JP2006198739A - 紙裁断機 - Google Patents

紙裁断機 Download PDF

Info

Publication number
JP2006198739A
JP2006198739A JP2005014141A JP2005014141A JP2006198739A JP 2006198739 A JP2006198739 A JP 2006198739A JP 2005014141 A JP2005014141 A JP 2005014141A JP 2005014141 A JP2005014141 A JP 2005014141A JP 2006198739 A JP2006198739 A JP 2006198739A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
blade
fixed blade
pressing
cutting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2005014141A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006198739A5 (ja
JP4947904B2 (ja
Inventor
Masayuki Kato
Hideyuki Suzuki
雅之 加藤
秀行 鈴木
Original Assignee
Carl Manufacturing Co Ltd
カール事務器株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Carl Manufacturing Co Ltd, カール事務器株式会社 filed Critical Carl Manufacturing Co Ltd
Priority to JP2005014141A priority Critical patent/JP4947904B2/ja
Publication of JP2006198739A publication Critical patent/JP2006198739A/ja
Publication of JP2006198739A5 publication Critical patent/JP2006198739A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4947904B2 publication Critical patent/JP4947904B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B26HAND CUTTING TOOLS; CUTTING; SEVERING
    • B26DCUTTING; DETAILS COMMON TO MACHINES FOR PERFORATING, PUNCHING, CUTTING-OUT, STAMPING-OUT OR SEVERING
    • B26D1/00Cutting through work characterised by the nature or movement of the cutting member or particular materials not otherwise provided for; Apparatus or machines therefor; Cutting members therefor
    • B26D1/01Cutting through work characterised by the nature or movement of the cutting member or particular materials not otherwise provided for; Apparatus or machines therefor; Cutting members therefor involving a cutting member which does not travel with the work
    • B26D1/12Cutting through work characterised by the nature or movement of the cutting member or particular materials not otherwise provided for; Apparatus or machines therefor; Cutting members therefor involving a cutting member which does not travel with the work having a cutting member moving about an axis
    • B26D1/14Cutting through work characterised by the nature or movement of the cutting member or particular materials not otherwise provided for; Apparatus or machines therefor; Cutting members therefor involving a cutting member which does not travel with the work having a cutting member moving about an axis with a circular cutting member, e.g. disc cutter
    • B26D1/20Cutting through work characterised by the nature or movement of the cutting member or particular materials not otherwise provided for; Apparatus or machines therefor; Cutting members therefor involving a cutting member which does not travel with the work having a cutting member moving about an axis with a circular cutting member, e.g. disc cutter coacting with a fixed member
    • B26D1/205Cutting through work characterised by the nature or movement of the cutting member or particular materials not otherwise provided for; Apparatus or machines therefor; Cutting members therefor involving a cutting member which does not travel with the work having a cutting member moving about an axis with a circular cutting member, e.g. disc cutter coacting with a fixed member for thin material, e.g. for sheets, strips or the like
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B26HAND CUTTING TOOLS; CUTTING; SEVERING
    • B26DCUTTING; DETAILS COMMON TO MACHINES FOR PERFORATING, PUNCHING, CUTTING-OUT, STAMPING-OUT OR SEVERING
    • B26D7/00Details of apparatus for cutting, cutting-out, stamping-out, punching, perforating, or severing by means other than cutting
    • B26D7/01Means for holding or positioning work
    • B26D7/015Means for holding or positioning work for sheet material or piles of sheets
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B26HAND CUTTING TOOLS; CUTTING; SEVERING
    • B26DCUTTING; DETAILS COMMON TO MACHINES FOR PERFORATING, PUNCHING, CUTTING-OUT, STAMPING-OUT OR SEVERING
    • B26D7/00Details of apparatus for cutting, cutting-out, stamping-out, punching, perforating, or severing by means other than cutting
    • B26D7/01Means for holding or positioning work
    • B26D7/02Means for holding or positioning work with clamping means
    • B26D7/025Means for holding or positioning work with clamping means acting upon planar surfaces
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/768Rotatable disc tool pair or tool and carrier
    • Y10T83/7734With guard for tool
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/768Rotatable disc tool pair or tool and carrier
    • Y10T83/7755Carrier for rotatable tool movable during cutting
    • Y10T83/7763Tool carrier reciprocable rectilinearly
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/869Means to drive or to guide tool
    • Y10T83/8821With simple rectilinear reciprocating motion only
    • Y10T83/8822Edge-to-edge of sheet or web [e.g., traveling cutter]

Abstract

【課題】回転丸刃の切断位置でのブレを防止し、しかも、紙裁断機における高さの嵩張りの防止や、重量の軽減を図ることのできる紙裁断機を提供する。
【解決手段】紙載置台2の端縁に固定刃5を設け、同固定刃5の裏面側に案内レール4を配設する。案内レール4にスライダ8を摺動自在に配設し、同スライダ8に回転丸刃6を有する回転刃ホルダー7a、アーム9を取り付ける。アーム9は、固定刃5を跨いで配設され、固定刃5に対して接離可能に配設した紙押え板10を押圧する紙押え押圧部15を取り付ける。紙押え押圧部15には押圧ローラ16を回転自在に支持するローラホルダー16aが設けられている。押圧ローラ16の紙押え板10を押圧する位置が、切断位置よりも前方に配設されている。
【選択図】図5

Description

本発明は、手動により回転丸刃を固定刃に沿って摺動させ、紙載置台上に載置した切断紙を切断する紙裁断機に関する。

従来から、手動により回転丸刃を固定刃に沿って摺動させ、紙載置台上に載置した切断紙を切断する紙裁断機が用いられている。これらの紙裁断機において、回転丸刃を回転自在に支持する回転刃ホルダーは、紙載置台上方に配設した案内レールに沿って摺動する構成となっていた。

従来から用いられている紙裁断機としては、本願出願人に係わる紙裁断機(特許文献1参照。)などがある。図9には、特許文献1に記載された紙裁断機の全体斜視図を示し、図10には、図9のB−B断面図を示している。

図9に示すように、紙載置台51の一端部側にはスライダ53を摺動案内するレール52が配設されている。レール52の両端は、紙載置台51に固定された支持部材54及び55により上下動可能に設けられている。レール52の下側に位置して紙押え板56がレール52とは独立して紙載置台51に対して垂直方向に上下動可能に設けられている。レール52にはスライダ35が摺動自在に装着されている。

図10に示すように、スライダ53はレール52に嵌合されてスライド可能に配設され、スライダ53により回転可能に支持した回転丸刃57の側面が紙押え板56の側縁に接するように配設されている。また、回転丸刃57の刃が当たる紙載置台51には回転丸刃57の刃先を保護するためのラバー58が設けられている。

スライダ53を押圧すると、レール52は支持部材54、55により紙載置台51に対して平行に下降するとともに、紙押え板56を下降させ紙押え板56と紙載置台51との間に切断紙を挟持することができる。この状態でスライダ53をレール52に沿って摺動させると、紙押え板56と紙載置台51との間に挟持した切断紙を回転丸刃57により切断することができる。

スライダ53の押圧を解除すると、レール52は図示せぬ駆動機構により上方に移動する。このとき、紙押え板56は図示せぬ案内部材に案内されながら図示せぬストッパ部材がレール52に当接するまで、圧縮バネ59により紙載置台51に対して垂直方向に上昇し、紙載置台51の上面と紙押え板56とが平行になってその間に間隙が形成できるように構成されている。
特開平5−245794号公報

従来の手動により紙載置台上に載置した切断紙を切断する紙裁断機では、回転丸刃を支持したスライダを摺動させるのに、紙載置台上にレールを設けなければならなかった。このため、紙裁断機として高さも嵩張り、重量が重くなっていた。

また、切断時のレールの位置と回転丸刃による切断位置とが離れているため、スライダの摺動方向に直交する方向でのスライダとレールとの間における微小なブレは、回転丸刃の切断位置において拡大されたブレとなり、切断ブレの原因ともなっていた。

本願発明は、簡単な構造でありながら回転丸刃の切断位置でのブレを防止し、しかも、紙裁断機における高さの嵩張りの防止や、重量の軽減を図ることのできる紙裁断機を提供することにある。

本願発明の課題は、以下の各発明により達成することができる。
即ち、紙載置台と、前記紙載置台の端部に配され、表面側を前記紙載置台の上面と略面一にし、裏面側に案内レールを設けた直線状の長尺な固定刃と、前記案内レールに沿って摺動するスライダと、前記固定刃に接しながら摺動し、回転軸を前記固定刃の表面よりも上方側に配した回転丸刃と、前記回転丸刃を回転自在に支持し、する回転刃ホルダーと、前記固定刃を跨ぎ前記スライダに取り付けたアームと、前記アームに設けた手動部と、を備え、前記回転刃ホルダーが、前記固定刃を跨いで前記前記スライダに取り付けられ、前記手動部を水平方向に押圧することで、前記回転丸刃を前記固定刃に接しながら同固定刃に沿って摺動させてなる構成を最も主要な特徴となしている。

また、紙押え板をアームに設けた紙押え押圧部により固定刃側に押圧する構成を主要な特徴となしている。
更に、紙押え押圧部の構成を限定したことを主要の特徴となしている。
更にまた、回転丸刃を切断方向に摺動される手動部の構成を限定したことを主要な特徴となしている。

また、アームに切断された切断片を外部にガイドする傾斜部を形成したことを主要な特徴となしている。
更に、紙載置台に収納可能な補助紙載置台を設けたこと、ダストトレイを案内レールの下部に形成したことを主要な特徴となしている。

更にまた、切断紙の片側端縁の位置を規制するガイド片の構成を特定したことを主要な特徴となしている。
また、スライダの戻り機構を主要な特徴となしている。
更に、紙押え板に目盛りを形成したことを主要な特徴となしている。

本願発明では、案内レールと回転丸刃による切断位置とを近接して配設することができるので、スライダと案内レールとの間におけるブレの影響が、回転丸刃の切断位置に対して与える影響を小さくすることができ、直線度の高い切断が可能となる。

しかも、案内レールが紙載置台内に配設することができるので、紙裁断機本体を薄型に構成することができ、しかも、紙裁断機自体の重量も軽量化させることができる。このため、携帯に便利な、しかも高精度での切断を可能とした紙裁断機を提供することができる。

また、スライダには、回転刃ホルダーとアームとが別個に取り付けられているので、アームとして金属材料等を用いることで、スライダを摺動させるアームの強度を向上させることができる。また、手動部をアームに設けることにより、スライダ及び回転刃ホルダーを摺動させるのを、強度の高いアームを指で挟持し、水平方向に移動させるだけで行えるので、摺動時のブレ等を防止することができる。

また、回転丸刃と固定刃とによる切断が終了した後に、スライダ、回転刃ホルダー、アームとを最初の切断開始位置に戻すときでも、固定刃を跨いでいるアームの部位の形状を、固定刃の移動軌跡から離れた形状に形成することができる。このため、切断開始位置への戻り時において、アームが切断紙の端縁に当接してしまうのを防止することができる。

また、アームに設けた紙押え押圧部により紙押え板を固定刃側に押圧する押圧位置を、回転丸刃と前記固定刃とによる切断位置よりも回転丸刃の切断方向前方側の位置とすることができる。

これにより、紙押え板により切断紙をしっかりと確実に固定することができる。しかも、回転丸刃と前記固定刃とによる切断位置の前方側で紙押え板を押圧するので、切断紙をしっかりと固定された状態で回転丸刃と固定刃とによる切断を行わせることができる。このため、切断中に切断紙がずれたりするのを防止することが確実に防止できる。

紙押え押圧部における押圧部材としては、押圧ローラとして構成することも、例えば、半球状の突起や、回動自在とした球状体などにより構成することができる。押圧部材としては、スライダを案内レールに沿って摺動させたときに押圧部材の当接部と紙押え板との間で摺動抵抗を生じさせない構成であれば、多様な構成を採用することができる。

また、板バネを用いて押圧ローラに対して紙押え板側への付勢力を付加する構成とすることもできる。これにより、紙押え板と切断紙との接地面積を広く構成することができ、紙ズレをより確実に防止することができる。

把手を紙押え押圧部に形成することによって、把手の形状を手動にて操作し易い形状に構成することが容易になる。しかも、把手とスライダ、回転刃ホルダーとを別体にて構成することが可能となり、それぞれの設計の自由度を向上させることができる。

切断された切断片を下方等の外部に排出する傾斜部をアームに装着した下カバーの一部に形成することにより、切断片を滑らかに切断位置から排出することができる。傾斜部としては、下カバーの形状によっては下カバー以外にも、アームに装着した上カバーに形成することも、アーム自体に形成することもできる。これにより、切断される切断紙が歪んで切断されたり、切断位置がずれたりするのを確実に防止することができる。また、前記傾斜部を下カバーに形成したことにより、傾斜部の形状を所望の形状に形成することが可能となる。

補助紙載置台を紙載置台に設けることができ、大型の切断紙を切断するときには、補助紙載置台と紙載置台とを用いて切断紙の切断を行うことができる。また、紙載置台に載る切断紙を切断するときや紙裁断機を持ち運ぶときには、補助紙載置台を紙載置台内に収納することができる。

補助紙載置台の紙載置台へ取り付け構成としては、例えば、補助紙載置台の一端部を回動自在に紙載置台に支承し、補助紙載置台を展開回動させることで、紙載置台とともに切断紙の載置台として機能させ、補助紙載置台を収納回動させることで紙載置台内に収納させる構成とすることができる。あるいは、引き出し式にして補助紙載置台を紙載置台に配設する構成とすることもできる。補助紙載置台を紙載置台に収納したときには、勝手に補助紙載置台が収納場所から出てこないように、適宜の係止手段を用いて構成することもできる。

ダストトレイを案内レールの下部に設けることにより、切断片の飛散を防止することができる。また、ダストトレイの内部を湾曲させることにより、ダストトレイ内に溜まった切断片を容易に取り出すことができるようになる。

切断紙の片側基準となるガイド片のガイド方向を調整可能とすることで、作業者の希望する裁断角度にガイド片の向きを調整することができる。特に、真四角な切断辺で切断紙の切断を行いたいときには、ガイド片の傾きを微調整することで、同ガイド片で規定されるガイド方向に対して常に直交する方向での切断を行うことができる。

ガイド片の調整構成としては、例えば、ガイド片の長手方向に3つの取り付け孔を形成し、しかも真ん中の取り付け孔を除いた二つの孔を長孔として形成することにより構成することができる。このとき、ガイド片の角度位置の調整方法としては、前記取り付け孔を紙載置台に固定するネジ等を緩めて、真ん中の取り付け孔を中心にガイド片を回動させる。所望の角度位置にガイド片の角度位置を調整した後、ネジ等を締め付けて固定することにより、ガイド片を所望の角度位置に調整することができる。

定荷重バネを用いて回転刃ホルダー、アーム及びスライダを初期位置に戻す構成とすることができる。これにより、手動部を水平方向に押圧して摺動させ、回転丸刃と固定刃とによる切断が終了した後において、手動部を解放すれば回転刃ホルダー、アーム及びスライダを初期位置に自動的に戻すことができる。

しかも、定荷重バネを用いているので、回転刃ホルダー、アーム及びスライダが初期位置に戻るときには、一定の荷重で引っ張られることになり、たとえ紙裁断機の裁断幅が長くなったとしても、常に所定の速度で戻すことができる。また、切断紙の切断時に、スライダ等を摺動させる押圧力は小さく一定になる。

紙押え板を透明な板にて構成し、紙押え板の表面又は裏面に固定刃と平行な目盛りを形成することができる。このように構成することで、例えば、切断紙として写真が現像又は印刷された印画紙を用いる場合において、紙押え板を透して余白の幅を紙押え板の目盛りを見ながら調整することができる。即ち、写真の縁を基準にして前記目盛り線と重ね合わすことにより、重ね合わせた位置から固定刃までの長さにより、余白の長さを調整することができる。

本発明の好適な実施の形態について、添付図面に基づいて以下において具体的に説明する。尚、本発明は、以下に説明する実施例に限定されるものではなく、多様な変更が可能である。

図1では、本願発明に係わる紙裁断機1の全体斜視図を示し、図2では、紙裁断機1の主要構成部材を分解した全体構成図を示している。図3、図4は、紙裁断機1の一端側を省略した斜視図を示し、図5、図7には、紙押え押圧部15の要部斜視図をそれぞれ別の角度から見た図として示している。図8は、補助紙載置台22の展開回動を説明する図である。

図1に示すように紙裁断機1は紙載置台2の端部において、表面側を紙載置台2の上面と略同一面とし、裏面側に案内レール4を取り付けた長尺の固定刃5が設けられている。固定刃5の表面側には、紙押え板10が配設されている。そして、紙押え板10の両端部には、その長手方向に長く、幅方向にはツバ付カラー部材26の径と略同じか多少小さな幅とした長孔が穿孔されている。紙押え板10は、その両端部がツバ付カラー部材26を介してネジ26aにより紙載置台2に遊嵌固定されている。

紙押え板10をツバ付カラー部材26のツバ方向に持ち上げることにより、紙押え板10と紙載置台2との間に間隙を形成することができる。また、紙押え板10における固定刃5とは反対側の端縁は、紙載置台2上に載置した切断紙を挿入し易くガイドするため、挿入口を開口させた傾斜面に形成されている。また、図2に示すように、紙押え板10は透明な板にて構成され、同紙押え板10の表面側又は裏面側に、固定刃5の切断線と平行な目盛り10aが形成されている。

尚、図示例では、目盛り10aは図2においてのみ記載し、他の図面における紙押え板10においては、目盛りの記載を省略している。紙押え板10に形成した目盛り10aに、例えば、写真の印画紙における写真の縁を目盛り10aの線に合わせることで、写真の周りに形成する余白の幅を任意に調整することができる。即ち、写真の縁を固定刃5の切断縁から所定距離だけ離した位置で同写真を印刷した印画紙を切断することで、写真の周りの余白の幅を前記写真の縁を固定刃5の切断縁から所定距離に応じて形成することができる。

紙載置台2の両側縁には、支持部材13a、13bが配設され、案内レール4に沿って摺動する紙押え押圧部15等の抜け止めを構成している。また、各支持部材13a、13bの端面は、それぞれカバー14によって被覆されている。紙載置台2の一側縁側には、切断紙の片側位置を規制するガイド片3が、ネジ24により固定されている。

図2を中心にして、紙裁断機1の各構成部材について更に説明する。ガイド片3の一端部には凹部3aが形成されている。また、ガイド片3に形成されたネジ24が挿入される孔23a〜23cは、孔23aと孔23cとが長孔として形成されている。ネジ24を緩めて、図3に示す凹部3aを押圧することにより、ガイド片3は、孔23bに挿入したネジ24を中心として回動することができ、ガイド片3のガイド方向を調整することができる。ガイド片3のガイド方向を調整した後、各ネジ24を締め付けることにより、図3に示すようにガイド片3を調整したガイ方向に固定することができる。

固定刃5は、L字状断面形状を有し、L字状の上面を紙載置台2の上面と略面一にして図示せぬネジ等により紙載置台2に固定されている。固定刃5の裏面側には、略コ字状の案内レール4が図示せぬネジ等により固定されている。固定刃5の下部には、ダストトレイ25が紙載置台2の端部に取り付けられている。紙載置台2に対する固定刃5、案内レール4及びダストトレイ25の配設構造は、支持部材13aを省略して示した図3において詳細に示している。

紙載置台2の両側端縁には、支持部材13a、13bが取り付けられ、各支持部材13a、13bの端面には、カバー14が取り付けられている。各支持部材13a、13bの一端部には支軸30が形成され、紙載置台2の裏面側に収納自在に配設した補助紙載置台22の端部に形成した回動孔31に前記支軸30が挿入されている。左右の支持部材13a、13bとカバー14のうち一方の支持部材及びカバー14を省略して示した図3、図4においては、紙載置台2に補助紙載置台22を収納した状態を示している。

これにより、補助紙載置台22は、図8(a)、(b)に示すように、紙載置台2に対して回動展開(図8(b)の状態)及び回動収納(図1の状態)させることができる。図8(b)に示すように、補助紙載置台22のフランジ部には、係止片22aが形成され、フランジ部22bが取り付けられている。同係止片22aと紙載置台2の裏面側に形成した図示せぬ係止片との係合により、補助紙載置台22は紙載置台2内に収納固定することができる。

また、補助紙載置台22が紙載置台2に収納された状態で、支持部材13a、13bに形成した切り欠13cから露呈したフランジ部22bを押圧することで、係止片22aと紙載置台2の裏面側に形成した係止片との係合状態を解除することができる。

図2に示すように、案内レール4の溝にはスライダ8を摺動自在に配設される。特に、図2、図4、図5に示すように、スライダ8には、回転刃ホルダー7の取付部7a及びアーム9がネジ等を介して取り付けられる。
即ち、アーム9は固定刃5を跨いで、固定刃5の裏面側に配したスライダ8と結合し、回転刃ホルダー7はアーム9とは別体で、固定刃5を跨いで、固定刃5の裏面側に配したスライダ8と結合している。

回転刃ホルダー7には、回転丸刃6が回転自在に支持されている。回転丸刃6の回転軸は、固定刃5の上面よりの上方に配設される。これにより、回転丸刃6の切断時、固定刃5と紙押え板10との間で挟持した切断紙を回転丸刃6によりダウンカットすることができる。

アーム9には、紙押え板10を押圧する紙押え押圧部15が設けられている。紙押え押圧部15は、特に、図2に示すように、上カバー20a内に構成され、押圧ローラ16、同押圧ローラ16を回転自在に支持するローラホルダー16a、ローラホルダー16aを紙押え板10側にバネ付勢する板バネ17から構成されている。ローラホルダー16aは、板バネ17を介してアーム9に取り付けられる。

図5に示すように、回転刃ホルダー7は、上下一対のカバー20a、20b内に収納されている。また、押圧ローラ16による紙押え板10の押圧部位は、回転丸刃6と固定刃5との切断位置よりも、回転丸刃6の切断方向前方に構成されている。これにより、切断位置の前方で紙押え板10を押圧しながら、回転丸刃6と固定刃5とにより、切断紙の切断を行うことができ、切断における切断紙の位置ずれ等を確実に防止することができる。

下カバー20bにおける固定刃5を跨ぐ部位には、図6に示すように回転丸刃6により切断した切断片を外部に逃がす傾斜部19が形成されている。回転丸刃6と固定刃5とにより切断された切断片は、傾斜部19の傾斜面に沿いながら下方に排出され、案内レール4の下方に配設したダストトレイ25(図3参照。)内に収納される。

上カバー20aには、把手12が形成されている。また、同把手12の周縁部には、同把手12を押圧操作する手等との接触状態を良好にするラバー部12aが配設されている。

把手12を水平方向に移動させることにより、図4に示すように定荷重バネ27を引き出しながら上下一対のカバー20a、20b等を案内レール4に沿って摺動させることができる。これにより、回転丸刃6と固定刃5とにより、固定刃5と紙押え板10との間に挟持した切断紙を切断することができる。

また、特に図4で示すように、スライダ8には、スライダ8を回転丸刃6の切断開始の初期位置側に戻るように付勢する定荷重バネ27が取り付けられる。定荷重バネ27は、ピン29を介して定荷重バネホルダー28に支持され、同定荷重バネホルダー28は、支持部材13bに配設されている。

切断紙の切断が終了したときには、把手12を開放することで、上下一対のカバー20a、20b等を定荷重バネ27により、自動的に切断開始位置に戻すことができる。上下一対のカバー20a、20b等は、スライダ8に連結した定荷重バネ27の引張り力に抗して切断方向に押圧摺動することになるが、前記定荷重バネ27による引張り力は、上下一対のカバー20a、20b等の切断方向への摺動移動量に係わらず常に一定の引張り力となっている。

このため、切断幅が広い紙裁断機においても、切断方向への移動量が大きくなるにつれて、引張り力が増大することなく、常に一定のしかも軽い押圧力で上下一対のカバー20a、20b等を切断方向に摺動させることができる。また、上下一対のカバー20a、20b等が定荷重バネ27の引張り力によって自動的に切断開始位置に戻る場合においても、上下一対のカバー20a、20b等が急激に戻されることがなく、一定のスピードで戻すことができる。

本願発明は、紙裁断機と同様な構成を有する装置等に本願発明の技術を適用することができる。

紙裁断機の全体斜視図である。(実施例) 紙裁断機の全体図を示した分解図である。(実施例) 一方の支持部材を省略した紙裁断機の斜視図である。(実施例) 他方の支持部材を省略した紙裁断機の斜視図である。(実施例) 回転丸刃と固定刃との切断部周辺を示した要部斜視図である。(実施例) 回転丸刃と固定刃との切断部周辺を示した要部拡大斜視図である。(実施例) 紙押え板と紙押え押圧部との関係を示した要部斜視図である。(実施例) 補助紙載置台の作動を説明する図である。(実施例) 紙裁断機の全体斜視図である。(従来例) 図9のB−B断面図である。(従来例)

符号の説明

1 紙裁断機
2 紙載置台
3 ガイド片
3a 凹部
4 案内レール
5 固定刃
6 回転丸刃
7 回転刃ホルダー
7a 取付部
8 スライダ
9 アーム
10 紙押え板
10a 目盛り
12 把手
12a ラバー部
13a、b 支持部材
13c 切り欠
14 カバー
15 紙押え押圧部
16 押圧ローラ
16a ローラホルダー
17 板バネ
18 ピン
19 傾斜部
20a 上カバー
20b 下カバー
22 補助紙載置台
22a 係止片
22b フランジ部
23a、b、c 孔
24 ネジ
25 ダストトレイ
26 ツバ付カラー部材
26a ネジ
27 定荷重バネ
28 定荷重バネホルダー
29 ピン
30 支軸
31 回動孔
51 紙載置台
52 レール
53 スライダ
54、55 支持部材
56 紙押え板
57 回転丸刃
58 ラバー
59 圧縮バネ

Claims (11)

  1. 紙載置台2と、
    前記紙載置台2の端部に配され、表面側を前記紙載置台2の上面と略面一にし、裏面側に案内レール4を設けた直線状の長尺な固定刃5と、
    前記案内レール4に沿って摺動するスライダ8と、
    前記固定刃5に接しながら摺動し、回転軸を前記固定刃5の表面よりも上方側に配した回転丸刃6と、
    前記回転丸刃6を回転自在に支持する回転刃ホルダー7と、
    前記固定刃5を跨ぎ前記スライダ8に取り付けたアーム9と、
    前記アーム9に設けた手動部12と、
    を備え、
    前記回転刃ホルダー7が、前記固定刃5を跨いで前記スライダ8に取り付けられ、
    前記手動部12を水平方向に押圧することで、前記回転丸刃6を前記固定刃5に接しながら同固定刃5に沿って摺動させてなることを特徴とする紙裁断機。
  2. 前記固定刃5の長尺方向と略平行に配設され、前記固定刃5の表面に対して接離可能に配された長尺の紙押え板10と、
    前記アーム9に設けられ、前記紙押え板10を前記固定刃10方向に押圧する紙押え押圧部15と、
    を更に備え、
    前記紙押え板10と前記固定刃5とにより、前記紙載置台2上に載置した切断紙を挟持し、
    前記紙押え板10を前記固定刃5方向に押圧する前記紙押え押圧部15の押圧部材16が、前記回転丸刃6を切断方向に摺動させたときの前記回転丸刃6と前記固定刃5との切断位置よりも前記回転丸刃6の摺動方向前方に配設されてなることを特徴とする請求項1記載の紙裁断機。
  3. 前記押圧部材16が、押圧ローラ16であることを特徴とする請求項2記載の紙裁断機。
  4. 前記押圧ローラ16が、板バネ17により前記紙押え板10側に付勢されてなることを特徴とする請求項3記載の紙裁断機。
  5. 前記手動部12が、前記紙押え押圧部15に形成した把手12であることを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の紙裁断機。
  6. 前記アーム9の一部に、前記回転丸刃6と前記固定刃5とにより切断された切断片を外部にガイドする傾斜部19が形成されてなることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の紙裁断機。
  7. 前記紙載置台2が、補助紙載置台22を有し、同補助紙載置台22の未使用時には同補助紙載置台22が前記紙載置台2内に収納されてなることを特徴とする請求項1〜6のいずれかに記載の紙裁断機。
  8. 前記案内レール4の下部にダストトレイ25が形成されてなることを特徴とする請求項1〜7のいずれかに記載の紙裁断機。
  9. 前記紙載置台2に、切断紙の片側端縁位置を規制するガイド片3が配設され、同ガイド片3が、前記紙載置台2に対して固定した状態と固定解除した状態とに切換え可能に構成され、前記固定解除状態において前記ガイド片3が、切断紙の片側端辺位置に対する規制方向を調整可能となっていることを特徴とする請求項1〜8のいずれかに記載の紙裁断機。
  10. 前記スライダ8が、前記案内レール4の片側に設けた定荷重バネ27に連結し、前記スライダ8が、前記定荷重バネ27により前記回転丸刃6の切断方向とは逆方向に戻るよう付勢されてなることを特徴とする請求項1〜9のいずれかに記載の紙裁断機。
  11. 前記紙押え板10が透明な板にて形成され、前記紙押え板10に前記固定刃5の切断線と平行に形成した複数の目盛り10aが形成されてなることを特徴とする請求項1〜10のいずれかに記載の紙裁断機。
JP2005014141A 2005-01-21 2005-01-21 紙裁断機 Expired - Fee Related JP4947904B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005014141A JP4947904B2 (ja) 2005-01-21 2005-01-21 紙裁断機

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005014141A JP4947904B2 (ja) 2005-01-21 2005-01-21 紙裁断機
US11/335,120 US20060162524A1 (en) 2005-01-21 2006-01-19 Paper cutter
EP20060250300 EP1683610A1 (en) 2005-01-21 2006-01-20 Paper cutter

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2006198739A true JP2006198739A (ja) 2006-08-03
JP2006198739A5 JP2006198739A5 (ja) 2008-02-14
JP4947904B2 JP4947904B2 (ja) 2012-06-06

Family

ID=36169202

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005014141A Expired - Fee Related JP4947904B2 (ja) 2005-01-21 2005-01-21 紙裁断機

Country Status (3)

Country Link
US (1) US20060162524A1 (ja)
EP (1) EP1683610A1 (ja)
JP (1) JP4947904B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013099849A (ja) * 2013-02-15 2013-05-23 Seiko Epson Corp カッター装置、記録装置
US8905664B2 (en) 2008-03-11 2014-12-09 Seiko Epson Corporation Cutter device and recording apparatus
US9446609B2 (en) 2008-03-07 2016-09-20 Seiko Epson Corporation Cutter device and printing apparatus
US9511503B2 (en) 2013-12-19 2016-12-06 Seiko Ltd. Trimmer apparatus

Families Citing this family (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20070044617A1 (en) * 2005-08-24 2007-03-01 Rudolf Pavlik Web material cutting device
CN100446948C (zh) * 2006-10-31 2008-12-31 徐森良 轨道滚珠式曲直线切割器
US8661953B2 (en) * 2008-06-09 2014-03-04 Ellison Educational Equipment, Inc. Paper trimmer with adjustable stop
CN101850559B (zh) * 2010-06-30 2012-05-23 东莞市邦泽电子有限公司 能够切换裁纸功能的裁纸机
DE102010055487A1 (de) * 2010-12-22 2012-06-28 Dahle Bürotechnik Gmbh Rollenschneider
CN103212870B (zh) * 2012-01-19 2016-07-06 昆山思拓机器有限公司 适配不同长度钢片的张紧框
KR101340381B1 (ko) * 2013-07-15 2013-12-11 주식회사 동일이티씨 용지 절단 장치
US20170036365A1 (en) * 2015-08-04 2017-02-09 Gary DARWIN Sheet material cutting guide and ruler
ES2777638T3 (es) 2015-12-07 2020-08-05 Avery Dennison Retail Information Services Llc Accesorio de corte para sistema de impresión
EP3619010A2 (en) 2017-05-01 2020-03-11 Avery Dennison Retail Information Services, LLC Stand-alone cutting apparatus
CN109434931A (zh) * 2018-10-31 2019-03-08 江西赣电电气有限公司 一种变压器绝缘纸下料机

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5789590A (en) * 1980-09-23 1982-06-03 Dahle Buero Zeichengeraete Cutter for paper
JPS61163192A (en) * 1985-01-11 1986-07-23 Hitachi Ltd Vacuum vapor deposition apparatus
JPH0375994A (en) * 1989-08-18 1991-03-29 Matsushita Refrig Co Ltd Automatic vending machine
JPH04320801A (en) * 1991-04-19 1992-11-11 Daiken Trade & Ind Co Ltd Working table for cutting off panel-like material
JP2003019694A (ja) * 2001-07-10 2003-01-21 Oyane Riki Mfg Co Ltd サークルカッター
JP2003039381A (ja) * 2001-07-31 2003-02-13 Japan Cbm Corp 用紙切断装置
JP2003103495A (ja) * 2002-08-19 2003-04-08 Nec Eng Ltd カッター機構

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB1141951A (en) * 1967-01-18 1969-02-05 Doherty Sons Ltd Edward Device for trimming paper and like sheet material
FR2262578B1 (ja) * 1974-02-28 1976-12-10 Girard Roger
JP3113949B2 (ja) * 1992-03-02 2000-12-04 カール事務器株式会社 紙截断機
JP2541151B2 (ja) * 1994-05-16 1996-10-09 日本電気株式会社 紙切断装置
JPH106279A (ja) * 1996-06-21 1998-01-13 Nec Eng Ltd カッター機構
DE20310228U1 (de) * 2003-07-03 2003-09-18 Schwelling Hermann Papierschneidgerät

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5789590A (en) * 1980-09-23 1982-06-03 Dahle Buero Zeichengeraete Cutter for paper
JPS61163192A (en) * 1985-01-11 1986-07-23 Hitachi Ltd Vacuum vapor deposition apparatus
JPH0375994A (en) * 1989-08-18 1991-03-29 Matsushita Refrig Co Ltd Automatic vending machine
JPH04320801A (en) * 1991-04-19 1992-11-11 Daiken Trade & Ind Co Ltd Working table for cutting off panel-like material
JP2003019694A (ja) * 2001-07-10 2003-01-21 Oyane Riki Mfg Co Ltd サークルカッター
JP2003039381A (ja) * 2001-07-31 2003-02-13 Japan Cbm Corp 用紙切断装置
JP2003103495A (ja) * 2002-08-19 2003-04-08 Nec Eng Ltd カッター機構

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9446609B2 (en) 2008-03-07 2016-09-20 Seiko Epson Corporation Cutter device and printing apparatus
US8905664B2 (en) 2008-03-11 2014-12-09 Seiko Epson Corporation Cutter device and recording apparatus
JP2013099849A (ja) * 2013-02-15 2013-05-23 Seiko Epson Corp カッター装置、記録装置
US9511503B2 (en) 2013-12-19 2016-12-06 Seiko Ltd. Trimmer apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
US20060162524A1 (en) 2006-07-27
JP4947904B2 (ja) 2012-06-06
EP1683610A1 (en) 2006-07-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20170341261A1 (en) Table cutting machine
US7726225B2 (en) Miter saw having holder fixing mechanism
US6209434B1 (en) Paper sheet decorative punching device
US6688199B2 (en) Four-bar upright punch
JPH065115Y2 (ja) パターン片作成装置
JPH0624161Y2 (ja) 卓上スライド丸鋸盤
KR0178069B1 (ko) 종이 절단기
EP2039455B1 (en) Adjustable and removable keel assembly and blade guide for a jigsaw
US6782785B2 (en) Cutter cassette and cutting device
US8506190B2 (en) Cutter mechanism and printer with a cutter
US20070000366A1 (en) Table saw guard assembly
EP0899114B1 (en) Printer for cutting media and method thereof
US7234380B2 (en) Side pressure splitter
US6742430B2 (en) Circular sawing machine having a hidden-type infrared guide device
EP0810071A2 (en) Viewing window for circular saw guard
US20050235791A1 (en) Miter saw having circular saw blade section pivotally movable upward and downward and tiltable leftward and rightward
US8919235B2 (en) Cutting apparatus
US6098515A (en) Rotary trimmer and blade biasing carriage assembly for use with a rotary trimmer
KR20090007369A (ko) 수동 세라믹 절단기
US7066069B2 (en) Tilt angle display device for a circular saw machine
JP2002193497A (ja) 給紙装置及びその給紙装置を備えた画像形成装置
US20030200852A1 (en) Miter cut fine adjustment mechanism
US20070234864A1 (en) Flip Over Saw
EP1391405A3 (en) Sheet material guiding mechanism, and sheet material feeding and conveying device provided with such mechanism, and recording apparatus
US4244251A (en) Full rotation-type paper web cutting device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071220

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071220

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20071220

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100924

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100928

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101102

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110425

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110609

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20110616

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20110930

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120209

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120306

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150316

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150316

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees