JP2007139883A - Image forming apparatus - Google Patents

Image forming apparatus Download PDF

Info

Publication number
JP2007139883A
JP2007139883A JP2005330292A JP2005330292A JP2007139883A JP 2007139883 A JP2007139883 A JP 2007139883A JP 2005330292 A JP2005330292 A JP 2005330292A JP 2005330292 A JP2005330292 A JP 2005330292A JP 2007139883 A JP2007139883 A JP 2007139883A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
exposure
laser beam
paper
image
dots
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005330292A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yasuhito Tauchi
康仁 田内
Yoji Nishimoto
陽二 西本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Noritsu Koki Co Ltd
Original Assignee
Noritsu Koki Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Noritsu Koki Co Ltd filed Critical Noritsu Koki Co Ltd
Priority to JP2005330292A priority Critical patent/JP2007139883A/en
Publication of JP2007139883A publication Critical patent/JP2007139883A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To attain a high quality picture by securing sufficient radiation time of a laser beam while keeping the rotational stability of a polygon mirror. <P>SOLUTION: In an image forming apparatus A for forming a two-dimensional latent image by scanning the laser beam in a main scanning direction Y on a paper P of which the exposed part C is fed in a subscanning direction X, the laser beam is scanned in the subscanning direction X with a predetermined pitch p (mm) so that a plurality of adjacent dots on the exposed part C are superimposed with one another in the subscanning direction X. Further, the number of the adjacent superimposed dots n (n is a natural number not smaller than 2) and the radiating time of the laser beam per one dot T (sec) are set within the range given by the relation n×T≥100×10<SP>-9</SP>. <P>COPYRIGHT: (C)2007,JPO&INPIT

Description

本発明は、印画紙等の感光材料上に光ビームを走査照射して感光材料上に潜像画像を形成する画像形成装置に関するものである。   The present invention relates to an image forming apparatus that forms a latent image on a photosensitive material by scanning and irradiating a light beam on the photosensitive material such as photographic paper.

近年、現像済みネガフィルムに形成されたコマ画像の画像データや、種々の記憶メディアに格納されている画像データに基づいて、赤、青、緑の単色光を画素毎に、例えば印画紙上に照射することによって焼付露光を行うデジタル露光が行われている。   In recent years, based on image data of frame images formed on developed negative films and image data stored in various storage media, red, blue, and green monochromatic light is irradiated on each pixel, for example, on photographic paper Thus, digital exposure for performing printing exposure is performed.

こうしたデジタル露光を行う構成の一つとして、例えば特許文献1には、レーザービームを画像データに応じて変調させながら印画紙を走査露光するレーザー露光方式の画像形成装置が開示されている。この画像形成装置は、赤、青、緑の各色のレーザービームを発生する光源を備えており、デジタル画像データに基づいて各色のレーザービームが変調され、その変調されたレーザービームがポリゴンミラーによって主走査方向に偏向される。偏向されたレーザービームは、fθレンズを介して副走査方向に搬送される印画紙上に照射され、それによって2次元のカラー画像が印画紙上に焼き付けられるようになっている。   As one configuration for performing such digital exposure, for example, Patent Document 1 discloses a laser exposure type image forming apparatus that scans and exposes photographic paper while modulating a laser beam in accordance with image data. The image forming apparatus includes a light source that generates laser beams of red, blue, and green colors. The laser beam of each color is modulated based on digital image data, and the modulated laser beam is mainly processed by a polygon mirror. It is deflected in the scanning direction. The deflected laser beam is irradiated onto the photographic paper transported in the sub-scanning direction via the fθ lens, whereby a two-dimensional color image is printed on the photographic paper.

このような画像形成装置のポリゴンミラーは、空気軸受によって回動可能に支持されている。軸受としてはボールベアリングやオイル軸受等の別のものも考えられるが、これらボールベアリングやオイル軸受は機械的精度が低く、高い回転安定性が要求される装置への使用は向いていない。そのため、特許文献1に係る画像形成装置では、機械的精度が高い空気軸受タイプのポリゴンミラーが使用されている。
特開2000−292728号公報
The polygon mirror of such an image forming apparatus is rotatably supported by an air bearing. Other bearings such as ball bearings and oil bearings are conceivable, but these ball bearings and oil bearings have low mechanical accuracy and are not suitable for use in devices that require high rotational stability. Therefore, in the image forming apparatus according to Patent Document 1, an air bearing type polygon mirror with high mechanical accuracy is used.
JP 2000-292728 A

ところで、こうした画像記録装置において主走査方向に幅広の印画紙にも対応可能にしたいという要求がある。   By the way, there is a demand for such an image recording apparatus to be able to cope with a wide photographic paper in the main scanning direction.

その場合、ポリゴンミラーの偏向角θを大きくすることが考えられるが、そうするとfθレンズの特性により像面湾曲、倍率色収差、及びシェーディングが問題となって、例えば高精度かつ高価なfθレンズが必要になり、コストの面で不利になる。また、高精度かつ高価なfθレンズを採用したとしても偏向角θが大きい場合は、像面湾曲、倍率色収差、及びシェーディングを完全に解消することは困難である。   In that case, it is conceivable to increase the deflection angle θ of the polygon mirror. However, the curvature of the field, lateral chromatic aberration, and shading become problems due to the characteristics of the fθ lens. For example, a highly accurate and expensive fθ lens is required. This is disadvantageous in terms of cost. Even if a highly accurate and expensive fθ lens is used, if the deflection angle θ is large, it is difficult to completely eliminate curvature of field, lateral chromatic aberration, and shading.

そこで、fθレンズの焦点距離fを長くし、それによって最大有効幅Cを大きくすることが考えられる。この場合は、偏向角θを大きくしなくてもよいため、高精度かつ高価なfθレンズは不要であると共に、像面湾曲、倍率色収差、及びシェーディングを解消することも比較的容易になる。   Therefore, it is conceivable to increase the focal length f of the fθ lens and thereby increase the maximum effective width C. In this case, since it is not necessary to increase the deflection angle θ, a high-precision and expensive fθ lens is not necessary, and it is relatively easy to eliminate field curvature, lateral chromatic aberration, and shading.

一方、焦点距離fを長くした場合は、ポリゴンミラーの偏向角θが小さくなることで1走査に要する時間が短くなって、1ドット当たりの照射時間は相対的に短くなる。   On the other hand, when the focal length f is increased, the deflection angle θ of the polygon mirror is decreased, so that the time required for one scan is shortened, and the irradiation time per dot is relatively shortened.

ところがドットクロックが短くなりすぎると、レーザービームの出力を上げても所望のDmax(最大濃度)が得られないことが判明した。つまり、画像形成装置を幅広対応に構成すると画質の低下を招くのである。   However, it has been found that if the dot clock becomes too short, the desired Dmax (maximum density) cannot be obtained even if the output of the laser beam is increased. That is, if the image forming apparatus is configured to be wide, the image quality is degraded.

そこでさらに、1ドット当たりの照射時間を相対的に長くするために、ポリゴンミラーの回転速度を遅くすることが考えられる。この場合、レーザービームの主走査方向への走査速度が遅くなり、1ドット当たりの照射時間を相対的に長くすることができる。   Therefore, in order to relatively increase the irradiation time per dot, it is conceivable to reduce the rotation speed of the polygon mirror. In this case, the scanning speed of the laser beam in the main scanning direction becomes slow, and the irradiation time per dot can be made relatively long.

しかしながら、空気軸受タイプのポリゴンミラーは所定の回転速度以上でなければその回転動作が安定せず、ポリゴンミラーの回転速度を遅くしすぎると、レーザービームの照射位置の精度が悪くなり、画質を低下させてしまうという問題が生じる。   However, if the rotational speed of the polygon mirror of the air bearing type is not higher than the predetermined rotational speed, the rotational operation will not be stable. If the rotational speed of the polygon mirror is made too slow, the accuracy of the laser beam irradiation position will deteriorate and the image quality will deteriorate. The problem of letting it occur.

本発明は、かかる点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、ポリゴンミラーの回転安定性を維持しつつ、レーザービームの照射時間を十分確保して高画質化を達成することにある。   The present invention has been made in view of such points, and an object of the present invention is to achieve high image quality by sufficiently securing the irradiation time of a laser beam while maintaining the rotational stability of the polygon mirror. It is in.

前記目的を達成するために本願発明者が鋭意検討した結果、所望のDmaxを得るには、画像形成装置におけるドットクロックを100[nsec]以上に設定する必要があることが判明した。このことについて、図8を参照しながら説明する。   As a result of intensive studies by the inventors of the present invention to achieve the above object, it has been found that the dot clock in the image forming apparatus needs to be set to 100 [nsec] or more in order to obtain a desired Dmax. This will be described with reference to FIG.

図8は、ドットクロックを、98,59,50[nsec]のそれぞれに設定した条件の下でレーザービーム(R(赤色)のレーザービーム、シアン色)を感光材料に照射した場合における、レーザービームの出力に対する濃度値を示している。ここで、画像形成装置としてはQSS−31型(ノーリツ鋼機株式会社製)を使用し、感光材料としてはPORTRAIII(コダック株式会社製)を使用した。尚、図8の横軸は、QSS−31型画像形成装置におけるレーザービームの最大−最小出力を12ビット階調で表現したものの対数値である(例えば、横軸の数値「3」は、3000階調目に相当する(log3000=3))。   FIG. 8 shows a laser beam when the photosensitive material is irradiated with a laser beam (R (red) laser beam, cyan color) under the conditions in which the dot clock is set to 98, 59, and 50 [nsec], respectively. The density value with respect to the output is shown. Here, QSS-31 type (manufactured by Noritz Steel Co., Ltd.) was used as the image forming apparatus, and PORTRA III (manufactured by Kodak Co., Ltd.) was used as the photosensitive material. The horizontal axis of FIG. 8 is a logarithmic value of the maximum-minimum output of the laser beam in the QSS-31 type image forming apparatus expressed in 12-bit gradation (for example, the numerical value “3” on the horizontal axis is 3000). It corresponds to the gradation (log3000 = 3)).

また、濃度の測定は、X-Rite濃度計(エックスライト社製)によって行い、図8の縦軸は、そのX-Rite濃度計の濃度値である。   Further, the concentration is measured with an X-Rite densitometer (manufactured by X-Rite), and the vertical axis in FIG. 8 is the concentration value of the X-Rite densitometer.

図8の結果によると、ドットクロックが59[nsec]、50[nsec]のときには、レーザービームの出力を上げても、濃度値が2.0を超えることがなかった。これに対して、ドットクロックが98[nsec]であるときには、濃度値2.0を超えることができる。   According to the result of FIG. 8, when the dot clock is 59 [nsec] and 50 [nsec], the density value does not exceed 2.0 even if the output of the laser beam is increased. On the other hand, when the dot clock is 98 [nsec], the density value can exceed 2.0.

ここで、画像形成装置が写真プリントを行う装置である場合、濃度値としては2.0以上が要求される(Dmaxが2.0)。従って、画像形成装置におけるドットクロックは、少なくとも98[nsec]、好ましくは100[nsec]以上に設定する必要があることになる。   Here, when the image forming apparatus is an apparatus that performs photographic printing, a density value of 2.0 or more is required (Dmax is 2.0). Therefore, the dot clock in the image forming apparatus needs to be set to at least 98 [nsec], preferably 100 [nsec] or more.

尚、図8は、シアン色での測定結果であるが、シアン色が最もDmaxが得にくく、シアン色についてDmaxが得られる条件であれば、それ以外の色(マゼンタ色、イエロー色)についてもDmaxは得られる。   FIG. 8 shows the measurement result in cyan. However, cyan is the most difficult to obtain Dmax, and other colors (magenta and yellow) can be used as long as Dmax is obtained for cyan. Dmax is obtained.

本発明はこのことに基づいてなされたものである。具体的には、本発明は、光源と、空気軸受によって回動可能に支持され、該光源からの光ビームを主走査方向に偏向させるポリゴンミラーとを有する露光手段を備え、前記露光手段が、副走査方向に搬送される感光材料に対して、光ビームを前記主走査方向に走査させることによって2次元の潜像画像を形成する画像形成装置が対象である。   The present invention has been made based on this fact. Specifically, the present invention includes an exposure unit having a light source and a polygon mirror that is rotatably supported by an air bearing and deflects a light beam from the light source in the main scanning direction, and the exposure unit includes: An object is an image forming apparatus that forms a two-dimensional latent image by causing a light beam to scan in the main scanning direction with respect to a photosensitive material conveyed in the sub-scanning direction.

そして、前記露光手段は、前記副走査方向へ互いに隣接するドットが複数重なった状態で形成されるように光ビームを該副走査方向へ所定のピッチp[mm]で重ねて走査させ、前記互いに隣接するドットが重なる個数nと、1ドット当たりの光ビームの照射時間をT[sec]とを、n×T≧100×10-9の範囲で設定するものとする。 The exposure unit causes the light beam to overlap and scan in the sub-scanning direction at a predetermined pitch p [mm] so that a plurality of dots adjacent to each other in the sub-scanning direction overlap each other. It is assumed that the number n of adjacent dots overlapping and the light beam irradiation time per dot T [sec] are set in the range of n × T ≧ 100 × 10 −9 .

上記の構成の場合、光ビームを主走査方向に走査させることで感光材料上に形成される潜像画像において、副走査方向へ互いに隣接するドットは重なっている。そのため、光ビームの主走査方向への走査速度が速いことにより1ドット当たりの光ビームの照射時間が短くても、ドットが複数個重なった部分では、複数個分の照射時間を確保することができ、光ビームの積算した照射時間(以下、単に積算照射時間という)を長くすることができる。   In the case of the above configuration, in the latent image formed on the photosensitive material by scanning the light beam in the main scanning direction, dots adjacent to each other in the sub scanning direction overlap. Therefore, even if the irradiation time of the light beam per dot is short due to the high scanning speed of the light beam in the main scanning direction, it is possible to secure the irradiation time for a plurality of dots in the overlapping portion. In addition, the integrated irradiation time of the light beam (hereinafter simply referred to as the integrated irradiation time) can be lengthened.

そして、互いに隣接するドットがが重なる個数nと、1ドット当たりの光ビームの照射時間をT[sec]とを、n×T≧100×10-9の範囲で設定することによって、ドットが複数個重なった部分における光ビームの積算照射時間は100×10-9[sec]以上となり、十分なDmaxを確保することができる。 Then, by setting the number n of adjacent dots overlapping each other and the light beam irradiation time per dot T [sec] within a range of n × T ≧ 100 × 10 −9, a plurality of dots are obtained. The accumulated irradiation time of the light beam in the overlapped portion is 100 × 10 −9 [sec] or more, and a sufficient Dmax can be ensured.

こうして、十分なDmaxを確保することができて高画質化を図ることができる。また、互いに隣接するドットを重ねる個数nによって光ビームの積算照射時間を調整することができるため、光ビームの積算照射時間を確保するに際して、ポリゴンミラーの回転速度を遅くする必要がなく、ポリゴンミラーの回転安定性を損なうことを防止することができる。   Thus, sufficient Dmax can be ensured and high image quality can be achieved. Further, since the integrated irradiation time of the light beam can be adjusted by the number n of adjacent dots that overlap each other, it is not necessary to slow down the rotation speed of the polygon mirror when securing the integrated irradiation time of the light beam. It is possible to prevent the rotation stability of the glass from being impaired.

尚、積算照射時間(n×T)は、150×10-9[sec]以下に設定されることが好ましい。これは、互いに隣接するドットがが重なる個数をあまり多くすると、副走査方向への潜像画像の形成速度が低下して、画像形成装置の処理能力が低下するためである。 The integrated irradiation time (n × T) is preferably set to 150 × 10 −9 [sec] or less. This is because if the number of overlapping dots adjacent to each other is increased too much, the formation speed of the latent image in the sub-scanning direction is lowered and the processing capability of the image forming apparatus is lowered.

ここで、前記互いに隣接するドットが重なり合うピッチp[mm]は、前記感光材料に形成されるドットのドット径をd[mm]とし、d/n≦p≦1.1×(d/n)の範囲で設定されることが好ましい。   Here, the pitch p [mm] at which the dots adjacent to each other overlap is a range of d / n ≦ p ≦ 1.1 × (d / n), where d [mm] is the dot diameter of the dots formed on the photosensitive material. It is preferable that

まず、下限について説明すると、ドット径dの潜像画像がn個重なるようにするためにはピッチpをd/nとすればよく、ピッチpがd/nよりも狭くなると、互いに隣接するドットが(n+1)個重なる部分が生じる。その結果、光ビームが所望の積算照射時間よりも長く照射された部分ができ、発色濃度が濃い部分が現れることになる。そこで、ピッチpの下限をd/nとすることによって、発色濃度が所望の濃度よりも濃い部分が発生することを防止することができる。続いて、上限については、ピッチpがd/nよりも広くなると、ドットの重なる個数がn個未満となる部分の面積が大きくなる。ドットの重なる個数がn個未満となる部分は、光ビームの積算照射時間が所望の積算照射時間よりも短くて発色濃度が薄いが、n個のドットが重なる部分同士を滑らかにつなぐ上で許容できる部分である。しかしながら、ドットの重なる個数がn本未満となる部分の面積が大きくなると、やはり潜像画像全体の発色濃度が薄くなる。そこで、ピッチpの上限を1.1×(d/n)とすることによって、潜像画像全体の発色濃度が薄くなることを防止している。   First, the lower limit will be described. In order to overlap n latent image images having a dot diameter d, the pitch p may be set to d / n. When the pitch p is narrower than d / n, adjacent dots are adjacent to each other. (N + 1) overlapping portions are generated. As a result, a portion where the light beam is irradiated for a longer time than the desired integrated irradiation time is formed, and a portion with a high color density appears. Therefore, by setting the lower limit of the pitch p to d / n, it is possible to prevent a portion where the color density is higher than the desired density. Subsequently, regarding the upper limit, when the pitch p is larger than d / n, the area of the portion where the number of overlapping dots is less than n increases. The portion where the number of overlapping dots is less than n is shorter than the desired integrated irradiation time of the light beam and the color density is low, but it is allowed to smoothly connect the overlapping portions of n dots It is a part that can be done. However, as the area of the portion where the number of overlapping dots is less than n increases, the color density of the entire latent image is also reduced. Therefore, by setting the upper limit of the pitch p to 1.1 × (d / n), the color density of the entire latent image is prevented from being reduced.

尚、互いに隣接する複数のドットを形成するに際して、同一の1ラインの画像データを用いて光ビームを重ねて複数回走査させる構成であっても、それぞれ異なる1ラインの画像データを用いて光ビームを重ねて複数回走査させる構成であってもよい。   Note that when forming a plurality of dots adjacent to each other, even if the light beam is overlapped and scanned a plurality of times using the same image data of one line, the light beam is generated using different image data of one line. A configuration may be adopted in which scanning is repeated a plurality of times.

本発明によれば、前記露光手段が副走査方向へ互いに隣接するドットが複数個重なるように光ビームを重ねて走査させ、その際に、ドットの重なる個数nと1ドット当たりの光ビームの照射時間Tとをn×T≧100×10-9の範囲で設定することによって、ドットがn個重なった部分では光ビームの積算照射時間は100×10-9[sec]以上となって十分な発色濃度を得ることができる。また、互いに隣接するドットを重ねる個数nによって光ビームの積算照射時間を調整することができるため、ポリゴンミラーの回転速度を遅くする必要がなく、ポリゴンミラーの回転安定性を損なうことを防止することができ、その結果、高画質化を図ることができる。 According to the present invention, the exposure means scans the light beam so that a plurality of adjacent dots overlap each other in the sub-scanning direction, and at that time, the number n of overlapping dots and irradiation of the light beam per dot are performed. By setting the time T in the range of n × T ≧ 100 × 10 −9 , the integrated irradiation time of the light beam is sufficient to be 100 × 10 −9 [sec] or more at the portion where n dots overlap. Color density can be obtained. In addition, since the cumulative irradiation time of the light beam can be adjusted by the number n of adjacent dots that overlap each other, it is not necessary to slow down the rotational speed of the polygon mirror, thereby preventing the rotational stability of the polygon mirror from being impaired. As a result, high image quality can be achieved.

以下、本発明の実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。   Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the drawings.

《実施形態1》
図1は、本発明の実施形態1に係る画像形成装置Aを備えた写真処理システムの構成を示す部分断面図である。この図1に示す写真処理システムは、画像データを取得し、この画像データに基づいて感光材料としてのペーパーPの乳剤面に画像を焼付露光し、写真プリントを作成する機能を備えている。この写真処理システムは、現像済みの写真フィルムに形成されているコマ画像をスキャニングし、画像データを取得するためのフィルムスキャナー(図示省略)や、デジタルカメラ用の記憶メディアや、その他の記録媒体に格納されている画像データを読み取るためのメディア読取部(図示省略)を備えている。
Embodiment 1
FIG. 1 is a partial cross-sectional view illustrating a configuration of a photographic processing system including an image forming apparatus A according to Embodiment 1 of the present invention. The photographic processing system shown in FIG. 1 has a function of acquiring image data, printing an image on the emulsion surface of paper P as a photosensitive material based on the image data, and creating a photographic print. This photographic processing system scans frame images formed on developed photographic film and uses it for film scanners (not shown) for acquiring image data, storage media for digital cameras, and other recording media. A media reading unit (not shown) for reading stored image data is provided.

前記画像形成装置Aは、2つのペーパーマガジン3、3と、このペーパーマガジン3、3からペーパーPを搬送する露光前搬送部Bと、この露光前搬送部Bから搬送されてくるペーパーPに対して画像露光を行う露光部Cと、この露光部Cで画像が露光形成されたペーパーPを搬送する露光後搬送部Dと、この露光後搬送部Dから搬送されてくるペーパーPの現像処理を行う現像処理部Eと、画像形成装置Aの動作を制御するコントローラ15と、オペレータがデータ入力や指示を行うためのキーボードやマウス等及びGUI(Graphical User Interface)やオペレータへのメッセージ等を表示するディスプレイからなる入出力ユニット16とを備えている。これらペーパーマガジン3、3、露光前搬送部B、露光部C、露光後搬送部D、現像処理部E及びコントローラ15は遮光された筐体F内に配設され、入出力ユニット16は筐体F上に配設されている。   The image forming apparatus A has two paper magazines 3 and 3, a pre-exposure transport unit B that transports the paper P from the paper magazines 3 and 3, and a paper P transported from the pre-exposure transport unit B. An exposure unit C that performs image exposure, a post-exposure transport unit D that transports the paper P on which an image is exposed and formed in the exposure unit C, and a development process for the paper P transported from the post-exposure transport unit D A development processing unit E to be performed, a controller 15 for controlling the operation of the image forming apparatus A, a keyboard and a mouse for inputting data and instructions by an operator, a GUI (Graphical User Interface), a message to the operator, and the like are displayed. And an input / output unit 16 comprising a display. The paper magazines 3 and 3, the pre-exposure transport unit B, the exposure unit C, the post-exposure transport unit D, the development processing unit E, and the controller 15 are arranged in a light-shielded housing F, and the input / output unit 16 is a housing. F is disposed on F.

前記ペーパーマガジン3、3には、それぞれ、長尺のペーパーがロール状に巻かれたロールRとして収容されており、該ペーパーマガジン3、3は、筐体F内に着脱可能に取り付けられている。そして、該画像形成装置A本体に取り付けられた2台のペーパーマガジン3、3のうち、一方のペーパーマガジン3がプリントサイズ等に応じて選択され、該選択された方のペーパーマガジン3から引き出されたペーパーPは、アドバンスローラユニット4により方向変換され、ペーパーカッター5により、プリントサイズに応じたペーパー長さに切断される。そして、切断されたペーパーPは、露光前搬送部Bを構成する搬送ユニット6によって、下流側に位置する露光部Cへと搬送される。尚、本明細書においては、ペーパー長さとは、ペーパーPの紙面に沿った搬送方向への長さを意味し、ペーパーPの副走査方向長さと同義である。また、ペーパー幅とは、ペーパーPの紙面に沿った搬送方向と直交する方向についての長さを意味する。   Each of the paper magazines 3 and 3 is accommodated as a roll R in which a long paper is wound in a roll shape, and the paper magazines 3 and 3 are detachably attached to the housing F. . Of the two paper magazines 3 and 3 attached to the main body of the image forming apparatus A, one paper magazine 3 is selected according to the print size and the like, and is drawn out from the selected paper magazine 3. The direction of the paper P is changed by the advance roller unit 4 and is cut by the paper cutter 5 to a paper length corresponding to the print size. And the cut | disconnected paper P is conveyed by the conveyance unit 6 which comprises the conveyance part B before exposure to the exposure part C located in a downstream. In the present specification, the paper length means the length of the paper P in the transport direction along the paper surface, and is synonymous with the length of the paper P in the sub-scanning direction. The paper width means a length in a direction orthogonal to the transport direction along the paper surface of the paper P.

前記露光部Cには、レーザービームを露光する露光エンジン7と、露光中のペーパーPを搬送する露光搬送ローラ9が設けられている。露光搬送ローラ9は上流側の上流側露光搬送ローラ9aと下流側の下流側露光搬送ローラ9bとを有しており、これらの露光搬送ローラ9a、9bの間には、ペーパーPをレーザービームによって露光処理するための露光位置Wが設定されている。この露光搬送ローラ9によって、露光処理中のペーパーPの搬送速度(以下、単に露光搬送速度という)が決まる。露光搬送ローラ9の上流側には、ペーパー検出センサー10が設けられており、ペーパーPが送り込まれてくると、その先端(前端)部分を検出して信号を出力するようになっている。このペーパー検出センサー10は、赤外光を出力する発光素子と、これを受光する受光素子とにより構成される。このペーパー検出センサー10によってペーパーPの位置を検出することで、前記露光位置Wにおける露光開始タイミングを決めることができる。   The exposure unit C is provided with an exposure engine 7 for exposing a laser beam and an exposure transport roller 9 for transporting the paper P being exposed. The exposure transport roller 9 has an upstream exposure transport roller 9a on the upstream side and a downstream exposure transport roller 9b on the downstream side. Between these exposure transport rollers 9a and 9b, the paper P is transferred by a laser beam. An exposure position W for exposure processing is set. The exposure transport roller 9 determines the transport speed of the paper P during exposure processing (hereinafter simply referred to as exposure transport speed). A paper detection sensor 10 is provided on the upstream side of the exposure conveyance roller 9. When the paper P is fed in, the front end (front end) portion is detected and a signal is output. The paper detection sensor 10 includes a light emitting element that outputs infrared light and a light receiving element that receives the light. By detecting the position of the paper P by the paper detection sensor 10, the exposure start timing at the exposure position W can be determined.

前記露光エンジン7は、公知の構造からなるもので、レーザービーム源(レーザーダイオード等)から出力されるレーザービームを画像データに基づいて光変調し、この光変調されたレーザービームをペーパーPに照射することで、画像露光を行う。画像露光を行う際には、ペーパーPは、露光搬送ローラ9a、9bにより挟持された状態で、所定の露光搬送速度(一定速度)で搬送される。   The exposure engine 7 has a known structure and optically modulates a laser beam output from a laser beam source (laser diode or the like) based on image data, and irradiates the paper P with the optically modulated laser beam. By doing so, image exposure is performed. When performing image exposure, the paper P is transported at a predetermined exposure transport speed (constant speed) while being sandwiched between the exposure transport rollers 9a and 9b.

前記露光後搬送部Dは、前記露光部Cで露光処理され、下流側露光搬送ローラ9bから搬送されるペーパーPを受け取って、現像処理部Eまで搬送する。露光後搬送部Dは、ペーパー幅方向に延び且つペーパー搬送方向に離間して回動可能に支持された複数のローラ対115、115、…を有している。ローラ対115、115、…の各ローラの端には、図示省略の無端ベルトが掛け渡され、この無端ベルトによって駆動される。こうして、露光処理されたペーパーPが現像処理部Eへ搬送される。   The post-exposure transport unit D receives the paper P that has been exposed in the exposure unit C and is transported from the downstream exposure transport roller 9b, and transports it to the development processing unit E. The post-exposure conveyance unit D includes a plurality of roller pairs 115, 115,... That extend in the paper width direction and are supported so as to be spaced apart from each other in the paper conveyance direction. An endless belt (not shown) is wound around the ends of the rollers 115, 115,... And driven by the endless belt. Thus, the exposed paper P is conveyed to the development processing unit E.

前記現像処理部Eは、現像液、定着液、漂白液及び安定化液を収容する複数のタンク120を有しており、タンク120内を仕切板121でいくつかの区画に仕切っている。このタンク120内には複数のローラ対123、123、…が設けられており、このローラ対123、123、…によってペーパーPはタンク120中を搬送される。図示のタンク120は1つの区画のみを示しているが、図示のタンクと同様の構成からなる他の区画が続いている。画像が露光形成されたペーパーPが現像処理部E中を搬送されると、潜像が現像され、ペーパーPの感光面上に画像が形成される。ペーパーPは、現像処理部Eに貯蔵された現像液などの薬品と化学反応を起こすことによって現像処理される。鮮明な画像を得るためには、ペーパーPを薬品に一定時間浸す必要がある。そのため、現像処理部EにおけるペーパーPの搬送速度は所定の現像搬送速度に設定されている。現像されたペーパーPは、図示省略の乾燥ユニットにより乾燥される。   The development processing unit E has a plurality of tanks 120 that store a developing solution, a fixing solution, a bleaching solution, and a stabilizing solution, and the tank 120 is partitioned into several sections by a partition plate 121. A plurality of roller pairs 123, 123,... Are provided in the tank 120, and the paper P is conveyed through the tank 120 by the roller pairs 123, 123,. Although the illustrated tank 120 shows only one compartment, other compartments having the same configuration as the illustrated tank continue. When the paper P on which the image is exposed and formed is conveyed through the development processing unit E, the latent image is developed and an image is formed on the photosensitive surface of the paper P. The paper P is developed by causing a chemical reaction with chemicals such as a developer stored in the development processing unit E. In order to obtain a clear image, it is necessary to immerse the paper P in chemicals for a certain period of time. For this reason, the conveyance speed of the paper P in the development processing unit E is set to a predetermined development conveyance speed. The developed paper P is dried by a drying unit (not shown).

<露光エンジンの構成>
以下に前記露光エンジン7について、さらに詳しく説明する。
<Configuration of exposure engine>
Hereinafter, the exposure engine 7 will be described in more detail.

露光エンジン7は、露光位置Wにおいて、図2に示すように、ペーパーPの搬送方向である副走査方向(矢印X方向:図1参照)と直交する主走査方向(矢印Y方向)にレーザービームを走査してペーパーPに画像を露光形成するレーザー露光式に構成される。この実施形態では、露光エンジン7が露光手段を構成する。   As shown in FIG. 2, the exposure engine 7 at the exposure position W has a laser beam in the main scanning direction (arrow Y direction) orthogonal to the sub-scanning direction (arrow X direction: see FIG. 1), which is the paper P transport direction. Is configured to be a laser exposure type in which an image is exposed and formed on the paper P. In this embodiment, the exposure engine 7 constitutes an exposure unit.

露光エンジン7は、遮光された筐体F内の適所に内蔵された3原色用の3つのレーザービーム源70R、70G及び70Bを有する。レーザービーム源70Rは、たとえば波長680nmのR(赤色)のレーザービームを射出する半導体レーザ(LD)で構成される。レーザービーム源70Gは、半導体レーザと、この半導体レーザから射出されたレーザービームをたとえば波長532nmのG(緑色)のレーザービームに変換する第2高調波発生器(SHG)とで構成される。レーザービーム源70Bは、半導体レーザと、この半導体レーザから射出されたレーザービームをたとえば波長473nmのB(青色)のレーザービームに変換する第2高調波発生器(SHG)とで構成される。   The exposure engine 7 includes three laser beam sources 70R, 70G, and 70B for the three primary colors that are incorporated at appropriate positions in the light-shielded casing F. The laser beam source 70R is configured by a semiconductor laser (LD) that emits an R (red) laser beam having a wavelength of 680 nm, for example. The laser beam source 70G includes a semiconductor laser and a second harmonic generator (SHG) that converts a laser beam emitted from the semiconductor laser into a G (green) laser beam having a wavelength of 532 nm, for example. The laser beam source 70B includes a semiconductor laser and a second harmonic generator (SHG) that converts a laser beam emitted from the semiconductor laser into a B (blue) laser beam having a wavelength of 473 nm, for example.

レーザービーム源70R、70Gおよび70Bの出力側には、レーザービームの強度を調整(変調)するためのAOM(音響光学素子)72R、72Gおよび72Bが対応して配設されるとともに、ミラー74R、74Gおよび74B、ミラー74R、74Gおよび74Bからのレーザービームを反射する反射ミラー76、ならびに反射ミラー76からのレーザービームを所定範囲で主走査方向Yに走査するポリゴンミラー78が順に配置される。   On the output side of the laser beam sources 70R, 70G and 70B, AOMs (acousto-optic elements) 72R, 72G and 72B for adjusting (modulating) the intensity of the laser beam are arranged correspondingly, and mirrors 74R, 74G and 74B, a reflection mirror 76 that reflects the laser beam from the mirrors 74R, 74G, and 74B, and a polygon mirror 78 that scans the laser beam from the reflection mirror 76 in the main scanning direction Y within a predetermined range are sequentially arranged.

AOM72R、72Gおよび72Bはそれぞれ、レーザービーム源70R、70Gおよび70Bから与えられた一定の強度のレーザービームを0〜100%の範囲で調整する。具体的には、後述するHDD15bに格納されたルックアップテーブルのデータに基づいてレーザービームを調整する。   The AOMs 72R, 72G, and 72B respectively adjust the constant intensity laser beams provided from the laser beam sources 70R, 70G, and 70B in the range of 0 to 100%. Specifically, the laser beam is adjusted based on data in a lookup table stored in the HDD 15b described later.

ミラー74Rは全反射ミラーであり、ミラー74Gおよび74Bはハーフミラーである。AOM72Rから射出されるレーザービームは、ミラー74Rで全反射され、ミラー74GでAOM72Gから射出されるレーザービームと合波された後、さらにミラー74BでAOM72Bから射出されるレーザービームと合波されることにより、3色のレーザービームが合成される。合成されたレーザービームは、反射ミラー76によって反射され、ポリゴンミラー78に入射する。   The mirror 74R is a total reflection mirror, and the mirrors 74G and 74B are half mirrors. The laser beam emitted from the AOM 72R is totally reflected by the mirror 74R, combined with the laser beam emitted from the AOM 72G by the mirror 74G, and further combined with the laser beam emitted from the AOM 72B by the mirror 74B. As a result, laser beams of three colors are synthesized. The combined laser beam is reflected by the reflection mirror 76 and enters the polygon mirror 78.

ポリゴンミラー78は、空気軸受によって回動自在に支持されていて、一定の角速度で矢印Z方向に回転することによって、入射したレーザービームを副走査方向Xに搬送されるペーパーPに対して主走査方向Yに走査する。空気軸受は、低回転速度では安定性が悪いため、所定の回転速度以上に設定されている。   The polygon mirror 78 is rotatably supported by an air bearing, and rotates in the arrow Z direction at a constant angular velocity, thereby performing main scanning with respect to the paper P conveyed in the sub-scanning direction X. Scan in direction Y. The air bearing is set at a predetermined rotational speed or higher because the stability is low at a low rotational speed.

また、ポリゴンミラー78とペーパーPとの間には、ポリゴンミラー78の回転によって走査されるレーザービームのペーパーP上での移動速度(走査速度)を一定に保つためのfθレンズ79が配置される。   Further, an fθ lens 79 is disposed between the polygon mirror 78 and the paper P for keeping the moving speed (scanning speed) of the laser beam scanned on the paper P by the rotation of the polygon mirror 78 constant. .

fθレンズ79の出射側であって、画像露光領域の直近であって主走査方向の上流側(図中のy1側)には、レーザービームを同期センサ130側に反射するためのミラー131が設けられている。同期センサ130は、例えば受光素子などで構成され、例えばRレーザービームを受光することによって同期信号S1を出力する。   A mirror 131 for reflecting the laser beam to the synchronization sensor 130 side is provided on the exit side of the fθ lens 79 and in the immediate vicinity of the image exposure area and upstream in the main scanning direction (y1 side in the figure). It has been. The synchronization sensor 130 is composed of a light receiving element, for example, and outputs a synchronization signal S1 by receiving, for example, an R laser beam.

このように構成された露光エンジン7が副走査方向Xに搬送されるペーパーPに対してレーザービームを主走査方向Yに走査することによって、ペーパーP上には1ラインごとに潜像画像が焼付露光される。   The exposure engine 7 thus configured scans the paper P conveyed in the sub-scanning direction X with a laser beam in the main scanning direction Y, whereby a latent image is printed on the paper P for each line. Exposed.

<コントローラ15の構成>
次に、前記コントローラ15について簡単に説明する。図3に示すように、コントローラ15は、CPUバスで相互に接続されたCPU等の主制御部15a、ハードディスクドライブ(HDD:ハードディスクを含む)15b、ROM15c及びRAM15dを有している。
<Configuration of controller 15>
Next, the controller 15 will be briefly described. As shown in FIG. 3, the controller 15 includes a main control unit 15a such as a CPU, a hard disk drive (HDD: including a hard disk) 15b, a ROM 15c, and a RAM 15d connected to each other via a CPU bus.

主制御部15aは、HDD15bやROM15c等に記憶された各種のプログラムを実行し、画像形成装置A内の各構成要素に指示を与え、かつそれらの動作を制御する。   The main control unit 15a executes various programs stored in the HDD 15b, the ROM 15c, etc., gives instructions to each component in the image forming apparatus A, and controls their operations.

HDD15bは、主制御部15aの指示に従って、プログラム、制御用データ、テキストデータ、画像データ等をハードディスクに対して書き込み又読み出す。この実施形態では、HDD15b内のハードディスクに画像形成装置Aの動作のためのプログラムが格納されると共に、後述する、露光エンジン7を制御するためのルックアップテーブル等が格納されている。このルックアップテーブルは、入力色データに対して変換される出力データ(例えば、発光強度)の関係を表したものであり、本実施形態では、R、G、Bに対応した3つのルックアップテーブルが格納されている。   The HDD 15b writes or reads programs, control data, text data, image data, and the like to and from the hard disk in accordance with instructions from the main control unit 15a. In this embodiment, a program for operating the image forming apparatus A is stored in a hard disk in the HDD 15b, and a look-up table for controlling the exposure engine 7, which will be described later, is stored. This look-up table represents the relationship between output data (for example, light emission intensity) converted with respect to input color data. In this embodiment, three look-up tables corresponding to R, G, and B are used. Is stored.

ROM15cは、起動用プログラム等を記憶している。起動用プログラムは、画像形成装置Aの電源投入時に主制御部15aによって実行される。これによって、HDD15bに記憶されているオペレーティングシステム(OS)等のプログラムがRAM15dにロードされ、各種の処理や制御が実行可能となる。   The ROM 15c stores a startup program and the like. The activation program is executed by the main control unit 15a when the image forming apparatus A is turned on. As a result, a program such as an operating system (OS) stored in the HDD 15b is loaded into the RAM 15d, and various processes and controls can be executed.

RAM15dには、画像形成装置Aを制御するプログラムが展開され、このプログラムによる処理結果、処理のための一時データ、入出力ユニット16の画面上に情報を表示するための表示用データ(テキストデータ、画像データ等)等を保持し、主制御部15aの作業領域として使用される。RAM15d上に展開された表示用データは入出力ユニット16に伝達され、入出力ユニット16はその画面上に表示用データに対応する表示内容(テキスト、画像等)を表示する。   In the RAM 15d, a program for controlling the image forming apparatus A is expanded. The processing result of this program, temporary data for processing, and display data (text data, text) for displaying information on the screen of the input / output unit 16 are displayed. Image data and the like) and is used as a work area of the main controller 15a. The display data developed on the RAM 15d is transmitted to the input / output unit 16, and the input / output unit 16 displays the display content (text, image, etc.) corresponding to the display data on the screen.

また、主制御部15aには、入力された画像データに所定の画像処理を施したり、画像データの入出力を制御する画像処理部150と、R、G、Bの各色成分ごとに、入力された画像データを一時的に記憶する画像メモリ151と、後述する同期センサ130から出力された同期信号S1を受信して、画像処理部150による画像メモリ151からの画像データの読み出し及び画像データの出力のタイミングを制御するクロック制御部152と、後述する光変調データMDR、MDG及びMDBを記憶するバッファメモリ153と、入出力ユニット16とが信号の授受可能に接続されると共に、前記露光搬送ローラ9の回転量からペーパーPの搬送量を検出する搬送量検出部160と前記ペーパー検出センサー10からの検出信号が入力されるように構成されている。そして、主制御部15aは、レーザービーム源70R、70G、70Bから出力されるレーザービームの強度を一定に維持する3つのレーザー駆動部(LD)155R、155G、155Bと、画像データに含まれるR、G、Bの各成分ごとの階調度に応じて、AOM72R、72G、72Bを通過するレーザービームの強度を変調するように制御するAOM駆動部(AOMD)156R、156G、156Bと、ポリゴンミラー78を回転制御するポリゴンミラー駆動部(PMD)157と、露光搬送ローラ9を駆動制御するローラ駆動部(RD)158とに制御信号を出力するように構成されている。   The main control unit 15a receives predetermined image processing on the input image data and controls the input / output of the image data for each color component of R, G, and B. The image memory 151 that temporarily stores the image data and the synchronization signal S1 output from the synchronization sensor 130 described later are received, and the image processing unit 150 reads out the image data from the image memory 151 and outputs the image data. A clock control unit 152 that controls the timing of the image data, a buffer memory 153 that stores light modulation data MDR, MDG, and MDB, which will be described later, and an input / output unit 16 are connected to each other so that signals can be exchanged, and the exposure transport roller 9 A detection signal from the conveyance detection unit 160 for detecting the conveyance amount of the paper P from the rotation amount of the paper and the paper detection sensor 10 is input. It is configured to. The main control unit 15a includes three laser driving units (LDs) 155R, 155G, and 155B that maintain a constant intensity of the laser beams output from the laser beam sources 70R, 70G, and 70B, and R included in the image data. AOM driving units (AOMD) 156R, 156G, and 156B that control to modulate the intensity of the laser beam that passes through the AOMs 72R, 72G, and 72B according to the gradation levels of the respective components of G, B, and B, and the polygon mirror 78 Control signals are output to a polygon mirror drive unit (PMD) 157 that controls the rotation of the exposure roller 9 and a roller drive unit (RD) 158 that controls the exposure transport roller 9.

次に、クロック制御部152及びクロック制御部152に接続される各種回路のブロック構成図を図4に示す。   Next, a block configuration diagram of the clock control unit 152 and various circuits connected to the clock control unit 152 is shown in FIG.

図4に示すように、画像処理部150は、画像処理部150R、150G及び150Bを備える。画像処理部150R、150G及び150Bは、それぞれスキャナなどで読み込まれた画像デ−タのR、G及びB成分の画像データDR、DG及びDBに対して、シェーディング補正や、カラーバランス補正などの所定の画像処理を施す。また、画像処理部150R、150G及び150Bは、それぞれ画像処理を施した画像データDR、DG及びDBの階調度に応じてHDD15bに格納されたルックアップテーブルに記憶されている光変調データMDR、MDG及びMDB読み出し、画像メモリ151R、151G及び151Bに出力する。画像処理部150R、150G及び150Gは、それぞれ後述するクロック発生部1523から出力されたクロック信号CLと同期して、光変調データMDR、MDG及びMDBを1画素ずつ、画像メモリ151R、151G及び151Bに出力する。   As shown in FIG. 4, the image processing unit 150 includes image processing units 150R, 150G, and 150B. The image processing units 150R, 150G, and 150B respectively perform predetermined shading correction and color balance correction on the R, G, and B component image data DR, DG, and DB of image data read by a scanner or the like. The image processing is performed. In addition, the image processing units 150R, 150G, and 150B respectively store the light modulation data MDR, MDG stored in the lookup table stored in the HDD 15b according to the gradation levels of the image data DR, DG, and DB subjected to the image processing. And MDB read, and output to the image memories 151R, 151G, and 151B. The image processing units 150R, 150G, and 150G are synchronized with a clock signal CL output from a clock generation unit 1523, which will be described later, and light modulation data MDR, MDG, and MDB are stored in the image memories 151R, 151G, and 151B one by one. Output.

画像メモリ151は、画像処理部150R、150G及び150Bと12ビットのパラレルラインでそれぞれ接続され、光変調データMDR、MDG及びMDBを記憶する画像メモリ151R、151G及び151Bを備える。画像メモリ151R、151G及び151Bは、それぞれクロック発生部1523から出力されるクロック信号CLと同期して、バッファメモリ153R、153G及び153Bに対して、光変調データMDR、MDG及びMDBを1画素ずつ出力する。   The image memory 151 includes image memories 151R, 151G, and 151B that are connected to the image processing units 150R, 150G, and 150B through 12-bit parallel lines and store the light modulation data MDR, MDG, and MDB, respectively. The image memories 151R, 151G, and 151B output light modulation data MDR, MDG, and MDB pixel by pixel to the buffer memories 153R, 153G, and 153B in synchronization with the clock signal CL output from the clock generation unit 1523, respectively. To do.

バッファメモリ153は、画像メモリ151R、151G及び151Bと12ビットのパラレルラインでそれぞれ接続されたバッファメモリ153R、153G及び153Bを備える。バッファメモリ153R、153G及び153Bは、それぞれ12ビットのデータのパラレル転送が可能なシフトレジスタで構成され、光変調データMDR、MDG及びMDBの1ライン分を記憶することができる容量を有している。画像メモリ151R、151G及び151Bは、それぞれクロック発生部1523からのクロック信号CLと同期して、画像メモリ151R、151G及び151Bから光変調データMDR、MDG及びMDBを1画素ずつ読み込み、読み込んだ光変調データMDR、MDG及びMDBを右隣のレジスタに転送する。また、バッファメモリ153R、153G及び153Bは、それぞれ後述する露光カウンタ1522から出力されるイネーブル信号ESが立ち上げられると、クロック発生部1523から出力されるクロック信号CLと同期して、D/Aコンバータ154R、154G及び154Bに対して、光変調データMDR、MDG及びMDBを1画素ずつ出力する。   The buffer memory 153 includes buffer memories 153R, 153G, and 153B connected to the image memories 151R, 151G, and 151B by 12-bit parallel lines, respectively. Each of the buffer memories 153R, 153G, and 153B includes a shift register capable of parallel transfer of 12-bit data, and has a capacity capable of storing one line of the optical modulation data MDR, MDG, and MDB. . The image memories 151R, 151G, and 151B read light modulation data MDR, MDG, and MDB pixel by pixel from the image memories 151R, 151G, and 151B in synchronization with the clock signal CL from the clock generation unit 1523, respectively. Data MDR, MDG and MDB are transferred to the register on the right. The buffer memories 153R, 153G, and 153B are synchronized with the clock signal CL output from the clock generator 1523 when an enable signal ES output from an exposure counter 1522, which will be described later, is started. Light modulation data MDR, MDG, and MDB are output pixel by pixel for 154R, 154G, and 154B.

D/Aコンバータ154は、それぞれバッファメモリ153R、153G及び153Bと12ビットのパラレルラインで接続されたD/Aコンバータ(D/A)154R、154G及び154Bを備える。D/A154R、154G及び154Bは、それぞれクロック発生部1523から出力されるクロック信号CLと同期して、バッファメモリ153R、153G及び153Bから出力される1画素分の光変調データMDR、MDG及びMDBを受信して、受信した1画素分の光変調データMDR、MDG及びMDBをアナログ信号ASR、ASG及びASBに変換し、AOMD156R、156G及び156Bに出力する。   The D / A converter 154 includes D / A converters (D / A) 154R, 154G, and 154B connected to the buffer memories 153R, 153G, and 153B through 12-bit parallel lines, respectively. The D / A 154R, 154G, and 154B receive the optical modulation data MDR, MDG, and MDB for one pixel output from the buffer memories 153R, 153G, and 153B in synchronization with the clock signal CL output from the clock generation unit 1523, respectively. The received light modulation data MDR, MDG, and MDB for one pixel are converted into analog signals ASR, ASG, and ASB, and output to AOMD 156R, 156G, and 156B.

クロック制御部152は、露光カウンタ1522と、クロック発生部1523とを備える。   The clock control unit 152 includes an exposure counter 1522 and a clock generation unit 1523.

露光カウンタ1522は、同期センサ130から出力される同期信号S1を受信すると、クロック発生部1523から出力されるクロック信号CLのカウントを開始し、クロック信号CLを所定パルスカウントすると、イネーブル信号ESを立ち上げる。また、露光カウンタ1522は、イネーブル信号ESを立ち上げた後、クロック信号CLを所定パルスカウントすると、1ライン分の画像データの露光を終了させるために、イネーブル信号ESを立ち下げる。   When the exposure counter 1522 receives the synchronization signal S1 output from the synchronization sensor 130, the exposure counter 1522 starts counting the clock signal CL output from the clock generation unit 1523. When the exposure counter 1522 counts the clock signal CL for a predetermined number of pulses, the exposure counter 1522 sets the enable signal ES. increase. Further, after the enable signal ES is raised, the exposure counter 1522 counts the clock signal CL for a predetermined number of pulses, and then lowers the enable signal ES in order to end the exposure of image data for one line.

クロック発生部1523は、ペーパーP上に1画素分の画像データを露光するタイミングを決定するためのクロック信号(ドットクロック信号)CLを生成し、生成したクロック信号CLを画像メモリ151R、151G及び151B、バッファメモリ153R、153G及び153B、D/Aコンバータ154R、154G及び154Bなどに出力し、本画像記録装置Aを構成する各種回路の動作を同期させる。   The clock generation unit 1523 generates a clock signal (dot clock signal) CL for determining the timing for exposing one pixel of image data on the paper P, and uses the generated clock signal CL as image memories 151R, 151G, and 151B. , Output to buffer memories 153R, 153G and 153B, D / A converters 154R, 154G and 154B, etc., and synchronize operations of various circuits constituting the image recording apparatus A.

次に、図4を参照しつつ、この動作について詳細に説明する。   Next, this operation will be described in detail with reference to FIG.

まず、主制御部15aがペーパー検出センサー10の検出信号と、搬送量検出部160の出力信号に基づいて、露光開始タイミングを算出すると共に、露光カウンタ1522へ同期センサ130から出力される同期信号S1と同じ信号を出力する。露光カウンタ1522は、該信号を受信すると、バッファメモリ153R、153G及び153Bに出力するイネーブル信号ESを立ち上げるとともに、クロック発生部1523から出力されるクロック信号CLのカウントを開始する。イネーブル信号ESが立ち上げられると、レーザービーム源70R、70G及び70Bから出力されたR、G及びBレーザービームが、バッファメモリ153R、153G及び153Bそれぞれに記憶されている1ライン分の光変調データMDR、MDG及びMDBに基づいてAOM72R、72G、72Bによって変調され(画像データが重畳され)、ペーパーPへ露光が開始される。これによりミラー面M1を用いて1ラインの画像データが露光される。そして、1ラインの画像データの露光が終了すると、露光カウンタ1522は、イネーブル信号ESを立ち下げ、露光を停止させる。   First, the main control unit 15a calculates the exposure start timing based on the detection signal of the paper detection sensor 10 and the output signal of the transport amount detection unit 160, and the synchronization signal S1 output from the synchronization sensor 130 to the exposure counter 1522. Outputs the same signal as. When the exposure counter 1522 receives the signal, the exposure counter 1522 raises the enable signal ES output to the buffer memories 153R, 153G, and 153B, and starts counting the clock signal CL output from the clock generator 1523. When the enable signal ES is activated, the R, G, and B laser beams output from the laser beam sources 70R, 70G, and 70B are stored in the buffer memories 153R, 153G, and 153B, respectively, for one line. Based on MDR, MDG, and MDB, modulation is performed by AOM 72R, 72G, and 72B (image data is superimposed), and exposure to paper P is started. Thereby, one line of image data is exposed using the mirror surface M1. When the exposure of one line of image data ends, the exposure counter 1522 causes the enable signal ES to fall and stops the exposure.

そして、ミラー面M1を用いて1ラインの画像データの露光が終了すると、Rレーザービームは、ミラー面M2によって反射され、反射開始後直ぐに同期センサ130により検知される。そして、同期センサ130から露光カウンタ1522に対して同期信号S1が出力されると、上述のミラー面M1と同様の流れで、ミラー面M2によって次の1ラインの画像データが露光される。   When the exposure of one line of image data is completed using the mirror surface M1, the R laser beam is reflected by the mirror surface M2, and is detected by the synchronization sensor 130 immediately after the reflection starts. When the synchronization signal S1 is output from the synchronization sensor 130 to the exposure counter 1522, the next one line of image data is exposed by the mirror surface M2 in the same flow as the above-described mirror surface M1.

続いて、Rレーザービームはミラー面M3によって反射され、上述のミラー面M1と同様の流れで、ミラー面M3によって次の次の1ラインの画像データが露光される。   Subsequently, the R laser beam is reflected by the mirror surface M3, and the next one line of image data is exposed by the mirror surface M3 in the same flow as the above-described mirror surface M1.

こうして、ポリゴンミラー78の各ミラー面を順次使用して、画像データが1ラインずつ露光され、ペーパーPには各1ラインの画像データに対応した潜像画像が副走査方向Xへ形成されていく。   In this way, each mirror surface of the polygon mirror 78 is sequentially used to expose image data line by line, and a latent image corresponding to each line of image data is formed on the paper P in the sub-scanning direction X. .

このとき、潜像画像が1ラインずつ副走査方向Xへ形成される速度よりもペーパーPが露光搬送ローラ9により副走査方向Xへ搬送される露光搬送速度の方が遅くなっており、各ミラー面によって形成される潜像画像は副走査方向Xに重なって形成されている。   At this time, the exposure transport speed at which the paper P is transported in the sub-scanning direction X by the exposure transport roller 9 is slower than the speed at which the latent image is formed line by line in the sub-scanning direction X. The latent image formed by the surface is formed so as to overlap in the sub-scanning direction X.

ペーパーPに形成される潜像画像について、ドット単位で見ると、図5に示すように、副走査方向Xへ互いに隣接するn個(nは2以上の自然数)のドットが重なるようになっている。そして、1ドット当たりのレーザービームの照射時間(以下、単に照射時間という)をT[sec]とすると、照射時間Tの積算時間(以下、積算照射時間という)である(n×T)は、
n×T≧100×10-9 ・・・・・・(1)
を満たす範囲で設定されている。ここで、照射時間Tは、ポリゴンミラー78の回転速度、ポリゴンミラー78のミラー面数、ミラー面の有効走査期間率、主走査方向への解像度、ペーパーPの最大有効幅等によって決まり、ポリゴンミラー78の回転速度が速くなると相対的に短くなる。空気軸受によって支持されるポリゴンミラー78では、その回転安定性が悪化することから回転速度をあまり遅くすることができないため、この照射時間Tを長くすることはできない。そこで、照射時間Tを可能な範囲で調整して、あとはドットを重ねる個数nを、積算照射時間(n×T)が100×10-9[sec]以上となるように設定している。このように積算照射時間(n×T)を100×10-9[sec]以上とすることで、所望のDmax(2.0)を得ることができる。
When the latent image formed on the paper P is viewed in dot units, n dots (n is a natural number of 2 or more) adjacent to each other in the sub-scanning direction X overlap as shown in FIG. Yes. If the irradiation time of the laser beam per dot (hereinafter simply referred to as irradiation time) is T [sec], the integrated time of the irradiation time T (hereinafter referred to as integrated irradiation time) (n × T) is:
n × T ≧ 100 × 10 -9 (1)
It is set in a range that satisfies Here, the irradiation time T is determined by the rotational speed of the polygon mirror 78, the number of mirror surfaces of the polygon mirror 78, the effective scanning period rate of the mirror surface, the resolution in the main scanning direction, the maximum effective width of the paper P, and the like. As the rotational speed of 78 increases, the speed decreases relatively. In the polygon mirror 78 supported by the air bearing, since the rotational stability is deteriorated, the rotational speed cannot be reduced so much that the irradiation time T cannot be increased. Therefore, the irradiation time T is adjusted within a possible range, and the number n of dots to be overlapped is set so that the integrated irradiation time (n × T) is 100 × 10 −9 [sec] or more. Thus, desired Dmax (2.0) can be obtained by setting the integrated irradiation time (n × T) to 100 × 10 −9 [sec] or more.

図5の(a)図には、照射時間Tを前記式(1)に代入した結果、ドットを重ねる個数nを3個に設定した場合の画像を模式的に示している。ペーパーPを副走査方向Xに搬送しながらレーザービームを主走査方向に走査することによってドットが副走査方向Xへ順次形成されていく。例えば、ドットDT1がミラー面M1を用いて露光形成されたものとすると、ミラー面M2、M3、…を用いてそれぞれドットDT2、DT3…が副走査方向Xに順次形成されていく。そして、副走査方向Xに互いに隣接するドット(例えば、DT1、DT2、DT3)は重なって形成されている。この互いに隣接する3個のドットが重なった部分a、a、…では、レーザービームの積算照射時間(n×T)が100×10-9[sec]以上となり、十分な発色濃度を確保することができる。ただし、レーザービームの積算照射時間(n×T)があまり長くなると画像形成装置Aとしての処理能力が低下するため、レーザービームの積算照射時間(n×T)は150×10-9[sec]以下となるように、ドットを重ねる個数nと1ドット当たりのレーザービームの照射時間Tとを設定することがことが好ましい。 FIG. 5A schematically shows an image when the number n of dots to be superimposed is set to 3 as a result of substituting the irradiation time T into the equation (1). Dots are sequentially formed in the sub-scanning direction X by scanning the laser beam in the main scanning direction while transporting the paper P in the sub-scanning direction X. For example, assuming that the dot DT1 is formed by exposure using the mirror surface M1, the dots DT2, DT3,... Are sequentially formed in the sub-scanning direction X using the mirror surfaces M2, M3,. Then, dots (for example, DT1, DT2, DT3) adjacent to each other in the sub-scanning direction X are formed to overlap each other. In the portions a, a,... Where these three adjacent dots overlap, the integrated irradiation time (n × T) of the laser beam is 100 × 10 −9 [sec] or more, and a sufficient color density is ensured. Can do. However, if the accumulated irradiation time (n × T) of the laser beam becomes too long, the processing capability as the image forming apparatus A is lowered, so the accumulated irradiation time (n × T) of the laser beam is 150 × 10 −9 [sec]. It is preferable to set the number n of dots to be overlapped and the laser beam irradiation time T per dot so as to be as follows.

このとき、各ドットの副走査方向Xへのピッチp[mm]は、ドット径をd[mm]とすると、d/3[mm]に設定されている。こうすることで、4個のドットが重なる部分を生じさせることなく、3個のドットが重なる部分a、a、…の面積を可及的に大きくすることができる。   At this time, the pitch p [mm] in the sub-scanning direction X of each dot is set to d / 3 [mm] where the dot diameter is d [mm]. By doing so, the area of the portions a, a,... Where the three dots overlap can be made as large as possible without causing a portion where the four dots overlap.

尚、このピッチpは、d/3≦p≦1.1×(d/3)の範囲で決めることができる。   The pitch p can be determined in the range of d / 3 ≦ p ≦ 1.1 × (d / 3).

下限を規定しているのは、ピッチpがd/3より狭くなると、図5(c)に示すように、ドットが4個重なる部分e、e、…が生じるためである。この4個のドットが重なる部分e、e、…は、発色濃度が濃くなるだけでなく、3個のドットを重ねることで画像データに対応する色合いや発色濃度を表現しようとしているにも拘わらず、画像データに対応した所望の色合いや発色濃度を実現できなくなり、画質の低下にもつながる。   The reason why the lower limit is defined is that when the pitch p is narrower than d / 3, as shown in FIG. 5C, there are four overlapping portions e, e,. These four dots overlap, e, e,..., Not only have a high color density, but also overlap the three dots to express the hue and color density corresponding to the image data. Therefore, it becomes impossible to realize a desired hue and color density corresponding to the image data, leading to deterioration of image quality.

また、上限を規定しているのは、ピッチpが1.1×(d/3)より広くなると、図5(d)に示すように、3個のドットが重なる部分の面積a、a、…が小さくなり過ぎ、ドットが2個重なる部分b、b、…及びドット1個だけの部分c、c、…の面積が大きくなるためである。ドットの重なりが2個未満の部分b、b、…、c、c、…は、3個のドットが重なる部分a、a同士の間の濃度分布をなだらかにする点で有効であるが、その面積があまり大きくなり過ぎると、潜像画像全体としての発色濃度が薄くなってしまう。そこで、潜像画像全体としての発色濃度に影響を与えないピッチpとして上限を規定している(図5の(b)参照)。   Also, the upper limit is defined when the pitch p is larger than 1.1 × (d / 3), as shown in FIG. 5D, the areas a, a,... This is because the areas of the portions b, b,... Where two dots overlap and the portions c, c,. The dots b, b,..., C, c,... Where the dot overlap is less than two are effective in that the density distribution between the portions a, a where the three dots overlap is smoothed. If the area becomes too large, the color density of the entire latent image becomes thin. Therefore, an upper limit is defined as the pitch p that does not affect the color density of the entire latent image (see FIG. 5B).

尚、ドットを重ねる回数nは、レーザービームの主走査により副走査方向Xへ順次形成されていく画像の形成速度やペーパーPの露光搬送速度等によって変更することができる。   The number n of overlapping dots can be changed depending on the image forming speed, the exposure conveyance speed of the paper P, and the like that are sequentially formed in the sub-scanning direction X by the main scanning of the laser beam.

ここで、ポリゴンミラーとfθレンズとを有する露光手段の光ビーム走査系は、図6に示すように構成される。この構成において、1ドット当たりのレーザービームの照射時間としてのドットクロックT[sec]は、
T=(1走査に要する時間)/(主走査方向のドットの個数)
で表されるため、ドットクロックT[sec]は、
Here, the light beam scanning system of the exposure means having the polygon mirror and the fθ lens is configured as shown in FIG. In this configuration, the dot clock T [sec] as the irradiation time of the laser beam per dot is
T = (time required for one scanning) / (number of dots in the main scanning direction)
Therefore, the dot clock T [sec] is

となる。 It becomes.

ここで、m:ポリゴンミラー78の面数、N:ポリゴンミラー78の回転数[rps]、C:最大有効幅[mm]、α:有効走査期間率、θ:偏向角/2[rad]、y:主走査方向の解像度[dpi]、である。   Here, m: number of surfaces of the polygon mirror 78, N: rotation speed [rps] of the polygon mirror 78, C: maximum effective width [mm], α: effective scanning period rate, θ: deflection angle / 2 [rad], y: resolution [dpi] in the main scanning direction.

有効走査期間率αは、α=θ/(2π/n)で表され、最大有効幅Cは、fθレンズ79の焦点距離をf[mm]として、C=2fθ[mm]で表される。このため、有効走査期間率αは、   The effective scanning period rate α is expressed by α = θ / (2π / n), and the maximum effective width C is expressed by C = 2fθ [mm] where the focal length of the fθ lens 79 is f [mm]. Therefore, the effective scanning period rate α is

となる。 It becomes.

そのため、ドットクロックT[sec]は、式(2),(3)より、   Therefore, the dot clock T [sec] is obtained from the equations (2) and (3).

で表される。 It is represented by

また、副走査方向の解像度xは、ペーパーPの露光搬送速度をv[mm/sec]とすれば、   Further, the resolution x in the sub-scanning direction is as follows: the exposure conveyance speed of the paper P is v [mm / sec].

で表される。式(4),(5)より、ドットクロックTは It is represented by From equations (4) and (5), the dot clock T is

で表され、積算照射時間(n×T)を100×10-9[sec]以上に設定する場合、ポリゴンミラーの面数m、露光搬送速度v、焦点距離f及び解像度x,yの間には、 When the integrated irradiation time (n × T) is set to 100 × 10 −9 [sec] or more, the number of surfaces of the polygon mirror m, the exposure conveyance speed v, the focal length f, and the resolutions x and y Is

の関係がある。 There is a relationship.

つまり、ポリゴンミラーの面数mや解像度x、yが決まったときに、焦点距離f、露光搬送速度v及び副走査方向Xへ互いに隣接するドットが重なる個数nを式(7)を満たすように設定すればよい。   That is, when the number m of polygon mirror surfaces and the resolutions x and y are determined, the focal length f, the exposure conveyance speed v, and the number n of overlapping dots adjacent to each other in the sub-scanning direction X are satisfied. You only have to set it.

したがって、上記実施形態1によれば、副走査方向Xに互いに隣接する複数のドットを重ねて形成することによって、1ドット当たりのレーザービームの照射時間(ドットクロック)Tが短くても、ドットがn個重なった部分では、積算照射時間(n×T)を長くすることができる。   Therefore, according to the first embodiment, by forming a plurality of dots adjacent to each other in the sub-scanning direction X, dots are formed even when the laser beam irradiation time (dot clock) T per dot is short. In the overlapping portion, the cumulative irradiation time (n × T) can be increased.

そして、積算照射時間(n×T)が100×10-9[sec]以上となるように、照射時間Tとドットを重ねる個数nを設定することによって、ドットがn個重なった部分におけるレーザービームの積算照射時間は100×10-9[sec]以上となり、十分なDmaxを確保することができ、高画質化を図ることができる。その結果、ペーパー幅が相対的に広い、即ち、1ドット当たりのレーザービームの照射時間が相対的に短くなるペーパーPであっても、十分なDmaxを確保して、高画質化を図ることができる。 Then, by setting the irradiation time T and the number n of dots to be overlapped so that the integrated irradiation time (n × T) is 100 × 10 −9 [sec] or more, the laser beam in the portion where n dots overlap each other The accumulated irradiation time is 100 × 10 −9 [sec] or more, so that a sufficient Dmax can be secured and high image quality can be achieved. As a result, even with the paper P having a relatively wide paper width, that is, with a relatively short laser beam irradiation time per dot, sufficient Dmax can be ensured and high image quality can be achieved. it can.

また、互いに隣接するドットを重ねる個数nによってレーザービームの積算照射時間(n×T)を調整することができるため、レーザービームの積算照射時間(n×T)を確保するに際して、ポリゴンミラー78の回転速度を遅くする必要がなく、ポリゴンミラー78の回転安定性を損なうことを防止することができる。   Further, since the integrated irradiation time (n × T) of the laser beam can be adjusted by the number n of overlapping dots adjacent to each other, when the integrated irradiation time (n × T) of the laser beam is ensured, the polygon mirror 78 It is not necessary to slow down the rotation speed, and it is possible to prevent the rotation stability of the polygon mirror 78 from being impaired.

さらに、ピッチpをd/n≦p≦1.1×(d/n)の範囲で設定することによって、所望の発色濃度や色合いが表現できなかったり、潜像画像全体としての発色濃度が薄くなったりすることを防止することができる。   Furthermore, by setting the pitch p in the range of d / n ≦ p ≦ 1.1 × (d / n), a desired color density or hue cannot be expressed, or the color density of the entire latent image is reduced. Can be prevented.

《実施形態2》
次に、本発明の実施形態2に係る画像形成装置を説明する。実施形態2に係る画像形成装置は、前記実施形態1に係る画像形成装置に対して、バッファメモリ253及びクロック制御部252の構成が異なっている。
<< Embodiment 2 >>
Next, an image forming apparatus according to Embodiment 2 of the present invention will be described. The image forming apparatus according to the second embodiment is different from the image forming apparatus according to the first embodiment in the configuration of the buffer memory 253 and the clock control unit 252.

図7に、クロック制御部252及びクロック制御部252に接続される各種回路のブロック構成図を示す。   FIG. 7 shows a block configuration diagram of a clock control unit 252 and various circuits connected to the clock control unit 252.

バッファメモリ253は、画像メモリ151R、151G及び151Bと12ビットのパラレルラインPLでそれぞれ接続されたバッファメモリ253R、253G及び253Bを備える。バッファメモリ253R、253G及び253Bは、それぞれ同一構成であるため、バッファメモリ253Rの構成を説明する。   The buffer memory 253 includes buffer memories 253R, 253G, and 253B connected to the image memories 151R, 151G, and 151B through a 12-bit parallel line PL, respectively. Since the buffer memories 253R, 253G, and 253B have the same configuration, the configuration of the buffer memory 253R will be described.

バッファメモリ253Rは、シフトレジスタ2531、2532、2533及びマルチプレクサ2535を備える。パラレルラインPLを構成する12本の信号線のそれぞれは、分岐点BRで3分岐されており、3分岐された信号線は、それぞれシフトレジスタ2531〜2533と接続されている。シフトレジスタ2531〜2533のそれぞれのデータ出力側は、12ビットのパラレルラインでマルチプレクサ2535と接続されている。マルチプレクサ2535のデータ出力側は、12ビットのパラレルラインによりD/Aコンバータ154Rと接続されている。   The buffer memory 253R includes shift registers 2531, 2532, and 2533 and a multiplexer 2535. Each of the twelve signal lines constituting the parallel line PL is branched into three at a branch point BR, and the three branched signal lines are connected to shift registers 2531 to 2533, respectively. Each data output side of the shift registers 2531 to 2533 is connected to the multiplexer 2535 by a 12-bit parallel line. The data output side of the multiplexer 2535 is connected to the D / A converter 154R by a 12-bit parallel line.

シフトレジスタ2531〜2533は、それぞれ12ビットのデータをパラレル転送可能であり、クロック発生部2523から出力されたクロック信号CLと同期して、画像メモリ151Rに記憶されている光変調データMDRを先頭画素から1画素単位で順番に読み込む。また、シフトレジスタ2531〜2533は、それぞれ1ライン分の光変調データMDRを記憶可能な容量を有する。シフトレジスタ2531〜2533は、それぞれクロック信号CLと同期して、1画素の光変調データMDRをD/Aコンバータ154Rへ出力する。また、シフトレジスタ2531〜2533はそれぞれ、露光カウンタ2522によってイネーブル信号ESが立ち上げられると、光変調データMDRの出力が可能な状態となる。   Each of the shift registers 2531 to 2533 can transfer 12-bit data in parallel, and synchronizes with the clock signal CL output from the clock generation unit 2523, and the light modulation data MDR stored in the image memory 151R is the first pixel. To sequentially read in units of one pixel. Each of the shift registers 2531 to 2533 has a capacity capable of storing the optical modulation data MDR for one line. The shift registers 2531 to 2533 each output light modulation data MDR of one pixel to the D / A converter 154R in synchronization with the clock signal CL. Further, each of the shift registers 2531 to 2533 is ready to output the light modulation data MDR when the enable signal ES is raised by the exposure counter 2522.

マルチプレクサ2535は、クロック信号CLと同期してクロック制御部252から出力される制御信号CSを制御端子2535Tで受信して、シフトレジスタ2531〜2533を、2531、2532、2533、2531、・・・の順番で切り替える。   The multiplexer 2535 receives the control signal CS output from the clock controller 252 in synchronization with the clock signal CL at the control terminal 2535T, and shifts the registers 2531 to 2533 to 2531, 2532, 2533, 2531,. Switch in order.

クロック制御部252は、露光カウンタ2522とクロック発生部2523とを備える。露光カウンタ2522は、同期センサ130から出力される同期信号S1を受信すると、クロック発生部2523から出力されるクロック信号CLのカウントを開始し、クロック信号CLを所定パルスカウントすると、イネーブル信号ESを立ち上げる。また、露光カウンタ2522は、イネーブル信号ESを立ち上げた後、クロック信号CLを所定パルスカウントすると、1ライン分の画像データの露光を終了させるために、イネーブル信号ESを立ち下げる。   The clock control unit 252 includes an exposure counter 2522 and a clock generation unit 2523. When the exposure counter 2522 receives the synchronization signal S1 output from the synchronization sensor 130, the exposure counter 2522 starts counting the clock signal CL output from the clock generator 2523. When the exposure counter 2522 counts the clock signal CL for a predetermined pulse, the exposure counter 2522 sets the enable signal ES. increase. Further, the exposure counter 2522 raises the enable signal ES and then counts the clock signal CL for a predetermined number of pulses, and then lowers the enable signal ES in order to end the exposure of the image data for one line.

画像処理部150R、150G及び150Bは、前記実施形態1と同様に、それぞれ画像処理を施した画像データDR、DG及びDBの階調度に応じてHDD15bに格納されたルックアップテーブルに記憶されている光変調データMDR、MDG及びMDB読み出し、画像メモリ151R、151G及び151Bに出力するが、本実施形態2では、同一の画像データを用いて3ライン露光することにより該画像データに対応する潜像画像を形成しているため、画像メモリ151R、151G及び151Bに出力する光変調データはルックアップテーブルに記憶されている値の1/3の値が用いられる。したがって、レーザービームの1走査によってペーパーP上に形成される潜像画像の濃度は、画像データ本来の濃度に対して1/3の濃度となる。   Similar to the first embodiment, the image processing units 150R, 150G, and 150B are stored in a lookup table stored in the HDD 15b in accordance with the gradation levels of the image data DR, DG, and DB subjected to image processing, respectively. Light modulation data MDR, MDG, and MDB are read out and output to the image memories 151R, 151G, and 151B. In the second embodiment, a latent image corresponding to the image data is obtained by performing three-line exposure using the same image data. Therefore, 1/3 of the value stored in the look-up table is used for the light modulation data output to the image memories 151R, 151G, and 151B. Therefore, the density of the latent image formed on the paper P by one scan of the laser beam is 1/3 of the original density of the image data.

次に、画像形成装置Aの動作について説明する。まず、画像メモリ151Rに記憶された光変調データMDRは、クロック信号CLと同期して、1画素ずつ、シフトレジスタ2531〜2533のそれぞれに先頭画素から順番に並列的に書き込まれる。したがって、シフトレジスタ2531〜2533は、それぞれ同一の光変調データMDRを記憶することとなる。次に、露光カウンタ2522より、イネーブル信号ESが立ち上げられると、マルチプレクサ2535は、制御信号CSを基に、シフトレジスタ2531を接続する。そして、クロック信号CLと同期してシフトレジスタ2531から1画素の光変調データMDRがD/Aコンバータ154Rに出力される。次いで、次のクロック信号CLが発生すると、マルチプレクサ2535は、制御信号CSを基に、シフトレジスタ2532を接続し、シフトレジスタ2532は、1画素の光変調データMDRをD/Aコンバータ154Rに出力する。このようにして、マルチプレクサ2535は、クロック信号CLと同期してシフトレジスタ2531〜2533を順番に切り替えるため、D/Aコンバータ154Rは、同一の光変調データを3回受信することとなる。なお、バッファメモリ253G及び253Bもバッファメモリ253Rと同様にして、クロック信号CLと同期して、光変調データMDRを出力するため、D/Aコンバータ154G及び154Bは、それぞれ同一の光変調データを3回受信することとなる。そのため、ペーパーPには、同一の画像データが3回露光されることとなる。   Next, the operation of the image forming apparatus A will be described. First, the light modulation data MDR stored in the image memory 151R is written in parallel to the shift registers 2531 to 2533 in order from the top pixel one by one in synchronization with the clock signal CL. Accordingly, the shift registers 2531 to 2533 each store the same light modulation data MDR. Next, when the enable signal ES is raised from the exposure counter 2522, the multiplexer 2535 connects the shift register 2531 based on the control signal CS. Then, the light modulation data MDR of one pixel is output from the shift register 2531 to the D / A converter 154R in synchronization with the clock signal CL. Next, when the next clock signal CL is generated, the multiplexer 2535 connects the shift register 2532 based on the control signal CS, and the shift register 2532 outputs the light modulation data MDR of one pixel to the D / A converter 154R. . Thus, since the multiplexer 2535 sequentially switches the shift registers 2531 to 2533 in synchronization with the clock signal CL, the D / A converter 154R receives the same light modulation data three times. Since the buffer memories 253G and 253B also output the optical modulation data MDR in synchronization with the clock signal CL in the same manner as the buffer memory 253R, the D / A converters 154G and 154B each output the same optical modulation data to 3 Will be received once. Therefore, the same image data is exposed to the paper P three times.

画像形成装置AによってペーパーP上に形成された潜像画像は、前記実施形態1と同様に、副走査方向Xに互いに隣接する複数個のドットが重なって形成されいる(図4参照)。ただし、本実施形態2では、前記実施形態1と異なり、副走査方向Xに連続する3個のドットは同一の画像データを用いて露光形成されている。例えば、ドットDT1、DT2、DT3はある1の画像データを用いて露光形成され、次に連続するドットDT4、DT5、DT6は次の画像データを用いて露光形成されている。そうすると、ドットが3個重なる部分a、a、…のうち、同一のデータで露光形成された3個のドットの中心に位置する部分a1、a4は、画像データに対応した十分な発色濃度で形成される。そして、該中心に位置する部分a1、a4、…以外のドットが3個重なる部分a2、a3、a5、…は、ある1の画像データとその次の画像データとが重なって形成されることになり、該中心に位置する部分a1、a4、…の間の濃度分布をなだらかに繋ぐ、即ち、ある1の画像データとその次の画像データとの間を色合いや発色濃度の変化を緩やかに表現することができる。   The latent image formed on the paper P by the image forming apparatus A is formed by overlapping a plurality of dots adjacent to each other in the sub-scanning direction X, as in the first embodiment (see FIG. 4). However, in the second embodiment, unlike the first embodiment, three dots that are continuous in the sub-scanning direction X are formed by exposure using the same image data. For example, the dots DT1, DT2, and DT3 are formed by exposure using one image data, and the next consecutive dots DT4, DT5, and DT6 are formed by exposure using the next image data. Then, of the three overlapping dots a, a,..., The portions a1 and a4 positioned at the center of the three dots exposed and formed with the same data are formed with a sufficient color density corresponding to the image data. Is done. In addition, the portions a2, a3, a5,... In which three dots other than the portions a1, a4,... Located in the center overlap are formed by overlapping one image data and the next image data. The density distribution between the central portions a1, a4,... Is gently connected, that is, a change in hue and color density is gently expressed between one image data and the next image data. can do.

《その他の実施形態》
本発明の構成は、前記実施形態1、2に限定されるものではなく、それ以外の種々の構成を包含するものである。すなわち、前記実施形態1、2では、副走査方向Xに重ねるドットの個数nを3個に設定したが、これに限られるものではない。前述の如く、n×T≧100×10-9を満たす範囲で重ねるドットの個数nを調整すればよい。この重ねるドットの個数nは、実施形態1であれば、露光搬送ローラ9による露光搬送速度とポリゴンミラーの回転速度に基づく副走査方向Xへの画像の形成速度との関係を変更することによって、実施形態2であれば、各バッファメモリ253R(253G、253B)のスフとレジスタの個数を変更して同一の光変調データを繰り返し露光する回数を変更することによって変更することができる。
<< Other Embodiments >>
The configuration of the present invention is not limited to the first and second embodiments, but includes various other configurations. That is, in the first and second embodiments, the number n of dots to be overlapped in the sub-scanning direction X is set to 3, but the present invention is not limited to this. As described above, the number n of dots to be overlapped may be adjusted in a range satisfying n × T ≧ 100 × 10 −9 . In the first embodiment, the number n of overlapping dots is changed by changing the relationship between the exposure conveyance speed by the exposure conveyance roller 9 and the image formation speed in the sub-scanning direction X based on the rotation speed of the polygon mirror. In the second embodiment, it can be changed by changing the number of times the same light modulation data is repeatedly exposed by changing the number of registers and registers of each buffer memory 253R (253G, 253B).

また、ドットの副走査方向Xへのピッチpも、d/n(前記実施形態では、nが3であったため、d/3)に限られるものではなく、d/n≦p≦1.1×(d/n)の範囲で設定すればよい。   Further, the pitch p of the dots in the sub-scanning direction X is not limited to d / n (in the above embodiment, since n was 3, d / 3), and d / n ≦ p ≦ 1.1 × ( d / n) may be set.

以上説明したように、本発明における画像形成装置は、副走査方向に互いに隣接するドットをn個重ねると共に、レーザービームの積算照射時間(n×T)を100×10-9[sec]以上に設定することで、十分な発色濃度を確保することができるため、十分なドットクロックを確保することができない画像形成装置に特に有用である。 As described above, the image forming apparatus according to the present invention overlaps n dots adjacent to each other in the sub-scanning direction, and the integrated irradiation time (n × T) of the laser beam is 100 × 10 −9 [sec] or more. By setting, it is possible to ensure a sufficient color density, and thus it is particularly useful for an image forming apparatus that cannot ensure a sufficient dot clock.

画像形成装置を備えた写真処理システムの構成を示す部分断面図である。It is a fragmentary sectional view which shows the structure of the photographic processing system provided with the image forming apparatus. 露光エンジンのブロック図である。It is a block diagram of an exposure engine. 画像形成装置のブロック構成図である。1 is a block configuration diagram of an image forming apparatus. 実施形態1に係る画像形成装置のクロック制御部及びクロック制御部に接続される回路を示すブロック図である。2 is a block diagram illustrating a clock controller and a circuit connected to the clock controller of the image forming apparatus according to the first embodiment. FIG. ペーパーに形成された潜像画像を示す模式図である。It is a schematic diagram which shows the latent image image formed in paper. 光ビーム走査系の構成を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the structure of a light beam scanning system. 実施形態2に係る画像形成装置のクロック制御部及びクロック制御部に接続される回路を示すブロック図である。FIG. 5 is a block diagram illustrating a clock control unit and a circuit connected to the clock control unit of the image forming apparatus according to the second embodiment. 光ビームの出力に対する濃度値を、ドットクロックを変えて測定した測定結果である。It is the measurement result which measured the density value with respect to the output of a light beam, changing a dot clock.

符号の説明Explanation of symbols

A 画像形成装置
C 露光部
d ドット径
n ドットが重なる個数
T 1ドット当たりのレーザービームの照射時間(1ドット当たりの光ビームの照射時間)
P ペーパー(感光材料)
p ピッチ
X 副走査方向
Y 主走査方向
70R レーザービーム源(光源)
70G レーザービーム源(光源)
70B レーザービーム源(光源)
78 ポリゴンミラー
A Image forming apparatus C Exposure unit d Dot diameter n Number of overlapping dots T Laser beam irradiation time per dot (light beam irradiation time per dot)
P paper (photosensitive material)
p Pitch X Sub-scanning direction Y Main-scanning direction 70R Laser beam source (light source)
70G Laser beam source (light source)
70B Laser beam source (light source)
78 Polygon mirror

Claims (2)

光源と、空気軸受によって回動可能に支持され、該光源からの光ビームを主走査方向に偏向させるポリゴンミラーとを有する露光手段を備え、
前記露光手段が、副走査方向に搬送される感光材料に対して、光ビームを前記主走査方向に走査させることによって2次元の潜像画像を形成する画像形成装置であって、
前記露光手段は、前記副走査方向へ互いに隣接するドットが複数重なった状態で形成されるように光ビームを該副走査方向へ所定のピッチp[mm]で重ねて走査させ、
前記互いに隣接するドットが重なる個数n(nは2以上の自然数)と、1ドット当たりの光ビームの照射時間をT[sec]とを、
n×T≧100×10-9
の範囲で設定したことを特徴とする画像形成装置。
An exposure unit having a light source and a polygon mirror that is rotatably supported by an air bearing and deflects a light beam from the light source in the main scanning direction;
An image forming apparatus in which the exposure unit forms a two-dimensional latent image by causing a light beam to scan in the main scanning direction with respect to a photosensitive material conveyed in the sub-scanning direction,
The exposure unit scans the light beam so as to overlap with a predetermined pitch p [mm] in the sub-scanning direction so that a plurality of dots adjacent to each other in the sub-scanning direction overlap each other.
The number n (n is a natural number of 2 or more) where the adjacent dots overlap each other, and the irradiation time of the light beam per dot T [sec],
n × T ≧ 100 × 10 -9
An image forming apparatus set in the range
請求項1に記載の画像形成装置において、
前記感光材料に形成されるドットのドット径をd[mm]とし、
前記ピッチp[mm]を、
d/n≦p≦1.1×(d/n)
の範囲で設定したことを特徴とする画像形成装置。
The image forming apparatus according to claim 1.
The dot diameter of dots formed on the photosensitive material is d [mm],
The pitch p [mm] is
d / n ≦ p ≦ 1.1 × (d / n)
An image forming apparatus set in the range
JP2005330292A 2005-11-15 2005-11-15 Image forming apparatus Pending JP2007139883A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005330292A JP2007139883A (en) 2005-11-15 2005-11-15 Image forming apparatus

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005330292A JP2007139883A (en) 2005-11-15 2005-11-15 Image forming apparatus

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007139883A true JP2007139883A (en) 2007-06-07

Family

ID=38202864

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005330292A Pending JP2007139883A (en) 2005-11-15 2005-11-15 Image forming apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007139883A (en)

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02259717A (en) * 1989-03-31 1990-10-22 Fujitsu Ltd Optical beam scanning unit of film printer
JP2003326757A (en) * 2002-05-09 2003-11-19 Noritsu Koki Co Ltd Laser exposing unit

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02259717A (en) * 1989-03-31 1990-10-22 Fujitsu Ltd Optical beam scanning unit of film printer
JP2003326757A (en) * 2002-05-09 2003-11-19 Noritsu Koki Co Ltd Laser exposing unit

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006053240A (en) Laser beam modulator
US5953104A (en) Image recording method
JP4492253B2 (en) Laser exposure equipment
JP2007139883A (en) Image forming apparatus
JP2002240350A (en) Exposure device and photograph processor provided with the same
JP3669294B2 (en) Photo processing device
JP2008209687A (en) Method for adjusting laser output
JP2003260815A (en) Method of recording image and image recorder
JPH08267821A (en) Image recording apparatus
JP2006030434A (en) Picture recording apparatus
JP2006224652A (en) Laser exposure system
JP3795505B2 (en) Developing agent replenishment method and digital photo printer
JP6818593B2 (en) Image forming device
JP2006047003A (en) Light quantity distribution measuring device used for laser exposure device
JP2515877B2 (en) Scanning photo printing machine
JP2007118329A (en) Exposure method, exposure device, and photograph processor using the same
JP3783586B2 (en) Exposure equipment
JP4639767B2 (en) Laser beam scanning adjustment method for color printing apparatus
JP2008246823A (en) Exposure system
JP2006154036A (en) Laser beam exposure device
JP2008197547A (en) Image forming apparatus
JP4003515B2 (en) Laser exposure equipment
JP2008207480A (en) Exposure device
JP2007121591A (en) Exposure method and apparatus, and photographic processor using the same
JP2004021208A (en) Photoprocessing system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20081027

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101124

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101124

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110322