JP2006255215A - 遊技機における装飾装置 - Google Patents

遊技機における装飾装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2006255215A
JP2006255215A JP2005078348A JP2005078348A JP2006255215A JP 2006255215 A JP2006255215 A JP 2006255215A JP 2005078348 A JP2005078348 A JP 2005078348A JP 2005078348 A JP2005078348 A JP 2005078348A JP 2006255215 A JP2006255215 A JP 2006255215A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
decorative panel
light
panel
reflected
gaming machine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2005078348A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4759294B2 (ja
Inventor
Daisuke Nozaki
大亮 野崎
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Heiwa Corp
Original Assignee
Heiwa Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Heiwa Corp filed Critical Heiwa Corp
Priority to JP2005078348A priority Critical patent/JP4759294B2/ja
Publication of JP2006255215A publication Critical patent/JP2006255215A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4759294B2 publication Critical patent/JP4759294B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 遊技機における化粧用パネルの表面を効果的に光らせ、照明による装飾効果を高める。
【解決手段】 装飾装置8は、遊技機表面に取り付けられる透光性の化粧用パネル10と、化粧用パネル10の周縁近傍の裏面を照射可能な発光源11とを備え、化粧用パネル10の周縁近傍の表面に、化粧用パネル10の内部に入射された発光源11の入射光11aを化粧用パネル10の面方向に沿うように反射させる傾斜反射面10bを設けるとともに、化粧用パネル10における発光源11により照射される領域を除く裏面に、傾斜反射面10bにより反射された反射光11bを乱反射させる乱反射面10cを設け、乱反射面10cにより乱反射された光により化粧用パネル10の表面を照明する。
【選択図】 図5

Description

本発明は、遊技機の表面を照明により装飾するための遊技機における装飾装置に関する。
遊技機、例えば、スロットマシンにおいては、図柄や数字等により構成される識別情報を表示するための複数の回転リールを収納した筐体と、この筐体に開閉自在に設けられた前扉とを備え、前扉の表面には、遊技機を装飾するための半透明の化粧用パネルが取り付けられている。化粧用パネルには、例えば、着色または装飾が施された半透明の合成樹脂板が用いられている。この化粧用パネルの装飾効果をより高めるため、化粧用パネルの背後に発光源として、例えば蛍光灯を配置し、この蛍光灯の光をもって、化粧用パネルの表面が光るように照明している(例えば、特許文献1参照)。
特許3532404号号公報
しかし、上述のような遊技機は、例えば、遊技時に操作されるストップボタンの周辺を照明するように化粧用パネルを照明する場合、化粧用パネルの背後に、発光源を取り付けるスペースを確保することは容易なことではない。例えば、LED素子等の小型の発光源を使用することによって、狭いスペースに発光源を取付け可能であるが、化粧用パネルは、遊技機内部が透けて見えないように、半透明の合成樹脂板により形成されるため、発光源の光度が十分でないと明るく照明することができない。また、発光源の光度を高くすると、発光源の発光部分のみが明るく輝き、見栄えの良い装飾効果が得られないだけでなく、遊技機内部が透けて見え、見栄えを低下させることとなる。
本発明は、上述のような従来の問題に鑑み、化粧用パネルの表面を効果的に光らせ、照明による装飾効果を高めることを可能にした遊技機における装飾装置を提供することを目的とする。
本発明によると、上記課題は、次のようにして解決される。
(1)遊技機の表面を照明により装飾するための遊技機における装飾装置であって、該装飾装置は、前記遊技機表面に取り付けられる透光性の化粧用パネルと、該化粧用パネルの周縁近傍の裏面を照射可能な発光源とを備え、前記化粧用パネルの周縁近傍の表面に、前記化粧用パネルの内部に入射された前記発光源の入射光を前記化粧用パネルの裏面側へ向けて反射させる傾斜反射面を設けるとともに、前記化粧用パネルにおける前記発光源により照射される領域を除く裏面に、前記傾斜反射面により反射された反射光を乱反射させる乱反射面を設け、該乱反射面により乱反射された光により前記化粧用パネルの表面を照明する。
(2)上記(1)項において、化粧用パネルの裏面に、非透光性の遮光部材を設ける。
(3)上記(1)または(2)項において、化粧用パネルの表面に、遊技時に操作される操作スイッチを取り付ける。
本発明によれば、次のような効果が奏せられる。
(a)請求項1記載の発明によると、装飾装置は、遊技機表面に取り付けられる透光性の化粧用パネルと、化粧用パネルの周縁近傍の裏面を照射可能な発光源とを備え、化粧用パネルの周縁近傍の表面に、化粧用パネルの内部に入射された発光源の入射光を化粧用パネルの裏面側へ向けて反射させる傾斜反射面を設けるとともに、化粧用パネルにおける発光源により照射される領域を除く裏面に、傾斜反射面により反射された反射光を乱反射させる乱反射面を設け、乱反射面により乱反射された光により化粧用パネルの表面を照明するようにしたことにより、化粧用パネルの表面を効果的に光らせることができ、照明による装飾効果を高めることができる。
(b)請求項2記載の発明によると、化粧用パネルの裏面に、非透光性の遮光部材を設けたことにより、化粧用パネルの表面を効率良く光らせることができるとともに、遊技機内部が透視されることがない。
(c)請求項3記載の発明によると、化粧用パネルの表面に、遊技時に操作される操作スイッチを取り付けたことにより、遊技状況に応じて、操作スイッチの周辺を光らせることができ、遊技の演出効果を高めることができる。
以下、本発明の一実施形態を、図面に基づいて説明する。図1は、本発明を適用した遊技機の正面図、図2は、装飾装置の分解斜視図、図3は、図1におけるIII−III線に沿う拡大縦断面図、図4は、図1におけるIV−IV線に沿う拡大横断面図、図5は、要部の概略拡大縦断面図である。なお、以下の説明では、図1において紙面手前側を「前方または表面」とし、図1において紙面奥側を「後方または裏面」とし、図1において左側を「左方」とし、図1において右側を「右方」とする。
図1に示すように、遊技機(1)としてのスロットマシンは、前面が開口した正面視矩形の筐体(2)と、筐体(2)の前端部に上下方向を向く上下1対のヒンジ軸(4)により開閉可能に枢支された前扉(3)とを備える。
前扉(3)の前面には、前扉(3)の裏面上部に取り付けられる液晶表示器(図示略)に表示される遊技情報及び演出情報を視認可能な遊技情報表示窓(3a)、筐体(2)内に収容される3個の回転リール(5)の外周面に印刷または貼付された複数の図柄、数字等で構成される識別情報を3こまずつ視認可能な識別情報表示窓(3b)、遊技を行うときに遊技媒体であるメダルが投入されるメダル投入部(31)、遊技の開始時に回転リール(5)を回転させるときに操作されるスタートレバー(6)、各回転リール(5)の回転を個別に停止させるときに操作される3個のストップボタン(7)が設けられている。このストップボタン(7)は、遊技時に操作される操作スイッチをなし、本発明の特徴部分である装飾装置(8)の表面に取り付けられる。
装飾装置(8)は、前扉(2)の前面のほぼ中央部に設けられた操作パネル(32)を装飾するように取り付けられ、主に図2に示すように、操作パネル(32)に設けられた開口(32a)を前方から閉塞するように操作パネル(32)に固定される正面視ほぼ横長矩形の遮蔽部材をなす遮光板(9)と、遮光板(9)の前面を被うように配置される化粧用パネル(10)と、操作パネル(32)の内部に取り付けられる複数(本実施形態においては7個)の発光源をなすLED素子(11)とを備える。なお、操作パネル(32)は、前扉(3)と別体で形成して、前扉(3)に固定されるものであるが、前扉(3)と一体的に形成することも可能である。
遮光板(9)は、非透光性(不透明)の合成樹脂板により形成されるとともに、ストップボタン(7)が挿入される3個の操作スイッチ取付孔(9a)を有している。操作パネル(32)に対する遮光板(9)の固定は、図4に示すように、左側の端部(9b)を操作パネル(32)の開口(32a)周縁の裏面側に係合させ、右端部に設けられたボス部(9c)を前方を向くネジ(12)により操作パネル(32)に締結することにより行われる。
化粧用パネル(10)は、透光性(透明または半透明)の合成樹脂板により正面視ほぼ横長矩形状に成型されるとともに、ストップボタン(7)が挿入される3個の操作スイッチ取付孔(10d)を有している。
化粧用パネル(10)の操作スイッチ取付孔(10d)にストップボタン(7)を嵌合した状態で、ストップボタン(7)を、予め操作パネル(32)に固定された遮光板(9)の操作スイッチ取付孔(9a)に嵌合することにより、ストップボタン(7)の外側面に設けられた左右1対の弾性爪(7a)が、遮光板(9)における操作スイッチ取付孔(9a)の周囲に抜け方向へ係合する。これにより、図4に示すように、化粧用パネル(10)は、ストップボタン(7)の前部外周に設けられた鍔部(7b)と遮光板(9)の表面との間に挾持された状態で固定されるとともに、ストップボタン(7)は、遮光板(9)の表面に固定される。
図3に示すように、LED素子(11)は、化粧用パネル(10)の後方で、かつ操作パネル(32)における開口(32a)の上部に固定されるプリント配線基板(13)に左右方向に沿って並設され、化粧用パネル(10)の上縁近傍の裏面を照射する。
図5に示すように、化粧用パネル(10)の上縁近傍の表面には、ほぼ45度の斜面部(10a)が左右方向に沿って形成されている。この斜面部(10a)の表面には、化粧用パネル(10)の裏面から内部に導入されたLED素子(11)の入射光(11a)を化粧用パネル(10)の裏面側に向けて反射させる傾斜反射面(10b)が形成されている。傾斜反射面(10b)は、斜面部(10a)の表面を粗面状にすることによって形成される。なお、傾斜部(10a)、すなわち傾斜反射面(10b)の角度は、45度に限定されるものでなく、LED素子(11)の入射光(11a)を、少なくとも化粧用パネル(10)の裏面側に向けて反射させ得る角度であれば、どのような角度であっても良い。
化粧用パネル(10)におけるLED素子(11)により照射される領域を除く裏面には、化粧用パネル(10)の内部において傾斜反射部(10b)により反射された反射光(11b)を乱反射させる乱反射面(10c)が成形されている。乱反射面(10c)は、化粧用パネル(10)の裏面を粗面状とすることによって形成されるが、これに特定されるものでなく、例えば、ガラスビーズ等の乱反射材が添加された淡濃度白色系インクや乳白色系塗料等をシルクスクリーニングにより印刷しても良い。
図5に示すように、LED素子(11)の光は、入射光(11a)として化粧用パネル(10)の裏面から内部に導入された後、傾斜反射面(10b)により下方へ屈折され、化粧用パネル(10)の裏面中央側へ向けて反射される。傾斜反射面(10b)により反射された反射光(11b)のうち化粧用パネル(10)の裏面側へ向けて反射された反射光(11b)は、化粧用パネル(10)の内部を下方へ向けて伝搬するとともに、化粧用パネル(10)の裏面に設けられた乱反射面(10c)によって乱反射されて化粧用パネル(10)の表面に照明する。これにより、ストップボタン(7)の周辺を含む化粧用パネル(10)の表面を照明する。
また、化粧用パネル(10)の裏面に遮光板(9)が配置されているため、反射光(11b)が化粧用パネル(10)の裏面から漏れることを防止して、化粧用パネル(10)の表面をより明るく光らすことができ、装飾、演出効果をより高めるだけでなく、化粧用パネル(10)を透明にしても、遊技機(1)内部が透けて見えることがなくなり、見栄えの向上を図ることができる。さらに、異なる色の発光源(11)を並設することにより、化粧用パネル(10)の表面を色々な色により照明することができ、より装飾効果を高めることができる。
遊技機(1)の遊技は次のようにして行われる。先ず、遊技者がメダルをメダル投入部(31)に所定枚数投入して、メダルの賭数を設定した後、スタートレバー(6)を操作すると、各回転リール(5)は一斉に回転する。そして、所定時間経過後、各回転リール(5)に対応する各ストップボタン(7)を順次操作すると各回転リール(5)が停止し、識別情報表示窓(3b)に表示される左、中、右の識別情報の組み合わせにより、入賞の有無、及び賞の大小に応じたメダルの配当枚数が決定される。入賞の場合には、入賞の大小に応じたメダルが筐体(2)内に設けられたホッパーユニット(図示略)から前扉(3)の受皿部(3c)に払い出され、遊技者は、メダルを得ることができる。また、遊技時には、遊技状況、例えば、入賞した場合や入賞する可能性が大きい場合(いわゆるリーチ状態)等に、LED素子(11)が発光して、ストップボタン(7)の周辺を含む化粧用パネル(10)の表面を光らせ、演出効果を高める。
図6は、本発明に係わる他の実施形態の要部の概略拡大縦断面図を示す。この実施形態においては、操作パネル(32)または前扉(3)の一部を前方へ延長し、この延長した部分(延長部(32b))により化粧用パネル(10)の斜面部(10a)の表面を被い、この被った部分の面に傾斜反射面(32c)が形成される。この実施形態においても、前記実施形態と同様に、化粧用パネル(10)の裏面から内部に導入されたLED素子(11)の入射光(11a)は、傾斜反射面(32c)により化粧用パネル(10)の裏面側へ向けて反射される。そして、反射された反射光(11b)は、化粧用パネル(10)に裏面に設けられた乱反射面(10c)により反射されることにより、前記実施形態と同様に化粧用パネル(10)の表面を照明する。
図7は、本発明に係わるさらに他の実施形態の要部の概略拡大縦断面図を示す。この実施形態においては、化粧用パネル(10)の上縁近傍の裏面に、LED素子(11)に向けて突出する突部(10e)を設けたものである。この実施形態においては、LED素子(11)の光が化粧用パネル(10)の裏面に直接入射するのでなく、LED素子(11)の入射光(11a)が突部(10e)の端部から導入され、この入射光(11a)が図5に示す実施形態と同様に形成された傾斜反射面(10b)により化粧用パネル(10)の裏面側へ向けて反射され、反射された反射光(11b)は、化粧用パネル(10)に裏面に設けられた乱反射面(10c)により反射されることにより、前記実施形態と同様に化粧用パネル(10)の表面を照明する。
なお、図5〜図7において、説明の便宜上、化粧用パネル(10)の断面を示すハッチングは省略してある。
以上、本発明の各実施形態について説明したが、本発明の要旨を逸脱しない範囲内で、各実施形態に対して、次のような種々の変形や変更を施すことが可能である。
(i)遮光部材を、不透明の合成樹脂板により形成される遮光板(9)に代えて、化粧用パネル(10)の裏面に、非透光性の塗装を施したり、シート等を貼着する。
(ii)発光源(11)を、化粧用パネル(10)の下縁または側縁近傍の裏面を照射するようにするとともに、化粧用パネル(10)の下縁または側縁近傍の表面に傾斜反射面(10b)または(32c)を形成する。
(iii)装飾装置(8)を、操作パネル(32)以外の箇所に設ける。
(iv)装飾装置(8)に、ストップボタン(7)以外の操作スイッチ、例えば、スタートレバー(6)等を取り付ける。
(v)装飾装置(8)を、スロットマシン以外の遊技機(1)、例えば、パチンコ機、遊技媒体をパチンコ玉としたスロットマシン等に適用する。
本発明を適用した遊技機の正面図である。 要部の分解斜視図である。 図1におけるIII−III線に沿う拡大縦断面図である。 図1におけるIV−IV線に沿う拡大横断面図である。 要部の概略拡大縦断面図である。 他の実施形態における要部の概略拡大縦断面図である。 さらに他の実施形態における要部の概略拡大縦断面図である。
符号の説明
(1)遊技機
(2)筐体
(3)前扉
(3a)遊技情報表示窓
(3b)識別情報表示窓
(3c)受皿部
(4)ヒンジ軸
(5)回転リール
(6)スタートレバー
(7)ストップボタン(操作スイッチ)
(7a)弾性爪
(7b)鍔部
(31)メダル投入部
(32)操作パネル
(32a)開口
(32b)延長部
(32c)傾斜反射面
(8)装飾装置
(9)遮光板(遮光部材)
(9a)操作スイッチ取付孔
(9b)端部
(9c)ボス部
(10)化粧用パネル
(10a)斜面部
(10b)傾斜反射面
(10c)乱反射面
(10d)操作スイッチ取付孔
(10e)突部
(11)LED素子(発光源)
(11a)入射光
(11b)反射光
(12)ネジ
(13)プリント配線基板

Claims (3)

  1. 遊技機の表面を照明により装飾するための遊技機における装飾装置であって、
    該装飾装置は、前記遊技機表面に取り付けられる透光性の化粧用パネルと、該化粧用パネルの周縁近傍の裏面を照射可能な発光源とを備え、前記化粧用パネルの周縁近傍の表面に、前記化粧用パネルの内部に入射された前記発光源の入射光を前記化粧用パネルの裏面側へ向けて反射させる傾斜反射面を設けるとともに、前記化粧用パネルにおける前記発光源により照射される領域を除く裏面に、前記傾斜反射面により反射された反射光を乱反射させる乱反射面を設け、該乱反射面により乱反射された光により前記化粧用パネルの表面を照明するようにしたことを特徴とする遊技機における装飾装置。
  2. 化粧用パネルの裏面に、非透光性の遮光部材を設けたことを特徴とする請求項1記載の遊技機における装飾装置。
  3. 化粧用パネルの表面に、遊技時に操作される操作スイッチを取り付けたことを特徴とする請求項1または2記載の遊技機における装飾装置。
JP2005078348A 2005-03-18 2005-03-18 遊技機 Expired - Fee Related JP4759294B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005078348A JP4759294B2 (ja) 2005-03-18 2005-03-18 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005078348A JP4759294B2 (ja) 2005-03-18 2005-03-18 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006255215A true JP2006255215A (ja) 2006-09-28
JP4759294B2 JP4759294B2 (ja) 2011-08-31

Family

ID=37095046

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005078348A Expired - Fee Related JP4759294B2 (ja) 2005-03-18 2005-03-18 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4759294B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008035783A1 (fr) 2006-09-21 2008-03-27 Kabushiki Kaisha Kobe Seiko Sho Unité de chauffage, dispositif de chauffage de pneu et procédé de modification de moule de pneu
JP2015029633A (ja) * 2013-08-01 2015-02-16 株式会社北電子 操作スイッチ装置及び遊技機
JP2016049279A (ja) * 2014-08-29 2016-04-11 株式会社ニューギン 遊技機

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003144610A (ja) * 2001-11-16 2003-05-20 Heiwa Corp 遊技機のパネル演出装置
JP2004121810A (ja) * 2002-07-31 2004-04-22 Nitto Island Key Kk パチンコ機の入賞口の発光化粧体

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003144610A (ja) * 2001-11-16 2003-05-20 Heiwa Corp 遊技機のパネル演出装置
JP2004121810A (ja) * 2002-07-31 2004-04-22 Nitto Island Key Kk パチンコ機の入賞口の発光化粧体

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008035783A1 (fr) 2006-09-21 2008-03-27 Kabushiki Kaisha Kobe Seiko Sho Unité de chauffage, dispositif de chauffage de pneu et procédé de modification de moule de pneu
JP2015029633A (ja) * 2013-08-01 2015-02-16 株式会社北電子 操作スイッチ装置及び遊技機
JP2016049279A (ja) * 2014-08-29 2016-04-11 株式会社ニューギン 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP4759294B2 (ja) 2011-08-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5198042B2 (ja) 遊技機
JP5938796B2 (ja) 発光表示部及び遊技機
JP5280810B2 (ja) 遊技機
JP2011078466A (ja) 遊技機の電飾装置
JP2016002247A (ja) 遊技機用発光構造
JP2007267970A (ja) 遊技機及び遊技機島
JP6402376B2 (ja) 遊技機
JP5938319B2 (ja) 遊技機
JP2007097799A (ja) 遊技機における装飾表示装置
JP4759294B2 (ja) 遊技機
JP2005087356A (ja) パチンコ機
JP2005087356A5 (ja)
JP2011206304A (ja) 停止ボタン装置及び遊技機
JP2009233221A (ja) 遊技機の押ボタン装置
JP5324802B2 (ja) 遊技機
JP6028157B2 (ja) 表示部を備えた遊技機
JP2001218895A (ja) 遊技機
JP5990728B2 (ja) 遊技機
JP2009178355A (ja) 遊技機
JP4759318B2 (ja) 遊技機
JP4415211B2 (ja) 遊技機
JP2006326197A (ja) 遊技機
JP6240996B2 (ja) 表示部及び遊技機
JP2001137422A (ja) 装飾灯
JP6667761B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071217

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100907

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101105

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20101214

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110310

A911 Transfer to examiner for re-examination before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20110317

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110531

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110606

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4759294

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140610

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees