JP2007167470A - 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体 - Google Patents

遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体 Download PDF

Info

Publication number
JP2007167470A
JP2007167470A JP2005371262A JP2005371262A JP2007167470A JP 2007167470 A JP2007167470 A JP 2007167470A JP 2005371262 A JP2005371262 A JP 2005371262A JP 2005371262 A JP2005371262 A JP 2005371262A JP 2007167470 A JP2007167470 A JP 2007167470A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
stop
stop order
symbol display
order
display means
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005371262A
Other languages
English (en)
Inventor
Masanori Mihara
正紀 見原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Olympia KK
Original Assignee
Olympia KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympia KK filed Critical Olympia KK
Priority to JP2005371262A priority Critical patent/JP2007167470A/ja
Publication of JP2007167470A publication Critical patent/JP2007167470A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】遊技者自らが停止する図柄表示手段の順番を決定でき、かつそれを固定及び固定解除可能とし、遊技者にとって操作性の良い遊技機を提供する。
【解決手段】n番目に停止する図柄表示手段の順番を決定可能な停止順番決定手段と、決定された停止順番を記憶するための停止順番記憶手段121と、ストップスイッチ50の操作順番が、記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しているかどうかを判断する停止順番判定手段122とを少なくとも設け、前記停止順番判定手段122が、ストップスイッチ50の操作順番について、記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しないと判断した場合には、当該ストップスイッチ50の操作信号に対応する図柄表示手段の変動表示停止を不能に形成した。
【選択図】図3

Description

この発明は、変動表示されている図柄表示手段の図柄を停止させるための操作手段を有する遊技機に関するものである。
従来、この種の遊技機、例えばスロットマシンにおいては、回転リールの回転を停止させる順番を定めて、その順番通りにストップスイッチを操作すると遊技者に有利な遊技状態となる(例えば入賞しやすくなる、リプレイ外しができる)ように形成されているものがある(特許文献1参照)。
特開2002−95792号公報(段落0125)
しかし、回転リールの停止順序を遊技者自らが決定し固定させる機能を有するスロットマシンは存在せず、遊技者がストップスイッチの停止操作を誤って、停止させたい回転リールとは違うリールを止めてしまうことがあった。このため、停止させたい図柄を所定位置に停止させることができず、小役を取りこぼすなどして、遊技者の不利益になる場合があった。
そこで、本願発明は、遊技者自らが停止する図柄表示手段の順番を決定でき、かつそれを固定及び固定解除可能とし、遊技者にとって操作性の良い遊技機を提供することを目的とする。
(特徴点)
各請求項にそれぞれ記載された各発明は、上記した目的を達成するためになされたものであり、各発明の特徴点を図面に示した発明の実施の形態を用いて、以下に説明する。
なお、符号は、発明の実施の形態において用いた符号を示し、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
(請求項1)
請求項1記載の発明は、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項1記載の発明は、複数の図柄を変動表示及び停止表示可能な複数の図柄表示手段と、前記図柄表示手段の図柄を変動表示させるためのスタートスイッチ(30)と、前記各図柄表示手段の図柄を停止表示させるための各図柄表示手段に対応する複数のストップスイッチ(50)と、当選か否かの当選判定の抽選を行うための当選抽選手段(110)と、前記ストップスイッチ(50)の有効操作信号及び前記当選判定の抽選結果に基づいて、前記図柄表示手段の停止表示を制御するための停止制御手段(リール回転停止制御手段130)とを少なくとも備え、複数の前記図柄表示手段がすべて停止表示された状態で、視認可能な複数の図柄が、あらかじめ定められた態様で表示されることを条件に入賞となる遊技機に係る。
本発明に係る遊技機は、スロットマシンやパロット遊技機などの遊技機である。ここで、「図柄表示手段」には、複数の図柄が表示されたリールテープを貼り付けた回転リール(40)の他、液晶表示装置により図柄を変動表示又は停止表示可能に形成したものも含まれる。また、「複数の図柄が、あらかじめ定められた態様で表示」には、複数の図柄が入賞するために有効な図柄の配列を規定した有効入賞ライン上に揃うことが含まれる。
ここで、ストップスイッチ(50)の「有効操作信号」とは、その信号により図柄表示手段の図柄変動を停止させることが可能な操作信号のことである。ストップスイッチ(50)の操作信号は、遊技の進行状態に応じて有効化する場合(例えば図柄表示手段としての回転リール(40)が定常回転を開始した後)の他、後述する停止順番判定手段(122)の判定結果に基づく場合も含まれる。
そして、本発明に係る遊技機は、遊技実行中以外における遊技者の操作により、前記複数の図柄表示手段が変動表示開始してからn番目(nは図柄表示手段の総数以下の自然数)に停止する図柄表示手段の順番を決定可能な停止順番決定手段と、前記停止順番決定手段により決定された停止順番を記憶するための停止順番記憶手段(121)と、前記ストップスイッチ(50)の操作順番が、前記停止順番記憶手段(121)に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しているかどうかを判断する停止順番判定手段(122)とを少なくとも設け、前記停止順番判定手段(122)が、ストップスイッチ(50)の操作順番について、前記停止順番記憶手段(121)に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しないと判断した場合には、前記停止制御手段(130)による当該ストップスイッチ(50)の操作信号に対応する図柄表示手段の変動表示停止を不能に形成したことを特徴とする。
ここで、「停止順番決定手段」は、遊技者の操作可能な操作スイッチであって、単独の機能を有するスイッチとして設けられていてもよいし、遊技機の既存の操作手段、例えばスタートスイッチ(30)やストップスイッチ(50)が、所定条件に該当時のみ、「停止順番決定手段」として機能するものであってもよい。なお、「所定条件に該当」には、遊技機の状態が、「遊技モード」から、停止順番を設定可能な「停止順番設定モード」に切り替わった場合とすることができ、遊技機のモードを変更可能なモード変更スイッチ(180)を、「停止順番決定手段」に含めてもよい。
なお、「遊技実行中」とは、図柄変動手段を変動させる操作(スタートスイッチ(30)操作)をしたときから、すべての図柄表示手段の変動表示を停止させる操作(ストップスイッチ(50)の操作)をするまでの間のことである。そして「遊技実行中以外」とは、遊技開始前や、遊技終了後から次遊技開始までの間の時間のことである。
また、「n番目に停止する図柄表示手段の順番を決定可能」には、例えば最初に停止させる図柄表示手段、最後に停止させる図柄表示手段の位置(例えば三個の図柄表示手段が横方向に並んでいる場合の左、中、右)を特定することができることのほか、複数の図柄表示手段の停止順番を設定する(例えば1番目が左、2番目が中、3番目が右の順番)ことも含む。
そして、「停止制御手段(130)による当該ストップスイッチ(50)の操作信号に対応する図柄表示手段の変動表示停止を不能」にする具体的手段としては、例えば、停止順番判定手段(122)が操作されたストップスイッチ(50)の操作順が設定と一致したと判断した場合には、受信したストップスイッチ(50)の操作信号を有効操作信号として停止制御手段(130)に出力し、一致していない判断の場合には有効操作信号を出力しない制御を行う操作信号有効化手段(123)を設けることができる。
(作用)
本発明においては、遊技を実行中でないときに、所定の操作スイッチ(モード変更スイッチ(180))を操作したり、停止順番決定手段として設定された所定の操作スイッチを所定の態様で操作する(例えばストップスイッチ(50)を一定時間継続して押したままにする)ことにより、遊技者が自ら、n番目に停止させたい図柄表示手段を決定することかできる。また、図柄表示手段の停止順番が設定されている場合には、設定された順番通りに、図柄表示手段に対応するストップスイッチ(50)を操作しないと、その操作は無効にされ(有効化せず)、図柄の変動表示を停止させることができない。換言すれば、ストップスイッチ(50)を設定した停止順番通りに操作することにより、図柄表示手段の図柄変動を停止させることができるのであり、図柄表示手段の停止順番が固定されることとなる。
なお、設定した停止順番をリセットするための手段を設けると好適である。
(請求項2)
請求項2記載の発明は、上記した請求項1記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項2記載の発明は、前記停止順番決定手段は、複数の図柄表示手段の停止順番として、1番目からN−1番目(Nは図柄表示手段の総数)までの順番を決定可能であることを特徴とする。
本発明は、複数の図柄表示手段の停止順番を設定することができるようにしたものである。なお、停止順番決定手段の設定操作により決定可能な順番を「N−1番目」までとしたのは、N番目はN−1番目が決定すれば必然的に最後に停止表示させるべき図柄表示手段となることから、遊技者が停止順番の設定操作をする必要がないことによる。
(請求項3)
請求項3記載の発明は、上記した請求項1又は2記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項3記載の発明は、前記ストップスイッチ(50)を前記停止順番決定手段として設定し、遊技実行中以外の所定時に、複数のストップスイッチを順々に1個づつ一定時間以上継続してON状態にすることにより、各ストップスイッチ(50)に対応する各図柄表示手段の停止順番が決定されることを特徴とする。
本発明は、停止順番決定手段を特定したものである。本発明においては、停止順番決定手段として、ストップスイッチ(50)を停止順番決定手段として機能させるためのモード変更スイッチ(180)を、別途有していても構わない。
本発明では、継続操作されるストップスイッチ(50)の操作順番がそのまま図柄表示手段の停止順番となる。
本発明によれば、図柄表示手段を停止させるためのストップスイッチ(50)を用いて、図柄表示手段の停止順番を決定できるので、設定操作が行いやすく合理的である。
(請求項4)
請求項4記載の発明は、上記した請求項1乃至3のいずれか1項に記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項4記載の発明は、前記停止順番記憶手段(122)の記憶している停止順番を、遊技者の操作によって取り消し可能な停止順番取り消し手段(停止順番リセットスイッチ190)を設けたことを特徴とする。
ここで、「停止順番取り消し手段」は、単独の操作スイッチとすることもできるし、遊技機の既存の操作スイッチを兼用してもよい。例えば、複数のストップスイッチ(50)をすべて同時にONにすることにより、停止順番が取り消されるようにしたり、停止順番設定モード中は、スタートスイッチ(50)やベットスイッチ(16)や精算スイッチ(17)が停止順番取り消し手段として機能するように形成することができる。
本発明によれば、いったん設定した停止順番の設定をやり直したい場合や、前の遊技者による設定がそのまま残されている場合に、停止順番記憶手段(122)の記憶をリセットすることができる。
なお、精算スイッチ(17)を取り消し手段とした場合、停止順番を設定した遊技者が遊技終了後に、自らのために精算スイッチ(17)を操作して貯留メダルをキャンセルすることが、次の遊技者のために停止順番を取り消すこととなるため、好適である。
(請求項5)
請求項5記載の発明は、上記した請求項1乃至4のいずれか1項に記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項5記載の発明は、前記停止順番記憶手段(121)が操作順番を記憶している場合には、当該記憶についての情報を遊技者に向けて表示可能な停止順番表示手段(停止順番表示部18)を設けたことを特徴とする。
ここで、「当該記憶についての情報」とは、停止順番記憶手段(121)が停止順番を記憶していること、及びその記憶している内容を含む。すなわち、停止順番表示手段(18)は、停止順番記憶手段(121)が所定の停止順番を記憶しており、停止順番が固定されていることを表示するものであってもよいし、停止順番が設定されている図柄表示手段について当該順番を表示することにより、停止順番が固定されていることを報知するものであってもよい。
なお、操作有効となるストップスイッチ(50)又はそのストップスイッチ(50)に対応する図柄表示手段だけを対象に、該ストップスイッチ(50)又は図柄表示手段を照明する光源の点灯制御を行うようにすると、間違いが起きにくく好適である。
(請求項6)
請求項6記載の発明は、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項6記載の発明は、遊技機を、複数の図柄を変動表示及び停止表示可能な複数の図柄表示手段、前記図柄表示手段の図柄を変動表示させるための図柄変動開始手段、前記各図柄表示手段の図柄を停止表示させるための複数の図柄変動停止手段、当選か否かの当選判定の抽選を行うための当選抽選手段(110)、前記図柄変動停止手段の有効操作信号及び前記当選判定の抽選結果に基づいて、前記図柄表示手段の停止表示を制御するための停止表示制御手段、複数の前記図柄表示手段がすべて停止表示された状態で、視認可能な複数の図柄が、あらかじめ定められた態様で表示されることを条件に入賞として扱うための入賞判定手段(150)、遊技実行中以外における遊技者の操作により、前記複数の図柄表示手段が変動表示開始してからn番目(nは図柄表示手段の総数以下の自然数)に停止する図柄表示手段の順番を決定可能な停止順番決定手段、前記停止順番決定手段により決定された停止順番を記憶するための停止順番記憶手段(121)、前記図柄変動停止手段の操作順番が、前記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しているかどうかを判断する停止順番判定手段(122)、前記停止順番判定手段(122)が、図柄変動停止手段の操作順番前について、記停止順番記憶手段(121)に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しないと判断した場合には、前記停止表示制御手段による当該図柄変動停止手段の操作信号に対応する図柄表示手段の変動表示停止を不能とするための停止操作無効手段(操作信号有効化手段123)、として機能させるための遊技機用プログラムである。
ここで、遊技機としては、スロットマシンなどの現実の遊技機でもよく、液晶ディスプレイやCRTなどの画像表示装置に表示させた擬似的な遊技機であってもよい。
また、前記図柄表示手段を、周囲に複数の図柄(61)を表示した回転リール(40)とし、この回転リール(40)の回転を制御するように形成することができる。この場合、前記図柄変動開始手段は、回転リール(40)の回転を開始させるためのスタートスイッチ(30)とすることができ、前記図柄変動停止手段は、回転リール(40)の回転を停止させるためのストップスイッチ(50)とすることができる。
あるいは、前記図柄表示手段を、液晶ディスプレイやCRTなどの画像表示装置とし、これに複数の図柄を変動表示又は停止表示させるように形成してもよい。
前記入賞手段は、この遊技機用プログラムを用いて現実の遊技機を制御しようとする場合には、ホッパーユニット(65)を作動させて遊技者に対してメダル等対価の払い出しを行うように形成することができる。一方、この遊技機用プログラムを用いて業務用、家庭用のテレビゲーム機等を制御しようとする場合には、液晶ディスプレイやCRTなどの画像表示装置に、入賞時にメダルの払い出しがなされるような画像や、手持ちの遊技メダル数が増加するような表示や、所定の得点が加算されるような表示を行うように形成することができる。
このように、本発明は、現実の遊技機を制御するためのプログラムと、業務用、家庭用のテレビゲーム機やパソコン等に読み込まれることによりそれらを遊技機として機能させるためのプログラムとの双方を含むものである。
(作用)
本発明においては、遊技を実行中でないときに、所定の操作スイッチ(モード変更スイッチ(180))を操作したり、停止順番決定手段として設定された所定の操作スイッチを所定の態様で操作することにより、遊技者が自ら、n番目に停止させたい図柄表示手段を決定することかできる。また、図柄表示手段の停止順番が設定されている場合には、設定された順番通りに、図柄表示手段に対応する図柄変動停止手段を操作しないと、その操作は無効にされ(有効化せず)、図柄の変動表示を停止させることができない。換言すれば、図柄変動停止手段を設定した停止順番通りに操作することにより、図柄表示手段の図柄変動を停止させることができるのであり、図柄表示手段の停止順番が固定されることとなる。
なお、前記停止順番決定手段を、複数の図柄表示手段の停止順番として、1番目からN−1番目(Nは図柄表示手段の総数)までの順番を決定可能に形成してもよい。
また、前記図柄変動停止手段を前記停止順番決定手段として設定し、遊技実行中以外の所定時に、複数のストップスイッチを順々に1個づつ一定時間以上継続してON状態にすることにより、各ストップスイッチに対応する各図柄表示手段の停止順番が決定されるように形成してもよい。このように形成すると、図柄表示手段を停止させるための図柄変動停止手段を用いて、図柄表示手段の停止順番を決定できるので、設定操作が行いやすく合理的である。
さらに、前記停止順番記憶手段(122)の記憶している停止順番を、遊技者の操作によって取り消し可能な停止順番取り消し手段を設けてもよく、前記停止順番記憶手段(121)が操作順番を記憶している場合には、当該記憶についての情報を遊技者に向けて表示可能な停止順番表示手段を設けてもよい。
(請求項7)
請求項7記載の発明は、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項7記載の発明は、遊技機を、複数の図柄を変動表示及び停止表示可能な複数の図柄表示手段、前記図柄表示手段の図柄を変動表示させるための図柄変動開始手段、前記各図柄表示手段の図柄を停止表示させるための複数の図柄変動停止手段、当選か否かの当選判定の抽選を行うための当選抽選手段(110)、前記図柄変動停止手段の有効操作信号及び前記当選判定の抽選結果に基づいて、前記図柄表示手段の停止表示を制御するための停止表示制御手段、複数の前記図柄表示手段がすべて停止表示された状態で、視認可能な複数の図柄が、あらかじめ定められた態様で表示されることを条件に入賞として扱うための入賞判定手段(150)、遊技実行中以外における遊技者の操作により、前記複数の図柄表示手段が変動表示開始してからn番目(nは図柄表示手段の総数以下の自然数)に停止する図柄表示手段の順番を決定可能な停止順番決定手段、前記停止順番決定手段により決定された停止順番を記憶するための停止順番記憶手段(121)、前記図柄変動停止手段の操作順番が、前記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しているかどうかを判断する停止順番判定手段(122)、前記停止順番判定手段(122)が、図柄変動停止手段の操作順番前について、記停止順番記憶手段(121)に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しないと判断した場合には、前記停止表示制御手段による当該図柄変動停止手段の操作信号に対応する図柄表示手段の変動表示停止を不能とするための停止操作無効手段(123)、として機能させるための遊技機用プログラムを記録した記録媒体である。
本発明は、請求項6に記載の遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体である。
本発明によれば、上記した請求項6記載の発明と同様の作用効果を得ることができる。
本願発明は、以上のように構成されているので、遊技者自らが停止する図柄表示手段の順番を決定でき、かつそれを固定及び固定解除可能であり、遊技者にとって操作性の良い遊技機を提供することができる。
本発明の好適な実施の形態を、遊技機としてスロットマシンを例に、第一の実施の形態及び第二の実施の形態に分けて、図面に基づき説明する。
(第一の実施の形態)
(図面の説明)
図1乃至図6は、本発明の第一の実施の形態を示すものである。
図1はスロットマシンの入力、制御及び出力のブロック図、図2はスロットマシンの外観正面図、図3乃至図6はスロットマシンの動作の概略のフローをそれぞれ示すものである。
(スロットマシン10)
スロットマシン10は、図2に示すように、四角箱状の筐体11を有する。この筐体11には、遊技者側に向かって臨む表示窓12が形成されており、さらに表示窓12には、三個の回転リール40の図柄61を見ることができる図柄表示窓13が形成されている。そして、スロットマシン10の略中央端部には、メダル投入口14が設けられている。
スロットマシン10の内部には、図示していないが、スロットマシン10の全体の動作を制御するための制御装置20(図1参照)が内蔵されている。
(制御装置20)
上記制御装置20は、図示しないが、CPUを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備えている。ここでCPUは、一個に限定されず、二個以上のCPUで制御するようにしてもよい。また、CPU、ROM、RAM及びI/O等は一体化されてワンチップを構成してもよい。そして、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、次の(1)及び(2)の装置を構成する。
(1)遊技制御装置21
(2)演出制御装置22
遊技制御装置21は、スタートスイッチ30及びストップスイッチ50の操作により、回転リール40の回転及び停止を制御するためのものである。この遊技制御装置21の詳細については後述する。
演出制御装置22は、遊技制御装置21からの信号を受信して、ランプやスピーカ等の演出表示装置66を制御するためのものである。演出制御装置22は特に図示しないが、複数の演出データを記憶しており、遊技制御装置21からの演出要請信号又は各操作手段の操作信号に基づいて、あるいは演出制御装置22に設けられた演出抽選手段の抽選結果に基づいて、演出の有無及び実行する演出の種類を決定し、演出表示装置66に所定の演出表示を行わせる。
ここで、制御装置20を、主制御装置と、主制御装置からの信号を受信して作動する副制御装置とから構成し、前記遊技制御装置21を主制御装置に、前記演出制御装置22を副制御装置に配置することができる。このように、遊技を司る制御装置と演出を司る制御装置を別個に形成することにより、演出制御に当てられるメモリを大幅に増やすことができると共に、演出のみを変更することもできる。
(入力段)
上記制御装置20の入力段には、図1に示すように、次のパーツが接続されている。
(1)投入スイッチ15
(2)ベットスイッチ16
(3)精算スイッチ17
(4)スタートスイッチ30
(5)ストップスイッチ50
(6)モード変更スイッチ180
(7)停止順番リセットスイッチ190
なお、入力段としては、上記した(1)乃至(7)のパーツに限定されるものではない。
(投入スイッチ15)
投入スイッチ15は、図2に示すように、メダル投入口14の下方に内蔵されたスイッチであって、投入された遊技メダルを検知するためのものである。
(ベットスイッチ16)
ベットスイッチ16は、図2に示すように、回転リール40の下方に位置するスイッチであって、貯留メダル数を減じてメダル投入に代えるためのものである。
(精算スイッチ17)
精算スイッチ17は、図2に示すように、回転リールの斜め下方に位置するスイッチであって、貯留した投入メダルを払い出すためのものである。
(スタートスイッチ30)
スタートスイッチ30は、図2に示すように、回転リール40の斜め下方に位置するレバーであって、遊技メダルの投入若しくはベットスイッチ16の投入を条件に、または、「再遊技(Replay)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、リールユニット60の駆動を開始させるためのものである。
なお、ここで、「再遊技(Replay)」とは、当選抽選手段110の抽選により、「再遊技(Replay)」のフラグが成立し、「再遊技(Replay)」の図柄が入賞有効ライン上に揃うことにより、次の遊技において、遊技メダルを新たに投入することなく、再度、遊技を行うことができるものである。
(ストップスイッチ50)
ストップスイッチ50は、リールユニット60の駆動を停止させるためのものである。具体的には、ストップスイッチ50は、図2に示すように、各回転リール40に対応した三個の停止ボタン51から構成され、各回転リール40の下方に1個ずつ配置されているものである。回転リール40に対応した停止ボタン51の操作により、当該対応した回転リール40が回転を停止するように設定されているものである。
なお、ストップスイッチ50は、前記スタートスイッチ30の操作により回転リール40が回転開始し、すべての回転リール40が定常回転(一定の速度で回転)となった場合に操作が有効となる。
また、本実施の形態においては、回転リールの停止順番、すなわち停止ボタン51の操作順が予め固定されている場合には、当該順番通りに停止ボタン51を操作しないと、回転リール40が回転停止しないように形成されているものであるが、これについては後述する。
(モード変更スイッチ180)
モード変更スイッチ180は、ストップスイッチ50の横に設けられたスイッチであって、スロットマシン10を、遊技モード又は停止順番設定モードに切り替えるためのものである。具体的には、遊技モード中のメダル投入後に、モード変更スイッチ180を操作すると、スロットマシン10は停止順番設定モードに移行し、停止ボタン51の操作順番を決定することができるようになる。また、停止順番設定モード中にモード変更スイッチ180を操作すると、スロットマシン10は遊技モードに復帰する。
本実施の形態においては、停止順番設定モード中に、最初に押下する停止ボタン51を一定時間、例えば3秒、押下し続けることにより、その停止ボタン51が第一停止ボタンとして設定される。また、二番目に押下する停止ボタン51を一定時間押下し続けることにより、その停止ボタン51が第二停止ボタンとして設定される。すなわち、各停止ボタン51が、遊技者が回転リール40の停止順番を決定するための停止順番入力手段として機能しているものである。そして、各回転リール40の停止順は、停止順番表示部18に表示される。
なお、停止順番として、最初に停止させるリールのみ、又は二番目に停止させるリールのみ、あるいは最後に停止させるリールのみを設定可能に形成してもよい。また、停止順番入力手段として、専用のスイッチを設けても構わない。
(停止順番リセットスイッチ190)
停止順番リセットスイッチ190は、設定した停止ボタン51の操作順番を取り消すための停止順番取り消し手段であり、前記モード変更スイッチ180の隣に設けられているスイッチである。停止順番リセットスイッチ190は、停止順番設定モード中のみ操作が有効である。
(出力段)
前記制御装置20の出力段には、図1に示すように、次のパーツが接続されている。
(1)リールユニット60
(2)ホッパーユニット65
(3)停止順番表示部18
(4)演出表示装置66(画像表示部67及びランプ68及びスピーカ69)
なお、出力段としては、上記した(1)乃至(4)のパーツに限定されるものではない。
(リールユニット60)
リールユニット60は、特に図示しないが枠体に固定或いは支持された三個のモータと、各々のモータの出力軸に固定された三個の回転リール40とから構成されている。そして、各回転リール40は、合成樹脂からなる回転ドラムと、この回転ドラムの周囲に貼付されるテープ状のリールテープ42とを備えている。このリールテープ42の外周面には、複数個(例えば21個)の図柄61が表示されている。
(ホッパーユニット65)
ホッパーユニット65は、図示しないが、遊技の結果に基づいて、遊技者にメダルを払い出すためのものである。
(停止順番表示部18)
停止順番表示部18は、図2に示すように、図柄表示窓13の下方に設けられた窓部であって、液晶表示装置又は7セグメントLEDを用いて、遊技者が設定した回転リール40の停止順番を表示するためのものである。
停止順番表示部18は、停止順番設定モード中に停止順番が設定されている場合には、左、中、右の各回転リール40に対応する表示部の箇所に、それぞれの設定停止順番を表示する。例えば中リールを一番目に、左リールを二番に停止させたい場合には「1−中、2−左、3−右」、あるいは「1−中、2−左」のような表示を行う。一方、停止順番が設定されていない場合には、停止順番表示部18には何も表示されない。
なお、停止順番表示部18としては、上記構成の他にも、例えば各回転リール40に対応して設けられた表示部に1、2、3などの数字で停止順番を表示してもよい。あるいは、操作有効となるストップスイッチ50又はそのストップスイッチ50に対応する回転リール40だけを対象に、該ストップスイッチ50又は回転リール40を照明するようにしてもよい。例えば、1番目の停止させるべき回転リール40をバックライトで照明し、その回転リール40について停止操作が終了したら、次に2番目に停止させるべき回転リール40をバックライトで照明することにより、停止順番を確実に知らしめることができる。
(演出表示装置66)
演出表示装置66は、演出制御装置22の制御により、遊技者に入賞等を報知させるなど、種々の演出を行うものである。具体的には、演出表示装置66は、画像表示部67及びランプ68及びスピーカ69から構成されている。
画像表示部67は、回転リール40の側方に設けられた窓部であり、LED、ドットマトリックス、液晶画面等を用いて、入賞の報知その他の演出を表示するためのものである。なお、画像表示部67としては上記のものに限られず、例えば演出専用の回転リールを設け、リールの図柄や文字等により演出を表示するようにしても良い。
ランプ68及びスピーカ69は、発光体の点灯又は点滅、入賞音の発生により入賞等を報知するためのものである。
(遊技制御装置21)
次に、遊技制御装置21について詳述する。
遊技制御装置21は、スタートスイッチ30及びストップスイッチ50の操作により、回転リール40の回転及び停止を制御するためのものである。そして、この遊技制御装置21は、次の(1)乃至(7)の手段として機能する。
(1)通常遊技制御手段70
(2)特別遊技制御手段80
(3)当選抽選手段110
(4)停止順番設定制御手段120
(5)リール回転停止制御手段130
(6)ホッパー制御手段140
(7)入賞判定手段150
なお、前記通常遊技制御手段70は、通常遊技を行わせるために通常遊技に関する制御を行うものであり、前記特別遊技制御手段80は、特別遊技を行わせるために特別遊技に関する制御を行うものである。
また、遊技制御装置21としては、上記した(1)〜(7)の手段に限定されるものではなく、他の手段を含んでいても良い。
(通常遊技制御手段70)
通常遊技制御手段70は、通常遊技を行わせるためのものである。
すなわち、メダルの投入若しくはベットスイッチ16の押下を条件に、または、「再遊技(Replay)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、スタートスイッチ30を操作すると、リールユニット60が駆動され、三個の回転リール40が回転を開始する。
その後、ストップスイッチ50の一個を操作すると、当該対応する回転リール40の回転が停止する。
そして、ストップスイッチ50を三個全て操作し終わると、三個の回転リール40の回転が全て停止する。このとき、表示窓12の入賞有効ライン上に、予め設定された図柄61が停止すると、ホッパーユニット65を介して所定枚数のメダルが払い出される。なお、メダルを払い出す代わりに、クレジットしても良い。
当選には、入賞により遊技メダルの払い出しを伴い、遊技者に利益を付与する小役当選と、この小役当選よりもさらに大きな利益を遊技者に付与する特別当選と、遊技メダルの払い出しは無いが、遊技メダルを新たに投入することなく再度の遊技を行うことができる「再遊技(Replay)」とを備えている。そして、その抽選結果がいずれかの役に当選となった場合、その当選に対応した当選フラグが成立する。そして、抽選結果が特別当選である場合に、特別当選フラグが成立し、この特別当選フラグ成立中に、リールユニット60の回転リール40の停止図柄61の組み合わせが、予め定められた所定の特別当選図柄61(例えば、入賞有効ライン上に「7」が三個揃うもの)と一致したことを条件に入賞し、遊技者に有利な特別遊技を行わせるように形成されている。一方、抽選により特別当選フラグが成立したが、回転リール40の停止図柄61の組み合わせが特別当選図柄61と一致していない場合には、それ以後の遊技に特別当選フラグ成立の権利が持ち越されるように設定されている。なお、小役の当選フラグは、当選フラグが成立した遊技で入賞させられない場合、当選フラグ成立の権利の次の遊技への持ち越しはない。
また、いずれかの当選フラグが成立中に、対応する当選図柄61を入賞有効ライン上に揃えることができるか否かは、回転リール40の回転速度が一定の場合、ストップスイッチ50のタイミングによるものである。具体的には、ストップスイッチ50を操作した後、190ms以内に回転リール40が停止するように設定されているため、ストップスイッチ50を操作した後、そのまま停止させるか、或いは190ms以内に停止可能な回転リール40の円周上の引き込み可能図柄61、例えば停止図柄から連続する4個の引き込み可能図柄61の中に、対応する入賞図柄61が含まれているような場合には、停止するまでの時間を遅らせて、回転リール40は入賞有効ライン上にその当選図柄61を引き込んで停止する。一方、かかる4個の引き込み可能図柄61の中に、対応する当選図柄61が含まれていないような場合には、入賞有効ライン上にその当選図柄61を引き込んで停止することができない。
(特別遊技制御手段80)
特別遊技制御手段80は、抽選手段の抽選結果に基づいて、通常遊技よりも遊技者に有利となる特別遊技を行わせるためのものである。
上記特別遊技としては、大別すると、次のゲームがある。
(1)特定導入遊技(ビッグボーナスゲーム。以下BBゲームという)
(2)特定遊技(レギュラーボーナスゲーム。以下RBゲームという)
(3)特定当選遊技(ジャックゲーム。以下JACゲームという)
ここで、RBゲームは、BBゲーム中に行われる場合と、BBゲーム中でないときにも単独で行われる場合がある。JACゲームは、RBゲーム中に行われるものである。
特別遊技制御手段80は、図1に示すように、大別すると、次の手段を備える。
(1)特定導入遊技制御手段90
(2)特定遊技制御手段100
(特定導入遊技制御手段90)
特定導入遊技制御手段91は、BBゲームを制御するためのものである。
具体的には、通常遊技において、図示しないが、例えば「7」等の図柄61が入賞有効ライン上に三個揃うと、ホッパーユニット65を介して、例えば15枚のメダルが払い出される。このとき、BBゲームが開始される。
BBゲームに移行すると、通常遊技と同様に最大3枚のメダルの投入によって開始され、3つの回転リールの回転を各々停止させた際に、入賞有効ライン上に当選図柄が揃っているか否かによって、メダルの払い出しが行われるものである。
したがって、BBゲーム中では、通常遊技と同様に小役を含めた抽選が毎回行われるものである。ただ、このBBゲーム中にRBゲームに移行するための特定当選図柄が入賞有効ライン上に揃った場合には、その後RBゲームに移行するものである。
なお、通常、BBゲーム中はRBゲームへの移行が、例えば最大3回行われることになっているために、1回目のRBゲームが終了した後は、また前述したような通常遊技と同様な抽選及び制御が行われるものである。
そして、BBゲームは、入賞によりあらかじめ定められた枚数のメダルが払い出された場合に終了するものである。
(特定遊技制御手段101)
特定遊技制御手段101は、RBゲームを制御するためのものである。
具体的には、RBゲームに移行すると、メダルが1枚投入となり、回転リール40の所定の図柄61が表示窓12のセンターライン上に揃った場合に入賞となる特定当選遊技が行われるものである。そして、RBゲームでは、入賞するか否かの特定当選遊技が最大12回行えるものであり、そのうち、最大8回の入賞が可能である。すなわち、最大8回の入賞するか、或いは最大12回の特定当選遊技の終了により、RBゲームは終了するものである。
(当選抽選手段110)
当選抽選手段110は、予め定めた抽選確率に基づいて当選役に係わる抽選を行うものである。そして、当選抽選手段110による抽選の結果、所定の当選役に当選である場合に当選フラグが成立し、この当選フラグ成立中に、回転リール40の停止図柄の組み合わせが予め定められた当選図柄と一致したことを条件に入賞し、遊技者にメダルの払い出しや、特別遊技等の利益が付与されるように設定されている。
上記当選抽選手段110は、図1に示すように、大別すると、次の手段を備える。
(1)乱数発生手段111
(2)乱数抽出手段112
(3)当選判定テーブル113
(4)判定手段114
なお、当選抽選手段110としては、上記した(1)乃至(4)に限定されるものではない。
(乱数発生手段111)
乱数発生手段111は、当選抽選用の乱数を所定の領域内(例えば十進数で0〜65535)で発生させるものである。
(乱数抽出手段112)
乱数抽出手段112は、乱数発生手段111が発生する乱数を、所定の条件(例えば、スタートスイッチ30の操作)で抽出するものである。なお、この抽出した乱数を抽出乱数データとする。
なおここで、「乱数発生手段」としては、ソフト乱数としての平均採中法等で乱数を発生させることができるものの他に、一定範囲の数字を高速で1づつ加算するカウンタを用いて構成することもできる。例えば、0〜16383の範囲の数字を、1秒間に700万回程度順次繰り返すようにしたカウンタが考えられる。そして、「乱数抽出手段」としては、スタートスイッチを押したタイミングでカウンタの数字を読みとることなる。
このように形成すると、「乱数発生手段」では乱数を発生しているわけではないものの、「乱数抽出手段」によって抽出される数字は、あたかも乱数のような分布となる。このように、結果として乱数のような分布を示す数字が得られる手段を、ここでは「乱数発生手段」あるいは「乱数抽出手段」に含めて考えるものとする。
(当選判定テーブル113)
当選判定テーブル113は、乱数発生手段111がとる乱数の全領域中、各当選項目の当選領域を有するものである。
(判定手段114)
判定手段114は、乱数抽出手段112が抽出した抽出乱数データと、当選判定テーブル113の抽選確率データを基に、乱数発生手段111がとる乱数の全領域中の各当選項目の当選領域からなる当選判定領域データとを照合し、当該抽出乱数データが属する当選領域に対応する当選を決定するものである。
(停止順番設定制御手段120)
停止順番設定制御手段120は、モード変更スイッチ180、停止順番決定手段としてのストップスイッチ50、停止順番リセットスイッチ190からの操作信号に基づいて、スロットマシン10の停止順番設定モード中の制御を行うとともに、遊技モード中においては、設定された順番通りに回転リール40の停止操作がされなかった場合には、回転リール40の停止制御を行わせないようにするためのものである。
そして、停止順番設定制御手段120は、以下の(1)乃至(3)の手段を有している。
(1)停止順番記憶手段121
(2)停止順番判定手段122
(3)操作信号有効化手段123
なお、停止順番設定制御手段120としては、上記以外の手段を有していても構わない。
(停止順番記憶手段121)
停止順番記憶手段121は、停止順番設定モード中のストップスイッチ50及び停止順番リセットスイッチ190の操作信号に基づいて、遊技者の設定する回転リール40の停止順番に係る停止順番データを記憶するためのものである。
具体的には、停止順番記憶手段121は、遊技モード中にモード変更スイッチ180が操作され、スロットマシン10が停止順番設定モードに移行することにより作動可能となる。そして、停止順番設定モードに移行後、最初に指定操作の行われた(すなわち所定時間押下された)停止ボタン51に対応する回転リール40を、第一停止リールとして記憶する。例えば、停止ボタン51のうち左ボタンが指定操作された場合には、左リールを第一停止リールとして記憶する。また、最初の指定操作の次に指定操作の行われた停止ボタン51に対応する回転リール40を、第二停止リールとして記憶する。なお、第三停止リールは自動的に決定するので、入力により設定できるのは第二停止までである。記憶された停止順番データは、停止順番表示部18に表示される。
また、第一停止リールが設定された後、停止順番リセットスイッチ190が操作された場合には、当該停止順番データを消去し、もう一度第一停止リールの設定を可能とする。同様に、第二停止リールが設定された後、停止順番リセットスイッチ190が操作された場合には、当該停止順番データを消去し、もう一度第二停止リールの設定を可能とする。なお、停止順番設定モードに移行後、すぐに停止順番リセットスイッチ190が操作された場合には、すべての停止順番データを消去する。これにより、遊技者は、自らの設定を随意変更することができるとともに、前の遊技者の設定データが残されていてもこれを消去することができる。
なお、停止順番設定モード中に、モード変更スイッチ180が操作されると、スロットマシン10は停止順番記憶手段121の停止順番データの記憶を保持したまま、遊技モードに復帰する。
(停止順番判定手段122)
停止順番判定手段122は、遊技モード中のストップスイッチ50の操作信号を受信して、前記停止順番記憶手段121の記憶している停止順番通りに、停止操作が行われたかどうかを判定し、停止ボタン51に対応する回転リール40を停止させるか否かを決定するためのものである。
具体的には、停止順番判定手段122は、スタートスイッチ30の操作後、最初に押下された停止ボタン51の操作信号を受信して当該停止ボタン51を特定し、停止順番記憶手段121の記憶している第一停止リールに対応する停止ボタン51と一致するかどうかを判断する。例えば、左リールを第一停止リールとして記憶している場合には、最初に受信した停止ボタン51の操作信号が左ボタンからの信号かどうかを判定する。そして当該操作信号が、停止順番データの第一停止リールを停止させるための停止ボタン51からのものである場合には、停止の決定を行う。一方、当該操作信号が、停止順番データの第一停止リールを停止させるための停止ボタン51からのものでない場合には、停止の決定を行わない。
なお、停止順番記憶手段121が停止順番データを記憶していない場合、すなわち停止順番が設定されていない場合には、停止順番判定手段122は常に停止を決定する。
(操作信号有効化手段123)
操作信号有効化手段123は、前記停止順番判定手段122の決定に基づいて、遊技モード中における各停止ボタン51の有効操作信号をリール回転停止制御手段130に出力するためのものである。すなわち、停止順番判定手段122が停止の決定をしている場合には、リール回転停止制御手段130に操作された停止ボタン51の有効操作信号を出力する。
一方、停止順番判定手段122が停止の決定をしていない場合には、操作信号有効化手段123は有効操作信号を出力しない。有効操作信号が出力されないと、以下に述べるリール回転停止制御手段130は、回転リール40を停止させるためのストップ信号を出力しないので、回転リール40が回転停止しない。すなわち、操作信号有効化手段123は、停止操作無効手段として機能するものである。
なお、停止順番が設定されていない場合には、停止順番判定手段122は常に停止を決定しているので、いずれの停止スイッチ51が操作されても、操作信号有効化手段123は有効操作信号を出力する。
(リール回転停止制御手段130)
リール回転停止制御手段130は、スタートスイッチ50の操作に基づいて回転リール20を回転させると共に、特に図示しないがリール回転検知センサの検知信号に基づいて図柄の現在位置を認識しつつ、当選抽選手段110の抽選結果及びストップスイッチ50の操作タイミングに基づいて、回転リール20の停止を制御するためのものである。
具体的には、操作信号有効化手段123からの有効操作信号を受信し、当該停止ボタン51に対応する回転リール40の駆動モータにストップ信号を出力することにより、回転リール40の回転を停止させる。この際、判定記憶手段115の記憶している抽選結果がハズレの場合には、三個の回転リール20の図柄が如何なる入賞の態様にも揃わないように蹴飛ばし制御を行い、抽選結果が所定の当選役に当選の場合には、三個の回転リール20の図柄が極力当該当選に係る入賞の態様となるように蹴飛ばし及び引き込み制御を行う。これらの制御は、ストップスイッチ50の操作信号受信とストップ信号出力のタイミングをずらして、回転リール20が停止するまでの時間を遅らせることにより行われる。
なお、回転リール40の停止順番が設定されている場合には、設定された停止順番通りに停止ボタン51を操作した場合のみ、有効操作信号が出力されるので、設定された停止順番通りに停止ボタン51を操作した場合のみ、回転リール40を停止させることができる。これにより、回転リール40の停止順番が固定されることとなる。
(ホッパー制御手段140)
ホッパー制御手段140は、入賞判定手段150からのメダル払い出し信号や、精算スイッチ17の操作信号に基づいて、ホッパーユニット5を作動させるためのものである。
(入賞判定手段150)
入賞判定手段150は、当選判定の抽選結果が当選の場合に、ストップスイッチ50の操作で三個の回転リール20の当選図柄を入賞の態様に停止させることができたかどうかを判断し、当選図柄を入賞の態様に停止させることができた場合には入賞を決定する。そして、入賞がメダル払い出しを伴う場合には、ホッパーユニット5に遊技メダルの払い出し信号を出力し、ボーナスゲーム入賞などの特別入賞の場合には、特別遊技制御手段80に特別遊技を開始させたりするためのものである。
(スロットマシン10の動作)
次に、上記構成を備えたスロットマシンの動作の概略について、図3乃至図6に示すフローを用いて説明する。
スロットマシン10は、メダルの投入又はベットスイッチ16の操作により遊技開始可能となる。そして、まず図3に示すステップ100において、モード変更スイッチ180がONとなったかどうかを判断する。モード変更スイッチ180がONとなった場合には、次のステップ101に進む。
ステップ101において、停止順番設定制御手段120により、停止順番設定処理が行われる。そして、次のステップ102に進む。
前記ステップ100において、モード変更スイッチ180がONでない場合には、ステップ101を飛び越してステップ102に進む。
ステップ102において、スタートスイッチ30がONとなったかどうかを判断する。スタートスイッチ30がONにならない場合には、ステップ100に戻る。一方、スタートスイッチ30がONとなった場合には、次のステップ103に進む。
ステップ103において、当選抽選手段110により当選判定の抽選処理が行われる。そして、次のステップ104に進む。
ステップ104において、回転リール40の回転が開始する。そして、次のステップ105に進む。
ステップ105において、ストップスイッチ50がONとなったかどうかを判断する。具体的には、いずれかの停止ボタン51からの操作信号を受信したかどうかを判断する。ストップスイッチ50がONでない場合には、ステップ105に戻る。一方、いずれかのストップスイッチ50がONとなった場合には、次のステップ106に進む。
ステップ106において、停止順番判定手段122が、停止操作された停止ボタン51が、設定された停止順通りかを判断する。設定された停止順通りに操作されないと判断した場合、すなわち、操作信号出力に係る停止ボタン51の位置(左、中、右)が、停止順番記憶手段121の記憶している停止順番データと合致せず、停止の決定をしない場合には、ステップ105に戻る。すなわち、操作信号有効化手段123が有効操作信号を出力せず、停止ボタン51の押下によっても回転リール40は停止しない。一方、設定された停止順通りに操作されたと判断した場合、すなわち停止順番判定手段122が停止の決定を行った場合には、次のステップ107に進む。なお、停止順番が設定されていない場合には、停止ボタン51の操作信号受信により常に停止の決定がなされるので、このステップは常にYとなる。
ステップ107において、操作信号有効化手段123が有効操作信号を出力し、リール回転停止制御手段130による回転リール40の回転停止制御処理が行われる。そして、次のステップ108に進む。
ステップ108において、回転中の回転リール40があるかどうかを判断する。すなわち、三個の回転リール40に対応するすべての停止ボタン51の操作が行われたか否かが判定される。回転中の回転リール40がある場合には、ステップ105に戻る。一方、三個の回転リール40すべてに対応する停止ボタン51の操作が行われたと判定された場合には、次のステップ109に進む。
ステップ109において、当選フラグ成立中に当該当選フラグに対応する当選図柄が入賞有効ライン上に揃ったか否か、すなわち、入賞したか否かが判定される。そして、入賞したと判定された場合、次のステップ110に進む。
ステップ110において、当選図柄に相当するメダルが払い出しや、特別遊技へのシフトが行われる。あるいは再遊技のための準備が行われる。そして、一回の遊技が終了する。
前記ステップ109において、入賞していないと判定された場合、ステップ110を飛び越して、遊技が終了する。
次に、図3におけるステップ103の抽選処理について、図4のフローを用いて説明する。
ステップ200において、当選抽選手段110の乱数発生手段111により発生された乱数の中から乱数抽出手段112により乱数が抽出される。そして、次のステップ201に進む。
ステップ201において、抽出された乱数が乱数抽出手段112の内部に記憶される。そして、次のステップ202に進む。
ステップ202において、判定手段114により、抽出された乱数と、当選判定テーブル113の当選判定領域データとの比較が行われる。そして、次のステップ203に進む。
ステップ203において、判定手段114により、抽出された乱数が、当選判定テーブル113のどの当選領域に含まれるか決定され、抽選処理の評価が決定される。そして、次のステップ204に進む。
ステップ204において、所定の図柄の蹴飛ばしと、所定図柄の引き込みとが設定される。そして、抽選処理が終了する。
続いて、図3におけるステップ107の回転リール40の回転停止処理について、図5を用いて説明する。
ステップ300において、所定の図柄に対して、蹴飛ばしの設定が達成されたか否かが判定される。そして、所定の図柄の蹴飛ばしの設定が達成されていないと判定された場合、次のステップ301に進む。
ステップ301において、1個の図柄分だけ、回転リール40を回転させる。すなわち、1個の図柄分だけ蹴飛ばしを行う。そして、次のステップ302に進む。
ステップ302において、上述した1個の図柄分だけ回転リール40を回転させた当該図柄の数がストップスイッチ50の操作後の4個目に該当するか否かが判定される。そして、ストップスイッチ50を操作した後、1図柄ずつ回転リール40を回転させてずらした図柄の数が4個目の場合には、次のステップ303に進む。
ステップ303において、回転リール40の回転を停止させる。これにより、メダル投入から回転リール40の回転停止までのスロットマシン10の動作が終了する。
前記ステップ300において、所定の図柄の蹴飛ばしの設定が達成されていると判定された場合、次のステップ304に進む。
ステップ304において、いずれかの図柄に対して引き込みが設定されているか否かが判定される。そして、いずれかの図柄に対して引き込みが設定されていると判定された場合、次のステップ305に進む。
ステップ305において、引き込み設定が達成されたか否かが判定される。そして、引き込み設定が達成されたと判定された場合、次のステップ303に進む。
前記ステップ304において、いずれの図柄に対しても引き込みが設定されていないと判定された場合、ステップ303に進む。
前記ステップ305において、引き込み設定が達成されていないと判定された場合、ステップ301に進む。
前記ステップ302において、ストップスイッチ50を操作した後、1図柄ずつ回転リール40を回転させてずらした図柄の数が4個目でない場合には、ステップ300に戻る。
なお、上述した実施の形態において、回転リール40の停止処理に関してステップ301〜ステップ305で説明しているが、この例は、いわゆる最小引き込み停止制御の例であり、逆に最大引き込み停止制御としても良い。更には、例えば、ストップスイッチ50を押すタイミングで予め定めたテーブルに従って回転リール40の停止位置を決定する、いわゆるテーブル停止制御の方法によるものでも良いものである。このテーブル停止制御は、当選フラグ成立の有無や、当選フラグ成立中の当選図柄に基づいた複数のテーブルを有し、この複数のテーブルから適宜、遊技状況に応じたテーブルが選択されるものである。
なお、テーブル停止制御においても、当選フラグが成立しているときには、その当選フラグに対応する図柄が入賞有効ライン上に揃うように、予めテーブルの上で停止位置が決定されてあり、いわゆる引き込み設定の一種を備えているものである。また、当選フラグが成立していないときには、他の当選図柄が入賞有効ライン上に揃わないように、予めテーブルの上で停止位置が決定されてあり、いわゆる蹴飛ばし設定の一種を備えているものである。
次に、図3におけるステップ101の停止順番設定処理について、図6のフローに基づき説明する。なお、図中「n」は設定中の停止順を表す数値(自然数)であり、本実施の形態では「1」「2」「3」である。また「N」は回転リール40の総数であり、本実施の形態では「3」である。そして、n値及びN値の記憶及びカウントは、停止順番記憶手段121が行う。
まず、ステップ400において、スロットマシン10を停止順番設定モードに移行させる。そして、次のステップ401に進む。
ステップ401において、n=1とする。すなわち、これから設定する回転リール40の停止順は「1番目」になる。そして、次のステップ402に進む。
ステップ402において、いずれかの停止ボタン51が一定時間(例えば3秒間)押下されたかどうかを判断する。停止ボタン51が一定時間押下された場合には、次のステップ403に進む。
ステップ403において、n=Nかどうかを判断する。ここで、n=Nの場合とは、すでにN個の回転リール40すべてについて、停止順番が設停止されていることを意味する。n=Nの場合には、次のステップ404に進む。
ステップ404において、n=1とする。すなわち、次の設定操作により決定されるのは、1番目に停止すべき回転リールということになる。このステップにより、停止ボタン51の設定操作を何回も繰り返した場合には、N−1番目の停止順番を設定した後に再度1番目の停止順番の設定を行う繰り返しとなる。そして、次のステップ405に進む。
前記ステップ403において、n=Nでない場合には、ステップ404を飛び越してステップ405に進む。
ステップ405において、第n停止リールを決定する。すなわち、停止順番記憶手段121が、停止操作された停止ボタン51に対応する回転リール40を、n番目に停止すべき回転リールとして記憶する。なお、停止順番記憶手段121が第n停止リールの停止順番データを記憶している場合には、当該データに前記停止操作された停止ボタン51に対応する回転リール40の停止順番データが上書きされる。同時にこのとき、n=n+1とする。例えば、1番目に停止すべき回転リールを記憶した場合、次の設定操作により決定されるのは、2番目に停止すべき回転リールである。そして、次のステップ406に進む。
ステップ406において、停止順番リセットスイッチ180がONとなったかどうかを判断する。停止順番リセットスイッチ180がONとなった場合には、次のステップ407に進む。
ステップ407において、前の設定を解除する。すなわち、停止順番記憶手段121の記憶している第n停止リールの停止順番データをクリアする。このとき、設定中の停止順を「n−1」とする。すなわち、これから設定する回転リール40の停止順は「n−1番目」になる。そして、次のステップ408に進む。
前記ステップ406において、停止順番リセットスイッチ180がONでない場合には、ステップ407を飛び越してステップ408に進む。
前記ステップ402において、停止ボタン51が押下されない場合には、ステップ403〜407を飛び越してステップ408に進む。
ステップ408において、モード変更スイッチ180がONとなったかどうかを判断する。モード変更スイッチ180がONにならない場合には、ステップ402に戻る。一方、モード変更スイッチ180がONである場合には、次のステップ409に進む。
前記ステップ409において、遊技モードに復帰する。そして、停止順番設定処理を終了する。
なお、上記したフローでは、モード変更スイッチ180の操作を、メダルの投入操作後に判断するものとして説明してあるが、遊技終了(回転リール40の回転停止又は入賞メダルの払い出し終了)後であって、メダルの投入操作前に、モード変更スイッチ180を操作可能としてもよい。つまり、遊技開始前に、停止順番を設定できるようにしてもよいものである。
そして、上記フローは、三個ある回転リール40のうち、第一停止リール及び第二停止リールについて遊技者が決定可能とし、全リールの停止順番を設定するように形成したものであったが、第一停止リールのみを決定可能に形成してもよい。この場合には、n値は常に「1」であるのでn値のカウントは行わなくてもよい。また、リセットスイッチは設けなくてもよく、設定操作が行われるたびに、停止順番記憶手段121の停止順番データが更新されるようにすればよい。
さらに、本実施の形態では、スロットマシン10に停止順番表示部18を設けて、停止順番の表示を行うことにより、停止順番が固定されていることを知らしめるようにしてあったが、停止順番表示部18は必ずしも設けなくてもよい。遊技者は普段押し慣れている順番で停止順を設定すると考えられるので、その順番を明示する必要性は低いと思われるからである。従って、所定のランプを点灯させたり、停止ボタン51の内部に設けた発光体を点灯して停止ボタン51の色を変えたりすることにより、停止順番が固定されていることを報知するようにしてもよい。
(第二の実施の形態)
(図面の説明)
図7及び図8は、本発明の第二の実施の形態を示すものである。
図7はスロットマシンの外観正面図、図8はスロットマシンの動作の概略のフローをそれぞれ示すものである。なお、第二の実施の形態に係るスロットマシン10の構成は、第一の実施の形態とほぼ同様であるため、重複する部分の説明は省略し、本実施の形態の特徴点のみ述べる。
(スロットマシン10)
第二の実施の形態においては、図7に示すように、モード変更スイッチ180及び停止順番リセットスイッチ190は設けられていない。その代わり、スタートスイッチ30の操作前に、停止ボタン51を一定時間押下することにより、停止順番設定モードに移行するようになっている。また、停止順番設定モードは、スタートスイッチ30の操作により終了するようになっている。すなわち、第二の実施の形態においては、スタートスイッチ30及びストップスイッチ50がモード変更スイッチ180を兼ねているものである。
また、停止順番設定モード中に、すべての停止ボタン51を同時に押下することにより、設定された停止順番がリセットされるようになっている。すなわち、ストップスイッチ50が停止順番リセットスイッチ190を兼ねているものである。なお、停止順番設定モード中は、精算スイッチ17が停止順番リセットスイッチ190として機能するように形成してもよい。
さらに、第二の実施の形態においては、停止順番表示部18の代わりに、固定モード表示部19が設けられている。固定モード表示部19は、図7に示すように、図柄表示窓13の下方に設けられたランプやLEDからなる発光表示部である。そして、停止順番が設定されている場合、すなわち回転リール40の停止順番が固定されている場合には、発光体が点灯して、スロットマシン10が停止順番固定モードになっていることを報知するようになっている。
なお、固定モード表示部19としては、上記したように単独の表示手段として設けることの他、スロットマシン10の他の表示部や操作手段を固定モード表示部19として機能させるようにしてもよい。例えば、画像表示部67の一部に固定モード表示をしたり、停止ボタン51の内部に設けた発光体を点灯させて、停止ボタン51の色を変えることにより、停止順番が固定されていることを報知するようにしてもよい。
(停止順番設定制御手段120)
停止順番設定制御手段120は、ストップスイッチ50の操作信号に基づいて、スロットマシン10の停止順番設定モード中の制御を行うとともに、遊技モード中においては、設定された順番通りに回転リール40の停止操作がされなかった場合には、回転リール40の停止制御を行わせないようにするためのものである。
そして、停止順番設定制御手段120は、以下の(1)乃至(3)の手段を有している。
(1)停止順番記憶手段121
(2)停止順番判定手段122
(3)操作信号有効化手段123
なお、停止順番設定制御手段120としては、上記以外の手段を有していても構わない。
(停止順番記憶手段121)
停止順番記憶手段121は、停止順番設定モード中のストップスイッチ50の操作信号に基づいて、遊技者の設定する回転リール40の停止順番に係る停止順番データを記憶するためのものである。
具体的には、停止順番記憶手段121は、メダル投入操作後に、停止ボタン51が一定時間押下され、スロットマシン10が停止順番設定モードに移行することにより作動可能となる。そして、当該最初に指定操作の行われた停止ボタン51に対応する回転リール40を、第一停止リールとして記憶する。そして、次に指定操作の行われた停止ボタン51に対応する回転リール40を、第二停止リールとして記憶する。
また、第一停止リールが設定された後、すべての停止ボタン51が同時に操作された場合には、当該停止順番データを消去し、もう一度第一停止リールの設定を可能とする。同様に、第二停止リールが設定された後、すべての停止ボタン51が同時に操作された場合には、当該停止順番データを消去し、もう一度第二停止リールの設定を可能とする。さらに、第二停止リールの設定後、再度いずれかの停止ボタン51が一定時間押下された場合には、当該停止ボタン51に対応する回転リール40は再度第一停止リールとして記憶される。これにより、遊技者は、自らの設定を随意変更することができる。
なお、停止順番設定モード中に、スタートスイッチ30が操作されると、スロットマシン10は停止順番記憶手段121の停止順番データの記憶を保持したまま、遊技モードに復帰する。
(停止順番判定手段122)
停止順番判定手段122の構成は、第一の実施の形態と同様である。
(操作信号有効化手段123)
操作信号有効化手段123の構成は、第一の実施の形態と同様である。
(スロットマシン10の作動)
次に、第二の実施の形態に係るスロットマシンの動作の概略について、図8に示すフローを用いて説明する。なお、図中「n」及び「N」については、第一の実施形態と同様であり、「n」の初期設定は「1」である。また「A」は、スロットマシン10が停止順番設定モード中、「B」は遊技モード中であることをそれぞれ示す。
まず図8に示すステップ500において、メダルの投入がされたかどうかを判断する。すなわち、メダル投入口14からメダルが投入されたか、あるいはベットスイッチ16が操作されたかどうかを判断する。メダル投入が無い場合には、ステップ500に戻る。一方、メダル投入があった場合には、次のステップ501に進む。
ステップ501において、いずれかの停止ボタン51が一定時間押下されたかどうかを判断する。そして、メダル投入直後にいずれかの停止ボタン51が一定時間押下された場合には、スロットマシン10は停止順番設定モードに移行する。なお、メダル投入の直後にいずれかの停止ボタン51が一定時間押下された場合、すなわち停止順番設定モードに移行直後には、nは「1」として設定される。そして、次のステップ502に進む。
ステップ502において、n=Nかどうかを判断する。ここで、n=Nの場合とは、すでにN個の回転リール40すべてについて、停止順番が設停止されていることを意味する。n=Nの場合には、次のステップ503に進む。
ステップ503において、n=1とする。すなわち、次の設定操作により決定されるのは、1番目に停止すべき回転リールということになる。このステップにより、停止ボタン51の設定操作を何回も繰り返した場合には、N−1番目の停止順番を設定した後に再度1番目の停止順番の設定を行う繰り返しとなる。そして、次のステップ504に進む。
前記ステップ502において、n=Nでない場合には、ステップ503を飛び越してステップ504に進む。
ステップ504において、前記ステップ501で操作された停止ボタン51に係る停止リールを第n停止リールとして決定する。このとき、n=n+1とする。そして、次のステップ505に進む。
ステップ505において、リセットスイッチON、すなわち停止ボタン51のすべてが同時に操作されたかどうかを判断する。リセットスイッチがONとなった場合には、次のステップ506に進む。
ステップ506において、前の停止順番設定を解除する。このとき、n=n−1とする。そして、次のステップ507に進む。
前記505において、リセットスイッチONでない場合には、ステップ506を飛び越してステップ507に進む。
前記ステップ501において、停止ボタン51が押下されない場合にも、ステップ507に進む。
ステップ507において、スタートスイッチ30がONとなったかどうかを判断する。スタートスイッチ30がONにならない場合には、ステップ501に戻る。一方、スタートスイッチ30がONとなった場合には、スロットマシン10は遊技モードに復帰し、このとき、停止順番が設定されていれば、すなわち停止順番記憶手段121が停止順番データを記憶しているときには、固定モード表示部19が点灯して、リール停止が固定モードであることを報知する。そして、次のステップ508に進む。
ステップ508において、当選判定手段110による抽選処理が行われる。そして、この後は、第一の実施の形態を示す図3のステップ104以降の流れと同様の制御が行われる。
本実施の形態によれば、メダルを投入して遊技を行う前に、ストップスイッチ50に所定の設定操作を加えることにより、回転リール40の停止順番を決定することができ、スタートスイッチ30を操作すれば自動的に遊技モードに戻り、遊技が開始される。
なお、上記フローは、三個ある回転リール40のうち、第一停止リール及び第二停止リールについて遊技者が決定可能とし、全リールの停止順番を設定するように形成したものであったが、第一停止リールのみを決定可能に形成してもよい。この場合には、n値のカウントは行わず、図8のステップ502、503を行わない流れにすればよい。あるいは、ステップ505〜506を行わない流れとして、設定操作が行われるたびに、停止順番記憶手段121の停止順番データが更新されるようにしてもよい。
第二の実施の形態によれば、既存の操作スイッチを用いてモード変更や停止順番の設定操作を行うことができるので、スロットマシン10に新たな操作手段を設ける必要がないという利点がある。
以上のように、第一及び第二の実施の形態によれば、遊技者が任意に、回転リール40の停止順番を設定することができ、かつ設定通りの停止操作を行わないと回転リール40が停止しないように形成してあるので、遊技者が停止させたい停止順序で、回転リール40を確実に停止させることができるようになる。また、停止順番の設定は、ストップスイッチ50を用いて行うようにしてあるので、設定操作がわかりやすく合理的である。さらに、設定の解除やモード変更も任意に行えるので、遊技者の好みに合わせた停止操作を可能とすることができるものである。
なお、上記実施の形態において、回転リール40の停止順番が設定されている場合に、設定された順番通りに停止操作しないと回転リール40が停止しない「停止順番固定モード」と、設定された順番通りに停止操作しなくても回転リール40を停止可能な「通常モード」とを選択可能としてもよい。例えば、固定モード選択スイッチを設け、遊技者の好みで固定モードと通常モードを使い分けるようにすることができる。具体的には、固定モード選択スイッチがONの場合には、設定順番通りに停止操作された場合のみ操作信号有効化手段123が有効操作信号を出力するようにし、固定モード選択スイッチがOFFの場合には、停止順番が設定されていても、設定順番通りに停止操作されたか否かにかかわらず、操作信号有効化手段123は常に有効操作信号を出力するように形成すればよい。このように形成した場合には、遊技状況に応じて停止順番を変更できるだけでなく、固定モード選択スイッチをOFFにしておけば、停止順番記憶手段121に前遊技者の設定がそのまま残っている場合でも、これをわざわざリセットすることなく遊技を行うことができるというメリットがある。
ところで、このスロットマシン10は、遊技機を、複数の図柄を変動表示及び停止表示可能な複数の図柄表示手段、前記図柄表示手段の図柄を変動表示させるための図柄変動開始手段、前記各図柄表示手段の図柄を停止表示させるための複数の図柄変動停止手段、当選か否かの当選判定の抽選を行うための当選抽選手段110、前記図柄変動停止手段の有効操作信号及び前記当選判定の抽選結果に基づいて、前記図柄表示手段の停止表示を制御するための停止表示制御手段、複数の前記図柄表示手段がすべて停止表示された状態で、視認可能な複数の図柄が、あらかじめ定められた態様で表示されることを条件に入賞として扱うための入賞判定手段150、遊技実行期間中以外における遊技者の操作により、前記複数の図柄表示手段のうち少なくともn番目(nは図柄表示手段の総数以下の自然数)に停止する図柄表示手段を決定可能な停止順番決定手段、前記停止順番決定手段により決定された停止順番を記憶するための停止順番記憶手段121、前記図柄変動停止手段の操作順番が、前記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しているかどうかを判断する停止順番判定手段122、前記停止順番判定手段が、図柄変動停止手段の操作順番前が、記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しないと判断した場合には、当該図柄変動停止手段の操作信号によっては対応する図柄表示手段の変動表示を停止不能とするための停止操作無効手段、として機能させるための遊技機用プログラムによって制御することができる。
さらに、前記遊技用プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を用いて制御することができる。
ここで、前記図柄表示手段は、回転リール40を用いたものでもよいし、液晶ディスプレイやCRT等の画像表示装置に複数の図柄を順次表示させるようにしたものでもよい。
また、入賞判定手段としては、前記遊技機用プログラムを用いてスロットマシンを制御する場合には、ホッパーユニット65を介して遊技者にメダルを払い出すように形成することができる。一方、前記遊技機用プログラムを用いて、業務用若しくは家庭用のテレビゲーム機を制御しようとする場合には、現実の遊技メダルの払い出しは行えないので、例えば液晶ディスプレイやCRT等の画像表示装置に、獲得メダル数の枚数表示をしたり、メダルの増減がわかるような絵(動画でも静止画でもよい)を表示するように形成することができる。
なお、本発明は、スロットマシン以外の遊技機にも応用できる。
本発明の第一の実施の形態であって、スロットマシンの入力、制御及び出力を示すブロック図である。 本発明の第一の実施の形態であって、スロットマシンを示す外観正面図である。 本発明の第一の実施の形態であって、スロットマシンの作動の概略を示すフローである。 本発明の第一の実施の形態であって、スロットマシンの動作のうち、抽選処理の概略を示すフローである。 本発明の第一の実施の形態であって、スロットマシンの動作のうち、回転リールの回転停止処理の概略を示すフローである。 本発明の第一の実施の形態であって、スロットマシンの動作のうち、停止順番設定処理の概略を示すフローである。 本発明の第二の実施の形態であって、スロットマシンを示す外観正面図である。 本発明の第二の実施の形態であって、スロットマシンの作動の概略を示すフローである。
符号の説明
10 スロットマシン 11 筺体
12 表示窓 13 図柄表示窓
15 投入スイッチ 16 ベットスイッチ
17 精算スイッチ 18 操作順番表示部(停止順番表示手段)
19 固定モード表示部(停止順番表示手段)
20 制御装置 21 遊技制御装置
22 演出制御装置
30 スタートスイッチ 40 回転リール
42 リールテープ 50 ストップスイッチ
51 停止ボタン(停止順番決定手段)
60 リールユニット 65 ホッパーユニット
66 表示装置 70 通常遊技制御手段
80 特別遊技制御手段 91 特定導入遊技制御手段
101 特定遊技制御手段 110 当選抽選手段
111 乱数発生手段 112 乱数抽出手段
113 当選判定テーブル 114 判定手段
120 停止順番設定制御手段 121 停止順番記憶手段
122 停止順番判定手段 123 操作信号有効化手段(停止操作無効手段)
130 リール回転停止制御手段 140 ホッパー制御手段
150 入賞判定手段
180 モード変更スイッチ(停止順番決定手段)
190 停止順番リセットスイッチ(停止順番取り消し手段)

Claims (7)

  1. 複数の図柄を変動表示及び停止表示可能な複数の図柄表示手段と、
    前記図柄表示手段の図柄を変動表示させるためのスタートスイッチと、
    前記各図柄表示手段の図柄を停止表示させるための各図柄表示手段に対応する複数のストップスイッチと、
    当選か否かの当選判定の抽選を行うための当選抽選手段と、
    前記ストップスイッチの有効操作信号及び前記当選判定の抽選結果に基づいて、前記図柄表示手段の停止表示を制御するための停止制御手段とを少なくとも備え、
    複数の前記図柄表示手段がすべて停止表示された状態で、視認可能な複数の図柄が、あらかじめ定められた態様で表示されることを条件に入賞となる遊技機において、
    遊技実行中以外における遊技者の操作により、前記複数の図柄表示手段が変動表示開始してからn番目(nは図柄表示手段の総数以下の自然数)に停止する図柄表示手段の順番を決定可能な停止順番決定手段と、
    前記停止順番決定手段により決定された停止順番を記憶するための停止順番記憶手段と、
    前記ストップスイッチの操作順番が、前記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しているかどうかを判断する停止順番判定手段とを少なくとも設け、
    前記停止順番判定手段が、ストップスイッチの操作順番について、前記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しないと判断した場合には、前記停止制御手段による当該ストップスイッチの操作信号に対応する図柄表示手段の変動表示停止を不能に形成したことを特徴とする遊技機。
  2. 前記停止順番決定手段は、複数の図柄表示手段の停止順番として、1番目からN−1番目(Nは図柄表示手段の総数)までの順番を決定可能であることを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  3. 前記ストップスイッチを前記停止順番決定手段として設定し、
    遊技実行中以外の所定時に、複数のストップスイッチを順々に1個づつ一定時間以上継続してON状態にすることにより、各ストップスイッチに対応する各図柄表示手段の停止順番が決定されることを特徴とする請求項1又は2記載の遊技機。
  4. 前記停止順番記憶手段の記憶している停止順番を、遊技者の操作によって取り消し可能な停止順番取り消し手段を設けたことを特徴とする請求項1乃至3記載のいずれか1項に記載の遊技機。
  5. 前記停止順番記憶手段が操作順番を記憶している場合には、当該記憶についての情報を遊技者に向けて表示可能な停止順番表示手段を設けたことを特徴とする請求項1乃至4記載のいずれか1項に記載の遊技機。
  6. 遊技機を、
    複数の図柄を変動表示及び停止表示可能な複数の図柄表示手段、
    前記図柄表示手段の図柄を変動表示させるための図柄変動開始手段、
    前記各図柄表示手段の図柄を停止表示させるための複数の図柄変動停止手段、
    当選か否かの当選判定の抽選を行うための当選抽選手段、
    前記図柄変動停止手段の有効操作信号及び前記当選判定の抽選結果に基づいて、前記図柄表示手段の停止表示を制御するための停止表示制御手段、
    複数の前記図柄表示手段がすべて停止表示された状態で、視認可能な複数の図柄が、あらかじめ定められた態様で表示されることを条件に入賞として扱うための入賞判定手段、
    遊技実行中以外における遊技者の操作により、前記複数の図柄表示手段が変動表示開始してからn番目(nは図柄表示手段の総数以下の自然数)に停止する図柄表示手段の順番を決定可能な停止順番決定手段、
    前記停止順番決定手段により決定された停止順番を記憶するための停止順番記憶手段、
    前記図柄変動停止手段の操作順番が、前記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しているかどうかを判断する停止順番判定手段、
    前記停止順番判定手段が、図柄変動停止手段の操作順番前について、記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しないと判断した場合には、前記停止表示制御手段による当該図柄変動停止手段の操作信号に対応する図柄表示手段の変動表示停止を不能とするための停止操作無効手段、として機能させるための遊技機用プログラム。
  7. 遊技機を、
    複数の図柄を変動表示及び停止表示可能な複数の図柄表示手段、
    前記図柄表示手段の図柄を変動表示させるための図柄変動開始手段、
    前記各図柄表示手段の図柄を停止表示させるための複数の図柄変動停止手段、
    当選か否かの当選判定の抽選を行うための当選抽選手段、
    前記図柄変動停止手段の有効操作信号及び前記当選判定の抽選結果に基づいて、前記図柄表示手段の停止表示を制御するための停止表示制御手段、
    複数の前記図柄表示手段がすべて停止表示された状態で、視認可能な複数の図柄が、あらかじめ定められた態様で表示されることを条件に入賞として扱うための入賞判定手段、
    遊技実行中以外における遊技者の操作により、前記複数の図柄表示手段が変動表示開始してからn番目(nは図柄表示手段の総数以下の自然数)に停止する図柄表示手段の順番を決定可能な停止順番決定手段、
    前記停止順番決定手段により決定された停止順番を記憶するための停止順番記憶手段、
    前記図柄変動停止手段の操作順番が、前記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しているかどうかを判断する停止順番判定手段、
    前記停止順番判定手段が、図柄変動停止手段の操作順番前について、記停止順番記憶手段に記憶されている図柄表示手段の停止順番と一致しないと判断した場合には、前記停止表示制御手段による当該図柄変動停止手段の操作信号に対応する図柄表示手段の変動表示停止を不能とするための停止操作無効手段
    、として機能させるための遊技機用プログラムを記録した記録媒体。
JP2005371262A 2005-12-26 2005-12-26 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体 Pending JP2007167470A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005371262A JP2007167470A (ja) 2005-12-26 2005-12-26 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005371262A JP2007167470A (ja) 2005-12-26 2005-12-26 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007167470A true JP2007167470A (ja) 2007-07-05

Family

ID=38294799

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005371262A Pending JP2007167470A (ja) 2005-12-26 2005-12-26 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007167470A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010110367A (ja) * 2008-11-04 2010-05-20 Daikoku Denki Co Ltd スロットマシン
JP2010233818A (ja) * 2009-03-31 2010-10-21 Olympia:Kk スロットマシン
JP2013153821A (ja) * 2012-01-27 2013-08-15 Sammy Corp 遊技機
JP2013247994A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2015024326A (ja) * 2014-11-06 2015-02-05 サミー株式会社 遊技機
JP2017144152A (ja) * 2016-02-19 2017-08-24 株式会社ニューギン 遊技機

Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01236081A (en) * 1988-03-15 1989-09-20 Sankyo Kk Game machine
JPH0242684U (ja) * 1988-09-20 1990-03-23
JPH04128780U (ja) * 1991-05-16 1992-11-25
JPH04133872U (ja) * 1991-05-31 1992-12-14
JPH07213683A (ja) * 1994-01-31 1995-08-15 Takasago Electric Ind Co Ltd 電子遊戯機
JPH09253271A (ja) * 1996-03-26 1997-09-30 Samii Kk スロットマシン
JP2001340533A (ja) * 2000-05-30 2001-12-11 Nichitekkusu Kk スロットマシン
JP2003126330A (ja) * 2001-10-25 2003-05-07 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2003299768A (ja) * 2002-04-09 2003-10-21 Olympia:Kk 遊技機及びプログラム及び記憶媒体
JP2005000285A (ja) * 2003-06-10 2005-01-06 Heiwa Corp 遊技機
JP2006218040A (ja) * 2005-02-09 2006-08-24 Olympia:Kk 遊技機、プログラム及び記憶媒体

Patent Citations (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01236081A (en) * 1988-03-15 1989-09-20 Sankyo Kk Game machine
JPH0242684U (ja) * 1988-09-20 1990-03-23
JPH04128780U (ja) * 1991-05-16 1992-11-25
JPH04133872U (ja) * 1991-05-31 1992-12-14
JPH07213683A (ja) * 1994-01-31 1995-08-15 Takasago Electric Ind Co Ltd 電子遊戯機
JPH09253271A (ja) * 1996-03-26 1997-09-30 Samii Kk スロットマシン
JP2001340533A (ja) * 2000-05-30 2001-12-11 Nichitekkusu Kk スロットマシン
JP2003126330A (ja) * 2001-10-25 2003-05-07 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2003299768A (ja) * 2002-04-09 2003-10-21 Olympia:Kk 遊技機及びプログラム及び記憶媒体
JP2005000285A (ja) * 2003-06-10 2005-01-06 Heiwa Corp 遊技機
JP2006218040A (ja) * 2005-02-09 2006-08-24 Olympia:Kk 遊技機、プログラム及び記憶媒体

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010110367A (ja) * 2008-11-04 2010-05-20 Daikoku Denki Co Ltd スロットマシン
JP2010233818A (ja) * 2009-03-31 2010-10-21 Olympia:Kk スロットマシン
JP2013153821A (ja) * 2012-01-27 2013-08-15 Sammy Corp 遊技機
JP2013247994A (ja) * 2012-05-30 2013-12-12 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2015024326A (ja) * 2014-11-06 2015-02-05 サミー株式会社 遊技機
JP2017144152A (ja) * 2016-02-19 2017-08-24 株式会社ニューギン 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006320515A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2007209427A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2007167470A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2005296210A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2016032498A (ja) 回胴式遊技機
JP2004236841A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読みとり可能な記録媒体
JP2016032499A (ja) 回胴式遊技機
JP2006187404A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2009201624A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2007209425A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2007209426A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP4343121B2 (ja) 遊技機
JP4742089B2 (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP4878318B2 (ja) スロットマシン
JP6676118B2 (ja) 遊技機
JP2006255146A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び、遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2005230357A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2006175259A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2008272378A (ja) スロットマシン
JP4327860B2 (ja) 遊技機
JP5872533B2 (ja) 遊技機
JP2007167275A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP6047455B2 (ja) 遊技機
JP2006034449A (ja) スロットマシン、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP3863453B2 (ja) 遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070627

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100609

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100624

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20101014