JP2006133355A - 平面表示装置 - Google Patents

平面表示装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2006133355A
JP2006133355A JP2004320138A JP2004320138A JP2006133355A JP 2006133355 A JP2006133355 A JP 2006133355A JP 2004320138 A JP2004320138 A JP 2004320138A JP 2004320138 A JP2004320138 A JP 2004320138A JP 2006133355 A JP2006133355 A JP 2006133355A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
chassis
flat display
circuit board
fixed
display panel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004320138A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4704734B2 (ja
Inventor
Yukiharu Miyamura
幸春 宮村
Original Assignee
Pioneer Electronic Corp
パイオニア株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Pioneer Electronic Corp, パイオニア株式会社 filed Critical Pioneer Electronic Corp
Priority to JP2004320138A priority Critical patent/JP4704734B2/ja
Publication of JP2006133355A publication Critical patent/JP2006133355A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4704734B2 publication Critical patent/JP4704734B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 平面表示装置の軽量化を促進し、また、シャーシに取り付けられる回路基板の大きさや配線経路等への制約を低減させて、回路基板や配線等の設計自由度を向上させることのできる平面表示装置を提供する。
【解決手段】 回路基板112が搭載される第1シャーシ部材13と、平面表示パネルの裏面に固定されると共に第1シャーシ部材13と間に中空部43を画成する第2シャーシ部材14とを備える平面表示装置100のシャーシ41において、前記中空部43内に第1シャーシ部材13又は第2シャーシ部材14に固定される第3シャーシ部材21を装備し、この第3シャーシ部材21を外部の取り付け金具を支持する補強金具とする。
【選択図】 図1

Description

本発明は、プラズマディスプレイパネル等の薄型の平面表示パネルと、前記平面表示パネルを駆動する駆動回路を備えた回路基板と、前記平面表示パネルの背面に設けられ、該平面表示パネルを支持すると共に前記回路基板が搭載されるシャーシとを備えた平面表示装置に関する。
図1乃至図3は従来の平面表示装置の説明図で、図1は平面表示装置であるプラズマディスプレイ装置10に天井吊り下げ金具32を取り付けた状態の斜視図、図2は図1に示したプラズマディスプレイ装置10のA−A線に沿う水平断面図、図3は図2に示したプラズマディスプレイ装置10に搭載された第1シャーシ部材のB矢視図である。
従来のプラズマディスプレイ装置10は、図2に示すように、前面基板及び背面基板をなす二枚のガラス基板が微小な放電空間を介して貼り合わされたプラズマディスプレイパネル(以下、PDPと呼称する)11と、このPDP11を駆動するための電源回路や駆動回路を備えた回路基板12と、PDP11と回路基板12とを一体に支持する部材であるシャーシSと、これらの構成部品を収容する筐体19とから構成されている。
筐体19は、PDP11及び回路基板12が取り付けられたシャーシSの外周囲を覆うサイドパネル15と、後面側を覆うリアケース16と、前面側を覆う透明な前面パネル17とから構成されている。
そして、シャーシSは、回路基板12が搭載される第1シャーシ部材13と、PDP11の裏面に固定される第2シャーシ部材14とから構成されている。
第1シャーシ部材13は、両側部13aがサイドパネル15に取り付けられ、リアケース16側の面には回路基板12を取り付けるための凸部13bが形成されており、PDP11側の面には第2シャーシ部材14に接合される複数個の支持部13cが突出形成されている。
第1シャーシ部材13に形成した複数個の支持部13cは、第2シャーシ部材14との間に放熱のための中空部(隙間)を確保するためのもので、PDP11の周辺部に比して中央部において多く設けられている。
第2シャーシ部材14は、PDP11側の面が全面に亘って平坦な面となっており、この面に両面接着テープ18を介してPDP11の裏面が接着・固定されている。
天井吊り下げ金具32は、プラズマディスプレイ装置10の背面に連結される装置取り付け板32aと、この装置取り付け板32aの上端に固定装備されて天井への取付け部となる天井取り付け板32bから構成されている。
プラズマディスプレイ装置10のリアケース16は、薄板構造で、それほど強度が高くない。そこで、従来では、第1シャーシ部材13のリアケース16側の面に、装置取り付け板32aを取り付けるための補強金具20を装備している。
この補強金具20は、製品全体の荷重を支えるに十分な強度を確保すること、及び、薄板構造のリアケース16や第1シャーシ部材13の一部に集中荷重が作用することを回避することが必要で、これらの要件を満たすために、従来は、図2に示すように、第1シャーシ部材13とリアケース16との間の隙間を埋める高さ寸法Hを有し、且つ、図3に示すように第1シャーシ部材13をその短辺方向に縦断する十分な長さ寸法Lを持った構造としていた(例えば、特許文献1参照)。
特開2001−345586号公報
ところが、前述した補強金具20は、補強金具20自体が大型化し、かなりの重量を持つため、プラズマディスプレイ装置10の軽量化を阻害する大きな要因となった。
また、図3にも示したように、補強金具20の縦断によって、第1シャーシ部材13の基板取り付け面が小さく分断されてしまって、第1シャーシ部材13に取り付ける回路基板12の寸法等に大きな制限ができ、例えば、寸法の大きな回路基板12を採用できないなど、回路基板12の設計自由度の低下を招くという問題も生じた。
また、第1シャーシ部材13の上面を縦断する補強金具20は、第1シャーシ部材13とリアケース16との間の隙間を分断して、配線経路を大きく塞いでしまうため、筐体19内における配線処理に大きな制約を与え、組み立て時等の作業性の低下を招く虞もあった。
本発明が解決しようとする課題(目的)としては、補強金具の小型・軽量化により平面表示装置の軽量化を促進することができ、また、補強金具がシャーシに取り付けられる回路基板の大きさや配線経路等に制約を与えることがなく、回路基板や配線等の設計自由度の向上と、組み立て時等の作業性の向上を図ることができる平面表示装置を提供することその一例として挙げられる。
請求項1に記載の平面表示装置は、平面表示パネルと、前記平面表示パネルを駆動する駆動回路を備えた回路基板と、前記平面表示パネルの背面に設けられ、該平面表示パネルを支持すると共に前記回路基板が搭載されるシャーシとを備えた平面表示装置において、前記シャーシは、前記回路基板が搭載される第1シャーシ部材と、前記平面表示パネルの裏面に固定される第2シャーシ部材とを備えると共に、前記第1シャーシ部材と前記第2シャーシ部材との間には中空部を有し、前記中空部には、前記第1シャーシ部材又は前記第2シャーシ部材に固定される第3シャーシ部材を設け、前記第3シャーシ部材によって前記平面表示装置の外部から前記平面表示装置に取り付けられる取付部材が前記平面表示装置に対して固定されることを特徴とする。
以下、本発明に係る平面表示装置の好適な実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。
図4乃至図8は本発明に係る平面表示装置の一実施の形態を示したもので、図4は本発明の実施の形態に係る平面表示装置の水平断面図、図5は図4のC矢視図、図6は図4に示したシャーシ構造における第2シャーシ部材と第3シャーシ部材との位置関係の説明図、図7は図5のD−D線に沿う断面図、図8は図5に示した第1シャーシ部材の回路基板を取り外した状態の斜視図である。
本実施の形態の平面表示装置100は、前面基板及び背面基板をなす二枚のガラス基板が微小な放電空間を介して貼り合わされたPDP11と、このPDP11を駆動するための電源回路や駆動回路を備えた回路基板112と、PDP11と回路基板112とを一体に支持する部材であるシャーシ41と、これらの構成部品を収容する筐体119とから構成されている。
筐体119は、PDP11及び回路基板112が取り付けられたシャーシ41の外周囲を覆うサイドパネル15と、後面側を覆うリアケース116と、前面側を覆う透明な前面パネル17とから構成されている。
そして、シャーシ41は、回路基板112が搭載される第1シャーシ部材13と、PDP11の裏面に固定される第2シャーシ部材14と、これらの第1シャーシ部材13と第2シャーシ部材14との間に確保される隙間である中空部43に配備される第3シャーシ部材21とを備えている。
シャーシ41を構成する第1シャーシ部材13、第2シャーシ部材14、第3シャーシ部材21は、熱伝導性に優れたアルミニウム等の金属板のプレス成形によって形成される。
第1シャーシ部材13は、両側部13aがサイドパネル15に取り付けられ、リアケース116側の面には回路基板112を取り付けるための凸部13bが形成されており、PDP11側の面には第2シャーシ部材14に接合される複数個の支持部13cが突出形成されている。
第1シャーシ部材13に形成した複数個の支持部13cは、第2シャーシ部材14との間に放熱のための中空部(隙間)43を確保するためのもので、PDP11の周辺部に比して中央部において多く設けられている。
第2シャーシ部材14は、PDP11側の面が全面に亘って平坦な面となっており、この面に両面接着テープ18を介してPDP11の裏面が接着・固定されている。
第3シャーシ部材21は、図5に示すように、第1シャーシ部材13の短辺方向に沿って延在するように、第1シャーシ部材13の内面に固定されている。第3シャーシ部材21の長さ寸法は、図6にも示すように、第1シャーシ部材13や第2シャーシ部材14の短辺の長さに略等しく設定されている。
また、本実施の形態の第3シャーシ部材21は、図7に示すように、長さ方向に沿う凹凸21aを形成することで、補強金具としての剛性を向上させている。
第3シャーシ部材21は、両側のフランジ部21bを例えば第1シャーシ部材13にスポット溶接することで、第1シャーシ部材13に固着されている。また第1シャーシ部材13は軽量化の為アルミ等の比較的比重の小さい金属より形成されているが、強度が乏しい為、フランジ部21b及び補助金具22により両側から挟み込まれる構成によって、平面度を維持している。
第3シャーシ部材21の凹凸21aは、第2シャーシ部材14側に突出した端面21cが、第2シャーシ部材14の内面に略接触するように、隆起高さが設定されている。
この第3シャーシ部材21が、第1シャーシ部材13及び第2シャーシ部材14の双方に密着接触した状態で中空部43に固定装備されることで、軽量化の為に、肉薄となっている第1シャーシ部材13及び第2シャーシ部材14の機械的強度が強化される。
第1シャーシ部材13の表面側には、図7及び図8に示すように、第1シャーシ部材13の内面に固定された第3シャーシ部材21と重なる位置で、回路基板112の配置の邪魔にならない上下両端の領域に、補助金具22,23が装備されている。
このように、第1シャーシ部材13の表面側には、上下両端の領域にのみ補助金具22,23を装備し、中央部には何も邪魔になるものを装備しない構成としたことで、図5に示したように、大きな回路基板112を搭載できる等、回路基板112に対する制約が軽減できる。
これらの補助金具22,23は、何れも、第1シャーシ部材13の裏側に配置されている第3シャーシ部材21と一体の構造物として機能し、作用する荷重を第3シャーシ部材21に支えさせる。
各補助金具22,23は、図4に示したように、第1シャーシ部材13とリアケース116との間の隙間を埋める高さ寸法を有していて、装置外部から図1に示した天井吊り下げ金具32等の取付部材を固定する取付穴22a,23aが形成されている。また、第1シャーシ部材13の下端側に装備された補助金具22の場合は、天井吊り下げ金具32の取り付けの他に、平面表示装置100を床等に立設する場合のスタンドを固定する金具としても機能する。
即ち、各補助金具22,23は、平面表示装置100を天井又は壁、又は床に設置する際に、外部の取付部材を第3シャーシ部材21に結合して、作用する装置重量等を大きな第3シャーシ部材21に担わせる役割を果たす。
平面表示装置100では、例えば、平面表示装置100を天井等から吊り下げるために、図1に示した天井吊り下げ金具32等の取付部材を装置外部から装置の背面に締結する場合、補助金具22,23に固定された取付部材の実質的な支持部は、第3シャーシ部材21となる。
即ち、第3シャーシ部材21は、天井吊り下げ金具32等を装置外部から固定した際に荷重を支える補強金具で、製品全体の荷重を支えるに十分な強度を確保すること、薄板構造のリアケース116や各シャーシ41部材の一部に集中荷重が作用することを回避することが必要で、そのために、ある程度の高さ寸法や長さ寸法が必要となる。
しかし、第3シャーシ部材21の配置が、第1シャーシ部材13と第2シャーシ部材14との間の中空部43であるため、回路基板112が配置される第1シャーシ部材13の表面に取付用の補強部材である第3シャーシ部材21が突出することがない。
よって、十分な取付強度を確保するために第3シャーシ部材21の長さを大きく設定しても、第1シャーシ部材13上の回路基板112の取り付けスペースが第3シャーシ部材21によって分断されることがなく、また、第1シャーシ部材13上の配線経路が第3シャーシ部材21によって塞がれることもない。
また、補強金具である第3シャーシ部材21がシャーシ41に取り付けられる回路基板112の大きさや配線経路等に制約を与えることがなく、回路基板112や配線等の設計自由度の向上と、組み立て時等の作業性の向上を図ることができる
また、第3シャーシ部材21の高さ寸法は、最大でも第1シャーシ部材13と第2シャーシ部材14との間の中空部43の厚さ寸法に制限され、第1シャーシ部材13とリアケース116との間に装備した従来の補強金具の場合と比較すると、補強金具の小型・軽量化が図れ、これにより平面表示装置100の軽量化を促進することができる。
また、第3シャーシ部材21は、上記実施の形態のように中空部43内を上下方向に延在するリブ構造にすれば、第3シャーシ部材21が中空部43内の上昇気流を邪魔することがなく、第1シャーシ部材13と第2シャーシ部材14とが形成する中空構造により発揮される優れた放熱性が犠牲になることもない。
なお、第1シャーシ部材13と第2シャーシ部材14とが形成する中空構造は、上記の放熱性の他に、シャーシ41を構成する板材の肉薄化による装置の軽量化、回路基板112を固定するネジ等の結合部材の結合部となる突起部をシャーシ41内部に留めて外部への突出をなくす、ネジ締め等の結合で発生する切りカスを中空部43内部に留めて、切りカスによる回路の汚損を防止するなどの各種の効果をもたらす。
また、上記実施の形態の平面表示装置100の場合、補助金具22,23を介して第3シャーシ部材21に取り付けられる取付部材は、天井や壁に平面表示装置100を固定するための設置具に限らない。床等に平面表示装置100を立設するためのスタンドであっても良い。
上記実施の形態の平面表示装置100では、第3シャーシ部材21が第1シャーシ部材13又は第2シャーシ部材14の一辺と同等の十分な長さを備えていて、装置を設置した際に第3シャーシ部材21に作用する装置重量が第1シャーシ部材13又は第2シャーシ部材14の広域に分散して吸収されるため、第1シャーシ部材13又は第2シャーシ部材14を更に薄肉化しても、装置重量に十分耐える取付強度の確保が容易になり、第1シャーシ部材13又は第2シャーシ部材14の薄肉化による装置の軽量化や、コストの低減を促進することができる。
なお、本発明の平面表示装置において、第2シャーシ部材に取り付けられる平面表示パネルは、上記実施の形態に示したPDPに限らない。例えば、LCD(液晶表示素子)による表示パネルを利用することもできる。
また、上記実施の形態では、第1シャーシ部材13と第2シャーシ部材14との間の中空部43に配置する第3シャーシ部材21は、第1シャーシ部材13に固定する構成としたが、第3シャーシ部材21を第2シャーシ部材14に固定する構成、或いは第1シャーシ部材13及び第2シャーシ部材14の双方に固定する構成することもできる。
また、第1シャーシ部材13の表面に固定する補助金具22,23の具体的な形状や寸法は、第1シャーシ部材13の表面に搭載する回路基板112の大きさや、装置外部の取付部材の大きさ、平面表示装置100の重量等に応じて適宜に設計変更可能である。
以上、詳述したように、本実施の形態に係る平面表示装置100は、PDP11(平面表示パネル)と、PDP11(平面表示パネル)を駆動する駆動回路を備えた回路基板12と、PDP11(平面表示パネル)の背面に設けられ、該PDP11(平面表示パネル)を支持すると共に回路基板12が搭載されるシャーシ41とを備え、シャーシ41は、回路基板12が搭載される第1シャーシ部材13と、PDP11(平面表示パネル)の裏面に固定される第2シャーシ部材14とを備えると共に、第1シャーシ部材13と第2シャーシ部材14との間には中空部43を有し、中空部43には、第1シャーシ部材13又は第2シャーシ部材14に固定される第3シャーシ部材21を設け、第3シャーシ部材21によって平面表示装置100の外部から平面表示装置100に取り付けられる取付部材が平面表示装置100に対して固定される。
これにより、補強金具の小型・軽量化により平面表示装置100の軽量化を促進することができ、また、補強金具がシャーシ41に取り付けられる回路基板12の大きさや配線経路等に制約を与えることがなく、回路基板12や配線等の設計自由度の向上と、組み立て時等の作業性の向上を図ることができる。
平面表示装置に天井吊り下げ金具を取り付けた状態の斜視図である。 天井吊り下げ金具を取り付けた従来の平面表示装置の水平断面図である。 図2のB矢視図である。 本発明の実施の形態に係る平面表示装置の水平断面図である。 図4のC矢視図である。 図4に示したシャーシ構造における第2シャーシ部材と第3シャーシ部材との位置関係の説明図である。 図5のD−D線に沿う断面図である。 図5に示した第1シャーシ部材の回路基板を取り外した状態の斜視図である。
符号の説明
11 PDP(プラズマディスプレイパネル)
12 回路基板
13 第1シャーシ部材
13c 支持部
14 第2シャーシ部材
15 サイドパネル
17 前面パネル
21 第3シャーシ部材
21a 凹凸
22,23 補助金具
32 天井吊り下げ金具
32a 装置取り付け板
41 シャーシ
43 中空部
100 平面表示装置
112 回路基板
116 リアケース
119 筐体

Claims (4)

  1. 平面表示パネルと、前記平面表示パネルを駆動する駆動回路を備えた回路基板と、前記平面表示パネルの背面に設けられ、該平面表示パネルを支持すると共に前記回路基板が搭載されるシャーシとを備えた平面表示装置において、
    前記シャーシは、前記回路基板が搭載される第1シャーシ部材と、前記平面表示パネルの裏面に固定される第2シャーシ部材とを備えると共に、前記第1シャーシ部材と前記第2シャーシ部材との間には中空部を有し、
    前記中空部には、前記第1シャーシ部材又は前記第2シャーシ部材に固定される第3シャーシ部材を設け、
    前記第3シャーシ部材によって前記平面表示装置の外部から前記平面表示装置に取り付けられる取付部材が前記平面表示装置に対して固定されることを特徴とする平面表示装置。
  2. 前記取付部材は、前記平面表示装置が設置される場所の天井又は壁に固定されることにより前記平面表示パネルを前記天井又は前記壁に設置する設置具であることを特徴とする請求項1記載の平面表示装置。
  3. 前記取付部材は、前記平面表示装置を立設させるスタンドであることを特徴とする請求項1記載の平面表示装置。
  4. 前記第3シャーシ部材は前記第1シャーシ部材又は前記第2シャーシ部材の1辺と略同一の長さからなることを特徴とする請求項1記載の平面表示装置。
JP2004320138A 2004-11-04 2004-11-04 平面表示装置 Expired - Fee Related JP4704734B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004320138A JP4704734B2 (ja) 2004-11-04 2004-11-04 平面表示装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004320138A JP4704734B2 (ja) 2004-11-04 2004-11-04 平面表示装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006133355A true JP2006133355A (ja) 2006-05-25
JP4704734B2 JP4704734B2 (ja) 2011-06-22

Family

ID=36726980

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004320138A Expired - Fee Related JP4704734B2 (ja) 2004-11-04 2004-11-04 平面表示装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4704734B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008197165A (ja) * 2007-02-08 2008-08-28 Funai Electric Co Ltd 液晶表示装置
JP2010152164A (ja) * 2008-12-25 2010-07-08 Nec Access Technica Ltd 表示デバイス保護構造
WO2011062186A1 (ja) * 2009-11-20 2011-05-26 三洋電機株式会社 画像表示装置
WO2011062183A1 (ja) * 2009-11-20 2011-05-26 三洋電機株式会社 画像表示装置
US7956524B2 (en) 2008-03-05 2011-06-07 Canon Kabushiki Kaisha Image display apparatus

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11233968A (ja) * 1998-02-12 1999-08-27 Matsushita Electric Ind Co Ltd シャーシおよびそれを備えたプラズマディスプレイ装置
JP2001337611A (ja) * 2000-03-22 2001-12-07 Furukawa Electric Co Ltd:The 表示装置のフレーム
JP2002006755A (ja) * 2000-06-19 2002-01-11 Furukawa Electric Co Ltd:The 表示装置のシャーシ
JP2003015542A (ja) * 2001-06-27 2003-01-17 Toshiba Corp 表示装置および液晶表示装置
JP2005338788A (ja) * 2004-05-28 2005-12-08 Samsung Sdi Co Ltd プラズマディスプレイ装置

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11233968A (ja) * 1998-02-12 1999-08-27 Matsushita Electric Ind Co Ltd シャーシおよびそれを備えたプラズマディスプレイ装置
JP2001337611A (ja) * 2000-03-22 2001-12-07 Furukawa Electric Co Ltd:The 表示装置のフレーム
JP2002006755A (ja) * 2000-06-19 2002-01-11 Furukawa Electric Co Ltd:The 表示装置のシャーシ
JP2003015542A (ja) * 2001-06-27 2003-01-17 Toshiba Corp 表示装置および液晶表示装置
JP2005338788A (ja) * 2004-05-28 2005-12-08 Samsung Sdi Co Ltd プラズマディスプレイ装置

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008197165A (ja) * 2007-02-08 2008-08-28 Funai Electric Co Ltd 液晶表示装置
US7956524B2 (en) 2008-03-05 2011-06-07 Canon Kabushiki Kaisha Image display apparatus
JP2010152164A (ja) * 2008-12-25 2010-07-08 Nec Access Technica Ltd 表示デバイス保護構造
WO2011062186A1 (ja) * 2009-11-20 2011-05-26 三洋電機株式会社 画像表示装置
WO2011062183A1 (ja) * 2009-11-20 2011-05-26 三洋電機株式会社 画像表示装置
JP2011107640A (ja) * 2009-11-20 2011-06-02 Sanyo Electric Co Ltd 画像表示装置
US8797729B2 (en) 2009-11-20 2014-08-05 Sanyo Electric Co., Ltd. Connecting component for connecting a display panel to a cabinet

Also Published As

Publication number Publication date
JP4704734B2 (ja) 2011-06-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9726920B2 (en) Backlight assembly, and liquid crystal display module and liquid crystal display device having the same
JP4221605B2 (ja) ディスプレイパネル装置
US7364442B2 (en) Fixing structure of circuit board and display module comprising the same
US7224121B2 (en) Plasma display device
KR100425167B1 (ko) 평판형 표시장치의 결합구조
JP3117833U (ja) パネル型テレビジョンおよび液晶テレビジョン
JP5056042B2 (ja) 液晶表示装置
JP5459731B2 (ja) Ledバックライト及び液晶表示装置
JP4725116B2 (ja) 表示モジュール
US20100172098A1 (en) Image display
US7375969B2 (en) Plasma display device
US20100079942A1 (en) Video display apparatus
US7477528B2 (en) Frame bracket for printed board assembly and plasma display device having the same
US7598674B2 (en) Plastic chassis and plasma display device including the same
KR100759550B1 (ko) 디스플레이 모듈
JP2004191969A (ja) 画像表示装置用構造体
JP4618546B2 (ja) 液晶表示装置
JP2012169260A (ja) バックライトアセンブリ及びその形成方法
KR19990045438A (ko) 평면표시장치
JP2013062785A (ja) ブラケット、取付システムおよび型紙
JP2008181142A (ja) プラズマディスプレイ装置
JP4857824B2 (ja) 表示装置
JP5423051B2 (ja) 表示モジュール、表示モジュールの固定構造、及び画像表示装置
KR101976132B1 (ko) 표시 장치 및 그 조립 방법
EP2913816B1 (en) Display device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071001

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20090625

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20090625

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100827

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100831

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101022

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110119

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110301

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110310

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees