JP2007019607A - Radio communication method, base apparatus and terminal - Google Patents

Radio communication method, base apparatus and terminal Download PDF

Info

Publication number
JP2007019607A
JP2007019607A JP2005196229A JP2005196229A JP2007019607A JP 2007019607 A JP2007019607 A JP 2007019607A JP 2005196229 A JP2005196229 A JP 2005196229A JP 2005196229 A JP2005196229 A JP 2005196229A JP 2007019607 A JP2007019607 A JP 2007019607A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
terminal
base
timer
base unit
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005196229A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Natsuko Yamada
奈津子 山田
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • Y02D70/14Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/40According to the transmission technology
    • Y02D70/44Radio transmission systems, i.e. using radiation field
    • Y02D70/448Radio transmission systems, i.e. using radiation field for communication between two or more posts
    • Y02D70/449Radio transmission systems, i.e. using radiation field for communication between two or more posts at least one of which is mobile

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce a packet loss caused by a packet delay or a packet overflow and to prevent deterioration in throughput in a radio communication method corresponding to power saving in a radio LAN system. <P>SOLUTION: When a timer times out, a terminal 200 working in a power saving mode (PS) shifts to an active mode, and notifies a base apparatus 100 that it has shifted to the active mode by null frames NF 10, NF 20 and so on. Upon receiving the notification, the base apparatus 100 transmits a packet buffered in a queue for data transmission to the terminal 200. When the queue for data transmission becomes empty, the base apparatus 100 notifies the terminal 200 about that by control frames P11, P21 and so on. Upon receiving the notification, the terminal 200 notifies the base apparatus 100 that the terminal 200 shifts to the power saving mode by the null frames NF11, NF21 and so on, and after that, it shifts to the power saving mode. <P>COPYRIGHT: (C)2007,JPO&INPIT

Description

この発明は、ベース装置および端末からなる無線LANシステムにおける無線通信方法、および無線LANシステムを構成するベース装置および端末に関する。 This invention relates to a radio communication method in a wireless LAN system comprising a base unit and a terminal, and a base unit and a terminal constituting the wireless LAN system.

無線LANシステムとして、テレビ放送を受信し、インターネットに接続するなど、IEEE802.11規格で言うアクセスポイントとして機能するベース装置と、このベース装置との間の無線通信によって、ベース装置からテレビの映像音声データやインターネット上の情報データを受信して、ディスプレイ上に映像や情報を表示するなど、IEEE802.11規格で言うステーションとして機能する端末とからなるシステムが考えられている。 As a wireless LAN system, receives a television broadcast, such as connecting to the Internet, and a base unit that serves as an access point referred to IEEE802.11 standards, the wireless communication between the base unit, the TV video and audio from the base unit receiving data and information data on the Internet, such as displaying an image and information on the display, the system comprising a terminal that functions as a station referred to IEEE802.11 standards are considered.

このようなIEEE802.11規格の無線LANシステムの省電力化機構として、パワーマネージメント機能があり、端末(ステーション)の動作モードとして、アクティブモードとパワーセーブモードが規定されている。 As power saving mechanisms such IEEE802.11 standard of the wireless LAN system, there is a power management functions, as an operation mode of the terminal (station), and an active mode and a power saving mode is defined.

また、端末のパワー状態としては、送受信部(無線LAN通信部)に完全に電力が供給されるアウェイク(awake)状態と、必要最少限の電力で動作し、フレームの送受信ができないドーズ(doze)状態とが、定義されている。 Further, as the power state of the terminal, transmitting and receiving unit and awake (awake) state completely power (wireless LAN communication unit) is supplied, operates at a power of minimum required, not be able to send or receive frames dose (doze) state and have been defined.

アクティブモードの端末は、常にアウェイク状態であり、常にフレームの送受信が可能であるが、パワーセーブモードでは、アウェイク状態とドーズ状態を規則的に遷移し、パワーセーブモードで動作している端末がフレームの送受信を行えるのは、アウェイク状態のときのみである。 Terminal in the active mode is always awake state, always can transmit and receive frames, the power save mode, a transition to the awake state and the doze state regularly, terminal frame operating in a power save mode it is to perform the transmission and reception of, only when awake.

パワーセーブモードで動作する端末は、ベース装置から送信されるビーコンのタイミングに合わせて、ドーズ状態からアウェイク状態に移行して受信動作を行う。 Terminal operating in the power save mode, in accordance with the timing of a beacon transmitted from the base apparatus, performs the reception operation shifts from the doze state to the awake state. また、端末は、パワーセーブモードとアクティブモードの間の動作モード遷移時には、ベース装置に動作モードの変更を通知する。 The terminal, in operation mode transition during the power save mode and an active mode, and notifies the change of the operation mode to the base unit.

パワーセーブモードで動作する端末は、フレーム制御フィールドによって、その動作をベース装置に通知し、ベース装置は、パワーセーブモードで動作する端末宛のパケットをベース装置内のメモリにバッファリングし、ビーコン内のトラフィック表示マップ(TIM:Traffic Indication Map)によって、パケットがバッファリングされていることを端末に通知する。 Terminal operating in the power save mode, the frame control field, and notifies the operation to the base unit, the base unit, the packet addressed to the terminal operating in the power save mode is buffered in the memory in the base unit, the beacon traffic indication map: by (TIM traffic Indication map), the packet is notified that it is buffered in the terminal. これに対して、端末がアクティブモードで動作する場合には、パケットはバッファリングされない。 On the contrary, when the terminal is operating in the active mode, the packet is not buffered.

パワーセーブモードで動作している端末は、規則的にドーズ状態からアウェイク状態に移行し、ベース装置から送信されたビーコンを受信する。 Terminals operating in the power save mode, regularly shifted from the doze state to the awake state to receive the beacon transmitted from the base apparatus. 端末宛のパケットが、ベース装置に到着し、ベース装置で発生すると、端末宛のデータがあることが、次のビーコンによって端末に通知される。 Packet addressed to the terminal arrives at the base unit, to occur in the base unit, that there is data addressed to the terminal is notified to the terminal by the next beacon. 端末は、ビーコンを受信し、自宛のパケットがベース装置にバッファリングされていることを認識すると、ベース装置にPS−Poll(制御パケット)を送信する。 The terminal receives a beacon packet addressed to itself is recognizes that it is buffered in the base unit, transmits a PS-Poll (control packets) to the base unit. ベース装置は、これに応答して、バッファリングされているパケットを送信し、端末は、そのパケットを受信する。 Base unit, in response thereto, transmits the packets are buffered, the terminal receives the packet.

