JP2006352191A - 無線通信方法、制御局および移動局 - Google Patents

無線通信方法、制御局および移動局 Download PDF

Info

Publication number
JP2006352191A
JP2006352191A JP2005171817A JP2005171817A JP2006352191A JP 2006352191 A JP2006352191 A JP 2006352191A JP 2005171817 A JP2005171817 A JP 2005171817A JP 2005171817 A JP2005171817 A JP 2005171817A JP 2006352191 A JP2006352191 A JP 2006352191A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
control
station
communication
frequency band
channel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005171817A
Other languages
English (en)
Inventor
Akinori Taira
明徳 平
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Electric Corp, 三菱電機株式会社 filed Critical Mitsubishi Electric Corp
Priority to JP2005171817A priority Critical patent/JP2006352191A/ja
Publication of JP2006352191A publication Critical patent/JP2006352191A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】移動通信環境において確実かつ高速な通信を実現するための無線通信方法を得ること。
【解決手段】通信チャネルを高周波数帯に設定し、優先度に応じた複数の制御チャネルを低周波数帯に設定した場合の無線通信方法であって、たとえば、移動局が、通信チャネルを利用してユーザ情報を送信する前に、前記制御局に対して、当該ユーザ情報の優先度に対応した所定の制御チャネルを用いて帯域要求を実行し、制御局が、前記所定の制御チャネル上の受信信号に基づいて、前記ユーザ情報の優先度を認識し、当該優先度に応じた帯域割り当てを行うことによって、移動局の送信制御(アップリンクのスケジューリング)および自局の送信制御(ダウンリンクのスケジューリング)を行い、移動局および制御局が、前記スケジューリング結果に基づいて通信チャネル上にユーザ情報を送信する。
【選択図】 図4

Description

本発明は、移動体通信システムにおいて採用可能な無線通信方法に関するものであり、特に、高速移動する移動局と制御局との間で高速通信を行う場合の無線通信方法に関するものである。

近年、無線通信技術,ネットワーク技術,情報技術の発展を背景に、道路交通システムの高度化,情報化が望まれている。また、カーナビゲーションの普及など、車両への情報機器搭載が進められている。これらの情報機器は、地図情報など、あらかじめ記憶させた情報だけでなく、リアルタイムな情報提供を通して利便性の大幅な向上が期待されている。現状では、リアルタイムな情報提供として、たとえば、地域の渋滞情報などがVICS(Vehicle Information and Communication System)により、光ビーコン,電波ビーコン,FM放送多重で配信されている。

一方で、交通事故削減を目指してより詳細な情報を提供すべく、技術開発が進められている。たとえば、交通事故の多くが交差点で生じることから、周囲の車両/歩行者の情報を交差点毎に配信し、事故発生時には車両から緊急通報を実施するシステム、が検討されている。

また、上記のような交差点情報通信というアプリケーションを想定した場合、路側から送信される情報は、車側から送信される情報と比べて圧倒的に多くなる、と考えられる。このような非対称通信における優先制御の方式として、たとえば、下記特許文献1に記載の「無線パケットアクセス方式」がある。下記特許文献1では、端末(移動局)から基地局への通信回線(アップリンク)を予約で確保する方法が開示されている。要求するサービス品質により複数の予約チャネル(ランダムアクセスチャネル)が用意され、アップリンク要求のある端末は、トラフィックの要求品質により規定の予約チャネルにアクセスし、アップリンク回線を確保する。基地局側では、アクセスされた予約チャネルによって直接優先度がわかるため、効率よくスケジューリングを行うことができる。

特開平8−154097号公報

しかしながら、上記交差点情報通信を実現するシステムにおいては、たとえば、走行中の車両に対する通信が前提となるため、移動通信環境において安定した高速通信を実現する必要がある、という問題があった。また、緊急通報を実現するためには、トラフィックの優先制御,大型車によるシャドーイング対策等が必要となる、という問題があった。

本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、移動通信環境において確実かつ高速な通信を実現するための無線通信方法、制御局および移動局を得ることを目的とする。

