JP2006112516A - 車輪用軸受装置 - Google Patents

車輪用軸受装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2006112516A
JP2006112516A JP2004300364A JP2004300364A JP2006112516A JP 2006112516 A JP2006112516 A JP 2006112516A JP 2004300364 A JP2004300364 A JP 2004300364A JP 2004300364 A JP2004300364 A JP 2004300364A JP 2006112516 A JP2006112516 A JP 2006112516A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ring
diameter
wheel
bearing
rolling
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004300364A
Other languages
English (en)
Inventor
Hikari Umekida
光 梅木田
Original Assignee
Ntn Corp
Ntn株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ntn Corp, Ntn株式会社 filed Critical Ntn Corp
Priority to JP2004300364A priority Critical patent/JP2006112516A/ja
Publication of JP2006112516A publication Critical patent/JP2006112516A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C43/00Assembling bearings
    • F16C43/04Assembling rolling-contact bearings
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/18Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls
    • F16C19/181Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact
    • F16C19/183Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles
    • F16C19/184Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement
    • F16C19/186Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement with three raceways provided integrally on parts other than race rings, e.g. third generation hubs
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2226/00Joining parts; Fastening; Assembling or mounting parts
    • F16C2226/50Positive connections
    • F16C2226/60Positive connections with threaded parts, e.g. bolt and nut connections
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2229/00Setting preload
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2326/00Articles relating to transporting
    • F16C2326/01Parts of vehicles in general
    • F16C2326/02Wheel hubs or castors

Abstract

【課題】
軽量・コンパクト化を図ると共に、ハブ輪に固定される内輪の耐久性向上を図った車輪用軸受装置を提供する。
【解決手段】
ハブ輪2の小径段部2bに内輪3が圧入された車輪用軸受装置において、内輪3の内端部内周に内径寸法が大きくなった大径段部11が形成されると共に、ハブ輪2の小径段部2bの内端部に雄ねじ12が形成され、この雄ねじ12に固定リング13を締結して内輪3を固定し、内輪3の内端面を固定リング13よりも軸方向内方に突出させた。これにより、内輪3が軸方向に固定されて軸受予圧を初期に設定した状態に維持することができ、運搬中や自動車メーカでの組立ラインで等速自在継手を組み付ける前に内輪3が移動して軸受予圧が変化するのを確実に防止することができる。
【選択図】図1

Description

本発明は、自動車等の車輪を懸架装置に対して回転自在に支承する車輪用軸受装置、特に、軽量・コンパクト化を図ると共に、ハブ輪に固定される内輪の耐久性向上を図った車輪用軸受装置に関するものである。
自動車等の車両の車輪用軸受装置には、駆動輪用のものと従動輪用のものとがある。特に、自動車の懸架装置に対して車輪を回転自在に支承する車輪用軸受装置は、低コスト化は言うまでもなく、燃費向上のための軽量・コンパクト化が進んでいる。その従来構造の代表的な一例として、図4に示すような駆動輪用の車輪用軸受装置が知られている。
この車輪用軸受装置は第3世代と称され、ハブ輪51と内輪52と外方部材53、および複列の転動体54、54とを備えている。ハブ輪51は、その一端部に車輪(図示せず)を取り付けるための車輪取付フランジ55を一体に有し、外周に内側転走面51aと、この内側転走面51aから軸方向に延びる小径段部51bが形成され、内周にセレーション51cが形成されている。また、車輪取付フランジ55の円周等配位置には車輪を固定するためのハブボルト56が植設されている。ハブ輪51の小径段部51bには、外周に内側転走面52aが形成された内輪52が圧入されている。
外方部材53は、外周に車体取付フランジ53bを一体に有し、内周に複列の外側転走面53a、53aが形成されている。この複列の外側転走面53a、53aと対向する内側転走面51a、52aの間には複列の転動体54、54が転動自在に収容されている。
等速自在継手57を構成する外側継手部材58は、その肩部59から軸方向に延びるステム部60が一体に形成され、外周に前記ハブ輪51のセレーション51cに係合するセレーション60aと、その先端部に雄ねじ60bが形成されている。外側継手部材58は、その肩部59が内輪52に突き合わされるまでハブ輪51に内嵌され、雄ねじ60bに固定ナット61が締結されて外側継手部材58とハブ輪51とが分離可能に一体化されている。
こうした車輪用軸受装置において、装置の剛性を高めると共に、軸受部の耐久性を向上させるために、通常軸受は負すきまに設定されている。この場合、固定ナット61を所定の締付トルクに設定して軸受予圧が管理されるが、内輪52はハブ輪51に圧入されているだけであるので、運搬や自動車メーカでの組立ラインで等速自在継手57を組み付ける前に内輪52が移動して予圧が抜ける恐れがある。一旦内輪52が移動して軸受の予圧が崩れた場合、固定ナット61を所定の締付トルクで締め込んでも圧入された内輪52を元の位置に戻すことは難しい。
特に、セレーション部の周方向ガタを抑制するため、ステム部60のセレーション60aに軸線に対して傾斜した捩れ角が設けられ、セレーション部に予圧が付与されるが、この場合、固定ナット61の締付トルクによる軸力で内輪52を元の位置に移動させて正規の軸受予圧に正確に管理することは実質的に難しい。
このような問題を解決したものとして、図5に示すような車輪用軸受装置が採用されている。この車輪用軸受装置は、ハブ輪51’の外周に小径段部51bが形成されると共に、この小径段部51bの端部を径方向外方に塑性変形させて加締部51dが形成され、この加締部51dにより内輪62が軸方向に抜けるのを防止している。この種の構造はセルフリテインタイプと呼称され、長期間に亘って予圧抜けが防止できるという特徴を有している。
さらに、図示した車輪用軸受装置では、内輪62の内端部に内径寸法が大きくなった大径段部62aが形成され、この大径段部62aに加締部51dが収容されると共に、硬化処理された内輪62の端面が外側継手部材58の肩部59に当接されている。これにより、硬化処理がなされていない加締部51dが肩部59に当接されないので、加締部51dの摩耗を防止することができる。
特開平9−164803号公報
然しながら、このような従来の車輪用軸受装置において、小径段部51bの端部を径方向外方に塑性変形させて加締部51dを形成する場合、図示しない加締工具が大径段部62aに干渉するため加締作業が難しくなる。さらに、加締部51dの外径部を拘束することができないため、小径段部51bの端部を軸方向に塑性変形させる要素の高い加締作業となる。これでは、小径段部51bのうち加締部51dの近傍も径方向に塑性変形するため内輪62の内径は押し広げられることになり、内輪62の外径に大きなフープ応力が発生するのは否めない。
内輪62に発生するフープ応力が大きくなると、内輪62の強度・耐久性が著しく阻害されることになるため、揺動加締時の塑性変形量を抑えることも考えられるが、一方、装置に大きなモーメント荷重等が負荷された時において、内輪62を強固に固定するだけの強度が加締部51dに要求されるため、塑性変形量をむやみに抑えることもできない。したがって、内輪62にフープ応力が発生するのを防止し、かつ内輪62を固定するという相反する課題を効果的に解決した車輪用軸受装置は未だ開発されていないのが現状である。
本発明は、このような従来の問題に鑑みてなされたもので、軽量・コンパクト化を図ると共に、ハブ輪に固定される内輪の耐久性向上を図った車輪用軸受装置を提供することを目的とする。
係る目的を達成すべく、本発明のうち請求項1に記載の発明は、内周に複列の外側転走面が形成された外方部材と、一端部に車輪取付フランジを一体に有し、この車輪取付フランジから軸方向に延びる小径段部が形成されたハブ輪、およびこのハブ輪の小径段部に圧入された内輪とからなり、外周に前記複列の外側転走面に対向する複列の内側転走面が形成された内方部材と、この内方部材と前記外方部材の両転走面間に保持器を介して転動自在に収容された複列の転動体とを備えた車輪用軸受装置において、前記内輪の内端部内周に内径寸法が大きくなった大径段部が形成されると共に、前記ハブ輪の小径段部の内端部に雄ねじが形成され、この雄ねじに固定リングを締結して前記内輪を固定し、当該内輪の内端面を前記固定リングよりも軸方向内方に突出させた構成を採用した。
このように、ハブ輪の小径段部に内輪が圧入された車輪用軸受装置において、内輪の内端部内周に内径寸法が大きくなった大径段部が形成されると共に、ハブ輪の小径段部の内端部に雄ねじが形成され、この雄ねじに固定リングを締結して内輪を固定し、当該内輪の内端面を固定リングよりも軸方向内方に突出させたので、内輪が軸方向に固定されて軸受予圧を初期に設定した状態に維持することができ、運搬中や自動車メーカでの組立ラインで等速自在継手を組み付ける前に内輪が移動して軸受予圧が変化するのを確実に防止することができる。したがって、軽量・コンパクト化を図ると共に、加締部で内輪を固定する従来の構造にあった内輪にフープ応力が発生するといった不具合を防止し、ハブ輪に固定される内輪の耐久性向上を図った車輪用軸受装置を提供することができる。
また、請求項2に記載の発明は、前記ハブ輪が炭素0.40〜0.80重量%を含む中炭素鋼からなり、外周に前記複列の内側転走面の一方が直接形成され、この内側転走面から前記小径段部に亙り高周波焼入れによって表面硬さを58〜64HRCの範囲に硬化処理されると共に、前記小径段部の雄ねじ部が鍛造後の素材表面硬さ25HRC以下の未焼入れ部とされているので、ハブ輪の強度・耐久性が向上すると共に、雄ねじの角部の焼き割れや変形を防止し、ねじとしての適度な靭性を確保することができる。
好ましくは、請求項3に記載の発明のように、前記雄ねじの長さが、前記小径段部の端面から前記軸受の作用線と小径段部との交点までの寸法よりも小さく設定されていれば、作用線が雄ねじに掛からず、軸受にモーメント荷重等が繰り返し負荷されても固定リングが弛むのを防止することができる。
また、請求項4に記載の発明のように、前記ハブ輪の内周に等速自在継手を構成する外側継手部材のステム部が所定の径方向すきまを介して嵌合されていれば、ハブ輪をこのステム部で円筒支持することができ、ハブ輪の剛性を高めることができる。
また、請求項5に記載の発明のように、前記ステム部の外周にセレーションが形成され、このセレーションを介して前記外側継手部材が前記ハブ輪にトルク伝達可能に嵌合されると共に、前記セレーションが軸線に対して所定の角度傾斜された捩れ角が設けられていれば、セレーション部に予圧が付与され、周方向ガタを抑制することができる。
本発明に係る車輪用軸受装置は、内周に複列の外側転走面が形成された外方部材と、一端部に車輪取付フランジを一体に有し、この車輪取付フランジから軸方向に延びる小径段部が形成されたハブ輪、およびこのハブ輪の小径段部に圧入された内輪とからなり、外周に前記複列の外側転走面に対向する複列の内側転走面が形成された内方部材と、この内方部材と前記外方部材の両転走面間に保持器を介して転動自在に収容された複列の転動体とを備えた車輪用軸受装置において、前記内輪の内端部内周に内径寸法が大きくなった大径段部が形成されると共に、前記ハブ輪の小径段部の内端部に雄ねじが形成され、この雄ねじに固定リングを締結して前記内輪を固定し、当該内輪の内端面を前記固定リングよりも軸方向内方に突出させたので、内輪が軸方向に固定されて軸受予圧を初期に設定した状態に維持することができ、運搬中や自動車メーカでの組立ラインで等速自在継手を組み付ける前に内輪が移動して軸受予圧が変化するのを確実に防止することができる。したがって、軽量・コンパクト化を図ると共に、加締部で内輪を固定する従来の構造にあった内輪にフープ応力が発生するといった不具合を防止し、ハブ輪に固定される内輪の耐久性向上を図った車輪用軸受装置を提供することができる。
内周に複列の外側転走面が形成された外方部材と、一端部に車輪取付フランジを一体に有し、外周に前記複列の外側転走面に対向する一方の内側転走面と、この内側転走面から軸方向に延びる円筒状の小径段部が形成されたハブ輪、およびこのハブ輪の小径段部に圧入され、前記複列の外側転走面に対向する他方の内側転走面が形成された内輪とからなる内方部材と、この内方部材と前記外方部材の両転走面間に保持器を介して転動自在に収容された複列の転動体とを備えた車輪用軸受装置において、前記内輪の内端部内周に内径寸法が大きくなった大径段部が形成されると共に、前記ハブ輪の小径段部の内端部に雄ねじが形成され、この雄ねじに固定リングを締結して前記内輪を固定し、当該内輪の内端面を前記固定リングよりも軸方向内方に突出させた。
以下、本発明の実施の形態を図面に基いて詳細に説明する。
図1は、本発明に係る車輪用軸受装置の一実施形態を示す縦断面図、図2は図1の要部拡大図、図3は、本発明に係る固定リングを示す平面図である。なお、以下の説明では、車両に組み付けた状態で車両の外側寄りとなる側をアウトボード側(図面左側)、中央寄り側をインボード側(図面右側)という。
この車輪用軸受装置は駆動輪側の第3世代と称され、内方部材1と外方部材10、および両部材1、10間に転動自在に収容された複列の転動体(ボール)6、6とを備え、内方部材1に等速自在継手20がトルク伝達可能に連結されている。内方部材1は、ハブ輪2と、このハブ輪2に圧入された内輪3とからなる。
ハブ輪2は、アウトボード側の端部に車輪(図示せず)を取り付けるための車輪取付フランジ4を一体に有し、この車輪取付フランジ4の円周等配位置に車輪を固定するためのハブボルト5が植設されている。また、ハブ輪2の外周には内側転走面2aと、この内側転走面2aから軸方向に延びる円筒状の小径段部2bが形成され、内周にはセレーション(またはスプライン)2cが形成されている。内輪3は外周に内側転走面3aが形成され、前記ハブ輪2の小径段部2bに所定のシメシロを介して圧入されている。
外方部材10は、外周に車体(図示せず)に取り付けるための車体取付フランジ10bを一体に有し、内周に複列の外側転走面10a、10aが形成されている。そして、それぞれの転走面10a、2aと10a、3a間に複列の転動体6、6が収容され、保持器7、7によりこれら複列の転動体6、6が転動自在に保持されている。また、外方部材10の端部にはシール8、9が装着され、軸受内部に封入された潤滑グリースの漏洩と、外部から雨水やダスト等が軸受内部に侵入するのを防止している。
ハブ輪2は、S53C等の炭素0.40〜0.80重量%を含む中炭素鋼で形成され、アウトボード側の内側転走面2aをはじめ、シール8が摺接するシールランド部、および小径段部2bに亙り高周波焼入れによって表面硬さを58〜64HRCの範囲に硬化処理されている。一方、内輪3は、SUJ2等の高炭素クロム軸受鋼からなり、ズブ焼入れにより芯部まで58〜64HRCの範囲で硬化処理されている。
また、外方部材10は、S53C等の炭素0.40〜0.80重量%を含む中炭素鋼で形成され、複列の外側転走面10a、10aをはじめ、シール8、9が嵌合する端部内径面に亙って高周波焼入れによって表面硬さを58〜64HRCの範囲に硬化処理されている。
等速自在継手20は、外側継手部材21と図示しない継手内輪、ケージ、およびトルク伝達ボールとを備えている。外側継手部材21はカップ状のマウス部22と、このマウス部22の底部をなす肩部23と、この肩部23から軸方向に延びるステム部24とを一体に有している。このステム部24は、その外周面にセレーション(またはスプライン)24aと、このセレーション24aの端部に雄ねじ24bが形成されている。ここで、セレーション24aには、軸線に対して所定の角度傾斜させた捩れ角が設けられている。なお、外側継手部材21は、S53C等の炭素0.40〜0.80wt%を含む中炭素鋼で形成されており、マウス部22の内周に形成されたトラック溝(図示せず)をはじめ、肩部23からステム部24の基部に亙って高周波焼入れにより表面硬さを58〜64HRCの範囲に硬化処理されている。
ハブ輪2のセレーション2cにステム部24のセレーション24aが圧入嵌合され、外側継手部材21の肩部23が内輪3の端面に当接するまでステム部24がハブ輪2に嵌挿される。これにより、セレーション2c、24aの嵌合部に所望の予圧が付与される。そして、ハブ輪2の外端面に当接するプレート25を介して固定ナット26が所定の締付トルクで締結され、ハブ輪2と外側継手部材21とが軸方向に分離可能に結合される。また、ハブ輪2の内周にステム部24の基部が所定の径方向すきまを介して円筒嵌合されている。これにより、ハブ輪2がこの基部で円筒支持され、ハブ輪2の剛性を高めることができる。
ここで、本実施形態では、図2に拡大して示すように、内輪3のインボード側の端部に内径寸法が大きくなった大径段部11が形成されている。また、ハブ輪2における小径段部2bのインボード側の端部に雄ねじ12が形成されている。そして、この雄ねじ12に螺合する雌ねじ13aが内周に形成された固定リング13が締結されている。なお、この雄ねじ12の表面は熱処理されず鍛造後の生のままとされている。これにより、雄ねじ12の角部の焼き割れや変形を防止し、ねじとしての適度な靭性を確保することができる。
この固定リング13は、図3に示すように、前記内輪3の大径段部11に収容されるようにその外径が大径段部11の内径よりも僅かに小径に形成されると共に、装着された状態で内輪3の端面から突出しないような幅寸法に形成されている。すなわち、硬化された内輪3の端面が外側継手部材21の肩部23に当接するため、固定リング13が摩耗することはない。また、固定リング13の端面には締付治具(図示せず)が係合する係合部14が複数形成されている。この係合部14は、図示するような円形の凹所であっても良いし、また、放射状のスリットのようなものであっても良い。
ハブ輪2の小径段部2bに内輪3を圧入した後、小径段部2bの端部にこの固定リング13を締結することにより、内輪3が軸方向に固定されて軸受予圧を初期に設定した状態に維持することができる。したがって、運搬中や自動車メーカでの組立ラインで等速自在継手20を組み付ける前に内輪3が移動して軸受予圧が変化するのを確実に防止することができる。
ここで、内輪3と転動体6とは垂直線に対して所定の接触角αをもって接触しているが、この内輪3の内側転走面3aと転動体6との接触点の延長線、所謂軸受の作用線Lが雄ねじ12に掛からないよう、雄ねじ12の長さL1は、小径段部2bの端面から作用線Lと小径段部2bとの交点Pまでの寸法L2よりも小さく設定されている。すなわち、L1<L2に設定されている。これにより、軸受にモーメント荷重等が繰り返し負荷されても固定リング13が弛むのを防止することができる。
本実施形態では、ハブ輪2における小径段部2bの端部に雄ねじ12が形成され、この雄ねじ12に締結される固定リング13によって内輪3を軸方向に固定するようにしたので、自動車メーカでの組立ラインで等速自在継手20を組み付けるまで内輪3を固定することができる、セルフリテイン構造の車輪用軸受装置を提供することができる。したがって、加締部で内輪を固定する従来の車輪用軸受装置のように、加締加工によって内輪3の外径にフープ応力が発生することもなく、内輪3の耐久性を向上させることができる。
ここでは、ハブ輪2の外周に直接内側転走面2aが形成された第3世代と呼称される車輪用軸受装置を例示したが、本発明に係る車輪用軸受装置はこうした構造に限定されず、例えば、図示はしないが、ハブ輪の小径段部に一対の内輪を圧入した、第1世代あるいは第2世代構造であっても良い。なお、転動体6、6をボールとした複列アンギュラ玉軸受を例示したが、これに限らず転動体に円すいころを使用した複列円すいころ軸受であっても良い。
以上、本発明の実施の形態について説明を行ったが、本発明はこうした実施の形態に何等限定されるものではなく、あくまで例示であって、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において、さらに種々なる形態で実施し得ることは勿論のことであり、本発明の範囲は、特許請求の範囲の記載によって示され、さらに特許請求の範囲に記載の均等の意味、および範囲内のすべての変更を含む。
本発明に係る車輪用軸受装置は、ハブ輪の小径段部に内輪が圧入された駆動輪側の第1世代乃至第3世代の車輪用軸受装置に適用できる。
本発明に係る車輪用軸受装置の一実施形態を示す縦断面図である。 同上、要部拡大図である。 本発明に係る固定リングを示す平面図である。 従来の車輪用軸受装置を示す縦断面図である。 従来の他の車輪用軸受装置を示す縦断面図である。
符号の説明
1・・・・・・・・・内方部材
2・・・・・・・・・ハブ輪
2a、3a・・・・・内側転走面
2b・・・・・・・・小径段部
2c、24a・・・・セレーション
3・・・・・・・・・内輪
4・・・・・・・・・車輪取付フランジ
5・・・・・・・・・ハブボルト
6・・・・・・・・・転動体
7・・・・・・・・・保持器
8、9・・・・・・・シール
10・・・・・・・・外方部材
10a・・・・・・・外側転走面
10b・・・・・・・車体取付フランジ
11・・・・・・・・大径段部
12、24b・・・・雄ねじ
13・・・・・・・・固定リング
13a・・・・・・・雌ねじ
14・・・・・・・・係合部
20・・・・・・・・等速自在継手
21・・・・・・・・外側継手部材
22・・・・・・・・マウス部
23・・・・・・・・肩部
24・・・・・・・・ステム部
25・・・・・・・・プレート
26・・・・・・・・固定ナット
51、51’・・・・ハブ輪
51a、52a・・・内側転走面
51b・・・・・・・小径段部
51c、60a・・・セレーション
51d・・・・・・・加締部
52、62・・・・・内輪
53・・・・・・・・外輪
53a・・・・・・・外側転走面
53b・・・・・・・車体取付フランジ
54・・・・・・・・転動体
55・・・・・・・・車輪取付フランジ
56・・・・・・・・ハブボルト
57・・・・・・・・等速自在継手
58・・・・・・・・外側継手部材
59・・・・・・・・肩部
60・・・・・・・・ステム部
60b・・・・・・・雄ねじ
61・・・・・・・・固定ナット
62a・・・・・・・大径段部
L・・・・・・・・・作用線
L1・・・・・・・・雄ねじの長さ
L2・・・・・・・・小径段部の端面から作用線と小径段部との交点までの寸法
P・・・・・・・・・作用線と小径段部との交点
α・・・・・・・・・接触角

Claims (5)

  1. 内周に複列の外側転走面が形成された外方部材と、
    一端部に車輪取付フランジを一体に有し、この車輪取付フランジから軸方向に延びる小径段部が形成されたハブ輪、およびこのハブ輪の小径段部に圧入された内輪とからなり、外周に前記複列の外側転走面に対向する複列の内側転走面が形成された内方部材と、
    この内方部材と前記外方部材の両転走面間に保持器を介して転動自在に収容された複列の転動体とを備えた車輪用軸受装置において、
    前記内輪の内端部内周に内径寸法が大きくなった大径段部が形成されると共に、前記ハブ輪の小径段部の内端部に雄ねじが形成され、この雄ねじに固定リングを締結して前記内輪を固定し、当該内輪の内端面を前記固定リングよりも軸方向内方に突出させたことを特徴とする車輪用軸受装置。
  2. 前記ハブ輪が炭素0.40〜0.80重量%を含む中炭素鋼からなり、外周に前記複列の内側転走面の一方が直接形成され、この内側転走面から前記小径段部に亙り高周波焼入れによって表面硬さを58〜64HRCの範囲に硬化処理されると共に、前記小径段部の雄ねじ部が鍛造後の素材表面硬さ25HRC以下の未焼入れ部とされている請求項1に記載の車輪用軸受装置。
  3. 前記雄ねじの長さが、前記小径段部の端面から前記軸受の作用線と小径段部との交点までの寸法よりも小さく設定されている請求項1または2に記載の車輪用軸受装置。
  4. 前記ハブ輪の内周に等速自在継手を構成する外側継手部材のステム部が所定の径方向すきまを介して嵌合されている請求項1乃至3いずれかに記載の車輪用軸受装置。
  5. 前記ステム部の外周にセレーションが形成され、このセレーションを介して前記外側継手部材が前記ハブ輪にトルク伝達可能に嵌合されると共に、前記セレーションが軸線に対して所定の角度傾斜させた捩れ角が設けられている請求項4に記載の車輪用軸受装置。
JP2004300364A 2004-10-14 2004-10-14 車輪用軸受装置 Pending JP2006112516A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004300364A JP2006112516A (ja) 2004-10-14 2004-10-14 車輪用軸受装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004300364A JP2006112516A (ja) 2004-10-14 2004-10-14 車輪用軸受装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006112516A true JP2006112516A (ja) 2006-04-27

Family

ID=36381197

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004300364A Pending JP2006112516A (ja) 2004-10-14 2004-10-14 車輪用軸受装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006112516A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007024131A (ja) * 2005-07-14 2007-02-01 Ntn Corp 車輪用軸受装置およびその加締加工方法
US7874734B2 (en) 2005-06-02 2011-01-25 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly
US7883272B2 (en) 2004-10-08 2011-02-08 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly
US8221004B2 (en) 2007-01-17 2012-07-17 Ntn Corporation Method of making wheel support bearing
US8745874B2 (en) 2005-12-05 2014-06-10 Ntn Corporation Method of manufacturing wheel support bearing assembly
WO2015124125A1 (de) * 2014-02-18 2015-08-27 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Wälzgenietete radlageranordnung mit gestuftem innenring

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7883272B2 (en) 2004-10-08 2011-02-08 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly
US7874734B2 (en) 2005-06-02 2011-01-25 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly
JP2007024131A (ja) * 2005-07-14 2007-02-01 Ntn Corp 車輪用軸受装置およびその加締加工方法
JP4526455B2 (ja) * 2005-07-14 2010-08-18 Ntn株式会社 車輪用軸受装置およびその加締加工方法
US8745874B2 (en) 2005-12-05 2014-06-10 Ntn Corporation Method of manufacturing wheel support bearing assembly
US8221004B2 (en) 2007-01-17 2012-07-17 Ntn Corporation Method of making wheel support bearing
WO2015124125A1 (de) * 2014-02-18 2015-08-27 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Wälzgenietete radlageranordnung mit gestuftem innenring
CN106029398A (zh) * 2014-02-18 2016-10-12 舍弗勒技术股份两合公司 带有阶梯式的内圈的经滚动铆接的车轮轴承装置
US9868320B2 (en) 2014-02-18 2018-01-16 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Rolling-riveted wheel bearing arrangement with a stepped inner ring

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006161856A (ja) 車輪用軸受装置
JP2003246203A (ja) 駆動車輪用軸受装置
JP2006036020A (ja) 駆動車輪用軸受装置
JP2005096617A (ja) 車輪用軸受装置
JP2006112516A (ja) 車輪用軸受装置
JP2006010006A (ja) 車輪用軸受装置
JP2007224954A (ja) 車輪用軸受装置
JP2006046401A (ja) 車輪用軸受装置
JP2008051164A (ja) 車輪用軸受装置
JP2008284960A (ja) 車輪用軸受装置
JP2008049856A (ja) 車輪用軸受装置
JP2008155692A (ja) 車輪用軸受装置
JP2007326503A (ja) 駆動車輪用軸受装置
JP2007024208A (ja) 車輪用軸受装置
JP2007313913A (ja) 車輪用軸受装置
JP4994713B2 (ja) 車輪用軸受装置
JP4969899B2 (ja) 車輪用軸受装置
JP2010095063A (ja) 車輪用軸受装置
JP4998979B2 (ja) 車輪用軸受装置
JP4807773B2 (ja) 駆動車輪用軸受装置
JP2013141861A (ja) 車輪用軸受装置
JP2009204064A (ja) 車輪用軸受装置
JP2008002608A (ja) 車輪用軸受装置
JP2007168519A (ja) 車輪用軸受装置
JP2006297963A (ja) 駆動車輪用軸受装置