JP2006122520A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2006122520A
JP2006122520A JP2004317254A JP2004317254A JP2006122520A JP 2006122520 A JP2006122520 A JP 2006122520A JP 2004317254 A JP2004317254 A JP 2004317254A JP 2004317254 A JP2004317254 A JP 2004317254A JP 2006122520 A JP2006122520 A JP 2006122520A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
stop
game
replay
winning combination
gaming state
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2004317254A
Other languages
English (en)
Inventor
Mitsutaka Irei
充孝 伊禮
Original Assignee
Aruze Corp
アルゼ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Aruze Corp, アルゼ株式会社 filed Critical Aruze Corp
Priority to JP2004317254A priority Critical patent/JP2006122520A/ja
Publication of JP2006122520A publication Critical patent/JP2006122520A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 従来の遊技機では、更なる技術を介入することが可能な遊技機が望まれている。
【解決手段】 BB中一般遊技状態のメダル1枚賭け時に停止用当選役として“青7−Replay−Replay”の小役が選択され、停止ボタン31〜33の中押し時に、コードナンバー“19”のシンボル「青7」を狙って停止ボタン32が操作されると、シンボル「Replay」が2コマ滑って停止表示され、停止用当選役が報知される。停止用当選役として“白7−Replay−Replay”の小役が選択され、停止ボタン31〜33の中押し時に、コードナンバー“19”の「青7」を狙って停止ボタン32が操作されると、シンボル「Replay」が4コマ滑って停止表示され、停止用当選役が報知される。BB中一般遊技状態のメダル3枚賭け時には、報知を受けることなくシンボル“白7”を狙って停止ボタン31を操作して、停止用当選役である“白7−Replay−Replay”の小役の入賞を成立させられる。
【選択図】 図11

Description

本発明は、遊技者による操作と当選役とに基づいて変動表示部の変動表示を停止させる遊技機に関するものである。
従来、このような遊技機としては、例えば、リールの回転を遊技者の操作に応じて停止させるスロットマシンで、いわゆるパチスロ機と称される下記の特許文献1に開示されたものがある。
このパチスロ機では、遊技媒体であるメダルが遊技に賭けられてスタートレバーが操作されると、入賞確率テーブルを用いた乱数抽選によって複数の役の中から内部当選役が決定され、続いて複数列に配列されたリールが回転を開始する。各リールに対応して設けられた停止ボタンが操作されると、その操作タイミングと内部当選役とに応じた引込制御が行われてリールの回転が停止する。この引込制御で、停止ボタンが操作された際に有効化入賞ライン上に位置する図柄に後続する所定図柄数の範囲内に内部当選役に対応する図柄が含まれる場合には、この図柄が有効化入賞ライン上に引き込まれて停止表示される。有効化入賞ライン上に停止表示された図柄の組合せが、入賞に係る内部当選役に対応する組合せであるときは、メダルの払い出しが行われる。また、BBといった特定の内部当選役に係る特定の図柄組合せが停止表示すると、BBの入賞が成立してBB遊技状態といった遊技者に有利な特別遊技状態が作動する。
BB遊技状態は、予め定められた単位遊技数(例えば30ゲーム)のBB一般遊技が消化され、または、BB一般遊技状態中に予め定められたRBの入賞可能回数(例えば3回)が充足されると終了する。RBの入賞が成立すると、BB一般遊技状態中に比べてさらに遊技者に有利なRB遊技状態が作動する。RB遊技状態は、予め定められた単位遊技数(例えば12ゲーム)が消化されるか、予め定められた入賞可能回数(例えば8回)が充足されると終了する。
一般に、BB一般遊技状態中に用いられる確率抽選テーブルは、一般遊技状態中に用いられる確率抽選テーブルに比べて、小役の当選確率が高く設定されており、BB一般遊技状態中には小役の入賞を多く成立させることができる。このため、BB遊技状態中には、RBの入賞可能回数の充足を遅らせて、BB一般遊技状態中により多くの単位遊技を行うことにより、多くのメダルを獲得することができる。そこで、RBの入賞を故意に取りこぼす所謂リプレイ外しにより、RBの入賞可能回数の充足を遅らせることが、遊技者によって行われている。
特開2001−321487号公報
しかし、従来のこの種のパチスロ機では、上述したリプレイ外しのような遊技者の遊技機操作技術を介入することは普遍化しており、更なる遊技機操作技術を介入することが可能な遊技機が望まれている。
本発明の目的は、従来の遊技機に比べて更なる技術介入性を具備した遊技機を提供することにある。
本発明はこのような課題を解決するためになされたもので、請求項1に記載の遊技機は、
単位遊技(例えば、1ゲームなど)に賭けられる遊技価値(例えば、メダルなど)の数を計数する投入遊技価値計数手段(例えば、投入メダルセンサ8S、マイコン63など)と、
遊技者の操作の検知に基づいて、単位遊技の開始を指令する遊技開始指令信号を出力する遊技開始指令手段(例えば、スタートレバー30、スタートスイッチ30Sなど)と、
遊技開始指令信号の検知に基づいて、複数の図柄を変動表示する複数の変動表示部(例えば、リール2〜4など)を有する変動表示手段(例えば、リール2〜4、表示窓5〜7、ステッピングモータ45、マイコン63など)と、
遊技開始指令信号の検知と、投入遊技価値計数手段により計数された遊技価値の数とに基づいて、当選役を決定する当選役決定手段(例えば、マイコン63、乱数発生器69、サンプリング回路70など)と、
複数の変動表示部それぞれに対応して設けられ、遊技者の操作の検知に基づいて、対応する変動表示部の変動表示の停止を指令する停止指令信号を出力する停止指令手段(例えば、停止ボタン31〜33など)と、
停止指令信号の検知と、当選役とに基づいて、停止指令信号に対応する変動表示部の変動表示を停止させる停止制御手段(例えば、マイコン63、モータ駆動回路73、ステッピングモータ45など)と、
停止制御手段により複数の変動表示部の変動表示が停止された結果、予め定められた図柄組合せが表示された場合に、遊技価値を付与する遊技価値付与手段(例えば、マイコン63、ホッパー72、メダル検出部72S、払出完了信号発生回路など)と、
所定の条件が成立すると遊技状態を移行させる遊技状態移行手段(例えば、マイコン63など)と
を備えた遊技機において、
遊技状態移行手段により遊技状態が所定の遊技状態に移行され、且つ当選役決定手段により所定の当選役が決定された場合に、停止制御手段は、投入遊技価値計数手段による計数値にも基づいて複数の変動表示部による変動表示を停止し、変動表示手段により複数の変動表示部が変動表示されている間に検知された第1停止指令信号、または第1停止指令信号の次に検知された第2停止指令信号に応じて、変動表示部の停止態様(例えば、滑りコマ数、停止制御位置など)にて所定の当選役が決定されたことを報知することを特徴とする。
この構成によれば、所定の遊技状態においては、停止指令信号の検知および当選役だけでなく、投入遊技価値計数手段による計数値にも基づいて、各変動表示部の変動表示が停止する。このため、単位遊技に賭けられる遊技価値の数によっては、所定の当選役が決定されたことが報知される停止態様となる第1停止指令信号または第2停止指令信号を出力させるのに、所定の停止操作を要求される。このため、所定の当選役を察知するのに遊技者の技量が要求されることとなり、遊技価値が付与される予め定められた図柄組合せが停止表示され難くなる。従って、停止指令信号の検知および当選役のみに基づいて各変動表示部の変動表示が停止する従来の遊技機に比べ、更なる技術介入性を具備した遊技機を提供することが可能となる。
また、本発明において、所定の遊技状態は、遊技者にとって有利な特別遊技状態(例えば、BB中一般遊技状態など)であることを特徴とする。
この構成によれば、遊技者にとって有利な特別遊技状態である場合に、技術介入性を持たせることが可能となり、遊技者にとって有利な特別遊技状態に移行された場合の興趣が増すこととなる。
また、本発明において、遊技状態が遊技者にとって有利な特別遊技状態である場合に、遊技価値付与手段によって遊技者へ付与する遊技価値の数を計数する払出遊技価値計数手段(例えば、マイコン63、メダル検出部72Sなど)を備え、所定の条件は、停止制御手段により特定の図柄組合せ(例えば、“青7−青7−青7”、“白7−白7−白7”など)が複数の変動表示部に表示された場合、または、払出遊技価値計数手段によって予め定められた遊技価値の数(例えば、465枚など)が計数された場合に成立することを特徴とする。
この構成によれば、特定の図柄組合せが複数の変動表示部に表示されると遊技状態が特別遊技状態に移行し、移行後の特別遊技状態で予め定められた数の遊技価値が遊技者に払い出されたことが払出遊技価値計数手段によって計数されると、特別遊技状態が終了して別の遊技状態に移行する。このため、技量の高くない遊技者でも、予め定められた数の遊技価値の払い出しを受けるまで、特別遊技状態を継続することができる。
また、本発明において、停止制御手段は、当選役決定手段が所定の当選役(例えば、“白7−Replay−Replay”の小役や“青7−Replay−Replay”の小役など)を決定した場合に、投入遊技価値計数手段による計数値に応じて所定の当選役に対応する図柄組合せを複数の変動表示部に表示させる難易度を異ならせる(例えば、投入遊技価値計数手段による計数値が3の場合よりも1の場合の難易度を高くするなど)ことを特徴とする。
この構成によれば、投入遊技価値計数手段による計数値に応じて所定の当選役に対応する図柄組合せを表示させる難易度が異なるので、単位遊技に賭けられる遊技価値の数によっては、所定の当選役に対応する図柄組合せを表示するのに技量が要求されることとなり、所定の当選役に対応する図柄組合せを表示させる難易度が高くなる。従って、単位遊技に賭ける遊技価値の数を選択することにより、熟練者は高い難易度を選択でき、初心者は低い難易度を選択できる。
また、本発明において、所定の当選役は複数設けられており、停止制御手段は、第1停止指令信号または第2停止指令信号が所定のタイミングで検知された場合に、変動表示部の停止態様にて所定の当選役が決定されたことを報知することを特徴とする。
この構成によれば、所定の当選役は複数設けられ、所定のタイミングで第1停止指令信号または第2停止指令信号が検知された場合に、何れの当選役が決定されたかが変動表示部の停止態様で報知されるが、第1停止指令信号または第2停止指令信号が所定のタイミングで検知されず、所定の当選役が決定されたことが報知されなかった場合においても、遊技者は勘により所定の当選役を入賞させることができるので、遊技に対する興趣が増す。
このような本発明によれば、上記のように、停止指令信号の検知および当選役のみに基づき各変動表示部の変動表示が停止する従来の遊技機に比べ、更なる技術介入性を具備した遊技機を提供することが可能となる。
図1は本発明の最良の実施形態によるパチスロ機1の外観を示す正面図である。
パチスロ機1の本体中央部には、3個のリール2〜4が回転自在に設けられている。各リール2〜4の外周面には複数種類の図柄(以下、シンボルという)から成るシンボル列が描かれている。これらシンボルはパチスロ機1の正面の表示窓5〜7を通してそれぞれ3個ずつ観察される。リール2〜4は、複数のシンボルを変動表示する複数の変動表示部を構成している。この表示窓5〜7には、横3本と斜め2本の計5本の入賞ラインL1,L2A,L2B,L3A,L3Bが設けられている。また、表示窓5〜7の下方右側には、遊技者が遊技に賭ける遊技媒体であるメダルが投入される、メダル投入口8が設けられている。
ゲーム開始に先立って、遊技者がメダル投入口8から1枚のメダルを投入したときは、中央の横1本の入賞ラインL1が有効化される。また、2枚投入したときは、これに上下の横2本の入賞ラインが加わって横3本の入賞ラインL1,L2A,L2Bが有効化される。また、3枚投入したときは、これに斜め2本の入賞ラインが加わって5本の入賞ラインL1,L2A,L2B,L3A,L3B全てが有効化される。
また、表示窓5〜7の左方には、遊技動作表示器9〜12、BETランプ13〜15、貯留枚数表示部16、およびスタートランプ17が設けられている。各表示器9〜12およびBETランプ13〜15は遊技状態に応じて点灯制御され、その時の遊技状態が遊技者に知らされる。貯留枚数表示部16は、3桁の7セグメントLED(発光ダイオード)からなり、機械内部のメダルカウンタに現在クレジットされているメダル数を表示する。スタートランプ17は各リール2〜4が作動可能な時に点滅する。
また、表示窓5〜7の右方には、上部から、ボーナスカウント表示部18、WINランプ19、配当枚数表示部20、およびインサートランプ21が設けられている。ボーナスカウント表示部18は、3桁の7セグメントLEDからなり、ボーナスゲーム入賞時に、RBゲームおよびジャックゲームの残り入賞可能回数をデジタル表示する。WINランプ19は有効化入賞ラインに入賞組み合わせのシンボルが揃った時に点灯する。配当枚数表示部20は、3桁の7セグメントLEDからなり、入賞によるメダル払い出し枚数を表示する。インサートランプ21はメダル投入口8にメダルの投入が受付可能な時に点灯する。
また、表示窓5〜7の直ぐ下方には、液晶表示装置22が設けられている。液晶表示装置22の左側には十字キー23、「○」ボタン24、「×」ボタン25、1貯留メダル投入スイッチ26、2貯留メダル投入スイッチ27、および3貯留メダル投入スイッチ28が設けられている。十字キー23は、上下左右の4方向のスイッチ操作を検出して、液晶表示装置22に表示される情報項目を選択する際に使用される。「○」ボタン24は十字キー23によって選択された情報項目を決定するボタンであり、「×」ボタン25は十字キー23によって選択された情報項目をキャンセルするボタンである。また、貯留メダル投入スイッチ26〜28は、貯留枚数表示部16にメダル数が表示されてクレジットされている際に、メダル投入口8へのメダル投入に代えて1回のゲームに1〜3枚のメダルを賭ける際に使用される。
また、液晶表示装置22の下方には、左側から、貯留メダル精算スイッチ29、スタートレバー30および停止ボタン31〜33が設けられている。貯留メダル精算スイッチ29は機械内部にクレジットされているメダルを精算する際に使用される。スタートレバー30は、その操作端が傾倒自在に構成されている。このスタートレバー30が遊技者に操作されることにより各リール2〜4の回転が一斉に開始する。停止ボタン31〜33は、各リール2〜4に対応して配置されており、これら各リール2〜4の回転が一定速度に達したときに操作が有効化され、遊技者の操作に応じて各リール2〜4の回転を停止する。
また、パチスロ機1の正面下部にはメダル受皿37が設けられている。このメダル受皿37はメダル払出口38から払い出されるメダルを貯めるものである。また、パチスロ機1の正面上部には、入賞に対してどれだけのメダルが払い出されるかを示す配当表示部39が設けられており、この配当表示部39の左右には一対のスピーカ96,96が設けられている。
各リール2〜4は図2に示す回転リールユニットとして構成されており、フレーム41にブラケット42を介して取り付けられている。各リール2〜4はリールドラム43の外周にリール帯44が貼られて構成されている。リール帯44の外周面にはシンボル列が描かれている。また、各ブラケット42にはステッピングモータ45が設けられており、各リール2〜4はこれらモータ45が駆動されて回転する。
各リール2〜4の構造は図3に示される。なお、同図において図2と同一部分には同一符号を付してその説明は省略する。同図(a)に示すように、リール帯44の背後のリールドラム43内部にはランプケース46が設けられており、このランプケース46の3個の各部屋にはそれぞれリールバックランプ47a〜47cが取り付けられている。これらバックランプ47a〜47cは、同図(b)に示すように、異なる複数の色を発光するLED47が基板48に取り付けられて構成されており、基板48はランプケース46の背面に取り付けられている。また、ブラケット42にはホトセンサ49が取り付けられている。このホトセンサ49は、リールドラム43に設けられた遮蔽板50がリールドラム43の回転に伴ってホトセンサ49を通過するのを検出する。
各バックランプ47a〜47cは後述するランプ駆動回路89(図7参照)によって点灯制御される。各バックランプ47a〜47cの点灯により、リール帯44に描かれたシンボルの内、各バックランプ47の前部に位置する3個のシンボルが背後から個別に照らし出され、各表示窓5〜7にそれぞれ3個ずつのシンボルが映し出される。
図4は、左,中,右の各リール2〜4のリール帯44に表された複数種類のシンボルが、21個配列されたシンボル列を示している。各シンボルには“00”〜“20”のコードナンバーが付され、後で説明するプログラムROM65(図6参照)にデータテーブルとして各シンボルは格納されている。各リール2〜4上には、白抜きの数字「7」で表される“白7”、斜線が付された数字「7」で表される“青7”、上半分の半円形状をした“上チリ”、下半分の半円形状をした“下チリ”、スイカの絵で表される“スイカ”、文字「Replay」で表される“Replay”、およびベルの絵で表される“ベル”のシンボルで構成されるシンボル列が表されている。各リール2〜4は、シンボル列が同図の矢印方向に移動するように回転駆動される。
本実施形態によるパチスロ機1の遊技状態には、「一般遊技状態」、「BB内部当選状態」、「RB内部当選状態」、「BB中一般遊技状態」および「RB遊技状態」がある。これら5種類の各遊技状態は、基本的に、内部当選する可能性のある役の種類および入賞成立を実現することが可能なボーナスの種別により区別される。
BBの入賞成立を契機として発生し、「BB中一般遊技状態」および「RB遊技状態」により構成される遊技状態を総称して、以下「BB遊技状態」という。また、「BB内部当選状態」および「RB内部当選状態」は、ボーナスに内部当選している状態であり、これらを総称して、以下、「内部当選状態」または「持越状態」という。この状態では、少なくともいずれか一方のボーナス当選フラグを持ち越している状態にある。つまり、BB入賞役またはRB入賞役のボーナス当選フラグは、ボーナスに内部当選した後、ボーナスの入賞が実際に成立するまでの間、次回のゲームに持ち越され、内部当選役として保持される。その他の役の当選フラグは、内部当選した単位遊技においてだけ有効であり、次回以降の遊技には持ち越されない。
図5は、各入賞役に対応する、各遊技状態における入賞シンボル組合せ、および払出枚数を示す。
同図に示すように、BBの入賞は、BB当選フラグの持越状態において“白7−白7−白7”または“青7−青7−青7”が有効化入賞ラインに沿って並ぶことにより成立する。BBの入賞が成立するとBB遊技状態が作動する。BB遊技状態は、遊技者にとって有利な特別遊技状態である。
RBの入賞は、RB当選フラグの持越状態、BB中一般遊技状態、またはRB遊技状態において“白7−白7−青7”が有効化入賞ラインに沿って並ぶことにより成立する。RBの入賞が成立するとRB遊技状態が作動する。RB遊技状態において入賞回数が“8回”となったとき、遊技状態が変化する。
再遊技の入賞は、一般遊技状態、持越状態、BB中一般遊技状態、またはRB遊技状態において“Replay−Replay−Replay”が並ぶことにより成立する。再遊技の入賞が成立すると、投入したメダルの枚数と同数のメダルが自動投入されるので、遊技者はメダルを消費することなく次のゲームを行うことができる。
また、一般遊技状態、持越状態、BB中一般遊技状態、およびRB遊技状態では、「ベルの小役」、「スイカの小役」、「上チリの小役」、および「下チリの小役」の入賞成立を実現することが可能であるが、その払出枚数、およびシンボル組み合わせは図示の通りである。
また、一般遊技状態、持越状態、BB中一般遊技状態、およびRB遊技状態では、“青7−Replay−Replay”、または、“白7−Replay−Replay”が有効化入賞ラインに沿って並ぶことにより、「グループ役」の入賞を成立させることができる。「グループ役」の入賞が成立すると、11枚のメダル払出が行われる。なお、本実施形態で入賞とは、“BB”、“RB”、“再遊技”、“ベルの小役”、“スイカの小役”、“上チリの小役”、“下チリの小役”、“青7−Replay−Replayの小役”、または、“白7−Replay−Replayの小役”のシンボル組合せが有効化入賞ライン上に揃うこととしている。
図6および図7は、上述したパチスロ機1の遊技処理動作を制御するメイン制御基板61およびサブ制御基板62に構成された回路構成を示している。
図6に示すメイン制御基板61における制御部はマイクロコンピュータ(以下、マイコンという)63を主な構成要素とし、これに乱数サンプリングのための回路を加えて構成されている。マイコン63は、予め設定されたプログラムに従って制御動作を行うメインCPU(中央演算処理装置)64と、プログラム記憶手段であるプログラムROM(リード・オンリ・メモリ)65およびバックアップ機能付き制御RAM(ランダム・アクセス・メモリ)66とを含んで構成されている。
メインCPU64には、基準クロックパルスを発生するクロックパルス発生回路67および分周器68と、一定範囲の乱数を発生する乱数発生器69および発生した乱数の1つを特定する乱数サンプリング回路70とが接続されている。さらに、後述する周辺装置(アクチュエータ)との間で信号を授受するI/Oポート(入出力ポート)71が接続されている。
マイコン63からの制御信号により動作が制御される主要なアクチュエータとしては、各リール2〜4を回転駆動するステッピングモータ45、各種ランプ(BETランプ13〜15、スタートランプ17、WINランプ19、インサートランプ21)、各種表示部(遊技動作表示器9〜12、貯留枚数表示部16、ボーナスカウント表示部18、配当枚数表示部20)、およびメダルを収納するホッパー72がある。これらはそれぞれモータ駆動回路73、各ランプ駆動回路74、各表示部駆動回路75、およびホッパー駆動回路76によって駆動される。これら駆動回路73〜76は、マイコン63のI/Oポート71を介してメインCPU64に接続されている。
また、マイコン63が制御信号を生成するために必要な入力信号を発生する主な入力信号発生手段としては、メダル投入口8から投入されたメダルを検出する投入メダルセンサ8S、スタートレバー30の操作を検出するスタートスイッチ30S、前述した貯留メダル投入スイッチ26〜28、および貯留メダル精算スイッチ29がある。投入メダルセンサ8S、およびマイコン63は、単位遊技に賭けられるメダルの数を計数する投入遊技価値計数手段を構成している。スタートレバー30およびスタートスイッチ30Sは、遊技者の操作の検知に基づいて、単位遊技の開始を指令する遊技開始指令信号を出力する遊技開始指令手段を構成している。マイコン63、乱数発生器69、およびサンプリング回路70は、遊技開始指令信号の検知と、投入遊技価値計数手段により計数された遊技価値の数とに基づいて、当選役(内部当選役および停止用当選役)を決定する当選役決定手段を構成している。本実施形態では、停止用当選役を当選役として報知する。
さらに、上記の入力信号発生手段としては、ホトセンサ49からの出力パルス信号を受けて各リール2〜4の回転位置を検出するリール位置検出回路77がある。ホトセンサ49は各リール2〜4の駆動機構に含まれており、同図では示されていない。
リール位置検出回路77は、リール2〜4の回転が開始された後、ステッピングモータ45の各々に供給される駆動パルスの数を計数し、この計数値を制御RAM66の所定エリアに書き込む。従って、制御RAM66内には、各リール2〜4について、1回転の範囲内における回転位置に対応した計数値が格納されている。また、ホトセンサ49は各リール2〜4が1回転する毎にリセットパルスを発生する。このリセットパルスはリール位置検出回路77を介してメインCPU64に与えられ、制御RAM66で計数されている駆動パルスの計数値が“0”にクリアされる。このクリア処理により、各シンボルの移動表示と各ステッピングモータ45の回転との間に生じるずれが、1回転毎に解消されている。マイコン63、リール2〜4、モータ駆動回路73、リール位置検出回路77、およびステッピングモータ45は、遊技開始指令信号の検知に基づいて、複数のシンボルを変動表示するリール2〜4を有する変動表示手段を構成している。
さらに、上記の入力信号発生手段としては、停止ボタン31〜33が押された時に対応するリール2〜4を停止させる信号を発生するリール停止信号回路78、ホッパー72から払い出されるメダル数を計数するメダル検出部72S、および図示しない払出完了信号発生回路がある。これらもI/Oポート71を介してメインCPU64に接続されている。払出完了信号発生回路は、メダル検出部72Sから入力した実際に払い出しのあったメダル計数値が、各表示部駆動回路75から入力した計数信号で表される配当枚数データに達した時に、メダル払い出しの完了を検知する信号を発生する。
停止ボタン31〜33およびリール停止信号回路78は、複数のリール2〜4それぞれに対応して設けられ、遊技者の操作の検知に基づいて、対応するリール2〜4の変動表示の停止を指令する停止指令信号を出力する停止指令手段を構成している。マイコン63、モータ駆動回路73、リール位置検出回路77、およびステッピングモータ45は、停止指令信号の検知と、内部当選役とに基づいて、停止指令信号に対応するリール2〜4の変動表示を停止させる停止制御手段を構成している。また、マイコン63、ホッパー72、メダル検出部72S、および払出完了信号発生回路は、停止制御手段によりリール2〜4の変動表示が停止された結果、図5に示す予め定められたシンボル組合せが表示された場合に、メダルを付与する遊技価値付与手段を構成している。マイコン63、ホッパー72、およびメダル検出部72Sは、遊技状態が遊技者にとって有利なBB遊技状態である場合に、遊技価値付与手段によって遊技者へ付与するメダルの数を計数する払出遊技価値計数手段を構成している。
また、マイコン63は、所定の条件が成立すると遊技状態を移行させる遊技状態移行手段を構成している。この所定の条件は、本実施形態では、停止制御手段により特定のシンボル組合せがリール2〜4に表示された場合、または、払出遊技価値計数手段によって予め定められた遊技価値の数が計数された場合に成立する。具体的には、内部当選状態中に“白7−白7−白7”または“青7−青7−青7”の特定シンボル組合せが有効化入賞ライン上に停止表示するとBB遊技状態が作動し、BB遊技状態中に465枚のメダル払い出しが計数されると遊技状態が一般遊技状態に移行する。また、停止制御手段は、遊技状態移行手段により遊技状態が所定の遊技状態、本実施形態では、遊技者にとって有利なBB遊技状態に移行され、且つ当選役決定手段により所定の当選役、本実施形態では、“青7−Replay−Replayの小役”、または、“白7−Replay−Replayの小役”が決定された場合に、投入遊技価値計数手段による計数値にも基づいてリール2〜4による変動表示を停止し、変動表示手段によりリール2〜4が変動表示されている間に所定のタイミングで検知された第1停止指令信号に応じて、リール2〜4の停止態様にて所定の当選役が決定されたことを報知する。
また、I/Oポート71にはサブ制御部通信ポート79が接続されており、マイコン63はこのサブ制御部通信ポート79を介してサブ制御基板62へ信号を送出する。図7に示すサブ制御基板62には、この信号を受信するメイン制御部通信ポート88が設けられている。サブ制御部通信ポート79およびメイン制御部通信ポート88間の通信は、サブ制御部通信ポート79からメイン制御部通信ポート88へ向かう一方向についてだけ行われる。本実施形態では、サブ制御部通信ポート79からメイン制御部通信ポート88へ送出される信号は、7ビット長でその制御種別が表されるコマンド種別と、最大24ビット長でそのコマンドの内容が表されるパラメータとで構成されている。
サブ制御基板62は、メイン制御基板61からの制御信号に基づき所定の演出を行う。サブ制御基板62における制御部はマイコン81を主な構成要素として構成されている。マイコン81も、メイン制御基板61におけるマイコン63と同様、予め設定されたプログラムに従って制御動作を行うサブCPU82と、プログラム記憶手段であるプログラムROM83およびバックアップ機能付き制御RAM84とを含んで構成されている。サブCPU82にも、基準クロックパルスを発生するクロックパルス発生回路85および分周器86が接続されており、さらに、上記のメイン制御部通信ポート88や後述するアクチュエータとの間で信号を授受するI/Oポート87が接続されている。
また、マイコン81からの制御信号により動作が制御されるアクチュエータとして、各リール2〜4に内蔵されたリールバックランプ47a〜47cがある。これらバックランプ47a〜47cの点灯は、I/Oポート87に接続されたランプ駆動回路89からの駆動信号によって制御される。また、マイコン81が制御信号を生成するために必要な入力信号を発生する入力信号発生手段として、前述した十字キー23、「○」ボタン24および「×」ボタン25がある。
また、I/Oポート87には画像制御ワークRAM98、VDP(ビデオ・ディスプレイ・プロセッサ)90および音源IC91が接続されている。VDP90には、キャラクタ・データが記憶されたキャラクタROM92およびカラーディスプレイ表示用バッファメモリであるビデオRAM93が接続されており、画像制御ワークRAM98も接続されている。VDP90は、マイコン81の制御の下、液晶表示装置22に画像表示を行う。マイコン81は、その時の遊技状態および当選フラグの種類といった情報をメイン制御部通信ポート88を介してメイン制御基板61から取り込み、取り込んだ遊技状態および当選フラグに基づいて表示する演出画像を選択する。そして、VDP90を制御して選択した演出画像を液晶表示装置22に表示させる。
また、音源IC91にはサウンド・データが記憶されたサウンドROM94が接続されており、音源IC91は、マイコン81の制御の下、パワーアンプ95を介してスピーカ96,96からサウンドを放音させる。マイコン81は、メイン制御部通信ポート88を介してメイン制御基板61から入力される指示に従い、音源IC91およびパワー・アンプ95を制御し、メダル投入音,スタートレバー操作音,停止ボタン操作音,ボーナスゲーム中の遊技音といった効果音をスピーカ96,96から出力させる。また、メイン制御基板61から取り込んだ遊技状態および当選フラグに基づいて選択した演出態様に基づく出音パターンで、スピーカ96,96から出音させる。
メイン制御基板61のプログラムROM65は、確率抽選テーブル,停止位置検索用テーブル,入賞シンボル組合せテーブル,といった各種テーブルや、このパチスロ機1でゲームを実行するためのシーケンスプログラム等を格納するように記憶部が区分されている。メインCPU64は、プログラムROM65に格納されているシーケンスプログラムに従って遊技処理を行う。このプログラムROM65内には図5に示す入賞シンボル組合せテーブルも格納されている。この入賞シンボル組合せテーブルには、配当表示部39に示される各入賞シンボル組合せのシンボルコードや、「リーチ目」を構成するシンボル組合せのシンボルコード、各入賞を表す入賞判定コード、入賞メダル配当枚数等が記憶されている。ここで、リーチ目とは、BBまたはRBが入賞可能であることを示唆するシンボル組合せである。この入賞シンボル組合せテーブルは、左リール2,中リール3、右リール4の停止制御時、および全リール停止後の入賞確認を行うときに参照される。
図8(a)〜(e)はプログラムROM65内に格納された確率抽選テーブルを概念的に示している。これら確率抽選テーブルは、後述するメインフローチャートの確率抽選処理(図12,S11)において内部当選役を抽選する際に用いられ、乱数発生器69で発生し、乱数サンプリング回路70で抽出された乱数を各内部当選役に区分けするデータを記憶している。各内部当選役には、0〜16383の数値データの中から所定の数値範囲の乱数範囲が割り当てられており、抽出された乱数値が属する乱数範囲に割り当てられた内部当選役に対応するフラグが立つ。つまり、内部当選役は、サンプリングされた1つの乱数値がどの乱数範囲に属するかによって決定され、当たり要求フラグによって表される。これらの各当たり要求フラグは制御RAM66内の所定の領域に格納される。
「BB」または「RB」のボーナス当たり要求フラグは、フラグが立てられた以降の遊技に持ち越され、「BB」または「RB」のシンボル組合せが有効化入賞ラインに停止表示されてボーナス入賞が実際に発生すると、ボーナス当たり要求フラグはクリアされる。また、ボーナス当たり要求フラグ以外のフラグは、フラグが立てられた遊技においてのみ有効であり、その遊技終了時にはクリアされて次遊技以降には持ち越されない。
同図(a)は、「一般遊技状態」中におけるメダルの3枚賭け時に用いられる一般遊技状態用確率抽選テーブルを概念的に示す図である。
「上チリ」の小役には下限値0,上限値19の乱数範囲が割り当てられており、抽出された乱数値が0〜19の範囲に属すると「上チリ」当たり要求フラグが立つ。「上チリ」の小役の当選確率は20/16384である。「下チリ」の小役には下限値20,上限値40の乱数範囲が割り当てられており、抽出された乱数値が20〜40の範囲に属すると「下チリ」当たり要求フラグが立つ。「下チリ」の小役の当選確率は21/16384である。「スイカ」の小役には下限値41,上限値140の乱数範囲が割り当てられており、抽出された乱数値が41〜140の範囲に属すると「スイカ」当たり要求フラグが立つ。「スイカ」の小役の当選確率は100/16384である。「ベル」の小役には下限値141,上限値400の乱数範囲が割り当てられており、抽出された乱数値が141〜400の範囲に属すると「ベル」当たり要求フラグが立つ。「ベル」の小役の当選確率は260/16384である。「グループ役」には下限値401,上限値2400の乱数範囲が割り当てられており、抽出された乱数値が401〜2400の範囲に属すると「グループ役」当たり要求フラグが立つ。「グループ役」の当選確率は2000/16384である。「再遊技」には下限値2401,上限値4646の乱数範囲が割り当てられており、抽出された乱数値が2401〜4646の範囲に属すると「再遊技」当たり要求フラグが立つ。「再遊技」の当選確率は2246/16384である。「BB」には下限値4647,上限値4746の乱数範囲が割り当てられており、抽出された乱数値が4647〜4746の範囲に属すると「BB」当たり要求フラグが立つ。「BB」の当選確率は100/16384である。「RB」には下限値4747,上限値4846の乱数範囲が割り当てられており、抽出された乱数値が4747〜4846の範囲に属すると「RB」当たり要求フラグが立つ。「RB」の当選確率は100/16384である。「ハズレ」には下限値4847,上限値16383の乱数範囲が割り当てられており、当選確率は11537/16384である。
同図(b)は、「持越状態」中におけるメダル3枚賭け時に用いられる持越状態用確率抽選テーブルを概念的に示す図である。
この確率抽選テーブルでは、「RB」および「BB」には乱数範囲が割り当てられていない。「上チリ」の小役、「下チリ」の小役、「スイカ」の小役、「ベル」の小役、「グループ役」、および「再遊技」には、同図(a)の一般遊技状態用確率抽選テーブルと同じ乱数範囲が割り当てられており、当選確率も同じ値である。また、「ハズレ」には下限値4647,上限値16383の乱数範囲が割り当てられており、当選確率は11737/16384である。
同図(c)は、「BB中一般遊技状態」中におけるメダルの1枚賭け時に用いられるBB中一般遊技状態用確率抽選テーブルを概念的に示す図、同図(d)は、「BB中一般遊技状態」中におけるメダルの3枚賭け時に用いられるBB中一般遊技状態用確率抽選テーブルを概念的に示す図である。
これらの確率抽選テーブルでは、「BB」には乱数範囲が割り当てられていない。「上チリ」の小役、「下チリ」の小役、「スイカ」の小役、「ベル」の小役、および「グループ役」には、同図(a)の一般遊技状態用確率抽選テーブルと同じ乱数範囲が割り当てられており、当選確率も同じ値である。また、「再遊技」には下限値2401,上限値10000の乱数範囲が割り当てられており、当選確率は7600/16384である。「RB」には下限値10001,上限値16382の乱数範囲が割り当てられており、当選確率は6382/16384である。「ハズレ」には16383の乱数が割り当てられており、当選確率は1/16384である。
同図(e)は、「RB遊技状態」において用いられるRB遊技状態用確率抽選テーブルを概念的に示す図である。
この確率抽選テーブルでは、「BB」、「RB」、および「再遊技」には乱数範囲が割り当てられていない。「上チリ」の小役、「下チリ」の小役、および「スイカ」の小役には、同図(a)の一般遊技状態用確率抽選テーブルと同じ乱数範囲が割り当てられており、当選確率も同じ値である。「ベル」の小役には、下限値141,上限値14382の乱数範囲が割り当てられており、当選確率は14242/16384である。また、「グループ役」には下限値14383,上限値16382の乱数範囲が割り当てられており、当選確率は2000/16384である。また、「ハズレ」には16383の乱数が割り当てられており、当選確率は1/16384である。
同図(a)〜(e)に示す確率抽選テーブルを用いた抽選によって「グループ役」が当選した場合には、後述する図13,S14の停止用当選役決定処理において、その単位遊技に賭けられたメダル枚数に基づき、“青7−Replay−Replay”の小役、または、“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として選択されて、“青7−Replay−Replay”の小役、または、“白7−Replay−Replay”の小役の入賞を成立させることができる。本実施形態では、同図(c)に示す単位遊技にメダル1枚が賭けられた時と、同図(d)に示すメダル3枚が賭けられた時とでは、BB一般遊技状態中における「グループ役」の当選確率が等しく設定されている。但し、停止用当選役決定処理において、「グループ役」を構成する“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として選択される確率は、単位遊技にメダル1枚が賭けられた時と、メダル3枚が賭けられた時とで異なる値が設定されている。具体的には、単位遊技に賭けられたメダル枚数が1枚の場合には、停止用当選役として“青7−Replay−Replay”の小役、または、“白7−Replay−Replay”の小役が、抽選によってそれぞれ等しい割合で選択される。また、単位遊技に賭けられたメダル枚数が3枚の場合には、停止用当選役として“白7−Replay−Replay”の小役が選択される。
また、一般遊技状態中および持越状態中においても、単位遊技にメダル1枚が賭けられた時とメダル3枚が賭けられた時とで、「グループ役」の当選確率が等しく設定されている。また、一般遊技状態中の停止用当選役決定処理においては、単位遊技にメダル1枚が賭けられた時には、“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として選択され、単位遊技にメダル3枚が賭けられた時には、“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として選択される。また、持越状態中の停止用当選役決定処理においては、単位遊技にメダル1枚または3枚が賭けられた時には、“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として選択される。
停止制御手段は、当選役決定手段が所定の内部当選役として「グループ役」を決定し、“白7−Replay−Replay”の小役または“青7−Replay−Replay”の小役を停止用当選役として決定した場合に、投入遊技価値計数手段によるメダルの計数値が1枚であるか3枚であるかに応じて、停止制御に用いる停止位置検索用テーブル(図9,図10参照)を異ならせ、“白7−Replay−Replay”の小役または“青7−Replay−Replay”の小役に対応するシンボル組合せをリール2〜4に表示させる難易度を異ならせる。また、停止制御手段は、リール2〜4の変動表示の停止態様により、つまり、後述するリール停止時の停止操作位置に応じた滑りコマ数により、“白7−Replay−Replay”の小役または“青7−Replay−Replay”の小役のうちの何れが所定の当選役として決定されたかを報知する。
次に、図9,図10を参照して、左,中,右の各リール2〜4の停止制御に用いられる停止位置検索用テーブルについて説明する。
停止位置検索用テーブルは、左,中,右の各リール2〜4の停止制御に用いられるもので、遊技状態および停止用当選役の種類毎に選択される。停止用当選役は、後述する確率抽選処理(図12,S11参照)で決定された内部当選役に基づき、停止用当選役決定処理(図13,S14参照)によって決定される。
図9,図10に示す停止位置検索用テーブルは、BB中一般遊技状態における確率抽選処理(図12,S11参照)において内部当選役として「グループ役」が決定されて、停止用当選役決定処理(図13,S14参照)において停止用当選役として“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役が選択された場合に用いられる。
各停止位置検索用テーブルには、左,中,右の各リール2〜4毎に「停止操作位置」および「停止制御位置」が示されている。「停止操作位置」の欄の各数値は、各停止ボタン31〜33が操作された際に、入賞ラインL1上に位置しているシンボルのコードナンバーを表す。「停止制御位置」の欄の各数値は、対応する「停止操作位置」で各停止ボタン31〜33が操作されると、入賞ラインL1上に停止表示されるシンボルのコードナンバーを表す。例えば、図9(a)に示す停止位置検索用テーブルでは、左リール2の中押し時の「停止操作位置」がコードナンバー“12”のシンボル「Replay」の場合には、「停止制御位置」がコードナンバー“10”のシンボル「青7」であるため、入賞ラインL1上にはシンボル「青7」が停止表示するようにリール2の停止制御が行われる。また、本実施形態では、いわゆる「スベリコマ数」を最大4コマとしているので、例えば、左リール2の回転中においてコードナンバー“14”のシンボル「ベル」が入賞ラインL1上に位置したときに、停止ボタン31が操作されると、同テーブルに示されるように、4コマ離れたコードナンバー“10”のシンボル「青7」が有効化入賞ラインL1上に停止表示するように、左リール2が停止制御される。
図9(a)に示す停止位置検索用テーブルは、BB中一般遊技状態のメダル1枚賭け時に、停止用当選役として“青7−Replay−Replay”の小役が選択された場合に用いられる停止位置検索用テーブルである。この停止位置検索用テーブルでは、各停止ボタン31〜33の操作順序が、中押しの時と、順押しまたは逆押しの時とで「停止制御位置」のコードナンバーが同じ値に設定されている。
停止ボタン32,停止ボタン31,停止ボタン33の順、または、停止ボタン32,停止ボタン33,停止ボタン31の順で中押しされた場合における、左リール2についての「停止制御位置」のコードナンバーは、“02”,“06”,“10”,“14”,“17”,“19”である。コードナンバー“02”,“06”,“14”,“17”はシンボル「ベル」に、コードナンバー“10”はシンボル「青7」に、コードナンバー“19”はシンボル「スイカ」に、それぞれ対応するものである。また、停止ボタン31,停止ボタン32,停止ボタン33の順で順押しされた場合、または、停止ボタン33,停止ボタン32,停止ボタン31の順で逆押しされた場合における、左リール2についての「停止制御位置」のコードナンバーは、中押し時と同様のコードナンバーが定められている。
従って、この停止位置検索用テーブルが用いられた際には、表示窓5における入賞ラインL1上にコードナンバー“10”のシンボル「青7」、コードナンバー“11”,“14”のシンボル「ベル」、コードナンバー“12”のシンボル「Replay」、または、コードナンバー“13”のシンボル「スイカ」が位置したときに、停止ボタン31が停止操作されると、停止操作位置が“10”〜“14”の範囲となって停止制御位置が“10”となる。従って、図11(a)に示すように、目押しが必要とされる左リール2は、コードナンバー“10”のシンボル「青7」が入賞ラインL1上に停止表示する。
また、停止ボタン31〜33が中押しされた場合における、中リール3についての「停止制御位置」のコードナンバーは、図9(a)に示すように、“01”,“05”,“09”,“13”,“15”,“17”であり、何れのコードナンバーもシンボル「Replay」に対応するものである。
従って、この停止位置検索用テーブルが用いられて停止ボタン31〜33が中押しされた際には、停止ボタン32の操作タイミングに関わらず、停止ボタン32が操作されると停止制御位置はシンボル「Replay」に対応するものとなる。ここで、表示窓6における入賞ラインL1上に位置するシンボルがコードナンバー“19”に対応する「青7」であるときに停止操作されると、コードナンバー“17”に対応するシンボル「Replay」が停止制御位置となり、シンボルが2コマ滑って“青7−Replay−Replay”の小役が成立している旨が報知される。従って、当選役の報知を得るには、中リール3について、停止操作位置をコードナンバー“19”にして、コードナンバー“17”に対応するシンボル「Replay」を図11(a)に示すように入賞ラインL1上に停止表示させる目押しが必要とされる。
また、停止ボタン31〜33の順押しされた場合、逆押しされた場合、または、中押しされた場合における、右リール4についての「停止制御位置」のコードナンバーは、図9(a)に示すように、“02”,“06”,“10”,“15”,“19”であり、何れのコードナンバーもシンボル「Replay」に対応するものである。
従って、この停止位置検索用テーブルが用いられた際には、停止ボタン31〜33の操作順序に関わらず、また、表示窓7における入賞ラインL1上に位置するシンボルに関わらず、停止ボタン33が停止操作されると停止制御位置はシンボル「Replay」に対応するものとなる。従って、図11(a)に示すように、適当押しで済む右リール4は、必ずシンボル「Replay」が入賞ラインL1上に停止表示する。
このように、図9(a)に示す停止位置検索用テーブルが用いられた場合には、停止ボタン31〜33が中押しされて、かつ、コードナンバー“19”に対応するシンボル「青7」が入賞ラインL1上に位置するタイミングで中リール3に対応する停止ボタン32が操作されると、中リール3についてのシンボルが2コマ滑って“青7−Replay−Replay”の小役が成立している旨が報知される。遊技者は、この報知された小役に対応するシンボル“青7”を狙って左リール2に対応する停止ボタン31を操作することにより、“青7−Replay−Replay”の小役の入賞を成立させることができる。
図9(b)に示す停止位置検索用テーブルは、BB中一般遊技状態のメダル1枚賭け時に、停止用当選役として“白7−Replay−Replay”の小役が選択された場合に用いられる停止位置検索用テーブルである。この停止位置検索用テーブルでは、中リール3についての「停止制御位置」には、各停止ボタン31〜33の操作順序が中押しの時と、順押しまたは逆押しの時とで異なる値が設定されている。
停止ボタン31〜33が中押しされた場合における、左リール2についての「停止制御位置」のコードナンバーは、“00”,“01”,“06”,“11”,“14”,“17”である。コードナンバー“00”,“01”はシンボル「白7」に、コードナンバー“06”,“11”,“14”,“17”はシンボル「ベル」に、それぞれ対応するものである。また、停止ボタン31〜33が順押しされた場合、または、逆押しされた場合における、左リール2についての「停止制御位置」のコードナンバーは、中押し時と同様のコードナンバーが定められている。
従って、この停止位置検索用テーブルが用いられた際には、表示窓5における入賞ラインL1上にコードナンバー“00”,“01”のシンボル「白7」、コードナンバー“02”のシンボル「ベル」、コードナンバー“03”,“05”のシンボル「Replay」、コードナンバー“04”のシンボル「スイカ」が位置したときに停止ボタン31が停止操作されると、停止操作位置が“00”〜“05”の範囲となって停止制御位置が“00”,“01”となる。従って、図11(b)に示すように、目押しが必要とされる左リール2は、コードナンバー“00”または“01”のシンボル「白7」が入賞ラインL1上に停止表示する。
また、停止ボタン31〜33が中押しされた場合における、中リール3についての「停止制御位置」のコードナンバーは、図9(b)に示すように、“01”,“05”,“09”,“13”,“15”,“17”であり、何れのコードナンバーもシンボル「Replay」に対応するものである。
従って、この停止位置検索用テーブルが用いられて停止ボタン31〜33が中押しされた際には、停止ボタン32の操作タイミングに関わらず、停止ボタン32が操作されると停止制御位置はシンボル「Replay」に対応するものとなる。ここで、表示窓6における入賞ラインL1上に位置するシンボルがコードナンバー“19”に対応する「青7」であるときに停止操作されると、コードナンバー“15”に対応するシンボル「Replay」が停止制御位置となり、シンボルが4コマ滑って“白7−Replay−Replay”の小役が成立している旨が報知される。従って、当選役の報知を得るには、中リール3について、停止操作位置をコードナンバー“19”にして、コードナンバー“15”に対応するシンボル「Replay」を図11(b)に示すように入賞ラインL1上に停止表示させる目押しが必要とされる。
また、停止ボタン31〜33が順押しされた場合、逆押しされた場合、または、中押しされた場合における、右リール4についての「停止制御位置」のコードナンバーは、“02”,“06”,“10”,“15”,“19”であり、何れのコードナンバーもシンボル「Replay」に対応するものである。
従って、この停止位置検索用テーブルが用いられた際には、表示窓7における入賞ラインL1上に位置するシンボルに関わらず、停止ボタン33が停止操作されると停止制御位置はシンボル「Replay」に対応するものとなる。従って、図11(b)に示すように、適当押しで済む右リール4は、必ずシンボル「Replay」が入賞ラインL1上に停止表示する。
このように、図9(b)に示す停止位置検索用テーブルが用いられた場合には、停止ボタン31〜33が中押しされて、かつ、コードナンバー“19”に対応するシンボル「青7」が入賞ラインL1上に位置するタイミングで中リール3に対応する停止ボタン32が操作されると、中リール3についてのシンボルが、図9(a)に示す停止位置検索用テーブルが用いられた場合とは異なる4コマ滑って、“白7−Replay−Replay”の小役が成立している旨が報知される。遊技者は、この報知された小役に対応するシンボル“白7”を狙って左リール2に対応する停止ボタン31を操作することにより、“白7−Replay−Replay”の小役の入賞を成立させることができる。
図10(c)に示す停止位置検索用テーブルは、BB中一般遊技状態のメダル3枚賭け時に、停止用当選役として“白7−Replay−Replay”の小役が選択された場合に用いられる停止位置検索用テーブルである。この停止位置検索用テーブルは、各停止ボタン31〜33の操作順序が中押し、順押し、および逆押しの時に共通して用いられる。
左リール2についての「停止制御位置」のコードナンバーは、“00”,“01”,“06”,“11”,“14”,“17”である。コードナンバー“00”,“01”はシンボル「白7」に、コードナンバー“06”,“11”,“14”,“17”はシンボル「ベル」に、それぞれ対応するものである。中リール3についての「停止制御位置」のコードナンバーは、“01”,“05”,“09”,“13”,“15”,“17”であり、何れのコードナンバーもシンボル「Replay」に対応するものである。右リール4についての「停止制御位置」のコードナンバーは、“02”,“06”,“10”,“15”,“19”であり、何れのコードナンバーもシンボル「Replay」に対応するものである。
従って、この停止位置検索用テーブルが用いられた場合には、停止ボタン31〜33の操作順序に関わらず、表示窓5における入賞ラインL1上にコードナンバー“00”,“01”のシンボル「白7」、コードナンバー“02”のシンボル「ベル」、コードナンバー“03”,“05”のシンボル「Replay」、コードナンバー“04”のシンボル「スイカ」が位置したときに停止ボタン31が停止操作されると、左リール2の停止操作位置が“00”〜“05”の範囲となって停止制御位置が“00”,“01”となる。従って、図11(c)に示すように、目押しを必要とする左リール2は、コードナンバー“00”または“01”のシンボル「白7」が入賞ラインL1上に停止表示する。また、表示窓6,7における入賞ラインL1上に位置するシンボルに関わらず停止ボタン32,33が停止操作されると、図11(c)に示すように、適当押しで済む中リール3,右リール4は、必ずシンボル「Replay」がぞれぞれ入賞ラインL1上に停止表示する。
このように、図10(c)に示す停止位置検索用テーブルが用いられた場合には、停止ボタン31〜33の順序に関わらず、左リール2に対応する停止ボタン31が所定のタイミングで操作された場合には、入賞ラインL1上に“白7−Replay−Replay”のシンボル組合せが停止表示して、“白7−Replay−Replay”の小役の入賞が成立する。
次に、図12〜図14に示すメインフローチャートを参照して、メイン制御基板61のメインCPU64の制御動作について説明する。
初めに、メインCPU64は、ゲーム開始時の初期化を行う(図12,S0参照)。具体的には、制御RAM66の記憶内容の初期化、通信データの初期化等を行う。続いてゲーム終了時の制御RAM66の所定の記憶内容を消去する(S1)。具体的には、前回のゲームに使用された制御RAM66の書き込み可能エリアのデータの消去、制御RAM66の書き込みエリアへの次のゲームに必要なパラメータの書き込み、次のゲームのシーケンスプログラムの開始アドレスの指定等を行う。
次に、メインCPU64は、前回のゲーム終了後から30秒経過しているかを判別し(S2)、判別が“YES”の場合には、サブ制御部通信ポート79を介してサブ制御基板62側へ「デモ表示コマンド」を送信する(S3)。このデモ表示コマンドは、液晶表示装置22の表示画面に待機画面を表示させるためのコマンドである。
S2での判別が“NO”の場合、または、デモ表示コマンドを送信した後、メインCPU64は、前回のゲームの入賞役が再遊技か否か、つまり、メダルの自動投入要求があるかを判別する(S4)。この判別が“YES”のときは、投入要求分のメダルを自動投入し(S5)、S7に移る。S4の判別が“NO”のときは、メダル投入があるか否かを判別する(S6)。具体的には、投入メダルセンサ8Sまたは貯留メダル投入スイッチ26〜28からの入力があるか否かを判別する。この判別が“NO”のときは処理はS2に戻り、上述の処理が繰り返される。一方、S6の判別が“YES”のときは、次に、メインCPU64は、サブ制御部通信ポート79を介してサブ制御基板62側へ「メダル投入コマンド」を送信し(S7)、続いて、スタートスイッチがオンか、つまり、スタートレバー30の操作に基づくスタートスイッチ30Sからの入力があるか否かを判別する(S8)。この判別が“NO”のときは、S8の処理が繰り返される。一方、判別が“YES”のときは、次に、メインCPU64は、単位ゲームを開始して、乱数発生器69で発生した抽選用の乱数をサンプリング回路70によって抽出し(S9)、引き続いて、遊技状態監視処理を行う(S10)。
次に、メインCPU64は、確率抽選処理を行う(S11)。確率抽選処理では、図8に示す各確率抽選テーブルの中からそのときの遊技状態に応じた確率抽選テーブルが選択され、S9で特定された1つの乱数値が、選択された確率抽選テーブルのどの役に割り当てられた乱数範囲に属するかが判断される。そして、抽出乱数値が属する乱数範囲に対応する役が内部当選役として決定される。
続いて、メインCPU64は、S11の確率抽選処理で決定された内部当選役がBBまたはRBであるか否かを判別する(図13,S12参照)。この判別が“YES”であるときは、持越役に当選役をセットし(S13)、停止用当選役決定処理を行い(S14)、続いて、テーブルライン選択処理を行う(S15)。停止用当選役決定処理では、図示しないテーブルを参照し、S11の確率抽選処理で決定された内部当選役とそのときの遊技状態とに基づき、入賞を成立させることのできる役、つまり停止用当選役を決定する。また、テーブルライン選択処理では、まず、S14で決定された停止用当選役、単位遊技に賭けられたメダル枚数、およびそのときの遊技状態に対応した停止位置検索用テーブル(図9,図10参照)を決定する。続いて、決定した停止位置検索用テーブルを参照し、停止ボタン31〜33の停止操作位置から、各リール2〜4についての停止制御位置を決定する。
次に、メインCPU64は、サブ制御部通信ポート79を介してサブ制御基板62側へゲーム開始時の「スタートコマンド」を送信する(S16)。「スタートコマンド」は、S10で識別した遊技状態、S11の確率抽選処理で抽選した当選役、S15のテーブルライン選択処理で選択した停止位置検索用テーブルナンバー等の情報を含むコマンドである。
続いて、前回のリール回転開始からゲーム最短時間(4.1秒)が経過したか否かを判別する(S17)。この判別が“NO”のときは、メインCPU64は、遊技者のゲームを開始する操作に基づく入力を無効にする待ち時間消化処理を行う(S18)。待ち時間消化処理では、リール2〜4の回転の開始が待機される。
ゲーム最短時間が経過すると、メインCPU64は、全リール2〜4の回転開始要求を行い(S19)、全リール2〜4の回転を開始させ、続いて、サブ制御部通信ポート79を介してサブ制御基板62側へ「リール停止許可コマンド」を送信する(S20)。「リール停止許可マンド」は、停止ボタン31〜33の操作を受け付けることを許容するコマンドである。次に、いずれかの停止ボタン31〜33がオン操作されたか否かを判別する(S21)。いずれの停止ボタン31〜33も操作されずにこの判別が“NO”のときは、S21の処理が繰り返される。
いずれかの停止ボタン31〜33が操作されてS21の判別が“YES”になると、次に、メインCPU64は、滑りコマ数決定処理を行い(S22)、S15で選択した停止位置検索用テーブル、停止操作位置、および停止制御位置に基づいて滑りコマ数を決定する。続いて、リール停止要求後、停止操作された停止ボタンに対応するリールが滑りコマ数分回転するのを待つ(S23)。ここで、「滑りコマ数」は、停止ボタン31〜33が操作された後、リール2〜4が停止するまでの間に移動させるシンボルの数を示し、「引き込み数」と称されることもある。このとき、停止したリール2〜4を識別可能な情報、所定の有効化入賞ライン上でその停止したリールにより表示されたシンボルの種類を識別可能な情報などを含んだリール停止コマンドを、サブ制御部通信ポート79を介してサブ制御基板62側へ送信する(S24)。続いて、メインCPU64は、全てのリールが停止したかどうかを判別し(S25)、この判別が“NO”のときは処理はS21に戻り、上述の処理が繰り返される。一方、全てのリール2〜4が停止し、S25の判別が“YES”になると、メインCPU64はサブ制御部通信ポート79を介してサブ制御基板62側へ「全リール停止コマンド」を送信する(S26)。
次に、メインCPU64は入賞検索処理を行う(図14,S27参照)。この入賞検索処理では、有効化入賞ライン上に実際に揃っているシンボルの組合せの種類と、確率抽選処理によって決定された当選役の種類との一致がとられる。そして、次に、入賞フラグが正常か否かが判別される(S28)。この判別結果が正常でない場合には、配当枚数表示部20および液晶表示装置22にイリーガルエラーが表示される(S29)。入賞フラグが正常の場合には、メインCPU64は、入賞役がBBまたはRBであるか否かを判別し(S30)、入賞役がBBまたはRBである場合には、持越役をクリアする(S31)。続いて、メダルの払出、およびBB,RBの発生処理が行われる(S32)。この処理では、その時の状態によって遊技メダルの貯留、または払い出しが行われる。つまり、クレジットで遊技が行われている状態であれば、入賞によって獲得したメダル数分、貯留枚数表示部16に表示される貯留枚数が増加され、また、メダル投入口8へのメダル投入で遊技が行われている状態であれば、入賞によって獲得した枚数のメダルがメダル受皿37へ払い出される。また、入賞役がBBまたはRBである場合には、BBまたはRBの発生処理が行われ、「BB中一般遊技状態」または「RB遊技状態」が作動する。次に、メインCPU64は、現在の遊技状態がBB遊技状態またはRB遊技状態であるか否かを判別する(S33)。BB遊技状態またはRB遊技状態である場合には、次に、メインCPU64は、BB、RBチェック処理を行う(S34)。
図15は、このS34で行われるBB、RBチェック処理の詳細を示すフローチャートである。
このBB、RBチェック処理では、メインCPU64は、まず、現在の遊技状態がBB遊技状態またはRB遊技状態であるか否かを判別する(図15,S40)。BB遊技状態またはRB遊技状態である場合には、次に、メインCPU64は、小役の入賞が成立したか否かを判別し(S41)、この判別が“YES”の場合には、払出枚数更新処理が行われる。S40,S41の判別が“NO”の場合、またはS42の処理が終了した場合には、BB、RBチェック処理を終了する。
図15に示すBB、RBチェック処理を行った後、メインCPU64は、遊技状態がBB遊技状態またはRB遊技状態の終了時であるか否かを判別する(図14,S35)。BB遊技状態またはRB遊技状態の終了時である場合には、次に、メインCPU64は、BB、RB終了時処理を行う(S36)。この処理では、BB終了時のRAMクリア処理が制御RAM66に対して行われ、続いて、サブ制御部通信ポート79を介してサブ制御基板62側へ「BB終了コマンド」を送信する。「BB終了コマンド」は、終了動作を表す3ビットのパラメータを含んで構成されている。S33の判別がBB遊技状態またはRB遊技状態でない場合、S35の判別がBB遊技状態またはRB遊技状態の終了時でない場合、または、S36の処理が終了した場合には、その後、処理は図12のS1に戻って次の新たな単位ゲームが開始される。
上述した本実施形態によるパチスロ機1では、BB中一般遊技状態のメダル1枚賭け時に図13,S14の停止用当選役決定処理で停止用当選役として“青7−Replay−Replay”の小役が選択されると、図9(a)に示す停止位置検索用テーブルを用いたリール2〜4の停止制御が行われ、停止ボタン31〜33が中押しされた際には、表示窓6における入賞ラインL1上に位置するシンボルがコードナンバー“19”に対応する「青7」であるときに停止ボタン32が操作されると、シンボルが2コマ滑って、コードナンバー“17”に対応するシンボル「Replay」が停止表示され、“青7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として決定されていることが報知される。このため、遊技者は、この報知された小役に対応するシンボル“青7”を狙って左リール2に対応する停止ボタン31を操作することにより、“青7−Replay−Replay”の小役の入賞を成立させることができる。また、BB中一般遊技状態のメダル1枚賭け時に図13,S14の停止用当選役決定処理で停止用当選役として“白7−Replay−Replay”の小役が選択されると、図9(b)に示す停止位置検索用テーブルを用いたリール2〜4の停止制御が行われ、停止ボタン31〜33が中押しされた際には、表示窓6における入賞ラインL1上に位置するシンボルがコードナンバー“19”に対応する「青7」であるときに停止ボタン32が操作されると、シンボルが4コマ滑って、コードナンバー“15”に対応するシンボル「Replay」が停止表示され、“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として決定されていることが報知される。このため、遊技者は、この報知された小役に対応するシンボル“白7”を狙って左リール2に対応する停止ボタン31を操作することにより、“白7−Replay−Replay”の小役の入賞を成立させることができる。これに対し、BB中一般遊技状態のメダル3枚賭け時に図13,S14の停止用当選役決定処理で停止用当選役として“白7−Replay−Replay”の小役が選択されると、図10(c)に示す停止位置検索用テーブルを用いたリール2〜4の停止制御が行われ、停止用当選役の報知を受けることなく、シンボル“白7”を狙って左リール2に対応する停止ボタン31を停止操作することにより、“白7−Replay−Replay”の小役の入賞を成立させることができる。
このように、本実施形態によるパチスロ機1では、BB中一般遊技状態においては、停止指令信号の検知および当選役だけでなく、単位遊技に賭けられたメダル数が1枚であるか3枚であるかにも基づいて、左,中,右の各リール2〜4の回転が停止する。つまり、単位遊技に賭けられるメダル数が1枚の場合には、“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役である旨を察知するのに所定の停止操作を要求される。このため、“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役を察知するのに遊技者の技量が要求されることとなり、メダル払出に係るシンボル組合せが停止表示され難くなる。従って、停止ボタン31〜33の操作および確率抽選処理(図12,S11参照)での結果のみに基づいてリール2〜4の変動表示が停止する従来のパチスロ機に比べ、更なる技術介入性を具備したパチスロ機1を提供することが可能となる。
また、単位遊技に賭けられたメダル数が1枚であるか3枚であるかに応じて、目押しする必要のあるリール数が異なり、これらに対応するシンボル組合せを表示させる難易度が異なる。つまり、単位遊技に賭けられるメダル数が1枚の場合には、“白7−Replay−Replay”の小役または“青7−Replay−Replay”の小役に対応するシンボル組合せを表示するのに、2つのリール2,3について目押しする必要があり、技量が要求されることとなるが、単位遊技に賭けられるメダル数が3枚の場合には、“白7−Replay−Replay”の小役に対応するシンボル組合せを表示するのに、1つのリール2についてだけ目押しすれば済む。この結果、1枚賭け時に、“白7−Replay−Replay”の小役または“青7−Replay−Replay”の小役に対応するシンボル組合せを表示させる難易度が高くなる。従って、単位遊技に賭けるメダル枚数を1枚または3枚とするか選択することにより、熟練者は高い難易度を選択でき、初心者は低い難易度を選択できる。
また、本実施形態では、持越状態において“白7−白7−白7”または“青7−青7−青7”のシンボル組合せがリール2〜4に表示されるとBB遊技状態が作動して、移行したBB遊技状態で予め定められた465枚のメダル払い出しが行われると、BB遊技状態が終了して一般遊技状態に遊技状態が移行する。このため、技量の高くない遊技者でも、465枚のメダル払い出しを受けるまで、BB遊技状態を継続することができる。
また、本実施形態では、単位遊技にメダルが1枚賭けられている際に“青7−Replay−Replay”の停止用当選役が決定されて、停止ボタン31〜33が中押しされた場合、入賞ラインL1上にコードナンバー19のシンボル“青7”が位置したときに停止ボタン32が操作されると、図9(a)に示すように、2コマ滑ってコードナンバー17のシンボル“Replay”が入賞ラインL1上に位置する。また、単位遊技にメダルが1枚賭けられている際に“白7−Replay−Replay”の停止用当選役が決定されて、停止ボタン31〜33が中押しされた場合、入賞ラインL1上にコードナンバー19のシンボル“青7”が位置したときに停止ボタン32が操作されると、図9(b)に示すように、4コマ滑ってコードナンバー15のシンボル“Replay”が入賞ラインL1上に位置する。このため、BB中一般遊技状態のメダル1枚賭け時に、コードナンバー19のシンボル“青7”を狙って停止ボタン32を第1停止操作してシンボル“Replay”が入賞ラインL1上に位置した場合のリール3の滑りコマ数に基づき、“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役の何れが停止用当選役として決定されているかを遊技者は知ることができる。
このように、左,中,右の各リール2〜4の停止態様により、“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役のうちの何れが内部当選役として決定されたかが遊技者に報知される。このため、遊技者は、報知された“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役に対応するシンボル組合せがリール2〜4に表示されるように、停止ボタン31〜33の第2停止操作および第3停止操作を行うことができる。
また、目押しのできる上級者はメダル1枚賭けで“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役の入賞を成立させて11枚のメダル払出を受けられ、目押しの苦手な初心者はメダル3枚賭けで“白7−Replay−Replay”の小役の入賞を成立させて11枚のメダル払出を受けられる。このため、1枚賭け時と、3枚賭け時に「グループ役」の入賞が成立た場合を比較すると、目押しのできる上級者はメダルの純増枚数に2枚の差を付けることができ、多くの単位遊技が行われると獲得枚数は上級者と初級者とで激変する。一方、目押しの苦手な初心者は、メダル1枚賭けまたは3枚賭けを選択でき、3枚賭けを選択して地道にメダルを獲得することにより、初心者と上級者との獲得枚数に大きな差がつくことを避けることができる。なお、“青7−Replay−Replay”の小役および“白7−Replay−Replay”の小役のメダル払出枚数や、メダル賭け数等は、上級者と初心者との平均獲得枚数が、上級者の目押し成功率80%位で同じくらいになり、上級者の目押し成功率100%位で30枚くらい上級者が多く獲得できるようにするのが好ましい。
また、BB中一般遊技状態中のメダルの1枚賭け時には、所定のタイミングで中リール3に対応する停止ボタン32が操作された場合に、“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役の何れの停止用当選役が決定されたかがリール3の停止態様で報知されるが、遊技者が狙ったタイミングで停止ボタン31〜33の停止操作を行えないため、停止ボタン32が所定のタイミングで操作されず、“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として決定されたことが報知されなかった場合においても、遊技者は勘により“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役を入賞させることができるので、遊技に対する興趣が増す。
なお、上記実施形態では、特別遊技状態をBB中一般遊技状態として、BB中一般遊技状態中に技術介入性を持たせる構成としたが、特別遊技状態をどのような遊技状態とするかは任意であり、例えば、一般遊技状態や持越遊技状態、再遊技の内部当選確率が他の遊技状態よりも高い単位遊技が行われる期間である所謂リプレイタイムにも適用可能である。これにより、リプレイタイムにおいても新たな技術介入性を持たせることが可能となり、遊技に対する興趣が増す。
また、上記実施形態では、メダル3枚賭け時と1枚賭け時とで要求される技量を異ならせることにより技術介入性を持たせたが、メダル2枚賭け時と1枚賭け時とで要求される技量を異ならせることにより技術介入性を持たせてもよく、また、メダル3枚賭け時と2枚賭け時とで要求される技量を異ならせることにより技術介入性を持たせてもよい。この構成によれば、初心者と上級者との純増枚数の差を少なくすることができ、初心者も積極的にメダル1枚賭けを行って目押しすることができる。
また、上記実施形態では確率抽選処理(図12,S11参照)で決定された内部当選役とは別に決定される停止用当選役に応じて、リール2〜4が停止される場合について説明した。しかし、停止用当選役を決定せずに確率抽選処理(図12,S11参照)で決定された内部当選役に基づいてリール2〜4を停止する構成とし、この内部当選役を報知するようにしてもよい。
また、上記実施形態では、所定の停止操作位置にて停止ボタン31〜33が操作された場合、リール2〜4の滑りコマ数により停止用当選役を報知することとしているが、これに限らず、所定の停止操作位置にて停止ボタン31〜33が操作された場合に、音、ランプ、液晶表示装置22などにより、所定の停止操作位置で停止ボタン31〜33が操作された旨を報知してもよい。これにより、遊技者は所定の停止操作位置で操作できたか否かを察知することができる。
また、上記実施形態では、第1停止操作がされるリール2〜4の停止態様によって、“青7−Replay−Replay”の小役または“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として決定されていることを報知した場合について説明した。しかし、第2停止操作がされるリール2〜4の停止態様によってこの報知を行ってもよい。
また、上記実施形態では、単位遊技に賭けられたメダル枚数が3枚の場合には、停止用当選役として“白7−Replay−Replay”の小役のみが決定されることとしているが、これに限定されずに、“白7−Replay−Replay”の小役よりも低い確率で“青7−Replay−Replay”の小役を抽選してもよい。例えば、255/256の確率で“白7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として決定され、1/256の確率で“青7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として決定されるようにしてもよい。この構成によれば、“青7−Replay−Replay”の小役が停止用当選役として決定された場合には、図10(c)に示す停止位置検索用テーブルを用いた停止制御が行われないため、入賞を成立させられる確率が低くなる。これにより、BB中一般遊技状態おいて、メダルの3枚賭けで遊技を行う遊技者と、メダルの1枚賭で遊技を行う遊技者との間で、さらに純増枚数に差がでることとなり、上級者にとって面白みのあるパチスロ機1を提供することが可能となり、一方、初心者は向上心を持つことが可能なパチスロ機1を提供することが可能となる。
上記実施形態においては、本発明による遊技機をスロットマシンに適用した場合について説明したが、遊技者による操作と内部当選役とに基づいて変動表示部の変動表示を停止させる他の遊技機に本発明を適用することも可能である。このような遊技機に本発明を適用した場合においても上記実施形態と同様な作用効果が奏される。更に本発明は、上記のパチスロ機1などの実機の他、これらパチスロ機等の実機の動作を家庭用ゲーム機用として擬似的に実行するようなゲームプログラムにおいても、本発明を適用してゲームを実行することができる。その場合、ゲームプログラムを記録する記録媒体は、DVD−ROM、CD−ROM、FD(フレキシブルディスク)、その他任意の記録媒体を利用できる。
本発明の一実施形態によるパチスロ機の外観を示す正面図である。 本発明の一実施形態によるパチスロ機を構成するリールユニットの外観を示す斜視図である。 図2に示すリールユニットを構成する各リールの構成を示す分解斜視図である。 図3に示すリールの外周部に描かれたシンボル列を示す図である。 遊技状態と入賞役と図柄組合せと払出枚数との関係を示す図である。 本発明の一実施形態によるパチスロ機のメイン制御基板に構成された回路構成を示すブロック図である。 本発明の一実施形態によるパチスロ機のサブ制御基板に構成された回路構成を示すブロック図である。 本発明の一実施形態に用いられる確率抽選テーブルを概念的に示す図である。 本発明の一実施形態に用いられる停止位置検索用テーブルを概念的に示す第1の図である。 本発明の一実施形態に用いられる停止位置検索用テーブルを概念的に示す第2の図である。 図9,図10の停止位置検索用テーブルが用いられて表示窓に入賞シンボル組み合わせを停止表示することができる場合を説明する図である。 本発明の一実施形態によるパチスロ機のメインCPUによる遊技処理の概略を示す第1のフローチャートである。 本発明の一実施形態によるパチスロ機のメインCPUによる遊技処理の概略を示す第2のフローチャートである。 本発明の一実施形態によるパチスロ機のメインCPUによる遊技処理の概略を示す第3のフローチャートである。 図14のBB、RBチェック処理の詳細を説明するフローチャートである。
符号の説明
1…パチスロ機
2〜4…リール
8…メダル投入口
30…スタートレバー
30S…スタートスイッチ
39…液晶表示装置
61…メイン制御基板
62…サブ制御基板
63,81…マイコン(マイクロコンピュータ)
64…メインCPU(中央演算処理装置)
82…サブCPU
65,83…プログラムROM(リード・オンリ・メモリ)
66,84…制御RAM(ランダム・アクセス・メモリ)
90…VDP(ビデオディスプレイプロセッサ)

Claims (5)

  1. 単位遊技に賭けられる遊技価値の数を計数する投入遊技価値計数手段と、
    遊技者の操作の検知に基づいて、単位遊技の開始を指令する遊技開始指令信号を出力する遊技開始指令手段と、
    前記遊技開始指令信号の検知に基づいて、複数の図柄を変動表示する複数の変動表示部を有する変動表示手段と、
    前記遊技開始指令信号の検知と、前記投入遊技価値計数手段により計数された遊技価値の数とに基づいて、当選役を決定する当選役決定手段と、
    前記複数の変動表示部それぞれに対応して設けられ、遊技者の操作の検知に基づいて、対応する変動表示部の変動表示の停止を指令する停止指令信号を出力する停止指令手段と、
    前記停止指令信号の検知と、前記当選役とに基づいて、前記停止指令信号に対応する変動表示部の変動表示を停止させる停止制御手段と、
    前記停止制御手段により前記複数の変動表示部の変動表示が停止された結果、予め定められた図柄組合せが表示された場合に、遊技価値を付与する遊技価値付与手段と、
    所定の条件が成立すると遊技状態を移行させる遊技状態移行手段と
    を備えた遊技機において、
    前記遊技状態移行手段により遊技状態が所定の遊技状態に移行され、且つ前記当選役決定手段により所定の当選役が決定された場合に、前記停止制御手段は、前記投入遊技価値計数手段による計数値にも基づいて前記複数の変動表示部による変動表示を停止し、前記変動表示手段により前記複数の変動表示部が変動表示されている間に検知された第1停止指令信号、または前記第1停止指令信号の次に検知された第2停止指令信号に応じて、前記変動表示部の停止態様にて前記所定の当選役が決定されたことを報知することを特徴とする遊技機。
  2. 前記所定の遊技状態は、遊技者にとって有利な特別遊技状態であることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  3. 遊技状態が遊技者にとって有利な特別遊技状態である場合に、前記遊技価値付与手段によって遊技者へ付与する遊技価値の数を計数する払出遊技価値計数手段を備え、
    前記所定の条件は、前記停止制御手段により特定の図柄組合せが前記複数の変動表示部に表示された場合、または、前記払出遊技価値計数手段によって予め定められた遊技価値の数が計数された場合に成立することを特徴とする請求項1または請求項2に記載の遊技機。
  4. 前記停止制御手段は、前記当選役決定手段が所定の当選役を決定した場合に、前記投入遊技価値計数手段による計数値に応じて前記所定の当選役に対応する図柄組合せを前記複数の変動表示部に表示させる難易度を異ならせることを特徴とする請求項1から請求項3の何れか1項に記載の遊技機。
  5. 前記所定の当選役は複数設けられており、
    前記停止制御手段は、前記第1停止指令信号または前記第2停止指令信号が所定のタイミングで検知された場合に、前記変動表示部の停止態様にて前記所定の当選役が決定されたことを報知することを特徴とする請求項1から請求項4の何れか1項に記載の遊技機。
JP2004317254A 2004-10-29 2004-10-29 遊技機 Withdrawn JP2006122520A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004317254A JP2006122520A (ja) 2004-10-29 2004-10-29 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004317254A JP2006122520A (ja) 2004-10-29 2004-10-29 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006122520A true JP2006122520A (ja) 2006-05-18

Family

ID=36717789

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004317254A Withdrawn JP2006122520A (ja) 2004-10-29 2004-10-29 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006122520A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011056060A (ja) * 2009-09-10 2011-03-24 Daikoku Denki Co Ltd スロットマシン

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011056060A (ja) * 2009-09-10 2011-03-24 Daikoku Denki Co Ltd スロットマシン

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1564699A2 (en) Gaming machine
JP2006061476A (ja) 遊技機
JP2005066006A (ja) 遊技機
JP2006006711A (ja) 遊技機
JP2005312560A (ja) 遊技機
JP2006271750A (ja) 遊技機
JP2005102956A (ja) 遊技機
JP2007007133A (ja) 遊技機
JP2006068105A (ja) 遊技機
JP2006110135A (ja) 遊技機
JP2004313504A (ja) 遊技機
JP2005205039A (ja) 遊技機
JP2006238923A (ja) 遊技機
JP2006230936A (ja) 遊技機
JP2005074062A (ja) 遊技機
JP2004141489A (ja) 遊技機
JP2007000343A (ja) 遊技機
JP2006238924A (ja) 遊技機
JP2005052337A (ja) 遊技機
JP2006122520A (ja) 遊技機
JP2005102955A (ja) 遊技機
JP2006122174A (ja) 遊技機
JP2005237463A (ja) 遊技機
JP2005102954A (ja) 遊技機
JP2005312562A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070831

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20090414

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20090423

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20100125