JP2006217998A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2006217998A
JP2006217998A JP2005032590A JP2005032590A JP2006217998A JP 2006217998 A JP2006217998 A JP 2006217998A JP 2005032590 A JP2005032590 A JP 2005032590A JP 2005032590 A JP2005032590 A JP 2005032590A JP 2006217998 A JP2006217998 A JP 2006217998A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
display
player
instruction
state
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005032590A
Other languages
English (en)
Inventor
Takatoshi Takemoto
孝俊 武本
Ryoichi Hanada
良一 花田
Kenji Hara
健二 原
Original Assignee
Ace Denken:Kk
株式会社エース電研
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ace Denken:Kk, 株式会社エース電研 filed Critical Ace Denken:Kk
Priority to JP2005032590A priority Critical patent/JP2006217998A/ja
Publication of JP2006217998A publication Critical patent/JP2006217998A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】遊技者が参加気分を持って、自らの意思により遊技状態の報知の有無や、報知する遊技状態の各段階を任意に選ぶことができ、遊技全体の興趣が高まると共に飽きのこない遊技機を提供する。
【解決手段】操作指示手段3100による操作指示期間中に遊技者が操作手段100を操作した場合、該操作時より次なる段階以降の遊技状態として、表示遊技の表示状態ないし結果を予告演出によって報知する。操作指示手段3100は、遊技状態の各段階に応じて、遊技者に複数回に亘って前記操作手段100による操作を指示するから、遊技者は、報知する遊技状態の各段階を任意に選ぶことができる。
【選択図】図8

Description

本発明は、複数の異なる遊技状態が段階的に進行する遊技を行うことができる遊技機に関する。
従来、表示遊技を行う遊技機においては、識別情報(図柄)の変動開始から確定停止までの間に様々な演出を行うことで、遊技に遊技者を惹きつける工夫がなされている。特に予告(当たりになる可能性があるか否か)では、識別情報が変動開始した直後にリーチ態様となる可能性、またはリーチ態様となるか否かの報知を、コメント、キャラクタの出現、識別情報の変動の変化(通常の変動状態と異なる変動)等で行ったり、さらに、リーチ態様の発生直後に当たりとなる可能性、または当たりとなるか否かの報知を、コメント、キャラクタの出現、識別情報の変動の変化(通常の変動状態と異なる変動)等で行っている。
また、近年では、識別情報が変動開始した直後に、遊技機が特定状態(操作ボタン有効期間)になった場合には、遊技機に設けられた操作ボタンを遊技者が操作することで、現在行われている表示遊技の当たる確率の値を信頼度として表示させ、遊技者に解り易くした遊技機が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。
特開2004−275450号公報
しかしながら、前述した特許文献1に記載の遊技機においては、表示遊技の実行中にリーチ態様となり、遊技機が特定状態(操作ボタン有効期間)となった場合にだけ、操作ボタンを遊技者が操作し、現在進行中の表示遊技の信頼度を表示させるだけの構成であり、せっかく設けた操作手段を十分に活用するものではなかった。
また、前記信頼度が例えば10%等の低い場合では、遊技者が確認した瞬間、事実上当たらないと判断するため、たとえリーチ態様がスペシャルリーチ(当たる可能性が高いリーチ)に発展しても、遊技者は当たらないと意識付けられてしまうため期待感がなくなる。つまり、いかに期待度の高いリーチ態様による演出であっても、前記信頼度が低ければ、結局当たらないと遊技者に意識付けてしまう結果となり、表示上の興趣を減殺するおそれがあった。
また、前記操作ボタンを1回だけ操作したことで、現在進行中の表示遊技の結果を早い段階で遊技者が知ることになるから、予告としては短絡的な傾向があり、表示遊技の段階的な進行に応じて、各段階ごとに表示状態ないし結果を順次報知し得るものではなかった。しかも、前記1回目の操作以降には、前記操作ボタンを活用し得る手だてもなく、結局は既存の遊技機と何らかわらない単調な遊技となってしまい面白味に欠けていた。
さらに近年では、遊技中に前記操作ボタンの操作に類似する遊技者の参加型の行為として、例えば、押しボタンスイッチを用いて、いわゆるイベント(遊技者参加型のリーチ態様の演出)が発生すると、連続して前記押しボタンスイッチを押す(連打)行為により、リーチ態様の演出に影響を及ぼし得る制御が知られている。
しかし、このようなイベントに関する前記押しボタンスイッチの操作は、殆どただ連続して押すだけの単純な行為であり、前記イベント中に遊技者は押す(連打)行為だけに夢中となり易く、肝心の遊技には集中できないばかりか、前記イベント中は、短時間の間に連続して押しボタンスイッチを押すため、イベントが終了すると遊技者は無用に疲れてしまうという問題もあった。
このように従来の遊技機において、前記操作ボタン(押しボタンスイッチ)を利用したものとしては、1回のみの操作、あるいは連続操作により、表示遊技の本来のゲーム性からかけ離れている使い方が多く、一時的には遊技者の興味を惹きつけることができたとしても、比較的短期間で飽きられることが多いという問題もあった。
本発明は、以上のような従来技術が有する問題点に着目してなされたものであり、複数回に亘り操作手段を遊技者が操作することを可能とし、現在行われている遊技状態の進行状況を段階的に報知することができると共に、該報知のきっかけとして新たなゲーム性を加えることにより、遊技者が遊技に参加できるばかりでなく、遊技者が自らの意思により前記報知の有無や、報知する遊技状態の各段階を任意に選ぶことも可能となり、遊技全体の興趣が高まると共に飽きのこない遊技機を提供することを目的としている。
前述した目的を達成するための本発明の要旨とするところは、以下の各項の発明に存する。
[1]複数の異なる遊技状態が段階的に進行する遊技を行うことができる遊技機(1)において、
遊技者の意思による所定の操作によって入力を行うための操作手段(100)と、
前記操作手段(100)による操作を遊技者に指示する操作指示手段(3100)と、
前記操作指示手段(3100)による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段(100)を操作した場合、該操作時より次なる段階以降の遊技状態を予告演出によって報知する予告報知手段(3200)とを、有することを特徴とする遊技機(1)。
[2]遊技中における所定条件の成立に基づき表示遊技を実行し、該表示遊技の結果が予め定められた特定表示態様に確定した場合に、遊技者に遊技価値を付与可能な特別遊技状態を発生させる遊技機(1)であって、
前記操作指示手段(3100)は、前記表示遊技の実行中において、前記操作手段(100)による操作を遊技者に指示し、
前記予告報知手段(3200)は、前記操作指示手段(3100)による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段(100)を操作した場合、該操作時より次なる段階以降の遊技状態として、前記表示遊技の表示状態ないし結果を予告演出によって報知することを特徴とする[1]に記載の遊技機(1)。
[3]前記表示遊技として複数種類の識別情報を変動開始してから確定停止するまでの間に、前記特定表示態様となる識別情報の組み合わせのうち、1つの識別情報を除く他の識別情報が前記特定表示態様となる組み合わせとなり、前記1つの識別情報が未確定であるリーチ態様を導出表示する表示制御手段(3300)を有し、
前記操作指示手段(3100)は、前記リーチ態様の表示期間中において、前記操作手段(100)による操作を遊技者に指示し、
前記予告報知手段(3200)は、前記操作指示手段(3100)による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段(100)を操作した場合、前記リーチ態様以降の表示状態ないし結果を予告演出によって報知することを特徴とする[2]に記載の遊技機(1)。
[4]前記操作指示手段(3100)は、前記リーチ態様の表示期間中において、前記予告演出の示唆とは別に前記操作手段(100)による操作を遊技者に指示し、
前記表示制御手段(3300)は、前記操作指示手段(3100)による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段(100)を操作した場合、該操作に応じて前記リーチ態様を構成する識別情報の種類を変更することを特徴とする[3]に記載の遊技機(1)。
[5]前記操作指示手段(3100)は、前記遊技状態の各段階に応じて、遊技者に複数回に亘って前記操作手段(100)による操作を指示することを特徴とする[1],[2],[3]または[4]に記載の遊技機(1)。
[6]前記予告報知手段(3200)は、前記操作手段(100)の操作により遊技者が参加できる特別遊技を前記予告演出として実行し、該特別遊技の結果に応じて報知する遊技状態の内容を異ならせることを特徴とする[1],[2],[3],[4]または[5]に記載の遊技機(1)。
前記本発明は次のように作用する。
前記[1]に記載の遊技機(1)によれば、複数の異なる遊技状態が段階的に進行する遊技を行うことができ、該遊技中において遊技者は、自らの意思によって遊技状態に関する予告演出による報知を確認することができる。
先ず、操作指示手段(3100)によって、遊技機(1)側から操作指示を行うことにより、遊技者は、遊技状態に何らかの異変が起きたことを察知することができ、遊技に対する興味を与えられる。また、遊技者は、操作手段(100)による操作を行うことができる操作指示期間であることを明確に知ることができ、自らの意思により操作手段(100)を操作して入力を行うことができる。
一般に既存の遊技機(1)は、遊技媒体を上受け皿に入れた後にハンドルを操作すると遊技球が発射され、発射後は全て機械任せで制御されるものであり、遊技者が遊技媒体の発射後の遊技に参加する要素がなかったが、本遊技機(1)では、前記操作指示手段(3100)からの操作指示があることにより、遊技者は遊技に対する参加の興味が沸くと共に、前記操作手段(100)を操作することにより、遊技者が参加気分を持って遊技を行うという新たな興味を抱かせることができる。
次に、前記操作指示手段(3100)による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段(100)を操作した場合には、予告報知手段(3200)によって、前記操作手段(100)の操作時より次なる段階以降の遊技状態が予告演出によって報知される。すなわち、遊技者の操作に基づいて、次なる段階以降の遊技状態への期待を報知することにより、遊技機(1)の遊技状態が、例えば、遊技者にとって有利となる方向へ進んでいるのか、または進んでいないのかを、遊技者が操作することで、段階的に知ることができる。
しかも、前記操作手段(100)の操作は、遊技者が自らの意思により任意に行うことができるので、遊技者が前記操作手段(100)を操作しなければ、次なる段階以降の遊技状態に関する予告演出を遊技機(1)に実行させないことになる。このように、次なる段階以降の遊技状態を事前に把握しないという選択も、遊技者は自由に選ぶことができる。もちろん、遊技者が前記操作手段(100)を操作することにより、次なる段階以降の遊技状態に関する情報が事前に解ることになり、遊技への興味や遊技への参加といった新たな遊技の楽しみが増えることになる。
また、前記[2]に記載の遊技機(1)によれば、遊技中において所定条件が成立すると表示遊技が実行され、該表示遊技の結果が予め定められた特定表示態様に確定した場合には、遊技者に遊技価値を付与可能な特別遊技状態が発生するが、本遊技機(1)における前記操作指示手段(3100)は、前記表示遊技の実行中において、前記操作手段(100)による操作を遊技者に指示する。
そして、前記予告報知手段(3200)は、前記操作指示手段(3100)による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段(100)を操作した場合、該操作時より次なる段階以降の遊技状態として、前記表示遊技の表示状態ないし結果を予告演出によって報知する。これにより、遊技者の大きな関心事である前記表示遊技の表示状態ないし結果に関する情報が、遊技者の意思によって事前に解ることになり、表示遊技の興趣を向上させることができる。
また、前記[3]に記載の遊技機(1)によれば、前記表示遊技においては表示制御手段(3300)によって、複数種類の識別情報の変動開始から確定停止までの間に、前記特定表示態様となる可能性のあるリーチ態様が導出表示されることがあるが、このリーチ態様の表示期間中において、前記操作指示手段(3100)は、前記操作手段(100)による操作を遊技者に指示する。
そして、前記予告報知手段(3200)は、前記操作指示手段(3100)による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段(100)を操作した場合、前記リーチ態様以降の表示状態ないし結果を予告演出によって報知する。これにより、リーチ態様に対する遊技者の関心や期待をなおさら高めることができる。
また、前記[4]に記載の遊技機(1)によれば、前記操作指示手段(3100)は、前記リーチ態様の表示期間中において、前記予告演出の示唆とは別に前記操作手段(100)による操作を遊技者に指示する。そして、前記表示制御手段(3300)は、前記操作指示手段(3100)による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段(100)を操作した場合、該操作に応じて前記リーチ態様を構成する識別情報の種類を変更する。
これにより、前記リーチ態様を経て最後に確定停止する識別情報の種類を遊技者は自ら予想して、この予想に合わせるように、前記リーチ態様を構成する識別情報を自分の好みの種類に任意に変更することができる。すなわち、遊技の当たり、ハズレの勝負に参加することになり、識別情報の変更に際しては、単に表示過程を一方的に見るだけでなく、見て、考え、予想する等の行為も併せて行う結果となるから、遊技にいっそう積極的に参加して楽しむことができる。
また、前記[5]に記載の遊技機(1)によれば、前記操作指示手段(3100)は、前記遊技状態の各段階に応じて、遊技者に複数回に亘って前記操作手段(100)による操作を指示することになる。これにより、遊技者は前記操作手段(100)による操作を、前記複数回に亘る操作指示期間のうち任意の操作指示期間ごとに行うことができる。また、前記予告報知手段(3200)は、前記複数回に亘る操作指示期間のうち遊技者が前記操作手段(100)を操作した操作指示期間に対応して、次なる段階以降の遊技状態を予告演出によって報知することになる。
さらに、前記[6]に記載の遊技機(1)によれば、前記予告報知手段(3200)は、前記操作手段(100)の操作により遊技者が参加できる特別遊技を前記予告演出として実行し、該特別遊技の結果に応じて報知する遊技状態の内容を異ならせる。ここで特別遊技としては、例えば、スロットゲームを模した表示演出等が考えられ、例えば、前記操作手段(100)の操作によって、各ドラムを順次停止することができる表示内容にするとよい。
このようなスロットゲームの停止図柄に応じて、当たり、ハズレや今後の表示遊技の進行状況に関して異なる遊技状態の内容を報知できるようにすれば、遊技者は通常の遊技を行いつつ、特別遊技として他のゲームを行うことができる。前述したようなスロットゲームであれば、遊技者は、遊技機(1)のハンドル操作以外にスロットゲームの停止操作も楽しむことができ、単調な遊技に対する打開策として遊技者に飽きの来ない遊技機(1)を提供することができ、しかも、特別遊技の結果に応じて遊技機(1)の進行状況等を把握させることができる。
本発明に係る遊技機によれば、操作指示手段による操作指示期間中に遊技者が操作手段を操作した場合、該操作時より次なる段階以降の遊技状態を予告演出によって報知することができるから、遊技者が参加気分を持って、自らの意思により遊技状態の報知の有無を任意に選ぶことが可能となり、遊技全体の興趣を高めることができると共に、飽きることなく遊技を楽しむことができる。
また、前記次なる段階以降の遊技状態として、表示遊技の表示状態ないし結果を予告演出によって報知することにより、遊技者の大きな関心事である表示遊技の表示状態ないし結果に関する情報が、遊技者の意思によって事前に解ることになり、表示遊技の興趣を高めることができる。
また、前記操作指示手段により、遊技状態の各段階に応じて、遊技者に複数回に亘って前記操作手段による操作を指示することにより、遊技者は操作手段による操作を、複数回に亘る操作指示期間のうち任意の操作指示期間ごとに行うことができ、遊技者は自分が確認したい遊技状態の段階だけを選んで、前記予告演出による報知を楽しむこともできる。
さらに、前記操作手段の操作により遊技者が参加できる特別遊技を前記予告演出として実行し、該特別遊技の結果に応じて報知する遊技状態の内容を異ならせることにより、遊技者は通常の遊技を行いつつ、特別遊技として他のゲームも行うことができるので、遊技全体の興趣をよりいっそう高めることができる。
以下、図面に基づき、本発明を代表する実施の形態を説明する。
図1〜図19は、本発明の実施の形態に係る遊技機を示している。
本実施の形態に係る遊技機1は、遊技盤2に形成された遊技領域17に遊技球(以下、単に「球」とも称する。)を発射してゲームを実行するパチンコ機である。また、遊技機1には、有価価値カードの挿入により遊技球を貸し出すためのカードユニット(CR球貸機)b(図3参照)が付設されている。
先ず、遊技機1全体の概要を説明する。
図1は、遊技機1全体を示す正面図である。本遊技機1は、特別遊技状態を点灯によって報知する遊技機状態ランプ422と、遊技盤2を覆う正面のガラスを固定するガラス枠11と、遊技者によって発射された遊技球が移動しゲームを進行させるための部品が取り付けられた遊技盤2等を有している。なお、ガラス枠11には、装飾装置であるランプ・LEDが組み付けられている。
前記ガラス枠11の下方には、遊技球である貸球や賞球を貯留する上受け皿3と、該上受け皿3から溢れた遊技球を貯留する下受け皿4と、前記上受け皿3に貯留した遊技球を抜き出すための上受け皿球抜きレバー7と、前記下受け皿4に貯留した遊技球を抜き出すための下受け皿球抜きレバー8と、遊技者が遊技球の発射操作を行うためのハンドル5が設けられている。また、上受け皿3の正面中央部には、遊技者が自らの意思で操作可能な押ボタン式の外部入力スイッチが操作手段100として設けられている。
図2は、遊技盤2を示す正面図である。遊技盤2の正面には、発射された球を遊技領域17へ導くための誘導レール16と、遊技領域17に導かれた遊技球の流れに変化を与えるための遊技釘や風車(図示せず)と、各種の入賞口と、普通図柄作動ゲート26と、装飾装置であるランプ・LEDと、表示遊技を実行するための可変表示装置310と、表示遊技を対応させる特別図柄表示を行うための特別図柄表示装置320、それに普通図柄表示を行うための普通図柄表示装置140等が設けられている。
前記各種の入賞口には、始動入賞口21、右袖入賞口22a、左袖入賞口22b、右落とし入賞口23a、左落とし入賞口23b、大入賞口24等がある。遊技球が各入賞口に入賞すると、各入賞口に付設されたスイッチにより入賞球が検出され、入賞球が検出される度に各入賞口に割り当てられた所定数の賞球が払い出される。ただし、前記普通図柄作動ゲート26は通過口であり、遊技球が通過しても賞球の払い出しは行われない。なお、遊技盤2の最下部には、遊技領域17内の各入賞口の何れにも入らず落下した遊技球を、外部に排出するためのアウト口29が設けられている。
前記各入賞口に付設されたスイッチとして、図3,図4に示すように、始動入賞口スイッチ121、右袖入賞口スイッチ122a、左袖入賞口スイッチ122b、右落とし入賞口スイッチ123a、左落とし入賞口スイッチ123b等が各入賞口内部に設置されている。また、大入賞口24の内部には、カウントスイッチ125が設置されている。さらに、普通図柄作動ゲート26の内部には、普通図柄表示装置作動ゲートスイッチ126が設置されている。
前記各入賞口に遊技球が入賞すると、前記各入賞口スイッチによって検知され、該検知される度に、各入賞口ごとに割り当てられた次の所定数の賞球の払い出しが行われる。本実施の形態では、始動入賞口21には5個、右袖入賞口22a、左袖入賞口22b、右落とし入賞口23a、左落とし入賞口23bにはそれぞれ8個、大入賞口24には15個と賞球数が割り当てられている。
次に、遊技盤2上の主要な構成要素について、さらに詳細に説明する。
前記始動入賞口21は、一般に始動チャッカーと称されるものであり、該始動入賞口21の左右両端に一対の可動片が揺動可能に設けられている。各可動片は、普通電動役物ソレノイド136によって拡縮動作する。始動入賞口21は、各可動片の拡縮動作により、遊技球が入賞し難い縮状態と入賞し易い拡状態とに作動する普通電動役物として構成されている。なお、各可動片が縮状態であっても、始動入賞口21は球が入賞し難い程度に開いている。
始動入賞口21の各可動片は、普通図柄表示装置140における普通図柄表示の表示結果に基づき作動する。普通図柄表示装置140は、上下に設けた2つのLEDの点灯によって普通図柄表示を行い、上下2つのLEDのうち、上側の「○」型が「当たり」、下側の「−」型が「ハズレ」と割り当てられている。普通図柄表示の結果が「当たり」に相当すると、前記始動入賞口21の各可動片が、通常の縮状態から拡状態に所定時間の経過または所定個数の遊技球の入賞まで作動する。なお、前記LEDの点灯以外にも普通図柄表示としては、7セグメント表示器を使用したり、可変表示装置310の表示領域の一部に表示してもよい。
前記普通図柄表示装置140では、普通図柄表示装置作動ゲートスイッチ126により遊技球の通過が検出されると、普通図柄表示の権利が獲得され、該権利に基づいて普通図柄表示が行われる。普通図柄表示装置140の上下のLEDの交互点滅によって普通図柄表示は開始され、所定時間が経過して停止すると上下何れか一方の点灯表示となり、遊技者は表示結果を目視により確認することができる。なお、普通図柄表示装置作動ゲートスイッチ126は、例えば、光センサ、近接センサ、あるいは磁気センサ等の各種センサにより構成すればよい。
前記普通図柄表示装置140における普通図柄表示中に、普通図柄表示装置作動ゲートスイッチ126によって遊技球の通過が検出された場合は、普通図柄表示装置140における普通図柄表示の権利を獲得するが保留とされ、現在進行中の普通図柄表示が消化された後、保留にされた権利が順次消化される。普通図柄表示の保留数は、例えば上限値4個であり、普通図柄表示装置140の傍らにある普通図柄保留LED421の点灯によって報知される。
前記始動入賞口21に球が入賞することが、次述する可変表示装置310で表示遊技が実行されるための「所定条件」として設定されている。始動入賞口21の内部にある始動入賞口スイッチ121によって遊技球の入賞が検出されると、可変表示装置310において表示遊技を実行する権利が獲得され、該権利に基づき表示遊技が実行される。なお、始動入賞口スイッチ121は、例えば、光センサ、近接センサ、あるいは磁気センサ等の各種センサにより構成すればよい。
前記可変表示装置310は、その表示部をなす液晶ユニット311を有しており、該液晶ユニット311は、各種画像として、表示遊技の結果に関係する識別情報や、表示遊技の演出表示に関係する各種画像(背景を含む)を変動表示させることができる。なお、可変表示装置310は、液晶ユニット311以外にも、他に例えば、CRT(陰極線管)表示器、ドラムユニット、7セグメント表示器、LED、有機ELディスプレー表示器等を採用して構成することも可能である。
前記始動入賞口21に球が入賞して、始動入賞口スイッチ121により遊技球の入賞が検出されると、可変表示装置310における表示遊技の権利が獲得され、表示遊技が実行される。表示遊技では、液晶ユニット311に複数種類の識別情報が変動表示され、最終的に停止した識別情報の組み合わせが、予め定められた特定の組み合わせである特定表示態様(以下「大当たり」とも言う。)に確定すれば、所定の遊技価値を遊技者に付与可能な特別遊技状態が発生することになる。
前記表示遊技が開始されると、液晶ユニット311には、基本的には横一列に左側の第1図柄、右側の第2図柄、中央の第3図柄と3つの識別情報である各種図柄が並ぶように表示され、各列ごとに識別情報は例えばスクロール変動する。変動開始から所定時間が経過すると、各列ごとに1つずつ任意の識別情報が確定停止する。また、表示遊技中には、識別情報の変動表示に合わせて、各種画像としてキャラクタや背景等も液晶ユニット311に適宜表示されるようになっている。
本実施の形態では、前記表示遊技に関して、演出表示が異なる複数種類の遊技内容が予め用意されており、何れの遊技内容に関しても、識別情報の変動開始から確定停止に至るまでの過程で、複数の異なる遊技状態としての表示状態が段階的に進行するように設定されている。なお、本実施の形態における遊技内容としては、例えば、スロットをテーマにした演出表示が行われる遊技内容や、ルーレットをテーマにした演出表示が行われる遊技内容等が用意されている。
前記何れの遊技内容においても、表示遊技の結果として、液晶ユニット311に確定停止した識別情報が、予め定められた特定の組み合わせ(例えば「333」等と全て同一種類に揃った状態)となった場合が「特定表示態様(大当たり)」と定められている。また、特定表示態様が確定する前に、特定表示態様となる識別情報の組み合わせのうち、1つの識別情報を除く他の識別情報が前記特定表示態様となる組み合わせとなり、前記1つの識別情報が未確定である状態が「リーチ態様」に相当する。
前記表示遊技の結果が最終的に特定表示態様に確定すると、次述する大入賞口24が所定回数を限度に繰り返し開閉する特別遊技状態が発生するように設定されている。一方、表示遊技の結果が、最終的に前記特定表示態様に確定しなかった場合は、「外れ表示結果(ハズレ)」に該当し、特別遊技状態は発生せず遊技者に遊技価値が付与されることはない。なお、表示遊技に用いる識別情報は、0〜9の数字や記号等の単純な図柄に限定されるものではなく、例えば特定のキャラクタを模したものを用いてもよい。
また、前記表示遊技の結果が、識別情報のうち確変図柄(例えば奇数図柄「1」、「3」、「5」、「7」、「9」)の何れかで全て同一種類に揃う特定表示態様(確率変動大当たり)に確定した場合には、高確率状態を伴う特別遊技状態が発生することになる。すなわち、確変図柄で揃った特定表示態様(確率変動大当たり)が確定すると、これに基づき発生した特別遊技状態が終了した後、次回の特別遊技状態が発生するまで、表示遊技の結果が特定表示態様に確定する大当たり確率が高確率に変化する。
このように、通常の遊技状態(低確率状態)に比べて、特定表示態様に確定する大当たり確率が高まった遊技状態が、高確率状態(または「確変状態」、「確変モード」とも言う。)である。また、高確率状態中には、可変表示装置310における表示遊技の変動時間が短縮される時間短縮状態(または「時短状態」、「時短モード」とも言う。)も併せて発生するように設定してもよい。さらに、本実施の形態における時間短縮状態では、前記普通図柄表示装置140における普通図柄表示の変動時間も短縮されるように設定してもよい。
一方、前記表示遊技の結果が、識別情報のうち非確変図柄(例えば偶数図柄「0」、「2」、「4」、「6」、「8」)の何れかで全て同一種類に揃う特定表示態様(非確率変動大当たり)に確定した場合には、高確率状態を伴わない特別遊技状態が発生することになる。ここで、非確変図柄で揃った特定表示態様(非確率変動大当たり)が確定すると、これに基づき発生した特別遊技状態が終了した後、所定回数(例えば100回)を限度に、次回以降の表示遊技および普通図柄表示における変動時間が短縮されるように設定してもよい。
前記表示遊技の実行中あるいは前記特別遊技状態の発生中に、前記始動入賞口21に球が入賞した場合には、表示遊技を実行する権利が保留として獲得され、現在進行中の表示遊技等が終了した後、保留されていた権利が順次消化されるようになっている。前記表示遊技の保留数は、例えば最大で4個と設定されており、実際の保留数は、遊技者が目視で確認できるように特別図柄保留LED420によって報知される。もちろん、特別図柄保留LED420の構成を省いて、可変表示装置310に保留球数を表示するようにしてもかまわない。
また、前記特別図柄表示装置320は、前記可変表示装置310で実行される表示遊技の表示結果の元となる大当たり判定結果、および確率変動大当たりまたは非確率変動大当たりの区別が可能な特別図柄を、前記表示遊技の実行に対応させて同時に変動表示するものであり、例えば、7セグメントLED等を利用して構成されている。
前記大入賞口24は、一般にはアタッカーと称されるものであり、大入賞口ソレノイド134の作動により、遊技球が入賞し易い開状態(第1の状態)と、遊技球が入賞できない通常の閉状態(第2の状態)とに変化するように構成されている。なお、大入賞口24の入賞口を開閉する扉は、その下端を揺動中心として前方に傾倒することで開くようになっている。
前記大入賞口ソレノイド134は、前記特別遊技状態が成立した際に大入賞口24の扉の開閉動作を行うために作動する。すなわち、大入賞口24は、前記表示遊技の結果が特定表示態様となった場合に、特別遊技状態を形成するように開閉制御される。ここで特別遊技状態は、大入賞口24の扉が開いて遊技球が入賞し易い開状態となり、所定時間(例えば30秒)の経過または遊技球の所定個数(例えば10個)の入賞により扉が閉鎖されて入賞し難い閉状態となる動作が、所定の回数(例えば15回)を上限に繰り返す状態である。
次に、遊技機1の制御に用いられる各種制御基板について説明する。
図3は、遊技機1の制御に用いられる各種制御基板およびそれに関連する構成要素を示すブロック図である。図3に示すように、本実施の形態では制御基板として、主基板1100、演出制御基板1300、払出制御基板200、発射制御基板600、電源基板2700等が含まれている。
主基板1100は、遊技機1の制御を掌る制御基板であり、演出制御基板1300は、可変表示装置310の表示制御、装飾ランプの点灯制御、音声の出力制御をそれぞれ統括して行う制御基板である。主基板1100および演出制御基板1300は、全体として「制御手段」を構成しており、図6に示すように制御手段は、本発明の根幹に関わる機能として操作指示手段3100、予告報知手段3200、表示制御手段3300とを備えている。なお、操作指示手段3100と予告報知手段3200は、表示制御手段3300に含まれる機能(属性)として構成してもよい。
前記操作指示手段3100は、前記操作手段100による操作を遊技者に指示する機能である。この操作指示手段3100は、前記表示遊技の実行中における複数の段階(ステップ)ごとに所定の指示演出を表示することで、遊技者に視覚的に指示するように設定されている。ここで指示演出とは、詳しくは後述するが、表示遊技の実行中に併せて表示され、遊技者に対して操作手段100の操作を示唆するための演出表示の一種である。
前記指示演出を表示している期間が、原則として、遊技者が操作手段100の操作を行うことができる「操作指示期間」と定められているが、もちろん、「操作指示期間」内における所定のタイミングでのみ、操作手段100の操作が可能となるように制御してもよい。なお、指示する方法は表示に限られるものではなく、表示と併せて音声出力やランプ・LEDの点灯の少なくとも何れか一方を組み合わせてもよい。例えば、操作手段100である押しボタン部にLEDを設けて、操作が可能な時に押しボタン部を光らせるように構成してもよい。
前記予告報知手段3200は、前記操作指示手段3100による操作指示期間中に遊技者が操作手段100を操作した場合、該操作時より次なる段階(ステップ)以降の遊技状態として、表示遊技の表示状態ないし結果を予告演出によって報知する機能である。ここで予告演出とは、詳しくは後述するが、表示遊技の実行中に併せて表示され、表示遊技の次なる段階(ステップ)を、遊技者が予測できる程度の内容で示唆する演出表示であり、例えば、遊技者にとって有利(大当たり)となるリーチ予告、大当たり予告、リーチ態様となった場合、非確変図柄から確変図柄となるステップアップ予告等が該当する。
前記表示遊技における各段階(ステップ)は、大別すれば、識別情報の変動開始後における第1図柄、第2図柄の停止時まで、すなわちリーチ態様が導出表示されるか否かの確定前の段階と、リーチ態様の開始後、所定時間が経過して第3図柄の変動が停止する時点までのリーチ態様の表示期間中の段階と、第3図柄の変動が停止した後の表示遊技の確定停止前の段階等がある。さらにリーチ態様の表示期間中は、通常のリーチ態様がいわゆるスペシャルリーチ(当たる可能性が高いリーチ態様)に発展する段階に分かれたり、第3図柄の変動停止後に、非確変図柄から確変図柄に変化する段階に分かれる場合もある。
前記表示制御手段3300は、可変表示装置310における表示遊技の実行を制御する機能である。表示制御手段3300は、前述した始動入賞口21への遊技球の入賞に起因して、複数種類の識別情報を変動開始し、所定時間の経過後に確定停止するまでの間に、所定の確率で前記リーチ態様を導出表示する表示制御を実行する。なお、表示遊技の具体的な内容については後述する。
図4は、主基板1100の詳細を示している。
主基板1100は、主基板1100内部のクロック回路1110が生成するクロックを基準に動作する。また、クロック回路1110が生成したクロックを内部タイマー1107で分周して得た一定時間間隔の割り込み信号をCPU1102に入力することで、一定時間ごとに該CPU1102でタイマー割り込み処理を実行する。CPU1102は、タイマー設定時間の間隔よりも短い時間で終了するように分割した処理を割り込みごとに実行することで一連の動作を遂行する。
始動入賞口スイッチ121、普通図柄表示装置作動ゲートスイッチ126、右袖入賞口スイッチ122a、左袖入賞口スイッチ122b、右落とし入賞口スイッチ123a、左落とし入賞口スイッチ123bは、それぞれ球の入賞を検知するためのスイッチであり、これらのスイッチからの入力信号は、入力インターフェイス回路1115aに入力される。カウントスイッチ125、右賞球検出スイッチ130a、左賞球検出スイッチ130b、シュート球切れスイッチ131、ガラス枠開放検出スイッチ132、オーバーフロースイッチ133からの各入力信号は、入力インターフェイス回路1115bに入力される。
入力インターフェイス回路1115a、1115bのアドレスは、CPU1102のアドレス空間にメモリマップドI/O方式で設定されている。CPU1102が出力するアドレス信号およびリード/ライトの制御信号を、CPU1102が出力するシステムクロックに従って、アドレスデコード回路1113でデコードすることによりチップセレクト信号を生成する。
前記チップセレクト信号にて、入力インターフェイス回路1115a,1115bがセレクトされると、始動入賞口スイッチ121等からの各入力信号が各入力インターフェイス回路1115a,1115bを通じてデータバスに出力される。データバス上の各入力信号は、一定時間ごとに発生する割り込み信号によって、次の割り込み処理が実行されるまでの間に複数回検出されてチャタリング防止処理が行われた後、入力信号ごとに指定されたRAM領域(RAM1104)に記憶される。
始動入賞口スイッチ121からの入力信号は5個賞球の賞球信号として、また右袖入賞口スイッチ122a、左袖入賞口スイッチ122b、右落とし入賞口スイッチ123a、左落とし入賞口スイッチ123bからの入力信号はそれぞれ8個賞球の賞球信号として、さらに、カウントスイッチ125からの入力信号は15個賞球の賞球信号として扱われ、それぞれのスイッチで検出された入賞個数が指定された各RAM領域に記憶される。またこれと同時に、賞球総数がCPU1102で演算処理され、指定のRAM領域に記憶される。なお、各入賞口に設けられたスイッチの賞球払い出しは、固定となっているが、遊技機の仕様により払い出し個数を変更することができる。
その他、始動入賞口スイッチ121、普通図柄表示装置作動ゲートスイッチ126からの入力信号に対してそれぞれ乱数値を取得し、これらの値がRAM領域の各乱数値記憶領域に記憶され、このデータを基にして、遊技機1の遊技状態や遊技演出等が設定され、各制御基板に遊技状態や遊技演出等のデータが順次出力される。各制御基板への出力データは、データバスの途中に設けたバッファ1114を通り、さらに出力データバスを通してラッチ回路1116a〜1116eに出力される。出力用のラッチ回路1116a〜1116eとCPU1102とを結ぶデータバスの途中に、バッファ1114を配置することでバス信号が一方向の流れになり、不正防止の対策となる。
始動入賞口スイッチ5個賞球RAM領域、左右袖入賞口スイッチ、左右落とし入賞口スイッチ8個賞球RAM領域、カウントスイッチ15個賞球RAM領域にデータがあることにより、CPU1102は、各賞球数に設定された8ビット賞球データを順次、データバス、出力データバスを通じてラッチ回路1116aに出力する。これと同調するように払出制御基板200に対する割り込み信号、ストローブ信号の制御信号をデータバス、出力データバスを通じてラッチ回路1116cに出力する。
メモリマップドI/Oで制御されたアドレスデコード回路1113でデコードして得たチップセレクト信号がラッチ回路1116a、ラッチ回路1116cに順次出力されると、8ビット賞球データがラッチ回路1116aに、割り込み信号、ストローブ信号の制御信号がラッチ回路1116cにそれぞれラッチされ、8ビットパラレル賞球出力信号と割り込み信号、ストローブ信号の2ビットの制御信号で構成された出力信号が、払出制御基板200に賞球データとして出力される。
賞球データが入力された払出制御基板200は、球排出機構を制御して、入力された賞球データに対応した数の賞球排出を行うものである。排出した賞球の検出を、右賞球検出スイッチ130a、左賞球検出スイッチ130bで行い、入力インターフェイス回路1115bに入力されCPU1102に取り込まれ、賞球数を管理する。またその検出信号は払出制御基板200にも出力されている。
これらの検出信号に基づいて、実際に払い出した賞球総数がCPU1102で演算処理され、その値がRAM領域(RAM1104)の記憶データから減算処理され、リアルタイムに賞球総数のデータが更新される。また、排出賞球数の設定数ごとに出力信号がラッチ回路1116dに出力され、アドレスデコード回路1113のチップセレクト信号に同期して外部へパルス出力され、枠用外部出力端子板800を介して管理用コンピュータ(図示せず)等に出力される。
始動入賞口スイッチ121、普通図柄表示装置作動ゲートスイッチ126の入力信号に対応した乱数値が格納されているRAM領域(RAM1104)に乱数値が記憶されている場合は、普通図柄表示装置140、可変表示装置310の表示遊技の開始直前に遊技演出の種類(演出パターン)が決定され、該決定された演出パターンを演出に係わる演出制御基板1300に送信すると共に、生成されたデータをRAM領域(RAM1104)に記憶する。
普通図柄に係わる乱数値が記憶されている場合は、普通図柄表示装置140の普通図柄表示を実行するための表示制御データが生成され、表示制御データがCPU1102からデータバスを通じてラッチ回路1116eに出力される。そして、アドレスデコード回路1113からチップセレクト信号が出力されるごとに、前記普通図柄表示装置140において普通図柄表示が一定時間行われる。
普通図柄表示装置140の表示結果が当たりの場合には、前記始動入賞口21の各可動片を拡開動作させる普通電動役物ソレノイド136の制動データが、CPU1102からラッチ回路1116eに出力されると共に、アドレスデコード回路1113からのチップセレクト信号に応じて、ラッチ回路1116eから一定時間出力されて普通電動役物ソレノイド136が制御される。それにより、始動入賞口21が拡状態となり、球が入賞し易い状態が発生する。
始動入賞口21に係わる乱数値が記憶されている場合は、可変表示装置310の表示遊技を行わせるために演出制御基板1300に、前記演出パターンとそれに対応した停止図柄を定める各停止図柄等に関するデータが、時系列にラッチ回路1116bを介して、演出制御基板1300へ演出出力データとして順次出力され、演出制御基板1300を制御する。また、LED・ランプの点灯演出や音声演出も、同調して実行されるようになっている。
遊技状態が特別遊技状態の場合、大入賞口ソレノイド134の制御データがラッチ回路1116eに出力され、かつアドレスデコード回路1113からのチップセレクト信号がラッチ回路1116eに入力される。これによりラッチ回路1116eから大入賞口ソレノイド134の制御データが出力されて、大入賞口ソレノイド134が駆動され、大入賞口24が開閉状態となって遊技球を大入賞口24内に誘導可能となる。
大入賞口24内に配置されたカウントスイッチ125により、入賞した遊技球が計数される。カウントスイッチ125で計数されたデータの総合計数が所定の数量に到達するとラッチ回路1116eの出力データが変更され、大入賞口ソレノイド134が非能動状態になり、1回のラウンドが終了する。その後、未だ上限ラウンド回数に到達していない場合には、大当たりラウンドがさらに継続することになる。
遊技機1に電源が供給されると、電源基板2700よりリセット信号が供給され主基板1100の各デバイスはリセット状態になる。その後システムリセット信号が非能動状態となり、各デバイスは能動状態に遷移する。システムリセット信号が非能動状態に信号変化すると、クロック同期・遅延回路1111による遅延処理により一定時間の経過後にワンチップマイコン1101へのリセット信号が非能動となる。これによりワンチップマイコン1101が稼動状態になり、主基板1100の動作状態が保たれる。その後、ワンチップマイコン1101の初期設定が行われる。
遊技機外部供給の電源が不安定な場合には、電源基板2700から停電検出信号がワンチップマイコン1101のNMI(ノンマスカブルインターラプト)1105に供給され、ワンチップマイコン1101において各記憶領域の退避動作が行われる。具体的には、一定時間に亘って賞球検出データの検知を行った後、RAM領域(RAM1104)に停電処理判定のデータを保存し、RAM1104の保護を行う。すなわち、電源電圧が低下することで、電源基板2700からRAM1104にバックアップ電源DC5VBBが供給され、RAM1104の記憶状態が保持される。
電源が次に供給された時、停電処理判定のデータの有無に基づき停電処理のあったことを認識すると、ワンチップマイコン1101は停電復旧処理を行う。初期設定の時、RAM初期化信号が能動状態であれば、CPU1102はI/Oポート1106のデータを検出してRAM領域(RAM1104)の初期化を行う。
シュート球切れスイッチ131で球切れを検出した信号、およびオーバーフロースイッチ133で遊技機1の下受け皿4にて賞球の球詰まりを検出した信号は、入力インターフェイス回路1115bおよびデータバスを通じてワンチップマイコン1101に取り込まれる。
次に、図5に示す演出制御基板1300について説明する。
演出制御基板1300は、主に遊技盤2上に設置された可変表示装置310、遊技機状態ランプ422等の各種LED・ランプの点滅、スピーカ510での音声、効果音、遊技機1の異常状態を知らせるための警告音等に関する制御を行うものである。
演出制御基板1300は、マイクロコンピュータ1301を動作させるクロック発信器1316と、演出制御を実行することで取得した情報を一時記憶するための制御用RAM1311と、演出出力データに基づき演出制御を実行するための制御プログラムが記憶された制御用ROM1310を有し、主基板1100からの制御情報を入力する入力インターフェイス1314を通して制御情報を取得し、取得した情報に基づき遊技演出を実行する。
マイクロコンピュータ1301は、クロック発信器1316が生成するクロックを基準に動作し、主基板1100からの制御情報が入力インターフェイス1314を通して、マイクロコンピュータ1301内のPIOa1306a、PIOj1306jに入力され、入力情報に基づき可変表示装置310での演出、各種ランプ・LEDでの光による演出、音による演出等を制御用ROM1310に記憶されたプログラムの手順で実行する。
電源基板2700からのリセット信号は、遊技機1に電源が投入されると、電源基板2700からマイクロコンピュータ1301に入力されて、制御ROM1310に記憶されている制御手順に従って、マイクロコンピュータ1301のリセットを行うと共に、演出制御基板1300の初期化を行うように設定されている。
また、演出制御基板1300には、前記操作手段100が接続されている。操作手段100の操作に基づき出力された信号は、PIOh1306hに入力され、マイクロコンピュータ1301は、操作手段100からの信号に基づき演出内容を変化させる。
演出制御基板1300は、画像処理部と、ランプ・LED駆動回路部と、音声制御部とを有し、マイクロコンピュータ1301は、それぞれの演出部を主基板1100からの制御信号と、操作手段100からの制御信号に基づいて制御する。先ず、画像処理部は、可変表示装置310上での演出を行う部位であり、前記マイクロコンピュータ1301は、各制御信号に基づいて画像制御IC1320へ具体的な指示を行う。画像制御IC1320は、クロック発信器1316のクロック信号を基準に動作する。
画像制御IC1320は、マイクロコンピュータ1301からの制御情報に従って、画像データROM1322の画像データを入手し、具体的な映像信号を生成し、可変表示装置310へ出力する。図5では、画像制御IC1320が生成した画像データやパレット(色)情報等を一時的に記憶しておく領域であるVRAMが図示されていないが、画像制御IC1320の内部にVRAMを内蔵した画像制御ICで構成してある。なお、前記遊技内容、前記指示演出、前記予告演出に関する画像データは、画像データROM1322にそれぞれ区画されて記憶されている。
画像補正IC1321は、画像制御IC1320からの入力画像信号(アナログR,G,B信号、水平、垂直同期信号)を可変表示装置310用に補正し出力する。電源生成回路1324a〜fは、電源基板2700からの電源に基づいてDC13V,23V,−5V,3.3V,2.5Vの各電圧を画像処理部へと供給することで画像制御IC1320、画像補正IC1321を駆動する。
また、前記ランプ・LED駆動回路部は、光による演出を行う部位であり、遊技機1および遊技盤2上に設置されたランプ・LED、ソレノイドにおける具体的な演出を行わせる、LED駆動回路1400a〜cと、駆動回路1401を通し実行される。CPU1302の制御に従いPIOb〜e1306b〜e(パラレルI/O)を通し、LED駆動回路a1400a、LED駆動回路b1400b、LED駆動回路c1400cと、駆動回路1401に制御信号を出力して、各駆動回路がランプ・LEDを動作させる。
さらに、前記音声制御部は、音による演出を行う部位であり、前記マイクロコンピュータ1301は、遊技機1に設置されたスピーカ510を具体的な演出を行わせるため、音声制御IC1500に制御情報を出力する。音声制御IC1500は、クロック発信器1316のクロック信号を分周器1317で分周し、音声制御IC1500の動作クロックとして使用する。また、マイクロコンピュータ1301の制御情報に従い、音声データROM1501の音声データを入手し、具体的な音声信号を生成し、スピーカ510へと出力する。
前記CPU1302は、パラレルI/OであるPIOf1306f、PIOg1306gを通して、音声制御IC1500に音による制御情報を出力する。PIOf1306fは、データを出力し、PIOg1306gは、制御信号(チップセレクト、リード、ライト等)を出力する。音声制御IC1500は、マイクロコンピュータ1301からの制御情報に基づき、音声データROM1501のデータを入手し音声信号に変換する。
また、擬音や効果音等は、音声制御IC1500に内蔵された発信器で作られ出力される。音声制御IC1500からの音声信号は、フィルター1502で出力電圧調整を行い音声以外のノイズ成分を除去してアンプ1503へと出力され、アンプ1503によりスピーカ駆動可能な電圧レベルに増幅され、スピーカ510から音として出力される。
以下に、遊技機1の作用について説明する。
図1において遊技者がハンドル5を操作すると、遊技球が1つずつ遊技領域17上に発射される。遊技球が始動入賞口21に入賞すると、始動入賞口スイッチ121によって検出され、図4に示す主基板1100のワンチップマイコン1101に検出信号が出力される。この検出信号に基づき、ワンチップマイコン1101のCPU1102は表示遊技の結果や停止図柄を定める抽選を実行し、該抽選結果に従い前記表示制御手段3300によって、可変表示装置310で表示遊技が実行される。
図7は、表示遊技において識別情報(図柄)の変動開始からリーチ態様の導出表示を経た表示状態の流れを示すタイミングチャートである。図7においては、識別情報である第1図柄、第2図柄、第3図柄が同時に変動を開始して、第1図柄、第2図柄の順で変動が停止し、第3図柄が未だ変動中の状態を示している。ここで第1図柄と第2図柄とは、同一の種類に停止して、前記特定表示態様となる組み合わせであるリーチ態様に相当するものとする。
図7に示す表示遊技の実行中において、第3図柄の変動開始の時点から、リーチ態様の導出表示を経て、第3図柄が未だ変動中の所定の時点に亘る操作指示期間中に、前記操作指示手段3100は、遊技者に対して操作手段100による操作を所定の指示演出によって指示する。ここでの指示演出は、詳しくは次述する第1抽選ドラム、第2抽選ドラム、第3抽選ドラムを含む表示であり、操作指示期間中に遊技者が操作手段100を操作した場合、前記予告報知手段3200は、前記操作手段100の操作時点より次なる段階以降の表示状態ないし結果を予告演出により報知する。
図8は、図7に示した表示遊技の実行中における表示状態の流れを示すフローチャートである。以下に、図8に示すフローチャートに沿って、表示遊技の内容について説明する。なお、図7に示した操作指示期間は、その期間内ならどのタイミングでも、前記操作手段100の操作が有効になるとは限らず、当該期間内において決定された所定のタイミングで操作が有効となるように制御してもよいものである。
先ず、前記始動入賞口21への遊技球の入賞により獲得される表示遊技の実行権に基づき、表示遊技が開始すると(ステップS101)、その後、遊技機1の制御手段により、第1抽選ドラムの表示に関する第1抽選機能を作動するか否かが決定される(ステップS102)。第1抽選機能が作動した場合(ステップS102;Y)、前記操作指示手段3100の制御により、表示遊技の実行中に第1抽選ドラムが表示されると共に、該第1抽選ドラムを含む指示演出によって、遊技者に操作手段100を操作する旨が指示され、操作手段100の操作が有効となる(ステップS105)。
続いて、前記第1抽選機能の作動による抽選結果が、該第1抽選に対応した予告演出に関するデータとして保留記憶される(ステップS106)。一方、前記第1抽選機能が作動しない場合には(ステップS102;N)、前記第1抽選ドラムを含む指示演出は表示されないことになる。このように、前記第1抽選ドラムは、必ず表示されるとは限らず、前記制御手段の決定に基づき所定確率で表示される。
次に、前記制御手段は、第2抽選ドラムの表示に関する第2抽選機能を作動するか否かを決定する(ステップS103)。第2抽選機能が作動した場合(ステップS103;Y)、前記操作指示手段3100の制御により、表示遊技の実行中に第2抽選ドラムが表示されると共に、該第2抽選ドラムを含む指示演出によって、遊技者に操作手段100を操作する旨が指示され、操作手段100の操作が有効となる(ステップS107)。
続いて、前記第2抽選機能の作動による抽選結果が、該第2抽選に対応した予告演出に関するデータとして保留記憶される(ステップS108)。一方、前記第2抽選機能が作動しない場合には(ステップS103;N)、前記第2抽選ドラムを含む指示演出は表示されないことになる。このように、前記第2抽選ドラムも、必ず表示されるとは限らず、前記制御手段の決定に基づき所定確率で表示される。
さらに、前記制御手段は、第3抽選ドラムの表示に関する第3抽選機能を作動するか否かを決定する(ステップS104)。第3抽選機能が作動した場合(ステップS104;Y)、前記操作指示手段3100の制御により、表示遊技の実行中に第3抽選ドラムが表示されると共に、該第3抽選ドラムを含む指示演出によって、遊技者に操作手段100を操作する旨が指示され、該操作手段100の操作が有効となる(ステップS109)。
続いて、前記第3抽選機能の作動による抽選結果が、該第3抽選に対応した予告演出に関するデータとして保留記憶される(ステップS110)。一方、前記第3抽選機能が作動しない場合には(ステップS104;N)、次述する操作手段100の操作の有無の判断に移行する(ステップS111)。このように、前記第3抽選ドラムも、必ず表示されるとは限らず、前記制御手段の決定に基づき所定確率で表示される。
また、前記各抽選機能に対応した指示演出の表示中である操作指示期間において、実際に操作手段100の操作が有効である時には、操作手段100の操作の有無が、操作手段100から演出制御基板1300に出力される信号に基づき判断される(ステップS111)。遊技者が操作手段100を押し下げ操作した場合には(ステップS111;Y)、先ず、前記第1抽選の結果が保留されているか否かが判断される(ステップS114)。ここで、第1抽選の結果が保留されていれば(ステップS114;Y)、これに基づき第1抽選の結果に対応した予告演出が表示され、第1抽選の結果の保留記憶が削除される(ステップS117)。
前記第1抽選の結果が保留されていなければ(ステップS114;N)、次に、前記第2抽選の結果が保留されているか否かが判断される(ステップS115)。ここで、第2抽選の結果が保留されていれば(ステップS115;Y)、これに基づき第2抽選の結果に対応した予告演出が表示され、第2抽選の結果の保留記憶が削除される(ステップS118)。
前記第2抽選の結果が保留されていなければ(ステップS115;N)、次に、前記第3抽選の結果が保留されているか否かが判断される(ステップS116)。ここで、第3抽選の結果が保留されていれば(ステップS116;Y)、これに基づき第3抽選の結果に対応した予告演出が表示され、第3抽選の結果の保留記憶が削除される(ステップS119)。
前記第3抽選の結果が保留されていなければ(ステップS116;N)、所定時間の経過後に(ステップS112;Y)、前記各抽選機能に対応した指示演出が表示されることなく、遊技者に操作手段100を操作する旨の指示もなされず、該操作手段100の操作は無効となり(ステップS113)、処理は終了する。
また、前記第3抽選の結果の保留記憶が削除された後も(ステップS119)、同様に所定時間が経過すると(ステップS112;Y)、前記各抽選機能に対応した指示演出が表示されることなく、遊技者に操作手段100を操作する旨の指示もなされず、該操作手段100の操作は無効となり(ステップS113)、処理は終了する。
さらに、前記第1抽選の結果の保留記憶が削除された後(ステップS117)、および前記第2抽選の結果の保留記憶が削除され後(ステップS118)、他にも未だ抽選の結果の保留記憶があるか否かが判断される(ステップS120)。ここで、他にも未だ保留記憶がある場合には(ステップS120;Y)、再び前記操作手段100の操作の有無が判断され(ステップS111)、遊技者による操作手段100の押し下げ操作があれば(ステップS111;Y)、前述したステップS114からステップS120の処理が繰り返される。
一方、既に前記各抽選結果の保留記憶がない場合には(ステップS120;N)、所定時間が経過すると(ステップS112;Y)、前記各抽選機能に対応した指示演出が新たに表示されることはなく、遊技者に操作手段100を操作する旨の指示もなされず、操作手段100の操作は無効となり(ステップS113)、処理は終了する。
図9および図10は、前述した図7、図8における表示遊技の実行中における具体的な表示画面を示す説明図である。表示遊技が開始されると(図8,ステップS101)、図9(1)に示すように、例えばスロットを遊技内容とする背景画像が表示されていたデモ画面(初期状態)が変化して、図9(2)に示すように、前記背景画像上で識別情報がスクロール変動する。
前記第1抽選機能が作動した場合には(図8,ステップS102;Y)、前記操作指示手段3100の制御により、第1抽選に対応した指示演出が表示される(図8,ステップS105)。すなわち、図9(3)に示すように、背景画像の左列に第1抽選ドラムが横軸を中心に回転する画像と、画面中央下側に、遊技者に操作手段100の押し下げ操作を促すようにボタンを押す画像が、第1抽選に対応した指示演出として表示される。
前記第1抽選に対応した指示演出の表示中に、遊技者が実際に操作手段100を押し下げ操作すると、図9(4)に示すように、前記ボタンの画像が押された状態に変化すると共に、前記予告報知手段3200の制御により、第1抽選に対応した予告演出が表示される(図8,ステップS117)。すなわち、図9(4)に示すように、前記第1抽選ドラムの正面側に、バニーガールAを模したキャラクタの画像が、第1抽選に対応した予告演出として表示される。
このように、表示遊技の実行中におけるリーチ態様が導出表示される前、かつ未だ第1図柄も変動中である段階で、遊技者の操作に基づき表示された前記第1抽選に対応した予告演出は、該操作時より次なる段階以降の表示状態として、リーチ態様が導出される可能性がある(または可能性が高い)旨を遊技者に報知することになる。なお、前記第1抽選の結果によって予告演出が表示されない場合を、リーチ態様が導出される可能性がない(または可能性が低い)旨を遊技者に報知することにしてもよい。
また、前記第2抽選機能が作動した場合には(図8,ステップS103;Y)、前記操作指示手段3100の制御により、第2抽選に対応した指示演出が表示される(図8,ステップS107)。すなわち、図9(4)から図9(5)に示すように、背景画像の右列に第2抽選ドラムが横軸を中心に回転する画像と、画面中央下側に、遊技者に操作手段100の押し下げ操作を促すようにボタンを押す画像が、第2抽選に対応した指示演出として表示される。
前記第2抽選に対応した指示演出の表示中に、遊技者が実際に操作手段100を押し下げ操作すると、図9(6)に示すように、前記ボタンの画像が押された状態に変化すると共に、前記予告報知手段3200の制御により、第2抽選に対応した予告演出が表示される(図8,ステップS118)。すなわち、図9(6)に示すように、前記第2抽選ドラムの正面側に、バニーガールBを模したキャラクタの画像が、第2抽選に対応した予告演出として表示され、前後して第1図柄は停止する。
このように、表示遊技の実行中におけるリーチ態様が導出表示される前の段階で、遊技者による2回目の操作に基づき表示された前記第2抽選に対応した予告演出は、該操作時より次なる段階以降の表示状態として、前記第1抽選に対応した予告演出よりも明確に、この後リーチ態様が導出されるか否かを遊技者に報知することになる。なお、前記第2抽選の結果によって予告演出が表示されない場合を、この後リーチ態様が導出されない旨を遊技者に報知することにしてもよい。
続いて、図10(7)に示すように、前記第2図柄が停止し、該第2図柄が既に停止している第1図柄と同一となれば、図10(8)に示すように、リーチ態様が導出表示されたことになる。さらに、リーチ態様の表示期間中において、前記第3抽選機能が作動した場合には(図8,ステップS104;Y)、前記操作指示手段3100の制御により、第3抽選に対応した指示演出が表示される(図8,ステップS109)。すなわち、図10(9)に示すように、背景画像の中列に第3抽選ドラムが横軸を中心に回転する画像と、画面中央下側に、遊技者に操作手段100の押し下げ操作を促すようにボタンを押す画像が、第3抽選に対応した指示演出として表示される。
前記第3抽選に対応した指示演出の表示中に、遊技者が実際に操作手段100を押し下げ操作すると、図10(10)に示すように、前記ボタンの画像が押された状態に変化すると共に、前記予告報知手段3200の制御により、第3抽選に対応した予告演出が表示される(図8,ステップS119)。すなわち、図10(10)から図10(11)に示すように、前記第3抽選ドラムの正面側に、バニーガールCを模したキャラクタの画像が、第3抽選に対応した予告演出として表示される。
このように、リーチ態様の表示期間中において、遊技者による3回目の操作に基づき表示された前記第3抽選に対応した予告演出は、該操作時より次なる段階以降の表示状態として、現段階のリーチ態様が大当たりとなる確率が高いリーチ態様(スペシャルリーチ)となるか否かを遊技者に報知することになる。スペシャルリーチの具体的な表示態様としては、例えば、キャラクタを所定の態様で表示する等、通常のリーチ態様(ノーマルリーチ)と区別できる演出表示であれば何でもよい。なお、前記第3抽選の結果によって予告演出が表示されない場合を、この後リーチ態様から大当たりとなる確率が高いリーチ態様(スペシャルリーチ)に変化しない旨を遊技者に報知することにしてもよい。
図10(12)は、前記スペシャルリーチの導出表示を経て、表示遊技の結果が特定表示態様に確定停止した状態を示している。通常は3つ横に並ぶ識別情報としての数字図柄が全て同一種類に揃った状態が特定表示態様に相当するが、図10(12)に示すように、本来の識別情報とは別に、前記各抽選ドラム上に表示されたキャラクタの影絵を模した画像が、全て同一種類に揃った状態であれば、特定表示態様に相当するものとしてもよい。なお、図9および図10に示す表示遊技において、前記操作手段100の押し下げ操作のタイミングと、識別情報が停止するタイミングは、互いに連動するものではない。
以上のように本遊技機1によれば、先ず、操作指示手段3100によって遊技機1から操作指示を行うことにより、遊技者は、表示状態(遊技状態)に何らかの異変が起きたことを察知することができ、遊技に対する興味を与えられる。また、遊技者は、操作手段100による操作を行うことができる操作指示期間であることを明確に知ることができ、自らの意思により操作手段100を操作して入力を行うことができる。これにより、遊技者は遊技に対する参加の興味が沸くと共に、遊技者が参加気分を持って遊技を行うという新たな興味を抱かせることができる。
次に、前記操作指示手段3100による操作指示期間中に、遊技者が実際に操作手段100を操作した場合には、前記予告報知手段3200によって、操作手段100の操作時より次なる段階以降の表示状態が予告演出によって報知される。すなわち、遊技者の操作に基づいて、次なる段階以降の表示状態への期待を報知することにより、表示遊技の実行中に遊技者にとって有利となる方向へ進んでいるのか、または、進んでいないのかを、事前に把握させることができる。
特に、前記操作手段100の操作は、遊技者が自らの意思により任意に行うことができるので、遊技者が前記操作手段100を操作しなければ、次なる段階以降の表示状態に関する予告演出を遊技機1に実行させないことになる。このように、次なる段階以降の表示状態を事前に把握しないという選択も、遊技者は自由に選ぶことができる。例えば、図7から図10に示した表示遊技では、第1抽選に係る予告演出、第2抽選に係る予告演出、第3抽選に係る予告演出の全てを見ないこともでき、または、第1抽選に係る予告演出と第3抽選に係る予告演出だけを見ることもできる。また、遊技機1の制御によって、前記各指示演出のうち何れかが任意に選択されて表示される場合もある。
ところで、図7のタイミングチャートでは、所定の長さに亘る操作指示期間において、当該期間内において特定されたタイミングで操作手段100による操作が有効となるように説明したが、前記操作指示手段3100による別の制御例として、図11のタイミングチャートに示すように、表示遊技における表示状態の各段階に応じて、前記操作指示期間を複数に明確に区分けし、遊技者に複数回に亘って操作手段100による操作を別々に指示するようにしてもよい。もちろん、図7においても、前記操作指示期間を一連の期間とせずに、前記各抽選機能の作動ごとに対応させて、図11に示す複数の操作指示期間に分断するようにしてもよい。
図11に示す例では、識別情報である第1図柄、第2図柄、第3図柄が同時に変動を開始した後、第1図柄が停止するまでの間に、1回目の操作指示期間を設定し、また、第1図柄が停止した後、第2図柄が停止するまでの間に、2回目の操作指示期間を設定し、さらに、第2図柄が停止した後、所定期間が経過するまでの間に、3回目の操作指示期間を設定している。なお、1回目から3回目の操作指示期間のうち、何れか1つまたは2つの期間を任意に設定してもよく、さらに4回以上の操作指示期間に細かく区分けしてもかまわない。
そして、前記1回目の操作指示期間中に操作手段100が押し下げ操作されると、当該操作時以降にリーチ態様が導出表示される確率が高いか低いか、またはリーチ態様が導出表示されるか否かが、予め定められた予告演出によって報知される。また、前記2回目の操作指示期間中に操作手段100が押し下げ操作されると、当該操作時以降にリーチ態様が導出表示される確率が高いか低いか、またはリーチ態様が導出表示されるか否かが、予め定められた予告演出によって報知される。さらに、前記3回目の操作指示期間中に操作手段100が押し下げ操作されると、大当たりとなる確率が高いリーチ態様(スペシャルリーチ)となるか否かが、予め定められた予告演出によって報知される。
このような制御により、遊技者は操作手段100による押し下げ操作を、前記複数回に亘る操作指示期間のうち任意の操作指示期間ごとに選んで行うことができる。ここで前記予告報知手段3200は、前記複数回に亘る操作指示期間のうち遊技者が操作手段100を操作した操作指示期間に対応して、次なる段階以降の遊技状態を予告演出によって報知することになるから、遊技者による操作次第で、遊技者は予告演出を見る、あるいは見ないことを任意に選択することができる。なお、何れの段階の予告演出においても、報知する内容が100%信用できる確実なものである必要はない。
図12および図13は、前述した図11における表示遊技の実行中において、前記3回目の操作指示期間だけが設定された場合の具体的な表示画面を示す説明図である。表示遊技が開始されると、図12(1)に示すように、例えば、ルーレットを遊技内容とする背景画像が表示されていたデモ画面(初期状態)が変化して、図12(2)に示すように、前記背景画像上で識別情報がスクロール変動する。
その後、識別情報は順次停止するが、図12(3)に示すように、1つの識別情報(第3図柄)を除く他の識別情報(第1図柄と第2図柄)が特定表示態様となる組み合わせ(同一の種類)となり、前記1つの識別情報(第3図柄)が未確定である状態が、リーチ態様である。このリーチ態様の表示期間中において、前記操作指示手段3100は、遊技者に前記操作手段100による操作を指示する。
すなわち、図12(4)に示すように、画面中央下側に、遊技者に操作手段100の押し下げ操作を促すようにボタンを押す画像が、指示演出として表示される。この指示演出の表示中(図11中の「3回目の操作指示期間」に対応)に、遊技者が実際に操作手段100を押し下げ操作すると、図12(5)に示すように、前記ボタンの画像が押された状態に変化した後、図12(6)から図13(7)に示すように、前記予告報知手段3200の制御によって予告演出が表示される。
前記予告演出の内容は、リーチ態様を構成する識別情報が、縦軸を中心に回転しながら非確変図柄「0」から確変図柄「7」へ変化する表示となっており、このように、非確変図柄から確変図柄へと変化する予告演出により、遊技者には、変化したことによる演出と、特定表示態様が確変大当たりとなることの2つの要素が複合した期待感を与えることができる。さらに、リーチ態様の表示期間中に、指示演出ないし予告演出を表示することにより、リーチ態様に対する遊技者の関心や期待をなおさら高めることができ、表示上の興趣を向上させることになる。
図13(8)に示すように、リーチ態様を構成する識別情報が確変図柄(数字図柄「7」)に変化した後、さらに、図13(9)から図13(10)に示すように、大当たりとなる確率が高いリーチ態様(スペシャルリーチ)へ変化する場合もある。すなわち、背景画像が変化して、最後に停止する第3図柄を通常のスクロール変動ではなく、ルーレットにより決定するような表示内容に変化する。このように、リーチ態様の表示期間中における予告演出を、前述した確率変動大当たりか非確率変動大当たりかの区別を示唆する報知のみならず、スペシャルリーチへの変化の報知として組み合わせてもよい。
さらに、図14は、前記した表示遊技とは異なる表示状態の流れを示す説明図である。この図14に示す表示遊技では、識別情報が変動開始した直後に、遊技者が参加できる「特別遊技」を前記予告演出として表示する特別リーチ態様となる特別変動(いきなりスロット変動)Aと、識別情報が変動開始した後、通常のリーチ態様が導出表示されてから、前記特別リーチ態様に移行する通常変動Bと、2つのパターンに大別される。
前記特別変動(いきなりスロット変動)Aの流れでは、識別情報が変動開始(ステップS201)した直後に、特別リーチ態様(ステップS202)となる。この特別リーチ態様に含まれる特別遊技の結果がハズレの組み合わせ(ステップS203)になると、そのまま外れ表示態様(ステップS207)が確定停止する。また、特別遊技の結果がリーチの組み合わせ(ステップS204)になると、通常のリーチ態様やスペシャルリーチ等を含むリーチ態様(ステップS206)を経て、外れ表示態様(ステップS207)、または特定表示態様(ステップS212)の何れかに確定停止する。
また、前記特別遊技の結果が当たりの組み合わせ(ステップS205)になると、前記リーチ態様(ステップS206)を経て、特定表示態様(ステップS212)に確定停止する場合と、前記リーチ態様(ステップS206)を経ないで、そのまま特定表示態様(ステップS212)に確定停止する場合とがある。なお、前記リーチ態様(ステップS206)は必ずしも導出表示する必要はなく、他の表示状態に替えてもかまわない。ここでリーチ態様(ステップS206)を省いた場合には、これに併せて、前記特別遊技の結果のうちリーチの組み合わせ(ステップS204)を省くとよい。
さらに、前記特別リーチ態様(ステップS202)においては、特別遊技の結果が導出されるまでの変動時間が遊技者の操作に依存する関係上、該変動時間が一定ではなくなるため、特別リーチ態様(ステップS202)より次なる段階以降の遊技状態で、全体の変動時間が一律となるように時間調整を行うとよい。この時間調整は、次述する通常変動Bにおいても同様であり、時間調整を行う過程を図14中で一点破線で示す。特にこの時間調整に関しては、前記リーチ態様(ステップS206)の表示を活用するとよい。
一方、前記通常変動Bの流れでは、通常のリーチ態様(ステップS208)が導出表示されたことを条件として、特別リーチ態様(ステップS209)となる。この特別リーチ態様に含まれる特別遊技の結果がハズレの組み合わせ(ステップS210)になると、そのまま外れ表示態様(ステップS207)が確定停止する。また、前記特別遊技の結果が当たりの組み合わせ(ステップS211)になると、特定表示態様(ステップS212)に確定停止する。なお、前記通常変動Bの流れでは、図示省略したが、通常のリーチ態様を経ることなく外れ表示態様となる場合もある。
図15は、前記特別リーチ態様に含まれる「特別遊技」を示すフローチャートである。この特別遊技は、前記操作手段100の操作によって遊技者が参加できる内容であり、前記予告報知手段3200によって、予告演出の一種として実行される。すなわち、表示遊技の表示状態ないし結果に関して、特定表示態様となる可能性があるか否かを、遊技者が参加型ゲームを行うことで報知するようになっている。図15に示す特別遊技はスロットゲームの内容であり、遊技者はスロットゲームを行うことにより、大当たりやハズレに関する今後の表示状態ないし結果を知ることができる。
先ず、特別リーチ態様が開始すると(ステップS301)、最初に遊技者は特別遊技であるスロットゲームに参加するか否かを決定する(ステップS302)。ここで参加の意思表示は、例えば、遊技者による前記操作手段100の最初の押し下げ操作等により行われる。遊技者がスロットゲームへの参加を決定した場合(ステップS302;Y)、スロットゲームが開始され(ステップS303)、前記指示演出としてスロットゲームの停止指示表示が行われる(ステップS304)。なお、遊技者がスロットゲームに参加しない場合(ステップS302;N)、そのまま処理は終了する。また、ステップS302とステップS303を省いて、強制的にスロットゲームを開始させるようにしてもよい。
前記停止指示表示中に、遊技者が操作手段100を押し下げ操作(1回目)した場合には(ステップS305;Y)、これに基づき第1ドラムの回転が停止する(ステップS306)。またこの時、操作手段100の押し下げ操作(1回目)がなければ(ステップS305;N)、前記停止指示表示に係る第1ドラム停止時間が経過したことを条件に(ステップS307;Y)、遊技機1側の制御により第1ドラムの回転が停止する(ステップS306)。
次に、前記第1ドラムの回転停止後、遊技者が操作手段100を押し下げ操作(2回目)した場合には(ステップS308;Y)、これに基づき第2ドラムの回転が停止する(ステップS309)。またこの時、操作手段100の押し下げ操作(2回目)がなければ(ステップS308;N)、前記停止指示表示に係る第2ドラム停止時間が経過したことを条件に(ステップS310;Y)、遊技機1側の制御により第2ドラムの回転が停止する(ステップS309)。
続いて、前記第2ドラムの回転停止後、遊技者が操作手段100を押し下げ操作(3回目)した場合には(ステップS311;Y)、これに基づき第3ドラムの回転が停止する(ステップS312)。またこの時、操作手段100の押し下げ操作(3回目)がなければ(ステップS311;N)、前記停止指示表示に係る第3ドラム停止時間が経過したことを条件に(ステップS313;Y)、遊技機1側の制御により第3ドラムの回転が停止する(ステップS312)。その後、スロットゲームの停止指示表示が終了する(ステップS314)。
以上のように、遊技者による操作手段100の3回の押し下げ操作、あるいはドラム停止時間の経過によって、特別遊技であるスロットゲームは終了し、該スロットゲームの表示結果である停止図柄によって、遊技者は、当たり、ハズレや今後の表示遊技の進行状況に関して異なる遊技状態の内容を知ることができる。これにより、遊技者は、遊技機1のハンドル5の操作以外にも、スロットゲームの停止操作を楽しむことができる。
図16は、前述した図14における特別変動(いきなりスロット変動)Aにおいて、前述した図15におけるスロットゲームの具体的な表示画面を示す説明図である。表示遊技が開始されると、図16(1)に示すように、スロットを遊技内容とする背景画像が表示されていたデモ画面(初期状態)が変化して、図16(2)に示すように、前記背景画像上で識別情報がスクロール変動する。
前記スクロール変動の開始直後に、図16(3)に示すように特別リーチ態様となり、スロットゲームを構成する3つのドラムが一斉に横軸を中心として回転する画像が表示される。この時、画面中央下側には、遊技者に操作手段100の押し下げ操作を促すようにボタンを押すスロットゲーム停止指示表示(図15,S304)が指示演出として表示される。
前記スロットゲーム停止指示表示中に、遊技者が操作手段100を押し下げ操作(1回目)するか、または第1ドラム停止時間が経過すると、図16(4)に示すように、左側の第1ドラムが停止する(図15,S306)。また、遊技者が操作手段100を押し下げ操作(2回目)するか、または第2ドラム停止時間が経過すると、図16(5)に示すように、中央の第2ドラムが停止する(図15,S309)。
続けて、遊技者が操作手段100を押し下げ操作(3回目)するか、または第3ドラム停止時間が経過すると、図16(6)に示すように、右側の第3ドラムが停止する(図15,S312)。3つのドラムの停止によりスロットゲームは終了し、該スロットゲームの表示結果である停止図柄によって、遊技者は、当たり、ハズレや今後の表示遊技の進行状況を知ることができる。
例えば、図16(6)に示すスロットゲームの表示結果となった場合には(図14,ステップS205に相当)、その後、図16(7)に一例を示すように、スペシャルリーチが導出表示される(図14,ステップS206に相当)。さらに、プレミアムとして、停止図柄が「7」の場合は大当たり確定として、次に導出表示される前記スペシャルリーチで、確変大当たりとなるか、非確変大当たりとなるかの予告演出を実行するようにしてもよい。
前記スロットゲームの表示結果である停止図柄(特別遊技の結果)に応じて、遊技者に報知される表示状態ないし結果の内容は異なることになる。例えば、特別変動(いきなりスロット変動)Aにおいては、図17(1)に示すように、『7,7,BAR』が当たりライン上に揃って並ぶ組み合わせとなった場合(図14,ステップS204に相当)、大当たりとなる確率が高いリーチ態様(スペシャルリーチ)となることの報知としてもよい。
また、図17(2)に示すように、『BAR,BAR,BAR』が当たりライン上に揃って並ぶ組み合わせとなった場合(図14,ステップS205に相当)、大当たりとなることの報知としたり、さらに、図17(3)に示すように、3つの同一種類の図柄が当たりライン上に揃わない組み合わせとなった場合(図14,ステップS203に相当)、ハズレとなることの報知としてもよい。もちろん、これらの報知内容は、単なる一例に過ぎないものである。なお、予め抽選により定められた表示状態ないし結果に応じて、スロットゲームの表示結果である複数種類ある停止図柄の結果の出現率を異ならせることになる。
図18は、前述した図14における通常変動Bにおいて、前述した図15におけるスロットゲームの具体的な表示画面を示す説明図である。表示遊技が開始されると、図18(1)に示すように、例えばスロットを遊技内容とする背景画像が表示されていたデモ画面(初期状態)が変化して、図18(2)に示すように、前記背景画像上で識別情報がスクロール変動する。その後、識別情報は順次停止するが、図18(3)に示すように、リーチ態様が導出表示された場合に、これを条件として、図18(4)に示すように特別リーチ態様となる。
図18(4)〜図18(7)に示す表示過程は、前述した図16(3)〜図16(6)に示したものと同一の流れであるので、重複した説明は省略する。また、通常変動Bにおいても、前記スロットゲームの表示結果である停止図柄(特別遊技の結果)に応じて、遊技者に報知される表示状態ないし結果の内容は異なることになり、前述した図17に示すように、予告演出と、該予告演出により報知される表示状態ないし結果の内容との組み合わせを予め設定することになる。
図19は、前記した表示遊技とはさらに別の表示状態に関する表示画面を示す説明図である。この図19に示す表示遊技では、表示遊技の実行中にリーチ態様が導出表示されると、該リーチ態様を構成する停止図柄を、遊技者が自分の好みにより任意の図柄に変更することができるようになっている。先ず、表示遊技が開始されると、図19(1)に示すように、背景画像上で識別情報がスクロール変動し、図19(2)に示すように、第1図柄と第2図柄とが同一の種類に揃うリーチ態様が導出表示されると、図19(3)に示すように、前記操作指示手段3100により、前記リーチ態様の表示期間中において、前述した予告演出の示唆とは別に、前記操作手段100による操作が遊技者に指示される。
この時、遊技者が実際に操作手段100を押し下げ操作すると、図19(4)から図19(6)に示すように、操作手段100の操作に応じて、前記リーチ態様を構成していた第1図柄と第2図柄の種類が変更される。ここで識別情報の種類の変更は、例えば、操作手段100を1回操作する度に、数字図柄ならば1から2へ、2から3へと順次変化するように設定しておき、遊技者が任意に識別情報を選べるようにしてもよく、あるいは、遊技者が操作手段100を操作したことに基づいて、遊技機1側の制御により何れかの図柄へ変化させるようにしてもよい。
特に、遊技者が任意に識別情報を選べるようにした場合には、前記リーチ態様を経て最後に確定停止する識別情報(第3図柄)の種類を遊技者は自ら予想して、この予想に合わせるように、前記リーチ態様を構成する識別情報(第1図柄と第2図柄)を自分の好みの種類に任意に変更することができる。図19(6)に示す例では、前記リーチ態様を構成していた第1図柄と第2図柄とが、当初の数字図柄「4」から数字図柄「7」に変更されている。
その後は、図19(7)から図19(8)に示すように、大当たりとなる確率が高いリーチ態様(スペシャルリーチ)へ変化する。すなわち、背景画像が変化して、最後に停止する第3図柄を通常のスクロール変動ではなく、ルーレットにより決定するような表示内容となる。このようなスペシャルリーチへの変化を念頭におくことで、遊技者はルーレットにある「0」〜「9」の数字図柄うち、ルーレットがどの数字図柄で停止するかを予想して、第1図柄と第2図柄を変更することができる。なお、ルーレット上でボールが停止した数字図柄と、第1図柄と第2図柄とが同一の種類になった場合が、特定表示態様(大当たり)となる。
また、前記スペシャルリーチの表示内容としては、前記ルーレットの他にも、例えば、サイコロ等を利用した演出としてもよい。また、数字以外では、コインの表、裏等を利用した演出としてもよい。コインの場合には、例えば、リーチ態様が導出表示されると、コインが回転しながら出現して、遊技者はリーチ図柄をコインが停止する表、裏のどちらかに選ぶことができるように設定するとよい。
このように遊技者が識別情報を選択決定することで、遊技の当たり、ハズレの勝負に参加するという行為となり、リーチ態様の表示中でも飽きることがない。例えば、前記ルーレットの表示内容では、ルーレットの回転時の条件や回転速度等を考え図柄を決定するため、単に表示過程を一方的に見るだけでなく、見て、考え、予想する等の行為も併せて行う結果となるから、遊技にいっそう積極的に参加して楽しむことができる。
以上、本発明の実施の形態を図面によって説明してきたが、具体的な構成はこれらの実施の形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における変更や追加があっても本発明に含まれる。また、前述した実施の形態では、本発明に係る遊技機をパチンコ機に適用した場合について説明したが、遊技機はパチンコ機に限られず、プログラム制御されるスマートボールゲーム機、アレンジボールゲーム機、スロットマシンといった他の遊技機にも同様に本発明を適用することができる。
また、前記実施の形態では、表示遊技の表示内容の種類として、スロットやルーレット等の一般的なゲーム内容をモチーフにしたものに関して説明したが、もちろん、図示した表示内容に限られることはなく、他に例えば、テレビアニメや有名漫画または映画等をモチーフにして構成してもよい。
また、前記実施の形態では、前記操作手段100を押ボタン式の外部入力スイッチとして構成したが、他に例えば、所定の期間内に遊技者が始動入賞口21等の所定の入賞口へ遊技球を入賞させることで入力操作を可能としたり、遊技盤2の誘導レール16上の位置であって、ハンドル5を右打ちした状態で遊技球が当たる位置にセンサを設け、該センサに遊技球を当てることで入力操作を可能としたり、あるいは、液晶ユニット311の画面上にタッチセンサを設けて構成することもできる。
また、前記実施の形態では、遊技において段階的に進行する複数の異なる遊技状態として、可変表示装置310における表示遊技の遊技状態ないし結果について説明したが、表示遊技に限定されるものではなく、例えば、いわゆる羽根物や権利物に関する遊技の所定のプロセスにおける各段階を、複数の異なる遊技状態として適用してもかまわない。
また、前記実施の形態では、前記操作指示手段3100によって、遊技者に前記操作手段100による操作を指示する方法として、所定の指示演出の表示を用いているが、指示する方法は表示に限られるものではなく、表示と併せて音声出力やランプ・LEDの点灯の少なくとも何れか一方を組み合わせたり、あるいは表示の代わりに、音声出力やランプ・LEDの点灯の何れか一方、または双方の組み合わせを用いてもよい。
もちろん、前記指示演出や前記予告演出も、表示に限られるものではなく、音声出力やランプ・LEDの点灯の何れか一方、または双方の組み合わせを用いてもよい。また、前記予告演出による報知として、次なる段階以降の遊技状態のみならず、それ以前の各段階における遊技状態の予告演出も事後的に併せて表示してもかまわない。これにより、遊技者は予告演出の信頼度合いも、事後的に確認することができる。
さらに、前記実施の形態では、主基板1100に対して、表示遊技の制御やランプ・LEDの点灯制御、それに音声の出力制御を1つの演出制御基板1300によって集中的に行うように構成しているが、他の制御基板の構成として、表示制御基板、ランプ制御基板、音制御基板との3つの制御基板に分けたり、あるいは 表示制御基板、音・ランプ制御基板との2つの制御基板に分けてもよい。
本発明の実施の形態に係る遊技機を示す正面図である。 本発明の実施の形態に係る遊技機の遊技盤を拡大して示す正面図である。 本発明の実施の形態に係る遊技機の回路構成全体を示すブロック図である。 本発明の実施の形態に係る遊技機の有する主基板の回路構成を示すブロック図である。 本発明の実施の形態に係る遊技機の有する演出制御基板の回路構成を示すブロック図である。 本発明の実施の形態に係る遊技機が備える各種機能を示すブロック図である。 本発明の実施の形態に係る遊技機の表示遊技において識別情報(図柄)の変動開始からリーチ態様の導出表示を経た表示状態の流れを示すタイミングチャートである。 図7に対応した表示遊技における表示状態の流れを示すフローチャートである。 図7,図8に対応した表示遊技における表示画面の一例を示す説明図である。 図9に示す表示画面の続きを示す説明図である。 本発明の実施の形態に係る遊技機の表示遊技において識別情報(図柄)の変動開始からリーチ態様の導出表示を経た別の表示状態の流れを示すタイミングチャートである。 図11に対応した表示遊技における表示画面の一例を示す説明図である。 図12に示す表示画面の続きを示す説明図である。 本発明の実施の形態に係る遊技機の表示遊技における別の表示状態の流れを示す説明図である。 図14に対応した表示遊技における特別リーチ態様の流れを示すフローチャートである。 図15に対応した表示遊技における表示画面の一例を示す説明図である。 図14に対応した特別リーチ態様における特別遊技の結果の一例を示す説明図である。 図15に対応した表示遊技における表示画面の別の例を示す説明図である。 本発明の実施の形態に係る遊技機の表示遊技におけるさらに別の表示状態の流れを示す説明図である。
符号の説明
1…遊技機
2…遊技盤
3…上受け皿
4…下受け皿
5…ハンドル
7…上受け皿球抜きレバー
8…下受け皿球抜きレバー
11…ガラス枠
16…誘導レール
21…始動入賞口
22a…右袖入賞口
22b…左袖入賞口
23a…右落とし入賞口
23b…左落とし入賞口
24…大入賞口
29…アウト口
100…操作手段
121…始動入賞口スイッチ
122a…右袖入賞口スイッチ
122b…左袖入賞口スイッチ
123a…右落とし入賞口スイッチ
123b…左落とし入賞口スイッチ
125…カウントスイッチ
126…普通図柄表示装置作動ゲートスイッチ
130…賞球検出スイッチ
130a…右賞球検出スイッチ
130b…左賞球検出スイッチ
131…シュート球切れスイッチ
132…ガラス枠開放検出スイッチ
133…オーバーフロースイッチ
134…大入賞口ソレノイド
136…普通電動役物ソレノイド
140…普通図柄表示装置
310…可変表示装置
311…液晶ユニット
320…特別図柄表示装置
420…特別図柄保留LED
421…普通図柄保留LED
422…遊技機状態ランプ
510…スピーカ
1100…主基板
1101…ワンチップマイコン
1102…CPU
1103…ROM
1104…RAM
1105…NMI
1106…I/Oポート
1107…内部タイマー
1108…リセット
1109…通信
1110…クロック回路
1111…クロック同期・遅延回路
1112…アイソレーション入出力回路
1113…アドレスデコード回路
1114…バッファ
1115a,1115b…入力インターフェイス回路
1116a…ラッチ回路
1116b…ラッチ回路
1116c…ラッチ回路
1116d…ラッチ回路
1116e…ラッチ回路
1117…照合用出力端子
1300…演出制御基板
1301…マイクロコンピュータ
1302…CPU
1303…CRC
1304…タイマー
1305…RAM
1307…RESET
1308…システムクロック
1310…制御用ROM
1311…制御用RAM
1312…バッファ
1313…バッファ
1314…入出力インターフェイス
1315…スイッチ
1316…クロック発信器
1317…分周器
1320…画像制御IC
1321…画像補正IC
1322…画像データROM
1323…クロック発信器
1324a〜f…電源生成回路
1400a…LED駆動回路a
1400b…LED駆動回路b
1400c…LED駆動回路c
1401…駆動回路
1500…音声制御IC
1501…音声データROM
1502…フィルター
1503…アンプ
3100…操作指示手段
3200…予告報知手段
3300…表示制御手段

Claims (6)

  1. 複数の異なる遊技状態が段階的に進行する遊技を行うことができる遊技機において、
    遊技者の意思による所定の操作によって入力を行うための操作手段と、
    前記操作手段による操作を遊技者に指示する操作指示手段と、
    前記操作指示手段による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段を操作した場合、該操作時より次なる段階以降の遊技状態を予告演出によって報知する予告報知手段とを、有することを特徴とする遊技機。
  2. 遊技中における所定条件の成立に基づき表示遊技を実行し、該表示遊技の結果が予め定められた特定表示態様に確定した場合に、遊技者に遊技価値を付与可能な特別遊技状態を発生させる遊技機であって、
    前記操作指示手段は、前記表示遊技の実行中において、前記操作手段による操作を遊技者に指示し、
    前記予告報知手段は、前記操作指示手段による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段を操作した場合、該操作時より次なる段階以降の遊技状態として、前記表示遊技の表示状態ないし結果を予告演出によって報知することを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  3. 前記表示遊技として複数種類の識別情報を変動開始してから確定停止するまでの間に、前記特定表示態様となる識別情報の組み合わせのうち、1つの識別情報を除く他の識別情報が前記特定表示態様となる組み合わせとなり、前記1つの識別情報が未確定であるリーチ態様を導出表示する表示制御手段を有し、
    前記操作指示手段は、前記リーチ態様の表示期間中において、前記操作手段による操作を遊技者に指示し、
    前記予告報知手段は、前記操作指示手段による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段を操作した場合、前記リーチ態様以降の表示状態ないし結果を予告演出によって報知することを特徴とする請求項2に記載の遊技機。
  4. 前記操作指示手段は、前記リーチ態様の表示期間中において、前記予告演出の示唆とは別に前記操作手段による操作を遊技者に指示し、
    前記表示制御手段は、前記操作指示手段による操作指示期間中に遊技者が前記操作手段を操作した場合、該操作に応じて前記リーチ態様を構成する識別情報の種類を変更することを特徴とする請求項3に記載の遊技機。
  5. 前記操作指示手段は、前記遊技状態の各段階に応じて、遊技者に複数回に亘って前記操作手段による操作を指示することを特徴とする請求項1,2,3または4に記載の遊技機。
  6. 前記予告報知手段は、前記操作手段の操作により遊技者が参加できる特別遊技を前記予告演出として実行し、該特別遊技の結果に応じて報知する遊技状態の内容を異ならせることを特徴とする請求項1,2,3,4または5に記載の遊技機。
JP2005032590A 2005-02-09 2005-02-09 遊技機 Pending JP2006217998A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005032590A JP2006217998A (ja) 2005-02-09 2005-02-09 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005032590A JP2006217998A (ja) 2005-02-09 2005-02-09 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006217998A true JP2006217998A (ja) 2006-08-24

Family

ID=36980702

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005032590A Pending JP2006217998A (ja) 2005-02-09 2005-02-09 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006217998A (ja)

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008093298A (ja) * 2006-10-13 2008-04-24 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2008154896A (ja) * 2006-12-26 2008-07-10 Heiwa Corp 遊技機
JP2009125301A (ja) * 2007-11-22 2009-06-11 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2010131095A (ja) * 2008-12-03 2010-06-17 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010172366A (ja) * 2009-01-27 2010-08-12 Sammy Corp 遊技機
JP2012148136A (ja) * 2012-04-04 2012-08-09 Heiwa Corp 遊技機
JP2013039299A (ja) * 2011-08-19 2013-02-28 Sansei R&D:Kk 遊技機
JP2013081808A (ja) * 2013-01-09 2013-05-09 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2013085649A (ja) * 2011-10-17 2013-05-13 Heiwa Corp 遊技機
JP2013188506A (ja) * 2009-04-17 2013-09-26 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2013208304A (ja) 2012-03-30 2013-10-10 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2015051339A (ja) * 2014-12-15 2015-03-19 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016101529A (ja) * 2016-02-12 2016-06-02 株式会社藤商事 遊技機
JP2016112454A (ja) * 2016-01-29 2016-06-23 株式会社ソフイア 遊技機
JP2017064487A (ja) * 2017-01-13 2017-04-06 株式会社ソフイア 遊技機
JP2017121542A (ja) * 2017-04-10 2017-07-13 株式会社ニューギン 遊技機
JP2019051229A (ja) * 2017-09-19 2019-04-04 株式会社三共 遊技機
JP2019051230A (ja) * 2017-09-19 2019-04-04 株式会社三共 遊技機

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008093298A (ja) * 2006-10-13 2008-04-24 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2008154896A (ja) * 2006-12-26 2008-07-10 Heiwa Corp 遊技機
JP2009125301A (ja) * 2007-11-22 2009-06-11 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2010131095A (ja) * 2008-12-03 2010-06-17 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010172366A (ja) * 2009-01-27 2010-08-12 Sammy Corp 遊技機
JP2016093719A (ja) * 2009-04-17 2016-05-26 株式会社三洋物産 遊技機
JP2015003204A (ja) * 2009-04-17 2015-01-08 株式会社三洋物産 遊技機
JP2013188506A (ja) * 2009-04-17 2013-09-26 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2013039299A (ja) * 2011-08-19 2013-02-28 Sansei R&D:Kk 遊技機
JP2013085649A (ja) * 2011-10-17 2013-05-13 Heiwa Corp 遊技機
JP2013208304A (ja) 2012-03-30 2013-10-10 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2012148136A (ja) * 2012-04-04 2012-08-09 Heiwa Corp 遊技機
JP2013081808A (ja) * 2013-01-09 2013-05-09 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2015051339A (ja) * 2014-12-15 2015-03-19 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2016112454A (ja) * 2016-01-29 2016-06-23 株式会社ソフイア 遊技機
JP2016101529A (ja) * 2016-02-12 2016-06-02 株式会社藤商事 遊技機
JP2017064487A (ja) * 2017-01-13 2017-04-06 株式会社ソフイア 遊技機
JP2017121542A (ja) * 2017-04-10 2017-07-13 株式会社ニューギン 遊技機
JP2019051229A (ja) * 2017-09-19 2019-04-04 株式会社三共 遊技機
JP2019051230A (ja) * 2017-09-19 2019-04-04 株式会社三共 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006217998A (ja) 遊技機
JP5354770B2 (ja) 弾球遊技機
JP5352198B2 (ja) 遊技機
JP5374728B2 (ja) 遊技機
JP4674800B2 (ja) 弾球遊技機
JP4713928B2 (ja) 遊技機
JP2006197971A (ja) 弾球遊技機
JP5374729B2 (ja) 遊技機
JP2008119166A (ja) 弾球遊技機
JP2009240376A (ja) 弾球遊技機
JP2012045125A (ja) 弾球遊技機
JP4606377B2 (ja) 遊技機
JP5398063B2 (ja) 弾球遊技機
JP2011062560A (ja) 遊技機
JP4386868B2 (ja) 遊技機
JP2019180611A (ja) 遊技機
JP4283774B2 (ja) 遊技機
JP2020092859A (ja) 遊技機
JP2020081522A (ja) 遊技機
JP2020092858A (ja) 遊技機
JP2010136801A (ja) 弾球遊技機
JP2020081521A (ja) 遊技機
JP2020192139A (ja) 遊技機
JP2020191954A (ja) 遊技機
JP2002017996A (ja) 遊技機およびゲームプログラムが記録された記録媒体

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080903

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080909

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090203