JP2007209389A - 被縫製物折曲げガイド - Google Patents

被縫製物折曲げガイド Download PDF

Info

Publication number
JP2007209389A
JP2007209389A JP2006029623A JP2006029623A JP2007209389A JP 2007209389 A JP2007209389 A JP 2007209389A JP 2006029623 A JP2006029623 A JP 2006029623A JP 2006029623 A JP2006029623 A JP 2006029623A JP 2007209389 A JP2007209389 A JP 2007209389A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sewing
sewing product
sewing machine
needle
bending
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006029623A
Other languages
English (en)
Inventor
Yoshiki Funayama
好喜 舟山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nippo Sewing Machine Co Ltd
Original Assignee
Nippo Sewing Machine Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippo Sewing Machine Co Ltd filed Critical Nippo Sewing Machine Co Ltd
Priority to JP2006029623A priority Critical patent/JP2007209389A/ja
Publication of JP2007209389A publication Critical patent/JP2007209389A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】様々なメーカー及び機種のミシンによりテープ状の被縫製物を所定の折曲げ形状に縫製する作業に用いることができる被縫製物折曲げガイドを提供する。
【解決手段】家庭用ミシンAの押え棒Aa下端に固定した被縫製物折曲げガイド1の支持部3及び折曲げ部4を家庭用ミシンAの送り方向と直交する左右方向へ水平移動させ、折曲げ部4の針孔4bAをミシン針Ab直下及び針板Acの針孔Adと連通する針落ち位置に可変調節する。テープ状の被縫製物Bを折曲げ部4に挿入して所定の折曲げ形状に矯正しながら、家庭用ミシンAのミシン針Abを被縫製物Bの縫着部分に挿通して筒状に縫着する。筒状に縫着された丸紐Cを表裏反転しながら送り方向に対して逆向きに繰り出しする。
【選択図】図1

Description

この発明は、例えば家庭用ミシン、その他のミシン等のミシンによりテープ状の被縫製物を、丸紐等の所定の折曲げ形状に縫製する作業に用いられる被縫製物折曲げガイドに関する。
従来、上述例の丸紐を縫製する方法としては、例えばテープ状紐を針板上に固定した丸紐形成具の丸紐形成管に挿入するとともに、幅方向に折り曲げながらテープ状紐の両側縁部を互いに重ね合わせる。工業用ミシンのミシン針を、丸紐形成管の針貫通孔と対向する針落ち位置に供給されるテープ状紐の両側縁部に挿通して筒状に縫着しながら、筒状の丸紐を裏返して丸紐形成管の前端部から送り方向と逆向きに繰り出しする特許文献1の丸紐縫製用ミシンがある。
実公平7−18378号公報
しかし、上記丸紐形成具を針板に固定した場合、丸紐形成具の位置が変位しにくいため、工業用ミシン等の縫製速度が速いミシンで丸紐を縫製する作業には適しているが、工業用ミシンよりも縫製速度が遅い家庭用ミシンで丸紐を縫製する場合、例えばメーカーや機種等によって、家庭用ミシンの針板に設けられた針孔の位置が異なるため、丸紐形成具及び針板を一組とする対の部品を複数種製作しなければならず、部品全体の製作コストが高くなるだけでなく、部品の管理及び取り扱いが大変煩わしい。
この発明は上記問題に鑑み、ミシンの押え棒下端に取り付けた折曲げ部を任意方向へ水平移動させ、該折曲げ部の針孔をミシンの針落ち位置と一致する位置に調節するので、様々なメーカー及び機種のミシンによりテープ状の被縫製物を所定の折曲げ形状に縫製する作業に用いることができる被縫製物折曲げガイドの提供を目的とする。
請求項1に記載した発明の被縫製物折曲げガイドは、テープ状の被縫製物を幅方向に折曲げながらミシンの針落ち位置に供給する被縫製物折曲げガイドであって、上記被縫製物折曲げガイドを、上記ミシンの押え棒下端に固定される取付け部と、上記取付け部の下端部に対して任意方向へ水平移動自在に設けた支持部と、上記支持部の前端部に上記ミシンの送り方向と平行して固定され、上記被縫製物を幅方向に対して所定の折曲げ形状に矯正する折曲げ部と、上記折曲げ部に上記被縫製物の縫着部分と対向して設けられ、上記ミシンのミシン針が上下方向に挿通許容される針孔とで構成したことを特徴とする。
この発明によると、支持部及び折曲げ部の全体を、任意方向(例えばミシンの送り方向と直交する左右方向、送り方向と平行する前後方向、送り方向と交差する水平回転方向等)へ水平移動させ、折曲げ部の針孔を、ミシンのミシン針直下及び針板の針孔と連通する針落ち位置に可変調節する。ミシンによる縫製作業時において、テープ状の被縫製物を折曲げ部により幅方向に対して所定の折曲げ形状に矯正しながら、折曲げ部の針孔と対向する針落ち位置に連続して供給するとともに、ミシンのミシン針を、折曲げ部の針孔に供給される被縫製物の縫着部分に上方から垂直に挿通して、被縫製物の縫着部分を送り方向に沿って連続的に縫着し、例えば丸紐等の縫製品を連続して縫製する。
上記取付け部は、例えばミシンの押え棒と押え金を固定する一般的な固定構造で固定されるが、挟持構造、差込み構造等のその他の固定構造で構成することもできる。また、支持部は、例えば板状、棒状等の支持部材で構成されるが、ミシンの縫製動作時に付与される応力によって、折曲げ部の針孔位置が変位しないような剛性、構造を有する支持部材で構成することもできる。
また、折曲げ部は、例えばテープ状の被縫製物を幅方向に折曲げながら筒状に縫返しする丸紐縫製用の縫返しガイドと、被縫製物の一側縁部を三巻き状態に折曲げ又は巻回する三巻き縫製用の三巻きガイドと、被縫製物の一側縁部を四巻き状態に折曲げ又は巻回する四巻き縫製用の四巻きガイド等の折曲げガイドで構成することができる。
請求項2に記載した発明の被縫製物折曲げガイドは、上記請求項1に記載の構成と併せて、上記折曲げ部を、上記テープ状の被縫製物を送り方向に対して徐々に幅狭となる状態に矯正し、該被縫製物の両側縁部を互いに重ね合わされる方向に矯正する矯正開始部と、上記矯正開始部から繰り出される被縫製物を幅方向に対して二つ折り状態に折曲げながら、該被縫製物の両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わせた状態に矯正する外側矯正部と、上記被縫製物の送り込みが許容される間隔に隔てて外側矯正部内に設けられ、上記外側矯正部から繰り出される被縫製物を表裏反転して送り方向と逆向きに繰り出しガイドする内側矯正部とで構成したことを特徴とする。
この発明によると、テープ状の被縫製物を、矯正開始部により送り方向に対して徐々に幅狭となる状態に矯正しながら、該被縫製物の両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わされる方向に折曲げる。矯正開始部から繰り出される被縫製物を外側矯正部と内側矯正部との対向周面間に対して送込み、外側矯正部により被縫製物を幅方向に対して二つ折り状態に折曲げながら、該被縫製物の両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わせた状態に矯正する。外側矯正部の後端側から繰り出される被縫製物を表裏反転して内側矯正部に挿入し、内側矯正部の前端側から筒状に縫着された丸紐を送り方向と逆向きに繰り出しガイドする。
請求項3に記載した発明の被縫製物折曲げガイドは、上記請求項2に記載の構成と併せて、上記矯正開始部の前端部に、上記被縫製物が扁平状態のまま挿入される入口部を設け、上記矯正開始部の後端部に、上記入口部から挿入される被縫製物の両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わせながら繰り出しする出口部を設けたことを特徴とする。
この発明によると、テープ状の被縫製物を扁平状態のまま矯正開始部の入口部から挿入し、入口部から出口部に移送する間に、被縫製物を送り方向に対して徐々に幅狭となる状態に矯正しながら、被縫製物の両側縁部を送り方向に沿って
互いに重ね合わされる方向に折曲げ矯正する。出口部から繰り出される被縫製物を折曲げ矯正したまま外側矯正部と内側矯正部との対向面間に対して送り込みガイドする。
請求項4に記載した発明の被縫製物折曲げガイドは、上記請求項1乃至3のいずれか一つに記載の構成と併せて、上記取付け部及び支持部の対接面に、互いに係合する凹部と凸部を上記支持部の移動方向と平行する方向に連続して設けたことを特徴とする。
この発明によると、取付け部及び支持部の相対移動を、凹部と凸部の係合により支持部の移動方向と平行する方向(例えばミシンの送り方向と直交する左右方向、送り方向と平行する前後方向、送り方向と交差する水平回転方向等)のみにガイドし、他の方向及び角度に変位しようとするのを阻止する。
実施例では、凸部を取付け部側に設け、凹部を支持部側に設けているが、凸部を支持部側に設け、凹部を取付け部側に設けてもよい。また、凹部及び凸部の代わりに、例えば突起と溝部、アリとアリ溝等の他の構造を用いてもよい。
請求項5に記載した発明の被縫製物折曲げガイドは、上記請求項1乃至4のいずれか一つに記載の構成と併せて、上記取付け部及び支持部のいずれか一方の対接面に、該取付け部及び支持部を固定するネジ部材が挿通許容されるガイド孔を上記ミシンの送り方向と直交する方向に設け、他方の対接面に、上記ネジ部材が螺着されるネジ孔を設けたことを特徴とする。
この発明によると、ネジ部材による固定を解除するか、締付け力を緩める等して、支持部及び折曲げ部の全体をミシンの送り方向と直交する方向へ水平移動させ、折曲げ部の針孔を、ミシンのミシン針直下及び針板の針孔と連通する針落ち位置に可変調節した後、取付け部と支持部をネジ部材の締付け力により水平移動不可に固定する。
実施例では、ガイド孔を取付け部側に設け、ネジ孔を支持部側に設けているが、ガイド孔を支持部側に設け、ネジ孔を取付け部側に設けてもよい。
請求項6に記載した発明の被縫製物折曲げガイドは、上記請求項1乃至4のいずれか一つに記載の構成と併せて、上記取付け部及び支持部の対接部分に、互いに吸着固定されるマグネット手段を設けるとともに、上記マグネット手段の吸着力を、上記ミシンの送り方向と直交する方向への水平移動調節が許容され、該ミシンの縫製動作時に付与される応力によって吸着位置が変位するのを防止するのに適した吸着力に設定したことを特徴とする。
この発明によると、取付け部及び支持部の対接部分に設けたマグネット手段をミシンの送り方向と直交する方向へ変位させ、支持部及び折曲げ部の全体をミシンの送り方向と直交する方向へ水平移動して、折曲げ部の針孔を、ミシンのミシン針直下及び針板の針孔と連通する針落ち位置に可変調節した後、取付け部と支持部をマグネット手段の吸着力により水平移動不可に固定する。
また、取付け部又は支持部のいずれか一方の対接部分にマグネットを装着し、他方の対接部分にマグネットが吸着固定される金属部材を装着してもよい。
この発明によれば、ミシンの押え棒下端に取り付けた折曲げ部を任意方向へ水平移動させ、折曲げ部の針孔を、ミシンのミシン針直下及び針板の針孔と連通する針落ち位置に可変調節するので、一つの被縫製物折曲げガイドを、様々なメーカー及び機種のミシンによりテープ状の被縫製物を所定の折曲げ形状に縫製する作業に用いることができる。また、被縫製物折曲げガイドをミシンに共通して用いることができるので、各ミシン毎に製作する必要がなく、製作コストの低減を図ることができる。且つ、縫製作業に使用する部品数が少なくなり、部品の管理及び取り扱いが容易に行える。
この発明は、様々なメーカーや機種等のミシンによりテープ状の被縫製物を所定の折曲げ形状に縫製することができるという目的を、ミシンの押え棒下端に取り付けた折曲げ部を任意方向へ水平移動させ、該折曲げ部の針孔をミシンの針落ち位置と一致する位置に調節することで達成した。
この発明の一実施例を以下図面に基づいて詳述する。
図面は、ミシンの一例である家庭用ミシンにより丸紐を縫製する際に、テープ状の被縫製物を筒状に折返しガイドする被縫製物折曲げガイドを示し、図1に於いて、この被縫製物折曲げガイド1は、家庭用ミシンAの押え棒Aa下端に固定される取付け部2と、取付け部2の下端部に固定され、家庭用ミシンAの送り方向と直交する左右方向に対して水平移動自在に設けた板状の支持部3と、支持部3の前端部に固定され、テープ状の被縫製物Bを幅方向に対して所定の折曲げ形状に矯正する折曲げ部4とで構成される。
上記取付け部2は、家庭用ミシンAの押え棒Aa下端が下方に向けて垂直に挿入される受け部2aを取付け部2前端に設け、後述する支持部3後端の水平部3aが固定される固定部2bを取付け部2後端に設けている。
取付け部2を押え棒Aa下端に固定する場合、押え棒Aa下端を取付け部2の受け部2aに対して上方又は側方から挿入した後、ネジ部材2Aを、受け部2aに挿入した押え棒Aa下端に真横方向から螺着して固定する。
また、ネジ部材2Bが上下方向に向けて垂直に挿入されるガイド孔2cを、支持部3の水平部3aが対接される固定部2bの下面側中央部に形成している。ガイド孔2cは、水平部3aに形成したネジ孔3cと対向して上下方向に貫通して形成され、家庭用ミシンAの送り方向と直交する左右方向に対して取付け部2及び支持部3の水平移動が任意距離許容される長さに形成している。
取付け部2の固定部2bと支持部3の水平部3aを固定する場合、固定部2bの下部対接面と水平部3aの上部対接面を面待遇で対接し、取付け部2のガイド孔2cと支持部3のネジ孔3cを連通した後、ネジ部材2Bを、固定部2bのガイド孔2cを介して、水平部3aのネジ孔3cに螺着することで、取付け部2と支持部3を、家庭用ミシンAの送り方向と直交する左右方向に対して水平移動自在に固定する。なお、ガイド孔2cを支持部3の水平部3aに設け、ネジ孔3cを取付け部2の固定部2bに設けてもよい。
また、固定部2bの下部対接面と水平部3aの上部対接面に、互いに係合する凸部2dと凹部3dを支持部3の移動方向(又は家庭用ミシンAの送り方向)と直交する方向に向けて連続して設けている。固定部2bと水平部3aを固定する際に、凸部2dと凹部3dを互いに係合して、取付け部2及び支持部3の相対移動を、支持部3の移動方向(又は家庭用ミシンAの送り方向)と直交する左右方向のみにガイドし、直交する方向以外の方向及び角度に変位しようとするのを阻止する。
なお、凹部を取付け部2の固定部2bに設け、凸部を支持部3の水平部3aに設けてもよい。また、凸部2d及び凹部3dの代わりに、例えば突起と溝部、アリとアリ溝等の他の構造を用いてもよい。
前記支持部3は、上記取付け部2の固定部2bが固定される水平部3aを、支持部3の後端部を水平方向に向けて略直角に折曲げて形成し、ネジ部材2Bが螺着されるネジ孔3cを固定部2bが対接される水平部3aの上面側中央部に形成している。後述する折曲げ部4が固定される垂直部3bを、支持部3の前端部を家庭用ミシンAの送り方向と平行して前方に向けて任意長さに延出形成している。また、垂直部3bを、家庭用ミシンAの送り方向と平行する方向に対して任意長さに伸縮自在に設けてもよい。
前記折曲げ部4は、テープ状の被縫製物Bを家庭用ミシンAの送り方向に対して徐々に幅狭となる状態に矯正し、被縫製物Bの両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わされる方向に折曲げ矯正する矯正開始部4aと、
矯正開始部4aから繰り出される被縫製物Bを幅方向に対して二つ折り状態に折曲げながら、該被縫製物Bの両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わせた状態に折曲げ矯正する外側矯正部4bと、
被縫製物Bの送り込みが許容される間隔に隔てて外側矯正部4b内部に設けられ、外側矯正部4bの後端側開口部から繰り出される筒状の被縫製物B又は丸紐Cを縫い目が裏側となるように表裏反転して挿入する内側矯正部4cとで構成される。
また、矯正開始部4aの前端部に、テープ状の被縫製物Bが扁平状態のまま挿入許容される入口部4a1を設け、矯正開始部4aの後端部に、被縫製物Bの両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わされる状態に折曲げ矯正したまま繰り出しする出口部4a2を設けるとともに、入口部4a1と出口部4a2を、送り方向に対して徐々に幅狭となる形状に形成され、被縫製物Bの両側縁部が送り方向に沿って互いに重ね合わされる方向に折曲げ矯正される形状に形成した折曲げ通路で連通している。
また、外側矯正部4bの後端側上下両面に、該外側矯正部4bにより被縫製物Bの両側縁部を互いに重ね合わせた状態に折曲げ矯正してなる縫着部分と対向して、家庭用ミシンAのミシン針Abが上下方向に挿通許容される針孔4bAを設けている。
また、外側矯正部4bの一側内周面と内側矯正部4cの一側外周面との間に、矯正開始部4aから繰り出される被縫製物Bの両側縁部を略均等に重ね合わせた状態にガイドする平板部4dを送り方向と平行して設けるとともに、平板部4dの一側端部を外側矯正部4bの一側外周面よりも外側に所定長さ突出している。
図示実施例は上記の如く構成するものにして、以下、家庭用ミシンAにより丸紐Cを縫製する際に、テープ状の被縫製物Bを被縫製物折曲げガイド1により折返しガイドする方法を説明する。
先ず、図1、図4に示すように、被縫製物折曲げガイド1の取付け部2を家庭用ミシンAの押え棒Aa下端に固定し、折曲げ部4を送り方向に対して逆向きとなる前向き状態に固定する。
次に、図2、図3に示すように、取付け部2の固定部2bと支持部3の水平部3aを固定するネジ部材2Bの固定を解除するか、締付け力を緩める等して、支持部3及び折曲げ部4の全体を、取付け部2の固定部2bに形成したガイド孔2cに沿って、家庭用ミシンAの送り方向と直交する左右方向へ水平移動させるとともに、固定部2b及び水平部3aに形成した凸部2dと凹部3dの係合により、取付け部2及び支持部3の相対移動を家庭用ミシンAの送り方向と直交する左右方向のみにガイドする。
折曲げ部4の外側矯正部4bに設けた針孔4bAを、家庭用ミシンAのミシン針Abが挿通許容される直下及び針板Acの針孔Adと連通する針落ち位置に可変調節した後、取付け部2の固定部2bと支持部3の水平部3aをネジ部材2Bにより水平移動不可に締付け固定する。
次に、テープホルダ等に保持されたテープ状の被縫製物Bを、折曲げ部4の矯正開始部4aに対して入口部4a1から挿入するとともに、折曲げ通路に沿って入口部4a1から出口部4a2に移送する間に、被縫製物Bを送り方向に対して徐々に幅狭となる状態に矯正しながら、被縫製物Bの両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わされる方向に折曲げ矯正する。
矯正開始部4aの出口部4a2から繰り出される被縫製物Bを折曲げ矯正したまま外側矯正部4bと内側矯正部4cの対向面間に対して送り込みガイドし、外側矯正部4bにより被縫製物Bを幅方向に対して二つ折り状態に折曲げながら、被縫製物Bの両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わせた状態に折曲げ矯正する。
被縫製物Bの両側縁部を互いに重ね合わせてなる縫着部分を、外側矯正部4bの針孔4bAと対向する針落ち位置に送り込みながら、家庭用ミシンAのミシン針Abを、外側矯正部4bの針孔4bAに送り込まれる被縫製物Bの縫着部分に上方から垂直に挿通して、被縫製物Bの縫着部分を送り方向に沿って連続的に縫着し、縫い目が表側となる筒状の丸紐Cを縫製する。
外側矯正部4bの後端側開口部から繰り出される筒状の丸紐Cを、縫い目が裏側となるように表裏反転しながら内側矯正部4c内に後端側開口部から送り込み、筒状に縫着された丸紐Cを内側矯正部4cの前端側開口部から送り方向に対して逆向きに繰り出して、筒状の丸紐Cを連続して縫製する。
また、テープ状の被縫製物Bを筒状に縫返しする際に、単数又は複数の糸からなる芯Dを、筒状に縫返しされる丸紐Cの中空部に挿入しながら縫製してもよい。
以上のように、家庭用ミシンAの押え棒Aa下端に取り付けた折曲げ部4を、家庭用ミシンAの送り方向と直交する方向に対して水平移動させ、折曲げ部4の針孔4bAを、ミシン針Ab直下及び針板Acの針孔Adと連通する針落ち位置に可変調節するので、一つの被縫製物折曲げガイド1を、様々なメーカー及び機種の家庭用ミシンAによりテープ状の被縫製物Bを所定の折曲げ形状を有する筒状の丸紐Cに縫返し縫製する作業に用いることができる。
また、被縫製物折曲げガイド1を、様々なメーカー及び機種のミシンに共通して用いることができるので、各ミシン毎に製作する必要がなく、製作コストの低減を図ることができる。且つ、縫製作業に使用する部品数が少なくなり、部品の管理及び取り扱いが容易に行える。
図5は、取付け部2の固定部2bと支持部3の水平部3aを一対の各マグネット5,5により吸着固定する被縫製物折曲げガイド1の他の例を示し、取付け部2の固定部2bと支持部3の水平部3aのいずれか一方の対接部分にマグネット5を装着し、他方の対接部分をマグネット5が吸着固定される金属部材で構成するとともに、マグネット5の吸着力を、家庭用ミシンAの送り方向と直交する方向への水平移動調節が許容され、家庭用ミシンAの縫製動作時に付与される応力によって吸着位置が変位するのを防止するのに適した吸着力に設定している。
つまり、マグネット5の吸着力に抗して、固定部2b及び水平部3aを相互の対接面に沿って家庭用ミシンAの送り方向と直交する左右方向へ摺動変位させ、支持部3及び折曲げ部4の全体を家庭用ミシンAの送り方向と直交する方向へ水平移動させ、折曲げ部4の外側矯正部4bに設けた針孔4bAを、家庭用ミシンAのミシン針Ab直下及び針板Acの針孔Adと連通する針落ち位置に可変調節して、取付け部2と支持部3をマグネット5の吸着力により水平移動不可に固定するので、例えばネジやボルト等の部材により強固に締付け固定するような手間及び作業が省ける。また、固定部2b及び水平部3aの対接部分に、互いに吸着固定される一対の各マグネット5,5を装着してもよい。
この発明の構成と、上述の実施例との対応において、
この発明のマグネット手段は、実施例のマグネット5に対応するも、
この発明は、上述の実施例の構成のみに限定されるものではなく、請求項に示される技術思想に基づいて応用することができ、多くの実施の形態を得ることができる。
例えば、図6に示すように、取付け部2のガイド孔2cと、固定部2bの凸部2dと、水平部3aの凹部3dとを、家庭用ミシンAの送り方向と平行する方向に設けて、支持部3及び折曲げ部4を、家庭用ミシンAの送り方向と平行する前後方向に対して前後移動自在に設けてもよい。
また、支持部3及び折曲げ部4を、取付け部2を中心として送り方向と交差する水平回転方向に対して任意角度に水平回動自在に設ける等してもよい。また、支持部3及び折曲げ部4を、左右方向及び前後方向の両方向に対して水平移動自在に設けることもできる。
本発明の被縫製物折曲げガイドは、例えば家庭用ミシンの縫製速度と同程度の速度に可変調節することができる工業用ミシンにも利用することができる。
被縫製物折曲げガイドの全体を示す斜視図。 被縫製物折曲げガイドの針孔調節動作を示す平面図。 取付け部と支持部をネジ部材で螺着固定した構造を示す背面図。 被縫製物折曲げガイドの使用状態を示す側面図。 取付け部と支持部をマグネットで吸着固定した他の例を示す背面図。 取付け部と支持部を前後移動自在に設けたその他の例を示す側面図。
符号の説明
A…家庭用ミシン
Aa…押え棒
Ab…ミシン針
Ac…針板
Ad…針孔
B…被縫製物
C…丸紐
1…被縫製物折曲げガイド
2…取付け部
2c…ガイド孔
2d…凸部
3…支持部
3c…ネジ孔
3d…凹部
4…折曲げ部
4a…矯正開始部
4b…外側矯正部
4bA…針孔
4c…内側矯正部
5…マグネット

Claims (6)

  1. テープ状の被縫製物を幅方向に折曲げながらミシンの針落ち位置に供給する被縫製物折曲げガイドであって、
    上記被縫製物折曲げガイドを、
    上記ミシンの押え棒下端に固定される取付け部と、
    上記取付け部の下端部に対して任意方向へ水平移動自在に設けた支持部と、
    上記支持部の前端部に上記ミシンの送り方向と平行して固定され、上記被縫製物を幅方向に対して所定の折曲げ形状に矯正する折曲げ部と、
    上記折曲げ部に上記被縫製物の縫着部分と対向して設けられ、上記ミシンのミシン針が上下方向に挿通許容される針孔とで構成した
    被縫製物折曲げガイド。
  2. 上記折曲げ部を、
    上記テープ状の被縫製物を送り方向に対して徐々に幅狭となる状態に矯正し、該被縫製物の両側縁部を互いに重ね合わされる方向に矯正する矯正開始部と、
    上記矯正開始部から繰り出される被縫製物を幅方向に対して二つ折り状態に折曲げながら、該被縫製物の両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わせた状態に矯正する外側矯正部と、
    上記被縫製物の送り込みが許容される間隔に隔てて外側矯正部内に設けられ、上記外側矯正部から繰り出される被縫製物を表裏反転して送り方向と逆向きに繰り出しガイドする内側矯正部とで構成した
    請求項1に記載の被縫製物折曲げガイド。
  3. 上記矯正開始部の前端部に、上記被縫製物が扁平状態のまま挿入される入口部を設け、上記矯正開始部の後端部に、上記入口部から挿入される被縫製物の両側縁部を送り方向に沿って互いに重ね合わせながら繰り出しする出口部を設けた
    請求項2に記載の被縫製物折曲げガイド。
  4. 上記取付け部及び支持部の対接面に、互いに係合する凹部と凸部を上記支持部の移動方向と平行する方向に連続して設けた
    請求項1乃至3のいずれか一つに記載の被縫製物折曲げガイド。
  5. 上記取付け部及び支持部のいずれか一方の対接面に、該取付け部及び支持部を固定するネジ部材が挿通許容されるガイド孔を上記ミシンの送り方向と直交する方向に設け、他方の対接面に、上記ネジ部材が螺着されるネジ孔を設けた
    請求項1乃至4のいずれか一つに記載の被縫製物折曲げガイド。
  6. 上記取付け部及び支持部の対接部分に、互いに吸着固定されるマグネット手段を設けるとともに、
    上記マグネット手段の吸着力を、上記ミシンの送り方向と直交する方向への水平移動調節が許容され、該ミシンの縫製動作時に付与される応力によって吸着位置が変位するのを防止するのに適した吸着力に設定した
    請求項1乃至4のいずれか一つに記載の被縫製物折曲げガイド。
JP2006029623A 2006-02-07 2006-02-07 被縫製物折曲げガイド Pending JP2007209389A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006029623A JP2007209389A (ja) 2006-02-07 2006-02-07 被縫製物折曲げガイド

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006029623A JP2007209389A (ja) 2006-02-07 2006-02-07 被縫製物折曲げガイド

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007209389A true JP2007209389A (ja) 2007-08-23

Family

ID=38488312

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006029623A Pending JP2007209389A (ja) 2006-02-07 2006-02-07 被縫製物折曲げガイド

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007209389A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104005185A (zh) * 2014-05-09 2014-08-27 蚌埠嘉怡景服装有限公司 一种布条缝纫辅助装置
CN106120180A (zh) * 2016-08-22 2016-11-16 湖南东方时装有限公司 分缝塑形缝纫机
CN106400335A (zh) * 2016-08-31 2017-02-15 浙江鸿立缝制设备有限公司 一种制带机构
CN106880119A (zh) * 2017-04-28 2017-06-23 四川省苗溪有限责任公司 一种将裹条一次加工成型的裹筒及方法
CN112680890A (zh) * 2020-12-18 2021-04-20 南京金露服装有限公司 一种嵌边绳带缝制的辅助装置

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104005185A (zh) * 2014-05-09 2014-08-27 蚌埠嘉怡景服装有限公司 一种布条缝纫辅助装置
CN106120180A (zh) * 2016-08-22 2016-11-16 湖南东方时装有限公司 分缝塑形缝纫机
CN106400335A (zh) * 2016-08-31 2017-02-15 浙江鸿立缝制设备有限公司 一种制带机构
CN106400335B (zh) * 2016-08-31 2020-09-08 浙江鸿立缝制设备有限公司 一种制带机构
CN106880119A (zh) * 2017-04-28 2017-06-23 四川省苗溪有限责任公司 一种将裹条一次加工成型的裹筒及方法
CN112680890A (zh) * 2020-12-18 2021-04-20 南京金露服装有限公司 一种嵌边绳带缝制的辅助装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007209389A (ja) 被縫製物折曲げガイド
US11021822B2 (en) Embroidery frame
JP5304161B2 (ja) 電線保持バー
CA2113838A1 (en) Interchangeable clamp for use in a sewing machine
JP2006144200A (ja) 刺繍枠
TWI395851B (zh) Sewing machine pressing device
US10760191B2 (en) Frame holding device and embroidery frame set
JP3516901B2 (ja) ミシン用針板
JP2005199091A (ja) ミシンの布張装置
CN110049831A (zh) 具有夹持工具的制造设备和用于调节夹持工具的弯曲边缘的总长度的方法
KR101322263B1 (ko) 비닐하우스용 비닐 고정패드 및 그 제조방법
JP2016067750A (ja) 布送り装置と布送り装置を備えたミシン
US20190145035A1 (en) Needle mounting device and sewing machine
KR101654603B1 (ko) 장식용 테이프 제조 지그
KR101711164B1 (ko) 자동매듭장치
JP2016163610A (ja) ミシンの押さえ
JP3114121B2 (ja) シート状体のひだの形成装置
JP2010010228A (ja) 長円形コイル巻線装置および長円形コイル巻線方法
JP2014053527A (ja) 部品供給トレイ
KR101050388B1 (ko) 가로등 지주 제조방법 및 이에 의해 제조되는 가로등 지주
TWI546026B (zh) 拉鏈用連續鏈齒列成型裝置的芯線供給裝置
JP2017099821A (ja) ループ片縫製システム
WO1993000466A1 (en) Adjustable clamp for use in a sewing machine
JP2012231759A (ja) 紙筒苗群分離装置
JP4609013B2 (ja) 刺繍枠