JP2006238945A - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP2006238945A
JP2006238945A JP2005054922A JP2005054922A JP2006238945A JP 2006238945 A JP2006238945 A JP 2006238945A JP 2005054922 A JP2005054922 A JP 2005054922A JP 2005054922 A JP2005054922 A JP 2005054922A JP 2006238945 A JP2006238945 A JP 2006238945A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
jackpot
command
effect
symbol
big hit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005054922A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Atsushi Nishimoto
淳志 西本
Original Assignee
Okumura Yu-Ki Co Ltd
奥村遊機株式會社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Okumura Yu-Ki Co Ltd, 奥村遊機株式會社 filed Critical Okumura Yu-Ki Co Ltd
Priority to JP2005054922A priority Critical patent/JP2006238945A/en
Publication of JP2006238945A publication Critical patent/JP2006238945A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a game machine which attracts the interest of a player and increases a seasoning by including flag ON data for making it possible to select a special big winning performance command other than a normal big winning performance command in a specific performance pattern command. <P>SOLUTION: In a big winning performance command for deciding big winning performance control by a display control means and a sound control means to be executed at the time of acquiring a big winning round command, in the case that a performance pattern command selected when a variable pattern command is input (S134) is the performance command for turning ON a big winning performance change flag (S136:YES), the big winning performance change flag is turned ON (S137), and it is made possible to select the special big winning performance pattern command for changing the performance of a big winning round at present to the special performance of outputting big winning special BGM with voice and displaying the subtitle 85 of lyrics (S150, S155). <P>COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

Description

本発明は、大当りラウンドコマンドを取得した際に行われる表示制御手段及び音制御手段による大当り演出制御を決定する大当り演出コマンドに関し、通常大当り演出コマンドの他に特別大当り演出コマンドを選択可能にするフラグオンデータを特定の演出パターンコマンドに内包させることにより、的確に直接的報知と間接的報知を関連付けて再現可能な遊技機に関するものである。   The present invention relates to a big hit effect command for determining the big hit effect control by the display control means and the sound control means performed when the big hit round command is acquired, and a flag that enables selection of a special big hit effect command in addition to the normal big hit effect command The present invention relates to a gaming machine that can be reproduced by associating direct notification and indirect notification accurately by including on data in a specific performance pattern command.
従来より、遊技機は、識別図柄組合せに基づき遊技機内部の遊技判定結果を直接的に遊技者に報知することで正確な情報伝達を行うと共に、識別図柄組合せによる報知に合わせて映像演出・音選出・LED演出を行うことで、これら演出による間接的報知で直接的な識別図柄組合せによる報知だけでは実現することが不可能な遊技機のエンターテイメントを行い、遊技機が遊技機であるための正確な判定報知と遊びを両立させてきた。
例えば、特開2003−180951号公報には、所定のタイミングで停止表示され得る複数の変動図柄からなる識別情報画像と、演出画像とを含む画面画像が表示される表示部、及び、遊技状況に応じた音を出力するスピーカを備えた遊技機であって、出力するキャラクタの音声により大当たり報知の信頼性(のUP)を予告するという間接的報知の技術がある。
特開2003−180951号公報(第14頁〜第16頁、図5、図6)
Conventionally, gaming machines transmit accurate information by directly informing the player of the game determination result inside the gaming machine based on the identification symbol combination, and also produce video effects / sounds according to the notification by the identification symbol combination. By performing the selection and LED production, it is possible to perform entertainment of a gaming machine that cannot be realized by indirect notification by these performances only by notification by a direct combination of identification symbols, and the accuracy of the gaming machine is a gaming machine. Have made both a good judgment and play.
For example, Japanese Patent Application Laid-Open No. 2003-180951 discloses a display unit on which a screen image including an identification information image composed of a plurality of variable symbols that can be stopped and displayed at a predetermined timing and an effect image is displayed, and a game situation. There is an indirect notification technique in which a gaming machine is provided with a speaker that outputs a sound corresponding to the notification, and the reliability (up) of the jackpot notification is notified by the voice of the character to be output.
Japanese Patent Laying-Open No. 2003-180951 (pages 14 to 16, FIGS. 5 and 6)
ここで、間接的報知というものが、間接的報知を行うことで遊技機のエンターテイメントを担うものである以上、逆説的な考えで理解して、遊技機のエンターテイメントを担っている間接的報知であれば、どのような報知をしたとしても、それは間接的報知と考えることができる。
それに対して、前記先行文献ではその一例たる技術が開示されているだけであり、他の間接的報知の技術が開示されていない。
また、遊技機である以上、その間接的報知の結果として生み出されるものがエンターテイメントであったとしても、それはあくまで遊技判定結果を直接的に遊技者に報知することで正確な情報伝達と制御的に関連を持ち、制御として遊技機の内部では的確に制御されなければいけない。
Here, since the indirect notification is to play the entertainment of the gaming machine by performing the indirect notification, it can be understood from a paradoxical idea and is an indirect notification that is responsible for the entertainment of the gaming machine. Any notification can be considered as indirect notification.
On the other hand, the prior art only discloses a technique as an example, and does not disclose another indirect notification technique.
In addition, as long as it is a gaming machine, even if entertainment is generated as a result of the indirect notification, it can be accurately transmitted and controlled by notifying the player of the game determination result directly. It is related and must be accurately controlled inside the gaming machine as a control.
そこで、本発明では、先行文献では開示されていない全く新しい間接的報知として、遊技判定結果を直接的に遊技者に報知する識別図柄組合せを敢えて当該報知タイミングでは正確な情報として報知させずに、当該報知終了後に、間接的報知として演出状態を変化させることで、識別図柄組合せが正確な情報で報知されていないことを示唆する報知を考えるに至った。
そして、このような間接的報知を遊技機として的確に直接的報知と間接的報知を関連付けて再現できる制御方法を提案することを目的とする。
Therefore, in the present invention, as a completely new indirect notification that is not disclosed in the prior literature, the identification symbol combination that directly notifies the player of the game determination result is not reported as accurate information at the notification timing. After the notification, the effect state is changed as an indirect notification, so that the notification indicating that the identification symbol combination is not notified with accurate information has been considered.
Then, it is an object of the present invention to propose a control method that can accurately reproduce such indirect notification in association with direct notification and indirect notification as a gaming machine.
前記目的を達成するため請求項1に係る遊技機は、遊技機の動作状態を制御する主制御部と、前記主制御部とは別体に設けられるとともに、変動図柄を表示する図柄表示装置を制御する表示制御手段と、スピーカから出力される音を制御する音制御手段と、表示制御手段と音制御手段で制御される内容に因果関係を持たせる制御を行う統合制御手段と、を有するサブ制御部と、を有し、前記主制御部は、遊技球が始動口に入賞した際に所定範囲内で更新される大当り乱数の値を取得する大当り乱数取得手段と、前記大当り乱数取得手段によって取得された大当り乱数の値を、大当り判定テーブルにおいて予め定められた大当り値と一致するか否かを判定する大当り判定手段と、前記大当り判定手段の判定の結果を遊技者に報知する報知時間を決定する変動パターンコマンドを、前記大当り判定手段の判定結果に基づいて特定された一又は複数の変動パターンコマンドから選択する変動パターン選択手段と、前記変動パターン選択手段により選択された変動パターンコマンドを前記サブ制御部に送信する判定結果報知手段と、前記大当り判定手段により大当りであると判定された場合に、大入賞口の開閉を行う可変入賞装置を通常遊技状態より遊技者に有利な大当り遊技状態に制御する大当り遊技制御手段と、前記大当り遊技制御手段の制御開始に合わせて大当り遊技状態の進行状況を大当りラウンドコマンドの送信に基づいて前記サブ制御部にて遊技者に認識させるように指示する大当り遊技進行報知制御手段と、
を有し、前記統合制御手段は、前記表示制御手段と前記音制御手段との制御内容に係る演出パターンコマンドを、前記主制御部から受信した前記変動パターンコマンドに基づいて特定された一又は複数の演出パターンコマンドから選択する演出パターン選択手段と、前記大当りラウンドコマンドを取得した際の前記表示制御手段と前記音制御手段との制御内容に係る大当り演出コマンドを、前記主制御部から受信した前記大当りラウンドコマンドに基づいて特定された一又は複数の大当り演出コマンドから選択する大当り演出選択手段と、を備え、前記演出パターンコマンドは、大当りであると判定された場合のみに選択される前記変動パターンコマンドによって特定される所定の演出パターンコマンドの中に、前記大当り演出選択手段が大当り演出コマンドを選択する際に、通常選択される通常大当り演出コマンドの他に特別大当り演出コマンドを選択可能にする大当り演出変化フラグオンデータを内包するように設定され、前記大当り演出選択手段によって前記特別大当り演出コマンドが選択された場合には、以降の大当り演出選択手段での大当り演出コマンドの選択を、前記特別大当り演出コマンドが選択されるように制御する大当り演出変化制御手段を有することを特徴とする。
In order to achieve the above object, a gaming machine according to claim 1 is provided with a main control unit that controls an operation state of the gaming machine and a symbol display device that is provided separately from the main control unit and displays a variable symbol. A display control means for controlling, a sound control means for controlling the sound output from the speaker, and an integrated control means for controlling the contents controlled by the display control means and the sound control means. A control unit, and the main control unit includes a jackpot random number acquisition unit that acquires a value of a jackpot random number that is updated within a predetermined range when the game ball wins a start opening, and the jackpot random number acquisition unit. A jackpot determination means for determining whether or not the acquired jackpot random number value matches a jackpot value predetermined in the jackpot determination table, and a notification time for notifying the player of the result of the determination of the jackpot determination means. A variation pattern command for selecting a variation pattern command to be determined from one or a plurality of variation pattern commands specified based on the determination result of the jackpot determination unit; and the variation pattern command selected by the variation pattern selection unit A jackpot gaming state in which a variable winning device that opens and closes a jackpot is determined to be more advantageous to the player than the normal gaming state when it is determined that the jackpot is determined to be a big hit by the judgment result notification means transmitted to the sub-control unit The jackpot game control means for controlling the jackpot game, and instructing the player to recognize the progress status of the jackpot game state at the start of control of the jackpot game control means based on the transmission of the jackpot round command. Jackpot game progress notification control means,
The integrated control means includes one or a plurality of effect pattern commands specified based on the variation pattern commands received from the main control unit, with respect to the production pattern commands related to the control contents of the display control means and the sound control means. The effect pattern selection means to select from the effect pattern command of the, and the jackpot effect command related to the control contents of the display control means and the sound control means when the jackpot round command is acquired from the main control unit Jackpot effect selection means for selecting from one or a plurality of jackpot effect commands specified based on the jackpot round command, and the variation pattern selected only when it is determined that the effect pattern command is a jackpot Among the predetermined effect pattern commands specified by the command, the big hit effect selecting means is a large one. Is selected to include a special jackpot effect change flag on data that allows a special jackpot effect command to be selected in addition to the normal jackpot effect command that is normally selected. When a special jackpot effect command is selected, there is provided a jackpot effect change control means for controlling the selection of the jackpot effect command in the subsequent jackpot effect selection means so that the special jackpot effect command is selected. And
また、請求項2に係る遊技機は、請求項1に記載の遊技機において、前記大当り演出コマンドは前記大当りラウンドコマンドを取得した際に前記スピーカから出力される音の種類を特定するコマンドであり、前記特別大当り演出コマンドは、前記通常大当り演出コマンドと異なる種類の音を出力するように設定されていることを特徴とする。   Further, in the gaming machine according to claim 2, in the gaming machine according to claim 1, the jackpot effect command is a command for specifying a type of sound output from the speaker when the jackpot round command is acquired. The special jackpot effect command is set to output a different kind of sound from the normal jackpot effect command.
また、請求項3に係る遊技機は、請求項1又は請求項2に記載の遊技機において、前記大当り演出コマンドは前記大当りラウンドコマンドを取得した際に前記記図柄表示装置に表示される画像の種類を特定するコマンドであり、前記特別大当り演出コマンドは、前記スピーカより出力される音に関連する文字を追加して表示するように設定されていることを特徴とする。   The gaming machine according to claim 3 is the gaming machine according to claim 1 or 2, wherein the jackpot effect command is an image displayed on the symbol display device when the jackpot round command is acquired. It is a command for specifying the type, and the special jackpot effect command is set so as to add and display characters related to the sound output from the speaker.
更に、請求項4に係る遊技機は、請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の遊技機において、前記大当り判定手段の判定結果は、前記図柄表示装置に表示される図柄種類によって報知され、前記判定結果報知手段は、前記変動パターンコマンドとともに前記図柄表示装置で停止表示される最終停止図柄を送信し、前記サブ制御部は、前記主制御部から受信した前記変動パターンコマンドと前記最終停止図柄とに基づいて特定された一又は複数の演出パターンコマンドから演出パターンコマンドを選択することを特徴とする。   Furthermore, the gaming machine according to claim 4 is the gaming machine according to any one of claims 1 to 3, wherein the determination result of the jackpot determination means is notified by a symbol type displayed on the symbol display device. The determination result notification means transmits a final stop symbol that is stopped and displayed on the symbol display device together with the variation pattern command, and the sub-control unit receives the variation pattern command received from the main control unit and the final stop. An effect pattern command is selected from one or a plurality of effect pattern commands specified based on the symbol.
請求項1に係る遊技機では、統合制御手段は、大当りラウンドコマンドを取得した際に行われる表示制御手段及び音制御手段の大当り演出制御を決定する大当り演出コマンドを選択に関し、通常大当り演出コマンドの他に特別大当り演出コマンドを選択可能にするフラグオンデータを特定の演出パターンコマンドに内包させる。この制御により、本件の様な間接的報知を行っても的確に直接的報知と間接的報知を関連付けて再現できる。そのため、遊技者もこのような間接的報知をエンターテイメントとして楽しみながら、直接的報知について正確な情報を得ることができる。また、演出に基づいて遊技結果を予想する遊技者の期待感を向上させることが可能となるとともに、遊技者の興味を引きつけ、且つ興趣を増大させることができる。   In the gaming machine according to claim 1, the integrated control means relates to selection of the big hit effect command for determining the big hit effect control of the display control means and the sound control means performed when the big hit round command is acquired. In addition, flag-on data enabling selection of a special jackpot effect command is included in a specific effect pattern command. With this control, even if indirect notification is performed as in the present case, direct notification and indirect notification can be accurately associated with each other and reproduced. Therefore, the player can obtain accurate information about the direct notification while enjoying such indirect notification as entertainment. In addition, it is possible to improve the player's expectation of predicting the game result based on the performance, attract the player's interest, and increase the interest.
また、請求項2に係る遊技機では、特別大当り演出コマンドは、通常大当り演出コマンドと異なる種類の音を出力するように設定されているので、表示される図柄の変動の内容と出力される音の種類とをリンクさせ、間接的に遊技結果を遊技者に報知する手段として出力音の変化を実行することが可能となる。従って、遊技者もこのような間接的報知をエンターテイメントとして楽しみながら、直接的報知について正確な情報を得ることができる。また、演出に基づいて遊技結果を予想する遊技者の期待感を向上させることが可能となるとともに、遊技者の興味を引きつけ、且つ興趣を増大させることができる。   Further, in the gaming machine according to claim 2, since the special jackpot effect command is set to output a different kind of sound from the normal jackpot effect command, the contents of the displayed symbol variation and the output sound are output. It is possible to execute a change in the output sound as means for linking the type of the game and indirectly informing the player of the game result. Therefore, the player can obtain accurate information about the direct notification while enjoying such indirect notification as entertainment. In addition, it is possible to improve the player's expectation of predicting the game result based on the performance, attract the player's interest, and increase the interest.
また、請求項3に係る遊技機では、特別大当り演出コマンドは、スピーカより出力される音に関連する文字を追加して表示するように設定されているので、表示される図柄の変動の内容と表示される文字の有無とをリンクさせ、間接的に遊技結果を遊技者に報知する手段として表示内容の変化を実行することが可能となる。従って、遊技者もこのような間接的報知をエンターテイメントとして楽しみながら、直接的報知について正確な情報を得ることができる。また、演出に基づいて遊技結果を予想する遊技者の期待感を向上させることが可能となるとともに、遊技者の興味を引きつけ、且つ興趣を増大させることができる。   Further, in the gaming machine according to claim 3, since the special jackpot effect command is set so as to additionally display characters related to the sound output from the speaker, It is possible to change the display contents as means for linking the presence or absence of displayed characters and indirectly informing the player of the game result. Therefore, the player can obtain accurate information about the direct notification while enjoying such indirect notification as entertainment. In addition, it is possible to improve the player's expectation of predicting the game result based on the performance, attract the player's interest, and increase the interest.
更に、請求項4に係る遊技機は、サブ制御部は主制御部から受信した変動パターンコマンドと最終停止図柄とに基づいて特定された一又は複数の演出パターンコマンドから演出パターンコマンドを選択し、大当り判定手段の判定結果を表示する図柄種類によって報知するので、表示される図柄の変動の内容と演出内容とをリンクさせ、間接的に大当りの判定結果を遊技者に報知する手段として演出の変化を実行することが可能となる。従って、遊技者もこのような間接的報知をエンターテイメントとして楽しみながら、直接的報知について正確な情報を得ることができる。また、演出に基づいて遊技結果を予想する遊技者の期待感を向上させることが可能となるとともに、遊技者の興味を引きつけ、且つ興趣を増大させることができる。   Furthermore, in the gaming machine according to claim 4, the sub-control unit selects an effect pattern command from one or more effect pattern commands specified based on the variation pattern command and the final stop symbol received from the main control unit, Because the type of symbol that displays the determination result of the jackpot determination means is informed, the contents of the change of the displayed symbol and the contents of the effect are linked, and the change of the effect is indirectly reported to the player. Can be executed. Therefore, the player can obtain accurate information about the direct notification while enjoying such indirect notification as entertainment. In addition, it is possible to improve the player's expectation of predicting the game result based on the performance, attract the player's interest, and increase the interest.
以下、本発明に係る遊技機をパチンコ機について具体化した実施例について図面を参照して詳細に説明する。ここで、本実施形態に係るパチンコ機1は、大当り遊技における大当りラウンド中の演出に関して、所定の条件を満たしたときに通常の大当りラウンド中と異なる音声付のBGMを出力し、また出力される音声の歌詞を画面上に表示する特殊演出に変更して演出制御を行うものである。先ず、本実施例に係るパチンコ機1の概略構成について図1及び図2に基づき説明する。   Hereinafter, an embodiment in which a gaming machine according to the present invention is embodied in a pachinko machine will be described in detail with reference to the drawings. Here, the pachinko machine 1 according to the present embodiment outputs and outputs a BGM with sound different from that during the normal big hit round when a predetermined condition is satisfied with respect to the production during the big hit round in the big hit game. The effect control is performed by changing the lyrics of the voice to a special effect displayed on the screen. First, a schematic configuration of the pachinko machine 1 according to the present embodiment will be described with reference to FIGS. 1 and 2.
図1及び図2に示すように、パチンコ機1は、正面視矩形に形成される木製の外枠2に対して合成樹脂製の内枠3が、内枠取付用ヒンジを構成する上ヒンジ3A及び下ヒンジ3Bを介して外枠2に対して開閉自在に取り付けられている。そして、この内枠3のほぼ上半分の前側には、合成樹脂製の前面カバー部材4が左端縁部の上下を軸支されて開閉自在に取り付けられている。また、この前面カバー部材4のほぼ中央部には略円形の窓部5が開設され、この窓部5の外周縁部に形成されるガラス保持枠に装着された2枚のガラスを通して遊技盤41(図3参照)上の遊技領域42(図3参照)を見ることができるように構成されている。また、前面カバー部材4の窓部5の左上端縁部には、フルカラーの発光ダイオードが内蔵され、遊技中のエラーを表示するエラー表示電飾ランプ6が取り付けられている。また、前面カバー部材4の正面視四隅には、スピーカ7が配置されている。また、前面カバー部材4の前面部分は、窓部5の周囲が不透明な合成樹脂製の前面部材4Aで覆われており、不図示のフルカラーダイオードが窓部5の外周部に沿って内蔵され、遊技中に光演出が行われる。   As shown in FIGS. 1 and 2, the pachinko machine 1 includes an upper hinge 3 </ b> A in which an inner frame 3 made of synthetic resin forms a hinge for attaching an inner frame to a wooden outer frame 2 formed in a rectangular shape in front view. And it is attached to the outer frame 2 through the lower hinge 3B so as to be freely opened and closed. A front cover member 4 made of synthetic resin is attached to the front side of the upper half of the inner frame 3 so as to be freely opened and closed by being pivotally supported at the upper and lower sides of the left end edge portion. In addition, a substantially circular window 5 is opened at a substantially central portion of the front cover member 4, and the game board 41 is passed through two glasses attached to a glass holding frame formed on the outer peripheral edge of the window 5. The gaming area 42 (see FIG. 3) on the upper side (see FIG. 3) can be seen. In addition, a full color light emitting diode is built in the upper left edge of the window portion 5 of the front cover member 4, and an error display illumination lamp 6 for displaying an error during the game is attached. In addition, speakers 7 are arranged at four corners of the front cover member 4 as viewed from the front. Further, the front portion of the front cover member 4 is covered with a synthetic resin front member 4A made of an opaque synthetic resin, and a full-color diode (not shown) is built in along the outer periphery of the window portion 5. Light effects are performed during the game.
また、前面カバー部材4の右側端縁部には、内枠3及び前面カバー部材4を施錠する施錠装置(不図示)を操作するための鍵挿入部4Bが設けられている。前面カバー部材4を開くためには、この鍵挿入部4Bに所定のキーを挿入して所定方向に回せば、施錠装置のロック状態が解除されて、前面カバー部材4のみがオープンされる。
また、この前面カバー部材4の下側には、賞球払出装置22を介して払い出される賞球を受ける上皿8が配設されている。また、この上皿8は、左端縁部の上下を軸支されて、前面カバー部材4を開放後、内側に設けられた不図示のレバーを下げることにより開放できるように取り付けられている。また、この上皿8の中央前面部には、不図示のカード式球貸機を操作する球貸操作部8Bが設けられ、各操作ボタン8C、8Dが配置されている。そして、その上皿8の下には、下皿9が配設される。また、この下皿9の上端面左方には演出表示等に使用可能な各スイッチボタン9A、9Bが配置されている。
A key insertion portion 4B for operating a locking device (not shown) for locking the inner frame 3 and the front cover member 4 is provided at the right edge of the front cover member 4. In order to open the front cover member 4, if a predetermined key is inserted into the key insertion portion 4B and rotated in a predetermined direction, the locked state of the locking device is released and only the front cover member 4 is opened.
In addition, an upper plate 8 that receives a prize ball to be paid out via a prize ball payout device 22 is disposed below the front cover member 4. The upper plate 8 is pivotally supported on the upper and lower sides of the left edge, and is attached so that it can be opened by lowering a lever (not shown) provided inside after opening the front cover member 4. Further, a ball lending operation unit 8B for operating a card-type ball lending machine (not shown) is provided on the central front portion of the upper plate 8, and operation buttons 8C and 8D are arranged. A lower plate 9 is disposed under the upper plate 8. Further, on the left of the upper end surface of the lower plate 9, switch buttons 9A and 9B that can be used for effect display and the like are arranged.
また、上皿8に連通する不図示の球送り機構を介して上皿8のパチンコ球が操作ハンドル10によりパチンコ球の発射勢を調整される発射装置(不図示)へ送られるよう構成されている。この発射装置は、供給されるパチンコ球を連続的に叩打する発射ソレノイド(不図示)や発射勢装置として機能する発射制御基板ケース30内に配設される発射制御基板等から構成され、該発射制御基板は、操作ハンドル10の内部に取り付けられる可変抵抗器(不図示)を介して発射ソレノイドへの供給電力が調節され、パチンコ球の発射勢を強めたり、弱めたりすることが可能なように構成されている。これにより、遊技者が操作ハンドル10における回動操作部材10Aの回動量を調節することによって、該操作ハンドル10内に取り付けられた可変抵抗器の抵抗値が増減され、発射ソレノイドによるパチンコ球の発射勢の加減を適宜行うことができるように構成されている。
また、外枠2の内枠3より下側部分の前面部を左右方向及び上下方向の各全幅に渡って覆うようにスピーカ筐体11が設けられている。
また、内枠3を閉じた場合には、該内枠3の下端部は、その自重によってスピーカ筐体11の上端面部に当接している。また、このスピーカ筐体11の底面前端縁部には、左右方向全幅に渡って外枠2の下端面に対向する位置まで下方に突設されるリブ部(不図示)が設けられている。
In addition, the pachinko ball of the upper plate 8 is sent to a launching device (not shown) in which the firing force of the pachinko ball is adjusted by the operation handle 10 via a ball feed mechanism (not shown) communicating with the upper plate 8. Yes. This launching device is composed of a launching solenoid (not shown) for continuously hitting a supplied pachinko ball, a launching control board disposed in a launching control board case 30 that functions as a launching device, and the like. The control board is configured so that the power supplied to the firing solenoid is adjusted via a variable resistor (not shown) attached to the inside of the operation handle 10 so that the firing force of the pachinko ball can be increased or decreased. It is configured. Thereby, when the player adjusts the amount of rotation of the rotation operation member 10A in the operation handle 10, the resistance value of the variable resistor attached in the operation handle 10 is increased or decreased, and the pachinko ball is fired by the firing solenoid. It is configured so that the force can be appropriately adjusted.
In addition, a speaker housing 11 is provided so as to cover the front surface portion of the outer frame 2 below the inner frame 3 over the entire width in the left-right direction and the up-down direction.
Further, when the inner frame 3 is closed, the lower end portion of the inner frame 3 is in contact with the upper end surface portion of the speaker housing 11 by its own weight. Further, a rib portion (not shown) is provided on the front end edge of the bottom surface of the speaker housing 11 so as to project downward to a position facing the lower end surface of the outer frame 2 over the entire width in the left-right direction.
また、この内枠3のほぼ中央部には遊技盤41が着脱自在なように鉄板等の金属製や合成樹脂製又は合成樹脂の一体成形により形成される機構盤18に取り付けられている。そして、この機構盤18の裏側には合成樹脂製の機構セット盤20が開閉自在に蝶番により取り付けられている。
また、パチンコ機1の裏側最上段には、上方に開口した賞球タンク21が機構セット盤20に固定されている。賞球タンク21は、傾斜した底面に連通孔が形成され、その連通孔の下方にはパチンコ球を2列に整列流出し、賞球払出装置22にパチンコ球を送る通路を形成するタンクレール23が取り付けられている。また、賞球払出装置22内には、賞球案内部24内の賞球通路を通過するパチンコ球を確認する球有り検出スイッチやパチンコ球の払い出しを調節する払い出しステッピングモータが内装されている。そして、これら賞球タンク21、タンクレール23、賞球案内部24、賞球払出装置22等により賞球及び貸球の払い出しシステムが構成されている。
In addition, a game board 41 is attached to a mechanism board 18 formed by metal such as an iron plate, synthetic resin or synthetic resin integrally so that the game board 41 is detachable substantially at the center of the inner frame 3. A mechanism set board 20 made of synthetic resin is attached to the back side of the mechanism board 18 with a hinge so as to be freely opened and closed.
In addition, a prize ball tank 21 opened upward is fixed to the mechanism set board 20 at the uppermost back side of the pachinko machine 1. The prize ball tank 21 has a communication hole formed in an inclined bottom surface, and a tank rail 23 that forms a passage for the pachinko balls to flow out in two rows under the communication hole to send the pachinko balls to the prize ball dispensing device 22. Is attached. The prize ball payout device 22 includes a ball detection switch for confirming a pachinko ball passing through the prize ball passage in the prize ball guide unit 24 and a payout stepping motor for adjusting the payout of the pachinko ball. The prize ball tank 21, tank rail 23, prize ball guide unit 24, prize ball payout device 22, etc. constitute a prize ball and rental ball payout system.
また、タンクレール23の下側には液晶表示器(LCD)52(図3参照)等を制御する演出表示基板260(図4参照)が内蔵される演出表示基板ケース26が配設されている。また、演出表示基板ケース26の横側には普通役物等を駆動制御する役物駆動制御基板が内蔵される役物駆動制御基板ケース27が配設されている。また、演出表示基板ケース26の下側には、各スピーカ7、スピーカ筐体11に内蔵されるスピーカ、及びエラー表示電飾ランプ6等のフルカラーダイオード等を駆動制御するとともに、演出表示基板260による表示制御とスピーカ等に関する音制御との間に因果関係を持たせる制御を行うサブ統合制御基板280(図4参照)が内蔵されるサブ統合制御基板ケース28が配設されている。また、このサブ統合制御基板ケース28の下側には、パチンコ機1の遊技動作を制御する主制御基板290(図4参照)が内蔵される主制御基板ケース29が配設されている。そして、この主制御基板ケース29の遊技者側前面部には、操作ハンドル10の操作によって発射装置を駆動制御する発射制御基板が内蔵される発射制御基板ケース30が配設されている。また、主制御基板ケース29の横側には、賞球払出装置22を駆動制御する払出制御基板が内蔵される払出制御基板ケース31が配設されている。更に、この払出制御基板ケース31の下側には、AC24Vの供給電源からDC5VやDC12V等の各種駆動電源を生成して供給する電源基板が内蔵される電源基板ケース32が配設されている。   In addition, an effect display board case 26 in which an effect display board 260 (see FIG. 4) for controlling a liquid crystal display (LCD) 52 (see FIG. 3) and the like is incorporated is disposed below the tank rail 23. . Further, on the side of the effect display board case 26, an accessory driving control board case 27 in which an accessory driving control board for driving and controlling ordinary accessories is provided. Further, on the lower side of the effect display substrate case 26, while driving and controlling each speaker 7, the speaker built in the speaker case 11, and the full color diode such as the error display illumination lamp 6, the effect display substrate 260 is controlled. A sub-integrated control board case 28 in which a sub-integrated control board 280 (see FIG. 4) for performing a causal relationship between display control and sound control related to a speaker or the like is provided. Further, a main control board case 29 in which a main control board 290 (see FIG. 4) for controlling the gaming operation of the pachinko machine 1 is provided is disposed below the sub integrated control board case 28. On the player side front portion of the main control board case 29, a launch control board case 30 in which a launch control board that drives and controls the launch device by operating the operation handle 10 is provided. Further, a payout control board case 31 in which a payout control board for driving and controlling the prize ball payout device 22 is provided is located on the side of the main control board case 29. Further, a power supply board case 32 in which a power supply board for generating and supplying various drive power sources such as DC5V and DC12V from an AC24V supply power source is provided below the payout control board case 31.
次に、遊技盤41上の遊技領域42の構成について図3に基づいて説明する。
図3に示すように、この遊技領域42は、所定厚さの板材をなした遊技盤41上に入賞口などの各構造物が配設され、それを囲むように環状のレール43が立設されて構成されている。このレール43は、発射されたパチンコ球を遊技領域42内に案内する重複して形成した案内路44を構成し、右肩部にはレール43に沿って打ち込まれるパチンコ球の進行を制限するための段差部45を有する。
遊技領域42のほぼ中央には、開口部が開設され、この開口部の前面側に図柄表示装置48が配設されている。この図柄表示装置48は、背面部に取り付けられる液晶表示器(LCD)52等から構成されている。この液晶表示器52には、左、中、右に上下方向に変動する3列の変動図柄が表示され、左下角部には、左右に2分割された普通図柄を表示する普通図柄表示部50が構成されている。尚、図柄表示装置48において変動する3列の変動図柄は、「1,2,3,4,5,6,7,8」のいずれかの数字図柄から構成され、変動する際には各列の図柄が上から下へと移動し、その各列の図柄の変化順序は「1」→「2」→・・・→「7」→「8」→「1」→・・・のループ状となっている。
Next, the configuration of the game area 42 on the game board 41 will be described with reference to FIG.
As shown in FIG. 3, in this game area 42, each structure such as a prize opening is arranged on a game board 41 made of a plate material of a predetermined thickness, and an annular rail 43 is erected so as to surround it. Has been configured. This rail 43 constitutes an overlapping guide path 44 that guides the launched pachinko ball into the game area 42, and restricts the progress of the pachinko ball driven along the rail 43 on the right shoulder. Step portion 45.
An opening is established in the approximate center of the game area 42, and a symbol display device 48 is disposed on the front side of the opening. The symbol display device 48 includes a liquid crystal display (LCD) 52 and the like attached to the back surface portion. The liquid crystal display 52 displays three rows of changing symbols that fluctuate in the vertical direction on the left, middle, and right, and a normal symbol display unit 50 that displays a normal symbol divided into left and right at the lower left corner. Is configured. It should be noted that the three lines of varying symbols that vary in the symbol display device 48 are composed of any of the numerical symbols “1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8”. The symbol of the symbol moves from top to bottom, and the sequence of symbols in each row changes from “1” → “2” → ... → “7” → “8” → “1” → ... It has become.
一方、図柄表示装置48の左側にはゲート54が配設されている。また、このゲート54にはパチンコ球の通過を検出するゲートスイッチ54A(図4参照)が備えられている。また、図柄表示装置48の左右の下角部の外側には、通常の風車55、56が設けられている。
また、図柄表示装置48の直下には、始動口57が配設されている。この始動口57には、パチンコ球の入賞を検出する始動口スイッチ57A(図4参照)が設けられ、パチンコ球の入賞を検出することで液晶表示器52に表示されている3列の変動図柄の変動が開始する。そして、変動図柄が変動中に始動口57に入賞した場合には、入賞個数が4個まで後述の主制御基板290(図4参照)に設けられるRAMの第1保留カウンタ(後述する)に記憶されて変動図柄の変動確定回数として保留される。
On the other hand, a gate 54 is disposed on the left side of the symbol display device 48. The gate 54 is provided with a gate switch 54A (see FIG. 4) for detecting the passage of the pachinko sphere. Further, normal windmills 55 and 56 are provided outside the left and right lower corners of the symbol display device 48.
In addition, a start port 57 is disposed immediately below the symbol display device 48. The starting port 57 is provided with a starting port switch 57A (see FIG. 4) for detecting the winning of the pachinko ball, and the three rows of changing symbols displayed on the liquid crystal display 52 by detecting the winning of the pachinko ball. The fluctuation starts. If the winning symbol 57 is won while the changing symbol is changing, up to four winnings are stored in a first holding counter (to be described later) of a RAM provided on a main control board 290 (see FIG. 4) described later. It is put on hold as the number of times that the variation symbol has been confirmed.
また、ゲート54のパチンコ球の通過を検出することで普通図柄表示部50の普通図柄が変動する。そして、このゲート54にパチンコ球が入って、普通図柄表示部50の普通図柄が変動後、所定の表示態様で停止した場合(例えば、「11」、「77」のように揃った場合等)には、始動口57の上部に設けられるチューリップ式役物57Bが所定時間(本実施例では、約1秒間)開かれ、この始動口57にパチンコ球が入賞する確率が増加する。また、普通図柄が変動中にゲート54をパチンコ球が通過した場合には、通過個数が4個まで主制御基板290に設けられるRAMの第2保留カウンタ(後述する)に記憶されて普通図柄の変動確定回数として保留される。   Further, the normal symbol of the normal symbol display unit 50 is changed by detecting the passage of the pachinko ball through the gate 54. Then, when a pachinko ball enters the gate 54 and the normal symbol on the normal symbol display unit 50 changes and then stops in a predetermined display mode (for example, “11”, “77”, etc.) The tulip-type accessory 57B provided at the upper part of the start port 57 is opened for a predetermined time (in this embodiment, about 1 second), and the probability that a pachinko ball wins the start port 57 increases. In addition, when the pachinko ball passes through the gate 54 while the normal symbol is changing, the number of passages is stored in a second holding counter (to be described later) of a RAM provided on the main control board 290 up to four. Held as a fixed number of changes.
そして、始動口57の下側には、横幅が広い上方に開口する開閉扉59で前面部を覆われる大入賞口60が形成された特別入賞装置61が配設されている。また、この大入賞口60の左右両側には上方に開口する各入賞口62、63が配設されて遊技盤41裏面の不図示の賞球樋に連通され、この各入賞口62、63への入賞を検出する入賞口スイッチ(不図示)が設けられている。また、各入賞口62、63の下側には、各電飾ランプ62A、63Aが内蔵されている。
また、特別入賞装置61の直下にはレール43に沿ってアウト口65が開設されている。更に、レール43に囲まれたこのような遊技領域42には、前記各構成物とともに複数の釘が打設されてパチンコ球の複雑な流路を構成している。
A special winning device 61 is provided below the starting port 57. The special winning device 61 is formed with a large winning port 60 whose front surface is covered with an open / close door 59 having a wide lateral opening. In addition, on each of the left and right sides of the grand prize winning opening 60, winning openings 62, 63 that are open upward are arranged and communicated with a prize ball bowl (not shown) on the back of the game board 41. A winning opening switch (not shown) is provided for detecting the winning. In addition, each of the illumination lamps 62A and 63A is incorporated below the winning prize openings 62 and 63.
In addition, an out port 65 is opened along the rail 43 directly under the special winning device 61. Further, in such a game area 42 surrounded by the rails 43, a plurality of nails are driven together with the respective components to constitute a complicated flow path of the pachinko ball.
次に、上記のように構成されたパチンコ機1の駆動制御に係る制御システムの構成について図4乃至図9に基づいて説明する。
図4に示すように、パチンコ機1の駆動制御に係る制御システムは、主制御基板290、サブ統合制御基板280及び演出表示基板260等から構成されている。
主制御基板290は、CPU291、ROM292、RAM293、及び及び入出力回路(I/O)294等から構成され、このCPU291、ROM292、RAM293、及び入出力回路(I/O)294は、バス線により相互に接続されている。また、CPU291にはクロック回路295が接続されて所定のクロック信号が入力される。また、入出力回路(I/O)294には、ゲートスイッチ54A、始動口スイッチ57A等が接続されている。また、この入出力回路(I/O)294には、開閉扉59を開閉する開閉ソレノイド59A、及びチューリップ式役物57Bを開閉するソレノイド57Cが接続されている。
Next, the configuration of the control system related to the drive control of the pachinko machine 1 configured as described above will be described with reference to FIGS.
As shown in FIG. 4, the control system related to the drive control of the pachinko machine 1 includes a main control board 290, a sub-integrated control board 280, an effect display board 260, and the like.
The main control board 290 includes a CPU 291, ROM 292, RAM 293, and an input / output circuit (I / O) 294, and the CPU 291, ROM 292, RAM 293, and input / output circuit (I / O) 294 are connected by a bus line. Are connected to each other. A clock circuit 295 is connected to the CPU 291 and a predetermined clock signal is input. The input / output circuit (I / O) 294 is connected to a gate switch 54A, a start port switch 57A, and the like. The input / output circuit (I / O) 294 is connected to an opening / closing solenoid 59A for opening / closing the opening / closing door 59 and a solenoid 57C for opening / closing the tulip-type accessory 57B.
また、図5に示すように、主制御基板290のRAM293には、クロック回路295から入力されるクロック信号に基づいて0から359まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値359の次には最小値0に戻る)が格納される大当りカウンタ293Aが設けられている。この大当りカウンタ293Aのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られ、その読み取られたカウント値に基づき大当りかどうか判断される。ここでは、例えば、カウント値「7」が大当りに対応し、その他のカウント値はハズレとなる。ここでは、例えば、通常時は、カウント値「7」が大当りに対応し、いわゆる確率変動モード(確変獲得時)の場合には、カウント値「1、3、5、7」が大当りに対応しており、その他のカウント値は外れとなる。従って、ノーマル遊技状態の場合は、1/360の確率で大当りが発生し、確率変動の遊技状態の場合は、4/360の確率で大当りが発生する。
尚、大当りが抽選された場合には、左、中、右の3列の変動図柄が変動後、各図柄「1」〜「8」のうちのいずれかが「111」、「222」、・・・、「888」と揃って確定停止して表示され、その後、大入賞口60が所定回数(例えば、16回)連続して、毎回30秒間又は30秒以内に10個入賞するまで開放され、遊技者に多くの賞球が払い出されるいわゆる大当り遊技を行うことができる。
Further, as shown in FIG. 5, the RAM 293 of the main control board 290 has a numerical value obtained by repeatedly adding 1 from 0 to 359 based on the clock signal input from the clock circuit 295 (the minimum value is next to the maximum value 359). A big hit counter 293A for storing “Return to 0” is provided. The count value of the big hit counter 293A is read at the timing when the switch signal is input from the start port switch 57A, and it is determined whether or not the big hit counter is based on the read count value. Here, for example, the count value “7” corresponds to the big hit, and the other count values are lost. Here, for example, in normal times, the count value “7” corresponds to the big hit, and in the case of the so-called probability variation mode (when probability variation is acquired), the count value “1, 3, 5, 7” corresponds to the big hit. The other count values are off. Therefore, in the case of the normal gaming state, a big hit is generated with a probability of 1/360, and in the case of a gaming state with a probability variation, a big hit is generated with a probability of 4/360.
When the big hit is drawn, after the fluctuation symbols in the left, middle and right columns change, any one of the symbols “1” to “8” is “111”, “222”,. ········································································ Then, the winning prize opening 60 is continuously opened for a predetermined number of times (for example, 16 times) until 10 wins are made within 30 seconds or 30 seconds Thus, a so-called jackpot game in which a lot of prize balls are paid out to the player can be performed.
ここで、大当り遊技における上記大入賞口60の個数条件(例えば、30秒以内に10個入賞)および時間条件(例えば、30秒間)を基準とする開放動作は大当りラウンドと称されるものであり、個数条件および時間条件のいずれかが満足されたときには所定時間経過をまって大当りラウンドが再開される。この大当りラウンドの繰返し回数には上限値が設定されており(本実施形態では16回)、大当りラウンドの繰返し回数が上限値に達したときには大当り遊技が無条件に終了する(図23のS78)。   Here, in the jackpot game, the opening operation based on the number condition (for example, ten winnings within 30 seconds) and the time condition (for example, 30 seconds) of the jackpot game 60 is referred to as a jackpot round. When either the number condition or the time condition is satisfied, the predetermined time elapses and the big hit round is resumed. An upper limit is set for the number of repetitions of the big hit round (16 in this embodiment), and when the number of repetitions of the big hit round reaches the upper limit, the big hit game is unconditionally ended (S78 in FIG. 23). .
また、大当りラウンド中には図柄表示装置48に大当りラウンド表示が行われる。この大当りラウンド表示は現在の大当りラウンド数に応じたアニメーション等の動画を表示するものであり、画面上には現在の大当りラウンド数が数値等で表示される(図29(a)〜(c)参照)。また、大当りラウンド中には通常の図柄変動時とは異なる専用の大当りBGMが流れる。ここで、大当りBGMは後述のように楽器伴奏のみからなるインストルメンタルである大当り通常BGMと、前記インストルメンタルにアーティストの音声を併せて出力する大当り特殊BGMとから構成されている。そして、通常の大当りラウンド中は大当り通常BGMが出力されるが、後述の大当り演出変化フラグがオンされた状態で大当りラウンドコマンドを受信した場合に、サブ統合制御基板280のCPU281によって大当り特殊BGMを出力する演出態様が選択されると、それ以降の大当りラウンドは大当り特殊BGMが出力される(図14、図15、図27のS147〜S154参照)。   Also, during the big hit round, the big hit round display is performed on the symbol display device 48. The jackpot round display is to display a moving image such as an animation corresponding to the current jackpot round number, and the current jackpot round number is displayed as a numerical value on the screen (FIGS. 29A to 29C). reference). In addition, during the big hit round, a special big hit BGM that is different from that during normal symbol fluctuations flows. Here, the jackpot BGM is composed of a jackpot normal BGM which is an instrument consisting only of musical instrument accompaniment and a jackpot special BGM which outputs the sound of the artist together with the instrumental as will be described later. In the normal big hit round, the big hit normal BGM is output. However, when the big hit round command is received with the big hit effect change flag (described later) turned on, the CPU 281 of the sub integrated control board 280 sets the big hit special BGM. When the effect mode to be output is selected, the big hit special BGM is output in the subsequent big hit rounds (see S147 to S154 in FIGS. 14, 15, and 27).
また、RAM293には、クロック回路295から入力されるクロック信号に基づいて0から9まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値9の次には最小値0に戻る)が格納される普通図柄カウンタ293Bが設けられている。かかる普通図柄カウンタ293Bのカウント値は、各ゲートスイッチ54Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られ、その読み取られたカウント値に基づいて当たりかどうか判断される。ここでは、例えば、カウント値が「偶数」の場合が当たりに対応し、「奇数」の場合が外れに対応している。   Further, the RAM 293 stores a normal symbol counter 293B in which a numerical value obtained by repeatedly adding 1 from 0 to 9 (returning to the minimum value 0 next to the maximum value 9) based on the clock signal input from the clock circuit 295 is stored. Is provided. The count value of the normal symbol counter 293B is read at the timing when the switch signal is input from each gate switch 54A, and it is determined whether or not it is hit based on the read count value. Here, for example, the case where the count value is “even” corresponds to the win, and the case where the count value is “odd” corresponds to the loss.
ここで、普通図柄カウンタ293Bは、ゲート54(図3参照)をパチンコ球が通過した際に、パチンコ球の通過を検出するゲートスイッチからの信号が入力されたときに記憶されている数値をその時の「普通図柄カウント値」としてパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。   Here, when the pachinko ball passes through the gate 54 (see FIG. 3), the normal symbol counter 293B then stores the numerical value stored when the signal from the gate switch that detects the passage of the pachinko ball is input. Is stored in the parameter storage area 293K as “ordinary symbol count value”.
また、液晶表示器52の図柄が変動中に始動口57に入賞した入賞個数が最大4個までカウントされる第1保留カウンタ293Cが設けられている。また、普通図柄表示部50の普通図柄が変動中にゲート54を通過した通過個数が最大4個までカウントされる第2保留カウンタ293Dが設けられている。   In addition, a first holding counter 293C is provided that counts up to a maximum of four winnings in the starting port 57 while the design of the liquid crystal display 52 is changing. Further, a second holding counter 293D is provided that counts up to four passes through the gate 54 while the normal symbol of the normal symbol display unit 50 is changing.
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から142まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値142の次には最小値0に戻る)が格納されるリーチカウンタ293Eが設けられている。かかるリーチカウンタ293Eのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られ、その読み取られたカウント値に基づきリーチ状態かどうか判断される。ここでは、例えば、カウント値「0〜27」がリーチ後に外れとなるリーチハズレの場合に対応し、カウント値「28〜142」がリーチに至ることなく直ちにハズレとなる完全ハズレの場合に対応している。   Further, the RAM 293 has a reach counter 293E that stores a numerical value obtained by repeatedly adding one by one from 0 to 142 based on the clock signal output from the clock circuit 295 (the maximum value 142 then returns to the minimum value 0). Is provided. The count value of the reach counter 293E is read at the timing when the switch signal is input from the start port switch 57A, and it is determined whether or not the reach state is based on the read count value. Here, for example, it corresponds to the case of reach loss where the count value “0 to 27” is lost after reaching, and to the case of complete loss where the count value “28 to 142” is immediately lost without reaching reach. Yes.
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から7まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値7の次には最小値0に戻る)が格納される大当り図柄選択カウンタ293Fが設けられている。かかる大当り図柄選択カウンタ293Fのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られ、その読み取られたカウント値に基づき液晶表示器(LCD)52に表示される当たり図柄が選択される。例えば、カウント値「0」が大当り図柄「111」、カウント値「1」が大当り図柄「222」、カウント値「2」が大当り図柄「333」、カウント値「3」が大当り図柄「444」、カウント値「4」が大当り図柄「555」、カウント値「5」が大当り図柄「666」、カウント値「6」が大当り図柄「777」、カウント値「7」が大当り図柄「888」に対応している。尚、各大当り図柄は、後述のように各種の表示演出に基づき一連の図柄変動を経た後に停止表示される装飾図柄の組合せのパターンを特定する。   In addition, the RAM 293 stores a jackpot symbol selection counter in which a numerical value obtained by repeatedly adding 1 from 0 to 7 based on the clock signal output from the clock circuit 295 (returns to the minimum value 0 after the maximum value 7) is stored. 293F is provided. The count value of the jackpot symbol selection counter 293F is read at the timing when the switch signal is input from the start port switch 57A, and the winning symbol displayed on the liquid crystal display (LCD) 52 is selected based on the read count value. Is done. For example, the count value “0” is a jackpot symbol “111”, the count value “1” is a jackpot symbol “222”, the count value “2” is a jackpot symbol “333”, the count value “3” is a jackpot symbol “444”, The count value “4” corresponds to the jackpot symbol “555”, the count value “5” corresponds to the jackpot symbol “666”, the count value “6” corresponds to the jackpot symbol “777”, and the count value “7” corresponds to the jackpot symbol “888”. ing. Each jackpot symbol specifies a combination pattern of decorative symbols that are stopped and displayed after a series of symbol variations based on various display effects as described later.
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から3まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値3の次には最小値0に戻る)が格納される普通図柄選択カウンタ293Gが設けられている。ここでは、例えば、カウント値「0」が普通図柄「11」、カウント値「1」が普通図柄「17」、カウント値「2」が普通図柄「71」、カウント値「3」が普通図柄「77」に対応している。尚、各普通図柄は、公知のように、一連の図柄変動を経た後に停止表示される図柄である。   The RAM 293 stores a normal symbol selection counter in which a numerical value obtained by repeatedly adding one by one from 0 to 3 based on the clock signal output from the clock circuit 295 (returns to the minimum value 0 next to the maximum value 3) is stored. 293G is provided. Here, for example, the count value “0” is the normal symbol “11”, the count value “1” is the normal symbol “17”, the count value “2” is the normal symbol “71”, and the count value “3” is the normal symbol “17”. 77 ". Each ordinary symbol is a symbol that is stopped and displayed after a series of symbol fluctuations, as is well known.
ここで、普通図柄選択カウンタ293Gは、ゲート54(図3参照)をパチンコ球が通過した際に、パチンコ球の通過を検出するゲートスイッチからの信号が入力されたときに記憶されている数値をその時の「普通図柄選択カウント値」として後述のパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。   Here, when the pachinko ball passes through the gate 54 (see FIG. 3), the normal symbol selection counter 293G receives the numerical value stored when the signal from the gate switch that detects the passage of the pachinko ball is input. The “normal symbol selection count value” at that time is stored in a parameter storage area 293K described later.
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から9まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値9の次には最小値0に戻る)が格納される変動パターン選択カウンタ293Hが設けられている。かかる変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られる。尚、変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値は、液晶表示器52の3列の変動図柄の変動が開始されるタイミングで読み取るように構成してもよい。また、この変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値に基づいて選択される変動パターンコマンドは、公知のように、各種の表示演出に基づき図柄表示装置25で一連の図柄変動を表示する変動パターンを特定したコマンドであり、本実施形態においては、後述のように表示演出時間として完全ハズレの変動パターンでは「5秒間」のものが設定されている。また、リーチハズレの変動パターンでは「20秒間」、「30秒間」の2種類のものが設定されている。また、大当りの変動パターンでは「22秒間」、「32秒間」、「42秒間」の3種類のものが設定されている。   In addition, the RAM 293 stores a numerical value obtained by repeatedly adding one by one from 0 to 9 based on the clock signal output from the clock circuit 295 (the maximum value 9 is then returned to the minimum value 0), and the variation pattern selection counter is stored. 293H is provided. The count value of the variation pattern selection counter 293H is read at the timing when the switch signal is input from the start port switch 57A. Note that the count value of the variation pattern selection counter 293H may be configured to be read at the timing when the variation of the variation symbols of the three columns of the liquid crystal display 52 is started. The variation pattern command selected based on the count value of the variation pattern selection counter 293H specifies a variation pattern for displaying a series of symbol variations on the symbol display device 25 based on various display effects as is well known. In this embodiment, as described later, the display effect time is set to “5 seconds” in the complete loss variation pattern as described later. In addition, in the reach loss variation pattern, two types of “20 seconds” and “30 seconds” are set. In addition, three types of variation patterns “22 seconds”, “32 seconds”, and “42 seconds” are set as the big hit variation pattern.
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から200まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値200の次には最小値0に戻る)が格納されるハズレ図柄選択カウンタ293Iが設けられている。かかるハズレ図柄選択カウンタ293Iのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られる。
また、RAM293には、クロック回路295から出力されるクロック信号に基づいて0から143まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値143の次には最小値0に戻る)が格納されるリーチハズレ図柄選択カウンタ293Jが設けられている。かかるリーチハズレ図柄選択カウンタ293Jのカウント値は、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されるタイミングで読み取られる。
Further, the RAM 293 stores a numerical value obtained by repeatedly adding 1 from 0 to 200 based on the clock signal output from the clock circuit 295 (the maximum value 200 then returns to the minimum value 0). 293I is provided. The count value of the lost symbol selection counter 293I is read at the timing when the switch signal is input from the start port switch 57A.
In addition, the RAM 293 stores a numerical value obtained by repeatedly adding one by one from 0 to 143 based on the clock signal output from the clock circuit 295 (returns to the minimum value 0 next to the maximum value 143), and the reach / losing symbol selection counter. 293J is provided. The count value of the reach lose symbol selection counter 293J is read at the timing when the switch signal is input from the start port switch 57A.
また、RAM293には、始動口スイッチ57Aからスイッチ信号が入力されたときの各カウンタ293A〜293Jのカウント値等が記憶されるパラメータ記憶エリア293Kが設けられている。
尚、各カウンタ293A〜293Jの各カウント値及びパラメータ記憶エリア293Kは、起動時に「0」に初期化される。また、第1保留カウンタ293Cは、特別図柄が変動を開始する毎に1減算される。また、第2保留カウンタ293Dは、普通図柄が変動を開始する毎に1減算される。
Further, the RAM 293 is provided with a parameter storage area 293K for storing the count values of the counters 293A to 293J when a switch signal is input from the start port switch 57A.
Note that the count values and the parameter storage area 293K of the counters 293A to 293J are initialized to “0” at startup. The first hold counter 293C is decremented by 1 every time the special symbol starts to change. The second hold counter 293D is decremented by 1 every time the normal symbol starts to change.
また、図6に示すように、ROM292には、前記変動パターンのカウント値に基づいて、変動パターンを決定する後述の変動パターン決定テーブル74(図10参照)が格納される変動パターン決定テーブル記憶エリア292Aが設けられている。   Further, as shown in FIG. 6, the ROM 292 stores a variation pattern determination table storage area in which a later-described variation pattern determination table 74 (see FIG. 10) for determining a variation pattern is stored based on the variation pattern count value. 292A is provided.
以下に、主制御基板290のROM292の変動パターン決定テーブル記憶エリア292Aに記憶される変動パターン決定テーブル74について図10に基づいて説明する。図10は本実施形態に係るパチンコ機1の主制御基板290のROM292の変動パターン決定テーブル記憶エリア292Aに記憶される変動パターン決定テーブルの一例を示す図である。
図10に示すように、本実施形態に係る変動パターン決定テーブル74は、大きく4つのパターン群により構成され、大当りカウンタ293Aのカウント値よりハズレと判断され、且つリーチカウンタ293Eのカウント値よりリーチが発生しないと判断された場合に選択される完全ハズレ変動パターン群(変動パターンコマンド1)と、大当りカウンタ293Aのカウント値よりハズレと判断され、且つリーチカウンタ293Eのカウント値よりリーチが発生すると判断された場合に選択されるリーチハズレ変動パターン群(変動パターンコマンド2、変動パターンコマンド3)と、大当りカウンタ293Aのカウント値より大当りと判断された場合(通常大当り及び確変大当り含む)に選択される大当り変動パターン群(変動パターンコマンド12、変動パターンコマンド13、変動パターンコマンド14)とがある。
そして、先ず、各カウント値により「大当り(通常大当り及び確変大当り含む)」、「リーチハズレ」、「完全ハズレ」が判断され、その後、変動パターン決定テーブル74の対応するパターン群より変動パターン選択カウンタ293Hのカウント値に基づいて変動パターン(変動パターンコマンド)が決定される。
Hereinafter, the variation pattern determination table 74 stored in the variation pattern determination table storage area 292A of the ROM 292 of the main control board 290 will be described with reference to FIG. FIG. 10 is a diagram showing an example of the variation pattern determination table stored in the variation pattern determination table storage area 292A of the ROM 292 of the main control board 290 of the pachinko machine 1 according to the present embodiment.
As shown in FIG. 10, the variation pattern determination table 74 according to the present embodiment is mainly composed of four pattern groups, is judged to be lost from the count value of the big hit counter 293A, and the reach is determined from the count value of the reach counter 293E. It is determined that there is a loss from the complete loss variation pattern group (variation pattern command 1) selected when it is determined not to occur and the count value of the big hit counter 293A, and a reach is determined from the count value of the reach counter 293E. Reach hit variation pattern group (variation pattern command 2 and variation pattern command 3) selected in the case of hit, and the big hit fluctuation selected when the big hit is judged from the count value of the big hit counter 293A (including normal big hit and probable big hit) Pattern group (variable pattern code Command 12, the variation pattern command 13, the variation pattern command 14) and there is.
First, “big hit (including normal big hit and probability variation big hit)”, “reach loss”, and “complete loss” are determined by each count value, and thereafter, the variation pattern selection counter 293H is determined from the corresponding pattern group of the variation pattern determination table 74. A variation pattern (variation pattern command) is determined based on the count value.
また、図4に示すように、サブ統合制御基板280には、CPU281、スピーカ7や電飾ランプ6等の駆動制御プログラム等を格納するROM282、主制御基板290からの各種制御信号を格納するRAM283、主制御基板290から送出される各種制御信号を受信する入出力回路(I/O)284、スピーカ7を駆動制御する駆動回路71、エラー表示電飾ランプ6等を駆動制御する駆動回路72等が配設されている。そして、このCPU281、ROM282、RAM283、及び入出力回路(I/O)284は、バス線により相互に接続されている。また、CPU281にはクロック回路285が接続されて所定のクロック信号が入力される。また、入出力回路(I/O)284には、主制御基板290の入出力回路(I/O)294が接続されている。また、この入出力回路(I/O)284には、各駆動回路71、72が接続されている。   As shown in FIG. 4, the sub-integrated control board 280 includes a CPU 281, a ROM 282 that stores a drive control program for the speaker 7, the illumination lamp 6, and the like, and a RAM 283 that stores various control signals from the main control board 290. , An input / output circuit (I / O) 284 for receiving various control signals sent from the main control board 290, a drive circuit 71 for driving and controlling the speaker 7, a drive circuit 72 for driving and controlling the error display illumination lamp 6 and the like Is arranged. The CPU 281, ROM 282, RAM 283, and input / output circuit (I / O) 284 are mutually connected by a bus line. A clock circuit 285 is connected to the CPU 281 and a predetermined clock signal is input. The input / output circuit (I / O) 284 is connected to the input / output circuit (I / O) 294 of the main control board 290. The input / output circuit (I / O) 284 is connected to the drive circuits 71 and 72.
また、図7に示すように、サブ統合制御基板280のRAM283には、クロック回路285から入力されるクロック信号に基づいて0から13まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値13の次には最小値0に戻る)が格納される演出パターン選択カウンタ283Aが設けられている。かかる演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値は、主制御基板290から送信された変動パターンコマンドが入力されるタイミングで読み取られ(図26のS132)、その読み取られたカウント値は、パラメータ記憶エリア283Cに記憶される。
更に、RAM283には、クロック回路285から入力されるクロック信号に基づいて0から9まで繰り返し1ずつ加算した数値(最大値9の次には最小値0に戻る)が格納される大当り演出パターン選択カウンタ283Bが設けられている。かかる大当り演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値は、主制御基板290から送信された大当りラウンドコマンドが入力されるタイミングで読み取られ(図27のS148)、その読み取られたカウント値は、パラメータ記憶エリア283Cに記憶される。
Further, as shown in FIG. 7, the RAM 283 of the sub-integrated control board 280 repeatedly adds one by one from 0 to 13 based on the clock signal input from the clock circuit 285 (the minimum value is next to the maximum value 13). An effect pattern selection counter 283A in which “return to value 0” is stored is provided. The count value of the effect pattern selection counter 283A is read at the timing when the variation pattern command transmitted from the main control board 290 is input (S132 in FIG. 26), and the read count value is stored in the parameter storage area 283C. Remembered.
Further, the RAM 283 stores a value obtained by repeatedly adding one by one from 0 to 9 based on the clock signal input from the clock circuit 285 (the maximum value 9 is then returned to the minimum value 0). A counter 283B is provided. The count value of the jackpot effect pattern selection counter 283B is read at the timing when the jackpot round command transmitted from the main control board 290 is input (S148 in FIG. 27), and the read count value is read in the parameter storage area 283C. Is remembered.
また、図8に示すように、サブ統合制御基板280のROM282には、後述の演出パターン選択テーブル75(図11参照)が格納される演出パターン選択テーブル記憶エリア282Aと、後述の演出音出力テーブル76(図12参照)が格納される演出音出力テーブル記憶エリア282Bと、後述の大当り演出パターン選択テーブル78(図14参照)が格納される大当り演出パターン選択テーブル記憶エリア282Cと、後述の大当り演出音出力テーブル79(図15参照)が格納される大当り演出音出力テーブル記憶エリア282Dが設けられている。更に、ROM282には、後述の各演出パターンコマンド1A、2A、・・・、14D(図11参照)や、各大当り演出パターンコマンドR1A、R1B、・・・、R16B−2(図14参照)に対応する演出パターンの選択に関する制御を行う為の後述のサブ制御プログラム(図24〜図28)が格納されている。   Also, as shown in FIG. 8, the ROM 282 of the sub-integrated control board 280 has an effect pattern selection table storage area 282A in which an effect pattern selection table 75 (see FIG. 11) described later is stored, and an effect sound output table described later. Effect sound output table storage area 282B in which 76 (see FIG. 12) is stored, jackpot effect pattern selection table storage area 282C in which a later-described jackpot effect pattern selection table 78 (see FIG. 14) is stored, and a later-described jackpot effect A jackpot effect sound output table storage area 282D in which a sound output table 79 (see FIG. 15) is stored is provided. In addition, the ROM 282 contains the following effect pattern commands 1A, 2A,..., 14D (see FIG. 11) and the jackpot effect pattern commands R1A, R1B,..., R16B-2 (see FIG. 14). A sub-control program (FIGS. 24 to 28) to be described later for controlling the selection of the corresponding effect pattern is stored.
また、図4に示すように、演出表示基板260には、CPU261、表示制御プログラムや所要の表示データを格納するROM262、表示指令、表示情報、入出力信号等を格納するRAM263、サブ統合制御基板280から送出される各種制御信号を受信する入出力回路(I/O)264、及びCPU261から送られた表示情報を受けて液晶表示器(LCD)52に対して画像を加工して表示するVDP(Video Display Processor)265等が配設されている。そして、このCPU261、ROM262、RAM263、入出力回路(I/O)264、及びVDP(Video Display Processor)265は、バス線により相互に接続されている。また、CPU261にはクロック回路266が接続されて所定のクロック信号が入力される。そして、CPU261は、サブ統合制御基板280から入力される表示パターン情報等の各種制御信号に基づいて、液晶表示器(LCD)52に所定の演出表示を行う。
また、図9に示すように、ROM262には、後述の演出表示データテーブル77(図13参照)が格納される演出表示データテーブル記憶エリア262Aと、後述の大当り演出表示データテーブル80(図16参照)が格納される大当り演出表示データテーブル記憶エリア262Bとが設けられている。更に、ROM262には、後述の各演出パターンコマンド1A、2A、・・・、14D(図13参照)や、各大当り演出パターンコマンドR1A、R1B、・・・、R16B−2(図16参照)に対応する演出パターンの液晶表示器52の表示制御を行う為のサブ制御プログラムが格納されている。
As shown in FIG. 4, the effect display board 260 includes a CPU 261, a ROM 262 for storing a display control program and required display data, a RAM 263 for storing display commands, display information, input / output signals, and the like, and a sub-integrated control board. An input / output circuit (I / O) 264 that receives various control signals sent from the H.280 and a VDP that receives display information sent from the CPU 261 and processes and displays an image on the liquid crystal display (LCD) 52 (Video Display Processor) 265 and the like are provided. The CPU 261, ROM 262, RAM 263, input / output circuit (I / O) 264, and VDP (Video Display Processor) 265 are connected to each other via a bus line. A clock circuit 266 is connected to the CPU 261 and a predetermined clock signal is input. Then, the CPU 261 performs a predetermined effect display on the liquid crystal display (LCD) 52 based on various control signals such as display pattern information input from the sub-integrated control board 280.
Further, as shown in FIG. 9, the ROM 262 has an effect display data table storage area 262A in which an effect display data table 77 (see FIG. 13) described later is stored, and a jackpot effect display data table 80 (see FIG. 16) described later. ) Is stored and a big hit effect display data table storage area 262B is provided. In addition, the ROM 262 stores various effect pattern commands 1A, 2A,..., 14D (see FIG. 13) described later, and jackpot effect pattern commands R1A, R1B,. A sub control program for performing display control of the liquid crystal display 52 of the corresponding effect pattern is stored.
次に、サブ統合制御基板280のROM282の演出パターン選択テーブル記憶エリア282Aに記憶される演出パターン選択テーブル75の一例について図11に基づいて説明する。ここで、演出パターン選択テーブル75は、サブ統合制御基板280のCPU281が主制御基板290のCPU291から表示指示情報(具体的には変動パターンコマンド及び最終停止図柄情報)を入力された場合に、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出表示指示情報及びスピーカ7を制御する制御情報としての演出パターン(演出パターンコマンド)を選択する場合に使用するテーブルである。   Next, an example of the effect pattern selection table 75 stored in the effect pattern selection table storage area 282A of the ROM 282 of the sub integrated control board 280 will be described with reference to FIG. Here, the production pattern selection table 75 is produced when the CPU 281 of the sub-integrated control board 280 receives display instruction information (specifically, the variation pattern command and the final stop symbol information) from the CPU 291 of the main control board 290. It is a table used when selecting an effect display instruction information to be output (instructed) to the CPU 261 of the display substrate 260 and an effect pattern (effect pattern command) as control information for controlling the speaker 7.
図11に示すように、演出パターン選択テーブル75は、主制御基板290のCPU291から入力された変動パターンの指示情報を表す「変動パターンコマンド」と、CPU291から入力された最終的に確定停止時に表示する3列の各図柄を表す「最終停止指示図柄」と、CPU291から変動パターンコマンドが入力された際の演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値を表す「カウント値」と、この「カウント値」に対応する「演出パターン」とから構成されている。この「演出パターン」は、演出表示基板260のCPU261に対して液晶表示器(LCD)52に演出表示するように指示するリーチの種類や大当り演出変化フラグの有無等の演出に関する表示パターンを表している。
ここで、大当り演出変化フラグとは、大当り遊技中に主制御基板290から次の大当りラウンドを開始する大当りラウンドコマンドが送信された際に、大当りラウンド中の演出として、現在出力されているBGMをインストルメンタルである大当り通常BGMからアーティストの音声を併せて出力する大当り特殊BGMに変更するとともに、液晶表示器52に歌詞のテロップを新たに表示する演出を行うか否かの抽選を可能にする為のフラグである。
As shown in FIG. 11, the effect pattern selection table 75 is displayed when the “variation pattern command” indicating the variation pattern instruction information input from the CPU 291 of the main control board 290 and the final confirmation stop input from the CPU 291. Corresponding to the “count value” representing the “final stop instruction symbol” representing each symbol of the three columns, the “count value” representing the count value of the effect pattern selection counter 283A when the variation pattern command is input from the CPU 291 It consists of “production patterns”. This “effect pattern” represents a display pattern related to effects such as the type of reach that instructs the liquid crystal display (LCD) 52 to display effects on the CPU 261 of the effect display board 260 and the presence / absence of a big hit effect change flag. Yes.
Here, the big hit effect change flag means that, when a big hit round command for starting the next big hit round is transmitted from the main control board 290 during the big hit game, the currently output BGM is output as an effect during the big hit round. In order to enable the lottery whether or not to perform the effect of newly displaying the lyrics telop on the liquid crystal display 52 while changing the instrumental jackpot normal BGM to the jackpot special BGM that outputs the artist's voice together Flag.
例えば、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「1」であった場合には、カウント値に関わらず演出パターンコマンド1Aが選択される。演出パターンコマンド1Aは、主制御基板290から指示された最終停止図柄の指示通りに完全ハズレを報知する図柄の組合せを停止表示させる演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「2」であった場合には、カウント値に関わらず演出パターンコマンド2Aが選択される。演出パターンコマンド2Aは、リーチAの演出によって主制御基板290から指示された最終停止図柄の指示通りにリーチハズレを報知する図柄の組合せを停止表示させる演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「3」であった場合には、カウント値に関わらず演出パターンコマンド3Aが選択される。演出パターンコマンド3Aは、リーチBの演出によって主制御基板290から指示された最終停止図柄の指示通りにリーチハズレを報知する図柄の組合せを停止表示させる演出パターンを特定するコマンドである。
For example, when the “variation pattern command” input from the main control board 290 is “1”, the effect pattern command 1A is selected regardless of the count value. The effect pattern command 1A is a command for specifying an effect pattern for stopping and displaying a combination of symbols for notifying complete loss as instructed by the final stop symbol instructed from the main control board 290.
When the “variation pattern command” input from the main control board 290 is “2”, the effect pattern command 2A is selected regardless of the count value. The effect pattern command 2A is a command for specifying an effect pattern for stopping and displaying a combination of symbols for notifying reach loss as instructed by the final stop symbol instructed from the main control board 290 by the effect of reach A.
When the “variation pattern command” input from the main control board 290 is “3”, the effect pattern command 3A is selected regardless of the count value. The effect pattern command 3A is a command for specifying an effect pattern for stopping and displaying a combination of symbols for notifying reach loss as instructed by the final stop symbol instructed from the main control board 290 by the effect of reach B.
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「12」で、「最終停止指示図柄」が通常大当り図柄である「222」、「444」、「666」、「888」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「0〜9」である場合には、演出パターンコマンド12Aが選択される。演出パターンコマンド12Aは、リーチAの演出によって主制御基板290から指示された通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止表示させる演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「12」で、「最終停止指示図柄」が通常大当り図柄である「222」、「444」、「666」、「888」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「10〜13」である場合には、演出パターンコマンド12Bが選択される。演出パターンコマンド12Bは、リーチAの演出によって主制御基板290から指示された通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止表示させ、その後の大当り演出中において出力されるBGM等を変化させることを可能とする大当り演出変化フラグをオンするデータを内包する演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「12」で、「最終停止指示図柄」が確変大当り図柄である「111」、「333」、「555」、「777」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「0〜3」である場合には、演出パターンコマンド12Cが選択される。演出パターンコマンド12Cは、リーチAの演出によって主制御基板290から指示された確変大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止表示させる演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「12」で、「最終停止指示図柄」が確変大当り図柄である「111」、「333」、「555」、「777」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「4〜13」である場合には、演出パターンコマンド12Dが選択される。演出パターンコマンド12Dは、リーチAの演出によって最終停止指示図柄と異なる通常の大当り図柄(例えば、最終停止指示図柄で指示された図柄が「777」であった場合は「666」)を報知する装飾図柄の組合せを停止表示させるとともに、後の大当りラウンドの最終ラウンドで主制御基板290から指示された最終停止図柄(確変大当り図柄)に図柄を変動し、更に、大当り演出中において出力されるBGM等を変化させることを可能とする大当り演出変化フラグをオンするデータを内包する演出パターンを特定するコマンドである。
The “variation pattern command” input from the main control board 290 is “12” and the “final stop instruction symbol” is a normal jackpot symbol “222”, “444”, “666”, “888”. However, if the count value of the effect pattern selection counter 283A is “0 to 9”, the effect pattern command 12A is selected. The effect pattern command 12A is a command for specifying an effect pattern for stopping and displaying a combination of decorative symbols informing the normal jackpot instructed from the main control board 290 by the effect of reach A.
The “variation pattern command” input from the main control board 290 is “12” and the “final stop instruction symbol” is a normal jackpot symbol “222”, “444”, “666”, “888”. However, when the count value of the effect pattern selection counter 283A is “10 to 13”, the effect pattern command 12B is selected. The effect pattern command 12B can stop the display of the combination of decorative symbols for informing the normal jackpot instructed from the main control board 290 by the reach A effect, and change the BGM and the like output during the subsequent jackpot effect. Is a command for specifying an effect pattern including data for turning on the big hit effect change flag.
Also, any one of “111”, “333”, “555”, and “777” in which the “variation pattern command” input from the main control board 290 is “12” and the “final stop instruction symbol” is the probability variation big hit symbol. However, when the count value of the effect pattern selection counter 283A is “0 to 3”, the effect pattern command 12C is selected. The effect pattern command 12C is a command for specifying an effect pattern for stopping and displaying a combination of decorative symbols for notifying the probability variation jackpot instructed from the main control board 290 by the effect of reach A.
Also, any one of “111”, “333”, “555”, and “777” in which the “variation pattern command” input from the main control board 290 is “12” and the “final stop instruction symbol” is the probability variation big hit symbol. If the count value of the effect pattern selection counter 283A is “4 to 13”, the effect pattern command 12D is selected. The effect pattern command 12D is a decoration for notifying a normal jackpot symbol that is different from the final stop instruction symbol by the effect of reach A (for example, “666” when the symbol indicated by the final stop instruction symbol is “777”). The combination of symbols is stopped and displayed, the symbol is changed to the final stop symbol (probable variation big hit symbol) designated from the main control board 290 in the final round of the subsequent big hit round, and further, BGM outputted during the big hit effect, etc. This is a command for specifying an effect pattern that includes data for turning on the jackpot effect change flag that enables the change of the effect.
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「13」で、「最終停止指示図柄」が通常大当り図柄である「222」、「444」、「666」、「888」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「0〜9」である場合には、演出パターンコマンド13Aが選択される。演出パターンコマンド13Aは、リーチBの演出によって主制御基板290から指示された通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止表示させる演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「13」で、「最終停止指示図柄」が通常大当り図柄である「222」、「444」、「666」、「888」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「10〜13」である場合には、演出パターンコマンド13Bが選択される。演出パターンコマンド13Bは、リーチBの演出によって主制御基板290から指示された通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止表示させ、その後の大当り演出中において出力されるBGM等を変化させることを可能とするフラグである大当り演出変化フラグをオンするデータを内包する演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「13」で、「最終停止指示図柄」が確変大当り図柄である「111」、「333」、「555」、「777」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「0〜3」である場合には、演出パターンコマンド13Cが選択される。演出パターンコマンド13Cは、リーチBの演出によって主制御基板290から指示された確変大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止表示させる演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「13」で、「最終停止指示図柄」が確変大当り図柄である「111」、「333」、「555」、「777」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「4〜13」である場合には、演出パターンコマンド13Dが選択される。演出パターンコマンド13Dは、リーチBの演出によって最終停止指示図柄と異なる通常の大当り図柄(例えば、最終停止指示図柄で指示された図柄が「777」であった場合は「666」)を報知する装飾図柄の組合せを停止表示させるとともに、後の大当りラウンドの最終ラウンドで主制御基板290から指示された最終停止図柄(確変大当り図柄)に図柄を変動し、更に、大当り演出中において出力されるBGM等を変化させることを可能とするフラグである大当り演出変化フラグをオンするデータを内包する演出パターンを特定するコマンドである。
The “variation pattern command” input from the main control board 290 is “13” and the “final stop instruction symbol” is a normal big hit symbol “222”, “444”, “666”, or “888”. However, if the count value of the effect pattern selection counter 283A is “0 to 9”, the effect pattern command 13A is selected. The effect pattern command 13A is a command for specifying an effect pattern for stopping and displaying a combination of decorative symbols informing the normal jackpot instructed from the main control board 290 by the effect of reach B.
The “variation pattern command” input from the main control board 290 is “13” and the “final stop instruction symbol” is a normal big hit symbol “222”, “444”, “666”, or “888”. However, when the count value of the effect pattern selection counter 283A is “10 to 13”, the effect pattern command 13B is selected. The effect pattern command 13B can stop and display the combination of decorative symbols that notify the normal jackpot instructed from the main control board 290 by the reach B effect, and can change the BGM output during the subsequent jackpot effect. Is a command for specifying an effect pattern that includes data for turning on the big hit effect change flag.
Also, any one of “111”, “333”, “555”, and “777” in which the “variation pattern command” input from the main control board 290 is “13” and the “final stop instruction symbol” is the probability variation big hit symbol. If the count value of the effect pattern selection counter 283A is “0 to 3”, the effect pattern command 13C is selected. The effect pattern command 13 </ b> C is a command for specifying an effect pattern for stopping and displaying a combination of decorative symbols that notify the probability variation jackpot instructed from the main control board 290 by the effect of reach B.
Also, any one of “111”, “333”, “555”, and “777” in which the “variation pattern command” input from the main control board 290 is “13” and the “final stop instruction symbol” is the probability variation big hit symbol. However, when the count value of the effect pattern selection counter 283A is “4 to 13”, the effect pattern command 13D is selected. The effect pattern command 13D is a decoration for notifying a normal jackpot symbol that is different from the final stop instruction symbol by the effect of reach B (for example, “666” when the symbol indicated by the final stop instruction symbol is “777”). The combination of symbols is stopped and displayed, the symbol is changed to the final stop symbol (probable variation big hit symbol) designated from the main control board 290 in the final round of the subsequent big hit round, and further, BGM outputted during the big hit effect, etc. This is a command for specifying an effect pattern that includes data for turning on the jackpot effect change flag, which is a flag that enables the change of the effect.
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「14」で、「最終停止指示図柄」が通常大当り図柄である「222」、「444」、「666」、「888」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「0〜9」である場合には、演出パターンコマンド14Aが選択される。演出パターンコマンド14Aは、リーチCの演出によって主制御基板290から指示された通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止表示させる演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「14」で、「最終停止指示図柄」が通常大当り図柄である「222」、「444」、「666」、「888」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「10〜13」である場合には、演出パターンコマンド14Bが選択される。演出パターンコマンド14Bは、リーチCの演出によって主制御基板290から指示された通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止表示させ、その後の大当り演出中において出力されるBGM等を変化させることを可能とするフラグである大当り演出変化フラグをオンするデータを内包する演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「14」で、「最終停止指示図柄」が確変大当り図柄である「111」、「333」、「555」、「777」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「0〜3」である場合には、演出パターンコマンド14Cが選択される。演出パターンコマンド14Cは、リーチCの演出によって主制御基板290から指示された確変大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止表示させる演出パターンを特定するコマンドである。
また、主制御基板290から入力された「変動パターンコマンド」が「14」で、「最終停止指示図柄」が確変大当り図柄である「111」、「333」、「555」、「777」のいずれかで、且つ演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値が「4〜13」である場合には、演出パターンコマンド14Dが選択される。演出パターンコマンド14Dは、リーチCの演出によって最終停止指示図柄と異なる通常の大当り図柄(例えば、最終停止指示図柄で指示された図柄が「777」であった場合は「666」)を報知する装飾図柄の組合せを停止表示させるとともに、後の大当りラウンドの最終ラウンドで主制御基板290から指示された最終停止図柄(確変大当り図柄)に図柄を変動し、更に、大当り演出中において出力されるBGM等を変化させることを可能とするフラグである大当り演出変化フラグをオンするデータを内包する演出パターンを特定するコマンドである。
The “variation pattern command” input from the main control board 290 is “14” and the “final stop instruction symbol” is a normal big hit symbol “222”, “444”, “666”, “888”. However, if the count value of the effect pattern selection counter 283A is “0 to 9”, the effect pattern command 14A is selected. The effect pattern command 14 </ b> A is a command for specifying an effect pattern for stopping and displaying a combination of decorative symbols informing the normal jackpot instructed from the main control board 290 by the reach C effect.
The “variation pattern command” input from the main control board 290 is “14” and the “final stop instruction symbol” is a normal big hit symbol “222”, “444”, “666”, “888”. If the count value of the effect pattern selection counter 283A is “10 to 13”, the effect pattern command 14B is selected. The effect pattern command 14B can stop the display of the combination of decorative symbols informing the normal jackpot instructed from the main control board 290 by the effect of reach C, and change the BGM and the like output during the subsequent jackpot effect. Is a command for specifying an effect pattern that includes data for turning on the big hit effect change flag.
The “variation pattern command” input from the main control board 290 is “14”, and the “final stop instruction symbol” is the probability variation big hit symbol “111”, “333”, “555”, or “777”. However, if the count value of the effect pattern selection counter 283A is “0 to 3”, the effect pattern command 14C is selected. The effect pattern command 14 </ b> C is a command for specifying an effect pattern for stopping and displaying a combination of decorative symbols informing the probability variation jackpot instructed from the main control board 290 by the reach C effect.
The “variation pattern command” input from the main control board 290 is “14”, and the “final stop instruction symbol” is the probability variation big hit symbol “111”, “333”, “555”, or “777”. However, when the count value of the effect pattern selection counter 283A is “4 to 13”, the effect pattern command 14D is selected. The effect pattern command 14D is a decoration for notifying a normal jackpot symbol that differs from the final stop instruction symbol by the effect of reach C (for example, “666” if the symbol indicated by the final stop instruction symbol is “777”). The combination of symbols is stopped and displayed, the symbol is changed to the final stop symbol (probable variation big hit symbol) designated from the main control board 290 in the final round of the subsequent big hit round, and further, BGM outputted during the big hit effect, etc. This is a command for specifying an effect pattern that includes data for turning on the jackpot effect change flag, which is a flag that enables the change of the effect.
次に、サブ統合制御基板280のROM282の演出音出力テーブル記憶エリア282Bに記憶される演出音出力テーブル76の一例について図12に基づいて説明する。ここで、演出音出力テーブル76は、サブ統合制御基板280のCPU281が主制御基板290のCPU291から表示指示情報(具体的には変動パターンコマンド及び最終停止図柄情報)を入力された場合に、前記演出パターン選択テーブル75に基づいて選択された演出パターンに従って予め設定されている各音出力データを選択し、駆動回路71を介してスピーカ7の出力制御を行う際に使用するテーブルである。   Next, an example of the effect sound output table 76 stored in the effect sound output table storage area 282B of the ROM 282 of the sub-integrated control board 280 will be described based on FIG. Here, the effect sound output table 76 is obtained when the CPU 281 of the sub-integrated control board 280 receives display instruction information (specifically, the variation pattern command and the final stop symbol information) from the CPU 291 of the main control board 290. This is a table used when selecting each sound output data set in advance according to the effect pattern selected based on the effect pattern selection table 75 and controlling the output of the speaker 7 via the drive circuit 71.
図12に示すように、演出音出力テーブル76は、選択された「演出パターンコマンド」と、この「演出パターンコマンド」に対応する「音出力パターン」とから構成されている。この「音出力パターン」は、演出表示基板260のCPU261に対して行う液晶表示器52に関する演出表示指示制御に合わせてスピーカ7の制御を行うパターンを表している。   As shown in FIG. 12, the effect sound output table 76 includes a selected “effect pattern command” and a “sound output pattern” corresponding to the “effect pattern command”. This “sound output pattern” represents a pattern in which the speaker 7 is controlled in accordance with the effect display instruction control related to the liquid crystal display 52 performed on the CPU 261 of the effect display board 260.
例えば、選択された演出パターンコマンドが「1A」であった場合には、図柄変動開始から第3図柄が停止するまで通常BGMを出力するように制御する。
また、選択された演出パターンコマンドが「2A」であった場合には、第2図柄が停止するまでは通常BGMを出力し、リーチA演出が開始されて第3図柄が停止するまでは「リーチA」BGMを出力するように制御する。
また、選択された演出パターンコマンドが「3A」であった場合には、第2図柄が停止するまでは通常BGMを出力し、リーチB演出が開始されて第3図柄が停止するまでは「リーチB」BGMを出力するように制御する。
For example, when the selected production pattern command is “1A”, control is performed so that normal BGM is output from the start of symbol variation until the third symbol stops.
If the selected effect pattern command is “2A”, the BGM is normally output until the second symbol is stopped, and “reach” is performed until the reach A effect is started and the third symbol is stopped. Control to output A ”BGM.
If the selected production pattern command is “3A”, the normal BGM is output until the second symbol is stopped, and “reach” is performed until the reach B production is started and the third symbol is stopped. B ”Control to output BGM.
また、選択された演出パターンコマンドが「12A〜12D」であった場合には、第2図柄が停止するまでは通常BGMを出力し、リーチA演出が開始されて第3図柄が停止するまでは「リーチA」BGMを出力するように制御する。   If the selected effect pattern command is “12A to 12D”, the BGM is normally output until the second symbol is stopped, and the reach A effect is started until the third symbol is stopped. Control to output “reach A” BGM.
また、選択された演出パターンコマンドが「13A〜13D」であった場合には、第2図柄が停止するまでは通常BGMを出力し、リーチB演出が開始されて第3図柄が停止するまでは「リーチB」BGMを出力するように制御する。   If the selected effect pattern command is “13A to 13D”, the BGM is normally output until the second symbol stops, and the reach B effect is started until the third symbol stops. Control to output “reach B” BGM.
また、選択された演出パターンコマンドが「14A〜14D」であった場合には、第2図柄が停止するまでは通常BGMを出力し、リーチB演出が開始されて第3図柄が停止するまでは「リーチC」BGMを出力するように制御する。   If the selected effect pattern command is “14A to 14D”, the BGM is normally output until the second symbol stops, and the reach B effect is started until the third symbol stops. Control to output “reach C” BGM.
次に、演出表示基板260のROM262の演出表示データテーブル記憶エリア262Aに格納される演出表示データテーブル77について図13に基づいて説明する。ここで、演出表示データテーブル77は、演出表示基板260のCPU261が、サブ統合制御基板280のCPU281から演出表示指示情報としての「演出パターンコマンド」(図11参照)が入力された際に、この演出表示指示情報に対応して予め設定されている各演出表示データを選択し、表示制御を行う際に使用するものである。   Next, the effect display data table 77 stored in the effect display data table storage area 262A of the ROM 262 of the effect display board 260 will be described with reference to FIG. Here, the effect display data table 77 is obtained when the CPU 261 of the effect display board 260 receives an “effect pattern command” (see FIG. 11) as the effect display instruction information from the CPU 281 of the sub-integrated control board 280. This is used when selecting each effect display data set in advance corresponding to the effect display instruction information and performing display control.
例えば、CPU261は、サブ統合制御用CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド1A」が入力された場合には、約5秒間の完全ハズレの動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→第3図柄停止の順に完全ハズレを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド2A」が入力された場合には、リーチA演出によるリーチハズレの約20秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチA演出→第3図柄停止の順にリーチハズレを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド3A」が入力された場合には、リーチB演出によるリーチハズレの約30秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチB演出→第3図柄停止の順にリーチハズレを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
For example, when the “effect pattern command 1A” is input as the effect display instruction information from the sub-integrated control CPU 281, the CPU 261 changes the design on the liquid crystal display 52 based on the video data of complete loss for about 5 seconds. Display control is performed to stop the combination of decorative symbols that notify complete loss in the order of first symbol stop → second symbol stop → third symbol stop.
Further, when “effect pattern command 2A” is input as effect display instruction information from the CPU 281, the liquid crystal display 52 variably displays the design based on the moving image data of reach loss caused by reach A effect for about 20 seconds. Display control is performed to stop the combination of decorative symbols for reporting reach loss in the order of one symbol stop → second symbol stop → reach A effect → third symbol stop.
When “effect pattern command 3A” is input from the CPU 281 as effect display instruction information, the design is variably displayed on the liquid crystal display 52 on the basis of the moving image data of about 30 seconds of reach loss caused by the reach B effect. Display control is performed to stop the combination of decorative symbols for reporting reach loss in the order of 1 symbol stop → 2nd symbol stop → reach B effect → 3rd symbol stop.
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド12A」が入力された場合には、リーチA演出による通常大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチA演出→第3図柄停止→通常大当り表示の順に通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド12B」が入力された場合には、リーチA演出による通常大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチA演出→第3図柄停止→通常大当り表示の順に通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド12C」が入力された場合には、リーチA演出による確変大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチA演出→第3図柄停止→確変大当り表示の順に確変大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド12D」が入力された場合には、リーチA演出による通常大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチA演出→第3図柄停止→通常大当り表示の順にCPU281から指示された「最終停止図柄と異なる通常の大当り図柄(例えば、最終停止指示図柄で指示された図柄が「777」であった場合は「666」)」を報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。但し、「演出パターンコマンド12D」が入力された場合では後述する大当りラウンドの最終ラウンド(第16ラウンド)によって、表示されている通常大当り図柄を確変大当りを報知する装飾図柄の組合せ(例えば、「777」)に変動させる表示制御を行う(図29(c)参照)。
When “effect pattern command 12A” is input from the CPU 281 as effect display instruction information, the liquid crystal display 52 variably displays the symbol on the basis of moving picture data of about 22 seconds, which is a normal jackpot by reach A effect, Display control is performed to stop the combination of the decorative symbols that notify the normal jackpot in the order of first symbol stop → second symbol stop → reach A effect → third symbol stop → normal jackpot display.
Further, when “effect pattern command 12B” is input as effect display instruction information from the CPU 281, the liquid crystal display 52 variably displays the symbols on the basis of the moving image data for about 22 seconds, which is the normal jackpot by the reach A effect, Display control is performed to stop the combination of the decorative symbols that notify the normal jackpot in the order of first symbol stop → second symbol stop → reach A effect → third symbol stop → normal jackpot display.
Further, when the “effect pattern command 12C” is input as the effect display instruction information from the CPU 281, the design is variably displayed on the liquid crystal display 52 on the basis of the moving image data of about 22 seconds for the probable change due to the reach A effect, Display control is performed to stop the combination of decorative symbols that notify the probability variation big hit in the order of first symbol stop → second symbol stop → reach A effect → third symbol stop → probable variation big hit display.
When “effect pattern command 12D” is input from the CPU 281 as effect display instruction information, the liquid crystal display 52 variably displays the symbols on the basis of moving image data of about 22 seconds, which is a normal jackpot by reach A effect, 1st symbol stop-> 2nd symbol stop-> reach A production-> 3rd symbol stop-> normal jackpot display instructed from the CPU 281 in the order of "a normal jackpot symbol different from the final stop symbol (for example, instructed by the final stop instruction symbol When the symbol is “777”, display control is performed to stop the combination of the decorative symbols informing “666”) ”. However, when the “effect pattern command 12D” is input, a combination of decorative symbols (for example, “777”) that notifies the probable big hit is displayed for the normal big hit symbol displayed in the final round of the big hit round (16th round) described later. )) Is performed (see FIG. 29C).
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド13A」が入力された場合には、リーチB演出による通常大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチB演出→第3図柄停止→通常大当り表示の順に通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド13B」が入力された場合には、リーチB演出による通常大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチB演出→第3図柄停止→通常大当り表示の順に通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド13C」が入力された場合には、リーチB演出による確変大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチB演出→第3図柄停止→確変大当り表示の順に確変大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド13D」が入力された場合には、リーチB演出による通常大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチB演出→第3図柄停止→通常大当り表示の順にCPU281から指示された「最終停止図柄と異なる通常の大当り図柄(例えば、最終停止指示図柄で指示された図柄が「777」であった場合は「666」)」を報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。但し、「演出パターンコマンド13D」が入力された場合では後述する大当りラウンドの最終ラウンド(第16ラウンド)によって、表示されている通常大当り図柄を確変大当りを報知する装飾図柄の組合せ(例えば、「777」)に変動させる表示制御を行う(図29(c)参照)。
When “effect pattern command 13A” is input from the CPU 281 as effect display instruction information, the liquid crystal display 52 variably displays the symbol on the basis of moving picture data of about 22 seconds, which is a normal jackpot by reach B effect, Display control is performed to stop the combination of the decorative symbols that notify the normal jackpot in the order of first symbol stop → second symbol stop → reach B effect → third symbol stop → normal jackpot display.
When “effect pattern command 13B” is input from the CPU 281 as effect display instruction information, the liquid crystal display 52 variably displays the symbol based on the video data of about 22 seconds, which is a normal jackpot by reach B effect, Display control is performed to stop the combination of the decorative symbols that notify the normal jackpot in the order of first symbol stop → second symbol stop → reach B effect → third symbol stop → normal jackpot display.
When “effect pattern command 13C” is input from the CPU 281 as the effect display instruction information, the liquid crystal display 52 displays the symbols variably on the basis of the moving image data for about 22 seconds of the probable big hit by the reach B effect. Display control is performed to stop the combination of decorative symbols that notify the probability variation big hit in the order of first symbol stop → second symbol stop → reach B effect → third symbol stop → probability variation big hit display.
When “effect pattern command 13D” is input from the CPU 281 as effect display instruction information, the liquid crystal display 52 variably displays the symbol on the basis of moving picture data of about 22 seconds, which is a normal jackpot by reach B effect, 1st symbol stop-> 2nd symbol stop-> reach B production-> 3rd symbol stop-> normal jackpot display instructed from the CPU 281 in the order of "a normal jackpot symbol different from the final stop symbol (for example, instructed by the final stop instruction symbol When the symbol is “777”, display control is performed to stop the combination of the decorative symbols informing “666”) ”. However, when the “effect pattern command 13D” is input, a combination of decorative symbols (for example, “777” for notifying the displayed normal big hit symbol in the final big round (the sixteenth round) to be described later is displayed. )) Is performed (see FIG. 29C).
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド14A」が入力された場合には、リーチC演出による通常大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチC演出→第3図柄停止→通常大当り表示の順に通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド14B」が入力された場合には、リーチC演出による通常大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチC演出→第3図柄停止→通常大当り表示の順に通常大当りを報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド14C」が入力された場合には、リーチC演出による確変大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチC演出→第3図柄停止→確変大当り表示の順に確変大当りを報知する装飾図柄の組合せ停止させる表示制御を行う。
また、CPU281から演出表示指示情報として「演出パターンコマンド14D」が入力された場合には、リーチC演出による通常大当りの約22秒間の動画データに基づいて液晶表示器52で図柄を変動表示させ、第1図柄停止→第2図柄停止→リーチC演出→第3図柄停止→通常大当り表示の順にCPU281から指示された「最終停止図柄と異なる通常の大当り図柄(例えば、最終停止指示図柄で指示された図柄が「777」であった場合は「666」)」を報知する装飾図柄の組合せを停止させる表示制御を行う。但し、「演出パターンコマンド14D」が入力された場合では後述する大当りラウンドの最終ラウンド(第16ラウンド)によって、表示されている通常大当り図柄を確変大当りを報知する装飾図柄の組合せ(例えば、「777」)に変動させる表示制御を行う(図29(c)参照)。
When “effect pattern command 14A” is input from the CPU 281 as effect display instruction information, the liquid crystal display 52 variably displays the symbol on the basis of moving image data of about 22 seconds, which is a normal jackpot by reach C effect, Display control is performed to stop the combination of decorative symbols that notify the normal jackpot in the order of first symbol stop → second symbol stop → reach C effect → third symbol stop → normal jackpot display.
When “effect pattern command 14B” is input from the CPU 281 as effect display instruction information, the liquid crystal display 52 variably displays the symbol on the basis of moving image data of about 22 seconds, which is a normal jackpot by reach C effect, Display control is performed to stop the combination of the decorative symbols that notify the normal jackpot in the order of first symbol stop → second symbol stop → reach C effect → third symbol stop → normal jackpot display.
Further, when “effect pattern command 14C” is input as effect display instruction information from CPU 281, the liquid crystal display 52 variably displays the symbols on the basis of the moving image data of about 22 seconds for the probable big hit by reach C effect, Display control is performed to stop the combination of decorative symbols that notify the probability variation big hit in the order of first symbol stop → second symbol stop → reach C production → third symbol stop → probability variation big hit display.
Further, when “effect pattern command 14D” is input as effect display instruction information from the CPU 281, the liquid crystal display 52 variably displays the symbol based on the moving image data of about 22 seconds, which is a normal jackpot by the reach C effect, 1st symbol stop-> 2nd symbol stop-> reach C production-> 3rd symbol stop-> normal jackpot display instructed from the CPU 281 in the order of "a normal jackpot symbol different from the final stop symbol (for example, instructed by the final stop instruction symbol When the symbol is “777”, display control is performed to stop the combination of the decorative symbols informing “666”). However, when the “effect pattern command 14D” is input, a combination of decorative symbols (for example, “777”) that notifies the probable big hit is displayed for the normal big hit symbol displayed in the final round of the big hit round (16th round) described later. )) Is performed (see FIG. 29C).
次に、サブ統合制御基板280のROM282の大当り演出パターン選択テーブル記憶エリア282Cに記憶される大当り演出パターン選択テーブル78の一例について図14に基づいて説明する。ここで、大当り演出パターン選択テーブル78は、サブ統合制御基板280のCPU281が主制御基板290のCPU291から大当りラウンドの開始を指示する大当りラウンドコマンドが入力された場合に、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出表示指示情報及びスピーカ7を制御する制御情報としての演出パターン(演出パターンコマンド)を選択する場合に使用するテーブルである。   Next, an example of the jackpot effect pattern selection table 78 stored in the jackpot effect pattern selection table storage area 282C of the ROM 282 of the sub-integrated control board 280 will be described with reference to FIG. Here, the big hit effect pattern selection table 78 is input to the CPU 261 of the effect display board 260 when the CPU 281 of the sub-integrated control board 280 receives a big hit round command instructing the start of the big hit round from the CPU 291 of the main control board 290. It is a table used when selecting the effect display instruction information to be output (instructed) and the effect pattern (effect pattern command) as control information for controlling the speaker 7.
図14に示すように、大当り演出パターン選択テーブル78は、主制御基板290のCPU291から入力された所定のラウンドの大当りラウンド開始の指示情報を表す「大当りラウンドコマンド」と、同じく主制御基板290のCPU291から入力された「最終停止支持図柄」と、RAM283に設けられた大当り演出変化フラグのON/OFFと、CPU291から大当りラウンドコマンドが入力された際の大当り演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値を表す「カウント値」と、この「カウント値」に対応する「大当り演出パターンコマンド」とから構成されている。この「大当り演出パターンコマンド」は、演出表示基板260のCPU261に対して液晶表示器(LCD)52に演出表示するように指示する表示内容やスピーカから出力される音の種類を特定する。   As shown in FIG. 14, the big hit effect pattern selection table 78 includes a “big hit round command” indicating instruction for starting the big hit round of a predetermined round inputted from the CPU 291 of the main control board 290, and The “final stop support symbol” inputted from the CPU 291, the ON / OFF of the big hit effect change flag provided in the RAM 283, and the count value of the big hit effect pattern selection counter 283 B when the big hit round command is inputted from the CPU 291. It consists of “count value” and “big hit effect pattern command” corresponding to this “count value”. This “big hit effect pattern command” specifies the display contents for instructing the CPU 261 of the effect display board 260 to effect display on the liquid crystal display (LCD) 52 and the type of sound output from the speaker.
例えば、主制御基板290から入力された「大当りラウンドコマンド」が「R1」であって、大当り演出変化フラグがOFFであった場合には、カウント値及び最終停止図柄の種類に関わらず通常大当り演出パターンコマンドである「R1A」が選択される。通常大当り演出パターンコマンドR1Aは、後述のように液晶表示器52に第1ラウンドである旨を示す通常の第1ラウンド画像の表示を行い、また、スピーカ7からインストルメンタルである大当り通常BGMを出力する大当り演出パターンを特定するコマンドである(図15及び図16参照)。
また、主制御基板290から入力された「大当りラウンドコマンド」が「R1」であって、大当り演出変化フラグがONであって、且つ大当り演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値が「0〜8」である場合には、最終的に停止表示される最終停止図柄の種類に関わらず通常大当り演出パターンコマンドである「R1A」が選択される。通常大当り演出パターンコマンドR1Aは、後述のように液晶表示器52に第1ラウンドである旨を示す通常の第1ラウンド画像の表示を行い、また、スピーカ7からインストルメンタルである大当り通常BGMを出力する大当り演出パターンを特定するコマンドである(図15及び図16参照)。
また、主制御基板290から入力された「大当りラウンドコマンド」が「1R」であって、大当り演出変化フラグがONであって、且つ大当り演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値が「9」である場合には、最終的に停止表示される最終停止図柄の種類に関わらず特殊大当り演出パターンコマンドである「R1B」が選択される。特殊大当り演出パターンコマンドR1Bは、後述のように液晶表示器52に第1ラウンドである旨を示す第1ラウンド画像とともにスピーカ7より再生される歌詞のテロップが表示され、また、スピーカ7からアーティストの音声がBGMに合わせて出力される大当り特殊BGMを出力する大当り演出パターンを特定するコマンドである(図15及び図16参照)。
For example, when the “big hit round command” input from the main control board 290 is “R1” and the big hit effect change flag is OFF, the normal big hit effect regardless of the type of the count value and the final stop symbol The pattern command “R1A” is selected. The normal jackpot effect pattern command R1A displays a normal first round image indicating the first round on the liquid crystal display 52, as will be described later, and outputs an instrumental jackpot normal BGM from the speaker 7. This is a command for specifying a big hit effect pattern (see FIGS. 15 and 16).
Further, the “big hit round command” input from the main control board 290 is “R1”, the big hit effect change flag is ON, and the count value of the big hit effect pattern selection counter 283B is “0 to 8”. In some cases, “R1A”, which is a normal jackpot effect pattern command, is selected regardless of the type of the final stop symbol that is finally stopped and displayed. The normal jackpot effect pattern command R1A displays a normal first round image indicating the first round on the liquid crystal display 52, as will be described later, and outputs an instrumental jackpot normal BGM from the speaker 7. This is a command for specifying a big hit effect pattern (see FIGS. 15 and 16).
Also, when the “big hit round command” input from the main control board 290 is “1R”, the big hit effect change flag is ON, and the count value of the big hit effect pattern selection counter 283B is “9” In this case, “R1B”, which is a special jackpot effect pattern command, is selected regardless of the type of the final stop symbol that is finally stopped and displayed. The special jackpot effect pattern command R1B is displayed on the liquid crystal display 52 with a first round image indicating that it is the first round, and a telop of lyrics reproduced from the speaker 7 as shown below. This is a command for specifying a big hit effect pattern for outputting a big hit special BGM in which the sound is output in accordance with BGM (see FIGS. 15 and 16).
そして、同様に主制御基板290から入力された「大当りラウンドコマンド」が「R2」〜「R15」である場合も同様に判定が行われ、通常大当り演出パターンコマンドである「R2A」〜「R15A」、又は特殊大当り演出パターンコマンドである「R1B」〜「R15B」が選択される。
但し、主制御基板290から入力された「大当りラウンドコマンド」が「R16」で、且つ大当り演出変化フラグがONである場合には、更に主制御基板290から入力された「最終停止指示図柄」に基づいて特殊大当り演出パターンコマンドが「R16B−1」及び「R16B−2」の内から選択される。具体的には、最終停止図柄が通常大当り図柄(例えば「666」)であった場合には「R16B−1」が選択され、確変大当り図柄(例えば「777」)であった場合には「R16B−2」が選択される。一方、大当り演出変化フラグがOFFである場合には、通常大当り演出パターンコマンド「R16A」が選択される。
Similarly, when the “big hit round command” input from the main control board 290 is “R2” to “R15”, the same determination is performed, and “R2A” to “R15A” which are normal big hit effect pattern commands. Alternatively, “R1B” to “R15B”, which are special jackpot effect pattern commands, are selected.
However, when the “big hit round command” input from the main control board 290 is “R16” and the big hit effect change flag is ON, the “final stop instruction symbol” input from the main control board 290 is further displayed. Based on this, a special jackpot effect pattern command is selected from “R16B-1” and “R16B-2”. Specifically, “R16B-1” is selected when the final stop symbol is a normal jackpot symbol (eg, “666”), and “R16B” is selected when the final stop symbol is a probable bonus symbol (eg, “777”). -2 "is selected. On the other hand, when the big hit effect change flag is OFF, the normal big hit effect pattern command “R16A” is selected.
ここで、演出パターンコマンドが「12B」、「13B」、「14B」である場合に選択される特殊大当り演出パターンコマンド「R16B−1」は、液晶表示器52に第16ラウンドである旨を示す第16ラウンド画像とともにスピーカ7より再生される歌詞のテロップが表示され、また、スピーカ7からアーティストの音声がBGMに合わせて出力される大当り特殊BGMを出力し、更に現在表示されている通常大当り図柄を再変動し、主制御基板290から指示された通常図柄の組合せである最終停止指示図柄を停止表示する大当り演出パターンを特定するコマンドである(図15乃至図16参照)。
一方、演出パターンコマンドが「12D」、「13D」、「14D」である場合に選択される特殊大当り演出パターンコマンド「R16B−2」は、液晶表示器52に第16ラウンドである旨を示す第16ラウンド画像とともにスピーカ7より再生される歌詞のテロップが表示され、また、スピーカ7からアーティストの音声がBGMに合わせて出力される大当り特殊BGMを出力し、更に現在表示されている通常大当り図柄を再変動し、主制御基板290から指示された確変図柄の組合せである最終停止指示図柄を停止表示する大当り演出パターンを特定するコマンドである(図15乃至図16参照)。
Here, the special jackpot effect pattern command “R16B-1” selected when the effect pattern command is “12B”, “13B”, “14B” indicates to the liquid crystal display 52 that it is the 16th round. The telop of the lyrics reproduced from the speaker 7 is displayed together with the 16th round image, and the big hit special BGM is output from the speaker 7 in accordance with the BGM. Further, the currently displayed normal big hit symbol Is a command for specifying a big hit effect pattern for stopping and displaying a final stop instruction symbol which is a combination of normal symbols instructed from the main control board 290 (see FIGS. 15 to 16).
On the other hand, the special jackpot effect pattern command “R16B-2” selected when the effect pattern commands are “12D”, “13D”, and “14D” indicates to the liquid crystal display 52 that it is the 16th round. A telop of lyrics reproduced from the speaker 7 is displayed together with the 16 round images, and a big hit special BGM is output from the speaker 7 in accordance with the BGM. Further, the currently displayed normal big hit symbol is displayed. This is a command that specifies a big hit effect pattern that changes again and stops and displays a final stop instruction symbol that is a combination of probability variation symbols instructed from the main control board 290 (see FIGS. 15 to 16).
次に、サブ統合制御基板280のROM282の大当り演出音出力テーブル記憶エリア282Dに記憶される大当り演出音出力テーブル79の一例について図15に基づいて説明する。ここで、大当り演出音出力テーブル79は、サブ統合制御基板280のCPU281が主制御基板290のCPU291から大当りラウンドコマンドを入力された場合に、前記大当り演出パターン選択テーブル78に基づいて選択された大当り演出パターンに従って予め設定されている各音出力データを選択し、駆動回路71を介してスピーカ7の出力制御を行う際に使用するテーブルである。   Next, an example of the jackpot sound output table 79 stored in the jackpot sound output table storage area 282D of the ROM 282 of the sub integrated control board 280 will be described with reference to FIG. Here, the big hit effect sound output table 79 is a big hit selected based on the big hit effect pattern selection table 78 when the CPU 281 of the sub-integrated control board 280 receives a big hit round command from the CPU 291 of the main control board 290. It is a table used when selecting each sound output data set in advance according to the effect pattern and performing output control of the speaker 7 via the drive circuit 71.
図15に示すように、演出音出力テーブル79は、選択された「大当り演出パターンコマンド」と、この「大当り演出パターンコマンド」に対応する「音出力パターン」とから構成されている。この「音出力パターン」は、演出表示基板260のCPU261に対して行う液晶表示器52に関する演出表示指示制御に合わせてスピーカ7の制御を行うパターンを表している。   As shown in FIG. 15, the effect sound output table 79 is composed of the selected “hit effect pattern command” and “sound output pattern” corresponding to this “hit effect pattern command”. This “sound output pattern” represents a pattern in which the speaker 7 is controlled in accordance with the effect display instruction control related to the liquid crystal display 52 performed on the CPU 261 of the effect display board 260.
例えば、選択された大当り演出パターンコマンドが通常大当り演出パターンコマンドである「R1A」であった場合には、第1ラウンド中はインストルメンタルである大当り通常BGMを出力するように制御する。
また、選択された大当り演出パターンコマンドが特殊大当り演出パターンコマンドである「R1B」であった場合には、第1ラウンド中はアーティストの音声を合わせて出力する大当り特殊BGMを出力するように制御する。
For example, if the selected jackpot effect pattern command is “R1A”, which is a normal jackpot effect pattern command, control is performed so that the jackpot normal BGM that is instrumental is output during the first round.
If the selected jackpot effect pattern command is “R1B”, which is a special jackpot effect pattern command, control is performed so as to output a jackpot special BGM that outputs the sound of the artist together during the first round. .
そして、同様に選択された「大当り演出パターンコマンド」が通常大当り演出パターンコマンドである「R2A」〜「R16A」である場合にはインストルメンタルである大当り通常BGMを出力し、特殊大当り演出パターンコマンドである「R1B」〜「R16B(R16B−1、R16B−2含む)」である場合にはアーティストの音声を合わせて出力する大当り特殊BGMを出力するように制御する。   Similarly, when the selected “big hit effect pattern command” is “R2A” to “R16A” which are normal big hit effect pattern commands, the instrumental big hit normal BGM is output, and the special big hit effect pattern command is output. In the case of “R1B” to “R16B (including R16B-1 and R16B-2)”, control is performed so as to output a big hit special BGM that outputs the sound of the artist together.
次に、演出表示基板260のROM262の大当り演出表示データテーブル記憶エリア262Cに格納される大当り演出表示データテーブル80について図16に基づいて説明する。ここで、演出表示データテーブル80は、演出表示基板260のCPU261が、サブ統合制御基板280のCPU281から大当り演出表示指示情報としての「大当り演出パターンコマンド」が入力された際に、この大当り演出表示指示情報に対応して予め設定されている各大当り演出表示データを選択し、表示制御を行う際に使用するものである。   Next, the jackpot presentation display data table 80 stored in the jackpot presentation display data table storage area 262C of the ROM 262 of the presentation display board 260 will be described with reference to FIG. Here, the effect display data table 80 is displayed when the CPU 261 of the effect display board 260 receives the “hit effect pattern command” as the jackpot effect display instruction information from the CPU 281 of the sub-integrated control board 280. This is used when each jackpot effect display data set in advance corresponding to the instruction information is selected and display control is performed.
例えば、CPU261は、サブ統合制御用CPU281から演出表示指示情報として通常大当たり演出パターンコマンド「R1A」が入力された場合には、大当りインターバルコマンドの指示がくるまで液晶表示器52において現在第1ラウンドが行われている旨を示す通常の第1ラウンド画像が表示されるように制御する。
また、CPU261は、サブ統合制御用CPU281から演出表示指示情報として特殊大当たり演出パターンコマンド「R1B」が入力された場合には、大当りインターバルコマンドの指示がくるまで液晶表示器52において現在第1ラウンドが行われている旨を示す第1ラウンド画像を表示するとともに、出力される楽曲の歌詞のテロップが表示されるように制御する。
For example, when the normal jackpot effect pattern command “R1A” is input as the effect display instruction information from the sub-integrated control CPU 281, the CPU 261 is currently in the first round on the liquid crystal display 52 until the instruction of the jackpot interval command is received. Control is performed so that a normal first round image indicating that the operation is being performed is displayed.
When the special jackpot effect pattern command “R1B” is input as the effect display instruction information from the sub-integrated control CPU 281, the CPU 261 is currently in the first round on the liquid crystal display 52 until the instruction of the jackpot interval command is received. A first round image indicating that the music is being performed is displayed, and a telop of lyrics of the music to be output is displayed.
そして、同様に入力された「大当り演出パターンコマンド」が「R2A」〜「R16A」である場合には液晶表示器52において現在何ラウンド目の大当りラウンドが行われているかを示す通常のラウンド画像が表示されるように制御し、特殊大当り演出パターンコマンドである「R1B」〜「R15B」である場合には液晶表示器52において現在何ラウンド目の大当りラウンドが行われているかを示すラウンド画像を表示するとともに、出力される楽曲の歌詞のテロップが表示されるように制御する。
一方、「大当り演出パターンコマンド」が「R16B−1」である場合には、更に第16ラウンド画像の表示中に、現在表示されている通常大当り図柄を主制御基板290から指示された通常大当りを報知する図柄の組合せに再変動する表示制御を行い、「R16B−2」である場合には、更に第16ラウンド画像の表示中に、現在表示されている通常大当り図柄を主制御基板290から指示された確変大当りを報知する図柄の組合せに再変動する表示制御を行う。
Similarly, when the “big hit effect pattern command” inputted in the same way is “R2A” to “R16A”, a normal round image showing how many big hit rounds are currently being performed on the liquid crystal display 52 is displayed. In the case of “R1B” to “R15B” which are special jackpot effect pattern commands, a round image indicating how many jackpot rounds are currently being performed is displayed on the liquid crystal display 52. At the same time, control is performed so that the lyrics telop of the music to be output is displayed.
On the other hand, when the “big hit effect pattern command” is “R16B-1”, the normal big hit indicated by the main control board 290 is displayed for the currently displayed normal big hit symbol during the display of the 16th round image. When the display control is performed again for the combination of symbols to be notified, and “R16B-2” is displayed, the currently displayed normal big hit symbol is indicated from the main control board 290 during the display of the 16th round image. Display control is performed to re-variate the symbol combination for notifying the probable big hit.
尚、上記において説明した大当り演出パターン選択テーブル78における大当り演出パターンの選択においては、一旦、特殊大当り演出パターンコマンド「R1B」〜「R16B−2」が選択されると、以降に行われる大当りラウンドの大当り演出パターンの選択において、大当り演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値にかかわらず常に特殊大当り演出パターンコマンド「R1B」〜「R16B−2」が選択されるように制御される(図27のS147〜S154)。それにより、一旦大当り特殊BGMが出力されると、以降の大当りラウンドでは常に大当り特殊BGMが出力され、また同様に歌詞のテロップが液晶表示器52に表示されることとなる。   In the selection of the jackpot effect pattern in the jackpot effect pattern selection table 78 described above, once the special jackpot effect pattern commands “R1B” to “R16B-2” are selected, In selecting the big hit effect pattern, control is performed so that the special big hit effect pattern commands “R1B” to “R16B-2” are always selected regardless of the count value of the big hit effect pattern selection counter 283B (S147 to S154 in FIG. 27). ). As a result, once the big hit special BGM is output, the big hit special BGM is always output in the subsequent big hit rounds, and the lyrics telop is similarly displayed on the liquid crystal display 52.
従って、演出表示基板260は、サブ統合制御基板280から受信した「大当り演出パターンコマンド」とに基づいて、液晶表示器52の表示を制御する際に、特殊大当り演出パターンコマンド(具体的には演出パターンコマンド「R1B」〜「R16B−2」)に基づいて表示の制御を行う場合には、通常のラウンドの表示演出に加えて再生される楽曲の歌詞を表示する。また、サブ統合制御基板280は特殊大当り演出パターンコマンドが選択された際には通常のインストルメンタルである大当り通常BGMに変えてアーティストの音声を合わせて出力する大当り特殊BGMを出力する。
それにより、大当りラウンド時において再生される音楽が変化し、また液晶表示器52上にテロップが表示されると、現在表示されている通常の大当り図柄が最終ラウンドで確変大当り図柄に再変動する可能性が高くなるので、遊技者は通常大当りが確変大当りに昇格する確率が上昇するかのような期待感を得ることができる。
Therefore, when the display of the liquid crystal display 52 is controlled based on the “big hit effect pattern command” received from the sub-integrated control board 280, the effect display board 260 performs the special jackpot effect pattern command (specifically, the effect). When the display is controlled based on the pattern commands “R1B” to “R16B-2”), the lyrics of the music to be played are displayed in addition to the normal round display effect. In addition, when the special big hit effect pattern command is selected, the sub integrated control board 280 outputs a big hit special BGM that is output in combination with the sound of the artist instead of the normal big hit big BGM.
As a result, the music played in the big hit round changes, and when a telop is displayed on the liquid crystal display 52, the normal big hit symbol currently displayed can be changed again to the probable big hit symbol in the final round. Since the player's performance is increased, the player can obtain a sense of expectation as if the probability that a big hit is promoted to a probable big hit usually increases.
また、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作は、上述したように、始動口57にパチンコ球が入賞したことをトリガとして開始されるものであるが、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄が変動中に、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞したときは、その入賞時に取得した大当りカウンタ293A等のカウント値を記憶・保留しておき、当該変動中の図柄が停止した直後に、又は、当該変動中の図柄が所定の組合せ(大当り図柄)で停止した場合には「大当り遊技状態」が終了した直後に、記憶・保留していた大当りカウンタ293A等のカウント値に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作を開始する。尚、ここでは、記憶・保留されるカウント値は、4組まで保有することが可能である。   In addition, as described above, the movement of the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is stopped when a pachinko ball is won at the start port 57 as a trigger. When the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is fluctuating and when a pachinko ball wins at the start port 57, the count value of the big hit counter 293A etc. acquired at the time of winning is stored and held. In addition, immediately after the changing symbol is stopped, or when the changing symbol is stopped in a predetermined combination (hit symbol), immediately after the “hit game state” is finished, the memory / holding is performed. Based on the count value of the big hit counter 293A and the like, the operation of changing / stopping the symbols displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is started. Here, it is possible to hold up to four sets of count values to be stored and held.
この点を詳しく説明すると、本実施形態に係るパチンコ機1では、始動口57にパチンコ球が入賞した直後に取得される大当りカウンタ293A等のカウント値に対し、図17の(a)に示すように、5組まで記憶・保留できる5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4が前記パラメータ記憶エリア293Kに確保され、それらのうち、4つの記憶領域E1,E2,E3,E4については、それぞれに対応する4個の第1保留LED40が図柄表示装置48の所定位置に設けられている。そして、始動口57にパチンコ球が入賞すると、図17の(b)に示すように、その入賞時に取得したカウント値D0を記憶領域E0に記憶するとともに、記憶領域E0に記憶されたカウント値D0に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作を開始する。   This point will be described in detail. In the pachinko machine 1 according to the present embodiment, as shown in FIG. 17A with respect to the count value of the big hit counter 293A or the like acquired immediately after the pachinko ball wins the start opening 57. In addition, five storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 that can be stored / suspended up to five sets are secured in the parameter storage area 293K. Of these, four storage areas E1, E2, E3, and E4 are Four first hold LEDs 40 corresponding to each are provided at predetermined positions of the symbol display device 48. Then, when the pachinko ball wins at the start port 57, as shown in FIG. 17B, the count value D0 acquired at the time of winning is stored in the storage area E0 and the count value D0 stored in the storage area E0. Based on the above, the operation of changing / stopping the symbols displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is started.
その後、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄が変動中に、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すると、図17の(c)に示すように、その入賞時に取得したカウント値D1を記憶領域E1に記憶・保留するとともに、記憶領域E1に対応する1個の第1保留LED40を点灯させる。尚、図17では、第1保留LED40の黒塗りは点灯を示し、白抜きは消灯を示す。また、その後、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄が変動中に、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すると、図17の(d)に示すように、その入賞時に取得したカウント値D2を記憶領域E2に記憶・保留するとともに、記憶領域E2に対応する1個の第1保留LED40を点灯させる。   Thereafter, when the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is fluctuating, and when a pachinko ball wins in the start port 57, as shown in FIG. While storing / holding the value D1 in the storage area E1, one first hold LED 40 corresponding to the storage area E1 is turned on. In FIG. 17, the black color of the first hold LED 40 indicates lighting, and the white color indicates non-lighting. After that, when the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is fluctuating, and when a pachinko ball wins at the start port 57, as shown in FIG. The stored count value D2 is stored and held in the storage area E2, and one first hold LED 40 corresponding to the storage area E2 is turned on.
また、その後、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄が変動中に、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すると、図17の(e)に示すように、その入賞時に取得したカウント値D3を記憶領域E3に記憶・保留するとともに、記憶領域E3に対応する1個の第1保留LED40を点灯させる。また、その後、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄が変動中に、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すると、図17の(f)に示すように、その入賞時に取得したカウント値D4を記憶領域E4に記憶・保留するとともに、記憶領域E4に対応する1個の第1保留LED40を点灯させる。   After that, when the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is fluctuating, and a pachinko ball wins at the start port 57, as shown in FIG. The counted value D3 is stored / held in the storage area E3, and one first hold LED 40 corresponding to the storage area E3 is turned on. After that, when the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is fluctuating, and a pachinko ball wins in the starting port 57, as shown in FIG. The stored count value D4 is stored / held in the storage area E4, and one first hold LED 40 corresponding to the storage area E4 is turned on.
尚、その後は、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄が変動中に、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞しても、5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4のそれぞれにカウント値D0,D1,D2,D3,D4が記憶されており、その入賞時に取得されるべきカウント値を記憶・保留する領域がないので、その入賞時にカウント値を取得することは行わない。   After that, even if the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is fluctuating, and even if a pachinko ball wins at the start port 57, the five storage areas E0, E1, E2, E3 Since the count values D0, D1, D2, D3, D4 are stored in each of E4 and there is no area for storing / holding the count value to be acquired at the time of winning, it is possible to acquire the count value at the time of winning Not performed.
一方、図17の(f)に示すように、5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4のそれぞれにカウント値D0,D1,D2,D3,D4が記憶された状態において、記憶領域E0に記憶されたカウント値D0に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が終了したときは、図18の(a)に示すように、記憶領域E0を空にするとともに、記憶領域E1に記憶されたカウント値D1を記憶領域E0に上書きし、記憶領域E2に記憶されたカウント値D2を記憶領域E1に上書きし、記憶領域E3に記憶されたカウント値D3を記憶領域E2に上書きし、記憶領域E4に記憶されたカウント値D4を記憶領域E3に上書きし、記憶領域E4を空にし、記憶領域E4に対応する1個の第1保留LED40を消灯させる。尚、図18でも、第1保留LED40の黒塗りは点灯を示し、白抜きは消灯を示す。この結果、図18の(b)に示すようになり、記憶領域E0に記憶されたカウント値D1に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が開始される。このとき、記憶領域E4は空であるので、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E4に記憶・保留することは可能である。   On the other hand, as shown in FIG. 17 (f), in the state where the count values D0, D1, D2, D3, and D4 are stored in the five storage areas E0, E1, E2, E3, and E4, the storage area E0. When the operation of changing / stopping the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is completed based on the count value D0 stored in the storage area, as shown in FIG. E0 is emptied, the count value D1 stored in the storage area E1 is overwritten in the storage area E0, the count value D2 stored in the storage area E2 is overwritten in the storage area E1, and stored in the storage area E3 The count value D3 is overwritten in the storage area E2, the count value D4 stored in the storage area E4 is overwritten in the storage area E3, the storage area E4 is emptied, and one first hold LED corresponding to the storage area E4 0 to turn off the. In FIG. 18, the black color of the first hold LED 40 indicates lighting and the white color indicates extinguishing. As a result, as shown in FIG. 18B, the operation of changing / stopping the symbols displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is performed based on the count value D1 stored in the storage area E0. Be started. At this time, since the storage area E4 is empty, if the pachinko ball wins at the start port 57, it is possible to store / hold the count value acquired at the time of winning in the storage area E4.
また、図18の(b)に示すように、4つの記憶領域E0,E1,E2,E3のそれぞれにカウント値D1,D2,D3,D4が記憶された状態において、記憶領域E0に記憶されたカウント値D1に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が終了したときは、記憶領域E0を空にするとともに、記憶領域E1に記憶された1組のカウント値D2を記憶領域E0に上書きし、記憶領域E2に記憶された1組のカウント値D3を記憶領域E1に上書きし、記憶領域E3に記憶されたカウント値D4を記憶領域E2に上書きし、記憶領域E3を空にし、記憶領域E3に対応する1個の第1保留LED40を消灯させる。この結果、図18の(c)に示すようになり、記憶領域E0に記憶されたカウント値D2に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が開始される。このとき、記憶領域E3,E4は空であるので、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E3に記憶・保留することは可能であり、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E4に記憶・保留することも可能である。   Further, as shown in FIG. 18B, the count values D1, D2, D3, and D4 are stored in the storage area E0 in the state where the four storage areas E0, E1, E2, and E3 are stored, respectively. When the operation of changing / stopping the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is completed based on the count value D1, the storage area E0 is emptied and 1 stored in the storage area E1 is stored. The set count value D2 is overwritten in the storage area E0, the set count value D3 stored in the storage area E2 is overwritten in the storage area E1, and the count value D4 stored in the storage area E3 is overwritten in the storage area E2. Then, the storage area E3 is emptied, and one first hold LED 40 corresponding to the storage area E3 is turned off. As a result, as shown in FIG. 18C, based on the count value D2 stored in the storage area E0, the operation of changing / stopping the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is performed. Be started. At this time, since the storage areas E3 and E4 are empty, if the pachinko ball wins at the start port 57, the count value acquired at the time of winning can be stored and held in the storage area E3. If a pachinko ball wins in the mouth 57, the count value acquired at the time of winning can be stored and held in the storage area E4.
また、図18の(c)に示すように、3つの記憶領域E0,E1,E2のそれぞれにカウント値D2,D3,D4が記憶された状態において、記憶領域E0に記憶されたカウント値D2に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が終了したときは、記憶領域E0を空にするとともに、記憶領域E1に記憶されたカウント値D3を記憶領域E0に上書きし、記憶領域E2に記憶されたカウント値D4を記憶領域E1に上書きし、記憶領域E2を空にし、記憶領域E2に対応する1個の第1保留LED40を消灯させる。この結果、図18の(d)に示すようになり、記憶領域E0に記憶されたカウント値D3に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が開始される。このとき、記憶領域E2,E3,E4は空であるので、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E2に記憶・保留することは可能であり、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E3に記憶・保留することも可能であり、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E4に記憶・保留することも可能である。   Further, as shown in FIG. 18C, when the count values D2, D3, D4 are stored in the three storage areas E0, E1, E2, respectively, the count value D2 stored in the storage area E0 is set. Based on this, when the operation of changing / stopping the symbols displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is completed, the storage area E0 is emptied and the count value D3 stored in the storage area E1 is stored. The area E0 is overwritten, the count value D4 stored in the storage area E2 is overwritten in the storage area E1, the storage area E2 is emptied, and one first hold LED 40 corresponding to the storage area E2 is turned off. As a result, as shown in FIG. 18D, based on the count value D3 stored in the storage area E0, the operation of changing / stopping the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is performed. Be started. At this time, since the storage areas E2, E3, E4 are empty, if a pachinko ball wins the start opening 57, it is possible to store / hold the count value acquired at the time of winning in the storage area E2, If the pachinko ball wins at the start opening 57, the count value acquired at the time of winning can be stored and held in the storage area E3, and if the pachinko ball wins at the start opening 57, at the time of the win It is also possible to store / hold the acquired count value in the storage area E4.
また、図18の(d)に示すように、2つの記憶領域E0,E1のそれぞれにカウント値D3,D4が記憶された状態において、記憶領域E0に記憶されたカウント値D3に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が終了したときは、記憶領域E0を空にするとともに、記憶領域E1に記憶されたカウント値D4を記憶領域E0に上書きし、記憶領域E1を空にし、記憶領域E1に対応する1個の第1保留LED40を消灯させる。この結果、図18の(e)に示すようになり、記憶領域E0に記憶されたカウント値D4に基づいて、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が開始される。このとき、記憶領域E1,E2,E3,E4は空であるので、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E1に記憶・保留することは可能であり、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E2に記憶・保留することも可能であり、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E3に記憶・保留することが可能であり、さらに、始動口57にパチンコ球が入賞すれば、その入賞時に取得したカウント値を記憶領域E4に記憶・保留することも可能である。   Further, as shown in FIG. 18 (d), in the state where the count values D3 and D4 are stored in the two storage areas E0 and E1, respectively, the design is based on the count value D3 stored in the storage area E0. When the operation of changing or stopping the symbols displayed on the liquid crystal display 52 of the display device 48 is completed, the storage area E0 is emptied and the count value D4 stored in the storage area E1 is overwritten on the storage area E0. Then, the storage area E1 is emptied, and one first hold LED 40 corresponding to the storage area E1 is turned off. As a result, as shown in FIG. 18E, based on the count value D4 stored in the storage area E0, the operation of changing / stopping the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is performed. Be started. At this time, since the storage areas E1, E2, E3, and E4 are empty, if a pachinko ball wins at the start port 57, it is possible to store / hold the count value acquired at the time of winning in the storage area E1. Furthermore, if a pachinko ball wins at the start opening 57, the count value acquired at the time of winning can be stored and held in the storage area E2, and if the pachinko ball wins at the start opening 57, The count value acquired at the time of winning can be stored and held in the storage area E3, and if the pachinko ball wins at the start port 57, the count value acquired at the time of winning is stored and held in the storage area E4. It is also possible.
もっとも、図18に示す場合において、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が終了したときに、大当り図柄の組合せで停止した場合には、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作は、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される図柄の変動・停止の動作が終了したときではなく、当該所定の組合せに対する「大当り遊技状態」が終了した直後に、記憶領域E0に新たに記憶されたカウント値D1,D2,D3,D4などに基づいて開始される。   However, in the case shown in FIG. 18, when the symbol change / stop operation of the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is finished, the symbol display device 48 is stopped when the combination of symbols is stopped. The change / stop operation of the symbol displayed on the liquid crystal display 52 is not when the change / stop operation of the symbol displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 is completed, but for the predetermined combination. Immediately after the “big hit gaming state” is completed, the game is started based on the count values D1, D2, D3, D4 and the like newly stored in the storage area E0.
次に、このように構成された本実施形態に係るパチンコ機1の制御処理について図19乃至図28に基づき説明する。
先ず、本実施形態に係る主制御用CPU291が実行する割込プログラムについて説明する。図19は、主制御基板290のCPU291が実行する割込プログラムのフローチャート図である。ここで、図19の割込プログラムは、電源投入後の一定時間毎(例えば、4msec毎)に作動するものである。尚、以下の図19乃至図23にフローチャートで示される各プログラムは主制御基板290が備えているROM292やRAM293に記憶されており、主制御用CPU291により実行される。
Next, control processing of the pachinko machine 1 according to the present embodiment configured as described above will be described with reference to FIGS. 19 to 28.
First, an interrupt program executed by the main control CPU 291 according to the present embodiment will be described. FIG. 19 is a flowchart of an interrupt program executed by the CPU 291 of the main control board 290. Here, the interrupt program shown in FIG. 19 operates at regular intervals (for example, every 4 msec) after the power is turned on. Each program shown in the flowcharts of FIGS. 19 to 23 below is stored in the ROM 292 or RAM 293 provided in the main control board 290 and is executed by the main control CPU 291.
図19に示すように、先ずCPU291は、ステップ(以下、Sという)1において始動口57にパチンコ球が入賞したことに基づいて各カウント値の取得を行う後述の始動入賞処理を行う。次に、S2において前記S1で取得したカウント値に基づいて大当りに当選したか否かを判定するとともに、サブ統合制御基板280に指示する変動パターンコマンドの選択を行う後述の結果報知処理を行う。更に、S3では大当り遊技に係る制御を行うとともに、サブ統合制御基板280に指示する大当りラウンドコマンドの選択を行う後述の大当り遊技処理を行う。そして、S4では入賞口62、63等への入賞に基づいてパチンコ球を遊技者に払い出す賞球払出処理が行われる。   As shown in FIG. 19, first, the CPU 291 performs a later-described start winning process for acquiring each count value based on the winning of a pachinko ball in the starting port 57 in step (hereinafter referred to as “S”) 1. Next, in S2, it is determined whether or not a big win has been won based on the count value acquired in S1, and a result notification process described later for selecting a variation pattern command to instruct the sub integrated control board 280 is performed. Furthermore, in S3, control related to the big hit game is performed, and a big hit game process to be described later for selecting a big hit round command instructed to the sub integrated control board 280 is performed. In S4, a prize ball payout process for paying out a pachinko ball to the player is performed based on winning in the winning openings 62, 63 and the like.
次に、前記S1で主制御用CPU291が実行する始動入賞処理について、図20のフローチャート図に基づいて説明する。
図20に示すように、先ず、S11において、始動口57にパチンコ球が入賞したか否かを判断する。この判断は、始動口57に設けられた始動口スイッチ57Aがパチンコ球を検知したか否かによって行われる。ここで、始動口57にパチンコ球が入賞していないと判断する場合(S11:NO)には始動入賞処理を終了し、一方、始動口57にパチンコ球が入賞したと判断する場合(S11:YES)には、S12に進む。
Next, the start winning process executed by the main control CPU 291 in S1 will be described based on the flowchart of FIG.
As shown in FIG. 20, first, in S11, it is determined whether or not a pachinko ball has been won at the start port 57. This determination is made based on whether or not the start port switch 57A provided at the start port 57 has detected a pachinko ball. Here, when it is determined that no pachinko ball has been won at the start port 57 (S11: NO), the start winning process is terminated, while when it is determined that a pachinko ball has been won at the start port 57 (S11: (YES), it progresses to S12.
S12では、記憶の上限か否か、すなわち、記憶領域E4(図17及び図18参照)が空であるか否かを判断している。ここで、記憶領域E4が空でないと判断する場合には(S12:YES)、始動入賞処理を終了する。
また、記憶領域E4が空であると判断する場合には(S12:NO)、S13に進む。S13では、現在の大当りカウンタ293A等の各カウンタのカウント値を取得するとともに、図17の(a)〜(f)のいずれか一つに示すようにして、5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4のいずれかにカウント値として記憶した後、S14に進む。
尚、S13においてカウント値が記憶領域E0,E1,E2,E3,E4に記憶される際には、E0→E1→E2→E3→E4の順に優先的に記憶される。即ち、E0〜E4の記憶領域のいずれにも記憶されていない場合にはE0にカウント値が記憶される。また、E1〜E4の記憶領域に記憶されていない場合にはE1にカウント値が記憶される。また、E2〜E4の記憶領域に記憶されていない場合にはE2にカウント値が記憶される。また、E3、E4の記憶領域に記憶されていない場合にはE3にカウント値が記憶される。
In S12, it is determined whether or not the upper limit of storage, that is, whether or not the storage area E4 (see FIGS. 17 and 18) is empty. If it is determined that the storage area E4 is not empty (S12: YES), the start winning process is terminated.
When it is determined that the storage area E4 is empty (S12: NO), the process proceeds to S13. In S13, the count value of each counter such as the current big hit counter 293A is acquired, and as shown in any one of FIGS. 17A to 17F, the five storage areas E0, E1, E2 , E3, and E4, the count value is stored, and the process proceeds to S14.
Note that when the count values are stored in the storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 in S13, they are preferentially stored in the order of E0 → E1 → E2 → E3 → E4. In other words, if it is not stored in any of the storage areas E0 to E4, the count value is stored in E0. Further, when not stored in the storage areas E1 to E4, the count value is stored in E1. Further, when not stored in the storage areas E2 to E4, the count value is stored in E2. In addition, when it is not stored in the storage area of E3 and E4, the count value is stored in E3.
この「カウント値取得処理」では、具体的に主制御用CPU291は、始動口スイッチ57Aからパチンコ球の検出信号が入力された時の大当りカウンタ293Aに記憶されている数値をその時の「大当りカウント値」として代数Vに代入してパラメータ記憶エリア293Kの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4に記憶する。   Specifically, in the “count value acquisition process”, the main control CPU 291 uses the numerical value stored in the big hit counter 293A when the pachinko ball detection signal is input from the start port switch 57A as the “big hit count value at that time”. Is substituted into the algebra V and stored in the storage areas E0, E1, E2, E3, E4 of the parameter storage area 293K.
また、同時に、主制御用CPU291は、始動口スイッチ57Aから入賞の信号が入力されたときのリーチカウンタ293Eに記憶されている数値をその時の「リーチカウント値」として代数Mに代入してパラメータ記憶エリア293Kの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4に記憶する。   At the same time, the main control CPU 291 assigns the numerical value stored in the reach counter 293E when the winning signal is input from the start port switch 57A to the algebra M as the “reach count value” at that time, and stores the parameter. The data is stored in the storage areas E0, E1, E2, E3, E4 of the area 293K.
また、同時に、主制御用CPU291は、始動口スイッチ57Aから入賞の信号が入力されたときの大当り図柄選択カウンタ293Fに記憶されている数値をその時の「大当り図柄選択カウント値」として代数Yに代入してパラメータ記憶エリア293Kの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4に記憶する。   At the same time, the main control CPU 291 substitutes the numerical value stored in the jackpot symbol selection counter 293F when the winning signal is input from the start port switch 57A into the algebra Y as the “hit symbol selection count value” at that time. And stored in the storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 of the parameter storage area 293K.
また、同時に、主制御用CPU291は、始動口スイッチ57Aから入賞の信号が入力されたときの変動パターン選択カウンタ293Hに記憶されている数値をその時の「変動パターン選択カウント値」として代数Hに代入してパラメータ記憶エリア293Kの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4に記憶する。   At the same time, the main control CPU 291 assigns the numerical value stored in the variation pattern selection counter 293H when the winning signal is input from the start port switch 57A to the algebra H as the “variation pattern selection count value” at that time. And stored in the storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 of the parameter storage area 293K.
また、同時に、主制御用CPU291は、始動口スイッチ57Aから入賞の信号が入力されたときのハズレ図柄選択カウンタ293Iに記憶されている数値をその時の「ハズレ図柄選択カウント値」として代数Iに代入してパラメータ記憶エリア293Kの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4に記憶する。   At the same time, the main control CPU 291 assigns the numerical value stored in the lost symbol selection counter 293I when the winning signal is input from the start port switch 57A to the algebra I as the “lost symbol selection count value” at that time. And stored in the storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 of the parameter storage area 293K.
更に、同時に、主制御用CPU291は、始動口スイッチ57Aから入賞の信号が入力されたときのリーチハズレ図柄選択カウンタ293Jに記憶されている数値をその時の「リーチ図柄選択カウント値」として代数Fに代入してパラメータ記憶エリア293Kの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4に記憶する。
尚、ハズレ図柄選択カウント値、リーチハズレ図柄選択カウント値等の遊技者の利得に関係せず、演出の選択等に用いられるカウンタのカウント値の取得タイミングは、始動口スイッチ57Aから入賞の信号が入力された時に限られることはない。
At the same time, the main control CPU 291 assigns the numerical value stored in the reach lose symbol selection counter 293J when the winning signal is input from the start port switch 57A to the algebra F as the “reach symbol selection count value” at that time. And stored in the storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 of the parameter storage area 293K.
Regardless of the player's gain such as lose symbol selection count value, reach lose symbol selection count value, etc., the timing of obtaining the count value of the counter used for selection of effects etc. is input from the start switch 57A. It is not limited to when it is done.
S14では、記憶があるか否か、すなわち、記憶領域E0(図17及び図18参照)にカウント値が記憶されているか否かを判断している。ここで、図17の(a)に示すように、記憶領域E0に1組のカウント値も記憶されていないと判断する場合には(S14:NO)、始動入賞処理を終了する。一方、図17の(b)〜(e)に示すように、記憶領域E0にカウント値が記憶されていると判断する場合には(S14:YES)、S15に進む。   In S14, it is determined whether or not there is storage, that is, whether or not the count value is stored in the storage area E0 (see FIGS. 17 and 18). Here, as shown in FIG. 17A, when it is determined that one set of count values is not stored in the storage area E0 (S14: NO), the start winning process is terminated. On the other hand, as shown in FIGS. 17B to 17E, when it is determined that the count value is stored in the storage area E0 (S14: YES), the process proceeds to S15.
S15では、図17の(c)〜(f)に示すように、記憶領域E1にカウント値を記憶したときは記憶領域E1に対応する1個の第1保留LED40を点灯させた後、又は、記憶領域E2にカウント値を記憶したときは記憶領域E2に対応する1個の第1保留LED40を点灯させた後、記憶領域E3にカウント値を記憶したときは記憶領域E3に対応する1個の第1保留LED40を点灯させた後、記憶領域E4にカウント値を記憶したときは記憶領域E4に対応する1個の第1保留LED40を点灯させた後、処理を終了する。   In S15, as shown in (c) to (f) of FIG. 17, when the count value is stored in the storage area E1, one first hold LED 40 corresponding to the storage area E1 is turned on, or When the count value is stored in the storage area E2, one first hold LED 40 corresponding to the storage area E2 is turned on, and when the count value is stored in the storage area E3, one count corresponding to the storage area E3 is stored. When the count value is stored in the storage area E4 after the first hold LED 40 is turned on, the process ends after turning on the first hold LED 40 corresponding to the storage area E4.
次に、前記S2で本実施形態に係る主制御用CPU291が実行する割込プログラムの結果報知処理について、図21のフローチャート図に基づいて説明する。
図21に示すように、主制御用CPU291は、先ずS21において図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される3つの図柄が変動中であるか否かを判断している。ここで、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される3つの図柄が変動中であると判断する場合には(S21:YES)、S22において、主制御用CPU291は、演出表示制御用CPU261に出力した変動パターンの変動表示処理時間をROM292から読み出し、変動時間が終了したか否かを判定する。その結果、変動時間が終了した場合(S22:YES)にはS23へと移行し、変動時間が終了していないと判定された場合(S22:NO)には、当該結果表示処理を終了する。図柄の変動時間としては、例えば、図柄の変動パターンが「パターン1」の場合には、5秒間である。また、変動パターンが「パターン2」の場合には、20秒間である。また、変動パターンが「パターン3」の場合には、30秒間である。また、変動パターンが「パターン12」の場合には、22秒間である。また、変動パターンが「パターン13」の場合には、32秒間である。また、変動パターンが「パターン14」の場合には、42秒間である(図10参照)。
Next, the result notification process of the interrupt program executed by the main control CPU 291 according to this embodiment in S2 will be described based on the flowchart of FIG.
As shown in FIG. 21, the main control CPU 291 first determines in S21 whether or not the three symbols displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 are changing. Here, when it is determined that the three symbols displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 are changing (S21: YES), in S22, the main control CPU 291 causes the effect display control CPU 261. The fluctuation display processing time of the fluctuation pattern output in (1) is read from the ROM 292, and it is determined whether or not the fluctuation time has ended. As a result, when the variation time is over (S22: YES), the process proceeds to S23, and when it is determined that the variation time is not over (S22: NO), the result display process is terminated. The symbol variation time is, for example, 5 seconds when the symbol variation pattern is “pattern 1”. When the variation pattern is “pattern 2”, it is 20 seconds. When the variation pattern is “pattern 3”, it is 30 seconds. When the variation pattern is “pattern 12”, it is 22 seconds. When the variation pattern is “pattern 13”, it is 32 seconds. Further, when the variation pattern is “pattern 14”, it is 42 seconds (see FIG. 10).
そして、図柄の変動表示処理の処理時間が経過した場合には(S22:YES)、S23において、主制御用CPU291は、サブ統合制御用CPU281を介して演出表示制御用CPU261に変動を停止させるように、即ち、図柄を確定停止させるように指令する確定停止信号をサブ統合制御用CPU281を介して演出表示制御用CPU261に出力する。更に、S23では、パラメータ記憶エリア293Kに設けられた5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4についての記憶の書き換えが行われる。例えば、このとき、図17の(f)に示すように、5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4の各々にカウント値が記憶されている場合には、図18の(a)を経た後に、図18の(b)に示すように、5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4についての記憶の書き換えが行われる。また、このとき、図18の(b)に示すように、4つの記憶領域E0,E1,E2,E3の各々に一組のカウンタの値が記憶されている場合には、記憶領域E0を空にした後、図18の(c)に示すように、5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4についての記憶の書き換えが行われる。   If the processing time of the symbol variation display process has elapsed (S22: YES), in S23, the main control CPU 291 causes the effect display control CPU 261 to stop the variation via the sub-integrated control CPU 281. That is, a definite stop signal for instructing to definitely stop the symbol is output to the effect display control CPU 261 via the sub integrated control CPU 281. Further, in S23, the memory is rewritten for the five storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 provided in the parameter storage area 293K. For example, at this time, as shown in FIG. 17 (f), when the count value is stored in each of the five storage areas E0, E1, E2, E3, E4, (a) in FIG. After that, as shown in FIG. 18 (b), rewriting of storage for the five storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 is performed. At this time, as shown in FIG. 18B, when a set of counter values is stored in each of the four storage areas E0, E1, E2, and E3, the storage area E0 is emptied. Then, as shown in (c) of FIG. 18, the rewriting of the storage for the five storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 is performed.
また、このとき、図18の(c)に示すように、3つの記憶領域E0,E1,E2の各々にカウント値が記憶されている場合には、記憶領域E0を空にした後、図18の(d)に示すように、5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4についての記憶の書き換えが行われる。また、このとき、図18の(d)に示すように、2つの記憶領域E0,E1の各々にカウント値が記憶されている場合には、記憶領域E0を空にした後、図18の(e)に示すように、5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4についての記憶の書き換えが行われる。また、このとき、図18の(e)に示すように、1つの記憶領域E0にカウント値が記憶されている場合には、記憶領域E0を空にした後、図18の(a)に示すように、5つの記憶領域E0,E1,E2,E3,E4についての記憶の書き換えが行われる。   At this time, as shown in FIG. 18 (c), when the count value is stored in each of the three storage areas E0, E1, and E2, the storage area E0 is emptied, and then FIG. As shown in (d) of FIG. 5, rewriting of storage is performed for the five storage areas E0, E1, E2, E3, and E4. At this time, as shown in FIG. 18 (d), when the count value is stored in each of the two storage areas E0 and E1, the storage area E0 is emptied and then ( As shown in e), the rewriting of the memory for the five storage areas E0, E1, E2, E3, E4 is performed. At this time, if the count value is stored in one storage area E0 as shown in FIG. 18E, the storage area E0 is emptied and then shown in FIG. As described above, the rewrite of the memory for the five storage areas E0, E1, E2, E3, and E4 is performed.
また、S21において、図柄表示装置48の液晶表示器52に表示される3つの図柄が変動中でないと判断する場合には(S21:NO)、S24に進んで、記憶があるか否か、すなわち、記憶領域E0(図17及び図18参照)にカウント値が記憶されているか否かを判断する。ここで、図17の(a)に示すように、記憶領域E0にカウント値が記憶されていないと判断する場合には(S24:NO)、結果報知処理を終了する。また、記憶領域E0にカウント値1組のカウント値が記憶されていると判断する場合には(S24:YES)、S25に進む。   In S21, when it is determined that the three symbols displayed on the liquid crystal display 52 of the symbol display device 48 are not changing (S21: NO), the process proceeds to S24, that is, whether or not there is a memory. Then, it is determined whether or not the count value is stored in the storage area E0 (see FIGS. 17 and 18). Here, as shown to (a) of FIG. 17, when it is judged that the count value is not memorize | stored in the storage area E0 (S24: NO), a result alerting | reporting process is complete | finished. If it is determined that one set of count values is stored in the storage area E0 (S24: YES), the process proceeds to S25.
そして、S25では、パラメータ記憶エリア293Kに設けられた記憶領域E0より、記憶された各カウンタのカウント値を読み出す。そして、読み出したカウント値に基づいて以下の大当り等の判定処理が行われる。   In S25, the stored count value of each counter is read from the storage area E0 provided in the parameter storage area 293K. Then, based on the read count value, the following determination process such as jackpot is performed.
次にS26において、主制御用CPU291は、「確変モード」か否かを判定する判定処理を実行する。
この「確変モード」か否かの判定処理は、先ず、主制御用CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kに記憶されている後述の時短・確変代数L(電源投入時に、時短・確変代数Lには「0」が代入されている)を読み出す。そして、この時短・確変代数Lが「0」の場合には、「時短・確変モード」でないと判定して、予めROM292に記憶されている「通常大当り数値」(本実施形態の場合は、「7」である。)を読み出し、この「通常大当り数値」を「大当り数値」としてパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。また、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した時短・確変代数Lが「1」の場合には、「時短・確変モード」であると判定して、予めROM292に記憶されている「確変大当り数値」(本実施形態の場合は、「1」、「3」、「5」、「7」である。)を読み出し、この「確変大当り数値」を「大当り数値」としてパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。従って、「時短・確変モード」でない通常の遊技状態の場合には、「大当り」の発生確率は、1/360である。また、「時短・確変モード」の遊技状態の場合には、「大当り」の発生確率は、4/360である。
Next, in S26, the main control CPU 291 executes a determination process for determining whether or not the “probability change mode”.
First, the main control CPU 291 determines whether or not it is in the “probable variation mode” by referring to a time-short / accurate variable algebra L (described later when the power is turned on). 0) is assigned. When the time / accuracy variable algebra L is “0”, it is determined that the mode is not “time / accuracy variation mode”, and the “normal jackpot value” stored in the ROM 292 in advance (in this embodiment, “ 7 ”), and this“ normal jackpot value ”is stored in the parameter storage area 293K as“ hit value ”. When the time-short / accuracy variable algebra L read from the parameter storage area 293K is “1”, it is determined that the time-short / accuracy change mode is “time-short / accuracy change mode”, and the “probability large hit value” (this In the case of the embodiment, “1”, “3”, “5”, and “7”) are read out, and this “probable variation big hit value” is stored as “big hit value” in the parameter storage area 293K. Therefore, in the case of a normal gaming state that is not in the “short time / probability change mode”, the occurrence probability of “big hit” is 1/360. Further, in the case of the gaming state of “time reduction / probability change mode”, the occurrence probability of “big hit” is 4/360.
次に、S27において、CPU291は「大当り」か否かを判定する判定処理を実行する。
この「大当り」であるか否かの判定処理は、先ず、パラメータ記憶エリア293Kから「大当りカウント値」としての代数Vを読み出す。そして、この代数Vが、パラメータ記憶エリア293Kに記憶されている「大当り数値」と一致するかどうか判定する。そして、一致すれば、大当り代数R(電源投入時に、大当り代数Rには「0」が代入されている。)に「1」を代入して(大当りフラグをONにして)パラメータ記憶エリア293Kに記憶し、一致しない場合には、大当り代数Rに「0」を代入してパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。
Next, in S <b> 27, the CPU 291 executes a determination process for determining whether or not it is “big hit”.
In the determination process for determining whether or not it is a “big hit”, first, an algebra V as a “big hit count value” is read from the parameter storage area 293K. Then, it is determined whether or not the algebra V matches the “big hit value” stored in the parameter storage area 293K. If they match, the big hit algebra R (when the power is turned on, “0” is assigned to the big hit algebra R) is set to “1” (the big hit flag is turned ON) in the parameter storage area 293K. If they do not match, “0” is substituted into the jackpot algebra R and stored in the parameter storage area 293K.
そして、再度パラメータ記憶エリア293Kから大当り代数Rが読み出され、この大当り代数Rが「0」か「1」か判定される。即ち、「大当り」が発生したか否か判定される。
この大当り代数Rが「1」の場合には、「大当り」が発生したと判定されて(S27:YES)、S28で通常モードへの設定が行われる。通常モードへの設定では、現在の遊技状態が通常モードである場合には現在のモードを維持し、現在の遊技状態が確変モードである場合には前記確変代数Lに「0」を代入し、確変モードから通常モードへと変更する。
続いてS29において、主制御用CPU291は、後述の「確変獲得処理」のサブ処理(図22参照)を実行する。
Then, the jackpot algebra R is read again from the parameter storage area 293K, and it is determined whether the jackpot algebra R is “0” or “1”. That is, it is determined whether or not “big hit” has occurred.
When the big hit algebra R is “1”, it is determined that “big hit” has occurred (S27: YES), and the normal mode is set in S28. In the normal mode setting, if the current gaming state is the normal mode, the current mode is maintained, and if the current gaming state is the probability variation mode, “0” is substituted into the probability variation algebra L, Change from probability change mode to normal mode.
Subsequently, in S29, the main control CPU 291 executes a sub-process (see FIG. 22) of a “probability change acquisition process” described later.
次に、S30において、主制御用CPU291は、時短・確変モードか否かを判定する判定処理を実行する。即ち、パラメータ記憶エリア293Kに記憶されている後述の時短・確変代数Lを読み出し、この時短・確変代数Lが「0」か「1」かを判定する。
そして、この時短・確変代数Lが「1」の場合には、「時短・確変モード」であると判定し(S30:YES)、S31において、主制御用CPU291は、確変大当りの特別図柄を選択する処理を実行する。この確変大当り図柄の選択は、大当り図柄選択カウント値としての代数Yをパラメータ記憶エリア293Kから読みだし、該代数Yが「0」の場合は、サブ統合制御基板280に指示する大当り図柄として「111」の大当り図柄をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、該代数Yが「2」の場合は、サブ統合制御基板280に指示する大当り図柄として「333」の大当り図柄をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、該代数Yが「4」の場合は、サブ統合制御基板280に指示する大当り図柄として「555」の大当り図柄をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、該代数Yが「6」の場合は、サブ統合制御基板280に指示する大当り図柄として「777」の大当り図柄をパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。
Next, in S <b> 30, the main control CPU 291 executes a determination process for determining whether or not the time-saving / probability change mode. That is, a time-short / probable variable algebra L, which will be described later, stored in the parameter storage area 293K is read, and it is determined whether the time-short / probable variable algebra L is “0” or “1”.
If the time / accuracy variable algebra L is “1”, it is determined that the mode is “time / accuracy variation mode” (S30: YES). In S31, the main control CPU 291 selects a special symbol for the probability variation big hit. Execute the process. In the selection of the probable big hit symbol, the algebra Y as the big hit symbol selection count value is read from the parameter storage area 293K, and when the algebra Y is “0”, the big hit symbol designated to the sub integrated control board 280 is “111”. Is stored in the parameter storage area 293K, and when the algebra Y is “2”, the big hit symbol of “333” is stored in the parameter storage area 293K as the big hit symbol instructed to the sub-integrated control board 280, When the algebra Y is “4”, the big hit symbol “555” is stored in the parameter storage area 293K as the big hit symbol to be instructed to the sub integration control board 280, and when the algebra Y is “6”, the sub integration is performed. The big hit symbol “777” is stored in the parameter storage area 293K as the big hit symbol to be instructed to the control board 280.
そして、S32において、主制御用CPU291は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンドを変動パターン決定テーブル74の確変変動パターン群の内より選択する(図10参照)。即ち、パラメータ記憶エリア293Kから変動パターン選択カウント値としての代数Hを読み出し、この代数Hが「0〜2」の場合は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンド12をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、代数Hが「3〜6」の場合は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンド13をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、代数Hが「7〜9」の場合は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンド14をパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。   In step S32, the main control CPU 291 selects a variation pattern command to be instructed to the sub integrated control CPU 281 from the probability variation pattern group of the variation pattern determination table 74 (see FIG. 10). That is, the algebra H as the variation pattern selection count value is read from the parameter storage area 293K, and when the algebra H is “0 to 2”, the variation pattern command 12 instructed to the sub integrated control CPU 281 is stored in the parameter storage area 293K. When the algebra H is “3-6”, the variation pattern command 13 instructed to the sub-integration control CPU 281 is stored in the parameter storage area 293K. When the algebra H is “7-9”, the sub-integration The variation pattern command 14 instructed to the control CPU 281 is stored in the parameter storage area 293K.
また、S30において、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した時短・確変代数Lが「0」の場合には、「時短・確変モード」でないと判定し(S30:NO)、S33において、ノーマル大当りの特別図柄を選択する処理を実行する。このノーマル大当り図柄の選択は、大当り図柄選択カウント値としての代数Yをパラメータ記憶エリア293Kから読みだし、該代数Yに対応する大当り図柄を選択する。例えば、該代数Yが「1」の場合は、サブ統合制御基板280に指示する大当り図柄として「222」の大当り図柄をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、該代数Yが「3」の場合は、サブ統合制御基板280に指示する大当り図柄として「444」の大当り図柄をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、該代数Yが「5」の場合は、サブ統合制御基板280に指示する大当り図柄として「666」の大当り図柄をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、該代数Yが「7」の場合は、サブ統合制御基板280に指示する大当り図柄として「888」の大当り図柄をパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。   In S30, if the time / accuracy variable algebra L read from the parameter storage area 293K is “0”, it is determined that the mode is not “time / accuracy variation mode” (S30: NO), and a special symbol for normal big hit is obtained in S33. The process of selecting is executed. In selecting the normal jackpot symbol, the algebra Y as the jackpot symbol selection count value is read from the parameter storage area 293K, and the jackpot symbol corresponding to the algebra Y is selected. For example, when the algebra Y is “1”, the jackpot symbol “222” is stored in the parameter storage area 293K as the jackpot symbol instructed to the sub integrated control board 280, and when the algebra Y is “3”, The big hit symbol “444” is stored in the parameter storage area 293K as the big hit symbol to be designated to the sub integrated control board 280. When the algebra Y is “5”, the big hit symbol to be designated to the sub integrated control board 280 is “666”. Is stored in the parameter storage area 293K, and when the algebra Y is "7", the big hit symbol of "888" is stored in the parameter storage area 293K as the big hit symbol to be instructed to the sub integrated control board 280.
そして、S34において、主制御用CPU291は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンドを変動パターン決定テーブル74の通常大当り変動パターン群より選択する(図10参照)。即ち、パラメータ記憶エリア293Kから変動パターン選択カウント値としての代数Hを読み出し、この代数Hが「0〜2」の場合は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンド12をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、代数Hが「3〜6」の場合は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンド13をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、代数Hが「7〜9」の場合は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンド14をパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。   In S34, the main control CPU 291 selects a variation pattern command instructed to the sub integrated control CPU 281 from the normal big hit variation pattern group in the variation pattern determination table 74 (see FIG. 10). That is, the algebra H as the variation pattern selection count value is read from the parameter storage area 293K, and when the algebra H is “0 to 2”, the variation pattern command 12 instructed to the sub integrated control CPU 281 is stored in the parameter storage area 293K. When the algebra H is “3-6”, the variation pattern command 13 instructed to the sub-integration control CPU 281 is stored in the parameter storage area 293K. When the algebra H is “7-9”, the sub-integration The variation pattern command 14 instructed to the control CPU 281 is stored in the parameter storage area 293K.
一方、S27において、読み出した大当り代数Rが「0」の場合には、ハズレとして判定されて(S27:NO)、S35に移行する。S35においては、主制御用CPU291は、この時の変動図柄の表示が、変動図柄の3つの図柄のうち、2つの図柄が揃ったリーチ状態(例えば「5、−、5」や「7、−、7」等、但し「−」は図柄が回転中であることを意味する)を表示した後にハズレを表示するリーチハズレか否か判定される。
この判定は、パラメータ記憶エリア293Kに記憶されているリーチカウント値を読み出し、予めRAM293に格納されているリーチ発生数値(本実施形態の場合は、「0」〜「27」である。)のいずれかと一致するかどうか判定し、一致すればリーチ状態後ハズレを表示すると判定し(S19:YES)、S36において、リーチハズレの特別図柄を選択する。このリーチハズレ図柄の選択は、パラメータ記憶エリア293Kからリーチ図柄選択カウント値としての代数Fを読み出し、この代数Fに対応するリーチハズレ図柄をRAM293から読み出し、サブ統合制御用CPU281に指示するリーチハズレ図柄としてパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。
On the other hand, when the read big hit algebra R is “0” in S27, it is determined as lost (S27: NO), and the process proceeds to S35. In S35, the main control CPU 291 displays the variable symbols at this time in a reach state in which two symbols out of the three symbols of the variable symbols are aligned (for example, “5, −5” or “7, − , 7 ", etc., where"-"means that the symbol is rotating), and it is determined whether or not it is a reach loss to display a loss.
In this determination, the reach count value stored in the parameter storage area 293K is read, and any of the reach occurrence numerical values stored in advance in the RAM 293 (in this embodiment, “0” to “27”). If they match, it is determined that a loss after reach state is displayed (S19: YES), and a special symbol for reach loss is selected in S36. The selection of the reach lose symbol is performed by reading the algebra F as a reach symbol selection count value from the parameter storage area 293K, reading out the reach lose symbol corresponding to the algebra F from the RAM 293, and storing the parameter as a reach lose symbol for instructing the CPU 281 for sub integrated control. Store in area 293K.
続いて、S37において、主制御用CPU291は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンドを変動パターン決定テーブルのリーチハズレ変動パターン群より選択する(図10参照)。パラメータ記憶エリア293Kから変動パターン選択カウント値としての代数Hを読み出し、この代数Hが「0〜5」の場合は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンド2をパラメータ記憶エリア293Kに記憶し、代数Hが「6〜9」の場合は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンド3をパラメータ記憶エリア293Kに記憶する。   Subsequently, in S37, the main control CPU 291 selects a variation pattern command instructed to the sub integrated control CPU 281 from the reach variation variation pattern group of the variation pattern determination table (see FIG. 10). The algebra H as the variation pattern selection count value is read from the parameter storage area 293K. When the algebra H is “0 to 5”, the variation pattern command 2 instructed to the sub integrated control CPU 281 is stored in the parameter storage area 293K. When the algebra H is “6-9”, the variation pattern command 3 instructed to the sub-integration control CPU 281 is stored in the parameter storage area 293K.
他方、S35において、パラメータ記憶エリア293Kに記憶されているリーチカウント値を読み出し、予めRAM293に格納されているリーチ発生数値(本実施形態の場合は、「0」〜「27」である。)のいずれとも一致しないと判定した場合には(S35:NO)、S38において、パラメータ記憶エリア293Kからハズレ図柄選択カウント値Iを読み出し、該代数Iに対応するハズレ図柄の図柄データをRAM293から読み込んで、サブ統合制御用CPU281に指示する図柄データとして、パラメータ記憶エリア293Kに記憶する。
また、S39において、主制御用CPU291は、サブ統合制御用CPU281に指示する変動パターンコマンドとして「1」をパラメータ記憶エリア293Kに記憶する(図10参照)。
On the other hand, in S35, the reach count value stored in the parameter storage area 293K is read, and the reach generation value (in the present embodiment, “0” to “27”) stored in the RAM 293 in advance. If it is determined that they do not match (S35: NO), in S38, the lost symbol selection count value I is read from the parameter storage area 293K, and the symbol data of the lost symbol corresponding to the algebra I is read from the RAM 293. The symbol data is stored in the parameter storage area 293K as symbol data instructed to the sub-integration control CPU 281.
In S39, the main control CPU 291 stores “1” in the parameter storage area 293K as a variation pattern command instructed to the sub integrated control CPU 281 (see FIG. 10).
次に、S40において、CPU291は、再度、パラメータ記憶エリア293Kからサブ統合制御基板280のCPU281に指示する最終停止図柄データと変動パターンコマンドとを読み出し、サブ統合制御基板280のCPU281に指示する。   Next, in S40, the CPU 291 again reads the final stop symbol data and the variation pattern command instructed to the CPU 281 of the sub integrated control board 280 from the parameter storage area 293K, and instructs the CPU 281 of the sub integrated control board 280.
続いて、S41において、主制御用CPU291は、サブ統合制御用CPU281に出力した変動パターンコマンドによる変動表示処理時間の計数をスタートし、処理を終了する。   Subsequently, in S41, the main control CPU 291 starts counting the variation display processing time based on the variation pattern command output to the sub integrated control CPU 281 and ends the processing.
次に、「確変獲得処理」のサブ処理(S29)について図23に基づいて説明する。図22は本実施形態に係るパチンコ機の主制御用CPUが実行する確変獲得処理のフローチャートである。   Next, the sub-process (S29) of the “probability change acquisition process” will be described with reference to FIG. FIG. 22 is a flowchart of the probability variation acquisition process executed by the main control CPU of the pachinko machine according to the present embodiment.
図22に示すように、先ず、S51において、主制御用CPU291は、「確変モード」を獲得したか否かを判定する判定処理を実行する。
この「確変モード」を獲得したか否か判定する処理は、先ず、主制御用CPU291は、パラメータ記憶エリア293Kから「大当り図柄選択カウント値」としての代数Yを読み込む。次に、主制御用CPU291は、この読み込んだ代数Yが偶数の数値データのいずれかと一致するか否か判定する。
そして、主制御用CPU291は、この読み込んだ代数Yが偶数の数値データのいずれかと一致した場合には、「確変モード」を獲得したと判定し、該代数Yが偶数の数値データのいずれとも一致しない場合には、「確変モード」を獲得できなかったと判定する。よって、大当りの判定時(S27:YES)に「確変モード」を獲得できる確率は、1/2である。
As shown in FIG. 22, first, in S51, the main control CPU 291 executes determination processing for determining whether or not the “probability change mode” has been acquired.
In the process of determining whether or not the “probability change mode” has been acquired, first, the main control CPU 291 reads the algebra Y as the “big hit symbol selection count value” from the parameter storage area 293K. Next, the main control CPU 291 determines whether or not the read algebra Y matches any of the even numerical data.
When the read algebra Y matches any of the even numerical data, the main control CPU 291 determines that the “probability change mode” has been acquired, and the algebra Y matches any of the even numerical data. If not, it is determined that the “probability change mode” has not been acquired. Therefore, the probability of acquiring the “probability variation mode” at the time of the big hit determination (S27: YES) is ½.
そして、「確変モード」を獲得しなかった場合には(S51:NO)、S53において、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した確変代数Lに「0」を代入して、再度パラメータ記憶エリア293Kに記憶し、当該サブ処理を終了して「大当り判定処理」に戻る。
一方、「確変モード」を獲得した場合には(S51:YES)、S52において、主制御用CPU291は、「確変モードの設定」を行う。即ち、パラメータ記憶エリア293Kから読み出した確変代数Lに「1」を代入して、再度、パラメータ記憶エリア293Kに記憶する。そして、当該サブ処理を終了して「大当り判定処理」に戻る。
If the “probability change mode” has not been acquired (S51: NO), “0” is substituted for the probability variable algebra L read from the parameter storage area 293K in S53, and is stored again in the parameter storage area 293K. Then, the sub-process is terminated, and the process returns to the “big hit determination process”.
On the other hand, when the “probability change mode” is acquired (S51: YES), in S52, the main control CPU 291 performs “setting of the probability change mode”. That is, “1” is substituted into the probability variable algebra L read from the parameter storage area 293K, and is stored again in the parameter storage area 293K. Then, the sub-process is terminated and the process returns to the “big hit determination process”.
次に、前記S3で本実施形態に係る主制御用CPU291が実行する割込プログラムの大当り遊技処理について図23に基づいて説明する。図23は本実施形態に係るパチンコ機の主制御用CPUが実行する大当り遊技処理のフローチャートである。   Next, the big hit game process of the interruption program executed by the main control CPU 291 according to the present embodiment in S3 will be described with reference to FIG. FIG. 23 is a flowchart of the jackpot game process executed by the main control CPU of the pachinko machine according to the present embodiment.
図23に示すように、先ず、S71において、主制御用CPU291は、大当りフラグがONであるか否かを判定する判定処理を実行する。この判定処理は、パラメータ記憶エリア293Kから大当り代数Rを読み出し、この大当り代数Rが「0」か「1」か判定することにより行う。そして、大当りフラグがOFFであると判定された場合(S71:NO)には、当該大当り遊技処理を終了する。   As shown in FIG. 23, first, in S71, the main control CPU 291 executes a determination process for determining whether or not the big hit flag is ON. This determination process is performed by reading the jackpot algebra R from the parameter storage area 293K and determining whether the jackpot algebra R is “0” or “1”. And when it determines with a big hit flag being OFF (S71: NO), the said big hit game process is complete | finished.
一方、大当り判定フラグがONであると判定された場合(S71:YES)には、続いて大当りラウンド開始時であるか否かが判定される(S72)。大当りラウンド数は後述のように大入賞口60に入賞した入賞球が10個に達した場合又は大入賞口60が開放されてから所定期間経過した場合に第16ラウンドを最大ラウンド数として更新される。   On the other hand, when it is determined that the big hit determination flag is ON (S71: YES), it is subsequently determined whether or not the big hit round starts (S72). As described later, the number of big hit rounds is updated with the 16th round as the maximum number of rounds when 10 winning balls have been won in the big winning opening 60 or when a predetermined period has passed since the opening of the big winning opening 60. The
そして、ラウンド開始時である場合(S72:YES)には、S73において現在のラウンド数に基づく大当りラウンドコマンド(R1〜R16)をサブ統合制御基板280に対して送信する。一方、ラウンド開始時でない場合(S72:NO)には、S74へ移行する。
更に、S74で主制御用CPU291は、大入賞口60の開閉扉59を開閉する開閉ソレノイド59Aを駆動する。
If it is time to start the round (S72: YES), a big hit round command (R1 to R16) based on the current number of rounds is transmitted to the sub integrated control board 280 in S73. On the other hand, if it is not at the start of the round (S72: NO), the process proceeds to S74.
Further, in S74, the main control CPU 291 drives an open / close solenoid 59A that opens and closes the open / close door 59 of the special winning opening 60.
続いて、S75において、大入賞口60に入賞した入賞球が10個に達したか否か、即ち、不図示の大入賞口カウントスイッチにより検出された入賞個数が10個に達したか否かを判定する。
そして、大入賞口60に入賞した入賞球が10個に達していない場合には(S75:NO)、S76において、大入賞口60を開放してから所定時間(本実施形態の場合は、約30秒である。)経過したか否かを判定する。そして、大入賞口60を開放してから所定時間経過していないと判定された場合には(S76:NO)、大当り遊技処理を終了する。
Subsequently, in S75, whether or not 10 winning balls have been won in the grand prize opening 60, that is, whether or not the number of prizes detected by a large winning hole count switch (not shown) has reached ten. Determine.
If the number of winning balls that have won the big winning opening 60 has not reached ten (S75: NO), in S76, after the big winning opening 60 is opened, a predetermined time (in the present embodiment, about It is 30 seconds.) It is determined whether or not it has elapsed. If it is determined that the predetermined time has not elapsed since the big winning opening 60 was opened (S76: NO), the big hit game process is terminated.
一方、大入賞口60に入賞した入賞球が10個に達した場合(S75:YES)、若しくは大入賞口60を開放してから所定時間経過した場合には(S76:YES)、S77において、主制御用CPU291は、開閉扉59を閉じて大入賞口60を閉塞する。   On the other hand, when the number of winning balls won in the big winning opening 60 has reached 10 (S75: YES), or when a predetermined time has passed since the opening of the big winning opening 60 (S76: YES), in S77, The main control CPU 291 closes the open / close door 59 and closes the special winning opening 60.
続いて、S78において、主制御用CPU291は、大入賞口60を継続して開放した回数が所定の最高継続回数(本実施形態の場合には、「16回」である。)に達したか否かを判定する判定処理を実行する。この大入賞口60を開放した回数が、所定の最高継続回数に達していないと判定された場合には(S78:NO)、今回のラウンドの終了を指示する大当りラウンドインターバルコマンドをサブ統合制御基板280へ送信する(S79)。更に、現在の大当りラウンド数をカウントするカウンタ値を「+1」し(S80)、大当りラウンド数を更新する。その後、大当り遊技処理を終了する。   Subsequently, in S78, the main control CPU 291 has reached the predetermined maximum number of times (in the case of the present embodiment, “16 times”) when the number of times that the special winning opening 60 is continuously opened has been reached. A determination process for determining whether or not is executed. If it is determined that the number of times that the special winning opening 60 has been opened has not reached the predetermined maximum number of continuations (S78: NO), a big hit round interval command for instructing the end of the current round is sent to the sub-integrated control board. Transmit to 280 (S79). Further, the counter value for counting the current number of big hit rounds is incremented by “+1” (S80), and the number of big hit rounds is updated. Thereafter, the big hit game process is terminated.
一方、大入賞口60を開放した回数が、所定の最高継続回数に達した場合には(S78:YES)、S81へと移行する。S81では、大当りフラグをオフにする(大当り代数Rに「0」を代入する)とともに、大当り遊技を終了することをサブ統合制御基板280に対して指示するコマンドを送信し、当該大当り遊技処理を終了する。   On the other hand, when the number of times that the special winning opening 60 is opened reaches a predetermined maximum number of continuous times (S78: YES), the process proceeds to S81. In S81, the jackpot flag is turned off ("0" is substituted for the jackpot algebra R), and a command for instructing the sub-integrated control board 280 to end the jackpot game is transmitted, and the jackpot game processing is performed. finish.
次に、サブ統合制御基板280のCPU281が所定間隔毎に実行する割込プログラムであるメイン制御処理について図24に基づいて説明する。ここで、CPU281は以下に示すとおり前記主制御基板290のCPU291から指示情報として図柄の変動パターンを指示する「変動パターンコマンド」、最終的に停止する図柄を指示する「最終停止図柄情報」、大当たりラウンド開始を指示する「大当たりラウンドコマンド」及び1ラウンドの終了を指示する「大当たりラウンドインターバルコマンド」等の各コマンドを入力された場合に、対応する各制御処理を実行するものである。図24は本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御用CPU281が実行するメイン制御処理のフローチャートである。尚、以下の図24乃至図28にフローチャートで示される各プログラムはサブ統合制御基板280が備えているROM282やRAM283に記憶されており、サブ統合制御用CPU281により実行される。   Next, a main control process that is an interrupt program executed by the CPU 281 of the sub integrated control board 280 at predetermined intervals will be described with reference to FIG. Here, as shown below, the CPU 281 provides a “variation pattern command” that designates a symbol variation pattern as instruction information from the CPU 291 of the main control board 290, “final stop symbol information” that designates a symbol to be finally stopped, and a jackpot When respective commands such as a “big hit round command” for instructing the start of a round and a “big hit round interval command” for instructing the end of one round are input, the corresponding control processes are executed. FIG. 24 is a flowchart of main control processing executed by the sub-integrated control CPU 281 of the pachinko machine according to the present embodiment. The following programs shown in the flowcharts in FIGS. 24 to 28 are stored in the ROM 282 and the RAM 283 provided in the sub integrated control board 280 and are executed by the sub integrated control CPU 281.
図24に示すように、先ずCPU281は、S101において前記主制御基板290のCPU291から指示情報としての各コマンドを受信する後述のコマンド受信処理を行う。次に、S102において演出パターンの選択を行う後述の演出パターン選択処理を行う。更にS103では大当り演出時における大当りラウンドの演出パターンを選択する後述の大当り演出パターン選択処理が行われる。そして、S104では演出表示基板260、駆動回路71及び駆動回路72等の各制御部に対して演出を指示する演出指示処理が行われる。   As shown in FIG. 24, first, the CPU 281 performs a command reception process (described later) for receiving each command as instruction information from the CPU 291 of the main control board 290 in S101. Next, a later-described effect pattern selection process for selecting an effect pattern is performed in S102. Furthermore, in S103, a jackpot effect pattern selection process, which will be described later, for selecting a jackpot round effect pattern at the time of the jackpot effect is performed. In S104, effect instruction processing is performed for instructing the effect to each control unit such as the effect display board 260, the drive circuit 71, and the drive circuit 72.
次に、前記S101のコマンド受信処理のサブ処理について図25に基づいて説明する。図25は本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御用CPU281が実行するコマンド受信処理のフローチャートである。   Next, a sub-process of the command reception process of S101 will be described with reference to FIG. FIG. 25 is a flowchart of command reception processing executed by the sub-integration control CPU 281 of the pachinko machine according to the present embodiment.
図25に示すようにコマンド受信処理では、先ずS111で主制御基板290よりいずれかのコマンドを受信したか否かの判定処理が行われる。主制御基板290から入力される指示コマンドとしては、図柄の変動パターンを指示する「変動パターンコマンド」、最終的に停止する図柄を指示する「最終停止図柄情報」、大当たりラウンドの開始を指示する「大当たりラウンドコマンド」及び1ラウンドの終了を指示する「大当たりラウンドインターバルコマンド」等がある。そして、いずれのコマンドも受信していないと判定された場合(S111:NO)には、当該コマンド受信処理を終了する。   As shown in FIG. 25, in the command reception process, first, in S111, a process for determining whether any command is received from the main control board 290 is performed. As an instruction command input from the main control board 290, a “variation pattern command” for instructing a symbol variation pattern, “final stop symbol information” for instructing a symbol to be finally stopped, and an instruction to start a big hit round “ A jackpot round command and a jackpot round interval command for instructing the end of one round. If it is determined that no command has been received (S111: NO), the command receiving process is terminated.
一方、コマンドを受信したと判定された場合(S111:YES)にはS112で受信したコマンドが変動パターンコマンドであるか否かが判定される。そして、変動パターンコマンドであると判定された場合(S112:YES)には、S113へと移行する。
S113では、RAM283に設けられた変動パターンフラグを“ON”する。その後、当該コマンド受信処理を終了する。変動パターンフラグがONされることによって、後述のように今回の図柄変動に関する演出パターンが選択される。
On the other hand, if it is determined that a command has been received (S111: YES), it is determined whether or not the command received in S112 is a variation pattern command. When it is determined that the command is a variation pattern command (S112: YES), the process proceeds to S113.
In S113, the variation pattern flag provided in the RAM 283 is turned “ON”. Thereafter, the command reception process ends. When the variation pattern flag is turned on, an effect pattern related to the current symbol variation is selected as described later.
また、受信したコマンドが変動パターンコマンドでないと判定された場合(S112:NO)には、受信したコマンドが変動する図柄を確定する変動確定コマンドであるか否かが判定される(S114)。そして、変動確定コマンドであると判定された場合(S114:YES)には、S115へと移行する。
S115では、CPU281は後述のように演出表示基板260に対して送信し、図柄の変動を確定する為の変動確定指令をRAM283にセットし、RAM283に設けられた指令フラグを“ON”する(S116)。その後、当該コマンド受信処理を終了する。尚、セットされた変動確定指令は、後述の演出指示処理によって演出表示基板260に対して送信される(図28のS162)。
If it is determined that the received command is not a variation pattern command (S112: NO), it is determined whether or not the received command is a variation confirmation command for determining a symbol that varies (S114). If it is determined that the command is a change confirmation command (S114: YES), the process proceeds to S115.
In S115, the CPU 281 transmits to the effect display board 260 as will be described later, sets a variation confirmation command for confirming the variation of the symbol in the RAM 283, and "ON" the command flag provided in the RAM 283 (S116). ). Thereafter, the command reception process ends. The set change confirmation command is transmitted to the effect display board 260 by the effect instruction process described later (S162 in FIG. 28).
また、受信したコマンドが変動確定コマンドでないと判定された場合(S114:NO)には、受信したコマンドが大当りラウンドの開始を指示する大当りラウンドコマンドであるか否かが判定される(S117)。そして、大当りラウンドコマンドであると判定された場合(S117:YES)には、S118へと移行する。
S118では、CPU281はRAM283に設けられた大当りラウンドフラグを“ON”し、当該コマンド受信処理を終了する。大当りラウンドフラグがONされることによって、後述のように各大当りラウンドに対応する演出が選択される。
If it is determined that the received command is not a change confirmation command (S114: NO), it is determined whether or not the received command is a big hit round command instructing the start of a big hit round (S117). If it is determined that the command is a big hit round command (S117: YES), the process proceeds to S118.
In S118, the CPU 281 turns ON the big hit round flag provided in the RAM 283, and ends the command reception process. When the big hit round flag is turned ON, an effect corresponding to each big hit round is selected as described later.
また、受信したコマンドが大当りラウンドコマンドでないと判定された場合(S117:NO)には、受信したコマンドが16のラウンドからなる大当りラウンドの内、一のラウンドの終了を指示する大当りラウンドインターバルコマンドであるか否かが判定される(S119)。そして、大当りラウンドインターバルコマンドであると判定された場合(S119:YES)には、S120へと移行する。
S120では、CPU281は後述のように演出表示基板260に対して送信し、大当りラウンドを一時終了する為のインターバル指令をRAM283にセットし、RAM283に設けられた指令フラグを“ON”する(S121)。その後、当該コマンド受信処理を終了する。尚、セットされたインターバル指令は、後述の演出指示処理によって演出表示基板260に対して送信される(図28のS162)。尚、上記では主制御基板290のCPU291から入力されるコマンドとして「変動パターンコマンド」、「変動確定コマンド」、「大当りラウンドコマンド」、「大当りラウンドインターバルコマンド」のみを説明したが、他のコマンドとして、デモ画面の表示を指示するデモ画面報知コマンド、保留数を報知する保留数報知コマンド等があり、それらのコマンドが入力された場合に前記S119の判定処理において大当りラウンドインターバルコマンドでもないと判定される。
If it is determined that the received command is not a big hit round command (S117: NO), the received command is a big hit round interval command for instructing the end of one of the big hit rounds consisting of 16 rounds. It is determined whether or not there is (S119). And when it is determined that it is a big hit round interval command (S119: YES), the process proceeds to S120.
In S120, the CPU 281 transmits to the effect display board 260 as described later, sets an interval command for temporarily ending the big hit round in the RAM 283, and "ON" the command flag provided in the RAM 283 (S121). . Thereafter, the command reception process ends. The set interval command is transmitted to the effect display board 260 by the effect instruction process described later (S162 in FIG. 28). In the above description, only the “variation pattern command”, “variation confirmation command”, “big hit round command”, and “big hit round interval command” have been described as commands input from the CPU 291 of the main control board 290. There are a demonstration screen notification command for instructing display of a demonstration screen, a hold number notification command for notifying the number of hold, and the like, and when these commands are input, it is determined that it is not a big hit round interval command in the determination process of S119. The
次に、前記S102の演出パターン選択処理のサブ処理について図26に基づいて説明する。図26は本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御用CPU281が実行する演出パターン選択処理のフローチャートである。   Next, the sub process of the effect pattern selection process of S102 will be described with reference to FIG. FIG. 26 is a flowchart of effect pattern selection processing executed by the sub-integration control CPU 281 of the pachinko machine according to the present embodiment.
図26に示すように、先ず、S131において、サブ統合制御用CPU281は、演出パターンフラグがONされているか否かを判定する。ここで、演出パターンフラグは前記S113において変動パターンコマンドを受信したときにONされる。そして、演出パターンフラグがONされていると判定された場合(S131:YES)には、S132へと移行し、演出パターンフラグがOFFされていると判定された場合(S131:NO)には、当該演出パターン選択処理は終了する。   As shown in FIG. 26, first, in S131, the sub integration control CPU 281 determines whether or not the effect pattern flag is ON. Here, the effect pattern flag is turned on when the variation pattern command is received in S113. If it is determined that the effect pattern flag is ON (S131: YES), the process proceeds to S132, and if it is determined that the effect pattern flag is OFF (S131: NO), The effect pattern selection process ends.
続いてS132では、演出パターン選択カウンタ283Aのカウント値を演出パターン代数Eに代入してRAM283のパラメータ記憶エリア283Cに記憶する。   Subsequently, in S132, the count value of the effect pattern selection counter 283A is substituted for the effect pattern algebra E and stored in the parameter storage area 283C of the RAM 283.
その後、S133において、CPU281は、RAM283から「変動パターンコマンド」と、同じく主制御基板290から指示された「最終停止図柄指示」とを読み出すと共に、演出パターン選択テーブル75(図11参照)より対応する演出パターン群をセットする。   Thereafter, in S133, the CPU 281 reads out the “variation pattern command” from the RAM 283 and the “final stop symbol instruction” instructed from the main control board 290, and responds from the effect pattern selection table 75 (see FIG. 11). Set the production pattern group.
そして、S134ではパラメータ記憶エリア283Cから演出パターン代数Eを読み出し、演出パターン選択テーブル75(図11参照)から該当する演出パターンを選択する。更に、選択された演出パターンに対応する「演出パターンコマンド」を演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出表示指令としてRAM283にセットする(S135)。尚、セットされたインターバル指令は、後述の演出指示処理によって演出表示基板260に対して送信される(図28のS162)。例えば、RAM283から読み出した「変動パターンコマンド」が「12」で、「最終停止図柄指示」が「111」で、且つパラメータ記憶エリア283Cから読み出した演出パターン代数Eが「3」の場合には、CPU281は、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出パターンコマンドとして「12C」をRAM283に記憶する。また、RAM283から読み出した「変動パターンコマンド」が「14」で、「最終停止図柄指示」が「666」で、且つパラメータ記憶エリア283Cから読み出した演出パターン代数Eが「9」の場合には、CPU281は、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出パターンコマンドとして「14A」をRAM283に記憶する(図11参照)。   In S134, the effect pattern algebra E is read from the parameter storage area 283C, and the corresponding effect pattern is selected from the effect pattern selection table 75 (see FIG. 11). Furthermore, an “effect pattern command” corresponding to the selected effect pattern is output (instructed) to the CPU 261 of the effect display board 260 and set in the RAM 283 as an effect display command (S135). The set interval command is transmitted to the effect display board 260 by the effect instruction process described later (S162 in FIG. 28). For example, when the “variation pattern command” read from the RAM 283 is “12”, the “final stop symbol instruction” is “111”, and the effect pattern algebra E read from the parameter storage area 283C is “3”, The CPU 281 stores “12C” in the RAM 283 as an effect pattern command to be output (instructed) to the CPU 261 of the effect display board 260. Further, when the “variation pattern command” read from the RAM 283 is “14”, the “final stop symbol instruction” is “666”, and the effect pattern algebra E read from the parameter storage area 283C is “9”, The CPU 281 stores “14A” in the RAM 283 as an effect pattern command to be output (instructed) to the CPU 261 of the effect display board 260 (see FIG. 11).
また、S136では前記S134で選択された演出パターンコマンドが、大当りラウンド中の演出を変化させることを可能とする大当り演出変化フラグを“ON”するデータを内包するコマンドであるか否かが判定される。ここで、内包するコマンドとしては図11に示すように「12B」、「12D」、「13B」、「13D」、「14B」、「14D」がある。   In S136, it is determined whether or not the effect pattern command selected in S134 is a command that includes data for turning on the jackpot effect change flag that enables the effect during the jackpot round to be changed. The Here, as shown in FIG. 11, the commands included are “12B”, “12D”, “13B”, “13D”, “14B”, and “14D”.
そして、大当り演出変化フラグを“ON”するデータを内包するコマンドであると判定された場合(S136:YES)には、RAM283に設けられた大当り演出変化フラグをONする(S137)。その後、前記S135でセットした演出表示指令を送信する為の指令フラグをONし(S138)、更に変動パターンフラグをOFFして(S139)当該演出パターン選択処理を終了する。   If it is determined that the command includes data for turning on the big hit effect change flag (S136: YES), the big hit effect change flag provided in the RAM 283 is turned ON (S137). Thereafter, the command flag for transmitting the effect display command set in S135 is turned on (S138), the variation pattern flag is turned off (S139), and the effect pattern selection process is terminated.
一方、大当り演出変化フラグを“ON”するデータを内包しないコマンドであると判定された場合(S136:NO)には、その状態で指令フラグをONし(S138)、更に変動パターンフラグをOFFする(S139)。   On the other hand, if it is determined that the command does not include data for turning on the big hit effect change flag (S136: NO), the command flag is turned on in that state (S138), and the variation pattern flag is turned off. (S139).
次に、前記S103の大当り演出パターン選択処理のサブ処理について図27に基づいて説明する。図27は本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御用CPU281が実行する大当り演出パターン選択処理のフローチャートである。   Next, sub processing of the big hit effect pattern selection processing in S103 will be described with reference to FIG. FIG. 27 is a flowchart of the jackpot effect pattern selection process executed by the sub-integrated control CPU 281 of the pachinko machine according to the present embodiment.
図27に示すように、先ず、S141において、サブ統合制御用CPU281は、大当りラウンドフラグがONされているか否かを判定する。ここで、大当りラウンドフラグは前記S118において大当りラウンドコマンドを受信したときにONされる。そして、大当りラウンドフラグがONされていると判定された場合(S141:YES)には、S142へと移行し、大当りラウンドフラグがOFFされていると判定された場合(S141:NO)には、当該大当り演出パターン選択処理は終了する。   As shown in FIG. 27, first, in S141, the sub integration control CPU 281 determines whether or not the big hit round flag is ON. Here, the big hit round flag is turned on when the big hit round command is received in S118. If it is determined that the big hit round flag is ON (S141: YES), the process proceeds to S142, and if it is determined that the big hit round flag is OFF (S141: NO), The jackpot effect pattern selection process ends.
続いて、S142ではサブ統合制御用CPU281は、大当り演出変化フラグがONされているか否かを判定する。ここで、大当り演出変化フラグは前記S137において大当り演出変化フラグをONさせるデータを内包する演出パターンコマンドが選択されたと判定された場合にONされる。そして、大当り演出変化フラグがONされていると判定された場合(S142:YES)には、S146へと移行し、大当り演出変化フラグがOFFされていると判定された場合(S142:NO)には、S143へと移行する。   Subsequently, in S142, the sub integration control CPU 281 determines whether or not the big hit effect change flag is ON. Here, the big hit effect change flag is turned on when it is determined in S137 that an effect pattern command including data for turning on the big hit effect change flag is selected. When it is determined that the big hit effect change flag is ON (S142: YES), the process proceeds to S146, and when it is determined that the big hit effect change flag is OFF (S142: NO). Shifts to S143.
S143では、主制御基板290から送信された大当りラウンドコマンドに対応する通常大当り演出パターンコマンドを選択する。ここで、図14の大当り演出パターン選択テーブル78に示すように、大当り演出変化フラグがOFFの場合には入力された大当りラウンドコマンドに基づいて大当り演出パターンコマンドは一義的に決定される。例えば、入力された大当りラウンドコマンドが「R2」であった場合には、「R2A」が選択される。また、入力された大当りラウンドコマンドが「R16」であった場合には、「R16A」が選択される。   In S143, the normal big hit effect pattern command corresponding to the big hit round command transmitted from the main control board 290 is selected. Here, as shown in the jackpot effect pattern selection table 78 of FIG. 14, when the jackpot effect change flag is OFF, the jackpot effect pattern command is uniquely determined based on the input jackpot round command. For example, if the input jackpot round command is “R2”, “R2A” is selected. If the input jackpot round command is “R16”, “R16A” is selected.
更に、選択された通常大当り演出パターンコマンドを演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出表示指令としてRAM283にセットし(S144)、指令フラグをONする(S145)。その後、当該大当り演出パターン選択処理を終了する。   Further, the selected normal jackpot effect pattern command is set in the RAM 283 as an effect display command to be output (instructed) to the CPU 261 of the effect display board 260 (S144), and the command flag is turned ON (S145). Thereafter, the jackpot effect pattern selection process is terminated.
また、S146では、入力された大当りラウンドコマンドが最終ラウンドコマンドコマンド(R16)であるか否かが判定される(S146)。そして、最終ラウンドコマンドでない場合、即ち第1〜第15ラウンドのラウンドコマンドである場合(S146:NO)には、S147へと移行し、最終ラウンドコマンドであると判定された場合(S146:YES)には、S156へと移行する。   In S146, it is determined whether or not the input jackpot round command is the final round command command (R16) (S146). If it is not the final round command, that is, if it is a round command of the first to fifteenth rounds (S146: NO), the process proceeds to S147, and it is determined that it is the final round command (S146: YES). The process proceeds to S156.
そして、S147では、演出変化完了フラグがONされているか否かが判定される。ここで、演出変化完了フラグは前回までのラウンドにおける大当り演出パターンコマンドの選択において、演出内容を通常より変更する特殊大当り演出パターンコマンドが選択されたか否かを判定するものであり、これによって本実施形態に係るパチンコ機1では、大当り演出パターンの選択において、一旦、特殊大当り演出パターンコマンド「R1B」〜「R15B」が選択されると、以降に行われる大当りラウンドの大当り演出パターンの選択において、大当り演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値にかかわらず常に特殊大当り演出パターンコマンド「R1B」〜「R15B」が選択されるように制御される。   In S147, it is determined whether or not the effect change completion flag is ON. Here, the effect change completion flag is used to determine whether or not a special jackpot effect pattern command for changing the effect contents from the normal is selected in the selection of the jackpot effect pattern command in the previous rounds. In the pachinko machine 1 according to the embodiment, once the special jackpot effect pattern commands “R1B” to “R15B” are selected in the selection of the jackpot effect pattern, in the selection of the jackpot effect pattern in the subsequent jackpot round, Regardless of the count value of the effect pattern selection counter 283B, the special big hit effect pattern commands “R1B” to “R15B” are always selected.
そして、演出変化完了フラグがOFFであると判定された場合(S147:NO)は、S148で大当り演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値を大当り演出パターン代数Xに代入してRAM283のパラメータ記憶エリア283Cに記憶する。   If it is determined that the effect change completion flag is OFF (S147: NO), the count value of the jackpot effect pattern selection counter 283B is substituted for the jackpot effect pattern algebra X in S148 and stored in the parameter storage area 283C of the RAM 283. Remember.
続いて、CPU281は、大当りラウンドコマンドを読み出すと共に、大当り演出パターン選択テーブル78(図14参照)より対応する大当り演出パターン群をセットする(S149)。   Subsequently, the CPU 281 reads the big hit round command and sets the corresponding big hit effect pattern group from the big hit effect pattern selection table 78 (see FIG. 14) (S149).
そして、S150ではパラメータ記憶エリア283Cから演出パターン代数Xを読み出し、大当り演出パターン選択テーブル78(図14参照)から該当する大当り演出パターンを選択する。更に、選択された大当り演出パターンに対応する「大当り演出パターンコマンド」を演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出表示指令としてRAM283にセットする(S151)。尚、セットされた大当り演出パターンコマンドは、後述の演出指示処理によって演出表示基板260に対して送信される(図28のS162)。例えば、RAM283から読み出した「大当りラウンドコマンド」が「R2」で、パラメータ記憶エリア283Cから読み出した演出パターン代数Xが「3」の場合には、CPU281は、演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)大当り演出パターンコマンドとして通常大当り演出パターンコマンド「R2A」をRAM283に記憶する。   In S150, the effect pattern algebra X is read from the parameter storage area 283C, and the corresponding jackpot effect pattern is selected from the jackpot effect pattern selection table 78 (see FIG. 14). Further, a “hit effect pattern command” corresponding to the selected jackpot effect pattern is output (instructed) to the CPU 261 of the effect display board 260 and set in the RAM 283 as an effect display command (S151). The set jackpot effect pattern command is transmitted to the effect display board 260 by an effect instruction process described later (S162 in FIG. 28). For example, when the “big hit round command” read from the RAM 283 is “R2” and the effect pattern algebra X read from the parameter storage area 283C is “3”, the CPU 281 outputs it to the CPU 261 of the effect display board 260 ( (Instructed) The normal jackpot effect pattern command “R2A” is stored in the RAM 283 as the jackpot effect pattern command.
また、S152では、前記S150で選択された大当り演出パターンコマンドが通常大当り演出パターンコマンドか、特殊大当り演出パターンコマンドのどちらであるかが判定される。通常大当り演出パターンコマンドであると判定された場合(S152:NO)には、指令フラグをONして(S154)、当該大当り演出パターン選択処理を終了する。   In S152, it is determined whether the jackpot effect pattern command selected in S150 is a normal jackpot effect pattern command or a special jackpot effect pattern command. If it is determined that the command is a normal big hit effect pattern command (S152: NO), the command flag is turned ON (S154), and the big hit effect pattern selection process is terminated.
それに対し、特殊大当り演出パターンコマンドであると判定された場合(S152:YES)には、RAM283に設けられた演出変化完了フラグをONする(S153)。演出変化完了フラグがONされると、前記S147の判定処理に基づいて以降の大当りラウンドの演出パターンコマンドは、常に特殊大当り演出パターンコマンドが選択されることとなる。それにより、一旦大当り特殊BGMが出力されると、以降の大当りラウンドでは常に大当り特殊BGMが出力され、また同様に歌詞のテロップが液晶表示器52に表示されることとなる。
その後、指令フラグをONして(S154)、当該大当り演出パターン選択処理を終了する。
On the other hand, when it is determined that it is a special big hit effect pattern command (S152: YES), the effect change completion flag provided in the RAM 283 is turned ON (S153). When the effect change completion flag is turned on, the special jackpot effect pattern command is always selected as the effect pattern command for the subsequent big hit round based on the determination process of S147. As a result, once the big hit special BGM is output, the big hit special BGM is always output in the subsequent big hit rounds, and the lyrics telop is similarly displayed on the liquid crystal display 52.
Thereafter, the command flag is turned on (S154), and the big hit effect pattern selection process is terminated.
一方、演出変化完了フラグがONであると判定された場合(S147:YES)は、更には、主制御基板290から送信された大当りラウンドコマンドに対応する特殊大当り演出パターンコマンドを選択する(S155)。ここで、本実施形態に係るパチンコ機1では、大当り演出変化完了フラグがONである場合には、大当り演出パターン選択カウンタ283Bのカウント値にかかわらず、常に特殊大当りラウンドコマンドが選択される。例えば、入力された大当りラウンドコマンドが「R2」であった場合には、「R2B」が選択される。また、入力された大当りラウンドコマンドが「R15」であった場合には、「R15B」が選択される。   On the other hand, when it is determined that the effect change completion flag is ON (S147: YES), a special jackpot effect pattern command corresponding to the jackpot round command transmitted from the main control board 290 is further selected (S155). . Here, in the pachinko machine 1 according to the present embodiment, when the big hit effect change completion flag is ON, the special big hit round command is always selected regardless of the count value of the big hit effect pattern selection counter 283B. For example, if the input jackpot round command is “R2”, “R2B” is selected. If the input jackpot round command is “R15”, “R15B” is selected.
更に、選択された特殊大当り演出パターンコマンドを演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出表示指令としてRAM283にセットし(S157)、指令フラグをONする(S158)。その後、当該大当り演出パターン選択処理を終了する。   Further, the selected special jackpot effect pattern command is set in the RAM 283 as an effect display command to be output (instructed) to the CPU 261 of the effect display board 260 (S157), and the command flag is turned ON (S158). Thereafter, the jackpot effect pattern selection process is terminated.
一方で、主制御基板290から入力された大当りラウンドコマンドが最終ラウンドコマンドである場合(S146:YES)には、同じく主制御基板290から入力された「最終停止指示図柄」の種類に基づいて特殊大当り演出パターンコマンドが選択される(S156)。具体的には、最終停止図柄が通常大当り図柄であった場合には「R16B−1」が選択され、確変大当り図柄であった場合には「R16B−2」が選択される(図14参照)。   On the other hand, when the big hit round command input from the main control board 290 is the final round command (S146: YES), the special control is performed based on the type of the “final stop instruction symbol” input from the main control board 290. The big hit effect pattern command is selected (S156). Specifically, “R16B-1” is selected when the final stop symbol is a normal jackpot symbol, and “R16B-2” is selected when it is a probabilistic jackpot symbol (see FIG. 14). .
その後、選択された特殊大当り演出パターンコマンドを演出表示基板260のCPU261に出力する(指示する)演出表示指令としてRAM283にセットし(S157)、指令フラグをONする(S158)。その後、当該大当り演出パターン選択処理を終了する。   Thereafter, the selected special jackpot effect pattern command is set in the RAM 283 as an effect display command to be output (instructed) to the CPU 261 of the effect display board 260 (S157), and the command flag is turned ON (S158). Thereafter, the jackpot effect pattern selection process is terminated.
次に、前記S104の演出指示処理のサブ処理について図28に基づいて説明する。図28は本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御用CPU281が実行する演出指示処理のフローチャートである。   Next, the sub-process of the effect instruction process in S104 will be described with reference to FIG. FIG. 28 is a flowchart of the effect instruction process executed by the sub-integrated control CPU 281 of the pachinko machine according to the present embodiment.
図28に示すように、先ず、S161において、サブ統合制御用CPU281は、指示フラグがONされているか否かを判定する。ここで、指示フラグは前記S116、S121、S138、S145、S154、S158の各処理においてRAM283に各指令をセットしたときにONされる。そして、指令フラグがONされていると判定された場合(S161:YES)には、S162へと移行し、指令フラグがOFFされていると判定された場合(S161:NO)には、当該演出指示処理は終了する。   As shown in FIG. 28, first, in S161, the sub integration control CPU 281 determines whether or not the instruction flag is ON. Here, the instruction flag is turned on when each command is set in the RAM 283 in the processes of S116, S121, S138, S145, S154, and S158. If it is determined that the command flag is ON (S161: YES), the process proceeds to S162. If it is determined that the command flag is OFF (S161: NO), the effect The instruction process ends.
S162ではRAM283に格納された各指令を演出表示基板260のCPU261に対して送信するとともに、駆動回路71、72を介してスピーカ7及び電飾ランプ6を制御する。そして、演出表示基板260のCPU261はサブ統合制御基板280より受信した指令に基づいて、液晶表示器52に所定の画像を表示する。図29は各指令に基づいて行われる演出の態様を示した模式図である。   In S162, each command stored in the RAM 283 is transmitted to the CPU 261 of the effect display board 260, and the speaker 7 and the illumination lamp 6 are controlled via the drive circuits 71 and 72. Then, the CPU 261 of the effect display board 260 displays a predetermined image on the liquid crystal display 52 based on the command received from the sub-integrated control board 280. FIG. 29 is a schematic diagram showing an aspect of effects performed based on each command.
図29の(a)は、大当り当選後において、通常大当り演出パターンコマンド「R1A」が選択され、演出表示基板260に対して送信された際の液晶表示器52の表示画面を示した図である。図29(a)に示すように、液晶表示画面には現在のラウンド数である「ラウンド1」が表示され、また画面の下部には通常大当り図柄84が表示される。そして、スピーカ7からはインストルメンタルである大当り通常BGMが出力される。   FIG. 29A is a diagram showing a display screen of the liquid crystal display 52 when the normal jackpot effect pattern command “R1A” is selected and transmitted to the effect display board 260 after winning the jackpot. . As shown in FIG. 29A, the current round number “Round 1” is displayed on the liquid crystal display screen, and a normal jackpot symbol 84 is displayed at the bottom of the screen. The speaker 7 outputs a big hit normal BGM which is instrumental.
また、図29の(b)は、大当り当選後において、特殊大当り演出パターンコマンド「R9B」が演出表示基板260に対して送信された際の液晶表示器52の表示画面を示した図である。図29(b)に示すように、液晶表示画面には現在のラウンド数である「ラウンド9」が表示され、また画面の下部には通常大当り図柄84が表示される。更に、画面中央部には現在出力されている音楽の歌詞のテロップ85が表示される。そして、スピーカ7からは伴奏音楽に合わせてアーティストの音声を出力する大当り特殊BGMが出力される。   FIG. 29B is a diagram showing a display screen of the liquid crystal display 52 when the special jackpot effect pattern command “R9B” is transmitted to the effect display board 260 after winning the jackpot. As shown in FIG. 29B, the current round number “Round 9” is displayed on the liquid crystal display screen, and a normal jackpot symbol 84 is displayed at the bottom of the screen. Further, a telop 85 of the lyrics of the music currently being output is displayed at the center of the screen. The speaker 7 outputs a big hit special BGM for outputting the artist's voice in accordance with the accompaniment music.
更に、図29の(c)は、大当り当選後において、特殊大当り演出パターンコマンド「R16B−2」が演出表示基板260に対して送信された際の液晶表示器52の表示画面を示した図である。図29(c)に示すように、液晶表示画面には現在のラウンド数である「ラウンド16」が表示され、また画面の下部には通常大当り図柄84が再変動することにより新たに確変大当り図柄86が表示される。更に、画面中央部には現在出力されている音楽の歌詞のテロップ85が表示される。そして、スピーカ7からは伴奏音楽に合わせてアーティストの音声を出力する大当り特殊BGMが出力される。   Furthermore, FIG. 29C is a diagram showing a display screen of the liquid crystal display 52 when the special jackpot effect pattern command “R16B-2” is transmitted to the effect display board 260 after winning the jackpot. is there. As shown in FIG. 29 (c), the current round number “Round 16” is displayed on the liquid crystal display screen, and a normal jackpot symbol 84 is re-varied at the bottom of the screen, so that a probabilistic jackpot symbol is newly added. 86 is displayed. Further, a telop 85 of the lyrics of the music currently being output is displayed at the center of the screen. The speaker 7 outputs a big hit special BGM for outputting the artist's voice in accordance with the accompaniment music.
その後、S163では指令フラグがOFFされ、当該演出指示処理が終了する。   Thereafter, in S163, the command flag is turned OFF, and the effect instruction process is ended.
以上より、本実施形態に係るパチンコ機1では、主制御基板290のCPU291からサブ統合制御基板280のCPU281に大当りラウンドコマンドとして例えば「R2」が出力された場合には、サブ統合制御用CPU281は大当りラウンドコマンド「R2」に対応して各大当り演出パターンR2A、R2Bから大当り演出パターンを選択して、対応する大当り演出パターンコマンドを演出表示基板260のCPU261に出力する。そして、演出表示制御用CPU261は、この入力された大当り演出パターンコマンドに対応する演出表示に従って液晶表示器52の表示を制御する。
ここで、特に変動パターンコマンドが入力された際に選択された(S134)演出パターンコマンドが大当り演出変化フラグをONする演出パターンコマンドである場合(S136:YES)には大当り演出変化フラグがONされ、音声有りの大当り特殊BGMを出力し、且つ歌詞のテロップ85を表示する特殊演出へと現在の大当り演出を変更する特殊大当り演出パターンコマンドを選択することが可能となる(S150、S155)。更に、一旦特殊大当り演出パターンコマンドが選択された場合(S151:YES)には、演出変化完了フラグがONされ(S153)、その後に大当りラウンドコマンドを受信した場合にも常に特殊大当り演出パターンコマンドが選択される(S155)。従って、大当りラウンド時において再生される音楽が変化し、また液晶表示器52上にテロップが表示されると、現在表示されている通常の大当り図柄が最終ラウンドで確変大当り図柄に再変動する可能性が高くなるので、遊技者は通常大当りが確変大当りに昇格する確率が上昇するかのような期待感を得ることができる。即ち、具体的に表示される図柄の変動の内容と演出とをリンクさせることにより、間接的に遊技結果を遊技者に報知する手段として演出の変化を実行することが可能であり、演出に基づいて遊技結果を予想する遊技者の期待感を向上させることが可能となるとともに、遊技者の興味を引きつけ、且つ興趣を増大させることができる。
As described above, in the pachinko machine 1 according to the present embodiment, when “R2” is output as a big hit round command from the CPU 291 of the main control board 290 to the CPU 281 of the sub-integration control board 280, the sub-integration control CPU 281 Corresponding to the jackpot round command “R2”, the jackpot effect pattern is selected from the respective jackpot effect patterns R2A and R2B, and the corresponding jackpot effect pattern command is output to the CPU 261 of the effect display board 260. Then, the effect display control CPU 261 controls the display of the liquid crystal display 52 according to the effect display corresponding to the input jackpot effect pattern command.
Here, in particular, when the effect pattern command selected when the variation pattern command is input (S134) is an effect pattern command for turning on the jackpot effect change flag (S136: YES), the jackpot effect change flag is turned ON. Then, it is possible to select a special jackpot effect pattern command for outputting the jackpot special BGM with sound and changing the current jackpot effect to a special effect that displays the telop 85 of the lyrics (S150, S155). Further, once the special jackpot effect pattern command is selected (S151: YES), the effect change completion flag is turned ON (S153), and even when a big hit round command is received thereafter, the special jackpot effect pattern command is always displayed. Selected (S155). Therefore, if the music played during the big round is changed and a telop is displayed on the liquid crystal display 52, there is a possibility that the normal big hit symbol currently displayed will be changed again to the probable big hit symbol in the final round. Therefore, the player can obtain a sense of expectation as if the probability that a big hit is promoted to a probable big hit increases. In other words, it is possible to execute a change in the effect as a means of indirectly informing the player of the game result by linking the contents of the design variation that is specifically displayed and the effect. Thus, it is possible to improve the player's expectation of predicting the game result, attract the player's interest, and increase the interest.
尚、本発明は、上記実施例に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内で種々の改良、変形が可能であることは勿論である。
例えば、本実施形態ではサブ統合制御基板280によってスピーカ7と電飾ランプ6の制御を行うこととしているが、サブ統合制御基板280と独立してスピーカ7の制御を行う音制御基板と、電飾ランプ6の制御を行うランプ制御基板とを設けるようにしても良い。
In addition, this invention is not limited to the said Example, Of course, various improvement and deformation | transformation are possible within the range which does not deviate from the summary of this invention.
For example, in the present embodiment, the sub-integrated control board 280 controls the speaker 7 and the illumination lamp 6, but the sound control board that controls the speaker 7 independently of the sub-integrated control board 280, and the electrical decoration A lamp control board for controlling the lamp 6 may be provided.
本実施例に係るパチンコ機全体を示した正面側斜視図である。It is the front side perspective view showing the whole pachinko machine concerning this example. 本実施例に係るパチンコ機全体を示した背面側斜視図である。It is the back side perspective view showing the whole pachinko machine concerning this example. 本実施例に係るパチンコ機の遊技盤を示す正面図である。It is a front view which shows the game board of the pachinko machine which concerns on a present Example. 本実施例に係るパチンコ機の駆動制御に係る制御システムの構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structure of the control system which concerns on the drive control of the pachinko machine based on a present Example. 本実施例に係るパチンコ機の主制御基板のRAMの構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structure of RAM of the main control board of the pachinko machine based on a present Example. 本実施例に係るパチンコ機の主制御基板のROMの構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structure of ROM of the main control board of the pachinko machine based on a present Example. 本実施例に係るパチンコ機のサブ統合制御基板のRAMの構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structure of RAM of the sub integrated control board of the pachinko machine based on a present Example. 本実施例に係るパチンコ機のサブ統合制御基板のROMの構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structure of ROM of the sub integrated control board of the pachinko machine based on a present Example. 本実施例に係るパチンコ機の演出表示基板のROMの構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structure of ROM of the effect display board | substrate of the pachinko machine which concerns on a present Example. 本実施例に係るパチンコ機の主制御基板のROMの変動パターン選択テーブル記憶エリアに格納される変動パターン選択テーブルの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the fluctuation pattern selection table stored in the fluctuation pattern selection table memory area of ROM of the main control board of the pachinko machine concerning this example. 本実施例に係るパチンコ機のサブ統合制御基板のROMの演出パターン選択テーブル記憶エリアに格納される演出パターン選択テーブルの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the production pattern selection table stored in the production pattern selection table storage area of ROM of the sub integrated control board of the pachinko machine concerning this example. 本実施例に係るパチンコ機のサブ統合制御基板のROMの演出パターン選択テーブル記憶エリアに格納される演出音出力テーブルの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the effect sound output table stored in the effect pattern selection table storage area of ROM of the sub integrated control board of the pachinko machine which concerns on a present Example. 本実施例に係るパチンコ機のサブ統合制御基板のROMの演出パターン選択テーブル記憶エリアに格納される演出表示データテーブルの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the production | presentation display data table stored in the production pattern selection table storage area of ROM of the sub integrated control board of the pachinko machine concerning a present Example. 本実施例に係るパチンコ機のサブ統合制御基板のROMの演出パターン選択テーブル記憶エリアに格納される大当り演出パターン選択テーブルの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the big hit effect pattern selection table stored in the effect pattern selection table storage area of ROM of the sub integrated control board of the pachinko machine based on a present Example. 本実施例に係るパチンコ機のサブ統合制御基板のROMの演出パターン選択テーブル記憶エリアに格納される大当り演出音出力テーブルの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the big hit effect sound output table stored in the effect pattern selection table storage area of ROM of the sub integrated control board of the pachinko machine concerning a present Example. 本実施例に係るパチンコ機のサブ統合制御基板のROMの演出パターン選択テーブル記憶エリアに格納される大当り演出表示データテーブルの一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the big hit effect display data table stored in the effect pattern selection table storage area of ROM of the sub integrated control board of the pachinko machine based on a present Example. 本実施形態に係るパチンコ機において、5つの記憶領域のデータ保持の仕方、4つの保留ランプの点灯・消灯の仕方、さらに、5つの記憶領域と第1保留LEDとの関係を示した図である。In the pachinko machine concerning this embodiment, it is a figure showing how to hold data of five storage areas, how to turn on / off four hold lamps, and the relationship between five storage areas and a first hold LED. . 本実施形態に係るパチンコ機において、5つの記憶領域のデータ保持の仕方、保留ランプの点灯・消灯の仕方、さらに、5つの記憶領域と第1保留LEDとの関係を示した図である。In the pachinko machine concerning this embodiment, it is a figure showing how to hold data of five storage areas, how to turn on / off the hold lamp, and the relationship between the five storage areas and the first hold LED. 本実施形態に係るパチンコ機の主制御基板制御用CPUが実行する割込み処理プログラムについてのフローチャート図である。It is a flowchart figure about the interruption processing program which CPU for main control board control of the pachinko machine concerning this embodiment performs. 本実施形態に係るパチンコ機の主制御基板制御用CPUが実行する「始動入賞処理」についてのフローチャート図である。It is a flowchart figure about the "start winning process" which the main control board control CPU of the pachinko machine concerning this embodiment performs. 本実施形態に係るパチンコ機の主制御基板制御用CPUが実行する「結果報知処理」についてのフローチャート図である。It is a flowchart figure about "result alerting | reporting process" which CPU for main control board control of the pachinko machine concerning this embodiment performs. 本実施形態に係るパチンコ機の主制御用CPUが実行する「確変獲得処理」のサブ処理を示すサブフローチャートである。It is a sub-flowchart which shows the sub process of the "probability change acquisition process" which the main control CPU of the pachinko machine concerning this embodiment performs. 本実施形態に係るパチンコ機の主制御基板制御用CPUが実行する「大当たり遊技処理」についてのフローチャートである。It is a flowchart about "big hit game processing" which CPU for main control board control of the pachinko machine concerning this embodiment performs. 本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御制御用CPUが実行するメイン制御処理についてのフローチャート図である。It is a flowchart figure about the main control process which CPU for sub integrated control control of the pachinko machine concerning this embodiment performs. 本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御制御用CPUが実行する「コマンド受信処理」についてのフローチャート図である。It is a flowchart figure about the "command reception process" which the sub integrated control control CPU of the pachinko machine concerning this embodiment performs. 本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御制御用CPUが実行する「演出パターン選択処理」についてのフローチャート図である。It is a flowchart figure about the "production pattern selection process" which the sub integrated control control CPU of the pachinko machine concerning this embodiment performs. 本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御制御用CPUが実行する「大当り演出パターン選択処理」についてのフローチャート図である。It is a flowchart figure about "big hit effect pattern selection processing" which CPU for sub integrated control control of the pachinko machine concerning this embodiment performs. 本実施形態に係るパチンコ機のサブ統合制御制御用CPUが実行する「演出指示処理」についてのフローチャート図である。It is a flowchart figure about the "production | indication instruction | indication process" which the CPU for sub integrated control control of the pachinko machine concerning this embodiment performs. (a)は通常大当り演出パターンコマンド「R1A」が選択された際の液晶表示器52の表示画面及び出力音を示した模式図、(b)は特殊大当り演出パターンコマンド「R9B」が選択された際の液晶表示器52の表示画面及び出力音を示した模式図、(c)は特殊大当り演出パターンコマンド「R16B−2」が選択された際の液晶表示器52の表示画面及び出力音を示した模式図である。(A) is a schematic diagram showing the display screen and output sound of the liquid crystal display 52 when the normal jackpot effect pattern command “R1A” is selected, and (b) is a special jackpot effect pattern command “R9B” selected. The schematic diagram which showed the display screen and output sound of the liquid crystal display 52 at the time, (c) shows the display screen and output sound of the liquid crystal display 52 when the special jackpot effect pattern command “R16B-2” is selected. It is a schematic diagram.
符号の説明Explanation of symbols
1 パチンコ機
41 遊技盤
42 遊技領域
48 図柄表示装置
52 液晶表示器(LCD)
74 変動パターン選択テーブル
75 演出パターン選択テーブル
76 演出音出力テーブル
77 演出表示データテーブル
78 大当り演出パターン選択テーブル
79 大当り演出音出力テーブル
80 大当り演出表示データテーブル
260 演出表示基板
261 CPU
262 ROM
263 RAM
280 サブ統合制御基板
281 CPU
282 ROM
283 RAM
290 主制御基板
291 CPU
292 ROM
293 RAM

1 Pachinko machine 41 Game board 42 Game area 48 Symbol display device 52 Liquid crystal display (LCD)
74 Variation pattern selection table 75 Production pattern selection table 76 Production sound output table 77 Production display data table 78 Big hit production pattern selection table 79 Big hit production sound output table 80 Big hit production display data table 260 Production display board 261 CPU
262 ROM
263 RAM
280 Sub integrated control board 281 CPU
282 ROM
283 RAM
290 Main control board 291 CPU
292 ROM
293 RAM

Claims (4)

  1. 遊技機の動作状態を制御する主制御部と、
    前記主制御部とは別体に設けられるとともに、変動図柄を表示する図柄表示装置を制御する表示制御手段と、スピーカから出力される音を制御する音制御手段と、表示制御手段と音制御手段で制御される内容に因果関係を持たせる制御を行う統合制御手段と、を有するサブ制御部と、を有し、
    前記主制御部は、
    遊技球が始動口に入賞した際に所定範囲内で更新される大当り乱数の値を取得する大当り乱数取得手段と、
    前記大当り乱数取得手段によって取得された大当り乱数の値を、大当り判定テーブルにおいて予め定められた大当り値と一致するか否かを判定する大当り判定手段と、
    前記大当り判定手段の判定の結果を遊技者に報知する報知時間を決定する変動パターンコマンドを、前記大当り判定手段の判定結果に基づいて特定された一又は複数の変動パターンコマンドから選択する変動パターン選択手段と、
    前記変動パターン選択手段により選択された変動パターンコマンドを前記サブ制御部に送信する判定結果報知手段と、
    前記大当り判定手段により大当りであると判定された場合に、大入賞口の開閉を行う可変入賞装置を通常遊技状態より遊技者に有利な大当り遊技状態に制御する大当り遊技制御手段と、
    前記大当り遊技制御手段の制御開始に合わせて大当り遊技状態の進行状況を大当りラウンドコマンドの送信に基づいて前記サブ制御部にて遊技者に認識させるように指示する大当り遊技進行報知制御手段と、
    を有し、
    前記統合制御手段は、
    前記表示制御手段と前記音制御手段との制御内容に係る演出パターンコマンドを、前記主制御部から受信した前記変動パターンコマンドに基づいて特定された一又は複数の演出パターンコマンドから選択する演出パターン選択手段と、
    前記大当りラウンドコマンドを取得した際の前記表示制御手段と前記音制御手段との制御内容に係る大当り演出コマンドを、前記主制御部から受信した前記大当りラウンドコマンドに基づいて特定された一又は複数の大当り演出コマンドから選択する大当り演出選択手段と、
    を備え、
    前記演出パターンコマンドは、大当りであると判定された場合のみに選択される前記変動パターンコマンドによって特定される所定の演出パターンコマンドの中に、前記大当り演出選択手段が大当り演出コマンドを選択する際に、通常選択される通常大当り演出コマンドの他に特別大当り演出コマンドを選択可能にする大当り演出変化フラグオンデータを内包するように設定され、
    前記大当り演出選択手段によって前記特別大当り演出コマンドが選択された場合には、以降の大当り演出選択手段での大当り演出コマンドの選択を、前記特別大当り演出コマンドが選択されるように制御する大当り演出変化制御手段を有することを特徴とする遊技機。
    A main controller that controls the operating state of the gaming machine;
    Provided separately from the main control unit, a display control means for controlling a symbol display device for displaying a fluctuating symbol, a sound control means for controlling a sound output from a speaker, a display control means and a sound control means A sub-control unit having an integrated control unit that performs control to give a causal relationship to the content controlled by
    The main control unit
    A jackpot random number acquisition means for acquiring a value of a jackpot random number that is updated within a predetermined range when the game ball wins the start opening;
    Jackpot determination means for determining whether or not the value of the jackpot random number acquired by the jackpot random number acquisition means matches a jackpot value predetermined in the jackpot determination table;
    Fluctuation pattern selection for selecting, from one or a plurality of variation pattern commands specified based on the determination result of the jackpot determination unit, a variation pattern command for determining a notification time for notifying the player of the determination result of the jackpot determination unit Means,
    A determination result notifying unit for transmitting the variation pattern command selected by the variation pattern selecting unit to the sub-control unit;
    A jackpot game control means for controlling the variable winning device that opens and closes the jackpot to a jackpot gaming state that is more advantageous to the player than the normal gaming state when it is determined that the jackpot judgment means is a jackpot;
    A jackpot game progress notification control means for instructing the player to recognize the progress status of the jackpot gaming state in accordance with the start of control of the jackpot game control means based on the transmission of a jackpot round command;
    Have
    The integrated control means includes
    The effect pattern selection which selects the effect pattern command which concerns on the control content of the said display control means and the said sound control means from the one or some effect pattern command specified based on the said variation pattern command received from the said main control part Means,
    One or a plurality of jackpot effect commands related to the control contents of the display control means and the sound control means when acquiring the jackpot round command are specified based on the jackpot round command received from the main control section. A jackpot presentation selection means to select from a jackpot presentation command;
    With
    The effect pattern command is selected when the jackpot effect selection means selects the jackpot effect command among the predetermined effect pattern commands specified by the variation pattern command selected only when it is determined that the effect is a big hit. In addition to the normal jackpot effect command that is normally selected, a special jackpot effect command that can be selected is set to include a big hit effect change flag on data,
    When the special jackpot presentation command is selected by the jackpot presentation selection means, the selection of the jackpot presentation command in the subsequent jackpot presentation selection means is controlled so that the special jackpot presentation command is selected. A gaming machine having a control means.
  2. 前記大当り演出コマンドは前記大当りラウンドコマンドを取得した際に前記スピーカから出力される音の種類を特定するコマンドであり、
    前記特別大当り演出コマンドは、前記通常大当り演出コマンドと異なる種類の音を出力するように設定されていることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
    The jackpot effect command is a command for specifying the type of sound output from the speaker when the jackpot round command is acquired,
    2. The gaming machine according to claim 1, wherein the special jackpot effect command is set so as to output a different kind of sound from the normal jackpot effect command.
  3. 前記大当り演出コマンドは前記大当りラウンドコマンドを取得した際に前記記図柄表示装置に表示される画像の種類を特定するコマンドであり、
    前記特別大当り演出コマンドは、前記スピーカより出力される音に関連する文字を追加して表示するように設定されていることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の遊技機。
    The jackpot effect command is a command for specifying the type of image displayed on the symbol display device when the jackpot round command is acquired,
    The gaming machine according to claim 1 or 2, wherein the special jackpot effect command is set so as to additionally display characters related to sound output from the speaker.
  4. 前記大当り判定手段の判定結果は、前記図柄表示装置に表示される図柄種類によって報知され、
    前記判定結果報知手段は、前記変動パターンコマンドとともに前記図柄表示装置で停止表示される最終停止図柄を送信し、
    前記サブ制御部は、前記主制御部から受信した前記変動パターンコマンドと前記最終停止図柄とに基づいて特定された一又は複数の演出パターンコマンドから演出パターンコマンドを選択することを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の遊技機。

    The determination result of the jackpot determination means is notified by the symbol type displayed on the symbol display device,
    The determination result notifying means transmits a final stop symbol that is stopped and displayed on the symbol display device together with the variation pattern command,
    The sub-control unit selects an effect pattern command from one or more effect pattern commands specified based on the variation pattern command received from the main control unit and the final stop symbol. The gaming machine according to any one of claims 1 to 3.

JP2005054922A 2005-02-28 2005-02-28 Game machine Pending JP2006238945A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005054922A JP2006238945A (en) 2005-02-28 2005-02-28 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005054922A JP2006238945A (en) 2005-02-28 2005-02-28 Game machine

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006238945A true JP2006238945A (en) 2006-09-14

Family

ID=37045944

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005054922A Pending JP2006238945A (en) 2005-02-28 2005-02-28 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006238945A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015150449A (en) * 2015-05-19 2015-08-24 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2015150451A (en) * 2015-05-19 2015-08-24 京楽産業.株式会社 Game machine

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000107388A (en) * 1998-10-09 2000-04-18 Sankyo Kk Game machine
JP2000225253A (en) * 1999-02-08 2000-08-15 Sophia Co Ltd Game machine
JP2001070590A (en) * 1999-09-07 2001-03-21 Sankyo Kk Game machine
JP2001120761A (en) * 1999-10-25 2001-05-08 Sophia Co Ltd Game machine
JP2003310877A (en) * 2002-04-22 2003-11-05 Aruze Corp Game machine and game program

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000107388A (en) * 1998-10-09 2000-04-18 Sankyo Kk Game machine
JP2000225253A (en) * 1999-02-08 2000-08-15 Sophia Co Ltd Game machine
JP2001070590A (en) * 1999-09-07 2001-03-21 Sankyo Kk Game machine
JP2001120761A (en) * 1999-10-25 2001-05-08 Sophia Co Ltd Game machine
JP2003310877A (en) * 2002-04-22 2003-11-05 Aruze Corp Game machine and game program

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015150449A (en) * 2015-05-19 2015-08-24 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2015150451A (en) * 2015-05-19 2015-08-24 京楽産業.株式会社 Game machine

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006238983A (en) Game machine
JP4797654B2 (en) Game machine
JP4978880B2 (en) Pachinko machine
JP4827013B2 (en) Game machine
JP4720442B2 (en) Game machine
JP4720443B2 (en) Game machine
JP2007313070A (en) Game machine
JP2007312973A (en) Game machine
JP2004188057A (en) Game machine
JP2007111331A (en) Game machine
JP2006238978A (en) Game machine
JP2006238945A (en) Game machine
JP4720488B2 (en) Game machine
JP2006333969A (en) Game machine
JP2006263218A (en) Game machine
JP2006223681A (en) Game machine
JP4798316B2 (en) Game machine
JP2006325678A (en) Game machine
JP4614072B2 (en) Game machine
JP4973777B2 (en) Game machine
JP2006247003A (en) Game machine
JP4798315B2 (en) Game machine
JP2006314682A (en) Game machine
JP2006263372A (en) Game machine
JP4639946B2 (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20070523

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070523

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100210

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100216

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20100520

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100628