリレート、カルビトールアクリレート、シクロヘキシルアクリレート、テトラヒドロフルフリルアクリレート、ベンジルアクリレート、ビス(4−アクリロキシポリエトキシフェニル)プロパン、ネオペンチルグリコールジアクリレート、1,6−ヘキサンジオールジアクリレート、エチレングリコールジアクリレート、ジエチレングリコールジアクリレート、トリエチレングリコールジアクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、ポリエチレングリコールジアクリレート、ポリプロピレングリコールジアクリレート、ペンタエリスリトールトリアクリレート、ペンタエリスリトールテトラアクリレート、ジペンタエリ Specifically, 2-ethylhexyl acrylate, 2-hydroxyethyl acrylate, butoxyethyl acrylate, carbitol acrylate, cyclohexyl acrylate, tetrahydrofurfuryl acrylate, benzyl acrylate, bis (4-acryloxy polyethoxy phenyl) propane, neopentyl glycol diacrylate, 1,6-hexanediol diacrylate, ethylene glycol diacrylate, diethylene glycol diacrylate, triethylene glycol diacrylate, tetraethylene glycol diacrylate, polyethylene glycol diacrylate, polypropylene glycol diacrylate, pentaerythritol triacrylate, pentaerythritol tetraacrylate, Jipentaeri リトールテトラアクリレート、トリメチロールプロパントリアクリレート、テトラメチロールメタンテトラアクリレート、オリゴエステルアクリレート、N−メチロールアクリルアミド、ジアセトンアクリルアミド、エポキシアクリレート等のアクリル酸誘導体、メチルメタクリレート、n−ブチルメタクリレート、2−エチルヘキシルメタクリレート、ラウリルメタクリレート、アリルメタクリレート、グリシジルメタクリレート、ベンジルメタクリレート、ジメチルアミノメチルメタクリレート、1,6−ヘキサンジオールジメタクリレート、エチレングリコールジメタクリレート、トリエチレングリコールジメタクリレート、ポリエチレングリコールジメタクリレート、ポリプロピレングリコールジメタクリレート、トリメチロール Lithol tetraacrylate, trimethylol propane triacrylate, tetra methylol methane tetraacrylate, oligoester acrylate, N- methylol acrylamide, diacetone acrylamide, acrylic acid derivatives such as epoxy acrylate, methyl methacrylate, n- butyl methacrylate, 2-ethylhexyl methacrylate , lauryl methacrylate, allyl methacrylate, glycidyl methacrylate, benzyl methacrylate, dimethylaminomethyl methacrylate, 1,6-hexanediol dimethacrylate, ethylene glycol dimethacrylate, triethylene glycol dimethacrylate, polyethylene glycol dimethacrylate, polypropylene glycol dimethacrylate, trimethylol タントリメタクリレート、トリメチロールプロパントリメタクリレート、2,2−ビス(4−メタクリロキシポリエトキシフェニル)プロパン等のメタクリル誘導体、その他、アリルグリシジルエーテル、ジアリルフタレート、トリアリルトリメリテート等のアリル化合物の誘導体が挙げられ、さらに具体的には、山下晋三編、「架橋剤ハンドブック」、(1981年大成社);加藤清視編、「UV・EB硬化ハンドブック(原料編)」(1985年、高分子刊行会);ラドテック研究会編、「UV・EB硬化技術の応用と市場」、79頁、(1989年、シーエムシー);滝山栄一郎著、「ポリエステル樹脂ハンドブック」、(1988年、日刊工業新聞社)等に記載の市販品もしくは業界で公知のラジカル重合性ないし架橋性のモノマー Tan trimethacrylate, trimethylolpropane trimethacrylate, 2,2-bis (4-methacryloxy polyethoxy phenyl) methacrylamide derivatives such as propane, other, allyl glycidyl ether, diallyl phthalate, and allyl compound derivatives such as triallyl trimellitate and the like, and more specifically, in Shinzo Yamashita ed, "crosslinking agent Handbook", (1981, Taisei Corp.); Kato Kiyomi, ed., "UV · EB Koka Handbook (materials)" edited (1985, polymer publication Kai); Radotekku research Society, "application and market of UV · EB curing technology", p. 79, (1989, CMC); edited by Eiichiro Takiyama, "polyester resin Handbook", (1988, Nikkan Kogyo Shimbun) known radical polymerizable or crosslinkable monomers commercially available or industry according to equal 、オリゴマー及びポリマーを用いることができる。 It can be used oligomers and polymers.

その他のラジカル重合性化合物としては、アリルグリシジルエーテル、ジアリルフタレート、トリアリルトリメリテート等のアリル化合物の誘導体が挙げられる。 The other radical polymerizable compounds, allyl glycidyl ether, diallyl phthalate, and allyl compound derivatives such as triallyl trimellitate. 更に具体的には、山下晋三編、「架橋剤ハンドブック」、(1981年大成社);加藤清視編、「UV・EB硬化ハンドブック(原料編)」(1985年、高分子刊行会);ラドテック研究会編、「UV・EB硬化技術の応用と市場」、79頁、(1989年、シーエムシー);滝山栄一郎著、「ポリエステル樹脂ハンドブック」、(1988年、日刊工業新聞社)等に記載された周知のラジカル重合性ないし架橋性のモノマー、オリゴマー及びポリマーを用いることができる。 More specifically, in Shinzo Yamashita Ed, "crosslinking agent Handbook", (1981, Taisei Corp.); Kato Kiyomi, ed., "UV · EB Koka Handbook (Materials)" edited (1985, Polymer Publishing Association); Radotekku research Society, "application and market of UV · EB curing technology", p. 79, (1989, CMC); edited by Eiichiro Takiyama, "polyester resin Handbook", (1988, Nikkan Kogyo Shimbun, Ltd.) are described in, etc. known radical polymerizable or crosslinkable monomers can be used oligomers and polymers.

ラジカル重合性化合物の偽造防止用インクに対する添加量は1〜97質量%とすることが好ましい。 Amount added for anti-counterfeit ink of the radical polymerizable compound is preferably set to 1 to 97 wt%.

(A.1.2)カチオン重合性化合物 カチオン重合性化合物とは、カチオン重合により高分子化の起こるタイプである。 (A.1.2) The cationically polymerizable compound a cationically polymerizable compound, a type of occurrence of the polymer by cationic polymerization. カチオン重合性化合物としては、例えばエポキシタイプの光硬化性プレポリマーや1分子内にエポキシ基を2個以上含有するモノマーを適用することができる。 As the cationically polymerizable compound, for example an epoxy type photocurable prepolymer and epoxy groups in one molecule can be used a monomer having two or more. このようなプレポリマーとしては、例えば、脂環式ポリエポキシド類、多塩基酸のポリグリシジルエステル類、多価アルコールのポリグリシジルエーテル類、ポリオキシアルキレングリコールのポリグリシジルエーテル類、芳香族ポリオールのポリグリシジルエーテル類、芳香族ポリオールのポリグリシジルエーテル類の水素添加化合物類、ウレタンポリエポキシ化合物類及びエポキシ化ポリブタジエン類等を挙げることができる。 Such prepolymers, for example, alicyclic polyepoxides, polyglycidyl esters of polybasic acids, polyglycidyl ethers of polyhydric alcohols, polyglycidyl ethers of polyoxyalkylene glycols, polyglycidyl aromatic polyol ethers, polyglycidyl ethers hydrogenated compounds of aromatic polyols, and urethane polyepoxy compounds and epoxidized polybutadienes like. これらのプレポリマーやモノマーは、その一種を単独で使用することもできるし、又その二種以上を混合して使用することもできる。 These prepolymers or monomers, can either use that kind alone or may be used by mixing the two or more.

カチオン重合性化合物としては、他に例えば下記の(A.1.2.1)スチレン誘導体、(A.1.2.2)ビニルナフタレン誘導体、(A.1.2.3)ビニルエーテル類、(A.1.2.4)N−ビニル化合物類、(A.1.2.5)オキセタン化合物類等を挙げることができる。 The cationically polymerizable compound, other example (A.1.2.1) styrene derivative represented by the following, (A.1.2.2) vinylnaphthalene derivatives, (A.1.2.3) vinyl ethers, ( A.1.2.4) N-vinyl compounds, mention may be made of (A.1.2.5) oxetane compounds and the like.

(A.1.2.1)スチレン誘導体 スチレン誘導体としては、例えば、スチレン、p−メチルスチレン、p−メトキシスチレン、β−メチルスチレン、p−メチル−β−メチルスチレン、α−メチルスチレン、p−メトキシ−β−メチルスチレン等が適用可能である。 (A.1.2.1) The styrene derivative styrene derivatives such as styrene, p- methyl styrene, p- methoxy styrene, beta-methyl styrene, p- methyl -β- methyl styrene, alpha-methyl styrene, p - methoxy -β- methyl styrene and the like are applicable.

(A.1.2.2)ビニルナフタレン誘導体 ビニルナフタレン誘導体としては、例えば、2−ビニルナフタレン、α−メチル−2−ビニルナフタレン、β−メチル−2−ビニルナフタレン、4−メチル−2−ビニルナフタレン、4−メトキシ−2−ビニルナフタレン等が適用可能である。 (A.1.2.2) The vinyl naphthalene derivatives vinylnaphthalene derivatives, for example, 2-vinylnaphthalene, alpha-methyl-2-vinyl naphthalene, beta-methyl-2-vinyl naphthalene, 4-methyl-2-vinyl naphthalene, 4-methoxy-2-vinylnaphthalene is applicable.

(A.1.2.3)ビニルエーテル類 ビニルエーテル類としては、例えば、エチレングリコールジビニルエーテル、ジエチレングリコールジビニルエーテル、トリエチレングリコールジビニルエーテル、プロピレングリコールジビニルエーテル、ジプロピレングリコールジビニルエーテル、ブタンジオールジビニルエーテル、ヘキサンジオールジビニルエーテル、シクロヘキサンジメタノールジビニルエーテル、トリメチロールプロパントリビニルエーテル等のジ又はトリビニルエーテル化合物、エチルビニルエーテル、n−ブチルビニルエーテル、イソブチルビニルエーテル、オクタデシルビニルエーテル、シクロヘキシルビニルエーテル、ヒドロキシブチルビニルエーテル、2−エチルヘキシルビニルエーテル、シクロヘキサンジメタノ The (A.1.2.3) vinyl ethers vinyl ethers, such as ethylene glycol divinyl ether, diethylene glycol divinyl ether, triethylene glycol divinyl ether, propylene glycol divinyl ether, dipropylene glycol divinyl ether, butanediol divinyl ether, hexane divinyl ether, cyclohexanedimethanol divinyl ether, divinyl or trivinyl ether compounds such as trimethylolpropane trivinyl ether, ethyl vinyl ether, n- butyl vinyl ether, isobutyl vinyl ether, octadecyl vinyl ether, cyclohexyl vinyl ether, hydroxybutyl vinyl ether, 2-ethylhexyl vinyl ether, cyclohexane dimethano ールモノビニルエーテル、n−プロピルビニルエーテル、イソプロピルビニルエーテル、イソプロペニルエーテル−O−プロピレンカーボネート、ドデシルビニルエーテル、ジエチレングリコールモノビニルエーテル、オクタデシルビニルエーテル等のモノビニルエーテル化合物等が挙げられる。 Over mono vinyl ether, n- propyl vinyl ether, isopropyl vinyl ether, isopropenyl ether -O- propylene carbonate, dodecyl vinyl ether, diethylene glycol monovinyl ether, and octadecyl vinyl ether.