端末が受信するパケットには、自宛のパケットがベース装置に残っているか否かを示す情報が含まれ、端末は、自宛のパケットがベース装置に残っている場合には、再びベース装置にPS−Pollを送信し、パケットを受信する。 The packet terminal receives a packet addressed to itself will contain information indicating whether or not there remains on the base unit, the terminal, when a packet addressed to itself is still in the base unit, again based device transmit PS-Poll, it receives a packet. これを、自宛のパケットがベース装置に残っていないことが確認されるまで繰り返し、自宛のパケットがベース装置に残っていないことを確認したら、端末は、アウェイク状態からドーズ状態に移行する。 This is repeated until the packet addressed to itself is not left on the base unit is confirmed, After confirming that the packet addressed to itself is not left on the base unit, the terminal transitions from the awake state to the doze state.

以上のような省電力化対応の無線通信方法は、特許文献1(特開2004−128949号公報)や特許文献2(特開2004−187002号公報)などにも示されているが、さらに図11に示す。 More power saving corresponding wireless communication method, such as is also shown in Patent Document 1 (JP 2004-128949 JP) and Patent Document 2 (JP 2004-187002), further drawing It is shown in 11.

図11の下段に示すように、端末の動作モードは、パワーセーブモードであり、パワー状態は、ドーズ状態とアウェイク状態との間で遷移する。 As shown in the lower part of FIG. 11, the operation mode of the terminal is in power save mode, the power state transitions between a doze state and an awake state. ベース装置でのビーコン送信間隔は一定である。 Beacon transmission interval in the base device is constant.

図11は、データ発生間隔がほぼ一定であり、ビーコンB1の送信時にはベース装置に端末宛のパケットがバッファリングされていないとともに、ビーコンB1の送信後の時点t11でデータD1が発生し、次のビーコンB2の送信前の時点t21でデータD2が発生し、ビーコンB2の送信時から次のビーコンB3の送信時までの間の時点t31でデータD3が発生し、ビーコンB3の送信後の時点t41でデータD4が発生する場合である。 11, the data generation interval is substantially constant, along with the packet addressed to the terminal is not buffered in the base unit at the time of transmission of the beacon B1, data D1 is generated at the time t11 after the transmission of the beacon B1, the following data D2 is generated at the time t21 before transmission of the beacon B2, data D3 is generated at the time t31 between the time of transmission of the beacon B2 until the transmission of the next beacon B3, at t41 after the transmission of a beacon B3 it is a case where data D4 is generated.

各ビーコンでは、ベース装置に端末宛のパケットがバッファリングされているか否かが通知される。 Each beacon packet destined for the terminal to the base unit is notified whether or not buffered.

ドーズ状態にある端末は、ベース装置からビーコンB1が送信される直前の時点ta1でアウェイク状態に移行して、ビーコンB1を受信し、ビーコンB1により自宛のパケットがベース装置にバッファリングされていないことを確認すると、再びドーズ状態に移行する。 Terminal in the doze state, the process moves to the awake state when ta1 just before the beacon B1 is transmitted from the base apparatus receives the beacon B1, packets addressed to itself has not been buffered in the base unit by beacons B1 When it is confirmed that, to shift back to the doze state.

その後の、データD1およびD2が発生した時点t11およびt21では、端末はドーズ状態にあるので、ベース装置は、すぐにはデータD1およびD2を端末に送信することができず、データD1およびD2は一旦、ベース装置にバッファリングされる。 Thereafter, at the time point t11 ​​and t21 data D1 and D2 occurs, the terminal is in the doze state, the base unit can not send the data D1 and D2 to the terminal immediately, the data D1 and D2 once it is buffered in the base unit.

端末は、次のビーコンB2が送信される直前の時点ta2でアウェイク状態に移行し、ビーコンB2を受信する。 Terminal transitions to the awake state when ta2 immediately before the next beacon B2 is transmitted, receives a beacon B2. このビーコンB2では、端末宛のパケットがあることが通知され、端末は、そのことを確認すると、ベース装置にPS−Pollを送信する。 In the beacon B2, it is notified that there is a packet addressed to the terminal, the terminal confirms that its transmits the PS-Poll based device.

これによって、ベース装置にバッファリングされているパケットPcが、ベース装置から端末に送信され、端末で受信される。 Thus, the packet Pc which is buffered in the base device is transmitted from the base apparatus to the terminal, it is received by the terminal. 端末は、ベース装置にバッファリングされているパケットがなくなるまで、ベース装置にPS−Pollを送信し、パケットPcを受信する動作を繰り返す。 Terminal until no packets are buffered in the base unit, transmits a PS-Poll to the base unit repeats the operations of receiving a packet Pc.

端末は、ベース装置から送信される全てのビーコンを受信しなくてもよく、ビーコン受信間隔は、任意に決定することができる。 The terminal may not receive all of the beacons transmitted from the base apparatus, the beacon receiving interval can be determined arbitrarily. ビーコン受信間隔を長くすることによって、より省電力化を図ることができる。 By lengthening the beacon receiving interval, it is possible to achieve a more power saving.

上に挙げた先行技術文献は、以下の通りである。 Prior art documents cited above are as follows.
特開2004−128949号公報 JP 2004-128949 JP 特開2004−187002号公報 JP 2004-187002 JP

しかしながら、上述した従来の無線通信方法では、パワーセーブモードで動作している端末が、ビーコン送信タイミングに同期してデータを受信するため、ベース装置で発生したデータが、すぐには端末に送信されず、次のビーコン周期までベース装置にバッファリングされるので、パケット遅延やバッファ溢れによるパケットロスを生じる可能性がある。 However, in the conventional wireless communication method described above, terminals operating in the power saving mode, for receiving the data in synchronization beacon transmission timing, the data generated by the base device, immediately sent to the terminal not because it is buffered in the base unit until the next beacon period, which may cause packet loss due to overflow packet delay and buffer. また、パケットの受信もポーリングによって行われるため、スループットが低下し、さらなるパケット遅延やバッファ溢れを引き起こす可能性がある。 Further, since the reception of the packet is also performed by the polling, the throughput is reduced, which may cause overflow additional packet delay and buffer.

特に、動画データや音声データなどをリアルタイム伝送する場合、端末がパワーセーブモードで動作すると、パケット遅延やバッファ溢れによるパケットロスが多くなり、データの再現性に問題を生じることがある。 In particular, when the real-time transmission such as video data and audio data, when the terminal is operating in a power save mode, the more is packet loss due to overflow packet delay and buffer, which may cause problems in the reproducibility of the data.

そこで、この発明は、省電力化対応の無線通信方法として、パケット遅延やバッファ溢れによるパケットロスを低減することができ、スループットの低下も防止することができるようにしたものである。 Accordingly, the present invention is a wireless communication method of the corresponding power saving, it is possible to reduce a packet loss due to overflow packet delay and buffer are those which make it possible also to prevent reduction in throughput.

この発明の無線通信方法は、 The wireless communication method of the present invention,
ベース装置と端末との間の無線通信方法であって、 A wireless communication method between the base apparatus and the terminal,
パワーセーブモードで動作している端末が、タイマーに同期してアクティブモードに移行するステップと、 A step of terminals operating in the power saving mode, the process proceeds to the active mode in synchronism with the timer,
アクティブモードに移行した端末が、そのことをベース装置に通知するステップと、 Migrated terminal active mode, and notifying the base unit that the,
その通知を受けてベース装置が、自装置にバッファリングされている端末宛のフレームを端末に送信し、端末が、その送信されたフレームを受信するステップと、 A step in which the base apparatus receives the notification, and transmits a frame addressed to the terminal which is buffered in the terminal to the own device, the terminal receives the transmitted frames,
ベース装置にバッファリングされている端末宛のフレームがなくなったとき、ベース装置が、そのことを端末に通知するステップと、 When the frame addressed to the terminal that has been buffered runs out base unit, the base unit comprises a step of notifying the fact to the terminal,
その通知を受けて端末が、パワーセーブモードに移行することをベース装置に通知するステップと、 A step of the terminal receiving the notification, notifies the base device to transition to the power saving mode,
その通知後に端末が、パワーセーブモードに移行するステップと、 And a step in which the terminal to the notification later, to shift to the power save mode,
を備えることを特徴とする。 Characterized in that it comprises a.

上記の構成の、この発明の無線通信方法では、端末は、常にパワーセーブモードで動作していて、ビーコン送信タイミングに同期してドーズ状態からアウェイク状態に移行してデータを受信するのではなく、タイマーに同期してパワーセーブモードからアクティブモードに切り替わってデータを受信するので、ベース装置でのデータ生起間隔に同期して、ビーコン周期より短い間隔でデータを受信することが可能となる。 The above arrangement, the wireless communication method of the present invention, the terminal always operating in a power save mode, rather than receiving data shifts in synchronization with the beacon transmission timing from the doze state to the awake state, since in synchronism with the timer receives data switched from the power save mode to the active mode, in synchronization with the data occurrence interval at the base unit, it is possible to receive data more frequently than beacon period.

したがって、ベース装置に長時間、データがバッファリングされることがなく、パケット遅延やバッファ溢れによるパケットロスを低減することができる。 Therefore, long time base unit, data is not to be buffered, it is possible to reduce the packet loss due to overflow packet delay and buffer.

しかも、端末はアクティブモード時にデータを受信するので、パワーセーブモード時にポーリングによりデータを受信する場合のようなスループットの低下の問題も生じない。 Moreover, the terminal since the receiving data active mode, does not occur reduction in the problems of throughput as in the case of receiving data by polling the power save mode.

以上のように、この発明によれば、端末がパワーセーブモードで動作する場合のパケット遅延やバッファ溢れによるパケットロスを低減することができ、スループットの低下も防止することができるため、動画データ伝送などのリアルタイム通信においてデータの再現性に問題を生じることなく省電力化を実現することができる。 As described above, according to the present invention, since the terminal can be reduced packet delay and buffer overflow packet loss due when operating in power save mode, it is possible to prevent reduction in throughput, moving picture data transmission it is possible to realize power saving without causing problems of reproducibility of the data in a real-time communication such as.

[1. [1. 無線LANシステムを構成するベース装置および端末の例:図1〜図5] Examples of the base apparatus and the terminal constituting the wireless LAN system: FIGS. 5
(1−1.ベース装置の例:図1〜図3) (. 1-1 Examples of the base apparatus: FIGS. 1 to 3)
図1に、この発明の無線通信方法を実行するベース装置の一例を示す。 Figure 1 shows an example of a base apparatus which executes wireless communication method of the present invention.

この例のベース装置100は、CPU111を備え、そのバス120に、プログラムやデータが書き込まれたROM112、およびプログラムやデータが展開されるRAM113などが接続されて、制御部110が構成される。 The base apparatus 100 of this embodiment includes a CPU 111, to the bus 120, programs and data are written ROM 112, and programs and data are connected and RAM113 are deployed, the control unit 110 is constituted. RAM113には、データ伝送用キュー(Queue)115が設定される。 The RAM 113, data transmission queue (Queue) 115 is set.

また、バス120には、TV(テレビ)アンテナが接続されるTVチューナ131、インターネットなどの外部ネットワークに接続するための外部ネットワークインタフェース132、およびハードディスクレコーダやDVDプレーヤなどの外部機器に接続するための外部機器インタフェース133が接続される。 Further, to the bus 120, TV (Television) TV tuner 131 which the antenna is connected, an external network interface 132 for connecting to an external network such as the Internet, and for connecting to an external device such as a hard disk recorder or a DVD player external device interface 133 is connected.

さらに、バス120には、キー操作部141が、キーインタフェース142を介して接続され、LED(発光ダイオード)などからなる表示部151が、表示制御部152を介して接続されるとともに、無線LAN通信部170が接続され、無線LAN通信部170に送受信アンテナ180が接続される。 Further, the bus 120, a key operation unit 141 is connected through a key interface 142, a display unit 151 made of LED (light emitting diodes), it is connected via the display control unit 152, a wireless LAN communication part 170 is connected, transmitting and receiving antenna 180 is connected to the wireless LAN communication unit 170. キー操作部141は、設定操作などを行うものであり、表示部151は、ベース装置100の設定状態や動作状態などを表示するものである。 The key operation unit 141, which performs such setting operation, the display unit 151 is for displaying a setting status and operation status of the base device 100.

TVチューナ131でTV放送を受信することによって、または外部機器においてハードディスクやDVDなどに記録されている映像および音声を再生することによって、バス120にAV(Audio and Visual)データが得られ、あるいは外部ネットワークインタフェース132によりインターネットに接続することによって、バス120にインターネット上の情報データが得られるなど、ベース装置100でデータが発生すると、図2に示すように、そのデータは一旦、データ伝送用キュー115にバッファリングされ、後述の方法によって端末に送信される。 By receiving a TV broadcast in the TV tuner 131 or by reproducing video and audio recorded in a hard disk or a DVD in an external device, AV (Audio and Visual) data is obtained to the bus 120, or an external by connecting to the Internet by the network interface 132, such as information data on the Internet is obtained to the bus 120, the data base unit 100 is generated, as shown in FIG. 2, the data temporarily, data transmission queue 115 the buffered and transmitted to the terminal by the method described below.

図3に、この場合の処理ルーチンを示す。 Figure 3 shows a processing routine in this case. この処理ルーチン10では、データが発生すると、まずステップ11で、MPEG2などによるエンコードによって、端末に送信するデータを生成し、次にステップ12で、そのデータをデータ伝送用キュー115にバッファリングする。 In the processing routine 10, the data is generated, first step 11, the encoding due MPEG2, generates data to be transmitted to the terminal, then at step 12, to buffer the data to the data transmission queue 115.

(1−2.端末の例:図4および図5) (. 1-2 terminals example: FIGS. 4 and 5)
図4に、この発明の無線通信方法を実行する端末の一例を示す。 Figure 4 shows an example of a terminal that performs wireless communication method of the present invention.

この例の端末200は、CPU211を備え、そのバス220に、プログラムやデータが書き込まれたROM212、プログラムやデータが展開されるRAM213、およびタイマー214などが接続されて、制御部210が構成される。 Terminal 200 of this embodiment includes a CPU 211, to the bus 220, ROM 212 programs and data are written, RAM 213 programs and data are expanded, and a timer 214 is connected, the control unit 210 is configured . RAM213には、タイマーテーブル215が書き込まれる。 The RAM 213, the timer table 215 is written.

また、バス220には、画像表示用の液晶ディスプレイなどのディスプレイ231が、表示制御部232を介して接続され、音声出力用のスピーカ241が、DAC(D/Aコンバータ)242および音声増幅回路243を介して接続され、ディスプレイ231の表示画面上に設けられたタッチパネル251が、座標検出部252を介して接続され、キー操作部261が、キーインタフェース262を介して接続されるとともに、無線LAN通信部270が接続され、無線LAN通信部270に送受信アンテナ280が接続される。 Further, the bus 220, a display 231 such as a liquid crystal display for image display is connected via the display control unit 232, a speaker 241 for audio output, DAC (D / A converter) 242 and the audio amplifier circuit 243 are connected via a touch panel 251 provided on the display screen of the display 231 is connected via the coordinate detecting unit 252, together with the key operation unit 261 is connected through a key interface 262, a wireless LAN communication part 270 is connected, transmitting and receiving antenna 280 is connected to the wireless LAN communication unit 270.

タイマーテーブル215は、ベース装置100から端末200に送信されるデータのストリーム特性、具体的には伝送レートと、タイマー値(タイマー214に設定される時間)との対応関係を記述したもので、例えば、図5に示すように、MPEGレートとタイマー値との対応関係を、MPEGレートがR1(Mbps)のときにはタイマー値はT1(ms)、MPEGレートがR2(Mbps)のときにはタイマー値はT2(ms)、というように記述したものである。 The timer table 215 includes a stream characteristic of the data transmitted from the base apparatus 100 to the terminal 200, specifically a description of the correspondence between the transmission rate, a timer value (time set in the timer 214), for example, as shown in FIG. 5, the correspondence between the MPEG rate and timer values, the timer value when the timer value when the MPEG rate R1 (Mbps) is T1 (ms), MPEG rate R2 (Mbps) T2 ( ms), it is those described and so on. MPEGレートが高いほど、タイマー値は小さく(タイマー時間は短く)される。 As MPEG rate is high, the timer value is smaller (shorter timer time).

タイマーテーブル215は、あらかじめプログラムに埋め込んでもよく、また、ベース装置100から端末200に送信し、端末200がRAM213上に保持するようにしてもよい。 The timer table 215 may be embedded in a pre-programmed, also transmitted from the base apparatus 100 to the terminal 200, terminal 200 may be held on the RAM 213.

[2. [2. 無線通信方法:図6〜図10] The wireless communication method: 6 to 10]
図6に、上記のベース装置100および端末200からなる無線LANシステムにおける、この発明の無線通信方法を示す。 6, in the wireless LAN system comprising a base unit 100 and the terminal 200 of the illustrated wireless communication method of the present invention.

ベース装置100でのビーコン送信間隔は、一定であり、例えば100msである。 Beacon transmission interval in the base device 100 is constant, for example, 100 ms. また、この例では、ベース装置100で発生するデータは、AVデータであって、CBR(Constant Bit Rate)であり、データ発生間隔も、ほぼ一定である。 In this example, data generated by the base unit 100 is an AV data, a CBR (Constant Bit Rate), the data generation interval is also substantially constant.

図6は、図11と同様に、ビーコンB1の送信時にはベース装置100に端末200宛のパケットがバッファリングされていないとともに、ビーコンB1の送信後の時点t11でデータD1が発生し、次のビーコンB2の送信前の時点t21でデータD2が発生し、ビーコンB2の送信時から次のビーコンB3の送信時までの間の時点t31でデータD3が発生し、ビーコンB3の送信後の時点t41でデータD4が発生する場合である。 Figure 6 is similar to FIG. 11, along with the packet of the terminal 200 addressed is not buffered in the base unit 100 at the time of transmission of the beacon B1, data D1 is generated at the time t11 after the transmission of the beacon B1, the next beacon data D2 is generated at the time t21 before transmission of B2, the data D3 is generated at the time t31 between the time of transmission of the beacon B2 until the transmission of the next beacon B3, data at the time t41 after the transmission of a beacon B3 it is a case where D4 is generated.

この発明の方法では、図6の下段に示すように、端末200の動作モードは、パワーセーブモード(“PS”で示す)とアクティブモードとの間で遷移する。 In the method of the present invention, as shown in the lower part of FIG. 6, the operation mode of the terminal 200 (indicated by "PS") power save mode and transitions between an active mode. パワーセーブモードでは、パワー状態がドーズ状態とアウェイク状態との間で遷移し得るが、アクティブモードでは、パワー状態は常にアウェイク状態である。 In power save mode, the power state may transition between a doze state and an awake state, in the active mode, the power state is always awake.

パワーセーブモードで動作していて、かつドーズ状態にある端末200は、ベース装置100からビーコンB1が送信される直前の時点ta1でアウェイク状態に移行して、ビーコンB1を受信する。 And operating in a power save mode, and the terminal 200 in the doze state shifts from the base apparatus 100 in the awake state when ta1 just before the beacon B1 is transmitted, receives the beacon B1.

ビーコンB1を受信した端末200は、一旦、ドーズ状態に戻るが、時点t10で、タイマー214がタイムアウトすることによって、パワーセーブモードからアクティブモードに移行し、アウェイク状態になるとともに、アクティブモードに移行したことを示すヌルフレーム(Null Frame)NF10をベース装置100に送信する。 Terminal 200 that has received the beacon B1 is temporarily returns to the doze state at the time t10, by the timer 214 times out, and shifts from the power save mode to the active mode, it becomes awake, has shifted to the active mode and transmits it to the base apparatus 100 a null frame (null frame) NF10 showing the. 同時に端末200は、タイマー214を起動する。 At the same time the terminal 200 starts the timer 214.

ベース装置100は、ヌルフレームNF10を受信したら、図6のように時点t10の前後の時点t11でデータD1が発生し、データ伝送用キュー115に端末200宛のパケットをバッファリングしている場合には、そのパケットを順次、アクティブモードで動作している端末200に送信し、パケットを全て送信してデータ伝送用キュー115が空になったら、そのことを示す制御フレームP11を端末200に送信する。 Base unit 100, upon receiving the null frame NF10, data D1 is generated at the time t11 before and after the time t10 as shown in FIG. 6, the data transmission queue 115 packets of the terminal 200 addressed when you are buffered is the packet sequentially transmitted to the terminal 200 operating in the active mode, the data transmission queue 115 transmits all packets Once emptied, and transmits a control frame P11 indicating that the terminal 200 .

端末200は、ベース装置100から送信されたパケットを順次受信し、データ伝送用キュー115が空になったことが制御フレームP11によって通知されたら、パワーセーブモードに移行することを示すヌルフレームNF11をベース装置100に送信したのち、アクティブモードからパワーセーブモードに移行し、ドーズ状態となる。 Terminal 200 sequentially receives the packet transmitted from the base apparatus 100, if the data transmission queue 115 is empty is notified by the control frame P11, a null frame NF11 indicating that transition to the power save mode After sending the base apparatus 100, and proceeds from the active mode to the power save mode, the doze state.

その後、時点t20でタイマー214が再びタイムアウトすると、時点t10でタイマー214がタイムアウトしたときと同様に、端末200は、パワーセーブモードからアクティブモードに移行し、アウェイク状態になるとともに、アクティブモードに移行したことを示すヌルフレームNF20をベース装置100に送信する。 Thereafter, when the timer 214 times out again at time t20, as in the case where the timer 214 has timed out at the time t10, the terminal 200 is shifted from the power save mode to the active mode, it becomes awake, it has shifted to the active mode transmitting a null frame NF20 indicating that the base device 100. 同時に端末200は、タイマー214を起動する。 At the same time the terminal 200 starts the timer 214.

ベース装置100は、ヌルフレームNF20を受信したら、図6のように時点t20の前後の時点t21でデータD2が発生し、データ伝送用キュー115に端末200宛のパケットをバッファリングしている場合には、そのパケットを順次、アクティブモードで動作している端末200に送信し、パケットを全て送信してデータ伝送用キュー115が空になったら、そのことを示す制御フレームP21を端末200に送信する。 Base unit 100, upon receiving the null frame NF20, data D2 is generated at the time t21 before and after the time t20 as shown in FIG. 6, the data transmission queue 115 packets of the terminal 200 addressed when you are buffered is the packet sequentially transmitted to the terminal 200 operating in the active mode, the data transmission queue 115 transmits all packets Once emptied, and transmits a control frame P21 indicating that the terminal 200 .

端末200は、ベース装置100から送信されたパケットを順次受信し、データ伝送用キュー115が空になったことが制御フレームP21によって通知されたら、パワーセーブモードに移行することを示すヌルフレームNF21をベース装置100に送信したのち、アクティブモードからパワーセーブモードに移行し、ドーズ状態となる。 Terminal 200 sequentially receives the packet transmitted from the base apparatus 100, if the data transmission queue 115 is empty is notified by the control frame P21, a null frame NF21 indicating that transition to the power save mode After sending the base apparatus 100, and proceeds from the active mode to the power save mode, the doze state.

以後、同様で、時点t30およびt40は、タイマー214がタイムアウトする時点であり、ヌルフレームNF30およびNF40は、端末200がアクティブモードに移行したことをベース装置100に通知するものであり、制御フレームP31は、データ伝送用キュー115が空になったことをベース装置100が端末200に通知するものであり、ヌルフレームNF31は、端末200がパワーセーブモードに移行することをベース装置100に通知するものである。 Thereafter, the same, the time t30 and t40 is the time at which the timer 214 times out, Null Frame NF30 and NF40 are those terminal 200 to notify the base apparatus 100 of the transition to the active mode, the control frame P31 thing is for that data transmission queue 115 is empty base apparatus 100 notifies the terminal 200, null frames NF31 is the terminal 200 to notify the base apparatus 100 to transition to the power save mode it is.

上記の例は、ベース装置100で発生するデータがAVデータの場合であるが、上記の無線通信方法は、データ発生間隔が予測可能なトラフィックの全てに適用することができる。 Although the above example data generated by the base unit 100 is the case of AV data, the radio communication method may be data generation interval is applied to all predictable traffic.

図7に、ベース装置100の制御部110が行うデータ送信処理の一例を示す。 7 two, the base unit 100 field control part 110 moth perform data transmission processing field one case wo show. この処理ルーチン20では、まずステップ21で、端末200からアクティブモードに移行したことを示すヌルフレーム(図6のヌルフレームNF10,NF20,NF30,NF40‥‥)を受信したか否かを判断する。 In the processing routine 20, first, in step 21, (Null frames NF10 in FIG 6, NF20, NF30, NF40 ‥‥) null frame indicating a shift from the terminal 200 to the active mode to determine whether or not it has received a.

そして、端末200がアクティブモードに移行したことを示すヌルフレームを受信したときには、ステップ21からステップ22に進んで、データ伝送用キュー115にバッファリングされているパケットを端末200に送信し、さらにステップ23に進んで、データ伝送用キュー115が空になったか否かを判断し、データ伝送用キュー115が空になっていないときには、ステップ22に戻って、データ伝送用キュー115にバッファリングされているパケットを端末200に送信する。 When the terminal 200 receives a null frame indicating that the transition to active mode, the process proceeds from step 21 to step 22, and sends the data transmission queue 115 packets are buffered in the terminal 200, further steps proceed to 23, it is determined whether or not the data transmission queue 115 is empty, when the data transmission queue 115 is not empty, the process returns to the step 22, are buffered in a data transmission queue 115 transmitting a are packets to the terminal 200.

データ伝送用キュー115が空になったときには、ステップ23からステップ24に進んで、送信するデータがないことを制御フレーム(図6の制御フレームP11,P21,P31‥‥)によって端末200に通知し、さらにステップ25に進んで、端末200からパワーセーブモードに移行することを示すヌルフレーム(図6のヌルフレームNF11,NF21,NF31‥‥)を受信した上で、ステップ21に戻る。 When the data transmission queue 115 is empty, the process proceeds from step 23 to step 24, and notifies the terminal 200 by the control frame that there is no data to be transmitted (control frame P11, P21, P31 ‥‥ in FIG. 6) further proceeds to step 25, upon receiving a null frame indicating that the transition from the terminal 200 to the power save mode (null frames NF11 in FIG 6, NF21, NF31 ‥‥), the flow returns to step 21.

図8および図9に、端末200の制御部210が行うデータ受信処理の一例を示す。 8 and 9 show an example of data reception processing control unit 210 of the terminal 200 performs. この処理ルーチン30では、まずステップ31で、タイマー214がタイムアウトしたか否かを判断し、タイムアウトしたときには、ステップ32に進んで、アクティブモードに移行する。 In the processing routine 30, first step 31, it is determined whether timer 214 has timed out, when the time-out, the process proceeds to step 32, the process proceeds to the active mode.

次に、ステップ33で、アクティブモードに移行したことをヌルフレーム(図6のヌルフレームNF10,NF20,NF30,NF40‥‥)によってベース装置100に通知し、さらにステップ34に進んで、上記のMPEGレートが変更されているか否かを判断する。 Next, in step 33, it notifies the base device 100 of the transition to the active mode by Null Frame (null frame NF10 in FIG 6, NF20, NF30, NF40 ‥‥), further proceeds to step 34, the above MPEG rate is determined whether or not it is changed.

MPEGレートは、ベース装置100の制御部110および端末200の制御部210が、パケットロスなどから通信状況を判断した上で決定する。 MPEG rate control unit 210 of the control unit 110 and the terminal 200 of the base apparatus 100 is determined after determining the communication status from the packet loss. ベース装置100の制御部110は、MPEGレートを変更したときには、そのこと、および変更後のMPEGレートを、端末200に通知し、端末200の制御部210は、MPEGレートを変更するときには、MPEGレート変更要求、および変更後のMPEGレートを、ベース装置100に通知して、ベース装置100と端末200の間でMPEGレートの同期をとる。 Control unit 110 of the base apparatus 100, when changing the MPEG rate that matter, and the MPEG rate after the change, and notifies the terminal 200, the control unit 210 of the terminal 200, when changing the MPEG rate, MPEG rate change requests, and the MPEG rate after the change, and notifies the base apparatus 100, to synchronize the MPEG rate between the base apparatus 100 and the terminal 200.

処理ルーチン30では、MPEGレートが変更されていないときには、ステップ34から、そのままステップ36に進んで、タイマー214を起動し、MPEGレートが変更されているときには、ステップ34からステップ35に進んで、タイマーテーブル215を参照し、変更後のMPEGレートに対応するタイマー値を読み取って、タイマー214に設定した上で、ステップ36に進んで、タイマー214を起動する。 The processing routine 30, when the MPEG rate is not changed, the step 34, it proceeds to step 36, starts the timer 214, when the MPEG rate is changed, the process proceeds from step 34 to step 35, the timer Referring to table 215, reads the timer value corresponding to the MPEG rate after the change, upon setting the timer 214, proceeds to step 36, it starts the timer 214.

ステップ36でタイマー214を起動したら、ステップ41に進んで、ベース装置100から送信されたパケットを受信し、さらにステップ42に進んで、データがないことを示す制御フレーム(図6の制御フレームP11,P21,P31‥‥)を受信したか否かを判断し、受信していなければ、ステップ41に戻って、さらにパケットを受信する。 After starting the timer 214 in step 36, the routine proceeds to step 41, the base unit receives the transmitted packet 100, proceeds further to step 42, the control frame P11 of the control frame (Fig. 6 indicating that there is no data, P21, P31 ‥‥) determines whether it has received a, if not received, the process returns to step 41, further receives a packet.

データがないことを示す制御フレームを受信したら、ステップ42からステップ43に進んで、パワーセーブモードに移行することを示すヌルフレーム(図6のヌルフレームNF11,NF21,NF31‥‥)をベース装置100に送信し、さらにステップ44に進んで、パワーセーブモードに移行した上で、ステップ31に戻る。 When receiving the control frame indicating that there is no data, the process proceeds from step 42 to step 43, (Null frames NF11 in FIG 6, NF21, NF31 ‥‥) null frame indicating that the transition to the power save mode the base unit 100 transmitted, further proceeds to step 44, in terms of the transition to the power save mode, the flow returns to step 31.

図10に、以上の無線通信方法における端末200とベース装置100の間のメッセージチャートを示す。 Figure 10 shows a message chart between the terminal 200 and the base apparatus 100 in the above radio communication method.

端末200は、タイマー214がタイムアウトし、アクティブモードに移行したら、ヌルフレームによって、アクティブモードに移行したことをベース装置100に通知する。 Terminal 200, the timer 214 times out, when the processing shifts to the active mode, the null frame, and notifies the base device 100 of the transition to the active mode. ベース装置100は、その通知を受けたら、端末200にデータを送信し、データ伝送用キュー115が空になったら、制御フレームによって、そのことを端末200に通知する。 Base apparatus 100, once received the notice, transmits data to terminals 200, if the data transmission queue 115 is empty, the control frame, notifies the terminal 200. 端末200は、その通知を受けたら、ヌルフレームによって、パワーセーブモードに移行することをベース装置100に通知した上で、パワーセーブモードに移行する。 Terminal 200, once received the notification, the null frame, that transition to the power save mode after having notified the base apparatus 100 shifts to the power save mode.

ベース装置の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of the base apparatus. ベース装置においてデータをデータ伝送用キューにバッファリングすることを示す図である。 Shows that the buffer data to the data transmission queue in the base unit. データ伝送のための処理ルーチンを示す図である。 It is a diagram illustrating a processing routine for the data transmission. 端末の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a terminal. タイマーテーブルの一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of the timer table. この発明の無線通信方法を示す図である。 It is a diagram showing a wireless communication method of the present invention. ベース装置が行うデータ送信処理の一例の処理ルーチンを示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a processing routine of data transmission processing based apparatus. 端末が行うデータ受信処理の一例の処理ルーチンの一部を示す図である。 Is a diagram illustrating a portion of an example of a process routine of the data reception processing terminal performs. 端末が行うデータ受信処理の一例の処理ルーチンの一部を示す図である。 Is a diagram illustrating a portion of an example of a process routine of the data reception processing terminal performs. ベース装置と端末の間のメッセージチャートを示す図である。 It shows a message chart between the base apparatus and the terminal. 従来の無線通信方法を示す図である。 It is a diagram illustrating a conventional radio communication method.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

主要部については図中に全て記述したので、ここでは省略する。 Since the major portion described all in the drawing is omitted here.

Claims (5)

  1. ベース装置と端末との間の無線通信方法であって、 A wireless communication method between the base apparatus and the terminal,
    パワーセーブモードで動作している端末が、タイマーに同期してアクティブモードに移行するステップと、 A step of terminals operating in the power saving mode, the process proceeds to the active mode in synchronism with the timer,
    アクティブモードに移行した端末が、そのことをベース装置に通知するステップと、 Migrated terminal active mode, and notifying the base unit that the,
    その通知を受けてベース装置が、自装置にバッファリングされている端末宛のフレームを端末に送信し、端末が、その送信されたフレームを受信するステップと、 A step in which the base apparatus receives the notification, and transmits a frame addressed to the terminal which is buffered in the terminal to the own device, the terminal receives the transmitted frames,
    ベース装置にバッファリングされている端末宛のフレームがなくなったとき、ベース装置が、そのことを端末に通知するステップと、 When the frame addressed to the terminal that has been buffered runs out base unit, the base unit comprises a step of notifying the fact to the terminal,
    その通知を受けて端末が、パワーセーブモードに移行することをベース装置に通知するステップと、 A step of the terminal receiving the notification, notifies the base device to transition to the power saving mode,
    その通知後に端末が、パワーセーブモードに移行するステップと、 And a step in which the terminal to the notification later, to shift to the power save mode,
    を備えることを特徴とする無線通信方法。 Wo includes ancient city wo feature door to wireless communication method.
  2. 請求項1の無線通信方法において、 In the radio communication method according to claim 1,
    前記端末は、前記ベース装置から送信されるデータのストリーム特性に対応したタイマーテーブルを備え、前記端末の制御手段は、そのタイマーテーブルを参照して前記タイマーの値を設定することを特徴とする無線通信方法。 The terminal includes a timer table corresponding to the stream characteristics of the data to be transmitted from the base apparatus, the control means of the terminal, and sets the value of the timer by referring to the timer table radio Communication method.
  3. ベース装置および端末からなる無線LANシステムにおけるベース装置であって、 A base apparatus in a wireless LAN system comprising a base unit and the terminal,
    端末宛のフレームをバッファリングするデータ伝送用キューと、 A data transmission queue for buffering the frame addressed to the terminal,
    パワーセーブモードで動作していた端末が、タイマーに同期してアクティブモードに移行し、そのことを通知してきたとき、前記データ伝送用キューにバッファリングされているフレームを端末に送信するとともに、前記データ伝送用キューにバッファリングされているフレームがなくなったとき、そのことを端末に通知する制御手段と、 Together with the terminal was operating in the power saving mode, and shifts to the active mode in synchronism with the timer, when has notified that the, transmits the frames buffered in the data transmission queue in the terminal, the when a frame is lost in the data transmission queue are buffered, and control means for notifying the fact to the terminal,
    を備えることを特徴とするベース装置。 Base apparatus comprising: a.
  4. ベース装置および端末からなる無線LANシステムにおける端末であって、 A terminal in a wireless LAN system comprising a base unit and the terminal,
    制御手段およびタイマーを備え、前記制御手段は、 A control unit and a timer, the control means,
    前記タイマーに同期してパワーセーブモードからアクティブモードに移行する処理、 Process of transition from the power save mode to the active mode in synchronism with the timer,
    アクティブモードに移行したことを前記ベース装置に通知する処理、 Processing for notifying the base apparatus of the transition to the active mode,
    その通知を受けて前記ベース装置から送信された、前記ベース装置にバッファリングされていたフレームを受信する処理、 The notified receiving and transmitting from said base unit, said base unit process of receiving a frame has been buffered, the
    前記ベース装置から前記ベース装置にバッファリングされているフレームがなくなったことを通知されたとき、パワーセーブモードに移行することを前記ベース装置に通知する処理、 Said base from said device base unit when it is notified that there are no more frames buffered, processing for notification of transition to the power saving mode to the base unit,
    およびアクティブモードからパワーセーブモードに移行する処理を、順次、行うことを特徴とする端末。 And a process of transition from the active mode to the power save mode, sequentially, the terminal, which comprises carrying out.
  5. 請求項4の端末において、 In terminal according to claim 4,
    前記ベース装置から送信されるデータのストリーム特性に対応したタイマーテーブルを備え、前記制御手段は、そのタイマーテーブルを参照して前記タイマーの値を設定することを特徴とする端末。 A timer table corresponding to the stream characteristics of the data to be transmitted from the base apparatus, the control means, a terminal and sets the value of the timer by referring to the timer table.
JP2005196229A 2005-07-05 2005-07-05 Radio communication method, base apparatus and terminal Pending JP2007019607A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005196229A JP2007019607A (en) 2005-07-05 2005-07-05 Radio communication method, base apparatus and terminal

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005196229A JP2007019607A (en) 2005-07-05 2005-07-05 Radio communication method, base apparatus and terminal

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007019607A true true JP2007019607A (en) 2007-01-25

Family

ID=37756408

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005196229A Pending JP2007019607A (en) 2005-07-05 2005-07-05 Radio communication method, base apparatus and terminal

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007019607A (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009065575A (en) * 2007-09-10 2009-03-26 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Optical network terminating apparatus, optical subscriber line terminating apparatus and communication control method
JP2009111852A (en) * 2007-10-31 2009-05-21 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Optical network unit, optical subscriber line terminal device and communication control method
WO2009063417A1 (en) * 2007-11-16 2009-05-22 Nokia Corporation Power save mode transition for wireless networks
WO2009107180A1 (en) * 2008-02-27 2009-09-03 パナソニック株式会社 Communication terminal device and reception method
JP2010529762A (en) * 2007-06-06 2010-08-26 テレコム・イタリア・エッセ・ピー・アー Method of managing a routing node for implementing the transfer and the transfer of information packets over wireless networks
JP2011514710A (en) * 2008-02-04 2011-05-06 ソニー エリクソン モバイル コミュニケーションズ, エービー Code keying in the power saving mode
JP2015503874A (en) * 2012-01-09 2015-02-02 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated System and method for transmitting the configuration change messages between the access point and the station
JP2015525522A (en) * 2012-06-07 2015-09-03 クアルコム,インコーポレイテッド Systems and methods for intelligent power saving notification
JP2015228655A (en) * 2011-08-31 2015-12-17 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Power saving using data fetch time, data end instruction, and more data affirmative acknowledgement

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004260386A (en) * 2003-02-25 2004-09-16 Nec Corp Radio terminal and radio communication system
JP2005026862A (en) * 2003-06-30 2005-01-27 Sony Corp Radio terminal management method, base station, and radio terminal managing program
JP2005101788A (en) * 2003-09-24 2005-04-14 Sony Corp System and apparatus of radio communication

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004260386A (en) * 2003-02-25 2004-09-16 Nec Corp Radio terminal and radio communication system
JP2005026862A (en) * 2003-06-30 2005-01-27 Sony Corp Radio terminal management method, base station, and radio terminal managing program
JP2005101788A (en) * 2003-09-24 2005-04-14 Sony Corp System and apparatus of radio communication

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010529762A (en) * 2007-06-06 2010-08-26 テレコム・イタリア・エッセ・ピー・アー Method of managing a routing node for implementing the transfer and the transfer of information packets over wireless networks
JP2009065575A (en) * 2007-09-10 2009-03-26 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Optical network terminating apparatus, optical subscriber line terminating apparatus and communication control method
JP2009111852A (en) * 2007-10-31 2009-05-21 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Optical network unit, optical subscriber line terminal device and communication control method
WO2009063417A1 (en) * 2007-11-16 2009-05-22 Nokia Corporation Power save mode transition for wireless networks
JP2011514710A (en) * 2008-02-04 2011-05-06 ソニー エリクソン モバイル コミュニケーションズ, エービー Code keying in the power saving mode
WO2009107180A1 (en) * 2008-02-27 2009-09-03 パナソニック株式会社 Communication terminal device and reception method
US9591573B2 (en) 2011-08-31 2017-03-07 Qualcomm Incorporated Power save with data fetch time period
US9781671B2 (en) 2011-08-31 2017-10-03 Qualcomm Incorporated Power save with end of data indication
JP2015228655A (en) * 2011-08-31 2015-12-17 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Power saving using data fetch time, data end instruction, and more data affirmative acknowledgement
JP2015503874A (en) * 2012-01-09 2015-02-02 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated System and method for transmitting the configuration change messages between the access point and the station
US9699667B2 (en) 2012-01-09 2017-07-04 Qualcomm Incorporated Systems and methods to transmit configuration change messages between an access point and a station
JP2015525522A (en) * 2012-06-07 2015-09-03 クアルコム,インコーポレイテッド Systems and methods for intelligent power saving notification
US9813987B2 (en) 2012-06-07 2017-11-07 Qualcomm, Incorporated System and method for intelligent power save notification

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7916675B2 (en) Method and system for providing interim discontinuous reception/transmission
US7194288B2 (en) Periodic ranging in a wireless access system for mobile station in sleep mode
US7461164B2 (en) Medium access control with software -and hardware- based components in a wireless network
US20050021827A1 (en) Data processing device, data processing system, data processing method, data processing program and recording medium storing the program
US7275255B2 (en) Data communication apparatus, data communication system, data communication method and storage medium
US20070230418A1 (en) Triggering rule for energy efficient data delivery
US20130222210A1 (en) Frame capture and buffering at source device in wireless display system
US20140348327A1 (en) Synchronization of Multi-Channel Audio Communicated over Bluetooth Low Energy
US20050078653A1 (en) Method and apparatus for data communications over multiple channels
US20050157674A1 (en) Time-scheduled multichannel direct link
EP1734698A1 (en) Power saving apparatus and method in a wireless communication system
US20060056322A1 (en) Method for updating a timer function in a mobile station in a wireless local area network
JP2004128949A (en) Wireless terminal device and wireless communication system using it
JP2004349777A (en) Wireless communication system
JP2007235446A (en) Mobile station and base station and radio channel status notification method
JP2004040373A (en) Wireless terminal and control method thereof
US20070202835A1 (en) Power saving method for a wireless communication apparatus
US20080130543A1 (en) Apparatus and method for adaptive sleep of wirelessly networked devices
US20080134271A1 (en) System and method for wireless communication of uncompressed video having a relay device for power saving
US20110032924A1 (en) Apparatuses, Systems, and Methods for Managing Operation Status of Wireless Transmissions and Receptions
US20130201915A1 (en) Apparatuses and methods for out-of-band information feedback
US20070297347A1 (en) Communication system, communication apparatus, communication method for communication apparatus, and computer program
JP2007036423A (en) Base apparatus, monitor terminal, and repeater unit
US20080031279A1 (en) Network chip and network transmission/reception device
US7174161B2 (en) Radio communication apparatus and radio communication method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080623

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20090824

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20091002

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110202

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110215

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110802