上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明にかかる無線通信方法は、制御局と複数の移動局で無線通信システムを構成し、当該システムにおいて、通信チャネルを高周波数帯に設定し、優先度に応じた複数の制御チャネルを低周波数帯に設定した場合の無線通信方法であって、たとえば、前記移動局が、通信チャネルを利用してユーザ情報を送信する前に、前記制御局に対して、当該ユーザ情報の優先度に対応した所定の制御チャネルを用いて帯域要求を実行する帯域要求ステップと、前記制御局が、前記所定の制御チャネル上の受信信号に基づいて、帯域要求の対象となるユーザ情報の優先度を認識し、当該優先度に応じた帯域割り当てを行うことによって、前記移動局の送信制御(アップリンクのスケジューリング)および自局の送信制御(ダウンリンクのスケジューリング)を行う送信制御ステップと、前記移動局および前記制御局が、前記スケジューリング結果に基づいて通信チャネル上にユーザ情報を送信する送信ステップと、を含むことを特徴とする。

この発明によれば、通信チャネルを高周波数帯に設定し、制御チャネルを低周波数帯に設定し、また、制御チャネルをユーザ情報の優先度に応じて複数チャネルに分けることとした。そして、制御局が、各制御チャネル上の受信信号に基づいて帯域要求の対象となるユーザ情報の優先度を認識し、優先度に応じた帯域割り当てを行うこととしたので、確実かつ高速な通信が可能となる、という効果を奏する。

以下に、本発明にかかる無線通信方法の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。なお、この実施の形態によりこの発明が限定されるものではない。

実施の形態1.
図1は、本発明にかかる無線通信方法の概要を示す図であり、詳細には、実施の形態1における周波数配置を示したものである。無線通信システムでは、通信に使用されるキャリア周波数によって特性に大きな差が生じる。一般的に低い周波数は、障害物を回り込む性質(回折)が強く、アンテナが直接見えない環境においても信号電力を確保することができる。逆に、高い周波数は、直進性が強く、見通し環境以外では大きく信号電力が低下する。一方で、周波数資源の問題から、低い周波数では1ユーザ(または1システム)に広い周波数帯域を割り当てることは困難であり、高速通信を実現することはできないが、高周波数帯では比較的広帯域の割り当てが可能であり、高速通信が実現できる。

本発明は、上記の特性を利用し、低周波数帯に制御チャネルを、高周波数帯に広帯域の通信チャネルを設定する。また、制御チャネルは、複数のアクセスチャネルに分割され、サービス品質(緊急度など)によってアクセスするチャネルが規定される。なお、図1では、チャネルが周波数分割されて配置された例を示しているが、時間分割して実現してもよい。また、制御チャネルの情報量は、比較的小さいため、ごく狭帯域のチャネルを準備しておけばよい。これにより、受信車両が大型車の陰などにいる場合であっても、制御チャネルは送受信可能となる。

ここで、本発明にかかる無線通信方法を、図面にしたがって詳細に説明する。図2は、本発明にかかる路上機(制御局に相当)の構成を示す図であり、この路上機は、送受信アンテナ1と、低周波数帯(図1の制御チャネルに相当)に対応して、高調波信号からベースバンド信号(受信信号)への変換処理、およびベースバンド信号(送信信号)から高調波信号への変換処理、を行う低周波数帯IF/RF部2と、高周波数帯(図1の通信チャネルに相当)に対応して、高調波信号からベースバンド信号(受信信号)への変換処理、ベースバンド信号(送信信号)から高調波信号への変換処理、を行う高周波数帯IF/RF部3と、制御チャネルの制御情報を変調する低周波数帯変調(変調)部4と、制御チャネルの受信信号を復調する低周波数帯復調(復調)部5と、高周波数帯の送信情報(ユーザ情報,制御情報)を変調する高周波数帯変調(変調)部6と、高周波数帯の受信信号を復調する高周波数帯復調(復調)部7と、スケジューリング情報から制御情報を生成する制御データ生成部8と、スケジューリング情報にしたがってダウンリンク(路上機から車載機への方向)のユーザ情報の送信タイミングを制御するタイミング制御部9と、車載機からの帯域要求信号(路上機内の復調部5の出力信号)から優先度を考慮して帯域割り当てを行うスケジューリング部10と、を備えている。

また、図3は、本発明にかかる車載機(移動局:MT(mobile Terminal)に相当)の構成を示す図であり、この車載機は、路上機からの受信信号(車載機内の復調部5および7の出力信号)に含まれる制御情報から自機の時間管理を行う時間管理部20と、ユーザ情報の優先度を判断,管理するQoS管理部21と、時間管理情報にしたがってアップリンク(車載機から路上機への方向)のユーザ情報の送信タイミングを制御するタイミング制御部22と、アップリンクの要求情報から帯域要求信号を生成し、時間管理情報にしたがって適切なタイミングで帯域要求信号を出力する帯域要求信号生成部23と、を備えている。なお、上記路上機と同様の構成については同一の符号を付してその説明を省略する。

つづいて、本実施の形態の動作について説明する。図4は、本実施の形態の動作例を示す図であり、f1〜f4は低周波数帯域における制御チャネルを表し、Bはビーコン(ブロードキャスト情報)を表し、DLはダウンリンクパケットを表し、ULはアップリンクパケットを表す。

図4において、路上機からは、一定の間隔でビーコンが送信されている。各車載機は、ビーコンにより同期処理を行うことで時間同期を確立する。また、通信チャネルにおける一つのフレームは、ビーコン送信,ダウンリンク送信(制御チャネル,通信チャネル),各車載機からのアップリンク送信(制御チャネル,通信チャネル)の順に行われる。また、制御チャネルは、ランダムアクセスチャネルであり、各車載機がアップリンク回線を確保したい場合に帯域要求信号(図示のMT#1〜MT#3に相当)を送信する。また、制御チャネルは、優先度(緊急度)によりチャネルが分割されており、図4においては、制御チャネルf4が最も優先度が高く、制御チャネルf1が最も優先度が低いものとする。したがって、路上機では、制御チャネルへのアクセスを受けて、帯域要求の対象となるパケット(ユーザ情報)の優先度を認識し、当該優先度に基づいてトラフィックのスケジューリングを行い、ダウンリンク回線(制御チャネル,通信チャネル)を通じて各車載機への回線割り当てを行う。

まず、路上機の動作について説明する。アンテナ1で送受信される信号は、低周波数帯が低周波数帯IF/RF部2により、高周波数帯が高周波数帯IF/RF部3により、それぞれ上記変換処理が行われる。路上機の復調部5は、低周波数帯の受信信号を復調する。この復調信号の中には、車載機からランダムアクセスチャネルに送信された帯域要求信号が含まれており、スケジューリング部10は、各車載機からの帯域要求信号(MT#1〜MT#3)と優先度の情報(f4→f3→f2→f1)とに基づいてアップリンクのスケジューリング(帯域割り当て)を行う。基本的には、優先度の高い要求に対応する通信を確実に低遅延で実行できるようにスケジューリングが行われる(本実施の形態ではMT#3→MT#2→MT#1の順)。スケジューリングの結果、各フレームの構成(各車載機のアップリンクタイミングなど)が確定する。そして、制御データ生成部8は、スケジューリング結果に対応する制御情報を作成し、その制御情報を低周波数帯/高周波数帯の変調部4および6に対して出力する。

一方で、スケジューリング部10は、ダウンリンク(図示のユーザ情報)の制御も行い、優先度にしたがってダウンリンクの順番などを決定する。ここで決定された情報に基づいて、タイミング制御部9は、ユーザ情報の送信タイミング制御を行い、規定のタイミングで高周波数帯への送信処理を実行する。

つぎに、車載機の動作について説明する。車載機側では、路上機から送られてくる制御情報に基づいて動作する。低周波数帯および高周波数帯のダウンリンクには、制御情報が含まれており、この制御情報は、車載機の復調部5,7により復調され、その結果が時間管理部20へ送られる。時間管理部20は、制御情報に基づいて、低周波数帯,高周波数帯のフレーム構造を管理する。

QoS管理部21は、ユーザ情報が発生した場合、トラフィックの優先度を評価し、帯域要求信号生成部23に対してアップリンクの要求情報(アップリンク要求)を送る。アップリンク要求を受け取った帯域要求信号生成部23は、優先度に応じた制御チャネル上に帯域要求信号を生成し、さらに、時間管理部20から送られてくる時間管理情報に基づいて送信タイミングを決定し、決定されたタイミングで帯域要求信号を変調部4に対して出力する(MT#1,MT#2,MT#3等)。また、QoS管理部21を経由したユーザ情報は、タイミング制御部22に送られ、ここで、時間管理部20から送られてくる時間管理情報により送信タイミングが調整され(MT#3→MT#2→MT#1の順における自機のタイミング)、高周波数帯の変調部6に対して出力される。

