JP2007051486A - 矢板併用型直接基礎及びその施工方法 - Google Patents

矢板併用型直接基礎及びその施工方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2007051486A
JP2007051486A JP2005238100A JP2005238100A JP2007051486A JP 2007051486 A JP2007051486 A JP 2007051486A JP 2005238100 A JP2005238100 A JP 2005238100A JP 2005238100 A JP2005238100 A JP 2005238100A JP 2007051486 A JP2007051486 A JP 2007051486A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
foundation
sheet pile
ground
improvement body
constructed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2005238100A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5032012B2 (ja
Inventor
Masayuki Kanda
政幸 神田
Hidetoshi Nishioka
英俊 西岡
Osamu Murata
修 村田
Junichi Hirao
淳一 平尾
Mitsuo Tono
光男 東野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Obayashi Corp
Railway Technical Research Institute
Original Assignee
Obayashi Corp
Railway Technical Research Institute
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Obayashi Corp, Railway Technical Research Institute filed Critical Obayashi Corp
Priority to JP2005238100A priority Critical patent/JP5032012B2/ja
Publication of JP2007051486A publication Critical patent/JP2007051486A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5032012B2 publication Critical patent/JP5032012B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 地中に構築すべき構造物の基礎以深に軟弱地盤が存在する場合に、杭基礎の形態にすることなく基礎の安定性を確保する。
【解決手段】 地中に構築すべき構造物の基礎2を包囲するようにその周方向に隣接しながら、地中に基礎2の底面を超えた深度まで挿入される矢板4と、前記矢板4からなる矢板壁5で包囲された領域より下層の地中に構築される地盤改良体6とから直接基礎1を構成する。
【選択図】 図1

Description

本発明は地中に構築すべき構造物の基礎以深に軟弱地盤が存在する場合に、杭基礎の形態にすることなく基礎の安定性を確保する矢板併用型直接基礎及びその施工方法に関するものである。
地中にフーチング等の構造物の基礎を構築する際、基礎には地震時に上部構造からの曲げモーメントによる転倒モーメントが作用するため、基礎の下層の、支持層までの間に例えばN値が5以下の軟弱地盤が存在する場合、特に粘性土層が存在する場合には軟弱地盤における不同沈下を防止、あるいは低減するための対策が必要になる。
通常は基礎の下に支持層に到達する先端支持杭を圧入等により設置することになるが、支持層までの距離が大きく、例えば40mを超えるような場合には杭の全長が長くなるため、基礎工事に要する経費が増大する不利益を伴う。摩擦杭は軟弱地盤自体の圧密沈下と共に沈下する可能性があるため、不同沈下を低減する上では有効とは言い難い。
杭に代え、基礎の下に原地盤土と固化材液を攪拌・混合した地盤改良体を構築すると共に、軟弱地盤を利用することにより上部構造物を免震構造化する方法があるが(特許文献1、2参照)、地震時の上部構造の応答を低減する方法では上記のような上部構造からの曲げモーメントに対して基礎の安定性が十分に得られない可能性があるため、曲げモーメントを考慮すれば、地盤改良体を支持層に到達させるか、または支持層に到達する杭が併用されることになる(特許文献参照3、4)。
一方、基礎の下の地盤に対しては、基礎を包囲するように矢板を圧入、もしくは打設し、矢板からなる矢板壁で地盤を拘束することにより地盤の締め固め効果と、地盤の変形抑制効果等を期待する方法がある(特許文献5参照)。
特開2003−020659号公報(請求項1、段落0015、0020〜0034、図1〜図6) 特開2004−293157号公報(請求項5、段落0053、図5) 特開平6−287964号公報(請求項1、段落0014、図1、図2) 特開平11−200381号公報(請求項1、段落0011〜0022、図1、図2) 特開2004−300816号公報(請求項1、段落0014、図1〜図3)
支持層までの距離が大きい場合に支持層に到達する地盤改良体を構築する、または支持杭を併用する特許文献3、4の方法によれば、経費増大の問題が伴い、中間層に地盤改良体のみを構築する特許文献1、2の方法では前記転倒モーメントに対する抵抗力が得られない可能性が高い。
本発明は上記背景より、支持層までの中間層に軟弱地盤が存在する場合に、支持杭を用いることなく基礎の安定性を確保する矢板併用型直接基礎及びその施工方法を提案するものである。
請求項1に記載の発明の矢板併用型直接基礎は地中に構築すべき構造物の基礎を包囲するようにその周方向に隣接しながら、地中に前記基礎の底面を超えた深度まで挿入される矢板と、前記矢板からなる矢板壁で包囲された領域より下層の地中に構築される地盤改良体とを備えることを構成要件とする。構造物とは橋脚や建物等、基礎上に構築される上部構造を指す。
矢板は基礎の構築時に山留め壁及びせき板として使用され、構築すべき基礎を包囲するように圧入や打設等により挿入され、そのまま残される。矢板が基礎を包囲し、基礎の周方向に隣接しながら、地中に基礎底面を超えた深度まで挿入され、基礎の下層の地盤を拘束することで、基礎直下の地盤に対する締め固め効果と変形抑制効果、並びに地盤からの水平抵抗が得られる。これらの効果は請求項1では矢板がせき板となって基礎が構築されることで、矢板を基礎に密着するように挿入できることと、基礎底面を超えた深度まで矢板が挿入されることから、特許文献5の方法による効果より大きい。
この結果、基礎に伝達される上部構造からの曲げモーメントに対しては、基礎と、その回りを周回する矢板壁によって拘束された基礎直下の地盤が一体的に挙動し、基礎は地盤からの抵抗モーメントを受けることができるため、曲げモーメントによる不同沈下を軽減する効果が発揮される。
また矢板壁で包囲された領域より下層の軟弱地盤中に地盤改良体が構築されることで、軟弱地盤における圧密沈下が低減されるため、矢板壁で拘束された地盤による不同沈下の軽減効果を併せ、軟弱地盤上に構築された基礎の安定性が確保される。
上部構造からの鉛直荷重は基礎の底面から下層の地盤には図4−(a)に破線で示すようにコーン状に拡大した領域に伝達されていくため、地盤改良体は請求項2に記載のように前記矢板壁で包囲された領域より平面上、広範囲の領域に構築されることが合理的である。請求項2では地盤改良体が矢板壁より広範囲に構築されることで、上部構造からの鉛直荷重が地盤改良体でほぼ完全に支持される形になるため、基礎の不同沈下の軽減効果が向上する。
支持層の深度が例えば20m前後程度である場合には、請求項3に記載のように地盤改良体が支持層に到達しても支持杭を打設する場合より施工に要する経費を抑えることができるため、支持層の深度が20m前後程度以下であるか否か、が地盤改良体の先端を支持層に到達させるか否か、のおおよその目安になる。
そこで、支持層の深度が20m前後程度以下である場合に、請求項3のように地盤改良体の先端を支持層に到達させれば、基礎が軟弱地盤の圧密沈下等の影響を受けることがないため、経費を抑えながらも基礎の不同沈下が確実に防止されることになる。地盤改良体の先端を支持層に到達させない場合には、地盤改良体は表面の摩擦力と先端の抵抗力によって沈下に対する安定性を確保することになる。
請求項1〜3に記載の発明は主に図4−(a)、(b)、図1−(a)、(b)に示すように基礎の底面下に砂質土層が存在し、その砂質土層の下にN値の小さい粘性土層が存在するような地盤に適用され、地盤改良体は基礎の下の砂質土層を飛ばし、深度方向に粘性土層中の一部の区間、または図1〜図3に示すように粘性土層の全区間に構築される。
請求項1〜3のいずれの場合も基礎の構築に伴う施工は基礎の下層の軟弱地盤に対する地盤改良体の構築と、基礎回りへの矢板の挿入で済むため、支持層に到達する支持杭を打設等する場合より経費の節減が図られる。
また請求項1〜3では地盤改良体は基礎の下層の軟弱地盤中に構築されればよく、必ずしも基礎の底面から構築される必要がないため、施工が単純で済み、地盤改良体の構築に要する施工コストを最小に抑えることが可能である。
請求項1〜3のいずれかに記載の矢板併用型直接基礎は請求項4に記載のように、地中に構築すべき構造物の基礎の底面の深度より下層の地中に地盤改良体を構築する工程と、前記基礎を包囲するようにその周方向に隣接させながら、前記基礎の底面を超えた深度まで矢板を挿入する工程と、前記矢板からなる矢板壁で包囲された領域に前記基礎を構築する工程を経て完成する。
請求項1〜3の場合、矢板は地盤改良体の構築後に地中に挿入されるが、地盤改良体の構築時は地表面から施工され、地盤改良体の構築深度に至るまでの区間の地盤は地盤改良機の掘削によって緩められるため、請求項4では矢板の挿入作業と、基礎の構築位置の地盤の掘削、排出作業が容易になる。また請求項4では矢板の挿入前に地盤改良体を先行して構築することで、その施工時に地中に存在する礫や玉石等の地中埋設物を排除することが可能であるため、その後の矢板の挿入作業を円滑に遂行できる利点がある。
請求項5に記載の発明の矢板併用型直接基礎は地中に構築すべき構造物の基礎を包囲するようにその周方向に隣接しながら、地中に前記基礎の底面を超えた深度まで挿入される矢板と、前記矢板からなる矢板壁で包囲された領域を含む領域に、前記基礎の底面の深度から構築される地盤改良体とを備えることを構成要件とする。
請求項5においても矢板が基礎を包囲し、基礎の周方向に隣接しながら、地中に基礎底面を超えた深度まで挿入されることで、基礎直下の地盤に対する地盤の締め固め効果と変形抑制効果、並びに地盤からの水平抵抗が得られる。この場合も矢板を基礎に密着するように挿入できることと、基礎底面を超えた深度まで矢板を挿入することで、特許文献5の方法より効果が大きい。この結果、基礎に伝達される上部構造からの曲げモーメントに対し、基礎と基礎直下の地盤が一体的に挙動し、基礎が地盤から抵抗モーメントを受けることができるため、曲げモーメントによる不同沈下を軽減する効果が発揮される。
また矢板壁で包囲された領域を含む領域に、基礎の底面の深度から軟弱地盤中に地盤改良体が構築されることで、軟弱地盤における圧密沈下が低減されるため、矢板壁で拘束された地盤による不同沈下の軽減効果を併せ、軟弱地盤上に構築された基礎の安定性が確保される。請求項5では基礎が地盤改良体の上に直接載る形になり、地盤改良体に支持されるため、基礎直下の地盤の沈下等の影響を受けにくい利点がある。
特に請求項5において、請求項6に記載のように地盤改良体が矢板壁の内側の領域と外側の領域に構築された場合には、矢板壁の少なくとも基礎以深の区間が地盤改良体中に埋設される形になるため、硬化した地盤改良体と矢板との一体性が得られる。この結果、矢板壁の安定性と剛性が向上するため、矢板壁による地盤の拘束効果が高まり、不同沈下を軽減する効果とそれによる基礎の安定性が向上する。
更に請求項6において、請求項7に記載のように矢板壁の外側の地盤改良体が基礎の底面の深度より上の、例えば地表面の深度まで構築された場合には、矢板壁が深度方向の全長、またはそれに近い区間に亘って地盤改良体中に埋設される形になる結果、矢板壁の安定性と剛性が一層向上するため、矢板壁による地盤の拘束効果が更に高まり、不同沈下を軽減する効果とそれによる基礎の安定性がより向上する。
前記のように支持層の深度が20m前後程度である場合には、請求項8に記載のように地盤改良体が支持層に到達しても支持杭を打設する場合より施工に要する経費を抑えることができるため、請求項5〜7においても、支持層の深度が20m前後程度以下であるか否か、が地盤改良体の先端を支持層に到達させるか否か、の目安になる。
そこで、支持層の深度が20m前後程度以下である場合に、請求項8のように地盤改良体の先端を支持層に到達させれば、基礎が軟弱地盤の影響を受けることがないため、基礎の不同沈下が確実に防止されることになる。地盤改良体の先端を支持層に到達させない場合には、地盤改良体は表面の摩擦力と先端の抵抗力によって沈下に対する安定性を確保することになる。
請求項5〜8に記載の発明は主に図5−(a)、(b)等に示すように基礎の底面の下から、または地表面からN値の小さい粘性土層が存在し、その粘性土層が支持層まで連続するような地盤に適用され、地盤改良体は深度方向に基礎の直下から粘性土層中の一部の区間、または粘性土層の全区間に構築される。
請求項5〜8のいずれかに記載の矢板併用型直接基礎は請求項9に記載のように、地中に構築すべき構造物の基礎の底面の深度以下の地中に地盤改良体を構築する工程と、前記基礎を包囲するようにその周方向に隣接させながら、前記基礎の底面を超えた深度まで矢板を挿入する工程と、前記地盤改良体上の、前記矢板からなる矢板壁で包囲された領域に前記基礎を構築する工程を経て完成する。
請求項5〜8においても矢板は地盤改良体の構築後、硬化前に地盤中、または地盤改良体中に挿入されるが、請求項6、7の場合には矢板の少なくとも先端側の一部の区間が地盤改良体中に挿入されることから、地盤改良体の硬化前に挿入を完了させれば、小さい抵抗で挿入することができるため、挿入作業性がよく、作業効率が高まる利点がある。
請求項6、7を含め、請求項5においても矢板壁の内周側に地盤改良体が構築され、矢板が地盤改良体に接するように挿入される場合には地盤改良体の硬化によって矢板が地盤改良体に一体化するため、矢板の剛性が上がり、矢板壁による基礎直下の地盤の拘束効果が高まる。
請求項5〜8の場合も、矢板は地盤改良体の構築後に地中に挿入されるが、地盤改良体の構築は地表面から施工され、地盤改良体の構築深度に至るまでの区間の地盤は地盤改良機の掘削によって緩められるため、請求項9では矢板の挿入作業と、基礎の構築位置の地盤の掘削、排出作業が容易になる。また請求項9では矢板の挿入前に地盤改良体を先行して構築することで、地中に存在する礫や玉石等の地中埋設物を排除することが可能であるため、その後の矢板の挿入作業を円滑に遂行できる利点がある。
上記の通り、構築すべき基礎を包囲しながら、地中に基礎底面を超えた深度まで矢板を挿入し、基礎直下の地盤に対する締め固め効果と変形抑制効果、並びに地盤からの水平抵抗を得ることで、基礎に伝達される上部構造からの曲げモーメントに対し、基礎と矢板壁によって拘束された基礎直下の地盤を一体的に挙動させ、基礎が地盤からの抵抗モーメントを受けることができるため、曲げモーメントによる不同沈下を軽減することができる。
また矢板壁で包囲された領域より下層の軟弱地盤中に地盤改良体が構築される、または矢板壁で包囲された領域を含む領域に、基礎の底面の深度から軟弱地盤中に地盤改良体が構築されることで、軟弱地盤における圧密沈下が低減されるため、矢板壁で拘束された地盤による不同沈下の軽減効果を併せ、軟弱地盤上に構築された基礎の安定性を確保することができる。
以下、図面を用いて本発明を実施するための最良の形態を説明する。
請求項1に記載の発明は図1〜図4に示すように地中に構築されるフーチング等、構造物の基礎2を包囲するようにその周方向に隣接しながら、地中に基礎2の底面を超えた深度まで挿入される矢板4と、矢板4からなる矢板壁5で包囲された領域より下層の地中に構築される地盤改良体6とを備える矢板併用型直接基礎(以下、直接基礎と言う)1である。
基礎2は主に鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造等で構築され、その上の橋脚や建物等の上部構造3は主に鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の他、鋼管コンクリート造、鉄骨造等で構築される。矢板4には圧入作業性の面から鋼矢板の使用が適切であるが、地盤条件によってはコンクリート矢板、鋼管矢板も使用される。基礎2は図1等に示すように基礎2上に構築され、埋め戻し土中に埋設される等、地表面以深に位置する上部構造3の脚部を含むこともある。
矢板4は矢板壁5で包囲された地盤の締め固め効果や地盤からの水平抵抗、及び基礎2と直下の地盤との一体化の効果を有効に発揮させるために、地表面から基礎2の底面を超えた深度、例えば基礎2底面の深度の2倍前後程度以上の深度まで挿入される。矢板4は山留め壁を兼ねることから、頂部は地表面、またはその付近に位置する。具体的な数値は図1−(a)の具体例を示す図4−(a)に記載されている。
地盤改良体6は例えば後述のように先端に掘削攪拌翼7を有するロッド8を回転させながら、ロッド8の先端へ固化材液を供給し、掘削土と固化材液を攪拌・混合する深層混合処理工法等により構築されるが、構築される深度が浅く、平面上、広範囲に連続的に構築される場合にはバックホウ等の地上の掘削機を使用することも可能であり、特に構築方法は問われない。掘削土と固化材液を攪拌は機械攪拌方式の他、高圧噴射方式によって行われ、掘削土は固化材液と攪拌・混合されることなく、完全に置換されることもある。
図1〜図3の場合、地盤改良体6は基礎2の底面から距離を隔てた下層の地中に構築されることに伴い、基礎2の底面からの上部構造3の鉛直荷重は下層側へは次第に拡大した領域に伝達されることから、上部構造3の荷重を漏れなく地盤改良体6に伝達する上では、図4に示すように矢板壁5で包囲された領域より平面上、広範囲の領域に地盤改良体6を構築することが適切である。
直接基礎1の施工は前記基礎2の底面の深度より下層の地中に地盤改良体6を構築した後、基礎2の周囲の地中に基礎2の底面を超えた深度まで矢板4を挿入し、基礎2の周方向に周回する矢板4から山留め壁となる矢板壁5を構成し、その矢板壁5で包囲された領域の地盤を掘削・排出し、矢板4へのアンカー筋の接合、基礎2部分における鉄筋等の配筋、矢板壁5内部へのコンクリートの打設により基礎2を構築する、という要領で行われ、引き続き、基礎2上に上部構造3が構築される。基礎2の施工は矢板壁5を山留め壁として行われるため、基礎2の完成により矢板4は基礎2に密着することになる。
地盤改良体6が上記の深層混合処理工法によって構築される場合には地盤改良体6の構築開始深度から固化材液を吐出することになるが、その深度に至るまでは地表面から掘削攪拌翼7によって地盤が空掘りされ、土の抵抗が低減されているため、その後の矢板4の挿入作業と、基礎2の構築位置の地盤の掘削、及び排出作業が容易に行われる。図6以降の例においても同様である。
図1は基礎2の下層の地盤中の、基礎2の底面より広範囲の領域の全面、またはほぼ全面に地盤改良体6を構築した場合を示す。(a)は基礎2及び矢板4と地盤改良体6の関係を、(b)は深度に対応したN値の変化の様子を示す。ここに示すように地盤改良体6はN値が相対的に小さい(地盤強度が小さい)深度の範囲に集中的に構築されるが、そのN値が小さい範囲の一部の区間に、またはその範囲を挟んだ区間に亘って構築されることもある。(c)、(d)は(a)のA−A線の断面を示す。(c)は前記領域の全面に隙間なく地盤改良体6を構築した場合、(d)は円柱状の地盤改良体6を互いに接触、または重複させながら構築した場合である。
図2は基礎2の底面より広範囲の領域のほぼ全面に地盤改良体6を構築した場合を示す。(a)は基礎2及び矢板4と地盤改良体6の関係を、(b)は深度に対応したN値の変化の様子を示す。(c)は(a)のB−B線の断面を示す。ここでは前記領域の周辺部分を含めて格子状に、円柱状の地盤改良体6を互いに接触、または重複させながら構築している。
図3は基礎2の底面より広範囲の領域の周辺部分に地盤改良体6を構築した場合を示す。(a)は基礎2及び矢板4と地盤改良体6の関係を、(b)は深度に対応したN値の変化の様子を示す。(c)〜(e)は(a)のC−C線の断面を示す。(c)は前記領域の周辺部分に、周方向に連続的に地盤改良体6を構築した場合、(d)は前記周辺部分の隅角部にのみ円柱状の地盤改良体6を構築した場合、(e)は周方向に沿って円柱状の地盤改良体6を互いに接触、または重複させながら構築した場合である。
図1〜図3は地盤改良体6の下端が支持層に接している場合の例を示しているが、支持層の深度が例えば20mを超えるような場合には地盤改良体6が支持層に接しない状態で構築されることもある。その場合、地盤改良体6は沈下に対し、表面の摩擦力と先端の抵抗力によって抵抗する。
図4−(a)は図1−(a)の具体例として基礎2上に連続して上部構造3である橋脚を構築し、その上に橋桁を構築、または架設した場合を示している。(b)は柱状図とN値の関係を示す。ここでは地表面から地下18m程度の深度まで砂質土が存在し、その下に24m程度の深度まで粘性土が存在する地盤において、基礎2の底面の深度が5m、基礎2の幅が5mの場合に、10mの深度まで矢板4を挿入し、地下15m程度から24m程度までの範囲の区間に、基礎2底面の幅より広い、12m程度の幅に亘って円柱状の地盤改良体6を互いに接触させながら構築している。支持層は地下40mを超えた深度に存在している。
図4−(a)に示す直接基礎1の施工手順例を図5−(a)〜(d)に示す。図5の場合、(a)に示すようにロッド8の先端に掘削攪拌翼7を有する地盤改良機を用いて地表面から地盤を掘削し、地盤改良体6の構築開始深度から地中に固化材液を吐出しながら掘削土と攪拌・混合し、地盤改良体6の構築終了深度まで到達したところで、固化材液の吐出を停止し、ロッド8を引き上げる、という作業を繰り返すことにより地盤改良体6が構築される。
続いて(b)に示すように地表面から矢板4を挿入し、腹起しと切梁等の支保工9により矢板4の安定性を確保しながら矢板壁5を形成する一方、(c)に示すように矢板壁5内部の掘削土が排出される。(a)の地盤改良体6の構築時点で、地盤改良体6上の地盤は掘削攪拌翼7によって一旦、掘削され、緩められているため、ここでは改めて掘削を行う必要はない。
その後、矢板壁5の内周面に基礎2との一体性を確保するための孔あき鋼板10等の鋼材やアンカー筋等を接合すると共に、根切り底に捨てコンクリート11を打設して基礎2の鉄筋を配筋し、矢板壁5の内部にコンクリートを打設することにより基礎2が構築される。更に(d)に示すように基礎2に連続して上部構造3を構築し、矢板壁5内の基礎2上に掘削土を埋め戻して直接基礎1の施工が終了する。
請求項5に記載の発明は図6〜図9に示すように地中に構築される構造物の基礎2を包囲するようにその周方向に隣接しながら、地中に基礎2の底面を超えた深度まで挿入される矢板4と、矢板4からなる矢板壁5で包囲された領域を含む領域に、基礎2の底面の深度から構築される地盤改良体6とを備える直接基礎1である。基礎2と上部構造3の構造、矢板4の種類、挿入深度、地盤改良体6の構築方法、並びに直接基礎1の施工手順等は請求項1の場合と同様である。
図6は矢板壁5で包囲された領域内の矢板壁5寄りの部分に地盤改良体6を構築した場合を示す。(a)は基礎2及び矢板4と地盤改良体6の関係を、(b)は深度に対応したN値の変化の様子を示す。(c)〜(e)は(a)のD−D線の断面を示す。(c)は矢板壁5で包囲された領域の隅角部に円柱状の地盤改良体6を構築した場合、(d)は前記領域の縁に沿って連続的に地盤改良体6を構築した場合、(e)は前記領域の縁に沿い、円柱状の地盤改良体6を互いに接触、または重複させながら構築した場合を示す。
図7は矢板壁5で包囲された領域の中心部分に地盤改良体6を構築した場合を示す。(c)は(a)のE−E線の断面を示す。ここでは前記領域の中心部分に、径の大きめの、1本の円柱状の地盤改良体6を構築しているが、小径の円柱状の地盤改良体6を多数集合させることもある。
図8は矢板壁5で包囲された領域の隅角部と中心部分に地盤改良体6を構築した場合を示す。(c)〜(e)は(a)のF−F線の断面を示す。(c)は矢板壁5で包囲された領域の隅角部と中心部に円柱状の地盤改良体6を構築した場合、(d)は隅角部と中心部を含む部分に連続的に地盤改良体6を構築した場合、(e)は(d)と同じく隅角部と中心部を含む部分に円柱状の地盤改良体6を互いに接触、または重複させながら構築した場合を示す。
図9は矢板壁5の内側の領域に加え、外側の領域にも地盤改良体6を構築した場合、特に外側の地盤改良体6を基礎2の底面の深度より上の深度、例えば地表面まで構築した場合を示す。(c)〜(e)は(a)のG−G線の断面を示す。(c)は矢板壁5を挟んだ内側と外側の領域に連続的に地盤改良体6を構築した場合、(d)は矢板壁5の隅角部に円柱状の地盤改良体6を構築した場合、(e)は矢板壁5を挟んだ内側と外側の領域に円柱状の地盤改良体6を互いに接触、または重複させながら構築した場合を示す。
図9では矢板壁5の外側の領域の地盤改良体6を地表面まで構築することで、矢板壁5が深度方向の全長に亘って地盤改良体6中に埋設される形になるため、矢板壁5の安定性と剛性が高まる利点がある。
以上の図6〜図9の例では地盤改良体6の先端が支持層に到達している場合を示しているが、支持層の深度が大きく、例えば20mを超えるような場合には図10〜図13に示すように地盤改良体6の先端を支持層に到達させず、地盤改良体6の表面の摩擦力と先端の抵抗力によって上部構造3の荷重に抵抗させることもできる。図10〜図13はそれぞれ図6〜図9に対応している。
(a)は基礎の下層の地盤中の、基礎底面より広範囲の領域に地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフ、(c)、(d)は(a)のA−A線の断面図である。 (a)は基礎の下層の地盤中の、基礎底面より広範囲の領域に他の地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフ、(c)は(a)のB−B線の断面図である。 (a)は基礎の下層の地盤中の、基礎底面より広範囲の領域に他の地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフ、(c)〜(e)は(a)のC−C線の断面図である。 (a)は基礎上に連続して橋脚を構築し、その上に橋桁を架設した様子を示した縦断面図、(b)は柱状図とN値の関係を示したグラフである。 (a)〜(d)は図4−(a)に示す直接基礎の施工手順を示した縦断面図である。 (a)は矢板壁で包囲された領域の矢板壁寄りの部分に地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフ、(c)〜(e)は(a)のD−D線の断面図である。 (a)は矢板壁で包囲された領域の中心部分に地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフ、(c)は(a)のE−E線の断面図である。 (a)は矢板壁で包囲された領域の矢板壁寄りの部分と中心部分に地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフ、(c)〜(e)は(a)のF−F線の断面図である。 (a)は矢板壁の内側の領域と外側の領域に地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフ、(c)〜(e)は(a)のG−G線の断面図である。 (a)は矢板壁で包囲された領域の矢板壁寄りの部分に支持層に到達しない地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフである。 (a)は矢板壁で包囲された領域の中心部分に支持層に到達しない地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフである。 (a)は矢板壁で包囲された領域の中心部分と矢板壁寄りの部分に支持層に到達しない地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフである。 (a)は矢板壁の内側の領域と外側の領域に支持層に到達しない地盤改良体を構築した場合を示した縦断面図、(b)は深度とN値の関係を示したグラフである。
符号の説明
1………矢板併用型直接基礎
2………基礎
3………上部構造
4………矢板
5………矢板壁
6………地盤改良体
7………掘削攪拌翼
8………ロッド
9………支保工
10……孔あき鋼板
11……捨てコンクリート

Claims (9)

  1. 地中に構築すべき構造物の基礎を包囲するようにその周方向に隣接しながら、地中に前記基礎の底面を超えた深度まで挿入される矢板と、前記矢板からなる矢板壁で包囲された領域より下層の地中に構築される地盤改良体とを備えることを特徴とする矢板併用型直接基礎。
  2. 前記地盤改良体は前記矢板壁で包囲された領域より平面上、広範囲の領域に構築されることを特徴とする請求項1に記載の矢板併用型直接基礎。
  3. 前記地盤改良体は支持層に到達していることを特徴とする請求項1、もしくは請求項2に記載の矢板併用型直接基礎。
  4. 請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の矢板併用型直接基礎の施工方法であり、地中に構築すべき構造物の基礎の底面の深度より下層の地中に地盤改良体を構築する工程と、前記基礎を包囲するようにその周方向に隣接させながら、前記基礎の底面を超えた深度まで矢板を挿入する工程と、前記矢板からなる矢板壁で包囲された領域に前記基礎を構築する工程とを含むことを特徴とする矢板併用型直接基礎の施工方法。
  5. 地中に構築すべき構造物の基礎を包囲するようにその周方向に隣接しながら、地中に前記基礎の底面を超えた深度まで挿入される矢板と、前記矢板からなる矢板壁で包囲された領域を含む領域に、前記基礎の底面の深度から構築される地盤改良体とを備えることを特徴とする矢板併用型直接基礎。
  6. 前記地盤改良体は前記矢板壁の内側の領域と外側の領域に構築されていることを特徴とする請求項5に記載の矢板併用型直接基礎。
  7. 前記矢板壁の外側の地盤改良体は前記基礎の底面の深度より上の深度まで構築されていることを特徴とする請求項6に記載の矢板併用型直接基礎。
  8. 前記地盤改良体は支持層に到達していることを特徴とする請求項5乃至請求項7のいずれかに記載の矢板併用型直接基礎。
  9. 請求項5乃至請求項8のいずれかに記載の矢板併用型直接基礎の施工方法であり、地中に構築すべき構造物の基礎の底面の深度以下の地中に地盤改良体を構築する工程と、前記基礎を包囲するようにその周方向に隣接させながら、前記基礎の底面を超えた深度まで矢板を挿入する工程と、前記地盤改良体上の、前記矢板からなる矢板壁で包囲された領域に前記基礎を構築する工程とを含むことを特徴とする矢板併用型直接基礎の施工方法。

JP2005238100A 2005-08-19 2005-08-19 矢板併用型直接基礎及びその施工方法 Expired - Fee Related JP5032012B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005238100A JP5032012B2 (ja) 2005-08-19 2005-08-19 矢板併用型直接基礎及びその施工方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005238100A JP5032012B2 (ja) 2005-08-19 2005-08-19 矢板併用型直接基礎及びその施工方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007051486A true JP2007051486A (ja) 2007-03-01
JP5032012B2 JP5032012B2 (ja) 2012-09-26

Family

ID=37916101

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005238100A Expired - Fee Related JP5032012B2 (ja) 2005-08-19 2005-08-19 矢板併用型直接基礎及びその施工方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5032012B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008032828A1 (fr) 2006-09-15 2008-03-20 Panasonic Corporation Dispositif de codage audio et procédé de codage audio
KR100862428B1 (ko) * 2007-07-12 2008-10-08 현대자동차주식회사 캠버각 조정을 통한 구배로에서의 차량 쏠림 방지 장치
JP2009062774A (ja) * 2007-09-07 2009-03-26 Nippon Steel Corp 鋼矢板および鋼矢板壁体ならびに鋼矢板壁体の構築方法
JP2011163082A (ja) * 2010-02-15 2011-08-25 Takenaka Komuten Co Ltd 地盤改良体を用いた基礎構造
JP2012031678A (ja) * 2010-08-02 2012-02-16 Railway Technical Research Institute 構造物用基礎およびその構築方法
CN102767173A (zh) * 2012-07-09 2012-11-07 河海大学 一种高聚物材料浆固散体材料桩复合地基及其施工方法
JP2018197463A (ja) * 2017-05-24 2018-12-13 清水建設株式会社 共下がり防止構造及びケーソンの沈下方法

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH093876A (ja) * 1995-06-26 1997-01-07 Nippon Steel Corp ソイルセメント地中連続壁及びその鋼製建材
JPH09125361A (ja) * 1994-03-29 1997-05-13 Minami Kiso Kogyo Kk 建築物の基礎地盤改良工法
JPH11256563A (ja) * 1998-03-10 1999-09-21 Takenaka Komuten Co Ltd 軟弱地盤における地盤改良基礎工法
JP2005023671A (ja) * 2003-07-03 2005-01-27 Shimizu Corp 構造物の沈下低減構造
JP2005023670A (ja) * 2003-07-03 2005-01-27 Shimizu Corp 構造物の基礎構造
JP2005213904A (ja) * 2004-01-30 2005-08-11 Railway Technical Res Inst 支持力増加方法、シートパイル基礎の施工方法、シートパイル基礎、橋梁

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09125361A (ja) * 1994-03-29 1997-05-13 Minami Kiso Kogyo Kk 建築物の基礎地盤改良工法
JPH093876A (ja) * 1995-06-26 1997-01-07 Nippon Steel Corp ソイルセメント地中連続壁及びその鋼製建材
JPH11256563A (ja) * 1998-03-10 1999-09-21 Takenaka Komuten Co Ltd 軟弱地盤における地盤改良基礎工法
JP2005023671A (ja) * 2003-07-03 2005-01-27 Shimizu Corp 構造物の沈下低減構造
JP2005023670A (ja) * 2003-07-03 2005-01-27 Shimizu Corp 構造物の基礎構造
JP2005213904A (ja) * 2004-01-30 2005-08-11 Railway Technical Res Inst 支持力増加方法、シートパイル基礎の施工方法、シートパイル基礎、橋梁

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008032828A1 (fr) 2006-09-15 2008-03-20 Panasonic Corporation Dispositif de codage audio et procédé de codage audio
KR100862428B1 (ko) * 2007-07-12 2008-10-08 현대자동차주식회사 캠버각 조정을 통한 구배로에서의 차량 쏠림 방지 장치
JP2009062774A (ja) * 2007-09-07 2009-03-26 Nippon Steel Corp 鋼矢板および鋼矢板壁体ならびに鋼矢板壁体の構築方法
JP2011163082A (ja) * 2010-02-15 2011-08-25 Takenaka Komuten Co Ltd 地盤改良体を用いた基礎構造
JP2012031678A (ja) * 2010-08-02 2012-02-16 Railway Technical Research Institute 構造物用基礎およびその構築方法
CN102767173A (zh) * 2012-07-09 2012-11-07 河海大学 一种高聚物材料浆固散体材料桩复合地基及其施工方法
JP2018197463A (ja) * 2017-05-24 2018-12-13 清水建設株式会社 共下がり防止構造及びケーソンの沈下方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP5032012B2 (ja) 2012-09-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5032012B2 (ja) 矢板併用型直接基礎及びその施工方法
JP4794390B2 (ja) 杭基礎補強構造および補強方法
JP4281567B2 (ja) 既設橋脚基礎の補強構造および既設橋脚基礎の補強方法
JP2005180079A (ja) 構造物の耐震補強構造
JP4391292B2 (ja) 水上構造物の補強構造
JP2010090532A (ja) 山留め壁頭部の拘束工法
JP3899094B2 (ja) 鋼管杭圧入による既存構造物の基礎補強工法
JP5296585B2 (ja) ソイルセメント改良体の接合構造、及びパイルド・ラフト基礎
JP2009035927A (ja) 既存構造物基礎の補強工法および補強構造
JP2006077447A (ja) 構造物の基礎構造
JP2003119775A (ja) 基礎杭構造
JP3515567B1 (ja) 構造物の耐震補強構造
JP2007277830A (ja) 芯材、地中連続壁、ソイルセメント壁、地中連続壁杭、ソイルセメント壁杭、場所打ちコンクリート杭、地中構造物、建物の基礎構造
JP2020159006A (ja) 擁壁及びその施工方法
JP5071852B2 (ja) 構造物の沈下抑制構造
JP2008240356A (ja) 杭基礎の補強構造及び杭基礎の補強方法
JP2007032065A (ja) 杭基礎補強構造
JP6340248B2 (ja) 山留め壁、山留め壁の構築方法
JP2005248428A (ja) 構造物の基礎構造
JP3832845B2 (ja) 鋼矢板併用式直接基礎、及び鋼矢板併用式直接基礎の施工方法
KR102223856B1 (ko) 폐기물 매립장 기초 구조 및 이의 시공 방법
JP2020051064A (ja) 地盤改良複合杭基礎、地盤改良複合杭併用独立フーチング基礎、及び、地盤改良複合杭併用独立フーチング基礎の設計方法
JP4344733B2 (ja) 既設杭基礎構造物の耐震補強構造
JP4607485B2 (ja) 拡径ケーソン基礎構造および既設ケーソン基礎の耐震補強構造
JPH1088586A (ja) 地盤改良複合基礎の構築方法及びその基礎

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071112

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100405

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101124

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110124

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110906

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111107

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120619

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120628

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150706

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees