JP2006218137A - Driving system of light emitter - Google Patents

Driving system of light emitter Download PDF

Info

Publication number
JP2006218137A
JP2006218137A JP2005035412A JP2005035412A JP2006218137A JP 2006218137 A JP2006218137 A JP 2006218137A JP 2005035412 A JP2005035412 A JP 2005035412A JP 2005035412 A JP2005035412 A JP 2005035412A JP 2006218137 A JP2006218137 A JP 2006218137A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
driver
controller
lighting
serial data
luminance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005035412A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006218137A5 (en
Inventor
Seiichi Aoki
Takaki Fukushima
Kentaro Iba
Takayuki Tanaka
健太郎 射場
隆行 田中
貴樹 福島
清一 青木
Original Assignee
Akuseru:Kk
株式会社アクセル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Akuseru:Kk, 株式会社アクセル filed Critical Akuseru:Kk
Priority to JP2005035412A priority Critical patent/JP2006218137A/en
Publication of JP2006218137A publication Critical patent/JP2006218137A/en
Publication of JP2006218137A5 publication Critical patent/JP2006218137A5/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce harnesses in a driving system of light emitters. <P>SOLUTION: This driving system of the light emitters is provided with a controller board 1, the plurality of light emitters 6, and a driver IC 5. The controller board 1 is provided with a CPU 2 and a controller for converting signals from the CPU 2 into serial data and sending the serial data. The plurality of light emitters 6 are spaced from the controller board 1. The driver IC 5 is provided with conversion circuits cascade-connected with a serial data line and a clock data line from the controller 3 respectively and converting the serial signals and parallel signals from the controller 3 respectively, and a driving circuit actuating the light emitters. <P>COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

Description

本発明は、発光ダイオード(LED)に代表される発光体の駆動システムに関する。   The present invention relates to a driving system for a light emitter represented by a light emitting diode (LED).
従来より、パチンコ台といった遊技機を制御するシステムでは、CPU(Central Processing Unit)が実装されたコントローラボードに接続されたパラレル出力ポートを制御することにより、パラレル出力ポートに接続されたドライバICの駆動が行われる。ドライバICは、LEDやランプの点灯・消灯を通じて遊技機の演出効果を高めるべく、これらの発光体の制御を行う。   Conventionally, in a system for controlling a gaming machine such as a pachinko machine, a driver IC connected to a parallel output port is driven by controlling a parallel output port connected to a controller board on which a CPU (Central Processing Unit) is mounted. Is done. The driver IC controls these light emitters in order to enhance the effect of the gaming machine through turning on / off the LEDs and lamps.
発光体の一例としてのLEDを用いた回路に関して、例えば、特許文献1には、遊技機において、複数色のLED利用することによって、白色電球の発光パターンとほぼ同様の発光パターンを発生するシステムが開示されている。また、特許文献2には、LEDの駆動に電源基盤から出力供給することによって、電源供給装置削減するシステムが開示されている。   Regarding a circuit using an LED as an example of a light emitter, for example, Patent Document 1 discloses a system that generates a light emission pattern substantially similar to the light emission pattern of a white light bulb by using a plurality of color LEDs in a gaming machine. It is disclosed. Patent Document 2 discloses a system that reduces power supply devices by supplying output from a power supply base to drive LEDs.
特開2003−135689号公報JP 2003-135589 A 特開2001−259131号公報JP 2001-259131 A
ところで、遊技機の演出に用いられる発光体の個数は、近年、演出効果のより高めるために、増加傾向にある。これにより、ドライバICに接続されるハーネス(路線長)の本数も必然的に増加し、コネクタの端子数も増加している。その結果、プリント回路基板にこれが占める割合が増大し、プリント回路基板の小型化を阻害したり、製造コストの増大を招いている。   By the way, in recent years, the number of light emitters used for the effects of gaming machines has been increasing in order to enhance the effect of the effects. As a result, the number of harnesses (route lengths) connected to the driver IC inevitably increases, and the number of terminals of the connector also increases. As a result, the ratio of this to the printed circuit board increases, which hinders downsizing of the printed circuit board and increases the manufacturing cost.
本発明は、かかる事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、発光体の駆動システムにおけるハーネスの削減を図ることである。   This invention is made | formed in view of this situation, The objective is aiming at reduction of the harness in the drive system of a light-emitting body.
かかる課題を解決するために、本発明は、コントローラボードと、複数の発光体と、ドライバICとを有する発光体の駆動システムを提供する。ここで、コントローラボードは、CPUと、CPUからの信号をシリアルデータに変換し、シリアルデータを送出するコントローラとを有する。複数の発光体は、コントローラボードから離間して設けられている。ドライバICは、コントローラから、それぞれシリアルデータ線およびクロックデータ線がカスケード接続され、それぞれコントローラからのシリアル信号とパラレル信号とを変換する変換回路と、発光体を動作させる駆動回路とを有する。   In order to solve this problem, the present invention provides a drive system for a light emitter that includes a controller board, a plurality of light emitters, and a driver IC. Here, the controller board includes a CPU and a controller that converts a signal from the CPU into serial data and transmits the serial data. The plurality of light emitters are provided apart from the controller board. The driver IC has a serial data line and a clock data line cascaded from the controller, respectively, and includes a conversion circuit that converts a serial signal and a parallel signal from the controller, and a drive circuit that operates the light emitter.
なお、本発明において、シリアルデータに含まれるドライバアドレスコードを変更することで、発光体の数を可変に設定されることが好ましい。   In the present invention, it is preferable that the number of light emitters is variably set by changing the driver address code included in the serial data.
また、本発明において、シリアルデータに含まれるLEDデータコードを変更することで、発光体の輝度を可変に設定してもよい。   Moreover, in this invention, you may set the brightness | luminance of a light-emitting body variably by changing the LED data code contained in serial data.
さらに、本発明において、コントローラは、エフェクトの設定レジスタを有し、クロックデータによって輝度変調を行えるシリアルデータを送出することで、点灯・消灯のタイミングを可変に設定してもよい。   Furthermore, in the present invention, the controller may have an effect setting register, and may set the lighting / extinguishing timing variably by sending serial data that can be subjected to luminance modulation by clock data.
本発明によれば、コントローラボードとドライバICとの間のデータ線の本数を削減できるので、発光体の駆動システムのハーネスの削減が可能になる。   According to the present invention, since the number of data lines between the controller board and the driver IC can be reduced, it is possible to reduce the harness of the drive system for the light emitter.
図1は、本実施形態に係る発光体の駆動システムのブロック図である。この発光体の駆動システムは、コントローラボード1と、複数のドライバIC5が実装された2つの中継部4a,4bと、コントローラボード1から離間して設けられた複数の発光体6とで構成されている。コントローラボード1には、CPU2と、コントローラ3とが実装されており、コントローラ3には、シリアルデータ線の一方の端子とクロックデータ線の一方の端子とが接続されている。また、シリアルデータ線の他方の端子と、クロックデータ線の他方の端子とは、2つの中継部4a,4bに並列接続されている。また、コントローラボード1と、2つの中継部4a,中継部4bとの間には、ハーネス7が設けられている。ハーネス7は、コントローラボード1から送出されるデータを、中継部4a,4bにそれぞれ分配している。なお、ドライバIC5は、シリアルデータをパラレルデータに変換する変換回路(図示せず)と、LEDやランプを駆動させる駆動回路(図示せず)とを有するなお、コントローラ3は、CPU2自身の持つシリアルコントローラ(クロック同期制御)で代用することも可能である。   FIG. 1 is a block diagram of a light-emitting body driving system according to this embodiment. This light emitting body drive system includes a controller board 1, two relay units 4 a and 4 b on which a plurality of driver ICs 5 are mounted, and a plurality of light emitting bodies 6 provided apart from the controller board 1. Yes. A CPU 2 and a controller 3 are mounted on the controller board 1, and one terminal of the serial data line and one terminal of the clock data line are connected to the controller 3. The other terminal of the serial data line and the other terminal of the clock data line are connected in parallel to the two relay units 4a and 4b. A harness 7 is provided between the controller board 1 and the two relay units 4a and 4b. The harness 7 distributes data sent from the controller board 1 to the relay units 4a and 4b. The driver IC 5 includes a conversion circuit (not shown) that converts serial data into parallel data, and a drive circuit (not shown) that drives LEDs and lamps. The controller 3 is a serial of the CPU 2 itself. A controller (clock synchronization control) can be used instead.
図2は、第1の中継部4aを主体とした詳細な回路図である。第1の中継部4aにおいて、コントローラボード1からハーネス7を経由して配線されたシリアルデータ線と、クロックデータ線とが、2つのドライバIC5に並列に接続されている。また、LEDやランプ等の発光体6を駆動させるために、上記のデータ線の他、コントローラボード1から3つの電圧Vcc,Vdd1,Vdd2が出力される。ここで、VccはドライバIC5の電圧であり、一例として3.3Vに設定されている。また、Vdd1はシンクLEDの電圧であり、一例として12Vに設定されている。さらに、Vdd2はランプの電圧であり、一例として24Vに設定されている。これらの電圧Vcc,Vdd1,Vdd2がそれぞれ供給される電力線と、接地電圧GNDが供給される接地線とが、第1の中継部4aへ接続されている。   FIG. 2 is a detailed circuit diagram mainly including the first relay unit 4a. In the first relay unit 4a, a serial data line wired from the controller board 1 via the harness 7 and a clock data line are connected in parallel to the two driver ICs 5. In addition to the above data lines, three voltages Vcc, Vdd1, and Vdd2 are output from the controller board 1 in order to drive the light emitters 6 such as LEDs and lamps. Here, Vcc is the voltage of the driver IC 5 and is set to 3.3 V as an example. Vdd1 is the voltage of the sink LED and is set to 12V as an example. Further, Vdd2 is a lamp voltage, and is set to 24 V as an example. A power line to which these voltages Vcc, Vdd1, and Vdd2 are respectively supplied and a ground line to which the ground voltage GND is supplied are connected to the first relay unit 4a.
第1の中継部4aの一部を構成する2つのドライバIC5は、互いに並列に設けられている。一方のドライバIC5は、第1の中継部4aに含まれる一方の回路系を駆動する役割を担っている。具体的には、図1を併せて参照するとわかるように、一方のドライバIC5には、第1の中継部4a内におけるランプ6個と、シンクLED9個とが接続されているとともに、第1の中継部4a外におけるシンクLED8個が接続されている。一方のドライバIC5は、上位装置であるコントローラボード1の制御下において、自己に接続されたこれらの発光体に関する発光制御を行う。また、他方のドライバIC5は、第1の中継部4aに含まれる他方の回路系を駆動する役割を担っている。具体的には、他方のドライバICには、第1の中継部4a内でマトリックスLED18個と、第1の中継部4a外でマトリックスLED30個とが接続されている。また、一方のドライバIC5と同様に、他方のドライバIC5も、コントローラボード1の制御下において、自己に接続されたこれらの発光体に関する発光制御を行う。   The two driver ICs 5 constituting a part of the first relay unit 4a are provided in parallel with each other. One driver IC 5 plays a role of driving one circuit system included in the first relay unit 4a. Specifically, as can be seen with reference to FIG. 1, one driver IC 5 is connected to six lamps in the first relay unit 4a and nine sink LEDs, and the first Eight sink LEDs outside the relay unit 4a are connected. One driver IC 5 performs light emission control on these light emitters connected to the driver IC 5 under the control of the controller board 1 which is a host device. The other driver IC 5 plays a role of driving the other circuit system included in the first relay unit 4a. Specifically, 18 matrix LEDs are connected to the other driver IC in the first relay section 4a, and 30 matrix LEDs are connected outside the first relay section 4a. Similarly to one driver IC 5, the other driver IC 5 also performs light emission control on these light emitters connected to itself under the control of the controller board 1.
図3は、第2の中継部4bを主体とした詳細な回路図である。第2の中継部4bにおいて、コントローラボード1からハーネス7を経由してシリアルデータ線と、クロックデータ線とが、2つのドライバIC5に並列に接続されている。また、第1の中継部4aと同様にコントローラボード1から、発光体6を駆動させるための、3つの電圧(Vcc、Vdd1、Vdd2)の電力線と接地線GNDとが、第2の中継部4bへ接続している。なお、本実施形態において3つの電圧線を記載しているが、実装上、ある種類の発光体6が1つも回路内に設けられていなければ、その発光体6に対応する電力線は回路に接続されなくても良い。例えば、回路中にランプが設けられていなければ、Vdd2の電力線は回路に接続されなくても良い。   FIG. 3 is a detailed circuit diagram mainly including the second relay unit 4b. In the second relay unit 4b, the serial data line and the clock data line are connected in parallel to the two driver ICs 5 from the controller board 1 via the harness 7. Similarly to the first relay unit 4a, the power line of three voltages (Vcc, Vdd1, Vdd2) and the ground line GND for driving the light emitter 6 from the controller board 1 are connected to the second relay unit 4b. Connected to. Although three voltage lines are described in the present embodiment, if none of the light emitters 6 of a certain kind is provided in the circuit for mounting, the power line corresponding to the light emitter 6 is connected to the circuit. It does not have to be done. For example, if a lamp is not provided in the circuit, the Vdd2 power line may not be connected to the circuit.
第2の中継部4bの一部を構成する2つのドライバIC5は、互いに並列に設けられている。一方のドライバIC5は、第2の中継部4bに含まれる一方の回路系を駆動する役割を担っている。具体的には、図1を併せて参照するとわかるように、一方のドライバIC5には、第2の中継部4b外においてマトリックスLED47個が接続されている。一方のドライバIC5は、コントローラボード1の制御下において、自己に接続されたこれらの発光体に関する発光制御を行う。また、他方のドライバIC5は、第2の中継部4bに含まれる他方の回路系を駆動する役割を担っている。具体的には、他方ドライバIC5には、第2の中継部4b外においてランプ22個が接続されており、コントローラボード1の制御下において、自己に接続されたこれらの発光体に関する発光制御を行う。   The two driver ICs 5 constituting a part of the second relay unit 4b are provided in parallel with each other. One driver IC 5 plays a role of driving one circuit system included in the second relay unit 4b. Specifically, as can be seen with reference to FIG. 1, 47 matrix LEDs are connected to one driver IC 5 outside the second relay unit 4b. One driver IC 5 performs light emission control on these light emitters connected thereto under the control of the controller board 1. The other driver IC 5 plays a role of driving the other circuit system included in the second relay unit 4b. Specifically, 22 lamps are connected to the other driver IC 5 outside the second relay unit 4b, and under the control of the controller board 1, light emission control relating to these light emitters connected thereto is performed. .
コントローラボード1からの出力信号は、クロックデータと、クロックデータに同期したシリアルデータとで構成され、それぞれ別のケーブル線を介して、ドライバIC5に周期的に送出される。シリアルデータの波長は、コントローラボード1の動作が例えば500KHzの場合、2μsであり、リフレッシュサイクル(点灯動作における一通りの周期)は16msである。   An output signal from the controller board 1 is composed of clock data and serial data synchronized with the clock data, and is periodically sent to the driver IC 5 via different cable lines. The wavelength of the serial data is 2 μs when the operation of the controller board 1 is, for example, 500 KHz, and the refresh cycle (one cycle in the lighting operation) is 16 ms.
シリアルデータは、連続したフレームで構成され、それぞれのドライバIC5へ同一のフレームが送出されている。フレームは、ヘッダーコード、ドライバ種別コード、ドライバアドレスコードおよびLEDデータコードの4つの情報で構成されている。ヘッダーコードは、フレームの先頭であることを示しており、ドライバ種別コードは、制御するドライバICの種別(例えば、8ビットシンクドライバIC、16ビットシンクドライバIC、マトリックスドライバIC)を示している。また、ドライバアドレスコードは、具体的なドライバIC5を区別するために使用されるアドレスであり、LEDデータコードには、該当するドライバに対する点灯・消灯といった制御情報が含まれる。   The serial data is composed of continuous frames, and the same frame is sent to each driver IC 5. The frame is composed of four pieces of information: header code, driver type code, driver address code, and LED data code. The header code indicates the head of the frame, and the driver type code indicates the type of driver IC to be controlled (for example, 8-bit sync driver IC, 16-bit sync driver IC, matrix driver IC). The driver address code is an address used to distinguish a specific driver IC 5, and the LED data code includes control information such as turning on / off the corresponding driver.
図4は、図1〜図3に示した構成を簡略化したブロック図である。コントローラボード1に、2個のドライバICa,ICb(それぞれは上述したドライバIC5に対応))がカスケード接続されており、それぞれのドライバICa,ICbに対してN個のLED(Q1,Q2,...QN)が並列に接続されている。また、各ドライバICa,ICbには、自己を特定するための固有のドライバ種別コードと、ドライバアドレスコードとが予め設定されている。   FIG. 4 is a simplified block diagram of the configuration shown in FIGS. Two drivers ICa and ICb (each corresponding to the above-described driver IC5) are cascade-connected to the controller board 1, and N LEDs (Q1, Q2,...) Are connected to each driver ICa and ICb. .QN) are connected in parallel. Each driver ICa, ICb is preset with a unique driver type code for identifying itself and a driver address code.
図5は、図4に示したブロック図のタイミングチャートである。まず、ドライバICaは、コントローラボード1からシリアルに送出されたフレームをヘッダーコードから検出する。つぎに、このフレームのドライバ種別コードおよびドライバアドレスコードのそれぞれが、ドライバICa自身に事前に割り当てられたコードと一致しているかどうかが検出される。これらのコードが一致していない場合、ドライバICaに関しては、そのフレームが破棄される。これに対して、あるフレームでコードが一致していた場合(フレームaの場合)、このフレームに関するデータを全て受信した直後ののタイミングT1において、LEDデータコードが読み出され、このデータコードがパラレルデータに変換される。そして、これらのクロックデータとタイミングとのセットが、ドライバICaに接続されているLED(Q1〜QN)に出力される。これによって、LED(Q0〜Qn)の制御点灯が行われる。ドライバICbについても同様である。例えば、フレームaに続くフレームbでコートが一致した場合、タイミングT2において、上述したような動作を行う。このように、フレームを処理単位として、シリアルデータを周期的に出力することにより、LEDのデータコードに基づいて、LEDの制御点灯が行われる。   FIG. 5 is a timing chart of the block diagram shown in FIG. First, the driver ICa detects a frame sent serially from the controller board 1 from the header code. Next, it is detected whether each of the driver type code and the driver address code of this frame matches a code assigned in advance to the driver ICa itself. If these codes do not match, the frame is discarded for the driver ICa. On the other hand, when the codes match in a certain frame (in the case of frame a), the LED data code is read at the timing T1 immediately after receiving all the data related to this frame, and this data code is parallel. Converted to data. Then, a set of these clock data and timing is output to the LEDs (Q1 to QN) connected to the driver ICa. Thereby, the control lighting of the LEDs (Q0 to Qn) is performed. The same applies to the driver ICb. For example, when the coats match in frame b following frame a, the above-described operation is performed at timing T2. In this way, by serially outputting serial data with a frame as a processing unit, the LED is controlled and lit based on the LED data code.
輝度変調は、LEDの点灯に関する時間的な割合を規定するデューティ比を変更することで可能である。具体的には、1フレーム期間に相当する1リフレッシュサイクルが所定数(例えば16等分)に分割され、16個の最小分割単位が規定される。コントローラ3は、輝度変調を行うべきLEDを指定し、そのデューティ比を16階調(4ビット)で指定する。このLEDに接続されたドライバICは、指定されたデューティ比に応じた最小分割単位の組み合わせて、LEDのオン・オフを制御する。輝度変調は、1リフレッシュサイクルにおけるオン時間の割合で決定される。   The luminance modulation can be performed by changing a duty ratio that defines a time ratio regarding lighting of the LED. Specifically, one refresh cycle corresponding to one frame period is divided into a predetermined number (for example, 16 equal parts), and 16 minimum division units are defined. The controller 3 designates an LED to be subjected to luminance modulation, and designates its duty ratio by 16 gradations (4 bits). The driver IC connected to the LED controls the on / off of the LED by combining the minimum division units according to the designated duty ratio. The luminance modulation is determined by the ratio of the on time in one refresh cycle.
フレームを送出するコントローラ3には、レジスタが設けられており、このレジスタによってLEDに対する輝度変調と時間とを組み合わせた制御点灯を行う。制御点灯は、CPU2が、あらかじめエフェクトの設定をコントローラ3に与え、コントローラ3が、このエフェクトの設定を輝度変調のタイミングに沿ったシリアルデータのフレームに変換しドライバIC5に送出することで行われる。レジスタは、仮想ポートレジスタと、エフェクトレジスタとで構成される。仮想ポートレジスタは、それぞれのビットが、それぞれに対応するLEDのオン・オフに対応する。図6は制御点灯の説明図である。同図左の仮想ポートレジスタと、同図右のLEDとの位置関係は、同一である。同図に記載のとおり、CPU2が仮想ポートレジスタにデータを設定すると、ローカルポートに直接接続されたLEDや、ドライバIC5に接続されたLEDは、所定の点灯パターンとして反映する。また、エフェクトレジスタは、仮想ポートレジスタの各ビットに対応しており、これらLEDに対して視覚効果を付加した制御点灯を行う。なお、以降、図に記載されるレジスタと、LEDの点灯動作図の位置関係は同一であることに留意されたい。   The controller 3 for sending out a frame is provided with a register, and this register performs control lighting combining luminance modulation and time with respect to the LED. The control lighting is performed by the CPU 2 giving effect settings to the controller 3 in advance, and the controller 3 converting the effect settings into a serial data frame in accordance with the timing of luminance modulation and sending it to the driver IC 5. The register includes a virtual port register and an effect register. In the virtual port register, each bit corresponds to ON / OFF of the corresponding LED. FIG. 6 is an explanatory diagram of control lighting. The positional relationship between the virtual port register on the left side of the figure and the LED on the right side of the figure is the same. As shown in the figure, when the CPU 2 sets data in the virtual port register, the LED directly connected to the local port and the LED connected to the driver IC 5 are reflected as a predetermined lighting pattern. The effect register corresponds to each bit of the virtual port register, and performs control lighting with a visual effect added to these LEDs. It should be noted that the positional relationship between the register described in the drawings and the LED lighting operation diagram is the same.
エフェクトレジスタの1ビット目は、エフェクト有効ビットである。エフェクト有効ビットは、対応するLEDのエフェクトが有効であるか、有効でないかの示す。例えば、エフェクト有効ビットが「1」の場合は、発光体の点灯に、固定輝度点灯、パターン参照フェーディング、パターン参照点灯および音声入力同期輝フェーディングのいずれか準ずる制御点灯を行う。   The first bit of the effect register is an effect valid bit. The effect valid bit indicates whether the effect of the corresponding LED is valid or not valid. For example, when the effect valid bit is “1”, the control lighting corresponding to any one of fixed luminance lighting, pattern reference fading, pattern reference lighting, and audio input synchronous bright fading is performed for lighting of the light emitter.
エフェクトレジスタの2ビット目および3ビット目は、制御点灯パターンビットである。制御点灯パターンビットは、対応するLEDが、固定輝度点灯、パターン参照フェーディング、パターン参照点灯および音声入力同期輝フェーディングのどの制御点灯のパターンを実行するかを示す。例えば、2ビット目および3ビット目が「0」「0」を示す場合、対応するLEDは、固定輝度点灯を行う。同様に、「0」「1」の場合、パターン参照フェーディングを行い、「1」「0」の場合、パターン参照点灯を行い、「1」「1」の場合、音声入力同期フェーディングを行う。ただし、エフェクト有効ビットが「0」である場合、いかなるビット列が含まれていても、制御点灯は行われない。それぞれの制御点灯パターンについては、後述にて説明する。   The second and third bits of the effect register are control lighting pattern bits. The control lighting pattern bit indicates which control lighting pattern is executed by the corresponding LED among fixed luminance lighting, pattern reference fading, pattern reference lighting, and voice input synchronous bright fading. For example, when the second bit and the third bit indicate “0” and “0”, the corresponding LED performs fixed luminance lighting. Similarly, when “0” or “1”, pattern reference fading is performed, when “1” or “0”, pattern reference lighting is performed, and when “1” or “1”, audio input synchronization fading is performed. . However, when the effect valid bit is “0”, the control lighting is not performed regardless of the bit string included. Each control lighting pattern will be described later.
エフェクトレジスタの4ビット目は、終了タイミングビットである。終了タイミングビットは、対応するLEDが次の点灯周期で点灯を終了するかどうかを示す。終了タイミングビットが、「0」の場合、次の周期も連続してエフェクト設定ビットに対応した制御点灯を続け、「1」の場合は、次の点灯の周期で制御点灯を終了する。エフェクトレジスタの5ビット目から8ビット目は、エフェクト設定ビットである。あらかじめ設定した各制御点灯における詳細な動作をLEDに実行させる。   The fourth bit of the effect register is an end timing bit. The end timing bit indicates whether the corresponding LED ends lighting in the next lighting cycle. When the end timing bit is “0”, the control lighting corresponding to the effect setting bit is continuously continued in the next cycle, and when the end timing bit is “1”, the control lighting is ended at the next lighting cycle. The fifth to eighth bits of the effect register are effect setting bits. The LED performs a detailed operation for each control lighting set in advance.
図7は、定常点灯におけるレジスタの一例である。定常点灯は、最大輝度での点灯と消灯とを切り替える制御方式である。通常、仮想ポートレジスタにアサインされているLED、または、エフェクト仮想ポートレジスタにアサインされてエフェクト機能を使用しない設定となっているLEDは定常点灯方式で制御される。図8は、図7の仮想ポートレジスタに対応する点灯動作図である。図8に、示すように、「1」に対応するLEDは最大輝度での点灯を行い、「0」に対応するLEDは点灯を行わない。なお、ここではエフェクトレジスタは使用されない。   FIG. 7 is an example of a register in steady lighting. The steady lighting is a control method for switching between lighting and extinguishing at the maximum luminance. Usually, the LED assigned to the virtual port register or the LED assigned to the effect virtual port register and set not to use the effect function is controlled by a steady lighting system. FIG. 8 is a lighting operation diagram corresponding to the virtual port register of FIG. As shown in FIG. 8, the LED corresponding to “1” is lit at the maximum luminance, and the LED corresponding to “0” is not lit. Here, the effect register is not used.
図9は、固定輝度点灯におけるレジスタの一例である。固定輝度点灯は、16階調の輝度を指定しての点灯ならびに消灯を制御する方式である。エフェクトレジスタにアサインされて、固定輝度エフェクトを使用する。図10は、図9で示した仮想ポートレジスタに対応する点灯動作図である。このとき、エフェクトレジスタの5ビット目から8ビット目は、輝度階調である。輝度階調は、対応するLEDにおいて、2進数の輝度の階調に対応し、ビット数が4つあるので、16階調で表現できる。例えば、5ビット目から8ビット目が、「1111」となっている場合、最大輝度でLEDは点灯し、また「0000」となっている場合、LEDは消灯する。   FIG. 9 is an example of a register in fixed luminance lighting. Fixed luminance lighting is a method of controlling lighting and extinguishing by designating luminance of 16 gradations. Assigned to the effect register to use the fixed brightness effect. FIG. 10 is a lighting operation diagram corresponding to the virtual port register shown in FIG. At this time, the 5th to 8th bits of the effect register are luminance gradations. The luminance gradation corresponds to the binary luminance gradation in the corresponding LED, and there are four bits, so it can be expressed in 16 gradations. For example, when the fifth to eighth bits are “1111”, the LED is turned on at the maximum luminance, and when it is “0000”, the LED is turned off.
図11は、パターン参照輝度フェーディングにおけるレジスタの一例である。パターン参照輝度フェーディングは、あらかじめ指定したパラメータを参照しながら、輝度を連続して周期的に自動制御する方式である。図12は、図11で示した仮想ポートレジスタに対応する点灯動作図である。このとき、エフェクトレジスタの5ビット目から8ビット目は、パターン参照輝度フェーディングのパターン番号を示している。各ビットに対応したLEDは、あらかじめ設定されたパターンでの動作を周期的に行う。また、図13は、パターン参照輝度フェーディングを行う上であらかじめ設定するパラメータの一例である。本実施例においては、フェーディングを行うタイミングは5つあり、各タイミング間の時間と、タイミング時点での輝度を設定する。タイミング間の輝度変調は連続して直線的に変化する。全てのタイミングを終了すると、周期の最初まで戻り、同様の周期動作を繰り返す。   FIG. 11 is an example of a register in pattern reference luminance fading. Pattern reference luminance fading is a method in which luminance is automatically and continuously controlled while referring to parameters designated in advance. FIG. 12 is a lighting operation diagram corresponding to the virtual port register shown in FIG. At this time, the fifth to eighth bits of the effect register indicate a pattern reference luminance fading pattern number. The LED corresponding to each bit periodically operates in a preset pattern. FIG. 13 is an example of parameters that are set in advance when performing pattern reference luminance fading. In this embodiment, there are five fading timings, and the time between each timing and the luminance at the timing point are set. The luminance modulation between timings changes continuously and linearly. When all the timings are finished, the operation returns to the beginning of the cycle and repeats the same cycle operation.
図14は、パターン参照点滅におけるレジスタの一例である。パターン参照点滅は、あらかじめ指定されたパラメータを参照しながら、最大輝度での点灯と消灯を周期的に制御する方式である。図15は、図11で示した仮想ポートレジスタに対応する点灯動作図である。本実施例において、5ビット目から8ビット目までのパターン番号が、「1001」である場合、対応するLEDはタイミングt1〜タイミングt2に点灯し、「0111」である場合、対応するLEDはタイミングt2〜タイミングt3に点灯する。また、図16は、パターン参照輝度点滅を行う上であらかじめ設定するパラメータの一例である。本実施例において、点滅周期を15と設定し、それぞれの周期において点灯・消灯のタイミングを決定している。点滅周期が全て終了すると、周期の最初まで戻り、同様の周期動作を繰り返す。   FIG. 14 is an example of a register in pattern reference blinking. Pattern reference blinking is a method of periodically controlling lighting and extinguishing at the maximum luminance while referring to parameters designated in advance. FIG. 15 is a lighting operation diagram corresponding to the virtual port register shown in FIG. In this embodiment, when the pattern number from the 5th bit to the 8th bit is “1001”, the corresponding LED is lit at the timing t1 to the timing t2, and when it is “0111”, the corresponding LED is the timing. Lights from t2 to timing t3. FIG. 16 is an example of parameters that are set in advance when performing pattern reference luminance blinking. In this embodiment, the blinking cycle is set to 15, and the lighting / extinguishing timing is determined in each cycle. When all the blinking cycles are completed, the operation returns to the beginning of the cycle and repeats the same cycle operation.
図17は、音声入力同期輝度フェーディングにおけるレジスタの一例である。音声入力同期輝度フェーディングは、外部から入力された音声信号の、音圧レベルに併せて輝度を自動的に変化させる制御方式である。図18は、図17で示した仮想ポートレジスタに対応する点灯動作図である。本実施例において、エフェクトレジスタの5ビット目から8ビット目は、音声ソースの選択番号を示しており、この値を変えることで、異なる音声ソースを選択する。   FIG. 17 is an example of a register in audio input synchronous luminance fading. The voice input synchronized luminance fading is a control method in which the luminance is automatically changed in accordance with the sound pressure level of an audio signal input from the outside. FIG. 18 is a lighting operation diagram corresponding to the virtual port register shown in FIG. In this embodiment, the 5th to 8th bits of the effect register indicate the selection number of the audio source, and by changing this value, a different audio source is selected.
このように、本実施形態は、コントローラボード1から第1および第2の中継部(4a,4b)との接続は、6本のデータ線と、1個のハーネスとによって構成される。また、従来の技術において、図1と同様の構成を行った場合、コントローラボード1から第1および第2の中継部との接続78本のデータ線と、2つのハーネス7によって構成される。したがって、パラレルデータ線をシリアルデータ線として変え、シリアル/パラレル変換をコントローラボード1およびドライバIC5に備えることにより、ハーネス7の数を大幅に削減することができる。   Thus, in the present embodiment, the connection from the controller board 1 to the first and second relay units (4a, 4b) is configured by six data lines and one harness. Further, in the conventional technique, when the same configuration as that in FIG. 1 is performed, the controller board 1 includes 78 data lines connected from the first and second relay units, and two harnesses 7. Therefore, by changing the parallel data line as a serial data line and providing serial / parallel conversion in the controller board 1 and the driver IC 5, the number of harnesses 7 can be greatly reduced.
また、基盤上の発光駆動システムの占有面積も縮小することができ、システム回路あたりの製造コストの削減も実現できる。さらに、ハーネス7が削減されただけ、同基盤上にスペースが創出されるので、多くの機能を搭載したシステムを作り出すことができる。なお、LEDを増やす場合は、システム回路に新たなドライバIC5をカスケード接続させ、このドライバIC5アドレスコードをコントローラボード1に加えることにより、容易に対応可能である。   In addition, the area occupied by the light emission drive system on the board can be reduced, and the manufacturing cost per system circuit can be reduced. Furthermore, since the space is created on the same base as the harness 7 is reduced, a system equipped with many functions can be created. Note that the number of LEDs can be increased easily by cascade-connecting a new driver IC 5 to the system circuit and adding this driver IC 5 address code to the controller board 1.
本実施形態に係る発光体の駆動システムのブロック図The block diagram of the drive system of the light-emitting body which concerns on this embodiment 第1の中継部を主体とした詳細な回路図Detailed circuit diagram mainly composed of the first relay unit 第2の中継部を主体とした詳細な回路図Detailed circuit diagram mainly composed of second relay section 図1から図3に示した構成を簡略化したブロック図The block diagram which simplified the structure shown in FIGS. 1-3 図4に示したブロック図のタイミングチャートTiming chart of the block diagram shown in FIG. 制御点灯の説明図Illustration of control lighting 定常点灯におけるレジスタの一例Example of register in steady lighting 図7に対応する点灯動作図Lighting operation diagram corresponding to FIG. 固定輝度点灯のレジスタの図Diagram of register with fixed brightness 図9に対応する点灯動作図Lighting operation diagram corresponding to FIG. パターン参照輝度フェーディングにおけるレジスタの一例Example of register in pattern reference luminance fading 図11に対応する点灯動作図Illumination operation diagram corresponding to FIG. パターン参照輝度フェーディングのパラメータの設定例Pattern reference luminance fading parameter setting example パターン参照点灯におけるレジスタの一例Example of register for pattern reference lighting 図14に対応する点灯動作図Illumination operation diagram corresponding to FIG. パターン参照点灯のパラメータの設定例Pattern reference lighting parameter setting example 音声入力同期輝度フェーディングにおけるレジスタの一例An example of register in audio input synchronous luminance fading 図17に対応する点灯動作例Example of lighting operation corresponding to FIG.
符号の説明Explanation of symbols
1 コントローラボード
2 CPU
3 コントローラ
4a 第1の中継部
4b 第2の中継部
5 ドライバIC
6 発光体
7 ハーネス
1 Controller board 2 CPU
3 Controller 4a 1st relay part 4b 2nd relay part 5 Driver IC
6 Light emitter 7 Harness

Claims (4)

  1. 発光体の駆動システムにおいて、
    CPUと、CPUからの信号をシリアルデータに変換し、前記シリアルデータを送出するコントローラとを有するコントローラボードと、
    前記コントローラボードから離間して設けられた複数の発光体と、
    前記コントローラから、それぞれシリアルデータ線およびクロックデータ線がカスケード接続され、それぞれ前記コントローラからのシリアル信号とパラレル信号とを変換する変換回路と、前記発光体を動作させる駆動回路とを有する複数のドライバICと
    を有することを特徴とする発光体の駆動システム。
    In the drive system of the luminous body,
    A controller board having a CPU and a controller for converting a signal from the CPU into serial data and transmitting the serial data;
    A plurality of light emitters provided apart from the controller board;
    A plurality of driver ICs each having a serial data line and a clock data line cascaded from the controller, each having a conversion circuit for converting a serial signal and a parallel signal from the controller, and a drive circuit for operating the light emitter A drive system for a light emitter, comprising:
  2. 前記シリアルデータに含まれるドライバアドレスコードを変更することで、前記発光体の数を可変に設定されることを特徴とする請求項1に記載された発光体の駆動システム。   2. The light emitter drive system according to claim 1, wherein the number of the light emitters is variably set by changing a driver address code included in the serial data.
  3. 前記シリアルデータに含まれるLEDデータコードを変更することで、前記発光体の輝度を可変に設定することを特徴とする請求項1また2に記載された発光体の駆動システム。   3. The luminous body drive system according to claim 1 or 2, wherein the luminance of the luminous body is variably set by changing an LED data code included in the serial data.
  4. 前記コントローラは、エフェクトの設定レジスタを有し、クロックデータに則って輝度変調を行えるシリアルデータを送出することで、点灯または消灯のタイミングを可変に設定することを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載された発光体の駆動システム。
    4. The controller according to claim 1, wherein the controller has an effect setting register and variably sets the lighting or extinguishing timing by transmitting serial data capable of performing luminance modulation in accordance with clock data. A driving system for a light emitter described in any one of the above.
JP2005035412A 2005-02-14 2005-02-14 Driving system of light emitter Pending JP2006218137A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005035412A JP2006218137A (en) 2005-02-14 2005-02-14 Driving system of light emitter

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005035412A JP2006218137A (en) 2005-02-14 2005-02-14 Driving system of light emitter

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006218137A true JP2006218137A (en) 2006-08-24
JP2006218137A5 JP2006218137A5 (en) 2006-11-02

Family

ID=36980832

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005035412A Pending JP2006218137A (en) 2005-02-14 2005-02-14 Driving system of light emitter

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006218137A (en)

Cited By (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008073438A (en) * 2006-09-25 2008-04-03 Sankyo Kk Game machine
JP2008079985A (en) * 2006-09-28 2008-04-10 Sankyo Kk Game machine
JP2008119320A (en) * 2006-11-14 2008-05-29 Sankyo Kk Game machine
JP2008132086A (en) * 2006-11-27 2008-06-12 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2008220409A (en) * 2007-03-08 2008-09-25 Heiwa Corp Game machine
JP2008259639A (en) * 2007-04-11 2008-10-30 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009011367A (en) * 2007-06-29 2009-01-22 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009011368A (en) * 2007-06-29 2009-01-22 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009153821A (en) * 2007-12-27 2009-07-16 Akuseru:Kk Serial controller and serial control method
JP2009153819A (en) * 2007-12-27 2009-07-16 Akuseru:Kk Serial controller and serial control method
JP2009160057A (en) * 2007-12-28 2009-07-23 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009160056A (en) * 2007-12-28 2009-07-23 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009226030A (en) * 2008-03-24 2009-10-08 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009261682A (en) * 2008-04-25 2009-11-12 Omron Corp Light-emitting diode drive device and method, and program
JP2010104847A (en) * 2010-02-17 2010-05-13 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011011083A (en) * 2010-10-18 2011-01-20 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011011082A (en) * 2010-10-18 2011-01-20 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011160996A (en) * 2010-02-10 2011-08-25 Daito Giken:Kk Game machine
JP2011212477A (en) * 2011-08-01 2011-10-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011212478A (en) * 2011-08-01 2011-10-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011212480A (en) * 2011-08-01 2011-10-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011212479A (en) * 2011-08-01 2011-10-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012050869A (en) * 2011-11-10 2012-03-15 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012050868A (en) * 2011-11-10 2012-03-15 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012183426A (en) * 2012-07-05 2012-09-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012183427A (en) * 2012-07-05 2012-09-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012210464A (en) * 2012-07-05 2012-11-01 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013027736A (en) * 2012-10-04 2013-02-07 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013031686A (en) * 2012-10-04 2013-02-14 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013039390A (en) * 2012-10-04 2013-02-28 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2014064695A (en) * 2012-09-25 2014-04-17 Fujishoji Co Ltd Game machine
JP2015163246A (en) * 2015-05-12 2015-09-10 株式会社藤商事 Game machine
JP2015163247A (en) * 2015-05-12 2015-09-10 株式会社藤商事 Game machine
JP2015163248A (en) * 2015-05-12 2015-09-10 株式会社藤商事 Game machine
US9266016B2 (en) 2011-08-10 2016-02-23 Omron Corporation Light source control device and game machine
JP2016137334A (en) * 2016-05-10 2016-08-04 株式会社大都技研 Game board

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01123291A (en) * 1987-11-09 1989-05-16 Okaya Electric Ind Co Ltd Display device
JPH0496789U (en) * 1991-02-01 1992-08-21
JP2000061037A (en) * 1998-08-20 2000-02-29 Takasago Electric Ind Co Ltd Game machine
JP2003135689A (en) * 2001-11-02 2003-05-13 Heiwa Corp Light source lighting device for game machine

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01123291A (en) * 1987-11-09 1989-05-16 Okaya Electric Ind Co Ltd Display device
JPH0496789U (en) * 1991-02-01 1992-08-21
JP2000061037A (en) * 1998-08-20 2000-02-29 Takasago Electric Ind Co Ltd Game machine
JP2003135689A (en) * 2001-11-02 2003-05-13 Heiwa Corp Light source lighting device for game machine

Cited By (43)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008073438A (en) * 2006-09-25 2008-04-03 Sankyo Kk Game machine
JP4527094B2 (en) * 2006-09-25 2010-08-18 株式会社三共 Game machine
JP2008079985A (en) * 2006-09-28 2008-04-10 Sankyo Kk Game machine
JP4527095B2 (en) * 2006-09-28 2010-08-18 株式会社三共 Game machine
JP2008119320A (en) * 2006-11-14 2008-05-29 Sankyo Kk Game machine
JP4611275B2 (en) * 2006-11-14 2011-01-12 株式会社三共 Game machine
JP2008132086A (en) * 2006-11-27 2008-06-12 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2008220409A (en) * 2007-03-08 2008-09-25 Heiwa Corp Game machine
JP2008259639A (en) * 2007-04-11 2008-10-30 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009011367A (en) * 2007-06-29 2009-01-22 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009011368A (en) * 2007-06-29 2009-01-22 Sankyo Co Ltd Game machine
JP4613191B2 (en) * 2007-06-29 2011-01-12 株式会社三共 Game machine
JP4613190B2 (en) * 2007-06-29 2011-01-12 株式会社三共 Game machine
JP4725810B2 (en) * 2007-12-27 2011-07-13 株式会社アクセル Serial controller and serial control method
JP4725809B2 (en) * 2007-12-27 2011-07-13 株式会社アクセル Serial controller and serial control method
JP2009153821A (en) * 2007-12-27 2009-07-16 Akuseru:Kk Serial controller and serial control method
JP2009153819A (en) * 2007-12-27 2009-07-16 Akuseru:Kk Serial controller and serial control method
JP2009160056A (en) * 2007-12-28 2009-07-23 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009160057A (en) * 2007-12-28 2009-07-23 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009226030A (en) * 2008-03-24 2009-10-08 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2009261682A (en) * 2008-04-25 2009-11-12 Omron Corp Light-emitting diode drive device and method, and program
JP2011160996A (en) * 2010-02-10 2011-08-25 Daito Giken:Kk Game machine
JP2010104847A (en) * 2010-02-17 2010-05-13 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011011083A (en) * 2010-10-18 2011-01-20 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011011082A (en) * 2010-10-18 2011-01-20 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011212478A (en) * 2011-08-01 2011-10-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011212480A (en) * 2011-08-01 2011-10-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011212479A (en) * 2011-08-01 2011-10-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2011212477A (en) * 2011-08-01 2011-10-27 Sankyo Co Ltd Game machine
US9266016B2 (en) 2011-08-10 2016-02-23 Omron Corporation Light source control device and game machine
JP2012050869A (en) * 2011-11-10 2012-03-15 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012050868A (en) * 2011-11-10 2012-03-15 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012183427A (en) * 2012-07-05 2012-09-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012183426A (en) * 2012-07-05 2012-09-27 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2012210464A (en) * 2012-07-05 2012-11-01 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2014064695A (en) * 2012-09-25 2014-04-17 Fujishoji Co Ltd Game machine
JP2013039390A (en) * 2012-10-04 2013-02-28 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013031686A (en) * 2012-10-04 2013-02-14 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2013027736A (en) * 2012-10-04 2013-02-07 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2015163246A (en) * 2015-05-12 2015-09-10 株式会社藤商事 Game machine
JP2015163247A (en) * 2015-05-12 2015-09-10 株式会社藤商事 Game machine
JP2015163248A (en) * 2015-05-12 2015-09-10 株式会社藤商事 Game machine
JP2016137334A (en) * 2016-05-10 2016-08-04 株式会社大都技研 Game board

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006218137A (en) Driving system of light emitter
US7015825B2 (en) Decorative lighting system and decorative illumination device
JP2010509726A (en) External microcontroller for LED illuminator, LED illuminator with internal controller and LED illumination system
US8378781B1 (en) Animated light string system
TW200624706A (en) Illumination source, illumination system, and dimming control method
JP2006218137A5 (en)
US20120153867A1 (en) Lamp unit with a plurality of light source and toggle remote control method for selecting a drive setting therefor
US20100072916A1 (en) Touch sensor device
JP2003190416A (en) Pachinko game machine
JP2008513935A (en) Luminaire network control system and control method
EP1705633A2 (en) Light emitting device single-cluster lamp control system
JP2009093125A (en) Illumination using multi-color light emitting element, and information display system and display method
KR100513140B1 (en) Method and apparatus for controlling full color illumination of led
JP5407074B2 (en) Light emitting diode driving apparatus and method, and program
US20130278156A1 (en) Light-emitting diode lighting apparatus, illuminating apparatus and illuminating method
JP2009110781A (en) Led lighting apparatus
JP2007141800A (en) Light-emitting device for dramatic presentation
JP3122781U (en) Lighting device for production
KR200415017Y1 (en) Wireless Remote Control Signboard
JP6058551B2 (en) Address initialization of lighting device unit
JP2006003750A (en) Led lighting fixture
JP4393185B2 (en) Line light emitting device
JP2004006150A (en) Lighting control device
US9713230B2 (en) Method for controlling a lamp having a plurality of sub-units
JP2007171366A (en) Light emitting device

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060913

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20060913

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20061017

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061031

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061226

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070220

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070619