なお、本実施の形態においては、高周波数帯域の多重方式として時間多重を行う場合を示したが、符号分割,周波数分割(OFDMなどサブキャリア分割を含む)でもかまわない。

このように、本実施の形態においては、通信チャネルを高周波数帯に設定し、制御チャネルを低周波数帯に設定し、また、制御チャネルをパケットの優先度に応じて複数チャネルに分けることとした。そして、路上機が、各制御チャネル上の受信信号に基づいて帯域要求の対象となるパケットの優先度を認識し、優先度に応じた帯域割り当てを行うことによって、各車載機の送信制御(アップリンクのスケジューリング)および自機の送信制御(ダウンリンクのスケジューリング)を行うこととした。これにより、複数の車両を含む路車間において時間同期が確立された安定した通信が可能となる。また、シャドーイングなどにより高周波数帯を受信できない車両についても、制御チャネルを参照することで時間同期が可能となり、他の車両に対する干渉を防ぐことができる。

実施の形態2.
前述した実施の形態1においては、シャドーイングにより高周波数帯が受信不可能な場合にはユーザ情報の伝送が不可能であったが、実施の形態2においては、同様の場合に、低周波数帯を用いてユーザ情報を伝送する。以下、実施の形態2の動作について説明する。

図5は、本発明にかかる路上機(制御局に相当)の実施の形態2の構成を示す図であり、図6は、本発明にかかる車載機(移動局に相当)の実施の形態2の構成を示す図である。なお、前述した実施の形態1と同様の構成については、同一の符号を付してその説明を省略する。ここでは、前述した実施の形態1と異なる処理について説明する。

図7は、実施の形態2の動作例を示す図であり、たとえば、特定の車載機(MT#2に相当)が、シャドーイングにより高周波数帯が見えない状況を示している。MT#2は、帯域要求として、低周波数帯を用いてユーザ情報の伝送を行うための帯域要求信号を、路上機に対して送信する。この例では、制御チャネルf4が上記帯域要求に割り当てられているので、制御チャネルf4を用いて帯域要求を行っている。

路上機では、上記帯域要求情報を受け取り、MT#2がシャドーイングにより高周波数帯が見えない状況であることを認識すると、MT#2に対して低周波数帯のチャネルを割り振るとともに、MT#2に対するユーザ情報のダウンリンクは低周波数帯で行うようにスケジューリングを行う。なお、本実施の形態では、一例として、上記帯域要求を制御チャネルf4を用いて行ったが、これに限らず、上記帯域要求を行うチャネルとして複数のチャネルを用意することとしてもよいし、さらにその複数チャネルに優先度を付加することとしてもよい。

また、路上機は、上記のようにMT#2に対してアップリンク用の帯域を割り当てるとともに、さらに、制御情報を利用して、このアップリンクと同一時刻、同一チャネルについては他の車載機によるランダムアクセスを禁止する。

また、本実施の形態では、低周波数帯のチャネルにユーザ情報のアップリンク,ダウンリンクが発生するため、この場合には、低周波数帯の変調部4および復調部5を介して該当するパケットの通信が行われる。

このように、本実施の形態においては、「低周波数帯を用いてユーザ情報の伝送を行うための帯域要求信号」を送信するための特定の制御チャネルを設定し、当該特定の制御チャネルを利用して帯域要求を行った車載機に対して、アップリンク,ダウンリンクともに低周波数帯の帯域を確保することとした。これにより、前述した実施の形態1と同様の効果が得られるとともに、さらに、シャドーイングなどで高周波数帯での通信が不可能な車両に対しても、安定した通信を確保することができる。

また、シャドーイングなどにより低周波数帯でのみ通信可能な車両が、上記特定の制御チャネルを利用して帯域要求を行う構成とした。これにより、通信不能となる車両をなくすことができるとともに、さらに、高いスループットを確保することが可能となる。

実施の形態3.
実施の形態3では、事故など、緊急事態が生じた場合に、路上機と車載機との間の通信回線を、低遅延かつ確実に接続するための処理を説明する。なお、路上機および車載機の構成については、前述した実施の形態1または2と同様である。ここでは、前述した実施の形態1または2と異なる処理について説明する。

図8は、実施の形態3の動作例を示す図である。図8において、制御チャネルf4は、緊急通信の要求(帯域要求信号)が割り当てられ、最も高い優先度を有する。たとえば、車載機(図示のMT#2)から緊急通信の要求を受けた路上機は、次のフレームの制御情報において、緊急通信の開始を通知し、他の全車両に対して送信停止を指示する。

そして、緊急通信を要求した車載機(MT#2)は、全帯域においてアップリンクが許可され、帯域割り当てを待つことなく送信処理を行う。また、ダウンリンクについても、路上機が、緊急通信を要求した車載機向けの通信のみが行われるように制御する。

このように、本実施の形態においては、緊急通信に対応した特定の制御チャネル(最高優先度の制御チャネル)を用いて帯域要求が行われた場合、次フレーム以降、当該帯域要求を行った車両以外の送信を停止させる制御を行い(他の車両に対して帯域の割り当てを行わない)、上記特定の制御チャネルを利用して帯域要求を行った車両にのみ、帯域を割り当てることとした。これにより、前述した実施の形態1または2と同様の効果が得られるとともに、さらに、緊急時に、路上機と車載機との間の通信回線を、低遅延かつ確実に接続することができる。

実施の形態4.
実施の形態4では、シャドーイングの状態であっても高周波数帯での通信が実現するように、中継伝送を行う場合について説明する。なお、路上機および車載機の構成については、前述した実施の形態1または2と同様である。ここでは、前述した実施の形態1、2または3と異なる処理について説明する。

図9は、実施の形態4の動作例を示す図である。図9において、MT#2が緊急通信を行う場合、他の車載機であるMT#1,MT#3は、アップリンクとダウンリンクの中継伝送を行う。たとえば、緊急時における特定フレームのダウンリンク(DL1)は、MT#1,MT#3によって受信および記憶され、次のフレームのダウンリンクタイミングにおいてMT#1,MT#3から送信される(DL1 RP)。

また、アップリンクフレーム(MT#2 UL1)についても、同様に、MT#1,MT#3により受信および記憶され、次フレームにおいて中継される(MT#1,#3 RP1)。その際の送信タイミングは、前フレームにおいて、ビーコンを基準としてMT#2から受信したタイミング、と同一のタイミングとなる。さらに、次のフレームにおいては、路上機およびMT#2からの送信処理が行われる。

上記のような中継伝送を行う場合、同時に複数の局から送信される信号は干渉を生じるが、OFDMなど複局送信を実現する方式を取ることで、問題なく受信することが可能である。また、OFDM方式等の通信方式を用いることなく、キャリアセンスを行って衝突(干渉)を回避することとしてもよい。

なお、本実施の形態では、緊急通信(MT#2と路上機との通信)と中継伝送とを1フレームおきに実行する場合(図9参照)について説明したが、これに限らず、複数フレームおきに緊急通信と中継伝送とを実行することとしてもよい。

このように、本実施の形態においては、緊急通信に対応した特定の制御チャネルに帯域要求があった場合、帯域要求を行った車載機以外の他の車載機が、緊急通信の内容を高周波数帯のチャネルを用いて中継伝送することとした。すなわち、路上機は、上記特定の制御チャネルを利用して帯域要求が行われた次のフレームにおいて、当該帯域要求を行った車載機にのみ帯域の割り当てを行い、その他の車載機は、緊急通信の内容を記憶しておく。そして、このフレームとは別のフレームで、記憶しておいた緊急通信の内容を送信することとした。これにより、緊急時にシャドーイングの状態となっている車載機が、伝送容量の大きな通信回線(高周波数帯)を確保することができ、路上機との間で高周波数帯による高速通信を実現できる。

以上のように、本発明にかかる無線通信方法は、移動体通信システムにおける通信方法として有用であり、特に、移動する移動局と制御局との間で高速通信を行う場合の無線通信方法として適している。

本発明にかかる無線通信方法の概要を示す図である。 本発明にかかる路上機の構成を示す図である。 本発明にかかる車載機の構成を示す図である。 実施の形態1の動作例を示す図である。 本発明にかかる路上機の構成を示す図である。 本発明にかかる車載機の構成を示す図である。 実施の形態2の動作例を示す図である。 実施の形態3の動作例を示す図である。 実施の形態4の動作例を示す図である。

符号の説明

1 送受信アンテナ
2 低周波数帯IF/RF部
3 高周波数帯IF/RF部
4 低周波数帯変調(変調)部
5 低周波数帯復調(復調)部
6 高周波数帯変調(変調)部
7 高周波数帯復調(復調)部
8 制御データ生成部
9 タイミング制御部
10 スケジューリング部
20 時間管理部
21 QoS管理部
22 タイミング制御部
23 帯域要求信号生成部

Claims (9)

  1. 制御局と複数の移動局で無線通信システムを構成し、当該システムにおいて、通信チャネルを高周波数帯に設定し、優先度に応じた複数の制御チャネルを低周波数帯に設定した場合の無線通信方法であって、
    前記移動局が、通信チャネルを利用してユーザ情報を送信する前に、前記制御局に対して、当該ユーザ情報の優先度に対応した所定の制御チャネルを用いて帯域要求を実行する帯域要求ステップと、
    前記制御局が、前記所定の制御チャネル上の受信信号に基づいて、帯域要求の対象となるユーザ情報の優先度を認識し、当該優先度に応じた帯域割り当てを行うことによって、前記移動局の送信制御(アップリンクのスケジューリング)および自局の送信制御(ダウンリンクのスケジューリング)を行う送信制御ステップと、
    前記移動局および前記制御局が、前記スケジューリング結果に基づいて通信チャネル上にユーザ情報を送信する送信ステップと、
    を含むことを特徴とする無線通信方法。
  2. さらに、「低周波数帯を用いてユーザ情報の伝送を行うための帯域要求」を実行するための低周波数帯伝送用制御チャネルを設け、
    前記送信制御ステップでは、前記制御局が、低周波数帯伝送用制御チャネルを利用して帯域要求を行った移動局に対して、低周波数帯にアップリンクおよびダウンリンクの帯域を確保することを特徴とする請求項1に記載の無線通信方法。
  3. さらに、緊急通信に対応した緊急通信用制御チャネルを設け、
    前記送信制御ステップでは、前記制御局が、緊急通信用制御チャネルを利用して帯域要求を行った移動局以外の移動局の送信を停止させる制御を行い、当該緊急通信用制御チャネルを利用して帯域要求を行った移動局にのみ帯域を割り当てることを特徴とする請求項1または2に記載の無線通信方法。
  4. さらに、緊急通信に対応した緊急通信用制御チャネルを設け、
    前記送信制御ステップでは、前記制御局が、緊急通信用制御チャネルを利用して帯域要求を行った移動局にのみ帯域の割り当てを行い、
    前記帯域要求を行った移動局以外の他の移動局が、緊急通信の内容を記憶し、別のフレームで、記憶しておいた緊急通信の内容を通信チャネルを用いて中継伝送することを特徴とする請求項1または2に記載の無線通信方法。
  5. 通信チャネルが高周波数帯に設定され、優先度に応じた複数の制御チャネルが低周波数帯に設定された無線通信システムにおいて、当該制御チャネルおよび通信チャネルを用いて複数の移動局と通信を行う制御局であって、
    前記移動局から送信される制御チャネル上の帯域要求信号に基づいて、当該移動局が送信するユーザ情報の優先度を認識し、当該優先度に応じた帯域割り当てを行うことによって、前記移動局の送信制御(アップリンクのスケジューリング)および自局の送信制御(ダウンリンクのスケジューリング)を行うスケジューリング手段と、
    前記スケジューリング結果に対応する制御情報を生成し、当該制御情報を制御チャネル上および通信チャネル上に送信する制御情報生成手段と、
    を備えることを特徴とする制御局。
  6. さらに、「低周波数帯を用いてユーザ情報の伝送を行うための帯域要求」を実行するための低周波数帯伝送用制御チャネルが設けられている場合に、
    前記スケジューリング手段は、低周波数帯伝送用制御チャネルを利用して帯域要求を行った移動局に対して、低周波数帯にアップリンクおよびダウンリンクの帯域を確保することを特徴とする請求項5に記載の制御局。
  7. さらに、緊急通信に対応した緊急通信用制御チャネルが設けられている場合に、
    前記スケジューリング手段は、緊急通信用制御チャネルを利用して帯域要求を行った移動局以外の移動局の送信を停止させる制御を行い、当該緊急通信用制御チャネルを利用して帯域要求を行った移動局にのみ帯域を割り当てることを特徴とする請求項5または6に記載の制御局。
  8. 通信チャネルが高周波数帯に設定され、優先度に応じた複数の制御チャネルが低周波数帯に設定された無線通信システムにおいて、当該制御チャネルおよび通信チャネルを用いて制御局と通信を行う移動局であって、
    通信チャネルを利用してユーザ情報を送信する前に、当該ユーザ情報の優先度に対応した所定の制御チャネル上に帯域要求信号を送信することを特徴とする移動局。
  9. さらに、緊急通信に対応した緊急通信用制御チャネルが設けられている場合に、
    緊急通信用制御チャネルを利用して帯域要求を行った移動局が送信する緊急通信の内容を記憶し、別のフレームで、記憶しておいた緊急通信の内容を通信チャネルを用いて中継伝送することを特徴とする請求項8に記載の移動局。
JP2005171817A 2005-06-13 2005-06-13 無線通信方法、制御局および移動局 Pending JP2006352191A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005171817A JP2006352191A (ja) 2005-06-13 2005-06-13 無線通信方法、制御局および移動局

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005171817A JP2006352191A (ja) 2005-06-13 2005-06-13 無線通信方法、制御局および移動局

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006352191A true JP2006352191A (ja) 2006-12-28

Family

ID=37647608

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005171817A Pending JP2006352191A (ja) 2005-06-13 2005-06-13 無線通信方法、制御局および移動局

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006352191A (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008245138A (ja) * 2007-03-28 2008-10-09 Japan Radio Co Ltd 基地局装置および端末装置
WO2008129845A1 (ja) * 2007-03-28 2008-10-30 Panasonic Corporation 無線通信装置および緊急信号送信方法
JP2009124463A (ja) * 2007-11-15 2009-06-04 Nec Corp 無線通信装置および方法
JP2009159098A (ja) * 2007-12-25 2009-07-16 Fujitsu Ltd 無線リソース割当制限システム、路側機、無線リソース割当制限方法および無線リソース割当制限プログラム
JP2009231996A (ja) * 2008-03-20 2009-10-08 Denso Corp 車載通信装置及び車両間通信システム
JP2012257320A (ja) * 2005-09-29 2012-12-27 Nec Corp 無線送受信方法および無線送受信装置
JP2014187655A (ja) * 2013-03-25 2014-10-02 Kddi Corp 帯域割り当てを行う通信装置及び帯域割り当て方法
US10091804B2 (en) 2013-09-03 2018-10-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Communication processing device
US10531450B2 (en) 2013-09-03 2020-01-07 Kabushiki Kaisha Toshiba Communication processing device, and wireless communication method

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001505018A (ja) * 1996-11-27 2001-04-10 テレフオンアクチーボラゲツト エル エム エリクソン(パブル) パケット通信システムのパフォーマンスを向上させる方法と装置
JP2002539693A (ja) * 1999-03-08 2002-11-19 ローベルト ボツシユ ゲゼルシヤフト ミツト ベシユレンクテル ハフツング 遠隔通信網の加入者局で遠隔通信チャネルへのアクセス権限を付与する方法および加入者局
JP2004032062A (ja) * 2002-06-21 2004-01-29 Nec Corp 無線通信システムおよび中継器

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001505018A (ja) * 1996-11-27 2001-04-10 テレフオンアクチーボラゲツト エル エム エリクソン(パブル) パケット通信システムのパフォーマンスを向上させる方法と装置
JP2002539693A (ja) * 1999-03-08 2002-11-19 ローベルト ボツシユ ゲゼルシヤフト ミツト ベシユレンクテル ハフツング 遠隔通信網の加入者局で遠隔通信チャネルへのアクセス権限を付与する方法および加入者局
JP2004032062A (ja) * 2002-06-21 2004-01-29 Nec Corp 無線通信システムおよび中継器

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012257320A (ja) * 2005-09-29 2012-12-27 Nec Corp 無線送受信方法および無線送受信装置
JP2008245138A (ja) * 2007-03-28 2008-10-09 Japan Radio Co Ltd 基地局装置および端末装置
JP5036809B2 (ja) * 2007-03-28 2012-09-26 パナソニック株式会社 無線通信装置および緊急信号送信方法
US8340033B2 (en) 2007-03-28 2012-12-25 Panasonic Corporation Wireless communication device and emergency signal transmission method
WO2008129845A1 (ja) * 2007-03-28 2008-10-30 Panasonic Corporation 無線通信装置および緊急信号送信方法
JP2009124463A (ja) * 2007-11-15 2009-06-04 Nec Corp 無線通信装置および方法
JP2009159098A (ja) * 2007-12-25 2009-07-16 Fujitsu Ltd 無線リソース割当制限システム、路側機、無線リソース割当制限方法および無線リソース割当制限プログラム
JP2009231996A (ja) * 2008-03-20 2009-10-08 Denso Corp 車載通信装置及び車両間通信システム
JP2014187655A (ja) * 2013-03-25 2014-10-02 Kddi Corp 帯域割り当てを行う通信装置及び帯域割り当て方法
US10091804B2 (en) 2013-09-03 2018-10-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Communication processing device
US10531450B2 (en) 2013-09-03 2020-01-07 Kabushiki Kaisha Toshiba Communication processing device, and wireless communication method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8886207B2 (en) Frame structure for multi-hop relay in wireless communication systems
Hadded et al. TDMA-based MAC protocols for vehicular ad hoc networks: a survey, qualitative analysis, and open research issues
JP3934614B2 (ja) ハイブリッドデュプレックシング通信方式を提供するための無線通信システム及び方法
EP1692797B1 (en) System and method for transmitting random access data using orthogonal frequency division multiple access
Chen et al. Vehicle-to-everything (V2X) services supported by LTE-based systems and 5G
EP2257116B1 (en) Packets filling transmission gaps
US8145224B2 (en) Method and system for transmitting and receiving common control information in a communication system
US8447244B2 (en) Communication terminal device and communication relay method
ES2245109T3 (es) Procedimiento de indicacion variable de programacion de bloques mediante una señalizacion de estado de conexion ascendente en un sistema de comunicacion de datos por paquetes.
US8576811B2 (en) System, method and apparatus for reliable exchange of information between nodes of a multi-hop wireless communication network
JP3816334B2 (ja) 無線リソース割当方法及び基地局
KR101061654B1 (ko) 멀티-유저 통신 시스템들에서 제어된 중첩 코딩
EP1806884B1 (en) Method and system for transmitting/receiving data in a communication system
Andrisano et al. Intelligent transportation systems: the role of third generation mobile radio networks
US20060079235A1 (en) System and method for handover in a broadband wireless access communication system
EP2129007A1 (en) Radio communication method in traffic system, radio base station, and radio terminal
JP5763003B2 (ja) 通信システムにおけるリソース配分方法
AU685151B2 (en) A dummy burst structure in a cellular digital radiocommunications system using the TDMA principle, and base station for generating such a structure
US8270424B2 (en) Method of signaling allocated resources
KR100830163B1 (ko) 주파수 오버레이 통신 시스템에서 신호 송수신 장치 및 방법
JP4405471B2 (ja) セルラー無線通信システム、基地局、無線端末および無線通信方法
US20160336981A1 (en) Receiver, transmitter and radio communication method
KR20080007047A (ko) 무선 인식 환경에서 숨겨진 인컴번트 시스템을 탐지하기위한 시그널링 방법 및 상기 방법에 채용되는 채널 분할방법
US7373151B1 (en) Distributed dynamic channel allocation technique for multi-carrier CDMA cellular systems with mobile base stations
KR100961746B1 (ko) 다중 홉 중계방식을 사용하는 무선통신시스템에서 자원할당 장치 및 방법

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20080417

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100622

A02 Decision of refusal

Effective date: 20110104

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02