JP2006118187A - タンクの設置方法及びその方法を実施したタンク用基礎構造 - Google Patents

タンクの設置方法及びその方法を実施したタンク用基礎構造 Download PDF

Info

Publication number
JP2006118187A
JP2006118187A JP2004306369A JP2004306369A JP2006118187A JP 2006118187 A JP2006118187 A JP 2006118187A JP 2004306369 A JP2004306369 A JP 2004306369A JP 2004306369 A JP2004306369 A JP 2004306369A JP 2006118187 A JP2006118187 A JP 2006118187A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
base
tank
hole
frame
ground
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004306369A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4092700B2 (ja
Inventor
Tsuneo Okamoto
本 恒 生 岡
Original Assignee
Tatsuno Corp
株式会社タツノ・メカトロニクス
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tatsuno Corp, 株式会社タツノ・メカトロニクス filed Critical Tatsuno Corp
Priority to JP2004306369A priority Critical patent/JP4092700B2/ja
Publication of JP2006118187A publication Critical patent/JP2006118187A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4092700B2 publication Critical patent/JP4092700B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 種々の大きさのタンクの設置を容易にすると共に、ベース枠や支柱に打設されるコンクリートの養生期間を不要として、工期を短縮すること。
【解決手段】 油液を貯留するタンクを地盤を掘削した穴に埋設する方法において、ベース部材11と2本の支柱部材12を有しコ字状を呈する、プレ加工された鉄筋コンクリート製のベース枠10を用意し、地盤にタンクTを埋設する穴を掘り、該穴内にベース枠10を少なくとも1対平行に配置し、対向するベース部材11の間にベース鉄筋30を配設し、ベース部材11上に枕枠20を載置し、ベース鉄筋30にコンクリートを打設してベース盤を形成し、枕枠20上にタンクTを載置固定し、穴を埋め戻し、地表にコンクリート舗装を形成する。
【選択図】 図1

Description

本発明は、ガソリンや石油、その他の油液を貯留するタンクを地中に設置するためのタンクの設置方法及びその方法を実施したタンク用基礎構造に関する。
一般にガソリン給油所においては、円筒状の密閉容器として形成された複数の地下タンクを埋設し、これらの地下タンク内にガソリン、軽油、灯油等の油液を個別に貯留するようにしている。
従来のタンクの埋設は、地盤を所定の深さ掘削して、型枠を組むと共に配筋してコンクリートを打設してベースを形成し、その上にタンクを設置し、コンクリート支柱を打設するものが多用され、コンクリートの養生に日数を要していた。
前記地下タンクの埋設に際しては、工期短縮を図って埋設の容易化を目的に、本出願人は、改良されたタンクの埋設方法を提案した(特許文献1)。
しかし、近年の給油所は大型化を背景に、地下タンクの容量も大きくなっている。そのため、上記方法では、地下タンク埋設に関してはタンク容量への対応が必ずしも容易でなく、タンクユニットの運搬に困難を来したり、またベース枠や支柱の配筋打設や養生に数日を要し、なお改良の余地があった。
さらに地上においてベース枠にタンク枕枠を取付けてバンドでタンクをタンク枕枠に固着してタンクユニットを埋設する穴内の地業上に設置してコンクリートをベース枠や枕枠に流し込み、その固化前に穴を埋め戻してコンクリート養生期間を不要としたものも知られている(特許文献2)。
しかしながら、かかる公知技術もタンク容量への対応は充分でなく、汎用性がなかった。
特開昭61−196077号公報 特公平4−52345号公報
本発明の目的は、上記のような問題に鑑みなされたもので、汎用性があって種々のタンク容量に容易に対応できると共に、工期短縮を可能としたタンク設置方法及びその方法を実施したタンク用基礎構造を提供することにある。
本発明によれば、油液を貯留するタンクを地盤を掘削した穴に埋設するタンク設置方法において、ベース部材11と2本の支柱部材12を有しコ字状を呈するように加工された鉄筋コンクリート製のベース枠10を用意し、地盤にタンクTを埋設する穴を掘り、該穴内にベース枠10を少なくとも1対平行に配置し、対向するベース部材11の間にベース鉄筋30を配設し、ベース部材11上に枕枠20を載置し、ベース鉄筋30にコンクリートを打設してベース盤を形成し、枕枠20上にタンクTを載置固定し、穴を埋め戻し、地表にコンクリート舗装を形成するようにしている。
また、本発明のタンク用基礎構造によれば、地中にタンクを設置するためのタンク用基礎構造において、掘削された穴の底面にベース部材11と2本の支柱部材12を有しコ字状を呈するように加工された鉄筋コンクリート製のベース枠10が少なくとも1対配設され、ベース部材11の間に鉄筋コンクリート製のベース盤が形成され、ベース部材11上に枕枠20が載置固定され、この枕枠上にタンクTを支持するようにしている。
なお、ベース枠は縦方向に接続でき、タンクの長さ変化に対応できるようにするのが好ましい。
ベース枠、ベース鉄筋は、横方向にフレキシブルであり、タンクの幅の変化に対応できるようにするのが好ましい。
複数タンクを設置する場合、隣接するタンクに対してベース枠を共用するとよい。
タンク埋設時に砂袋を用いると、リサイクルがしやすい。
(a) 本発明によれば、ベース枠は予め工場で加工されているので、施工現場での養生を要せず、タンク設置の工期を短縮できる。
(b) ベース枠は縦方向(長手方向)に連設でき、タンクの長さ変化に容易に対応することができる。
(c) ベース枠、ベース鉄筋は横方向にフレキシブルであり、タンクの幅の変化に容易に対応することができる。
(d) 複数タンクを隣接設置する場合、ベース枠を共用することができる。
(e) ベース盤のコンクリート打設後は、これにタンク荷重が掛からないので、ベース盤の養生を待つことなく、穴の埋め戻しができ、工期を短縮することができる。
本発明の実施形態を図1を参照して説明する。本発明において、ベース枠10及び枕枠20が用意される。これらのベース枠10及び枕枠20は、鉄筋コンクリート製で、工場で一体的にあらかじめ加工され、施工現場での養生を要しない。
ベース枠10は、ベース部材11及びその両端部から垂直に立設された1対の支柱部材12を有し、外観がコ字状を呈している。ベース部材11の少なくとも1側面に、複数の突起部材13が設けられ、該部材13は好ましくは鉄筋で形成され、また、支柱部材12の上端部には、複数本の所定長さの延出鉄筋14が設けられている。なお、後記の図6のタンクを横方向に隣接設置する場合は、ベース部材11の両側に突起部材13が設けられる。
一方、図示を省略するが、ガソリン等を貯留するタンクTを埋設するために、地盤に穴を掘削する。掘削に際しては、好ましくは多数の矢板を、穴の予定地を包囲状に打ち込み、矢板で包囲された地盤を所定深さ掘削して穴を形成する。
掘削形成した穴内に、1対のベース枠10を対向配設する(図1の(イ))。この場合、ベース部材11は、タンクの幅に応じた間隔をおいて、穴の底面に載置されると共に、1対のベース部材11は互いに平行状態となり、また支柱部材12は直立状態となる。
次に、互いに対向するベース部材11の間にベース鉄筋30を配設し、その両側部をベース部材11の側面の突起部材13に係止する(図1の(ロ)。
ベース鉄筋30の上にプレ加工された鉄筋コンクリート製の枕枠20を載置する。枕枠20の下部に所定長さの複数の係止鉄筋(図示せず)が設けられており、この係止鉄筋をベース鉄筋30に係止する(図1の(ハ))。
次に、枕枠20の上にタンクTを載置し、固定部材例えばバンド(図示せず)により、枕枠20又はベース枠10に固定する(図1の(ニ)、(ホ))。
なお、図1の(ハ)、(ニ)、(ホ)の何れかの状態でベース鉄筋30にコンクリートを打設することができる。
なお、ベース鉄筋30にコンクリートを打設してベース盤を形成し、タンクTに地上への配管(図示せず)取付け、土砂を埋め戻す。埋め戻しの土砂として、例えば砂や、山砂や砕石を袋に収納した袋入り埋め戻し土を使用するが、埋め戻し土を袋入りとすることにより、掘り起こしやリサイクル等を簡単にすることができる。
埋め戻しの後、舗装枠34内に収納した舗装鉄筋35を支柱部材12の上に載置し(図1の(ホ))、柱部材12の上端部の延出鉄筋14に、舗装枠34や舗装鉄筋35を適宜係止し、コンクリートを打設して舗装を形成すればよい。
なお、図示を省略するが、前記従来例で説明したように、枕枠20は、その係止鉄筋を利用してベース鉄筋に固定したが、枕枠20及びベース枠10の何れか一方にボルト孔を有する係止金具を設け、他方にボルト挿通孔を設け、ボルトを前記ボルト挿通孔に挿通し、ボルト孔に螺合することにより、枕枠20をベース枠10に固定するようにしてもよい。
以上、タンクの基本的な設置方法を実施する工程の一例について説明したが、次に、タンクのサイズや配列の異なる場合の設置方法の例について、図2乃至図5により説明する。
図2において、コ字状のベース枠10を縦方向に連設するために、各支柱部材12にボルト孔を有するインサート15が設けられており、このインサート15はボルト受けとして利用される。
図3に、比較的小型のタンクを設置する例が示され、コ字状のベース枠10は1対対向配置され、その間にタンクTが設置される。
図4に、比較的大型のタンクを設置する例が示され、ベース枠10は縦方向に4基連設したものが、対向配置され、その間に比較的大型のタンクTが単槽で配置される。この場合、ジョイントプレート(図示せず)のボルト挿通孔にボルトを挿通し、各ベース枠10のインサート(図2)のボルト孔に螺合することにより、ベース枠10は縦方向に連設することができる。
図5に、比較的大型のタンクが横方向に連設する例が示される。コ字状のベース枠10は縦方向に4基連設されたものが、さらに横方向に4列対向配置され、その間にそれぞれタンクTが配置され、いわゆる3連槽となり、より大量又は他種類の油液が貯留されることになる。この設置例では、隣接する各タンクTの間において、1列のベース枠10に、その両側のタンクTの枕枠20を設置することにより、1列のベース枠10を両側のタンクTの支持に共用することができる。
本発明によるタンクの設置方法の1実施形態を説明する図。 本発明におけるベース枠の1例を示す図。 本発明において小型タンクを設置する例を示す図。 本発明において大型タンクを設置する例を示す図。 本発明において大型タンクを横方向に連設する例を示す図。
符号の説明
10・・・ベース枠
11・・・ベース部材
12・・・支柱部材
13・・・突起部材
14・・・延出鉄筋
20・・・枕枠
30・・・ベース鉄筋
35・・・舗装鉄筋
T・・・タンク

Claims (2)

  1. 油液を貯留するタンクを地盤を掘削した穴に埋設するタンク設置方法において、ベース部材と2本の支柱部材を有しコ字状を呈するように加工された鉄筋コンクリート製のベース枠を用意し、地盤にタンクを埋設する穴を掘り、該穴内にベース枠を少なくとも1対平行に配置し、対向するベース部材の間にベース鉄筋を配設し、ベース部材上に枕枠を載置し、ベース鉄筋にコンクリートを打設してベース盤を形成し、枕枠上にタンクを載置固定し、穴を埋め戻し、地表にコンクリート舗装を形成することを特徴とするタンクの設置方法。
  2. 地中にタンクを設置するためのタンク用基礎構造において、掘削された穴の底面にベース部材と2本の支柱部材を有しコ字状を呈するように加工された鉄筋コンクリート製のベース枠が少なくとも1対配設され、ベース部材の間に鉄筋コンクリート製のベース盤が形成され、ベース部材上に枕枠が載置固定され、この枕枠上にタンクを支持するようにしたことを特徴とするタンク用基礎構造。
JP2004306369A 2004-10-21 2004-10-21 タンクの設置方法及びその方法を実施したタンク用基礎構造 Expired - Fee Related JP4092700B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004306369A JP4092700B2 (ja) 2004-10-21 2004-10-21 タンクの設置方法及びその方法を実施したタンク用基礎構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004306369A JP4092700B2 (ja) 2004-10-21 2004-10-21 タンクの設置方法及びその方法を実施したタンク用基礎構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006118187A true JP2006118187A (ja) 2006-05-11
JP4092700B2 JP4092700B2 (ja) 2008-05-28

Family

ID=36536317

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004306369A Expired - Fee Related JP4092700B2 (ja) 2004-10-21 2004-10-21 タンクの設置方法及びその方法を実施したタンク用基礎構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4092700B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009185601A (ja) * 2009-04-27 2009-08-20 Irie Shunsuke 浄化槽基礎構造体及びその構築法
JP2009185487A (ja) * 2008-02-05 2009-08-20 Irie Shunsuke 浄化槽基礎構造体及びその構築法
JP2011136336A (ja) * 2011-01-31 2011-07-14 Kanken:Kk 浄化槽設置構造

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009185487A (ja) * 2008-02-05 2009-08-20 Irie Shunsuke 浄化槽基礎構造体及びその構築法
JP2009185601A (ja) * 2009-04-27 2009-08-20 Irie Shunsuke 浄化槽基礎構造体及びその構築法
JP2011136336A (ja) * 2011-01-31 2011-07-14 Kanken:Kk 浄化槽設置構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP4092700B2 (ja) 2008-05-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9695558B2 (en) Foundation system for bridges and other structures
US8925282B2 (en) Foundation system for bridges and other structures
CN102966119A (zh) 土工格栅加筋墙体及其施工方法
KR100766956B1 (ko) 지하 흙막이벽의 지지구조 및 이를 적용한 건축물 지하 합벽의 구축공법
KR100603888B1 (ko) 포스트 텐션을 통한 보강토 교대 축조공법
US20170247843A1 (en) Foundation system for bridges and other structures
KR100923290B1 (ko) 교량의 교대구조
JP4092700B2 (ja) タンクの設置方法及びその方法を実施したタンク用基礎構造
JP5309378B2 (ja) 自立式土留擁壁
JP2009185487A (ja) 浄化槽基礎構造体及びその構築法
KR101211469B1 (ko) 옹벽축조용 조립식 블록이 구비된 옹벽 구조체 및 그를 이용한 옹벽시공방법
KR100976277B1 (ko) 파이프앵커와 pc블록을 통한 친환경 생태옹벽 시공방법
US5551798A (en) Culvert end wall retainer system
JPH0988080A (ja) 土留め構造体
KR102272494B1 (ko) 지지력과 긴장력을 이용한 사면 보강 구조물 및 이의 시공 방법
JP5285670B2 (ja) タンク類の埋設工法
KR102197091B1 (ko) 지중구조물벽체 및 그것을 구비한 지중구조물 및 그 시공방법
KR102263958B1 (ko) 옹벽용 조립식 블록 시공방법
KR101110208B1 (ko) 가변 지지대가 구비된 옹벽블록과 연결블록 및 그를 이용한 옹벽시공방법
JP6584979B2 (ja) 地下タンク構造の構築方法、地下タンク構造
JP2002061278A (ja) 浄化槽用基礎及び浄化槽設置方法
JP3612524B2 (ja) 浄化槽の据付施工方法
JP2004132124A (ja) ニューマチックケーソン及びニューマチックケーソン工法
JP2009185601A (ja) 浄化槽基礎構造体及びその構築法
JPH0598657A (ja) 地下タンク貯蔵装置の設置工法

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070709

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071217

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080116

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080208

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080221

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110314

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees