JP2007055612A - 飲料容器用フィッティング - Google Patents

飲料容器用フィッティング Download PDF

Info

Publication number
JP2007055612A
JP2007055612A JP2005239334A JP2005239334A JP2007055612A JP 2007055612 A JP2007055612 A JP 2007055612A JP 2005239334 A JP2005239334 A JP 2005239334A JP 2005239334 A JP2005239334 A JP 2005239334A JP 2007055612 A JP2007055612 A JP 2007055612A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
valve
fitting
valve seat
central hole
beverage container
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2005239334A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2007055612A5 (ja
JP4693161B2 (ja
Inventor
Kazuo Furuichi
一雄 古市
Hiroshi Furuichi
弘 古市
Original Assignee
Fuji Techno Kk
フジテクノ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Techno Kk, フジテクノ株式会社 filed Critical Fuji Techno Kk
Priority to JP2005239334A priority Critical patent/JP4693161B2/ja
Priority claimed from DK06782824.4T external-priority patent/DK1921039T3/da
Publication of JP2007055612A publication Critical patent/JP2007055612A/ja
Publication of JP2007055612A5 publication Critical patent/JP2007055612A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4693161B2 publication Critical patent/JP4693161B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】口金と取付部材との間隙への異物や汚水等の侵入を完全に防止するとともにメインテナンス作業を軽減することのできる飲料容器用フィッティングを提供する。
【解決手段】飲料容器9の口金91の内周側に設けられた雌ねじ92と螺合する雄ねじ21が外周側に設けられた取付部材2と、前記口金の下部内面と前記取付部材との間を封止する耐腐食性材料からなる封止部材25とを有し、前記口金に前記取付部材を螺合して固定した後に、前記口金と前記取付部材の上面の間隙を溶接して封止するとともに、前記取付部材を前記口金と一体としたものである。ガス弁を、傾斜状態では弁座部23の中央孔を通過可能であるが、水平状態では弁座部の中央孔を通過不能であるものとして、弁座部の中央孔を通してガス弁の交換作業を行うことができる。
【選択図】図1

Description

この発明は、ビール樽等の飲料容器の口金に取り付けられて、ディスペンスヘッドと接続するための飲料容器用フィッティングに関するものであり、さらに詳しくは、口金と取付部材との間隙への異物や雨水等の侵入を完全に防止するとともにメインテナンス作業を軽減することのできる飲料容器用フィッティングに関するものである。
ビール樽等の飲料容器の口金には、フィッティングが取り付けられており、そのフィッティングにディスペンスヘッドが接続される。このディスペンスヘッドを介して飲料容器内に二酸化炭素等の圧力ガスを供給し、飲料容器内の飲料を容器外に注出する。従来のフィッティングと口金の取り付け状態を、図8を参照して説明する。図8は、従来のフィッティングを飲料容器に取り付けた状態を示す正面からの断面図である。図8は、飲料は生ビールであり、飲料容器はビール樽の場合である。ビール樽9の上部に設けられた口金91の内側には、フィッティングの取付部材20がねじ込まれて固定されている。また、取付部材20にはばねで上方に付勢されたダウンチューブ5が取り付けられている。
ダウンチューブ5の上端部にはガス弁3が固定されており、また、ダウンチューブ5の上端内部にはビール弁4が上方に付勢されて設けられている。ガス弁3およびビール弁4は、コイルばねによる付勢力によって閉状態となっている。口金91および取付部材20にはディスペンスヘッドが取り付け可能である。ディスペンスヘッドと取付部材20とは、係合突起22によるバヨネット機構等の接続機構によってワンタッチで結合することができる。
ディスペンスヘッドは、ガス弁3およびビール弁4を操作し、二酸化炭素ガス等の圧力ガスをビール樽9内に供給し、ビール樽9の内圧を高めて生ビールをダウンチューブ5およびビール弁4を通して容器外に注出させるための装置である。口金91と取付部材20との間からのガス漏れを封止するために、口金91の下部内面と取付部材20との間にはパッキン24が設けられている。
このような構成のフィッティングは、口金91に取付部材20がねじ込み固定されているとはいえ、口金91と取付部材20との間に微少な隙間が存在する。その隙間から雨水や生ビールが侵入する。隙間から侵入したそれらの汚水は、パッキン24によりビール樽9内への侵入は阻止されるが、口金91と取付部材20との間に長くとどまり、衛生上好ましいものではない。ビール樽を洗浄し高温殺菌する際に、この隙間内の汚水が沸騰して噴出することから、この隙間内に汚水が溜まっていることを確認することができる。この隙間内の汚水は、ビール樽を炎天下に放置した場合などには、熱膨張して隙間からしみ出てくるおそれがあり、さらには口金内に侵入して生ビールを汚染するおそれもある。
そこで、本出願の発明者により、下記の特許文献1に記載されたフィッティングが提案されている。特許文献1のフィッティングは、口金の下部内面と取付部材との間の間隙を封止する第1封止部材に加えて、フィッティングの最上部にも第2封止部材を設け、口金と取付部材との間隙に異物や雨水等が侵入しにくくしたものである。
特開2000−79991号公報
図8に示すような従来のフィッティングでは、口金91と取付部材20との間に異物や汚水等が侵入して溜まってしまい衛生上好ましくない。さらに、パッキン24は、ゴム等の柔軟性材料であるため摩耗や腐食等による劣化が避けられず、定期的な交換が必要である。このように、従来はフィッティングのメインテナンスとして、殺菌・洗浄作業やパッキン24の交換作業を定期的に行う必要があった。
また、特許文献1のようなフィッティングでも異物や汚水等の侵入を完全に防止することは困難である。また、第1封止部材と第2封止部材もゴム等の柔軟性材料であるため摩耗や腐食等による劣化が避けられず、定期的な交換が必要である。したがって、特許文献1のフィッティングでも、メインテナンス作業の頻度を減少させることはできるが、殺菌・洗浄作業や第1封止部材と第2封止部材の交換作業を定期的に行う必要があった。
そこで、本発明は、口金と取付部材との間隙への異物や汚水等の侵入を完全に防止するとともにメインテナンス作業を軽減することのできる飲料容器用フィッティングを提供することを目的とする。
上記目的を達成するために、本発明の飲料容器用フィッティングは、飲料容器の口金の内周側に設けられた雌ねじと螺合する雄ねじが外周側に設けられた取付部材と、前記口金の下部内面と前記取付部材との間を封止する耐腐食性材料からなる封止部材とを有し、前記口金に前記取付部材を螺合して固定した後に、前記口金と前記取付部材の上面の間隙を溶接して封止するとともに、前記取付部材を前記口金と一体としたものである。
また、上記の飲料容器用フィッティングにおいて、前記取付部材の内周側に設けられた弁座部と、上端部が前記取付部材に支持された管状のダウンチューブと、前記ダウンチューブの上端部に嵌合され、加圧ガスを容器内部に供給するためのガス弁と、前記ダウンチューブの上端部内部に設けられ、飲料を容器外に注出するための飲料弁とを有することが好ましい。
また、上記の飲料容器用フィッティングにおいて、前記ガス弁は、一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成された金属製の芯金と、当該芯金と一体的に成形された柔軟性の大きな弁部材とからなるものを使用することができる。前記ガス弁は、傾斜状態では前記弁座部の中央孔を通過可能であるが、水平状態では前記弁座部の中央孔を通過不能である。
また、上記の飲料容器用フィッティングにおいて、前記ガス弁は、柔軟性の大きな弁部材と、一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成され、前記弁部材の上面を覆う金属製のカバー金具とからなるものを使用することができる。前記カバー金具は、傾斜状態では前記弁座部の中央孔を通過可能であるが、水平状態では前記弁座部の中央孔を通過不能である。
また、上記の飲料容器用フィッティングにおいて、前記弁部材を前記弁座部の中央孔を通過させて、前記ダウンチューブの上端部に嵌合し、その後、前記カバー金具を傾斜状態として前記弁座部の中央孔を通過させ、前記弁部材の上面に配置し固定して、前記ガス弁を組み立てることができる。
また、上記の飲料容器用フィッティングにおいて、前記封止部材は、軟質ステンレス鋼からなるものであることが好ましい。
また、本発明の飲料容器用フィッティングは、飲料容器の口金と一体に設けられた取付部と、前記取付部の内周側に設けられた弁座部と、上端部が前記取付部に支持された管状のダウンチューブと、前記ダウンチューブの上端部に嵌合され、加圧ガスを容器内部に供給するためのガス弁と、前記ダウンチューブの上端部内部に設けられ、飲料を容器外に注出するための飲料弁とを有し、前記ガス弁は、前記弁座部の中央孔を通して交換可能なものである。
また、上記の飲料容器用フィッティングにおいて、前記ガス弁は、一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成された金属製の芯金と、当該芯金と一体的に成形された柔軟性の大きな弁部材とからなるものを使用することができる。前記ガス弁は、傾斜状態では前記弁座部の中央孔を通過可能であるが、水平状態では前記弁座部の中央孔を通過不能である。
また、上記の飲料容器用フィッティングにおいて、前記ガス弁は、柔軟性の大きな弁部材と、一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成され、前記弁部材の上面を覆う金属製のカバー金具とからなるものを使用することができる。前記カバー金具は、傾斜状態では前記弁座部の中央孔を通過可能であるが、水平状態では前記弁座部の中央孔を通過不能である。
また、上記の飲料容器用フィッティングにおいて、前記弁部材を前記弁座部の中央孔を通過させて、前記ダウンチューブの上端部に嵌合し、その後、前記カバー金具を傾斜状態として前記弁座部の中央孔を通過させ、前記弁部材の上面に配置し固定して、前記ガス弁を組み立てることができる。
本発明は、以上のように構成されているので、以下のような効果を奏する。
口金と取付部材の上面の間隙を溶接して封止したので、口金と取付部材との間隙への異物や汚水等の侵入を完全に防止することができる。これによって、口金部の殺菌処理や異物の除去作業等を軽減することができる。また、パッキンの交換作業をなくし、メインテナンス作業を軽減することができる。
ダウンチューブ、ガス弁および飲料弁を有する従来と同様の構成のフィッティングであるため、従来品との互換性も十分である。また、従来のフィッティングを有効に利用して、本発明のフィッティングを製造することが容易に行える。これにより、本発明のフィッティングの導入コストを大幅に低減できるとともに、資源の有効利用が可能となる。
ガス弁を、傾斜状態では弁座部の中央孔を通過可能であるが、水平状態では弁座部の中央孔を通過不能であるものとしたので、弁座部の中央孔を通してガス弁の交換作業を行うことができる。
ガス弁が、傾斜状態では弁座部の中央孔を通過可能であるが、水平状態では弁座部の中央孔を通過不能であるカバー金具を有するものであるから、弁座部の中央孔を通してガス弁の交換作業を行うことができる。
封止部材が軟質ステンレス鋼からなるものであるから、耐腐食性および封止性能も十分である。
飲料容器の口金に最初から取付部と弁座部を一体に設けたものでは、飲料容器を新規に製造する場合の製造コストをさらに低減することができる。
本発明の実施の形態について図面を参照して説明する。図1は、本発明のフィッティングの断面図である。図1はフィッティングの口金91近傍部分を拡大して正面から見た断面図である。ここでは飲料として生ビール、飲料容器としてビール樽を例にとって説明する。ビール樽9の上部に設けられた口金91の内周には雌ねじ92が形成されており、その雌ねじ92にフィッティングの取付部材2がねじ込まれて固定されている。すなわち、取付部材2の外周上部に形成された雄ねじ21が雌ねじ92と螺合している。
取付部材2にはばねで上方に付勢されたダウンチューブ5が取り付けられている。ダウンチューブ5の上端部にはガス弁3が圧入等により固定されており、また、ダウンチューブ5の上端内部にはビール弁4が上方に付勢されて設けられている。ガス弁3はダウンチューブ5とともにコイルばね6によって上方に付勢されており、取付部材2の弁座部23に押し付けられている。ビール弁4は、コイルばね7による付勢力によってガス弁3下部の弁座部分に押し付けられている。ガス弁3およびビール弁4は通常状態が閉状態である。
取付部材2にはディスペンスヘッドが取り付け可能である。取付部材2の上部内周側には内方に突出する係合突起22が設けられており、ディスペンスヘッドと取付部材2とは、係合突起22によるバヨネット機構等の接続機構によってワンタッチで結合することができる。ディスペンスヘッドにより、ガス弁3およびビール弁4を操作し、二酸化炭素ガス等の圧力ガスをビール樽9内に供給し、ビール樽9の内圧を高めて生ビールをダウンチューブ5およびビール弁4を通して容器外に排出させることができる。
口金91と取付部材2との間からのガス漏れを封止するために、口金91の下部内面と取付部材2との間には封止部材25が配置されている。本発明では、封止部材25は耐腐食性の軟質ステンレス綱からなるリング状の部材である。ステンレス綱の封止部材25であるから、従来のゴム製パッキンの場合に比較して、口金91に対する取付部材2のねじ込み力(ねじ締め付けトルク)を増加させることが好ましい。
口金91に対して取付部材2を十分なトルクでねじ込んだ後、図1に示すように、口金91上端部と取付部材2上端部との間を溶接によって固着および封止する。溶接は円周全周にわたって両者の間の隙間を完全に塞ぐようになされている。このため、口金91と取付部材2との間隙への異物や汚水等の外部からの侵入を完全に防止することができる。また、ビール樽9内部の圧力ガスも封止部材25によって封止されて外部に漏れ出すことはない。さらに、封止部材25は耐腐食性の軟質ステンレス綱からなるので、ビール樽9の寿命の最後まで交換することなく使用することができる。このため、パッキン交換等のメインテナンス作業を軽減することができる。
ガス弁3は、ゴム等の柔軟性部材からなる弁部材32がステンレス材等からなる芯金31と一体に成形されたものである。従来のガス弁では、この芯金の外周縁が円形であったが、本発明では、ガス弁3を弁座部23の中央孔を通して交換する必要があるため、芯金31の形状を従来とは異なるものとしている。
図2は、ガス弁3を上方から見た平面図である。芯金31の外周縁には、中心に対して対称な2位置に互いに平行な平坦部が設けられている。このため平坦部が設けられた位置での芯金31の直径(短径=平坦部間の距離)は、これと直交する方向の直径(長径)に比較して小さくなっている。この平坦部が設けられた部分は、弁座部23の中央孔を通過可能な寸法となっている。すなわち、芯金31の短径寸法は弁座部23中央孔の直径よりも小さく、芯金31の長径寸法は弁座部23中央孔の直径よりも大きくなっている。
ガス弁3をダウンチューブ5の上端部に取り付けるには、まず、ガス弁3を芯金31の長径方向に傾斜させて、弁座部23の中央孔を通過させる。弁部材32が弾性変形するので、芯金31の短径寸法を弁座部23の中央孔の直径より小さい範囲で適宜の値に設定しておくことにより、ガス弁3に弁座部23の中央孔を通過させることができる。ガス弁3をダウンチューブ5側に通過させた後、ガス弁3の下部小径部を図1に示すようにダウンチューブ5の上端部に嵌合する。
ガス弁3をダウンチューブ5の上端部に嵌合すると、図示のように芯金31は水平状態となり傾斜不能となる。芯金31が水平状態では、芯金31の長径が弁座部23中央孔の直径よりも大きいため、ガス弁3は弁座部23に当接し中央孔を通過することはできない。ガス弁3をダウンチューブ5の上端部から取り除くときは、まず、ガス弁3をダウンチューブ5の上端部から取り外し、ガス弁3を芯金31の長径方向に傾斜させて、弁座部23の中央孔を上方に通過させて取り除くのである。
このように、ガス弁3の芯金31を、一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成することによって、ガス弁3が弁座部23の中央孔を通して交換可能となるのである。このため、溶接によって取付部材2を口金91に固着してしまっても、ガス弁3の交換作業に支障を来すことはない。なお、ガス弁3を取り除いてしまえば、ビール弁4、ダウンチューブ5、コイルばね6,7等の他の部材も全て弁座部23の中央孔を通して交換することができる。
図3は、他の形態のガス弁3aを使用したフィッティングの断面図である。図3はフィッティングの口金91近傍部分を拡大して正面から見た断面図である。ガス弁3a以外のフィッティングの構成は、図1のものと同じであるため説明は省略する。ガス弁3aは、ゴム等の柔軟性部材からなる弁部材34がステンレス材等からなる芯金33と一体に成形されたものである。また、弁部材34の上面側にはステンレス材等からなるカバー金具35が配置され、弁部材34に固定されている。
図4は、ガス弁3a上方から見た平面図である。弁部材34の上面にカバー金具35が配置され固定されている。この形態のガス弁3aは、弁部材34とカバー金具35とを分離した状態で、弁座部23中央孔を通過させ、交換を行うものである。芯金33の直径は弁座部23中央孔の直径よりも小さく形成されている。弁部材34が弾性変形可能であるため、弁部材34は弁座部23の中央孔を通過可能である。
カバー金具35の外周縁には、中心に対して対称な2位置に互いに平行な平坦部が設けられている。このため平坦部が設けられた位置でのカバー金具35の直径(短径=平坦部間の距離)は、これと直交する方向の直径(長径)に比較して小さくなっている。この平坦部が設けられた部分は、弁座部23の中央孔を通過可能な寸法となっている。すなわち、カバー金具35の短径寸法は弁座部23中央孔の直径よりも小さく、カバー金具35の長径寸法は弁座部23中央孔の直径よりも大きくなっている。
図5がガス弁3aの組み立て手順を示す図である。ガス弁3aをダウンチューブ5の上端部に取り付けるには、まず、弁部材34を傾斜させて弁座部23の中央孔を通過させ、次いで、弁部材34の下部小径部をダウンチューブ5の上端部に嵌合する。なお、図5ではダウンチューブ5は図示していない。次に、カバー金具35を長径方向に傾斜させて、弁座部23の中央孔を通過させる。
そして、図示のように、カバー金具35を弁部材34の上面に配置した後、カバー金具35と弁部材34とを一体に固定してガス弁3aとする。カバー金具35の固定は、カバー金具35の小径部下端を専用工具により拡径することにより行う。カバー金具35の拡径した部分が芯金33の内周と係合して、カバー金具35の脱落を防止する。拡径は内周全周で行ってもよいが、適宜の複数点のみ拡径するだけでも十分である。
ガス弁3aをダウンチューブ5の上端部に嵌合して組み立てると、図3に示すようにカバー金具35は水平状態となり傾斜不能となる。カバー金具35が水平状態では、カバー金具35の長径が弁座部23中央孔の直径よりも大きいため、ガス弁3aは弁座部23に当接し中央孔を通過することはできない。
ガス弁3aをダウンチューブ5の上端部から取り除くときは、逆の手順で行う。まず、専用工具を使用してガス弁3aからカバー金具35を分離し、カバー金具35を傾斜させ弁座部23の中央孔を通過させて取り除く。次に、弁部材34をダウンチューブ5の上端部から取り外し、弁座部23の中央孔を通過させて取り除くのである。
このように、ガス弁3aを芯金33、弁部材34およびカバー金具35とから構成し、カバー金具35の一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成することによって、ガス弁3aが弁座部23の中央孔を通して交換可能となるのである。このため、溶接によって取付部材2を口金91に固着してしまっても、ガス弁3aの交換作業に支障を来すことはない。
なお、図1および図3のフィッティングは、従来から使用していたビール樽9を利用できる。従来のフィッティングの取付部材20を口金91から取り外して、さらにダウンチューブ5等を取り外しパッキン24を軟質ステンレス綱からなる封止部材25に交換する。そして、従来のガス弁を本発明のガス弁3またはガス弁3aに交換することにより、本発明の取付部材2となる。次に、口金91に対して取付部材2を十分なトルクでねじ込んだ後、図1および図3に示すように、口金91上端部と取付部材2上端部との間を溶接によって固着および封止すればよい。
このように、従来から使用していたフィッティングを有効に利用して本発明のフィッティングとすることができるので、本発明のフィッティング導入のコストを大幅に低減できるとともに、資源の有効利用が可能となる。
図6は、他の形態の封止部材25aの構成を示す断面図である。図1および図3の封止部材25は、図示のように断面が長方形である。すなわち、上面と下面が平行に形成されており、平面部分によって封止している。このため、口金91下部内面の段部または取付部材2の段部の平面度が悪い場合等に、封止性能が低下する場合がある。図6の封止部材25aは上面を傾斜面として、その傾斜面と取付部材2の段部角部とを線接触させることにより、安定した封止性能を得るものである。線接触のため封止部材25aが弾性変形または塑性変形しやすくなり、安定した封止性能を発揮する。なお、ここでは封止部材の上面を傾斜面としたが、下面を傾斜面としてもよい。
図7は、本発明の他の形態のフィッティングを示す断面図である。図1および図3のフィッティングは、従来から使用していたビール樽9を利用できるものであったが、図7のフィッティングは、新規にビール樽9を製造する場合のものである。口金と取付部材は最初から一体の口金93として製造される。口金93と飲料容器としてのビール樽9は従来と同様に溶接によって接続されて密封容器となっている。口金93には一体的に取付部94が形成されており、口金93の内周側には弁座部95が形成されている。
取付部94にはばねで上方に付勢されたダウンチューブ5が支持されている。ダウンチューブ5の上端部にはガス弁3が固定されており、また、ダウンチューブ5の上端内部にはビール弁4が上方に付勢されて設けられている。ガス弁3はダウンチューブ5とともにコイルばね6によって上方に付勢されており、取付部94の弁座部95に押し付けられている。ビール弁4は、コイルばね7による付勢力によってガス弁3下部の弁座部分に押し付けられている。ガス弁3およびビール弁4は通常状態が閉状態である。
口金93にはディスペンスヘッドが取り付け可能である。口金93の上部内周側には内方に突出する係合突起22が設けられており、ディスペンスヘッドと取付部材2とは、係合突起22によるバヨネット機構等の接続機構によってワンタッチで結合することができる。ディスペンスヘッドにより、ガス弁3およびビール弁4を操作し、二酸化炭素ガス等の圧力ガスをビール樽9内に供給し、ビール樽9の内圧を高めて生ビールをダウンチューブ5およびビール弁4を通して容器外に排出させることができる。
以上の構成は、図1、図3のフィッティングと類似している。異なるのは、口金93が最初から取付部94および弁座部95を一体のものとして備えている点である。この形態のフィッティングでは、封止部材25は必要なく、溶接によって口金と取付部材を結合する必要もない。このため、新規に製造する場合には、この形態のフィッティングの方が製造コストを低減できる。
なお、図7ではガス弁3を使用したフィッティングを示しているが、図4および図5に示すガス弁3aを使用してもよい。ガス弁3およびガス弁3aはやはり定期的に交換する必要がある。ガス弁3およびガス弁3aの交換は、図1および図3のフィッティングにおいて説明したのと同様に行うことができる。
以上のように、本発明によれば、口金と取付部材との間隙への異物や汚水等の侵入を完全に防止することができる。これによって、口金部の殺菌処理や異物の除去作業等を軽減することができる。また、パッキンの交換作業をなくし、メインテナンス作業を軽減することができる。
なお、以上の実施の形態では、飲料として生ビール、飲料容器としてビール樽を例に挙げて説明したが、それ以外の任意の飲料と飲料容器にも適用することができる。
本発明によれば、口金と取付部材との間隙への異物や汚水等の侵入を完全に防止して衛生的に優れた飲料容器用フィッティングを低コストで提供することができる。また、飲料容器用フィッティングのメインテナンス作業を軽減することができる。
本発明のフィッティングの断面図である。 ガス弁3を上方から見た平面図である。 他の形態のガス弁3aを使用したフィッティングの断面図である。 ガス弁3a上方から見た平面図である。 ガス弁3aの組み立て手順を示す図である。 他の形態の封止部材25aの構成を示す断面図である。 本発明の他の形態のフィッティングを示す断面図である。 従来のフィッティングをビール樽に取り付けた状態を示す正面からの断面図である。
符号の説明
2 取付部材
3,3a ガス弁
4 ビール弁
5 ダウンチューブ
6,7 コイルばね
9 ビール樽
20 取付部材
21 雄ねじ
22 係合突起
23 弁座部
24 パッキン
24 取り外しパッキン
25,25a 封止部材
31,33 芯金
32,34 弁部材
35 カバー金具
91,93 口金
92 雌ねじ
94 取付部
95 弁座部

Claims (10)

  1. 飲料容器(9)の口金(91)の内周側に設けられた雌ねじ(92)と螺合する雄ねじ(21)が外周側に設けられた取付部材(2)と、
    前記口金(91)の下部内面と前記取付部材(2)との間を封止する耐腐食性材料からなる封止部材(25)とを有し、
    前記口金(91)に前記取付部材(2)を螺合して固定した後に、前記口金(91)と前記取付部材(2)の上面の間隙を溶接して封止するとともに、前記取付部材(2)を前記口金(91)と一体とした飲料容器用フィッティング。
  2. 請求項1に記載した飲料容器用フィッティングであって、
    前記取付部材(2)の内周側に設けられた弁座部(23)と、
    上端部が前記取付部材(2)に支持された管状のダウンチューブ(5)と、
    前記ダウンチューブ(5)の上端部に嵌合され、加圧ガスを容器内部に供給するためのガス弁(3,3a)と、
    前記ダウンチューブ(5)の上端部内部に設けられ、飲料を容器外に注出するための飲料弁(4)とを有する飲料容器用フィッティング。
  3. 請求項2に記載した飲料容器用フィッティングであって、
    前記ガス弁(3)は、
    一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成された金属製の芯金(31)と、当該芯金(31)と一体的に成形された柔軟性の大きな弁部材(32)とからなり、
    傾斜状態では前記弁座部(23)の中央孔を通過可能であるが、水平状態では前記弁座部(23)の中央孔を通過不能である飲料容器用フィッティング。
  4. 請求項2に記載した飲料容器用フィッティングであって、
    前記ガス弁(3a)は、柔軟性の大きな弁部材(34)と、一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成され、前記弁部材(34)の上面を覆う金属製のカバー金具(35)とからなり、
    前記カバー金具(35)は、傾斜状態では前記弁座部(23)の中央孔を通過可能であるが、水平状態では前記弁座部(23)の中央孔を通過不能である飲料容器用フィッティング。
  5. 請求項4に記載した飲料容器用フィッティングであって、
    前記弁部材(32)を前記弁座部(23)の中央孔を通過させて、前記ダウンチューブ(5)の上端部に嵌合し、
    その後、前記カバー金具(35)を傾斜状態として前記弁座部(23)の中央孔を通過させ、前記弁部材(34)の上面に配置し固定して、前記ガス弁(3a)を組み立てるようにした飲料容器用フィッティング。
  6. 請求項1〜5のいずれか1項に記載した飲料容器用フィッティングであって、
    前記封止部材(25)は、軟質ステンレス鋼からなるものである飲料容器用フィッティング。
  7. 飲料容器(9)の口金(93)と一体に設けられた取付部(94)と、
    前記取付部(94)の内周側に設けられた弁座部(95)と、
    上端部が前記取付部(94)に支持された管状のダウンチューブ(5)と、
    前記ダウンチューブ(5)の上端部に嵌合され、加圧ガスを容器内部に供給するためのガス弁(3,3a)と、
    前記ダウンチューブ(5)の上端部内部に設けられ、飲料を容器外に注出するための飲料弁(4)とを有し、
    前記ガス弁(3,3a)は、前記弁座部(95)の中央孔を通して交換可能なものである飲料容器用フィッティング。
  8. 請求項7に記載した飲料容器用フィッティングであって、
    前記ガス弁(3)は、
    一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成された金属製の芯金(31)と、当該芯金(31)と一体的に成形された柔軟性の大きな弁部材(32)とからなり、
    傾斜状態では前記弁座部(95)の中央孔を通過可能であるが、水平状態では前記弁座部(95)の中央孔を通過不能である飲料容器用フィッティング。
  9. 請求項7に記載した飲料容器用フィッティングであって、
    前記ガス弁(3a)は、柔軟性の大きな弁部材(34)と、一部の直径が他の部分の直径よりも小さくなるように形成され、前記弁部材(34)の上面を覆う金属製のカバー金具(35)とからなり、
    前記カバー金具(35)は、傾斜状態では前記弁座部(95)の中央孔を通過可能であるが、水平状態では前記弁座部(95)の中央孔を通過不能である飲料容器用フィッティング。
  10. 請求項9に記載した飲料容器用フィッティングであって、
    前記弁部材(32)を前記弁座部(95)の中央孔を通過させて、前記ダウンチューブ(5)の上端部に嵌合し、
    その後、前記カバー金具(35)を傾斜状態として前記弁座部(95)の中央孔を通過させ、前記弁部材(34)の上面に配置し固定して、前記ガス弁(3a)を組み立てるようにした飲料容器用フィッティング。
JP2005239334A 2005-08-22 2005-08-22 飲料容器用フィッティング Expired - Fee Related JP4693161B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005239334A JP4693161B2 (ja) 2005-08-22 2005-08-22 飲料容器用フィッティング

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005239334A JP4693161B2 (ja) 2005-08-22 2005-08-22 飲料容器用フィッティング
DK06782824.4T DK1921039T3 (da) 2005-08-22 2006-08-18 Beslag til drikkevarebeholder
PCT/JP2006/316265 WO2007023748A1 (ja) 2005-08-22 2006-08-18 飲料容器用フィッティング
ES06782824T ES2400196T3 (es) 2005-08-22 2006-08-18 Elemento de empalme para recipiente de bebida
US11/990,852 US8127958B2 (en) 2005-08-22 2006-08-18 Fitting for beverage container
CN2006800281475A CN101282901B (zh) 2005-08-22 2006-08-18 饮料容器用盖口配件
EP06782824A EP1921039B1 (en) 2005-08-22 2006-08-18 Fitting for beverage container
KR1020077030094A KR100932853B1 (ko) 2005-08-22 2006-08-18 음료 용기용 마개장치

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011017767A Division JP5099729B2 (ja) 2011-01-31 2011-01-31 飲料容器用フィッティング

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2007055612A true JP2007055612A (ja) 2007-03-08
JP2007055612A5 JP2007055612A5 (ja) 2008-08-07
JP4693161B2 JP4693161B2 (ja) 2011-06-01

Family

ID=37919427

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005239334A Expired - Fee Related JP4693161B2 (ja) 2005-08-22 2005-08-22 飲料容器用フィッティング

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP4693161B2 (ja)
CN (1) CN101282901B (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009023046A (ja) * 2007-07-19 2009-02-05 Asahi Breweries Ltd バルブ組立用治具
WO2010087324A1 (ja) * 2009-01-30 2010-08-05 フジテクノ株式会社 飲料容器用フィッティング
JP2010222044A (ja) * 2009-03-25 2010-10-07 Asahi Breweries Ltd 飲料容器用フィッティング改造方法
JP2012030831A (ja) * 2010-07-30 2012-02-16 Fuji Techno Kk 飲料容器用フィッティング
DE102019120227A1 (de) * 2019-07-26 2020-08-06 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Ventil und Vorrichtung zur Regelung von Drücken eines Strömungsmittels mit dem Ventil sowie Vorrichtung zur Sicherung des Ventils in dem Getriebebauteil
DE102019120225A1 (de) * 2019-07-26 2021-01-28 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Ventil und Vorrichtung zur Regelung von Drücken eines Strömungsmittels mit dem Ventil sowie Vorrichtung zur Sicherung des Ventils in dem Getriebebauteil

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102015113387B4 (de) * 2015-08-13 2018-10-04 Dsi Getränkearmaturen Gmbh Fitting für Getränkefass mit Überdruckfunktion

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5926491A (en) * 1982-07-07 1984-02-10 Grundy Teddington Ltd Fixture for head section of extracting pipe for housing of spout of drink vessel
JPH07232799A (ja) * 1994-02-18 1995-09-05 Nasu Tooa Kk 生ビール樽用フィッティング
JPH07251857A (ja) * 1994-03-11 1995-10-03 Nasu Tooa Kk 生ビール樽
JP2001516684A (ja) * 1997-09-18 2001-10-02 ミクロ マティック アー/エス 圧力容器用安全弁
US6308869B1 (en) * 1997-08-11 2001-10-30 Spears Limited Keg and keg fitting for dispensing liquids under pressure
JP2003312788A (ja) * 2002-04-17 2003-11-06 Nas Toa Co Ltd 飲料容器

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3844832B2 (ja) * 1997-02-07 2006-11-15 サントリー株式会社 氷冷サーバー

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5926491A (en) * 1982-07-07 1984-02-10 Grundy Teddington Ltd Fixture for head section of extracting pipe for housing of spout of drink vessel
JPH07232799A (ja) * 1994-02-18 1995-09-05 Nasu Tooa Kk 生ビール樽用フィッティング
JPH07251857A (ja) * 1994-03-11 1995-10-03 Nasu Tooa Kk 生ビール樽
US6308869B1 (en) * 1997-08-11 2001-10-30 Spears Limited Keg and keg fitting for dispensing liquids under pressure
JP2001516684A (ja) * 1997-09-18 2001-10-02 ミクロ マティック アー/エス 圧力容器用安全弁
JP2003312788A (ja) * 2002-04-17 2003-11-06 Nas Toa Co Ltd 飲料容器

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009023046A (ja) * 2007-07-19 2009-02-05 Asahi Breweries Ltd バルブ組立用治具
WO2010087324A1 (ja) * 2009-01-30 2010-08-05 フジテクノ株式会社 飲料容器用フィッティング
JP2010222044A (ja) * 2009-03-25 2010-10-07 Asahi Breweries Ltd 飲料容器用フィッティング改造方法
JP2012030831A (ja) * 2010-07-30 2012-02-16 Fuji Techno Kk 飲料容器用フィッティング
DE102019120227A1 (de) * 2019-07-26 2020-08-06 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Ventil und Vorrichtung zur Regelung von Drücken eines Strömungsmittels mit dem Ventil sowie Vorrichtung zur Sicherung des Ventils in dem Getriebebauteil
DE102019120225A1 (de) * 2019-07-26 2021-01-28 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Ventil und Vorrichtung zur Regelung von Drücken eines Strömungsmittels mit dem Ventil sowie Vorrichtung zur Sicherung des Ventils in dem Getriebebauteil

Also Published As

Publication number Publication date
CN101282901B (zh) 2012-05-09
CN101282901A (zh) 2008-10-08
JP4693161B2 (ja) 2011-06-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4693161B2 (ja) 飲料容器用フィッティング
US20100089812A1 (en) Filter cartridge assembly
US20080191057A1 (en) Sanitary line connection
JP5099729B2 (ja) 飲料容器用フィッティング
JP2005520744A (ja) ネックを有するタッピングケッグと接続装置との組立体およびそのための部品
JP2007284068A (ja) 飲料容器用フィッティング改造方法
JP2001059578A (ja) 簡易交換型逆止弁及び該逆止弁を用いた止水栓
JP2007254019A (ja) 飲料容器用フィッティング改造方法
JP2009062065A (ja) 飲料容器用フィッティング
JP5311475B2 (ja) 液体吐出ポンプ
JP2010173710A (ja) 飲料容器用フィッティング
JP5520160B2 (ja) 飲料容器用フィッティング
JP2000079991A (ja) 飲料容器用フィッティング
JP2010222044A (ja) 飲料容器用フィッティング改造方法
WO2005024283A1 (en) Pipe connector
JP2008201442A (ja) 飲料容器用フィッティング
JP5210123B2 (ja) 継手管
KR20200140505A (ko) 정수 필터
JP2010007770A (ja) 流体管路
JP3231053U (ja) ビール樽、及びフィッティング
JP4823731B2 (ja) 飲料容器用フィッティング
KR100932853B1 (ko) 음료 용기용 마개장치
JP2019001472A (ja) 飲料容器用フィッティングの密封構造
JP2016034830A (ja) ビール樽
JP2005029230A (ja) 飲料容器用フィッティング、飲料容器口金および飲料容器口金の製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080619

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080619

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101207

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110203

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110221

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110221

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140304

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4693161

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140304

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees