JP2006223874A - Multi-layer golf ball with velocity gradient from slower center to faster cover - Google Patents

Multi-layer golf ball with velocity gradient from slower center to faster cover Download PDF

Info

Publication number
JP2006223874A
JP2006223874A JP2006041763A JP2006041763A JP2006223874A JP 2006223874 A JP2006223874 A JP 2006223874A JP 2006041763 A JP2006041763 A JP 2006041763A JP 2006041763 A JP2006041763 A JP 2006041763A JP 2006223874 A JP2006223874 A JP 2006223874A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
golf ball
acid
layer
restitution
preferably
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006041763A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006223874A5 (en
Inventor
Steven Aoyama
Herbert C Boehm
David A Bulpett
Derek A Ladd
Michael J Sullivan
アオヤマ スチーブン
エイ. ブルペット ダイビッド
エイ. ラッド デレク
シー. ボーム ハーバート
ジェイ. サリバン マイケル
Original Assignee
Acushnet Co
アクシュネット カンパニーAcushnet Company
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US11/061,338 priority Critical patent/US7331878B2/en
Application filed by Acushnet Co, アクシュネット カンパニーAcushnet Company filed Critical Acushnet Co
Publication of JP2006223874A publication Critical patent/JP2006223874A/en
Publication of JP2006223874A5 publication Critical patent/JP2006223874A5/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C70/00Shaping composites, i.e. plastics material comprising reinforcements, fillers or preformed parts, e.g. inserts
    • B29C70/68Shaping composites, i.e. plastics material comprising reinforcements, fillers or preformed parts, e.g. inserts by incorporating or moulding on preformed parts, e.g. inserts or layers, e.g. foam blocks
    • B29C70/70Completely encapsulating inserts
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/02Special cores
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/02Special cores
    • A63B37/04Rigid cores
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C43/00Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor
    • B29C43/02Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles
    • B29C43/14Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles in several steps
    • B29C43/146Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles in several steps for making multilayered articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C43/00Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor
    • B29C43/02Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles
    • B29C43/18Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of definite length, i.e. discrete articles incorporating preformed parts or layers, e.g. compression moulding around inserts or for coating articles
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L23/00Compositions of homopolymers or copolymers of unsaturated aliphatic hydrocarbons having only one carbon-to-carbon double bond; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L23/02Compositions of homopolymers or copolymers of unsaturated aliphatic hydrocarbons having only one carbon-to-carbon double bond; Compositions of derivatives of such polymers not modified by chemical after-treatment
    • C08L23/04Homopolymers or copolymers of ethene
    • C08L23/08Copolymers of ethene
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L9/00Compositions of homopolymers or copolymers of conjugated diene hydrocarbons
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/02Special cores
    • A63B37/08Liquid cores; Plastic cores
    • A63B2037/085Liquid cores; Plastic cores liquid, jellylike
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B2209/00Characteristics of used materials
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/0023Covers
    • A63B37/0029Physical properties
    • A63B37/0033Thickness
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/0038Intermediate layers, e.g. inner cover, outer core, mantle
    • A63B37/004Physical properties
    • A63B37/0045Thickness
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/007Characteristics of the ball as a whole
    • A63B37/0072Characteristics of the ball as a whole with a specified number of layers
    • A63B37/0076Multi-piece balls, i.e. having two or more intermediate layers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/007Characteristics of the ball as a whole
    • A63B37/0077Physical properties
    • A63B37/0078Coefficient of restitution
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B45/00Apparatus or methods for manufacturing balls
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C43/00Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor
    • B29C43/32Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C43/36Moulds for making articles of definite length, i.e. discrete articles
    • B29C43/3642Bags, bleeder sheets or cauls for isostatic pressing
    • B29C2043/3644Bags, bleeder sheets or cauls for isostatic pressing vacuum bags and related details, e.g. fixing, clamping
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C43/00Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor
    • B29C43/22Compression moulding, i.e. applying external pressure to flow the moulding material; Apparatus therefor of articles of indefinite length
    • B29C43/30Making multilayered or multicoloured articles
    • B29C43/305Making multilayered articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29KINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASSES B29B, B29C OR B29D, RELATING TO MOULDING MATERIALS OR TO MATERIALS FOR MOULDS, REINFORCEMENTS, FILLERS OR PREFORMED PARTS, e.g. INSERTS
    • B29K2105/00Condition, form or state of moulded material or of the material to be shaped
    • B29K2105/25Solid
    • B29K2105/253Preform
    • B29K2105/256Sheets, plates, blanks or films
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29LINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASS B29C, RELATING TO PARTICULAR ARTICLES
    • B29L2031/00Other particular articles
    • B29L2031/52Sports equipment ; Games; Articles for amusement; Toys
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29LINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASS B29C, RELATING TO PARTICULAR ARTICLES
    • B29L2031/00Other particular articles
    • B29L2031/54Balls
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L53/00Compositions of block copolymers containing at least one sequence of a polymer obtained by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L53/02Compositions of block copolymers containing at least one sequence of a polymer obtained by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds; Compositions of derivatives of such polymers of vinyl-aromatic monomers and conjugated dienes
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L75/00Compositions of polyureas or polyurethanes; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L75/02Polyureas
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L75/00Compositions of polyureas or polyurethanes; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L75/04Polyurethanes

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To match the carry, controllability and spinning performance of a multi-layer golf ball comprising a center, a cover layer and at least one intermediate layer between the center and the cover layer for various swing velocities of golf players. <P>SOLUTION: The multi-layer golf ball comprises the center, the cover layer and at least one intermediate layer between the center and the cover layer. The multi-layer golf ball is constructed to have such gradient of the restitution coefficient of each layer of the ball that the restitution coefficient progresses from low to high from the center toward the outermost layer. Specifically, the restitution coefficient of the ball constructed to the prescribed layer is smaller than the restitution coefficient of a ball with one more layer added to the outer surface at least by 0.003. <P>COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

Description

この発明は、遅いセンターから速いカバーへと発展する反発係数(Coefficient of Restitution)の勾配を有する多層ゴルフボールに関する。 The present invention relates to multi-layer golf ball having a gradient of the coefficient of restitution (Coefficient of Restitution) to be developed into a fast cover from slow center.

2層ゴルフボールは典型的にはシングルソリッドコアにカバーを被覆して形成される。 2-layer golf balls are typically formed by coating the cover on the single solid core. 一般的に、この種のボールは、耐久性に富み、最大飛距離をもたらすことから、趣味としてプレーを楽しむゴルファーに最も人気がある。 In general, this kind of ball, rich in durability, since it leads to a maximum flying distance, there is the most popular golfers to enjoy the play as a hobby. 典型的には、ソリッドコアはジアクリル酸亜鉛および/または同様の架橋剤により架橋されたポリブタジエンから製造される。 Typically, the solid core is made from polybutadiene crosslinked by zinc diacrylate and / or similar crosslinking agent. カバー材料は、アイオノマー例えばDuPont社から商業的に購入できるSURLYN(商標)またはExxon社から商業的に購入できるIOTEK(商標)として知られている1または複数の材料の、堅牢で、耐切断性のあるブレンドである。 Cover material, the ionomers for example from DuPont purchased commercially can SURLYN (TM) or Exxon Corporation from commercially one or more materials known as IOTEK (TM) can be purchased, robust, cut resistant it is a blend.

多層ゴルフボールは複数のコア層、複数の中間層、および/または複数のカバー層を有しても良い。 Multilayer golf ball a plurality of core layers, a plurality of intermediate layers, and / or more may have a cover layer. これらは、通常の2層ボールの好ましくないいくつかの特徴、例えば、硬い感じやコントロールの難しさを、好ましい性質、例えば、初速度や距離の増加を維持しつつ克服する傾向にある。 These are undesirable some of the features of conventional two-layer ball, e.g., the difficulty of hard feeling and control, favorable properties, for example, tend to overcome while maintaining the increase in the initial velocity and distance. さらに、糸巻ボールと類似した「クリックとフィーリング」を具備することが望まれる。 In addition, it is desirable to include a "click and feel" similar to wound balls.

さらに、ゴルフボールのスピンレートは、競技者の熟練度に応じてコントロール全体に悪影響を与える。 In addition, the spin rate of the golf ball, adversely affect the overall control depending on the athlete's skill level. 低スピンレートは、飛距離を改善させるが、グリーンへのアプローチショット等の短いショットで停止させるのを困難にする。 Low spin rate, but improve the distance, make it difficult to stop in a short shot of the approach shots, etc. to the green. 高スピンレートは、かなり熟練した競技者にとっては、ゴルフボールのコントロールを最大化させるが、ドライブ距離に悪影響を与える。 High spin rate, for the quite skilled athletes, but to maximize the control of the golf ball, adversely affect the drive distance. スピンレートとゴルフボールの競技者特性とを調製するために、付加的な層、例えば、中間層、外側コア層、および内側コア層をソリッドコアゴルフボールに加えてボールの競技特性を改善させる。 To prepare the competitor characteristics of the spin rate and the golf ball, additional layers, e.g., intermediate layer, outer core layer, and an inner core layer in addition to the solid core golf balls to improve the playing characteristics of the ball.

特許文献は多くの多層ゴルフボールを開示している。 Patent literature discloses a number of multi-layer golf ball. 米国特許出願第10/773906号は本出願人の出願であり、ここに参照して組み入れるが、所定のスピンプロフィールを表す改良多層ゴルフボールに関するものである。 U.S. Patent Application No. 10/773906 is application of the applicant, but incorporated by reference herein, to an improved multi-layer golf ball representing a predetermined spin profile. このボールでは、全体として堅固な熱硬化性ポリブタジエン製外側コアで、比較的柔らかく低圧縮の内側コアを包んでいる。 This ball, with rigid thermoset polybutadiene made outer core as a whole, encasing an inner core of relatively soft low compression. 内側コアの硬度は外側コアの硬度よりも小さく、その比重は外側コアの比重以下である。 The hardness of the inner core is less than the hardness of the outer core, its specific gravity is less than the outer core specific gravity. 内側コアおよび外側コアを調製して組み合わせたコア全体の圧縮が約50より大きくなるようにする。 The entire core compression which combines an inner core and outer core is prepared is set to be greater than about 50.

米国特許出願第09/853252号は本出願人の出願であり、ここに参照して組み入れるが、3層またはそれ以上の層のゴルフボールに関するものである。 U.S. Patent Application No. 09/853252 is application of the applicant, but incorporated by reference herein, relates to a golf ball having a three-layer or more layers. ここで、層は内側カバー層、外側カバー層、および中間カバー層である。 Here, the layer inner cover layer, an outer cover layer, and the intermediate cover layer. 外側カバー層は反応性液体材料から成る配合物を有し、カバー層の厚さは組み合わせると約0.125インチである。 The outer cover layer has a formulation comprising a reactive liquid material, the thickness of the cover layer is about 0.125 inches when combined. このようにして準備したゴルフボールは、通常のゴルフボールに較べて、反発係数(「COR」)が実質的に等価か大きく、圧縮または曲げ弾性率が減少している。 Golf balls prepared in this way, compared to the conventional golf ball, the coefficient of restitution ( "COR") is substantially equivalent to or greater compressive or flexural modulus is reduced. このようにして製造されたゴルフボールのCORは典型的には約0.7より大きく、Atti圧縮は約40より小さい。 Thus the COR of the golf ball manufactured by typically greater than about 0.7, Atti compression of about less than 40.

米国特許出願第10/279506号は本出願人の出願であり、ここに参照して組み入れるが、内側コア、外側コアおよびカバーからなるゴルフボールに関するものである。 U.S. Patent Application No. 10/279506 is application of the applicant, but incorporated by reference herein, relates to a golf ball comprising an inner core, outer core and a cover. ゴルフボールの少なくとも1つの層は、低圧縮、高CORの材料で製造され、低変形性、高圧縮層で保持されている。 At least one layer of the golf ball, low compression, are manufactured of high COR materials, low deformability, are held at a high compression layer. このように製造されたゴルフボールは、高インパクト速度でも低インパクト速度でもCORが大きくなり、またグリーンサイドのプレイをうまく制御するために低圧縮になっている。 This produced a golf ball in this way, COR becomes larger with even low impact speed at high impact speed, also has become a low-compression in order to better control the play of the green side.

米国特許第6645089号、米国特許出願公開第2002/0019268号および同第2002/0042308号は6層コアのゴルフボールに関するものである。 U.S. Patent No. 6645089, U.S. Patent Application Publication No. 2002/0019268 and EP 2002/0042308 relates golf ball of 6-layer core. 各層の弾性係数は、センターから最外コア層に向けて大きくなっていく。 Modulus of each layer becomes larger toward the outermost core layer from the center.

米国特許第6419595号は、シングルコアおよび4つのカバー層を具備するゴルフボールに関するものである。 U.S. Patent No. 6419595, relates to a golf ball having a single core and four cover layer. 最も内側のカバー層の硬度は60ショアDより小さく、つぎのカバー層の硬度は45ショアDより大きく、最も外側のカバー層の硬度は3番めのカバー層よりも硬い。 Most hardness of the inner cover layer is less than 60 Shore D, the hardness of the following cover layer larger than 45 Shore D, and most hardness of the outer cover layer is harder than the third cover layer.

ただし、センターからカバーへと大きくなる速度勾配を持たせてボールを競技者のスイング速度に適合させるゴルフボールが依然として望まれている。 However, the golf ball to have to have a larger velocity gradient to the cover from the center adapted to the swing speed of the athlete the ball is still desirable.

この発明は、コア、カバー、および、これらコアおよびカバーの間に配された少なくとも1つの中間層を有するゴルフボールに向けられている。 The present invention, core, cover, and is directed to a golf ball having at least one intermediate layer disposed between these cores and the cover. このボールの中間層の枚数に制約はないが、典型的には1から8であり、ボールの各層の反発係数はそれぞれ異なっている。 Without limitation to the number of the intermediate layer of the ball is typically in the 1 to 8, the resilience coefficient of each layer of balls are different from each other. 反発係数の勾配は、センターから最も外側の層に向かって、低から高となっている。 Gradient of coefficient of restitution, toward the outermost layer from the center, and has a low to high. すなわち、初速度の勾配がセンターからカバー層に向かって、低速から高速となっている。 In other words, the gradient of the initial velocity is towards the cover layer from the center, which is from a low speed and high speed.

この発明の目的に関して、センターは最も内側のコア層であり、任意の外側のコア層は中間層と考える。 For the purposes of the present invention, the center considered the most is the inner core layer, any outer core layer and the intermediate layer.

この発明によれば、センターのCOR値は0.800未満であり、好ましくは、0.780未満である。 According to the present invention, COR value of the center is less than 0.800, preferably less than 0.780. センターおよび第1の中間層を組み合わせたCOR値は少なくとも0.500であり、好ましくは、少なくとも、0.750である。 Center and COR values ​​that combine the first intermediate layer is at least 0.500, preferably is at least 0.750. センター、第1の中間層および第2の中間層を組み合わせたCOR値は少なくとも0.700であり、好ましくは、少なくとも、0.760である。 Center, COR value that combines the first intermediate layer and the second intermediate layer is at least 0.700, preferably at least, is 0.760. ゴルフボール全体の組み合わせCOR値は少なくとも0.800であり、好ましくは、0.805である。 Combinations COR value of the entire golf ball is at least 0.800, preferably, is 0.805.

この発明の他の側面によれば、4層またはそれ以上の層を具備するゴルフボールについては、サブアッセンブリの組み合わせCOR値は、当該サブアッセンブリに外側層を組み合わせた組み合わせCOR値より0.003だけ小さく、好ましくは、0.005だけ小さく、より好ましくは0.010だけ小さい。 According to another aspect of the present invention, the golf ball having four layers or more layers, the combination COR value of the sub-assemblies, only 0.003 of a combination COR values ​​that combine outer layer to the subassembly small, preferably as small as 0.005, more preferably smaller by 0.010. 3層のゴルフボールについては、内側の2層の組み合わせCOR値は、すべての3層のCOR値より少なくとも0.015だけ小さく、より好ましくは0.018だけ小さく、最も好ましくは0.020だけ小さい。 The golf ball of three layers, a combination COR value of the inner two layers, at least all of 0.015 only less than COR value of three layers, and more preferably as small as 0.018, and most preferably smaller by 0.020 .

この発明の異なる側面によれば、1のサブアッセンブリから径方向につぎに大きいサブアッセンブリに対するCORの変化が、径方向につぎに大きなアッセンブリの厚さ当たりで、標準化されている。 According to a different aspect of this invention, the change in COR for the next larger subassembly from the first subassembly in the radial direction, per thickness of the next largest assembly in the radial direction and are standardized. 4層またはそれ以上の層を具備するゴルフボールについては、サブアッセンブリの標準化された組み合わせCORは、当該サブアッセンブリにつぎの外側層を加えたものの標準化組み合わせCORより1000分の1インチあたり0.00010だけ小さく、好ましくは、1000分の1インチあたり0.00020だけ小さく、より好ましくは1000分の1インチあたり0.00030だけ小さい。 The 4-layer or golf balls having more layers, standardized combination COR subassemblies are per thousandth of an inch from the standardized combinations COR although in the subassembly plus the outer layer of the following 0.00010 only small, preferably as small as 0.00020 per thousandth of an inch, and more preferably smaller by 0.00030 per thousandth of an inch. 3層のゴルフボールについては、標準化CORは1000分の1インチあたり0.00020であり、好ましくは1000分の1インチあたり0.00030であり、より好ましくは1000分の1インチあたり0.00040である。 The golf ball of three layers, standardization COR is 0.00020 per thousandth of an inch, preferably 0.00030 per thousandth of an inch, and more preferably at 0.00040 per thousandth of an inch is there.

この発明の他の側面によれば、各層の材料は、個別に、すなわち、サブアッセンブリと独立して、その下側の層と同じかまたは大きな反発係数を有する。 According to another aspect of the present invention, each layer of material, individually, i.e., independently of the sub-assembly has the same or larger coefficient of restitution and the underlying layers.

多層ゴルフボールのセンターは任意の熱可塑性および/または熱硬化性ポリマーを有して良く、これには、それに限定されないが、ポリブタジエン、ポリウレタン、ポリ尿素、高度に中和したポリマー、シリコーン、ポリオレフィン、ポリアミド、ポリエステル、ポリエーテルアミド、ポリエステルアミド、またはこれらのブレンド、メタローセンまたは他のシングルサイト触媒ポリマー、スチレンブロックコポリマー、アイオノマー、熱可塑性エラストマー、フルオロポリマー、スチレンブタジエンゴム、天然または合成ゴム、ブチルまたはハロブチル(halobutyl)ゴム、またはこれらのブレンドが含まれる。 Center of multilayer golf ball may have any thermoplastic and / or thermosetting polymer, including but not limited to, polybutadiene, polyurethane, polyurea, a highly neutralized polymer, silicone, polyolefin, polyamides, polyesters, polyether amides, polyester amides, or blends thereof, metallocene or other single site catalyzed polymers, styrenic block copolymers, ionomers, thermoplastic elastomers, fluoropolymers, styrene-butadiene rubber, natural or synthetic rubber, butyl or halobutyl, (halobutyl) contains rubber or their blends.

中間層はポリブタジエン、ポリウレタン、ポリ尿素、高度に中和したポリマー、シリコーン、ポリオレフィン、ポリアミド、ポリエステル、ポリエーテルアミド、ポリエステルアミド、またはこれらのブレンドを有して良い。 The intermediate layer is polybutadiene, polyurethane, polyurea, a highly neutralized polymer, silicone, polyolefins, polyamides, polyesters, polyether amides, polyester amides or may have these blends.

カバー層は、ポリマーの酸基、カチオンの適切なソース、および有機酸またはその塩の間の反応により製造された高度に中和されたポリマーを含んでよく、中和の程度は少なくとも80%、好ましくは少なくとも90%、より好ましくは100%である。 Cover layer, acid groups of the polymer, suitable sources of the cation, and an organic acid or may comprise a highly neutralized polymer produced by the reaction between the salt thereof, the degree of neutralization is at least 80%, preferably at least 90%, more preferably 100%. カチオンの適切なソースは、マグネシウム、ナトリウム、亜鉛、リチウム、燐およびカルシウムから選ばれ、有機酸またはその塩はオレイン酸、オレイン酸塩、ステアリン酸、ステアリン酸塩、ベヘン酸、ベヘン酸塩、またはこれらの混合物である。 Suitable sources of cations are chosen magnesium, sodium, zinc, lithium, phosphorus and calcium, organic acid or a salt of oleic acid, oleate, stearate, stearate, behenic acid, behenic acid salts or, mixtures thereof. カバー層は、ポリブタジエン、シス−トランス触媒、遊離基ソース、架橋剤、およびフィラーを含む反応混合物の生成物であってよい。 Cover layer, polybutadiene, cis - trans catalyst, free radical source, the crosslinking agent, and may be a product of a reaction mixture containing a filler.

カバーまたはコア層は、ポリブタジエンのようなジエンゴム、ペロキサイド開始剤、字アクリル酸亜鉛、メタクリル酸亜鉛、ジメタクリル酸亜鉛のような不飽和架橋剤、オプションとしてのシス−トランス触媒、およびフィラーを含む反応混合物の生成物であってよい。 Cover or core layer, diene rubber, Perokisaido initiators such as polybutadiene, zinc diacrylate, zinc methacrylate, unsaturated crosslinking agents such as zinc dimethacrylate, an optional cis - trans catalyst, and reactions involving filler it may be a product mixture.

この発明は、コア、カバー、および、これらコアおよびカバーの間に配された少なくとも1つの中間層を有するゴルフボールに向けられている。 The present invention, core, cover, and is directed to a golf ball having at least one intermediate layer disposed between these cores and the cover. ここでは、ゴルフボールアッセンブリは少なくともセンターを有し、さらに1または複数の外側コアまたは中間層および外側カバーを含んでよい。 Here, the golf ball assembly has at least the center, may further comprise one or more outer core or intermediate layer and the outer cover. 任意の層のサブアッセンブリは、当該層にその下側の内側層すべてを加えたものを指す。 Subassembly optional layers refers to those all the lower inner layer of was added to the layer. センター、中間層およびカバー層は異なるCORを有するように構築され、各サブアッセンブリは、CORの勾配がセンターほど遅くカバーほど速くなるように構築される。 Center, intermediate layer and cover layer is constructed to have different COR, each sub-assembly, the gradient of the COR is constructed to be faster as the slower cover as center.

図1において、多層ゴルフボール(40)は、コアすなわちセンター(42)、カバー層(46)、および中間層(44、48および50)を有している。 In Figure 1, multilayer golf ball (40) is core or center (42) has a cover layer (46), and an intermediate layer (44, 48 and 50). 第1のサブアッセンブリはコア(42)である。 The first subassembly is a core (42). 第2のサブアッセンブリはコア(42)および第1の中間層(44)の組み合わせである。 The second subassembly is a combination of core (42) and the first intermediate layer (44). 以下同様である。 And so forth.

センターのCORはボールの他の部分より遅い。 COR of the center is slower than the rest of the ball. 各サブアッセンブリのCORはその下のサブアッセンブリより速いが、弾性率(modulus)が大きい必要はない。 COR of each subassembly is faster than subassembly below it need not have a large elastic modulus (modulus). 好ましくは、外側カバー層の弾性率は小さいが、弾力性(resilience)が大きい。 Preferably, the elastic modulus of the outer cover layer is small, a large elasticity (resilience) is. 1実施例では、センターは第1の中間層に密封された液体であり、外側層は高度に中和されたポリマーまたは熱硬化性ブタジエン調合物であり、これはハロゲン化有機硫黄化合物を含む。 In one embodiment, the center is a liquid sealed in the first intermediate layer, the outer layer is a highly neutralized polymer or thermoset butadiene formulation, which comprises a halogenated organic sulfur compounds.

中間層は、マントル層、外側コア層、または内側カバー層であってよい。 The intermediate layer, the mantle layer, an outer core layer, or inner cover layer. 多層ゴルフボールは好ましくは全体で3〜10の層を有し、より好ましくは3〜6の層を有するが、層の数に制約はない。 Multilayer golf ball preferably has a layer in total 3 to 10, more preferably has a layer of 3-6, there is no restriction on the number of layers. したがって、少なくとも1つの中間層があり、約8枚の中間層があってもよく、好ましくは約4枚の中間層がある。 Thus, there is at least one intermediate layer, there may be about eight intermediate layer, preferably it is about four intermediate layer. 第1の中間層はセンターに最も近い。 The first intermediate layer is closest to the center. 第2の中間層はつぎの中間層であり第1の中間層の外側の層である。 The second intermediate layer is the outer layer of the first intermediate layer is an intermediate layer below.

反発係数(「COR」)は、ボールおよび比較的大きな物質の間の衝突の測度である。 The coefficient of restitution ( "COR") is a measure of the collision between the ball and the relatively large material. CORを測定する通常の1手法は、ゴルフボールまたはゴルフボールサブアッセンブリ、空気砲、および静止垂直スチール板を用いる。 Usually one technique for measuring the COR is a golf ball or golf ball subassembly, air cannon, and a stationary vertical steel plate is used. スチール板は、約100ポンドすなわち約45kgの衝突表面荷重を与える。 Steel plate gives the collision surface load of about 100 pounds or about 45 kg. 一対の弾道光スクリーンが空気砲およびスチール板の間に間隔を置いて配置される。 A pair of ballistic light screens are spaced between the air cannon and the steel plate. ボールは空気砲からスチール板へと50ft/secから180ft/secのテスト測度の範囲に渡って発射される。 The ball is fired across to the steel plate from the air cannon from 50ft / sec in the range of test measure of 180ft / sec. とくに指摘されない限り、この出願で与えられるCORデータは125ft/secの測度で計測される。 Unless particularly indicated, COR data given in this application is measured by the measure of 125 ft / sec. ボールがスチール板へと移動するときに、ボールが各光スクリーンを駆動して各光スクリーンで時間が測定される。 Ball when moving to the steel plate, balls time each light screen by driving each light screen is measured. これにより、入射時間間隔はボールの入射測度に比例する。 Thus, the incident time interval is proportional to the incident measure of the ball. ボールはスチール板に衝突して跳ね返り光スクリーンを通り、光スクリーンが光スクリーンの間を移動するのに要する時間を再度測定する。 Ball passes rebound light screen collides with the steel plate, the light screen to measure the time required to move between the light screen again. これにより、出射移動時間間隔はボールの出射測度に比例する。 Thus, outgoing transit time interval is proportional to the emission measure of the ball. CORは出射移動時間感覚に入射移動時間間隔に対する比として計算される。 COR is calculated as the ratio with respect to the incident moving time interval outgoing transit time sense.

上述のとおり、各サブアッセンブリの初速度は、カバー方向のつぎに大きいサブアッセンブリより小さいかまたはほとんど等しい。 As described above, initial velocity of each subassembly is smaller or almost equal to the subassembly large next cover direction. センターのCOR(COR )はすべての他のサブアッセンブリより遅い。 Center of COR (COR C) is slower than all other subassemblies. センターと第1の中間層のサブアッセンブリのCOR(COR C1 )は、センターのCOR(COR )より速いか、ほとんど等しい。 Center and COR subassembly of the first intermediate layer (COR C1) is either faster than the center of the COR (COR C), nearly equal. 同様に、センターのCOR(COR )はすべての他のサブアッセンブリより遅い。 Similarly, the center of COR (COR C) is slower than all other subassemblies. センターと第1の中間層と第2の中間層のサブアッセンブリのCOR(COR C2 )は、センターと第1の中間層のCORより速いか、ほとんど等しい。 Center and COR subassembly of the first intermediate layer and the second intermediate layer (COR C2) is either faster than COR center and the first intermediate layer, nearly equal.

125ft/secの場合、センターのCOR(COR )は0.800未満であり、好ましくは0.780未満である。 For 125 ft / sec, center COR (COR C) is less than 0.800, preferably less than 0.780. センターと第1の中間層の組み合わせCOR(COR C1 )は、センターのCOR(COR )より大きい。 Center a combination of the first intermediate layer COR (COR C1) is greater than the center of the COR (COR C). COR C1は少なくとも0.780であり、好ましくは少なくとも0.790である。 COR C1 is at least 0.780, preferably at least 0.790. センターと第1の中間層と第2の中間層の組み合わせCOR(COR C2 )はセンターと第1の中間層の組み合わせCOR(COR C1 )より速い。 Center a combination of the first intermediate layer and the second intermediate layer COR (COR C2) is faster than the center and the combination of the first intermediate layer COR (COR C1). COR C2は少なくとも0.790であり、好ましくは少なくとも0.800である。 COR C2 is at least 0.790, preferably at least 0.800. 4以上の層を具備するゴルフボールについては、各サブアッセンブリのCOR値は、カバー層に向かって次に大きなサブアッセンブリより約0.003だけ小さく、好ましくは、約0.005だけ小さく、より好ましくは約0.010だけ小さい。 For golf balls having four or more layers, COR value of each sub-assembly, by about 0.003 next larger subassembly toward the cover layer decreases, preferably, by about 0.005 less, more preferably only about 0.010 small. 3層のゴルフボールについては、各サブアッセンブリのCORは、つぎに大きなサブアッセンブリより少なくとも約0.015だけ小さく、より好ましくは約0.018だけ小さく、最も好ましくは約0.020だけ小さい。 The golf ball of three layers, COR of each subassembly is then at least about 0.015 larger subassembly smaller, more preferably by about 0.018 less, and most preferably by about 0.020 small.

この結果、多層ゴルフボールの初速度すなわちCORの勾配はセンターほど遅く、カバーほど速いものとなる。 As a result, the gradient of the initial velocity, ie COR of the multi-layer golf ball is slower Center, becomes fast enough to cover. センターからカバーへの初速度の勾配はつぎのように表される。 Slope of initial velocity from the center to the cover can be expressed as follows.
≦V C1 ≦V C2 ≦V C3 ≦V C4 ≦V C5・・・ V C ≦ V C1 ≦ V C2 ≦ V C3 ≦ V C4 ≦ V C5 ···

ボールが4層以上の層を具備するときには、COR勾配はつぎのように表される。 When the ball includes four or more layers, COR gradient is expressed as follows.
COR ≦COR C1 −0.003;COR C1 ≦COR C2 −0.003;COR C2 ≦COR C3 −0.003・・・ COR C ≦ COR C1 -0.003; COR C1 ≦ COR C2 -0.003; COR C2 ≦ COR C3 -0.003 ···

ボールが3層を具備するときには、COR勾配はつぎのように表される。 When the ball is provided with a three-layer, COR gradient is expressed as follows.
COR ≦COR C1 −0.015;COR C1 ≦COR C2 −0.015 COR C ≦ COR C1 -0.015; COR C1 ≦ COR C2 -0.015

他の実施例では、速度勾配は径方向の層厚当たりで標準化されて、「標準化COR」が、1のサブアッセンブリから径方向につぎに大きいサブアッセンブリに対するCORの変化を、当該つぎのサブアッセンブリの厚さで割ったものと定義される。 In another embodiment, velocity gradient is standardized per thickness in the radial direction, "Standardization COR" is a change in the COR for the next larger subassembly from the first subassembly radially the next subassembly It is defined as divided by the thickness of. ここで、報告される値は1000分の1インチ当たりのCOR変化として定義される。 Here, reported values ​​are defined as the COR change per thousandth of an inch. 4層またはそれ以上の層を具備するゴルフボールについては、標準化CORは、少なくとも0.00010であり、好ましくは0.00020であり、より好ましくは0.00030である。 The 4-layer or golf balls having more layers, standardization COR is at least 0.00010, preferably 0.00020, more preferably 0.00030. 3層のゴルフボールについては、標準化CORは少なくとも0.00020であり、好ましくは少なくとも0.00030であり、より好ましくは少なくとも0.00040である。 The golf ball of three layers, standardization COR is at least 0.00020, preferably at least 0.00030, more preferably at least 0.00040.

1実施例では、ゴルフボールは、約0.820未満のCORで初速度がUSGA制約に合致するように構成される。 In one embodiment, the golf ball is configured such that initial velocity conforming to USGA constraints COR of less than about 0.820.

他の実施例においては、各層は、単独で、その下の層の材料と同じかそれ以上の反発係数を有する。 In other embodiments, each layer can be used alone, it has the same or greater than the coefficient of restitution between the material of the underlying layer. 材料のCORは、0.25インチから1.68インチの間の、好ましくは、1.00インチから1.62インチの間の、より好ましくは、1.30インチから1.60インチの間の当該材料で成型された球のCORとして定義され、上述のようにしてCORが試験される。 COR materials, between 1.68 inches 0.25 in., Preferably, between 1.62 inches 1.00 inches, more preferably between 1.60 inches 1.30 inches is defined as the COR of molded spheres in the material, COR is tested as described above. 材料のCORはまたプラーク、ボタンまたはスラブ状の材料について例えばベイショア弾性、タンジェントデルタのように試験できる。 COR materials also plaque, for example Bayshore elastic button or slab-like material can be tested as tangent delta. これは動的機械解析により行う。 This is done by dynamic mechanical analysis. 反発係数の測定手法は、本出願人の出願に係る米国特許出願第10/914289号に記載されており、参照してここに組み入れる。 Measurement Method of coefficient of restitution is described in U.S. Patent Application No. 10/914289 which the present applicant, which is incorporated herein by reference. 125ft/secで、この発明にしたがって上述のように定義したCOR値では、材料の反発係数は、約0.500から約0.990の間であってよく、好ましくは約0.700から約0.900の間であってよく、より好ましくは約0.750から約0.850の間であってよい。 In 125 ft / sec, in the defined COR values ​​as described above in accordance with the present invention, the coefficient of restitution of the material may be between about 0.500 to about 0.990, preferably from about 0.700 to about 0 may be between .900, more preferably it is between about 0.750 to about 0.850. 層(センター、外側コア、中間層、内側または外側カバー等)を形成するために用いる材料のCORは、標準の球のCORに対して「外挿」すなわち標準化され、上述したように、複合サブアッセンブリに用いたのと同じ式を「材料COR」に用いる。 Layer (center, outer core, intermediate layer, inner or outer cover, etc.) COR of the material used to form the "extrapolation" to the standard sphere COR i.e. standardized, as described above, the composite sub using the same formula as used for assembly to the "material COR". 例えば、1.500インチの4層ボール構造のソリッド球がセンター用、外側コア用、内側カバー用、他の中間層用、および外側カバー用の材料をそれぞれ用いて成型される。 For example, a solid ball center a four-layer ball constructions 1.500 inches for the outer core, for inner cover is molded with for other intermediate layers, and the material for the outer cover, respectively. それらのCORの関係は、「内側コアのCOR」<「次の層のCOR」<「さらに次の層のCOR」<「外側カバーのCOR」というようなものである。 Relationship of those COR are those such as "COR inner core" < "COR of the next layer," < "Furthermore COR of the next layer," < "COR of the outer cover."

圧縮は、ゴルフボールの設計で重要なファクターをなす。 Compression is an important factor in the design of the golf ball. 例えば、センターおよび中間層の圧縮は、ボールのドライバオフ時のスピンレートおよびフィーリングを左右する。 For example, the compression of the center and intermediate layers, affects the spin rate off the driver and the feel of the ball. いくつかの手法が圧縮を測定するのに用いられ、その中に、Atti圧縮、Riehle圧縮、種々の固定荷重およびオフセットでの荷重/偏向の測定、および実効弾性係数が含まれる。 Several approaches have been used to measure the compression therein, Atti compression, Riehle compression, load / deflection measurements at various fixed loads and offsets, and effective modulus. 詳細は、Jeff Dalton、Compression by Any Other Name、Science and Golf IV、Proceedings of the World Scientific Congress of Golf(Eric Thain ed. Routedge、2002)(以下、「J. Dalton」)を参照されたい。 For more information, Jeff Dalton, Compression by Any Other Name, Science and Golf IV, Proceedings of the World Scientific Congress of Golf (Eric Thain ed. Routedge, 2002) (hereinafter referred to as "J. Dalton"), which is incorporated herein by reference. Atti圧縮を、Riehle(コア)、Riehle(ボール)、100kg偏向、130−10kg偏向または実効弾性係数に変換するには「J.Dalton」に示された式を用いて行うことができる。 The Atti compression to Riehle (cores), Riehle (balls), 100 kg deflection, to convert 130-10kg deflection or effective modulus can be carried out using the formulas given in "J.Dalton". 同様に、この発明のゴルフボールは、弾性係数、硬度または圧縮の個々の展開に制約されない。 Similarly, golf balls of the invention are not limited to the individual expansion of the elastic modulus, hardness or compression. ボールのディンプル面のコートまたはペイント層はここで検討する構造の部分または層とは考えない。 Coat or paint layer of dimpled surface of the ball is not considered a part or layer of the structure to consider here. 米国特許第6746345号、同第6736737号、同6723008号、同6702695号および同6652392号の開示される「接着層」も同様に構造または層とは考えない。 No. 6746345, the No. 6736737, the 6723008 JP, "adhesive layer", as disclosed in the 6,702,695 and No. Nos 6,652,392 also not considered similarly structures or layers. ここでは、一般に0.002”以下のいずれの層も構造の部分または層とは考えない。 Here, generally 0.002 "any of the following layers are also not considered part or layer of the structure.

多層ゴルフボールのセンターは流体(ガスまたは液体)充填コアを含んで良く、これは特許出願10/670514号および米国特許第6632147号に開示されており、参照してここに組み入れる。 Multilayer golf ball centers may include a fluid (gas or liquid) filling the core, which is disclosed in Japanese Patent Application 10/670514 and US Patent No. 6,632,147, incorporated herein by reference. 比重に応じて適宜にセンターに利用できる適切な流体は、空気、他の気体、水溶液、液体、ゲル、発泡体、ホットメルト、他の流体材料およびこれらの組み合わせを含む。 Suitable fluids that may appropriately available to the center in accordance with the specific gravity, include air, other gases, aqueous, liquid, gel, foam, hot-melt, the other fluid materials and combinations thereof. 適切な液体の例は、水中の塩、コーンシロップ、水および、コーンシロップ中の塩、グリコール、水またはオイルである。 Examples of suitable liquids are water salt, corn syrup, water and salt in corn syrup, glycol, water or oil. 液体は、さらに、ペースト、コロイド懸濁液を含み、これはクレイ、バライト、水、または他の液体、または、水/グリコール混合物中の塩のようなものである。 Liquid further includes a paste, a colloidal suspension, which is clay, barytes, water or other liquid, or is like salt water / glycol mixture. 適切なゲルの例は、水ゼラチンゲル、ヒドロゲル、水/メチルセルロースゲル、コポリマーを基材とする材料から成るゲルであり、これは例えばスチレン−ブタジエン−スチレンゴムおよびパラフィンまたはナフタリンオイルである。 Examples of suitable gels are gel comprising water gelatin gels, hydrogels, water / methyl cellulose gel, a copolymer from materials based, which for example styrene - styrene rubber and paraffin or naphthalene oils - butadiene. 適切なメルトの例は、ワックスおよびホットメルトである。 Examples of suitable melt, waxes and hot-melt. ホットメルトは、通常の室温程度では、固体で温度が上昇すると液体になる材料である。 Hot melt, in the normal room temperature or so, is a material that is liquid when the temperature a solid is increased. 融解温度が高いことが好ましい。 It is preferable that the melting temperature is high. なぜならば、内側コア、外側コアおよびカバーを成型するときに、液体コアが高温度に熱せられるからである。 Because it is when molding the inner core, outer core and a cover, because the liquid core is heated to a high temperature. 代替的には、液体は選択反応性液体系であってよく、これは結合して固体を形成する。 Alternatively, the liquid may be a selective reactive liquid systems, which combine to form a solid. 適切な反応性液体は、シリケートゲル、寒天ゲル、過酸化物硬化ポリエステル樹脂、二部分エポキシ樹脂系、過酸化物硬化液体ポリブタジエンゴム配合物、反応性ポリウレタン、シリコーンおよびポリエステルである。 Suitable reactive liquid, silicate gels, agar gels, peroxide curing polyester resin, two-part epoxy resin systems, peroxide cured liquid polybutadiene rubber blend is a reactive polyurethane, silicone and polyester. さらに、適切な流体は、低比重の液体、例えば、石油、植物性または動物性オイル、メタノール、エタノール、アンモニア等、または高比重の液体、例えば、グリセリン、および炭化テトラクロライドを含む。 Furthermore, appropriate fluids include a low specific gravity liquids, such as petroleum, vegetable or animal oils, methanol, ethanol, ammonia, or the high specific gravity of a liquid, such as glycerine, and the carbide tetrachloride.

センターは熱硬化性または熱可塑性材料、例えば、ポリウレタン、ポリ尿素、部分的にまたは十分に中和されたアイオノマー、熱硬化性ポリジエンゴム、例えば、ポリブタジエン、ポリイソプレン、エチレンプロピレンジエンモノマーゴム、エチレンプロピレンゴム、天然ゴム、バラタ、ブチルゴム、ホロブチルゴム、スチレンブタジエンゴム、または任意のスチレンブロックコポリマー、例えば、スチレンエチレンブタジエンスチレンゴム等、メタローセンまたは他のシングルサイト触媒ポリオレフィン、ポリウレタンコポリマー、例えばシリコーンを伴うものであり、上述のCORの基準を満たす範囲で採用できる。 Center thermosetting or thermoplastic materials, such as polyurethane, polyurea, partially or fully neutralized ionomers, thermosetting polydiene rubber such as polybutadiene, polyisoprene, ethylene propylene diene monomer rubber, ethylene propylene rubber , natural rubber, balata, butyl rubber, holo butyl rubber, styrene-butadiene rubber or any styrenic block copolymers, such as styrene ethylene butadiene styrene rubber, which involves metallocene or other single site catalyzed polyolefin, polyurethane copolymers, for example, silicone It can be employed in a range satisfying the above criteria of COR.

上述の材料に加えて、この発明の範囲内の組成物は、1または複数のポリマーを組み入れて良い。 In addition to the above materials, compositions within the scope of this invention may be incorporated one or more polymers. この発明に使用して最適な付加的なポリマーの例は、これに限定されないが、つぎのようなものである。 Examples of optimal additional polymers used in this invention are not limited to, are as follows. すなわち、熱可塑性エラストマー、熱硬化性エラストマー、合成ゴム、熱可塑性加硫物、コポリマー性アイオノマー、ターポリマー性アイオノマー、ポリカーボネート、ポリオレフィン、ポリアミド、コポリマー性ポリアミド、ポリエステル、ポリビニルアルコール、アクリロニトリル−ブタジエン−スチレンコポリマー、ポリアリーレート、ポリアクリレート、ポリフェニレンエーテル、衝突改質ポリフェニレンエーテル、高衝突ポリスチレン、フタル酸ジアリルポリマー、メタローセン触媒ポリマースチレン−アクリロニトリル(SAN)(オレフィン改質SANおよびアクリロニトリル−スチレン−アクリロニトリルを含む)、スチレン−マレイン酸無水物(S/MA)ポリマー、スチレンコポリマー、官能性スチレンコポリマー、官 That is, thermoplastic elastomers, thermoset elastomers, synthetic rubbers, thermoplastic vulcanizates, copolymeric ionomer, terpolymer ionomer, polycarbonate, polyolefins, polyamides, copolymers of polyamides, polyesters, polyvinyl alcohol, acrylonitrile - butadiene - styrene copolymer , polyarylate, polyacrylate, polyphenylene ether, collision modified polyphenylene ether, a high collision polystyrene, diallyl phthalate polymer, metallocene catalyzed polymers of styrene - (including the acrylonitrile olefinically modified SAN and acrylonitrile - - styrene), acrylonitrile (SAN) styrene - maleic anhydride (S / MA) polymer, a styrene copolymer, functionalized styrene copolymers, government 性スチレンターポリマー、スチレンターポリマー、セルロースポリマー、液晶ポリマー(LCP)、エチレン−プロプレン−ジエンターポリマー(EPDM)、エチレン−ビニルアセテートコポリマー(EVA)、エチレン−プロピレンコポリマー、エチレンビニルアセテート、ポリ尿素、およびポリシロキサンまたはこれら種のメタローセン触媒ポリマーである。 Sex styrene terpolymers, styrene terpolymers, cellulose polymers, liquid crystal polymer (LCP), ethylene - Puropuren - diene terpolymers (EPDM), ethylene - vinyl acetate copolymer (EVA), ethylene - propylene copolymer, ethylene vinyl acetate, polyurea, and a polysiloxane or these species metallocene-catalyzed polymers. この発明の範囲内の組成物の付加的な材料として用いて好適なポリアミドは、つぎのようにして取得された樹脂を含む。 Suitable polyamides for use as an additional material of compositions within the scope of this invention comprises a resin which is obtained as follows. (1)として、(a)ジカルボン酸例えば蓚酸、アジピン酸、セバシン酸、テレフタル酸、イソフタル酸、または1,4−シクロヘキサンジカルボン酸を(b)ジアミン例えばエチレンジアミン、テトラエチレンジアミン、ペンタメチレンジアミン、ヘキサメチレンジアミン、またはデカメチレンジアミン、1,4−シクロヘキシルアミンまたはm−キシリレンジアミンで宿重合する。 As (1), (a) a dicarboxylic acid, such as oxalic acid, adipic acid, sebacic acid, terephthalic acid, isophthalic acid or 1,4-cyclohexane dicarboxylic acid (b) a diamine such as ethylenediamine, tetraethylenediamine, pentamethylenediamine, hexamethylene diamine or decamethylene diamine, and inn polymerized 1,4 cyclohexylamine or m- xylylenediamine. (2)として、環状ラクタム例えばイプシロンカプロカクタム、またはオメガラウロラクタムを開環重合する。 (2) a ring-opening polymerization of cyclic lactams eg epsilon-caprolactam beam or omega-laurolactam. (3)として、アミノカルボン酸例えば6−アミノカプロン酸、9−アミノカプロン酸、11−アミノカプロン酸または12−アミノカプロン酸を宿重合する。 (3) as, aminocarboxylic acids such as 6-aminocaproic acid, 9-aminocaproic acid, harboring polymerizing 11-aminocaproic acid or 12-aminocaproic acid. または、(4)として、環状ラクタムをジカルボン酸およびジアミンで共重合する。 Or, as (4), copolymerization of a cyclic lactam with a dicarboxylic acid and a diamine. 適切なポリアミドの具体的な例は、ナイロン6、ナイロン66、ナイロン11、ナイロン12、コポリマーナイロン、ナイロンMXD6およびナイロン46である。 Specific examples of suitable polyamides are nylon 6, nylon 66, nylon 11, nylon 12, a copolymer nylon, nylon MXD6 and nylon 46.

この発明の範囲の組成物の付加的な材料として用いて好適な他の好ましい材料は、韓国のSK Chemicals社から商標名「SKYPEL」で販売されているポリエステルエラストマー、または日本のKuraray社から商標名「SEPTON」で販売され、また英国のChesterのKraton Polymers Group社から「KRATON」で販売されているジブロックまたはトリブロックコポリマーである。 Other preferred materials suitable for use as an additional material of compositions within the scope of the present invention is the trade name from Korean polyester elastomer sold by SK Chemicals Co. under the trade name "SKYPEL" or Japanese Kuraray Co., It sold under "SEPTON" and a diblock or triblock copolymer from UK Chester of Kraton polymers Group, Inc. sold under the "KRATON". 上に上げたすべての材料はこの発明の範囲内で準備されたボール層の品質をかなり向上させる。 All of the materials listed above significantly improve the quality of the ball layer that has been prepared within the scope of the invention.

アイオノマーも、この発明の範囲内の組成物にブレンドして好適なものである。 Ionomer is also well suited for blending into compositions within the scope of the invention. 適切なアイオノマーポリマーは(すなわちコポリマー、またはターポリマー型のアイオノマー)はα−オレフィン/不飽和−dカルボン酸コポリマー型のアイオノマー樹脂またはターポリマー樹脂を含む。 Suitable ionomeric polymers include (i.e. copolymer or terpolymer type ionomer,) is α- olefin / unsaturated -d carboxylic acid copolymer type ionomeric resins or terpolymer resin. コポリマーアイオノマーは、α−オレフィンおよび3〜8個の炭素原子を有するα,β−不飽和カルボン酸のコポリマー中のカルボキシル基の少なくとも一部を金属イオンで中和して取得する。 Copolymers ionomers are, alpha has a α- olefin and 3 to 8 carbon atoms, to obtain at least a part of the carboxyl groups in the copolymer of β- unsaturated carboxylic acid neutralized with metal ions. 適切なα−オレフィンの例は、エチレン、プロピレン、1−ブテン、および1−ヘキセンである。 Examples of suitable α- olefins are ethylene, propylene, 1-butene, and 1-hexene. 適切な不飽和カルボン酸の例はアクリル、メタクリル、エタクリル、α−クロロアクリル、クロトン、マレイン、フマル、およびイタコン酸である。 Examples of suitable unsaturated carboxylic acids are acrylic, methacrylic, ethacrylic, alpha-chloro acrylic, crotonic, maleic, fumaric, and itaconic acid. コポリマーアイオノマーの酸含量や中和の程度は種々であり、中和は上述した一価または二価のカチオンにより行われる。 Copolymers degree of ionomer in acid content and neutralization are different, neutralized by monovalent or divalent cation as described above.

ターポリマーアイオノマーは、α−オレフィン、3〜8個の炭素原子を有するα,β−不飽和カルボン酸および2〜22個の炭素原子を有するα,β−不飽和カルボン酸塩のコポリマー中のカルボキシル基の少なくとも一部を金属イオンで中和して取得する。 Terpolymer ionomers, alpha-olefin, 3-8 alpha carbon atoms, beta-alpha with unsaturated carboxylic acid and 2 to 22 carbon atoms, beta-carboxyl in the copolymer of an unsaturated carboxylic acid salt obtaining at least a portion of the group is neutralized with a metal ion. 適切なα−オレフィンの例は、エチレン、プロピレン、1−ブテン、および1−ヘキセンである。 Examples of suitable α- olefins are ethylene, propylene, 1-butene, and 1-hexene. 適切な不飽和カルボン酸の例はアクリル、メタクリル、エタクリル、α−クロロアクリル、クロトン、マレイン、フマル、およびイタコン酸である。 Examples of suitable unsaturated carboxylic acids are acrylic, methacrylic, ethacrylic, alpha-chloro acrylic, crotonic, maleic, fumaric, and itaconic acid. ターポリマーアイオノマーの酸含量や中和の程度は種々であり、中和は上述した一価または二価のカチオンにより行われる。 The degree of acid content of the terpolymer ionomer and neutralization are different, neutralized by monovalent described above or divalent cation. 適切なアイオノマー樹脂の例は、ウィルミントンのデュポン(E.I.DuPont de Nemours & Co.,Wilmington,DE)の商品名「SURLYN」として又はテキサスのアービングのエクソン(Exxon)のIOTEKとして製造されているものを含む。 Examples of suitable ionomer resin, Wilmington DuPont (E.I.DuPont de Nemours & Co., Wilmington, DE) are manufactured as IOTEK of trade names as "SURLYN" or Texas Irving exons of the (Exxon) including those who are.

シリコーン材料も、この発明の範囲の組成物中にブレンドして好適なものである。 Silicone material is also well suited for blending into compositions within the scope of the present invention. これらは、モノマー、オリゴマー、プレポリマー、またはポリマーであり、付加的な強化フィラーを伴っても伴わなくても良い。 These monomers, oligomers, prepolymers, or polymers, or may not be associated with additional reinforcing filler. 適切な1のタイプのシリコーン材料は、それら分子中に少なくとも2個の炭素原子を含むアルケン基を組みこむことができる。 Suitable first type of silicone material can be incorporated an alkene group containing at least 2 carbon atoms in their molecule. アクケン基の例はこれに限定されないがビニル、アリル、ブテニル、ペンテニル、ヘキセニルおよびデセニルを含む。 Examples of Akuken groups but are not limited to, vinyl, allyl, butenyl, pentenyl, hexenyl and decenyl. アルケン価は、シリコーン構造のどの位置に配置されても良く、これには、構造の1または双方の末端が含まれる。 Alkene value may be located at any location of the silicone structure, including one or both terminals of the structure. このコンポーネントの残りの(すなわち非アルケンの)シリコーン結合有機基は、炭化水素またはハロゲン化炭化水素基から独立して選択され、これは脂肪族の不飽和を含まない。 The remaining (i.e., non-alkenyl) silicon-bonded organic groups in this component are independently selected from hydrocarbon or halogenated hydrocarbon groups that contain no aliphatic unsaturation. これらの例は、それに限定されないが:アルキル基、例えばメチル、エチル、プロピル、ブチル、ペンチルおよびヘキシル;シクロアルキル基、例えば、シクロヘキシルおよびシクロヘプチル;アリール基例えばフェニル、トリル、およびキシリル;アラルキル基例えばベンジルおよびフェネチル;およびハロゲン化アルキル基例えば3,3,3−トリフルオロプロピルおよびクロロメチルである。 These examples include, but are not limited to: alkyl groups such as methyl, ethyl, propyl, butyl, pentyl and hexyl; cycloalkyl groups such as cyclohexyl and cycloheptyl; aryl groups such as phenyl, tolyl, and xylyl; aralkyl group e.g. a and halogenated alkyl groups such as 3,3,3-trifluoropropyl and chloromethyl; benzyl and phenethyl. この発明に用いて好適な他のタイプのシリコーン材料は、脂肪族の不飽和を伴わない炭化水素基を具備するものである。 Other suitable types of silicone material used in this invention are those having a hydrocarbon group with no aliphatic unsaturation. この発明の組成物を製造するのに使用して好適な具体的な例は、つぎのものである。 Suitable specific examples are used to prepare the compositions of this invention are those of the following. トリメチルシロキシ−末端ブロック化ジメチルシロキサン−メチルヘキセニルシロキサンコポリマー;ジメチルヘキセニルシロキシ−末端ブロック化ジメチルシロキサン−メチルヘキセニルシロキサンコポリマー;トリメチルシロキシ−末端ブロック化ジメチルシロキサン−メチルビニルシロキサンコポリマー;トリメチルシロキシ−末端ブロック化メチルフェニルシロキサン−ジメチルシロキサン−メチルビニルシロキサンコポリマー;ジメチルビニルシロキシ−末端ブロック化ジメチルポリシロキサン;ジメチルビニルシロキシ−末端ブロック化ジメチルシロキサン−メチルビニルシロキサンコポリマー;ジメチルビニルシロキシ−末端ブロック化メチルフェニルポリシロキサン;ジメチルビニルシロキシ−末端ブロック化メチルフェニ Trimethylsiloxy - endblocked dimethylsiloxane - methylhexenylsiloxane copolymer; dimethylhexenylsiloxy - endblocked dimethylsiloxane - methylhexenylsiloxane copolymers; trimethylsiloxy - endblocked dimethylsiloxane - methylvinylsiloxane copolymers; trimethylsiloxy - endblocked methyl phenyl siloxane - dimethylsiloxane - methylvinylsiloxane copolymer; dimethylvinylsiloxy - endblocked dimethylpolysiloxane dimethylvinylsiloxy - endblocked dimethylsiloxane - methylvinylsiloxane copolymer; dimethylvinylsiloxy - end-blocked methyl phenyl polysiloxane; dimethyl vinylsiloxy - endblocked Mechirufeni シロキサン−ジメチルシロキサン−メチルビニルシロキサンコポリマー;および上述のコポリマーである。 A and above copolymers; siloxane - methyl vinyl siloxane copolymer - dimethylsiloxane. ただし、少なくとも1つの末端基がジメチルヒドロキシシロキシである。 Provided that at least one end group is dimethylhydroxysiloxy. この発明の範囲の組成物に使用して好適な商業上入手可能なシリコーンは、ミシガン州ミッドランドのDow Corning社の「Silastic」、ニューヨーク州ウォーターフォードのGE Silicones社の「Blensil」、およびミシガン州アドリアンのWacker Silicones社の「Elastosil」がある。 Suitable commercially available silicone used in the compositions of the scope of the invention, Midland, Mich from Dow Corning "Silastic", NY Waterford GE Silicones Company "Blensil", and Michigan Adrian there is a "Elastosil" of Wacker Silicones Corporation.

他のタイプのコポリマーもこの発明の範囲の組成物に付加することができる。 Other types of copolymers can also be added to the compositions disclosed herein. エポキシモノマーを含み、また、この発明の範囲内で使用して好適な例は、ポリブタジエンブロックがエポキシ基を含む、スチレン−ブタジエン−スチレンブロックコポリマー、ポリイソプレンブロックがエポキシを含む、スチレン−イソプレン−スチレンブロックコポリマーであり。 Copolymers comprising epoxy monomers, also, suitable examples and used within the scope of this invention, the polybutadiene block contains an epoxy group, a styrene - butadiene - styrene block copolymer, polyisoprene block containing epoxy, styrene - isoprene - styrene There is a block copolymer. これらエポキシ官能性コポリマーの商業的に入手可能な例は、日本国大阪のDaicel Chemical Industries社から販売されているESBS A1005、ESBS A1010、ESBS A1020、ESBS AT018、およびESBS AT019である。 Commercially available examples of these epoxy functional copolymer is sold by Osaka Daicel Chemical Industries Ltd., Japan ESBS A1005, ESBS A1010, ESBS A1020, ESBS AT018, and a ESBS AT019.

遅いコア用の好ましい実施例はポリブタジエン、SBR、ほとんどないジアクリル酸亜鉛(0−10部)、オプションとしてのジメチルアクリレート、または非亜鉛塩不飽和モノマー、例えばトリメチロールプロパントリアクリレート(Sartomer社販売のSR−350)、過酸化物開始剤を含む。 Preferred embodiments for a slow core polybutadiene, SBR, little zinc diacrylate (0-10 parts), dimethyl acrylate or non-zinc salt unsaturated monomers, such as trimethylolpropane triacrylate (Sartomer Co. sold as optional SR -350), including peroxide initiators. コアの他の調合は、本出願人の出願に係る米国特許出願第10/845721号に開示されており、参照してここに組み入れる。 Another formulation of the core, are disclosed in U.S. Patent Application No. 10/845721 which the present applicant, which is incorporated herein by reference. 代替的には、非過酸化物の硫黄による硫化調合を採用しても良い。 Alternatively, it may be adopted sulfide formulation by sulfur nonperoxide. これは例えば米国特許出願第10/772689号に開示されている。 This is disclosed, for example, in U.S. Patent Application No. 10/772689. ここに参照して組み入れる。 Incorporated by reference herein.

コアの径は約0.100インチから約1.64インチであり、好ましくは、約1.00インチから約1.62インチである。 Diameter of the core is from about 0.100 inches to about 1.64 inches, preferably from about 1.00 inches to about 1.62 inches. 典型的なコアの径は、0.25インチから1.625インチで、0.05インチずつ大きくなる。 Diameter of a typical core, at 1.625 inches to 0.25 inches, greater by 0.05 inches. 慣用的なコアのサイズは、0.050インチ、1.00インチ、1.10インチ、1.20インチ、1.30インチ、1.40インチ、1.45インチ、1.50インチ、1.55インチ、1.57インチ、1.58インチ、1.59インチ、および、1.60インチである。 The size of the conventional core is 0.050 inches, 1.00 inches, 1.10 inches, 1.20 inches, 1.30 inches, 1.40 inches, 1.45 inches, 1.50 inches, 1. 55 inches, 1.57 inches, 1.58 inches, 1.59 inches, and 1.60 inches. すなわち、コアのサイズに任意の1または複数の中間層を加えたものが、上述コアサイズと同一のサイズおよびサイズの範囲内にある。 That, plus any one or more intermediate layers to the size of the core is within the range of the same size and size as described above core size.

コア用の適切な他の材料は、これに限定されないがつぎのようなものである。 Other suitable materials for the core is not limited thereto but is as follows.

(1)ポリウレタン、例えば、ポリオールとジイソシアネートまたはポリイソシアネートから準備され、米国特許第5334673号、同第6506851号および米国特許出願第10/194059号に開示されているもの。 (1) a polyurethane, for example, be prepared from a polyol and a diisocyanate or polyisocyanate, U.S. Patent No. 5,334,673, those disclosed in the No. 6506851 and U.S. Patent Application No. 10/194059.
(2)ポリ尿素、例えば、米国特許第5484870号および米国特許出願第10/228311号に開示されているもの。 (2) polyurea, for example, those disclosed in U.S. Patent No. 5,484,870 and U.S. Patent Application No. 10/228311.
(3)ウレタンまたは尿素セグメントを含む、ポリウレタン−尿素ハイブリッド、ブレンドまたはコポリマー。 (3) a urethane or urea segments, polyurethane - urea hybrids, blends or copolymers.

多層ゴルフボールのコアは、好ましくは、少なくとも1つのポリイソシアネートと少なくとも1つの硬化剤との反応生成物を含むポリウレタンを有する。 The core of the multilayer golf ball preferably has a polyurethane comprising the reaction product of at least one polyisocyanate and at least one curing agent. 硬化剤は例えば1または複数のジアミン、1または複数のポリオール、またはこれらの組み合わせを含んでよい。 Curing agent, for example one or more diamines, one or more polyols, or a combination thereof. ポリイソシアネートは1または複数のポリオールと組み合わせてプレポリマーを形成しても良い。 Polyisocyanates may form a prepolymer in combination with one or more polyols. これは、上述の少なくとも1つの硬化剤と組み合わされる。 This is combined with at least one curing agent described above. このように、ここで説明されるポリオールは、ポリウレタン材料の1または双方の要素として適切である。 Thus, polyols described herein are suitable as one or both of the elements of the polyurethane material. すなわち、プレポリマーおよび硬化剤の一部として使用して好適である。 That is suitable for use as part of a prepolymer and a curing agent.

ゴルフボールのセンターおよび任意の層は高度に中和されたポリマー(「HNP」)から製造できる。 Center and any layer of a golf ball can be manufactured from a highly neutralized polymer ( "HNP"). HNPの酸部分は、典型的にはエチレンを塩基にしたアイオノマーであり、好ましくは約70%より多く、より好ましくは約90%より多く、最も好ましくは少なくとも約100%中和されている。 Acid portion of the HNP is typically an ionomer in which the ethylene base, preferably greater than about 70%, more than preferably about 90%, and most preferably are neutralized at least about 100%. HNPも第2のポリマー成分とブレンドすることができ、この成分を、酸基を含む場合は、従来法に従って、本発明の有機脂肪酸(organic fatty acids)によって、又は両者によって中和することができる。 HNP can also be blended with a second polymer component, which, if it contains an acid group, according to conventional methods, can be neutralized by organic fatty acids present invention (organic fatty acids), or by both . 第2のポリマー成分は、部分的に又は完全に中和されていてもよく、好ましくはアイオノマーコポリマー及びアイオノマーターポリマー、アイオノマー前駆体、熱可塑性物、ポリアミド、ポリカーボネート、ポリエステル、ポリウレタン、ポリ尿素、熱可塑性エラストマー、ポリブタジエンゴム、バラタ、メタローセンで触媒したポリマー(グラフト化したもの及びグラフト化していないもの)、単一サイトポリマー、高結晶性酸ポリマー、カチオン性アイオノマー、等を含む。 The second polymer component may be partially or completely neutralized, preferably ionomeric copolymers and terpolymers, ionomer precursors, thermoplastics, polyamides, polycarbonates, polyesters, polyurethanes, polyureas, heat thermoplastic elastomers, polybutadiene rubber, including balata, metallocene-catalyzed polymers (those not those that have been grafted and grafted), single-site polymers, high-crystalline acid polymers, cationic ionomers, and the like. HNPポリマーの材料硬度は、典型的には、約20および約80ショアDの間であり、曲げ弾性率は約3,000psiおよび約200,000の間である。 Material hardness of HNP polymers typically between about 20 and about 80 Shore D, a flexural modulus of between about 3,000psi and about 200,000.

この発明の1実施例では、HNPは、アイオノマーおよび/またはその酸先駆体であり、これは、好ましくは完全にまたは部分的に有機酸コポリマーまたはその塩により中和されている。 In one embodiment of the invention, HNP are ionomers and / or acid precursors, which has preferably been neutralized by completely or partially organic acid copolymer or a salt thereof. 酸コポリマーは好ましくはα−オレフィン、例えばエチレン、C 3−8 α,β−エチレン不飽和カルボン酸、例えばアクリルまたはメタクリル酸コポリマーである。 Acid copolymer is preferably α- olefins such as ethylene, C 3-8 alpha, beta-ethylenically unsaturated carboxylic acids, such as acrylic or methacrylic acid copolymer.

酸コポリマーをE/X/Yコポリマーと記載することができ、ここでEはエチレン、Xはα,β−エチレン系不飽和カルボン酸、かつYは柔軟化コモノマーである。 Can describe the acid copolymer as E / X / Y copolymers where E is ethylene, X is alpha, beta-ethylenically unsaturated carboxylic acid, and Y is a softening comonomer. 好ましい態様では、Xはアクリル酸又はメタクリル酸であり、YはC 1−8アルキルアクリレート又はメタクリレートエステルである。 In a preferred embodiment, X is acrylic acid or methacrylic acid, Y is C 1-8 alkyl acrylate or methacrylate ester. Xは好ましくはポリマーの約1〜約35重量%、より好ましくはポリマーの約5〜約30重量%、最も好ましくはポリマーの約10〜約20重量%の量で存在する。 X is preferably from about 1 to about 35 weight percent of the polymer, more preferably from about 5 to about 30 weight percent polymer, most preferably in an amount of from about 10 to about 20 weight percent of the polymer. Yは好ましくはポリマーの約0〜約50重量%、より好ましくはポリマーの約5〜約25重量%、最も好ましくはポリマーの約10〜約20重量%の量で存在する。 Y is preferably from about 0 to about 50 weight percent of the polymer, more preferably from about 5 to about 25 weight percent of the polymer, most preferably in an amount of from about 10 to about 20 weight percent of the polymer.

具体的な酸含有エチレンコポリマーは、これに限定されないが、エチレン/アクリル酸/n−ブチルアクリレート、エチレン/メタクリル酸/n−ブチルアクリレート、エチレン/メタクリル酸/イソ−ブチルアクリレート、エチレン/アクリル酸/イソ−ブチルアクリレート、エチレン/メタクリル酸/メチルアクリレート、エチレン/メタクリル酸/n−ブチルメタクリレート、エチレン/アクリル酸/メチルメタクリレート、エチレン/アクリル酸/メチルアクリレート、エチレン/メタクリル酸/メチルアクリレート、エチレン/メタクリル酸/メチルメタクリレート、および、エチレン/アクリル酸/n−ブチルメタクリレートである。 Specific acid-containing ethylene copolymers include, but are not limited to, ethylene / acrylic acid / n-butyl acrylate, ethylene / methacrylic acid / n-butyl acrylate, ethylene / methacrylic acid / iso - butyl acrylate, ethylene / acrylic acid / iso - butyl acrylate, ethylene / methacrylic acid / methyl acrylate, ethylene / methacrylic acid / n-butyl methacrylate, ethylene / acrylic acid / methyl methacrylate, ethylene / acrylic acid / methyl acrylate, ethylene / methacrylic acid / methyl acrylate, ethylene / methacrylic acid / methyl methacrylate, and an ethylene / acrylic acid / n-butyl methacrylate. 好ましい酸含有エチレンコポリマーは、エチレン/メタクリル酸/n−ブチルアクリレート、エチレン/アクリル酸/n−ブチルアクリレート、エチレン/メタクリル酸/メチルアクリレート、エチレン/アクリル酸/エチルアクリレート、エチレン/メタクリル酸/エチルアクリレート、および、エチレン/アクリル酸/メチルアクリレートコポリマーである。 Preferred acid-containing ethylene copolymers, ethylene / methacrylic acid / n-butyl acrylate, ethylene / acrylic acid / n-butyl acrylate, ethylene / methacrylic acid / methyl acrylate, ethylene / acrylic acid / ethyl acrylate, ethylene / methacrylic acid / ethyl acrylate , and an ethylene / acrylic acid / methyl acrylate copolymer. 最も好ましい酸含有エチレンコポリマーは、エチレン/(メタ)アクリル酸/n−ブチルアクリレート、エチレン/(メタ)アクリル酸/エチルアクリレート、およびエチレン/(メタ)アクリル酸/メチルアクリレートコポリマーである。 The most preferred acid-containing ethylene copolymers are ethylene / (meth) acrylic acid / n-butyl acrylate, ethylene / (meth) acrylic acid / ethyl acrylate and ethylene / (meth) acrylic acid / methyl acrylate copolymers.

アイオノマーは、典型的には、金属カチオン例えばリチウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムまたは亜鉛により中和される。 Ionomers are typically neutralized metal cations such as lithium, sodium, potassium, magnesium, with calcium or zinc. 十分な有機酸または有機酸の塩を、適切な塩基とともに、酸コポリマーまたはアイオノマーに添加することにより、アイオノマーが、加工性を損なうことなく、金属カチオンに対してよりかなり多くのレベルまで中和される。 Enough salts of organic acids or organic acids, with a suitable base, by adding to the acid copolymer or ionomer, ionomer, without sacrificing processability, neutralized more to a large number of levels to the metal cation that. 好ましくは、酸部分は約80%以上中和され、好ましくは90−100%中和され、最も好ましくは100%中和される。 Preferably, the acid moiety is neutralized about 80% or more, preferably neutralized 90-100%, most preferably 100% neutralized. ただし、加工性を損なわない。 However, it does not impair the processability. これは、α,β−エチレン系不飽和カルボン酸コポリマーを例えば有機酸または有機酸の塩とともにメルトブレンドし、その後、十分な量のカチオン源を添加してすべての酸部分(酸コポリマーおよび有機酸の酸部分を含む)の中和レベルを90%を越えて(好ましくは100%を越えて)増大させることにより達成される。 This, alpha, beta-ethylenically was melt blended with salts of unsaturated carboxylic acid copolymers, for example, an organic acid or an organic acid, then all of the acid moiety by adding a sufficient amount of a cation source (acid copolymers and organic acids the level of neutralization of an acid moiety) more than 90% (preferably beyond 100%) is achieved by increasing.

この発明の有機酸は、脂肪族、モノ−またはマルチ−官能性(飽和した、不飽和の、又は多不飽和の)有機酸である。 Organic acids of this invention are aliphatic, mono - or multi - functional (saturated, unsaturated, or polyunsaturated) is an organic acid. これらの有機酸の塩も使用することができる。 Salts of these organic acids may also be used. 本発明の有機酸の塩は、バリウム、リチウム、ナトリウム、亜鉛、ビスマス、クロム、コバルト、銅、カリウム、ストロンチウム、チタン、タングステン、マグネシウム、セシウム、鉄、ニッケル、銀、アルミニウム、スズ、又はカルシウムの塩、脂肪酸の塩、特にステアリン酸、ベヘン酸、エルカ酸、オレイン酸、リノール酸又はこれらの二量化した誘導体の塩を含む。 Salts of organic acids of the present invention, barium, lithium, sodium, zinc, bismuth, chromium, cobalt, copper, potassium, strontium, titanium, tungsten, magnesium, cesium, iron, nickel, silver, aluminum, tin, or calcium including salts, salts of fatty acids, particularly stearic acid, behenic acid, erucic acid, oleic acid, linoleic acid, or salts of these dimerized derivatives. 本発明の有機酸及び塩は相対的に非移行性(常圧下でポリマーの表面にブルーミングを生じないこと)でありかつ非揮発性(メルトブレンドに必要な温度で蒸発しないこと)であることが好ましい。 That organic acids and salts of the present invention is relatively (they do not bloom on the surface of the polymer under normal pressure) non-migratory and are and non-volatile (that does not evaporate at temperatures required for melt-blending) preferable.

この発明のアイオノマーは、また、金属カチオンで部分的に中和されても良い。 Ionomers of this invention also may be partially neutralized with metal cations. 酸コポリマーの酸部分は、カチオン、例えば、リチウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、バリウム、鉛、錫、亜鉛、アルミニウムまたはこれらの混合物により、約1から約100%、好ましくは、少なくとも約40から約100%、より好ましくは、少なくとも約90から約100%中和され、アイオノマーを生成する。 Acid portion of the acid copolymer, cations such as lithium, sodium, potassium, magnesium, calcium, barium, lead, tin, zinc, an aluminum or a mixture thereof, from about 1 to about 100%, preferably at least about 40 about 100%, more preferably, it is at least about 90 neutralized to about 100%, to produce an ionomer.

この発明の酸コポリマーは、「直接」酸コポリマー、すべてのモノマーを同時に付加して重合させたコポリマー、または、既存のポリマーに酸含有モモマーをグラフト化させることにより、準備して良い。 Acid copolymers of this invention, "direct" acid copolymers, all monomers were allowed to addition to the polymerization simultaneously copolymers, or by grafting acid-containing Momoma the existing polymer, may be prepared.

熱可塑性ポリマー成分、例えば、コポリエーテルエステル、コポリエステルエステル、コポリエーテルアミド、エラストマーポリオレフィン、スチレンジエンブロックコポリマーおよびそれらの水素化誘導体、コポリエステルアミド、熱可塑性ポリウレタン、例えばコポリポリエーテルウレタン、コポリエステルウレタン、コポリ尿素ウレタン、コポリ尿素ウレタニア、エポキシ塩基のポリウレタン、ポリカプロラクトン塩基のポリウレタン、ポリ尿素、およびポリカーボネート塩基のポリウレタンフィラー、および他の成分(含まれるのであれば)を酸部分を中和する前、途中、その後に、熱可塑性ポリウレタンにブレンドしてもよい。 Thermoplastic polymer component, for example, copolyetheresters, copolyester ester, copolyether amides, elastomeric polyolefins, styrene diene block copolymers and hydrogenated derivatives thereof, copolyester amides, thermoplastic polyurethanes, for example, co-crunching sound polyether urethanes, copolyesters urethane , copoly urea urethanes, copoly urea Uretania, polyurethane epoxy base, polyurethane polycaprolactone base, polyureas, and polycarbonate base polyurethane filler, and (if the embodiment is included) other components prior to neutralize the acid moiety, way, thereafter, it may be blended to the thermoplastic polyurethane.

コポリエーテルエステルは、複数の反復長鎖ユニットおよび単鎖ユニットを有し、これがエステル結合により頭尾結合されており、長鎖ユニットはつぎの式で表され、 Copolyetherester has a plurality of repeating long-chain units and single unit, which are head-to-tail linked by an ester bond, the long chain units being represented by the following equation,
単鎖ユニットはつぎの式で表される。 Single-chain unit is expressed by the following.
ここで、Gは、約400−8000の分子量で炭素の酸素に対する比が2.0−4.3のポリ(アルキレンオキシド)グリコールから末端ヒドロキシル基を除去したのちに残っている二価のラジカルであり;Rは、約250未満の分子量のジオールからからヒドロキシル基を除去したのちに残っている二価のラジカルであり;単鎖エステルユニットの量が上記コポリエーテルエステルの約15−95重量%であるとする。 Here, G is a divalent radical remaining after the specific molecular weight of about 400-8000 of oxygen to carbon was removed terminal hydroxyl groups from a poly (alkylene oxide) glycol of 2.0-4.3 There; R is a divalent radical remaining from the molecular weight of the diol of less than about 250 after removal of hydroxyl groups; the amount of single-chain ester units of about 15-95% by weight of the copolyetherester and there. 好ましい、コポリエーテルエステルポリマーは、ポリエーテルセグメントがテトラヒドロフランの重合により得られ、ポリエステルセグメントがテトラメチレングリコールおよびフラル酸の重合により得られたものである。 Preferred, the copolyether ester polymers, polyether segment is obtained by polymerization of tetrahydrofuran, in which the polyester segment is obtained by polymerization of tetramethylene glycol and Furaru acid. この発明では、エーテル:エステルのモル比は90:10から10:80に変化して良く、好ましくは80:20から60:40である。 In the present invention, ether molar ratio of the ester can vary in ten eighty 90:10, preferably from 80:20 to 60:40. ショアD硬度は70未満であり、好ましくは約40未満である。 Shore D hardness is less than 70, preferably less than about 40.

ポリエーテルアミドは、堅固なポリアミドセグメントおよび柔軟なポリエーテルセグメントの線形で規則的な鎖からなり、これはつぎの一般式で表される。 Polyetheramide consists regular chain linear rigid polyamide segments and flexible polyether segments, which is represented by the general formula below.
ここでPAは、4−20個の炭素原子を有する鎖制約脂肪族カルボン二酸の存在下で、4から14個の炭素原子を含む炭化水素基を有するラクタムまたはアミノ酸から、または、脂肪族C −C ジアミンから生成された線形の飽和脂肪族ポリアミドシーケンスであり;このポリアミドは300から15000の平均分子量を有し;PBは、線形または分岐脂肪族ポリオキシアルキレングリコール、それらの混合物、またはそれらから誘導したコポリエーテルから生成したポリオキシアルキレンシーケンスであり、このポリオキシアルキレングリコールは6000以下の分子量を有し;nは、ポリエーテルアミドコポリマーの本来の粘度が約0.6から約2.05になるために十分な繰り返しユニットの数である。 Here PA in the presence of a chain constraints aliphatic carboxylic diacids having 4-20 carbon atoms, from lactams or amino acids having a hydrocarbon group containing from 4 to 14 carbon atoms, or an aliphatic C 6 -C 8 be linear saturated aliphatic polyamide sequence generated from a diamine; average have a molecular weight of the polyamide is from 300 15000; PB is linear or branched aliphatic polyoxyalkylene glycols, mixtures thereof, or a polyoxyalkylene sequence formed from copolyether derived from them, the polyoxyalkylene glycol has a molecular weight of 6000 or less; n is intrinsic viscosity of the polyetheramide copolymers from about 0.6 to about 2. to become a 05 is a sufficient number of repeating units. これらポリエーテルアミドを準備するために、ジカルボン酸ポリアミド、鎖端にあるCOOH基を、鎖端でヒドロキシル化されたポリオキシアルキレングリコールで、一般式Ti(OR) のテトラ−アルキルオルトチタンのような触媒の下で、反応させるステップを行う。 To prepare these polyether amides, dicarboxylic acid polyamide, the COOH groups in the chain end, with hydroxylated polyoxyalkylene glycol chain ends, the general formula Ti (OR) x tetra - as alkyl orthotitanate under such catalysts, performing the step of reacting. ここで、Rは、1から24個の炭素原子を具備する線形分岐脂肪族炭化水素基である。 Wherein, R is a linear branched aliphatic hydrocarbon radical comprising from 1 to 24 carbon atoms. ここでも、より多くのポリエーテルユニットをコポリエータルアミドに組みこめばそれだけポリマーが柔らかくなる。 Again, the more polymer is softened Incorporating more polyether units copolyarylene variator Le amide. エーテル:アミドの比は上述のエーテルの場合と同様であり、ショアD硬度も同様である。 Ether: The ratio of the amide is the same as that of the above-described ethers, it is the same Shore D hardness.

エラストマーポリオレフィンは、エチレンおよびより高次の主たるオレフィン例えばプロピレン、ヘキセン、オクテンおよびオプションとしての1,4−ヘキサジエンおよび/またはエチリデン、ノルボルネン、またはノルボルナジエンからなるポリマーである。 Elastomeric polyolefins are ethylene and higher primary olefins such as propylene, hexene, 1,4-hexadiene and / or ethylidene as octene and optionally a polymer consisting of norbornene or norbornadiene. エラストマーポリオレフィンは、オプションとして無水マレイン酸、エポキシ、ヒドロキシ、アミン、カルボン酸、スルホン酸、またはチオール基で官能化されてもよい。 Elastomeric polyolefins, anhydride optionally maleic, epoxy, hydroxy, amine, carboxylic acid, may be functionalized with sulfonic acid or thiol groups.

熱可塑性ポリウレタンは、線形な、または鎖分岐されたポリマーであり硬質なブロックとソフトなエラストマーブロックとから構成される。 Thermoplastic polyurethanes are composed of linear, or a chain branched polymers with hard blocks and soft elastomeric blocks. これらは、柔らかなヒドロキシ末端のエラストマーポリエーテルまたはポリエステルをジイソシアネート、例えばメチレンジイソシアネート(「MDI」)、p−フェニレンジイソシアネート(「PPDI」)、またはトルエンジイソシアネート(「TDI」)で反応させて製造される。 These diisocyanates elastomeric polyethers or polyesters soft hydroxy terminated, such as methylene diisocyanate ( "MDI") are prepared by reacting with p- phenylene diisocyanate ( "PPDI"), or toluene diisocyanate ( "TDI") . これらはグリコール、第二ジアミン、二酸、またはアミノアルコールにより鎖拡張できる。 These glycols, secondary diamines can be chain extended with diacids or amino alcohols. イソシアネートおよびアルコールの反応生成物は、ウレタンと呼ばれ、これらブロックは比較的硬く、高融解である。 Reaction products of isocyanates and alcohols are called urethanes, these blocks are relatively hard and high melting. これら高融解ブロックがポリウレタンの熱可塑性の原因である。 These high melting blocks are responsible for the thermoplastic polyurethane.

ブロックスチレンジエンコポリマーおよびその水素化誘導体はポリスチレンユニットとポリジエンユニットからなる。 Block styrene diene copolymers and their hydrogenated derivatives of polystyrene units and polydiene units. これらは、OH、NH2、エポキシ、COOHおよび無水物基のような部分により官能化されてもよい。 It, OH, NH2, epoxy, may be functionalized by moieties such as COOH and anhydride groups. ポリジエンユニットは、ポリブタジエン、ポリイソプレンまたはこれらのコポリマーから誘導される。 Polydiene units are derived from polybutadiene, polyisoprene or copolymers thereof. コポリマーの場合、ポリオレフィンを水素化して飽和したゴム状のバックボーンセグメントを形成することが可能である。 The case of copolymers, it is possible to form a rubbery backbone segments of saturated hydrogenated polyolefin. これら材料は、通常、SBS、SISまたはSEBS熱可塑性エラストマーと呼ばれ、無水マレイン酸により官能化できる。 These materials are usually, SBS, called SIS or SEBS thermoplastic elastomers, functionalized with maleic anhydride.

グラフト化メタローセン触媒ポリマーも、この発明のHNPとブレンドして好適なものである。 Grafted metallocene catalyzed polymers also are well suited to HNP blended with the present invention. グラフト化メタローセン触媒ポリマーは、通常、金属カチオンで中和されるが、有機酸またはその塩および適切な塩基により部分的にまたは完全に中和されてもよい。 Grafted metallocene-catalyzed polymers are usually neutralized with metal cations may be partially or completely neutralized by an organic acid or a salt thereof and a suitable base. この発明のゴルフボールに有益なグラフト化メタローセン触媒ポリマーは、例えば、米国特許第5703166号、同5824746号、同5981658号、および同第6025442号に開示されているものであり、参照してこれを組み入れるが、これは、実験的な量の範囲で、DuPont社からSURLYN(商標) NMO 525D、SURLYN(商標) NMO 524DおよびSURLYN(商標) NMO 499Dとして入手でき、これらはFUSABOND(商標)ファミリとして以前知られており、また、非グラフト化メタローセン触媒ポリマーをポスト重合反応させて所望の1または複数の側基を具備するグラフト化メタローセン触媒ポリマーを実現しても良い。 Golf ball Beneficial grafted metallocene catalyzed polymer of the present invention, for example, U.S. Patent No. 5703166, the 5824746 JP, the 5981658 Patent, and are those which are disclosed in the No. 6025442, which refer to the incorporated, which is in the range of experimental quantities, SURLYN from DuPont (TM) NMO 525D, available as SURLYN (TM) NMO 524D and SURLYN (TM) NMO 499D, FUSABOND (TM) earlier as family known and, also, may be the non-grafted metallocene catalyzed polymer to a post-polymerization reaction was realized grafted metallocene catalyzed polymer having a desired pendant group or groups. この発明に用いるために官能基をグラフト化できるメタローセン触媒ポリマーの例は、これに限定されないが、エチレンのホモポリマーおよびエチレンおよび第二オレフィン、好ましくは、プロピレン、ブテン、ペンテン、ヘキセン、ヘプテン、オクテンおよぶノルボルネンのコポリマーである。 Examples of metallocene-catalyzed polymers to which functional groups may be grafted for use in this invention include, but are not limited to, homopolymers and ethylene and the second olefin ethylene, preferably, propylene, butene, pentene, hexene, heptene, octene norbornene copolymer ranging. 一般的に、この発明は、少なくとも1つのグラフト化メタローセン触媒ポリマーまたはポリマーブレンドを有する少なくとも1つの層を有するゴルフボールに関しており、ここで、グラフト化メタローセン触媒ポリマーは、つぎの式を有するメタローセン触媒ポリマーに官能基をグラフト化させて生成される。 Generally, the present invention is directed to a golf ball having at least one layer having at least one grafted metallocene catalyzed polymer or polymer blend, wherein the grafted metallocene-catalyzed polymers is metallocene-catalyzed polymer having the following formula the functional group is produced by grafting.
ただし、R は水素、分岐または直鎖アルキル例えばメチル、エチル、プロピル、ブチル、ペンチル、ヘキシル、ヘプチル、およびオクチル、カルボサイクリックまたは芳香族;R は水素、C −C を含む低次のアルキル、カルボサイクリックまたは芳香族;R は水素、C −C を含む低次のアルキル、カルボサイクリックまたは芳香族;R はH,CnH2n+1(ただしn=1〜18)、およびフェニルからなるグループから選択され、R 中の0から5個の水素が置換体COOH、SO H、NH 、F,Cl、Br、I、OH、SH、シリコーン、低次のアルキルエステルおよび低次のアルキルエーテルにより置換することができ、ただし、R およびR は二環のリングを形成できるものとし;R は水素、 However, R 1 is hydrogen, branched or straight chain alkyl such as methyl, ethyl, propyl, butyl, pentyl, hexyl, heptyl, and octyl, carbocyclic or aromatic; Low comprising R 2 is hydrogen, C 1 -C 5 next alkyl, carbocyclic or aromatic; R 3 is hydrogen, lower order alkyl containing C 1 -C 5, carbocyclic or aromatic; R 4 is H, Cn H2n + 1 (provided that n = 1 to 18), and it is selected from the group consisting of phenyl, 0-5 pieces of hydrogen substituents COOH in R 4, SO 3 H, NH 2, F, Cl, Br, I, OH, SH, silicone, low order alkyl esters and low for the following alkyl ether can be substituted, provided that, R 3 and R 4 shall be able to form a ring bicyclic; R 5 is hydrogen, −C を含む低次のアルキル、カルボサイクリックまたは芳香族;R は水素、C −C を含む低次のアルキル、カルボサイクリックまたは芳香族;x、yおよびzは各コ−モノマーの相対パーセントである。 Low order alkyl containing 1 -C 5, carbocyclic or aromatic; R 6 is hydrogen, C 1 -C low order alkyl containing 5, carbocyclic or aromatic; x, y and z are each co - the relative percentages of the monomers. xは、約1から約99パーセントの範囲であってよく、より好ましくは、約10から約70パーセントの範囲で良く、最も好ましくは約10から約50パーセントの範囲であって良い。 x may range from about 1 to about 99 percent, more preferably, may range from about 10 to about 70 percent, and most preferably can range from about 10 to about 50 percent. yは、99から1パーセントであってよく、好ましくは、90から30パーセントであってよく、最も好ましくは、90から50パーセントであってよい。 y may be 1% to 99, preferably, it may be 30 percent to 90, most preferably, may be 50 percent to 90. zは、約0から約49パーセントの範囲でよい。 z may range from about 0 to about 49 percent. 当業者は、酸部分が上述のポリマー中の配位子として働く場合には、上述のとおり有機脂肪酸により100%まで中和できることを理解するであろう。 The skilled artisan, when the acid moiety acts as a ligand in the above polymer will recognize that the invention can be neutralized up to 100% with an organic fatty acid as described above.

メタローセン触媒コポリマーまたはターポリマーはランダムまたはブロックであってよく、またイソタクティック、シンジオタクティック、またはアタクティックであってよい。 Metallocene catalyzed copolymers or terpolymers may be random or block, also isotactic be a syndiotactic or atactic. イソタクティック、シンジオタクティック、またはアタクティックのポリマーを形成する側基を選択して、樹脂を形成する、種々のポリマー鎖の間の相互作用を決定して、ゴルフボールカバー、センター、または中間層に用いられる樹脂の最終的な特性を制御する。 Isotactic, select the side groups to form a syndiotactic or polymers of atactic, to form a resin, and determining the interaction between the various polymer chains, golf ball covers, center or intermediate, to control the final properties of the resin used in the layer. 当業者には明らかなように、メタローセン触媒ランダムまたはブロックコポリマーまたはターポリマーから生成され、この発明に有益なグラフト化メタローセン触媒ポリマーも、ランダムまたはブロックのコポリマーまたはターポリマーであり、メタローセン触媒ポリマーのバックボーンと同一の立体規則性(tacticity)を有する。 As will be apparent to those skilled in the art, is generated from metallocene catalyzed random or block copolymer or terpolymer, beneficial grafted metallocene catalyzed polymers in the present invention is also a copolymer or terpolymer of random or block, of metallocene-catalyzed polymers backbone It has the same stereoregularity (tacticity) and.

ここでは、用語「フレーズ分岐または直鎖アルキル」は、任意の置換または非置換の非環式の炭素含有化合物を意味する。 Here, the term "phrase branched or straight chain alkyl" means acyclic carbon-containing compounds of any substituted or unsubstituted. アルキル基の例は、低次のアルキル、例えば、メチル、エチル、n−プロピル、イソ−プロピル、n−ブチル、イソ−ブチル、またはt−ブチル;高次のアルキル、例えば、オクチル、ノニル、デシル等;および低次のアルキレン、例えば、エチレン、プロピレン、ペンテン、ヘキセン、オクテン、ノルボルネン、ノネン、デセン等である。 Examples of alkyl groups include low order alkyl, e.g., methyl, ethyl, n- propyl, iso - propyl, n- butyl, iso - butyl or t- butyl; higher alkyl such as octyl, nonyl, decyl etc .; and lower order alkylene, e.g., ethylene, propylene, pentene, hexene, octene, norbornene, nonene, decene.

さらに、このようなアルキル基は、1または複数の水素が官能基により置換された種々の置換体を含んでも良い。 Furthermore, such alkyl groups, 1 or more hydrogen atoms may also contain various substituents in which is replaced by a functional group. 官能基は、これに限定されないが、ヒドロキシル、アミノ、カルボキシル、スルホンアミド、エステル、燐酸塩、チオール、ニトロ、シラン、およびハロゲン(フッ素、塩素、臭素および要素)であるが、多くを語る必要はないであろう。 Functional groups include, but are not limited to, hydroxyl, amino, carboxyl, sulfonamide, ester, phosphate, thiol, nitro, silane, and halide is a (fluorine, chlorine, bromine and iodine), is necessary to say more there will be no.

ここで、用語「置換または非置換カルボサイクリック」は、環式の炭素含有化合物を意味し、これには、とくに限定するものではないが、シクロペンチル、シクロヘキシル、シクロペプチル等がある。 Here, the term "substituted or unsubstituted carbocyclic" refers to cyclic carbon-containing compounds, including but not particularly limited to, cyclopentyl, cyclohexyl and cycloheptyl and the like. このような環式基は、1または複数の水素が官能基により置換された種々の置換体を含んでも良い。 Such cyclic groups, one or more hydrogen atoms may also contain various substituents in which has been replaced by a functional group. 官能基は、上述のものを含み、また、1−28個の炭素原子の低次のアルキル基を含む。 Functional groups include those described above, also containing 1-28 amino lower order alkyl group carbon atoms. この発明の環式基は、ヘテロ原子を含んでも良い。 Cyclic groups of the invention may contain a hetero atom.

上述のとおり、R およびR は、アルキル、カルボサイクリックまたはアリール基、例えば、1−シクロヘキシルプロピル、ベンジルシクロヘキシルメチル、2−シクロヘキシルプロピル、2,2−メチルシクロヘキシルプロピル、2,2−メチルフェニルプロピル、および2,2−メチルフェニルブチルの任意の組み合わせも表す。 As mentioned above, R 1 and R 2 are alkyl, carbocyclic or aryl groups, e.g., 1-cyclohexyl-propyl, benzyl cyclohexylmethyl, 2-cyclohexylethyl, 2,2-methylcyclohexyl, 2,2-methyl phenylpropionate Le, and also represents any combination of 2,2-methyl phenyl butyl.

この発明に有益な非グラフト化メタローセン触媒ポリマーは、AFFINITY(商標)ポリオレフィンプラストマーの商標名およびENGAGE(商標)ポリオレフィンエラストマーの商標名でそれぞれDow Chemical社およびDuPont−Dow社から商業的に入手できる。 The present invention beneficial non-grafted metallocene-catalyzed polymers are commercially available from Dow Chemical Company and DuPont-Dow Co., respectively under the trade names of trade names and ENGAGE (TM) polyolefin elastomers AFFINITY (TM) polyolefin plastomers. 他の商業的に入手可能なメタローセン触媒ポリマーも利用できる。 Other commercially available metallocene-catalyzed polymers may also be utilized. 例えば、Exxon社から商業的に入手可能なEXACT(商標)、およびDow社から商業的に入手可能なINSIGHT(商標)である。 For example, a commercially available EXACT from Exxon Corporation (TM), and from Dow commercially available from INSIGHT (TM). EXACTおよびINSIGHT系列のポリマーはメタローセン触媒技術を利用することに起因する新しい流体力学的な特性や他の特性を有する。 Polymers of EXACT and INSIGHT series has a new hydrodynamic characteristics and other characteristics due to the use of metallocene catalyst technology. メタローセン触媒ポリマーは、マサチューセッツ州、ハイアニスのSentinel Products社から、圧縮性形容の発泡シートとして容易に入手できる。 Metallocene-catalyzed polymers, Massachusetts, from Hyannis Sentinel Products Corporation, readily available foamed sheet compressibility epithet.

この発明に有益なモノマーは、これに限定されないが、官能基として、スルホン酸、スルホン酸誘導体、例えば、クロロスルホン酸、ビニルエーテル、第一、第二および第三アミン、モノカルボン酸、ジカルボン酸、部分的または完全にエステル誘導されたモノカルボン酸およびジカルボン酸、ジカルボン酸の無水物、およびジカルボン酸の環式イミドを有するおれフィンモノマーである。 Monomers useful in this invention include, but are not limited to, as functional group, a sulfonic acid, sulfonic acid derivative, e.g., chlorosulfonic acid, vinyl ethers, primary, secondary and tertiary amines, monocarboxylic acids, dicarboxylic acids, partially or fully ester derivatized mono-and dicarboxylic acids, anhydrides of dicarboxylic acids, and olefin monomer having a cyclic imide of a dicarboxylic acid.

さらに、メタローセン触媒ポリマーは、スルホン化、カルボキシル化またはアミンまたはヒドロキシ基の付加により、官能化されてもよい。 Furthermore, metallocene-catalyzed polymers, sulfonated, by carboxylation, or the addition of an amine or hydroxy group may be functionalized. スルホン化、カルボキシル化またはヒドロキシ基の付加により、官能化されたメタローセン触媒ポリマーは、塩基と反応させてアニオンアイオノマーに変換できる。 Sulfonated by the addition of a carboxylated or a hydroxy group, functionalized metallocene-catalyzed polymers can be reacted with a base can be converted into anionic ionomer. 同様に、アミンの付加により官能化されたメタローセン触媒ポリマーは、アルキルハロゲン化物、酸または酸誘導体と反応させてカチオンアニオンアイオノマーに変換できる。 Similarly, metallocene-catalyzed polymers functionalized by the addition of amines, alkyl halides, is reacted with an acid or acid derivative can be converted to cationic anionic ionomers.

最も好ましいモノマーは、マレイン酸無水物であり、これは、一旦、ポスト重合反応によりメタローセン触媒ポリマーに結合され、さらに反応させて、他の側基または官能基を含むグラフト化メタローセン触媒ポリマーを形成することができる。 The most preferred monomer is maleic anhydride, which, once coupled to the metallocene-catalyzed polymers by post polymerization reaction, further reacted to form a grafted metallocene catalyzed polymer containing other side groups or functional groups be able to. 例えば、水と反応させて、無水物をジカルボン酸に変換し;アンモニア、アルキルまたは芳香族アミンと反応させてアミドを生成し;アルコールと反応させてエステルを生成し;塩基と反応させてアニオンアイオノマーを生成する。 For example, it is reacted with water to convert the anhydride to dicarboxylic acid; ammonia, is reacted with an alkyl or aromatic amines to produce an amide; is reacted with an alcohol to form an ester; is reacted with a base anion ionomer to generate.

この発明のHNPは、シングルサイトおよびメタローセン触媒と、これから生成したポリマーとをブレンドしてもよい。 HNP's of the present invention may be blended with single-site and metallocene catalysts, and polymer produced therefrom. ここで、「シングルサイト触媒」は、米国特許第6150462号に開示されるようなものであり、参照してここに組み入れるが、これは、重合サイトのステアリックおよび電子的な特性に影響を与えて二次的な重合種の生成を阻む補助的な配位子を含む触媒を指す。 Here, "single site catalyst" is such as disclosed in U.S. Pat. No. 6150462 which is incorporated herein by reference, this affects the stearic and electronic properties of the polymerization site It refers to a catalyst comprising an ancillary ligand that prevents the generation of secondary polymerization species Te. 用語「メタローセン触媒」は、補助的な配位子が置換または非置換シクロペンタジエニル基を含むシングルサイト触媒であり、用語「非メタローセン触媒」はメタローセン触媒以外のシングルサイト触媒を指す。 The term "metallocene catalyst" ancillary ligands is a single-site catalyst comprising a substituted or unsubstituted cyclopentadienyl group, the term "non-metallocene catalyst" refers to a single-site catalyst other than metallocene catalyst.

非メタローセン触媒は、これに限定されないが、以下のものである。 Non metallocene catalysts include, but are not limited to, those described below. まず、Brookhart触媒であり、つぎの構造式を有する。 First, a Brookhart catalyst, having the following structural formula.
ここでMはニッケルまたはパラジウムであり;RおよびR'は独立な水素、ヒドロカルビル、または置換ヒドロカルビル;Arは(CF であり、Xはアルキル、メチル、水素化物、またはハロゲン化物である。 Where M is nickel or palladium; R and R 'are independently hydrogen, hydrocarbyl or substituted hydrocarbyl,; Ar is (CF 3) 2 C 6 H 3, X is alkyl, methyl, hydrides or halogens, it is a monster.

つぎに、McConville触媒であり次の構造式を有する。 Next, a McConville catalyst having the following structural formula.
ここで、Mはチタンまたはジルコンである。 Here, M is titanium or zirconium.

つぎに、2,6−ビス(イミノ)ポリジル配位子を具備する鉄(II)およびコバルト(II)錯体であり、つぎの構造式を有する。 Next, an iron (II) and cobalt (II) complexes having a 2,6-bis (imino) Porijiru ligand has the following structural formula.
ここで、Mは金属であり、Rは水素、アルキルまたはヒドロカルビルである。 Here, M is a metal, R represents hydrogen, alkyl or hydrocarbyl.

ピロールを配位子として具備するチタンまたはジルコン錯体もシングルサイト触媒として働く。 Titanium or zirconium complexes comprising a pyrrole as a ligand also serves as a single-site catalyst. これら錯体はつぎの構造式を有する。 These complexes have the following structural formulas.
ここで、Mは金属原子であり;mおよびnは独立に1〜4であり、芳香族環に結合された置換基の数を示し;R およびR は独立して水素またはアルキルであり;Xはハロゲン化物またはアルキルである。 Here, M is a metal atom; m and n is from 1 to 4 independently, the number of substituents attached to the aromatic ring; R m and R n are independently hydrogen or alkyl ; X is halide or alkyl.

他の例はニッケルおよびパラジウムのジイミド錯体であり、つぎの構造式を有する。 Another example is diimide complexes of nickel and palladium, having the following structural formula.
ここで、Arは芳香族、Mは金属、Xはハロゲン化物またはアルキルである。 Here, Ar is an aromatic, M is a metal, X is halide or alkyl.

第IV族または第V族の金属のボラタベンゼン錯体もシングルサイト触媒として働く。 Boratabenzene complexes of the Group IV or Group V metal also acts as a single-site catalyst. これらはつぎの構造式を有する。 It has the following structural formulas.
ここで、Bはホウ素であり、Mは金属原子である。 Here, B is boron, M is a metal atom.

ここでは、用語「シングルサイト触媒ポリマー」は、シングルサイト触媒を用いて重合した任意のポリマー、コポリマー、またはターポリマー、とくに任意のポリオレフィンを指す。 Here, the term "single-site catalyzed polymer" refers any polymer polymerized using a single site catalyst, the copolymer or terpolymer, particularly any polyolefin. 用語「非メタローセン触媒ポリマー」は、メタローセン触媒以外のシングルサイト触媒を用いて重合した任意のポリマー、コポリマー、またはターポリマー、とくに任意のポリオレフィンを指す。 The term "non-metallocene catalyzed polymer" is any polymer that is polymerized using a single site catalyst other than metallocene catalysts, copolymers or terpolymers, in particular refers to any polyolefin. 上述の触媒は、非メタローセンシングルサイト触媒の例である。 The catalysts described above are examples of non-metallocene single-site catalysts. 用語「メタローセン触媒ポリマー」は、メタローセン触媒を用いて重合した任意のポリマー、コポリマー、またはターポリマー、とくに任意のポリオレフィンを指す。 The term "metallocene-catalyzed polymer", any polymer obtained by polymerization using the metallocene catalyst, a copolymer or terpolymer, particularly refers to any polyolefin.

ここでは、用語「シングルサイト触媒ポリマーブレンド」は、シングルサイト触媒ポリマーと、任意の他のタイプのポリマー、とくにアイオノマーとの任意のブレンド、ならびに、シングルサイト触媒ポリマーと他のシングルサイト触媒ポリマーとの任意のブレンドとを指す。 Here, the term "single-site catalyzed polymer blend", a single-site catalyzed polymers, any other type of polymer, in particular any blends with the ionomer, as well as the single-site catalyzed polymer and other single-site catalyzed polymer refer to and any of the blend. これにはメタローセン触媒ポリマーも含まれるが、これに限定されない。 This includes also metallocene-catalyzed polymers, but is not limited thereto.

用語「グラフト化シングルサイト触媒ポリマー」および「グラフト化シングルサイト触媒ポリマーブレンド」は、シングルサイト触媒ポリマーがポスト重合反応されて少なくとも1つの官能基をシングルサイト触媒ポリマー上にグラフト化した、任意のシングルサイト触媒ポリマーまたはシングルサイト触媒ポリマーブレンドを指す。 The term "grafted single-site catalyzed polymer" and "grafted single-site catalyzed polymer blend" were grafted at least one functional group single-site catalyzed polymer is post polymerization reaction on single-site catalyzed polymer, any single site refers to a catalyzed polymer or single site catalyzed polymer blend. 「ポスト重合反応」は、重合反応によりポリマーが生成された後に起こる任意の反応である。 "Post-polymerization reaction" is any reaction occurring after the polymer is produced by polymerization.

シングルサイト触媒ポリマーは、グラフト化することができ、ポリマー例えば、非グラフト化シングルサイト触媒ポリマー、グラフト化シングルサイト触媒ポリマー、アイオノマー、および熱可塑性エラストマーとブレンドできる。 Single-site catalyst polymers may be grafted, polymers e.g., non-grafted single-site catalyzed polymers, grafted single-site catalyzed polymers, ionomers, and the heat can be thermoplastic elastomers blended. 好ましくはシングルサイト触媒ポリマーはこの発明の少なくとも1つのアイオノマーとブレンドされる。 Preferably the single site catalyst polymer is at least one ionomer and blends of the present invention.

この発明のゴルフボールに有益なグラフト化シングルサイト触媒ポリマーは、非グラフト化シングルサイト触媒ポリマーをポスト重合反応させて所望の1または複数の側基を具備するグラフト化シングルサイト触媒ポリマーを提供する。 This beneficial grafted single-site catalyzed polymers golf balls of the invention provide a non-grafted single-site catalyzed polymer to a post-polymerization reaction grafted single-site catalyzed polymer having a desired pendant group or groups. この発明に使用するために官能基をグラフト化できるシングルサイト触媒ポリマーの例は、これに限定されないが、エチレンおよびプロピレンのホモポリマー、および、エチレンおよび第二オレフィン、好ましくはプロピレン、ブテン、ペンテン、ヘキセン、ヘプテン、オクテン、およびノルボルネンのコポリマーである。 Examples of single-site catalyzed polymers to which functional groups may be grafted for use in this invention include, but are not limited to, homopolymers of ethylene and propylene, and ethylene and the second olefin, preferably propylene, butene, pentene, hexene, heptene, octene and norbornene copolymers,. この発明に有益なモノマーは、これに限定されないが、スルホン酸、スルホン酸誘導体、例えばクロロスルホン酸、ビニルエーテル、ビニルエステル、第一、第二および第三アミン、エポキシ、イソシアネート、モノカルボン酸、ジカルボン酸、部分的にまたは完全にエステル誘導されたモノカルボン酸およびジカルボン酸、ジカルボン酸の無水物、およびジカルボン酸の環式イミドである。 Monomers useful in this invention include, but are not limited to, sulfonic acid, sulfonic acid derivatives, such as chlorosulfonic acid, vinyl ethers, vinyl esters, primary, secondary and tertiary amines, epoxy, isocyanate, monocarboxylic acids, dicarboxylic acid, partially or fully ester derivatized mono-and dicarboxylic acids, anhydrides of dicarboxylic acids, and cyclic imides of dicarboxylic acids. 一般的に、この発明のこの実施例は、少なくとも1つのグラフト化シングルサイト触媒ポリマーまたはポリマーブレンドを含む少なくとも1つの層を有するゴルフボールであり、グラフト化シングルサイト触媒ポリマーは、官能基をつぎの構造式を有するシングルサイト触媒ポリマーにグラフト化させて製造される。 Generally, this embodiment of the invention is a golf ball having at least one layer comprising at least one grafted single-site catalyzed polymer or polymer blend, grafted single-site catalyst polymer, a functional group of the following It is prepared by grafting the single-site catalyzed polymer having a structural formula.
ただし、R は水素、分岐または直鎖アルキル例えばメチル、エチル、プロピル、ブチル、ペンチル、ヘキシル、ヘプチル、およびオクチル、カルボサイクリック、芳香族、またはヘテロ環式化合物であり;R 、R 、R およびR は水素、C −C を含む低次アルキル、カルボサイクリック、芳香族、またはヘテロ環式化合物であり;R はH、C 2n+1 (ただしn=1〜18)、およびフェニルからなるグループから選択され、R 中の0から5個の水素が置換体COOH、SO H、NH 、F,Cl、Br、I、OH、SH、シリコーン、低次のアルキルエステルおよび低次のアルキルエーテルにより置換することができ、ただし、R およびR は二環のリングを形成できるものとし;R は水素、 However, R 1 is hydrogen, branched or straight chain alkyl such as methyl, ethyl, propyl, butyl, pentyl, hexyl, heptyl, and octyl, carbocyclic, aromatic or heterocyclic compounds,; R 2, R 3 , R 5 and R 6 are hydrogen, lower order alkyl containing C 1 -C 5, carbocyclic, aromatic or heterocyclic compounds,; R 4 is H, C n H 2n + 1 ( except n =. 1 to 18), and it is selected from the group consisting of phenyl, 0-5 pieces of hydrogen substituents COOH in R 4, SO 3 H, NH 2, F, Cl, Br, I, OH, SH, silicone, low-order alkyl via an ester and a low order alkyl ethers can be substituted, provided that, R 3 and R 4 shall be able to form a ring bicyclic; R 5 is hydrogen, −C を含む低次のアルキル、カルボサイクリックまたは芳香族;R は水素、C −C を含む低次のアルキル、カルボサイクリックまたは芳香族;x、yおよびzは各コ−モノマーの相対パーセントである。 Low order alkyl containing 1 -C 5, carbocyclic or aromatic; R 6 is hydrogen, C 1 -C low order alkyl containing 5, carbocyclic or aromatic; x, y and z are each co - the relative percentages of the monomers. xは、約1から約100パーセントの範囲であってよく、より好ましくは、約1から約70パーセントの範囲で良く、最も好ましくは約1から約50パーセントの範囲であって良い。 x may range from about 1 to about 100 percent, more preferably, may range from about 1 to about 70 percent, and most preferably can range from about 1 to about 50 percent. yは、約99から約0パーセントであってよく、好ましくは、約9から約30パーセントであってよく、最も好ましくは、約9から約50パーセントであってよい。 y may from about 99 A to about 0 percent, preferably, may between about 9 and about 30 percent, and most preferably may be from about 9 to about 50 percent. zは、約0から約50パーセントの範囲でよい。 z may range from about 0 to about 50 percent. 当業者は、酸部分が上述の構造中の配位子として働く場合には、上述のとおり有機脂肪酸により100%まで中和できることを理解するであろう。 The skilled artisan, when the acid moiety acts as a ligand in the structure described above will recognize that the invention can be neutralized up to 100% with an organic fatty acid as described above.

この発明のHNPは高結晶性酸コポリマーおよびその誘導体(これは通常の金属カチオンまたは有機脂肪酸およびその塩により中和して良い)、または、高結晶性酸コポリマーとそのアイオノマー誘導体と少なくとも1つの付加的な材料、好ましくは、酸コポリマーおよびそのアイオノマー誘導体のブレンドとブレンドして良い。 HNP of the present invention is highly crystalline acid copolymer and derivatives thereof (which may be neutralized by conventional metal cation or an organic fatty acids and salts thereof), or at least one additional high crystalline acid copolymer and its ionomer derivatives specific materials, preferably, may be blended with a blend of acid copolymer and its ionomer derivatives. ここで、用語「高結晶性酸コポリマー」は「プロダクト・バイ・プロセス」として定義され、その定義では、約5から約35重量パーセントのアクリルまたはメタクリル酸を含むエチレン/カルボン酸コポリマーから生成された酸コポリマーまたはそのアイオノマー誘導体である。 Here, the term "high crystalline acid copolymer" is defined as "product-by-process" in its definition, produced from ethylene / carboxylic acid copolymer from about 5 comprising acrylic or methacrylic acid to about 35 weight percent an acid copolymer or ionomer thereof derivative. ただし、そのコポリマーは、約130°Cから約200°Cの温度、約20000psi好ましくは25000psiより大きな圧力で重合され、約70パーセントまで、好ましくは100パーセントまでの酸基が金属イオン、有機脂肪酸、およびその塩、またはその混合物により中和されている。 However, copolymers thereof, a temperature of about 130 ° C to about 200 ° C, about 20000psi preferably be polymerized in high pressure than 25000Psi, up to about 70 percent, preferably a metal acid groups of up to 100% of ions, organic fatty acid, and it is neutralized by a salt or a mixture thereof. このコポリマーのメルトインデックス(「MI」)は約20から約300g/10分、好ましくは、約20から約200g/10分であり、コポリマーが中和される際、得られる酸コポリマーおよびそのアイオノマー誘導体のMIは約0.1から約30.0g/10分となる。 The copolymer of melt index ( "MI") of from about 20 to about 300 g / 10 minutes, preferably from about 20 to about 200 g / 10 min, when the copolymer is neutralized, the resulting acid copolymers and ionomers thereof derivatives of MI is from about 0.1 to about 30.0g / 10 minutes.

適切な高結晶性酸コポリマーおよびそのアイオノマー誘導体組成物およびその製造方法は、米国特許第5580927号に開示されており、参照してここに組み入れる。 Suitable high crystalline acid copolymer and its ionomer derivatives compositions and methods for their preparation are disclosed in U.S. Patent No. 5580927, which is incorporated herein by reference.

この発明に採用する高結晶性酸コポリマーおよびそのアイオノマー誘導体は、好ましくは、約5から約35パーセント、より好ましくは、約9から約18パーセント、最も好ましくは、約10から約13パーセントの重量部の酸基を含むコポリマーから生成される。 High crystalline acid copolymer and its ionomer derivatives employed in this invention is preferably from about 5 to about 35 percent, more preferably from about 9 to about 18 percent, and most preferably, the weight of about 10 to about 13 percent produced from copolymers containing acid groups. ただし、約75パーセントまで、最も好ましくは約60パーセントまでの酸基が有機脂肪酸、その塩、または金属イオン、例えばナトリウム、リチウム、マグネシウムまたは亜鉛イオンにより中和される。 However, up to about 75 percent, the acid groups and most preferably up to about 60% organic fatty acid, a salt thereof or a metal ion, such as sodium, lithium, are neutralized by magnesium or zinc ions.

一般に、高結晶性酸コポリマーおよびそのアイオノマー誘導体は低温でその塩基ポリマーを重合して生成するが、その圧力は通常の酸コポリマーおよびそのアイオノマー誘導体を生成するのに用いる圧力と等価である。 In general, the high crystalline acid copolymer and its ionomer derivatives produced by polymerizing the base polymer at a low temperature, the pressure is equivalent to the pressure used to generate the conventional acid copolymers and ionomers derivatives. 通常の酸コポリマーは典型的には少なくとも約200°Cから約270°C、好ましくは約220°Cの重合温度、約23000から約30000psiの圧力で重合される。 Conventional acid copolymer is typically at least about 200 ° C to about 270 ° C, it is polymerized preferably a polymerization temperature of about 220 ° C, a pressure of from about 23000 to about 30000 psi. これに対して、この発明で採用される高結晶性酸コポリマーおよびそのアイオノマー誘導体は、約200°C未満、好ましくは約130°Cから約200°Cの重合温度、約20000から約50000psiの圧力で生成される酸コポリマーから製造される。 In contrast, high crystalline acid copolymer and its ionomer derivatives employed in this invention is less than about 200 ° C, preferably the polymerization temperature of about 130 ° C to about 200 ° C, pressures from about 20,000 to about 50000psi in manufactured from acid copolymers produced.

この発明のHNPは、カチオンアイオノマー例えば米国特許第6193619号に開示されているようなものとブレンドしてもよい。 The HNP invention may also be blended with those disclosed in the cationic ionomers, for example, U.S. Pat. No. 6,193,619. その内容は、参照してここに組み入れる。 The contents of which are incorporated herein by reference. 具体的には、カチオンアイオノマーは、つぎのような式、 Specifically, cationic ionomers, such as the following equation,
または、つぎのような式の構造を有する。 Or has the formula having the structure as follows.
ここで、R −R は、直鎖または分岐鎖のアルキル、カルボサイクリック、または芳香族の有機部分であり;Zは、アルキル化および/または四級化に続いて生成される負電荷共役イオンである。 Wherein, R 1 -R 9 is selected from straight or branched chain alkyl, be a carbocyclic or aromatic organic moiety,; Z is a negative charge generated subsequent to alkylation and / or quaternized it is a conjugate ion. カチオンアイオノマーは上述した有機脂肪酸により100%まで四級化されてよい。 Cationic ionomers may be quaternized to 100% by an organic fatty acid as described above.

さらに、そのようなアルキル基は、1または複数の水素が官能基により置換された種々の置換体を含んでも良い。 Furthermore, such alkyl groups, 1 or more hydrogen atoms may also contain various substituents in which is replaced by a functional group. 官能基は、これに限定されないが、ヒドロキシル、アミノ、カルボキシル、アミド、エステル、エーテル、スルホン基、シロキサン、シロキシル、シラン、スルホニルおよびハロゲンである。 Functional groups include, but are not limited to, hydroxyl, amino, carboxyl, amide, ester, ether, sulfone groups, siloxane, siloxyl, a silane, sulfonyl and halogen.

ここで、約20個までの炭素原子を有する置換および非置換カルボサイクリック基は、環状炭素含有化合物を意味し、これに限定されないが、シクロペンチル、シクロヘキシル、シクロヘプチル等である。 Here, substituted and unsubstituted carbocyclic group having up to about 20 carbon atoms means cyclic carbon-containing compounds include, but are not limited to, cyclopentyl, cyclohexyl, cycloheptyl and the like. このような環状基は、1または複数の水素が官能基により置換された種々の置換体を含んでも良い。 Such cyclic groups, one or more hydrogen atoms may also contain various substituents in which has been replaced by a functional group. そのような官能基は上述したものを含み、さらに上述の低次のアルキル基を含む。 Such functional groups include those described above, further comprising a low order alkyl groups mentioned above. この発明の環状基はさらにヘテロ原子を含んでよい。 Cyclic groups of the invention may further contain a hetero atom.

この発明のHNPはポリウレタンおよびポリ尿素アイオノマーとブレンドしてもよい。 HNP of the invention may be blended with polyurethane and polyurea ionomers. これは、アニオン部分または基、例えば米国特許第6207784号に開示されているものであり、参照してここに組み入れる。 This anionic moiety or group, which is disclosed in, for example U.S. Pat. No. 6,207,784, incorporated herein by reference. 典型的には、このような基はポリウレタンまたはポリ尿素アイオノマーのジイソシアネートまたはジイソシアネート成分に組みこまれる。 Typically, such groups are incorporated diisocyanate or diisocyanate component of the polyurethane or polyurea ionomers. アニオン基はポリウレタンまたはポリ尿素アイオノマーのポリオールまたはアミン成分に結合されても良い。 Anionic group may be bonded to the polyol or amine component of the polyurethane or polyurea ionomers. 好ましくは、アニオン基は、スルホン、カルボキシルまたは燐酸基に基づく。 Preferably, the anionic group is a sulfonic, based on the carboxyl or phosphoric acid group. また1種類以上のアニオン基をポリウレタンまたはポリ尿素に組み入れても良い。 May also incorporate one or more anionic groups in the polyurethane or polyurea. ジイソシアネート部分にアニオン基を結合させたアニオンポリウレタンアイオノマーの例はつぎの式の化学構造を有する。 Examples of anionic polyurethane ionomers with anionic groups attached to the diisocyanate moiety has a chemical structure of the following formula.
ここで、A=R−Z +x ;Rは直鎖または分岐脂肪族基、置換の直鎖または分岐脂肪族基、または芳香族または置換芳香族基;Zは、SO 、CO 、またはHPO ;MはIA、IB、IIA、IIB、IIIA、IIIB、IVA、IVB、VA、VB、VIA、VIB、VIIBまたはVIIIBの金属;x=1〜5;Bは、直鎖または分岐脂肪族基、置換の直鎖または分岐脂肪族基、または芳香族または置換芳香族基;n=1〜100である。 Here, A = R-Z - M + x; R is a linear or branched aliphatic group, a substituted linear or branched aliphatic group or an aromatic or substituted aromatic group,; Z is, SO 3 -, CO 2 -, or HPO 3 -; M is IA, IB, IIA, IIB, IIIA, IIIB, IVA, IVB, VA, VB, VIA, VIB, VIIB or VIIIB metal; x = 1~5; B is a straight-chain or branched aliphatic group, a substituted linear or branched aliphatic group or an aromatic or substituted aromatic group; a n = 1 to 100. 好ましくは、M +xは、Li 、Na 、K 、Mg +2 、Zn +2 、Ca +2 、Mn +2 、Al +3 、Ti +x 、W +x 、またはHf +xの1つである。 Preferably, M + x is, Li +, Na +, K +, Mg +2, Zn +2, Ca +2, Mn +2, Al +3, which is one of Ti + x, W + x or Hf + x,.

ポリウレタンのポリオール成分にアニオン基が結合しているアニオン性ポリウレタンアイオノマーの例は、上述に構造式により特徴付けられが、Aは直鎖または分岐脂肪族基、置換の直鎖または分岐脂肪族基、または芳香族または置換芳香族基;B=R−Z +x ;Rは直鎖または分岐脂肪族基、置換の直鎖または分岐脂肪族基、または芳香族または置換芳香族基;Zは、SO 、CO 、またはHPO ;MはIA、IB、IIA、IIB、IIIA、IIIB、IVA、IVB、VA、VB、VIA、VIB、VIIBまたはVIIIBの金属;x=1〜5;n=1〜100である。 Examples of anionic polyurethane ionomers anionic group is bonded to the polyol component of the polyurethane is characterized by structural formula above, A is linear or branched aliphatic group, a substituted linear or branched aliphatic group, or aromatic or substituted aromatic group; B = R-Z - M + x; R is a linear or branched aliphatic group, a substituted linear or branched aliphatic group or an aromatic or substituted aromatic group,; Z is SO 3 -, CO 2 -, or HPO 3 -; M metals IA, IB, IIA, IIB, IIIA, IIIB, IVA, IVB, VA, VB, VIA, VIB, the VIIB or VIIIB; x = 1 to 5 ; a n = 1~100. 好ましくは、M +xは、Li 、Na 、K 、Mg +2 、Zn +2 、Ca +2 、Mn +2 、Al +3 、Ti +x 、W +x 、またはHf +xの1つである。 Preferably, M + x is, Li +, Na +, K +, Mg +2, Zn +2, Ca +2, Mn +2, Al +3, which is one of Ti + x, W + x or Hf + x,.

ジイソシアネート成分にアニオン基を結合させた適切なアニオンポリ尿素アイオノマーはつぎの化学構造式に従う化学構造を有する。 Suitable Anionpori urea ionomers with anionic groups attached to the diisocyanate component has the chemical structure according to the following chemical structure.
ここで、A=R−Z +x ;Rは直鎖または分岐脂肪族基、置換の直鎖または分岐脂肪族基、または芳香族または置換芳香族基;Zは、SO 、CO 、またはHPO ;MはIA、IB、IIA、IIB、IIIA、IIIB、IVA、IVB、VA、VB、VIA、VIB、VIIBまたはVIIIBの金属;x=1〜5;Bは、直鎖または分岐脂肪族基、置換の直鎖または分岐脂肪族基、または芳香族または置換芳香族基;n=1〜100である。 Here, A = R-Z - M + x; R is a linear or branched aliphatic group, a substituted linear or branched aliphatic group or an aromatic or substituted aromatic group,; Z is, SO 3 -, CO 2 -, or HPO 3 -; M is IA, IB, IIA, IIB, IIIA, IIIB, IVA, IVB, VA, VB, VIA, VIB, VIIB or VIIIB metal; x = 1~5; B is a straight-chain or branched aliphatic group, a substituted linear or branched aliphatic group or an aromatic or substituted aromatic group; a n = 1 to 100. 好ましくは、M +xは、Li 、Na 、K 、Mg +2 、Zn +2 、Ca +2 、Mn +2 、Al +3 、Ti +x 、W +x 、またはHf +xの1つである。 Preferably, M + x is, Li +, Na +, K +, Mg +2, Zn +2, Ca +2, Mn +2, Al +3, which is one of Ti + x, W + x or Hf + x,.

ポリ尿素のアミン成分にアニオン基を結合させた適切なアニオンポリ尿素アイオノマーは上述の化学構造により特徴付けられ、ここで、Aは、直鎖または分岐脂肪族基、置換の直鎖または分岐脂肪族基、または芳香族または置換芳香族基;B=R−Z +x ;Rは直鎖または分岐脂肪族基、置換の直鎖または分岐脂肪族基、または芳香族または置換芳香族基;Zは、SO 、CO 、またはHPO ;MはIA、IB、IIA、IIB、IIIA、IIIB、IVA、IVB、VA、VB、VIA、VIB、VIIBまたはVIIIBの金属;x=1〜5;n=1〜100である。 Suitable Anionpori polyurea ionomers with anionic groups attached to the amine component of the polyurea is characterized by the chemical structure described above, wherein, A is a linear or branched aliphatic group, a substituted linear or branched aliphatic group or aromatic or substituted aromatic group; B = R-Z - M + x; R is a linear or branched aliphatic group, a substituted linear or branched aliphatic group or an aromatic or substituted aromatic group,; Z is , SO 3 -, CO 2 - , or HPO 3 -; M is IA, IB, IIA, IIB, IIIA, IIIB, IVA, IVB, VA, VB, VIA, VIB, metals VIIB or VIIIB; x = 1~ 5; a n = 1~100. 好ましくは、M +xは、Li 、Na 、K 、Mg +2 、Zn +2 、Ca +2 、Mn +2 、Al +3 、Ti +x 、W +x 、またはHf +xの1つである。 Preferably, M + x is, Li +, Na +, K +, Mg +2, Zn +2, Ca +2, Mn +2, Al +3, which is one of Ti + x, W + x or Hf + x,. アニオンポリウレタンおよびポリ尿素アイオノマーも上述の有機脂肪酸により100%まで中和してもよい。 Anionic polyurethanes and polyurea ionomers may also be neutralized to 100% with an organic fatty acid as described above.

この発明に有益なアニオンポリマーは米国特許第6221960号に開示されているようなものであり、参照してここに組み入れるが、これは中和可能なヒドロキシルおよび/または脱アルキル化可能なエーテル基を有する任意のホモポリマー、コポリマーまたはターポリマーであり、ここでは、中和可能または脱アルキル化可能な基の少なくとも一部が金属イオンにより中和または脱アルキル化される。 Useful anionic polymers in this invention are those as disclosed in U.S. Pat. No. 6221960 which is incorporated herein by reference, which neutralizable hydroxyl and / or dealkylation ether groups any homopolymer having a copolymer or terpolymer, wherein at least a portion of the neutralizable or dealkylation groups are neutralized or dealkylated by metal ions.

ここで、「中和可能」または「脱アルキル化可能」な基は、ポリマー鎖から側鎖しているヒドロキシルまたはエーテル基であって、金属イオン、好ましくは金属イオンの塩基で、中和されることが可能、または脱アルキル化されることが可能なものを指す。 Here, a "neutralizing possible" or "dealkylable" group is a hydroxyl or ether group from a polymer chain are side chain, metal ions, preferably metal ions base is neutralized it refers to something that can be possible, or is dealkylated. これら中和されたポリマーでは、ゴルフボールの性能に重要な特徴、たとえば、弾力性、衝撃強さ、耐久性および耐摩擦性が改善される。 In these neutralized polymers, an important feature in the performance of the golf ball, for example, elasticity, impact strength, durability and abrasion resistance is improved. 適切な金属塩基は、金属カチオンおよび塩基イオンを含む。 Suitable metal bases include metallic cations and bases ions. このような塩基の例は、水酸化物、カーボネート、アセテート、酸化物、硫化物等である。 Examples of such bases are hydroxides, carbonates, acetates, oxides, sulfides and the like.

具体的な塩基は、中和または脱アルキル化されるヒドロキシルまたはエーテル化合物の性質に依存して採用され、当業者は容易に決定できる。 Specific bases are employed depending on the nature of the hydroxyl or ether compound to be neutralized or dealkylated, those skilled in the art can readily determine. 好ましいアニオン塩基は水酸化物、カーボネート、酸化物およびアセテートである。 Preferred anionic bases are hydroxides, carbonates, oxides and acetates.

金属イオンは、アニオン塩基とイオン化合物を形成する任意の金属イオンであってよい。 Metal ion may be any metal ion which forms an anion base and ionic compounds. 金属は、具体的に限定されないが、アルカリ金属、好ましくは、リチウム、ナトリウム、またはカリウム;アルカリ土類金属、好ましくは、マグネシウムまたはカルシウム;遷移金属、好ましくは、チタン、ジルコン、または亜鉛;および第III族および第IV族の金属である。 Metal is not specifically limited, the alkali metal, preferably lithium, sodium or potassium; alkaline earth metals, preferably magnesium or calcium; a transition metal, preferably titanium, zirconium or zinc; and the it is a group III and group IV metals. 金属イオンは+1から+5の電荷を有して良い。 Metal ions may have a charge of +5 from +1. 最も好ましくは、金属はリチウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、マグネシウム、チタン、タングステン、またはカルシウムであり、塩基は水酸化物、カーボネートまたはアセテートである。 Most preferably, the metal is lithium, sodium, potassium, zinc, magnesium, titanium, tungsten, or calcium, the base is a hydroxide, a carbonate or acetate.

この発明に有益なアニオンポリマーは中和可能なヒドロキシルおよび/または脱アルキル化可能なエーテル基を含むものである。 Useful anionic polymers in this invention includes a neutralizable hydroxyl and / or dealkylation ether groups. 事例としてのポリマーは、いくつか例を挙げると、エチレンビニルアルコールコポリマー、ポリビニルアルコール、ポリビニルアセテート、ポリ(p−ヒドロキシメチレンスチレン)、およびp−メトキシスチレンである。 Polymers as case, to name a few, ethylene vinyl alcohol copolymer, polyvinyl alcohol, polyvinyl acetate, poly (p- hydroxymethylene styrene), and p- methoxystyrene. 当業者には、そのようなポリマーが多数あり、この発明の組成物に利用できることは容易に理解できる。 Those skilled in the art, there such polymers are numerous and can readily appreciate can be utilized in the compositions of the present invention. 一般に、アニオンポリマーはつぎの化学構造式により記述される。 Generally, the anionic polymer is described by the following chemical formula.
ここで、R はOH、OC(O)R 、O−M +V 、(CH 、(CHR 、またはアリールであり、nは少なくとも1、R は低次のアルキル、Mは金属イオン、Vは1〜5の整数、R はOH、OC(O)R 、O−M +V 、R は低次のアルキルまたはアリールであり、R 、R およびR は同様に置換される。 Wherein, R 1 is OH, OC (O) R a , O-M + V, (CH 2) n R b, a (CHR z) n R b, or aryl,, n is at least 1, R a is low next alkyl, M is a metal ion, V is an integer of 1 to 5, R b is OH, OC (O) R a , O-M + V, R z is a low order alkyl or aryl, R 2, R 3 and R 4 are substituted in the same manner. 好ましくは、nは1〜12であり、より好ましくは1〜4である。 Preferably, n is 1 to 12, more preferably 1-4.

用語「置換」は、ここでは、1または複数の水素原子が官能基により置換されていることを意味する。 The term "substituted" as used herein, one or more hydrogen atoms is meant that it is replaced by a functional group. 官能基は、これに限定されないが、ヒドロキシル、アミノ、カルボキシル、スルホン、アミド、エーテル、エーテル、燐酸、チオール、ニトロ、シラン、およびハロゲン、その他、当業者がよく精通している多くの他の官能基である。 Functional groups include, but are not limited to, hydroxyl, amino, carboxyl, sulfone, amide, ether, ether, phosphate, thiol, nitro, silane, and halogen, other, many other functional familiar to those skilled in the art well a group.

用語「アルキル」または「低次のアルキル」は、ここでは、1〜30個の炭素原子を含む基であり、好ましくは、1〜10この炭素原子を含む。 The term "alkyl" or "lower order alkyl" as used herein is a group containing 1 to 30 carbon atoms, preferably containing 1 to 10 the carbon atoms.

この発明に有益なアニオンポリマーでは、R の中和可能または脱アルキル化可能な基の少なくとも一部が、有機脂肪酸、その塩、金属塩基またはその混合物により中和または脱アルキル化されて対応するアニオン部分を形成する。 The useful anionic polymers to the present invention, at least a portion of the neutralizable or dealkylable group R 1 is an organic fatty acid, salts thereof, the corresponding neutralized or dealkylated by metal base or mixtures thereof to form an anionic portion. 中和または脱アルキル化される、中和可能または脱アルキル化可能な基の部分は約1から100重量パーセント、好ましくは、約50から100重量パーセント、より好ましくは約90から約100の間であってよい。 Is neutralized or dealkylated, neutralizable or partial dealkylation groups is from about 1 to 100% by weight, preferably about 50 to 100% by weight, more preferably between about 90 to about 100 there may be.

中和または脱アルキル化は、ポリマーをまず溶かし、そののち金属イオンを押出機中に添加することにより行う。 Neutralization or dealkylation dissolving the polymer is first performed by adding an Thereafter metal ions into the extruder. 中和または脱アルキル化の程度は、添加する金属イオンの量を調製して制御する。 The degree of neutralization or dealkylation is controlled by preparing the amount of metal ions to be added. 当業者が採用できる任意の中和または脱アルキル化の手法を適宜に採用してもよい。 The method of any neutralization or dealkylation of ordinary skill in the art may be employed may be adopted appropriately.

1実施例では、アニオンポリマーは、上述の化学構造の3つのホモポリマーユニットの任意の1つをユニットとして繰り返す。 In one embodiment, the anionic polymer repeat any one of the three homopolymer units of the aforementioned chemical structure as a unit. 好ましい実施例では、R 、R およびR は水素でありR はヒドロキシルである。 In a preferred embodiment, R 2, R 3 and R 4 are R 1 is hydrogen are hydroxyl. すなわち、このアニオンポリマーはヒドロキシル基の一部が金属塩基により中和されているポリビニルアルコールホモポリマーである。 That is, the anionic polymer is a polyvinyl alcohol homopolymer portion of the hydroxyl groups have been neutralized by the metal base. 他の好ましい実施例では、R 、R およびR は水素でありR はOC(O)R であり、R はメリルである。 In another preferred embodiment, R 1 R 2, R 3 and R 4 are hydrogen is OC (O) R a, R a is Merrill. すなわち、このアニオンポリマーはメチルエーテル基の一部が金属イオンにより脱アルキル化されているポリビニルアセテートホモポリマーである。 That is, the anionic polymer is a polyvinyl acetate homopolymer portion of methyl ether groups are dealkylated by metal ions.

アニオンポリマーは、異なる置換体を有する2つの異なる繰り返しユニットからなるコポリマー、または3つの異なる繰り返しユニットからなるターポリマーであってもよい。 Anionic polymer may be a two copolymers of different repeating units or terpolymers of three different repeat units, with different substituents. ユニットは上述の構造式で記述される。 Units are described by the above structural formula. この実施例では、ポリマーはランダムコポリマー、交互コポリマー、またはブロックコポリマーであってよい。 In this embodiment, the polymer may be a random copolymer, alternating copolymer or block copolymer. ここで用語「コポリマー」はターポリマーも含む。 The term "copolymer" includes terpolymers.

他の実施例では、アニオンポリマーはコポリマーであり、ただし、R 、R 、R およびR は、上述のR に対して定義されたグループからそれぞれ独立に選択されている。 In another embodiment, the anionic polymer is a copolymer, however, R 5, R 6, R 7 and R 8 are each independently selected from the group defined for the aforementioned R 2. コポリマーの第1ユニットはポリマーの約1から約99重量パーセントをなし、好ましくは、約5から約50重量パーセントをなしてよく、第2ユニットはポリマーの約99から約1重量パーセントをなし、好ましくは、約95から約50重量パーセントをなしてよい。 The first unit of the copolymer without from about 1 to about 99 weight percent of the polymer, preferably may from about 5 at an approximately 50 weight percent, the second unit form a from about 99 to about 1 weight percent of the polymer, preferably may from about 95 None about 50 weight percent. 1実施例では、アニオンポリマーは、ユニット(Ia)およびユニット(Ib)のランダム、交互またはブロックコポリマーであり、ここで、R はヒドロキシルであり、残りのR基の各々は水素である。 In one embodiment, the anionic polymers are random units (Ia) and (Ib), alternating or block copolymer, wherein, R 1 is hydroxyl, each of the remaining R groups are hydrogen. すなわち、このポリマーはエチレンおよびビニルアルコールのコポリマーである。 That is, the polymer is a copolymer of ethylene and vinyl alcohol. 他の実施例では、アニオンポリマーは、ユニット(Ia)およびユニット(Ib)のランダム、交互またはブロックコポリマーであり、ここで、R はOC(O)R であり、R はメチルであり、残りのR基の各々は水素である。 In another embodiment, the anionic polymer is a random, alternating or block copolymer of units (Ia) and (Ib), wherein, R 1 is OC (O) R 5, R 5 is methyl , each of the remaining R groups are hydrogen. すなわち、このポリマーはエチレンおよびビニルアセテートのコポリマーである。 That is, the polymer is a copolymer of ethylene and vinyl acetate.

他の実施例では、アニオンポリマーは、上述化学構造式のように中和可能または脱アルキル化可能なエーテル基を有するアニオンポリマーであり、ここで、R 1−9およびR およびR は上述の定義のとおりであり;R 10−11は上述R2について定義したグループから個別に選択したものであり;R 12はOHまたはOC(O)R 13であり、R 13は低次アルキルであり;x、y、およびzは異なるユニットの相対重量パーセントを示す。 In another embodiment, the anionic polymer is an anionic polymer having a neutralizable or dealkylable ether groups as described above chemical structural formulas, herein, R 1-9 and R b and R z above are as defined; R 10-11 is obtained by individually selected from the group defined for above R2; R 12 is OH or OC (O) R 13, R 13 is lower order alkyl; x, y, and z are the relative weight percent of the different units. xは、約99から約50重量パーセントの範囲であってよく、yは、約1から約50重量パーセントの範囲であってよく、zは、約0から約50重量パーセントの範囲でよい。 x may range from about 99 to about 50 weight percent, y may range from about 1 to about 50 weight percent, z may range from about 0 to about 50 weight percent. 中和可能な基R の少なくとも一部は中和される。 At least a portion of the neutralized groups R 1 are neutralized. zがゼロより大きいとき、基R 10の一部は所望のとおり完全にまたは部分的に中和できる。 When z is greater than zero, part of the group R 10 can be completely or partially neutralized as desired.

具体的には、このアニオンポリマーおよびそのブレンドは、アニオンポリマーおよびアイオノマーの互換性のあるブレンドを含んで良く、これは例えば上述したアイオノマーおよびエリレンアクリルメタクリル酸アイオノマーおよびこれらのターポリマーである。 Specifically, the anionic polymers and blends thereof may comprise a blend of compatible anionic polymers and ionomers, which is for example the above-mentioned ionomer and collar Len acrylic methacrylic acid ionomers, and their terpolymers. これはSURLYN(商標)およびIOTEK(商標)の商標名でDuPont社およびExxon社から商業的に販売されている。 This is commercially available from DuPont Corporation and Exxon under the trade name of SURLYN (TM) and IOTEK (TM).

この発明のゴルフボールに有益なアニオンポリマーブレンドは、他のポリマー、例えば、ポリビニルアルコール、エチレンおよびビニルアルコールのコポリマー、ポリ(エチルエチレン)、ポリ(ヘプチルエチレン)、ポリ(ヘキシルデシルエチレン)、ポリ(イソペンチルエチレン)、ポリ(ブチルアクリレート)、ポリ(2−エチルブチルアクリレート)、ポリ(ヘプチルアクリレート)、ポリ(2−メチルブチルアクリレート)、ポリ(3−メチルブチルアクリレート)、ポリ(N−オクタデシルアミド)、ポリ(オクタデシルメタクリレート)、ポリ(ブトキシエチレン)、ポリ(メトキシエチレン)、ポリ(ペンチロキシエチレン)、ポリ(1,1−ジクロロエチレン)、ポリ(4−[(2−ブトキシエトキシ)メチル]スチレン Useful anionic polymer blend in the golf balls of the present invention, other polymers, e.g., polyvinyl alcohol, ethylene and vinyl alcohol copolymer, poly (ethyl ethylene), poly (heptyl ethylene), poly (hexyl decyl ethylene), poly ( isopentyl ethylene), poly (butyl acrylate), poly (2-ethyl butyl acrylate), poly (heptyl acrylate), poly (2-methyl butyl acrylate), poly (3-methyl butyl acrylate), poly (N- octadecylamide ), poly (octadecyl methacrylate), poly (butoxy ethylene), poly (methoxy ethylene), poly (pentylene ii alkoxy ethylene), poly (1,1-dichloroethylene), poly (4 - [(2-butoxyethoxy) methyl] styrene 、ポリ[オキシ(エトキシメチル)エチレン]、ポリ(オキシエチルエチレン)、ポリ(オキシテトラメチレン)、ポリ(オキシトリメチレン)、ポリ(シラン)およびポリ(シラザン)、ポリアアミド、ポリカーボネート、ポリエステル、スチレンブロックコポリマー、ポリエーテルアミド、ポリウレタン、主鎖ヘテロ環状ポリマー、およびポリ(フランテトラカルボン酸ジイミド)、ならびにこれらが属するクラスのポリマーである。 Poly [oxy (ethoxymethyl) ethylene], poly (oxy-ethyl ethylene), poly (oxytetramethylene), poly (oxytrimethylene), poly (silanes) and poly (silazanes), Poriaamido, polycarbonates, polyesters, styrene block copolymers, polyether amides, polyurethane backbone heterocyclic polymers, and poly (furan tetracarboxylic acid diimides), as well as polymers of class to which they belong.

この発明のアニオンポリマー組成物の曲げ弾性率は、典型的には、約500psiから約300,000psiであり、好ましくは、約2000から約200,000psiである。 Flexural modulus of anionic polymer compositions of this invention is typically from about 500psi to about 300,000 psi, preferably from about 2000 to about 200,000 psi. このアニオンポリマー組成物の材料硬度は、典型的には、少なくとも約15ショアAであり、好ましくは約30ショアAから80ショアDであり、より好ましくは約50ショアAから60ショアDである。 Material hardness of the anionic polymer composition is typically at least about 15 Shore A, preferably 80 Shore D to about 30 Shore A, more preferably 60 Shore D to about 50 Shore A. アニオンポリマー組成物の損失正接または散逸率は、損失係数(loss modulus)の動的剪断蓄積係数(dynamic shear storage modulus)に対する比であり、典型的には約1未満であり、好ましくは約0.01未満であり、より好ましくは約0.001未満である。 Loss tangent or dissipation factor of anionic polymer composition is the ratio of dynamic shear storage coefficient loss factor (loss modulus) (dynamic shear storage modulus), typically less than about 1, preferably about 0. less than 01, more preferably less than about 0.001. ただし、約23°Cで測定した。 However, measured at about 23 ° C. アニオンポリマー組成物の比重は典型的には約o. The specific gravity of the anionic polymer compositions typically about o. 7より大きく、好ましくは約1より大きい。 Greater than 7, preferably greater than about 1. 約23°Cにおけるアニオンポリマー組成物の動的剪断蓄積係数すなわち蓄積係数は典型的には少なくとも約10000dyn/cm である。 Dynamic shear storage coefficients or accumulation coefficient of anionic polymer composition at about 23 ° C is typically at least about 10000dyn / cm 2.

ベースゴムは典型的には天然ゴムまたは剛性ゴムである。 Base rubber is typically a natural rubber or a rigid rubber. 好ましいベースゴムは、少なくとも40%のシス構造の1,4−ポリブタジエンである。 A preferred base rubber is 1,4-polybutadiene of at least 40% of cis structure. より好ましくは、ベースゴムは項ムーニ粘度のゴムを含む。 More preferably, the base rubber comprises rubber sections Mooney viscosity. 所望の場合には、ポリブタジエンに、当業界で知られている他のエラストマー、例えば、天然ゴム、ポリスチレンゴムおよび/またはスチレンブタジエンゴムを混合してコアの特性を修正してもよい。 If desired, the polybutadiene, other elastomers known in the art, for example, natural rubber, may modify the properties of the core by mixing polystyrene rubber and / or styrene butadiene rubber.

架橋剤は、不飽和脂肪酸の金属塩、例えば、3〜8の炭素原子の不飽和脂肪酸、例えばアクリル酸またはメタクリル酸の亜鉛塩またはマグネシウム塩である。 Crosslinking agents, metal salts of unsaturated fatty acids, for example, an unsaturated fatty acid of carbon atoms of 3-8, such as zinc or magnesium salt of acrylic acid or methacrylic acid. 適切な架橋剤は金属塩ジアクリレート、ジメタクリレートおよびモノメタクリレートであり、金属はマグネシウム、カルシウム、亜鉛、アルミニウム、ナトリウム、リチウムまたはニッケルである。 Suitable crosslinking agents are metal salt diacrylate, a dimethacrylate, and monomethacrylate, metal magnesium, calcium, zinc, aluminum, sodium, lithium or nickel.

架橋剤は、100部のゴムあたり、約15から約30部、好ましくは、約19から約25部、最も好ましくは約20から約24部存在する。 Crosslinkers, rubber per 100 parts, of about 15 to about 30 parts, preferably from about 19 to about 25 parts, most preferably from about 20 to about 24 parts. この発明のコア組成物は、所望の場合には、少なくとも1つの有機または無機シス−トランス触媒を含んでポリブタジエンのシス−アイソマーをタランス−アイソマーに変換してもよい。 The core composition of the present invention, if desired, at least one organic or inorganic cis - may be converted into isomers - the isomer Talence - polybutadiene cis include trans catalyst.

開始剤は硬化サイクルで分解する重合開始剤として知られている。 Initiators known polymerization initiator which decomposes during the cure cycle. 適切な開始剤は、ペルオキシド化合物、例えば、1,1−ジ−(t−ブチルペロキシ)、3,3,5−トリメチルシクロヘキサン、a−aビス(t−ブチルパーオキシ)ジイソプロピルベンゼン、2,5−ジメチル−2,5(t−ブチルパーオキシ)ヘキサンまたはジ−t−ブチルペルオキシドおよびこれらの混合物である。 Suitable initiators include peroxide compounds, e.g., 1,1-di - (t-butylperoxy) -3,3,5-trimethylcyclohexane, a-a bis (t-butylperoxy) diisopropylbenzene, 2,5 dimethyl-2,5 (t-butylperoxy) hexane or di -t- butyl peroxide and mixtures thereof.

フィラーは、コアの密度、その他の特性を修正する化合物または組成物であり、典型的には、タングステン、酸化亜鉛、硫化バリウム、シリカ、炭酸カルシウム、炭酸亜鉛、金属、金属酸化物および塩、リグリンド(典型的には約30メッシュに粉砕したリサイクルコア材料)、高ムーニー粘度ゴムリグリンド等のような材料である。 Filler is a compound or composition to modify the density of the core, the other properties, typically tungsten, zinc oxide, barium sulfide, silica, calcium carbonate, zinc carbonate, metal, metal oxides and salts, regrind (typically recycled core material was ground to about 30 mesh in), a material such as high Mooney viscosity rubber regrind.

この発明のゴルフボールセンターは種々の構造を含んでも良い。 Golf ball center of the present invention may also comprise a variety of structures. 例えば、センターは単一の層または複数の層を含んでよい。 For example, the center may comprise a single layer or multiple layers. センターは、張力をかけたエラストマー材料でも良い。 Center may be an elastomeric material obtained by multiplying the tension. この発明の他の実施例では、ゴルフボールは少なくとも1つの付加的なソリッドの外側コア層に包まれたソリッドセンターを含む。 In another embodiment of the present invention, a golf ball includes at least one additional solid solid center wrapped in outer core layer. このような「二重」コアは、内側カバー層および外側カバー層を含む「二重」カバーにより包まれる。 Such "dual" core is surrounded by a "double" cover comprising an inner cover layer and outer cover layer.

外側コア層の少なくとも1つが、高ムーニー粘度ゴムを含む弾力性ゴムベース成分により形成され、架橋剤が、100部あたり約20から約40部存在し、また、100部あたり約30から約38部存在し、最も好ましくは、100部あたり約37部存在する。 At least one of the outer core layer is formed of a resilient rubber-based component comprising a high Mooney viscosity rubber, a crosslinking agent is present from about 20 to about 40 parts per 100 parts, also from about 30 to about 38 parts per 100 parts of exist, most preferably from about 37 parts per 100 parts. 用語「100部あたり」(parts per hundred)はゴムの基準にした重量部である。 The term "per hundred parts" (parts per hundred) are parts by weight based rubber.

この発明のゴルフボールが中間層例えば外側コア層または内側カバー層を含む場合には、これらの層のいずれかまたすべてが熱可塑性および熱硬化性材料を含んで良く、もちろん、これに限定されないが、好ましくは、1または複数の中間層がある場合には、これらが任意の適切な材料、例えばエチレンと不飽和モノカルボン酸のイオン性コポリマーを含むことができ、これはウィルミントンのデュポン(E.I.DuPont de Nemours & Co.,Wilmington,DE)の登録商標SURLYNとして又はエクソン(Exxon)のIOTEK又はESCORとして入手可能である。 When the golf ball of the present invention includes an intermediate layer for example outer core layer or inner cover layer, all also one of these layers may comprise a thermoplastic and thermoset materials, of course, but are not limited to preferably, 1 or more when there is an intermediate layer, they are of any suitable material, for example, can contain ionic copolymers of ethylene and unsaturated monocarboxylic acids, which Wilmington Dupont (E .I.DuPont de Nemours & Co., is available Wilmington, as IOTEK or ESCOR trademark SURLYN and with or exon dE) (Exxon). これらは亜鉛、ナトリウム、リチウム、マグネシウム、カリウム、カルシウム、マンガン、ニッケル等により部分的に中和したメタクリル酸又はアクリル酸とエチレンとのコポリマー又はターポリマーであり、これらの塩は2〜8の炭素原子を有するオレフィンと3〜8の炭素原子を有する不飽和カルボン酸との反応生成物である。 These zinc, sodium, lithium, magnesium, potassium, calcium, manganese, and copolymers or terpolymers of partially neutralized methacrylic acid or acrylic acid and ethylene by nickel, these salts of 2 to 8 carbon the reaction products of unsaturated carboxylic acids having carbon atoms of olefin and 3-8 having an atomic. コポリマーのカルボン酸基は全て又は部分的に中和されていてもよく、かつメタクリル酸、クロトン酸、マレイン酸、フマル酸又はイタコン酸を含むことができる。 The carboxylic acid groups of the copolymer may be all or partially neutralized, and can include methacrylic acid, crotonic acid, maleic acid, fumaric acid or itaconic acid.

このゴルフボールは同様に1または複数のホモポリマーまたはコポリマー内側カバー材料を有してよく、これはつぎのようなものである。 The golf ball may have one or more homopolymers or copolymers inner cover material as well, which is as follows.

(1) ビニル樹脂、例えば塩化ビニルの重合によって製造したもの、又は塩化ビニルと酢酸ビニル、アクリルエステル又は塩化ビニリデンとの共重合によって製造したもの; (1) vinyl resins, such as those prepared by the polymerization of vinyl chloride, or vinyl chloride and vinyl acetate, which was prepared by copolymerization of acrylic esters or vinylidene chloride;
(2) ポリオレフィン、例えばポリエチレン、ポリプロピレン、ポリブチレン及びコポリマー、例えばエチレンメチルアクリレート、エチレンエチルアクリレート、エチレンビニルアセテート、エチレンメタクリル酸又はエチレンアクリル酸又はプロピレンアクリル酸及び単一サイト触媒又はメタローセン触媒を使用して製造したコポリマー及びホモポリマー; (2) a polyolefin, such as polyethylene, polypropylene, polybutylene and copolymers, such as ethylene methyl acrylate, ethylene ethyl acrylate, ethylene vinyl acetate, ethylene methacrylic acid or ethylene acrylic acid or propylene acrylic acid and using a single site catalyst or metallocene catalyst prepared copolymers and homopolymers;
(3) ポリウレタン、例えばポリオールとジイソシアネート又はポリイソシアネートから製造したもの及び米国特許第5,334,673号に開示されているもの; (3) polyurethanes, such as those disclosed in those that have been prepared and U.S. Pat. No. 5,334,673 from polyols and diisocyanates or polyisocyanates;
(4) ポリ尿素、例えば米国特許第5,484,870号に記載されているもの; (4) polyureas, which are described, for example, U.S. Patent No. 5,484,870;
(5) ポリアミド、例えばポリ(ヘキサメチレンアジパミド)及びその他のジアミンと二塩基酸から製造したもの、及びアミノ酸、例えばポリ(カプロラクタム)から製造したもの、及びポリアミドとSURLYN、ポリエチレン、エチレンコポリマー、エチル−プロピレン−非共役ジエンターポリマー、及び類似物とのブレンド; (5) polyamides such as poly (hexamethylene adipamide) and those prepared from other diamines and dibasic acids, and amino acids, such as those prepared from poly (caprolactam), and polyamide and SURLYN, polyethylene, ethylene copolymers, ethyl - propylene - non-conjugated diene terpolymers, and blends of like;
(6) アクリル樹脂及びこれらの樹脂とポリ塩化ビニル、エラストマー、及び類似物とのブレンド; (6) a blend of an acrylic resin and these resins and polyvinyl chloride, elastomers, and the like;
(7) 熱可塑性物、例えばウレタン;オレフィン系熱可塑性ゴム、例えばポリオレフィンとエチレン−プロピレン−非共役ジエンターポリマーとのブレンド;スチレンとブタジエン、イソプレン又はエチレン−ブチレンゴムのブロックコポリマー;又はコポリ(エーテル−アミド)、例えばフィラデルフィアのエルフ アトケム(ELF Atochem of Philadelphia,PA)が市販するPEBAX; (7) a thermoplastic material, such as urethane; olefinic thermoplastic rubbers, such as polyolefins and ethylene - propylene - blends of non-conjugated diene terpolymer; -; or copoly (ether - styrene and butadiene, isoprene or ethylene block copolymers of butylene rubber amides), for example, Philadelphia Elf Atochem (ELF Atochem of Philadelphia, PA) is commercially available PEBAX;
(8) ポリフェニレンオキシド樹脂又はポリフェニレンオキシドと高耐衝撃性ポリスチレンとのブレンドであってゼネラルエレクトリック社(General Electric Company of Pittsfield,MA)によりNORYLの商標名で市販されているもの; (8) polyphenylene oxide resin or polyphenylene oxide and high impact polystyrene comprising a blend of General Electric Company (General Electric Company of Pittsfield, MA) by those commercially available under the trade name NORYL;
(9) 熱可塑性ポリエステル、例えばポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフタレート、ポリエチレンテレフタレート/グリコール変性及びエラストマーであってデュポン社(E.I. DuPont de Neumours & Co. of Wilmington,DE)により商標名HYTRELの名称で、またゼネラルエレクトリック社(General Electric Company of Pittsfield,MA)によりLOMODの名称で市販されているもの; (9) thermoplastic polyesters, such as polyethylene terephthalate, polybutylene terephthalate, polyethylene terephthalate / glycol modified and elastomers in a by DuPont (E.I. DuPont de Neumours & Co. of Wilmington, DE) by the name of the trade name HYTREL and those sold under the name LOMOD by General Electric Company (General Electric Company of Pittsfield, MA);
(10) アクリロニトリルブタジエンスチレン、ポリブチレンテレフタレート、ポリエチレンテレフタレート、スチレン無水マレイン酸、ポリエチレン、エラストマー、及び類似物を有するポリカーボネート、及びアクリロニトリルブタジエンスチレン又はエチレン酢酸ビニル又は他のエラストマーを有するポリ塩化ビニルを含むブレンド及び混合物;及び(11) 熱可塑性ゴムとポリエチレン、プロピレン、ポリアセタール、ナイロン、ポリエステル、セルロースエステル、及び類似物とのブレンド。 (10) acrylonitrile butadiene styrene, polybutylene terephthalate, polyethylene terephthalate, styrene maleic anhydride, polyethylene, elastomers, and polycarbonates having like, and blends comprising polyvinylchloride having acrylonitrile butadiene styrene or ethylene vinyl acetate or other elastomers and mixtures thereof; and (11) a thermoplastic rubber and polyethylene, propylene, blends of polyacetal, nylon, polyester, cellulose esters, and the like.

好ましくは、内側カバーはつぎのようなポリマーを含む。 Preferably, the inner cover comprising a polymer as follows. すなわち、エチレン、プロピレン、ブテン−1又はヘキサン−1を塩基とするホモポリマー又はコポリマーであって官能性モノマー、例えばアクリル酸及びメタクリル酸を含むもの及び完全に又は部分的に中和したアイオノマー樹脂及びこれらのブレンド、メチルアクリレート、メチルメタクリレートホモポリマー及びコポリマー、イミド化した、アミノ基を含むポリマー、ポリカーボネート、強化ポリアミド、ポリフェニレンオキシド、高耐衝撃性ポリスチレン、ポリエーテルケトン、ポリスルホン、ポリ(フェニレンスルフィド)、アクリロニトリル−ブタジエン、アクリル−スチレン−アクリロニトリル、ポリ(エチレンテレフタレート)、ポリ(ブチレンテレフタレート)、ポリ(エチレンビニルアルコール)、ポリ(テトラフルオ That is, ethylene, propylene, homopolymer or copolymer is a by functional monomer to the butene-1 or hexane -1 with a base, for example, ionomer resins and those and completely or partially neutralized comprising acrylic acid and methacrylic acid and these blends, methyl acrylate, methyl methacrylate homopolymers and copolymers, imidized, amino group containing polymers, polycarbonate, reinforced polyamides, polyphenylene oxide, high impact polystyrene, polyether ketone, polysulfone, poly (phenylene sulfide), acrylonitrile - butadiene, acryl - styrene - acrylonitrile, poly (ethylene terephthalate), poly (butylene terephthalate), poly (ethylene vinyl alcohol), poly (Tetorafuruo エチレン)及びこれらのコポリマーであって官能性コモノマーを含むもの、及びこれらのブレンド。 Ethylene) and those containing functional comonomers a copolymers thereof, and blends thereof. 適切なカバー組成物はさらにポリエーテル又はポリエステル熱可塑性ウレタン、熱硬化性ポリウレタン、低モジュラスアイオノマー、例えば酸を含むエチレンコポリマーアイオノマーを含み、Eがエチレンであり、Xが約0〜50重量%存在するアクリレート又はメタクリレートを塩基とする柔軟化コモノマーであり、かつYが約5〜35重量%存在するアクリル酸又はメタクリル酸であるE/X/Yターポリマーを含む。 Suitable cover compositions also include a polyether or polyester thermoplastic urethanes, thermoset polyurethane, low modulus ionomers, include ethylene copolymer ionomers, including, for example acid, E is ethylene, X is present from about 0 to 50 wt% acrylate or methacrylate is a softening comonomer and bases, and include the E / X / Y terpolymer is an acrylic acid or methacrylic acid Y is present from about 5 to 35 wt%. 好ましくは、飛距離を最大化するように設計された低スピンレートの実施例では、アクリル酸またはメタクリル酸を約16〜35重量%含み、アイオノマーを高弾性率のアイオノマーにする。 Preferably, in the embodiment of the low spin rate, which is designed to maximize the distance, include acrylic acid or methacrylic acid from about 16 to 35 wt%, the ionomer to ionomer having a high elastic modulus. 高スピンの実施例では、内側カバー層は、酸が約10〜15重量%存在するアイオノマーを含み、また軟化用のコモノマーを含む。 The high spin embodiment, the inner cover layer comprises an ionomer that acid is present from about 10 to 15 wt%, also including softening comonomer. さらに、高密度ポリウレタン(「HDPE」)、低密度ポリウレタン(「LDPE」)、LLDPE、およびポリオレフィンのホモポリマーおよびコポリマーが種々のゴルフボール層に適切である。 Furthermore, high density polyurethane ( "HDPE"), low density polyurethane ( "LDPE"), LLDPE, and homopolymers and copolymers of polyolefins which are suitable for a variety of golf ball layers.

1実施例において、外側カバーは、好ましくは、少なくとも1つのイソシアネート、ポリオール、および少なくとも1つの硬化剤の反応生成物を含む、ポリウレタン組成物である。 In one embodiment, the outer cover preferably comprises at least one isocyanate, polyol, and at least one reaction product of a curing agent, a polyurethane composition. 当業者が利用可能ないずれのポリイソシアネートも本発明に従って使用するのに適している。 Any person skilled in the art can utilize the polyisocyanates are also suitable for use in accordance with the present invention. ポリイソシアネートの例示は以下を含むがこれに限定されない:4,4'−ジフェニルメタンジイソシアネート(“MDI”);ポリマーMDI;カルボジイミド−変性液状MDI;4,4'−ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート(“H 12 MDI”);p−フェニレンジイソシアネート(“PPDI”);m−フェニレンジイソシアネート(“MPDI”);トルエンジイソシアネート(“TDI”);3,3'−ジメチル−4,4'−ビフェニレンジイソシアネート(“TODI”);イソホロンジイソシアネート(“IPDI”);ヘキサメチレンジイソシアネート(“HDI”);ナフタレンジイソシアネート(“NDI”);キシレンジイソシアネート(“XDI”);p−テトラメチルキシレンジイソシアネート(“p−TM Exemplary polyisocyanates include the following but are not limited to: 4,4'-diphenylmethane diisocyanate ( "MDI"); polymeric MDI; carbodiimide - modified liquid MDI; 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate ( "H 12 MDI" ); p-phenylene diisocyanate ( "PPDI"); m- phenylene diisocyanate ( "MPDI"); toluene diisocyanate ( "TDI"); 3,3'- dimethyl-4,4'-biphenylene diisocyanate ( "TODI"); isophorone diisocyanate ( "IPDI"); hexamethylene diisocyanate ( "HDI"); naphthalene diisocyanate ( "NDI"); xylene diisocyanate ( "XDI"); p- tetramethylxylylene diisocyanate ( "p-TM DI”);m−テトラメチルキシレンジイソシアネート(“m−TMXDI”);エチレンジイソシアネート;プロピレン−1,2−ジイソシアネート;テトラメチレン−1,4−ジイソシアネート;シクロヘキシルジイソシアネート;1,6−ヘキサメチレン−ジイソシアネート(“HDI”);ドデカン−1,12−ジイソシアネート;シクロブタン−1,3−ジイソシアネート;シクロヘキサン−1,3−ジイソシアネート;シクロヘキサン−1,4−ジイソシアネート;1−イソシアネート−3,3,5−トリメチル−5−イソシアネートメチルシクロヘキサン;メチルシクロヘキシレンジイソシアネート;HDIのトリイソシアネート;2,4,4−トリメチル−1,6−ヘキサンジイソシアネートのトリイソシアネート(“T DI "); m-tetramethyl xylene diisocyanate (" m-TMXDI "); ethylene diisocyanate; propylene-1,2-diisocyanate; tetramethylene-1,4-diisocyanate; cyclohexyl diisocyanate; 1,6-hexamethylene - diisocyanate ( "HDI"); 1,12-diisocyanate; cyclobutane-1,3-diisocyanate; cyclohexane-1,3-diisocyanate; cyclohexane-1,4-diisocyanate; 1- isocyanate 3,3,5-trimethyl -5 - isocyanatomethyl-cyclohexane; methyl cyclohexylene diisocyanate; HDI triisocyanate; 2,4,4 trimethyl-1,6 hexane diisocyanate triisocyanate ( "T DI”);テトラセンジイソシアネート;ナフタレンジイソシアネート;アントラセンジイソシアネート;トルエンジイソシアネートのイソシアヌレート;ヘキサメチレンジイソシアネートのウレトジオン;及びこれらの混合物。 DI "); tetracene diisocyanate; naphthalene diisocyanate; anthracene diisocyanate; and mixtures thereof; uretdione of hexamethylene diisocyanate; the isocyanurate of toluene diisocyanate. ポリイソシアネートは、1以上のイソシアネート基、例えばジイソシアネート、トリイソシアネートおよびテトライソシアネートを有するものとして、当業者には知られている。 Polyisocyanates, one or more isocyanate groups, as having for example a diisocyanate, a triisocyanate and tetraisocyanates, are known to those skilled in the art. 好ましくは、ポリイソシアネートは、MDI、PPDI、TDI、又はこれらの混合物を含み、より好ましくはポリイソシアネートはMDIを含む。 Preferably, the polyisocyanate comprises MDI, PPDI, TDI, or mixtures thereof, more preferably the polyisocyanate includes MDI. 本明細書で使用する用語「MDI」は、4,4'−ジフェニルメタンジイソシアネート、ポリマーMDI、カルボジイミド変性液状MDI、及びこれらの混合物を意味し、かつさらに使用したジイソシアネートが「低遊離(low free)モノマー」であることができるとは「遊離」モノマーの量が低いイソシアネート基であること、典型的には遊離モノマー基の量が約0.1%より低いことを当業者が理解すると理解すべきである。 The term "MDI" as used herein, 4,4'-diphenylmethane diisocyanate, polymeric MDI, carbodiimide-modified liquid MDI, and means a mixture thereof, and further diisocyanate used was "low free (low free) monomer it is to be able to be a "is the amount is less isocyanate groups of the" free "monomers, typically it should be understood that lower amounts of about 0.1% free monomer groups as the skilled artisan will appreciate is there. 「低遊離モノマー」ジイソシアネートの例は、これに限定されないが、低遊離モノマーMDI、低遊離モノマーTDI、及び低遊離モノマーPPDIである。 Examples of "low free monomer" diisocyanates include, but are not limited to, a low free monomer MDI, low free monomer TDI, and Low Free Monomer PPDI.

少なくとも一つのポリイソシアネートは約14%より少ない未反応のNCO基を有することが必要である。 At least one polyisocyanate is required to have a NCO group of less than about 14% unreacted. 好ましくは該少なくとも一つのポリイソシアネートは約7.5%より多くない、より好ましくは約7.0%より少ないNCOを有する。 Preferably not more than the at least one polyisocyanate about 7.5%, more preferably less than about 7.0% NCO.

当業者が利用可能ないずれのポリオールも、この発明に従って使用するのに適している。 Those skilled in the art of any available polyols are also suitable for use according to the invention. ポリオールの例は、これに限定されないが、ポリエーテルポリオール、ヒドロキシ末端ポリブタジエン(部分的に/完全に水素添加した誘導体を含む)、ポリエステルポリオール、ポリカプロラクトンポリオール、及びポリカーボネートポリオールである。 Examples of polyols include, but are not limited to, polyether polyols, (including partially / fully hydrogenated derivatives) hydroxy terminated polybutadiene, polyester polyols, polycaprolactone polyols, and polycarbonate polyols. 好ましい実施例では、ポリオールはポリエーテルポリオールを含む。 In a preferred embodiment, the polyol includes polyether polyol. その例は、これに限定されないが、ポリテトラメチレンエーテルグリコール(“PTMEG”)、ポリエチレンプロピレングリコール、ポリオキシプロピレングリコール、及びこれらの混合物である。 Examples include, but are not limited to, polytetramethylene ether glycol ( "PTMEG"), polyethylene propylene glycol, polyoxypropylene glycol, and mixtures thereof. 炭化水素鎖は飽和又は不飽和結合及び置換又は未置換の芳香族及び環状基を有することができる。 The hydrocarbon chain can have saturated or unsaturated bonds and substituted or unsubstituted aromatic and cyclic groups. 好ましくは、この発明のポリオールはPTMEGを含む。 Preferably, the polyol of the present invention includes PTMEG.

他の実施例では、この発明のポリウレタン材料にポリエステルポリオールが含まれる。 In another embodiment, polyester polyols are included in the polyurethane material of the present invention. 適切なポリエステルポリオールは、これに限定されないが、ポリエチレンアジペートグリコール;ポリブチレンアジペートグリコール;ポリエチレンプロピレンアジペートグリコール;o−フタレート−1,6−ヘキサンジオール;ポリ(ヘキサメチレンアジーペート)グリコール;及びこれらの混合物である。 Suitable polyester polyols include, but are not limited to, polyethylene adipate glycol; polybutylene adipate glycol, polyethylene propylene adipate glycol; o-phthalate-1,6-hexanediol; poly (hexamethylene adipate) glycol; and mixtures thereof it is. 炭化水素鎖は飽和又は不飽和結合、又は置換又は未置換の芳香族及び環状基を有することができる。 The hydrocarbon chain can have saturated or unsaturated bonds, or substituted or unsubstituted aromatic and cyclic groups.

他の実施例では、この発明のポリウレタン材料にポリカプロラクトンポリオールが含まれる。 In another embodiment, polycaprolactone polyols are included in the materials of the present invention. 適切なポリカプロラクトンポリオールは、これに限定されないが、1,6−ヘキサンジオール−開始ポリカプロラクトン、ジエチレングリコール開始ポリカプロラクトン、トリメチロールプロパン開始ポリカプロラクトン、ネオペンチルグリコール開始ポリカプロラクトン、1,4−ブタンジオール開始ポリカプロラクトン、PTMEG開始ポリカプロラクトン、及びこれらの混合物である。 Suitable polycaprolactone polyols include, but are not limited to, 1,6-hexanediol - initiated polycaprolactone, diethylene glycol initiated polycaprolactone, trimethylol propane initiated polycaprolactone, neopentyl glycol initiated polycaprolactone, 1,4-butanediol initiated polycaprolactone, PTMEG-initiated polycaprolactone, and mixtures thereof. 炭化水素鎖は飽和又は不飽和の、又は置換又は未置換の芳香族及び環状基を有することができる。 The hydrocarbon chain can have saturated or unsaturated, or substituted or unsubstituted aromatic and cyclic groups.

さらに他の実施例では、この発明のポリウレタン材料にポリカーボネートポリオールが含まれる。 In yet another embodiment, the polycarbonate polyols are included in the polyurethane material of the present invention. 適切なポリカーボネートは、これに限定されないが、ポリフタレートカーボネート及びポリ(ヘキサメチレンカーボネート)グリコールである。 Suitable polycarbonates include, but are not limited to, a poly carbonate and poly (hexamethylene carbonate) glycol. 炭化水素鎖は飽和又は不飽和結合、又は置換又は未置換芳香族及び環状基を有することができる。 The hydrocarbon chain can have saturated or unsaturated bonds, or substituted or unsubstituted aromatic and cyclic groups. 1実施例では、ポリオールの分子量は約200〜約4000である。 In one embodiment, the molecular weight of the polyol is from about 200 to about 4000.

ポリアミン硬化剤もこの発明のポリウレタン組成物中に使用して好適であり、製品ボールの耐切断性、耐剪断性、および耐衝撃性が改善することがわかっている。 Polyamine curatives are also suitable for use in the polyurethane composition of the present invention, cut resistance of the resultant balls, shear, and impact resistance have been found to improve. 好ましいポリアミン硬化剤は、これに限定されないが、3,5−ジメチルチオ−2,4−トルエンジアミン及びこのアイソマー;3,5−ジエチルトルエン−2,4−ジアミン及びこのアイソマー、例えば3,5−ジエチルトルエン−2,6−ジアミン;4,4'−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジフェニルメタン;1,4−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ベンゼン、4,4'−メチレン−ビス−(2−クロロアニリン);4,4'−メチレン−ビス−(3−クロロ−2,6−ジエチルアニリン)(“MCDEA”);ポリテトラメチレンオキシド−ジ−p−アミノベンゾエート;N,N'−ジアルキルジアミノジフェニルメタン;p,p'−メチレンジアニリン(“MDA”);m−フェニレンジアミン(“MPDA”);4,4'−メチ Preferred polyamine curing agents include, but are not limited to, 3,5-dimethylthio-2,4-toluenediamine and the isomers; 3,5-diethyl-toluene-2,4-diamine and its isomers, for example 3,5-diethyl toluene-2,6-diamine, 4,4'-bis - (sec-butylamino) - diphenylmethane; 1,4-bis - (sec-butylamino) - benzene, 4,4'-methylene - bis - (2 - chloroaniline), 4,4'-methylene - bis - (3-chloro-2,6-diethylaniline) ( "MCDEA"); polytetramethylene oxide - di -p- aminobenzoate; N, N'-dialkyl diaminodiphenylmethane; p, p'-methylene dianiline ( "MDA"); m- phenylenediamine ( "MPDA"); 4,4'- methylate ン−ビス−(2−クロロアニリン)(“MOCA”);4,4'−メチレン−ビス−(2,6−ジエチルアニリン)(“MDEA”);4,4'−メチレン−ビス−(2,3−ジクロロアニリン)(“MDCA”);4,4'−ジアミノ−3,3'−ジエチル−5,5'−ジメチルジフェニルメタン;2,2'−3,3'−テトラクロロジアミノジフェニルメタン;トリメチレングリコールジ−p−アミノベンゾエート;及びこれらの混合物である。 Down - bis - (2-chloroaniline) ( "MOCA"); 4,4'- methylene - bis - (2,6-diethylaniline) ( "MDEA"); 4,4'- methylene - bis - (2 , 3-dichloroaniline) ( "MDCA"); 4,4'- diamino-3,3'-diethyl-5,5'-dimethyl-diphenylmethane; 2,2'-3,3'-tetrachloro-diaminodiphenylmethane; tri glycol di -p- aminobenzoate; and mixtures thereof. 好ましくはこの発明の硬化剤は、3,5−ジメチルチオ−2,4−トルエンジアミン及びそのアイソマー、例えばバトンルージュのアルバマール社(Albermarle Corporation of Baton Rouge,LA)から入手可能なEthacure(登録商標)300である。 Preferably the curing agent of this invention, 3,5-dimethylthio-2,4-toluenediamine and isomers thereof, for example, Baton Rouge Albemarle Corporation (Albermarle Corporation of Baton Rouge, LA) available from Ethacure (TM) is 300. 適切なポリアミン硬化剤は第1及び第2アミンの両者を含み、好ましくは、その分子量は約64〜約2000の範囲である。 Suitable polyamine curatives include both primary and secondary amines, preferably the molecular weight is in the range of from about 64 to about 2000.

少なくとも一つのジオール、トリオール、テトラオール、又はヒドロキシ末端硬化剤を上述のポリウレタン組成物に添加することができる。 At least one diol, triol, tetraol, or hydroxy-terminated curing agent can be added to the polyurethane composition described above. 適切なジオール、トリオール、及びテトラオール基は以下を含む:エチレングリコール;ジエチレングリコール;ポリエチレングリコール;プロピレングリコール;ポリプロピレングリコール;低分子量ポリテトラメチレンエーテルグリコール;1,3−ビス(2−ヒドロキシエトキシ)ベンゼン;1,3−ビス−[2−(2−ヒドロキシエトキシ)エトキシ]ベンゼン;1,3−ビス−{2−[2−(2−ヒドロキシエトキシ)エトキシ]エトキシ}ベンゼン;1,4−ブタンジオール;1,5−ペンタンジオール;1,6−ヘキサンジオール;レゾルシノール−ジ−(β−ヒドロキシエチル)エーテル;ヒドロキノン−ジ−(β−ヒドロキシエチル)エーテル;及びこれらの混合物である。 Suitable diols, triols, and tetraols groups include the following: ethylene glycol; diethylene glycol; polyethylene glycol; propylene glycol; polypropylene glycol; low molecular weight polytetramethylene ether glycol; 1,3-bis (2-hydroxyethoxy) benzene; 1,3-bis - [2- (2-hydroxyethoxy) ethoxy] benzene; 1,3-bis - {2- [2- (2-hydroxyethoxy) ethoxy] ethoxy} benzene; 1,4-butanediol; 1,5-pentanediol; 1,6-hexanediol; resorcinol - di - (beta-hydroxyethyl) ether; a and mixtures thereof; hydroquinone - (beta-hydroxyethyl) ether - di. 好ましいヒドロキシ−末端硬化剤は1,3−ビス(2−ヒドロキシエトキシ)ベンゼン;1,3−ビス−[2−(2−ヒドロキシエトキシ)エトキシ]ベンゼン;1,3−ビス−{2−[2−(2−ヒドロキシエトキシ)エトキシ]エトキシ}ベンゼン;1,4−ブタンジオール、及びこれらの混合物である。 Preferred hydroxy - terminated curing agent is 1,3-bis (2-hydroxyethoxy) benzene; 1,3-bis - [2- (2-hydroxyethoxy) ethoxy] benzene; 1,3-bis - {2- [2 - (2-hydroxyethoxy) ethoxy] ethoxy} benzene; 1,4-butanediol, and mixtures thereof. 好ましくは、ヒドロキシ−末端硬化剤の分子量は約48〜約2000の範囲である。 Preferably, hydroxy - molecular weight of the terminated curing agent is from about 48 to about 2000 range. ここで、分子量は、絶対重量平均文四郎であり、当業者が理解するとおりのものである。 Here, the molecular weight, the absolute weight average BunShiro is intended as the skilled artisan will appreciate.

ヒドロキシ末端及びアミン硬化剤の両者は、一又は複数の飽和、不飽和、芳香族、及び環状基を含むことができる。 Both the hydroxy-terminated and amine curatives can include one or more saturated, unsaturated, can include aromatic, and cyclic groups. さらに、ヒドロキシ末端及びアミン硬化剤は一又は複数のハロゲン基を含むことができる。 Further, hydroxy-terminated and amine curatives can include one or more halogen groups. ポリウレタン組成物を硬化剤のブレンド又は混合物によって製造することができる。 It can be a blend or mixture of curing agent a polyurethane composition. しかしながら所望の場合には、ポリウレタン組成物を単一の硬化剤で製造することができる。 If desired, however, it is possible to produce a polyurethane composition with a single curing agent.

この発明の好ましい実施例において、カバー層、特に外側カバー層を形成するのに使用する飽和ポリウレタンを注型可能な熱硬化性及び熱可塑性ポリウレタンの両者から選択することができる。 In the preferred embodiment of the invention, the cover layer may be chosen especially saturated polyurethane used to form the outer cover layer from both castable thermoset and thermoplastic polyurethanes.

この実施例において、この発明の飽和ポリウレタンは芳香族基又は部分を実質的に含まない。 In this embodiment, the saturated polyurethanes of the present invention are substantially free of aromatic groups or moieties. この発明に使用して好適な飽和ポリウレタンは、少なくとも1つのポリウレタンプレポリマーおよび少なくとも1つの飽和硬化剤の反応生成物である。 Saturated polyurethanes suitable for use in this invention is a reaction product of at least one polyurethane prepolymer and at least one saturated curing agent. ポリウレタンプレポリマーは少なくとも1つのポリオールおよび少なくとも1つの飽和ジイソシアネートの反応生成物である。 Polyurethane prepolymer is the reaction product of at least one polyol and at least one saturated diisocyanates. 当技術分野で周知のとおり、触媒を採用して硬化剤およびイソシアネートおよびポリオールの反応を促進させても良い。 As is well known in the art, it may be accelerated reaction employs a catalytic curing agent and an isocyanate and a polyol.

使用可能な飽和のジイソシアネートは、これに限定されないが、エチレンジイソシアネート;プロピレン−1,2−ジイソシアネート;テトラメチレン−1,4−ジイソシアネート;1,6−ヘキサメチレンジイソシアネート(“HDI”);2,2,4−トリメチルヘキサメチレンジイソシアネート;2,4,4−トリメチルヘキサメチレンジイソシアネート;ドデカン−1,12−ジイソシアネート;ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート;シクロブタン−1,3−ジイソシアネート;シクロヘキサン−1,3−ジイソシアネート;シクロヘキサン−1,4−ジイソシアネート;1−イソシアネート−3,3,5−トリメチル−5−イソシアネートメチルシクロヘキサン;イソホロンジイソシアネート(“IPDI”);メチルシク Diisocyanate available saturation, but it is not limited to, ethylene diisocyanate; propylene-1,2-diisocyanate; tetramethylene-1,4-diisocyanate; 1,6-hexamethylene diisocyanate ( "HDI"); 2,2 , 4-trimethylhexamethylene diisocyanate; 2,4,4-trimethylhexamethylene diisocyanate; 1,12-diisocyanate; dicyclohexylmethane diisocyanate; cyclobutane-1,3-diisocyanate; cyclohexane-1,3-diisocyanate; cyclohexane -1 , 4-diisocyanate; 1- isocyanate-3,3,5-trimethyl-5-isocyanatomethyl-cyclohexane; isophorone diisocyanate ( "IPDI"); Mechirushiku ヘキシレンジイソシアネート;HDIのトリイソシアネート、2,2,4−トリメチル−1,6−ヘキサンジイソシアネートのトリイソシアネート(“TMDI”)。 Hexylene diisocyanate; HDI triisocyanate, 2,2,4-trimethyl-1,6-hexane diisocyanate triisocyanate ( "TMDI"). 最も好ましい飽和ジイソシアネートは4,4'−ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート(“HMDI”)及びイソホロンジイソシアネート(“IPDI”)である。 The most preferred saturated diisocyanates are 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate ( "HMDI") and isophorone diisocyanate ( "IPDI").

この発明で使用するのに適した飽和ポリオールは、これに限定されないが、ポリエーテルポリオール、例えばポリテトラメチレンエーテルグリコール及びポリ(オキシプロピレン)グリコールである。 Saturated polyol suitable for use in this invention include, but are not limited to, polyether polyols such as polytetramethylene ether glycol and poly (oxypropylene) glycol. 適切な飽和ポリステルポリオールは、ポリエチレンアジペートグリコール、ポリエチレンプロピレンアジペートグリコール、ポリブチレンアジペートグリコール、ポリカーボネートポリオール及びエチレンオキシドでキャップしたポリオキシプロピレンジオールである。 Suitable saturated police ether polyol is polyethylene adipate glycol, polyethylene propylene adipate glycol, polybutylene adipate glycol, polyoxypropylene diols capped polycarbonate polyol and ethylene oxide. この発明で有用な飽和ポリカプロラクトンポリオールは、ジエチレングリコール開始ポリカプロラクトン、1,4−ブタンジオール開始ポリカプロラクトン、1,6−ヘキサンジオール開始ポリカプロラクトン;トリメチロールプロパン開始ポリカプロラクトン、ネオペンチルグリコール開始ポリカプロラクトン、およびポリテトレメチルエーテルグリコール開始ポリカプロラクトンである。 Useful saturated polycaprolactone polyols in the present invention, diethylene glycol initiated polycaprolactone, 1,4-butanediol-initiated polycaprolactone, 1,6-hexanediol-initiated polycaprolactone, trimethylol propane initiated polycaprolactone, neopentyl glycol initiated polycaprolactone, and polytetramethylene ether glycol initiated polycaprolactone. 最も好ましい飽和ポリオールはPTMEG及びPTMEG開始ポリカプロラクトンである。 The most preferred saturated polyols are PTMEG and PTMEG-initiated polycaprolactone.

適切な飽和硬化剤は、1,4−ブタンジオール、エチレングリコール、ジエチレングリコール、ポリテトラメチレンエーテルグリコール、プロピレングリコール;トリメタノールプロパン;テトラ−(2−ヒドロキシプロピル)−エチレンジアミン;シクロヘキシルジメチロールのアイソマーのアイソマー及び混合物、シクロヘキサンビス(メチルアミン)のアイソマーのアイソマー及び混合物;トリイソプロパノールアミン、エチレンジアミン、ジエチレントリアミン、トリエチレンテトラミン、テトラエチレンペンタミン、4,4'−ジシクロヘキシルメタンジアミン、2,2,4−トリメチル−1,6−ヘキサンジアミン;2,4,4−トリメチル−1,6−ヘキサンジアミン;ジエチレングリコールジ−(アミノプロピル)エーテル; Suitable saturated curing agent is 1,4-butanediol, ethylene glycol, diethylene glycol, polytetramethylene ether glycol, propylene glycol; trimethanolpropane; tetra - (2-hydroxypropyl) - ethylenediamine; isomer isomers of cyclohexyl dimethylol and mixtures, isomers and mixtures of isomers of cyclohexane bis (methylamine); triisopropanolamine, ethylenediamine, diethylenetriamine, triethylenetetramine, tetraethylenepentamine, 4,4'-dicyclohexylmethane diamine, 2,2,4 trimethyl - 1,6-hexanediamine; 2,4,4-trimethyl-1,6-hexanediamine; diethylene glycol di - (aminopropyl) ether; 4,4'−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジシクロヘキシルメタン;1,2−ビス−(sec−ブチルアミノ)シクロヘキサン;1,4−ビス−(sec−ブチルアミノ)シクロヘキサン;イソホロンジアミン、ヘキサメチレンジアミン、プロピレンジアミン、1−メチル−2,4−シクロヘキシルジアミン、1−メチル−2,6−シクロヘキシルジアミン、1,3−ジアミノプロパン、ジメチルアミノプロピルアミン、ジエチルアミノプロピルアミン、イミド−ビス−プロピルアミン、ジアミノシクロヘキサンのアイソマーのアイソマー及び混合物、モノエタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミン、モノイソプロパノールアミン、及びジイソプロパノールアミン。 4,4'-bis - (sec-butylamino) - dicyclohexylmethane; 1,2-bis - (sec-butylamino) cyclohexane; 1,4-bis - (sec-butylamino) cyclohexane; isophorone diamine, hexamethylene diamine, propylene diamine, 1-methyl-2,4-cyclohexyl diamine, 1-methyl-2,6-cyclohexyl diamine, 1,3-diaminopropane, dimethylaminopropylamine, diethylaminopropylamine, imido - bis - propylamine, isomers and mixtures of isomers of diaminocyclohexane, monoethanolamine, diethanolamine, triethanolamine, monoisopropanolamine, and diisopropanolamine. 最も好ましい飽和硬化剤は1,4−ブタンジオール、1,4−シクロヘキシルジメチロール及び4,4'−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジシクロヘキシルメタンである。 The most preferred saturated curatives are 1,4-butanediol, 1,4-cyclohexyl dimethylol, and 4,4'-bis - dicyclohexylmethane - (sec-butylamino).

この発明の組成物はポリ尿素ベースのものでもよく、これらは、明らかにポリウレタンベースのものと異なるが、ゴルフボール部品に用いられるときには所望の空力特性や美観特性をもたらす。 The composition of the invention may be of polyurea based, it is clearly different from those of the polyurethane-based, but when used in golf ball components provide the desired aerodynamic characteristics and aesthetic characteristics. ポリ尿素ベースの組成物は好ましくはその性質上飽和である。 Polyurea based composition is preferably saturated in nature.

特定の理論に拘束されるものではないが、ポリウレタンプレポリマー中の長鎖ポリオールセグメントを長鎖ポリエーテルジアミンオリゴマーソフトセグメントで置換してポリ尿素プレポリマーを形成することにより、せん断性、切断性及び反発弾性が改良され、かつ他の成分に対する接着性が改良されると、現在考えられている。 Without being bound to any particular theory, by forming a polyurea prepolymer long chain polyol segment in the polyurethane prepolymer substituted with long chain polyether diamine oligomer soft segments, the shear resistance, cut resistance and resilience is improved, and the adhesion to the other components is improved, currently contemplated. したがって、この発明のポリ尿素組成物はイソシアネートと硬化剤により架橋されたポリアミンプレポリマーとの反応生成物からなる。 Accordingly, polyurea composition of the invention comprises a reaction product of a polyamine prepolymer crosslinked with isocyanate and a curing agent. 例えば、この発明のポリ尿素ベースの組成物は、少なくとも1つのイソシアネートと、少なくとも1つのポリエーテルアミンと、少なくとも1つのジオール硬化剤または少なくとも1つのジアミン硬化剤とから準備されてよい。 For example, polyurea based composition of this invention comprises at least one isocyanate, and at least one polyetheramine, may be prepared from at least one diol curing agent or at least one diamine curing agent.

当業者に利用可能な全てのポリエーテルアミンが、このポリ尿素プレポリマー中に使用して好適である。 All polyetheramine available to those skilled in the art, is suitable for use in this polyurea prepolymer. ポリエーテルアミンはとくにプレポリマー中で好適である。 Polyether amines are particularly suitable for use in the prepolymer. ここでは、用語「ポリエーテルアミン」は、ポリエーテル主鎖の末端に結合した第1アミノ基を含むポリオキシアルキレンアミンを少なくとも意味する。 Here, the term "polyether amines" refer to at least polyoxyalkylene amines containing primary amino groups attached to the terminus of a polyether backbone. しかしながら、イソシアネートとアミンの反応が早く、かつ多くの尿素生成物が不溶性であることから、ジアミンとポリエーテルアミンの選択は、ポリ尿素プレポリマーの形成を可能にするものに限られる。 However, the rapid reaction of isocyanate and amine, and many of the urea product is insoluble, the choice of diamine and polyether amines is limited to those that allow the formation of a polyurea prepolymer. 1実施例では、ポリエーテル主鎖は、テトラメチレン、プロピレン、エチレン、トリメチロールプロパン、グリセリン、及びこれらの混合物に基づく。 In one embodiment, the polyether backbone, tetramethylene, propylene, ethylene, trimethylolpropane, based on glycerine, and mixtures thereof.

適切なポリエーテルアミンは、これに限定されないが、ポリテトラメチレンエーテルジアミン、ポリオキシプロピレンジアミン、ポリ(エチレンオキシド末端オキシプロピレン)エーテルジアミン、トリエチレングリコールジアミン、プロピレンオキシドをベースとするトリアミン、トリメチロールプロパンをベースとするトリアミン、グリセリンをベースとするトリアミン、及びこれらの混合物である。 Suitable polyether amines include, but are not limited to, polytetramethylene ether diamine, polyoxypropylene diamine, poly (ethylene oxide-terminated oxypropylene) ether diamine, triethylene glycol diamine, triamine based on propylene oxide, trimethylolpropane it is a triamine based triamine based on glycerol, and mixtures thereof. 1実施例では、プレポリマーを製造するために使用するポリエーテルアミンはJEFFAMINE(商標) D2000(Huntsman社製、オースチン、テキサス)である。 In one embodiment, the polyether amine used to prepare the prepolymer is a JEFFAMINE (TM) D2000 (Huntsman Corporation, Austin, Texas).

この発明で使用するポリエーテルアミンの分子量は約100〜約5000の範囲にある。 The molecular weight of the polyether amines used in this invention is in the range of about 100 to about 5000. ここで一又は複数の数値又は数値範囲について使用する用語「約」は、範囲内の全ての数値を含み、これらの全ての数値を意味すると理解すべきである。 As used herein, the term for one or more numerical or numerical range "about" includes all numbers within the range are to be understood as meaning all these numbers. 1実施例では、ポリエーテルアミンの分子量は約230又はそれより大きい。 In one embodiment, the molecular weight of the polyether amine is about 230 or greater. 他の実施例では、ポリエーテルアミンの分子量は約4000又はそれより小さい。 In other embodiments, the molecular weight of the polyether amine is about 4000 or less. さらに他の実施例では、ポリエーテルアミンの分子量は約600又はそれより大きい。 In yet another embodiment, the molecular weight of the polyether amine is about 600 or greater. さらに他の実施例では、ポリエーテルアミンの分子量は約3000又はそれより小さい。 In yet another embodiment, the molecular weight of the polyether amine is about 3000 or less. さらに他の実施例では、ポリエーテルアミンの分子量は約1000〜約3000であり、より好ましくは約1500〜約2500である。 In yet another embodiment, the molecular weight of the polyether amine is from about 1000 to about 3000, more preferably from about 1500 to about 2500. ポリエーテルアミンの分子量が低いと固形ポリ尿素を形成しがちであるので、大きい分子量のオリゴマー、たとえばJEFFAMINE D2000が好ましい。 Since the molecular weight of the polyether amines tend to form a lower and a solid polyurea, high molecular weight oligomers, for example JEFFAMINE D2000 is preferred.

1実施例では、ポリエーテルアミンは以下の一般的な構造を有する: In one embodiment, the polyether amine has the generic structure:

ここで、繰り返し単位の数xは約1〜約70の範囲の値を有する。 Here, the number x of the repeating units having a value ranging from about 1 to about 70. より好ましくは、繰り返し単位は約5〜約50であり、さらに好ましくは約12〜約35である。 More preferably, the repeating unit is from about 5 to about 50, more preferably from about 12 to about 35.

他の実施例では、ポリエーテルアミンは以下の一般的な構造を有する: In another embodiment, the polyether amine has the generic structure:

ここで、繰り返し単位の数x及びzは組み合わせて約3.6〜約8の値を有し、繰り返し単位yは約9〜約50の範囲の値を有し、Rは−(CH −であり、式中aは約1〜約10の繰り返し単位であってもよい。 Here, having from about 3.6 to about 8 values in combination number x and z of the repeating units, repeating units y has a value ranging from about 9 to about 50, R is - (CH 2) a - a and, a in the formula may be a repeating unit of from about 1 to about 10.

さらに他の実施例では、ポリエーテルアミンは以下の一般的な構造を有する: In yet another embodiment, the polyether amine has the generic structure:
ここで、Rは−(CH −であり、式中aは約1〜約10の繰り返し単位であってもよい。 Wherein, R represents - (CH 2) a - a and, a in the formula may be a repeating unit of from about 1 to about 10.

先に簡単に述べたように、アミンとイソシアネートとの反応が早いために、多くのアミンはイソシアネートとの反応に不適切である。 As briefly described above, for reaction of amines with isocyanates is early, many amines are unsuitable for reaction with the isocyanate. 特に短鎖のアミンは早く反応する。 In particular, shorter chain amines are fast reacting. しかしながら、ある態様では、立体障害を有する第2ジアミンはプレポリマーで使用するのに適している可能性がある。 However, in some embodiments, a hindered secondary diamine is likely to be suitable for use in the prepolymer. いずれの特定の理論に束縛されるものではないが、高度の立体障害を有するアミン、例えば窒素原子に結合した第3ブチル基を有するアミンは、障害がないか又はその程度が低いアミンより反応速度が遅くなると考えられる。 Without being bound to any particular theory, amine having a high degree of steric hindrance amines having tertiary butyl group attached to a nitrogen atom, the reaction rate than failure no or the degree is low amine It is considered to be slower. 例えば、4,4'−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジシクロヘキシルメタン(CLEARLINK(商標) 1000)は、イソシアネートと組み合わせてポリ尿素プレポリマーを製造するのに適している可能性がある。 For example, 4,4'-bis - (sec-butylamino) - dicyclohexylmethane (CLEARLINK (R) 1000), it may be suitable for the production of polyurea prepolymer in combination with isocyanates.

当業者が利用可能ないずれのイソシアネートも、ポリ尿素プレポリマー中に使用して好適である。 Those skilled in the art of any isocyanate available is suitable for use in the polyurea prepolymer. 本発明で使用するイソシアネートは、分子当たり2又はそれより多いイソシアネート(NCO)基を有する脂肪族、脂環式、芳香脂肪族、芳香族、これらのいずれかの誘導体、及びこれらの化合物の組合せを含む。 Isocyanate used in the present invention include aliphatic having 2 or more isocyanate (NCO) groups per molecule, cycloaliphatic, araliphatic, aromatic, any of these derivatives, and combinations of these compounds including. イソシアネートは、有機ポリイソシアネート末端プレポリマー、低級遊離イソシアネート、及びこれらの混合物であることができる。 Isocyanates are organic poly isocyanate-terminated prepolymer, a lower free isocyanate, and can be a mixture thereof. イソシアネートを含む反応性の成分はいずれのイソシアネート官能性単量体、二量体、三量体、又はこれらの多量体付加物、プレポリマー、疑似プレポリマー、又はこれらの混合物を含むことができる。 Reactive components are any of the isocyanate-functional monomer containing isocyanate, dimer, trimer, or multimers thereof adduct can include prepolymer, quasi-prepolymer, or mixtures thereof. イソシアネート官能性化合物は、モノイソシアネート又は2又はそれより多いイソシアネート官能基を含むポリイソシアネートを含むことができる。 Isocyanate functional compounds can include polyisocyanates containing monoisocyanate or 2 or more isocyanate functional groups.

適切なイソシアネートを含む成分は以下の一般式を有するジイソシアネートを含む:O=C=N−R−N=C=O、式中Rは好ましくは約1〜約20の炭素原子を含む環状、芳香族、又は直鎖若しくは分岐した炭化水素部分である。 Component comprising Suitable isocyanate-containing diisocyanates having the general formula: O = C = N-R-N = C = O, is where R annular preferably containing from about 1 to about 20 carbon atoms, aromatic group, or a linear or branched hydrocarbon moiety. ジイソシアネートはさらに一又は複数の環状基又は一又は複数のフェニル基を含むこともできる。 The diisocyanate may also contain one or more cyclic groups or one or more phenyl groups. 多環式基又は芳香族基が存在する場合、環状基又は芳香族基の間のスペーサーとして、約1〜約10の炭素原子を含む直鎖及び/又は分岐した炭化水素が存在することができる。 If a polycyclic group or an aromatic group is present, it can be as a spacer between the cyclic group or an aromatic group, a linear and / or branched hydrocarbons containing from about 1 to about 10 carbon atoms are present . ある場合には、環状基又は芳香族基は2−、3−、及び/又は4−位、又はオルト−、メタ−及び/又はパラ−位においてそれぞれ置換されていてもよい。 In some cases, cyclic or aromatic group is 2-, 3-, and / or 4-position, or ortho -, meta - and / or para - may be substituted respectively in position. 置換した基は、これに限定されないが、ハロゲン、第1、第2、又は第3炭化水素基、又はこれらの混合物である。 Substituted groups may include, but are not limited to, halogen, first, second, or third hydrocarbon group, or mixtures thereof.

この発明で使用することができるジイソシアネートの例は、これに限定されないが、2,2'−、2,4'−、及び4,4'−ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)を含む置換した及び異性体混合物;3,3'−ジメチル−4,4'−ビフェニレンジイソシアネート(TODI);トルエンジイソシアネート(TDI);ポリマーMDI;カルボジイミド−変性液状4,4'−ジフェニルメタンジイソシアネート;パラ−フェニレンジイソシアネート(PPDI);メタ−フェニレンジイソシアネート(MPDI);トリフェニルメタン−4,4'−及びトリフェニルメタン−4,4"−トリイソシアネート;ナフチレン−1,5−ジイソシアネート;2,4'−、4,4'−、及び2,2−ビフェニルジイソシアネート;ポリフェニルポリメチレ Examples of diisocyanates which may be used in this invention include, but are not limited to, 2,2 '-, 2,4'- and 4,4'-diphenylmethane diisocyanate (MDI) substituted and isomer mixtures containing ; 3,3'-dimethyl-4,4'-biphenylene diisocyanate (TODI); toluene diisocyanate (TDI); polymeric MDI; carbodiimide - modified liquid 4,4'-diphenylmethane diisocyanate; para - phenylene diisocyanate (PPDI); meta - phenylene diisocyanate (MPDI); triphenylmethane-4,4'-and triphenylmethane-4,4 '- triisocyanate; naphthylene-1,5-diisocyanate; 2,4' -, 4,4'-and 2 , 2-biphenyl diisocyanate; polyphenyl polymerase Chile ンポリイソシアネート(PMDI);MDIとPMDIの混合物;PMDIとTDIの混合物;エチレンジイソシアネート;プロピレン−1,2−ジイソシアネート;テトラメチレン−1,2−ジイソシアネート;テトラメチレン−1,3−ジイソシアネート;テトラメチレン−1,4−ジイソシアネート;1,6−ヘキサメチレンジイソシアネート(HDI);オクタメチレンジイソシアネート;デカメチレンジイソシアネート;2,2,4−トリメチルヘキサメチレンジイソシアネート;2,4,4−トリメチルヘキサメチレンジイソシアネート;ドデカン−1,12−ジイソシアネート;ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート;シクロブタン−1,3−ジイソシアネート;シクロヘキサン−1,2−ジイソシアネート;シクロヘキ Emissions polyisocyanate (PMDI); mixtures of MDI and PMDI; mixtures of PMDI and TDI; ethylene diisocyanate; propylene-1,2-diisocyanate; tetramethylene-1,2-diisocyanate; tetramethylene-1,3-diisocyanate; tetramethylene 1,4-diisocyanate; 1,6-hexamethylene diisocyanate (HDI); octamethylene diisocyanate; decamethylene diisocyanate; 2,2,4-trimethylhexamethylene diisocyanate; 2,4,4-trimethylhexamethylene diisocyanate; dodecane - 1,12-diisocyanate; dicyclohexylmethane diisocyanate; cyclobutane-1,3-diisocyanate; cyclohexane-1,2-diisocyanate; cyclohexylene ン−1,3−ジイソシアネート;シクロヘキサン−1,4−ジイソシアネート;メチル−シクロヘキシレンジイソシアネート(HTDI);2,4−メチルシクロヘキサンジイソシアネート;2,6−メチルシクロヘキサンジイソシアネート;4,4'−ジシクロヘキシルジイソシアネート;2,4'−ジシクロヘキシルジイソシアネート;1,3,5−シクロヘキサントリイソシアネート;イソシアネートメチルシクロヘキサンイソシアネート;1−イソシアネート−3,3,5−トリメチル−5−イソシアネートメチルシクロヘキサン;イソシアネートエチルシクロヘキサンイソシアネート;ビス(イソシアネートメチル)−シクロヘキサンジイソシアネート;4,4'−ビス(イソシアネートメチル)ジシクロヘキサン;2,4'−ビス( Down-1,3-diisocyanate; cyclohexane-1,4-diisocyanate; methyl - cyclohexylene diisocyanate (HTDI); 2,4 methylcyclohexane diisocyanate; 2,6-methylcyclohexane diisocyanate; 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate; 2 , 4'-dicyclohexylmethane diisocyanate; 1,3,5-cyclohexane triisocyanate; isocyanatomethyl-cyclohexane diisocyanate; 1-isocyanato-3,3,5-trimethyl-5-isocyanatomethyl-cyclohexane; isocyanatoethyl cyclohexane diisocyanate, bis (isocyanatomethyl) - cyclohexane diisocyanate, 4,4'-bis (isocyanatomethyl) dicyclohexane; 2,4'-bis ( ソシアネートメチル)ジシクロヘキサン;イソホロンジイソシアネート(IPDI);HDIのトリイソシアネート;2,2,4−トリメチル−1,6−ヘキサンジイソシアネートのトリイソシアネート(TMDI);4,4'−ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート(H 12 MDI);2,4−ヘキサヒドロトルエンジイソシアネート;2,6−ヘキサヒドロトルエンジイソシアネート;1,2−、1,3−、及び1,4−フェニレンジイソシアネート;芳香族脂肪族イソシアネート、例えば1,2−、1,3−、及び1,4−キシレンジイソシアネート;メタ−テトラメチルキシレンジイソシアネート(m−TMXDI);パラ−テトラメチルキシレンジイソシアネート(p−TMXDI);いずれかのポリイソシアネートの三量 Socia sulfonate methyl) dicyclohexane; isophorone diisocyanate (IPDI); HDI triisocyanate; 2,2,4 trimethyl-1,6 hexane diisocyanate triisocyanate (TMDI); 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate (H 12 MDI); 2,4-hexahydrotoluene diisocyanate; 2,6-hexahydrotoluene diisocyanate; 1,2-, 1,3-, and 1,4-phenylene diisocyanate; aromatic aliphatic isocyanates such as 1,2 , 1,3-, and 1,4-xylene diisocyanate; meta - tetramethyl xylene diisocyanate (m-TMXDI); para - tetramethyl xylene diisocyanate (p-TMXDI); trimeric one polyisocyanate したイソシアヌレート、例えばトルエンジイソシアネートのイソシアヌレート、ジフェニルメタンジイソシアネートの三量体、テトラメチルキシレンジイソシアネートの三量体、ヘキサメチレンジイソシアネートのイソシアヌレート、及びこれらの混合物;いずれかのポリイソシアネートの二量化したウレジオン、例えばトルエンジイソシアネートのウレトジオン、ヘキサメチレンジイソシアネートのウレトジオン、及びこれらの混合物;上記のイソシアネート及びポリイソシアネートから誘導した変性したポリイソシアネート;及びこれらの混合物である。 The isocyanurate, for example isocyanurates of toluene diisocyanate, trimer of diphenylmethane diisocyanate, trimer of tetramethyl xylene diisocyanate, the isocyanurate of hexamethylene diisocyanate, and mixtures thereof; uretdione that dimerization of any polyisocyanate, for example uretdione of toluene diisocyanate, uretdione, and mixtures thereof of hexamethylene diisocyanate; a and mixtures thereof; polyisocyanates modified derived from the isocyanates and polyisocyanates.

この発明で使用することができる飽和ジイソシアネートの例は、これに限定されないが、エチレンジイソシアネート;プロピレン−1,2−ジイソシアネート;テトラメチレン−ジイソシアネート;テトラメチレン−1,4−ジイソシアネート;1,6−ヘキサメチレンジイソシアネート(HDI);オクタメチレンジイソシアネート;デカメチレンジイソシアネート;2,2,4−トリメチルヘキサメチレンジイソシアネート;2,4,4−トリメチルヘキサメチレンジイソシアネート;ドデカン−1,12−ジイソシアネート;ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート;シクロブタン−1,3−ジイソシアネート;シクロヘキサン−1,2−ジイソシアネート;シクロヘキサン−1,3−ジイソシアネート;シクロヘキサン−1,4− Examples of saturated diisocyanates which may be used in this invention include, but are not limited to, ethylene diisocyanate; propylene-1,2-diisocyanate; tetramethylene - diisocyanate; tetramethylene-1,4-diisocyanate; 1,6 diisocyanate (HDI); octamethylene diisocyanate; decamethylene diisocyanate; 2,2,4-trimethylhexamethylene diisocyanate; 2,4,4-trimethylhexamethylene diisocyanate; 1,12-diisocyanate; dicyclohexylmethane diisocyanate; cyclobutane - 1,3-diisocyanate; cyclohexane-1,2-diisocyanate; cyclohexane-1,3-diisocyanate; cyclohexane-1,4 イソシアネート;メチル−シクロヘキシレンジイソシアネート(HTDI);2,4−メチルシクロヘキサンジイソシアネート;2,6−メチルシクロヘキサンジイソシアネート;4,4'−ジシクロヘキシルジイソシアネート;2,4'−ジシクロヘキシルジイソシアネート;1,3,5−シクロヘキサントリイソシアネート;イソシアネートメチルシクロヘキサンイソシアネート;1−イソシアネート−3,3,5−トリメチル−5−イソシアネートメチルシクロヘキサン;イソシアネートエチルシクロヘキサンイソシアネート;ビス(イソシアネートメチル)−シクロヘキサンジイソシアネート;4,4'−ビス(イソシアネートメチル)ジシクロヘキサン;2,4'−ビス(イソシアネートメチル)ジシクロヘキサン;イソホロンジイソ Isocyanate; methyl - cyclohexylene diisocyanate (HTDI); 2,4 methylcyclohexane diisocyanate; 2,6-methylcyclohexane diisocyanate; 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate; 2,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate; 1,3,5-cyclohexane triisocyanate; isocyanatomethyl-cyclohexane diisocyanate; 1-isocyanato-3,3,5-trimethyl-5-isocyanatomethyl-cyclohexane; isocyanatoethyl cyclohexane diisocyanate, bis (isocyanatomethyl) - cyclohexane diisocyanate, 4,4'-bis (isocyanatomethyl) dicyclohexane; 2,4'-bis (isocyanatomethyl) dicyclohexane; Isohoronjiiso アネート(IPDI);HDIのトリイソシアネート;2,2,4−トリメチル−1,6−ヘキサンジイソシアネートのトリイソシアネート(TMDI);4,4'−ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート(H 12 MDI);2,4−ヘキサヒドロトルエンジイソシアネート;2,6−ヘキサヒドロトルエンジイソシアネート;及びこれらの混合物。 Aneto (IPDI); HDI triisocyanate; 2,2,4 trimethyl-1,6 hexane diisocyanate triisocyanate (TMDI); 4,4'-dicyclohexylmethane diisocyanate (H 12 MDI); 2,4- hexa hydro toluene diisocyanate; 2,6-hexahydrotoluene diisocyanate; and mixtures thereof. 芳香族脂肪族イソシアネートも光安定な物質を製造するために使用することができる。 Aromatic aliphatic isocyanates may also be used to produce light stable material. これらのイソシアネートの例は以下を含む:1,2−、1,3−、及び1,4−キシレンジイソシアネート;メタ−テトラメチルキシレンジイソシアネート(m−TMXDI);パラ−テトラメチルキシレンジイソシアネート(p−TMXDI);いずれかのポリイソシアネートの三量化したイソシアヌレート、例えばトルエンジイソシアネートのイソシアヌレート、ジフェニルメタンジイソシアネートの三量体、テトラメチルキシレンジイソシアネートの三量体、ヘキサメチレンジイソシアネートのイソシアヌレート、及びこれらの混合物;いずれかのポリイソシアネートの二量化したウレジオン、例えばトルエンジイソシアネートのウレトジオン、ヘキサメチレンジイソシアネートのウレトジオン、及びこれらの混合物;上記のイソシア Examples of these isocyanates include: 1,2-, 1,3-, and 1,4-xylene diisocyanate; meta - tetramethyl xylene diisocyanate (m-TMXDI); para - tetramethyl xylene diisocyanate (p-TMXDI ); one of trimerized isocyanurate of polyisocyanates, for example, isocyanurates of toluene diisocyanate, trimer of diphenylmethane diisocyanate, trimer of tetramethyl xylene diisocyanate, the isocyanurate of hexamethylene diisocyanate, and mixtures thereof; one dimerized uretdione of Kano polyisocyanates such uretdione of toluene diisocyanate, uretdione of hexamethylene diisocyanate, and mixtures thereof; said isocyanurate ート及びポリイソシアネートから誘導した変性したポリイソシアネート;及びこれらの混合物である。 It is and mixtures thereof; where over preparative and polyisocyanates modified derived from a polyisocyanate. さらに、芳香族脂肪族イソシアネートを、本発明の目的にために、先に挙げた飽和イソシアネートのいずれかと混合することができる。 Furthermore, an aromatic aliphatic isocyanate, for the purposes of the present invention can be mixed with any of the saturated isocyanates listed above.

イソシアネートとポリエーテルアミンのポリ尿素プレポリマーにおける未反応のNCO基の数を変化させて、反応の速度、得られた組成物の硬度等の因子を制御することができる。 By changing the number of unreacted NCO groups in the polyurea prepolymer of isocyanate and polyether amine, rate of reaction, it is possible to control the factors such as hardness of the resulting composition. 例えば、イソシアネートとポリエーテルアミンのポリ尿素プレポリマーにおける未反応のNCO基の数を約14%より小さくすることができる。 For example, it can be made smaller than the number of unreacted NCO groups of about 14% in the polyurea prepolymer of isocyanate and polyether amine. 1実施例では、ポリ尿素プレポリマーは約5%〜約11%の未反応のNCO基を有し、より好ましくは約6%〜約9.5%の未反応のNCO基を有する。 In one embodiment, the polyurea prepolymer has from about 5% to about 11% of unreacted NCO groups, more preferably from about 6% to about 9.5% of unreacted NCO groups. 1実施例では、未反応のNCO基の割合は約3%〜約9%である。 In one embodiment, the ratio of NCO groups of the unreacted is about 3% to about 9%. 代替的には、未反応のNCO基の割合は約7.5%又はそれより低く、より好ましくは約7%又はそれより低い。 Alternatively, the ratio of NCO groups of the unreacted about 7.5% or less, and more preferably, about 7% or lower. 他の実施例では、未反応のNCO基の割合は約2.5%〜約7.5%、より好ましくは約4%〜約6.5%である。 In other embodiments, the ratio of NCO groups of the unreacted about 2.5% to about 7.5%, more preferably from about 4% to about 6.5%.

生成された状態で、ポリ尿素プレポリマーが、プレポリマーの約10重量%から約20重量%の遊離イソシアネートモノマーを含んでもよい。 In the generated condition, polyurea prepolymer, from about 10 wt% of the prepolymer may comprise from about 20 wt% of free isocyanate monomer. この結果、1実施例では、ポリ尿素プレポリマーから遊離イソシアネートモノマーを除去しても良い。 As a result, in one embodiment, it may be to remove free isocyanate monomer from polyurea prepolymer. 例えば、除去後、プレポリマーは1%またはそれ未満の遊離イソシアネートモノマーを含むことになる。 For example, after removal, the prepolymer will contain 1% or less of free isocyanate monomer. 他の実施例では、プレポリマーは約0.5重量%または逸れ未満の遊離イソシアネートモノマーを含んでよい。 In another embodiment, the prepolymer contains about 0.5% by weight or less of free isocyanate monomer.

ポリエーテルアミンを追加のポリオールとブレンドしてコポリマーを形成し、これを過剰のイソシアネートと反応させてポリ尿素プレポリマーを製造することもできる。 Blended with additional polyol polyether amine to form a copolymer, which may be produced are reacted with excess isocyanate polyurea prepolymer. 1実施例では、コポリマーの約30重量%より少ないポリオールを飽和ポリエーテルアミンとブレンドする。 In one embodiment, it is blended with the polyether amine fewer polyol about 30% by weight of the copolymer. 他の実施例では、コポリマーの約20重量%より少ない、好ましくはコポリマーの約15重量%より少ないポリオールを、飽和ポリエーテルアミンとブレンドする。 In other embodiments, less than about 20 percent by weight of the copolymer, preferably less polyol than about 15 percent by weight of the copolymer, is blended with the polyether amine. 当業者に利用可能ないずれかの飽和ポリオール、例えばポリエーテルポリオール、ポリカプロラクトンポリオール、ポリエステルポリオール、ポリカーボネートポリオール、炭化水素ポリオール、他のポリオール、及びこれらの混合物が、本発明に従ってブレンドするのに適している。 Either saturated polyols available to those skilled in the art, such as polyether polyols, polycaprolactone polyols, polyester polyols, polycarbonate polyols, hydrocarbon polyols, other polyols, and mixtures thereof, are suitable for blending with the there. これらのポリマーの分子量は約200〜約4000であることができるが、約1000〜約3000であることができ、より好ましくは約1500〜約2500であることができる。 The molecular weight of these polymers may be from about 200 to about 4000, but can be about 1000 to about 3000, and more preferably are from about 1500 to about 2500.

ポリ尿素組成物を、ポリ尿素プレポリマーを単一の硬化剤またはそのブレンドで架橋して製造することができる。 The polyurea composition, a polyurea prepolymer can be formed by crosslinking with a single curing agent or a blend. この発明で使用する硬化剤は、好ましくは、アミン−末端硬化剤、より好ましくは第2ジアミン硬化剤であり、これにより、組成物が単一の尿素結合のみを含むようになる。 Curing agent used in the present invention, preferably, amine - terminated curing agent, more preferably a second diamine curing agent, whereby the composition will contain only a single urea bond. 1実施例では、アミン−末端硬化剤の分子量は約64又はそれより大きい。 In one embodiment, amine - molecular weight of the terminated curing agent is about 64 or greater. 他の実施例では、アミン−末端硬化剤の分子量は約2000又はそれより小さい。 In another embodiment, the amine - molecular weight of the terminated curing agent is about 2000 or less. 上述のとおり、所定のアミン−末端硬化剤を互換性のあるアミン−末端凝固点降下剤またはその混合物により改質してもよい。 As discussed above, certain amine - may be modified by end freezing point depressant, or mixture thereof - amine terminated curing agent is compatible.

適切なアミン−末端硬化剤は、これに限定されないが、エチレンジアミン;ヘキサメチレンジアミン;1−メチル−2,6−シクロヘキシルジアミン;テトラヒドロキシプロピレンエチレンジアミン;2,2,4−及び2,4,4−トリメチル−1,6−ヘキサンジアミン;4,4'−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジシクロヘキシルメタン;1,4−ビス−(sec−ブチルアミノ)−シクロヘキサン;1,2−ビス−(sec−ブチルアミノ)−シクロヘキサン;4,4'−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジシクロヘキシルメタンの誘導体;4,4'−ジシクロヘキシルメタンジアミン;1,4−シクロヘキサン−ビス−(メチルアミン);1,3−シクロヘキサン−ビス−(メチルアミン);ジエチレングリコールジ−(アミノプ Suitable amine - terminated curing agents include, but are not limited to, ethylene diamine; hexamethylene diamine; 1-methyl-2,6-cyclohexyl diamine; tetra-hydroxypropylene diamine; 2,2,4- and 2,4,4 trimethyl-1,6 hexane diamine, 4,4'-bis - (sec-butylamino) - dicyclohexylmethane; 1,4-bis - (sec-butylamino) - cyclohexane; 1,2-bis - (sec- butylamino) - cyclohexane, 4,4'-bis - (sec-butylamino) - derivatives of dicyclohexylmethane 4,4'-dicyclohexylmethane diamine; 1,4 - bis - (methylamine); 1,3 - cyclohexane - bis - (methylamine) diethylene glycol di - (Aminopu ピル)エーテル;2−メチルペンタメチレン−ジアミン;ジアミノシクロヘキサン;ジエチレントリアミン;トリエチレンテトラミン;テトラエチレンペンタミン;プロピレンジアミン;1,3−ジアミノプロパン;ジメチルアミノプロピルアミン;ジエチルアミノプロピルアミン;イミド−ビス−プロピルアミン;モノエタノールアミン、ジエタノールアミン;トリエタノールアミン;モノイソプロパノールアミン、ジイソプロパノールアミン;イソホロンジアミン;4,4'−メチレンビス−(2−クロロアニリン);3,5−ジメチルチオ−2,4−トルエンジアミン;3,5−ジメチルチオ−2,6−トルエンジアミン;3,5−ジエチルチオ−2,4−トルエンジアミン;3,5−ジエチルチオ−2,6−トルエンジアミン;4, Pills) ether; 2-methyl pentamethylene - diamine; diaminocyclohexane; diethylenetriamine; triethylenetetramine; tetraethylenepentamine; propylenediamine; 1,3-diaminopropane; dimethylaminopropylamine; diethylaminopropylamine; imido - bis - propyl amine; monoethanolamine, diethanolamine; triethanolamine; monoisopropanolamine, diisopropanolamine; isophoronediamine, 4,4'-methylenebis - (2-chloroaniline); 3,5-dimethylthio-2,4-toluenediamine; 3,5-dimethylthio-2,6-toluenediamine; 3,5-diethyl-2,4-toluenediamine; 3,5-diethyl-2,6-toluenediamine; 4, '−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジフェニルメタン及びその誘導体;1,4−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ベンゼン;1,2−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ベンゼン;N,N'−ジアルキルアミノ−ジフェニルメタン;トリメチレングリコール−ジ−アミノベンゾエート;ポリテトラメチレンオキシド−ジ−p−アミノベンゾエート;4,4'−メチレンビス−(3−クロロ−2,6−ジエチレンアニリン);4,4'−メチレンビス−(2,6−ジエチルアニリン);メタ−フェニレンジアミン;パラ−フェニレンジアミン;シクロヘキシルジメトール;及びこれらの混合である物。 '- bis - (sec-butylamino) - diphenylmethane and derivatives thereof; 1,4-bis - (sec-butylamino) - benzene; 1,2-bis - (sec-butylamino) - benzene; N, N' - dialkylamino - diphenylmethane; trimethylene glycol - di - aminobenzoate; polytetramethylene oxide - di -p- aminobenzoate, 4,4'-methylenebis - (3-chloro-2,6-diethylene aniline) 4,4 '- methylenebis - (2,6-diethylaniline); meta - phenylenediamine; p - phenylenediamine; cyclohexyl dimethanol Torr; and those are mixtures thereof. 1実施例では、アミン−末端硬化剤は4,4'−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジシクロヘキシルメタンである。 In one embodiment, the amine - terminated curing agent is 4,4'-bis - dicyclohexylmethane - (sec-butylamino).

適切な飽和アミン−末端硬化剤は、これに限定されないが、エチレンジアミン;ヘキサメチレンジアミン;1−メチル−2,6−シクロヘキシルジアミン;テトラヒドロキシプロピレンエチレンジアミン;2,2,4−及び2,4,4−トリメチル−1,6−ヘキサンジアミン;4,4'−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジシクロヘキシルメタン;1,4−ビス−(sec−ブチルアミノ)−シクロヘキサン;1,2−ビス−(sec−ブチルアミノ)−シクロヘキサン;4,4'−ビス−(sec−ブチルアミノ)−ジシクロヘキシルメタンの誘導体;4,4'−ジシクロヘキシルメタンジアミン;1,4−シクロヘキサン−ビス−(メチルアミン);1,3−シクロヘキサン−ビス−(メチルアミン);ジエチレングリコールジ−(アミ Suitable saturated amine - terminated curing agents include, but are not limited to, ethylene diamine; hexamethylene diamine; 1-methyl-2,6-cyclohexyl diamine; tetra-hydroxypropylene diamine; 2,2,4- and 2,4,4 - trimethyl-1,6-hexanediamine, 4,4'-bis - (sec-butylamino) - dicyclohexylmethane; 1,4-bis - (sec-butylamino) - cyclohexane; 1,2-bis - (sec - butylamino) - cyclohexane, 4,4'-bis - (sec-butylamino) - derivatives of dicyclohexylmethane 4,4'-dicyclohexylmethane diamine; 1,4 - bis - (methylamine); 1, 3-cyclohexane - bis - (methylamine) diethylene glycol di - (amino プロピル)エーテル;2−メチルペンタメチレン−ジアミン;ジアミノシクロヘキサン;ジエチレントリアミン;トリエチレンテトラミン;テトラエチレンペンタミン;プロピレンジアミン;1,3−ジアミノプロパン;ジメチルアミノプロピルアミン;ジエチルアミノプロピルアミン;イミド−ビス−プロピルアミン;モノエタノールアミン、ジエタノールアミン;トリエタノールアミン;モノイソプロパノールアミン、ジイソプロパノールアミン;イソホロンジアミン;トリイソプロパノールアミン;及びこれらの混合物である。 Propyl) ether; 2-methyl pentamethylene - diamine; diaminocyclohexane; diethylenetriamine; triethylenetetramine; tetraethylenepentamine; propylenediamine; 1,3-diaminopropane; dimethylaminopropylamine; diethylaminopropylamine; imido - bis - propyl amine; a and mixtures thereof; monoethanolamine, diethanolamine; triethanolamine; monoisopropanolamine, diisopropanolamine; isophoronediamine; triisopropanolamine. 1実施例では、アミン−硬化剤は約64又はそれより大きい分子量を有する。 In one embodiment, the amine - curing agent has about 64 or greater molecular weight. さらに、上記のポリエーテルアミンのいずれかを、ポリ尿素プレポリマーと反応させる硬化剤として使用することができる。 Further, any of the above polyether amines can be used as a curing agent to react with the polyurea prepolymer.

適切な触媒は、これに限定されないが、ビスマス触媒、オレイン酸、トリエチレンジアミン(DABCO(商標)−33LV)、ジ−ブチルすずジラウレート(DABCO(商標)−T12)およびアセチル酸である。 Suitable catalysts include, but are not limited to, bismuth catalyst, oleic acid, triethylenediamine (DABCO (TM) -33LV), di - butyl tin dilaurate (DABCO (TM) T12) and acetyl acid. 最も好ましい触媒は、ジ−ブチルすずジラウレート(DABCO(商標)−T12)である。 The most preferred catalyst is di - butyl tin dilaurate (DABCO (TM) T12). DABCO(商標)製品は、Air Products and Chemicals社により製造されている。 DABCO (TM) products are manufactured by Air Products and Chemicals Corporation.

熱可塑性材料は他の熱可塑性材料とブレンドしてもよいが、熱硬化性材料は、ブレンドが不可能でない場合でも、熱硬化性材料が生成された後に均一にブレンドすることは困難である。 The thermoplastic material may be blended with other thermoplastic materials, thermoset materials, even if the blend is not impossible, it is difficult to uniformly blended after thermosetting material was produced. 好ましくは、飽和ポリウレタンは、カバー組成物および/または中間層組成物の約1%から約100%、より好ましくは、約10%から約75%を有する。 Preferably, the saturated polyurethane, from about 1% to about 100% of the cover compositions and / or the intermediate layer composition, and more preferably about 10% to about 75%. カバーおよび/または中間層組成物の約90%から約10%、より好ましくは、約90%から約25%は以下に説明するように1または複数の他のポリマーおよび/または他の材料から構成されてよい。 From about 90% to about 10% of the cover and / or the intermediate layer composition, more preferably constituted from about 90% to about 25% of one or more other polymers and / or other materials as described below it may be. このようなポリマーは、これに限定されないが、ポリウレタン/ポリ尿素アイオノマー、ポリウレタンまたはポリ尿素、エポキシ樹脂、ポリエチレン、ポリアミドおよびポリエステル、ポリカーボネートおよびポリアクリリンである。 Such polymers include, but are not limited to, polyurethane / polyurea ionomers, polyurethane or polyurea, epoxy resin, polyethylene, polyamides and polyesters, polycarbonates and polyacrylin. とくに言及がない場合には、パーセントは対象のゴルフボール層の全組成物の重量パーセントである。 Especially if reference is not present, percentages are by weight of the total composition of a golf ball layers of the object.

ポリウレタンプレポリマーは、少なくとも一つのポリオール、例えばポリエーテル、ポリカプロラクトン、ポリカーボネート又はポリエステルと少なくとも一つのイソシアネートとを組み合わせて製造される。 Polyurethane prepolymer, at least one polyol, such as polyether, polycaprolactone, are prepared in combination with at least one isocyanate and polycarbonate, or polyester. 熱硬化性ポリウレタンは、少なくとも一つのポリウレタンプレポリマーをポリアミン、トリオール又はテトラオールから選択する硬化剤で硬化して取得できる。 Thermoset polyurethanes are obtained by curing at least one polyurethane prepolymer polyamine, with a curing agent selected from triol or tetraol. 熱可塑性ポリウレタンは、少なくとも一つのポリウレタンプレポリマーをジオール硬化剤で硬化して取得できる。 Thermoplastic polyurethanes are obtained by curing at least one polyurethane prepolymer with a diol curative. ジオール及び/又はジオールのブレンドで硬化したウレタンエラストマーのいくつかはゴルフボールカバーが必要とする耐衝撃性を有するウレタンエラストマーを生成しないので、硬化剤の選択は臨界的である。 Since some of the urethane elastomer cured with a blend of diols and / or diol will not produce a urethane elastomer having impact resistance required in a golf ball cover, the choice of curing agent is critical. ジオールで硬化したウレタンエラストマー配合物にポリアミン硬化剤をブレンドすると耐衝撃性及び耐切断性が改良された熱硬化性ウレタンが得られる。 Thermosetting urethane Blending polyamine curing agent impact resistance and cut resistance is improved urethane elastomer formulation was cured with a diol is obtained.

熱可塑性ポリウレタンに適切な材料をブレンドして熱可塑性目的物を生成することができる。 It is possible to produce a thermoplastic end product by blending the appropriate materials to thermoplastic polyurethane. これらの追加材料の例は、アイオノマー、例えば上記のSURLYN(商標)、ESCOR(商標)及びIOTEK(商標)コポリマーを含むことができる。 Examples of these additional materials may include ionomers such as the SURLYN (TM), it may include ESCOR (TM) and IOTEK (TM) copolymer.

この発明のゴルフボールのカバー及び/又は中間層の製造において飽和ポリウレタンと組み合わせることができる他の適切な材料は、イオン性又は非イオン性ポリウレタン及びポリ尿素、エポキシ樹脂、ポリエチレン、ポリアミド及びポリエステル。 Other suitable materials which may be combined with the saturated polyurethanes in forming the cover and / or intermediate layer of the golf balls of the present invention, ionic or non-ionic polyurethanes and polyureas, epoxy resins, polyethylene, polyamides and polyesters. 例えば、カバー及び/又は中間層を、少なくとも一つの飽和ポリウレタンと熱可塑性又は熱硬化性イオン性及び非イオン性ウレタン及びポリウレタン、カチオン性ウレタンアイオノマー及びウレタンエポキシド、イオン性及び非イオン性ポリ尿素及びこれらのブレンドとのブレンドから製造することができる。 For example, the cover and / or intermediate layer, at least one saturated polyurethane and a thermoplastic or thermosetting ionic and non-ionic urethanes and polyurethanes, cationic urethane ionomers and urethane epoxides, ionic and non-ionic polyureas and their it can be prepared from blends of blends. 適切なウレタンアイオノマーの例は「ゴルフボールカバー」と題する米国特許第5,692,974号に開示されており、参照してここに組み入れる。 Examples of suitable urethane ionomers are disclosed in U.S. Patent No. 5,692,974 entitled "golf ball cover", which is incorporated herein by reference. 適切なポリウレタンの他の例は米国特許第5,334,673号に記載されている。 Other examples of suitable polyurethanes are described in U.S. Patent No. 5,334,673. 適切なポリ尿素の例は米国特許第5,484,870号に記載されており、エポキシ基含有硬化剤で硬化された適切なポリウレタンの例は米国特許第5,908,358号に記載されており、参照してこれらの開示をここに組み入れる。 Examples of suitable polyureas are described in U.S. Patent No. 5,484,870, Examples of suitable polyurethane cured with an epoxy group-containing curing agents are described in U.S. Patent No. 5,908,358 cage, incorporating disclosures of these herein by reference.

種々の追加的な成分を、この発明のカバー組成物に添加することもできる。 Various additional components may be added to the cover composition of the present invention. これらは、これに限定されないが、白色顔料、例えばTiO 、ZnO、光学的明色化剤、界面活性剤、処理補助剤、発泡剤、UV安定剤、及び光安定剤である。 These include, but are not limited to, white pigments such as TiO 2, ZnO, optical brighteners, surfactants, processing aids, blowing agents, UV stabilizers, and light stabilizers. 飽和ポリウレタンは耐褪色性がある。 Saturated polyurethanes there is a fading resistance. しかしながら、天候によって機械特性が劣化するのに対して耐性があるわけではない。 However, not resistant to the mechanical characteristics are degraded by the weather. UV吸収剤および光安定剤を付加して、飽和ポリウレタンエラストマーの引張り強さおよび伸びを維持させることができる。 By adding UV absorbers and light stabilizers, it is possible to maintain the tensile strength and elongation of saturated polyurethane elastomer. 適切なUV吸収剤及び光安定剤は、これに限定されないが、TINUVIN(商標)328、TINUVIN(商標)213、TINUVIN(商標)765、TINUVIN(商標)770及びTINUVIN(商標)622である。 Suitable UV absorbers and light stabilizers include, but are not limited to, TINUVIN (TM) 328, TINUVIN (TM) 213, TINUVIN (TM) 765, TINUVIN (TM) 770 and TINUVIN (TM) 622. 好ましいUV吸収剤はTINUVIN(商標)328であり、好ましい光安定剤はTINUVIN(商標)765である。 Preferred UV absorbers are TINUVIN (TM) 328, preferred light stabilizer is TINUVIN (TM) 765. TINUVIN(商標)製品は、Ciba−Geigy社から入手可能である。 TINUVIN (TM) products are available from Ciba-Geigy Corporation. 染料、光学的明色化剤及び蛍光顔料を、この発明に従って製造したポリマーで製造したゴルフボールカバー中に含むことができる。 Dyes, optical brighteners and fluorescent pigments, may be included in golf ball covers produced with polymers according to the present invention. これらの追加的な成分を、それらの所望の目的を達成するいずれの量においても添加することができる。 These additional components also can be added in any amount to achieve their desired purpose.

この発明のポリウレタンのために当業者に知られている任意の手法を採用できる。 For polyurethanes of the present invention may employ any method known to those skilled in the art. 1つの慣用的に採用される手法は、ワンショット法として知られており、ポリイソシアネート、ポリオール及び硬化剤を同時に混合するものである。 One conventionally employed method is known as a one-shot method, in which mixing of the polyisocyanate, polyol, and curing agent at the same time. この手法では、得られる混合物は非均一であり、製造業者にとって製品組成物の分子構造の制御が困難となる。 In this approach, the resulting mixture is non-uniform, control of the molecular structure of the product composition becomes difficult for manufacturers. 好ましい混合方法はプレポリマー法として知られている。 A preferred mixing method is known as a prepolymer method. この方法では、硬化剤を添加する前にポリイソシアネートとポリオールを別々に混合する。 In this way, mixing separately polyisocyanate and polyol prior to addition of the curing agent. この方法によりより均一な混合物が得られ、その結果よりコンシステントなポリマー組成物が得られる。 More uniform mixture obtained by this method, consistent polymer composition obtained from the result. この発明の層を製造する他の適切な方法は、反応射出成形(“RIM”)、液状射出成形(“LIM”)、成分を予め反応させて射出成形可能な熱可塑性ポリウレタンを製造し次いで射出成形する方法であり、これらのすべては当業者に公知である。 Other methods suitable for forming the layers of the present invention, reaction injection molding ( "RIM"), liquid injection molding ( "LIM"), pre-reacted components to produce an injection moldable thermoplastic polyurethane and then injection a method of forming, all of which are known to those skilled in the art.

ポリウレタン組成物に添加することが可能な付加的な成分はUV安定剤および他の染料、さらには、蛍光増白剤および蛍光染料および顔料である。 Additional ingredients which can be added to the polyurethane composition UV stabilizers and other dyes, further, an optical brightener and fluorescent dyes and pigments. このような付加的な成分は、それらの所望の目的を達成するいずれの量においても添加することができる。 Such additional ingredients may be added at any amount that will achieve their desired purpose.

ウレタンエラストマー材料を形成するために採用される注型可能な反応性液体は、当該技術において周知の種々の塗布方法、例えば、スプレー、圧縮成型、ディッピング、スピンコーティーング、注型、または流動コーティング法を採用して、コア上に塗布できる。 Castable reactive liquid employed to form the urethane elastomer material, various methods of coating known in the art, for example, spraying, compression molding, dipping, spin call tea ring, casting, or flow coating method adopted can be applied onto the core. 適切なコーティング手法の例が米国特許第5,733,428号に開示されており、参照してここに組み入れる。 An example of a suitable coating technique is disclosed in U.S. Pat. No. 5,733,428, incorporated herein by reference.

外側カバーは、好ましくは、材料を混合し成型金型に案内して内側カバーの回りに形成される。 The outer cover is preferably formed around the inner cover to guide the mold by mixing the material. 粘度を、その時間にわたって、測定することが重要である。 Viscosity, over that time, it is important to measure. この測定により、成型金型に充填し、個を一方の反対に導入し、さらに成型金型を閉じるという後続のステップが適切なタイミングで行われ、コアおよびカバー反対の融合の芯だしが実現され、全体の一体性が達成される。 This measurement was filled in a mold, introducing a number in one of the opposite takes place in still yet subsequent step of closing the molding die proper timing, centering of fusion of opposite core and a cover is realized , the overall integrity is achieved. コアを成型金型に導入するのに適切な硬化ウレタンミックスの粘度範囲は、約2000cPおよび約30000cPの間であり、好ましい範囲は約8000pCから15000cPの間であることが判明している。 Suitable viscosity range of the curing urethane mix for introducing cores into mold is between about 2000cP and about 30,000 cP, with the preferred range is between about 8000pC of 15000 cP.

カバーの製造を開始するために、モーターで駆動するミキサーを取り付けた混合ヘッド内で、ラインを通じて計量した量の硬化剤及びプレポリマーを供給することによって、プレポリマーと硬化剤の混合を行う。 To start the cover, in a mixing head fitted with a mixer driven by a motor, by supplying a curing agent and prepolymer through lines metered amounts, for mixing of the prepolymer and a curing agent. 予熱した金型の上半体を充填しかつ各金型の開口に移動するセンタリングピンを使用して取り付けユニットに置く。 Placing the mounting unit using a centering pin which moves to fill the halves on the preheated mold and the each mold opening. 後で、下半体の金型、又は一連の下半体の金型は、キャビティに導入したのと同量の混合物を保持する。 Later, mold lower half of the mold, or a series of lower half holds a mixture of equal amounts introduced into the cavity. 反応材料が上半体の金型に約40〜約80秒存在した後、コアを制御した速度で落下させ、ゲル状の反応混合物にする。 After the reaction material is present from about 40 to about 80 seconds in top mold halves, it is dropped at a rate controlled core and the gel-like reaction mixture.

ボールカップがボールのコアを減圧(又は部分的な真空)によって保持する。 Ball cup holds the ball core by vacuum (or partial vacuum). 約40〜約80秒間ゲル化した後で、金型の両半体にコアを置き、真空を解除してコアを離す。 After about 40 to about 80 seconds gelation, place the core in the halves of the mold, releasing the core by releasing the vacuum. コア及び固形化したカバーの半体を有する金型の半体をセンタリング取り付け具からはずし、反転させて第2の金型の半体に合わせ、該第2の金型に導入された選択した量の反応性ポリ尿素プレポリマー及び硬化剤は合わせる前の適切な時間にゲル化を開始する。 Remove the halves of the mold having a half of the cover and core and solidified from the centering fixture, fit halves of the second mold by inverting and selected is introduced into the mold the second amount the reactive polyurea prepolymer and a curing agent to initiate the gelation at the appropriate time prior to combining.

同様に、米国特許第5006297号及び米国特許第5334673号の両者は、この発明で使用する注型可能な反応性液体を適用するのに使用することができる適切な成形技術を開示している。 Similarly, both U.S. Patent No. 5006297 and U.S. Patent No. 5334673 discloses a suitable forming techniques that can be used to apply a castable reactive liquid used in the present invention. さらに、米国特許第6180040号および同第6180722号は二重コアゴルフボールを準備する方法を開示している。 Further, U.S. Pat. No. 6180040 and EP 6180722 discloses a method of preparing a double-core golf ball. これらは参照して個々に組み入れる。 Which are incorporated herein by reference. なお、この発明の方法はこれらの技術に限定されない。 Incidentally, the method of the present invention is not limited to these techniques.

この発明に従って準備されたボールは、所望の特性に応じて、通常の構造のボールと較べて、実質的に同一のまたは大きな弾力性または反発係数(「COR」)を実現し、そのうえで、圧縮または弾性率を減少させる。 Balls prepared according to the invention, depending on the desired properties, as compared with the ball of conventional construction, to achieve substantially the same or greater elasticity or coefficient of restitution ( "COR"), Sonouede, compression or reduce the modulus of elasticity. さらに、この発明に従って準備されたボールは、通常のボールと較べたときに、圧縮を増大させることなく、実質的に弾力性またはCORを大きくさせる。 Additionally, balls prepared according to the invention, when compared to conventional ball, without increasing the compression, substantially makes large elasticity or COR. この弾力性の他の測度は、「損失正接」すなわちtan δであり、これは物体の動的剛性を測定して得られる。 Another measure of the elasticity is the "loss tangent" or tan [delta], which is obtained by measuring the dynamic stiffness of the object. 損失正接およびそのような動的特性の用語は典型的にはASTM D4092−90に従って記述される。 The term of the loss tangent and such dynamic characteristic is typically described according ASTM D4092-90. そして、低損失正接は、クラブからゴルフボールに加えられたエネルギの多くが、動的エネルギに変換されたことを意味する。 The low loss tangent, more energy applied to the golf ball from the club, which means that has been converted into kinetic energy. すなわち、エネルギが発射測度は長い飛距離に変換されたことを意味する。 That is, energy is meant that the converted firing measure for long distance. ゴルフボールの剛性または圧縮剛性は例えば動的剛性により測定できる。 Golf rigid or compression stiffness of the ball can be measured by dynamic stiffness, for example. 大きな動的剛性は、大きな圧縮剛性を意味する。 Large dynamic stiffness refers to large compressive stiffness. 所望の圧縮剛性のゴルフボールを製造するために、架橋反応生成物の動的剛性は約50000N/m−50°C未満でなければならない。 To produce golf balls desired compressive stiffness, the dynamic stiffness of the cross-linking reaction product should be less than about 50000N / m-50 ° C. 好ましくは、その動的剛性は約10000から約40000N/m−50°Cの間であり、より好ましくは、その動的剛性は約20000から約30000N/m−50°Cの間でなければならない。 Preferably, the dynamic stiffness is between about 10,000 to about 40000N / m-50 ° C, more preferably, the dynamic stiffness should be between about 20,000 to about 30000N / m-50 ° C .

ゴルフボールの各部分の成型プロセスおよび組成は典型的には材料特性の勾配をもたらす。 Molding process and composition of each part of the golf ball typically results in a gradient in material properties. 先行技術で採用されていた手法は、一般に、硬度を調製して勾配を実現している。 Technique has been employed in the prior art are generally realized gradient prepared hardness. 硬度は、静的な弾性率の定量手法であり、ゴルフボール使用、すなわち、クラブによる打撃に関連する変形速度での材料の弾性率を表さない。 Hardness is a quantitative method of static modulus, golf ball used, i.e., does not represent the modulus of the material at the deformation rates associated with impact by club. ポリマーサイエンスの分野で周知のように、時間−温度重畳原理を用いて代替変形速度をエミュレートできる。 As it is well known in the art of polymer science, time - emulate alternative deformation rate with temperature superposition principle. ポリブタジエンを含むゴルフボール部分については、0°Cから−50°Cの間の温度で1−Hz発振が、ゴルフボールの衝突速度と数量的に等価であると考えられている。 For golf ball portions including polybutadiene, 0 1-Hz oscillation at temperatures between ° C of -50 ° C is believed to be the impact velocity and the quantity equivalent of the golf ball. したがって、0°Cから−50°Cの温度、好ましくは、−20°Cから−50°Cの損失正接および動的剛性を測定すれば、ゴルフボールの性能を正確に推定できる。 Thus, 0 ° C from -50 ° C temperature, preferably, by measuring the loss tangent and dynamic stiffness of -50 ° C from -20 ° C, it can accurately estimate the performance of the golf ball.

この発明の他の実施例では、この発明のゴルフボールは、実質的に球形であり、そのカバーは外側表面に複数のディンプルを有している。 In another embodiment of the present invention, golf balls of the present invention is substantially spherical, the cover has a plurality of dimples on the outer surface.

米国特許出願第10/203015号すなわち米国特許出願公開第2003/0114565号および米国特許出願第10/108793号すなわち米国特許出願公開第2003/0050373号は、ソフトで高柔軟性のアイオノマーを開示しており、参照してその開示内容をここに組み入れる。 U.S. Patent Application No. 10/203015 Patent i.e. U.S. Patent Application Publication No. 2003/0114565 and U.S. Patent Application No. 10/108793 i.e. U.S. Patent Application Publication No. 2003/0050373, discloses a highly flexible ionomer soft cage, referring to incorporate the disclosure herein. このアイオノマーは、好ましくは、少なくとも、1つのE/X/Yコポリマーからなる酸コポリマーであり、ここで、Eはエチレン、Xはα,β−エチレン系不飽和カルボン酸、かつYは柔軟化コモノマーである。 The ionomer is preferably at least, an acid copolymer comprising one E / X / Y copolymer, where, E is ethylene, X is alpha, beta-ethylenically unsaturated carboxylic acid and Y is a softening comonomer, it is. Xは好ましくはポリマーの2〜30重量%(より好ましくは4〜20重量%、最も好ましくは5〜15重量%)の量で存在する。 X is preferably present in an amount of 2 to 30 wt% of polymer (more preferably 4 to 20 wt%, and most preferably 5 to 15% by weight). Yは好ましくはポリマーの17〜40重量%(より好ましくは20〜40重量%、最も好ましくは24〜35重量%)の量で存在する。 Y is preferably present in an amount of 17 to 40 wt% of the polymer (more preferably 20 to 40 wt%, and most preferably 24 to 35% by weight). 好ましくは、ベース樹脂のメルトインデックス(MI)は少なくとも20または少なくとも40であり、より好ましくは、少なくとも75であり、最も好ましくは少なくとも150である。 Preferably, the base resin of melt index (MI) is at least 20, or at least 40, more preferably at least 75, and most preferably at least 150. この発明に含まれる具体的なソフトな弾力性のあるアイオノマーは、有益な物理特性のメルトプロセス可能なポリマーをもたらすMIおよび中和レベルの、部分的に中和されたエチレン/(メタ)アクリル酸/ブチル(メタ)アクリレートコポリマーである。 The present invention specific soft resilient ionomers contained in the the MI and neutralization levels resulting in a melt processible polymer beneficial physical properties, partially neutralized ethylene / (meth) acrylic acid a / butyl (meth) acrylate copolymer. これらコポリマーは少なくとも部分的に中和されている。 These copolymers are at least partially neutralized. 好ましくは、少なくとも40またはより好ましくは少なくとも55、さらにより好ましくは約70、最も好ましくは約80の酸コポリマー中の酸部分が1または複数のアルカリ金属、遷移金属またはアルカリ土類金属カチオンにより中和されている。 Preferably neutralization, at least 40 or more preferably at least 55, even more preferably by about 70, and most preferably about 80 acid moiety one or more alkali metal acid in the copolymer of a transition metal or alkaline earth metal cations It is. この発明のアイオノマーを製造するのに有益なカチオンは、リチウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、バリウム、または亜鉛またはこれらカチオンの組み合わせである。 Useful cations in preparing ionomers of this invention is the combination of lithium, sodium, potassium, magnesium, calcium, barium or zinc or their cations.

この発明は、また、「改質」ソフト、弾力性熱可塑性アイオノマーに関し、これは、(a)酸コポリマーまたは上述のように製造されたメルトプロセス可能なアイオノマーと(b)1または複数の有機酸またはその塩とのメルトブレンドを含み、すべての酸(a)および(b)のうちの80%より多く、好ましくは90%より多くのものが中和されている。 The present invention is also "modified" soft relates resilient thermoplastic ionomer, which is (a) an acid copolymer or melt-processible ionomer prepared as described above and (b) 1 or more organic acid or it comprises a melt blend of a salt, more than 80% of all the acid (a) and (b), preferably are neutralized those greater than 90%. 好ましくは、すべての酸(a)および(b)の100%がカチオン源により中和されている。 Preferably, 100% of all the acid of (a) and (b) are neutralized by the cation source. 好ましくは、酸(a)および(b)の中和に必要とされる量より多くのカチオン源が、酸(a)および(b)を中和するのに用いられる。 Preferably, the acid (a) and a number of cation source than the amount required for neutralization of (b) is used to neutralize the acid (a) and (b). 脂肪酸または脂肪酸塩とブレンドすることが好ましい。 It is preferable to blend the fatty acid or fatty acid salt.

有機酸またはその塩が、コポリマーの柔軟性を増大させるのに十分なだけ添加される。 Organic acids or salts thereof are added in an amount sufficient to enhance the flexibility of the copolymer. 好ましくは、コポリマーの残存のエチレン結晶性を実質的に除去するのに十分な量、有機酸またはその塩が添加される。 Preferably, an amount sufficient to substantially remove ethylene crystallinity of the remaining copolymer, an organic acid or its salt is added.

好ましくは、有機酸またはその塩は、コポリマーおよび有機酸の全量に対して少なくとも約5%(重量ベース)だけ添加される。 Preferably, the organic acids or salts are added in an amount of at least about 5% of the total amount of copolymer and organic acid (weight basis). より好ましくは、有機酸またはその塩は少なくとも約15%、さらにより好ましくは少なくとも約20%添加される。 More preferably, organic acids or salts thereof of at least about 15%, even more preferably is added at least about 20%. 好ましくは、有機酸は、コポリマーおよび有機酸の全量に対して約50%(重量ベース)まで添加される。 Preferably, the organic acid is added up to about 50% of the total amount of copolymer and organic acid (weight basis). より好ましくは、有機酸またはその塩は約40%まで、さらにより好ましくは約35%まで添加される。 More preferably, the organic acid or salt thereof is up to about 40%, is added to the even more preferably about 35%. 非揮発性(non−volatile)、非移行性(non−imigrate)の有機酸は、好ましくは、1または複数の脂肪族、単官能性有機酸またはその塩であり、以下に記述されるとおりであり、具体的には、36個未満の炭素原子を有する、1または複数の脂肪族、単官能性飽和または不飽和有機酸であり、好ましくは、ステアリン酸またはオレイン酸である。 Non-volatile (non-volatile), organic acids non-migratory (non-imigrate) is preferably 1 or more aliphatic, mono-functional organic acids or salts thereof, were as described below There, in particular, having less than 36 carbon atoms, one or more aliphatic, mono-functional, saturated or unsaturated organic acid, preferably stearic acid or oleic acid. 脂肪酸または脂肪酸塩が最も好ましい。 Fatty acids or fatty acid salts are most preferred.

脂肪酸(塩)改質のプロセスは当技術分野で知られている。 Process fatty acids (salts) reforming are known in the art. 例えば、この発明の改質された高中和のソフト弾力性の酸コポリマーアイオノマーは、つぎの(a)および(b)により製造できる。 For example, the modified highly-neutralized soft, resilient acid copolymer ionomers of this invention can be prepared by the following (a) and (b).
(a)(1)柔軟化モノマーまたは他の手段を添加して結晶性を破壊させた、エチレン、α,β−エチレン系不飽和C 3−8カルボン酸コポリマーまたはそのメルトプロセス可能なアイオノマーに、(2)実質的に弾力性を増強させ残存のエチレン結晶性を破壊(好ましくは除去)するにたる非揮発性、非移行性の有機酸を、同時に、または順次にメルトブレンドし、同時にまた順次に、 (A) (1) containing added softening monomer or other means by destroying crystallinity, ethylene, alpha, the β- ethylenically unsaturated C 3-8 carboxylic acid copolymer or melt-processible ionomer, (2) non-volatile enough to be substantially enhanced the elasticity destroy ethylenic crystallinity of the remaining (preferably removed), a non-migratory organic acids, simultaneously or sequentially melt-blending, also concurrently or sequentially to,
(b)すべての酸部分(酸コポリマー中の酸部分、および非揮発性、非移行性有機酸が有機酸であればその有機酸中の酸部分を含む)の中和レベルを所望のレベルにするのに十分な量のカチオン源を添加する。 (B) all of the acid moiety neutralization level (acid moiety in the acid copolymer, and non-volatile, non-migratory organic acids as long as it is an organic acid containing an acid moiety in the organic acid) to a desired level adding a sufficient amount of a cation source to.

組成物中のX対Yの重量比は少なくとも約1:20である。 The weight ratio of X to Y in the composition is at least about 1:20. 好ましくは、X対Yの重量比は少なくとも約1:15であり、より好ましくは約1:10である。 Preferably, the weight ratio of X to Y is at least about 1:15, more preferably about 1:10. さらに組成物中のX対Yの重量比は約1:1.67までであり、より好ましくは、約1:2までである。 Furthermore the weight ratio of X to Y in the composition is from about 1: up to 1.67, more preferably, from about 1: up to 2. 最も好ましくは、組成物中のX対Yの重量比は約1:2.2までである。 Most preferably, the weight ratio of X to Y in the composition is up to about 1: 2.2.

この発明でアイオノマーを生成するために使用される酸コポリマーは好ましくは「直接」酸コポリマー(高レベルの軟化モノマーを含む)である。 The acid copolymers used to generate ionomers invention is preferably (including softening monomers high level) "direct" acid copolymers. 上述のとおり、酸コポリマーは少なくとも部分的に中和され、好ましくは組成物中の少なくとも約40%のXが中和される。 As described above, the acid copolymer is at least partially neutralized, preferably at least about 40% of X in the composition are neutralized. より好ましくは少なくとも約55%のXが中和される。 More preferably at least about 55% of X is neutralized. さらに好ましくは少なくとも約70%、最も好ましくは少なくとも約80%のXが中和される。 More preferably at least about 70%, and most preferably at least about 80% of X is neutralized. コポリマーが高度に中和される場合(例えば、少なくとも45%、好ましくは50%、55%、70%または80%の酸部分)、酸コポリマーのMIを十分に大きくして、中和された樹脂のMIが、ASTM D−1238、条件Eで100°C、2160グラムの重さで、測定できるようにする。 If a copolymer is highly neutralized (e.g., at least 45%, preferably 50%, 55%, 70% or 80% of the acid moiety), the MI of the acid copolymer with sufficiently large, neutralized resin the MI is, ASTM D-1238, the weight of 100 ° C, 2160 grams condition E, to be measured. 好ましくは、得られたMIは少なくとも0.1であり、好ましくは少なくとも0.5であり、より好ましくは少なくとも1.0またはそれ以上である。 Preferably, the resulting MI is at least 0.1, preferably at least 0.5, more preferably at least 1.0 or more. 好ましくは、高度に中和したコポリマーについて、酸コポリマーベースの樹脂のMIは少なくとも20または少なくとも40、少なくとも70であり、より好ましくは、少なくとも150である。 Preferably, the highly neutralized copolymer, at least 20 or at least 40 MI acid copolymer-based resin is at least 70, more preferably at least 150.

酸コポリマーは好ましくはアルファオレフィン、具体的にはC 3−8 、α,β−エチレン系不飽和カルボン酸、具体的にはアクリル酸およびメタクリル酸、およびアルキルアクリレートおよびアルキルメタクリレートから選択された柔軟化モノマーを含み、アルキル基は1−8の炭素原子を含むコポリマーである。 Acid copolymer are preferably alpha-olefins, in particular C 3-8, alpha, beta-ethylenically unsaturated carboxylic acid, softening specifically selected from acrylic acid and methacrylic acid, and alkyl acrylates and alkyl methacrylates include monomers, the alkyl group is a copolymer comprising from 1-8 carbon atoms. 「柔軟化」は結晶性が破壊(ポリマーの結晶性が少なくなる)されることを意味する。 "Softening" means that the crystallinity is disrupted (the polymer is made less crystalline). アルファオレフィンはC −C のアルファオレフィンであるが、この発明に使用するに際してはエチレンが最も好ましい。 Although alpha-olefins are alpha-olefins of C 2 -C 4, ethylene is most preferred when used in the present invention. したがってアルファオレフィンとしてエチレンを中心に説明する。 Thus it will be mainly ethylene as the alpha-olefin.

酸コポリマーは、アルファオレフィンがエチレンの場合、E/X/Yコポリマーとして記述でき、ここで、Eはエチレン、Xはα,β−エチレン系不飽和カルボン酸、かつYは柔軟化コモノマーである。 Acid copolymers, when the alpha olefin is ethylene, can be described as E / X / Y copolymers where, E is ethylene, X is alpha, beta-ethylenically unsaturated carboxylic acid, and Y is a softening comonomer. Xは好ましくはポリマーの2〜30重量%(より好ましくは4〜20重量%、最も好ましくは5〜15重量%)の量で存在する。 X is preferably present in an amount of 2 to 30 wt% of polymer (more preferably 4 to 20 wt%, and most preferably 5 to 15% by weight). Yは好ましくはポリマーの17〜40重量%(より好ましくは20〜40重量%、最も好ましくは24〜35重量%)の量で存在する。 Y is preferably present in an amount of 17 to 40 wt% of the polymer (more preferably 20 to 40 wt%, and most preferably 24 to 35% by weight).

高レベルの酸(X)を伴うエチレン酸コポリマーは、モノマー・ポリマー層分離に起因して、連続して重合するように準備するのが困難である。 Ethylene acid copolymers with high levels of acid (X), due to the monomer-polymer phase separation, it is difficult to prepare as polymerized continuously. ただし、米国特許第5028674号に記載されている「共溶媒法」(co−solvent technology)を採用して、または、低酸を伴うコポリマーを準備できる圧力よりいくらか大きな圧力を採用することにより、この困難を回避できる。 However, adopted is described in U.S. Patent No. 5028674, "co-solvent method" (co-solvent technology), or by employing somewhat higher pressure than the pressure that can prepare the copolymer with low acid, this It can be avoided difficult.

具体的な酸コポリマーはエチレン/(メタ)アクリル酸/n−ブチル(メタ)アクリレート、エチレン/(メタ)アクリル酸/イソ−ブチル(メタ)アクリレート、エチレン/(メタ)アクリル酸/メチル(メタ)アクリレート、およびエチレン/(メタ)アクリル酸/メチル(メタ)アクリレートターポリマーである。 Specific acid copolymers ethylene / (meth) acrylic acid / n-butyl (meth) acrylate, ethylene / (meth) acrylic acid / iso - butyl (meth) acrylate, ethylene / (meth) acrylic acid / methyl (meth) acrylate, and ethylene / (meth) acrylic acid / methyl (meth) acrylate terpolymer.

採用される有機酸は、脂肪族、モノ官能性(飽和、不飽和または多不飽和)有機酸であり、具体的には36個未満の炭素原子を具備するものである。 Organic acids employed are aliphatic, mono-functional a (saturated, unsaturated or polyunsaturated) organic acids, in particular those comprising fewer than 36 carbon atoms. 脂肪酸または脂肪酸塩が好ましい。 Fatty acids or fatty acid salts are preferred. 塩は広範囲のうちのいずれのものでもよく、具体的には、有機酸のバリウム、リチウム、ナトリウム、亜鉛、ビスマス、カリウム、ストロンチウム、マグネシウムまたはカルシウムの塩である。 Salts may be of any of a wide range, specifically, a barium organic acids, lithium, sodium, zinc, bismuth, potassium, strontium, magnesium or calcium salts. この発明に有益な具体的な有機酸は、カプロン酸、カプリル酸、カプリン酸、ラウリル酸、ステアリン酸、ベヘン酸、エルカ酸、オレイン酸、およびリノール酸である。 Useful specific organic acids to the present invention, caproic acid, caprylic acid, capric acid, lauric acid, stearic acid, behenic acid, erucic acid, oleic acid and linoleic acid.

オプションのフィラー要素は上述の要素のブレンドの密度を調製するために選択され、その選択は、部品(例えば、カバー、アントル、コアー、センター、多層コアーまたはボール中の中間層)ごとに異なり、また所望のゴルフボールの種類(例えばワンピース、ツーピース、スリーピースまたはマルチピースボール)ごとに異なる。 Filler element of options are selected to prepare the density of the blend of the elements described above, the selection of which component (e.g., a cover, Entre, core, center, an intermediate layer in the multilayer core or ball) vary, also type of golf ball desired (e.g. one-piece, two-piece, three-piece or multi-piece balls) vary. これについては以下に詳述する。 This will be described in more detail below.

一般に、フィラーは約4g/cm を上回る密度、好ましくは5g/cm を上回る密度の無機物であり、組成物の全重量を基準にして0から役60重量%の間の量だけ存在する。 Generally, the filler density greater than about 4g / cm 3, preferably inorganic density greater than 5 g / cm 3, present in an amount of between 0 based on the total weight of the role 60% by weight of the composition. 有益なフィラーの例は、酸化亜鉛、硫化バリウム、ケイ酸鉛、炭化タングステン、その他、ゴルフボールに用いられる周知の他のフィラーである。 Examples of useful fillers include zinc oxide, barium sulfate, lead silicate and tungsten carbide, as well as the other well-known fillers used in the golf ball. フィラー材料は非反応性またはほとんど非反応性であって、かつ硬質化させたり圧縮を大きくしたりするものでなく、また著しく反発係数を減少させたりしないことが好ましい。 Filler material is non-reactive or almost non-reactive, and not intended or to increase the compression or allowed to harden, and it is preferable not to or reduce the coefficient of restitution significantly.

この発明の実施するうえで有益な付加的なオプションの添加物は、酸コポリマーワックス(例えばAllied wax AC143で、これはエチレン/16−18%アクリル酸コパリマーで、平均分子量が2040と考えられている)であり、これは、フィラー材料(例えばZnO)とエチレンコパリマーの酸部分との間の反応を阻止するのに役立つ。 Additives useful additional options in terms of implementation for the present invention include acid copolymer wax (e.g., Allied wax AC 143 believed, this is an ethylene / 16-18% acrylic acid copolymer with a number average molecular weight is believed to 2040 ), which assist in preventing reaction between the filler materials (e.g., ZnO) and the acid moiety in the ethylene copolymer. 他のオプションの添加物はTiO であり、これは漂白剤、光沢剤、界面活性剤、処理助剤として用いられる。 Other optional additives include a TiO 2, which bleaches, brighteners, surfactants, used as a processing aid.

アイオノマーは通常のアイオノマーコポリマー(ジ−、ター−等)とブレンドしてもよく、周知の手法を用いて製品特性を所望のものに調整する。 Ionomers conventional ionomeric copolymers (di -, ter -, etc.) may be blended to adjust product properties as desired using well-known techniques. ブレンドしても、依然として、従来のアイオノマーをベースにしてブレンドした場合に較べて硬度が小さく、弾性率が大きい。 It is blended, still smaller hardness of conventional ionomers in comparison to a case where it is blended with the base, a large elastic modulus.

また、アイオノマーは非イオン性熱可塑性樹脂とブレンドして製品特性を調製しても良い。 Also, the ionomer may be prepared product properties blended with non-ionic thermoplastic resin. 非イオン性の熱可塑性樹脂は、これら例示に限定されないが、熱可塑性エラストマー例えばポリウレタン、ポリ−エーテル−エステル、ポリ−アミド−エーテル、ポリエーテル−尿素、PEBAX(ポリエーテル−ブロック−アミドをベースにしたブロックコポリマーの族で、Atochemから商業的に入手できる)、シチレン−ブタジエン−スチレン(SBS)ブロックコポリマー、スチレン(エチレン−ブチレン)−スチレンブロックコポリマー、その他、ポリアミド(オリゴマーまたはポリマー)、ポリエステル、ポリオレフィン(PE、PP、E/Pコパリマー等を含む)、種々のコモノマーを伴うエチレンコポリマー(これは例えばビニルアセテート、(メタ)アクリレート、(メタ)アクリル酸、エポキシ官能化モノマー、C Nonionic thermoplastic resins include, but are not limited to these exemplified, thermoplastic elastomers such as polyurethanes, poly - ether - esters, poly - amide - ether, polyether - urea, PEBAX (polyether - block - amide based in family of block copolymers, commercially supplied by Atochem), styrene - butadiene - styrene (SBS) block copolymers, styrene (ethylene - butylene) - styrene block copolymer, other polyamides (oligomers or polymers), polyesters, polyolefins (PE, PP, E / P, and the like copolymer with a number), ethylene copolymers (which may, for example vinyl acetate with various comonomers, (meth) acrylates, (meth) acrylic acid, epoxy-functionalized monomer, C 等)、マレイン酸無水物グラフト化、エポキシ化等を伴う官能価コポリマー、EPDMのようなエラストマー、メタローセン触媒PEおよびコポリマー、熱硬化性エラストマーの粉砕粉末、その他を含む。 Etc.), including maleic anhydride-grafted, functionality copolymers with epoxy, etc., elastomers such as EPDM, metallocene catalyzed PE and copolymer, ground powder of thermosetting elastomer, and the like. そのような熱可塑性ブレンドでは、第1の熱可塑性材料は約1%から約99%の重量であってよく、また、第2の熱可塑性材料は約99%から約1%の重量であってよい。 In such thermoplastic blend, the first thermoplastic material can be a weight of about 1% to about 99%, and the second thermoplastic material is a weight from about 99% to about 1% good.

さらに、米国特許出願第10/269341号すなわち米国特許出願公開第2003/0130434号、および米国特許第6653382号の組成物hz、ソリッド球に形成されたときにCORを増大させる。 Further, U.S. Patent Application No. 10/269341 Patent i.e. U.S. Patent Application Publication No. 2003/0130434, and U.S. Patent No. 6653382 No. composition hz, increase COR when formed into a solid sphere. これらは参照してここに組み入れる。 Which are incorporated herein by reference.

この発明の熱可塑性組成物は、ポリマーを含み、これが、1.50から1.54インチの径の球を形成し、この球を初速度125フィート/秒で発射させ、初速度地点から3フィート離れたスチール板に当て、その跳ね返り速度を決定し、跳ね返り速度を初速度で割って反発係数(COR)とする、Atti圧縮は100を上回る。 The thermoplastic composition of the invention comprises a polymer which forms a 1.50 from 1.54 inches in the diameter of the spheres, it is fired the sphere at an initial rate of 125 ft / sec 3 feet from the initial speed point against the distant steel plate, to determine the rebound velocity, rebound velocity divided by the initial velocity and the coefficient of restitution (COR), Atti compression is greater than 100.

この発明の熱可塑性組成物は好ましくは(a)36個未満の炭素原子を有する、脂肪族、モノ官能性有機酸、(b)エチレン、C −C のα,β−エチレン系不飽和カルボン酸コポリマーおよびそのアイオノマーを含む。 The thermoplastic composition of the invention preferably have a (a) 36 or fewer carbon atoms, aliphatic, mono-functional organic acids, (b) ethylene, alpha of C 3 -C 8, beta-ethylenically unsaturated containing a carboxylic acid copolymers and ionomers thereof. ただし、(a)および(b)の酸すべての90%を上回る部分、好ましくは100%近くの部分が中和されている。 However, (a) and acid all parts above the 90% of (b), is preferably close to 100% of the portion being neutralized.

熱可塑性組成物は、好ましくは、(1)エチレン、C −C のα,β−エチレン系不飽和カルボン酸コポリマー(これは軟化モノマーまたは他の手段を高酸レベルまで添加して結晶性を破棄させたもの)と、(2)非揮発性、非移行性の薬剤、例えば残留エチレン件招請を実質的にまたは完全に抑制する性能により選択された有機酸(または塩)とからなる、メルトプロセス可能な、高中和(90%を越え、好ましくは100%で、さらに好ましくは100%を越える)のポリマーである。 Thermoplastic composition, preferably, (1) ethylene, alpha of C 3 -C 8, beta-ethylenically unsaturated carboxylic acid copolymer (which crystallinity by adding a softening monomer or other means to the high acid level and those were discarded), consisting of (2) non-volatile, and non-migratory agents such residual ethylene matter invite substantially or completely inhibit the performance by the selected organic acid (or salt), melt processible, highly neutralized polymers of (more than 90%, preferably 100%, more preferably greater than 100%). 有機酸(または塩)以外の薬剤を用いても良い。 It may be used an agent other than an organic acid (or salt).

酸コポリマーまたはアイオノマーを十分な量の具体的な有機酸(またはその塩)により改質することにより、加工性や伸びや耐久性のような特性を損なうことなく、酸コポリマーを高度の中和できることが知られている。 By modifying the acid copolymer or ionomer a sufficient amount of a specific organic acid (or salt thereof), without impairing the properties such as processability and elongation and durability, it can be highly neutralized acid copolymer It has been known. この発明に利用される有機酸は、脂肪族、モノ官能性、飽和または不飽和、有機酸であり、具体的には、36個未満の炭素原子を具備するものであり、さらに具体的には、非揮発性かつ非移行性があり、イオン性配列の柔軟化特性およびエチレン結晶抑圧特性を有するものである。 Organic acid utilized in the present invention are aliphatic, mono-functional, saturated or unsaturated, organic acids, specifically, which comprises less than 36 carbon atoms, and more specifically , there is a non-volatile and non-migratory, and has a softening properties and ethylene crystallization suppression characteristic of ionic sequences.

十分な有機酸を添加することにより、アイオノマーを生成するための酸コポリマー中の90%を上回る、100%近くの、また好ましくは100%の酸部分が中和でき、この際、加工性や伸び、耐久性のような特性を損なうことがない。 By adding sufficient organic acids, more than 90% of the acid in the copolymer to produce an ionomer, of nearly 100%, and preferably can neutralize 100% of the acid moiety, this time, processability and elongation It does not detract from the properties, such as durability.

メルトプロセス可能な、高中和の酸コポリマーアイオノマーはつぎのようにして製造できる。 Melt processible, acid copolymer ionomer of the high neutralization can be prepared as follows.
(a)(1)エチレン、α,β−エチレン系不飽和C 3−8カルボン酸コポリマーまたはそのメルトプロセス可能なアイオノマー(アイオノマーは処理不能すなわちメルトプロセス不能なレベルまで中和されていない)に、(2)36個未満の炭素原子を有する1または複数の脂肪族、モノ官能性、飽和または不飽和有機酸またはその塩をメルトブレンドし、さらに同時に、または順次に、 In (a) (1) ethylene, alpha, beta-ethylenically unsaturated C 3-8 carboxylic acid copolymer or melt-processible ionomer (ionomers has not been neutralized to unhandled i.e. melt process impossible level), (2) one or more aliphatic having fewer than 36 carbon atoms, monofunctional, and melt-blending the saturated or unsaturated organic acid or its salt, at the same time, or sequentially,
(b)すべての酸部分(酸コポリマー中および有機酸中のものを含む)の中和レベルを90%を越え、好ましくは100%近く、より好ましくは100%に増加させるに足る量のカチオン源を添加する。 (B) the level of neutralization of all the acid moieties (including those in the acid copolymer and in the organic acid) exceeds 90%, the amount of cation source sufficient to preferably close to 100%, more preferably increased to 100% It is added.

好ましくは、この発明の高中和熱可塑材はつぎのようにして製造される。 Preferably, highly neutralized thermoplastics of this invention are prepared in the following manner.
(a)(1)柔軟化モノマーまたは他の手段を添加して結晶性を破壊させた、エチレン、α,β−エチレン系不飽和C 3−8カルボン酸コポリマーまたはそのメルトプロセス可能なアイオノマーに、(2)実質的に残存のエチレン結晶性を除去するにたる非揮発性、非移行性の有機酸を、メルトブレンドし、同時に、または順次に、 (A) (1) containing added softening monomer or other means by destroying crystallinity, ethylene, alpha, the β- ethylenically unsaturated C 3-8 carboxylic acid copolymer or melt-processible ionomer, (2) non-volatile enough to remove ethylene crystallinity substantially remain, the non-migratory organic acids, and melt blending simultaneously or sequentially,
(b)すべての酸部分(酸コポリマー中の酸部分、および非揮発性、非移行性有機酸が有機酸であればその有機酸中の酸部分を含む)の中和レベルを90%を越え、好ましくは100%近く、より好ましくは100%のレベルにするのに十分な量のカチオン源を添加する。 (B) beyond all acid moiety 90% neutralization level (acid moiety in the acid copolymer, and non-volatile, non-migratory organic acids as long as it is an organic acid containing an acid moiety in the organic acid) , preferably close to 100%, more preferably to add a sufficient amount of a cation source to the level of 100%.

この発明でアイオノマーを製造するために用いられる酸コポリマーは好ましくは「直接」酸コポリマーである。 Acid copolymers used to make the ionomer in the present invention are preferably 'direct' acid copolymers. 酸コポリマーは好ましくはアルファオレフィン、具体的にはC 3−8 、α,β−エチレン系不飽和カルボン酸、具体的にはアクリル酸およびメタクリル酸、コポリマーである。 Acid copolymer is preferably alpha-olefins, in particular C 3-8, alpha, beta-ethylenically unsaturated carboxylic acid, particularly acrylic and methacrylic acid, copolymers. それらはオプションとして第3の柔軟化モノマーを含んで良い。 They may include a third softening monomer as an option. 「柔軟化」は結晶性が破壊(ポリマーの結晶性が少なくなる)されることを意味する。 "Softening" means that the crystallinity is disrupted (the polymer is made less crystalline). 適切な「柔軟化」コモノマーはアルキルアクリレートおよびアルキルメタクリレートから選択された柔軟化モノマーであり、アルキル基は1−8の炭素原子を含む。 Suitable "softening" comonomers are softening monomer selected from alkyl acrylates and alkyl methacrylates, the alkyl group contains 1-8 carbon atoms.

酸コポリマーは、アルファオレフィンがエチレンの場合、E/X/Yコポリマーとして記述でき、ここで、Eはエチレン、Xはα,β−エチレン系不飽和カルボン酸、かつYは柔軟化コモノマーである。 Acid copolymers, when the alpha olefin is ethylene, can be described as E / X / Y copolymers where, E is ethylene, X is alpha, beta-ethylenically unsaturated carboxylic acid, and Y is a softening comonomer. Xは好ましくはポリマーの3〜30重量%(より好ましくは4〜25重量%、最も好ましくは5〜20重量%)の量で存在し、Yは好ましくはポリマーの0〜30重量%(より好ましくは3〜25重量%、または10〜23重量%)の量で存在する。 X is preferably 3 to 30% by weight of the polymer (more preferably 4 to 25 wt%, and most preferably 5 to 20% by weight) is present in an amount of, Y is preferably 0 to 30% by weight of the polymer (more preferably present in an amount of 3 to 25% by weight, or 10 to 23 wt%).

球は完全に中和されたアイオノマーAおよびBから準備された。 Spheres were prepared from the ionomer A and B were completely neutralized.
A−76.9%エチレン、14.8%通常のブチルアクリレート、8.3%アクリル酸。 A-76.9% ethylene, 14.8% normal butyl acrylate, 8.3% acrylic acid.
B−75%エチレン、14.9%通常のブチルアクリレート、10.1%アクリル酸。 B-75% ethylene, 14.9% normal butyl acrylate, 10.1% acrylic acid.
(*)は、カチオンが、樹脂および有機酸中のすべての酸の105%が中和されるに足ることを示す。 (*) Indicates that the cation is sufficient to 105% of all acid resin and the organic acid are neutralized.

これら組成物は1.53インチの球に成型され、そのデータはつぎの表のとおりである。 These compositions are molded 1.53 inch spheres, the data is as following table.

さらに、商業的に入手かのうな高度に中和されたポリマーHNP1およびHNP2のテストはつぎの特性を示した。 Furthermore, commercially available highly neutralized tested polymers HNP1 and HNP2 showed the following characteristics.
これら材料はこの発明の好ましいセンターおよび/またはコア層の組成物での例である。 These materials are examples of the compositions of the preferred center and / or core layers of the present invention. これらはカバー層として用いても良い。 It may be used as the cover layer.

この発明のゴルフボール部品、とくにコア(センタおよび/または外側コア層)はエチレンと、α,β−不飽和カルボン酸とのコポリマーから製造されて良い。 The golf ball components of this invention, especially the core (center and / or outer core layer) and the ethylene, alpha, may be prepared from copolymers of β- unsaturated carboxylic acid. 他の実施例では、これらは、エチレンと、α,β−不飽和カルボン酸と、n−アルキルアクリレートとのターポリマーから製造されて良い。 In another embodiment, these are ethylene, alpha, and β- unsaturated carboxylic acid may be prepared from the terpolymer of n- alkyl acrylate. 好ましい実施例では、n−アルキルアクリレートはn−ブチルアクリレートである。 In the preferred embodiment, n- alkyl acrylate is n- butyl acrylate. さらに、好ましい形態では、コポリマーまたはターポリマーはベース樹脂の5phrを越える脂肪酸塩のレベルを含む。 Furthermore, in a preferred embodiment, the copolymer or terpolymer containing a level of fatty acid salt exceeds the 5phr of the base resin. 好ましい脂肪酸塩はオレイン酸マグネシウムまたはステアリン酸マグネシウムである。 Preferred fatty acid salt is magnesium or magnesium stearate oleate.

中間層のカルボン酸は金属イオンで100%中和されることが強く望まれる。 Carboxylic acids of the intermediate layer is highly desirable to be 100% neutralized with metal ions. カルボン酸を中和するために用いる金属イオンは、当分野で知られている任意に金属イオンでよい。 Metal ions used to neutralize the carboxylic acid may be any metal ions which are known in the art. 好ましくは金属イオンはマグネシウムイオンを含む。 Preferably the metal ions comprises magnesium ions. 中間層に用いられる材料が100%中和されていない場合、得られる弾力特性、例えばCORおよび初速度は十分でなく、この発明による初速度や飛距離特性の改善はもたらされないかもしれない。 If the material used for the intermediate layer is not 100% neutralized, resulting elastic properties, for example, COR and initial velocity is not sufficient, it may not be brought about improvements in initial velocity and flying distance characteristics according to the present invention.

ゴルフボール部品は、コポリマーまたはターポリマーの3つの成分を種々のレベルで有し、これは、約60から約90%のエチレン、約8から約20重量%の、α,β−不飽和カルボン酸、および0%から約25%のn−アルキルアクリレートである。 The golf ball components has three components of the copolymer or terpolymer at various levels, which is an ethylene from about 60 to about 90%, from about 8 to about 20 wt% alpha, beta-unsaturated carboxylic acid , and from 0% to about 25% of n- alkyl acrylate. コポリマーまたはターポリマーは所定量の脂肪酸塩を含んでも良い。 Copolymers or terpolymers may include a predetermined amount of fatty acid salt. 脂肪酸塩は好ましくはオレイン酸マグネシウムである。 Fatty acid salt is preferably magnesium oleate. これら材料はDuPont社からDuPontHPF(商標)の商標名の下で商業的に入手できる。 These materials are commercially available under the trade name DuPontHPF (TM) from DuPont.

1実施例では、センターおよび/またはコア層(または他の中間層)は、約81重量%のエチレンおよび約19重量%のアクリル酸のコポリマーを有する。 In one embodiment, the center and / or core layer (or other intermediate layers) have about 81 wt% ethylene and about 19 wt% of a copolymer of acrylic acid. ここで、100%のカルボン酸基はマグネシウムイオンで中和されている。 Here, 100% of the carboxylic acid groups are neutralized with magnesium ions. コポリマーは少なくとも5phrのオレイン酸マグネシウムを含む。 Copolymer comprises magnesium oleate at least 5 phr. この層として使用して好適な材料はDuPont社からDuPont HPF SEP 1313−4(商標)の商標名で入手できる。 Material suitable for use as this layer is available under the trade name of DuPont HPF SEP 1313-4 (TM) from DuPont.

第2の好ましい実施例では、コアおよび/またはコア層(または他の中間層)は、約85重量%のエチレンおよび約15重量%のアクリル酸のコポリマーを有する。 In a second preferred embodiment, the core and / or core layer (or other intermediate layers) have about 85 wt% ethylene and about 15 wt% of a copolymer of acrylic acid. ここで、100%の酸基はマグネシウムイオンで中和されている。 Here, 100% of the acid groups are neutralized with magnesium ions. コポリマーは少なくとも5phrのオレイン酸マグネシウムを含む。 Copolymer comprises magnesium oleate at least 5 phr. この層として使用して好適な材料はDuPont社からDuPont HPF SEP 1313−3(商標)の商標名で入手できる。 Material suitable for use as this layer is available under the trade name of DuPont HPF SEP 1313-3® (TM) from DuPont.

第3の好ましい実施例では、コアおよび/またはコア層(または他の中間層)は、約88重量%のエチレンおよび約12重量%のアクリル酸のコポリマーを有する。 In a third preferred embodiment, the core and / or core layer (or other intermediate layers) have about 88 wt% ethylene and about 12 wt.% Of copolymers of acrylic acid. ここで、100%の酸基はマグネシウムイオンで中和されている。 Here, 100% of the acid groups are neutralized with magnesium ions. コポリマーは少なくとも5phrのオレイン酸マグネシウムを含む。 Copolymer comprises magnesium oleate at least 5 phr. この層として使用して好適な材料はDuPont社からDuPont HPF AD1027(商標)の商標名で入手できる。 Material suitable for use as this layer is available under the trade name of DuPont HPF AD1027 (TM) from DuPont.

さらに他の好ましい実施例では、コアおよび/またはコア層(または他の中間層)は、ボールをバランスさせるように目標の比重へと調整される。 In yet another preferred embodiment, the core and / or core layer (or other intermediate layer) is adjusted to a specific gravity of the target so as to balance the ball. 例えば、約1.61オンスの重量で約1.68インチの径のゴルフボールについて、目標の比重は約1.125である。 For example, for a golf ball having a diameter of about 1.68 inches by weight of about 1.61 ounces, the specific gravity of the target is approximately 1.125. 目標の比重がゴルフボールのサイズおよび重量に左右されることは当業者によく理解されている。 The specific gravity of the target is dependent on the size and weight of the golf ball are well understood by those skilled in the art. 比重は、無機フィラーを用いて所望の目標に調整される。 Specific gravity is adjusted to the desired target with an inorganic filler. 内側カバー層を所望の比重にするために用いられる好ましいフィラーは、これに限定されないが、タングステン、酸化亜鉛、硫化バリウム、および酸化チタンである。 Preferred fillers used to the inner cover layer to the desired specific gravity, but not limited to, tungsten, zinc oxide, barium sulfide, and titanium oxide. 他の適切なフィラーは、具体的には、ナノまたは複合材料であり、米国特許第6793592号および米国特許出願第10/037987号に開示されるものであり、参照してこれを含める。 Other suitable fillers, specifically, a nano or composite material, which is disclosed in U.S. Patent No. 6,793,592 and U.S. Patent Application No. 10/037987, referring to include this.

上述の組成物から生成されたいくつかの好ましいゴルフボール層を、DuPont HPF RX−85(商標)、DuPont HPF SEP 1313−3(商標)、またはDuPont HPF 1313−4(商標)を用いたゴルフボールセンター上に成型した。 Golf balls Some preferred golf ball layer formed from the composition described above, DuPont HPF RX-85 (TM), DuPont HPF SEP 1313-3 (TM), or using a DuPont HPF 1313-4 (TM) It was molded on the center. 1)DuPont HPF RX−85(商標)は約88重量%のエチレンおよび約12重量%のアクリル酸のコポリマーであり、酸基の100%がマグネシウムイオンにおり中和されている。 1) DuPont HPF RX-85 (TM) is about 88 wt% ethylene and about 12 wt% of the copolymer of acrylic acid, 100% of the acid groups are cage neutralized to magnesium ions. この材料はさらに固定量のオレイン酸マグネシウムを含む。 The material further comprises a fixed amount of magnesium oleate. この材料はタングステンを用いて約1.125の比重に調合される。 The material is compounded to a specific gravity of about 1.125 using tungsten. この材料のショアD硬度(内側カバー層の局面で測定)は約58から約60である。 The (measured on the curved surface of the inner cover layer) Shore D hardness of the material is from about 58 to about 60. 2)DuPont HPF SEP 1313−3(商標)は約85重量%のエチレンおよび約15重量%のアクリル酸のコポリマーであり、酸基の100%がマグネシウムイオンにおり中和されている。 2) DuPont HPF SEP 1313-3 (TM) is about 85 wt% ethylene and about 15 wt% of the copolymer of acrylic acid, 100% of the acid groups are cage neutralized to magnesium ions. この材料はさらに固定量のオレイン酸マグネシウムを含む。 The material further comprises a fixed amount of magnesium oleate. この材料はタングステンを用いて約1.125の比重に調合される。 The material is compounded to a specific gravity of about 1.125 using tungsten. この材料のショアD硬度(内側カバー層の局面で測定)は約58−60である。 Shore D hardness of the material (measured on the curved surface of the inner cover layer) is approximately 58-60. 3)DuPont HPF SEP 1313−4(商標)は約81重量%のエチレンおよび約19重量%のアクリル酸のコポリマーであり、酸基の100%がマグネシウムイオンにおり中和されている。 3) DuPont HPF SEP 1313-4 (TM) is about 81 wt% ethylene and about 19 wt% of a copolymer of acrylic acid, 100% of the acid groups are cage neutralized to magnesium ions. この材料はさらに固定量のオレイン酸マグネシウムを含む。 The material further comprises a fixed amount of magnesium oleate. この材料はタングステンを用いて約1.125の比重に調合される。 The material is compounded to a specific gravity of about 1.125 using tungsten. この材料のショアD硬度(内側カバー層の局面で測定)は約58−60である。 Shore D hardness of the material (measured on the curved surface of the inner cover layer) is approximately 58-60.

センター/コア/層は、ターポリマーの3つの成分を種々のレベルで有し、これは、約60から約80%のエチレン、約8から約20重量%のα,β−不飽和カルボン酸、および0%から約25%のn−アルキルアクリレートである。 Center / core / layer has three components of the terpolymer at various levels, which is an ethylene from about 60 to about 80%, alpha from about 8 to about 20 wt%, beta-unsaturated carboxylic acids, and it is from 0% to about 25% of n- alkyl acrylate. ターポリマーも所定量の脂肪酸塩、好ましくはオレイン酸マグネシウムを含んでよい。 Terpolymers predetermined amount of fatty acid salt may preferably comprise magnesium oleate. これら材料はDuPont社からDuPont HPF(商標)の商標名の下で商業的に入手できる。 These materials are commercially available under the trade name of DuPont HPF (TM) from DuPont. 好ましい実施例では、この発明に使用して好適なターポリマーは、約75%から80重量%のエチレン、約8%から約12重量%のアクリル酸、および約8%から17重量%のn−ブチルアクリレートからなる。 In a preferred embodiment, suitable terpolymers used in this invention, from about 75% 80% by weight of ethylene, from about 8% to about 12 wt% of acrylic acid, and from about 8% 17% by weight of n- consisting of butyl acrylate. カルボン酸のすべてはマグネシウムイオンにより中和され、少なくとも5phrのオレイン酸マグネシウムを含む。 All of the carboxylic acid is neutralized with magnesium ions, including magnesium oleate at least 5 phr.

他の実施例では、カバー層が、約70から75重量%のエチレン、約10.5重量%のアクリル酸、および15.5%から約16.5重量%のn−ブチルアクリレートからなるターポリマーを含む。 In another embodiment, the cover layer is ethylene from about 70 to 75 wt%, about 10.5 weight percent acrylic acid, and terpolymers of 15.5% consisting of about 16.5 weight percent n- butyl acrylate including. ターポリマーも所定量のオレイン酸マグネシウムを含んでよい。 Terpolymers may also include a quantity of magnesium oleate. この層に使用して好適な材料はDuPont HPF(商標) AD1027の商標の下で販売されている。 Material suitable for use in this layer is sold under the trademark DuPont HPF (TM) AD1027.

他の実施例では、センター/コア/層が、約88重量%のエチレンおよび約12重量%のアクリル酸からなるコポリマーを含み、100%のアクリル酸がマグネシウムイオンにより中和されている。 In another embodiment, the center / core / layer comprises a copolymer comprising about 88 wt% ethylene and about 12 wt% of acrylic acid, 100% of the acrylic acid are neutralized by magnesium ions. センター/コア/層も所定量のオレイン酸マグネシウムを含んでよい。 Center / core / layer also may include a predetermined amount of magnesium oleate. この実施例に使用して好適な材料は、DuPont社により実験製品番号SEP 1264−3として製造された。 Suitable materials used in this example was produced as an experimental product No. SEP 1264-3 by DuPont Corporation. 好ましくは、センター/コア/層は不活性フィラーを用いて目標の1.125の比重に調合してカバー層の性能特性への影響を最小化して密度を調整する。 Preferably, center / core / layer adjusts the density to minimize the impact on the performance characteristics of the cover layer is compounded to a specific gravity of 1.125 goals using an inert filler. 所望の比重を得るためにセンター/コア/層に調合するために用いる好ましいフィラーは、これに限定されないが、タングステン、酸化亜鉛、硫化バリウム、および酸化チタンである。 Preferred fillers used to formulate the center / core / layers to achieve a desired specific gravity, but not limited to, tungsten, zinc oxide, barium sulfide, and titanium oxide.

第一セットの中間層は、DuPont HPF(商標) AD1027を用いてコア上に成型された。 Intermediate layer of the first set of molded onto the core using a DuPont HPF (TM) AD1027. これは、約73から74%のエチレン、約10.5%のアクリル酸、および15.5%から約16.5重量%のn−ブチルアクリレートからなるターポリマーであり、100%の酸基がマグネシウムイオンにより中和されている。 This ethylene of from about 73 to 74%, a terpolymer consisting of about 10.5% acrylic acid, and from 15.5% to about 16.5 wt% n-butyl acrylate, 100% of the acid groups It is neutralized by magnesium ions. さらにターポリマーは5phrを超える固定量のオレイン酸マグネシウムを含んでよい。 Further terpolymers may include a fixed amount of magnesium oleate exceeding 5 phr. この材料は硫化バリウムおよび酸化チタンを用いて約1.125の比重に調合される。 The material is compounded to a specific gravity of about 1.125 using barium sulfate and titanium oxide. この材料のショアD硬度(内側カバー層の曲面で測定)は約58−60である。 Shore D hardness of the material (as measured on the curved surface of the inner cover layer) is approximately 58-60.

第二セットの層は、DuPont 実験用HPF(商標) SEP1264−3を用いて実験用コアの各々の上に成型された。 Layers of the second set were molded onto each of the experimental cores using DuPont experimental HPF (TM) SEP1264-3. これは、約88%のエチレン、および約12%のアクリル酸からなるターポリマーであり、100%の酸基がマグネシウムイオンにより中和されている。 This is about 88% ethylene, and about 12% of a terpolymer of acrylic acid, 100% of the acid groups are neutralized by magnesium ions. さらにコポリマーは5phrを超える固定量のオレイン酸マグネシウムを含んでよい。 Furthermore copolymer may contain a fixed amount of magnesium oleate exceeding 5 phr. この材料は酸化亜鉛を用いて約1.125の比重に調合される。 The material is compounded to a specific gravity of about 1.125 using zinc oxide. この材料のショアD硬度(内側カバー層の曲面で測定)は約61−64である。 Shore D hardness of the material (as measured on the curved surface of the inner cover layer) is approximately 61-64.

第一セットのカバーは、DuPont HPF(商標)1000を用いてコア/層部品の各々の上に成型された。 Cover of the first set was molded onto each of the core / layer components using DuPont HPF (TM) 1000. これは、約75から76%のエチレン、約8.5%のアクリル酸、および15.5%から約16.5重量%のn−ブチルアクリレートからなるターポリマーであり、100%の酸基がマグネシウムイオンにより中和されている。 This ethylene of from about 75 to 76%, a terpolymer consisting of about 8.5% acrylic acid, and from 15.5% to about 16.5 wt% n-butyl acrylate, 100% of the acid groups It is neutralized by magnesium ions. さらにターポリマーは少なくとも5phrの固定量のステアリン酸マグネシウムを含む。 Further terpolymer contains a fixed amount of magnesium stearate of at least 5 phr. この材料は硫化バリウムおよび酸化チタンを用いて約1.125の比重に調合される。 The material is compounded to a specific gravity of about 1.125 using barium sulfate and titanium oxide. この材料のショアD硬度(内側カバー層の曲面で測定)は約60−62である。 Shore D hardness of the material (as measured on the curved surface of the inner cover layer) is approximately 60-62.

1実施例では、センターまたは内側コアを製造してゴルフボールの製造を開始する。 In one embodiment, to initiate the production of the golf ball manufactures center or inner core. 内側コア、中間層、およびカバーは、圧縮成型、射出成型により製造される。 The inner core, intermediate layer, and the cover, compression molding is produced by injection molding. この種のセンター、中間層およびカバーを製造する手法はこの技術分野で周知である。 This type of center, method of producing the intermediate layer and the cover are well known in the art. センターおよび外側コアならびにカバーに用いられる材料は、所望の競技特性を達成するように選択される。 Materials used for the center and outer core and cover are selected to achieve the desired playing characteristics. センターおよび外側コアの材料はかなり材料特性が異なっており、センターおよび外側コアの材料の間に所定に関係ができ、ボールの所望の競技特性が達成される。 The material of the center and outer core are quite material properties are different, predetermined to be the relationship between the material of the center and outer core, the desired playing characteristics of the ball can be achieved.

1実施例では、センターは、第1のショアD硬度、第1の弾性率、第1の比重および第1のベイショア弾力性の第1の材料から製造される。 In one embodiment, center, first Shore D hardness, the first elastic modulus, produced from a first specific gravity and a first Bayshore resilience of the first material. 外側コアまたは中間層は、第2のショアD硬度、第2の弾性率、第2の比重および第2のベイショア弾力性の第1の材料から製造される。 Outer core or intermediate layer has a second Shore D hardness, the second elastic modulus, produced from a second specific gravity and a second Bayshore resilience of the first material. 好ましくは、第1の材料の材料特性は、第1のショアD硬度が第2のショアD硬度から少なくとも10ポイント異なるもの、第1の弾性率が第2の弾性率から少なくとも10%異なるもの、第1の比重が第2の比重から少なくとも0.1異なるもの、または第1のベイショア弾力性が第2のベイショア弾力性から少なくとも10%異なるものからなるグループから選択された少なくとも1つと等しい。 Preferably, the material properties of the first material, the first of Shore D hardness differ by at least 10 points from the second Shore D hardness, the first of elastic modulus which differ by at least 10 percent from the second modulus of elasticity, the first of the specific gravity is different from at least 0.1 from a second specific gravity, or at least equal to one first Bayshore resilience is selected from the group consisting of at least 10% different from the second Bayshore resilience. より好ましくは、第1の材料はこれら材料特性の関係をすべて満たす。 More preferably, the first material satisfies all the relationships of these material properties.

さらに、第1の材料は、約30から約80の間の第1のショアD硬度、約5000psiから約100,000psiの第1の弾性率、約0.8から約1.6の間の第1の比重、および約30%を超える第1のベイショア弾力性を有することが好ましい。 Furthermore, the first material, the first Shore D hardness of between about 30 to about 80, a first elastic modulus of about 5000psi to about 100,000 psi, first of between about 0.8 to about 1.6 1 specific gravity, and it is preferred to have the first Bayshore resilience greater than about 30%.

他の実施例では、第1のショアD硬度は第2のショアD硬度より小さく、第1の弾性率は第2の弾性率より小さく、第1の比重は第2の比重より小さく、かつ第1のベイショア弾力性は第2のベイショア弾力性より小さい。 In other embodiments, the first Shore D hardness is less than the second Shore D hardness, the first elastic modulus is less than the second modulus of elasticity, the first specific gravity is less than the second density, and the 1 Bayshore resilience is less than the second Bayshore resilience. 他の実施例では、第1の材料特性は第2の材料特性より大きい。 In other embodiments, the first material characteristic is greater than the second material property. 第1の材料特性および第2の材料特性の間の関係は所望の競技特性に左右される。 Relationship between the first material properties and the second material characteristic depends on the desired playing characteristics.

適切なセンターおよび外側コア材料は、有機脂肪酸およびその塩または金属カチオン、またはこれらの組み合わせにより中和した、HNP、熱硬化性材料、例えば、ゴム、ポリブタジエン、ポリイソプレン;熱可塑性材料、例えばアイオノマー樹脂、ポリアミドまたはポリエステル;または熱可塑性エラストマーである。 Suitable center and outer core material was neutralized with organic fatty acids and salts thereof or a metal cation, or a combination thereof,, HNP, thermoset materials, for example, rubber, polybutadiene, polyisoprene, thermoplastic material, for example an ionomer resin , polyamide or polyester; or a thermoplastic elastomer. 適切な熱可塑性エラストマーは、PEBAX(商標)、HYTEL(商標)、熱可塑性ウレタン、およびKRATON(商標)であり、これらはそれぞれElf−Atochem社、DuPont社、BF Goodrich社、およびShell社から商業的に入手できる。 Suitable thermoplastic elastomers are PEBAX (TM), Hytrel (TM), thermoplastic urethane, and KRATON (TM), each of which Elf-Atochem Company, DuPont Co., BF Goodrich Co., and commercially from Shell Corporation available in. センターおよび外側コア材料は成型材料から製造してもよい。 Center and outer core material may be manufactured from molded material. 適切な成型材料は、これに限定されないが、ウレタン、尿素、エポキシ、または硬化材である。 Suitable molding materials include, but are not limited to, urethane, urea, epoxy or hardener.

カバーは、ゴルフボールカバーとして用いられる通常の材料から所望の性能特性に応じて選択される。 The cover is selected according to the desired performance characteristics from conventional materials used as golf ball covers. カバーは1または複数の層からなってもよい。 Cover may consist of one or more layers. カバー材料、例えば、アイオノマー樹脂、アイオノマー樹脂のブレンド、熱可塑性または熱硬化性ウレタン、およびバラタを、当技術分野で知られ、また上述したように、採用できる。 Cover materials, e.g., ionomer resins, blends of ionomer resins, thermoplastic or thermoset urethane, and balata, known in the art and as described above, can be employed. 他の実施例では、上述の層に、付加的な層を加えてもよく、また、既存の層を多材料により製造してもよい。 In another embodiment, the above-described layers, additional layers may be added, also, may be prepared existing layer by multi-material.

センタが流体充填センターにより構成される場合には、センターが先に製造されて中間層がセンタの周りに成型される。 Center to be composed by the fluid-filled center, center is previously prepared intermediate layer is molded around the center. 通常の成型手法をこの処理に採用できる。 It can be employed the usual molding technique in this process. そして、外側コアおよびカバーがその上に形成され、これは上述のとおりである。 Then, the outer core and the cover are formed thereon, which are as described above. センターコア中の流体は、広範囲の材料でよく、例えば、空気、水溶液、液体、ゲル、泡、ホットメルト、その他の流体材料及びそれらの組合わせである。 Fluid in the center core can be a wide range of materials, for example, air, aqueous, liquid, gel, foam, hot-melt and other fluid materials and combinations thereof. ボールの特性パラメータ、例えば、慣性モーメントまたはスピン減衰レートを修正するために流体を変更する。 Characteristic parameters of the ball, for example, to change the fluid in order to modify the moment of inertia or the spin decay rate. 適切な液体の例は、塩水のような水溶液、コーンシロップ、塩水とコーンシロップ、グリコールと水又は油である。 Examples of suitable liquids include aqueous solutions such as saline, corn syrup, salt water and corn syrup, a glycol and water or oil. 液体はさらにペースト、粘土の様なコロイド懸濁液、バライト、水又はその他の液体中のカーボンブラック、又は、塩水/グリコール混合物であってよい。 Liquid further paste, a colloidal suspension, such as clays, barytes, water or other carbon black in the liquid, or may be a salt water / glycol mixture. 適当なゲルの例は、水ゼラチンゲル、ヒドロゲル、水/メチルセルロースゲル及び、スチレン−ブタジエン−スチレンゴムの様な材料をベースとしたコポリマーゴム及びパラフィン系及び/又はナフテン系オイルである。 Examples of suitable gels include water gelatin gels, hydrogels, water / methyl cellulose gel, and styrene - butadiene - is a copolymer rubber based materials such styrene rubber and paraffinic and / or naphthenic oil. 適当なメルトの例は、ワックス及びホットメルトである。 Examples of suitable melt, waxes and hot-melt. ホットメルトは、室温又は凡そ室温で固体であって、昇温度で液体となる材料である。 Hot melt is a solid at room temperature or about room temperature, is a material which becomes liquid at elevated temperature. 液体コアは、内側コア、外側コア及びカバーの成形中に高温に加熱されるので、高い融点温度が望ましい。 Liquid core, the inner core, because it is heated to a high temperature during the outer core and the cover molding, a high melting point is desirable. 或いは又、液体は、固体を形成する為に組合わせる選択的反応性性液体系であってもよい。 Alternatively, liquid, solid may be selectively reactive liquid system to combine to form a. 適当な反応性液体の例は、シリケートゲル、アガーゲル、過酸化物硬化ポリエステル樹脂、二成分系エポキシ樹脂、過酸化物硬化液体ポリブタジエンゴム組成物である。 Examples of suitable reactive liquid, silicate gels, agar gels, peroxide cured polyester resin, two-component epoxy resin, a peroxide cured liquid polybutadiene rubber compositions.

「実効圧縮定数」は「EC」とも表記され、これは、コアに用いられる任意の単一の材料から製造した1.50インチ径の球に100Kgの加重下の偏位の比であり、式EC=F/dにより表される。 "Effective compression constant" is referred to as "EC", which is the ratio of the deflection of weighted under 100Kg into spheres 1.50 inch diameter made from any single material used in the core, wherein represented by EC = F / d. ここでFは100Kgの加重であり、dはミリメータで表される偏位である。 Where F is the load of 100 Kg, d is a deflection represented in millimeters. テスト球が内側コア材料のみの場合には、内側コア材料単独の実効圧縮定数がEC ICで表記される。 If the test sphere is only the inner core material, the effective compression constants of the inner core material alone is designated EC IC. テスト球が外側コア材料のみの場合には、外側コア材料単独の実効圧縮定数がEC OCで表記される。 Test ball in the case of only the outer core material, the effective compression constant of the outer core material alone is designated EC OC. 内側コアおよび外側コアの定数EC ICおよびEC OCの和は定数EC である。 The sum of the constants EC IC and EC OC of the inner core and outer core are constant EC S. テスト球が内側および外側コア材料の場合には、コア実効圧縮定数がEC で表記される。 If the test sphere of the inner and outer core material, the core effective compression constant is denoted by EC C. コア実効圧縮定数がC が、内側コアおよび外側コアの定数EC ICおよびEC OCの和EC でより小さいときに、非常に好ましいコアが製造されることが判明した。 Core effective compression constant C C is, when the smaller the sum EC S constants EC IC and EC OC of the inner core and outer core, highly preferred core was found to be produced. コア実効圧縮定数がC が、内側コアおよび外側コアの定数EC ICおよびEC OCの和EC の約90%より小さいことが推奨される。 Core effective compression constant C C is, it is recommended less than about 90% of the sum EC S constants EC IC and EC OC of the inner core and outer core. より好ましくは、コア実効圧縮定数がC が、内側コアおよび外側コアの定数EC ICおよびEC OCの和EC の50%より小さい。 More preferably, the core effective compression constant C C is less than 50% of the sum EC S constants EC IC and EC OC of the inner core and outer core. 内側コア材料と外側コア材料との比や内側コアと外側コアの幾何形状は、これらコア実効圧縮定数を実現するように選択される。 The geometry of the ratio and the inner and outer cores of the inner core material and an outer core material is selected to achieve these core effective compression constant.

得られたゴルフボールの反発係数は典型的には約0.7より大きく、好ましくは約0.75より大きく、さらに好ましくは約0.78より大きい。 Coefficient of restitution of the resulting golf ball is typically greater than about 0.7, preferably greater than about 0.75, more preferably greater than about 0.78. また、このゴルフボールのAtti圧縮は典型的には少なくとも約40、好ましくは約50から約120、より好ましくは約60から100である。 Further, Atti compression typically at least about 40 of the golf ball, preferably from about 50 to about 120, more preferably about 60 100. ゴルフボール硬化ポリブタジエン材料の硬度は典型的には少なくとも約15ショアAであり、好ましくは約30ショアAおよび80ショアDの間であり、より好ましくは約50ショアAおよび60ショアDの間である。 The hardness of the golf ball cured polybutadiene material is typically at least about 15 Shore A, preferably between about 30 Shore A and 80 Shore D, more preferably between about 50 Shore A and 60 Shore D .

有機脂肪酸およびその塩により中和したHNPに加えて、コア組成物は、少なくとも約40の弾力性インデックスを有する少なくとも1つのゴム材料を含んでよい。 In addition to the HNP neutralized with organic fatty acids and salts thereof, the core composition may comprise at least one rubber material having elasticity index of at least about 40. したがって、弾力性ゴルフボールを製造するポリマーはこの発明に好適であり、これに限定されないが、テキサス州オレンジのBayer社から商業的に入手できるCB23、CB22や、イタリアのEnichem社から商業的に入手できるBR60やオハイオ州アクロンのGoodyear社から商業的に入手できる1207である。 Thus, the polymer to produce a resilient golf ball is suitable for this invention include, but are not limited to, commercially available from Bayer Corporation of Texas orange CB23, CB22 and, commercially from Enichem Co. Italy Get it is a 1207 from the BR60 and Goodyear Corp. of Akron, Ohio, which can be commercially available.

さらに、非加硫ゴム、例えば、ポリブタジエンは、この発明にしたがって準備されたゴルフボールにおいて、約40および約80の間のムーニ粘度を有し、より好ましくは約45から約65、最も好ましくは約45から約55の間のムーニ粘度を有する。 Further, the unvulcanized rubber, such as polybutadiene, in golf balls prepared according to the invention has a Mooney viscosity of between about 40 and about 80, more preferably from about 45 to about 65, and most preferably about having a Mooney viscosity of between about 55 to 45. ムーニ粘度は典型的にはASTM−D1646にしたがって測定される。 Mooney viscosity is typically measured according to ASTM-D1646.

この発明にしたがってゴルフボールを製造する場合、典型的には、ゴルフボールは、約60パーセントを超えるディンプル領域、好ましくは約65パーセントを越え、より好ましくは約75パーセントを越えるディンプル領域を有する。 When manufacturing a golf ball according to the invention, typically, the golf ball, the dimple area greater than about 60 percent, preferably greater than about 65 percent, more preferably dimple area in excess of about 75 percent. ゴルフボールのカバーの曲げ弾性率は、ASTM手法D6272098、手順Bで測定したときに、典型的には約500psiを越え、好ましくは、約500psiから約150,000psiである。 Flexural modulus of the cover of the golf ball, ASTM method D6272098, when measured by procedure B, typically in excess of about 500psi, preferably from about 500psi to about 150,000 psi. 上述のとおり、外側カバー層は好ましくは比較的柔らかなポリウレタン材料から形成される。 As described above, the outer cover layer is preferably formed from a relatively soft polyurethane material. 具体的には、外側コア層の材料の材料硬度は、ASTM−D2240で測定したときに、約45ショアD未満であり、好ましくは約40ショアD未満であり、より好ましくは約25および約40ショアDの間であり、最も好ましくは約30および約40ショアDの間である。 Specifically, the material hardness of the outer core layer material, when measured by ASTM-D2240, less than about 45 Shore D, preferably less than about 40 Shore D, more preferably about 25 and about 40 it is between Shore D, and most preferably between about 30 and about 40 Shore D. ケーシングの材料硬度は好ましくは約70ショアD未満であり、より好ましくは約30から約70ショアDの間であり、最も好ましくは約50から約65ショアDの間である。 Material hardness of the casing is preferably less than about 70 Shore D, more preferably between about 30 to about 70 Shore D, and most preferably between about 50 to about 65 Shore D.

好ましい実施例では、中間層の材料硬度は、約40および約70ショアDの間であり、外側カバー層の材料硬度は約40ショア未満である。 In a preferred embodiment, the material hardness of the intermediate layer is between about 40 and about 70 Shore D, material hardness of the outer cover layer is less than about 40 Shore. より好ましい実施例では、中間層の材料硬度の外側コア層の材料硬度に対する比は、1.5より大きい。 In a more preferred embodiment, the ratio to the material hardness of the outer core layer material hardness of the intermediate layer is greater than 1.5.

「材料硬度」と「ゴルフボールの表面で直接に測定した硬度」とは、とくに当業者とっては、基本的に異なることを理解されたい。 The "material hardness" and "hardness measured directly on the surface of the golf ball", is taking particular those of ordinary skill in the art, it is to be understood that there is a fundamental difference. 材料硬度は、ASTM−D2240に記載された手順によって定義されており、一般に、硬度を測定すべき材料から形成させた平坦な「スラブ」または「ボタン」の硬度を測定するものである。 Material hardness is defined by the procedure described in ASTM-D2240, in general, is to measure the hardness of a flat was formed from a material to be measured hardness "slab" or "button". ゴルフボール(または、他の球体表面)上で直接測定するときの硬度は、完全に異なる測定であり、従って、異なる硬度値を生ずる。 Golf ball (or other spherical surface) hardness when measured directly on a completely different measurement, therefore, results in a different hardness value. この相違は、限定するものではないが、ボール構造(即ち、コアのタイプ、コアおよび/またはカバー層の数等)、ボール(または球体)直径、および隣接各層の素材組成のような多くの要因に由来する。 This difference, but are not limited to, ball construction (i.e., type of core, when referring to the number of core and / or cover layer), a number of factors such as a ball (or sphere) diameter, and the material composition of adjacent layers from to. また、2つの測定方法は直線的には相関せず、従って、一方の硬度値が他方の硬度値と容易に相関し得ないことも理解すべきである。 Further, the two measurement techniques are not correlated linearly, therefore, it is also to be understood that one of the hardness value can not easily be correlated with other hardness values.

1実施例では、この発明のセンターは約50および約90の間であり、より好ましくは約60〜約85、最も好ましくは約65〜約85のアッティ圧縮を有する。 In one embodiment, the center of the present invention is between about 50 and about 90, more preferably from about 60 to about 85, most preferably Atti compression of about 65 to about 85. センターの全体の外径(「OD」)は約1.590インチより小さく、好ましくは1.580インチより大きくなく、より好ましくは約1.540インチ〜約1.580インチ、最も好ましくは約1.525インチ〜約1.570インチである。 Overall outside diameter of the center ( "OD") is less than about 1.590 inches, preferably no greater than 1.580 inches, more preferably from about 1.540 inches to about 1.580 inches, and most preferably about 1 .525 is an inch to about 1.570 inches. この発明のゴルフボールのケーシングのODは、好ましくは1.580インチから約1.640インチの間であり、より好ましくは約1.590インチ〜約1.630インチ、最も好ましくは約1.600インチ〜約1.630インチである。 OD of the casing of the golf ball of the present invention is preferably between 1.580 inches to about 1.640 inches, more preferably from about 1.590 inches to about 1.630 inches, and most preferably from about 1.600 inch is to about 1.630 inches.

本多層ゴルフボールの全体の外径はいかなる大きさでもよい。 The outer diameter of the whole of the multi-layer golf ball may be of any size. 全米ゴルフ協会(「USGA」)の規定は競技用のゴルフボールの最小の大きさを1.680インチに制限している。 The provisions of the United States Golf Association ( "USGA") limits the minimum size of a competition golf ball to 1.680 inches. 最大直径に関する規定はない。 Provisions relating to the maximum diameter is not. しかしながら、遊びにはいかなる大きさのゴルフボールも使用することができる。 However, the play can also be used golf balls of any size. 本ゴルフボールの好ましい直径は約1.680インチ〜約1.800インチである。 The preferred diameter of the golf ball is about 1.680 inches to about 1.800 inches. より好ましい直径は約1.680インチ〜約1.760インチである。 The more preferred diameter is from about 1.680 inches to about 1.760 inches. 最も好ましい直径は約1.680インチ〜約1.740インチである。 The most preferred diameter is about 1.680 inches to about 1.740 inches.

この発明のゴルフボールの慣性モーメント(「MOI」)は約70−95g・cm 、好ましくは、約75−93g・cm 、より好ましくは、約76−90g・cm 、もしゴルフボールの慣性モーメントを小さくする必要がある場合でも、MOIは85より大きくする必要があり、好ましくは83より大きくする必要がある。 Golf moment of inertia of the ball ( "MOI") is about 70-95g · cm 2 of the present invention, preferably, about 75-93g · cm 2, more preferably, about 76-90g · cm 2, if the inertia of the golf ball If you need to reduce the moment, MOI must be greater than 85, it is preferably to be greater than 83. 高MOIのボールについては、MOIは86未満に摺る必要があり、好ましくは89未満である。 For ball high MOI, MOI must be less than 86, preferably less than 89. MOIは、典型的には、コネチカット州、コリンスビルのInertia Dynamic社製造の型番MOI−005−104慣性モーメント装置により測定される。 MOI is typically, CT, as measured by model number MOI-005-104 inertia device Inertia Dynamic Corporation production of Korinsubiru. この装置はPCとCOMMポートで接続されてMOI装置ソフトウェアバージョン2により駆動される。 The device is driven by MOI unit software version 2 is connected with PC and COMM port.

米国特許第6193619号、同第6207784号、および同6221960号mおよび米国特許出願第09/594031号(2000年6月15日出願)、同第09/677871号(2000年10月3日出願)、および同第09/447652号(1999年11月23日出願)を参照してここに組み入れる。 No. 6193619, the No. 6207784, and the 6221960 No. m and U.S. Patent Application No. 09/594031 (6 February 15, 2000 filed), the No. 09/677871 (October 3, 2000 filed) , and incorporated herein by reference the same No. 09/447652 (November 23, 1999 application).

この発明の高度に中和されたポリマーはゴルフ用品、例えば、パター、アイアンおよびウッドのようなゴルフクラブのインサート、およびゴルフシューズおよびその部品に採用してもよい。 The highly neutralized polymer of the invention is golf equipment, for example, may be adopted putters, irons and wood golf club inserts, such as, and in golf shoes and components thereof.

さらに他の実施例では、コアは、シス−トランス変換触媒、ポリブタジエンを具備する弾力性ポリマー成分、フリーラジカル源、オプションとしての架橋剤およびフィラーまたは双方を含む反応生成物を有する。 In yet another embodiment, the core, cis - having trans catalyst, resilient polymer component having a polybutadiene, a free radical source, a reaction product containing a crosslinking agent and filler or both optional. 好ましくは、ポリブタジエン反応生成物を用いて少なくともゴルフボールのコアの一部を形成し、さらに、下記はコアを準備するための実施例に関するものである。 Preferably, the polybutadiene reaction product is used to form part of a core of at least a golf ball, further below relates to this embodiment for preparing the core. 好ましくは、反応生成物の−50°Cで測定して第1の動的剛性は0°Cで測定した第2の動的剛性より約130パーセント小さい。 Preferably, the first dynamic stiffness measured at -50 ° C of the reaction product 0 ° second about 130 percent less than the dynamic stiffness measured at C. より好ましくは、第1の動的剛性は第2の動的剛性より約125パーセント小さい。 More preferably, the first dynamic stiffness is less than about 125 percent of the second dynamic stiffness. 最も好ましくは、第1の動的剛性は第2の動的剛性より約110パーセント小さい。 Most preferably, the first dynamic stiffness is about 110 percent less than the second dynamic stiffness.

シス−トランス変換には、有機イオウまたは金属含有有機イオウ化合物、イオウまたは金属を含有しない置換または非置換芳香族有機化合物、無機スルフィド化合物、芳香族有機金属化合物、またはこれらの混合物のようなシス−トランス変換触媒が必要である。 Cis - trans conversion, organic sulfur or metal-containing organic sulfur compound, sulfur or a metal-substituted or unsubstituted aromatic organic compound not containing, inorganic sulfide compound, cis such as an aromatic organometallic compound, or a mixture thereof - trans catalyst is needed. シス−トランス変換触媒成分はここに記述される1または複数のシス−トランス変換触媒を含んで良い。 Cis - trans catalyst component one or more of cis described herein - may include trans catalyst. 例えば、シス−トランス変換触は有機硫黄成分および無機硫化物成分のブレンドであってよい。 For example, cis - trans catalyst may be a blend of organic component and an inorganic sulfide component.

好ましい有機硫黄成分は、4,4'−ジフェニルジスルフィド、4,4'−ジトリルジスルフィド、または2,2'−ベンズアミドジフェニルジスルフィド、またはこれらのブレンドである。 Preferred organosulfur components include 4,4'-diphenyl disulfide, 4,4'-ditolyl disulphide or 2,2'-benzamide diphenyl disulfide, or blends. 付加的に好ましい有機硫黄成分は、これに限定されないが、ペンタクロロチオフェノール、亜鉛ペンタクロロチオフェノール、ペンタクロロチオフェノールの非金属塩、例えばペンタクロロチオフェノールのアンモニア塩、マグネシウムペンタクロロチオフェノール、コバルトペンタクロロチオフェノール、ペンタフルオロチオフェノール、亜鉛ペンタフルオロチオフェノール、および、これらのブレンドである。 Additionally preferred organic sulfur components, but are not limited to, pentachlorothiophenol, the zinc pentachlorothiophenol, nonmetal salts of pentachlorothiophenol, such as ammonia salts of pentachlorothiophenol, magnesium pentachlorothiophenol cobalt pentachlorothiophenol, pentafluorothiophenol, zinc pentafluorothiophenol, and blends thereof. 好ましい候補はペンタクロロチオフェノール(オハイオ州ストウのStrucktol社から入手できる)、亜鉛ペンタクロロチオフェノール(カリフォルニア州のサンフランシスコのChinachem社から入手できる)、およびこれらのブレンドである。 Preferred candidates (available from Strucktol Company of Stow, Ohio) pentachlorothiophenol, (available from California San Francisco Chinachem Co.) zinc pentachlorothiophenol, and blends thereof. 付加的な例は本出願人の出願に係る米国特許出願第10/882130号に記載されており、参照してここに組み入れる。 Additional examples are described in U.S. Patent Application No. 10/882130 filed on the present applicant, which is incorporated herein by reference.

この有機硫黄シス−トランス変換触媒が存在する場合、このものは、好ましくは全弾性ポリマー成分を基準として少なくとも約12パーセントのトランス−ポリブタジエンアイソマーを含むように該反応生成物を製造するのに十分な量で存在するが、典型的には全弾性ポリマー成分を基準として約32パーセントを越えるトランス−ポリブタジエンアイソマーを含むように製造するのに十分な量で存在する。 Trans catalyst, when present, is the one, preferably at least about 12 percent trans based on the total elastic polymer component - - organosulfur cis sufficient to produce the reaction product to contain a polybutadiene isomer in an amount, but typically the transformer exceeds about 32 percent based on the total elastic polymer component - is present in an amount sufficient to produce to include polybutadiene isomer. 他の実施例において、金属−含有有機硫黄成分を、本発明に従って使用できる。 In another embodiment, the metal - containing organosulfur components can be used in accordance with the present invention. 適当な金属−含有有機硫黄成分は、ジエチルジチオカルバメート、ジアミルジチオカルバメートおよびジメチルジチオカルバメートまたはこれらの混合物の、カドミウム、銅、鉛、およびルテニウム類似体を包含するが、これらに制限されない。 Suitable metal - containing organic sulfur components, diethyldithiocarbamate, of diamyl dithiocarbamate and dimethyldithiocarbamate, or mixtures thereof, cadmium, copper, lead, and tellurium analogs, but are not limited thereto. 付加的に好適な例は本出願人の出願に係る米国特許第10/402592号に見いだせる。 Additional suitable examples of can be found in U.S. Pat. No. 10/402592 filed on the present applicant.

硫黄または金属を含まない、適当な置換または無置換の芳香族有機成分は、4,4'−ジフェニルアセチレン、アゾベンゼン、またはこれらの混合物を含むが、これらに制限されない。 Not containing sulfur or a metal, an aromatic organic components Suitable substituted or unsubstituted, 4,4'-diphenyl acetylene, azobenzene, or mixtures thereof, without limitation. 該芳香族有機基は、好ましくはそのサイズにおいて、C 〜C 20なる範囲にあり、またより好ましくはC 〜C 10なる範囲にある。 The aromatic organic group preferably in their size, located in the C 6 -C 20 becomes range and more preferably in the C 6 -C 10 Scope. 適当な無機硫化物成分は、硫化チタン、硫化マンガン、および鉄、カルシウム、コバルト、モリブデン、タングステン、銅、セレン、イットリウム、亜鉛、錫、およびビスマスの類似の硫化物を包含するが、これらに限定されない。 Suitable inorganic sulfides component, titanium sulfide, manganese sulfide, and iron, calcium, cobalt, molybdenum, tungsten, copper, selenium, encompasses yttrium, zinc, tin, and similar sulfides bismuth, limited to not.

該シス−トランス変換触媒は、また第VIA族成分を含むこともできる。 The cis - trans catalyst can also include a Group VIA component. 元素硫黄および重合体硫黄は、例えばオハイオ州、シャルドンのElastochem社から、市販品として入手できる。 Elemental sulfur and polymeric sulfur, for example OH, from Elastochem Inc. Chardon, commercially available. 硫黄触媒化合物の例は、PB(RM−S)−80元素硫黄およびPB(CRST)−65重合体硫黄を含み、これら各々は、Elastochem社から入手できる。 Examples of the sulfur catalyst compounds include PB (RM-S) -80 elemental sulfur and PB (CRST) -65 polymeric sulfur, each of which is available from Elastochem Inc.. 「TELLOY」という商品名のテルル触媒の例および「VANDEX」という商品名のセレン触媒の例は、各々RT Vanderbilt社から市販品として入手できる。 Examples of trade names of selenium catalyst of examples of tellurium catalyst of the trade name "TELLOY" and "VANDEX" are each commercially available from RT Vanderbilt Company.

フリーラジカル源は、しばしば、フリーラジカル開始剤とも呼ばれるが、組成物および手法に必要である。 Free radical source, often alternatively referred to as a free-radical initiator, is required in the composition and method. フリーラジカル源は、典型的にはパーオキサイド、好ましくは有機パーオキサイドである。 Free radical source is typically a peroxide, preferably an organic peroxide. 適切なフリーラジカル源は、ジ−t−アミルパーオキサイド、ジ(2−t−ブチル−パーオキシイソプロピル)ベンゼンパーオキサイド、3,3,5−トリメチルシクロヘキサン、a−aビス(t−ブチルパーオキサイド)ジイソプロピルベンゼン、1,1−ビス(t−ブチルパーオキシ)−3,3,5−トリメチルシクロヘキサン、ジクミルパーオキサイド、ジ−t−ブチルパーオキサイド、2,5−ジ−(t−ブチルパーオキシ)−2,5−ジメチルヘキサン、n−ブチル−4,4−ビス(t−ブチルパーオキシ)バレート、ラウリルパーオキサイド、ベンゾイルパーオキサイド、t−ブチルヒドロパーオキサイド等、およびこれらの任意の混合物である。 Suitable free radical source, di -t- amyl peroxide, di (2-t-butyl - peroxy isopropyl) benzene peroxide, 3,3,5-trimethyl cyclohexane, a-a bis (t-butyl peroxide ) diisopropylbenzene, 1,1-bis (t-butylperoxy) -3,3,5-trimethylcyclohexane, dicumyl peroxide, di -t- butyl peroxide, 2,5-di - (t-Buchirupa oxy) -2,5-dimethyl hexane, n- butyl-4,4-bis (t-butylperoxy) Bareto, lauryl peroxide, benzoyl peroxide, t- butyl hydroperoxide, etc., and any mixture thereof it is.

架橋剤を含ませて反応生成物の硬度を増大させる。 Crosslinking agent moistened with increasing the hardness of the reaction product. 適切な架橋剤は、不飽和脂肪酸またはモノカルボン酸の1または複数の金属塩、例えば、亜鉛、アルミニウム、ナトリウム、リチウム、ニッケル、カルシウム、またはマグネシウムのアクリレート塩等、およびその混合物を含む。 Suitable crosslinking agents include one or more metal salts of unsaturated fatty acids or monocarboxylic acids, such as zinc, aluminum, sodium, lithium, nickel, calcium or magnesium acrylate salts, etc., and mixtures thereof. 好ましいアクリレートは、亜鉛アクリレート、亜鉛ジアクリレート(ZDA)、亜鉛メタクリレート、および亜鉛ジメタクリレート(ZDMA)およびこれらの混合物を含む。 Preferred acrylates include zinc acrylate, zinc diacrylate (ZDA), zinc dimethacrylate, and zinc dimethacrylate (ZDMA) and mixtures thereof. 架橋剤は、弾性ポリマー要素中のポリマーチェーンの一部を架橋するに足る量だけ含まれていなければならない。 Crosslinker must be an amount sufficient to crosslink a portion of the polymer chains in the elastic polymer element. これは、例えば、架橋剤の種類は量を変更して達成でき、当業者には周知である。 This, for example, the type of the crosslinking agent can be accomplished by changing the amount, which is well known to those skilled in the art.

この発明の組成物は、また、コアまたはカバーの密度および/または比重を調整するためにポリブタジエン材料に加えられるフィラーを含んでも良い。 The composition of this invention may also include fillers, added to the polybutadiene material to adjust the density and / or specific gravity of the core or the cover. フィラーは典型的にはポリマーまたは鉱物性粒子である。 Fillers are typically polymeric or mineral particles. フィラーの例は、沈降水和シリカ、クレー、タルク、アスベスト、ガラス繊維、アラミド繊維、マイカ、メタ珪酸カルシウム、硫酸バリウム、硫化亜鉛、リトポン、ケイ酸塩、炭化珪素、珪藻土、ポリ塩化ビニル、炭酸塩、例えば炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、金属、例えば、チタン、タングステン、アルミニウム、ビスマス、ニッケル、モリブデン、鉄、鉛、銅、ホウ素、コバルト、ベリリウム、亜鉛、錫、合金、例えば、スチール、黄銅、青銅、炭化ホウ素ホイスカー、炭化タングステンホイスカー、金属酸化物、例えば、酸化亜鉛、酸化鉄、酸化アルミニウム、酸化チタン、酸化マグネシウム、酸化ジルコニウム、粒子炭素質材料、例えば、グラファイト、カーボンブラック、コットンフロック、天然ビチューメン、セルロース Examples of fillers include precipitated hydrated silica, clay, talc, asbestos, glass fibers, aramid fibers, mica, calcium metasilicate, barium sulfate, zinc sulfide, lithopone, silicates, silicon carbide, diatomaceous earth, polyvinylchloride, carbonate salts, such as calcium carbonate, magnesium carbonate, metal, e.g., titanium, tungsten, aluminum, bismuth, nickel, molybdenum, iron, lead, copper, boron, cobalt, beryllium, zinc, tin, alloys, e.g., steel, brass, bronze , boron carbide whiskers, tungsten carbide whiskers, metal oxides, e.g., zinc oxide, iron oxide, aluminum oxide, titanium oxide, magnesium oxide, zirconium oxide, particulate carbonaceous material, for example, graphite, carbon black, cotton flock, natural bitumen ,cellulose ロック、レザー繊維、マイクロバルーン、例えば、ガラス、セラミック、フライアッシュ、およびこれらの組み合わせである。 Rock, leather fibers, microballoons, for example, glass, ceramics, fly ash, and combinations thereof.

酸化防止剤を、オプションとして、この発明により製造したセンター中のポリブタジエン中に含ませても良い。 Antioxidants may also optionally be included in the polybutadiene material in the centers produced according to the present invention. 酸化防止剤は、ポリブタジエンの酸化による劣化を排除ないし防止する化合物である。 Antioxidants are compounds that inhibit or prevent the oxidative degradation of the polybutadiene. この発明において有用な酸化防止剤は、これに限定されないが、無水キノリン酸化防止剤、アミン型酸化防止剤、およびフェノール型の酸化防止剤である。 Antioxidants useful in this invention include, but are not limited to, dihydroquinoline antioxidants, amine type antioxidants, and phenolic antioxidants.

他のオプションの構成成分、例えば、促進剤、具体的には、テトラメチルチウラム、しゃく解剤、処理助剤、可塑剤、染料および顔料、その他当業者に周知の他の添加物をこの発明によりそれらが用いられる目的を達成するのに十分な量だけ使用しても良い。 Other optional ingredients, for example, promoter, specifically, tetramethylthiuram, peptizers, processing aids, plasticizers, dyes and pigments, other by the invention are well known other additives to those skilled in the art they may be used only in an amount sufficient to achieve a purpose of use.

この発明により準備されたゴルフボールのコアまたはコアの一部のPGA圧縮は、典型的には、球表面で測定して、約160またはそれ未満であり、好ましくは、約10から約150であり、より好ましくは約15から約140であり、最も好ましくは約20から約120である。 Some of the PGA compression of the core or core of golf balls prepared by this invention is typically as measured by sphere surface is about 160 or less, preferably, be from about 10 to about 150 , more preferably from about 15 about 140, and most preferably from about 20 to about 120. 圧縮を測定する種々の等価的な方法が存在する。 Various equivalent methods of measuring compression exist. 例えば、70Atti圧縮(以前に「PGA圧縮」とも呼んでいる)は100kgの負荷、36Kgf/mmの「バネ定数」で3.2mmのたわみのセンター硬度と等価である。 For example, (it is also called "PGA Compression" previously) 70Atti compression load 100 kg, which is equivalent to center hardness of deflection of 3.2mm in the "spring constant" of 36 Kgf / mm. 1実施例では、ゴルフボールコアのたわみは130kg−10kgテストで約3.3mmから7mmである。 In one embodiment, deflection of the golf ball core is 7mm from about 3.3mm at 130 kg-10 kg test. 種々の圧縮測定手法はJ. A variety of compression measurement technique J. Dattonの論文に検討されており、上述してとおりである。 Have been studied in the article by Datton, it is as with above.

上述した適切なコア材料のうちの任意のものをボール上の任意の他の層に用いてよい。 Any of the may be used in any other layer on the ball of the appropriate core materials described above.

中間層は、熱可硬化性ポリブタジエンまたは他のジエンゴムベースの調合、熱可塑性または熱硬化性ポリウレタン、ポリ尿素、部分的にまたは完全に中和されたHNP、メタローセン触媒または他のシングルサイト触媒ポリマーを含むポリオレフィン、シリコーンを含むポリマー、ポリアミド、ポリエステル、ポリエーテルアミド、およびポリエステルアミドのような材料を含んでよい。 Intermediate layer, the heat-friendly curable polybutadiene or other diene rubber based formulation, a thermoplastic or thermosetting polyurethanes, polyureas, partially or fully neutralized HNP, metallocene catalyst or other single-site catalyzed polymer polyolefins including, polymers containing silicone, polyamide, may include polyester, polyether amides, and materials such as polyester amides. 中間層の適切な厚さについてはすでに検討した。 Already studied suitable thickness of the intermediate layer.

外側カバーはポリブタジエン、架橋剤、フリーラジカル源、および高比重フィラーを含む。 The outer cover comprises a polybutadiene, cross-linking agent, a free radical source, and a high specific gravity filler. このようなポリブタジエンベースの材料の例はつぎのようなものである。 Examples of such polybutadiene-based material is as follows.
100部のポリブタジエンポリマー5−10部の金属アクリレートまたはメタクリレート架橋剤5部の密度調製用材料としての酸化亜鉛2部のフリーラジカル源としてのジクミルペロキサイドX部の金属粉末フィラー、例えばタングステンまたは他の重い金属である。 100 parts of dicumyl Perot key side X of the metal powder filler as a free radical source of zinc oxide, 2 parts of a density preparation material metal acrylate or methacrylate cross-linking agent, 5 parts of polybutadiene polymer 5-10 parts, for example, tungsten or it is the other heavy metal. ただし、Xは、バッチの所望比重に左右される。 However, X is, it depends on the desired specific gravity of the batch. Xは数、整数および実数である。 X is a number, an integer and a real number.

好ましい実施例では、外側カバー層は、イオン例えばMg、Na、Zn、Li、K、Caまたはこれらの混合物により完全に中和されたHNP、1または複数の脂肪酸またはそのマグネシウム塩とを含み、脂肪酸はオレイン酸、ステアリン酸、またはベヘン酸である。 In a preferred embodiment, the outer cover layer comprises an ion e.g. Mg, Na, Zn, Li, K, Ca or fully neutralized HNP, 1 or more fatty acid or its magnesium salt by a mixture thereof, fatty acids is oleic acid, stearic acid or behenic acid. これら材料は、DuPont社からHPF1000または2000として商業的に入手でき、整った球は0.800から0.853のCORを有し、ショアD硬度は48から51である。 These materials, DuPont Co. from commercially available as HPF1000 or 2000, equipped sphere has a COR of 0.853 0.800, Shore D hardness of 51 from 48.

この発明の多層ゴルフボールは、従来のゴルフボールと異なるものであるが、従来のものは、比較的速いコアと、(a)Titleistゴルフボールにより例示されるような、より速い内側カバー層、および、より遅い外側カバー層、または(b)TitleistゴルフボールおよびNewingゴルフボールに例示されるような、より遅い内側カバー層、および、より速い外側カバー層とを有するもの、その他である。 Multilayer golf balls of the present invention, but is different from the conventional golf ball, the conventional ones, and relatively fast core, (a) Titleist as exemplified by the golf ball, a faster inner cover layer, and , slower outer cover layer, or (b) Titleist as illustrated in the golf ball and Newing golf ball, a slower inner cover layer, and having a faster outer cover layer, and other. 速度勾配が混在する他の二重コアゴルフボールもあるが、これらはセンターからカバー層へとCOR値が徐々に増大するものではない。 There are other dual-core golf ball velocity gradient are mixed, they are not intended to COR value increases gradually to cover layer from the center. この発明では、コアを比較的遅くすることにより継続したセンターから中間層の各々の材料の弾力性をより大きくできる。 In the present invention, it can be further increased each resilient material of the intermediate layer from continuing center by relatively slow core. 具体的には、この多層ゴルフボールは、通常のゴルフボールに較べて、増大したスイング速度におけるCORのロスをより大きくする。 Specifically, the multilayer golf ball, as compared to the conventional golf ball, a larger loss of COR in increased swing speed. 反発係数がより小さなセンター材料は、スイング速度が大きくなり、変形量が大きくなるときに、次第に作用する。 Smaller center material coefficient of restitution, the swing speed is increased, when the deformation amount increases, acts progressively. 従来例では、これは漸進的に硬くなる材料を用いて実現されるだけであったが、ここで初めて、著しく弾力性があり曲げ弾性率の小さな材料を中間層および低弾力性の最内カバーを製造するためのカバー層に使用できる。 In the prior art, this is was only be implemented using progressively hardens the material, wherein the first time, there is remarkably resilient bending innermost cover the intermediate layer and the low resilient material having a low modulus of elasticity It can be used in the covering layer for producing. したがって、この発明は、新奇な競技特性を有し、具体的なスイング速度で既存のゴルフボールより有益なCORを実現する、新しく、また改善されたゴルフボールの構造に関する。 Thus, this invention has a novel playing characteristics, to achieve a beneficial COR over existing golf ball specific swing speeds, new and also on the structure of the improved golf ball.
ここで、C=センターを含むサブアッセンブリC1=センターおよび1の中間層を含むサブアッセンブリC2=センターおおび2つの中間層のサブアッセンブリすなわち3層ボールC3=すべての4つの層を有するボール Here, a ball having a subassembly i.e. three layers ball C3 = all four layers of the subassembly C2 = Center Oobi two intermediate layers including an intermediate layer of subassembly C1 = Center and 1 containing C = Center

作業例における他の事柄、または、とくに明言しなくとも、すべての数値範囲、量、値、百分率、例えば材料の量についてのこれら、および明細書中の他のものは、たとえその値、量または範囲に関連して用語「約」が表示されていなくとも、「約」がその前に配置されているように読むことができる。 Other than in the operating examples, or unless otherwise expressly specified, all numerical ranges, amounts, values, percentages, for example those for amounts of materials, and others in the specification, even if the value, amount or even if it is not displayed the term "about" in relation to the range, it can be read as "about" is placed before it. したがって、そうでないと示されていない限り、明細書および特許請求の範囲に表される数のパラメータは近似的であり、これは、この発明により得られることが企図される所望の特性に応じて変化する。 Accordingly, unless indicated to the contrary, specification and number of parameters represented in the claims are approximations that may, depending on the desired properties sought to be obtained by the present invention are contemplated Change. 最低限でも、もちろん均等論の適用を制約するものではないが、各数のパラメータは記録されている有効数字の数や通常の丸め処理に照らして解釈されるべきである。 At the very least, and not as an attempt to limit the application of the doctrine of equivalents, the parameters of each number should be interpreted in light of the number and the normal rounding significant figures being recorded.

この発明の広範な範囲を示す数的範囲およびパラメータは近似的であるけれども、具体例において示された数値は可能な限り正確に記録した。 Notwithstanding that the numerical ranges and parameters setting forth the broad scope of the invention are approximations, the numerical values ​​set forth in the specific examples are reported as precisely as possible. 任意の数値は、それでも、それぞれのテスト計測に見いだされる標準偏差に必然的に起因する誤差を含む。 Any numerical value, however, inherently contain certain errors necessarily resulting from the standard deviation found in their respective testing measurements. さらに、種々のスコープの数値範囲が示される場合には、例示された値を含めた値の任意の組み合わせが利用できると理解されたい。 Furthermore, when numerical ranges of varying scope are set forth herein, it is to be understood that any combination of these values ​​inclusive of the recited values ​​may be used.

ここに説明した発明の事例的な実施例はこの発明の好ましい実施例を満たすことは明らかであるが、種々の変更や他の実施例を当業者が想到できることを理解されたい。 Illustrative embodiments of the invention described herein should While it is apparent that satisfying the preferred embodiments of the invention, various modifications and other embodiments those skilled in the art will be appreciated that contemplated. そのような変更の例は上述した数値の若干の変更を含む。 Examples of such modifications include minor changes in numerical values ​​described above. したがって、上述の数値および特許請求の範囲の数値がそのような数値を含み、また上述した、また特許請求の範囲に記載した値に近似され、また非常に接近した値を含む。 Therefore, it includes figures such numerical values ​​and the claims described above, also described above, also is approximated to the value set forth in the appended claims, also comprises a very close values. したがって、特許請求の範囲は、そのような変更や他の実施例をすべてカバーするように意図されており、この発明の精神およびスコープの範囲に入ると理解されたい。 Thus, the claims are such which changes and other embodiments are intended all to cover, it is to be understood to fall within the spirit and scope of the invention.

コアがより遅くカバー層がより速い速度勾配を具備する多層ゴルフボールを示す図である。 The core is a diagram showing a multi-layer golf balls slower cover layer comprises a faster velocity gradient.

Claims (29)

  1. センター、カバー層およびこれらセンターおよびカバーの間の少なくとも2つの中間層を具備する多層ゴルフボールにおいて、 Center, cover layer and the multilayer golf ball having at least two intermediate layers between these centers and the cover,
    当該ゴルフボールの各サブアッセンブリの総反発係数の値が、当該サブアッセンブリにつぎの外側の層を加えたものの総反発係数の値より、少なくとも、0.003だけ小さく、 The value of the total restitution coefficient of each sub-assembly of the golf ball, than the value of the total coefficient of restitution plus a layer of outer next to the subassembly, at least, only 0.003 small,
    上記サブアッセンブリは少なくともセンターを有することを特徴とする多層ゴルフボール。 It said subassembly multilayer golf ball, characterized in that at least the center.
  2. 各サブアッセンブリの総反発係数の値が、当該サブアッセンブリにつぎの外側の層を加えたものの総反発係数の値より、少なくとも、0.005だけ小さい請求項1記載の多層ゴルフボール。 Each value of the total coefficient of restitution subassembly, than the value of the total coefficient of restitution to the subassembly plus the outer layer of the next, at least, 0.005 only small claim 1 multilayer golf ball according.
  3. 各サブアッセンブリの総反発係数の値が、当該サブアッセンブリにつぎの外側の層を加えたものの総反発係数の値より、少なくとも、0.010だけ小さい請求項1記載の多層ゴルフボール。 Each value of the total coefficient of restitution subassembly, than the value of the total coefficient of restitution to the subassembly plus the outer layer of the next, at least, 0.010 only small claim 1 multilayer golf ball according.
  4. 上記中間層は8またはそれ未満の数だけある請求項1記載の多層ゴルフボール。 The intermediate layer is a multilayer golf ball of claim 1, wherein there are only a few of 8 or less.
  5. 上記センターの反発係数の値は0.800未満である請求項1記載の多層ゴルフボール。 Multilayer golf ball of claim 1, wherein the value of the coefficient of restitution of the center is less than 0.800.
  6. 上記センターの反発係数の値は0.780未満である請求項1記載の多層ゴルフボール。 Multilayer golf ball of claim 1, wherein the value of the coefficient of restitution of the center is less than 0.780.
  7. 上記センターおよび第1の中間層により表されるサブアッセンブリの総反発係数の値は少なくとも0.780である請求項1記載の多層ゴルフボール。 The center and the first multilayer golf ball of claim 1, wherein the value of the total coefficient of restitution subassembly represented by the intermediate layer is at least 0.780.
  8. 上記センターおよび第1の中間層により表されるサブアッセンブリの総反発係数の値は少なくとも0.790である請求項1記載の多層ゴルフボール。 The center and the first multilayer golf ball of claim 1, wherein the value of the total coefficient of restitution subassembly represented by the intermediate layer is at least 0.790.
  9. 上記センター、第1の中間層および第2の中間層により表されるサブアッセンブリの総反発係数の値は少なくとも0.790である請求項1記載の多層ゴルフボール。 The center, the first intermediate layer and the second multilayer golf ball of claim 1, wherein the value of the total coefficient of restitution subassembly represented by the intermediate layer is at least 0.790.
  10. 上記センター、第1の中間層および第2の中間層により表されるサブアッセンブリの総反発係数の値は少なくとも0.800である請求項6記載の多層ゴルフボール。 The center, the first intermediate layer and the second multilayer golf ball of claim 6, wherein the value of the total coefficient of restitution subassembly represented by the intermediate layer is at least 0.800.
  11. 上記ゴルフボールの総反発係数の値が少なくとも0.800である請求項1記載の多層ゴルフボール。 Multilayer golf ball of claim 1, wherein the value of the total coefficient of restitution of at least 0.800 of the golf ball.
  12. 上記ゴルフボールの総反発係数の値が少なくとも0.805である請求項1記載の多層ゴルフボール。 Multilayer golf ball of claim 1, wherein the value of the total coefficient of restitution of at least 0.805 of the golf ball.
  13. 1のサブアッセンブリからつぎに大きいサブアッセンブリへの反発係数の変化が、当該つぎに大きいサブアッセンブリの厚さ当たりで、少なくとも1000分の1インチあたり約0.00010未満である請求項1記載の多層ゴルフボール。 Change in the coefficient of restitution to the next larger subassembly from one subassembly, the next larger sub-assembly per thickness, multilayer of claim 1 wherein less than about 0.00010 per inch of at least 1000 minutes Golf ball.
  14. 反発係数の上記変化が1000分の1インチあたり約0.00020未満である請求項13記載の多層ゴルフボール。 Multilayer golf ball of claim 13 wherein said change in the coefficient of restitution is less than about 0.00020 per thousandth of an inch.
  15. 反発係数の上記変化が1000分の1インチあたり約0.00030未満である請求項14記載の多層ゴルフボール。 Multilayer golf ball of claim 14 wherein said change in the coefficient of restitution is less than about 0.00030 per thousandth of an inch.
  16. 上記センターは液体充填コアであり、上記液体は空気、水溶液、ゲル、発泡体、ワックス、ホットメルト、食塩水、コーンシロップ、グリコール、水、グリコール水混合物、石油ベースのオイル、植物ベースのオイル、動物ベースのオイル、コロイド懸濁液、水ゼラチンゲル、ヒドロゲル、水セルロースゲル、スチレンブタジエンスチレンゴムからなるゲル、パラフィンオイル、ナフタリンオイルおよびこれらの混み合わせからなるグループから選択される請求項15記載の多層ゴルフボール。 The center is a liquid-filled core, the liquid is air, aqueous, gel, foam, wax, hot melt, brine, corn syrup, glycol, water, glycol water mixtures, petroleum based oils, vegetable based oils, animal based oils, colloidal suspensions, water gelatin gels, hydrogels, water cellulose gel, a gel consisting of styrene-butadiene-styrene rubber, paraffin oil, according to claim 15 selected from naphthalene oil and groups of combination busy thereof multi-layer golf ball.
  17. 上記センターは、ポリブタジエン、ポリウレタン、ポリ尿素、高度に中和されたポリマー、シリコーン、ポリオレフィン、ポリアミド、ポリエステル、ポリエーテルアミド、ポリエステルアミド、および、これらのブレンドからなるグループから選択される材料を有する請求項1記載の多層ゴルフボール。 The center is polybutadiene, polyurethane, polyurea, a highly neutralized polymer, silicone, polyolefins, polyamides, polyesters, polyether amides, polyester amides, and claims with a material selected from the group consisting of blends multi-layer golf ball of claim 1, wherein the.
  18. 上記中間層は、ポリブタジエン、ポリウレタン、ポリ尿素、高度に中和されたポリマー、シリコーン、ポリオレフィン、ポリアミド、ポリエステル、ポリエーテルアミド、ポリエステルアミド、および、これらのブレンドからなるグループから選択される材料を有する請求項1記載の多層ゴルフボール。 The intermediate layer has a polybutadiene, polyurethane, polyurea, a highly neutralized polymer, silicone, polyolefins, polyamides, polyesters, polyether amides, polyester amides, and a material selected from the group consisting of blends multi-layer golf ball of claim 1, wherein the.
  19. 上記カバー層は、ポリマーの酸基、適切なカチオン源、および有機酸またはその塩の反応から生成された、高度に中和されたポリマーを有し、 The cover layer may have acid groups of the polymer, suitable cation sources, and has been produced from the reaction of an organic acid or a salt thereof, a highly neutralized polymer,
    上記適切なカチオン源の量は、上記酸基を最少で80%中和するにたるものである請求項1記載の多層ゴルフボール。 The amount of suitable cation sources include multilayer golf ball of claim 1, wherein those sufficient to neutralize 80% of the above groups a minimum.
  20. 上記適切なカチオン源の量は、上記酸基を最少で90%中和するにたるものである請求項1記載の多層ゴルフボール。 The amount of suitable cation sources include multilayer golf ball of claim 1, wherein those sufficient to neutralize 90% of the acid groups with minimal.
  21. 上記適切なカチオン源の量は、上記酸基を約100%中和するにたるものであり、 The amount of suitable cation sources are those sufficient to neutralize the acid groups of about 100 percent,
    上記適切なカチオン源は、マグネシウム、ナトリウム、亜鉛、リチウム、カリウム、およびカルシウムからなるグループから選択され、 Said suitable cation source is selected from magnesium, sodium, zinc, lithium, potassium, and from the group consisting of calcium,
    上記有機酸またはその塩は、オレイン酸、オレイン酸の塩、ステアリン酸、ステアリン酸の塩、ベヘン酸、ベヘン酸の塩、およびこれらの組み合わせからなるグループから選択される請求項1記載の多層ゴルフボール。 The organic acid or salt thereof, oleic acid, salts of oleic acid, stearic acid, salts of stearic acid, behenic acid, behenic acid, and multilayer golf according to claim 1, which is selected from the group consisting of an ball.
  22. 上記カバー層は、ポリブタジエン、シス−トランス変換触媒、フリーラジカル源、架橋剤およびフィラーの反応生成物混合物である請求項1記載の多層ゴルフボール。 The cover layer is polybutadiene, cis - trans catalyst, a free radical source, the crosslinking agent and multilayer golf ball of claim 1 wherein the reaction product mixture of the filler.
  23. センター、カバー層およびこれらセンターおよびカバーの間の1の中間層を具備する多層ゴルフボールにおいて、 Center, the multilayer golf ball having a cover layer and first intermediate layer between these centers and cover,
    当該ゴルフボールの各サブアッセンブリの総反発係数の値が、当該サブアッセンブリにつぎの外側の層を加えたものの総反発係数の値より、少なくとも、0.015だけ小さく、 The value of the total restitution coefficient of each sub-assembly of the golf ball, than the value of the total coefficient of restitution plus a layer of outer next to the subassembly, at least, only 0.015 small,
    上記サブアッセンブリは少なくともセンターを有することを特徴とする多層ゴルフボール。 It said subassembly multilayer golf ball, characterized in that at least the center.
  24. 各サブアッセンブリの総反発係数の値が、当該サブアッセンブリにつぎの外側の層を加えたものの総反発係数の値より、少なくとも、0.018だけ小さい請求項1記載の多層ゴルフボール。 Each value of the total coefficient of restitution subassembly, than the value of the total coefficient of restitution to the subassembly plus the outer layer of the next, at least, 0.018 only small claim 1 multilayer golf ball according.
  25. 各サブアッセンブリの総反発係数の値が、当該サブアッセンブリにつぎの外側の層を加えたものの総反発係数の値より、少なくとも、0.020だけ小さい請求項1記載の多層ゴルフボール。 Each value of the total coefficient of restitution subassembly, than the value of the total coefficient of restitution to the subassembly plus the outer layer of the next, at least, 0.020 only small claim 1 multilayer golf ball according.
  26. 1のサブアッセンブリからつぎに大きいサブアッセンブリへの反発係数の変化が、当該つぎに大きいサブアッセンブリの厚さ当たりで、少なくとも1000分の1インチあたり約0.00020未満である請求項23記載の多層ゴルフボール。 Change in the coefficient of restitution to the next larger subassembly from one subassembly, the next largest per thickness of subassembly, the multilayer of claim 23, wherein at least 1000 minutes, less than about 0.00020 per inch Golf ball.
  27. 反発係数の上記変化が1000分の1インチあたり約0.00030未満である請求項26記載の多層ゴルフボール。 Multilayer golf ball of claim 26 wherein said change in the coefficient of restitution is less than about 0.00030 per thousandth of an inch.
  28. 反発係数の上記変化が1000分の1インチあたり約0.00040未満である請求項27記載の多層ゴルフボール。 Multilayer golf ball of claim 27 wherein said change is less than about 0.00040 per thousandth of an inch of the coefficient of restitution.
  29. 上記センターは流体を含む請求項1記載の多層ゴルフボール。 The center multilayer golf ball of claim 1 further comprising a fluid.
JP2006041763A 2004-02-06 2006-02-20 Multi-layer golf ball with velocity gradient from slower center to faster cover Pending JP2006223874A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US11/061,338 US7331878B2 (en) 2004-02-06 2005-02-18 Multi-layer golf ball having velocity gradient from slower center to faster cover

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006223874A true JP2006223874A (en) 2006-08-31
JP2006223874A5 JP2006223874A5 (en) 2009-03-19

Family

ID=36985706

Family Applications (3)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006041763A Pending JP2006223874A (en) 2004-02-06 2006-02-20 Multi-layer golf ball with velocity gradient from slower center to faster cover
JP2010291088A Withdrawn JP2011087958A (en) 2004-02-06 2010-12-27 Multilayer golf ball
JP2013129175A Active JP5851452B2 (en) 2004-02-06 2013-06-20 Multi-layer golf ball

Family Applications After (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010291088A Withdrawn JP2011087958A (en) 2004-02-06 2010-12-27 Multilayer golf ball
JP2013129175A Active JP5851452B2 (en) 2004-02-06 2013-06-20 Multi-layer golf ball

Country Status (2)

Country Link
US (1) US20080096693A1 (en)
JP (3) JP2006223874A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009022465A (en) * 2007-07-18 2009-02-05 Sri Sports Ltd Golf ball
JP2009039230A (en) * 2007-08-08 2009-02-26 Sri Sports Ltd Golf ball
JP2009039233A (en) * 2007-08-08 2009-02-26 Sri Sports Ltd Golf ball
JP2009291619A (en) * 2008-05-16 2009-12-17 Acushnet Co Dual cured castable polyurethane system for use in golf balls
KR101211295B1 (en) 2010-08-20 2012-12-11 나이키 인터내셔널 엘티디. Golf ball having high initial velocity
JP2016120133A (en) * 2014-12-25 2016-07-07 ブリヂストンスポーツ株式会社 Golf ball

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8979676B2 (en) * 2011-08-23 2015-03-17 Nike, Inc. Multi-core golf ball having increased initial velocity at high swing speeds relative to low swing speeds
US9089739B2 (en) * 2011-08-23 2015-07-28 Nike, Inc. Multi-core golf ball having increased initial velocity
US8764580B2 (en) * 2011-09-30 2014-07-01 Nike, Inc. Golf ball having relationships among the densities of various layers
US9567449B2 (en) 2012-04-30 2017-02-14 Nike, Inc. Zinc diacrylate dispersed in oil
US20140113746A1 (en) * 2012-10-22 2014-04-24 Acushnet Company Multilayer golf ball
US20140194224A1 (en) * 2013-01-09 2014-07-10 Acushnet Company Golf ball having a hollow center
US20140194225A1 (en) * 2013-01-09 2014-07-10 Acushnet Company Golf ball having a hollow center
US20140194222A1 (en) * 2013-01-09 2014-07-10 Acushnet Company Golf ball having a hollow center
CN104248823B (en) 2013-06-26 2018-08-31 住友橡胶工业株式会社 multi-layer golf ball
US9498683B2 (en) * 2013-06-26 2016-11-22 Dunlop Sports Co. Ltd. Multi-piece golf ball
CN107001786A (en) * 2014-12-18 2017-08-01 威格斯制造有限公司 Polymeric materials
JP6514633B2 (en) * 2015-12-24 2019-05-15 株式会社ブリヂストン Golf ball
US10413781B2 (en) * 2016-08-05 2019-09-17 Wilson Sporting Goods Co. Low compression golf ball

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0910357A (en) * 1995-06-15 1997-01-14 Lisco Inc Golf ball and manufacture thereof
JPH10305114A (en) * 1997-05-09 1998-11-17 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2000271249A (en) * 1999-01-20 2000-10-03 Sumitomo Rubber Ind Ltd Multipiece solid golf ball
JP2000288124A (en) * 1999-04-01 2000-10-17 Bridgestone Sports Co Ltd Multi-piece golf ball
US6210293B1 (en) * 1993-06-01 2001-04-03 Spalding Sports Worldwide, Inc. Multi-layer golf ball
JP2003502123A (en) * 1999-06-17 2003-01-21 スポルディング、スポーツ、ワールドワイド、インク Golf ball with a multi-layer cover
US6855076B2 (en) * 2002-07-25 2005-02-15 Callaway Golf Company Golf ball

Family Cites Families (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4508309A (en) * 1982-06-14 1985-04-02 Acushnet Company Fast thermal response mold
JPS6161262U (en) * 1984-09-28 1986-04-24
JPH033501B2 (en) * 1984-10-30 1991-01-18 Sumitomo Rubber Ind
US5048126A (en) * 1989-10-02 1991-09-17 Mclaughlin James G Protective apparel
KR920006255B1 (en) * 1990-06-01 1992-08-01 김문규 Three piece solid golf ball
DE69108806T2 (en) * 1990-07-20 1995-09-21 Acushnet Co Golf ball made of polyurethane.
US5104126A (en) * 1991-07-08 1992-04-14 Gentiluomo Joseph A Golf ball
US5273286A (en) * 1992-11-06 1993-12-28 Sun Donald J C Multiple concentric section golf ball
JPH06218077A (en) * 1993-01-26 1994-08-09 Sumitomo Rubber Ind Ltd Three-piece solid golf ball
US6142887A (en) * 1996-09-16 2000-11-07 Spalding Sports Worldwide, Inc. Golf ball comprising a metal, ceramic, or composite mantle or inner layer
US6120393A (en) * 1996-09-16 2000-09-19 Spalding Sports Worldwide, Inc. Low spin golf ball comprising a mantle having a hollow interior
JP3397420B2 (en) * 1993-12-28 2003-04-14 住友ゴム工業株式会社 Three-piece solid golf ball
US5824746A (en) * 1995-01-24 1998-10-20 Acushnet Company Golf balls incorporating foamed metallocene catalyzed polymer
WO1996040384A1 (en) * 1995-06-07 1996-12-19 Acushnet Company Urethane golf ball covers using epoxy curing agents
US7331878B2 (en) * 2004-02-06 2008-02-19 Acushnet Company Multi-layer golf ball having velocity gradient from slower center to faster cover
US5919100A (en) * 1996-03-11 1999-07-06 Acushnet Company Fluid or liquid filled non-wound golf ball
JP3393004B2 (en) * 1996-04-01 2003-04-07 キャスコ株式会社 Solid golf ball
US5929189A (en) * 1996-04-03 1999-07-27 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf ball
US5772531A (en) * 1996-11-01 1998-06-30 Kasco Corporation Solid golf ball
US6056842A (en) * 1997-10-03 2000-05-02 Acushnet Company Method of making a golf ball with a multi-layer core
US5971870A (en) * 1997-11-21 1999-10-26 Sullivan Michael J Golf ball with soft core
JP3659557B2 (en) * 1998-10-07 2005-06-15 住友ゴム工業株式会社 Three-piece golf ball
US6117024A (en) * 1999-04-20 2000-09-12 Callaway Golf Company Golf ball with polyurethane cover
JP4227246B2 (en) * 1999-05-12 2009-02-18 Sriスポーツ株式会社 The multi-piece solid golf ball
US6210294B1 (en) * 1999-05-14 2001-04-03 Acushnet Company Polyurethane golf ball with improved resiliency
US6309313B1 (en) * 1999-09-15 2001-10-30 Uniroyal Chemical Company, Inc. Low cost, resilient, shear resistant polyurethane elastomers for golf ball covers
JP3612454B2 (en) * 1999-10-01 2005-01-19 松下電器産業株式会社 Rotary crusher, and a control method thereof provided with an exhaust circulating device, and the waste processing apparatus using the crusher
JP3374123B2 (en) * 2000-06-07 2003-02-04 住友ゴム工業株式会社 Golf ball
US6756436B2 (en) * 2001-06-26 2004-06-29 Acushnet Company Golf balls comprising highly-neutralized acid polymers

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6210293B1 (en) * 1993-06-01 2001-04-03 Spalding Sports Worldwide, Inc. Multi-layer golf ball
JPH0910357A (en) * 1995-06-15 1997-01-14 Lisco Inc Golf ball and manufacture thereof
JPH10305114A (en) * 1997-05-09 1998-11-17 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2000271249A (en) * 1999-01-20 2000-10-03 Sumitomo Rubber Ind Ltd Multipiece solid golf ball
JP2000288124A (en) * 1999-04-01 2000-10-17 Bridgestone Sports Co Ltd Multi-piece golf ball
JP2003502123A (en) * 1999-06-17 2003-01-21 スポルディング、スポーツ、ワールドワイド、インク Golf ball with a multi-layer cover
US6855076B2 (en) * 2002-07-25 2005-02-15 Callaway Golf Company Golf ball

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009022465A (en) * 2007-07-18 2009-02-05 Sri Sports Ltd Golf ball
JP2009039230A (en) * 2007-08-08 2009-02-26 Sri Sports Ltd Golf ball
JP2009039233A (en) * 2007-08-08 2009-02-26 Sri Sports Ltd Golf ball
US8282507B2 (en) 2007-08-08 2012-10-09 Sri Sports Limited Golf ball
US8672774B2 (en) 2007-08-08 2014-03-18 Sri Sports Limited Golf ball
JP2009291619A (en) * 2008-05-16 2009-12-17 Acushnet Co Dual cured castable polyurethane system for use in golf balls
KR101211295B1 (en) 2010-08-20 2012-12-11 나이키 인터내셔널 엘티디. Golf ball having high initial velocity
JP2016120133A (en) * 2014-12-25 2016-07-07 ブリヂストンスポーツ株式会社 Golf ball

Also Published As

Publication number Publication date
JP5851452B2 (en) 2016-02-03
US20080096693A1 (en) 2008-04-24
JP2013208505A (en) 2013-10-10
JP2011087958A (en) 2011-05-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7004854B2 (en) Golf ball with vapor barrier layer and method of making same
US20050272867A1 (en) Non-ionomeric silane crosslinked polyolefin golf ball layers
US6913547B2 (en) Thin-layer-covered multilayer golf ball
US7601079B2 (en) Golf ball with multiple cover layers
US7534834B2 (en) Composition for producing golf balls and multi-piece golf balls
US7772315B2 (en) Triboluminescent materials and golf balls made from such materials
US10076684B2 (en) Multi-layer core golf ball
US8337331B2 (en) Very-low melt flow thermoplastic composition for golf ball core layers
US7879968B2 (en) Polymer compositions and golf balls with reduced yellowing
US6685579B2 (en) Multi-layer cover polyurethane golf ball
US7131915B2 (en) Three-layer-cover golf ball
US7037965B2 (en) Golf balls comprising glass ionomers, ormocers, or other hybrid organic/inorganic compositions
US6793592B2 (en) Golf balls comprising glass ionomers, or other hybrid organic/inorganic compositions
US7528196B2 (en) Polyalkenamer compositions and golf balls prepared therefrom
US8177665B2 (en) Multi-layer golf ball
US8030411B2 (en) Polymer compositions comprising peptizers, sports equipment comprising such compositions, and method for their manufacture
US9333397B2 (en) Multi-layer golf ball
US20070100085A1 (en) Amide-modified polymer compositions and sports equipment made using the compositions
US7261647B2 (en) Nano-particulate compositions for decreasing the water vapor transmission rate of golf ball layers
US6756436B2 (en) Golf balls comprising highly-neutralized acid polymers
US6685580B2 (en) Three-layer cover for a golf ball including a thin dense layer
US7354357B2 (en) Multi-layer core golf ball
US7005479B2 (en) Golf ball with rigid intermediate layer
US6872774B2 (en) Golf ball with non-ionomeric layer
US6852784B2 (en) Non-conforming golf balls comprising highly-neutralized acid polymers

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090202

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090202

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110421

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110426

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110715

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110721

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110822

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110825

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110920

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110926

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111024

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120529