JP2007154639A - 建築物に断熱処理を施工する方法 - Google Patents

建築物に断熱処理を施工する方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2007154639A
JP2007154639A JP2005380829A JP2005380829A JP2007154639A JP 2007154639 A JP2007154639 A JP 2007154639A JP 2005380829 A JP2005380829 A JP 2005380829A JP 2005380829 A JP2005380829 A JP 2005380829A JP 2007154639 A JP2007154639 A JP 2007154639A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
building
thermal insulation
construction
execution
metal fitting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2005380829A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4990528B2 (ja
Inventor
Nobuo Kondo
信夫 近藤
Original Assignee
Kondo Kikai Seisakusho:Kk
株式会社 近藤機械製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kondo Kikai Seisakusho:Kk, 株式会社 近藤機械製作所 filed Critical Kondo Kikai Seisakusho:Kk
Priority to JP2005380829A priority Critical patent/JP4990528B2/ja
Publication of JP2007154639A publication Critical patent/JP2007154639A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4990528B2 publication Critical patent/JP4990528B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】建築物の断熱工事を容易に施工する。
【解決手段】現状の建築物・建材に手を加えることなく、現状での建材の形状、及び金具Aに一例として示したものを併せて利用することで、誰でも短時間で容易に建築物の断熱工事を施工することを可能とする。接着や、建材・建築物への追加工・追加工事が不要なため、工事費用についても大幅な削減が期待される。また、断熱材においても一般に市販・仕様されているものを使用するため、現在行われている断熱工事と同等の効果が期待される。
【選択図】図D−1

Description

本発明は、現状のスレート屋根や壁に対して誰でも簡単に、かつ短時間に断熱処理を実施できる方法を提案するものである。
現在、スレート建材は工場や倉庫などに広く使われている。また、それに対して内部温度を保つためにさまざまな断熱工事や断熱処理が考案されたり実施されたりしている。しかしその多くは専門業者による施工が必要であり、また施工時間が長時間必要となるものもある。このため、工場や倉庫の使用、作業に支障をきたすこともある。
[0002]で述べた問題点を解決するために、建材加工や接着加工といった専門的な工事を実施することなく、また、短時間で断熱処理を簡単に施工できる方法を提供しようとするものである。そのために本発明では、現状の設備や建材に手を加えるのではなく、建材として広く使われている、Cフレームと呼ばれる構造材の形状を利用し、併せて市販されている断熱材および、薄い金属板からなる金具を使用することで工事自体を簡略化できることを特徴としている。
次に図A−1から図D−2により発明の実施の形態を説明する。
図C−1より、断熱工事の側面図を順番に示す。なお、Eは屋根部を構成するスレート建材であり、Cは一般にCフレームと呼ばれる金属製の建材である。なお、C、Eを建材C、建材Eと略し表記する。また、Dは断熱材である。まず、断熱材Dの端部を建材Cの開口部に差し込む。次に、図C−2に示すように、レール状の金具Bを断熱材Dに取り付ける。なお、金具Bは図Bに示すような断面形状であり、b’及びc’の開口部をそれぞれ2箇所備えている。同時に、金具Aを金具Bに取り付ける。金具Aの断面を、建材Cの断面と併せて図A−1に示す。金具Aはa部がb部を支点にして手で折り曲げることができ、開口部cを備えている。また、建材Cに対して図の位置での取り付けができるものである。金具Aの開口部cと、金具Bの開口部c’は形状、寸法ともに組み合わせが可能なものとする。故に、金具Bに対して金具Aは固定される。なお、図C−2の俯瞰図として、図D−1を示す。
次に、図C−3に示すように、金具A及びBを取り付けた断熱材Dを矢印方向へ移動する。同時に金具Aを建材Cに取り付ける。この時点での金具Aと建材Cの位置関係は先に図A−1で示した通りである。
最後に、図C−4に示すように金具Aを建材Cに固定する。固定方法は、図A−2に示すように、a部を矢印方向に折り曲げて固定する。これにより断熱材Dは縦方向、横方向ともに固定される。その様子を図D−2に俯瞰図として示す。図A−2において、a部は金具B′を固定する役目を同時に持たせるものとする。金具B′は金具Bと同じものである。その様子は図D−2の図中に示す。
以上の作業を繰り返すことにより断熱工事を施工できる。
発明の効果
[0005]で記述した工事方法における最大の利点は、現状の屋根や壁に直接手を加えることなく、また特殊な工具や接着剤などを用いることなく、誰でも簡単に断熱工事が施工できる点である。現状の建築物・建材に手を加えない為、工事期間を大幅に短縮でき、同時に工事費用の大幅な削減も期待できる。
また、断熱材は現在一般に市販・使用されているものを使うため、断熱効果も既存の工事方法と同等の効果が見込めるものである。
金具A及び建材Cの断面図である。 金具Aにおいて、a部を折り曲げた時の断面図である。 金具Bの断面図である。 工法の説明図である。 工法の説明図である。 工法の説明図である。 工法の説明図である。 図C−2における俯瞰図である。 図C−4における俯瞰図である。
[図面に対する補足]
[図A−1]、[図A−2]、[図B−1]に示した金具は、図中においてはあくまで一例である。建築物、建材の大きさ、断熱材の大きさ、状況などによっては形状などが若干変わる場合がある。そのため、図中では最低限付随する形状を示した。そのため、大きさなど仕様に関する説明は省略するものとする。

Claims (1)

  1. 主にスレート建材の屋根および壁を使用した建築物に、容易に断熱処理を施工する方法。
JP2005380829A 2005-12-06 2005-12-06 建築物内面への断熱材取付工法 Active JP4990528B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005380829A JP4990528B2 (ja) 2005-12-06 2005-12-06 建築物内面への断熱材取付工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005380829A JP4990528B2 (ja) 2005-12-06 2005-12-06 建築物内面への断熱材取付工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007154639A true JP2007154639A (ja) 2007-06-21
JP4990528B2 JP4990528B2 (ja) 2012-08-01

Family

ID=38239356

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005380829A Active JP4990528B2 (ja) 2005-12-06 2005-12-06 建築物内面への断熱材取付工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4990528B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014139378A (ja) * 2013-01-21 2014-07-31 Gantan Beauty Ind Co Ltd 後付け断熱天井板の取付工法、及び天井構造
BE1021492B1 (nl) * 2012-09-26 2015-12-03 Unilin Bvba Werkwijze en set van accessoires voor het isoleren van een dakconstructie

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0470441A (en) * 1990-07-11 1992-03-05 Dow Kakoh Kk Heat insulating roof structure and method of execution thereof and fixture for receiving heat insulating board thereof
JPH10306519A (ja) * 1997-04-30 1998-11-17 Sumitomo Constr Co Ltd 断熱屋根及び断熱壁
JP2001026995A (ja) * 1999-07-15 2001-01-30 Taisei Jutaku:Kk 建物の通気層形成用断熱材およびそれを用いた建物の断熱構造
JP2004176342A (ja) * 2002-11-26 2004-06-24 Ibiden Jushi Kk 断熱パネル

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0470441A (en) * 1990-07-11 1992-03-05 Dow Kakoh Kk Heat insulating roof structure and method of execution thereof and fixture for receiving heat insulating board thereof
JPH10306519A (ja) * 1997-04-30 1998-11-17 Sumitomo Constr Co Ltd 断熱屋根及び断熱壁
JP2001026995A (ja) * 1999-07-15 2001-01-30 Taisei Jutaku:Kk 建物の通気層形成用断熱材およびそれを用いた建物の断熱構造
JP2004176342A (ja) * 2002-11-26 2004-06-24 Ibiden Jushi Kk 断熱パネル

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
BE1021492B1 (nl) * 2012-09-26 2015-12-03 Unilin Bvba Werkwijze en set van accessoires voor het isoleren van een dakconstructie
JP2014139378A (ja) * 2013-01-21 2014-07-31 Gantan Beauty Ind Co Ltd 後付け断熱天井板の取付工法、及び天井構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP4990528B2 (ja) 2012-08-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
MXPA04008244A (es) Componente estructural termico.
US9909303B2 (en) Building exterior insulation structure
JP2007154639A (ja) 建築物に断熱処理を施工する方法
US20180016797A1 (en) Exterior-material securing member and building exterior structure
JP2010007301A (ja) 外装パネル用役物の構造
JP2008190311A (ja) 主に折板屋根を有する建築物に内側断熱処理を施工する方法
JP2015074947A (ja) 留付金具及び外装材の施工方法
JP2006299778A (ja) 天井パネルと壁パネルの接合構造
JP2019011593A (ja) 取付具、及び建物の壁構造
JP2015190135A (ja) 足場つなぎ部材用の取り付け治具
JP2010043466A (ja) 破風化粧板の取付構造
KR200364358Y1 (ko) 단열재의 고정핀
JP2007023748A (ja) 建築物に断熱処理を施工する方法
JP2007198580A (ja) ラッキング用エルボ
CN211572026U (zh) 便于运输的复合墙面板结构
JP2006037444A (ja) ユニットルームの天井取付構造
JP2005248701A (ja) Alcパネル用取付構造
JP2006090060A (ja) 壁面パネルのコーナー連結構造
CN212405882U (zh) 一种装配式y型胀塞调平件的安装结构
JP2006138131A (ja) 回り縁部のコーナー部材
WO2019065238A1 (ja) 取付具及び建物の壁構造
JP2019152094A (ja) フレーム部材
JP2016102360A (ja) 鉄骨造の外壁耐火断熱構造
JP2005320776A (ja) 部材の位置決め具
JP2009263921A (ja) 外装パネル用役物

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20081204

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090610

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110721

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110802

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20111206

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120215

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20120215

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20120312

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120417

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120502

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4990528

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150511

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250