(A.1.2.4)N−ビニル化合物類 N−ビニル化合物類としては、例えば、N−ビニルカルバゾール、N−ビニルピロリドン、N−ビニルインドール、N−ビニルピロール、N−ビニルフェノチアジン、N−ビニルアセトアニリド、N−ビニルエチルアセトアミド、N−ビニルスクシンイミド、N−ビニルフタルイミド、N−ビニルカプロラクタム、N−ビニルイミダゾール等が適用可能である。 (A.1.2.4) The N- vinyl compounds N- vinyl compounds, for example, N- vinyl carbazole, N- vinyl pyrrolidone, N- vinyl indole, N- vinyl pyrrole, N- vinyl phenothiazine, N - vinyl acetanilide, N- vinyl ethyl acetamide, N- vinyl succinimide, N- vinyl phthalimide, N- vinyl caprolactam, N- vinyl imidazole and the like are applicable.

(A.1.2.5)オキタセン化合物類 オキセタン化合物類とは、オキセタン環を有する化合物を意味する。 (A.1.2.5) and the oxetane compounds oxetane compounds means a compound having an oxetane ring. オキセタン化合物類としては、例えば、特開2001−220526号、特開2001−310937号に記載されているような、公知のオキセタン化合物を使用することができる。 The oxetane compounds, for example, can be used JP 2001-220526, as described in JP 2001-310937, a known oxetane compound. オキセタン化合物類として、オキセタン環を5個以上有する化合物を使用すると、偽造防止用インクの粘度が高くなって取扱いが困難になったり、また偽造防止用インクのガラス転移温度が高くなって得られる硬化物の粘着性が十分でなくなってしまう。 Oxetane compounds, the use of a compound having an oxetane ring 5 or more, or handling difficult becomes high viscosity anti-counterfeit ink, also the glass transition temperature of the ink for forgery prevention can be obtained higher curing sticky stuff becomes not sufficient. オキセタン化合物類としてはオキセタン環を1〜4個有する化合物が好ましい。 The oxetane compounds compound having 1 to 4 oxetane rings is preferable.

下記に、オキセタン化合物類の具体例について説明するが、これらに限定されるものではない。 Below is a description of specific examples of the oxetane compounds, but is not limited thereto. 1個のオキセタン環を有する化合物の一例としては、下記一般式(1)で示される化合物が挙げられる。 Examples of the compound having one oxetane ring include the compounds represented by the following general formula (1).

一般式(1)において、「R1」は水素原子やメチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基等の炭素数1〜6のアルキル基、炭素数1〜6のフルオロアルキル基、アリル基、アリール基、フリル基またはチエニル基である。 In the general formula (1), "R1" is a hydrogen atom or a methyl group, an ethyl group, a propyl group, an alkyl group having 1 to 6 carbon atoms such as butyl group, a fluoroalkyl group having 1 to 6 carbon atoms, an allyl group, an aryl group, a furyl group or a thienyl group. 「R2」は、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基等の炭素数1〜6個のアルキル基、1−プロペニル基、2−プロペニル基、2−メチル−1−プロペニル基、2−メチル−2−プロペニル基、1−ブテニル基、2−ブテニル基、3−ブテニル基等の炭素数2〜6個のアルケニル基、フェニル基、ベンジル基、フルオロベンジル基、メトキシベンジル基、フェノキシエチル基等の芳香環を有する基、エチルカルボニル基、プロピルカルボニル基、ブチルカルボニル基等の炭素数2〜6個のアルキルカルボニル基、エトキシカルボニル基、プロポキシカルボニル基、ブトキシカルボニル基等の炭素数2〜6個のアルコキシカルボニル基、またはエチルカルバモイル基、プロピルカルバモイル基、ブチルカルバモイル基、ペンチルカルバモ "R2" include methyl group, ethyl group, propyl group, butyl alkyl group having 1 to 6 carbon atoms such as, 1-propenyl, 2-propenyl, 2-methyl-1-propenyl group, 2-methyl 2-propenyl, 1-butenyl, 2-butenyl group, 3-number 2-6 alkenyl group having a carbon such as a butenyl group, a phenyl group, a benzyl group, fluorobenzyl group, methoxybenzyl group, phenoxyethyl group, group having an aromatic ring, an ethylcarbonyl group, a propyl group, number 2-6 alkylcarbonyl group carbon atoms such as butyl group, an ethoxycarbonyl group, propoxycarbonyl group, 2 to 6 carbon atoms such as butoxycarbonyl group alkoxycarbonyl group or ethylcarbamoyl group, propylcarbamoyl group, butylcarbamoyl group, Penchirukarubamo ル基等の炭素数2〜6個のN−アルキルカルバモイル基等である。 Carbon atoms, such as Le group 2-6 is N- alkylcarbamoyl group.

偽造防止用インクで使用するオキセタン化合物類としては、得られる偽造防止用インクが粘着性に優れ、低粘度で作業性に優れるため、1個のオキセタン環を有する化合物を使用することが、特に好ましい。 The oxetane compounds used in anti-counterfeit ink, since the anti-counterfeit inks obtained excellent adhesion, excellent workability at low viscosity, the use of a compound having one oxetane ring, particularly preferred .

2個のオキセタン環を有する化合物の一例としては、下記一般式(2)で示される化合物等が挙げられる。 Examples of compounds having two oxetane rings include the compounds represented by the following general formula (2).

一般式(2)において、「R1」は、上記一般式(1)におけるそれと同様の基である。 In the general formula (2), "R1" is the same as that of the group in the above general formula (1). 「R3」は、例えば、エチレン基、プロピレン基、ブチレン基等の線状または分枝状アルキレン基、ポリ(エチレンオキシ)基、ポリ(プロピレンオキシ)基等の線状または分枝状ポリ(アルキレンオキシ)基、プロペニレン基、メチルプロペニレン基、ブテニレン基等の線状または分枝状不飽和炭化水素基、またはカルボニル基またはカルボニル基を含むアルキレン基、カルボキシル基を含むアルキレン基、カルバモイル基を含むアルキレン基等である。 "R3" are, for example, ethylene group, propylene group, a linear or branched alkylene group such as butylene, poly (ethyleneoxy) group, a poly (propyleneoxy) linear or branched poly (alkylene group such as a group including oxy) group, a propenylene group, methyl propenylene group, a linear or branched unsaturated hydrocarbon group such as a butenylene group or an alkylene group containing a carbonyl group or a carbonyl group, an alkylene group containing a carboxyl group, a carbamoyl group is an alkylene group and the like.

また、R3としては、下記一般式(3)、(4)及び(5)で示される基から選択される多価基も挙げることができる。 As the R3, the following formula (3) can also include polyvalent group selected from groups represented by (4) and (5).

一般式(3)において、「R4」は、水素原子やメチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基等の炭素数1〜4個のアルキル基、メトキシ基、エトキシ基、プロポキシ基、ブトキシ基等の炭素数1〜4個のアルコキシ基、塩素原子、臭素原子等のハロゲン原子、ニトロ基、シアノ基、メルカプト基、低級アルキルカルボキシル基、カルボキシル基、またはカルバモイル基である。 In formula (3), "R4" represents a hydrogen atom or a methyl group, an ethyl group, a propyl group, an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms such as butyl group, a methoxy group, an ethoxy group, a propoxy group, a butoxy group alkoxy group, a chlorine atom number of from 1 to 4 carbon atoms, a halogen atom such as a bromine atom, a nitro group, a cyano group, a mercapto group, a lower alkylcarboxyl group, a carboxyl group or a carbamoyl group.

一般式(4)において、「R5」は、酸素原子、硫黄原子、メチレン基、NH、SO、SO 、C(CF 、またはC(CH を表す。 In the general formula (4), "R5" represents an oxygen atom, a sulfur atom, a methylene group, NH, SO, and SO 2, C (CF 3) 2 or C (CH 3) 2,.

一般式(5)において、「R6」は、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基等の炭素数1〜4個のアルキル基、またはアリール基である。 In the general formula (5), "R6" is a methyl group, an ethyl group, a propyl group, butyl alkyl group having 1 to 4 carbon atoms such as a group, or an aryl group. nは0〜2000の整数である。 n is an integer of 0 to 2000. 「R7」はメチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基の炭素数1〜4個のアルキル基、またはアリール基である。 "R7" is methyl, ethyl, propyl, butyl alkyl group having 1 to 4 carbon atoms or aryl group. R7としては、さらに、下記一般式(6)で示される基から選択される基も挙げることができる。 The R7, further can also include groups selected from the group represented by the following general formula (6).

一般式(6)において、「R8」は、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基等の炭素数1〜4個のアルキル基、またはアリール基である。 In the general formula (6), "R8" are methyl group, ethyl group, propyl group, butyl alkyl group having 1 to 4 carbon atoms such as a group, or an aryl group. 「m」は0〜100の整数である。 "M" is an integer of 0 to 100.

2個のオキセタン環を有する化合物の具体例としては、下記例示化合物1、2が挙げられる。 Specific examples of the compound having two oxetane rings include the following exemplified compounds 1 and 2.

例示化合物1は、前記一般式(2)において、R1がエチル基、R3がカルボニル基である化合物である。 Exemplified Compound 1 in the general formula (2), R1 is an ethyl group, a compound R3 is a carbonyl group. また、例示化合物2は、前記一般式(2)において、R1がエチル基、R3が前記一般式(5)でR6及びR7がメチル基、nが1である化合物である。 Further, exemplified compound 2, in the general formula (2), R1 is an ethyl group, R3 R6 and R7 in said general formula (5) is a methyl group, compounds wherein n is 1.

2個のオキセタン環を有する化合物において、上記の化合物以外の好ましい例としては、下記一般式(7)で示される化合物がある。 In the compound having two oxetane rings, preferable examples other than the above compounds, a compound represented by the following general formula (7). 一般式(7)において、「R1」は、前記一般式(1)のR1と同義である。 In the general formula (7), "R1" is the same as defined in the general formula (1) R1.

3〜4個のオキセタン環を有する化合物の一例としては、下記一般式(8)で示される化合物が挙げられる。 Examples of the compound having 3 or 4 oxetane rings include the compounds represented by the following general formula (8).

一般式(8)において、「R1」は、前記一般式(1)におけるR1と同義である。 In the general formula (8), "R1" is synonymous with R1 in the general formula (1). 「R9」としては、例えば、下記A〜Cで示される基等の炭素数1〜12の分枝状アルキレン基、下記Dで示される基等の分枝状ポリ(アルキレンオキシ)基または下記Eで示される基等の分枝状ポリシロキシ基等が挙げられる。 As the "R9", a branched alkylene group having 1 to 12 carbon atoms such as a group represented by the following A through C, branched poly (alkyleneoxy) group such as a group represented by the following group D or E below in such a branched polysiloxane group such as shown and the like. 「j」は、3または4である。 "J" is a 3 or 4.

上記Aにおいて、「R10」はメチル基、エチル基またはプロピル基等の低級アルキル基である。 In the above A, "R10" represents a lower alkyl group such as methyl group, ethyl group or propyl group. 上記Dにおいて、「p」は1〜10の整数である。 In the D, "p" is an integer of from 1 to 10.

4個のオキセタン環を有する化合物の一例としては、例示化合物3が挙げられる。 Examples of the compound having 4 oxetane rings include the exemplified compound 3.

さらに、上記説明した以外の1〜4個のオキセタン環を有する化合物の例としては、下記一般式(9)で示される化合物が挙げられる。 Further, examples of a compound having 1-4 oxetane rings other than those described above include compounds represented by the following general formula (9).

一般式(9)において、「R8」は前記一般式(6)のR8と同義である。 In the general formula (9), "R8" has the same meaning as the general formula (6) R8. 「R11」はメチル基、エチル基、プロピル基またはブチル基等の炭素数1〜4のアルキル基またはトリアルキルシリル基であり、「r」は1〜4である。 "R11" is methyl group, ethyl group, an alkyl group or a trialkylsilyl group having 1 to 4 carbon atoms such as propyl or butyl group, "r" is 1-4. 「R1」は前記一般式(6)のR1と同義である。 "R1" is synonymous with the general formula (6) R1.

偽造防止用インクで使用するオキセタン化合物の好ましい具体例としては、以下に示す例示化合物4、5、6がある。 Preferred examples of the oxetane compounds used in anti-counterfeit ink, there are exemplified compounds 4, 5 and 6 below.

上述したオキセタン環を有する各化合物の製造方法は、特に限定されず、従来知られた方法に従えばよく、例えば、パティソン(D.B.Pattison,J.Am.Chem.Soc.,3455,79(1957))が開示している、ジオールからのオキセタン環合成法等がある。 Method for producing the compound having the above-described oxetane ring is not particularly limited, may according to the conventionally known method, for example, Pattison (D.B.Pattison, J.Am.Chem.Soc., 3455,79 (1957)) discloses, is oxetane ring synthesizing method from diol. また、これら以外にも、分子量1000〜5000程度の高分子量を有する1〜4個のオキセタン環を有する化合物も挙げられる。 In addition to these, compounds having 1 to 4 oxetane rings with a molecular weight of about molecular weight 1000 to 5000 may also be used. これらの具体的化合物例としては、以下の化合物が挙げられる。 These exemplified compound include the following compounds.

カチオン重合性化合物の偽造防止用インクに対する添加量は1〜97質量%とすることが好ましい。 Amount added for anti-counterfeit ink cationically polymerizable compound is preferably set to 1 to 97 wt%.

(A.1.3)光硬化型ポリビニルアルコール誘導体 光硬化型ポリビニルアルコール誘導体とは、ポリ酢酸ビニルのケン化物、ポリビニルアセタール、ポリエチレンオキサイド、ポリアルキレンオキサイド、ポリビニルピロリドン、ポリアクリルアミド、ヒドロキシエチルセルロース、メチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、または前記親水性樹脂の誘導体、ならびにこれらの共重合体からなる群より選ばれる少なくとも一種であるか、またはその親水性樹脂に、光二量化型、光分解型、光重合型、光変性型、光解重合型などの変性基により変性したものである。 (A.1.3) and photocurable polyvinyl alcohol derivative photocurable polyvinyl alcohol derivatives, saponified polyvinyl acetate, polyvinyl acetal, polyethylene oxide, polyalkylene oxide, polyvinyl pyrrolidone, polyacrylamide, hydroxyethyl cellulose, methyl cellulose, hydroxypropyl cellulose or derivatives of the hydrophilic resin, and either at least one selected from the group consisting of copolymers, or the hydrophilic resin, photo-dimerization type, photolytic, photopolymerizable, light denatured, is obtained by modified by modifying group, such as an optical depolymerization type.

光二量化型の変性基としては、ジアゾ基、シンナモイル基、スチリルピリジニウム基、スチルキノリウム基を導入したものが好ましく、光二量化後アニオン染料等の水溶性染料により染色される樹脂が好ましい。 The modified groups of photo-dimerization type, a diazo group, a cinnamoyl group, styryl pyridinium group, is preferably obtained by introducing a still keno helium group, resin dyed with water-soluble dyes, such as photo-dimerization after anionic dye preferably. このような樹脂としては、たとえば一級アミノ基ないし4級アンモニウム基等のカチオン性基を有する樹脂、たとえば特開昭62−283339号、特開平1−198615号、特開昭60−252341号、特開昭56−67309号、特開昭60−129742号等の公報に記載された感光性樹脂(組成物)、硬化処理によりアミノ基になるアジド基のような硬化後カチオン性になる樹脂、たとえば特開昭56−67309号等の公報に記載された感光性樹脂(組成物)があげられる。 Such resins, for example, a resin having a cationic group such as quaternary ammonium groups to free primary amino group, for example, JP 62-283339, JP-A-1-198615, JP 60-252341, JP HirakiAkira 56-67309 Patent, photosensitive resin (compositions) described in JP-a No. 60-129742 and the like, after curing cationically made resin such as an azide group which becomes an amino group by curing, for example, photosensitive resin described in JP-a No. 56-67309, etc. (composition) and the like.

光硬化型ポリビニルアルコール誘導体の偽造防止用インクに対する添加量は1〜97質量%とすることが好ましい。 Amount added for anti-counterfeit ink photocurable polyvinyl alcohol derivative is preferably set to 1 to 97 wt%.

(A.1.4)マレイミド誘導体 マレイミド誘導体としては公知の化合物が使用できる。 (A.1.4) known compound can be used as the maleimide derivative maleimide derivative. 例えば、特開昭61−250064号、特開昭62−64813号、特開昭62−79243号、特開平6−298817号、特開平11−124403号、特開平11−292874号、特開平11−302278号、特開2000−264922号、「Polymer Materials Science and Engineering」第72巻、第470〜472頁(1995年)、「Polymer Preprints」第37巻、第348〜349頁(1996年)、「第4回フュージョンUV技術セミナー」第43〜77頁(1996年)、「PolymerLetters」第6巻、第883〜888頁(1998年)、「第9回フュージョンUV技術セミナー」第5〜20頁(2001年)等に記載された化合物が使用 For example, JP 61-250064, JP 62-64813, JP 62-79243, JP-A-6-298817, JP-A-11-124403, JP-A-11-292874, JP-A 11 No. -302278, Japanese Unexamined Patent Publication No. 2000-264922, "Polymer Materials Science and Engineering," the first Vol. 72, pp. 470-472 (1995), "Polymer Preprints" Vol. 37, pp. 348-349 (1996), "4th Fusion UV technology Seminar", pp. 43-77 (1996), "PolymerLetters" Vol. 6, pp. 883-888 (1998), "9th Fusion UV technology Seminar" first 5 to 20 pages use the compounds described in (2001), etc. きる。 Kill.

マレイミド誘導体の偽造防止用インクに対する添加量は1〜97質量%とすることが好ましい。 Amount added for anti-counterfeit ink maleimide derivative is preferably set to 1 to 97 wt%.

偽造防止用インクでは、上記カチオン重合性化合物、ラジカル重合性化合物は単独で使用されてもよく、混合されてもよい。 The anti-counterfeit ink, the cationic polymerizable compound, a radical polymerizable compound may be used alone or may be mixed.

(A.2)光硬化促進剤 光硬化促進剤とは、主に光の照射によって重合性化合物の重合反応を開始させるための光重合開始剤、開始助剤、促進助剤のことを意味する。 (A.2) and light curing accelerator beam curing accelerator refers primarily photoinitiator for initiating the polymerization reaction of the polymerizable compound by light irradiation initiation aid, that the acceleration aid . 光硬化促進剤にはラジカル重合性化合物、カチオン重合性化合物、光硬化型ポリビニルアルコール誘導体からなる重合性化合物、マレイミド誘導体からなる重合性化合物のそれぞれに適したものが適用される。 Radical polymerizable compound in the light curing accelerator, a cationic polymerizable compound, polymerizable compounds composed of photocurable polyvinyl alcohol derivatives, suitable for each of the polymerizable compound comprising a maleimide derivative is applied.

下記では、光硬化促進剤として適用可能な(A.2.1)光重合開始剤、(A.2.2)開始助剤及び(A.2.3)促進助剤についてそれぞれ説明する。 In the following, it can be applied as a light curing accelerator (A.2.1) a photopolymerization initiator, respectively will be described (A.2.2) co-initiator and (A.2.3) accelerating assistant.

(A.2.1)光重合開始剤 光重合開始剤について特に制限はないが、一例としベンゾフェノン、ヒドロキシベンゾフェノン、ビス−N,N−ジメチルアミノベンゾフェノン、ビス−N,N−ジエチルアミノベンゾフェノン、4−メトキシ−4'−ジメチルアミノベンゾフェノン等のベンゾフェノン類、チオキサトン、2,4−ジエチルチオキサントン、イソプロピルチオキサントン、クロロチオキサントン、イソプロポキシクロロチオキサントン等のチオキサントン類。 (A.2.1) is not particularly limited photoinitiator photoinitiator, benzophenone as an example, hydroxybenzophenone, bis -N, N-dimethylamino benzophenone, bis -N, N-diethylamino benzophenone, 4- benzophenones such as methoxy-4'-dimethylamino benzophenone, Chiokisaton, 2,4-diethyl thioxanthone, isopropyl thioxanthone, chlorothioxanthone, thioxanthone such as isopropoxycarbonyl chlorothioxanthone. エチルアントラキノン、ベンズアントラキノン、アミノアントラキノン、クロロアントラキノン等のアントラキノン類、アセトフェノン類。 Ethylanthraquinone, benzanthraquinone, aminoanthraquinone, anthraquinone such as chloro anthraquinone, acetophenones. ベンゾインメチルエーテル等のベンゾインエーテル類、2,4,6−トリハロメチルトリアジン類、1−ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトン、2−(o−クロロフェニル)−4,5−ジフェニルイミダゾール2量体、2−(o−クロロフェニル)−4,5−ジ(m−メトキシフェニル)イミダゾール2量体、2−(o−フルオロフェニル)−4,5−フェニルイミダゾール2量体、2−(o−メトキシフェニル)−4,5−フェニルイミダゾール2量体、2−(p−メトキシフェニル)−4,5−ジフェニルイミダゾール2量体、2,−ジ(p−メトキシフェニル)−5−フェニルイミダゾール2量体、2−(2,4−ジメトキシフェニル)−4,5−ジフェニルイミダゾール2量体の2,4,5−トリアリールイミダゾール2量体、 Benzoin ethers such as benzoin methyl ether, 2,4,6-trihalomethyl triazines, 1-hydroxycyclohexyl phenyl ketone, 2-(o-chlorophenyl) -4,5-diphenyl imidazole dimer, 2-(o- chlorophenyl) -4,5-di (m-methoxyphenyl) imidazole dimer, 2-(o-fluorophenyl) -4,5-phenylimidazole dimer, 2-(o-methoxyphenyl) -4,5 - phenylimidazole dimer, 2- (p- methoxyphenyl) -4,5-diphenyl imidazole dimer, 2, - di (p- methoxyphenyl) -5-phenylimidazole dimer, 2- (2, 4-dimethoxyphenyl) -4,5-diphenyl imidazole dimer triarylimidazole dimer, ンジルジメチルケタール、2−ベンジル−2−ジメチルアミノ−1−(4−モルホリノフェニル)−ブタン−1−オン、2−メチル−1−[4−(メチルチオ)フェニル]−2−モルホリノ−1−プロパノン、2−ヒドロキシ−2−メチル−1−フェニル−プロパン−1−オン、1−[4−(2−ヒドロキシエトキシ)−フェニル]−2−ヒドロキシ−2−メチル−1−プロパン−1−オン、フェナントレンキノン、9,10−フェナンスレンキノン、メチルベンゾイン、エチルベンゾイン等ベンゾイン類、9−フェニルアクリジン、1,7−ビス(9,9'−アクリジニル)ヘプタン等のアクリジン誘導体、チタノセン、ビスアシルフォスフィンオキサイド、ジアゾニウム、アンモニウム、ヨ−ドニウム、スルホニウム、ホスホニウム等か Emissions Jill dimethyl ketal, 2-benzyl-2-dimethylamino-1- (4-morpholinophenyl) - butan-1-one, 2-methyl-1- [4- (methylthio) phenyl] -2-morpholino-1 propanone, 2-hydroxy-2-methyl-1-phenyl - propane-1-one, 1- [4- (2-hydroxyethoxy) - phenyl] -2-hydroxy-2-methyl-1- , phenanthrenequinone, 9,10-phenanthrenequinone, methyl benzoin, ethyl benzoin and benzoin ethers, 9-phenyl acridine, 1,7-bis (9,9'-acridinyl) acridine derivatives such as heptane, titanocene, bisacyl phosphine oxide, diazonium, ammonium, Yo - Doniumu, sulfonium, or phosphonium, etc. なるオニウム塩、ベンゾフェノンアンモニウム塩、スルホン化物、ハロゲン化物、鉄アーレン化合物、チタノセン化合物等等があげられる。 Comprising onium salts, benzophenone ammonium salts, sulfonated, halides, iron Aalen compounds, titanocene compounds, and the like. 上記物質は単独で使用されてもよいし、混合して使用されてもよい。 The above substances may be used alone or may be used by mixing.

光重合開始剤としては、上記の化合物の他に、「UV・EB硬化技術の応用と市場」(シーエムシー出版、田畑米穂監修/ラドテック研究会編集)、「イメ−ジング用有機材料」(有機エレクトロニクス材料研究会編、ぶんしん出版、1993年の187〜192ページに記載等の文献で周知になっている化合物を適用することとしてもよい。 As the photo-polymerization initiator, in addition to the above compounds, "Application and Market of UV · EB Curing Technology" (CMC Publishing, Tabata Beiho supervision / Radotekku Study Group Edit), "Ime - Managing for organic material" ( organic Electronics materials research Society, alter ego publication, it may be applied to compounds that have become well-known in the literature, such as described in page 187-192 of 1993.

光硬化反応を進めるために開始助剤、促進助剤を用いることも出来る。 Initiator aid to advance the photocuring reaction, accelerator activator may be used.

(A.2.2)開始助剤 開始助剤とは、光照射により、電子供与、電子吸引、熱の発生等により光重合開始剤にエネルギーを供与して、光重合開始剤のラジカルまたは酸の発生効率を向上させる増感色素として作用する物質であり、光重合開始剤と組み合わせて適用される。 (A.2.2) The initiator aid initiation aid, by light irradiation, electron-donating, electron-withdrawing, the heat generation or the like donates energy to the photopolymerization initiator, a radical or an acid of the photopolymerization initiator is a substance that acts as a sensitizing dye to improve the generation efficiency, are applied in combination with a photopolymerization initiator.

開始助剤としては、例えば、キサンテン、チオキサントン色素、ケトクマリン、チオキサンテン色素、シアニン、フタロシアニン、メロシアニン、ポルフィリン、スピロ化合物、フェロセン、フルオレン、フルギド、イミダゾール、ペリレン、フェナジン、フェノチアジン、ポリエン、アゾ化合物、ジフェニルメタン、トリフェニルメタン、ポリメチンアクリジン、クマリン、ケトクマリン、キナクリドン、インジゴ、スチリル、ピリリウム化合物、ピロメテン化合物、ピラゾロトリアゾール化合物、ベンゾチアゾール化合物、バルビツール酸誘導体、チオバルビツール酸誘導体等が適用できる。 The initiator aid, for example, xanthene, thioxanthone dyes, ketocoumarin, thioxanthene dyes, cyanine, phthalocyanine, merocyanine, porphyrin, a spiro compound, ferrocene, fluorene, fulgide, imidazole, perylene, phenazine, phenothiazine, polyene, azo compounds, diphenylmethane , triphenylmethane, polymethine acridine, coumarin, ketocoumarin, quinacridone, indigo, styryl, pyrylium compounds, pyrromethene compounds, pyrazolotriazole compounds, benzothiazole compounds, barbituric acid derivatives, thiobarbituric acid derivatives, and the application.

また、開始助剤としては、上述の化合物の他、「高分子添加剤の開発技術」(シーエムシー出版、大勝靖一監修)等の文献で増感色素として作用することが周知になっている物質を適用することとしてもよい。 As the co-initiator, other than the above compounds, to act as a sensitizing dye in the literature, such as "Development Technology of Polymer Additives" (CMC Publishing, victory Yasushiichi supervision) it is in the well-known it is also possible to apply the material.
なお、開始助剤は光重合開始剤の一部をなす構成要素とみなすこともできる。 The start aid can be regarded as a component forming part of a photopolymerization initiator.

(A.2.3)促進助剤 偽造防止用インクには、これらの光重合開始剤に加え、光硬化促進反応を促進する促進助剤を添加することもできる。 (A.2.3) The accelerator activator anti-counterfeit ink, in addition to these photopolymerization initiators may be added to promote aid to accelerate the photo curing accelerator reaction.
促進助剤の例として、p−ジメチルアミノ安息香酸エチル、p−ジメチルアミノ安息香酸イソアミル、エタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミン等があげられる。 Examples of accelerator aids, p- dimethylaminobenzoic acid ethyl, p- dimethylaminobenzoic acid isoamyl, ethanolamine, diethanolamine, triethanolamine and the like.

促進助剤は、0.1〜10質量%という添加量で添加することが好ましい。 Accelerating assistant agent is preferably added in amount of 0.1 to 10 mass%. 促進助剤の添加量が0.1質量%を下回る場合、IDカード1(基体2)に着弾した偽造防止用インクは速やかに硬化しないため、ドット径やドット形状の制御が困難になるという問題点が生ずる。 If the addition amount of the accelerating assistant agent is below 0.1 mass%, ID card 1 for (base 2) anti-counterfeit ink deposited does not cure rapidly, a problem that the control of the dot size and dot shape becomes difficult point occurs. また、添加量が10質量%を超える場合は、重合反応時に局所的に重合し斑になり、強度バラツキ及び耐薬品性が低下してしまうなど問題がおきる。 Also, if the amount exceeds 10 wt%, locally polymerized become mottled in the polymerization reaction, the intensity variations and chemical resistance occurs and problems decreases.

(A.3)偽造防止用材料 偽造防止用インクでは、偽造変造防止を目的に、偽造防止用材料として、赤外線吸収剤、燐片顔料、蛍光体、金属微粒子、高屈折率材料及び低屈折率材料のうち、いずれか一の材料を少なくとも含有することが好ましい。 (A.3) The anti-counterfeit material anti-counterfeit ink, for the purpose of forgery tampering prevention, as the anti-counterfeit materials, infrared absorbers, flake pigments, fluorescent, metallic fine particles, a high refractive index material and a low refractive index of the materials, it is preferred that contains at least any one of materials. 偽造防止用インクでは更に好ましくは、前記材料でインク形成した際に第2の治具などを使用せず目視確認可能な燐片顔料、金属微粒子、高屈折率材料、低屈折率材料が特に好ましい。 In still preferably anti-counterfeit ink, visually identifiable Rinhen pigments without the use of such a second jig, the fine metal particles, a high refractive index material, a low refractive index material is particularly preferred when the ink formed by the material .

下記では、偽造防止用材料として適用可能な(B.3.1)赤外線吸収剤、(B.3.2)鱗片顔料、(B.3.3)蛍光体、(B.3.4)金属微粒子、(B.3.5)高屈折率材料及び(B.3.6)低屈折率材料についてそれぞれ説明する。 In the following, it can be applied as anti-counterfeit material (B.3.1) infrared absorber, (B.3.2) scale pigment, (B.3.3) phosphor, (B.3.4) Metal particles, are respectively described (B.3.5) high refractive index material and (B.3.6) low refractive index material.

(A.3.1)赤外線吸収剤 赤外線吸収剤としては、赤外吸収無機材料、赤外吸収顔料、赤外吸収有機材料、赤外吸収色素、赤外蛍光体のように赤外光に吸収を有する物質であれば特に制限はない。 (A.3.1) The infrared absorber infrared absorber, absorbs infrared absorbing inorganic material, an infrared-absorbing pigment, infrared absorbing organic material, an infrared absorbing dye, an infrared light as infrared phosphor it is not particularly limited as long as it has a.

赤外吸収無機材料としては、前記のNd,Yb,In,Sn等の金属およびこれらの酸化物、硫化物、ハロゲン化物など化合物およびこれらの複合物がある。 The infrared absorption inorganic materials, wherein the Nd, Yb, an In, metals and oxides thereof Sn, sulfides, etc. halide compound and some of these composites. 中でも導電性酸化物であるITOは赤外光吸収度が高い。 Of these ITO is a conductive oxide has a high infrared absorption. 具体的には、赤外吸収無機材料としては、特開平7-113072、特開平7-310072、特開平8-113776等に記載の化合物が挙げられる。 Specifically, the infrared absorbing inorganic material, JP-A 7-113072, JP-A-7-310072, compounds described in JP-A 8-113776 and the like.

赤外吸収色素としては、シアニン系色素、スクアリウム系色素、クロコニウム系色素、アズレニウム系色素、フタロシアニン系色素、ナフタロシアニン系色素、ポリメチン系色素、ナフトキノン系色素、チオピリリウム系色素、ジチオール金属錯体系色素、アントラキノン系色素、インドアニリン金属錯体系色素、分子間CT色素等が挙げられる。 The infrared-absorbing dyes, cyanine dyes, squarylium-based dyes, croconium dye, azulenium dyes, phthalocyanine dyes, naphthalocyanine dyes, polymethine dyes, naphthoquinone dyes, thiopyrylium based dyes, dithiol metal complex dyes, anthraquinone dyes, indoaniline metal complex dyes, intermolecular CT dyes. 上記赤外吸収色素としては、特開昭63−139191号、同64−33547号、特開平1−160683号、同1−280750号、同1−293342号、同2−2074号、同3−26593号、同3−30991号、同3−34891号、同3−36093号、同3−36094号、同3−36095号、同3−42281号、同3−103476号、同5-201140等に記載の化合物が挙げられる。 As the infrared absorbing dye, JP 63-139191, the 64-33547 Patent, JP-A-1-160683, the 1-280750 JP, said 1-293342 JP, the 2-2074 JP, the 3- No. 26593, the same 3-30991 JP, same 3-34891 JP, same 3-36093 JP, same 3-36094 JP, same 3-36095 JP, same 3-42281 JP, same 3-103476 JP, same 5-201140, etc. They include compounds described in.

(A.3.2)鱗片顔料 鱗片顔料は、雲母に反射性(高虹彩反射)を与える薄膜被膜として、可視域に透明で屈折率が2.0以上ある金属酸化物あるいは金属硫化物などを被覆したもので、例えば、Sb 23 、Fe 23 、PbO、ZnSe、CdS、Bi 23 、TiO 2 、PbCl 2 、CeO 2 、Ta 25 、ZnS、ZnO、CdO、Nd 23 、Sb 23 、SiOおよびInO 3の単層の被覆、もしくは2層に被覆することにより形成されるものである。 (A.3.2) scale pigment flake pigment, as a thin film coating to give mica reflectivity (high iris reflection), metal oxide or metal sulfide with a transparent refractive index in the visible region of 2.0 or more and obtained by coating, for example, Sb 2 S 3, Fe 2 O 3, PbO, ZnSe, CdS, Bi 2 O 3, TiO 2, PbCl 2, CeO 2, Ta 2 O 5, ZnS, ZnO, CdO, Nd 2 O 3, Sb 2 O 3, the SiO and InO 3 of monolayer coverage, or is intended to be formed by coating the two layers.

鱗片顔料は、雲母と金属酸化膜が組み合わされたとき、その屈折率の差が0.4より大きいことから、入射した白色光の反射量が多く、また、同時に雲母と金属酸化膜の界面で副屈折を起こすことから、高虹彩反射性となり、変色効果をより効果的に助長する働きをする。 Scale pigment, when mica and a metal oxide film are combined, since the difference in the refractive index is larger than 0.4, the reflection amount of incident white light is large and also, at the same time at the interface of the mica and the metal oxide film since the cause side refraction, it becomes highly iris reflective and serves to promote the discoloring effect more effectively.

このとき、雲母を被覆する金属酸化膜の膜厚を制御することで任意の色調の高虹反射性を持った鱗片顔料とすることができる膜厚は10〜10000オングストローム、望ましくは200〜5000オングストロームの範囲の膜厚が可視域に対して高虹彩反射性となるので望ましい。 At this time, the film thickness is 10 to 10000 Å, which may be a scale pigment having a high rainbow reflective arbitrary color tone by controlling the thickness of the metal oxide film covering the mica, preferably 200 to 5,000 angstroms desirable because the film thickness in the range of a high iris reflective to visible range. 具体的には、鱗片顔料としては、特開平6-145553、特開平8-209024、特開平8-269358、特開平10-101957、特開平11-273932、特開平11-315219、特開2000-1628、特開2000-44834、特開平1-158077号等に記載されている顔料を用いることができる。 Specifically, the scale pigment, JP 6-145553, JP 8-209024, JP 8-269358, JP-A-10-101957, JP-A-11-273932, JP-A-11-315219, JP 2000- 1628, JP-2000-44834, it is possible to use pigments described in JP-a 1-158077 Patent like. このような鱗片顔料の市販のものとしては「Iriodin」(商品名、MERCK社製)等がある。 Such as those commercially available of the scale pigment "Iriodin" (trade name, MERCK Co., Ltd.) and the like.

「Iriodin」は天然マイカの表面を酸化チタンおよび酸化鉄等の高屈折率の金属酸化物で被覆した安定した無機鱗片顔料であり、屈折率の高い酸化チタンの層と屈折率の低いマイカおよび周りの媒体との境界で反射した光が真珠光沢をもたらすものである。 "Iriodin" is a stable inorganic flake pigment coated with a metal oxide of high refractive index such as surface titanium oxide and iron oxide natural mica, lower mica and around the layer and the refractive index of the high refractive index titanium oxide light reflected at the boundary between the medium is one that results in a pearlescent. この「Iriodin」には、被覆された酸化チタンの膜厚を変えることによって虹彩色の特定な色を強調させることができる。 This "Iriodin" can be highlighted the color of specific iris colors by varying the thickness of the coated titanium oxide.

色変化印刷層に用いる鱗片顔料は、反射性層に用いる鱗片顔料と干渉性が異なる鱗片顔料であれば前記したもので良い。 Color scale pigment used in changing the print layer may be construed interference with flake pigment used for the reflective layer has the if different scale pigment. その他にゴールドタイプやシルバータイプがある。 Other there is a gold type and Silver type.

(A.3.3)蛍光体 蛍光体は、例えば、特開昭50−6410号、同61−65226号、同64−22987号、同64−60671号、特開平1−168911号等に記載されており、当該蛍光体としては、特に制限はないが、結晶母体であるY 22 S、Zn 2 SiO 4 、Ca 5 (PO 43 Cl等に代表される金属酸化物及びZnS、SrS、CaS等に代表される硫化物に、Ce、Pr、Nd、Pm、Sm、Eu、Gd、Tb、Dy、Ho、Er、Tm、Yb等の希土類金属のイオンやAg、Al、Mn、Sb等の金属のイオンを賦活剤または共賦活剤として組み合わせたものが好ましい。 (A.3.3) phosphor phosphor, for example, JP-A Nos. 50-6410, the 61-65226 JP, said 64-22987 JP, said 64-60671 Patent, described in JP-A 1-168911 Patent etc. are, as is the phosphor is not particularly limited, a crystalline matrix Y 2 O 2 S, Zn 2 SiO 4, Ca 5 (PO 4) 3 metal oxide typified by Cl or the like, and ZnS, SrS, a sulfide typified by CaS, Ce, Pr, Nd, Pm, Sm, Eu, Gd, Tb, Dy, Ho, Er, Tm, Yb and the like of the rare earth metal ions and Ag, Al, Mn, a combination of metal ions such as Sb as an activator or co-activator is preferred. また、特表2002-533291,2006-28354号等のようなナノ蛍光体を用いると少ない添加量でも発色効率がよい為、これを蛍光体として用いることも可能である。 Also, since good coloring efficiency in using the small amount of nano-phosphors such as JP-T-2002-533291,2006-28354 like, it can also be used as a phosphor. 偽造防止用インクでは使用するに当たり特に制限はない。 It is not particularly limited In using the anti-counterfeit ink.

蛍光体の結晶母体の好ましい例としては、例えば、ZnS、Y 22 S、Y 3 Al 512 、Y 2 SiO 5 、Zn 2 SiO 4 、Y 23 、BaMgAl 1017 、BaAl 1219 、(Ba,Sr,Mg)O・aAl 23 、(Y,Gd)BO 3 、YO 3 、(Zn,Cd)S、SrGa 24 、SrS、GaS、SnO 2 、Ca 10 (PO 46 (F,Cl) 2 、(Ba,Sr)(Mg、Mn)Al 1017 、(Sr,Ca,Ba,Mg) 10 (PO 46 Cl 2 、(La,Ce)PO 4 、CeMgAl 1119 、GdMgB 510 、Sr 227 、Sr 4 Al 1425等が挙げられる。 Preferable examples of the host crystal of the phosphor, for example, ZnS, Y 2 O 2 S , Y 3 Al 5 O 12, Y 2 SiO 5, Zn 2 SiO 4, Y 2 O 3, BaMgAl 10 O 17, BaAl 12 O 19, (Ba, Sr, Mg) O · aAl 2 O 3, (Y, Gd) BO 3, YO 3, (Zn, Cd) S, SrGa 2 S 4, SrS, GaS, SnO 2, Ca 10 ( PO 4) 6 (F, Cl ) 2, (Ba, Sr) (Mg, Mn) Al 10 O 17, (Sr, Ca, Ba, Mg) 10 (PO 4) 6 Cl 2, (La, Ce) PO 4, CeMgAl 11 O 19, GdMgB 5 O 10, Sr 2 P 2 O 7, Sr 4 Al 14 O 25 and the like.

以上の結晶母体及び賦活剤または共賦活剤は、同族の元素と一部置き換えたものでも構わないし、とくに元素組成に制限はない。 More mother crystal and the activator or co-activator, to may be obtained by replacing a portion homologous elements, there is no limit on the particular elemental composition.

(A.3.4)金属微粒子 金属微粒子の金属としては、白金、金、銀、ニッケル、クロム、銅、鉄、錫、タンタル、インジウム、コバルト、パラジウム、テルル、レニウム、イリジウム、アルミニウム、ルテニウム、ゲルマニウム、モリブデン,タングステン、亜鉛、等を用いることができる。 (A.3.4) as the metal of the metal particles metal particles are platinum, gold, silver, nickel, chromium, copper, iron, tin, tantalum, indium, cobalt, palladium, tellurium, rhenium, iridium, aluminum, ruthenium, it can be used germanium, molybdenum, tungsten, zinc, and the like. このような金属微粒子の分散物の製造方法として、ガス中蒸発法、スパッタリング法、金属蒸気合成法などの物理的生成法や、コロイド法、共沈法などの、液相で金属イオンを還元して金属微粒子を生成する化学的生成法が挙げられる。 As a method for producing a dispersion of such fine metal particles, gas evaporation method, a sputtering method, or a physical generation method such as a metal vapor synthesis method, colloid method, such as coprecipitation, reduction of metal ions in the liquid phase chemical generation method that generates fine metal particles Te and the like. 金属微粒子は、好ましくは、特開平11−76800号、同11−80647号、同11−319538号、特開2000−239853等に示されたコロイド法、特開2001−254185、同2001−53028、同2001−35255、同2000−124157、同2000−123634などに記載されたガス中蒸発法により製造されるのがよい。 Fine metal particles, preferably, JP-A-11-76800, the 11-80647 JP, same 11-319538 JP, colloid method shown in JP 2000-239853 and the like, JP-2001-254185, the 2001-53028, It said 2001-35255, the 2000-124157, it is preferable are prepared according to the gas evaporation method described in, for example, the same 2000-123634.

(A.3.5)高屈折率材料 高屈折率材料には、特開平2000-266908記載の金属アルコキシド、具体的にはチタンアルコキシド、特開2004-50810等記載のチタンポリマー、金属酸化物微粒子などがある。 (A.3.5) The high refractive index material and high refractive index material, a metal alkoxide of JP 2000-266908 described, specifically titanium alkoxide, JP titanium polymer 2004-50810, etc., wherein the metal oxide fine particles and so on. 高屈折率材料としては、特に制限はないが、屈折率が1.60以上の金属酸化物微粒子、チタンアルコキシドを用いることが好ましい。 As the high refractive index material is not particularly limited, the refractive index is 1.60 or more metal oxide particles, it is preferable to use a titanium alkoxide. このような金属酸化物微粒子としては、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化ジルコニウム、酸化セリウム、酸化スズ、酸化タリウム、チタン酸バリウム、酸化アルミニウム、酸化マグネシウム、酸化イットリウム、酸化アンチモン、酸化インジウム等が挙げられる。 Examples of such metal oxide particles, titanium oxide, zinc oxide, zirconium oxide, cerium oxide, tin oxide, thallium oxide, barium titanate, aluminum oxide, magnesium oxide, yttrium oxide, antimony oxide, and indium oxide, etc. . これらのなかでも、酸化チタン、酸化セリウム、酸化スズ、酸化アンチモン、酸化ジルコニウム、酸化インジウム等の微粒子が好ましい。 Among these, titanium oxide, cerium oxide, tin oxide, antimony oxide, zirconium oxide, fine particles of indium oxide are preferred. さらにはこれら微粒子にドープをしてもよく、具体的にはアンチモン、スズ、フッ素等の異種元素でドープしてもよい。 Further it may be doped in these fine, specifically antimony, tin, may be doped with a different element such as fluorine.

(A.3.6)低屈折率材料 低屈折率材料としては、フッ素系化合物、シリカ系化合物が挙げられる。 The (A.3.6) low refractive index material low refractive index material, a fluorine-based compound, silica-based compounds. 低屈折率材料としては、特に制限はないが、好ましくは1.4以下の材料であることが好ましい。 The low refractive index material is not particularly limited, preferably it is a material of 1.4 or less. 具体的には、低屈折率材料としては、特開2001-233611記載のシリカ微粒子、特開2000-266908記載のフッ素含有樹脂、シリケートオリゴマーから形成される化合物、及びSiO 2ゾルと反応性有機ケイ素化合物から形成される化合物から選ばれる少なくとも1つの化合物などが用いられる。 Specifically, as the low refractive index material, JP 2001-233611 silica fine particles according, JP 2000-266908, wherein the fluorine-containing resin, a compound formed from silicate oligomer, and SiO 2 sol and a reactive organosilicon such as at least one compound selected from the compounds formed from the compound. フッ素含有樹脂としては、フッ素含有不飽和エチレン性単量体成分を主として含有する重合物及びフッ素含有エポキシ化合物を挙げることが出来、更にはフッ化マグネシウム等を挙げることができる。 Fluorine The containing resin, a fluorine-containing ethylenically unsaturated monomer component mainly can be mentioned polymers and fluorine-containing epoxy compound-containing, more can be mentioned magnesium fluoride.

前記記載の赤外線吸収剤、燐片顔料、蛍光体、金属微粒子、高屈折率材料、低屈折率材料は、偽造防止用インクの全固形分中に、5〜50重量%の比率で添加するのが好ましい。 Infrared absorber of the described, flake pigments, fluorescent, metallic fine particles, a high refractive index material, a low refractive index material, in the total solid content of the anti-counterfeit ink, added at a ratio of 5 to 50 wt% It is preferred. 添加は少なくともひとつの材料を含有すればよく、場合により2種以上混合しても良い。 Added may be at least one material, optionally it may be a mixture of two or more. 添加量が5重量%未満である場合、判別することが出来ず、偽造防止機能を消失してしまい問題がある。 When the amount is less than 5 wt%, can not be determined, there is cause problems with loss of anti-counterfeiting features. 50重量%より大であると偽造防止機能は向上するものの、インク粘度が上昇しインクジェットインクとして機能しなくなり問題となる。 Although anti-counterfeit features to be greater than 50 wt% improves, the ink viscosity becomes no longer a problem function as an inkjet ink increases.

偽造防止用インクには、必要に応じて高分子分散剤、粘度調整剤、重合禁止剤、酸化防止剤、界面活性剤、レベリング添加剤、水、有機溶剤などを添加してもよい。 The anti-counterfeit ink, polymeric dispersing agent, if necessary, viscosity modifiers, polymerization inhibitors, antioxidants, surfactants, leveling additives, water, and the like may be added an organic solvent. その添加量は、偽造防止用インク中に、0.000〜10重量%とすることが好ましい。 The amount added in the ink for forgery prevention, it is preferable to 0.000 to 10 wt%.

また必要に応じて、偽造防止用インクには、マット剤、膜物性を調整するためのポリエステル系樹脂、ポリウレタン系樹脂、ビニル系樹脂、アクリル系樹脂、ゴム系樹脂、ワックス類、エラストマーを添加することが出来る。 If necessary, the anti-counterfeit ink, adding matting agents, polyester-based resin for adjusting film physical properties, polyurethane resin, vinyl resin, acrylic resin, rubber resin, waxes, and elastomer it can be. その添加量は、偽造防止用インク中に、0.1〜30重量%とすることが好ましい。 The amount added in the ink for forgery prevention, it is preferable that 0.1 to 30 wt%.

偽造防止用インク中に偽造防止用材料を分散させるために、ボールミル、サンドミル、アトライター、ロールミル、アジテーター、ヘンシェルミキサー、コロイドミル、超音波ホモジナイザー、パールミル、湿式ジェットミル、ペイントシェーカー等を用いることができる。 In order to disperse the anti-counterfeit material in the ink for forgery prevention, a ball mill, sand mill, attritor, roll mill, agitator, Henschel mixer, colloid mill, ultrasonic homogenizer, pearl mill, wet jet mill, a paint shaker it can.

また、偽造防止用インクには、顔料の分散を行う際に分散剤を添加することも可能である。 In addition, the anti-counterfeit ink, it is also possible to add a dispersant when dispersing the pigment. 偽造防止用インクは、特殊な材料のため高分子分散剤を用いることが好ましい。 Anti-counterfeit ink, it is preferable to use a polymer dispersing agent for special materials.

偽造防止用インクでは、偽造防止用材料を用いる為、判別できることが重要である。 The anti-counterfeit ink, because the use of anti-counterfeit material, it is important to be able to determine. 判別を決定つける因子は、作製された偽造防止用インク中に含まれる偽造造防止用材料の添加量と粒径とがポイントになる。 Factors that determine the discrimination, the amount and particle size of the counterfeit Concrete preventing material contained in the ink for forgery prevention which produced becomes point.

発色効率等が特異的なナノ粒子使用の場合を除き、分散系の偽造防止用インクとなる、鱗片状粉末、蛍光体、金属微粒子を用いた場合、最大粒径は0.5〜30μmすることが好ましく、好ましくは0.5〜20μmとなるよう、顔料、分散剤、分散媒体の選定、分散条件、ろ過条件を設定する。 Coloring efficiency, etc. unless the specific nanoparticles used, the dispersion anti-counterfeit ink, scaly powder, the phosphor, when a metal fine particle and the maximum particle size be 0.5~30μm preferably, preferably so as to be 0.5 to 20 [mu] m, selection of pigment, dispersant and dispersion medium, dispersion conditions, and the filtration conditions. この粒径管理によって、ヘッドノズル(吐出口)の詰まりを抑制することができる。 By such control of particle size, it is possible to suppress clogging of a head nozzle (discharge port). 平均粒径が、30μmより大きい場合は、ヘッド目詰まり等の問題がおきる。 Average particle size, if 30μm greater than, occurs problems such as head clogging. 0.5μm未満では通常の材料の場合、目視判別性が低下し偽造防止効果が劣化する。 For normal material is less than 0.5 [mu] m, visual discrimination is deteriorated forgery prevention effect decreases.

偽造防止用インクは30〜80℃の範囲で加熱、低粘度化して吐出することが好ましい。 Anti-counterfeit ink heated in the range of 30 to 80 ° C., it is preferable to make it less viscous and then discharged.

偽造防止用インクは、粘度が30℃において1〜1000mPa・sであることが好ましく、3〜500mPa・sであることが更に好ましい。 Anti-counterfeit ink, preferably a viscosity of 1~1000mPa · s at 30 ° C., and more preferably a 3~500mPa · s. 粘度が1000mPa・sより大きいと、偽造防止用インクの液の供給に問題が生じる。 Viscosity is larger than 1000 mPa · s, problems in the supply of liquid ink for forgery prevention. また、粘度が低いとムラなどが発生し偽造防止機能が低下する。 The viscosity is low and so unevenness is generated forgery prevention function decreases.

また、所望の屈折率を得る為に、前記高屈折率材料を使用せず、前記記載の光硬化可能化合物を高屈折率層に用い芳香族系、脂環系、ハロゲン系、チタン含有系の光硬化可能材料を用い屈折率を制御してもよい。 Further, in order to obtain a desired refractive index, without using the high refractive index material, aromatic with photocurable compound in the high refractive index layer of the described, alicyclic type, halogen-based, titanium-containing systems it may control the refractive index using a light curable material.

低屈折率材料においても、前記低屈折率材料を使用せず、前記記載の光硬化可能化合物を低屈折率層に用いシリコーン系フッ素系の光硬化可能材料を用い屈折率を制御してもよい。 Even in the low refractive index material, wherein without using a low refractive index material, may be controlled refractive index using a light curable material of silicone fluorine type using a light-curable compound in the low refractive index layer of the described .

偽造防止用インクでは、その表面強度が(JIS K 5600に基づく引っ掻き硬度(0.8mmφサファイア針スクラッチ強度))120g以上であることが必要である。 The anti-counterfeit ink, (scratch hardness (0.8 mm sapphire needle scratch strength based on JIS K 5600)) that the surface strength is required to be 120g or more. 120g以下である場合、第三者に擦り取られたりし容易に変造されてしまい問題となる。 If it is 120g or less, the or scraped to a third party will be readily altered problem.

当該表面強度の計測では、始めに偽造防止用インクによる層(層厚20μm)を188μ-ホワイトPET(U298W)上に形成しサンプルを作製し、その後、耐摩耗性試験機(HEIDON−18)を用い、0.1mmφのサファイア針で0〜300gで荷重を変化させて、サンプル表面を摺動させ、偽造防止用画像等に傷が付き始めるときの荷重を測定する。 The measurement of the surface strength, is formed on the layer by the ink anti-counterfeit First (thickness 20 [mu] m) the 188μ- white PET (U298W) to prepare a sample, then the abrasion resistance tester (HEIDON-18) used, by changing the load in 0~300g sapphire needle 0.1 mm?, sliding the sample surface, measuring the load at which scratches starts per anti-counterfeit image or the like. その荷重が大きいほど表面強度が良好である。 Surface strength as the load is large is good.

なお、偽造防止用インクには、下記画像記録用インクの項目で説明する着色剤が含有されてもよい。 Note that the ink anti-counterfeit, colorants described in the following item image recording ink may be contained.

次に、「画像記録用インク」について説明する Next, a description will be given "image recording ink"

画像記録用インクは、(B.1)光硬化可能化合物や(B.2)光硬化促進剤、(B.3)着色剤等を含有するものである。 Image recording ink, (B.1) photohardenable compound and (B.2) light curing accelerator, those containing a (B.3) coloring agent.

(B.1)(B.2)光硬化可能化合物,光硬化促進剤 光硬化可能化合物及び光硬化促進剤は、上記偽造防止用インクの項目で説明したものと同様のものである。 (B.1) (B.2) a photohardenable compound, photocuring accelerator beam curable compound and photocuring promoter is the same as that described in item of the ink for the anti-counterfeit.

(B.3)着色剤 画像記録用インクでは、前記光硬化可能化合物、光硬化促進剤に加え着色剤を用いることが出来る。 (B.3) The colorant image recording ink, wherein the light curable compounds, in addition to the light curing accelerator colorants can be used.
着色剤としては、例えば、フタロシアニン系、アゾ系、キナクリドン系、ジオキサンジン系、ジケトピロロピロール系等の各種の有彩色有機顔料、カーボンブラック、チタンホワイト、シリカ、マイカ、酸化亜鉛等の無機顔料等が挙げられる。 As the colorant, for example, phthalocyanine, azo, quinacridone, dioxazine-based, various chromatic organic pigments such as diketopyrrolopyrrole, carbon black, titanium white, silica, mica, inorganic pigments such as zinc oxide etc. the.

具体的には、着色剤としては、光硬化可能化合物の重合性化合物の主成分に溶解または分散できる色材が適用可能であり、耐光性の点で顔料が好ましい。 Specifically, as the coloring agent may be applied colorant can be dissolved or dispersed in the main component of the polymerizable compound of the photocurable compound, pigment is preferable from the viewpoint of light resistance. 画像記録用インクに添加する色材の添加量は、分散後の発色性等によって決定するが、0.1〜15質量%とすることが好ましい。 The addition amount of the colorant to be added to the image recording ink is determined by chromogenic or the like after the dispersion, preferably in the 0.1 to 15 mass%. 色材の添加量を0.1質量%未満とした場合、色材が十分に発色せず、IDカード1(基体2)に記録された通常画像3の色再現性を低下させるという問題が生ずる。 If the addition amount of the coloring material was less than 0.1 mass%, not coloring material is sufficiently colored, arises a problem of lowering the ID card 1 (base 2) to record the color reproducibility of the normal image 3 . また、色材を15質量%を超えて添加した場合には、光の照射によってインクドットが速やかに硬化しなかったり、通常画像3の画質が低下するという問題が生ずる。 Further, when a colorant was added in excess of 15% by weight, or not ink dots rapidly cured by irradiation of light, a problem that the image quality of the normal image 3 is lowered occurs.

次に、「表面保護用インク」について説明する。 Next, a description will be given of "surface protection ink".

表面保護用インクは、光硬化性樹脂で構成した透過率90%以上のインクである。 Surface protection ink is a configuration the transmittance of 90% or more of the ink in the photocurable resin. 「透過率90%以上の表面保護用インク」とは、厚さ25μmの透明PET上に膜厚20μmの表面保護用インク層を形成してその層を500mJの光で硬化させた場合において、日立製作所製Spectrophotometer U-3200を用いて測定した波長400nmの光に対する透過率が90%以上であるものをいう。 In the "transmittance of 90% or more of the surface protection ink", when cured the layers to form a surface protective ink layer having a thickness of 20μm on a transparent PET with a thickness of 25μm with light of 500 mJ, Hitachi Seisakusho Spectrophotometer U-3200 transmittance of light with a wavelength of 400nm was measured using the refers to 90% or more.

表面保護用インクとしては、前記記載の光硬化可能化合物及び光硬化促進剤からなる光硬化性樹脂を用いることがより好ましい。 The surface protection ink, it is more preferable to use a photo-curable resin made of a light-curable compound and photocuring agent of the aforementioned description. 表面保護層5を表面保護用インクで構成する場合、インクジェット方式で記録および形成するため工程数が少なくてプリンター価格が安くすみ便利である。 When constituting the surface protective layer 5 with the surface protective inks, it is convenient corner cheap printer price fewer steps for recording and formed by an inkjet method.

次に、「IDカード1の製造方法」について説明する。 Next, a description will be given of "manufacturing method of the ID card 1".

供給ローラ21、プラテン12及び搬出ローラ51,52が作動した状態において、基体2が1枚ずつ集積部20からプラテン12に供給され、当該基体2はプラテン12に支持されながら画像記録部13、表面保護機構30及び光照射機構40の下方をこの順に搬送方向Aに沿って搬送され、搬出ローラ51,52からスタッカー53に搬出される。 Feed roller 21, in a state in which the platen 12 and the discharge rollers 51, 52 is activated, are supplied from the integrated unit 20 the base 2 one by one to the platen 12, the substrate 2 is the image recording unit 13 while being supported by the platen 12, the surface is conveyed along the conveying direction a under the protection mechanism 30 and the light irradiation mechanism 40 in this order, it is carried out from the carry-out roller 51 in the stacker 53.

この状態において、基体2が画像記録部13の下方を通過するときは、各記録ヘッド13〜17が画像記録用インクを吐出して当該基体2に通常画像3を記録し(第1の記録工程)、その後第2の記録ヘッド18が偽造防止用インクを吐出して当該基体2に偽造防止用画像4を記録する(第2の記録工程)。 In this state, when the base body 2 passes below the image recording unit 13, the recording heads 13 to 17 is recorded normal image 3 on the substrate 2 by discharging an image recording ink (first recording step ), then the second recording head 18 records the anti-counterfeit image 4 on the substrate 2 by discharging ink for preventing forgery (second recording step).

基体2が表面保護機構30の下方を通過するときは、表面保護機構30が表面保護用インクを吐出して基体2の表面に表面保護層5を形成する(表面保護工程)。 When passing under the base 2 surface protection mechanism 30, the surface protective mechanism 30 to form a surface protective layer 5 on the surface of the substrate 2 by discharging ink for surface protection (surface protection process).

基体2が光照射機構40の下方を通過するときは、光源41が点灯して基体2に対し光を照射し、基体2上の通常画像3,偽造防止用画像4,表面保護層5を硬化させる(光照射工程)。 When the substrate 2 is passed under the light irradiation mechanism 40 irradiates light to the substrate 2 light sources 41 are lit, the normal image 3 on the substrate 2, the anti-counterfeit image 4, the surface protective layer 5 cured let (light irradiating step).
以上の記録工程から表面保護工程を経て光照射工程までの各処理を実行することでIDカード1を製造することができる。 It is possible to manufacture the ID card 1 by executing the processes up to the light irradiation step through the surface protection process from the above recording process.

以上の実施形態では、特殊な偽造防止用インクで偽造防止用画像4を記録するため、IDカード1の偽造を防止できかつ耐久性を向上させることができる。 In the above embodiments, in order to record the anti-counterfeit image 4 in the ink for preventing special counterfeiting, it can prevent forgery of the ID card 1 and it is possible to improve the durability. 更に、当該偽造防止用インクによる偽造防止用画像4の記録にあたっては、インクジェット方式で記録するため、オンデマンドでIDカード1ごとに異なる固有の偽造防止用画像4を記録することができるとともに、安価な製造費用でIDカード1を製造することができる。 Furthermore, when the recording is anti-counterfeit image 4 by the ink for that anti-counterfeit, for recording by the inkjet method, it is possible to record for each ID card 1 on demand different unique anti-counterfeit image 4, inexpensive it is possible to manufacture the ID card 1 in the Do not manufacturing costs. 以上から、偽造を防止可能でかつ安価な製造費用で耐久性に優れたIDカード1を製造することができる。 From the above, it is possible to manufacture the ID card 1 having excellent durability can and inexpensive production costs prevent forgery.

なお、本発明は上記実施形態に限定されることなく、本発明の主旨を逸脱しない範囲において種々の改良及び設計変更をおこなってもよい。 The present invention is not limited to the above embodiments, spirit may be subjected to various improvements and design changes without departing from the scope and of the present invention.

一の改良・設計変更事項として、図4に示す通り、画像記録部13中に偽造防止用インクを吐出する第2の記録ヘッド19を追加して設けてもよい。 As an improvement and design change matters, as shown in FIG. 4, it may be provided by adding a second recording head 19 for ejecting anti-counterfeit ink during image recording unit 13. この場合、第2の記録ヘッド18と第2の記録ヘッド19とでは、互いに組成が異なる偽造防止用インクを吐出するようにしてもよいし、互いに組成が同じである偽造防止用インクを吐出するようにしてもよい。 In this case, the second recording head 18 and the second recording head 19, may be ejected the anti-counterfeit ink composition are different from each other, for discharging the anti-counterfeit ink is a composition the same as each other it may be so.

他の改良・設計変更事項として、IDカード1の製造装置100中から表面保護機構30をなくしてIDカード1に表面保護層5を形成しないようにしてもよい。 Other improvements and design changes matter, may not form a surface protective layer 5 on the ID card 1 by removing the surface protecting mechanism 30 from being manufacturing apparatus 100 of the ID card 1.

(1)偽造防止用インク1〜10の作製 下記表1〜3に記載した光硬化可能化合物と偽造防止用材料とを同表中の比率で混合し、その混合物を、ジルコニアビーズを用いて4時間サンドグラインダーで分散し、その後更に、超音波分散機で10分間分散し、8種類の偽造防止用材料分散物を得た。 (1) a photocurable compound described in Preparation Table 1-3 anti-counterfeit ink 10 and the anti-counterfeit materials were mixed in a ratio in the table, the mixture using zirconia beads 4 dispersed with time sand grinder, then further dispersed for 10 minutes by an ultrasonic dispersing machine to obtain 8 kinds of anti-fake material dispersion.

次に、各偽造防止用材料分散物に対し、下記表1〜3に記載の光硬化促進剤を同表中の比率で混合して攪拌し、その後、当該各偽造防止用材料分散物を1μmのメンブレンフィルターでろ過し、50℃に加熱しながら減圧によって脱水し、10種類の「偽造防止用インク1〜10」を得た。 Next, 1 [mu] m for each anti-counterfeit material dispersion, light curing accelerator shown in the following Table 1-3 and stirred and mixed at a ratio in the table, then, the respective anti-counterfeit material dispersion and filtered through a membrane filter, and dehydrated by vacuum while heating to 50 ° C., to obtain 10 kinds of "anti-counterfeit ink 10".

(2)試料1〜10の作製 上記偽造防止用インク1〜10を用いた図2の製造装置100で「試料1〜10(760μm厚のICカード)」を作製した(通常画像や表面保護層を形成していない。)。 (2) the "sample 10 (760 .mu.m thick IC card)" in the manufacturing apparatus 100 of FIG. 2 manufactured using the above anti-counterfeit ink 10 samples 1-10 were prepared (normal image and a surface protective layer do not form a.).

なお、上記製造装置100の使用にあたって、第2の記録ヘッド18には、最小液滴サイズ7pl、スーパードロップ方式(1滴/ドロップ、2滴/ドロップ)にて7pl、14plのマルチサイズドロップが得られるピエゾタイプのインクジェットノズル(ノズル径23μm)を適用し、インク及びヘッドが50℃になるよう温度制御しながら駆動周波数10kHzでベタの偽造防止用画像を記録した。 Incidentally, when using the above manufacturing apparatus 100, the second recording head 18, resulting minimum droplet size 7 pl, super-drop (1 drop / drop, 2 drops / drop) at 7 pl, the multi-size drop 14pl is applied to the piezo type ink jet nozzle (nozzle diameter 23 .mu.m), the ink and the head was recorded anti-counterfeit image of a solid in a temperature controlled while driving frequency 10kHz so that the 50 ° C.. 光源41として、120W/cmのメタルハライドランプ(日本電池社製MAL400NL 3kW電源)を適用し、当該光源41を瞬間照度が24W/cm 2になるように設置した。 As a light source 41, applies 120 W / cm metal halide lamp (Japan Storage Battery Co., Ltd. MAL400NL 3 kW power), the light source 41 is momentary illumination was placed so as to 24W / cm 2.

(3)試料1〜10の評価(3.1)偽造変造性 各試料1〜10について偽造を容易におこなえるか否かを10人の人物(カード材料設計者を除く。)に判断してもらい、試料1〜10ごとに偽造変造性を評価した。 (3) Have determines the evaluation of the sample 1 to 10 (3.1) forged alteration of each sample 1-10 10 person whether easily forged for (excluding card material designer.) It was evaluated counterfeiting altered properties for each sample 1-10. 当該偽造変造性を下記式に従い数値化してそのその算出結果を下記表4に示した。 It shows the result of the calculation in the following Table 4 the forgery altered properties by digitizing according to the following equation.
偽造変造性(%)=(偽造が容易と答えた人数)/(回答者人数) Forgery forgery of (%) = (number of people counterfeiting answered easily) / (respondent number of people)

(3.2)耐水性 各試料1〜10を水道水含有カップに投入して23℃で3日間浸漬させ続け、画像劣化状況で耐水性を評価した。 (3.2) the water resistance of each sample 10 continues to be immersed 3 days turned to 23 ° C. tap water containing cup and evaluated water resistance image deterioration condition. その評価結果を下記表4に示す。 The evaluation results are shown in Table 4 below.
なお、表4中、「○」,「△」,「×」の各基準は下記に従っている。 In Table 4, "○", "△", each of the reference of the "×" is in accordance with the following.
○ … 浸漬前と比較して変化がない △ … 僅かに差異があるが、機能が低下していない × … 差異があり、ベタ画像及び情報の機能が消失している ○ ... no change compared to before immersion △ ... There are slight differences, function has × ... differences not decreased, functions of the solid image and the information is lost

(3.3)耐薬品性 各試料1〜10をトルエン溶液含有カップに投入して23℃で1時間浸漬させ続け、画像劣化状況で耐薬品性を評価した。 (3.3) The chemical resistance of each sample 10 continues to immersed for 1 hour poured to 23 ° C. in toluene solution containing cups were evaluated chemical resistance in the image deterioration condition. その評価結果を下記表4に示す。 The evaluation results are shown in Table 4 below.
なお、表4中、「○」,「△」,「×」の各基準は下記に従っている。 In Table 4, "○", "△", each of the reference of the "×" is in accordance with the following.
○ … 浸漬前と比較して変化がない △ … 僅かに差異があるが、機能が低下していない × … 差異があり、ベタ画像及び情報の機能が消失している ○ ... no change compared to before immersion △ ... There are slight differences, function has × ... differences not decreased, functions of the solid image and the information is lost

(3.4)スクラッチ強度(耐摩耗性) (3.4) Scratch Strength (wear resistance)
耐摩耗性試験機(HEIDON-18)を用い、0.1mmφのサファイア針で0〜300gの範囲内で荷重を変化させながら、各試料1〜10の表面を摺動させ、ベタ画像に傷が付き始める時の荷重を試料1〜10ごとに測定した。 Using abrasion resistance tester (HEIDON-18), while changing a load in the range of 0~300g sapphire needle 0.1 mm?, Slid surface of each sample 1 to 10, a flaw in the solid image the load when you start attached was measured for each sample 1 to 10. その測定結果を下記表4に示す。 The results are shown in Table 4 below.
なお、当該測定結果においては荷重が大きいほど良好であることを示している。 Incidentally, in the measurement results are indicated better the larger load.

(4)まとめ 表4に示す通り、試料1〜8と比較の試料9,10とを対比すると、試料1〜8は試料9,10と比較して偽造変造性,耐水性,耐薬品性,スクラッチ強度の全ての面で優れている。 (4) Conclusion As shown in Table 4, when comparing a sample 9 and 10 compared to Sample 1-8, forged altered properties in comparison sample 1-8 and sample 9, water resistance, chemical resistance, It is excellent in all aspects of scratch strength. 以上から、上記偽造防止用インクは、情報記録媒体の偽造防止と耐久性の向上とに有用であることがわかる。 From the above, the anti-counterfeit ink is found to be useful for the improvement of anti-counterfeit and durability of the information recording medium.

IDカード1の概略構成を示す斜視図である。 It is a perspective view showing a schematic configuration of the ID card 1. IDカード1の製造装置100の概略構成を示す側面図である。 It is a side view showing a schematic configuration of a manufacturing apparatus 100 of the ID card 1. IDカード1の製造方法の一部工程を説明するための図面である。 It is a drawing for explaining a part step of the manufacturing method of the ID card 1. IDカード1の製造装置100の変形例を示す側面図である。 It is a side view showing a modified example of the manufacturing apparatus 100 of the ID card 1.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 IDカード(情報記録媒体) 1 ID card (information recording medium)
2 基体 3 通常画像 4 偽造防止用画像 5 表面保護層100 IDカードの製造装置 12 プラテン 13 画像記録部 14〜17 記録ヘッド 18 第2の記録ヘッド(偽造防止用記録ヘッド) 2 base 3 normal image 4 anti-counterfeit image 5 surface protective layer 100 ID card manufacturing device 12 platen 13 image recording unit 14 to 17 the recording head 18 second recording head (anti-counterfeit recording head)
20 集積部 21 供給ローラ 30 表面保護機構 40 光照射機構 41 光源 42 リフレクタ 51,52 搬出ローラ 53 スタッカー 20 integrated unit 21 the supply roller 30 surface protection mechanism 40 light irradiation mechanism 41 light source 42 reflector 51, 52 discharging roller 53 Stacker

Claims (6)

  1. インクジェット方式に適用可能な偽造防止用インクであって、 A applicable anti-counterfeit ink jet method,
    光硬化可能化合物、光硬化促進剤及び偽造防止用材料を含有することを特徴とする偽造防止用インク。 The photocurable compounds, anti-counterfeit ink, characterized by containing a light curing accelerator and anti-counterfeit material.
  2. 請求項1に記載の偽造防止用インクにおいて、 In the anti-counterfeit ink according to claim 1,
    前記偽造防止用材料が赤外線吸収剤、鱗片顔料、蛍光体、金属微粒子、高屈折率材料又は低屈折率材料であり、当該偽造防止用インクの全固形分中に5〜50重量%含有されていることを特徴とする偽造防止用インク。 It said anti-counterfeit material is an infrared absorbing agent, scale pigment, a phosphor, a metal fine particle, high refractive index material or a low refractive index material, is contained 5 to 50 wt% of the total solid content of the ink for the anti-counterfeit anti-counterfeit ink, characterized in that there.
  3. 請求項2に記載の偽造防止用インクにおいて、 In the anti-counterfeit ink according to claim 2,
    前記高屈折率材料の屈折率が1.6以上であることを特徴とする偽造防止用インク。 Anti-counterfeit ink, wherein the refractive index of the high refractive index material is 1.6 or more.
  4. 請求項2に記載の偽造防止用インクにおいて、 In the anti-counterfeit ink according to claim 2,
    前記低屈折率材料の屈折率が1.4以下であることを特徴とする偽造防止用インク。 Anti-counterfeit ink, wherein the refractive index of the low refractive index material is 1.4 or less.
  5. 請求項1〜4のいずれか一項に記載の偽造防止用インクにおいて、 In the anti-counterfeit ink according to any one of claims 1 to 4,
    光硬化した状態でJIS K 5600に準拠する引っ掻き強度(0.8mmφサファイア針スクラッチ強度)が120g以上であることを特徴とする偽造防止用インク。 Anti-counterfeit ink, wherein the scratch strength to comply while photohardening JIS K 5600 (0.8 mm sapphire needle scratch strength) is not less than 120 g.
  6. 請求項1〜5のいずれか一項に記載の偽造防止用インクにおいて、 In the anti-counterfeit ink according to any one of claims 1 to 5,
    偽造防止用画像の記録に用いられることを特徴とする偽造防止用インク。 Anti-counterfeit ink, characterized in that used for recording the anti-counterfeit image.
JP2006120836A 2006-04-25 2006-04-25 Ink for preventing forgery Pending JP2007291239A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006120836A JP2007291239A (en) 2006-04-25 2006-04-25 Ink for preventing forgery

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006120836A JP2007291239A (en) 2006-04-25 2006-04-25 Ink for preventing forgery

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007291239A true true JP2007291239A (en) 2007-11-08

Family

ID=38762181

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006120836A Pending JP2007291239A (en) 2006-04-25 2006-04-25 Ink for preventing forgery

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007291239A (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009184324A (en) * 2008-02-08 2009-08-20 Canon Inc Image processor and image processing method
JP2010275387A (en) * 2009-05-27 2010-12-09 Kyocera Mita Corp Inkjet recording ink and manufacturing method for inkjet recording ink
EP2291793A1 (en) * 2008-05-21 2011-03-09 American Express Travel Related Services Company, Inc. Transaction card
JP2011513534A (en) * 2008-02-26 2011-04-28 カンブリオス テクノロジーズ コーポレイション Methods and compositions for inkjet deposition of conductive features
JP2014015044A (en) * 2013-08-09 2014-01-30 Kyocera Document Solutions Inc Inkjet recording apparatus
US8931704B2 (en) 1999-09-07 2015-01-13 Iii Holdings 1, Llc Transaction card
JP2015048413A (en) * 2013-09-02 2015-03-16 独立行政法人 国立印刷局 Ink having function of preventing falsification and copying and forgery prevention print using the same
JP2015048412A (en) * 2013-09-02 2015-03-16 独立行政法人 国立印刷局 Ink having function of preventing falsification and copying and forgery prevention print using the same

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9519851B2 (en) 1999-09-07 2016-12-13 Iii Holdings 1, Llc Transaction card
US8931704B2 (en) 1999-09-07 2015-01-13 Iii Holdings 1, Llc Transaction card
JP2009184324A (en) * 2008-02-08 2009-08-20 Canon Inc Image processor and image processing method
JP2011513534A (en) * 2008-02-26 2011-04-28 カンブリオス テクノロジーズ コーポレイション Methods and compositions for inkjet deposition of conductive features
US8632700B2 (en) 2008-02-26 2014-01-21 Cambrios Technologies Corporation Methods and compositions for ink jet deposition of conductive features
US8815126B2 (en) 2008-02-26 2014-08-26 Cambrios Technologies Corporation Method and composition for screen printing of conductive features
JP2015045006A (en) * 2008-02-26 2015-03-12 カンブリオス テクノロジーズ コーポレイション Methods and compositions for ink jet deposition of conductive features
EP2291793A1 (en) * 2008-05-21 2011-03-09 American Express Travel Related Services Company, Inc. Transaction card
EP2291793A4 (en) * 2008-05-21 2014-02-12 American Express Travel Relate Transaction card
JP2010275387A (en) * 2009-05-27 2010-12-09 Kyocera Mita Corp Inkjet recording ink and manufacturing method for inkjet recording ink
JP2014015044A (en) * 2013-08-09 2014-01-30 Kyocera Document Solutions Inc Inkjet recording apparatus
JP2015048413A (en) * 2013-09-02 2015-03-16 独立行政法人 国立印刷局 Ink having function of preventing falsification and copying and forgery prevention print using the same
JP2015048412A (en) * 2013-09-02 2015-03-16 独立行政法人 国立印刷局 Ink having function of preventing falsification and copying and forgery prevention print using the same

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6092890A (en) Producing durable ink images
US6358596B1 (en) Multi-functional transparent secure marks
US20080108747A1 (en) Ink composition, ink jet recording method, method for producing planographic printing plate, and planographic printing plate
US20050191439A1 (en) Shrink film, process for producing the same, printing ink, print produced therewith and process for producing print
JP2010030139A (en) Recording method, recorded material, inkjet recording device and discriminating method
US20100007692A1 (en) 3d-inkjet printing methods
WO2008061930A1 (en) Apparatus and method for manufacturing a security product
US20080113861A1 (en) Recording Material and Method of Recording
US20110096132A1 (en) Ink jet recording device and ink jet recording method
JP2009185186A (en) Ink composition, inkjet-recording method, printed matter, and molded printed matter
US20060155005A1 (en) White ink composition for ink-jet recording, and inkjet image forming method and ink-jet image forming apparatus employing the same
JP2004018546A (en) Ink set for inkjet and inkjet image-forming method
JP2003191593A (en) Image forming method and image forming apparatus
WO1994013749A1 (en) Thin film security device (tfsd) application process and adhesive therefor
JP2008246832A (en) Ink set for inkjet recording, and inkjet recording method
JP2008068516A (en) Inkjet recording method and recorded matter
JP2004101834A (en) Image display medium and manufacturing method therefor
JP2003145745A (en) Method of inkjet recording and recorder
US6607813B2 (en) Simulated security thread by cellulose transparentization
JP2010115791A (en) Image forming apparatus
JP2004189823A (en) Protective layer composition, apparatus for protective layer formation, ink-jet printer and method for image formation using the same
JP2007055110A (en) Recording material and recording method
WO2001057145A1 (en) Water-based ink, process for producing the same, and method of printing with the same
JP2001130179A (en) Image recording body and method for manufacturing the same
JP2004188891A (en) Inkjet recording device and inkjet recording method